同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:喘ぎ声

   ● 霜月優の扇情的な喘ぎ声30分~ワンコインプライス~
   ● ことね様のエロに特化した喘ぎ声10分~100円+税~
   ● 敗北ヒロイン強制絶頂拷問「淫堕屈服03」マシンバイブ両穴責めで堕天 守護天使少女・神楽坂紅亜
   ● 実演!?敗北ヒロイン強制オナニーボイス05「強制絶頂拷問で屈服!妖伐組総長・近衛藍梨」
   ● 菜月お姉ちゃんのバイノーラル喘ぎ声~左右同時に喘いであげる~
   ● 自虐オナニー大好き少女~機械に壊される私~
   ● ことね様のヒーリング喘ぎボイス~ワンコインプライス~


霜月優の扇情的な喘ぎ声30分~ワンコインプライス~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声優として数多くの作品に出演されてる霜月優さんが
妖艶な喘ぎ声をたっぷり漏らしてオナニーを応援します。

会話はもちろん、最中のセリフすらほとんど言わない喘ぎ声特化の作りが魅力で
ペース、リズム、間、声量を数秒単位で小まめに切り替えながら
絶頂に向けて少しずつ上り詰めていく様子を生々しく、そしてエッチに描いてます。
喘ぎ声でたっぷり誘惑
霜月優さんが喘ぎ声を漏らし続けるお話。

「あぁんっ ふっ あっ んんっ」
霜月は甘く艶めかしい声の女性。
自己紹介や作品の説明といった前置きは完全に省略し
早速扇情的な喘ぎ声を漏らし始めます。

本作品は女性が生み出すエッチな声を存分に提供することを目的に
彼女が音声の全編を使って変化に富んだ喘ぎ声を漏らします。
作中のセリフは「気持ちいい」「いいわぁ」「イクっ」を2、3回言うだけで
それ以外はどこを聴いても喘ぎ声という非常に尖った作りです。

「はぁぁ あんっ んふぅ あぁぁっ あぁぁっ」
特に明言されてませんが大人の女性がオナニーするシチュを想定してるのでしょう。
全体的に甘い声をまったりしたペースで上げながら、呼吸が小刻みになったり
急にちょっぴり大きな声を出したり、終盤には激しい乱れっぷりを披露するなど
彼女が自分のペースで少しずつ絶頂を目指す様子を声だけで表現してます。

喘ぎ声をただ垂れ流すのではなく、流れを持たせて演技してますから
お気に入りの画像と組み合わせればオカズとしてなかなかの破壊力を誇ります。
価格がたったの100円とコスパも優れており、内容を理解して聴く分にはまず損はしません。
喘ぎ声だけを聴ける作品自体があまりありませんし、短時間ながらも色んな魅力を秘めてます。
大人の魅力漂う声
エッチシーンは全編にあたる31分間。
プレイは喘ぎ声を漏らすのみです。
エッチな効果音はありません。

エッチは彼女が色っぽく乱れる様子を聴いて楽しみます。
前半の15分間は勃起と興奮の促進を意識した緩めのプレイ。
「あっ」「んっ」など上品な声をゆっくり漏らしながら時折変化をつけて続けます。

「あふんっ あっあっあっあっ あぁっ!」
まだ始まったばかりなのでそこまで激しく喘ぐことはないものの
少しの間だけ強めに追い込むシーンをちょこちょこ挟んで緩急をつけてます。
私にはこの快感をできるだけ長く楽しみたいからわざと抑えてるように映りました。
マイペースに喘いでる感じがするのでやはりSEXよりもオナニーのほうがしっくりきます。

対する後半は絶頂に向けて徐々に刺激を上げていきます。
ペースは前半とそれほど変わらないものの、「あぁっ!」などのやや大きい声を上げる頻度が上がり
さらに28分以降は息遣いが小刻みになり今までよりも明らかに激しい乱れ方をします。

「イキそうっ! ダメっ あぁイクっ あぁイクっ あぁぁぁぁぁぁぁ!」
終盤に差し掛かると一気にテンションが上がるのが良いですね。
中盤まで割とまったり続けるからこそギャップが際立ちエロさも増してます。
絶頂のタイミングをはっきり教えてくれるので射精もしやすいです。
彼女のキャラを崩さないよう気をつけながらプレイをきちんと成立させてます。

このように、喘ぎ声が持つ力を最大限に活用した実用性の高いエッチが繰り広げられてます。
シンプルな抜きボイス
オナニーのお供として気軽に、手軽に使える作品です。

霜月さんは1人でも多くの聴き手が興奮し気持ちよく射精できるように
喘ぎ声以外の要素を極限まで取り除いたうえでとことん乱れます。
そして単調さを感じないよう小まめに変化をつけたり流れを持たせてプレイを進めます。

最初から最後まで本当に喘ぎ声だけという筋の通った作り
上品さと色っぽさを兼ね備えた男心をくすぐる声と演技。
セリフ無しでもイメージできるし抜けるエッチに仕上げてます。

こういう作品は聴く側からしてみればシンプルに思えるでしょうけど
作る側、特に声優さんにとっては技量や工夫が求められます。
喘ぎ声と言っても色んなタイプがありますし、プレイによってその出し方も随分変わります。
だから「大人の女性がオナニーに励む」という大まかなビジョンを掲げ、それに沿って演技されてます。
このシチュはあくまで私の予想に過ぎませんが、少なくとも闇雲に喘いでたら絶対こうはなりません。

年上の女性が好きな人なら堪らないでしょうね。
割と大人しい喘ぎ声なのに股間に強く響く力強さを持ってます。
タイトルの「扇情的」は感情や情欲を煽るという意味ですが
本作品の場合は露骨に誘惑するのではなくオナニーしたい気分にさせるあたりに留めてます。
近寄りがたい雰囲気を持つ女性が自分をひっそり慰めてる感じが出ていてとても興奮しました。

絶頂シーンは1回。
喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音はありません。

CV:霜月優さん
総時間 31:06

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
31分で100円とコスパがいいので+1してあります。

2018年6月12日まで55%OFFの45円で販売されてます。

ことね様のエロに特化した喘ぎ声10分~100円+税~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は同人・催眠を問わず数多くの作品に出演されてる紅月ことねさんが
およそ10分に渡ってオナニーのオカズになる喘ぎ声を上げます。

総時間のほぼ全部が喘ぎ声というタイトル通りの作りが魅力で
画像などと組み合わせて聴けばそれなりの実用性を発揮します。
声だけでイかせてあげる
ことね様の喘ぎ声を聴きながらオナニーするお話。

「君をイかせる目的で 淫らに喘ぐから 10分間我慢してみせてよ」
ことね様は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
自己紹介など前置きにあたる部分はすべて省略し
自慢の喘ぎ声で主人公の性的興奮を煽ります。

本作品は気軽に、手軽に使えるオナニーのオカズをコンセプトに
彼女がタイトル通りおよそ10分間の喘ぎ声をサービスします。
総時間が非常に短いのでそれ以外のプレイは一切ありません。
喘ぎ声が好きな人にターゲットを絞った単純明快な内容です。

「あぁっ あふっ んっ あぁぁぁぁっ!」
主役となる喘ぎ声は大人の女性らしい色っぽさを出しつつ
前半はゆっくりペースでマイルドに、後半は絶頂を意識したハードなものと違いを持たせてます。
オナニーやSEXといった擬似プレイは想定せず、純粋なエロさで勝負してる感じですね。
そして彼のオナニーを興味深く観察してるのか喘ぎ声の合間に微笑を漏らします。

「もっと興奮しなさい ほぉら ほぉら ほぉら!」
プレイ中に興奮を煽るセリフが若干入るものの言葉責めと呼べるほどハードなものではありません。
彼女自身がオカズになってるわけですからほぼノーマル向けと言えます。

実際に聴いた限りでは音声単体だと抜くのにやや弱いかなぁというレベルで
お気に入りの画像と組み合わせると丁度いいエロさになりました。
価格の安さを考えればそういう使い方も十分有りだと思います。
後になるほど激しくなる喘ぎ声
エッチシーンはほぼ全編にあたる10分間。
プレイは喘ぎ声を聞かせる、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「あんっ あっ あふぅ ふふふっ」
これからするエッチをごくごく手短に説明すると
ことね様は早速喘ぎ声を上げて主人公のオナニーを応援します。

エッチは彼女の喘ぎ声を聴きながら合図が出るまで射精を我慢します。
前半は「あっ んふぅ」など激しさよりも色っぽさを強調した喘ぎ声がメイン。
始まったばかりということで彼が勃起し、オナニーを始めたくなる雰囲気を作ります。

「ああん あはぁ んん」
喘ぎ声だけで抜かせることを目指したプレイなので彼女も艶かしさにかなり力を入れてます。
ゆっくりながらも熱っぽい吐息とこちらを誘うような微笑が大人っぽくていいですね。
ここだけで抜くのはさすがに難しいでしょうが、本作品のコンセプトがわかりやすく表現されてます。

「あっあっあっあっあっ はぁはぁはぁはぁ」
「イクぅ イクぅ イクぅ イクっ イクっ イクっ」

対する後半は息遣いが一気に小刻みになり、軽く叫ぶような喘ぎ声を漏らすシーンが増えます。
「SEXでピストンされてるのに近い声」と言えばなんとなくわかるのではないでしょうか。
明確な絶頂指示は出さずにイキ声で射精のタイミングを教えます。

ことねさんなだけあって喘ぎ声自体は抜きに適してると思います。
ですがプレイ中に笑い声を挟むのが「演技で喘いでるよ」と遠まわしに言われてるようで私は引っ掛かりました。
ガチでオナニーしてる様子をそのまま表現したほうが抜きやすかったかなぁと。

このように、喘ぎ声だけを使って興奮を誘うテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
コンパクトな抜きボイス
喘ぎ声だけを集中的に楽しめるシンプルな作品です。

ことね様は主人公が10分間でできるだけ興奮し、最終的には射精できるように
余計なセリフを極限まで削り色っぽい喘ぎ声をとことん漏らします。
タイトル通りの抜きを意識した演技がエロく、オナニーのお供として役立ちます。

ボリュームが物足りなかったりプレイの内容に若干気になる部分もありますが
値段を考えれば目を瞑れるレベルと言えます。
先ほども書いたように他のオカズと併用すれば弱点をカバーできるでしょう。

ただやっぱりプレイの流れと言いますか、彼女が何をイメージして喘ぎ声を出してるのかが
いまいち伝わってこなかったところは残念です。
同じ喘ぎ声でもオナニーとSEXでは随分変わるでしょうし
何らかの明確なビジョンを持ってやったほうが聴き手をより興奮させられると思います。

射精シーンは最後に1回。
喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

女性が感じる声だけに焦点を当てた作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 10:32

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年6月15日まで半額の50円で販売されてます。

敗北ヒロイン強制絶頂拷問「淫堕屈服03」マシンバイブ両穴責めで堕天 守護天使少女・神楽坂紅亜

サークル「カオティックブリード」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ヒロインたちを陰ながらサポートする心優しい天使が
妖魔たちのエッチな責めを受けて一匹のメスへと堕落していきます。

ほぼ全編に渡って行われる機械による激しい責めや
それらに合わせて彼女がたっぷりと喘ぎ声を漏らす実用性重視の作りとなっており
最初は気丈に振舞い必死に抵抗していた彼女が徐々に女性の快楽に目覚め
最終的には自ら積極的に求めるようになる姿も大いに興奮を掻き立ててくれます。
守護天使へのエッチなお仕置き
神楽坂紅亜(かぐらざか くれあ)が妖魔たちに機械責めを受けるお話。

「わっ 私を裸にして辱めるだけでなく 乳首から聖なる霊気を吸引するのですか?」
紅亜は明るくお淑やかな声の女の子。
ヒロイン達に勝利の福音をもたらす守護天使として活躍していた彼女が
妖魔に囚われ、挿し絵のような恥ずかしい姿を晒しているシーンから物語は始まります。

本作品は彼女が快楽拷問を受ける様子をとことんエロく描いた抜きボイス。
人物紹介や背景など前置きにあたる部分を3分程度にまで切り詰め
その後は電マ・吸引機・特性バイブといった機械で彼女を激しく責めまくります。

約27分の間に彼女が14回も絶頂するという事実だけでも
今回のプレイの激しさがなんとなくわかるのではないでしょうか。
そして最中は彼女が乱れる様子を大ボリュームの喘ぎ声で演出しています。
喘ぎ声が好きな人なら相当に楽しめる一品と言えます。

「妖魔に精神支配されていない紅亜が 正義のヒロインとして抵抗しつつ 快楽に堕ちていく様子を お楽しみ…ください」
もう一つの大きなポイントは彼女が堕ちていく展開。
敏感な部分を責められても必死に我慢を続けていた彼女が
女性の快感を知るにつれて態度を変化させ
最後にはどっぷり浸かりたいと自らおねだりするほどにまで崩れてしまいます。

プレイや彼女の心情に合わせて喘ぎ声の質も変化していくのがいいですね。
受けている責めの激しさ、快感の大きさが感覚的に伝わり興奮を与えてくれます。
天使という清浄な存在が汚辱にまみれる落差をエロに上手に繋げています。
激しくなる責めと汚れていく心
エッチシーンはほぼ全編にあたる27分間。
プレイは電マ責め、吸引機責め、バイブ責め、アナル責めです。
電マ責めとバイブ責めの際にリアルな効果音が流れます。

「マッサージ器が クリに…押し当たってきて あうっ 乳首も吸引機で吸われてるっ」
妖魔に精神支配を受け、これから行うプレイの内容を自分の口で語らされた紅亜は
その後早速クリトリスを電マで、おっぱいを吸引機で責められ始めます。

エッチは様々な機械に彼女が責められ乱れる様子を楽しみます。
1回目の絶頂を迎えるまでの最初の7分間は電マ&吸引機責め。
「ヴゥゥゥゥン」と無慈悲に鳴り響く機械音に合わせて彼女が子犬のような可愛い喘ぎ声を漏らします。

「ダメっ いっ…イクのはダメっ 耐えなきゃ あぁんっ」
しかし敵に捕らえられ、屈辱的な格好をさせられていても彼女は天使。
心だけは決して折れないようにと必死に自分を励まし続けます。
この凛々しい姿と合間に漏れる喘ぎ声のギャップにもそそるものを感じます。

「もうやめて 止めて あぁん お願いぃぃ」
「あぁ もうダメっ! ダメっ ダメっ イクっ イクっ あっイクっ! あっ あっ あっ あぁぁぁ」

そんな彼女がとうとう音を上げ、軽い泣き声交じりのイキ声を上げる姿がたまりません。
彼女が堕落への一途を辿るきっかけとなる瞬間をとってもエッチに描いています。
ここだけでも普通に一発抜けるくらいの十分なエロさがあります。

妖魔の責めが一段とハードになるのはその後から。
紅亜の絶頂に合わせて作動するように設定されていた股間のバイブが
とうとう彼女のおまんこを貫き、その処女を奪ってしまいます。
ちなみにここからはほぼノンストップで機械が動き続け、何度も何度も絶頂へと追い込みます。

「おくっ つかれるっ あっ あっ あんっ 気持ちいいよぉ」
「止めてっ はぁ 止めてっ あぁ おかしくなっちゃうぅ」

当然のように彼女も喘ぎ声をたっぷり漏らすわけですが
事前に股間に媚薬をたっぷり塗られていたせいか、あるいは快楽の味を知ったからか
1回目とは違い明らかにプレイを楽しんでいるような甘い声を上げ始めます。

「あぁっ おまんこも乳首もお尻も気持ちいいっ もっと突いてぇ 吸ってぇ」
そのまま立て続けに3回絶頂させられた後はもう止まりません。
おまんこ、お尻、乳首に湧き上がる快感を貪欲に求めるメスへと成り下がります。
終盤はセリフが一気に減ってややアヘった喘ぎ声をたっぷり聞かせてくれますから
女性のエッチな声が好きな人なら抜き場が多すぎて困るくらいに楽しめます。

このように、喘ぎ声と悪堕ちを組み合わせた抜き度の高いプレイが繰り広げられています。
サクッと抜ける作品
女性が機械に責められ、乱れる姿を集中的に楽しませてくれる実用性の高い作品です。

天使として優しく大らかに振舞っていた女性が
妖魔たちの度重なる責めに艶かしい声を上げ、最後はその虜になってしまいます。
展開的にややブラックなイメージを抱きがちなのですが
彼女が絶望するとか、神経が焼ききれるといったヤバい展開には一切なりません。
快楽を受け入れ、溺れていくエロさを追求した作りになっています。

この作品で最も印象的だったのがプレイの時間配分です。
1回目の絶頂までに4分の1近くの長い時間を割き
紅亜がなんとかして耐え抜こうと踏ん張る姿を聴き手の心に焼き付けようとしています。
実際のところ、絶頂に至るまで段階的に喘ぎ声が大きくなるところなど
最初のシーンはかなり細かな演出や描写がされています。

そして2回目以降は「天使が処女を喪失する」というスパイスを用意し
激しい責めの結果、体→心の順に彼女が穢れていく様子をとことんエロく描いています。
女性の喘ぎ声だけでも十分股間に響くものがあるのですが
綺麗な女性が汚されていくシチュも同じく重要な要素だと思います。

エッチはここまで書いてきたように喘ぎ声がとにかく多いです。
これに対してどれくらい魅力を感じるかで満足度も大きく変わるでしょう。
喘ぎ声とくちゅ音(機械音)多め、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

ヒロインの快楽堕ちをストレートに楽しませてくれる作品です。
喘ぎ声が好き、女性が汚されていくシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:天方美那さん
総時間 32:05

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
やや割高なので-1してあります。

実演!?敗北ヒロイン強制オナニーボイス05「強制絶頂拷問で屈服!妖伐組総長・近衛藍梨」

サークル「カオティックブリード」さんの同人音声作品。

こちらは妖魔に捕まったヒロインが強制的に機械に犯される姿と
逆に自分から機械による快楽を求める2つの側面が楽しめる作品です。
いわゆる悪堕ちをテーマにした作品なのですが時間が短いことを考えて
ストーリーはそこそこにエッチをたっぷりと楽しめる作りになっています。

エッチは凛々しい女の子が快楽に耐え続ける前半と
快楽に堕ちた後の後半で雰囲気がガラリと変わります。



開放を賭けたゲーム
妖伐組総長「近衛藍梨(このえ あいり)」がオナニーを実況するお話。

「今まで通り牢獄で辱めればいいのに わざわざ神聖な道場で こんな…」
藍梨は勝ち気で勇ましい声の女の子。
妖魔との戦いに敗れて捕まり2日間快楽拷問を受けた彼女は
彼らととある勝負をするために隊の道場へとやってきました。

「15分間の快楽責めで 一度も私がイかなければ そのまま解放って 約束だからね」
勝負の内容は妖魔から15分間電マによる責めを受け続けて
その間一度も絶頂しなかったら解放されるというもの。
一部始終をネットで実況放送される女の子にとってはかなり過酷なゲームなのですが
恥を忍んで受けて立つところがいかにも総長らしいですね。

本作品は藍梨がどのように電マの責めを耐え続けるか
そして勝敗が決した後に彼女がどういった反応を見せるのか
が一番の聴きどころです。
前半と後半で彼女のキャラがガラリと変わりますから
その大きな落差にちょっとした失望と大きな興奮を覚えることでしょう。



総長の顔からマゾ犬の顔へ
エッチシーンは25分間。
プレイは電マによる乳首&クリトリス責め、バイブと電マを使ってのオナニーです。
電マとバイブを作動させた際にモーター音が鳴ります。

「私は 妖魔に敗北して 妖魔の牢獄で 2日間休むことなく 凌辱と 調教を受けてきたのだけども…ああっ」
ネットの観客に対して自己紹介をしていた藍梨が
妖魔から唐突に乳首に電マをあてがわれる形でゲームは始まります。

「らめっ 乳首っ もうらめ やめぇ」
藍梨は挿し絵の通りおっぱいが大きいからか乳首がかなり弱く
電マの振動を受けると普段とは打って変わって子犬のような可愛い喘ぎ声を上げます。

強制的に刺激を受ける作品の場合、女の子が呻いたりもがいたりする場合もあるのですが
彼女が事前に快楽漬けにされていることもあって強硬に抵抗する様子はなく
基本的には感じているのを露わにしながら絶頂だけを耐えようとします。
この声だけでもかなりの性的興奮が得られるでしょう。

「あぁぁぁぁん んふぅぅ いぃぃぃ …イ イってない イってない」
そして「イったら負け」のルールがあるおかげで
藍梨は絶頂しているにも関わらずそれを頑なに否定します。
聴いた限りでは最中に3回ほど絶頂っぽい声を漏らすシーンがありました。

女性の場合男性の射精のように目に見えて絶頂がわからない部分もありますが
今回はちょっとした設定があって彼女は絶頂すればするほどそれを隠すのが難しくなります。
だんだんと激しくなる彼女の声を聴けばその過酷さがなんとなく掴めるはずです。

後半は藍梨が敗北を認める形で決着がついた後
すべてが吹っ切れたのか今度は自ら進んで快楽を貪る様子が描かれています。

「藍梨は 今 自分で マゾマンコ かき混ぜちゃってますぅ」
ここでは先ほどの女総長らしさがすっかり消えて
甘くだらしない声を上げながら一心不乱におまんこを慰め続けます。
ネットの観客に対して嬉しそうに痴態を見せつけるその姿は
まさにマゾ犬と呼ぶのが最もふさわしいでしょう。

このように、同一人物とは思えないほどに際立った違いを持つエッチが楽しめます。



悪堕ちをエロくストレートに描いた作品
凛とした様子の正義のヒロインが快楽奴隷へと堕ちる展開と
藍梨の変貌っぷりが興奮を掻き立ててくれる作品です。

藍梨は物語が始まって勝敗がつくまでは明らかに総長としての誇りを持っており
喘ぎ声を漏らさないように耐えたりするわけではないのですが
その声には確かな理性が感じられます。

おそらく開始前の時点でイくのを我慢できるとは思ってなかったのでしょう。
だから逆に声を上げて快感を発散させながら絶頂の勢いをなるたけ抑えて
15分間ひたすらその事実をごまかし続けるのを狙ったのだと思います。

それが勝負を終えてすべてを失ったことで完全に崩壊し
以降はひたすら快楽を得るためだけに生き続ける奴隷へと成り果てます。
後半はストレートにエロを描くような感じですからここだけでも十分抜けるのですが
前半の凛々しかった彼女が堕ちたからこそ激しく興奮できるのだと思います。
ヒロインの体だけでなく心も汚されるシチュが一番の魅力と言えるでしょう。

エッチは終始機械に犯されるプレイが続きますが
前半と後半で意味合いが180度転換します。
特に喘ぎ声の質がまったく違いますので飽きずに楽しめるでしょう。
個人的には甘い声でおねだりする後半の藍梨の方によりエロさを感じました。
喘ぎ声多め、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

作中で妖魔とSEXしたり彼らの子を孕むこともありませんし
悪堕ちをテーマとしていながらも割と誰でも聴ける作品です。
何よりお値段が100円と激安ですので
安くて手軽に抜ける作品をお探しの方にかなりお薦めしたいです。

CV:白夜あこさん
総時間 26:25


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

菜月お姉ちゃんのバイノーラル喘ぎ声~左右同時に喘いであげる~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

以前「ことね様のヒーリング喘ぎボイス~ワンコインプライス~」という
喘ぎ声だけの作品を紹介させていただいたことがあるのですが
こちらはそれと同じコンセプトで声優さんを変えたような作品です。

今回は野上菜月さんを迎えて、彼女の特徴であるバイノーラル録音を駆使して
立体的でリアルな喘ぎ声を聴かせてくれます。
しかも作品構成が右耳、左耳で2タイプ用意されていて
さらにそれを結合させたバージョンまで存在します。

両耳バージョンはまったく別々の喘ぎ声から
左右の耳を同時に犯される感覚をたっぷりと味わえます。
そもそも喘ぎ声専門の作品自体が非常にレアですから
それだけでも聴く価値のある作品と言えるでしょう。



耳を撫でられているように感じるほど近い声
菜月お姉ちゃんに左右から喘いでもらうお話。

「菜月お姉ちゃんの バイノーラル♪」
菜月お姉ちゃんは大人の色気漂う艶めかしい声の女性。
冒頭にお約束のタイトルコールを行うと
その後すぐさま切なそうな喘ぎ声が聞こえ始めます。

本作品は合間に軽いセリフを挟んでいるものの
ほぼすべてが喘ぎ声で構成されていると言えるほど、喘ぎ声をたっぷり聴けます。

昨今の作品はちゅぱ音や効果音を重視している作品が多いのと
SEXシーンの無い作品がそれなりにあるおかげで
残念ながら喘ぎ声をまとめて聴ける機会はあまりありません。
この作品ではその不足しがちな成分を補充することができます。

作品構成は右耳バージョン、左耳バージョン、両耳バージョンの3通り。
左右のバージョンは音声を反転しただけのものではなく完全オリジナルです。
そして両耳はその2つを結合した音声になります。

野上さんと言えば、バイノーラル録音による音声の質の高さで有名な声優さんです。
もちろん喘ぎ声でもそれはしっかりと発揮されており
まるで彼女がすぐそばにいるかのように声を近くに感じ取れます。
実際に聴いてみると声や吐息がするたびに
耳をさわさわと撫でられているような感覚を受けるでしょう。



ストーリーの違いを感じさせる喘ぎ声
再生時間のほぼすべてがエッチシーンになります。
プレイは喘ぎ声が聞こえるだけですから特にはありません。
エッチな効果音もありません。

「ああっ はぁ ああん んふぅ」
前述の通り、菜月お姉ちゃんは開始早々から甘い喘ぎ声を漏らし始めます。

喘ぎ声は聴き手を興奮させることを意識しているように熱く
開始1分ほどで自然と股間が硬くなってしまうほどにエロいです。
ペースも序盤はゆっくり、後半はやや激しくときちんと考えられていますから
彼女の声の高ぶりに合わせて、こちらも自然と胸が高鳴っていくのを感じるはずです。
実際どんな声なのかは体験版で直接ご確認ください。

左右で別々の喘ぎ声が聴けるわけですが
私が聴いた限りでは、右と左で想定するプレイに若干の違いがあるように思われます。

具体的に言うと、右は主人公とのオナニーの見せ合い
左は性器の相互愛撫をしているように思われます。
聴き手の設定はどちらも弟でしょう。

「おまんこ 熱くなってるよ」
「あなたのおちんちんも 硬くなってる?」

右耳バージョンではお互いの興奮の度合いを時折確認しながら進められています。
この際のお姉ちゃんの声がやや挑発的であったり
喘ぎ声に若干喜んでいるような成分を感じることから
自分自身でおまんこを慰めながら快楽を貪っているような印象を受けました。

「そう いい子ね そこ そこよ」
「お姉ちゃん とってもいい気持ち」

一方左耳ではこのように聴き手をリードするようなセリフが登場します。
喘ぐ際の吐息がこちらのほうが荒いため
自分で自分の弱い所をいじくるというよりは
好きな人にいじられているシチュに興奮しているように思えます。

そして本作品一番の醍醐味はもちろん左右から同時に聴こえてくる喘ぎ声です。
そもそもこういう形式の作品自体がほとんどありません。

実際聴いてみると、まず喘ぎ声がほぼ途切れません。
そして左右から交互に流れたり、あるいは同時に流れたりと
まったく別々の喘ぎ声なのに奇妙な一体感があります。
まさに両耳を犯されるような面白い感覚を味わえるでしょう。



喘ぎ声づくしな作品
最初から最後までどこを切っても喘ぎ声が聞こえてきます。

左右それぞれにきちんとコンセプトを持たせているおかげで
喘ぎ声だけなのにある程度の流れを感じます。
合間に適度にセリフが入っていますし
今彼女がどんな状況にあるかは、ある程度わかりやすくなっているかなと。
あくまでメインは喘ぎ声ですから、聴き手の想像力任せな部分ももちろんあります。

両耳バージョンはそれぞれに目安となるタイムシフトがあるのか
通常はまったくばらばらに動いている声が、要所では息が合っているように思えます。
やはりバイノーラルはこういう近距離でのプレイに向いていますね。
声以外にも色々なものを感じさせてくれます。

ことねさんバージョンに比べると
声の乱れ方やペースの変化が緩やかだった点だけが残念ではありますが
その分上品な喘ぎ声として安心して聴けるのも事実です。
このへんの好みは完全に人それぞれでしょう。

価格も30分で300円なら安いですし
抜きボイスとして十分優秀な作品と言うことができます。

※左右の音声ファイル名が逆になっていますのでご注意ください。

CV:野上菜月さん
総時間 右耳ver…15:20 左耳ver…15:16 左右ミックスver…15:19


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

自虐オナニー大好き少女~機械に壊される私~

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

本作品の主人公は、性的に虐められるのが大好きなドM少女。
そんな責められることに慣れている彼女が、機械から想像を絶する責めを受け続け
最終的には壊れてしまう
様子が描かれています。

好奇心で挑戦した彼女が初めは快楽に悦び、やがて苦痛にもがき苦しむ姿を
たっぷりと楽しめるのが特徴で
プレイ中は喘ぎ声がひっきりなしに流れ続けますから
喘ぎ声が好きな方には特に向いている作品と言えるでしょう。



普通の刺激じゃ満足できないの
主人公の柊桜(ひいらぎさくら)が2種類の機械に性的に虐められるお話。

「一度でいいから 壊れるまで拘束おもちゃ責めを味わってみたいな」
桜は元気で甲高い声の女の子。
クリトリス、おまんこ、アナルをおもちゃで責めるのが大好きで
最近は自分を拘束して無理矢理刺激を与え続ける
いわゆる自虐プレイにはまっているほどのドMです。

もっと激しい責めを味わいたい、そんな願望を抱いていた彼女が
「クリトリス責め 三角木馬型拘束マシーン」
「絶頂寸止め 貞操帯型マシーン」
上記2種類の機械を自分の体でテストする、これがお話の大まかな流れです。

「イキたくても イケないのね あー お股がキュンとしちゃった」
普通の人なら名前を見ただけでもドン引きしそうですが
逆にワクワクしてしまうのが、いかにも彼女らしいですね。

そして、この明るさがやがて絶望へと変わっていく。
この激しい落差が大きな背徳感を生み出すわけです。



徐々に変化していく喘ぎ声
エッチシーンは2パートあり、合計で48分ほど。
プレイはクリトリス責めによる連続絶頂と
クリトリス、おまんこ、アナルへの寸止め地獄
です。

バイブ等が動く際にリアルな機械音が流れます。
また、吸盤状の機械が動く場合に「くちゅ くちゃ」と粘液質の音が流れますが
おまんこそのものから発生する類のくちゃ音は流れません。

「最高 本当に中断も中止もない拷問が始まっちゃうのね」
説明書で軽く操作方法を確認すると、待ちきれなくなったのか
桜は期待に胸を膨らませながら、早速機械を起動させます。

プレイ中は実際の様子以外にもモノローグの有無が選択可能で
モノローグ有りの場合、その時の彼女の心情も合わせて聴くことができます。
個人的にはモノローグ有りの方がいいかなと。

「だめっ だめっ 体重乗せるのだめぇ おぉぉぉん いやぁぁぁぁ」
本作品最大の特徴、それは喘ぎ声が非常に多く流れること。
機械が彼女の弱い部分を執拗に責めるおかげで
停止している時以外は、ほぼ何らかの声を上げ続けてくれます。

さらに、その喘ぎ声が後になるにつれて変化するのも聴きどころで
「んおぉぉぉぉん 私の クリトリスゥゥゥ」
序盤は純粋に快楽を楽しみながら、甘い声を上げていた彼女が
「いぃぃぃぃ いやぁぁぁぁ だめぇ クリトリス 食べちゃダメなのぉ」
休みなく責め続けられることに心身の苦痛を感じ始め
「私が 間違ってました 何でもしますから 許してくださいぃぃぃ」
やがてただの機械に、泣きながらやや呻くような声で停止を懇願します。

相手は機械ですから、そんな事を言っても通じるわけがありません。
その後も刺激を段階的に上げながら
何度も何度も何度も弱い部分を徹底的に責め続け、彼女の心を壊していきます。
そんな一切容赦のない責めを聴けるのも、本作品の魅力の一つと言えるでしょう。

個人的に印象に残ったのは、三角木馬パートにあったとあるシーン。
挿し絵にあるように、彼女は足に雑誌を置いてプレイするのですが
ふとした事故でそれがなくなり、その後は機械に馬乗りの状態で
クリトリスにダイレクトな激しい責めを受ける羽目になります。

その事故の様子がスローモーションで描かれており
同時に流れる心臓の鼓動が、緊張感を見事に引き出していました。



暗い展開の中にも僅かに明るさがある作品
彼女が逃げ出すこともできずひたすら責められ続け、最終的にはぶっ壊れてしまう。
そんな結末が待ち構えてはいるのですが
元々彼女自身が望んで始めたことであり、自虐願望があるのも加わって
そこまで暗い気分にならずに聴き終えることができました。

また彼女の声が甘く明るいのと
終盤の喘ぎ声が泣き叫んではいるものの、悶え苦しむようなタイプにはやや遠いため
「なんだかんだいって、彼女自身も楽しんでるのかな?」と思える部分もあります。

今回はB-bishopさんの看板タイトル「心無き機械人形」シリーズとは違って
後日談が収録されておらず、結果人間を辞めて家畜になるような展開にもなりませんし
このサークルさんの作品としては、割と明るい終わり方なのではないかなと。
(これとは別に後日談を収録した作品も販売されています。)

プレイはSなら機械、Mなら桜の側に立って聴くことができますから
ある意味どちら側でも聴ける珍しい作品です。

弱い部分だけを徹底的に突く、終始一貫したえげつない責めは
もう普通のプレイでは刺激が足りない、と思っている方でも
おそらく満足させてくれるでしょう。

CV:綿雪さん、口谷亜夜さん
総時間 1:06:46


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ことね様のヒーリング喘ぎボイス~ワンコインプライス~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。
コンセプトのはっきりとした安価な作品を、数多く出されているサークルさんです。
最近純粋な抜きボイスを紹介していないな、ということで選んでみました。

本作品はより多くの方に聴いていただくために
100円という、缶ジュースよりも安い価格で販売されています。

かといって安かろう悪かろうというわけではありません
タイトルの通り、声優として有名な紅月ことねさんが
短時間ながらも、喘ぎ声だけで聴き手をたっぷりと興奮させてくれます。



ひたすら喘ぎます
紅月ことねさんがひたすら喘ぐお話。
もうお話ですらありませんが…当サイトのお約束ですので。

「本日は私紅月ことねが 癒しのひと時をお届けします」
まずは演者であることねさんが
本作品のコンセプトについて、2分程で説明してくれます。

「ヒーリング」とタイトルにあるからか
対象となる聴き手を想定して
彼女の口調がとても柔らかく、穏やかなのがいいところ。
この部分だけでもそれなりに癒されるものを感じます。

そのあと本編に入るわけですが
本作品の本編は、喘ぎ声だけで構成されています。
本当に喘ぎ声のみで、開始1秒から彼女の切なそうな声が聞こえてきます。

最近人気のある音声作品は
効果音やちゅぱ音に力を入れている傾向があるため
喘ぎ声を集中して聴ける作品というのは、意外にありません。
そういう意味では珍しい作品とも言えます。



ストーリーのある喘ぎ声
エッチシーンは前置き部分を除いたおよそ15分間。
この15分間が丸々ことねさんの喘ぎ声にあてられています。
効果音はありません。

「あぁあん うふはぁ んっっ」
かすかに聞こえてくる吐息と共に、彼女の甘く切ない声が聞こえてきます。

本作品は時間的に短いことに加えて内容が特殊であるため
おそらくアドリブで演じられていると思うのですが
彼女がオナニーを想定して喘いでいる様子が窺えます。

だから、15分間ただ淡々と喘いでいるのではなくて
後になればなるほどにペースが上がったり、声が荒くなったりと
喘ぎ声だけしか聞こえてこないにも関わらず、作品には流れがあります。
そのおかげで、聴いていてだれることは、なかなかないでしょう。

喘ぎ声自体もさすがことねさんといったところで
実に多種多彩な声と吐息を聴かせてくれます。

特に終盤、絶頂が近づいてくると一気に喘ぐペースが速まり
なんとか我慢しようと口を閉じて堪えるも、すぐに抑えられずに
「あぅん っはぁっはぁっはぁ」
と大きな声を上げてしまうところなどはたまりません。

そして最後は
「あうんっ えうっ えうっくぅぅぅぅ」
泣き出してしまうかのような切ない声で絶頂を迎えます。



とことん喘ぎ声を楽しめる作品
抜き用の作品として非常に優秀です。
彼女の声を聴いていれば自然と勃起し、興奮してしまうでしょう。
15分間という短い時間ながらも、きちんと射精できる内容です。

「お姉さんが息を荒くしながら、一心不乱にオナニーにふける」
ただ喘ぎ声だけなのに、そんな情景が割と簡単にイメージできます。
女の子がオナニーをしているCGが用意できれば尚良いです。

そしてコスパが驚異的。
買って損をすることはまずないでしょう。

作品説明に書いてある、本作品の効果については
リラックスや安眠はあまり期待できません。
その代わり性欲促進は抜群に高いです。

体験版は説明部分の2分間を聴くことができます。

CV:紅月ことねさん
総時間 17:11


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります
続きを読む

↑このページのトップヘ