同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:幼児プレイ

   ● 低音ボイス爆乳サキュバスお姉さんのもっと!添い寝シコシコサポートII
   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ&しおりママ ~Wママハーレムコースでアメとムチ大作戦~
   ● 叱られ射精4 ダウナー幼馴染JKの嫌々ママ手コキ
   ● 毒舌クールなJKリネットに性的に翻弄される音声
   ● 【マゾ・マニュアル】搾精ママの誘惑
   ● 媚び媚び男の娘妖怪の幼児化促進計画ぅ~【バイノーラル/ハイレゾ】
   ● 【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(後編)
   ● 【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(前編)
   ● クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】
   ● 妖艶なムチムチ魔女によるねっとりしつこい乳首責め快楽地獄




サークル「エーアイスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間の男性を異性として本気で愛してる低音ボイスサキュバスが
自宅の部屋や夢の中で色んなエッチをして幸せな時間を過ごします。

サキュバスらしさを出しつつ愛情たっぷりなプレイをするのが特徴で
寝ている彼を気遣いながら夢精へ導いたり、幼児プレイや新婚夫婦ごっこをしてたのが
終盤は力強いキスや貪るようなSEXをして己の欲望をストレートにぶつけます。
サキュバスらしくないサキュバスと
サキュバスさんと4種類のエッチをするお話。

「おーい おーい よ、今夜も邪魔するぞ」
サキュバスさんはトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、主人公の家にやって来て遅れた理由を話すと
彼がぐっすり寝てることに気づき、起こさない程度に耳へキスします。

本作品は2020年8月に出た人気作「低音ボイス爆乳サキュバスお姉さんの添い寝シコシコサポート」の続編。
随分前に知り合ってから毎日のようにエッチしてる2人が
現在どのような日々を送ってるかをおよそ90分に渡ってお届けします。
シリーズ作品なので自己紹介や背景説明といった前置きは最低限まで削り
音声開始から3分後には早速エッチを始めます。

前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
本編のおよそ86%がエッチシーンなので未視聴でもそんなに影響はありません。
2人が相思相愛で頻繁にエッチしてることさえ理解しておけば大丈夫です。

「こうも狭い寝床でも 用意されたとなれば ここで夜を越さないわけにはいかないじゃないか」
最大の魅力は彼女のキャラ。
一般的なサキュバスよりもずっと柔らかい態度で彼に接したり気持ちよくします。
例えば物語の冒頭に寝ている彼のところへ彼女が来るシーンがあるのですが
無理に起こさず自分のために空けておいてくれたスペースで安らいだ表情を見せます。
またこの後のパートではママや嫁といった親密な関係になりきってエッチします。

彼女はサキュバスなので当然精液をいただくことも目的としてます。
しかしそれ以上に彼を喜ばせたい、幸せにしたいという思いを込めてお世話します。
言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注いでくれますから
聴けば聴くほど癒されたり満たされる感覚が湧いてくるでしょう。
サキュバスのイメージを敢えて崩してキャラに個性を与えてます。

じゃあ全然サキュバスじゃないのかと言われればそうでもありません。
主にエッチの内容が人間の女性と明らかに違います。
最初のパートでは寝てる彼の夢の中へ入って気持ちよくしますし
それ以外にも尻尾責めや発情期といった独自の要素を盛り込んでます。

ちなみに本作品は「就寝前に寝転んだまま気軽に聞ける」をモットーにしてるので
物語の終盤や射精直前を除けばスローペースで責めることが多いです。
どのパートも時間が20分くらいあり、射精シーンも1回ずつと無理なく抜けるスタイルを取ってます。
販売ページのジャンルに「オナサポ」が入ってますが、作中でオナニーするシーンはありません。
甘さとエロさを兼ね備えたエッチ
エッチシーンは4パート69分間。
プレイは耳キス、キス、おちんちんの愛撫、授乳尻尾コキ、乳首責め、太ももコキ、セルフ乳首舐め、乳揉み、SEX(騎乗位)です。
尻尾コキ、乳揉み、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「どれ 下着に手を突っ込んでも バチは当たるまい 直接まさぐらせてもらうぞ」
主人公の左側に密着しおちんちんに手を伸ばすと
サキュバスさんは耳とキスを同時に優しく責めて彼の反応を確かめます。

エッチは彼女がリードしつつ責め合う形で進めます。
前半の2パート36分間は比較的ソフトなプレイをするシーン。
「01夢の中での夢精促進囁き寝かしつけ(約18分)」は夢の中で耳キスとおちんちんの愛撫
「02甘やかしたい日のイチャイチャ授乳尻尾コキ(約18分)」は添い寝の体勢で授乳尻尾コキをします。

「遊んでくれないのか? 遊ぼうよ お姉さんの体と 遊ぼ?」
前作で何度もエッチしただけあって彼女は最初から好感度MAX。
ぐっすり寝てる彼を起こさないよう気を遣いながら自分の気持ちも漏らします。
彼がベッドの端っこで寝てたところを見ると、彼女を待ってる途中で眠くなったのでしょう。
ちょっとした描写から2人がお互いを思いやってることが伝わってきます。

01パートは相手が寝てる状況なので体への責めは結構ソフトです。
耳キスは耳舐めと違い唇を小まめに離してちゅっちゅする感じですし
おちんちんの愛撫も音を鳴らさずに竿や金玉を丁寧に撫でます。
その代わり愛を感じるセリフを多く投げかけて心を存分に潤します。

ここは前作未視聴の人でもついてこれるように
彼女の魅力や2人の仲の良さをわかりやすく表現することを心がけてます。
雰囲気作りの意味合いが強いので、実際に抜くのは次のパートからになるでしょう。
通常のサキュバス作品でソフトなプレイは生ぬるいと感じますが
本作品の場合はむしろこういう始まり方のほうが持ち味が出ると思います。

「気持ちいい ぺろぺろ おじょうじゅでちゅね」
02パートは幼児プレイ色の強い内容。
彼女はおちんちんの竿を尻尾で、亀頭を太ももで優しく擦り
彼はお返しに大きなおっぱいにむしゃぶりついて赤ちゃんのように甘えます。
ところどころで赤ちゃん言葉を挟むなど彼女もノリノリな様子で相手します。

後になるほど吐息が熱くなったり喘ぎ声の量が増えるのが良いですね。
彼女がお世話してるはずがしっかり乱れる一体感のあるプレイが味わえます。
彼を甘やかしたらそれと同じくらい彼に甘やかしてほしい。
共依存とでも言いますか、2人が対等な立場で愛し合ってることをエッチな手段で表現します。
ちなみに最終パート以外は射精時にぴゅっぴゅのセリフで応援してくれます。

後半の2パート33分間は彼女の二面性に光を当ててるシーン。
「03新婚夫婦イメージプレイ生えっち(約18分)」新妻になりきって
「04発情した日の完全合意逆レイプ(約15分)」はサキュバスらしさ全開でキスと騎乗位SEXをします。

「あなた 今日は抱いてくれないんですか?」
前者は02パートと同じくらいあまあまな内容。
普通の洋服を着たり角や尻尾を隠して人間の女性と同じ姿になり
さらに彼を「あなた」と呼んでイチャラブ感の強いSEXをします。
前作に恋人ごっこをするパートがありましたから、それをさらに発展させたのでしょう。

肝心のSEXも頭を撫でる、抱き合う、おっぱいを揉んで彼女を乱れさせるなど
現実世界の新婚夫婦もやってそうな要素を絡めてゆっくりピストンします。
彼女の声が割とクールだからこそ、彼のためにここまで尽くす姿が余計愛らしいです。
フィニッシュもきっちり中出しを決めるなど、身も心も深く繋がってるのが感じられます。

「そうだ 子宮の口と 鈴口でも 何度もキスを…これ好きっ 乳首も頼む 可愛がってくれ」
それに対して後者は欲望丸出しの野性味を持ったSEX。
パート開始直後から彼女の息遣いが明らかに熱っぽいですし
彼の同意を得た後は力強いキスや激しいピストンで一気に上り詰めます。

03パートとほぼ正反対の特徴を持ってるので、続けて聴くと同じSEXでも随分違う印象を受けます。

ここが一番の抜きどころになるでしょうね。
今までのスローなエッチとは別の路線を歩んでますし、言葉と行為に彼女の気持ちがストレートに表れてます。
サキュバスが出てくる作品で最初から最後までまったりしてたら締まりませんから
最後くらいはこういうプレイをやったほうがバランスも取れると思います。
プレイ自体はSEXしながらキスを繰り返すとてもシンプルなものです。

このように、彼女が持つ優しさと激しさを混在させた愛情深いエッチが繰り広げられてます。
イチャラブ全開のサキュバス作品
体だけでなく心も深く繋がることを目指したノーマル向け作品です。

サキュバスさんはほぼ毎日のようにエッチしてる主人公と幸せな時間を過ごすために
ある時は彼のリクエストに沿ったプレイを、またある時は自分のやりたいプレイをします。
そしてその中に好意、愛情、思いやりを感じるセリフや仕草を数多く盛り込み心も存分に温めます。

母性と人間味のあるサキュバスが男性とひたすらイチャイチャする純愛系のシチュ
彼女らしさを出しながら比較的ゆっくり責める落ち着いたエッチ
普段は優しいけど発情するとドスケベになる二面性を持ったキャラ。
前作の長所を継承しつつ、2人の関係がさらに前進するように作品を組み立ててます。

「あの頃のぬし殿は 可愛かったな …今でも可愛いぞ」
中でも3番目は良い意味でサキュバスらしくないところがすごく魅力的です。
彼と付き合い始めてからは他の男とエッチしてないようですし
人間をモノ扱いして精液を搾り取る一般的なサキュバスとは明らかに違います。

エッチの時間は長いですけど、最初から最後までガンガン責めるスタイルではなく
雰囲気を作ったりゆっくり追い込む過程を大事にした作りになってます。
セリフの質にこだわってるので満足感や幸福感に包まれながら抜けるでしょう。
最終パートは抜き系のプレイをしますから消化不良になることもないです。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは「バスト成長申告 甘抜きパイズリ」「添い寝耳キス好き囁き寝かしつけ」「口説きモードキス」です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:36:42(本編…1:20:45 おまけ…15:57)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月16日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
前作も10月16日まで50%OFFの605円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人だけが利用できるエッチな保育園で
2人のママが甘えん坊な男性に幸せで気持ちいいひと時をプレゼントします。

幼児プレイ要素を多めに盛り込んだうえでエロさも高いエッチをするのが特徴で
どのパートも2人が連携を取りながら違う手段で性感帯を責め続け
中盤以降は通常のSEX、レズSEX、アナルSEXを中心に置いて艶めかしい喘ぎ声をガンガン漏らします。
癒しのパワーも強いですからいい気分に浸りながら抜けるでしょう。
赤ちゃんに戻れる大人の楽園
甘園房でゆかりママ(挿し絵左)、しおりママ(挿し絵右)に甘やかしてもらうお話。

「この度は 当店甘園房にご興味を持ってくださり 誠にありがとうございます」
受付嬢ののどかさんは明るくて穏やかな声の女性。
甘園房の利用を検討してる主人公に挨拶すると
お店とサービスの特徴や所属するママたちのことを簡単に説明します。

本作品は2019年から続いてる人気シリーズの第5弾。
大人になっても女性に甘えたい願望を強く持ってる人のために
彼女たちがおよそ180分に渡って6種類のエッチなサービスをします。
登場人物は過去作と一緒ですがストーリーの繋がりは特になく
初来園verと再来園verがあるので新規の人もすんなり入れます(流れは一緒で一部のセリフが違います)。

ちなみに当サイトでは1作目以外すべてレビュー済みです。
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ~ゆかりママとうちで過ごそう~
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ

ゆかりママ「両耳舐め舐め 気持ちいーい? ボクのお耳 柔らかくって はむはむし甲斐があるよ」
最大の特徴は幼児プレイ成分をたっぷり含んだ濃厚な甘やかし。
ゆかりママはママらしいあまあまな声と態度で愛情を込めてお世話します。
彼女は口を使うのを得意としておりキス、耳舐め、フェラといったプレイを好んでやります。
「ばぶばぶ」「ごろーん」などセリフも独特なものが多く、聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。

しおりママ「ぴゅっぴゅはまだだーめ」
それに対してしおりママはちょっぴり意地悪な女性。
射精が近くなった時にわざと禁止してもどかしい気分にさせたり
終盤では彼のアナルをペニバンで責めて射精とは違う快感を与えます。
ゆかりママを激しく責めるシーンもあったりと多少のSっ気が見られます。

ただし、本作品の主役はあくまで幼児プレイですから
一般的なM向け作品に出てくるきつい言葉責めやプレイはあまりありません。
褒めたり甘やかすセリフも普通に言いますし、エッチを盛り上げる触媒として取り入れてます。
ゆかりママとの違いを明確にする意味もあるでしょうね。

本作品の独自要素は2人が同時に責めること。
ゆかりママは左、しおりママは右に陣取って手分けしながら色んなプレイを繰り出します。
過去4作はすべて一対一だったので、それらを聴いてる人は以前よりも内容が濃く感じると思います。
終盤はSEXが中心になってるおかげで彼女たちの喘ぎ声も多めに流れます。

甘園房はあくまで大人赤ちゃんをお世話するためのお店ですから
ガチの幼児プレイみたいに射精シーンを極端に減らすとかはしてません。
甘さとエロさを両立させたサービスをするのでオナニーのオカズとしても普通に役立ちます。
このへんもシリーズがずっと続いてる理由なんじゃないかなと。
気持ちよく甘やかしてくれるエッチ
エッチシーンは6パート123分間。
プレイはキス、フェラ、耳舐め、手コキ、授乳、ガラガラを鳴らす、マットプレイ、乳首舐め、顔面騎乗、アナル舐め、ちんぐり返し、ゆかりママのオナニー、ペニバンSEX/アナルSEX、腹コキ、SEX(正常位)、ママタクシー(駅弁SEX)です。
手コキ、ガラガラ、マットプレイ、ペニバンSEX/アナルSEX、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ゆかりママ「今日はこのお部屋でぇ ママたちとうーんとエッチなお遊戯 一緒に楽しみまちょうねー」
17分ほどかけてお店の説明やプレイルームへの案内をした後
ゆかりママとしおりママは順番に熱いキスをしてから主人公を裸にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の3パート71分間は2人の違いを出しながら甘さ重視のプレイをするシーン。
「02 キス&両耳舐め手コキ(約22分)」はキス、耳舐め、手コキ
「03 おっぱいキスしながらの、おちんちんキス(約19分)」は授乳+フェラ
「04 ローションマットベッドでヌルヌルお遊戯(約30分)」マットプレイで1回ずつ射精します。
ちなみに本作品は全編で音量控えめな癒しの音楽が流れ続けます。

しおりママ「ママたちのキス 気持ちいいかしら? ふふっ そっかそっか」
ゆかりママ「こゆーいしーしーいっぱいできて えらーいでちゅねー」
そして2人は早速溢れんばかりの愛情を注いであまあまな雰囲気を作ります。
ゆかりママは言葉と行為でストレートに甘やかすし
しおりママも一部を除けば優しい態度を取ってやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
手コキは音を鳴らすだけですから、赤ちゃん言葉とちゅぱ音のほうが存在感は大きいです。

03パートは女性が2人いる状況を有効活用してます。
しおりママは彼に膝枕したままおっぱいを好きに吸わせ
ゆかりママはおちんちんの匂いを嗅いだり激しめにしゃぶって射精へ追い込みます。
本物の赤ちゃんにも使うガラガラを鳴らすなど、テーマ性とエロさを両立したプレイに仕上げてます。
しおりママが普通に喘いでくれるおかげで02パートよりもエロく感じました。

しおりママ「ほーら ボクのお顔の上に 跨ってぇ… 生おまんこさんずっしーん」
04パートはソープのマットプレイにかなり近い内容。
マットへ寝ころんだ彼におっぱいを使ってローションを塗りたくり
さらに乳首舐め、ちんぐり返し、顔面騎乗、手コキ、アナル舐めと多彩な責めを行います。

幼児プレイ要素はセリフくらいですから、前の2パートとはやや方向性が違います。
3時間もある作品でずっと同じ路線だとダレる可能性がありますし
甘さとエロさの比重を変えて違いを出したほうが熱中できると思います。
時間が最も長いことも含めて前半で一番抜きやすいパートじゃないかなと。

後半の3パート52分間はSEX中心。
「05 スーパーあまえんぼうタイム(約15分)」は2人のSEXを間に挟まる形で鑑賞し
「06 ハイパーあまえんぼうタイム(約20分)」はゆかりママとのSEXと、しおりママからのアナルSEXを同時に楽しみます。
そして「07 待合室まで抱っこママタクシーで移動(約17分)」は駅弁スタイルでしおりママにハメながら待合室へ連れて行ってもらいます。

しおりママ「あぁこれすっご すっごぉい」
SEXする点はどれも一緒ですけど、内容はそれぞれに違いがあるので単調さはありません。
05パートと06パートは2人の喘ぎ声がガンガン流れてエロい空間を作ります。
スイッチを入れるとペニバンを装着してるしおりママも気持ちよくなれるという設定です。
ピストンも軒並み激しく大人のSEXをしてるように感じました。

前半部分はどちらかと言えば甘やかしのほうが強かったので
ここは実用性をさらに上げてメリハリをつけてます。
主人公がSEXする時は必ず生ハメ&中出しをしますし、心も体も満たしたまま外の世界へ送り出します。

このように、あまあまな要素を多く盛り込んだうえで体もがっつり責めるバランスの取れたエッチが繰り広げられてます。
心も体もとろける作品
満足感や幸福感に浸りながら抜けるノーマル~ややM向けの作品です。

ゆかりママとしおりママは甘園房を訪れた主人公に満足してもらおうと
左右に陣取り密着しながら色んなプレイをして何度も射精させます。
そしてこれらの最中に赤ちゃん言葉や幼児プレイを色々盛り込み甘えたい欲望も満たします。

タイプの異なるお姉さんたちが甘えん坊な男性のママになって親身にお世話するシチュ
赤ちゃん言葉、癒しの音楽、ガラガラなどテーマ性のある素材を色々盛り込んだ独特なエッチ
常に2人で協力しながら後になるほど濃いプレイをする抜きを意識した作り。
シリーズのファンとそうでない人の両方に楽しんでもらえるよう作品を組み立ててます。

中でもエッチは確かに幼児プレイなんだけど
おちんちんもしっかり気持ちよくする割と欲張りな内容になってます。
彼を赤ちゃんではなく大人赤ちゃんと呼んでるのもこれを成立させるためなのでしょう。
総時間が長いおかげで甘さとエロさ両方を高い水準で持たせることができてます。

あと私は過去作を聴いてるので複数人プレイが印象に残りました。
2人の存在感を同じくらいにしたうえでそれぞれに活躍の場を設けてます。
エッチな声や音の密度も上がってて順当に進化してると言えます。

射精シーンは6回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:ゆかりママ/のどかさん…陽向葵ゅかさん しおりママ…分倍河原シホさん
総時間 初来園ver…2:53:36 再来園ver…2:53:12

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月9日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、幼馴染で現在はママになってる女の子が
お金と引き換えに甘えん坊でMな男子と変わった幼児プレイをします。

甘やかしと意地悪を組み合わせたエッチをするのが特徴で
囁きに近い声量で赤ちゃん言葉を多めに言いながら
きつめの言葉責め、亀頭責め、スパンキングといったM向けのプレイもして上手に追い込みます。
射精シーンでどちらにするか選べるようになってるのもポイントです。
幼馴染がする意地悪な甘やかし
幼馴染(作中の呼称はママ)が手コキや亀頭責めをするお話。

「はーい ママでちゅよー なに本気にしてんの? やっぱお前おかしいよ」
ママは淡々と話す穏やかな声の女の子。
素っ気ない態度で主人公のママになりきると
お金をもらってから服を脱ぐよう指示します。

本作品は彼と以前から付き合いがあり現在は特殊な関係になってる彼女が
およそ35分に渡るエッチで甘やかしたりいじめて気持ちいい射精に導きます。
冒頭にお金のやり取りがあるので援交にあたりますが事務的感はあまりなく
彼が喜ぶことをガンガンやりながら射精をひたすら我慢させる方針で進めます。
物語と声優さんが毎回違うのでシリーズの過去作未視聴でもまったく問題ありません。

「優しいママにいーっぱい甘やかされた後 こわーいママに叱られちゃうの 好きなんだよね?」
全編を通じて赤ちゃん言葉を話すところは確かに甘いですけど
プレイ自体はM度の高いものが多く、さらに命令口調の言葉責めも挟んできます。
どちらかと言えば意地悪の比率が高いですからMな人に最も向いてます。
また終盤に差し掛かると褒められ射精エンドと叱られ射精エンドに分岐します。

ちなみに彼女はマゾが嫌いだけど彼に対して十分な好意を持ってます。
そういう複雑な心境をエッチで表現したかったのかもしれません。
サークルさんのコンセプトである「あまあまだが容赦ない責め」とも合致してます。

エッチについてはローションを馴染ませてからおちんちんの竿や亀頭を責め続け
そこに乳首責め、スパンキング、呼吸管理といったアブノーマルなプレイを盛り込んでます。
亀頭責めの時間は10分以上ありますから、ローションを用意しておいたほうがやりやすいです。
言葉責めの量も多く心身をバランスよく盛り上げてくれます。
飴と鞭を使い分けるエッチ
エッチシーンはおよそ34分間。
プレイは手コキ、スパンキング、乳首責め、亀頭責め、乳首オナニー、息を止めるです。
手コキ、スパンキング、亀頭責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら ママのお手々 柔らかいでちゅね」
ローションを塗っただけで勃起するよわよわおちんちんを軽く貶すと
ママは体を密着させてから手で握り包皮を剥き始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の28分間は射精の寸前まで追い込むシーン。
手コキから始まり赤ちゃん言葉を交えた言葉責め、スパンキング
乳首責め、そして息を止める指示と色んなプレイを繰り出します。

「次喘ぎ声出したらさ あれやろっか? 先っちょだけなでなでしておかしくするやつ」
2人は1年くらい前からこの関係を続けてるので
彼女もどうすれば彼が喜ぶかをよく心得てます。
言う通りにしてる間はママらしく優しい声と態度で接し
そうでない時は叱ったり罰を与えて彼を上手にコントロールします。

手コキはちゅこちゅこと小刻みな水音を鳴らすだけですから(状況に応じて音がちゃんと変わります)
それよりも言葉責めのほうが個性的だし存在感が大きいです。
ダウナーキャラらしく冷めた様子で手厚くサービスするところに彼女の心情が表れてます。

「マゾ赤ちゃんは お尻ぺんぺんして 躾けまちゅからねー」
エッチ開始から10分ほど経つとM度が徐々に上がります。
悪い子を躾けるために「ぱんっ」という音を長めの間隔で鳴らすようになり
さらに手コキから亀頭責めに切り替えて体の刺激も強くします。
射精を絶対にしないよう念押しするなど意地悪な要素が充実してます。

これだけいじめられてるのに彼が喜んでるところを見ると相当なMなのでしょう。
サークルさんが「ただ甘やかすだけがママじゃない」とおっしゃられてる通り
いじめてるように見えて彼をもてなすプレイがきちんとできてます。

ここの終盤から出てくる呼吸管理はかなりニッチなプレイです。
彼女が合図を出してからしばらく止めるのを数回繰り返します。
1分30秒くらい続けるシーンもあるので、決して無理せずできる範囲で取り組みましょう。
オナニーしながら息を止め続けるのはなかなか大変ですからね。

終盤の6分間はお待ちかねの射精シーン。
「2A. 褒められ射精エンド(約3分)」はひたすら甘やかし
「2B. 叱られ射精エンド(約3分)」はより意地悪に振る舞って惨めな射精に追い込みます。

「ぎゅってされるの いいんでちゅか? おぉおぉ そんなにしがみついて よちよち よちよち」
「は? できなくてもやれよ マゾ」

そして両者の違いがはっきり出るように彼女はほぼ正反対の態度を取ります。
Mな人にとっては叱られ射精もご褒美になるんじゃないでしょうか。
でも後味を重視するなら褒められ射精を選んだほうがいいと思います。

このように、優しさと厳しさを合わせ持つ独特なエッチが繰り広げられてます。
深みのある作品
ほぼ正反対の要素を敢えて融合させてる凝った作品です。

ママはお金を払ってでもいじめてもらいたい主人公の願いを叶えようと
同い年なのにママになりきって手コキや亀頭責めをします。
そして最中は赤ちゃん言葉、見下すセリフ、命令を組み合わせた言葉責めもして
甘えん坊でMな彼を興奮させながら射精をコントロールします。

クールで面倒見のいいJKが幼馴染の男子をエッチに躾けるM向けのシチュ
甘やかしと意地悪を組み合わせた言葉責めをしながら
手コキ、亀頭責め、スパンキング、呼吸管理をするバランスの取れたエッチ。
本来なら相性の悪いものを同居させて作品に深みを与えてます。

「ほら 男の子でしょ お行儀よくしなさいっ」
中でも言葉責めはどちらかと言えば意地悪寄りですけど
彼女がまんざらでもなさそうなところも窺えて面白いです。
気だるそうな態度でやるべきことをきちんとこなしますし
頻度は低いですがノリのいいところも見せてくれます。

音声を聴いた限りだと彼女自身はドSってわけではなさそうです。
彼がどうしようもないレベルのMだからそれに合わせてるように映りました。
お金をもらってることを考慮しても内容が手厚いなぁと。
およそ1年相手してる背景もありますし、彼女が本気で嫌がってる可能性は低いです。

射精シーンは2回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 褒められ射精…32:44 叱られ射精…34:25 叱られ射精 合図無し差分…34:25

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月3日まで25%OFFの330円で販売されてます。



サークル「はちみつトラップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、魔法学校に通ってるクールな女の子が
元勇者の男性にアブノーマルなエッチをして喜ばせます。

下着を使うプレイを色々やりながらさり気なく愛情を注ぐのが特徴で
パンツコキ、ブラチラ、頭に被る、素股など幅広く用意し
彼が喜ぶことを積極的にやって幸せな射精に導きます。
勇者様にする変態サービス
リネットと5種類のエッチをするお話。

「お粗末さまでした 美味しかったのなら何よりです」
リネットは丁寧語で話すクールな声の女の子。
本作品のコンセプトや原作に関する説明をすると
主人公を部屋に招き、料理を振舞ってから事件のお詫びを申し出ます。

本作品は以前とある犯罪に手を染め今は更生してる彼女が
その機会をくれた彼を相手におよそ110分間のエッチなご奉仕をします。
彼は現在なんでも屋を営んでますが以前勇者として世界を救ったことがあるため
作中でも「勇者様」と呼びながら色々サービスしてくれます。

ちなみに彼女は「破滅のかみさま」というアドベンチャーゲームに登場するキャラだそうです。
独立したお話になってますから原作を未プレイでも特に問題はありません。
サークルさんの過去作に登場したキャラに近い性格をしてますし、他の作品と同じ感覚で楽しめます。

「勇者様なのに 女子生徒のおっぱい見ながら おちんちんごしごし オナニー必死ですね」
彼女はジト目、クールな声、無感情と事務的なキャラに見えますが
性格は割と穏やかで彼が喜ぶことをガンガンします。
元勇者なのに自分の前で情けない姿を晒す彼を軽い言葉責めで興奮させたり
自分からおっぱいやおまんこをちらちら見せてオナニーのオカズを提供します。
本番はしない代わりにそれに近いプレイもやるなど、見た目よりもずっと手厚いエッチをします。

サークルさんの過去作と同じく愛情を込めて弄んでくれますから
最初は冷たそうに感じたとしても聴き終える頃には印象が随分変わってると思います。
感情を表に出すのが苦手なだけで女の子らしいところをちゃんと持ってます。

エッチについてはブラやパンツを使うプレイが充実してます。
定番のパンツコキはもちろん、薄手のブラウス越しに乳首を吸う珍しいものも出てきます。
射精する時は毎回パンツにぶっかけますし、女の子にとって大事なものを汚す征服欲をくすぐってくれます。
もし持ってるなら女性用のパンツを用意しておくとオナニーがはかどるでしょう。

クールな女の子に優しくいじめられる展開とパンツを積極的に盛り込んだエッチ。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたややM向けの穏やかな作品です。
飴多めでちょっぴり意地悪もするエッチ
エッチシーンは5パート79分間。
プレイはパンツコキ、パンチラ、ブラチラ、オナニー、乳揉み、ぱふぱふ、スカートコキ、オナホコキ、スカートをめくる、下着を顔に被せる、手コキ、授乳、素股です。
パンツコキ、オナニー、乳揉み、スカートコキ、オナホコキ、手コキ、素股の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今だってもう おちんちん大きくしてるでしょ? ほら ズボンの上からでも ガチガチです」
お金の代わりに自分の下着を主人公にあげることにしたリネットは
それを見せてる最中に勃起してるのに気づき自分から手コキを提案します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の3パート47分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「01.誘惑パンツコキ編(約14分)」はパンツコキとパンチラ
「02.おっぱい堪能オナサポ&スカートコキ編(約15分)」はオナニー、スカートコキ、胸を使ったプレイ
「03.妄想えっちオナホコキ編(約18分)」は2種類のオナホコキで合計5回射精させます。

「パンツで拭き拭きしてるだけでこれとか おちんちんが弱いのにもほどがあります」
クールキャラだからきつめのプレイをするのかと思いきや
彼女は序盤から彼の喜ぶツボを的確に突いて興奮と射精を後押しします。
パンツコキの時は彼が凹まない程度におちんちんの弱さを指摘してM心をくすぐり
さらに射精する瞬間に今穿いてるパンツを見せつけて上手に追い込みます。
全パートで射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど、心身をバランスよく盛り上げてくれます。

ちなみに彼女はこれらをするにあたって彼にお金を要求します。
具体的な金額は言いませんし、彼が困ってる様子も見せないのでぼったくりではなさそうです。
彼女はお金にがめついキャラじゃないですからもっと別の意味があるのだと思います。

「おっぱい 触らなくていいんですか? 何驚いてるんです? 別にお触り禁止とは言ってません」
「びっくりしましたか? 今日は (パンツを)たまたま穿き忘れたんです ええ、たまたま」

その部分が見えてくるのが02と03パート。
前者は彼に頼まれてもないのにブラを見せたりおっぱいを揉ませ
後者はオナホコキの後半でノーパンのスカートを軽くめくり生のおまんこを見せてくれます。
パンツをたまたま穿き忘れることは普通ないですから、彼女なりのサービスと見るのが妥当です。

私には彼女が彼の気を引こうとしてるように映りました。
詳細は話せませんけど、作中でそう受け取れる描写がいくつか出てきます。
援交プレイと見るには良い意味でやり過ぎてますから
好意や思いやりといった感情が込められてるのだと思います。
これがあるおかげで彼女のキャラがクールでも雰囲気は結構甘いです。

本作品で最も甘いプレイをするのは「04.ブラウス越し授乳&パンツおむつ授乳手コキ編(約16分)」。
膝枕の状態で手コキしながらブラウス越し→直におっぱいを吸わせます。

「はい ぴゅっぴゅいっぱいできまちた えらかったでちゅね」
自分に甘えてくる彼を見下すどころか穏やかな表情で受け入れ
射精時には自分のパンツをおむつ代わりにして精液を全部受け止めます。
ほんの少しですが赤ちゃん言葉も出てきますし、甘やかし要素が充実してて幸せな射精を迎えられます。
クールキャラがこういう仕草を見せるとギャップがあって余計魅力的に感じます。

逆に最も過激なプレイをするのは「05.ランジェリーショップでこっそりパンツ素股(約16分)」。
彼女の下着を買いに訪れたお店の試着室でこっそり素股を楽しみます。

「性癖歪んじゃった変態さん向けのサービスです」
公共の場で見つかるかもしれないスリルを感じながらエッチするのは確かに変態向けです。
でも彼女はそんな彼を見捨てず最後までしっかり面倒を見ます。
パンツを穿いたままおちんちんと擦りつけて射精まで許すところがすごく優しいなと。
甘えん坊な彼と甘やかし上手な彼女の性癖がしっかり噛み合ってます。

このように、彼女の魅力を出しつつ変わったプレイをガンガンやる愛を感じるエッチが繰り広げられてます。
パンツ尽くしの甘い作品
音声作品ではあまり脚光を浴びないプレイを積極的にやるあまあまな作品です。

リネットは女の子の体やパンツに異常な執着心を見せる主人公を満足させようと
お金と引き換えに自分の下着を使って責めながら軽めの言葉責めをします。
そしてネガティブな要素を極力取り除き、彼を肯定する姿勢を見せて心も潤します。

声はクールだけど性格は優しい女の子が元勇者の男性をエッチでもてなすシチュ
パンツやブラジャーといった下着を使って責める個性の強いエッチ
甘えん坊でMな彼が喜ぶものをガンガン投げかけて気分よく射精させる彼女の献身的なキャラ。
調教よりも愛情表現に近い感覚でアブノーマルなエッチをします。

中でも3番目はサークルさんの長所がしっかり発揮されててキャラが活き活きしてます。
はちみつトラップさんは「好き」とかストレートに気持ちを伝えるよりも
セリフ、行為、仕草を通じてほんのり匂い立たせる感情表現を得意とされてます。
本作品も彼女の本心は語られてないけど、なんとなくそうだと思える材料が散りばめられてます。

この要素があるから彼女の見下す言葉責めがご奉仕になったり
お金を受け取って相手するシステムが別の意味合いを持つようになるのです。
同人音声はストレートな表現をするサークルさんが多いので
こういうやや遠回しな描写は聴いてて深みを感じます。
エッチを終えた後に始まる3つの非エロパートからも彼女の気持ちが窺えます。

エッチはパンツ推しですけど人を選ぶほどニッチなわけではありません。
手コキや素股にパンツを絡めて個性を出してます。
パンツに精液をぶっかける行為も女性を汚す快感や満足感に上手く繋げてます。
時間に対する射精シーンも多く、抜き場に困ることはまずないでしょう。

射精シーンは9回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:思ちぽさん
総時間 1:50:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月3日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、これまで数多くの男をマゾ堕ちさせてきた2人の人妻が
新しく送られてきた男子を様々な色仕掛けて負け射精へ追い込みます。

体への責めを控えめにする代わりに誘惑や言葉責めに力を入れてるのが特徴で
彼を応援したり褒めるママらしい態度を見せながら
吐息責め、両耳舐め、オナニーや射精したくなるセリフを投げかけて少しずつ確実に追い込みます。
雰囲気、プレイいずれも穏やかですからややMな人が最も楽しめるでしょう。
男たちを屈服させる気持ちいいマニュアル
アキエ(左側)とマリコ(右側)が協力して射精させるお話。

「あ、いたいた 元気なさそうな顔してますねぇ」
アキエは上品で落ち着いた声のお姉さん。
「この子 結構イケメンだね 可愛い顔してるじゃん」
マリコは明るくて穏やかな声のお姉さん。
ある日突然誘拐されて奴隷施設に送られてきた主人公に事情を話すと
ここを脱出する唯一の手段であるエッチなゲームのルールを説明します。

本作品は主婦をやりながら男たちを誘惑する仕事もこなしてる彼女たちが
まだ学校に通ってる年齢の彼をおよそ50分に渡ってエッチに弄びます。
彼がなぜ奴隷に選ばれたのかはわかりませんけど
どんな性癖を持ってるかを事前に調査されてるそうです。
そのため2人は組織から提供されたマゾ・マニュアルに従って誘惑します。

マリコ「私たちは あの手この手で君を興奮させて オナニーを誘惑します そして 最後まで射精を我慢できれば 君の勝ち」
ルールは至って簡単。
彼女たちの責めに耐えられず射精したら負けて別の施設に送られ
最後まで我慢できたら勝ちになり元の生活へと戻れます。
しかし彼女たちがおちんちんに直接触れるのはNGなため、彼にオナニーさせようとします。

タイトルを見てM度の高いプレイをすると思う人がいるかもしれません。
でも実際はキャラ、セリフ、責め方いずれも穏やかで調教っぽさは薄いです。
彼が自分の意志で快楽に負け、射精してしまうように導きます。
年上の女性に色仕掛けされるシチュが一番の魅力だと思います。

エッチについてはルールに従いソフトな言葉責めや心への責めに力を入れてます。
人妻らしく終始色っぽい声と態度で接しながら
耳元で熱い吐息を漏らしたり、両耳を同時に舐めてオナニーしたい気分にさせます。
吐息責めの時間を長めに取ってますから好きな人ほど興奮できるでしょう。
じわじわ追い詰めるエッチ
エッチシーンは4パート41分間。
プレイは吐息責め、乳首オナニー、金玉オナニー、竿オナニー、授乳、キスです。
エッチな効果音はありません。

アキエ「とっても柔らかい むちむちの女体に抱きしめられても エッチな気分にならないよう 頑張って」
何も知らない主人公を軽く励ましたアキエとマリコは
左右に体を密着させながら熱い吐息を漏らしてまずは彼を興奮させます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
前半の2パート21分間は本作品の特徴を出しつつ心身の熱を高めるプレイ。
「2.あつい吐息と乳首オナニーの誘惑(約9分)」は吐息責めと乳首オナニー
「3.おちんぽにぎにぎの焦らし誘惑(約12分)」は乳首、金玉、竿をいじらせながら
両耳舐めもして射精したい気分にさせます。

アキエ「あらあら 可愛いおちんぽさんですね」
2人はゲームに勝っても負けてもお金がもらえるそうですから
主人公を本気で負けさせようと思ってるわけではありません。
これらのプレイはすべてマゾ・マニュアルに書いてあることだと教えたうえで
彼を甘やかしたり元気づけるセリフを投げかけます。

途中で彼が快楽に負けそうになったらストップするなど
できるだけ頑張らせようとする姿勢を至るところで見せてました。
実際に音声を聴いても彼女たちに対してあまり悪い印象は抱かないと思います。
普通の人妻が臨時で裏のお仕事をしてる感じになってて雰囲気は甘めです。

この2パートは乳首オナニーをメインに据えてるので開発してる人ほど楽しめるでしょう。
乳輪を優しく撫でたり爪で引っかく指示を出してから「かりかり」などの掛け声を出します。
おちんちんをしごく時間はたったの4分と短いです。
ここで負けさせるのではなく後半でそうなるように準備してると見るのが妥当でしょう。

続く2パート20分間は本題の射精へじわじわ追い込みます。
「4.ママのメロメロ母性堕ちオナニー誘惑(約11分)」は
赤ちゃん言葉で話しかけながら授乳やキスをして甘えたい気分を膨らませ
「5.ママのびゅるびゅるお射精誘惑(約9分)」は吐息責めの後に王道の手段で射精へ追い込みます。

マリコ「あら 可愛いわね いい子さんですわね そんなお利口さんなボクちゃんには おっぱいあげまちゅね」
4番目のパートは人妻な彼女たちの特徴を活かしたプレイで非常に甘いです。
彼を赤ちゃんに見立てて1人ずつ順番におっぱいを吸わせ
その後は大人の女性らしい熱くパワフルなキスで心をとろとろにします。

おちんちんはダメだけど首から上なら責めてもいいみたいです。
パート終盤には乳首オナニーやおちんちんを握る指示を再度出すなど
彼を自分たちの言いなりにして負け射精するように誘導します。

作中で竿オナニーする時間は全パート合わせても12分くらいですから
事前に2日くらい溜めた状態で聴いたほうがすんなり出せると思います。
吐息責めも含めて心への責めにかなり力を入れてて幸せな感覚に浸れました。

このように、彼が望むものをどんどん与えて骨抜きにする人妻らしい誘惑が繰り広げられてます。
穏やかな色仕掛け作品
無理矢理感を極力出さずに射精への欲求をくすぐるややM向けの作品です。

アキエとマリコは施設へ送られてきた主人公を気分よく負けさせようと
人妻らしい穏やかな態度で接しながら体を密着させて上手に興奮させます。
そしてエッチはおちんちんに触れない代わりに吐息責め、耳舐め、キスをやったり
乳首オナニーの指示を出して射精で発散したい状況に追い込みます。

上品で色っぽい人妻たちが男子をねっとり責めて射精させるシチュ
首から上を重点的に責めておちんちんをいじりたい気分にさせるルールに沿ったエッチ
やることをきっちりこなしたうえで適度な優しさも見せる彼女たちのキャラ。
M向けの作品によくあるハードさや冷たさを和らげてより多くの人が聴きやすくしてます。

アキエ「でも 白い精液ぴゅっぴゅする光景を思い浮かべたら 絶対ダメ」
中でも2番目はおちんちんを責められないハンデを補う工夫が随所でされてます。
例えば3番目のパートにこういうセリフが出てくるのですが
これは射精を食い止めてるように見えて実際は促す効果を持ってます。

最後のパートでもこれとは別の話術が使われてますし
「マゾ」「変態」といったストレートな言葉責めとは違うやり方で負けさせようとします。
何かに特化させるのではなく、様々な要素を組み合わせて徐々に追い込む熟練の誘惑です。

射精シーンは○○回(伏せてます)。
吐息それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

ソフト路線の色仕掛けが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 50:08

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月20日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「バブバブの森」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、変態な男が大好きで幻術も得意な男の娘妖怪が
自分好みの性癖を持つ男子を濃厚かつアブノーマルなエッチで虜にします。

教室や街中で吐息を流しながら相互手コキやアナルSEXをしたり
「キモーい」と多めに言うのと同じくらい甘やかすセリフも投げかけるなど
彼の特徴や能力を駆使して快楽に溺れさせるM向けの奇抜なプレイが楽しめます。
いじめではなく愛情表現の一環としてやりますから、甘えん坊なマゾなら気分よく聴けるし抜けるでしょう。
男の娘に甘えて赤ちゃんになろう
カズキと5種類のエッチをして幼児退行するお話。

「あっ ねね ノート見せて? いいでしょ? 隣の席のよしみだと思って お願い」
カズキはややトーンが低く可愛い声の男の娘。
授業中にノートを見せて欲しいと主人公にお願いすると
彼が自分の彼氏だと言ってから手を握って誘惑します。

本作品は赤ちゃん扱いされながら馬鹿にされる変態くんを大好物にしてる彼が
その資質を持つ主人公をおよそ110分に渡ってエッチに誘惑します。
彼は妖怪なので人間にはない能力が備わっており
作中ではそれを駆使してなかなか刺激的なプレイを提供します。

例えばエッチ開始から少し経つと左右中央の3人体制に変わり
中央の彼が責めながら左右で吐息を漏らしたり言葉責めをガンガンやります。

相手するのは彼1人ですが、常に複数人プレイで進めるためどのパートも内容が濃いです。
特に吐息はほぼずっと流れ続けると言っていいほど多いので
左右の耳に微弱な風圧が感じられて心地よさやゾワゾワする感覚がします。

「とってもキモキモでちた ふふっ やっぱり赤ちゃんになりたかったんだね」
また言葉責めは甘えん坊で変態な彼の性癖に刺さるように
赤ちゃん言葉で話しながら「キモい」「変態」といった見下すセリフを投げかけます。
ですが彼は主人公に最初から強い好意を抱いてるので凹ませる意図はありません。
普通の女性ではやってくれないサービスをして主人公の心をガッチリ掴もうとします。

見下すのと同じくらい甘やかすセリフも出てきますから
彼なりの愛情表現と見るのが妥当でしょう。
射精時には必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど言葉責めにもこだわってます。

体への責めは相手が男の娘なので割と独特です。
お互いのおちんちんをしごき合ったり責め、受け両方でアナルSEXをします。
声が完全に女の子ですからホモっぽさは全然ありません。
終盤には授乳手コキも出てきますし、お姉ちゃんがする甘やかしを男の娘に置き換えてやってます。

変態嗜好の男の娘妖怪が変態な男子をエッチで手懐けるシチュと、密度や個性の強いエッチ。
カズキの特徴を活かしながらサークルさんが得意とするプレイをやるM向けの作品です。
徐々にダメにするエッチ
エッチシーンは5パート95分間。
プレイは相互手コキ、吐息責め、キス、アナルSEX(駅弁、立ちバック)、乳首責め、オナニー、授乳手コキ、玉揉み、足コキ、腋舐め、太ももコキ、フェラです。
手コキ、アナルSEX、足コキ、太ももコキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら ボクの指が ズボンの中にするするーって入って…」
自分を女の子と勘違いしておちんちんを勃起させてるのに気づいたカズキは
手を伸ばしてしごきながら耳元で囁いてさらに興奮させます。

エッチは彼がリードしつつ一部で主人公が責めます。
最初の2パート44分間は彼だからこそできるアブノーマルなプレイ。
「1.男の娘だって気づきもしないで、赤ちゃん甘えたで勃起しちゃうなんてなさけーい(約22分)」は
教師での授業中にお互いのおちんちんをしごきます。
そして「2.ラブラブアナル駅弁みんなに見せつけて、きもーい姿、笑ってもらいまちょうね(約22分)」は
翌日に学校近くの野外でカズキのアナルに挿入します。

「ボクは変態赤ちゃんが好きだよ もっと可愛がってあげたくなっちゃう」
彼は主人公と恋人になるためにこのエッチをしてるので
序盤から自分の気持ちをストレートに伝えて悪意がないことをアピールします。
実際のところ手コキはしっかりやりますし、主人公におちんちんを差し出して一緒に気持ちよくなります。
おかげでプレイや言葉責めはM向けなのに雰囲気は甘くて聴きやすいです。

どちらのパートも公共の場でエッチするのも大きな特徴です。
彼は幻術が得意で周りの人に気づかれないようにしたり、対象の記憶を消すことができます。
最初のパートで普通に責め合えるのも彼が能力を使うからです。
2番目では姿を完全に隠したままおちんちんをアナルで受ける離れ業もやってのけます。

つまり妖怪だから無茶なことでもやり放題ってわけです。
プレイを通じて「主人公を満足させられるのはボクだけだよ」と言ってるように感じました。
吐息や言葉責めもボリュームが多く、本作品の持ち味が早速出てます。

続く3パート51分間は主人公を立派な赤ちゃんに育てるシーン。
「3.オスガキにバックでアナルファックされながら乳首いじりでアヘアヘしまちょうね(約19分)」は
前のパートと逆にロッカー内で彼にアナルを掘られます。
そして「4.ついに念願のオスガキ授乳でゴリ勃起手こき、気持ちいでちゅね(約17分)」は授乳手コキ
「5.赤ちゃん堕ちしてママザーメン飲みながら、ラブラブ足こきふみふみで惨めにいきまちょうね(約15分)」は
彼が足コキ、主人公がフェラする形で再びおちんちんを責め合います。

「んっ 優しいチンシコ ありがとう 2人で恋人チン握りして 相思相愛だね」
主人公と2回エッチしてカズキもすっかり気に入ったのでしょう。
学校内で手を繋いだり優しい言葉をかけて甘い雰囲気を作ります。
言葉責めは引き続きやりますが、これのおかげでいじめじゃなくサービスなのがわかります。
アナルSEXをやり返す展開も彼なりの恩返しなのかなと。
同時にオナニーしますから主人公の射精シーンもちゃんとあります。

「ぶひぶひ言いながら 露骨にじゅるじゅる音鳴らして カズキママにアピールして?」
4番目のパートは幼児退行をそのまま表現してて最も甘い内容です。
授乳をためらう主人公に激しいキスをして心をとろかせ
無事できた後はママになりきって後になるほどおちんちんをハードにしごきます。
セリフは甘く、体への責めは激しくとギャップを持たせてあってなかなかエロいです。

最終パートは主人公がM字開脚&ダブルピースをする
カズキはそれへのご褒美に足コキや太ももコキをするとM向けの要素が充実してます。
この時点で主人公はすっかり彼に依存してるので最後の仕上げといった感じです。
主人公の頑張りを素直に認めてご褒美をあげる彼なりの甘やかしになってます。

このように、男の娘妖怪だからこそできる甘くてアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
優しく弄んでくれる作品
カズキの魅力を前面に押し出して快楽堕ちさせるぶっ飛んだ作品です。

カズキは自分の嗜好にピッタリ合う主人公を従順な赤ちゃんにしようと
得意の幻術を使って吐息責めや言葉責めを同時にやりながらおちんちんもがっつり責めます。
そして中盤以降は幼児退行の色を強くしてどんどんダメになるようにリードします。

甘えん坊な変態を好む男の娘妖怪がその属性を持つ男子をエッチな手段で虜にするシチュ
複数の責めを同時にやりながら男の娘ならではのプレイもする濃いエッチ
主人公を見下すセリフと甘やかすセリフを同じくらい投げかける独特な言葉責め。
音声作品ではあまり見かけないキャラやプレイを上手く組み合わせて面白い作品に仕上げてます。

中でも2番目は各要素のインパクトが強くてどのパートも聴き応えがあります。
メインヒロインが男の娘で妖怪、しかも幻術を使えると現実離れしたキャラですし
言葉責め、吐息責め、体への責めを同時にやったり青姦パートを入れてプレイに個性を与えてます。
おちんちんへの責めについても相互手コキやアナルSEXを3パートもやってて突き抜けてます。

「もう完全にキモ赤ちゃんになっちゃったね とってもちゅてきだよ」
優しさと意地悪さを混在させてるのも印象的でした。
彼が主人公に意地悪するのはM心をくすぐるためで悪意はありません。
相手が望むものをどんどん与えて引き寄せる割と正統派の誘惑です。
私にはむしろ彼が後になるほど主人公にのめり込んでるように映りました。

射精シーンは5回。
吐息大量、くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
男の娘に甘やかされるのが好きな人、吐息をたっぷり聴きたい人には特におすすめします。

CV:カズキ…大山チロルさん 街の学生やOL…MOMOKA。さん、浅木式さん、涼花みなせさん(2番目のパートにのみ登場)
総時間 1:51:37 おまけの吐息ループ…8:18

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月2日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02.本編2 魔法のベビーベッドでエッチなお遊戯を始めまちょうね…♪」の様子を中心に紹介します。
精気を吸われてまっさらな赤ちゃんに
エッチシーンは70分間。
プレイは全身とおちんちんをサキュバスの体に包み込まれる、カウントによる絶頂、乳首責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示を出すことはありません。

「んふふ ようこそ 私が支配する 幻想の世界へ」
長時間の催眠をかけて主人公を別世界に案内した吸精サキュバスは
引き続き左右中央から密着しながら2種類のやり方で彼の精気を吸い取ります。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の44分間は感度上昇やドライ絶頂といった催眠音声ならではのプレイ。
事前に10分くらいかけて催眠状態をさらに深めてから
カウントに合わせて気持ちよくなる暗示をガンガン入れて射精とは違う快感を与えます。

左右「ほら イキたくてイキたくて堪らない イクことしか考えられなくって 気持ちいい感覚に支配されて 考える力が失われていく」
彼女は吸精するために彼をここへ呼んだので
エッチはそれを見据えたアプローチが至るところで出てきます。
おちんちんへ快感が集まるように働きかけながら思考力をさらに奪い
彼女に精気を吸い取られるだけの無防備な存在へと作り変えます。

簡単に言うと本作品のエッチはエナジードレインをします。
しかし彼が苦しんだり死ぬといった暗い描写は一切ありません。
彼女に色んなものを吸い取られて新しい自分に生まれ変わらせる感じで進めます。
赤ちゃん言葉や甘やかす言葉も豊富で雰囲気は終始あまあまでした。

カウントについては10カウントダウンを中央がゆっくり数えながら
左右の彼女が暗示を小まめに入れる堅実な追い込みをかけます。
催眠音声では定番のリードなので多くの人がやりやすく感じるでしょう。
でも1セット数え終えるたびにカウントの総数が増えていくのは個性的です。

左右「ほら イケ イケ 快感が弾けて絶頂する おちんちんが壊れたように 何度も何度も ピクビク痙攣を繰り返し イキ続ける 溶けるような強烈な快感」
0を宣言するたびに絶頂を促す暗示を厚めに入れてくれるおかげで
股間を中心に熱が高まったり筋肉がビクビク痙攣するのを何度も味わえます。
そしてカウントがどんどん増えていくから1セットあたりの内容もよりハードになります。

シーンの終盤まで来ると快感も強烈になりますから
序盤を生ぬるいと思った人もたぶん考えを改めるでしょう。
絶頂回数が多いので、初回は0カウントに合わせてイク感じで聴いたほうが上手くいくと思います。
彼女たちも途中の絶頂は軽めにして0の時だけがっつり追い込みます。
本作品は2回目以降用の音声も用意されており複数回聴くことを想定してます。

続く26分間はセルフからの射精。
利き手の力だけを戻してから長めのカウントを数えて0に合わせて行います。

左右「射精はまだできない だけど 快感が奥で弾けて 上ってきて ビリビリとした痺れが 全身に広がっていく」
最後に射精するだけでなく道中も気持ちよくする工夫がされてて親切丁寧です。
オナニーの指示は開始と射精だけですから自由にしごいていいのでしょう。
純粋なエロ要素はおちんちんを数回言う程度と低く、ここも技術でイかせることを強く意識してます。
催眠特有の心地よさも強く実感できますし、1~2日溜めた状態で聴けばあっさり射精できると思います。

ドライ絶頂させるシーンがかなり催眠色の強い内容ですから
催眠音声の初心者向けにこういうプレイを用意したのかもしれません。
吸精サキュバスに精液を捧げるのも至って自然な流れです。
すべてを終えた後は甘やかしながら安眠させるなど
最後まできちんと面倒を見て幸せな時間を送らせてくれます。

このように、タイトルの「吸精」と「幼児化」を組み合わせた甘く深いエッチが繰り広げられてます。
ひとつひとつが濃厚な作品
母性豊かなサキュバスがゆっくりじっくりダメにしてくれるM向けの穏やかな作品です。

吸精サキュバスは自分に会いに来てくれた主人公を存分に可愛がろうと
まずは60分近くの時間をかけてリラックスや幼児退行を重視した癒しの催眠をかけます。
そしてエッチは3人体制で役割分担しながらドライ→ウェットの順に何度も絶頂させます。

甘やかし上手なサキュバスが甘えん坊なマゾを変わった手段で幼児化するタイトル通りのシチュ
彼女が3人に増えて深化と幼児化をほぼ同時に行うテーマを見据えた催眠
カウントと暗示を組み合わせて純粋な快感と彼女に精気を吸われる喜びを与える個性的なエッチ。
180分近くある利点を活かして各サービスを入念に行い作品の世界にどっぷり浸からせます。

「元に戻りたいって思ってる子を 無理矢理引き留めるなんてことはしないの」
彼女が最初から最後まで親身に接してくれるのもすごく印象的でした。
吸精されに来た彼をいじめるのではなくもてなす姿勢でリードします。
全編を通じて投げかけられる赤ちゃん言葉、聴き手の気持ちを第一に考えた柔らかなセリフとアプローチ
ドライ絶頂に慣れさせながら徐々にハードにしていくエッチなどが良い例です。
吸精と引き換えに人間の女性では味わえない快感を与えますし、すべてがとろけるように甘いです。

あとは3人いる彼女を中央と左右で分けてるのも賢いと思います。
左右と中央が別のことを同時にやるシーンは多いですけど
右と左で個別に動くことはあまりありません(違うセリフを交互に言う程度)。
実質2人で進める形になってて慌ただしさや煩雑さを感じずに聴くことができます。
全方位密着同時責めのリアリティを上げるためにこうしたのでしょう。

注意点をひとつだけ書いておきますと
本作品のエッチでは授乳手コキやお漏らしといった同人音声側でよく見るプレイはやりません。
催眠の技術を駆使して吸精される気持ちよさや幼児化する感覚をリアルに伝えようとします。
深い催眠に入ってるのが前提の内容だから催眠誘導を手厚くやってるのかなと。

絶頂シーンはドライ14回、射精1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは添い寝吐息ループです。

CV:琴音有波さん
総時間 3:19:55(本編…2:58:34 おまけ…21:21) 2回目以降用…2:42:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月3日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、母性が強くておっぱいも大きいあまあまなサキュバスが
甘えん坊でマゾな男性に催眠を交えた濃厚な幼児プレイをします。

催眠の途中から3人に増えて左右中央で連携を取りながらリードしたり
甘やかすセリフと暗示を組み合わせて少しずつ心身をとろかせるなど
女性に甘える幸福感をたっぷり与えながら気持ちよくするテーマ性の強いサービスを行います。

総時間が200分もあるので前編(00と01)、後編(02と99)の2回に分けてお送りします。
3人のサキュバスに包まれて
吸精サキュバスの赤ちゃんになってエッチに甘やかされるお話。

「うふふふふ また1人 可愛らしいオスが 私のもとにやって来た」
吸精サキュバスは上品で穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分のところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はマゾに快楽を与えて精気を吸い取ることを得意としてる彼女が
甘えん坊な彼をおよそ180分に渡るエッチな催眠でとろとろにします。
彼女はサキュバスでは珍しく母性が強いので冷たく振る舞うことはありません。
見た目通りのふわふわな態度で接しながらゆっくりじっくり彼をダメにします。

今回紹介する前編(約72分)はほとんどの時間を催眠に費やして少しずつ深め
次の後編(約107分)でがっつり幼児プレイする余裕を持たせた構成になってます。
ちなみに当サイトでは過去3作のレビューも掲載済みです。
登場人物が一緒なだけでお話はどれも独立してますから今作からでも特に問題ありません。

吸精サキュバスの幼児化調教催眠
吸精サキュバスの幼児化調教催眠2
吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

「そうそう 深呼吸 とってもおじょうじゅでちゅよ」
物語の序盤から赤ちゃん言葉を積極的に盛り込んだり
催眠を通じて無垢で無力な赤ちゃんの気分をリアルに味わわせるなど
シリーズの特徴である幼児化を意識した要素が至るところに見られます。

赤ちゃんになった後も引き続き愛情を注いでくれますから多くの人が幸せな感覚を味わうでしょう。
相手が望むものをガンガン与えて堕落させる展開もサキュバスらしくて良いです。
エッチの後は安眠させますし、癒しながら気持ちよくする方針を取ってます。

催眠が始まってから少し経つと彼女が3人に増えるのもポイント。
左右中央に陣取り連携を取りながら催眠やエッチを進めます。
彼女の声に軽いエフェクトがかかってるからでしょうけど
左右同時に同じセリフを言われた時は脳を軽く揺さぶられる感覚がしました。
人数が多ければ同時にできることも増えるわけで、1人でも十分濃いプレイをさらに濃くする役割を果たします。
赤ちゃんになりきりやすい催眠
「01.本編1 ママたちの世界に連れて行ってあげる…♪(約69分)」は催眠パート。
序盤の10分間は作品のコンセプト、サービスの内容、彼女のことを1人で話し
それから楽な姿勢で目を瞑りまずはゆっくり深呼吸して心身を落ち着けます。

「そうやって 落ち着いた呼吸を続けていると 吐き出される息と一緒に さらに全身の力が抜けて行って 体の表面の感覚も曖昧になってきて 今自分が 現実の世界にいるのか あるいは 夢の世界に入ってきているのか そういった感覚も なんだかぼーっと ふわーっと 曖昧になっていって」
吸う、吐く両方をゆっくりやるように指示しながら
上のような長めの暗示をゆっくり丁寧に入れて癒しの空間を作ります。
この後のシーンも暗示文が全体的に長かったところを見ると
区切りを曖昧にして聴き手の思考力を弱める(考えることを止めさせる)意図があるように思えます。

これだけにおよそ7分もかけてるのも本作品らしいです。
およそ60分ある利点を活かして個々のシーンに十分な時間を割いて無理なく進めます。
使われてる催眠技法もリラックスさせるものを中心に据えてますし
心と体をふにゃふにゃにして何もできない赤ちゃんに自然と近づけます。

本作品の売りである3人体制が出てくるのはその次から。
左右のサキュバスが登場し彼のことを「ボクちゃん」と呼びながら
甘やかす言葉を投げかけたり、とあるキーワードに合わせて脱力や深化の暗示を入れます。

「ちゃーんとママのお声に近づけて 偉いね ママの存在を感じることができて 立派でちゅね」
甘やかすセリフを盛り込んでるのは甘さをさらにパワーアップさせるのと同時に
母性が強い彼女の性格を聴き手に伝えたかったのかもしれません。
本作品の場合、こういう要素を入れても深い催眠状態へ誘導する時間は十分にあります。
3人に増えた直後なのでそれに慣れさせる意味合いもありそうです。

左右「全身の筋肉が緩んで 頭の中や胸の奥が ふーっと空っぽになって ママの言葉がすーっと 体の奥深くまで 全身に行き渡って 心地よく響き渡る」
暗示は主に左右の彼女が同じセリフを同時に言って聴き手の無意識に強く印象づけます。
キーワードは過去作にも出てきた単語ですから視聴済みな人のほうが効果は出るでしょう。
といってもそれはあくまでトリガーに過ぎず、メインはその直後に入れる暗示です。
手厚く入れてくれるおかげで手足を中心にだらーんとする感覚が湧いてきました。
重さよりも動かしたくない感覚のほうが強いです。

仕事などで疲れてる人が聴いたらそのまま寝落ちするかもしれません。
それくらい癒しのパワーが強く、テーマの幼児化に相応しい雰囲気ができてます。

後半の30分間は彼女たちの存在をより鮮明にします。
視線や体の感触といった要素をひとつずつ聴き手に実感させ
さらに軽く体を動かす指示を出してもう赤ちゃんレベルの力しか入らないことを教えます。
そして最後にカウントをゆっくり数えてエッチの舞台となる夢の世界へ案内します。

中央「ママたちの存在を よりはっきりと感じられるようになってくると 今度はあまーい香りが 僕のお顔全体 体全身を包み込んでいることにも 気づくことができるようになってくる」
挿し絵のように左右が手足を、中央がおちんちんを挟み込む体勢になり
視覚(イメージ)、聴覚(音声)、触覚、嗅覚と五感にできるだけ手広く働きかけて臨場感を出します。
これまで脱力を重点的にやってたのはここを上手く乗り切るためでしょう。
淫語が少し出てきますけどプレイと呼べるほどのことはやりません。

最後のカウントも中央が数える役、左右は暗示を入れる役と連携を取って進めます。
たぶんここがなくても十分深いところまで入れると思いますが
保険をかけつつ今の場所とは違うところへ移動する形にしてエッチの準備を整えます。
意識のぼやけが強烈に味わえて、ぬるま湯に浸かってるような心地よさも全身を包み込んでました。

催眠状態を深めるのと同時に幼児退行も進める目的に沿った催眠です。
聴き手を無力で甘えん坊な赤ちゃんに変えることを目的に
深呼吸から入って3人に増えた後のストレートな甘やかし、キーワードと暗示を組み合わせた脱力&深化
再度の深呼吸を挟み吸精サキュバスがそばにいる感覚の増幅、そしてカウントによるさらなる深化と
後になるほど心と体の力が抜けるようにゆっくりじっくり進めます。

赤ちゃん言葉を多めに言うことや、セリフごとの間を長めに取って話しかけるスタイルも相まって
最初から最後まで甘く温かい空間が形成されてていい気分で聴けました。
誘導の時間が長くリラックス重視なおかげで催眠にも入りやすいですし
幼児化に興味があるなら初心者から上級者まで誰でも聴ける内容だと思います。

おまけは添い寝吐息ループです。

後編へ続く…。
【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(後編)

CV:琴音有波さん
総時間 3:19:55(本編…2:58:34 おまけ…21:21) 2回目以降用…2:42:14


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月3日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格はとっても献身的なシスターが
サキュバスの呪いにかかった男性をエッチな手段で浄化します。

淫語を多めに言いながら彼が望むことをガンガンやる彼女らしいエッチが行われており
イラマチオ、授乳手コキ、罵倒しながらの足コキなどパートごとにやることを大きく変え
いずれも彼がより興奮したり射精できるよう一生懸命尽くして幸せな射精に導きます。
事務的キャラですけどM向けの要素はあまりないのでややMあたりの人が最も楽しめます。
サキュバスの呪いを解く唯一の手段
シスターのアレットと5種類のエッチをするお話。

「目を覚ましましたか。あぁ。警戒しなくても大丈夫ですよ。安全な場所ですから」
アレットはクールで上品な声のお姉さん。
街の教会で目を覚ました主人公にこれまでの経緯を話すと
彼にかかったサキュバスの呪いを解く手段を教えます。

本作品はシスターとして人々のために奉仕活動をしてる彼女が
偶然被害に遭った彼をおよそ120分に渡るエッチで癒します。
彼女は仲間と協力して森にいるサキュバスを討伐したのですが、彼はその前に接触し気絶してました。
そんなわけで間接的に責任があると感じ、文字通り全身を使って解呪に協力します。

ちなみに現時点で既に続編が出ており、当サイトでも過去にレビューを掲載済みです。
クールなシスターの事務的“聖処理”生活【バイノーラル】~“恋人聖処理”によるイチャラブえっちを行います~

「私は教会のシスターではありますが、悪魔に対する対処法の訓練を受けた、“聖処理シスター”でもあります」
自分がエッチに関する特別な訓練を受けてることを告げ
体を密着させたり大きなおっぱいを使って心身両面を満たします。
また中盤からはアブノーマルなプレイに挑戦し、パートによってまったく違う責めを繰り出します。
この呪いは自分の性癖を曝け出すことで初めて解けるそうですから
彼女も彼のすべてを引き出し受け止める姿勢でエッチに取り組みます。

声や態度だけを見るとクールだし、彼女はあくまで仕事として彼に接します。
ですがその内容は非常に手厚く彼を心の底から喜ばせようと頑張ります。
シスターなだけあって相手に尽くす気持ちを強く感じました。
一般的な事務的プレイのように冷たさやハードさはありませんからM度は低いです。

「ん……。おちんぽ、手の中で暴れています。気持ちいいのですね。それは素晴らしいことです。おちんぽがよく感じれば、それだけ、呪いの排出も早くなりますから」
エッチをするにあたってやや下品な淫語を積極的に言うのもポイント。
おちんぽ、おちんぽミルク、ぴゅっぴゅなどシスターのイメージとは違う言い回しにしてギャップを出してます。
これも彼の性癖に合わせてやってますからサービスの意味合いが強いです。
赤ちゃん言葉、軽めの罵倒といった違うタイプの言葉責めもするなどセリフにも力を入れてます。

彼女みたいなクールキャラが普通にエッチすると味気なくなりますから
ストーリーに合ったやり方でそれを補う意図もありそうです。
何かひとつの要素に尖らせるのではなく、色んな部分に魅力を持たせて全体を上手くまとめてます。
包容力のあるエッチ
エッチシーンは5パート98分間。
プレイは耳舐め、手コキ、フェラ、玉舐め、イラマチオ、乳揉み、授乳手コキ、足コキ、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、イラマチオ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「出てきました。あなたの、ここ。まだ小さいままですね。射精のために、まず大きくしてもらわないといけません」
主人公に事情を話してから服を脱がせたアレットは
おちんちんがまだ萎んでるのを見てまずは耳舐めで元気にします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート43分間は本作品の特徴や彼女の性格がよく出てるプレイ。
「1.『耳を舐めて欲しいのですか?』(約24分)」は耳舐め手コキ
「2.『お口で射精させて欲しいのですか?』(約19分)」はフェラとイラマチオで1回ずつ射精させます。

「どのように、男性器を刺激されたいですか? どんなことでも構いません。言ってみてください」
本作品のエッチは彼の心に植え付けられた呪いを解くのが目的ですから
彼女は常に彼が何を望んでるか確かめながら進めます。
最終パート以外は冒頭にどんなプレイをしたいか尋ね
開始後も何かリクエストがあればすぐさま取り入れて幸せな射精に導きます。


これのおかげで完全女性上位でもいじめられてる感じはまったくありません。
病気にかかった信者を看病するのと同じでご奉仕色が強いです。
そしてこれはクールな彼女をシスターらしく見せる役割も果たします。

「はい。ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅーーーー……。どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ、どぴゅーーっ。ぴゅっ、ぴゅるるるっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅーーーー……」
最初の耳舐め手コキパートは体への責めは割とスタンダードにしてセリフで個性を出してます。
右耳舐めから入って3分後には手コキが加わり
さらにおちんぽ、タマタマ、おちんぽミルクといった淫語責めを繰り出して徐々に追い込みます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれますし至れり尽くせりです。
耳舐めの音が吸い中心なのもやや変わってます。

彼が自分の性的嗜好を伝えてもまったく怯まないのが印象的でした。
彼は簡単に言うと甘えん坊なマゾで、女性から見れば割とめんどくさい性格です。
でも嫌な顔ひとつせず言われた通りにリードして喜ばせます。
音声をしばらく聴いてると包容力のある女性に感じるでしょう。

「どうぞ。私のお口まんこ、好きに犯してください。私の頭を掴んでも構いません。イラマチオ用のハンドルにしてください」
2番目のフェラパートはシスターを汚す快感をくすぐってくれます。
前半は通常のフェラ、後半は彼が腰を動かすイラマチオとやり方を変え
どちらも比較的下品なちゅぱ音を鳴らしてギャップを持たせます。
イラマチオは彼女の口をおちんちんや精液で犯す征服欲を満たしてくれます。

同意のうえでやってますから無理矢理感はありません。
彼女が苦しまないように彼が気をつかう優しいところを見せてくれます。
エッチを通じて彼が彼女に心を開く様子も描いてるのが本作品のテーマに合ってて良いです。

その部分がよく出てるのが次の2パート33分間。
「3.『おっぱいをちゅぱちゅぱしたいのですか?』(約19分)」は授乳手コキ
「4.『足コキで罵倒されたいのですか?』(約14分)」は足コキ+罵倒とほぼ正反対のプレイをします。

「ママのおっぱいちゅぱちゅぱしながら、やわらかおててで、ちこちこされて。おちんぽ、溶けちゃいそうでちゅか?」
「足でふみふみされて感じる、変態ちんぽ。男の象徴を足蹴にされて、先走り垂れ流してる、マゾちんぽ」

これらふたつを両方入れてる作品ってかなり珍しいです。
前者は甘やかす、後者は見下すと属性やプレイの方向性がまったく違いますからね。
でも彼がこれらを望んだとなれば話は別です。
彼女の手厚いご奉仕を受けて自分のすべてを見せる決意をしたのだと思います。

授乳手コキは彼女のクールなキャラを柔らかく見せるのに役立ってます。
「~でちゅ」などの基本を押さえつつ「えらいえらい」「タマタマさん」と細かな言い回しも変えてます。
自分のことをママと呼びますし、案外楽しんでるのかもしれません。
おっぱいを揉んだり吸われてる時は熱っぽい吐息が加わってエロさも上がります。

足コキは上から踏みつけるのではなく後ろから抱き着いて両足の裏で挟みます。
最初はぎこちなさそうにゆっくり責めてたのが
ある程度経つと左右の足を使い分けたり金玉を痛くない程度に踏む応用プレイに移ります。
罵倒は普段通りの声で「変態」「マゾ」を織り交ぜてくる程度で控えめにしてました。
彼女はSっ気が全然ないキャラですから豹変したりせず不思議そうな表情でリードします。

本作品で最も甘いのは最後の「5.『今日は“聖処理”の仕上げです』(約22分)」。
これまで4回の射精を済ませてすっかり呪いが解けたところでSEXに突入します。

「私の純潔を奪ったからといって、何も気に病むことなく……処女おまんこで、おちんぽ気持ちよくなってください」
開始直後やSEX中に熱いベロチューを交わしたり
彼女が自分から処女を捧げてゆっくりピストンするなど
これまでとは違い恋人っぽさを出して心身の穢れを完全に取り除きます。
数日前に会ったばかりの男性へここまでする彼女の姿もすごく健気に感じました。
エロさと甘さの両方を最高潮に持っていって物語を上手に締めくくってます。

このように、シスターがする気持ちいいご奉仕を色んな角度から描いた温かいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の穏やかな作品
シスターの魅力を出しつつ物語に沿ったエッチをするややM向けの作品です。

アレットは自分が討伐したサキュバスの呪いにかかった主人公を助けようと
教会の一室に隔離してから1日1回のペースで無理なく射精させます。
そしてパートごとに異なるプレイを繰り出し、その中に様々な淫語や言葉責めを盛り込んで
彼が持つ性的欲求を心の芯から満たそうとします。

声はクールだけど性格は優しいシスターがエッチな手段で男性の呪いを解くシチュ
彼が望むプレイを積極的に取り入れて体と心の責め方を変化させる幅広いエッチ
アブノーマルなプレイを求められても嫌な顔ひとつせず、彼のすべてを受け入れる彼女のおおらかなキャラ。
事務的のイメージとは随分違う甘めの作品に仕上がってます。

中でもエッチは彼をわざとめんどくさい性癖の持ち主にして
普段だと共存しにくいプレイを盛り込む思い切ったことをやってます。
これによってエッチの幅を広げたうえで彼女の心の広さも表現してます。
ほぼエッチするだけのお話なのにキャラがきちんと立ってて素晴らしいです。

あとは全編を通じて言葉責めの質が高いです。
インゴヒゴ(防鯖潤滑剤)さんは元々淫語に強いサークルさんですけど
今作は赤ちゃん言葉や軽めの罵倒といったタイプの違う言葉責めも盛り込んでます。
効果音も各プレイで違う音や動きをしており丁寧に作られてます。

射精シーンは5回。
淫語多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは2本目の満点とさせていただきました。
おまけは「クールなシスターの淫語連呼音声」です。

CV:涼花みなせさん
総時間 2:11:36(本編…2:05:01 おまけ…6:35)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月17日まで50%OFFの550円で販売されてます。



サークル「ワサビ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、樹海の奥に建つ館でひっそり暮らしてる魔女が
そこを訪れた男性を独特なエッチで自分の虜にします。

乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるのが特徴で
乳首は「かりかり」「すりすり」といった掛け声を小まめに言ってわかりやすくリードし
おちんちんは手コキ、足コキ、オナホコキとパートごとに手段を変えて比較的ゆっくりしごきます。
完全女性上位ですが雰囲気は穏やかなのでややM~Mな人に最も向いてます。
妖艶な魔女がする気持ちいい調教
魔女のエーリスがふたつの性感帯をたっぷり責めるお話。

「あら? 目が覚めた? ふふっ ようこそ 魔女の館へ」
エーリスはトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
自分の館を訪れ気を失った主人公に挨拶すると
危害を加える気はないことを告げてからぎゅっと抱きしめます。

本作品は大きな体とおっぱいを持つ穏やかな魔女が
自分に興味を持った男性をおよそ120分に渡るエッチで飼い慣らします。
この館には彼以外にも多くの男性が訪れてますが、今のところ帰ってきた者はいません。
その理由のひとつは彼女の巧みな責めにあります。

「男の快楽って言ったら ここと こーこ おちんぽと 可愛い乳首」
最初の段階からおちんちんと乳首を両方責める方針を定め
手、口、オナホ、おまんこといった様々な手段でバランスよく快感を与えます。
そして彼を甘やかす言葉や赤ちゃん言葉も投げかけて心のほうもとろかせます。

彼女は魔女ですが怪しい薬を飲ませたり謎生物を使って責めることはありません。
人間同士のエッチと同じく自分の体と言葉を組み合わせて心身を盛り上げます。
体を密着させながらのんびり語りかけてくるおかげで雰囲気も終始落ち着いてます。

「両指が かるーく沈むくらいの強さで ぐーるぐる さす さす」
この中で最も力を入れてるのはもちろん乳首責め。
指で撫でる時は「さすさす」、爪で引っかく時は「かりかり」といった具合に
責め方に応じた掛け声を頻繁に言ってプレイの様子をわかりやすく伝えます。

作中で乳首オナニーすることはありませんけど
聴き手が音声に合わせて乳首をいじりやすいようにとても細かく掛け声を出します。

いじり方もちゃんと教えてくれますから乳首を普段いじらない人もやりやすく感じるでしょう。
爪で引っかくシーンが最も多く、ピリッとした鋭い快感を断続的に味わえます。
他にも指で撫でる、2本の指でつまんだり引っ張るなど定番のいじり方は一通り押さえてます。

それに対しておちんちんへの責めはほぼ効果音を鳴らすだけのシンプルなものです。
最近の乳首オナサポはおちんちんを一切いじらずドライオーガズムさせる作品もありますが
本作品は乳首とおちんちんを同時にいじるスタイルなので毎回必ず射精します。
未開発者を意識しながら開発者も楽しめるように調整されててバランスが良いです。

「私が与えるのは 愛と快楽 あなたをたっぷりと愛して 嫌なしがらみや 面倒なことから解放させてあげる」
彼女については「謎の女性」と呼ぶのがピッタリです。
館へ侵入した彼を怒る様子は特になく、むしろ親しみを込めて接します。
「ここから逃げてもいい」と言われますしエッチも痛みや苦しみを与える描写はありません。
でも最後まで聴けば彼になぜここまで優しくするかちゃんとわかります。

エッチ重視の構成なのでキャラやストーリー性は薄めですけど
彼女の思惑が徐々にわかる展開も本作品の面白い部分と言えます。
気持ちよく絡め取るエッチ
エッチシーンは5パート102分間。
プレイは乳首責め、手コキ、足コキ、オナニー、オナホコキ、素股、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、足コキ、オナニー、オナホコキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ビクビクしちゃって こんなよわーい刺激じゃなくて おちんぽ もっと快感貪りたいわよね?」
4分程度の雑談を済ませてから主人公の背中へ抱きついたエーリスは
おちんちんの勃起に気づいてズボン越しに爪で優しく引っかきます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート45分間は快楽で彼の不安や抵抗心を取り除くプレイ。
「02乳首責め寸止め手コキ(約28分)」は焦らしや寸止めを交えた乳首責め+手コキ
「03乳首責め体験談足コキ(約17分)」は他の男性のことを話しながら乳首責め+足コキをします。

「これ 引っかかれるのとは違った鋭い快感がぎゅーって襲ってきて 気持ちいいわよね」
そして彼女は早速多彩な乳首責めを披露します。
乳首をゆっくり擦るところから始まり、速い→遅い→速いと強弱をつけながら爪で優しく引っかく
小指だけ使って微弱な刺激を与える、親指と中指で押しつぶすなど
彼が快感に慣れにくくなるよう数分単位で責め方を切り替えながら進めます。
そしておちんちんは手でゆっくりしごき、射精しそうになったら止めるのを繰り返します。

多くの男を手玉に取ってきただけあって流れるような手つきです。
プレイに対応した掛け声や実況も多く、どんなふうに責めてるかがわかりやすいです。
おちんちんを音に任せてセリフをほぼ乳首につぎ込んでるのもテーマ性があって良いなと。

「あなたも あの子たちみたいなゾクゾクするお漏らし射精 してみたくない?」
03パートは彼女の謎に触れて面白味を出します。
後ろから抱き着いて乳首を手で、おちんちんを足で責め続け
過去にここへ来た男性とどんなエッチをしたかゆっくり語ります。
当時も相当に濃い乳首責めをやってたそうですから、元々男の乳首をいじめるのが好きなのでしょう。
焦らしや寸止めといった意地悪なことはせずストレートに追い込みます。

中盤の2パート36分間は甘さを強くしたプレイ。
「04赤ちゃん言葉で乳首責めオナサポ(約18分)」は赤ちゃん言葉でしゃべりながら自由にオナニーさせ
「05乳首舐めと乳首責めで添い寝オナホコキ(約18分)」は新たに乳首舐めを加えてオナホコキします。

「ぱふ ぱふ ぱふ ボクちゃん専用の だーいちゅきな もちふわ おっぱい枕さんでちゅよ」
04パートは赤ちゃん言葉の存在感が大きいです。
普段よりもご機嫌な様子で彼を自分によりかからせ
おちんちんを一切いじらない代わりに乳首を爪で何度も優しく引っかきます。
「いつでも射精していい」とも言われますし、これまでよりも緩いリードをしてました。
ご褒美を与えて彼がどれくらい従順になった見定めてるのかもしれません。

「ほら 想像してみなさい このおもちゃが 本物おまんこだと思って」
05パートは偽物のおまんこを使ってる状況を活かして彼を興奮させます。
彼女とSEXしてる様子をイメージさせたり、実際に艶めかしい喘ぎ声を漏らして雰囲気を作ってました。
これらの合間に乳首舐めをするのもエロいと感じる要因のひとつです。
中央やや下からパワフルに舐めたり吸う音を積極的に鳴らします。
指を使った乳首責めも爪で引っかくのを主体にしたやや力強いものです。

そうやって十分に親睦を深めた後、「06乳首責め搾精捕食騎乗位(約21分)」でようやくSEXが登場します。
彼女が上に跨って軽い素股を挟んでから一気に挿入し
腰をリズミカルに打ちつけながら乳首をいじったり熱いキスもして彼をとろとろにします。

「あぁん はぁ あぁきたぁこれ さいこうぅ おちんぽ内側じわーって これ効くぅ」
おちんちんを挿入された瞬間にうっとりした声を漏らす
ピストンを続けるほど歯止めが効かなくなり吐息も荒くなるなど
これまでよりも彼女の心情や様子を描く割合を増やして一体感を出してました。
乳首責めももちろんしますが、このパートに限って言えば他の部分のほうが目立ってるかなと。
終盤に繰り出すディープキスもむしゃぶりついてる感じが音に出ていてなかなか激しいです。

これまで不明だった彼女の目的にも触れられてますし
本作品の最後を飾るに相応しい抜き応えのあるプレイと言えます。

このように、乳首を丁寧に責めながらおちんちんも気持ち良くする濃厚なエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の穏やかな作品
乳首の快感を追求したうえで抜きやすさにも配慮してる作品です。

エーリスは自分に興味を持って館を訪れた主人公を言いなりにしようと
落ち着いた態度で接しながらふたつの性感帯を優しく責めて快楽の虜にします。
そして乳首は指示と掛け声を丁寧にやる、おちんちんは音を鳴らすといった具合に
それぞれをまったく違う手段で表現してどちらも気持ちよくなれるようにします。

穏やかでエッチも得意な魔女が男性の乳首とおちんちんを弄ぶややM~M向けのシチュ
どのパートも必ず乳首責めを盛り込み、実況にも力を入れて乳首オナニーしやすくするテーマに沿ったエッチ
乳首責めに特化させずおちんちんもバランスよく責める未開発者を意識した構成。
テーマ性をしっかり出しつつ、より多くの聴き手が楽しめるように組み立ててます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素なだけあって作り込みが素晴らしいです。
乳首責めをするシーンは完全サポートと言っていいくらい指示や掛け声を頻繁に出します。
スピードや力に緩急をつけて快感に慣れにくくしてますし
この内容なら未開発者から開発者まで割と誰でも楽しめると思います。

ただし、爪で引っかくプレイが飛び抜けて多いところだけは気になりました。
このパートは引っかき多め、次はぎゅっとつまむプレイを多くといった具合に
パートによって責め方の比率を変えてればより充実した乳首責めになったと思います。
今の内容だと7割くらい爪で引っかいてるのでもう少し幅広さが欲しいです。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは本編から「カリカリ」と「吐息」のみ抜粋したオナサポトラックです。

CV:大山チロルさん
総時間 2:07:42(本編…1:57:27 おまけ…10:15)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月8日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

↑このページのトップヘ