同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:天知遥

   ● 二人だけの島で… 【終末癒し系音声/3時間30分/CV:天知遥】
   ● ゲームしながら自由におまんこを使わせてくれるゲーマーカノジョ【バイノーラル】~イチャラブしながらゲームして、まんこしよ~
   ● 【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(後編)
   ● 【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(前編)
   ● 【たっぷり6キャラ♪】即ヌキっ!~サクッとヌイてくれるお姉ちゃんの友達~【おねショタASMR】
   ● 嫁と嫁
   ● 【3周年だョ】全員えっちなセクシー女優
   ● ゲームしながら自由におまんこを使わせてくれるゲーマーカノジョ【バイノーラル】
   ● 【生耳舐め】私立耳舐め学園・・・お耳とろとろにしちゃうね・・・♪【鼓膜まで感じる】
   ● 無垢な金髪天使とえっちな異文化交流After~ワタシをエッチにしちゃった……セキニン、とってくださいネ~




サークル「チームランドセル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、旅客船で嵐に遭遇し無人島へ流された男女が
サバイバル生活をしながらたっぷりイチャイチャします。

環境音や音楽を流しつつ2人が仲良くなっていく様子をエッチメインで描くバランスの取れた作りが魅力で
耳舐めやキスをしてる最中はセリフを一切挟まず音だけでその様子を表現し
共同生活を続けるにつれて彼女の心情と態度、プレイの内容が変化していきます。
音の品質が軒並み高いので癒しを感じながら没入できるでしょう。
2人だけの世界で送る幸せな日々
女の子と色んなエッチをして親睦を深めるお話。

「…の。あ、の… 生きて…ますか?」
女の子はのんびり話す素朴な声の女の子。
無人島で目覚めた主人公にこうなった経緯を話すと
彼に密着してから信頼の印としてキスします。

本作品は同じ船に乗ってたところを嵐に遭い、同じ島に漂着した2人が
サバイバル生活の合間にたっぷりエッチする様子をおよそ210分に渡ってお届けします。
流れ着いた直後、1日目、2日目、7日目と全体を4つのシーンに分け
会話を挟みつつ色んなプレイをして少しずつ仲良くなります。

「私はもしあなたが目を覚ましたら 全面的にあなたを信頼し、二人で生きると決心してました」
彼女はまだ学生くらいの年齢なはずですが
無人島で2人きりという絶望的な状況に置かれても意外と冷静に振舞います。
目覚めた彼に自分の気持ちをはっきり伝え、もし7日生き残ることができたらSEXすると宣言します。
そしてエッチの最中は奥手な性格とは正反対の積極的なリードをします。

船に乗ってた時に彼が助けようとしてくれた背景があるからでしょうけど
物語の開始時点からそれなりの信頼と愛情をもって接します。
お話が進むにつれて親密度がさらに高まり、それに合わせて踏み込んだプレイを解禁するなど
2人の心の距離が縮まっていく様子を言葉と行為の両方から表現します。


チームランドセルさんは全年齢向けの作品も結構作られてますが
今作は大部分がエッチシーンで構成されてます。
耳舐めやキスといったちゅぱ音を鳴らすプレイが充実してますから
そういうのが好きな人ほど興奮できるでしょう。

それ以外の大きな特徴は会話と音のバランスが良いこと。
全編を通じて波の音や焚き火の音といった環境音を控えめな音量で流し
さらに要所で落ち着いた曲調のピアノBGMも取り入れて雰囲気を作ります。

総時間が長いためセリフも十分にありますけど、全体を見れば音のほうが量は多いです。
しばらくほぼ無言で耳舐めやキスを続け、その合間にしゃべる感じで進めてました。
大人しい音で揃えてるおかげで聴いてると落ち着いた印象を受けます。
癒しや没入感といった心の栄養を与えながら抜かせることを目指してます。

終末世界にありがちな悲壮感よりも、今の幸せを大事にする温かみのほうが強いです。
サバイバルも順調に進むので暗さや重さをあまり感じずに聴くことができます。
徐々に変化する2人の関係
エッチシーンは8パート156分間。
プレイはキス、耳/胸/乳首舐め、乳首責め、手コキ、太ももコキ、乳揉み、授乳、クンニ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、太ももコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「よかった、怪我や傷がなさそうで」
主人公に事情を話し、耳や胸を丁寧に舐めていった女の子は
彼の体に異常がないことがわかり安心した表情を見せます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で彼が責め返します。
最初の4パート90分間は2人が無人島に漂着した直後のお話。
「1.出会い(約35分)」はキス、耳舐め、胸舐め、乳首舐め
「2.初日キャンプファイアー 手コキ(約34分)」は耳舐めと手コキ
「3.初日太もも手コキ(約13分)」は耳舐めと2種類の太ももコキ
「4.初日フェラ(約8分)」はフェラで1回だけ射精します。

「大丈夫です。本当に… ただ…キスってこんなに気持ちいいんだなって…」
パートナーが男性、しかも漁師ということで彼女も元気が出たのでしょう。
優しい言葉をかけて心をケアしながらゆっくりじっくり体を舐めて綺麗にします。
初々しいところを見せて彼に尽くす姿勢が健気で愛らしいです。
この後のパートも含めて彼女の心情や反応を厚めに描いて一体感を出します。

またプレイ構成を見ればわかるように耳舐めをすることが多いです。
単体でやるシーンはあまりなく、他のプレイと組み合わせるスタイルにしてました。
ちゅぱ音もキャラに合わせて水分控えめの筋っぽい音をよく鳴らします。
本作品は時間に対する射精回数が少ないので、わざと控えめに責めてるのだと思います。

「そうですか…耳に息がかかるの お好きなんですね…。変態さんですか」
「男の子が怖いのに、性欲だけはいっちょ前だなんて… 男の子に触れてみたかった…。触れてほしかった…」

彼女の態度が少しずつほぐれていくのもポイント。
最初は男の体を確かめるように恐る恐る責めてたのが
2番目のパートに入ると手コキの最中にソフトな言葉責めもするようになります。
そして自分もスケベなことをはっきり伝えて彼が罪悪感を抱かないようにします。

彼女にとって本作品のエッチは彼に対する感謝の気持ちであり
男にまったく縁がなかった人生から脱却したいという願望を実現する場でもあります。

仕方なく相手する部分はまったくなく、むしろ自分を曝け出すように責めるので明るいです。
終盤の太ももコキとフェラはいずれも彼女のほうから提案します。
女の子に尽くされるシチュが好きな人ほど興奮したり満足感が得られるでしょう。

続く4パート66分間は彼女の想いやプレイの内容が一層濃くなります。
「7.2日目夜 約束のおっぱいいじり イチャイチャ(約30分)」は魚を釣ったご褒美に乳揉み、耳舐め、手コキをし
「8.7日目雨の授乳添い寝(約14分)」は雨音を聞きながら彼女のおっぱいに甘えます。
そして「9.本番前前戯(約6分)」はクンニ、「10.初めてのセックス(約16分)」は騎乗位SEXで身も心もひとつになります。

「胸、そう、ぐいぐいって…揉んで… あぁ…そう…気持ちぃい…好き…すきぃ…です」
7番目のパートは1日しか経ってませんが彼女に明らかな変化が見られます。
これまで一度も出てこなかった「好き」を何度も言ったり
おっぱいを揉む、見せるといった恥ずかしい行為も進んで受け入れるようになります。

彼が自分にとことん優しくしてくれることに感じ入ったのでしょう。
エッチを通じて無人島生活において重要な「絆」が生まれてることが感じられます。
2日目に射精シーンはないので彼女の変化が一番の聴きどころじゃないかなと。

「お兄さん、おちんちんおっきぃよぉおおお…おっきいよぉおお…最高だよぉ!!」
そして7日目に入るとそれがより鮮明になります。
口調が丁寧語から砕けたものへ変わり、今度はおまんこを使うプレイが中心になります。
クンニされて気持ちよさそうな声を上げる姿や
騎乗位で挿入し腰を激しく打ちつける姿がエロ可愛いです。

7日目は割とスピーディーに進みますから、オナニーのオカズにするならここが一番だと思います。
特にSEXはピストンのリズムや動きが小まめに変わってリアルだし
彼女の喘ぎ声を固めて聴けるようになってます。

このように、心の距離が近づくのに合わせて踏み込んだプレイをするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘く切ない作品
無人島という特殊な環境で男女の恋愛模様を描いたノーマル向け作品です。

女の子は偶然自分と同じ無人島に流れ着いた主人公と仲良くするために
最初から自分の気持ちをはっきり伝えてエッチしやすい環境を作ります。
そして開始後は親密度に合わせて舐め系→おっぱい→おまんこと徐々に前進し2人で一緒に楽しみます。

奥手だけどエッチに対して非常に積極的な女の子と無人島で愛し合う独特なシチュ
リアルな環境音や音楽をうるさくない程度に流したり
しゃべる時とそうでない時をある程度分けてセリフと音の両方を楽しめるようにするバランスの取れた作り
思ってることをストレートに伝えながら不得手なりに一生懸命尽くす彼女のピュアなキャラ。
音声を構成する様々な要素にこだわって作品を組み立ててます。

中でも3番目は喜怒哀楽をはっきり出してくるので心情がわかりやすいし
エッチを経験することで女性として成長する様子も描かれてます。
彼女は男に対して苦手意識を持ってましたから
それが解消されたのも甘さを感じる要因のひとつと言えます。

「甘く切ない」と評したのは切なさを感じる部分があるからです。
そしてこれが本作品にさらなる深みを与えてます。
エッチしておしまい、じゃなく聴き進めていくうちに物語の全貌がわかるようになってるのが素晴らしいです。

私はこの作品を通しで聴きました。
視聴前は途中でダレるんじゃないかと危惧してたのが
実際に聴き終えると「もうちょっと聴いていたいな」という気分になりました。
聴き手を没入させたり落ち着ける環境作りがしっかりできてたからだと思います。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:天知遥さん
総時間 3:32:27

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月16日まで25%OFFの1155円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、元幼馴染で現在は恋人になってるダウナー系の女の子が
自宅やホテルで変わったエッチをして幸せな時間を過ごします。

彼女が大好きな「ゲームと彼」を両立させたながらエッチをするのが特徴で
クラフトゲーム、VR、ソシャゲ、FPSとパートごとにゲームの内容を変えながら
それぞれに適したプレイをやって個性とイチャラブ感を出します。
事務的要素はまったくありませんから一風変わった純愛作品として楽しめるでしょう。
ゲームもエッチも熱中したい彼女と
恋人の一宮玲菜(いちのみやれな)と5種類のエッチをするお話。

「いらっしゃーい。ん。てきとーに座っといて。」
玲菜はトーンが低く落ち着いた声の女の子。
ゲームしてる最中に主人公が来たので挨拶すると
今やってるゲームのことを話してから彼に寄りかかります。

本作品は昨年12月に発売された「ゲームしながら自由におまんこを使わせてくれるゲーマーカノジョ」の続編。
小さい頃から付き合いがありこの前恋人になった彼女が
主に自宅で彼とおよそ140分に渡って色んなエッチをします。
前作は2人が付き合い始めた直後、今作はそれからしばらく後の様子が描かれてます。

ストーリー性は薄いので今作から聴いても一応楽しめますが
エッチが結構独特なため私は前作から聴いたほうがいいんじゃないかと思います。
それを踏まえてサークルさんも前作を7月16日まで30%OFFにされてます。

「あ。うん。この、敵の体が光ったときに、近づいて殴ると……グローリーキルって言って、フィニッシュムーブ決められるんだ。まあ、ちょっと……というか、だいぶグロいけど」
ゲーマーカノジョの名の通り彼女は超がつくほどのゲーム好き。
冒頭のプロローグではひたすら敵を倒しまくるFPS(たぶんDOOM)をやりながら
近々バイトを始めることを彼に伝えます。
コントローラーやキーボードを操作する音も入ってて雰囲気が出てます(ないバージョンもあります)。
どれも元ネタがあるようですから何のゲームをしてるか当ててみるのもいいでしょう。

エッチについてはサークルさんが「イチャラブながらエッチ」とおっしゃられてる通り
ゲームをプレイしながら愛し合うことが多いです。
彼女は手を離せないので受けに回り、彼が色んな体位でSEXするスタイルを取ってます。

「なんていうか…… キミのおちんぽ、入れてもらうの、結構……っていうか、かなり好きなんだよね」
一見すると事務的プレイっぽいですが、彼女は別に彼とエッチしたくないわけではありません。
ゲームもエッチも両方好きだから自然とこういうプレイに落ち着いた感じです。
元々好きなことにはとことん熱中したい性分なのでしょう。
最中のセリフも甘いものが多く、彼女なりに彼を大事にしてるのがわかります。

2人は恋人になる前から長く付き合ってるので、彼も彼女がこういう性格なことを理解してます。
だからお互いがお互いを思いやり両方とも満足できるようにエッチを進めます。
彼女も彼に求められたらすぐ応じるので冷たさは感じません。
「好き」などのストレートな愛情表現ではなく、ちょっとしたセリフや態度に好意を込めてあって
通常の恋人よりも家族に近い絆の強さを感じます。

ゲーム大好きな彼女とながらエッチを楽しむシチュと、お互いを大事にするあまあまなエッチ。
前作の特徴を受け継いだうえで2人がより深い関係になった様子を描いてるノーマル向けの作品です。
ゲームを随所に絡めた独特なエッチ
エッチシーンは5パート103分間。
プレイはSEX(寝バック、立ちバック、対面座位、正常位)、キス、乳揉み、フェラ、耳舐めです。
服を脱ぐ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うん。まんこにローション、塗って。いつもの場所にあるから」
バイトの初日を終え少し疲れた様子でゲームしてた玲菜は
自宅にやって来た主人公に事情を話し、普段通りエッチして安らぎを得たいと言います。

エッチはごく一部を除き彼が責め続けます。
最初の2パート34分間はイチャラブながらエッチや彼女の性格がよく出てるシーン。
「1.『ウチのまんこ、ぱんぱんしてくれない?』(約20分)」は寝バックSEXと軽いキス
「2.『VRやってるときにまんこするの?』(約14分)」は乳揉みと立ちバックSEXで1回ずつ射精します。

「ん? うん。おちんぽの速さは、それで全然大丈夫。くっつくのも、問題ないよ。キミ、耳元で声聞こえる感じの、密着する寝バックが好きなんでしょ?」
2人がこういうエッチをするのは2作目なので、お互いにプレイのコツをある程度把握してます。
彼は彼女が快適にゲームできるようにピストンのペースを緩くしたり
前戯を省略してローションをおまんこに塗ったらすぐ挿入する流れで進めます。
そして彼女は普段よりも熱っぽい吐息を漏らしながら彼を気遣う言葉をかけます。

彼女はあまり感じない体質なためこの後のパートも含めてそれほど激しく乱れません。
でも彼が気持ちよく射精できるようにように思いやるシーンが随所にあって
ゲームのついでに仕方なく相手してあげてるのではないことを伝えます。
最初のパートは彼女のほうからエッチのおねだりをしてますし、これが2人にとっての日常なわけです。

2番目のパートはVRゲームをしてる彼女にエッチな悪戯をします。
ゴーグルをつけた状態からブラを外しておっぱいを揉んだり
後ろからおちんちんを挿入して特殊なプレイを満喫します。

「おちんぽ、ほんっと、熱いなー。キミ、いつも以上に興奮してる気がする。ある意味、無抵抗な女の子を犯す、って気分なのかな……。キミ、実はそういう性癖あった感じ?」
ゲーム中にこんなことをされたら普通は嫌がったり文句を言うはずなのに
彼女の場合はそういう反応が一切なく、むしろこの状況を受け入れ楽しもうとします。
目隠しされたまま責められるシチュにスリルを感じたり
敵と戦いながらSEXする時は快感をVRの一部に置き換えて乗り越えようとします。

非常に変わったプレイなので事前の説明、彼女の心情描写、実況を普段よりも厚めにしてました。
その影響で時間が短めになってますけど何をしてるかわかりやすいです。
ここまでされても嫌な顔ひとつしない彼女の態度にも包容力を感じます。
ゲームに打ち込んでる自分を彼が受け入れてるのだから、彼女も彼の性癖をしっかり受け止め満足させます。

VRとは違う意味でスリリングなプレイをするのは
「4.『まんこしてもいいけど、ボイチャ中は静かにね』(約26分)」。
ボイチャしながらオンラインFPSゲームをしてた彼女が
いつも通り部屋に来た彼と対面座位SEXや耳舐めをしてゾクゾクするひと時を味わいます。

「え。息? ウチの? いやぁ。ちょっと、配信してるっていうから……緊張してきちゃって」
パーティーメンバーに普段と息遣いが違うことを指摘されて笑いながら誤魔化したり
途中から飴を舐めるフリをして彼の耳を片方ずつ舐めるなど
バレるかバレないかギリギリのラインを突きながらゲームのほうも頑張ります。

前作では背面座位だったので今作は対面座位に体位を変えてました。
パート終盤は彼女のほうから積極的に責めますし
なんだかんだでこういうプレイにハマってるのがわかります。
実際にバレることはありませんからあくまでスリルだけを楽しむ感じです。

最も甘いプレイが楽しめるのは最後の「5.『一緒にラブホ行かない?』(約24分)」。
場所をラブホに移し、今度はゲームを一切絡めずに正常位SEXをします。

「ラブホっていう場所にあてられてるのかな……。なんか。すっごく、ドキドキしてる。キミのことが好きだな~、って。しみじみ思うんだ」
やってることは恋人同士がする割と普通のエッチです。
でもこれまでずっとゲームしながらだったからむしろ新鮮に感じます。
彼女が「好き」など愛の言葉を漏らすシーンも多く、心の底から彼を愛してるのが強く伝わってきます。
ベロチューや中出しも相まって幸福感に浸りながら抜けるでしょう。
このパートは純粋なエロなので実用性も高めです。

最終パートくらいはこういうエッチをするのも良いんじゃないかなと。
ながらエッチを貫くと彼を本当に好きなのかが伝わりにくくなる可能性があります。
最中のセリフも彼女の内面に焦点を当てるのでスッキリした気分で聴き終えられます。

このように、ながらプレイを中心に据えたイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます
テーマ性の強い純愛作品
ゲーム好きな恋人と変わったエッチを楽しむキャラ&シチュ重視の作品です。

玲菜は恋人になってしばらく経つ主人公と幸せなひと時を共有しようと
自宅に来た彼におまんこを委ね、自分はゲームに打ち込んで好きなものを両方満喫します。
そしてその最中に相手を思いやるセリフや仕草を多く盛り込んで事務的感を上手に打ち消します。

ゲームも主人公も大好きな女の子が色んなながらエッチをするタイトル通りのシチュ
最終パート以外は必ず何らかのゲームを盛り込み、その内容に合ったプレイをする個性的なエッチ
彼を気遣ったり受け入れる姿勢を至るところで見せる彼女のキャラ。
2人が仲の良い恋人同士なことをはっきり伝える形で作品を組み立ててます。

「まんこしたあとの、ゴムに溜まったミルク見るの、地味に好き。こんなに愛してくれたんだな~ってさ。ん。まんこ、拭いてくれてありがと~」
中でも3番目は前作でも印象に残った要素で甘さを出すのにとても役立ってます。
彼女が彼を思いやるだけでなく、彼も彼女を思いやってるのが大きいです。
そうやってお互いを大事にするからこういうプレイをしても良い関係を維持できるのでしょう。
ネガティブな要素が一切ないので気分良く聴けます。

エロとは関係ない要素を敢えて盛り込み甘さやイチャラブ感を出してるのも素晴らしいなと。
18禁音声作品は極論すると抜けるかどうかが重要なので
それにとってマイナスの影響をもたらす要素は普通入れたがりません。
でも本作品は5パート中4パートにゲームしてる描写を積極的に入れてます。

責めるペースが緩めだったり、SEXメインなのに彼女の反応が弱めだったりと
純粋なエロさだけで見れば一般的な作品よりもやや落ちてます(最終パートを除く)。
でも彼を受け入れたり思いやるセリフが数多く盛り込まれてるおかげで
彼女に愛されてる感覚を強く味わいながら音声を聴くことができます。
これによって得られる幸福感がマイナス面を補う役割を上手く果たしてくれてます。

最終パートはストレートな恋人エッチをしますし
総合的に見れば高い満足感が得られる作品と私は考えてます。
ドスケベさが売りの作品とは違うことだけご注意ください。

最後に、本作品はサークルさんにとって丁度100本目にあたるそうです。
おめでとうございます。
現時点でも十分過ぎるほど活躍されてますが、今後もますますのご活躍を心より願っております。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声(吐息含む)そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。
おまけは「耳舐めしてあげるから、もう一回挑戦してみない?」です。

CV:天知遥さん
総時間 2:31:55(本編…2:20:31 おまけ…11:24)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月16日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「07_3人に同時に焦らし責め」以降の様子を中心に紹介します。
甘く激しいエッチ
後編のエッチシーンは4パート72分間。
プレイは愛液を舐める、指/耳/腋/乳首舐め、手マン、キス、乳首オナニー、クラリネットのリードを舐める、クンニ、貝合わせ、アナル責めです。

手マン、クンニ、貝合わせ、アナル責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありですがやらないことをおすすめします。

麻里「もう愛液でパンツぐちょぐちょ 腰上げて? 脱がしてあげる」
前編最後のパートで乳首をたっぷり責めた3人は
そのせいですっかり濡れたおまんこにターゲットを移します。

エッチは引き続き麻里、小春、響心が責め続けます。
最初の2パート29分間は1回の絶頂に向けて焦らし気味に責めるシーン。
「07_3人に同時に焦らし責め(約25分)」は小春の手マン+残り2人の耳舐め
「08_部活の後輩にばれないように麻里と小春とエッチ(約4分)」は
偶然現れた二宮茜(加奈が好きな子)に見つからないよう隠れて手マンと乳首舐めをします。

麻里「何もしてないのに 指を締め付けてくる どうしたの? そんなに気持ちいいの? 本当に淫乱だよね」
前編のエッチは覗きや乳首責めといった比較的ソフトな内容でしたが
後編はおまんこを中心に複数の性感帯をがっつり責める濃いプレイが味わえます。
くちゅ音やちゅぱ音を複数同時に鳴らすシーンが増えるのに加えて
彼女たちが軽い言葉責めをしたり様々なおねだりを要求するようになります。


前編に比べてやや意地悪になった印象を受けるでしょう。
何をされても抵抗しない加奈の態度にS心をくすぐられたのだと思います。
時間いっぱい責めた結果絶頂をお預けするのも良い例です。
といっても百合の中ではの話ですから通常のM向け作品よりもずっとソフトです。

07パートは口を使うプレイが充実してます。
小春が加奈の愛液を直に舐め取る、3人の指を順番にしゃぶる
キス、耳舐め、腋舐めなど種類が豊富です。
また終盤では二宮茜が普段使ってるクラリネットのリード(吹く時に使う木製のへら)を舐める指示も出ます。

それに対して08パートはバレるかもしれないスリルを軽く煽ります。
響心は茜と話す役に回って麻里が乳首舐め、小春が手マンを担当します。
こういう状況で絶頂させるのも割と容赦ないなと。
前編が大人しかったから後編は踏み込んだ要素を入れてメリハリをつけてます。

続く2パート43分間は体への責めも激しくなります。
「09_イスに拘束されながら3人に同時責め(約27分)」はクンニ、キス、耳舐めを同時にやり
「10_メスイキオモチャになったあなた(約16分)」は麻里との貝合わせやアナル責めを楽しみます。

小春「下のお口はちゃんとおねだりできてるのに 上のお口からは おねだりできないんですか?」
もう誰にも邪魔される心配がないから3人とも責める気満々。
普段は優しい小春まで多少のSっ気を見せて年上の加奈を弄びます。
09パートはおねだりの要求が多いですから、その通りにすればさらに没入できます。
前編と同じく催眠の技術はほとんど使わず、エッチな音を多めに盛り込みストレートに責めてました。

10パートはエッチの最後を飾るだけあって内容が最も濃いです。
これまで手や口で責め続けてたのが麻里だけとはいえ責め合うスタイルに変わりますし
後半からは小春と響心がアナルを指でいじって別の快感を与えます。
ここだけで7回も絶頂シーンがあったりと、百合の範囲内でできるだけハードなプレイに仕上げてました。

このように、エロさと意地悪さを兼ね備えたややM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠つきのボイスドラマ
催眠音声としてはうーん…だけど、百合系ボイスドラマとしては優れてる作品です。

ブックカフェの店員はこの街に住む女の子たちのエッチな出来事を疑似体験させようと
まずは2種類の音を絡めた催眠で主人公を加奈になりきらせます。
そしてその後は麻里と小春のエッチを覗き見たり、響心も加えた3人に責められて何度も絶頂を迎えます。

吹奏楽部に所属する女の子になって教師、同級生、後輩に責められる百合シチュ
ピアノの音やメトロノームの音を鳴らしながら暗示を入れるテーマに沿った催眠
時間を長く用意しソフトなものからハードなものまでがっつりやる重厚なエッチ。
催眠よりもエッチを存分に楽しめるよう作品を組み立ててます。

時間が135分もある時点でエッチ重視なのは理解してましたが
内容も一部を除けばほぼ同人音声と同じ作りでボイスドラマ色が強いです。
ちゅぱ音やくちゅ音といった純粋なエロ要素が多いため興奮しやすく感じました。
意地悪さも通常のM向けよりずっとソフトでご奉仕あたりに留まってます。

催眠、エッチいずれも十分な魅力を持ってるし質も高めです。
しかし両者を繋げることができてないから全体を見た場合にまとまりを欠いてます。
催眠をかけて、エッチするではなく相互に連携を取るから催眠音声は成り立つのです。
今の内容だとエッチで催眠を維持するアプローチをかけておらず、途中で解ける可能性が高いです。

せめてボイスドラマのパートと催眠重視のパートが混在してたら随分違ったでしょう。
本作品はブックカフェの店員が催眠をかけますから
彼女を天の声として引き続き登場させるか、声優さんが同じな小春を実況や暗示を入れる役に据え
それを他の2人がサポートする形にするのも有りだと思います。

後編の絶頂シーンは9回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:七海 麻里/二宮茜/ナレーション…天知遥さん 三浦 小春/ブックカフェ店員…柚木朱莉さん 佐倉 響心…御崎ひよりさん
総時間 3:46:11

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
226分で1100円とコスパが良いので+1してあります。

2021年5月26日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「ユビノタクト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、不思議な本が置かれてるブックカフェを舞台に
そこの店員さんが女の子たちのエッチな思い出を疑似体験させます。

ピアノやメトロノームの音を鳴らしながら女体化の暗示を入れたり
同級生、後輩、教師から同時に責められるなど
物語の主人公の特徴を盛り込みながら様々な百合エッチをするのが特徴です。

総時間が226分もあるため前編(01~06)、後編(07~12)の2回に分けてお送りします。
音楽室で起きた気持ちいい出来事
清水 加奈になりきって3人の女性とエッチするお話。

「どうなさいましたか? あぁ この本ですね こちらの本に ご興味ありますか?」
店員は明るくて優しい声のお姉さん。
ブックカフェで不思議な本を見つけた主人公に声をかけると
それが何か教えてから読み聞かせのサービスを提案します。

本作品は女の子が過去に味わったエッチな出来事を追体験することを目的に
彼女が催眠をかけて別の世界へと案内しそこで女教師、同級生、後輩と色んなエッチを楽しみます。
総時間226分に対してエッチが135分と非常に長く
ひとつひとつのパートを長めに取ってゆっくりじっくり進めます。


催眠音声は基本的に通しで聴くことになりますが
これだけの時間を集中して聴き続けるのはさすがに難しいので
製品版には視聴を途中で止めて再開するためのパートも入ってます。

ユビノタクトさんは百合をテーマにした作品をいくつも制作されてるサークルさんです。
今作もその例に漏れず登場人物をすべて女性で揃え
比較的ノーマルなプレイを中心に据えて甘く温かいエッチに仕上げてます。
催眠音声では珍しく喘ぎ声を漏らす時間が長めですし、効果音も入ってて純粋なエロさは高めです。
複数人で同時に責めるパートもあったりと、エッチ重視の作品なだけあって色々こだわってます。
音を絡めた珍しい催眠
催眠はおよそ34分間。
横になって目を瞑り、まずは店員の話を聞きながら深呼吸を繰り返します。
このシーンは現実世界のお話なので彼女1人で進めます。

「息を吸ってー 息を吐いてー 体が軽くなったように 感じてきます 吸うと体がふわっと浮いて 吐くとゆったりと体がベッドに戻っていきますよ」
吸う/吐く両方の指示を出しながら温かさと浮遊感を与えてリラックスさせます。
催眠を始める前に11分ほどの前置きを挟むなど雰囲気作りに気を配ってました。
6分ほど続けた後には手を叩いてから「落ちる」と深化の暗示を何度も入れてスムーズに落とします。

本作品らしさが出始めるのはその次から。
自分が音楽室にいるイメージをしてからピアノの鍵盤を押し
さらにメトロノームの音をバックで流して物語の世界に引き込みます。

(主人公の清水加奈は吹奏楽部の部長でエッチもここでやります)

「振り子の動く速度が遅くなってくると さらに意識が深い 深いところへ落ちていきます」
「ぽーん」という高くて長く響くピアノの音や
「カチカチ」とリズミカルに刻むメトロノームの音に合わせて暗示を入れる凝った誘導です。
ピアノは後になるほどトーンが高くなり、メトロノームはペースが徐々に遅くなります。

メトロノームは割と見かけますけどピアノの音を使う作品は初めて聴きました。
音自体の効果も相まって物語の世界が頭の中に自然と浮かんできます。

パートの後半からは本題の女体化に移ります。
引き続きピアノの音を長めの間隔で鳴らしながら
手→足→胸→髪→顔→性器と男女の性差が出やすい部分を中心にひとつずつ変えていきます。

「両手が 女の子の手へ 変化し始めます 同時に 手の肌の感覚も 変わっていきますよ」
「清水 加奈の記憶や感情が あなたの心に流れ込んでいきます」

聴き手が無理なく女体化後の自分をイメージできるよう具体的な描写はできるだけ避け
大まかな容姿を語りながらピアノのトーンを徐々に上げて女体化を定着させます。
トーンを上げるのは声が男性から女性に変わりつつあるのを表現してるのでしょう。
最後は目の前で眠ってる加奈と抱き合ってすべてを共有しエッチの準備を整えます。

作品固有の要素を使って深化や女体化を進める珍しい催眠です。
聴き手の心と体を加奈になりきらせることを目的に
長めの深呼吸から入って2種類の音を使った深化→女体化とほぼ一直線に進めます。

事前の雰囲気作りをしっかりやるおかげで落ち着いた気分で聴けますし
催眠誘導も音モノっぽい内容になってて音楽少女な加奈の特徴をきちんと盛り込んでます。
私が聴いた時は落ちる感覚よりもイメージ力が向上する感覚のほうが強かったです。
没入感やイメージ力が割と重要になるエッチをするからこういう誘導をしたのでしょう。
ボイスドラマ成分の強いエッチ
前編のエッチシーンは3パート63分間。
プレイは麻里と小春のエッチを覗き見る(キス、乳首舐め、手マン)、太もも/胸/おまんこの愛撫、キス、耳舐め、手マン、乳首責めです。

手マン、愛撫、乳首責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

小春「誰かに 見つかっちゃうよぉ」
麻里「でもこういうの ドキドキするんでしょ?」
部活があると勘違いして登校し、1人でお弁当を食べてから昼寝した加奈は
目覚めた後に隣の部屋で同級生の麻里と後輩の小春がエッチしてるのを見てしまいます。

エッチはパートによってシチュや参加者を変えながらゆっくり愛し合います。
一番最初の「04_麻里と小春のエッチを目撃&先生に迫られる(約18分)」は
直接参加せず2人の絡みを見守る覗きに近い内容。
麻里が攻め、小春が受けの立場でキス、乳首舐め、手マンをします。
そして途中から教師の佐倉 響心(ことみ)が覗く側に加わります。

麻里「もっと感じて? 小春 小春 もっと声を聴かせて?」
小春「先輩 もうダメだよ おかしくなっちゃうよぉ」
麻里と小春は以前からこういう仲のようでスムーズに進めます。
年上の麻里がちょっぴり意地悪をし、それに対して小春が切ない声を漏らす正統派の百合です。
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声も結構入ってるので聴いてれば自然と興奮するでしょう。
同じ年代の女子のエッチをこっそり眺めるシチュも良いです。

催眠音声だから実況や興奮を高める暗示を入れてくるのだろうと思ってたのですが
実際はほぼ同人音声と同じ表現方法で催眠の要素は特にありませんでした。
前編はこの後紹介するパートも含めてボイスドラマ成分が強いです。

加奈が責められる側にまわるのは次のパートから。
「05_音楽準備室で先生とエッチ(約27分)」は響心に乳首とおまんこを同時に責められ
「06_先生に見られながら麻里と小春に責められる(約18分)」は
それに気づいた麻里と小春も加わり3人で弄びます。

響心「加奈ちゃんの太もも 柔らかぁい ほら 嫌じゃないでしょ? こうやって さわさわさせるの好きでしょ?」
05パートは年上のお姉さんらしい柔らかなリードが光ります。
好きな人以外とのエッチに抵抗を感じてる加奈に優しい言葉をかけながら
太ももをゆっくり撫でたり胸や股間を下着越しにいじって心を少しずつ開きます。

プレイはキス、耳舐め、体の愛撫、終盤に手マンとソフトな部類にして過程を大事にしてます。
パート終盤の絶頂シーンしか暗示を入れないのは残念ですが
描写が丁寧で2人がどんな風にエッチしてるかイメージしやすいのも事実です。

小春「こうやって 先輩の可愛い乳首を くり くり くりゅ くりゅっとするたびに 体がビクビクしてますよ」
06パートは複数人プレイに切り替わります。
麻里は左、小春は右に陣取って交互にキスしたり左右の乳首をゆっくり責めます。
指でいじる、唾液をまぶす、口で舐めるとターゲットを絞り込んで色んな責め方をしてました。
おまんこには触れないので今後に向けた準備運動の意味合いが強いです。

前編をまとめると、催眠はなかなか良いけどエッチに多少引っ掛かる部分があります。
具体的には聴き手視点の実況や感度を上げる暗示がほとんどないことです。
このへんを上手く料理してたら今よりもずっと臨場感のあるエッチになったでしょう。
本作品より前に発売された「先生にメスイキさせられる少女はあなた」ではできてただけに残念です。

前編の絶頂シーンは2回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

後編へ続く…。
【バイノーラル】放課後の音楽室でメスの玩具にされた私【百合 TS催眠】(後編)

CV:七海 麻里/二宮茜/ナレーション…天知遥さん 三浦 小春/ブックカフェ店員…柚木朱莉さん 佐倉 響心…御崎ひよりさん
総時間 3:46:11


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月26日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「ふわとろ☆ギャラクシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ6人のお姉ちゃんが
友達や先輩の弟にあたる少年を一対一でたっぷり気持ちよくします。

ギャルっぽいお姉ちゃんはハイテンションで積極的にリードする
水泳部のお姉ちゃんは水着を使いながら自慢の足でおちんちんをしごく、といった具合に
彼女たちの持ち味を活かしながらエッチに甘やかして幸せな射精に導きます。
エッチシーンのおよそ半分で片耳舐めをするのもポイントです。
色んなお姉ちゃんと個別にイチャイチャ
合計6人のお姉ちゃんとエッチするお話。

「ちょっ、だれ君? もしかして もえの弟くん?」
じゅり姉ちゃんは砕けた口調で話す甘い声の女の子。
友達の自宅へ遊びに行った時に主人公を見かけて声をかけると
Tバックが何か知らないようなので実際に見せてあげます。

本作品は実姉と同じ学校に通ってるお姉ちゃんたちが
可愛い見た目とは裏腹に立派なおちんちんを持つ彼をおよそ130分に渡って甘やかします。
女性が複数人登場しますが2人以上でエッチするシーンは一切なく
パートごとに彼女たちが交代し、違うシチュで相手する短編集っぽい作りになってます。

彼の噂が徐々に広まって興味を持つ女性が増える大まかなストーリーはありますけど
最初から順番に聴かなくても問題なく聴けるし楽しめます。
声優さんも全員違うので推しがいるならそこから聴くのがいいんじゃないかなと。

最大の特徴は幅広さと手軽さ。
前者はギャル、アイドル、生徒会長、お嬢様など様々なキャラを用意し
それぞれの性格や特徴に合ったプレイをして彼をとことん気持ちよくします。

「弟くん アヘ顔ちょー可愛い」
一部で恥ずかしいことをさせるシーンもありますが
おねショタがテーマの作品なのでM向けの要素はほとんどありません。
軽く辱めてから思い切り可愛がって彼女たちの優しさを強調します。
セリフも全体的に甘めでSEXは毎回中出しと手厚いリードをしてくれます。

後者は1パートあたりの時間を15~30分にまとめて1回ずつ射精シーンを用意します。
同人音声はこのところ長時間化の傾向があり、分けて聴くにしても区切りがわかりにくくなってます。
それに対して本作品は1話完結型だから仕事を終えた後にサクッと抜くのにも使えます。
どのキャラも明るい雰囲気で甘やかしてくれますから疲れてる人は癒しも感じるでしょう。

もうひとつ、全体を見ると耳舐めに力を入れてます。
大抵のパートは5~10分と短めなのですが、ひとつだけ30分近くやるパートがありまして
そのおかげで全部合わせたら57分となかなかのボリュームになってます。
外側をちゅぱちゅぱ舐めるスタンダードな責めだけでなく、耳の内側を舌で軽くぐりぐりするシーンもあります。

色んなタイプのお姉ちゃんが一対一でお世話するシチュと、耳舐めや実用性を重視したエッチ。
自由な時間があまりない人でも無理なく使えるように調整したノーマル向けの作品です。
キャラを活かした甘いエッチ
エッチシーンは6パート108分間。
プレイはパンツを見せる、おちんちんの愛撫、手コキ、耳舐め、SEX(騎乗位、バック、対面座位)、オナニー、キス、乳首責め、水着コキ、足コキ、乳揉み、授乳です。
おちんちんの愛撫、手コキ、SEX、オナニー、水着コキ、足コキ、乳揉みの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃーん! ほら ちゃんとTになってるっしょ?」
主人公にTバックを見せつけて主人公を興奮させたじゅり姉ちゃんは
すかさず後ろから抱きついてズボン越しにおちんちんを撫で始めます。

エッチはごく一部を除いて彼女たちが責め続けます。
最初の2パート30分間はおねショタらしい甘くて温かいプレイ。
「01.むちむち白ギャル じゅり姉ちゃん(約14分)」は耳舐め、手コキ、騎乗位SEX
「02.こあくまアイドル ゆい姉ちゃん(約16分)」はオナニー、耳舐め、乳首責め、騎乗位SEXをします。
登場人物が多いのでセリフはすべて青で表記します。

じゅり「ねぇ もしうちが 弟くんとSEXしてもいいよって言ったら したい?」
じゅり姉ちゃんはギャルのイメージ通り明るくて積極的なキャラ。
彼は友達の弟にあたるので親しげに接しながらスムーズにリードします。
体を密着させたままおちんちんを愛撫して彼が抵抗しないか確認し
左右交互にコリコリした耳舐め音を鳴らしておちんちんをさらに元気にするなど丁寧です。
SEXは約3分と短いですが中出しできちんと甘やかします。

最中の効果音にこだわってるのも良いですね。
手コキは彼女がシコシコボイスを言うのに合わせて音を鳴らしてますし
最初はさらさらしてたのが我慢汁が出てくると湿り気を帯びます。
おっぱいを揉む音なんかも入っててエロさとリアリティを上げるのに貢献してます。

ゆい「オナニーしながらちゅーすんの 興奮するでしょ? もっとしよ?」
02パートのゆい姉ちゃんはふたつの意味でサービス精神旺盛なキャラ。
彼が自分のファンであることを知って喜び、姉とも親しいので特別なご褒美をあげます。
オナニーを見せるシチュはややM向けですけど見下されることは一切なく
キスや乳首責めで応援してからSEXで〆て幸せな射精をプレゼントします。
見たところ本当にアイドルをやってるようですし、そんな女性とエッチできる展開にも甘さを感じます。

「03.性に貪欲すぎる生徒会長 さつき姉ちゃん(約29分)」は耳舐めに最も力を入れてるパート。
耳への刺激が及ぼす人体へのヒーリング効果を調査してるお姉ちゃんが
彼の耳をほぼ時間いっぱい舐め続けながら手コキもします。

さつき「そんな だらしない声出しちゃって 可愛いよ」
彼女は真面目そうに見えて淫乱なむっつりスケベ。
左右の至近距離から前半は外側、後半は内側と分けてゆっくり責め続けます。
時間が経つにつれて徐々に吐息が熱っぽくなるなど
彼女も興奮してることをやんわり伝えてお世話されてる雰囲気を出してました。
終盤に6分くらい騎乗位SEXしますけど、耳舐めのほうが存在感はずっと大きいです。

個人的に一番好きなパートは「04.さばさば水泳部員 さや姉ちゃん(約18分)」。
女子更衣室で水着に着替えて勃起したおちんちんを鎮めようと
水泳部に所属するお姉ちゃんが水着コキ、足コキ、バックSEXをします。

さや「あたしの水着の おまんこが密着してた部分を こうやって弟くんのチンポにすっかり被せて 水着越しに手コキ するためだよ」
彼女はしゃべり方はクールですが性格はとても優しい女性。
自分から水着を脱いでつい先ほどおまんこが当たってた部分でおちんちんを擦ったり
後ろから抱き着いておっぱいの感触を味わわせながら足で優しく擦ります。
水泳部なら足も相当に鍛えてるはずですから、それを使って責めるのはキャラに合ってると言えます。

さや「うんうん いい感じ もっともっと突いて? んっ んんっ」
SEXでわざと受けに回ってるのもすごく良いなと。
これまでの3パートは全部騎乗位だったので彼に責めさせることで単調さを和らげます。
また作中で「大人になった時の練習」と言ってることから
女性の責め方を教える彼女なりの優しさと受け取れます。
気持ちいい時はちゃんと喘いでくれたりと、エッチを通じて彼を育てようとする思いが込められてます。

このように、年上の女性が持つ甘さや優しさを前面に押し出した抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
多彩なおねショタ作品
おねショタの要所を押さえつつ幅広いキャラとプレイを用意した誰でも聴ける作品です。

お姉ちゃんたちは可愛い容姿と逞しいおちんちんを持つ主人公を甘やかそうと
それぞれに合ったやり方で責めながら優しい言葉もかけて幸福感と安心感を与えます。
そしてどのパートにも抜き場を用意し、さらに耳舐めも積極的にやって興奮させます。

面倒見がよくエッチも上手なお姉ちゃんたちが少年を優しく責めるシチュ
彼女たちの魅力が引き立つ設定とプレイでリードするキャラを活かしたエッチ
耳舐めを多めにやったり効果音にこだわってエロさを上げる演出。
M向けの要素をできるだけ取り除いて気分よく抜けるように仕上げてます。

中でも2番目はパートごとにキャラと声優さんの両方を変えて
同じおねショタでも新鮮な気分で聴けるように制作されてます。
前戯を挟んでからSEXに突入する展開が多いですけど、声や演技が違うと聴いた時の感触も変わります。
耳舐めに著しく寄せてるパートもあったりして守備範囲が広いと感じました。
前項で説明を省略した05と06パートも幼児プレイ、ギャップ萌えと違った良さがあります。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
抜き性能高めのおねショタ作品が好きな人には特におすすめします。

CV:じゅりお姉ちゃん…秋野かえでさん ゆいお姉ちゃん…浅木式さん さつきお姉ちゃん…琴音有波さん
さやお姉ちゃん…涼花みなせさん まなお姉ちゃん…陽向葵ゅかさん かなみお姉ちゃん…天知遥さん
総時間 2:07:05

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月29日まで20%OFFの1320円で販売されてます。



サークル「SWEET×MONSTER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現実世界の嫁と2次元世界の嫁が
個別に、あるいは同時にエッチして幸せな時間を過ごします。

甘さとエロさを両立させた抜きやすいエッチをするのが特徴で
2人とも序盤から好感度MAXの状態で接しながら
前置きを大幅に削りくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声をガンガン流して興奮と射精を応援します。
2人の嫁とたっぷりイチャイチャ
ゆいこ、クレアと6種類のエッチをするお話。

「あ、だーめ お触り禁止だよ? 今日は 私があなたに たっぷり尽くしてあげる日なんだから」
ゆいこ(挿し絵左)は可愛くて穏やかな声のお姉さん。
主人公の右耳を早速舐めてからじっとしてるように言うと
さらに腰をゆっくり打ちつけておちんちんも気持ちよくします。

本作品は立場は違えど彼のことを深く愛してる2人の女性が
スタイルを変えながらおよそ75分に渡って色んなエッチをします。
ゆいこは現実世界で結婚してる正真正銘の嫁
クレアは彼が以前からオナニーのオカズにしてる2次元の嫁にあたります。

最大の魅力は甘さとエロさ。
序盤から夫婦らしくイチャイチャしながらエッチな声や音を鳴らして楽しい時間を過ごします。

「はしたない声 いっぱい出ちゃう やっぱり生だと 全然違うね」
ゆいこは恋人だった頃はエッチにそれほど熱心ではなかったのですが
結婚して生SEXを経験したらすっかりハマり、以降は彼の体を積極的に求めます。
そして熱いキスや耳舐めをしたり、ピストンのたびにエロ可愛い喘ぎ声を漏らして男心をくすぐります。
愛の言葉も随所で投げかけますし、幸せの絶頂期にいるのが自然と伝わってきます。

「旦那様の 奥方として 当然のことをしてるだけですよ」
それに対してクレアは彼に尽くす姿勢を見せます。
彼のことを「旦那様」と呼びながらおちんちんを愛おしそうに舐めしゃぶり
SEXの時も初々しい反応を見せて大好きな人とひとつになれた喜びに浸ります。
2人の付き合いは長いですけど、彼女が画面から出てきてエッチするのは今回が初めてだそうです。

ゆいことクレアが対面した時も喧嘩することはありません。
左右に陣取り協力して耳やおちんちんを責め続けます。
彼に対して同じ思いを持つ者同士だから分かり合えたのでしょう。

エロさについてはちゅぱ音や効果音が軒並みリアルなのに加えて
どのパートも開始から5秒後には早速エッチが始まります。
本当に何の前置きもなくちゅぱ音が鳴り始めるので最初は驚くと思います。
「気軽に、手軽に抜ける作品を目指した」とサークルさんがおっしゃられてる通り抜きを強く意識してます。

もうひとつ、本作品は2021年3月25日までたったの110円で販売されてます。
26日以降は1100円になるそうですから、今聴く時間がない人もとりあえず買っておくことをおすすめします。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは6パート70分間。
プレイは耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、フェラ、素股、電マ/ローター責め、手マンです。
SEX、素股、電マ/ローター責め、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(01~04パートは無しも選択可)。

「ぎゅって 強く抱きしめられるの 好き」
騎乗位SEXで主人公を射精に導いたゆいこは
繋がったままキスやハグをして絶頂の余韻に浸ります。

エッチは状況に応じて責め手を交代しながらほぼ対等な立場で愛し合います。
最初の2パート34分間は一対一でするシーン。
「01_ゆいことえっち(約17分)」はゆいこが耳舐め、キス、SEXを
「02_クレアのおしゃぶり(約17分)」はクレアがフェラやお掃除フェラをします。

ゆいこ「あっ あぁすご 気持ちいいとこ 全部バレちゃってて 恥ずかしいから 声我慢したいのにっ あっ 漏れちゃうよぉ」
そして本作品の売りである甘さとエロさが早速威力を発揮します。
01パートは開始時点で既にSEXしてるのでちゅぱ音とピストン音がすぐ鳴り始め
1回戦は騎乗位、2回戦は正常位とお互いに責め合う形で2度の絶頂を目指します。
無駄をとことん省いてるおかげでエッチだけを楽しめるようになっててなかなか濃いです。

またサークルさんがリアリティを追求して制作されたそうで
特にちゅぱ音は臨場感が高いです。
舌の細かな動きが音だけでなんとなくわかる品質を持ってます。
ゆっくり目に責めてくれますから音の違いを聴き取りやすく感じるでしょう。

クレア「旦那様のぴゅっぴゅした精液 ぜーんぶ飲んじゃいました すっごく濃厚でしたね」
02パートはクレアが初めてエッチするので一途さや初々しさを前面に押し出してます。
寝ている彼のおちんちんへむしゃぶりついてじっくり味わい
起きた後は亀頭や裏筋といった弱点を個別に責めてさらに気持ちよくします。
精液はきっちり口で受け止め飲み干すなど、男性がされたら喜ぶことをしっかり押さえてありました。

続く「03_嫁と嫁の中出し懇願えっち(約21分)」は2人が協力して責めるパート。
ゆいこは右、クレアは左に陣取って両耳舐めしてからクレア→ゆいこの順にSEXします。

両耳舐めは左右から違うちゅぱ音が同時に鳴りますし
SEX中も片方はピストンやキス、もう片方は耳舐めと連携を取って責めてました。
01~02パートに比べてエッチな声や音の密度が高く実用性がさらに上がってます。
2人が仲良く責めるシチュも相まって、ものすごく甘い空気が漂ってました。
体位はどちらも騎乗位、SEXの時間は6分ずつと存在感が同じになるよう調整してます。

残りの3パート15分間はサクッと抜きたい人向けのプレイ。
「04_嫁と嫁の囁きオナニーサポート(約5分)」は
愛の言葉、シコシコボイス、ぴゅっぴゅのセリフで応援するオナサポ
「05_玩具に責められるゆいこ(約5分)」と「06_玩具に責められるクレア(約5分)」は
パート名についてる子が電マやローターで責められてる様子を楽しみます。

04は実際にオナニーする時間がおよそ1分しかないので
05と06のほうがいいオカズになると思います。
使うおもちゃが違うのか両者で鳴る音が被ってませんし
手マンの音や感じてる声も流れてこっちのほうがずっとエロいです。

このように、嫁らしく愛情を注ぎながら気持ち良くするあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
満たされながら抜ける作品
イチャラブ感とエロさを上手く両立させてるノーマル向けの作品です。

ゆいことクレアは大好きな主人公と幸せで気持ちいい時間を過ごそうと
まずは個別にSEXやフェラをしてそれぞれの個性や想いの強さを表現します。
そして3番目のパートは2人同時に責めてより濃いプレイを提供します。

現実世界の嫁と2次元の嫁が個別に、あるいは同時にご奉仕する甘いシチュ
エッチに直接関係ない部分を極力削いだ抜き重視の作り
最中に鳴るリアルなちゅぱ音の数々。
サークルさんがおすすめポイントとして掲げられてる要素を違和感なく融合させてます。

中でも2番目はなかなか見かけない構成なので驚きました。
キャラ設定はあるけどストーリー性はほとんどない作品なので
キャラの魅力を出しつつエロさを上げる感じに仕上げてます。
連続射精するパートがふたつありますし、雰囲気の甘さに反して責めっぷりはやや激しいです。

射精シーンは6回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
あまあま路線で抜きにも使える作品が好きな人には特におすすめします。

CV:天知遥さん
総時間 1:21:00(本編…1:14:24 フリートーク…6:36)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
割引中はコスパが良いので9点をつけます。



サークル「さーべるたいにゃー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、AV女優として活躍中のお姉さんたちが
大きなおちんちんを持つ弟を個別に、あるいは同時に責めて気持ちよくします。

彼女たちの個性を出しながら前半は1人ずつ、後半は複数人で責めるのが特徴で
ななはツン多めのブラコン、ゆあはゆるふわ、りんはクールでドスケベと違う魅力を持たせ
全員に活躍の場を与えながら色んなプレイを楽しみます。
お姉ちゃんはAV女優
園崎なな、春咲ゆあ、鷺宮りんと5種類のエッチをするお話。

「ったく あんたね ガタガタうるさい 昼間からシコってんじゃないわよ」
なな(挿し絵中央)は砕けた口調で話すトーンが低い声のお姉さん。
昼間からエロ動画を観ながらオナニーしてる主人公の部屋に押しかけると
彼のおちんちんがかなり大きいことに気づいて見せるように言います。

本作品は姉がAV女優なおかげで仕事もせず家でゴロゴロしてる彼が
彼女やその同僚にあたる2人のお姉さんとおよそ90分に渡ってエッチします。
彼は生活能力0のダメ人間ですが並み外れたおちんちんと精力が備わっており
それに目をつけた彼女たちが優しくリードしながら色んな手段で味わいます。
サークルさんの3周年を飾る作品ということで、声優さんも過去作に出演された方を起用してます。

最大の魅力は彼女たちのキャラ。
AV女優なのでエッチが上手いところは共通してますが
それぞれに違う特徴を持たせてセリフやプレイに個性を出します。

なな「一応弟だし 昔は可愛かったのになぁ」
例えば姉のななは基本的にはツンツンしてるけど重度のブラコン。
ヒモ同然の日々を送ってる彼をなんだかんだでお世話したり
彼のお願いは受け入れる優しさが随所で見られます。

ゆあ「根元だけガチガチに硬いし 先っぽもぷっくりして ほんといいおちんちん」
それに対して2番目に登場するゆあ(挿し絵左)は甘やかし上手な正統派のお姉ちゃん。
一人っ子で弟に憧れてたのか、彼のことを「弟くん」と呼びながら色んなサービスをします。
甘い声でのんびり話して穏やかな空気を作り、大きなおっぱいでしごいて射精へ導くなど
年上の女性が持つ優しさや温かさがストレートに表現されてます。

3人全員に活躍の場を設けてますが、聴いた限りではゆあが一番目立ってました。
ゆあ役のそらまめ。さんは14作品中9作と断トツで多く出演されてますから
そのへんを考慮して3人の中でけん引役に据えたのかなと。
相手する時間が長いという意味で、他の2人を脇役に据えてるわけではありません。

エッチについては手コキ、フェラ、パイズリ、SEXといった王道のプレイで固めてます。
前半は1人ずつ、後半は2~3人同時にとスタイルを変えて無理なく射精へ追い込みます。
おちんちんの立派さを褒めるセリフが多いですから良い気分で聴けるでしょう。
全員AV女優なだけあって純粋なエロさも高いです。
年上の魅力を凝縮したエッチ
エッチシーンは5パート59分間。
プレイはAV鑑賞、手コキ、乳首責め、フェラ、パイズリ、耳舐め、SEX(騎乗位、正常位)、キス、手マン、ハメ撮りです。
手コキ、パイズリ、SEX、手マン、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

なな「仕方ない 弟のために お姉ちゃんがひと肌脱いでやるか」
AV男優でも見かけないレベルのおちんちんに驚いたななは
主人公が射精したがってるのでそのお手伝いをすることにします。

エッチは序盤から中盤は彼女たちが、終盤は彼が責め続けます。
最初の2パート26分間はキャラの個性を出しながら一対一でするシーン。
「Tr1 お姉ちゃんごめんなさい(約8分)」はななが手コキを
「Tr3 ゆあ夜這い(約18分)」は後日遊びに来たゆあがフェラとパイズリをします。

なな「乳首感じちゃうの? あんた オナニーする時いじってるんだ へぇ 女の子みたい」
ななはツンデレキャラなので自分の気持ちを表に出すことはありません。
でも自主的に彼へご奉仕する姿勢や、乳首が敏感だと知っても見下さないところに優しさを感じます。
仕事柄男性の性癖に対して寛容なのかもしれませんね。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援するなど、AV女優らしさも感じるスムーズなリードをします。

ゆあ「ほーら 弟くんの好きなおっぱいだよー」
Tr3のゆあはななと逆でストレートに甘やかします。
彼が自分のファンだと知ると素直に喜び、自慢のおっぱいで緩めに責め続けます。
彼をエッチに誘うシーンでも気配り上手なところが出てますし
「こういうお姉ちゃんがいたら幸せだろうなぁ」という願いを叶えてくれるプレイです。

そして声と態度があまあまだからこそプレイのエロさが引き立ってます。
序盤のフェラは「ずぶびゅー」と強めに吸う感じの音を何度も鳴らし
パイズリもペースが上がると乳首が擦れて気持ちいいのか切ない声を漏らします。
パイズリ中は実況を普段より多めにしてるおかげでイメージしやすく感じました。
射精前後の追い込みもしっかりしててプロらしさが出てます。

続く3パートは33分間は複数人プレイ。
「Tr4 鷺宮りん襲来(約15分)」はりんとの騎乗位SEX
「Tr5 りんちゃんだけズルい(約11分)」はゆあと正常位SEXを楽しみます。
そして「Tr6 お姉ちゃんとも(約7分)」は帰宅したななを加えた4Pに変わります。

りん「チンポ舐めて濡れちゃったから すぐ入るよ んっ んんんんん」
りんは普段はクールだけどエッチが始まると熱くなる性格。
会った直後は素っ気なかったのに主人公のおちんちんを見ると態度を改めます。
そしてフェラだけでは我慢できなくなり3人の中で最初にSEXへ突入します。
登場順が最後の時点で明らかに不利ですからこういうやり方で華を持たせたのでしょう。
ゆあやななともSEXするきっかけになりますし重要な役割を果たします。

女性が複数人いるおかげでエッチな要素がより多くなってるのもポイント。
Tr4と5はSEXと耳舐めを同時に行い、Tr6は軽いレズプレイやハメ撮りといった別の要素が加わります。

なな「先っぽ 当たってる あぁっ」
特にTr6は近親相姦が持つ暗さや重さを上手く中和してます。
彼をAV男優の候補に据えて撮影の練習をするスタイルにしたり
ななが普段よりもずっとエロ可愛い乱れっぷりを披露してくれるのが大きいです。

彼女は相当なブラコンですから内心彼とこうなりたかったのではないでしょうか。
そういう気持ちが作品を通じて伝わってくるから甘さを感じるわけです。

このように、彼女たちの属性を活かして色んなプレイをするイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘い作品
年上の女性に気持ちよくお世話される様子をエロさ高めに描いたノーマル向け作品です。

ゆあとりんは立派なおちんちんを持つ主人公と楽しい時間を過ごそうと
夜這いをかけたりなながいない時に自宅を訪問してこっそりそれを味わいます。
そしてななは「彼をAV男優にする」という名目でおちんちんを受け入れ嬉しそうな声を漏らします。

同じ事務所に所属する3人のAV女優が弟くんとひたすらイチャイチャする甘いシチュ
ツンデレ、ゆるふわ、クールで淫乱と別の属性を持たせて
それぞれに合ったプレイを個別に、あるいは同時にするキャラ重視のエッチ。
彼女たちが彼をどう思ってるか表現しながら責めることを意識してます。

中でも2番目はAV女優なだけあっておちんちんに対する執着心が強く
手、口、おっぱい、おまんこと全身を使ってご奉仕します。
女性上位ですけどM向けの言葉責めがほとんどないのでいじめられてる感じはありません。
なながきつめの態度を取るのは愛情の裏返しですからあまあま路線と言えます。

パートあたりの時間が割と短いので複数繋げて1回抜くのが丁度いいでしょう。
効果音の扱いも割と丁寧で3周年の節目を飾るに相応しい品質を持ってます。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「特訓!花びら大回転連続射精訓練」です。

CV:園崎なな…大山チロルさん 春咲ゆあ…そらまめ。さん 鷺宮りん…天知遥さん
総時間 1:43:26(本編…1:31:58 おまけ…11:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

2021年3月10日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ゲーム大好きで包容力もあるクールな女の子が
幼馴染で今は恋人の男性と自宅でたっぷりエッチします。

ゲームとエッチを同時にするのが一番の特徴で
寝バック、対面座位、背面座位とパートごとに異なる体位でたっぷりSEXしながら
ゲームの会話と恋人らしい会話を同じくらいして2人の仲の良さを表現します。
事務的な要素は一切ありませんから一風変わったイチャラブ作品として楽しめるでしょう。
ゲームとエッチを両立したい彼女
恋人の一宮玲菜(いちのみやれな)と5種類のエッチをするお話。

「……ねえ。日本史の課題、やった?」
玲菜はややトーンが低く落ち着いた声の女の子。
外で主人公と歩きながら学校の課題に関する雑談をしてると
彼に突然告白され少し考えてから返事を伝えます。

本作品は小さい頃から仲良くしててつい最近恋人になった男女が
彼女の家でおよそ130分に渡って色んなエッチをします。
2人の付き合いが長いことを踏まえて他人行儀な要素は完全に取っ払い
最初から友達に接するような緩い態度で話しかけたりイチャイチャします。

「キミの肩に両腕のっけて、ヒジの位置を工夫すれば……うん。まんこしながらゲームできる。キミは、体勢的にいけそう? 辛くない?」
彼女は超がつくほどゲーム好きな性格で作中でもパートごとに違う作品を熱心にプレイします。
しかし彼とエッチしたい気持ちも同じくらい持っており
5パート中4パートでゲームしながらエッチの相手もします。

彼女が手や口をほとんど使えない状況なため
タイトル通り彼が責めに回ってSEXすることが多いです。
アクションゲームは寝バック、FPSは背面座位と実際にやっても違和感が出ない体位を選んでました。
また彼女がゲームを楽しめるよう全体的にペースを落としてゆっくり射精を目指します。

「イキそうなときは、思いっきりまんこ突きたいでしょ? いいところで揺らされたら大変だしね。まあ、そういうときくらいはポーズかけるよ」
シチュだけを見ると事務的なエッチに感じる人がいるかもしれません。
しかし彼に対する思いやりを感じるセリフや仕草が結構多く
彼女なりに愛情を持ってエッチしてるのが自然と伝わってきます。

射精が近くなったらエッチを優先しますし、彼のことを大事にしようとする姿勢が見られます。

家に引きこもって暇があればゲームしてる女性を素直に受け入れられる男性はなかなかいないでしょうから
自分を好きになってくれたことに対する感謝の気持ちを示して彼の心を掴みます。
最終パートは長めの時間を割いてエッチに専念するので実用性も十分と言えます。
エッチと直接関係ない要素を敢えて盛り込みキャラを立ててる面白い切り口の作品です。
一体感を重視した温かいエッチ
エッチシーンは5パート107分間。
プレイはSEX(寝バック、対面座位、背面座位、騎乗位)、キス、耳舐め、パイズリ、手マンです。
SEX、パイズリ、手マンの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ん……。まんこ、開かれてる。綺麗なピンク色? そう? ありがと。綺麗って言われるのは、嬉しいよ」
うつ伏せでアクションゲームをしてたところで主人公がエッチしたがってることに気づくと
玲菜はおまんこを好きにしていいと許可を出し、綺麗と言われてお礼を言います。

エッチは最終パートを除き彼が責め続けます。
最初の2パート42分間は彼女の性格や2人の日常をわかりやすく描いたシーン。
「1.『寝たまま後ろからどーぞ』(約21分)」は寝バックSEXと軽いキス
「2.『ついでに耳舐めしてあげる』(約21分)」は耳舐め+対面座位SEXで1回ずつ射精します。

ちなみに本作品ではコントローラー、スマホ、キーボードを操作する音がプレイ中に鳴ります(鳴らないバージョンも入ってます)。
全部同時に鳴るのではなく、やってるゲームによって音が変わる感じです。

2人は付き合い始めてから毎日のようにエッチしてるので
こういう特殊なプレイもすっかり慣れてます。
多くの18禁作品でする前戯を省略しておまんこにローションを塗ったらすぐさま挿入し
彼女のゲームを邪魔しない程度のペースでピストンしながら色んなことを話します。

「ウチもウチで、キミとまんこしながらゲームするの、地味に慣れてきたから。こう、下半身と上半身で、おちんぽの衝撃を上手く受け流せる感じになってきたから。全然気にしないでいーよ」
ゲームに関する話もそれなりに出てきますけど
彼を気遣ったり興奮させるセリフもしっかり入れてあって雰囲気が甘いです。
「おちんぽ」「まんこ」といった淫語を言って喜ばせるシーンもあったりと
手が使えないハンデを言葉でカバーしようとする彼女の心情が窺えます。

SEXシーンが多いですけど責めるペースが緩めなことや
彼女がそこまで敏感な体質じゃないことから喘ぎ声はあまり漏らしません。
その代わり挿入後は吐息が熱っぽくなって気持ちいいことをアピールします。
ピストン音が体位や責めっぷりに応じて小まめに変わることも含めて
サークルさんができるだけ自然なエッチを目指されてるように感じました。

2番目は本作品で唯一口を積極的に使うパート。
お互いに抱き合う体勢で彼女が別のゲーム(たぶんあつ森)をプレイし
それと同時に彼の耳を片方ずつ舐めて気持ちよくします。

ピストン引き続きゆっくりですが、耳元至近距離から耳舐め音が同時に鳴るので結構エロいです。
ゲームに関する会話も少なめに設定されてて前のパートとの違いがちゃんと出てました。
射精時にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれたりと抜きやすくなるように仕上げてます。

続く2パート34分間はシチュが独特なプレイ。
「3.『ウチのおっぱい、オナホにしたいの?』(約15分)」は
仰向けに寝てスマホゲームをしてる彼女のおっぱいを馬乗りになって使い
「4.『ボイチャしてるときにまんこしたいの?』(約19分)」は
彼女がゲーム友達(女性)とFPSゲームしながら背面座位でSEXします。

「んー。スムーズに入りはしたけど……なんか。ボイチャ中におちんぽの熱さ感じるなんて、不思議。割といけないことしてる気分」
本作品らしさが出てるのは4番目のほうだと思います。
友達にバレないようボイチャをオン/オフしながら彼のおちんちんをじっくり味わいます。
普通にピストンするのはまずいので、ここはポリネシアンSEXのように膣圧だけで射精に追い込んでました。
後になるほど気持ちよさそうな吐息を漏らし、それを誤魔化そうとする彼女がエロ可愛いです。

最後の「5.『今日は普通にえっちしよっか』(約31分)」は最も抜きやすいパート。
さらに後日、再び自宅へやって来た彼と今度はゲームなしで騎乗位SEXします。

「うん。もちろん、ウチが大丈夫な日だから、っていうのもあるんだけど……たまにはね? いいかなって」
これまでと違いキスや手マンでお互いの気持ちを高める時間を作り
本番の時は彼女のほうからゴム無しを提案してご褒美をあげます。
元々付き合う時に「ゲームもする」と言ってるので彼を失望させたわけではないのですが
何やら思うところがあったようで、今まで以上に思いやったりご奉仕する健気な態度を取ります。

普段ずっと受けに回ってるからピストンがあまり上手くないところもグッときました。
彼女なりに頑張る姿が色んなところで描かれてて幸福感に包まれながら抜けます。
終盤は「好き」を何度も言いながらキスを挟んで中出しへ持っていきますし
物語の最後を飾るに相応しいイチャラブ感の強いプレイが楽しめます。

このように、ゲームとエッチの内容や比率を切り替えながら温かい言葉をかける穏やかなエッチが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
お互いのことを知り尽くしてる男女がまったり愛し合うノーマル向けの作品です。

玲菜は以前は幼馴染、今は恋人として付き合ってる主人公と楽しい時間を過ごすために
大好きなゲームをしながら自分の体を好きに使わせて彼の性欲も満たします。
そして彼を思いやる言葉をかけたり、一部のパートで手厚いご奉仕をして十分な愛情を注ぎます。

ゲームとエッチの両方が好きな女の子が恋人と自宅でイチャイチャする甘いシチュ
パートごとにゲームを変え、それに合った体位やプレイで彼が責めるリアル志向のエッチ
クールな態度で控えめに乱れながら優しい言葉を小まめにかける彼女のキャラ。
長く連れ添った2人だからこそできる飾らないエッチが味わえます。

「したいことを我慢するより、お互い遠慮なく言い合える関係のほうがいいよね」
こういう独特なプレイをしてるのに事務的感をまったく感じないのは
お互いに相手を気遣ったり思いやってるから
だと私は思います。
彼は彼女がゲームすることを完全に受け入れたうえで邪魔しないようにエッチしますし
彼女も彼が自分の体を求めてきたらふたつ返事でOKします。
最中にこんなセリフが出てくるところを見ると、これが2人にとっての自然体なのでしょう。

高校で初めて出会い付き合い始めたカップルだとこういうことをするのは厳しいでしょうが
彼らは小さい頃から毎日のように遊んでる家族同然の関係です。
登場人物の性格や属性なんかも考えたうえでこういうエッチをしてるので
実際に聴いてみた時に違和感がないし甘さを感じることもできます。

あとは全編を通じてエッチの表現が秀逸です。
ゲームとエッチを上手く融合させてますし、それによって落ちたエロさをカバーする工夫もされてます。
具体的には各パートの時間を長めにしてプレイも絞る、ピストン音の質感と動きにこだわる
一部のパートを抜き重視にしてバランスを取るなどです。

スローSEXをテーマにしてるので激しく責め合うのが好きな人にはやや不向きですけど
女性の優しさを感じながらゆっくり上り詰めるのが好きならきっとハマると思います。
精神的に満たされた状態で射精できるので出した時の快感や余韻を強めに味わえました。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語と吐息それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「いざってなると結構ドキドキするね」です。

CV:天知遥さん
総時間 2:27:31(本編…2:13:18 おまけ…14:13)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月11日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「あまがみドロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、耳舐めの技術を教える変わった専門学校を舞台に
そこへ入学した女の子が先生の授業を受けながら立派な耳舐めストを目指します。

彼女の経験や技術によって耳舐めの音や責め方が変わるのが特徴で
最初は淫語を言うことすら恥ずかしそうな様子で控えめに舐めてたのが
卒業試験を迎える頃には色んな言葉責めをするようになり
耳舐めも外側、内側、奥を満遍なく舐めて心身をバランスよく盛り上げます。
耳舐めを通じて描く成長の記録
私立耳舐め学園の生徒「まい」や教師の「さゆり」に耳をたっぷり舐められるお話。

「さて そろそろ授業を始めましょうか」
さゆりは明るくてお淑やかな声のお姉さん。
「は、はい よろしくお願いします」
まいは可愛くて大人しそうな声の女の子。
実戦演習をするはずなのにもう主人公がいるのでまいがその理由を尋ねると
さゆりがそれに答えてから耳舐め学園と耳舐めに関するお話をします。

本作品はASMRの耳舐め配信のスペシャリストを育成する学校で
まいがさゆりの指導を受けながらおよそ140分に渡ってエッチな訓練をします。
ここではバイノーラルマイクじゃなく生身の男性に耳舐めする教育方針を取っており
耳舐めモデルに選ばれた彼を相手に色んな責めを繰り出します。

サークルさんの過去作「咥えたら離さない 耳舐め大好きゆいちゃん!」と同じ世界の話ですが
ストーリーの繋がりは特にないので未視聴でも問題ありません。
ただしごく一部であちらのヒロインに関する話が出てきますから、視聴してる人はニヤリとすると思います。

最大の魅力はもちろん耳舐め。
エッチシーンのほとんど(およそ100分)で左右の耳を個別に、あるいは同時に舐め続けます。
授業形式でエッチを進めるため、さゆりはまいより一歩下がった位置に立ち
実演を交えて耳舐めのやり方や男性を興奮させる手段を教えます。

さゆり「ただ作業的に舐めてもダメなの 耳舐めをする時は こっちの感情もスイッチを入れて 楽しんでやらないとね」
まいと主人公はほぼ他人同士ですが、さゆりは恋人に近い雰囲気でやるように教えます。
耳舐め特化の作品にしては珍しく言葉責めを多めに挟んでくるので
ちゅぱ音を鳴らし続けるタイプの作品よりも気持ちを高めやすくなってます。
様々な淫語を言う、軽く見下す、赤ちゃん言葉を話すなどバリエーションが豊富です。

耳舐めの質感や動きについてもかなりレベルが高いです。
全体を見れば外側を舐めるシーンが多いですけど
物語の後半に入ると内側や穴の入り口を責める割合が増えてきます。
さゆりはコリコリしたやや力強い音、まいは水分高めのねっとりした音とキャラごとの違いも見られます。

まい「うわぁすごい さゆり先生の舌 とってもねっとりしてる」
まい「じゃあ お願いしてみて? 右耳も舐めてくださいって ほーらぁ」

エッチを重ねるにつれてまいが成長していくのも大きなポイント。
序盤はさゆりの耳舐めをドキドキした表情で眺めてたのが
終盤に差し掛かるとスムーズに耳舐めしながら軽く意地悪するややSな態度を取ります。
耳舐め自体もどんどんエロく激しくなっていきますから
音声を聴き始めた直後と視聴後で彼女に対する印象が随分変わるでしょう。

演技力で持ち味を出すあたりは声優さんの個人サークルらしいなと。
初々しい女の子が男を責める快感に目覚めていく展開もギャップがあって面白いです。
「触手舐め」という独自の舐め方も登場するなどキャラ作りにも力を入れてます。
質量共に優れた耳舐め
エッチシーンは4パート111分間。
プレイは耳舐め、淫語責め、おちんちんに息を吹きかける、キス、オナニーです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

さゆり「それじゃあ早速だけど 私がモデル君の耳を舐めてるところ 見ててね」
説明を一通り終えて主人公の右手に密着したさゆりは
ひとまずまいに手本を見せて耳舐めの流れややり方を大まかに教えます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
前半の2パート47分間はまいの初々しさや不得手さを前面に押し出してるプレイ。
「2時限目 先生とモデル君と耳舐め基礎練習♪(約15分)」はさゆりにリードされながら
「3時限目 2人きりの耳舐め&隠語練習♪私の耳舐め…気持ちいいですか?(約32分)」は
次の日に彼と一対一で耳舐めのトレーニングをします。

まい「やっぱり 恥ずかしい でも私だって…」
彼女はSEXどころかキスすらしたことのない処女。
だからさゆりの耳舐めを見て驚いたり恥ずかしそうな仕草を見せます。
実際に左耳を舐める時もゆっくりペースで控えめなちゅぱ音を鳴らします。

さゆりが引き立ててくれることを加味しても実力差は歴然でした。
さゆりは流れるような舌さばきで微弱な刺激を送ってくるのに対し
まいは途切れ途切れに唇ではむはむするような音を鳴らします。
2人の違いを耳舐めで表現することで後半の成長ぶりをわかりやすくしてます。

まい「お、お、おちんちん わぁ 言えました」
3時限目は耳舐めに加えて言葉責めの練習もします。
おちんちん、オナニー、手コキといった淫語を恥ずかしそうな仕草で順に言い
それができた後は左右の耳を順に舐めてそちらも慣らします。
エッチの知識や経験が乏しいことを自覚したうえで頑張る姿が愛らしいです。

耳舐めも多少ではありますが成長の跡が見られます。
2時限目ではやらなかった息吹きを追加して耳にゾクゾク感を与え
その後はゆっくりペースで外側→内側→穴と一歩ずつ前進します。
奥を責める時は声の位置がさらに近づいて、音も低く鈍いものへと変わります。
また終盤には「密閉耳舐め」という舌先で穴を塞ぐプレイも登場します。

後半の2パート64分間は成長したまいを拝めるシーン。
「5時限目 耳舐め卒業試験~耳奧舐めから触手舐めまで!!まいの全力耳舐め♪(約40分)」は耳舐めストの称号を得るための試験を行い
「6時限目 さゆり先生とまいの本気の練習相手…耐えれるかな?♪(約24分)」は
再びさゆりが加わって2人で耳舐めの腕をさらに磨きます。

まい「もっと奥の奥まで いーっぱい舐めてあげる まだ精液出すのは 我慢してね」
まい「もっともっと ダメな子になっちゃいまちょうねー」

前回から1週間経った後なので彼女の態度や責めっぷりも随分違います。
恥ずかしがらずに淫語をどんどん言ったり、ややMな人が喜ぶ言葉責めをするなど
耳舐めしながら心を盛り上げるアプローチも積極的にします。
おちんちんの匂いを嗅ぐシーンもあったりしてプレイの幅が広くなってます。

耳舐めももちろん全体的にグレードアップしてます。
ペースはそれほど変わりませんが、吐息を交えてスムーズに責めるのでエロさが増してるし
舐め、吸い、啜りを組み合わせて後になるほど激しい音を鳴らします。
特にパート終盤ではピストンっぽい動きをする独特な耳舐めが登場します。
彼女がこのエッチを楽しんでるのも伝わってきて女性としても成長したように感じました。

6時限目は耳舐め特化だったこれまでと違いオナニーが加わります。
引き続き2人がおちんちんに触れることはないですけど、中盤から許可が出て効果音も鳴り始めます。
両耳舐め主体なおかげで耳舐めの密度も高いですし、本作品の中で最も抜きやすいパートと言えます。

このように、前半と後半で内容が大きく変わるちゅぱ音まみれのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の耳舐め作品
耳舐め作品で弱くなりがちな部分を補強してある総合力の高い作品です。

まいは自分が普段よく観てる耳舐め配信をする側になろうと
さゆりの授業やテキストを参考にしながらまずは男性との接し方や責め方を学びます。
そして十分慣れた後は言葉責めと耳舐めの両方に自分らしさを持たせて伸び伸びとエッチします。

男をまったく知らない女の子の耳舐め練習に協力する魅力的なシチュ
パートによって位置、距離、質感、動き、深さを変えていく耳舐め特化の凝ったエッチ
前半はまいの初々しさを、後半は成長した姿をお届けするキャラを活かした作り。
最大の武器である耳舐めをきっちり押さえたうえで他の要素にも手を伸ばしてます。

中でも3番目は同じ耳舐めでも前半と後半で内容がガラリと変わって驚きました。
耳舐め自体もそうなのですが、それに付随するプレイも強化してるのが素晴らしいです。
具体的には言葉責めの方向性、吐息の量、意地悪度の高低です。

最初から最後まで耳舐めをする時点でやれることがそれなりに制限されますから
キャラの成長具合を描いたり、教師と一緒に責めるスタイルにするのは良い工夫と言えます。
耳舐めの時に鳴るちゅぱ音も結構細かく変えてあってリアルです。

またおちんちんに触れられないルールを定めたうえで抜けるように仕上げてます。
耳舐め好きな人が一番楽しめるのは間違いないですけど
言葉責めも結構してくるのでちゅぱ音以外のエロさが高めでした。
事務的感がまったくなく恋人同士に近いエッチが楽しめます。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音大量、吐息多め、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは4本目の満点とさせていただきました。

CV:まい…陽向葵ゅかさん さゆり…天知遥さん
総時間 2:28:34(本編…2:22:22 フリートーク…6:12)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月12日まで20%OFFの1144円で販売されてます。
前作も12月13日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「Colla Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、フランスから転校してきて現在付き合ってる美少女が
修学旅行先で色んなエッチをしてさらに親睦を深めます。

舌足らずな口調で淫乱に振る舞うギャップを持たせた作りが魅力で
新幹線の車内、人気の少ない野外、旅館の部屋やお風呂とシーンごとに場所を変えながら
彼女が積極的にリードして幸せで気持ちいい思い出を作ろうとします。
初めての旅行をエッチに満喫
恋人のリリアンヌ・モア・クレン(リリィ)と色んな場所でエッチするお話。

「はじめ、まして リリアンヌ・モア・クレンです フランスから来ました」
リリィはたどたどしいしゃべり方をする可愛い声の女の子。
転校先の学校で挨拶し主人公の隣の席に座ると
後で彼に学内を案内してもらいながら自分のことを話します。

本作品は大人気CG集「無垢な金髪天使とえっちな異文化交流~セキニン取ってくださいネ~」の音声版。
フランス人の父と日本人の母を持つ彼女が、転校先で仲良くなった彼と80分に渡るエッチを楽しみます。
主に学校内でエッチしてたあちらに対し、こちらは野外や旅館のお風呂など学校外をメインに据えてます。
媒体が違いますからCG集を見たことがなくても特に問題ありません。

「みんなと仲良くなるためにも 日本文化に 早く慣れていかないと」
最大の魅力は彼女のキャラ。
日本人とは違う素朴なしゃべり方で彼を一途に愛します。
来日した直後は彼に色々と嘘を吹き込まれたようですが
今回の物語はその数か月後にあたり、日本での生活にもある程度慣れてます。

音声を聴いてみると冒頭の「01フツツカ者ですが。よろしく、お願いしマス」と
02以降のパートで彼女のしゃべり方が多少違うことに気づくはずです。
リリィ役の天知遥さんが彼女の特徴を捉えた見事な演技をされてます。

新幹線の車内で周りにバレないようこっそり耳舐めする
到着後に我慢できなくなり人気の少ない野外で騎乗位SEXするなど
彼に対する好意をストレートにぶつけるシーンが多く雰囲気がとても甘いです。

普段は無垢ですけどエッチが始まればガンガン責めるギャップのある女性です。
彼に責められた時はエロ可愛い喘ぎ声を漏らしてくれますし
キャラを大事にしつつ18禁作品にとって重要な「エロさ」もきちんと確保してます。
昼から夜までたっぷりイチャイチャ
エッチシーンは5パート55分間。
プレイはキス、耳舐め、SEX(騎乗位、対面座位、バック)、パイズリフェラ、体の洗浄、手コキ、乳揉みです。
SEX、パイズリ、体の洗浄、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「日本の風習に従って 私の恋人として 責任 取ってもらうんですから」
京都へ向かう新幹線の中で主人公の右隣に座ったリリィは
周りにバレないようこっそり耳を舐め始めます。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート20分間は宿へ着くまでの様子。
02は耳舐め、03は野外で騎乗位SEXして1回目の射精に導きます。

「お耳舐めてたら 私も欲しくなってきちゃいました」
2人は既に付き合ってますからプレイ中の雰囲気もあまあま。
彼女視点のセリフを多めに挟みながら実況して近さと一体感を与えます。
このシーンはプライベートが確保されてないことを考慮し
どちらも責め方を多少抑えてこっそりエッチしてる感じを出してました。

具体的には耳舐めは水分低めのコリコリしたちゅぱ音
SEXはピストン中の喘ぎ声を吐息交じりの小さいものにしてます。
それでも腰をぐりぐりさせて彼の射精を執拗に誘ったり
終盤には我慢できなくなって思わず声を漏らすエロいところも見せてくれます。

SEXはかなり積極的にリードしてくれるおかげで
素朴な声やしゃべり方とのギャップが上手く引き立ってました。
2人の仲の良さや彼女のエロさを前面に押し出してて本作品らしいエッチになってます。

続く3パート35分間は旅館に着いた後のお話。
04はパイズリで1回抜き、05と06は家族風呂で体の洗浄と別のSEXをします。

「夜中の寝起きおちんちんなのに 元気いっぱいですね」
彼女としては彼と1秒でも長く一緒にいたくて堪らないのでしょう。
旅館内は男女別行動と彼が言ってるのにわざわざ夜這いをかけ
さらに自慢のおっぱいでしごきながらフェラする大胆な行動を取ります。

部屋にいる他の男子生徒が起きることはありませんが
それでも彼女の一途さと淫乱さがわかりやすく表現されてます。
フィニッシュはきっちり口で受け止めてくれたりと愛に満ちたプレイが楽しめます。

「しゅごいですぅ あっ あぁぁぁっ」
05と06はようやく他人がいない場所でエッチできることを踏まえて
これまでよりも喘ぎ声の量を増やしたり大きくしてエロさを上げてます。
特に06は前半が対面座位、後半はバックで2回連続射精するなかな濃い内容です。
ピストン音、喘ぎ声、愛の言葉、そして耳舐めやキスによるちゅぱ音と
エッチな声や音の密度を上げてきっちり抜けるように仕上げてます。

これまでのシーンが割と不安定な状況でエッチしてましたから
この2パートは余計安心して聴くことができます。
2回とも妊娠覚悟の中出しを決めるところにも2人の絆の強さを感じました。

このように、旅行先にいることを匂わせながらイチャイチャするやや変わったエッチが繰り広げられてます。
キャラが魅力の純愛作品
外国人の彼女とちょっぴりスリリングなエッチをする甘さの強い作品です。

リリィは日本で最初に仲良くなり現在は付き合ってる主人公といい思い出を作るために
自分から積極的に彼を誘惑しながら色んなプレイを繰り出します。
そして逆に責められてる時はエロ可愛い喘ぎ声を漏らして彼をもっと元気にします。

純朴そうに見えて実は淫乱なフランス人美少女とひたすらエッチするノーマル向けのシチュ
彼女の心情や反応を描写しながら愛し合うキャラ重視のエッチ。
音声作品ではあまり見かけない要素を引き立てる形で組み立ててます。

「日本に来れて あなたに会えてよかったです」
彼女はどのシーンでも彼と真正面から接しようとします。
思ってることははっきり言うし、我慢できなくなったらすぐ責め始めます。
多少危なっかしいところもありますけどそれが逆に可愛く感じました。
エッチの経験を積んで上手くなっても変わらない部分がちゃんとあります。

エッチは序盤から中盤は抑えて終盤で激しくしてます。
周りに人がいるのにガンガンやったら違和感が出ますからこれでいいんじゃないかなと。
欲を言うなら環境音をもう少し入れたほうがよりリアルになりそうです。
エッチの邪魔になるから省いたとも考えられますが
公共の場でするなら音量控えめでもいいから入れたほうが私はいいと思います。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:天知遥さん
総時間 1:24:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月27日まで20%OFFの880円で販売されてます。

↑このページのトップヘ