同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:寸止め

   ● 意地悪な少女に催眠支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート バイノーラル仕様
   ● 【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(後編)
   ● 【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(前編)
   ● 強制NTR サキュバスの誘惑ゲームで彼女を見知らぬ男たちに犯させる音声
   ● JKとHなだるまさんがころんだ
   ● みるく☆こんとろ~る!~憧れの配信女神が押しかけ!リアル射精管理♪~
   ● 家畜射精2 ギャルの指示でイク工場見学会
   ● 陰キャで淫キャなマニアック少女の我慢汁収集
   ● おち〇ちん増大プログラム【ハイレゾ/バイノーラル】
   ● 塔の少女の寸止め催眠~魔女とカードに握られた運命~




サークル「B-bishop」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてとっても意地悪な少女が
ドMな男性に焦らしと寸止めを組み合わせたハードなエッチをプレゼントします。

シリーズの特徴を継承しつつ催眠を絡めてるのが最大の特徴で
序盤に催眠をかけて彼女の言葉に従える状況を作り
それからシーンによって異なるプレイを繰り出して絶頂をギリギリまで我慢させます。

今回は最も激しいヘルモードのレビューをお送りします。
催眠の力でさらなる地獄を
少女に催眠をかけられ絶頂を我慢し続けるお話。

「こんばんはお兄さん 私に会いに来たってことは エッチなことしたいってことだよね?」
少女は甘く可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意点や各難易度の違いを簡単に説明すると
自分に会いに来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はこれまで6作出てる地獄級オナニーサポートの最新作。
1作目「意地悪な少女に完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート」に登場した少女が
これまでとは異なるやり方で最大90分に渡るハードなエッチをします。
今回は催眠音声で有名なエロトランスさんの協力を仰ぎ
エッチを始める前に催眠をかけて彼女の命令に従いやすい環境を整えます。

一応リメイクにあたりますが登場人物が一緒なだけですから今作からでも問題ありません。
催眠を絡めてる時点でシリーズの過去作とは完全な別物と思ったほうがいいです。
挿し絵には3人の女の子が描かれてますが、後ろの2人が登場するのは終盤だけでほぼ1対1です。

このシリーズをひとつも聴いたことがない人もいるでしょうから特徴を説明しますと
1回の絶頂に向けて色んな責めを繰り出し
さらに最中はシコシコボイスをセリフと別に流してオナニーのペースをしっかり指示します。

前者はハード、ベリーハード、ヘルと3つの難易度が用意されており
後になるほどより長く、より過酷なプレイを行い絶頂を我慢できない状況へと追い込みます。
上の難易度は下の難易度に専用のプレイが追加されてますから
一通り試したい人はヘルを聴けば大丈夫です。
ただ内容が結構きついので、楽しみたいならハードから順に聴いて慣らしたほうが良いと思います。

後者については3秒1コキ~1秒3コキまで複数のペースを設定し
同時に行うプレイの内容によってそれを切り替えて快感をコントロールします。
以前の作品では実際にオナニーするスタイルだったのですが
今作では心の快感を盛り上げたり揺さぶりをかけるといった別の役割を持たせてます。

私が聴いた限りでは作中で明確にオナニーする指示は出ませんでした。
絶頂シーンも「絶頂する」「快感が爆発する」と射精とは異なる描写になってます。
サークルさんが販売ページの説明文で
「今作は催眠音声のため脳内へ送り込む快楽ボイスとして形を変えました」ともおっしゃってることから
絶頂形式はドライを想定してるのだと思います。

でもこれだけシコシコボイスが充実してるのなら
プレイ中にしごきたくなる人も結構いるんじゃないかなと。
オナサポをよく聴いてる人なら「シコシコボイス=オナニーする」という構図が出来上がってますし
私はしごく、しごかないどちらでも良いと思ってます。
ドライでも気持ちよくなれますけど、オナサポなら実際にしごくほうが自然ですからね。

催眠をかけてからエッチに進む展開とハードさを売りにしたプレイの数々。
地獄級の特徴を継承したままさらに進化させてるドM向けの作品です。
つかの間の天国を味わわせる催眠
催眠はおよそ13分間。
この部屋に漂ってる不思議なガスのことを教えてからまずは深呼吸します。

「このガスはね 心を落ち着かせる成分だったり 力が入らなくなっていく成分が入ってるんだよ」
このガスには吸った者の力を奪う効果があり
後のシーンでも適度に意識させて心身両面をふにゃふにゃにします。
本作品は催眠は13分、エッチ69分と後者の割合がかなり高くなってるので
こういう要素を絡めて催眠状態を維持しやすくする工夫がされてます。

「目を開いて 閉じて 開いて 閉じて」
深呼吸については吸う時に目を開き、吐く時に閉じる指示が出ます。
実際にやってみると目の周辺に重さを感じるでしょう。
そして目を開ける必要がなくなったら気持ちいい感覚が湧いてきます。
時間が短めだからこそ、聴き手に軽い疲労を与えて暗示をより受け入れやすい状況を作ります。

お次は右腕→左腕→右足→左足の順に脱力します。
中枢から末端にかけて感覚を伝播させるアプローチを取り
その際に「力が抜ける」を多めに言って脱力感を上手に伝えてました。

どちらかと言えば腕よりも足のほうを入念にやってました。
オナニーしたくなった時に腕を動かしやすくするための配慮なのかもしれません。

リラックスを入念に行うコンパクトな催眠です。
聴き手をこれから始まるエッチに集中させることを目的に
ガスのイメージを絡めた深呼吸→手足に絞った脱力と初歩的な技法をメインに行います。

催眠をかける時間自体は短いですけど、この後も継続して無意識に働きかけますから
催眠が途中で解ける可能性は低めです。
目の開閉をしてる最中にエッチを有利に進める暗示も入れてくれます。
後になるほど厳しさが増すエッチ
ヘルモードのエッチシーンは69分間。
プレイは耳舐め、オナニーのイメージ、疑似フェラ、少女のオナニー演技、〇〇、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。
音声の冒頭に服を脱いでおく指示が出ます。

「お兄さんのお耳を 舐められれば舐められるほど 下半身にどんどん 快感が蓄積されていってしまう」
催眠を使って主人公の心身をとろとろにした少女は
エッチの手始めに彼の耳を片方ずつ舐めて興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の21分間はウォーミングアップに近い内容。
「02.強制勃起」は左耳→右耳の順に舐めながら気持ちよくなる暗示を入れ
「03.支配調教」は緩めのシコシコボイスを流しておちんちんに快感を送ります。

「あぁあぁあぁ 唾液の音で 脳みそがかき回される」
「ほら チンポが気持ちいい 私の声に反応して 勝手に気持ちよくなる」

まだ始まったばかりなので責め自体はソフトに留め
代わりにこの後もっと感じられるようにする準備を整えます。
02は耳元至近距離からやや下品でコリコリしたちゅぱ音を鳴らして気持ちよさを伝え
03もシコシコボイスと彼女の声を組み合わせて感度を上げる催眠音声らしい責め方です。

さすがにここで絶頂を我慢できなくなる人はいないと思います。
催眠パートでは脱力感や彼女に対する服従心に焦点を当ててたので
エッチの序盤はもう一歩踏み込んでハードなプレイで感じられる状況を作ります。

本格的なプレイが始まるのはその次から
「04.疑似フェラ」「05.オナニー演技」は名前通りのプレイを彼女がやってエッチな声や音を流し込み
「06.スピード責め」はシコシコボイスに特化させて別の快感を与えます。

「私ね 今 あそこを優しく いじいじ いじいじ」
純粋なエロさで見るなら05が一番でしょうね。
彼女がクリトリスをいじるのに合わせてシコシコボイスの速度が変化します。
これまで一切出てこなかった熱っぽい吐息と艶めかしい喘ぎ声が股間にビンビン来ました。
序盤では不足がちだった要素をここで投入するあたりもよく考えられてます。

「もしこれでイけたら すごく気持ちいいんだよ」
それに対してハードさで優れてるのは06。
これまでで最も速いペースのシコシコボイスを流し、軽い休憩を挟むのを何度も繰り返します。
このへんまで来るとシコシコボイスである程度反応できるようになってるでしょうから
それに合わせておちんちんのあたりがムズムズ、ビクビクする可能性も十分にあります。

私が聴いた時もオナニーしてないのにそれに近い快感が襲ってきました。
ドライ未経験者は実際にしごけばそれに似た快感が味わえると思います。

07以降はベリーハードとヘルモード専用のプレイ。
「07.ノンストップ責め」は速度を多少落とした代わりに休憩を挟まない責めを繰り出し
「09.メインディッシュ」は挿し絵の左右に描かれてる双子が加わり両耳舐めで絶頂へと追い込みます。
「08.追加攻撃」はサークルさんがお楽しみとおっしゃられてるので伏せさせていただきます。
プレイ一覧にある「〇〇」はここで登場します。

「必死に我慢し続けて もうダメ 耳舐めが気持ちいい シコシコボイスが気持ちいい 私の声が気持ちいい」
09は絶頂シーンなだけあって最も濃いプレイが楽しめます(約17分)。
始まった直後から左右両方でちゅぱ音が鳴り、引き続きシコシコボイスも流しながら
少女がこれらを聴けば聴くほど快感が高まる暗示を入れます。

純粋なエロさがなかなかありますし、これまでずっと我慢し続けてきた状況も相まって
10カウント後の絶頂シーンは股間を中心に強烈な快感が湧いてきて気持ちよかったです。
またヘルモードの場合はそこからさらに連続絶頂へと発展します。

作品を聴いた感想ですが、シリーズを忠実に踏襲したエッチになってて熱中できました。
序盤は責めをソフトにする代わりに感度の上がる暗示を入れる
中盤は疑似プレイで純粋なエロさを提供しつつより激しいシコシコボイスを流す
終盤はこれまでになかったプレイを投入したりそれらを組み合わせて密度を上げる、といった具合に
各シーンで明確な役割分担をして最後に気持ちよく絶頂できるよう導きます。

ドライ目当てで聴くなら最初からヘルでも良さそうですけど
オナニーする場合はやはりハードから順番に進んだほうが達成しやすいと思います。
シコシコボイスのボリュームが非常に多いので結構きついです。
ドライ慣れしてる人ならおちんちんをいじらなくても満足できるのではないかなと。

このように、後になるほどハードなプレイが登場する意地悪なエッチが繰り広げられてます。
珍しい切り口の作品
同人音声のオナサポとは違う形でシコシコボイスを活用してる作品です。

少女は主人公に地獄のような苦しみと天国のような絶頂を味わわせようと
まずは催眠を通じて自分の声やこれから始まるエッチに集中できる心を養います。
そしてエッチは過去作と同じく短めの間隔でプレイを小まめに変えながらひたすら絶頂を我慢させます。

声と性格に大きなギャップのある少女がハードな調教を施すドM向けのシチュ
深呼吸や脱力で心身をリセットする癒し系の催眠
序盤、中盤、終盤に異なる役割を持たせて少しずつ絶頂感を高める緻密なエッチ。
シリーズが元々持ってる良いところをできるだけ損なわずに催眠を組み込んでます。

中でもエッチはシコシコボイスを流すのに明確なオナニーの指示を出さないという
ある意味オナサポの常識を覆すようなことをやってのけてます。
これについては賛否両論あると思うのですが、私は「聴き手の自由に任せた」と好意的に解釈してます。
催眠パートの脱力をそこまでがっつりやるわけでもないですし
エッチシーンで実際にオナニーすることもある程度想定してるのだと思います。

「お兄さんは 唾液の音と シコシコボイスに狂わされるだけ」
あとは耳舐め音やシコシコボイスを起点に快感をコントロールする
音モノっぽいアプローチがされてるのも独特です。
催眠は結構維持しやすいので、最初は単なる音と認識してても
聴き続けるうちに何かしらの反応が出る可能性は大いにあります。
そのへんを見越してエッチの時間を長く取ったのかもしれませんね。

ヘルモードの絶頂シーンは5回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 ハード…1:12:20 ベリーハード…1:17:19 ヘル…1:30:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(前編)」に引き続いての後編です。
今回は3日目(催眠音声)の様子を中心にお送りします。
言葉も技術も柔らかい催眠
冒頭に3分程度の雑談をした後から始まる催眠はおよそ21分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力で心身をリラックスさせます。

「肩の力が抜けるとさ 割と全身の力抜けちゃうよね」
せっかくだから性感を思い切り溜め込んで爆発させようと焦らす方針を定め
2日目までと同じく裸で主人公の体に抱きつきながら
普通の会話をするような柔らかい言い回して温かさと脱力感を伝えます。

制作にあたってサークルさんが明確な指示をしないことを心がけたそうで
この後のシーンでもはっきり「~してね」と言うのを避けて聴き手が自由に感じる余地を与えます。
彼女はどちらかと言えば甘やかすより甘えるほうが好きな性格ですし
彼に対してあれこれ注文するのはあまり好きじゃないと思ったのかもしれませんね。
本作品の売りであるあまあまな雰囲気にも合ったアプローチと言えます。

「二の腕から ぐるぐるーってして くるぶしも ぐるぐるで 腕をずーっと ぐるぐるっていう だらだらの渦が伝わってく感じ」
暗示を入れる際に擬音語を多用してるのもポイント。
脱力時は「ぐるぐる」、深化は「ふわふわ」と柔らかい言葉を挟んで緩さを出してます。
聴き手をリラックスさせる技術を多く盛り込んでるのも相まって
そのまま寝てしまいたくなるほどの癒しのパワーを持ってます。

十分リラックスできた後は深い催眠状態に移ります。
引き続き深呼吸しながら意識の力を弱めるセリフを適度に投げかけ
さらにキスも挟んで頭の中を幸せな感覚で包み込みます。

「ねぇね ちゅーしたら もっといっぱいに 吸い取れるっていうか 流れてくっていうかで もっととろとろしてくれそう」
催眠の仕上げにキスをするあたりがすごく本作品らしいなと。
それを通じて彼女が癒しのエネルギーを伝える展開も2人の関係に合ってます。
熱を伝えるアプローチが充実してるので、特定の部位が温かくなる人が結構いると思います。

リラックスさせてから言葉とスキンシップで深化させる癒し特化の催眠です。
和葉ちゃんとの一体感を味わいながら彼女の熱とエネルギーを受け取ることを目的に
深呼吸から入って肩や腕を重視した脱力、そして心の脱力(=深化)と
2日目までで作り上げてきた作品の雰囲気を維持したまま誘導します。

3日目に入った時点で彼女との信頼関係はバッチリ出来上がってますから
被暗示性が低めの人でも入りやすいんじゃないかなと。
暗示の表現が彼女のキャラに合ってて完成度も高いです。
寸止めの果てにある絶頂を目指して
後編のエッチシーンは42分間。
プレイはキス、耳舐め、相互オナニー、SEX(正常位?)です。

オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありです。
催眠を始める前に服を脱ぐ描写があります。

「これから私たちが触れ合って 吸収するものは 全部ふわふわするものじゃなくて むらむらするものになっちゃう」
催眠を使ってお互いの心と感覚をリンクさせた和葉ちゃんは
先ほどとは別の効果を持つキスをして主人公のエッチな気分を高めます。

エッチは彼女が主導権を握ったうえでひたすらイチャイチャします。
最初の15分間は感度上昇だけを意識したプレイ。
引き続き抱き合ったままキスしながらカウントを適度に数えて準備を整えます。

「おちんちんのほうに 私から吸収したのが向かってく」
キス、耳舐め、体の温もりを通じて快感をおちんちんに集めるアプローチを取っており
催眠パートで温感操作に力を入れてたのも相まって股間が自然と熱くなります。
彼女の切ない声と熱っぽい息遣いもそれを伝えるのに役立ってます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
「カウントが0になったら一緒に絶頂する」というルールを定めたうえで
最初の14分は相互オナニー、残りの13分はSEXとプレイを変えて何度も寸止めを繰り返します。
ちなみにSEXは彼が責めてるようでした。

「いつもより感じるしっ あっ ドキドキする」
カウントを数えてる間だけ効果音と彼女の喘ぎ声が流れ
寸止めの後に軽い休憩を挟んで無理なく絶頂感を膨らませます。
M向け作品とは違い彼女も我慢してくれるおかげでもどかしい気分が和らいでました。
催眠音声では珍しく結構喘いでくれたりとエロさにも配慮してプレイを組み立ててます。
これらの最中にキスや耳舐めを挟むのもプラスに働いてます。

オナニー中は実際にしごく指示を出しませんけど
たぶんしごく、しごかないどちらでもOKなのだと思います。
寸止めを繰り返してから射精するのも十分気持ちいいので
ドライ経験の有無やその時のむらむら具合で決めるといいでしょう。

私が聴いた時はドライを目指したのですが
感度を上げるシーンで股間全体が明らかに火照ってるのを感じました。
そして相互オナニーやSEXではそれがさらに強くなります。
途中で我慢できずに軽くイったものの、最後はそれよりもずっと強い快感が得られて気持ちよかったです。

このように、1回の絶頂に向けてじっくり上り詰めていく甘くもどかしいエッチが繰り広げられてます。
一風変わったイチャラブ作品
同棲してる恋人同士が新しいエッチに挑戦する甘さ全開の作品です。

和葉ちゃんは仕事の失敗をフォローしてくれた先輩の言いつけを守るために
1日目はキスや耳舐めといった首から上に限定したプレイ
2日目は主人公の体に触らずオナニーを見せ合って性的欲求を食い止めます。
そして3日目はすべてが解禁されたので自分が望むエッチを存分に楽しみます。

可愛くて甘えん坊な彼女と3日間に渡ってエッチするノーマル向けのシチュ
同人音声と催眠音声を組み合わせた珍しい作り
全編に渡って繰り広げられる彼女とのあまあまな会話とスキンシップ。
2人の絆の強さを聴き手にしっかり伝えながら焦らし系のサービスをします。

「幸せ 私も 今 全部幸せになっちゃったかも」
中でも3番目は彼女の心情や反応を多く描いて存在感を出してます。
催眠音声は聴き手に働きかける性質上、パートナーの内面に触れることは少ないです。
でも本作品は敢えてそこにウェイトを置いてイチャラブ感をより高めることに成功してます。
前半部分を同人音声にしたのもこのへんを意識されたからかもしれませんね。

あとは催眠パートの言葉遣いがとても印象的でした。
mosquito cockさんは以前から会話調の催眠誘導をするサークルさんでしたが
今作はそれにさらなる磨きがかかっててキャラや雰囲気とバッチリ噛み合ってます。
エッチで彼女の熱とエネルギーを伝える流れも催眠の時点からやるのでイメージしやすいです。
同人と催眠を分離するのではなく、両方合わせてひとつの作品になるようきっちり仕上げてます。

後編の絶頂シーンは1回。
喘ぎ声それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅かです。

おまけは1日目に登場した彼女の喘ぎ声です。

CV:こやまはるさん
総時間 2:19:25(本編…2:15:25 おまけ…4:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月2日まで10%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「mosquito cock」さんの同人/催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同棲するほど仲が良い可愛くて甘えん坊な彼女が
彼氏と一緒に2日間のエッチ我慢に挑戦します。

恋人特有の甘さを前面に押し出しながらゆっくり愛し合うのが特徴で
キスやハグといったソフトなスキンシップを多くのシーンで行い
エッチ我慢も2人が協力して乗り越える展開にして一体感を出します。

同人音声と催眠音声が一緒になってるため前編(同人)、後編(催眠)の2回に分けてお送りします。
彼女と一緒に絶頂を我慢
恋人の和葉ちゃんと3日に渡ってイチャイチャするお話。

「あのさ ふふっ えーっとね いやぁ…その お仕事でさ 失敗しちゃったわけなんですけど」
和葉ちゃんは明るくてほっこりする声の女の子。
同棲してる主人公に職場での失敗談を話すと
その際に先輩(女性)から2日間だけエッチの制限を言い渡されたと伝えます。

本作品はサークルさんの過去作にも登場した甘えん坊な彼女が
彼と2人で協力しておよそ130分に渡る絶頂我慢をします。
今回紹介する1日目と2日目はプレイの内容を制限し(合計で56分間)
最後の3日目は完全フリースタイルで気持ちいい絶頂を目指します(77分間)。

催眠をかけるのは3日目だけですが、1日目+2日目よりも3日目のほうが時間は長いので
催眠目当てで聴いても問題なく楽しめます。
雰囲気作りをしっかり行った後で催眠に移るからでしょうけど
少なくとも私はいきなり催眠をかけるタイプよりも入りやすく感じました。
3回に分けて聴くのを想定してるようですが、別に1回で全部聴いても大丈夫だそうです。

「これ めっちゃ好き なんていうか 今じゃなかったら ずっとこのままがいいもん」
構成と並ぶもうひとつの特徴は彼女のキャラ。
大好きな彼とこの厳しい数日をなんとか乗り越えようと
最初から砕けた口調で話しながら甘えてきたり甘やかします。
サークルさんが大好きな「リアルヒプノ」シリーズと同じく日常会話に近い言い回しになってたり
作中の至るところでキスやハグをするイチャラブ要素全開なやり取りが別の癒しを与えます。

本作品は最後の最後に大きく1回だけ絶頂するスタイルですから
道中はもどかしく感じる可能性がそれなりにあります。
だから彼女と一緒に我慢する設定にしてそれを乗り越える気力を与えます。
3日目は寸止めを何回もするやや意地悪なプレイですけど、これのおかげでM度が大幅に下がってます。

同人と催眠を組み合わせた作りとイチャラブ感抜群な彼女のキャラ。
ややM向けのエッチを癒しの要素で包み込んでるあまあまラブラブな作品です。
むらむらが止まらないの
前編のエッチシーンは2パート34分間。
プレイはキス、エッチな音声を聴く、相互オナニー、耳舐めです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「とっとと寝ちゃってたけど やっぱ ちゅーくらいなら うん、したい」
先輩からの言いつけで媚薬を飲んでから主人公と一緒の布団に入った和葉ちゃんは
性欲を抑えられなくなり彼にキスをおねだりします。

エッチは彼女がリードしながらほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の1日目は首から上は何をしてもOKな日(約15分)。
体への刺激をほとんど与えられない状況を踏まえて主に唇と耳を責めて性欲を鎮めます。

「むらむらしてるから 寝るまで付き合って」
媚薬効果で普段よりも息遣いが熱っぽくなり
キスを多めにやりながらぎゅっと抱き合ってエッチな気分を発散しようと頑張ります。
切なそうな声を上げることはありますけどそこまで辛そうな表情はしませんから
聴いてて可哀想に感じるほどではありません。
彼がすぐそばにいて一緒のルールで我慢してくれてるのが大きいです。

プレイについてはソフトなちゅぱ音をよく鳴らすのに加えて
途中から彼女が以前エッチした時に録音した会話や喘ぎ声を流します。
キスだけだと彼が物足りなく感じるからその埋め合わせをしてるのでしょう。
普通の声が中央から、喘ぎ声が右側から同時に流れるおかげでギャップが引き立ってます。

続く2日目はオナニーまでならしても大丈夫な日(約19分)。
1日目と同じく一緒の布団で抱き合いながらお互いの大事な部分を慰めます。

「もうすぐイっちゃいそう あぁっ」
1日目と2日目はプレイ制限に加えて絶頂も禁止されてます。
だから彼女もおまんこをいじりつつ絶頂しないところで抑えてなんとか踏みとどまろうとします。
1日目よりも時間が長く喘ぎ声のボリュームも増えてエロく感じました。
一通り済ませた後、消化不良なのかふてくされた表情で眠りにつく姿も可愛いです。

3日目に向けた前座に位置するシーンだからでしょうけど
1日目、2日目いずれも純粋なエロさよりも2人の仲の良さを強調してるように映りました。
キスシーンがものすごく多い、何かにつけてハグするなど彼を愛してることを表現する描写が多く
プレイについても聴き手が射精を我慢できなくなるほど興奮しないようにセーブしてます。

例えるならポリネシアンSEXに近いエッチですね。
お互いの心と体をひとつにして弱めの刺激をじっくり与える方針を取ってます。
3回に分けて聴いた場合は多少の生殺し感を味わえるのではないかなと。

前編の絶頂シーンは0回。
喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語とくちゅ音ごく僅かです。

おまけは1日目に登場した彼女の喘ぎ声です。

後編へ続く…。
【催眠音声】えっちがまん?すりーでいず(後編)

CV:こやまはるさん
総時間 2:19:25(本編…2:15:25 おまけ…4:00)


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月2日まで10%OFFの990円で販売されてます。

強制NTR サキュバスの誘惑ゲームで彼女を見知らぬ男たちに犯させる音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は無慈悲なサキュバスが
主人公とその恋人を別の部屋に拘束し、とっても背徳的なゲームを行います。

自分が快楽に負ける快感と恋人が寝取られる快感を同時に味わえるのが特徴で
彼はサキュバス、彼女は見知らぬ男たちと別のパートナーを用意し
両方のプレイや射精を連動させて心身両面にドM向けの強い刺激を与えます。
恋人を賭けた気持ちいいゲーム
サキュバスに何度も寸止めされるお話。

「うふふっ ようやくお目覚めかしら」
サキュバスは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
素っ裸で体を拘束されてる主人公に自己紹介すると
ここがどこか教えてから一緒にいた彼女のことを話します。

本作品はエッチ大好きでSっ気も強いサキュバスが
何らかの手段で捕らえたカップルを別の場所に拘束して80分程度のスリリングなゲームを行います。
サキュバスに責められながら彼女の様子をモニタ越しに眺める二元中継形式になっており
彼が射精へ追い込まれるほど彼女がより過激に陵辱されるルールが設定されてます。

サキュバス「ほら 画面 ちゃんと見なさい 拘束解除」
彼女「なに? やっ やめて 来ないで来ないで来ないで」
そしてサキュバスに負ける快感と彼女を寝取られる快感が同時に味わえるように
プレイ中は常に左手から彼女の声や反応が流れます。
彼女がしゃべるのはプレイやエッチする相手が変わる時のみで
それ以外は「あぁ」「んっ」みたいな意味を持たない声をほぼずっと上げ続けます。

サキュバスとするエッチ自体は多めに寸止めすることを除けば割と普通です。
手コキ、フェラ、SEXといった定番のプレイを中心に構成されてます。
しかし、それと同時に彼女が同じプレイを見知らぬ男性にされるおかげで心への責めが相当強くなってます。

精液を口やおまんこへ出された時に上げる悲痛な声に耳を覆いたくなる人がきっといるでしょう。
そして彼女が散々嫌がった末に堕ちるからこそ
その原因を作って裏切り射精までした自分に対する後ろめたさも強く味わえます。
エッチな声や音もそれなりに流れますが、それよりもシチュが魅力の作品と私は見てます。

エッチのルールについてはサキュバスの責めを耐え続けるだけと至ってシンプル。
勝った場合は彼女が救われ、負けた場合は彼女の部屋にいる男のうち1人の拘束が解除されます。
そして主人公のおちんちんは寸止めして次へ進み、代わりに男が射精して彼女を汚します。
同じプレイでも1回ごとに男が交代するので彼女の反応が結構変わります。
恋人への愛を試されるエッチ
エッチシーンは68分間。
プレイはサキュバスの耳舐め/キス/手コキ/足コキ/フェラ/SEX(騎乗位)、彼女への強制手コキ/足コキ/イラマチオ/SEX(正常位)/ベロチュー/アナルSEXです。
手コキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら 画面の彼女を見なさい さっきからずっと 顔面蒼白で 縮こまっちゃってるわ」
主人公にこれからするゲームのルールを説明したサキュバスは
別室でM字開脚のまま震えてる彼女の様子を眺めさせながら耳をねっとり舐め始めます。

エッチは動けない彼をサキュバスが一方的に責め続けます。
最初の18分間は比較的ソフトなプレイ。
事前におちんちんを軽く舐めて媚薬効果つきの唾液を染み込ませてから
耳舐め→耳舐め手コキ→足コキの順に行います。

「彼女もどうせ 大きくて逞しいのが好きよ 絶対あの子 淫乱だもの」
耳舐めのシーンだけは「我慢汁を垂らしたら負け」というルールを定め
彼をその状態まで持っていこうと粘っこいちゅぱ音を鳴らしながら甘い言葉を囁きます。
この時点の彼女はまだ男に責められてないので叫んだりはしませんが
すぐそばに拘束されたままおちんちんを勃起させてる男がいる状況に怯えた表情を見せます。

実際に陵辱が始まるのは手コキから。
これ以降は「射精しそうになったら負け」というルールで統一し
サキュバスは主人公を、別室の男は彼女を責める流れで進めます。

サキュバス「あーあ 彼女濃厚なザーメンまみれね 絶対匂いすごいことになってるわよ」
彼女「あぁっ いやぁ おまんこにかかってる かかってるからやめてぇ」
1回目の手コキで精液を顔にぶっかけられたことを本気で嫌がり
2回目の足コキでおまんこにかけられ危機感を抱く彼女の姿に必死さがよく表れてます。
非常に危険な状況にあるのを理解しつつ、決して諦めず主人公のために体を守ろうとする健気な女性です。

続く中盤の19分間でするのはフェラ。
サキュバスは耳舐めと同じく水分高めの下品なちゅぱ音を鳴らして3回の寸止めに追い込み
彼女は普通の男→チンカスの多い男→おちんちんが大きい男を順に相手します。

「あなたといつもキスしてたお口 もう知らない男のザーメン専用になっちゃいました」
サキュバスのフェラはペースがゆっくりめなのでハードと言うほどではありません。
しかし彼女は見知らぬ男のチンカスや精液を飲まされる凄惨な思いをします。
ほんの少しだけですが彼女を痛めつけたり射精時に鼻をつまんで無理矢理飲ませる描写もありました。
泣きそうな表情で男たちの言う通りにし、飲み終えた後に苦しそうな声を漏らす姿が痛々しかったです。

しかしサキュバスや男たちの陵辱はさらにエスカレートします。
残りの31分間はこれまで敢えてやらなかったSEXを解禁し
サキュバスは騎乗位で3回の寸止めからの射精
男は異なる特徴を持った3人が個別に正常位で繋がり連続中出しを決めます。

「あなたの大好きな彼女が性欲処理のおもちゃにされてるわよ」
大切な人がモニタ越しに男のおちんちんを受け入れ、子宮に精液をたっぷり注がれる。
現実世界だったら卒倒しそうな状況をリアルにお届けしてドMの興奮を煽ります。
サキュバスとのSEXは効果音を鳴らしながら彼女の様子を実況することが多いので
ここでもやっぱり恋人が寝取られる快感のほうを重視してます。

しかし2人目の男を相手する頃から状況が一気に変わります。
これまでずっと嫌がったり泣き叫ぶのを続けていた彼女が初めて甘い声を漏らし
「いやっ」ではなく「好きっ」と言う快楽堕ちっぽい展開になります。
3人目に至ってはベロチューまでやりますし、彼女との絆が切れたことをわかりやすく描いてます。

実際に聴いた感想ですが、予想を遥かに上回る重たい内容で視聴後はそれなりに凹みました。
自分が寝取られるだけならまだしも、恋人もそうなる一部始終を同時に実況するのが効きます。
しかしこれほどどぎつい寝取られ作品をあまり見かけないのも事実です。
人を選ぶところはありますけど、受け入れられるのなら十分楽しめると思います。
ここまで後味の悪い射精が迎えられる作品はそうそうないでしょう。

このように、男性と女性が同時に寝取られる非常に変わったエッチが繰り広げられてます。
容赦のない作品
寝取られをひたすら掘り下げてる突き抜けた作品です。

サキュバスは人間相手では決して味わえない射精を主人公に体験させようと
彼と彼女の両方を拘束し、別の部屋に置いてから手下の男と協力して同時に寝取ります。
そして彼女が怖がり、嫌がり、快楽に堕ちる様子をありのままお届けしながらおちんちんをねっとり責めます。

サキュバスのイメージにぴったりな女性がダブル寝取られエッチをするドM向けのシチュ
主人公を責めながら恋人が責められる様子を実況する個性的なエッチ
寸止めを繰り返すほど彼女がより激しく犯されていく寝取られらしい展開。
光や救いを一切与えず心身をとことん痛めつける方針で作品を組み立ててます。

彼女「だいしゅきでしゅぅ 子宮をおじさんの精液で受け止めま…あぁぁぁぁぁ」
中でも3番目は彼女の演技が素晴らしくてとてもリアルに感じました。
セリフを言うシーンがあまりないからこそ、声や息遣いで心情を伝える工夫がされてます。
そして山場のSEXでは相手の男によってどんどん態度が変化します。
喘ぎ声の演じ分けもしっかりできてますし、彼女役をやられてる七凪るとろさんの演技が光る作品だと思います。
私もこういう作品をそれなりに聴いてますが、その中でも一際心をえぐられる感覚がしました。

エッチについてはこれまで書いてきたように彼女への陵辱に力点を置いてます。
主人公への責めは結構あっさりしてるので、愛する人が寝取られる様子を観察するのが好きな人に向いてます。
そのへんの描写は本当にレベルが高いです。

射精シーンは1回。
喘ぎ声多め(漏らすのは彼女)、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

好き嫌いがはっきり分かれる作品ですから内容を理解したうえでお聴きください。

CV:サキュバス…大山チロルさん 彼女…七凪るとろさん
総時間 1:17:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

JKとHなだるまさんがころんだ

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、M男をいじめるのが大好きな明るいJKが
街中で偶然見かけた男性をカラオケボックスに誘い、そこで変わったオナサポをします。

だるまさんがころんだのルールに従いオナニーするのが特徴で
序盤は慣れさせる意味も込めて比較的ソフトにやってたのが
中盤に入ると別のプレイが加わったり、1セットごとの時間が長くなるといった具合に
後になるほど体への刺激が強くなるよう調節しながら射精をひたすら我慢させます。
子供の遊びを大人向けにアレンジ
JKの指示に従ってオナニーするお話。

「ねぇねぇお兄さん ねぇって ふぅん もう聞こえてるんでしょ?」
JKは明るくて整った声の女の子。
主人公がなかなか振り向いてくれないのでマゾ呼ばわりすると
Mをいじめるのが好きと伝えてからエッチな遊びを持ちかけます。

本作品は男のM性を瞬時に見抜けるSっ気の強い彼女が
彼とカラオケボックス内で70分程度に渡る独特なオナサポをします。
耳舐めやキスをするシーンもありますが彼女は最初から最後まで着衣のまま接し
おちんちんを丸出しにした彼を適度に罵倒しながら意地悪な責めを繰り出します。

「普通のルールだと お兄さんは鬼のあたしにどんどん近づいていくと思うんだけど 今からするやつはそうじゃなくって 代わりにチンポをシコシコしごくの」
最大の特徴はもちろん「だるまさんがころんだ」。
彼女がこれを言ってる間だけおちんちんをしごき、最後の「だ」を宣言したら止めるのを繰り返します。
そしてシーンによって追加ルールを提示し、よりハードなプレイに変化させます。

わかりやすく言うとオナサポでよくあるカウントがこれに置き換わった感じです。
実際の遊びと同じく言い終わるまでの時間を幅広く設定して焦らしたり暴発を誘います。
M向けのオナサポ作品をほぼ専門に制作されてるサークルさんなだけあって
全体の流れや各シーンの追い込み方がしっかりしていて結構きついです。

「はぁ? 男なんだから一瞬でしょ? さっさとしろよこの変態」
これらを行うJKは可愛げのあるSキャラ。
彼が自分の言いなりになってる間は年齢相応の可愛い態度で接しますが
そこから外れると声のトーンが一気に下がり、命令口調で言葉責めを浴びせかけます。
そして無事従順になった後は多少の飴を与えて彼のご機嫌を取ります。

だるまさんがころんだ自体はエロとまったく関係ありませんから
サークルさんの過去作よりも言葉責めを多くしてる印象を受けました。
言い終わった後の休憩時間を極端に短くするなど
M~ドMな人が満足できるよう心身両面をハード路線に設定してます。
後になるほど厳しさが増す変化に富んだエッチ
エッチシーンは5パート63分間。
プレイは竿オナニー、喘ぎ声を漏らす、耳舐め、亀頭オナニー、ベロを突き出す、キス、寸止めオナニーです。
各オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃっ 準備しよっか 待ちきれないもんねー マゾのお兄さん」
主人公との交渉を終えカラオケボックスに移動すると
JKはゲームのルールを説明してから耳に息を吹きかけたり
軽く喘ぎ声を漏らして彼をやる気にさせます。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の2パート23分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「2. 勃起パート」はだるまさんがころんだができるように勃起を促し
「3. 基本ルール」はそれを宣言しながら小まめにストップをかけて適度に焦らします。

「だーるーまーさーんーがー ほらっ シコってシコって?」
オナサポ作品ではおそらく初めて登場するやり方なことを踏まえて
彼女はしごき方やそれを始める/止めるタイミングを丁寧に指示します。
ペースや強さは聴き手の自由ですが、オナニー中は効果音が鳴るのでそれに合わせるといいでしょう。
1セットあたりの時間は20秒~1分程度と短めです。

「ちょっとサービスで舐めてあげただけで 感じ過ぎじゃない? お兄さん そういうの何て言うか知ってる? ざ、こって言うんだよ」
しかし言葉責めは序盤から彼女らしさ全開で行います。
年上の彼を「マゾ」「雑魚」と呼んで見下し、「だるまさんが」の後にわざと会話を挟んで長引かせます。
体への責めがソフトだから射精することはないでしょうけど
彼女のセリフにゾクゾクする人はそれなりにいると思います。

このオナサポが本領を発揮するのは次のパートから。
「4. 応用ルール」は「だるまさんが」の後を別の言葉に変えて色んな指示を出し(約22分)
「5. 寸止め」は元に戻る代わり後になるほど追い込ませて暴発を誘います(約11分)。

応用ルールがハードと言える理由はふたつ。
1セットあたりの時間が5分近くまで伸びること、責め方の幅が一気に増えることです。

「ちゅこ ちゅこって小さく手を動かして 情けないセンズリするの キモいお兄さんにはお似合いでしょ?」
前者は基本ルールと比べて5~15倍の長さになるので当然負荷が上がります。
後者は1セット目は色んないじり方でおちんちん全体を刺激する
2セット目は羞恥を煽る、3セット目はペースの落差を大きくして揺さぶりをかけるといった具合に
同じことを極力やらないように考えながらリードします。

カウントが主体のオナサポでも数えるペースを大幅に変える
特定の数字を数え続けて足踏みさせる
逆に数え上げておあずけを食らわすなど色んな責め方が存在します。
それをだるまさんがころんだにも反映させてるわけです。
休憩時間が20秒くらいしかないのも相まって、このへんからギブアップする人が出始めると思います。

「種付けできないゴミザーメンは さっさと廃棄処分するのが一番」
寸止めもカウントで数が小さくなるほど射精へ追い込むのに近い内容です。
ぼちぼち終盤ということで彼女の言葉責めも辛辣さを増します。
射精できないとわかってるのに射精を目指さなければならない展開もきついですね。
私が挑戦した時もここが一番厳しかったです。

そうやって様々な難関を突破した後、ようやく射精の瞬間が訪れます(約7分)。
右耳から言葉責め、左耳から耳舐めと2人体勢に変化し
これまでと同じくぎりぎりまで我慢してから一気に吐き出します。

約60分はオナサポの中でそれほど長いわけではありません。
しかし体への責めが割とハードなこと、シーンによって責め方が変わることから
射精を迎えた時の快感と達成感はなかなかのものでした。
だるまさんがころんだの運用方法もシンプルで思ってたよりもやりやすかったです。

このように、オナニーするタイミングをきめ細かく指示するM向けのエッチが繰り広げられてます。
発想力が光る作品
だるまさんがころんだをオナサポに上手く溶け込ませてる作品です。

JKはMな主人公を喜ばせながら自分もオナサポを楽しもうと
2人きりになれる場所に移動してからだるまさんがころんだを何度も言います。
そして序盤は回数多めでスタンダードに、中盤は回数少なめで責めの幅を広く
終盤は寸止めを交えてよりハードに、とシーンごとに方向性を変えてハードに追い込みます。

SなJKに見られながらオナニーや射精をするM向けのシチュ
だるまさんがころんだを使ってオナニーを制御する珍しいタイプのエッチ
言葉責めをきつめに設定したり、後になるほど厳しく責めるやりごたえのある展開。
既存のオナサポの特徴を継承しつつ独自色が出るよう作品を組み立ててます。

中でも2番目はカウントやシコシコボイスとは違う手段で新鮮味があります。
応用ルールでは「だるまさんが」の後に別の言葉を入れることによって
オナニーの時間を伸ばし、幅を広げる創意に溢れたアプローチをしてくれます。
これはカウントだと絶対できないことなのでしっかり差別化されてるなと。
寸止めも一番厳しい時間帯に最もハードなプレイを投入してて容赦ないです。

「あたしにお口犯してもらいながらするオナニー 気持ちよかった?」
彼女については完全なドSキャラにせず多少の優しさを見せてくれます。
応用ルールの終盤で彼の舌に吸い付くのは意外でした。
面白いオナニーを見せてくれたことに対する感謝の気持ちなのかもしれません。
結構ハードなプレイをする見返りに飴を与えてやる気を持続しやすくしてます。

射精シーンは1回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

既存のオナサポ作品にマンネリ感を抱いてる人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:12:47

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

みるく☆こんとろ~る!~憧れの配信女神が押しかけ!リアル射精管理♪~

サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、会社では大人しいけどこっそりエッチな配信をしてる後輩が
ファンの1人にあたる職場の先輩を拘束しエッチに弄びます。

耳舐めを多めに交えたM向けのプレイが行われており
手錠で体を拘束してから左右交互に、あるいは同時にコリコリしたちゅぱ音をたっぷり鳴らし
さらにおちんちんは寸止めと連続射精を交互にやって合計3種類の絶頂へ追い込みます。
先輩と2人きりの生配信
後輩のあいな(あいにゃん)に耳とおちんちんを責められまくるお話。

「あ、あー はーい こんばんはー あいにゃんでーす」
あいにゃんは甘く可愛い声の女の子。
音質チェックをしてから視聴者たちに挨拶すると
事前募集で選ばれた人たちへの限定放送を始めます。

本作品はネット上でエッチな配信やユーザーイベントを積極的にやってる彼女が
ファンの1人で職場の先輩にあたる彼とおよそ90分に渡って4種類のエッチをします。
今回の限定放送は彼と2人きりになるための口実にすぎず
実際は直接会ってから手錠で拘束し彼女が一方的に責め続けます。

「ほーんと 変態なんですね 先輩 もっと好きになっちゃいました」
彼女は前々から彼にそれなりの好意を抱いてたのですが
職場では地味に振る舞ってるせいで付き合う機会に恵まれませんでした。
そんな時に彼が自分の配信をよく見てることを偶然知って今回の計画に移ります。
それを踏まえて作中では好意を表すセリフをたびたび言います。

しかし彼女は性癖をかなりこじらせており普通のエッチをする気はありません。
だから好きな人が相手でも焦らし、寸止め、連続射精といったM向けのプレイをがっつりやります。
言葉責めは軽く見下す程度で緩いですけど体への責めは結構ハードです。
その証拠に射精はもちろん、ドライオーガズムや潮吹きをするシーンまであります。

彼女のキャラと並ぶもうひとつの特徴は耳舐め。
エッチシーンのおよそ6割にあたる39分も個別に、あるいは同時に舐め続けます。
耳の代わりに首筋を舐めるシーンもありまして、それを加えると47分まで増えます。

ブラックマの嫁(シロクマの嫁)さんと言えば耳舐めと耳かきが売りのサークルさんですから
耳かきをやらない代わりにこちらの量を多めに設定してます。
コリコリした筋っぽい音を鳴らすことが多く
激しく舐められた時は微弱な振動が伝わってきて耳がゾクゾクします。
おちんちんと同時に責めてくれますし、言葉よりも音で抜かせることを意識したエッチです。
押し引きを使い分けるエッチ
エッチシーンは4パート65分間。
プレイは体の拘束、耳舐め、オナホコキ、首筋舐め、亀頭責め、キスです。
オナホコキ、亀頭責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あいにゃんの 媚びっ媚びの声を聞いて シコシコしてたんでしょ?」
突然の展開に驚く主人公に事情を説明したあいなは
自分の声だけで勃起したおちんちんは敢えてスルーし、代わりに左右の耳を丁寧に舐め始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「《02》お耳が性感帯でしたよね?」は耳舐めが主役(約16分)。
時間をほぼ半々に分けて左耳→右耳の順に舐めまくります。

「こんなに ビクビクさせて体震わせて こんなの見せられたら興奮しちゃうじゃないですか」
彼女は彼が声フェチで耳も敏感なことを事前に調査してるため
ちゅぱ音を鳴らしながら甘い声を投げかけておちんちんの反応を興味深そうに観察します。
拘束で身動きできない状況ですが乱暴なことをするシーンは一切ありません。
彼が喜ぶことを積極的にやって自分の愛をストレートに伝えます。

アブノーマルなシチュに反して雰囲気は結構穏やかです。
単調さが出ないように時間が経つほど耳舐めのペースや水分が徐々に上がります。
彼はこれでドライオーガズムを迎えますけど、実際にそうなる人は少ないのではないでしょうか。
次のパートに向けて気持ちを高める意味合いのほうが強いプレイだと思います。

続く2パート33分間はM向けの要素が充実してるオナホコキ。
「《03》射精管理遊び♪」は寸止めを何度も繰り返しながら1回
「《04》貴方の精液は全部私のもの♪」は逆にノンストップで責め続けて連続射精へ追い込みます。

「当たり前じゃないですか 私がそんなに簡単に射精を許すと思いましたか?」
性癖をこじらせてる彼女にとって単なる奉仕ではもう満たされません。
だから己の欲望を満たすためにわざと比較的ハードな意地悪をします。
03パートはオナホを固定したまま彼に腰を振らせてお預けするのを繰り返し
04パートは僅か5分間で3回も連続で出させる落差の大きい責めっぷりです。

本作品のテーマは射精管理なのでこういう極端な構成にしたのでしょう。
数日間オナ禁させるなどの背景はなく射精のタイミングを彼女が好きにコントロールします。
耳舐めや首筋舐めも同時にやってくれるおかげでエッチな音の密度が高く抜きやすかったです。
どちらかと言えば03パートのほうが溜めてから出すぶん気持ちいいでしょうね。

最後の「《05》おはようございます」はこれまでとは別の意味で意地悪なプレイ(約16分)。
翌日の朝、目覚めた彼の亀頭だけを丹念にマッサージします。

「私は先輩のこと癒してるだけで いじめてるつもりはないんですけど」
彼女の言う通り、前の2パートに比べればペースは結構緩いです。
でもおちんちんの中で特に敏感な部位をひたすら責める展開や
最中の休憩時間がかなり短いことを考えれば結構ハードなプレイと言えます。
終盤には潮吹きからの射精もしますし、彼女のSな性格がよく出てるように感じました。

02は耳舐め特化でドライ、03は寸止め主体、04はハードな連続射精、05は亀頭責めによる潮吹きと
どのパートにも違った個性があって面白いです。
やってることが過激なのにそこまで嫌な感覚がしないのは
彼女がそれなりの愛情を持って接してくれるからでしょう。

彼に好きと伝えたい、でも普通のやり方では自分が満足できない。
そんな彼女の複雑な気持ちがプレイに込められてます。
変わった愛情模様を描いた作品
サークルさんの持ち味を盛り込んだうえでM向けに調整してるハード路線の作品です。

あいなは会社でカッコいい姿を見せてくれる主人公を自分の奴隷にしようと
限定配信の情報を餌に手錠とアイマスクを用意させ、彼の家に直接出向いて体の動きを封じます。
そしてエッチは耳舐めや首筋舐めを多めにやりながらおちんちんをがっつり責め続けます。

ヤンデレっぽい気質を持つ後輩が職場の先輩を思う存分弄ぶM向けのシチュ
意地悪しながら愛の言葉を投げかける彼女の二面性を持ったキャラ
耳舐めと同時に寸止めや連続射精させる負担が強めのエッチ。
パートごとに飴と鞭を使い分けて彼を少しずつ自分の言いなりにします。

「いいんですよ おかしくなって きっとそれでも 先輩は可愛いですから」
中でも彼女は「彼が好き」という気持ちをしっかり表現したうえで
調教じみたプレイをする変わった女性に描かれてます。
ネットでエッチな配信をするのもストレスの発散が目的らしいですし
普段が内気だからこそ誰かに構いたい/構って欲しいと思ってるのかもしれませんね。
これが彼女なりの愛情表現なのかなと。

エッチは言葉責めよりもエッチな音をメインの抜き要素に据えてます。
耳舐めや首筋舐めと同時にオナホコキをするシーンが多く
実際の時間よりも内容が濃く感じました。
羞恥を煽るセリフがもう少しあればより抜きやすくなったように思えます。

絶頂シーンはドライ1回、射精5回、潮吹き1回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「お耳を鍛える系耳舐めカウントダウントーク」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 1:47:53(本編…1:35:31 おまけ…12:22)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月15日まで20%OFFの792円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

家畜射精2 ギャルの指示でイク工場見学会

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ギャルっぽい話し方をするドSなお姉さんが
家畜として飼われてる男性の搾精風景を見学者たちに披露します。

自分の手や機械におちんちんをしごかせながらきつめの言葉責めを浴びせたり
見学者たちにも参加させて見られる快感を煽るなど
文字通り動物扱いされながら射精を我慢するドM向けのエッチが楽しめます。
ハードで惨めな射精を目指して
ギャルや見学者たちに見られながらオナニーするお話。

「はーい 皆さんこんにちはー 工場見学へのご参加ありがとうございます」
ギャルは明るくて甘い声のお姉さん。
工場見学に来た人たちに挨拶し、どのように搾精してるのか説明すると
一匹の家畜を使い実際に搾精をやってみせます。

本作品は今年4月に発売された「家畜射精 お姉さんの指示でイク工場見学会」の続編。
知能の低い男性たちが家畜として飼われてる世界を舞台に
搾精工場で働いてる彼女が55分ほどに渡るドM向けのエッチをします。
家畜は女性が直接触れるとすぐ射精してしまうほど弱い存在のため
彼に自分でいじらせたり、専用の機械を使って責めるスタイルを取ってます。
シチュが一緒なだけでお話の繋がりはありませんから今作からでも大丈夫です。

「わかった? わかったならはいって返事しろよクズ」
最大の魅力は彼女の態度。
見学者たちには丁寧な口調で説明してたのが、彼を相手にする時だけ一気に冷たくなります。
「ゴミ」「クズ」などこちらを見下すセリフが多く、声もわざと無機質にして突き放されてる感じを出します。

本作品の家畜は人間の男性とほぼ同じ容姿をしてますが
現実世界の牛のように女性たちが飲む精液を作るために存在します。
最初から最後まで人ではなくモノ扱いされますから、M度の低い人が聴いたらたぶん凹むと思います。
でも逆に高い人にとっては背筋がゾクゾクするでしょう。

体への責めも結構ハード。
作中の射精シーンを1回まで絞り込み、それに向けておちんちんをひたすらいじめます。

「1、2」の掛け声に合わせてしごくオナニーや
カウントに合わせて射精へ追い込むオナニーといった定番のものに加えて
手の形をした専用の搾精機を使う無慈悲なプレイも登場します。
また一部のシーンでは見学者の視線を意識させたり、プレイに参加させる作品独自の要素も登場します。

簡単に言えば心身のバランスを取りながら責めてくれるということです。
オナニーの後半は寸止めを重点的にやりますし
射精するかどうかの瀬戸際でじっと耐え抜く厳しいひと時を送ることができるでしょう。

とことん見下し突き放す言葉責めとひたすら射精を我慢させる体への責め。
前作と同じく独特なシチュでハードなオナサポをする完全ドM向けの作品です。
容赦のないエッチ
エッチシーンは5パート43分間。
プレイはオナニー、腰振りオナニー、写真撮影、機械責めです。
オナニー、写真撮影、機械責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「女の人の柔らかいおまんこに チンポぶっ刺す生ハメ したいでしょ?」
見学者たちへの説明を終え、主人公には軽いオナニーで勃起させると
ギャルは手始めに自分の手を組み疑似SEX風のオナニーをするよう指示します。

エッチは彼女に言われた通り動きながら射精をひたすら我慢します。
最初の2パート10分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「2_腰振りオナニー」は組んだ手をおまんこに見立てて腰を振り
「3_写真撮影オナニー」は普通にオナニーする様子を見学者たちに撮影されます。

「はいスタート 必死にチンポ磨け」
「いいですよ 撮影も ネットに上げるのも自由です」

そして彼女は早速ふたつの顔を見せて女性に見下される快感を与えます。
彼に対しては命令口調に徹し、見学者には明るい声と態度でプレイの解説をします。
まだ始まったばかりだからでしょうけど、体よりも心への責めに力を入れてました。
中でも写真撮影はシャッター音が何度も鳴るので露出好きな人ほど興奮できます。

続く2パート27分間は精液を熟成させることを強く意識したシーン。
「4_手コキマシン」は本作品でのみ登場する特殊な機械でガンガン責め
「5_カウントダウン寸止め」はカウントをゆっくり数えて寸止めするのを繰り返して追い込みます。

手コキマシンは珍しいプレイなので効果音の扱いに気を配ってます。
最初は「ぶぅぅぅぅん」という電マっぽい電動音だったのが
スピードを上げるとローターっぽい細めの音に変わります。
そしてスピードとパワーの両方を上げると両者の特徴を併せ持つ音が流れます。
手コキっぽい水音も同時に鳴って結構リアルでした。

「白いの吐き出すためだけに生きてるって ほんと惨めね」
ギャルの言葉責めもそれに負けないくらい辛辣です。
激しい責めを受けて射精を耐えてる彼を応援するどころか見下し
さらに見学者にマシンのスイッチを渡し自由に操作させて楽しませます。

今回のエッチは見学者たちへのショーみたいなものですから
彼が気持ちよくなることよりも彼女たちが楽しい時間を過ごせるように進めます。
このへんも本作品がドM向けと言える理由のひとつです。

カウントダウン寸止めは機械を使わず手でオナニーを制御する王道のプレイ。
数字が減るほど射精に追い込むルールを定め、最初は素直に数え下ろします。
1セットあたりの時間が後になるほど長くなるのがエグいなと。
一番厳しい時間帯に最も過酷なプレイを持ってくるところに彼女のドSっぷりがよく表れてます。

そうやって様々な試練を乗り越えてきた後、ようやく射精の瞬間が訪れます。
男性にとっては最も気持ちよく幸せなひと時なわけですが
ここでも彼女は普段通りの態度を取って惨めな射精に変換します。
M度があまりない人が最後の「6. 搾精」パートを聴くと凹むかもしれません。
それくらい最後まで徹底的に彼を見下し突き放します。

このように、冷たさと激しさを兼ね備えた大変ハードなエッチが繰り広げられてます。
刺激の強い作品
生半可なM向け作品では満足できない人のための作品です。

ギャルは搾精工場での仕事風景を見学者たちに見せようと
一匹の家畜を連れてきて色んなオナニーをさせたり機械で責め続けます。
そして見学者たちには気さくな態度で説明し、彼にはゴミを見るような態度で言葉責めを浴びせます。

ノリが軽くてSっ気の強いギャルがドMな男性を性的に痛めつけるシチュ
ノーマルな人が聴いたら高確率で凹むくらい容赦のない言葉責め
見られる快感を煽りながら寸止めを繰り返すハード路線のエッチ。
M向け作品の中でもさらに突き抜けたサービスを行います。

私は前作を視聴済みなので今作の内容もだいたい理解してました。
それでも音声を実際に聴いてみたら「きっついなぁ」と感じました。
優しさや愛情といった要素を大幅に削ってるのが大きな理由です。
(サークルさんも挿し絵に「甘さ成分ゼロの搾精」と記載されてます)
射精シーンもこの路線を維持しますから後味は多少悪くなると思います。

でもここまでガツンとくる言葉責めをしてくれる作品は少ないですし
体への責めも個性が強くて実用度は高いです。
結局のところ自分に合うか合わないかで評価が分かれるのではないかなと。
これだけパンチが効いてるなら時間もこのくらいが丁度いいと思います。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

女性にとことん冷たくあしらわれたい人には特におすすめします。

CV:秋野かえでさん
総時間 55:41

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

陰キャで淫キャなマニアック少女の我慢汁収集

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は奥手だけど好きな人には大胆になる少女が
2人きりの状況を作ってから自分を好きになるエッチなおまじないをかけます。

色んなプレイをしながら焦らしや寸止めを繰り返すもどかしいエッチが行われており
手コキ、足コキ、フェラといったプレイをシーンに応じで異なるスタイルでやりながら
彼が射精しそうになると必ず停止して我慢汁だけ搾り取ろうとします。
恋の成就に必要なものは…
拘束されたままマニアック少女に焦らされ続けるお話。

「にひひひ おはよう どうしたのかな 目を白黒させちゃって」
マニアック少女はトーンの低い大人びた声の女の子。
自宅へやって来た主人公を眠らせ体を拘束すると
目覚めた彼に今の事情を説明し、エッチな事をしていいか尋ねます。

本作品は彼に対して異常なまでの好意を寄せてる彼女が
この機会を利用し60分近くに渡っておちんちんをじっくり弄びます。
「お互いのエッチなお汁を交換すれば恋が実る」というおまじないを信じてるらしく
最中は彼が射精しないよう手加減しながら何度も何度も寸止めします。

確認したところ時間に対する寸止め回数は多めです。
単調さが出ないようひとつのプレイにつき3パターン用意し
いずれも数分単位で切り替えながら緩めのペースで責め続けます。
やってることはそれなりに意地悪ですが拷問と呼べるほどひどいことはしません。
おまじないの材料となる我慢汁をできるだけ多く集めようと彼女なりに考えながら進めます。

「ほら はぁい 私は今日ずっと あなたとお茶してる時も ノーパンで過ごしてました」
ひどさをそれほど感じない理由は彼女のキャラにもあります。
彼が自宅に来た時点で気があると勘違いしたり
スカートをたくし上げてすっかり濡れてるおまんこを見せつけるなど
最初から好感度マックスの状態で一生懸命お世話します。

陰キャっぽさが出るように話し方や笑い方を結構キモくしてありますが
性格は非常に真っ直ぐで彼のためなら何でもする気持ちを随所でアピールします。
男性との付き合い方がよくわからないからこういうエッチをしてる感じです。
「この日のためにエッチの勉強をした」と言ってるのでおそらく処女なのでしょう。
一途とヤンデレの境界あたりのやや重い愛情を注いでくれます。

焦らしや寸止めに注力したエッチと彼女のキャラ。
サークルさんでは珍しくM度をやや下げた純愛系の作品です。
バリエーションが豊富なエッチ
エッチシーンは57分間。
プレイは耳舐め、手コキ、少女のオナニー、足コキ、フェラ、○○、SEX(対面座位)です。
手コキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃ まずはおちんぽ 勃起させちゃうね」
事情を説明し椅子に座ってる主人公に抱きついたマニアック少女は
おちんちんがまだ勃起してないのに気づきひとまず耳舐めします。

エッチは身動きの取れない彼を彼女が一方的に責め続けます。
最初の23分間は比較的ソフトなプレイ。
体を密着させたまま左右の耳を個別に舐め、勃起したところで手コキに移ります。

「私のお手々と 交尾 しちゃお?」
そして彼女は早速色んな責めを繰り出します。
順手で竿やカリをしごくスタンダードな手コキをしてたかと思えば
その4分後には逆手で握り、さらに両手を組んだ疑似おまんこで我慢汁を分泌させます。

サンプル画像の2枚目にプレイの一覧が描かれてますから
視聴前に一度見ておいたほうがイメージしやすくなると思います。
プレイによって音の動きや質感が変わるなど幅広さを持たせてエッチを組み立ててます。

「ほっかほかに仕上がっちゃったよ しかも 惨めにおまんこの入り口が ヒクヒク ヒクヒク」
これらの最中に彼女が自分の気持ちや興奮具合を伝えるのもいいですね。
彼を焦らしながら自分も我慢してることを教えてヤンデレ色を和らげます。

この状況ならすぐさまSEXしたほうが彼女にとっては気持ちいいし満足できるはずです。
でもそれだと彼と恋人同士になることはきっと叶わない。
だからぐっと堪えておまじないに必要な我慢汁集めを優先します。
言葉と行為の両方から不器用なりに思いやってるのがなんとなく伝わってきます。

続く30分間はよりハードな我慢汁搾り。
彼がMなことを知って足コキに切り替え、さらにおちんちんを口でしゃぶってその味を確かめます。

「ここにおちんぽ差し込んで 自分でへこへこして?」
そしてここからは彼の気持ちに多少の変化が現れます。
片足で踏みつける足コキ→両足で挟む足コキ→疑似SEXっぽい足コキと続くのですが
最後のプレイをする際に自分から腰を動かし始めます。

30分以上も焦らしと寸止めを繰り返されて我慢できなくなったのでしょう。
それでもなお我慢汁を集め続けようとするところに彼女の執念深さを感じます。
プレイも結構マニアックですし、彼の心を確実に折りにかかります。

次のフェラは彼女の内面がとても良く出てます。
「貪りつく」と表現するのがぴったりな下品でパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
目の前に好きな人のおちんちんがあるのにずっとしゃぶれないのがきつかったのでしょうね。
息遣いがこれまでよりも熱っぽくなるなど、射精に向けて純粋なエロさもさらに上がります。

「すごっ うおぉぉ まだ出てる 焦らされまくったおちんぽ まだ射精しっぱなしぃぃ」
そうやってとことん焦らした後、最後の最後にようやくSEXへ突入します。
挿入しただけでとても気持ちよさそうな声を上げ
射精中もメスのようなイキ声を漏らす野性味を感じるプレイです。

十分に溜めを作った後に始まるから聴いた時に気持ちが自然と盛り上がります。
音声に合わせて焦らしや寸止めを繰り返したおかげで射精感も強めに味わえました。

このように、深い愛情を込めて焦らす穏やかで意地悪なエッチが繰り広げられてます。
適度な重さのある作品
陰キャ女子が好きな人を頑張ってモノにしようとする変わったシチュの作品です。

マニアック少女は主人公を自分の彼氏にしようと
自宅に招き逃げられない状況を作ってからひたすら焦らして我慢汁を収集します。
そしておまじないを完了させた後は生で深く繋がりおちんちんと精液を味わいます。

少し気持ち悪い系の女の子がひたすら焦らしと寸止めを繰り返すM向けのエッチ
それらを通じて自分の想いを伝えようとする彼女の一途なキャラ。
やる人とやることの属性をある程度ずらして重さや凄惨さを中和してます。

「でも それはあなたにだけ 誰にでもお股開くビッチじゃないからね」
特に彼女はキモさが際立ってて面白いキャラに仕上がってます。
彼を好きすぎるからこういうエッチをしてるだけで悪意はまったく感じません。
射精をさせない以外は色々尽くしてくれますし、ヤンデレよりも一途と言ったほうがしっくりきます。
声を担当されてる大山チロルさんの演技も素晴らしいです。

エッチはサークルさんがよくやられてる焦らしや寸止めとは方向性を変えてあります。
具体的には個々のプレイ時間を短めに設定し
その代わり音声だとあまり見かけないプレイをいくつも盛り込んでます。
言葉責めはあまりしないので、射精をひたすらお預けされる状況が一番の抜きどころかなと。

射精シーンは1回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:大山チロルさん
総時間 1:05:03

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

おち〇ちん増大プログラム【ハイレゾ/バイノーラル】

サークル「シロイルカ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて初々しい女の子型AIが
早漏で悩んでる男性に本格的なトレーニングをしてその改善を手伝います。

トレーニングをするにあたってふたつの柱を掲げ
前半は肛門括約筋やPC筋のトレーニングを中心に行い
後半はそれのおさらいをしてからじっくり寸止めオナニーをする、といった具合に
聴き手が実際に改善できるよう本格的なリードをします。
早漏を治すふたつのポイント
AIのアイネと早漏改善トレーニングをするお話。

「んっ… ここは? 少し待ってください」
アイネは可憐で穏やかな声の女の子。
早漏改善トレーニングを行う主人公に自己紹介すると
彼の悩みを確認してから自信を持ってそのサポートをします。

本作品は男性にとって大きな悩みである早漏を少しでも解消することを目的に
彼女が120分程度に渡って2種類のエッチなトレーニングをします。
オナニーする時間が結構長いのでジャンルはオナサポにあたるのですが
最後の瞬間に気持ちよく射精できるようゆっくり丁寧にリードします。

今回するトレーニングのテーマは大きくふたつ
おちんちんの周りにある筋肉を鍛えることによる「勃起力増強」と
それを行いながら寸止めオナニーを繰り返す「早漏改善」です。


早漏トレーニングと言えばおちんちんを直接いじって射精を我慢するのが定番ですが
このプログラムではいきなりそれをやるのではなく
事前におちんちんに関連性のある筋肉を収縮させて締まりのいい股間にします。
といっても筋トレのような辛い運動はしませんから本当に誰でもできます。
何をするかはもちろん、そのタイミングやペースもしっかり指示してくれるのでやりやすいです。

プログラムと並ぶもうひとつの魅力は彼女のキャラ。
AIによくある無機質さや冷たさは一切なく、人間とほぼ同じ態度で優しく接します。

「こう見えても私 こ、こんなことを言うのも 少し恥ずかしいですけど お、おちんちんのお悩みを解決することにかけては 自信があるんです」
淫語ひとつ言うのにも恥じらうところが良いですね。
こちらを見下すことも一切なく、親身にトーレーニングを指示します。
頑張った後はちゃんとご褒美をあげるなど、聴き手のやる気を高める要素が豊富です。

しっかり準備してから早漏改善に取り組むガチなトレーニングと彼女の初々しいキャラ。
M向けになりがちなプレイを上手く中和してる珍しいタイプのオナサポ作品です。
心身両面を鍛えるエッチ
エッチシーンは2パート108分間。
プレイは肛門括約筋とPC筋トレーニング、オナニー、耳舐め、亀頭オナニー、玉揉みです。
服を脱ぐ、オナニー、亀頭オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「そっ それでは早速 まずはひとつめ 勃起力増強から チャレンジしていきましょう」
冒頭の11分を使ってトレーニングの概要を説明したアイネは
最初の課題にあたる勃起力増強に向けて3つの筋トレを提案します。

エッチは終始彼女に言われた通り体を動かしたりオナニーします。
前半の「【2】下半身を中心としたマッサージと、筋力トレーニングプログラム」は47分間。
肛門括約筋を軽く引き締めてからPC筋も鍛えます。

「これが一体 なんの筋肉なのかというとですね 要するに 射精を止めるための筋肉なんです」
「すごい 初めてなのに とっても上手ですね」

そして彼女は早速彼のことを第一に考えたリードをします。
トレーニングの内容を説明しながら何のためにするのかもきちんと伝え
彼がこれらを無事成し遂げたら手放しで褒めて甘やかします。

説明を結構入念にするためさっさとオナニーしたい人にはテンポが悪く感じるでしょうけど
本作品はおちんちんを鍛えるのが目的ですから、それを優先したと考えればこの作りも頷けます。
時間が長く取られてる状況を活かしてどのシーンもゆっくり丁寧に進めます。

肝心のトレーニングについては肛門括約筋はペンや割り箸をお尻に挟み
それを落とさないよう8秒程度力を入れ続けるのを数セット繰り返します。
そしてPC筋トレーニングは金玉と肛門の間にある筋肉を何度も収縮させます。
おしっこを止める時に動かす筋肉と言えばわかるのではないでしょうか。

またPC筋は断続的、継続的の2パターン用意されており
前者は彼女の合図に従い力を入れたり脱力するのを短時間で繰り返す
後者は力を入れた状態を10秒程度維持し、緩めるのを数セット行います。

肛門括約筋は割とすぐ終わるのでメインはPC筋です。
収縮を繰り返してると会陰のあたりにシュワシュワ、パチパチした感覚が湧くかもしれません。
これらをやってる間はおちんちんに指一本触れないあたりが本作品らしいです。

「じゃあ今度は その ぬるぬるになってきてる先っぽを 重点的に シコシコ くちゅくちゅしてあげます」
トレーニングをある程度こなした後にご褒美が入るのも良いですね。
彼女に手を添えてもらったまま1回目は比較的ゆっくり、2回目はそれより速くオナニーします。
同時に耳舐めしたり熱っぽい吐息を漏らすなど
トレーニングから連想される淡白さを打ち消す工夫がされてます。

このパートは本番に向けた準備にあたりますから射精シーンはありません。
でもトレーニングだけをやるよりオナニーも挟んだほうが気持ちよくなれて満足度も上がります。
聴き手の体だけでなく心のケアもしてるのが素晴らしいです。

後半の「【3】「寸止め」を応用した勃起力増大・早漏改善法」は本題の早漏改善(約61分)。
最初の20分間は前のパートでやったトレーニングをおさらいし
それから亀頭→金玉→竿の順に刺激して射精をひたすら我慢します。

「竿をしごく時 前回のトレーニングを思い出してください 射精感が高まってきたら 力を入れて ぐっと堪える」
射精の兆候が出てきたらPC筋を引き締めて食い止めるようアドバイスしつつ
「シコシコ」などの掛け声を使ってペースを小まめに指示します。
1セットあたりの時間は4~6分程度で、休憩を挟んでからペースを変えて再開します。

またこのあたりから彼女の吐息が一気に熱く荒くなります。
前のパートで「我慢してる」と漏らすシーンがありますし
彼とできるだけ近い立場になって辛い局面を少しでも和らげようとしてるのかもしれません。
あとはこの手のプレイにありがちなエロさの不足を補う意図もあるのだと思います。

実際にやってみたところ前半は危なげなく切り抜けられました。
しかし後半はオナニーの時間が40分くらいあるおかげで多少きつく感じました。
休憩が入るとはいえ1セットずつがっつりしごくため、後になるほどダメージが蓄積されます。
それを踏まえて暴発しそうになったらある程度手を抜いてもいいと言われます。

でもこれだけ入念に準備してから射精するとやっぱり気持ちいいです。
純粋な快感だけでなく達成感や爽快感といった心の快感も得られます。
私は早漏ってほどではないのでこれが本当に改善の役に立つかはわかりません。
でもやってることは理に適ってるし、ひとつのプレイとしてちゃんと成り立ってるのも事実です。

このように、聴き手を納得させながら一歩ずつ丁寧に進める目的意識の強いエッチが繰り広げられてます。
じっくり取り組める作品
独自のやり方でオナニーしたり射精へ導くトレーニング作品です。

アイネは主人公の早漏を少しでも改善しようと
AIよりも生身の人間に近い態度で色んなトレーニングを提案します。
そして前半は肛門括約筋やPC筋を動かす、後半はそれプラス寸止めオナニーと
やることを明確にしたうえでこれらを楽しくできるようにリードします。

良い意味で機械っぽくない女性型AIが早漏改善トレーニングをする変わったシチュ
ふたつのテーマを掲げ、各パートでそれに沿った指示を出す実践型のエッチ
恥ずかしがりながら説明したり適度にご褒美をあげる彼女の優しいキャラ。
ノーマル~ややMあたりの人をメインターゲットにした実用性重視の作品に仕上がってます。

「いっぱい我慢して 大変でしたね よく我慢してくださいました」
中でもエッチはおよそ半分の時間を股間の筋肉トレーニングに割き
万全の準備が整ったところで寸止めオナニーに移る慎重な内容になってます。
それでいて意地悪さやもどかしさを感じないのは彼女が思いやりを持ってこれらをやるからです。
ご褒美も小まめにくれますし、最後まで気分良くやり遂げるための配慮がされてます。

音声の最後で彼女が「毎日こつこつやることで実を結ぶ」と言ってることから
おそらくは繰り返し聴いたり実践すれば早漏改善に繋がるのだと思います。
できれば説明を大幅に省きトレーニングを集中してやるショートバージョンが欲しかったです。

射精シーンは1回。
吐息多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:藍沢夏癒さん
総時間 2:05:31

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月7日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

塔の少女の寸止め催眠~魔女とカードに握られた運命~

サークル「にじいろのほし」さんの催眠音声作品。
声優をやられてる分倍河原シホさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、穏やかでミステリアスなお姉さんが
タロットカードにまつわる催眠とエッチで気持ちいい射精へ導きます。

とあるカードに関する物語をしながら催眠状態を深めたり
カードに書かれた数字の分だけオナニーするのを繰り返すなど
作品固有の要素と催眠の技術を高度に組み合わせたややM~M向けのプレイが楽しめます。

今回はロングVerを聴いてのレビューをお送りします。
カードに込められたエッチな物語
お姉さんに催眠をかけられ寸止めオナニーするお話。

「あなたがもし 今からほんの1時間ばかりを 私にご提供いただけるなら あなたは今までに体験したことのないような 至高の快楽を 味わうことができます」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明してから
1時間だけ付き合ってくれれば大きな快楽を与えると言います。

本作品は手頃な時間で普段よりも気持ちいい射精を味わわせることを目的に
彼女がおよそ80分をほぼ半々に分けて催眠をかけたりややM向けのエッチをします。
副題に「カード」と書かれてる通りタロットカードがテーマになってまして
催眠、エッチいずれもそれを違和感なく盛り込んで作品の世界へ巧みに引き込みます。


例えば催眠パートでは彼女と関連性があるふたつのカードに関する物語をし
その前後最中に技術を込めてリラックスや深化を促します。
そしてエッチはすべてのカードを動員して焦らしたり寸止めを繰り返します。

シナリオ担当が数多くのドM向け作品を制作されてるHypnotic_Yanhさんなだけあって
処女作の時点で大手サークルさんと並ぶくらいの品質を持ってます。
分倍河原さんも数多くの作品に出演されてますし
催眠音声を色々聴いてる人でも満足できるものに仕上がってます。

もうひとつの大きな特徴は完全セルフスタイルのエッチをすること。
エッチシーンの序盤からおちんちんを握り、彼女が宣言した回数だけしごきます。
また中盤からは乳首や金玉といった別の性感帯をいじる指示も出ます。

催眠音声はドライオーガズムを目指したエッチをすることが多く
おちんちんには指一本触れないとか、終盤の10分間だけしごく作品をよく見かけます。
だからこそとっつきやすさの面でこの作品は優れてると言えます。
ドライは確かに魅力ですけど、深い催眠に入ったままする射精もかなり気持ちいいです。

ちなみに本作品にはロングVerとショートVerがあり
前者のほうがエッチの時間が8分ほど長くなってます(催眠パートは共通)。
ショートは途中で暴発する恐れのある早漏な人向けで通常はロングを聴くことが推奨されてます。
私もロングが丁度いい長さとハードさに感じました。

タロットカードを駆使したリードとオナニー特化のエッチ。
催眠の快感と肉体の快感をバランス良くお届けする聴きやすい作品です。
物語を通じてその世界へ
催眠はおよそ34分間。
ベッドに横になり、まずは目を開けたまま深呼吸や軽い脱力をします。
そしてお姉さんの合図に従って目を瞑り、少し後に開いてからタロットカードに関するお話を聞きます。

「閉じた瞼が さらにさらに重くなって まるで 意識のシャッターが下りていくように感じたり もやもやした黒い霧が だんだん だんだんと深くなっていったり」
深呼吸&脱力はおよそ6分と短いものの
本題の物語に向けた準備という重要な役割を果たします。
全身を上から下へ流す感じに力を抜き、最後に閉眼と同時に的確な暗示を入れて軽く落とします。
催眠慣れしてる人ならこのシーンだけでも催眠に入れるでしょう。

そう言える理由のひとつが演技。
話す速度、声の強弱、間の長短などがシーンによって大きく変わります。
冒頭よりも低くぼんやりした声も相まって聞けば聞くほど意識がぼやけました。
演技の質で催眠の入りやすさは結構変わるので、ここがしっかりしてるかどうかは非常に重要です。

「すーっと 目を閉じてー すると ほら 意識がさらに落ちる」
タロットカードの物語は10分ほどあり
とある少女やそれに関係する2枚のカードの逸話をわかりやすく話します。
私はタロットカードの知識をほとんど持ってないのですが
それでも別段困らない内容で普通に面白かったです。
そしてシーンの最後に改めて目を閉じ、先ほど以上に深い場所へ導きます。

後半の18分は物語の世界に入りエッチの準備を整えるシーン。
主人公に自分の目の前でオナニーする気があるかを改めて確認し
それから彼女が待つ深い森にそびえる塔へ移動します。

「この声に従い この声に身を委ね そして この声の言う通りにする それだけで あなたは今までに味わったことのないような 鮮烈な快感を味わえるんです」
「世界を 見渡せるここから 審判の 螺旋階段を下りていく」

意思を確認する時は快感という餌をちらつかせて彼の興味を引き
塔に移動した後はタロットカードの絵柄を絡めたイメージを使って快感への集中力を高めるなど
引き続きカードと催眠の技術を巧みに組み合わせて心身の熱を高めます。
並行して深化のアプローチもしますから、このパートを聴き終える頃にはかなり深いところに入ってるでしょう。

作品独自の要素を活用したストーリー性のある催眠です。
聴き手を彼女がいる塔へ案内し、さらに性欲だけを追い求めるようにすることを目的に
深呼吸と脱力によるリラックスから入って本題のタロットカードに関する物語
そして塔へ移動するイメージを用いたさらなる深化&感度強化と
この後にするエッチに向けて没入感と性感を上手に高めます。

物語の部分をほぼ完全に伏せたので、ややわかりにくいところがあるかもしれませんが
完成度はとても高くリラックスしながら彼女のお話に熱中できます。
会話調の誘導ですからあまり催眠っぽく感じないのはないかなと。
タロットカードを知らない人でも聴けるように配慮されてて親切丁寧です。
カードの力で射精を制御
ロングVerのエッチシーンは37分間。
プレイはタロットカードを引く、オナニー、玉オナニー、亀頭オナニー、乳首オナニー、○○です。

カードを引く際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
下を脱いでおく指示が作品の冒頭で出ます。

「今日はちょっと趣向を変えて このタロットが 指し示す通りにやってもらいましょう」
催眠を使って主人公を物語の世界にある塔へ招待したお姉さんは
自分が持つタロットカードを1枚ずつ選び、それに合ったオナニーを指示します。

エッチは彼女が数字を宣言し、その回数分だけしごく流れで進めます。
前半の16分間はプレイに慣れながら射精の準備を整えるシーン。
1回目は2(女教皇)、2回目は16(塔)と絵柄も交えて丁寧に進めます。

「ほら だんだん気持ちよくなってきましたね おちんぽも さらに硬くなってきましたね 快感が ますます強くなる」
そして淫語責めや耳舐めといった通常のプレイをしない代わりに
カウントの合間に性感が高まる暗示を入れて少しずつ追い込みます。
本作品は射精シーンが1回しかありませんし、休憩も小まめに挟むのでそれほどハードではありません。
だから焦らしや寸止めといった意地悪な要素を使って射精への欲求を膨らませます。

「昔ローマで使っていた 馬が引く戦車 すごいスピードが出たそうです だから 今度は スピード素早く数えますから」
カードの絵柄に合ったオナニーをするのもポイント。
11(力)のカードは普段よりも力強く、7(戦車)のカードはより素早くと
カードに運命を操られてる雰囲気を出しながらリードします。
他にも回数の落差を大きくつけるなど、こちらを揺さぶる意図を持って責めることが多いです。

それに対して後半は純粋な刺激をより強くしたシーン。
数字の平均が前半よりも上がり、乳首オナニーや亀頭オナニーも加えて射精へ追い込みます。

「あなたは 繰り返される寸止めのせいで もう全身が とてつもなく敏感になっている」
彼女自身が言ってるように寸止めの回数が結構多いおかげで
おちんちんをしごくたびにゾワゾワした快感が走り、射精を我慢するのが難しくなります。
気のせいかもしれませんが彼女の声が若干嗜虐的になってるようにも感じました。
射精の直前はしごく回数を一気に増やしたりとタイミングよく出せるように制御してます。

指示やカウントの割合が高めなので暗示で気持ちよくする部分はやや弱くなってますが
催眠状態を維持しやすく快感に熱中しながらオナニーできます。
射精回数の少なさも含めてややM~Mがメインターゲットになるかなと。

このように、タロットカードが持つ意味を込めたセルフ系のエッチが繰り広げられてます。
テーマを存分に活かした作品
作品固有の要素を色濃く反映させてる質の高い作品です。

お姉さんは通常よりも一段上の射精を主人公にプレゼントしようと
まずは独特な催眠をかけて2人きりになれる場所まで案内します。
そしてエッチは直接肌を重ねずタロットカードで射精をコントロールします。

謎のお姉さんにエッチな催眠で弄ばれるM向けのシチュ
タロットカードに関する物語をしながら深めていく流れのある催眠
カードに書かれた絵柄と数字に合わせて焦らしたり寸止めする風変わりなエッチ。
現在出てる催眠音声とはやや違う独自路線の作品に仕上がってます。

中でもエッチは「カウントによる寸止め」という定番の要素を軸に据えたうえで
暗示を入れて気持ちを盛り上げたり、カードに合ったプレイをして個性を出してます。
最初から最後までセルフで通す催眠音声がこのところめっきり減ってますし
催眠に入れるけどドライはまだの人や、ドライは満喫したから射精したいという人には特に向いてます。

あとは演技が素晴らしいです。
言葉が持つ意味や伝えたいことを声にきちんと込めて話しかけてます。
演技に安定感があれば信頼する気持ちが生まれて催眠にも入りやすくなるわけで
作品を構成する各パーツがガッチリ噛み合い良い方向に進んでます。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:分倍河原シホさん
総時間 ロングVer…1:19:44 ショートVer…1:11:01

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ