同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:姉

   ● 【3周年だョ】全員えっちなセクシー女優
   ● あなたの全てを受け入れて甘やかしてくれるお姉ちゃんとの性活【KU100ハイレゾバイノーラル】
   ● クールな姉と理性が吹き飛ぶ溺愛濃厚セックス
   ● 囁いてオノマトペ~お姉ちゃんとオナホえっち~
   ● お姉ちゃんのとろとろ甘やかし耳舐め手コキ
   ● お姉ちゃんのエッチなヒプノセラピー~声出しサポート焦らし&赤ちゃんプレイ~
   ● 寸止めオナサポ音声愛聴バレによるあまあまドロドロ偏愛お叱り射精管理
   ● クールな姉に理性が吹き飛ぶほど溺愛される音声
   ● あやめとの性活~えっちなダメOLに飼われてセックス三昧な毎日~【フォーリーサウンド】
   ● めるとえっちな生配信 ~うちの姉がこんなにエロいわけがない~




サークル「さーべるたいにゃー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、AV女優として活躍中のお姉さんたちが
大きなおちんちんを持つ弟を個別に、あるいは同時に責めて気持ちよくします。

彼女たちの個性を出しながら前半は1人ずつ、後半は複数人で責めるのが特徴で
ななはツン多めのブラコン、ゆあはゆるふわ、りんはクールでドスケベと違う魅力を持たせ
全員に活躍の場を与えながら色んなプレイを楽しみます。
お姉ちゃんはAV女優
園崎なな、春咲ゆあ、鷺宮りんと5種類のエッチをするお話。

「ったく あんたね ガタガタうるさい 昼間からシコってんじゃないわよ」
なな(挿し絵中央)は砕けた口調で話すトーンが低い声のお姉さん。
昼間からエロ動画を観ながらオナニーしてる主人公の部屋に押しかけると
彼のおちんちんがかなり大きいことに気づいて見せるように言います。

本作品は姉がAV女優なおかげで仕事もせず家でゴロゴロしてる彼が
彼女やその同僚にあたる2人のお姉さんとおよそ90分に渡ってエッチします。
彼は生活能力0のダメ人間ですが並み外れたおちんちんと精力が備わっており
それに目をつけた彼女たちが優しくリードしながら色んな手段で味わいます。
サークルさんの3周年を飾る作品ということで、声優さんも過去作に出演された方を起用してます。

最大の魅力は彼女たちのキャラ。
AV女優なのでエッチが上手いところは共通してますが
それぞれに違う特徴を持たせてセリフやプレイに個性を出します。

なな「一応弟だし 昔は可愛かったのになぁ」
例えば姉のななは基本的にはツンツンしてるけど重度のブラコン。
ヒモ同然の日々を送ってる彼をなんだかんだでお世話したり
彼のお願いは受け入れる優しさが随所で見られます。

ゆあ「根元だけガチガチに硬いし 先っぽもぷっくりして ほんといいおちんちん」
それに対して2番目に登場するゆあ(挿し絵左)は甘やかし上手な正統派のお姉ちゃん。
一人っ子で弟に憧れてたのか、彼のことを「弟くん」と呼びながら色んなサービスをします。
甘い声でのんびり話して穏やかな空気を作り、大きなおっぱいでしごいて射精へ導くなど
年上の女性が持つ優しさや温かさがストレートに表現されてます。

3人全員に活躍の場を設けてますが、聴いた限りではゆあが一番目立ってました。
ゆあ役のそらまめ。さんは14作品中9作と断トツで多く出演されてますから
そのへんを考慮して3人の中でけん引役に据えたのかなと。
相手する時間が長いという意味で、他の2人を脇役に据えてるわけではありません。

エッチについては手コキ、フェラ、パイズリ、SEXといった王道のプレイで固めてます。
前半は1人ずつ、後半は2~3人同時にとスタイルを変えて無理なく射精へ追い込みます。
おちんちんの立派さを褒めるセリフが多いですから良い気分で聴けるでしょう。
全員AV女優なだけあって純粋なエロさも高いです。
年上の魅力を凝縮したエッチ
エッチシーンは5パート59分間。
プレイはAV鑑賞、手コキ、乳首責め、フェラ、パイズリ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、手マン、ハメ撮りです。
手コキ、パイズリ、SEX、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

なな「仕方ない 弟のために お姉ちゃんがひと肌脱いでやるか」
AV男優でも見かけないレベルのおちんちんに驚いたななは
主人公が射精したがってるのでそのお手伝いをすることにします。

エッチは序盤から中盤は彼女たちが、終盤は彼が責め続けます。
最初の2パート26分間はキャラの個性を出しながら一対一でするシーン。
「Tr1 お姉ちゃんごめんなさい(約8分)」はななが手コキを
「Tr3 ゆあ夜這い(約18分)」は後日遊びに来たゆあがフェラとパイズリをします。

なな「乳首感じちゃうの? あんた オナニーする時いじってるんだ へぇ 女の子みたい」
ななはツンデレキャラなので自分の気持ちを表に出すことはありません。
でも自主的に彼へご奉仕する姿勢や、乳首が敏感だと知っても見下さないところに優しさを感じます。
仕事柄男性の性癖に対して寛容なのかもしれませんね。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、AV女優らしさも感じるスムーズなリードをします。

ゆあ「ほーら 弟くんの好きなおっぱいだよー」
Tr3のゆあはななと逆でストレートに甘やかします。
彼が自分のファンだと知ると素直に喜び、自慢のおっぱいで緩めに責め続けます。
彼をエッチに誘うシーンでも気配り上手なところが出てますし
「こういうお姉ちゃんがいたら幸せだろうなぁ」という願いを叶えてくれるプレイです。

そして声と態度があまあまだからこそプレイのエロさが引き立ってます。
序盤のフェラは「ずぶびゅー」と強めに吸う感じの音を何度も鳴らし
パイズリもペースが上がると乳首が擦れて気持ちいいのか切ない声を漏らします。
パイズリ中は実況を普段より多めにしてるおかげでイメージしやすく感じました。
射精前後の追い込みもしっかりしててプロらしさが出てます。

続く3パートは33分間は複数人プレイ。
「Tr4 鷺宮りん襲来(約15分)」はりんとの騎乗位SEX
「Tr5 りんちゃんだけズルい(約11分)」はゆあと正常位SEXを楽しみます。
そして「Tr6 お姉ちゃんとも(約7分)」は帰宅したななを加えた4Pに変わります。

りん「チンポ舐めて濡れちゃったから すぐ入るよ んっ んんんんん」
りんは普段はクールだけどエッチが始まると熱くなる性格。
会った直後は素っ気なかったのに主人公のおちんちんを見ると態度を改めます。
そしてフェラだけでは我慢できなくなり3人の中で最初にSEXへ突入します。
登場順が最後の時点で明らかに不利ですからこういうやり方で華を持たせたのでしょう。
ゆあやななともSEXするきっかけになりますし重要な役割を果たします。

女性が複数人いるおかげでエッチな要素がより多くなってるのもポイント。
Tr4と5はSEXと耳舐めを同時に行い、Tr6は軽いレズプレイやハメ撮りといった別の要素が加わります。

なな「先っぽ 当たってる あぁっ」
特にTr6は近親相姦が持つ暗さや重さを上手く中和してます。
彼をAV男優の候補に据えて撮影の練習をするスタイルにしたり
ななが普段よりもずっとエロ可愛い乱れっぷりを披露してくれるのが大きいです。

彼女は相当なブラコンですから内心彼とこうなりたかったのではないでしょうか。
そういう気持ちが作品を通じて伝わってくるから甘さを感じるわけです。

このように、彼女たちの属性を活かして色んなプレイをするイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
年上の女性に気持ちよくお世話される様子をエロさ高めに描いたノーマル向け作品です。

ゆあとりんは立派なおちんちんを持つ主人公と楽しい時間を過ごそうと
夜這いをかけたりなながいない時に自宅を訪問してこっそりそれを味わいます。
そしてななは「彼をAV男優にする」という名目でおちんちんを受け入れ嬉しそうな声を漏らします。

同じ事務所に所属する3人のAV女優が弟くんとひたすらイチャイチャする甘いシチュ
ツンデレ、ゆるふわ、クールで淫乱と別の属性を持たせて
それぞれに合ったプレイを個別に、あるいは同時にするキャラ重視のエッチ。
彼女たちが彼をどう思ってるか表現しながら責めることを意識してます。

中でも2番目はAV女優なだけあっておちんちんに対する執着心が強く
手、口、おっぱい、おまんこと全身を使ってご奉仕します。
女性上位ですけどM向けの言葉責めがほとんどないのでいじめられてる感じはありません。
なながきつめの態度を取るのは愛情の裏返しですからあまあま路線と言えます。

パートあたりの時間が割と短いので複数繋げて1回抜くのが丁度いいでしょう。
効果音の扱いも割と丁寧で3周年の節目を飾るに相応しい品質を持ってます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「特訓!花びら大回転連続射精訓練」です。

CV:園崎なな…大山チロルさん 春咲ゆあ…そらまめ。さん 鷺宮りん…天知遥さん
総時間 1:43:26(本編…1:31:58 おまけ…11:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

2021年3月10日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「めとりくす」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、血は繋がってないけど弟を溺愛してる世話好きなお姉ちゃんが
自宅の部屋やお風呂場でひたすらエッチしてその気持ちを伝えます。

彼女の魅力を引き立てながらあまあまラブラブなエッチをするのが登場で
愛の言葉や全肯定のセリフを至るところで言って彼女の心情を表現し
エッチもお互いが責め合う形で色んなプレイをやって幸せな時間を過ごします。
お姉ちゃんと過ごす幸せなひと時
姉の結城 麻衣(ゆうき まい)と8種類のエッチをするお話。

「あ、おかえりー 今日も1日お疲れ様」
麻衣は甘くて穏やかな声のお姉さん。
仕事から帰宅した主人公をすぐさま抱きしめると
今日の出来事を尋ねてから褒めたり甘やかします。

本作品は10年ほど前にある事情で主人公の家に引き取られた彼女が
大人になって彼と同棲を始め、およそ160分に渡って色んなエッチをします。
2人は血は繋がってませんが親密度は実の姉弟よりも高く
序盤からハグやキスといったスキンシップを積極的にしてイチャラブ感を出します。

「何かしたいことがあったら 何でも言ってね お姉ちゃん 君のしたいこと何だってするからね」
彼女はタイトル通り彼のことをすべて受け入れ甘やかす全肯定キャラ。
「好き」「カッコいい」などポジティブなセリフを至るところで言いながらお世話します。
彼女視点で会話することがとても多いので何を思い、感じてるのかがわかりやすいです。
文字通りべた褒めしてくれますから、これらを聴いてるだけでも脳がとろけるような感覚がするでしょう。

実は彼女がなぜ彼をここまで溺愛するかは作中でほとんど語られてません。
ですが製品版の「イラストなど(差分あり)」フォルダに入ってるテキストからそれを窺うことができます。
事前に読んでおいたほうが音声をより楽しめると思います。

エッチについてはお風呂場、部屋、お酒を飲んだ後、媚薬を飲んだ後と4つのシーンがあり
それぞれの状況に合った甘さの強いプレイをして幸せな射精に導きます。
お姉ちゃんらしく丁寧にリードすることもあれば
敢えて彼に主導権を譲り思う存分乱れることもあります。

音声を聴いた限り彼女は割と独占欲の強い性格をしてるので
一方的に愛するだけでなく、彼に愛されることも望んでるのだと思います。
SEXシーンが多いのも2人の絆の強さが伝わってきて良いです。
身も心も深く繋がるエッチ
エッチシーンは8パート113分間。
プレイは体の洗浄、耳舐め、手コキ、手マン、キス、SEX(立ちバック、騎乗位、対面座位、正常位)、授乳オナホコキ、乳首責め、オナニー、媚薬を飲む、フェラです。
体の洗浄、手コキ、手マン、SEX、オナホコキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら んっ ぬるぬるになったお互いの体を擦り合わせてぇ こうやって洗うの どうかな?」
主人公がお風呂に入りたがってるのですぐさま服を脱がせると
麻衣は自分も裸になりおっぱいを使って彼の体を綺麗にします。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
前半の4パート54分間は2人の日常風景。
「02 お風呂であまあま手コキ(約14分)」は体の洗浄、耳舐め、手コキ
「03 お風呂で後ろからあまあまラブラブセックス(約17分)」は手マンを挟んでからの立ちバック
「04 お部屋であまあま授乳オナホコキ(約10分)」は授乳オナホコキ
「05 ベッドであまあま騎乗位セックス(約13分)」は騎乗位SEXで1回ずつ射精します。

「おちんちんいい子 おちんちんいい子 世界で一番かっこいい君のおちんちん とーってもいい子だね」
2人はかれこれ5年以上はエッチな関係を続けてるので
こういう展開になっても驚くことはありません。
体を洗うついでに勃起したおちんちんもゆっくり丁寧にしごきます。
既に働いてる彼を子供のように扱うところがお姉ちゃんらしいなと。
言葉と行為の両方から惜しみない愛情を注いて射精時の快感を大きくします。

「いいっ いいよ 君のおちんちん すごくいいよ」
そしてお世話した後はエッチなおねだりをして彼を誘惑します。
おっぱいやおまんこを彼に洗ってもらう時は熱っぽい吐息を漏らし
その後のSEXはバックで繋がり気持ちよさそうな喘ぎ声を上げます。

キャラを重視してそこまで激しく乱れることはありませんが
2人の仲の良さがプレイを通じてしっかり伝わってきて甘いです。
最後はきっちり中出しを決めるなど、通常の姉弟よりもずっと踏み込んだことを序盤から積極的にやります。

「お姉ちゃんに甘えて おっぱいちゅーちゅーして エッチなおもちゃでおちんちん気持ちよくなっちゃって 可愛いでちゅねー」
04~05パートは幼児プレイを主軸に据えたエッチ。
ここだけ彼女の口調が赤ちゃん言葉に変わりオナホとおまんこで甘やかします。
02~03パートとは別の甘さを持ってて本作品のテーマに合ってます。
こちらを褒めたり甘やかすセリフも多く、彼のためなら何でもする彼女の性格が色濃く反映されてます。

後半の4パート59分間は普段と違う彼女とエッチするシーン。
「06 お酒を飲んで酔っ払ったお姉ちゃんのオナニー授業(約18分)」はオナニー
「07 酔っぱらったお姉ちゃんとあまあま対面座位セックス(約16分)」は対面座位SEX
「08 媚薬を使ってエッチになっちゃったお姉ちゃんの全身舐め(約14分)」は全身舐めからのフェラ
「09 お姉ちゃんとの乱れまくり媚薬セックス(約11分)」は正常位SEXをします。

「ふぅ やっぱりこれ美味しい ふふっ ふふふふ」
彼女はあまりお酒を飲まないそうですから酔って多少ハイテンションになったのでしょう。
06~07は「性教育」をテーマに掲げてオナニーやSEXのやり方を教えます。
オナニーはシコシコボイスを言いながら効果音を鳴らすやりやすい作り
SEXはキスやハグといったオプションや女性の心理に関するレクチャーを挟むなど
前の4パートよりも丁寧さに力を入れてゆっくり気持ちよくします。

普段が割と落ち着いてるからこういうリードをする彼女が可愛く感じました。
世話好きな性格を維持したまま少しだけわがままに振舞います。
彼が彼女に甘えるのと同じくらい彼女も彼に甘えたいのでしょう。

08~09はキメセクっぽい内容。
08は熱っぽい吐息を漏らしながら全身を上から下に向けてたっぷり舐め
最後はおちんちんにたどり着いてむしゃぶりつく感じの激しいちゅぱ音を鳴らします。
露骨に下品と言うほどではないものの、これまでしてきた彼女の責めっぷりよりは明らかにパワフルです。

09のSEXも体位が正常位なので乱れるのに専念します。
通常の喘ぎ声とアヘ声の中間あたりに位置する気持ちよさそうな声を漏らしてました。
ただ個人的にはもっとぶっ飛んだ喘ぎ方をしたほうが媚薬を飲んでる状況に合うと思います。
キャラを崩したくないとサークルさんが思われてるのか
「他より少しは激しいかな?」くらいの大人しい乱れ方をしてます。

前半の4パートでイチャラブ感や彼女の性格はしっかり表現されてますから
ここはもっと方向性の違うエッチをしたほうがメリハリが出たんじゃないかなと。
設定は面白いのに、それを形にする段階で思いきれてないのが残念です。

このように、彼女の魅力や2人の仲の良さを前面に押し出したノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
すべてが甘い作品
年上の女性が長時間に渡って甘やかしてくれる幸せいっぱいな作品です。

麻衣は血は繋がってないけど実の弟以上に溺愛してる主人公を満足させようと
最初から積極的にスキンシップを取りながら全肯定と愛の言葉を投げかけます。
そしてエッチはお互いが責め合うスタイルにしてシーンごとに違うプレイを繰り出します。

すべてを受け入れてくれる優しいお姉ちゃんと色んなエッチをするシチュ
SEXを多めに用意したうえでM向けの要素をまったく入れずにリードする純愛系のエッチ
好意を伝えたり嬉しそうな表情を見せながら彼にたっぷりご奉仕する彼女の献身的なキャラ。
お姉ちゃんの魅力をぎっしり詰め込んだ甘さ満点な作品に仕上がってます。

中でも3番目は家族であり恋人でもある彼をとても大事にしてるのがわかります。
彼のことが純粋に好きだからというのもあるでしょうけど
自分を救ってくれたかけがえのない存在だから恩返ししたい気持ちもありそうです。
血が繋がってない姉だからこそ、そこにはより複雑な感情が入り混じってます。

エッチは幼児プレイをするシーン以外は割と王道のプレイで固めてます。
本作品はキャラの描写に力を入れてるので
それ以外の要素は無難に組み立てる方針を取ったのかもしれません。
最大の売りである甘さはきっちり出てますから、強烈な個性を求めない限りは高確率で楽しめます。

最後に、本作品は発売からおよそ2か月間(2021年4月14日頃まで)はたったの110円で販売されてます。
これだけのボリュームと品質でこの価格は驚異的です。
それ以降は1000~1200円になるそうですから
興味が湧いたら今聴く時間がなくてもとりあえず買っておくことをおすすめします。

射精シーンは8回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:42:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
162分で1000~1200円ならコスパが良いので+1してあります。
110円で販売されてる最初の2か月間は10点をつけます。

2021年3月13日まで10%OFFの99円で販売されてます。



サークル「アンスリウム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、実の弟を心の底から愛してるクールなお姉さんが
自宅で夜から朝にかけて色んなエッチをしてその気持ちを改めて彼に伝えます。

愛の言葉とエッチな音を組み合わせた穏やかなエッチをするのが特徴で
「好き」「愛してる」といったセリフを至るところで投げかけながら
前半はゆっくりペースで耳、口、おちんちんを丁寧に舐め
後半はSEXメインに変えて熱っぽい吐息を多めに漏らして気持ちいいことをアピールします。
寝る間も惜しんでエッチする姉弟
姉の紗耶と自宅でひたすらエッチするお話。

「おかえりなさい 随分遅かったのね 心配したわ」
紗耶はトーンが低く艶っぽい声のお姉さん。
夜遅くに帰宅した主人公を心配そうな表情で迎えると
顔に触れたり軽くキスして疲れを取り除きます。

本作品はサークルさんの代表作「クールな姉に理性が吹き飛ぶほど溺愛される音声」の続編。
血は繋がってるけど異性として深く愛し合ってる男女が
自宅で夜から朝にかけておよそ100分に渡りイチャイチャします。

2人の仲の良さを表現しながら初エッチや初SEXするまでを描いてた前作に対し
今作はその後日談として自宅でエッチする様子を重点的にお届けします。
前作を聴いてたほうが楽しめるのは間違いないですけど
本編のほとんどがエッチシーンなので前作未視聴でも普通に聴けます。

「近づきすぎて 唇が触れてしまったわね 可愛い 本当に大好き 愛してる」
最大の魅力は彼女のキャラ。
「好き」などの愛の言葉を積極的に言って彼を甘やかしたり
エッチに入るととことん尽くしながら幸せそうな表情を見せます。

感情をあまり表に出さない性格なので雰囲気は結構落ち着いてますが
言葉と行為の両方から好きなことをストレートに伝えて彼女の気持ちを聴き手に強く印象付けます。

「お姉ちゃん」よりも「お姉さん」と呼ぶほうがしっくりくるキャラですね。
エッチもものすごく溺愛してくれますから幸福感を抱きながら射精できます。

エッチについては2人の好感度が既にMAXなことを考慮し
愛の言葉以外のセリフは極力切り詰めてちゅぱ音や吐息を多めに漏らします。
前作に引き続きしゃべる時とそうでない時をある程度分けてました。
実の姉弟なら多くを語らなくてもお互いのことを理解してますから
密着感や一体感をリアルに表現して彼と同じ視点で楽しめるようにしてます。

物静かな態度で惜しみない愛情を注ぐ彼女のキャラとASMR成分を高めに設定したエッチ。
前作の売りだった彼女の魅力を押し出しながらエッチメインで進めるノーマル向けの作品です。
心と体の近さを感じるエッチ
エッチシーンは8パート69分間。
プレイはキス、耳舐め、フェラ、SEX(騎乗位、対面座位、正常位?)、乳揉みです。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「この唇大好き 好きぃ」
お風呂から出た主人公と同じベッドに潜り込んだ紗耶は
彼を溺愛する言葉を漏らしながら熱いキスをして愛情を注ぎます。

エッチはごく一部を除き彼女がリードします。
最初の3パート28分間は口を使ったプレイが中心。
「02_姉さんの好き好き濃厚キス(約5分)」はキス、「03_姉さんの好き好き濃厚耳舐め(約12分)」は耳舐め
「04_姉さんの溺愛フェラ(約11分)」はフェラとお世話する部位を変えて1回射精させます。

「なんて 愛おしい耳なのかしら こんなに 心が満たされていいのかしら」
そして彼女は序盤から早速溺愛っぷりを披露します。
彼自身だけでなくパーツや精液まで手放しで褒め
ゆっくりペースでちゅぱ音を鳴らしながら愛おしそうに舐めまくります。
そしてプレイの合間に幸せそうな表情を見せてクールキャラによくある事務的感を打ち消します。

超がつくほどのブラコンっぷりを発揮するので
声のイメージと随分違う姿に驚く人がいるでしょうね。
それでいてキャラに雰囲気が合ってると感じるのはセリフの割合を下げてるからです。
プレイによって音の位置や鳴らし方も変えてますし、静かでリアルなエッチに仕上がってます。

続く5パート41分間はSEXが中心。
「05_姉さんと騎乗位セックス(約6分)」と「06_姉さんとディープキス対面座位(約7分)」は彼女が
「08_姉弟の溺愛濃厚セックス(約21分)」は彼が責めてより深く愛し合います。

「ゴムがあると 薄い壁に阻まれて 少し感覚が鈍くなるのよね」
前半はゴムを装着してから騎乗位→対面座位と繋ぐ割とスタンダードなSEX。
普段よりも熱っぽい吐息と軽めの喘ぎ声を漏らす一方で
彼と生で繋がってないことを寂しく思う仕草を見せます。

引き続きセリフの割合は下げて騎乗位は吐息、対面座位はキスを多めにしてました。
彼女のキャラに合わせたのでしょうけどあんあん喘ぐことはなく
吐息の中に軽く声を混ぜる感じの控えめな乱れ方をします。

それに対して08パートはより熱とエロさの高いSEXが楽しめます。
これまでずっと受けに回ってた彼が初めて主導権を握り
キス→耳舐め→乳揉みと繋いでから(たぶん)正常位で一気に挿入します。
SEXの時間は約7分と短めです。

「愛してる 愛してるわよ 私も あなたといる時だけ 本当の自分になれる」
このパートは他に比べて吐息がとても多く
彼女がより強い興奮や幸福感を味わってるのが直感的に伝わってきます。
一方的に愛し続けるよりも好きな人に愛してもらえるほうが嬉しいはずですから
普段と敢えて立場を逆転させて彼女の内面や反応を重点的に描いてます。

SEXシーンの前半はやや大人しかったので
こっちのほうが私は好きだし抜けると思います。
ピストン音もなかなか激しくて普段とは違う彼の男らしさを感じました。

このように、上下のお口を使って丁寧にご奉仕するあまあまなエッチが繰り広げられてます。
落ち着きのある純愛作品
血の繋がった姉弟が愛し合う様子をありのまま描いた雰囲気のいい作品です。

紗耶は大好きな主人公と幸せな時間を過ごすために
体を密着させながらまずはキス、耳舐め、フェラをして彼をやる気にさせます。
そしてその後はお互いに責め合う形でSEXして一緒の絶頂を目指します。

物静かで愛情深い実姉とひたすらエッチする甘いシチュ
セリフよりもちゅぱ音、くちゅ音、吐息の量を増やした音重視のエッチ
愛の言葉と全肯定のセリフを投げかけながら一途にご奉仕する彼女のキャラ。
背徳感をほとんど出さずに近親相姦してる様子をリアルにお届けします。

「やっぱり 私には弟が一番ね あなたさえいれば それでいい」
中でも3番目は一般的なブラコンお姉ちゃんよりもずっと静かで落ち着いてます。
そして感情をあまり表に出さないからこそセリフ、仕草、反応に重みがあります。
音の割合を高めにしてるのもそういう意図があるのかもしれません。
必要なことだけ語り、あとは態度と行動で示す割と個性的な女性です。

エッチは時間に余裕がある状況を活かしてひとつひとつを丁寧にこなします。
全体的にペースが緩く喘ぎ声も少ないところを
愛の言葉、ちゅぱ音のリアルさと下品さ、SEXの濃さで補ってます。

感情移入しながら抜くタイプの作品なのでガチエロ系が好きな人にはやや不向きですけど
心が満たされた状態で射精できるぶん、得られる快感や余韻が強くなってます。
サークルさんもそのへんを考慮して射精回数を少なめに設定されたのかなと。

射精シーンは3回。
吐息多め、ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけは「EX_溺愛囁きカウントダウン手コキ」、NGボイス、フリートークです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 2:10:09(本編…1:41:00 おまけ…29:09)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月25日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「たれうさぎ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
疑似SEX風のオナホオナニーで弟を幸せな射精に導きます。

タイトル通り囁き声でオノマトペをたくさん言うのが特徴で
左は通常のセリフと耳舐め、右はオノマトペと役割分担し
両方を組み合わせて彼女とSEXしてる雰囲気を作ります。

視聴する際にオナホを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
お姉ちゃんとする幸せなオナニー
お姉ちゃんがオナホオナニーを応援するお話。

「ねぇ おちんちんギンギンにして 待っててくれた?」
お姉ちゃんは穏やかで色っぽい声の女性。
主人公の左耳を早速舐めて興奮させると
彼の気持ちを確認してから右耳にイヤホンをつけます。

本作品は優しくて甘やかし上手な彼女が
彼に密着しながらおよそ15分に渡ってオナニーをリードします。
総時間が短いことを踏まえて開始1秒の時点ですぐさま耳舐めをしたり
その少し後には左右から別のセリフを同時に流します。


左「好き 好き 大好き 君のこと だーい好き」
右「じゅぷ じゅぷ じゅぷ じゅぷ」

セリフは右がオノマトペ、左が実況や甘やかす言葉と役割分担してます。
「じゅぷ」「ぱっちゅん」「パンパン」などシーンに応じて言うセリフを変え
それによってプレイの状況やオナニーのペースをわかりやすく教えます。
オノマトペは全部囁き声で言いますからまさに「囁いてオノマトペ」です。

またオナホでオナニーすることを考慮し
エッチの中盤から彼女とSEXしてることをイメージさせるアプローチが加わります。
左の息遣いが妙に熱っぽくなり終盤は喘ぎ声やイキ声を漏らします。
オナニーの指示は右がしっかりやってくれるので、左は気持ちを盛り上げることに力を入れてました。
愛を込めてお世話するエッチ
エッチシーンは15分間。
プレイは耳舐め、オノマトペ、オナホオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「何か聞こえたでしょ? その声を聞きながら オナホールを動かすの」
イヤホンをつけてエッチの準備を整えたお姉ちゃんは
予め用意したオナホをおちんちんに被せてオナニーを始めます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の8分間は体への責めをややソフトにして心を盛り上げるシーン。
2秒1コキくらいのペースでオナホを動かしながら彼女とSEXしてるイメージをします。

「お姉ちゃんの愛液で ぐちょぐちょのおまんこと キスしてる」
彼女は彼を溺愛しており実際にSEXすることも本気で考えてます。
だから今回のエッチもSEXしてる気分に浸れるよう精一杯のサービスをします。
オナホを彼女のおまんこに見立てていやらしく状況説明し
少し動かすと熱っぽい吐息を漏らして感じてることをアピールします。

本作品は耳舐め、吐息、オノマトペといったセリフ以外の要素を組み合わせて
彼を興奮させたり射精へ持っていくことを意識したエッチになってます。

SEXのイメージも適度にさせますけど、それ以外のほうが存在感は大きかったです。

後半の7分間は射精に向けて体の刺激を上げていきます。
右のオノマトペが「パンパン」「パコパコ」に変わってペースが上がり
左のお姉ちゃんも軽めの喘ぎ声を漏らして彼に責められてる雰囲気を作ります。

「激しいのっ おちんぽっ おちんぽっ 犯されてる」
熱の入った演技をされてるおかげで効果音なしでも十分エロいです。
射精シーンに近づくとオノマトペが「ぴゅっぴゅ」に変わって別方向から応援します。
左右の連携がしっかり取れてて純粋なエロさとオナサポとしての機能性を兼ね備えてます。

このように、彼女とSEXしてる気分に浸らせながらオナサポする甘いエッチが繰り広げられてます。
オノマトペ尽くしの作品
オノマトペと他のエロ要素を上手く組み合わせてる良質な作品です。

お姉ちゃんは主人公に短時間で幸せな射精をプレゼントしようと
オナニーの指示は音声に任せてSEXのイメージや熱い吐息を漏らします。
そして音声は数種類のオノマトペを組み合わせて無理なく射精へ追い込みます。

血の繋がったお姉ちゃんが優しくオナサポするノーマル向けのシチュ
右をオノマトペ担当にして時間いっぱい囁くテーマに沿った作り
左はエッチなイメージ、吐息、喘ぎ声で盛り上げる連携の取れたエッチ。
個性と実用性を合わせ持つ作品に仕上がってます。

15分の作品で抜くのは普通難しいのですが
本作品に限って言えばやりやすい部類に属すると思います。
手よりも快感が得やすいオナホオナニーを選んで丁寧にリードし
心のほうも彼女とSEXしてる雰囲気を作って盛り上げやすくしてます。
要所を押さえてあって完成度が高いです。

射精シーンは1回。
オノマトペ多め、淫語・吐息・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは11種類のオノマトペ素材です。

CV:大山チロルさん
総時間 20:16(本編…15:02 おまけ…5:14)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「Kaleidoscope」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、実の弟を溺愛してる甘やかし上手なお姉ちゃんが
体を密着させながら耳、乳首、おちんちんを同時に責めて幸せな射精に導きます。

耳舐めをたっぷりやりながら優しい言葉をかけるあまあまなエッチが行われており
耳舐めは色んな舐め方を短時間で切り替える複雑なちゅぱ音を長時間に渡って鳴らし
セリフは「大好き」「いい子」など愛情を感じるものをガンガン投げかけて心を存分に温めます。
ブラコンお姉ちゃんの濃いご奉仕
お姉ちゃんが5種類のプレイで弟をスッキリさせるお話。

「ねぇねぇ、ちょっとパソコン借りていい?」
お姉ちゃんは上品で穏やかな声の女性。
主人公のパソコンで動画を検索してる最中、その履歴に耳舐めASMRがあったので尋ねると
自分が実際に耳舐めして彼の願いを叶えてあげます。

本作品は彼のことを心の底から愛してるブラコンな彼女が
性欲旺盛でややMな彼をおよそ130分間のエッチで満足させます。
彼女は彼が以前から自分をオカズにオナニーしてることを知っており
今回の出来事で耳舐めASMRにハマってるとわかるとすぐさま耳舐めを持ち掛けます。

「いいんだよ、お姉ちゃんで気持ちよくなっちゃっていいの」
彼が耳舐めで情けない姿を晒しても見下すどころかむしろ喜び
全肯定のセリフを投げかけながら耳をたっぷり舐めてとことん甘やかします。
中盤からややM向けのプレイも登場しますが、彼の性癖に合わせただけで意地悪してるわけじゃありません。
同じプレイばかりだと彼が飽きるだろうと判断しパートごとに内容を変えて気分よく射精させます。

耳舐めが売りの作品ですけど彼女のキャラも結構立ってて雰囲気が非常に甘いです。
心を温めながら追い込んでくれますから、普段よりも満たされた射精を迎えられるでしょう。

耳舐めについてはエッチシーンの約9割にあたる96分も用意し
手コキ、オナニー、乳首責めと組み合わせながら左右をバランスよく責め続けます。
舐め、吸い、啜りといった基本的なプレイを数秒単位で小まめに切り替える変化に富んだものです。
甘噛みや耳キスをするシーンもあったりとちゅぱ音が目まぐるしく変わります。

舐める位置は耳の内側が多く、吐息も適度に挟んでくるため密着感が強めに味わえます。
彼女が話したり吐息を漏らすたびに微弱な風が耳に伝わってきました。
20秒くらい耳舐めを続けてから少し話すのを繰り返す流れになっておりASMR成分も高めです。
全体的にペースを緩めに設定して上品な音を鳴らすなど彼女のキャラに合わせてあります。

お姉ちゃんが甘やかしながら耳舐め手コキするシチュと量や変化に優れた耳舐め。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたノーマル~ややM向けの作品です。
心と体をぽかぽかにするエッチ
エッチシーンは5パート107分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、乳首責め、お掃除フェラ、おちんちんの愛撫、玉揉みです。
オナニー、手コキ、おちんちんの愛撫の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ、こっちの耳から~、いただきま~す」
自分から耳舐めすると言い主人公の同意を得たお姉ちゃんは
早速彼の右手に密着し耳をゆっくり舐め始めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の2パート43分間は割とスタンダードなプレイ。
「01 お姉ちゃんの耳舐めオナサポ(約23分)」は耳舐め+オナニー
「02 お姉ちゃんの耳舐め指マ○コセックス(約20分)」は耳舐め+手コキで1回ずつ射精します。

「かわいいよぅ お姉ちゃんの耳舐めで感じちゃう弟、かわいい」
彼女は彼のことが大好きですからエッチ開始後も彼に優しく接します。
ゆっくりペースで耳を味わいながら甘やかすセリフを投げかけて心身両面を幸せにします。
プレイ中に彼女が嬉しそうな表情を見せるのが良いですね。
彼を喜ばせることで彼女も喜んでるのがわかります。

プレイについてはどちらのパートも前半は耳舐めに専念し
彼が十分興奮したところでオナニーや手コキを追加します。
オナニーは粘性高めの効果音がゆっくり鳴るだけですからオナサポ要素はほとんどありません。
耳舐めのちゅぱ音と同時に鳴らしてオカズを提供する緩い内容です。

「指マンコに入れたり出したりするの、気持ちいいねぇ? おちんちん指マンコに突き刺すの気持ちいいねぇ?」
それに対して手コキは彼女が指で輪っかを作り
そこへ彼が腰を打ちつけるSEXっぽいスタイルを取ってます。

彼女がわざわざ「指マンコ」と言うのもSEXらしさを出すためでしょう。
通常の手コキよりも恥ずかしいことをして甘やかすあたりに彼女の優しさが強く表れてます。

続く2パート50分間はややM向けのプレイ。
「03 お姉ちゃんの焦らし耳舐めカウントダウン手コキ(約21分)」は焦らしを強めにした耳舐め手コキ
「04 お姉ちゃんの耳舐め乳首責め手コキ(約29分)」は乳首責めを加えた耳舐め手コキをします。

「そんなに楽しみにしてたなら~、焦らしちゃお~っと」
これまでのエッチで彼にMっ気があることを見抜いたのでしょう。
数日射精を我慢させた後にわざと焦らしてもどかしい気分を与えます。
といっても最初の2パートと同じくおちんちんに触れるタイミングを遅らせるとか
射精させる前にカウントを数えてじっくり追い込む程度なのでどぎついわけではありません。
彼が我慢できる範囲で焦らして普段よりも気持ちいい射精をプレゼントします。

04パートは本作品の中で時間、内容いずれも最も濃いプレイです。
序盤は耳舐めを敢えてやらず乳首責めに専念して性感を高め
それから耳舐め→手コキの順に追加しより多くの性感帯を同時に刺激します。

「お姉ちゃんに従属するの、うれしいよね? お姉ちゃんに支配されるの、幸せだね? お姉ちゃんにお耳も乳首も好きにされるの、大好きだよね」
乳首責めは音を鳴らさず「カリカリ」「コリコリ」といったセリフで表現してました。
彼女に支配されたりダメになる快感を煽ったりと
今までよりも多少調教っぽくして心も上手に責めてくれます。
彼女の性格を考えればこうやって他の女性に浮気しないようにしてるのかもしれませんね。

乳首責めの掛け声を割と頻繁に言ってくれますから
開発済みの人は一緒にいじると結構気持ちよくなれるでしょう。
ちゅぱ音、くちゅ音、言葉責め、掛け声と色んな要素を共存させてます。

最後の「05 お姉ちゃんの甘やかし添い寝手コキ(約14分)」は打って変わって最も甘いプレイ。
ある日の夜、眠れなくて自分の部屋に来た主人公を添い寝してたお姉ちゃんが
その途中で彼の勃起に気づき耳舐め手コキでスッキリさせます。

「パンパンになって苦しそうな金玉さん、優しく揉みしだいてあげる」
服の上からおちんちんを優しく撫でてもっと元気にしたり
手コキの時は玉揉みと組み合わせて精液を全部吐き出させようとするなど
彼女の甘やかし上手な性格をストレートに表現した手厚いリードをしてくれます。

ややM向けのプレイで締めくくったら彼女が意地悪なキャラに映るでしょうから
最後はきっちりノーマルに戻して2人が仲良しなことを印象づけてます。
耳舐めも普段より耳キスの量を多くして甘さを出してました。

このように、耳舐め手コキを維持したままシチュを変化させる愛の詰まったエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い耳舐め作品
仲のいい姉弟がイチャイチャする様子に耳舐めを盛り込んでる作品です。

お姉ちゃんは大好きな主人公の性的欲求を存分に満たそうと
彼が自分に好意を抱いてることを理解したうえで自ら色んな耳舐め手コキをします。
そして序盤は王道、中盤はややM、終盤はダダ甘とシーンごとに特徴を変え
さらにプレイも耳舐めを中心に据えつつおちんちんの責め方を変えて個性を出してます。

声も態度もあまあまなお姉ちゃんが実の弟を耳舐め手コキで甘やかす純愛系のシチュ
耳舐め手コキをがっつりやりながら優しい言葉をかけて心身両面を温める彼女らしいエッチ
数秒単位で舐め方を変えて耳の内側あたりを重点的に責める変化に富んだ耳舐め。
タイトルをそのまま音声化したような作品に仕上がってます。

「頭だめになるくらい気持ちよくなっちゃっていいんだよ だめになっちゃうの、お姉ちゃんが見ててあげるからね」
中でも2番目は彼の良いところも悪いところも全部受け止める彼女の性格が忠実に反映されてます。
耳舐めをする時としない時がある程度分けられてるおかげで甘やかすセリフと共存できてますし
耳舐め特化でありながらキャラもしっかり立ってるところが非常に印象的でした。
処女作でこれだけのものが作れるのなら今後も良い作品をきっと出してくださるでしょう。

あとはパートごとにシチュを変えてるのも良い方向に機能してます。
本作品は耳舐め手コキを固定してる時点でプレイがある程度制限されますから
焦らしやイメージプレイといった他の部分で差別化を図ってます。
パートごとの時間が長めに取られてるおかげでオカズとしての実用性も高めです。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

耳舐めが好きな人、お姉ちゃんに甘やかされたい人には特におすすめします。
おまけは両耳舐めバージョン、両耳舐めオンリー、シンプル乳首責め手コキ、「気持ちよくなって」催眠です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 4:55:20(本編…2:14:51 おまけ…2:40:29)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格は割と意地悪なお姉ちゃんが
Mで甘えん坊な弟に催眠を交えたエッチなご褒美をあげます。

前半と後半で属性が大きく異なるエッチをするのが特徴で
最初は焦らしや恥ずかしいセリフの復唱といったM向けの要素を盛り込んだオナニーを楽しみ
次は授乳手コキやSEXで彼女に愛情をもらって心をぽかぽかにします。
催眠で心に眠る願望を発散させよう
お姉ちゃんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「いらっしゃい 待ってたよ 初めての人は 初めまして」
お姉ちゃんはややトーンの低い穏やかな声の女性。
これからするエッチなヒプノセラピーに関して簡単に説明すると
緊張気味な主人公をひとまず深呼吸でリラックスさせます。

本作品は彼が心の内に抱えてるエッチな欲望を満たしてスッキリさせることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って催眠を交えたエッチなサービスをします。
催眠23分、エッチ42分と後者の割合を高めに設定し
パートごとに違う特徴を持つプレイをしてMの欲求と甘えたい欲求を両方叶えます。

久しぶりの新作なので先にサークルさんの紹介をします。
フラワー症候群さんは2012~16年に活躍してた中堅サークルさんで
当時は何かひとつのジャンルを突き詰めたりせず手広く構えてたのを覚えてます。

今回のように年上の女性がお世話するものもあれば
代表作「小っちゃい系催眠ボイスドラマ プチエンジェルサロンへようこそ♪」のような年下モノもあります。
催眠の技術は割と普通な代わりにキャラやシチュで個性を出されてました。

本作品も作品説明文で「丁寧な導入~深化スクリプト」と書いてあるように
特殊な技術は使わずリラックス重視で手堅く進めます。
ただし脱力が二段構えになってるところはやや特殊ですね。
深呼吸も多めにやるので意識がぼやける人がそれなりにいると思います。

「いいんだよ 可愛い声を出して 我慢しちゃだーめ お姉ちゃんにだらしのない恥ずかしい声と顔いーっぱい見せてね」
エッチについては前半が焦らし重視のオナニー
後半は赤ちゃん言葉を言いながらする授乳手コキ&SEXと内容が随分違います。
ただし恥ずかしいセリフを言わせる点だけは共通しており
どちらのパートも彼女が言ったことを復唱する指示が何度も出ます。

実際にやる場合は他人に見られたら色々まずいでしょうからご注意ください。
催眠暗示を入れることも多少はありますけど、それよりも指示や実況をメインに据えてました。
同人音声とのハイブリッドっぽい内容なので暗示で操られる感覚はやや味わいにくいです。

リラックス重視の催眠と属性を大きく変えてくるエッチ。
4年ぶりの復帰作ということでサークルさんが比較的得意な要素で組み立ててます。
心身の脱力をしっかりやる催眠
催眠はおよそ23分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸を4分くらい続けて落ち着きます。
そして次は左右の手足をひとつずつ脱力して体のほうもスッキリします。

「左足の重さ わかるよね? 力 完全に抜けてるよね?」
まだ始まったばかりだからでしょうけど深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」の合図を出し
脱力も短いカウントの間だけ力を入れ、抜いた直後に軽く話しかける程度に留めてました。
深呼吸をもう少しゆっくりやったほうがより効果的にリラックスできると思いますけど
やってることは催眠音声では定番のものでサークルさんの方針に合ってます。

後半は脱力を強化しながら催眠状態を深めます。
今度は5分くらい頻繁に深呼吸を繰り返して体内の空気を隅々まで入れ替え
さらに先ほどよりも長いカウントを数えながら左半身→右半身の順に再度脱力します。
そして最後に深化の暗示やエッチを有利に進める暗示を入れて準備を整えます。

深呼吸は多少なりとも暗示を入れてくるのかと思いきや、本当に合図を出すだけでした。
4年ぶりの新作だと少なくとも当時に比べてサークルさんのブランド力が落ちてますから
ここは吐く時だけでもいいので暗示を入れておいたほうがスムーズに誘導できたと思います。
長いブランクがあるならそれをカバーする要素を入れて欲しかったです。

「ほら 右腕から力がなくなっていったよね 力がなくなった左腕に 私の声が気持ちいい」
その後から始まる脱力も左腕→左足→右足→右腕の順にやってるはずなのに
左腕のシーンで「右腕が脱力する」、右足のシーンで「左足が重くなる」と暗示を入れてます。
実際に聴いてかなり違和感があったので編集ミスかもしれません。
最後の深化させるシーンは暗示を入念に入れてて良かっただけに残念です。

心身の脱力に注力してるシンプルな催眠です。
お姉ちゃんの言うことを素直に受け入れられる心と体にすることを目的に
深呼吸から入って力を入れてから抜く弛緩法、2回目の深呼吸、先ほどとは違うタイプの脱力
そして深化&メインの暗示とリラックス重視でほぼ一直線に進めます。

やりたいことはわかりますし全体の流れがおかしいとも思いません。
ですがそれ以外で首を捻る部分が残念ながらいくつかあります。
4年のブランクを跳ねのけるにはもうしばらく時間がかかりそうです。
意地悪さと甘さを兼ね備えたエッチ
エッチシーンは2パート42分間。
プレイは吐息を漏らす、乳首オナニー、オナニー、恥ずかしいセリフを言う、授乳手コキ、SEX(体位不明)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤に服を脱ぐ指示が出ます。

「今日はあなたを言葉で支配して いーっぱい恥ずかしいことを言わせたり いーっぱい我慢させたりするからね」
催眠を使って主人公を自分の言いなりにしたお姉ちゃんは
ひとまず自分のエッチな声を聞かせて彼を興奮させます。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の「3.焦らし声出しサポート(約25分)」はややM向けのプレイ。
喘ぎ声で勃起させた後に乳首オナニーをやらせて焦らし
残り10分のところでおちんちんもいじる許可を出し1回目の射精に導きます。

「一緒に声出して? もっと大きくエッチな喘ぎ声 聞かせて?」
「気持ちいい 気持ちいい 私に声で支配されるのが気持ちいい 言いなりになるのが気持ちいい」

そして彼女はこれらをする際に喘ぎ声を漏らしたり恥ずかしいセリフを言うように言います。
彼女の言う通りにすると気持ちよくなる暗示も多少は入れてきますが
それよりも羞恥や体の快感といった別の要素を中心に据えてます。
オナニー主体だから暗示の割合を低くしたのかもしれませんね。

おちんちんオナニーの開始をしきりに遅らせてくるので焦らしが強く
いじりたいのにいじれないもどかしさをそれなりに味わうことになります。
乳首をいじる時間が長めに取られてることから開発済みな人のほうが楽しめるでしょう。
同人音声のオナサポと催眠を組み合わせた感じになってて割と独特です。

それに対して後半の「4.赤ちゃんプレイ(約17分)」はお姉ちゃんらしさが光るパート。
彼女がママ、彼はその子供になって授乳手コキとSEXを楽しみます。

「お姉ちゃんも 赤ちゃんせっくちゅ とーっても気持ちいいでちゅよ」
おちんちんを勃起させる時に応援してくれる、パート中盤から赤ちゃん言葉で話すなど
多くの男性が甘さを感じる要素が込められてて前のパートとは雰囲気が随分違います。
先ほどがややM向けだったから余計そう感じるでしょうね。
最後は中出しさせてくれたりと彼女の愛を感じる幸せなプレイです。

催眠と呼べるのは序盤のおちんちんを勃起させるシーンと
終盤のカウントを数えながら追い込み暗示を小まめに入れるシーンくらいでした。
赤ちゃん言葉や喘ぎ声といった別の要素で気持ちを盛り上げてくれます。

このように、ややM向けとノーマル向けを組み合わせた独特なエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
どちらかと言えば催眠よりもエッチが魅力的な作品です。

お姉ちゃんは主人公が自分の性癖を曝け出して気持ちよくなれるように
まずはリラックス重視の催眠をかけて心と体をまっさらな状態にします。
そしてエッチはオナサポに近いオナニー、甘さたっぷりな幼児プレイと
パートによってプレイの内容や方向性を切り替えて射精へ持って行きます。

普段は優しいけど時には意地悪にもなるお姉ちゃんが実の弟にエッチな催眠をかけるシチュ
深呼吸と体の脱力を繰り返し行うシンプルな催眠
どちらも恥ずかしいセリフを復唱するシーンを挟みながら
前半は焦らしや痴態を見られる快感、後半は彼女に甘やかされる快感を与えるエッチ。
「ヒプノセラピー」の名の通りただ気持ちよくするのとは違うやり方で進めます。

中でもエッチはパートによって内容が大きく変わるのが面白いですし
前半はセルフ系、後半はドライ寄りと絶頂形式にも違いが見られます。
彼女も意地悪とあまあまで態度が変わりますし、彼のためにそうしてるのが伝わってきました。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
今はバイノーラルが主流になったりと2016年当時とは環境が変わってますし
サークルさんがこの状況下でどういう作品を生み出すか楽しみです。

CV:梓乃さん
総時間 1:15:15

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格はドSなお姉ちゃんが
自分が出演した音声を聴いてる弟にとってもハードなオナサポをします。

音声と現実の両方から話しかけながらリードするのが特徴で
前者はシコシコボイス、後者は言葉責めやオナホコキとある程度役割分担し
心身両面に強めの負荷をかけて射精したくてもできない状況に追い込みます。
M度がものすごく高いので覚悟してお聴きください。

今回は「通常版(ノーマルエンド)」を聴いてのレビューをお送りします。
お姉ちゃんがする地獄級のオナサポ
音声とお姉ちゃんの指示に従ってオナニーするお話。

「失礼いたします お客様 まだ随分お若いようですけど 年はいくつ?」
音声のお姉さんは丁寧語で話す穏やかな声の女性。
主人公にこのお店でするサービスの内容を説明すると
彼の意志を確認してから服を脱ぐように言います。

本作品は限界ギリギリまで我慢してから気持ちよく射精することを目的に
彼女がおよそ70分に渡ってドM向けのオナサポをします。
彼が「ショタ狩りお姉さんの超意地悪寸止めオナサポ」という音声を聴いてるところから始まり
少し経つと現実世界のお姉ちゃんが登場して2人体制で様々な指示を出します。

販売ページではお姉さん、お姉ちゃんと呼び分けてますが
このレビューではわかりやすくするために前者を音声、後者は現実と名付けて説明します。
音声も現実の彼女が担当してるので両者の声質はほぼ一緒です。

現実「声出た いいよ もっと聞かせて?」
音声「私におちんちん管理されてしまって 操り人形のようです」
そして2人は序盤から連携を取って彼を上手に追い込みます。
音声はシコシコボイスを流しながら軽く言葉責めするおちんちん重視
現実は耳舐め、乳首責め、言葉責めとそれ以外の領域を主に担当します。
2人の声が重なるシーンが多いので、両方無理に聞くよりも聞き流す感じにしたほうがいいでしょう。

タイトルが「あまあまドロドロ偏愛お叱り射精管理」となってるので
比較的甘いプレイをイメージする人がいるかもしれません。
ですが実際はドMじゃないとまずクリアできないくらいハードな内容です。

そう言える一番の理由は最初から最後までほぼぶっ通しでオナニーするから。
音声側では時折休憩を挟んできますけど、それを現実側が阻止して射精感を抑えにくくします。
我慢できなくなった彼のおちんちんを掴んで無理矢理しごくシーンもありますし
逃げ場がまったくない過酷なオナニーを長時間続けることになります。

最中に鳴るシコシコボイスも平均ペースが速めです。
中盤までは2秒1コキ~1秒2コキあたりを推移しますが、それ以降は高速で流し続けるシーンが増えます。
しかも20秒程度の間隔で速い→遅い→速いとスピードを変化させるため
常に揺さぶりをかけられる暴発しやすい状況に置かれます。
私もオナサポは色々聴いてますが、本作品は体への責めだけでもその上位に位置するきつさです。

現実「だから ぴゅっぴゅはお預けって言ってるでしょう!」
もうひとつ、主に現実側の言葉責めがきつめに設定されてます。
「ばーか」「マゾ」といった一般的なことも多少は言いますけど
それよりも射精を禁止したり言うことを聞けない彼を叱ることのほうが多いです。
意地悪度が結構高いので繊細な人が聴いたら途中で投げ出してしまうかもしれません。

また冒頭で軽く触れたように本作品には今回紹介する通常版(ノーマルエンド)と
厳しめ版(バッドエンド)の2パターンが用意されてます。
両者の違いは射精シーンで57分頃からノーマルはオナホコキ、バッドはパンスト亀頭磨きに分岐します。
製品版には分岐部分だけを切り取った音声が入ってませんから(どちらも通しで1ファイル)
2回に分けて聴くのが良いでしょう。

音声と現実が連携を取って責めるスタイルと心身両面の負荷を強くしたエッチ。
生半可なM向け作品ではビクともしない人でも苦戦するレベルの極めてハードな作品です。
心の強さが試されるエッチ
ノーマルエンドのエッチシーンは63分間。
プレイはオナニー、お腹/胸/乳首の愛撫、耳舐め、亀頭オナニー、お尻叩き、手コキ、オナホコキ、〇〇です。
お尻叩き、手コキ、オナホコキ、〇〇の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

現実「悪い子にはお仕置きします」
主人公が自分の部屋で音声を聴いてるのを発見した現実のお姉ちゃんは
彼が意地悪してもらいたがってると判断し、音声と協力して少しずつ確実に追い込みます。

エッチは彼女たちが言った通りにおちんちんをしごきます。
前半の33分間は射精したくてもできない状況を作ることを見据えたシーン。
シコシコボイスを小まめに変化させて揺さぶりをかけながら
音声と現実両方から言葉責めして心も一緒に盛り上げます。

まだ始まったばかりなので言葉責めは控えめな表現になってますが
シコシコボイスはしっかりしてて十分気持ちいいです。
平均ペースがそこまで高くない代わりに休憩できないのが効いてきます。
おちんちんは音声が担当し、現実は耳舐めや上半身の愛撫でそれをサポートしてました。

現実「0! ぴゅー ぴゅるぴゅるー」
音声「射精は我慢 射精は我慢 おちんちんおかしくなっても 射精は我慢」
2人が正反対の指示を同時に出してくるのが面白いですね。
現実はカウントを数えてからぴゅっぴゅのセリフを言い
音声は射精を我慢する指示を出し続けて心のほうも揺さぶります。
休憩時間に現実側が亀頭オナニーの指示を出すなど、本作品の特徴が色々込められててやり応えがあります。

後半の30分間は意地悪度がさらに増します。
音声ではそろそろ射精の時間なのですが、現実の彼女はまだ物足りないらしく
シコシコボイスだけを言うシーンを繰り返し流して暴発をしきりに誘います。
そしてそこを無事乗り越えた後はオナホを使ってさらなる追い込みをかけます。
ここからは現実側が主導権を握り、音声はそれをサポートする形に変わります。

現実「だめでーちゅ 射精させてあげまちぇーん」
現実「こわれろー こわれろー 頭おかしくなーれ おちんちんおかしくなーれ」

赤ちゃん言葉で意地悪なことを言って彼を挑発したり
もうとっくに限界を超えてる彼へ突き放すセリフを投げかけるなど
血の繋がってるお姉ちゃんにしては度を越えたことをするシーンがいくつもありました。
割と心を折りにかかってくるのでこのへんが人を選びそうだなと。

終盤のオナホコキもすんなり射精させてくれるわけではありません。
カウントを数えて0になったら射精するのですが
そこへたどり着くまでに障害を設けて彼のクリアを阻みます。
「ぎゅぷっ」という空気交じりの弾力がある水音がリアルでした。

このように、聴き手が意地悪だと感じる要素をいくつも盛り込んだエッチが繰り広げられてます。
極めてハードな作品
生半可な人が聴いたら逃げ出すレベルのオナサポをする完全ドM向け作品です。

お姉ちゃんはM向けのオナサポ音声にハマってる主人公にお仕置きしようと
音声が流すシコシコボイスに合わせてしごかせながら指示を出したりきつめの言葉責めをします。
そして休憩時間をなくす、オナニーに緩急をつけるなど暴発しやすい要素をいくつも盛り込み
さらに心のほうも強めに責めていつ射精してもおかしくない状況を作ります。

声は穏やかだけど性格はドSなお姉ちゃんがハードなオナサポをするシチュ
音声と現実の声を組み合わせてリードする変わった複数人プレイ
おちんちんをほぼノンストップでしごかせながら様々な意地悪をするエッチ。
お姉ちゃんから連想される甘さや優しさを薄めた作品に仕上がってます。

私はこの作品を聴くにあたって最初はバッドエンドを選ぶことに決めてました。
しかし途中まで聴いたところ内容があまりにハードだったので急遽ノーマルに変更してます。
はっきり言ってノーマルでも十分きついです。
「自分はドMだからバッドでも大丈夫」と思って聴いたら痛い目を見るので
そういう人もまずはノーマルを選ぶことをおすすめします。

現実「まだぴゅっぴゅしたくないですぅ どうぞ ほら 言って? 言え マゾ」
体への責めは他のドM向け作品と同等もしく少し上あたりの強さです。
それよりも指示や言葉責めといったセリフの面が影響してるように感じました。
露骨な意地悪をしてきてとにかく容赦がありません。
彼が嫌がることを無理矢理するシーンもありますし、内容を理解したうえで聴いたほうが満足できると思います。
彼女がこれだけのことをするのは、彼の性癖が歪んでることを本気で心配してるからなのかもしれません。

ノーマルエンドの射精シーンは1回。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:遊佐ミコトさん
総時間 ノーマルエンド…1:12:25 バッドエンド…1:15:55

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月3日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「アンスリウム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、小さい頃から実の弟を溺愛してる世話好きなお姉ちゃんが
朝から晩まで色んな手段で誘惑してエッチな関係になろうとします。

家の中はもちろん、外でも体を密着させながらクールな声で「好き」と何度も言ったり
お風呂ではおっぱいを背中に押し付けたままおちんちんを丁寧に洗うなど
自分から無理矢理襲わず彼の自制心が吹き飛ぶように働きかける穏やかな色仕掛けが楽しめます。
キャラや雰囲気作りをしっかりしてからエッチに突入するので幸福感に包まれながら抜けるでしょう。
姉さんの静かで激しい誘惑
実姉の紗耶と家の中や外でイチャイチャするお話。

「今日も人でいっぱいね」
紗耶はトーンが低くクールな声のお姉さん。
ある日の朝、主人公と一緒に通勤電車を待ってると
自分の気持ちをストレートに伝えて彼の反応を楽しみます。

本作品は大人になっても彼のことを溺愛してるブラコンな彼女が
通勤電車の中、勤め先の建物の前、自宅と色んな場所で110分程度に渡りとことん甘やかします。
2人とも働いてるのですが親元から離れた後も同棲を続けており
一緒にいる時はできるだけ体を密着させながら「好き」と何度も言って愛を伝えます。

「私を気遣ってくれてるの? 可愛い そういうところ大好き」
声や口調がクールなので聴き始めた直後は冷たい印象を抱くかもしれません。
ですが彼女の好感度は最初からMAXで積極的に誘惑してきます。
満員電車に乗ってる時は公然と密着できることを素直に喜び
仕事が終わった後は会社の外で待ち合わせ、恋人繋ぎ&相合傘で食事に向かいます。
セリフも愛情を感じるものがとても多くて終始あまあまな空気が漂ってます。

こうやって書くとヤンデレなどの自分勝手なキャラに映るかもしれません。
しかし彼女は常に彼のことを第一に考えながら行動します。
自分の好意ははっきり伝えるけどそれを彼に押し付けることはないですし
エッチもそのお膳立てをしたうえで彼が自ら一線を越えるように働きかけます。
タイトル通り彼の理性が吹き飛ぶのを待つ感じですね。

無理矢理感や重さをそれほど感じない溺愛をするので属性はほぼノーマルです。
彼の心を掴もうと一生懸命アピールする彼女の姿が健気に感じました。
そして大人になるまで待ち続けたからこそ、後半から始まる初エッチで熱い責めや反応を見せてくれます。

それ以外の大きな特徴は最中に鳴る音。
街中にいる時は電車が走る音や他人の足音などがバックで流れますし
お風呂に入るシーンでは頭や体を洗う様子をほぼ音だけで表現します。
音質もすごくリアルで彼女と一緒にいる気分を上手く膨らませてくれます。

彼女がしゃべる時とそうでない時を分けてるおかげでASMR成分もそれなりに強いです。
実の姉弟ならこれまで色んなことを話してるでしょうから
何も語らずただ一緒にいる時間を楽しむのも至って自然です。
彼女のクールキャラを維持する効果もあって私は良い演出だと思います。

声のイメージよりもずっとブラコンな姉とイチャイチャする展開とそれを盛り上げる音の数々。
キャラ重視でありながら音も楽しめる純愛系作品です。
外でも家でもいつも一緒
最初の4パート42分間はほぼ非エロのお話。
2人が一緒の電車に乗って通勤するところから始まり
「02_姉さん、お疲れ様」は退勤後に紗耶の会社前で待ち合わせる様子
「03_姉さんとお風呂」は帰宅後の入浴、「04_姉さんと布団の中へ」は同じベッドで寝る様子と
1日をそのままなぞる形で彼女の溺愛っぷりをわかりやすく描きます。

「雨が降ってなくても こうして身を寄せ合って 恋人繋ぎで一緒に帰りたい それが私の本音」
彼女は子供の頃から彼の面倒をずっと見てきたので
大人になってもその感覚は変わらず積極的にスキンシップを取ろうとします。
通勤電車内では「揺れてたまたまそうなった」と口実を設けて耳舐めを行い
退勤後は職場の同僚が近くにいても体を寄せて甘えます。

周りの目をまったく気にしないところが彼女らしいなと
言葉と行為の両方から彼が好きなことをストレートに示します。
彼がそれを嫌がることもないですし、これが2人にとっての日常なのでしょう。

この中で最も大胆なことをするのは03パート。
入浴してる彼のところへ彼女が全裸で乗り込み髪→体の順にじっくり洗います。

ここは前項で説明したASMRが威力を発揮します。
わしゃわしゃと小気味よい泡音を短い間隔で自然に変化させ
シャワーのお湯やシャンプーが耳にかかるたびに微かな閉塞感と圧迫感が味わえます。
動きも両手を別々に動かして撫でたり擦ったりする高品質なものです。
セリフが一気に減るおかげで音に集中できるようになってます。

そしてシャンプーが癒し一色だからこそ、直後の体を洗うシーンがよりエロく感じます。
後ろから抱き着いて大きなおっぱいを背中に押し付けたまま
全身を上から下へ流す感じに隅々まで綺麗にします。

「お姉ちゃんは いつだって あなたを受け入れる準備はできてるよ」
当然おちんちんも入念にお世話しますから理性が吹き飛んでもおかしくありません。
最中に耳元至近距離から微かな喘ぎ声交じりの吐息を漏らすのも大きいです。
すべて終わった後に上のセリフを言うなど、彼女なりのやり方でエッチしたい気持ちを彼に伝えます。
そのまま手コキへ持ち込めそうな状況で敢えてやらないところに思いやりを感じました。
少しずつ熱を増すエッチ
エッチシーンは3パート41分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「舐めたくなっちゃった こんなに耳が近くにあるんだもの」
お風呂から出て主人公の部屋にあるベッドに潜り込んだ紗耶は
遠回しな言い方で彼に確認を取ってから目の前にある耳を舐め始めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の2パート30分間は口を使ったプレイが中心。
「05_姉さんの密着耳舐め手コキ(約18分)」は耳舐め→耳舐め手コキ
「06_理性の限界フェラ(約12分)」はフェラで1回ずつ射精させます。

「最初はゆっくり ゆっくり ゆっくり いきなり刺激を与えたら おちんちんビックリしちゃうから」
エッチに入っても彼女の溺愛っぷりは留まるところを知りません。
耳元至近距離からコリコリしたちゅぱ音を鳴らして興奮を誘い
中盤以降はシコシコボイスを言いながらおちんちんをしごいて気持ちよくします。

手コキ音を入れてないのは耳舐めや吐息を聴きやすくするためじゃないかなと。
彼女は今まで彼と一度もエッチできなかったので、ここで豹変してもおかしくないのですが
それを我慢しゆっくりじっくり責めるクールで優しい姿を見せてくれます。
音の割合が高めなことも含めて本作品の特徴が良く出てるパートと言えます。

それに対してフェラパートはエロさをそれなりに上げてます。
耳舐めとは随分違う水分高めのやや下品な音を中央からガンガン鳴らし
さらに後になるほどペースや激しさを上げて上手に射精へ追い込みます。

ピストンフェラを多めにやるところが個性的だなと。
じゅぼじゅぼとリズミカルに体を動かして大好きな人の大切な部分を味わいます。
精液はそのまま受け止め喉を鳴らして飲み干すなど
彼女の貪欲なところがストレートかつエロい形で表現されてました。

最後の「07_姉さんと騎乗位セックス(約11分)」はお待ちかねのSEXシーン。
彼の気持ちを改めて確認した後、彼女が上に乗る形で繋がります。

「ほら 一気に入った お互いぐしょぐしょだったから こんなに情熱的に繋がることができた」
普段よりもずっと熱っぽい吐息に変わって一気に挿入し
「ぱんっ」と力強いピストン音を鳴らしながら吐息を吐きかけるなかなか濃いプレイです。
耳舐め手コキの時は割と抑えた責め方をしてたのが
フェラ→SEXと進むにつれてどんどん激しくなります。


彼の理性と同じで彼女の我慢する気持ちが吹き飛んだと見るのが妥当でしょう。
普段がクールだからこそSEXの時に見せる情熱的な責めが一層引き立ってます。
非エロパートからじっくり雰囲気作りしてきたのも相まって気持ちよく抜けました。

このように、彼女のクールなところとそうじゃないところを組み合わせた深いエッチが繰り広げられてます。
総合力の高い作品
キャラ、ストーリー、サービス、音など色んな部分が高い水準でまとまってる作品です。

紗耶は実の弟で異性としても愛してる主人公とより親密な関係になろうと
自宅だけでなく外でも「好き」と言ったり手を繋いで自分の気持ちをアピールします。
そして彼が十分その気になった後は少しずつ激しくする流れで初エッチを楽しみます。

声や態度はクールだけど性格はとても温かい姉と1日を過ごすノーマル向けのシチュ
彼の気持ちを尊重しながら好意をストレートに伝える彼女の溺愛っぷり
リアルな音を駆使してエロさと臨場感を出すギャップを持たせたエッチ。
最大の魅力である彼女のキャラが引き立つように作品を組み立ててます。

「美味しかった 全部飲み込んだよ ぜーんぶ受け止めた 嬉しい すごく嬉しい 本当に嬉しい」
彼女のセリフに表裏がまったくないのもすごく良いなと。
実の姉だからといって遠慮したりせず序盤からぐいぐい押してきます。
そして最終的な判断を彼に委ねて後ろめたさを残さないようにします。
重要なシーンでは彼の心情も描かれおり、それがエッチをさらに盛り上げるスパイスになってます。

年月が経ちお互い大きくなっても決して変わらない強い絆を感じられて心がぽかぽかしました。
そして彼女の一途な性格と思いやりに満ちたアプローチがあれば
彼の理性が吹き飛ぶのも自然だと思います。
非エロとエロが上手く繋がっててひとつの物語としてしっかりまとまってます。

エッチはお膳立てができた後に突入するため、セリフは実況や愛の言葉を中心に据え
あとはちゅぱ音、吐息、ピストン音といった音を組み合わせてリアルなプレイをお届けします。
熱や激しさが少しずつ増す展開も彼女の心情が反映されてて良いです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音と吐息それなり、淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

通常とは違うお姉ちゃんに甘やかされたい、愛されたい人には特におすすめします。

CV:御崎ひよりさん
総時間 2:10:53(本編…1:53:24 フリートーク…17:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月9日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「性活良音」さんの同人音声作品。
今年6月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、外では(たぶん)しっかりしてるけど家の中ではだらしないお姉ちゃんが
大好きな弟と色んなエッチをして幸せなひと時を過ごします。

彼女のブラコンっぷりを表現しながらリアルな音を鳴らす甘いエッチが行われており
キスを小まめに挟んだり「好き」と何度も言って愛情を伝え
プレイだけでなくそれ以外の小さな物音まで鳴らして彼女がすぐ近くにいる雰囲気を作ります。
甘やかし上手で甘えん坊なお姉ちゃんと
実姉のあやめと家で色んなエッチをするお話。

「弟くんよぉ お姉ちゃん疲れたよー うー」
あやめは砕けた口調で話す甘い声のお姉さん。
仕事を終えて帰宅し、早速主人公に頭を撫でてもらうと
お返しにキスしてから水を飲んで一息つきます。

本作品は成人して1人暮らしをしながら仕事を頑張ってるお姉ちゃんが
試験勉強に集中するため一時的に同居してる彼とおよそ120分に渡ってイチャイチャします。
血が繋がってるので当然親しげに接してくるのですが
2人の場合は物語の開始前からよくエッチしてるようで積極的に求めてきます。

「そうだよ男なんてなぁ そんな信用せんっ お前だけだよー 心を許せるのは」
帰ってきて早々に彼を抱きしめながら幸せそうな声を漏らしたり
他の男は信用できないと言って彼を遠回しに持ち上げるなど
ブラコンと呼ぶのがピッタリな溺愛っぷりを序盤から見せてくれます。
そしてエッチでは自分からガンガン責めて彼を射精へ追い込みます。

タイトルに「ダメOL」と書いてあるので彼に色々やらせるのかと思いきや
実際は彼女がおねだりして責めることのほうが多いです。
弟を甘やかすのが好きな性格だから色々してあげるほうが満足するのでしょうね。
キスを小まめに挟んだり「好き」と何度も言うなど愛情表現が充実してます。

お風呂や食事の準備を彼にしてもらってる点はだらしないと言えるかもしれませんが
彼女の家に住まわせてもらってるならそれくらいするのは当然かなと。
大人になっても弟離れできてないことをダメOLと表現してるようです。

そして彼女と一緒にいる気分が音声だけでリアルに味わるように
全編を通じて質の高い音を用意し、それらを違和感なく組み合わせて作品の世界に引き込みます。
例えばSEXは「ぱんぱん」「ぐちゅぐちゅ」というお馴染みの音を敢えて使わず
「とんっ」という軽い衝撃音と布団の擦れる音を鳴らし、それと喘ぎ声のリズムを合わせて臨場感を出します。

プレイによって声や音の位置が変わったりして力を入れてる印象を受けました。
射精後に毎回耳元に顔を近づけて精液を飲み込むのも音の良さをアピールしたかったのでしょう。
非エロパートも小さな物音までちゃんと入っててなかなか芸が細かいです。
サークル名に「良音」を入れてるだけあって2作目とは思えないほど音の完成度が高いです。

エッチについては手コキ、フェラ、SEXなど定番のものが中心です。
「セックス三昧」の名の通りSEXに総時間の半分近くを割いてました。
イチャラブ感を重視したのか、どのパートも射精回数を1回に絞り込み
そこに向けて比較的ゆっくり責める優しいリードをします。

だらしないところもあるけど甘やかし上手なお姉ちゃんとイチャイチャする展開と良質な音の数々。
サークルさんの得意なところを前面に押し出したノーマル向けの作品です。
ゆっくりじっくり愛し合うエッチ
エッチシーンは5パート80分間。
プレイはキス、フェラ、玉舐め、SEX(騎乗位、バック、正常位?)、手コキ、精飲です。
ゴムの装着、SEX、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ねぇ エッチしたい」
お風呂から出て主人公にストレートなおねだりをすると
あやめはまだ小さいおちんちんを丁寧に舐めて元気にします。

エッチは一部のパートを除き年上の彼女が責め続けます。
最初の2パート41分間は彼女の性格や2人の仲の良さをストレートに表現したシーン。
「2ダメダメOLおねぇちゃんの甘々布団フェラ(約14分)」はフェラ
「3ダメダメOLおねぇちゃんの馬乗りコンドームセックス(約27分)」はSEXと
メインのプレイを変えたうえでキスを挟んでイチャラブ感を出します。

「そんなにお姉ちゃんにさ 口でされるの気持ちいい? んー? そかそか じゃあもっと気持ちよくしてあげる」
2人はもう毎日のようにエッチしてる関係なので、近親相姦特有の暗さや重さはありません。
フェラは序盤からじゅるじゅるとやや下品な音をゆっくりペースで鳴らし
十分勃起した後は玉舐めを挟みつつ咥え込んで絞り上げたりピストンします。

自然さを重視したからでしょうけど開始後はセリフの量が一気に減りました。
実況はプレイを変える時に少しする程度に留め、他はほとんど音だけで表現します。
音の質感や位置取りもしっかりしててリアルなプレイになってました。

「美味しかったよ めっちゃオスくせぇ味する あはははは」
どのパートも射精後にそれを飲む時間を2分程度用意してるのも大きな特徴です。
じゅるじゅる音を立てる時もあれば喉を鳴らすだけで終えることもあります。
音の良さを活かす意味ももちろんあるのでしょうが
弟の体液もありがたくいただくことで彼女のブラコンっぷりを引き立てたかったのだと思います。

次のSEXはキスを軽く挟んでからゴムを装着し騎乗位とバックで繋がります。
プレイ時間は長めに取られてますが、彼女がピストン開始から3分も経たないうちにイってしまうため
ピストン→休憩してから体位変更→ピストン→休憩&体位変更→ピストン&射精とテンポが悪くなってます。
確認したところピストンしてる時間はパート内合計で6分30秒ほどでした。

オナニーのオカズとして聴き手に使ってもらうなら
もっと1セットごとの時間を長く取ってしごきやすくしたほうがいいんじゃないかなと。
私個人はここよりも前にやったフェラのほうが抜きやすく感じました。

続く3パート39分間は別の日のお話。
「5ダメダメOLおねぇちゃんとの食事中フェラ(約2分)」は食事の後に軽くフェラしてきっかけを作り
「6ダメダメOLおねぇちゃんのお布団手コキ(約10分)」は手コキ
「7ダメダメOLおねぇちゃんと甘々中出しえっち(約27分)」は2種類の方法で再びSEXします。

「ダメ? 出ちゃう? 激しすぎ? ふふふふ」
手コキは普段と違うちょっぴり意地悪な責めを繰り出します。
といってもそこまできついことはやりません。
音量控えめの滑らかな音を鳴らしながら意地悪と甘やかし組み合わせてメリハリをつけます。
ずっとあまあまだと単調になるからわざとこういうプレイを挟んだのかもしれません。

最終パートはほとんどSEXする点は3番目のパートと一致してますけど
内容に多少の変更を加えてより濃くてエロいプレイに進化させてます。
体位は明言されてませんが、彼に「もっと動かして」と言ってたのを見ると正常位のようです。

「ねぇ コンドーム破っていい?」
エロさが上がってる主な理由は序盤はゴム有り、中盤以降はゴム無しでするから。
途中で彼女が自分でゴムを破るシーンがあり、その前後で乱れ方が変わります。
ゴム有りの時は吐息交じりだった喘ぎ声が大きくなって明確な声になり
ピストンの時間も合計10分まで伸びてより抜きやすくなってます。

最後のパートがエロさ控えめだったら消化不良になってしまいますから
これくらいにしたほうが実用性と後味の両方が良くなります。
射精後の余韻を楽しむ時間を長めに取ってることも含めて
物語を締めくくるのに相応しいプレイと言えます。

このように、彼女との一体感を大事にしながらリアルな音を鳴らすラブラブなエッチが繰り広げられてます。
自然さを重視した作品
お姉ちゃんと自宅でエッチする様子をそのまま切り取った作品です。

あやめは仕事で疲れた心と体を主人公に癒してもらおうと
自分から積極的にエッチへ誘い、開始後はややスローペースで責めて無理なく射精に導きます。
そしてその様子を様々な声や音を駆使して生々しくお届けします。

ブラコンで甘やかし上手なお姉ちゃんと色んなエッチをするノーマル向けのシチュ
セリフよりも声や音を使ってプレイの様子を表現するエッチ
彼をお世話するほど幸せそうな表情を見せる彼女の愛情深いキャラ。
ストーリー性はほとんど持たせずエッチをできるだけ深く表現する方針で作品を組み立ててます。

中でも2番目は現時点で上位に位置する品質を持ってて驚きました。
質感、距離、動きといった様々な面が高水準でまとまってます。
SEXの表現方法も独特ですし、性活良音と名乗るだけの実力を持たれてます。

エッチは3番目のパートがイマイチに感じましたけど、それ以外は順当にまとまってると思います。
精飲にこだわってるところを見ると中の人が好きなのかもしれませんね。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 2:04:18

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月13日まで15%OFFの1215円で販売されてます。



サークル「SWEET×MONSTER」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、自宅でエッチな配信をしてる淫乱なお姉ちゃんが
その視聴者や実の弟を大胆なサービスで喜ばせます。

彼女の性格を色濃く反映させた抜きやすいエッチをするのが特徴で
配信中は視聴者たちのコメントに反応しながら耳舐めや公開オナニーで射精を応援し
弟とする時はおちんちんと精液の匂いを堪能したり、おまんこで受け止めて気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
お姉ちゃんが持つもうひとつの顔
姉の「ニ乃(にの)」とネット上や現実世界でエッチするお話。

「はーい ののばんはー ののだよー」
ニ乃は甘くて可愛い声のお姉さん。
生配信を見てる人たちに嬉しそうな表情で挨拶すると
早速下着姿が見たいと言われ、微笑みながら服を脱ぎます。

本作品は「のの」という名前でエッチな配信をしてる彼女が
その視聴者や同じ家に住む実の弟と100分近くに渡るエッチを楽しみます。
「めるとえっちな生配信編」「うちの姉がこんなにエロいわけがない編」とふたつのシーンに分かれており
それぞれで違う顔を見せながら彼女が精一杯のサービスをしてくれます。

「みんなに見られながら 乳首オナニーしてるって考えると いつもより もっと気持ちよくなって 勝手に腰 浮いてきちゃうよぉ」
彼女は元々欲望に忠実な性格をしており、家で家族に内緒でよくオナニーしてました。
しかしそれだけでは満足できなくなってその様子を全世界へ公開することにします。
さすがに身バレするのは怖いのでマスクを着けてますが
視聴者たちに自分の痴態を嬉しそうに見せつける淫乱な姿を晒します。

簡単に言えば露出と匂いフェチを合わせ持つMキャラですね。
男性たちが喜ぶことを積極的にやるため、暗さや重さが一切なく気分よくオカズにできます。
彼女のキャラが活きるように実用性をかなり高くしてありますから
音声を聴いてれば自然と勃起しオナニーしたくなる人が結構いるでしょう。
属性はノーマル~ややSがメインターゲットになります。

エッチについては配信する時はオナニー
主人公と直接する時はスタンダードなプレイとシーンによって構成が随分変わります。
音声だと年上が相手の場合は責められることが多いのですが
本作品でそうなるのは5パート中1パートと少なく、他は彼女が感じたり乱れる姿をお届けします。

「もちろんローションなんかじゃなくって のののお口で 本物のおちんぽ舐めるみたいに じゅぽじゅぽってしゃぶって だよー」
声は清楚系なのに「おちんぽ」などやや下品な淫語をガンガン言ったり
オナニーやSEXの時は熱い吐息交じりの艶めかしい喘ぎ声を漏らすなど
多少のギャップを持たせて彼女のエロさをより引き立たせます。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声のバランスが取れており
耳舐めも適度にやって彼女がすぐ近くにいる雰囲気を作ります。

彼女の心情や反応を楽しむ作品なので言葉責めはあまりやりません。
彼女自身がオカズになってオナニーと射精を応援します。
多くのシーンで主人公と聴き手がほぼ同じ立ち位置になるから抜きやすいわけです。

家では普通に振る舞ってるけど実は淫乱なニ乃のキャラとそれを活かしたエッチ。
18禁作品にとって重要な「エロさ」を磨き上げてる作品です。
自分を曝け出してくエッチ
エッチシーンは5パート85分間。
プレイはおっぱいを見せる、乳首オナニー、耳舐め、疑似フェラ、ディルドオナニー、指オナニー、パンツの匂いを嗅ぐ、手コキ、フェラ、SEX(正常位)です。
服を脱ぐ、ディルドオナニー、指オナニー、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ仕方ないから 少しだけだよ のののおっぱい 見せてあげるね」
視聴者たちと雑談してから下着姿を披露したニ乃は
さらにおっぱいも見せて欲しいと言われて少し恥ずかしそうにブラを外します。

エッチはMな彼女が受けに回るシーンを多くして進めます。
最初の3パート50分間は配信中の彼女とするエッチ。
「01_プチオナニー実況」は乳首オナニー、「02_ディルドオナニーと疑似セックス」はディルドオナニー
「03_普段の姉と、配信者のの」は主人公のパンツを嗅ぎながらのオナニーをします。
そして視聴者たちにも一緒にオナニーしてもらいその様子を妄想します。

「みんな おちんぽシコシコするのに忙しくて コメント打つ余裕 なくなっちゃった?」
「画面越しのののに たっくさん溜めてきたザー汁 ぶっかけて」

配信っぽさが出るセリフを時折挟みながら彼らが喜ぶセリフを投げかけ
さらにパンツを穿いたまま思う存分オナニーし乱れる彼女らしいサービスが味わえます。
生配信だとモザイクをかけられないからさすがに全裸になるのはNGなのでしょう。
運営が定めたルールの範囲内でギリギリの線を突くことを心がけてます。

これらをする際に彼女が嬉しそうな表情を見せるのも印象的でした。
普通なら恥ずかしがりそうなシチュをむしろ楽しむ露出好きらしい姿勢を見せます。
吐息や喘ぎ声の量も序盤から多く、男性たちを抜かせようとする意志が込められてます。

「君のおちんぽ おちんぽぉっ おちんぽ 気持ちいいよっ」
この中で最もエロいのは02パートです(約21分)。
通常よりも大きいサイズのディルドを取り出し、フェラで湿らせてからおまんこに挿入します。
視聴者がより抜きやすくなるよう疑似SEXっぽく進めるのが良いですね。
彼女も本物のおちんちんが入ってるとイメージしながら乱れてくれます。
音量控えめですが泡立った水音も鳴っててなかなか濃いプレイでした。

「このパンツ とっても濃い オスの香り」
それに対して彼女のアブノーマルな性格がよく出てるのは03パート(約18分)。
お風呂場で発見した主人公のパンツを配信に持ち込み、その匂いを嗅ぎながらオナニーに励みます。
この後のシーンでもたびたび匂いを嗅ぐ動作が入ってたので匂いフェチなのでしょう。
実の弟を男と認識し、その衣服をオカズにするあたりも淫乱な彼女のキャラに合ってます。

続く2パート35分間は彼と一対一でするエッチ。
「05_弟と手コキ」は耳舐め手コキ
「06_弟とセックス」はフェラからの生SEXで本物のおちんちんを味わいます。

「やっば 興奮してきたかも あたし 弟のチンポいじって こんな興奮するなんて あたし やっぱり変態かも」
自分を変態だと思いながらもおちんちんの匂いと感触をひたすら楽しむ欲望に素直な姿を見せてくれます。
がっつくと言うほど激しい責めはしませんが、彼女の心情描写が多いおかげで
この時をいかに待ちわびてたかがしっかり伝わってきます。
プレイも耳の内側を丁寧に舐めながら後になるほどハイペースでしごいてました。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音が同じくらいの分量で共存しててバランスが良いです。

そして最後の06パートは念願の初SEXを果たします。
おちんちんをフェラで再び元気にした後は主導権を彼に譲り
正常位で受け止めながら気持ちよさそうな声を漏らします。

「あっ 来たっ 来たぁ おちんぽっ おちんぽ来たぁ」
SEXの時間は約10分とそこまで長くないものの、ここまで色んなものを積み重ねてきた経緯があるおかげで
挿入や中出しをされた時の姿がとても幸せそうに感じました。
近親相姦から連想される重苦しさを彼女の淫乱さが見事に吹き飛ばしてます。

このように、状況を変えながら彼女の欲望をストレートに叩きつける明るいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の抜きボイス
清楚そうに見えてドスケベなニ乃の性格をそのまま音声化した抜きボイスです。

ニ乃はオナニーだけでは決して鎮まらない性欲を上手く発散させようと
マスクを着けてエッチな生配信を始め、そこでオナニーを見せつけて多くの男性たちを喜ばせます。
そしてリアルでは実の弟とイチャイチャして公開オナニーとは別の快感を味わいます。

声と性格にそれなりのギャップがあるお姉ちゃんがふたつの形式でエッチするシチュ
生配信中はそれらしいセリフを言いながら色んなオナニーを披露し
自宅ではおちんちんの匂いや感触を確かめながら気持ちよさそうな声を漏らす抜き性能の高いエッチ。
聴き手をどうやって興奮させ、射精させるかを強く意識して作品を組み立ててます。

この作品を一言で表すなら「エロい」です。
エッチシーンの時間が本編のおよそ80%ありますし
内容もひとつひとつが濃いめでオナニーのお供に役立ちます。
01だけは射精シーンがないのですが、彼女の性格を聴き手に伝える重要な役割を果たします。

彼女の性格がややアブノーマルな点が人を選びそうではありますが
露出好きは生配信との相性が良いですし、匂いフェチもくどくない程度に抑えられてます。
単に淫乱なだけだと個性が出にくいからこういう属性をつけたのかなと。
プレイ自体はほぼノーマルですし大衆性は高いほうだと思います。

私はほぼ毎日のようにエッチな音声を聴いてるので普通の人よりも耐性がついてます。
それでもこの作品を聴いてる最中は勃起しっぱなしでした。
男のツボを突く要素が充実してるからそうなったのでしょう。
そんなわけでオナニーのオカズを探してる人には特におすすめします。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「耳舐めカウントダウン(のの)」とフリートークです。

CV:天知遥さん
総時間 2:05:33(本編…1:47:08 おまけ…18:25)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月9日まで20%OFFの968円で販売されてます。

↑このページのトップヘ