同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:変態

   ● マゾ犬ペット化催眠2(再レビュー)
   ● ザーメンミルク催眠(再レビュー)
   ● ネチネチSなお姉さんによる執拗な射精禁止バイノーラルシコシコサポート【耳舐め・喘ぎ声・カウント責め・精飲強要】
   ● あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング
   ● 妹の変態奴隷に成り下がる音声
   ● M専用オナニー用ボイスドラマ 女王麗子様の本格調教!
   ● 催眠射精執行官 ~これより射精執行官No.634による催眠強制執行を開始する~
   ● 甘く責めてくれるえっちで優しい妻
   ● やさしくってSな風俗嬢にいっぱいいじめられちゃう音声ー筆責め、羞恥プレイ編ー
   ● 教え子にち○ぽ手玉にとられちゃいました


マゾ犬ペット化催眠2

サークル「国屋敷」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第14回目は穏やかで面倒見のいいお姉さんが
催眠を使って男性をマゾ犬に変え、様々な躾をしてから絶頂のご褒美をあげます。

ワンと鳴く、お手をする、ドッグフードをおあずけするなど
実際の犬を躾けるように何度も指示を繰り返し、それに従う喜びを教える本格的な調教が楽しめます。
ご主人様の犬になる喜び
お姉さんに催眠をかけられマゾ犬になるお話。

「こんにちは あなたは私のこと 覚えているかな?」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
自分に以前マゾ犬調教を受けたことをすっかり忘れてる主人公に
催眠をかけてからその時と同じ快感を味わわせてあげます。

本作品は国屋敷さん唯一の無料作品「マゾ犬ペット化催眠」の続編。
30分近くに渡る入念な催眠で彼女の指示に従う喜びをとことん教え込み、その後2種類のエッチを順に楽しみます。
続編扱いになってますが内容はほぼ独立してますので本作から入っても大丈夫です。

「嬉しいなら 私にわかるように ワンとお鳴きなさい」
そして作中では一人でも多くの聴き手が本物の犬になりきれるように
現実世界の犬へ芸を仕込むのと似たやり方で服従する喜びを教えます。
犬の姿に変わる暗示を入れられることはありませんが、彼女は完全に彼を犬として扱います。
人の言葉を話すことを禁じられたり、ドッグフードを食べるシーンもありますから当然M向けです。

しかし、そんな変態向けのプレイとは打って変わって彼女の態度や雰囲気は終始穏やかです。
犬になることを押しつけるのではなく、催眠の技術を使って自分からそうなりたいと願うように誘導するからです。
中でも主従関係のカギとなる「指示に従う喜び」を時間をかけて徹底的に教え込んでくれますから
エッチを始める頃には変態プレイをすることにむしろ快感や幸福感を覚えるようになるでしょう。
愛玩動物を躾けるような極めて優しい調教が行われています。

催眠は2パート32分間。
仰向けに横になって目を瞑り、最初は深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「私の声で 気持ちよくなる 声を聞いて 幸せになる」
ご主人様の指示を素直に受け入れるにはまず気持ちを落ち着ける必要があります。
それを考慮し彼女は意識してゆっくり呼吸させながらリラックスする暗示を入れます。
さらにしばらくすると自分の声に良い印象を持つよう働きかけます。

これからするマゾ犬プレイは様々な指示を出しながら進めますから
その根本となる声に対して抵抗を抱かせないことが極めて重要です。
こんな風に彼女は犬化に向けて一歩一歩着実に準備を整えます。

「マゾ犬がいつも考えてるのは ご主人様に命令されたい ご主人様にご奉仕したい ということだけ」
「マゾ犬だから 恥ずかしくても大丈夫 マゾ犬がエッチで恥ずかしいことをするのは 当たり前」

お次は犬化の手始めとして「ワン」と鳴く指示を出しながら
命令されることやそれを成し遂げる喜びを丁寧に教えます。
彼女も彼が指示に従った場合は頭を撫でてしっかり甘やかします。

ここでのポイントは隷属するデメリットにはほとんど触れず、メリットだけを強調して伝えることです。
実際にところこの作品で指示に従ってもデメリットはほとんどないのですが
「調教」と言うと窮屈な印象を抱く人もいるでしょうし、不安や心配はできるだけ取り除くのが妥当です。
「彼女に言われてやった」という正当な理由を掲げて堂々と変態プレイができるわけです。

続く「深化」パートは催眠状態を深めつつより犬になりきらせることを目的に
彼女が先ほどよりもさらに踏み込んだ指示を与えます。

「ワンワンと鳴いていると 頭の中が真っ白になっていきます もう 何も考えられない」
「何度も命令に従うたびに あなたの体は マゾ犬の体になっていきます」

ワンと鳴く、合図が出るまで鳴き続ける、お手をする、ドッグフードを出しておあずけするなど
人によってはそれなりの屈辱感を覚えそうなものが登場します。
ですが彼女の声や態度が至って穏やかなことや、従う喜びをある程度養ってきたおかげで
不思議と嫌な感じはせず、むしろ指示を出してくれないと寂しい気分がしてきます。

聴いてる最中は寝る直前のようなぽわぽわしたいい気分に浸ってました。
一般的な催眠音声で味わう「落ちる」感覚ではなく陶酔感に似た気持ちよさです。

犬化に向けて少しずつ確実に心を誘導するテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心をお姉さんの指示に素直に従えるようにすることを目的に
彼女の声は気持ちいい→彼女が出す指示に従うのは気持ちいい→犬になりきるのは気持ちいい、といったように
暗示の内容をシーンごとに切り替え、違和感なくシフトさせることで犬の心を育てます。

暗示の表現はほぼ古典催眠ですが、分割弛緩法や凝視法といった定番の技術は使われておらず
犬に対する指示に暗示を絡めて深化させる独特な催眠が行われています。
リラックス部分の時間が短いので指示に従うことにあまり抵抗を感じない、つまり多少のM性が要求されますが
それさえクリアしていれば先ほど書いた一種の陶酔感が味わえるでしょう。
従う快感と見られる快感をスパイスに
エッチシーンは2パート25分。
プレイはおちんちんの勃起と収縮、声による絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「じゃあまずは あなたのおちんちん 勃起させなさい」
催眠を使って主人公を従順な犬へと変えたお姉さんは
M向けのエッチな指示を出して2種類の絶頂へと追い込みます。

エッチはもちろん彼女の指示に従う形で行います。
前半の「絶頂(セルフなし)」パートでするのはノーハンド射精。
言われた通りおちんちんを硬くしたり萎えさせた後、カウントに合わせて精液を吐き出します。

「おちんちん大きくしたり 小さくしたりするところ ご主人様に眺めてもらえるなんて とても幸せ」
おちんちんの勃起は普通なら自身でも制御できないものですが
彼女はそれを暗示でコントロールし、自分の一番大事な部分まで掌握されたことを思い知らせます。
そしてそれすらも犬にとっては喜びであると教えます。

また彼女は勃起や収縮の一部始終をじっくり観察してると告げます。
自分が性的に興奮しつつある様子を女性に見られるのはやはり恥ずかしいものです。
物理的な刺激を与えられない分、精神を盛り上げることに力を入れています。

「0って言われると 気持ちいいよね 0になると 快感が溢れてくる」
ちなみに絶頂シーンは短めのカウントを何度も数え、その間に絶頂する変則的なものです。
実際にやってみたところ射精はできませんでしたが熱やエネルギーが集まってくるのは感じました。
次のパートでどの道射精できますし、ここはドライを目指したほうが楽しめると思います。

もうひとつの「絶頂(セルフあり)」パートは好きなペースでオナニーするシンプルなプレイ。
開始と射精のタイミングだけを彼女が設定し、その時が来るまでおちんちんを慰めながら我慢します。

「射精しそうになると あなたの手が おちんちんをしごくのをやめてしまいます」
「見ていてあげるから 射精しなさい 精液ぶちまけなさい」

ここでも彼女は運動支配の暗示を使って射精をコントロールしようとします。
そして射精の瞬間は自分の視線を感じさせてより気持よく出させてあげます。
オナニーする時間が5分程度と短いので多少溜めてから聴くのがいいでしょう。
射精の快感はもちろん、彼女の言う通りにやり遂げた達成感も得られます。

このように、指示と視線を組み合わせて興奮と絶頂を促す独特なエッチが繰り広げられています。
優しく躾けてくれる作品
極めてマイルドな調教を施してくれる作品です。

お姉さんは主人公が自分の指示に従って喜ぶマゾ犬になれるように
高圧的な態度を一切取らず、愛玩動物に語りかけるような調子でじっくり催眠をかけます。
そしてその成果を確かめつつ気持ちよくする方向でエッチを進めます。

「こんなに大きくしてしまうなんて 可愛いよ ポチ」
作品名を見ただけだと相当ヤバいプレイをするように思うのではないでしょうか。
しかし彼女は他の催眠音声と同じく聴き手を楽しませることを第一に考えてリードします。
やり方がとても上手ですから終始いい気分に浸りながら気持ちよくなれます。
私個人は癒しのパワーをそれなりに持ってる作品と見ています。

催眠は国屋敷さんらしいと言いますか、暗示の繋げ方や表現が洗練されてます。
スタイルが他のサークルさんと随分違いますし、色々聴いてる方でも新鮮な気持ちで楽しめます。
現時点で最も売れてる作品なだけあってレベルが高いです。

エッチは催眠に時間を使いすぎた影響でどちらのパートも短くなってしまっています。
セルフなしパートはもう少し準備をしてからカウントに持っていって欲しかったです。
セルフありもオナニーする時間をもう5分程度長くしたほうが抜きやすくなります。
催眠パートに比べると色々惜しい内容かなぁと。

絶頂シーンは2回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

女性に飼われる喜びをとことん教えてくれる作品です。
ソフトな調教が好きな人には特におすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:02:16

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ザーメンミルク催眠

サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第13回目は穏やかでちょっぴり嗜虐的なお姉さんが
催眠を交えたエッチな命令でドMな男性の性的欲求を満たします。

タイトルにもなっている精液とミルクを掛け合わせた前代未聞のプレイが行われており
彼女は催眠をかけながら命令に従うことの大切さを丁寧に教え
エッチも聴き手が無理なく取り組めるよう少しずつステップアップする形でド変態プレイを提供します。

音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください(必須)。
コップ(背が低く平たいものを推奨)、ミルク(コップ半分程度、苦手な場合は水でも可)
催眠を使って変態プレイをお手伝い
お姉さんに催眠をかけられ特殊なエッチをするお話。

「いらっしゃい 来てくれてありがとうございます」
お姉さんは甘く色っぽい声の女性。
エッチな催眠をかけて欲しくてやって来た主人公を温かく迎えると
始めるにあたって必要なことや準備物の確認をします。

本作品は普通の精神状態では到底できないプレイを聴き手に体験してもらうことを目的に
彼女がテーマに沿った20分弱の催眠を施し、その後で2パート35分程度をかけて様々なプレイをします。
催眠音声におけるエッチは女性とするスタンダードなプレイだけでなく
女体化して触手に犯されるとか、体に一切手を触れずドライオーガズムを迎えるなど変わったものも多いです。

しかしこの作品で行うエッチはそれらを遥かに上回る変態性を持ってます。
最初から言ってしまうと相当なドMでない限りこのプレイを完遂するのは不可能です。
その代わり無事成し遂げた時に得られる達成感や敗北感は強烈です。
彼女もより多くの聴き手がゴールできるように考えながらリードします。

音声開始直後の6分間は催眠を始める前の準備。
お風呂やシャワーに入って体を綺麗にしてあるか、エッチで使用するコップとミルクの有無を確認します。
またその後で催眠に入りやすくするための3つの約束をします。

アイテムはもちろん、体の洗浄もプレイの内容的にとても重要です。
特におちんちんは念入りに洗っておいてください。
約束は心得程度のものばかりですから身構える必要はありません。

催眠はおよそ17分30秒間。
パンツ一枚の格好で仰向けに横になり、最初は天井の一点を見つめながらカウントに耳を傾け
0になり閉じた後は深呼吸で体をリラックスさせます。

「もう眠すぎて焦点が合わない 限界が近い」
「深呼吸を続けていると 体の力が抜けて 少しずつ体の重さを感じることができます」

そしてお姉さんはカウントの合間や呼吸の最中に心身がリラックスする暗示を入れます。
本作品のジャンルは調教ですが、少なくとも催眠パートはそれっぽい部分がほとんどありません。
意識の力を弱め、暗示を受け入れやすくする環境作りに力を入れてますから
M性に関係なく体がぽかぽかする、気持ちが落ち着くなどの感覚が自然と湧いてきます。

次のシーンは深呼吸を引き続きしながら両腕、両足、胴体の順にしっかり脱力します。

「手の指先が 重くて温かい その重くて温かい感覚が 深呼吸をするたびに広がっていく」
手の指先→肘→肩と各部位をいくつかのパーツに分け
それぞれで「重くなる」「動かせない」「温かい」といった暗示を極めて丁寧に入れてくれます。
エッチのインパクトが非常に強いのでそちらに目がいきがちなのですが
本作品は催眠においても優れた部分を持ってます。

「体がさらに重くなっていく どんどん重くなっていく 体が動かせない 体がさらに重くなっていくと あなたは意識が消えていく」
「体が軽くなっていくということは 私の命令が欲しくて仕方なくなってるということ」

さらに面白いのが体の重さと温かさを一通り伝えた後
一転して体が軽くなる暗示を入れ、それと同時に彼女の命令を受け入れやすくしていることです。
これから行うエッチは彼女の言うことにどれだけ素直に従えるかが重要です。
だから重さ→軽さと正反対の感覚を伝えて揺さぶりをかけ、催眠を深めつつメインの暗示を入れます

体を軽くするのにはもうひとつの理由があります。
それは彼女がエッチで聴き手に体を動かす命令を出すシーンが多いからです。
こんな風に先々を見据えながら催眠を巧みに施し、十分な深さまにで誘導してくれます。
緻密で効果的な催眠という印象を受けました。

目的に向かって一直線に進むオーソドックスで優れた催眠です。
お姉さんの言うことにすんなり従える心と体にすることを目的に
凝視法、分割弛緩法、揺さぶり、沈黙法といった古典催眠の技術を順序良く組み合わせ
後になるほどリラックスしたり意識の力が弱まるように進めます。

最近の催眠音声は催眠っぽさをぼかす傾向が強く、それらに比べて堅苦しさを感じるかもしれません。
ですが今回行うエッチは彼女の命令をひたすら遂行する王道型の調教プレイですから
催眠の段階から多少の上下関係を匂わせておいたほうがむしろ後々やりやすくなります。
私の場合は体の温かさや軽さを強く実感しました。
命令に従う喜びを感じながら
エッチシーンは2パート35分ほど。
プレイはパンツをドアノブにかける、ミルクをかき混ぜる、ミルクを飲む、オナニー、精飲です。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「今からエッチでド変態な命令をしてあげます」
催眠を使って主人公を自分の従順な奴隷に作り変えたお姉さんは
その効果を確認する手始めとして簡単な命令を出します。

エッチは終始彼女の命令を言われた通りに遂行します。
前半のパートは命令に従う喜びを教えつつ後半への準備をするシーン。
これまで穿いていたパンツをドアノブにかけてすぐ取れないようにし
その後で予め用意したコップとミルクを使った変態プレイをします。

「ベッドから体を起こしたら 今度は パンツをドアのノブにかけてきてください」
催眠を施した後も彼女の声と態度は至って穏やか。
聴き手が命令に従いやすく感じるように最初は簡単なものから始め、後になるほど難度を上げていきます。
そして命令する時も「~しろ」ではなく「~してください」「~しましょう」と柔らかい表現を心がけます。

「私の命令に逆らえないことを自覚するたび あなたの催眠はどんどん深くなっていきます」
また彼女はプレイ中も催眠状態を維持できるように命令の遂行とリンクさせる形で深化の暗示を入れます。
一般的な催眠音声はエッチに入ると運動支配の暗示でオナニーを制御するとか
カウントの前後に感度強化の暗示を入れるなど、暗示を中心に据えてプレイを進めることが多いです。
しかし本作品はひたすら命令を出し、そのサポートとして命令に従いたくなる暗示を入れます。
エッチの進め方やアプローチの仕方が独特で面白いです。

もちろんエッチの主役にあたるプレイも奇抜なものばかり。
パンツをドアノブにかけさせた後に始まるミルクをかき混ぜるプレイは
ベッドの上で四つん這いになって股間の下にミルクの入ったコップを置き
そのまま腰を下ろしておちんちんを挿入します。


「うふふふっ どうですか? おちんちんで味わうミルクは美味しいですか? とっても美味しいですね」
普段は飲むだけのミルクに大事な部分を突っ込んでじっくりかき回す。
普通の神経では到底できないプレイに取り組む彼の姿を彼女も嬉しそうに眺めます。
腰を使うプレイなので体への負担が多少あるものの
底の浅いコップを使用した場合はひんやりした感覚と鈴口にこそばゆい快感が味わえます。

次のパートはもっともっと踏み込んだプレイが登場します。
休憩がてらに先ほどのミルクを飲んで喉を潤し、いよいよザーメンミルクの作成に取り掛かります。

「牛さんのミルクと あなたのおちんちんミルクの夢のコラボレーションです うふっ」
実際に何をするかは名称、プレイ一覧、彼女のセリフから汲み取ってください。
最も難しいのは射精後に始まる最後のプレイです。
男性は射精を迎えると性欲が極端に減少しますから、その状況でこれを成し遂げるのは至難の業です。
だからこそ普段のプレイでは決して得られない精神的な快楽を味わうことができます。

このように、ド変態プレイと催眠を掛け合わせた極めて独創的なプレイが繰り広げられてます。
ぶっ飛んでる作品
他では決して聴けないエッチが楽しめるド変態向け作品です。

お姉さんは主人公が持つ変態性癖を思う存分満たすために
催眠は意識の力を弱め、自分の命令を受け入れやすくすることだけに注力し
その後のエッチでミルク・おちんちん・精液を使った破滅的なプレイを提供します。

こういうプレイをガチでやらせてくれるサークルさんは現在でもモルストさん以外にいません。
何から何までオリジナリティに溢れてるのでとても新鮮な気持ちで聴くことができます。
色々とハードルの高い部分はあるものの、それに向けてできるだけやりやすくする努力をしています。
奇想天外なプレイからは想像できない相当に練られた作品と言えます。

そしてこのプレイを成立させるために催眠の技術を活用しています。
催眠パートでは変態的な要素を一切取り入れずちゃんと深化できるように進めてますし
エッチに入っても命令に従う喜びを伝えていい気分に浸らせながらリードします。
プレイの内容とはまるで違う穏やかな雰囲気が終始漂っています。

エッチは好みが大きく分かれますがプレイの流れはしっかりしています。
難易度の上げ方、体への負担を考えた休憩のタイミングなどです。
1回目で最後までできる人はそうそういないでしょうね。
私は2回目なのでなんとかやり遂げましたが、射精後のプレイだけは相当な勇気が要りました。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

発売から6年近く経った今でも異彩を放ち続けてる作品です。
困難な命令ほどやる気が出る生粋のドMにのみおすすめします。

CV:みる☆くるみさん
総時間 1:01:13

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ネチネチSなお姉さんによる執拗な射精禁止バイノーラルシコシコサポート【耳舐め・喘ぎ声・カウント責め・精飲強要】

サークル「サイドオフ」さんの同人音声作品。
M向け作品を専門に作られてるサークルさんです。

今回紹介する作品は、外見は穏やかだけど内面はドSなお姉さんが
主人公に密着しながら3種類のプレイで射精をコントロールします。

3つのレベルを用意し、それぞれで方向性の異なるプレイをする変化に富んだオナサポが行われており
激しいちゅぱ音や喘ぎ声が純粋な性的興奮を、度重なるカウントがもどかしい思いを与えます。
他にもセリフとは別にシコシコボイスを流すなど機能面でも工夫が見られます。

今回はレベル3を聴いてのレビューをお送りします。
みすぼらしいあなたへのハードなご褒美
お姉さんにオナニーをサポートしてもらうお話。

「あなたの最低な汚いチンポには 一切触れないけど 耳なら舐めてあげるわ」
お姉さんは穏やかでちょっぴり気が強そうな声の女性。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
許可が出るまで射精を禁止すると告げた上で早速耳を舐め始めます。

本作品は大きく4つのパートに分かれており
耳舐め、喘ぎ声、カウントと責め方を切り替えながらおよそ40分に渡って射精を我慢します。
そしてレベル1は耳舐めのみ、レベル2は耳舐めと喘ぎ声、レベル3はすべてのプレイといったように
オナサポにあまり慣れてない人でも無事完遂できるよう3つのレベルが設けられています。

最初から言ってしまうとレベル3から始めるのはあまりおすすめしません。
というのも最中は休憩時間がほとんどなく、後になるほど射精感を抑えるのが非常に難しくなります。
本編の3パート以外にも途中で失敗した人が聴く罰ゲームパートが用意されており
そこではドM&変態でないと完遂が難しい特殊なプレイが登場します。
女性に貶され、いじめられることに喜びを感じる人だけをターゲットにしたオナサポです。

プレイスタイルと並ぶもうひとつの魅力はシコシコボイス。
女性が「シコシコ」と言ってペースや強さを設定するオナサポではお馴染みのものですが
本作品はお姉さんの声とシコシコボイスが別に流れるため
彼女が耳舐めや喘ぎ声を漏らしている間もどのようにしごけばいいかが簡単にわかります。

B-bishopさんの代表作「意地悪な~」シリーズと似た作りですね。
もちろんシコシコボイス自体もプレイと同じく目まぐるしく変化します。
セリフに連動してペースが変わるシーンが多いのも達成を困難にしているひとつの要因です。

「まさかお前 自分が私に優しくしてもらえると思ってるの? とんでもない勘違い野郎だな」
「粗チンの豚が言われたこともできねぇのか? あ?」

今回お相手を務めるお姉さんは裏のある女性。
序盤は年上の女性らしい柔らかな口調と態度で接していたのが
ある程度経つと本性を現し、打って変わってこちらを見下すセリフを投げかけ始めます。

彼女を一言で表すならやはり「意地悪」でしょうか。
彼に対して好意を微塵も見せず、射精をできるだけ遅らせて彼が頑張る姿を面白そうに眺めます。
きつさはそれほど感じないけどSっ気は十分に持ってるキャラだなと。
2つの責めを組み合わせたハードなプレイ
エッチシーンはほぼ全編にあたる4パート48分30秒。
プレイはオナニー、耳舐め、擬似オナニー/SEX、精飲です。
エッチな効果音はありません。

「あらあら チンポ立てちゃって まだ始まったばかりだよ?」
主人公の右耳に顔を近づけて耳を舐め、同時に左側からシコシコボイスを言い始めると
お姉さんは彼のオナニーの様子を観察しながら様々な言葉責めをします。

エッチはオナサポということで終始彼女に言われた通りに手を動かします。
レベル1にあたる耳舐めはおよそ15分間。
耳舐め・シコシコボイス・言葉責めの3つを組み合わせた責めで時間いっぱいおちんちんをしごかせます。

本作品のシコシコボイスは10秒程度の短い間隔でペースが切り替わります。
このパートでは全体的にペースを遅くする代わりに落差を大きくして
レベル2以降で暴発させる可能性を少しでも上げようとします。
さすがにこの段階で射精してしまう人は少ないと思いますが
この後のプレイに向けて心と体を温める役割は十分に果たしてます。

「これは 君みたいなゴミクズが 勝手に子種を撒き散らさないためにやってるんだよ?」
もうひとつの柱である耳舐めはバリバリとした破裂音っぽい水音を激しく鳴らし
合間合間に普段通りの優しい口調できつめの言葉責めを何度もぶつけます。

ひたすら耳舐めするのではなく言葉責めとセットで行うと思ってください。
耳舐め音はかなり刺激の強い音ですから、音量を大きくしていると耳や頭が痛くなるかもしれません。
まだ最初のパートですし、もっと抑えた音を鳴らしたほうが聴きやすく抜きやすいと私は思います。
言葉責めとシコシコボイスはいいのだけど耳舐めがやや残念かなと。

レベル2にあたる喘ぎ声責めはおよそ10分30秒間。
前半はオナニー、後半は好きな人とのSEXを想定して彼女が喘ぎ声を漏らします。

「入ってぎたぁ あぁっ 来てるぅ お腹におっきいのきてるぅ」
ここでのポイントは擬似プレイが始まるのと同時にシコシコボイスのペースが一気に速くなること。
所謂抜きどころで聴き手が存分にオナニーできるように考えてリードします。
そしてそれは同時に許可が出る前に射精してしまう可能性が上がることにも繋がります。
実用性を高め、尚且つ苦しめてもくれる本作品のテーマに適した演出と言えます。

「私は 好きな男の人がいて その人とのSEX 想像してるんだよ?」
喘ぎ声を漏らす以外のシーンで彼女があからさまにこの行為を演技だと言うのもいいですね。
エッチをイメージする場合、普通は自分が女性の相手をするのを思い描きます。
それを知ってるからこそ気持ちを打ち砕くセリフをわざと投げかけます。
彼女の意地悪なキャラがよく出ているシーンです。

私個人がレベル1の耳舐め音をあまり受け付けなかったのもあるのですが
こちらの方がずっと興奮しやすいし抜きやすく感じました。
2パート合わせて25分近くしごき続けることになりますし、このあたりから脱落者が出始めると思います。

レベル3にあたるカウント責めはおよそ15分間。
長めのカウントを数え、0になったら射精するシンプルなルールを設定し
最中は彼女が何度も何度も数えなおして射精のタイミングをギリギリまで遅らせます。

「あれ? わからなくなっちゃった ごめんね」
ここでのカウントは1カウントごとに時間をかけ
0が近づいたところで「どこまで数えたのか忘れた」と言ったり他の用事を思い出して中断し
再度最初から数えるのをひたすら繰り返します。

数えなおす理由は毎回違うものの、基本的な流れはほぼ同じでプレイが単調に感じました。
数カウントごとにセリフや言葉責めを入れるとか、数字を足踏みしたり逆に数え上げるとか
時間をかけて普通に数える以外の進め方を取り入れていればまた違ったかもしれません。
オナニー自体はずっと続けるので体は気持ちよくなれますが、精神面への刺激がやや欠けています。

このように、お姉さんの声とシコシコボイスを組み合わせた丁寧なオナサポが繰り広げられています。
ハードなオナサポ作品
物理面の責めが一際激しい作品です。

お姉さんは主人公ができるだけ早く興奮し、勃起し、射精するように
パートごとに責め方を繰り替えるスタイルでひたすらおちんちんをしごかせます。
セリフとシコシコボイスが分離してるおかげでおちんちんをどうしごけばいいのかがわかりやすく
最中に休憩と呼べる時間がほとんどないのも相まって完遂が難しくなっています。

私はこれより厳しいオナサポ音声を結構聴いてるので最後まで耐えられましたが
オナサポを聴き始めたばかりの人ならとりあえずレベル2で様子を見るのが妥当です。
罰ゲームで課せられるプレイが本編以上にハードかつ人を選ぶのもあります。
余程のドMでもない限り完遂できるレベルに設定するのがいいでしょう。

「人間の中でも 最低なところにいるよね 君って」
お姉さんについては心の距離を感じる言葉や態度を示すことが多いです。
やる気なさそうにリードすることはさすがにありませんが、M性が低い人だと凹むかなと。
カウントを中断する理由にも彼に対する彼女の気持ちが表れています。

エッチはパートごとに方向性が大きく切り替わるため楽しく取り組めます。
ですがB-bishopさんあたりの作品に比べるとあと一歩物足りなく感じる部分もありました。
純粋なオナサポ作品はまだあまり作られてないサークルさんのようですし
今後の作品で完成度が上がっていくことを期待したいです。

射精シーンは全部で5回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそこそこです。

実用性が比較的高いドM向けオナサポ作品です。
厳しいプレイほどやる気が出るドMな方におすすめします。

CV:山田じぇみこさん
総時間 54:18

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

あなたをダメにするばぶばぶプレイ 癒しの赤ちゃんがえりトレーニング

サークル「いないいないばぁ」さんの同人音声作品。

今回紹介する同サークルさんの処女作は、母性漂うあまあまなお姉さんが
リアルでストレスを抱えている男性を濃厚な幼児プレイで癒します。

赤ちゃんになりきることを目指した本格的な幼児プレイが行われており
彼女は優しい言葉をかけたり抱きしめたりしてこちらをとことん甘やかしながら
本物の赤ちゃんにするお世話をステップアップする形で丁寧に行います。
本当の赤ちゃんになるトレーニング
回帰堂の店員「いろは」から幼児化トレーニングを受けるお話。

「大人授乳室・回帰堂にようこそ」
いろはは明るくて穏やかなお姉さん。
赤ちゃんに戻りたくてこの音声を聴いてる主人公を温かく迎えると
赤ちゃん言葉を交えながらこれから行うトレーニングの魅力を説明します。

本作品は成人している男性が一時的に赤ちゃんの心に戻れるように
65分以上に渡って合計3つのトレーニングを行います。
幼児プレイは音声作品ではこのところ非常に人気のあるジャンルで
女性が赤ちゃん言葉で優しく語り掛けたり、授乳手コキで気持ちよくするなど癒しに特化してるのが特徴です。

「ボクちゃんも ママにたくちゃん 褒められたいでちゅかー?」
本作品もその例に漏れず、彼女は音声開始直後から彼を「ボクちゃん」と呼び
「~でちゅね」などの特徴的な口調で話しながらとことん甘やかします。
擬似プレイではなく本物の赤ちゃんに接するようにトレーニングしてくれますから
後になるほど心が満たされる、安心するといったプラスの感情が強く湧いてくるでしょう。

ちなみに製品版には音声だけのもの以外にオルゴールBGMが流れるものがあります。
私はオルゴールバージョンの方がより大きな癒しが得られると思います。

本作品が他の幼児プレイ系作品と大きく違う部分はトレーニング内容。
オムツの装着、ばぶばぶの練習、ハイハイ、カンガルーケア、お漏らしなど
抜くことよりも赤ちゃんになりきることを強く意識したプレイを行います。

18禁音声の中でもストレートなエロ要素が控えめになってますから
赤ちゃんになって母親に甘やかされる充実感を得たい人にこそ聴いて欲しい作品です。

ただしサービス自体は相当に本格的です。
その証拠に彼女はプレイをする前にオムツや赤ちゃん用の衣服を用意するよう呼びかけます。
(なくてももちろん聴けますがオムツはあったほうがずっと楽しめます)
内容を理解した上で聴く分にはきっと大きな満足感が得られるでしょう。
タイトル通り本気で赤ちゃんにかえるためのトレーニングをしてくれます。
少しずつレベルアップする濃厚な幼児プレイ
エッチシーンは3パート65分ほど。
プレイは赤ちゃんの真似、オムツ装着、授乳手コキ、カンガルーケア、放尿、オムツの交換、キスです。
手コキの際に効果音が流れます。

「いいでちゅよー ママが赤ちゃんにちてあげまちゅよ 心行くまでママに甘えてくだちゃいね」
音声を聴く際の注意点や準備物を確認したいろはは
主人公の心を赤ちゃんに戻すための最初のトレーニングを開始します。

エッチは彼女が実の母親になってあれこれお世話します。
一番最初の「トレーニングその1」パートは幼児プレイをしやすい環境づくりを目的としたプレイ。
裸のまま仰向けに横になり、脚と腕を曲げてばぶばぶしたり彼女にオムツを穿かせてもらいます。
エッチの最中は彼女が100%赤ちゃん言葉で話し掛けてくれます。

「はーい ごろんちょごろんちょー あーよくできまちたー ボクちゃんいいこでちゅねー」
「1、2 おいっちに あんよはじょうず あんよはじょうずー」

プレイだけを見るとえらくソフトに感じるでしょうが
彼女は実の子供に対するようにそれぞれを丁寧に説明し
彼が言う通りに横になっただけでも手放しで褒めるほどの甘やかしっぷりを見せます。

雰囲気に浸ることを重視したトレーニングですね。
セリフの表現が非常に独特で聴いてると頬が自然に緩んできます。
一部で声を出すシーンがありますから実際にやってみるとよりプレイにハマれるでしょう。

唯一の射精シーンがあるのは次の「トレーニングその2」パート。
赤ちゃんになりきる心構えができたところで
ご褒美にいろはが幼児プレイでは定番の授乳手コキをしてくれます。

「いっぱいちゅっちゅちて ママの愛をたくさん感じてくだちゃいねー」
「ボクちゃん頑張れ ボクちゃんの象さん頑張れ ばぶばぶ頑張れ 頑張れー」

ここでもいきなり授乳手コキに持っていくのではなく
まずは大きなおっぱいでぎゅっと抱きしめる形で、少し経つと添い寝スタイルで授乳をし
十分に勃起したところでオムツの中に手を差し込んでしごき始めます。
そして最中はおちんちんを「象さん」と呼びながら精一杯応援します。

敢えてオムツを脱がさずに手コキするところがいいですね。
赤ちゃんにはできないことを聴き手にできるだけやらせないよう気をつけながらプレイを進めます。
この細かな気遣いがより赤ちゃんになりきりやすい環境を整えてくれます。

最後の「トレーニングその3」パートはより踏み込んだプレイに挑戦します。
母親の胸と直接肌を合わせて抱き合うカンガルーケアから始まり
オムツへの放尿、オムツ交換と進み最後はいろはとたっぷりキスをします。

「まっきっきになったおむちゅは 赤ちゃんであることの印だからね すべてのプライドを捨て去った証」
中でも放尿は大人の男性にはなかなかできないプレイなだけに
実際にやった後は気恥ずかしさと達成感の両方が味わえます。
また前のパートで吐き出した精液をミックスするという変態性も兼ね備えてます。
幼児プレイとしては王道なのだけど多少のエロさも感じるシーンかなと。

「ママがボクちゃんのことたっくちゃんあまやかちて ボクちゃんのちたいこと 全部させてあげる」
そしてそんな彼に一切引かず、むしろ積極的に甘やかすいろはの姿に強い愛を感じます。
オムツの中に放尿するのは赤ちゃんなら当たり前。
だから何も考えず好きなだけ甘えていいからね。
最後までちゃんと面倒を見て甘やかす彼女の姿はまさしく母親と呼ぶに相応しいです。

このように、リアリティをとことん追求した幼児プレイが繰り広げられています。
心安らぐ作品
幼児プレイを癒しの側面から描いた質の高い作品です。

いろはは現実世界でストレスに苦しんでる主人公を解放するために
自身が母親になるだけでなく彼も本物の赤ちゃんになりきらせるスタイルでトレーニングを行います。
濃厚な甘やかし、赤ちゃん言葉、授乳手コキといった幼児プレイでは定番の要素を押さえつつ
オムツを使ったプレイ、ガラガラを鳴らして赤ちゃんの真似をさせる、実践形式での放尿など
より本物に近づけたプレイを取り入れ個性を打ち出しています。

最近幼児プレイがクローズアップされ始めてるのもあって私もよく聴くのですが
それらとはかなり違う方向性を持った面白さがあります。
そう感じる最も大きな理由は「射精にこだわっていない」ところだと思います。

60分以上あるプレイ時間の中で明確な射精表現があるシーンはひとつだけです。
それ以外は現実世界で親子がするような行為を聴き手が実際にやる形で進めます。
後になるほど彼女に甘えることに幸せや安らぎを感じるのではないでしょうか。

性欲の発散にはやや不向きですが、それを補って余りあるレベルの癒しのパワーを秘めています。
「射精とかどうでもいいや」って思えるくらいに充実した気分に浸ることができます。
ただしこの内容なら最低でもオムツくらいは用意して欲しいです。

「今日一日 よく頑張りまちたね えらいえらい いいこいいこ」
トレーニングをリードするいろはの存在ももちろん大きいです。
赤ちゃん言葉だけでなく細かな言い回しにも気をつけて語りかけてくれます。
何をするにも甘やかす、褒める徹底したご奉仕っぷりも魅力です。
バイノーラル録音だったらもっと臨場感が出て良くなってたでしょうね。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

本格派の幼児プレイが楽しめる作品です。
幼児プレイ好き、女性に甘えたい願望を抱く人におすすめします。
おまけはトレーニング後の挨拶です。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:36:00(本編…1:33:01 おまけ…2:59)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

妹の変態奴隷に成り下がる音声

サークル「ナイトフレンド」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、実の兄を心底嫌っているドSな妹が
弱みを握った状況を利用し彼を完全なマゾ豚奴隷へと作り変えます。

言葉だけでなく行為によっても恥辱と羞恥を与えるド変態向けのプレイが行われており
彼女は家の外にパンツを投げ捨てさせたり、豚の格好をして奴隷宣言をさせながら
ゴミを見るような冷たい態度で罵声を浴びせかけてこちらの心を折ろうとします。
優等生が見せる裏の顔
妹に過酷な調教を受けマゾ豚奴隷に成り下がるお話。

「お兄ちゃん 普段あんたに話しかけもしない私が なんでわざわざ部屋に呼び出したかわかる?」
妹は無邪気で気の強そうな声の女の子。
ある日の夜、主人公を自分の部屋に呼び出すと
彼が自分のパンツでオナニーしている画像で見せてあげます。

本作品は「恥ずかしい画像を世間にばら撒かれたくなかったら奴隷になれ」と脅された彼が
彼女から様々な指示を受けながらとっても変態的なオナニーをします。

最初から言ってしまうとかなりのM性を持ってる人でない限りこのプレイは完遂できません。
ド変態向けで有名なモルモットストリップさんの作品にはさすがに及ばないものの
それに準ずるレベルの非常に刺激的なプレイを楽しむことができます。
普通のオナサポの感覚で聴くときっとびっくりするでしょう。
サークルさんは深夜にカーテンのある部屋で明かりをつけずに聴くのを推奨しています。

また作中には土下座を何度もする、立ったまま腰を振ってオナニーするなど
体を動かす指示を出すシーンが多く用意されています。
休日の前夜など体力を消耗しても問題ない時にプレイするのをおすすめします。

「だって私はお兄ちゃんのこと 死んでもいいと思ってるから」
もうひとつの特徴は妹の言葉と態度。
実の兄にあたる人物を最初からゴミ扱いし、最中は容赦の無い罵声を数多く浴びせかけます。
聴いた感じだと彼女は前々から彼の醜い容姿を嫌っていたようです。
今回もサービスではなく自分が楽しむためだけに彼を徹底的にいじめ抜きます。

本作品はオナサポでは珍しく体よりも心への責めに力が入れられており
女性に見下され、屈服させられる快感がとても味わいやすくなっています。
それ以外だと見知らぬ誰かに痴態を見られる露出のスリルもたっぷり味わわせてくれます。
精神面のスパイスが充実してるので、Mな人ならおちんちんに触れてない間も簡単に興奮状態を維持できます。
ハードでぶっ飛んだプレイの数々
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート52分間。
プレイはパンツを外に放り投げる、土下座、セルフ鼻フック、オナニー、顔のお掃除、露出オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「奴隷に服なんて必要ない 今すぐ全裸になって」
自分の奴隷になるか、画像をばら撒かれて社会的に死ぬかを迫られ前者を選んだ主人公に
妹は最初の命令として全裸になり脱いだパンツを窓の外に投げ捨てるよう指示します。

エッチはすべてのプレイを彼女に言われた通りに行います。
最初のパート(約35分)は奴隷の契約とオナニーに向けて気持ちを高めることを目的に
彼女が他の作品ではまずお目にかかれないぶっ飛んだ指示を何度も出します。

「これから行うのは 奴隷として生きていくための決意を固め 人間としての尊厳を捨てるための儀式」
服を脱いだ直後に行うパンツを窓から外に放り投げるプレイは本作品の特徴をよく表してると言えます。
難しい場合は部屋の外にかけるなどそれっぽいことをしてみるのがいいでしょう。
言葉だけでなく行為によっても彼女の奴隷に成り下がったことを思い知らせてくれます。

「ほら パンツを落とせゴミ!」
「お腹を動かさず 小刻みに息しろ」

最中に投げかけられる言葉責めも手厳しいものばかり。
見下す口調でプレイの一部始終だけでなく呼吸のやり方まで指示します。
妹役が紅月ことねさんなだけあってどのセリフにもパワーがあります。
プレイと言葉責めをバランスよく組み合わせて最後の射精に少しずつ導きます。

「そしたら (指で)思いっきり鼻を上に持ち上げなさい 豚っ鼻になるように」
このパートに登場するもうひとつの特徴的なプレイはセルフ鼻フック。
自分の指を鼻の穴に入れて持ち上げ、そのまま豚のように這いつくばり鼻を鳴らします。
あんまり強くすると痛みますから力加減にはご注意ください。
彼女は宣言通り主人公を本物の豚に変えることを見据えてプレイを進めます。

2番目のパート(約17分)はいよいよ本格的なオナニーを始めます。
ここでも妹は彼を普通に気持ちよくしてあげません。
ベッドから窓際に場所を移し、外に見える体勢を取らせながら射精に追い込みます。

「誰がどう見ても変態 やっちゃいけないことだとわかってるけど だからこそ興奮しちゃうね」
「興奮してオナニーして また笑われて ほーんと 生きてる価値のないゴミ」

窓際でオナニーしたら当然誰かに見られる可能性があります。
でもそういうスリリングな状況でするオナニーは普段よりもきっと刺激的なはずです。
彼女は「見られる快感」や「見せつける快感」を与えて聴き手を射精させようとします。

オナニー自体は最初は腰を振るスタイル、しばらくすると手で普通にしごくように言われるくらいで
シコシコボイスなどの細かな指示はしてきません。
ですが露出要素があるおかげで気持ちを高めやすく、時間内の射精も十分に可能です。

ここも実際にやるには勇気がいるでしょうから
雨戸やシャッターを閉じておき、窓だけ開いてする等の工夫をするのがいいでしょう。
作中のシチュに近づけば近づくほど得られる興奮は強くなります。

このように、屈辱感や羞恥を与えることに力を入れた変態的なプレイが繰り広げられています。
M心を上手にくすぐってくれる作品
完全にドMだけをターゲットにした奇抜なオナサポ作品です。

世間的には優等生で通ってるけど実は兄のことが大嫌いな妹が
弱みを握ったのをいいことに日頃の鬱憤を晴らすかのような激しい命令を繰り出します。
パンツを外に投げ捨てる、土下座して屈辱的なセリフを復唱する、鼻フックで這いつくばるなど
普通の人なら間違いなく躊躇したりドン引きするプレイがバンバン登場します。

そして最初のパートは上下関係の確立と心の興奮を盛り上げることに専念し
次のパートは露出成分を多分に含んだオナニーで気持ちいい射精へと導きます。
刺激的なプレイが多いのだけど全体を見ればちゃんとした流れがあり
責めの比重を心から体に徐々にシフトさせているのがよくわかります。
オナサポボイスにとっても最も重要な「実用性」を考えながらプレイしているのが見事です。

「ほら始めろ! 変態!」
最初から最後まで冷たい態度を取り続ける妹も特徴的です。
肉親だから少しくらいは優しい部分を見せるのかと思いきや
プレイの進め方から言葉のひとつひとつに至るまで本当に容赦がありません。
それどころかわざと優しいところを見せて直後に地獄に落としたりします。

色んな部分が尖ってる作品なので人を選ぶと思います。
ですがこういうプレイに興味を持ってる人ならハマれる魅力を秘めてるのも事実です。
M性をほとんど持ってない私もとても楽しい気分で聴けました。
「兄をマゾ豚奴隷にする」という目的に向かって一直線に調教しています。

エッチはこれまで書いてきたように個性的なものが多いです。
モルストさんの作品とは明らかな違いがありますし、変態プレイとしての完成度は高いです。
窓際オナニーなんかはリアルでできるギリギリのラインを突いてて面白いなと。

射精シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

様々な変態プレイを組み合わせて興奮させてくれる作品です。
ド変態なエッチが好きな人には強くおすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 57:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

M専用オナニー用ボイスドラマ 女王麗子様の本格調教!

サークル「裏橋製作プラス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性をいじめることに快感を覚える女王様が
ドMなお客にとってもハードで変態的なプレイを提供します。

鞭で叩く、ハイヒールで体を踏みつけるなど本格的なSMプレイが行われており
こちらを豚扱いして怒鳴りつける厳しい言葉責めもM心をくすぐります。

作品説明文に「役になりきる為の催眠導入もあります」と書かれてますが
本作品は催眠音声ではありません。
そのため当サイトでは同人音声側で紹介します。
とことんいじめられたいあなたのために
SM店の女王様「麗子」がお客にエッチなサービスをするお話。

「こんにちは お兄さん また来てくれてうれしいわ」
麗子は甘く穏やかな声のお姉さん。
SM店に再びやって来たお客に親しげな挨拶をすると
今回行うサービスの内容を確認し、手錠と目隠しをしてあげます。

本作品は女性に徹底的にいじめられたいド変態な彼の欲望を満たすために
彼女が女王様として彼の体を痛めつけながらハードな指示や責めを繰り出します。
音声作品によく見られるM向けのプレイよりも二周りくらいどぎついプレイが登場すると思ってください。

生半可なMではドン引きするくらいにヤバいサービスばかりですから
他の作品では刺激が足りない、物足りないと感じていた人にこそおすすめしたいです。
私も色んな作品を聴いてますが、この作品のインパクトの強さにびっくりしました。

また聴き手がお客になりきってプレイを楽しめるようにと
最初の「あいさつ・催眠導入」パートでは約5分間に渡って催眠らしきことが行われています。

「お兄さんは私の忠実な奴隷 マゾ奴隷」
「アナタが受ける痛みは 私の喜び アナタが忠実に命令に従う姿は 私の快楽」

内容は麗子が上のセリフのようなマゾを自覚させるセリフを投げかけ
2分くらい経つと彼女を喜ばせるために痛みを受け入れるよう言います。

サークルさんは催眠暗示のつもりでこれらを言わせてるのでしょうが
はっきり言って彼女の言葉を受けて実際にそうなる可能性は皆無です。
暗示を入れるにあたって必要な準備が一切されてないのだから当然です。
具体的には技術を駆使して聴き手のリラックスや集中力を高め、意識の力を弱めることです。

催眠音声は数多くあり内容も多種多様ですが
そのすべてが先ほどの条件をクリアした上で進められています。
催眠とは催眠者が言葉などを使って被験者の無意識に働きかける行為であり
普段の精神状態では意識が邪魔をしてそれがやりにくくなってるからです。

「催眠を施すにあたってまずやるべきことを麗子がやっていない」
だからこの作品は催眠音声ではないと私は考えています。
そもそもこの手の作品はプレイの内容に興味を持ってなければまず聴きませんし
催眠をわざわざかけなくても問題なく楽しめます。
女性に痛めつけられる快感
エッチシーンは5パート30分30秒ほど。
プレイは鞭叩き、踏みつけ、ショーツを口に含む、麗子の精飲、乳首舐め、フェラ、飲尿、クンニです。
鞭叩き、踏みつけ、麗子が放尿する際に効果音が鳴ります。

「さぁ…そろそろ始めようか 私の好きにさせてもらうよ フフフ…」
一通りの準備を終えたところで麗子は女王様らしい嗜虐的な口調へと変化し
お客に指示を出しながら言葉責めをしたり鞭で体を叩きます。

エッチは彼女が責めたり彼にご奉仕させる形で行います。
最初の「鞭叩き」パートは彼にお尻を高く突き出させ恥ずかしいセリフを言わせるプレイ。
ドMな彼の欲望を満たそうと彼女は早速厳しい態度で接します。

「『私』なんて言葉、豚は使わないだろ! お前はもう人間じゃない 豚なんだよ! この豚!」
冒頭ではお兄さんと呼んでいた彼を豚呼ばわりし
指示した通りに動かないとすかさず「ピシャッ」という鞭の音が鳴り響きます。
ここまで「痛めつける」ことを前面に押し出したプレイはそうそうお目にかかれるものではありません。
受け入れられる人ならかなり楽しめるのではないでしょうか。
怒鳴りつけるような語気の強い罵声も心に響くものがあります。

次の「踏みつけ」パートもSM色の極めて強いプレイ。
挿し絵にあるヒールで彼の顔、腹、おちんちんを何度も踏みます。

「お前のそうやって 痛みに耐える顔を見てると アタシも感じてきちゃうよ!」
踏むたびに「ギュリッ」と硬い音が鳴り響き、彼女が気持ち良さそうな声を漏らす様子は
まさに女王様と奴隷と呼ぶに相応しい独特な空気が流れています。
踏みつけといってもずっとするのではなく繰り返す感じなので
彼の体をダメにしないように彼女が考えながら責めているのも伝わってきます。

際立った変態性を持つプレイはやはり最後の聖水プレイでしょう。
ひとつ前のパートでお客のおちんちんを踏みつけて射精させ
飛び散った精液を舐め取り喉を潤した麗子が
そのお礼に自分のおしっこを彼に飲ませ、汚れたおまんこを口で綺麗にさせます。

「んぅっ… 夢中で奉仕する マゾ豚の舌がぁっ… あぁっいいわぁっ もっと クリトリスも舌で舐めるのよっ」
「じょろろろろ」という生々しい水音もさることながら
自分の大事な部分を丹念に舐められて喘ぐ彼女の姿が艶かしく
今までとは違う純粋なエロさを感じます。

女性にとって自分のおしっこを飲まれるのは相当に恥ずかしいことですし
それを彼に許しているのは信頼の証なのではないでしょうか。
一連のプレイを通じてSMという変わった愛の形をきちんと描写しているのがとても良いです。

このように、心と体を痛めつけてもてなすぶっ飛んだプレイが繰り広げられています。
極めてハードなSM作品
容赦の無いSMプレイが楽しめる希少な作品です。

麗子は普通のプレイでは満足できなくなったドMなお客のために
飴と鞭を使い分けながら彼の心と体をバランスよく責め立てます。
体を鞭で叩く、ヒールで踏みつける、手厳しい罵声を浴びせるなどプレイだけを見れば相当にハードです。
しかし女王様なりのやり方で奴隷をしっかりもてなしているのも事実です。
ですからこういう性的嗜好を持ってる人なら普通に楽しめるし興奮できると思います。

「あぁ… 美味しい… お前のマゾチンポから出る臭いザーメン…」
特に最後の2パート(踏みつけ射精+精飲、飲尿+クンニ)において
彼女も彼と一緒になって痴態を晒しているのが印象的でした。
裸のまま目隠しと手錠をつけられ、自分の言うことに一生懸命従う彼のために
彼女もまた自分ができる範囲内でその頑張りに報いています。

この2パートは彼女がちゅぱ音を鳴らしたり喘ぎ声を上げるシーンが多く
それ以前の罵声や変態プレイとは違った方向からエロさを出しています。
やってることは無茶苦茶なんだけど考えながらプレイを進めているのがわかります。
優れた部分を持っているSM作品と言えます。

そしてエッチが優れているからこそ冒頭の催眠パートが残念でなりません。
この部分をエッチに回していたらきっとより良いプレイができていたでしょう。

2010年といえば今の大手催眠音声サークルさんが続々と新作を出されていた時期ですから
流行に便乗しようとこういう流れにしたのかもしれません。
しかしそれが結果的に蛇足と言いますか、作品のクオリティを落としてしまっています。
せっかくいいものを持ってるのにもったいないなと。

絶頂シーンはお客、麗子ともに1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

タイトル通りの本格的な調教を行っている作品です。
女性に激しくいじめられたい人にのみおすすめします。

CV:犬飼あおさん
総時間 43:53

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
催眠導入パートがなければもう2点プラスしてました。

本作品は2016年5月12日まで3割引の560円で販売されています。
その場合の点数は7点です

催眠射精執行官 ~これより射精執行官No.634による催眠強制執行を開始する~

サークル「しゃがみパンチ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、ちょっぴり高圧的で仕事熱心なお姉さんが
変わった手段を使って主人公の精液を徹底的に搾り取ります。

尿道口にプラグを挿入し内外からおちんちんを責めるM向けのプレイが特徴で
彼女は最初はゆっくり、後になるほど激しくそれを出し入れしながら
手コキや玉揉みを行って効率よく射精へと導きます。

催眠音声としてのクオリティは残念ながらあまりよくないのですが
ハードで変態的なエッチに興味のある方なら割と楽しめる内容に仕上がっています。
劣等感から解き放つための搾精
射精執行官No.634から催眠強制執行を受けるお話。

「射精執行官No.634である」
執行官はややトーンが低く気の強そうな声の女性。
性欲を異常なまでに溜め込んでいる主人公を精液生産者に育てるため
彼女自ら精液をとことん搾り取り、精液の品質をチェックします。

本作品は最初に35分近くの時間をかけて催眠を施し
彼女の命令や責めを受け入れられる環境を作り上げてから
尿道責めを中心とした長時間に渡るエッチで何度も何度も射精へと追い込みます。

この世界では良質な精液を生み出す男性が貴重とされており
彼女以外にも数多くの射精執行官が日々精液を検査したり搾取しているそうです。
主人公は溜め込んだ精液の量はなかなかのものですが
自分に劣等感を抱いているせいで品質の面ではやや物足りなくなっています。
そこで彼女が催眠を交えた独自の手法で精液を放出させ、同時に自信をつけてあげようという流れです。

「このまま良質な精液を生産できないのなら 貴様は一生クズのままだ!」
「いいか? 我々から見れば 貴様ら男は等しく愚かで 等しく無能だ」

現時点での彼が男性としてダメだからか、彼女は最初の段階からこちらを見下すセリフを投げかけてきます。
そして催眠やエッチの最中には暗示ではなく様々な命令を出します。
催眠音声といえば聴き手を盛りたて、もてなしながら誘導するのが一般的なため
他の作品の感覚で聴くと高圧的な態度にきっと驚くでしょう。

サークルさんが催眠音声を初めて製作されたからかもしれませんが
本作品では残念ながら催眠の最重要ポイントとも言える「信頼関係の構築」がなされてません。
聴き手を無意識的に反発させる類のことを割とバンバン言うため
結果的に彼女の催眠にかかりずらくなっています。
これが冒頭で「催眠音声としてのクオリティはいまいち」と書いた理由のひとつです。

催眠は2パート33分ほど。
最初のパートは彼女の暗示を受け入れやすくするための準備として
深呼吸をしたり体をパーツごとに細かく分けて脱力します。

「そう ゆっくり吸って ゆっくり吐け」
「太ももから力を抜け しっかりと太ももに意識を向け 自由なイメージで 力が抜けるのを想像するのだ」

冒頭と同じく命令口調なものの、執行官の声は意外に穏やかで
少なくとも聴いてて嫌に感じる人はあまりいないと思います。
最中に投げかけられるセリフも「力が抜ける」を意識的に多く交えて脱力を促します。
また上半身と下半身を一通り終えたところで念押しにカウントを数えてくれます。

一見すると良さそうな内容なのですが
本作品は全編を通じてカウントを数えるシーンが多いにも関わらず
その前後に暗示をほとんど入れないという致命的な弱点があります。
カウントを行為の開始や終了の合図としてのみ用いているため
残念ながらカウントの後に催眠が深まるとか、彼女に言われた通りになる可能性は低いです。

2番目の深化パートは自分の体が沼に浮かんでいる様子をイメージし
彼女のカウントに合わせて沈んだり浮いたりするのを繰り返します。

「そう 意識の境界線とは まさに底なし沼なのだ 底にたどり着くたび さらに底があることを知る」
「もう頭の中はどろどろだ まともに考えることもできまい」

これも他の催眠音声でよく見かける「揺さぶり」という技法で
半覚醒状態と催眠状態を何度も往復させてトランスをより安定させるのが目的と思われます。
ですが先ほど書いたカウントの扱い方に問題があることから
深化としての機能はあまり果たせてないのが実際のところです。

私も実際に聴いてみたところ、意識に若干のぼやけが感じられた程度で
体の脱力感や催眠に入ったときの感覚はほとんどしませんでした。
聴き手を催眠状態に誘導するための暗示が決定的に不足しているのが原因です。

リラックスさせてからイメージを交えて深化させるオーソドックスな催眠です。
聴き手をエッチの舞台となる強制執行室へと案内し、尚且つ彼女の命令を受け入れやすくするのを目的に
深呼吸から分割弛緩法、カウント、軽い沈黙法、揺さぶりなど古典催眠の技術を繋げて施しています。

使用されてる技術は他の催眠音声でも本当によく見かけるものばかりで
これらを採用したこと自体は問題ないと思います。
しかし残念ながら行使の面で色々と引っかかるものがあります。
具体的には冒頭で執行官が自らラポールを破壊していること
暗示のボリュームが少ないこと、カウントの使い方を誤っていることなどが挙げられます。

以上のことから大変厳しい催眠と私は考えています。
おちんちんの内外を同時に責めるハードなエッチ
エッチシーンは3パート53分30秒。
プレイは尿道責め、手コキ、玉舐め、玉揉み、オナニーです。

尿道責め、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります。
ドライ、セルフ両方の絶頂形式が登場します。

「この棒を 貴様のペニス つまり 尿道に挿入する」
催眠を使って主人公を自分のプレイルームに案内した執行官は
イメージによって棒状の物体を生成し、それを彼の尿道に指し込み前立腺を刺激すると言います。

エッチはリクライニングシートに拘束された状態で彼女に責められ続けます。
最初の「プラグ挿入」パートはエッチの要である尿道責めの準備。
挿し絵にある独特な形状の棒を彼女が尿道にゆっくりと挿入します。
本作品のエッチは最初から最後まで尿道にプラグを挿入された状態で行います。

「さぁ 亀の口を指で開いてやる しっかりと味わえよ?」
かなり痛そうなプレイに感じるでしょうが
彼女は彼がそう感じないように自分の唾液で十分に湿らせ
10カウントを数えて本当に少しずつプラグを内部に侵入させます。
彼女がプレイの様子を細かく実況してくれるおかげでイメージもしやすいです。

ただし、尿道にプラグを入れられた感覚を暗示で伝えてくることはありません。
なのでこのプレイを主観的に楽しむのは難しいと思います。
催眠音声よりも同人音声に近い描写がされています。

2番目の「ドライ:尿道責め連続射精」パートからいよいよ本格的な搾精が始まります。
ここではプラグをゆっくりとピストンして尿道をほぐしてから
同時に手コキ、玉舐め、玉揉みを行い主人公を4回連続の射精へと追い込みます。
プラグには穴が開いてるので挿入したまま射精できる設定です。

「プラグによる快感は ペニスが萎えることを許さない 射精の脈動が休むことも許さない」
「ほぉら 絶え間ない快楽責めで 睾丸から精液が溢れ出す 出しても出しても精液が止まらない」

十分な準備をした後のプレイだけあって執行官も一切容赦しません。
1回目の射精が終わってもまったく手を休めず、そのまま再度の射精へと追い込みます。
おちんちんの内外を同時に刺激するかなりハードなプレイですね。
ドライオーガズムを目指してますが射精表現有りです。

最後の「セルフ:尿道責め強制オナニー」は名前の通りオナニーがメイン。
引き続きプラグを挿入した状態でおちんちんをひたすらしごき、彼女の射精の許可を待ちます。

「そう 両手の拘束を解く代わりに 射精しそうになると手が止まるよう 精神拘束をかけておいたのだ」
何の前触れもなく彼女が上のようなセリフを言うのは引っかかるものの
小まめな命令や状況説明のおかげでプレイの様子がわかりやすく
前のパートとは逆に焦らす形で性的快感を与えてくれます。

このように、尿道責めを中心に据えた変態的なプレイが繰り広げられています。
エッチは面白いのだが…
後半に登場する尿道責めに個性を感じる作品です。

執行官は精液の量だけは一級品な主人公を立派な精液生産者に育てるため
尿道をプラグで直接責める極めてハードなプレイを行います。
そのための準備に10分もの時間をかけ
挿入後も細かな実況を交えながらシーンごとに違うペースの音を鳴らすなど
仮想的なプレイを聴き手にできるだけイメージできるように考えて進めます。

「私は無理強いしない 自分の意思で座れ」
そしてこの相当にきついプレイを彼女が意外に穏やかな雰囲気で行います。
事前に催眠を施していること、プレイの開始前に自分の意思でそれを受けるかどうか決めさせていること
男性にとっての大事な部分を極力傷つけないように刺激していることなど
彼女は職務を逸脱しない範囲で彼をできるだけ楽しませます。

聴く前は「相当にヤバい作品なのかな?」と思っていた私も
特に苦しい思いをすることなく普通に聴き終えることができました。
尿道責めのペースが全体的にゆっくり目で拷問になってないものあります。

しかし催眠の品質に難があることや、エッチで聴き手に対してほとんど働きかけてこないことなど
本作品を催眠音声として見た場合厳しいところが色々あるのも事実です。

尿道責めはリアルだと恐怖心や衛生面の関係でなかなかやりにくいプレイですし
だからこそプラグを差し込まれたときの異物感とか、擦られたときの快感を
暗示を使って聴き手に伝えていくことが重要になります。
それを彼女が一切やってくれなかったのが残念でなりません。
今後新作を作られるかどうかはわかりませんが、次回作があるなら是非改善して欲しいです。

絶頂シーンは全部で5回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

発想は面白いのだけど完成度に大きな問題を抱えている作品です。

CV:佐倉ありさん
総時間 1:45:43

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2016年5月12日まで3割引の630円で販売されています。
その場合の点数は4点です。

甘く責めてくれるえっちで優しい妻

サークル「声好雨読」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、温かい声と面倒見のいい性格を持つ人妻が
愛する夫を3種類の変わったエッチでご奉仕します。

雰囲気とプレイに大きなギャップのあるエッチを行っているのが特徴で
彼女は大人の女性らしいあまあまな態度で終始彼に接しながら
おちんちん、乳首、アナルをバランス良く責めて射精に導きます。
新婚夫婦のアブノーマルな性生活
妻の桜(さくら)とちょっぴり変態的なエッチを楽しむお話。

「あ おかえりなさい」
桜は素朴で温かい声の女性。
帰宅した主人公に元気がないのでそのわけを訊くと
膝枕しながら頭を撫でて癒してあげます。

本作品は全部で3つのパートに分かれており
最初は彼の願いを叶える形で、後の2つは彼女のお願いを受けて
普通の夫婦とはやや趣向の異なるエッチをします。
具体的には授乳手コキ、オナホコキ、ペニスバンドによるアナル責めです。

「んーっと 高すぎたりしないかな? ちゃんと体重かけても大丈夫よ よしよし いいこいいこ」
最後のアナル責めあたりはかなりアブノーマルなプレイに思えるでしょうが
彼女はあくまで彼の欲求を満たすためにこれらを行います。
その証拠に物語の最初から最後まで彼女の声と態度はとろけるように甘く
実際に責める時もこちらが痛みを感じないよう意識してゆっくり体を動かします。

お互いをより深く知るために今回のエッチに挑戦するという流れです。
ですから音声を聴いてみると多くの人が癒されたり安らぐ気分を感じるでしょう。
Sよりは好奇心旺盛で包容力のある女性の印象がずっと強いです。

桜のあまあまなキャラと変態的なエッチ。
まるで正反対の属性を持つ要素を上手に組み合わせて個性を生み出しています。

もうひとつの特徴は彼女が乳首を責めるシーンが多いこと。
主人公が開発済みらしく、どのパートでも必ず指を使って乳首を責めてあげます。
おちんちん、乳首、アナルの3箇所をバランス良くいじって射精させる感じです。
オナサポ形式ではありませんが一緒に乳首オナニーをしたほうがずっと気持ちよくなれるでしょう。
この点も本作品のエッチをアブノーマルに感じる要因と言えます。
後になるほど変態性が増すエッチ
本編のエッチシーンは3パート52分30秒ほど。
プレイはキス、乳首責め、手コキ、授乳、耳舐め、オナホコキ、アナルマッサージ、ペニバンアナルSEXです。
手コキ、オナホコキ、乳首責め(一部)、アナルマッサージ、ペニバンアナルSEXの際にリアルな効果音が鳴ります。

「それじゃ 膝枕したまま 気持ちよーくしてあげる」
優しい言葉とご奉仕で主人公を適度に癒した桜は
彼にもっと幸せになってもらおうと上着を脱がせ、既に勃起している乳首をいじり始めます。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「授乳手コキ」パートは正統派の甘やかしプレイ。
膝枕をしたまま乳首やおちんちんを責め、彼には自分のおっぱいを舐めさせてあげます。
彼女が赤ちゃん言葉を言うシーンはありません。

「ん? これも気持ちいい? いいよ いっぱいしてあげる」
「いいわよ おちんちんしごかれながら 思いっきり甘えて」

彼が外で辛い思いをしているのを知ってるからこそ
彼女は自分の子供をあやすような優しい言葉をたっぷり投げかけます。
乳首責めと手コキのペースを意識してゆっくりにしているのもいいですね。
疲れた体にできるだけ負担をかけないよう気遣いながら責めています。

本作品のエッチにおけるポイントはどのプレイも緩く責めていることです。
プレイが変態的でも激しさが全然ないのでマイルドな印象を受けます。
新婚夫婦らしい絆の強さや思いやりがプレイを通じて自然と伝わってきます。

「どぴゅー ぴゅっぴゅっぴゅー びゅー びゅくびゅく びゅるびゅる びゅー」
ちなみにこのパートだけは彼女がセリフで射精の様子を実況してくれます。
手に精液がかかっても嫌な顔ひとつせず労わりの言葉をかけるなど
彼女にすべてを委ねて甘えられる幸せなひと時が味わえます。
アブノーマルな要素も一切無く心と体の両方に純粋な癒しを感じるでしょう。

次の「オナホコキ」パートは彼女が買ってきたオナホで楽しむシーン。
男性がオナホでどう感じるのか見てみたいという彼女の願いを聞き入れて
オナホコキ、耳舐め、乳首責めを同時にしてもらいます。

「ぐちゅ ぐちゅって そうやって動かすのが気持ちいいんだ」
「いいよ イっていいよ 中に出して」

オナホがおちんちんを飲み込んでいく様子、気持ちいい刺激にとろける顔。
自分の体とは違うもので感じている夫の姿を興味深そうに彼女は眺めます。
そして後のほうになると自分との擬似SEXをイメージさせて興奮をさらに盛り上げます。

オナホコキのキーとなる効果音についても
各シーンで行為に合った音を鳴らす細かな演出がされています。
本作品はどのパートも効果音の質が非常に高く
エロさとリアリティがあってプレイの様子をイメージしやすいです。


そして最後はいよいよ主人公のアナルを開発します。
桜がネットで買っておいたベビードールとペニスバンドを着用し
最初に指でしっかりほぐしてからゆっくり挿入し、出し入れします。

「大丈夫? 痛くない?」
アブノーマルなプレイに入っても彼女の態度はまったく変わりません。
ローションをアナルの周りにしっかり塗り込み、時間をかけて指をゆっくり入れるなど
彼の心と体を第一に考えながらまったりプレイを進めます。
前の2パートよりもさらに緩く責めてくれるところに彼女の優しさが強く出ています。

「いいのよ あなたがどれだけ変態さんでも 私がずっと可愛がってあげる」
アナルSEXが始まると彼女の息遣いが一気に荒くなり
アナルと乳首の両方をいじりながら粘性の高い効果音をリズミカルに鳴らします。
そしてアナルで感じているこちらを一切見下すことなく愛してくれます。

メインはアナルSEXですが最後の絶頂シーンは射精になってますので
アナル開発をしてない人でもオカズとして普通に使えると思います。
女性上位なんだけどM性が薄められていてとても聴きやすいです。

このように、変態的なエッチが夫婦らしいあまあまな雰囲気で繰り広げられています。
変わった愛の形がある作品
あまあまな雰囲気でニッチなプレイが楽しめる異色作です。

桜はちょっぴり変態な主人公を満足させるために
普通のプレイにちょっぴり変わったプレイを交えて気持ちよくします。
最中に投げかけられるセリフやプレイ運びに彼女の愛や思いやりが色濃く出ており
女性にあれこれお世話されている気分が味わいやすいです。
性的快感に加えて精神的な充実感も得られます。

そしてプレイは後になるほどアブノーマル路線を強くする形で行います。
最初の授乳手コキはほぼノーマルですし、次のオナホコキもややM程度のレベルです。
最後のアナルSEXだけは人を選ぶ部分もあるでしょうが
アナル開発を見据えたゆっくり、まったりした責めを繰り出してきます。
聴き手がプレイを受け入れやすく感じるよう色々考えながら進めています。

エッチの内容に対して雰囲気や責めっぷりが甘いため
ドM向けのプレイを期待して聴くとおそらく肩透かしを食らいます。
属性的にはややM~Mの人が最も楽しめるでしょう。

「ピンピンに尖って勃起しきった乳首 顔がとろけきって あなたって本当に可愛いわ」
桜については典型的な甘やかし上手という印象です。
意地悪をするシーンが無いですし、主人公のことを可愛いと何度も言います。
伊東もえさんの声と演技も年上キャラをよくやられているだけあって安定してます。
プレイを受け入れられるのなら癒し目当てで聴いてみるのも大いに有りです。

射精シーンは全部で3回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

夫婦愛をサークルさん独自の切り口で描いている作品です。
女性に甘やかされるシチュが好きな人、珍しいプレイを聴いてみたい人におすすめします。

おまけはエッチな音声3種です。

CV:伊東もえさん
総時間 本編…1:04:12 おまけ…17:03

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

やさしくってSな風俗嬢にいっぱいいじめられちゃう音声ー筆責め、羞恥プレイ編ー

サークル「サキュネス」さんの同人音声作品。
今年2月に処女作を出されたばかりの新規のサークルさんです。

今回紹介する作品は、柔らかい口調で話すサービス精神旺盛な風俗嬢が
ド変態なお客に一風変わったエッチなサービスを提供します。

体よりも心を責めることに力を入れたプレイが行われており
彼女は彼の痴態をスマホで撮ったり習字に使う筆で文字を書きながら
見られていることを意識させるセリフを投げかけて羞恥心をしきりに煽ります。
見られるのが大好きなお客へのご褒美
風俗嬢に辱められながら射精するお話。

「うふふっ また来てくれたんですか この前のお客様ですよね?」
風俗嬢は甘く柔らかい声のお姉さん。
以前受けたサービスが忘れられず店に再びやって来たお客に
いくつかの器具を使ったとっても恥ずかしいプレイをしてあげます。

本作品は自分の痴態を見られるのが大好きな彼に
彼女がお店のサービスとして羞恥心を徹底的に煽る責めを繰り出します。
具体的には包茎おちんちんを写真に収める、カウパーを筆で掬って文字を書く
プレイの様子を撮影し彼女のブログに掲載するなどです。

彼女が彼の体を直接いじるプレイは手コキくらいしかないのですが
セリフや器具を使った心への責めがしっかりしているおかげで
こういうシチュが好きな人なら十分興奮できる内容になっています。
スリルを味わわせて楽しませる、音声作品ではあまり見かけないタイプのサービスです。

「パンツも満足に下ろせないなんて 可哀想な変態さんですね」
これらを行う風俗嬢は声も態度もとってもあまあま。
「変態」などの軽い言葉責めをするシーンがあるものの
怒鳴ったり冷たく接することは一切なく、彼がより気持ちいい射精を迎えられるよう一生懸命サポートします。

彼の欲望を満たすためにわざと意地悪する感じですね。
プレイは変態的なのですが雰囲気はびっくりするほど穏やかです。
この両者の大きなギャップも本作品の魅力と言えます。
羞恥に特化したアブノーマルなプレイ
エッチシーンはほぼ全編にあたる25分30秒ほど。
プレイは写真撮影、筆責め、手コキ、録音です。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「ほーら テントを作って変色させたマゾ犬さんのパンツ ぱしゃり」
サービスの内容を確認したところで風俗嬢はお客に服を脱ぐ指示を出し
期待ですっかり勃起しているおちんちんを早速写真に収めます。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
前半に登場するのは羞恥心を与えることに特化したプレイ。
皮かむりのおちんちんをスマホで撮ったり、彼女が画材屋で買ってきた筆で尿道を撫でて
滲み出たカウパーを使いお腹にとある文字を書きます。

「皮の先っぽから 透明なお汁まで垂れちゃってる」
「見てください こうやって 筆を亀頭さんから離すと… こーんなに糸が引いてる」

そしてはこれらを行いながら彼女は自分にその一部始終を観察されていることと
これらを顔だけぼかしてネットに掲載することを告げて羞恥に悶えさせます。
見られる快感や見せつける快感を刺激して興奮させる本作品らしいプレイです。

ちなみにネットに恥ずかしい写真を公開するのはお店のオプションサービスです。
彼女が彼の望みを叶えてるだけですので暗さはまったくありません。
彼も彼女の態度に喜び、おちんちんをさらに硬くしています。

プレイで面白いのはやはり筆責めですね。
カウパーで文字を書くところまではだいたい予想できるのですが
その後にちょっとした仕掛けを用意して恥ずかしい気分を一気に盛り上げてくれます。

そうやって十分準備を整えたところでいよいよメインの手コキが始まります。
プレイ時間はおよそ9分間、速さが違う2種類の効果音が流れます。
ここでも彼女が背後に回り、目の前に大きな鏡を置いて彼に自分の痴態を観賞させながら行います。

「そうそう 頑張って我慢しないと 恥ずかしい声が録音されちゃいますよ?」
さらに彼女は彼にもっともっと喜んでもらえるように
機材を使って彼の喘ぎ声を録音し、その後にももう一歩踏み込んだ羞恥責めを繰り出します。
そして射精の瞬間も「ぴゅっぴゅー」とセリフで精液を吐き出す様子を実況します。
自分の一番情けない姿を見られるのはやはり恥ずかしいものです。

女性に大事な部分を弄ばれ、その様子をじっくり見られながら射精する。
タイトルにもなっている「羞恥」に特化した個性的なプレイが繰り広げられています。
くすぐったい興奮が味わえる作品
風俗嬢が繰り出す多種多様な羞恥プレイが魅力の作品です。

普通のプレイではもう満足できないド変態なお客に気持ちよくなってもらおうと
彼女は主に視線を使った責めで性的興奮を与えます。
彼女が終始観察し続けるだけでなく写真に撮る、それをネットに掲載するなど
リアルでやったらヤバそうな内容を盛り込んでスリルを感じさせます。

ストレートな言葉責めは少なめにしてイメージ力を高めるエッチを心がけています。
音声作品に適してるからか、こういう性癖を持っていない私でも結構興奮できました。
特に後半の鏡の前に立たせて手コキするプレイがとても良いです。
エッチに直接結びつきにくい機材を上手に使って心を盛り上げてくれます。
写真撮影や録音をするシーンで効果音を鳴らしていれば尚良かったです。

しかし、羞恥プレイと並ぶもうひとつの柱である筆責めについては
亀頭を軽くいじって文字を書くあたりの淡白なものになっています。
これに期待して聞くとおそらく肩透かしを食らうでしょう。
手コキしながら乳首や亀頭を撫でるなど、後半のシーンでも筆責めを登場させて欲しかったです。

射精シーンは1回。
くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

聴いてるだけで心と股間がむず痒くなってくる作品です。
痴態を見られる、あるいは見せつける羞恥プレイが好きな人にのみおすすめします。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 29:14

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

教え子にち○ぽ手玉にとられちゃいました

サークル「アトリエマゾ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてSっ気たっぷりな女子生徒が
様々なエッチを通じて先生を自分の奴隷へと作り変えていきます。

ニーソの匂いを嗅がせる、電車内でオナニーさせるといった変態的なプレイ
最中に投げかけられる多彩で容赦の無い言葉責めなど
Mな人たちが興奮し、射精できる要素をふんだんに盛り込んだエッチが繰り広げられています。
変態教師へのエッチなお仕置き
教え子が先生を調教し自分の言いなりにするお話。

「(写真を撮りながら)うふふっ あーあ みーちゃったー」
教え子は明るくて無邪気な声の女の子。
主人公が教室で女子の体操着を漁っているのを発見すると
口止め料としてこの場でオナニーするよう命令します。

本作品は自分の教師にあたる彼の弱みを握った彼女が
5パート110分に渡る変態的なプレイを行い、最後は奴隷にする様子が描かれています。
女性が男性を徹底的に責めて堕とすドM向けの内容です。

アトリエマゾさんは音声作品を初めて出されるサークルさんなのですが
過去にサークルF・A・Sさんの「後輩のいいなり~事務的に搾られてマゾ奴隷に堕ちるまで~」において
中の人がシナリオを担当されたことがあります。
他には音声作品のイラストを数多く手がけている方としても有名です。

今作もMな方にエッチを存分に楽しんでもらえるようにと
心への責めを中心としたニッチ&ハードなプレイがいくつも登場します。
最終パートを除くと肉体面への責めは比較的マイルドなのですが
シチュの設定や彼女の言葉責めが秀逸でM心を上手にくすぐってくれます。
プレイも一般的なM向け作品ではあまりお目にかかれないものが多く純粋に面白いです。

「かるーく短小チンポいじるだけで 簡単に言うこときいてくれる 便利な変態お漏らし奴隷」
ご主人様を務める教え子の存在も忘れてはいけません。
彼を立派なマゾ奴隷に作り変えるために、そして自分の目的を果たすために
どのパートもこちらを徹底的に見下しながら指示や責めを繰り出してきます。

彼女の声が終始明るく言葉使いも丁寧なので
ドM向け作品にしては意外と穏やかな雰囲気が漂っています。
ですが彼女の態度や行動は明らかに彼をモノ扱いしており
年下の女性に屈服させられる快感を存分に味わわせてくれます。
ドMをターゲットにした個性的なエッチ
エッチシーンは5パート79分ほど。
プレイはオナニー、記念撮影、ニーソの匂いを嗅がせる、ニーソコキ、貞操帯装着、玉揉み、手コキ、アナル責め、踏みつけ、ペニバンでのアナルSEXです。
ニーソコキ、足コキ、オナニー、手コキ、アナル責め、アナルSEXの際に効果音が鳴ります。

「さっさとおちんちん しごきなさい」
「5分間オナニーして耐えられたら開放する」という追加の条件を受けて
主人公は渋々ながらもオナニーを開始し、教え子はその様子を嬉しそうに眺めます。

エッチはどのパートも彼女にとことん責められる形で進みます。
最初の「強制オナニー編」パートは彼女の前でオナニーするシンプルなプレイ。
この段階ではまだ上下関係が確立されてないこともあり
彼女は痴態を観察しながら彼を貶めるセリフをたっぷり投げかけます。

「やぁん何これ 超小さい こんな皮かむりの短小のくせに 今までよくもあんな風にふんぞり返って 偉そうにできたわね」
「こんな風に 先っぽの皮だけ持って 限界まで引っ張るの」

彼の子供サイズのおちんちんを見て「短小」「包茎」「童貞」とストレートに貶したかと思えば
余りに余った皮をおもちゃして遊んだりと
彼女は彼の肉体的・精神的な弱点を執拗に刺激し、傷口を広げるように責め続けます。

自分が気にしている部分を追及されたら心に響くのは人間なら誰でも当たり前のことです。
そこを的確に突いてくるところが本作品の責めが優れている要因だと思います。
この先のパートでもシチュに合わせた心を抉るセリフやプレイが数多く登場します。

「これがほしかったんですよね? 一日中履きっぱなしで 私の足の匂いが染み付いた とってもエッチな匂いがするニーソ」
ドM向けのエッチでは定番の変態プレイも魅力です。
このパートでは後半に足フェチな彼の心を見透かしたように
彼女が自分のニーソックスを顔に押し付け、匂いを嗅がせるプレイが登場します。

既に十分な弱みを握っているにも関わらず
彼女はプレイの最中適度に彼の願望を叶えたり希望を与えてあげます。
飴と鞭を上手に使い分けて自然と主導権を握ろうとするわけです。
ベースのオナニーにいくつかのイレギュラーな要素を加えて面白いプレイを作り上げています。

「心への責め」という点で最もハードなのが3番目の「逆痴漢編」パート。
2番目のパート終盤で貞操帯をつけられた5日後
学校に向かう電車の中で彼の後ろにいた彼女が
周りにばれないようタマタマを揉んでから貞操帯を外してその場でオナニーする指示を出します。

「皆さーん この変態教師 こんなところでチンポ露出させて オナニーしてますよー」
「オスとしてのシンボルを こうやって女の子に弄ばれて 指先ひとつでコントロールされる それがあんたたちオスの 本当の幸せなのよ」

以前とは違いすぐ近くに大勢の他人がいる状況、しかも彼は下半身裸の状態。
その状況を活かして彼女はしきりに誰かに見られるスリルを煽り
さらには後半に差しかかると自らおちんちんを掴んで乱暴にしごき
自分の一番大事な部分や射精のタイミングを女の子に支配される屈辱感を味わわせます。

最中に鳴る効果音もオナニーはややざらついた音を控えめに、手コキは力強くと別のものを用意し
シチュを意識してそのどちらも小刻みに動かしてます。
そして何より過酷なのが最後のシーン。
期待を存分に高めてから地獄に叩き落す容赦のない責めが登場します。
ある意味当たり前なのですが、5日間射精をお預けされている彼にとっては極めてハードと言えます。

一方肉体へのハードな責めが楽しめるのは4番目の「アナル責め編」パート。
貞操帯をつけてから10日後、まだまだ我慢を続ける彼の心を突き崩そうと
彼女がトイレで指を使ってアナルを激しく責め上げます。

「あんたにはこのまま 射精の気持ちよさの代わりに 前立腺を弄ばれて 連続絶頂する快楽にハマってもらうわ」
彼女は男性にとって射精がどれだけ魅力的かを十分に知り尽くしているからこそ
彼が屈するまで絶対にそれをさせず、代わりに他の部分を責めて快楽を与えます。
ゴム手袋越しにアナルを責める効果音もかなりハード。
同人音声では珍しい連続ドライオーガズムをさせるところも面白いです。

このように、後になるほどM度や変態性が増す個性的なエッチが繰り広げられています。
ドMだからこそ聴ける作品
全編に渡ってマニアックなプレイが楽しめる完全M向けの作品です。

学校で偶然先生の弱みを握った女子生徒が
エッチをしながら彼の心と体を徐々に縛りつけ
最後には自分の言葉に喜んで従う従順な奴隷へと作り変えてしまいます。
最終目的の奴隷化に向けてパートごとに大まかな目標を設定し
エッチな責めを加えながら彼がそうなるように上手に誘導しています。

プレイ自体が変態的なのでそれだけでも十分楽しめるのですが
この巧みな心へのアプローチが性的興奮や女性に屈服する喜びを大いに盛り上げてくれます。
個人的にはこちらの要素のほうに強く惹かれました。
特に男性にしか味わえない「射精」を餌に彼の心を上手くコントロールしています。
「射精したいから従ってしまう」そんな作品です。

「あんたみたいな調教済みの 変態マゾ教師は 轢かれた蛙みたいに 地面にはいつくばって 包茎チンポから だらだらカウパー垂れ流しにしていればいいのよ」
最中に投げかけられる言葉責めも全体的にレベルが高いです。
「変態」「包茎」などのストレートなものから調教具合を考慮したものまで多種多様です。
個人的には言葉責めをする時の口調がもう少し冷たくてもいいと思うのですが
彼女の年齢を考えてわざと柔らげたのかもしれません。

エッチはプレイ一覧を見ていただければわかるように女性に見下されるものばかりです。
オナニーシーンがいくつかありますが、オナサポ作品のように具体的ないじり方は指示してきません。
射精回数が絞られてるので抜くのは結構簡単です。

絶頂回数は射精4回、ドライ2回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

Mな人のためだけに作られたぶっ飛んだ作品です。
言葉責めが好きな人、女性に見下されるのが好きな人におすすめします。

CV:藍沢夏癒さん
総時間 1:49:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
110分で900円とコスパがいいので+1してあります。

↑このページのトップヘ