同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:和風

   ● 椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】
   ● リラクゼーション旅館【薬味亭】~若女将が誠心誠意、ご奉仕(サービス)致します~
   ● 耳舐めサロン-夢あかり-
   ● しろなこおすーヒーリングサロンシエルー
   ● 耳かき専門店~奏~
   ● 耳かき旅館 猫屋敷 ~子子その2~
   ● 今宵、ほろ甘く~のどかな田舎の艶の音~
   ● 和風姉上の全肯定譚 ~やすらぎ侘び寂び生活~
   ● 【骨伝導】つづらみち-みわのアメに召されて-【耳舐め】
   ● 妖艶くのいちとお世継ぎ修行~若様のお子種、お搾りします~


椎菜と甘酸っぱい夏祭り♪【ASMR音声&フルカラー漫画】

サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ご近所さんから恋人の関係になった男女が
夏祭りの会場やホテルであまあまラブラブなエッチをします。

音声と漫画(22ページ)がセットになってるのが最大の特徴で
状況説明やSEXの体位といったわかりにくい部分は漫画に任せ
音声はちゅぱ音や喘ぎ声を多めに鳴らしてストレートに射精を応援します。
祭りの時はちょっぴり意地悪に
恋人の葉月椎菜と祭り会場近くのホテルでエッチするお話。

「椎菜 お祭りなんて久しぶりです」
椎菜は甘く可愛い声の女の子。
浴衣を着て主人公と夏祭りに出かけると
その独特な雰囲気にウキウキしながら何をしようか尋ねます。

本作品は「JK椎菜とえっちな勉強しませんか♪」「椎菜といっぱい夏休み♪
JK椎菜とひみつのお泊まりしませんか♪」に続くサークルさんの人気シリーズ第4弾。
過去作を通じてすっかり仲良くなった2人がおよそ40分に渡って夏祭りとエッチを楽しみます。
サークルさんが抜き重視で制作されたとのことで、総時間の90%をエッチシーンに割り当て
その中でイチャラブ感を出しつつ比較的ハードなプレイをします。

シリーズ作品ですがお話は単体で完結してますから
過去作を事前に聴いておかなくても普通に楽しめます。
ちなみに2019年9月17日まですべて50%OFFで販売されてます。

そう言える一番の理由は漫画を読みながら音声を聴くスタイルになってること。
漫画の中で彼女が話すことをそのまま音声化しており
音声単体で楽しむよりも視覚的にイメージしやすいです。


同系統の作品は先ほど紹介した「椎菜といっぱい夏休み♪」と「双子はきみが好き!!
あとは別サークルさんの「シンコンコチヤ」くらいしかありません。
サンプル画像を見ていただければわかるように漫画の品質も非常に高く
これ単体でオナニーできるくらいのエロさを持ってます。

そしてこの特徴が最大限に発揮されるように
音声作品でよくある状況説明のセリフを極力省いて物語を進めます。
例えば場所を移る時やSEXで体位を変更する時は環境音や声の位置を切り替え
あとは漫画に任せるという思い切ったことをされてます。
その一方でキスや耳舐めといった漫画では表現しにくいプレイは音声でしっかりカバーしてます。

実際に聴いてみると言い回しが普段と違うように感じるでしょう。
別の媒体で同じストーリーを描きつつお互いの弱点を補ってるのが素晴らしいです。

「隣に、お兄さんもいて… 椎菜 とってもワクワクしてます」
椎菜はまだ学生ということで年齢相応の一途で純情な女の子。
久しぶりに参加した夏祭りを無邪気に楽しむ可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチの場数もかなり踏んでおり、プレイ中は積極的におねだりしたり
エロ可愛い喘ぎ声を漏らして男心を上手にくすぐります。

主人公のほうが年上なので彼女が受け身に回ることが多いです。
激しめに責められたら声が若干アヘるなど、普段とのギャップを持たせてエロさを出してます。
意地悪に振る舞うシーンもありますが彼もやり返すので属性はほぼノーマルです。
素直にたっぷり乱れるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる37分間。
プレイはローター責め、キス、乳首責め、クリ責め、耳舐め、SEX(バック、正常位、背面座位、対面座位)です。
ローター責め、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「もう…椎菜、おまんこすることしか、考えられなくなっちゃいました…」
祭りの会場で出店を回りながら主人公にエッチな悪戯をされた椎菜は
ホテルへ移動した後にそれを軽く怒ってからすっかり濡れたおまんこを見せつけます。

エッチは彼がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
事前に7分程度のお祭りシーンを挟んでから始まるホテルでのプレイはおよそ30分間。
前半は部屋で彼女を1回イかせてからのバック+正常位
後半はお風呂に移って背面座位、バック、正常位、対面座位の順に繋がり1回ずつ射精します。

「ローターじゃ ダメなんですっ お兄さんの手も 気持ちいいけど でもやっぱりおちんぽがいいんですっ」
そしてここでは彼女が普段と随分違う淫乱な姿を見せてくれます。
おもちゃよりもおちんちんのほうが好きとストレートに伝え
彼に責められてる時は切ない喘ぎ声を積極的に漏らします。
その中でおねだりも適度にするなど、マグロにならず色んな手段で彼をやる気にさせます。

清純そうに見えて慣れてるギャップが魅力的だなと。
何度もエッチしてる仲なので恥ずかしがったりせずありのままの自分をさらけ出します。

プレイのほうはSEXがおよそ18分と最も長いです。
少し前で書いたように体位の種類が充実しており
バックの時はやや遠く、対面座位は耳元近くと声の位置を小まめに変えて表現します。
このへんは漫画でちゃんとわかるようになってますから見ながら聴けば簡単にイメージできます。

「椎菜に、激しくおまんこして… えっちじゃ、なくて… 交尾で、いいから…」
最中のセリフは彼女視点のものが非常に多いです。
激しめに責められて最初は戸惑ってたのが徐々に快楽へ溺れていき
終盤に差し掛かると獣のようなSEXを求める大胆な姿を見せてくれます。
喘ぎ声も微妙に変化させてますし、漫画で伝わりにくいところを上手くカバーしてます。

このように、抜きに寄せつつ2人の心の繋がりも描いた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
視覚と聴覚を両方同時に楽しませてくれる作品です。

椎菜は大好きな主人公と夏祭りを満喫しようと
浴衣姿で登場し、まずは夜店を回りながら彼のエッチなリクエストに応えます。
そしてホテルに移動した後は色んなSEXをして何度も絶頂します。

可愛くてエッチも得意な年下彼女と夏の夜を楽しむ甘いシチュ
漫画と音声を用意し、それぞれの長所を活かして物語を進める個性的で抜きやすい作り
彼女の魅力を出しつつ喘ぎ声を多めに盛り込んだSEX重視のエッチ。
シリーズの流れを受け継いだうえでよりリアルかつエロい作品に仕上がってます。

実際に聴いた感想は「エロい」の一言です。
漫画を見ながら聴く時点で視覚からの興奮が得られますし
そこに描かれてるエッチの様子を音声で忠実に表現していて高い没入感が味わえます。
音声単体だとわかりにくい部分もあるので、やはりふたつでひとつの作品なのかなと。

あとは可愛さとエロさを兼ね備えた椎菜のキャラも印象的でした。
エッチで淫乱に振る舞うシーンもあるけどそれほど下品に感じないのは
普段の彼女がごく普通の女子学生だからでしょう。
久しぶりのお祭りを純粋に楽しみ、彼と思い出を共有できたことを素直に喜びます。

サークルさんが現時点で続編を予定されてるかはわかりませんが
まだまだお話が続きそうな気配を感じました。

絶頂シーンは主人公2回、椎菜4回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:秋野かえでさん
総時間 41:22

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月5日まで20%OFFの1296円で販売されてます。

リラクゼーション旅館【薬味亭】~若女将が誠心誠意、ご奉仕(サービス)致します~

サークル「薬味亭」さんの同人/催眠音声作品(全年齢向け)。

今回紹介するサークルさんの処女作は、和服姿がよく似合う上品な若女将が
遠路はるばるやって来た男性客をつきっきりでもてなします。

和の雰囲気を大事にした落ち着いたサービスが行われており
鹿威し、襖、和風料理など旅館に合った素材を用意して落ち着きを持たせ
さらに就寝時は2種類の手段で癒しと眠気を与えます。
海に面した旅館でのんびり
薬味亭の若女将「希美(のぞみ)」が健全なご奉仕をするお話。

「遠路はるばるお越しいただき ありがとうございます」
希美は穏やかで品のある声のお姉さん。
商店街の抽選で宿泊チケットを当てた主人公に丁寧な挨拶をすると
お部屋へ案内してから旅館や自分のことを話します。

本作品は20代前半で老舗旅館の若女将を勤め上げてる彼女が
一泊二日の貸し切り券を手に入れた彼を60分程度に渡って親身にもてなします。
実際の旅館に近づけたかったのか、耳かきやマッサージといった定番のサービスは避け
ご飯を食べたりお風呂で寛ぐ様子に色んな音を盛り込み臨場感を出してます。

また総時間の7割近くにあたる40分を安眠パートに割いてまして
そこでは催眠をかける、恋物語を読み聞かせると2つのルートが用意されてます。

同人音声と催眠音声両方の特徴を持ってるのは珍しいですね。
どちらも作品独自の要素を盛り込んであって癒しのパワーが強いです。

「事前にお客様のことは聞いていたので サイズはピッタリのものをご用意いたしました」
希美については女将のイメージ通りの女性。
ニコニコした様子で挨拶したり案内するのはもちろん
彼の足のサイズに合ったスリッパまで用意するほどの気配りを見せます。
夕食のシーンでは献立を細かく説明してくれたりと旅館らしさを感じるセリフが多いです。

チェックインを済ませた後の2パート15分間は寛ぐシーン。
周辺の観光をしてから夕方に着いた彼に様々な和風料理を振る舞い
さらに露天風呂でお酌しながら色んなことを話します。

「薬味亭で開発した 秘伝のそばつゆです 甘辛い味がして さらに食欲が湧いてきますよ」
天ぷら、そば、鴨鍋など和の心を感じる料理で揃え
それらを彼が食べたり彼女が食べさせる様子をセリフと音で表現します。
音が鳴るのは食べる瞬間だけなのでASMR系の作品ではありません。
どれから食べればいいか迷う彼を彼女が助けるシーンもあって微笑ましいです。

次の露天風呂はお湯の音を特に流さず
専用の浴衣に着替えた彼女が自分や妹のことを語ります。
彼がもらったチケットを使うと貸し切り状態になるそうで
彼女も普段よりはたぶんのんびりした接客ができてるのでしょう。
サービスで癒し、キャラで癒やすバランスの良さも本作品の持ち味です。
波の音と女性の愛に包まれて
本作品のメインにあたる安眠パートはおよそ40分間。
「(4)-A希美のリラクゼーション催眠、体感してみませんか?」は癒しの催眠をかけてゆっくり寝かしつけます(約23分)。
解除音声は入ってませんから基本的には寝る前にお聴きください。
出かける予定がある場合は無料作品でいいので必ず解除音声を聴いてください。

「最初は 両足の指先の力が抜けていきます」
内容は横になって目を瞑り、彼女の呼吸音に合わせて深呼吸しながら
両足→足首→両手→腰→顔の順に体を脱力します。
そして軽く深化させてから舞台を夜の浜辺に移し、そこで彼女と歩いたり膝枕されるイメージをします。

同人音声の一部を使って催眠をかけるスタイルなので正直期待してなかったのですが
サークルさんが勉強されてるのか、全体の流れや技術の使い方が安定していて良かったです。
前半をほぼ全部深呼吸と脱力に使ってリラックスできる状況を作り
後半シーンも癒しの要素をいくつも組み合わせて意識をぼんやりさせます。

「ずっと聞いていると だんだんと 穏やかな気持ちになっていきます」
砂浜に移ったところで波の音が鳴り始めるのがいいですね。
薬味亭は挿し絵の通り海のすぐそばに建ってますから、当然波の音も実際に聞こえます。
前半に比べて暗示の量が減るので催眠らしさは薄れるのですが
このパートの目的はあくまで安眠ですからそこまで深く落とす必要はありません。
終盤には波の音だけが流れる時間を設けるなど、目的意識を持った誘導をしてました。

それに対して「(4)-B朗読」は物語で癒やすサービス。
以前この旅館にいた三姉妹と郵便配達の男性に関する恋愛事情を語ります。

書くとつまらないでしょうから内容はすべて伏せるとして
温かみがある中でちょっぴり切なさも感じるお話でした。
基本的にはしゃべり続けるので催眠パートに比べると安眠との相性は悪いですが
それに向けた準備として心を温める効果は十分あると思います。
催眠と似た方向性にならないよう敢えて大きく変えてあるのかもしれませんね。

このように、技術と物語を使い分けて眠らせる珍しいサービスが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
和風情緒を大事にした落ち着いてる作品です。

希美は運良くチケットを手に入れた主人公に旅を満喫してもらおうと
女将らしい丁寧な物腰ときめ細かなおもてなしで安らげる空気を作ります。
そしてお風呂の後は2種類の眠れるサービスをを提供します。

女将のイメージにピッタリな女性が一対一でお世話する癒しのシチュ
会話と音を組み合わせて旅館らしさを出すバランスの取れた作り
まったく別の方法で寝かしつける安眠パート。
現在流行ってる癒し系音声とはやや違う構成にしてあります。

中でも安眠パートは十分な時間を用意し、それをほぼ半々に分けて催眠をかけたり物語します。
同人音声の中には「主人公が最後に眠るから催眠音声だ」と勘違いしてるケースも時々あるのですが
本作品はきちんと催眠の技術を使って眠らせる正統派のものです。
時間が23分ありますし、サークルさんが最も力を入れられてるように映りました。

それ以外のパートについても処女作として見る分には比較的質が高いです。
ただし、効果音の扱い方だけは引っかかりました。
例えば夕食中に鴨鍋がぐつぐつ煮える音が鳴るシーンがあるのですが
彼女がその話をした時だけ音が鳴るようになってます。

鍋は火を入れたらそれが消えるまで煮え続けるのが普通ですから
煮えるにつれてだんだん大きくなり、彼が食べ終えたあたりで小さくなるのが自然です。
他のシーンもひとつの音を一瞬だけ鳴らすことが多かったので
複数の音を共存させて空間そのものを表現できるようになればより良くなると思います。

音質は今のままで十分良いので演出面を強化してみてはいかがでしょうか。
今後もっと伸びる可能性を秘めたサークルさんです。

CV:朝富やくもさん
総時間 1:04:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
同人パート、催眠パートいずれも7点をつけてます。

2019年9月1日まで50%OFFの324円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

耳舐めサロン-夢あかり-

サークル「DreamLight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人里離れた場所にあるサロンを舞台に
着物姿の店員さんがエッチな事も含めた穏やかなサービスをします。

タイトル通り耳舐めに力を入れてるのが特徴で
エッチシーンの8割以上もの時間を用意し
全体的にゆっくり舐めつつ後になるほど音を激しくして射精を応援します。
静かな場所でまったり耳舐め
耳舐めサロン夢あかりの店員「菜奈」がご奉仕するお話。

「あら はじめまして 耳舐めサロン 夢あかりへようこそ」
菜奈は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
夢あかりを訪れた主人公に丁寧な挨拶をすると
初めて利用する彼にここのことを話してからどのメニューにするか尋ねます。

本作品は隠れ家的なサロンを1人で切り盛りしてる彼女が
遠路はるばるやって来た彼を30分程度に渡ってゆっくりもてなします。
DLsiteの声優特集第1弾に柚木朱莉さんが選ばれたことを記念して制作されたとのことで
価格がたったの100円と非常に安くなってます。

しかし安いからといって手を抜いてる部分は一切ありません。
全編バイノーラル録音を採用し、多くのシーンで体を密着させながら丁寧に耳を舐めます。
耳舐めが売りなので時間を22分と長めに用意し
序盤は優しく、中盤はちょっぴり激しく、終盤はエロくと変化をつけて責め続けます。

和風テイストを重視されたのか全体的にペースは緩めです。
でも耳舐め中はほとんどしゃべらないおかげで音の変化がわかりやすく
目を瞑って聴けば彼女がすぐそばにいる感覚が味わえます。
吐息を適度に挟んで耳に微弱な刺激を送るなど、バイノーラルの長所を活かした演技がされてます。

射精に直結するプレイの時間が短いため
どちらかと言えば抜きよりも耳舐めを楽しむ作品だと私は見ています。
短時間の作品で色々やっても中途半端になるだけですし、テーマをひとつに絞ったのは正解だと思います。
心を込めて舐めるエッチ
エッチシーンは2パート27分間。
プレイは耳舐め、指による耳撫で、手コキ、お掃除フェラです。
耳撫で、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「はぁい まずは こちらのベッドにお掛けください」
相談の結果、菜奈のお任せで施術することが決まると
ひとまず主人公をベッドに座らせ、左側に体を密着させて耳を優しく刺激します。

エッチはお店のサービスなので終始彼女が責めます。
前半の「02 耳舐め施術と耳フェザータッチ」は耳への責めに特化したサービス(約16分)。
耳元で「こちょこちょ」と言って微弱な振動を送ってから左→右の順にゆっくり舐め始めます。

「こういうのって 心まで気持ちよくなれたほうが 施術を受けている時 もっと心地良いですからね」
彼女自身が言ってるように、このパートは2人の心を近付けることを重視してます。
おちんちんへの接触は一切しないし服を脱がせることもありません。
だからこそ本作品の売りである耳舐めを集中して楽しむことができます。

ゆっくりペースで舌先を動かすところから始まり
舌先で耳の内側を軽くゾリゾリする、全体を口に含んではむはむするなど
R15とR18の中間あたりに位置する責めを心がけてます。
淫語を言ったり艶めかしい喘ぎ声を漏らすこともなく落ち着いた空気が漂ってました。

同時に反対側の耳を指で撫でるのが良いですね。
耳舐めとはまったく違う乾燥した摩擦音が鳴って軽くゾクゾクします。

それに対して後半の「03 とろとろに溶けて…?」はより幅広く責めるプレイ(約11分)。
彼が十分勃起したのを確認したところで服を脱がせ
そのままおちんちんを手でゆっくりしごきます。

「これをずぽずぽーって おまんこの中に入れたら 気持ちいいんだろうなぁ」
おちんちんを見た途端に「太くて硬い」と褒め称え
さらにSEXしたそうな表情を見せるなど、引き続き彼を立てる姿勢でリードします。
耳舐め中に漏れる吐息も先ほどより熱っぽく、彼女が多少は興奮してるのが伝わってきます。

手コキは3秒1コキ~1秒1コキとペースを控えめにし
その代わり耳舐めのほうをやや激しくエロくして補ってます。
彼女のキャラを崩さないよう露骨に下品に振る舞うことはないものの
少なくとも前のパートよりは抜きに寄せた舐め方をしてました。

私が聴いた時は時間が足りなくて射精には至りませんでした。
でもそれほど消化不良に感じなかったのは心のケアもしてくれたからでしょう。
「癒しメインでついでに抜けたらいいな」くらいの感覚で聴いたほうが満足できると思います。

このように、お店の看板プレイを存分に味わわせるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
耳舐め好きに捧げる作品
ほぼ全編で行われる耳舐めが魅力の作品です。

菜奈は夢あかりにやって来た主人公を癒しつつ気持ちよくしようと
若干砕けた口調で語りかけながら体を密着させて耳を責め続けます。
そしておちんちんが元気になったところで優しくいじって射精へ導きます。

和風情緒のあるお姉さんがひたすら耳舐めするシンプルなシチュ
できるだけ時間を長く取り一心不乱に続ける耳舐め
その合間に細かな気配りをする彼女のキャラ。
短いながらも明確な世界観と個性を持った作品に仕上がってます。

中でも耳舐めは本作品の鍵になるプレイということで
質量共にこだわったリアルなサービスになってます。
耳舐めが好きかどうかで満足度に差が出ることは否定しませんが
最初のほうで書いたように価格がたったの100円なのでまず損はしません。
記念を祝う作品らしくより多くの人に聴いてもらえる配慮がされてます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、吐息とくちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:柚木朱莉さん
総時間 33:29

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
33分で108円とコスパが良いので+1してあります。

しろなこおすーヒーリングサロンシエルー

サークル「Crescendo」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、のほほんとしてるけど腕はいい店員さんが
すっかり顔なじみになってるお客を専用のサービスで癒します。

和の心を強く意識したASMR系の作りが魅力で
サービス中はどのパートもセリフよりも音の割合を増やし
あずき、抹茶、ヨモギといった珍しいアイテムを使って色んなマッサージをします。
音の質が非常に高く耳に優しいですから安眠のお供にも役立ってくれるでしょう。
常連さんへのオリジナルサービス
ヒーリングサロンシエルの店員「朝霧代菜」が耳かきやマッサージをするお話。

「お客様ー お待ちしてました 本日はしろなこおすをご予約いただいて ありがとうございます」
代菜は甘く可愛い声の女の子。
店長に呼ばれて主人公がいる受付に行くと
自分の名前がついたコースを何度も言ってニヤニヤします。

本作品はゲーム大好きでちょっぴり抜けたところもある彼女が
自分をこれまで何度も指名してくれた彼に新しいサービスをします。
「しろなこおす」という彼女の名前を冠したこのコースはテーマを「和風」に定めており
作中ではそれを匂わせる様々な要素を盛り込んで日本人向けの癒しを提供します。

「そういえば 今日の服はどうですかね? 店長に着付けしてもらったんですけど 似合いますか?」
挿し絵のような着物で登場するところから始まり、場所を和室に変更して椅子ではなく床に寝かせ
物語の前半ではバックに風鈴の音が時々鳴ります。
彼女も一人前の店員として認められたことがとても嬉しいようで
過去作よりも活き活きした表情でお世話に取り組みます。

販売ページに書いてある通り効果音が中心の作品なのは間違いありませんが
彼女ののほほんとしたキャラや頑張る姿も別の癒しを与えてくれます。
「良い意味で店員らしくない」とでも言えばいいのでしょうか。
何度も顔を合わせてる相手なので終始リラックスしてるように映りました。

サービスについては定番の耳かき、マッサージ、シャンプーに和風のアレンジを加え
さらに音声作品ではなかなかお目にかかれないものも取り入れてます。
総時間が140分程度あるおかげで各パートに十分な時間を確保できており
通しで聴いたら寝る人がそれなりにいると言えるほど穏やかな空気が漂ってます。

どのパートも音がリアルかつ優しいもので統一されてますし
彼女もそれを集中して聴けるようセリフの間隔を長く取って話しかけます。
前半と後半で環境音が切り替わるなど、音に対する並々ならぬこだわりを持って作られてます。
また一部のシーンではわざと手間をかけて音をより多く聴けるようにする工夫もされてます。

愛らしい女の子がリアルな音を駆使した和風のサービスでもてなす。
サークルさんの持ち味を活かしつつ捻りも加えた総合力の高い作品です。
音が織りなす癒しのひと時
店内にある和室に移動し浴衣へ着替えた後から始まる3パート52分間はマッサージ。
あずきの入ったお手玉を温めて彼の首筋から腕にかけてをとんとんし
代菜がその場で点てた抹茶を顔に塗ってパックし、ヨモギをすり潰したものを耳に塗って揉みます。
またバックで風の吹き抜ける音と風鈴が流れます。

「どこかで聞いたことがある気がして 懐かしい気分になりますよねー」
そして彼女は早速音をメインに据えて癒しを与えます。
あずきマッサージは「ずしゅっ」という適度な重みのある優しい音が
耳の下あたりで転がったり肩たたきするように小まめに上下し
抹茶マッサージは床屋でやる顔剃りの泡を塗りつけるような音が至近距離で鳴ります。
そしてこれらの合間にサービスにちなんだ話題を振って心もケアします。

世間一般的なマッサージとは方向性が違うので最初は戸惑うでしょうけど
音の質感、位置、距離、鳴るタイミングがしっかりしていてきちんとサービスになってます。
聴いてる最中は時間の流れが緩やかに感じるでしょうね。
ヨモギもオイルマッサージとはやや違うみずみずしい音が耳元で鳴ります。

続く3パート70分間は定番のサービスを本作品なりにアレンジしたもの。
シャンプーしながらタオルだけでは落とせない顔と耳の汚れを落とし
「ひびきがね」と呼ばれる音叉のようなもので耳の汚れを浮かせ
最後に30分以上をかけてじっくり丁寧に耳かきします。
またここからは環境音が雨音やカエルの鳴き声に変化します。

「アレンジした」と言える理由はやり方にあります。
例えばシャンプーはお風呂場じゃないので木製のたらいと桶を用意し
髪を濡らしたりシャンプーを洗い流す時はちょろちょろとした水の音が鳴ります。

「シャワーもいいですけど ざばーってされるのも気持ちいいんですよねー なんだか洗ってるーって感じがして」
効率だけを考えればシャワーのほうが向いてるのでしょうけど
本作品は和風が売りですからこうしたほうが物語の雰囲気に合ってます。
また桶で流すほうが音が静かで環境音を聴きやすくなります。
シャンプーをしっかり行い、コンディショナーに切り替え、ドライヤーで乾かす無駄のないサービスです。

「この音だけが 頭の内側で響いて ゆらゆら 音に揺られて」
ひびきがねは右耳→左耳の順に「ぽーーーーん」という澄んだ音が鳴り響きます。
本作品以外ですとVOICE LOVERさんやとみみ庵さんあたりでしか登場してないサービスなので
今回初めて聴く人も結構いるんじゃないでしょうか。
体験版を聴いていただければわかるように、小刻みに振動しながら強弱を繰り返す不思議な音です。
ちなみにこの器具は以前日本でも使われてたそうです。

そして最後の耳かきは王道の編成にして安定感を出します。
これまでとは違い膝枕の状態で耳かき棒→綿棒→梵天と繋ぎ、最後に指で軽くマッサージします。
息を吹きかけるシーンはありません。

耳かき棒は「ぞすっ」という丸みを帯びた硬い音
綿棒は「ずすっ」という広く柔らかい音、梵天は綿棒よりも広くふわふわした音と
器具ごとの特徴を的確に捉えた耳触りの良い効果音を時間いっぱい楽しめます。

通常ですと綿棒を間に挟むことはあまりないのですが
音の変化を感じ取りやすくするためにこうしたのかもしれません。
後になるほど音の面積が大きく、質感が柔らかくなります。

このように、テーマに沿ったやり方で頭部を癒やす充実したサービスが繰り広げられてます。
のんびりした作品
聴いてるだけで自然と心身が脱力する作品です。

代菜はこれまで自分を何度も指名してくれた主人公の期待に応えようと
自分だけがやれるコースを新設し、そこで和風情緒漂う癒しのサービスをします。
そしてそれらの様子を主に音で表現し静かな空間を作り上げます。

可愛い店員さんが長時間に渡って健全なお世話をする癒しに満ちたシチュ
セリフよりも音の分量を多くし、それらを上手に組み合わせた質の高いサービス
着物、和室、風鈴など和風を意識した演出の数々。
シリーズの過去作とはやや違った趣の作品に仕上がってます。

「はーい 粗茶ですが 略式ですけど 精一杯点てました」
特に3番目はサービスそのものから細かな描写に至るまで幅広く取り入れており
本作品にとって重要な部分だというのが自然と伝わってきます。
それでいて堅苦しさを感じないのは彼女のキャラが普段通りだからでしょう。
ゆるーいキャラでしっかりご奉仕することで丁度いいバランスになってます。

サービスはどれも優れてますが私はひびきがねが最も印象に残りました。
これを取り入れてる作品がレアですし、音もかなり癒やされます。
その一方であずきマッサージ、抹茶フェイスマッサージ、ヨモギ耳マッサージは
もう少し実況を増やしたほうがイメージしやすかったかもしれません。

古いようで新しい癒し系作品です。

CV:朝霧代菜…和鳴るせさん 店長…いたちゆーとさん
総時間 2:21:30

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
141分で432円とコスパが良いので+1してあります。

耳かき専門店~奏~

サークル「ちろ猫ハウス」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、着物姿がよく似合う清らかなお姉さんが
偶然出会った人に耳かきしながら寝かしつけます。

セリフよりも音で癒やすASMR系の作りが魅力で
本編の9割近くを耳かきに割き、シーンによって器具を取り替えながら
それぞれに合った音をリアルな動きで鳴らして心地よい感覚を与えます。
最中はほとんど話しませんから安眠のお供にも役立ってくれるでしょう。
和服美人の丁寧な耳かき
耳かき専門店~奏~の店員「琴音(ことね)」が耳かきするお話。

「こんばんは 夜桜 眺めてらっしゃったのですか?」
琴音は清楚で穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、桜を眺めてる主人公に近づき声をかけると
桜のことを話してから近くにある自分のお店へ案内します。

本作品は耳かきを楽しみながら寝かしつけることを目的に
彼女が120分程度に渡る非常に丁寧な耳かきをします。
これくらいの長さですとマッサージやヘッドスパも行う作品が多いのですが
このお店では名前の通り耳かきをひたすら追求する姿勢でお世話します。

そう言える理由は主にふたつ。
音の比重がとんでもなく高いこと、複数の耳かき器具を用意しそれぞれに応じた音を鳴らすことです。

「では こちらの白い綿棒を使って 右耳を お掃除していきます」
前者は使用する器具を変えたり左右を入れ替える時以外はセリフをほぼ挟まず
効果音を鳴らしながら吐息を漏らす静かな作りになってます。
作中で彼女が思わせぶりなことを言うシーンがあるものの
ストーリー性は皆無で和の雰囲気を出す素材程度に位置づけられてます。

サークルさんが販売ページの説明文で
「完全寝落ち向け用に全振りした作品」とおっしゃられてる通り
耳かき中はずっと頭を空っぽにして聴けるようになってます。
音自体も優しいものが多いですし、寝ながら聴くのにも非常に向いてます。

後者は大きくて丸みを帯びた耳かき棒、細めで尖りのある耳かき棒
乾燥した綿棒、そして梵天と合計4つの器具を使い分け
さらに音の質感、動き、位置、距離といった細かな部分を変化させながら進めます。

丸めの耳かき棒は外も含めた全体、尖った耳かき棒は穴の入り口から奥までと
器具によってケアする範囲が多少違うおかげで
同じ耳かき棒でも聴いた時の印象や受ける刺激が異なります。

ソフトなタッチが好きな人は丸め、強めの刺激が好きな人は尖ったほうを気に入るのではないでしょうか。
そうやって聴き手のニーズに幅広く応えることで耳かき音声としての個性を出してます。
内容は至ってシンプルですけど作りは結構複雑な作品です。
音の違いを味わう耳かき
琴音に連れられお店へ到着した直後に始まる耳かきはおよそ112分間。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に4つの器具をひとつずつ使います。

最初の耳かき棒は外側を撫でてる時は「すりっ」という滑らかで乾いた音だったのが
穴の中に入ると「ずすっ」というやや力強い音に変化し
動きについても前者は長め、後者は短めのストロークと
早速本作品の持ち味である「音と動きの多彩さ」を前面に押し出しながら進めます。

セリフがほとんど入らないおかげで耳かき中は雰囲気がとても落ち着いており
普段よりも時間がゆっくり流れていくような感覚がします。
欲を言うなら何かしらの環境音を入れておいたほうがより臨場感が出て癒やされたでしょう。

2番目の細い耳かき棒が登場するのは開始から27分後。
「じじっ」という細くて硬さのある音を耳元至近距離から鳴らします。
続けて聴くと音だけでも先ほどの耳かき棒とは違うのがわかるでしょう。
刺激が強めですが、力が抑えてあるおかげで耳や頭に響くことなく聴き続けられます。

その後も綿棒は「しゅるっ」という滑らかで乾いた音
梵天は「ぷすっ」という広くて柔らかい音、といった具合に
器具ごとの特徴を上手く捉えた優しい音を時間いっぱい鳴らしてくれます。

レビューを書く必要がなければそのまま寝たくなるほど癒やされました。
仕事などで疲れてる人が聴いたら寝落ちするかもしれません。
最中のセリフも囁き声で間を長めに取ってあり、安眠の妨げにならない配慮がされてます。

このように、長い時間をかけてゆったり行う音特化の耳かきが繰り広げられてます。
音で寝かす作品
現在流行ってるASMRをさらに先鋭化させてる作品です。

琴音は夜桜の前で偶然出会った主人公を癒そうと
自分が所属あるいは経営してる耳かき店へ案内し、そこで質量共に優れた耳かきをします。
そしてその様子を言葉ではなく音で表現し安眠しやすい環境を整えます。

和風情緒漂うお姉さんがひたすら耳かきするわかりやすいシチュ
やることを耳かきだけに絞り込み、かつそのほぼすべてを音で伝える特化型の作り
複数の耳かき器具を用意し、それぞれに対応した音と動きでお世話する凝った演出。
癒し系作品における代表的なサービスをサークルさんなりのやり方で表現しています。

中でも2番目の要素は普通のASMR作品以上に音に寄せてて驚きました。
かといってわかりにくく感じなかったのは音のレベルが高いからでしょう。
最大の武器を最大限に活用することで質と完成度を高い領域に押し上げてます。

唯一気になったのはサービスする時の順番。
どれも右耳→左耳の順に行うおかげで寝返りの回数が増えてます。
本作品は安眠を強く意識してるのですから体はできるだけ動かさないのが望ましいです。

そう考えれば最初の丸い耳かきは右耳→左耳、次の尖った耳かきは左耳→右耳と
前のサービスが終わった時の体勢を維持したほうがいいでしょう。
上位の耳かき作品はほとんどがこのスタイルを取ってます。

音だけをひたすら楽しみたい人には特におすすめします。
おまけは「最強耳奥ゴリゴリ11分耐久コース」とフリートークです。

CV:恋猫ちろるさん
総時間 3:04:08(本編…2:08:23 おまけ…55:45)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
184分で432円とコスパが良いので+1してあります。

耳かき旅館 猫屋敷 ~子子その2~

サークル「耳かき工房」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、温泉街にある旅館で働いてる上品な女性が
ここを再び訪れた男性を様々なサービスで癒します。

会話は必要最低限に抑え、その代わりリアルな音をたっぷり鳴らすのが特徴で
序盤は足や肩、中盤以降は耳とお世話する部位を変えながら
それぞれに合ったリアルな音を適度に変化させて落ち着ける空間を作り上げます。

販売ページのジャンルタグに「催眠音声」が入ってますが
催眠音声ではありませんのでご注意ください。
秋の日を2人でのんびりと
耳かき旅館 猫屋敷の店員「子子(ねね)」が健全なお世話をするお話。

「あっ お久しぶりでございます 耳かき旅館 猫屋敷に二度もお越しいただきありがとうございます」
子子は甘くしっとりした声のお姉さん。
旅館を再度訪れた主人公を嬉しそうに迎えると
館内を回ると言う彼に簡単な説明をしてひとまず別れます。

本作品は2018年9月に発売された「耳かき旅館 猫屋敷 ~子子~」の続編。
前回のサービスが気に入ったのか、この地を再び訪れた彼を癒そうと
彼女が90分程度の時間を使って合計7種類のサービスをします。
耳に特化した構成だった前作とは違い、今作は足湯や爪切りといった耳以外のケアも合わせて行います。
ストーリーや込み入った背景はないので前作を未視聴でも大丈夫です。

最大の魅力は音を主役に据えて物語を進めること。
どのパートも会話より音の比重を高くし、状況に合ったリアルな音を通じて癒しを与えます。
セリフは状況説明や小話といった軽いものがほとんどで
しかも音の合間に一言二言話す程度と必要最低限に抑えられてます。

例えば挨拶を終えた直後に彼が1人で自室に移動するシーンがあるのですが
そこはセリフをまったく入れず足音と環境音だけで表現してます。
サークルさんが自然公園に出向いて録音されただけあって静けさや落ち着きを感じました。
秋らしさを演出するためにゆっくりのんびり音を鳴らしますから
聴いてる最中は普段よりも時間の流れが緩やかに感じるでしょう。

ASMR(音フェチ)が好きな人にはかなり向いてます。
セリフを挟まなくても簡単にイメージできるくらい音の質と動きがハイレベルです。
音が織りなす癒しの空間
主人公が「竹の間」と呼ばれる部屋に移動した後、最初にするのは足湯(約20分)。
部屋に備え付けられてる湯船に足を浸したまま
子子が足と肩のマッサージや爪切りをします。

開始と同時にちゃぷちゃぷとお湯の揺れる音が適度な間隔で鳴り始め
ジェルスクラブで左右の足を交互に優しく擦る、両肩を撫でたり指圧する
右→左の順にパチンという軽快な音を鳴らし最後にヤスリをかけるといった行為をほぼ音だけでお届けします。

「こちらのお湯は アルカリ性の単純温泉となっていて お肌に優しく リラックス効果も期待できます」
最中のセリフはこれから何をするかや簡単な説明くらいで
それ以外は「んっ」などの小さな掛け声を漏らす程度に留まってます。
ここまでセリフを削ってるのは音に相当な自信があるからでしょう。
実際のところ現在活動されてるサークルさんの中でも上位に位置する品質を持ってます。

肩のマッサージをする際にわざと拳で叩かないのが印象的でした。
本作品は秋らしさを大事にしてるのであまり激しい音を鳴らさないよう心がけてます。
拳で叩く音は刺激的な反面、静けさを壊す可能性があるからこうしたのではないかなと。
音、セリフ、間をすべて優しいもので揃えて作品に統一感を持たせてます。

続く4パート61分間は耳に的を絞ったサービス。
夕食を挟んでから両耳を指でゆっくり引っ張り、カミソリのような器具を使って産毛を取り除き
膝枕の状態で左右の耳を耳かき棒と梵天で掃除して内外を綺麗にします。
仕上げの息吹きはどちらも弱めの風圧で8回程度行います。

耳マッサージは弾力のある摩擦音を内から外へ引っ張るように
産毛剃りは「じょりっ」という尖った音が一方向に何度もスライドするように
耳かき棒は「ぞしゅっ」という若干硬さのある平べったい音を手前と奥で動きを変えながら、と
ここも作品の強みであるリアルかつ多彩な音が登場します。

「うふふっ 前回 気持ちよく思っていただけたみたいで 何よりです」
特に産毛剃りは前作でも好評だったサービスということで14分も用意し
電動ではなく手動にしてじっくり聴けるようにしてあります。
わざと手間をかけることで静けさを維持するあたりがすごく本作品らしいなと。
聴き手が頭を空っぽにできる時間が長ければそれだけ癒しも強くなります。

「すぐ近くに流れる猫川で 真っ赤な紅葉が ゆらゆら ゆらゆら」
他には耳かきパートの中盤で催眠暗示っぽいセリフがほんの少し登場します。
このへんが「催眠音声」タグをつけた理由なのかなと。
彼女に催眠をかける意図がなく、これといった技術も使われてないことから
この音声を聴いて催眠状態になる可能性は皆無と見てます。

このように、様々な音を上手に組み合わせたゆるーいサービスが繰り広げられてます。
静かな作品
旅館でまったり過ごしてる様子を疑似体験できる作品です。

子子は猫屋敷を再び利用してくれた主人公に癒やされるひと時を提供しようと
午後から夕方あたりに渡って秋らしさを感じる静かなサービスを行います。
そしてこれらの多くを言葉ではなく音で表現して作品の世界にゆっくり引き込みます。

上品で落ち着いた女性が2人きりで健全なお世話をする穏やかなシチュ
セリフよりも音の量を多くし、状況に応じて動きも変えてお届けする音重視の作り
足湯に浸かりながら足、肩、爪をケアする序盤シーン。
前作の長所を継承しつつ新しいことにも挑戦してます。

ASMRは全年齢向けを中心に最近流行ってるジャンルで競争も激化してます。
そんな背景を踏まえて変わり種を投入するサークルさんも中にはいらっしゃるのですが
耳かき工房さんの場合はほぼ王道路線を貫き質で勝負してます。
これだけ良い音を作られてるなら私もその方針が正しいと思います。

音質が凄いのに加えて動きにかなりこだわってます。
同じサービスでもシーンによって音の位置、距離、ペースが変わって本当にリアルです。
サービスの種類が多めなのに慌ただしさを感じないのはどのパートもゆとりを持たせてるからでしょう。
音ごとの間隔を長めに取って丁寧に鳴らすから環境音とも違和感なく共存できてます。

声や言葉よりも音を楽しみたい人には強くおすすめします。

CV:たまこさん
総時間 1:34:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月13日まで50%OFFの162円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

今宵、ほろ甘く~のどかな田舎の艶の音~

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、田舎で兄弟たちとのんびり暮らしてる和服美人が
SNSで知り合った男性を自宅に招待しストレスと性欲を発散させます。

癒しとエロのバランスが取れた臨場感のあるサービスが行われており
風の音、鳥や虫の鳴き声、時計の針音など状況に合った色んな音を鳴らしながら
非エロとエロの時間をほぼ半々にし、それぞれで彼女が違った姿を見せてくれます。
艷やかな和服美人と過ごす夜
「艶(つや)」さんの家で一泊するお話。

「こんにちは あなたが…あっ いけない 先に私の自己紹介をしないと 失礼よね」
艶さんはのんびり話すお淑やかな声のお姉さん。
都会から遠路はるばるやって来た主人公をバス停で迎えると
軽く立ち話をしてから自宅まで案内します。

本作品はSNSで知り合い現在は友達あたりの関係にある彼女が
彼を自宅に招き90分近くに渡って癒しとエッチなご奉仕をします。
都会の生活に疲れを感じてる彼に田舎で寛いでもらうことを目的に据えてるため
エッチの割合をやや落とす代わりに非エロのシーンを多くしてバランスを取ってます。

「先にコタツに入ってて 冷えたでしょう? 温かいお茶も淹れるから」
彼女は恋人よりも母親っぽい雰囲気の落ち着いた女性。
初めて会う彼を嬉しそうな表情で迎え、自宅に着いた後はお茶とみかんでもてなします。
しかしお酒が入ると大胆になる特徴も持っており、エッチシーンでは普段と随分違う乱れっぷりを見せてくれます。

ギャップ萌えとでも言いましょうか、普段がのんびりしてるからこそ
エッチで見せる積極的な姿が余計エロく感じます。
短めと言っても40分くらいありますから通しで1回抜くくらいなら余裕です。
彼女が元々持ってる上品さをあまり損なわないよう気をつけながら激しく愛し合います。

彼女のキャラと並ぶもうひとつの魅力は音。
音声の開始直後は風の音や鳥の鳴き声が聞こえ
家に到着した後はそれらが消えて時計の音だけが流れるようになります。
他にもセリフを一切挟まず音だけで何をしてるか表現するシーンもあったりと
物語に臨場感を出す重要な役割を果たします。

音フェチ(ASMR)系と言うほど音に寄せてるわけではありませんが
どの音も質感がリアルでこれらを聴いてるだけでも一定の癒しが得られます。
本作品は癒しつつ気持ちよくするのがコンセプトですから非エロの部分にも結構力を入れてます。

和の情緒漂う女性が様々な音を交えたサービスで異性の友人をもてなす。
田舎らしいのんびりした空気が漂う穏やかで艶のある作品です。
女性の内面描写を重視した濃いエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイは耳舐め、キス、SEX(騎乗位)、乳首責めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ね、少し あなたのことからかってみてもいいでしょう?」
お風呂から出た主人公と縁側でお酒を楽しんでた艶さんは
彼の耳が赤くなってるのを見てすかさず甘噛みを仕掛けます。

エッチは攻守を入れ替えながらほぼ対等な立場でします。
最初の「ほろ酔いで甘噛み」でするのは耳舐めと甘噛み(約12分)。
左右の耳にほぼ同じ時間を割いて後になるほど激しいちゅぱ音を鳴らします。

「今度は舌も 使っちゃおうかしら そうよ こうやって…」
彼女は別にエッチ目当てで彼を自宅に招いたわけではありません。
でも実際に会って話すうちに何かしら惹かれるものを感じたのでしょう。
お酒が入ってるのも相まって普段よりもずっと積極的なアプローチをかけます。
ただし淫語だけはあまり言わずにおいて淫乱な女性に映るのを防いでます。

耳舐めは甘噛みの時はさほど動かさずにちゅぱちゅぱと控えめな音を鳴らし
パートの中盤あたりから水分が一気に上がってコリコリした音へと変化します。
これだけに1パートまるまる割いてるのも耳舐め好きなサークルさんらしくて良いです。
射精シーンはありませんが次に向けて気持ちを高める効果は十分期待できます。

続く「艶と一夜の情事」は彼女とより深く結ばれるシーン(約26分)。
耳舐めを終えた直後に彼の勃起に気づいた彼女が
自室へ案内しお互い裸になって濃厚なSEXを楽しみます。

「ううん 嫌じゃない むしろすごく嬉しくて 気持ち…良かった」
「あっ あぁ こんなに大きかったのね それに硬くて 熱い…」

そしてここからは彼女の心情描写に力を入れて進めます。
この行為が彼を勃起させてしまったことへのお詫びではないことをはっきり伝え
服を脱がせた直後におちんちんを握ってその硬さと熱さにちょっぴり驚いた表情を見せます。

DLsiteのジャンルに「初体験」が入ってることから、もしかしたら彼女は処女なのかもしれません。
SEXの前後最中にするキスも段階的に激しくして彼女の高ぶり具合を表現します。

「すごいっ こんなに太いだなんて んっ んんっ」
山場のSEXはおよそ20分間。
彼女が上に跨がって挿入し、その後は主に彼が下から突き上げて彼女を乱れさせます。
そして彼女はお返しにキスや耳舐めで彼を気持ちよくします。
男性とのエッチに慣れてないようですぐさま大きめの喘ぎ声を漏らし
反撃を試みてもその都度押し返されてしまう姿がエロ可愛いです。

騎乗位と言うと女性が主導権を握る体位のイメージが強いですから
そこで男性優位のエッチをすることで彼女の魅力を引き立ててます。
もてなそうと頑張ってるんだけどおちんちんに負けてできずにいるか弱さがとても魅力的でした。
くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を同時に鳴らす時間もある程度取ってあって純粋なエロさもなかなかのものです。

このように、普段の彼女とのギャップを意識した比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
落ち着きのあるキャラ重視の作品
田舎で和服美人と過ごす様子を忠実に描いた作品です。

艶さんはSNSで知り合い波長が合うと感じた主人公を少しでも癒そうと
自分が住んでるのどかな田舎へ招待し、そこで色々会話しながら家庭的なサービスをします。
そして夜はお酒を飲んだりやや大胆なエッチをして性欲の発散も手伝います。

緑豊かな地で艷やかな女性と1日を過ごす穏やかなシチュ
普段はおっとりしてるけどエッチの時は激しく乱れる彼女のキャラ
物語の臨場感を引き立てる効果音と環境音。
非エロとエロのメリハリをつけた質の高い作品に仕上げてます。

「もう少し 長く暮らしてみるのも 案外悪くないかもしれないわよ」
特に彼女はエッチの前後と最中で見せる表情がまるで違うのが面白いです。
今回のエッチは言わば成り行きでそうなったわけですが
後ろめたさや背徳感は一切なく和やかな終わりを迎えます。
明確な描写はされてなくても2人の関係が一歩前進したのがなんとなくわかります。

最後にエッチの後から始まる耳かきの紹介をします(約20分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順にまずは耳かき棒で汚れを取り
それから息吹きを挟みながら梵天で仕上げます。

耳かき棒は「ぞす ずしゅっ」という丸みを帯びた乾いてる音
梵天は「ぷすぷす」という柔らかい音が使われており
奥から手前へゆっくり掻き出す、軸を持って少しずつ回転させるとそれぞれに合った動かし方をします。

耳かき音を数秒鳴らした後に「とんとん」と優しい物音がするのがいいですね。
取れた耳垢を外で処理する音も適度に入れてリアリティを出してます。
こういう動作を挟む耳かきはなかなかないので個性づけにもなっててすごく良いなと。
音に対してこだわりを持ってる本作品らしい細かな演出が光ります。

射精シーンは1回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

非エロとエロを両方同じくらい楽しみたい人には特におすすめします。
おまけはフリートーク、NG集、ささやきキスです。

CV:天知遥さん
総時間 1:59:53(本編…1:27:15 おまけ…32:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
120分で900円とコスパが良いので+1してあります。

2019年2月9日の24時まで30%OFFの630円で販売されてます。

和風姉上の全肯定譚 ~やすらぎ侘び寂び生活~

サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、和服姿がよく似合う上品な姉上が
外で頑張ってる弟を色んな手段でエッチに甘やかします。

アブノーマルな部分もすべて受け入れながらおちんちんをゆっくり責めたり
淫語責めやぴゅっぴゅのセリフを積極的に言うなど
彼女の特徴や想いの強さをストレートに反映させたあまあまラブラブなエッチが楽しめます。
甘えん坊な弟と甘やかし上手な姉上
姉上と自宅で5種類のエッチをするお話。

「おかえりなさいませ♪ お勤め、お疲れ様でございました」
姉上は上品でしっとりした声のお姉さん。
仕事を終え帰宅した主人公を玄関で迎え抱きしめると
手料理を一緒に食べながら近況を尋ねます。

本作品は彼の転勤に伴い親が持ってる別荘へ一緒に移り住んだ彼女が
2時間近くに渡ってストレスを発散しながら気持ちいい射精へ導きます。
良家のお嬢様ということで言葉づかいは終始丁寧ですが
最中の会話やお世話のやり方に強い愛情が込められていて雰囲気は終始あまあまです。

「あなたは立派な殿方ですから、必ず一日に一度はお射精して、スッキリしましょうね」
一昔前の奥さんっぽいキャラとでも言えばいいのでしょうか。
年上でありながら彼に対してへりくだる態度を取り
エッチの最中も優しい言葉をガンガンかけながらじっくり責め続けます。

文字通り全肯定してくれますから精神的に満たされた状態で射精を迎えられるでしょう。
彼女のキャラに合わせたお淑やかな甘やかしが味わえます。

エッチについては全体的に責めるペースを緩くする代わりに
時間を長めに取ったり同時責めするシーンを多めに盛り込みエロさを補ってます。
パートの序盤から中盤にかけては大人しいのでやや物足りなく感じるかもしれませんが
それ以降はペースを段階的に上げてきっちり射精できるように追い込んでくれます。

ただし、プレイは一般的なものよりも一歩下がったものを取り揃えてます。
彼女の体で気持ちよくするというよりは、彼女に尽くされてるシチュやエッチな音で興奮させる感じです。
詳細は次項で説明しますが、上品さや落ち着きといった和の風情を大事にしてるように映りました。

純和風の姉上が愛する弟を全肯定しながら気持ちよくする。
近親相姦から連想される暗さや後ろめたさを極力薄めた愛情たっぷりな作品です。
穏やかで温かいエッチ
エッチシーンは5パート89分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、玉揉み、オナホコキ、淫語責め、オナニー、SEX(対面座位)です。
手コキ、オナホコキ、オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それでは元気を出すために、久しぶりに、"口付け" して差し上げましょうか♪」
別の日、帰宅した主人公が落ち込んでることに気づいた姉上は
幼い頃にもやってたソフトなキスをして心に栄養を注入します。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
最初の2パート39分間は2人の日常風景。
01はキス&手コキ、02は耳舐め手コキと内容を多少変えて1回ずつの射精へ導きます。

「姉上は、あなたが元気になってくれたなら、それだけで大変嬉しいですから。元気になったあなたを見ているだけで、わたくしも元気が出てきます♪」
彼はもう立派な大人ですからもちろんそれだけで終わらせる気はありません。
最初はソフトだったのが少し経つと大人のディープなキスへと切り替わります。
そしてねっとりしたちゅぱ音をゆっくり鳴らしながら優しい言葉をかけて彼の心も包み込みます。

話す時とそうでない時がはっきり分かれてるおかげでキスの最中はとても静かに感じました。
キスだけに8分近く費やすことも含めてタイトルの「侘び寂び」を意識しながらエッチを組み立ててます。

「恥ずかしがらなくても平気ですよ。姉上は、あなたのおちんちん、大変素敵だと思いますよ」
キスの後に始まる手コキもその路線を継承します。
「きゅぷっ」という泡混じりの水音をゆっくりペースで鳴らすのと同時に
おちんちんの逞しさを褒め称えたり「可愛い」と何度も言って心身をバランスよく盛り上げます。

本作品は冗談を言う時以外は彼女がネガティブなことを一切言いません。
嫌な顔ひとつせずすべてを受け入れてくれる姿に多くの人が安らぎを感じるでしょう。
そんな中で射精を迎えられたら当然気持ちいいはずです。
ただ静かにゆっくり責めるのではなく心へのケアに力を入れて進めます。

「ぴゅ~~~~~~♪ ちゅっ ぴゅっぴゅっぴゅ♪ んっ…」
射精の際に必ずぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのもそのいい例です。
男性にとって最も恥ずかしい瞬間を女性に見守られる快感と幸福感が味わえます。
その直後に労りのセリフを言ってくれたりと本当に至れり尽くせりのサービスです。

02パートでのみ行う耳舐めは数分ごとに左右を切り替え
全体を唇で挟み込んでコリコリした音を鳴らしたり、耳たぶのみをはむはむして手コキをサポートします。
下品さが出ないよう水気を控えめにしてありますが音質はかなりリアルでした。
たどたどしさが見られないのは花嫁修業の最中にエッチのやり方も勉強したからだと思います。

続く2パート35分間はややアブノーマルなプレイ。
03は淫語責め+オナホコキ、04は見られながらのオナニーと先ほどよりも踏み込んだご奉仕をします。

「おもちゃまんこに扱かれながら、姉上のお・ま・ん・こ、想像してくださいませ♪ あなたの大好きな姉上のおまんこ。とろりと愛液が垂れているぐちゅぐちゅおまんこ、姉まんこ」
前者はどちらかと言えば淫語責めのほうが特徴的。
「おちんちん」「おまんこ」と言った言葉を繰り返し何度もぶつけて興奮を煽ります。
パートの終盤には彼女自身のおまんこをイメージさせたりと
男が喜びそうなことを積極的にやって射精しやすくしてました。
前の2パートは淫語が少なめでしたから、そちらとの違いもはっきり出せてて良いです。

「あらあら♪ んっ… うふふ、大変お出しになって♪ お顔が、素敵なお子種で…どっぷりです♪」
後者は本作品の中で唯一彼女が直接責めないプレイなので
全肯定のセリフや見られてることを意識させて心を重点的に盛り上げます。
射精の直前に顔射を喜んで許可するのがとても印象的でした。
彼の「オナニーを見て欲しい」という気持ちを尊重しつつ自分にできる限りのことをします。

最後の05パートは彼女との子作りSEX(約15分)。
仕事でいいことがあり嬉しそうに帰宅した彼をいつも通り出迎えた彼女が
その場で体の疼きを訴えおちんちんで鎮めて欲しいとお願いします。

「受精、させてください♪ 子宮の中、お子種でいっぱいにして… 姉上の卵子……んっ、あなたのお精子で…キスしてください♪」
普段よりも熱っぽい息遣いで中出しをストレートにおねだりするあたりに彼女の想いの強さが窺えます。
そして普段がお淑やかだからこそ、こういう大胆な姿に余計グッと来ます。
キャラを崩さないよう乱れっぷりはそこまで激しくせず、セリフやシチュにギャップを持たせてました。
時間は最も短いですけどプレイの濃さは最も高いパートだと思います。

このように、言葉と行為の両方で徹底的に甘やかす姉らしいエッチが繰り広げられてます。
愛に溢れた作品
落ち着いた雰囲気の甘やかしプレイをする独特な作品です。

姉上は自分にできない仕事を毎日頑張ってる弟を少しでも癒そうと
家事の合間におちんちんのお世話も積極的にやって心身のストレスを取り除きます。
そしてエッチの際はペースをゆっくりにする代わりに全肯定のセリフを多めに投げかけ
さらにエッチな音声の量や密度を多めにして射精できる環境を整えます。

和服美人と呼ぶのがピッタリな姉上が実の弟をエッチにもてなすシチュ
彼のすべてを受け入れ褒め称えるポジティブなセリフの数々
パートの序盤から中盤は緩く、終盤は激しく責めるやや落差を持たせた責めっぷり。
静けさや落ち着きを出しつつ彼女の愛情をたっぷり注ぐタイトル通りの作品に仕上がってます。

「こんなに出して頂けるなんて…、流石、わたくしの自慢の弟です♪」
彼女は彼のためなら何でもするブラコンキャラです。
帰宅して早々に抱きつき、負担がかからないよう緩やかに責め
吐き出された精液を愛おしそうに見つめながら頑張った彼を褒め称えます。
最後の最後に中出しをお願いしたのもその気持ちが抑えられなくなったのでしょう。
妊娠したかどうかには触れられてませんからそこまで重さは感じません。

エッチはどのパートも射精シーンを1回に絞り込み、そこに向けて心身両面をじっくり責め続けます。
射精後に精液を処理する様子が一切描かれてなかったので
丁寧に舐めるとか、喉を鳴らして飲み干すといった動作が加わってればなお良かったです。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

キャラに強めの個性を持たせた姉モノです。
年上の女性に甘やかされるのが好きな人には特におすすめします。

CV:そらまめ。さん
総時間 2:10:07

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月12日まで50%OFFの500円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

【骨伝導】つづらみち-みわのアメに召されて-【耳舐め】

サークル「もーたーわーくす」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、和服が似合うおっとりした店員さんが
特殊なアメを使ったサービスで常連客を癒します。

セリフよりも音の量を多くした音フェチ系の作りが魅力で
前半はアメに関する音、後半は歯ブラシや心音と方向性を切り替え
それぞれに合った音をたっぷり鳴らして癒したり興奮させます。
様々な音が生み出す癒しのひと時
つづらみちの店員「みわ」からサービスを受けるお話。

「はい、センセ、今宵は珍しいアメを、ご覧に入れます、約束でしたね」
みわは明るくてお淑やかな声の女の子。
来店した主人公に丁寧な挨拶をし、「月下」と呼ばれる不思議なアメを紹介すると
早速膝枕をしてそれが生み出す音を聞かせてあげます。

本作品はつづらみちに何度も通ってる彼を独特な方法で癒そうと
彼女が70分程度に渡って5種類のサービスをします。
前半は作品特有の要素、後半はそれよりもスタンダードなものと方向性を切り替え
いずれもセリフより音の量を増やし、それをがっつり鳴らす方針で進めます。

1分程度鳴らしてから短いセリフを挟んだり、冒頭にしゃべった後は無言になるなど
構成に若干の違いは見られますが主役はどれも音です。
さらに耳かきやマッサージといった王道のサービスを敢えて避け
タイトルにもなってるアメにまつわる音を多めに盛り込み個性を出してます。

一応18禁扱いになってますがエッチな要素はほとんどありません。
淫語を一切入れずに6分程度耳を舐めるだけとかなり抑えられてます。
たぶん射精シーンがあるからここにカテゴライズされたのでしょうけど
表現方法だけを見ればR-15でも問題ないくらいソフトです。
アメを使った不思議な癒し
簡単な挨拶を終えた直後の2パート30分間はアメを使ったサービス。
「アメを「聴く」」は何度も傾けて中に入ってる砂を動かし
「アメを「舐める」」は主人公が実際に舐める要素を音だけで楽しみます。

「ようがす」
前者は「さーっ」という若干ざらつきのある摩擦音が1分程度鳴り続け
その後に一言程度のセリフが入るのを繰り返します。
事前にどういう形状をしてるかなどイメージの材料を提供したほうがいい気もしますが
音自体はこれまで聴いたことのないもので新鮮味を感じました。

「余計な言葉は、いりませんね。ぜひ、その舌先で、歯の裏側で、感じてください、味わって、くださいまし、センセ」
後者は冒頭に主人公の口へアメを入れる描写があった後は
「カツッ」という硬さのある音が中央やや下で鳴り続ける音フェチ要素の強いものです。
骨伝導マイクを使用してるとのことで、通常の録音環境よりも音が近くて微弱な振動も伝わってきます。

ただ両方とも本当に音を鳴らすだけになってるのは味気ないかなぁと。
2人がすっかり打ち解けてるからこうしたのでしょうけど、そのへんの状況は作中で特に語られてません。
シリーズの続編でもないようですし、もう少し背景を説明していったほうが作品の世界に入りやすいと思います。
こういうサービスをする事自体は別に良いのですが、それに向けた雰囲気作りが欲しいということです。
あとは環境音が入っていれば随分違ったでしょうね。

続く「歯を「磨く」」でするのはもちろん歯磨き(約7分)。
これまでと同じくセリフは必要最低限に抑え、ブラシが左右を往復する音を時間いっぱい鳴らします。
そして一通り終えた後は口をゆすいで汚れを吐き出します。

音の質感がそれなりに良く、シーンによってペースや力強さも変わる凝った演出がされてます。
しかし音の鳴る位置がほぼ中央で上下や奥歯前歯の違いがいまいちよくわかりませんでした。
歯磨きをする場合、普通は全体を満遍なく磨きますから音もそのように動いてほしかったです。
どこを磨いてるかの実況を軽く挟んでいればもう少しわかりやすくなってたかもしれません。
ちゅぱ音特化のエッチ
エッチシーンは6分間。
プレイは耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「砂糖の砂漠の、サソリの甘い毒にぃ、召されてしまいなさいな」
歯磨きをしてる最中、主人公の体が火照ってることに気づいたみわは
そのまま彼の耳を舐めて気持ちいい射精に導きます。

エッチは彼女が片方の耳を舐めるだけの極めてシンプルなものです。
非エロパートと同じくセリフの量はできるだけ減らし、舐めたり吸ったりする音をゆっくり鳴らします。
おちんちんをいじる描写は特にないので手コキやオナニーをしてるのか、それともノーハンドなのかは不明です。

ちゅぱ音も取り立ててエロくしてるわけではありませんから
少なくとも音声単体で射精まで持っていくのは難しいと私は見てます。
好きな画像とセットならなんとかってところでしょうか。
これなら無理に射精シーンを入れずR-15にしたほうが良かったかなと。
音の個性はあるのだが…
物語の前半で行うアメを使ったサービスが魅力の作品です。

みわはつづらみちを贔屓にしてくれてる主人公を変わった手段でもてなそうと
まずは特殊な効果を持つアメを使って2種類の音を鳴らして癒します。
そして歯ブラシで口を綺麗にし、耳舐めで性欲を発散し、羊数えで寝かしつけます。

月下と呼ばれるアメを使った珍しいサービス
セリフをできるだけ減らす代わりに音の質と量にこだわった作り。
最近流行りのASMRをストレートに追求した作品に仕上げてます。

中でもアメは音声作品でもあまり聴かないタイプの音で面白かったです。
耳かきを敢えて入れなかったことも含めて他の癒し系作品との差別化を図ってます。
このジャンルは今激戦区ですからこういう方針を取るのは有効だと思います。

ですがそれ以外の部分は残念ながら首を捻る部分がいくつも見られます。
彼が常連になった経緯が一切語られてないこと、セリフが極端に少ないせいでみわの存在感が薄いこと
音がどのパートも垂れ流し気味でサービスと呼ぶにはリアリティに欠けることなどが挙げられます。
エッチが中途半端な内容になってるのもマイナス要素です。

もうひとつ、最後の「おやすみの寝かしつけ」は全体的にしゃべるペースが速く
お客を眠らせるには雰囲気が慌ただしくなってるように感じました。
かなりの数の羊を数えてるので、これをいっそのこと半分まで減らし
その分一匹ずつゆっくり数え、かつ間をやや長く取ったほうが安眠に適してると思います。
このパートだけで3箇所ほど編集ミスがあったりと全体的に作りが粗いです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回は厳しめの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:09:40

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月1日の24時まで30%OFFの490円で販売されてます。

妖艶くのいちとお世継ぎ修行~若様のお子種、お搾りします~

サークル「ya-ho-games」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現代社会でくのいちとして生きてる3人の女性が
ご主人様のおちんちんを個別に、あるいは同時に責めて鍛えます。

くのいちに弄ばれる快感を追求したややM向けのエッチが行われており
手、口、おっぱい、膝裏、おまんこと使用する部位を数多く取り揃え
キャラによって異なる言葉責めもして誘惑に耐える強さを身に着けさせます。
愛情を込めて搾精しますからM性がそれほどない人でも普通に楽しめるでしょう。
大事な子種を守るために
くのいちの鈴、凛、舞に精液を搾られるお話。

「いらっしゃいませ 一名様ですか?」
凛は上品で色っぽい声の女性。
甘味処に来た主人公を混雑してるからと離れへ案内し
そこで特別コースをおすすめします。

本作品は現代に忍びの技能を受け継いでる彼女たちが
ご主人様にあたる彼と80分以上に渡る多彩なエッチをします。
他のくのいちから誘惑を受けても我慢できるようにすることを目的に掲げてるため
どのパートも一切手加減せず巧みな性のテクニックを繰り出します。

鈴「どうぞ 若様の温かなお子種を吐き出して 鈴のお手手をべっとり汚してくださいませ」
しかし彼女たちは全員彼のことを異性として慕っており
エッチをする中でその気持ちを込めながら熱心にご奉仕します。
金縛りの術をかけるシーンが一部あるものの、痛みや苦しみを与える描写はありません。
彼のことを心配してるからこそ敢えて厳しい試練を与えます。

登場人物が3人いることから同時責めに期待する人がそれなりにいると思います。
ですが実際は終盤の10分間だけに留まっており、それ以外はどれも一対一で楽しみます。
複数人プレイの成分は薄いという点にだけご注意ください。

エッチについてはキャラによってプレイや言葉責めの内容を変えて個性を出してます。
フェラをするパートが3つある以外はほとんど被っておらず
同じプレイをする場合も担当を変えてセリフに違いを持たせてます。

あとは射精後のシーンを長めに取ってるのも珍しいですね。
おちんちんを弱めにしごき続けたり、お掃除フェラする時間を3分程度用意してあります。
精液を一滴残らず搾り出しながら余韻に浸らせる本作品らしい演出です。
愛を込めて弄ぶエッチ
エッチシーンは7パート82分間。
プレイは手コキ、フェラ、パイズリ、SEX(騎乗位)、キス、膝裏コキ、耳舐めです。
手コキ、パイズリ、SEX、膝裏コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

鈴「若様のおちんちんをお手手でしごいて お子種を搾らせていただきます」
甘味処に入ったのにエッチなサービスをすすめられて戸惑う主人公に
鈴と凛は正体を明かし、これからする修行のことを話します。

エッチは常に女性側が責め続けます。
最初の4パート45分間はスタンダードなプレイ。
鈴は手コキ&フェラ、凛はパイズリ&SEXと異なる責め方で合計4回の射精に導きます。

「淫らなくのいちの吐息 すべて若様のものなのですよ」
「とっても濃厚で 匂いだけで果ててしまいそうです」

鈴は3人の中で性格が最も優しく、おちんちんを手や口で丹念に責めながら
女性を支配する欲求をくすぐったり、うっとりした声を漏らして興奮を誘います。
プレイについてもそこまで激しいことはしませんからほぼノーマル向けですね。
ご主人様とそれに仕えるくのいちの関係を崩さずにリードします。

「若様ともあろうお方が まさかくのいちのおっぱいで弄ばれたくらいで 情けなくお射精しちゃうなんて そんなことありませんよね?」
それに対して凛はそれなりのSっ気を持った女性。
自分のおっぱいやおまんこで責められ骨抜きになってる彼を軽く見下し
一部では恥ずかしいおねだりもさせて劣情を煽ります。

鈴のパートから続けて聴くと随分違う印象を抱くでしょう。
でも彼女も彼のことを愛しており、その裏返しで多少きつくあたってるのがわかります。
全員優しかったら修行にならないのでこういうキャラはやっぱり必要です。

3人目の舞が登場するのは「06.謎のくのいちの襲撃?」から。
トイレか何かで一時席を外した主人公の前に変装して現れ濃厚なフェラをします。
そして正体を明かした後は膝の裏でおちんちんを刺激する変わったプレイをします。

舞「しごかれて 弄ばれて どうしようもなくお子種を搾り出されて 快感に声を上げながら果てる そんな心地よいお射精まで 舞がお連れしますよ」
彼女は鈴や凛よりも高位のくのいちなので男の弱点を知り尽くしてます。
清楚なフリをして術をかけ、動きを封じたところにじっくりフェラする展開はそれを象徴してます。
膝裏コキも耳舐めを追加してエッチな音を複数同時に鳴らす抜きやすいプレイです。
言葉責めのタイプは凛に近いですが言い回しに気品が漂ってました。

本作品の本編で唯一複数人プレイをするのが「10.凛と舞の分身4点責め逆レ修行」(約9分)。
任務で呼ばれた鈴を除く2人が分身し4人体制で耳とおちんちんを責め立てます。

このパートはちゅぱ音の量が多いことを踏まえてセリフは断片的なものに留め
音に包まれる感覚や純粋なエロさを通じて射精までもっていきます。
分身の術も定番の技ですし、私個人はこの作品に最も合ったプレイだと思います。

このように、属性の異なる女性たちがひたすら弄ぶややM向けのエッチが繰り広げられてます。
エッチ自体は良いのだが…
くのいちのイメージにピッタリな抜き重視の作品です。

鈴、凛、舞は忍びの血を引く主人公を今よりも鍛え上げるために
シーンごとに交代しながら文字通り全身を使って様々なプレイをします。
そして比較的激しい責めっぷりの中に愛情を感じる言葉を込めて自分たちの気持ちも伝えます。

3人のくのいちが男性をひたすら責める完全女性上位のシチュ
パートごとにプレイを切り替え確実に射精へ追い込むくのいちらしいエッチ
キャラによって優しさと厳しさの割合を変えた言葉責め。
エッチの濃さや幅広さに最も力を入れて作品を組み立ててます。

「鈴が若様をお慕いしてる気持ちは 本当ですよ」
射精させるまでとその後で雰囲気がやや変わるのが印象的でした。
今回のエッチはトレーニングの意味合いが強いので彼女たちも手加減するわけにはいきません。
だから射精までは任務に徹し、そこから先は一人の女性に戻って彼に接します。
おかげで搾精がテーマの作品とは思えないほど満たされた気分で聴き終えることができました。

エッチはプレイそのものはどれもしっかりしてます。
ですがくのいちらしさや複数人プレイといった作品固有の要素を活かせてないとも感じました。
前者は最後の最後で分身するだけとおまけに近い扱いですし(金縛りも状況説明のみでプレイには反映されてません)
後者も終盤に4人同時責めがほんの少しある程度です。

セリフにカタカナ言葉をできるだけ使わない配慮がされてるあたりはくのいちらしさを感じます。
でも時代設定が現代となるとどうしてもその縛りを設ける必要性は下がってしまいます。
例えばこれが江戸時代のお話だったら雰囲気作りに役立ってたのでしょうが…うーん。
そんなわけで「サービスの質は良いけどいまいち個性を出しきれてない作品」と私は見ています。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・吐息それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは「ダブル凛と舞の耳舐め手コキ」と「舞の分身3点舐め」です。

CV:鈴…柚木つばめさん 凛…浅木式さん 舞…陽向葵ゅかさん
総時間 2:11:56(本編…1:44:05 おまけ…27:51)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
発売開始から一定期間は300円引きの600円で販売されてます(いつまでかは不明)。
その価格なら8点をつけます。

↑このページのトップヘ