同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:思ちぽ

   ● ジト目を崩さない武器屋の娘に拝み倒して素股してもらう
   ● おててレッスン! ~とことん甘やかしてくれる妹に応援されちゃうオナサポ~


ジト目を崩さない武器屋の娘に拝み倒して素股してもらう

サークル「ベレス解部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と言葉はつれないだけど実はとっても優しい武器屋の娘が
偶然村を訪れた冒険者にややアブノーマルなサービスをしてあげます。

童貞短小包茎な彼を見下しつつしっかりお世話するツンデレプレイが魅力で
手コキ、足コキ、素股などコキ系のプレイを多彩な効果音でリアルに表現しながら
最中の行為や仕草によって彼女の心の変化をわかりやすく伝えます。
ジト目の奥に潜む優しさ
武器屋の娘「エリシャ」に見下されながら射精するお話。

「いらっしゃいませ。さっさと予算に見合う武器を選んでください」
エリシャは淡々とした口調で話すちょっぴり気の強そうな声の女の子。
店にやってきた主人公に愛想なさげに商品と価格の説明をすると
100ゴールドもらう代わりに彼の身の上話を聞いてあげます。

本作品は短小、包茎、童貞と男性にとってあまり好ましくない特徴を併せ持つ彼が
手や足を使った4種類のエッチなサービスを彼女にしてもらいます。
ファンタジー世界が舞台なので一部独特なプレイがあるものの
基本的には現実世界の男女でもできるものをとことんリアルに描きます。

ストーリーを簡単に説明しますと、彼は冒険者として他のメンバーと一緒にこの村へやって来たのですが
宿泊中に薬を飲まされ3日間眠ってる間に所持金と装備のほとんどを持っていかれてしまいます。
山に囲まれてるうえに強力なモンスターがあたりを徘徊する場所なので今のままでは脱出できないと判断し
彼女がいる武器屋を訪れ色んな装備を試しながら何度も何度も挑戦し失敗します。
そして後日いつも通り武器を買いに来たところ、とあるイベントをきっかけにエッチな事をする関係になります。

「……なんですか? まだ冷やかすつもりですか? こんぼうでぶん殴りますよ」
「そんなんだから仲間にも騙されるし、いつまで経っても童貞で包茎で早漏なんですよ」

一見すると美味しい展開に思えるでしょうが、彼女はタイトルや挿し絵の通りとってもクールなキャラです。
大したお金も持たずに武器を買いに来た彼を最初から見下すばかりか
童貞や粗末なおちんちんを何かにつけて貶します。

おちんちんや金玉をいじりながら小まめに言葉責めするスタイルのエッチをするので
リアルで童貞だったりおちんちんに自信のない人ほど心を抉られる感じがすると思います。
「最低」「汚い」「変態」など辛らつな言葉を浴びせかけるシーンも多いです。

しかし、彼女は心の底から彼を嫌ってるわけではありません。
一番最初のエッチで全財産を要求するシーンがあるものの
それ以降はサービスの見返りに金銭を要求することはなく、それどころか彼の願いを適度に叶えてあげます。

「……しょうがないですね。私がやってあげますよ」
この突き放す態度の中に垣間見える優しさこそが本作品最大の魅力です。
言ってることとやってることのギャップが結構大きいので
セリフよりも行為や仕草に注意を向けて聴いてみると彼女の心情が掴めると思います。

最初はツンツンだった女性がエッチを通じて彼に少しずつ心を開き、デレる。
M向けのプレイに独自の背景や登場人物の特徴を上手く組み込んだ奥深い作品です。
二面性のあるちょっぴりアブノーマルなエッチ
エッチシーンは4パート96分30秒間。
プレイは手コキ、耳舐め、ゼリーグローブコキ、ニーソ足コキ、キス、素股、乳揉みです。
手コキ、ゼリーグローブコキ、ニーソ足コキ、素股、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「……ねぇ、今日はいくら持ってきたんですか? 童貞ちんぽのお世話、してあげましょうか」
会話中に現れたモンスターを主人公と一緒にやり過ごしたエリシャは
少しの間体を密着させて隠れただけで勃起してる彼を見て童貞と見抜き
お金を取る代わりにエッチなサービスをしてあげると持ちかけます。

エッチはごく一部を除き彼女がひたすら責め続けます。
一番最初の「手コキ」は風俗店でするサービスに近いプレイ(約22分30秒)。
最初は彼にいじり方を教えてもらいながら、少し経つと自分のペースでおちんちんをねっとりしごきます。

「……オチンポしごきながら「シコシコ」って言われるのが嬉しいんですか? へぇ、ホントに嬉しいんだ……訳分かんない」
彼女は処女なのでエッチのやり方がほとんどわかりません。
だから序盤はおちんちんの仕組みや彼の喜ぶツボを観察しながら責めます。
効果音についても音質はかなりいやらしいですがペースは結構緩いです。

プレイ一覧を見ていただければわかるように、本作品のエッチはコキ系のプレイが多いです。
それを踏まえてプレイ中はそれぞれに適したリアルな効果音を目まぐるしく変化させながら鳴らします。
同じ手コキでも皮越しにしごく、皮の中に指を入れて亀頭をいじる、オマンコに見立てて激しく上下させるなど
シーンごとにある程度内容を切り替えて進めるので色んな音が楽しめます。

「最低……。最低の状態から無理やりドリルで穴を開けて更に下まで潜ったような最低具合」
「……分かりました。じゃあ手を握りましょう。こっちの空いてる手を握っていいですから、それで我慢してください」

最中に交わされるセリフも大きなポイント。
おちんちんが粗末なばかりか童貞特有のキモイ行動や反応をする彼に
実際に言われたら凹むレベルのきつい言葉責めを浴びせかけます。
ですがパートの中盤あたりに差し掛かると嫌々ながらも彼のリクエストをある程度受け入れる姿勢を見せます。

言葉だけを見ると彼女は明らかに嫌がってます。
でも少なくとも私が聴いた限りエッチで手を抜いてる様子はまったくありません。
それどころかすぐさま射精してしまった彼を長めの時間を取ってもう一度イかせてあげます。

彼女がなぜここまでの優しさを見せるのかはこの時点だとややわかりにくいです。
でもこの先のパートを聴いていけばだんだんとわかるように作られてます。
ですから今のところは事務的系の冷たいプレイとは違うことを理解しておいていただければ十分です。

二番目の「ゼリーグローブコキ」はファンタジーの世界特有の変わったプレイ(約24分)。
手コキされてからしばらくした後、山越えにまた失敗して戻ってきた彼は
店内で見つけたスライムを材料にしたグローブを購入し彼女にそれでしごいてもらいます。

「先っぽの皮だけめくれ返って、擦る度にビロビロしてます。気持ち悪いですね。だけど、あなたはこれが気持ちいいんですよね?」
「こしゅっ ぷすっ」と空気交じりのゴムっぽい音を鳴らしながら
玉を揉んだり、グローブで竿をにぎにぎしたり、包皮を剥いて中の汚れを落としたり
逆手に持って擬似SEXと多彩な責めを繰り出し徐々に射精へと追い込みます。
そしてここでもおちんちんの小ささや哀れな姿を小まめに貶してM心をくすぐります。

前のパートに比べて射精シーンは1回と少ないものの
責め方がねちっこいし質感も生々しくて仮想的なプレイをリアルに表現しています。
お金を要求するやり取りも特になく、彼女が彼を特別な人と認識し始めてるのがわかります。
セリフの方向性は変えずに細かな態度で親密度の変化を伝えるところが面白いです。

最も濃厚なプレイが楽しめるのは最後の「素股」パート(約25分)。
どうしても素股して欲しいとお願いされ最初は嫌がっていたエリシャが
とある重要な条件と引き換えに彼の望みをすべて叶えてあげます。

「……ぎゅってしすぎです。肌スリスリしすぎです。幸福感に浸りすぎです。もうカウパー滲んでるじゃないですか。最悪」
ここまで来ても彼女のセリフは相変わらず容赦がありません。
全裸にせずスカート、パンツ、ニーソだけを残した彼の嗜好に呆れかえり
肌を密着させながらおっぱいを揉んだり腰を必死に打ちつける様子を気持ち悪がります。

「ほらほら童貞さん、ここがオマンコの入り口ですよ。ここにこんぼうチンポを密着させて、腰を情けなーくヘコヘコしましょーね」
「名前呼びながら、ぎゅ~って抱き締めて、チンポ出し挿れ、しなさいよ……」

しかしそんな言葉とは裏腹にとても大胆な行動に出ます。
パート内にある4回の射精すべてを股間でしっかり受け止め
さらに後半の2回はおちんちんをパンツの中に招き入れおまんこの表面で擦る際どいプレイまでします。
それに合わせて息遣いが明らかに熱っぽくなり、可愛らしいことを言い始めるのもたまりません。

言葉では嫌がったり突き放す姿勢を取り続けるのに
行動でそれを遥かに上回る信頼や愛情を示すところが彼女らしいなと。
最後の射精時に自らキスをし、事後に満足げな息遣いを漏らす姿も印象的でした。

このように、冷たい言葉と温かい責めを組み合わせた個性的なエッチが繰り広げられてます。
クールで穏やかな作品
魅力的なキャラを最大限に活かした珍しいタイプの純愛系作品です。

辺境の村でぼったくり武器屋をしていた女性が仲間に置き去りにされた男性と偶然出会い
様々なエッチを通じて心と体を少しずつ近づけていきます。
そして彼の弱点である女性経験のなさやおちんちんのみすぼらしさをとことん貶す一方で
彼の望むことをできるだけ叶えてあげる慈愛に満ちた姿を見せます。

「(彼に好きと言われて)ふーん……。私もそれと同じぐらい、嫌いです……」
彼女は最後の最後まで口では彼のことを好きと絶対に言いません。
でも好きな人が相手じゃなければ絶対にできないことをいくつもやってのけます。
武器をたくさん買ってくれてるとはいえ、処女がここまでのことをするには相当な勇気と覚悟が要るはずです。
M男を弄んで楽しむのとは明らかに違う温かいエッチをしています。

このレビューでは大まかな特徴やエッチの内容を重視したのでほとんど書きませんでしたが
彼女が何者なのか、なぜ彼とここまでのことをするのかが遠まわしに語られています。
はっきりと伝えるのではなく、ヒントとなる要素を散りばめて聴き手に察してもらう感じです。
キャラ作りがしっかりしてるおかげでそれこそ時間を忘れるほど熱中できました。

エッチは女性上位+きつめの言葉責めとM向けの要素を中心に置き
その中に彼女の優しさを感じるシーンを数多く挟んでいます。
彼が童貞を卒業できなかったのも彼女に拒絶されたからではなく彼自身の意思によるものです。
異なる属性を組み合わせたプレイなのでややMあたりの人が最も楽しめるんじゃないかなと。
時間が長い、効果音のボリュームが多く質感もエロい、抜き場が豊富と実用性もかなり高い水準にあります。

射精シーンは全部で8回。
くちゅ音大量、淫語多め、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

エッチする女性の内面を巧みに描いた大変素晴らしい作品です。
148分で1100円ならコスパも申し分ありません。
以上を踏まえて本作品をサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。

CV:思 ちぽさん
総時間 2:27:55

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

おててレッスン! ~とことん甘やかしてくれる妹に応援されちゃうオナサポ~

サークル「しらあえプロジェクト」さんの同人音声作品。

サークルさんの看板タイトル「おててレッスン! 」シリーズの7作目にあたる本作品は
お兄ちゃん思いの可愛い妹が応援しながらオナニーをサポートします。

最後の瞬間に最高の射精ができるように、彼女は入念な準備運動をしたり
わざと弱めの刺激を与えたりして少しずつ性感を高めていきます。
メインのオナニーも「シコシコ」の掛け声に合わせて長時間に渡り刺激を与え続けますから
性的快感をたっぷりと味わえますし、かなり強烈な射精感も味わえるでしょう。
お兄ちゃんに最高の射精をプレゼントするために
妹の指示に従いながらオナニーするお話。

「お兄ちゃん 今日も一日お疲れさま」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
頑張り屋さんのお兄ちゃんが疲れているのを見て心配そうに声をかけると
それを吹き飛ばすために気持ちのいいオナニーをプレゼントします。

「おててレッスン! 」シリーズは今からおよそ4年前に発売された第一作から一貫して
「シコシコ」などの掛け声を使ってオナニーの強さやペースを常にリードし続ける緻密なオナサポを行っています。
本作品もその例に漏れずプレイのやり方、進め方、最中のペースなど
何から何まで彼女が徹底的にサポートしてくれますから
プレイ中は頭の中を空っぽにしてオナニーに没頭することができます。

本作品ならではの要素はプレイ時間が非常に長いこと。
30分前後だった過去作に対し、今回はおよそ60分にも渡るオナニーを繰り広げています。
純粋におちんちんをしごく時間だけでも35分程度と長めに取られてますから
射精の瞬間だけでなく道中もかなりの性的快感が得られます。

「うん いいこいいこ うふふっ なんだかお兄ちゃんが私の子供になっちゃったみたい」
今回お相手を務める妹は年下なんだけどお兄ちゃんを甘やかすのが大好きなキャラ。
オナニーの指示をする合間にこちらを励ます言葉を何度もかけてきます。
オナサポなので彼女が密着したり直接何かをしてくれることはないのですが
温かい言葉の数々のおかげでいい気分に浸りながらオナニーすることができます。
ノーマルあたりの属性に合わせた誰でも楽しめる雰囲気が魅力です。

本格的なプレイを始める前に、まずは下準備としておよそ7分間深呼吸や脱力を行います。

「疲れも 緊張も ぜーんぶ出し切っちゃって リラックスしようね」
気持ちいい射精をするためには精神面の充実も必要不可欠。
そのために妹はリアルの嫌なことを一旦忘れ、プレイに没頭するよう呼びかけます。
急がば回れと言いますか、こういうアプローチをしてくるのは非常に珍しいですね。
体だけでなく心もケアしながらプレイを進めてくれるのはありがたいです。
軽く焦らしながら少しずつ射精へと上り詰めるエッチ
エッチシーンは58分30秒ほど。
プレイは乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「優しく 下から上に おちんちんを撫でて」
オナニーを行う心の準備が整ったのを確認した妹は
お兄ちゃんのズボンとシャツを脱がせてパンツの上からおちんちんを撫でるよう指示します。

エッチはオナサポの恒例として終始彼女の指示に従いながら行います。
1時間の中で射精シーンを最後の1回にまで絞り込み
おちんちんや乳首に少しずつ大きな刺激を与えながらとことんまで性感を蓄積させます。

序盤の11分間は乳首オナニーに特化しているシーン。
右手は優しく撫で回すソフトな刺激、左手は摘んで擦り合わせるややハードな刺激を
彼女の「すりすり」「もみもみ」「ぎゅー」といった擬声語に合わせて与えていきます。

「それじゃ 左手の親指と 人差し指で 軽く乳首をつまんでみようね そしたら 指を擦り合わせるようにして 乳首を転がしてみて」
「まーるく くるくる 乳首を優しく くるくる くるくる くるくる くるくる」

乳首オナニーをしたことのない人でも無理なくついていけるように
彼女は具体的ないじり方から指の動かし方まで親切丁寧に教えます。
ただ乳首は開発具合によって感度が随分と変わりますので、やっぱり経験者の方がずっと気持ちいいです。
未経験者はシャツ越しにいじった方が快感を得やすいと思います。

そしてようやくおちんちんを直接いじる許可が出るわけですが
ここでもまずは手のひらで全体を優しく撫でたり、竿を握るだけのソフトなプレイをしばらく行います。
焦らしプレイっぽく感じる人もいるでしょうが、最中の彼女のセリフが終始あまあまですし
刺激自体も控えめなのでちょっぴりもどかしさを感じる程度に留まっています。

本格的なオナニーはおよそ36分間。
おちんちんをしごくスピードを3段階用意し、お馴染みの「シコシコ」の掛け声を出しながら
3分程度の間隔で1段階ずつ速め、最高速度でしばらくしごいたら少し休憩し
また最初の速度に戻ってしごき始める動作を何度も繰り返します。

時間が長いこともあって全体的なスピードはかなり緩く
一番速い3段階目でも普段オナニーするスピードより少し遅いくらいです。
ですからよほど溜めこんでいる人でもなければ暴発することはそうそうないでしょう。
ここでもオナニーそのものを長時間楽しみ、心身をリフレッシュする意図が見られます。
きめ細かい指示を与えながら軽い寸止めをさせる感じです。

「さっきよりも おちんちん気持ちいいよね? まだ精液ぴゅっぴゅは我慢しようね 気持ちいいの いっぱい楽しもう」
「大丈夫かな? 少し辛くなってきた? 後でいっぱい精液ぴゅっぴゅできるから もう少し頑張って」

ですが事前に様々な準備をした後でオナニーするだけあって、遅い動きでも結構な快感が全身に広がっていきます。
そして後になるほど勃起力が上がるといいますか、スピードが遅くてもまったく萎えなくなるかもしれません。
掛け声の合間に投げかけられる妹の言葉も励ますものが多く
精神面でも充実したものを感じながら快感に浸ることができます。

「いっぱい頑張ったもんね いいよ お兄ちゃんがイっちゃうとこ 私が見ててあげる」
一番最後の射精シーンだけは妹がカウントを数えてタイミングを設定し
その間こちらは好きなペースでしごいて体勢を整えます。
約1時間射精を我慢してきただけあって射精感はかなり強く
やってよかったと思える十分な達成感もありました。

このように、長時間に渡る親切丁寧なオナサポが繰り広げられます。
万人向けのオナサポ作品
オナサポ未経験者から玄人まで誰でも楽しめるように幅広い設定がされている作品です。

過去作で好評だった全編にわたるきめ細かいサポートに加え
今回はエッチのボリュームを大幅に増やして実用度をパワーアップさせています。
オナサポ作品は数多くありますが、ここまで丁寧なリードをしてくれる作品はそうそうありません。
シチュもSでもMでもない誰にでも聴けるあたりにセッティングされていますし
プレイの内容もほぼノーマルでとっつきやすさがあります。

中でもメインのオナニーシーンにおけるペースの設定やそれを変化させるタイミングが絶妙です。
実際にやってみたら刺激に物足りなさを感じる頃にペースが一段階上がり
そろそろ射精するかもな、と思い始めたあたりでストップをかけてくれました。
私の個人的な体験なので皆さんに当てはまる保障はできないのですが
サークルさんがしごく回数やペースをかなり気にかけながらプレイを組み立てているように思えます。

しかしメインのオナニーシーンの時間の長さに対し、展開にあまり変化が無いという弱点も持っています。
先ほど説明したように、オナニーは同じくらいの間隔でペースを1段階ずつ上げる流れを
何度もループさせる形でプレイを進めているため、後になるほど聴いてて飽きを感じる可能性があります。

以前の作品では1分程度の短い間隔でオナニーのペースを変えていましたし
変化のペースを不規則にしたり、直前までやっていた乳首オナニーを合間に行ったりしていれば
もう少し違った印象を抱いたのかもしれません。
プレイ時間の長さを持て余しているように思えます。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

プレイに対するとっつきやすさが増した反面、作品としての個性がやや弱くなってしまっていることから
今回は以下の点数とさせていただきました。
オナサポボイスとしての完成度はかなり高いので、過去作を聴いたことがない人なら十分に楽しめると思います。

CV:思ちぽさん
総時間 1:12:49

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ