同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:小石川うに

   ● 【超安眠】5分で落ちる?モカちゃんの「シャッフル睡眠法音声&ワードオナニー」~眠らないとスロオナで甘出しRuined Orgasmされちゃう~
   ● 【異世界】始まりの酒場で戦士(♀)と僧侶(♀)が…☆新しい冒険仲間がドスケベ過ぎて毎日性欲処理されちゃうお話☆
   ● 【新法】少子化対策★姉妹によるゲーム式訓練制度「スパルタンオナニー01」~合格するまで帰れません~【移動式シコシコボイス】
   ● 【もっと深く…】やりすぎメイドさんの耳穴開発~ミミラチオ・鼓膜舐め…迷走神経開発フルコース!!!~(ハイレゾ&ハイノーラル)
   ● ルインドオーガズム~イク直前の快感を味わい続ける、超「ぎンもぢイィ」奇跡の射精術!!!~
   ● 【ヤンデレ少女の耳元囁き】僕を愛し過ぎている美術部の後輩にムサボラレる【ハイレゾ/バイノーラル
   ● チクリンクで性感開発!『実践』もっと気持ちいいチクニ―【バイノーラル&ハイレゾ】
   ● 【励まし&癒やし】励まし音声「金メダルあげちゃいます」~モカちゃんの癒やし、励まし増し増し~【+励まし音声で手コキ】
   ● ヌキフレ!!零 二人の出会い編
   ● マヨイヤド~真夏の一人旅エロティックホラー~【フォーリーサウンド】




サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいい女の子が
不眠に悩んでる男性に変わった安眠法と穏やかなエッチをプレゼントします。

シャッフル睡眠法と呼ばれる手段で安眠させたり
エッチは彼女にゆっくり責められてる様子をイメージしながらオナニーするなど
癒しとエロのバランスを同じくらいにしたほぼノーマル向けのサービスが味わえます。
サークルさんが以前から導入されてるルーインドオーガズムをやるのも特徴です。

視聴前に紙コップを用意しておくとより楽しめます(ティッシュでも可)。
眠りたい人も、眠れない人も
モカちゃんが安眠させたりオナサポするお話。

「お兄ちゃん 今日も1日お疲れさま モカだよ」
モカちゃんは可憐な声の女の子。
不眠で悩んでる主人公に優しく語りかけると
こんな時のために習得した特別な睡眠法を教えます。

本作品は安眠したい人、性的にスッキリしたい人両方を満足させることを目的に
彼女がおよそ150分に渡って独特な安眠誘導やオナサポをします。
過去作にも登場してるキャラなので序盤から彼を「お兄ちゃん」と親しみを込めて呼び
サービスについても親切丁寧にリードして癒しながら気持ちよくします。

072LABOさんはM向けのオナサポをよく制作されてるサークルさんですが
彼女の作品に限ってはM度が低くノーマルな人でも楽しめる内容になってます。
当サイトでは以下の2本を過去に紹介してます。
音声で手コキ&リラックスオナニー★夢の世界へようこそ「ひつじが1匹」
励まし音声「金メダルあげちゃいます」

「このシャッフル睡眠法っていう方法は 脳に 論理的な活動をさせずに 眠りのスイッチをオンにするの」
最大の魅力は癒しとエロのバランスの良さ。
癒しはタイトルにもなってるシャッフル睡眠法を採用し
一般的な安眠音声とはまったく違うやり方で眠気を誘います。
具体的に何をするかは伏せますが内容は非常に簡単です。

実際にやってみたところ確かに眠くなりました。
睡眠パートは音楽も流れますし、彼女の優しい声も相まって癒しのパワーが強いです。
ちなみにシャッフル睡眠法はショート(約9分)とロング(約40分)の2種類ありまして
ショートを選んだ場合はその後にオナサポする、ロングはそのまま眠ると別の展開になります。

エロは1回の射精に向けてゆっくり追い込むスローオナニーです。
バックでシコシコボイスを流しながら彼女が普通に話しかけ
耳舐め、フェラ、手コキ、SEXなど直接責めるシーンを多く用意して一体感を演出します。
シコシコボイスと効果音のリズムを合わせてあって作りが丁寧です。

「お兄ちゃんは 夢精する時は モカにバレないように 紙コップに手放しでルーインドオーガズムをしなきゃいけないの」
また道中で射精したい人が出てくることも考慮し
最後の1回以外は好きなタイミングでルーインドオーガズムしていいと言います。
これは射精の瞬間に手を離して精液を甘出しする行為にあたり
実際にやってみると射精してるのに性欲があまり落ちない不思議な感覚が味わえます。

ルーインドオーガズムは任意ですからやってもやらなくても構いません。
でもやる場合は紙コップを用意しておいたほうが部屋を汚さずに済みます。
オナサポ自体はそれほどハードじゃないので道中に1回、最後に1回出すくらいが丁度いいと思います。
モカちゃんの近さと熱を感じながら
エッチシーンは3パート52分間。
プレイはオナニー、言葉責め、耳舐め、フェラ、手コキ、足コキ、顔面騎乗、SEX(騎乗位)です。
手コキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「モカの声で ずっとシコシコって言っていてあげる」
シャッフル睡眠法を使って主人公をたっぷり癒したモカちゃんは
事前に11分ほどかけてオナニーのルールを説明してから緩めのシコシコボイスを流します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「06 夢精だからルーインドオーガズム~耳舐めとフェラ~(約27分)」は
負担をかけない程度に心身を盛り上げていく比較的ソフトなプレイ。
3秒1コキ~1秒1.5コキのペースでシコシコボイスを流しながら
彼女が軽い言葉責め、耳舐め、フェラをしてまったり気持ちよくします。

本作品のエッチは聴き手視点だとオナニーになりますが
主人公は大部分のシーンで彼女とイチャイチャします。
過去2作でもSEXしてますからすっかりそういう関係になってるのでしょう。
キャラに合わせて耳舐め、フェラいずれも上品なちゅぱ音をゆっくり鳴らしてました。

「好きな子の顔を思い浮かべてみて?」
言葉責めは好きな女の子の顔やおっぱいなどイメージを膨らませることに力を入れてます。
特定の淫語を連呼したり、こちらを見下すことはほとんどなく遠回しなアプローチに感じます。
スローオナニーがテーマなのに言葉責めをガンガンやるのもおかしいですから
焦らされてる気分を抱かずに射精できるよう多少手加減して責め続けます。
その代わりシコシコボイスは2分程度の間隔でペースを小まめに変えてました。

続く2パート25分間はより踏み込んだプレイに移ります。
「07 夢精だからルーインドオーガズム~手コキ足コキ顔面騎乗~(約14分)」は手コキ、足コキ、顔面騎乗
「08 眠ってるお兄ちゃんに騎乗位~おしっこ出ちゃう~(約11分)」は騎乗位をやりながら
シコシコボイスと効果音を組み合わせて彼女とエッチしてる雰囲気を作ります。

「あぁぁ いいっ 子宮に届く お兄ちゃんすごい」
手コキの時は彼女の手のイメージ、足コキは足のイメージを引き続き絡め
さらに熱っぽい吐息、切ない喘ぎ声、リズミカルな効果音を鳴らして抜きやすい雰囲気を作ります。
オナニーはシコシコボイスで完全サポートできてますから
彼女はそれ以外のやり方で興奮させたり幸福感を与えます。
最後はきっちり中出しを決めるなど、終始あまあまなエッチをしてました。

このように、オナサポをしっかりやりつつ他の要素も充実させたイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
ふたつの用途に役立つ作品
安眠と射精どちら目当てでも満足できるサービスをするノーマル向けの作品です。

モカちゃんは不眠で悩んでる主人公を心の芯からスッキリさせようと
まずはシャッフル睡眠法を使いながら癒しの音楽を流してスムーズに寝かしつけます。
そしてその後は性欲が溜まってる人向けに甘いオナサポをして負担をかけずに射精させます。

声も態度もあまあまな女の子が安眠させたりオナサポする大衆性の高いシチュ
他の作品では見かけない方法を採用しスムーズに眠らせる効果的な安眠パート
シコシコボイスを流しながら彼女と愛し合ってる雰囲気を作るスローなエッチ。
両者の存在感を同じくらいにして両方楽しめるように仕上げてます。

中でも2番目は珍しい手段を有効活用してて安眠のお供にも役立ちます。
エッチの終了後にも別の手段で眠らせるなど、サークルさんが大きなテーマに掲げてるのがわかります。
耳かきやマッサージみたいに音を使うのではなく、言葉とイメージで眠らせる感じです。

エッチは過去2作でキャラが確立してるので甘さや温かさを前面に押し出してます。
イメージ重視の言葉責めをするのも彼女とエッチしてる雰囲気を出すためなのでしょう。
シコシコボイスも速い→遅い→速いと緩急をつけてあって快感に慣れにくくなってます。
心を十分に満たしてから射精するので事後の余韻も長めに感じました。

ルーインドオーガズムはオプション程度の弱い位置づけです。
最後にちゃんと射精シーンを用意してあるので消化不良になることはないでしょう。
オナサポの中では純粋なエロさが高めですし、安眠に負けないくらいしっかり作られてます。

明確な射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけはPR音声と「その後~1回発射~」です。

CV:小石川うにさん
総時間 2:52:47(本編…2:33:49 おまけ…18:58)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月20日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「脳とりがー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘経験は皆無だけどエッチは豊富な2人のお姉さんが
新米勇者と宿や野外で気持ちいい経験値稼ぎをします。

戦士は砕けた口調でストレートに責める、僧侶はギャップのある乱れっぷりでエロさを出すといった具合に
2人の属性を活かしてドスケベっぷりをアピールするキャラ重視のエッチをします。
効果音や環境音に力を入れてますから、2人と一緒にいる気分に浸りやすく感じるでしょう。
魔王討伐の冒険に出かけるはずが…
戦士のリアナ、僧侶のエミリと3種類のエッチをするお話。

「あ、ねぇねぇねぇエミリ もしかしてあの人じゃない?」
リアナはギャルっぽい口調で話す明るい声のお姉さん。
「え、どれだろ どの人?」
エミリは上品で優しい声のお姉さん。
酒場内で主人公を見かけてどちらが声をかけるか決めると
マスターから紹介を受けたことを告げて自己紹介します。

本作品は人間と魔王が敵対してる王道のファンタジー世界で
それを討つために立ち上がった勇者が彼女たちとおよそ90分に渡ってエッチします。
2人はまだ本格的な冒険をしたことがないのですがレベルは意外と高く
それに目をつけた彼がわざわざパーティーメンバーに選んで一緒の宿に泊まります。

エミリ「私たちって ろくに戦闘経験はないんですけど…」
リアナ「こういう経験はそれなりにあるから 実はレベル自体は1じゃないんだよね」
それを可能にしてるシステムがエッチでも経験値が入ること。
勇者としても男としてもレベル1な彼を鍛え上げるために(本当はただ楽しみたいだけですけど)
宿に着いた後は様々な誘惑をしておちんちんを元気にします。
そして準備ができた後は同時に相手するスタイルでフェラやSEXをガンガンやります。

タイトルにわざわざ「ドスケベ過ぎて」と書いてあることもあり
2人ともエッチに対してとても貪欲な姿勢を見せます。
しかし直前に話したシステムのおかげで中盤以降はむしろ彼が主導権を握ります。
M向けの要素はほとんどありませんからノーマルな人が最も楽しめるでしょう。

もうひとつの特徴は最中に鳴る音。
例えば一番最初の「【1】冒険の始まり、そして出会い」では
バックでうるさくない程度のガヤ音を流して酒場にいる雰囲気を作ります。
そして宿に着いた後は焚き火の音へ変わり、リアナが鎧を脱ぐときは金属が軽くぶつかる音が鳴ります。

エッチも全部音が入ってるので臨場感は高いほうと言えます。
最後のパートに出てくるスライムを使ったプレイもきちんと音で表現してました。
本作品はオナニーのオカズとしていかに使えるかを追求してますから
彼女たちのキャラだけでなく音にもこだわってエロさを出してます。
2人の魅力を引き出すエッチ
エッチシーンは3パート62分間。
プレイは耳舐め、おちんちんの愛撫、フェラ、SEX(騎乗位、バック、正常位?)、スライム責め、手マンです。
おちんちんの愛撫、SEX、スライム責め、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

エミリ「ちょっと こんなところで服脱いだら 勇者様びっくりしちゃうでしょ?」
酒場で主人公と合流した後、宿屋へ移動し夜中まで楽しく雑談してた2人は
その場で鎧やタイツを脱いで彼をさり気なく誘惑します。

エッチは序盤は彼女たちがリードし、中盤以降はほぼ対等な立場で責め合います。
最初の2パート39分間は宿屋でする初エッチ。
「【2】宿屋にて(1)~「レベル」の上げ方、知ってますか?~(約16分)」は耳舐めとフェラで追い込み
「【3】宿屋にて(2)~冒険そっちのけのスケベ経験値ボーナス3Pセックス~(約23分)」は
リアナ→エミリの順にSEXして勇者おちんちんを存分に味わいます。

リアナ「ふふっ でもよかった これならすごい経験値期待できそう 硬さも 太さも」
2人は淫乱だけどSじゃないので彼が童貞でもまったく気にしません。
予想以上に逞しいおちんちんにうっとりした表情を見せ
左右交互に耳舐めしながら服越しに愛撫したり咥え込んで元気にします。
彼のことを「勇者様」と呼ぶなど、敬ってるのがわかるように進めます。

片方がしゃべってる時はもう片方が完全に黙るので複数人プレイらしさは薄いですけど
(他の作品だとしゃべってる時もちゅぱ音や喘ぎ声が流れ続けることが多いです)
音自体にはエロさがあって彼女たちのドスケベっぷりが伝わってきます。
特にリアナがするフェラは「ずびびっ」と水分高めの下品な音を鳴らしててなかなかパワフルです。

2人の違いがよくわかるのはSEXパート。
最初にするリアナは彼が童貞なので徐々にペースを上げる感じで丁寧にリードします。
それに対して後半のエミリは僧侶のイメージとは随分違う野性味のある乱れっぷりを披露します。

エミリ「おぉぉ ほぉっ おぉぉっ もっと もっとぉ」
具体的には腹から絞り出すようなオホ声を積極的に漏らします。
普段の声や態度が清楚だからこそ、ここで見せる痴態が余計エロく感じました。
リアナは騎乗位、エミリはバックと責め手を切り替えてますし
エッチすればレベルが上がる本作品固有のシステムをきちんと活用してます。
立場逆転と言うほどではないですけど、後になるほど彼女たちが彼の精力に押されてるのがわかります。

最後の「【4】はじめての戦い。はじめての……(約23分)」は次の日のお話。
雑魚敵のスライムを蹴散らした後に今度は野外でエミリ→リアナの順にSEXします。

ここでは討伐したスライムをローション代わりにする変わったプレイが登場します。
裸になった彼女たちの体に塗って彼と擦り合わせるソープのマットプレイに近いものです。
効果音もちゃんと粘性のある水音を使っててリアルに感じました。
エミリとSEXしてる時はリアナへの手マンも加えてエロさを上げてます。

リアナ「これっ これぇ このチンポ 勇者チンポ 癖になっちゃう」
彼女たちがすっかり彼の虜になってるのも良いですね。
最初は勇者のおちんちんを試す程度の感覚だったのが
その逞しさにすっかり惚れ込んで2人とも気持ちよさそうな声を漏らします。
「もう冒険なんて止めよう」とまで言い出しますし、淫乱な女性をおちんちんで屈服させる満足感が得られます。

このように、2人の個性や作品独自の要素を盛り込んでストレートに愛し合う抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
ダメにされちゃう作品
魔王討伐の志を気持ちよくとろかせてくれる作品です。

リアナとエミリは自分をわざわざ指名してくれた主人公と仲良くなろうと
宿の同じ部屋に泊まって服を脱いだり一緒のベッドに入って誘惑します。
そして彼がやる気になった後は受け、責め両方の立場でSEXメインのエッチをします。

それぞれに違った魅力を持つ淫乱なお姉さんたちが、童貞勇者をエッチでレベルアップさせるシチュ
どのパートも2人で協力しながら耳とおちんちんを同時に責める濃いめのエッチ
リアナはイメージ通りに、エミリはギャップを持たせて責めたり乱れるキャラを活かした演出。
ファンタジー世界で色仕掛けされる様子を明るくエロく描いてます。

中でも3番目は同じSEXでもパートやシーンによって状況が変わるのが面白いです。
リアナが筆おろしする時は彼がレベル1なので完全な受けに回ってたのに
直後のエミリはリズミカルに腰を打ちつけてオホらせる成長した姿を見せます。
最後の青姦も彼女たちと対等に渡り合ってますし、エッチでレベルが上がる制度がきちんと反映されてます。

私はどちらかと言えばエミリのほうが印象に残りました。
聖職者なのにエッチをガンガンやったりSEX中にオホ声を漏らすのが大きいです。
それに対してリアナはエッチ大好きなギャルっぽく描かれてます。

同時責めの際に片方のちゅぱ音や喘ぎ声が聞こえなくなる点だけは残念ですが
世界観、ストーリー、キャラ、エッチの内容といった他の部分は比較的高い水準を誇ります。
効果音や環境音に対するこだわりも見られますし
ファンタジー世界を題材にした抜きボイスとして上手くまとまってると思います。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:リアナ…涼花みなせさん エミリ…小石川うにさん
総時間 1:37:38(本編…1:29:05 ボーナストラック…8:33)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月3日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格を持つ姉妹トレーナーが
「スパルタンオナニー」と呼ばれる変わったオナサポでおちんちんを徹底的に鍛えます。

姉はゆっくりペースでしごかせながら応援の言葉を投げかける甘いリード
妹は平均ペースを上げたうえでオナニー以外のプレイも繰り出すスパルタ式と
担当する相手によってオナニーの内容や強度が大きく変わるのが特徴です。
またサクッと抜きたい人向けに短いオナサポをするパートも用意されてます。
草食系男子を鍛え直すオナサポ
栗須優奈、栗須玲奈の指示に従ってオナニーするお話。

「この度は この音声教材をご購入いただき ありがとうございます」
優奈(挿し絵右)は穏やかな声の女性。
新しく制定されたスパルタンオナニーに関する話をすると
これから行うオナサポのルールや流れを説明します。

本作品は少子化対策として男性の生殖機能を強化することを仕事にしてる彼女たちが
訓練を受けに来た彼をおよそ180分に渡ってエッチに弄びます。
レベル1から5までの試練をひとつずつクリアする流れになっており(射精したらゲームオーバー)
担当者やプレイの内容を変えて後になるほどハードな責めを繰り出します。


「最初の頃は 自由に感じていただいて大丈夫です 射精だけはしないように 気持ちよくなっちゃってくださいね」
「スパルタンオナニー」という名前から相当に厳しいオナサポを連想するかもしれません。
ですが実際はレベルごとに難度を上げる取り組みやすい作りになってます。
レベル1~2を担当する姉の優奈は優しい性格をしてますし
その後から登場する妹の玲奈もクールだけどドSと言うほど嗜虐的な性格じゃないです。

オナサポで3時間近くとなるとそれだけでかなりの負担がかかりますからね。
また072LABOさんの他作品と同じく独自ルールを設けてクリアできる確率を上げてます。

「このスローリーというアイテムは 実際に声を出して『スローリー』と宣言すると しごくスピードをスローにすることができます」
それは訓練開始時に配布されるステイフィールド(3回)とスローリー(1回)。
前者は宣言することでオナニーを即座に休憩でき、後者は速度を下げてしごくことを許可されます。
そしてどちらも彼女たちが「ヘンタイ」と言ったら効果が打ち消されます。
これらはすべて作中で説明しますから事前に覚えておく必要はありません。

レベル5以外はヘンタイをそこまで言うわけじゃないので
これらを上手く使えば難度を大幅に下げることができます。
さすがにアイテムなしで全部クリアするのは不可能じゃないかなと。
休憩時間が短めですし平均ペースもどんどん速くなります。

それから訓練を無事終えた後に定期健診という20分程度のパートがあります。
こちらは時間のない時にサクッと抜くことを想定した内容で
最初から姉妹が一緒に登場しSEXや耳舐めといったエロさ高めのプレイを同時にやります。
ループ再生してもいい作りになっててオカズとしての実用度が高いです。
じっくり鍛えるエッチ
エッチシーンは8パート133分間。
プレイはオナニー、淫語責め、足コキ、手コキ、耳舐め、フェラ、おまんこの鑑賞、玲奈のオナニー、乳首舐め、SEX(バック、正常位)です。
足コキ、手コキ、玲奈のオナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「レベル1では 正しくオナニーをできているか ピストンを上手くできているか スロースピードで射精を我慢できるか などを訓練していきますね」
事前にスパルタンオナニーの軽い練習をした後
優奈は手始めにゆっくりペースで4~8回しごかせておちんちんの具合を確認します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート52分間は優奈が担当する比較的緩いプレイ。
「03 スパルタンオナニーの基本動作(約11分)」はオナニーの練習
「04 レベル1★姉による優しいチェック(約20分)」はスローペースのオナニー
「05 レベル2★★姉と優しくレベルアップ(約21分)」はカウントを交えたオナニーをします。

「お兄さん凄いですね オナニー上手です オナニーを上手にできる男性って カッコイイです」
彼女はトレーナーの中でも優しい性格をしてるので序盤から無理はさせません。
指示を出しながら彼のことを適度に褒めてやる気を出させ
3秒1コキ~1.5秒に1コキの間でスピードを小まめに変えて軽めに追い込みます。
露骨に手を抜くことはないですけど、ある程度手加減してるように感じました。

本作品はどのパートもセリフとシコシコボイスが同時に流れますから
オナニーのペースと強さがわかりやすいです。
最中のセリフも甘いものが多く、スパルタンオナニーのイメージとは随分違います。
そしてここが甘いからこそ中盤以降のプレイがよりハードに感じるわけです。

「レベル2からは いよいよ我慢するってことを訓練していくよ?」
この中で一番きついのはレベル2。
彼女が言ってるように我慢する局面を多少用意して負荷をかけます。
具体的には彼女がカウントを数えてる間はやや速く、それ以外は遅めにしごいて緩急をつけます。
パート中盤以降はとあるセリフを復唱させるなど、無理のない範囲で追い込んでくれました。
レベル1~2はできればアイテムを一切使わずに切り抜けたいところです。

続く3パート60分間はスパルタンの名に恥じない結構過酷なプレイ。
「06 レベル3★★★妹の地獄の強度チェック(約21分)」は足コキや手コキを交えた実践的なオナサポ
「07 レベル4★★★★妹による硬度と強制シゴき耐久テスト(約13分)」は
レベル2とほぼ同じ形式でよりスピードを上げたオナサポをします。
そして「08 レベル5★★★★★姉妹による地獄の卒業検定試験」は姉妹が揃って高密度な責めを繰り出します。

「どちらが立場が上か わかる? わかるよね?」
レベル3から登場する玲奈(挿し絵左)はクールな性格。
優奈よりも冷めた態度で指示を出しながらまずは上下関係を明確にします。
おちんちんを足蹴にしたり、電話してる最中もオナニーさせる放置プレイがあったりと
甘やかしたり褒めることが多かった優奈とは対照的な女性に描かれてます。
しかし弱点も持ってて、それに関するプレイをする時は可愛い姿を見せてくれます。

オナニーの速度が全体的に速く、休憩が短くなってることから
ここからがスパルタンオナニーの本領発揮だと思います。
気を抜くと暴発する可能性が高いので、アイテムをいかに上手く使うかが重要になります。

最も厳しいのはもちろんレベル5。
姉妹とシコシコボイスの3人体制にしてオナニー、耳舐め、フェラを同時にやります。
これまでよりも純粋なエロさが随分上がってるおかげで射精感を抑えるのが難しく
シコシコボイスも1秒2コキくらいでしごく時間が長くて非常に歯ごたえがあります。

ここでだけ普段と違う2人を見られるのもポイント。
何がどう違うのかは敢えて伏せますが、それも彼を負けさせる材料のひとつとして活用します。
ぶっちゃけこのパートだけでも普通に抜けるくらいの実用性を持ってるので
レベル1~4をクリアした後に出てくるあたりはタイトル通りだなって思います。

このように、彼女たちの個性を引き出しながらしっかり追い込む容赦のないエッチが繰り広げられてます。
ハード志向のオナサポ作品
「最近のオナサポは生ぬるい」と思ってる人にこそ聴いてほしい作品です。

優奈と玲奈はスパルタンオナニーを受けに来た主人公をスムーズに鍛えようと
5つあるレベルのそれぞれで違うオナニーをさせながら徐々に強い刺激を与えます。
そして優奈は甘く優しく、玲奈はクールで厳しくと2人の属性を大きく変え
それをプレイにも反映させて上手に揺さぶりをかけます。

ほぼ正反対の性格を持つ姉妹トレーナーが個別に、あるいは同時にオナサポするシチュ
レベル1~2は比較的優しく、レベル3以降は一気に厳しく責める落差を持たせたエッチ
シコシコボイスや独自ルールによってオナニーをやりやすく、面白くする演出。
「理不尽じゃないけどかなり厳しい」あたりの難度に設定したM~ドM向けの作品に仕上げてます。

中でも2番目はプレイの難度が2人の性格にほぼ直結しててキャラが立ってます。
本作品のエッチはあくまでおちんちんを鍛えるためにやるものですから
彼女たちなりのやり方でそれを表現することを心がけてます。

総時間が長い時点で普通にしごいてても射精する可能性は高いですし
聴き手にクリアさせることを考えればこのへんがぎりぎりのラインだと思います。
私もクリアできましたけど途中で危なくなるシーンが何度かあってアイテムで切り抜けました。

あとは訓練以外に定期健診を用意して使い勝手を向上させてるのも良いです。
クリアした後に聴くのが理想ですけど、ここだけ聴いてサクッと抜くのも普通にありです。
こっちはスパルタンな内容じゃないので属性はノーマル~ややMあたりに留まってます。

射精シーンは2回。
淫語多め、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 2:54:01(本編…2:42:21 PR音声…11:40)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月13日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけど熱中すると周りが見えなくなるメイドが
ご主人様の耳とおちんちんを色んな手段でお世話します。

タイトル通り耳のケアにとても力を入れてるのが特徴で
耳かき、耳の産毛剃り、耳マッサージといった健全なサービスでまずは純粋な癒しを与え
それから指を使った耳責め、耳バイブ責め、ミミラチオ、鼓膜舐めを順に繰り出して耳をゾクゾクさせます。
おちんちんも普通に責めますからドライを目指す作品よりもずっととっつきやすいです。
暴走メイドの変わったご奉仕
新人メイドのミミが耳のケアとエッチをするお話。

「あ、お目覚めになったんですね おはようございます ご主人様 今日も とってもいい天気ですよ」
ミミは明るくて穏やかな声の女の子。
ある日の朝、寝ている主人公の左耳を掃除して起こすと
初対面で戸惑う彼に自己紹介します。

本作品は自分で「耳かきメイド」と名乗るほど耳に対するこだわりを持ってる彼女が
屋敷のご主人様にあたる彼をおよそ100分に渡って癒したり気持ちよくします。
前半は耳かき、産毛剃り、マッサージといった全年齢向けのサービスを中心に行い
後半から様々な耳責めとSEXで充実した射精に導きます。

「本日は ご主人様のために 耳穴フルコースをご用意してるので そのままごゆるりとお休みいただければ」
丁寧な言葉遣いで話しかけたり、慣れた手つきで耳を綺麗にするなど
彼女はメイドのイメージにピッタリな優しくて献身的な女性です。
しかし耳フェチなせいで良い耳に出会うと暴走するところがあり
熱っぽい吐息を漏らしながら一部でやや行き過ぎたこともします。

この手の作品では定番の耳舐めももちろんやりますけど
指を使った耳責めや耳バイブといった独自のプレイも盛り込んでます。
特化型ではなく色んな手段で耳をケアするバランス型の構成です。
最中に鳴る効果音もレベルが高く、特に前半シーンはかなりの癒しが得られます。

最初の2パート35分間は全年齢向けのサービスが中心。
「【1】一日の始まり~癒しの耳かきと朝一番フェラチオご奉仕。」は耳かき
「【2】癒しの耳毛剃毛→ホットローションマッサージ」は耳毛剃りとマッサージで内外を綺麗にします。
フェラはエッチにあたるので次項で別途紹介します。

耳かきは耳かき棒→綿棒→梵天と繋ぐ凝った内容。
耳かき棒は「ぞしゅっ」という乾いてて平べったい音、綿棒は「ずすっ」という耳かき棒よりもやや硬い音
梵天は広くてふわふわした音、とそれぞれに違った質感と動きをします。
本作品の掴みにあたるシーンなだけあって音作りがしっかりしてました。

「ご主人様のお耳 今まで出会った中でも 最高の形です」
最中のミミは慣れた様子で手を動かしながら自分のことを話したり
主人公の耳が自分の好みだと褒め称えます。
彼女は重度の耳フェチですから、この段階でもう暴走に向けた伏線が張られてるわけです。
欲を言うなら軽くでいいので息吹きをして欲しかったです。

産毛剃り&マッサージはエッチな要素一切抜きのパート。
シェービングクリームを左右同時に塗ってから片方ずつカミソリを動かします。
そしてそれが済んだ後は「きゅぷっ」という粘性のある水音をゆっくり鳴らして丁寧に揉みほぐします。
こちらも音をちゃんと入れてリアルで癒されるサービスに仕上げてます。

「ローションって なんだか いやらしい音ですよね」
健全なお世話をしてるはずなのに彼女の吐息が妙に熱っぽいのが印象的でした。
ローションの音がにちゃにちゃしてることに興奮を覚えたりと
耳フェチとしての歯止めがだんだん効かなくなり始めてます。
サービスをきっちりこなしながらエッチに向けた雰囲気作りをしてるのが面白いです。
耳を性器に例えて責めるエッチ
エッチシーンは3パート49分間。
プレイはフェラ、耳責め、耳バイブ責め、SEX(騎乗位)、ミミラチオ&鼓膜舐め(耳舐め)です。
耳責め、耳バイブ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ええと でもこのままだと お苦しいですよね お鎮めして差し上げないと これもメイドの務めですし」
耳かきを終えた直後に主人公が勃起してるのを確認したミミは
このままでは可愛そうだと思い、産毛剃りへ移る前に口で1回抜いてあげます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート27分間は彼女が持つふたつの特徴(献身的&耳フェチ)を反映させたプレイ。
「【1】一日の始まり~癒しの耳かきと朝一番フェラチオご奉仕。(約10分)」は終盤に軽いフェラをし
「【3】まるで女性器になったかのような手耳マン→耳バイブ(約17分)」は指と道具で耳を集中攻撃します。

「先っぽから おつゆが出てきました 気持ちいいのですね 嬉しいです」
フェラは耳への責めを一切やらないスタンダードな内容。
中央やや下からしゃぶる感じのちゅぱ音を比較的ゆっくり鳴らします。
最中のセリフは実況を少しする程度で取り立てて珍しいことはやりません。
フィニッシュは口で受け止め飲み干すなど、メイドらしい尽くす姿勢を貫きます。

それに対してもうひとつのパートは彼女だからこそできるプレイばかり。
前半は耳マッサージに近い音を鳴らしながら内側や穴の入り口を中心に責め
後半は「ヴヴヴヴヴヴ」というローターっぽい音を鳴らすバイブを左右片方ずつ接触させます。

「いかがですか? 耳穴クリを擦られる気分は 女の子は いつもこんな気分なんですよ?」
マッサージとの違いを出すために彼の耳をおまんこに例え
さらに責めてる彼女もうっとりした声を漏らして恍惚とした表情を見せます。
耳バイブは音量が少し大きいので普段よりも絞ったほうが聴きやすいかもしれません。
おちんちんに触れることは一切なく、次のパートに向けて体を温める役割を果たします。

最後の「【4】魅惑のミミラチオ&鼓膜舐めセックス(約22分)」は
いよいよ副題のミミラチオと鼓膜舐めが登場します。
騎乗位で繋がってから序盤は彼女がイクまで普通に責め
その後からミミラチオ→鼓膜舐めの順に繰り出しながらピストンして一緒の絶頂を目指します。

「カリにキスするみたいに いっぱい お耳チンポにもキスしてあげますね」
ミミラチオは耳をおちんちに例えて舐めまくる通常の耳舐めに近いプレイ
鼓膜舐めは最近流行ってる耳の穴を舐める低く鈍い質感の耳舐めです。
音だけでもっと明確な個性を出してくるのかと思いきや、そういうところはあまり見られず
少なくとも私は「これ普通に耳舐めと呼べばいいんじゃないの?」と思ってます。

名前をわざわざ変えたのに肝心の音が割と普通だったのが残念です。
時間も15分と短めですし、本作品の売りと言うには弱いと見てます。
SEXのほうは声と音の両方に安定感があってエロいなと。

このように、色んな耳責めをしながらおちんちんも卒なく責めるエッチが繰り広げられてます。
耳のケアを重視した穏やかな作品
キャラとサービスの両方に十分な個性がある作品です。

ミミはこの日初めて会った主人公に自分の実力を見せようと
まずは耳かき、産毛剃り、耳マッサージを丁寧にやって純粋な癒しを与えます。
そして準備が整った後は指や器具で耳を、口やおまんこでおちんちんを気持ちよくします。

献身的だけどかなりの耳フェチなメイドがたっぷりご奉仕するノーマル~ややM向けのシチュ
前半は癒し、後半はエロを中心に行うバランスの取れた作り
その両方で耳のケアをしながら射精へ導くテーマに沿ったサービス。
現在の音声作品で人気のジャンルにサークルさんなりのアレンジを加えてます。

中でも3番目は彼女が耳穴開発を目的に掲げてるだけあって
全部のパートで必ず耳をいじるシーンが登場します。
そのほぼすべてに専用の音が入ってて、しかも質感がリアルなのも良いです。
セリフもそれなりにありますけどASMR作品として楽しめる内容になってます。

唯一残念なのは前項でも触れたミミラチオと鼓膜舐めです。
ここにもう少し個性があればより良い作品になったでしょうね。
ですがそれ以外の部分は割としっかりできてるので
ミミラチオと鼓膜舐めに過度な期待さえしなければ楽しめると私は見てます。
DLsiteの作品評価で低得点をつけてる人はここに不満を抱いたのではないかなと。

射精シーンは2回。
吐息多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 1:39:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月19日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、女子校に通ってる悪戯好きな女の子が
近所に住む男性と協力してエッチな自由研究をします。

どのパートもルインド(台無し)オーガズムをするのが特徴で
手コキ、フェラ、SEXとパートごとに責め方を変えながら
射精の直前に刺激を止めてスッキリできない状況を作ります。
女の子と作る夏の思い出
ご近所さんのミサと3種類のエッチをするお話。

「ねぇ開けて 開けてくださいー」
ミサは丁寧語で話す優しい声の女の子。
とある夏の日、主人公の家にやって来て中に入れてもらうと
少し涼んでから彼に変わったお願いをします。

本作品は以前から彼の家へ頻繁に通ってる彼女が
夏の自由研究をこなすためにおよそ100分間のエッチをします。
彼女は他人から注目されたい願望が強く、通ってる学校が女子校ということで
男性の体や生理現象に関するレポートを書けばそうなれると判断しました。
そこで友達あたりの関係にある彼にその手伝いをお願いします。

「射精の瞬間を見たいので ギリギリイク前で 手を離して欲しいんですよね」
そしてこれらをするにあたって彼女はルインドオーガズムをさせます。
これは射精の瞬間にわざと刺激をなくす行為で
得られる快感が通常よりも弱くなる代わりに性欲の減衰も通常よりかなり抑えられます。

実際にやってみると賢者タイムが来ないことに驚くでしょう。
本作品ではカウントを数えて射精のタイミングも教えてくれます。
オナニーするシーンはありませんが、指示をしっかりやってくれるのでオナサポっぽい使い方もできます。

私の知る限り現時点でルインドオーガズムを扱ってる作品は
優しいお姉さんによる精液搾り★何度もイカせる「ルーインドオーガズム1・精液搾りの畜産農家編」
~Ruined Orgasm~意地悪で台無しにされた射精」の2本のみです。
どちらも今年出た作品で今後新しいジャンルになる可能性があります。

それ以外の特徴は多少の純愛要素を盛り込んでます。
彼女がエッチを一度も体験してないことを踏まえて序盤から中盤はゆっくり進め
その際におちんちんや射精の様子を不思議そうな表情で眺めます。
そして終盤は自分からSEXをおねだりし、生で繋がって自分の想いを伝えます。

ルインドオーガズムはM向けの要素ですが、それ以外をノーマル寄りで構成してるため
全体を見るとややMあたりに収まってます。
セリフよりも音を中心にエッチを組み立ててるからというのもあります。
そんなわけであまりM性はないけどルインドオーガズムに興味がある人に最もおすすめします。
ゆっくり学んでいくエッチ
エッチシーンは3パート76分間。
プレイはおちんちんの観察、手コキ、耳舐め、足コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、足コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「えっと それじゃ早速 触りますね」
主人公に事情を説明し同意を得たミサは
とりあえずズボンとパンツを脱いでもらいおちんちんをじっくり観察します。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「【2】せっかくだから色々試してみましょうよ(約29分)」は
彼女が男の体を色々学んでいくシーン。
おちんちんの観察→手コキ→足コキ→手コキと繋いで1回目の射精へ追い込みます。

「先っぽから なんか汁が出てきました これ カウパーって言うんでしたっけ」
勃起したおちんちんや亀頭を興味津々な様子で眺めたり
手コキ開始後はにじみ出たカウパーを舐めて味を確認するなど
序盤から積極的に動いて男性の体を隅々まで味わおうとします。

自由研究のためにエッチしてる設定ですが事務的感はまったくありません。
2人の関係をそのまま反映させた和やかな描写になってます。
責めるペースが緩めなのも初々しさがあって良いなと。

あとは掛け声と効果音を連動させながら責めてくれます。
例えば手コキは彼女がシコシコボイスを言うのに合わせて効果音が鳴りますし
パート後半の足コキも手コキよりやや力強い水音に変えて同じスタイルで進めます。
責めてる最中はほとんど掛け声でセリフを挟むことはありません。
彼女のキャラを出しつつ聴き手がオナニーしやすくなるようにプレイしてます。

テーマのルインドオーガズムが絡んでくるのは終盤の3分間。
彼女がカウントを数え始め、0になったら手を離して甘出し射精を目指します。

未経験者だとたぶんタイミングを合わせるのは難しいでしょうから
カウントにこだわらず普通に追い込んで射精が始まったら手を離すといいでしょう。
精液がとぷとぷと出てきてるのに性欲が全然収まらない不思議な感覚が味わえます。

続く2パート47分間は2人の関係を前進させるイチャラブ系のプレイ。
「【3】これは特別サービスですから、誰にも言っちゃダメですよ?(約23分)」はフェラ
「【4】もちろん直前で、抜いちゃいますからね?(約23分)」は騎乗位SEXでさらに2回射精させます。

「すごい味 これがおちんちんの味か でも やっぱり不思議と不味くないんですよね」
1回おちんちんを射精させたから少し自信がついたのでしょう。
自分からフェラやSEXを志願し、開始後は後になるほど激しく責めて上手に追い込みます。
「この日のためにフェラを練習してきた」と言うところに健気さを感じました。
男なら誰でもいいわけじゃなく、彼の体を研究したいという気持ちがきちんと込められてます。

最後のSEXパートは雰囲気が一際甘いです。
自分よりもずっと年上の男性に処女を捧げ、挿入後は腰を打ちつけて気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
お互いに責め合うプレイなので喘ぎ声も多く純粋なエロさが高めになってます。
ピストン音もやや筋っぽい質感でおまんこの締まりがいいことを連想させてくれます。

そして道中があまあまだからこそ、最後のルインドオーガズムが(良い意味で)より残念に感じます。
心が通じ合ってる女性と生でSEXしてるのにフィニッシュは外でしなければならない。
自由研究のためだから当たり前なのですが、男性からしてみればなかなかのお預けプレイと言えます。
さらに射精の快感も通常より明らかに弱いときてます。
この決して満足させてくれないところが本作品の醍醐味じゃないかなと。

このように、射精とそれ以外の落差を大きくした独特なエッチが繰り広げられてます。
やや捻りを加えた純愛作品
初々しい女の子とエッチする様子にルインドオーガズムを盛り込んだ甘めの作品です。

ミサは日頃仲良くしてて恋心も抱いてる主人公との関係を前進させるために
自由研究を口実におちんちんを観察したりいじるチャンスを作り
そこで興味津々な表情を見せながらゆっくりペースで尽くすように責めます。
しかし肝心の射精だけはやや意地悪して彼が心身共にスッキリできないようにします。

穏やかで積極的な女の子が近所の男性とエッチな自由研究をする変わったシチュ
初々しさを出しつつ丁寧に責めて彼に想いを伝えるイチャラブ系のエッチ
射精時にわざと刺激を与えないことで連続射精を可能にするルインドオーガズム。
ルインドオーガズムを迎えた時の生殺し感が強くなるように作品を組み立ててます。

私はM向けのルインドオーガズム作品を過去に聴いてるので
「純愛系のエッチとルインドオーガズムは(属性が違い過ぎて)相性が悪いんじゃないか」と思ってました。
でも実際に聴いてみると「これは演出として有りかな」という考えに落ち着いてます。
要はじっくり持ち上げて最後に落とす流れになってるんです。

前項の最後にも書きましたが聴き手を敢えて満足させないようにエッチするので
それをどう感じるかによって評価が分かれると思います。
私は有料作品でこういうことをやるには勇気が要るから好意的に受け止めてます。
空心菜館さんが元々チャレンジ精神旺盛なサークルさんだからというのもあります。

唯一残念だったのが連続射精するパートがないことです。
ルインドオーガズムは賢者タイムが来ないことが大きなメリットですから
それ活かすために同一パート内で2回以上射精するシーンがあって欲しかったです。

たぶんサークルさんは「通しで聴けば連続射精になるよ」と考えてらっしゃるのでしょうけど
総時間が100分もあるならパート単位で聴く選択肢も用意してくれたほうが使いやすくなります。
パートあたりの時間が25分程度あるなら連続にもしやすいですしね。
SEXで連続は色々やりにくいので、手コキかフェラパートでするのが良さそうです。

射精シーンは3回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:小石川うにさん
総時間 1:39:33

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月18日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「脳とりがー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、物静かだけど好きな人には積極的な後輩が
美術室で先輩にエッチな勧誘をします。

多くのシーンで密着しながら耳元へ囁きかけたり
責めるペースを緩くしたうえで彼女の心情や反応を厚めに描写するなど
彼女の性格を忠実に反映させた甘く穏やかなエッチが楽しめます。
大人しい後輩と美術室で
後輩のエミリと4種類のエッチをするお話。

「あっ、先輩みっけ せんぱーい せんぱーいってば」
エミリは声量控えめで穏やかな声の女の子。
お昼の休み時間に主人公へ声をかけると
「声が小さくて聞こえなかった」と言う彼に近づき耳元で囁きます。

本作品はたった1人で美術部に所属し絵を描き続けてる彼女が
好意を寄せてる帰宅部の彼とおよそ100分に渡ってイチャイチャします。
彼女は物静かな女の子ですが割と寂しがり屋で一緒に部活してくれる人を探してました。
そこで彼を美術部に勧誘し色んな意味で幸せな学生生活を送ろうとします。

「もし 知らない人に見られても 私たちが 愛し合ってるんだなーって 学校中に知れ渡るだけですし」
作中で彼女がなぜ彼を好きになったかは特に語られてません。
しかし以前からアプローチをかけてるらしく、この日も軽く耳舐めして彼をドキッとさせます。
声とは随分違う積極的な性格をしてますからそのギャップにグッとくる人がいるでしょう。
そんな彼女の魅力が引き立つように全編を通じて心情や反応の描写に力を入れてます。

ちなみにタイトルについてるヤンデレ成分は非常に薄いです。
終盤に独占欲の強さを感じるセリフが少し出てくるものの
それ以外はごく普通の少女と言っていいくらい優しく接します。
例えば初SEXする時はいきなり挿入して既成事実を作ったりせず、その前に彼の気持ちを確認してました。
「若干重さを感じる純愛作品」あたりに留まってるのでノーマルな人でも普通に聴けます。

エッチについては彼女が処女なことを踏まえてゆっくりじっくり進めます。
全体のペースを緩めに設定し、その中に彼女が驚いたり喜ぶ様子を挟んで一体感を与えます。
終盤のSEXはそこそこ激しいですけど豹変と言うほどではありません。
物静かな彼女のキャラを崩さない程度に乱れさせて幸せな射精に導きます。

エッチシーンの多くを囁き声で話すのも彼女に合ってて良いです。
興奮するにつれて吐息が徐々に熱を帯びたり、喘ぐ時は呼吸のリズムが不規則になるなど
彼女の息遣いを通じて内面を描写することも意識してました。
エミリ役を務める小石川うにさんの演技も本作品の聴きどころと言えます。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート65分間。
プレイは筆責め、耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、筆責め、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それじゃあ まずは 筆の種類と 使い方からですね」
昼休みに主人公を美術部の見学に誘ったエミリは
その日の放課後、やって来た彼の耳と乳首を2種類の筆で優しく撫でます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の2パート34分間は彼女が男の体に慣れていく様子を描いたシーン。
「【2】放課後の美術室。ふたりきりで始まる秘密のレクチャー。(約18分)」は筆責め+耳舐め
「【3】「先輩、なんで勃起してるんですか?徐々に加速していく行為。(約16分)」は手コキをします。

「販売ページに書かれてる各パートの時間より随分短いな」と思う人がいるでしょうから先に説明すると
本作品は発売した時点の音声に不具合があったらしく
その3日後に修正がかかって総時間が約50分短くなりました。
現バージョンの時間配分は最後の追記部分に記載してありますのでご覧ください。

「感触の違いなんて なかなかわからないですよね じゃあ…こうしたらわかるかな」
彼女は最初から彼をモノにする気満々ですから遠慮しません。
丸筆、平筆といった美術用具を使って性感帯をソフトに責めて彼をやる気にさせます。
どちらも乾燥系の摩擦音ですが筆によって質感が微妙に違いました。
美術部員らしさを出す面白いプレイと言えます。

プレイを進めるにつれて彼女の吐息が熱を帯びるのも良いですね。
セリフ以外の要素でも興奮具合を表現して臨場感を出します。
最初のパートはおちんちんに一切触れないので雰囲気作りが目的と見るのが妥当でしょう。

「すごい 手の中で どんどんおっきくなってる」
次の手コキパートは彼女の初々しい反応が印象的でした。
おちんちんを見た時はその凄さを褒め称え、触り始めた後はその独特な感触に驚いた表情を見せます。
手コキ音も最初は「しゅっ」という滑らかな音だったのが、少し経つと水気を帯びる凝った演出がされてます。
射精後は吐き出された精液を興味深そうに舐めたりと
男を知らない女の子がそれに触れていく様子を落ち着いた調子で生々しく綴ってます。

両パートとも責めっぷりはソフトな部類に属します。
でも彼女の反応が自然だったり音がリアルなおかげで、彼女にお世話されてる気分に浸りやすいです。
囁き声で話すシーンが多いことも相まって静かなプレイに感じました。

後半の2パート31分間は彼女がより大胆な行動に出ます。
1回出してもまったく萎えないおちんちんをスッキリさせようと
「【4】止まらない彼女の発情。先輩の、舐めてあげますよ……(約16分)」はフェラで
「【5】誰もいない部室で、誰も知ることのない、二人の秘め事。(約15分)」はSEXで1回ずつ抜きます。

「しょっぱい これが先輩の味 もっと もっと知りたい」
彼の精液を体内に入れてスイッチが入ったのでしょう。
ここからの彼女は前半よりも己の欲望に素直になります。
フェラは顔を近づけておちんちんの匂いを堪能してからキスを始め
少し経つと竿を舐めしゃぶったり金玉を頬張る積極的な責めを繰り出します。

キャラに合わせてちゅぱ音を多少抑えてありましたが
それでも純粋なエロさが明らかに上がってて先ほどよりも抜きやすくなってます。
フィニッシュは口で受け止めそのまま飲み干したりと、独占欲の強さが窺えるシーンもありました。

「先輩 私だけの先輩 ずっと ずっと一緒 絶対 離さないんだから」
最後のSEXパートはその流れを汲み多少ヤンデレっぽく振る舞ってます。
処女なので挿入の時間を通常よりも長めに取り
完了後は「ぱんっ」という乾いた音をリズミカルに鳴らしながら耳舐めやキスもして追い込みます。
場所が美術室だからでしょうけど喘ぎ声は吐息メインで終盤だけ声を漏らしてました。
プレイをほぼSEXに絞り込んでるおかげで描写も濃く、本作品の最後を飾るに相応しいプレイに仕上がってます。

このように、彼女の想いをしっかり表現しながら少しずつ前進する甘いエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の純愛作品
控えめな女の子とゆっくりじっくり愛し合う雰囲気の良い作品です。

エミリは大好きな主人公と今よりも親密な関係になるために
まずは美術部の見学を口実に2人きりになれる状況を作り、まずは軽めのプレイで彼の興奮を誘います。
そしてエッチできる状況になった後はステップアップする形で自分の処女を捧げます。

声や態度は大人しいけど性格は大胆な後輩とエッチするノーマル向けのシチュ
言葉と行為の両方から愛情を伝える彼女の一途で健気なキャラ
囁き声を多めに盛り込んだりやや抑えたペースで責め続ける彼女の経験を考慮したエッチ。
最大の武器である彼女をいかに輝かせるかを意識しながら作品を組み立ててます。

全編を通じて彼女視点のセリフが非常に多く、何を思い感じてるかがわかりやすく描かれてます。
そして吐息を彼女の心情に応じて変化させてすぐ近くにいる雰囲気を作ります。
逆に聴き手に向けた言葉責めは特にないので彼女の様子を眺める作品と言えるでしょう。

エッチはさすがに毎パート抜くのはちょっと厳しいかなぁとは感じましたが
通しで1回抜くなら普通にいけるエロさを持ってます。
前半でキャラ作りをしっかりしてから後半に突入するのが本作品らしいなと。
精液を上下のお口で全部受け止める展開も独占欲が強い彼女のキャラに合ってます。

射精シーンは3回。
くちゅ音と吐息それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「今日は耳かきの日」と耳舐めオンリーボイスです。

CV:小石川うにさん
総時間 2:01:53(本編…1:41:12 おまけ…20:41)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
現在のパートごとの時間は以下の通りです。

【1】休み時間、恋人みたいな距離感であなたにおねだりする文化系少女。(14:52)
【2】放課後の美術室。ふたりきりで始まる秘密のレクチャー。(24:54)
【3】「先輩、なんで勃起してるんですか?徐々に加速していく行為。(19:50)
【4】止まらない彼女の発情。先輩の、舐めてあげますよ……(21:04)
【5】誰もいない部室で、誰も知ることのない、二人の秘め事。(20:32)
【6】ボーナストラック/今日は耳かきの日(9:16)
【7】耳舐めオンリーボイス(11:25)

2020年9月19日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、リゾート地の豪邸で1人暮らししてるお嬢様が
偶然迷い込んできた男性に変わったエッチをプレゼントします。

乳首オナニーをしっかりやりながらエッチな声や音を多めに漏らすのが特徴で
乳首だけをいじってる時は片方で掛け声、もう片方で熱っぽい吐息を漏らして雰囲気を作り
さらに耳舐めのちゅぱ音、オナニーやSEXのくちゅ音、そして喘ぎ声と
後になるほどそれらの密度を上げて抜きやすくします。
お嬢様と一緒に乳首開発
イクミの指示に従って乳首やおちんちんオナニーするお話。

「あら こんなところに珍しい お客様ですか?」
イクミはお淑やかな声の女の子。
道に迷い自分が住んでる豪邸を訪れた主人公を快く迎えると
自分のことを話してから暇な時どんなふうに過ごしてるか尋ねます。

本作品は生まれつき体が弱いせいで父親の別荘に暮らしてる彼女が
偶然巡り合った彼を相手におよそ120分のオナサポをします。
彼女は暇を持て余すことが多い環境にいるのが影響して今は乳首オナニーに没頭してます。
そこで彼にもその素晴らしさを教えながら一緒に気持ちよくなる方針でリードします。

「お客様なんて 本当に滅多に来ないから 少し…ドキドキしてます 今」
「お金持ちのお嬢様だからプライドが高いのかな?」と思いきやそんなことはなく
訪問者が少なく寂しい思いをしてたようで初対面の彼にも親しげに語りかけます。
相互オナニー形式のおかげで彼女が吐息や喘ぎ声を漏らすことが多く
一般的なオナサポ作品よりも純粋なエロさが高めです。

終盤にはSEXシーンもありますし、乳首作品では珍しくほぼノーマル向けになってます。

エッチについては乳首オナニーの時間をできるだけ長く用意したうえで
パートごとにいじり方を変えながら後になるほど刺激を強くしていきます。
乳首未開発者でも無理なくついて行けるように何をするかの説明を事前にしてから
「かり かり」などの掛け声を出していじるペースやリズムを教えます。

胸や乳輪を撫でる、乳首を指先で触れる、そのまま優しく撫でる、緩急をつけるなど
全体を通じて焦らし気味に進めてました。
そのため開発済みの人にとっては刺激が足りなく感じるかもしれません。

でも中盤以降はある程度自由にいじる許可が出ますから
そのへんでご自分の嗜好に合った乳首オナニーをしていけば気持ちよくなれるでしょう。
最初はしっかりリードし、その後は緩くする展開もやりやすくていいなと。

「股間の中心 つまりおちんちんと 乳首を同時にいじりながら 肛門を引き締めて 前立腺の感覚を意識します」
あとタイトルにもなってるチクリンクについては
乳首、おちんちん、前立腺の感覚を繋ぎ合わせて快感をより強くする意味で使われてます。
乳首とおちんちんを同時にいじるほうが片方だけよりも気持ちいいですからね。
前立腺はアネロス(エネマグラ)などの器具を使わず、お尻の筋肉を収縮させて刺激を送ります。

サークルさんはメスイキ(ドライオーガズム)を推奨されてるようですが
この内容ならそれよりも普通に射精したほうが気持ちよくなれるんじゃないかなと。
おちんちんを直接いじるのに射精しなかったら消化不良になりますし
乳首重視で射精を目指すハイブリッド型のオナサポ作品と考えたほうがしっくりきます。

優しくて積極的なお嬢様が乳首のいじり方を丁寧に教える展開と、おちんちんも一緒にいじるやりやすい作り。
乳首未開発者向けにしたうえで開発者も楽しめるように調整した穏やかなオナサポ作品です。
徐々に濃くなるエッチ
エッチシーンは3パート94分間。
プレイは胸/乳輪/首/耳の愛撫、耳舐め、乳首オナニー、オナニー、お尻の筋肉に力を入れる、SEX(騎乗位)、キス、乳首舐めです。
服を脱ぐ、オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「さぁ リラックスして 一緒に 自分の乳首を触りましょう」
軽く雑談してから主人公をベッドに寝かせたイクミは
ひとまず胸や乳輪といった乳首の周りを優しくいじらせて性感を高めます。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「【1】 耳舐め/乳首攻め(約35分)」はウォーミングアップに近い内容。
20分くらい胸や乳輪をいじらせて軽く焦らした後に乳首オナニーの許可を出します。

「まずは 人差し指で そうですね だいた3センチから 5センチ外側から 両側の乳首が 円の中心になるように意識して ゆっくりなぞっていきましょう」
本作品のエッチは長時間なので彼女も決して焦ったりはしません。
丁寧な説明を挟みながら「くり くり」などの合図を小まめに出していじり方を教えます。
進め方は焦らし気味ですが、彼女にSっ気がまったくないので意地悪されてる感じは特にないです。
彼女なりのやり方で最も気持ちよくなれるように進めます。

掛け声を出すほうの反対側から熱っぽい吐息が漏れるのも良いですね。
彼女も一緒に乳首オナニーしてることをセリフ以外の方法で表現します。
こうしたほうが雰囲気もエロくなりますし、本作品の特徴が早速出てます。

乳首オナニーについては指先で軽く触れる、触れたまま優しく擦る
速い→遅い→速いとそのペースを小まめに変化させるといった具合に
基本的ないじり方を単調に感じないように続けて少しずつ気持ちよくします。
20分くらい焦らした後で触れるおかげで結構気持ちよかったです。

チクリンクが登場するのは「【2】チクリンクに挑戦!(約34分)」から。
おちんちんを優しく撫でながらお尻の筋肉を収縮させて前立腺を刺激し
少し経つと乳首オナニーも加えて両者の快感を繋げます。

「耳も もっといじめてあげますね」
ローションを使うおかげでおちんちんをいじる際に「じゅりっ」というやや筋っぽい音が鳴り
さらに耳舐めのちゅぱ音、乳首オナニーによる吐息とエッチな声や音の密度が一気に上がります。
オナニー自体は「さわ さわ きゅっ くに くに きゅっ」などの掛け声に合わせてやるだけなので
前のパートよりも指示が緩くなり自分で好きにできる余地が増えてます。

実際にやってみた感想ですが、お尻の筋肉を動かす必要はあまりないかなぁと。
乳首とおちんちんを直接いじるだけで十分気持ちよくなれますし
そちらに専念したほうが射精に向けて心身を盛り上げやすいです。
違うことを同時にやるのはどうしても限界がありますからね。
乳首未開発者でもやりやすくする意味でもこのふたつだけでいいんじゃないでしょうか。

最後の「【3】 二人の性感リンクセックス(約25分)」はオナサポ色を薄めたプレイ。
我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし、ゴム無しの騎乗位で一緒の絶頂を目指します。

「もうダメ 腰 止まらない おちんぽ おちんぽぉ」
このパートは一般的な同人音声に描写が似ており
ピストン音、吐息交じりの喘ぎ声、キスや乳首を舐める音と抜きに役立つ要素が充実してます。
その一方でオナニーの指示は少ないですから自分の好きなようにいじっていいのでしょう。
最後に射精表現があることからもメスイキにこだわる必要がないのがわかります。

前立腺を刺激する指示も特にないので割と普通のSEXでした。
前の2パートで溜めてきた性感を放出しやすいようにエロさをさらに上げてます。

このように、乳首をたっぷりいじったうえでおちんちんも気持ちよくする抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
乳首開発を強く見据えた作品
乳首とおちんちんの快感を繋げてより気持ちよくする取り組みやすい作品です。

イクミは自分の家に迷い込んできた主人公と楽しい時間を過ごそうと
まずは乳首オナニーを一緒にやってその醍醐味をわかりやすく教えます。
そして中盤以降はおちんちんや前立腺も同時に刺激して深く気持ちいい絶頂へ導きます。

穏やかだけど淫乱なお嬢様が乳首オナサポしながらオナニーを披露するシチュ
乳首をいじる時間をできるだけ長く取り、前半と後半でスタイルを変える割と尖ったエッチ
指示を出しながら吐息・ちゅぱ音・くちゅ音・喘ぎ声を漏らして応援するエロさを重視した作り。
より幅広い聴き手が乳首オナニーの気持ちよさを味わえるように作品を組み立ててます。

「また イっちゃいました 私ばっかりごめんなさい」
中でも3番目は相互オナニー形式にすることでこれを違和感なく成立させてます。
彼女は育ちが良いからか不意に現れた彼に対して特に警戒する様子はなく
むしろ自分のすべてを曝け出して信頼してることを示そうとします。

乳首オナニーはどちらかと言えばアブノーマル路線に位置するため
属性がややM~M向けになることが多いです。
それを様々な要素を組み合わせてノーマル向けにしてるのが一番面白いところだと私は思います。

ただ肝心のチクリンクについてはあまり上手く表現できてないかなぁと。
前立腺を刺激する時間が30分程度と乳首よりもずっと短いですし
それも乳首やおちんちんオナニーと組み合わせてやるので脇役に近い位置づけです。

乳首とおちんちんの快感を繋げるところは上手くいってるので
そういう作品と認識して聴くなら楽しめると思います。
逆にチクリンクに期待して聴くと肩透かしを食らうでしょう。
オナサポ自体はよくできてるんだけど、残念ながら内容がテーマからややずれてしまってます。

射精シーンは1回。
吐息多め、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 2:01:32

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月6日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいい年下の女の子が
2人きりの世界で癒したりオナサポして心身両面をスッキリさせます。

ポジティブなセリフをたっぷり投げかけながらお世話するのが特徴で
「えらい」「すごい」「天才」などをシーンによって切り替えながらくどくない頻度で言い
エッチも休憩を挟みながら比較的ゆっくりシコシコボイスを言って無理なく射精に導きます。
癒しがテーマですけどオナサポもしっかりしてますから、ソフトなオナニーをしたい人にも向いてます。
女の子に励まされながら迎える幸せな射精
モカが頑張ってるお兄ちゃんをたっぷり褒めるお話。

「お兄ちゃん モカだよ 今日は 私の声を聞いてくれて ありがとうございます」
モカは可憐な声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
ここがどこか教えてから癒しのBGMを流します。

本作品は年下の女の子とイチャイチャしながら気持ちよく射精することを目的に
彼女がおよそ160分に渡って3種類のサービスをします。
素朴なBGMを流しながら全肯定のセリフを投げかける、比較的スローなオナニーをする
2人に増えた彼女の寝息を聞きながら眠りにつく、と癒しの要素が充実しており
M向けが多いオナサポ作品では珍しくノーマルな人でも楽しめるようになってます。

サークルさんの過去作に登場したキャラがお世話しますが
お話に直接の繋がりはないので今作からでも問題ありません。
当サイトでは以下の作品のレビューを掲載してます。
音声で手コキ&リラックスオナニー★夢の世界へようこそ「ひつじが1匹」

「お兄ちゃんの 優しい顔 好きだよ 褒められて照れちゃうお兄ちゃんも 好き」
最大の魅力は彼女のキャラ。
「励まし音声」の名の通り序盤から彼をとことん褒めて心の芯から癒します。
セリフ自体はシンプルな言い回しが多いですけど種類が非常に多く
文字通りべた褒めしてくれるので聴けば聴くほど気分が良くなります。

また物語の開始時からエッチが始まるまでのおよそ30分に渡ってオルゴール系の優しいBGMが流れ続けます。
使う楽器は共通にしてシーンごとにリズムや曲調を変えてました。
体験版にも入ってますから気になった方は是非聴いてみてください。
彼女の声と組み合わせて癒しのパワーをさらに上げてます。

エッチについてはオナサポで有名なサークルさんということでオナニーを主軸にしてます。
072LABOさんの作品にはステイフィールドやヘンタイといった独自ルールがあるのですが
今作ではそれをやらずシコシコボイスとカウントを使って制御します。

でもシコシコボイスのスピードを3秒1コキから1秒3コキまで幅広く用意したり
1~2分程度の間隔でそれらを変化させるなど進め方は結構きめ細かいです。
平均ペースが遅めに設定されており、さらに休憩を適度に挟む優しいリードをしてました。
癒し系の作品で激しいオナサポをしたら雰囲気が崩れてしまいますから
励ましで生まれた幸福感を維持したまま射精できるようゆっくり丁寧に追い込みます。

優しい女の子がたっぷり褒めてくれるシチュとややスローなオナニーを楽しむエッチ。
心と体の両方を浄化しながら性欲発散のお手伝いもする癒し一色の作品です。
エッチの前に心をリフレッシュ
注意事項を説明した後から始まる「02 励まし音声「今日もがんばったね」(約25分)」は非エロのサービス。
モカが登場しBGMを流してから深呼吸と励ます言葉で心を重点的にケアします。

「仕事だった人は お仕事お疲れ様 今日も お仕事頑張れて 偉いね」
「日々の生活を生きていて すごい 息をしていて すごい 動いてて すごい ふふっ」

仕事や勉強を頑張ったことへのご褒美から始まり
彼の容姿、性格、日常生活の些細なことまで幅広く話題に出します。
その一方で頑張り屋な彼が無理をしてないか気遣うところも見せてくれます。

現在の癒し系作品は耳かきやマッサージといったASMRが人気ですが
本作品では彼女が何かをすることはなく言葉を積み重ねて心を温めます。
彼の頑張りを十分認めたうえで「今は気を抜いていいんだよ」とさり気なく働きかけてました。

最後に彼女が金メダルをくれるのも彼に報いたい気持ちの表れなのでしょう。
本作品には合計3つのメダルが用意されてます。
今年開催する予定だったオリンピックに合わせたのかもしれませんね。
M性を極力取り除いたエッチ
エッチシーンは3パート60分間。
プレイはオナニー、おまんこをイメージする、SEX(騎乗位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「えっと まずは おちんちんの先っぽのほうを握ってみて?」
主人公をたっぷり褒めて心地いい気分で包み込んだモカは
彼の中に溜まった性欲を吐き出させようと緩めのオナサポを始めます。

エッチは彼女に言われた通りにおちんちんをしごきます。
最初の2パート47分間は正統派のオナサポ。
「03 励まし音声「早漏でも偉い」前半(約22分)」は暴発しない程度に刺激を与えて体を温め
「04 励まし音声「早漏でも偉い」後半(約25分)」はカウントを交えて少しずつ射精に導きます。

「どうしてもぴゅっぴゅしちゃいそうになったら 出してもいいよ それか スピードを緩めて 休憩してもいいよ」
明確な射精シーンが用意されてますが、彼女は必ずしもその通りにする必要はないと言います。
自分にできる範囲で我慢してダメそうなら射精する緩いスタイルです。
早漏の人にはきついかもしれませんけど、オナサポをある程度聴いてる人なら
最後まで耐えられるんじゃないかと思えるあたりに抑えられてます。

そしてオナサポに強いサークルさんの持ち味が早速発揮されます。
BGMがなくなる代わりに片方からシコシコボイスが流れ始め
もう片方では彼女が普通に話しかける励ましと実用性を両立させたリードをします。

左右の位置が適度に切り替わったりして変化に富んでます。

前半は3秒1コキのペースで4回だけしごくところから始まり
8回に増やす、彼女がカウントを数えてる間だけしごき続けると少しずつステップアップします。
もう少し速くしても大丈夫か確認したうえでペースを上げるなど
彼女の優しい性格がきちんと反映されてます。

「チンポってすごいね ちゃーんと反応してくれてる 反応してるチンポも えらいね」
やや下品な淫語を交えて褒めてくれるのも良いですね。
パート終盤では彼女のおまんこをイメージさせて心のほうも盛り上げます。
本作品のオナニーは比較的緩いので、こういう要素があったほうが勃起を維持しやすいです。

それに対して後半は体への刺激が強くなります。
3秒1コキ~1秒3コキとシコシコボイスの速度を幅広く変化させ
カウントを数えた後に休憩し、再開するのを繰り返して最高の射精を目指します。

「お兄ちゃんすごい 今のも我慢できたなんて えらい」
先ほどよりも厳しくなることを踏まえて褒めるセリフを小まめに挟み
カウント中に彼がきつそうな表情を見せたら即座に止めて仕切り直します。
寸止めっぽい展開ですけどM向けの言葉責めがないので意地悪さは感じません。
過度な負担がかからない程度に追い込んで精液を上手に熟成させます。

最後の「05 励まし音声「お漏らし出来て偉いね」(約13分)」はイメージ重視のオナサポ。
彼のオナニーや射精を見て我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし
騎乗位で繋がって2人一緒の絶頂を迎えます。

「モカのおまんこは お兄ちゃん専用の 中出しおまんこだよ」
作中でオナニーはしませんが引き続きシコシコボイスを流してオナニーしやすくしています。
ピストンの間隔を長めにしたり、喘ぎ声を吐息寄りにして聴きやすくしてました。
最後は彼女の中にぶちまけて征服欲をくすぐるなど
引き続き彼を喜ばせることを意識しながら甘くエロいSEXを楽しみます。
励ますセリフはあまり言わないので通常のエッチに近い内容です。

このように、本作品の特徴をしっかり盛り込んで丁寧にリードするやりやすいオナサポが繰り広げられてます。
癒し重視のオナサポ作品
通常のオナサポとは違う路線を歩んで個性を出してるほぼノーマル向けの作品です。

モカは仕事や勉強を頑張ってる主人公に癒しと快感を与えようと
実の妹に近い態度で接しながら優しい言葉をかけてまずは心をぽかぽかにします。
そしてエッチはおちんちんへの刺激をやや弱く設定したうえで
シコシコボイスの速さを小まめに変化させて快感に慣れにくくします。

声も態度もあまあまな女の子が癒しながら気持ちよくする大衆性の高いシチュ
聴き手を褒めたり全肯定するセリフをたっぷり投げかけるタイトル通りの作り
1回の射精に向けて心身をじっくり盛り上げていく無理のないオナサポ。
癒しの要素をたくさん盛り込んだうえでオナニーの実用性にも配慮した作品に仕上がってます。

「射精してくれて ありがとね」
中でも2番目は最初から最後までポジティブな言葉ばかりで心の芯から癒されます。
エッチの途中で彼女のほうからおねだりしてくるのも良いなと。
女性に甘やかされる心地よさと甘やかす心地よさの両方を与えてくれます。

エッチを終えた後には約60分の添い寝パートもありますから安眠のお供にも役立ちます。
ほとんどの時間で左右から寝息を立て、時折寝言を言う静かな内容です。

エッチは作品のテーマや雰囲気と調和させ、かつきちんと射精できるようになってて素晴らしいです。
普段のサークルさんは割と奇抜なことをやられるのでそちらに目が行くのですが
今作は内容がシンプルだからこそ、実力の高さがわかりやすくなってます。

シコシコボイスとセリフを連携させて励ましながらオナサポできる体制を作り
そこにカウントやSEXのイメージを盛り込んで緩急をつけたりエロさを上げてます。
癒してもらった後にじっくり射精へ向かうからフィニッシュの快感も強くて満足できました。

射精シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

「オナサポには興味あるけどM向けはちょっと…」という方には強くおすすめします。

CV:小石川うにさん
総時間 3:00:10(本編…2:39:22 うち59:56は添い寝 PR音声…20:48)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月31日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「AXZ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、同じ学校に通ってるビッチな黒ギャルが
友人の彼氏にあたる男子とエッチなトレーニングをします。

ギャルらしい明るくて濃厚なエッチをするのが特徴で
序盤から中盤は優しい言葉をかけながらゆっくりリードして彼の心を開き
終盤は彼に主導権を委ねてがっつりSEXするエロくて激しい展開へと変わります。
最中に彼女がポジティブな言葉をたっぷり投げかけてくれるので気分よく抜けるでしょう。
セフレと初めてエッチした熱い夏
同級生のレイナに筆おろししてもらうお話。

「はぁ はぁ あぁ来るっ 来るっ」
レイナは砕けた話し方をするしっとりした声の女の子。
とある夏の日、旧校舎で主人公にクンニされて気持ちよさそうな声を漏らすと
すぐさま絶頂し責めるのが上手くなったと褒めます。

本作品はこれまで4本出てるサークルさんの人気シリーズ第5弾。
今ではセフレの関係がすっかり定着した2人が初めて出会った頃へと戻り
その時どんなエッチをしたかがおよそ120分に渡って描かれてます。
当時の彼が童貞だったことを踏まえて「筆おろし」をテーマに掲げ
経験豊富な彼女がそこに向けてゆっくり丁寧にリードします。

内容がほとんどエッチなことや、シリーズの1作目よりも前の出来事なので
シリーズ未視聴な人でも特に違和感なく聴けると思います。
当サイトでは今のところ「ヌキフレ!!2」「ヌキフレ!!4」のレビューを掲載してます。

あらすじを簡単に説明しますと、主人公にはサヤカという成績優秀で生徒会副会長をやってる恋人がおり
そろそろエッチしたいと思ってるのですがなかなか切り出せない状況が続いてました。
そんな彼の心情をサヤカの友人にあたるレイナが偶然知ったため
後日サヤカを満足させられるように自分の体を使ったトレーニングを持ち掛けます。

「ファミレスで 眼鏡男子とデートなの? こーの 幸せ者」
こうやって書くと寝取られっぽい展開をイメージするかもしれません。
しかしレイナに2人の仲を裂く気は一切なく、むしろ応援する姿勢を見せます。
一部を除き彼女とエッチする時は毎回お金を要求されますし(具体的な金額は不明)
「好き」と言ったり彼をモノにしようと動くこともありません。
心の距離をある程度保ったうえで濃いエッチをします。

お金を取るのは他の男にもそうしてるのが一番の理由なのでしょうけど
サヤカに対する義理と言いますか、あくまでセフレとして彼と付き合う意思表示なのだと思います。
ただ体の相性がとても良いらしく多少は特別視してる様子があります。

エッチについてはテーマに合わせて過去作よりもやや抑えた責め方をしてます。
強引さが出ないよう彼に優しい言葉をかけながらキスや手コキするシーンがありますし
中盤も責めるペースを緩めてじっくり射精に追い込みます。

ただし、終盤の筆おろしは一転してハード路線に変わります。
詳しくは後で説明しますが過去作に比べて実用性が落ちてるとは思いません。
ギャルでビッチな彼女のイメージに合う充実したエッチに仕上がってます。
どのパートもプレイの種類を絞り込んで濃く描写するのが大きいです。

これまでとは時間を逆に進めて筆おろしする展開とメリハリをつけたエッチ。
シリーズの特徴を維持しつつマンネリ感を打破したノーマル向けの作品です。
とことん持ち上げてくれるエッチ
エッチシーンは5パート84分間。
プレイはクンニ、キス、乳揉み、手コキ、フェラ、SEX(立ちバック、正常位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあさ ラッキーな童貞さんに あたしが教えてあげようか」
ファミレスで初めて会った後に主人公と旧校舎で再会したレイナは
後日サヤカとする時のために練習しようと言いソフトなキスをします。

エッチは経験豊富な彼女が途中までリードして後は彼に任せます。
最初の3パート52分間は比較的ソフトなプレイ。
プロローグ0-1(約6分)は過去を振り返る前の2人がクンニやキスをし
シーン1(約24分)はキス+軽めの手コキ、シーン2(約22分)は別日に体育用具室でフェラをします。

ちなみに夏らしさを出すために多くのシーンでセミの声が聞こえます。
会話やエッチが始まると一気に音量が下がるので気になることはないでしょう。

「そんなに深刻に考えずにさ 単なるトレーニングだと思えば? そう チンポを鍛えるトレーニング」
「あんたちょー筋いいよ キスのセンスあるかも」

シーン1の時点の2人はほぼ他人に近い関係のため
エッチ大好きな彼女でもいきなり濃いプレイをやろうとはしません。
サヤカを裏切ることにならないかと悩む彼を説得してやる気にさせ
キスが始まった後は適度な間隔で褒めてエッチしやすい空気を作ります。

全編を通じてポジティブなセリフが非常に多いですから
音声を聴いてるうちに自然といい気分になってくるでしょう。
このへんはすごくギャルらしいなと。

プレイについては15分くらいキスに専念してから手コキに移ります。
途中まで音を鳴らさず、実況を挟みながらシコシコボイスを言う手加減したものです。
そして射精シーンの直前は激しめの効果音を鳴らしながらキスする濃い責めに変わります。
雰囲気作りの意味合いが強いので抜けるかどうかは微妙なところですが
彼女の性格を聴き手に伝えたり、筆おろしに向けて準備する役目をきっちり果たしてます。

シーン2は1からしばらく後のお話になるため
開始から10秒後には早速フェラのちゅぱ音を鳴らす抜き重視の展開へと変わります。
竿、裏筋、金玉を個別に舐めるところから始まり
咥え込んでからゆっくり舐めたりすする、ペースを上げて一気に追い込み口で受け止めると
慣れた様子で要所を押さえた責め方をします。

「あんたの生チンしゃぶってたら なんかあたしもムラムラしてきた」
全体のペースは緩めですがひとつのプレイをじっくりやるので物足りなさはありません。
彼のおちんちんに欲情してるセリフも登場するなど
彼女がまだ童貞な彼に男らしさを感じてるのがわかります。

本作品のセリフは彼女視点のものが非常に多く
それを通じて心情の変化を自然な形で聴き手に伝えます。
2人はセフレだからエッチの様子を重点的に描くのが当たり前なのに
敢えてこうしてるのはキャラを引き立たせたいからなのでしょう。

続く2パート32分間は本題の筆おろし。
さらに後日、場所をプール付きの豪華なラブホに変えてから
シーン3-1(約12分)は立ちバック、シーン3-2(約20分)は正常位でたっぷりSEXを楽しみます。

「あぁやっぱ あんたのチンポ マジすごすぎ」
そしてここからはシリーズが元々持ってるエロさが一気に強化されます。
部屋に入った直後に彼のほうから彼女を求め
挿入後は「パンパン」という乾いた音をリズミカルに鳴らす激しい責めを繰り出します。

筆おろしと聞くと騎乗位で女性側がゆっくり責めるのが定番ですけど
本作品は敢えてそれとはまったく違うことをやって個性と実用性を上げてます。

実際に聴いてみると彼女の余裕がないことに気づくでしょう。
初めてだからお情けで喘いでるのではなく、本気で気持ちよくなってるのがわかります。
そしてこのプレイは当初の目的である「サヤカを満足させるためのトレーニング」にも合致してます。

彼は元々立派なおちんちんと並外れた精力を持つスーパーキャラなので
その素質が初SEXをきっかけに開花してます。
シーン1~2とシーン3の内容を大きく変えてあって物語としても面白いです。

「いきなり ぐにゅって あっ あっ あっ 奥まで 一気に入ってきた」
この流れは最後のシーン3-2も変わりません。
その後何度も何度もエッチしてへとへとになっても自分の体を求める彼を彼女ががっしり受け止めます。
ここまでされたら普通は怒りそうなのに、彼女にはそういうところが一切なく
最後まで気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。

魔人級の性欲とスタミナを持つ男性と超ポジティブでエッチ大好きな女性。
彼にとってはサヤカが最高の女性なのでしょうけど
体の相性はレイナのほうが良いように感じました。

このように、通常とは随分違うやり方で筆おろしする比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
明るくて抜ける作品
魅力的なキャラや聴き応えのあるエッチを維持したまま物語をさらに掘り下げてる作品です。

レイナは友人の彼氏でエッチしたがってる主人公の望みを叶えようと
まずはお金抜きでソフトなプレイをして自分とエッチできる環境を整えます。
そして中盤以降はさらに踏み込んだものに移り女性を責められる立派な男に育てます。

お金とエッチが大好きなビッチJKが童貞な男子と熱いエッチをするノーマル向けのシチュ
最初はソフトに責めて筆おろし以降は一気に激しくする落差の大きいエッチ
明るい態度で褒めるセリフをガンガン投げかける彼女のカラッとしたキャラ。
18禁作品にとって重要な「抜きやすさ」を追求したうえで個性もある作品に仕上げてます。

中でもエッチは既存の筆おろし作品との違いがはっきりしてて新鮮でした。
それでいて違和感がないのは前のパートを通じて色々積み上げてきたからでしょう。
初SEXでも彼が受け身に回ってたらサヤカとの本番に対応できませんし
レイナが彼のおちんちんや精力をしきりに褒めてたのも激しいピストンをする伏線になってます。

エッチメインなので当然そこが一番の聴きどころなのですが
キャラ作りやお話の進め方といった他の部分も優れたものを持ってます。

このへんがヌキフレが5作続いてる要因のひとつなのではないかなと。
射精後に余韻を楽しむシーンも用意されてたりして全体的に作りが丁寧です。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

キャラがちゃんと立ってる抜きボイスを求めてる人には特におすすめします。

CV:レイナ…小石川うにさん サヤカ…涼花みなせさん(プロローグ0-2のみ登場)
総時間 2:06:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月8日まで15%OFFの841円で販売されてます。



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、寂れた旅館をずっと1人で切り盛りしてる若々しい女将が
道に迷った末に訪れた男性をエッチな手段でもてなします。

ホラー要素を交えたASMR系のエッチをするのが特徴で
プレイの様子をセリフよりも音で表現しながら、その合間に時折気味の悪い笑みを浮かべたり
射精シーンなどで軽く驚かせる音を鳴らして背筋をゾクゾクさせます。
スリル重視でグロい描写は一切ありませんから怖い作品が余程苦手な人でもない限り聴けるでしょう。
旅館女将の正体は…
女将のミヤコと2種類のエッチをするお話。

「あら これはすみません お客様だとは 気づかなくて」
ミヤコはやや陰のあるお淑やかな声のお姉さん。
古い旅館に足を踏み入れた主人公に声をかけると
「こっち」と何度も言って誘導しながら軽く悪戯します。

本作品は容姿は若いけどこの旅館を長い間守ってきた彼女が
寝床を求めてやって来た彼とおよそ75分に渡ってエッチします。
前半は耳舐め+フェラ、後半は耳舐め+SEXとプレイだけを見ると普通ですが
それをやる前や最中の雰囲気が通常のエッチとは随分違います。

「それにしても あなた 綺麗な目なのね まるで…いいえ 何でもありません」
そう感じる一番の理由はホラー要素があるから。
久しぶりに訪れた客を愛想よく迎えるどころか冷ややかな態度で接し
さらに何か含みのあることも言って不気味さを醸し出します。
笑い声も「あはは」ではなく「ひひっ」みたいな狂気を宿したものです。

また一部のシーンでぱりーんとガラスの割れる音が鳴ります。
突然耳に息を吹きかけてくることもあったりと、聴き手を軽く驚かせることを意識して作品を組み立ててます。
プレイ中にスリルを煽ることを言いますが痛みや苦しみを与える描写はありません。
心に肌寒いものを感じながら抜けるあたりに上手く調整されてます。

本作品のホラーを引き立たせてるもうひとつの要素はASMR。
セリフよりも吐息、効果音、環境音の割合を大幅に上げて静けさを演出します。
状況説明をあまりしないのでややイメージしにくいところもありますが
それは何が起こるか、何をされるかわからない不安を掻き立てるための工夫と見ることができます。

タイトルにもついてるようにフィーリーサウンドを採用しており
冒頭の「【1】フルイヤド」というパートでは彼が旅館にたどり着いて入る様子を
セミの声、風の音、足音といった様々な音だけでリアルに表現してます。
また「ぶーん」という何かの装置の稼働音っぽい音も鳴ってました。

彼女が話す時にセリフの間を長く取ってありますし、ホラー作品らしいひっそりした空気が漂ってます。
そして普段が静かだからこそ、エッチの時に鳴る激しいちゅぱ音やピストン音との対比が際立ってます。

ホラー要素を交えてエッチする展開とASMR色の強いエッチ。
現在の流行を盛り込んだうえで暑い時期に聴きたくなるよう調整したややM向けの作品です。
精気を吸い上げるように責めるエッチ
エッチシーンは2パート53分間。
プレイは耳舐め、フェラ、乳揉み、SEX(騎乗位?)です。
服を脱がす、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ねぇ 気持ちいいこと しよ?」
旅館に着いた日の夜、何らかの方法で主人公の体を動けなくしたミヤコは
ひとまず左耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは抵抗できない彼を彼女が責め続けます。
最初の「【2】なんで?なんで?なんで?」はちゅぱ音に特化したプレイ(約30分)。
左耳舐めから始まり4分後には彼女が2人に増えて両耳舐めに変化し
さらに片耳舐め+フェラに発展して1回目の射精へ追い込みます。

「美味しい まるで生きてるみたい」
冒頭シーンで「お客が滅多に来ない」と言ってましたから
彼女が男にありつくのも久しぶりなのでしょう。
水分控えめなコリコリしたちゅぱ音を耳元至近距離から鳴らします。
そしてその合間に人間の女性とは少し違うセリフを漏らします。

2分くらい無言でしゃぶってから少し話す流れで進みますから
セリフよりもちゅぱ音のほうがずっと存在感が大きいです。
両耳舐めも左は吸い、右は舐めと鳴らし方を変えて聴きやすくしてました。
右側の声にエフェクトがかかってたところを見ると、そちらは彼女の分身もしくは思念体なのかもしれません。

パート中盤から始まるフェラは「むさぼる」と呼ぶのがピッタリな激しいものです。
中央やや遠くから下品な音をガンガン鳴らしておちんちんを味わいます。
そしてもう1人は耳舐めしながら吐息だけ漏らして静けさを演出してました。
セリフは囁き声ですし、ホラー特有の静けさとASMRが上手く組み合わさったプレイになってます。

次の「【3】憑リツカレ」でするのはSEX(約23分)。
まだまだ満足できない彼女がおちんちんを中に迎え入れ
そのまま激しく腰を打ちつけて2連続射精へ持っていきます。
体位は明言されてませんが状況を考えれば騎乗位と見るのが妥当でしょう。

「久しぶりの 生きてる男のおちんちん 最高」
「こりゅっ」みたいな弾力のある水音を標準くらいのペースで鳴らしながら
吐息に近い喘ぎ声を漏らす通常よりもやや抑えた乱れっぷりです。
その代わりほぼ休憩なしにして男に対する執着心の強さを表現します。

若干過激なことも一部で言いますが
吐息交じりの喘ぎ声と効果音だけを鳴らす時間が多く純粋なエロさは高めです。
もう1人も右耳舐めで応援したりと複数人いる状況を活かして責めてくれます。

王道のプレイなのに寒気を感じたのは小石川うにさんの演技が結構影響してると思います。
声質をやや無機質にして生気をなくしたり、異質な笑い声を時折漏らして不気味さを出します。
喘ぎ声をほとんど吐息にしてたのも躍動感を薄めたかったのでしょう。
セリフの量が少ないからこそ、息遣いや間も使って彼女の心情を聴き手に伝えてます。

このように、エッチな音の量や密度にこだわったやや緊張感のあるエッチが繰り広げられてます。
ホラーテイストのASMR作品
多くの人が聴ける程度の怖さを持たせてエッチする夏に合う作品です。

ミヤコは何の事情も知らずに旅館を訪れた主人公の体を味わおうと
まずは女将らしく振る舞って安心させ、それから金縛りをかけて逃げられなくします。
そしてその後は上下の口を使ったプレイを順に繰り出して精液をたっぷり搾ります。

人間の女性とは違う雰囲気を持つ女将が宿泊客をエッチに弄ぶややM向けのシチュ
全編を通じて静けさを出すホラーを意識した演出
吐息、ちゅぱ音、ピストン音を多く鳴らしてじわじわ追い込む音重視のエッチ。
雰囲気を大事にしながら抜きに使えるよう作品を組み立ててます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素なので丁寧に扱ってます。
異様に静かな場所へ来たときに感じる不安、そこで会った女将の声や仕草から伝わってくる不気味さ
何も言わず一心不乱に責められ射精に追い込まれるスリルなど
同人音声だとあまり光を浴びない感覚を中心に据えてます。

途中で視聴を止めたくなるほど怖いものではありません。
でも聴いててそわそわする人はそれなりにいると思います。
彼女の貪欲さを出すためにエッチな音をたっぷり盛り込んでますから
ASMR系の作品が好きな人なら問題なく抜けるでしょう。

射精シーンは3回。
吐息とちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

CV:小石川うにさん
総時間 1:16:39

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月6日まで20%OFFの968円で販売されてます。

↑このページのトップヘ