同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:幼児プレイ

   ● 耳レイプ!~バイノーラルで耳舐め~
   ● クールなサキュバスお姉さんに敬語で囁かれて搾られて……
   ● 耳舐め姉妹風俗店へようこそ! ~ロリサキュバス編~
   ● おとなりさんからえっちなおすそわけ
   ● 吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(後編)
   ● 吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(前編)
   ● セイレーンの檻
   ● お世話の日~優しく甘いご主人様開発調教日記~
   ● もう赤ちゃんから戻れなくなるバブバブプレイ 癒しと背徳の乳児退行逆子育て(後編)
   ● もう赤ちゃんから戻れなくなるバブバブプレイ 癒しと背徳の乳児退行逆子育て(前編)


耳レイプ!~バイノーラルで耳舐め~

サークル「Ak Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は結構意地悪なお姉さんが
Mな男性に体を密着させながら色んな責めを繰り出します。

タイトル通り耳への責めに力を入れてるのが特徴で
高い音質を活かして定番の耳舐めはもちろん、吐息も多めに盛り込んでエッチな刺激を送り続けます。
耳責めと同じくらい言葉責めを積極的にするのもポイントです。
お耳をとことん犯してあげる
お姉さんに耳責めされて何度も射精するお話。

「この音声を聴いてるってことは 私に耳を犯されたいんだよね?」
お姉さんは清らかで色気のある声の女性。
自己紹介などの前置きは完全に省略し主人公に早速体を密着させると
耳元で囁きながら耳とおちんちんを気持ちよくしてあげます。

本作品は女性に耳を責められる感覚をリアルに味わわせることを目的に
彼女が75分程度の時間をかけてテーマに沿った6種類のエッチをします。
ほぼ全編で彼女が体を密着させて耳元に囁くスタイルを採用し
耳舐め、オナニー、イメージを交えたプレイなどM寄りのものをいくつも用意して耳レイプらしさを出してます。

「でもね ひとつ言っておくけど これは 耳レイプだから」
おちんちんを直接刺激させるシーンも結構ありますが、それよりも耳への責めにずっと力を入れてます。
具体的には耳舐めがエッチの4割にあたる33分もありますし
全編の7割くらいが囁き声なおかげで吐息の量も凄まじいです。
微かな風圧が耳に感じられるほどリアルですから音による刺激も楽しむことができます。

もうひとつの特徴は言葉責めにも力を入れてること。
「変態」などのストレートなセリフはもちろん、明らかに演技とわかる喘ぎ声を漏らしたり
微笑を多めに挟んで小馬鹿にしてることをわかりやすく伝えるなど
彼女に弄ばれてる、意地悪されてるのを実感できる描写がいくつも登場します。

「あんたには 変態って言われるほうがお似合いだよ」
命令口調を多めにして露骨に見下す態度を取ってきますが
そのほどんとが囁き声ですから後に残るほどのきつさはありません。
一部のパートで甘やかすシチュを取り入れて多少の柔らかさを持たせてます。

耳舐めや吐息を主体にしたリアルな耳責めと言葉責め。
女性に笑われて興奮するMな人を喜ばせることだけを目指したわかりやすい作品です。
色んな手段で見下してくれるエッチ
エッチシーンは6パート76分間。
プレイは耳への息吹き、耳舐め、オナニー、お姉さんのオナニー(演技)、SEXのイメージ、おっぱいを顔に押しつけるです。
エッチな効果音はありません。

「柔らかくて 張りのあるおっぱい 大好きでしょ?」
耳舐めすると見せかけて息を吹いて主人公を軽く焦らしたお姉さんは
彼の体に大きなおっぱいを押しつけながらお望み通り耳を舐めてあげます。

エッチはどのパートも彼女が一方的に責め続けます。
最初の2パート29分間はスタンダードなプレイ。
「1 ねっとりゆっくり耳舐め」はおちんちんに一切触れず左右の耳を舐め続け
「2 シコシコオナサポ」はシコシコボイスを使ったオナサポに耳舐めを加えて最初の射精へ追い込みます。

「言うこと聞けないダメなおもちゃは 私 いらないから」
彼女はかなりSっ気のある女性なので彼をすんなり気持ちよくさせることはありません。
耳舐めパートは耳たぶの裏をペロペロするだけのソフトな責めに留め
オナサポパートも3段階のペースを設定しつつ早めにストップをかけてもどかしい思いをさせます。
そしてプレイの合間に上下関係を匂わせるセリフを言って主導権を握ります。

通常の声でこのプレイをやったら厳しく感じたかもしれませんね。
でもゆっくりペースで舐め方も上品な耳舐めと熱を帯びた吐息である程度中和してます。
耳舐め中はセリフが極端に減りエッチな音だけを集中して聴けるのもポイント。
いじめよりも意地悪と表現したほうが妥当なやや抑えた耳レイプです。

続く2パート24分30秒間はイメージ重視のプレイ。
「3 ほんとは一緒に気持ちよくなりたいの…」は彼女と相互オナニーしてる様子
「4 私とセックスしたい?」はSEXしてる様子をベースにM向けの責めを繰り出します。
プレイ自体はどちらもオナニー+耳舐めです。

「ほら ちゃーんとぱんぱんしないと あたし全然気持ちよくないんだけど」
「ぱんぱん ぱんぱん うふふっ あーん あーん あんあん あんあん ふふふっ」

彼女は彼と対等な立場でエッチする気がまったくありません。
だからどちらも明らかに演技とわかるタイプの喘ぎ声を漏らし、その合間に嘲笑を小まめに挟みます。

先ほどとは違った切り口のオナサポとでも言えばいいのでしょうか。
あまりエロくはないので興奮しにくいところもありますが、女性に見下されるのが好きな人にはご褒美になるかもしれません。
耳舐めは両方合わせて4分30秒と少ないもののスピードとパワーが明らかに上がってて結構激しいです。

逆に甘さが最も強いのは「5 赤ちゃん言葉とおっぱいむぎゅむぎゅ」パート(約14分30秒)。
赤ちゃん言葉でいじめてほしいと言う彼の願いを聞き入れて
ママになった彼女がおっぱいで顔を圧迫しながら7分程度耳を舐め続けます。

「ママにレイプされて感じちゃう 変態さんでちゅかー?」
「ほらー もっとおっぱいむにむにしてあげまちゅよ むに むに むに むに」

幼児プレイらしくセリフを赤ちゃん言葉に変える以外は基本路線を一切崩さず
言葉責めや軽い窒息プレイを盛り込んで彼女に勝てないことを思い知らせます。
またパート終盤には何度か寸止めを挟み、さらにおちんちんに一切触れないまま射精する高度な指示が出ます。
表面上は確かに甘いですがプレイの内容はかなりのM向けです。

このように、色んなシチュを用意して耳と心を責め続ける意地悪度の高いプレイが繰り広げられてます。
密着感のある作品
何をするにも至近距離から仕掛けてくるバイノーラル録音を活かした作品です。

お姉さんはSな自分とMな主人公を両方同時に満足させようと
最初から最後まで主導権を完全に握りつつ意地悪さを全面に押し出した色んなプレイをします。
そして耳舐め、吐息、言葉責めを多めに盛り込みパートごとにその分量を変えて射精へ追い込みます。

ほぼ全編で彼女が密着し囁きながら責めるシチュ
耳舐めや吐息といった耳への責めに力を入れた作り、それと同じくらい存在感を持たせた言葉責め。
調教などに見られる愛情をあまり持たせず割り切ったエッチをします。

中でも耳責めは耳舐めの音や動きをパートが進むほど激しいものへ変えていき
吐息もわざとらしさを感じないレベルで多く挟むレベルの高いものです。
耳舐めを固めてやるのは最初と最後のパートだけですからマンネリ感もありません。
個人的にはダブル耳舐めもやってほしかったですが、サークルさんがリアリティ重視で敢えて外されたのかもしれませんね。

「あたしの命令は絶対 だって あんたはあたしのおもちゃだから」
その一方で言葉責めについては首を捻る部分がありました。
バイノーラル録音のおかげで彼女がすぐ近くにいる感覚は味わいやすいです。
でも心のほうはとても離れてる印象を受けました。
彼女が相手してやってる態度を隠さずに責めるのが大きいです。
中盤にある演技で喘ぎ声を漏らすシーンが最もわかりやすい例です。

今のままだと鞭が多すぎるので、もう少し飴を用意したほうがやる気を出しやすかったと思います。
彼女はSっ気を隠さない性分ですから射精シーンで多少ツンデレに振る舞うとかでしょうか。
サークルさんはソフトな部類とおっしゃられてますが私はハードな部類と見ています。
囁き声のおかげで言葉はそれほどでもないのですが態度が結構冷たいかなと。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:25:19

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年4月20日まで10%OFFの900円で販売されてます。

クールなサキュバスお姉さんに敬語で囁かれて搾られて……

サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、精液の質にとことんこだわるクールでグルメなサキュバスが
男性の夢の中で性癖に沿ったややM向けのエッチをします。

年上の女性に優しくいじめられる快感を追求してるのが最大の特徴で
表情をほとんど変えない代わりに総時間の大部分を囁き声にして事務的感を薄め
プレイも精液を無理矢理搾り取るのではなく、彼を存分に楽しませて熟成させる方針で責め続けます。
夢の世界でクールなお姉さんと
サキュバスのオニキスに搾精されるお話。

「……おや、目覚めましたか。中々早かったですね」
オニキスは淡々とした口調で話す上品な声のお姉さん。
主人公の夢の中に突然現れここに来た目的を伝えると
精液を渡したがらない彼を裸にしてから耳元で囁きます。

本作品は自分好みの精液を持つ男性の前にだけ姿を現すサキュバスが
彼とおよそ40分に渡って3種類のエッチをしながら精液を美味しくいただきます。
通常の手コキ、乳首を責めながらの手コキ、幼児プレイスタイルでの手コキとメインのプレイは統一し
パートによって他の部分に違いを持たせて1回ずつの射精へ追い込みます。

「質の良い精液は、その人の幸福度によって左右されますから。つまり、より幸せに、より気持ち良くなってくれた方がいいのです」
タイトルにもなってるように彼女は感情をあまり表に出さないクールな性格をしてます。
しかし男を喜ばせるテクニックは優れており、どのパートも彼の希望に沿ったプレイ選びや責め方をします。
それは彼を甘やかしたいからではなく、そうしたほうがより良質な精液を搾り出せるからです。
心の距離はある程度取りつつ事務的感をあまり出さないようにエッチを進めます。

それに最も貢献してる要素が囁き声。
彼女は多くのシーンで彼の耳元に顔を寄せ、穏やかな口調で言葉責めしながらおちんちんを刺激します。
総時間の6割程度が囁き声なので普通のM向け作品よりも雰囲気はずっと穏やかです。
言葉責めも「変態」などのストレートなものではなく、彼のM心を優しくくすぐるセリフを投げかけます。

本作品が持つもうひとつの大きな特徴は「サキュバスらしさ」。
相手の心を読み取る能力を駆使して彼の喜ぶツボを的確に突き
射精シーンでは精液を一滴残らず搾り取る貪欲な姿を見せます。

「もっと、もっともっと。私の手の中に出しなさい。精液を、もっと。言わば、あなたは餌なのです。たくさんたくさん私にごはんを献上しなさい」
特に後者は射精を迎えた瞬間にぴゅっぴゅのセリフを言い
射精が完全に終わるまでずっと手コキを続け、吐き出されたそれをじゅるじゅるといやらしい音を立てて飲み干します。
全パート必ず手で受け止めるのも精液を効率良く収集するためなのでしょう。
彼女の目的をプレイにしっかり反映させて人間同士でするエッチとの違いを出してます。
Mを巧みに手懐けるちょっぴり意地悪なエッチ
エッチシーンは3パート41分間。
プレイは手コキ、乳首責め、亀頭責め、精飲です。
手コキ、亀頭責め、射精の際に効果音が鳴ります。

「それでは、今日は私のお手々で相手してあげましょう」
夢の中に来た目的を主人公にはっきり伝えてから服を脱がせたオニキスは
期待と興奮ですっかり硬くなってるおちんちんをまずは手で気持ちよくします。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「手コキ責め編」でするのはスタンダードな手コキ(約14分)。
血管の浮き出てる部分を優しく撫でて性感を軽く高めてから竿を握り
「きゅぷっ」というねっとりした水音を立てながら後になるほどペースとパワーを上げて刺激します。

「わんちゃん。おちんぽすりすり気持ちいいですか。……おや。わんちゃんと言われて喜ぶのですか?」
「あー、もう出そうですね。勃起ちんぽから、精液出ちゃいそうですね。出る、出る、出る出る出る……。はい。ストップです」

初めてのエッチで彼がまだ自分に心を許してないことを知ってるからか
彼女は愛玩動物のように扱ったり、射精をわざと一旦おあずけして魅力をアピールします。
彼はそれなりのMですからこの場合はご褒美と言ったほうがいいかもしれませんね。
調教よりもずっとソフトなやり方で上下関係を確立します。

続く「亀頭・乳首責め編」はもう一歩踏み込んだプレイ(約14分)。
数日後、彼の夢に再び現れた彼女が前回とは違ったやり方で精液を熟成させます。

「さ、いい具合にぷっくりと張った乳首をつまんで……こねるように、くりくりくりくり」
「胸の奥がじんわりと温かくなって、切ないくらいに気持ちがいい。くりくり、くにくに。指がただ動くんじゃなく、不規則に動いて、快感になれさせてくれない」

このパートは前半が乳首責めのみ、後半が乳首責め+亀頭責めと乳首に力を入れてます。
効果音は鳴らさずに擬声語を挟みながらプレイの様子を実況し
さらに催眠暗示っぽいセリフも少し盛り込んで臨場感を出してます。
直接いじる指示は出ませんがいじりながら聴けばより気持ちよくなれるでしょう。

「暖かくて、柔らかくて気持ちいい……お手々まんこはどうですか。亀頭だけをすっぽり覆って、ぐちゅぐちゅにかき乱す、私のお手々まんこ」
それに対し亀頭責めは彼女の手をおまんこに見立てた擬似SEX形式で行います。
効果音も「じゅりっ」というややざらつきのある水音を円を描くように動かします。
前のパートを終えた時点で彼を十分虜にできてるので寸止めなどの意地悪はしません。
女性の大事な部分を精液で汚す征服欲をくすぐって気持ちよく射精できる環境を整えます。

最後の「赤ちゃん言葉責め編」はちょっぴりアブノーマルなプレイ(約13分)。
赤ちゃんになりきって優しくいじめられたい彼の願望をすぐさま察知した彼女が
このひと時だけママになりちょっぴり見下す態度で責めてあげます。

「お手々まんこにおちんちんこすりつけて、ぴゅっぴゅしたいんでちゅもんね。さ。いち、に。いち、に。いち、に、いち、に」
「どんなに必死に腰を振ろうとしても、こう、ママが乳首をくりくりするだけで、負けちゃう。情けない姿。乳首の快感に抗えない」

幼児プレイらしさが出るように赤ちゃん言葉を積極的に盛り込み
そのうえで性感帯を軽くいじられるだけで負けてしまう快感を味わわせます。
この場合の赤ちゃん言葉は甘やかすよりも小馬鹿にする意味合いが強いです。
引き続き彼女の手をおまんこに見立てて腰を振り続ける情けないプレイが楽しめます。

このように、言葉責めの内容や方向性を変えて骨抜きにする穏やかで恥ずかしいエッチが繰り広げられてます。
優しくいじめてくれる作品
年上の女性がソフトなやり方で精液を搾り取る聴きやすい作品です。

オニキスは美味しい精液を持ってる主人公から効率良く大量に搾り取ろうと
自分の欲望を押しつけるのではなく相手の願いを叶える形で様々なエッチをします。
そしてどのパートも射精シーンを1回に絞り込み、それに向けて精液を熟成させる姿勢で責め続けます。

年上の女性が持つ優しさや温かさを反映させながらM向けのプレイをする変わったスタイル
全編の半分以上を占める囁き声、射精シーンで見せる彼女の積極的な姿。
女性側が一方的に弄ぶ構図を崩さずにエッチをできるだけ柔らかく描いてます。

「仕方がありませんね。それでは楽しみましょう。この気持ちのいい夢の中で、ずっと、ずっと……うふふ……」
彼女は精液目的で彼とエッチする部分はきちんと割り切る一方で
彼に求められたらなんだかんだで受け入れてあげる面倒見の良さも持ってます。
人間を露骨に見下してるからクールに振る舞ってるのではなく
単に感情を表に出すのが苦手だからこういう接し方をしてるように映りました。

エッチは言葉責めの多彩さが大きな魅力です。
聴き手に嫌悪を与えない表現を心がけて自分から甘えたくなる、負けたくなるように導きます。
心への責めが充実してるので普段よりも気持ちよく射精できるのではないでしょうか。
射精シーンの時間を長めに取る演出も個性と実用性の向上に役立ってます。
優しい部分とMな部分の配合具合が絶妙です。

射精シーンは3回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

いい気分に浸りながら負けられる良質な作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 51:23

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

耳舐め姉妹風俗店へようこそ! ~ロリサキュバス編~

サークル「ダチュラスクリプト」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と容姿に幼さが残る双子のサキュバスが
左右に陣取り体を密着させながら耳とおちんちんをたっぷり気持ちよくします。

タイトル通り耳舐めに大変力を入れてるのが最大の魅力で
エッチシーンのほとんどで左右同時に舐めながら
ロリを犯し種付けする快感を煽って主人公の変態性癖を満たします。
双子サキュバスの甘い誘惑
耳舐め専門風俗店『ロザリオ』でローズとリオに精液を搾り取られるお話。

「こんにちはー ローズちゃんだぞー」
「こんにちは リオちゃんです」
ローズとリオはややトーンの違うどちらも幼い声の女の子。
重度のロリコンである主人公を人懐っこい態度で迎えると
お店のコンセプトを軽く説明してから2人で同時に責め始めます。

本作品はサークルさんがこれまで3作出されてるシリーズの最新作。
大人よりも子供っぽさのほうが強く残ってる彼女たちが
彼の興奮や欲望をくすぐりながら60分近くに渡って4種類のエッチをします。
各作品の内容は完全に独立してますから今作から聴いてもまったく問題ありません。

サキュバスとのエッチをテーマにした作品はプレイがハードになる傾向が見られますが
彼女たちの場合はお店のサービスとしてやるためご奉仕する姿勢を終始貫きます。
射精回数が多めなこと以外はほぼ人間同士のエッチと変わりません。
一部で幼児プレイも登場しますし、彼女たちのキャラと相まって雰囲気は終始あまあまです。

ローズ「じゃあまずは 最高級のサキュバス嬢2人による ダブル耳舐めコースだね」
サービスの内容はと言うと、耳舐め風俗店の名の通り全パートで左右の耳を徹底的に舐め続けます。
エッチシーンの8割にあたる45分も耳舐めすると言えばその凄さをわかっていただけるのではないでしょうか。
ローズとリオで舐め方にそこまで大きな違いはないものの
女性が2人いる状況を活かしてダブルで舐めるシーンを長く取ってあります。

リオ「つるべたのロリに エッチに誘惑されるの だーい好きなんだよね?」
主人公の性癖に合った言葉責めを積極的にするのもポイント。
現実世界ではできないからこそ、そこを的確に突いて心のほうも盛り上げます。
彼女たちの年齢は不明ですから厳密にはロリっぽいキャラですね。
妊娠を匂わせながら中出しさせるシーンがいくつもあってちょっぴりゾクッとします。
密着感のある耳舐め特化のエッチ
エッチシーンは4パート56分間。
プレイはダブル耳舐め、手コキ、SEX(騎乗位)、授乳、フェラです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

リオ「安心してちんこ射精できるように 優しくしてあげるね」
自分たちの未成熟な容姿を見てすっかり勃起してるのを確認した双子は
ローズが右、リオは左に陣取って早速両耳とおちんちんを同時に責め始めます。

エッチはどのパートも彼女たちが一方的に責め続けます。
前半の2パート27分間はスタンダードなプレイ。
「2_ロリ姉妹が淫語を囁きながら耳舐め手コキ」は耳舐め+手コキ
「3_耳舐めされながら、ロリま〇こでチ〇ポを交互に壺洗い」は耳舐め+SEXと内容を若干変えながら
2人がシーンごとに役割分担して合計3回の射精に導きます。

ローズ「サキュバスが相手なら ロリにちんこ握らせても 完全に合法なんだよ?」
彼女たちは彼の性的嗜好を既に把握しており、どうすれば喜ぶかも心得てます。
だからプレイの至る所で女の子の体をおちんちんや体液で汚してることを意識させます。
「変態」と言うこともありますが見下してる様子はまったくなく
むしろどうしようもない彼を進んで受け入れて幸福感を膨らませます。

プレイのほうは開幕直後からダブル耳舐めに取り掛かり、片方がしゃべってる時はもう片方が舐め続けます。
本作品のエッチはロリコン性癖を満たすことも目指してるのでセリフは意外と多いです。
水分とペースをやや抑えてちゅぱ音を鳴らすのも大人っぽさを薄めるための工夫でしょう。
「いじめる」よりも「もてなす」と表現するのが妥当なある意味サキュバスらしからぬ責めです。

リオ「ちんちんさんも金玉も 私たち奥さんが お兄さんの面倒見てあげる」
ローズ「リオちゃんのぷにぷに子宮 赤ちゃん枕にしちゃえ」
2番目のパートでやる壺洗いは指をおまんこで洗う行為ではなくSEXのこと。
ローズ→リオの順に生で繋がって1回ずつの中出しを決めます。
彼の奥さんになりきってきつきつのおまんこにおちんちんを招き入れ
さらに射精が近づくほど妊娠を匂わせるセリフを多く言うあたりが実にプロらしいです。
男性が本能的に持ってる女性への征服欲を上手にくすぐって興奮を盛り上げてくれます。

対する後半は若干イレギュラーな要素を含んだプレイ。
「4_耳舐めされながら、赤ちゃんプレイ手コキ→姉妹マ〇コをティッシュ代わりに連続中出し」は授乳手コキをし
「5_耳舐め風俗店で、浮気チ〇コを快楽責めされる」は先ほどと違うシチュで再び耳舐めSEXをします。

リオ「いきまちゅよー ちんこイキまちゅ ママのお手々で ちんこさすさす 金玉もさすさす」
ローズ「射精する直前にまんこを貸してもらって まんこをティッシュ代わりにしてもいいでちゅからねー」
これまでと同じあまあまな声から放たれる赤ちゃん言葉は強烈。
おっぱいを吸わせる役と手コキする役を分担し、射精が近づくとおまんこを差し出してティッシュ代わりに使わせてあげます。
同じ中出しでもシチュやそこに至るまでの流れが違えば印象もやはり変わります。
耳舐めは5分と少ないですが、ずっと続けてるとマンネリ感が出てしまいますし休憩を挟むのは良いと思います。

最終パートは彼が浮気した別のサキュバスに見せつけながら子作りSEXに励みます。
前半はローズがフェラ、リオは耳舐めを続けて準備を整え
後半は逆にリオを主役に立ててダブル耳舐めとSEXを同時に行う連携の取れた責めです。
心が揺れ動いてる彼を痛めつけるのではなく、自分たちの魅力をアピールして引き寄せるところに優しさを感じました。

このように、彼が喜ぶツボを突きながら精液をいただくテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
2つの魅力で責める作品
耳舐めとロリを全面に押し出した穏やかな作品です。

ローズとリオは重度のロリコンな主人公を満足させようと
ほぼずっと体を密着させながら耳舐め、言葉責め、おちんちんへの責めを組み合わせたプレイをします。
そしてパートごとにプレイの内容やシチュを切り替えて心と体の欲求をバランス良く満たします。

量だけでなく密度にこだわった耳舐め、ロリだからこそできるアプローチ
そしてサキュバスモノでありながらM性を極力薄めた作り。
シリーズの持ち味を残しつつキャラも引き立たせた甘さの強いエッチに仕上げてます。

リオ「お兄さん だーいすき これからも私たちのお店で 気持ちよく射精してね」
ローズ「大好きなお兄さんのこと 私たちがおもてなししてあげるからね」
射精シーンが割と多いことから彼女たちにとって彼の精液はおそらく重要なのだと思います。
しかし本作品では生きるための食事としてではなく、新しい命を生み出す本来の意味で扱われてます。
2人が腹黒い顔を見せることも特になく純真さや一途さを持ってご奉仕します。
お店がほぼ彼の貸し切り状態らしいですから単に手放したくなかったのかもしれませんね。

エッチはどこを聴いても耳舐めと言っていいほど耳舐めが充実してます。
ただ2人のちゅぱ音にこれといった差がないことや
4パート中3パートでフィニッシュがSEXからの中出しになってることからやや単調にも感じました。
耳舐めといっても色んな責め方がありますし、もっと音や動きに幅広さを持たせて欲しかったです。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

耳舐め好きな人、ロリ系の女の子とイチャイチャするのが好きな人におすすめします。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:16:34

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年3月30日まで15%OFFの850円で販売されてます。

おとなりさんからえっちなおすそわけ

サークル「さーべるたいにゃー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段はおっとりしてるけどスイッチが入ると積極的になるお姉さんが
お酒に付き合ってもらった勢いで隣に住む男性と甘く濃厚なエッチをします。

年上の女性が持つ優しさや温かさを強く反映させたあまあまなプレイをするのが特徴で
大きなおっぱいを好きにいじらせたり、耳をたっぷり舐めるなど彼の性的嗜好に合った責めをしながら
上品な声とは随分違う激しい音を鳴らして興奮や射精を上手に煽ります。
彼女が時々おねだりを要求してきますから、実際に言ってみると羞恥心や没入感がより高まるでしょう。
お隣さんの大胆なプレゼント
隣に住む杉崎あすかとラブラブなエッチをするお話。

「あっ、あの 杉崎です 隣の」
あすかはお淑やかで色っぽい声のお姉さん。
ある日の夜、主人公に作りすぎた煮物をおすそわけしにやって来ると
お礼したいと言う彼の好意に甘えて一緒にお酒を飲むことにします。

本作品はお隣同士として彼とこれまで仲良くしてきた彼女が
お酒の力を借りてそれ以上の親密な関係になろうとあれこれ奮闘します。
最初は一緒の時間を普通に楽しむつもりだったのが、彼の部屋にあったエッチな本やDVDを発見したのをきっかけに
彼女がリードする形でおよそ1時間に渡ってゆっくりじっくり愛し合います。

「あぁでも そんな大層なものではなくて お口に合うといいのですが…」
彼女は18禁同人音声によく出てくる淫乱なお姉さんとは違い
控えめな態度で彼のことをひたむきに想い続けるピュアな性格をしてます。
今回煮物を持ってきたのも彼が外食をよくしてると聞いて心配したからですし
エッチについても自分より彼の欲望を満たすことを大事にしながら進めます。

好きな人にはとことん尽くすタイプの女性ですね。
大きなおっぱいを存分に揉んだり吸わせる、それを使っておちんちんを丹念にしごくなど甘やかす路線でエッチしますから
女性に大事にされてる、愛されてる気分を強めに抱きながら抜けるでしょう。

「よくできました おねだり上手ね おっぱいどこをぺろぺろしたいの?」
彼女の魅力はそれだけではありません。
お酒が入ると普段よりもずっと大胆なキャラに変わり、大人の女性ならではの淫靡な音を積極的に鳴らします。
またプレイの要所でこちらにおねだりを要求したり男心をくすぐるセリフを言って興奮を煽ります。
呂律が回らなくなるほど泥酔することはありません。

声や態度と責めっぷりにギャップがありますからそれにグッと来る人がきっといるでしょう。
彼女の特徴を活かして一番最後に素面でエッチするパートも用意されてます。
年上の女性から連想される優しさとエッチの上手さを組み合わせた温かくて抜きやすい作品です。
愛情をたっぷり込めた艶のあるエッチ
本編のエッチシーンは3パート63分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首を吸う、手コキ、パイズリ、フェラ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)です。
乳揉み、手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音がなります。

「ね、こっちに来て?」
自分の性癖を知られて恥ずかしがる主人公のおちんちんが勃起してるのに気づいたあすかは
体を一気に近づけてすかさずキスをし、さらに大きなおっぱいを好きに揉ませてあげます。

エッチはパートごとに責め手を切り替えながらほぼ対等な立場で進めます。
一番最初のTr2パートでするのはキスとパイズリフェラ(約20分)。
ライトなキスから始まり彼女のおっぱいを揉んだり吸う→逆におちんちんをおっぱいと口で責める、と
2人が交互に責め合うスタイルで心身の熱をゆっくり高めます。
ちなみにここと次のTr3パートはお酒を飲んだ状態でエッチします。

「あなたはおっぱいに甘えてていいよ? 私がおちんちん いーっぱい可愛がってあげるから」
彼女は彼がどんなシチュやプレイを好むか既に理解してるので
彼が自分にとことん甘えたくなるように優しい言葉をかけながらエッチを進めます。
赤ちゃん言葉は特に言いませんが母親っぽく感じるでしょうね。
おっぱいを躊躇なく委ねるのも彼のことを強く信頼してるからです。

多くのシーンで彼女が体を密着させ囁き声で語りかけてくるのもポイント。
優しさや温もりといった愛を感じる要素を組み合わせて彼女の性格と気持ちを表現してます。

「カリ首に引っかかるように コリコリーってしてみたり 裏筋に指を這わせて ぎゅーって握りながら 上下にぐにゅぐにゅって 亀頭をいじめてみたり」
その一方で最中に鳴るちゅぱ音や効果音はかなりのエロさを持ってます。
例えば上のセリフはパイズリフェラに入る前、彼女が手コキする時に言うものなのですが
これの前は「さすさす」という至って滑らかな摩擦音だったのが、言い終わる頃には水気を帯びた音へと変化します。
我慢汁が分泌し始めたことを音によって表現してるわけです。

同じコキ系でも手コキとパイズリで質感や動きに違いがありますし
処女作とは思えないほど細かな部分にまでこだわって作られてます。
ちゅぱ音についてもパイズリフェラ時のむしゃぶりつくような舐めっぷりが実にエロく
「ぎゅぷっ」という強めのバキューム音をリズミカルに鳴らす射精直前の責めは実際にされたらとても気持ちよさそうでした。

続くTr3パートの主役は耳舐めとSEX(約30分)。
15分近くをかけて右耳→左耳の順に耳をゆっくり責め続けてから
彼女が上に跨る体勢でお互いの大事な部分を何度も擦り合わせます。

「奥のほう お耳の穴に舌をねじ込んで ぐっぽぐっぽってしたら どうなるかしら?」
耳舐めはキスやフェラに比べてコリコリした質感でペースは緩く
耳の穴に舌先を軽くねじ込むシーンは普段よりも音の位置がさらに近くなります。
イヤホンを使って聴いた場合は耳の入り口がこそばゆいかもしれません。
このシーンだけはエロよりも癒しの色を強く感じました。

「下からガンガンって 子宮の入り口叩いて? こじ開けて? 私もあなたの気持ちいいとこ いっぱい責めるから」
しかしSEXが始まるとその雰囲気が大きく変わります。
自分からおまんこをおちんちんに擦りつけてすっかり濡れてることをアピールしたり
腰をリズミカルに打ちつけながら彼にもピストンを求める姿はとてもそそります。
「ぱんぱん」という肉が軽くぶつかり合う感じの効果音にもプレイの激しさがよく表れてます。

淫乱に振る舞ってるのにあざとさを感じないのはこれらすべてを彼のためにやってるからでしょう。
好きな人がどうすれば喜んでくれるか、気持ちよくなってくれるかを考え
自分が主導権を握ってる時も彼をできるだけ立てようとする姿勢は健気で愛に溢れてます。
時折彼におねだりを要求するのも彼の望むプレイをしてあげたいからです。
女性が圧倒的に有利な騎乗位を色んな要素でノーマル向けにアレンジしてます。

SEX中も引き続き耳を舐めるので喘ぎ声はあまり漏らしません。
しかし耳舐めの合間に耳へかかる吐息の風圧から彼女の興奮具合が伝わってきます。

本編の最後を飾るTr4パートは翌朝のお話(約13分)。
一晩寝て酔いがすっかり覚めた彼女が彼に告白してから正常位で再度SEXします。

「はい 好きです あなたのことが好き」
ここでは彼女の心情を素直に伝えるセリフが多く
自分の想いが彼に無事伝わったことを素直に喜び、幸せを感じてるのがよくわかります。
前のパートとは責め手が逆転してるおかげでひたすら乱れてくれるのも良いです。
このパートだけは彼女に対して儚さや可愛さを感じるのではないでしょうか。
年上だからといって自分を飾らず、好きな人と真正面から向き合う純真さがプレイに反映されてます。

このように、彼女が持つ優しさと積極性を上手く活かしたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
純愛系の年上作品
控えめな女性が好きな男性を振り向かせようとする様子をエッチに描いた愛情たっぷりの作品です。

あすかは健康を心配して煮物をおすそわけしに行くほど大事に思ってる主人公とより仲良くなろうと
お酒の力を借りて彼の性癖に合った色んなプレイをします。
そしてその中で年上らしい優しさを見せつつ積極的に責めて無理なく射精に導きます。

最初から最後まで彼の事を第一に考えてリードする彼女のキャラ
それでいて男の弱点を的確に突いてくる年上らしい責め、密着感を大事にした温かくて淫靡なプレイ。
彼女が持つ色んな魅力を組み合わせて後になるほど2人の距離が近づくようにお話を進めます。

「あなたも気持ちよかったなら よかった 大好きよ」
彼女はどんな時も自分より彼の幸せを優先する女性です。
プレイの多くを彼が持つエロ本やDVDから選び
自分が責めてる時でも彼に求められたらおっぱいを差し出して触らせてあげます。
山場の射精シーンも必ず自分から中出しをおねだりして背徳感や罪悪感を取り除きます。

彼女が彼にはっきり「好き」と言うのは本当に最後のほうです。
でもそれ以前のシーンにも相当に好きじゃないとできないことが数多く盛り込まれてます。
そしてそれらを積み重ねてきたからこそ最後のTr4パートで見せる幸せな姿がより輝いてます。

一般的な年上モノよりも女性の内面描写に力を入れてる作品です。
彼女が魅力的に描かれてるからこそ、甘やかされた時にとても満たされるものを感じます。
Tr3とTr4で敢えて同じプレイをメインに据え、体位や彼女の反応で違いを出す演出も素晴らしいです。
処女作の時点でこれだけ優れた作品を制作されてることに正直驚きました。

本編の射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

キャラが立っており、実用性が高く、癒し効果も見込める充実した作品です。
ラブラブな年上モノが好きな人には強くおすすめします。
おまけは「あすかママに溺れるバブバブ赤ちゃんプレイ!」です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:31:40(本編…1:14:30 おまけ…17:10)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「2 メインパート2」以降の様子を中心に紹介します。
ママとする気持ちいいお遊戯
後編のエッチシーンは4パート55分間。
プレイは言葉のお勉強、授乳、鬼ごっこ、耳へのキス、乳首責め、おちんちんに触る、キス、ハグ、お相撲さんごっこ(床オナ)、尻尾によるアナル責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示は出ません。

「今いるここはね ママがボクちゃんのために用意してあげた ボクちゃん専用のお遊戯部屋」
催眠を使って主人公を赤ちゃんへと戻し、専用の空間へ案内した吸精サキュバスは
そこの様子を軽くイメージさせてから精気を気持ちよく吸い取ります。

エッチは引き続き3人に分身した彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「2 メインパート2」は時間、内容の両方が最も充実してるパート(約30分)。
部屋の中に漂うピンクと紫のもやを吸い込んでエッチな気分を盛り上げてから
彼女が指定した言葉を連呼して心と体を幸せな感覚で包み込みます。

右「ほら 言えば言うほど 気持ちよくなってくる 言葉が 快感が 体の中で響いて 反響して 全身を染め上げていく」
左「うふふっ 上手にお遊戯できるかな? ほら ママの言葉に合わせて言ってみようね」
本作品のテーマは幼児化調教ですから普通のプレイをしたらそれから脱線してしまいます。
だから彼女はママが赤ちゃんに言葉を教えるスタイルで感度を強化します。
この後のパートも含めて本作品のエッチは何らかのお遊戯をしながら絶頂へ導きます。

母子の愛を育むにはスキンシップも欠かせません。
一通り言葉を教えてあげた後はそのご褒美におっぱいの匂いを嗅がせたり乳首を吸わせてとことん甘やかします。
M向けの要素もありますが女性に弄ばれる快感、負ける快感といったソフトなものが中心です。
催眠パートで育ててきた赤ちゃん気分を維持できるように優しく優しく調教します。

中央「これからするお遊戯 絶頂に導く儀式は 鬼ごっこ」
山場となる絶頂シーンも鬼ごっこになぞらえて
中央からは長いカウントを数え、左右は簡単な耳舐めや乳首責めをして彼の心をがっちり掴みます。
絶頂の時間がおよそ1分と長めに取ってあり、その間に0の連呼や追い込み暗示を入れ続ける連続絶頂方式です。
射精のような突き抜けてすぐ収まる快感ではなく、じわじわと押し寄せて残り続ける穏やかな絶頂感が得られました。

残りの3パート25分間はオプション扱い。
「3 追加ドライパート」はキス、「4 床オナパート」はお相撲さんごっこ、「5 通常セルフパート」はいないいないばぁと
それぞれに異なるお遊戯やご褒美を用意してドライオーガズムと射精を応援します。

中央「あんっ いい感じでちゅよ もっともっと満足させてね」
この中で最も面白いのはやはり「4 床オナパート」ですね(約15分)。
彼女が下になる形で抱き合い、その体におちんちんを擦りつけるスタイルでオナニーします。
左右のサキュバスが言葉で体の柔らかい感触をリアルに伝え
さらに深呼吸を挟んで匂いを堪能させるなど、彼女の存在を身近に感じさせながら進める温かみのあるプレイです。

実際にやる時は柔らかいクッションを下に置き
おちんちんに手を添えて腰を振ると体にあまり負担をかけずに気持ちよくなれます。
プレイ中に彼女がわざと手加減して負ける快感を煽ったり、尻尾でアナルや前立腺を刺激してくるのもいいですね。
心と体をバランスよく責めて赤ちゃん気分とMの欲求を同時に満たします。

中央「シコ シコ シコ シコ」
右「もしお漏らししちゃいそうなら 手の力を緩めてもいいでちゅからねー」
それに対して「5 通常セルフパート」(約6分)はシコシコボイスでペースと強さを指定し
左右から優しい言葉をかけて応援するスタンダードなセルフプレイです。
本編を全部聴こうとするとどうしても集中力の維持が難しくなりますから
催眠慣れしてない人は「2 メインパート2」でドライに挑戦し、その後このパートで射精するのが無難だと思います。

このように、現実世界の母子のやり取りをエッチにアレンジした個性的なプレイが繰り広げられてます。
甘く恥ずかしい作品
大人の男性がなかなか補充できない心の栄養をたっぷり注入してくれる作品です。

吸精サキュバスは主人公の幼児化願望を叶えつつ彼の精気を吸い取ろうと
まずは長時間に渡る催眠を通じて身も心も赤ちゃんになりきらせ
それからその状態を維持しやすいやり方でドライ、ウェット両方の絶頂を味わわせます。

ママになった彼女にひたすら甘えて幸福感と性的快感を楽しむ展開
催眠の途中から彼女が3人に分身し、コンビネーションを取って誘導したり責める独特な作り
そしてママと赤ちゃんがするお遊戯にエッチな要素や暗示を絡めて気持ちよくするエッチ。
タイトルの幼児化調教にサキュバスらしさを盛り込んだ丁寧なサービスを行います。

左「これからもずーっと ママがそばにいて 可愛がってあげまちゅからね」
精気を吸い取られた結果彼が苦しんだり死ぬことは一切ありません。
現実世界のママと同じく赤ちゃんになった彼の面倒を最後まできちんとみます。
エッチが甘やかしメインですからM性が低めの人でも無理なく聴けるでしょう。
女性に甘える快感、それによって得られる安心感や幸福感、純粋な性的快感を一挙に補給できます。

エッチはドライ2、ウェット2とバランスが取れてます。
どのパートも基本は1人が相手をし、残る2人がそのサポートに回ってたので
1パートくらいは3人で体を同時に責めるプレイがあってよかったかもしれません。
催眠音声だから仕方ないところもあるのでしょうけど、女性が複数人登場するならもうちょっとエロさが欲しいです。

絶頂シーンはドライ1+α(連続絶頂)、ウェット2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

幸福感に浸りながらイけるし抜けるあまあまな作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは2回目以降用の音声2本です。

CV:紅月ことねさん
総時間 4:02:49(本編…2:42:18 おまけ…1:20:31)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ母性の強いサキュバスが
催眠を使って男性を赤ちゃんに戻してから幸せで気持ちいいエッチを提供します。

総時間の約半分をかけて入念な催眠を施しながら
その中でお話が進むほどママらしい口調と態度に変化させたり
途中から最大3人に分身して左右中央から暗示を畳み掛けるように入れるなど
催眠の心地よさと赤ちゃん気分にどっぷり浸れる甘く重厚なサービスが繰り広げられてます。
エッチでドライ、ウェット両方の絶頂を楽しめるのもポイントです。

音声を聴く前におむつを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
本編の時間が3時間近くあるため前編(0~1パート)、後編(2~7パート)の2回に分けてお送りします。
サキュバスママの甘い誘惑
吸精サキュバスに幼児化催眠をかけられエッチに責められるお話。

「ようこそ よく来てくれました」
吸精サキュバスは穏やかで上品な声のお姉さん。
自分の領域に自らやって来た主人公を温かく迎えると
自己紹介してから彼の欲望をくすぐるお話を始めます。

本作品は「吸精サキュバスの幼児化調教催眠」「吸精サキュバスの幼児化調教催眠2」に続く看板シリーズ第3弾。
大らかな性格と魅力的な容姿を持つ彼女が幼児願望を抱くMな男性を相手に
およそ2時間40分に渡って催眠をかけたり色んなエッチをします。
内容は完全に独立してますから今作から聴き始めても特に問題はありません。

「私 ただ精気を吸い取るだけじゃなくて 男の人を赤ちゃんに変えるのも だーい好きなんですよ」
彼女は名前の通り男性が持つ精気を吸い取るのを得意としており
それをやるにあたって相手を赤ちゃんに戻し、そのママになって甘やかすのを好みます。
そんな背景を踏まえてハードに責めたり心身を痛めつけるようなことはせず
聴き手の無意識に眠る女性に甘えたい欲望を膨らませて自分からそうなりたくなるよう導きます。

今回は数々の名作を手がけられてきたキャンドルマンさんが協力してるだけあって
過去2作よりもお話の進め方が丁寧ですしアプローチのレベルも上がってます。
催眠特有の心地いい感覚を強めに味わいながら絶頂できますから多くの人が幸せに感じるでしょう。
一般的なサキュバスのイメージよりもずっと柔らかい物腰で優しく精気を吸い取ってくれます。

前編で紹介する0~1パートは催眠部分にあたり
本編総時間の約半分にあたる80分を割いて段階的に意識の力を弱めます。
催眠の技術も数多く込められてますが、それに加えて聴き手を納得させる会話にも力を入れてるのが大きな特徴です。
最後のほうには彼女のサービスをお試しで体験できるシーンもあったりと質量共に大変充実してます。
心身を少しずつ骨抜きにされる心地よさ
催眠は79分30秒ほど。
簡単な挨拶を終えた直後に早速仰向けに横になって目を瞑り
まずは彼女のお話に耳を傾けて心身を軽くリラックスさせます。

「私は 男の人の性のエネルギー 精気を吸い取るのがだーい好きな 吸精サキュバス」
「こうやって 声を聞いているだけで なんだかぼーっとしてきて ねむたーくなってきて 夢の世界へと 飲み込まれていく」

お話の内容は彼女自身のこと、これからするエッチなサービスのこと
またそのやり方など作品固有のものばかり。
これらを通じて彼女が何者なのかを理解してもらい、並行して声に対する集中力を高めようとします。

このシーンには催眠暗示にあたるセリフはそれほどありません。
しかし彼女との信頼関係を高め、本格的な催眠を受け入れやすくする心の準備に大きく貢献してます。
まだ始まったばかりなので口調は普通ですけど、間を長めに取りながらゆっくり語りかける彼女の声にも癒やされます。
時間に余裕がある状況を活かして一歩ずつ丁寧に幼児化を進めます。

催眠開始から12分後、ある程度準備できたところでいよいよ夢の世界へ移動し始めます。
数回ゆっくり深呼吸してから全身を入念に脱力し
さらに頭の中も空っぽにして赤ちゃんと同じ無力な存在へと生まれ変わります。

「体全体から 力がすーーーっと 抜けていく 抜けていく」
「サキュバスの声には 睡眠を促す魔力も込められていますから そうなってくるのは自然なこと」

特定の部位を指定せずに「力が抜ける」などの暗示をきめ細かく入れ
その中に比喩やサキュバス固有の能力を組み込んで効果的に脱力を促します。
下のセリフは「魔法をかけられてるなら脱力するのは当然だよね」と聴き手に思わせるのを狙ってます。

技術でゴリ押しするのではなく、自然に受け入れてもらおうとする彼女らしいアプローチです。
最初の会話の効果も相まってこのあたりから脱力感、意識のぼやけ、眠気を感じ始めました。

幼児化催眠らしさが大きく出てくるのはその後から。
彼のことを「ボクちゃん」、自分を「ママ」と呼ぶようになり
さらに赤ちゃん言葉も交えて先ほど生まれた心地いい感覚をより膨らませます。
後になるほど赤ちゃん成分が強くなっていくのが本作品の催眠における特徴のひとつです。

「赤ちゃん言葉であやされるたび 一番敏感なところに 快感が集まってきて じわーっとした あるいはピリピリとした 心地いい快感に侵されて ピクンピクンって反応しちゃう」
これまでよりもさらに表現が柔らかくなったセリフとあまあまな声とのコンボは強烈で
まるで宙に浮かんでるような幸せな感覚が自然と湧いてきます。
肌を敏感にしたりおちんちんに快感を集める暗示も入れてくれますから
肌がピリピリするとか性的に気持ちよく感じる人もいると思います。

右「ほら 3人の言葉が聞こえるから さっきまでの3倍気持ちよくなれちゃう」
左「さっきまでの3倍のスピードで 深く入ってしまう」
中央「さっきまでの3倍快感を感じて 幸せになっちゃう」
このシーンから彼女が3人に分身して語りかけてくるのが面白いですね。
右、左、中央に陣取って別のセリフを同時に言ったり1人ずつ順番に話して意識を頻繁に揺さぶります。
読みやすくするためにセリフの色を変えてありますが声質は全員一緒です。

1人の時よりもセリフの間隔が短くなってしゃべるペースも上がりますから
全部同時に聴こうとするよりも左右のどちらかに意識を向けたほうがいいです。
左右で交互に、あるいは同時に話すことが多く中央のセリフは少なめです。
畳み掛けるような暗示の数々につられて深い催眠に入っていく感覚を鮮明に感じることができました。
ここを聴き終えた時点で催眠開始からおよそ50分が経過してます。
サキュバスとのエッチを軽くお試し
前編のエッチシーンは14分間。
プレイは体/おちんちんの愛撫、負け犬のポーズです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

右「さぁ このまま3人がかりで とろけきったボクちゃんに いたずら しちゃいまちゅ」
多彩かつ重厚な催眠ですっかり赤ちゃんになった主人公を見て
吸精サキュバスはより赤ちゃんらしい方法で甘えん坊なMの欲求を満たしてあげます。

エッチは3人に分かれた彼女に言われた通りの格好をします。
ちなみにこのシーンは「1 メインパート1」の一部でして、前項の最初に書いた79分30秒の中に含まれてます。
つまり幼児化催眠の一環なのですが、エッチな描写や行為が出てくるため別枠で紹介します。

中央「ボクちゃんは ○○って言われると それだけで意識がストンと深いところに落ちて 頭がぼーっとして ママの声だけに集中する」
内容はとあるキーワードを起点に催眠状態をより深めてから
体を軽く撫でたり負け犬のポーズを取らせて心身をバランスよく気持ちよくするライトなものです。
本番に向けての軽いお試しといったところでしょうか。
立ち上がる指示が出ないので負け犬のポーズは寝たままやればいいようです。

ここまで聴いてれば十分以上の深さにまで入れてる人が多いでしょうから
その感覚と3人の女性に甘やかされる感覚が組み合わさってかなり気持ちよくなれます。
性的快感よりも充実感や幸福感といった心の快感のほうが強かったです。
終盤には長めのカウントを数えながら快感をさらに高めてくれるシーンがありますし
自分が既に催眠に入ってることや彼女に甘やかされる、弄ばれる環境が整ってることを実感できます。
サークルさんたちの長所を違和感なく融合した催眠
十分過ぎる時間を使って本当に少しずつ催眠と赤ちゃんの感覚を膨らませる大変丁寧な催眠です。

聴き手の心と体をとろとろに溶かして赤ちゃんと同じ無力な存在にし
吸精サキュバスたちがいるプレイルームへ自分から行きたい気分にさせることを目的に
信頼構築を目指した会話から入って深呼吸や脱力で効果的にリラックスを促し
さらに赤ちゃん言葉を交えた3人体勢での深化、興味や関心をより引くための軽いエッチといったように
正統派の催眠よりも柔らかさを持たせつつ色んな方向から働きかけて目的地へ導きます。

今回説明した以外にも多くの小技が使われてますので
彼女自身やその言うことに対して嫌な気分を抱く人はまったくいないと思います。
むしろ彼女に語りかけられてるこのひと時を心地よく感じるのではないでしょうか。
紅月ことねさんの演技も彼女のキャラにマッチしていてとても癒やされます。

テーマやキャラといった土台の部分はホワイトピンクさんの特徴をそのまま継承し
直前に話した小技にキャンドルマンさんらしさを感じました。
彼女が徐々にママの顔を見せていく流れもテーマに合ってて良いです。

催眠だけで80分は長い部類に属するのですが、私が聴いた時は集中力が途切れることも特になく
心身がリラックスする感覚、催眠に入る感覚、そこに漂う感覚、彼女の言葉につられて感度が変化する感覚など
気持ちいい、あるいは面白い体験をいくつも味わうことができました。
少なくとも催眠は過去2作より明らかに品質が上がってます。

おまけは2回目以降用の音声2本です。

後編へ続く…。
吸精サキュバスの幼児化調教催眠3(後編)

CV:紅月ことねさん
総時間 4:02:49(本編…2:42:18 おまけ…1:20:31)


体験版はこちらにあります

セイレーンの檻

サークル「Atelier Honey*」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、ギリシア神話に登場する海の怪物「セイレーン」が
男性を誘惑してエッチに弄ぶ様子を彼の立場で楽しみます。

登場する二人の女性が交互に主役を務める変わった展開や
最中に流れるリアルな環境音を起点に絶頂を促すアプローチなど
彼女の特性を活かしたドラマ性のあるちょっぴり背徳的なサービスを行います。
夢と現実の狭間で
セイレーンに催眠をかけられ彼女やシレーヌとエッチするお話。

「ふふふ 気がついたかしら?」
セイレーンは上品で色っぽい声のお姉さん。
海を訪れた主人公に歌声を聞かせ特殊な空間に引きずり込むと
自己紹介してから気持ちよくなるおまじないをかけます。

本作品は彼女に誘惑され弄ばれる感覚を主観的に楽しむことを目的に
およそ100分に渡って催眠をかけたり様々なタイプのエッチをします。
サークルさん初の催眠音声ということで、ささやき庵シリーズで有名なVOICE LOVERさんの協力を仰ぎ
一般的な催眠音声とは随分違った作品に仕上がってます。

セイレーン「ふっふっふっ 私の可愛い坊や」
シレーヌ「緊張しないで 赤ちゃんになったつもりで 私に任せて?」
テーマはずばり「夢と現実」。
最初の催眠誘導パートはセイレーン、次のドラマパートはシレーヌといったように
1パートおきにメインの語り手が切り替わりそれぞれの性格に合ったサービスをします。
催眠音声でこういう構造のものは非常に珍しいですね。

夢の世界を担当するセイレーンはいかにも大人の女性といった感じの色っぽさが漂ってる女性
現実世界担当のシレーヌは清純さや素朴さを感じる優しいお姉さんと違った特徴を持ってます。
終盤に二人が同時に責めてくるシーンもありますが基本的には一対一で相手するスタイルです。

もうひとつの特徴は同人音声らしさを持たせてお話を進めること。
催眠パートは普通に催眠を施すのですが、その後のドラマパートやエッチシーンでは
暗示や音を使って快感をコントールする催眠音声では定番のアプローチと
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声といったエロ要素をぶつけて興奮を煽る責めを組み合わせて絶頂へ導きます。

簡単に言うと催眠から脱線したエッチをするシーンがそれなりにあります。
このおかげで催眠状態特有の快感が得にくくなってる反面エロさが増してます。
セルフの指示は出ませんけど射精表現がありますし、途中でオナニーしたくなる人が普通にいるでしょうね。
これが先ほど「一般的な催眠音声とは随分違う」と書いた理由のひとつです。
シンプルで癒される催眠
催眠はおよそ22分間。
セイレーンの歌に誘われてやって来た空間内で目を瞑り
まずは深呼吸や体の脱力をして心身を軽くリラックスさせます。

「沈み込んでいくお腹を両手に感じてると 意識まで一緒に沈み込んでいくよう」
「どう? 気持ちいい? 私は力を込めずに軽く触れているだけ 私が擦ったところから どんどん力が抜けていく」

深呼吸ではお腹の上に両手を置いた状態でセリフと呼吸の声を分離させて話し
脱力では左腕、右腕、右足、左足、お腹、顔と全身をいくつかのパーツに分け
それぞれで体を優しく擦る音を鳴らしながら「力が抜ける」「重い」といった暗示を入れます。
催眠音声ではよく見かける技法を作品世界に合わせてアレンジしてるわけです。
脱力シーンは部位ごとに声の位置も切り替わって彼女にお世話されてる雰囲気がよく出てます。

お次は彼がここに来た経緯やセイレーンのことを忘れる暗示を入れ
さらにカウントを数えながら波の打ち寄せる音を流して夢と現実の中間点へ案内します。

「あなたは 忘れてしまう 自分が誰なのか 私が誰なのか 忘れてしまう」
「私の声で どんどん気持ちよくなる そう とてもリラックスした気分」

催眠音声でここまでストレートな健忘の暗示を入れるのは珍しいですね。
カウントを数えた後は彼女の声に心地よさを感じる暗示を入れるなど
波の力を借りて体の中にある悪いものを全部洗い流せるように働きかけます。
この後のシーンも含めて本作品ではこの波の音が重要な役割を果たします。

しかし、十分に深化させてない状況で記憶支配の暗示を入れてるため
これが実際に効くかどうかと言われればそうなる可能性は低いと見てます。
私が聴いた時も心地よさは感じましたが記憶が飛ぶことは特にありませんでした。

当サイトの催眠用語集にも書いてあるように、暗示は一般的に運動→感覚→記憶の順に入りにくくなります。
ですから本当に記憶を一時的にせよ飛ばしたいならもっともっと深く誘導してから暗示を入れるのが望ましいです。
例えばこれが一度がっつり落としてから暗示を入念に入れていく流れだったら随分違ったでしょう。
あるいは脱力の時点で運動支配を行ってるので、そのまま感覚支配の暗示を挟み最後に記憶に取りかかるとかです。

並行して波の音を流していたことを考えれば
「波の音を聴けば聴くほど気持ちよくて頭の中が真っ白になる」といった感じに健忘とリンクさせるのもいいでしょう。
その直後に一昨日食べた夕飯のメニューなどを質問すれば忘れたと錯覚させられるかもしれません。
今の作りでは準備とアプローチの工夫がちょっと不足してると思います。

これから始まるエッチの土台作りを見据えたシンプルで癒される催眠です。
聴き手を夢と現実の狭間にいる感覚に浸らせることを目的に
深呼吸から始まって分割弛緩法、カウントを絡めた健忘の暗示、意識の力が弱まる暗示と
古典催眠の技法や暗示表現に作品固有の要素を盛り込んでゆっくり進めます。

中盤の体を脱力させるシーンまでは良くできており結構な脱力感も味わえました。
しかし最後の深化や暗示を入れるシーンに改善の余地が見られます。
この部分がうまくいかないとエッチであまり気持ちよくなれない可能性があるので
脱力以上に慎重かつ入念にやっておいて損はありません。

以上のことから癒やされるけど詰めの甘い催眠と私は考えてます。
夢と現実に揺さぶられながら
エッチシーンは4パート43分間。
プレイはキス、乳揉み、授乳、お腹を撫でる、手コキ、耳舐め、手マン、フェラ、SEX(騎乗位)、ダブル耳舐めです。

お腹を撫でる、手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「ほーら ママが お目覚めのちゅー してあげまちゅね」
催眠の後、浜辺に打ち上げられてたところをシレーヌに助けられた主人公は
彼女の介抱を受けてる最中に眠ってしまい、夢の中で再び出会ったセイレーンと恥ずかしいエッチをします。

エッチはパートによって責め手を変えながら進めます。
一番最初の「セイレーン」パートのお相手はもちろんセイレーン(約12分30秒)。
先ほどの催眠で赤ちゃんのような無垢な心になった彼の母親代わりになり
おっぱいを好きに吸わせたりおちんちんを手でいじって大人の時とは違う快感を与えます。

「坊や ママのおっぱい おいちい? いっぱい飲んで 元気になってね」
「むくむく膨らんできた 赤ちゃんなのに おちんちん 大きくなっちゃいまちたね」

ここでの彼女は海の魔物と思えないほど声と態度が柔らかく
先ほどの催眠ですっかり空っぽになった彼に赤ちゃん言葉で語りかけながらあれこれお世話します。
その一方で興奮してる彼を軽く見下して羞恥心と背徳感を煽ります。
やってることは王道の幼児プレイなのですが、シチュのおかげでややM寄りになってる感じです。

ちなみにこれらのプレイ中に彼女が暗示を使って心身の感度を上げるとか
責められてる感覚を伝えることはほぼありません。
同人音声でするエッチと同じく甘やかす言葉をかけながら行為に合ったエッチな音を鳴らすだけです。

エッチの前にある「安らぎの浜辺」パートも催眠要素が薄いですから
被暗示性の低い人はおそらくこのパートあたりで催眠が解けるものと思われます。
せっかく時間をかけて催眠を施したのにそれを維持しようと聴き手の無意識に働きかけないのはもったいないです。

「波の音が大きくなってくる お耳を舐められて 波の音を聴いてるだけなのに どんどん快感が高まっていく」
ただし、パート終盤の絶頂シーンだけは催眠音声らしい責めを繰り出します。
波の音で気持ちよくなれる暗示を入れてからそれをトリガーに快感を高めるというもので
絶頂時には一際激しい音を鳴らしてイク瞬間を迎えたことを教えます。

続く「シレーヌ」パートはシレーヌが頑張る番(約15分)。
セイレーンとのエッチにうなされて目覚めた主人公を安心させようと
今度は現実世界であまあまラブラブなエッチをします。

「いいよ 好きなだけ触って…あぁっ んっ」
怖い思いをした彼を慰めようとおっぱいやおまんこを好きにいじらせたり
シックスナインの体勢になっておちんちんを激しく責めるなど
お互いがほぼ対等な立場になって声よりもずっと下品なちゅぱ音や効果音を鳴らします。
引き続き催眠から脱線してますが、普通のボイスドラマとして見る分にはかなりエロいです。

プレイによって効果音の質感と動きが微妙に変化するのが非常に印象的でした。
手マンは空気混じりで粘性高めの音だったのが手コキに入ると筋っぽさが強くなり
SEXでは「ぱちゅん」というまた別の水音が鳴ります。
一般的な催眠音声に比べてエッチな音の量が多くなってるので抜きやすいです。

最後の2パートはこれまで溜めた性欲を全部吐き出すシーン(約15分30秒)。
「支配」はバトンタッチしてセイレーンが、「吸精」は彼女とシレーヌの二人で耳とおちんちんを激しく責め立てます。

セイレーン「いいのよ イっちゃって 押し寄せる快感の波に飲まれて 射精はできないまま 波に飲まれてイっちゃえばいい」
シレーヌ「欲しい 欲しいのおちんちん ねぇ 私にもっともっと おちんちんちょうだい」
この2パートは絶頂シーンに力を入れており、両方合わせて7回と回数が多いのに加えて
SEXのピストン音、シレーヌの喘ぎ声、ダブル耳舐めのちゅぱ音と抜き要素も充実してます。
絶頂のやり方は1回目と同じく大きな波の音に合わせてやるというもので
多少の間隔を置きながら音に強弱をつけてタイミングを指示します。

5回目から8回目の絶頂はシレーヌに中出ししてる描写がありますから
ドライでは満足できない人はおちんちんをしごいて射精してもいいと思います。
清純な声とは随分違う積極的な姿勢やエロ可愛い喘ぎ声が股間にものすごく響きました。
聴き終えた後に1発抜かないと落ち着かないくらいのエロさを持ってます。

このように、背徳的な要素をちょっぴり盛り込んだ興奮しやすいエッチが繰り広げられてます。
催眠音声と同人音声のハイブリッド
ボイスドラマ要素をそれなりに含んだ催眠音声と呼ぶのが妥当な作品です。

海で歌を歌って人々を惑わすセイレーンに襲われた男性が
彼女やその後出会った別の女性とイチャイチャしたりエッチに弄ばれます。
そしてその様子に催眠の技術や環境音を盛り込んで臨場感とエロさを出してます。

セイレーンとシレーヌが交互に相手を務める変わった作り
催眠の技術で気持ちよくする割合を減らし、その代わりエッチな音を多めに鳴らして興奮させるエッチ。
催眠音声専門のサークルさんとは違うやり方でドライオーガズムへと導きます。

セイレーン「私も手伝ってあげる ほーら こっちの耳は私が」
シレーヌ「ねぇ 耳 舐めてあげるね」
中でも最初の特徴はセイレーンが色っぽい悪女、シレーヌは清純派の優しいお姉さんとキャラに違いを持たせ
ドM向け作品などで行うハードなプレイをあまりやらずに弄ばれてる雰囲気を出してます。
主人公にとっては災難だったのでしょうけど、おいしいところがまったくないわけではありません。
野上さんの個人サークルらしい甘さを持たせた色仕掛けを行ってます。

催眠は終盤の深化と健忘の暗示を入れるシーンを改善し
その後のエッチシーンで暗示を継続して入れるスタイルにしてればもっと良くなってました。
同人音声を制作されてるサークルさんが催眠音声を作るとかなりの確率で催眠からやや離れたエッチが出来上がります。
この作品に限らずそういったケースを今まで何度も見てきました。

催眠音声のエッチは技術を活かしてプレイを組み立てるので同人音声のそれとは作りが根本的に違います。
また催眠パートで行った誘導方法や暗示がプレイと密接な関係を持ってます。
わかりやすいものだと催眠パートで体が温かくなる暗示を入れ、それを後でエッチな火照りに変換するとかです。
残念ながら本作品は催眠とエッチの親和性が低くなってます。
空っぽになった彼の心にセイレーンが技術を使って別のものを注ぎ込む流れだったらまた違ったのでしょうが…。

波の音をトリガーに絶頂させるアプローチは面白いし作品の内容に合ってると思います。
だからこそそこに持っていくまでの部分も頑張って欲しかったです。

エッチは野上さんの演技力が遺憾なく発揮されていてエロいです。
特にシレーヌは声と責めっぷり、乱れっぷりのギャップが大きくてそそります。
催眠状態を維持できるかはともかくオナニーのオカズには役立ってくれると思います。

絶頂シーンは8回。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:野上菜月さん
総時間 2:06:36(本編…1:49:37 おまけコメント。…16:59)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2018年1月11日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

2018年1月7日追記
サークル様からいただいたご指摘通り「Re_01.永遠に」をおまけから本編へと移し
それに合わせて本編およびおまけの時間構成を修正しました。
大変失礼いたしました。

お世話の日~優しく甘いご主人様開発調教日記~

サークル「サイドオフ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性とSっ気の両方を兼ね備えた二人のメイドが
幼児プレイ要素をそれなりに含んだエッチなお世話をします。

左右に寄り添い耳を同時に舐めながら軽めの言葉責めをしたり
大きなおっぱいから吹き出す母乳で彼の顔を真っ白にするなど
Mな男性をもてなすことを強く意識した甘く恥ずかしいサービスをしてくれます。
ダブル耳舐めの時間が長いのでこれが好きな人ほど楽しめるでしょう。
Mで甘えん坊なご主人様へのプレゼント
メイドのアリスとカリンがエッチにご奉仕するお話。

「おはようございます ご主人様 ご気分はいかがですか?」
アリスは上品で穏やかな声のお姉さん。
月に一度だけあるお世話の日の朝、嬉しそうな表情の主人公に挨拶すると
早速お目覚めの耳舐めをして気持ちいい射精へ導きます。

本作品は仕事や日頃の生活を頑張ってる彼へのご褒美に
彼女たちが4つのシーンに渡ってややM~M向けの変わった調教を施します。
母乳をぶっかける、顔を足で踏みつけるといったアブノーマル路線のプレイ構成ですが
特別な日ならではのやり方で彼の欲求を満たしてるだけで彼女たちに悪意はまったくありません。
愛情を感じる言葉が至る所に散りばめられていて雰囲気はとってもあまあまです。

アリス「はーいご主人様 おっぱいの時間ですよー」
カリン「私たち二人の分 いっぱい飲んでくだちゃいねー」
複数の女性が登場する長所を活かし多くのシーンで体を密着させ二人同時に責めてくるのもそう感じる理由です。
挿し絵の通り大きなおっぱいを持ってるだけあって二人とも母性が強く
変態的な責めを受けて喜んだり恥ずかしがってる彼を嬉しそうに見守ります。

お世話の際に二人が耳舐めを積極的にするのも大きな特徴です。
2番目のお昼パートを除く3パートで登場し、総時間の約6割にあたる43分間行います。
特にダブル耳舐めは34分もありますからちゅぱ音に頭の中を包まれてる気分がするでしょう。
ペースを緩めにする代わりに音の質感をやや下品にしてエロさを出してます。

母性漂う女性たちが同時にアブノーマルなプレイをするシチュと充実した耳舐め。
男女がする一般的なエッチとは色んな部分に違いを持たせたマイルドな調教作品です。
見下しつつ甘やかすエッチ
エッチシーンは4パート60分間。
プレイは耳舐め、おむつの装着、顔に母乳をかけられる、顔を足で踏まれる、手コキ、ダブル耳舐め、オナニーです。
母乳噴射、足で踏まれる、手コキの際に効果音が鳴ります。

「いいんですよ 素直に感じて 私たちがしっかり開発…いえ お世話してあげますからね」
これからされるお世話に期待してる主人公の右耳に軽く息を吹きかけると
アリスはそのまま耳の上側を舐めて彼の気持ちに応えます。

エッチはどのパートもメイドたちがご奉仕します。
一番最初の「朝のお世話」はアリスと一対一でエッチするパート(約9分)。
前半は右耳、後半は左耳と位置を変えて耳の各部位を舐めたり赤ちゃん言葉を話します。

「前のお世話でも言ったセリフだよね? あの時はハイハイバブバブまでやったのに 何を今更恥ずかしがってたんでちゅか? 言えまちゅよね?」
「ん? 持ち帰ってどうするのって? それはもちろん 匂いを楽しんだり 自分で穿いてあそこの部分を 私のあそこに擦り合わせたりするんですよ」

アリスは年上系メイドのイメージにピッタリな優しくて世話好きなキャラ。
アブノーマルなプレイを恥ずかしがる彼の心を言葉で開放して赤ちゃん気分に浸らせたり
カウパーで汚れた彼のパンツをオカズに後でオナニーすると明言して愛情を示します。
喜びも、快感も、羞恥も分かち合おうとするあたりに主従の絆を感じました。

耳舐めについては30秒くらいちゅぱ音を鳴らしてから軽く話すのを繰り返します。
単調さが出ないように耳の上側、耳たぶ、穴の入口とシーンによって責める部位を変え
それに合わせて音の質感も変えてプレイに臨場感を与えてます。
おちんちんに一切触れずに射精させてるので実際に抜くのは難しいでしょうが雰囲気作りの役割は十分果たしてます。

本作品の売りである同時責めが始まるのは次の「お昼のお世話」から(約16分)。
お昼ご飯に母乳を飲ませようとして拒否されたメイドたちが
左右から彼の顔に何度もぶっかけて赤ちゃんの心構えを教えます。
さらに次の「夕方のお世話」パートではダブル耳舐めをたっぷりして彼の耳と心を蕩かせます(約24分)。
ちなみにこれ以降は赤ちゃん言葉をあまり言わなくなります。

「やだご主人様 そんなことなさってたんですか? 最低なド変態野郎ですね」
「なんだかすごい背徳感で お腹のあたりが疼きますわ」

ここから登場するカリンはアリスに比べてSっ気の強いキャラ。
ややトーンの低い落ち着いた声で彼に軽めの言葉責めをぶつけつつ
母乳まみれの情けない姿に母性をくすぐられて興奮します。
変態なご主人様に仕えてるだけあって彼女たちもそれなりに変態なところを持ってます。

母乳噴射については「ぶぴゅっ」という水音を左右交互に何度も鳴らします。
もうちょっと実況してくれたほうがリアリティが出るかなぁとも思いますが
元々音声で表現するのが難しいプレイですし雰囲気は出てると思います。
中盤に5分程度やる顔踏みや終盤の手コキなど、前のパートに比べて効果音が充実してます。

カリン「いつも変態音声聴きながら 私たちにこうされることを想像してたんでしょ? この淫乱マゾ」
アリス「ほら ためらわないで ご主人様の恥ずかしい姿 全部見ててあげるから」
「夕方のお世話」パートでするダブル耳舐めもちゅぱ音とセリフをある程度分け
アリスは優しめ、カリンはきつめと二人の違いが出る表現で言葉責めをちょこちょこぶつけます。
幼児プレイ要素が薄いパートなので本作品の中では変態度が低めです。
オナニーの時間も17分程度用意されていて最も抜きやすくなってます。

このように、愛情深い女性たちが相手に合わせた方法で甘やかす変わったエッチが繰り広げられてます。
愛のあるM向け作品
Mな人を喜ばせることだけを考えた密度の高い作品です。

アリスとカリンは日頃お世話になってる主人公にお世話の日を思いっきり楽しんでもらおうと
朝から夜までつきっきりで変態向けの色んなプレイをします。
そしてその中に作品の特徴を盛り込んで個性を打ち出してます。

年上の女性が左右に寄り添い個別に、あるいは同時に責めるシチュ
ノーマルなプレイとアブノーマルなプレイを組み合わせた独特な幼児プレイ
根は優しいけど彼のためならSにもなれる二人のキャラ。
複数人プレイの持ち味である密度の高さや彼女たちの違いが出る形でエッチを行い仲の良さを表現してます。

アリス「ご主人様は おちんちんシコシコしながら喘ぐ 恥ずかしいお方ですね」
カリン「私たちはそのお姿を 今夜のオカズにするんですよ」
中でもキャラは言葉や行動に彼を慕う気持ちが滲み出てます。
恥ずかしい姿を見たがるのは結局のところすべてを知りたいほど彼のことが好きからです。
その証拠に彼女たちも自分たちの気持ちや性癖をためらうことなく晒します。
良いところも悪いところも全部受け止め合える大変親密な主従です。

しかしその一方でエッチは機械的と言いますか単調さが目立ちます。
どのパートも二人がまったく同じプレイを同時にするだけで
そのやり方もパートやキャラごとの違いが特に見られないのが主な理由です。

前者はお昼がダブル母乳噴射、夕方はダブル耳舐め、夜はその両方を同時にやります。
例えばアリスが耳を舐めてカリンが言葉責めをするとか母乳噴射+フェラなど
異なるプレイを同時にやっていればコンビネーションが生まれてまた違うエッチになったでしょう。
ダブル耳舐めをするのは別にいいのですが、全パートで二人がまったく同じことをするのはどうかと思います。

後者は特に耳舐めがわかりやすいんですけど、30秒くらいちゅぱ音を固めて鳴らし
それから軽くしゃべって耳舐めに戻るのを全パートで繰り返します。
しかもダブル耳舐め中にしゃべる時はほぼ必ず二人同時に舐めるのを止めます。
また耳舐めの流れも耳の上側→耳たぶ→穴の入口で統一されてます。

彼女たちが性処理用アンドロイドならこういう緻密なプレイでも良かったのかもしれません。
ですが人間に設定されてるならもう少し不規則さを盛り込んだほうがらしさが出ると思います。
具体的には性格を反映させてアリスはお淑やかな、カリンはややパワフルなちゅぱ音を鳴らすとか
片方が耳の上側、もう片方が穴の入口を舐めて違うタイプの音を同時に楽しんでもらうといった感じです。
お昼以降のパートは根っこがどれも一緒なので、もっと表現に幅を持たせてエッチを組み立てて欲しかったです。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

プレイは面白いのだけど全体の流れが単調になってると判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:11:45

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

もう赤ちゃんから戻れなくなるバブバブプレイ 癒しと背徳の乳児退行逆子育て

もう赤ちゃんから戻れなくなるバブバブプレイ 癒しと背徳の乳児退行逆子育て(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「ハイハイ期・前編」以降の様子を中心に紹介します。
大人を捨て赤ちゃんになる
後編のエッチシーンは4パート85分30秒間。
プレイはよだれかけ/ベビー帽/おむつの装着、おまるに跨る、手コキ、キス、ハイハイ、記念撮影、ハグ、授乳、股間の愛撫、お掃除フェラ、おむつ交換です。
手コキ、記念撮影、股間の愛撫、おむつ交換の際に効果音が、授乳の際にちゅぱ音が鳴ります。

「バブちゃんは このおまるに跨って 白いおしっこちっちしちゃうんでちゅよ」
ヨチヨチ期のサービスをクリアし大人赤ちゃんになる第一歩を踏み出した主人公は
ほのかママのリードに従いよりディープな幼児プレイに挑戦します。

「ハイハイ期」パートは生後9ヶ月あたりの赤ちゃんを見据えたプレイ(約37分30秒)。
前編はおまるに跨っての手コキ、後編はハイハイ&記念撮影とプレイスタイルを大きく切り替え
今までと同じく彼女が赤ちゃん言葉を大量に投げかけながら優しく優しく躾けます。

「このおちょと怪獣をね おまるの底に敷いちゃうの」
ここで彼女が掲げてるテーマは「大人の自分との決別」。
ヨチヨチ期に1回射精したご褒美によだれかけを身に着け、おまるに跨り
おちょと怪獣という架空の生物を特殊な方法で撃退するなど、今まで以上に赤ちゃん色の強い要素がいくつも登場します。
やってる事は彼女に後ろから抱きつかれての手コキなので割と普通です。

「いいの いくちゅになっても おまるに跨っていいの 赤ちゃんに年齢は関係ないないなの」
彼にとって大人をやめることは生活など大きなデメリットを伴います。
それを踏まえて彼女はおまるに跨り恥ずかしがったら赤ちゃんに年齢は関係ないよと諭したり
大人を捨ててダメになったらママがずっと面倒を見ると言うなど
引き続き彼の心を解きほぐしながらプレイを進めます。

ヨチヨチ期に比べて変態性が増してるからこそセリフの表現により力を入れてます。
快楽で押し流すよりも幸福感で包み込んで思考力を奪う感じですね。
このパートでは製品版に付属してる「大人証明書」というアイテムを使いますから
プレイする際に印刷してそばに置いておくとより強い快感と没入感が味わえます。

「大きくなっても バブバブだーいちゅきなあまえんぼ赤ちゃんが ママの一番の宝物」
直後に始まる「ハイハイ期・後編」はなりきり具合の確認と呼ぶのがピッタリな内容。
おちょと怪獣を無事撃退できたご褒美に今度はベビー帽を与え
さらに何度かハイハイをさせたり、その様子を写真に収めて初めての思い出作りをします。
7分程度の短いパートですが彼女の溺愛っぷりがさらにエスカレートしていて本当に甘いです。

彼が大人から赤ちゃんになる決心をしたことでこれまでの抵抗させて蕩かす方針から
ストレートに甘やかして赤ちゃん気分にどっぷり浸からせる方針へと変化します。
これ以降のプレイのほうが正統派の幼児プレイに近いですね。

甘さが最高潮に達するのは一番最後の「新生児」パート。
ひとつ前の「おすわり期」パートでようやくおむつの装着を完了したご褒美に
彼の体をエプロンとおっぱいで挟み込み、そのまま授乳手コキで白いおしっこを吐き出させます。
サンプル画像の2枚目を見ればどんな体位かわかるでしょう。

「甘えん坊でまじゃこんさんで 一人じゃ何にもできにゃい ダメダメさんな赤ちゃんだけど バブちゃんは世界で一番だーいちゅきな ママの大きな赤ちゃん」
身も心もすっかり赤ちゃんに染まった彼を彼女も本物の母親と同じ姿勢で受け止めます。
抵抗させるアプローチがなくなったおかげで素直に甘やかすシーンがさらに増え
プレイについてもおっぱいでの授乳、おむつの中に手を入れての手コキ、射精後にはその交換と
すべてにおいて男女がする一般的なエッチとは明らかな違いがあります。

プレイに関する実況をあまりしないのでイメージしにくいところもありますが
膨大な赤ちゃん言葉と母子らしさを感じるやり取りがとてもいい気分にさせてくれます。
彼のダメさが増すほど彼女の甘やかしっぷりがパワーアップする展開が実に良いです。

このように、溢れんばかりの愛情を注ぎ込んで心と体を骨抜きにするテーマ性の強いプレイが繰り広げられてます。
どんどんダメになっていく作品
体よりも心の快楽や充実感のほうを強く得られる作品です。

ほのかママは厳しい現実に押しつぶされそうになってる主人公を地獄から救い出そうと
最初から好感度MAXの状態で彼に接し、一歩一歩手順を踏む形で本物の赤ちゃんへと作り変えます。
そしてそれをより効果的に推し進めるために前半はわざと抵抗する指示を出しつつ
自分の愛の強さや赤ちゃんになりきる心地よさをたっぷり教え、その後からストレートに甘やかします。

合計で2時間以上もある多彩かつ高品質な赤ちゃん言葉
彼の状況に合わせて用意される幼児プレイを強く見据えた要素の数々
そして抵抗されてもちっとも怒らず、むしろすべてを抱きしめようとする彼女のあまあまなキャラ。
甘える快感、ダメになる快感といった大人の男性にとって補充しにくい成分を多量に含んだエッチをします。

「頭の中を ママのおっぱいでいっぱいにちてくだちゃい ママの柔らかいパイパイを思って おいちいおいちいママのパイパイ ほちほちちて?」
中でも赤ちゃん言葉はサークルさんがこだわられてるのか
「~でちゅ」などの語尾だけでなく名詞や細かな言い回しに至るまで表現が徹底されてます。
全編を通じて彼女が喋らない時間がほとんどないので、赤ちゃん言葉が好きな人ならまず間違いなく楽しめます。
分倍河原シホさんの柔らかい声や口調も彼女のキャラに合ってます。

それに対してスキンシップは一般的なプレイにかなり近づけてます。
ヨチヨチ期は哺乳瓶を飲んでる以外はごく普通の手コキですし
ハイハイ期や新生児も手コキをベースに他の要素でそれぞれの違いを出してます。
おすわり期以外の各パートに射精が1回ずつあるのもそう言える理由のひとつです。

これらはすべて幼児プレイ初心者に向けた配慮なのだと思います。
音声開始から40分以上もの時間を事前の準備に費やしてるのもそうです。
前作「あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング」は経験者寄りの内容だったので
あちらの感覚でこちらを聴くと回りくどく感じるかもしれません。
ですがこの手の作品にあまり触れたことのなかった人にとってはやりやすく感じるのではないでしょうか。

幼児プレイ作品をこれまでどれだけ聴いてきたかで印象や満足度が随分変わる作品と見ています。
前作のレビューの総括部分で私は「射精にこだわらないことがいないいないばぁさんの魅力だ」と書きました。
その観点からいくとこの作品は魅力を損なってることになります。
でも少しずつダメにしていく流れや進め方の丁寧さといった他の良い部分があるのも事実です。
要はサークルさんがメインターゲットを多少変えてきたのだと思います。

後編の射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

強引さをまったく感じないやり方でダメにしてくれる作品です。
おまけは後日談とお仕置きです。

CV:分倍河原シホさん、浪実みおさん
総時間 3:07:14(本編…2:58:21 おまけ…8:53)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
187分で1000円とコスパがいいので+1してあります。

もう赤ちゃんから戻れなくなるバブバブプレイ 癒しと背徳の乳児退行逆子育て

サークル「いないいないばぁ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大らかな性格と大きなおっぱいを持つお姉さんが
心の中で赤ちゃんになりたい願望を抱いてる男性にあまあまな調教を施します。

ヨチヨチ期→ハイハイ期→おすわり期と後になるほど退行が進むようにお世話するのが特徴で
幼児プレイ未経験者でも楽しめるよう心のケアにも気を配りながら
大ボリュームの赤ちゃん言葉やテーマに沿った独特なプレイで少しずつ確実に心を蕩かせます。
プレイ中に敢えて抵抗させて彼女に負ける快感を味わわせてくれるのもポイントです。

音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください(無しでも可)。
おむつ、ベビー帽、よだれかけ、おしゃぶりor哺乳瓶、ガラガラ、鏡、おまる

総時間が3時間以上あるため前編(1~3)と後編(4~7)の2回に分けてお送りします。
大人から子供の心に
バブバブホンポの大人専門ベビーシッター「ほのか」に幼児退行のサービスを受けるお話。

「ごめんくださーい こんばんは」
ほのかママは上品で穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、主人公の家に突然やって来て自己紹介すると
部屋の中にベビーグッズが少ないのを見て彼が素直になれてないことを見抜きます。

本作品は赤ちゃんに帰りたい欲望を抑えて仕事に励んでる彼を救うために
彼女が全部で4種類のご奉仕をしながら心を少しずつ開放していきます。
「初めてのヴァーチャル赤ちゃんプレイでもご安心ください」とサークルさんがおっしゃられてるように
どちらかといえば幼児プレイマニアよりも未経験者を見据えた内容になってます。

「どうでちゅか? あんちんちゅるかな? ママたっくちゃんお体撫でてあげるね」
幼児プレイは赤ちゃん言葉や授乳手コキなど、年上の女性が徹底的に甘やかしながら気持ちよくすることが多いです。
本作品もその例に漏れず音声開始から3分後には早速赤ちゃん言葉がセリフに混じり始め
抱きしめて頭を撫でる、哺乳瓶を咥えてミルクを飲ませるなどテーマを強く意識したサービスがいくつも登場します。

ただし、いないいないばぁさんの作品は性的に気持ちよくなるよりも赤ちゃんになりきることを重視してるため
おちんちんを初めとする性感帯への責めは比較的マイルドです。
その代わり心が癒やされる、満たされる言葉を大量に投げかけて気持ちよく射精できる環境を整えます。
エッチの最中はほぼずっとしゃべり続けますから聴けば聴くほどいい気分が湧いてくるでしょう。
「このまま聴き続けてたら本当にダメになるんじゃないか」と思えるほど強烈な甘さを秘めてます。

最初の2パート41分30秒間は幼児プレイを始めるまでの準備にあたるシーン。
「プロローグ」は二人が出会い主人公にこのサービスを受け入れさせるまでの様子を描いたドラマパート
「大事な大事なルール」はサービスのコンセプトやプレイ中の注意点を説明します。
ちなみに本作品は全編でオルゴールBGMが流れ続けます。

「本当は誰かに甘えたいのに それを隠して 大人のフリをしていませんか?」
ほのかママは彼が幼児化したいと思いつつ沼にハマるのを恐れてることをよく理解してるので
大人専門ベビーシッターだからといって強引に甘やかそうとせず、まずは彼の心を解きほぐそうとします。
己の欲求を押さえ込んだまま生活してたらいずれ心が壊れてしまう。
だから今いる場所を二人だけのベビールームに設定し、自分がママになってあなたをとことん愛します。
自分よりも彼の立場に立って話し、ダメになるのはむしろ良いことなんだよと教えます。

一般的な幼児プレイ作品は聴き手がこの手のプレイが好きなのを前提に作られてるので
こういった前置きをあまり挟まずすんなりエッチへ移ります。
ですが本作品は幼児プレイ未経験者でも楽しめるのが売りですから幼児プレイを受け入れる心の準備から始めます。

幼児プレイ作品を色々聴いてる人にとってはたぶん回りくどく感じると思います。
ですが間口を広く取りつつ彼女の甘さや優しさを表現できてるのも事実です。
幼児化調教と銘打ってますが、聴き手が自らそれを受け入れたくなるようにお話を進めます。

「この躾では いきなりバブちゃんを赤ちゃんにするのではなく 少しずつ赤ちゃんの生活に慣らしていくことにします」
続く「大事な大事なルール」にもその特徴が色濃く出てます。
これまでの説明を聞いてもまだ決断しかねてる主人公が安心して甘えられるように
パートごとに異なるテーマを掲げて段階的に幼児退行を進めていくことを教え
しかもプレイ中にこちらが抵抗を見せてもまったく問題ないと告げます。

赤ちゃんになりきるのが目的なのに敢えてそうならないよう呼びかけるのは面白いですね。
そういった部分も含めて全部優しく包み込んでこそのママだと考えてるのでしょう。
実際のところ彼女の甘やかしっぷりは凄まじく抵抗する気など簡単に削がれてしまいます。
甘い言葉と責めですべてを蕩かす濃厚なエッチ
前編のエッチシーンは40分間。
プレイはキス、ハグ、愛撫、おちんちんに母乳をかける、授乳、手コキです。
母乳をかける、手コキの際に効果音が、授乳の際にちゅぱ音が鳴ります。

「今日はママがたっくちゃん バブバブさせてあげまちゅよ」
色んなお話をして主人公を一応納得させたほのかママは
幼児化の手始めとしておっぱいの吸い方と白いおしっこの出し方を教えます。

エッチは彼女が終始お世話する形で進みます。
「ヨチヨチ期」パートにおけるメインのプレイは授乳と手コキ。
予め用意した彼女の母乳が入った哺乳瓶を咥えて飲み始め、しばらくするとそれに手コキが加わります。
哺乳瓶やおしゃぶりがない場合は親指をしゃぶれば没入感が増すでしょう。

「たっくちゃんのみのみちて たっくちゃんバブバブちゅれば 本物のパイパイちゅっちゅだって できるようになるからね」
彼と本格的な幼児プレイができるようになって本当に嬉しいのでしょう。
プレイ中はほぼ100%赤ちゃん言葉で喋り続けますし、セリフの表現も細かなところまで気を遣っていて質が高いです。
一般的な音声作品に比べてセリフの密度が高いので文字通り赤ちゃん言葉に溺れる気分が味わえます。

「ほーら 亀しゃんいないいないばぁー いないいないばぁー」
プレイの方も幼児プレイを意識したものばかり。
彼がまだ完全な赤ちゃんになりきれてないことに配慮して自分のおっぱいを吸わせることはないものの
授乳の時間が33分とかなり長く、手コキも「ムキムキ体操」と名前を変えて包皮越しに細かくしごきます。
雰囲気重視の作品ですが指示通りにやればちゃんと射精できるように作られてます。

彼女の母性が最も強く出てるのはパートの後半。
「射精したらベビー用品を身に着けてね」と言われてなんとか我慢しようとする彼に
様々な言葉を投げかけて負ける気持ちよさやダメになる喜びを教えます。

「ママの母性に勝てなくてもいいの バブバブちてもいいの 弱くていいの 負けてもいいの なちゃけなくていいの ちょんな弱い弱いバブちゃんを ママが守ってあげまちゅからね」
彼女は彼が情けない姿を晒しても、快楽に負けて射精しても一切見下しません。
むしろ自分にすべてを曝け出してくれたことに感謝しさらに甘やかします。
「馬鹿な子ほど可愛い」なんて言葉があるように、母親にとっては子供の弱点も魅力に映るのです。

良いところも悪いところもすべて受け入れて愛す。
この溢れんばかりの包容力を見せつけられてもまだ抵抗しようと思う人はそうそういないのではないでしょうか。
体への責めも十分個性的ですけどやはりセリフのほうがずっと練られてます。
射精シーンの直前には応援のセリフ、最中はぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのも相まって
胸や脳内に温かいものを感じながら気持ちよく射精できました。

前編の射精シーンは1回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは後日談とお仕置きです。

後編へ続く…。
もう赤ちゃんから戻れなくなるバブバブプレイ 癒しと背徳の乳児退行逆子育て(後編)

CV:分倍河原シホさん、浪実みおさん
総時間 3:07:14(本編…2:58:21 おまけ…8:53)


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ