同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:女体化

   ● 注文の多い催眠音声 ~メス堕ち・去勢フルコース~
   ● 【バイノーラル】先輩とお姉さまにメスイキ調教されるあなた【百合 TS催眠】(後編)
   ● 【バイノーラル】先輩とお姉さまにメスイキ調教されるあなた【百合 TS催眠】(前編)
   ● 【English 催眠】 The session to be PORN-LADY
   ● 幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~
   ● メスイキさいみん
   ● TS兄妹催眠~従順そうで実は小悪魔な妹に堕とされるまで~
   ● セクサリオン・リリィ【催眠音声】(後編)
   ● セクサリオン・リリィ【催眠音声】(前編)
   ● お嬢様とメイドの秘密の夜


注文の多い催眠音声 ~メス堕ち・去勢フルコース~

サークル「.␣ [Dot-Space]」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、客ではなく店側が様々な注文を出す変わった料理店で
そこのウェイトレスが催眠を交えたエッチなサービスをします。

彼女の注文に従うことで深化したり料理になる催眠
美女たちに体を舐められながら男女両方の絶頂を味わうエッチなど
作品のテーマに沿ったイメージ重視のサービスをするのが特徴です。
不思議な料理店の気持ちいいメニュー
ウェイトレスに催眠をかけられ美女たちに体を舐められるお話。

「いらっしゃいませ 本日はご来店、誠にありがとうございます」
ウィトレスはややトーンが低く落ち着いた声のお姉さん。
来店した主人公に挨拶し、早速お店のルールを説明します。

本作品は変わったシチュで男女両方の快感を味わわせることを目的に
彼女がおよそ75分をほぼ半々に分けて催眠をかけたり特殊なエッチをします。
タイトルを見ればわかるように宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」がモチーフになってまして
作中では彼女が様々な注文を出して少しずつ目的地に導きます。

「透明で、冷たい、グラスに入ったお水 そのようなお水を、頭の中でイメージしないで下さい」
指定されたものをイメージしない、逆にイメージする
言われた通りのプレイをするなど内容は様々で量も豊富です。
特に催眠はこれらを繋ぎ合わせて意識の力を弱め、催眠状態を深めることを心がけてます。

簡単に言うとイメージ力が重要になる作品です。
苦手な人もいるでしょうけど、大衆性の高いもので揃えてやりやすさを出してます。
エッチもフェラやSEXといったストレートなエロとは違いますからイメージがカギになるでしょう。

催眠はおよそ34分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは彼女が言ったものをイメージしないよう頑張ります。

「ほら、きらきらと光る銀色、一つずつ並べられてかちゃ、かちゃと上品に響く音 貴方の頭の中に、イメージに浮かばないようにして下さい」
グラスに入った水、ナプキン、ナイフやフォークといった食器
そして本題の料理と料理店では定番の要素を順に繰り出し
そのすべてを敢えて意識しないように指示して心に負荷をかけます。

実際に聴いてみると精神的に少し疲れる感じがするでしょう。
彼女が視覚、聴覚、嗅覚、味覚といった幅広い感覚に働きかけてくるのもあります。
そうやって深い催眠状態に入るための準備を整えます。
これに似たアプローチをする他の作品は「催眠ゲーム ~術師の挑戦~」などごく僅かです。

お次は一転して素直にイメージする注文。
部屋にある温かいランプ、真っ白な円形の床、銀色のポットに入った白い液体など
色にまつわる暗示を入れて催眠状態をさらに深めます。

「とろとろ、とろとろ ポットの中身は、いつまでたっても無くならない どんどん身体に降り注いで、全身を真っ白にとろかしていく」
今までが変則的だっただけにホッとするのではないでしょうか。
彼女もその隙を突いて「真っ白」などの言葉をタイミングよく投げかけます。
そして音声を聴いていくうちに自分が「注文の多い料理店」の主人公と同じ立場にいることに気づくはずです。
もう5年近く活動されてるサークルさんなだけあって、テーマと技術の絡め方が上手くするする入っていけます。

ストーリーに沿ってイメージを繋げていく個性的な催眠です。
聴き手をエッチで食べられる料理にすることを目的に
前半はイメージしない注文をいくつも出して意識の疲れを誘い
後半は逆にストレートなイメージで落としたり女体化の誘導をします。

どのシーンも何をするかはっきり教えてくれるおかげで取り組みやすく
方向性が大きく異なる注文の数々を聴いてるといつの間にか催眠に入ってます。
女体化はおちんちん以外を女性に変えることを目指してまして
副題の「メス堕ち・去勢」へと持っていく重要な役割を果たします。
射精シーンもありますから女体化をあまり聴いてない人でも楽しみやすいです。
心も体もとろとろにするエッチ
エッチシーンは33分間。
プレイは全身舐め、乳首オナニー、言葉による絶頂、おちんちんを手で覆う、オナニー、フェラです。

全身舐め、フェラの際にちゅぱ音が鳴ります。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「それでは大変お待たせいたしました、これより、本日のメインディッシュをご用意致します」
催眠を使って主人公を美味しい女体盛りに変えたウェイトレスは
本当のお客にあたる美女たちにそれを披露し体を存分に舐めさせます。

エッチはウェイトレス自身は引き続き催眠者兼進行役に専念し
美女たちが一切しゃべらず全身や性感帯を舐めまくって絶頂させます。
最初の10分間は感度上昇に注力したプレイ。
とあるキーワードを聴くたびに感度が高まる暗示を厚めに入れてから
美女たちの口が彼の体に近づき舌を這わせる様子を実況します。

「もーっと呼吸が荒くなっていく、もうすぐ食べられる、もうドキドキとゾクゾクが抑えられなくなって、快感が股間で暴れ回ろうとしている」
催眠音声で「食べられる」と聞くとイートミーを連想する人もいるでしょうが
本作品では性的に味わう意味合いで使われてます。
美女たちに体を弄ばれたりイかされる快感を追求してますからグロい描写は特にありません。
ただし普通に舐めるだけでは物足りないだろうということで暗示で上手くサポートします。

催眠パートの終盤で体が熱くなるアプローチをすることから
ここでは実感できるレベルの熱を感じたり、股間に快感が集まる感覚がするでしょう。
ちゅぱ音は結構鳴るのですが、それをストレートなエロへ敢えて繋げずに絶頂させようとします。

絶頂シーンが出てくるのはその次から。
先ほどとは別のキーワードを設定し、それに合わせてまずはドライ絶頂させます。
そしてその後は唯一女性になってないおちんちんを直接弄って男性の快感も同時に味わいます。

「あのね、今ここで行われているのは、貴方の男としてのプライドを喰らい尽くして、どろどろに消化してしまう為の、見世物なんです」
ウェイトレスは彼を美女への料理にしたくらいですから
当然気持ちよくするためだけにおちんちんを残したわけではありません。
射精を通じて彼の男の部分を取り除き、完全なメスへ堕とすことを狙ってます。

女性たちにオナニーを見られ、射精する姿を晒し、精液まで飲まれる。
普通の男性が体験したら羞恥や敗北感を得る行為をやって喜ばせるM向けのプレイです。
精神的に去勢されるシチュも相まってスリルを感じる人がそれなりにいるでしょう。

このように、食事を模したプレイで2種類の絶頂を味わわせる独特なエッチが繰り広げられてます。
奇抜な視点の作品
催眠、エッチいずれも非常に変わったことをする作品です。

ウェイトレスは詳細を知らずに料理店を訪れた主人公を楽しませようと
まずは催眠を通じて様々な注文を出し、後になるほど意識がどろどろになるようリードします。
そしてエッチは「食べられる」をソフトなタッチで描きながらドライ、ウェット両方の絶頂まで持っていきます。

料理店でエッチに料理される様子を催眠で表現した奇抜なシチュ
タイトル通り注文を数多く繰り出し深化や女体化を促すテーマ性の強い催眠
美女たちに舐められたりオナニーを見られる快感にメス堕ちを絡めたちょっぴり背徳的なエッチ。
発想力の豊かなサークルさんらしい思い切った作品に仕上がってます。

中でも催眠は固有要素と技術の絡め方が優れてます。
注文をいくつも出す形式を効果的に用いたり、エッチで食べられる快感を与えるところなどは
通常のエッチな催眠音声と明らかに方向性が異なるのにちゃんと成り立ってます。
キーワードを起点に感度を上げたりイかせるのも注文の一種と言えるでしょう。

ストレートなエロをわざと避けてるので、そういうのが好きな人にはやや不向きかもしれません。
ですが催眠特有の感覚を味わいたいとか、暗示でイかされたい人にはかなりおすすめできます。
オナニーの時間は6分程度と短めです。

絶頂シーンはドライ4回、ウェット1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:15:18

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【バイノーラル】先輩とお姉さまにメスイキ調教されるあなた【百合 TS催眠】

【バイノーラル】先輩とお姉さまにメスイキ調教されるあなた【百合 TS催眠】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「07_二人に同時責めクンニ&耳舐め」以降の様子を中心に紹介します。
もっと深い快感を
後編のエッチシーンは6パート64分間。
プレイは手マン、クンニ、キス、耳舐め、乳首責め、乳首オナニー、手足の拘束、ローター責め、69、ディルドSEX、鏡を見る、アナルSEX、指を舐めるです。

手マン、手足の拘束、ローター責め、ディルドSEX、アナルSEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。

加奈「脚 少し広げて? ね、パンツのここ シミだらけでぐちゅぐちゅだよ?」
前編のエッチであかねのおまんこがぐっしょり濡れてるのを見た加奈と理絵は
これまで以上に踏み込んだプレイをして女性の快感をより深く味わわせます。

序盤の2パート23分間は主におまんこを責めるプレイ。
「07_二人に同時責めクンニ&耳舐め」は加奈のクンニ+理絵の耳舐め
「08_手枷と足枷で拘束されてローター責め&指挿入」は加奈のローター責め&指挿入で1回ずつ絶頂させます。

理絵「加奈に舐められて あそこからいやらしい音が くちゅくちゅ聞こえてくるよ」
あかねと加奈が付き合ってる事情を考慮し、引き続き理絵はサポート役にまわって
プレイの様子を実況したり興奮が高まる言葉をかけます。
暗示を入れて感度を上げたり絶頂させるといった催眠の要素は薄いですが
実況がしっかりしてるしエッチな音も多めに鳴るので実用性は高めです。

理絵「イキたかったら イかせてってお願いしなさい」
理絵がちょっぴりSっ気を見せるのが良いですね。
恥ずかしいセリフを言わせたり、気持ちいい時は喘ぐように指示して場を盛り上げます。
拘束具で手足を固定するシーンがあるものの、あかねを痛めつけることは一切ありません。
加奈とのエッチでは体験できなかったことをして喜ばせるサービス色の強い内容です。

本作品で唯一理絵がメインの責め手を務めるのは「11_お姉様に言葉責め鏡の前でおもちゃ責め&挿入」(約18分)。
耳舐めやローター責めをしてからディルドを装着し
大きな鏡の前であかねのおまんこに入れて純粋な快感と見られる快感を与えます。

理絵「おまんこの中から全身へ 痺れたような快感が広がっていく」
加奈「子宮の入り口で快感が弾ける寸前」
そしてここでは普段よりも催眠暗示の量を多少増やし
言葉でイメージ力を膨らませつつその気持ちよさを伝えます。
今までがほぼボイスドラマだったので他のパートよりも臨場感が高く感じました。
理絵のことを「お姉さま」と呼ぶなど百合要素もしっかりあって良いです。

それに対して「12_二人に前と後ろの穴を同時で責められながらメスイキ」は刺激の強さを追求したパート(約16分)。
複数の性感帯を同時に責めて最後の絶頂へと追い込みます。

拘束を解いてから四つん這いになって先ほど使ったディルドを舐めアナルに迎え入れる
それよりも長いディルドをおまんこに入れられ乳首とクリトリスも責められる。
男性よりも幅広い刺激を与えるもっとも濃いプレイになってます。
効果音もガンガン鳴りますし、最後にカウントも数えてくれる親切設計です。

このように、女性特有の性感帯を後になるほど強く幅広く責める充実したエッチが繰り広げられてます。
エッチは優れてるのだが…
どちらかと言うと催眠よりもエッチに光るものを持ってる作品です。

加奈と理絵は過去にあかねへ行った刺激的なエッチを主人公にも体験してもらおうと
女体化の催眠をかけつつまずは本の世界に案内します。
そしてその後は催眠要素を一気に落とし、エッチの様子を生々しくエロく描きます。

ブックカフェの店長と先輩に女の快感を教わる百合シチュ
読み聞かせっぽいやり方で誘導する催眠、時間が長く内容も幅広いエッチ。
百合系ボイスドラマとしての魅力が出るように作品を組み立ててます。

特にエッチは百合を扱う作品自体が少ないですし
甘さをきちんと残したうえで若干アブノーマルなものに挑戦する展開も優れてます。
あんまり激しくやると調教色が強くなってしまいますから
M向けのことをやるにしてもあかねを喜ばせるのを強く意識しながら丁寧に行います。
何度も言ってますけどボイスドラマとして見るぶんには優れてると思います。

ですが本作品は催眠音声なので、催眠がいかに優れてるかが最重要ポイントになります。
現在世に出てる名作は内容が大きく違ってもこの点において一致してます。
そこに催眠のかけ方が面白い、エッチがぶっとんでるなどの個性が加わります。
その観点からいくと残念ながらイマイチというのが正直な感想です。

本作品のように総時間が長い場合、最後まで催眠状態を維持できるかが大きな課題になります。
そしてそれを成し遂げるにはエッチに入った後も継続して無意識に働きかける必要があります。
事前にキーワードを定めてプレイの合間に言うとか、絶頂して次のパートへ移るまでに再度深化させるなどです。
そういった配慮が特にされてないので大部分の人は途中で催眠が解けるでしょう。

「10_両手を拘束されて催眠深化」というパートが一応用意されてますけど
深呼吸しながら暗示を軽く入れる程度でその役割を果たせてるとは言えません。
3時間クラスの作品ならもっともっと手厚く働きかけて欲しいです。

加奈「つんつんされるたびに 体をビクビクさせてるよ」
あとはエッチシーンのセリフ表現が催眠から離れてしまってます。
催眠音声では客観的な描写に加えて主観的にどう気持ちいいのかも伝えるのですが
上のセリフのように何をしてるか、どのように反応してるかだけで終わることが非常に多いです。
もう少し詳しく言うと11と12パートにだけ気持ちよくする暗示が若干出てきます。

この作品はあかねの快感を追体験させるのがコンセプトですから
当然責められた時に得られる快感は重要になります。
男性は女性の快感を知らないので、技術を駆使してそれを伝えなければ自分のこととして楽しめません。
女体化催眠音声のエッチで必要不可欠な部分がほぼないのはさすがにまずいです。

後編の絶頂シーンは6回。
くちゅ音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:清水加奈(先輩)…陽向葵ゅかさん 雪村理絵(店長)…篠守ゆきこさん
総時間 2:55:11

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は4点。
175分で1080円とコスパが良いので+1してあります。

同人音声として見た場合は7点です。

【バイノーラル】先輩とお姉さまにメスイキ調教されるあなた【百合 TS催眠】

サークル「ユビノタクト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、バイト先の先輩とその店長が
そこにある不思議な本を使って女性の快感を疑似体験させます。

催眠よりもエッチにずっと力を入れた作りになっており
催眠は序盤に軽めの誘導をする程度に留め
それから聴き手を物語の主人公に見立てて色んなエッチを楽しみます。

総時間が3時間近くあるため前編(01~06)、後編(07~14)の2回に分けてお送りします。
女性の快感を追体験できる本
二宮あかねになりきって色んなエッチをするお話。

「ありがとうございました」
加奈は明るくてお淑やかな声の女の子。
「ちょっと早いけど 今日はもう閉めようか」
理絵はややトーンが低く溌剌とした声の女性。
ブックカフェの営業を終え主人公にお疲れの挨拶をすると
残ったお茶菓子を食べながら店の端にある不思議な本のことを話します。

本作品は過去に少女が体験したエッチな出来事を追体験することを目的に
彼女たちが175分に渡って女体化催眠をかけたり物語に沿ったエッチをします。
催眠自体は32分程度とかなり短くなっており、その代わりエッチの内容を濃くして個性を出してます。
技術を使って聴き手の感覚をコントロールすることはほとんどありませんから
ガチな催眠音声ではなく、催眠つきのボイスドラマと思ってください。

ストーリーを簡単に説明しますと、このブックカフェには街の人が体験したことを綴った不思議な本が置かれており
それを読めるのは同じ体験をした者だけだそうです。
主人公は男性なので当然これらを読むことはできません。
そこで興味を持った彼の代わりに彼女たちが読み聞かせて本の世界に招待します。
これらは冒頭の「02_アルバイト先のブックカフェの閉店後」できちんと教えてくれます。

催眠はおよそ32分間。
普段使ってるベッドや布団へ横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸を行います。
ちなみにここは加奈が左、理絵は右に陣取って語りかけます。

加奈「2016年 4月23日 入学して間もない 雨の日の午後」
理絵「温かいお茶が 喉元を通っていくのがわかる 体がぽかぽかとなるのと同時に 全身の力が すーっと すーっと抜けて リラックスしてくるよ」
パート名が「03_読み聞かせで女体化暗示」となってることからもわかるように
加奈が本の始まりにあたる自分と二宮あかねが出会ったシーンを話します。
そして理絵は深呼吸のリズムを取ったり催眠開始前に飲んだ特殊なお茶の効能を伝えます。

双子催眠と言うほど複雑なことはしてきませんが
2人が協力してリードすることを意識してるように映りました。
サークルさんの3作目ということで以前よりも難しいことに挑戦されてます。

加奈「願望を声に出すと 体の変化が始まってくる 瞳も大きく 唇も小さくなってきた 顔つきも 私の大好きな二宮あかねのようになってきたよ」
その次はお茶の効果を説明してからこちらの体を少しずつあかねへ変えていきます。
女の子になったらどんな事がしたいかを予め尋ね
それから髪、顔つき、耳、指、脚など性差が出やすい部分を中心にその様子を実況します。

「自分の願望を声に出したほうがなりきりやすい」と言ってくるので
もし可能なら声に出してみるとより女体化しやすいかもしれません。
乳首、胸、おまんこといった性感帯もカバーしてありなかなか丁寧です。

そして最後は再び読み聞かせに戻り、加奈とあかねが付き合い始めた頃の様子を語ります。
この時点ではまだ心が男性のままなことを踏まえて
どちらかと言えば体よりも心を変えることを重視してアプローチをかけてました。

加奈「そうよ もう一度口に出して言ってみて? 私は二宮あかねですって」
理絵「もう完全に 君の心と体は 二宮あかねと重なった」
ただその際のセリフが復唱させたり事実を言う程度で終わってるので
もう少し聴き手が自然とそうなれるように工夫したほうが良かったと思います。
例えば本の中で加奈と会話したりイチャイチャする様子を主観的に語るなどです。
あとはあかねがどんな女の子かを今よりも掘り下げて読み聞かせたほうがいいかなと。
特徴がわからなかったらなりきりたいと思ってもなかなか難しいですからね。

エッチの環境づくりに専念してる非常に特殊な催眠です。
聴き手の心と体を二宮あかねにするのを目的に
深呼吸から入ってお茶の効果を使っての女体化、そして心の女性化と
シーンごとに大まかなテーマを定めてほぼ一直線に進みます。

やってることは作品に合ってて良いのですが催眠の技術面に難が見られます。
売りである読み聞かせがほぼ機能してないこと、重要な部分が省略されてることが主な要因です。

前者は雨の日に加奈とあかねが出会いひとつの傘に入って下校する様子を語った後は
普通の催眠音声と同じく暗示をストレートに入れて誘導します。
簡単に言うと読み聞かせと催眠誘導がほぼ分離してしまってるんです。
読み聞かせをちょろっとやって、女体化して、再度読み聞かせる流れのおかげでテンポが悪くなってます。

これが下校中に聞こえる雨音や回りの情景を語りながらリラックスする暗示を入れ
さらにバス停にあるベンチの心地よさや加奈といる安心感を通じて催眠状態を深めるとかにしていれば
物語と催眠の親和性が上がり、少なくとも今よりはずっと入りやすくなったでしょう。
そしてこれは物語の主人公であるあかねへのなりきりやすさにもプラスに働きます。
読み聞かせるスタイルならそのストーリーに技術を込めて催眠をかけて欲しかったです。

理絵「どうしたの? ティーカップへ手を伸ばそうとしても まったく力が入らず 動かすことができない」
後者は軽く深呼吸した後にいきなり体が動かなくなる暗示を入れたり
深化と呼べる行為を挟まずに女体化や健忘の暗示を入れるなど進め方が性急です。
女体化は通常の催眠よりも難しいので、より慎重かつ丁寧にリードするのが望ましいです。
ここで失敗するとエッチがどんなに優れていても作品が破綻します。

処女作「【バイノーラル】TS催眠 先輩に囁かれながらメスイキするあなた【百合】」では
割と良い催眠をかけてらっしゃっただけに残念です。
以上のことからかなり厳しいと私は見ています。
ある時はこっそりと、ある時は見せつけるように
前編のエッチシーンは3パート41分間。
プレイは体の愛撫、手マン、指を舐める、加奈と理絵のエッチを見る、キス、首筋舐め、乳首責め、耳舐め、乳首オナニーです。

愛撫、手マン、乳首責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

加奈「ねぇ 手 握ろ?」
催眠を使って主人公を無事あかねに変えた加奈と理絵は
本の世界でお店の仕事が終わった後、その奥にあるコタツに入ってイチャイチャします。

エッチは彼女たちが責め続けます。
最初の「04_コタツで先輩とイチャイチャ」は隠れながらするエッチ(約16分)。
加奈がコタツの中に手を入れてあかねの太ももやおまんこをいじり
お茶を持ってきた理絵がいる前で軽い絶頂へ追い込みます。

加奈「あかねの我慢してる顔ってエッチで もっとしてあげたくなるんだよね」
この時の2人は付き合い始めてもう1年経ち色んなエッチも経験してます。
だから加奈もあかねの弱点を的確に突き、さらに見られるスリルもくすぐって興奮させます。
他人がいる前でこっそりするシチュも相まってなかなかエロいです。

ちなみに本作品のエッチは催眠の要素がほとんどありません。
感度を上げたり絶頂させる暗示を入れず、同人音声とほぼ同じしゃべり方と責め方をします。
催眠状態を維持するアプローチも特にされてないため、ほとんどの人が途中で解けると思います。
これが最初のほうで「催眠つきのボイスドラマ」と言った一番の理由です。

続く2パートは3人で楽しむシーン。
先ほどのエッチの後に眠ってしまったあかねの前で理絵が加奈にクンニし
さらに「06_理絵さんに見られながら加奈先輩に乳首責めされる」は2人に乳首を責められ連続絶頂します。

加奈「片方の乳首 くりゅくりゅしながら舐めてあげる」
キスから入って首筋舐め→乳首責めと続き
途中からは理絵も加わって控えめに乳首を弄ぶ複数人プレイです。
責める部位によって変わるねっとりしたちゅぱ音がリアルですし
2人の女性に乳首を集中攻撃される展開も百合らしくて良いです。
パートの中盤からは自分で乳首をいじる指示も出るなど、ストレートな快感を重ねてイキやすくしています。

絶頂形式がドライなので実際に絶頂できるかどうかは人によりますが
雰囲気作りがしっかりしていて彼女たちとエッチしてる気分に浸りやすいです。
催眠にさえ目を瞑れば結構楽しめるのではないかなと。
ボイスドラマとしての品質は高いと思います。

前編の絶頂シーンは4回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

後編へ続く…。
【バイノーラル】先輩とお姉さまにメスイキ調教されるあなた【百合 TS催眠】(後編)

CV:清水加奈(先輩)…陽向葵ゅかさん 雪村理絵(店長)…篠守ゆきこさん
総時間 2:55:11


体験版はこちらにあります

【English 催眠】 The session to be PORN-LADY

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、上品で面倒見のいいカウンセラーが
シンプルな女体化催眠をかけてから男性たちに代わる代わる犯される快感を教えます。

彼女が全編英語で話すのが最大の特徴で
日本人でも聞き取れるようゆっくり目に話しながら
重要な単語を強調して何度も言ったり、絶頂のタイミングをわかりやすく指示します。

今回は「A_Hypnosis mode」の黒人達に犯されるVersionを聴いてのレビューをお送りします。
日本初?の完全英語催眠音声
カウンセラーのメアリーにエッチな女体化催眠をかけてもらうお話。

「Hello man. I'm Mary. Job is counselor.」
メアリーは明るくて上品な声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を手短に説明し自己紹介すると
催眠を使って幸せなひと時を提供します。

本作品はアメリカのポルノ女優になって男性たちに犯される快感を疑似体験させることを目的に
彼女が30分程度を使って催眠をかけたりディープなエッチを提供します。
職業がカウンセラー、しかも冒頭で「セッション」と言ってることから
おそらくは精神医療の一環としてこのサービスをするのだと思います。
内容は結構ぶっ飛んでますけど暗さや強引さを感じる部分はまったくありません。

「Trust my voice and word. My voice have to control your mind.」
そして彼女は最初から最後まで常に英語で語りかけます。
作中で日本語が出てくるシーンは一切ありません(「futanari」などの用語は除く)。
そのため普段聴いてる催眠音声とは随分違った印象を受けます。

ただし、使われてる催眠の技法やエッチの追い込み方はほぼ一緒です。
カウントに合わせて深化や絶頂を促したり、その直後に追い込みをかけるシーンが多く
英語を理解してなくても何をするかなんとなくわかるように作られてます。

重要な暗示はやや強調して繰り返し言うのもそれを意識してるのでしょう。
全編を通じてゆっくり目に話すなど、日本人向けの配慮が随所でされてます。
付属のテキストに主な単語とその意味がリストアップされてますから事前に目を通しておくといいです。

また冒頭で軽く触れた通り本作品に複数のバージョンが用意されてます。
今回紹介する「A_Hypnosis mode」にも相手が黒人男性、ふたなりレディーの2パターンありますし
他にも時間をやや短くしたもの、エロ暗示の海を漂う音声と合計5つ存在します。
日本語の催眠音声とは勝手が違うから1視聴あたりの時間を短くしたのでしょう。
同じ音声を繰り返し聴くよりも、気分によって選べたほうが楽しく英語催眠に慣れられますから良いと思います。

催眠は2パート8分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはメアリーの言葉に耳を傾けます。

「Your mind fall into the deephole.」
「You are floating in cosmic space. It feels good. Very good. Falling dreaming.」

深呼吸を省略する代わりに声に若干のエフェクトをかけ
「deep(深い)」「fall(落ちる)」といった深化に関連性のある単語を交えて話しかけます。
彼女が言ってることを無理に全部把握しようとする必要はありません。
重要な暗示を拾っていく感じに聴いたほうがリラックスできて催眠に入りやすくなります。
最後に短めのカウントを数えて深化を後押しするなど、催眠音声ユーザーに馴染みのある方法で誘導します。

「Beautiful white skin. Sexy legs and arms. You do'nt have cock. You have pussy and clit.」
「You need cock. You love cock. You love cum(精液).」

続く女体化パートは場所をアメリカの大きな家に移し
そこのベッドルームにある大きな鏡に全身を移して女性になった自分をイメージします。
白い肌、ブロンドの髪、青い瞳と違いが出やすい部分をピックアップし
さらにおちんちんや精液に対して良い印象を抱く暗示を入れて心構えも身に着けます。

本作品はエッチを通じて女体化を定着させる作りになってますから
この時点でしっくり来なかったとしても気にする必要はありません。
エッチの舞台がどこか、自分が何者かを教えてなりきりやすくするためのパートです。

エッチに向けた環境づくりを見据えた極めてシンプルな催眠です。
聴き手をアメリカのポルノ女優にすることを目的に
イメージやカウントを交えた暗示で催眠状態を深め
それからAV撮影をする場所に降り立ち男性に犯される準備を整えます。

英語の催眠音声は初めてだったので聴く前はそれなりの不安もあったのですが
実際は催眠にあっさり入れてビックリしました。
「落ちる」「沈む」といった単語に無意識が反応できる下地ができてたからだと思います。
催眠音声をよく聴いてる人なら同様の感覚が得られるのではないかなと。
時間が非常に短いことから中上級者にのみおすすめします。
たくさんのおちんちんに汚される快感
このバージョンのエッチシーンは21分間。
プレイはフェラ、乳揉み、乳首責め、SEX(正常位?)、アナルSEX、手コキ、スパンキングです。

SEX、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「There are many big cocks. Big long American size cocks.」
催眠を使って主人公をセクシーな女性に変えたメアリーは
20人の黒人男性を相手にエッチする様子を実況しながら女の喜びを教えます。

エッチは彼女が引き続き天の声を務めて男性たちにガンガン責められます。
最初の5分間は連続絶頂に向けて心身を温めるシーン。
フェラから始まり乳揉み&乳首責め、SEXと徐々にプレイを追加し
それと並行して感度が上がったり絶頂する暗示を入れます。

「Cock in the pussy slowly. Feels amazing.」
「Cum cum cum cum cum cum」

このエッチはAVの撮影ですからこちらが嫌がることは特にしません。
引き続き英語で気持ちよさや幸福感が膨らむよう小まめにアプローチします。
絶頂シーンは5カウントダウンの後に「cum」を連呼し、さらに追い込み暗示を入れるわかりやすいスタイル。
カウントの開始と同時に音叉っぽい効果音も流れて絶頂のタイミングを教えてくれます。

エッチ開始から1回目の絶頂までが4分程度と短いことから
おそらくは終盤で上手く絶頂させるための練習なのだと思います。
この後も絶頂シーンがたくさんありますし、自分でイケそうな時にイクのがいいでしょう。

「Say I love black cock. Say I love warm sperm.」
絶頂した直後におちんちんや精液へ良い感情を抱かせるのもポイント。
実際に声に出したり、その様子をイメージして心も少しずつメスに変えていきます。
淫語や効果音もそれなりに入ってますけど、催眠音声らしく技術で気持ちよくすることを最も重視してます。

残りの16分間はよりハードかつディープなプレイ。
口とおちんちんに加えてアナルにもおちんちんを挿入し
さらに軽いスパンキングや手コキも盛り込み何度も何度も絶頂させます。

「Feel so good. You want more.」
「Cum for your legs,arms,breast,nipple,blonde hair,nose,nose hole」

おちんちんの快感に酔いしれてもっと欲しがり、体中を精液まみれにされても絶頂を繰り返す。
陵辱色をできるだけ薄めた形で多くの男性に犯される快感と幸福感を与えます。
特に終盤はほぼノンストップで絶頂を続ける結構ハードな追い込みです。

カウントからの絶頂を繰り返すのが基本の流れなので
序盤はピンと来なかったとしても次第に変化が現れると思います。
私の場合は全身が熱くなったり股間と首のあたりが何度も痙攣しました。
英語だからこそできるだけシンプルにリードしてわかりやすくしています。

このように、輪姦に近いプレイを女性視点で楽しむハードなエッチが繰り広げられてます。
言葉の壁をあまり感じない作品
日本語が使えないハンデを上手に克服してる作品です。

メアリーは何らかの理由で心に問題を抱えてる主人公をスッキリさせようと
まずは彼女の声に集中させつつ女体化の催眠をかけて普段と別の存在に変えます。
そしてエッチは多くの男性に責められぶっかけられる喜びを明るいタッチで描きます。

最初から最後まで英語でしゃべる斬新な作り
短いながらも要所を押さえた催眠、エッチを通じて女性気分を徐々に膨らませる女体化。
サークルさんがこれまでの活動で培ってきたものをそのまま反映させてます。

「You are excite. You are in heat. Your mouth might feel pussy.」
中でも英語は本作品を象徴づける要素なだけあって
聴きやすく親しみやすいことを強く意識して進めます。
文法は中学生でもわかるレベルまで落とし、単語もできるだけ平易なものを選んでます。
「落ちる」「沈む」といった感覚を掴んでさえいれば普通に楽しめるでしょう。
文を追うのではなく、単語を拾う感じに聴いたほうが入りやすいです。

エッチはカウントや「cum」の掛け声で絶頂できるように繰り返すことを心がけてます。
英語で実況メインだとついていくのが大変でしょうし
こういう直感的な作りにしたのは正解だと思います。
並行して心の女性化を進めるあたりも女体化専門サークルさんならではで上手です。

絶頂シーンは15回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:Latexさん
総時間 2:41:55(A黒人…32:41 Aふたなりレディー…33:06 B黒人…27:53 Bふたなりレディー…28:15 C…40:00)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月12日まで15%OFFの918円で販売されてます。

幻影図書館 ~催眠で女の子になって女性向け音声を楽しむ+なでなで安眠~

サークル「お嬢さん堂」さんの催眠音声作品(全年齢向け 男女両用)。

今回紹介する作品は、夢の中にある不思議な図書館を舞台に
そこを管理してる女性が変わった癒しの催眠を施します。

全年齢向けの女体化誘導をするのが最大の特徴で
そのまま女性向けの音声を聴く場合、彼女と一緒に過ごす場合の2パターンを用意し
いずれも女性になりきって楽しめるよう短く丁寧に誘導します。

今回は「男性がなでなでを楽しむ場合」を聴いてのレビューをお送りします。
数多の思いが込められて図書館で
ストーリーテラーに女体化催眠をかけられリフレッシュするお話。

「ここは 夢とうつつの狭間 ゆっくりと戸惑うように動く あなたの靴音が 石畳に響いています」
ストーリーテラーは清楚で穏やかな声の女性。
主人公が現在いる不思議な図書館の様子を主観視点で語ると
そこに現れ自己紹介してからどの本を読みたいか尋ねます。

本作品は女性になりきって女性向けの音声作品を楽しんでもらうことを目的に
彼女が20~30分程度の健全な催眠を施します。
今回紹介する「男性がなでなでを楽しむ場合」以外にも
「男性が女性向け音声を楽しむ場合」という別パターンがありまして
そちらは催眠導入を聴いた後にお好みのシチュエーションボイスを挟み、最後に解除を聴く流れになります。

サンプルとなる女性向け音声は同梱されてませんから
男性はたぶん単体で完結する「男性がなでなでを楽しむ場合」を選ぶことが多いと思います。
選んだ作品によって印象が随分変わるでしょうし、本レビューではこちらに的を絞って紹介します。

またそれ以外に女性が上記の2パターンを楽しめる音声も用意されてます。
声優さんは共通で男性向けよりも導入が4分程度短くなってる感じです。
全年齢向けなので女性の声でも大丈夫なら普通に聴けると思います。

「ここにある本は すべて甘い甘い夢物語」
最大の売りは全年齢向けでありながら女体化誘導をすること。
短めの催眠で幻影図書館にいる気分に浸らせてから
指先、顔つき、胸、腰、股間など性差が出やすい部分をピックアップして変化させます。

18禁に含まれる描写は出てきませんが
肌の張りや胸の重さといった感覚の違いにも触れられていて割と丁寧です。
そして音声を聴き終えた頃には気持ちが軽くなってることに気づくでしょう。
一時的に普段の自分とは別の存在になってリフレッシュすることも狙って作られてます。

全編を通じてオルゴールっぽい癒し系のBGMが流れるのもポイント。
これらを聴いてるだけでも心が落ち着き、彼女の言葉を受け入れやすくなります。
流れないバージョンも入ってますけど流れたほうが癒し効果は強いです。
女性になりきり心身をリフレッシュ
「男性がなでなでを楽しむ場合」はほぼ全編にあたる4パート32分間。
最初の「物語の世界へようこそ」は幻影図書館を訪れた主人公がストーリーテラーと出会い
そこにある本を選んで読み始めるまでの様子に技術を絡めて進めます。

「息を繰り返すと 不思議と全身が重くなってきます」
「ゆらり ゆらり 椅子が前後に揺れるたびに あなたの意識は 深いところへと入っていきます」

呼吸に意識を向けさせながら体が重くなる暗示をさり気なく入れたり
図書館内にある安楽椅子に座ってるイメージを通じて催眠状態を深めるなど
現役のヒプノセラピストさんが製作に携わってるだけあって洗練されたリードをします。
「ゆらり」を入れてセリフにリズムと柔らかさを持たせてあるのも良いです。
癒しのBGMも相まって音声開始から5分後にはそれなりに眠くなってました。

本題の女体化はおよそ4分間。
彼女と2人きりで爽やかな草原にいる自分をイメージし
膝枕されながら体の主要な部分をひとつずつ変えていきます。

「まるで マシュマロに触れているような感じ きめ細やかで 柔らかな肌 目元のまつげは長くて 指先で確認できるほど」
事前に安楽椅子や草原のイメージを組み込んであるおかげか
彼女の話してる女性像が自然と頭に浮かんできて面白かったです。
その後に再び深呼吸しながら深化を促すアプローチもするなど
1人でも多くの聴き手が心地よい感覚に包まれるよう上手にケアします。

続く2パート12分間は心身のリフレッシュを目的としたサービス。
「今宵は私が」は引き続き膝枕したまま優しい言葉をかけて心をほぐし
「なでなで」は彼女に頭を撫でられてる感覚に浸って頭を空っぽにします。

「あなたの柔らかい女の子の指先に 私の指先を絡めてあげましょう」
これらをやるにあたって聴き手が女の子になったのを前提とした会話をするのがいいですね。
癒しつつ女体化の安定化も図っていて本作品の趣旨にとてもマッチしてます。
「今宵は私が」はイメージ&暗示主体、「なでなで」は布を撫でるような摩擦音&BGM主体と
パートごとに癒しの方向性を変えてあってそれぞれに違った良さがあります。
女体化自体はそこまで強く関係してませんから、上手くいかなかったとしても普通に聴けるし癒やされるでしょう。

このように、別世界で寛ぐ様子に女体化を絡めた珍しい癒しの催眠が繰り広げられてます。
心を洗い流してくれる作品
短時間でのリフレッシュにとても向いてる作品です。

ストーリーテラーは幻影図書館を訪れた主人公を晴れやかな気分で現実世界へ送り出そうと
ここにある数多くの本から好きなものを選んでもらい、自分は膝枕でそれを読む様子を見守ります。
そして全年齢向けらしく癒しをメインに据え、そこに女体化を絡めて個性を出します。

穏やかな女性と図書館でまったり過ごすシチュ
女性向け音声作品を女性と同じ視点で楽しめるよう女体化誘導する変わったコンセプト
それにあたって短い時間で効果的なアプローチをする質の高い催眠。
サークルさんが元々持ってる技術力の高さを活かした聴きやすい作品に仕上がってます。

「幸せ 幸せ たくさんの幸せと 穏やかな気持ちが あなたの心と体を満たしていく」
特に催眠は暗示の入れ方、分量、表現方法など
ひとつひとつがしっかりしていてセリフが心にスッと入ってきます。
女性になりきることで心をリフレッシュさせる視点も効果的です。
女体化有りで30分は短いほうですから、女体化催眠を練習するのにも役立つでしょう。

CV:杠葉えりかさん
総時間 1:10:41(1視聴あたりの時間は20~32分)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

メスイキさいみん

サークル「S彼女」さんの催眠「風」音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかな色っぽいお姉さんが
催眠を交えた珍しいオナサポをして女性の快感を味わわせます。

女体化の後、実際に体をいじりながらドライを目指すのが大きな特徴で
乳房&乳首、クリトリス(亀頭)、おまんこ(アナル)とシーンごとに部位を変えながら
丁寧な指示と掛け声を組み合わせてわかりやすくリードします。
正統派の催眠音声とは作りが大きく違いますのでご注意ください。

抱き枕、肛門挿入用アダルトグッズ、ローションを用意しておくとより楽しめます。
(ローションはほぼ必須 他は無しでも可)
女の子になりきって気持ちいい絶頂を
お姉さんに女体化催眠をかけられオナニーするお話。

「は~い、こんばんは♪ 今夜は、お姉さんと一緒に気持ち良くなりましょうね」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
注意事項や自己紹介といった前置きはすべて省略し
早速女体化やメスイキに関するお話を始めます。

本作品は男性では味わえないタイプの快感を疑似体験することを目的に
彼女が110分近くに渡るエッチなサービスをします。
催眠7分、エッチ75分と後者にとても力を入れており
シーンごとにいじる部位を変えながらゆっくり刺激を与えて少しずつ絶頂を目指します。

「お姉さんが、あなたを可愛い可愛い女の子にしてあげる。……いっぱいいっぱい気持ち良くなれる、感じやすい女の子にしてあげる」
テーマはもちろんメスイキ。
おちんちんをしごいて射精するいつものオナニーとはスタイルを大きく変え
乳房&乳首、クリトリス、おまんこといった女性特有の部位を直接いじって気持ちよくなります。
絶頂形式は全部ドライですが、その手段はどれも手や器具で刺激を与える(=セルフ)となってます。
女体化作品でセルフ主体のエッチをするのは非常に珍しいです。
男性にはない器官はあるものに置き換えてするなど、女性気分に浸りやすくする配慮もされてます。

ただし、イメージや技術を使った感度強化を行う一般的な女体化モノとは違い
指示や掛け声といった同人音声におけるオナサポ要素を主軸にしたリードを心がけてます。
催眠自体がとても弱いので、女性になりきってオナニーできるかと言われれば正直微妙です。
しかし催眠を絡めた特殊なオナサポ作品として見るならそれなりの品質を持ってます。

サークルさんも販売ページの作品説明文で「催眠系エロボイス」「催眠風作品」と明言されてますし
ガチな催眠音声ではないということを理解してお聴きください。
当サイトでもそれを踏まえたレビューを行っていきます。

ちなみに製品版には演出あり版(A)、演出なし版(B)の2パターンが用意されてます。
両者の違いは演出効果の有無で、ありの場合はバックで擬声語や短いセリフが時々流れます。
あったほうが催眠に入りやすくなるわけでもないので好きなほうをお選びください。
リラックス重視の簡素な催眠
催眠はおよそ7分間。
上半身だけ起こして座り、まずはお馴染みの深呼吸を3分程度します。
そして脱力や深化は行わずいきなり女体化の暗示を入れ始めます。
姿勢は横になってもいいそうですが、オナニーのやりやすさを考慮し座ることを推奨してます。

「オッパイの大きさはどれくらいかしら? 乳首の色は綺麗なのかしら?」
「感じやすいオマンコは、どうなってる? あなたのオマンコは、薄桃色でとても綺麗♪」

女体化は自分がなりたい女性の全体像をイメージし
それからおっぱいやおまんこといったエッチに関係のある部位を個別に変えます。
具体的にどんな女性とは言わないので自分の自由にイメージできます。

軽くリラックスしてからメインの暗示を入れる極めてコンパクトな催眠です。
聴き手を自分の理想とする女の子へ変えることを目的に
オナニーに適した姿勢での深呼吸から入り、性差が最も出やすい胸や股間に的を絞って女体化します。

やってる事はテーマに沿ってるのですが、そもそもの時間が短いこと
古典/現代いずれの技術も使われてないこと、深化にあたるシーンが特に無いことから
この音声を聴いて一定以上の催眠状態に入れる人は皆無だと思います。

2つ後に出てくる03パートの名前が「前戯その2。催眠深化。」となってますが
催眠における深化と受け取れる要素はありませんでした。
本気で女体化させたいならもっと時間を長く取り入念に誘導したほうがいいでしょう。
男の性感帯を女のそれに見立てて
エッチシーンは5パート75分間。
プレイは乳房/乳首/太もも/亀頭/アナルオナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ないので最初から脱いでおいたほうがいいでしょう。

「女の子は、自分のオッパイをさわり放題なのよね~♪ だから、ほら……自分でオッパイを揉んで?」
催眠を使って主人公を可愛い女の子に変えたお姉さんは
ひとまず大きくなったおっぱいをいじらせて女性の快感の第一歩を教えます。

エッチは彼女と体の接触はせず終始言われた通りに手を動かします。
一番最初の「02 前戯その1」は胸部を重点的にいじるパート(約16分)。
胸をしばらく揉んで性感を高めてから乳首に移行し1回目のドライ絶頂を目指します。

「両方の乳首を、軽く摘まんで? 手の平でオッパイを揉みながら、指先で乳首を摘まむ……摘まむ……ほら、摘まんで、コロコロ、コロコロ転がす」
「可愛い女の子のあなたも、オッパイでイっていいの……乳首でイっていいのよ?」

エッチに入った後も彼女は引き続き穏やか。
彼が頭を空っぽにして快感に没頭できるよう何をするかを優しく教え
さらに開始後は「もみ もみ」などの掛け声を小まめに挟んでペースと強さを指示します。

7年以上も活動されてるサークルさんなだけあって、オナサポのやり方が丁寧でわかりやすいです。
またその最中に女の子になったことを自覚させるセリフも多少投げかけます。

「オッパイから生まれた快感が、体全部に染み渡っていくわ♪ 乳首から生まれた快感が、体全部を覆っていくわ♪」
催眠風音声なので感度強化の暗示もちょこちょこ入れてきます。
ただ催眠のかかり具合が浅くなることから、それよりも体をいじる純粋な快感のほうがずっと強いです。
乳首を開発してる人ならピリッとした鋭い快感が適度に味わえます。

絶頂はどのパートも5~10カウントを数え
1カウントごとに短めのセリフを挟み、最後に彼女がイキ声っぽい艶めかしい声を漏らします。
こんな風にオナサポとして見る分には作りが結構しっかりしてます。

続く2パート28分間はクリトリス。
「03 前戯その2」で太ももや性器周辺をゆっくり愛撫して気持ちを盛り上げ
「04 前戯その3」は亀頭をクリトリスに見立てて先端だけを指で刺激します。

「クリちゃんの先っぽから、愛液ドプドプ溢れまくる。敏感なクリトリスから、ヌルヌルのオツユが噴き出しちゃう」
何をするか教えてから「とろ とろ にゅる にゅる」の掛け声でリズムを取り
さらにカウパーを愛液に見立てて雰囲気を出すなど
聴き手が女性になりきって楽しめるよう配慮しながらゆっくり進めます。

乳首よりも敏感な部位をいじるおかげで体の快感も強いです。
ただしローションだけは用意しておいてください。
有りと無しではやりやすさや気持ちよさが大幅に変わります。

終盤の2パート31分間はいよいよおまんこ。
「05 本番その1」は予め用意した器具にローションを塗ってからゆっくり挿入し
「06 本番その2」はそれを出し入れしながら他の性感帯も同時にいじって連続絶頂を目指します。
器具がない場合は指や綿棒で代用することになります。

「オマンコの中を感じる、お腹の中のうごめきを感じる……。オマンコの中が熱くなって、お腹の中が痺れてきて……」
「中でイく、メスみたいにイく。オマンコの中がイきまくる、メスみたいにイきまくる」

そしてここでもアナルのことを「おまんこ」と呼び
絶頂前のカウント中ではメスイキを強く匂わせるセリフをぶつけて応援します。
この手のプレイでよくある前立腺責めに繋げてないのもテーマに合ってて良いです。
時間が長く、絶頂回数も多い(2回)と本作品の中で最も充実したプレイです。

このように、男性の体を女性に見立ててオナニーする変わったエッチが繰り広げられてます。
独特なオナサポ作品
催眠音声よりも催眠つきのオナサポ音声と呼ぶのが妥当な作品です。

お姉さんは主人公に男性の時とは異なる快感を与えようと
まずは手短な催眠をかけて心身を男性から女性に多少移動させ
それから女性になりきってオナニーできるよう様々な指示と言葉を投げかけます。

優しいお姉さんに導かれて女性の快感を疑似体験する穏やかなシチュ
胸、亀頭、アナルを個別にあるいは同時にいじり続けるセルフ特化のエッチ
その際に亀頭をクリトリス、アナルをおまんこに置き換えて話すアプローチ。
一般的なオナサポ作品に催眠音声では定番の要素を盛り込み個性を出してます。

催眠パートを聴き終えた時点では「相当に厳しいなぁ」と思ってました。
でもエッチはオナサポに寄せつつ聴き手が女性になったことを想定した心のケアもされてて良いです。
おちんちんは亀頭にのみ触れ、あとは乳首やアナルに注力してるのもテーマに合ってます。

私個人はこの作品、女体化ではなく男の娘化を目指していれば
少なくとも今よりはずっと良くなったと思います。

女体化モノでセルフを取り入れると催眠が途中で解ける可能性がグンと上がります。
男性と女性では触れた時の感触が大きく違いますし、その時にどうしてもおちんちんを意識してしまうからです。

でも男の娘化に切り替えれば体は男性のままだからいじっても問題ないし
催眠についても女体化を省略できる分時間を短縮できます。
催眠パートでは深化と心の女性化の触りあたりまでやっておいて
エッチでおちんちんが欲しい気分にさせたり、男性以外の快感を与えて強化すれば十分成り立ちます。

Es_Labさんの「MSOT.」シリーズが絶大な人気を得てるところを見ると
男の娘化催眠の需要は結構高いのではないでしょうか。
そういう道もあるのに女体化に固執してしまってるのが残念です。

絶頂シーンは4回。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

催眠はイマイチだけどエッチがしっかりしてることから、今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは喘ぎ声です。

CV:槇明日菜さん
総時間 演出あり版(A)…1:47:14 演出なし版(B)…1:39:30 おまけ…4:14

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
ガチな催眠音声として見た場合の点数は2点です。

2019年4月14日の24時まで20%OFFの864円で販売されてます。

TS兄妹催眠~従順そうで実は小悪魔な妹に堕とされるまで~

サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんのことを異性として愛してる双子の妹が
2人きりで暮らせるようになった記念に変わったエッチをプレゼントします。

お互いの立場を入れ替えて女性の性感帯を個別に責める丁寧なサービスが行われており
催眠はリラックスしてから田舎や心を交換するイメージを通じて深化と女体化を進め
エッチは乳首、クリトリス、Gスポット、ポルチオと幅広く責めて何度もイかせます。
近親相姦特有の背徳感にちょっぴり触れてゾクゾクさせるアプローチも魅力です。

今回は対兄ver.を聴いてのレビューをお送りします。
持ってる人はタイツを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
お互いの心と感覚を入れ替えて
妹のミクに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「お兄ちゃん、また一緒に暮らせるね」
ミクは可愛くて穏やかな声の女の子。
都会で一人暮らししてるお兄ちゃんと再び同居できるようになって喜ぶと
彼への想いが変わってないことを告げてから熱いキスをします。

本作品は彼の後を追って同じ学校に入学してきた彼女が
およそ100分に渡る催眠とエッチで女性の快感を疑似体験させます。
2人は双子でありながら過去に何度もエッチしたことがあり
彼がそれに後ろめたさを感じたためここ3年ほど離れ離れの生活をしてました。
しかし彼女がやって来たことで再び快楽漬けの日々が始まります。

「私のことを沢山気持ち良くしてくれたお礼に、今日はお兄ちゃんを催眠で気持ちよくしてあげようと思うの」
彼女は自分を捨てて遠くへ行ってしまった彼を恨むどころか
この日のためにエッチや催眠を勉強し実行する健気な女性です。
しかしエッチに入ると態度が若干変わる小悪魔っぽい部分も持ってます。
甘めの雰囲気でややハードに責める感じですから属性はMあたりでしょうか。

作品のテーマは「入れ替わり」
彼が彼女を何度も犯した3年前と立場を完全に逆転させ
彼がミク、彼女がお兄ちゃんになりきって5種類のプレイを楽しみます。

登場人物を双子にしたのは自分に最も親しい他人だからでしょう。
それを活かして催眠では2人の共通点を作ってから心と感覚を入れ替える方針で進めます。
また女体化音声ではふたなり女性や触手が相手を務めることが多いのですが
本作品ではパートナーを敢えて男性にすることでより女性に近い視点で楽しめるようにしてます。

ただし、男性はどうしてもダメな人のために対ふたなり兄ver.も用意されてます。
これは対兄ver.に多少の変更を加えたもので、名前の通りふたなりになったミクとエッチします。
サークルさんが対兄ver.を推奨されてますからとりあえず1回目はこちらを聴き
2回目以降は好きな方を選ぶと良いでしょう。
2人の過去を辿って
催眠は3パート40分間。
うつ伏せで横になり、目を瞑ってまずはミクのマッサージを受けます。

「ぐぅーーっと、ふくらはぎを押さえられて膝から下が重くなる 膝から下が脱力して気持ちいい」
脹脛、太もも、お尻、腰、背中、肩、首と下から上へ流す感じに進め
その都度彼女の合図に従って大きく深呼吸し、吐き出したのに合わせて脱力する暗示を入れます。
およそ15分間これだけをやるのでパート終了時に結構リラックスできてるでしょう。
最後に仰向けになる指示がちゃんと出ますから、ここはうつ伏せで聴いたほうが雰囲気が出て良いです。

続く「お兄ちゃん、こんなことあったよね?」は深化。
2人の実家近くにある吊り橋を渡り、その下にある川へ行く階段を進み
さらに先にある暗い洞窟を探検します。

「一段、一段とゆっくり降りていくと、川のせせらぎが聞こえてくる 途中、いつもと違う高低差があるとストンと落ちるような感覚がして、頭がクラッとするよね」
そして吊り橋では体が上下に揺さぶられる感覚、川では大きな段差を下りて体がストンと落ちる感覚
洞窟では暗い世界に吸い込まれていく感覚、といったように
彼女はこれらのイメージと絡めながら深化を促す暗示を小まめに入れます。
川の流れる音や洞窟内で声が軽く反響する演出もされててイメージしやすいです。
私が聴いた時も平衡感覚を失ったような意識の揺れを感じました。

そうやって催眠状態をしっかり深めた後に本題の女体化を始めます。
現実世界のミクが裸になって体をくっつけ
肌、髪、胸など性差が出やすい部分の感覚を軽く伝えた後に2人の体を横へ転がします。

「ぐるーり ぐるーり これを繰り替えすと、お兄ちゃんが上になった時にストンと私の中に意識だけが落ちるからね」
「おちんちんから光の玉が出て、おまんこの中に入ってくる そして子宮の中で輝きが増してピクピク震える」

お互いの位置を小まめに変えながらまずは心だけを相手に移し
その後で性器から光の玉が移動するイメージを使い今度は感覚を入れ替えます。
体をパーツごとに変えるのではなく変身っぽい女体化ですね。
この後時間をかけて少しずつ定着させますから、後になるほど自分が女性になった実感が湧いてくるでしょう。
ここから彼のことを「ミク」と呼ぶようになるのが良い例です。

リラックス→深化→女体化と順を追って進めるイメージ重視の催眠です。
聴き手の心と感覚をミクの体へ移すことを目的に
最初は専門店でやるような指圧をゆっくり行いながら深呼吸と脱力を繰り返し
それから2人が過去に体験した出来事を通じて深化と共通部分の構築を行い
最後に必要な部分を入れ替えてからそうなったことを軽く確認します。

女体化作品をいくつも制作されてるサークルさんなだけあって全体の進め方がしっかりしており
パートごとに目的意識を持ったアプローチがされてて催眠にすんなり入ることができました。
女体化に関しては他の作品もそうですがエッチ開始後に変化を感じることが多いです。
ですから催眠終了時にとりあえず「そうなったんだな」と受け入れられれば大丈夫です。
女性の性感帯を徹底攻撃
エッチシーンは7パート47分間。
プレイはフェラ(イラマチオ)、乳揉み、乳首舐め、クリ舐め、手マン、SEX(正常位)、潮吹き、タイツで口を塞ぐです。

乳首舐め、クリ舐めの際にちゅぱ音が
手マン、SEX、潮吹きの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「体はどうかな? まずはお口 フェラチオでおちんちんを気持ち良くしてあげれるよね?」
催眠を使ってお兄ちゃんと無事入れ替わったミクは
女体化をさらに定着させようと、これからするエッチの流れを教えながら感度を強化します。

エッチは男性になり声がやや中性的になった彼女が責め続けます。
一番最初の「女の快感教えてあげる」は心と体の準備をするパート(約8分)。
乳首舐め、クリ舐め、SEXなど各プレイを軽く流す中でその感覚を聴き手視点で伝えます。

「ちょっとだけ舐めてあげる ほら、乳首の先端を柔らかい舌で舐められる 乳首から手足の指先までビリビリと電気が走る」
「女の一番大事な所をまともに見られて、恥ずかしいよね? なのに太ももを抱えられて逃げられない どんなに逃げようとしても、男の力にはかなわない」

そして彼女は普段よりも体が敏感になってることを伝えつつ
腕力がずっと落ちてることや犯される快感といった女性特有の変化にも触れて臨場感を出します。
催眠の序盤に1パートまるまる割いて脱力したのもおそらくこのためなのでしょう。
見た目だけでなく内面や感覚まで変化させようとする踏み込んだ女体化です。

本格的なプレイが始まるのはその次から。
フェラからのイラマチオ、乳揉み&乳首舐め、クリ舐め、手マン、SEXと
後になるほどハードな責めを繰り出してその都度絶頂させます。

「キューッと乳首を吸われて、思わず仰け反りそうになる すかさず、もう片方の乳首はグリっとつねられビクンとなる」
各パートの時間が7分程度と短いことを踏まえて、どれも実況しながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れ
終盤にカウントを数えてから追い込み暗示を入れるシンプルな作りになってます。
ただどれもやり方は堅実で股間を中心に気持ちいい感覚や熱が自然と湧いてきます。

特におまんこはクリトリス、Gスポット、ポルチオと普通の作品よりも性感帯を掘り下げてあり
鋭い快感、鈍い快感といった違いを楽しむことができます。
無理して毎回絶頂するよりは2~3回に絞ったほうがやりやすいんじゃないかなと。
より多くの聴き手に対応できるよう幅広さに気を配ってエッチを組み立ててます。

「兄に犯されて気持ちいいなんて、すごくイケナイこと でも、体は犯してほしいって疼いて仕方ない」
これらの合間に兄妹でエッチしてるスリルをくすぐってくるのもいいですね。
やってはいけないことをやってるのを意識させて絶頂を後押しします。
ちゅぱ音、効果音、シチュを使った言葉責めと純粋なエロ要素も結構豊富です。

この中で最もハードなのは最後の「妊娠セックス!」(約7分)。
女性に関する色んな快感を一通り味わわせたところで
いよいよ男性では決して味わえない妊娠に取り掛かります。

「妊娠するのは最高に幸せ そして、何もかも征服されるセックスって、最高に感じるよね?」
抵抗する彼の口にタイツを押し込む陵辱っぽいことも少しやりますが
基本的には中出しSEXをしながら男性に子宮を征服される喜びを伝えます。
普通にエッチして終わりでは彼女の小悪魔な部分が出ないから
こういうちょっぴり意地悪なプレイを最後に用意したのでしょう。

このように、女性の性感帯を幅広くカバーした甘くハードなエッチが繰り広げられてます。
夢中になれる作品
「女体化は好きだけど男性相手はちょっと…」と思ってる人にこそ聴いて欲しい作品です。

ミクは以前たっぷり愛し合ったのに今はほとんど会えないお兄ちゃんとの関係を修復しようと
一生懸命勉強して彼と同じ学校へと入学し、それを名目に同棲生活を始めます。
そして当時はできなかった催眠をかけてお互いの立場を入れ替え女性の快感を教えます。

可愛くてちょっぴり意地悪な双子の妹が兄と入れ替わってエッチする変わったシチュ
十分にリラックスさせてから異なるイメージで深化と女体化を促す堅実な催眠
パートごとに異なる性感帯をターゲットに据え、色んな要素を絡めて絶頂に追い込む充実したエッチ。
双子という特殊な関係を活かして女性になりきりやすく、感じやすい作品に仕上げてます。

「入り口も中も感じるよね 中が気持ちいい、恥骨の裏が感じる 体中に電流が流れビリビリ震える 上半身が仰け反り、もう壊れそう 体も恐怖心もおちんぽで突かれる度に崩されていく」
当サイトではわかりやすさを優先してこの作品を女体化と呼んでますが
厳密に言えばこれは女性化作品です。
単に体を女性に変えて終わりではなく、実の兄に責められたらどういう心理が働くかも伝え
それを喜びや背徳感といった心のスパイスに変換しながらエッチを進めます。

男性が射精する時、心が満たされてる状態のほうが気持ちいいのと同じく
女性の場合も心へのアプローチが充実してるほうがたぶん熱中できるし深い快感が味わえます。
乳首舐めやクリ舐めをする際にちゅぱ音を鳴らすのも
自分が舐められてる状況を直感的に伝えたかったからではないでしょうか。
そういう小さいことの積み重ねがエッチをより良いものへ変えてます。

絶頂シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

見た目はシンプルだけど中身は結構練り込まれてる作品です。

CV:柚木つばめさん
総時間 対兄ver.…1:44:08 対ふたなり兄ver.…1:44:43

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

セクサリオン・リリィ【催眠音声】

セクサリオン・リリィ【催眠音声】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「09自慰」パート以降の様子を中心に紹介します。
好きな人と一緒にいたくて
後編のエッチシーンは5パート62分間。
プレイはオナニー、陰獣プレイ、カプセル責め、レイナのオナニー、キス、乳首舐め、クンニ、○○です。

オナニー、陰獣プレイ、カプセル責め、○○の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あの感覚、絶頂快感が欲しい、絶頂したい。そんな欲望を、あなたはもう、抑えられなくなっているのでした」
セクサリオンへの改造が完了し本番に向けて訓練を続けてるリリィは
ある日自然とエッチしたい気分なり、レイナに教わった方法でオナニーを始めます。

エッチは引き続きリリィになりきってストーリーを最後まで楽しみます。
最初の2パート16分間は作戦前の風景。
「09自慰」は自室でスタンダードなオナニーを楽しみ
「10陰獣」は陰獣と呼ばれる軟体系の生物と戦ってる途中に性感帯を責められます。

「星型の小さなケースに覆われた、あなたのクリトリス。そこが、まるで仔犬のペニスのように勃起して、震える。股間がビリビリと震え、快感がさらに高まっていく」
彼女は既に人間ではなくなってますから、通常のエッチをする時も特殊な工程で進めます。
エクスタシーモードで快感を増幅し、十分溜まったらオーガズムモードに移って絶頂を迎えます。
前編と同じく様々な電子音を鳴らして快感をコントロールする音モノっぽいプレイです。
追い込み暗示も要所できっちり入れてくれますし、比較的ソフトな内容でも強めの快感が得られます。

「乳首をギュウギュウと吸い上げる吸盤。お尻の穴を何度も出入りする触手。股間の割れ目に食い込みズリズリと刺激し続け、さらにクリトリスまでもが直接責められる」
続く陰獣とのエッチはタコのような生物が全身を拘束し
そのまま乳首、アナル、クリトリスを同時責めする陵辱っぽいプレイです。
これまでとは違い敵対する存在に何度もイかされる背徳感があってゾクゾクしました。
そしてこれらとの戦闘を終えた後、一抹の寂寥感も覚えるでしょう。
リリィにより没入できるよう彼女の心情にも焦点を当ててエッチを進めます。

そうやって様々な試練を乗り越えた後、いよいよ本題の核廃棄施設封印に乗り出します。
前編の最後にも登場したカプセル状の機械でエネルギーを一気に充填し
レイナと2人で現地へ向かい地下水脈の破壊を試みます。

レイナ「まず私が絶頂して、これでリリィにエナジーを流し込む。あなたも一緒に、絶頂してしまうけど…そしてあなたが、もう一度絶頂し、二人のパワーを集約して、フルパワーであの地下水脈を破壊するの」
レイナがオナニーで生み出したエネルギーを受け取り
さらにリリィ自身も絶頂して2人分のビームを放つ本作品らしい攻撃方法です。
物語の山場ということで効果音もこれまでより力強いものが使われてました。
終盤には1分30秒間に5回連続で絶頂する描写があったりと最もハードに仕上がってます。

このように、作品独自の要素をいくつも組み合わせた重厚なエッチが繰り広げられてます
熱中できる作品
物語の主人公になった気分で聴ける楽しくて気持ちいい作品です。

ナレーターは聴き手がリリィと心身を一体化してこのお話を聴けるように
通常よりも長めの時間を割いてそのあらすじや背景を語りながらじっくり催眠誘導し
その後は改造手術、エネルギー充填、訓練、本番とひとつずつ順を追う形で色んなエッチをします。
そしてその多くで効果音や固有の演出を使用し臨場感と没入感を出します。

セクサリオンと呼ばれるサイボーグになり地球を救う壮大なストーリー
その物語を楽しみながらリリィ自身になりきるドラマ性の高い催眠
機械や陰獣を相手にとんでもない回数絶頂させられる極めてハードなエッチ。
サークルさんが過去作で培ってきた知識・技術・経験をふんだんに盛り込んだ催眠ボイスドラマになってます。

レイナ「ね、リリィ、一緒になろ?心だけじゃなく、肉体も一緒になって、そして、出来れば
リリィが人間ではなくなってしまう展開やエッチの責めっぷりだけを見れば割と過酷な内容です。
しかしレイナの存在がそれを適度に和らげてくれてます。
「彼女のためなら頑張れる」という強い想いがあるから暗さや重さはさほど感じません。
その努力が報われるシーンもあったりと甘い部分も持ってます。

あとは没入感が凄まじいです。
セリフの言い回しが上手だからなのでしょうけど、聴けば聴くほどリリィになった気分が強くなります。
彼女の心情に合わせて喜んだり悲しむ人が普通にいるのではないでしょうか。
私は2回に分けて聴いたのですが、どちらも特にダレることなく最後まで楽しめました。

エッチは特殊な音と暗示を組み合わせて気持ちを盛り上げたり絶頂するのを繰り返します。
実践形式で徐々に慣らすので後のシーンになるほど体が反応しやすくなります。
グロい描写もほとんどありませんしM~ドMの人なら誰でも聴けるでしょう。

後編の絶頂シーンは23回。
効果音大量、淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは8本目の満点とさせていただきました。
おまけは導入解除追加音声と差分です。

CV:井上果林さん
総時間 8:26:39(本編…4:22:29 おまけ…4:04:10)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年1月11日の24時まで20%OFFの960円で販売されてます。

セクサリオン・リリィ【催眠音声】

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、とある事情で破滅の危機を迎えてる地球を救うために
セクサリオンと呼ばれる少女になりきって大変ハードなエッチを体験します。

独自のストーリーを語りながら彼女との一体感を高めていったり
様々な機械で責められ何度も絶頂する様子を技術と音を駆使して主観的に伝えるなど
物語の世界にどっぷり浸かり気持ちよくなれるようドラマ性を持たせてゆっくり丁寧に進めます。

本編だけでも4時間20分以上あるため前編(01~08)、後編(09~16)の2回に分けてお送りします。
地球を救う力の源は…
セクサリオン・リリィになって核廃棄施設を封印しに行くお話。

「時に、西暦2029年。地球は今、最後の時を迎えようとしてた」
ナレーターはトーンが低いクールな声の女性。
この物語の背景を簡単に説明してから主人公のリリィに関する物語を始めます。

本作品はあと10年もすれば全生命が滅亡してしまう世界を舞台に
リリィという名の少女がそれを阻止しようと頑張る様子を彼女の視点で楽しみます。
コアポイント、セクサリオンなど作品固有の名詞がいくつも登場するため
音声を聴く前に付属のテキストを読んでおいたほうが掴みやすいと思います。
悲壮感漂うシチュですが内容は機械姦をテーマにしたエロ重視のものです。

また1人でも多くの聴き手が作品の世界にすんなり入り込めるよう
一般的な催眠音声よりもドラマ性を強く持たせて物語を進めます。
例えば一番最初のパートではリリィの先輩にあたるセクサリオン3号の作戦風景が描かれており
その次に始まる催眠誘導パートもストーリーや登場人物に関することを丁寧に語りながら催眠状態を深めます。
状況に応じて様々な効果音も鳴るため映画を観てるような没入感が得られます。

サークルさんの過去作だと「機械は無慈悲な夜の女王」「アクメノイド・イリア《催眠音声》」が最も近いです。
これらを聴いて楽しめた人にはかなり向いてると思います。
作中の絶頂シーンが合計45回と多く、その手段もハードなことからM性が強い人ほど満足できるでしょう。

今回紹介する前編部分だけでも体力をかなり消耗します。
それを踏まえてオプションで催眠誘導のショート版や途中休憩/中断用の音声も用意されてます。
4時間以上も集中力を持続させるのは難しいですし、皆さんにとって無理のない長さに分けて聴くことをおすすめします。

ちなみに冒頭で「男女両用」と書いた通り女性でも聴ける作りになってます。
声は常に女性なのですが性差を感じさせる描写は特になく
女体化も男性から女性に変えるのとは別の方法が使われてます。
没入感と一体感を高める催眠
通常の催眠導入はおよそ51分間。
仰向けに横になって軽いストレッチをし、それからナレーターの話に耳を傾けます。

「淡いピンク色の、真四角な部屋。外の世界とは完全に遮断され、出口も入り口もない、不思議な部屋」
「周りがスーッと、暗くなっていく。意識も、暗くなっていくように感じる。もう目を開けているのか、閉じているのか、分からなくなっていく」

ピンク色の空間で横たわってるレオタード姿の少女が誰か
どういう経緯でこうなったのかを語りながら、その子の視点で眠くなったり意識がぼやける暗示を入れます。
本作品は世界観やストーリーが非常に独特なので
その登場人物になりきるには諸々の事情をしっかり理解しておくのが重要です。
だからストレートに落とすのではなく、このように物語を読み聞かせるスタイルで進めます。
またピンクの部屋にいる時は振動を伴うゆったりしたBGMも流れます。

休憩を挟みながら少しずつ進めてくれますから
最初はピンと来なかったとしても徐々にその様子が頭の中に浮かんでくるでしょう。
非現実的な要素が多いからこそ、言葉と音を組み合わせてイメージ力を徐々に膨らませてくれます。

レイナ「あ、そういえば、リリィの首筋に○○があるよね? それ、私にも、あるんだ」
パートの中盤からはリリィがセクサリオンになるきっかけを作った
親友のレイナ(サンプル画像にも描かれてる赤い髪の女の子)が登場します。
2人は新体操教室の仲間であり、友達であり、恋人とも言える密接な関係です。
そんなキャラがこの物語にどう絡んでくるかを語りながら聴き手とリリィの一体感をさらに強めます。

このあたりからナレーターの呼びかけに対して頷く指示が出ますので
実際にそうしてみるとより自分がリリィになった気分に浸れるでしょう。
重要な部分だから自己暗示形式にして受け入れやすくしています。

「ベッドは、まるでエレベーターのように、音もなく下へ、下へと移動していく、スーッ、スーーーッと、体も、意識も、沈み込んでいく感じがします」
そして最後は生身の人間からセクサリオンに変わるためベッドごと別の部屋へ移動します。
エレベーターで下りる時は「すーっと」「落ちる」「沈む」
レイナとのキスは「意識がぼやけける」、手術の初期段階は「消えていく」といったように
実況する中に意識の力をさらに弱める言葉を盛り込み催眠状態を深めます。

私が聴いた時は割と早い段階から意識がぼやけ始め、後になるほど音声に熱中してる気分が強くなりました。
趣味に没頭して時間を忘れる時のあの感覚ですね。
普通にお話をしてるように見えるけど実際は言い回しにかなり気を配ってあります。

作品の世界に引き込みつつリリィになりきらせる独特な催眠です。
心と体の感覚をリリィと繋げることを目的に、深呼吸や脱力といった定番の技法は使わず
序盤から物語を順番に語り、その中で集中力やイメージ力が高まるように働きかけます。

ドラマ仕立ての誘導でその内容を詳しく話すと聴く楽しみがなくなってしまうと判断し
今回は大まかな流れや特徴を説明するだけに留めました。
物語が結構面白いので「この後どうなるんだろう?」とワクワクしながら聴けると思います。
催眠っぽさは薄いですけどセリフ単位で見ていけば色んなテクニックが込められてます。
ハードで気持ちいい改造手術
前編のエッチシーンは5パート77分間。
プレイはオナニー、乳揉み、キス、クリ責め、乳責め、アナル責め、おまんこ責め、レイナのオナニー、カプセル責めです。

オナニー、クリ責め、乳責め、アナル責め、おまんこ責め、カプセル責めの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたは、ふわふわ、ふわふわと、意識の海を、漂っています。そう、ここは、記憶の海、あなたと、レイナの思い出がいっぱい詰まったところ」
セクサリオンになることを自分の意思で決め、その改造手術を受け始めたリリィは
消えゆく意識の中でレイナに関するふたつのエッチなエピソードを思い出します。

エッチはリリィが人間からセクサリオンへと変わる過程や、その後のテストを耐え抜く中で様々な機械に責められます。
一番最初の「03奇妙な関係」は夢の世界でのお話(約12分)。
前半はレイナからもらったアイテムをオカズにオナニーし、後半は彼女の家で初めてのキスをします。

「あなたは両手で、自分の胸をまさぐる。(中略)気持ちいい。とっても気持ちいい」
リリィは元々内気な性格でなかなか友達ができませんでした。
だから自分と親しげに接してくれるレイナに友人以上の感情を抱いてます。
2人がとある要素で強く結ばれてるのもあります。
そんな背景を語りながらオナニーの気持ちよさを聴き手視点で上手に伝えます。

単なる女体化ならここまで掘り下げた描写をすることはなかなかないでしょう。
身も心もリリィになりきらせるために催眠パート終了後も引き続き丁寧に働きかけます。
プレイ自体はソフトですから彼女の内面やシチュこそが気持ちよくなれる要素です。

それが次の「04改造手術1」になると大きく変わります。
手術の責任者であるドクター(女性)が登場し、クリトリスを機械で重点的に責めて何度も何度もイかせます。
そしてだいたいの改造が終わった後、「06改造手術3」でセクサリオンとして最初のテストを受けます。
ドクターはナレーターとしゃべり方が若干違うものの声質はほぼ一緒です。

そしてここからは多彩な効果音で機械姦の様子をリアルに表現します。
右からはドクター、左からは無機質なオペレーターの声が流れ
バックで電子音、振動音、何かが弾ける音などを鳴らして感度を徐々に上げていきます。


改造手術1はバイブやローター責めに近いプレイですが、それ以降は作品固有のものばかりで個性が強いです。
言葉だとなかなか言い表しにくい音なので体験版を聴いていただくのが一番早いかと。
これらの音に釣られて気持ちよくなったり絶頂感がこみ上げてくる人は多いと思います。

ドクター「さあ、また強くなった。全身の神経にビリビリという振動が伝わる。快感が股間だけでなく、足先から脳天まで伝わる。全身の震えがますます激しくなる」
特に絶頂シーンはカウントに合わせてエネルギーが収縮し、0と同時に放出されるわかりやすい演出がされてます。
もちろん音だけでなく言葉によっても追い込んでくれます。
比較的短い間隔で何度も繰り返す流れになってるので
最初はイマイチしっくりこなかったとしても回数を重ねるにつれて徐々に慣れるでしょう。
機械姦のイメージにピッタリなハードで無慈悲なプレイです。

前編部分で最も激しいのは「08充填カプセル」(約23分)。
無事セクサリオンになれたリリィがエネルギーを充填するために卵型の機械に入ります。

「少し休みたい、休ませて…機械は、そんなあなたの感情を無視し、ただ淡々と、快感を与え続け、そして、あなたの体もまた、意思とは関係なく感じ続けるのです」
このプレイはリリィを気持ちよくするのが目的ではありませんから
彼女がどれだけ感じても100%になるまで責めは止まりません。
このパートだけで8回も絶頂シーンがあると言えばその過酷さがなんとなくわかると思います。

流れは肩たたきのような振動音が小刻みに鳴り始め、絶頂が近づくにつれてペースがどんどん速くなります。
そしてある程度経つとカウントが始まり、先ほどの音にエネルギーを充填するような音が加わり最後に弾けます。
これをノンストップで何度も繰り返すので複数回絶頂する可能性が十分あります。
私の場合もカウント開始に合わせて股間の筋肉がきゅーっと締まり、絶頂と同時に軽く爆発する感覚を何度も味わいました。

正直このパートだけでも結構疲れます。
しかし彼女はまだ本格的な任務に取り掛かってません。
この先どんな運命が待ち構えてるのか、そしてどのような快感を味わうのか。
そんな期待も抱かせてくれるのが催眠ボイスドラマの良いところです。

前編の絶頂シーンは22回。
効果音大量、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは導入解除追加音声と差分です。

後編へ続く…。
セクサリオン・リリィ【催眠音声】(後編)

CV:井上果林さん
総時間 8:26:39(本編…4:22:29 おまけ…4:04:10)


体験版はこちらにあります

追記
2019年1月11日の24時まで20%OFFの960円で販売されてます。

サークル「いぶき屋」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、特別に認められた者だけが訪れられる館を舞台に
お姉さんが催眠を使ってそこであったエッチな出来事を追体験させます。

穏やかな雰囲気でややハードなレズプレイをするのが特徴で
催眠はある程度リラックスしてからイメージを使って段階的に深化と女体化を進め
それから登場人物たちの心情を絡めながら感度の上がる暗示を何度も入れて連続絶頂へと導きます。
主とメイドのいけない関係
お姉さんに催眠をかけられメイドに責められるお話。

「ようこそおいで下さいました。ここは「眠る月の館」でございます」
お姉さんは丁寧な言葉遣いをする落ち着いた声の女性。
眠る月の館を訪れた主人公に招待状を持ってるか尋ねると
中へ案内しこの館のことを色々話します。

本作品は昔に由緒ある家の当主が建て、現在は秘密のクラブが管理してる曰くつきの館で
彼女が60分程度に渡って催眠をかけたりエッチを疑似体験させます。
お嬢様とメイドの秘め事がテーマなので催眠パートに女体化誘導をし
その後はお嬢様になりきって女性の快感や絶頂を楽しみます。

エッチの終盤に短時間の連続絶頂を迎える割かしハードな展開ですが
主従として長く連れ添ってきた間柄なので雰囲気はかなり甘いです。

むしろ今回のエッチを通じて2人の絆がより深まったように感じられます。

ちなみに声はVOICEROIDが担当してます。
明記されてませんけど声の感じからして結月ゆかりさんだと思います。

催眠はおよそ22分間。
条件を満たさなければ開かない寝室の扉の前で椅子に座り
まずは自分のペースで深呼吸したり全身をいくつかに分けて脱力します。
音声を聴く際の姿勢は寝ても大丈夫だそうです。

「力が指先から抜けると楽になっていきます。空気が抜けるように、右腕がぐったりとしていくのを感じてください。気持ちよく脱力していきます」
脱力は右腕、左腕、両脚にひとつずつ力を入れ、彼女の合図で一気に抜くスタイルを採っており
その際に力が抜ける暗示を追い込みで入れて効果を高めます。
実際に筋肉を収縮させますから意識するだけの時より実感しやすいです。
呼吸も並行して行うことでまずは心身を十分にリラックスさせます。

準備が整った後はいよいよお嬢様になりきります。
彼女が住んでた頃の様子を思い出しながら深い催眠へと入り
鏡に映ってる自分の姿を見たりベッドに寝て女体化を定着させます。

青々とした草木、綺麗な花、そこを舞う蝶、温かな日差し、爽やかな風。
庭園にまつわる色んな自然物を通じてイメージ力と没入感を高め
夜になるとメイドがよくしてるお話に耳を傾けます。

「右に、左に、右に、左に。ゆらり、ゆらゆら、ゆりかご、ゆれる。ゆれて、ゆられて、夢へと、おちる」
上のセリフを言う時に声の位置が左右に何度も移動するのが面白いですね。
「揺れる」「落ちる」といった言葉をテンポよく投げかけて意識の力をさらに弱めます。
平衡感覚を失った時のような意識の揺れを感じるでしょう。

「意識のぼんやりしたあなたの体がゆらゆらと揺れると、お嬢様の華奢な体も同じようにゆらゆら揺れます。お嬢様が眠たげにうなだれると、あなたの顔も下を向きます」
女体化はパーツごとに変化させるのではなく変身っぽいアプローチがされてます。
目の前に映るお嬢様の姿と自分の動きを重ね合わせ
その容姿を確認しながら自分がそうなったことを少しずつ実感させます。
女体化初心者にはやや難しいようにも思えるので、ある程度慣れてる人のほうが向いてるかなと。
一番最後に別の方法でさらなる深化をするなど催眠誘導自体は結構丁寧です。

エッチを楽しめる環境づくりを見据えた堅実な催眠です。
聴き手を館のお嬢様になりきらせることを目的に、深呼吸と漸進的弛緩法でまずは純粋にリラックスさせ
それからイメージを交えた深化、女体化、追加の深化と目的意識を持って着実に進めます。

いぶき屋さんの作品を聴くのは今回が初だったのですが
この後始まるエッチも含めてセリフの言い回しに安定感があります。
暗示の表現方法や入れるタイミングがしっかりしていて意識のぼやけをそれなりに感じました。
女体化についてはやや癖があるものの、やってることにそれほど問題があるとは思えません。

その一方で演技は首を捻る部分があります。
全体的に話すペースが速く、セリフごとの間が短く、トーンも普段話す時とほぼ同じです。
声優さんが演じられてる作品を聴くとよくわかるのですけど
催眠音声は声の扱い方が結構重要で、これによって入りやすさが格段に変わります。

「VOICEROIDだから仕方ないのでは?」と思う人もいるでしょう。
ですが私はVOICEROIDでそのへんの調整をしてる作品を聴いたことがあります。
新規のサークルさんほど演技を軽んじる傾向があるので敢えて指摘させていただきました。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは26分間。
プレイは体の愛撫、乳首責め、キス、手マン、クリ責め、貝合わせです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「近くにいるメイドの呼吸の音が、あなたの耳にも聞こえてくる。そして不意に、彼女のもう一方の手があなたの頬に触れ、それから指先が首筋をなぞっていく」
催眠を使って主人公をお嬢様へと変え、寝室へ案内し眠らせたお姉さんは
すぐそばにいるメイドが彼女に悪戯する様子を主観視点で実況します。

エッチは年上のメイドが終始責め続けます。
最初の10分間は心と体の熱を高めるシーン。
ソフトな愛撫から始まって服越しの乳首責め、キスと少しずつ大胆なプレイへ進みます。

「何かいけないことに踏み込んでいくという予感に、背筋がぞくぞくする。これから何をされるか想像して、全身が熱を帯びる」
お嬢様はまだ下の毛も生えてない箱入り娘ですからエッチのことをほとんど知りません。
親しい女性からの意外なご奉仕に戸惑いつつ心地よさを感じます。
そしてその様子をお姉さんが暗示の形で聴き手にもリアルに伝えます。
追体験しやすくするために登場人物たちの心情にも焦点を当てながらエッチを進めます。

始まったばかりということでエロさは控えめですが
熱を上げる暗示が多めで胸のあたりを中心にぽかぽかしてきました。
実況も言い回しに気を遣ってあってイメージしやすくスムーズに没入できます。

そこから先は主従逆転っぽいシチュでのプレイ。
お嬢様の衣服を脱がせ指と舌で全身を確かめるように味わい
クリ責めで1回、貝合わせで3回連続の絶頂へと追い込みます。

「とても幸せな気持ちが胸の中で溢れて、全身に心地よい感覚がふんわり広がっていく。頭の中も暖かい気持ちで満たされて、甘く溶けてしまいそう」
メイドは彼女のことが心底好きだからこうしてるだけで意地悪する気はありません。
その気持ちが伝わるようにお姉さんも快感と幸福感を同時に与えるアプローチをかけます。
言葉責めも特にありませんから雰囲気はあまあまです。
それに対して責めっぷりはメイドの欲望が込められてるような荒々しさがあります。

特に終盤の貝合わせはお嬢様が絶頂を迎えても腰の動きを止めず
自分が達するまで続ける貪欲な責めを披露します。
大好きな人だからこそ他人には決して見せない部分を見せて欲しい。
やってはいけないとわかってるのに抑えられない心理がプレイを通じて描かれてます。

このように、普段は従順なメイドから変わったご奉仕を受けるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
丁寧な作品
女体化の要所をきっちり押さえた比較的質の高い作品です。

お姉さんは眠る月の館で過去に起こったエッチな出来事を主人公にも味わってもらおうと
まずは催眠を通じて主にあたるお嬢様と心身を繋ぎ合わせ
それから専属のメイドといけないことをする様子を主観視点で語ります。

リラックスさせてからイメージ重視の深化と女体化をする堅実な催眠
プレイの実況に登場人物たちの心情も組み込んだ生々しいエッチ。
独特なシチュだからこそキャラを重視しながらサービスを組み立ててます。

女体化は一般的な催眠音声よりもやることが多い関係で
経験の浅いサークルさんだとまともな品質にするのは難しいジャンルです。
そのへんをある程度クリアできてるところに最も驚きました。
特にエッチは実況、心情描写、暗示のバランスが取れていて熱中しやすいです。
今後のご活躍が期待できるサークルさんだと思います。

絶頂シーンは4回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 1:01:15

https://ci-en.jp/creator/2173/article/30834
(DLsiteかCi-enへの登録が必要 ダウンロードする場合はフォローも)

↑このページのトップヘ