同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:恋人

   ● ネトられそうで絶対にネトラれないし犯されないカノジョ騎士団長【バイノーラル】
   ● ファンレターを読み上げながらセックスなんてアイドル失格なこと絶対にやりませんからね
   ● 【音の素材利用OK】キミと過ごす1日のオト~ASMR生活音集~
   ● 彼女と彼女の姉に色々されちゃう催眠音声 姉Ver.Append
   ● ゲームしながら自由におまんこを使わせてくれるゲーマーカノジョ【バイノーラル】~イチャラブしながらゲームして、まんこしよ~
   ● あなたに好意しかない後輩の褒めて伸ばす籠絡えっち
   ● 年下彼女の射精前に搾り尽くす拘束ルーインドオーガズム手コキ
   ● GIRL~いじわる後輩彼女に毎日愛されて搾り尽くされるお話~
   ● 本当に深い耳奥"ピストン"舐め ~お耳の奥に舌を抜き差しされる≪深層挿入ASMR≫~
   ● 【泥酔えっち♪】即酔いOL☆酔っ払いセックスは最高なのれしゅ♪【密着耳舐め】




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、王国の騎士団長として色んな任務を遂行してる女性が
同棲中の恋人と少し変わったエッチを楽しみます。

彼女が仕事中に他の男に寝取られたらどうなるかを話しながらイチャイチャするのが特徴で
盗賊団、宿屋の店主、魔法使い、他の騎士団長とパートごとに相手を変え
SEXやフェラするのと同時にそれらを語って嫉妬心を上手に煽ります。
作中で彼女が寝取られることは一切ありませんから苦手な人でも聴きやすくなってます。
騎士団長が見せるもうひとつの顔
恋人のリン・アーレントと4種類のエッチをするお話。

「リン・アーレント。〝ソヌリ騎士団〟の団長として、この身を捧げます」
リンはトーンがやや低く凛々しい声の女性。
騎士団長の就任式を終え疲れた様子で帰宅すると
すぐさま主人公に抱きつき安心した表情を見せます。

本作品はソヌリ騎士団の団長として国内の治安維持を頑張ってる彼女が
現在同棲中で結婚も考えてる彼とおよそ120分に渡って愛し合います。
彼女は仕事の関係で数日帰宅できないことが多く
戻ってきた時は普段よりもずっと安らいだ表情で彼に甘えてストレスを発散します。

シリーズの4作目にあたりますが過去作との繋がりは特にありません。
当サイトでは以下の2作品を既に紹介してます。
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ【バイノーラル】~絶対、キミに帰ってくるからね~

「キミと、たくさんキスをして……♪ キミとたくさんおしゃべりをした、唇で……♪ 店主の、脂ぎって汚れたおちんぽを……♪ 自分から、ぺろぺろしてしまうんだ……♪」
最大の特徴は寝取られ妄想を語りながらエッチすること。
盗賊団の討伐中に眠ってしまったら、潜入捜査で媚薬を飲まされたらなど
ファンタジー世界でありそうな出来事をあれこれ語って嫉妬心を煽ります。
そしてプレイはその時と同じものを選んで愛情をたっぷり注ぎます。

「インモラルなのに安心できる」をコンセプトに掲げてることもあり
彼女が寝取られたり彼以外の男とエッチする描写はありません。
もしそうなったらどうなるかという仮想のイメージを使って心を上手に盛り上げます。
防鯖潤滑剤さんは淫語をガンガン言うサークルさんとして有名ですけど
今回はこちらをメインに据えてるので普段よりも控えめになってます。

エッチについてはSEXが3パート、フェラ1パートと前者にかなり寄せてます。
基本的には彼が責めて彼女は寝取られ妄想や耳舐めに専念してました。
最初から生ハメ&中出しするなど2人の仲の良さをわかりやすく表現します。
彼女が騎士を志して王都に向かう前からの付き合いらしいので、恋人になってから結構長いのだと思います。
愛を込めて意地悪するエッチ
エッチシーンは4パート90分間。
プレイはキス、SEX(立ちバック、対面座位、正常位)、寝取られ妄想、フェラ、耳舐め、手マンです。
SEX、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「キミと、キスして……♪ ガチガチになってる、おちんぽ見たら……♪ 私も……すごく、キミのことが欲しくなったから……」
主人公に今回指揮したお仕事のことを一通り話すと
リンは立ちバックで責められながら自分が輪姦されたらどうなるかの妄想を語ります。

エッチはお互いに責め合うスタイルで進めます。
前半の2パート42分間はそれほど危険度が高くない任務を終えた後にするプレイ。
「1-2H.『もしあのまま捕まってたら、どうなってたんだろうね……♪』(約22分)」は立ちバックSEX
「2-2H.『目の前にあるおちんぽのことしか、考えられなくなるんだ……♪』(約20分)」はフェラをします。
ちなみにどのシーンも4分程度の未遂パートを挟んでからエッチに進みます。

「当然、射精のときも、抜いてはもらえない……♪ 私のことを孕ませるつもりで……♪ おまんこの一番奥に、中出しされるんだよ……♪」
彼女は彼に寝取られマゾの嗜好が少しはあることを知ってるらしく
実際にされてないことを割と生々しく語ってイメージ力を膨らませます。
その一方で体のほうは完全に彼に委ねて気持ちよさそうな吐息を漏らします。

エッチシーンはほぼずっと囁き声で話すため、大きな喘ぎ声を漏らすことはほとんどありません。
寝取られ妄想、ピストン音、吐息を組み合わせて無理なく射精へ追い込みます。
嫉妬心や独占欲を適度にくすぐってきますからややMな人に最も向いてます。
事後はちゃんと優しい言葉をかけてくれますし、エッチを盛り上げるスパイスとして取り入れてます。

後半の2パート48分間は寝取られ妄想の方向性が変わります。
「3-2H.『知らない男の人とイチャイチャえっちしても、それを不思議に思わないんだよ……♪』(約24分)」は
長年指名手配されてる強力な魔法使いに催眠術をかけられたら
「4-2H.『キミに迷惑をかけたくないから、仕方なく彼に抱かれるんだ……♪』(約24分)」は
彼女と同じ日に騎士団長になった中年男性に陥れられたらどうなるかをSEXしながら話します。

「催眠にかかってる、っていうことは…… 何をされても、それを不思議に思わないってことだから……♪ 彼に、好き放題に弄ばれてるのかもね……♪」
前半よりも相手の人物像が鮮明になってることを活かし
3-2Hでは見た目は普通だけど実は催眠が解けてないことを匂わせるセリフを言います。
またその魔法使いが主人公よりも逞しかったことを告げて劣等感を与えます。

彼女も寝取られ妄想エッチを2回やってハマり始めてるのかもしれません。
意地悪度を多少上げて彼がどういう反応を見せるか観察します。
そして最後は中出しを決めさせて自分が彼のモノだとわかりやすく伝えます。
ちゃんとフォローしてくれますから本気で彼を不安にさせようとしてるわけではないです。

「キミの赤ちゃん……欲しく、なっちゃいそうだ……♪ ちゃんと、避妊魔法、かけてるのに……♪ 卵子が……キミの精子を、お迎えにいきそうだよ……♪」
4-2Hも基本部分は一緒ですけど、敵が自分と同じ騎士団長だったこともあり
精神的に参ってるようで普段よりも彼に甘えたり愛情を注ごうとする色が強くなってます。
あなたが家で待ってくれてるから過酷な仕事も頑張れる。
本来は男女の仲を引き裂く寝取られを、逆に絆を強める素材として活用してます。
プレイ自体は正常位でガンガンSEXしながらキスするだけなので、それ以外の部分のほうが印象に残ります。

このように、プレイよりもシチュやセリフで興奮させる個性的なエッチが繰り広げられてます。
美味しいとこだけ食べられる作品
シリーズの特徴をファンタジー世界に当てはめてるやや変わった純愛作品です。

リンは騎士団長の激務の合間に主人公との幸せな時間を過ごそうと
シーンごとに任務の内容を話しながら、その相手に犯されたらどうなるか妄想で語ります。
そして4パート中3パートで生ハメ&中出しSEXをして心底惚れてることをアピールします。

普段は凛々しいけど2人きりの時は甘えん坊な女性が愛する人と自宅でイチャイチャするシチュ
どのパートも寝取られ妄想を盛り込み、それを語りながら状況に合ったプレイをするテーマ性のあるエッチ
寝取られの宿命である「愛する人を失う」部分を完全に取り除き
スリルや背徳感といった興奮できる要素だけを抽出したある意味わがままな作り。
寝取られ作品が増えてる昨今でも他では見かけない作品に仕上がってます。

中でも2番目は言葉責めの大部分を寝取られ妄想に割いてるので
パートごとにまったく違うストーリーや展開が味わえて面白いです。
後になるほど手ごわいキャラが出てくるのも聴き進める楽しさが生まれてます。

総時間の7割以上がエッチですから当然抜きにも役立ちますけど
ファンタジー世界が舞台なので多少のストーリー性もあります。
雨降って地固まると言いますか、こういうプレイで2人の関係が強化されるのも良いです。

「寝取られを扱ってるのに女性が寝取られないのは邪道だ」と言う人がいるかもしれません。
でもサークルさんがそのことを明言されてるなら別にいいんじゃないでしょうか。
こういう作品がきっかけで寝取られに興味を持つ人もいると思います。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「たまには普通に甘えたいな……♪」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:35(本編…2:05:32 おまけ…8:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月12日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
シリーズの過去2作も10月7日まで50%OFFの550円で販売されてます(DLsite)。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、アイドルをしてる清楚なイメージの女の子が
マネージャーとラブホで何度もエッチして幸せな時間を過ごします。

彼女に送られてきたファンレターを読みながらSEXしたり
ピストンが激しくなるのに合わせて喘ぎ声が下品になるなど
アイドルの特徴を活かした甘くてドスケベなエッチが楽しめます。
彼女が寝取られるイメージも絡めてくるので軽い嫉妬心を抱きながら抜けるでしょう。
アイドルが見せるもうひとつの顔
水瀬美里 (みなせみり)と3種類のエッチをするお話。

「皆さんこんばんはっ。夢に向かってく~るくるっ……。スイートパンプキンのみーみーこと、水瀬美里ですっ……!」
美里は明るくて可憐な声の女の子。
自分がパーソナリティを務めるラジオ番組でリスナーたちに挨拶すると
CM出演やライブ開催といった嬉しいニュースを報告します。

本作品はスイートパンプキンというアイドルグループのリーダーをやってる彼女が
そのマネージャーをしてる彼とラブホでおよそ90分に渡りイチャイチャします。
2人がエッチするのは毎回ラジオの収録が終わった直後なため
4分程度のラジオパートを挟んでからエッチに移ります。

「クール担当の私なりに……皆さんの事も巻き込んじゃいますから……。その、覚悟……しておいてくださいね……?ふふっ……。」
彼女は世間ではクールで清楚なキャラをしており
ラジオの時はファンに感謝の気持ちを込めながら自分たちの活動報告をします。
終盤にはストーカーで悩んでることを正直に告げるなど、裏表のない女性に描かれてます。
声や容姿もレベルが高いですし、アイドルとして十分やっていけるものを持ってます。

しかし彼女はアイドル活動と同じくらい彼のことが大好き。
ファンの期待を裏切ることをしてる自覚があるのに関係を断ち切れず
この背徳的な状況にむしろ興奮してるような態度を見せます。

「ファンレターを読ませながらの射精……そんなに気持ち良かったんですか……? マネージャーさんの、すけべ……」
その最もわかりやすい例がファンレターを読みながらするSEX。
パートごとに相手を変えながらそれらを読み上げ、その内容に沿ったプレイもして気持ちいい絶頂を迎えます。
彼女自身はあまり乗り気じゃないようですが、元々押しに弱い性格をしており
彼に頼まれたらなんだかんだで引き受けて期待に応えようとします。

彼らは純粋に愛し合ってる関係なので雰囲気は終始あまあまです。
公然と付き合えない状況にもどかしさを感じてるからこそ
2人きりになれた時は激しいエッチをするのかもしれません。
ファンレターを使って彼の嫉妬心を煽るなど、言葉と行為の両方から愛情をたっぷり注ぎます。

「お゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っお゛っ」
アイドルのイメージを逆手に取って興奮させてくれるのもポイント。
どのパートもSEXをメインに据えてピストン音に合わせて彼女が喘ぎ声を多めに漏らします。
ピストンが始まった直後は「あんっ」というエロ可愛い声だったのが
ペースや力強さが増すにつれて下品な声に変わります。


サークルさんは「汚喘ぎ」と命名されており、オホ声に近いトーンが低めのやつです。
突然漏らすのではなく徐々に割合を増やす感じにして自然さを出してました。
喘ぎ声とピストン音のリズムを完全に合わせてリアルに表現するなど
本作品の最重要プレイなだけあって色んなこだわりが見られます。
S、M両方の要素を盛り込んだエッチ
エッチシーンは3パート58分間。
プレイはキス、フェラ、ファンレターを読む、SEX(正常位、騎乗位、バック)、乳首舐めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「あっ……んはぁ……うぅ、分かりました……。けど、ちょっとだけ待ってください……。まだ心の準備ができてませんから……って、ひゃっ……。」
ラジオの収録を終え主人公とこっそりラブホへ移動した美里は
彼に突然キスされて思わずビックリします。

エッチはパートによって攻守を切り替える形で進めます。
一番最初の「02「いつも笑顔で元気を届けてくれるみーみーの姿が、心の支えになってます」(約16分)」は
2人の関係や本作品の特徴をわかりやすく表現してるパート。
キス→フェラ→正常位SEXと繋いで女の子が送ってくれたファンレターも読みます。

「どうせ、いくらお説教しても無駄なんでしょうから……。仕方ないので……気持ち良くしてあげます。それに……二人きりの時だけは……。私は、あなたの彼女、ですしね……」
彼女も彼のことを正式な恋人と認めており
多少強引に体を求められてもきちんと受け止め満足させます。
そしてSEXが始まるとエロ可愛い声を多めに漏らして彼を上手に興奮させます。
ピストン音もペースやリズムが小まめに変わってとてもリアルに感じました。

展開がスムーズなところを見ると付き合い始めてから結構時間が経ってるようです。
ファンレターの読み上げ、汚喘ぎといった本作品独自の要素も出てきますし
2人が相思相愛なことをはっきり伝えながらエロくお届けします。
ファンレターの内容が真面目だからこそ、それをオカズにSEXしてる状況が余計背徳的に映りました。

続く2パート42分間は内容がさらにエスカレートします。
「04「僕からアドバイスだけど、みーみーは今後も清楚なアイドルとして頑張るべきだと思う」(約20分)」は
ライブ衣装の候補に挙がってた小悪魔コスで乳首舐めと騎乗位SEXを行い
「06「僕とみーみーで仲良く密着しながら、バックでセックスしまくろうね」(約22分)」は
悪い意味で熱烈なファンの手紙を読みながら2種類のSEXを楽しみます。

「みーみーが、ファンにセックスされちゃうんですよ? 汗臭いおちんぽを入れられて……腰を激しく打ち付けられて…… 小悪魔コスチュームのみーみーに抱きついて、精液ぴゅっぴゅ……」
04パートは彼女が小悪魔になりきってするコスプレに近い内容。
前回とは逆に彼女が主導権を握り、腰を打ちつけながらファンとエッチしてるイメージをさせます。
アイドルのファンでそういう妄想をする人は結構いるはずです。
でも彼にとっては大事な恋人を汚されたり寝取られる耐えがたい行為になります。

仮想的な寝取られとでもいいますか、彼女の立場を活かして彼の嫉妬心を上手にくすぐります。
アイドルを独占する満足感も味わえますしS、M両方の属性を持つ面白いプレイです。
後で彼女がフォローしてくれますから後味が悪くなることはないでしょう。

「ゴムをとって……ナマで……してもらえませんか……? ゆ、許されないこと、ですけど……それでも…… 今は……マネージャーさんを直接感じたいんです……」
それに対して06パートは純粋なエロさが上がります。
プレイ時間のほとんどをSEXに割いてるので喘ぎ声の量が増えますし
1回戦はゴムあり、2回戦はゴムなしにして背徳感も強化します。
生ハメ&中出しは彼女のほうからおねだりするので暗さや重さはほとんどありません。
ファンレターの内容も妙に生々しくて2人の興奮を盛り上げる重要な役割を果たします。

アイドルという特殊な仕事に携わってるからこそ
2人とも普通の恋人がするエッチでは満足できなくなってるのかもしれません。
やってはいけないとわかってるのに刺激が欲しくて止められない。
快楽の沼にどっぷり浸かり抜け出せなくなってるように感じました。

このように、イチャラブ感を出しつつ変わった要素を加えて個性とエロさを出してる
ややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
夢を叶える作品
絶対に手の届かないアイドルの心と体をモノにできる夢のある作品です。

美里は誰にもバレないようこっそり付き合ってる主人公と幸せな時間を過ごすために
ラジオの収録後にラブホへ移動しSEXメインの甘く深いエッチをします。
そしてその最中にファンレターの読み上げ、汚喘ぎ、寝取られるイメージを盛り込んで
アイドルとイチャイチャしてることを強く印象付けたり嫉妬心や興奮を煽ります。

夢に向かって頑張ってる清純派アイドルがマネージャーとエッチするシチュ
どのパートもSEXを必ず行い、パートによって体位やファンレターの内容を変える特化型のエッチ
恋人を寝取られそうになる悔しさやアイドルをモノにできる優越感を与える演出。
プレイを絞り込んだうえで色んな要素を盛り込み抜きやすくしてます。

中でも2番目は毎回違う内容のファンレターを読む展開が面白いですし
それをちゃんとエッチに反映させて同じSEXでも違うものに変えてます。
ピストン音や喘ぎ声にもこだわってたりとすべての要素が高い水準でまとまってます。

「私……これからも、アイドルとして頑張っていきます。多くの応援を糧に、夢の舞台を目指します。その道の途中で……もし危ない事があったら……。マネージャーさんが……守ってくださいね」
そしてヒロインを務める美里が純粋に可愛いです。
背徳的なエッチにハマってもピュアなところをきちんと持っててキラキラしてます。
純愛系のストーリーにアイドル要素を加えた感じに制作されてますから
2人の絆の強さがきちんと伝わってきて終始甘いです。
後日関係がバレたとしても別れないんじゃないでしょうか。

エッチはSEXをいかに幅広く表現するかに力を入れてます。
体位による攻守の入れ替え、読み上げるファンレターの内容、ゴムの有無などです。
汚喘ぎも聴き手の股間に響くように使うタイミングを絞ってあります。
この内容なら属性はややS~ややMになるでしょう。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

CV:逢坂成美さん
総時間 1:36:08(本編…1:23:51 フリートーク…12:17)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月15日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「Atelier Honey*」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな彼女が
大好きな人と朝から夜までたっぷりイチャイチャします。

リアルな音を至るところで鳴らしながら色んな雑談をするバランスの取れた作りが特徴で
布団をもぞもぞする音、料理を作る音、お風呂で体を洗う音、そしてエッチな音など
パートごとに違う音を用意し、さらに恋人らしい会話もたくさんして仲の良さを表現します。
作中で使われてる音を収録した素材集が入ってるのもポイントです。
甘えん坊な彼女と過ごす1日
恋人の仁奈(にいな)と1日中イチャイチャするお話。

「はぁ 朝か おはよー おーはーよーおー」
仁奈は甘く穏やかな声の女の子。
ある日の朝、眠そうな様子で主人公に挨拶すると
軽く伸びをしてから先に起きてコーヒーを淹れに行きます。

本作品は献身的で甘えるのも上手な彼女が
現在付き合ってる彼と自宅でおよそ110分に渡ってのんびり過ごします。
朝、昼、夕、夜と本編を4つのシーンに分け
非エロとエロを同じくらいの時間に分けてそれぞれを思う存分楽しみます。
サークルさんではおよそ1年7か月ぶりの新作ですからかなり久々ですね。

最大の魅力は日常感
それぞれの時間帯に適したリアルな音を鳴らしながら
他愛もない会話をいくつもして仲の良さを表現します。

前者は2人が布団に入ってもぞもぞしてる音から始まり
木の床を歩く音、コーヒーを淹れる音、お昼ご飯に焼きそばを作る音など
我々が日常的に聞く音を数多く盛り込んでます。

会話量が多いのでASMRとは方向性が違うのですけど
雰囲気作りや癒しを与えるのに役立ってるのも事実です。
かなり細かい音まで入っててサークルさんのこだわりを感じます。

「んーーーー もーーーー 布団がふわふわで抗えない じゃあ 30分だけだかんね」
後者はセリフの表現を砕けたものにしたり、演技もナチュラル系にして現実世界の恋人に近づけてます。
「んー」「はぁ」など意味を持たない言葉をそれなりに盛り込んであってアドリブっぽさがありました。
今作はサークル主の野上菜月さんがシナリオも担当されてるので
大まかな方針を定めた後はその場でセリフや演技を決めてるのかもしれません。

作中で毎日エッチしてると言ってましたからおそらく同棲してるのでしょう。
言葉と行為の両方から彼のことが大好きだとわかりやすくアピールします。
癒しの効果ももちろんありますが、私はそれよりも元気をもらえる作品だと思います。
彼女の声や口調が割とハイテンションなのが大きいです。

もうひとつ、日常生活に関する127種類の効果音を別途収録してるのも魅力です。
現在の音声作品で使われてる素材集は比較的古いものが多いですから
最近作られた音を採用すれば品質の向上に繋がります。

どちらかと言えば聴き手よりもサークルさん向けの特徴ですね。
2種類の機材で同じ音を録音されてて「ほーこんなに違うのか」と感心しました。
ふたつの手段で愛情を注ぐサービス
本編の4パート中2パートが非エロとエロを混在させてるため
両者を分ける普段とは違い、物語の流れをそのまま追う形で内容を紹介します。

前半の2パート55分間は昼間のお話。
「Scene01_朝のオト(約31分)」は起床後の会話からコーヒーを飲んで耳舐め手コキに移り
「Scene02_昼のオト(約24分)」は買い出しから戻った後にお昼を作ったり耳かきします。

「ね、しちゃう? 朝から えっちっち」
Scene01はまだ始まったばかりということで
仁奈の魅力や2人の仲の良さを表現することに力を入れてます。
せっかく起きてコーヒーを飲んだのにまたベッドへ戻ってしまったり
彼のおちんちんが元気なのを見てすぐさまお世話を持ち掛るところがエロ可愛いです。

コーヒーを作るシーンは音の良さを伝えるために
敢えて何をしてるかの実況を一切入れずに進めてました。
カップにお湯を入れてスプーンでかき混ぜる音が耳に心地いいです。

エッチはプレイ時間を17分とそれなりに取って丁寧に責めます。
左耳を舐めながらおちんちんの愛撫→手コキと進め
手コキの時はにちゃにちゃした割といやらしい音をリズミカルに鳴らします。
耳舐めも至近距離からゆっくりペースでコリコリした音を鳴らしててなかなかリアルです。
変に下品に振舞わず、彼女の可愛さをしっかり出して甘さのあるエロスに仕上げてあります。

「このさー野菜のさー しゃきしゃき加減てご家庭の味が出るよね」
Scene02は完全非エロなので会話と音で場を和ませます。
パート前半の料理するシーンは一部始終を音で表現してますし
食事中の会話もメニューの焼きそばにちなんだ何気ないものが中心です。
彼女が料理上手なことをアピールするのにも繋がってて日常らしさが良く出てます。

耳かきは綿棒だけを使って左→右の順にお世話するシンプルなもの。
「ずすっ」という乾いてて柔らかい音を、耳の壁をなぞるようにゆっくり動かします。
音が活きるサービスなので会話を少なめにするのかと思いきや
実際はかなり多くてセリフと音の存在感が同じくらいになってます。

後半の2パート43分間はエッチの割合を多少上げてるシーン。
「Scene03_夕方のオト(約19分)」は一緒にお風呂に入って体や髪を洗いっこし
「Scene04_夜のオト(約24分)」は素股→2種類のSEXと繋いで大人の時間を楽しみます。

「これっ 気持ちいいの 声っ 我慢できない あっあっあっあっ」
これまでのシーンは比較的ソフトなプレイをしてたので彼女も我慢できなくなったのでしょう。
Scene04は最初から積極的におねだりし、一緒の布団で体を密着させてお互いの性器を擦り合わせます。
可愛さと艶めかしさを織り交ぜた喘ぎ声が漏れるシーンが多く
普段の彼女が割と無邪気だからこそ余計股間に響きます。

本作品の締めくくりにあたるだけあって最も抜きやすいプレイです。
吐息、喘ぎ声、ピストン音を中心に据えてて他よりも音重視の構成でした。
プレイ中に色々とおねだりしてきますから、それに興奮する人が結構いるでしょう。
終盤に登場する騎乗位SEXは「ぱんっ」という力強い音を速めのペースで鳴らしてて激しいです。

このように、1日をそのままなぞる形で癒したり気持ちよくする甘さの強い物語が繰り広げられてます。
音も会話も楽しめる作品
自然さを大事にしながら音と会話の両方で元気にするノーマル向けの作品です。

仁奈は大好きな主人公と1日に幸せに過ごそうと
朝から夜まで常に2人一緒に行動し、色んな会話をしながら非エロ・エロ両方のお世話をします。
そしてその様子をリアルな音の数々で表現し臨場感と一体感を出します。

世話好きで甘えん坊な同棲彼女と1日をのんびり過ごす日常系のシチュ
癒しとエロのバランスを同じくらいにして両方で色んな音を鳴らす作り
砕けた口調で雑談したり、エッチの時はエロ可愛い喘ぎ声を積極的に漏らす彼女の愛らしいキャラ。
彼女がすぐ近くにいる感覚に浸れるように作品を組み立ててます。

「君がドスケベなせいで 仁奈もドスケベに…あっ なっちゃったの」
中でも3番目は日常パートとエロパートのメリハリがあって良いなと。
普段は活発でちょっと子供っぽさも感じるのに
エッチに入ると途端にしっとりした艶めかしさが出てきます。
同一パート内で非エロとエロを混在させてるのもこれを強調したかったのかもしれません。

バランス型なので最初から最後までエロエロなタイプではなく
徐々に盛り上げてからScene04でガツンとSEXする感じになってます。
抜けるとは思いますけどストレートにそうする作品ではないことをご了承ください。
全編を通じて質が高く、特に心が落ち込んでる人にはいいリフレッシュになると思います。

本編のエッチシーンは3パート49分間。
プレイはキス、耳舐め、おちんちんの愛撫、手コキ、体の洗いっこ、素股、SEX(対面側位?、騎乗位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

素材は2種類の機材で録音した127種類の音です。

CV:野上菜月さん
総時間 5:28:34(本編…1:38:53 フリートーク…10:12 素材…3:39:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月30日まで30%OFFの1232円で販売されてます。



サークル「Si-A」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、初心で可愛い妹を持つお姉さんが
家に連れてきた彼氏を催眠とエッチで癒したり気持ちよくします。

催眠は妹が、エッチは姉が担当する変わった作りになっており
催眠はマッサージするイメージと技術を組み合わせて温かさと脱力感を入念に伝え
エッチは姉に腕を操作されながら乳輪と乳首を時間いっぱいいじります。
M度はかなり低いのでノーマル~ややMな人に向いてます。
妹の彼氏をつまみ食い
恋人の亜衣に催眠をかけられ、その姉にあたる麻衣とエッチするお話。

「ど、どうぞ入って? あの えっと そのへんに座って待って?」
亜衣は明るくて可愛い声の女の子。
「亜衣ー 入るよー?」
麻衣はややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
緊張した様子で亜衣が主人公を自宅に迎えると
そこへ麻衣がやって来て彼を興味深そうに眺めます。

本作品は2020年5月に公開された「彼女と彼女の姉に色々されちゃう催眠」の別バージョン。
付き合い始めたばかりなのか、彼との自宅デートに緊張してる妹を助けようと
麻衣も協力しておよそ40分間のエッチな催眠をかけます。

女性が2人いるので双子催眠と思う人もいるでしょうけど
実際は催眠、エッチどちらも一対一で行います。
前作は無料ですから先にあちらを聴いて、気に入ったらこちらに手を出すのも良いでしょう。
ちなみに製品版には前作もまるまる入ってます。

全編を通じて言える特徴はリードの丁寧さ。
催眠は総時間の半分近くを使って催眠状態をゆっくり深めてくれますし
エッチも催眠にかかってる状況を活かして心身をバランスよく盛り上げます。
基本に忠実と言いますか、より多くの人が楽しめるように考えながら作られてます。
癒しのパワーも強くて恋人らしさがちゃんと出てます。

エッチは前作だと暗示を駆使してイかせる催眠色の強いものだったのが
今作はそれに乳首オナニーを加えてドライしやすい状況を作ります。
開発要素が薄いので乳首を普段からいじってる人向けの内容ですけど
催眠に深く入った状態でオナニーできるおかげで普段よりも強めの快感が味わえます。

麻衣はあくまで亜衣を応援するために今回のエッチをしますから
プレイ自体はソフトにして寝取りっぽさを薄めてあります。
途中から催眠者が交代しても催眠状態を維持できるアプローチも取られてます
前作の良かった部分を引き継いだうえで別のストーリーを組み立ててます。
マッサージと愛情でリラックスさせる催眠
催眠は2パート20分間。
横になって楽な姿勢を取り、少し深呼吸してから亜衣が主人公の体をマッサージします。

「指でゆっくりと押していく ぐっと押されると 少し痛いかな? でもその力が弱くなると 力が加わっていた部分からじんわりと温かさが生まれる」
足→脹脛→太ももと全身を下から上へ流す感じに揉みながら
ひとつひとつにリラックスを促す暗示を入れて心地よさを徐々に膨らませます。
脱力感と体の温かさを並行して伝える形で進めますから
後になるほど特定の部位がぽかぽかするのを感じるでしょう。

マッサージはおよそ14分もかけてるのでこの催眠における最も重要なシーンです。
両足が終わったら両腕、そして最後は頭とゆっくり丁寧に進めてました。
恋人のために一生懸命お世話する彼女の姿も健気で可愛いです。
私が聴いた時も体の温かさ、手足の重さ、意識のぼやけが同時に感じられて気持ちよかったです。

2番目の「3-2. 深化パート(彼女の姉パート)」は催眠状態をさらに深めます。
短いカウントアップとカウントダウンを交互に行い
半覚醒状態と催眠状態を何度も行き来させてより深いところに誘導します。

「沈む ずーんと沈む さっきと同じ 心地のいい世界まで沈んでいく」
催眠音声でよく使われる揺さぶりという技法です。
繰り返すたびに頭の中がどろどろになったり体が落ちる感覚が味わえます。
エッチを有利に進める暗示も入れるなど、この先を見据えて上手に締めくくってます。

十分リラックスさせてから段階的に落とす手堅い催眠です。
聴き手を亜衣の声や言葉の言いなりにすることを目的に
最初のパートはマッサージのイメージを絡めた分割弛緩法
次は2種類のカウントを使い分けてする揺さぶりとやることを変えて無理なく進めます。

エッチが乳首オナニー主体なので初心者向けのタグはつけてませんが
催眠に限って言えば結構初心者向けの内容だと思います。
特にマッサージのシーンは実況と暗示のバランスが良くて
何をしてるかイメージしながらその感覚に身を委ねることができます。
頭と乳首を気持ちよくするエッチ
エッチシーンは10分間。
プレイは乳首オナニー、耳への息吹き、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「それじゃあ今から 楽しいこと 始めましょ?」
あることがきっかけで亜衣から催眠者を引き継ぐことになった麻衣は
その手続きをきっちり済ませてから腕が勝手に動く暗示を入れます。

エッチは直接触れ合ったりせず指示と暗示を組み合わせてリードします。
内容は前半の4分間で乳輪をソフトに撫でながら体の感度を上げ
その後乳首を3つの手段でいじってドライオーガズムを目指します。
おちんちんはいじるどころか意識すらさせない乳首特化の内容です。

「ぞわぞわって 体に快感が走る くるくるって周りをなぞって 乳首の感度が上がってるのに 息でも感度が上がっちゃう」
そして同人音声の乳首オナサポとは明らかに違うやり方で追い込みます。
彼が深い催眠状態に入ってる状況を活かして両腕の動きも彼女が制御し
さらに気持ちよくなる暗示を小まめに入れて徐々に追い込みます。

「かりっ かりっ かりっ かりっ 乳首気持ちいいね 声の気持ちよさと乳首の気持ちよさで 頭とろとろ」
催眠の心地よさと乳首の気持ちよさを組み合わせてるのが良いですね。
乳首単体だとドライまで持っていくにはパワーが足りないので別の快感でカバーします。
終盤も絶頂シーンを2回用意し、その両方で丁寧な追い込みをかけてくれます。

実際のところ頭の中がかなり気持ちよくなれますから
乳首オナニーと組み合わせたことによる快感はなかなかのものです。
私が聴いた時も軽めのドライを迎えられましたし、リード自体は特に問題ないと思います。
でも時間があと5~10分長いほうがより多くの人に対応できるんじゃないかなと。

このように、妹から奪わない程度に気持ちよくするややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の穏やかな作品
恋人とその姉が同時に登場しない形で協力する割と珍しい作品です。

亜衣は自宅に来てくれた主人公の疲れを取り除こうと
催眠を交えたマッサージをして色んな癒しの感覚を与えます。
そしてエッチはやむを得ない理由で麻衣と交代し、こっちは乳首メインのプレイをします。

初々しい彼女と落ち着きのある姉が一対一で催眠をかけたりエッチするシチュ
心身を癒しながら催眠の感覚を徐々に強化する親切丁寧な催眠
乳首の快感と催眠の心地よさを組み合わせてドライへ持っていく催眠音声らしいエッチ。
催眠パートは前作とほぼ一緒にしてエッチで違いを出してます。

中でも催眠は20分という手ごろな時間でかなり深いところまで入れて満足しました。
やることはそこまで捻らずひとつひとつを堅実にこなします。
「マッサージされると温かくなる、温かくなると力が抜ける」みたいに
それぞれの感覚を関連付けて少しずつ強化する流れも良いです。

あと前項ではさらっと済ませてしまったのですが
亜衣から麻衣へ交代するシーンも催眠状態や信頼関係を維持できるように行います。
ここは面白いので是非実際に聴いて確かめて欲しいです。

エッチはプレイを始める前に引き継ぎをした関係で時間が短くなってます。
リードはしっかりしてるのでもう少しボリュームを増やせばより良くなるでしょう。
乳首はおちんちんよりも絶頂させるまでの時間がどうしてもかかります。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 姉Ver…44:29 妹Ver…37:28

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
44分で330円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元幼馴染で現在は恋人になってるダウナー系の女の子が
自宅やホテルで変わったエッチをして幸せな時間を過ごします。

彼女が大好きな「ゲームと彼」を両立させたながらエッチをするのが特徴で
クラフトゲーム、VR、ソシャゲ、FPSとパートごとにゲームの内容を変えながら
それぞれに適したプレイをやって個性とイチャラブ感を出します。
事務的要素はまったくありませんから一風変わった純愛作品として楽しめるでしょう。
ゲームもエッチも熱中したい彼女と
恋人の一宮玲菜(いちのみやれな)と5種類のエッチをするお話。

「いらっしゃーい。ん。てきとーに座っといて。」
玲菜はトーンが低く落ち着いた声の女の子。
ゲームしてる最中に主人公が来たので挨拶すると
今やってるゲームのことを話してから彼に寄りかかります。

本作品は昨年12月に発売された「ゲームしながら自由におまんこを使わせてくれるゲーマーカノジョ」の続編。
小さい頃から付き合いがありこの前恋人になった彼女が
主に自宅で彼とおよそ140分に渡って色んなエッチをします。
前作は2人が付き合い始めた直後、今作はそれからしばらく後の様子が描かれてます。

ストーリー性は薄いので今作から聴いても一応楽しめますが
エッチが結構独特なため私は前作から聴いたほうがいいんじゃないかと思います。
それを踏まえてサークルさんも前作を7月16日まで30%OFFにされてます。

「あ。うん。この、敵の体が光ったときに、近づいて殴ると……グローリーキルって言って、フィニッシュムーブ決められるんだ。まあ、ちょっと……というか、だいぶグロいけど」
ゲーマーカノジョの名の通り彼女は超がつくほどのゲーム好き。
冒頭のプロローグではひたすら敵を倒しまくるFPS(たぶんDOOM)をやりながら
近々バイトを始めることを彼に伝えます。
コントローラーやキーボードを操作する音も入ってて雰囲気が出てます(ないバージョンもあります)。
どれも元ネタがあるようですから何のゲームをしてるか当ててみるのもいいでしょう。

エッチについてはサークルさんが「イチャラブながらエッチ」とおっしゃられてる通り
ゲームをプレイしながら愛し合うことが多いです。
彼女は手を離せないので受けに回り、彼が色んな体位でSEXするスタイルを取ってます。

「なんていうか…… キミのおちんぽ、入れてもらうの、結構……っていうか、かなり好きなんだよね」
一見すると事務的プレイっぽいですが、彼女は別に彼とエッチしたくないわけではありません。
ゲームもエッチも両方好きだから自然とこういうプレイに落ち着いた感じです。
元々好きなことにはとことん熱中したい性分なのでしょう。
最中のセリフも甘いものが多く、彼女なりに彼を大事にしてるのがわかります。

2人は恋人になる前から長く付き合ってるので、彼も彼女がこういう性格なことを理解してます。
だからお互いがお互いを思いやり両方とも満足できるようにエッチを進めます。
彼女も彼に求められたらすぐ応じるので冷たさは感じません。
「好き」などのストレートな愛情表現ではなく、ちょっとしたセリフや態度に好意を込めてあって
通常の恋人よりも家族に近い絆の強さを感じます。

ゲーム大好きな彼女とながらエッチを楽しむシチュと、お互いを大事にするあまあまなエッチ。
前作の特徴を受け継いだうえで2人がより深い関係になった様子を描いてるノーマル向けの作品です。
ゲームを随所に絡めた独特なエッチ
エッチシーンは5パート103分間。
プレイはSEX(寝バック、立ちバック、対面座位、正常位)、キス、乳揉み、フェラ、耳舐めです。
服を脱ぐ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うん。まんこにローション、塗って。いつもの場所にあるから」
バイトの初日を終え少し疲れた様子でゲームしてた玲菜は
自宅にやって来た主人公に事情を話し、普段通りエッチして安らぎを得たいと言います。

エッチはごく一部を除き彼が責め続けます。
最初の2パート34分間はイチャラブながらエッチや彼女の性格がよく出てるシーン。
「1.『ウチのまんこ、ぱんぱんしてくれない?』(約20分)」は寝バックSEXと軽いキス
「2.『VRやってるときにまんこするの?』(約14分)」は乳揉みと立ちバックSEXで1回ずつ射精します。

「ん? うん。おちんぽの速さは、それで全然大丈夫。くっつくのも、問題ないよ。キミ、耳元で声聞こえる感じの、密着する寝バックが好きなんでしょ?」
2人がこういうエッチをするのは2作目なので、お互いにプレイのコツをある程度把握してます。
彼は彼女が快適にゲームできるようにピストンのペースを緩くしたり
前戯を省略してローションをおまんこに塗ったらすぐ挿入する流れで進めます。
そして彼女は普段よりも熱っぽい吐息を漏らしながら彼を気遣う言葉をかけます。

彼女はあまり感じない体質なためこの後のパートも含めてそれほど激しく乱れません。
でも彼が気持ちよく射精できるようにように思いやるシーンが随所にあって
ゲームのついでに仕方なく相手してあげてるのではないことを伝えます。
最初のパートは彼女のほうからエッチのおねだりをしてますし、これが2人にとっての日常なわけです。

2番目のパートはVRゲームをしてる彼女にエッチな悪戯をします。
ゴーグルをつけた状態からブラを外しておっぱいを揉んだり
後ろからおちんちんを挿入して特殊なプレイを満喫します。

「おちんぽ、ほんっと、熱いなー。キミ、いつも以上に興奮してる気がする。ある意味、無抵抗な女の子を犯す、って気分なのかな……。キミ、実はそういう性癖あった感じ?」
ゲーム中にこんなことをされたら普通は嫌がったり文句を言うはずなのに
彼女の場合はそういう反応が一切なく、むしろこの状況を受け入れ楽しもうとします。
目隠しされたまま責められるシチュにスリルを感じたり
敵と戦いながらSEXする時は快感をVRの一部に置き換えて乗り越えようとします。

非常に変わったプレイなので事前の説明、彼女の心情描写、実況を普段よりも厚めにしてました。
その影響で時間が短めになってますけど何をしてるかわかりやすいです。
ここまでされても嫌な顔ひとつしない彼女の態度にも包容力を感じます。
ゲームに打ち込んでる自分を彼が受け入れてるのだから、彼女も彼の性癖をしっかり受け止め満足させます。

VRとは違う意味でスリリングなプレイをするのは
「4.『まんこしてもいいけど、ボイチャ中は静かにね』(約26分)」。
ボイチャしながらオンラインFPSゲームをしてた彼女が
いつも通り部屋に来た彼と対面座位SEXや耳舐めをしてゾクゾクするひと時を味わいます。

「え。息? ウチの? いやぁ。ちょっと、配信してるっていうから……緊張してきちゃって」
パーティーメンバーに普段と息遣いが違うことを指摘されて笑いながら誤魔化したり
途中から飴を舐めるフリをして彼の耳を片方ずつ舐めるなど
バレるかバレないかギリギリのラインを突きながらゲームのほうも頑張ります。

前作では背面座位だったので今作は対面座位に体位を変えてました。
パート終盤は彼女のほうから積極的に責めますし
なんだかんだでこういうプレイにハマってるのがわかります。
実際にバレることはありませんからあくまでスリルだけを楽しむ感じです。

最も甘いプレイが楽しめるのは最後の「5.『一緒にラブホ行かない?』(約24分)」。
場所をラブホに移し、今度はゲームを一切絡めずに正常位SEXをします。

「ラブホっていう場所にあてられてるのかな……。なんか。すっごく、ドキドキしてる。キミのことが好きだな~、って。しみじみ思うんだ」
やってることは恋人同士がする割と普通のエッチです。
でもこれまでずっとゲームしながらだったからむしろ新鮮に感じます。
彼女が「好き」など愛の言葉を漏らすシーンも多く、心の底から彼を愛してるのが強く伝わってきます。
ベロチューや中出しも相まって幸福感に浸りながら抜けるでしょう。
このパートは純粋なエロなので実用性も高めです。

最終パートくらいはこういうエッチをするのも良いんじゃないかなと。
ながらエッチを貫くと彼を本当に好きなのかが伝わりにくくなる可能性があります。
最中のセリフも彼女の内面に焦点を当てるのでスッキリした気分で聴き終えられます。

このように、ながらプレイを中心に据えたイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます
テーマ性の強い純愛作品
ゲーム好きな恋人と変わったエッチを楽しむキャラ&シチュ重視の作品です。

玲菜は恋人になってしばらく経つ主人公と幸せなひと時を共有しようと
自宅に来た彼におまんこを委ね、自分はゲームに打ち込んで好きなものを両方満喫します。
そしてその最中に相手を思いやるセリフや仕草を多く盛り込んで事務的感を上手に打ち消します。

ゲームも主人公も大好きな女の子が色んなながらエッチをするタイトル通りのシチュ
最終パート以外は必ず何らかのゲームを盛り込み、その内容に合ったプレイをする個性的なエッチ
彼を気遣ったり受け入れる姿勢を至るところで見せる彼女のキャラ。
2人が仲の良い恋人同士なことをはっきり伝える形で作品を組み立ててます。

「まんこしたあとの、ゴムに溜まったミルク見るの、地味に好き。こんなに愛してくれたんだな~ってさ。ん。まんこ、拭いてくれてありがと~」
中でも3番目は前作でも印象に残った要素で甘さを出すのにとても役立ってます。
彼女が彼を思いやるだけでなく、彼も彼女を思いやってるのが大きいです。
そうやってお互いを大事にするからこういうプレイをしても良い関係を維持できるのでしょう。
ネガティブな要素が一切ないので気分良く聴けます。

エロとは関係ない要素を敢えて盛り込み甘さやイチャラブ感を出してるのも素晴らしいなと。
18禁音声作品は極論すると抜けるかどうかが重要なので
それにとってマイナスの影響をもたらす要素は普通入れたがりません。
でも本作品は5パート中4パートにゲームしてる描写を積極的に入れてます。

責めるペースが緩めだったり、SEXメインなのに彼女の反応が弱めだったりと
純粋なエロさだけで見れば一般的な作品よりもやや落ちてます(最終パートを除く)。
でも彼を受け入れたり思いやるセリフが数多く盛り込まれてるおかげで
彼女に愛されてる感覚を強く味わいながら音声を聴くことができます。
これによって得られる幸福感がマイナス面を補う役割を上手く果たしてくれてます。

最終パートはストレートな恋人エッチをしますし
総合的に見れば高い満足感が得られる作品と私は考えてます。
ドスケベさが売りの作品とは違うことだけご注意ください。

最後に、本作品はサークルさんにとって丁度100本目にあたるそうです。
おめでとうございます。
現時点でも十分過ぎるほど活躍されてますが、今後もますますのご活躍を心より願っております。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声(吐息含む)そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。
おまけは「耳舐めしてあげるから、もう一回挑戦してみない?」です。

CV:天知遥さん
総時間 2:31:55(本編…2:20:31 おまけ…11:24)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月16日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「むぱにえる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学生時代の後輩で今は離れた場所で暮らしてる女の子が
先輩と久しぶりに再会してたっぷり甘やかすエッチをします。

彼のことをとことん褒めながらゆっくりリードする手厚いエッチが行われており
内気で自信がない彼を適度に持ち上げて少しずつ踏み込んだプレイに持っていき
SEX開始後はパートごとにシチュや体位を変えて幸せな射精に導きます。
セリフがものすごく甘いので癒しを感じながら抜けるでしょう。
後輩がする気持ちいい甘やかし
七海と自宅で5種類のエッチをするお話。

「あ、いたいたー おーい せんぱーい」
七海は甘く可愛い声の女の子。
人気のない場所で主人公と久しぶりに再会すると
嬉しそうに雑談してから彼の家に案内してもらいます。

本作品は以前同じ学校に通ってて結構仲の良かった後輩が
地元から出て働いてる彼とおよそ140分に渡ってイチャイチャします。
2人が再会するところから音声が始まるので学生時代に何があったかはわかりません。
でも彼女の態度を見る限り好感度MAXと言っていいくらい強い好意を抱いてます。

自宅へ入れるのを躊躇する彼に気持ちいいご褒美をあげると約束したり
到着後は体を密着させて軽めのスキンシップを取るなど
序盤から積極的に動いて彼の心を引き寄せようとします。
彼が内気で自信もあまりない性格なため彼女がリードすることが多いです。

「先輩も 先輩のおちんちんも カッコよくて立派だよ」
最中のセリフも甘いものばかりで聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。
特に彼自身やおちんちんを褒める言葉が非常に多く
タイトルの「褒めて伸ばす」をわかりやすく表現してます。

最初から最後までべた褒めしてくれますから癒しのパワーも結構強いです。
こんな優しい女性に愛される幸福感も射精の快感をより良質なものにしてくれます。

エッチについては開始時の2人が先輩後輩の関係でどちらも未経験なため
序盤から中盤にかけては比較的ソフトなプレイをやりながらゆっくり射精に追い込みます。
そしてある程度慣れた後はSEXメインに変え、さらに先輩後輩から恋人に前進して心も深く繋がります。

各パートの時間が20分以上あるので十分抜けると思いますが
ガチエロ系ではなく彼女との一体感を楽しみながら上り詰める雰囲気重視のエッチです。
本作品は彼女のキャラやセリフが一番の売りですから、それを活かせるようにこうしたのかなと。
どのパートも射精シーンが約3分と長めに取ってあって1回1回を大事にしてるのがわかります。

褒め上手な後輩が奥手な先輩を甘やかして愛情を注ぐシチュと
心身に負担をかけず幸福感で包み込みながら射精させるエッチ。
七海の魅力を前面に押し出したノーマル向けの純愛作品です。
すべてを受け入れ褒めてくれるエッチ
エッチシーンは5パート119分間。
プレイは恋人繋ぎ、耳舐め、素股、キス、手コキ、SEX(騎乗位、正常位)です。
素股、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「次は 手繋いでみよっか そのまま 手 前に出して?」
主人公の家に到着後、彼が緊張してることに気づいた七海は
ソファに座らせてから太ももの上に乗り、さらに恋人繋ぎもして女の子に慣れさせます。

エッチは彼女がリードし一部のパートで彼に責め手を譲ります。
最初の2パート50分間は彼の心を開きながら気持ちよくする比較的ソフトなプレイ。
「01. 手つなぎ対面座位擦り付けお漏らし(約29分)」は手を繋いだままお互いの性器を服越しに擦り合わせ
「02. 自信注入妄想煽りキス手コキ(約21分)」はキス+手コキで1回ずつ射精させます。

「気持ちいいね これが女の子の体だよ? 全身柔らかくて 繋いでる手はあったかくて ちんちんに当たってるお股はじんわり熱くて」
販売ページに「好きなのか、からかわれているだけなのか、結局分からないまま卒業した」と書いてあることから
たぶん彼女は学生時代にも彼を誘惑し、失敗したのでしょう。
その教訓を活かして最初からエッチする気満々な態度を取ります。
お互い着衣のまま大事な部分をくっつけ、そのままゆっくり擦るのも彼が恥ずかしがるのを防ぐためでしょう。
ありとあらゆる行為が彼のことを第一に考えてるので雰囲気がものすごく温かいです。

最中に投げかけられる全肯定のセリフもそれに大きく貢献してます。
年上なのに責められっぱなしな彼を見下すどころかとことん甘やかし
射精時には毎回ぴゅっぴゅのセリフを言って幸せな感覚に浸らせます。
前項で書いたように本作品は射精シーンを長めに取ってあるのでタイミングを合わせやすいです。
事後の余韻に浸ることもできますし心のケアを大事にしてます。

「先輩のお嫁さんになる人は幸せ者だね こんなに立派な男の人をひとり占めできるんだから」
02パートは彼との関係を前進させることを意識して責めます。
エッチに多少は慣れたのでおちんちんを取り出してしごくスタイルに変え
さらにキスも挟みながら自分がお嫁さんになりたいことを遠回しに伝えます。
途中でほんの少しですがおまんこに触れるシーンもありますし、2人の距離が確実に縮まってるのがわかります。

ファーストキスや処女など彼女が様々な初めてを彼に捧げるのが良いですね。
彼女の想いの強さをわかりやすく表現してます。
付き合ってもないのにお嫁さんの話を出すのは飛躍してるようにも思えますが
それくらい彼女が本気なことを聴き手に伝えたかったのではないでしょうか。
甘やかす中に彼女の心情も込めてるから一体感がより強く味わえます。

続く3パート69分間はいよいよ2人が特別な関係になります。
「03. 籠絡抱きつかれ初エッチ(約26分)」は騎乗位で彼女が
「04. 情けなくてもオッケーのへこへこエッチ(約21分)」は正常位で彼が責めます。
そして「05. 危険日やわらか孕ませエッチ(約22分)」は妊娠覚悟のSEXをして深く結ばれます。

「先輩は今まで 色んなこと我慢してきたんだから 処女の子に生中出しする権利があるんだよ?」
03パートは童貞と処女のSEXなため今まで以上にゆっくり愛し合います。
挿入してからキスしたり抱き合って幸せを噛み締め
その後もスローペースでピストンを続けて良い思い出になる初体験をプレゼントします。

引き続き彼を褒めるセリフも多く心身両面がぽかぽかになりました。
純粋なエロさは他よりも控えめですからシチュや幸福感で抜く形になるでしょう。
事後にようやく恋人になれますし、彼女の頑張りが報われたことにも甘さを感じます。

「どんなにみっともなくて情けなくても 七海が応援しててあげる」
彼女の褒めて伸ばす性格が最もよく出てるのが04パート。
彼のほうから責めたいと言われたので主導権を譲るのですが
すぐ射精してしまったり、ピストンがあまり上手くできず情けない姿を晒します。
でも彼女は嫌な顔ひとつせず穏やかな態度で応援して彼をしっかり元気づけます。

彼女にとっては彼が責める気になったことが相当に嬉しかったのでしょう。
その気持ちに応えようと精一杯の愛情を示します。
03パートよりも展開がスムーズですからこっちのほうが抜きやすいんじゃないかなと。
心身を責めるバランスが絶妙で単にエロいSEXよりも満たされた射精が迎えられます。

このように、2人の心情を盛り込みながらたっぷり甘やかすイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
すべてが甘い作品
キャラ、シチュ、セリフ、プレイなど構成要素をすべて甘いもので揃えた作品です。

七海は学生時代にできなかった主人公との恋を改めて成就させようと
地元から彼が住んでる場所までわざわざ出向き、さらに家に上がらせてもらって早速エッチに誘惑します。
しかし彼を強引に責めたり見下すことはなく、すべてを受け入れ応援する姿勢を貫いて心を徐々に開きます。

優しくてとっても一途な後輩が大好きな先輩と濃厚なエッチをしながら想いを伝える甘酸っぱいシチュ
彼を受け入れたり褒めるセリフをふんだんに盛り込み、体も比較的ゆっくり責める穏やかなエッチ
SEXパートを3つも用意し、それぞれで体位や関係を変えて2人の心情を描くキャラ重視の演出。
タイトルの「好意しかない」「褒めて伸ばす」をそのまま形にして気分よく射精させます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素なだけあって一際濃いです。
甘やかすだけじゃなく彼女の気持ちや願いも込められてるのが良いなと。
2人の心が近づいていく様子も描いたほうが甘さがさらに増します。
むぱにえるさんの作品は今回初めて聴きましたがこの内容なら人気があるのも頷けます。

エッチは各パートの射精シーンを1~2回に絞り込み
プレイもあまり変えないでひとつひとつを丁寧に行います。
体への責めについては効果音を鳴らしながらペースを変える程度なので
やはりキャラ、シチュ、セリフ込みで抜くものだと思います。
彼に耳舐め好きの設定があるから片耳舐めもちょこちょこやってました。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「浮気許すまじフェラ」と「特に脈絡ない耳舐め手コキ」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:54:07(本編…2:21:50 exトラック…32:17)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月1日まで30%OFFの847円で販売されてます。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は割とSな女の子が
ドMな彼氏に個性的なエッチをプレゼントします。

甘い雰囲気でハードなプレイをする恋人らしいエッチが行われており
前半は緩めに手コキしながら寸止めを繰り返す
後半は休憩を挟んでかなりの回数ルーインドオーガズムを繰り返す、といった具合に
Mな人が喜ぶ責めをガンガンやりながら囁き声で語りかけたりキスして愛情を注ぎます。
年下彼女がするハードなご奉仕
彼女が手コキで何度もルーインドオーガズムさせるお話。

「ねぇね ねぇってば 寝ちゃうの?」
彼女は明るくて穏やかな声の女の子。
これから寝ようとしてる主人公にエッチを持ち掛けると
SEXしない代わりに新しいプレイで気持ちよくします。

本作品は性癖はほぼ正反対だけど深く愛し合ってる男女が
寝る前におよそ80分間の変わったエッチを楽しみます。
十分に仲がいい状態からスタートするので前置きは3分程度に短くまとめ
その後はほとんどの時間をエッチに割いてゆっくりじっくり気持ちよくします。

年下彼女の亀頭可愛がり拘束ストッキング責め」の続編にあたりますが
私はまだ聴いたことがないので詳細はわかりません。
ストーリー性はほとんどなく今作からでも違和感なく聴けました。

「はい 楽にして いじめてあげるときは やっぱり抵抗できない状態のが 萌えるよねー」
最大の魅力は雰囲気とプレイに大きなギャップがあること。
エッチの開始直後に体を拘束したり長めの寸止めをする結構意地悪なプレイをしますが
彼女は終始穏やかな態度で彼の表情や反応を見ながら責め続けます。
要所で口に出しておねだりさせるのも、彼が自分の意志で受け入れられるようにするための工夫です。

囁き声で話すシーンが結構あったり、キスを小まめに挟むなど
2人が恋人なことを聴き手に印象付ける要素が至るところにあります。

愛情表現の一環としていじめられるので、ある程度のM性を持ってる人にはむしろご褒美に感じるでしょう。
彼女も彼が本気で嫌がることはやらないようにしてて思いやりに満ちてます。

ただし、体への責めはとてつもなくハードです。
前半はゆっくりしごきながら寸止めを何度もやって射精寸前の状況まで持っていきますし
後半はルーインドオーガズムを主軸に置いてかなりの回数繰り返します。

ルーインドオーガズムは射精の直前や始まった瞬間に手を離して精液を甘出しする行為にあたり
通常よりも精液を勢いよく出せない代わりに賢者タイムを回避できます。
普通の射精だと2~3回が限界ですけどルーインドオーガズムならさらに多くの回数も可能です。
ただし体力は消耗しますからやり過ぎにはくれぐれもご注意ください。

Sな彼女が穏やかな態度でMな恋人をいじめるシチュと体への負荷が高いエッチ。
2人の関係を大事にしながらドM向けのプレイをする実用性重視の独特な作品です。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンは4パート69分間。
プレイは体の拘束、手コキ、キス、耳舐め、フェラです。
体の拘束、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「まずは イキそうになるまで気持ちよくさせないといけないから いつもみたいに普通に手でしてあげるね」
主人公にルーインドオーガズムの話をして同意を得た後
彼女は彼をベッドに拘束してから耳舐めでおちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「2_精液熟成手コキ(約27分)」はルーインドオーガズムに向けて準備するパート。
右耳舐めから入り少し後には手コキを加え、さらにキスもしながら寸止めを繰り返します。

「気持ちいい時は ちゃんと気持ちいいですって言わなきゃだめだよ?」
そして彼女は普段通りの穏やかな声と態度で丁寧にしごき続けます。
まだ射精する段階じゃないのでペースは標準程度に抑え
気持ちいいことを口に出したりおねだりを要求して彼の心を前向きにします。

寸止めが始まるのもパート後半からなのでそれほど激しいわけではありません。
射精しないように手加減しますし、彼女の優しい部分が色濃く出てます。
言う通りにしたらちゃんと褒めてくれるなど飴と鞭を上手に使い分けてました。

ほとんどのシーンで手コキするためオナサポではありませんが
シーンによって手コキ音のペースを変えて聴き手がオナニーしやすいようにリードします。
ルーインドオーガズムも毎回カウントを数えてタイミングをわかりやすく教えてくれます。

次の「3_ルーインド手コキ(約38分)」は天国から地獄に突き落とされるパート。
先ほどとは方針を大きく変え、2~3分程度の短い間隔で射精の合図を出します。

「お漏らしできる間は この遊びずーっと続くから」
本作品のルーインドオーガズムは金玉の中を文字通り空にすることを目標にしてます。
そのため時間に対する射精回数が非常に多く、ガチでやると体力を相当に消耗します。
ルーインドオーガズムはやるのに慣れがいりますから、初回はできる範囲でついていくのが良いでしょう。
それでも2~3回はできるので連続射精気分を十分に味わえます。

プレイがハードになっても彼女の声や態度はまったく変わりません。
1回1回丁寧にリードしながら精液をその都度舐めて愛情を示します。
この優しさ、温かさがやりやすさに良い影響を与えてると思います。
いじめじゃなくサービスであることをはっきり伝えて2人の仲の良さを表現します。

実際にやってみたところかなりきつかったです。
予想よりも射精シーンがずっと多くて視聴後はしばらく動けませんでした。
でも苦しみよりも達成感や満足感のほうがずっと強かったのでやって良かったと思います。
彼女が心のケアに力を入れてたのが影響してるのでしょう。

このように、前半と後半でほぼ真逆の責めをするM度の高いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
深く愛し合ってる男女が珍しいプレイに挑戦する作品です。

彼女はMな主人公の欲望を満たしつつ自分も一緒に楽しもうと
両手をベッドに拘束してからまずはゆっくりめの手コキで射精寸前まで追い込みます。
そしてその後は何度もルーインドオーガズムさせて精液を一滴残らず搾り取ります。

声や態度は優しいけど性格はSな彼女がMな彼氏を変わった手段でもてなす恋人らしいシチュ
全編を通じて手コキしながら前半は寸止め、後半はルーインドオーガズムをする落差の大きいエッチ
ハードなプレイを彼女の優しさや愛情で和らげようとする演出。
調教や拷問ではなく愛情表現として成り立つように作品を組み立ててます。

「これは 愛のあるいじめなんだから ほんとに嫌がることはしないよ」
中でも3番目は彼女が彼のためにこういうプレイをしてることを至るところで伝えます。
囁き声やキスシーンが多いのも相まって、ドM向けの内容なのに甘さもそれなりに感じました。
ルーインドオーガズムでも射精回数がものすごく多ければ途中で萎える人も出てくるでしょうから
最後までやり遂げる気力や、やりきった時の満足感を与えるのはとても重要だと思います。

エッチは生半可な気持ちで聴いたらたぶん痛い目を見ます。
繰り返し言いますが全部を無理にやろうとせず、できる限りでやってみることをおすすめします。
射精までの盛り上げ方や追い込み方が上手でスムーズに甘出しできました。
最後は普通の射精をさせてくれるので消化不良になることはないです。

射精シーンは○○回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:26:31(本編…1:19:54 フリートーク…6:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月22日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる後輩彼女が
卒業式の朝に気持ちいいプレゼントを贈ります。

2人の関係を前面に押し出したイチャラブ感の強いエッチをするのが特徴で
手コキ、フェラ、SEXなど王道のプレイを用意し
その最中にちょっぴり意地悪に振舞ったり、逆にストレートに好意を伝えて彼の心をガッチリ掴みます。
原作のセリフを忠実に再現したバージョンが入ってるのも特徴です。
最後の日に忘れられない思い出を
自宅で後輩ちゃんと3種類のエッチをするお話。

「先輩 せーんぱーい あ、やっと起きた」
後輩ちゃんは甘く可愛い声の女の子。
卒業式の朝、熟睡してる主人公の布団に入って挨拶すると
彼が起きるまで何をしてたか教えます。

本作品は現在彼と付き合っててエッチもたくさんしてる彼女が
今通ってる学校から卒業する日におよそ60分間のエッチをして祝います。
GIRL 後輩彼女総集編」というイラスト集の音声版にあたるため
こちらにも10ページのミニイラスト集が同梱されてます。

「おかげで 先輩の可愛い寝顔も 起きたばっかりできょとっとしてるところも バッチリ見れちゃいましたー 早起きした甲斐がありましたね」
最大の特徴は彼女の甘さ。
朝早くにわざわざ彼の自宅を訪れ、起きたら嬉しそうな表情で「可愛い」と言います。
その後から始まるエッチも彼のおちんちんが弱い設定があるので比較的緩いペースで責めます。
全編を通じて好意を感じるセリフが多く、彼を溺愛してるのが自然と伝わってきます。

タイトルを見て私はもっと意地悪なプレイを予想してたのですが
実際は最初のパートに軽く弄ぶ程度でそれ以外は終始イチャラブでした。
愛情の裏返しでやってるだけですから属性はほぼノーマルです。
射精シーンも60分で3回なら音声作品だと標準レベルになります。

それ以外の特徴は原作のセリフをそのまま音声化したバージョンがあること。
総時間24分、ファイル数96本となかなかのボリュームを誇ります。
ひとつひとつの音声は10~45秒と短く、複数を繋げて聴くことを想定してます。
原作のファンにとっては嬉しいサービスなのではないかなと。
ゆっくりじっくり愛し合うエッチ
エッチシーンは3パート47分間。
プレイは手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、耳舐め、キス、玉舐めです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「この朝立ちしたおちんちん 手とお口で すっきりさせてあげます」
雑談の最中に主人公のおちんちんが勃起してることに気づくと
後輩ちゃんは卒業式へ出席するまでの時間を使ってエッチなご奉仕をします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「01.お目覚めの先輩に手コキフェラいただきます♪(約22分)」は
彼女の意地悪さと愛情の強さを組み合わせてるパート。
前半は手コキ、後半はフェラをゆっくりペースでやって無理なく追い込みます。

「ローションとか使ってないのに おちんちんにゅるにゅるしちゃってます これ 汗じゃないですよね?」
彼の卒業はめでたいことですが、彼女にとっては一緒に登校できなくなる残念なイベントでもあります。
そんな気持ちを匂わせながら軽い言葉責めをして喜ばせます。
年齢は彼女のほうが下でもエッチは常に主導権を握ってるところに2人の関係が窺えます。
焦らしや寸止めといったM向けのプレイはやりませんからノーマル向けの意地悪です。

「大丈夫ですよ 大好きな先輩のためなら お口のご奉仕も 頑張れますから」
それに対して後半のフェラはストレートに愛情を注ぎます。
最初からおちんちんを咥え込んで吸い多めのちゅぱ音を鳴らし
合間に彼に尽くす姿勢を見せて幸せな射精に導きます。
フィニッシュも口で受け止め飲み干すなど、言葉と行為の両方で気持ちを示してました。

次の「02.制服姿で先輩と耳舐めしたりえっちしたいです…♪(約17分)」はSEX。
彼女が上に跨って腰を下ろし、休憩を挟みながらリズミカルに打ちつけて一緒に気持ちよくなります。

「私も 大好きな先輩と こうして ずっと繋がってたいです あんっ」
彼の家族に気づかれるとまずいので大きな喘ぎ声は漏らしませんが
普段よりも熱っぽい吐息や合間にエロ可愛い声を出して気持ちいいことをアピールします。
「ぱんっ」というピストン音も割とソフトで彼女が手加減してるように映りました。

同じ学校の先輩後輩でいられる最後の日だからこそ
少しでも長く楽しみたかったのかもしれませんね。
途中から耳舐めを挟んでくる以外はほぼSEXに専念しててじっくり聴けます。
SEXの後は玉舐めとお掃除フェラをしてくれますし、恋人らしいご奉仕色の強いプレイになってます。

このように、記念すべき日を祝う意味合いも込めたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
原作好きなら
最初から好感度MAXな男女が真正面から愛し合う王道の純愛作品です。

後輩ちゃんは間もなく学校を卒業する主人公を自分なりのやり方で送り出そうと
早朝に自宅へ出かけて布団に潜り込み、元気なおちんちんをお世話してスッキリさせます。
そして序盤はちょっぴり意地悪に、中盤以降は尽くす姿勢で惜しみない愛情を注ぎます。

一途で可愛くてエッチも得意な後輩が節目の日に先輩とエッチするノーマル向けのシチュ
彼女の性格や2人の関係を色濃く反映させた甘さの強いエッチ
原作のセリフをそのまま読むバージョンを用意する配慮。
原作がある作品なのでファンを喜ばせることを見据えて組み立ててます。

「私 先輩のガチガチのおちんちんにもドキッとしますけど このちっちゃくて ふにゃっとしたおちんちんも 可愛くて好きですよ」
中でもエッチは「べた褒め」と言っていいくらい彼女が甘やかしてくれます。
責めるペースも弱いおちんちんが耐えられるくらいに下げてますし
彼を喜ばせる、満足させることを強く意識してます。
彼女もすごく嬉しそうなのはそれだけ深く愛してるということなのでしょう。

ですがタイトルの「いじわる」や「搾り尽くされる」に合ってるかと言われれば私は首を捻ります。
前者は最初のパートの前半で多少出てくる程度ですし
後者も毎パート1回射精する、音声の中ではごく普通の展開です。
このエッチを搾精と呼んだら大部分の音声作品がそうなってしまいます。

たぶんこの作品は原作を知ってるかどうかで評価がそれなりに分かれると見てます。
知ってる人なら「おぉ 後輩ちゃんがしゃべってる」とか別の感銘を受けるんじゃないかなと。
私は知らない側の人間ですから、音声作品としてどうかだけを見て今回のレビューを書きました。
原作に対してどうこう言う気はまったくありませんのでそのへんは誤解しないでください。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:24:25(本編…1:00:36 原作忠実版…23:49)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
原作忠実版はモノラル録音だそうです。

2021年6月1日まで15%OFFの1215円で販売されてます。



サークル「パステル×トリップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大和撫子と呼ぶのがしっくりくるお淑やかな年上彼女が
初デートをした日に甘くて気持ちいいプレゼントをします。

耳舐めや耳責めにとても力を入れたエッチをするのが特徴で
耳の外側よりも内側や穴を責める時間を長く用意し
舌先で優しくぐりぐりしたり、穴から出し入れする様子をちゅぱ音と微弱な刺激でリアルに表現します。
全体的にゆっくりペースで進めますから癒しも感じながら抜けるでしょう。
清楚な彼女がする大胆なご奉仕
恋人の古地織枝と自宅でイチャイチャするお話。

「お邪魔…しますね うふふっ いえいえ なんというか 男性のお家にお呼ばれするのは 初めてだったので 正直 少し緊張していたのですが」
織枝は甘くお淑やかな声のお姉さん。
初デートの後、主人公の家に招かれて感想を漏らすと
左側に座ってから嬉しそうな表情で今日のデートを振り返ります。

本作品はエッチの経験はまだないけど好きな人にはとことん尽くす彼女が
彼のためにおよそ130分間の癒しとエッチなサービスをします。
物語の開始時点で2人はまだ付き合ってないのですが
少し経つと告白するシーンがありその場で恋人同士になります。
そんな幸せいっぱいな状況でお世話するため彼女も終始嬉しそうな表情を見せます。

「生耳かきと呼ばれる 少々変わったマッサージで お耳の穴のコリを 直接ほぐすというものなのですが」
そして彼女はこれらをするにあたって耳をたっぷり刺激します。
耳舐めだけでもおよそ75分ありますし、その前にやる耳マッサージも加えたら100分まで増えます。
パステル×トリップさんは過去作もすべて耳舐めをテーマにした作品を制作されてますから
今作も自分の長所をストレートに活かしてイチャラブ感を表現します。

終盤にSEXするパートもありますが、そこでも耳舐めや耳責めをするので
どちらかと言えばそちらのほうが主役かなぁと私は思います。
全編を通じてゆっくりペースで責めるため、舌の細かな動きの変化をじっくり楽しめます。
時間に対するセリフの量が少なめなのも良いです。

本作品がこだわってるのは耳舐めの量だけではありません。
質についても他とは違う要素を取り入れて個性と臨場感を出してます。

「お耳の穴に ずぷずぷーって舌先を挿入した後 奥の一番気持ちいいところを くりくりって舐めてから にゅるにゅるーって穴から引き抜いてるんです」
そのわかりやすい例がタイトルにもなってる耳奥ピストン舐め。
彼女の舌をおちんちん、彼の耳穴をおまんこに見立てて出し入れする感じに責めます。
実際に聴いてみると音がこもったりクリアになるのを交互に繰り返します。
音が鳴るたびに微弱な振動が伝わってきて心地よさやゾワゾワ感も味わえます。
単調にならないようある程度経ったら舐め方を変えるようにしてました。

14分ほどの雑談を終えた後から始まる「Tr2 ちょっとエッチな''生''耳かき♪(約25分)」は
全年齢~R-15に位置する癒し系のサービス。
専用のクリームを塗った手で左右の耳を同時にゆっくりマッサージします。

「わかりますか? 私の指 ずぽ ずぽって あなたのお耳の中に 出たり入ったりしています」
「くしゅぅ」というコリコリした水音に合わせて軽い閉塞感が生まれ
それを繰り返しながら何気ない会話も挟んで心身両面をケアします。
またパートの後半からは指を穴にずぽずぽ入れるちょっぴり刺激的なサービスも出てきます。

若い男女でも初デートの直後にエッチするのはさすがに疲れますから
こういう割と健全なサービスを挟んで休憩しながら一緒にいる雰囲気を作ります。
音のレベルも高く、寝る前にここだけ聴くという使い方もできそうです。
エロさが低い代わりに心地よさをそれなりに味わえます。
耳舐め特化の穏やかなエッチ
エッチシーンは2パート92分間。
プレイは耳舐め、手コキ、SEX(騎乗位)、キス、耳責めです。
手コキ、SEX、耳責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「次は お耳の穴の中に 私の舌を れー って入れてみますね」
丁寧な耳マッサージで主人公の疲れを取り除いた織枝は
体を起こしてもらい今度は左耳をゆっくりねっとり舐め始めます。

エッチは終始年上の彼女が責め続けます。
最初の「Tr3 耳''奥''舐め&耳奥''ピストン''舐め♪(約54分)」は
本作品の売りである耳舐めを存分に楽しめるパート。
左右の耳を適度に切り替えながら色んな責めを繰り出して耳と心をとろとろにします。

「あなたの気持ちよさそうなお顔見ていたら 私も お耳の奥を舐めるの 病みつきになってしまいそうです」
序盤から耳の内側を舐めてくるので音の位置がかなり近く
トーンが低く鈍いちゅぱ音を鳴らしながら吐息や鼻息も挟んで臨場感を出します。
彼女が男性に耳舐めをするのは初めてのはずですが、事前に練習したのかスムーズに進めてました。
嬉しそうな表情を随所で見せるところにも甘さを感じます。

前項で説明した耳奥ピストン舐めは16分頃から登場します。
これの少し前に左耳から右耳へ切り替え、舌先をゆっくり出し入れして舐めとは違う音を鳴らします。
舐めよりも刺激は少ないですが耳を塞がれてる感覚はしっかり味わえました。
片耳あたり9分くらいみっちりやってくれるので音をじっくり楽しむことができます。

彼女のキャラを崩さないためでしょうけど、全体的に水分を控えめにしてました。
露骨に下品な音を鳴らして興奮させるよりもリアリティを重視してます。
50分以上かけて耳舐めだけをやるところにもサークルさんのこだわりを感じました。

もうひとつの「Tr4 舌と指で耳奥攻め&中出しセックス♪(約38分)」は
耳舐めを交えて幸福感や充足感を与えるパート。
長時間の耳舐めで我慢できなくなった2人が騎乗位で繋がり
キス、耳舐め、指を使った耳責めも同時にやって無理なく絶頂を目指します。

「さすがに 少々恥ずかしいですが どうか 見てください」
パートの前半は彼女の初々しさを強調してました。
彼に初めて裸を見られて恥ずかしがったり、挿入後に少し痛がる姿がとても愛らしいです。
彼女は清楚系のキャラなので、そんな女性が積極的におちんちんを求めるシチュにもグッときます。
ピストン開始から少し経った後に始まるキスもなかなかパワフルでエロいです。

そして耳舐めは時間を21分まで減らす代わりに密度を上げてます。
片方は舌、もう片方は指で責めるスタイルになっており
左右で異なるちゅぱ音と効果音を鳴らしてゾクゾクした感覚を与えてくれます。


ピストン音や喘ぎ声も同時に流れますから、前のパートよりもずっと濃いプレイに感じるでしょう。
射精は最後に1回だけするので普通に抜けると思います。
普段よりも彼女を多少大胆にして想いの強さとエロさを出してました。

このように、最大の武器である耳舐めをふんだんに盛り込んだあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視のイチャラブ作品
幸せの絶頂にいる男女が愛し合う様子に耳舐めを絡めたノーマル向けの作品です。

織枝は初デートを楽しくエスコートしてくれた主人公に恩返ししようと
彼の自宅でまずは耳のマッサージをして疲れた心と体を休めます。
そしてその後は長時間の耳舐め→耳舐めを交えたSEXと繋いで幸せを彼と共有します。

お淑やかでサービス精神旺盛な年上彼女が恋人をエッチにもてなす甘いシチュ
耳舐めや耳マッサージの時間をとても長く用意し
ゆっくり進めながら責め方も適度に変える質量共に優れたサービス。
人気の高いジャンルだからこそ、サークルさんの色を出せるように作品を組み立ててます。

特に耳舐めは長時間に渡ってゆっくり責める聴きやすい作りや
舌を耳穴に出し入れするピストンなど、聴き手目線の構造になってて良いです。
時間に余裕があるおかげで種類が色々あってもひとつひとつをじっくり楽しめます。
終盤のSEXも前半は耳舐めを無理に絡めず、彼女の初々しい姿とキスで自然なエッチにしてました。

まったり系のエッチをするのでがっつり抜きたい人にはやや不向きですけど
耳舐めをのんびり楽しみながら満たされた気分で抜きたい人ならきっと満足できます。
欲を言うなら繰り返し聴きやすくするためにTr3の耳舐めはパートをふたつに分けて欲しかったです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と吐息それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:みもりあいのさん
総時間 2:17:42

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月3日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「あまがみドロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段はしっかりしてるけどお酒を飲むと人格が変わるOLが
取引先の男性とお酒を飲んだりエッチして幸せな時間を過ごします。

彼女の二面性を活かした甘いエッチをするのが特徴で
シラフの時は初々しさを見せながらゆっくり責めてたのが
酔い始めると呂律が回らなくなったり大胆な行動に出ます。
自然な演技に力を入れてるので陽向葵ゅかさんのファンは特に楽しめるでしょう。
酔うとエロくなるOLさんと
別の会社に所属するOLと飲んだりエッチするお話。

「ほんっとびっくりしましたよ これだけ人数が揃って 全員が見逃すなんて」
OLは明るくて可愛い声の女の子。
バーで慰労会をしてる最中に先日あった仕事のミスを愚痴ると
それをなだめる彼に自分の不甲斐なさを反省します。

本作品は仕事熱心で責任感もある彼女が
他社で自分と同じ立場にある彼とおよそ140分に渡ってイチャイチャします。
以前サークルさんがyoutubeに投稿された無料作品が元ネタになってるらしく
物語の序盤はR-15、中盤以降はR-18の内容になってます。

「えぇ? ペースが早い? 小さなグラスに1杯だけなんですから いいでしょうー ひっく」
彼女はシラフの時は「できる女性」という印象なのですがお酒にとても弱く
この日もカクテルを1杯飲んだだけで泥酔状態に陥ります。
酔ってることに気づいてないのか呂律が回らない様子で追加のお酒を頼み
フラフラしてるのを見かねた彼が体を支えたらセクハラと勘違いします。

お酒を飲むこと自体は好きなようですから酒癖が悪いのでしょう。
シラフの時と酔った時でまったく違う態度を取るのが面白いです。
アドリブっぽく振る舞うシーンもあって自然さにこだわってました。
2人が付き合うきっかけもお酒ですし、本作品にとって大事な要素と言えます。

エッチについては凌辱っぽさが出ないように彼女がぐいぐい引っ張ります。
非エロのパートは耳舐めを多めにやって彼をその気にさせ
その後は2人の自宅や彼女の会社内でSEXして身も心も深く繋がります。
射精は毎回彼女のおまんこにするのでSEX重視の構成と言えます。
シラフと酔いを交互に置いて彼女の魅力が引き立つようにしてました。

最初の3パート45分間は彼女の性格や2人の関係を描きながらエッチできる雰囲気に持っていくシーン。
「00.今日は朝まで付き合ってもらいますかられ!!! (約14分)」はバー
「01.あなたのお家にお持ち帰りなのれすっ♪(約14分)」は彼の自宅前
「02.慰労会の続きをするのれすっ♪(約17分)」は自宅の中と場所を移して耳舐めやキスをします。

「ずっと前から 大好きー これからもよろしくおねがいしましゅぅ」
彼女は以前から彼のことを好きだったらしく
この日もお酒に酔った勢いで自分の気持ちを漏らします。
しかし彼はそれを聞いて襲ったりせず彼女を介抱するのに専念します。
耳舐めやキスをされても動じませんし、割と紳士な男性に描かれてました。

でも彼女に諦める様子はまったくありません。
自宅に到着した後も耳舐めで誘惑し、さらに服も軽く脱いでその気があることを教えます。
おちんちんの勃起に気づいてズボン越しに擦るなど、彼女の積極性をストレートに描いてます。

男性がシラフ、女性が酔ってる状況だと襲われる展開になるほうが多いですから
そうじゃないことを強調するために彼女が誘惑するシーンをいくつも置いてます。
淫語は言いませんが耳舐めをガンガンやるのでエロさもそれなりにあります。
彼女の酔っぱらってる様子やセリフの言い方が自然で活き活きしてました。
甘くてスリルもあるエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイは服を脱ぐ、SEX(騎乗位、正常位、立ちバック、対面座位)、キス、手コキ、フェラ、耳舐めです。
服を脱ぐ、SEX、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「というわけでぇ 入れちゃいますねー あなたとしたいんで 入れちゃいますぅ」
誰にも邪魔されない場所に着いて俄然やる気が出たOLは
そのまま勢いで彼をベッドに倒し、服をひとつずつ脱いで準備を整えます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で彼が責め返します。
一番最初の「03.これは酔っ払っているから仕方ないのれしゅ…!(約13分)」は2人が初めてSEXするパート。
前半は服をゆっくり脱ぐのに費やし、後半は騎乗位で繋がって一緒に楽しみます。

「ブラジャーですが これはただの布なので恥ずかしくありません キャミとおんなじ」
服を脱ぐシーンは雰囲気作りしながら彼女の心情を描きます。
下着姿になっても「恥ずかしくない」と自分に言い聞かせて気持ちを奮い立たせてたのが
裸になるとやっぱり恥ずかしそうな仕草を見せます。

音声作品だと服を脱ぐのは一瞬で終わらせることが多いですし
わざわざここまで時間を取ったのは盛り上げる意味合いがあるのだと思います。
前戯を一切挟まずいきなり突入する展開にも勢いを感じました。

「お、おちんちん動いてる 中で暴れて ビクンビクン震えてるぅ」
後半のSEXも彼女視点のセリフが多いです。
普段よりも熱い吐息を漏らしながら気持ちよさそうな声を控えめに上げ
途中からキスも加えて好きな人とひとつになれた幸せを噛み締めます。
プレイ時間は短いので純粋なエロさよりも過程を楽しむプレイだと思います。

続く3パート53分間は2人が恋人になった後のお話。
「04.シラフでもエッチな事がしたいですっ!(約16分)」は翌朝に手コキ、フェラ、正常位SEX
「05.こ、これはコンプライアンス違反です!♪(約15分)」は会社内でバック&対面座位SEX
「06.今日は私がリードするのれしゅ♪(約22分)」は彼女の自宅で耳舐めと騎乗位SEXをします。

「こうやって おちんちんを あっ、熱くて 湿って 触ったら すぐ硬くなるんですね 不思議…です」
04と05はお酒を飲まずにエッチするため王道のイチャラブプレイが楽しめます。
酔ってる時よりもずっと初々しい様子でおちんちんの感触を確かめ
SEXの際は恥ずかしさのあまり彼に抱きつく可愛いところを見せてくれます。
引き続き喘ぎ声は少なめですが吐息、耳舐め、ピストンでエロさを出しててすごく甘いです。

「動かないでくださいっ ダメです こんな場所で」
個人的に一番好きなのは05パート。
会社の資料室でエッチするのですが、その際に彼女がわざと嫌がる素振りを見せます。
彼女のほうから誘ってるのでもちろん本心ではありません。
公共の場でエッチする背徳感や、嫌がる女性をやや強引に犯す征服欲をくすぐってくれます。

他のパートと違いイメージプレイの要素が強い内容だなと。
対面座位の時はパイプ椅子が軋む音を鳴らしててなかなかリアルです。
別の会社で働いてるからこそ、一緒にいる時は少しでも長く繋がっていたい気持ちが込められてます。

そして06パートは再び酔った彼女が活躍します。
前のパートで彼に主導権を譲ったからか、ここは完全に彼女が責めるスタイルを取り
耳舐めを長めにやってからSEXに移ってひとつひとつのプレイを濃いめに描きます。
彼女がちょっぴり意地悪に振る舞うのでややMな人が一番楽しめるでしょう。
SEXするところは同じでも彼女のキャラやプレイの方向性に違いが見られます。

このように、彼女の魅力を出しつつ2人の関係が進展する様子を描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
二面性を楽しむ作品
お酒が見せるOLのふたつの顔が魅力のノーマル向け作品です。

OLは取引先で働いてて以前から好きだった主人公とより親密な関係になろうと
2人きりで慰労会を開いた時に思い切り酔って初SEXまで漕ぎつけます。
そして翌朝からは自分の気持ちをはっきり伝えて恋人になり
シラフの時と酔った時の両方で何度もSEXして幸せな時間を過ごします。

真面目だけど酒癖が悪い残念なOLが仕事でよく会う男性とエッチする珍しいシチュ
45分ほど非エロの誘惑に割いてからSEXメインに切り替わるメリハリを持たせた作り
お酒の有無、場所、体位を切り替えながら耳舐めやSEXをする幅広さを持たせたエッチ。
最大の武器である彼女のキャラが引き立つように作品を組み立ててます。

OL役を務める陽向葵ゅかさんの演技も光ります。
酔ってる状態は通常と明らかに違う演じ方をする必要がありますから
そのへんをしっかりこなして自然さと臨場感を出してます。
セリフにならない部分(微笑や吐息など)にも気を配ってましたし
声優さんの個人サークルが持つ強みを活かした作品になってると思います。

エッチは毎回生ハメ&中出しする展開がエロいのに加えて
本番へ持っていくまでの準備をしっかりするので気持ちを盛り上げやすいです。
酔ってる時は勢いに任せる、シラフの時は初々しさや背徳感を出すと表現方法も違います。
耳舐めも随所でやりますから好きな人ほど楽しめるでしょう。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:21:29

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月15日まで20%OFFの1144円で販売されてます。

↑このページのトップヘ