同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:彩夢ひな

   ● おほガキ~モールで拾ったメスガキにおほ声アクメキメさせたった!ブヒブヒブヒブヒブッヒッヒwww~
   ● おほガキ<ぷち>~おしゃれを覚えたばかりのマセガキが突然のわからせグチュグチュおせっせで喉の奥から絞り出した絶え間ないオホ声~
   ● 【耳舐めリラクゼーション】ささやき庵 添い寝屋本舗 萌菜 漆【極・耳舐め】




サークル「おほおほ庵」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校に通いながらネット配信してる真面目な女の子が
ファンの1人にあたる男性と2つの場所で濃いエッチをします。

タイトル通り彼女がオホ声をたっぷり漏らすのが特徴で
吠えるような野太いやつではなく、腹から絞り出す感じの控えめな声を漏らし
さらに彼女が責められる時間を長く取って快楽堕ちする様子も自然に描きます。
指パッチンでメスガキを虜に
ショッピングモールや自宅で七(なな)とエッチするお話。

「え、なんですか? お兄さん」
七はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
ショッピングモールで主人公に声をかけられてお礼を言うと
彼に突然指を鳴らされ熱っぽい吐息を漏らします。

本作品はネットで算数の勉強に関する配信をしてる彼女が
それを以前から見てた彼に3つのシチュで責められ何度も絶頂します。
彼は指を鳴らすだけで相手を興奮させる特殊能力を身につけており
初対面の彼女にもそれを使ってすぐエッチできる状況に持っていきます。

「やばい やばっ やばっ これやばっ うっ おっ やばっ くるっ おっ おぉぉぉぉ」
そして彼女が発情してることをわかりやすく表現するために
作中の至るところでオホ声を漏らします。
獣のように吠える大げさなやつではなく、吐息に混じって腹から絞り出されるような割と控えめなやつです。
彼の責めが激しくなったり彼女の絶頂回数が増えるにつれて声の出し方や大きさが変わります。

サークルさんの処女作「おほガキ<ぷち>」とコンセプトは同じで
ボリュームを増やしたり内容を濃くした感じの作品です。
あちらはたったの110円ですから、未視聴の人は先に聴いて気に入ったらこちらに手を出すと良いでしょう。
癖のあるジャンルだからこそ、自然さを重視した丁寧なオホり方にしてます。

エッチについては手マン、ゴムありSEX、ゴムなしSEXと彼女が受けに回ることが多いです。
指パッチンで無理矢理相手をさせられるので最初は抵抗する姿勢を見せますが
押し寄せる強烈な快楽に屈服して次第に彼の責めを自分から受け入れるようになります。
泣き出したり絶望することは一切なく、快楽堕ちっぽい展開にして聴きやすくしてました。

メスガキをわからせるシチュですからややS~Sあたりの人が最も楽しめるでしょう。
耳元至近距離から吐息を漏らすシーンも多く彼女の近さを感じます。
終盤には彼女の特徴を活かした刺激的なプレイも出てきますし
キャラとオホ声を組み合わせて個性とエロさを押し上げてます。
徐々にオホるエッチ
エッチシーンは3パート80分間。
プレイは手マン、フェラ、SEX(騎乗位、背面座位)、キス、ローター責め、乳首責めです。
手マン、SEX、ローター責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「お兄さん なんで私のパンツ 手、入れて… なんで?」
急に体が火照ったので主人公と一緒に多目的トイレへ移動した七は
彼に突然パンツの中に手を入れられ戸惑います。

エッチは一部を除いて彼が責め続けます。
一番最初の「トラック1_手マン清楚あくめ(約23分)」は彼女を快楽の虜にするパート。
プレイを手マンに絞り込み、彼女が4回絶頂するまで続けます。

「お兄さん 大人のくせに ダメですね…おぉっ んっ さ、最低 お兄さん最低」
「あぁっ イクイクイクイクイクイクイクイクイクイク いぐっ おっ おっ おうぉぉぉぉ」

彼女は勉強に関するネット配信をしてるだけであって結構真面目な性格。
自分を凌辱しようとしてる彼を「お兄さん」と礼儀正しく呼びながら罵声を浴びせかけます。
しかし1回目の絶頂を迎えた頃から態度が徐々に変わり、パート終盤には大きめのオホ声を上げます。

このパートだけでもギャップがそれなりにあってエロいです。
こういう女の子がオホ声を何度も漏らして絶頂する姿もそそります。
射精シーンはないので彼女の痴態をオカズに抜く形になるでしょう。

そして前作でも好評だった自然なオホり具合が光ります。
手マンが始まった直後は吐息交じりに切ない声を漏らす感じだったのが
後になるほどオホ声の割合が高く、乱れっぷりが激しくなります。
指パッチンで即座に興奮させるところは突拍子もないですけどそれ以外は割とリアル志向です。
快感を我慢できなくなった結果オホるので、いきなりそうなるよりも違和感なく聴けます。

続く2パート57分は主人公の自宅が舞台。
「トラック2_ゴムハメおせっせ(約32分)」はフェラと騎乗位SEXで2回
「トラック3_配信生ハメおせっせ(約25分)」はローター責め、乳首責め、背面座位SEXで1回射精します。

「お兄さんのおちんちん おっきくて 先っちょだけで お口いっぱいです」
トラック1の手マンが相当に気持ち良かったようで彼女も多少は素直になります。
おちんちんを差し出すとすぐさまちゅぱちゅぱついばむ感じにしゃぶり
精液も口でしっかり受け止め飲み込んでくれます。
SEXもゴムありですが奥までしっかり受け入れてキスまでしてみせます。

メスガキの口内やおまんこをおちんちんで蹂躙するSには堪らないプレイです。
フェラを挟むためオホ声の割合はやや下がってますが
ピストンを始めた頃から一気に増えて盛り返します。
1回目、2回目いずれも射精後に精飲するところにもこだわりを感じました。

トラック3はネット配信者の彼女だからこそできる変わったプレイ。
授業の内容を算数から保健に切り替え、女の子の体について実戦形式で教えます。
このパートはYoutubeで動画を観たことがある人のほうがイメージしやすいです。

ここではネット配信でお馴染みのある行為をされるほど彼女が気持ちよくなる面白い設定が登場します。
エッチなこととはまったく関係ないのにオホ声を何度も漏らし
体のほうもバイブとおちんちんでおまんこを、指で乳首を同時責めされ激しめに喘ぎます。
不特定多数が見守る前で生ハメ&中出しSEXすることも含めてシチュが刺激的でした。

「みんな祝福してくれてる こんなに喜ばれるの 初めてです」
でも彼女が落ち込んだり泣き出すことはまったくありません。
自分がすっかり快楽堕ちしたことを見せつけるように気持ちよさそうなイキっぷりを披露します。
射精シーンで漏らす低く鈍いイキ声も下品でエロいです。

このように、オホ声を多く盛り込んだうえで彼女の変化も描いた奇抜なエッチが繰り広げられてます。
オホ声まみれの作品
可愛い女の子からイメージされるものとは随分違う喘ぎ声をたっぷり聴ける作品です。

主人公はネット配信を見て以前から興味を持ってた七を自分の虜にしようと
得意の指パッチンで興奮させた後にトイレへ連れ込み、まずは手マンで女の悦びを教えます。
そしてその後はフェラ、SEX、バイブ責めなど踏み込んだプレイでさらに堕とします。

真面目で礼儀正しい女の子を指パッチンとおちんちんでわからせるS向けのシチュ
エッチシーンの多くで大げさじゃないタイプのオホ声を漏らすタイトル通りの内容
最初は抵抗してた彼女が快楽にどんどん溺れて公開SEXまでしてしまう落差の大きい展開。
前作で好評だった要素をそのまま受け継ぎボリューム&パワーアップさせてます。

中でもオホ声は他のサークルさんとの差別化ができてて良いです。
「おほーっ」みたいなやつじゃなくて「んっ おぉぉぉ」と偶然漏れる感じに演技してます。
挿入シーンや絶頂シーンに最も多く出てくるのも使いどころを考えてます。
吐息と組み合わせてリアリティを出したりと、おほおほ庵さんなりのオホ声が出来上がってます。

あとは女の子を半ば凌辱するシチュなのに暗さや重さがあまりないのも魅力です。
指パッチンするだけであっさり堕ちるから展開もスムーズですし
最大の武器であるオホ声を存分に聴いてもらえる下地ができてます。

オホ声好きな人が一番楽しめるのは間違いないですけど
今まで聴いたことなかった人が試すと新しい性癖の扉が開くかもしれません。
前作を「オホ声作品の入門用」と書いたように、今作もオホ声を普及させようとする意気込みを感じました。

射精シーンは3回。
吐息と喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:彩夢ひなさん
総時間 1:32:36

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月10日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「おほおほ庵」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くて生意気なメスガキっぽい女の子が
学校内で担任教師に襲われエッチで下品な姿を晒します。

タイトル通り彼女がオホ声を漏らすのが特徴で
序盤から中盤にかけては彼を罵倒しながら控えめに乱れてたのが
終盤に差し掛かると一気にオホ声の量が増えるメリハリを持たせた展開になってます。
メスガキが漏らす2種類のオホ声
メスガキちゃんと保健室でエッチするお話。

「なんですかぁ?先生 保健室なんかに呼び出して」
メスガキちゃんは砕けた口調で話す可愛い声の女の子。
主人公に突然呼び出されてその理由を尋ねると
指を鳴らされた瞬間熱っぽい吐息を漏らします。

本作品は教師をしながら女子生徒たちをエッチな目で見てる彼が
その1人にあたる彼女を呼び出し、およそ60分に渡って責め立てます。
彼には指を鳴らすと相手を言いなりにできる特殊能力が備わっており
軽く雑談した後にすぐさま鳴らしてエッチに突入します。
上海飯店さんの「即おち!」シリーズっぽい設定ですね。

「おっ おぉっ おぉぉぉぅ」
最大の魅力はもちろんオホ声。
可愛い声とは随分違う低く太い声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
こうやって書くと責められたらすぐオホるように思うかもしれませんが
中盤までは割と普通に乱れて終盤でオホ声メインに変わります。

メリハリを大事にしてると言いましょうか
できるだけ自然な流れでオホ声に繋ぐことを意識してました。
オホ声を漏らす時間は2パート合わせて15分くらいです。

またオホ声を初めて聴く人でも無理なく楽しめるように
製品版にはノーマルおほ声versionと清楚おほ声versionの2種類が入ってます。
前者は音声作品でよく聴くタイプのオホ声で、後者はそれをある程度抑えた大人しいものです。

オホ声は個性が強いせいで人を選ぶところもあるからこうしたのでしょう。
基本的な流れはどちらも一緒で終盤の乱れっぷりが違います。
本レビューではノーマルおほ声versionを中心に紹介します。
少しずつ堕ちていくエッチ
ノーマルおほ声versionのエッチシーンは28分。
プレイは手マン、耳舐め、手コキ、SEX(正常位?)、メスガキちゃんの放尿です。
手マン、手コキ、SEX、放尿の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「やめろ この…クソ教師 やめっ ううっ」
指パッチンの効果で抵抗できなくなったメスガキちゃんは
主人公にクリトリスをいじられ悔しそうな表情をします。

エッチは彼がリードしながら彼女も一部で反撃します。
前半の16分間は比較的穏やかなプレイ。
パンツ越し→直におまんこを触るところから始まり、彼女が1回イった後はお返しに耳舐め手コキします。

「もう 意味わかんない くっ イって イってないし」
彼女は彼のことをかなり嫌ってるのですんなり快楽堕ちすることはありません。
クソ教師と罵倒したり、イってるのにイってないと強がってみせます。
しかし能力のおかげで彼に逆らうことができず好き放題されます。

彼女が泣き出したり絶望することはないので暗い印象はないですけど
やってることは強姦に近いと言えます。
耳舐め手コキしてる時も「嫌い」とはっきり言いながら一生懸命お世話します。
言葉と行為に大きなギャップがあって彼女の心情がわかりやすいです。

後半の12分間はいよいよオホ声が出てきます。
たぶん正常位で挿入し、後になるほど激しく責めて中出し射精を目指します。

「先生 先生 そ、それ また ダメ おっ おぉっ ぐっ おぉぉぉ」
事前に指を鳴らすからでしょうけど、ここからの彼女は抵抗する様子をまったく見せません。
初めての感覚に戸惑いながら気持ちよさそうな声を漏らします。
「あんあん」ではなく「おぉっ」と喘ぐシーンが多くてやや下品に感じました。
特に終盤の7分間はほぼずっとオホ声になってて本作品らしいです。

このように、準備を整えてからオホり始める流れを持たせたエッチが繰り広げられてます。
ギャップを持たせたわからせ作品
できるだけ自然なオホ声を楽しめるように組み立ててるややS向けの作品です。

主人公は前々から好意を抱いてたメスガキちゃんの体を味わおうと
2人きりになれる場所に呼び出してから指を鳴らして従順にします。
そしてエッチの序盤から中盤にかけては割と普通だったのが
終盤に入るとオホ声の割合が一気に上がります。

年下好きの教師がメスガキをエッチでわからせるシチュ
途中までは可愛く乱れてたのが最後でオホ声重視になるメリハリを持たせた作り
より多くの人がオホ声を楽しめるようふたつのバージョンを用意する配慮。
オホ声作品の入門用として楽しめるように仕上げてます。

中でも2番目は無暗にオホらせずぐっと我慢するところが素晴らしいなと。
こうしたほうが聴いた時のインパクトが強くなるしエロさも上がります。
「おほおほ庵」というサークル名にしてるだけあって使い方を心得てます。
次回作も制作されてるようですから今後どうなるか楽しみです。

射精シーンは2回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

CV:彩夢ひなさん
総時間 59:58(ノーマルおほ声version…31:01 清楚おほ声version…28:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
60分で110円とコスパが良いので+1してあります。

2021年2月9日まで30%OFFの77円で販売されてます。



サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、添い寝屋本舗で高い人気を誇る小悪魔っぽい小町が
常連客にあたる男性をちょっぴりエッチなサービスで癒します。

「耳舐めリラクゼーション」の名の通り耳舐めを多くやりながら癒すのが特徴で
R-15で出せる範囲のちゅぱ音をシーンによって小まめに変化させながら
バックで流れ続ける雨音や囁き声による優しい言葉を組み合わせて癒しの空間を作ります。
R-15の限界に挑戦
ささやき庵添い寝屋本舗の店員「萌菜」と「合歓(ねむ)」が個別にお世話するお話。

「い、いらっしゃいませ ささやき庵へようこそ」
合歓は明るくて可愛い声の女の子。
少し緊張した様子で主人公に挨拶すると
2種類ある服のうちどちらに着替えるか尋ねます。

本作品は添い寝屋本舗で最も長く続いてるシリーズの第7弾。
小町としての実力はもちろん、サービス精神も旺盛な彼女が
これまで何度も自分を指名してくれてる彼に80分程度の癒されるサービスをします。
毎回お話が独立してますから過去作未視聴でも特に問題はありません。

現在のささやき庵は着替えなどの準備を新人小町が担当してるらしく
今作でも冒頭の12分間は合歓が登場し、その後で萌菜にバトンタッチします。
もしかしたら合歓は今後レギュラー化する予定なのかもしれませんね。

「萌菜のメルティキスで こっちのお耳も溶かしてあげる」
萌菜のサービスについては耳舐めをかなり重視しており
総時間の56%にあたる46分を割いて左右を個別に、あるいは同時に責め続けます。
他にもバックで雨音を流す、耳舐めの前に清涼感のある音を鳴らすなど
会話よりも音を駆使して癒すASMR系の作りになってます。

サービス開始前に雑談をしますけど、その後は音の割合が一気に増えます。
特に耳舐めは作品の肝にあたるので力を入れてました。
R-15の範囲に収まる舐め方を心がけてますが多少のエロさもあります。
性的に興奮するよりも脳がとろける感覚がするんじゃないかなと。

一番最初のトラック0は合歓が活躍するシーン。
慣れない様子で挨拶してから彼の着替えを手伝い、さらに肩揉みで軽く癒します。

「はい では帯締めますね えっと こんな感じで…どうですか?」
彼女は1週間前に入店したばかりなので特別なことはまだできません。
ですが初めてのお客にあたる彼をもてなそうと細かな気配りを見せます。
肩揉みに関しては「ずしゅっ」みたいな布の擦れる音をリズミカルに鳴らしてました。
萌菜とは違った魅力を持つ初々しい女性に描かれてます。
量と深さにこだわった耳舐め
メインヒロインの萌菜が登場するのはトラック1から。
最初に5分程度の雑談をした後、右手に添い寝しまずは主人公を夢の世界へ導きます。
囁き声は添い寝開始からサービス終了までのおよそ60分間続きます。

「バレンタインデー お見えになりませんでしたね?」
彼女は彼がバレンタインデーに来店しなかったことを多少根に持っており
嫌味に感じない程度の文句を言ってから彼女らしいご褒美をあげます。
お客に対して思ってることをはっきり言うのも彼女の魅力ではないかなと。
小悪魔キャラだから彼を弄んでるのかもしれませんね。

最初のサービスにあたる「トラック2 夢入り」は癒しだけを見据えたもの(約11分)。
彼の耳元で囁きながら深呼吸と不思議な音で心身をリラックスさせます。

「辛いこと 嫌なこと 綺麗な雨粒が ぜーんぶ 洗い流してくれる とっても 気持ちいい」
ここで鳴る音はレインスティック、雨音、音叉。
レインスティックは炭酸が弾けるような音が左右にゆっくりスライドし
音叉は「きーん」という澄んだ音を長めの間隔で数回鳴らします。
この後の耳舐めも含めて本作品は水に関する音がいくつも出てきます。
清涼感を覚えるものばかりなので心が洗われる気分がするでしょう。

最大の魅力である耳舐めはトラック3~5。
右→左→両方の順にたっぷり舐めて耳をゾクゾクさせます。
また同時にバックで雨音が流れ続けます(無しも選択可)。

「まだだよ まだ もーっと奥まで 舐めてほしいよね?」
ここでのポイントは3段構えにしてること。
どのパートも耳の外側、内側や穴の入り口、さらに奥とシーンによって位置や舐め方を変えてきます。
基本的には後になるほど音が低く、鈍く、力強くなります。
軽い閉塞感もありますし聴覚と触覚の両方で楽しませてくれます。

またここはASMR色がさらに強くなります。
20~30秒ほど耳を舐め続け、軽くセリフを挟んでから再開するのを繰り返します。
舐めるペースがゆっくりなおかげで舌の細かな動きもわかりやすいです。
水分控えめなので露骨にエロいとは感じませんが、耳に振動がよく伝わってきてこそばゆいです。

この中だとやはり最後の両耳舐めが最も濃いです(約11分)。
パート開始時から声がふたつに増えて両耳を同時に舐め
片方がしゃべってる時はもう片方が舐め続けてちゅぱ音を途切れさせないようにします。
終盤には絶頂を促してるっぽいセリフも言うなど、R-15の範囲内で気持ちよくなれるようにリードします。

このように、癒しの音と耳舐めを組み合わせた心地いいサービスが繰り広げられてます。
癒し重視の耳舐め作品
現在流行ってるプレイをちょっぴりエッチな路線で行う作品です。

萌菜は久しぶりに来店した主人公に自分の魅力を改めてアピールしようと
まずは雑談や音を交えた安眠誘導で耳舐めに集中できる環境を整えます。
そして耳舐めは片方と両方を順にやり、さらに位置を少しずつ奥へ移して音と刺激を送ります。

小悪魔な性格を持つ小町が和やかな雰囲気で常連客をもてなすノーマル向けのシチュ
量が多く種類も多彩な耳舐め、これらの最中に鳴る水に関する音の数々。
どちらかと言えばセリフよりも音で癒すことを意識して作品を組み立ててます。

中でも耳舐めはサークルさんがこのところ特に力を入れてる要素なだけあって
R-15で表現できるギリギリのラインを突いて責め続けます。
水分は低めですが音がコリコリしてるおかげで十分な刺激があり
奥を舐める時は軽い圧迫感もあって実際に舐められてるのに近い感覚が味わえます。

「抜けていく 抜けていく 全身から力が 抜けていく」
あとは夢入りや耳舐め中に催眠暗示っぽいセリフをちょこちょこ言ってました。
これもR-15の範囲内で気持ちよくするための工夫なのでしょう。
萌菜の過去作と同じく攻めの姿勢が窺えます。

耳舐めやASMRが好きな人には特におすすめします。

CV:萌菜…ニャルぽむぽむさん 合歓…彩夢ひなさん
総時間 1:22:18

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月11日まで15%OFFの935円で販売されてます。

2020年4月30日追記
おまけ音声のひつじ数えが追加されました(14:10)。

↑このページのトップヘ