同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:寝取られ

   ● ネトられそうで絶対にネトラれないし犯されないカノジョ騎士団長【バイノーラル】
   ● あなたを溺愛しているクールなドスケベ女上司による相部屋逆NTR
   ● メランコリア~人妻麻美の事情~(後編)
   ● メランコリア~人妻麻美の事情~(前編)
   ● 【KU100】最愛の美人若妻に寝取られ報告される話
   ● 【密着】【超感度】りえのNTRおま○こに妊娠するまで連続種付け♪
   ● 孤高に見えてポンコツなボクっ娘篠崎さんは簡単に寝取られそうなので…あなたがそばにいないといけない…
   ● EUPHORIA~NTRレズ体験~年下の女の子に犯されて
   ● ネトラレディ~「ボクちゃん♪」と呼んでくれていたお姉さんが知らない間にドスケベビッチに成り下がってた話~
   ● 【新感覚!?】寝取られ煽り純愛 -寝取られ妄想を囁かれながらの背徳的すぎる濃密純愛体験-




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、王国の騎士団長として色んな任務を遂行してる女性が
同棲中の恋人と少し変わったエッチを楽しみます。

彼女が仕事中に他の男に寝取られたらどうなるかを話しながらイチャイチャするのが特徴で
盗賊団、宿屋の店主、魔法使い、他の騎士団長とパートごとに相手を変え
SEXやフェラするのと同時にそれらを語って嫉妬心を上手に煽ります。
作中で彼女が寝取られることは一切ありませんから苦手な人でも聴きやすくなってます。
騎士団長が見せるもうひとつの顔
恋人のリン・アーレントと4種類のエッチをするお話。

「リン・アーレント。〝ソヌリ騎士団〟の団長として、この身を捧げます」
リンはトーンがやや低く凛々しい声の女性。
騎士団長の就任式を終え疲れた様子で帰宅すると
すぐさま主人公に抱きつき安心した表情を見せます。

本作品はソヌリ騎士団の団長として国内の治安維持を頑張ってる彼女が
現在同棲中で結婚も考えてる彼とおよそ120分に渡って愛し合います。
彼女は仕事の関係で数日帰宅できないことが多く
戻ってきた時は普段よりもずっと安らいだ表情で彼に甘えてストレスを発散します。

シリーズの4作目にあたりますが過去作との繋がりは特にありません。
当サイトでは以下の2作品を既に紹介してます。
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ【バイノーラル】~絶対、キミに帰ってくるからね~

「キミと、たくさんキスをして……♪ キミとたくさんおしゃべりをした、唇で……♪ 店主の、脂ぎって汚れたおちんぽを……♪ 自分から、ぺろぺろしてしまうんだ……♪」
最大の特徴は寝取られ妄想を語りながらエッチすること。
盗賊団の討伐中に眠ってしまったら、潜入捜査で媚薬を飲まされたらなど
ファンタジー世界でありそうな出来事をあれこれ語って嫉妬心を煽ります。
そしてプレイはその時と同じものを選んで愛情をたっぷり注ぎます。

「インモラルなのに安心できる」をコンセプトに掲げてることもあり
彼女が寝取られたり彼以外の男とエッチする描写はありません。
もしそうなったらどうなるかという仮想のイメージを使って心を上手に盛り上げます。
防鯖潤滑剤さんは淫語をガンガン言うサークルさんとして有名ですけど
今回はこちらをメインに据えてるので普段よりも控えめになってます。

エッチについてはSEXが3パート、フェラ1パートと前者にかなり寄せてます。
基本的には彼が責めて彼女は寝取られ妄想や耳舐めに専念してました。
最初から生ハメ&中出しするなど2人の仲の良さをわかりやすく表現します。
彼女が騎士を志して王都に向かう前からの付き合いらしいので、恋人になってから結構長いのだと思います。
愛を込めて意地悪するエッチ
エッチシーンは4パート90分間。
プレイはキス、SEX(立ちバック、対面座位、正常位)、寝取られ妄想、フェラ、耳舐め、手マンです。
SEX、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「キミと、キスして……♪ ガチガチになってる、おちんぽ見たら……♪ 私も……すごく、キミのことが欲しくなったから……」
主人公に今回指揮したお仕事のことを一通り話すと
リンは立ちバックで責められながら自分が輪姦されたらどうなるかの妄想を語ります。

エッチはお互いに責め合うスタイルで進めます。
前半の2パート42分間はそれほど危険度が高くない任務を終えた後にするプレイ。
「1-2H.『もしあのまま捕まってたら、どうなってたんだろうね……♪』(約22分)」は立ちバックSEX
「2-2H.『目の前にあるおちんぽのことしか、考えられなくなるんだ……♪』(約20分)」はフェラをします。
ちなみにどのシーンも4分程度の未遂パートを挟んでからエッチに進みます。

「当然、射精のときも、抜いてはもらえない……♪ 私のことを孕ませるつもりで……♪ おまんこの一番奥に、中出しされるんだよ……♪」
彼女は彼に寝取られマゾの嗜好が少しはあることを知ってるらしく
実際にされてないことを割と生々しく語ってイメージ力を膨らませます。
その一方で体のほうは完全に彼に委ねて気持ちよさそうな吐息を漏らします。

エッチシーンはほぼずっと囁き声で話すため、大きな喘ぎ声を漏らすことはほとんどありません。
寝取られ妄想、ピストン音、吐息を組み合わせて無理なく射精へ追い込みます。
嫉妬心や独占欲を適度にくすぐってきますからややMな人に最も向いてます。
事後はちゃんと優しい言葉をかけてくれますし、エッチを盛り上げるスパイスとして取り入れてます。

後半の2パート48分間は寝取られ妄想の方向性が変わります。
「3-2H.『知らない男の人とイチャイチャえっちしても、それを不思議に思わないんだよ……♪』(約24分)」は
長年指名手配されてる強力な魔法使いに催眠術をかけられたら
「4-2H.『キミに迷惑をかけたくないから、仕方なく彼に抱かれるんだ……♪』(約24分)」は
彼女と同じ日に騎士団長になった中年男性に陥れられたらどうなるかをSEXしながら話します。

「催眠にかかってる、っていうことは…… 何をされても、それを不思議に思わないってことだから……♪ 彼に、好き放題に弄ばれてるのかもね……♪」
前半よりも相手の人物像が鮮明になってることを活かし
3-2Hでは見た目は普通だけど実は催眠が解けてないことを匂わせるセリフを言います。
またその魔法使いが主人公よりも逞しかったことを告げて劣等感を与えます。

彼女も寝取られ妄想エッチを2回やってハマり始めてるのかもしれません。
意地悪度を多少上げて彼がどういう反応を見せるか観察します。
そして最後は中出しを決めさせて自分が彼のモノだとわかりやすく伝えます。
ちゃんとフォローしてくれますから本気で彼を不安にさせようとしてるわけではないです。

「キミの赤ちゃん……欲しく、なっちゃいそうだ……♪ ちゃんと、避妊魔法、かけてるのに……♪ 卵子が……キミの精子を、お迎えにいきそうだよ……♪」
4-2Hも基本部分は一緒ですけど、敵が自分と同じ騎士団長だったこともあり
精神的に参ってるようで普段よりも彼に甘えたり愛情を注ごうとする色が強くなってます。
あなたが家で待ってくれてるから過酷な仕事も頑張れる。
本来は男女の仲を引き裂く寝取られを、逆に絆を強める素材として活用してます。
プレイ自体は正常位でガンガンSEXしながらキスするだけなので、それ以外の部分のほうが印象に残ります。

このように、プレイよりもシチュやセリフで興奮させる個性的なエッチが繰り広げられてます。
美味しいとこだけ食べられる作品
シリーズの特徴をファンタジー世界に当てはめてるやや変わった純愛作品です。

リンは騎士団長の激務の合間に主人公との幸せな時間を過ごそうと
シーンごとに任務の内容を話しながら、その相手に犯されたらどうなるか妄想で語ります。
そして4パート中3パートで生ハメ&中出しSEXをして心底惚れてることをアピールします。

普段は凛々しいけど2人きりの時は甘えん坊な女性が愛する人と自宅でイチャイチャするシチュ
どのパートも寝取られ妄想を盛り込み、それを語りながら状況に合ったプレイをするテーマ性のあるエッチ
寝取られの宿命である「愛する人を失う」部分を完全に取り除き
スリルや背徳感といった興奮できる要素だけを抽出したある意味わがままな作り。
寝取られ作品が増えてる昨今でも他では見かけない作品に仕上がってます。

中でも2番目は言葉責めの大部分を寝取られ妄想に割いてるので
パートごとにまったく違うストーリーや展開が味わえて面白いです。
後になるほど手ごわいキャラが出てくるのも聴き進める楽しさが生まれてます。

総時間の7割以上がエッチですから当然抜きにも役立ちますけど
ファンタジー世界が舞台なので多少のストーリー性もあります。
雨降って地固まると言いますか、こういうプレイで2人の関係が強化されるのも良いです。

「寝取られを扱ってるのに女性が寝取られないのは邪道だ」と言う人がいるかもしれません。
でもサークルさんがそのことを明言されてるなら別にいいんじゃないでしょうか。
こういう作品がきっかけで寝取られに興味を持つ人もいると思います。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「たまには普通に甘えたいな……♪」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:35(本編…2:05:32 おまけ…8:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月12日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
シリーズの過去2作も10月7日まで50%OFFの550円で販売されてます(DLsite)。



サークル「ラムネ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、仕事中は厳しいけどプライベートはとっても優しいお姉さんが
職場の後輩にあたる男性と出張中に濃厚なエッチをします。

自分の気持ちをはっきり伝えてから無理矢理感を出さずにリードしたり
エッチの最中はやや下品なフェラ音やオホ声交じりの喘ぎ声をガンガン漏らすなど
彼女の想いの強さやドスケベっぷりを表現しながらじっくり色仕掛けします。
逆寝取られをテーマにしてますが暗さやは重さは薄いので聴きやすく感じるでしょう。
かっこいい先輩が見せるメスの顔
先輩の波多野 美紀とホテルで色んなエッチをするお話。

「4号車の、7-Aと7-B、7-Aは…あった、ここだ」
美紀は明るくて落ち着いた声のお姉さん。
新幹線の車内で座る席を見つけて主人公に教えると
荷物を網棚に乗せてから左に座り雑談をします。

本作品は現在28歳で仕事をバリバリこなしてる彼女が
5つ年下で以前面倒を見てた彼とおよそ90分に渡ってイチャイチャします。
彼女は彼が入社した当時からそれなりの好意を寄せており
久しぶりに一緒に働くことになったこの出張を絶好の機会と考えてます。
そんなわけで序盤から親しげに語りかけて堕とせるかどうか見定める素振りを見せます。

「……あら、そうなの? 彼女、いたんだ……おめでとう」
彼が入社した当時のことを楽しそうに振り返りながら
プライベートの話題になるとさり気なく恋人の有無を確認します。
そしているとわかったら少し寂しそうな表情でお祝いの言葉をかけます。

たぶん彼女は彼と離れ離れになった後に心から愛してることを自覚したのだと思います。
だから恋人がいたとしてもなりふり構わず積極的に誘惑します。
冒頭の12分間は2人がエッチするまでの過程が丁寧に描かれててわかりやすいです。

「もっともっと私が欲しい……? 私なら、君の彼女よりたくさん気持ちよくさせてあげられるよ」
そしてエッチ開始後は普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
彼に対して好きなことをはっきり伝えながら体の匂いを熱心に嗅いだり
やや下品なちゅぱ音を鳴らして男心を上手にくすぐります。
さらに彼が十分食いついた後は自分のほうが魅力的であることをアピールして心を一気に引き寄せます。
普段の態度が真面目だからこそ、プレイ中に見せるドスケベっぷりとのギャップが大きいです。

彼が最終的に恋人から彼女に乗り換えるので逆寝取られなのは間違いありません。
しかし立場を利用して彼を脅したり、無理矢理犯すといったことはやらずに王道の色仕掛けをします。
彼がほとんど抵抗しなかったところを見ると、最初からある程度の好意を持ってたように見て取れます。
暗さや重さを感じる描写も僅かなので背徳感をあまり抱かずに聴けるでしょう。
メインは色仕掛けで、それを盛り上げたり特徴づけるために逆寝取られを取り入れてる感じです。
美紀のすべてを曝け出すエッチ
エッチシーンは5パート64分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、ちん嗅ぎ、フェラ、体の拘束、乳首/腋舐め、SEX(騎乗位、対面座位、立ちバック)、恋人との電話です。
体の拘束、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ねぇ……もっと見たい? 私の胸」
予約の手違いで主人公と同じ部屋に泊まることになった美紀は
仕事を無事終えたお祝いにお酒を飲んでから軽く誘惑して彼の反応を見ます。

エッチは最終パートを除き年上の彼女がリードします。
最初の2パート26分間は彼女の積極性やエロさを前面に押し出したプレイ。
「2章:相部屋逆NTR ほろ酔い囁き手コキ(約15分)」はキス、耳舐め、手コキ
「3章:ドスケベちん嗅ぎ フェラ(約11分)」は軽いちん嗅ぎとフェラで1回射精させます。

「私は期待してたよ、君とこうなっちゃうこと」
「上下に優しく……しこしこ しこしこ しこしこ しこしこ」

彼女は彼と2人きりになれる時をずっと待ってたのでしょう。
エッチの開始直後に好きだったことをストレートに伝え、それから口を使って唇や耳を丁寧に愛します。
手コキは音を鳴らさない代わりにシコシコボイスを多く言ってわかりやすく表現します。

キスする時にちゃんと彼に許可を取ってますから無理矢理感はありません。
2章は責め方も緩いのでエッチしても大丈夫か確認する意味合いが強いです。
彼を甘やかすセリフもそれなりにあって、逆寝取られとは思えないほど雰囲気が穏やかでした。

それに対して3章は彼女のドスケベなところを前面に出してます。
汗で蒸れ蒸れになったおちんちんを鼻を鳴らして嬉しそうに嗅いだり
フェラ開始後は「ずびびっ」というパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。
彼女は匂いフェチらしいので彼の匂いを嗅ぐシーンを何度か挟んできます。

「君とこんなにいちゃいちゃ出来るなんて、夢みたい」
最中に彼女が幸せそうな表情を見せながら尽くすのが印象的でした。
フェラの中盤でおちんちんを咥え込む際に彼女のほうから喉奥で責めることを提案します。
そして軽くせき込んでもしっかりやり遂げ精液も口で受け止め飲み干します。
「恋人よりも私のほうがあなたを愛せる」とアピールして心をこちらに傾けるわけです。
下品な姿を見せるのも、匂いフェチだと教えるのも本当の自分を知ってもらいたいからだと思います。

続く3パート38分間はプレイがさらに濃くなります。
「4章:逆寝取られ騎乗位生ハメエッチ(約18分)」は騎乗位
「5章:彼女からの電話 隣で寝取り囁きされながら エッチ(約8分)」は対面座位でSEXします。
そして「7章エピローグ(約12分)」はその後どうなったかをエッチメインでお届けします。
ちなみに4章の時間は販売ページだと12分45秒となってますが実際は21分03秒です。

「はっ はあっ 突き上げられちゃ おおっ ぎもぢっ おっ おっ」
4章は本作品の山場なだけあってエロさと個性の両方が強いです。
彼の耳、乳首、腋を丹念に舐めながら匂いを嗅いで気持ちを盛り上げ
SEX中はオホ声交じりの激しい喘ぎ声をガンガン漏らします。
生ハメを選んで存分に中出しさせるなど、男が喜ぶ要素をいくつも盛り込み一気に堕とそうとします。

オホ声はSEXに絞り込んでるし、普通の喘ぎ声と混ぜてるので癖が強いと言うほどではありません。
ギャップを持たせたうえで彼女が幸せを感じてる様子をエロく表現します。
そして5章は途中に恋人から電話がかかってくるシーンを挟んで変化をつけます。
この2パートを聴けば彼もすっかり彼女にのめり込んでるのがわかるでしょう。

このように、普段と違うメスの顔を見せてあれこれお世話するタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ライトな逆寝取られ作品
逆寝取られを扱ってる音声作品の中でかなり軽い部類に属するややM向けの作品です。

美紀は職場の後輩で以前から好きだった主人公をモノにしようと
出張先のホテルで相部屋を用意し、そこで隙を見せたりやんわり誘惑して彼の反応を確かめます。
そしていけそうだと判断したらドスケベっぷりを発揮して欲望を存分に満たします。

普段はクールだけどエッチは下品に振舞う先輩が恋人持ちの後輩をエッチで堕とすシチュ
フェラのちゅぱ音やSEXのオホ声などギャップを持たせて興奮させる彼女らしいエッチ
逆寝取られにありがちな暗さ、重さ、背徳感を極力薄めた聴きやすい作り。
通常ならくっつきにくい男女がそうなる様子を明るくエロく描いてます。

中でも2番目は仕事のできる女性が
好きな人のために本当の自分を曝け出す愛のあるエロスが楽しめます。
セリフが終始優しかったり尽くす姿勢でリードすることも含めて
逆寝取られなんだけど彼のことも十分思いやりながらエッチしてます。

彼女が彼を好きになったのは入社当時、彼が恋人と付き合い始めたのはその後なので
彼女にはBSS(僕が 先に 好きだったのに)という気持ちがあったのだと思います。
悪意に基づく行為とは違いますから、これなら純愛系のお話かなぁと私は見てます。
ドロドロした展開とは方向性が違うのでそこだけご注意ください。

唯一残念だったのはキスシーンが短いこと。
確認したところ全パート合わせても8分くらいです。
彼女のプロフィールにわざわざ「好きなプレイ;キス」と書いたのなら
もう少し長くやっても良かったのではないでしょうか。

射精シーンは5回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、くちゅ音そこそこです。

CV:こやまはるさん
総時間 1:32:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月26日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



メランコリア~人妻麻美の事情~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は第3章以降の様子を中心に紹介します。
愛を取るか、快楽を取るか
後編のエッチシーンは3パート83分間。
プレイはキス、フェラ、手マン、乳首責め、SEX(バック、騎乗位)、オナニー、クンニ、69です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「俺の気分が変われば 契約を直前で取り消すこともできる」
2章からさらに1週間後、和夫がいない昼間に麻美の家を訪れた透は
彼女を抱きしめキスしながら拒絶した場合どうなるか教えます。

エッチは引き続き透が主導権を握り麻美が時折責めに回ります。
最初の「三章 そこにあるのは(約33分)」は彼女の心の変化を描くパート。
キス、フェラ、手マン、SEXとプレイ自体は第2章とそこまで変えず
その中にポジティブなセリフを多めに入れて彼女がさほど嫌がってないことを表現します。

「こうしてフェラをしていると 前回の絶頂をありありと思い出すことになります あなたの全身が おまんこが 熱くなっている」
彼女にとって透とのSEXはよほど衝撃的だったのでしょう。
彼と会わない日々が続くことにほっとする一方で体の疼きを覚えます。
だからこの時も表面上は抵抗する姿勢を見せてるのに、体はすぐ火照りおまんこも濡れ始めます。
そんな心境をお姉さんが実況と暗示で上手に伝えます。

前編はエッチするまでの過程を厚めに描いてたのに対し
後編は前置きを大幅に減らしエッチの様子を重点的にお届けします。

この3章も3分程度のドラマパートを挟んだら早速エッチが始まります。
SEXの時間も20分以上と長く、彼女が快楽に溺れていく様子を主観的に楽しみやすくなってます。
彼女の心が和夫から透へ傾いてる様子もきちんと盛り込むなど
体の寝取られから心の寝取られに目標が変化してます。

続く「4章 そして・・・。(約21分)」はそれを決定づけるパート。
場所を自宅からラブホへ移し、朝まで透とエッチを続けていよいよ彼のモノになります。

「その時 あなたは覚悟をします 自分がもう 戻る意思がないことを そして あなたは透のものであることを」
ここでは彼女が自分の意志で透に寝取られることを選ぶシーンがありまして
彼女の心がもう和夫から離れてしまってるのがよくわかります。
「おちんちんが欲しい」とおねだりしたり、SEX中にあることを誓うなど
通常のエッチよりも儀式的な意味合いを強くして彼女が寝取られを受け入れたことを強く印象付けます。

感度を上げたり絶頂させるアプローチももちろんありますが
もう終盤なのでボイスドラマとして上手く締めくくれるように進めます。

最後の「終章 メランコリア(約29分)」は割とドロドロしたお話。
さらに後日、いつものように透と自宅でエッチしてた麻美にある出来事が起こります。
手マンと乳首責めで体を十分に温めてから69へ移り
騎乗位→正常位っぽい体位でSEXするディープな構成です。

ただし、このパートについてはそれよりも独自要素のほうが存在感は大きいかなと。
寝取られ作品はスリルや背徳感といった心のスパイスも重要になりますから
そのへんを一層強化して寝取られの完了をドラマチックに演出します。
暗さや重さがそれなりにあるおかげで他よりもゾクゾク感を強めに味わえました。

このように、ドラマ性を出しつつ麻美の視点で寝取られを疑似体験させるM向けのエッチが繰り広げられてます。
重厚な寝取られ作品
貞淑な人妻が他の男とエッチしてすべてを奪われる様子を綿密に描いた独特な女体化作品です。

麻美は夫の先輩で仕事の重要なパートナーでもある透をもてなそうと
自宅へ来た際に親しく接し、不意にエッチなことをされても我慢する姿勢を見せます。
しかしフェラやSEXをした結果彼の立派なおちんちんが忘れられなくなり
中盤以降は自分から積極的に求めて純粋な快感と寝取られる快感に酔いしれます。

夫のことを深く愛してる人妻が他の男と色んなエッチをして寝取られるシチュ
その様子を催眠の技術や丁寧な実況で主観的に味わわせる面白い演出
物語を5つの章に分け、彼女が堕ちていく様子をじっくり描くドラマ性の高い作り。
催眠ボイスドラマに強いサークルさんの持ち味を活かした作品に仕上がってます。

中でも2番目は同人音声では決してできないことなので新鮮味があります。
催眠誘導と女体化に十分な時間を割いてそれぞれをきっちり行い
その後は時折再度深化させるシーンを挟みながら生々しいエッチをして物語の世界に引き込みます。
こういう作品はバランス感覚が重要になるので、そのへんを卒なくこなしてるところに実力の高さが窺えます。

寝取られをテーマにしてる時点で視聴後の後味はどうしても悪くなります。
しかし現実世界でできないプレイを疑似体験させるのは催眠音声ならではと言えます。
そう感じたのはそれだけのめり込めたことを意味するので、結局は好みの問題じゃないかなと。
タイトルの「メランコリア(憂鬱症)」からもそういうお話であることがわかります。

後編の絶頂シーンは5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:霜月優さん
総時間 4:05:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで30%OFFの1155円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、職場の同僚と結婚し幸せな生活を送ってる人妻が
夫の先輩にあたる男性と背徳的なエッチを経験します。

女性の立場で寝取られプレイを味わうのが最大の特徴で
序盤は体への刺激をソフトにする代わりにドラマ部分を強化して物語の世界へ引き込み
その後はよりハードなプレイをしながら逞しいおちんちんに蹂躙される気持ちよさや
愛する夫を裏切る背徳感をくすぐって充実したドライ絶頂に導きます。

総時間が246分もあるため前編(催眠パート~第2章)、後編(第3章~終章)の2回に分けてお送りします。
女性視点で寝取られを体験
北村 麻美になりきって大谷 透と色んなエッチをするお話。

「では 今から簡単な準備を行っていきます」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
音声を聴く際の環境や注意事項を簡単に説明すると
目を開けたまま両手を上にあげるように言います。

本作品は音声で根強い人気を誇る寝取られを普段とは違う視点で楽しむことを目的に
お姉さんがおよそ240分に渡って催眠をかけたりドラマ性の高いエッチを提供します。
彼女は案内役と催眠者を担当するので物語に直接参加することはなく
ヒロインの麻美、その夫である和夫、和夫の先輩で会社の取引相手にあたる透の3人でお話が進みます。

背景を簡単に説明しますと、麻美と和夫は元々職場の同僚で3年前に結婚しました。
現在麻美は会社を辞めて家にいるのですが、和夫が仕事の営業先で透と偶然出会い
自宅へ招待した時に彼のほうから半ば強引に仕掛けて関係を持ちます。
そしてその後は事あるごとに家へ押しかけ、よりディープなプレイを楽しみます。

「初めて会った 和夫の先輩と ディープキスをしているあなた そんな状況に なぜか体が熱くなり 興奮してしまう」
KUKURIさんと言えば質の高い催眠ボイスドラマをいくつも制作されてるサークルさんです。
本作品もその例に漏れず、麻美と透のエッチに色んな要素を盛り込んで上手に盛り上げます。
麻美が何を思い、感じてるかを綿密に描きながら状況に応じた暗示を入れ
さらに心が少しずつ和夫から透に傾く様子も描いて背徳感を出します。


ボイスドラマとしての面白さも十分にありますから
音声を聴いてると映画を観てる時のような没入感が味わえると思います。
そして様々なセリフを主観視点で表現し、彼女の立場でこれらを体験できるように進めます。
通しで聴くのはさすがに厳しいので2~4回に分けて聴くことをおすすめします。
催眠パートも含めた1章あたりの時間は77~116分くらいです。
リラックス重視の丁寧な催眠
催眠は2パート40分間。
最初の「催眠パート(約29分)」は仰向けで横になり
お姉さんに言われた通りに腕を上げたり光の玉を両手で包み込むイメージをします。
後で目を閉じる指示が出ますから最初は開けたまま聴くことになります。
またこのパートに限りショートバージョン(約21分)が存在します。

「はい 両手がすーっと 開いていきます そうです ゆっくりと ゆっくりと開いていく」
「ゆっくり」を多めに挟んで気持ちを落ち着けやすくしたり
光の玉のイメージを使って心を軽く浄化するなど
テーマの女体化や寝取られは無理に絡めず催眠にしっかり入れるようにアプローチをかけます。

本作品のエッチはイメージ力が重要になるので
いくつかのイメージを絡めてそれが自然と高まるように催眠を進めます。

イメージの内容も簡単なものばかりでやりやすいです。

お次はリラックスしながら催眠状態を徐々に深めていきます。
天井の一点を見つめてからカウントに合わせて瞼を閉じ
さらに深呼吸を軽くしたり彼女に言われた言葉を復唱して心地よさを膨らませます。

「じーっと見つめていると 瞼が重たくなるのを感じます そして 目を開けているのが だんだんと億劫に感じます」
「すべてに身を委ね ゆったりとした状態へ 口から声を出すたびに 次第にリラックスしていく」

目を閉じるシーンは瞼が重くなる、復唱するシーンは心と体を脱力すると
状況に応じた暗示を的確に入れてスムーズに誘導します。
復唱は自己暗示を入れる形にしてるので、彼女に入れられるよりも効果が出やすいです。
パートの終盤には光のイメージを使って体を温めるなど
多くの人が癒しを感じる要素を色々盛り込んで物語に没入しやすくします。

続く「女体化パート(約11分)」は麻美になりきるシーン。
自分がなりたい女性の姿を軽くイメージしてから
カウントに合わせて胸→お尻→腰→喉ぼとけ→髪の毛→肌→全身とひとつずつ変えていきます。
そして最後は胸やおまんこといったエッチで重要になる部位の感度を上げます。

「触れられると とても気持ちよくなります 大きくなった乳房や 綺麗な乳首に刺激があると 体が反応するようになります」
部位ごとの暗示は軽いので、麻美になったのを実感するのはエッチが始まった後になるでしょう。
感度上昇もプレイ中に結構小まめにやってくれます。
容姿についてはこれといって思い浮かぶものがなければ挿し絵の女性で大丈夫です。

しっかり催眠をかけてから女体化に移る手堅い催眠です。
聴き手を麻美になりきらせることを目的に
軽い運動やイメージを交えたテストから入り凝視法、深呼吸、自己暗示を入れる形の深化
そしてパーツごとに細かく分けて行う女体化とほぼ一直線に進めます。

リラックスを重視してるおかげで彼女の暗示を受け入れやすく
視聴中は心地よさや体の温かさを強めに実感できました。
女体化は大まかにやってエッチで強化する流れになってます。
心情描写に力を入れたゾクゾクするエッチ
前編のエッチシーンは3パート67分間。
プレイはキス、太もも/おまんこを撫でる、手マン、乳揉み、フェラ、パイズリ、SEX(立ちバック)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「あなたは 慌てて逃げようとする しかし 男性の力に勝てるはずもなく 体は押さえ込まれてしまう」
自宅で和夫と飲んでる透にトイレの場所を尋ねられた麻美は
そこへ案内する途中で突然体を押さえられ熱いキスをします。

エッチは終始透が責め、麻美は受けの立場で行います。
最初の2パート23分間は第1章のお話。
「序章 はじまり(約11分)」はキスと股間へのソフトな責め
「序章 居間で(約12分)」は太ももとおまんこへの愛撫で1回目の絶頂を迎えます。

「あなたの口の中で 透の舌が動き出す ゆっくりと いやらしく 口の中の粘膜を舌の先でなぞられる すると あなたの背中が ゾクゾクとする」
麻美は和夫を愛してますから当然抵抗する姿勢を見せます。
しかし体格差がかなりあるため払いのけることもできずディープキスまで許してしまいます。
そしてその様子をお姉さんがわかりやすく描きながら
嫌がってるのに感じてる複雑な心境を盛り込み寝取られ感を出します。

実は麻美と和夫はエッチに関してかなり淡白な状況で
彼女のほうから誘っても「仕事が忙しいから」と拒否される日々を送ってます。
このところ毎日オナニーで性欲を発散してたとも言ってるので
会ったばかりの男に体を激しく求められたことが内心嬉しかったのだと思います。
妻の顔とメスの顔が混在してるからこういう心境や反応をするわけです。

そしてできるだけ麻美と同じ視点でこのエッチを楽しめるように
セリフの表現を工夫したり暗示を小まめに入れて臨場感を出します。
この2パートは2人がエッチするきっかけ作りにあたるのでそれほど踏み込んだことはやりません。
でも彼らの性格や人間関係といったドラマ部分が丁寧に描かれてて引き込まれるものを感じます。

寝取られは過程も重要ですからこういう進め方のほうが良いと思います。
また途中に再度深化させるシーンを挟んで催眠状態を維持しやすくする配慮もされてます。
長時間作品の弱点をカバーしてるのがKUKURIさんらしいなと。

前編の最後にあたる「二章 キッチンで(約44分)」はおよそ1週間後のお話。
和夫と飲むために再び自宅へ乗り込んできた透が
和夫を酔い潰してから今度はキッチンでより踏み込んだプレイをします。

ここでは飴と鞭を組み合わせて麻美を追い込む駆け引きのあるエッチが楽しめます。
透は和夫よりも遥かに立派なおちんちんを持っており
それを麻美に見せつけたりパイズリフェラをさせて欲しい気分を膨らませます。
さらに「体を差し出せば和夫との取引で便宜をはかる(=彼が出世できる)」と言ったり
弱みを握って彼女がエッチを拒否できない状況を作ります。

「それはとても熱くて逞しい あなたは その肉棒に興奮しているのがわかる」
彼女としては夫以外の男に抱かれるのは嫌だけど
立派なおちんちんを味わって溜まった性欲を発散できるのは魅力的だと思ってます。
そんな揺れ動く気持ちを一気に崩すために軽い脅しをかけたのでしょう。
夫のために仕方なく相手する形にすれば一応彼女も言い訳できます。
そういった心理戦を盛り込むことで寝取られプレイにより深みを与えます。

最終的にSEXするのもスリリングで良いです。
すぐ近くで夫が寝てるのに他の男のおちんちんを受け入れ絶頂する。
非日常的なエッチをリアルに描写してゾクゾク感も味わわせてくれます。
さすがに中出しまではしませんけど、この時点で半ば寝取られは完了したと言っていい状況です。

前編部分をまとめると催眠がしっかりしててエッチも寝取られの要所を押さえてます。
催眠は十分な時間を設けてリラックス、深化、女体化を順番にやる手堅い作りですし
エッチもいきなりハードなプレイをやらず、まずはキスや体の愛撫といったソフトなもので雰囲気を作ります。
そして2章は追加で色んな要素を盛り込み体の征服をほぼ完了させます。
和夫に対する愛情はまったく衰えてないので、3章以降はそこをどう攻めるかが焦点になります。

前編の絶頂シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
メランコリア~人妻麻美の事情~(後編)

CV:霜月優さん
総時間 4:05:51


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで30%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「レッドキャビア」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学生時代から付き合い始めて現在は結婚してる女性が
職場の上司とエッチして寝取られる様子を夫の視点で楽しみます。

寝取られ報告をメインに据えてその様子を生々しく語ったり
中盤には電話越しに彼女の痴態や本音を聞くシーンを設けるなど
最愛の女性が心身共に他の男のモノになる過程を綿密に描いて嫉妬心や背徳感を上手に煽ります。
貞淑な妻がおちんちんに堕ちるまで
妻の朱美に寝取られ報告されるお話。

「これ もしかして 私にですか?」
朱美は丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
主人公に結婚指輪を渡されて少し驚くと
その場ですぐOKの返事をして幸せな家庭を築くことを誓います。

本作品は大学を卒業した直後に結婚し現在は専業主婦をしてる彼女が
夫の窮地を救うために他の男と何度もエッチします。
彼は先日仕事で重大なミスをしてしまい会社に多大な損失を与えました。
普通ならクビになっても仕方ない状況ですが、彼の上司がある条件を提示してきます。

「え? 私が上司の方と会う それも明日ですか?」
それは朱美が上司と会い抱かれること。
彼女もさすがに嫌がりますが、愛する夫を助ける唯一の手段ということで結局了承します。
しかしこれがきっかけで2人の関係は大きく変わっていくわけです。

タイトルを見ればわかるように、本作品のエッチは寝取られ報告をメインに据えてます。
彼女が上司とどんなエッチをしたか、その時何を思い感じたかを綿密に語ってくれるので
音声を聴いてればその様子が頭の中に自然と浮かんできます。
そして普段の彼女が清楚だからこそ、他の男に抱かれて乱れる姿が余計そそります。

2人がエッチしてる様子を見せつけられることはないですけど
それに近いパートはあるので寝取られマゾな人ほど興奮できるでしょう。
上司も逃げられない状況を作ったうえで自分の男らしさを見せつけて彼女を堕としにかかります。
屈辱感や背徳感を煽りながら追い込むので、やや黒いドロドロした射精感が味わえます。

物語が進むにつれて真相や彼女の本心が明らかになるのも魅力です。
1回目と2回目の寝取られ報告はやることだけを見ればほぼ一緒ですけど
その内容や意味合いには大きな違いがあります。
エッチしないパートで彼女が何をしてたかも教えてくれますし、ボイスドラマとしての面白さも十分にあります。
奪われる快感と裏切られる快感
エッチシーンは3パート59分間。
プレイは寝取られ報告(キス、乳揉み、手マン、耳舐め、SEX)、キス、手コキ、耳舐め、上司とのキス/SEX(騎乗位、正常位?)を電話越しに聞くです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ あなたがそう言ってくれるなら 話しますね」
主人公の頼みを受け入れて上司とホテルでエッチした朱美は
帰宅後に彼へどんなことがあったか報告します。

エッチは寝取られ報告されながら手コキしたり彼女の痴態をオカズにします。
一番最初の「3.1回目の寝取られ報告(約31分)」は彼女が初めて上司に抱かれた時の様子。
ラブホじゃないホテルのロビーに座ってた彼女が彼と出会い
部屋に移動してから何をされたか克明に語ります。

「しましたよ 必死で がむしゃらに 下品なキス 付き合いたての恋人以上 ううん あつあつの新婚夫婦よりも激しい 濃厚ベロチュー」
朱美は今まで主人公以外とエッチしたことがなく、その内容も淡白なものでした。
でも夫の将来がかかった大事な時ということで上司に請われて濃厚なキスをしてみせます。
部屋に移動するまで10分もの時間を割き、そこまでの様子をひとつひとつ丁寧に語るので
プレイ自体はソフトですけど臨場感が高く物語の世界に引き込まれるのを感じます。

寝取られはシチュが重要ですから、いきなりエッチに持ち込むよりもこうしたほうが良いと思います。
この時点の彼女は主人公のために頑張る健気な女性です。

「クリトリスと おまんこの奥の気持ちいいスポット とんとん とんとんって小刻みに優しく責められて 私 立ってられなくて 膝から崩れ落ちたんです」
しかし部屋に移動した後は上司の責めに対して好意的な感想を漏らします。
主人公よりも立派なおちんちんを持ってる、責めっぷりが荒々しくて男らしい
生まれて初めて絶頂したなど上司のほうがオスとして優れてることを至るところで匂わせます。

彼女はもう上司とエッチするのが確定してるのですから
それならいっそ楽しんだほうがいいと思うのも仕方ないことです。
彼女の体は色々と未開発のはずなので、上司とのエッチで女の快感に目覚めてもまったくおかしくありません。
そうやって彼女の心も寝取られに傾きつつあることをやんわり伝えます。

ちなみにこのパートでSEXに関する報告はたったの2分と非常に短いです。
普通の寝取られ作品なら一番濃く描くプレイなのに、本作品では敢えて脇役に据えてます。
これもサークルさんの演出ですから最後まで聴けば理由がちゃんとわかります。

主人公への責めについてはパート中盤から手コキが始まり
水音をゆっくり鳴らしながら終盤に耳舐めを加える結構ソフトな内容です。
寝取られ報告がかなりエロいので、彼が途中で暴発しないように手加減してるのでしょう。

続く「7.幕間~出張、そして~(約14分)」はしばらく経った後のお話。
約束通り主人公はクビをまぬがれ仕事を順調にこなせるようになりました。
そして出張中に朱美へ電話をかけると普段と違う彼女が出てきます。

「あぁっ ピストン 弱く 弱くぅ 抜かないで なんで なんで? ちゃんと ちゃんと電話出られたのにぃ」
自分から上司に激しいピストンを求めたり
目の前でおまんこを開いて挿入のおねだりをするなど
清楚だった彼女のイメージとは正反対の淫乱な姿をガンガン見せてくれます。

説明文にも書いてあるので話してしまうと
最初の電話を切った直後に上司から再度電話がかかってくるため
この時の彼女は電話越しに自分のエッチを主人公に聞かれてることを知りません。
だから主人公や上司のことをどう思ってるのか素直に語ります。

主人公が何かをしてる描写はないので彼女の痴態をオカズにオナニーする形になります。
1回目の寝取られ報告よりもずっと堕ちててエロさが高めでした。
上品な人妻が他の男のおちんちんでイキ狂わされる展開もそそります。
間接的とはいえこれも立派な寝取られ報告ですからテーマに沿ってると言えるでしょう。

そして最後の「8.2回目の寝取られ報告(約14分)」でようやく真相が明らかになります。
彼女が寝取られ報告しながら手コキするところは前回とまったく一緒です。
でも肝心の報告の内容がかなりディープになってます。

サークルさんもネタバレされたくないようですから本レビューでもそれが何かは書きません。
でもこのパートを聴けばすべてが繋がりひとつの物語として完成します。
当然背徳感が最も強く味わえるので濃厚な敗北マゾ射精が迎えられるでしょう。

このように、寝取られ報告を軸に据えてパートごとにその内容を変えるブラックなエッチが繰り広げられてます。
生々しい寝取られ作品
貞淑な人妻がどういう経緯で寝取られたかを綿密に描いてるM~ドM向けの作品です。

朱美は主人公を仕事の危機から救うため、渋々ながらも上司に抱かれることに同意します。
そして最初は抵抗したり夫への愛を貫く姿勢を見せてたのが
上司の逞しいおちんちんや底なしの精力に押されてどんどん寝取られの快感に溺れていきます。

清楚な妻が夫のために上司とエッチし淫乱なメスに成り下がるギャップのあるシチュ
寝取られ報告の時間を最も長く取り、状況説明や彼女の内面を丁寧に描くイメージしやすいエッチ
後になるほど彼女の心と体が離れていく寝取られ展開。
寝取られの要所を押さえつつ、暗さや重さを多少柔らげて聴きやすくしてます。

中でも2番目は彼女を裏切りにくそうな性格にしたうえで体を未開発な状態に設定し
主人公とは正反対の属性を持つ男性を相手に据えてどう変化していくかを生々しく描きます。
セリフの表現やお話の組み立て方がしっかりしてるおかげで
彼女がどんな風に抱かれてるかがわかりやすくなってます。

「ね? 癖になっちゃいそうでしょ? 私その時 初めての感覚に 背中がゾワゾワして でも逃げられなくて 今まで感じなかったところまで 感じるようになっちゃって」
それでいてあまり説明的に感じないのは心情描写を厚めにしてるからでしょう。
彼女が何を思い、感じたかを主観的に語るから夫の立場で聴いた時に悔しくなるわけです。
でもその悔しさが射精時の快感を増幅させてくれます。

上司とエッチした結果主人公を裏切る時点で朱美が善人だとは思いません。
でもこうなるきっかけを作ったのは主人公自身にあるので、100%彼女が悪いと言う気もないです。
彼女を満足させるための努力を怠ったのも事実ですし自業自得かなと。

寝取られをテーマにしてる作品ですから誰にでもおすすめできるものではありません。
ですがそれは好き嫌いの話であって作品の良し悪しとは違います。
内容は非常にしっかりしてるし、真相や彼女の本音が少しずつ明らかになる展開も素晴らしいです。
「嗜好が合う人なら高確率で満足できるだろう」と言える品質を持ってます。

射精シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:かの仔さん
総時間 1:24:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月14日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「制服少女」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、心よりも体の相性を重視する女の子が
立派なおちんちんを持つ男性と自宅で妊娠覚悟のSEXを楽しみます。

彼女のほうから生ハメ&中出しを積極的におねだりしたり
中盤以降はストレートに「好き」と言いながら気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らすなど
寝取られから連想されるスリルや背徳感を和らげたSEX特化のエッチをします。
SEX中はほとんどセリフを挟みませんから、吐息や喘ぎ声が好きな人ほど興奮するでしょう。
理想のおちんちんを求めて
りえが彼氏候補の男性と種付けSEXするお話。

「なんか 緊張しますね 他の人とSEXって いけないことですよね」
りえは甘く清楚な声の女の子。
男性を家に招き緊張した様子で話しかけると
今の彼氏よりも大きいおちんちんを見て喜びます。

本作品はおちんちんの大きさを何よりも重視してる淫乱な彼女が
その条件に該当する男性と自宅でおよそ70分に渡るSEXをします。
彼女には現在付き合ってる男性がいますが、その人はおちんちんがあまり立派じゃないそうで
何度かSEXした結果まだ1回もイけない消化不良な状況が続いてます。
だからそれを吹き飛ばそうと序盤から積極的に誘惑します。

「彼氏いるけど大丈夫です 子宮に中出ししてもいいです そのつもりで来たので」
エッチを始める前に中出しOKなことをはっきり告げたり
SEXが始まったら可愛い喘ぎ声をたっぷり漏らすなど
声のイメージよりもずっとエロいキャラに描かれてます。
でもキスだけは本当に好きになった時まで取っておく健気なところもあります。

愛情よりも体の相性を重視するところはやや変わってますが
気に入った相手にはとことん尽くす性格をしてるので悪女という感じはしません。
物語の中盤以降は「好き」と何度も言いながらエッチしますし
強引に寝取られるのではなく、自分から快楽堕ちする展開になってます。

また作中で彼氏が登場するのはごく一部でして
しかも彼女の家に訪問したけど無視される完全な脇役として扱われます。
基本的には彼氏候補の視点でエッチする形になりますから
私はどちらかと言えば寝取られよりも寝取り作品と呼んだほうがしっくりくると思います。

彼女が割とあっさり堕ちるので寝取られ特有のスリルや背徳感は薄めです。
その代わり純粋なエロさがパワーアップしててオナニーのオカズにかなり役立ちます。
詳細は次項で説明しますが割と尖った作りになってます。
たっぷり喘いでくれるエッチ
エッチシーンは5パート56分間。
プレイは乳揉み、SEX(だいしゅきホールド、対面座位、駅弁、立ちバック?)、鎖骨あたり/唇へのキス、放尿です。
乳揉み、SEX、放尿の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「SEXの前に おっぱい揉んで欲しいです」
エッチを始める前に自分の気持ちをはっきり伝えたりえは
まずは彼氏候補におっぱいを揉んでもらって気持ちをさらに高めます。

エッチは終始彼が責め続けます。
最初の3パート31分間は彼女が彼を品定めするシーン。
「【1】 ☆おっぱい☆(約2分)」は軽い乳揉み
「【2】 ☆だいしゅきホールド☆(約14分)」はだいしゅきホールドでのSEX
「【3】 ☆対面座位☆(約15分)」は対面座位SEXと早速がっつり愛し合います。

「彼はいい人ですけど だいしゅきホールドしてあげるほど好きじゃないっていうか」
彼女は彼氏のことを本気で愛するところまでは至ってないようで
キス、だいしゅきホールド、中出しといった最大限の愛情表現は避けてきました。
でも彼氏候補に対してはキス以外のふたつを序盤に解禁して特別感を出します。

開始前に「エッチしてから付き合うか決める」と言ってましたけど
おちんちんを見た時点でほぼ彼氏候補に傾いてたようです。
欲望に忠実と言いますか、快楽をストレートに求めるわかりやすい性格をしてます。

「あっ あっ んぅ ふぅ ふぅ」
そしてSEXに突入すると思う存分乱れて彼を上手に応援します。
挿入してから射精が終わるまでセリフを完全に取り除き
吐息や喘ぎ声といったエッチな声とピストン音だけでその一部始終を表現します。

さらに最初のSEXが始まったらエッチがすべて終わるまでおちんちんを一度も抜かずに続けます。

セリフを一言も挟まないのは正直驚きました。
販売ページの説明文にも書いてある通り、本作品のSEXシーンは完全なアドリブだそうです。
呼吸や喘ぎ声のリズムが適度に変わるし絶頂時は普段よりもやや大きな声を漏らします。
喘ぎ声を固めて聴けるので好きな人ならきっといいオカズになるでしょう。

「ちんちん抜いちゃやだ 気持ちいい 好き ちんちん好き」
SEXを繰り返すたびに彼女がデレていくのもいいですね。
最初は2人を天秤にかけてたのが、3番目のパートを終えた頃にはすっかり彼氏候補の虜です。
彼氏を裏切ることに対して後ろめたさを感じてる様子はあまりありません。
理想のおちんちんに出会えたことを喜んでるように見て取れます。

続く2パート25分間は完全に乗り換えることを見据えたややアブノーマルなエッチ。
「【4】 ☆駅弁セックス☆(約9分)」は不意に訪問した彼氏と玄関のドア1枚を隔てて駅弁SEXし
「【5】 ☆トイレでセックス☆(約16分)」はトイレに移動して(たぶん)立ちバックで再度中出しします。

「イっちゃいました おしっこ漏らしてイっちゃいました 気持ちいいです」
この2パートをアブノーマルと言う理由は放尿を絡めてるから。
どちらもおちんちんを挿入した状態で玄関やトイレにぶちまけます。
これも彼氏とするSEXとの差別化を図ってるのかなと。
こういうプレイを嫌がるどころか嬉しそうにする彼女もなかなかの変態です。

どちらかと言えばトレイのほうが抜きやすく感じました。
時間が長めに取ってありますし、喘ぎ声も玄関の時より激しいです。
放尿はあくまでおまけですから余程苦手な人でもない限り大丈夫だと思います。

このように、彼女が乱れる様子を重点的に描くSEX特化のエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視の寝取り作品
彼氏持ちの淫乱な女の子をおちんちんで魅了するややS向けの作品です。

りえは現在の彼氏では決して得られない快感を味わおうと
立派なおちんちんを持つ男性を家に呼んで思う存分生ハメ&中出しします。
そしてSEX開始後は吐息、喘ぎ声、ピストン音だけでプレイの様子を表現し
さらに後になるほど彼女がデレて寝取られたことを強く印象付けます。

おちんちんの大きさで男の価値を決める女の子と妊娠覚悟のSEXをするシチュ
2番目以降のパートはどれもSEXを中心に置き、体位を変えながらひたすら喘ぎ声を漏らす尖ったエッチ
スリルや背徳感を薄める代わりにエロさを増強した聴きやすい作り。
快楽に従順な彼女の性格をそのまま反映させたあっさり系の寝取りが楽しめます。

中でも2番目は純粋なエロさが高いのに加えて
彼氏持ちの女の子をおちんちんや精液で蹂躙する征服欲も満たせます。
彼女が最初から寝取られる気満々なので無理矢理感はまったくありません。
自分にとって理想の男性に出会えたことを素直に喜び、乱れます。

「私のおまんこに 真っ白で濃厚な くっさいイカ精子 ぴゅーっていっぱいおしっこしてもいいんですよ」
清楚な声でこういうやや下品なセリフを言うところもすごくいいなと。
淫乱キャラだからでしょうけど男の喜ばせ方をよく心得てます。
喘ぎ声もリズムや強弱を適度に変えて実際にしてる感じを上手く出してます。

唯一気になったのは射精シーンがわかりにくいこと。
パートの終盤に彼女が大きめの喘ぎ声を出してから中出し報告をします。
射精の瞬間とそれがわかるタイミングが少しずれてるので
この内容だったら射精音を入れても良かったと思います。
まだ始まったばかりのサークルさんですし、今後のご活躍がとても楽しみです。

射精シーンは4回。
喘ぎ声多め、くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

喘ぎ声を聴きながら抜きたい人には特におすすめします。

CV:杏子御津さん
総時間 1:09:16

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月5日まで20%OFFの792円で販売されてます。



サークル「エーアイスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、同じクラスで「王子様」と呼ばれてるクールな女の子が
自分を助けてくれた男性とちょっぴりスリリングなエッチを楽しみます。

暗さや重さが出ない程度に寝取られを絡めてあるのが特徴で
どのパートも他の男に襲われたけど全部助かってる状況に設定し
エッチ開始後は嫉妬心や征服欲をくすぐる言葉責めを小まめにして上手に興奮を煽ります。
落ち着いた態度でドスケベに振る舞う彼女のキャラも魅力的です。
カッコよく見えるけどポンコツな彼女と
恋人の篠崎 玲と4種類のエッチをするお話。

「なんだか とても新鮮な気分だな ただの冷たい氷水が 火照った体には こんなに染み入るなんて」
玲はややトーンが低いクールな声の女の子。
カラオケボックスで強姦されそうになったところを主人公に助けられると
別段仲良くないのにどうして助けてくれたのか尋ねます。

本作品は男子からは近寄りにくいけど女子にはすごくモテる彼女が
ただのクラスメイトに過ぎなかった彼とおよそ80分間の変わったエッチをします。
彼女はLカップのおっぱいを持ってるせいで男に言い寄られることが多く
この日も媚薬を飲まされ犯される寸前まで追い込まれました。
しかし隣の部屋にいた彼に無事救出され、その結果彼を運命の人だと思うようになります。

「素敵な白馬の王子様が 魔物に襲われてるボクを助けてくれる そんな普通な妄想に浸って 夜な夜な自分を慰めるくらいには普通のね」
男っぽい口調と落ち着いた声のおかげで彼女は王子様っぽいキャラに映ります。
でも実際は夢見がちな性格をしており、自分をお姫様として扱ってくれる人を求めてました。
媚薬の効果で興奮してるのも相まって助けられた直後から積極的に彼を誘惑します。

声と責めっぷり/乱れっぷりにそれなりのギャップを持たせてますから
音声を聴けば聴くほど彼女のドスケベっぷりがわかるでしょう。
彼を興奮させる言葉責めをガンガンしたり、自分から中出しを求めてとことん尽くします。

もうひとつ、全編を通じて彼女が何度も寝取られそうになるのも大きな特徴です。
2人が付き合い始めた後も体育教師、義理の父、AV男優といった
彼女の体を求める他の男が出てきてその時のことを語ります。

「ボクはね この手に残った あいつの嫌な感触を ここで襲われかけた辛い記憶を 全部 キミに上書きしてほしいと思って キミを呼んだと」
はっきり言っておきますと彼女が作中で寝取られることは一切ありません。
寝取られそうで寝取られないスリルを彼に味わわせて嫉妬心や独占欲をくすぐります。
そして彼女も彼に悪い思い出を塗り替えられて嬉しそうな表情を見せます。

防鯖潤滑剤さんの「ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」と似た特徴を持ってますから
あちらが好きな人はこちらも楽しめると思います。
寝取られが持つデメリットを取り除き、スリルだけを味わわせて抜きやすくしてます。

クールでドスケベな彼女のキャラと寝取られ未遂を絡めたエッチ。
人を選ぶジャンルをより多くの人が楽しめるようにアレンジしたややS~ややM向けの作品です。
言葉責め重視の熱いエッチ
エッチシーンは4パート57分間。
プレイは乳揉み、キス、手コキ、玲のオナニー、玉揉み、SEX(正常位、対面立位?)、体の洗浄、手マンです。
手コキ、SEX、体の洗浄、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら 触ってみてくれ ボクのおっぱい どうだい? 柔らかいだろう?」
普段よりも熱っぽい声で自分のことを語った玲は
媚薬で火照った体を鎮めるためにおっぱいを揉んで欲しいとお願いします。

エッチは彼女がリードしながらほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の「1.助けてくれたお礼にカラオケ密室乳揉みいちゃラブベロキス手コキ(約15分)」は
2人が恋人になるきっかけにあたるパート。
乳揉みから始まりキス→手コキと進んで気持ちいい射精に導きます。

「キミがボクを助けてくれたんなら ボクからキミの唇にキスを捧げて キミの舌に甘噛みをして ボクの歯型をたっぷりと残してやるからな」
彼女はドラマチックな救出劇と媚薬の効果で彼にすっかり惚れ込んでます。
だから自分の体を捧げる代わりに彼を自分のモノにしようと動きます。
声や態度は普段通り落ち着いてますが、セリフの端々から彼女の心情が伝わってきます。

彼女は今まで女子生徒にチヤホヤされてたそうですから
逆に自分を受け止めてくれる相手を求めてたのでしょう。
序盤から思いのたけをぶつけて彼の心をガッチリ掴もうとします。
プレイは割と普通なので彼女のセリフや態度が個性的なパートと言えます。

続く2パート27分間はもうひとつの魅力である寝取られ未遂が存在感を増します。
「2.深夜の体育倉庫で二人きり煽りまくり妊娠ガチおねだりいちゃラブ処女喪失(約13分)」は
軽い玉揉みを挟んでから正常位で彼に処女を捧げ
「3.両親がいない彼女の家でお風呂場泡踊り密着いちゃラブ本気種付けセックス(約14分)」は
彼女の自宅でソープっぽいサービスをしてから再び繋がります。

「キミが思っているより 何億倍もキミのことが大好きで そんなキミと初めてができるなんて ボク キミが思うより何兆倍も幸せなんだ」
「ほらほら この乳に他のメスの手垢がついてるんだぞ いっぱい揉んで 舐めて キミだけのものだけと教え込んでやらないと」

付き合い始めた後も彼女の態度は変わりません。
引き続き愛の言葉をストレートに投げかけ、それと同じくらい彼の独占欲をくすぐります。
もしかしたら彼に寝取られマゾの気があると思ってるのかもしれません。
嫌な思い出を取り除いてくれるお返しに彼が喜びそうなことを積極的にやります。

SEXの時に必ず生ハメ&中出しするのも本作品のテーマに合ってて良いなと。
彼女の愛を感じながら女性に対する征服欲を満たせます。
寝取られを絡めてるからこそ、それ以外の部分をとても甘くして純愛プレイに仕上げてます。

「ボクのこと孕ませたいなら もうちょっと 逞しいオスになってくれよ?」
3番目のパートは彼を挑発するセリフが充実してます。
義理の父親にお風呂を覗かれて危機感を抱いたようで
危険日にも関わらず自分から中出しをおねだりしてより親密な関係になろうとします。
そして彼が躊躇しないよう上のようなセリフを言って励まします。

彼女自身は彼と結婚して子供を産む気満々ですから
ネガティブなセリフもすべて愛情表現と受け取ることができます。
大学へ行ったら同棲しようと持ち掛けますし、2人の仲がどんどん良くなってるのがわかります。

最後の「4.大学進学同棲いちゃラブ結婚射程圏内から一転騙されてAV出演NTRビデオレター撮影(約15分)」は
これまでと違う趣向のイメージプレイ。
彼女がAV女優になって出演したらどうなるかを用意した台本通りに進めます。

「篠崎 玲 大学1年生の19歳です えっと こういうエッチなビデオは5本目になるかな」
冒頭にお約束の自己紹介をしたり、主人公との関係を落ち着いた様子で語るなど
現実世界のAVでもやりそうなことを挟んでから乳首責めとSEXをします。
そしてパート後半に入るとそれを解除して普通に愛し合います。

他のパートと違って彼女がAV男優になびくシーンがありますから
嫉妬しやすい人ほど燃え上がるかもしれません。
でも最後はちゃんとこちらに戻ってくるので安心して聴けます。
ここもきっちり中出しを決めますし、寝取られを含んでるのにイチャラブ感が強いです。

このように、彼女のキャラと寝取られ未遂を上手く組み合わせた愛情深いエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口のイチャラブ作品
純愛とほぼ正反対の要素を敢えて盛り込んでるキャラ&シチュ重視の作品です。

玲はカラオケボックスで自分を助けてくれた主人公をモノにしようと
ボクっ娘らしい穏やかな態度で猛烈な誘惑をします。
そして無事くっついた後は寝取られ未遂をスパイスにしながら何度もSEXします。

カッコよさそうに見えて実はポンコツな女の子と色んなシチュでエッチする純愛ストーリー
どのパートも寝取られ未遂を盛り込み、それを使って彼を興奮させる変わったアプローチ
声や態度は落ち着いてるのにセリフや責めっぷりは割と激しい彼女のキャラ。
彼女の魅力を引き立てながら寝取られの重さや暗さを極力和らげる感じに組み立ててます。

中でも2番目は昨年から登場した新しいジャンルなので個性がありますし
聴き手に与える嫉妬心と同じくらい甘いプレイをしてマイナスの部分を打ち消してます。
彼女は彼のために寝取られ未遂のエピソードを語ってるだけで浮気する気はまったくありません。
最初から最後まで彼を一途に愛し続けて自分のすべてを捧げます。

危うそうに見えるけど安定感のあるエッチをしますから
寝取られが余程苦手な人でもない限り普通に抜けるし楽しめます。
彼女のキャラも見た目や声とはやや違ってて印象に残りました。

唯一気になったところは喘ぎ声の扱い。
2番目以降のパートがSEX中心なのに喘ぎ声をほとんど漏らしません。
良くも悪くも言葉責めに力を入れてる関係で彼女がほぼずっと話し続けます。

聴き手の嫉妬心を煽ることを優先してこうなったのでしょうけど
さすがに初SEXすら少ししか喘がないのは不自然かなぁと。
言葉責め自体は良かったので、それをする時としない時を分けておけば
喘ぎ声もある程度入れられてより自然なエッチになったと思います。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:17:03

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月15日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大学の同級生と結婚し幸せな毎日を送ってる人妻が
義理の妹にあたる女の子と自宅で熱いエッチをします。

人妻になりきって女性に寝取られる快感を味わうシチュが魅力で
プレイ自体は女性同士から連想される甘いものを多く取り揃え
その中に年下の女性に弄ばれる快感や、夫を裏切る背徳感を織り交ぜてゾクゾクさせます。
展開は非常にマイルドですから寝取られが余程苦手な人でもない限り普通に聴けるでしょう。
人妻の寝取られを疑似体験
お姉さんに催眠をかけられ義妹の優奈と3種類のエッチをするお話。

「その機械の名前は アムリタ 形としては 人と同じくらいの卵を想像してください」
お姉さんは明るくて清らかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を手短に説明すると
主人公を仮想空間フェアネスへ案内するアムリタという機械をイメージさせます。

本作品はVRゲームのように仮想世界でエッチな体験ができる機械を使って
彼女がおよそ140分に渡るちょっぴり背徳的なプレイを味わわせます。
催眠および女体化に50分近くも割いてゆっくりじっくり進め
エッチも各パートが終わった後に再度深化するシーンを設けて催眠状態を維持しやすくしてます。

「この世界では人妻の奈津美として振る舞い 思考してください」
最大の魅力は人妻になりきって寝取られる展開。
結婚してまだ1年の奈津美が夫の妹にあたる優奈にガンガン責められ
自宅のお風呂場、台所、リビングで弄ばれる様子を主観的に楽しみます。
乳首やおまんこを的確に責めて絶頂させる、双頭ディルドを使って2人同時の絶頂を目指すなど
男性とエッチする時とはプレイ構成を変えてゆっくり丁寧に進めます。

寝取られが題材になってますけどあくまでエッチがメインですから
夫に関係がバレて離縁させられるとかの暗い要素はありません。
単なるレズプレイだと個性が薄いのでやや複雑なシチュにして面白味を出してます。
中盤以降は奈津美も普通に楽しみますし雰囲気は終始甘めでした。
奈津美の心情やその推移も描かれてて同じ視点で楽しみやすくなってます。

ちなみに全編を一気に聴くこともできますが3回に分ける方法も用意されてます。
その場合は1視聴あたりの時間が90分程度まで短くなります。
パート構成は付属のテキストに書いてあるのでそれを参考にすれば大丈夫です。
他にも催眠&女体化パートは短いバージョンが用意されてたりと使い勝手に気を配ってます。
異世界へ移動し女性の体に
催眠は2パート48分間。
最初の催眠パートは仰向けに横になってから深呼吸を6分ほど続け
それから長めのカウントを頭の中で数えながら全身を上から下へ流す感じに脱力します。
目は途中で閉じる合図が出ますから初めは開けてお聴きください。

「あなたの中にある 余分なものや いらないものが 吐き出されて ゆきます」
「まずは頭から 力が抜けていく すーっと 頭が軽くなっていく」

深呼吸は大まかな合図を出しながらその合間にリラックスできる言葉を投げかけ
脱力は心、頭、首&肩、背中&腰、胸&お腹と分けて
それぞれで体が軽くなる暗示を入れて心身をリフレッシュします。
そして脱力の締めくくりに10カウントダウンして1回目の深化を促します。

本作品の催眠は別世界へ移動し、そこで女性型のアバターに心を移す感じで進めますから
ネットゲームのプレイ経験がある人ならよりイメージしやすく感じるでしょう。
催眠ボイスドラマなだけあって単にかけるのではなくストーリー性を持たせて進めます。

これらが終わった後はいよいよ仮想空間フェアネスに降り立ちます。
目の前に広がる海に入って体を水面に浮かべ
少し経つと体を沈めてより深い場所へと移動します。

「深い 深い 海の 底へ 落ちていく 落ちる 落ちる どんどんと 落ちて…いく」
沈んでいく時は「落ちる」と小まめに暗示を入れ
さらに時折水面へ浮かび上がる描写を挟んで催眠状態と半覚醒状態を何度か往復させます。
後になるほど体の重さや心地よさを強く実感するでしょう。
ここまでを約35分かけて行うのんびりしたリードです。

次のキャラメイク+女体化パートは女体化とエッチに向けた準備。
海底の先にある場所でこれから自分がなりきる女性像(アバター)をイメージし
それから扉の先にある螺旋階段をアバターと2人で下りて行って心と体をひとつにします。

「ぐるぐると ぐるぐると 回る 回る 回る」
「股間を意識してください そこに女性の膣と クリトリスがあることに気がつきます もし その膣に 何かが入ってきたら あなたの体は とても気持ちが良くて 体がビクビクと反応します」

「〇周」と状況に合った言い方でカウントを何度も数え
さらに「ぐるぐる」「回る」を多めに言って意識の力をさらに弱めます。
女体化はゲームでキャラメイクするのとほぼ同じ要領で容姿を定め
それからおまんこやおっぱいといったエッチで重要になる部位の感度を上げます。

女性像は具体的なことを言いませんから聴き手の自由にイメージしていいのでしょう。
深化を三段構えにしてあるおかげで私が聴いた時はかなり深いところまで入れました。

エッチに向けた環境作りを着実に進める丁寧な催眠です。
聴き手をフェアネスへ案内してから奈津美になりきらせることを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、海のイメージを交えた揺さぶり
女体化した自分のイメージ、そして更なる深化&女体化とほぼ一直線に進めます。

同シリーズの前作「EUPHORIA~TRANCE CHANGE~女の子になった僕」と内容がほぼ一緒な点は残念ですが
催眠誘導、女体化誘導いずれも安定感があります。
深化に力を入れてるので落ちる、沈む感覚を味わいやすいです。
女体化についてはエッチが始まった頃から実感できると思います。
女同士のいけないエッチ
エッチシーンは3パート65分間。
プレイは体の洗浄、耳舐め、乳首責め、手マン、キス、クンニ、スパンキング、双頭ディルド責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「優奈はスポンジにボディソープをつけます そしてあなたの背中に優しくスポンジを当てます」
催眠を通じて主人公を奈津美になりきらせたお姉さんは
ある日の夜、自宅へ遊びに来た優奈とのプレイをリアルに語ります。

エッチはお姉さんは天の声として直接参加せず、優奈に責められたり責め合います。
一番最初のHパート1(約15分)は2人がこういう関係になるきっかけを描いたパート。
奈津美と一緒にお風呂へ入った優奈が体を洗うついでにおっぱいやおまんこをいじります。

「何度も 何度も 太ももを撫でる 思わず 全身がゾクゾクとしてくる」
奈津美は以前から優奈と仲良くしてたので
お互い裸になっても特に警戒せず彼女の好意を受け入れます。
しかしだんだんエッチな雰囲気へと変わり、それに合わせて気持ちよくなる暗示が徐々に増えます。

寝取られの第一段階ということで優奈も慎重に責めてました。
体を洗った拍子にうっかり触れてしまった感じにして
奈津美の反応を見ながらどんどん大胆な行動に移ります。

「優奈はあなたの両乳首をきゅっとつまむのです 強烈な刺激に襲われる 思わず天井を見上げて 大きな声を上げてしまう」
パート中盤に入ると完全に気持ち良くすることを見据えた責めに変わります。
両乳首を指でつまんで強めの快感を与えたり、おまんこにも手を伸ばして女の絶頂へと追い込みます。
奈津美も気持ちいいようでそれほど抵抗せずに受け入れてました。
終盤にはカウントを数えながら絶頂させるなど
女体化作品の経験豊富なサークルさんらしい流れるようなリードが光ります。

続く2パート50分はもうひとつのテーマである「寝取り」の色が強くなってきます。
「Hパート2(約22分)」は翌日、昼食を作ってる途中で優奈に襲われ
「Hパート3(約28分)」は数日後に再びやって来た優奈と熱いエッチをします。

優奈「奈津美の乳首もう立ってるじゃん 気持ち良くて嬉しいんでしょ?」
奈津美もさすがにこの関係を続けるのはまずいと思ってるらしく
どちらのパートも序盤で多少抵抗する姿勢を見せます。
しかし優奈に引き下がる気はないようで、彼女のことをわざと呼び捨てにして上下関係を明確にします。
奈津美が従順な時は優しく、そうでない時はやや厳しくと態度を変えて上手に屈服させてました。

しかしエッチがある程度進むと奈津美も快楽に溺れるようになります。
乳首とおまんこを中心に責めるところは前のパートと一緒ですが
手マンからクンニに変える、キスを加える、お互いの性器を責め合うと
プレイをより濃いものにしたうえで、奈津美もこのエッチを楽しんでるのがわかるように進めます。

女同士なら抵抗して逃げることも可能なはずですから
それをやらず優奈と一緒に絶頂を迎えるところに彼女の気持ちがよく表れてます。
夫とのエッチと比較する描写もあったりと、心が優奈へ傾いてるのが自然と伝わってきます。

「優奈にされるクンニ それは気持ちいいと同時に なぜか幸せな気持ちになれるのです」
Hパート3は締めくくりに相応しい濃厚なプレイが登場します。
乳首責めや耳舐めの後にお互いのおまんこを舐め合う体勢へと変わり
後半からは優奈が持参した双頭ディルドで責め合って幸せな絶頂を迎えます。
奈津美も優奈とするエッチに幸福感を抱くなど、エッチの序盤とは反応や心境が随分変わります。

同じ女性だから弱点を的確に突かれてるのでしょうね。
夫では味わえない快感を与えて心を引き寄せる快楽堕ちっぽい展開になってます。
スパンキングを軽くする以外はハードな描写もありませんし
やや変わった設定を持つレズプレイあたりに留まってます。

このように実況、暗示、心情描写をバランスよく組み合わせたちょっぴり背徳的なエッチが繰り広げられてます。
甘めの寝取られ作品
寝取られ特有の暗さや重さを大幅に軽減した異色作です。

お姉さんは奈津美が過去に味わったエッチな出来事を疑似体験させようと
まずは催眠を通じてフェアネスへと案内し、そこで女体化もして準備を整えます。
そしてエッチは3つのシーンに分けて女の快感と寝取られる快感をじっくり味わわせます。

人妻になりきって義妹に寝取られる非常に変わったシチュ
古典催眠の技法とイメージを組み合わせてゆっくり落とす堅実な催眠
レズプレイの中に多少の寝取られ成分を盛り込んだややM向けのエッチ。
サークルさんが得意とする女体化エッチを普段と違う視点で描いてます。

中でもエッチは登場人物たちの心情を交えて一体感と臨場感を出し
さらにプレイも女性同士ならではのものを主軸にして柔らかさを出してます。
優奈は割とSな性格をしてますけど奈津美のことを深く愛してます。
だから彼女が自分の言うことを聞いてくれてる限りは手荒なことをせず喜ばせる方針を取ります。

個人的にはもっと寝取られ色を強くしたほうがテーマ性が出ると思うのですが
サークルさんでは普段扱わないジャンルだから慎重に制作されたのかもしれません。
相手をわざわざ親族の女性に設定してるのも暗さや重さを和らげるための工夫です。

絶頂シーンは5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:涼貴涼さん
総時間 2:23:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
143分で1100円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「スクィーズ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ甘やかし上手なお姉さんが
恋人を裏切って他の男とエッチする様子を色んな手段で見せてくれます。

彼女がドスケベビッチに成り下がる様子をエロさ高めにお届けするのが特徴で
序盤は赤ちゃん言葉を話しながらおっぱいで気持ち良くする世話好きな女性だったのが
寝取り男の逞しいおちんちんを相手にする時は下品な声や音を鳴らしながらうっとりした表情を見せます。
痴態を見せつけるシーンが多いので、そういうのをオカズにオナニーするのが好きな人ほど楽しめるでしょう。
優しかった彼女が極太チンポの虜に
お姉さんが他の男とエッチする様子を見守るお話。

「うふふっ なぁに? そんなにおっぱいばっかり見て」
お姉さんは甘くて穏やかな声の女性。
主人公が自分のおっぱいばかり見てることに気づくと
すぐさまおちんちんを包み込んで気持ちよくしてあげます。

本作品はお姉ちゃんに近い雰囲気を持ってる優しい彼女が
恋人の彼から他の男に乗り換える様子を彼の視点で楽しみます。
彼女が寝取られていく過程やその後の様子を重点的に描いており
寝取られマゾが悔しさを感じながら抜ける要素がいくつも用意されてます。

「あぁ 顔に擦りつけると 余計に匂いが強くなっちゃう」
彼女は彼と付き合ってる時は比較的ソフトなプレイをしてたのですが
寝取られ男と出会ったことで激しく責められる喜びに目覚めます。
極太なおちんちんに顔を近づけて匂いを嗅ぎながらうっとりした声を漏らす姿や
ピストンされてる時に漏らすオホ声交じりの喘ぎ声がなかなか下品です。

主人公のおちんちんを貶し、寝取られ男のおちんちんを持ち上げるシーンもそれなりにあって
彼女が相手の男らしさに惚れ込んでるのがよくわかります。
中盤で軽く手コキした後は直接エッチすることがなくなり
代わりにフェラやSEXを見せつけてオナニーのオカズを提供します。

彼女の声や態度は終始穏やかなので暗さや重さはそれほどありません。
愛情よりもおちんちんの立派さを重視して他の男性を選ぶ快楽堕ちっぽい展開になってます。
どちらかと言えば背徳感よりも純粋なエロさを強調してるように感じました。
総時間の9割近くがエッチシーンでプレイも独自のものが多いからです。
上品な女性が下品に振る舞うエッチ
エッチシーンは6パート65分間。
プレイはパイズリ、電話越しのSEX(バック)、手コキ、精液を顔に塗りたくる、寝取られ告白、フェラの鑑賞です。
パイズリ、SEX、手コキ、顔に塗りたくる際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「おちんちんがおっぱいの中で カチカチになってきてるの わかっちゃってまちゅよー」
主人公のおちんちんをパイズリで責め始めたお姉さんは
赤ちゃん言葉で語りかけながら中の様子を嬉しそうに実況します。

エッチはシーンによって責め手を変えながら進めます。
一番最初の「1.愛情たっぷり甘々パイズリ(約12分)」は彼女が寝取られる前のお話。
おっぱいを比較的ゆっくりペースで動かしながら優しい言葉をかけます。

「おっぱいに負けるなー がんばれっ がんばれっ 君が男らしく腰を振ってる姿 かっこいいぞー」
この時点の彼女は彼を甘やかすのが好きで仕方ないといった様子。
短小早漏包茎な彼がすぐ射精しないようわざと刺激を弱めに設定し
励ましたり褒めるセリフを投げかけて心もぽかぽかにします。

射精の時はぴゅっぴゅのセリフを言ってくれますし、まさに至れり尽くせりです。
このパートだけを見ると彼女が寝取られるとはとても思えません。

しかし次の「2.電話越しの声(約7分)」から状況が一変します。
「運動してる」と言い訳しながら艶めかしい声を漏らし
同時にパンパンというピストン音も鳴ってて彼女がSEXしてるのがすぐわかります。
そして「3.ある日送られてきた特殊な化粧品実演スマホ動画(約12分)」では
彼女が使ってる化粧品を紹介する形で2人の男性に手コキします。

「ダメっ 今 今はね 移動中なんだ 日課なの…おぉぉ」
こういうことを言ってるのはまだ彼に寝取られを知られたくないのでしょう。
でもやや下品な喘ぎ声と激しいピストン音がエロく
これだけでもいいオカズになるくらいの実用性を持ってます。
最初のパートとほぼ正反対のプレイをすることでギャップを大きくしてるのも良いです。

「ボクちゃん このボトル君たち もうすぐ出ると思うから 私が化粧水かけられちゃうところ よーく見ておいてね」
3番目のパートは彼女がビッチに成り下がったことを強調しながら進めます。
ふたつあるおちんちんの特徴を語ってから顔を近づけてオスの匂いを堪能し
同時にしごいて精液を顔で受け止める彼女のイメージとは随分違うプレイです。

2番目のパートとは違って別に悪びれたり隠そうとする様子はありません。
むしろドスケベになった自分を主人公へ見せつけてるように感じました。
嬉しそうな表情をしながら積極的に責めますし、彼女の堕ちっぷりが際立ってます。

ちなみにこの2パートは唐突に始まるので
初めて視聴した時は置いてけぼりを食らったように感じるかもしれません。
ですがこれらの背景は「4.寝取られ告白~最後の手コキ~(約18分)」できちんと教えてくれます。

「それに 彼のおちんぽったら すっごいの ボクちゃんみたいな包茎で 短小の 可愛いおちんぽみたいじゃなくて ぶーっとくて なっがーいおちんぽ」
寝取られ男のおちんちんの逞しさ、責めっぷりの激しさ、精液の多さなど
男性としての能力がいかに優れてるかを語って心が既に離れてることを伝えます。
そして最後のほうに4分ほど手コキしてお別れの挨拶をします。
告白中はバックで彼女の喘ぎ声や効果音も流れるので状況をイメージしやすいです。

終盤の2パート16分間は寝取られマゾを喜ばせるためのプレイ。
「5.目の前で見せられるフェラチオ鑑賞(約13分)」はフェラ
「6.送られてきたハメ撮りレター(約3分)」はSEXを主人公に見せつけて惨めな射精を味わわせます。

「最後は亀頭ね ここもピカピカになるまで お口で綺麗にするんだけど 彼の亀頭おっきいから お掃除が大変なの」
亀頭や裏筋といった敏感な部分をひとつずつ丁寧に責め
おちんちんを咥えた後は「ずごごー」という空気交じりの力強いちゅぱ音を鳴らすことで
彼女がすっかりビッチになったことを抜きやすい形で表現してます。
主人公は見るだけですが別にオナニーしてもいいのでしょう。
元恋人が目の前で他の男にご奉仕するシチュもなかなかくるものがあります。

このように、彼女が他の男に溺れていく様子を丁寧に描いたキャラ重視のエッチが繰り広げられてます。
さっぱりしてる寝取られ作品
シチュよりもエッチ中心で寝取られを組み立ててる聴きやすい作品です。

お姉さんは甘えん坊で可愛いおちんちんを持ってる主人公を甘やかそうと
恋人よりも母親に近い態度でソフトなパイズリをして喜ばせます。
しかし大きなおちんちんと抜群の精力を持つ男性に出会うとメスの快感に目覚め
激しいピストンを受けながら下品な喘ぎ声を漏らしたり、おちんちんをねっとり味わう淫靡な姿を見せます。

仲の良かった恋人が他の男に寝取られる様子を眺めるM~ドM向けのシチュ
普段の彼女は上品にしてエッチの時だけ下品に振る舞うギャップを持たせた作り
電話越しにSEXを聴く、手コキや乱交の様子を動画で見るなど
悔しい気持ちを抱きながら抜けるように仕上げた独特でエロさ高めのエッチ。
寝取られの要所を押さえつつ、暗さや重さがある程度和らぐように作品を組み立ててます。

主人公からしてみれば残念な結果になりますが
彼が彼女に甘えっぱなしでだらしなかったところを見ると「自業自得かなぁ」とも思えます。
寝取った男性は彼女をモノにしようと色々頑張ってますからね。
主人公に少しでも甲斐性があればここまであっさり寝取られることはなかったでしょう。

おちんちんの立派さという努力ではひっくり返せない要素が決定打になってることも含めて
聴き手が「そういう理由じゃ仕方ないよね」と思えるように物語を進めてます。
彼女は寝取られの一部始終をきちんと説明した後に別れてますから悪女な印象は特にないです。

エッチは劣等感や嫉妬心を煽るプレイが充実してて面白いです。
彼女と直接イチャイチャする時間は短いので
他の男に責められたりご奉仕する姿をオカズに抜く感じになります。
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声がどれも力強くて股間にビンビン響きました。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:15:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月4日まで50%OFFの440円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「るるもりあん」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、演劇部に所属するサービス精神旺盛な後輩が
変わった性癖を持つ先輩と色んなエッチをして幸せなひと時を過ごします。

「もし彼女が他の男に寝取られたらどうなるか」を話しながら体も責めるのが特徴で
学校の同級生、声の依頼をしてきた男性、カメラ小僧とパートごとに相手を変え
彼らに犯されて喜んでる様子を実況しながら優しい言葉もかけて背徳感のある射精に導きます。
彼女が実際に寝取られることはありませんから一風変わった純愛作品として楽しめるでしょう。
大好きな先輩は寝取られマゾ
後輩の寝取られ妄想を聞きながらエッチするお話。

「せんぱーい 眠そうですね」
後輩は甘く可愛い声の女の子。
シナリオの執筆で寝不足な主人公に声をかけると
彼が先日書いた演劇部用のシナリオを見せます。

本作品は以前から彼に密かな好意を寄せてた彼女が
自分の恋人が寝取られるのを妄想するのが好きな彼とおよそ90分に渡ってイチャイチャします。
付き合う前、付き合い始めた後、コミケの帰りと全編を3つのシーンに分け
それぞれに合ったプレイをしながら寝取られ話を積極的にして彼を上手に興奮させます。

「せーんぱーい マイク越しとはいえ 私が見知らぬ男の子に 愛を囁いていたと知って そんなに妬いちゃいますか?」
体育倉庫で同級生の男子に逞しいおちんちんで蹂躙される
自分以外の男性に愛の言葉を囁いたりキスする様子を聞く
有名なカメラ小僧に個人撮影会で種付けされるなど
恋人が実際されたら強い怒りや嫉妬を覚えるものばかりです。

しかしこれらはどれも空想の産物で彼女がそういう目に遭うことはありません。
彼もそうなることを望んでませんし、愛情表現の一種に留まってます。
終盤には生ハメ&種付けして彼女をモノにするシーンもあります。

またプレイに臨場感を持たせるために彼女が密着して囁きながら責めることが多いです。
おちんちんのみすぼらしさを貶したり、他の男に奪われる快感を煽るM向けの言葉責めと
彼のことを純粋に愛するあまあまなセリフを組み合わせてバランスを取ってました。
体への責めは割とシンプルなので、寝取られ妄想やセリフのほうが存在感は大きいです。

聴いたことがある人向けに補足すると、今年の3月と7月に発売された
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」に似た特徴を持ってます。
彼女が本当に寝取られる展開が好きな人が聴いたらたぶん肩透かしを食らうでしょう。
奪われる快感と独占する快感
エッチシーンは4パート77分間。
プレイは寝取られ報告、おっぱいを押し付ける、手コキ、キス、フェラ、SEX(騎乗位?)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩 先輩 聞いてください 今日私 とうとう寝取られてしまいましたぁ」
主人公が先日書いたシナリオを見て彼が寝取られ妄想マゾだと気づいた後輩は
体を密着させながらそれを耳元で読んで彼の願いを叶えてあげます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
前半の2パート35分間は2人が付き合い始める時やその後の様子を描いたプレイ。
「1.演劇部後輩の初めての囁き寝取られ煽り…♪(手コキ)(約21分)」は彼が書いたシナリオを読み
「2.先輩をマイクに見立てて……♪(手コキ)(約14分)」は声優の仕事もしてる彼女が
水島君という他の男性から依頼されたシナリオを演じてみせます。

「メスの本能に一瞬にして強烈な印象を刻み込む まさにオスの象徴 先輩の貧弱なおちんちんとは全然ちがう に・く・ぼ・う」
彼女は彼のことが大好きですから、寝取られ妄想マゾだと知ってもまったく態度を変えません。
それどころかノリノリな様子で彼が喜ぶ言葉責めを繰り出します。
シナリオに登場する男子生徒が彼よりも立派なおちんちんを持ってることを利用して貶したり
おまんこをガンガン責められ堕ちる様子を丁寧に語って背徳感を煽ります。

それでいて要所できちんと優しくしてくれるのがいいですね。
彼を凹ませるのではなく、もてなすための寝取られ実況だとわかりやすく伝えます。
手コキについては「しゅくっ」という滑らかな水音を
後になるほどハイペースで鳴らす至ってシンプルなものです。

「先輩 好き 大好き ずっとこうしたいって いつも思ってました」
2番目のパートは寝取られ妄想の方向性を変えてます。
キスをしたり「好き」など愛のセリフを水島君に投げかけて彼の嫉妬心を煽ります。
手コキは玉揉みを多少加えてる程度で1番目とあまり違いは見られません。
甘いセリフの割合が高く、彼女の心を奪われた感覚を与えることに力を入れてます。

後半の2パート42分間はコミケに参加した直後のお話。
イベントの思い出を軽く語ってからそれに合った男性を登場させて寝取られ妄想します。

「3.コミケ帰り、イヤホン越しの寝取られ煽りを受けながら…♪(フェラ)(約19分)」はカメラ小僧。
彼女自身はフェラに専念し、事前に録音した音声で寝取られ報告します。
個人撮影を口実に2人きりになれる状況を作り、SEXを繰り返して快楽堕ちさせようとします。

「自分のチンポの快感に 女が絶対に敵わないことを知ってるカメコさんは その後も何度も何度も その快感を押し付けてきては 無責任なゴムなし生ハメ生SEX」
「先輩の愛情たっぷりのドスケベなオス汁 ちゃーんと受け止めてあげますね」

寝取られ妄想とフェラの両方を頑張るのが印象的でした。
彼が喜ぶことをしながら愛情を注ぐ本作品らしいプレイに仕上がってます。
フェラも終盤は「すごごー」と空気交じりのやや下品な音を鳴らしてて
先ほどの2パートよりも純粋なエロさがパワーアップしてます。

そして最後の「4.特別な寝取られ孕ませ煽り~優越感と独占欲全部乗せの生ハメ寝取られ子作りえっち♪~(セックス)(約23分)」は
これまで妄想の中で男性たちがやってたことを彼にしてもらいます。
彼女が「入れちゃいますね」と言ってたのでたぶん騎乗位だと思うのですが
後になるほどハイペースで腰を打ちつけながら彼に中出しをおねだりします。

もちろんここでも寝取られ妄想は織り交ぜてきます。
ただSEXのほうが存在感は大きいので今までよりもあまあま路線かなぁと。
軽く嫉妬させて彼が中出しをためらわないようにリードします。
前半の2パートは妄想重視、後半は妄想と実プレイのバランス型になってました。

このように、彼の性癖を的確に突いてくるやや背徳的なエッチが繰り広げられてます。
シチュ重視の甘い作品
恋人たちがイチャイチャする様子に寝取られを絡めた珍しい切り口の作品です。

後輩は大好きな主人公にたっぷり興奮してもらおうと
自分が他の男性に寝取られたらどうなるかを囁き声で実況します。
そして同時に彼を愛してることを言葉と好意の両方から伝えます。

好きな人にはとことん尽くす女の子が年上の彼氏を変わった手段でもてなすややM向けのシチュ
どのパートも寝取られ妄想を絡め、それを語りながらおちんちんを責めるタイトル通りのエッチ
彼をフォローするセリフを時折挟んで暗さや重さを軽減する演出。
寝取られのデメリットを排除しメリットだけ味わえるように作品を組み立ててます。

「私は誰にも寝取られませんよ 安心してくださいね」
中でも2番目は今年から出始めた新しいジャンル(のはず)なので個性が強いです。
そして彼が不安を感じないよう適度に甘やかしてバランスを取ります。
彼女にそれほどSっ気はないのでプレイ中の雰囲気も甘いです。

ただ体への責めが割と単調だったり、妄想の内容もキャラが違うだけで展開が似てたところを見ると
品質をもっと上げられるんじゃないかなと私は考えてます。
妄想のバリエーションを増やしてそれに対応したプレイを繰り出せば両方解決できます。
一対一ばかりじゃなく輪姦も取り入れるとかです。

私は「ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」を既に2作聴いてるので
正直あまり感銘を受けなかったのですが、聴いてない人ならたぶん違う反応をすると思います。
シチュはとても良いので、サークルさんの独自性をいかに打ち出すかが今後のカギになりそうです。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:34:03

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
「ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」を聴いてない場合は8点をつけます。
2021年1月15日まで25%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ