同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:女体化

   ● EUPHORIA~悦楽の車両~
   ● かなたこなた ヒプノライブラリ
   ● 美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの
   ● 魔法少年ヒカル・淫虐のメス堕ちダンジョン《催眠音声》(後編)
   ● 魔法少年ヒカル・淫虐のメス堕ちダンジョン《催眠音声》(前編)
   ● シークエンス~堕翼の寓話~序章~
   ● 催眠音声-TSアリス~ワンダーランド~
   ● 女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-
   ● 【バイノーラル】2人で催眠生放送【初見さん歓迎♪】
   ● 催眠にょナニー(女体化催眠)(再レビュー)


EUPHORIA~悦楽の車両~

サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、自分が望むことを何でもできる仮想世界を舞台に
内気なOLが3度の痴漢を受ける様子を彼女の視点で楽しみます。

痴漢から連想される暗さや強引さをできるだけ薄めたエッチが行われており
状況説明、その時の心理、気持ちよくなる暗示をバランス良く組み合わせて
最初は嫌がってたのがだんだんと快感を覚え始め、やがて溺れていくようにゆっくり導きます。
古典催眠の技術をベースにリラックスと深化を促し、作品独自の方法で女体化させる催眠も魅力です。
女性の立場で痴漢を体験
OLのアリサになって電車内で痴漢されるお話。

「その機械の名前は アムリタ」
お姉さんは明るくて落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を説明すると
主人公を仮想世界フェアネスへと案内する機械に関するお話を始めます。

本作品は自分の願いを何でも叶えられる不思議な機械を使って
ナレーター兼催眠者にあたる彼女がおよそ2時間半に渡り催眠をかけたりテーマに沿ったエッチをします。
シリーズ化されてますが世界観が一緒なだけでストーリーの繋がりはありません。
作品固有の用語に関する説明もしてくれるので本作から聴いても普通に楽しめます。

タイトルや挿し絵を見ればわかるようにテーマはずばり痴漢。
現実世界では犯罪行為にあたるこれを男性ではなく女性の側に立って体験します。
痴漢を扱った催眠音声は他だと同じくKUKURIさんの「痴漢レッスン」くらいですね。
シチュが非常に特殊なのでプレイの様子はもちろん、主人公の心理も綿密に描いて没入感を高めてくれます。

ちなみに本作品の痴漢は嫌がる女性を男性が無理矢理犯す陵辱プレイとは少し違い
エッチシーンの中盤頃から彼女自身も割と乗り気になって取り組みます。
心の中では嫌がるものの体で強硬に抵抗することはなく
初めての痴漢を通じて性的欲求を満たし、周囲の乗客に見られる快感にも目覚めます。
マイナスの部分が薄めてありますからドMじゃなくてもそれほど抵抗を感じずに聴けると思います。

催眠は2パート51分間。
アムリタと呼ばれる特殊な機械に乗り込んで仰向けに寝転び
真っ暗な空間で目を開けたまま腹式呼吸するところから始めます。

「すーっと音を立てながら ゆっくりと息を吐き出します それと同時にお腹がへこんでいきます そうすることに よって あなたの 心と体は ゆったりと することができるでしょう」
「これから先 場面場面で様々な指示があると思います でも 最終的にそれを受け入れるかどうかを選択するのは あなた自身です」

本作品の痴漢はあくまで主人公を楽しませるための擬似行為に過ぎません。
だからお姉さんも終始ゆったりした口調で優しく語りかけます。
催眠に入りやすくなる心構えも教えてくれますし、深呼吸の効果も相まって心地よい気分がするでしょう。
瞼を閉じた瞬間は目の周辺を中心にじんわりした感覚が全身へと広がりました。

軽くリラックスした後はエッチの舞台となる電脳空間フェアネスへ行く準備に入ります。
長めのカウントを頭の中で数えながら彼女の声を聴いて全身を脱力し
その後は砂浜から海底に潜るイメージで催眠状態を深めていきます。

「私の声を聴いていると あなたの体から 力が抜けていく」
カウントを数えるシーンは聴き手の意識をそちらに向けさせ
その間に体がパーツごとに脱力する暗示を入れる一種の混乱法です。
まったく違うことをふたつ同時に行うので平衡感覚を失った時のような感覚がするかもしれません。
自分ができる範囲内で取り組んだほうがすんなりリラックスできます。

「どんどんと 落ちていく それに伴い あなたの意識も より深いところへ落ちていく」
その後に始まる海へ潜るイメージは海面に体を浮かべて再度深呼吸し
潜る→浮かぶ→潜ると正反対の感覚を短時間のうちに与えて催眠状態を徐々に深めます。
「深い」「沈む」といった暗示が多く、それに合わせて全身がズーンときたりふわふわする感覚が味わえます。
現在活動されてる中では最古参のサークルさんなだけあって技術の使い方がどれも的確です。

続くキャラメイクパートでするのは女体化。
RPGの最初にやるキャラメイクの要領で変化後の自分の容姿をイメージし
その女性と一緒に螺旋階段を下りて見た目や感覚をリンクさせます。

「1周目 理想とする顔 2周目 理想とする髪型 3周目 理想とするウエストとお尻」
「もしその膣に 何かが入ってきたら あなたの体は とても気持ちよくて 体がビクビクと反応します」

設定する箇所は髪型、髪の色、顔、目、身長、胸とお尻の大きさ、肌の色、声など多岐に渡り
そのひとつひとつを確認してからカウントや暗示と絡めて少しずつ近づけていきます。
製品版付属のテキストにチェックする項目が書いてありますから
音声を聴く前にある程度イメージを固めておいたほうがやりやすいと思います。
一番最後に性器や乳首の感覚を上げるなど、エッチに向けての準備もしっかり行ってくれます。

フェアネスの中にあるプログラムを体験するまでの様子に技術を絡めた安定感のある催眠です。
聴き手をフェアネスへ案内し主人公にあたる女性になりきらせることを目的に
深呼吸から始まってカウントと分割弛緩法を組み合わせた混乱法、イメージによる揺さぶり、女体化と
後になるほどリラックス、催眠の感覚、女性になった気分が強くなるようゆっくり誘導します。

シリーズ作品のひとつということで誘導の流れがしっかりできあがってますし
技術の繋げ方や暗示を入れるタイミング、その表現方法も考えられててすんなり催眠に入れます。
女体化は作品の世界観を盛り込んでるので多少慣れが要るかもしれませんが
やり方自体は深化も絡めてあってとても丁寧です。
他の作品もそうですけど女性になった感覚は催眠終了時よりエッチで強く実感するでしょう。
焦らして開発する粘着質のエッチ
エッチシーンは3パート77分間。
プレイはお尻/おまんこの愛撫、手マン、クリ責め、乳揉み、素股、SEX(バック)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「昨日ダウンロードしたばかりの曲を聴いていると お尻に違和感を感じる」
催眠を使って主人公を仮想世界の女性キャラになりきらせたお姉さんは
彼が選んだ「悦楽の車両NO.15」というプログラムを起動し
そこに登場するアリサという名のOLが痴漢を受けてる様子を事細かに話し始めます。

エッチはお姉さんのナレーションを聴きながらアリサの立場で痴漢を楽しみます。
一番最初の初日パートは彼女と痴漢が初めて出会った時のお話(約10分)。
何らかの事情で普段とは別の車両に乗り込んだ彼女が不意にお尻を触られ
そのまま太ももやショーツ越しにおまんこを弄ばれて絶頂寸前まで追い込まれます。

「ちょっとちょっと 頭おかしいんじゃないの? あなたは心の中で叫びますが それだけでは何も変わりません」
彼女はごく普通のOLなので見知らぬ男性にエッチな事をされたら当然嫌悪を感じます。
しかし元々気が弱く、痴漢されてることを誰かに知られるのも恥ずかしく感じてなかなか悲鳴を上げられません。
かといって通勤中の電車内で移動することもできず結局相手のなすがままにされてしまいます。
そういった心の推移を主観的な表現でプレイに織り交ぜて臨場感を出してます。

「周りの人に 感じている自分を見られている 実際に気づいているかはわかりません でもそう考えると あなたはゾクゾクとしてしまうのです」
彼女がこの痴漢を拒めずにいる理由はそれだけではありません。
自分の体や反応を探るようにゆっくり動く彼の手が純粋に気持ちよく
それを周りの乗客に知られる、見られるかもしれないスリルが興奮を与えてくれるからです。
ここ数年恋人に恵まれず色々溜まってるのもあるのでしょうけど
彼女自身が持つ性癖が大きく影響してるのは間違いありません。

痴漢にとっては悪戯や性欲解消目的で近づいたはずが
結果的に彼女の心に眠るM性と露出願望を開花させてしまうわけです。
男女が同意の上で二人きりになってする一般的なエッチとの違いがはっきり出るように
性的快感だけでなく痴漢特有の精神的な快感や幸福感も与える流れでプレイを進めます。


続く二日目パートは翌日のお話(約24分)。
エッチの途中で電車が駅に着いて痴漢から逃れられたアリサが
また会わないように今度は先頭車両へ乗り込み、そこで再び同じ体験をします。

「こんなので感じたくないのに そんなあなたの思いとは裏腹に 痴漢の愛撫によっておまんこが濡れていく」
「口から思わず 甘い声が漏れてしまう 先ほどとは違い 自然と口から漏れている」

昨日のことから痴漢は彼女がそこまで強い抵抗をしないと確信したのでしょう。
パートの序盤からショーツをTバックの形にしてお尻を直接揉みしだき
さらにおまんこを指で直にいじる、ブラを外しておっぱいを責めるなどより大胆な行動に移ります。
彼女もその気持ちを察しつつ結局何もできず快感に身を委ねてしまいます。

お姉さんも時間が初日の倍以上あるのを活かして
感度が上がる暗示や気持ちよくなる暗示を多めに入れてくれます。
本作品のエッチは最終パート以外絶頂シーンがないのに感度をぐんぐん上げてくるので
聴いてる最中は股間が妙にムズムズするとか、熱いといったもどかしい感覚が強めに味わえます。
相手が無抵抗だからといってすぐさまSEXに持ち込まず、スリルを出しつつじわじわと追い込む痴漢らしいエッチです。

最後の三日目は最もハードかつ大胆なプレイ(約43分)。
あれから通勤の時間帯を変え数日間は痴漢に遭わずに済んでいたアリサが
再び彼に目をつけられとうとうSEXや中出しを許してしまいます。

「毎回中途半端に 絶頂寸前で終わっていたため あなたの体は 喜んでいる」
この日は生憎電車が途中で止まってしまい彼女は駅に逃げることもできません。
これまでのプレイで溜まりに溜まった性欲を発散したい気持ちもあって
心の中で多少嫌がりながらも序盤から気持ちよさそうな表情を見せます。

他の乗客にばれないようこっそりエッチするので進め方は相変わらずゆっくりですが
前のパートに比べて感度を上げたり快感を与える暗示の割合が一気に増えてます。
プレイの実況や心理描写も丁寧で彼女がどう責められ、どう感じてるのかがわかりやすいです。
単に痴漢の様子を話すのではなく、聴き手が最後まで主観的に楽しめるようにリードします。

「おまんこと肉棒が一体になったように あなたは感じる 動かないけどズンとした存在の肉棒」
「完全にばれている それがあなたをより興奮させていく 周りに完全に見られているかと思うと ゾクゾクして堪らない」

中でもパート中盤から始まるSEXは素股で慣らしてから一気に挿入し
まずはそのまましばらくピストンせずおちんちんの感触を味わわせます。
そしてピストン開始後はそれがもたらす純粋な快感に
とうとう他の乗客にばれてしまい行為の一部始終を見られてしまう別の快感が加わります。

初日と二日目が寸止めで終わり、さらに三日目で色んな刺激を与えてくれたおかげで
最後の絶頂シーンでは射精よりも強く長い絶頂感が得られました。
焦らしや寸止めを経てから連続絶頂する流れですから同様の感覚を味わう人がきっといると思います。
正と負の感情を天秤にかけ、後になるほど前者が強くなるように誘導するのも大きいです。

このように痴漢行為をできるだけまろやかに、そして気持ちよく体験させる変わったエッチが繰り広げられてます。
聴きやすい痴漢作品
痴漢が持つブラックな部分をある程度薄め、その代わり心と体の刺激を強化した作品です。

お姉さんは真面目で内気なOLになりきって痴漢プレイを楽しめるように
まずは1時間近くをかけて催眠誘導や女体化といった準備を入念に行い
それからエッチを3つのパートに分けて後になるほど大胆なプレイを投入します。
そしてその一部始終をアリサの視点で揃えて話します。

痴漢を女性の立場で楽しむ珍しいコンセプト、丁寧で質の高い催眠
そして純粋な快感だけでなくスリルや見られる快感といった痴漢特有の快感にも焦点を当てたエッチ。
癖のあるプレイをできるだけ多くの人が無理なく聴けるようにアレンジして行います。

「おまんこの奥深く 子宮に痴漢の精液がかかる 熱い 熱い精液は あなたの体を 心をゾクゾクとさせて 幸せな気分にしてくれる」
中でもエッチはアリサを露出願望を持つM女に設定することで
好きでもない男に体を触られる嫌悪感や、おちんちんをねじ込まれ中出しまでされる絶望感といった
後に残りそうな感情をある程度和らげてます。
現実世界の痴漢とは違うところもありますけど、これは元々VRの一種ですから無理矢理合わせる必要はありません。
むしろおいしいところを重点的に味わわせるほうが作品の趣旨に合ってると思います。

催眠はシリーズの過去作「EUPHORIA~夏の誘惑~」とほぼ一緒です。
別系統の作品で意味もなく催眠を使いまわすのはよくないと思うんですけど
同じシリーズなら過去作を聴いた人が入りやすくなるメリットがあります。
催眠の品質自体は優れてますし、エッチで十分個性を出せてるので問題ないと見ています。

絶頂シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

女体化作品の中でもレアなジャンルに挑戦し、一定以上の成功を収めてる作品です。
おまけは予告です。

CV:涼貴涼さん
総時間 2:34:25(本編…2:33:52 おまけ…00:33)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
154分で1000円とコスパがいいので+1してあります。

かなたこなた ヒプノライブラリ

サークル「ぺありふこうぼう」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、図書館で働いてる物静かな女性が
そこにあるいくつかの本を読み聞かせて物語の世界へ案内します。

聴き手が物語の主人公と重ね合わせやすい表現を駆使してなりきらせる独特な催眠
女の子の視点で獣人と激しく愛し合い連続絶頂するエッチなど
一般的な催眠音声とは違うやり方でイメージ力や没入感を高めます。

今回は1週目のレビューをお送りします。
主人公になりきって官能小説を楽しもう
図書館員のかなたに本を読んでもらうお話。

「物語は…お好きでしょうか」
かなたは挿し絵よりも大人びた印象がする甘い声の女性。
図書館で見つけた官能小説を熱心に読んでる主人公に声をかけると
別の部屋へ案内し読み聞かせながら催眠を施します。

本作品は官能小説に登場する女性キャラになりきってエッチを楽しむことを目的に
彼女がおよそ1時間に渡って催眠をかけたりエッチな朗読をします。
本を読み聞かせるスタイルですから彼女と直接絡むことはありません。
しかし一人でも多くの聴き手が物語の世界に没入できるように気を配って進めます。

ちなみに冒頭で「1週目」と書いたように製品版には2週目以降のデータも入ってます。
販売ページの説明文にもある通り両者の違いは催眠誘導の時間や内容でエッチは共通です。
他にエッチシーンを細かく分けた音声もありますし、聴き手が自分である程度カスタマイズできる作りになってます。

二人が軽いやり取りをし、部屋に移動した後から始まる導入パートはコンセプトや心構えの説明。
彼女が持ってきた3冊の本と彼の官能小説を合わせた4冊を順に読んでいき
それを通じて聴き手を少しずつ物語の世界に案内します。

「主人公と同じ気持ちになって 恋愛して 感情移入したり ドキドキハラハラの展開が 私ではなく あなたを待っているんです」
本作品の催眠は非常に特殊でして、彼女が「体が重くなる」など直接暗示を入れることはほとんどありません。
その代わりセリフの多くを聴き手視点で表現して自然と主人公になった気分にさせます。
ゲームのプレイ中に主人公が攻撃を受けたら「いてっ」と思わず声を出したことはないでしょうか?
彼女はイメージ力や集中力を高めることでそれに近い精神状態へ導こうとします。

本格的な催眠はおよそ13分間。
まずは女レーサーがバイクに乗って走り、帰宅後にシャワーを浴びるシーンを聴きます。

「脳からアドレナリンが放出し 気持ちよさを深めていく… この時間がもっと長く続けばいい 永遠にも感じる時間をかけていく…」
「今の私は 満たされるなら何でもよかった それくらい飢えている 刺激 興奮 快楽 それが満たされるなら 私はどこにだって行く」

彼女は大都会のほぼすべてを走破したことがあるほどのバイク好きらしく
乗ってる最中は風を切る音や体の負荷を感じながら気持ちよさそうにします。
そして帰宅後は先ほどの余韻を味わいつつシャワーの熱や心地よさを楽しみます。
女レーサーのことを「私」と呼ぶのも視点を合わせやすくするための工夫です。

読み聞かせてる最中はかなたのセリフが話し言葉から小説っぽい言葉に切り替わり
聴き手がイメージ力を膨らませやすいように状況説明や女レーサーの内面を細かく描写します。
バイクが走る音やシャワーの音もちゃんと入ってますからなんとなくリアルに感じるでしょう。
本作品は催眠、エッチいずれも効果音の扱いに大変こだわってます。

2冊目は同じく女性キャラが山奥に入り、そこの洞窟で見つけた温泉に浸かって体を癒します。
さらに3冊目は女の子が獣人の手を取って村人から逃げる様子を読み聞かせます。

「中の温泉は とても気持ちがいい 外に出ると 快感が 稲妻の様にあなたを貫く もう何度も何度も入って出て 入っては出て 不思議な温泉の魅力が あなたを誘惑して離さない」
「同情でも 哀れみでもなく、ただただ惹きつけられる 魅力 不思議と心が疼く 見てるとドキドキして 顔が合わせられない」

そしてここでも苔で湿った洞窟内をぴたぴたした足音を鳴らして進み
その先で見つけた温泉に入ったり出たりする心地よさや
狼男のような毛深い獣人をどういうわけか愛してしまった女の子の心情を生々しく語ります。

効果音のおかげもあって2冊目を終えた頃には意識のぼやけを感じ始め
3冊目ではその情景が頭の中にパッと浮かび、まるで映画を見てるような感覚がしました。
どのお話も主人公を女性で統一し、その内面を綿密に描くことで女性になった気分に誘導します。

テーマの読み聞かせをそのまま音声化した非常に個性的な催眠です。
聴き手を物語の世界に住む主人公になりきらせることを目的に
1冊目はバイクに乗ったりシャワーを浴びる女性、2冊目は洞窟を探検し温泉に浸かる女性
最後は獣人に恋心を抱き逃避行を続ける女の子と内容を大きく切り替え
その中に自分が実際にそうしてる感覚を抱ける言葉を散りばめてリラックスと没入感を高めます。

特定の技術を使って落とすのではなく、セリフの表現に気を配って徐々にそうするタイプの催眠なので
このレビューを読んだだけではその魅力がいまいち掴みにくい思います。
この催眠を真面目に説明する場合、ひとつひとつのセリフに注釈を加えていく必要があります。
それはさすがに無理なのでこういう説明をさせていただきました。

催眠慣れしてるほうが有利そうに思えますが聴けば聴くほど引き込まれていくのを感じます。
催眠音声でよくある「落ちる」感覚とは違うとても熱中してる状態です。
状況に合った音を鳴らしてイメージしやすくしてますし、同じ感覚を抱く人がそれなりにいると思います。

女体化については体よりも心に焦点を当ててます。
催眠パートを聴き終えた時点ではあまり実感がなくてもエッチでその効果を思い知ることになるでしょう。
彼女たちの心理描写に力を入れてるのが大きいです。
女の喜びが味わえるエッチ
エッチシーンは39分間。
プレイはおまんこを見せつける、愛撫、乳揉み、乳首舐め、フェラ、素股、SEX(正常位)です。

おまんこを見せつける、愛撫、乳揉み、素股、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「この物語の女の子。あなたは 獣を追いかけてるうちに 恋してしまったんです」
自分が持ってきた3冊の本を読み終え、主人公と一緒に少し休憩したかなたは
いよいよ彼が持つ官能小説の朗読に取り掛かります。

エッチは引き続き彼女が読む物語を聴いて気持ちよくなります。
最初の18分間は軽めのプレイでお互いの気持ちを盛り上げる前戯シーン。
3冊目に登場した女の子と獣人が駆け落ちに成功し、安心した勢いでゆっくり愛し合います。
犬などの動物ではなく仮想生物が相手ですから獣姦ではありません。

「ひだの奥から 外に向かう様に花びらが開花し 陰核は淫らにめくれ返る 熱いヌメリが 愛らしい肉ヒダへと伝わる 竿を求める様に ひくひくとメシベを揺らし 受粉を求める様に甘い密を漏らす」
女の子は獣人のことを心から愛してるのでしょう。
エッチ開始の時点でおまんこはすっかり濡れており、それを彼に見せつけて挿入をおねだりします。
そしてその様子を直接的な淫語をあまり使わず花などに例えて淫靡に描写します。
獣人もおちんちんで彼女を壊すのを恐れてるのか序盤は意識して控えめに責めます。

官能小説らしいセリフ表現とでも言えばいいのでしょうか。
状況説明を細かくしたり、匂いなど視覚以外の感覚も刺激してエッチの様子をイメージさせてくれます。
獣人とのエッチももちろん個性的ですがそれ以上に言葉遣いが秀逸です。

「もう十分に準備は出来ている 入れて 入れて欲しい そのビキビキに膨らませた肉棒で 私を掻きまわして欲しい」
催眠パートと同じく女の子の内面描写に力を入れてるのもポイント。
いつでもSEXできるとアピールしたのになかなか手を出してくれない獣人の態度にもどかしさを感じたり
全身や乳首を愛撫されてうっとりする様子を感覚支配の暗示を交えて綿密に語ります。

物語の主人公になりきるには心と体の両方をできるだけ近づけるのが望ましいです。
だから第三者には決してわからない部分の割合を多くしてるのだと思います。
獣人とのエッチと聞くとハードなプレイをイメージするでしょうが、このシーンは敢えて焦らし気味に進めます。

状況が大きく変わるのはその後から。
女の子の度重なる誘惑にとうとう意を決した獣人が彼女に覆いかぶさり
軽い素股でおちんちんを湿らせてから根本まで挿入します。

「何もかもが気持ちよくて 魔法の様な肉の塊 まるで天国にいるような気持ち 肉棒で満たされたあなたの膣内。心はふわふわして 中の締め付けを増していく 更に体が熱く ほてっていく…」
自分の想いが好きな人に通じたこと、彼と文字通りひとつになれたこと、そして女の欲望を満たせたこと。
これまでのプレイで溜まりに溜まったものを一気に吹き飛ばす愛のあるSEXをします。
おちんちんに対して魅力を感じさせるセリフが数多く登場しますから
うまく催眠に入っていれば普段とは感じ方が違うことに気づくでしょう。
「あなたは女性になりました」などと言わずシチュで女性になった気分に浸らせてくれます。

バックで流れる効果音の存在も忘れてはいけません。
ほぼすべてのプレイに何らかの音が入っており、それをセリフと同じタイミングで鳴らします。

「ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん 音を鳴らして ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん ぱちゅん 気持ちよさがお腹から全身に伝わる」
例えばSEX中にあるこのセリフは「ぱちゅん」に合わせてピストン音が鳴ります。
獣人がピストンを止めたり他の責め方に切り替える時にもきちんと音が変わりますし
セリフだけではどうしても表現しにくい部分を見事に補ってます。
催眠音声では効果音をノイズとみなして入れない作品がそれなりにあるのですが
本作品ではセリフと完全に連動してるおかげでイメージ力を高める役割を果たしてます。

絶頂シーンが始まるのはエッチ開始からおよそ27分後。
最初は大きめのカウントに合わせて長く、その後は小さいカウントで小刻みに何度も何度も絶頂します。

「足をピンと伸ばし 膝をガクガクと震わせる 汗が吹き出て止まらない 穴がキュンと締まり ヒダが大きく波打つ 甘美な刺激が背筋を貫いてイク しゃくり上げる様な声が 喉奥から漏れ 涙を流しながら 何度もオルガズムを迎える」
男性が射精する時はおちんちんを中心に気持ちよくなる感じですが
本作品は女性になりきってイクので文字通り全身でその感覚を味わいます。
準備や絶頂の時間が長い1回目が最も気持ちよくなれるでしょう。

私が聴いた時はSEX開始時から絶頂まで股間がずっとビクビクしてました。
一切手を触れてないのにオナニーしてる時に近い快感が流れ続けて気持ちよかったです。
1回目の絶頂シーンも股間を中心に痺れるような快感が1分くらい続いて驚きましたし
ドライ慣れしてる人なら相当に強烈な絶頂感が味わえると思います。

その後の連続絶頂は獣人とのエッチにぴったりなハードな展開です。
個々が軽めなので筋肉痛を起こすほどではないものの多少の疲労は感じます。
1回目と2回目以降で異なるタイプの絶頂を味わわせてくれるのも魅力です。

このように、心の通った人間の女性と獣人が愛し合う甘く激しいエッチが繰り広げられてます。
引き込まれる作品
聴いてるだけでいつの間にか物語の世界に入り込んでる不思議な作品です。

図書館員のイメージにぴったりな知的で落ち着きのある女性が
合計4冊の本を順番に読み聞かせながら女性になった感覚や
獣人に愛される、あるいは犯される快感を思う存分味わわせます。

彼女が直接かけるのではなく物語を通じて聴き手が自分からかかっていく独特な催眠
官能小説っぽい描写で登場人物の内面をリアルに描くテーマに合ったエッチ。
そしてこれらを側面から支える多種多様でリアルな効果音。
読み聞かせるスタイルをできるだけ崩さずにサービスを進めます。

全編を通じてセリフの表現が練りに練られてます。
聴き手が主観的に受け止めやすいように配慮するだけでなく
読み聞かせや官能小説といった作品の特徴が活きるように工夫してます。
物語で誘導するタイプの催眠音声の中でも明らかに異色の存在です。

エッチは獣人から連想される荒々しい責めを最後のほうまで取っておき
中盤までは人間の男女が愛し合うのに近い甘さのあるプレイを続けます。
催眠とエッチの両方で女体化する作りになってるので、お話が進むほどそうなった気分が強くなります。
ドライへの持って行き方も上手ですし完成度は高いと言えます。

ただし注意点がひとつだけあります。
本作品には明確な解除音声が入ってません。
女の子が最後に気絶して眠る流れになってるからこうされたのでしょうけど
視聴後は念のため無料作品などの解除音声を聴いておくことをおすすめします。
まさきふぁんさんは出演作品が数多くありますからその中からお選びください。

絶頂シーンは9回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

熱中しながら気持ちよくなれる優れた作品です。
おまけは「導入セッティング」と「本編5セッティング」です。

CV:まさきふぁんさん
総時間 2:09:56(本編…1:17:22 おまけ…52:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
エッチシーンのかなたはあまり感情を込めず淡々と話します。
2017年12月28日まで15%OFFの850円で販売されてます。

美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある事情で地球にずっと滞在してる宇宙人が
捕まえた男性を薬や機械で快楽漬けにして淫乱なメスへと作り変えます。

質量共に催眠よりもエッチに著しく傾倒してるのが特徴で
催眠パートの5倍近くの時間を用意し、3種類の触手で色んな性感帯を同時に責めたり
体の内外に精液を思いきりぶっかけて女の喜びを少しずつ教えます。
プレイ中に様々な効果音を使って興奮や絶頂を促すのもポイントです。

今回はノーマルバージョンを聴いてのレビューをお送りします。

この先一部で汚い描写があります。
食事中あるいは食事を控えてる方は終えてから読むことをおすすめします。
宇宙船のエネルギーは…
宇宙船の発電機になり燃料を供給するお話。

「マスターエメリア 地球人が目を覚ました」
ヴィーナはややエフェクトのかかった冷静な声の女性。
「こんにちは、地球人クン 私はエメリア 貴方たちからすると、宇宙人ですね」
エメリアはのんびり話す甘い声の女性。
宇宙人に捕まり裸のまま拘束されてる主人公に自己紹介すると
ここがどこかや自分たちが何者かを説明し地球脱出の手伝いをさせます。

本作品は宇宙船のエネルギーを補充できず地球への滞在を続けてる彼女が
催眠を使って彼を女の子の姿に変え、機械の触手を使ったハードなエッチを行います。
催眠者とメインの語り手は主人にあたるエメリアが務め
宇宙船のAI人格にあたるヴィーナは状況報告などのサポート役にまわります。

この宇宙船はオーガズムを燃料に動くのですが、地球に到着した際にそれを供給する生物に逃げられてしまい
代わりに偶然見つけた彼をその役に充てることにしました。
そして男性を女体化してからイかせたほうがより多くのエネルギーを得られるそうです。

そんな背景を踏まえて作中では乳首、おまんこ、アナル、口を中心に色々な刺激を同時に与え
何度も何度も絶頂させるかなりハードなプレイが楽しめます。

風呂井戸ソフトさんは催眠よりもエッチを重視する傾向のサークルさんなのですが
今回は普段以上にエッチの質と量にこだわって作られてます。

また冒頭で少し触れたように、本作品にはノーマルバージョンとロングバージョンが存在します。
ロングはノーマルの後に追加プレイが用意されており、通しで聴くと2時間半近くの長さとなります。

催眠はおよそ16分間。
主人公の首に刺された管からメス化ドラッグを注がれてる様子をイメージしながら
まずは深呼吸したりエメリアの言葉に耳を傾けて心身をリラックスさせます。

エメリア「ドラッグが 体中を巡って温かい 温かくて気持ちいい」
エメリア「頭がぼーっとしてくる 物事を考えるのが面倒になってきましたね」

彼女たちの声が終始穏やかで投げかけられる言葉も柔らかいものが多いため
宇宙人に捕まって体を改造されるヤバイ展開とは思えないほど雰囲気は穏やかです。
バックで流れるリズミカルなパルス音や液体の流れる音もリラックスを後押しします。
この後のエッチも含めて本作品は様々な効果音を駆使して感覚をコントールしようとします。

本題の女体化が始まるのは催眠開始からおよそ7分後。
引き続き深呼吸しながら全身の骨格、肌の質感、身長、体毛など大まかな部分の変化を実況し
おちんちんがおまんこに変化していく様子を軽く語ってから大きなモニターで女性になった体を確認します。

エメリア「体つきが 全体的に丸くなっていきます」
ヴィーナ「全身が ぷにぷにで敏感な白い肌になります」
主人公がどんな風に変わっていくかイメージするのは簡単なのですが
導入や深化が弱いおかげでそれを自分自身のこととして捉えられるかと言われれば首を捻ります。
私がこのシーンを聴いた時も意識がほんの少しぼやけた程度で催眠に入ってる感覚はあまりしませんでした。

女体化は名前の通り自分の体を別のものに変える必要があるので
普通の催眠よりもじっくり丁寧に進めたほうが聴き手も受け入れやすいと思います。
エッチを強く意識するあまり、その土台となる催眠が疎かになってる印象を受けました。

軽くリラックスさせてから女体化に進む非常に簡素な催眠です。
聴き手をまだ毛も生えてない年齢の少女に変えることを目的に
深呼吸しながら脱力や深化の暗示を入れ、それから男女の違いが出やすい部分を中心に女体化を進めます。

効果音の扱いがしっかりしてるので宇宙船で体をいじられてる雰囲気はよく出ています。
でもこれから長時間に渡るハードなエッチをするにあたっての準備としては不十分だと思います。
時間をかけてしっかり誘導し、作品の世界に十分引き込んでから女体化したほうが良かったのではないかなと。
ちなみにこの時点では体だけの変化に留め、エッチを通じて心も女性化するアプローチが取られてます。
音を活用した重厚なエッチ
ノーマルバージョンのエッチシーンは3パート75分間。
プレイは触手による全身拘束、乳首責め、おまんこ責め、バイブ責め、アナル責め、フェラ、放尿、子宮責めです。

おまんこ責め、バイブ責め、アナル責め、フェラ、放尿の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

エメリア「ではみゆき アクメエナジーを放射してもらうために 触手ペニスであなたを責めて差し上げましょう」
主人公の体に薬を注入して可愛い女の子の姿に変えたエメリアとヴィーナは
彼を「みゆき」と命名し、触手を使って宇宙船のエネルギーを生産させます。

エッチはまったく抵抗できない状態で触手たちに体を蹂躙されます。
一番最初の「責めスタート」は性感を高めることを意識したプレイ(約10分)。
中くらいの触手と細い触手で体を拘束し、乳首やおまんこを責めて女の快感を味わわせます。

エメリア「ほーら ずずずずっと抜けていきます 股間のヴァギナから 熱い存在感がなくなります」
先端がおちんちんの形をした触手たちが体中に粘液を塗りたくり
大事な部分にゆっくり侵入し、出し入れを繰り返す様子をエメリアが聴き手視点で生々しく語ります。
多くのプレイで効果音も鳴るのでどのように責められてるかがイメージしやすいです。

状況が一変するのは次の「バイブスタート」から(約25分)。
体に絡みついた触手が一斉に振動を始め、おまんこだけでなく口やアナルも責めて3度の絶頂へと追い込みます。

エメリア「マンコアクメです おまんこアクメです 精液が注がれます どっくんどっくんと流れ込んできます」
そしてここからは作品の特徴である効果音が大きな存在感を示します。
バイブだけでも複数種類が同時に鳴りますし
絶頂シーンに入るとエネルギーが収束し爆発するような迫力のある音が流れます。
テレビや映画で盛り上げる時にやる演出に近く、それにつられて何かがこみ上げてくる感覚がしました。

エメリア「体の中も外も ザーメンまみれ 幸せ 女で幸せ メスで幸せ」
絶頂シーンに精液をぶっかけられる描写を多めに盛り込んでるのもポイント。
特定の性癖を持ってない限り男性がそうなることはまずありませんから
そうされることに快感を覚えるように誘導して心も少しずつ女性へ変えていきます。
パート後半になるとバイブがうねるようになりますし、心と体をバランス良く責める重厚なプレイです。

最も激しいプレイが登場するのは最後の「責め継続」(約40分)。
心のメス化が進行しとうとう嬉ションまでするようになったみゆきへのダメ押しとして
さらに太い触手を穴という穴に挿入し責められる快感や精液で汚される快感を存分に味わわせます。

ヴィーナ「気持ちよくなるのは とても自然なこと 気持ちよくなってメスイキアクメするのは とっても当たり前のこと」
エメリア「恍惚の表情を浮かべるあなたに ザーメンがぶっかけられてます」
ここでは体への責めは前のパートとほぼ同じにし、その代わり洗脳っぽいセリフの割合が増えます。
彼女たちの目的はみゆきをイき続けるだけの人形に変えることですから
その障害となる要素をことごとく取り除いて快感だけに没頭できる環境を整えます。
放尿シーンが割と多いので人を選ぶところもありますが、純粋な快楽堕ちとは明らかに違う展開でゾクゾクします。

エメリア「あーあ 子宮 征服されちゃいましたね 女として一番大事なところ 奪われちゃいましたね」
個人的に最も印象的だったのがパート終盤の子宮責め。
膣内に収まってた触手が子宮の入り口を突いてとうとう中にまで侵入します。
痛みやグロさを感じる描写が特になく、女性のシンボルを相手に捧げる快感だけを味わわせてくれます。
言葉よりも行為でメス化したことを思い知らせようとするところが面白いです。

このように、様々な音とシチュを組み合わせて気持ちよくする密度の高いエッチが繰り広げられてます。
エッチが充実してる作品
ハードなエッチをできるだけソフトに描いた独自性の強い作品です。

母星から遥か離れた地球に滞在を余儀なくされてる宇宙人が
人間の男性を触手漬けにしてここを脱出するためのエネルギーを補充します。

色んな性感帯を後になるほど激しく同時に責めて何度もイかせるハードな展開
言葉と音を組み合わせてその様子を実況したり感覚を伝える独特なアプローチ。
様々な工夫をして非現実的なエッチをできるだけリアルに味わわせようとします。

エメリア「もうあなたは 快楽の中でしか生きられない 淫乱発情メスビッチ もはや他の生き方は想像できません」
そしてエッチを通じて触手=おちんちんに犯される快感や
精液をぶっかけられる快感を徹底的に教え込んでメスから離れたくない気持ちに導きます。
触手でガンガン責めるだけでは単なる陵辱になってしまいますから
聴き手にもある程度のメリットを与えて最後まで聴きやすくしています。
エメリアの声が終始穏やかなのも相まって嫌な気分を特に抱くことなく聴き終えることができました。

催眠はエッチを通じて心の女性化を進める点を加味しても弱いと思います。
総時間が長くなればなるほど催眠状態をいかに維持させるかが重要になります。
そしてこれをより確実に成し遂げるには最初の段階で十分な深さにまで誘導するのが望ましいです。
残念ながら今の作りでは中上級者でも最後まで維持するのは難しいのではないかと見ています。

私が聴いた時もバイブスタートあたりで催眠がほぼ解けてました。
今回のレビューをノーマルバージョンまでにしたのはこういった事情があります。

エッチは何も言うことなしと言えるくらいに素晴らしいです。
中でも音の扱い方が秀逸でイメージの難しいプレイをわかりやすく表現されてます。
パートごとにプレイや方向性に違いを持たせて聴き続ける楽しみを作り上げてるのも大きいです。

絶頂シーンは7回。
くちゅ音(バイブ含む)大量、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 ノーマル…1:43:56 ロング…2:25:50

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

魔法少年ヒカル・淫虐のメス堕ちダンジョン《催眠音声》

魔法少年ヒカル・淫虐のメス堕ちダンジョン《催眠音声》(前編)」に引き続いての後編です。
今回は第9章「メスの快感」以降の様子を中心に紹介します。
少しずつ変わっていく心と体
後編のエッチシーンは15パート59分30秒間。
プレイは全身愛撫、乳首舐め、口責め、アナル責め、弱い電気を流す、アナルSEX、ブルマ責め、フェラ、オークのオナニー、豊胸、オナニー、乳揉み、授乳、触手責めです。

全身愛撫、乳首舐め、アナル責め、電流、アナルSEX、ブルマ責め、オナニー、授乳、触手責め、射精、絶頂の際に効果音が鳴ります。
ほんの少しセルフ描写があります。

アナルだけの絶頂を決めてメス化の第一歩を踏み出したヒカル。
それを見た淫魔アルターはさらなる罠を次々と用意します。
第9章~12章は女性の快感を心と体へ教え込もうと複数の蛇や不思議な壁で責め立てます。

「肉棒を咥え、舐めるだけで、あなたの興奮は益々高まっていく。口の中を満たしていく、肉の快感。犯される快感。それ、大好きですよね?」
「何かが弾けるような快感が全身を貫く。もう下半身がとろけてしまいそう」

男性のシンボルであるおちんちんや金玉への刺激を徹底的に避け
乳首、太もも、アナルといった女性寄りの部位をいじるより踏み込んだシーンです。
プレイ中におちんちんを意識させないように「下半身」とぼかして実況するのもいいですね。
男性の快感から女性の快感へとゆっくりシフトさせつつ同じくらい気持ちよくなれるようにリードします。

ちなみに9章以降はごく一部を除きおちんちんを責めるプレイが一切登場しません。
ごく一部にあたる13章「去勢」パートはオプション扱いですから
それを外した場合は完全におちんちん以外の部分で絶頂し続けることになります。
プレイの内容からもお姉さんがメス化を推し進めてるのがよくわかります。

心が十分メスに近づいたところで今度は体のほうも変えていきます。
去勢パートで名前通りの行為をした後(グロい描写はありません)
14章はまた別のオークへのフェラ、15章はアナルSEX、16章はザーメンシャワーでそれを定着させます。

「でも、あなたは見てしまいます。オークの股間にそそり立つ、勃起したペニス。あなたは唾を飲み込み、そして、今までに感じたこともない興奮を覚え始めます」
「精液をシャワーのように浴びる。その瞬間、快感のボルテージが一気に跳ね上がり、あなたは絶頂する」

そしてヒカル自身にもメス化調教による明らかな変化が現れます。
オークが持つ逞しいおちんちんを好ましく思い、それにアナルを蹂躙されることに喜びを覚え
複数のオークから精液をぶっかけられて絶頂するなど
男性のままでは嫌悪を抱きやすいプレイを自ら進んで受け入れます。

アルターに「魔法少女じゃない」と言ってた彼もメスになりつつあるのを自覚してます。
無理矢理メス堕ちさせるのではなく、聴き手が自分からそうなってもいいと思えるように誘導します。
このおかげでやってることは結構ハードなのに嫌な気分を抱かずエッチを聴くことができました。

続く5パートはメス化の総仕上げとも言えるシーン。
17章で再び現れたアルターにとあるプレゼントをもらい
18章はオナニー、19章はアナルSEX+乳揉み、20章はアナルSEX+授乳
21章はこれまでのことを振り返りながら再度のオナニーとさらに濃いプレイを楽しみます。

「乳首の、チリチリとした痺れが、やがて締め付けるような快感に変化し、そして、母乳が出始める。それを吸い続けるトカゲの子供。まるで、ずっと射精しつづけているような未体験の快感が両胸を、全身を襲います」
プレイを見ていただければわかるように胸への責めが乳首からおっぱいへと切り替わります。
これで心はもちろん、体のほうもすっかり女性に生まれ変わるわけです。
中でも20章の「強制授乳」パートはエッチの相手をしているリザードマンの子供たちまで登場し
乳首を強く吸い上げて母乳を飲む独特な描写が登場します。

普通の男性では絶対にできないプレイをやってメスになったことを思い知らせる。
「あなたはメスになりました」と暗示を入れられるよりもずっと効果的なアプローチと言えます。
オナニーパートで使うオカズも男性に責められるイメージばかりですし
エッチの相手やプレイを小まめに変えながら本当に少しずつ心身のメス化を進めます。

そうやって様々な準備を整えた後、アルターが最も激しいプレイをヒカルに味わわせます。
第22章「身代わりの肉便器」はこれまで登場した魔物が全員復活し
彼を代わる代わる責め立てておよそ10分間に5回の連続絶頂へと追い込みます。

「あなたは絶望すると同時に、魔物たちがさらけ出すペニスをみて、思わず唾を飲みます。あれに、今から犯されるんだ。あれに犯してもらえるんだ…」
「ゼロ!イく、衝撃的な絶頂が全身を貫く。そしてまたぶちまけられる大量の精液が、あなたを永遠の絶頂と、快感の坩堝にいざなっていく」

心身に相当な負担がかかるとわかってるのに期待してしまうメスの心理や
短い間隔でカウントを数え、その都度絶頂する感覚をリアルに味わわせてくれます。
単に気持ちいいだけではメス化になりませんから、心にもきちんと働きかけてるのは大きいです。
全部でイける保証はできませんが今までよりも強めの絶頂感が得られると思います。

このように、じっくり時間をかけて心と体をメスに変えるハードなエッチが繰り広げられてます。
人を選ぶが重厚な女体化作品
ボイスドラマ形式を最大限に活用した女体化催眠の大作です。

お姉さんは聴き手にメスの快感や幸福感を存分に味わってもらおうと
物語形式の催眠でまずは主人公のヒカルになりきってもらい
そこから色んなプレイを通じてゆっくりじっくりメスへと作り変えます。

ストーリーを楽しみながら催眠に入っていけるドラマ性の強い催眠
最初は男性の快感から始まり、だんだんと女性側へシフトさせるエッチ。
ある瞬間にいきなり女性へ変えるのではなく、エッチ全体を使ってそうする非常に凝ったサービスを提供します。

「すごい絶頂、すごい快感、そして、すごい幸せ。中出ししてもらった幸福感に全身が包まれる」
本作品のすごいところはパートごとにアプローチの方向を少しずつ変えていくことです。
普通なら嫌悪を感じる魔物たちに性的快感を教える役割を持たせて凄惨さをある程度中和し
おちんちんを中心に責めてたのが後になるほどアナルや乳首へと移動します。
そしてこれらの中にヒカル自身の心の推移を織り交ぜて臨場感と受け入れやすさを出してます。

一見するとプレイの豊富さに目がいきがちなのですが、私はこれらの繋がりこそが魅力なのだと思います。
3~4パート単位で小さな目標を掲げ、それを積み重ねて最終目的のメス化へ持っていきます。
そして絶頂時にカウントを数えるなど基本部分は統一し、細かなセリフの表現によって心身の変化を促します。

エッチのパートナーがほとんど人外、しかもおちんちんや精液で責められるシーンが多いので
私もさすがに誰でも聴ける作品とは思いません。
ですが多少なりとも興味を持ったのなら十分に聴く価値があると言えます。
物語やヒカルに対する感情移入度が半端ないです。
彼がなんだかんだでエッチを楽しみますし、最後もハッピーエンドですからブラックな印象は特にありません。

「あなたは、両手の力を、スーッと抜く。そうすると、あまりの疲れに、意識も、スーッと、堕ちていきます」
催眠はエッチで絶頂させた後に軽い深化を挟んで催眠状態を維持しやすくしています。
2~3回に分けて聴くなら途中で解けることはあまりないでしょう。
長時間作品によくあるリスクを軽減する工夫もされてます。

エッチは個人的に23章の「兄弟相姦」パートが最も興奮できました。
オプション扱いなので詳しい内容は伏せますが、パート名から連想される比較的甘いエッチをします。
魔物相手とはシチュが違うのと、お姉さんが幸福感を多めに伝えてくれるおかげで爽やかな絶頂を迎えられます。

後編の絶頂シーンは21回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

仮想世界にどっぷり浸かりながら気持ちよくなれる作品です。

CV:井上果林さん
総時間 3:21:54

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

魔法少年ヒカル・淫虐のメス堕ちダンジョン《催眠音声》

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある珍しい病に侵された双子の弟を救うために
可愛らしい容姿の少年が夢の中にあるエッチなダンジョンを冒険します。

二人のことやこうなるまでのいきさつを語りながら催眠状態と没入感を深める催眠
オークやゴブリンなど様々な魔物に犯され、メスの快感に少しずつ目覚めていくエッチなど
聴き手を作品の世界にしっかり引き込み楽しませるドラマ性の高いサービスを行います。

音声を聴く際にブルマを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
総時間が3時間以上あるため前編(第0章~8章)と後編(第9章~25章)の2回に分けてお送りします。
魔法少年になって夢の中へ
魔法少年ヒカルになり弟のナギサを探すお話。

「それでは、今からあなたを、めくるめく冒険の世界にご案内します」
お姉さんはややトーンの低い落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し準備物の確認もすると
主人公を物語の世界に案内する催眠を始めます。

本作品はSEXどころか精通すらしてない少年に戻って色んなエッチを楽しむことを目的に
案内役兼催眠者にあたる彼女が少年化の催眠を施し
その後22パート136分近くにも及ぶ多種多様なプレイをヒカルの立場で味わいます。
射精シーンがいくつもありますが実際にオナニーする指示はなくドライオーガズムを目指します。

キャラやストーリーといった独自の設定が存在するボイスドラマ仕立ての作りになっており
催眠パートでは彼女がそれらの説明と並行してリラックスや深化を促す変わった誘導をします。
サークルさんが去年製作された「アクメノイド・イリア《催眠音声》」と似た系統の作品です。

また音声を一気に聴くと時間と体力を相当に消費することから
途中で視聴をやめて再開することもできるように作られてます。
詳しい方法は製品版に付属されてるテキストをご覧ください。
絶頂シーンがかなり多いですし2~3回に分けて聴くのが丁度いいと思います。

ストーリーを簡単に説明しますと、ヒカルにはナギサという双子の弟がいまして
数日前から謎の病気にかかりずっと寝たままの状態が続いてます。
そこでヒカルは特殊なブルマの力を借りて魔法少年に変身し、ナギサの夢の中にあるダンジョンへと向かいます。
しかしそこにいる魔物たちにエッチをたっぷり教え込まれ犯される快感にどんどん溺れていきます。

精液を顔にぶっかけられる、魔物のおちんちんをしゃぶり精液を飲み干すなど
現実世界では女性がするタイプのプレイが多く、後になるほど男性よりも女性になった感覚が強くなります。
エッチをまったく知らなかった少年がメス堕ちする展開も本作品が持つ魅力のひとつです。
物語形式の入りやすい催眠
催眠はおよそ46分間。
まずは作品付属のイラストを頭に焼きつけ、リラックスできる体勢になって目を閉じ
そのまま軽く脱力したり深呼吸して心身をひとまず落ち着けます。

「催眠に大切なのは、イメージ力。目を閉じると、あのイラストを思い出せるぐらいに、脳裏に焼き付けておくことで、あなたはより深く、この世界に没頭できるでしょう」
本作品は仮想世界の物語を疑似体験するわけですからイメージ力が重要になります。
だからイラストを通じてこれからどんなことをされるかを大まかに理解し
彼女の声に集中できる環境を整えるところから始めます。
6分程度の短いシーンですが、ゆったりした穏やかな声と柔らかい言葉のおかげでそれなりの癒しが得られます。

本題にあたる物語が始まるのはその次から。
病院のベッドに横たわるナギサを心配そうに見つめるヒカルの様子や
彼が患ってる「眠り姫病」のこと、そしてこうなるに至った経緯を順を追って丁寧に話します。

「点滴と、ナギサの寝息だけが聞こえます。ヒカルも、看病に疲れたのか、少しうとうとと、し始めていました」
「その患者は、眠っている間、夢とも現実ともつかない、不思議な世界を、ふわふわと漂い続けるとか…そう、それ、今のあなたと、ちょっと似ていますよね?」

物語をしてからその補足をし、再度物語に戻る流れで進められ
その中に聴き手がヒカルと感覚をリンクできる言葉を盛り込み作品の世界へ少しずつ引き込みます。
催眠音声によくある「体が重くなる」などのストレートな暗示は終盤以外ほとんどないので
音声を聴いた時に自分が催眠をかけられてる感じがあまりしないかもしれません。
ですが物語の組み立て方や細かな言葉の表現にそういった意図が見られます。

「よく言えば中性的、いや、女の子のような容姿の双子。クラスでも背は小さく、髪を耳が隠れるぐらいに伸ばしていたので、すぐに女の子に間違えられるのが、二人の悩みの種でした」
眠り姫病、彼らの容姿、声、ブルマ、魔法少年になった時の可愛らしい衣装など
女性を匂わせる要素が数多く登場するのもポイント。
前項で話したように本作品のエッチはメス化が大きなテーマになってますから
催眠の段階から遠まわしなアプローチをかけて後々それを受け入れやすく感じる土台を作ります。

パートの中盤に入るとナギサが眠ったままになった原因に関するお話が始まります。
学校の帰り道で偶然見つけた奇妙な空間のこと、ナギサがそれに強い興味を抱いてたこと
そして彼を救う鍵となるブルマのことなど物語の核心部分が次々と明らかになります。

「二人は、○○を覗き込みます。それは、とても深く、真っ暗で、どこまでも、どこまでも続いているように見えました。その奥に、二人の意識は、スーッ、スーーッと、吸い込まれていくように感じます」
バイノーラルビートに近いちょっぴり不穏な振動音が流れ始め
それを覗き込む様子を実況しながら「深い」「すーっと」など深化に関わりのある言葉を投げかけます。
このシーンは暗示と効果音の両方で落ちる感覚を伝えてくれますから
それに合わせて地面に吸い込まれるような面白い感覚に襲われる人がきっといるでしょう。

もう少し後に変わった方法で深化させてくれるシーンもありますし
彼女が聴き手の催眠状態を本格的に深めようとしてるのがよくわかります。

「あなたは全て理解します。ナギサは、捕らえられている。あの夢の世界、不思議な意識の世界に、閉じ込められている」
もうひとつの目的にあたるヒカルとの同一化も推し進めます。
ナギサとヒカルが同じリズムで呼吸する様子に聴き手も参加させて波長を合わせたり
一部の言葉をほんの少し変えて自分がヒカルになったような気分にさせます。

女体化催眠みたいに特定のタイミングで一気にそうするのではなく
ところどころでさり気なく仕掛け、それを積み重ねていく非常に凝った誘導です。
このあたりまでくれば催眠状態もかなり深まってるでしょうから、シーンの情景が自然と頭の中に浮かんでくると思います。

作品に関する物語をしながら催眠状態と没入感を深めていく独特な催眠です。
聴き手を主人公のヒカルになりきらせることを目的に
簡単なリラックスから入って登場人物やその背景をわかりやすく説明し
その中に状況に合った技術や暗示を違和感なく潜り込ませて少しずつ確実に導きます。

物語調の催眠なので一般的な催眠音声とは流れや構造が随分違います。
私が今回説明したのもほんの一部に過ぎません。
セリフごとの繋がりや細かな言い回しがどれも練られていてすごくレベルが高いです。

私が聴いた時は最初のリラックスシーンの時点で入り始めてるのを実感しました。
その後も深化部分でほんの少しの恐怖を伴う落下感がありましたし
ヒカルとの同一化についてもエッチでその効果を嫌と言うほど思い知らされました。
催眠に入る感覚と集中力の向上が強めに得られます。

まとめると、オリジナリティと機能性の両方が高い優れた催眠です。
二つの快感を同時に味わいながら
前編のエッチシーンは7パート36分30秒間。
プレイは催淫ガスを吸う、オークのオナニー鑑賞、手コキ、乳首責め、アナル舐め、アナルSEX、フェラ、イラマチオです。

オークのオナニー、手コキ、乳首責め、アナル舐め、アナルSEX、フェラ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

アルター「私は、アルター。淫魔アルター。探しても無駄よ。君のお知り合いと、このダンジョンの一番下で、君が来るのを、ずーっと待ってたんだから」
催眠の最後に扉をくぐりナギサの夢の中にあるダンジョンへ辿り着いたヒカルは
彼を捕らえてる淫魔アルターを探して様々な部屋を渡り歩きます。

エッチはヒカルが魔物たちに犯される様子を彼の視点で楽しみます。
最初の2パートは感度強化がメイン(約8分30秒)。
第2章にあたる「瘴気の部屋」はガス状の生物、3章の「顔面射精」はオークが登場し
それぞれのやり方で彼のエッチな気分を盛り上げます。

ちなみにDLsiteのトラックリストと実際のナンバリングは違ってまして
DLsite側の数字に-1したものがサークルさんが定めた章の番号になります(例:1.魔法少年→第0章)。

「ほら、どくん、どくんと脈打つおちんちん。脈打つたびに、おちんちんは大きくなっていきます」
「大量の白濁液があなたの顔や髪の毛にぶちまけられる。目の前が真っ白になる。強烈な臭気が鼻をつく。そして、あなたの意識も、真っ白に、染まっていく…」

絶頂シーンはないものの心身両面を盛り上げる暗示が多く、おちんちんを中心に熱が高まるのを感じます。
また「顔面射精」ではオークの極太おちんちんを至近距離から観察し
そのまま顔で精液を受け止める
男性向けでは大変珍しいプレイも登場します。

おそらくこのレビューを読んでる時点では「うへぇ」と思うでしょうが
催眠パートの後に聴いてみると面白いことにそれほど嫌な気分が湧いてきません。
この心理変化こそがメス化の第一歩です。
「あなたはメスになる」みたいな直接のアプローチはあまりせず、プレイを通じてそれを実感させてくれます。

本格的なプレイが始まるのはその次から。
第4章の「精通」と5章の「乳首の快感」は先ほどよりも小柄なオークが
6章の「処女消失」と7章の「もう一つの穴」は1~2匹のゴブリンが異なる責めを繰り出します。

「勃起したおちんちんを、太い指で挟み込んで、上下に動かす。あなたは、自分の股間がさらに熱くなるのを感じます。気持ちいい。すごい気持ちいい」
ヒカルはまだ少年なのでエッチのことをまったくと言っていいほど知りません。
だから醜悪な怪物たちがもたらす甘い快感に戸惑いつつ結局はそれを受け入れてしまいます。
「ナギサを助けなきゃいけない。でもこの気持ちよさを振り払うことはできない」
ヒカルが抱く二つの思いの比重によって彼がメスに堕ちていく様子を表現します。

多くのプレイで効果音が鳴るのもポイント。
エッチの様子を直感的に伝えてイメージ力を膨らませます。
下品で激しい音が鳴るシーンもありますが、少なくとも前編では複数のエッチな音を同時に鳴らすことはありません。
やりすぎるとお姉さんのセリフが聴き取りにくくなるからわざと抑えたのだと思います。

プレイで面白いのはやはり「もう一つの穴」でしょう。
鎖で拘束されたヒカルに2匹のゴブリンが襲い掛かり
片方はおちんちんを咥えさせ、もう片方は彼のおちんちんを舐めます。
販売ページにあるサンプル画像の5枚目に描かれてるものです。

「口の中に、魔物の不気味な精液が注がれる。口の中が一杯になる。喉の奥まで流れ込んでいく。すごい快感に頭が真っ白になる。気持ちいい。口を犯されるのは、本当に、気持ちいい…」
おちんちんをしゃぶられる(=男性の)快感と舐める(=女性の)快感を暗示で同時に与えることで
最終目的のメス化に向けて男女の境目をぼかすわけです。
ゴブリンの精液を飲むシーンもありますし、無垢な体が汚されていく背徳感も強めに味わえます。

そうやって準備に準備を重ねた後、いよいよ女性の快楽へと踏み出します。
第8章の「おち○ちん封印」では巨大なヘビが登場し
おちんちんには一切触れずアナルをひたすら責め続けて最初のメスイキへと追い込みます。

「もう動かすの無理、これ以上突き上げないで…そんな風に思っても、ほら、あなたの体はもう、猛烈な快感を感じている。そう、これが犯される感覚。犯される側が受ける、感覚です」
ピストンのたびにお尻から襲ってくる純粋な快感、そして大事な部分を乱暴に犯される精神面の快感。
二つの快感を組み合わせることで責められて気持ちよくなるだけのメスへと変えていきます。

4章から7章までは必ずおちんちんと一緒に他の部位を責めてましたから
このパートは今までとやや違う快感が味わえるかもしれませんね。
十分な時間とバリエーション豊富なプレイがあることを活かし段階的にメス化を進めます。

前編の絶頂シーンは6回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
魔法少年ヒカル・淫虐のメス堕ちダンジョン《催眠音声》(後編)

CV:井上果林さん
総時間 3:21:54


体験版はこちらにあります

シークエンス~堕翼の寓話~序章~

サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、神々の代理として仲間と共に戦い続ける少女が
敵対勢力に敗れエッチに犯される様子を彼女の立場で楽しみます。

ブラックなシチュをとても柔らかいタッチで描いたエッチが魅力で
体を拘束されたまま自分と同じ容姿を持つ女性に責められ心と体を溶かされる展開を
体が熱くなる、感度が増す、脳がとろけるといった気持ちいい暗示で中和しながら進めます。
最大の敵は実の姉
女体化催眠で朝霧 紅音になりきりエッチするお話。

「今から 物語の世界に入るための手続きをしていきます」
ナレーターは明るくて穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の環境や注意事項を手短に説明すると
早速主人公を催眠に入りやすくする準備運動を始めます。

本作品は案内役と催眠者を兼ねる彼女の言葉に従って物語の世界に赴き
希望を司る神フェアネスの子供であるファティマの一員として敵と戦います。

神々の戦いがテーマなだけあってストーリーは結構壮大なのですが
聴き手が体験するのは主にエッチですからそれほど詳しく理解しておく必要はありません。
催眠終了後にある16分程度のドラマパートでナレーターが色々教えてくれます。

ちなみに展開は最初から最後まで結構ブラックです。
グロいシーンがほとんどないので中断したくなるほどではないものの
希望がほとんど見えない物語に耐性のない人が聴くと途中で重く感じる部分があると思います。
快楽漬けにされた末に悪堕ちする感じの流れです。

催眠は2パート37分ほど。
仰向けに横になり最初は目を開けたまま両腕を天井に伸ばし
開いた手のひらに重い球体が乗ってるイメージをします。
さらに天井の一点を見つめながらナレーターの言葉に耳を傾けます。

「ゆっくりと ゆっくりと 両手が下りてゆく それに合わせて 両手にかかっていた疲れが取れていきます」
「じーっと見つめていると 瞼が重たくなるのを感じます そして目を開けているのが だんだんと億劫に感じていきます」

どちらも対象の部位に少しの疲労を与えながら暗示を入れるので
被暗示性に自信のない方でも軽い重さやだるさを感じると思います。
そして彼女に言われて目を閉じた瞬間じんわりした心地いい感覚が湧いてくるでしょう。
KUKURIさんは以前からこの手の技法を積極的に使用されてます。

お次はより深い催眠に入るために心身をさらにリラックスさせます。
自分のペースで深呼吸したり、今の感覚を再確認したり、復唱形式で脱力の暗示を入れるなど
アプローチの方向を変えながら心地いい感覚をゆっくり膨らませます。

「あなたの中にある 余分なものやいらないものが 吐き出されていきます そのたびに あなたの心と体が 落ち着いた状態に入ってゆくことが できるかもしれません」
「それと同時、に あなたの心は 深い深い まどろみ、の 世界に入っていきます」

本編の内容とは特に絡めてこないおかげで雰囲気はとても温かく
先ほど行った運動による軽い疲労も相まって自分の心が落ち着いてるのがよくわかります。
最後の復唱は自己暗示を入れることを狙ってこうされたのでしょう。
自分の言葉なら他人よりもずっと受け入れやすいですからね。

続く女体化は紅音になりきることを目指したパート(約12分30秒)
最初に彼女の容姿や自分がそれに変化していく様子をイメージしてから
胸、お尻、腰など男女の違いが出やすい部分をカウントに合わせて個別に変化させます。
そして最後におまんこやクリトリスの感覚を女性のそれへと変えます。

「少しずつ 乳房が大きくなってゆく」
「おまんことクリトリスの感度が上がり 触れられるととても気持ちよくなります」

女体化誘導として見る分には順当に思えるのですが、本作品のエッチは紅音になりきって楽しむのが大前提ですし
過去作「少女の世界に弾丸を」のように作品独自の要素やイメージを盛り込んだほうが良かったと思います。

最近のKUKURIさんは催眠とストーリーをほぼ絡めずに行ってる関係で
以前の作品に比べて主人公への感情移入度や物語への没入感が下がってると私は見ています。
自分が理想とする女性になりきるなど定まった女性像のない女体化ならこの内容でもいいのでしょうけど
明確なビジョンがあるならそれを活かした誘導をして欲しいです。

リラックスや深化をさせてから女体化へ繋ぐスタンダードな催眠です。
聴き手を紅音になりきらせることを目的に、最初のパートは準備運動からの純粋な催眠誘導
次のパートは女体化と後になるほどそれに近づくように進めます。

現在活動してるサークルさんの中でも最古参なだけあって
誘導の流れが理にかなってますし技術の使い方や暗示の入れ方が丁寧です。
ベースは古典催眠ですが現代催眠を意識した表現も使われていてセリフが柔らかいです。
催眠自体は割と入りやすい部類に属すると思います。

ただ女体化については残念ながらオリジナリティに欠けるかなぁと。
実はこの催眠、サークルさんがひとつ前に出された「夢の終わりに」とほぼ一緒なんです。
両者の違いは物語に関する固有名詞と催眠パートの最後に追加要素があるくらいです。
私は夢の終わりにを既に聴いてたので正直不満でした。
自分がなくなっていく快感
エッチシーンは35分間。
プレイはキス、乳首を擦り合わせる、全身愛撫、手マン、乳揉み、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたの体が何かに捕まり持ち上げられる そして そのまま何かの中に入れられる」
実の姉「朝霧 まゆら」が所属する敵対勢力に破れ、ファティマの力も奪われた紅音は
謎の生物に丸ごと飲み込まれ、その中にいた人型生物に体を蹂躙されます。

エッチは複数体いる人型生物に拘束されたまま責められ続けます。
前半の19分間はその場の雰囲気に浸りつつ心身を盛り上げることを目指したプレイ。
彼らの中の一人に唇を奪われ、おっぱいやおまんこを中心に全身を愛撫されます。

「全身が燃えるような感覚になってゆく 制服と同じように 液体は少しずつ 少しずつ あなたの肉体を溶かしてく」
自分がどこにいるかもわからない絶望的な状況で得体の知れない生物に責められ
さらに部屋から分泌される粘液に服や体を溶かされる。
彼女が現在いる場所やエッチの相手、そして味わってる感覚を暗示で生々しく伝えます。

これだけを聞くとかなりヤバいプレイに思えるでしょうけど
エッチの相手を務める人型生物はみんな紅音と同じ容姿をしており
粘液についても体が溶ける痛みや苦しみには触れず、気持ちよさを感じさせることに力を入れて進めます。
シチュは独特ですが複数人のレズプレイに近く、その内容も人間同士がするものとほぼ同じです。

「あなたの両方の乳房に手を伸ばす そして楽しそうに揉み始める だんだんと乳房が熱くなる 熱い 熱い 熱い どんどん熱くなる」
またプレイ中に体の熱を上げる暗示が非常に多く、後になるほど手のひらや脇腹に感覚の大きな変化が現れます。
溶かされていく恐怖やスリルをそれ以上の快楽で塗りつぶしていく。
こういった工夫のおかげで希望がないにも関わらずそこまで重い空気にならずに済んでます。

続く後半は紅音の存在を抹消し別の存在へと変える重要なシーン。
偽紅音の中の一人が股間におちんちんを生やし、彼女の処女おまんこを貫いてさらなる快感を与えます。

「快感に飲まれた状態で 意識が少しずつ 少しずつ 薄れていくのに気がつく」
「あなたの中にあった いらないもの 邪魔なものが消えていく それにより あなたの心が満ち足りていく」

おまんこやおっぱいなど全身から襲ってくる快感を味わいながら
粘液によってすべてが溶かされる様子を凄惨さを感じない表現で上手く描いてます。
催眠に深く入った時に味わえる脳がとろける感覚や手足がなくなった感覚を重ね合わせる感じです。
明確な絶頂シーンがないので性的快感よりも催眠特有の感覚を味わわせることを目指してるのだと思います。

このように、悲しい思い出やこれまでの戦闘で汚された心と体を浄化し再構築する独特なエッチが繰り広げられてます。
相反する属性を併せ持つ作品
ブラックなお話をできるだけ聴きやすい形で仕上げた作品です。

何らかの事情で神々の戦争に巻き込まれ、最後に敗北を喫した少女が
敵対勢力が持つ生物の中でエッチし新しい存在へと作り変えられます。
最初から最後まで希望が一切見えない展開、それをできるだけ中和しようとする様々な配慮。
バッドエンド作品にありがちな重いストーリーをセリフの表現である程度軽くしてます。

すべてを暗く重くしたら聴きたいと思う人が相当に絞られてしまいますし
サークルさんなりに考えた結果こういう構造になったのだと思います。
明るい部分がまったくといっていいほどないのに意外と聴きやすいです。
エッチシーンのセリフが状況説明より感度や熱を上げる暗示を重視してるのもあります。

最中は多少気落ちすることもありましたが、最後はスッキリした気分で聴き終えることができました。
エッチの終盤に深化やリフレッシュ系の暗示を多めに入れてくれるからです。
後味が悪くならないようにちゃんと考えてエッチを組み立ててます。

催眠は悪い言い方になってしまいますが過去作の使い回しです。
一部で同じ技法を使う程度ならいいのですが8割方一緒なのはさすがにどうかと…。
夢の終わりにを聴いてない人なら問題なく楽しめます。

エッチは絶頂シーンが特にない点を除けば個性的で面白いです。
性的快感より催眠そのものの感覚が好きな人に向いてます。
タイトルが序章となってますし、今後を見据えてわざとこうしたのかもしれません。

絶頂シーンは0回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:45:49

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

催眠音声-TSアリス~ワンダーランド~

サークル「帽子屋」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫が
物語の主人公になりきる催眠をかけてから恥ずかしいエッチをプレゼントします。

時計を持ったウサギを追って穴に飛び込む様子に技術を組み込んだ催眠
観衆の視線、キーワード、特定の音をトリガーに性感を高めるエッチなど
原作の世界観や登場人物を活用した独特なサービスが味わえます。

今回は両性向けのレビューをお送りします。
アリスになって不思議の国へ
チェシャ猫にエッチな女体化催眠をかけられるお話。

「やぁ こんなところで寝転がって お昼寝かい?」
チェシャ猫はトーンの低い穏やかな声の女性。
川の近くの木陰で寝転んでる主人公に声をかけて自己紹介すると
今いる場所の様子を彼の視点で語り始めます。

本作品はアリスになりきって不思議の国を満喫することを目的に
彼女が80分近くをかけて女体化の催眠を施したり変わったエッチを提供します。
製品版には男性向け、女性向け、両性向けの3バージョンが入っており
全体の流れは一緒で細かな描写がそれぞれの内容に合わせて変更されてます。

「君はこれから アリスになる 僕が君を アリスと呼ぶからそうなる、というわけではなく 君が君自身の意思でアリスになるんだ」
最大の特徴は何と言っても原作を強く反映させたサービスをすること。
序盤から彼のことを「アリス」と読んだり、物語をそのままなぞる形で催眠状態を深めるなど
テーマを活用した独自性の強い誘導で作品世界に引き込みます。

時計を持ったウサギ、トランプの兵士、ハートの女王などお馴染みのキャラが登場しますから
不思議の国のアリスをまったく知らない人でもなければ簡単にイメージできます。
一部で時計の音を使ったギミックも用意されてますから音モノが好きな人にも向いてます。
現実世界から一時的に離れてリフレッシュできる癒し重視の作品です。

催眠は3パート40分間。
チェシャ猫のことや今いる場所の様子を簡単に話してから
近くを通り過ぎたウサギが持つ時計の音を頼りに歩いてついていきます。

「きらきらまばゆい 黄金の昼下がり 木漏れ日がぽつぽつと肌を照らし 優しい風が時折頬を撫でる」
温かい日差し、心地いい草の感触、近くを流れる川の音など
自然に関するイメージにリラックス系の暗示を込めてまずは癒しを与えます。
本作品は物語調の内容になってるので深呼吸や脱力をさせるシーンはありません。
チェシャ猫との会話を聴いてるだけで催眠に入れるように誘導してくれます。

「音のするほうに意識を向けて ウサギの後をついていく 右へ 左へ」
ウサギを追いかけるシーンは時計の音が重要な役割を果たします。
左右にゆっくり揺れる「カチカチ」というリズミカルな音を聴いてると
なんだか頭の中が揺さぶられてるような感覚がするかもしれません。
チェシャ猫も声を左右に振り分けて意識の力を弱めようとします。

2番目の「深化-どこか落ち着く穴の中」は不思議の国へ向かうシーン。
事前にエプロンドレスに着替えてからパラシュートの要領でチェシャ猫と穴の中を探検します。

「あたりの音が遠ざかり 外の明るさは徐々に薄れ ゆっくり ゆっくりと 穴の底へと下りていく」
「夜の空を詰め込んだボトルシップに 歌う双子のお人形 月と宇宙船の模型に 手足の生えたトランプ」

「落ちる」ではなく「下りる」と暗示を入れてるのがいいですね。
すとーんと一気に催眠状態を深めず、驚かせないようゆっくり物語の世界へ案内します。
最中に登場するキャラたちの描写も不思議の国に近づいてることを感じさせてくれます。
パート終盤にきっちり落とすシーンがありますし、催眠に不慣れな人でも心地いい感覚が味わいやすいのではないかなと。

最後の「アリス化パート-理想のアリス」は本題の女体化。
穴を下りる途中で見つけた薬を飲んで挿し絵に描かれてる可愛い女の子に変身します。
ちなみに両性向けではここだけ男性向けと女性向けの2パターンが用意されてます。

「全身の肌は 透き通るような白さになり 柔らかく とても敏感に 体毛も徐々に薄くなり すべすべの肌へと変わっていく」
体型、肌、髪、瞳の色、そして性器。
男女の違いが出やすい部分を中心に細かく実況してイメージを膨らませていきます。
前の2パートで心の準備を進めた後に女体化する流れですから
いきなり女体化させるタイプの作品よりも受け入れやすいと思います。
パート終盤にはエッチをより楽しめる暗示も入れるなど作りが丁寧です。

不思議の国のアリスに関するイメージに技術を盛り込んだストーリー性のある催眠です。
聴き手を主人公のアリスになりきらせることを目的に
序盤は作品世界にいる雰囲気作り、リラックス、チェシャ猫の声に対する集中力の向上
中盤は穴をゆっくり下りる様子を描きながらの深化
終盤は薬の力を借りての女体化とパートごとに明確な目標を定めてそれぞれをゆっくり行います。

原作に登場する素材を使って誘導するので統一感がありますし
肝心の女体化も唐突に始めるのではなくそれ以前から伏線を張ってじっくり進めます。
この内容ならサークルさんが女体化ではなく「アリス化」とおっしゃられてるのも頷けます。
モチーフのある女性に変身する展開は多くの人がやりやすく感じるのではないでしょうか。

まとめると、テーマ性があり技術的にも優れてる癒しのパワーが強い催眠です。
3つの要素で盛り上げるエッチ
エッチシーンは29分間。
プレイは露出、言葉による絶頂、耳舐め、時計の音による寸止めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「扉を開けると そこは大きなステージの上 ステージの前には女王様と 見渡す限りの トランプの兵隊たち」
催眠を使って主人公を身も心もアリスに変えたチェシャ猫は
穴の底にある扉から女王様やトランプ兵たちが待つショーの会場へと案内します。

エッチは物理的な刺激をほとんど与えずシチュ、言葉、音で絶頂へと追い込む催眠ならではのものです。
最初の11分間はシチュで興奮を盛り上げるプレイ。
身につけていたエプロンドレスが突然透明になり
さらにチェシャ猫に促されるまま脚を開いて大勢の観客に大事な部分を見てもらいます。

「恥ずかしくて顔が熱くなって 胸がドキドキしてしまう ドキドキと興奮してしまう」
「爪の音で理性が壊れる 気持ちいい 気持ちいい 腰をガクガクさせながらイってしまう」

人々に裸体やおまんこを見られる、見せつける快感を言葉でくすぐり
時折カウントを交えた感度上昇の暗示を入れてドライできる環境を整えます。
途中でチェシャ猫が「乳首を尻尾で撫でる」とも言うのですが
実際にしてるかどうかは曖昧ですしほぼ心への刺激だけでイかせる流れです。

それを最も助けてるのがキーワード。
作中に何度も登場したとある言葉に暗示を込めてから何度も言って快感をぐんぐん上げます。
何かは敢えて伏せますが、これを選んだのは面白いし効果的だと思います。

1回目の絶頂を迎えた後はプレイスタイルが大きく変わります。
チェシャ猫が左右の耳を片方ずつねっとり舐め始め
少し経つと催眠パートにも登場した時計の音を使って今度は絶頂をギリギリまで我慢させます。

「時計の針が回った分だけ 気持ちよさも溜まっていく みんなの視線で 時計の音で 耳舐めで どんどん快感が蓄積される」
簡単に言えば音を使ったドライ系の寸止めですね。
先ほどまで心地よさを感じていた音に対し、ここでは別の感覚を抱くことになるでしょう。
チェシャ猫も多めに焦らして絶頂したい欲求を上手に膨らませます。
1回目より溜めが長くなってることもあり、私の場合はこちらのほうが強い絶頂感を味わえました。

このように、体にはほとんど触れず心だけを責める変わったエッチが繰り広げられてます。
メルヘンチックな催眠
高めの没入感を得ながら気持ちよくなれるマイルドな作品です。

不思議の国のアリスに登場するチェシャ猫が主人公をアリスに見立て
一緒にウサギを追いかけたり穴に飛び込んで別の世界へ案内します。
そして到着後は露出や音モノ系のエッチでドライオーガズムへと導きます。

物語の流れに従いスムーズにリラックスや深化を促す催眠。
裸を見られるシチュ、特定の言葉、時計の音を組み合わせて気持ちよくするエッチ。
テーマを大事にしつつできるだけ多くの人が楽しめるように考えてサービスを進めます。

本作品のキーはやはりアリス化にあると私は思います。
自分が理想とする女性などの曖昧なビジョンではなく、原作の主人公になりきらせることを目指してリードしてくれます。
そこに至るまでのアプローチも工夫されてますし、心の面でもアリスに同化しやすくなってます。
エッチで体に触れるプレイが特にないのはこの部分を重視したからかもしれません。

催眠は技術とストーリーの親和性が高く大変優れてます。
特に深化パートの進め方や言葉選びが柔らかくてゆっくり催眠に入れます。

「普段思っていてもできないことを できるようにするための場所なんだよ」
エッチは前項で話した通り心を盛り上げる要素が充実してます。
ですがキーワードや音責めを重視するあまり観客に痴態を見られる快感が弱くなってるように感じました。
露出は現実世界だとリスクの高いプレイですし、チェシャ猫がステージをこんな風に言ってたことも考えれば
むしろ露出をもっと押し出していったほうがお話もスッキリまとまったと思います。

絶頂シーンは2回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

しっかりした世界観を持つなりきりやすい作品です。

CV:男性向け…かの仔さん 両性向け…あ、きのこさん 女性向け…nitさん
総時間 男性向け…1:20:01 両性向け…1:26:44 女性向け…1:11:31

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-

サークル「夢色パラダイス」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな女神が
自分の犯した罪を償おうと男性に気持ちいいご褒美をあげます。

乳首オナニーに特化したエッチが最大の魅力で
服の上から乳輪を撫でる、乳首をこねるなど様々な指示を出して丁寧にリードします。
女体化要素は薄めですから乳首系のオナサポボイスと捉えたほうがずっと楽しめます。
女神でも間違いはあるの
女神に女体化催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「聞こえますか? …聞こえますか?」
女神はおおらかで優しい声のお姉さん。
主人公の心に直接語りかけて自己紹介すると、彼を本来の姿に変えるための催眠をかけます。

本作品は男性では味わえないタイプの快感を疑似体験させることを目的に
心と体を女性になりきらせてから特殊なオナニーに取り組みます。
彼は元々女性に生まれる定めにありましたが、彼女の手違いにより男性の人生を歩むことになりました。
罪滅ぼしのためにするサービスなのでM性を感じる部分は一切なく終始優しくリードします。

「まずは 右の乳首の乳輪 その外側を優しく 指の先で触ってみてください」
そして彼女はエッチでいじる対象を乳首に絞り込み
撫でる、擦る、引っかく、摘む、弾くといった様々な刺激を与えて気持ちよくします。

乳首特化の催眠音声と言えば「ちちのひ」シリーズが有名ですが、それ以外はほとんどありません。
時間も30分近くと長めに取られており、聴き手が飽きないよう変化に富んだプレイ構成にしています。

ただし、本作品の乳首オナニーは同人音声のオナサポとほぼ同じ作りをしています。
暗示を入れて感度を上げるとか、女性になった気分を膨らませるといったアプローチは特にしません。
どこをどういじるかやそのペースを指示することだけ頑張ります。

催眠に入ってるかどうかで感度や快感に違いの出にくいプレイをしてるので
ドライオーガズムを初めとする催眠特有の快感が味わえる可能性は低いです。
女体化催眠音声ではなく催眠つきのオナサポ作品と思ってください。
信頼関係とリラックスを大事にした催眠
一番最初の「女神との出会い」はドラマパート(約11分)。
二人が出会い、女神と主人公の事情を説明してからサービスの内容を教えます。

「自分の体を慰めることは 恥ずかしいことではありません」
「しっかりとした手順を踏めば 女性と同じような快感を得ることができるのです 味わってみたいですよね?」

彼女は彼を男性にしてしまったことを申し訳なく思ってるようです。
だから彼がオナニー大好きでも嫌な顔ひとつせず、むしろそれが当然と言って受け入れ
初めての乳首オナニーに不安がると「自分の言う通りにすればできますよ」と励まします。

催眠の技術と呼べるものは特にありませんが、催眠者との信頼関係を構築するのに役立ってるシーンと言えます。
女神のイメージにぴったりなおおらかな声と態度に癒しを感じました。

その後に始まる催眠は2パート30分間。
「準備運動」は催眠に入りやすくなるための準備としてストレッチや腹式呼吸をします。
ちなみにこのパートは椅子やベッドに座った状態で行います。

「まずは右から 息を吸ってー はい 息を吐きながら数を数えます」
両腕を上に上げたまま体を左右に曲げたり、足の裏を合わせてから上半身を倒すなど
ストレッチのやり方や体を動かすタイミングを女神が丁寧に教えます。
力を抜いた瞬間に暗示を入れるとかはせず純粋なリラックスを心がけてます。
被暗示性の高低に関係ない運動ですから筋肉のほぐれや体の温かさを誰でも感じるでしょう。

本格的な催眠に取り掛かるのは次の「女体化催眠」パートから(約18分)。
仰向けに横になって目を瞑り、全身が水面に浮かんでるイメージをしながら再度深呼吸します。
さらに水の中に体を沈めたりそこにある階段を上って目の前に見える光へ進みます。

「呼吸を重ねるごとに あなたの体は どんどん軽くなっていきます」
そして彼女はその様子を語りながら体が軽くなる暗示を何度も入れます。
本作品の女体化は女性像をイメージするとか部分ごとに変えていくといったアプローチではなく
男性の時よりも体が軽くなったことを実感させて変化した気分を膨らませようとします。

かなり遠まわしな女体化なので女体化催眠を数多く聴いてる玄人でも厳しいと見ています。
私の場合も体が軽くなった感じはしたのですが、心と体が女性になった感覚はありませんでした。

「私が10数えると あなたの体から 完全に力が抜け落ちます そして数え終わった瞬間に あなたは女の子になっているのです」
一番最後にある女体化の総仕上げもカウントを数えた後に女性になったことを告げるだけです。
技術やイメージを使って女性気分に浸らせてこその女体化催眠ではないでしょうか。
催眠誘導自体は割としっかりしてるのですが、本題にあたる女体化がこの内容ではさすがに弱すぎます。

十分にリラックスさせてからほんの少し女体化させる癒しに寄った催眠です。
聴き手の心と体を女性にすることを目的に、信頼関係の構築から始まってリラックス運動へと繋ぎ
最後のパートで自然物のイメージやカウントを交えた深化と女体化を行います。

時間に対する暗示の量が少ない関係でそこまで深く入れるとは思いませんが
体の軽さや心地いい感覚はそれなりに実感できます。
ですが最終目的にあたる女体化をクリアできてるかと言われれば私は首を捻ります。

女体化誘導が淡白なのに加えて心を女性化するアプローチをまったく取ってないのが痛いです。
彼女は催眠中に「エッチで気持ちよくなるには心も女性にする必要がある」と明言しています。
しかし実際は体の軽さや柔らかさの変化を多少意識させるだけで終わります。

彼が元々女性に生まれるはずだった背景を考えると
深化後に退行の暗示を入れ、一度赤ちゃんに戻してから改めて女性の人生を歩ませるようにすれば
キャラを活かしつつ心と体の両方を女性に変えられたと思います。
女体化への道筋ができてるのにそれを形にできなかったのはもったいないなと。
ソフトなものからハードなものまで
エッチシーンは26分30秒間。
プレイは乳首オナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「私と一緒に 女の子の気持ちよさを 体験しましょうね」
催眠を使って主人公を女の子に変えた女神は
服の上から乳輪を優しく撫でさせて男性の体との違いを楽しませます。

エッチは終始彼女の指示に従って乳首をいじり続けます。
前半の13分間はソフトな乳首オナニー。
乳輪だけをなぞるところから始まり側面から乳首に近づける、少しペースを上げる
上から撫でる、指で押し込むなど少しずつ刺激が強くなるように進めます。
ちなみに本作品のエッチはすべてシャツなどの薄い上着を着たまま行います。

「いきなりでは刺激が強いですから ゆっくり優しく触ってくださいね」
乳首未開発の人でも楽しめるようにどこをどういじるかはもちろん
いじり方のコツまで教えてくれるとても親切なリードです。
彼女が隅から隅までやってくれるので頭を空っぽにしたまま快感に集中できます。

「普段その場所に指を触れたとしても 何も感じないと思います ですが今は違う それが女の子の刺激なのです」
また彼女はプレイの合間に乳首が普段よりも敏感になってることを意識させます。
開発済みの人なら男性でも乳首で気持ちよくなれることを十分に理解されてるでしょうから
リードも含めてそうでない人を対象にしたプレイなのだと思います。

実際にやってみた感じでは普段との違いは特にありませんでした。
催眠音声のエッチは技術を使って気持ちよくするのが醍醐味ですし、もっと積極的に暗示を入れて欲しかったです。

対する後半は刺激の強いプレイが中心。
爪を立てて乳首を引っかく、弾く、摘む、これら全部といった責めを駆使してドライに追い込みます。

「全身に電気が流れたみたいな 頭から足先まで ピリピリくるような感じでしょうか」
プレイがハードになっても彼女の優しさはいささかも変わりません。
指の使い方やいじるタイミングをきめ細かく指示し、声を出したくなったら好きにしていいと言います。
前半が弱めだったからこそ、最中は軽い電流が走るような快感が味わえました。
未開発の人にもこれが当てはまるかはわかりませんが、少なくともくすぐったいだけではないはずです。

このように、後になるほど刺激を強くしていくオナサポ色の強いプレイが繰り広げられてます。
乳首未開発者向けの作品
女性の快感ではなく乳首の快感を追求してる作品です。

女神は本来女性に生まれるはずだった主人公にその快感を味わわせようと
ストレッチを織り交ぜた癒し系の催眠と乳首特化のエッチをプレゼントします。
ひとつのプレイを色んな方向から楽しませる作り、彼女の慈愛に満ちたキャラと柔らかいリード。
女神らしさを出しつつ新しい快感に目覚めさせる方向でプレイを進めます。

「また 女の子になって 気持ちよくなりたい時は いつでも私を呼んでください」
KUKURIさんや風呂井戸ソフトさんの影響が強いからでしょうけど
女体化作品はどうしてもM寄りになる傾向が見られます。
しかし本作品は完全ノーマルと言っていいほどすべての要素があまあまです。
オナサポスタイルでも意地悪なことはまったくしませんし本当に誰でも聴けます。

ですがテーマの女体化催眠については残念ながら上手くいってないと見ています。
女性に関するイメージを使ったアプローチをほとんどしないこと
心の女性化を匂わせるシーンがまったくないことなどが挙げられます。
エッチも女性ならではと言える要素が特に見当たりません。

「その気持ちよさの先に 何かがあることに気づくと思います それがドライオーガズムです 女の子だけの気持ちよさなのです」
個人的に最も気になったのがサークルさんの乳首オナニーやドライに対する認識です。
前項でも軽く触れましたが女神はエッチで「乳首は男性だと気持ちよくない」と言ったり
終盤に上のようなセリフを投げかけます。

勘違いされると困るのではっきり言いますと、ドライオーガズムは女性だけの気持ちよさではありません。
まとめWikiにも書いてあるように射精しないで絶頂することを意味します。
女体化させずにドライへ持っていく催眠音声も数多くあります。
有料作品で間違ったことをおっしゃってるのはさすがにまずいです。

ネガティブな表現を使うのではなく「男性の時よりもずっと気持ちいい」みたいに
ポジティブな暗示を入れる流れで進めていれば違和感がなくなったのではないでしょうか。
催眠パートも含めて今のままでは女体化がむしろ足枷になってるように思えます。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回用…1:18:02 2回目以降用…59:18(前置きなどが簡略化されてます)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

【バイノーラル】2人で催眠生放送【初見さん歓迎♪】

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な二人の催眠術師が
生放送形式で催眠をかけたり独特なエッチをして幸せなひと時を提供します。

普通の会話にできるだけ近づけたナチュラルなセリフ
二人が一対一でまったく違うタイプのエッチをする流れなど
聴き手が視聴者になりきって楽しめるように柔らかくて臨場感のあるリードをします。
可愛い催眠術師があなたのためだけに
スイとメロの生放送を聴くお話。

「どうもー 毎週恒例の催眠生放送始まりましたー!」
スイは明るくて優しい声の女の子。
「この放送は バイノーラルマイクで放送してるので よかったらイヤホンで聴いてねー」
メロは明るくておっとりした声の女の子。
生放送を視聴してる人たちへ元気に挨拶すると
放送回数の確認をしたり、放送中の彼らの反応を楽しそうに語ります。

本作品は「リアルヒプノ」「ヒプノフィルター」に続くシリーズ第3弾。
現実世界でも日常的に行われてるネットの生放送をテーマに
彼女たちがおよそ50~70分に渡って催眠をかけたりエッチなサービスをします。
シリーズ扱いになってますが登場人物やストーリーは完全に別ですから今作からでも問題なく楽しめます。

スイ「いやぁでも 回数を増すたびに形になってきたねー」
メロ「ふふっ 始めは結構グダグダだったからねー」
ただし、リアリティを追求する点においては過去二作の血を色濃く受け継いでます。
生放送らしさが出るように全編を通じて世間話をするのと同じ口調でしゃべり
催眠やエッチの最中も距離を適度に変えて彼女たちがすぐ近くにいる気分にさせてくれます。


声優さんたちがリアルタイムで掛け合いながら録音されたらしく
音声を別々に録る場合よりも話しぶり、間の取り方、反応が活き活きしてます。
実際に聴いてみると作品の世界に自然と引き込まれていく感覚がするでしょう。

ちなみに、タイトルや挿し絵から彼女たちが同時に催眠をかけると思うかもしれません。
ですが催眠誘導はスイが一人で、エッチはスイとメロが個別にリードするといったように
基本的には一対一でサービスするスタイルをとってます。
ヒプノマルチボイス」「ヒプノマルチレイプ」のような双子系作品とは違うことをご了承ください。

注意事項を説明した後に始まる催眠生放送はドラマパート(約8分30秒)。
挨拶から始まって夏に関する雑談をいくつか話し、最後にこれから始まる催眠を聴く際のルールを説明します。

スイ「私は今年はビキニに挑戦しようかなぁ」
メロ「皆さん聞きましたかー? スイちゃんがビキニだそうですよ」
催眠を始める前なだけあって話し方や内容がほぼ世間話と一緒ですし
時折視聴者に向けたことを言うところも生放送らしいです。
催眠に類することは特にしませんが、物語の雰囲気に浸ったり彼女たちの人柄を知ることは後々プラスに働きます。
最後の説明も含めて聴き手に催眠に入る心の準備をしてもらうある意味重要なパートです。
演技に優れたシンプルな催眠
催眠はおよそ12分30秒間。
生放送中に何らかのアクシデントが発生し、メロと主人公以外の視聴者が切断されたことに気づいたスイが
そのまま二人きりで彼に気持ちいい催眠を施します。

スイ「無意識が あなたにとって心地いい呼吸のリズムを刻み始める」
そしてここからは元気だった彼女の声が一気にぼんやりしたものへと変化し
適度な間を取りながらゆったりした口調で柔らかい言葉を投げかけます。
生放送パートに比べて時間の流れが緩やかに感じるかもしれませんね。
入れる暗示の内容によって話し方がきちんと変わりますし、本作品の催眠は演技がとても優れてます。

催眠誘導自体は仰向けに横になって目を瞑り、軽く深呼吸してから彼女の声に耳を傾け
さらに体を脱力した後カウントに合わせて催眠状態をさらに深めていきます。

スイ「ふわふわーって 優しく頭の中を声が包み込んで じわじわーって 気持ちのいいのが広がっていく」
スイ「細かく説明をしなくても大丈夫 あなたの体に必要なことは あなた自身が知っている」

雲のようなふわふわした声で気持ちよくなる暗示を適度に入れたり
脱力する際にできるだけ無意識に任せる形でそれを促すなど
彼女は強引に引っ張るのではなく聴き手が自分から催眠に入っていけるように柔らかく誘導します。

最初にドラマパートを聴いてることや演技の良さも相まって
私の場合は催眠開始から7分の時点でかなりの脱力感と眠気を感じました。
母親が赤ん坊を寝かしつけるような優しさと温かさが漂っていて本当に癒されます。

深化させる際もカウント後の暗示の最初だけを速めに話し
その後は少しずつペースを緩やかにすることで落ちる感覚と安心感の両方を与えます。
時間に対する暗示の量はそれほど多くないのですが、その部分を演技や雰囲気で上手にカバーしてます。

数多くの名作を製作されてきたエロトランスさんの実力がしっかりと込められてる良質な催眠です。
スイとメロの言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
深呼吸から始まってリラックスと声に対する集中力の向上、脱力、カウントを絡めた深化など
後になるほど催眠状態が深まるようにゆったり導きます。

技術自体は催眠音声だと割と見かけるものなのですが
セリフの表現が作品の空気やスイのキャラに合わせてあってかなりの没入感が得られます。
時間が短めでそれほど多く暗示を入れてこないのに深く入れてびっくりしました。
体を動かしたり難しいイメージをさせることもないですし、催眠音声初心者でも心地いい感覚が味わいやすいと思います。
とろける快感と操られる快感
エッチシーンは3パート50分間。
プレイは媚薬の注入、凝縮、一体化、オナニー、耳舐めです。

媚薬注入の際に水滴の音が鳴ります。
セルフはありになります。

スイ「今から面白いことをしてあげるね」
催眠をかけて主人公の心と体をとろとろにしたスイは
その感覚を液体に置き換え一風変わった方法で感度を高めます。

エッチは彼女たちが一対一で相手します。
スイパートは催眠に引き続きスイが相手を務めるルート(約35分)。
事前に5分程度をかけてさらなる深化と液体化の暗示を入れた後
彼女が用意したピンク色の媚薬を垂らして透明な体をエッチな色へと染め上げます。

ちなみにエッチパートはスイパート、メロパートのいずれか片方を選択して聴きます。
ドラマパートや催眠も合わせた総時間はスイパートだと70分、メロパートは50分くらいです。

スイ「ゆっくり ゆっくり溶け込んでいき まるで 自分が変化していってることにすら気づかないほど 小さな変化の積み重ね」
スイ「濃度は高くなっていき ほら もうまっかっかになってきた その分薬の作用も強くなっていき もう性欲は溢れ返って あなた自身 すごく敏感」

最初は一滴ずつ、しばらく経つと立て続けに垂らしながら
彼女は彼の体が媚薬に冒されていく様子や感度の変化を暗示の形で上手に伝えます。
本作品のテーマは生放送ですから女性と体を接触させることができません。
だから頭の中だけで気持ちよくなれるようにイメージや色を活用して進めます。

プレイのほうは媚薬を垂らし続けて気持ちよくなれる準備を整えてから
特殊な方法で感覚だけを女性に変え、それから彼女に責められるイメージやオナニーで絶頂を目指します。
セルフ指示無し/有りは終盤で実際に体をいじるかいじらないかが違うだけで他は一緒です。

スイ「女性がどれだけ頭がおかしくなりそうなほど感じても 苦しいくらいにイっちゃっても お構いなしに続けられる」
最も特徴的なのは中盤から始まる感覚の女性化ですね。
知らないほうが楽しめると思うので具体的にどうやるかは伏せますが
主人公の体が液体になってる状況を使ってより敏感な心と体に変えてくれます。
終盤の絶頂シーンも男性と女性の気持ちよさの違いをカウントに反映させて普段以上の快感へと押し上げます。

カウント開始から最後の絶頂まではおよそ11分ありまして
割と早い段階から気持ちいい感覚が脳や股間へ押し寄せるレベルに持っていき
そこからさらに暗示を入れて3回連続の絶頂へと追い込む流れです。

セルフもOKとなってますがこれを実際に完遂するとなると相当にきついでしょうから
ドライ未経験者はオナニーしながら1回射精を、経験者は体をいじらず連続絶頂を目指すのがいいと思います。
ドライ狙いでやってみたらジンジンした気持ちいい感覚が普段よりも長めに味わえました。
試しにおちんちんを軽くいじった時もすごく気持ちよかったですし、セルフでも十分楽しめるのではないかなと。
しごいた時の快感の広がり具合が大きく余韻も長かったです。

対するメロパートのテーマは人形化(約15分)。
催眠誘導後にメロが無事復帰し、スイから引き継ぐ暗示を入れてからオナニーをリードます。

メロ「私に命令され 従ってしまう そう あなたは 自分が従いたくて従うの」
メロ「ほら あなたの頭の中に 白い霧が満たされていく」

人形化と聞くとM向けのプレイをイメージする人もいるでしょうが
メロもスイと同じく彼をもてなす姿勢で気持ちよくします。
最初の時点で彼女の声を聴くほど幸せを感じる暗示を入れて従いたくなる心を養い
さらに頭の中に霧がかかるイメージを使って何も考えられない状況に導きます。

セルフメインなので脱力はあまりせず、心を空っぽにして人形気分を味わわせる感じです。
記憶を一時的に忘れさせる暗示をそれなりに入れてくるおかげで
人によっては彼女が出した質問をすぐさま答えられない体験をするかもしれません。
スイパートと同じく聴き手が人形になりきれるように技術を駆使します。

メロ「じゃあ早速だけど お人形さんの可愛いところ 見せてもらおうかな」
オナニーは開始の指示が出た後自分の好きな強さとペースでしごき続けます。
そしてメロは直接コントロールしない代わりに耳舐めをしたり視線を感じさせて興奮を盛り上げます。

誰かに恥ずかしい姿を見られる、あるいは見せつけるのが好きな人ほど気持ちよくなれるでしょう。
終盤には実際にやったら破滅しそうなスリリングなイメージも登場します。
不特定多数の人間を楽しませる生放送の魅力を加味したプレイです。

このように、それぞれで異なるテーマや方向性を持った熱中できるプレイが繰り広げられてます。
自然な作品
生放送の視聴者とほぼ視点で楽しめる和やかな作品です。

スイとメロは生放送中のアクシデントで一人だけ残った主人公を楽しませようと
催眠はスイが、エッチは二人が個別に相手をする形で変わったプレイを味わわせます。

生放送らしさを大事にした砕けた口調とセリフ、柔らかい言葉と巧みな演技でスムーズに誘導する催眠
そしてスイは液体化&感覚の女性化、メロは人形化と異なるテーマに沿って気持ちよくするエッチ。
技術力の高いサークルさんだからこそできる個性的で質の高いサービスをします。

サークルさんが「中盤からはわりと普通の催眠音声です」とおっしゃられてる通り
生放送の部分を使ってるのは基本的に最初のドラマパートくらいです。
ですが催眠はとんでもなく癒されますし、エッチはドライ・ウェットどちらでも楽しめるように作られてます。
エロトランスさんはエッチが割とソフトな印象のサークルさんなのですが
本作品に限って言えばエッチも充実していてかなり気持ちよくなれます。

催眠は演技の重要性を改めて思い知らされました。
同じ暗示文でも言い方がその内容に合ってるかどうかで伝わり方も随分変わります。
言葉の表現も無意識の力を自然に引き出せるように練られていて素晴らしいです。

エッチはどちらのルートも十分な魅力を持ってます。
オリジナリティに溢れる部分を伏せた関係で伝わりにくい部分もあったかもしれませんが
暗示でごり押しするのではなく、イメージやシチュといった他の要素と組み合わせて絶頂に導きます。
最低でも2回楽しめることやセルフの有無を選択できることも含めて幅が広いです。

絶頂シーンは4回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

シリーズの長所を受け継ぎつつ多様性も持たせた作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。
おまけはフリートーク、NG集、オフレコです。

CV:スイ…そらまめ。さん メロ…沢野ぽぷらさん
総時間 1:47:46(本編…1:35:42 おまけ…12:04)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

催眠にょナニー(女体化催眠)

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第23回目は穏やかでちょっぴりSっ気のあるお姉さんが
女性のオナニーをテーマにしたエッチな催眠で男性の時とは違う快感を味わわせます。

体だけでなく心も女性に変えることを目指したシンプルかつ堅実なサービスが魅力で
催眠は特殊な音と暗示を組み合わせてリラックスや深化をスムーズに行い
それから自分の好きな女性になりきれるよう色んな方向から働きかけてイメージと感覚を膨らませます。
できるだけ短い時間で女性の快楽を
お姉さんの催眠で好きな女性になりオナニーするお話。

「仰向けになって 寝転がってください」
お姉さんは明るくてぼんやりした声の女性。
事前に自分が理想とする女性の顔をイメージしておくように言ってから
仰向けに寝転がり楽な姿勢を取らせ催眠をかけ始めます。

本作品は自分が好意や興味を抱いてる女性になりきって気持ちよくなることを目的に
彼女が比較的短い時間で催眠や女体化を施してから2種類のオナニーを楽しみます。

女体化催眠音声は催眠とエッチの間に女体化が入る関係で総時間がどうしても長くなりがちです。
しかしこの作品は注意事項や解除を合わせても43分と手頃な長さに収まってます。
会社で働いたり家庭を持つようになると自由な時間が一気に減りますし、この聴きやすさは大きな魅力です。

じゃあ時間が短いから内容も淡白なのかと言われればそうでもありません。
催眠パートでは特殊な音を鳴らながら暗示を入れて素早く深化させ
エッチはプレイをしながら女性の心を育てる、といった工夫で品質を維持してます。

女体化と言うと体の変化に目がいきがちですが
本作品の場合は内面のほうも女性化する本格的なものです。
イメージ重視の誘導に抵抗がなければそれなりの没入感を得ながら気持ちよくなれるでしょう。

催眠はおよそ17分間。
まずは仰向けのまま少し深呼吸して心身をリラックスさせます。

「時間とともに 体の力がどんどん抜けていく 体がぽかぽか 温かい」
そしてお姉さんはリラックスや脱力を促す暗示と並行して
「ぽーん」という音叉っぽい神秘的な音をバックで流します。
催眠パート終了時まで流れ続けるので、これを聴いてるだけでもかなりの癒しが得られます。
催眠に適した彼女の柔らかな声と演技もその効果を高めるのに役立ってます。

気持ちが一旦落ち着いた次は女体化に向けての準備を進めます。
体が浮かび上がるイメージをしながら自分の中にある余計なものを捨てていき
さらにカウントを数えて催眠の感覚を一気に広げます。

「性的欲望を満たすのに邪魔な あらゆる考えをここで捨てていって 現実世界に全部置いていって そして男の心も 捨てる」
先ほど説明したように本作品は心も女性に変えることを目的としてるので
男性の心のまま女体化に進んでもそれが邪魔になってしまいます。
だからイメージを通じて一度普段とは違う自分に持っていき
爽快感を与えつつ男の心も捨てられる心構えを身につけさせます。

単に深化させるのではなく先々まで見据えたリードをしてるのが素晴らしいですね。
風呂井戸ソフトさんの中では音声処女作にあたるはずですが、最初の段階から要所をきっちり押さえてます。

本題にあたる女体化は最後の7分間。
ピンク色のもやが漂う不思議な世界へ移動し、そこにいる理想の女性と心身を通わせひとつになります。

「華奢な彼女の手 彼女の体温が伝わります 心臓の鼓動も聞こえてきます」
「あなたの体の境界線が どこだかわからない 光の中に 体が溶けていく」

お互いに裸のまま手を繋ぎ、温もりを感じ、心臓のリズムまで合わせる。
男性から女性に体を作り変えず女性と一体化する独特なアプローチが光ります。
「溶ける」「真っ白」などを交えてすべてが曖昧になっていく様子を語るのも更なる深化を意識していて良いです。
時間が限られてるからこそ余計な部分を削りに削って進めます。

必要なことだけを厳選して行う洗練された催眠です。
聴き手の心と体を女性に近づけることを目的に、序盤は深呼吸で純粋なリラックス
中盤は心を男性から切り離すイメージと最初の深化、終盤はイメージを使った女体化と追加の深化と
シーンごとに何をやるべきかを決め、それに向かって一直線に進みます。

効果音のおかげでリラックスはバッチリですし、暗示も無闇に入れず内容とタイミングを選んでます。
女体化についてはこれで終わりじゃなくエッチで引き続き安定化を図るスタイルですから
この時点では「なんかいつもの自分と違うな」と感じられれば十分です。
最初に理想の女性をイメージさせたのも、一体化を無意識的に受け入れやすくしたかったからだと思います。
女性の感じる部分を徹底攻撃
エッチシーンは21分間。
プレイはオナニーのみです。

おまんこをいじる際に効果音が鳴ります。
セルフは一応ありです。

「あなたの目の前の彼女は ううん あなたは 両手で自分の胸を掴みます」
催眠を使って主人公の体を好きな女性のものへ変えたお姉さんは
すっかり大きくなった乳房や乳首をいじらせ心も女性になりきらせます。

エッチは彼女に言われた部位をいじったりそうするイメージをします。
一番最初にするのは胸や乳首のオナニー。
部屋にある鏡で自分の姿を確認してから感じる部分を優しくいじります。

「胸を揉むたび あなたの心は どんどん私の心と同化していく 心まで女の子らしくなってくる」
乳房をいじる指示は出ませんが乳首は指を使っていじるように言われます。
ですが女体化作品の場合は無理にいじらずイメージで補完したほうが私はやりやすいと思います。
そしてプレイ中は体が熱くなったり気持ちよくなる暗示を適度に入れてサポートします。

喘ぎ声がちょくちょく流れるのも女性になりきる感覚を膨らませるためでしょう。
この後始まるおまんこでのオナニーも効果音が流れますが
どちらも催眠の妨げにならないように鳴らす量を必要最低限に抑えてます。

おっぱいで気持ちよくなった次にいじるのはもちろんおまんこ。
脚を開きすっかり湿ったそこを中から指でかき混ぜて女性の快感を味わいます。

「右手がおまんこを触るイメージ 右手の人差し指と中指が おまんこにそっと触れる」
「周囲にはあなたの汗と愛液の匂いが充満してる とても淫らな匂い そしてその匂いが とても心地よく感じる」

実際にいじったらかなりの確率で催眠が解けることを踏まえてここはイメージと明言してます。
おまんこから湧き上がる純粋な快感(触覚)はもちろん、鏡に映った自分の痴態を意識させたり(視覚)
部屋に漂うエッチな匂いを通じて興奮を盛り上げたり(嗅覚)と様々な方向からメス化を促します。
音声作品ですから当然聴覚も刺激してきます。

催眠と同じくイメージ力を掻き立てることに力を入れてますし
自分がそこにいてオナニーに耽ってる気分に浸りやすいです。
体の熱を高める暗示が比較的多いので後半に差し掛かると火照りを感じるかもしれません。

そうやって心と体の両方を完全な女性へと変えた後にようやく絶頂の瞬間が訪れます。
カウントを数えた後に追い込み暗示を入れてイかせるシンプルなものですが
およそ3分の間に6回と非常に多く、今まで蓄積してきた性感を一気に爆発させてくれます。

「全身に快楽の波が襲う 腰とお尻が激しく痙攣する 激しい絶頂感」
今までが割とオーソドックスなプレイだったからこそ
一番最後は刺激を強くしてオーガズムを存分に味わわせる親切設計です。
さすがに6回全部でイクのは難しいでしょうが、股間の痙攣が断続的にあって非常に気持ちよかったです。
男性では決してできないフィニッシュにしてるのも女体化作品らしいなと。

このように、女性になりきる心を大事にした質の高いエッチが繰り広げられてます。
シンプルでコンパクトな作品
現在の女体化作品に十分対抗できる品質を持った取り組みやすい作品です。

お姉さんは主人公にできるだけ短時間で女性の快感を味わってもらえるように
催眠、エッチいずれもやることをできるだけ絞り込み効果的にリードします。

音を盛り込むことでリラックスに費やす時間を減らした催眠
プレイの実況よりも内面に焦点を当てて女性気分を膨らませるエッチ。
普通にやったら時間が足りない=中途半端になる可能性を考慮しどちらも捻りを加えてます。

中でも「どうやったら女性になりきれるか」を考えたアプローチをしてるのが印象的でした。
性同一性障害という言葉があるように人は心と体の両方に性別を持ってます。
そこに着目して男性から切り離し、女性と一体化させ、それを定着させる流れで進めます。

心も女性に近づいてればおっぱいやおまんこをいじることにも違和感がなくなりますし
心の女性化が色んな意味で有効に機能してるのは間違いありません。
時間が短いからといって手を抜かず、深いエッチを楽しませてくれるのも大きな魅力です。

催眠はタイトル通り自分の体を慰めるプレイに終始してます。
実際に乳首をいじったほうが気持ちよくなれるでしょうが、この内容ならイメージだけでもドライに到達できると思います。
絶頂後の余韻に浸る時間も用意するなど、お姉さんが色んなところで優しさを見せてくれます。

絶頂シーンは6回(連続絶頂)。
淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

女体化の醍醐味が凝縮されてる作品です。
おまけは罵り音声です。

CV:桃華れんさん
総時間 45:08(本編…42:55 おまけ…2:13)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ