同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:安眠

   ● 東方入眠抄2 ~芳香さんと一緒に眠ろう~
   ● 【甘やかし・飴舐め】眠りの精の甘癒し【CV:藤咲ウサ】
   ● 【励まし&癒やし】励まし音声「金メダルあげちゃいます」~モカちゃんの癒やし、励まし増し増し~【+励まし音声で手コキ】
   ● あいうえおやすみ
   ● ちょっぴり毒舌なネクロマンサーは生身の僕に興味津々!?
   ● 【バイノーラル】夢先案内人メルフィの夢へスヤスヤお導き☆彡
   ● ぐっすり眠れる耳舐めボイスβ 人さらい女子と無人島生活
   ● 【耳かき・ねこじゃらし・3時間】ねこぐらし。~ミケ猫少女と鈴のオト~【CV: 上坂すみれ】(後編)
   ● 【耳かき・ねこじゃらし・3時間】ねこぐらし。~ミケ猫少女と鈴のオト~【CV: 上坂すみれ】(前編)
   ● 催眠音声「息抜き」




サークル「Re:Volte」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、東方シリーズに登場するキョンシー「宮古芳香(みやこよしか)」が
上手く寝付けない人間に安眠できる催眠をかけます。

技術と音を組み合わせて癒したり眠気を誘うのが特徴で
深呼吸や脱力といったリラックス系の誘導を小まめにやって眠りやすい状況を作り
さらに風の音、穏やかなBGM、彼女の寝息も流して静けさを演出します。
静かな夜の温かい贈り物
宮古芳香が膝枕や添い寝しながら催眠をかけるお話。

「ちーかーよーるなー この先は お前のような人間が来るところではない」
芳香は明るくて可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
夜の墓場へやって来た主人公を追い返そうとします。

本作品は現在まで24本も出てる人気シリーズの第2作。
何らかの事情で霊廟を守り続けてる彼女が、そこへ迷い込んだ彼を30分かけて寝かしつけます。
初期の作品ということで催眠の技術はシンプルなもので組み立ててますが
シリーズの特徴が既に導入されおり今のスタイルに近くなってます。

「この先に何があるかって? 何だっけ? うーん 忘れちゃった」
彼女は死人でありながら意志を持ち体も動かせるキョンシー。
この日も初めは彼を追い払おうとしてたのに、そのことをすぐ忘れて彼の相手をしてあげます。
原作では物忘れが酷い以外に「何でも喰う程度の能力」を持ってるそうですが
安眠との相性が良くない要素なので作中では敢えて使わずに進めます。

全年齢向けですから総時間のほとんどが催眠に使われてますし
内容も心身のリラックスを重視してて安眠に適してます。
物語の開始直後から風が吹き抜ける音が流れ、さらに後半では穏やかなBGMも流すのが良い例です。
音楽も制作されてるサークルさんなだけあって品質が高く、作品に個性を与えるのにも役立ってます。
後になるほど静かになる催眠
催眠はおよそ26分間。
芳香に案内されて草原へ移動した後、膝枕の状態でまずは深呼吸と脱力をします。

「土の中に染み込んだ昼の熱が あなたをそっと温めてくれるよ」
深呼吸は「吸ってー 吐いてー」の掛け声を出してリズムを取り
その合間に地面の温かさを意識させて体をぽかぽかにします。
その後にやる脱力もカウントに合わせて各部位をリラックスさせながら体の温かさを伝えます。
温感操作に割と力を入れてるので、後になるほど体が温かくなってることに気づくでしょう。

お次は膝枕から腕枕に体勢を変えて再度深呼吸を繰り返し
さらに全身を軽く流すタイプの脱力もやってリラックスを強化します。

「落ちているとも 浮いているとも言えない浮遊感 ふわふわ ふわふわ 気持ちいい 気持ちいいね」
やってることは先ほどと一緒ですけど、深呼吸の際に入れる暗示は深化を意図したものへ変わってますし
脱力も彼女が実際に手を握ってその温かさを伝える別のアプローチになってます。
やることが分かってればそれだけ頭を空っぽにしやすいですから
本作品の最終目的にあたる安眠に合った誘導と言えます。

音楽が登場するのは終盤から。
ピアノメインの落ち着いた曲を流しながら彼女がゆっくり語りかけて寝かしつけます。

「ん? 聞こえてきた? これはね あなたのための音楽 あなたが眠るための音楽」
彼女がわざわざこう言ってるのは彼に「もう寝る時間だよ」と遠回しに伝えてるのでしょう。
このへんからセリフの量が一気に減り、さらに吐息や寝息も漏らして静かな空間を作ります。
これから寝ようとしてる相手に色々話しかけても邪魔するだけなので
話す時とそうでない時のメリハリをつけてるのは良いことだと思います。

音声を聴いた感想ですが、序盤は会話量が多めだったり話すペースが速めなおかげで
やや慌ただしく感じましたが中盤以降は一気に穏やかになり安眠しやすくなりました。
無理矢理眠らせる展開にならないよう時間に対する暗示の量を抑えてあるのも大きいです。
深呼吸と脱力も1回目と2回目でやり方や方向性を変える工夫がされてます。

このように、基本的な技術と音楽を組み合わせて癒す東方入眠抄らしいサービスが繰り広げられてます。
コンパクトな安眠作品
寝る前のちょっとした時間に聴ける手軽な癒し系作品です。

芳香は寝つきが悪くなってる主人公をぐっすり眠らせようと
まずは深呼吸と脱力をしながら草原の温かさと自分の体温を伝えて体を温めます。
そして終盤は穏やかなBGMや寝息といった音の量を増やして彼が眠りやすい環境を整えます。

物忘れが激しいけど根は優しいキョンシーが人間を寝かしつけるノーマル向けのシチュ
深呼吸と脱力を別のやり方で2回ずつ行うリラックス特化の催眠
風の音、音楽、寝息を流して催眠とは別の癒しを与える演出。
彼女らしさを出しつつちゃんと眠れるように作品を組み立ててます。

これらすべてを30分でこなしてるのも良い点です。
安眠をテーマにした作品なのに長時間だと、もう眠いのに最後まで聴きたいもどかしい状況になります。
でもこの時間なら最後まで聴いても大してかからないので視聴後にすぐ眠れます。
繰り返し聴くのにも向いてたりと機能性を重視してるように感じました。

東方ものですけどそこまでキャラ重視の内容じゃありませんから
興味が湧いた方は是非聴いてみてください。

CV:七條未緒さん
総時間 30:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はありません

追記
2020年9月23日まで50%OFFの220円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「誰得催眠製作所」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、声も態度もぽわぽわしてる妖精が
癒しの要素満載な催眠で心地いい眠りに導きます。

キャラ、声、言葉、雰囲気、サービスを癒し一色にして少しずつ眠らせるのが特徴で
全編を通じてゆっくりのんびり話しかけながら
深呼吸や脱力といったリラックスに効く技法を中心に据えた催眠をかけたり
「ふにゃふにゃ」などの可愛い擬声語を多めに盛り込んだ暗示を入れて安らげる空間を作ります。
眠気を非常に誘う声や演技をしますから、彼女の声を聞いてるだけでも自然と眠くなるでしょう。
眠りの精と過ごす幸せなひと時
眠りの精が催眠をかけてから2つの手段で寝かしつけるお話。

「こんばんは 人間さん 私は眠りの妖精 睡魔って呼ばれることもあるかな」
眠りの精はのんびり話す柔らかい声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
眠りの浅い主人公がぐっすり眠れるように催眠をかけます。

本作品は多くの人たちに安眠を提供してる友好的な妖精が
何らかの事情で眠りにくくなってる彼をおよそ90分に渡ってお世話します。
安眠がテーマの作品なので音声のほとんどを催眠誘導と寝かしつけるサービスに費やし
時間に対するやることの種類を少なめにして頭の中を空っぽにしやすい状況を作ります。

誰得催眠製作所さんについて知らない方が多いでしょうから先に説明しますと
2010年から13年頃を中心に活躍されてた古参のサークルさんで
当時はイートミーや人外娘がその個性に合ったご奉仕をするといった割とニッチな作品を制作されてました。
催眠の技術力も高く代表作「はらぺこ吸精姫~Succubus princess~」は3700ダウンロードを叩き出してます。

実に7年ぶりの新作ということで私もブランクがどう影響するか気になってたのですが
実際はそれをまったく感じさせない高品質な作品に仕上がってます。
最初から言ってしまうと安眠効果が抜群に高いです。

それに貢献してる主な要素は3つ。
彼女の声と演技、セリフの言い回し、サービスの内容です。

1つ目は藤咲ウサさんのぼんやりした声とのんびりした口調がほのぼのした空気を作ってます。
体験版を聴いていただくとわかるのですが、かなり眠気を誘う声質をしてまして
彼女の声を聞いてるだけでも自然と眠くなります。
アダルトゲームのほうで活躍されてる方らしく演技も安定してました。

「ほわーんとした気持ちよさが 広がっていく じーんわり 気持ちいい」
2つ目は藤咲さんの声質や眠りの精のキャラに合わせたのでしょうけど
擬声語を多めに盛り込んだ暗示を入れるシーンをよく見かけました。
「力が抜ける」とストレートに働きかけるよりも遠回しに感覚を伝えることを心がけてます。
セリフが柔らかいほうが当然癒されますから最終目的の安眠に適してます。

3つ目は催眠が心身をリラックスさせる技法で固めてあるのに加えて
その後の安眠パートも眠らせる暗示は最後のほうに少し入れる程度に留め
代わりに甘やかされる心地よさや疲れとストレスを溶かすイメージで眠りやすい環境を整えます。

本作品の場合、眠らせる暗示を入れなくても十分眠くなるので
良い夢を見られたり翌朝スッキリした気分で目覚めさせることを意識してます。
サークルさんが好きなイートミーっぽい描写もあったりと個性をしっかり持たせてました。

眠らせるのが得意な妖精が癒しの要素満載の催眠をかける。
復帰後の第一作目ということで無理せず手堅くまとめた実用性の高い作品です。
2人だけの世界でイチャイチャ
催眠は3パート80分間。
最初の「02 誘導パート(約23分)」は横になって目を瞑り
まずは軽い深呼吸や手、足、背中、腰の脱力で心身の緊張をほぐします。
そして再び深呼吸しながら眠りの精の言葉を聞いて眠りの世界に移動します。

「いくよ せーのっ ぐーっと はぁ だらーんと力が抜けて 腕がなんだか重たく感じるね」
深呼吸は彼女が漏らす呼吸音に合わせて行う
脱力は彼女も力を入れてから抜き、その感覚を語る形で暗示を入れるといった具合に
2人で一緒に取り組んで一体感と信頼関係を築きます。

こうしたほうが彼女が一方的に働きかけるよりも雰囲気が柔らかくなりますからね。
彼女の感覚を伝えるアプローチも受け入れやすくする有効な手段と言えます。
背中の脱力をする時は声も背後に回るなど、彼女がすぐ近くにいると感じられるように進めてました。

「ほわーんと 全身が心地いい 頭が ぼーっとしてくる」
2回目の深呼吸は深化させるのが目的なので暗示の内容も1回目から変わります。
「ぼーっとする」「沈む」と意識の力を弱めるセリフが多く
彼女のぼんやりした声やのんびり話す口調も相まってとても心地よかったです。

被暗示性が高い人ならこのパートだけで普通に眠れるんじゃないでしょうか。
技術は結構シンプルですけど、そのやり方に古参サークルさんらしい技の冴えが見られます。

続く2パート56分間は彼を寝かしつけるシーン。
「03 ミルクでたっぷり甘癒し(約28分)」は哺乳瓶に入ったミルクを飲む
「04 飴と吐息で甘癒し(約28分)」は違う味がする2種類の飴を舐めながらのんびり過ごします。
ちなみにこれらはどちらか片方を選んで聴きます。

「お腹の中から ほわーってあったかくなって とってもいい気持ち」
前者は赤ん坊向けのアイテムを使うので甘やかし成分が強いです。
赤ちゃん言葉は一切言いませんが、ミルクが放つ独特な甘い匂いをイメージさせたり
それを飲んだ時の温かさや幸福感を上手に伝えて体の内側から癒します。
視聴中にミルクを飲むとトイレに行きたくなるでしょうから用意する必要はありません。

他にも頭を撫でる、ぎゅっと抱きしめる、左右の指を個別に優しく撫でるといった
多くの人が安らぎを覚える行為を挟んで純粋な癒しも与えます。
時間に余裕があるからでしょうけど、暗示をそこまでガンガン入れずにゆとりを持ってお世話してました。
私が聴いた時も欠伸が何度も出てレビューを書く必要がなかったらそのまま寝てしまいたかったです。

「とろーんと 心も体もとろけていく とっても とーっても 幸せ」
後者は彼女が耳元至近距離で特殊な効果がある飴を舐めます。
そして聴き手自身を飴に例え、舐められる様子を主観的に話して頭の中をとろとろにします。
このへんまで来ると意識のぼやけや眠気をかなり感じてるでしょうから
パートを聴き終えるまでに寝てる可能性が十分にあります。

イートミーっぽいサービスにしてるのがサークルさんらしいなと。
グロい描写は一切ないのでそういう属性がない人でも普通に聴けます。

このように、パートごとに内容を大きく変えてくる癒しに満ちたサービスが繰り広げられてます。
心の芯から癒される作品
キャラ、声、セリフ、シチュ、技術、サービスのすべてが癒しに収束してる作品です。

眠りの精は主人公に普段よりも充実した眠りを提供しようと
まずは催眠を通じて心身をリラックスさせながら2人だけの世界へ案内します。
そして次はミルクを飲ませて甘やかす、飴を舐めて心地よくすると
心の芯から癒して安眠しやすい状況を作ります。

声も態度もあまあまな妖精が安眠できる催眠をかけるノーマル向けのシチュ
深呼吸や脱力を重点的に行い、さらに暗示の表現とアプローチの方法を柔らかくした催眠
ストレートに眠らせたりせず聴き手が自分から眠りたくなるように導くふたつの安眠パート。
活躍してた当時からまったく色褪せない高品質な作品に仕上がってます。

中でも催眠はシンプルなんだけど変わってて興味深かったです。
「催眠をかける」ではなく「一緒に催眠に入る」あたりがそう感じる理由なのかなと。
安眠パートも抱きしめたりミルクを交互に飲んで主人公とできるだけ同じ目線に立ってます。

あとはやっぱり声と演技が素晴らしいです。
ここまで眠くなる声ってなかなか珍しいんじゃないでしょうか。
バイノーラル録音が活きるように声の位置を小まめに移動させたりと
新しい技術を取り入れたうえで細かいところにも気を配ってました。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:藤咲ウサさん
総時間 1:30:35

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月17日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいい年下の女の子が
2人きりの世界で癒したりオナサポして心身両面をスッキリさせます。

ポジティブなセリフをたっぷり投げかけながらお世話するのが特徴で
「えらい」「すごい」「天才」などをシーンによって切り替えながらくどくない頻度で言い
エッチも休憩を挟みながら比較的ゆっくりシコシコボイスを言って無理なく射精に導きます。
癒しがテーマですけどオナサポもしっかりしてますから、ソフトなオナニーをしたい人にも向いてます。
女の子に励まされながら迎える幸せな射精
モカが頑張ってるお兄ちゃんをたっぷり褒めるお話。

「お兄ちゃん モカだよ 今日は 私の声を聞いてくれて ありがとうございます」
モカは可憐な声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
ここがどこか教えてから癒しのBGMを流します。

本作品は年下の女の子とイチャイチャしながら気持ちよく射精することを目的に
彼女がおよそ160分に渡って3種類のサービスをします。
素朴なBGMを流しながら全肯定のセリフを投げかける、比較的スローなオナニーをする
2人に増えた彼女の寝息を聞きながら眠りにつく、と癒しの要素が充実しており
M向けが多いオナサポ作品では珍しくノーマルな人でも楽しめるようになってます。

サークルさんの過去作に登場したキャラがお世話しますが
お話に直接の繋がりはないので今作からでも問題ありません。
当サイトでは以下の作品のレビューを掲載してます。
音声で手コキ&リラックスオナニー★夢の世界へようこそ「ひつじが1匹」

「お兄ちゃんの 優しい顔 好きだよ 褒められて照れちゃうお兄ちゃんも 好き」
最大の魅力は彼女のキャラ。
「励まし音声」の名の通り序盤から彼をとことん褒めて心の芯から癒します。
セリフ自体はシンプルな言い回しが多いですけど種類が非常に多く
文字通りべた褒めしてくれるので聴けば聴くほど気分が良くなります。

また物語の開始時からエッチが始まるまでのおよそ30分に渡ってオルゴール系の優しいBGMが流れ続けます。
使う楽器は共通にしてシーンごとにリズムや曲調を変えてました。
体験版にも入ってますから気になった方は是非聴いてみてください。
彼女の声と組み合わせて癒しのパワーをさらに上げてます。

エッチについてはオナサポで有名なサークルさんということでオナニーを主軸にしてます。
072LABOさんの作品にはステイフィールドやヘンタイといった独自ルールがあるのですが
今作ではそれをやらずシコシコボイスとカウントを使って制御します。

でもシコシコボイスのスピードを3秒1コキから1秒3コキまで幅広く用意したり
1~2分程度の間隔でそれらを変化させるなど進め方は結構きめ細かいです。
平均ペースが遅めに設定されており、さらに休憩を適度に挟む優しいリードをしてました。
癒し系の作品で激しいオナサポをしたら雰囲気が崩れてしまいますから
励ましで生まれた幸福感を維持したまま射精できるようゆっくり丁寧に追い込みます。

優しい女の子がたっぷり褒めてくれるシチュとややスローなオナニーを楽しむエッチ。
心と体の両方を浄化しながら性欲発散のお手伝いもする癒し一色の作品です。
エッチの前に心をリフレッシュ
注意事項を説明した後から始まる「02 励まし音声「今日もがんばったね」(約25分)」は非エロのサービス。
モカが登場しBGMを流してから深呼吸と励ます言葉で心を重点的にケアします。

「仕事だった人は お仕事お疲れ様 今日も お仕事頑張れて 偉いね」
「日々の生活を生きていて すごい 息をしていて すごい 動いてて すごい ふふっ」

仕事や勉強を頑張ったことへのご褒美から始まり
彼の容姿、性格、日常生活の些細なことまで幅広く話題に出します。
その一方で頑張り屋な彼が無理をしてないか気遣うところも見せてくれます。

現在の癒し系作品は耳かきやマッサージといったASMRが人気ですが
本作品では彼女が何かをすることはなく言葉を積み重ねて心を温めます。
彼の頑張りを十分認めたうえで「今は気を抜いていいんだよ」とさり気なく働きかけてました。

最後に彼女が金メダルをくれるのも彼に報いたい気持ちの表れなのでしょう。
本作品には合計3つのメダルが用意されてます。
今年開催する予定だったオリンピックに合わせたのかもしれませんね。
M性を極力取り除いたエッチ
エッチシーンは3パート60分間。
プレイはオナニー、おまんこをイメージする、SEX(騎乗位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「えっと まずは おちんちんの先っぽのほうを握ってみて?」
主人公をたっぷり褒めて心地いい気分で包み込んだモカは
彼の中に溜まった性欲を吐き出させようと緩めのオナサポを始めます。

エッチは彼女に言われた通りにおちんちんをしごきます。
最初の2パート47分間は正統派のオナサポ。
「03 励まし音声「早漏でも偉い」前半(約22分)」は暴発しない程度に刺激を与えて体を温め
「04 励まし音声「早漏でも偉い」後半(約25分)」はカウントを交えて少しずつ射精に導きます。

「どうしてもぴゅっぴゅしちゃいそうになったら 出してもいいよ それか スピードを緩めて 休憩してもいいよ」
明確な射精シーンが用意されてますが、彼女は必ずしもその通りにする必要はないと言います。
自分にできる範囲で我慢してダメそうなら射精する緩いスタイルです。
早漏の人にはきついかもしれませんけど、オナサポをある程度聴いてる人なら
最後まで耐えられるんじゃないかと思えるあたりに抑えられてます。

そしてオナサポに強いサークルさんの持ち味が早速発揮されます。
BGMがなくなる代わりに片方からシコシコボイスが流れ始め
もう片方では彼女が普通に話しかける励ましと実用性を両立させたリードをします。

左右の位置が適度に切り替わったりして変化に富んでます。

前半は3秒1コキのペースで4回だけしごくところから始まり
8回に増やす、彼女がカウントを数えてる間だけしごき続けると少しずつステップアップします。
もう少し速くしても大丈夫か確認したうえでペースを上げるなど
彼女の優しい性格がきちんと反映されてます。

「チンポってすごいね ちゃーんと反応してくれてる 反応してるチンポも えらいね」
やや下品な淫語を交えて褒めてくれるのも良いですね。
パート終盤では彼女のおまんこをイメージさせて心のほうも盛り上げます。
本作品のオナニーは比較的緩いので、こういう要素があったほうが勃起を維持しやすいです。

それに対して後半は体への刺激が強くなります。
3秒1コキ~1秒3コキとシコシコボイスの速度を幅広く変化させ
カウントを数えた後に休憩し、再開するのを繰り返して最高の射精を目指します。

「お兄ちゃんすごい 今のも我慢できたなんて えらい」
先ほどよりも厳しくなることを踏まえて褒めるセリフを小まめに挟み
カウント中に彼がきつそうな表情を見せたら即座に止めて仕切り直します。
寸止めっぽい展開ですけどM向けの言葉責めがないので意地悪さは感じません。
過度な負担がかからない程度に追い込んで精液を上手に熟成させます。

最後の「05 励まし音声「お漏らし出来て偉いね」(約13分)」はイメージ重視のオナサポ。
彼のオナニーや射精を見て我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし
騎乗位で繋がって2人一緒の絶頂を迎えます。

「モカのおまんこは お兄ちゃん専用の 中出しおまんこだよ」
作中でオナニーはしませんが引き続きシコシコボイスを流してオナニーしやすくしています。
ピストンの間隔を長めにしたり、喘ぎ声を吐息寄りにして聴きやすくしてました。
最後は彼女の中にぶちまけて征服欲をくすぐるなど
引き続き彼を喜ばせることを意識しながら甘くエロいSEXを楽しみます。
励ますセリフはあまり言わないので通常のエッチに近い内容です。

このように、本作品の特徴をしっかり盛り込んで丁寧にリードするやりやすいオナサポが繰り広げられてます。
癒し重視のオナサポ作品
通常のオナサポとは違う路線を歩んで個性を出してるほぼノーマル向けの作品です。

モカは仕事や勉強を頑張ってる主人公に癒しと快感を与えようと
実の妹に近い態度で接しながら優しい言葉をかけてまずは心をぽかぽかにします。
そしてエッチはおちんちんへの刺激をやや弱く設定したうえで
シコシコボイスの速さを小まめに変化させて快感に慣れにくくします。

声も態度もあまあまな女の子が癒しながら気持ちよくする大衆性の高いシチュ
聴き手を褒めたり全肯定するセリフをたっぷり投げかけるタイトル通りの作り
1回の射精に向けて心身をじっくり盛り上げていく無理のないオナサポ。
癒しの要素をたくさん盛り込んだうえでオナニーの実用性にも配慮した作品に仕上がってます。

「射精してくれて ありがとね」
中でも2番目は最初から最後までポジティブな言葉ばかりで心の芯から癒されます。
エッチの途中で彼女のほうからおねだりしてくるのも良いなと。
女性に甘やかされる心地よさと甘やかす心地よさの両方を与えてくれます。

エッチを終えた後には約60分の添い寝パートもありますから安眠のお供にも役立ちます。
ほとんどの時間で左右から寝息を立て、時折寝言を言う静かな内容です。

エッチは作品のテーマや雰囲気と調和させ、かつきちんと射精できるようになってて素晴らしいです。
普段のサークルさんは割と奇抜なことをやられるのでそちらに目が行くのですが
今作は内容がシンプルだからこそ、実力の高さがわかりやすくなってます。

シコシコボイスとセリフを連携させて励ましながらオナサポできる体制を作り
そこにカウントやSEXのイメージを盛り込んで緩急をつけたりエロさを上げてます。
癒してもらった後にじっくり射精へ向かうからフィニッシュの快感も強くて満足できました。

射精シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

「オナサポには興味あるけどM向けはちょっと…」という方には強くおすすめします。

CV:小石川うにさん
総時間 3:00:10(本編…2:39:22 うち59:56は添い寝 PR音声…20:48)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月31日まで10%OFFの990円で販売されてます。

藤原さん家さんで公開されてる無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、実姉あたりの関係にある世話好きなお姉さんが
夜更かししてる主人公を変わった催眠で寝かしつけます。

文頭をあいうえお順にして話しながら催眠をかけるのが最大の特徴で
サ行は全身の脱力、タ行は手足も織り交ぜた脱力、ナ行は日常生活のイメージを交えたリラックスと
各行である程度の方針を定めながら違和感が出ないように語りかけて眠りに導きます。
お姉さんがする不思議な安眠法
お姉さんに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「あー! またお布団でスマホを触ってるの?」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
ある日の夜、布団の中でスマホをいじってる主人公に声をかけると
閉じるように説得してそのまま寝かしつけます。

本作品は綾羽柊華さんが書かれた台本を藤原かやさんが音声化されたもので
彼女が11分ほどを使って独特な催眠をかけます。
ア行とカ行は前置き、サ行以降は催眠とある程度の枠組みを設け
さらに聴いてて違和感が出ないよう言葉を選びながら心身両面をリラックスさせます。
今のところ藤原さん以外に月村望さんとねこりずむさんのバージョンも存在します。

「体をちゃんと休めようね。休む時は、しっかりと休むことが大事だよ」
「今日もあなたはいっぱいがんばったね。えらいぞー! よしよし」

彼の寝室に押しかけて甘やかすところを見ると実姉なのでしょう。
単に催眠をかけるだけでなくポジティブなセリフも投げかけて癒しを与えます。
催眠の内容も短時間ですがとても練られてるので
寝る前に聴いてから布団に入ると普段よりもぐっすり眠れるでしょう。

催眠はおよそ10分間。
楽な姿勢で目を瞑り、自分のペースで深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「手からも足からも…そう、全身からどんどん力が抜けて、さっきよりも体の重たさを感じられる」
「どんどん力が抜けて、リラックスしているから、心地いい感覚が体から頭にも広がっていく」

最初は全身のリラックス、次は手足中心のリラックスと
行単位でやることを変える凝ったアプローチがされてます。
かなり制約のある状況ですが暗示の表現や入れ方もしっかりしてて驚きました。
藤原さんも重要な暗示をやや強調したり、話すペースや間を細かく変化させる丁寧な演技をされてます。

ナ行に突入すると深化を意図した暗示が増えてきます。
お風呂に入ってるイメージを通じて頭の中をぼーっとさせたり
再び深呼吸を交えて浮遊感や心地よさを与えます。

シナリオと演技の両方が高品質だからでしょうけど、このへんまで来るとかなりの眠気を感じました。
色んな方向から働きかけてくるおかげで単調さもありません。
短時間の作品だからこそ、しっかり眠れるように内容を磨き上げてます。

このように、ルールを守ったうえで癒しの技術を用いた実の詰まってる催眠が繰り広げられてます。
実用性の高い作品
ネタっぽく見えてちゃんと眠れる作品です。

お姉さんは夜更かししてる主人公をスムーズに眠らせようと
あいうえお順に優しい言葉をかけたり暗示を入れて心身を脱力させます。
そしてある程度経ったら今度は頭にターゲットを移して意識のぼやけと眠気を誘います。

実姉のような態度と距離感で接する女性がコンパクトな催眠で眠らせるノーマル向けのシチュ
セリフの文頭をあいうえお順にして物語を進める斬新な作り
各行ごとにやることを変えて眠りやすい環境を整える洗練された催眠。
個性と実用性を兼ね備えた素晴らしい作品に仕上がってます。

中でも2番目は言葉選びがとても重要になるため注意深く聴いてたのですが
特に違和感がなくちゃんと催眠として成り立ってます。
安眠効果も抜群でレビューを書く予定がなければそのまま眠りたかったほどです。
時間が手頃なのも相まって安眠のお供にきっと役立ってくれるはずです。

あとは藤原さんの演技もそれに大きく貢献してます。
先日聴いた「催眠AIによる快楽催眠プログラム」よりもメリハリを持たせてるように感じました。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。
これはかなりのおすすめです。

CV:藤原 かやさん
総時間 通常版…11:41 声低め版…11:16(声のトーンが低いバージョン 内容は一緒です)

ダウンロードはこちら
http://fujiwarasanchi.blog.jp/archives/83436662.html

月村望さんのバージョンはこちらにあります
https://ci-en.dlsite.com/creator/3064/article/340773

ねこりずむさん(女性声)のバージョンも後日追加されました
https://lunatichospice.fc2.net/blog-entry-6.html



サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、深い森の中で研究に没頭してるネクロマンサーが
近くで行き倒れてた人を偶然見つけて癒しのサービスをします。

軽い毒舌を吐いたり若干不穏な空気を漂わせてお世話するのが特徴で
クールな態度で彼を研究対象として興味深そうに観察しながら
リアルな耳かき音や、囁き声による呪文を投げかけて癒しと眠気を与えます。
ネクロマンサーがするちょっぴり不穏なサービス
ネクロマンサーのデアが耳かきとささやきで寝かしつけるお話。

「ここをこうして… んぅ…結構この人、耳垢溜まってる」
デアはややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
森の中で行き倒れてた主人公を見つけて自宅に運ぶと
左耳を掃除しながら生前の彼がどんな人物だったか妄想します。

本作品は禁忌の森と呼ばれる場所で1人静かに暮らしてる彼女が
何らかの理由で森を訪れた彼をおよそ40分に渡って健全にもてなします。
前半は耳かき、後半は耳舐めやささやきとサービスだけを見れば結構王道です。
しかし彼女は彼に対して普通の女性とは違う態度で接します。

「息がありませんでしたし、勝手ながら死体とみなして回収したのですが、生き返るなんてがっかりです」
耳かきの最中に意識が戻った彼にこんなセリフを投げかけたり
「耳かきをするのは耳垢を採取するためだ」とやや事務的に振る舞うなど
軽い毒舌を交えてクールに振る舞うことが多いです。

彼女はネクロマンサーですから興味の対象は生者よりも死者に向けられてます。
この危険な森に住んでるのもたぶん死体を回収しやすいからでしょう。
研究熱心なところも含めて彼をモノ扱いしてるような空気が漂ってます。

ですが声質が結構柔らかく丁寧語で話すこと、中盤から彼に対して別の興味を持ち始めること
サービス自体はしっかりやってくれることから
普通の癒し系作品とは少し色合いが違うあたりに収まってます。

2番目のパートには彼女ならではのサービスが登場しますし
内容を理解して聴く分には十分癒されると思います。
チームランドセルさんの「ぐっすり眠れる耳かきボイスβ」が好きな人とは相性が良さそうです。

彼女と並ぶもうひとつの特徴は音。
セリフよりも音の量を多めに設定し、それらを駆使して別の癒しを与えます。
ディーブルストさんと言えばASMRで有名なサークルさんですから
今作でも高品質な音と動きによってお世話してる様子をリアルにお届けします。

会話量もそれなりにありますがセリフごとの間を長く取って音を聴きやすくしてました。
バックで鳥の声が聞こえたりと、静かで落ち着いた雰囲気作りに貢献してます。
音と言葉で癒すサービス
最初の「Track1.なんだ…生きてたんですか(約25分)」でするのは耳かき。
音声開始から5秒後には早速耳かきが始まり
少し後に目覚めた主人公へデアが事情を説明しながら続けます。
膝枕の体勢で彼女お手製の綿棒を使い左耳→右耳の順に行います。

綿棒は「そすっ」という滑らかで若干引っ掛かりのある音が使われており
耳の壁を優しく擦るようにゆっくり動きます。
また反対側の耳では頭と彼女の服が擦れるような優しい音が適度に聞こえます。

使用する器具が1種類で息吹きなしとかなりシンプルな耳かきですけど
音の質感や動きはしっかりしてて十分リアルと言えます。

「このまま霊薬(れいやく)を飲ませて仮死状態にでもしましょうか …あ、大人しくなった まぁ生き返ってまた冥府に逆戻りなんていやですもんね」
最中の彼女は生き返った彼を見て残念がったり
抵抗する姿勢を見せたらちょっぴり恐ろしいことを言うなど
心の距離をある程度保ったうえで耳垢をできるだけ多く取ろうとします。

本気でそうするというよりはからかってるように映りました。
普段は死体ばかり相手にしてるからこそ、生者とのやり取りに興味を示してるのがわかります。

次の「Track2.ここが弱いんですか…?(約18分)」は安眠重視のサービス。
家を出て危険な森に行こうとする彼を引き留めて、協力すれば衣食住を保証する契約を交わし
その後耳への息吹き、短い耳舐め、囁き声による呪文で寝かしつけます。

「ふふ、必死に目を閉じてキス顔なんかして …本当に面白い人ですね」
そしてここでは2人の和やかなやり取りが癒しを与えます。
彼の反応を見て嬉しそうな表情をしたり、軽くからかうところを見ると
彼女も彼がここに残ってくれることを内心喜んでるのかもしれません。
耳かきをしたことによって彼女の態度が多少柔らかくなったように感じました。

またパートの終盤には眠気を引き起こす呪文を9分近く詠唱するシーンがあります。
体験版の2分30秒あたりにも入ってますから興味が湧いた方は聴いてみてください。
軽いエフェクトをかけたうえで同じ呪文を2回詠唱し、次へ移るのを繰り返します。

このように、彼女の個性を出しつつ丁寧に癒す風変わりなサービスが繰り広げられてます。
独特な癒し系作品
癒しとは属性の異なる要素を敢えて盛り込んでる作品です。

デアは死霊術の研究に使うつもりだったのに実は生きてた主人公を有効活用しようと
まずは耳かきで新鮮な耳垢を採取しながら何気ない会話を楽しみます。
そして次は彼の耳を責めて生身の人間がどういう反応をするか興味深そうに眺めます。

危険な場所に住んでるネクロマンサーが耳かきと安眠を提供する珍しいシチュ
リアルな音と動きを駆使したシンプルで高品質な耳かき
ちょっぴり毒舌を吐くこともあるけどなんだかんだで優しい彼女のキャラ。
王道のサービスを作品なりにアレンジして個性を出してます。

「私の呪文が心地良かったのか…それとも、敏感すぎて魔法の効果がかかりやすかった…? まぁ、その辺はこれからじっくりと時間をかけて解明していきましょう」
中でも3番目は事務的なように見えてそうでもないところがあって面白いです。
彼が生き返ってがっかりするのは事実ですけど、その後何かしらの危害を加えることはないですし
サービスを進めるにつれて彼に死者とは違う魅力があることにも気づきます。
聴き手が癒しを感じるあたりに描写を留めてあるので、ちゃんと癒し系作品として成り立ってます。

あとは終盤に呪文を長めに唱えるところも珍しいなと。
「こしょこしょ」などのオノマトペを作品固有のセリフにしてお届けします。
耳かきと続けて聴いたら結構眠くなったので安眠効果がありそうです。

おまけはPRボイスとフリートークです。

CV:美吹ゆうささん
総時間 51:04(本編…43:45 おまけ…7:19)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月22日まで25%OFFの330円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「綿菓子スプリング」さんの催眠音声作品(全年齢向け)。
声優として活躍されてる春乃つくしさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、夢先案内人をしてる丁寧な物腰の女の子が
上手く寝付けずにいる人の枕元に現れそのお手伝いをします。

十分にリラックスさせてから眠らせるシンプルな作りになっており
最初は簡単なストレッチと様々な深呼吸で心身を脱力させ
それから地中に沈んだり空に浮かび上がる暗示を入れて意識の力をさらに弱めます。
色んな呼吸で夢の世界へ
メルフィに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「眠ろうとして目を閉じているものの どうしても寝付けなくて お困りのようですね」
メルフィはお淑やかな声の女の子。
ある日の夜、眠れない主人公の目の前に現れて自己紹介すると
耳元に近づき囁き声で自分の声に従うように言います。

本作品は不安やストレスで寝付けない人をサポートすることを目的に
彼女が35分ほどをかけて癒しの催眠を施します。
前半は純粋なリラックス、後半は深化&安眠とパートごとにやることを切り替え
いずれも耳元近くで囁きに近い抑えた声で彼女が語りかけてきます。

販売ページのジャンルには催眠音声が入ってませんが
聴いたところ催眠の技術と呼べる要素が込められてたので、当サイトでは催眠音声として紹介します。

「では 吐く時は吸う時より やや長めにしてみましょう」
最大の特徴は深呼吸に力を入れてること。
腹式呼吸から始まり吐く時により長い時間をかける呼吸
色のイメージを交えた呼吸、そして深化の暗示を入れながらする呼吸と
多くのシーンで呼吸を絡めて純粋に癒しながら催眠状態を深めます。
そして聴き手が頭を空っぽにしながら聴けるように指示を小まめに出します。

やることは至ってシンプルですけど目的意識を持たせながら進めるので
同じ深呼吸でも違った印象を抱く人がいると思います。
途中からは川の流れる音を鳴らすなど、癒しを感じる要素が充実してます。
ゆっくりじっくり進める催眠
催眠は2パート28分間。
最初のトラック2(約16分)は仰向けに横になって目を瞑り
手足を軽く開いてから個別にストレッチします。

「開いた瞬間 それまで込めていた力が ふっと抜けていく感覚がするはず」
「握って 開いて」と1回ごとに細かく指示を出しながら
その合間にリラックスを実感できるセリフを投げかけて応援します。
メルフィは最初ややクールなキャラに映ったのですが
催眠開始後はテーマの安眠に合った柔らかくて穏やかな声と態度になります。

最大の特徴である深呼吸が始まるのはその次から。
腹式呼吸、吸う時と吐く時の時間に差を持たせた呼吸
川の音を流しながらの呼吸、そして2つの色をイメージさせる呼吸と
3分程度の間隔でスタイルを変えながらパート終了までみっちりやります。

「水の流れの 心地よい音に耳を傾けてみると 身も心も 自然に安らいでいくのを 感じるはず」
個人的に最も癒されたのは川の音が流れるバージョン。
さらさらという清涼な水音が声よりもやや小さい音量で流れ続けます。
深呼吸を多めにやるので途中から眠くなる人もいるでしょう。
そうやって彼女の暗示を受け入れやすい状態を作ります。

次のトラック3(約12分)は本題の安眠を見据えたサービス。
4秒かけて吸い、8秒かけて吐き出す深呼吸へと変わり
さらに深化の暗示(作中では「魔法」と表現)を入れて催眠状態を深めます。
そして最後に眠くなる暗示を軽く入れて安眠へと導きます。

「意識が 地中に沈み込めば沈み込むほど 心と体が落ち着き 自然と力が抜けていく 抜けていく」
販売ページの説明文にわざわざ「催眠」と書いてあるように
このパートでは催眠音声だとお馴染みのフレーズがより多く登場します。
トラック2は指示メインで時折リラックスさせる暗示を入れる程度でしたから
こちらのほうがより催眠音声らしい内容と言えます。
川の音はパート開始から4分頃まで流れて終了します。

深呼吸をここまで16分ほど続けてきたおかげで
彼女のセリフに合わせて全身が軽く落ちる感覚がしました。
その直後に浮かび上がるイメージを用意し真逆の感覚を与えます。
最後の安眠させる暗示は1分程度と短いので保険に近い位置づけだと思います。

このように、十分リラックスさせてから落とすシンプルな催眠が繰り広げられてます。
癒しのパワーが強い作品
催眠の基本的な技術と本作品固有の要素を組み合わせた眠りやすい作品です。

メルフィは何らかの事情で眠れない主人公の悩みを解消しようと
まずは体のストレッチと色んなタイプの深呼吸で心身を一旦リセットします。
そして次は引き続き深呼吸しながらいくつかの暗示を入れて深化と安眠を促します。

お淑やかな夢先案内人が安眠に特化した催眠をかけるタイトル通りのシチュ
深呼吸の時間をかなり長く用意し、数分単位でやり方を変える癒しに寄せた作り
囁きに近い声で語りかけながら丁寧に指示を出す彼女のお世話上手なキャラ。
技術で無理矢理眠らせるのではなく、聴き手が眠たくなる環境を作る方針で作品を組み立ててます。

「体に溜まった 黒々とした悪いものを 口から吐き出してー ふー ふー ふーー 代わりに周囲の 青々とした癒しのエナジーを 鼻から吸い込んでー すー すー」
中でも2番目は同じ深呼吸をだらだらと続けるのではなく
後になるほどリラックスが深まるように先を見据えて行います。
体の内外の空気を別の色に例えて行うカラーブリージングなどはその良い例です。
最後の暗示を聴く前の段階で眠くなる人もそれなりにいるでしょう。

気になった点は解除音声の内容です。
これまでと同じく深呼吸に合わせて解除の暗示を入れます。
本作品は催眠パートで深呼吸をリラックスや深化の意味合いでずっと使ってきたため
解除する場合はむしろ使わないほうがスムーズに覚醒できると思います。

定番のやつだと10カウントアップに合わせて暗示を入れるやつですね。
声も今よりハツラツとしたものにしたほうがスッキリ目覚められます。
催眠音声において解除はとても重要なのでしっかりやって欲しかったです。
この音声を聴いた人は無料作品で構いませんから他の解除音声を聴いておくことをおすすめします。

価格が110円と非常に安いので興味を持った方は気軽にお試しください。

CV:春乃つくしさん
総時間 33:47

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月9日まで10%OFFの99円で販売されてます。



サークル「チームランドセル」さんの同人音声作品(R-15指定)。

今回紹介する作品は、名前も素性もわからない物静かな女の子が
仕事を頑張りすぎて疲れ切った男性を南の島へ連れていきます。

海にまつわる音と王道のサービスを組み合わせて癒すASMR系の作りが魅力で
手ですくった砂を地面に少しずつ落とす、耳元で握りしめる、砂団子を作るなどをしながら
波の音、彼女の吐息、アンビエントBGMを流して穏やかな空間を作ります。
後半は耳舐めを重点的にやりますからそちらが好きな人も満足できるでしょう。
追い詰められたら逃げるのも大事
女の子と南の無人島でのんびり過ごすお話。

「あ、どうもどうも 目覚ましましたね 良かったです」
女の子はややトーンが低い素朴な声の女の子。
無人島で目覚めた主人公に事情を説明すると
決断できない彼の代わりに人生の退職届を出してあげたと言います。

本作品は仕事を頑張りすぎて生きる気力を失った彼を苦しみから解放しようと
彼女が半ば強引に南国へ連れていき、そこで140分程度に渡る癒しのサービスをします。
砂浜に埋まりながらの日なたぼっこ、添い寝、耳舐めと時間に対する種類を少なめに設定し
それぞれをゆっくりのんびりやってぼーっとできる状況を作ります。

最大の魅力は最中に鳴る様々な音。
セリフよりも音の割合を多くしたうえで、それらを組み合わせて物語の世界を作ります。
ASMR作品では質感や動きを変えながら単一の音を鳴らすことが多いです。
しかし本作品では3~5種類の音を同時に流す凝った演出がされてます。

「柔らかい砂の音 波の音が混じって 心地いいです」
まず効果音は南の島にいる気分が味わえるように
序盤で砂の音を50分近く鳴らすパートが用意されてます。
海の砂とキネティックサンドという別の砂を使ってるらしく
さらさらした滑らかな音やぎゅっと握り込む音を長めの間隔で切り替えながら鳴らします。

元々音に強いサークルさんなだけあって作中に登場するすべての音の品質が高く
目を瞑って聴けば別の場所にいるような気分が味わえます。
添い寝パート以降は時折心音が鳴りますし、彼女にお世話されてる雰囲気を大事にしてます。

バックで流れ続ける環境音もそれに貢献してます。
音声開始直後から波が穏やかに打ち寄せる音が流れ始め
最終パートでは強めの雨音も加わり心の中にある嫌なものを洗い流してくれます。
雨が降ってる時の波音がやや荒々しくなるのもリアルで良いです。

まだまだあります。
チームランドセルさんと言えばアンビエントBGMを流すことで有名なサークルさんです。
本作品でも開始から2分後には早速流れ始め、シーンの状況に合わせて曲調が変わります。
わざわざ「ダークアービエントBGM」と書いてあるようにやや不穏なものが使われてました。
しかし物語の中盤以降は神秘的なBGMやピアノBGMといった癒し系に変わります。
(製品版には流れないバージョンも入ってます)

これは私の推測に過ぎませんが、主人公や女の子の心情を音楽で表してるのではないかなと。
どんよりとした心が南の島で過ごすことによって徐々に晴れ
最終パートで穏やかな気持ちに変わっていくように感じました。

最後は彼女が生み出す音です。
R-15なのでそこまでエッチなものは出てきませんけど
色んなところで至近距離から吐息を漏らしたり、耳舐めの時間を長く取ってじっくりやってくれます。
確認したところ本編で44分、おまけで20分ありましたから
サークルさんがおっしゃられてる1時間以上は確かにクリアしてます。

「ほら タオルです 動けないでしょ? 拭いて あげますよ」
これらを行う彼女については「謎の女の子」と呼ぶのがピッタリなキャラです。
物語の開始時点では情報がほとんどありませんし
彼との関係も赤の他人と言って差し支えないほど希薄です。
しかし2人には大きな共通点がひとつだけあります。

音重視の作品ですけど総時間が長いおかげでそれなりにしゃべってくれます。
少し話してからしばらく無言になるのを繰り返して音を聴きやすくしてました。
パートによって態度が少しずつ変化していくなど十分な存在感があります。
様々な音に癒されるサービス
簡単な状況説明をした後から始まる「2.砂のジャリジャリASMR(約50分)」は砂に焦点を当てたサービス。
眠ってる主人公を顔だけ出す形で砂浜に埋め
耳元で砂に関する音を時間いっぱい鳴らして疲れた心をほぐします。

「砂の中 どうですか? 温かい それとも 熱いんですかね?」
身動きが取れない状況を踏まえて時折気遣うセリフを投げかけながら
「さらさら ぱらぱら」という乾いた音を耳元至近距離で鳴らします。
音量バランスがしっかりしてるおかげで大人しい音でも聴きやすかったです。
同時に流れる波の音と合わせて浜辺にいる雰囲気をリアルに作り上げてます。

同じ音ばかりだと途中で飽きるだろうということで
左右の位置や音のタイプを5分くらいの間隔で変えてきます。
色々ありますが私は砂を耳に優しく擦りつけるような音が好きですね。
耳を手で撫でる時よりもざらつきがあり、さらに微弱な振動も伝わってきます。

「私たちの人生なんて この砂みたいにちっぽけなもんですよ」
最中の女の子は音の邪魔にならない頻度でぽつりぽつりと話します。
最初はごく普通のキャラに感じたのですが
話を聞いてると年齢の割に達観してると言いますか、冷めてる印象を受けました。
核心をストレートに告げたりせず、セリフを通じて彼女のことが少しずつわかるように進めます。

次の「3.渚で添い寝(約28分)」は安眠重視のパート。
砂遊びで疲れた彼女が左側に添い寝して穏やかな吐息を漏らします。
このへんからアンビエントBGMも癒し系のものが増えてきます。

「お兄さんを縛るものなんて 何ひとつないんです」
彼女は彼が仕事で追い詰められてることを知ってるらしく
疲れ切った心を癒す言葉を言って少しずつ立ち直らせます。
途中から手を繋いだり、自分から胸で抱きしめて心音を聞かせるなど
今日会ったばかりとは思えないほど優しく接してくれました。

そして彼がぐっすり眠れるようにセリフの量を前のパートよりも減らし
波の音、アンビエントBGM、吐息や心音だけが流れる静かな時間を提供します。
やってることはシンプルですけど音のレベルが高いおかげで癒しのパワーが強いです。

最後の「4.雨の中の耳舐め(約60分)」は耳舐め特化。
時間が流れて夜になり、降り出した雨をしのごうと近くにある木の下へ避難します。

「これからは 自分のために生きてくださっていいんですよ」
2人きりの無人島生活ですから当然電気はありません(食料はたっぷりあるそうです)。
暗い場所で寄り添いながら今まで以上に優しい言葉をかけてくれます。
物語が進むにつれて彼女の態度が柔らかくなってるように感じました。
それを匂わせるセリフが出てきますし、彼女も今回の出来事を通じて癒しを感じてるのがわかります。

耳舐めは右耳をゆっくりペースで舐めるところから始まり
若干速くなる→しゃぶる感じの音に変わる→左耳へ移り水分控えめな音を鳴らすと
R-18との線引きをしっかりしたうえでリアルな音を鳴らします。

最近の耳舐めは耳の内側や穴の入り口を責めるのが流行ってますが
そこまでいくとエロに分類されるのか、ここでは外を中心に責めてました。
コリコリした独特なちゅぱ音が心地よく、合間に時折入る吐息も静けさを引き立ててます。
興奮させるよりも眠気を誘うタイプの耳舐めですね。

このように、パートによってやることを変えながらそれぞれに合った音を鳴らす自然なサービスが繰り広げられてます。
しっとりしたASMR作品
癒しと安眠の両方に役立つ高品質なASMR作品です。

女の子は現実に疲れた主人公をその苦しみから解き放とうと
仕事とは無縁の無人島に連れていき、そこで3種類の健全なサービスをします。
そしてそれらの様子を色んな音と音楽を駆使してリアルにお届けします。

会ったばかりの物静かな女の子と南の無人島でのんびり過ごす変わったシチュ
効果音、環境音、アンビエントBGM、吐息&ちゅぱ音を織り交ぜた重厚なASMR
これらの最中に交わされる彼女との温かいやり取り。
彼の心情を汲み取った癒しの要素満載な作品に仕上がってます。

中でも2番目は従来のASMRよりも作りが複雑かつ高度で素晴らしいです。
こういう場合、それぞれのバランス調整が結構難しいはずです。
それを無事乗り越えて南の無人島生活を音と音楽で見事に表現してます。

あとは女の子も興味深いキャラに描かれてます。
彼女については本編よりも「5.おまけ音声」を聴いたほうがわかりやすいです。

ASMRが好きな人、耳舐めが好きな人には特におすすめします。
おまけは出会いのトラック、W耳舐め音声、NG集です。

CV:柚萌さん
総時間 2:45:50(本編…2:22:22 おまけ…23:28)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月7日まで20%OFFの704円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



【耳かき・ねこじゃらし・3時間】ねこぐらし。~ミケ猫少女と鈴のオト~【CV: 上坂すみれ】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「06 泡たっぷりのお顔剃り」以降の様子を中心に紹介します。
2人きりで過ごす静かな夜
ねこじゃらしマッサージを終えた次に行うサービスは髭剃り(約24分)。
主人公の髭が伸びてることに気づいたミケ猫が
専用のクリームを作る→顔に塗る→カミソリで剃るとひとつずつ丁寧にこなします。
そして最後に同じカミソリで眉の形も軽く整えます。

「こういうのを 人の世界では ASMRと言うんですよね?」
後編に入ってもASMRを重視する流れは変わりません。
彼がクリームを泡立てる音を好むことに気づくと耳元に近づけて
若干ざらつきのある泡音をゆっくりペースで鳴らします。
そして顔に塗る時は「じじっ」という別の泡音、剃る時は「ぞじっ」という泡交じりの摩擦音へ変わります。
眉はクリームを塗ってないからでしょうけど「じょりっ」という若干力強い音でした。

各音の質感や動きはほぼ一定でしたが
鳴る位置を小まめに動かして顔全体をお世話してる様子を表現します。
頬、鼻の下、顎、首筋と上から下へ流す感じにやってました。
もう少し音量を大きくしたほうが顔に当たってる感じがより出たと思います。

「うぅ にゃ にゃんか 顔近くて あの…ごめんなさい」
最中の彼女は引き続き何をするかの実況を小まめに挟みながら
比較的近い位置で大きめの吐息を漏らします。
顔が近くなった時に恥ずかしがるところが可愛いですね。
すべて終えた後に「カッコいい」と褒めるなど、異性として彼に魅力を感じてるのがわかります。

後編部分で最も長いサービスは「08 お布団で優しくマッサージ〜お背中&肩もみ〜」(約31分)。
布団へうつ伏せになった彼の上に彼女が乗り
肩や背中を揉む、叩く、押す、擦るといった色んな手段でほぐします。

「肩を 両側から 中心に寄せるみたいに んー これは 力使うから ちょっと…大変」
顔や耳に比べて広い範囲をお世話する状況を踏まえて音のストロークを長くし
さらに彼女が力んだ声を漏らして臨場感を出します。
やや熱っぽい吐息ですがいやらしい感じはまったくなく
彼のために一生懸命頑張ってるのが伝わってきて和みました。

マッサージについても音のバリエーションが豊富で質が高めです。
「こしゅっ」という揉み込むような布の音が左右同時に鳴ってたかと思えば
数分後には揉みと叩きを組み合わせたような音へと変わり
さらに肩甲骨のあたりを開くように両手を外側へスライドさせる
背骨のツボを押す、拳を作って肩をリズミカルにトントンすると色んな手段でお世話します。

肩の時は声が近く、背中は遠いと位置取りもしっかりしてました。
効果音と彼女の吐息や小さな掛け声だけが流れるひと時は静かで落ち着きます。
私個人は本作品の中で一番の聴きどころだと思います。

そうやって色んな癒しを与えた後、「09 膝枕で寝かしつけ♪」でようやく眠りにつきます。
彼女に膝枕され、体を軽くとんとんされるスタンダードなもので
軽い物音を長めの間隔で鳴らしながら20分以上に渡って静かに過ごします。

「私も なんだか ちょっぴり 眠くなってきました」
安眠が目的のパートだからでしょうけど、他のパート以上にセリフの量を削ってありました。
また途中からは彼女が眠そうな声や寝息に近い吐息を漏らすようになります。
彼女が誰かをお世話するのはたぶんこれが初めてでしょうから
すべてをやりきって気持ちが緩むのは仕方ないと思います。

このように、各サービスの時間を長めに取ってのんびり行う穏やかなサービスが繰り広げられてます。
上坂さんのファンには堪らない作品
アニメやゲームで活躍されてる声優さんの演技を同人で聴けるところが最大の売りとなる作品です。

ミケ猫は祭りの参加者に選ばれた主人公に幸せなひと時を提供しようと
耳かき、マッサージ、髭剃り、寝かしつけといった王道のサービスをひとつずつじっくり行います。
そしてこれらの様子を主に効果音と彼女の吐息で表現して癒しと安らぎを与えます。

有名声優さんがメインヒロインになって健全なお世話をするノーマル向けのシチュ
セリフの多くを実況に割き、行為はそれ以外の要素でお届けするASMR系の作り
初々しい仕草を見せながらこれらをひたむきに行う彼女の純朴なキャラ。
音重視ではありますが、彼女の存在感もある程度出す形で作品を組み立ててます。

「あなたとこうしてると 落ち着きますね」
中でも3番目は旅館だからといって専門店のように距離を取ろうとせず
ごく普通の女の子として彼と正面から向き合う姿勢で接します。
2人の関係についても作中で多少触れられてますし
巫女に選ばれたいという打算だけでここまでやってるわけではないことがわかります。

私はアニメをほとんど観ないので上坂さんのこともよく知らないのですが
それでも聴いてて「上手いなぁ」と感じるところがいくつもありました。
セリフが全体的に硬いからこそ、それ以外の部分(しゃべり方や間の取り方など)に感情を込めて
作品の雰囲気を柔らかくしようとする工夫が見られます。

「まずは 一番面積の広い頬を しっかり塗っていきますね」
それ以外、特にシナリオについては残念ながらいまひとつというのが正直な感想です。
どのサービスも何をするか実況するセリフが非常に多く
その結果雰囲気が淡白になったり流れが単調になるといった悪影響が出てます。

作品を聴いた限りだと彼女は彼に対して思うところがあるようですし
それをもう少し表現していったほうが魅力を引き出せたのではないでしょうか。
せっかく有名声優さんを起用してるのですから、もっと色々しゃべって欲しかったです。
サービスの合間にある3分程度のドラマパートが今より長かったら随分違ったでしょうね。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:上坂すみれさん
総時間 2:56:03

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月12日まで20%OFFの1584円で販売されてます。

※価格について
本作品を評価するにあたって、今回はコスパによる加点/減点を敢えて行いませんでした。
アニメ声優さんが出演する同人音声の数がまだ少なく
いわゆる相場が形成されるにはもうしばらく時間がかかると判断してるからです。
他の全年齢作品と比べちゃってもいいんですけど、それをやるにしてもまだ時期尚早かなぁと。
2020年中にどれくらい供給されるかを見たうえで判断しようと思ってます。



サークル「CANDY VOICE」さんの同人音声作品(全年齢向け)。
付属の割引クーポンを見る限りWhispさんの姉妹サークルと思われます。

今回紹介するサークルさんの処女作は、あの世とこの世の狭間にある不思議な旅館を舞台に
そこで働いてるミケ猫少女が男性を長時間に渡って癒します。

声優の上坂すみれさんが出演されてるのが最大の特徴で
微笑む、恥ずかしがる、吐息を漏らしながら真剣にお世話するなど
シーンによって様々な表情を見せながらサービスに合った音をたっぷり鳴らして癒しと温もりを与えます。

総時間が180分近くあるので前編(01~05)、後編(06~09)の2回に分けてお送りします。
可愛い猫の優しい贈り物
ミケ猫が耳かき、マッサージ、髭剃り、寝かしつけをするお話。

「あっ お待ちしておりました 選ばれしお方」
ミケ猫は丁寧語で話す可憐な声の女の子。
猫鳴館を訪れた主人公を迎えると、事情が読めない彼にこれから行うゲームのことを教えます。

本作品は前世に未練がある生物の魂が集まるこの場所で猫となった彼女が
何らかの理由で招かれた彼をおよそ180分に渡って健全にご奉仕します。
現在猫鳴館では九魂祭と呼ばれる特別なイベントが準備されており
ここで彼を惚れさせた者は巫女として現世へ再び戻ることができるそうです。
そんな事情を踏まえて彼女は初めて会った彼を一生懸命癒そうとします。

「あなた様が快適に過ごせるように 精一杯おもてなししますので だから そ、それで 私のことも 好きになっていただけると…」
彼女は元々口下手な性格らしく、彼に対しても恥ずかしそうな仕草で接します。
しかしサービスが始まると流れるような手つきでお世話し
その合間に嬉しそうな笑みを浮かべて自分の魅力をアピールします。
媚びるのではなくありのままの自分を見せるところに純朴さを感じました。

そして上坂すみれさんの声と演技が彼女の良さをさらに引き出します。
セリフの構成は状況説明メインで時々雑談が入る同人音声だとスタンダードなものなのですが
それらの中や間に上手く感情を込めて活き活きとしたキャラに仕立て上げてます。

サービスについては前編部分(約95分)は耳かき60分、ねこじゃらしマッサージ29分と
ほとんどの時間をこれらふたつに費やしてます。
セリフよりも音の量を遥かに多くしたASMR系の作りになっており
最中は効果音と彼女の吐息だけが流れる静かなひと時を送れます。

また音声の大部分で「さー」という別の音も流れてました。
ノイズなのか、風の吹く音なのか、あるいは川や滝の音なのかはよくわかりませんけど
ある程度聴き続ければそれほど気にならなくなると思います。

上坂すみれさんが演じる愛らしいミケ猫と音重視のサービス。
有名声優さんと現在流行のジャンルを組み合わせた正統派の癒し系作品です。
音や動きの種類にこだわったサービス
4分程度の雑談をした後から始まる最初のサービスは耳かき(約60分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に濡れ手ぬぐいで拭いてから耳かき棒と綿棒を使い分けてじっくり行います。

濡れ手ぬぐいは「ずずっ」という控えめな摩擦音
耳かき棒は「ぞずっ」という乾いてて若干丸みを帯びた音
綿棒は耳かき棒よりも範囲が広く感触も柔らかい音が使われており
擦る、掻き出す、優しくぐりぐりするなど色んな動きをします。

本作品の耳かきは音の種類にこだわってまして
同じ器具を使ってても位置や深さを変え、その度に音の質感や動かし方が変わります。

例えば耳かきだと穴の浅いところや溝をクリアな音でなぞるところから始まり
それから奥へ移動しこれまでよりも鈍い音をゆっくりペースで鳴らします。
デリケートな部位だからでしょうけど、奥はストロークをかなり短くしてありました。

全体的に効果音の音量が小さめなせいで聞き取りにくいとも感じましたが
器具ごとに音と動きの違いがある程度打ち出せてるのは事実です。
今の耳かきは音を通じて微弱な振動を耳に与えてくれるものがそれなりにありますし
次回作ではそのへんも表現できればより良い耳かきになると思います。

「まずは 浅い部分を 耳かきの先で カリカリ カリカリ」
「お耳 敏感なんですね 奥のこのへんをつんつんってしたら 気持ちよさそうなお顔をしたので」

最中のミケ猫は擬声語を交えて何をするのか小まめに実況しつつ
時折自分の思ったことを話して場をさらに和ませます。
詳細は伏せますが意味深なことを言うシーンもありました。
耳かきに集中したいからか、微笑や吐息を漏らす時間のほうが圧倒的に長かったです。

次のねこじゃらしマッサージは29分間。
上を向く形で膝枕し最初は1本、しばらく経つと2本使って顔と耳を撫でまわします。
またここからは虫の声がバックで流れ始めます。

「お耳の根元 ここを やさーしく ゆーっくり さわ さわ」
「すすっ」という滑らかな摩擦音がリズミカルに鳴り
頬、耳の側面、耳の根元と移動させて変化をつけます。
声との音量バランスに問題があるのか、1本の時はあまりよく聞こえなかったのですが
2本に増えると音がはっきりわかってお世話されてる雰囲気が出てました。
途中に彼女が頭を撫でるシーンもあったりと、耳かきの時より2人が打ち解けてるのがわかります。

ねこじゃらしを投入したのは彼女が猫だからでしょうね。
同人音声では初めて見かけたサービスですから、今後の工夫次第で面白いものになりそうです。

後編へ続く…。
【耳かき・ねこじゃらし・3時間】ねこぐらし。~ミケ猫少女と鈴のオト~【CV: 上坂すみれ】(後編)

CV:上坂すみれさん
総時間 2:56:03


体験版はこちらにあります

追記
2020年7月12日まで20%OFFの1584円で販売されてます。

off ton tonさんで公開されてる無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、名前や素性は不明だけど性格は優しいお姉さんが
「息抜き」をテーマにしたコンパクトな癒しの催眠をかけます。

頭を空っぽにしながら聴けるよう全体の流れやアプローチをシンプルにしてあるのが特徴で
深呼吸は風船、脱力と深化は蝋燭とそれぞれに簡単なイメージを用意し
それらが変化する様子を実況しながら暗示を入れて少しずつ安眠へ導きます。
ふたつの息抜きでぐっすり
お姉さんに安眠できる催眠をかけてもらうお話。

「ようこそいらっしゃいました」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
息抜きしにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
簡単な注意事項を説明してから催眠を始めます。

本作品は普段よりも深い眠りを提供することを目的に
彼女が25分程度を使ってコンパクトな癒しの催眠をかけます。
音声視聴後にそのまま寝ることを想定してるので解除音声は入っておらず
最初から最後までほぼ全部を催眠で構成してゆっくり寝かしつけます。

全編を通じて言える大きな特徴はふたつ
イメージ主体で進めることと、内容を敢えてシンプルにしてあることです。

「今から深呼吸をしてる間は あなたのお腹は 風船だと思ってください」
前者は催眠の開始直後に自分の体を風船に見立てて深呼吸を続け
その後は蝋燭の炎を吹き消すイメージを繰り返してリラックスと催眠を深めます。
使うイメージは簡単なものばかりですから苦手な人でも大丈夫だと思います。
火の揺らめくイメージは現実世界の催眠でも使われるメジャーな要素です。

後者は深呼吸がまず誰でもできる行為ですし、脱力や深化も同じことを繰り返す流れになってます。
ぐっすり眠るには余計なことを考えなくて済むほうがいいですから
思考力が落ちてる状態でも無理なくついていけるようにこうしたのでしょう。

off ton tonさんは前作「生徒紙導」を見る限りかなりの技術力を持ってらっしゃるので
今作の展開もできないのではなくやらない、つまり演出と見るほうがしっくりきます。
タイトルの「息抜き」もふたつの意味を持ってたりと、短いながらも優れた作品に仕上がってます。
自分のすべてを蝋燭に重ねて
催眠はほぼ全編にあたる25分間。
横になって目を瞑り、まずは2分くらい深呼吸して軽く落ち着きます。
そしてお姉さんが指定した数の蝋燭を吹き消すイメージで心と体をさらに脱力します。

「これは息抜きの予行練習でもあるんです」
深呼吸は「息を吸って」「息を吐いて」の掛け声に合わせて繰り返します。
一見するとごく普通の行為ですが、この時点で風船のイメージを絡めてることや
文字通りの息抜きをする(気持ちを緩める、体内の息を抜く)ことなど
本作品の特徴が早速出ていて面白いです。

「ほんのりと温かい 蝋燭の火が ゆらゆら ゆらゆら 揺れてますね」
「頭の中で火が灯っては消えていく 消していく あなたが消していく あなたは蝋燭の火を消すことに集中し 没頭していく」

次の蝋燭のイメージは短いカウントに合わせて実際に息を吐いて吹き消すスタイルにし
炎のゆらめく様子を適度に実況して意識の力を少しずつ弱めます。
消した直後にも暗示も入れてくるので、後になるほど体が重くなったり意識のぼやけを感じるでしょう。

そして数セットやった後から暗示の内容が変わり始めます。
蝋燭を自分の体、心、意識に見立てて
体は脱力、心は爽快感、意識は落ちる感覚とそれぞれに合った感覚を伝えます。

「火が消えた 火が消えたから 腕の力が抜けていく 力が抜けると 体が少し 重くなる」
これらをするにあたって複数の感覚を繋ぎ合わせてるのもポイント。
「蝋燭が消えれば力が抜ける、力が抜ければ重くなる」といった具合に
火が消えるイメージと対応する感覚を関連付けてより実感しやすくします。
やることがシンプルだからこそ、こういう細かい部分にこだわって作られてました。

私が聴いた時は開始から10分後にはもう結構な眠気が実感できて
心の脱力をするシーンは気持ちが軽くなる感覚
意識を落とすシーンでは全身がゆっくり沈む感覚がしました。
終盤は特に入念にやってくれるおかげで寝落ちする人がそれなりにいると思います。

このように、素朴なイメージと息を抜く動作を組み合わせた眠りやすい催眠が繰り広げられてます。
心を軽くしてくれる作品
安眠はもちろん、心のリフレッシュにも向いてる作品です。

お姉さんは主人公を普段よりもぐっすり眠らせようと
まずはリラックスの定番とも言える深呼吸で体内の悪いものを吐き出します。
そして次は蝋燭の火を吹き消すイメージで心、体、意識を個別に脱力します。

穏やかなお姉さんが眠くなる催眠をかけるノーマル向けのシチュ
各行為に簡単なイメージを絡め、さらに大きく呼吸する機会も多く設けたリラックスしやすい作り
難しいことを敢えてやらず同じことを繰り返しながら癒しの感覚を伝える目的を見据えたアプローチ。
サークルさんの実力がしっかり込められた良質な催眠に仕上がってます。

中でも3番目は全体の流れに加えて言い回しも意図的に揃えてありました。
人間は同じことを繰り返せば次に何をするかがわかるようになるので
それによって考える必要をなくし、ぼーっとできる環境を自然な形で作ります。
この「敢えて単調にする」という試みはなかなかできることではないと思います。

寝る前に聴くのにうってつけの作品です。
視聴後に寝ない場合は別作品の解除音声を必ずお聴きください。

CV:麓さん
総時間 26:24

ダウンロードはこちら
https://fmfmtonton.hatenablog.com/entry/2020/05/03/011608

↑このページのトップヘ