同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:寸止め

   ● わるい拷問官さんによる反乱者への囁き乳首責め尋問
   ● 地獄寸止め!小悪魔少女に従ってアタマをトロトロおばかさんにする調教 ~ドS妹の、鬼畜過ぎるオナニーサポート~
   ● ネット通話で女の子に風俗用の精液作らされちゃうボイス
   ● ヒプノドラッグレディ(再レビュー)
   ● ~Ruined Orgasm~恋奴隷のための射精剥奪責め調教
   ● 意地悪な妹達にオナサポ音声好きがバレちゃってオモチャにされちゃう地獄の射精我慢遊び【KU100!!】【2時間以上収録!】
   ● かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム2 過激なドキドキタイム
   ● 年下彼女の射精前に搾り尽くす拘束ルーインドオーガズム手コキ
   ● 普段奥手な妻にデリヘルでマゾ堕ちさせられる
   ● 完全女性上位の世界で意地悪なお姉さん2人のマゾいじめ射精我慢監獄




サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
反乱軍の幹部をしてる男性に気持ち良くてアブノーマルな拷問をします。

乳首責めと囁き声を組み合わせたややM向けのエッチをするのが特徴で
胸を焦らし気味に撫でる、乳首を指先で擦る、爪で引っかく、2本の指でつまむなど
色んなプレイを繰り出しながらおちんちんも責めたり穏やかに尋問して彼女の言いなりにします。
射精シーンがありますから開発済みな人はもちろん、未開発な人もやりやすく感じるでしょう。
オスの体をメス化させる拷問
拷問官さんが3種類のエッチで捕虜を躾けるお話。

「いいですか? これが最後のチャンスですよ 反乱軍の拠点はどこにありますか?」
拷問官さんは丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
捕虜にした主人公に反乱軍の情報を聞き出そうとすると
彼がなかなか吐かないのでエッチな拷問を始めます。

本作品は男性が女性に支配され奴隷のように扱われてる国を舞台に
彼女が反乱を企ててる組織の重要人物をおよそ60分に渡って責め立てます。
2人が敵同士、しかも拷問となるとかなりハードなプレイを予想するでしょうが
実際は痛みや苦しみを与えるシーンは一切なく、逆に快楽で溺れさせて彼が降参するのをじっくり待ちます。

「赤ちゃんを撫でるように 優しい手つきで すーりすーり すーりすーりすーーり」
その決め手となるのが乳首責め。
どのパートも必ず乳首とその周辺をいじる描写を盛り込み
実況しながら色んな掛け声を出してその様子をわかりやすく表現します。

指で撫でる、爪で引っかく、2本の指で乳輪を押さえつけたまま人差し指でいじるなど
本作品の鍵となるプレイなだけあって責め方の種類も多めに取り揃えてます。

CKD'sさんが乳首をテーマにした作品を出すのはこれが2度目ですけど
元々オナサポを得意とされてるだけあってリードが丁寧です。
聴き手が音声に合わせて乳首オナニーすること強く意識したセリフになってます。
同じプレイでもペースやリズムを小まめに変えて快感に慣れにくくする配慮もされてます。

ちなみに絶頂の内訳は射精2回、ドライ1回です。
おちんちんをいじるパートのほうが多いので乳首と一緒にいじって出すのにも使えます。
ただし、テーマ性を重視しておちんちんの指示は効果音を鳴らすだけにしてます。

それ以外の特徴はエッチのほぼ全部で彼女が囁いてくること。
耳元至近距離から乳首オナニーの指示を出し、さらに本題の尋問も軽くして雰囲気を作ります。
指示重視なので「マゾ」「クズ」といった言葉責めはほとんどやりません。
その代わり焦らしや寸止めといった意地悪な要素を盛り込んで彼女に勝てないことを思い知らせます。
雰囲気は穏やかだけどやることは割と容赦ないです。
快楽で心を突き崩すエッチ
エッチシーンは3パート57分間。
プレイは体の愛撫、乳首責め、手コキ、オナニー、ドライオーガズム(メスイキ)です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「初めは 乳首の感度を上げていきます」
主人公に拷問の内容を教え、あまり恐れてないことを確認した拷問官さんは
ひとまず太ももから胸にかけてを優しく撫でて体の感度を上げます。

エッチは体を拘束されてる彼を彼女が一方的に責め続けます。
最初の2パート43分間は乳首開発しながらじっくり追い込むプレイ。
「02乳首いじめ拷問・ご褒美喘がせ手コキ(約21分)」は乳首責めと手コキ
「03反省寸止め乳首オナニー拷問(約22分)」は乳首責め、手コキ、おちんちんオナニーで2回射精させます。

「中指だけで 乳輪をくるくるなぞります かたーい胸板と やわらかーい乳首の境目を くーるくる くるくるくる」
「指が肌に擦れて ゾクゾクとした感覚が 上のほうへのぼってくる」

彼女はこの方法で数多くの男たちを堕としてきた実績があります。
02パートは体への刺激を敢えてソフトにしてもどかしい気分を与え
中盤から始まる乳首責めも色んなプレイを繰り出してどれに弱いか見定めます。
またこれらの最中に催眠暗示っぽいセリフも挟んで心も軽めに刺激します。

ここだけで5種類の乳首責めが登場するため色んな快感が得られます。
手コキは終盤に4分程度するだけですからかなり乳首に寄せた構成ですね。
彼から機密情報を聞き出すシーンもあったりと、作品のテーマに合ったやり方で気持ちよくします。

「ふふっ おちんぽ痙攣したみたいにプルプルしてる 精子出る直前でシコシコ止められるの切ないよねぇ」
03パートは彼女の意地悪な性格がよく出てます。
プレイ自体は乳首責め+手コキで、終盤の3分間だけオナニーする似た内容ですが
途中から数回寸止めを挟んで出したくても出せない状況へ追い込みます。

乳首責めはパート序盤に指で撫でる動作がある以外は爪で引っかき続けます。
前のパートよりも体への刺激が強いことや
乳首とおちんちんを責めるバランスが良いことから一番抜きやすいと思います。
射精の権利を取り上げて彼が音を上げるまで寸止めするなど
敵対者を快楽によって従順な奴隷へ作り変えることも見据えたエッチをします。

最後の「04従順マゾ化洗脳調教(約14分)」はチャレンジ要素の強いプレイ。
これまでと違いおちんちんには指一本触れず、乳首責めだけでドライオーガズムに持っていきます。

「爪で小刻みに引っかくように カリカリカリカリ カリカリカリカリ カリカリカリカリカリカリ」
ほぼ乳首の快感だけでイかせる必要があるため
平均ペースを上げて爪で激しめに引っかくスタイルを取ってます。
言葉責めも多少はしますけどやっぱり乳首のほうが存在感は大きいです。
プレイ時間が短いことからここだけは既に開発してる向けの内容だと思います。

このように、乳首を軸に据えておちんちんと心も責める実用性重視のエッチが繰り広げられてます。
マイルドな乳首作品
拷問のイメージよりもずっと柔らかい責め方をするややM向けの作品です。

拷問官さんは反乱軍の重要な情報を持ってる主人公を寝返らせるために
心や体を痛めつけるようなことは一切せず、逆に乳首とおちんちんへ快楽を与え続けます。
そして序盤は乳首開発、中盤は乳首責め+寸止め射精、終盤は乳首のみのドライ絶頂と
パートごとに違う特徴を持たせてその様子を実況と掛け声でわかりやすく表現します。

声や態度は穏やかだけど仕事をきっちりこなす拷問官が乳首責め調教をするシチュ
乳首責めの割合を高くしたうえでオナサポに近いリードをするエッチ
どのパートも密着して囁きながら責める穏やかな作り。
個性を出しつつM度が低めの人でも聴きやすくなるよう多少抑えた作品にしてます。

中でもエッチは「どこを聴いても乳首責め」と言っていいくらい充実してます。
セリフの表現も聴き手目線になっててサークルさんらしさを感じました。
最後のドライ絶頂だけは難度が高いですけど、それ以前の2パートは射精するので
乳首未開発の人や現在開発中の人も普通に気持ちよくなれます。

主人公は全裸の状態で拷問を受けてますが
爪で引っかくシーンが多いことから薄手のシャツを着て聴くことをおすすめします。
そのほうが滑りが良くなるし乳首を傷つけることもなくなりますから。

絶頂シーンは射精2回、ドライ1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:07:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「おかしのみみおか」さんの催眠?音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格はドSな妹が
Mなお兄ちゃんを相手に催眠を交えたオナサポをします。

言葉責めやカウントによる寸止めといった同人音声でよく見る意地悪な責めをするのが特徴で
彼のことを「キモイ」「変態」と見下したり
射精したくてもできない状況を維持してもどかしい思いをさせます。
催眠と呼べる要素は全体の15%程度ですから、オナニーを楽しむ作品と思って聴いたほうが満足できます。
妹がする意地悪なオナサポ
妹のりんごに指示されながらオナニーするお話。

「お邪魔しまーす りんごね お兄ちゃんと会えるの ずーっと楽しみにしてたんだ」
りんごは明るくて可愛い声の女の子。
主人公の部屋にやって来て久しぶりの再会を喜ぶと
そこにあったエッチな本の内容を見て軽く見下します。

本作品は年下の女の子にいじめられるのが好きな彼を喜ばせようと
彼女がおよそ45分に渡るドM向けのオナサポをします。
「容赦ない責めが作品の90%を締めます」と販売ページに書いてあるように
こちらを見下したり突き放す要素がいくつも出てきます。

「お兄ちゃんは既に 人からさげすまれ 見下される変態マゾ」
ストレートに罵倒する、カウントを数えながら寸止めして出せないようにするなど
多くの人が意地悪に感じることを積極的にやります。
パートによって内容が結構変わるので幅広く感じました。
オナニーの時間は30分程度ですからハードと言うほどではないです。

ジャンルに「催眠音声」がついてることからセルフ系の催眠音声と思うかもしれません。
ですが実際はそれとほぼ真逆の路線を歩んでます。
具体的に言うと、催眠音声では聴き手と催眠者の信頼関係をとても重視するので
M向けの責めをする場合もやり方やセリフの表現に気を配って進めます。
しかしこの作品はプレイの内容が同人音声のオナサポとほぼ同じです。

暗示を駆使して感度を上げたり絶頂させることはありません。
なので催眠に期待して聴くと高確率で肩透かしを食らいます。
まったくもって催眠音声じゃないと言う気はないですけど
催眠音声として見た場合に大きな問題を抱えてます。
不完全な催眠
そのへんを説明するために催眠パートから紹介します。
本作品で唯一催眠の要素が出てくるのは「03誘導(約6分)」。
前のパートで軽いオナニーや言葉責めをした後
深呼吸とオナニーを続けながらりんごの言葉に耳を傾けます。

「私が あなたに告げる数字が 小さくなればなるほど あなたはどんどんリラックスできます」
パートの序盤にふたつの暗示をほぼ同じ表現で繰り返し入れ
それからカウントを数えて深化させるシンプルなものです。
囁きに近い穏やかな声で1カウント毎に軽めの暗示を入れるなど、一見すると良さそうな誘導をします。

「りんごは最後まで気持ちよくしてあげる優しい天使じゃないよ?」
ですがカウントを数え終える直前で急に笑い出し、さらに彼をブタ呼ばわりする言葉責めをします。
そのまま次のパート(寸止めオナニー)に進みますから当然催眠の続きはありません。
要は催眠をかけてる途中で彼女がそれを放棄するんです。
彼女も言葉責めの直後に催眠を続ける意思がないことを告げます。

催眠に関する本を読んだことがある人ならご存じでしょうが
催眠者が自分で催眠を投げ出すのは絶対にやってはいけない行為です。
誘導の途中で何か失敗してもフォローしながら最後まで続ける必要があります。

暗示の表現はそこまで悪くないし演技も割としっかりしてます。
でも最後の最後で聴き手の信頼を大きく損なってしまってます。
上手い下手じゃなく催眠における最低限のことができてないから良くないと言うのです。
このパートを聴いて催眠に入れる人はほとんどいないでしょう。
カウント重視のエッチ
エッチシーンは6パート32分間。
プレイはオナニー、耳舐め、カウントによる寸止めです。
エッチな効果音はありません。

「おちんちん揉み揉みしながら聞きなさい」
3分程度の雑談を終えてオナサポすることに決めたりんごは
ズボン越しにおちんちんを揉む指示を出してから軽く罵倒します。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の3パート21分間は射精に向けて心と体を盛り上げるシーン。
「02見下される(約9分)」はソフトなオナニーと言葉責め
「04寸止め1(約9分)」はシコシコボイスや耳舐めを交えた寸止め
「05寸止め2(約3分)」はカウント特化の寸止めとやることを変えて進めます。

「りんごにいじめられるのが堪らない 少女にいじめられるのが堪らない 小さな女の子にいじめられるのが堪らない そんな人 ダメに決まってるじゃない」
彼女は彼がMなことを既に知ってますから、どのパートも彼の嗜好に合わせた責め方をします。
02は体への責めが弱い代わりに言葉責めをガンガンするし
04は前半がシコシコボイス、後半はちゅぱ音に専念してバランスよく責めます。

肉親だからでしょうけど言葉責めは囁きに近い弱めの声量でやってました。
どぎつい部分を多少和らげてあるので本気で凹む人はあまりいないと思います。
05パートはカウント1セット毎の数え方を変えてきます。

続く3パート11分間はさらに焦らして彼を悶えさせるシーン。
「06罵倒カウント(約3分)」は罵倒しながらするカウント
「07赤ちゃん言葉バカにされカウント(約4分)」は赤ちゃん言葉責めによるカウントと繋ぎ
最後の「08ラストカウントダウン(約4分)」でようやく射精の許可が出ます。

「ねぇ それって子作りの練習なの? 女の子のおまんこを前にして 上手くやれるように 子作りの素振りでもしてるつもりなの?」
「え? もう我慢できないんでちゅか?」

カウントを聞きながらオナニーするところはどれも一緒ですけど
パートによって言葉責めの表現方法が大きく変わります。
06はストレートに見下す、07は小馬鹿にすると方向性も異なります。
オナニーのペースや強さは特に指示されませんからほぼフリースタイルです。

前項で説明した通り催眠がアレだったので私は抜けませんでしたが
同人音声のオナサポとして見る分には良いところも持ってます。

このように、言葉責めとカウントを軸に据えた意地悪なエッチが繰り広げられてます。
オナサポ作品としてなら
総時間の大部分を占めるオナサポや言葉責めが魅力の作品です。

りんごは久しぶりに会った主人公が持ってるエロ本のプレイを実際にしようと
可愛い声で彼を見下す言葉責めを浴びせたり、カウントを交えたオナサポで悶えさせます。
そしてパートごとに責めのスタイルも変えて幅広くリードします。

可愛い声とドSな性格を持つ妹がドMなお兄ちゃんにオナサポするシチュ
言葉責めとカウントによる寸止めを組み合わせたM向けのエッチ。
サークルさんが売りとして掲げられてる「容赦のなさ」を前面に押し出してます。

催眠についてかなり厳しいことを書きましたけど
エッチのほうはテーマ性がきちんとあると見ています。
鬼畜過ぎると言うほどハードではないものの、彼を見下したり突き放すシーンが多いのは事実です。
ただ耳舐めのちゅぱ音を中央で鳴らしてるのはどうかと思います。

現在のサークルさんは割としっかりした催眠音声を制作されてますから
あくまでこの作品に限った話であることをご理解ください。
ちなみに本作品には解除音声が入ってません。
聴く場合は無料で構いませんから他作品の解除音声を最後に必ず聴いてください。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:秋山はるるさん
総時間 45:26

オススメ度
■□□□□□□□□□ 1点


体験版はこちらにあります

追記
同人音声として見るなら5点です。

2021年9月13日まで20%OFFの968円で販売されてます。

ネット通話で女の子に風俗用の精液作らされちゃうボイス

サークル「High Island」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性のオナニーに強い興味を持ってる気さくな女の子が
ネット通話で童貞とエッチな話やオナサポをします。

射精できないルールを最初に設定したうえで焦らし&寸止めをするのが特徴で
お触りどころか相手の姿すら見えない状況を踏まえてイメージや言葉責めに力を入れつつ
普段通りの穏やかな態度で飴と鞭を交互に与えてもどかしい気分とそれを耐え抜く気力を与えます。
優しい女の子の意地悪なサービス
ミサの指示でオナニーし射精を我慢するお話。

「もしもーし。聞こえてる? あ、よかったー。始めまして、ミサでーす」
ミサは砕けた話し方をする素朴な声の女の子。
ネット通話の掲示板でとある募集文を見つけ、コンタクトを取ってきた主人公と軽く雑談すると
早速本題のオナニーに関する質問をします。

本作品はエッチをそれなりに経験してるけどまだまだ好奇心旺盛な彼女が
自分の呼びかけに応じてくれた彼とエッチな会話を楽しみ、その流れで35分程度の変わったオナサポをします。
挿し絵では彼女の姿が映ってるように描かれてますが
実際は音声のみでお互いの表情や仕草を見ることはできません。
そのためオナサポのやり方も一般的なものとやや違うスタイルが取られてます。

今回するオナサポのルールは至ってシンプル。
彼女が指示したことにすべて従いながら最後まで射精を我慢します。
オナサポは通常ですと最後に気持ちよく射精するために行うものです。
しかし本作品では次の日に風俗店でより気持ちよく出すための準備として行う設定がされており
最初の時点から「射精はしない」とはっきり伝えたうえで責め続けます。

エッチシーンのほぼ全部でオナニーを続け、さらに明確な休憩時間も定められてないことから
彼女の言う通りにした場合かなりもどかしい気分を味わうことになります。
完遂するには射精への欲求に抗い続ける心の強さが求められます。

これだけを聞くと辛いだけに思えるでしょうが本作品はそれを他の部分で中和してます。
具体的には彼女の声や口調をかなり柔らかくし、プレイの最中に多少のご褒美をあげます。

「あはは! ほらやっぱりー、好きなんじゃん。あは、何謝ってるの? 別に責めてるわけじゃないって。性癖は十人十色だもんね? ふふ。」
彼女は一言で言えばギャルっぽい女性。
初めて通話した彼にフランクな態度で接し、エッチな話題もガンガン振って場を盛り上げます。
そして彼が足コキされるのを夢見てる童貞だと知っても見下さずむしろ応援します。

今回のオナサポも彼の同意を得たうえでやってますし
弱めの刺激で留めようとするのを彼に頼まれて激しくする、といったやり取りもされてます。
要は彼が自分の意思でこの道を選び、それを彼女が優しくサポートするわけです。
童貞相手に付き合ってあげるシチュも含めて面倒見の良い性格をしてます。

オナニーの最終目的を断った状況でオナサポするシチュと彼女の柔らかいキャラ。
意地悪さと優しさが混在してる独特な作品です。
イメージと言葉責めを組み合わせたエッチ
エッチシーンは35分間。
プレイはオナニー、玉オナニー、亀頭オナニー、○○です。
エッチな効果音はありません。

「脱げた? うんうん、そしたらまずはパンツの上からゆっくりさすってみよっか…ゆっくりだよ? ゆっくり…ゆっくり…焦らすみたいに…」
通話の最中に明日足コキしてくれる風俗へ行くようすすめたミサは
その下準備として主人公にソフトなオナサポをしてあげます。

エッチは彼女に言われた通りにおちんちんをいじります。
最初の11分間はウォーミングアップと呼ぶのがぴったりなプレイ。
パンツ越しにおちんちんを撫でるところから始まり、復唱形式で射精しない意思を固めさせ
それから竿を直接握る→しごくとステップアップします。
ちなみにオナニーは彼女がストップと言わない限りずっと続けます。

「言われたから言ってるじゃ駄目…これは君の意思…自分で寸止めまで私に苛めてってお願いしたんだから、最後までやりきろうね…」
「ふふ…どうしたのかな、触りたいっていうから触らせてあげたんだけどな…これじゃ不満? ちんちん扱きたいの?」

彼女は彼の風俗レポートが聞きたくて今回のオナサポをするので
プレイ開始後も要所要所で射精は絶対にしないと彼に誓わせます。
その一方で彼がよりハードなオナニーを求めるなら許可を出してペースを指示します。

エッチが始まっても相変わらず声や口調は穏やかですし
射精できない点を除けば結構マイルドなオナサポと言えます。
プレイ中に復唱を求めるシーンが割と多いので、実際にやればより気分を高められるでしょう。

中盤の10分間は心身をバランスよく責めるプレイ。
パンツを脱いで竿と金玉を同時にいじりながら明日体験する風俗店の様子をイメージします。

「ぐちゅぐちゅえっちな音させちゃって…こんなえっちな音女の子に聞かせるなんてほんと変態だよね」
「ティッシュじゃなくて本物の女の子に精液出すんでしょ? ふふ、だから今は我慢だよ…たくさん我慢した方が精液びゅーってした時気持ちいんだから…!」

最初のほうでも話した通り、2人は音声のみでお互いの姿を見ることができません。
だから彼女に見られてる状況を使って羞恥を煽ることはせず
オナニーで感じてる声を聞かれてるのを意識させつつ軽く「変態」と言ったり
お店でエッチしてる様子を細かく実況してイメージ力を膨らませます。
そのうえで射精の誘惑に負けそうになる彼を励まします。

「ここを耐えたら明日の通話は射精させてあげる」と辛さに見合ったご褒美を提示するのも良いですね。
男性の場合射精せずにオナニーを止めるのはなかなか難しいですから
こういう風に応援してくれるのはありがたいし効果的だと思います。
飴と鞭を交互に与えて射精を我慢しやすくしています。

終盤の14分間は最も厳しいシーン。
これまでで一番速いペースのシコシコボイスを繰り出し
亀頭オナニーを挟んでからカウントに合わせてフリースタイルでしごかせます。

「ふふ…! すごいなー女の子にお礼いいながらちんちん扱いちゃうなんて。情けないよねー。自分でもそう思うでしょ?」
彼に情けないセリフを言わせたうえで軽く見下す態度を取る一方で
カウント中は今までになかったタイプのご褒美をあげるなど
引き続き優しさと意地悪さをほぼ半々の割合で混在させて寸止めさせます。

改めて言いますけど本作品の目的は射精ではなく焦らし&寸止めです。
この過酷な状況に無事耐え抜くか、それとも射精の誘惑に負けて彼女を裏切るか。
最終的には自分と戦うある意味過酷なオナサポが繰り広げられてます。
穏やかに意地悪する作品
ミサのキャラとプレイに大きなギャップを持たせてる独特な切り口の作品です。

彼女は自分の募集文を見ていち早く連絡を取ってくれた主人公と
まずは当初の予定通りオナニーの話をして楽しい時間を過ごします。
そして特殊な性癖を持つ彼に風俗へ行くアドバイスをした後、そのサポートをしてあげます。

ギャルっぽい女の子の指示に従い射精をひたすら我慢するシチュ
最初から射精は厳禁と明言したうえで射精へ追い込む意地悪な展開
その厳しさをある程度和らげる彼女のキャラと適度なご褒美。
ストレートにやったら難度が非常に高くなるプレイに工夫を加えてやりやすくしています。

「ほら、もっと声出して? 気持ちいとか、うめき声とかあえぎ声とかなんでもいいよ? ほら、もっと聞かせて…!」
彼女は良くも悪くもエッチに対して貪欲な女性です。
だから男性のオナニー、童貞の風俗初体験、射精できない苦しみに悶える姿など
自分では決して味わえない感覚を知ろうと積極的なアプローチをかけます。

そして純粋だからこそ射精の誘惑に負けそうになる彼を何度も押し留めます。
少なくとも私には悪意を持ってやってるようには見えませんでした。
多少なりとも射精を我慢しようとする気持ちが働いたのはそのおかげだと思います。

エッチは射精をゴールに定めてない点をどう見るかで評価が大きく分かれそうです。
こういうことすら快感と捉えられるドM向けかなと。
オナサポ自体はしっかりしてるので結局は好みの問題です。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

おまけは2種類の音声です。

CV:秋野かえでさん
総時間 50:48(本編…48:04 おまけ…2:44)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで40%OFFの594円で販売されてます。



サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第79回目は声は穏やかだけど性格はドSなお姉さんが
音を使った不思議な催眠で快感と恍惚感を与えます。

合計6種類の音を鳴らしながらそれぞれに暗示を込めて感覚を操作するのが特徴で
ひとつひとつを丁寧にやって心と体に音を染み込ませてから
複数の音を組み合わせた寸止めを何度もやって性感を徐々に蓄積させます。

今回は初回コースを聴いてのレビューをお送ります。
音を使って不思議な世界に
お姉さんに催眠をかけられ寸止めを繰り返してからドライ絶頂するお話。

「ようこそ これがどういう音声なのか 知ってて聴いてるんですよね?」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公に催眠の世界に入る準備が整ってるか尋ねると
早速特殊な音を左右交互に鳴らし始めます。

本作品はサークルさんの代表作「レイプ・サウンド・ガール♪」の続編。
丁寧語で話しながらえげつないことをするドSなお姉さんが、Mな彼をおよそ100分に渡って弄びます。
フェラやSEXといった通常のプレイを一切しない代わりに音で感覚を操作するシーンが多く
彼女の言う通りにしてるだけで自然と心地よさや快感が湧いてくる不思議な体験ができます。
コンセプトが一緒なだけで繋がりはありませんから、前作未視聴でもまったく問題ないです。

「この音を聞けば聞くほど 力が抜けて リラーックスしていく」
催眠開始直後から何らかの音を鳴らし
さらにひとつひとつに別の効果を持たせて音に操られやすい状況を作ります。
そしてエッチに入った後は1~3個の音を組み合わせて絶頂感を高めます。
音自体はまったくエロくないので催眠状態だからこそ気持ちよくなれるプレイです。

音に負けないくらい暗示も入念に入れてきますから
正確に言うと音と暗示のバランス型にあたります。
催眠の途中から暗示の密度を上げる演出が加わるなど、催眠自体のレベルもかなり高いです。

また本作品には初回コースと2回目以降用が存在します。
後者はshort、middle、longの3パターンありまして70分から110分と時間にそれなりの違いがあります。
1回目はとりあえず初回コースを聴いて、2回目以降はこの中から好きなものを選ぶといいでしょう。
ある程度慣れを要する作品なので繰り返し聴くことを想定した作りになってます。
心と体に音を染み込ませる催眠
初回コースの催眠は2パート45分間。
最初の「HDL 初回-1」は仰向けで横になり、お姉さんが鳴らす音と言葉に耳を傾けます。
目は途中で閉じる指示が出ますから最初は開けたまま聴きます。

「あなたは 変化していく 今見ている 現実の世界が だんだん 夢の世界へと すり替わっていくような 不思議な感覚を味わいながら あなたは変化していく」
「ブンッ」という弦楽器のような音を鳴らしながら
現実世界から離れて心地いい場所に行く感覚をやんわり与えます。
この時点で出てくるは音は1種類、しかも鳴らす間隔が長く落ち着いた空気が漂ってます。
まずは音が鳴ってても気にならない状況を作るところから始めます。

左「音が鳴るたびに 幸福感が 隅々まで広がっていく」
右「リラックスを通り越して とろとろに とっても幸せな気持ち」

パートの後半から誘導のスタイルが変わるのもポイント。
彼女の声がふたつに増え、左右から違うセリフを同時に投げかけるようになります。
暗示の密度を上げるだけでなく、自分が夢の世界へ移動したことを実感しやすくするための演出です。
両方を同時に聴くのは大変なのでどちらか片方を意識するといいでしょう。

次の「HDL 初回-2」は新たな音が登場します。
「ぶぅん ぶぅん」という振動音、「どぅん」という弦を強めに弾くような音をタイミングよく鳴らしながら
さらに深い催眠状態へ誘導したり、理性など余計なものを取り除いて音に没頭しやすくします。

「視界に入るのは あなたがこの音声を聴く前に 見ていた部屋と同じ部屋 それなのにとてもそれが 同じものだとは思えない」
カウントに合わせて現実世界と夢の世界を往復する流れで進めますから
後になるほど意識のぼやけや恍惚感が強くなります。
音も割と響くものなので、それに合わせて心や体が軽くビクつくかもしれません。
前のパートで音に慣らしたから今度は音で反応できるようにします。

ちなみに最初のパートの終盤から2番目のパートの終盤まで(約17分間)
彼女がうつ伏せの状態で聴く指示を出します。
これについてはやってもやらないくてもそれほど変わらないと思います。
体重がある人とかは仰向けのまま聴いたほうが催眠に入りやすいんじゃないかなと。

本作品の売りである音を前面に押し出した特殊な催眠です。
聴き手の心と体を音に反応できるようにすることを目的に
最初のパートと次のパートで異なる音を2種類ずつ鳴らし、それぞれに暗示を込めて効果を伝えます。
そして途中からカウントを交えた揺さぶりをかけて催眠状態も深めます。

通常の催眠音声とは随分違うことをやるからでしょうけど
どのシーンもリードがゆっくりかつ丁寧で安心して聴けます。
キャンドルマンさんはカウントを数える前の暗示を入念に入れる傾向がありまして
本作品でもそれを活かして音のイメージや感覚を上手に伝えてくれます。
初心者向けとはさすがに言いませんが、ある程度催眠音声を聴いてるなら入りやすい部類だと思います。
寸止めしてから一気に発散
初回コースのエッチシーンは5パート49分間。
プレイは音による感度上昇/寸止め/絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「イキそうでイけない 心が締めあげられるような切なさと のたうち回って 発狂するようなもどかしさを 何倍にも 何十倍にも 増幅してくれる音を 与えてあげます」
音を使った催眠で主人公を別の世界に案内したお姉さんは
さらなる音を加えたり、複数の音を組み合わせて今度は性的快感を与えます。

エッチは引き続き音を鳴らしながら暗示を入れて気持ちよくします。
最初の「HDL 初回-3(約23分)」はここから出てくる音に馴染ませるパート。
「ふぃぃぃぃん」という細くトーンの高い音や
「ピシィ」という鞭がしなる音を投入し、さらに催眠パートで出てきた音も使って軽く追い込みます。

右「私に痛めつけられる 甘い苦痛 少しずつ 少しずつ 苦痛の中で 甘い快感が 女に痛めつけられる喜びが じわり じわりと 湧き上がってくる」
そしてここからはM向けの要素が一気に増えます。
絶頂シーンを1回に絞り込んでひたすら音で寸止めさせたり
鞭の音をリズミカルに鳴らして痛みを伴う快感を与えるSMっぽい責め方をします。
実際に叩くわけではありませんからあくまでイメージ上の話です。

左右から同時に話しかける、複数の音を同時に鳴らすなど
催眠パート以上に声と音の密度を上げて別世界にいる感覚を与えます。

次の4パート26分間は絶頂に向けてさらに追い込みます。
カウントを始めてから合計3つの音を後になるほど重ねて雰囲気を作り
0の手前で止める動作を何度も繰り返して音イキの練習をします。
そして最後の「HDL 初回-7(約5分)」でようやく絶頂の許可が下ります。

「繰り返すたびに 射精レベルの強烈な快感が走る でも 決して満足できない」
このへんまで来ると音が鳴ってない時間のほうが少ないです。
彼女も気持ちよくなる暗示とM向けの言葉責めを組み合わせてそれを後押しします。
やることはシンプルにして、聴き手がイける準備を整えてから絶頂させる丁寧なリードです。
50分近く焦らしに焦らされたからこそ、最後の絶頂シーンはとてつもない快感が襲ってきます。

ちなみに私が初めてドライを経験したのはこの作品です。
久しぶりに聴いたら股間が軽く爆発するような感覚と、その直後にすーっとする爽快感が味わえました。
発売から9年以上経ってもまったく色褪せてないのが素晴らしいです。

このように、様々な音と暗示をバランスよく投げかけるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
高品質な音モノ
催眠音声が数多く出てる今でも強烈な個性を持ってる大変優れた作品です。

お姉さんはエッチじゃない音で気持ちよくなったり絶頂する感覚を味わわせようと
催眠パートは比較的落ち着いた音を鳴らしながらそれぞれに暗示を込めて催眠状態を深めます。
そしてエッチは先ほど使った音と新しい音をいくつも組み合わせ
さらに軽い言葉責め、SMプレイ、寸止めも盛り込む豪華なプレイで1回の絶頂を充実したものにします。

声は穏やかだけど性格はSなお姉さんがM男を変わったプレイで弄ぶシチュ
複数の音を順に鳴らし、それらに暗示を込めたりカウントを数えて落とす個性の強い催眠
合計6種類の音を使い分けて寸止めを繰り返してから絶頂へ追い込む割と意地悪なエッチ。
音モノというジャンルが確立されてなかった時代に出たのに極めて高い完成度を誇ります。

ひとつひとつの行為に十分な時間をかけてるから落ち着いて聴けますし
エッチも練習を繰り返した後で本番に臨む親切設計です。
奇抜なことをやっても聴き手がついてこれなかったらサークルさんの独りよがりになりますから
できるだけ多くの人が催眠に入れたり絶頂できるように考えて制作されてます。

個性と丁寧さを両立できてるところが本作品の一番すごいところだと思います。

ここまでを読めばわかるように結構変わったことをやるので
「1回目の視聴で上手くいくか?」と言われれば私は首を捻ります。
こういう作品は繰り返し聴くことで徐々に馴染んでいくものだと思います。
ですから1回目でイマイチだったとしても気にせず再度チャレンジしてみてください。
サークルさんもそのために2回目以降用の音声を用意してくださってます。

初回コースの絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回コース…1:42:35 2回目以降short…1:10:58 2回目以降middle…1:30:39 2回目以降long…1:48:00
音声ドラッグ…24:18 説得+解除…29:00

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで50%OFFの605円で販売されてます。



サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで独占欲も強い風俗嬢が
通常とは違うオナサポでM男の大事なものを奪います。

ルーインドオーガズムに向けて何度も寸止めするのが特徴で
序盤から中盤にかけてはカウントを数えながら告白を求めて主従関係を強化し
終盤は2種類のやり方で甘出し射精へ追い込みます。
気持ちいい射精を取り上げられる快感
CLUB ドミナンスでユリカがオナサポするお話。

「こんばんはー あはっ 懲りずにまた来たんだ」
ユリカは明るくて上品な声のお姉さん。
音声に関する注意事項や作品のコンセプトを説明すると
お店を訪れた主人公にあるものを奪うと告げます。

本作品は男性にとって気持ちいいのが当たり前な射精を別の角度から体験することを目的に
彼女がおよそ90分に渡って調教要素の強いオナサポをします。
2人がエッチするのはこれが3回目なので上下関係はほぼ確立されており
彼女はご主人様、彼は恋奴隷という立ち位置でM度高めのプレイをします。

私は過去2作を聴いたことがないのでその時の様子はわかりません。
お話自体は独立してますから未視聴でも大丈夫です。

「知ってますか? ルインドオーガズムってすごいんですよ お射精したのに 気持ちよくないんです」
最大の魅力はタイトルにもなってるルーインドオーガズム(作中ではルインドオーガズム)。
射精する直前までオナニーを続け、始まったところで手を離し勢いよく出せない状況を作ります。
彼女は彼から射精の気持ちよさを奪うことを目標に掲げてるため
聴き手が敢えて消化不良に感じるようにリードします。

序盤から中盤にかけてはかなりの回数寸止めしますし
M~ドMな人をメインターゲットにしたなかなか意地悪な内容になってます。
射精シーンが1回だけだった過去作「~Ruined Orgasm~意地悪で台無しにされた射精」とは違い
今作は3回連続でルーインドオーガズムするハードなプレイも登場します。

「もっと私に夢中になって? もっと気持ちよくなって? 心の中全部 私のことだけを考えて もっと幸せになろ?」
もうひとつの特徴は彼女を好きになるように働きかけてくること。
エッチの序盤から彼女が指示した言葉を復唱したり
飴と鞭を使い分けてこの過酷なプレイを乗り切る気力を与えます。

2人は主従の関係にあるので恋人のように本気で愛し合うわけではありません。
でも彼女は彼に愛されたいと思ってるらしく、これらを通じて彼の忠誠を確かめようとします。
ごく一部でキスもしますし、ハードなプレイを雰囲気で多少和らげてるように感じました。
最後まで気の抜けないエッチ
エッチシーンは8パート76分間。
プレイはオナニー、告白、エアSEX(1分くらい)、キス、唾を吐きかける、ルーインドオーガズムです。
エッチな効果音はありません。

「ほら 何してる! マゾ 私にさっさと裸晒せよ」
事前のやり取りを終えて主人公にすぐさま服を脱ぐよう命令すると
ユリカは彼を仰向けに寝かせてひとまず自由にオナニーさせます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の3パート31分間はルーインドオーガズムに向けて準備するシーン。
「3_調教の手始めに(笑)♪(約12分)」はカウントを使った連続寸止め
「4_命令の上書き_「ゼロ」でイケない身体へ♪(約10分)」と
「5_射精欲求の限界突破♪(約9分)」はそれを多少アレンジして射精感を徐々に膨らませます。

「後悔させてあげる だからしっかり泣けよ 恋奴隷」
彼女は彼が自分の意志で射精剥奪責めコースを受けたことを知ってますから
ご主人様らしく命令口調で指示を出してM心をくすぐります。
声は引き続き上品ですが気迫を込めた演技をしてて逆らえない雰囲気を出してます。
途中からは彼女に対する告白を何度もさせるなど、心への責めにも力を入れてました。

プレイのほうはどのパートもカウントを数え、0に近づくほど自分を追い込む流れで進めます。
シコシコボイスはほとんど言わないので聴き手が自分で制御する感じです。
休憩時間も非常に短く30分ほぼしごきっぱなしの状況になります。
やろうと思えば手を抜けるのでさすがに暴発する人はいないでしょうけど
ルーインドオーガズムの準備をする役割はきちんと果たせてます。

続く5パート45分間は選択式。
通常ルート(約24分)は1回のルーインドオーガズムを目指し
連続Ruined Orgasmルート(約21分)は2種類の射精を順番に迎えます。

「たった1擦り たった1擦りだけ 絶頂を超える刺激を与える」
そしてここからはカウントによる寸止めに丁寧な説明を加えてやりやすくします。
ルーインドオーガズムの具体的なやり方を教えてから練習を行い
本番開始後も簡単なアドバイスを挟んで成功できるように応援します。


ルーインドオーガズム自体がまだ歴史の浅いジャンルですから
認知度を上げる意味でもしっかりリードしたほうが良いと思います。
通常ルートを選んだ場合は共通パートとほぼ同じ流れになっててフィニッシュだけ違います。
まだ一度もやったことがない人やコツを掴めてない人はこちらを先に聴くと良いでしょう。

「いいよ 特別にお射精 させてあげても た・だ・し 3回 ルインドオーガズムした後なら、ね」
それに対して連続Ruined Orgasmルートはチャレンジ要素の強いプレイ。
20分間で3回ルーインドオーガズムを迎えるだけでなく
それらを終えた後にもう1回通常の射精をします。

同じシーンでこれらを両方やる作品はもしかしたら初めてかもしれません。
ルーインドオーガズムの後に射精しても普通は精液があまり出ませんから
結局消化不良のまま終わるという彼女の目論見通りの展開になってます。

私が聴いた時はさすがに3回はきついので2回の後に射精してみました。
快感はやはり通常の射精のほうが強いですけど、それでも最初から普通に出すよりは明らかに弱いです。
精液を小出しにする流れになってるおかげで体への負担もそれなりにかかります。
こちらをやる場合は休日のほうが疲労が残らなくて良いと思います。

このように、基本部分はシンプルにしてルーインドオーガズムで幅広さを持たせたエッチが繰り広げられてます。
わざと満足させない作品
気持ちいい射精を迎えるためにする通常のオナサポとは真逆の道を歩んでる作品です。

ユリカは射精の快感を自分に奪われる感覚を主人公に教えようと
まずはカウントを交えた連続寸止めでいつでも射精できる状況へ持っていきます。
そしてその後は1回のルーインドオーガズムを目指す
3回のルーインドオーガズムと1回の射精を目指すとルートによって違う手段で追い込みます。

上品でSっ気の強い風俗嬢がドMな男性にハードなオナサポをするシチュ
きつめの言葉責めをしながら何度も寸止めを繰り返す意地悪なエッチ
ルーインドオーガズムで射精の快感をわざと弱めて満足できなくする展開。
同系統の過去作よりも一歩踏み込んだことをして個性の強い作品に仕上げてます。

中でも3番目は中盤までの路線を維持する比較的初心者向けのルートと
より難度の高いプレイをするドMな人向けのルートで差別化ができてます。
ルーインドオーガズムするところは共通ですけど、そのやり方やオプションが違ってて面白いです。
慣れてない人は通常ルートでコツを掴んでから連続Ruined Orgasmルートに進むといいでしょう。

射精シーンは5回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:柚木朱莉さん
総時間 1:30:36(通常ルート…1:06:47 連続Ruined Orgasmルート…1:05:32)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月26日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「しこたま応援団」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、タイプは違うけどどちらもドSな妹が
ドMな兄をハードなオナサポでおもちゃにします。

パートごとにルールを変えながらきつめの言葉責めをするのが特徴で
シコシコボイスを流す、ちゅぱ音に合わせてしごく、カウントを聴きながら寸止めするなど
オナサポでは王道のリードをいくつも用意し、そこに命令口調の罵倒を加えて心身両面を上手に追い込みます。
意地悪な妹たちがするハードなオナサポ
ゆい(挿し絵左)とまい(挿し絵右)が協力してオナニーを指示するお話。

「あーにきー 今何やってんの?」
ゆいは明るくて穏やかな声の女の子。
「ふーん 横になっていただけって イヤホン着けて何聴いてたの」
まいは淡々と話すクールな声の女の子。
音声作品を聴こうとしてる主人公に声をかけると
オナサポやマゾ向けの作品を好んでることを軽く馬鹿にします。

本作品は男を弄ぶことに喜びを覚えるドSな彼女たちが
女性にいじめられたがってる彼を相手におよそ120分間のオナサポをします。
彼らは血が繋がってる設定ですが、少なくとも妹たちは彼をよく思ってないようで
序盤から罵倒に近いセリフをガンガン言って上下関係をはっきりさせます。

ゆい「ほら ゴミ精子はさっさと金玉に戻せ」
ゆいはメスガキと呼ぶのがぴったりな明るくて意地悪なキャラ。
彼のことをおもちゃにして遊ぶ感覚で今回のエッチをします。
「キモい」「ゴミ」と言ってこちらを露骨に見下すシーンが多く
無邪気な様子で責める姿も相まって愛のないエッチをしてるのがよくわかります。

まい「お前 出していいって言われて 射精しようとしてたよね? 演技だって言ってるよね? 嘘だって」
それに対してまいはダウナーキャラ。
笑ったりはしゃぐことはほとんどなく、彼を「お前」と呼んで容赦のない責めを繰り出します。
事務的感もありますし、ゆいとは違うやり方で彼を見下してることを表現します。
連携が上手く取れてますから2人の仲は良いのでしょう。

ちなみに本作品はオナサポでは珍しく言葉責めに力を入れており
2人とも「~しろよ」など命令口調のセリフを言うことが多いです。

片方が指示を出し、もう片方が言葉責めすることで心身をバランスよく責めてました。
作者さんがかなりオナサポを研究されてるように見て取れます。

体への責めについてはオナサポの要所をきっちり押さえてます。
シコシコボイス、疑似プレイ、カウントなど他の作品でも見かけるプレイを取り入れ
パートごとにルールを変えながらひとつずつ丁寧にこなして確実に追い込みます。

休憩を割と挟んできますが総時間が長いおかげでクリア難度は高めです。
それを踏まえて途中でギブアップした人向けの音声も用意されてます。
リードもわかりやすいですし、「処女作だから大したことないだろう」と思って聴いたら痛い目を見ます。

タイプの異なる妹たちが言葉責めをガンガンしながらオナサポする展開と
2人が別の役割を持って同時に動き、さらに定番の要素を使ってハードに追い込むエッチ。
M~ドMをメインターゲットにしたなかなか歯ごたえのある作品です。
変化に富んだエッチ
エッチシーンは9パート99分間。
プレイは金玉オナニー、オナニー、好き好き演技、疑似フェラ、耳舐め、〇〇です。
〇〇の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ゆい「じゃあ早速 チ・ン・ポ 大きくさせよっか」
まい「早くそれ 勃起 させなよ」
主人公の性癖を暴露してからオナサポを持ち掛けた2人は
ゆいが左、まいは右に陣取りまずは耳を集中攻撃します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート43分間は比較的ソフトなプレイ。
「02.勃起させられちゃう(約6分)」は耳への息吹きと軽い言葉責めで勃起させ
「03.シコシコボイスで遊ばれちゃう(約16分)」はシコシコボイス
「04 好き好き演技とフェラ真似で勘違いさせられちゃう(約21分)」は
彼を甘やかす言葉責めや疑似フェラを交えたオナニーをします。

まい「というか 最初から思ってたんだけど そのチンポ とっても臭いよ」
2人は彼がドM向けの音声好きなことを事前に調査してるので
最初からMが喜ぶセリフをガンガン言って興奮させます。
おちんちんの臭さや弱さをストレートに貶したり
妹のおもちゃにされても抵抗するどころか喜ぶ様子を引き気味に観察します。

パートによって言葉責めの内容や方向性が変わりますし
サークルさんが言葉責めにかなりこだわってるのがなんとなく伝わってきます。
特定の単語を連呼するのはごく僅かで、普通に話しながら見下すスタイルを取ってました。

リードの丁寧さが光るのは03パートから。
3秒1コキくらいのゆっくりペースから始まり
1.5秒に1コキ、1秒1コキ、1秒2コキと段階的にペースを上げます。
そして2分くらい続けたら30秒程度の休憩を挟んで射精を抑える機会を作ります。

まい「マゾ汁は出すなって言ってるの 精液は漏らすんじゃなくて その持ち上がりっぱなしの金玉の中で ゼリーにするの」
片方はシコシコボイスを言う役、もう片方は言葉責めする役を担当し
小まめに交代しながら徐々にパワーを上げるきめ細かな追い込みをします。
まだ始まったばかりだからでしょうけどある程度手加減してるように映りました。
ウォーミングアップしながら本作品の魅力を伝える良いパートと言えます。

ゆい「こうやって耳元で… シコシコ頑張れ 頑張れ 毎日オナニーしてるお兄ちゃん 偉いぞー」
次の04パートで正反対の言葉責めをするのも面白いなと。
「お兄ちゃん」「お兄様」と彼を慕う呼称に変えて甘えたり励ますセリフを言います。
そしてある程度経ったら普段の態度に戻って地獄に突き落とします。

オナニーの指示は2人がしゃべってる間だけ自由にしごく緩いものです。

続く2パート45分間は体への責めがハードになります。
「05 耳舐めで握る強さとストロークを強制させらちゃう(約18分)」は独特なオナサポ
「06 カウントダウン地獄で敗北させられちゃう(約27分)」は
カウントを交えた連続寸止めで射精を我慢できない状況へと追い込みます。

まい「ほら 握る強さは自由だけど 根元からカリ首までしっかりしごいて」
05パートはサークルさんがオナサポを研究されてるのがわかるプレイ。
ゆいが耳舐めしてる時は根元から亀頭まで大きいストロークでしごく
まいの時は普段よりも握りを強くしてしごく逃げ場のないオナサポをします。


こういう責め方をする作品はごく僅かなので、それを知らない限り取り入れられるとは思えません。
耳舐めと絡めて純粋なエロさを上げる工夫もされてますし
このあたりでギブアップもしくは暴発する人が出てくると思います。
ひとつひとつのプレイをきちんとこなしつつ、全体の流れも作ってるのが素晴らしいです。

そして06パートは射精に直結するシーンだからこそより意地悪に責めます。
内容はカウントを数えて0になるほど自分を射精へ追い込むシンプルなものですが
本作品の中で最も長い時間を割いて最後の最後まで出せない状況を維持します。

100分くらいオナニーを続けたら気持ちよく出したいと思うのが人情ですから
ギリギリまで我慢して射精の瞬間を華々しく飾る演出がされてます。
シコシコボイスを除きここまで出てきたプレイを総動員してあってなかなか豪華です。

このように、パートごとにやることを大きく変えて徐々に負荷を上げる緻密なオナサポが繰り広げられてます。
言葉責め重視のオナサポ作品
指示を出しながら言葉責めも積極的にやるバランスの取れた作品です。

ゆいとまいはオナサポ音声にハマってる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
左右に陣取り協力しながら色んなプレイを繰り出します。
そしてほぼすべてのシーンで彼を見下したり貶すドSらしい態度を取ります。

2人の女の子が実の兄をハードなエッチで弄ぶM度の高いシチュ
シコシコボイス、縛りプレイ、カウントなど様々な要素を盛り込んだエッチ
全パートで命令口調の言葉責めをするオナサポでは珍しい作り。
処女作とは思えないほど考えられた作品に仕上がってます。

中でも3番目は本作品を特徴付けるのに大きく役立ってます。
一般的なオナサポは指示をしっかりするけど言葉責めはあまりやらない傾向があります。
妹を2人にしたのもこれを無理なくこなすためなのでしょう。

実際にやってみた感想ですが、ドM向けなだけあってかなりきついです。
04パートまではそれほどでもなかったのが05パートから一気に難しくなります。
射精感がある程度蓄積してるタイミングで縛りプレイを投入するのが絶妙だなと。
06パートの中盤でギブアップしたので、次回はクリアできるように頑張りたいです。

射精シーンは4回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

指示と言葉責めが充実してるオナサポ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:秋山はるるさん
総時間 2:01:43

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月6日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男をいじめるのが大好きなメスガキが
女の子にいじめられたがってるM男にゲーム感覚のオナサポをします。

左右中央のどこかから流れるちゅぱ音を回避するかくれんぼ形式に
ドキドキタイムと呼ばれる新しいルールを加えてよりハードなプレイをお届けします。
3つの難易度が用意されてますから早漏具合やM度に合わせて選ぶといいでしょう。

今回はむずかしいを聴いてのレビューをお送りします。
事前にローションを用意しておくとやりやすくなります(無しでも一応可)。
子供の遊びを大人向けにアレンジ
メスガキの指示に従ってオナニーするお話。

「おぉー 変態いるじゃん へへへ」
メスガキは明るくて可愛い声の女の子。
見かけた主人公をすぐさま変態呼ばわりすると
何をして欲しいか尋ねてから左の耳元で囁いてからかいます。

本作品は2020年の11月に発売された
かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム 難易度は運次第」の続編。
前作の女の子に負けないくらい生意気で意地悪な彼女が彼をおよそ70分に渡って弄びます。
コンセプトが一緒なだけで繋がりはありませんから今作からでも大丈夫です。
声優さんも秋山はるるさんから陽向葵ゅかさんに交代してます。

「あーしが かくれんぼって言ったら 左 真ん中 右のどっかに隠れてね」
最大の魅力はタイトルにもなってるかくれんぼ。
彼女が「かくれんぼ」と宣言してから左右中央のどこかでちゅぱ音を鳴らすので
それを予測し回避できれば勝ち、ぶつかってしまったら負けとなります。

そして勝った場合は次のかくれんぼまで休憩し、負けたらオナニーを続けます。

1セットあたりの時間は1~3分と短いのですべてを回避するのは不可能です。
またかんたん(約25分)、ふつう(約39分)、むずかしい(約57分)と3つの難易度が存在し
後になるほど体への刺激が強くなるようにリードします。
前作を聴いてる人はいきなりむずかしいでもいいですけど
未視聴なら1回目はふつうあたりで様子を見るのもありだと思います。

また今作からはドキドキタイムと呼ばれる新しい要素が加わってます。
これは通常のかくれんぼをパワーアップさせたもので
オナニーの速度を指定する、時間を長くする、寸止めするなど別のルールが加わります。
亀頭責めを指示されることも結構ありますから、ローションを使ったほうが安全にシコれます。

まとめると、体への責めが比較的ハードなのに加えてちゅぱ音も多い割とバランスの取れた作品です。
エッチ開始後はセリフとちゅぱ音が同時に流れるスタイルに変わるため言葉責めもそれなりにあります。
ルール自体は割とシンプルにして抜きやすさや幅広さに力を入れる感じに組み立ててます。
少しずつ確実に追い込むエッチ
むずかしいのエッチシーンは54分間。
プレイはおちんちんの根元を支える、オナニー、耳舐め、キス、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ほらほら チンポはちゃーんとあーしに差し出してる?」
事前に11分ほどかけてオナサポのルールを説明したメスガキは
おちんちんの根元を支えて差し出すポーズを取らせてから1回目のかくれんぼを宣言します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の24分間は練習も兼ねてるウォーミングアップに近い内容。
彼女がかくれんぼと言った直後に左右中央のどこかからちゅぱ音が鳴ります。

「興奮してんの? 変態じゃん 色気たっぷりの大人の女じゃなくて あーしみたいなメスガキがいいんだ?」
まだ始まったばかりなので彼女もそこまで意地悪なことはしません。
1分程度の間隔でかくれんぼを繰り返しながら彼を見下すセリフを投げかけます。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりするスタンダードなもの
キスはディープキスに近いゆっくりめでねっとりしたちゅぱ音を鳴らしてました。

ここはやさしいのシーンにあたるためギブアップする人はまずいないと思います。
ドキドキタイムも1種類の縛りを3回する程度とかなり抑えてます。

プレイがハードになってくるのは中盤から。
これまで1方向だったちゅぱ音を2方向に増やして隠れられる確率を一気に下げます。

「さーて ここらでチンポ 追い込んじゃおっか」
彼女も言ってるようにここからが本番と見るのが妥当です。
休憩できる時間が減れば当然暴発する可能性も上がりますし
ドキドキタイムの割合も増やして射精感を減衰できない状況を作ります。
ちゅぱ音の激しさが特に変わらないのは残念ですけど、体への責めはかなり上がって歯ごたえがあります。

またふつうの終盤はドキドキタイムを連続して繰り出すシーンがあります。
1回ごとにやり方を変えてくるのでここが最初の山場になるでしょう。
B-bishopさんの場合はふつうでも他のサークルさんのハードあたりの難度があります。

そして終盤の12分間はいよいよむずかしいの領域に突入します。
さすがにここまで書くと聴く楽しみが薄れるので内容は伏せますが
ふつうよりもさらにハードなプレイが出てくるのは間違いないです。
最後の最後まで気を抜けない展開になっててクリアするには心身両面の強さが求められます。

このように、ルールをしっかり守ったうえで徐々に負荷を上げる割と過酷なエッチが繰り広げられてます。
人によって難度が変わる作品
オナサポによくある一本道をランダム性で解消したM~ドM向けの作品です。

メスガキは年下の女の子にいじめられたがってる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
かくれんぼを題材にした独特なルールを設定し、3つの難易度で内容を変えながら進めます。
そしてドキドキタイムの間は普段は自由なオナニーに一定の縛りを設け
後になるほどその頻度や同時にやる種類を増やして射精から逃げられない状況へ追い込みます。

いかにもメスガキといった感じの生意気な女の子がM男をオナサポで弄ぶシチュ
かくれんぼを宣言するたびに左右中央のどこかからちゅぱ音を鳴らし
さらに中盤以降は2方向以上に増やして隠れられなくするゲーム感覚のエッチ
ドキドキタイムを宣言した時だけ特殊ルールを追加する変化に富んだ作り。
前作の特徴を継承しつつ新たな要素を加えて順調にパワーアップさせてます。

私は前作を聴いてるので何をするかはある程度わかってました。
それでも最後まで楽しめたし歯ごたえを感じたのはランダム性にあると思います。
左右中央のどこを選んだかによってオナニーの時間と強度が変わるため
聴く人によって違う展開になります。


私はハードなほうだと書いてますけど、人によっては簡単だと思う可能性があります。
それは運よく隠れられるシーンが多かったからでしょう。
本作品のかくれんぼは回数がかなり多いので、すべての位置を覚えるのは不可能です。
ドキドキタイムも相まって割と複雑なプレイに仕上がってます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:09:37

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は割とSな女の子が
ドMな彼氏に個性的なエッチをプレゼントします。

甘い雰囲気でハードなプレイをする恋人らしいエッチが行われており
前半は緩めに手コキしながら寸止めを繰り返す
後半は休憩を挟んでかなりの回数ルーインドオーガズムを繰り返す、といった具合に
Mな人が喜ぶ責めをガンガンやりながら囁き声で語りかけたりキスして愛情を注ぎます。
年下彼女がするハードなご奉仕
彼女が手コキで何度もルーインドオーガズムさせるお話。

「ねぇね ねぇってば 寝ちゃうの?」
彼女は明るくて穏やかな声の女の子。
これから寝ようとしてる主人公にエッチを持ち掛けると
SEXしない代わりに新しいプレイで気持ちよくします。

本作品は性癖はほぼ正反対だけど深く愛し合ってる男女が
寝る前におよそ80分間の変わったエッチを楽しみます。
十分に仲がいい状態からスタートするので前置きは3分程度に短くまとめ
その後はほとんどの時間をエッチに割いてゆっくりじっくり気持ちよくします。

年下彼女の亀頭可愛がり拘束ストッキング責め」の続編にあたりますが
私はまだ聴いたことがないので詳細はわかりません。
ストーリー性はほとんどなく今作からでも違和感なく聴けました。

「はい 楽にして いじめてあげるときは やっぱり抵抗できない状態のが 萌えるよねー」
最大の魅力は雰囲気とプレイに大きなギャップがあること。
エッチの開始直後に体を拘束したり長めの寸止めをする結構意地悪なプレイをしますが
彼女は終始穏やかな態度で彼の表情や反応を見ながら責め続けます。
要所で口に出しておねだりさせるのも、彼が自分の意志で受け入れられるようにするための工夫です。

囁き声で話すシーンが結構あったり、キスを小まめに挟むなど
2人が恋人なことを聴き手に印象付ける要素が至るところにあります。

愛情表現の一環としていじめられるので、ある程度のM性を持ってる人にはむしろご褒美に感じるでしょう。
彼女も彼が本気で嫌がることはやらないようにしてて思いやりに満ちてます。

ただし、体への責めはとてつもなくハードです。
前半はゆっくりしごきながら寸止めを何度もやって射精寸前の状況まで持っていきますし
後半はルーインドオーガズムを主軸に置いてかなりの回数繰り返します。

ルーインドオーガズムは射精の直前や始まった瞬間に手を離して精液を甘出しする行為にあたり
通常よりも精液を勢いよく出せない代わりに賢者タイムを回避できます。
普通の射精だと2~3回が限界ですけどルーインドオーガズムならさらに多くの回数も可能です。
ただし体力は消耗しますからやり過ぎにはくれぐれもご注意ください。

Sな彼女が穏やかな態度でMな恋人をいじめるシチュと体への負荷が高いエッチ。
2人の関係を大事にしながらドM向けのプレイをする実用性重視の独特な作品です。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンは4パート69分間。
プレイは体の拘束、手コキ、キス、耳舐め、フェラです。
体の拘束、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「まずは イキそうになるまで気持ちよくさせないといけないから いつもみたいに普通に手でしてあげるね」
主人公にルーインドオーガズムの話をして同意を得た後
彼女は彼をベッドに拘束してから耳舐めでおちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「2_精液熟成手コキ(約27分)」はルーインドオーガズムに向けて準備するパート。
右耳舐めから入り少し後には手コキを加え、さらにキスもしながら寸止めを繰り返します。

「気持ちいい時は ちゃんと気持ちいいですって言わなきゃだめだよ?」
そして彼女は普段通りの穏やかな声と態度で丁寧にしごき続けます。
まだ射精する段階じゃないのでペースは標準程度に抑え
気持ちいいことを口に出したりおねだりを要求して彼の心を前向きにします。

寸止めが始まるのもパート後半からなのでそれほど激しいわけではありません。
射精しないように手加減しますし、彼女の優しい部分が色濃く出てます。
言う通りにしたらちゃんと褒めてくれるなど飴と鞭を上手に使い分けてました。

ほとんどのシーンで手コキするためオナサポではありませんが
シーンによって手コキ音のペースを変えて聴き手がオナニーしやすいようにリードします。
ルーインドオーガズムも毎回カウントを数えてタイミングをわかりやすく教えてくれます。

次の「3_ルーインド手コキ(約38分)」は天国から地獄に突き落とされるパート。
先ほどとは方針を大きく変え、2~3分程度の短い間隔で射精の合図を出します。

「お漏らしできる間は この遊びずーっと続くから」
本作品のルーインドオーガズムは金玉の中を文字通り空にすることを目標にしてます。
そのため時間に対する射精回数が非常に多く、ガチでやると体力を相当に消耗します。
ルーインドオーガズムはやるのに慣れがいりますから、初回はできる範囲でついていくのが良いでしょう。
それでも2~3回はできるので連続射精気分を十分に味わえます。

プレイがハードになっても彼女の声や態度はまったく変わりません。
1回1回丁寧にリードしながら精液をその都度舐めて愛情を示します。
この優しさ、温かさがやりやすさに良い影響を与えてると思います。
いじめじゃなくサービスであることをはっきり伝えて2人の仲の良さを表現します。

実際にやってみたところかなりきつかったです。
予想よりも射精シーンがずっと多くて視聴後はしばらく動けませんでした。
でも苦しみよりも達成感や満足感のほうがずっと強かったのでやって良かったと思います。
彼女が心のケアに力を入れてたのが影響してるのでしょう。

このように、前半と後半でほぼ真逆の責めをするM度の高いエッチが繰り広げられてます。
変わった純愛作品
深く愛し合ってる男女が珍しいプレイに挑戦する作品です。

彼女はMな主人公の欲望を満たしつつ自分も一緒に楽しもうと
両手をベッドに拘束してからまずはゆっくりめの手コキで射精寸前まで追い込みます。
そしてその後は何度もルーインドオーガズムさせて精液を一滴残らず搾り取ります。

声や態度は優しいけど性格はSな彼女がMな彼氏を変わった手段でもてなす恋人らしいシチュ
全編を通じて手コキしながら前半は寸止め、後半はルーインドオーガズムをする落差の大きいエッチ
ハードなプレイを彼女の優しさや愛情で和らげようとする演出。
調教や拷問ではなく愛情表現として成り立つように作品を組み立ててます。

「これは 愛のあるいじめなんだから ほんとに嫌がることはしないよ」
中でも3番目は彼女が彼のためにこういうプレイをしてることを至るところで伝えます。
囁き声やキスシーンが多いのも相まって、ドM向けの内容なのに甘さもそれなりに感じました。
ルーインドオーガズムでも射精回数がものすごく多ければ途中で萎える人も出てくるでしょうから
最後までやり遂げる気力や、やりきった時の満足感を与えるのはとても重要だと思います。

エッチは生半可な気持ちで聴いたらたぶん痛い目を見ます。
繰り返し言いますが全部を無理にやろうとせず、できる限りでやってみることをおすすめします。
射精までの盛り上げ方や追い込み方が上手でスムーズに甘出しできました。
最後は普通の射精をさせてくれるので消化不良になることはないです。

射精シーンは○○回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:こやまはるさん
総時間 1:26:31(本編…1:19:54 フリートーク…6:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月22日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「ふぇち部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、以前はMだったけど今はSの快感に目覚めてる人妻が
隠れマゾな夫をホテルや自宅でたっぷり調教します。

耳と乳首を多めに責めながら焦らしや寸止めもがっつりやるM度の高いエッチが魅力で
左右の耳を個別に舐めたり吐息を小まめに吹きかけて感度を上げ
乳首も指でいじる、オナニーする、強めに舐めると色んな手段で責め続けます。
言葉責めも小まめにやってくれますから、妻にいじめられるシチュも相まってMなら気持ちよく抜けるでしょう。
大人しい妻の正体は人気デリヘル嬢
妻の茜(源氏名はエリカ)に調教されてマゾ堕ちするお話。

「あなた キス…していい?」
茜は上品で色っぽい声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
早速主人公と濃厚なキスをします。

本作品は見た目は大人しいけど性格はドSな人妻が
自分が勤めてるお店のサービスを偶然利用した彼をおよそ140分に渡って調教します。
彼女は昔はMだったそうですが彼とのエッチにマンネリ感を抱いており
今は人気NO.1デリヘル嬢として数多くのM男を喜ばせてます。
それに対して彼は隠れマゾで、妻相手だと決して味わえない快感を求めてエリカを指名しました。

「あなた このおちんぽ 舐めていいですか? 私 舐めたいです」
一番最初の「01妻とセックス(約10分)」パートで2人のエッチが描かれてるのですが
そこでの彼女は丁寧語でおねだりしたり、SEX中にオホ声を漏らすM寄りの反応をします。
しかし02パート以降は一転して女王様っぽく振る舞うため同じ人物でも印象が随分変わります。
デリヘル嬢の時のほうが活き活きしてたところを見ると、これが本来の彼女なのでしょう。
夫婦が立場を逆転させて心と体をじっくり開発する珍しいシチュが楽しめます。

エッチについてはシーンをふたつに分けて方向性の異なるサービスをします。
最初は彼がデリヘルを初利用した状況なのでいきなりハードなことはやらず
心を開放してMの快楽を受け入れやすくしたり、耳と乳首を小まめに責めて体の感度を上げます。
焦らしと寸止めにも結構力を入れてて全体的にM度は高めです。

「太ももでこのぶっといチンポ挟んでやるからさぁ 先っちょでシコシコしてろよ」
おちんちんも普通に責めますけど、それよりも耳舐めや乳首責めのほうが存在感は大きく感じました。
2番目のシーンは命令口調の言葉責めもガンガンやったりと
後になるほどパンチの効いたプレイを繰り出してMの快感をたっぷり味わわせます。

彼女はあくまで風俗嬢として彼に接するので、怒鳴ったり痛みを与えることはありません。
大人の色気を感じる穏やかな声で接しながら色んな意地悪をして悶えさせます。
相手がマゾといっても夫ですからそのへんは気をつけてるように映りました。
サービスの内容も濃くて属性の合う人ならかなり楽しめる作品に仕上がってます。
優しさを込めていじめるエッチ
エッチシーンは7パート121分間。
プレイはキス、フェラ、乳首責め、イラマチオ(1分くらい)、SEX(バック、騎乗位)、足コキ、耳舐め、亀頭責め、手コキ、体の洗浄、オナニー、乳首オナニー、太ももコキ、吐息責めです。
SEX、足コキ、手コキ、体の洗浄、太ももコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「こんにちは 女神降臨から来たエリカです 今日はよろしくお願いします」
エリカはトーンが低く穏やかな声の女性。
自分を指名してくれたお客が主人公だったことに気づき僅かに驚くと
すぐさま落ち着いて今回どのコースを楽しみたいか尋ねます。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の4パート68分間は2人が普段とは違うエッチを初めて経験するシーン。
「01妻とセックス(約10分)」は彼と茜がフェラやSEXする様子を描き
「02デリヘル嬢エリカ(約20分)」「03お風呂で1回射精(約16分)」
「04乳首責め(約22分)」はエリカになった彼女が色んなプレイで彼のM性癖を満たします。
01パートは前置きに近い内容なので説明を省略します。

「奥さんにはいつも責めてるのに こんなので感じちゃうんだ 変態だね」
エリカはウィッグやカラコンをして声も変えてるため彼は茜だと気づきません。
だから他のお客を相手にするのと同じ要領で責めながら
妻を裏切ってデリヘルを楽しむ背徳感をくすぐって興奮させます。
怒ってる様子も特にありませんし、サービスでお仕置きして鬱憤を晴らそうとしてるように見えます。

そして彼女はプロらしい巧みなテクニックで彼を喜ばせます。
02パートは耳舐め、亀頭責め、手コキで1回目の射精へ追い込み
03は場所をお風呂に移して体を洗うついでに乳首責めとオナニーをします。
そして04は乳首責め重視の寸止めで男の隠れた性感帯を開発します。

どのパートも1回ずつ射精しますがおちんちんをいきなり責めることはありません。
耳、乳首、亀頭といった射精に直結しにくい部位を厚めに責めて
興奮と性感をある程度高めた後におちんちんへの責めを加えて追い込みます。

焦らしや寸止めを積極的にやるのも彼をすぐ満足させないための工夫なのでしょう。

「恥ずかしさを紛らわせるために まずは私の息に合わせて シコシコしよっか」
また聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるように
オナニーや乳首責めをする時は指示を小まめに出してわかりやすくリードします。
オナニーは耳に吐息を吹きかけるリズムでペースを教え
乳首責めは「かりかり」「すりすり」といった擬声語を多めに言ってくれます。
射精時は毎回カウントを数えますし、オナサポとしても使えるように作られてます。

続く3パート53分間は家でするエッチ。
「05調教(約25分)」は耳舐めと乳首責めで焦らしてからの太ももコキ
「06寸止め地獄(約20分)」は目隠しした状態でオナニー、乳首責め、フェラ
「07エリカ様のマンコ(約8分)」は騎乗位SEXでようやく射精を迎えます。

「そんなに出したいならさぁ ぴゅっぴゅさせてやるよ」
彼がデリヘルを利用したことを自分に隠したのが許せなかったのでしょう。
命令口調で指示や言葉責めをするシーンが増え、体への責めについても意地悪度が増します。
このシーンの射精は1回だけなので先ほど以上に焦らしが強くなりますし
乳首責めも口をすぼめてピストンするような激しいちゅぱ音を鳴らします。
前のシーンにはなかったプレイも登場するので心身両面の刺激がパワーアップしてます。

個人的には05パートが最も意地悪に感じました。
25分間みっちり責めてるのに射精をおあずけされることや
序盤から中盤は耳舐めと乳首責めに専念し、終盤でようやくおちんちんをいじり始めるのが大きいです。
パンツ越しにフェラする珍しいプレイもあったりと、彼を生殺しにしようとする気持ちが込められてます。

「このイヤホンに 今から 耳マゾがビクビクしちゃうものを流すわよ」
また06パートでは冒頭でイヤホンを装着し、そこから流れる吐息を聴きながらオナニーする指示が出ます。
前のシーンは片耳だったのが、ここは左右同時に流して違いを出してました。
ただし、息吹きの間隔が「ふっふっふっふっ」と小刻みで音量も声より大きいことや
そのたびに軽い風圧が伝わってくることから頭が痛くなる人がいるかもしれません。
私が聴いた時は3分ほどでギブアップして吐息が鳴らないバージョンに変えました。

音量やパワーをもっと下げて聴きやすくしてたら面白い要素になったのではないかなと。
合わなかったら鳴らないほうを選べばいいだけなので問題と言うほどではありません。
シコシコボイス以外でオナサポする新しい試みがされてます。

またこのシーンではお金のやり取りをする描写が2回ほどあります。
妻と家でエッチしてるのにお金を貢いでいじめてもらう。
2人の関係を逆手に取ってより惨めな気分にさせようとします。
風俗でも浮気なのは間違いないですから、彼女なりのやり方で彼に罰を与えたのでしょう。

このように、M向けの要素を数多く盛り込んだ重厚なエッチが繰り広げられてます。
変わったシチュのM向け作品
自分の奥さんから本格的なマゾ調教を受ける面白い趣向の作品です。

茜は自分に内緒でデリヘルを利用した主人公を立派なマゾに変えるために
1回目は事情を知らない彼を普通にサービスして女性にいじめられる喜びを教えます。
そして2回目は自宅でお金と引き換えによりハードなプレイをして2人の立場を逆転させます。

普段は大人しいけど仕事になるとSっ気を増す人妻がMな夫にふたつの調教をするシチュ
耳舐めや乳首責めに力を入れたうえで焦らしや寸止めもガンガンやる意地悪なエッチ
後になるほど彼に手厳しくなり、同時に活き活きとした表情を見せる彼女のキャラ。
お互いのすべてを曝け出して新しい関係になろうとする様子をエッチメインで描いてます。

中でも2番目は各要素のバランスが取れててどのパートも聴き応えがありました。
乳首責めや寸止めを重視してるパートもありますが
本当にそれだけをやるわけではなく、必ず他のこともやってサービスに深みを与えます。
乳首責めやオナニーは指示を出して聴き手もやりやすくするなど
主人公になりきってこの調教を受けられるように考えながら作られてます。

「またマゾマゾしたくなったら 私を指名してね」
彼女が優しさと厳しさを合わせ持つ性格に描かれてるのも印象的でした。
プレイの内容だけを見れば確かにドSですけど
風俗を利用した彼を怒ったり見捨てたりせず、きちんと調教するあたりは十分優しいと思います。
彼に隠れてデリヘル嬢をする必要がなくなりホッとしたのかもしれませんね。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・吐息それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:大山チロルさん
総時間 2:21:45

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実よりも女性がずっと上の立場にいる世界で
2人のお姉さんがM男に5種類のエッチな試験をします。

質量共に優れた言葉責めと純粋なエロ要素を組み合わせた濃いプレイが行われており
序盤は手コキしながら女性に見下される快感や負ける快感をストレートに煽る
中盤は激しいキスや恥ずかしいポーズを加えて別方向から盛り上げる
終盤はSEXメインにして女性を好き放題する征服欲をくすぐる、といった具合に
シーンごとにやることを変えて彼が自分から破滅するように導きます。
悪いお姉さんたちとする気持ちいいテスト
2人のお姉さんが6つのエッチでM男を負かすお話。

「くす♪ ようこそ♪ さぁ、座って♪」
左のお姉さんは甘く穏やかな声の女性。
「不安がらなくても大丈夫♪ 私達のことは知ってるかしら?」
右のお姉さんはトーンが低く凛々しい声の女性。
主人公がいる部屋にやって来て彼がマゾなことを言い当てると
エッチなテストをしておちんちんと心の強さを確かめます。

本作品は今後女性に対して問題を起こす可能性がないかチェックする仕事をしてる2人が
その対象に選ばれた彼をおよそ140分に渡るエッチで試します。
彼は今のところごく普通の生活をしてますが性欲は非常に旺盛です。
そのため2人同時に相手する形で様々な責めを繰り出します。

試験のルールは至って簡単。
彼女たちの誘惑に耐えて射精しなければ勝ち、できなかったら負けです。
そして5つあるプレイの中でひとつでもクリアすれば合格になります。
一見簡単そうですが、彼女たちは至るところに罠を張ってそれを阻もうとします。

右「仕方ないよねぇ♪ 本当は弱いんでちゅもんね? ドスケベなお姉さんにぃ、エロぉ~くせまられたら白いおしっこしーしーしちゃう…♪」
それに最も貢献してるのが多種多様な言葉責め。
彼を気持ちいい負け射精へ追い込もうと言葉を使って巧みに誘導します。
興奮や射精をストレートに煽るセリフももちろんありますが
女性に負ける快感をくすぐったり、逆に媚びて彼女たちを屈服させる喜びを教えます。

以前から言葉責めを得意としてるサークルさんなだけあって
ややM~Mな人が喜ぶツボを的確に突いてきます。
中盤以降は女性が2人いる状況を活かしてちゅぱ音や熱っぽい吐息も加わりますから
悪いお姉さんに弄ばれたり屈服させられる快感を味わいながら抜けるでしょう。

体への責めについては割かしシンプルです。
手コキ、素股、オナホコキ、SEXなどそこまでハードじゃないプレイを用意し
各パート1回の射精に向けて標準くらいのペースで責め続けます。

効果音のペース、強さ、質感をそこまで小まめに変えてくるわけではないので
やはり言葉責めのほうが存在感は大きいと思います。
SEXの時に喘ぎ声のタイプを変えるなど、2人の違いを出す工夫がされてました。
自分の意志で負けたくなるエッチ
本編のエッチシーンは6パート97分間。
プレイは言葉責め、手コキ、素股、ベロチュー、オナホコキ、SEX(正常位)です。
手コキ、素股、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

左「んふ♪ それじゃあおちんちん握るわね♪ 最初の試験は手コキでーす♪ 左側からは私のお手手が♪」
右「右からは私が、手を繋ぐみたいにおちんちん挟んで握るの♪」
物語の背景やこれからする試験のルールを説明した後
お姉さんたちは左右からおっぱいを押し付けながらおちんちんをリズミカルにしごきます。

エッチは序盤から中盤は彼女たちが、終盤は彼が責めます。
最初の2パート33分間は言葉責め重視な特徴をわかりやすく表現してるプレイ。
「2 手コキ編(約13分)」は通常の手コキ
「3 寸止め手コキ編(約20分)」は寸止めを何度もする手コキで1回ずつ射精させます。

左「ううん♪ 射精したいよね♪ こんな気持ちいいの反則♪ このままきもちよぉ~くぴゅっぴゅしたぁ~いぃ~♪」
右「絶対ダーメ♪ 性欲煽られてぇ精液登ってきてるけどぉ、我慢♪」
2人はこれまで数多くの男をテストしてきたプロですから
彼がエッチなお姉さんにいじめられるのが好きなマゾだと見抜いてます。
左のお姉さんは射精を後押しするセリフ、右のお姉さんは射精を食い止めるセリフと役割分担したり
おちんちんの弱さを優しく貶す、赤ちゃん言葉を交えて小馬鹿にするなど多彩な責めを繰り出します。

「マゾ」「ば~か」といったストレートな言葉も多少は出てきますけど
それよりも彼が元々持ってる欲望を膨らませることを意識したものが多いです。
彼女たちは彼を試験するにあたって自分から負けたくなるように誘導します。
だから言葉責め重視でも雰囲気は終始穏やかですし、負けた時の悔しさも軽めで済みます。

左「ね…♪ 僕の負けです、射精させてくださいって言えたらぁ、きもちよぉ~くお漏らしさせてあげる…♪」
その部分がよく出てるのは寸止め手コキパート。
彼女たちは寸止めを繰り返すのに専念し、彼が降参するのをのんびり待ちます。
2人に激しく責められて射精させられるよりも、自分で負けを認めたほうが快感や背徳感が大きくなります。
そうやって最初のうちから負け癖をつけて中盤以降を有利に進める環境を整えます。
各試験の内容は独立してますけど全体に明確な流れがあって面白いです。

射精時に必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言ってくれるのもポイント。
男にとって最も無防備で情けない瞬間をじっくり見られてることを教えます。
プレイの内容によって言う量を多少増減させててなかなか凝ってました。
赤ちゃん言葉も含めて言葉責めでよく使われる要素をほぼ網羅してます。

中盤の2パート34分間は純粋なエロさが上がります。
「4 素股ベロチュー編(約16分)」は右のお姉さんと素股+ベロチューし
「5 オナホ搾精編(約18分)」は新しい要素を加えたオナホコキでより充実した射精へ追い込みます。

右「んふ♪ 今回はせっかくだからぁ、恋人っぽくイチャイチャラブラブしながらしましょっかぁ…♪」
素股ベロチューはキスをガンガンやっても違和感が出ないように
右のお姉さんと恋人になった設定でエッチします。
彼女は物語の開始時点で彼に強い興味を持ってますから、それをストレートに伝えたいのでしょう。
「むさぼる」と呼ぶのがピッタリな下品で激しいちゅぱ音を多めに鳴らします。

そして右のお姉さんがしゃべれないハンデを左のお姉さんが補います。
右は甘く、左はやや意地悪にと両者の属性に違いを持たせてました。
キスが強烈なおかげで素股の音がほとんど聞こえないのはちょっと残念です。

終盤の2パート30分間はこれまでと違いややS向けのプレイ。
右のお姉さん→左のお姉さんの順にSEXして両方中出しを決めます。
体位は明言されてませんが、彼がピストンしてることから正常位だと思います。

右「んっ、あっ…♪ んふふ♪ いれちゃったねぇ…♪」
左「そうよね、頭のわるぅ~いオスが目の前に餌ぶら下げられて我慢できるわけないものね?♪ くすくす♪」
彼にとってここは今まで散々弄ばれてきた2人に反撃できるシーンです。
SEXしてるほうは熱い吐息や艶めかしい喘ぎ声を漏らし
もう1人は相手を屈服させる快感を煽って女性に対する征服欲を満たします。
フィニッシュをどちらも中出しにしてるのもそれを狙ってるのでしょう。

プレイだけを見ると今までと真逆の内容ですが、これにも大きな意味が込められてます。
彼が自分でピストンして射精する展開は彼女たちにとって好都合ですし
今回の試験が持つもうひとつの要素にも影響をもたらします。
それが何かは伏せますけど考えがあってこのスタイルにしてるのは間違いないです。

左のお姉さんは通常の甘く可愛い喘ぎ声、右のお姉さんはオホ声交じりの喘ぎ声と
2人の乱れ方に明確な違いを持たせてエロさと個性を出してました。

右のお姉さんは普段がかっこいいキャラなので左よりもギャップが大きいです。
露骨に媚びてやる気を出させるなど、これまでとは違うやり方で負け射精へきちんと誘導します。

このように、女の武器と巧みな言葉責めを組み合わせた明るいエッチが繰り広げられてます。
言葉責め重視の色仕掛け作品
サークルさんの持ち味と作品固有の要素を上手く融合させてる優れた色仕掛け作品です。

2人のお姉さんは女性にいじめてもらいたい願望を抱いてる彼を気分よく負かそうと
試験のルールを説明してからパートごとに違うプレイをやって何度も射精させます。
そしてこれらの中に多種多様かつ重厚な言葉責めを盛り込んで心もしっかりケアします。

男専用の監獄で働いてるお姉さんたちが性欲旺盛なマゾとエッチな試験をするM向けのシチュ
無理矢理負かすのではなく、彼が自分の意志で負けたくなるように導く高品質な言葉責め
中盤はベロチュー、終盤は喘ぎ声と2人いる状況を活かして役割分担する密度の高いエッチ。
悪いお姉さんに誘惑される快感を様々な方向から描いてます。

中でも言葉責めは内容が本当に多彩で実力の高さを感じました。
負ける快感をストレートに煽ってたかと思えば、中盤以降は方針を変えて心を突き崩します。
終盤のSEXもプレイはややSなのにちゃんとテーマに合ってて素晴らしいです。
お姉さんに弄ばれるのが好きな人ならかなり満足できる作品に仕上がってます。

あとはベロチューや喘ぎ声の激しさも際立ってました。
彼を嫌々相手してるようには見えませんし、彼女たちもなんだかんだで楽しんでるのでしょう。
事務的感がまったくないおかげで気分よく負けることができます。

本編の射精シーンは6回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。
番外編はダブルベロチュー顔舐め編、マゾ囁きオナてつ編、どぴゅどぴゅ囁き編、ダブル鼻息耳舐め編です。

CV:大山チロルさん
総時間 2:51:50(本編…2:17:44 番外編…28:22 フリートーク…5:44)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月20日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ