だいすきひゅぷの。

サークル「俺だけが得する音声工房」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、自分の気持ちに正直な心優しい女の子が
大好きな男性に愛情たっぷりな催眠とエッチをプレゼントします。

タイトルにもなっている「大好き」の言葉やキスといった甘さを感じる要素を起点に
体の温かさや幸福感を膨らませていくあまあまラブラブなエッチが行われています。
セルフスタイルかつ純粋なエロ要素が充実していて抜きやすいのもポイントです。
相思相愛の女性と迎える気持ちいい瞬間
女の子に催眠をかけられオナニーするお話。

「ふふっ、やっと来てくれたね」
女の子は可愛くて穏やかな声の女の子。
主人公に今までずっと好きだったことを告白すると
催眠をかけてから深く深く愛してあげます。

本作品は彼女とイチャイチャしながら気持ちよく射精することを目的に
リラックス重視の催眠をかけてからセルフスタイルのエッチを行います。
特定のシチュを設けない代わりに彼女が愛情を素直に伝えるシーンが非常に多く
言葉の力や雰囲気の温かさによって後になるほど胸のあたりがぽかぽかするのを感じます。

催眠はおよそ14分間。
目を開けたまま楽な姿勢を取り、最初は彼女の声に合わせてゆっくり深呼吸します。

「息を吸ってー…右腕からー… 息を止めて 息を吐いてー…力が抜けるー…」
息を吸った直後に息を止めるスタイルで6分近くじっくり行い
それと並行して腕、脚、お腹、胸、頭など全身をいくつかのパーツに分けて脱力します。
暗示を少なめにしてあるので体がズーンと来る感覚は特にしませんが
肩の力が抜けたり頭の中に多少のもやがかかる感覚を割と強く実感します。
瞼の重さもそれなりに感じるでしょうね。

心身を軽くリラックスさせた後はいよいよ催眠の世界に入っていきます。
脱力とほぼ同じ要領で今度は全身を温め、最後にカウントを数えてゆっくり沈みます。

「ぽかぽかするところから、どんどん力が抜けていく 体がとろとろに溶けていくみたいな、不思議な心地よさ…」
「落ちる、意識が落ちる 高いところから低い所へ、落ちていくみたいに 深ーい暗闇に、落ちていくみたいに 意識が、落ちていく、落ちていく、落ちていく…」

深呼吸で生まれたほどよい心地よさを暗示を使って上手に膨らませています。
ただ最後のカウントと暗示を入れる際に、声のペースをもう少し速く力強くしたほうが良かったと思います。
ここがちゃんとしてないとうまく催眠に入れない可能性がありますから
現実世界で体がすとーんと落ちるみたいに言葉をかけておくのがいいかなと。
本作品の場合は体が沼に沈んでいくイメージを使ったほうがしっくりきたかもしれません。

適度にリラックスさせてからストレートに落とすシンプルな催眠です。
聴き手の頭の中を空っぽにすることを目的に、深呼吸と分割弛緩法で意識の力を適度に弱め
それから体を温めたりカウントを数えて催眠状態をさらに深めます。

女の子とあまあまなエッチをする、つまり癒しの色が強い作風に合った技術を選んでるのがいいですね。
全体的にのんびり進めてくれるおかげでぼーっとしながら取り組めます。

ですが最後のカウントを数えるシーンまで目を開かせておくのは首を捻ります。
最後の瞬間に得られる気持ちよさをできるだけ強くし、催眠に入りやすくするのが狙いなのでしょうが
深呼吸を終えたあたりでも瞼が結構重くなりますので
このへんで閉じる指示を出しておいたほうが聴き手に負担をかけずに済んだのではないでしょうか。

閉じたいのにそれができない状況が続くと相手に抵抗感を与えかねませんし
「瞼が重いようなら閉じてもいいからね」と言って選択肢を与えたほうがスムーズに進んだと思います。
深化シーンの演技も含めて気になる点がいくつか見られました。
人を虜にする魔法の言葉を聴きながら
エッチシーンは27パート43分間。
プレイはキス、オナニーの見せ合い、耳キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りです。

「これから君の頭の中、意識をぜーんぶ、私でいっぱいにしてあげる」
催眠を使って主人公を自分の言葉を何でも受け入れられるようにした女の子は
様々な愛の言葉とキスで彼の心をたっぷり温めます。

エッチはお互いがほぼ対等な立場で時間いっぱいイチャイチャします。
一番最初の「キス」パートはそれ以降のプレイを充実させるための準備に近いプレイ(約18分)。
事前にいくつかの暗示を入れてから最初はソフトに、しばらくするとディープなキスをします。

「大好き、大好き、大好き 君の意識をどんどん深く、気持ちよくしてくれる言葉」
そしてここからはプレイをしながら彼女が「大好き」をたくさん言ってくれます。
普通に連呼したり、セリフに混ぜたり、上のセリフのように暗示と絡めるなど
聴けば聴くほどここちらの心に響くように考えて言います。

「大好き」の言葉自体に人の心を動かす力がありますし
エッチな気分はさほどしない反面、癒しの気分や幸福感が強めに味わえます。
パート中盤から始まるキスもちゅぱ音と暗示を組み合わせて気持ちを高める催眠音声らしいプレイです。

本格的なエッチが始まるのは次の「本番」パートから。
ペースや強さは特に指定せずにオナニー開始の合図を出し
その後は彼女が自分のオナニーを軽く実況したりキス音や喘ぎ声を漏らします。

「ねぇ、わかる…? クチュクチュ、クチュクチュって…いやらしい音、いっぱい出てる…」
このパートからは催眠の技術と呼べる要素はほとんどなくなり
エッチな要素を色々ぶつけて抜きやすくするオカズに近いプレイへと変化します。
暗示で性感を高めるアプローチを特にしてこないので、得られる快感は普通のオナニーとさほど変わりませんが
ここまで育ててきた彼女との一体感や幸福感をできるだけ損なわないように射精へと誘導します。

特に面白いのがトラックリストの4番目にあたるパート。
30秒~1分の音声ファイル(合計24個)を自由に組み合わせて聴きます。
ファイルの内容はキス、耳キス、大好き、喘ぎ声など様々で全部合わせると14分程度の長さになります。

簡単に言えばエッチな素材集ですね。
バリエーションが豊富なのは良いのですが、できればサークルさんの構成例を入れて欲しかったです。
内容が催眠から完全に離れてしまってるところも気になります。

このように、言葉と行為で気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられています。
甘さたっぷりな作品
どこを聴いても甘い癒し特化の作品です。

主人公のことが好きで好きでたまらない一途な女の子が
告白してから自分の気持ちをぶつけるかのように催眠とエッチなご奉仕をします。
心と体をしっかり脱力し、温めてから最後にサクッと落とす催眠
キスや愛の言葉を中心に据え、二人同時の絶頂を目指すエッチ。
恋人とほぼ同じ立場にあたる女性と一緒に過ごすシチュを強く意識しながらそれぞれを行います。

「君の事がだぁいすきな私と、私の事がだぁいすきな君とのキス… 大好き同士のキスだから、とっても幸せで、とっても心地いい…」
彼女は最初から最後まで自分の好きな気持ちをストレートに伝えます。
その飾らない態度やエッチシーンで見せる積極的な姿勢が心を温めてくれます。
エッチのほうが時間は長いのですが、私個人は癒し目的で聴く作品と見ています。

催眠は導入や深化はテーマに合ってて良いです。
ですがエッチシーンの中盤以降で催眠をほぼ放り投げてるのはさすがにどうかと…
4番目のパートが正規に用意されていて、さらにエッチな素材集で拡充できる作りならわかります。
ですが今の構造ですと最も重要になる射精の直前が完全に聴き手任せです。

射精シーンも彼女のイキ声に合わせて射精するほぼ同人音声と同じスタイルですし
時間をかけてせっかく積み上げてきたものを最後の瞬間に活かせてないのが残念でなりません。
私の場合も幸福感は結構得られましたが射精感は普段と特に変わりませんでした。

射精シーンは最後に1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

幸福感に包まれながら射精できる作品です。

CV:夏埜ソラさん
総時間 1:09:09

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2017年02月06日まで半額の450円で販売されてます。
その場合の点数は6点です。