同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:天知遥

   ● ココロノオト~不器用なわたしの甘い恋~
   ● キメセク姉妹のハーレムボイス~アタマが蕩けるまでセックスしてみませんか?~
   ● 今宵、ほろ甘く~のどかな田舎の艶の音~
   ● 女子マネとデトックスたいむ
   ● 奴隷に堕ちた貴方の運命
   ● テキーラガールと酔いつぶれる夜
   ● あさもひるもよるも~メイドサキュバスにたっぷり絞られる1日~
   ● MOCHIMOCHI桃知えみるデビューin 温泉♪
   ● 姉妹さんどいっち!
   ● あまあまでぺろぺろ


ココロノオト~不器用なわたしの甘い恋~

サークル「ひげばこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、花屋でアルバイトをしてる一途で初々しい女の子が
大好きな男性の家にお泊りして甘やかしたりエッチします。

彼女の特徴を色濃く反映させた音重視のエッチをするのが特徴で
恥じらう仕草を色んなところで見せながらゆっくりペースで責める代わりに
プレイ中はセリフよりもエッチな音声を多く鳴らして実用性をカバーします。
あの人ともっと親しくなりたくて
藤兼こころと自宅でイチャイチャするお話。

「ええっ? マジ? 今まで泊まったことなかったの?」
同僚のひまわりは明るくて元気な声のお姉さん。
「いつもだいたい逃げたり帰ったりしてたから」
こころは素朴で大人しそうな声の女の子。
こころが主人公の家にまだ一度も泊まってないことを聞いて驚くと
それを改善するための秘密アイテムを買いに2人で出かけます。

本作品は想いは強いのだけどそれをなかなか伝えられない不器用な彼女が
とっても親しい関係にある彼の家に泊まって3種類のエッチをします。
「ネコのこころ~猫な彼女との甘い出会い~」という作品の続編にあたるため
2人が出会い仲良くなるまでの様子は完全に飛ばし、彼の家で寛ぐところから始まります。

私は前作を未視聴なのですが、今作はエッチがメインになってますので
2人が過去にもエッチしてることや、彼女がものすごく奥手なことさえ把握してれば普通に楽しめます。

「(お風呂から)上がりました ど、どうでしょうか? このパジャマ」
最大の魅力は彼女のキャラ。
彼の家に何度も行ってるのにまだ一度も泊まってない状況から一歩前進しようと
ひまわりの知恵を借りて挿し絵に描かれてる猫を模したパジャマを着ます。
そして自分から積極的に密着し、頭を撫でたりおっぱいで抱きしめて甘やかそうとします。

しかしこれらの最中に戸惑ったり恥ずかしがる仕草を見せることが何度もあり
彼女が勇気を出して慣れないことに挑戦してるのが自然と伝わってきます。

大好きな人を幸せにしようと頑張る姿が健気で初々しく
そういう女性に大事にされたりエッチに責められるシチュも心を潤してくれます。
藍沢夏癒さんの個人サークルということで、彼女の声や演技が引き立つキャラに設定されてます。

彼女と並ぶもうひとつの特徴はエッチのスタイル。
どのパートもセリフより吐息や音の割合を多くし、それらをゆっくり鳴らします。
本作品は彼女の存在がとても大きいので、そのイメージを崩さないエッチをするのが望ましいです。
だから全体的に責めっぷりをやや抑え、その代わりにエッチな音声の量と密度を高くしてます。

時間に対する射精回数がそれほど多くないのも相まって
ソフト路線の割には抜きやすく感じました。
精神的に満たされた状態で射精できますから事後の余韻や満足感も大きいです。

こころが主人公の家に来て最初にするのはスキンシップ(約9分)。
お風呂に入り例のパジャマに着替えた彼女が彼を抱きしめ優しい言葉をかけます。

「とくんとくんって 私の心の音が聞こえますか?」
「胸が見えちゃいそうで その、恥ずかしいので 目を瞑っててもらえませんか?」

タイトルにもなってる心音が右手から鳴り始め
その最中に胸が見えそうになるとそれを回避するよう彼にお願いするなど
早速彼女の健気さと初々しさを織り交ぜたサービスが楽しめます。

彼に見られるのが嫌というよりは、まだ心の準備ができてない感じです。
お泊りする時点でエッチは覚悟してますから彼女なりにそのタイミングを見計らってるのだと思います。
短い時間の中に本作品の特徴が色々込められてるなかなか濃いパートです。
甘さとエロさを兼ね備えてるエッチ
エッチシーンは4パート54分間。
プレイはハグ、乳揉み、乳首/首筋/耳舐め、キス、手コキ、手マン、フェラ、SEX(正常位?)です。
手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私のおっぱい ほんとに好きなんですね 沢山触っていいですよ」
ハグの最中に主人公が自分のおっぱいを触りたがってるのに気づいたこころは
許可を出した直後に乳首を吸われて可愛い声を漏らします。

エッチはシーンによって責め手を入れ替えながら対等な立場で愛し合います。
最初の2パート32分間は2人の仲の良さを表現した比較的ソフトなプレイ。
「04_いじわる」は彼が彼女のおっぱいと乳首を責めて1回イかせ
「05_止まらないです」は彼女の舐めから性器の相互愛撫に繋ぎ一緒の絶頂を目指します。

「違うっ 嫌じゃないです 嬉しいです」
彼が自分に甘えてくれたことが余程嬉しかったのでしょう。
おっぱいを責められることに恥ずかしさを感じつつそれを素直に受け入れます。
そして前のパートとは随分違う熱っぽい吐息と甘い喘ぎ声を漏らします。

小動物的な可愛さとエロさを兼ね備えてて実に良いです。
普段が大人しいからこそ、エッチで見せるとろけた表情が余計グッときます。
キスも小まめに挟んできますし、言葉と行為の両方からイチャラブ感が漂ってます。

次の「05_止まらないです」は作中で最も長い26分を割いてるだけあってプレイが濃厚です。
横になった彼に手コキしながら乳首、首筋、耳を口で丁寧に責め
その部位によってちゅぱ音の質感を変えながら後になるほど少しずつ激しい音に変えていきます。
セリフはあまり挟まないのでエッチな音を集中して楽しめます。
そしてパートの中盤頃から彼も手マンを始めて彼女を気持ちよくします。

「好き 好き ぎゅーって締め付けちゃってるの 自分でもわかります もっと もっとして」
ある程度気分が盛り上がったら彼女がおねだりし始めるのが印象的でした。
内気な普段とほぼ真逆のことをさせて彼女の興奮具合や想いの強さを表現します。
そしてこれは可愛い女の子に強く求められる充足感にも繋がります。
密着しながら責めるシーンが多いことも含めて、2人の一体感を大事にしながら進めます。

本当に少しずつエロさを増していくおかげで
彼女の初々しさを損なわずに絶頂まで持っていけてます。
精神的に満たされながら射精できて普段よりも気持ちよく感じました。

続く「06_いっぱいにしてください」はお待ちかねのSEXシーン(約8分)。
しばらく仮眠を取った後の夜中、目覚めた2人が彼のリードで身も心もひとつになります。

「私たち 今繋がってるんですね 幸せです」
ゆっくり挿入してから「ぱすん」という弾力のある音を鳴らし始め
少し経つとキスが加わり、ピストンのペースが上がるにつれて彼女の乱れっぷりも激しくなります。
豹変と言うほどではないものの、一部で大胆なおねだりをするなど彼女にメスっぽさを出してます。
物語の山場なら多少はハメを外したほうが盛り上がるし抜きやすくなりますからね。

このように、彼女のキャラや2人の絆の強さを前面に押し出した甘いエッチが繰り広げられてます。
正統派の純愛作品
相思相愛の男女がお互いを思いやりながら気持ちよくなるラブラブな作品です。

こころは大好きな主人公に自分の想いをもっと伝えようと
彼の家にお泊りし、同僚に用意してもらったパジャマを着て甘やかします。
そして彼が我慢できなくなった後はそれを素直に受け入れ、夜から夜中にかけてひたすら愛し合います。

一途で不器用な女の子と甘い一夜を過ごす温かいシチュ
恥じらいを見せながら彼にとことん尽くす彼女の初々しいキャラ
吐息、ちゅぱ音、喘ぎ声といったエロ要素を多めに用意し重ねる音重視のエッチ。
作品が持つ2つの長所を上手に組み合わせて癒しとエロさを出してます。

声優さんの個人サークルはエロさが控えめな傾向があるため
この作品もどちらかと言えば癒し寄りなのかなと聴く前は予想してました。
ですが実際は抜きにも役立つようにきちんと作られてます。

言葉責めなど聴き手に働きかける要素をほとんど入れず、彼女の仕草や反応に絞り込んでるのが大きいです。
これによって必要最低限の会話量に減らし、残り全部をエッチな音声へ注ぐことに成功してます。
たぶんこれがなかったら癒やされるけどイマイチ抜けない作品になってたと思います。

「私 とても幸せです」
あとはやっぱり彼女の存在ですね。
彼とスキンシップやエッチをしてる最中の表情がとても幸せそうで
それに釣られてこちらも後になるほど良い気分になってきます。
放っておけない、守りたいと感じさせてくれる魅力を持った女性です。

エッチは前項で説明できなかった「08_ひまわりの耳舐め講座」も聴き応えがあります。
耳たぶをはむはむする、耳の上から中ほどまでを舐める、内側を舌でなぞるなど
耳舐めの大まかなやり方をひまわりがこころに実践形式で教えます。
プレイは耳舐めのみですが射精表現はあるので抜きに使うのもいいでしょう。

絶頂シーンは主人公3回、こころ2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

おまけはフリートーク、耳舐め、心音&寝息です。

CV:藤兼こころ…藍沢夏癒さん 夏野ひまわり…天知遥さん(01、07、08パートに登場)
総時間 2:01:09(本編…1:25:55 おまけ…35:14)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月26日まで25%OFFの675円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

キメセク姉妹のハーレムボイス~アタマが蕩けるまでセックスしてみませんか?~

サークル「おるがる堂」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、ほぼ正反対の性格をしてる2人の妹が
気持ちいい薬の力を借りてお兄ちゃんと念願のエッチを果たします。

エッチシーンのほぼ全部で軽めのエフェクトがかかったり
普段は大人しい下の妹が後になるほど積極的になるなど
タイトルのキメセクらしさを大事にした甘く濃厚なエッチをするのが特徴です。
妹たちとたっぷりキメセク
気持ちよくなる薬を飲んでちえり、まみなとエッチするお話。

「いらっしゃーい おにい」
ちえり(挿し絵左)は砕けた話し方をする可愛い声の女の子。
主人公を自室に呼び出しすかさずキスすると
エッチを拒否する彼に口移しでとある薬を飲ませます。

本作品は前々から実の兄に好意を抱いてる2人の妹が
100分近くに渡ってエッチを楽しみながらその想いを彼に伝えます。
挿し絵やタイトルから2人が同時に責める展開をイメージする人もいるでしょうけど
実際は前半がちえり、後半はまみなが一対一で相手し最後の最後で7分だけ3Pをします。

「だったらほら これ飲んだら そういう貞操観念みたいの マジ関係なくなるから」
最大の特徴はもちろんキメセク。
物語の冒頭や休憩シーンで彼女たちが薬を飲み
それ以降はほぼずっと声に弱めのエフェクトがかかります。

また薬を飲んだ前後で2人の様子や反応が大きく変わります。

プレイ時間が長いことを踏まえてエフェクトはどのシーンも控えめに設定されてます。
声の直後にそれよりも小さい音量で同じことを1回だけ残響させる作りになっており
彼女たちの気分が盛り上がったり責めっぷりが激しくなるのに合わせて多少強弱します。
エフェクトなしのバージョンも入ってますが、本作品の醍醐味を味わいたいなら有りがベストかなと。

エッチ自体は前半が彼の童貞卒業、後半はまみなの処女卒業をテーマに掲げ
手コキ、耳舐め、フェラ、SEXといったスタンダードなプレイを順番に行います。
キメセクや近親相姦といったシチュで個性を出すタイプの作品です。
特にまみなは大人しい普段とは随分違う弾けた乱れっぷりを披露してくれてなかなかエロいです。
2人の属性を反映させた濃いエッチ
エッチシーンは7パート96分間。
プレイは薬を飲む、キス、ちえりのオナニー、耳/乳首舐め、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位、バック、正常位、対面座位)、手マン、69です。
オナニー、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「つか ちえりもう我慢出来ないから 勝手に始めてよ…んっ」
主人公の後に続いて薬を飲んだちえりは
その効果で性欲が抑えられなくなったのか、すぐさま目の前でオナニーを始めます。

エッチは前半と後半で責め手が大きく変わります。
前半の3パート49分間はちえりと2人でキメセクを楽しむシーン。
オナニー披露からの耳/乳首舐め手コキ、フェラ、SEXとメインのプレイを切り替えながら
彼女がリードする形で1回ずつの射精へ導きます。

「唇 ゾクゾクするっしょ ね?」
「そうだ おにいはちえりのものだって 印つけてあげる」

彼女は貞操観念の強い彼をモノにしたくてキメセクするので悪意はまったくありません。
薬の効果で体が敏感になってることを適度に知らせながら積極的に責め続けます。
途中に独占欲の強さを感じさせるセリフもあったりして割と一途なキャラに描かれてました。
キメセク自体はやや背徳的ですが、それ以外の要素はほぼノーマル向けです。

エフェクトについては耳舐めが両耳舐めっぽくなってるのが印象的でした。
もう少しわかりやすく言うと、彼女が片方の耳を舐めると反対側からも同様の音や声が若干遅れて流れます。
舐めてる最中に頻繁に口を離してしゃべるのがもったいなく感じましたが
テーマのキメセクらしさを音響効果で表現してるところは面白いです。

この中でエロさが最も高いのは3番目の「初めてのキメセク」(約17分)。
ちえりが騎乗位で挿入して彼の童貞を奪い、そのままピストンを続けておちんちんを楽しみます。
しかし薬の効果でイキまくった後は逆に彼が主導権を握って彼女を責め立てます。

「犯されてるぅ ちえりの体全部 おにいのチンポに 犯されまくってるぅ」
前半シーンの山場ということでプレイをSEXだけに絞り込み
最中は喘ぎ声を漏らしながら彼女の心情描写を多めに描いて乱れっぷりを表現します。
言葉責めは特にしないので彼女がイキ狂ってる姿をオカズに抜くことになるでしょう。
パートの最初は割と普通に話してたのが、中盤以降に差し掛かると淫語だけを連呼するようになります。

もう一人の妹にあたるまみなが参加するのは4番目の「地味メガネ妹まみなに全身リップ」から。
帰宅後に変な音がすることに気づいて様子を見に来たところへ
主人公が口移しで例の薬を飲ませてこちらの世界に招待します。
ちなみに本格的なエッチが始まった後はちえりが退場し、まみなだけが話すようになります。

「ちえりお姉ちゃん さっきからちょっと騒がしいみたいだけど…あっ」
彼女はちえりとほぼ正反対の性格をしてる真面目な処女。
彼と同じく兄妹がエッチするのはよくないと感じており序盤は軽い抵抗を見せます。
しかし薬がある程度効いてくると理性よりも感情を優先するようになります。
彼女の変化していく様子こそが後半シーン最大の魅力です。

またそれを聴き手にわかりやすく伝えるために
プレイの構成や順番を前半とほぼ同じものにしてあります。
ただし先ほどとは違い彼が彼女をリードすることになるため、彼女視点のセリフが多かったり
責めるペースがちえりに比べてやや遅いといった違いも見られます。
妹に責められる快感が妹を責める快感へと変わるわけです。

彼女の変化がはっきり出てくるのは5番目の「まみなキメアヘおま○こぺろぺろ」から。
彼の指示に従い耳舐め手コキで1回射精させた後、自分からおちんちんに顔を寄せて舐め始めます。
そしてある程度経つとお返しに彼も彼女のおまんこを舐めます。

「こっ こんな格好 恥ずかしいよぉ」
「妹だなんて考えないで 激しく犯して 口マンコ犯して 本物の妹マンコもイかせて」

最初はおまんこを見られるだけでも恥ずかしがってたのが
快感に溺れると積極的におねだりするメスの顔を見せるようになります。
普段が清楚だからこそ、このギャップが一層エロく感じました。
ちえりの時よりもキャラを活かしたエッチをしてます。

「んほぉぉぉ お兄ちゃんのしゅごいおちんぽ 入ってきたぁぁぁ」
それを最もわかりやすく表現してるのが終盤の「まみなのキメセク処女喪失」(約12分)。
正常位→対面座位の流れで引き続き彼が責め続け
その間は彼女がアヘ声混じりの喘ぎ声をたっぷり漏らします。
彼女もちえりと同じくらい彼のことが好きですから陵辱っぽさはまったくありません。
これまで抑え込んでた欲望を一気に吐き出すような弾けたSEXを披露します。

このように、前半と後半でスタイルを大きく変えた甘めの特殊なエッチが繰り広げられてます。
シチュが面白い作品
同人音声ではあまり見かけないジャンルに光を当ててる個性的な作品です。

ちえりは大好きなお兄ちゃんの童貞をなんとかしていただこうと
物語の序盤で媚薬効果のある薬を飲ませてからエッチに誘惑します。
そして彼がある程度乗り気になった後はその場の流れに任せて自分も楽しみます。

特殊な薬を飲んで2人の妹と個別にエッチする変わったシチュ
エフェクトや彼女たちの反応でキメセクらしさを出す演出
前半と後半でパートナーを変え、それぞれの魅力を引き出しながら進めるエッチ。
最大の特徴であるキメセクに彼女たちのキャラを絡めた重厚な作品に仕上げてます。

特にキメセクはそれを扱ってる作品自体がレアですし
表現方法も考えられてて作品の魅力や個性づけに大きく貢献してます。
一見するとエフェクトを垂れ流してるようにも思えるのですが
主人公の高ぶりに合わせてそれがやや強くなったり、彼女たちの声のトーンが変わるなど細かな部分に気を配ってます。

2人が同時責めするシーンをほとんど入れなかったのは
聞きにくさや煩わしさを回避するためなのかもしれません。
エフェクト有りで複数の声や音が同時に流れるとどうしてもそう感じる人が出てきます。
一対一でも十分楽しめますし、次回作以降でどうなるかに期待したいです。

ただ耳舐めやフェラの際にしゃべり過ぎてるのはどうかと思います。
舐めるプレイで舐める時間が短かいとエロさやリアリティが大幅に下がってしまいますから
舐める時としゃべる時をはっきり分けるなどの工夫をしたほうがいいでしょう。
3~5秒舐めてからしゃべるのを繰り返すことが多かったです。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

CV:ちえり…天知遥さん まみな…そらまめ。さん
総時間 1:50:28

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

今宵、ほろ甘く~のどかな田舎の艶の音~

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、田舎で兄弟たちとのんびり暮らしてる和服美人が
SNSで知り合った男性を自宅に招待しストレスと性欲を発散させます。

癒しとエロのバランスが取れた臨場感のあるサービスが行われており
風の音、鳥や虫の鳴き声、時計の針音など状況に合った色んな音を鳴らしながら
非エロとエロの時間をほぼ半々にし、それぞれで彼女が違った姿を見せてくれます。
艷やかな和服美人と過ごす夜
「艶(つや)」さんの家で一泊するお話。

「こんにちは あなたが…あっ いけない 先に私の自己紹介をしないと 失礼よね」
艶さんはのんびり話すお淑やかな声のお姉さん。
都会から遠路はるばるやって来た主人公をバス停で迎えると
軽く立ち話をしてから自宅まで案内します。

本作品はSNSで知り合い現在は友達あたりの関係にある彼女が
彼を自宅に招き90分近くに渡って癒しとエッチなご奉仕をします。
都会の生活に疲れを感じてる彼に田舎で寛いでもらうことを目的に据えてるため
エッチの割合をやや落とす代わりに非エロのシーンを多くしてバランスを取ってます。

「先にコタツに入ってて 冷えたでしょう? 温かいお茶も淹れるから」
彼女は恋人よりも母親っぽい雰囲気の落ち着いた女性。
初めて会う彼を嬉しそうな表情で迎え、自宅に着いた後はお茶とみかんでもてなします。
しかしお酒が入ると大胆になる特徴も持っており、エッチシーンでは普段と随分違う乱れっぷりを見せてくれます。

ギャップ萌えとでも言いましょうか、普段がのんびりしてるからこそ
エッチで見せる積極的な姿が余計エロく感じます。
短めと言っても40分くらいありますから通しで1回抜くくらいなら余裕です。
彼女が元々持ってる上品さをあまり損なわないよう気をつけながら激しく愛し合います。

彼女のキャラと並ぶもうひとつの魅力は音。
音声の開始直後は風の音や鳥の鳴き声が聞こえ
家に到着した後はそれらが消えて時計の音だけが流れるようになります。
他にもセリフを一切挟まず音だけで何をしてるか表現するシーンもあったりと
物語に臨場感を出す重要な役割を果たします。

音フェチ(ASMR)系と言うほど音に寄せてるわけではありませんが
どの音も質感がリアルでこれらを聴いてるだけでも一定の癒しが得られます。
本作品は癒しつつ気持ちよくするのがコンセプトですから非エロの部分にも結構力を入れてます。

和の情緒漂う女性が様々な音を交えたサービスで異性の友人をもてなす。
田舎らしいのんびりした空気が漂う穏やかで艶のある作品です。
女性の内面描写を重視した濃いエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイは耳舐め、キス、SEX(騎乗位)、乳首責めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ね、少し あなたのことからかってみてもいいでしょう?」
お風呂から出た主人公と縁側でお酒を楽しんでた艶さんは
彼の耳が赤くなってるのを見てすかさず甘噛みを仕掛けます。

エッチは攻守を入れ替えながらほぼ対等な立場でします。
最初の「ほろ酔いで甘噛み」でするのは耳舐めと甘噛み(約12分)。
左右の耳にほぼ同じ時間を割いて後になるほど激しいちゅぱ音を鳴らします。

「今度は舌も 使っちゃおうかしら そうよ こうやって…」
彼女は別にエッチ目当てで彼を自宅に招いたわけではありません。
でも実際に会って話すうちに何かしら惹かれるものを感じたのでしょう。
お酒が入ってるのも相まって普段よりもずっと積極的なアプローチをかけます。
ただし淫語だけはあまり言わずにおいて淫乱な女性に映るのを防いでます。

耳舐めは甘噛みの時はさほど動かさずにちゅぱちゅぱと控えめな音を鳴らし
パートの中盤あたりから水分が一気に上がってコリコリした音へと変化します。
これだけに1パートまるまる割いてるのも耳舐め好きなサークルさんらしくて良いです。
射精シーンはありませんが次に向けて気持ちを高める効果は十分期待できます。

続く「艶と一夜の情事」は彼女とより深く結ばれるシーン(約26分)。
耳舐めを終えた直後に彼の勃起に気づいた彼女が
自室へ案内しお互い裸になって濃厚なSEXを楽しみます。

「ううん 嫌じゃない むしろすごく嬉しくて 気持ち…良かった」
「あっ あぁ こんなに大きかったのね それに硬くて 熱い…」

そしてここからは彼女の心情描写に力を入れて進めます。
この行為が彼を勃起させてしまったことへのお詫びではないことをはっきり伝え
服を脱がせた直後におちんちんを握ってその硬さと熱さにちょっぴり驚いた表情を見せます。

DLsiteのジャンルに「初体験」が入ってることから、もしかしたら彼女は処女なのかもしれません。
SEXの前後最中にするキスも段階的に激しくして彼女の高ぶり具合を表現します。

「すごいっ こんなに太いだなんて んっ んんっ」
山場のSEXはおよそ20分間。
彼女が上に跨がって挿入し、その後は主に彼が下から突き上げて彼女を乱れさせます。
そして彼女はお返しにキスや耳舐めで彼を気持ちよくします。
男性とのエッチに慣れてないようですぐさま大きめの喘ぎ声を漏らし
反撃を試みてもその都度押し返されてしまう姿がエロ可愛いです。

騎乗位と言うと女性が主導権を握る体位のイメージが強いですから
そこで男性優位のエッチをすることで彼女の魅力を引き立ててます。
もてなそうと頑張ってるんだけどおちんちんに負けてできずにいるか弱さがとても魅力的でした。
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を同時に鳴らす時間もある程度取ってあって純粋なエロさもなかなかのものです。

このように、普段の彼女とのギャップを意識した比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
落ち着きのあるキャラ重視の作品
田舎で和服美人と過ごす様子を忠実に描いた作品です。

艶さんはSNSで知り合い波長が合うと感じた主人公を少しでも癒そうと
自分が住んでるのどかな田舎へ招待し、そこで色々会話しながら家庭的なサービスをします。
そして夜はお酒を飲んだりやや大胆なエッチをして性欲の発散も手伝います。

緑豊かな地で艷やかな女性と1日を過ごす穏やかなシチュ
普段はおっとりしてるけどエッチの時は激しく乱れる彼女のキャラ
物語の臨場感を引き立てる効果音と環境音。
非エロとエロのメリハリをつけた質の高い作品に仕上げてます。

「もう少し 長く暮らしてみるのも 案外悪くないかもしれないわよ」
特に彼女はエッチの前後と最中で見せる表情がまるで違うのが面白いです。
今回のエッチは言わば成り行きでそうなったわけですが
後ろめたさや背徳感は一切なく和やかな終わりを迎えます。
明確な描写はされてなくても2人の関係が一歩前進したのがなんとなくわかります。

最後にエッチの後から始まる耳かきの紹介をします(約20分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順にまずは耳かき棒で汚れを取り
それから息吹きを挟みながら梵天で仕上げます。

耳かき棒は「ぞす ずしゅっ」という丸みを帯びた乾いてる音
梵天は「ぷすぷす」という柔らかい音が使われており
奥から手前へゆっくり掻き出す、軸を持って少しずつ回転させるとそれぞれに合った動かし方をします。

耳かき音を数秒鳴らした後に「とんとん」と優しい物音がするのがいいですね。
取れた耳垢を外で処理する音も適度に入れてリアリティを出してます。
こういう動作を挟む耳かきはなかなかないので個性づけにもなっててすごく良いなと。
音に対してこだわりを持ってる本作品らしい細かな演出が光ります。

射精シーンは1回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

非エロとエロを両方同じくらい楽しみたい人には特におすすめします。
おまけはフリートーク、NG集、ささやきキスです。

CV:天知遥さん
総時間 1:59:53(本編…1:27:15 おまけ…32:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
120分で900円とコスパが良いので+1してあります。

2019年2月9日の24時まで30%OFFの630円で販売されてます。

女子マネとデトックスたいむ

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、処女だけどサービス精神旺盛な2人の女子マネが
体を張ったご奉仕でスランプ気味な野球部のキャプテンを元気づけます。

複数人プレイの長所を活かした密度の高いエッチが魅力で
両耳舐めや耳舐め+フェラなど1人じゃできないプレイを積極的に盛り込み
パートによって主役を切り替えながらとことん尽くして心の芯から癒します。
男によく効く薬を注入
マネージャーのあゆちゃんとまにちゃんが野球部のキャプテンとエッチするお話。

「あっ! キャプテンいたいた お疲れ 今日午後練ないんでしょ? ちょっと顔貸してよ」
まにちゃんは明るくて活発な声の女の子。
「まにちゃん その言い方なんか怖いよ?」
あゆちゃんは優しくて大人しい声の女の子。
主人公に声をかけて午後に付き合って欲しいと言うと
女子部室に案内してから彼女たちなりのやり方で気合を入れます。

本作品は何らかの事情でこのところ成績不振に陥ってる彼を立ち直らせようと
彼女たちが50分近くをかけて3種類のエッチなご奉仕をします。
マネージャーとしての義務感も多少はあるのでしょうが、彼女たちは元々彼のことを純粋に好きで
この機会を利用してより親密になろうと最初から積極的にリードします。

最大の特徴は複数人プレイ。
彼女たちが左右に陣取り同じプレイをしたり、別の性感帯を同時に責めて気持ちよくします。
サークル主の天知遥さんが耳舐め好きだからなのでしょうけど
片耳あるいは両耳を舐めるシーンが約30分と長めに用意されてます(おまけも合わせると38分)。

舌をちろちろ動かして舐める、唇で挟んで軽く吸うなど
彼女たちのイメージを崩さないレベルでやや力強いちゅぱ音を鳴らします。
他にも耳とおちんちんを同時に舐めるシーンがあったりして全体的に音の密度が高いです。

まに「こんなふうに大きくなるんだ すごーい」
あゆ「おちんちん大きくできて偉いね」
キャラについては「デトックスたいむ」の名の通り終始あまあま。
2人とも処女ということで多少の初々しさを出しつつ彼を上手に持ち上げます。
多くのシーンが女性上位ですがM向けの要素は一切ありません。
中盤以降は1人ずつ順番に初めてを捧げて好意をストレートに伝えます。

私個人はどちらかと言うとあゆちゃんのほうが魅力的に映りました。
声やセリフだけを見ると奥手そうなキャラですが
エッチに入ると一転して大胆な行動を取るようになります。
それでいて終盤にはまにちゃんを主役に立てて自分はサポートに回る優しさも見せます。

彼を取り合うのではなく共有する方向でエッチを組み立ててるので
彼女たちの仲の良さもそれなりに伝わってきます。
キャラ、プレイ、雰囲気のすべてが甘い癒し系の作品です。
上下の口でたっぷりご奉仕
エッチシーンはパート49分間。
プレイは耳舐め、フェラ、あゆちゃんのオナニー、SEX(正常位、騎乗位)、キス、手コキ、おっぱいを舐めるです。
オナニー、SEX、手コキの際に効果音が鳴ります。

あゆ「キャプテンも疲れてるし 色々と溜まってると思うんです そこで…」
まに「抜いてあげようかなって」
主人公を女子部室に呼び出し近々行う練習試合のことを話した2人は
左右に陣取り両耳を同時に舐めて彼の心と体をほぐします。

エッチはどのパートも彼女たちがリードします。
一番最初の「デトックスぴゅっぴゅフェラ」は口だけを使ってご奉仕するパート(約16分)。
あゆちゃんは左耳、まにちゃんは右耳を分担して舐め
ある程度性感が溜まった後はまにちゃんがフェラに移って気持ちよく射精させます。

あゆ「すごーい キャプテンのおちんちん まにちゃんのお口に ずっぽり入ってるよ」
まに「これってカウパーって言うんだ」
彼を慰めるのを目的としたエッチですが彼女たちにやってあげてる感はまったくありません。
初めて見る立派なおちんちんを素直に褒め、滲み出てきたカウパーを不思議そうな表情で味わいます。
そしてちゅぱ音をノンストップで鳴らしつつスピードとパワーを徐々に上げます。

耳舐め開始後はセリフが一気に減りますからちゅぱ音好きな人ほど楽しめるでしょう。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、男が喜ぶことをガンガンやって落ち込んだ気持ちを奮い立たせます。
純粋なエロさも高く、序盤から本作品の持ち味が十分に発揮されてます。

続く2パート31分間は彼女たちのキャラを引き立たせたプレイ。
「あゆちゃんと女の子のお勉強」はあゆちゃんと一対一で性教育要素を交えた初SEXを楽しみ
「まにちゃんの発情」はそのことを知ったまにちゃんが主人公に処女を捧げます。

「ちゃんと見える? これが女の子のおまんこだよ」
「キャプテンに触られると おまんこきゅんきゅんしてたんだ」

前者は先ほど話した声と性格のギャップを活かして興奮を盛り上げます。
彼に女性の体を詳しく知ってもらおうと自ら股を開いておまんこを見せつけ
そのままオナニーするシーンなどはそれが最もよく表れていてエロいです。
山場のSEXも繋がりながら自分の想いをはっきり伝えて彼の心をガッチリ掴みます。

自分の気持ちにすごく素直な女の子ですね。
好きな人のためなら何でもする献身的な姿が心を潤します。
デトックスをタイトルにつけてるだけあって心のケアにもある程度気を配ってます。

「待って びくびく止まんないの キャプテンのもまだ中で とくんとくんって」
それに対して後者はまにちゃんの可愛さにスポットを当ててます。
普段の口調がやや男っぽいからこそ、あゆちゃんとこっそりSEXしたことに軽く嫉妬したり
精液をおまんこにたっぷり注がれて気持ちよさそうにする姿にグッときました。
あゆちゃんも途中から参戦しますが耳舐めするだけで完全な脇役に徹してます。

あゆちゃん専用のパートが用意されてる点だけを見るとまにちゃんのほうがやや劣勢なのですが
最初のパートで彼女だけがフェラと精飲を担当してることを考えれば存在感はほぼ互角と言えます。
一番最後に2分程度イチャイチャするのもそれを印象付けたかったのではないかなと。

このように、2人の魅力を出しながら男性をリフレッシュさせる温かいエッチが繰り広げられてます。
エッチに癒してくれる作品
耳かきやマッサージを使わずに気持ちをほぐしてくれる作品です。

あゆちゃんとまにちゃんは野球部のキャプテンとして頑張ってる主人公の力になろうと
誰にも邪魔されない場所へ案内してから密着感のあるあまあまなエッチをします。
そして最中にマネージャー以上のことをやってこれが単なる慰めではないことをアピールします。

2人の女の子が口とおまんこを使って同時に責める密度の高い作り
女性側が責め続けてるのにMっぽさをまったく感じない癒やされる演出
ギャップ萌えを意識した彼女たちのキャラと責めっぷり。
女子マネや複数人プレイといった作品の特徴を組み合わせていい気分で抜ける作品に仕上げてます。

まに「キャプテンって ほんと母性本能くすぐってくるね」
単にエッチして終わりじゃなく恋愛要素も盛り込んでるのが特に良かったです。
マネージャーがキャプテンとエッチするシチュだと立場上仕方なくといった可能性も出てきます。
だから彼女たちが元から彼を好きだった設定にしてこれが義務感によるものじゃないことにしています。
これの有無で聴き終えた時の後味が随分変わるのではないでしょうか。

あとは彼女たちが色んなものを彼に捧げる展開が男心をくすぐります。
ファーストキス、精液を飲んでもらう、初SEX、初中出しと
恋人以上の親密度がないとまずできないことをガンガンやってくれます。
言葉よりも行動で気持ちを伝えるタイプです。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

女性に尽くされるシチュが好きな人には特におすすめします。
おまけは両耳舐め、フリートーク、NG集です。

CV:あゆちゃん…天知遥さん まにちゃん…こやまはるさん
総時間 1:32:41(本編…1:05:16 おまけ…27:25)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

奴隷に堕ちた貴方の運命

サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人の女性が
奴隷になったばかりの男性をおもちゃにして色んなエッチを楽しみます。

お嬢様は彼の体に一切触れずきつめの言葉責めをぶつける
ご婦人は手や口でご奉仕しながらノンストップで何度も射精させるなど
相手によってプレイスタイルが大きく変わるのが特徴です。
新人奴隷をつまみ食い
店主、お嬢様、ご婦人から調教を受けるお話。

「あぁ 目が覚めたのですね」
店主はややトーンが低く透き通った声のお姉さん。
目覚めた主人公に今の状況やこの店のことを説明すると
貸し出す前に奴隷らしく全裸になるよう命令します。

本作品は何らかの事情で奴隷に堕ちた彼が
奴隷店の商品として売り出されおよそ90分に渡り色んなエッチを経験します。
このお店では購入以外に1日だけお試しするサービスもあるらしく
彼に興味を持った2人の女性がそれぞれの性格に合ったやり方でその体を味わいます。

ブラックマの嫁さんはシロクマの嫁さんの姉妹サークルとして
癒しよりもアブノーマルに寄せた作風を売りにしてます。
本作品もその例に漏れず主に体への責めが大変過激になってます。

鞭で打つ、窒息させるといった拷問まがいのことはほとんどやらず
きつめの言葉責めを投げかける、休憩をほとんど挟まずに何度も連続射精させるなど
エッチで得られる快感をより強く尖らせて責め続けるスタイルを取ってます。
実際にやるのはほぼ不可能ですから、抜く場合は過度の負担がかからないレベルでするのがいいでしょう。

「家畜というのは 痛めつけられないと学習しないものでしょう?」
これらを行う彼女たちのキャラもなかなか個性的。
店主は奴隷たちを日々管理してるだけあって清々しいくらいSっ気が強いですし
他の2人も彼を対等な人間ではなくモノとして扱います。

後半に10分くらい店主とご婦人が組んで責めるシーンがありますが
それ以外はすべて一対一になり思い思いのやり方で調教します。
雰囲気やプレイが人によって大きく変わりますからどれも新鮮な気分で聴けるでしょう。
特にご婦人は非常に変わったキャラをしてるし純粋なエロさも高いです。

新人奴隷の男性を過酷に責めるシチュとその相手をする女性たちの個性。
自分が奴隷になったのを思い知らせることを目指したハード路線の作品です。
欲望をストレートに叩きつけるエッチ
エッチシーンは4パート89分間。
プレイは体の鑑賞、奴隷宣言、オナニー、精液を舐める、耳舐め、手コキ、フェラ、オナホコキ、両耳舐め、薬を塗るです。
オナニー、手コキ、オナホコキの際に音量控えめな効果音が鳴ります。

「ふーん…顔はそこまで悪くないわね 肌もなかなか綺麗じゃない」
お嬢様は清楚で可愛い声の女の子。
お店に新しい奴隷が入荷したとの噂を聞きつけて早速主人公をレンタルすると
その体を観察しながら自分の好みに合ってるかどうか見定めます。

エッチは女性たちが終始責め続けます。
最初の相手にあたるお嬢様はおよそ29分間。
おちんちんやアナルといった恥ずかしい部位も含めて全身を眺め
反抗的な態度を取る彼を適度に躾けながら目の前でオナニーさせます。

「情けないゴミクズチンポね ブタ」
パート名が「お嬢様の暇潰し」となってることからもわかる通り
彼女は彼と最初からまともにエッチする気はありません。
だからその体には指一本触れないし、彼が素直に従わない場合はきつめの言葉責めを浴びせます。
声や口調が柔らかいので雰囲気は穏やかですが言ってることは容赦ないです。

完全に言葉責めを楽しむパートですね。
オナニーも開始と射精のタイミングを指示するだけでシコシコボイスとかは言いません。
まだ奴隷になったばかりということで、その心構えを身につけさせる方向で進めます。
ただし射精後に精液を舐めさせる点だけはハードと言えます。

続くご婦人はお嬢様とはほぼ正反対のキャラ(約40分)。
高貴な家に住み何不自由ない生活を送ってるものの
旦那が自分より年上でエッチの相手をなかなかしてもらずもどかしい思いをしてました。
そこでお金さえ払えば気軽に男性を貸してくれる奴隷店へ時々足を運ぶようになったそうです。

「あぁ 可愛い 殿方のを見るのも久しぶりだわ」
自分よりも遥かに身分の低い彼を一切見下さず、むしろ可愛がるように相手します。
声も態度もあまあまですから、これのどこがM向けのプレイなのか疑問を感じるかもしれませんね。
しかし彼女にも男性からしてみれば恐ろしいと感じる特性が備わってます。

それは精液に対する執着心が異常に強いこと。
男性がおちんちんを責めれば気持ちよくなり何度でも射精できると勘違いしてるため
彼が射精しても休憩時間をまったく挟まず、別のやり方でもっと吐き出させようとします。
40分で5回連続なら十分ハードな部類と言えるでしょう。

手コキ、フェラ、オナホコキと後になるほど刺激の強いプレイを用意し
そこに耳舐めを組み込んで複合的に責めるなかなか密度の高いエッチです。
本作品の耳舐めはこれ以降の3パートで合計37分と長めの時間が用意されてます。
シロクマの嫁さんが耳かきと耳舐めを得意とされてるのでそれを受け継いだのだと思われます。

特に「若い男の射精をお求めのご婦人2」パートでは店主も加わり
左右の耳を同時に舐める耳舐め好きには堪らないシーンです。
耳舐め重視なせいで手コキやオナホコキの音が聞こえにくくなってるのは残念ですが
お嬢様とは違った形でハードさを表現していて面白いです。

最後の「店主からの懲罰」はおよそ20分間。
ご婦人とのエッチで不手際があった彼への罰として
両腕を拘束したまま先ほどよりも大きなオナホでさらに射精させます。

「この薬は 塗られた場所の感度を大幅に上昇させるのと同時に 激しい痒みを生じさせます」
そしてここでは彼女が特性の媚薬を使用します。
おちんちんに刺激を与え続けないと悶え苦しむというもので
彼女のほうから責めることはせず、彼がそれから逃れるために自ら腰を打ち付けます。

痒みや疼きに耐え続けるか、それとも射精の苦しみと引き換えにそれを和らげるか。
どちらにしてもきつくなる選択を迫るところが奴隷店主らしいです。
言葉責めも容赦ないですし、他の2人が持つ厳しい部分を兼ね備えてます。

このように、キャラによって責め方のバランスを変えるドM向けのエッチが繰り広げられてます。
とことん痛めつける作品
苦しみを伴う快感を与え続ける調教色の強い作品です。

店主は一般人から奴隷に堕ちた主人公にその事実をわからせようと
彼に興味を持ってる女性たちへその体を提供し好きに遊んでもらいます。
そしてお嬢様は見られる快感と言葉責め、ご婦人は連続射精と別方向の特徴を持たせ
どちらも強めのタッチにしてMな人ほど喜べるようにします。

3人の女性たちからモノ扱いされる過酷なシチュ
キャラによって心と体の責めるバランスを変えた作り
射精回数を多めに用意し、休憩時間をできるだけ削った中盤以降のプレイ。
自分が奴隷になったらどういう扱いを受けるかがエッチに描かれてます。

以前聴いた「異種族専門風俗店~魔法のKiss~」が特殊なキャラに甘やかされるお話だったものですから
本作品もM向けの中では割と甘い内容だと聴く前は予想してました。
でも実際はご婦人以降のシーンがなかなか過激になってます。
雰囲気は全然暗くないんだけど、責め方がものすごく尖っててきついといった感じです。

ご婦人「腰 ガクガク震えちゃってるわよ でも おちんちんはまだ頑張れそうね」
自分がえげつないことをやってる自覚がないから余計タチが悪いです。
奴隷とそれを買う者の人間関係をプレイに反映させてるのがとても良いなと。
純粋なエロさも高いですし多くの人が彼女のお世話になるでしょう。

気になった点を強いて挙げるなら耳舐めに頼りすぎてることです。
耳舐めはシロクマさんの個性とも言えるプレイですから入れたくなるのはわかるのですけど
別サークル扱いにしてるのならもっと違うやり方で個性を出すのが望ましいです。

射精シーンは8回。
くちゅ音大量、ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

CV:お嬢様…天知遥さん ご婦人…かの仔さん 店主…伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:04:40(本編…1:54:04 フリートーク…10:36)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
124分で700円とコスパが良いので+1してあります。

テキーラガールと酔いつぶれる夜

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、気さくで積極的なテキーラガールが
クラブで偶然出会った大人しい男性と熱いエッチをします。

ちゅぱ音や吐息といったエッチな音をふんだんに盛り込んでるのが特徴で
エッチのきっかけ作りや雰囲気作りにキーアイテムのお酒を絡めつつ
サークルさんお得意の耳舐めや首筋舐め、フェラをほぼセリフを挟まず濃厚に行います。
お酒がくれた気持ちいい出会い
ホテルやお店でテキーラガールとエッチするお話。

「こんばんはー お兄さん お兄さんっ」
テキーラガールはノリが軽いしっとりした声のお姉さん。
クラブでなかなか来ない友人を待ってる主人公に声をかけると
早速テキーラを差し出し乾杯します。

本作品はお店の客にテキーラを売り歩く仕事をしてる彼女が
あまり飲めないのに飲みすぎた彼を介抱するついでに童貞を奪います。
終盤に2人が酔った勢いで激しいSEXをするシーンがある以外は
一般的な音声作品と同じスタイルで普通にエッチを楽しみます。

「こーんな美女と乾杯すること お兄さんの人生で きっとそうそうないことですよ なーんちゃって」
彼女は仕事柄会話が上手で彼を適度におだててきますが
お酒を無理矢理飲ませてお金を巻き上げるといったことは一切しません。
彼をホテルに連れ込んだのも純粋に具合が悪そうだったからです。
口調は軽いんだけど性格は割としっかりしてる女性に映りました。

しかしエッチが始まると持ち前の積極性を存分に発揮します。
前半は首筋、耳、おちんちんといった男性が感じやすい部分を舌と唇でねっとり責め続けてたのが
後半に入ると筆おろしを含めた濃厚なSEXでゴムやおまんこへ精液を吐き出させます。

変わったテーマを扱った抜きボイスと表現するのが妥当な内容です。
エッチシーンが本編の7割強と長く、内容もちゅぱ音やくちゅ音を多めに盛り込んであって抜きやすいです。
サークルさんの他作品と同じくM向けの要素はほとんどありません。
お酒を日頃まったく飲まない私でも楽しく聴けたので、下戸だからといって敬遠する必要はないと思います。
上下のお口でたっぷり味わうエッチ
エッチシーンは4パート72分間。
プレイは首筋舐め、フェラ、耳舐め、SEX(正常位、騎乗位)、キス、テキーラの口移しです。
SEXの際に効果音が鳴ります。

「ねぇお兄さん ちょっと意地悪してもいいかな?」
酔いつぶれた主人公を近くにあるホテルに運び込んだテキーラガールは
一緒のベッドに寝て体の匂いを軽く嗅いでから首筋をゆっくり舐め始めます。

エッチは経験者の彼女が終始リードします。
前半の2パート32分間はちゅぱ音が主役のプレイ。
「ホテルで腕枕」は首筋&フェラ、「お背中流してぺろぺろ」は耳舐めとプレイを切り替えて彼の体を味わいます。

「これがお兄さんのおちんぽ ふふっ おいしいよ」
「(おっぱいが)当たってるんじゃなくて 当ててたの わかった?」

彼が歩けなくなるほど飲ませてしまったことを申し訳なく思ったのでしょう。
エッチに入っても引き続き優しい態度で接し、彼が喜ぶことを自らすすんで行います。
舐めてる最中はほとんど喋らなくなるので恋愛感情を抱いてるかどうかはよくわからないのですが
少なくとも彼を性欲のはけ口にして遊ぼうとする様子はなく雰囲気がとても甘いです。

ちゅぱ音については首筋舐めは中央やや下から長めのストロークで舐める
フェラは最初はクリア、しばらくするとややこもった音で一心不乱にしゃぶる
耳舐めは耳元至近距離で舐め、吸い、啜りを組み合わせて責めるといったように
プレイごとの違いが音だけで十分わかるようリアルな演技をされてます。

天知遥さんと言えば耳舐めに定評のある声優さんですし
私もこの中だと耳舐めが最も特徴的だと思います。
舌を耳の内側や穴の入り口に這わせてコリコリした刺激的な音を鳴らしてくれます。
時間は最終パートも合わせて30分と結構長いです。

続く後半の2パート40分間はお待ちかねのSEX。
「テキーラガールと童貞卒業」はそのままの勢いで童貞卒業を手伝い
「酔っぱらってひめごと」は最初のエッチから少し経った後、今度はクラブのVIPルームで愛し合います。

「お兄さんの好きなタイミングで 腰動かしてね いーっぱいおまんこしていいよ」
1回戦は2人でシャワーを浴びた後=素面なので彼女も落ち着いた表情で相手します。
体位を敢えて正常位にすることで挿入やピストンの主導権を彼に譲り
自身は軽いアドバイスをしたり熱っぽい息遣いで喘いで上手くいってることをアピールします。
事前にゴムを装着してますし、筆おろしのお手本と呼んでも差し支えない整ったプレイです。

「いいでしょ? あたしのおまんこも お兄さんのエロチンポみたいに 涎垂らしちゃってるの」
それに対して2回戦は彼女の肉食系なところが全面に出ています。
十分酔ってるのにテキーラを口移しで飲ませてさらに溺れ
騎乗位で後になるほど激しいピストンをする姿はまさに痴女。
中盤からは耳舐めも加えてくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声が同時に流れる濃厚なプレイが楽しめます。

豹変と言うほど極端ではありませんが
両者は同じSEXでも雰囲気、展開、エロさに結構な違いが見られます。
重要性は童貞卒業が絡む分1回戦のほうが高いのでしょうけど
テーマ性や彼女らしさは2回戦のほうがずっと上だと思います。

このように、2人の属性とキーアイテムのお酒を組み合わせた淫靡なエッチが繰り広げられてます。
音に酔える作品
エッチの最中に鳴る声や音が魅力の作品です。

テキーラガールはクラブに居合わせた主人公に自然と興味を持ち
お話やお酒を通じて意気投合しそのままエッチするほどまで親密になります。
そして後日再び会った時はお酒の力を借りて中出しSEXまで決めます。

酔ってる時とそうでない時で随分変わる彼女のキャラ
前半は舐め、後半はSEXとメリハリを持たせた展開
その最中に鳴るリアルで抜ける音の数々。
作品としての個性を出しつつセリフよりも音で興奮させるエッチに仕上げてます。

「ちょっとだけ休憩 その後は…またその時考えよう」
彼女は普段は割と大人しいのにスイッチが入るとやや暴走します。
その主なきっかけとなるのがお酒です。
呂律が回らなくなるほど泥酔することはないものの
お酒を飲んでるかどうかで喋り方やアプローチのかけ方に違いが出ます。

エッチはこれまで話してきた通り声や音のクオリティが高いです。
その一方でプレイの実況や言葉責めはあまりしませんからご注意ください。
個人的にはもう少し実況を入れたほうがイメージしやすくなっていいんじゃないかなと。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

おまけは3種のフリートークとNG集です。

CV:天知遥さん
総時間 2:11:53(本編…1:38:36 おまけ…33:17)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年8月16日まで20%OFFの720円で販売されてます。

あさもひるもよるも~メイドサキュバスにたっぷり絞られる1日~

サークル「もちぱんMaaBooo!!!」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、異なる性格を持つ3人のサキュバスが
メイドになりきって男性にご奉仕したり精液を美味しくいただきます。

M性を極力薄めた実用性重視のエッチをするのが特徴で
前半は3つのペアに分かれて左右の耳をたっぷり舐め
後半は3人同時に唇、乳首、おちんちんを責めて連続射精へ追い込みます。
サキュバスたちの濃密なご奉仕
あさひ、まひる、よるかの3人に責められるお話。

「おかえりなさいませ ご主人様 あれー? あなたは初めてご帰宅のご主人様かな?」
まひるは甘く澄んだ声の女の子。
あさひ、よるかと一緒にメイド姿で主人公を迎えると
お店のメニューやサービスのシステムを簡単に説明します。

本作品はサキュバスであることを隠したままメイド喫茶で働いてる彼女たちが
飲み物で服が濡れてしまった彼を介抱しながらおよそ90分に渡るエッチなご奉仕をします。
最初の3パートはあさひ&まひる、まひる&よるか、よるか&あさひと2人ずつで相手をし
最後のパートだけは勢揃いして方向性の異なる責めを繰り出します。

常に複数の女性が同時に相手するシステムのおかげで
ちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな音の量と密度が高く、オナニーのオカズとしてかなりの実用性を誇ります。
一部で連続射精があるものの全体的に責めるペースや強さは緩くハードに感じるほどではありません。
精液欲しさに無理矢理搾り出そうとせずしっかり気持ちよくすることを心がけてます。

あさひ「オムライスかパンケーキには メイドが仕上げにお絵かきをさせていただきます …ふぅ 言えた」
よるか「ご主人様 お腹空いてそう」
まひる「マジ? よるかそういうのわかるの超すごいね」
もうひとつのポイントは彼女たちのキャラ。
ドジっ子で初々しいあさひ、気さくで積極的なまひる、テンションは低いけど気配り上手なよるか、と
それぞれに異なる個性を持たせ掛け合いや連携を意識してエッチを進めます。

全員が同じくらいの存在感を出せるように組み立ててありますから
気に入った子があまり活躍せずがっかりする可能性は低いです。
例えばあさひはエッチの経験や知識に乏しいので他の2人が上手くできるようサポートします。
彼のおちんちんを取り合って喧嘩することもないですし、和やかな雰囲気でがっつり搾り取ってくれます。
メイドとサキュバスの特徴を組み合わせたエッチ
エッチシーンは4パート82分間。
プレイは耳舐め、両耳舐め、手コキ、フェラ、亀頭責め、乳首舐め、キス、SEX(騎乗位、正常位)、乳揉みです。
手コキ、亀頭責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

あさひ「ご主人様 私とんでもないことを あぁぁぁぁ」
まひる「ちょっとあさひ落ち着いて とりあえずちょっとお洋服脱いでくれる?」
あさひが飲み物をこぼし主人公の服を濡らしてしまったのを見て
まひるはすぐさま彼をバックヤードへ案内し服を脱いでもらいます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート50分間は選択式。
彼女たちの誰にお世話してもらいたいかを聴き手が決め、それと一致する音声を選びます。

プレイの流れは3人のうち2人が左右に寄り添って両耳舐めを始め
しばらくすると片方がおちんちんに手を伸ばし後になるほど激しくしごきます。
最中はほぼずっと鳴ると言っていいほどちゅぱ音の量が多く
マンネリ感が出ないようパートごとに細かな違いを持たせて彼女たちの魅力を引き立ててます。

まひる「ねぇ ご主人君さ もしかしてなんだけど ここ 大きくなってない?」
あさひ「これがご主人様の す、すごいです」
例えば「03.あさひ×まひる」はエッチの経験に大きな差があることを踏まえて
まずはまひるが耳舐めの手本を見せ、その後あさひが加わり両耳舐めへと変化します。
ちゅぱ音もまひるは唇でしゃぶる、あさひは舌でコリコリすると舐め方が被らないよう工夫してます。

彼の射精を見て軽く驚くあさひの姿も印象的でした。
サキュバスのイメージから敢えてずらすことで最終パートとのギャップを大きくしています。

それに対し「04.まひる×よるか」では2人ともスムーズに耳舐めを始め
パート中盤頃からペースが上がり、終盤は2人で一緒におちんちんを握って射精を促します。
あさひがいる時に比べて慣れた印象を抱くでしょう。
射精を各パート1回に抑えてることも含めて彼にとことん尽くすメイドらしいエッチをします。

最後の「サキュバス3姉妹の非日常_メイドサキュバスにたっぷり絞られる1日」は
サキュバスらしさを追求したパート(約32分)。
精液を吸収しサキュバスの力をある程度取り戻した3人が
代わる代わるおちんちんを責めて3回連続の射精へ追い込みます。

あさひ「自分からはまだ恥ずかしいので 言ってくださいませんか? 私とキスがしたい、と」
よるか「ねぇご主人様 あさ姉のおまんこから出る愛液と ご主人様のおちんぽから出る我慢汁が ぐちゅぐちゅエッチな泡が立ってる」
サキュバスの本性を表した後も彼女たちのメイド心はなくなりません。
あさひはこれまでと同じく初々しい仕草と反応を見せてくれますし
他の2人も巧みな責めとエッチな言葉で彼の興奮を上手に煽ります。
各射精シーンの間隔が8~10分あるのも心身に過度な負担をかけないための思いやりなのでしょう。

パートの前半と後半でメインのエロ要素がガラリと変わるのもいいですね。
前半は乳首舐め、よるかのフェラ、キスとこれまでに引き続きちゅぱ音を鳴らすプレイで固め
後半はまひるの騎乗位→あさひの正常位+騎乗位と繋いで喘ぎ声を積極的に漏らします。

あさひ「したい…です 早く私もご主人様のおちんぽを飲み込みたいって おまんこ疼いちゃってます」
中でもあさひは清楚な声で大胆なことを言って男心をくすぐります。
エッチの事はよくわからないけど彼を気持ちよくしたいし気持ちよくなりたい。
サキュバスらしくなかった彼女が最もサキュバスらしく振る舞うところにグッときました。
連続射精からイメージされる過酷さをキャラやシチュで和らげてます。

このように、それぞれの個性を出しつつ抜ける音をたっぷり鳴らす甘めのエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
複数の女性が協力して一心不乱に責め続けるストレートな作品です。

あさひ、まひる、よるかはメイド喫茶を訪れた主人公に満足してもらい
さらに自分たちもエネルギーを補給しようと最初から体を積極的に密着させ
耳、乳首、おちんちんといった性感帯を手分けして複数同時に舐めまくります。
そしてある程度満足した後はより踏み込んだプレイで精液を効果的に搾り取ります。

2~3人の女性が同時にご奉仕する密度の高いシチュ
バイノーラル録音ならではのリアルな音をふんだんに鳴らす作り
3人の性格に違いを持たせ、それぞれに活躍の場を設ける展開。
音重視だけどキャラもある程度立てたエッチが楽しめます。

このところバイノーラル録音の作品がかなり増えてる影響で
本作品のようにちゅぱ音をがっつり鳴らす作品自体はさほど珍しくなくなりました。
しかし異なる声優さんが組み合わせを変えて同じプレイに取り組むものはまだまだ少ないです。

担当する声優さんが全員一緒だと演技が似通ってマンネリ感がどうしても出てしまいます。
そこを解消するために色んな工夫をされてるところが素晴らしいです。
最終パートもちゅぱ音でゴリ押しせず後半は喘ぎ声特化に方向転換してます。

エッチは耳舐め好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
SEXは終盤の20分のみですからやはりメインはちゅぱ音です。
おまけで合計55分の耳舐め音声も入ってますし、耳舐め好きにはかなりおすすめします。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

おまけはフリートーク、NG集、ループ用耳舐めです。

CV:あさひ…天知遥さん まひる…藍沢夏癒さん よるか…そらまめ。さん
総時間 2:49:47(本編…1:33:39 おまけ…1:16:08)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
170分で1000円とコスパがいいので+1してあります。

MOCHIMOCHI桃知えみるデビューin 温泉♪

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は大人しいけどスイッチが入ると積極的になる女の子が
温泉地でAV女優としての第一歩を踏み出します。

彼女の経験や性格を色濃く反映させた甘く初々しいエッチが行われており
最初は緊張気味だったのが主人公と肌を重ねるにつれて徐々にほぐれ
山場のSEXシーンに入ると淫語を多めに交えて積極的におねだりするようになります。
貸し切り温泉でドキドキ撮影
新人AV女優の桃知えみるとエッチするお話。

「初めまして はい 名前は桃知えみるです」
えみるは可愛くて大人しそうな声の女の子。
音声を聴いてる人たちに挨拶し今の心境を漏らすと、主人公のエッチな質問にひとつずつ答えます。

本作品は何らかの事情でAV女優へのデビューを決意した彼女が
男優の彼にリードされながらおよそ70分に渡って色んなプレイに挑戦します。
サークルさんがエイプリルフールに「AVデビューする」と宣言したのを元に制作されたとのことで
現実世界のAVを意識した要素がいくつか見られます。

「えっ? 経験人数ですか? えっと…○○人です」
それをわかりやすく示してるのが一番最初に行うインタビュー。
エッチの経験人数、回数、好きな体位、オナニーの頻度、その時のスタイルなど
恋人でもなかなか聞き出せないエッチな情報を彼女が順に答えていきます。
実演系以外の作品でこういうやり取りをするのは本当に珍しいです。

インタビューを聴いた限りだと彼女はエッチの経験がかなり浅く
多くの男性にその一部始終を観られることも相まって撮影の序盤は結構緊張した表情を見せます。
言葉で実際にそう言うし、エッチ開始直後は彼に言われた通りのことをする受け身の姿勢を取ります。

「勃起してないおちんちん 初めて見ました やっぱり可愛いですね …あっ おちんちん膨らんできました こういう風に大きくなるんですね」
しかし不慣れだからといっていい加減なお仕事をする気はまったくありません。
おちんちんの大きさ、形、柔らかさ、反応を興味津々な様子で眺め
得意技の耳舐めをするシーンでは舌と唇を上手に使った生々しいご奉仕をします。

作品を通しで聴くと後になるほど彼女がリラックスしていくのに気づくでしょう。
特に終盤のSEXシーンは甘さと激しさを兼ね備えた抜きやすいプレイに仕上がってます。
今回のエッチを通じて素人だった女性がAV女優として目覚める様子も表現してます。
後になるほどノリが良くなるエッチ
エッチシーンは5パート52分間。
プレイはハグ、乳首舐め、手コキ、耳舐め、キス、SEX(正常位、立ちバック)、お掃除フェラです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「あっ なんか柔らかいですね ふにふにしてる おちんちんふにふにー」
インタビューを終えてもなかなか緊張が解けないえみるを見て
主人公は彼女を抱き寄せまだ柔らかいおちんちんをパンツ越しに触らせてあげます。

エッチはパートによって責め手を切り替えながら進めます。
一番最初の「乳首舐め手コキ」はウォーミングアップに近いパート(約15分)。
ハグから始まりおちんちんの愛撫、左右の乳首舐め、手コキを彼にリードされて行います。

彼女はある程度気分が盛り上がると積極的になるタイプらしく
最初のうちは「くちゅっ」というねっとりした水音をゆっくり鳴らしてたのが
ある程度慣れてくるとペースを段階的に上げ、終盤にはやや泡立った激しい音へと変化します。
同時に行う乳首舐めも射精直前には舐め、吸い、啜りを組み合わせた一心不乱な責めを披露します。

「乳首舐められながら おちんちんスリスリされて…あれ? このおちんちんの先から出てるの もしかして我慢汁ですか?」
「精子って こんなに熱くて トロトロなんですね んんぅ 苦い」

プレイと同じくらいグッと来るのが最中の態度や仕草。
おちんちんが勃起してからカウパーを垂れ流し、射精するまでの様子をまじまじと観察します。
自分の意志で精液をおっぱいで受け止め、舐めて味を確かめるところも健気で愛らしいです。
この後のパートでも不慣れなりに頑張ってるのが伝わってきて心が満たされます。

続く「得意技・耳なめ」は彼女の持ち味が発揮されるパート(約9分)。
右耳に長めの時間を割いて耳の外側、耳たぶ、穴の入口を丹念にお世話します。

「あなたといると とっても楽しくて 安心します」
口を使うプレイなのでセリフはほんの少ししかありませんが
彼女の言葉や責めっぷりから緊張がかなり解けてるのが窺えます。
またパート後半には右耳を舐めながら左耳を手で覆うシーンがあり
そこでは「ごごごご」という穏やかな振動音が鳴り続けるリアルな演出がされてます。

本作品の耳舐めは本編の全パート合わせて17分と天知さんの作品にしては短いものの
音の近さや舐め方が洗練されていて品質はとても高いです。

一番の抜き場は後半の3パート28分間。
最初は部屋で、次は温泉の脱衣所で体位を変えながら濃厚なSEXをします。

「あなたも気持ちいいでしょう? えみるのきつきつおまんこで おちんちんシコシコパンパンして」
これまでのエッチで心も体もすっかり温まったのでしょう。
彼女のほうからSEXをおねだりし、挿入後は淫語を多めに交えたセリフを言いながらエロ可愛い喘ぎ声を漏らします。
大事なシーンなので責めるのは経験豊富な彼に任せ、彼女は素直に乱れてオカズを提供する感じです。
途中から舌を絡めたキスをするなど恋人っぽさを出して甘く愛し合います。

「白いお漏らし おまんこの奥に あったかいの注ぎ込んでほしいの」
それに対して脱衣所でのSEXは激しさを強調してます。
後ろから挿入されたほうが気持ちいいところに当たるのか、正常位よりも喘ぎ声が大きいです。
ぐちょぐちょした水音をリズミカルに立てながら中出しを決める流れもシチュに合ってます。
パートを構成する色んな要素を通じて彼女が一皮剥けたことを伝えてます。

このように、彼女の心情や態度の変化をAVっぽさを持たせて描いたエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
エッチのパートナーを務める彼女の魅力を前面に押し出してる作品です。

もちもちした体と柔らかい性格を持つ経験の浅い女の子が
温泉付きの宿を貸し切ってAV男優とのエッチに挑戦します。
そして最初は緊張の色が濃かったのが彼との会話や触れ合いを通じて徐々にほぐれ
中盤以降は自分から色んなご奉仕をする積極的な姿勢を見せます。

可愛さ、優しさ、淫乱さを兼ね備えてる彼女のキャラ
素人がプロへと変貌していくAVらしい展開、それを下から支える臨場感の高い声と効果音。
彼女の貴重な初体験をリアルかつエロくお届けします。

「今日1日 とっても楽しかったです」
中でも最初の要素はどのパートも彼女の内面にスポットを当て
それが少しずつ変わっていくのに合わせてより大胆なプレイへ移行します。
普通にエッチするだけだとデビュー作品特有の緊張感を表現できませんから
彼女が何を感じ、どう成長していくかを重視する方針は正しいと思います。
普段とエッチ時のギャップがそれなりにあって魅力的に映りました。

エッチは淫語やちゅぱ音といった純粋な抜き要素のバランスが取れてます。
最初は割とさらさらしてたのが責めを激しくするにつれて泡立つとか細かい部分にもこだわってますし
射精シーンがあるパートはどれもきっちり抜ける品質を持ってます。
初々しさを重視するなら乳首舐め手コキ、淫乱さならSEXパートと住み分けもできてます。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「ぽかぽかお昼寝」「天知と温泉♪」、フリートーク、NG集です。

CV:天知遥さん
総時間 1:42:06(本編…1:10:16 おまけ…31:50)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

姉妹さんどいっち!

サークル「chocolat☆ぷろじぇくと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格を持つ2人の妹が
久しぶりに再会したお兄ちゃんを優しく弄びながら射精に導きます。

控えめに振る舞いつつ耳舐めと言葉責めでしっとり責める姉
最初から積極的にアプローチし激しく責める妹、といったように
2人の違いや魅力を引き立てながら愛を込めてエッチするのが特徴です。
妹たちとの新年初エッチ
妹の「りな」と「ひな」に責められるお話。

「あっ! にいにおかえり あけおめことよろ」
ひなは明るくて元気な声の女の子。
「こらひな 明けましておめでとうでしょ? 変な日本語使わないの」
りなはややトーンが低い穏やかな声の女の子。
正月に実家へ帰省した主人公を嬉しそうに迎えると
りなは温かい飲み物を入れに行き、ひなは彼と一緒にこたつで温まります。

本作品は血の繋がった兄を家族以上に深く愛してる彼女たちが
体を密着させ手分けして耳とおちんちんを同時に気持ちよくします。
過去にもエッチしたことがあるので始めるまでのやり取りは手短に済ませ
総時間の9割近くを割いて色んな責めを繰り出す抜き重視の作りです。

ひな「おねえちゃーん 私 ホットミルク飲みたいな」
りな「はいはい お兄ちゃんも立ってないで座って 今何か飲み物入れてあげる」
彼女たちは同じ妹でも性格に大きな違いがあります。
ひなは兄や姉にひたすら甘える自由奔放なタイプでエッチもストレートかつ積極的
りなは理知的でひなの暴走を押さえようとするけど結局流されてしまう奥手な女性です。

複数人プレイを扱った作品なので2人が協力して気持ちよくするのは間違いないのですが
その手段や責めっぷりはそれぞれでかなりの違いが見られます。
2人の個性を強めに反映させたエッチをするのが本作品最大の魅力です。

ちなみにシチュや販売ページの説明文から耳舐め重視の作品と思う人もいるでしょうが
本編だけだと5分、おまけを合わせても9分と短いです。
また本編の耳舐めはだいたいりなが1人で担当します。
落ち着きと荒々しさを兼ね備えたエッチ
本編のエッチシーンは31分30秒間。
プレイはフェラ、耳舐め、リボン装着、玉舐め、手コキです。
エッチな効果音はありません。

ひな「どうせ今誰もいないし 私が抜いてあげよっか?」
りなの飲み物を待ってる間、主人公と2人きりでイチャイチャしてたひなは
彼のおちんちんが既に勃起してるのに気づきすぐさまフェラしてあげます。

エッチは彼女たちが終始責め続けます。
最初の8分間はひなが1人で責めるシーン。
こたつの中に入りおちんちんを舐めたり、吸ったり、しゃぶったりして弄びます。

ひな「びくびくってしてる もうイキそう? やっぱり早漏のままなのかしら?」
彼女はまだ処女だそうですがエッチの腕はかなりのもので
ゆっくりめのペースで適度な水分を含んだ甘いちゅぱ音を積極的に鳴らします。
そして舐める合間に彼のおちんちんを臭い、汚い、早漏と軽く貶します。

普段と立場を逆転し妹に見下される感じです。
しかし彼女は彼のことを本気でそう思ってるわけではありません。
その証拠にフェラ自体はしっかりしてるし、作中で「処女を捧げたい」とまで言います。
好きな人だからこそ意地悪したくなる愛情表現の一種です。

りなが加わるのはその後から。
「親が帰ってくるから」と言って止めさせようとしてもまったく引き下がらないひなを見て
彼の左側に体を密着させ耳を舐めたりエッチな事を言って一緒に射精を応援します。

りな「ほら 見える? お兄ちゃんのおちんちんが イキたいーって 精子をぴゅーって出したいって ぷるぷる震えてる」
荒々しいひなとは打って変わってりなの責めは上品で落ち着いたもの。
耳舐めは耳たぶや穴の入り口を舌で味わうようにねっとり舐め
言葉責めもおちんちんの様子を淫語混じりに実況して男心をくすぐります。
プレイ中のほとんどが囁き声なのも相まってりなは静、ひなは動という構図が出来上がってます。

プレイのほうは引き続きひながフェラ、りなが耳舐めを担当し
射精を我慢できなくなったところでおちんちんの根本にリボンを巻いて物理的に出せなくします。
そしてりなが手コキ、ひなは玉舐めとプレイを切り替え最後に元へ戻ってひなの口内に精液をぶちまけます。

りな「ひなのお口の中を なまぐさーい精子の味で いっぱいにしてあげて」
内容だけを見ると完全女性上位のややM向けですが
言葉や行為の端々から「お兄ちゃんのためなら何でもする」という気持ちが伝わってきます。
作中では特に触れられてませんけどおそらく彼はMなのでしょう。
過度な焦らしや寸止めもありませんし、いじめよりもご奉仕に近いプレイをしてます。

このように、彼女たちの持ち味を出しながら気持ちよくする愛のこもったエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
妹たちとあまあまに過ごす様子をややM向けに描いた作品です。

りなとひなは正月に里帰りした主人公に自分たちの気持ちを伝えようと
優しく接しながら時折意地悪に振る舞って興奮を盛り上げます。
そして彼女たちでプレイの内容や責め方を大きく変えて進めます。

落ち着いてるけどツボを突くのが上手な姉、自分の欲望をストレートに叩きつける妹
その中に散りばめられた彼に対する愛情や信頼の気持ち。
彼らの血が繋がってることをきちんと盛り込んだ温かくて割と激しいエッチをします。

りな「私のおまんこ お兄ちゃんのエッチな顔で こんなにしっとり濡れちゃった 責任 取ってくれますよね?」
ひな「え? ずるいお姉ちゃん 今日は私がにいにと最後まで」
彼女たちはタイプは違ってもやっぱり可愛いです。
控えめな態度で一生懸命ご奉仕するりなは初々しさと上品さがあるし
最初からパワー全開で責め続けるひなも彼を一途に慕ってるからそうするわけです。
自分からおまんこを躊躇なく捧げる姿にも絆の強さを感じます。

言葉責めや責め方がややM向けになってますが
内容を理解してるならノーマルな人でも普通に聴けると思います。
「彼のことがものすごく好きだからそうする」という背景がわかりやすく描かれてるからです。
SEXシーンを敢えて入れなかったのはできるだけ和やかに終わらせたかったからではないかなと。

エッチはタイトルの「さんどいっち」=左右から挟んで責めるはほとんどやらず
耳とおちんちんを手分けして舐め続ける点だけご注意ください。
本編の最後とおまけで合計6分程度のダブル耳舐めがあります。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:りな…そらまめ。さん ひな…天知遥さん
総時間 39:54(本編…35:49 おまけ…4:05)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

あまあまでぺろぺろ

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ3人の女性が
好きな男性と体を密着させながらふたつの性感帯を同時に責め続けます。

耳舐めの質と量にこだわったエッチをするのが特徴で
適度な間隔で左右を切り替えながら舌で舐める、唇でしゃぶる、舌先で穴の入り口をぐりぐりするなど
彼女たちの性格や経験によって多少の違いを持たせたちゅぱ音を積極的に鳴らします。
舐める時としゃべる時をはっきり分けてありますから両方を集中して楽しめるでしょう。
お耳をたっぷり舐めてあげる
3人の女性がエッチなご奉仕をするお話。

「おにいー コーヒー淹れてきたよ」
幼なじみは明るくて優しい声の女の子。
駅前で主人公の母親に誘われ彼の家にやって来ると
コーヒーとマカロンを持って彼の部屋を訪ねます。

本作品は耳舐めをテーマにした短編集。
幼なじみは年上の男性、メイドはご主人様、人妻風俗嬢はお客と別のパートナーを用意し
それぞれのキャラに合ったやり方で耳とおちんちんを同時に責めます。
エッチの経験や年齢は違うものの相手を思いやる気持ちはみんな強く
尽くす姿勢でリードするので性的興奮だけでなく多少の満足感も得られます。

最大の魅力はもちろん耳舐め。
本編エッチシーンの約7割にあたる41分もの時間をかけて
舐める、吸う、啜るといった色んな音を至近距離からたっぷり鳴らします。

(おまけも入れるとさらに14分ほど増えます)
耳舐めだけをするシーンは少なめにして、大抵は乳揉みや手コキなど別のプレイと組み合わせて行います。

100万円くらいする機器で録音してるだけあって音質も極めて高く
激しく舐めるシーンでは実際に耳を撫でられてるようなこそばゆい感覚がします。
耳舐め中はセリフが一気に減るおかげで音に集中しやすいのも魅力です。

そして耳舐め特化の作品だからこそパートごとにキャラを変える構成が活きてきます。
最初の幼なじみは初めてなのでゆっくりペースで水分控えめ
最後の人妻風俗嬢はプロらしいねっとりした力強い音、といったように舐め方も演じ分けて進めます。
淫語の量や吐息の熱っぽさ、色っぽさにも違いがあって似たプレイでも印象が変わります。

3人の女性が思い思いのやり方で耳とおちんちんにご奉仕する。
耳舐めの質と量にこだわった甘く個性的な作品です。
後になるほどエロさが増すエッチ
本編のエッチシーンは3パート57分間。
プレイは耳舐め、幼なじみへの乳揉み、メイドの手コキ/オナニー、人妻とのSEX(騎乗位)です。
乳揉み、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ねぇ その人と私 どっちが上手か確かめてみてよ」
主人公がおっぱいや耳舐め好きなことを知ってる幼なじみは
実際に耳を舐めて彼がハマってる声優さんと自分のどっちが上手いか比べてもらいます。

エッチはどのパートも女性側がリードします。
一番最初の「年下幼なじみ×ぺろぺろ」は初々しさが魅力のパート(約18分)。
右耳舐めから入って彼女のおっぱいを軽く揉み、さらに左耳へ移ってお互いを責め合います。

「積極的じゃんって…むう なんか私の好きな人 鈍感みたいだから ちょっと 私が頑張ったほうがいいかなって」
彼女は彼に異性として好意を寄せてますがまだ恋人同士になってません。
だから耳舐めの合間に自分の気持ちをこっそり伝えてこれが悪戯じゃないことを教えます。
そして彼がおっぱいをいじり始めると恥ずかしそうな仕草で可愛い喘ぎ声を漏らします。

彼女が最後までおちんちんをいじらないので純粋なエロさは弱めですが
エッチに不慣れな子が体を預けながら好きな人にご奉仕する姿は健気で愛らしいです。
耳舐めを頑張ってる最中に乳首を責められたらつい中断してしまうところも彼女のキャラに合ってます。

耳舐めは全体のペースを意識して落とし水分も抑えたまろやかなものです。
唇で咥えてはむはむしたり舌で普通に舐めるのが中心で吸いや啜りは少なめでした。
それでも絶頂間近のシーンでは舌を力強く動かして内側を舐めるちょっぴり刺激的な音も登場します。

続く「ロリメイド×ぺろぺろ」はギャップが魅力のパート(約16分)。
幼なじみよりも子供っぽい声のメイドがご主人様の朝立ちおちんちんを手と口で鎮めます。

「ラインナップにアナルが増えてる? はい ご主人様に喜んでいただけるように 自分で開発いたしました」
彼女は彼とそれこそ毎日エッチしてる関係ですから十分な経験と技術を持ってます。
それを踏まえてエッチ開始前の会話に淫語を多めに組み込み、その後も男が喜ぶツボを突いたリードをします。
彼のためなら文字通りなんでもするメイドのイメージにピッタリな女性ですね。
可愛らしい声とは随分違う大胆な責めっぷりにグッと来る人がきっといるでしょう。

プレイのほうは手コキから始まって1分後には早速左耳舐めが加わり
我慢汁が十分出てきたところで右耳を舐めながら彼女もおまんこを慰めて一緒の絶頂を目指します。

「その我慢汁 とってもエッチな匂い 私のおまんこも ご主人様のおちんちんくらい びしょびしょに濡れちゃってるんですよ」
おまんこがすっかり濡れてることを自分から報告し、オナニー開始語は熱っぽい吐息を漏らすなど
彼を楽しませつつ自分も気持ちよくなれるようにエッチを進めます。
耳舐めは幼なじみに比べて平均ペースを上げ、穴の入り口をぐりぐりする責めを多めにしてくれます。
水分はあまり変えず舐めっぷりで両者の違いを出してます。

個人的に最もエロいと感じたのは最後の「人妻デリヘル×ぺろぺろ」パート(約23分)。
いかにも大人の女性といった雰囲気の人妻風俗嬢が、風俗初体験で童貞な男性に女の体を教えます。

彼女はエッチするために彼の元へやって来たので自分の欲望を一切隠しません。
期待と興奮ですっかり硬くなったおちんちんをうっとりした表情で眺め
これまでと同じく耳を舐めながらお店では禁止されてる本番プレイまでしてあげます。
淫語や喘ぎ声といった耳舐め以外のエロ要素も充実してて抜きやすいです。

「今日はボクの色んな初めてを お姉さんが奪ってあげちゃう」
前の2人とはまるで違うトーンの低い穏やかな声が艶かしく
責めっぷりも「淫乱」と呼ぶのがしっくりくる大変積極的なものです。
そんな女性にこんなことを言われて心が揺らがない男はいないでしょう。
Sっ気を感じないレベルで優しく弄んでくれます。

プレイはおちんちんの観察、耳舐め、ほんの少しのうなじ舐め、我慢汁の味見、耳舐めSEXと
体だけでなく心を刺激することにも力を入れて進めます。
肝心の耳舐めは前の2人より水分がぐっと上がり、ペースや強さも高めでむしゃぶりついてる感じがよく出てます。
作品を通しで聴くと後になるほどエロさが増してるのがわかるでしょう。

「とっても上手 お姉さん そうやって下からおちんぽ突き上げられるの 大好きなの」
特に山場のSEXシーンは騎乗位で繋がってから暴発しないようにゆっくりピストンし
彼が自分から責める気になったらどうすれば自分を喜ばせられるかを優しく教えます。
甘いイキ声を漏らして精液を嬉しそうに受け止める姿も人妻らしくてエロいです。
彼を甘やかしつつ完全な受け身にしないところに思いやりを感じました。

このように、耳舐めを中心に据えつつ違いを持たせたテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め尽くしの作品
耳舐め特化でありながらある程度キャラも立ってる作品です。

3人の女性は自分たちのパートナーにあたる男性をたっぷり気持ちよくしようと
体を密着させて左右の耳を舐めながらおちんちんも同時にお世話します。
そして彼女たちの魅力が引き立つように耳舐め音やプレイ構成で個性を出します。

エッチシーンの大部分で耳舐めをする尖った作り
パートごとに登場人物を敢えて変え、それぞれに合ったプレイをする演出。
耳舐めだけでなくそれをする女性たちのことも大事にしたエッチをします。

耳舐めは音声作品だともうメジャーと言って差し支えないほど人気のあるプレイです。
そしてこれを扱った作品が増えるに従いサークルさんが色んな工夫をするようになりました。
本作品の場合はパートごとに登場人物を変えるのがそれにあたります。
耳舐め以外の部分も変化に富んでるおかげで最後まで楽しく聴くことができました。

エッチは各キャラの性格と経験を上手く反映させてます。
純粋なエロさだけを見るなら人妻風俗嬢が一番でしょうが、初々しさやギャップも同じくらい魅力的な要素です。
ひたすら耳舐めするのではなく色んな要素を組み合わせて責める流れも実に良いです。

絶頂シーンは男性側2回、女性側3回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

ひとつのプレイを色んな角度から表現してる実用性の高い作品です。
おまけと合わせて112分で500円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

おまけは人妻デリヘルと綿棒耳かき、フリートーク、3種類の両耳舐め音声です。

CV:天知遥さん
総時間 1:51:49(本編…1:11:20 おまけ…40:29)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパがいいので+1してあります。

↑このページのトップヘ