同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:妹

   ● ダブル耳なめ姉妹罵倒~マゾお兄ちゃん、イジメてあげる~
   ● ねえ、お姉ちゃん? 気持ち良くしてあげよっか?
   ● お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~オナサポ編vol.3~
   ● 妹に癒やして貰った件
   ● えくすぺりえんす 妹レズ体験
   ● 【耳かき・マッサージ】時が流れる部屋【寝息】
   ● 妹の変態奴隷に成り下がる音声
   ● ラブラブ僧侶姉と常識人魔法使い妹の勇者様射精我慢特訓!
   ● 妹トランス!おにーちゃん裸になって!催眠アソビしよッ!【催眠れん愛】
   ● 甘々な姉と生意気な妹に左右からオナてつしてもらおう


ダブル耳なめ姉妹罵倒~マゾお兄ちゃん、イジメてあげる~

サークル「カタストlab」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、好奇心旺盛でSっ気もある2人の妹が
お兄ちゃんの左右に寄り添い耳を舐めながらとことんまで射精を我慢させます。

タイトルにもなっている耳舐めと罵倒(言葉責め)を組み合わせたM向けのプレイが魅力で
前者は左右交互に、あるいは同時にとパートごとにスタイルを変えながらたっぷりと行い
後者はおちんちんの小ささ、みすぼらしさを徹底的に貶して羞恥心を煽ります。
お兄ちゃんの恥ずかしい秘密
妹の悠理と麻衣から耳舐め罵倒を受けるお話。

「ねぇ、お兄、入るよ。今暇だからさ、なんか面白いゲーム貸してよ」
悠理はやや砕けた口調で話す元気な声の女の子。
「早くゲームやろうよ~。ん?お兄ちゃんどうしたの?」
麻衣は明るくて可愛い声の女の子。
ゲームを借りに部屋へ来ただけなのにえらく慌てるお兄ちゃんを見て
彼がオナニー中だったことを察し、2人で続きを手伝ってあげることにします。

本作品は彼の弱みを握った彼女たちが左右に寄り添いながら(悠理が右、麻衣は左で固定)
前半は片方ずつ、後半は2人同時に耳をとことん舐めたり罵声を浴びせかけます。
血の繋がってる者同士なだけあって彼女たちの態度に冷たさはほとんどなく
ゲームの代わりに彼をおもちゃにして遊ぶあたりの軽いノリで責め続けます。

しかしエッチのキーとなる耳舐めと言葉責めが相当に尖っており
人を選ぶ反面、お兄ちゃんと同じ属性を持つならどハマリする可能性を秘めています。

まず耳舐めはボリュームがとんでもなく多いです。
具体的には総時間68分のうち57分30秒、単純計算するとおよそ85%の時間に渡り耳舐めを続けます。
しかも相手の女性が2人いるのを利用し、耳舐めのスタイルや雰囲気をパートごとに切り替えてきます。

残念ながら耳舐めの音自体は悠理と麻衣で特に違いは見られないのですが
バイノーラル録音ということで音質は良く、合間に漏れる吐息にも生温かさを感じます。
全体的にペースが緩いので耳舐めに関してはそれほどM性を感じません。
耳舐め好きなら属性を問わず楽しめるレベルの質と量を持ってます。

悠理「マジで~? ちょっとこれ、小さ過ぎでしょ~♪ 赤ちゃんのおチンポみたい♪」
麻衣「なんかショック~。お兄ちゃんがこんな短小チンポだったなんて、全然想像してなかったよ~♪」
今回するエッチがM向けと言える最大の要因は言葉責めにあります。
彼女たちは彼のおちんちんがあまりに小さいことに驚き、小馬鹿にするような態度で事あるごとにそれを指摘します。

簡単に言うと短小を貶すことに特化してます。
通常時が3~4センチ、勃起時でも10センチらしいので日本人の基準だと確かに小さいですね。
ここまでのサイズじゃなくてもおちんちんにコンプレックスを抱いてる人なら心に響くと思います。
包茎とか早漏にはほとんど触れないところも珍しいなと。

大ボリュームの耳舐めとターゲットを絞った言葉責め。
2つの異なる要素を組み合わせて興奮させる変わったエッチが楽しめます。
和やかに貶める肉親らしいエッチ
エッチシーンは3パート60分ほど。
プレイは手コキ、玉揉み、耳舐め、オナニー、チンポビンタ、ダブル耳舐めです。
チンポビンタの際に効果音が鳴ります。

悠理「変態マゾ豚ちゃんを徹底的に罵って、おチンポと脳みそを犯してあげるね♪」
麻衣「いっぱいお兄ちゃんのおチンチン、嬲ってあげるよ♪」
軽く罵倒されても怒るどころか勃起してるお兄ちゃんに興味を持った妹たちは
片方が竿、もう片方が金玉を担当する形でじっくり責め始めます。

エッチは終始彼女たちに責められ続けます。
一番最初の「マゾお兄ちゃんイジメ」は本作品のメインにあたるパート(約29分)。
手コキ・玉揉み・耳舐め・言葉責めを2人が同時に行い、射精しそうなったところで寸止めするのを繰り返します。

麻衣「お兄ちゃんのおチンチンって全然成長してないもんね♪ でもでも~、私は満足だよ。だってこんなに可愛くて短いおチンポをイジメられるんだもん♪」
彼女たちは暇つぶしで彼に付き合ってるだけでご主人様になりたいわけではありません。
だからおちんちんの小ささを執拗に指摘しつつ、同年代の男性とは違った可愛さもあると少し褒めてあげます。
とことん突き放すのではなく、多少の羞恥を与えて興奮させることを目指した言葉責めです。

もうひとつの柱にあたる耳舐めももちろん活躍します。
このパートだけでもおよそ27分ものボリュームがあり、言葉責めを交えながら左右交互に行います。
後に始まる2パートとの差別化を図りたかったのか、ここではダブル耳舐めをほとんどやりません。
耳舐めと言葉責めのバランスを考えてじわじわと射精に追い込みます。

麻衣「いっくよ~!おチンポビンタ、チ○ポビンタ!えいっ、えいっ!」
悠理「ぷぷぷ、短いおチンポがプルプル震えちゃってる♪ とっても可愛い~♪」
それ以外で特徴的なプレイはチンポビンタでしょうか。
3回目の寸止めをした直後、彼のおちんちんが限界に近づいてるのを見て数回はたきます。
手コキや玉揉みには音が入ってませんが、これだけはオナホを叩いてるような弾力のある音が鳴って割とリアルです。
金的ではなく竿を軽く叩くプレイですし、時間も短いですから苦手な人でもそれほど気にならないと思います。

「どぴゅどぴゅ~、どぴゅどぴゅ~、どぴゅどぴゅ~。どっぴゅ~、どっぴゅ~、どっぴゅ~。」
そうやって我慢に我慢を重ねた後にようやく射精の瞬間が訪れます。
これまでの頑張りを彼女たちも認めてくれたのか、意地悪なしに言葉で応援し
さらには大量に吐き出された精液に驚いたり嬉しそうな表情を見せてくれます。

モノが小さいからこそ、その見事な射精に男らしさを感じたのでしょう。
調教よりも彼の性癖に合わせたサービスに近いプレイと言えます。

続く2パート31分間はダブル耳舐めに特化したプレイ。
音声開始1秒の時点から彼女たちが耳を同時に舐め始め
「ダブル耳なめ罵倒」は軽い言葉責めを、「耳なめおまけ」はセリフ一切無しに微笑を交えて続けます。

「短いチンポ出して 短いチンチン出して」
「小さいおチンポイクっ 小さいちんちんイクっ」

作品付属の台本にこのパートのことが一切書かれてないということはアドリブなのでしょう。
上のセリフのような短小を貶すセリフを時折言う以外は全部耳舐めです。
耳舐め好きな人のためだけに用意したパートですね。

このように、2つある長所のバランスをパートによって切り替えるエッチが繰り広げられてます。
耳舐め特化のM向け作品
耳舐めにこだわりつつ独自の部分も持ってる作品です。

悠理と麻衣は偶然見つけた彼の弱点や性癖に大きな興味を持ち
自分たちの暇つぶしも兼ねてエッチに弄びます。
作品のほとんどで流れ続ける生々しい耳舐め音、そして適度に投げかけられる短小の罵倒。
ノーマル~ややMの要素とM~ドMの要素を掛け合わせてオリジナルのプレイを作り上げてます。

悠理「こうやってあんたの短小チンポを見てるのって、別に嫌じゃないかも♪」
麻衣「あ、分かる分かる♪ お兄ちゃんのおチンポって、すっごく短くて小さいけど、なんか可愛いっていうか、愛おしく感じるよね♪」
これが違和感なく成立してる理由は彼女たちの態度にあります。
短小のおちんちんを残念に思いながらも徹底的には見下さず、むしろ可愛いとまで言います。
作中でおちんちんを汚いとか、臭いと言うシーンもありません。
女性の側から小さいという事実を伝え、それによって興奮を煽ります。

耳舐めについてもペースが緩く音も比較的大人しいです。
「妹とするエッチなお遊び」あたりに留めてるところが面白いなと。
言葉責めが割ときついのに雰囲気が和やかなのもこういう背景があるからだと思います。

エッチはこれまで説明してきた部分に共感できるかどうかで満足度が大きく変わります。
耳舐めはともかく短小は実際にそうでないとなかなか受け入れにくいところがあるでしょうね。
包茎や早漏など、他にもうひとつくらい決め手となるワードがあったほうが良かったかもしれません。

あとは悠理と麻衣で耳舐めに明確な差をつけて欲しかったです。
悠理は遊び慣れてる感じがするので積極的かつパワフルに
麻衣は大人しそうな子なので控えめにといった具合です。
担当の声優さんが一緒だからでしょうけど、私が聴いた限りでは音の違いは特に見られませんでした。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音超大量、淫語それなり、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

Mでも楽しめる耳舐めを目指した意欲作です。
当サイトではやや大衆性に欠けると判断し点数を下げさせていただきましたが
内容に興味を持った人なら点数以上に楽しめるはずです。

CV:柚木朱莉さん
総時間 1:08:32

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

ねえ、お姉ちゃん? 気持ち良くしてあげよっか?

サークル「なつこん」さんの同人音声作品。
百合をテーマにした音声・ゲーム・マンガを製作されてるサークルさんです。

今回紹介する作品は、人懐っこく献身的な妹が
お疲れ気味なお姉ちゃんに抱きつきながらゆっくり、じっくり責めて癒します。

女性同士の甘い関係(百合)を強く意識したラブラブなエッチが魅力で
年上のお姉ちゃんを「可愛い」と甘やかしながらちょっぴり意地悪に責めたり
個々のプレイ時間を長めに取って濃厚に行うなど、2人の絆の強さを感じさせる描写が数多く登場します。
愛する人に心の篭ったご奉仕を
妹と百合プレイを楽しむお話。

「おねえ~ちゃ~ん お・ね・え・ちゃーん」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
ベッドで寝ていたお姉ちゃんのところにやって来て布団に入ると
お疲れ気味な彼女に優しい言葉をかけたりご褒美をあげます。

本作品は姉妹であり恋人同士でもある二人の女性が
ベッドの中で密着しながらイチャイチャしたり気持ちよくなる様子が描かれています。

男性向け音声作品では男性が主人公を務める場合がほどんです。
しかしこの作品に男性は一人も登場しません。
妹がお姉ちゃんを責める形で進みますから、聴き手はお姉ちゃんになりきるか傍観者になるのがいいでしょう。
隅から隅まで百合一色な甘さたっぷりの作品です。

「頑張ったねー、お姉ちゃん。よーしよしー、ご褒美に、なでなでしてあげるー」
今回エッチの相手をする妹はお姉ちゃんのことが大好き。
外では凛々しいキャラで通ってる彼女をまるで自分の妹のように可愛がります。
妹が「好き」以外に「可愛い」をよく言ってくるのが結構特徴的ですね。
大切な人だからこそ見せられる本当の姿をお互いに晒しながらプレイを楽しみます。

物語のメインとなるエッチもテーマの百合を強く意識してます。
ひとつのパートごとに責める部位を絞り込み
全体的にペースを落としてゆっくり、じっくりお姉ちゃんを責め上げます。


男性相手のエッチよりも刺激をソフトにして、そのぶん雰囲気を充実させてる感じです。
しかし同性なだけあって責め方はお姉ちゃんの喜ぶツボを押さえたものが多いです。
終盤に差し掛かると結構激しくなりますし、聴きながら1回抜くくらいのエロさは十分に持ってます。

普段は可愛がられる立場にある妹がお姉ちゃんを徹底的に可愛がり
さらに体だけでなく心も満たされるように愛を込めて責める。
特別な関係にある女性同士だからこそできる濃厚なプレイが本作品の大きな魅力です。
ちょっぴり意地悪なところもあるあまあまなエッチ
エッチシーンは4パート39分間。
プレイはキス、唾液交換、乳揉み、乳首責め、臍愛撫、クリ責め、手マン、子宮口責め、潮吹きです。
乳揉み、乳首責め、臍愛撫、クリ責め、手マン、子宮口責め、潮吹きの際に効果音が鳴ります。

「お姉ちゃんの匂い…凄いドキドキするの。抱っこしながら頭撫でてたら…凄いドキドキしちゃうの」
抱き合って寝るだけではお姉ちゃんが満足できないことを察した妹は
ちょっぴり熱っぽい息遣いで彼女に顔を近づけキスをします。

エッチは終始妹がリードする形で進みます。
一番最初の「お姉ちゃん、キスしよ?」パートでするのはもちろんキス。
唇を重ねるところから始まり唾液交換、舌を絡め合わせるディープキスへと発展します。
1パート8分間をまるまるキスに割くあたりにこの作品らしさが表れてます。

「ほら、お姉ちゃん、『欲しい』って、『ください』って、ちゃんと言ってみてー?」
「熱くてぬるぬるしてて溶けちゃいそうになっちゃった… お姉ちゃんの味がして…すごいおいしい…」

プレイ中の妹は普段とは逆のお姉さん役になってあれこれご奉仕するのですが
その際にわざと意地悪をしてお姉ちゃんの気持ちを盛り上げようとします。
具体的には服越しに体をいじって刺激を弱めたりおねだりを要求します。
そしてちゃんとできた場合はご褒美に優しい言葉をかけながらたっぷり責めてあげます。

百合というと私はストレートに愛し合うプレイをイメージするので
こういう焦らしを適度に交えたエッチは珍しく感じます。
といっても男性の時みたいに調教っぽさはなく、性感を高めるサービスの色が強いです。

キスの時に鳴るちゅぱ音はどれも蕩けるように甘く、唇を貪る感じも出ていて結構エロいです。
ですがキスと同時に鳴る布の擦れる音がやや大きく、ちゅぱ音が聴き取りにくくも感じました。

純粋なエロさが一気に上がるのは3番目の「お姉ちゃん、パンツの上からでもこんなに感じちゃうんだ?」から。
唇→おっぱいの順に責められて気持ち良さそうなお姉ちゃんを見て
妹はいよいよパンツの上からクリトリスやおまんこをいじり始めます。

「ほらほらー、お姉ちゃんー? 私、手を動かしてないのにくちゅくちゅ音がしてるよー?」
ここでも妹は比較的ゆっくりペースで大事な部分をいじりながら
お姉ちゃんのおまんこの濡れ具合を実況して興奮を誘います。
クリトリスをいじり始めると粘性高めのエッチな効果音も鳴ってそれを後押しします。

本作品ではおまんこをいじるシーンが17分近くあり
いじり方もパンツ越し→地肌のクリ&膣いじり、指の挿入など割と多彩です。
そしてそれらの多くで効果音の動きが微妙に変化します。
聴いた瞬間にわかるほどの大きな違いではなく、聴き比べるとやっぱり違うなと思うレベルです。
重要なシーンだからこそ細かい部分にもこだわってプレイを進めます。

最も盛り上がるのは最後の「お姉ちゃん、イカせてあ・げ・る♪」パート。
十分に出来上がったお姉ちゃんのパンツを脱がし、表面を軽くいじってから膣内へ指を挿入します。

「ちゃんと痛かったり苦しかったら言ってね? お姉ちゃんの一番奥に、触れさせて」
「お姉ちゃん 好き 大好きだよ、お姉ちゃん」

お姉ちゃんはもしかしたらまだ処女なのかもしれません。
大事な部分を傷つけ痛い思いをさせないようにと、妹は普段よりも慎重に指を動かします。
合間に投げかけられるセリフにも思いやりや愛情を強く感じます。
パートの終盤には指で子宮口をいじる変わったプレイも登場し、それに応えるようにお姉ちゃんが潮を吹きます。

大好きな人だからこそ自分の一番大事な部分を委ねられるし、恥ずかしい姿も見せられる。
2人の仲の良さを強く反映させた愛のあるエッチが繰り広げられています。
百合成分満載な作品
売りである百合プレイが最も耳を惹く作品です。

妹は何らかの事情で元気のないお姉ちゃんを慰めようと
一緒の布団に入り肌を密着させながら指や口を使ってじっくり責めます。
頭を撫でる、ぎゅっと抱きしめる、濃厚なキスをする、おっぱいやおまんこを巧みにいじるなど
普段の姉妹とはほぼ逆の立場で同性ならではのきめ細かなご奉仕をします。

「いっぱいいっぱいビクビクしておまんこぐっしょりにしてくれて、嬉しい」
途中で意地悪をするシーンが若干あるものの、妹の性格は優しさのほうがずっと勝ってます。
お姉ちゃんの絶頂後、彼女の体液まみれになりながら嫌な顔ひとつせず
彼女が気持ちよくなれたことに満足した表情を見せる姿にそれがよく表れてます。
妹が責められたりイくシーンがない点にも奉仕心の強さが出ています。

音声作品における百合は女体化を含んだ催眠音声くらいで
他のジャンルに比べると作品数が圧倒的に少ないです。
そういったレア度に加えてプレイのクオリティも高めと言えます。
全体的に責めが緩いところが人を選びそうですが、受け入れられるなら普通に楽しめます。

エッチはペースがゆっくりしてる分、ちゅぱ音や効果音を意識的にエロくしてます。
前半は気持ちを高めるシーン、後半は刺激を強くしてイかせるシーンとメリハリがあります。
欲を言うなら妹が感じたり乱れる様子もできれば聴きたかったです。

絶頂シーンは最後に1回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

百合の要所を押さえた純愛色の強い作品です。

CV:綾奈まりあさん
総時間 52:12

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~オナサポ編vol.3~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、あまあまな声とちょっぴり意地悪な性格を持つ妹が
様々な指示を与えてお兄ちゃんのオナホオナニーを手伝ってあげます。

オナホだからこそできる要素を多分に含んだ短時間ながらも密度の高いエッチが魅力で
亀頭やおちんちん全体をオナホで責めるオーソドックスなプレイを多彩な効果音でリアルに表現したり
パッケージに書かれてるエッチな文言を復唱させたりして心身をバランスよく責め立てます。
新品のオナホで気持ちいいオナニーを
妹にオナホオナニーをサポートしてもらうお話。

「は~い、どうぞ~」
妹は甲高くて可愛い声の女の子。
新しいオナホ持って部屋にやって来たお兄ちゃんの気持ちを瞬時に察すると
様々な指示を出しながら彼のオナホオナニーを観察してあげます。

本作品はオナホオナニーをより楽しく、より気持ちよく行ってもらうことを目的に
彼女がおよそ18分に渡るオナサポをします。
シリーズ3作目にあたりますがお話は独立してますのでここから聴いても大丈夫です。

作中で行われるプレイは100%オナホを使いますから、聴く際はオナホを必ずご用意ください。
彼が新品のオナホを使うシチュになってますが実際にそうである必要はありません。
もしまだ処分してないのなら商品のパッケージも手元に置いておくとプレイがより捗ります。

「情けなくてぇ、とっても恥ずかしいはずなのに… ふふ、おチンポそんなにおっきさせちゃって♪ このぉ… へ・ん・た・い・さ・ん」
妹はいかにも年下といった雰囲気の可愛さ満点な女の子。
これまでのプレイを通じて自分の奴隷になったお兄ちゃんに軽い言葉責めをぶつけながら
最初から最後まできめ細かな指示を与えて射精をコントロールします。

プレイ自体は完全なM向けですが、彼女は本当の意味で彼を見下してるわけではありません。
他の女性では彼のドMな性癖を受け止めきれないだろうと考え相手をしてあげます。
痛めつけ、苦しめるのではなく楽しませることを強く意識したエッチです。
重要なセリフを言うシーンは彼女の声が一気に近づき、囁き声で言ってくれる凝った演出も登場します。
オナホ尽くしの濃厚なプレイ
エッチシーンはほぼ全編にあたる17分ほど。
プレイはオナホ亀頭責め、パッケージの読み上げ、オナホコキです。
オナホ亀頭責め、オナホコキでリアルな効果音が鳴ります。

「じゃあ早速ローションをいれよ~ね」
裸のまま仰向けに横になったお兄ちゃんを観察して軽く興奮させると
妹は予め用意したオナホにローションを塗る指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
最初のおよそ7分間は本格的なオナホコキに向けての準備にあたるシーン。
ローションを塗りこみ、中の空気を抜いてから亀頭だけを挿入し小刻みにしごきます。

「ねぇ…想像して… そのヒダやミゾ…今はローションでぬちゃぬちゃになってるんだよね?」
「いやらしい言葉がい~っぱい載ってるね お兄ちゃんはどれを選ぶのかな?ほら、教えて?」

ここは肉体面への刺激が弱い一方で心への責めが充実してるのが特徴です。
妹はローションまみれになったいやらしい入り口を観察させ、挿入した時の気持ちよさをイメージさせたり
オナホのパッケージに書かれているエッチな文章を口に出して言わせます。
さらに彼女が言った通りの言葉を復唱する形で奴隷宣言をします。

奴隷宣言はともかく、他の2つはオナホだからこそできるプレイですね。
オナホはパッケージに本体の断面図が描かれてることが多いですし
エッチな文章も含めて視覚的な情報から興奮させてくれます。

エッチ全体における大きなポイントは効果音。
ローションを塗る、亀頭だけをしごく、おちんちん全体をしごくなど
それぞれのプレイを粘液質な別の効果音を使ってリアルに表現します。


妹すたーさんの作品は前々から効果音に力を入れてることが多かったのですが
今作では特に「動き」に気を配った演出が目立ちます。
具体的には亀頭責めは小刻みに素早く、竿をしごく時は大きくゆっくりした音が鳴ります。
音質もローションらしいにちゃにちゃしたエロいものばかりで自然と興奮します。
たった100円の作品とは思えないほど効果音の扱いが丁寧で優れてます。

準備ができた後はいよいよガチなオナホコキが始まります。

「ほらほら、そのままオナホちゃんをくるくる回転させてごらん」
根元までゆっくり挿入してまずは動かさずにオナホの感触を楽しませ
まずはしごくのではなくオナホを回転させておちんちん全体に刺激を与えます。
そして2つのルールを設定した上で自由にしごかせてあげます。

ここから射精まではノンストップで刺激を与え続けますから
きつめのオナホを使用すると途中で暴発してしまう可能性があります。
ペースを緩めたり亀頭責めに切り替えるなどして最後のカウントまで頑張って耐えましょう。

このように、オナホだけを使ってとことん責め立てる奇抜なエッチが繰り広げられています。
高品質なオナホコキ作品
オナホを用意できさえすればかなり楽しめる作品です。

妹は自分に見られながらオナホオナニーするのが大好きなお兄ちゃんのために
プレイの開始から射精後に至るまですべてをリードし気持ちよくしてあげます。
どこを聴いてもオナホ尽くしなプレイもさることながら
オナホ独自の要素で心を盛り上げる、テーマを意識したアプローチが光ります。

オナホを扱った作品自体が非常にレアですし、プレイの表現力も相当に優れてます。
中でもオナホコキのキーとなる効果音の品質や扱いが素晴らしいです。
終盤のカウントを数えるシーンで0に近づくほどペースが速くなる演出など
細かなところまでしっかりと作られてます。

「お兄ちゃんがどんなに恥ずかしくて情けないお姿を晒しても、あたしはぜ~んぶ受け入れてあげる♪」
妹については過去作同様あまあまなキャラに描かれてます。
言葉責めはあどけない口調で「変態」を数回言う程度ですから雰囲気はかなり穏やかです。
調教よりはご奉仕色の強いプレイだなと。
彼女に痴態を見られてることを意識させて興奮を煽るなど心への責めが多彩です。

エッチはオナホを実際に使うだけあって手よりもずっと気持ちいいです。
聴く前は「時間が短いかな?」とも思ったのですが、オナホならこれくらいでも普通に射精できます。
後始末も楽ですし実用性の面でも優れたものを持っています。

射精シーンは最後に1回。
くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

オナホの良さをとことんまで追求した作品です。
オナホ好き、珍しいオナサポを聴いてみたい人におすすめします。

CV:みる☆くるみさん
総時間 19:48

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
20分100円とコスパがいいので+1してあります。

妹に癒やして貰った件

サークル「AaronPoint」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

サークルさんの有料処女作にあたるこちらは、お兄ちゃん思いのあまあまな妹が
日頃の感謝を込めて様々な癒しのサービスをします。

効果音の質・動き・個性にとこどんこだわった音フェチ要素の強い作りが魅力で
最中は塩オイル、耳ブラシなど一般的な耳かき音声ではあまり見かけない音が登場し
それぞれに方向性の異なる心地いい刺激を耳にもたらします。
お兄ちゃんへの温かなプレゼント
妹の「憩音 心(いこいね こころ)」に耳をたっぷり癒してもらうお話。

「お兄ちゃん お誕生日おめでとう」
心は明るくてぽわぽわした声の女の子。
誕生日を迎えたお兄ちゃんの部屋に入りお祝いすると
耳にターゲットを絞った癒しのサービスをプレゼントします。

本作品は大きく4つのパートに分かれており
塩オイルによる耳マッサージ、耳かき、ローション綿棒、耳ブラシと内容を変えながら
耳の外や穴の中をじっくり時間をかけて丁寧にケアします。
時間はどのパートも20分前後に揃えられてます。

AaronPointさんは有料ではまだ無名のサークルさんですが
ニコニコ動画やyoutubeにかれこれ1年以上無料の音声を投稿されてます。
中の人が「1年間勉強してきた成果を形にした」とおっしゃられてるだけあって
処女作の段階から非常にレベルの高いサービスが行われています。
実際に聴いた方の多くがクオリティの高さにビックリするでしょうね。

そう言える最も大きな理由は効果音。
各サービスに現実さながらの音を用意し、シーンごとに小まめに切り替えながらたっぷり鳴らします。
最近流行っている音フェチ(ASMR)というジャンルに属します。

効果音はバイノーラルやハイレゾの影響で以前に比べて品質が格段に良くなりました。
本作品はそれに加えて動きの面でも相当に凝った作りをしています。
具体的には器具や指の動きに合わせて音の位置・距離・質感がリアルタイムに変化します。
同じ音でもシーンによって随分違う聞こえ方がするので最後まで飽きずに聴くことができます。

他にも部屋に入るときに鳴るドアの音、こちらに歩いてくる音、耳かき道具を取る微かな物音など
登場人物たちが動くのに合わせて細かな音を鳴らし臨場感を出しています。

この作品のもうひとつの持ち味は効果音の個性。
一般的なサービスにちょっとした工夫を加えて音に独自性を持たせています。

もう少しわかりやすく言うと、例えば一番最初に行う塩オイルは
通常のオイルを使った耳マッサージに比べて効果音がジャリジャリしています。
また三番目のローション綿棒はサラサラした中に湿り気の混じった音が鳴ります。

私が聴いた限りではどの音もパワフルと言いますか、やや刺激が強く感じました。
ですが20分近く聴いても耳が痛くならないよう意識して力を抑えてあります。
おかげで耳に適度な刺激を感じながら特徴的な音を楽しむことができます。
変わった音を使いつつ聴き手がちゃんと癒しを感じるように調節してるわけです。

「なかなか 掃除のし甲斐のあるお耳ですね 言ってくれれば いつでもやってあげるからね」
心については効果音の割合が高い作りなので脇役に近い位置づけです。
しかし声の甘さや言葉の優しさからお兄ちゃんに対する大きな愛情が伝わってきます。
キャラ萌え要素は弱いけど存在感は十分にあります。
特徴的な音を駆使した癒しのサービス
ここからは各サービスに関する紹介をします。

心が最初に行うのは塩オイルでの耳マッサージ。
膝枕の状態で左右の耳を同時に指で丁寧に揉みほぐします。

「じょりじょり ずりっ」というざらつきのある水音が左右別々に鳴り始め
それがある時は小刻みに、またある時は大きめのストロークでといったように
1分程度の短い間隔で指の動きが目まぐるしく変化します。

まさに指で湿った塩を擦り合わせてるようなパンチのある音です。
ですがペース自体は全体的にゆっくりなので落ち着いた気分で聴けます。

「ふふっ ギョウザ ごーって言ってるでしょ? なんか 不思議と落ち着くんだよね」
このパートで最も面白いシーンは中盤頃から始まるギョウザ。
手のひらを使って彼の耳を穴の上に覆いかぶさるように重ね、しばらく維持します。
そしてこれに合わせて耳のあたりにちょっとした圧迫感が生まれゴワゴワした音が鳴ります。

要は耳を覆われてる感覚を音だけで表現してるわけです。
ヘッドホンよりはイヤホンで聴いた方が感覚の違いが実感しやすいでしょう。
同時に心臓の鼓動っぽい音が聴こえたのもリアリティを出すための演出なのだと思います。

次に登場するのは癒し系作品では定番の耳かき。
同じく膝枕で右耳→左耳の順に耳かき棒で大きな汚れを取り
その後で梵天や息吹きを使って綺麗にします。
耳舐めはありません。

耳かき棒は「ぞり ずり」という若干尖りのある乾いた音
梵天は「しゃわしゃわ しゅりっ」というふんわりした柔らかい音が使われており
前者は耳の壁をなぞったり奥から手前に掻き出すように
後者は耳の中で小さく擦ったり回転させるような動きをします。

個人的には音にもう少し湿り気があったほうがリアルに思えるのですが
乾燥系の耳質の方に合わせて音をセッティングしたのかもしれません。
音質・動きいずれもレベルが高く実際の耳かきに近いです。

欲を言うならもう少し音に途切れを持たせたほうが人がやってる感じが出たと思います。
耳かき棒を置く位置を変えたり、取り出した耳垢を処理する時の無音の時間です。

本作品固有のサービスが登場するのは最後の「耳ブラシ」パート。
耳の中をマッサージする専用のブラシを使ってたっぷりお世話します。

「耳垢取るのが目的じゃないから いつまででもやってられるね ふふっ」
「ジョリュッ パラパラ」という小気味良い独特な音が耳の中で適度に拡散し
その反響によって変化に富んだ微弱な刺激が感じられます。
耳かき棒や綿棒に比べて音のひとつひとつが細く、動きも不規則で面白いです。

人によっては癖になる音ですね。
パート後半に差しかかると心が別の特徴的な音を鳴らしたりもします。

このように、多種多様かつ個性的な音をたっぷり鳴らす癒しのサービスが繰り広げられています。
楽しい刺激を与えてくれる作品
最大の武器である高品質な音を活かした独創的な音フェチ作品です。

心は日々を頑張ってるお兄ちゃんの心と体をリフレッシュさせようと
「耳への癒し」をテーマにした多彩なご奉仕をします。

全体を通じて声より音の方がずっとボリュームが多い尖った作りや
パートごとにまったく違う刺激的な音が登場する展開など
サークルさんが音を主役に据えてサービスを組み立ててるのが窺えます。
実際のところどの音も品質はかなり高く、相当に強い癒しのパワーを感じます。

そして何より個々の音が聴いてて純粋に面白いです。
耳かき音声はこのところ氾濫と言っていいほどに新作のリリース数が多く
普通の耳かきをしていては注目を浴びないしダウンロード数も伸びにくい状況です。

だからこそ塩を含んだオイルや耳の中をマッサージするブラシを取り入れ
他の作品ではあまり聴けない音の数々をリアルな動きに合わせてたっぷり鳴らします。
個人的にはこの創意工夫が最も印象的でした。
一見するとよくありそうな作品なんだけど、その中にちゃんとサークルさんらしさが秘められています。

気になった点を強いて挙げるとするなら各パートでお世話する耳の順番です。
どのパートも右耳→左耳の順に行ってるのを耳かきは右→左、次のローション綿棒は左→右といったように
お兄ちゃんが寝返りを打った方向を維持する形で進めたほうが自然になります。

処女作とは思えないほど素晴らしい部分をいくつも持ってる作品です。
効果音を中心に聴ける作品が好きな人には強くおすすめします。
おまけはNG集、アフタートーク、過去に投稿されたフリー音声2種です。

CV:柚萌さん
総時間 1:49:58(本編…1:19:23 おまけ…30:35)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

えくすぺりえんす 妹レズ体験

サークル「KUKURI」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、不思議なアイテムを取り扱ってるお店を舞台に
そこの店員さんが催眠を交えたエッチな体験を提供します。

憧れてる女の子になりきってオナニーや妹とレズプレイを楽しむあまあまなエッチが魅力で
最中は登場人物たちが甘い喘ぎ声を漏らしたり
快感を強化する暗示を入れて最後の瞬間に最も気持ちよくなれるよう丁寧にリードします。
意中のあの子にプレゼントを贈るはずが…
骨董品店の店員リンに女体化催眠をかけられるお話。

「いらっしゃいませ あ、はい なんでしょうか?」
リンは甘く可愛い声のお姉さん。
女の子へのプレゼントを買いにやって来た主人公におすすめの商品を訊ねられると
リラックスできるオルゴールを取り出し、試しに聞かせてあげます。

本作品は女の子に告白しようと考えてる彼の気持ちを察したリンが
催眠をかけてから女の子の体に意識だけを乗り移らせ
前半はオナニー、後半は途中で参戦する妹とのレズプレイを体験させてあげます。
ベッドに寝るのではなく座った状態で聴くことを想定してます。

現在の催眠音声は主人公=聴き手が完全に定着してますが
この作品では女の子になった主人公がプレイ中に喘ぎ声を漏らしたり
リンが実際におっぱいやおまんこをいじらせるボイスドラマっぽいシーンが登場します。
2008年公開の作品ということでKUKURIさんが最近出されてるものとは違う部分が色々とあります。

付属のテキストでサークルさんが「催眠誘導を目的とする音声は入ってない」と言われてますし
催眠音声とボイスドラマの中間に位置する作品と表現するのが妥当です。
ですが催眠の技術自体はしっかりしてます。
催眠の初期によく感じる手足の重さや体が自然と温かくなる感覚はある程度実感できるでしょう。

催眠はおよそ13分間。
軽く深呼吸した後、まずはリンに勧められたオルゴールに耳を傾けます。

「体の力が抜けて だんだん眠くなってきます そして 深い眠りの世界に落ちてゆきます」
オルゴールが奏でる煌びやかな旋律と一緒に「ブォンブォン」という小刻みな振動音が鳴り響きます。
最初はノイズかと思ったのですが、解除する時に流れるオルゴールの音がクリアだったのを考えると
おそらくはバイノーラルビートなどのリラックスを促進する音なのだと思います。
実際に聴いてみると頭の中が軽く揺さぶられるような心地いい感覚がします。
それを後押しするかのようにリンも眠くなる暗示を入れてくれます。

お次は彼女の言葉を聞いたり目の前にある光を捕まえるイメージをしながら
体の重さや温かさを感じ催眠状態をさらに深めます。
ここからエッチの終了時までオルゴールが流れることはありません。

「だんだん右手が重くなっていく 少しずつ 少しずつ 右手が重くなっていく」
「縁側で日向ぼっこしてるところをイメージして? 太陽の光が気持ちいいでしょ?」

脱力させるときは「重い」「重くなる」、温感操作の時は「ぽかぽか」「温かくなる」を意識的に多くセリフに組み込み
時々比喩も交えて少しずつ確実に感覚を伝えてくれます。
暗示の入れ方・重ね方・声の具合がどれも適していて実感できるレベルの変化が味わえます。
私の場合は重感は両足、温感は右の肩の周辺に最も感じました。

「机の前にある鏡を覗き込むと 女の子が映ってる 手を振ってみると 鏡の中の女の子も一緒に振っている」
そして最後はエッチに向けての仕上げとして女の子の部屋へ移動し
机に向かってる彼女に意識だけを滑り込ませます。
幽体離脱した魂が別の体に乗り移る感じです。

イメージ自体はしやすいのですが時間が1分くらいしかないことや
事後の確認もごくごく軽く感覚を馴染ませる描写もないため
女体化音声を色々聴いてる人でも彼女になりきるのはちょっと難しいと思います。
このへんも催眠音声とボイスドラマの中間と位置づけた理由のひとつです。

適度にリラックスさせてからエッチの舞台を整えるコンパクトな催眠です。
聴き手を女の子になりきらせることを目的に、まずはお話の流れに沿ってオルゴールを聞かせ
それと暗示の効果によって心と体を切り離してから女の子へと移動させます。

女体化はイマイチと書きましたがその前のシーンはしっかりしていてすごく癒されます。
暗示とイメージの使い方も技術に叶ってます。
物語への没入感を高める効果はある程度発揮してくれると思います。
喘ぎ声を多く盛り込んだラブラブなエッチ
エッチシーンは22分ほど。
プレイはオナニー、妹のキス/乳首舐め/おまんこの舐め合い/貝合わせです。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応有りですが射精表現はありません。

「服の上から胸を触ってみる 本当の女の子になったことを実感する」
催眠を使って主人公の心だけを女の子の体に乗り移らせたリンは
おっぱい、乳首、おまんこを順にいじらせて女性の快感を味わわせてあげます。

エッチはリンに誘導されて2種類のエッチを楽しみます。
前半は一人でオナニーに耽るシーン。
最初は服越しに、少し経つと直におっぱいやおまんこをいじって楽しみます。

女の子「柔らかい 女の子の胸って こんななんだ」
そしてプレイが始まると女の子になった主人公自身が独り言を言ったり喘ぎ声を漏らします。
本作品のエッチは催眠音声では珍しく喘ぎ声が多めに流れます。
彼女の感じてる様子がイメージしやすく、オナニーのオカズとして役立ってくれるでしょう。
並行してリンが感度の高まる暗示を小まめに入れてくれます。

続く後半は女の子の喘ぎ声に気づいて部屋にやって来た妹が
彼女をもっと気持ちよくしてあげようとおっぱいやおまんこを責めてあげます。
妹はレズプレイに慣れてるらしく、年下なのですがリードする役に回ります。

妹「どう? 気持ちいいでしょ?」
女の子「うっ、うん 気持ちが…いいです」
女性が女性の弱い部分を優しく責めるあまあまな雰囲気や
最中に流れる2人の切ない声が性的興奮を盛り上げてくれます。
女性同士だからこそできる貝合わせでのフィニッシュもあったりと
およそ10分間の中にレズプレイの要所がちゃんと込められています。

このように、女性たちの秘密のひと時を間近で楽しませてくれるエッチが繰り広げられています。
リラックスしながら気持ちよくなれる作品
催眠をテーマとしたボイスドラマ作品です。

リンは女の子にプレゼントを渡そうとしている主人公に対し
女体化催眠をかけた上で彼女がどういう生活を送ってるか
そして彼に対しどういう感情を抱いてるかを遠まわしに教えてあげます。

「丁度遊び相手ができてよかったです うふふっ せっかくだから 面白いもの 見せてあげます」
彼女としてはあまりお客の来ない店の暇つぶしにやったのかもしれません。
ですが体の力を抜かせてからイメージ力を膨らませる催眠
その状況を利用した生々しさのあるエッチ、いずれもサービスとして優れたものを持っています。

ストーリーや登場人物の心情も軽く描かれてますので
リラックスしながら集中して音声を楽しむことができるでしょう。
エッチはエッチでレズプレイを同じ部屋で観賞してるような気分が味わえます。
ドライオーガズムはちょっと難しいでしょうがオナニーして射精するのは普通に可能です。

エッチは前半のオナニーを実践形式にしなければもっと女の子になりきれたように思えます。
自分の体をいじると女体化催眠が解けてしまいますし、イメージで楽しむほうが無難かなと。
聴き手の工夫によって違う聴き方ができるとも言えます。

絶頂シーンは2回。
喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

ちょっとしたリフレッシュとあまあまラブラブなレズプレイが魅力の作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非一度お試しください。

CV:大山チロルさん
総時間 39:33

えくすぺりえんす 妹レズ体験
http://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000116914

【耳かき・マッサージ】時が流れる部屋【寝息】

サークル「Project E.L.C」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、義理の妹であり恋人でもある女の子が
同棲開始のお祝いに3つの癒しのサービスを提供します。

サークルさんが以前から得意とされてる音重視の作りが魅力で
静かな雰囲気の中で鳴り響く様々な音が安らぎや眠気を与えてくれます。
大好きな人と2人きりの生活
葉知見 萌里(はちみ もえり)に色々お世話してもらうお話。

「わーい! お兄ちゃんの部屋だー ってことで早速ベッドにどーん!」
萌里は明るくて可愛い声の女の子。
お兄ちゃんと一緒に住む部屋に入り新品のベッドにダイブすると
これから始まる同棲生活に思いを馳せながらゴロゴロします。

本作品は大学に進学し親元を離れることになった2人が
新しい家で同棲生活を始めた直後の様子が描かれています。
内容は添い寝が25分、耳かき50分、マッサージ15分と種類が少ない代わりに個々のボリュームが多く
サービスの一部始終を多種多様な音を中心に据える形でお届けします。

最中に萌里が話しかけてくるシーンももちろんありますが
セリフのボリュームは総時間の3分の1程度に抑えられています。
当然のように音だけが流れる時間が多く、後になるほど心落ち着くものを感じるでしょう。
効果音自体も刺激の弱いもので統一されてますから睡眠中のBGM代わりに聴くのも大いに有りです。

「お兄ちゃんも隣に寝て? 寝てよー」
これらの相手を務める萌里のキャラももちろん癒し特化。
お兄ちゃんと2人で暮らせるのが幸せで堪らない表情であれこれ語りかけてきます。
お世話の途中で甘えたり「好き」と愛の言葉を投げかける甘えん坊な仕草を見せることが多く
すぐ近くにいたら抱きしめてあげたくなるような可愛さを持っています。

ちなみに彼女は彼と小さい頃から一緒に過ごしてきたものの血の繋がりは無く
物語の開始時点でほぼ恋人の関係になっています。
おかげで抱き合ったりデートの話をするといった恋人同士に見られるやり取りが多めです。
純粋な妹モノとは違うことだけご注意ください。
リアルな音を駆使した癒しのサービス
彼女が最初にしてくれるのは添い寝(約22分)。
萌里が寝ていたベッドにお兄ちゃんを呼び、一緒に横になって引越しの疲れを取ります。
そのまま寝るのではなく仮眠を取るスタイルです。

「お兄ちゃんの手握ってると 幸せになれるんだー」
サービスが始まるとすぐ近くで彼女の安らかな寝息が流れ始めます。
冒頭に結構活発なやり取りをするので余計静かに感じるでしょう。
数分おきに入るセリフも2人きりになれたことを素直に喜ぶものばかり。
彼女の表裏の無いキャラも別方向の癒しを与えてくれます。

メインのサービスは次に始まる耳かき(約50分)。
ベッドから起きて彼女に膝枕してもらい、右耳→左耳の順にお掃除します。
使用する器具は明言されてませんが音の感じからして耳かき棒と綿棒だと思います。
最中にほんの少しだけ息を吹きかけるシーンもあります。

耳かき棒は「そりゅっ くしゅ」とやや篭った軽い音
綿棒は「ぱちぱち しょりっ」という柔らかい音が使われており
前者は奥から手前に掻き出すように、後者は耳の壁をなぞるように動きます。

そしてここでも2人の会話を最小限に留めて音だけをたっぷり楽しませてくれます。
50分で使用する器具が2種類は少なく感じるかもしれません。
ですが器具の動きは非常に多彩で実際に聴いてみるとそれほど単調さはありません。
特に綿棒は音の位置が微妙に変化し、耳全体に弱めの刺激を与えてくれます。

ただし、音をできるだけ多く聞かせることに固執してる面も見られます。
もう少し詳しく書くと、音そのものはリアルなほうですが効果音の途切れが極端に少ないです。
耳かきは手でやるものですから位置を変えたり休む際に音が鳴らなくなります。
その部分があまりないおかげで現実世界で行う耳かきとしてはややリアリティに欠けます。
耳かき音声よりは音フェチ音声の色が強い耳かきかなと。

最後に登場するのは肩のマッサージ(約14分)。
体を起こしたお兄ちゃんの後ろに萌里が正座し
手のひらで撫でる、拳で左右交互に軽く叩く、手を合わせて甲で叩くなどの動作をします。

「これからも 疲れたらいつでも言ってね 私がいつでもマッサージして お兄ちゃんの疲れ 癒してあげるから」
他の2つに比べて時間は短いものの、音のバリエーションは最も豊富です。
音の位置取りがしっかりしていて左右にスライドする細かな演出も光ります。
彼の願いを何でも聞きいれ、尽くそうとする彼女の健気な姿も心を潤します。

このように、最大の武器である音を使った癒されるサービスが繰り広げられています。
音に包まれる作品
効果音や萌里の息遣いといった「音」をたっぷり楽しめる作品です。

血は繋がってないけど強い絆で結ばれてる若い兄妹が
新しい場所で幸せに生活する様子を多彩な音を使って表現しています。
サービスの時に鳴る音以外にベッドに倒れこむ音、ゴロゴロする音も入っており
2人が部屋で寛ぐ様子をセリフを極力使わずにイメージさせてくれます。

各サービスについても音質・音の位置・動きに気を使って丁寧に進めてます。
細かい部分では本格的な耳かき音声に及ばないところもありますが
音で癒しを与えることを目的とした作品なのを考えれば十分許容できます。
聴いてる最中はかなり眠かったし、聴き終えた後は気分がとてもスッキリしました。

「君のこと大好きだよ これから萌里のこと たーくさん楽しませてね」
萌里については妹と恋人の両方の特徴を持つ女性です。
基本的には甘える態度を取り、ところどころでより踏み込んだことを言ってきます。
「好き」と言ってくれることが多いのが印象的でした。

気になったところを強いて挙げるとするならタイトルでしょうか。
「時が流れる部屋」から連想される時計の音は残念ながら鳴りません。
音重視の作品ですし、入れておけばもっと大きな癒しが得られたように思えます。

音フェチや安眠を重視した癒し系作品です。
90分でたったの200円とコスパに優れてるのも魅力です。
女性の声よりも効果音を楽しみたい人におすすめします。

CV:藍月なくるさん
総時間 1:30:57

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
コスパがいいので+1してあります。

妹の変態奴隷に成り下がる音声

サークル「ナイトフレンド」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、実の兄を心底嫌っているドSな妹が
弱みを握った状況を利用し彼を完全なマゾ豚奴隷へと作り変えます。

言葉だけでなく行為によっても恥辱と羞恥を与えるド変態向けのプレイが行われており
彼女は家の外にパンツを投げ捨てさせたり、豚の格好をして奴隷宣言をさせながら
ゴミを見るような冷たい態度で罵声を浴びせかけてこちらの心を折ろうとします。
優等生が見せる裏の顔
妹に過酷な調教を受けマゾ豚奴隷に成り下がるお話。

「お兄ちゃん 普段あんたに話しかけもしない私が なんでわざわざ部屋に呼び出したかわかる?」
妹は無邪気で気の強そうな声の女の子。
ある日の夜、主人公を自分の部屋に呼び出すと
彼が自分のパンツでオナニーしている画像で見せてあげます。

本作品は「恥ずかしい画像を世間にばら撒かれたくなかったら奴隷になれ」と脅された彼が
彼女から様々な指示を受けながらとっても変態的なオナニーをします。

最初から言ってしまうとかなりのM性を持ってる人でない限りこのプレイは完遂できません。
ド変態向けで有名なモルモットストリップさんの作品にはさすがに及ばないものの
それに準ずるレベルの非常に刺激的なプレイを楽しむことができます。
普通のオナサポの感覚で聴くときっとびっくりするでしょう。
サークルさんは深夜にカーテンのある部屋で明かりをつけずに聴くのを推奨しています。

また作中には土下座を何度もする、立ったまま腰を振ってオナニーするなど
体を動かす指示を出すシーンが多く用意されています。
休日の前夜など体力を消耗しても問題ない時にプレイするのをおすすめします。

「だって私はお兄ちゃんのこと 死んでもいいと思ってるから」
もうひとつの特徴は妹の言葉と態度。
実の兄にあたる人物を最初からゴミ扱いし、最中は容赦の無い罵声を数多く浴びせかけます。
聴いた感じだと彼女は前々から彼の醜い容姿を嫌っていたようです。
今回もサービスではなく自分が楽しむためだけに彼を徹底的にいじめ抜きます。

本作品はオナサポでは珍しく体よりも心への責めに力が入れられており
女性に見下され、屈服させられる快感がとても味わいやすくなっています。
それ以外だと見知らぬ誰かに痴態を見られる露出のスリルもたっぷり味わわせてくれます。
精神面のスパイスが充実してるので、Mな人ならおちんちんに触れてない間も簡単に興奮状態を維持できます。
ハードでぶっ飛んだプレイの数々
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート52分間。
プレイはパンツを外に放り投げる、土下座、セルフ鼻フック、オナニー、顔のお掃除、露出オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「奴隷に服なんて必要ない 今すぐ全裸になって」
自分の奴隷になるか、画像をばら撒かれて社会的に死ぬかを迫られ前者を選んだ主人公に
妹は最初の命令として全裸になり脱いだパンツを窓の外に投げ捨てるよう指示します。

エッチはすべてのプレイを彼女に言われた通りに行います。
最初のパート(約35分)は奴隷の契約とオナニーに向けて気持ちを高めることを目的に
彼女が他の作品ではまずお目にかかれないぶっ飛んだ指示を何度も出します。

「これから行うのは 奴隷として生きていくための決意を固め 人間としての尊厳を捨てるための儀式」
服を脱いだ直後に行うパンツを窓から外に放り投げるプレイは本作品の特徴をよく表してると言えます。
難しい場合は部屋の外にかけるなどそれっぽいことをしてみるのがいいでしょう。
言葉だけでなく行為によっても彼女の奴隷に成り下がったことを思い知らせてくれます。

「ほら パンツを落とせゴミ!」
「お腹を動かさず 小刻みに息しろ」

最中に投げかけられる言葉責めも手厳しいものばかり。
見下す口調でプレイの一部始終だけでなく呼吸のやり方まで指示します。
妹役が紅月ことねさんなだけあってどのセリフにもパワーがあります。
プレイと言葉責めをバランスよく組み合わせて最後の射精に少しずつ導きます。

「そしたら (指で)思いっきり鼻を上に持ち上げなさい 豚っ鼻になるように」
このパートに登場するもうひとつの特徴的なプレイはセルフ鼻フック。
自分の指を鼻の穴に入れて持ち上げ、そのまま豚のように這いつくばり鼻を鳴らします。
あんまり強くすると痛みますから力加減にはご注意ください。
彼女は宣言通り主人公を本物の豚に変えることを見据えてプレイを進めます。

2番目のパート(約17分)はいよいよ本格的なオナニーを始めます。
ここでも妹は彼を普通に気持ちよくしてあげません。
ベッドから窓際に場所を移し、外に見える体勢を取らせながら射精に追い込みます。

「誰がどう見ても変態 やっちゃいけないことだとわかってるけど だからこそ興奮しちゃうね」
「興奮してオナニーして また笑われて ほーんと 生きてる価値のないゴミ」

窓際でオナニーしたら当然誰かに見られる可能性があります。
でもそういうスリリングな状況でするオナニーは普段よりもきっと刺激的なはずです。
彼女は「見られる快感」や「見せつける快感」を与えて聴き手を射精させようとします。

オナニー自体は最初は腰を振るスタイル、しばらくすると手で普通にしごくように言われるくらいで
シコシコボイスなどの細かな指示はしてきません。
ですが露出要素があるおかげで気持ちを高めやすく、時間内の射精も十分に可能です。

ここも実際にやるには勇気がいるでしょうから
雨戸やシャッターを閉じておき、窓だけ開いてする等の工夫をするのがいいでしょう。
作中のシチュに近づけば近づくほど得られる興奮は強くなります。

このように、屈辱感や羞恥を与えることに力を入れた変態的なプレイが繰り広げられています。
M心を上手にくすぐってくれる作品
完全にドMだけをターゲットにした奇抜なオナサポ作品です。

世間的には優等生で通ってるけど実は兄のことが大嫌いな妹が
弱みを握ったのをいいことに日頃の鬱憤を晴らすかのような激しい命令を繰り出します。
パンツを外に投げ捨てる、土下座して屈辱的なセリフを復唱する、鼻フックで這いつくばるなど
普通の人なら間違いなく躊躇したりドン引きするプレイがバンバン登場します。

そして最初のパートは上下関係の確立と心の興奮を盛り上げることに専念し
次のパートは露出成分を多分に含んだオナニーで気持ちいい射精へと導きます。
刺激的なプレイが多いのだけど全体を見ればちゃんとした流れがあり
責めの比重を心から体に徐々にシフトさせているのがよくわかります。
オナサポボイスにとっても最も重要な「実用性」を考えながらプレイしているのが見事です。

「ほら始めろ! 変態!」
最初から最後まで冷たい態度を取り続ける妹も特徴的です。
肉親だから少しくらいは優しい部分を見せるのかと思いきや
プレイの進め方から言葉のひとつひとつに至るまで本当に容赦がありません。
それどころかわざと優しいところを見せて直後に地獄に落としたりします。

色んな部分が尖ってる作品なので人を選ぶと思います。
ですがこういうプレイに興味を持ってる人ならハマれる魅力を秘めてるのも事実です。
M性をほとんど持ってない私もとても楽しい気分で聴けました。
「兄をマゾ豚奴隷にする」という目的に向かって一直線に調教しています。

エッチはこれまで書いてきたように個性的なものが多いです。
モルストさんの作品とは明らかな違いがありますし、変態プレイとしての完成度は高いです。
窓際オナニーなんかはリアルでできるギリギリのラインを突いてて面白いなと。

射精シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

様々な変態プレイを組み合わせて興奮させてくれる作品です。
ド変態なエッチが好きな人には強くおすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 57:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ラブラブ僧侶姉と常識人魔法使い妹の勇者様射精我慢特訓!

サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格を持つ姉妹が
一緒に旅をしている勇者ととってもエッチでちょっぴり意地悪な訓練をします。

女性が2人いる状況を活かしたコンビネーションのあるプレイが魅力で
姉妹は多くのシーンで密着しながら片方が責めてる時はもう片方が実況や言葉責めを担当したり
まったく正反対のセリフを投げかけて彼ができるだけ長く射精を我慢できるようリードします。
サキュバスの洞窟を乗り越えるために
僧侶と魔法使いの姉妹にたっぷり責められるお話。

「あら、勇者様。おはようございます♪」
姉(僧侶)はおっとりした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
「たっだいまー♪」
妹(魔法使い)は明るくてあどけない声の女の子。
ある日の昼頃、眠りから目覚めた勇者にエッチな事をしようとした姉が
帰ってきた妹に咎められるところから物語は始まります。

本作品はとある使命を帯びて旅を続ける3人が
これから向かう洞窟に住むサキュバスの誘惑を克服するためにエッチな猛特訓をします。
今までは彼の童貞を奪う機会を狙っていた姉を妹が制止してきたのですが
今回の件を受けて渋々了承し一緒にエッチに取り組むことになります。

そんなわけでエッチの最中はずっと2人が同時に相手をしてくれます。
姉が左、妹が右に陣取って密着し交互に語りかけてくるおかげで
聴いてる間は2人が実際にそばにいるような感覚が楽しめます。

「2人が同時に」と書くとダブル耳舐めなどのプレイをイメージするでしょうが
本作品では片方がプレイの相手を務め、もう片方は観察しなが らセリフを言う場合がほとんどです。
その代わりセリフにコンビネーションがあって興奮しやすくなっています。
肉体と精神をバランスよく責めてくれる感じです。

もうひとつの特徴はプレイスタイル。
2人は女性に免疫がまったくない童貞の勇者がサキュバスに少しでも立ち向かえるようにと
多くのシーンで彼にできるだけ射精を我慢させます。

姉「どうですか? おちんちん殺しのエロテク攻撃♪ 気持ちいいのに負けちゃえ・・・♪ おちんちんびゅーびゅーで負けちゃってくださいね~♪」
妹「でも負けちゃだめですよ♪ 頑張れ・・・♪ おちんちんびゅーびゅー我慢♪ おちんちん気持ち良すぎちゃっても負けないで♪」
具体的には責めてる側が射精を促すセリフを言い
もう片方が誘惑に負けそうになる彼を応援するセリフを投げかけます。
他にも2人が協力して寸止めプレイをするパートなどもあります。

タイトルの「射精我慢特訓」から射精を延々お預けされるプレイを連想するかもしれません。
しかし2人は彼に心底惚れており基本的には優しい口調と態度で接します。
エッチがあるパートでは必ず射精シーンがありますし、雰囲気や責め方も終始あまあまです。
ちょっぴり意地悪される程度ですから興味があるならノーマルな人でも普通に聴けます。

性格の違う2人の女性が協力しながら軽めに焦らす。
複数人プレイを扱った作品をよく作られてるサークルさんの持ち味が強く出ている作品です。
優しくてちょっぴり意地悪なエッチ
エッチシーンは5パート62分30秒ほど。
プレイは手コキ、耳舐め、SEX(正常位、騎乗位)、妹とのキスです。
手コキ、SEXの際にリアルな効果音が鳴ります。

「さ、下半身のお召し物を全て脱がしますねぇ~♪」
今の状況ではサキュバスの洞窟を乗り越えるのは難しく
そのためには訓練が必要と言って勇者と妹を説得した姉は
彼のズボンとパンツを脱がせ、体を密着させながらおちんちんをゆっくりしごき始めます。

エッチはどのパートも2人に責められる形で進みます。
一番最初の「姉の手コキ編」は名前の通り姉が手コキを担当するプレイ。
「にゅちゅっ ぎゅぷっ」と粘液質のいやらしい音を鳴らしながら
姉妹がほぼ正反対のセリフを言って射精をコントロールします。

姉「ほーら、おちんちんじょうげ、じょうげ♪ おちんちんの弱い所探しちゃいますね~♪」
妹「でも耐えないと♪ バレたら弱点集中攻撃されちゃう♪」
このパートでは洞窟でサキュバスに遭遇した状況を想定し
姉がサキュバス役になって誘惑を、妹がそれをしきりに制止する役を担当します。
実際に聴いてみると興奮するけど何か心に引っかかるものを感じるんじゃないでしょうか。
本作品のエッチは言葉責めに力を入れており、聴き手が勇者になりきってプレイしやすくなっています。

姉「どぴゅどぴゅどぴゅー♪ びゅるびゅるびゅる・・・♪ ぴゅっぴゅぅ~、びゅくびゅく♪ おちんちんイクイク♪ ぶっぴゅぶっぴゅ♪」
妹「…はぁ。あーあ…♪ どぴゅ、どぴゅ、どぴゅ…♪ びゅっびゅ、びゅるぅ~♪ もう♪ そんな情けない声上げてぇ…♪」
各パートの終盤に登場する射精シーンもポイント。
上のセリフのように2人が同時にどぴゅどぴゅボイスを言ってくれます。
作中に7回ある射精シーンすべてがこの作りです。
声の臨場感や近さも相まって破壊力抜群です。

最もハードなプレイが楽しめるのは2日目の「寸止め焦らし誘惑編」パート。
昨日よりも長く射精を食い止めさせるために、姉妹が耳舐めを交えた寸止め手コキをします。

姉妹「はぁ~い♪ す・ん・ど・め♪ くすくすくす♪」
妹「童貞おちんちんよわ~いですねぇ~♪ 弱くてな~んにも出来ませんね~♪」
ここでは2人が「童貞」「弱い」「ばーか」など彼を貶す言葉責めをすることが多く
女性に貶さたり突き放されるシチュが好きな人ほど興奮できます。
最中の寸止めも複数回ありますし、ガチでやったら多少苦しい思いをするでしょうね。

姉妹「だーいすき、大好き大好き♪ 可愛い可愛い勇者様、だーいすき♪」
こういうプレイがあまり好きでない人も心配いりません。
パート終盤に差し掛かると2人はちゃんと射精を許可し、愛の言葉をたっぷり投げかけてくれます。
好きだから、頑張って欲しいから意地悪する彼女たちの気持ちがよく表れています。

対して最も甘いプレイが登場するのは3日目のSEXパート。
勇者が姉妹のどちらか好きなほうを選択し、どちらも2回連続の中出しを決めます。
番号順だと姉→妹になってますが気に入ったほうから先に聴くのをおすすめします。

姉「あっ、んっ、はぁはぁ…♪ もぅ…、リードしようとしたのにぃ、あんっ、んぁっ…♪」
姉は正常位、妹は騎乗位でゆっくり繋がり腰を動かす姿や
最中に漏れる2人の幸せそうな喘ぎ声が心と体を満たします。
個人的には妹の方が普段とのギャップがあって印象的でした。
今までのように我慢させるシーンもなく3人が伸び伸びとエッチを楽しんでいます。

このように、2人の女性が同時に相手をするラブラブなエッチが繰り広げられています。
愛情たっぷりの作品
勇者のことが大好きな姉妹がそれぞれの想いを込めて責めるあまあまな作品です。

元々彼に対して積極的なアプローチをしてきた姉
表面的には常識人だけど内心エッチしたくてたまらなかった妹。
そんな2人が「サキュバスの誘惑に対抗する」という正当な理由のもとに彼とエッチします。

初日と2日目はストーリーに合わせて訓練色を強く出し
最後のSEXパートだけは欲望を曝け出すストレートなエッチをします。
そしてすべてのプレイを必ず2人が一緒になって楽しみます。
彼を取り合って喧嘩することもなく終始和やかな雰囲気でエッチするあたりに
勇者に対する感情と同じく姉妹がお互いを深く愛し尊重しているのが伝わってきます。

エッチそのものについても肉体面への責めはシンプルにする一方で
言葉責めは2人いる状況を活用したものが多く充実しています。
射精を後押しする/抑制する、勇者を貶す/甘やかすなど正反対のセリフを軸にしてるのが面白いです。
効果音や声の質も高く聴いてるだけで自然と勃起し射精したくなります。

姉妹は私個人は妹のムッツリスケベっぷりが好きですね。
姉という強力なライバルがいる中ずっと我慢してきたからこそ
最後のSEXパートでは聴いてるこっちが恥ずかしくなる愛の言葉を言います。
貞操観念が強いのではなく、旅の目的を見失わないためにエッチを避ける責任感の強いキャラです。

気になった点を強いて挙げるとするなら2日目の「寸止め焦らし誘惑編」において
セリフに力を入れすぎた結果、姉妹があまり耳舐めをしてこないことです。
初日が手コキ、2日目が耳舐め+手コキのプレイ構成となると
違いを出すためには耳舐めをもっとしっかりやったほうがいいと思います。
2人いるなら片方が耳舐めに専念するくらいでもよかったかなと。

射精シーンは全部で7回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

女性の優しさや温かさを感じながら抜ける実用性の高い作品です。
女性にちょっぴり意地悪されるシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:21:46

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

妹トランス!おにーちゃん裸になって!催眠アソビしよッ!【催眠れん愛】

サークル「催眠マンチカン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する同サークルさんの処女作は、お兄ちゃんのことが好きで好きでたまらない妹が
催眠を使ったエッチなお遊びをしながら自分の想いを打ち明けます。

催眠の開始時に催眠に入りやすくなるための心得を教えてくれるのが特徴で
彼女は自分や自分たちのいる空間を事前にイメージさせてから
催眠初心者が抱きがちな疑念を解きほぐす形で誘導を行います。
妹とする気持ちいいアソビ
妹に催眠をかけられあまあまなエッチをするお話。

「おかえりッ! おにーちゃん!」
妹は明るくて可愛い声の女の子。
帰宅したお兄ちゃんに一緒に遊ぼうと誘うと
部屋に移動し早速服を脱ぐように言います。

2人は以前から催眠を使ったこういう遊びをしている関係で
妹は前々から彼に異性として十分以上の好意を抱いてました。
そこで今回はいつも通り催眠をかけてから最後の一線を越えることになります。

近親相姦モノなのですが、妹の明るく純真なキャラのおかげで背徳感はまったくなく
好きな人とひとつになれたことを心から喜んでいる純愛色の強いエッチをしています。
催眠音声で術者と聴き手が肉体的に接触するケースも珍しく
彼女が入れる暗示も手伝って作品全体に柔らかく温かい空気が漂っています。

催眠はおよそ17分30秒間。
ベッドに仰向けになり目を瞑った状態で軽く深呼吸した後
まずは彼女の催眠に関するお話に耳を傾けます。

「例えば、おにーちゃんが、ゲームをしたり、漫画を読んだり、ネットをしたり。いつの間にか、のめり込んじゃって、気がついたら、すごい時間が経ってた」
内容は日常生活でよく味わう催眠に近い感覚について。
彼女が言うように趣味に没頭してると時間が経つのを早く感じる人は結構いると思います。
そういった具体例を挙げながら催眠はそれほど特別な感覚ではないことを教えてくれます。

私もメールやコメントで「催眠に今までかかったことがない」とご連絡をいただいたことがあります。
ですが実際は催眠にかかっていることに気づいてないだけで
人間は誰でも日常的に催眠に類する感覚を経験しています。
それを教えることで妹は聴き手が抱く催眠に対する疑念を解きほぐしているわけです。

その後は彼女の容姿や今いる場所のイメージをしてから
手、足、腹、胸、顔など体全体を細かいパーツに分けて脱力します。
催眠音声ではよく見かける分割弛緩法というやつです。

「足の力を抜いて、だらんとさせて。足の力を抜いたら、ふくらはぎと、太ももの力も、抜いて」
彼女がどこに意識を向ければいいのか小まめに教えてくれるのでやりやすさはあります。
しかし最中に投げかけられるセリフが指示になっており
少なくとも私は体の力が抜ける感覚があまりしませんでした。

ここで彼女が「力を抜いて」ではなく「力が抜ける」と言っていたら
きっと今以上の脱力感や意識のぼやけを感じていたでしょう。
処女作故の粗さと言いますか、本作品は全体的に暗示の表現が残念なシーンが見られます。

「私に抱かれて、おにーちゃんは、しあわせになる。とーっても、しあわせ」
続く深化のシーンでは彼女に添い寝されてる状況をイメージしながら
カウントや彼女の言葉に耳を傾け幸せな気持ちを膨らませていきます。

ここも「私に抱かれているから幸せ」ではなく
「私と触れた部分が温かくなる、体が温かくなるとさらに力が抜けて心地いい。幸せ」みたいに
感覚をリンクさせる形で暗示を入れたほうが聴き手に伝わりやすかったように思えます。
流れは良いのだけどあと一歩が足りない印象を受けました。

妹との心の繋がりを重視しているオーソドックスな催眠です。
彼女の声に良い印象を抱いてもらうことを目的に
簡単なお話をしてから古典系の技法を繋げて進めます。

冒頭にあった催眠の話は初心者に対して特に有効だと思います。
こういう話をすることで彼女に対する信頼感も自然と生まれます。
しかしそれ以降の脱力や深化については色々と引っかかるものを感じました。
時間が比較的短い割に暗示のボリュームが少なく、その表現もあまり適切でないことが挙げられます。

他に気になったのは深化が弱いところでしょうか。
短めのカウントを1回数えてカウントごとに「気持ちよくなる」と暗示を入れ
それからほぼ同じ要領で「幸せになる」と暗示を入れてきます。

2回目のカウントが本題の暗示なのを考えると
1回目のカウントをもっと厚くしてしっかり催眠が深まるように誘導するのが望ましいです。
揺さぶるとか、彼女と一緒に階段を下りるイメージを絡めるとか追加の要素が欲しいです。
ここである程度深化できないと後に始まるエッチが死んでしまうので
もう少し慎重かつ丁寧に進めて欲しかったです。

まとめると、面白いところはあるのですが完成度に難のある催眠です。
初々しさを感じるラブラブなエッチ
エッチシーンは23分ほど。
プレイはキス、おちんちんへの愛撫/息吹き、手コキ(オナニー)、SEX(騎乗位)です。

SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフは有りになります。

「おにーちゃんの唇に、わたしの唇が、近づいていく。どんどん、近づいていく。もう、ふれちゃうよ」
催眠を使ってお兄ちゃんを幸せな気分にした妹は
自分の気持ちに我慢できなくなったのか軽くキスをします。

エッチは彼女にリードされる形で行います。
前半の11分間はおちんちんの感度上昇がメイン。
彼女がキスやおちんちんへの息吹きをしながら、その都度おちんちんが気持ちよくなる暗示を入れます。

「わたしにキス、されると、とってもとっても、うれしくなるよ。わたしにキス、されると、とってもとっても、しあわせになるよ」
「おちんちんが、敏感なのって、気持ちいい、ことなんだよ。気持ちいいことは、うれしいこと、なんだよ」

彼女は彼のことが余程好きなのでしょう。
おちんちんの感度を上げながらこのプレイに幸せを感じるように働きかけます。
彼女の可愛い声や愛らしい仕草も相まって心が自然とポカポカしてくる人がいるでしょうね。
肉体面での快感だけでなく充足感も与えながらエッチを行います。

ただし、キスや息を吹きかけられる感覚そのものには残念ながら触れられてません。
「キスをされると幸せになる」「息を吹きかけられると敏感になる」と結果にのみ触れています。

ここを「柔らかく温かい唇の感触に脳がとろけ、幸せな気分が全身に広がる」とか
「息を吹きかけるほどおちんちんに心地よい痺れが走る。心地よい痺れを感じるほど頬が緩み嬉しくなる」みたいに
プレイによって得られる快感を通じて感情を操作していればより良くなったように思えます。
今の状態だと暗示の組み立てが飛躍しているかなと。

後半はいよいよ妹がお兄ちゃんのおちんちんに直接触れてご奉仕します。
ここで面白いのは彼女が手コキをする様子に合わせて聴き手がおちんちんをしごくシーン。
「シーコ シーコ」と同人音声で行われるオナサポっぽい掛け声を出してオナニーをリードします。

「シコシコ、すればするほど、おにーちゃんは、感じちゃう。気持ちよくなる。うれしくなる」
実プレイ時間が4分30秒程度と短いながらも、ここまで物理的な刺激が一切無かっただけに
実際にオナニーしてみると不思議な気持よさを感じる人がいると思います。
暗示も挟んできますがここでの主役はあくまでシコシコボイスです。

「おにーちゃんが、気持ちいいと、わたしも、気持ちいいの。おちんちんを、擦られて、おにーちゃんは、気持ちよくなる」
「(絶頂直後に)おにーちゃん、大好き!大好きだよ、おにーちゃん!」

そして最後の最後でようやく彼女と繋がります。
エッチな効果音や切ない喘ぎ声など純粋なエロさは今までよりも強いです。
しかし2人が感覚を共有している設定をいきなり持ち出してくることや
絶頂シーンで「カウントが0になると射精する」と言ってくること
0を数えた直後に彼女が追い込み暗示ではなくイキ声を上げていることなど
催眠音声におけるフィニッシュとして納得できない部分を色々抱えています。

最後にSEXで絶頂する作品はドライオーガズムを促してくることが多いです。
それは男性が射精する場合、普通は手でしごくなどの物理的な刺激を求められるからです。
しかし本作品は形の上ではノーハンドの射精を指示しています。
無難にドライを目指すか、あるいは前のプレイを続けてオナニーで射精させるか
そのどちらかを選択していたほうがプレイとしての違和感がなくなり完成度も上がったでしょう。

このように、肉親らしい甘い雰囲気漂うエッチが繰り広げられています。
あと一歩が足りない作品
可愛らしい女の子が一生懸命ご奉仕してくれる愛情たっぷりな作品です。

妹は大好きなお兄ちゃんに幸せな気分でエッチを楽しんでもらえるように
催眠に入りやすい気持ちにするお手伝いをしてから誘導を開始します。
そして催眠をかけ終わった後も彼に幸福感を与えることを強く意識しながらエッチを行います。

妹特有の甘さや温かさが自然と伝わってくるシーンが多く
彼女の声や態度、エッチの時に見せる恥ずかしそうな仕草にも癒しを感じます。
大切な人をお世話している雰囲気はとても良く出ていると思います。

しかし、本作品は催眠音声ですから聴き手を十分以上の深さの催眠状態へと誘導し
様々な暗示を使ってエッチの感覚を主観的に楽しませるのが望ましいです。
その点では残念ながら不満が残る内容というのが正直なところです。

新規サークルさんの場合、催眠を結構おざなりにするケースが多く
その分エッチが充実している傾向が見られます。
ですが催眠音声は聴き手に催眠に入ってもらわないと始まらないので
まずは十分な時間を取って誘導をしっかり行うことを考えて製作して欲しいです。
少なくとも私はこの音声を聴いて催眠に入った感覚があまりしませんでした。

エッチは催眠音声らしく言葉で感覚や感情を操作することに力を入れています。
ここも前項で書いたようにプレイそのものの感覚が欠落しているため
聴いて実際に気持ちよくなるかと言われると首を捻ります。

胸のあたりがポカポカしたり安らぎは感じるんですけどね…。
まだ始まったばかりのサークルさんですし今後のご活躍に期待したいです。

絶頂シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。

CV:紗藤ましろさん
総時間 47:27

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

甘々な姉と生意気な妹に左右からオナてつしてもらおう

サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格を持つ姉と妹が
まったくモテない主人公のオナニーをサポートします。

姉はとことん甘く、妹はかなり意地悪な言葉責めを同時にする変わったプレイが行われており
2人は多くのシーンで密着しながら囁き声でこちらを応援したり貶すセリフを投げかけてきます。
どうしようもない肉親へのささやかなご褒美
実の姉妹にオナサポをしてもらうお話。

「と、いうわけで弟くんのオナニーをお手伝いしちゃいます♪」
姉は明るくて甘い声のお姉さん。
「…はぁ。なんで馬鹿兄貴のオナニーお世話しなきゃなんないのよ。ほんと最悪なんだけど」
妹はやや気が強そうな声の女の子。
自己紹介などの前置きはすべて省略し、主人公におちんちんを出すよう早速指示すると
言葉を使って彼のオナニーをお手伝いします。

本作品は大きく4つのパートに分かれており
最初と最後のパートは2人が同時に、他の2パートは姉妹が個別に登場し
彼のオナニーを応援したり意地悪な言葉責めをします。
姉妹が物理的に接触してくるのは最後のパートのみで、それ以外はすべてオナニーを観察します。

オナてつ(オナサポ)というとシコシコボイスを言ったりカウントを刻んで
聴き手のオナニーを細かくコントロールする作品が最近は多いです。
しかし本作品はオナニーの開始と射精の合図を出すだけに留め
最中は自由にしごかせながらこちらが興奮するセリフをたっぷり投げかけます。
言葉責めをたっぷりして射精したい気分にさせるのが基本スタイルです。

妹「ふふっ、勃起してそのサイズとかあり得ない♪ きっも♪」
姉「こ~ら、ダメじゃない。おちんちんには優しくしてあげなくちゃ♪ お姉ちゃんは、そのおちんちん可愛いって思うな♪」
そして姉は弟のことを溺愛しているのがよくわかるあまあまなセリフ
妹は男としてダメな彼を露骨に見下し嫌悪するセリフ、といったように
プレイ中は姉妹の性格を色濃く反映した正反対の言葉責めを投げかけてきます。

特に妹は汚い、キモいなどこちらを突き放すセリフをガンガン言ってきますから
女性に冷たくされることに興奮を覚える人には良い刺激になると思います。
そして妹が冷たいからこそ、姉の包容力に尚更安らぎを感じるでしょう。
属性がまったく違う2人の女性をうまく役割分担させて充実したオナニーを楽しませてくれます。

ただし、いかに2人のキャラが尖ってるといってもオナサポを逸脱するほどではありません。
姉が単独でお世話するパートでは優しい言葉をかけながらも肌には一切触れさせませんし
妹の場合も嫌味を言いつつエッチな声を漏らしてしっかり興奮させてくれます。
ですからややMあたりの人に最も適しているプレイだと思います。
ノーマルやドMの人には言葉責めが強かったり弱かったりして楽しみにくいかなと。
言葉責めとイメージを織り交ぜたオナサポ
エッチシーンはほぼ全編にあたる4パート62分間。
プレイはオナニー、SEXのイメージ、パイズリのイメージ、耳舐め、手コキです。
手コキの際にリアルな効果音が鳴ります。

姉「お姉ちゃんはオナニーシコシコしてる弟くんがだ~いすき♪ オナニー気持ちいいね♪ シコシコ気持ちいいね♪」
妹「あたしには気持ち悪いとしか思えないけどなぁ。男のオナニーって♪ なさけな~い顔しながら腰ヘコヘコさせちゃってさ♪」
妹に色っぽいセリフを言われて興奮し、オナニーを開始した主人公を観察しながら
姉は優しく励ますセリフで、妹は突き放し見下すセリフで応援します。

エッチはどのパートも姉妹にリードされながら行います。
最初の「姉妹掛け合い」パートは2人が同時に語りかけながらオナニーするプレイ。
姉は左、妹は右に陣取りそれぞれの持ち味を活かした様々な言葉責めを投げかけます。

姉「お姉ちゃんは、オナニーを頑張る弟くんがだーいすきでちゅから、自分のお手々でいっぱいいっぱ擦りまちょうね~♪」
姉は彼を男ではなく肉親として溺愛しており
短小包茎童貞という情けないおちんちんを「ちっちゃくて可愛い」と言いながら
赤ちゃん言葉を交えた愛のセリフを何度も何度も言います。
物理的な接触がないのがちょっぴり寂しいものの、彼女の態度は包容力があってとても癒されます。

妹「おちんぽオナニー♪ 短小、包茎、童貞♪ きっも~いだめだめおちんぽでシ・コ・シ・コ・し・よ?」
対する妹はこちらの弱点をストレートに抉って凹ませる典型的なS女。
彼に好意を抱いてないことをはっきり示しつつ、姉を助けるために演技でエッチな声を漏らします。
お情けでやってあげてるのが割とはっきり伝わってきます。

結構嫌なキャラに映るでしょうが、実際に聴いてみるとツンデレな部分も多少あり
一部ではサービス精神旺盛なところも見せてくれます。
個人的には姉よりも複雑な女性という印象を受けました。

妹「どぴゅどぴゅ~♪ びゅくびゅく~♪ うわぁ、出てる♪ きっも~♪ びゅるびゅるびゅ~♪ ぴゅっぴゅ♪」
姉「どぴゅ、どぴゅ♪ びゅるびゅるびゅく♪ ぴゅっぴゅ♪ 白いお漏らしびゅるびゅる~♪」
言葉責め以外で面白いのが射精シーン。
上のように2人がセリフで実況してくれます。

最初のパートは左右から同時にどぴゅどぴゅ言ってくれる珍しい演出がされてますので
好きな人にはかなり楽しめる要素だと思います。
それ以外のパートは姉妹のどちらかが1人でセリフを言います。

次の「妹のセックスごっこ」パートは妹が単独でオナサポをするシーン。
女性にまったく縁の無い彼への慰めとして
パンツを見せてあげながら自分とSEXするイメージを語ります。

「中出しでイク♪ イクよぉ♪ メスまんこ♪ はぁはぁ…おまんこ、おまんこイク…♪ イクイクイク…♪」
「イボを押し分ける度ににゅるんにゅるん♪ ぬぷぬぷって♪ おちんぽビクビクビクッ♪ 気持ちいいよぉ♪ JKまんこ気持ちいい♪」

普段とはまるで違う甘く切ない喘ぎ声、臨場感を出しながら進める擬似SEX。
残念な兄が少しでも満足できるように彼女なりに考えながらプレイを進めます。
もちろん彼女はお遊びとしてこれらをやってるので美味しい展開にはならないのですが
聴き手がオナニーのオカズとして使えるサービスをきっちりしてくれています。
囁き声のボリュームも多く彼女との距離の近さを感じます。

唯一姉妹との物理的な接触があるのが最後の「耳舐め手コキ」パート。
名前の通り2人が耳舐めと手コキを手分けして行い2回連続の射精へと導きます。
左右同時に耳舐めしてくれるシーンは残念ながらありません。

妹「気持ちよさそうな声上げちゃって♪ 気持ち良い? 変態兄貴♪ でも射精だけは我慢してよね。兄貴の童貞精液で手よごれたら嫌だし♪」
姉「イクイク♪ いこうね、いっちゃお♪ でるよ、でちゃうからね? は~い…出ちゃいまーす♪」
左右から交互に鳴る臨場感の高いちゅぱ音、そして中央から小刻みに鳴る手コキ音。
今までが言葉責めだけだったからこそ余計にエロさを感じます。
嫌々ながらも手を動かして射精させてあげる妹も可愛く、姉も相変わらずあまあま。
時間は最も短いのですがかなり抜きやすいパートです。

このように、言葉責めを軸とした実用性重視のプレイが繰り広げられています。
多彩な言葉責めが楽しめる作品
ほぼ全編に渡って姉妹が行う言葉責めに魅力を感じる作品です。

経緯は不明ですが主人公のオナニーを手伝うことになった姉妹が
自分の気持ちを素直に伝える形で心の興奮を後押しします。
しごく強さやペースなどオナニーのやり方には一切口を出さない緩さ
そして姉妹が見せる正反対の態度が抜きやすさを生み出しています。

姉が思ったよりもサービスしてくれなかったり、妹がキャラに似合わずサービス精神旺盛だったり
最終パートでダブル耳舐めがないなど一部で気になるところはありますが
作品のコンセプトである「オナサポ」を考えてこういう演出にしたのかもしれません。
主人公の後ろにいる聴き手にプレイを楽しんでもらえるようちゃんとリードしています。

「はぁ…、童貞の癖に贅沢なんだから。どうせすぐ元気になっちゃうんでしょ、生意気ちんぽ♪ くす♪ まぁ、その時は仕方ないからしてあげるよ♪」
姉妹については私は姉よりも妹の方が魅力的に映りました。
男としてまるでダメな兄を見下す一方で、なんだかんだ言いながら最後までお世話してあげます。
そして次回も気が向いたら相手してあげるとまで言ってくれます。
言葉はきつめでも口調は優しいですし、結構可愛いキャラに仕上がっています。

エッチは言葉責めが好きかどうかで満足度が随分変わるでしょう。
姉妹が同時に相手してくれる最初と最後のパートが特に個性的です。

射精シーンは全部で5回(うち1回は連続射精)。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

方向性の異なる言葉責めを同時に楽しめる作品です。
言葉責めが好きな人には特におすすめします。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:09:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2016年5月12日まで3割引の700円で販売されています。
その場合の点数は9点です

↑このページのトップヘ