同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:恋人

   ● いきなり☆にんかつ!! ~スポ根ちょろインのケモノみたいなあえぎ声~
   ● 【催眠音声】女の子と催眠でふわふわえっちし手ェよ
   ● ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ【バイノーラル】
   ● 保健医お姉さんが気持ちいいコトしてあげる
   ● ワンルームセックスライフ【フォーリーサウンド】
   ● 【リアルサウンド】昼は真面目な風紀委員、夜はあなた大好きドスケベ変態彼女♪【KU100×ハイレゾ】
   ● 『彼女が寝かしつけてくれるASMR』~耳かき、添い寝、心音~
   ● いきなり☆にんかつ! ~エロ妄想がちな図書委員ちゃんは今夜孕みたい~
   ● 甘えんぼメイドの特別なご奉仕~ご主人様LOVEな彼女とイチャラブセックス【バイノーラル】
   ● とろあまふたごのえろえろレッスン~先生は双子のおもちゃ~




サークル「調教少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、バレーボールが得意で純情な女の子が
以前初SEXした男性と南国の無人島で種付けに励みます。

彼女の魅力を引き立てながらイチャイチャするのが特徴で
序盤に長時間の耳かきをやって2人の親睦をさらに深め
エッチは恋人とほぼ同じ立ち位置でややアブノーマルなプレイに挑戦します。
リアルな環境音も結構流れますから癒しを感じながら興奮できるでしょう。
心の傷を癒す妊活
孕み係の大谷れおと無人島旅行を楽しむお話。

「あたし 女子バレー部の大谷れおはさ クラスの孕み係に任命されて 種付け係君と初体験しちゃったんだよ」
れおは明るくて活発な声の女の子。
物語の背景や孕み係、種付け係に関する説明をすると
主人公との単独デートに向けて意気込みを語ります。

本作品は少子化が現実よりもずっと深刻な問題になってる世界を舞台に
彼女が種付け係にあたる彼を160分以上に渡って癒したり気持ちよくします。
種付け学園 いきなり☆ハーレム ~君はクラスの種付け係に選ばれました~」という過去作が元になっており
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
他の女の子と一緒にエッチした2人がその後どうなったかが描かれてます。
背景は作中ですべて教えてくれますから今作からでも大丈夫です。

「あたし エースなのに みんなに申し訳なくて チームメイトに顔合わせられない」
彼女はバレー部のエースとして県大会決勝まで進みましたが
そこで惜しくも敗れてしまい気落ちしてます。
だから彼もいきなり孕ませようとせず、2人きりになれる無人島へ招待してから
まずは会話や耳かきといった健全なスキンシップで彼女を立ち直らせようとします。

孕み係や種付け係は国策なので、2人は恋愛以外の手段でこういう関係になりました。
しかし事務的感はまったくなく恋人や夫婦に近いやり取りを交わします。
彼女の魅力や2人の仲の良さが伝わるように物語を進めますから
音声を聴いてればだんだん彼女に感情移入していくのがわかるでしょう。

その部分をわかりやすく表現してるのがエッチ。
本題の種付けをしっかり押さえたうえで、彼女らしい責めっぷりと乱れっぷりを披露します。

「おっ おっ おぉっ しゅごいっ しゅごいぃ もっと犯して 奥までレイプしてっ」
具体的には野性味を感じるややアブノーマルなプレイをします。
彼女は強い男に犯されたい願望を抱くM気質らしく
彼とエッチする時もわざとスリリングな状況を作ったり
SEXの際には「あんあん」ではなく「おほぉ」みたいな独特の喘ぎ声を漏らします。

普通ならほぼ確実にアウトな内容ですけど、ここは無人島ですから見られる可能性はありません。
試合に負けてふさぎ込んでる彼女の心を解き放つ意味も込めた開放的なエッチをします。
陽向葵ゅかさんがこういう演技をされるのは結構珍しいなと。

活発な女の子とひたすらイチャイチャする甘いシチュと彼女の性癖を反映させたエッチ。
ひとつ前の「いきなり☆にんかつ! ~エロ妄想がちな図書委員ちゃんは今夜孕みたい~」と
同じテーマを掲げたうえでキャラやエッチの内容を大幅に変えたノーマル~ややS向けの作品です。
音と会話で癒す耳かき
本作品で唯一の健全なサービスは耳かき(約41分)。
雨に降られて海の近くにある洞窟へ避難した2人が
やむまでの暇つぶしに膝枕の状態で左耳→右耳の順にお世話します。
耳かき棒で綺麗にしてから軽く息を吹きかけ、最後に梵天で仕上げるシンプルなものです。

耳かき棒は「ずしゅっ」という乾いてて平べったい音
梵天は「しゅりっ」みたいな滑らかでふわふわした音が使われており
前者は大きく掻き出したり小刻みに擦る、後者は軸を持ってゆっくり回転させるリアルな動きをします。

本作品はれおの可愛さや種付けエッチだけでなく音にもかなりこだわってます。
例えばこのパートは耳かき音に加えて焚き火の燃える音と雨音がバックで流れ
それと彼女の吐息を組み合わせてお世話されてる雰囲気を出します。
本編の大部分で何らかの環境音が流れますからそれにも癒しを感じるでしょう。

「今ここの 空気や気温や湿度 いっぱい胸に吸い込みたい もちろんそばにいてくれる君の声や温もりも ずっと忘れずに大事にしていきたい」
そして最中は彼女が色んなことを話します。
彼女自身のこと、進路のこと、彼に対する気持ちなど彼女視点のものが多く
それらを隠すことなく打ち明けて彼に対する信頼の気持ちを示します。

いきなりエッチすると過去作を未視聴の人には淡白に感じるかもしれないので
耳かきを通じて癒しつつ、彼女がどんな女性かを伝えるところから始めます。
ある程度話したらしばらく音だけを鳴らしバランスを取ってました。
自分のすべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは6パート95分間。
プレイは放尿、キス、乳首責め、フェラ、SEX(立ちバック、駅弁、騎乗位)、スパンキング、体を洗う、全身舐め、手コキです。
放尿、スパンキング、体を洗う、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ここでおしっこ? えぇ? だって 君引いたりしない?」
浜辺で主人公と遊んでる最中、急におしっこがしたくなったれおは
トイレが近くにないことを知り彼にこの場でするよう言われます。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
一番最初の「03_南の島で全裸おしっこかけあいタイム♪」は耳かきをする前のお話(約10分)。
れお→主人公の順にその場で放尿してお互いに観察します。

「あぁ 男子に見られてる 船通ってるし めっちゃ気持ちいいし」
普通なドン引きする状況ですが彼女はドMなのでまったく怯みません。
彼に両脚を抱えられ、遠くに船を眺めながら気持ちよさそうにやってのけます。
そして彼がする時は自分から前に座り浴びたいとまで言い出します。

別にそういう趣味があるわけではなく、彼女なりの愛情表現なのでしょう。
そんな彼女をしっかり受け止める彼も優しさに満ちてます。
アブノーマルなプレイを通じて2人の仲の良さを聴き手に強く印象付けます。

本題の種付けが始まるのはその後から。
「05_ケモノのようにむさぼりあう野外えっち♪」は耳かきした洞窟を出たところで立ちバック(約23分)
「07_カタくなっちゃったから駅弁えっちで中出し♪」はコテージの風呂で体を洗ってから駅弁で繋がります(約17分)。
ちなみに本作品の射精は全部彼女のおまんこに中出しします。

「あたしね 男の子みたいっていつも言われるんだけど ほんとはただのメスになって 逞しいメスに身を任せたいの」
壁ドン、キス、乳首責めですっかりスイッチが入った彼女はまさにメス。
先ほど説明したオホ声を漏らしながら犯される快感に酔いしれます。
普段が可愛いからこそ、ここで見せる下品な姿に余計グッときました。
ごく一部でスパンキングもするなど引き続きアブノーマル路線を歩みます。

「気持ちいいっ 中にいっぱい出してね れおを 可愛いお嫁さんにして ママにしてっ」
2回目の種付けは場所がお風呂に移り青姦要素は消えましたが
彼女の想いがさらに強くなってるのがわかります。
全部で5人いる孕み係の中から自分を選んでほしい。
そんな気持ちをストレートに伝えて彼の心ががっちり掴みます。

終盤の2パート45分間は最も濃い種付け。
「09_新妻れおの全身舐めでフル勃起♪」は全身を丁寧に舐めたり手コキして興奮を高め
「10_新妻れおをケモノみたいに喘がせて孕ませて♪」は騎乗位SEXでより確実な妊娠を目指します。

「あぁ 君の味がする 全部味わいたいんだよ ぺろぺろするの好き」
全身舐めは唇、左右の耳、首筋、左右の乳首、腹やへそ、鼠径部、金玉、足、おちんちんと
上から下に向けてパーツごとに丁寧に舐めます
おちんちんを責めるのは終盤で射精シーンもないため準備の意味合いが強いです。
位置、距離、舐め方を小まめに変えて臨場感を出してました。

最後のパートは時間をほぼ全部SEXにつぎ込み
彼女の心情をセリフで漏らしながらたっぷり乱れるストレートな内容です。
SEXに効果音が入ってないおかげでどんなふうに責めてるかわかりにくいのは残念ですが
彼女の息遣いや喘ぎ声を聴きやすくするためにわざとこうしたのかもしれません。
09パートも含めてエロさは高いので、ふたつを繋げて聴けば1回出すのは簡単でしょう。

このように、純愛要素と変態要素を融合させた彼女らしいエッチが繰り広げられてます。
イチャラブ全開な作品
シリーズ特有の甘さを維持しつつ、キャラやプレイに個性を持たせた作品です。

れおは種付け係で異性としても好意を抱いてる主人公の子供を孕もうと
2人きりになれる場所へ移動してからまずは放尿や耳かきで心の距離を近づけます。
そしてその後は洞窟、風呂場、部屋の中と場所を移して子作りに励みます。

活発でMなところもある女の子と旅行先でとことんイチャイチャするシチュ
アブノーマルな要素をいくつも盛り込んだ濃くて激しいエッチ
恥ずかしいところもすべて曝け出して彼と向き合う彼女の一途で純情なキャラ。
選ばれたから仕方なくするのではなく、お互いに愛情を注ぐあまあまラブラブな作品に仕上がってます。

「あのね 実はね 君のお弁当とか 作ってみたいの」
中でも3番目は彼のことを頼ってるのがわかる描写がいくつも登場します。
彼女はバレー部のエースでカッコいいキャラなので男性よりも女性にモテます。
そして普段多くの人から頼られており、その反動で自分が頼れる相手を探してました。
今まで女の子らしいことができなかったからそれを彼で叶えたいという気持ちもあります。

海で放尿するのも、青姦するのも、オホ声を漏らすのもすべては彼を信頼してるからです。
この人ならありのままの自分を受け止めてくれる。
「好き」などのセリフももちろん言いますが、それよりも態度に気持ちが強く込められてます。

エッチはメインテーマの孕ませが活きるようにSEXシーンを多くしてます。
1回ごとに場所や体位を変えて違いを出してました。
変態要素も含んでますが種付けを盛り上げるためのスパイスに過ぎません。
やるべきことはきっちりやってるので、放尿や青姦の性癖がない人でも普通に楽しめるでしょう。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

おまけはフリートークと感謝のメッセージです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:57:38(本編…2:47:56 おまけ…9:42)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月24日まで15%OFFの1028円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな恋人が
寝る前の時間を使って幸せいっぱいのエッチな催眠をかけます。

2人で感覚を共有する形で催眠に入ったり絶頂するのが特徴で
催眠パートは「ふわふわ」「ぽかぽか」など柔らかい言葉を多めに織り交ぜながら温かさと幸福感を与え
エッチも彼女が今味わってる感覚を遠回しに伝えて快感を徐々に上げます。
大好きな人と幸せなひと時を
恋人の紗希ちゃんと布団の中でイチャイチャするお話。

「ねぇね 肩揉んでくれない? なんだか最近すごく凝っちゃってさー」
紗希ちゃんは甘く可愛い声の女の子。
主人公に肩を揉まれて気持ちよさそうな声を漏らすと
そのまま横になって背中やお尻も揉んでもらいます。

本作品は心と体を幸せでいっぱいにしてから眠ることを目的に
彼女がおよそ50分を使って催眠をかけたりソフトなエッチをします。
過去作で同棲してる描写があったので現在もおそらくそうなのでしょう。
序盤から積極的にスキンシップを取りながら他愛もない話をして場を温めます。

「だってさー マッサージしてもらった後人のマッサージしたら なんかされた分疲れて意味ない感じしない?」
mosquito cockさんは「体が重くなる」みたいに指示的な暗示を使わず
現実世界の会話に近い言い回しで誘導するのを得意としてます。
今作もその例に漏れず序盤の10分間を雑談に費やして信頼関係を深め
それからあまり催眠っぽさを感じさせずに幸福感と快感を伝えます。

実際に聴いてみると催眠をかけられてる感覚があまりしないはずです。
でもしばらくすると体がぽかぽかするとか、意識のぼやけが強くなるのを感じるでしょう。
タイトルの「ふわふわ」感も結構味わえて心地いいです。

「2人で催眠状態になって ふわふわして 幸せになるの」
また我々聴き手が被験者、女性が催眠者になることが多い一般的な催眠音声とは違い
本作品では彼女も一緒に催眠に入って絶頂を目指します。
詳細は後で説明しますが特にエッチの内容が独特です。
声が非常にリアルなのも相まって、目を瞑って聴けば彼女がすぐ近くにいる感覚が味わえます。

ちなみに製品版にはえっちあり版と安眠版の2パターン用意されてます。
両者の違いはエッチの有無で安眠版なら32分まで短くなります。
いずれも最後はそのまま眠るため解除音声は入ってません。
癒しの言葉で包み込む催眠
催眠はおよそ20分間。
横になって目を瞑り、まずは紗希ちゃんと一緒に深呼吸して心身を落ち着けます。

「こうやってしてるだけで…ね? だんだんぽかぽかしてきてさ ふわふわして そのふわふわが大事だよね」
「吸ってー」「吐いてー」の合図を出した後に呼吸音を鳴らして一体感を持たせ
さらに同じ布団に入り抱き合ってる状況を通じて温かさを伝えます。
「ふわふわ」「ぽかぽか」といった柔らかいセリフを多く盛り込んでるのが印象的でした。
キャラとセリフを組み合わせて癒される空気を自然に作ります。

深化が始まるのは中盤から。
引き続き抱き合ったまま2人で一緒に脱力し、さらに幸福感を膨らませて心の距離を近づけます。

「私ね 今もうほとんど体に力入らないの」
「2人の体がさ なんか濃い空気っていうか ぬるま湯みたいな そんな中に浸かってる感じ」

そしてここでは彼女が今どういう状態か教えて遠回しに感覚を伝えます。
「意識が落ちる/沈む」とストレートに働きかけてくることはほとんどありません。
2人の立場をほぼ対等にして共有できる雰囲気を作ります。
他のものに例えてわかりやすくするなど、彼女の優しさを感じる描写がいくつもありました。

一体感を出しながら癒すキャラやシチュを活かした催眠です。
紗希ちゃんと幸福感を共有できるようにすることを目的に
深呼吸を絡めながら前半はリラックス、後半は深化を意識した暗示を会話調で投げかけます。

「温かい」「幸せ」といった心にプラスに働く言葉が非常に多く
聴けば聴くほど体が自然とぽかぽかします。
主人公を一途に慕う彼女の純真なキャラやずっと抱き合ってるシチュもそれを上手に助けます。

遠回しな言い方で少しずつ働きかけてくるので
深化の時は落ちたり沈む感覚ではなく、頭の中がぼんやりしたり心地よく感じるでしょう。
作品の雰囲気に合う言葉選びに一際気を配ってます。
2人同時の絶頂を目指して
エッチシーンは17分間。
プレイはキスのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「体中が幸せで埋め尽くされちゃったけどさ この幸せさんたちはさ ちゅーすると 私たちを気持ちよくしてくれる幸せさんに変わっちゃうんだよね」
催眠を使って主人公を幸福感で包み込んだ紗希ちゃんは
それをキスでエッチな感覚に変換して体を敏感にします。

エッチは体への刺激を最小限に留めて幸せイキを目指します。
最初の10分間は感度上昇に専念するシーン。
長めの間隔で何度もキスしながら彼女視点でどう気持ちよくなってるかを伝えます。

「中から幸せさんが ちくちくってエッチに攻撃してくる感じ」
「全身のゾワゾワが大きくなっちゃって ビクビクするの 止まんない」

こういう場合普通は聴き手に直接働きかけるのですが
本作品では彼女も催眠に入ってる状況を使って遠回しに気持ちよくします。
レビューを読んでる時点ではピンとこないでしょうけど
音声を実際に聴いてみると体が妙にピリピリするのがわかります。

相手があくびをしたらこちらもつられてあくびしてしまうのと似た原理です。
2人の関係を上手に反映させた珍しい感度強化と言えるでしょう。
彼女も少しずつ吐息を熱くしたり呼吸を不規則にして上がってることをリアルに表現します。

残りの7分間は絶頂シーン。
お互いに股間を意識しながらこれまでよりも激しいキスをします。

「一番ヤバいとこなのに ちゅーしながらだから どんどん濃くなっちゃって どんどんヤバくなっちゃうやつ」
このへんまで来ると彼女の発情っぷりが声や息遣いですぐわかります。
絶頂時はカウントを数えたりせず2分30秒ほどキスを続け
その中で聴き手の好きなタイミングでイク形になってます。
私が聴いた時も股間が何度もビクついて気持ちよかったです。

このように、体はほとんど責めず感覚を共有する恋人らしいエッチが繰り広げられてます。
甘さ満点な作品
隅から隅まで甘い要素で構成されてるノーマル向けの作品です。

紗希ちゃんは大好きな主人公と寝る前のひと時を幸せに過ごそうと
ほぼ全編で抱き合ったまま他愛もない会話をして場を和ませ
催眠をかける時もセリフの表現をやわらげたうえで2人一緒に入ります。
そしてエッチはプレイをキスに絞り込み、自分の快感を相手に伝えて絶頂を目指します。

優しくて甘えん坊な彼女が恋人とひたすらイチャイチャする和やかなシチュ
指示的な表現をできるだけ避けながら温かさと幸福感を伝える癒し一色の催眠
フェラやSEXといったお馴染みのプレイは敢えてやらず、キスと暗示だけでイかせる独特なエッチ。
事後にぐっすり眠れるよう心身への負担をできるだけ軽くしてあります。

「そういうところに意識が向くと 気持ちが温かくなってくる気がして 意識すればするほど だんだん心地よくなってきて 幸せな気持ちで心が温かくなってくる」
中でも催眠は複数の感覚を散りばめて徐々に強化する割と高度なものです。
サークルさんが「ふわふわ感を大事にした」とおっしゃられてるだけあって
彼女のキャラはもちろん、暗示を入れる際の言い回しも緩くしてます。
彼女が催眠者と被験者両方の役割を持ってるのも面白いです。

それに対してエッチはプレイが非常にソフトなことや
アプローチが遠回しな点が合わさってかなり弱い印象を受けました。
シチュを考えればそこまでエロくする必要はないと思うのですけど
もう少し心、体いずれかの刺激を強くしたほうがより多くの聴き手に対応できたのではないかなと。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:そらまめ。さん
総時間 えっちあり版…56:12 安眠版…32:50

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、恋人がいるのに色んな男から言い寄られる魅力的な彼女が
最近付き合い始めた彼氏とエッチしながら実際にあった体験談をします。

寝取られそうになった事実や、その場合どういうエッチをしたかを語って興奮させるのが特徴で
どれも未遂に終わったことをちゃんと伝えてから愛する彼女が他の男に取られるスリルを与え
さらにプレイ中は寝取られの様子を綿密に実況して彼の独占欲や征服欲を上手にくすぐります。
イメージプレイの範囲に収まってますから、寝取られが余程苦手な人でもない限り楽しめるでしょう。
彼女の寝取られを疑似体験
恋人の桜と4種類のエッチをするお話。

「あ。はーい。そっか。もうそんな時間ですね」
桜は明るくて甘い声の女の子。
書店の営業時間が終了し、先輩と2人でレジ清算をしてると
その最中に先月から付き合い始めた恋人のことを話します。

本作品は同じ大学に通い、同じサークルに所属し、同じアルバイトをしてる男女が
ここ最近あった出来事を振り返りながらおよそ120分に渡ってエッチします。
アルバイト先の先輩、大学教授、催眠術研究会、サークルの先輩と4人の男性が登場し
彼らに彼女が言い寄られた時の様子を語ってから
もし彼女が寝取られてたらどうなったか実況しつつそれに合ったプレイをします。


「やっぱり、ぎゅーってすると、キミのとこに帰ってきたんだー、って気分になるなー♪ 幸せ♪」
音声作品で寝取られを扱う場合、大抵は女性が犯されるのですが
本作品で彼女が実際にそうなるシーンはひとつもありません。
どのケースも男性を見事に撃退し彼への愛が本当なことを伝えます。
全編を通じてイチャラブ感が強く最中の会話も本当にあまあまです

ですが彼には寝取られマゾの気が多少あるらしく
彼女が寝取られ未遂の報告をするたびに悔しそうな表情で勃起します。
つまり彼をより効果的に興奮させる手段として寝取られ実況をするわけです。

「私もね。全然その気なかったのに……先生に耳、触られて、ピクってなっちゃったから……♪ ……もし、舐められたりしたら、すごい感じちゃったんだろーなー♪」
彼女にその気がまったくなかったとしても、こんなことを言われたら多少は嫉妬するはずです。
彼もまさしくその通りで、寝取られの話をすればするほど彼女の体を強く求めます。
女性に対する独占欲や征服欲をくすぐる言葉責めが充実してますから
音声を聴いてれば自然と彼女に感情移入していくでしょう。

防鯖潤滑剤さんは淫語の質と量にこだわってることで有名なサークルさんなのですが
今回はそれよりもシチュ重視の言葉責めをします。
プレイはスタンダードなものばかりなので言葉責めのほうが個性は強いかなと。
嫌な目に遭ってもくよくよせず、彼を喜ばせる材料にする彼女も実に逞しいです。
変わった手段で喜ばせるエッチ
エッチシーンは4パート71分間。
プレイはキス、フェラ、耳舐め、手コキ、乳揉み、授乳手コキ、SEX(正常位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私の、お口で…… キミのお・ち・ん・ぽ♪ ヌキヌキしてあげる♪」
バイト先であった出来事を主人公に話した桜は
少し傷ついた心を癒そうとその時先輩に求められたフェラを彼にしてあげます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
前半の2パート36分間は本作品の特徴をわかりやすく表現してるシーン。
「1-2H.『キミのおちんぽ、代わりにしゃぶってあげる♪』」はフェラ(約18分)
「2-2H.『あの先生、耳フェチだったのかな♪』」は耳舐め手コキで1回ずつ射精させます(約18分)。

「キミくらいのサイズが一番だと思うよ。私、キミのおちんぽ、大好きだよ♪ ふふ……♪」
「ひょっとしたら、先輩のおちんぽミルクを飲まされてたかもしれない、私のお口……♪ キミのおちんぽミルクで、いっぱいにして……♪」

フェラパートは2人が初めてこういうプレイに挑戦するため内容は最もマイルド。
ゆっくりペースでねっとりしたちゅぱ音を鳴らしながら彼のおちんちんを褒め称え
さらに先輩にフェラしてたかもしれない可能性をほのめかして上手に興奮させます。
そして射精はしっかり口で受け止め飲み干して自分は主人公のものだよとアピールします。

どのケースもどうやって男性を撃退したか教えてくれるので
彼に嘘をついてるわけではなさそうです。
彼の不安や嫉妬心を煽り、最後はきちんと安心させるところに優しさを感じました。

ちなみに口を使って責めるパートは20秒くらい黙々としゃぶり
その後に会話するのを繰り返して音とセリフの両方を聴きやすくしてます。

「はい、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅ~~~……♪ ぴゅる、ぴゅるるる、ぴゅるる、ぴゅるるっ、ぴゅーーーー♪ どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ~~~……♪」
2番目の耳舐め手コキパートは相手が女性慣れしてるおじさまということで
彼女も撃退するのに少し苦労したことを告げて彼にスリルを与えます。
フェラとは違い射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うのですが
その量が多めに設定されてて彼がとても興奮したのがよくわかります。

くちゅ音とちゅぱ音が同時に鳴るおかげで純粋なエロさも高いですし
本作品の特徴を活かしたうえで抜きに上手く繋げてます。

後半の2パート35分間はプレイ、言葉責めいずれもより強化したシーン。
「3-2H.『私のおっぱい、好きにしてください……』」は催眠をかけられたフリをしながら授乳手コキ(約17分)
「4-2H.『キミのおちんぽで、私のおまんこ、征服してね……♪』」は
映画研究会の先輩(チャラ男)に犯されてる様子を実況しながら種付けSEXします(約18分)。

「ローションをかけてから、おっぱいにおちんぽを差し込んで……パイズリオナホールみたいにされたり……♪ おっぱいに向けて、おちんぽミルクをぴゅっぴゅして……おっぱいぶっかけ♪ 白い肌を、ザーメンでもっと真っ白にされたり……♪」
前半シーンを通じて2人ともこのプレイに慣れたのでしょう。
ここでは先ほどよりも寝取られ実況を生々しくして心を強めに責め立てます。
可能性をほのめかすところから実際にされてる時どうなるかにターゲットを変え
男たちに体を汚されてる様子や彼女が喜んでる姿を描いて生々しさを出します。
そして同時に彼へ手厚いご奉仕をしてそれがフィクションに過ぎないことを教えます。

後半のほうが言葉責めに力を入れてるので、属性が合う人ならより強いスリルが味わえるでしょう。
単にシチュを変えるだけでなく、言葉責めのバランスや方向性も変えてるところが素晴らしいです。

「先輩、ゴムなんて付けてくれないだろうから……♪ そのまま……おまんこの一番奥に、中出しされちゃうの……♪ 先輩の、元気いっぱいの精子が……私の卵子、一斉に襲っちゃうんだろうなぁ……♪」
「そうだね♪ 中出し、しないとね……♪ 愛する彼女のおまんこ、キミのおちんぽで征服しないとね……♪ 僕のものだぞ、って……♪ 誰にも渡さないぞ、って……♪」

刺激が最も強いのは最後のSEXパート。
チャラ男に生で挿入され、何度も精液を中出しされてる様子を彼女視点で実況し
それを聞いた彼が正常位で彼女に生ハメ&中出しを決めます。
彼にガンガンピストンされ喜んでる彼女の姿がとても印象的でした。
悪い男に言い寄られることが多いからこそ、好きな人にはとことん愛されたいのでしょう。

2人はまだ付き合い始めて日が浅く、お互いのことをそこまでよく知ってるわけではありません。
だから今回の出来事を通じてそれが深まるように物語を組み立ててます。
寝取られを扱ってるのにきちんと純愛プレイになってるのが面白いなと。
どのプレイも心身共に責め方の質が高く、気持ちよく抜くことができました。

このように、人を選ぶテーマをより多くの人が楽しめるようにアレンジした個性的なエッチが繰り広げられてます。
斬新な純愛系作品
サークルさん独自のやり方で寝取られを取り入れてる意欲作です。

桜は大好きな主人公を普段とは違う方法で興奮させようと
自分がここ最近体験した寝取られ未遂の話をし、男たちが失敗したことをきちんと伝えたうえで
もし成功してたらどうなったかを彼の体を使って実践します。
そして体への責めはシンプルに行い、その分寝取られ実況を充実させて征服欲をくすぐります。

男への対処方法をよく心得てる強い彼女が恋人と疑似寝取られエッチをするややM向けのシチュ
エッチな音と寝取られ実況を組み合わせて心身をバランスよく責めるテーマに沿ったエッチ
後になるほど実況の割合を増やし、かつ内容も過激にして彼の嫉妬心を煽る巧みなリード。
純愛作品にはまず出てこない要素を敢えて盛り込みエッチを組み立ててます。

「私……キミのおちんぽに、征服されちゃったね……♪ キミのものに、なっちゃった……♪」
中でも2番目は実際に寝取られてないことをはっきりさせてから
仮にそうなったらどうだったかを臨場感を出して描く面白い試みがされてます。
彼女は身も心も彼に捧げてるので浮気を匂わせる要素は一切ありません。
むしろ彼が喜ぶよう一生懸命責め、逆に責められてる時はとても嬉しそうな表情を見せます。

スリルやゾクゾク感といった寝取られのメリットだけを抽出してるのが印象的でした。
寝取られを扱ってるのにここまで安心して聴ける作品は珍しいです。
抜き性能も高く、属性が合う人ならきっと満足できるでしょう。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは「たまには普通にイチャイチャしよっか♪」です。

CV:秋野かえでさん
総時間 2:05:51(本編…1:56:38 おまけ…9:13)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月29日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「瞬間最大風速」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、保健室の先生で恋人でもあるお姉さんが
年下の彼氏を耳かきとエッチで気持ちよくします。

セリフよりも音の割合を多くしながらお世話するのが特徴で
耳かきは効果音+吐息、エッチはちゅぱ音+効果音といずれも複数の要素を組み合わせ
その合間に実況や軽い雑談を挟んで彼女にしてもらってる雰囲気を作ります。
先生と過ごす幸せなひと時
保健の先生が耳かきやエッチをするお話。

「あら いらっしゃい 私の保健室へようこそ」
先生は穏やかな声のお姉さん。
とある放課後、主人公を保健室に呼び出すと
その理由を話す前にドアのカギを閉めます。

本作品は普段は教師と生徒だけど2人きりの時は恋人になる男女が
学校の保健室でおよそ60分に渡ってイチャイチャします。
前半は耳かき、後半はエッチと両者の割合をほぼ半々に設定し
いずれもセリフより音の量を多くして癒しと興奮を与えます。

「ふかふかなのは 太ももだけじゃないんだからね」
完全な無言だと背景や仲の良さが伝わらないのでそれなりにしゃべりますが
ひとつひとつの間隔を長めに取って音を聴きやすくしてます。
実況を挟みながら彼に対する好意を伝えてくるので雰囲気もとってもあまあま。
普通の恋人よりもイチャイチャできる時間が少ないからこそ、このひと時を存分に楽しもうとします。

またエッチの時はキスやフェラといった口を使うプレイが充実してます。
中央から水分控えめなコリコリした音を積極的に鳴らしてくれて距離の近さを感じました。
フェラについても後になるほど激しく責める年上らしいリードをしてくれます。
言葉責めはほとんどしませんから音がメインの抜き要素になります。

もうひとつ、同人音声では珍しく声優さんのお名前が匿名希望になってます。
確かに今まで一度も聴いたことのないお声でした。
18禁作品に初挑戦してるそうなので、アニメやゲームで活躍されてる方なのかもしれません。
中の人が誰なのかわかる人ならより楽しめるのでしょうね。

先生をしてる年上彼女がバランスの取れたサービスをするシチュとちゅぱ音重視のエッチ。
耳かきやASMRといった音声界隈で人気のある要素を取りそろえたノーマル向けの作品です。
じっくり丁寧に進めるサービス
3分程度の会話を終えた後から始まる最初のサービスは耳かき(約26分)。
ベッドへ横になり膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒のみを使ってお掃除します。
そして一通り終えたら通常よりも長めの時間を取って息を何度も吹きかけます。

耳かき棒は「ぞすぞす」という硬くて平べったい音が使われており
リズムを小まめに変えながら掻き出したり軽く引っかくように動きます。
説明文を見たところ他サークルさんの音素材を使ってるようです。
音の質感、動きいずれも十分な品質を持ってました。

この耳かきで一番個性的なのは息を吹きかける時間が長いこと。
右耳は2分以上、左耳は1分30秒をかけて何度もやってくれます。
通常よりも風圧が強めなため吹くたびに耳がくすぐったくなりました。
耳かき音とは別のところでも音重視にしてるあたりが本作品らしいです。

「安心して? これが終わったら そっちも耳かき以上に気持ちよーくしてあげるから」
最中の先生は穏やかな吐息を多めに漏らしながら雑談に近い話題を振ります。
主人公はまだ学校に通ってる年齢なので性欲旺盛なこともよく心得ており
これが終わったらエッチもすると遠回しに告げて彼を喜ばせます。
また左耳をお世話してる時は2人の馴れ初めにも触れてました。
お口を使ってたっぷりご奉仕
エッチシーンは2パート31分間。
プレイはキス、手コキ、フェラです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「こら いきなり…んっ」
シンプルかつ丁寧な耳かきで主人公をとろかせた先生は
いよいよエッチに入ろうとしたところ、彼に突然キスされてちょっぴり驚きます。

エッチは年上の彼女が終始責め続けます。
前半の「04.濃厚なキス+キス手コキ+丁寧なおそうじフェラ」はキスと手コキ(約17分)。
通常のキスと舌を絡めるキスを順に味わい、中盤から手コキを加えて追い込みます。

「まぁ ほんとにギンギン 可愛い顔して おちんちんはほんとに立派よね」
彼女は割と淫乱な性格のようでエッチに入ってもサービス精神旺盛。
学生には刺激が強そうなちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らし
手コキも彼がすぐ射精しないよう緩めにしごいてこの時間を楽しみます。

エッチな音が複数鳴るのに激しくするとうるさくなりますから
多少落としてじっくり責めたほうが聴きやすいし臨場感も出ます。
射精後はお掃除フェラまでするなど、お姉さんらしいリードをしてました。

続く「05.濃厚なフェラ+口内発射+丁寧なおそうじフェラ」はよりちゅぱ音に寄せたプレイ(約14分)。
1回出してもまだまだ元気なおちんちんを鎮めようと
お掃除フェラから通常のフェラに繋げて激しめに責め立てます。

「ちょっと下品な顔になっちゃうから激しいけど その分刺激が強くなるから覚悟してね」
作中で「フェラには自信がある」と言ってるだけあって
序盤は普通に舐めてたのが、中盤以降はひょっとこフェラみたいに口をすぼめて絞るスタイルに変わり
フィニッシュも口でしっかり受け止め飲み干す手厚いご奉仕をしてくれます。
ちゅぱ音もキスの時とは明確な違いがあってわかりやすいです。

時間はこちらのほうが短いですけど純粋なエロさは上かなと。
自分から敢えて恥ずかしい姿を晒すのも彼に対する信頼の証なのでしょう。
射精音が入ってるおかげでどのタイミングで出したかもわかりやすいです。

このように、恋人らしさを出しつつ主に口で責めるエッチが繰り広げられてます。
正統派の純愛作品
処女作なのであまり冒険せず手堅くまとめ上げてる作品です。

先生は生徒の1人で現在は恋人の主人公と幸せな時間を過ごそうと
誰にも邪魔されない放課後の保健室へ彼を呼んでまずは耳かきで気持ちよくします。
そして耳がスッキリした後はおちんちんもお世話して身も心もスッキリさせます。

面倒見が良くエッチも好きな先生が年下の彼氏を癒したり気持ちよくするノーマル向けのシチュ
耳かき音、吐息、息吹きの割合を高めにした素朴な耳かき
キスを多めにしながらおちんちんを手と口で責める甘さ高めのエッチ。
年上の女性が持つ優しさや温かさをASMR色を持たせたやり方で表現してます。

中でもエッチは時間が比較的短いことを踏まえてパートごとのプレイを絞り込み
いずれもちゅぱ音の量を多めに設定してエロさを押し上げてます。
セリフが状況説明メインだったので音で興奮させることを意識されたのでしょう。
責めるペースを緩めにして音を聴きやすくする配慮もされてて良いです。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは「朝も夜も子づくりH」です。

CV:匿名希望さん
総時間 1:09:35(本編…1:04:48 おまけ…4:47)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月13日まで20%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公と親密な関係を持ってる2人の女性が
ワンルームマンションの一室で彼と会話したりエッチを楽しみます。

彼女たちと一緒に過ごしてる雰囲気を大事にしてるのが最大の特徴で
現実世界の会話に近い口調で話しかけたり、説明的なセリフを極力省いて自然さを出し
エッチも過剰に喘いだりせず吐息交じりの切ない声を漏らしてすぐそばにいることを表現します。
最中に鳴るリアルな音の数々もそれに大きく貢献してます。
狭い場所で女の子とイチャイチャ
妹のこずえ、恋人のあまねと自宅でエッチするお話。

「あまね おかえり」
こずえ(挿し絵左)は可愛くて穏やかな声の声の女の子。
「ういー ただいー はぁー 外寒いかったわー」
あまね(挿し絵右)は砕けた話し方をする甘い声の女の子。
とある冬の日、こずえと主人公がエッチしてるところへ帰宅すると
少し話してから何を食べるか考え始めます。

本作品は血の繋がった妹と同棲中の恋人が
あまり広くない部屋でおよそ150分に渡ってしゃべったりエッチします。
2人との関係が最初から親密なことを踏まえて言葉遣いをかなり砕けたものにし
音声作品でよく見る状況説明のセリフをできるだけ省き自然さを出してます。

こずえ「にい 出るっ 出してっ」
あまね「あっ このサラダもー すげぇ美味いんだよな これにしーようっ」
3人でエッチを楽しむことが多いですけど
主人公と片方がエッチし、もう片方はそれとまったく関係ないことをする変わったシーンも登場します。
彼女たちにとってこのように過ごすのはもはや当たり前なのでしょう。
彼を取り合ったりせず共有する形で和やかな時間を過ごします。

またエッチに専念することが多い18禁音声では珍しく日常会話にも力を入れており
そこでは彼女たちが何を考えてるかがさり気なくつづられてます。
「可愛くてえっちぃ2人が今まさにここにいる!」をキャッチフレーズにしてるので
ただエッチするのではなく、彼女たちがこの中で生きてることを表現するための演出だと思います。

本当にいきなりエッチが始まりますから最初は何もわかりません。
でも音声を聴いていくうちに彼女たちがどんな性格をしてるかが少しずつわかります。
終盤では将来に向けた思いを語るなど、キャラ作りにこだわってる印象を受けました。
キャラが立ってるほうがエッチで感情移入しやすいですから抜きにも繋がってます。

サークルさんの過去作「サマーフォーリー」に雰囲気が似てるなと。
あちらも浅木式さんと秋野かえでさんが息の合った掛け合いをしてました。

彼女たちと並ぶもうひとつの大きな魅力は音。
エッチはもちろん、それ以外の小さな物音に至るまでリアルな効果音が入ってます。

タイトルに入ってるフォーリーサウンドは「演者の動きに合わせて収録された効果音」という意味で
声優さんの演技を真似ながら効果音を別途録音し、それらを組み合わせてひとつの音声にします。
海外の映画では吹き替えを円滑に行うためにこれを使ってるそうです。

エッチの時に鳴る音は通常のバイノーラル録音とそこまで違わないのですが
彼女たちが体を動かした時の小さな音とか、部屋に転がってるペットボトルの容器にぶつかる音など
細かな部分に関しては位置、距離、タイミング、質感が抜群に優れてます。

先ほど説明したように本作品は説明するセリフが極端に少ないですから
それを音でいかにカバーできるかが重要になります。
日常生活で聴く音が多いおかげでどれも耳に優しく、癒されながらエッチを楽しむことができます。

自然さを重視した様々な演出とフォーリーサウンド。
サークルさんが現在力を入れてる分野をさらに掘り下げたまったり系の作品です。
彼女たちの熱と息吹を感じながら
エッチシーンは6パート99分間。
プレイはSEX(騎乗位)、キス、フェラ、玉舐め、手コキ、手マンです。
SEX、手マンの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

あまね「次さー あたしともエッチしよ?」
主人公とこずえがエッチしてる間に食事を済ませたあまねは
ちょっぴり嫉妬したのか自分ともエッチしてほしいとおねだりします。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の4パート52分間は彼らの日常風景。
「1.二人の居候とのだらだらえっち」はこずえ→あまねの順でSEX
「2.ワンルームセックスライフ」は彼にお小遣いをもらうためのフェラ
「3.真昼間のだらだら甘々手コキ」はキスしながらの手コキ
「4.囁き甘トロダブルえっち」は手マンからのSEXとプレイを変えてイチャイチャします。

あまね「ぬるぬるになったチンポって エロいよな」
こずえ「確かに」
3人は日常的にエッチしてる間柄ですから恥ずかしがったりはしません。
ある時は2人で協力して、またある時は代わる代わるおちんちんを責めてたっぷりご奉仕します。
最中の会話もほのぼのしたものが多くて和みました。
だからこそSEXや手マンの際に漏らす切ない喘ぎ声に余計グッときます。

またできるだけ自然なエッチを聴き手に楽しんでもらえるように
最中の効果音や喘ぎ声は通常よりも控えめにしてあります。

ピストン音は中央やや遠くから肉のぶつかり合う音が通常よりも小さく鳴りますし
喘ぎ声も「あんあん」ではなく「んっ」みたいな吐息と組み合わせたものにしてます。

場所がワンルームだから近所迷惑にならないよう声を抑えたと見ることもできますが
この場合はわざとらしさを避ける意味合いのほうが強そうです。
部屋が狭いおかげで彼女たちの声も近く一体感があります。

ただし、キスやフェラといったちゅぱ音を鳴らすプレイは結構激しいです。
こずえは口をすぼめて強めに吸う、あまねは水分高めでやや下品に舐めると違いも見られます。
全部控えめだと抜きにくくなりますし、彼女たちのエロさを出す意味でも良い演出だと思います。

ちなみに主人公はかなりの早漏に設定されており
どのプレイも開始から結構早いタイミングで射精を迎えます。
そのことを考慮し一部では休憩を挟みながら責めてました。
1パートだとたぶん射精しそうになる前にプレイが終わってしまうので
オナニーのオカズに使う場合は最低でも2パート以上にしたほうが良いでしょう。

後半の2パート47分間は彼女たちひとりひとりに光を当てたシーン。
「5.あまねとやきもちあまあまえっち」はあまね
「6.こずえとやきもちあまあまえっち」はこずえと一対一でキス、フェラ、SEXをします。

あまね「あたしなんかがさ こんないい思いしてるのとかさ」
あまね「わかった 中でいっぱい出して? 大好きだぞ」

そしてここでは彼女たちの本音を聴くことができます。
部屋は狭いけど自堕落な生活ができてるのは主人公のおかげだと深く感謝しており
そのことをストレートに伝えながらこれまでとは違う生ハメ&中出しを楽しみます。

2人は同棲してるほどですから結婚も真面目に考えてるのでしょう。
中出しされた時も後悔ではなく嬉しそうな表情を見せてました。
今の生活は確かに楽だけどいつか終わらせなければならない。
そんな彼女の覚悟が垣間見える印象的なプレイです。

こずえについてもやることは基本一緒なのですが、最中の会話があまねの時と随分違います。
詳しい内容は聴いてのお楽しみとさせてください。
少なくとも抜かせるのとは違う方向性を持ったプレイかなと。

このように、彼女たちの魅力を出しつつゆっくり愛し合う緩めのエッチが繰り広げられてます。
雰囲気を楽しむ作品
彼女たちとの一体感を味わいながら抜くノーマル向けの作品です。

こずえとあまねはワンルームマンションで暮らしてる主人公と幸せなひと時を過ごそうと
2人で掛け合ったり別のことをしながら耳とおちんちんをじっくり責め続けます。
そしてその様子を砕けたセリフとフォーリーサウンドを組み合わせて自然にお届けします。

実の妹や現在同棲中の恋人と交互に、あるいは同時にエッチする甘いシチュ
彼女たちの口調を現実世界の会話に近づけ、さらにエッチも大袈裟な表現を控えるテーマに合った演出
作中のあらゆるシーンで鳴るリアルで優しい音の数々。
作品を構成するあらゆるものを自然にする方針で仕上げてます。

中でも2番目は彼女たちを生身の人間へと近づけるのに大変役立ってます。
テグラユウキさんは過去にセリフを挟まず息遣いと音だけでエッチを表現する作品を制作されてますし
その強みを今作でも活かし、さらに音にもこだわって品質を押し上げてます。

がっつり抜くことを目指した作品ではないので、そういうのが好きな人にはあまり向きませんけど
時間をかけて充実した射精を迎えたいとか、事後の余韻をまったり楽しみたいといった
満たされるオナニーを好む人にはかなり向いてます。
目を瞑って聴けば彼女たちがすぐそばにいるような感覚が味わえて胸がぽかぽかしました。

射精シーンは10回。
吐息とちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

CV:こずえ…浅木式さん あまね…秋野かえでさん
総時間 2:36:59

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月27日まで15%OFFの1122円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「アルファートリル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段はクールだけど好きな人の前ではデレる風紀委員長が
学校の外や中で熱いエッチをして関係をさらに深めます。

多くのシーンで密着し囁きながらキスを何度もしたり
やや下品な淫語を織り交ぜたおねだりをガンガンして彼をやる気にさせるなど
彼女の一途さやドスケベっぷりをストレートに表現した抜きやすいエッチが楽しめます。
クールキャラですがほとんどデレてるのでM性がない人でも普通に聴けるでしょう。
真面目な風紀委員の素顔は…
恋人の「アサカゼ ミナ」と4種類のエッチをするお話。

「それではこれより 定例の風紀チェックを行います」
ミナは上品で落ち着いた声の女の子。
学校内で生徒たちに風紀の乱れがないか確認すると
その中にいた主人公に所持品や服装のことで軽く叱ります。

本作品は校則が厳しい学校の風紀委員長として日々頑張ってる彼女が
家や委員会室でおよそ100分に渡るイチャラブ系のエッチをします。
彼女は学校にいる時はクールで厳しい態度を取りますが好きな人にはものすごく弱く
叱ったことを謝ってから彼に尽くす姿勢でとことんエッチに振る舞います。

「君とのチュー好き 大好きな君のこと いっぱい感じられるから」
序盤から積極的にキスして愛情をたっぷり注ぎ、その後は耳元に顔を近づけて愛の言葉を囁くなど
彼女が彼をどれだけ深く愛してるかを言葉と行為の両方からわかりやすく伝えます。
彼やおちんちんを褒め称えるセリフがとても多いですから
女性に大事にされるシチュが好きな人ほど満足できるでしょう。

「チンポの中のどろどろのミルク 風紀委員長のお口マンコで処理してあげる」
プレイ中に彼女が淫語責めをガンガンするのも大きなポイントです。
「チンポ」「マンコ」「生ハメ」などやや下品な言い方をすることが多く
状況に応じて表現をやや変えながら小まめに言って興奮を煽ります。

彼女は元々すごく真面目な性格で、彼に告白された時も最初は断ったそうです。
しかしそれでも諦めず何度もアタックしてくる彼の熱意に打たれて恋人になりました。
そんな背景があるから彼に対し深い感謝の気持ちを込めてエッチします。
キスと囁きで甘さを、淫語でエロさを出すキャラを強く意識したプレイに仕上がってます。

体への責めについてはタイトルに「変態」がついてますけどアブノーマル要素はほぼありません。
耳舐め手コキ、ゴム無しSEX、フェラと王道のプレイで固めてます。
各パートの時間を20分程度に揃え、かつ射精シーンを1回だけ用意する実用性に配慮した作りです。
キスやフェラの時にむしゃぶりつくようなちゅぱ音を鳴らすあたりも彼女のキャラに合ってます。

主人公にデレデレな女の子が甘さとエロさを兼ね備えたエッチで存分にもてなす。
18禁音声にとって重要な「抜きやすさ」をストレートに追及した純愛作品です。
音とセリフの両方が濃いエッチ
エッチシーンは4パート87分間。
プレイはキス、手コキ、クリ責め、SEX(正常位)、乳揉み、フェラ、尻揉みです。
服を脱がす、手コキ、クリ責め、SEX、尻揉みの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「だって私 風紀委員だし 君だけ特別扱いするってわけにはいかないもの」
主人公を取り締まった日の夜、その時とはまるで違う甘い声で昼間のことを謝ると
ミナは彼に抱きつき甘いキスをして遠回しにエッチのおねだりをします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら対等な立場で愛し合います。
前半の2パート43分間は2人の日常風景。
「【2】夜はあなた大好きドスケベ変態彼女♪」はキスからの耳舐め手コキ&クリ責め
「【3】ドスケベ彼女のセックスおねだりとド直球甘エロ濃密交尾♪♪」は正常位のSEXでお互いに2回絶頂します。

「私のおてては 君専用のおててマンコだよ」
彼女は学校だときつめの性格をしてますが、彼と2人きりの時は優しくて一途な女性に変わります。
プレイ中に笑みを漏らしながら自分の体すべてが彼のものだとはっきり告げ
淫語責め、耳舐め、手コキを組み合わせて興奮と射精感を上手に高めます。

責めっぷりがとてもスムーズなところを見るとかなりの回数エッチしてるのでしょう。
パートの終盤に彼がおまんこをいじり始めると切ない喘ぎ声が加わりますし
最初からエッチな声や音の密度を上げて抜きやすくしてます。

2番目のSEXパートは淫語責めと彼女の乱れっぷりが魅力。
ピストンはすべて主人公に任せ、自分はありのままの姿を晒して幸せな時間を過ごします。

「だいしゅきホールドエッチ 本気の種付け生交尾 幸せだね すごく気持ちいいね」
繋がる前の時点で「今日は生がいい」と告げてオスの欲望をくすぐり
ある程度進むと足を絡めて外に出せなくする姿に強い愛情を感じました。
「この人なら孕んでも構わない」という意思がプレイにしっかり込められてます。
またできるだけ長く楽しめるようピストンのペースは緩めに設定されてます。

人によっては重いと感じるかもしれませんが、彼が特に嫌がらないところを見ると同じ気持ちなのでしょう。
引き続き淫語の量も多く本作品の特徴がわかりやすく表現されてます。
淫語責めや耳舐めを優先した結果、SEX時の喘ぎ声はかなり少なくなってました。

続く2パート44分間は若干背徳的なエッチ。
「【5】真面目な彼女に叱られたい♪」は手コキ&フェラ
「【6】発情彼女と校内生セックスで不真面目濃密求愛♪♪」は再度の中出しSEXをします。

「こんなおちんぽで 学校になんて来ちゃダメですよ 君のこんなかっこいいおちんぽ見たら 学校の女の子みんな 君にメロメロになっちゃいます」
ここを背徳的と言う理由は学校でしてるから。
ある物を持ってきた主人公を躾ける名目で耳とおちんちんを責めます。
といっても彼女は彼に惚れ込んでるのできついことは一切やりません。
前半と同じく甘い声で彼に注意した後ノリノリな様子でご奉仕します。
本来厳しくすべきところでできないあたりに彼女のデレっぷりが窺えます。

できればもうちょっとスリルを出してほしかった気もしますが
サークルさんがそれよりも彼女のドスケベっぷりを強調したかったのかもしれません。
学校内で最も規律を正すべき場所で子作りSEXをする。
そんな状況に酔いしれてる彼女の様子はきちんと描かれてると思います。

このように、彼女のキャラと2人の関係を忠実に反映させた密度の高いエッチが繰り広げられてます。
淫語重視の作品
恋人特有の甘さをしっかり出しつつエロさも押さえた作品です。

ミナは自分に何度も告白した末に付き合い始めた主人公とラブラブな時間を過ごそうと
前半は誰にも邪魔されない場所でデレデレな顔を晒しながら一生懸命尽くします。
そして後半は普段自分がクールになる学校内で種付けプレイを楽しみます。

ツンとデレの落差が大きい風紀委員長が恋人とたっぷりイチャイチャするノーマル向けのシチュ
キスと囁き声で甘さを、淫語責めでエロさを出す演出
同時責めや責め合うプレイを主体にした愛情たっぷりなエッチ。
色んな意味で真面目な女の子とエッチする様子をストレートに表現してます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づける要素と言えます。
キスや囁きは恋人モノでは割と定番ですが
そこに大ボリュームの淫語責めを盛り込みドスケベ成分を強化してます。
セリフの表現も単調に感じさせない工夫がされてて質が高いです。
「淫語責めが好きな人が最も楽しめる」と私は考えてます。

リアルサウンドに関してはKU100(100万円のバイノーラルマイク)を使ってるだけあって質が高いです。
ただこの内容なら音よりも淫語で興奮させる側面が強いかなぁと。
ASMRに期待して聴くと肩透かしを食らいそうです。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音多め、喘ぎ声そこそこです。

CV:かの仔さん
総時間 1:43:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月19日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「白いラブレター」さんの同人音声作品(全年齢向け)。
Youtubeで活躍されてる高倉むきさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、優しくて世話好きな彼女が
なかなか寝付けない恋人に耳かきや添い寝をします。

会話よりも音の量を大幅に増やしたASMR系の作りが魅力で
サービス中は数分単位で軽く雑談する程度に留め
安眠に適した優しい音をたっぷり鳴らしてリラックスさせます。
愛する人に心地よい眠りを
彼女が耳かきや添い寝で寝かしつけるお話。

「ん? どうしたの? 寝れない?」
彼女は穏やかで澄んだ声のお姉さん。
ある日の夜、寝付けない彼にそのお手伝いを志願すると
手始めに膝枕で耳かきをします。

本作品は何らかの事情で寝つきが悪くなってる彼を安眠させることを目的に
彼女がおよそ100分に渡って耳かき、マッサージ、添い寝をします。
彼が寝る時間帯にすぐそばにいるということはおそらく同棲中なのでしょう。
最初から親しげな態度で話しかけながら心のこもったご奉仕をします。

全編を通じて言える大きな特徴は音の比重をかなり上げてること。
一部のパートを除きサービス開始後は数分ごとに軽く話す程度に留め
それ以外はリアルで優しい音をたくさん鳴らして心の芯から癒します。

寝ながら聴くことを想定してるのでどの音も柔らかい質感をしており
それを鳴らすたびに耳へ微弱な振動も送って心地良い感覚を与えます。
Youtubeに数多くのASMR動画を掲載されてるだけあって音のレベルも高いです。
効果音と彼女の吐息だけが流れるひと時はとても静かで落ち着きました。

「心地いいでしょ? もっと心地よくなってね」
彼女については面倒見の良い女性と呼ぶのがしっくりきます。
手を動かしながら彼に具合を尋ねて微調整し
さらに合間合間に思いやりに満ちた言葉をかけて心も温めてくれます。

ASMR系の作品なので時間に対するセリフの量は確かに低いですけど
それでも彼を癒そう、安眠させようとする気持ちはきちんと伝わってきます。
終盤に体をとんとん叩くシーンもあるので彼女のほうが年上なのかもしれませんね。

リアルな音をふんだんに駆使した安眠重視の作りと彼女の穏やかなキャラ。
サークルさんの強みをシンプルかつストレートに活かした心安らぐ作品です。
時間がゆっくり流れていくサービス
1分程度の雑談をした後から始まる最初のサービスは耳かき(約54分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒のみを使ってお掃除します。

耳かき棒は「ずすっ」という乾いてて若干ざらつきのある音が使われており
奥から手前に掻き出すようにゆっくり動きます。
序盤は比較的クリアなのですが少し経つと穴の奥へ移動し
それに合わせて効果音が多少低く重いものに変わります。

使用する器具がひとつなので音が劇的に変わることはありません。
でも数秒単位で動きが小まめに変わるおかげで垂れ流してる感じは特にしませんでした。
器具をころころ変えると主人公が安眠しにくくなりますし
素朴で優しい音を時間いっぱい鳴らすことを心がけてます。

私が聴いた時は開始18分頃からあくびが出始め
パート終盤にはかなり眠くなってるのを実感しました。
たぶん部屋の明かりを暗くして横になったらもっと効果が出たでしょう。
彼女のセリフを必要最低限に削ってあるおかげで本当に静かです。

続く2パート16分間は耳のアフターケア。
「2.ぼん天と耳ふー」は梵天+耳への息吹き、「3.耳ふー」は囁き声を交えた息吹きをします。

「今度は 梵天していくね いくよー」
梵天は「ぷすぷす」という柔らかくて面積広めの音が非常にリアルで驚きました。
器具そのものの柔らかさが忠実に表現されてます。
軸を持ってゆっくり動かす際に木の擦れる音も僅かに入ってて芸が細かいです。

息吹きについては吹くよりも吐きかける感じの音ですね。
弱めの風圧で通常よりも広い範囲に風圧が感じられてこそばゆいです。
これも眠そうな彼をびっくりさせないための配慮なのでしょう。

そして終盤の2パート19分を使っていよいよ安眠へと導きます。
「5.よしよしとんとん」は体を手のひらでゆっくり優しく叩き
「6.彼女の寝息」は彼女の寝息だけが流れるとても静かなシーンです。

このへんまで来ると多くの人が眠くなってるでしょうから
胸のあたりに温かいものを感じながら安眠できると思います。
敢えて余計なことをしないところにサークルさんのこだわりを感じました。

作品を聴いた感想ですが、相当な安眠パワーを秘めてて大変癒されました。
耳かきに多くの時間を割いたうえでひとつひとつをゆっくりのんびり行います。
時間にゆとりがあり、静かなシーンが多く、音も柔らかい。
彼女の穏やかな声も相まって癒しの空間がしっかり出来上がってます。

このように、言葉よりも行為で愛情を注ぐあまあまなサービスが繰り広げられてます。
安眠効果の高い作品
寝つきの悪い人ほど効果を実感できる素朴な作品です。

彼女は心がざわついてるのかなかなか眠れずにいる主人公をぐっすり寝かしつけようと
序盤からお姉ちゃんや母親のような態度でまずは耳を隅々まで綺麗にします。
そして心が落ち着いた後は軽いマッサージや添い寝で眠れる環境を整えます。

声も態度もあまあまな彼女が恋人を寝かしつける大衆性の高いシチュ
リアルな音をたっぷり鳴らし、その一方でセリフはかなり抑えたASMR系のサービス
寝ながら聴いても大丈夫なように調整された優しい音の数々。
最終目的にあたる安眠を強く意識した作品に仕上がってます。

中でも音は現在活動されてる全年齢向けサークルさんの中でも上位に位置する品質を持ってます。
私は白いラブレターさんの作品を初めて聴いたので驚きました。
取り立てて奇抜なことはやりませんけど、ひとつひとつを丁寧に作り込んでます。

以上を踏まえて満点とさせていただきました。
安眠できる耳かき作品を求めてる人には特におすすめします。
おまけは2種類の耳かき、ぎゅー&心音、フリートークです。

CV:高倉むきさん
総時間 3:39:20(本編…1:38:58 おまけ…2:00:22)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
219分で440円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「調教少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品が、現実よりも少子化がずっと深刻になってる世界を舞台に
それを救うために選ばれた男女がイチャイチャしながら種付けに励みます。

タイトル通り彼女を孕ませることを強く意識したエッチが行われており
最初はストレートに、次はソープっぽいプレイを経由してと1回ごとに流れを変え
彼女がご奉仕する時間と責められる時間を同じくらい取って心身をバランスよく盛り上げます。
2人の仲の良さを感じる描写が多いですから胸のあたりがぽかぽかするのを感じるでしょう。
愛の詰まった種付けを目指して
図書委員の堺月乃と耳かきやエッチをするお話。

「202X年 日本は急激な少子化問題に苦しんでいた」
月乃はお淑やかな声の女の子。
物語の背景や自分が主人公と単独デートをするようになった経緯を説明すると
お寺で一緒にお茶を飲みながら目の前に広がる枯山水を嬉しそうに眺めます。

本作品は「種付け係」と呼ばれる制度でその相手に選ばれた彼女が
一日限定単独デートをする様子を彼の視点で楽しみます。
種付け学園 いきなり☆ハーレム ~君はクラスの種付け係に選ばれました~」という過去作が元になっており
そこに登場する5人の中で最も人気の高かった彼女がメインヒロインに選ばれました。
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)

「私 今夜こそ孕みたいので 妊活 頑張ります!」
テーマはもちろん種付け
彼女が孕みやすい日をわざわざ選んで彼と会い
言葉と行為の両方から彼の子を孕む気満々なことをアピールします。
そしてエッチは3回ある射精シーンのすべてをおまんこで受け止め嬉しそうな表情を見せます。

種付けメインと聞くと体だけのやや淡白な関係に感じるかもしれません。
ですが彼女は以前から彼のことを異性として慕っており
デートの最中は恋人や夫婦とほぼ同じ態度で接します。
子作りが最終目的なのは間違いないですけど、それを活かして彼とより仲良くなろうと頑張ります。

そんな彼女の気持ちをわかりやすく物語ってるのが作品の構成。
前半はお寺での雑談と耳かき(約64分)、後半はラブホでのエッチ(約64分)と時間を同じにしたうえで
いずれも2人の仲の良さを感じる描写を数多く盛り込み全体に甘さを出してます。

種付けするだけなら最初からラブホへ行ってガンガンSEXすれば済む話です。
でも彼女は心と体の両方を彼と深く繋げた状態で孕むことを望んでます。
だから通常の恋人がするデートに近づけてまずはお互いを知る時間を設けます。

彼女のキャラ作りにかなり力を入れてるので
物語を聴き進めていくうちに少しずつその魅力に気づくでしょう。
そして十分感情移入した後にエッチするから気持ちよく射精できるわけです。
オタク趣味、M気質、おねだり&ご奉仕好きと色んな特徴を持ってる面白い女性です。

気弱で好感度MAXな女の子と種付けSEXに励むシチュと彼女の魅力を引き立てる演出。
国の制度だから仕方なくやるのではなく本気で愛し合うあまあまラブラブな作品です。
音と会話で癒す耳かき
最初の2パート64分間はお寺でのデート風景。
02は枯山水を眺めながら世間話と軽いスキンシップを楽しみ
03は51分もの時間を割いてゆっくりじっくり耳かきします。

「目の前は私好みの枯山水の庭園 渋くて素敵です」
「大好きな人にしがみついてるの 気持ちいい 癒されます」

月乃は日本庭園やお城といった和の風情を感じるものが好きらしく
お茶を飲みつつ目の前の美しい情景に見とれます。
しかし彼に抱きしめられるとすぐさまスイッチが入り
頭の中でエッチな妄想を始める女の子らしいところも持ってます。

デートの舞台にお寺を選ぶのは珍しいなと思ったのですが
彼女の趣味に合わせたと考えれば頷けます。
素の彼女と興奮した彼女の両方が登場する掴みに最適なパートです。

続く耳かきは膝枕の状態で彼女が持参した耳かき棒のみを使ってお掃除し
最後に左右どちらも7回ほど弱めに息を吹きかけるシンプルなものです。
耳かき棒は「ぞしゅっ」という若干重くて平べったい音が使われており
奥から手前へ掻き出すようにゆっくりペースで動きます。

手前→奥みたいにお世話する場所が移動しないことや
他の器具が特に出てこない点はやや単調に感じるところもありますが
音の質感、動きいずれもかなりレベルが高くて聴けば聴くほど癒されます。
セリフごとの間隔を長く取って音だけを楽しめる時間を多めに用意してるのも大きいです。

「今日だけでいいんですけど いつもの種付け係さんではなく あの、その…あなたって呼んじゃったりしてもいいですか?」
最中の彼女は2人きりのデートがかなって幸せそうな表情を見せます。
彼の呼称を「種付け係さん」から「あなた」に切り替えて夫婦っぽさを出し
これからする種付けエッチのことやもっと未来のことに思いを馳せます。

会話中に主人公の反応や受け答えを適度に盛り込んでるのが面白いなと。
音声は性質上相手の描写はしっかりしてる反面、主人公については薄くなりがちです。
でも本作品では彼を包容力のあるキャラに描いて彼女のすべてを受け止めます。

彼女が彼を好きになった理由がきちんと表現されてるから
彼をお世話できて喜ぶ姿も自然に映るわけです。

会話を通じて2人の仲の良さが伝わってきて耳かきとは別方向の癒しを与えてくれます。
この後始まる種付けに向けた雰囲気作りにもなってますし結構大事な要素と言えます。
月乃のすべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは3パート64分間。
プレイはキス、フェラ、SEX(立ちバック、騎乗位、正常位)、スパンキング(10回くらい)、マットプレイ、耳舐め、手コキ、クンニ、アナル責め、アナルSEX、全身舐めです。
服を脱ぐ、スパンキング、マットプレイ、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「しゃぶっていいですか? おしゃぶりしたい 味わいたいんです このカチカチおちんぽ」
お寺からラブホに移動する途中で栄養のあるものをたくさん食べた月乃は
部屋に入った途端、既に勃起してる主人公のおちんちんを美味しそうに咥えます。

エッチは攻守を入れ替えながらほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の04パートはスタンダードなプレイ(約17分間)。
エレベーターの中で彼女のほうからキスをおねだりし
部屋に到着した後はフェラ→立ちバックSEXで1回目の中出しを決めます。

「あぁ フェラチオ好き 大好きな人に服従してご奉仕してる感が 最高です」
彼女はご奉仕するのが大好きなだけあって序盤から積極的な姿勢を見せます。
おちんちんにむしゃぶりつくようなちゅぱ音を鳴らし
十分準備できた後は挿し絵にも描かれてる勝負下着で挿入をおねだりします。
そして繋がったら後になるほど激しい喘ぎ声を漏らして征服欲をくすぐります。

ご奉仕とおねだりを組み合わせて進めるのが大きな特徴です。
彼女が彼に尽くし、そのお返しに彼が気持ちいいご褒美をあげる。
恋人や夫婦の関係にできるだけ近づけて甘さと幸福感を膨らませます。

2番目の06パートはソープっぽい割とアブノーマルなプレイ(約20分)。
射精後の休憩も兼ねて風呂場へ移動し彼にシャンプーをかけてから
そこにあったマットを使ってローションを塗り込んだりお互いの性器を責め合います。

「手でご奉仕するのも もっと上手になりたいなぁ」
「嬉しいです もっとして欲しい もっとほじってください 月乃のお尻の穴」

初体験のサービスを一生懸命やろうとする彼女の姿が愛らしく
パート中盤から彼がアナルを責め始めると素直に受け入れ気持ちよさそうな声を漏らします。
大好きな人のためならなんでもするところに深い愛情を感じました。
彼女がMだからでしょうけど多少アブノーマルな要素も盛り込んでます。

最後の08パートはちゅぱ音重視(約27分)。
体を乾かし部屋に戻った後、彼女が彼の全身を舐めてから最後の種付けに移ります。

「もうください おまんこに欲しいのぉ」
全身を上から下へ流す形で丁寧に舐め続けるご奉仕と
彼のおちんちんや精液をストレートに求めるおねだり。
先ほど説明したふたつの要素を組み合わせて心と体を上手に盛り上げます。

SEXの際にピストン音が鳴らないのは残念ですが
彼女の息遣いや喘ぎ声を集中して聴いてほしかったのかもしれません。
言葉責めをほとんどしない代わりに彼女の内面描写に力を入れてました。
ゴールは中出しで統一されてますけど、そこに至る道筋が3パートすべて違います。

このように、心の繋がりを感じさせながら種付けする温かくて深いエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視でエロさもある作品
癒しとエロのバランスが取れてる純愛系作品です。

月乃は種付け係にあたる主人公の子を確実に孕もうと
まずは自分が好きなお寺へ誘い、そこで会話や耳かきして心の距離を縮めます。
そしてラブホに移動した後は毎回異なる場所や手段で彼の興奮と射精を応援します。

普段は大人しいけど好きな人の前では大胆になる女の子が耳かきやエッチをするノーマル向けのシチュ
リアルな音を鳴らしながら色んな会話をして2人の魅力を引き立てる耳かき
王道からアブノーマルまでプレイを幅広く取り揃えて何度も中出しするテーマに沿ったエッチ。
種付けから連想されるエロさをしっかり持たせたうえでキャラも引き立つように仕上げてます。

中でもエッチは彼女が積極的におねだりとご奉仕するので
女性を愛する喜びと愛される喜びを同時に味わうことができます。
どちらか片方に寄せると2人のラブラブな関係が崩れてしまいますし
主人公の魅力や存在感を出す意味も込めてこの構成が妥当だと思います。

個人的には「07_ベッドで休憩ピロートーク♪」がすごく印象的でした。
2回目のエッチを終えて6分程度休憩する短いパートなのですが
そこでは彼の彼女に対する強い愛情を感じさせるやり取りが出てきます。
ここを聴けば彼女が彼に惚れるのも頷けるのではないかなと。
同人音声ではあまり出てこないシーンです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音と喘ぎ声それなり、淫語とくちゅ音そこそこです。

キャラに感情移入しながら抜きたい人には特におすすめします。
おまけは支援者への感謝のメッセージです。

CV:小花井わかさん
総時間 2:41:53(本編…2:36:04 おまけ…5:49)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月13日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

【特別価格】甘えんぼメイドの特別なご奉仕~ご主人様LOVEな彼女とイチャラブセックス【バイノーラル】

サークル「幸福少女」さんの同人音声作品。
昨年6月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、メイド喫茶で働いてる優しい彼女が
ラブホや自宅で大好きな人にエッチなご奉仕をします。

彼女が持つふたつの顔を活かしたサービスをするのが特徴で
前半は対等な恋人として普通に接してたのが
後半に入ると口調がやや変わり、彼をご主人様に見立てて一生懸命お世話します。
メイド彼女のラブラブなおもてなし
恋人の咲川みゆとラブホや家でイチャイチャするお話。

「ごめんごめん 遅くなっちゃった」
みゆは可愛くて優しい声の女の子。
仕事の都合で待ち合わせの時間より遅れてしまったことを謝ると
主人公に「全然気にしてない」と言われて感謝します。

本作品はメイド喫茶で日々多くのお客に癒しと笑顔を与えてる彼女が
彼の専属メイドになって90分近くの色んなご奉仕をします。
甘さを前面に押し出した内容なのでM向けのメイド作品に見られる事務的感は一切なく
優しい言葉と献身的なプレイを組み合わせてストレートに尽くします。

「大好きなあなたが近くにいるだけで 妙に落ち着くというか 幸せな気分になるというか」
彼女はご奉仕上手ですけど甘えん坊なところも持っており
プレイ中におねだりして彼をやる気にさせたり
責められる側に回って小動物のような可愛い喘ぎ声を漏らすシーンもあります。

一方的に責め続けるスタイルだと恋人らしさが薄れますから
そのへんのバランスを取ってサービスを組み立ててます。
セリフは彼を甘やかすものより彼女の心情描写を多くしてありました。

「こういうふうにして あなたと抱き合ったり キスしたりしてると 体と心がぽかぽかしてくる」
「敏感のお耳に ふわふわの綿毛があてがわれるのって たまらなく心地いいですよね」

また彼女の特徴である「恋人」と「メイド」が引き立つように
物語の前半と後半で言葉遣いや彼との接し方がそれなりに変わります。
声は特に変わりませんが前者はタメ口、後者は丁寧語を多用し
さらにお世話される→お世話するとプレイスタイルにも違いを持たせてあります。

プレイ自体は耳舐め、キス、SEXなど王道の構成ですから
どちらかと言えばキャラのほうが個性的な作品と私は見ています。
彼をひたすら求め、それと同じくらい求められたいと思ってる愛らしい女性です。

もうひとつの魅力はコスパの良さ。
サークルさん初のバイノーラル作品を記念して価格がたったの110円です。
新規さんの場合、まずは知名度をいかに上げていくかが重要になりますから
こういう気軽に聴ける作品があるのはすごくプラスに働くと思います。

エッチは効果音がちゃんと入ってるので手抜き感は特にありません。
ボリュームも十分ですし、サークルさんの作風を知るにはもってこいの作品と言えます。

※2020年2月9日追記
110円はレビューを書いた当時の価格で現在の定価は1100円に変わってます。
近さと温もりを感じるエッチ
エッチシーンは4パート42分間。
プレイはキス、耳舐め、フェラ、SEX(正常位、騎乗位)です。
服を脱ぐ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あなたとのキスって いくらしても飽きない」
主人公とラブホに移動しマッサージで疲れた体をほぐしてもらったみゆは
そのお返しに甘いキスと耳舐めでおちんちんを勃起させます。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
前半の2パート22分間は普段の様子を描いたシーン。
「3.ご主人様のお耳とオチンポのご奉仕はメイドの仕事です」は耳舐めとフェラ(約16分)
「4.ご主人様の逞しいオチンポでメイドをメスイキさせてください」は正常位SEXで1回ずつ射精します(約6分)。

「おちんちんが むくむくっと膨らんできた お耳舐められるの 心底気持ちいいみたいだね」
事前のやり取りを聴いた限りだと2人は付き合い始めてからそれなりに経つのでしょう。
彼の喜ぶことを積極的にやりながら嬉しそうな表情を見せます。
セリフが多い関係で耳舐め、フェラいずれもちゅぱ音が少なめなのは気になりましたが
まだ始まったばかりなので仲の良さを聴き手に伝えることを重視したのかもしれません。
M向けの要素が一切なく甘い空気が終始漂ってます。

「さっきからあまりに勢いが良すぎて 頭の中 勃起おちんぽのことしか考えられなくなる」
SEXは彼女の心情や反応を重点的に描いて一体感を出します。
若干泡立ったピストン音をゆっくり鳴らしながらキスしてお互いの気持ちを高め
後になるほどペースを上げて2人同時の絶頂を目指します。

パート名を見るともうこの時点でメイドになりきってご奉仕すると思うかもしれませんが
実際は対等な恋人同士がするスタンダードなエッチでした。

後半の2パート20分間はメイド姿でするプレイ。
「6.愛するご主人様にたっぷり中出しされて幸せです」はフェラからの騎乗位(約12分)
「7.私をご主人様の専属メイドにしてください」は正常位、とSEXメインでとことん尽くします(約8分)。
これらは後日のお話で場所も主人公の自宅に移ります。

「大好きなご主人様のフェロモン満載って感じで いつまでも嗅いでいたいくらい」
そしてここからは彼のことを「ご主人様」と呼び
どちらのパートも自分を彼より下に置いてご奉仕らしさを出しながら進めます。
仕事から帰ったばかりで汗臭いおちんちんの匂いを鼻を鳴らして堪能し
上に跨って挿入した後は腰を前後に動かしゆっくり射精に導きます。
彼を持ち上げるセリフも言うなど、メイドのイメージにぴったりな内容です。

「いい いいよいいよっ もっと もっと突いてっ」
しかし最後の正常位SEXでは逆に自分の体を求めるようお願いし
挿入後は喘ぎ声を多めに漏らして彼の愛を存分に味わいます。
責めるのがめんどくさくなったのではなく、男性が潜在的に持つ征服欲をくすぐったのかなと。
自分の一番大事なところを相手に捧げて中出しを許すのも立派なご奉仕です。

私が一番抜けると感じたのもこのパートでした。
時間は決して長くありませんが、言葉と行為の両方から2人の絆の強さが伝わってきます。
密着しながらキスや耳舐めをよくするのも彼女の近さと温もりを感じてほしかったのでしょう。
バイノーラル録音の長所が活きるよう声の位置も小まめに変えてました。

このように、彼女の優しい部分を残しつつ2種類の立場で責め合うノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
可愛い女性がひたすら愛情を注いでくれる王道の作品です。

みゆは自分と付き合いながら仕事を頑張ってる主人公をリフレッシュしようと
最初はラブホに移動し普段の恋人らしい振る舞い方でおちんちんを気持ちよくします。
そして後半に入るとメイド姿で癒しとエッチなサービスをします。

世話好きで甘えん坊な彼女が大好きな男性をエッチにもてなすシチュ
前半は恋人、後半はメイドとキャラを変えてする彼女らしいスタイル。
より多くの人が聴ける材料を揃えて作品を組み立ててます。

中でも2番目は「尽くす女性」と呼ぶのがぴったりなキャラになっててものすごく甘いです。
メイドとして色んな人と接してるからこそ、彼と2人きりの時は自分のすべてを曝け出します。
SEXは全部中出しなところも含めて愛を感じる要素が充実してます。

「それじゃ もっと大胆に… 唇を上下させて 竿の部分をしごいたり 敏感な裏筋に ざらっとした舌先を 這い回したりしてると 先端の鈴口から 我慢汁 とめどなく溢れてきちゃう」
逆に気になった点はセリフが説明的過ぎることです。
エッチシーンで顕著なのですが、上のように彼女がプレイの様子を細部に至るまで話そうとします。
これをやると音声よりも官能小説っぽくなってしまうので
キャラがしゃべった時に違和感が出ないようもっと柔らかく、そして簡潔に表現したほうがいいです。

こうした結果、耳舐めやフェラの時にちゅぱ音をあまり鳴らせなくなってますし
バイノーラル録音ならもっと音に任せてもいいんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:まどのことりさん
総時間 1:30:07

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月6日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は違うけどどちらもエッチ大好きな双子が
家庭教師をしてる男性を相手に色んなプレイを楽しみます。

多くのシーンで2人が同時に責めるスタイルを取ってるのに加えて
複数のちゅぱ音を鳴らしたり、SEXと耳舐めで手分けして気持ちよくするなど
エッチな音と密度にこだわった抜き重視のエッチをするのが特徴です。
可愛い双子とのラブラブなひと時
姉の星羅(挿し絵左)、妹の怜羅(挿し絵右)とイチャイチャするお話。

「ん…好きって 私のことですか?」
怜羅は甘く可愛い声の女の子。
主人公に突然告白され驚いた様子でその気持ちを受け入れると
彼の求めに応じてゆっくりキスをします。

本作品はエッチの経験は皆無だけど強い興味を持ってる2人が
彼を相手におよそ100分に渡る4種類のエッチを楽しみます。
物語の冒頭で彼と怜羅が恋人になることを踏まえて堅苦しい要素は一切入れず
音声開始から1分30秒後には早速キスを始めるあまあまな展開です。

最大の特徴は複数人プレイ特有の濃いエッチ。
多くのシーンで星羅が左、怜羅は右に陣取り耳やおちんちんを協力して責めます。
2対1ですがSEXをメインのプレイに据えてることや
彼が責めるシーンをそれなりに盛り込んでるおかげで喘ぎ声が充実してます。
本編の87%にあたる85分をエッチに割いてるのも大きいです。

3人全員がエッチ未経験なため責めっぷりに関しては比較的マイルドです。
だからこそそのハンデを音の量と密度で補ってます。
SEXの際に鳴る音がよくある水音ではなくベッドが軋むような物音だったりと
音のひとつひとつを大人しくすることでそれぞれを聞き分けやすくしています。

星羅「やっぱお耳 苦手なんだね それとも お耳 とっても好きなのかなー?」
怜羅「先生の背中 思ったより硬くて広い」
双子については星羅は積極的な小悪魔キャラ、怜羅は年齢相応の純真なキャラと大きな違いがあります。
星羅は彼と恋人になってないので通常ですとエッチに参加できません。
だから作中で何らかのイベントを作り、それを利用して加わるスタイルを取ってます。
2人の仲を邪魔したいのではなく、仲間外れになるのが嫌なだけですから悪意はありません。
その証拠に怜羅がメインの相手を務めてる時は実況や耳舐めといったサポート役に徹します。

エッチな声や音をふんだんに盛り込んだエッチと性格の違う2人が協力して責める展開。
複数人プレイの持ち味をストレートに活かした甘くエッチな作品です。
少しずつ前進するエッチ
エッチシーンは4パート85分間。
プレイはキス、パンツ越しの素股、おちんちんの愛撫、フェラ、耳舐め、手マン、SEX(正常位、騎乗位、バック)、乳首責めです。
服を脱ぐ、ゴムの装着、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

星羅「ねぇお兄さん お兄さんのここ 彼女じゃない星羅に誘惑されても負けないか チェックしてあげるね」
星羅は可愛くてさばさばした口調の女の子。
用事があって席を外した怜羅の代わりに部屋へやって来ると
2人の関係を見抜いたうえで主人公がどれだけ誘惑に耐えられるか試します。

エッチはパートによって責め手を切り替えながら進めます。
前半の2パート43分間は比較的ソフトなプレイ。
「01:怜羅の告白と星羅の誘惑」は星羅がキス、耳舐め、手コキ、フェラをし
「02:はじめてのセックス」は2人のうちどちらかと初SEXに挑みます。

星羅「ふふっ 怜羅 集中してると 周りの音 聞こえなくなるんだよね」
彼女はエッチの知識をそれなりに持ってるおかげで責め慣れており
キスやフェラでは怜羅よりも速いペースで粘り気のあるちゅぱ音を鳴らします。
また01パートの後半では怜羅が戻ってくる前に机の下に入り
勉強が再開したのに合わせておちんちんをしゃぶる大胆なところも見せてくれます。

フィニッシュは口で受け止め喉を鳴らして飲み込むなど
物語の序盤から早速積極的なところを見せてくれてキャラが立ってます。
サークルさんとしては3人が一緒にエッチできる環境を最初のうちに作りたかったのではないかなと。

続く02パートはブレーカーが落ちて視界が悪くなってる状況を活かし
パートナーの女性が囁き声で話すことでどっちとエッチしてるかわかりにくくする工夫がされてます。
声優さんが別の方なので、普通にしゃべったら声だけでどちらなのかわかってしまいますからね。
SEXについても割とゆっくり動かしてました。

対する後半の42分間は複数人プレイが売りのシーン。
「03:双子とえっち」は怜羅への乳首責めと手マンで慣らしてからSEXを行い
最後の「04:交互生ハメセックス」は2人が短時間で交代しながら主にバックで繋がります。

星羅「そのまま奥まで ぐーっと差し入れて 激しくかき混ぜたら痛いから 優しく 優しく 優しくね」
怜羅「出たりっ 入ったりしてる おまんこの中 先生の指 来てる」
そしてここからは声や音の密度が一気に上がります。
メインの相手を務める怜羅は自分視点で実況したり喘ぐ役割を果たし
星羅はそのサポート役として女性の責め方を教えながら耳舐めと乳首責めで射精を後押しします。

前半は星羅の存在感が大きかったのですが、後半は怜羅の活躍する場も設けてバランスを取ってました。
効果音を控えめにする代わりにちゅぱ音や喘ぎ声をガンガン入れてエロさを引き立ててます。
言葉責めはほとんどしないので雰囲気は引き続き甘いです。

激しさの面では04パートが一番でしょう。
プレイ時間の20分をまるまるSEXに割いてますし
2人が代わる代わる気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
恋人らしさを出すために怜羅だけ中出しするシーンを設けるなど
通しで聴いたら2人が同じくらいの存在感を出せるように上手く調整されてます。

作品を聴いた感想ですが、思ってたよりエロさが高い点が意外でした。
販売ページの説明文に「最初から最後までスケベ作品!!!」と書いてあるから当たり前と思う人もいるでしょうが
私のこれまでの経験則として、声優さんがシナリオも担当した場合はだいたい内容がソフトになります。
音声作品でエロさを売りにしてるものは軒並み描写が過激だったりプレイが尖ってるからです。

でも本作品はエッチの時間を意識して長く用意し
その中でイチャラブ感を出しながらちゅぱ音や喘ぎ声を複数同時に鳴らしてそれをカバーします。
初々しさを出すためにハイペースで責めるのは射精の直前に留めてありますけど
複数人プレイの効果で道中も割と濃くなっており物足りなさは感じません。
4パート中3パートでSEXする構成が良い方向に機能してます。

このように、暗さや重さを出さない形で恋人やその姉と愛し合う甘いエッチが繰り広げられてます。
和やかな作品
可愛い双子とひたすらイチャイチャするほぼノーマル向けの作品です。

星羅と怜羅は家庭教師をしてる主人公とより深い関係になるために
まずはキスやフェラといった比較的ソフトなプレイで心の準備を整えます。
そしてその後は色んな体位のSEXをして気持ちいい感覚を3人で共有します。

性格は結構違うけどどちらも可愛い双子が年上の男性とエッチするイチャラブ系のシチュ
ちゅぱ音や喘ぎ声といった男性が興奮を覚える要素を多く盛り込んだエッチ
パートによって2人の存在感や役割を切り替える双子らしい連携の取れた責め。
「えろえろレッスン」の名に相応しいエロさを重視した作品に仕上がってます。

中でも2番目はサークルさんが意識されてる点だからでしょうけど
単に2人が思い思いに乱れるのではなく、ある程度統制の取れた内容になってます。
同じSEXでも体位が変わるごとに声の位置や距離が変化しますし
現在活躍されてる声優さんたちの持ち味を活かしたリアルな演技が行われてます。

下品なちゅぱ音を鳴らしたり、アヘ声を上げるといった露骨なことはやりません。
彼女たちが元々持ってる可愛さや初々しさを残したままエロさを出してます。
このへんもリアリティの向上に上手く作用してるなと。

射精シーンは4回。
喘ぎ声多め、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなりです。

特典は耳舐め音声です。

CV:星羅…一之瀬りとさん 怜羅…みもりあいのさん
総時間 1:59:27(本編…1:38:04 特典…21:23)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ