同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:姉

   ● 優しいお姉ちゃんに催眠で弄ばれて何度もイカされちゃう音声
   ● 彼女と彼女の姉に色々されちゃう催眠音声 姉Ver.Append
   ● 【バイノーラル】だらハメ。 ~ズボラなお姉ちゃんとの日常的なだらしないえっち~
   ● 【新次元耳舐め!!!】『耳底』ぐっぽり!! 『耳穴』ぞりぞり!!優しいJK義姉ちゃんに甘やかし溺愛耳舐めでイカされちゃうぅ~ッ♪
   ● 【3周年だョ】全員えっちなセクシー女優
   ● あなたの全てを受け入れて甘やかしてくれるお姉ちゃんとの性活【KU100ハイレゾバイノーラル】
   ● クールな姉と理性が吹き飛ぶ溺愛濃厚セックス
   ● 囁いてオノマトペ~お姉ちゃんとオナホえっち~
   ● お姉ちゃんのとろとろ甘やかし耳舐め手コキ
   ● お姉ちゃんのエッチなヒプノセラピー~声出しサポート焦らし&赤ちゃんプレイ~




サークル「いじめっ娘通信」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてSっ気もあるお姉ちゃんが
催眠を交えたエッチで普段とは違う快感を味わわせます。

催眠、エッチいずれも明確な個性を持ったサービスをするのが特徴で
催眠は左右からテンポよく暗示を入れる双子っぽいスタイルでリラックスと深化を促し
エッチは簡単なイメージをした後はほぼずっとカウントを数え続けて連続ドライ絶頂に追い込みます。
お姉ちゃんがする気持ちいい甘やかし
お姉ちゃんに催眠をかけられ連続絶頂するお話。

「紅茶に混ぜておいた 睡眠薬が 効いてきたのかな?」
お姉ちゃんはお淑やかな声のお姉さん。
睡眠薬で眠ってる主人公に最近催眠術を習得したことを話すと
その実験台になってもらうことを告げてから早速始めます。

本作品は声や態度は穏やかだけど割と独占欲の強い性格をしてる彼女が
彼におよそ60分間のエッチな催眠をかけて癒したり気持ちよくします。
彼を睡眠薬で寝かせるところ以外は強引な描写は特になく
彼女なりに愛情を持って接してるのがなんとなく伝わってきます。

「(左)膝が程よく (右)緩んでいくよ (左)膝が軽く (右)なっていくよ」
全編を通じて言える大きな特徴は声を左右に振り分けテンポよく語り掛けてくること。
こんなふうに文節単位で切り替えながら間を極端に短くしてリズミカルに誘導します。
構造が双子になってないので双子催眠と呼ぶのは避けますが
しゃべり方や間の取り方はそれを参考にしてるように見て取れます。

無音の時間がほとんどないおかげで視聴中は声に包まれてるような気分がしました。
催眠パートは暗示を厚めに入れてきますし
サークルさんが催眠をそれなりに勉強したうえで制作されてるのだと思います。

エッチについてはカウントをほぼ時間いっぱい数えて何度も何度もイかせます。
あまりに多すぎて私のほうで正確な回数は数えられなかったのですが
サークルさんによるとおよそ12分間で40回も絶頂シーンを用意してるそうです。

彼女のキャラとは随分違うハード路線の責めですね。
ただし、1回1回がものすごく軽いので全部イける人はほとんどいないと思います。
リラックス重視の手厚い催眠
催眠はおよそ21分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはお姉ちゃんの言葉を聞いたり全身を脱力してリラックスします。

「ゆっくり ゆっくり 体が 沈んでいく だんだん だんだん 体が 沈んでいく」
「指先から どんどん 力が抜けていく 指先から 爪の先から 細く ゆっくりと 力が抜けていく」

脱力する前は「沈む」「落ち着く」「ぼんやりする」
脱力中は「力が抜ける」を厚めに入れて徐々に感覚を膨らませます。
最初の「2、催眠導入 リラックスして♪(約14分)」はほぼこれに専念するので脱力感が得やすいです。
全身を下から上へ流す感じに細かくパーツ分けしてあり丁寧なリードと言えます。

いじめっ娘通信さんはこれが唯一の催眠音声なので聴く前はどうかなぁと思ってたのですが
とりあえずこのパートはしっかりしてる方だと思います。
時間に対する暗示量を多めにしてることや、リラックスに力を入れてることが大きいです。
その一方で深化が弱いので深く入るのは難しいかもしれません。

続く2パート7分間は深化とエッチに向けた準備。
「3、深化 甘い声で溶けて♪(約2分)」は「甘い」「とろける」といった別の暗示を入れて心地よさを与え
「4、呼吸誘導 ゆっくり呼吸して♪(約5分)」はゆっくり深呼吸を繰り返して内側からリフレッシュします。

「全身が とっても気持ちいい まるで夢を 見ているみたいに 夢の中を 漂ってるみたいに 気持ち良くて 堪らない」
こういうアプローチをかけること自体は問題ないですけど
もっと催眠状態を深める工程を挟んでからやったほうが効果的だと思います。
深化が弱いとエッチで気持ちよくなれませんし、前のパートと同じくきっちりこなしてほしかったです。

最後の深呼吸するパートは吸う、吐くの合図を出しながら
簡単なイメージをさせる程度でこれも深化と呼ぶには弱いです。
リラックスはもう十分にできてるのだからもっと別のことをしたほうが良いでしょう。
頑張ってるのは伝わってくるのに覚束ないところがいくつか見られて全体を見ると微妙になってます。

十分リラックスさせてから軽く深化させる癒し系の催眠です。
聴き手の心と体を心地いい感覚で包み込むことを目的に
リラックスさせる暗示から入って入念な分割弛緩法、短時間の深化、そして深呼吸と
心身を脱力させることにかなり力を入れる方針で組み立ててます。

最初の催眠導入パートは良かったのでそれと同じ品質で深化もこなせてたら
少なくとも今よりはずっと深いところまで入れたでしょう。
「経験不足なところが出てしまったかなぁ」というのが私の感想です。
カウントを何度も数えるシンプルなエッチ
エッチシーンは3パート18分間。
プレイは感度上昇、エッチなイメージ、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「もっともっと 気持ちよくしちゃうからね ほらほらどんどん 気持ちよさがこみ上げてくる」
催眠を使って主人公の心身をふにゃふにゃにしたお姉ちゃんは
直前でやった深呼吸を使って今度はエッチな感覚を与えます。

エッチはキスやSEXといった通常のプレイをやらず言葉だけでイかせます。
最初の2パート6分間は連続絶頂に向けた準備。
「5、快感呼吸 呼吸で感じて♪(約3分)」は先ほどと別の意味合いを持つ深呼吸を行い
「6、快楽暗示 エッチに興奮して♪(約3分)」は好みのエッチなイメージを思い浮かべます。

「女の子の体とか 好みの大きさの胸とか お尻とか 太ももとか」
後者は自分で自由に選ぶのもいいし、彼女が言った具体例の中から選ぶこともできます。
本作品のエッチは良くも悪くもカウントに寄せてますから
こういう別のスパイスを取り入れて絶頂しやすくしたのでしょう。
呼吸パートは深呼吸を続けながら体の感度を上げていきます。

最後の「7、絶頂カウントダウン 何度もイって♪(約12分)」は連続絶頂するメインパート。
開始から1分後には早速カウントダウンが始まり、それを繰り返して何度もイかせます。

「私の声に 刺激されて 私のカウントに 追い詰められて 快感を感じちゃうでしょう?」
通常の催眠音声だとカウントの前後や最中に追い込み暗示を入れるのですが
本作品はカウントの合間に軽く話す程度で、暗示にあたるセリフがほとんどありません。
その結果時間いっぱいカウントを数えるだけの音声になってしまってます。

この内容ならもっと回数を減らして1回1回を丁寧にやったほうが
今のスタイルよりもずっと気持ちよくなれたと思います。
わざわざタイトルにしてる要素ならきっちりこなしてほしかったです。
私が聴いた時も感度が上がったり絶頂する感覚は特にありませんでした。

このように、絶頂回数は多いのだけど質はイマイチなエッチが繰り広げられてます。
優しく弄ばれる作品
催眠、エッチいずれも個性はあるのに表現する段階で躓いてしまってる作品です。

お姉ちゃんは自分の弟に催眠の効果を試してみようと
睡眠薬を盛って抵抗できない状況にしてからまずは双子っぽいスタイルの催眠をかけます。
そしてエッチは軽い感度上昇とイメージを挟んでからひたすらカウントを数えて追い込みます。

優しくてSっ気もあるお姉ちゃんが連続絶頂をテーマにした催眠をかけるややM向けのシチュ
声を左右に振り分けテンポよく語りかけてリラックスさせる催眠
メイン部分をほぼカウントに割いて何度も数える尖ったエッチ。
タイトル通り彼女に弄ばれたり何度もイかされる展開で作品を組み立ててます。

催眠のスタイルやエッチの進め方など面白く感じる要素を持ってます。
でも音声化するにあたってどちらも品質面に難があるかなぁというのが私の考えです。
催眠はリラックスをしっかりやるのに深化が弱いですし
エッチも肝心の連続絶頂がカウントを数えるだけになってます。

経験不足や技術不足によるところが大きいので
サークルさんにやる気さえあれば今後の作品でいくらでも挽回できると思います。
バランス感覚にもっと気を配ればより良いものが生まれるんじゃないでしょうか。

絶頂シーンは多すぎて計測不能(公式では40回以上)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:MOMOKA。さん
総時間 54:05

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は4点。
54分で550円とコスパが良いので+1してあります。

2021年9月13日まで80%OFFの110円で販売されてます。



サークル「Si-A」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、初心で可愛い妹を持つお姉さんが
家に連れてきた彼氏を催眠とエッチで癒したり気持ちよくします。

催眠は妹が、エッチは姉が担当する変わった作りになっており
催眠はマッサージするイメージと技術を組み合わせて温かさと脱力感を入念に伝え
エッチは姉に腕を操作されながら乳輪と乳首を時間いっぱいいじります。
M度はかなり低いのでノーマル~ややMな人に向いてます。
妹の彼氏をつまみ食い
恋人の亜衣に催眠をかけられ、その姉にあたる麻衣とエッチするお話。

「ど、どうぞ入って? あの えっと そのへんに座って待って?」
亜衣は明るくて可愛い声の女の子。
「亜衣ー 入るよー?」
麻衣はややトーンが低く穏やかな声のお姉さん。
緊張した様子で亜衣が主人公を自宅に迎えると
そこへ麻衣がやって来て彼を興味深そうに眺めます。

本作品は2020年5月に公開された「彼女と彼女の姉に色々されちゃう催眠」の別バージョン。
付き合い始めたばかりなのか、彼との自宅デートに緊張してる妹を助けようと
麻衣も協力しておよそ40分間のエッチな催眠をかけます。

女性が2人いるので双子催眠と思う人もいるでしょうけど
実際は催眠、エッチどちらも一対一で行います。
前作は無料ですから先にあちらを聴いて、気に入ったらこちらに手を出すのも良いでしょう。
ちなみに製品版には前作もまるまる入ってます。

全編を通じて言える特徴はリードの丁寧さ。
催眠は総時間の半分近くを使って催眠状態をゆっくり深めてくれますし
エッチも催眠にかかってる状況を活かして心身をバランスよく盛り上げます。
基本に忠実と言いますか、より多くの人が楽しめるように考えながら作られてます。
癒しのパワーも強くて恋人らしさがちゃんと出てます。

エッチは前作だと暗示を駆使してイかせる催眠色の強いものだったのが
今作はそれに乳首オナニーを加えてドライしやすい状況を作ります。
開発要素が薄いので乳首を普段からいじってる人向けの内容ですけど
催眠に深く入った状態でオナニーできるおかげで普段よりも強めの快感が味わえます。

麻衣はあくまで亜衣を応援するために今回のエッチをしますから
プレイ自体はソフトにして寝取りっぽさを薄めてあります。
途中から催眠者が交代しても催眠状態を維持できるアプローチも取られてます
前作の良かった部分を引き継いだうえで別のストーリーを組み立ててます。
マッサージと愛情でリラックスさせる催眠
催眠は2パート20分間。
横になって楽な姿勢を取り、少し深呼吸してから亜衣が主人公の体をマッサージします。

「指でゆっくりと押していく ぐっと押されると 少し痛いかな? でもその力が弱くなると 力が加わっていた部分からじんわりと温かさが生まれる」
足→脹脛→太ももと全身を下から上へ流す感じに揉みながら
ひとつひとつにリラックスを促す暗示を入れて心地よさを徐々に膨らませます。
脱力感と体の温かさを並行して伝える形で進めますから
後になるほど特定の部位がぽかぽかするのを感じるでしょう。

マッサージはおよそ14分もかけてるのでこの催眠における最も重要なシーンです。
両足が終わったら両腕、そして最後は頭とゆっくり丁寧に進めてました。
恋人のために一生懸命お世話する彼女の姿も健気で可愛いです。
私が聴いた時も体の温かさ、手足の重さ、意識のぼやけが同時に感じられて気持ちよかったです。

2番目の「3-2. 深化パート(彼女の姉パート)」は催眠状態をさらに深めます。
短いカウントアップとカウントダウンを交互に行い
半覚醒状態と催眠状態を何度も行き来させてより深いところに誘導します。

「沈む ずーんと沈む さっきと同じ 心地のいい世界まで沈んでいく」
催眠音声でよく使われる揺さぶりという技法です。
繰り返すたびに頭の中がどろどろになったり体が落ちる感覚が味わえます。
エッチを有利に進める暗示も入れるなど、この先を見据えて上手に締めくくってます。

十分リラックスさせてから段階的に落とす手堅い催眠です。
聴き手を亜衣の声や言葉の言いなりにすることを目的に
最初のパートはマッサージのイメージを絡めた分割弛緩法
次は2種類のカウントを使い分けてする揺さぶりとやることを変えて無理なく進めます。

エッチが乳首オナニー主体なので初心者向けのタグはつけてませんが
催眠に限って言えば結構初心者向けの内容だと思います。
特にマッサージのシーンは実況と暗示のバランスが良くて
何をしてるかイメージしながらその感覚に身を委ねることができます。
頭と乳首を気持ちよくするエッチ
エッチシーンは10分間。
プレイは乳首オナニー、耳への息吹き、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「それじゃあ今から 楽しいこと 始めましょ?」
あることがきっかけで亜衣から催眠者を引き継ぐことになった麻衣は
その手続きをきっちり済ませてから腕が勝手に動く暗示を入れます。

エッチは直接触れ合ったりせず指示と暗示を組み合わせてリードします。
内容は前半の4分間で乳輪をソフトに撫でながら体の感度を上げ
その後乳首を3つの手段でいじってドライオーガズムを目指します。
おちんちんはいじるどころか意識すらさせない乳首特化の内容です。

「ぞわぞわって 体に快感が走る くるくるって周りをなぞって 乳首の感度が上がってるのに 息でも感度が上がっちゃう」
そして同人音声の乳首オナサポとは明らかに違うやり方で追い込みます。
彼が深い催眠状態に入ってる状況を活かして両腕の動きも彼女が制御し
さらに気持ちよくなる暗示を小まめに入れて徐々に追い込みます。

「かりっ かりっ かりっ かりっ 乳首気持ちいいね 声の気持ちよさと乳首の気持ちよさで 頭とろとろ」
催眠の心地よさと乳首の気持ちよさを組み合わせてるのが良いですね。
乳首単体だとドライまで持っていくにはパワーが足りないので別の快感でカバーします。
終盤も絶頂シーンを2回用意し、その両方で丁寧な追い込みをかけてくれます。

実際のところ頭の中がかなり気持ちよくなれますから
乳首オナニーと組み合わせたことによる快感はなかなかのものです。
私が聴いた時も軽めのドライを迎えられましたし、リード自体は特に問題ないと思います。
でも時間があと5~10分長いほうがより多くの人に対応できるんじゃないかなと。

このように、妹から奪わない程度に気持ちよくするややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の穏やかな作品
恋人とその姉が同時に登場しない形で協力する割と珍しい作品です。

亜衣は自宅に来てくれた主人公の疲れを取り除こうと
催眠を交えたマッサージをして色んな癒しの感覚を与えます。
そしてエッチはやむを得ない理由で麻衣と交代し、こっちは乳首メインのプレイをします。

初々しい彼女と落ち着きのある姉が一対一で催眠をかけたりエッチするシチュ
心身を癒しながら催眠の感覚を徐々に強化する親切丁寧な催眠
乳首の快感と催眠の心地よさを組み合わせてドライへ持っていく催眠音声らしいエッチ。
催眠パートは前作とほぼ一緒にしてエッチで違いを出してます。

中でも催眠は20分という手ごろな時間でかなり深いところまで入れて満足しました。
やることはそこまで捻らずひとつひとつを堅実にこなします。
「マッサージされると温かくなる、温かくなると力が抜ける」みたいに
それぞれの感覚を関連付けて少しずつ強化する流れも良いです。

あと前項ではさらっと済ませてしまったのですが
亜衣から麻衣へ交代するシーンも催眠状態や信頼関係を維持できるように行います。
ここは面白いので是非実際に聴いて確かめて欲しいです。

エッチはプレイを始める前に引き継ぎをした関係で時間が短くなってます。
リードはしっかりしてるのでもう少しボリュームを増やせばより良くなるでしょう。
乳首はおちんちんよりも絶頂させるまでの時間がどうしてもかかります。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 姉Ver…44:29 妹Ver…37:28

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
44分で330円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、部屋で寝たりごろごろするのが大好きなズボラお姉ちゃんが
自宅内で弟と色んなエッチをしながらまったり過ごします。

セリフよりも態度、行為、音で彼女の魅力を引き出す甘いエッチが行われており
朝から晩まで自分の体を求めてきてもふたつ返事でOKする包容力や
だるそうにしゃべりながら随所で彼に気を配るさり気ない優しさが心を潤してくれます。
SEXシーンが多く毎回中出しするので幸福感に包まれながら抜けるでしょう。
いつでも受け入れてくれるお姉ちゃんと
姉の北井 灯香と6種類のエッチをするお話。

「んん…。んぁ? むにゃ…だぁれ? 鍵…開いてるよー」
灯香はトーンがやや低く穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、部屋にやって来た主人公を布団へ迎えると
彼に密着してから今何時か尋ねます。

本作品は現在大学生でほとんどの時間を家で過ごしてる引きこもりなお姉ちゃんが
甘えん坊で性欲旺盛な弟をおよそ120分に渡ってエッチに甘やかします。
彼女は元々出不精だったようですが、授業がオンラインになったせいでさらに加速し
今はリビングへ行くこともあまりないくらい自堕落な生活を送ってます。

「何したいの? ちんちん、まんこに挿れたい? あーそっかぁ。別に全然いいよ。お姉ちゃんのまんこでよかったら適当に使っちゃってー」
傍から見るとダメ人間なわけですが、彼に対しては非常に優しく
昼夜を問わず体を求めてきてもすぐさま受け入れます。
ダウナーな声でゆっくりのんびり語りかけてくるので雰囲気も終始穏やかです。
積極的にお世話することがない代わりに自分の体を好きにさせて愛情を注ぎます。

エッチについては彼女の性格を考慮し彼が責めるシーンが多いです。
前側位、バック、背面側位、正常位とSEXに最も長い時間を割き
プレイ中はピストン音に合わせて彼女が熱っぽい吐息をよく漏らします。
フィニッシュは毎回中出しを決めたりと、彼女が彼を強く信頼してるのが態度や行為から伝わってきます。

両親と一緒に暮らしてるからでしょうけど大声で喘ぐことはありません。
控えめな息遣いを近くで鳴らして密着感と臨場感を表現します。
一部のパートは実況のセリフを極端に減らしてますし、吐息の扱いにこだわってました。

ストレートな抜き系ではなくキャラの魅力を引き立てながら雰囲気を楽しむ感じの作品です。
ひとつひとつは弱めですけど全パートでエッチしますから実用性は十分にあります。
彼女の飾らない姿や包容力の強さに多くの人が癒しを感じるでしょう。
まったり愛し合うエッチ
エッチシーンは6パート90分間。
プレイはSEX(前側位、寝バック、背面側位、正常位)、フェラ、イラマチオ、飲尿(1分くらい)、耳舐め、キス、パイズリです。
SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うん、ナマで挿れていいよ。ナマが一番気持ちいいでしょ?」
主人公の気持ちを察していつでも挿入OKなことを告げると
灯香は彼に添い寝する体勢でおちんちんを迎え入れます。

エッチは基本的には彼が責めて一部で彼女がご奉仕します。
前半の3パート36分間は彼女の性格や2人の仲の良さをわかりやすく描いてるシーン。
「01.お姉ちゃんとだらだら添い寝おまんこ(約11分)」は前側位SEX
「02.朝勃ち寝バック性処理睡姦(約13分)」は寝バックSEX
「03.寝ボケお姉ちゃんにイタズラお口えっち(約12分)」はフェラとイラマチオで1回ずつ射精します。

「私のおっぱいに顔うずめちゃってさー、ガシってしがみついて? ん、んっ…そうそう。ぎゅーってしてさ。」
2人は物語の開始前から毎日エッチしてるので彼女が嫌がることはありません。
自分は動かず彼におまんこを貸す形で好きに責めさせ
ぎゅっと抱きしめたり頭の匂いを嗅いで一体感を楽しみます。
喘ぎ声の代わりに熱い吐息を漏らすことが多く、バックで流れる虫の声も相まって静かな印象を受けました。

吐息が好きな人ほど楽しめるでしょうね。
多くを語らず声や音で表現するあたりも彼女のダウナーキャラに合ってて良いです。

02と03パートは音重視の傾向がさらに強くなります。
前者は彼女が寝てるところを彼がSEXするのでセリフが極端に少ないですし
後者も口を使うためちゅぱ音や息遣いでプレイの様子をリアルにお届けします。

「お姉ちゃんの口、おまんこみたいに突いてもいいよぉー。むしろその方がお姉ちゃんも楽なんだよねー」
ストローの代わりにおちんちんをしゃぶらされても嫌な顔ひとつせず
むしろ自分からイラマチオへ持っていこうとするところに優しさを感じました。
エッチで動きたくないけど彼の欲望はすべて満たしたい。
そんな彼女の気持ちを表現するために独特なプレイを行います。

また03パートは射精した後に彼女が彼のおしっこを飲むシーンがあります。
これも彼に無理矢理やらされるのではなく、彼女の許可をもらってからやる流れです。
ろんりーわんさんは過去作でもこういうプレイを取り入れてたので作風なのかもしれません。
といっても時間は非常に短く、余程苦手な人でもない限り大丈夫なレベルです。

後半の3パート54分間はより個性的で濃いプレイが出てきます。
「04.親の前で内緒のコタツだらハメ(約19分)」はコタツに入ったまま背面側位SEX
「05.メイド服パジャマで馬乗りパイズリ(約16分)」は彼女がメイドになりきってするパイズリ
「06.好き好きイチャらぶ種付けおまんこ(約19分)」は王道の正常位SEXとシチュが大きく変わります。

母「あんたたちそんなくっついて熱くないの?」
灯香「ちょっと熱い…かも。この弟が私にぺたーってくっついてくるんだよ~」
シチュが最も面白いのは04パート。
いつも通りSEXしてるところに母親が帰宅して話しかけてきます。
彼女もさすがに2人の関係を知られるのはまずいと思ってるようで
若干そわそわした様子でなんとか誤魔化そうと頑張ります。

日常会話を挟みながらこっそりエッチするので純粋なエロさは落ちてますけど
こういう状況でもSEXを止めないところに包容力の強さが表れてます。
普段だらしないけどちゃんと空気を読めるお姉ちゃんらしさが窺えます。

「じゅるる…ちゅ…んちゅ…はむはむ… ん…気持ちいいですかぁ~ ご主人様ぁ~」
別の意味で普段と違う彼女を拝めるのは05パート。
彼に買ってもらった服が相当に気に入ったらしく、彼を「ご主人様」と呼びながら耳舐めやキスをします。
メインにあたるパイズリは彼に動いてもらうのでいつもと同じですが
彼女なりに愛想を振りまこうと頑張ってるのが伝わってきて微笑ましいです。
精液を顔にぶっかけられても嫌な顔ひとつしませんし、彼が望むことなら何でも受け入れようとします。

最後の06パートは夜に彼が布団へ潜り込んでSEXする01パートと似たシチュです。
でも最中のセリフが大きく違っており、本作品の中で最も甘いプレイに仕上がってます。
キスを軽く挟んでからすぐSEXに移るおかげで純粋なエロさも高めでした。
会話量を多めにして彼女の内面を厚めに描いてるのも良いです。

このように、だらしないけどお姉ちゃんなところもある彼女の魅力を前面に押し出した
イチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
「お姉ちゃん=お世話する存在」という概念を逆手に取ったノーマル向けの作品です。

灯香はできるだけ楽な手段で主人公の性欲を解消しようと
主導権を彼に譲り、自分はおっぱいやおまんこを貸して自由に責めさせます。
そしてその最中に彼を甘やかしたり気遣う態度を見せて心も潤します。

ダウナーで怠け者なお姉ちゃんが性欲旺盛な弟と色んなエッチをするシチュ
彼女は敢えて何もせず、彼が色んなSEXで責めまくる割と珍しいエッチ
言葉よりも態度や行為で愛情を注ぐ彼女の温かいキャラ。
お布団のような柔らかさと包容力を持たせて彼女を魅力的な女性に描いてます。

お姉ちゃんなのに全然責めないところが印象的でした。
音声作品におけるお姉ちゃんは何から何までしてあげることが多いので
それと真逆の路線を歩みつつ彼女がお姉ちゃんなことを表現してます。

何をされても全部受け入れる姿や、終盤の2パートで見せる献身的な姿が良い例です。
彼が肉食系だからこうして受けに回るのが彼女なりの甘やかしなのでしょう。

エッチは彼女のキャラに合わせて全体のペースをやや緩く設定してます。
でも熱っぽい吐息やピストン音が多いのでオナニーのお供に役立つエロさは持ってます。
一体感を味わいながら抜けるようになってて癒しの効果も見込めます。

射精シーンは6回。
くちゅ音と吐息それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

全肯定キャラが好きな人には特におすすめします。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:58:49

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月5日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、血の繋がってない弟を溺愛してるあまあまなお義姉ちゃんが
2種類の耳舐め手コキで幸せな射精に導きます。

エッチシーンのほぼ全部で耳舐めする尖った作りが魅力で
最初は1人、次は2人とスタイルを変えて耳元至近距離からちゅぱ音を鳴らし
さらに数分ごとに音や動きを変えたり優しい言葉をかけて彼女にお世話されてる雰囲気を作ります。
お義姉ちゃんがする濃厚な甘やかし
お義姉ちゃんが2種類の耳舐め手コキをするお話。

「ねぇ 弟くん なんでお義姉ちゃんが怒ってるか わかる?」
お義姉ちゃんは明るくて穏やかな声のお姉さん。
エッチなボイスドラマのCDを見つけて主人公に問いただすと
自分のほうが彼を気持ちよくできると言います。

本作品は両親の再婚に伴い彼と家族になった彼女が
偶然起こった出来事をきっかけにおよそ130分のエッチなお世話をします。
2人は血は繋がってませんが仲は実の姉弟以上に良く
彼女だけでなく彼も相手に一定以上の好意を抱いてます。
そのため2分程度の前置きを挟んだらすぐさまエッチに入ります。

「いっぱい気持ちよくなってくれて いいからね 弟くんのために 頑張って耳舐め研究したんだから」
そして耳舐めが大好きな彼をとことん満足させようと
左右の耳を個別に、あるいは同時にたっぷり舐め続けます。
どこを聴いても耳舐めと言っていいくらいボリュームがありますから、好きな人ほど楽しめるでしょう。
耳の内側や穴といった比較的深い部位を責めるシーンが多く
通常よりもややトーンが低くざらつきのあるちゅぱ音を鳴らします。


C_Realizationさんは以前から耳舐め特化の作風ですが
鈍い音を鳴らすこと(ぐっぽり感)はあってもジョリジョリしたものはあまり見かけませんでした。
同じく耳舐めを得意とされてるHORNETさんがこういうタイプの音を鳴らしてるので
そのへんの影響を多少は受けてるんじゃないかと私は思ってます。

微弱な圧や振動を伴うことが多いため、実際に聴いてみると耳のあたりが軽くゾワゾワします。
吐息を漏らすたびに微かな風圧も感じられますし、リアリティのある耳舐めに仕上がってます。
セリフよりも音のほうがずっと多いおかげで耳舐め音だけを楽しみやすいです。

「今度は お耳の穴 お口で覆うみたいにして舐めるよ」
もうひとつ、特に最初のパートでは耳舐めの種類にもこだわってます。
3分程度の間隔で簡単な説明が入り、それに合わせてちゅぱ音の鳴らし方や動きが変わります。
過去のサークルさんは同じ音をひたすら垂れ流すことがそれなりにあったので
マンネリ感を薄めたりメリハリを持たせる良い工夫と言えます。

片方ずつ舐める時に左右で違う流れにしてるのも面白いなと。
本作品はパートあたりの時間が40~80分と長いので、耳舐めを広く厚く表現することを意識してます。
それに対して手コキは同じ音を鳴らし続ける至ってシンプルなものです。

「エッチな気分になっちゃったら お義姉ちゃんに言ってくれればよかったのに お義姉ちゃん 弟くんの頼みだったら いくらでもおちんちん 気持ちよくしてあげるのに」
彼女についてはお義姉ちゃんらしい甘やかし上手なキャラに描かれてます。
彼が自分以外をオカズにして射精するのが我慢できないようで
「よしよし いい子いい子」など優しい言葉をかけながら全肯定する姿勢を見せます。

最初のパートは耳舐めに寄せてますけど、2番目のパートはセリフを多少増やしてバランス型にしてました。
焦らし、寸止め、連続射精といった意地悪な要素もありません。
年上の女性が持つ優しさや温かさをセリフとプレイに込めて気分よく射精させます。

量が多く幅広さもある耳舐めと彼女のあまあまなキャラ。
サークルさんの得意分野を以前よりも掘り下げてるノーマル向けの作品です。
ふたつのやり方でたっぷりご奉仕
エッチシーンは2パート122分間。
プレイは耳舐め、手コキ、精飲です。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「音声作品なんかより お義姉ちゃんのささやき耳舐めのほうが ずーっと気持ちいいと思うよ」
主人公が姉モノの音声作品を聴いてるのを見て嫉妬したお義姉ちゃんは
本物の良さを教えようと右耳をゆっくり舐め始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「(1) 新次元到達ッ!!! 囁き耳舐め誘惑手コキ♪(約80分)」は
片耳舐めをやりつつ多種多様な責めを繰り出すパート。
右耳→左耳の順にたっぷり舐めながらおちんちんもゆっくりしごいて優しく追い込みます。

「今度は もーっと深いところまで ぐっぽりぞりぞり舌 ねじ込んじゃうよ」
耳の外側や内側へ舌を丁寧に這わせてたかと思えば
5分くらい経つと穴の入り口や中を舌で擦ったり出し入れするプレイに変わります。
その後も口を開いて耳穴を覆ったまま舐めたり吸うなど内容が本当に多彩です。
何をしてるかわかりやすくなるように変える時は説明を挟んでました。

ひとつひとつの時間は3分くらいと短いですし
舐めるペースや強さも全体的に控えめで結構まったりしてます。
でもパートの時間がものすごく長いおかげで耳舐めをじっくり楽しめます。
耳舐め重視の作品は多いですけど、ここまで尖らせてるものは珍しいです。

右耳を終えて左耳へ取り掛かる時に吐息を多くしてるのも良いですね。
右耳とまったく同じにしたらダレますから新しい要素を加えて変化をつけてます。
耳キスも左耳から登場するプレイですし、単調にならないための工夫がきちんとされてます。

「弟くんの遺伝子の味 おいしい」
ちなみに射精はカウントに合わせて1回だけ行います。
事後に彼女が精飲するシーンを5分くらい設けて溺愛っぷりを表現してました。
耳元に口を近づけて舐めたりもごもごする、耳舐めとは違う種類のちゅぱ音を鳴らします。

もうひとつの「(2) 新次元到達ッ!!!×2 ダブル囁き耳舐め弄び手コキ♪(約42分)」は
彼女が2人に増えて左右の耳を同時に舐め始めます。
前のパートと同じくすぐさまエッチを開始し、おちんちんも同時に責めて再び射精へ追い込みます。

左「あぁ 可愛いよぉ いいよ いっぱい感じちゃって」
ひたすら両耳舐めするのは味気ないと判断されたのか
片方は彼を甘やかしたり彼女が喜ぶセリフを言う
もう片方は耳舐めを続けると役割分担しながら責めてました。

耳舐めに関する説明は大幅に省いてひたすら甘やかすスタイルへ変わります。

2人同時に舐めてる時は頭の中を音に包まれてる感覚がして心地いいです。
そして片方がしゃべる時は彼女の優しさや愛の強さが伝わってきます。
本作品において彼女のキャラは割と大事な要素ですから
このパートはそれをやや強調する形でプレイを組み立ててます。

このように、耳舐め手コキはそのままにして人数や進め方を変える特化型のエッチが繰り広げられてます。
耳舐めたっぷりな甘い作品
サークルさんなりのやり方でおねショタを表現してる濃い作品です。

お義姉ちゃんは自分に好意を抱いてるのに表に出せない主人公をスッキリさせようと
自分から積極的に動いて耳とおちんちんを気持ちよくします。
そして最初は一対一で幅広く、次は二対一で濃厚にと方針を変えてリードします。

ブラコンなお義姉ちゃんが弟を耳舐め手コキで甘やかすノーマル向けのシチュ
エッチシーンのほぼ全編で耳舐めを行い、シーンごとに責め方も変える広くて深いエッチ
言葉と行為の両方から彼をとことん甘やかす彼女のキャラ。
耳舐めをしっかりやりながら彼女の魅力や想いも伝わるように作品を組み立ててます。

中でも耳舐めは以前のサークルさんよりも明らかな前進が見られて満足しました。
過去作は量や音質は良いんだけど単調に感じるところがそれなりにあったので
音や動きの種類を充実させたり、人数を増やしたうえで役割分担する演出が効果的に働いてます。
耳の内側や穴を責めることが多いけど、力が抑えられてるおかげで頭が痛くなることもなかったです。
「ぞりぞり感」という新たな要素も加わってますし、今後も成長しようとする気持ちが込められてます。

耳舐めを頑張ってる一方で手コキは効果音を垂れ流すだけなのは少し残念ですけど
耳舐めが売りの作品でそこがしっかりしてるならいいんじゃないかと思います。
最初のパートは72分くらいノンストップでしごき続けるので
音声の通りにオナニーしたら高確率で暴発します。
前半は敢えてしごかず耳舐めを楽しみ、後半から始めるようにすれば大丈夫でしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:22:16(本編…2:11:11 フリートーク…11:05)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月27日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「さーべるたいにゃー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、AV女優として活躍中のお姉さんたちが
大きなおちんちんを持つ弟を個別に、あるいは同時に責めて気持ちよくします。

彼女たちの個性を出しながら前半は1人ずつ、後半は複数人で責めるのが特徴で
ななはツン多めのブラコン、ゆあはゆるふわ、りんはクールでドスケベと違う魅力を持たせ
全員に活躍の場を与えながら色んなプレイを楽しみます。
お姉ちゃんはAV女優
園崎なな、春咲ゆあ、鷺宮りんと5種類のエッチをするお話。

「ったく あんたね ガタガタうるさい 昼間からシコってんじゃないわよ」
なな(挿し絵中央)は砕けた口調で話すトーンが低い声のお姉さん。
昼間からエロ動画を観ながらオナニーしてる主人公の部屋に押しかけると
彼のおちんちんがかなり大きいことに気づいて見せるように言います。

本作品は姉がAV女優なおかげで仕事もせず家でゴロゴロしてる彼が
彼女やその同僚にあたる2人のお姉さんとおよそ90分に渡ってエッチします。
彼は生活能力0のダメ人間ですが並み外れたおちんちんと精力が備わっており
それに目をつけた彼女たちが優しくリードしながら色んな手段で味わいます。
サークルさんの3周年を飾る作品ということで、声優さんも過去作に出演された方を起用してます。

最大の魅力は彼女たちのキャラ。
AV女優なのでエッチが上手いところは共通してますが
それぞれに違う特徴を持たせてセリフやプレイに個性を出します。

なな「一応弟だし 昔は可愛かったのになぁ」
例えば姉のななは基本的にはツンツンしてるけど重度のブラコン。
ヒモ同然の日々を送ってる彼をなんだかんだでお世話したり
彼のお願いは受け入れる優しさが随所で見られます。

ゆあ「根元だけガチガチに硬いし 先っぽもぷっくりして ほんといいおちんちん」
それに対して2番目に登場するゆあ(挿し絵左)は甘やかし上手な正統派のお姉ちゃん。
一人っ子で弟に憧れてたのか、彼のことを「弟くん」と呼びながら色んなサービスをします。
甘い声でのんびり話して穏やかな空気を作り、大きなおっぱいでしごいて射精へ導くなど
年上の女性が持つ優しさや温かさがストレートに表現されてます。

3人全員に活躍の場を設けてますが、聴いた限りではゆあが一番目立ってました。
ゆあ役のそらまめ。さんは14作品中9作と断トツで多く出演されてますから
そのへんを考慮して3人の中でけん引役に据えたのかなと。
相手する時間が長いという意味で、他の2人を脇役に据えてるわけではありません。

エッチについては手コキ、フェラ、パイズリ、SEXといった王道のプレイで固めてます。
前半は1人ずつ、後半は2~3人同時にとスタイルを変えて無理なく射精へ追い込みます。
おちんちんの立派さを褒めるセリフが多いですから良い気分で聴けるでしょう。
全員AV女優なだけあって純粋なエロさも高いです。
年上の魅力を凝縮したエッチ
エッチシーンは5パート59分間。
プレイはAV鑑賞、手コキ、乳首責め、フェラ、パイズリ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、手マン、ハメ撮りです。
手コキ、パイズリ、SEX、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

なな「仕方ない 弟のために お姉ちゃんがひと肌脱いでやるか」
AV男優でも見かけないレベルのおちんちんに驚いたななは
主人公が射精したがってるのでそのお手伝いをすることにします。

エッチは序盤から中盤は彼女たちが、終盤は彼が責め続けます。
最初の2パート26分間はキャラの個性を出しながら一対一でするシーン。
「Tr1 お姉ちゃんごめんなさい(約8分)」はななが手コキを
「Tr3 ゆあ夜這い(約18分)」は後日遊びに来たゆあがフェラとパイズリをします。

なな「乳首感じちゃうの? あんた オナニーする時いじってるんだ へぇ 女の子みたい」
ななはツンデレキャラなので自分の気持ちを表に出すことはありません。
でも自主的に彼へご奉仕する姿勢や、乳首が敏感だと知っても見下さないところに優しさを感じます。
仕事柄男性の性癖に対して寛容なのかもしれませんね。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、AV女優らしさも感じるスムーズなリードをします。

ゆあ「ほーら 弟くんの好きなおっぱいだよー」
Tr3のゆあはななと逆でストレートに甘やかします。
彼が自分のファンだと知ると素直に喜び、自慢のおっぱいで緩めに責め続けます。
彼をエッチに誘うシーンでも気配り上手なところが出てますし
「こういうお姉ちゃんがいたら幸せだろうなぁ」という願いを叶えてくれるプレイです。

そして声と態度があまあまだからこそプレイのエロさが引き立ってます。
序盤のフェラは「ずぶびゅー」と強めに吸う感じの音を何度も鳴らし
パイズリもペースが上がると乳首が擦れて気持ちいいのか切ない声を漏らします。
パイズリ中は実況を普段より多めにしてるおかげでイメージしやすく感じました。
射精前後の追い込みもしっかりしててプロらしさが出てます。

続く3パートは33分間は複数人プレイ。
「Tr4 鷺宮りん襲来(約15分)」はりんとの騎乗位SEX
「Tr5 りんちゃんだけズルい(約11分)」はゆあと正常位SEXを楽しみます。
そして「Tr6 お姉ちゃんとも(約7分)」は帰宅したななを加えた4Pに変わります。

りん「チンポ舐めて濡れちゃったから すぐ入るよ んっ んんんんん」
りんは普段はクールだけどエッチが始まると熱くなる性格。
会った直後は素っ気なかったのに主人公のおちんちんを見ると態度を改めます。
そしてフェラだけでは我慢できなくなり3人の中で最初にSEXへ突入します。
登場順が最後の時点で明らかに不利ですからこういうやり方で華を持たせたのでしょう。
ゆあやななともSEXするきっかけになりますし重要な役割を果たします。

女性が複数人いるおかげでエッチな要素がより多くなってるのもポイント。
Tr4と5はSEXと耳舐めを同時に行い、Tr6は軽いレズプレイやハメ撮りといった別の要素が加わります。

なな「先っぽ 当たってる あぁっ」
特にTr6は近親相姦が持つ暗さや重さを上手く中和してます。
彼をAV男優の候補に据えて撮影の練習をするスタイルにしたり
ななが普段よりもずっとエロ可愛い乱れっぷりを披露してくれるのが大きいです。

彼女は相当なブラコンですから内心彼とこうなりたかったのではないでしょうか。
そういう気持ちが作品を通じて伝わってくるから甘さを感じるわけです。

このように、彼女たちの属性を活かして色んなプレイをするイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
年上の女性に気持ちよくお世話される様子をエロさ高めに描いたノーマル向け作品です。

ゆあとりんは立派なおちんちんを持つ主人公と楽しい時間を過ごそうと
夜這いをかけたりなながいない時に自宅を訪問してこっそりそれを味わいます。
そしてななは「彼をAV男優にする」という名目でおちんちんを受け入れ嬉しそうな声を漏らします。

同じ事務所に所属する3人のAV女優が弟くんとひたすらイチャイチャする甘いシチュ
ツンデレ、ゆるふわ、クールで淫乱と別の属性を持たせて
それぞれに合ったプレイを個別に、あるいは同時にするキャラ重視のエッチ。
彼女たちが彼をどう思ってるか表現しながら責めることを意識してます。

中でも2番目はAV女優なだけあっておちんちんに対する執着心が強く
手、口、おっぱい、おまんこと全身を使ってご奉仕します。
女性上位ですけどM向けの言葉責めがほとんどないのでいじめられてる感じはありません。
なながきつめの態度を取るのは愛情の裏返しですからあまあま路線と言えます。

パートあたりの時間が割と短いので複数繋げて1回抜くのが丁度いいでしょう。
効果音の扱いも割と丁寧で3周年の節目を飾るに相応しい品質を持ってます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「特訓!花びら大回転連続射精訓練」です。

CV:園崎なな…大山チロルさん 春咲ゆあ…そらまめ。さん 鷺宮りん…天知遥さん
総時間 1:43:26(本編…1:31:58 おまけ…11:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

2021年3月10日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「めとりくす」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、血は繋がってないけど弟を溺愛してる世話好きなお姉ちゃんが
自宅の部屋やお風呂場でひたすらエッチしてその気持ちを伝えます。

彼女の魅力を引き立てながらあまあまラブラブなエッチをするのが登場で
愛の言葉や全肯定のセリフを至るところで言って彼女の心情を表現し
エッチもお互いが責め合う形で色んなプレイをやって幸せな時間を過ごします。
お姉ちゃんと過ごす幸せなひと時
姉の結城 麻衣(ゆうき まい)と8種類のエッチをするお話。

「あ、おかえりー 今日も1日お疲れ様」
麻衣は甘くて穏やかな声のお姉さん。
仕事から帰宅した主人公をすぐさま抱きしめると
今日の出来事を尋ねてから褒めたり甘やかします。

本作品は10年ほど前にある事情で主人公の家に引き取られた彼女が
大人になって彼と同棲を始め、およそ160分に渡って色んなエッチをします。
2人は血は繋がってませんが親密度は実の姉弟よりも高く
序盤からハグやキスといったスキンシップを積極的にしてイチャラブ感を出します。

「何かしたいことがあったら 何でも言ってね お姉ちゃん 君のしたいこと何だってするからね」
彼女はタイトル通り彼のことをすべて受け入れ甘やかす全肯定キャラ。
「好き」「カッコいい」などポジティブなセリフを至るところで言いながらお世話します。
彼女視点で会話することがとても多いので何を思い、感じてるのかがわかりやすいです。
文字通りべた褒めしてくれますから、これらを聴いてるだけでも脳がとろけるような感覚がするでしょう。

実は彼女がなぜ彼をここまで溺愛するかは作中でほとんど語られてません。
ですが製品版の「イラストなど(差分あり)」フォルダに入ってるテキストからそれを窺うことができます。
事前に読んでおいたほうが音声をより楽しめると思います。

エッチについてはお風呂場、部屋、お酒を飲んだ後、媚薬を飲んだ後と4つのシーンがあり
それぞれの状況に合った甘さの強いプレイをして幸せな射精に導きます。
お姉ちゃんらしく丁寧にリードすることもあれば
敢えて彼に主導権を譲り思う存分乱れることもあります。

音声を聴いた限り彼女は割と独占欲の強い性格をしてるので
一方的に愛するだけでなく、彼に愛されることも望んでるのだと思います。
SEXシーンが多いのも2人の絆の強さが伝わってきて良いです。
身も心も深く繋がるエッチ
エッチシーンは8パート113分間。
プレイは体の洗浄、耳舐め、手コキ、手マン、キス、SEX(立ちバック、騎乗位、対面座位、正常位)、授乳オナホコキ、乳首責め、オナニー、媚薬を飲む、フェラです。
体の洗浄、手コキ、手マン、SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら んっ ぬるぬるになったお互いの体を擦り合わせてぇ こうやって洗うの どうかな?」
主人公がお風呂に入りたがってるのですぐさま服を脱がせると
麻衣は自分も裸になりおっぱいを使って彼の体を綺麗にします。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
前半の4パート54分間は2人の日常風景。
「02 お風呂であまあま手コキ(約14分)」は体の洗浄、耳舐め、手コキ
「03 お風呂で後ろからあまあまラブラブセックス(約17分)」は手マンを挟んでからの立ちバック
「04 お部屋であまあま授乳オナホコキ(約10分)」は授乳オナホコキ
「05 ベッドであまあま騎乗位セックス(約13分)」は騎乗位SEXで1回ずつ射精します。

「おちんちんいい子 おちんちんいい子 世界で一番かっこいい君のおちんちん とーってもいい子だね」
2人はかれこれ5年以上はエッチな関係を続けてるので
こういう展開になっても驚くことはありません。
体を洗うついでに勃起したおちんちんもゆっくり丁寧にしごきます。
既に働いてる彼を子供のように扱うところがお姉ちゃんらしいなと。
言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注いて射精時の快感を大きくします。

「いいっ いいよ 君のおちんちん すごくいいよ」
そしてお世話した後はエッチなおねだりをして彼を誘惑します。
おっぱいやおまんこを彼に洗ってもらう時は熱っぽい吐息を漏らし
その後のSEXはバックで繋がり気持ちよさそうな喘ぎ声を上げます。

キャラを重視してそこまで激しく乱れることはありませんが
2人の仲の良さがプレイを通じてしっかり伝わってきて甘いです。
最後はきっちり中出しを決めるなど、通常の姉弟よりもずっと踏み込んだことを序盤から積極的にやります。

「お姉ちゃんに甘えて おっぱいちゅーちゅーして エッチなおもちゃでおちんちん気持ちよくなっちゃって 可愛いでちゅねー」
04~05パートは幼児プレイを主軸に据えたエッチ。
ここだけ彼女の口調が赤ちゃん言葉に変わりオナホとおまんこで甘やかします。
02~03パートとは別の甘さを持ってて本作品のテーマに合ってます。
こちらを褒めたり甘やかすセリフも多く、彼のためなら何でもする彼女の性格が色濃く反映されてます。

後半の4パート59分間は普段と違う彼女とエッチするシーン。
「06 お酒を飲んで酔っ払ったお姉ちゃんのオナニー授業(約18分)」はオナニー
「07 酔っぱらったお姉ちゃんとあまあま対面座位セックス(約16分)」は対面座位SEX
「08 媚薬を使ってエッチになっちゃったお姉ちゃんの全身舐め(約14分)」は全身舐めからのフェラ
「09 お姉ちゃんとの乱れまくり媚薬セックス(約11分)」は正常位SEXをします。

「ふぅ やっぱりこれ美味しい ふふっ ふふふふ」
彼女はあまりお酒を飲まないそうですから酔って多少ハイテンションになったのでしょう。
06~07は「性教育」をテーマに掲げてオナニーやSEXのやり方を教えます。
オナニーはシコシコボイスを言いながら効果音を鳴らすやりやすい作り
SEXはキスやハグといったオプションや女性の心理に関するレクチャーを挟むなど
前の4パートよりも丁寧さに力を入れてゆっくり気持ちよくします。

普段が割と落ち着いてるからこういうリードをする彼女が可愛く感じました。
世話好きな性格を維持したまま少しだけわがままに振舞います。
彼が彼女に甘えるのと同じくらい彼女も彼に甘えたいのでしょう。

08~09はキメセクっぽい内容。
08は熱っぽい吐息を漏らしながら全身を上から下に向けてたっぷり舐め
最後はおちんちんにたどり着いてむしゃぶりつく感じの激しいちゅぱ音を鳴らします。
露骨に下品と言うほどではないものの、これまでしてきた彼女の責めっぷりよりは明らかにパワフルです。

09のSEXも体位が正常位なので乱れるのに専念します。
通常の喘ぎ声とアヘ声の中間あたりに位置する気持ちよさそうな声を漏らしてました。
ただ個人的にはもっとぶっ飛んだ喘ぎ方をしたほうが媚薬を飲んでる状況に合うと思います。
キャラを崩したくないとサークルさんが思われてるのか
「他より少しは激しいかな?」くらいの大人しい乱れ方をしてます。

前半の4パートでイチャラブ感や彼女の性格はしっかり表現されてますから
ここはもっと方向性の違うエッチをしたほうがメリハリが出たんじゃないかなと。
設定は面白いのに、それを形にする段階で思いきれてないのが残念です。

このように、彼女の魅力や2人の仲の良さを前面に押し出したノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
すべてが甘い作品
年上の女性が長時間に渡って甘やかしてくれる幸せいっぱいな作品です。

麻衣は血は繋がってないけど実の弟以上に溺愛してる主人公を満足させようと
最初から積極的にスキンシップを取りながら全肯定と愛の言葉を投げかけます。
そしてエッチはお互いが責め合うスタイルにしてシーンごとに違うプレイを繰り出します。

すべてを受け入れてくれる優しいお姉ちゃんと色んなエッチをするシチュ
SEXを多めに用意したうえでM向けの要素をまったく入れずにリードする純愛系のエッチ
好意を伝えたり嬉しそうな表情を見せながら彼にたっぷりご奉仕する彼女の献身的なキャラ。
お姉ちゃんの魅力をぎっしり詰め込んだ甘さ満点な作品に仕上がってます。

中でも3番目は家族であり恋人でもある彼をとても大事にしてるのがわかります。
彼のことが純粋に好きだからというのもあるでしょうけど
自分を救ってくれたかけがえのない存在だから恩返ししたい気持ちもありそうです。
血が繋がってない姉だからこそ、そこにはより複雑な感情が入り混じってます。

エッチは幼児プレイをするシーン以外は割と王道のプレイで固めてます。
本作品はキャラの描写に力を入れてるので
それ以外の要素は無難に組み立てる方針を取ったのかもしれません。
最大の売りである甘さはきっちり出てますから、強烈な個性を求めない限りは高確率で楽しめます。

最後に、本作品は発売からおよそ2か月間(2021年4月14日頃まで)はたったの110円で販売されてます。
これだけのボリュームと品質でこの価格は驚異的です。
それ以降は1000~1200円になるそうですから
興味が湧いたら今聴く時間がなくてもとりあえず買っておくことをおすすめします。

射精シーンは8回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:42:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
162分で1000~1200円ならコスパが良いので+1してあります。
110円で販売されてる最初の2か月間は10点をつけます。

2021年3月13日まで10%OFFの99円で販売されてます。



サークル「アンスリウム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、実の弟を心の底から愛してるクールなお姉さんが
自宅で夜から朝にかけて色んなエッチをしてその気持ちを改めて彼に伝えます。

愛の言葉とエッチな音を組み合わせた穏やかなエッチをするのが特徴で
「好き」「愛してる」といったセリフを至るところで投げかけながら
前半はゆっくりペースで耳、口、おちんちんを丁寧に舐め
後半はSEXメインに変えて熱っぽい吐息を多めに漏らして気持ちいいことをアピールします。
寝る間も惜しんでエッチする姉弟
姉の紗耶と自宅でひたすらエッチするお話。

「おかえりなさい 随分遅かったのね 心配したわ」
紗耶はトーンが低く艶っぽい声のお姉さん。
夜遅くに帰宅した主人公を心配そうな表情で迎えると
顔に触れたり軽くキスして疲れを取り除きます。

本作品はサークルさんの代表作「クールな姉に理性が吹き飛ぶほど溺愛される音声」の続編。
血は繋がってるけど異性として深く愛し合ってる男女が
自宅で夜から朝にかけておよそ100分に渡りイチャイチャします。

2人の仲の良さを表現しながら初エッチや初SEXするまでを描いてた前作に対し
今作はその後日談として自宅でエッチする様子を重点的にお届けします。
前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
本編のほとんどがエッチシーンなので前作未視聴でも普通に聴けます。

「近づきすぎて 唇が触れてしまったわね 可愛い 本当に大好き 愛してる」
最大の魅力は彼女のキャラ。
「好き」などの愛の言葉を積極的に言って彼を甘やかしたり
エッチに入るととことん尽くしながら幸せそうな表情を見せます。

感情をあまり表に出さない性格なので雰囲気は結構落ち着いてますが
言葉と行為の両方から好きなことをストレートに伝えて彼女の気持ちを聴き手に強く印象付けます。

「お姉ちゃん」よりも「お姉さん」と呼ぶほうがしっくりくるキャラですね。
エッチもものすごく溺愛してくれますから幸福感を抱きながら射精できます。

エッチについては2人の好感度が既にMAXなことを考慮し
愛の言葉以外のセリフは極力切り詰めてちゅぱ音や吐息を多めに漏らします。
前作に引き続きしゃべる時とそうでない時をある程度分けてました。
実の姉弟なら多くを語らなくてもお互いのことを理解してますから
密着感や一体感をリアルに表現して彼と同じ視点で楽しめるようにしてます。

物静かな態度で惜しみない愛情を注ぐ彼女のキャラとASMR成分を高めに設定したエッチ。
前作の売りだった彼女の魅力を押し出しながらエッチメインで進めるノーマル向けの作品です。
心と体の近さを感じるエッチ
エッチシーンは8パート69分間。
プレイはキス、耳舐め、フェラ、SEX(騎乗位、対面座位、正常位?)、乳揉みです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「この唇大好き 好きぃ」
お風呂から出た主人公と同じベッドに潜り込んだ紗耶は
彼を溺愛する言葉を漏らしながら熱いキスをして愛情を注ぎます。

エッチはごく一部を除き彼女がリードします。
最初の3パート28分間は口を使ったプレイが中心。
「02_姉さんの好き好き濃厚キス(約5分)」はキス、「03_姉さんの好き好き濃厚耳舐め(約12分)」は耳舐め
「04_姉さんの溺愛フェラ(約11分)」はフェラとお世話する部位を変えて1回射精させます。

「なんて 愛おしい耳なのかしら こんなに 心が満たされていいのかしら」
そして彼女は序盤から早速溺愛っぷりを披露します。
彼自身だけでなくパーツや精液まで手放しで褒め
ゆっくりペースでちゅぱ音を鳴らしながら愛おしそうに舐めまくります。
そしてプレイの合間に幸せそうな表情を見せてクールキャラによくある事務的感を打ち消します。

超がつくほどのブラコンっぷりを発揮するので
声のイメージと随分違う姿に驚く人がいるでしょうね。
それでいてキャラに雰囲気が合ってると感じるのはセリフの割合を下げてるからです。
プレイによって音の位置や鳴らし方も変えてますし、静かでリアルなエッチに仕上がってます。

続く5パート41分間はSEXが中心。
「05_姉さんと騎乗位セックス(約6分)」と「06_姉さんとディープキス対面座位(約7分)」は彼女が
「08_姉弟の溺愛濃厚セックス(約21分)」は彼が責めてより深く愛し合います。

「ゴムがあると 薄い壁に阻まれて 少し感覚が鈍くなるのよね」
前半はゴムを装着してから騎乗位→対面座位と繋ぐ割とスタンダードなSEX。
普段よりも熱っぽい吐息と軽めの喘ぎ声を漏らす一方で
彼と生で繋がってないことを寂しく思う仕草を見せます。

引き続きセリフの割合は下げて騎乗位は吐息、対面座位はキスを多めにしてました。
彼女のキャラに合わせたのでしょうけどあんあん喘ぐことはなく
吐息の中に軽く声を混ぜる感じの控えめな乱れ方をします。

それに対して08パートはより熱とエロさの高いSEXが楽しめます。
これまでずっと受けに回ってた彼が初めて主導権を握り
キス→耳舐め→乳揉みと繋いでから(たぶん)正常位で一気に挿入します。
SEXの時間は約7分と短めです。

「愛してる 愛してるわよ 私も あなたといる時だけ 本当の自分になれる」
このパートは他に比べて吐息がとても多く
彼女がより強い興奮や幸福感を味わってるのが直感的に伝わってきます。
一方的に愛し続けるよりも好きな人に愛してもらえるほうが嬉しいはずですから
普段と敢えて立場を逆転させて彼女の内面や反応を重点的に描いてます。

SEXシーンの前半はやや大人しかったので
こっちのほうが私は好きだし抜けると思います。
ピストン音もなかなか激しくて普段とは違う彼の男らしさを感じました。

このように、上下のお口を使って丁寧にご奉仕するあまあまなエッチが繰り広げられてます。
落ち着きのある純愛作品
血の繋がった姉弟が愛し合う様子をありのまま描いた雰囲気のいい作品です。

紗耶は大好きな主人公と幸せな時間を過ごすために
体を密着させながらまずはキス、耳舐め、フェラをして彼をやる気にさせます。
そしてその後はお互いに責め合う形でSEXして一緒の絶頂を目指します。

物静かで愛情深い実姉とひたすらエッチする甘いシチュ
セリフよりもちゅぱ音、くちゅ音、吐息の量を増やした音重視のエッチ
愛の言葉と全肯定のセリフを投げかけながら一途にご奉仕する彼女のキャラ。
背徳感をほとんど出さずに近親相姦してる様子をリアルにお届けします。

「やっぱり 私には弟が一番ね あなたさえいれば それでいい」
中でも3番目は一般的なブラコンお姉ちゃんよりもずっと静かで落ち着いてます。
そして感情をあまり表に出さないからこそセリフ、仕草、反応に重みがあります。
音の割合を高めにしてるのもそういう意図があるのかもしれません。
必要なことだけ語り、あとは態度と行動で示す割と個性的な女性です。

エッチは時間に余裕がある状況を活かしてひとつひとつを丁寧にこなします。
全体的にペースが緩く喘ぎ声も少ないところを
愛の言葉、ちゅぱ音のリアルさと下品さ、SEXの濃さで補ってます。

感情移入しながら抜くタイプの作品なのでガチエロ系が好きな人にはやや不向きですけど
心が満たされた状態で射精できるぶん、得られる快感や余韻が強くなってます。
サークルさんもそのへんを考慮して射精回数を少なめに設定されたのかなと。

射精シーンは3回。
吐息多め、ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけは「EX_溺愛囁きカウントダウン手コキ」、NGボイス、フリートークです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 2:10:09(本編…1:41:00 おまけ…29:09)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月25日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「たれうさぎ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
疑似SEX風のオナホオナニーで弟を幸せな射精に導きます。

タイトル通り囁き声でオノマトペをたくさん言うのが特徴で
左は通常のセリフと耳舐め、右はオノマトペと役割分担し
両方を組み合わせて彼女とSEXしてる雰囲気を作ります。

視聴する際にオナホを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
お姉ちゃんとする幸せなオナニー
お姉ちゃんがオナホオナニーを応援するお話。

「ねぇ おちんちんギンギンにして 待っててくれた?」
お姉ちゃんは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公の左耳を早速舐めて興奮させると
彼の気持ちを確認してから右耳にイヤホンをつけます。

本作品は優しくて甘やかし上手な彼女が
彼に密着しながらおよそ15分に渡ってオナニーをリードします。
総時間が短いことを踏まえて開始1秒の時点ですぐさま耳舐めをしたり
その少し後には左右から別のセリフを同時に流します。


左「好き 好き 大好き 君のこと だーい好き」
右「じゅぷ じゅぷ じゅぷ じゅぷ」

セリフは右がオノマトペ、左が実況や甘やかす言葉と役割分担してます。
「じゅぷ」「ぱっちゅん」「パンパン」などシーンに応じて言うセリフを変え
それによってプレイの状況やオナニーのペースをわかりやすく教えます。
オノマトペは全部囁き声で言いますからまさに「囁いてオノマトペ」です。

またオナホでオナニーすることを考慮し
エッチの中盤から彼女とSEXしてることをイメージさせるアプローチが加わります。
左の息遣いが妙に熱っぽくなり終盤は喘ぎ声やイキ声を漏らします。
オナニーの指示は右がしっかりやってくれるので、左は気持ちを盛り上げることに力を入れてました。
愛を込めてお世話するエッチ
エッチシーンは15分間。
プレイは耳舐め、オノマトペ、オナホオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「何か聞こえたでしょ? その声を聞きながら オナホールを動かすの」
イヤホンをつけてエッチの準備を整えたお姉ちゃんは
予め用意したオナホをおちんちんに被せてオナニーを始めます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の8分間は体への責めをややソフトにして心を盛り上げるシーン。
2秒1コキくらいのペースでオナホを動かしながら彼女とSEXしてるイメージをします。

「お姉ちゃんの愛液で ぐちょぐちょのおまんこと キスしてる」
彼女は彼を溺愛しており実際にSEXすることも本気で考えてます。
だから今回のエッチもSEXしてる気分に浸れるよう精一杯のサービスをします。
オナホを彼女のおまんこに見立てていやらしく状況説明し
少し動かすと熱っぽい吐息を漏らして感じてることをアピールします。

本作品は耳舐め、吐息、オノマトペといったセリフ以外の要素を組み合わせて
彼を興奮させたり射精へ持っていくことを意識したエッチになってます。

SEXのイメージも適度にさせますけど、それ以外のほうが存在感は大きかったです。

後半の7分間は射精に向けて体の刺激を上げていきます。
右のオノマトペが「パンパン」「パコパコ」に変わってペースが上がり
左のお姉ちゃんも軽めの喘ぎ声を漏らして彼に責められてる雰囲気を作ります。

「激しいのっ おちんぽっ おちんぽっ 犯されてる」
熱の入った演技をされてるおかげで効果音なしでも十分エロいです。
射精シーンに近づくとオノマトペが「ぴゅっぴゅ」に変わって別方向から応援します。
左右の連携がしっかり取れてて純粋なエロさとオナサポとしての機能性を兼ね備えてます。

このように、彼女とSEXしてる気分に浸らせながらオナサポする甘いエッチが繰り広げられてます。
オノマトペ尽くしの作品
オノマトペと他のエロ要素を上手く組み合わせてる良質な作品です。

お姉ちゃんは主人公に短時間で幸せな射精をプレゼントしようと
オナニーの指示は音声に任せてSEXのイメージや熱い吐息を漏らします。
そして音声は数種類のオノマトペを組み合わせて無理なく射精へ追い込みます。

血の繋がったお姉ちゃんが優しくオナサポするノーマル向けのシチュ
右をオノマトペ担当にして時間いっぱい囁くテーマに沿った作り
左はエッチなイメージ、吐息、喘ぎ声で盛り上げる連携の取れたエッチ。
個性と実用性を合わせ持つ作品に仕上がってます。

15分の作品で抜くのは普通難しいのですが
本作品に限って言えばやりやすい部類に属すると思います。
手よりも快感が得やすいオナホオナニーを選んで丁寧にリードし
心のほうも彼女とSEXしてる雰囲気を作って盛り上げやすくしてます。
要所を押さえてあって完成度が高いです。

射精シーンは1回。
オノマトペ多め、淫語・吐息・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは11種類のオノマトペ素材です。

CV:大山チロルさん
総時間 20:16(本編…15:02 おまけ…5:14)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「Kaleidoscope」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、実の弟を溺愛してる甘やかし上手なお姉ちゃんが
体を密着させながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めて幸せな射精に導きます。

耳舐めをたっぷりやりながら優しい言葉をかけるあまあまなエッチが行われており
耳舐めは色んな舐め方を短時間で切り替える複雑なちゅぱ音を長時間に渡って鳴らし
セリフは「大好き」「いい子」など愛情を感じるものをガンガン投げかけて心を存分に温めます。
ブラコンお姉ちゃんの濃いご奉仕
お姉ちゃんが5種類のプレイで弟をスッキリさせるお話。

「ねぇねぇ、ちょっとパソコン借りていい?」
お姉ちゃんは上品で穏やかな声の女性。
主人公のパソコンで動画を検索してる最中、その履歴に耳舐めASMRがあったので尋ねると
自分が実際に耳舐めして彼の願いを叶えてあげます。

本作品は彼のことを心の底から愛してるブラコンな彼女が
性欲旺盛でややMな彼をおよそ130分間のエッチで満足させます。
彼女は彼が以前から自分をオカズにオナニーしてることを知っており
今回の出来事で耳舐めASMRにハマってるとわかるとすぐさま耳舐めを持ち掛けます。

「いいんだよ、お姉ちゃんで気持ちよくなっちゃっていいの」
彼が耳舐めで情けない姿を晒しても見下すどころかむしろ喜び
全肯定のセリフを投げかけながら耳をたっぷり舐めてとことん甘やかします。
中盤からややM向けのプレイも登場しますが、彼の性癖に合わせただけで意地悪してるわけじゃありません。
同じプレイばかりだと彼が飽きるだろうと判断しパートごとに内容を変えて気分よく射精させます。

耳舐めが売りの作品ですけど彼女のキャラも結構立ってて雰囲気が非常に甘いです。
心を温めながら追い込んでくれますから、普段よりも満たされた射精を迎えられるでしょう。

耳舐めについてはエッチシーンの約9割にあたる96分も用意し
手コキ、オナニー、乳首責めと組み合わせながら左右をバランスよく責め続けます。
舐め、吸い、啜りといった基本的なプレイを数秒単位で小まめに切り替える変化に富んだものです。
甘噛みや耳キスをするシーンもあったりとちゅぱ音が目まぐるしく変わります。

舐める位置は耳の内側が多く、吐息も適度に挟んでくるため密着感が強めに味わえます。
彼女が話したり吐息を漏らすたびに微弱な風が耳に伝わってきました。
20秒くらい耳舐めを続けてから少し話すのを繰り返す流れになっておりASMR成分も高めです。
全体的にペースを緩めに設定して上品な音を鳴らすなど彼女のキャラに合わせてあります。

お姉ちゃんが甘やかしながら耳舐め手コキするシチュと量や変化に優れた耳舐め。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたノーマル~ややM向けの作品です。
心と体をぽかぽかにするエッチ
エッチシーンは5パート107分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、乳首責め、お掃除フェラ、おちんちんの愛撫、玉揉みです。
オナニー、手コキ、おちんちんの愛撫の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ、こっちの耳から~、いただきま~す」
自分から耳舐めすると言い主人公の同意を得たお姉ちゃんは
早速彼の右手に密着し耳をゆっくり舐め始めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の2パート43分間は割とスタンダードなプレイ。
「01 お姉ちゃんの耳舐めオナサポ(約23分)」は耳舐め+オナニー
「02 お姉ちゃんの耳舐め指マ○コセックス(約20分)」は耳舐め+手コキで1回ずつ射精します。

「かわいいよぅ お姉ちゃんの耳舐めで感じちゃう弟、かわいい」
彼女は彼のことが大好きですからエッチ開始後も彼に優しく接します。
ゆっくりペースで耳を味わいながら甘やかすセリフを投げかけて心身両面を幸せにします。
プレイ中に彼女が嬉しそうな表情を見せるのが良いですね。
彼を喜ばせることで彼女も喜んでるのがわかります。

プレイについてはどちらのパートも前半は耳舐めに専念し
彼が十分興奮したところでオナニーや手コキを追加します。
オナニーは粘性高めの効果音がゆっくり鳴るだけですからオナサポ要素はほとんどありません。
耳舐めのちゅぱ音と同時に鳴らしてオカズを提供する緩い内容です。

「指マンコに入れたり出したりするの、気持ちいいねぇ? おちんちん指マンコに突き刺すの気持ちいいねぇ?」
それに対して手コキは彼女が指で輪っかを作り
そこへ彼が腰を打ちつけるSEXっぽいスタイルを取ってます。

彼女がわざわざ「指マンコ」と言うのもSEXらしさを出すためでしょう。
通常の手コキよりも恥ずかしいことをして甘やかすあたりに彼女の優しさが強く表れてます。

続く2パート50分間はややM向けのプレイ。
「03 お姉ちゃんの焦らし耳舐めカウントダウン手コキ(約21分)」は焦らしを強めにした耳舐め手コキ
「04 お姉ちゃんの耳舐め乳首責め手コキ(約29分)」は乳首責めを加えた耳舐め手コキをします。

「そんなに楽しみにしてたなら~、焦らしちゃお~っと」
これまでのエッチで彼にMっ気があることを見抜いたのでしょう。
数日射精を我慢させた後にわざと焦らしてもどかしい気分を与えます。
といっても最初の2パートと同じくおちんちんに触れるタイミングを遅らせるとか
射精させる前にカウントを数えてじっくり追い込む程度なのでどぎついわけではありません。
彼が我慢できる範囲で焦らして普段よりも気持ちいい射精をプレゼントします。

04パートは本作品の中で時間、内容いずれも最も濃いプレイです。
序盤は耳舐めを敢えてやらず乳首責めに専念して性感を高め
それから耳舐め→手コキの順に追加しより多くの性感帯を同時に刺激します。

「お姉ちゃんに従属するの、うれしいよね? お姉ちゃんに支配されるの、幸せだね? お姉ちゃんにお耳も乳首も好きにされるの、大好きだよね」
乳首責めは音を鳴らさず「カリカリ」「コリコリ」といったセリフで表現してました。
彼女に支配されたりダメになる快感を煽ったりと
今までよりも多少調教っぽくして心も上手に責めてくれます。
彼女の性格を考えればこうやって他の女性に浮気しないようにしてるのかもしれませんね。

乳首責めの掛け声を割と頻繁に言ってくれますから
開発済みの人は一緒にいじると結構気持ちよくなれるでしょう。
ちゅぱ音、くちゅ音、言葉責め、掛け声と色んな要素を共存させてます。

最後の「05 お姉ちゃんの甘やかし添い寝手コキ(約14分)」は打って変わって最も甘いプレイ。
ある日の夜、眠れなくて自分の部屋に来た主人公を添い寝してたお姉ちゃんが
その途中で彼の勃起に気づき耳舐め手コキでスッキリさせます。

「パンパンになって苦しそうな金玉さん、優しく揉みしだいてあげる」
服の上からおちんちんを優しく撫でてもっと元気にしたり
手コキの時は玉揉みと組み合わせて精液を全部吐き出させようとするなど
彼女の甘やかし上手な性格をストレートに表現した手厚いリードをしてくれます。

ややM向けのプレイで締めくくったら彼女が意地悪なキャラに映るでしょうから
最後はきっちりノーマルに戻して2人が仲良しなことを印象づけてます。
耳舐めも普段より耳キスの量を多くして甘さを出してました。

このように、耳舐め手コキを維持したままシチュを変化させる愛の詰まったエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い耳舐め作品
仲のいい姉弟がイチャイチャする様子に耳舐めを盛り込んでる作品です。

お姉ちゃんは大好きな主人公の性的欲求を存分に満たそうと
彼が自分に好意を抱いてることを理解したうえで自ら色んな耳舐め手コキをします。
そして序盤は王道、中盤はややM、終盤はダダ甘とシーンごとに特徴を変え
さらにプレイも耳舐めを中心に据えつつおちんちんの責め方を変えて個性を出してます。

声も態度もあまあまなお姉ちゃんが実の弟を耳舐め手コキで甘やかす純愛系のシチュ
耳舐め手コキをがっつりやりながら優しい言葉をかけて心身両面を温める彼女らしいエッチ
数秒単位で舐め方を変えて耳の内側あたりを重点的に責める変化に富んだ耳舐め。
タイトルをそのまま音声化したような作品に仕上がってます。

「頭だめになるくらい気持ちよくなっちゃっていいんだよ だめになっちゃうの、お姉ちゃんが見ててあげるからね」
中でも2番目は彼の良いところも悪いところも全部受け止める彼女の性格が忠実に反映されてます。
耳舐めをする時としない時がある程度分けられてるおかげで甘やかすセリフと共存できてますし
耳舐め特化でありながらキャラもしっかり立ってるところが非常に印象的でした。
処女作でこれだけのものが作れるのなら今後も良い作品をきっと出してくださるでしょう。

あとはパートごとにシチュを変えてるのも良い方向に機能してます。
本作品は耳舐め手コキを固定してる時点でプレイがある程度制限されますから
焦らしやイメージプレイといった他の部分で差別化を図ってます。
パートごとの時間が長めに取られてるおかげでオカズとしての実用性も高めです。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

耳舐めが好きな人、お姉ちゃんに甘やかされたい人には特におすすめします。
おまけは両耳舐めバージョン、両耳舐めオンリー、シンプル乳首責め手コキ、「気持ちよくなって」催眠です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 4:55:20(本編…2:14:51 おまけ…2:40:29)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割と意地悪なお姉ちゃんが
Mで甘えん坊な弟に催眠を交えたエッチなご褒美をあげます。

前半と後半で属性が大きく異なるエッチをするのが特徴で
最初は焦らしや恥ずかしいセリフの復唱といったM向けの要素を盛り込んだオナニーを楽しみ
次は授乳手コキやSEXで彼女に愛情をもらって心をぽかぽかにします。
催眠で心に眠る願望を発散させよう
お姉ちゃんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「いらっしゃい 待ってたよ 初めての人は 初めまして」
お姉ちゃんはややトーンの低い穏やかな声の女性。
これからするエッチなヒプノセラピーに関して簡単に説明すると
緊張気味な主人公をひとまず深呼吸でリラックスさせます。

本作品は彼が心の内に抱えてるエッチな欲望を満たしてスッキリさせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って催眠を交えたエッチなサービスをします。
催眠23分、エッチ42分と後者の割合を高めに設定し
パートごとに違う特徴を持つプレイをしてMの欲求と甘えたい欲求を両方叶えます。

久しぶりの新作なので先にサークルさんの紹介をします。
フラワー症候群さんは2012~16年に活躍してた中堅サークルさんで
当時は何かひとつのジャンルを突き詰めたりせず手広く構えてたのを覚えてます。

今回のように年上の女性がお世話するものもあれば
代表作「小っちゃい系催眠ボイスドラマ プチエンジェルサロンへようこそ♪」のような年下モノもあります。
催眠の技術は割と普通な代わりにキャラやシチュで個性を出されてました。

本作品も作品説明文で「丁寧な導入~深化スクリプト」と書いてあるように
特殊な技術は使わずリラックス重視で手堅く進めます。
ただし脱力が二段構えになってるところはやや特殊ですね。
深呼吸も多めにやるので意識がぼやける人がそれなりにいると思います。

「いいんだよ 可愛い声を出して 我慢しちゃだーめ お姉ちゃんにだらしのない恥ずかしい声と顔いーっぱい見せてね」
エッチについては前半が焦らし重視のオナニー
後半は赤ちゃん言葉を言いながらする授乳手コキ&SEXと内容が随分違います。
ただし恥ずかしいセリフを言わせる点だけは共通しており
どちらのパートも彼女が言ったことを復唱する指示が何度も出ます。

実際にやる場合は他人に見られたら色々まずいでしょうからご注意ください。
催眠暗示を入れることも多少はありますけど、それよりも指示や実況をメインに据えてました。
同人音声とのハイブリッドっぽい内容なので暗示で操られる感覚はやや味わいにくいです。

リラックス重視の催眠と属性を大きく変えてくるエッチ。
4年ぶりの復帰作ということでサークルさんが比較的得意な要素で組み立ててます。
心身の脱力をしっかりやる催眠
催眠はおよそ23分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸を4分くらい続けて落ち着きます。
そして次は左右の手足をひとつずつ脱力して体のほうもスッキリします。

「左足の重さ わかるよね? 力 完全に抜けてるよね?」
まだ始まったばかりだからでしょうけど深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」の合図を出し
脱力も短いカウントの間だけ力を入れ、抜いた直後に軽く話しかける程度に留めてました。
深呼吸をもう少しゆっくりやったほうがより効果的にリラックスできると思いますけど
やってることは催眠音声では定番のものでサークルさんの方針に合ってます。

後半は脱力を強化しながら催眠状態を深めます。
今度は5分くらい頻繁に深呼吸を繰り返して体内の空気を隅々まで入れ替え
さらに先ほどよりも長いカウントを数えながら左半身→右半身の順に再度脱力します。
そして最後に深化の暗示やエッチを有利に進める暗示を入れて準備を整えます。

深呼吸は多少なりとも暗示を入れてくるのかと思いきや、本当に合図を出すだけでした。
4年ぶりの新作だと少なくとも当時に比べてサークルさんのブランド力が落ちてますから
ここは吐く時だけでもいいので暗示を入れておいたほうがスムーズに誘導できたと思います。
長いブランクがあるならそれをカバーする要素を入れて欲しかったです。

「ほら 右腕から力がなくなっていったよね 力がなくなった左腕に 私の声が気持ちいい」
その後から始まる脱力も左腕→左足→右足→右腕の順にやってるはずなのに
左腕のシーンで「右腕が脱力する」、右足のシーンで「左足が重くなる」と暗示を入れてます。
実際に聴いてかなり違和感があったので編集ミスかもしれません。
最後の深化させるシーンは暗示を入念に入れてて良かっただけに残念です。

心身の脱力に注力してるシンプルな催眠です。
お姉ちゃんの言うことを素直に受け入れられる心と体にすることを目的に
深呼吸から入って力を入れてから抜く弛緩法、2回目の深呼吸、先ほどとは違うタイプの脱力
そして深化&メインの暗示とリラックス重視でほぼ一直線に進めます。

やりたいことはわかりますし全体の流れがおかしいとも思いません。
ですがそれ以外で首を捻る部分が残念ながらいくつかあります。
4年のブランクを跳ねのけるにはもうしばらく時間がかかりそうです。
意地悪さと甘さを兼ね備えたエッチ
エッチシーンは2パート42分間。
プレイは吐息を漏らす、乳首オナニー、オナニー、恥ずかしいセリフを言う、授乳手コキ、SEX(体位不明)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤に服を脱ぐ指示が出ます。

「今日はあなたを言葉で支配して いーっぱい恥ずかしいことを言わせたり いーっぱい我慢させたりするからね」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにしたお姉ちゃんは
ひとまず自分のエッチな声を聞かせて彼を興奮させます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の「3.焦らし声出しサポート(約25分)」はややM向けのプレイ。
喘ぎ声で勃起させた後に乳首オナニーをやらせて焦らし
残り10分のところでおちんちんもいじる許可を出し1回目の射精に導きます。

「一緒に声出して? もっと大きくエッチな喘ぎ声 聞かせて?」
「気持ちいい 気持ちいい 私に声で支配されるのが気持ちいい 言いなりになるのが気持ちいい」

そして彼女はこれらをする際に喘ぎ声を漏らしたり恥ずかしいセリフを言うように言います。
彼女の言う通りにすると気持ちよくなる暗示も多少は入れてきますが
それよりも羞恥や体の快感といった別の要素を中心に据えてます。
オナニー主体だから暗示の割合を低くしたのかもしれませんね。

おちんちんオナニーの開始をしきりに遅らせてくるので焦らしが強く
いじりたいのにいじれないもどかしさをそれなりに味わうことになります。
乳首をいじる時間が長めに取られてることから開発済みな人のほうが楽しめるでしょう。
同人音声のオナサポと催眠を組み合わせた感じになってて割と独特です。

それに対して後半の「4.赤ちゃんプレイ(約17分)」はお姉ちゃんらしさが光るパート。
彼女がママ、彼はその子供になって授乳手コキとSEXを楽しみます。

「お姉ちゃんも 赤ちゃんせっくちゅ とーっても気持ちいいでちゅよ」
おちんちんを勃起させる時に応援してくれる、パート中盤から赤ちゃん言葉で話すなど
多くの男性が甘さを感じる要素が込められてて前のパートとは雰囲気が随分違います。
先ほどがややM向けだったから余計そう感じるでしょうね。
最後は中出しさせてくれたりと彼女の愛を感じる幸せなプレイです。

催眠と呼べるのは序盤のおちんちんを勃起させるシーンと
終盤のカウントを数えながら追い込み暗示を小まめに入れるシーンくらいでした。
赤ちゃん言葉や喘ぎ声といった別の要素で気持ちを盛り上げてくれます。

このように、ややM向けとノーマル向けを組み合わせた独特なエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
どちらかと言えば催眠よりもエッチが魅力的な作品です。

お姉ちゃんは主人公が自分の性癖を曝け出して気持ちよくなれるように
まずはリラックス重視の催眠をかけて心と体をまっさらな状態にします。
そしてエッチはオナサポに近いオナニー、甘さたっぷりな幼児プレイと
パートによってプレイの内容や方向性を切り替えて射精へ持って行きます。

普段は優しいけど時には意地悪にもなるお姉ちゃんが実の弟にエッチな催眠をかけるシチュ
深呼吸と体の脱力を繰り返し行うシンプルな催眠
どちらも恥ずかしいセリフを復唱するシーンを挟みながら
前半は焦らしや痴態を見られる快感、後半は彼女に甘やかされる快感を与えるエッチ。
「ヒプノセラピー」の名の通りただ気持ちよくするのとは違うやり方で進めます。

中でもエッチはパートによって内容が大きく変わるのが面白いですし
前半はセルフ系、後半はドライ寄りと絶頂形式にも違いが見られます。
彼女も意地悪とあまあまで態度が変わりますし、彼のためにそうしてるのが伝わってきました。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
今はバイノーラルが主流になったりと2016年当時とは環境が変わってますし
サークルさんがこの状況下でどういう作品を生み出すか楽しみです。

CV:梓乃さん
総時間 1:15:15

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ