同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:包茎

   ● 菜月お姉ちゃんのバイノーラル包茎イジメ~左右同時に包茎チ○ポ嫐ってあげるからすぐにビュッビュって敗北しちゃいなさい~
   ● ボクちゃんが癒されどぴゅっとイク、おとな保育園
   ● 手コキボランティア~恵まれない童貞達に愛の手(コキ)を~
   ● 風俗嬢のお姉さんに喘ぎ声でイジメられる包茎マゾな僕~包茎イジメ風俗店で搾取される~
   ● 射精天使☆イクミさんの包茎オナニーおてつだい。あなたのおチ○ポ…看護しちゃいます♪


菜月お姉ちゃんのバイノーラル包茎イジメ~左右同時に包茎チ○ポ嫐ってあげるからすぐにビュッビュって敗北しちゃいなさい~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品な声とSっ気の強い性格を持つお姉ちゃんが
情けないおちんちんをぶら下げてるM男に言葉責めをして射精へ追い込みます。

包茎をとことん貶すタイトル通りのプレイが魅力で
右は優しい感じの女性、左は女王様とキャラに多少の違いを持たせつつ
「包茎」「マゾ」「臭い」といった心を抉るセリフたっぷりぶつけます。
男の弱点を徹底攻撃
菜月お姉ちゃんに言葉責めされながらオナニーするお話。

「ねぇ包茎チンポ君 ここまで臭ってくるんだけど?」
菜月お姉ちゃんは明るくて艶のある声のお姉さん。
タイトルコールの後、包茎な主人公のおちんちんが臭ってることを告げると
それを聴いて喜んでる彼にさらなる罵声を浴びせます。

本作品は皮被りで不衛生なおちんちんを持つドMな男性へのご褒美に
彼女がおよそ20分に渡るややハードな言葉責めでオナニーを応援します。
コンパクトかつ低価格な作品を数多く制作されてるサークルさんなだけあって
自己紹介や状況説明といった背景部分はすべてカットし、音声開始から20秒後には早速プレイを始めます。

「いやらしい皮被り坊や センズリばっかりしてる包茎おちんぽ」
最大の特徴は包茎を徹底的に貶すこと。
皮を被ってる事実はもちろん、不衛生で臭い、早漏で女性に相手してもらえないなど
包茎から連想される様々なマイナス要素を組み合わせた言葉責めを終始続けます。
彼の存在自体を否定するややハードなものですが、口調は結構優しいので後に残るほどではありません。

オナニーについては射精以外の明確な指示を出さず
M向けのセリフをたっぷりぶつけて興奮させるシンプルな作りです。
バイノーラル録音による声の近さもプレイにリアリティを与えています。

また製品版には右パート、左パート、左右パートの3つが入っており
同じ言葉責めでも右と左ではキャラやセリフの表現に多少の違いがあります。
左右は両方を同時に行う密度の高いプレイです。
テーマ性のある多彩な言葉責め
エッチシーンは全編にあたる3パート30分間。
プレイは言葉責め、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「あなたのチンポはすごく臭くて ここまで匂いが漂ってくるの」
包茎おちんちんの臭いを指摘したところ、怒るどころか興奮してる主人公を見て
菜月お姉ちゃんは自分の思ってることをさらにぶつけて彼を喜ばせます。

エッチは彼女の言葉責めを聴きながら自由にオナニーします。
最初にあたる右パートはおよそ10分間。
上品さを感じるちょっぴりSなお姉ちゃんが包茎を軸にした様々な言葉責めをします。

「包茎って 生きてる必要性あるの?」
「ほーら ごめんなちゃいしなさい 包茎でごめんなちゃい マゾチンポでごめんなちゃいって」

包茎を貶すのがメインと言っても同じ単語を連呼するシーンは少なく
上のセリフのように包茎であることの惨めさを色んな方向から責めてM心をくすぐります。
言葉責めが命とも言えるプレイなので、その表現方法にかなり気を遣ってるのがわかります。
匂いに関するセリフが多いのもちょっと珍しいですね。

「マゾチンチン マゾチンチンシコシコ」
しかし終盤に差し掛かると「マゾ」など他のM向けワードと組み合わせて連呼する頻度が上がります。
最初から最後まで同じスタイルを続けてたら気持ちを盛り上げにくい部分もありますし
言葉責めの変化で射精のタイミングが近づいてることを教えるのは良いと思います。

ただ射精の合図を出した直後に音声が終了するのだけは残念です。
射精の時間は確かに短いですが、余韻に浸る余裕もあったほうが聴きやすいのではないでしょうか。
臭いに力を入れてるのに精液の臭いを貶さないのももったいない気がします。

続く左パートも10分間。
右に比べてトーンが低く語気も強い女王様気質のお姉ちゃんが
同じく包茎重視の言葉責めで彼を射精に追い込みます。

「包茎ってすぐマゾ奴隷に調教できるよね だって自分から進んでいじめてくださいって顔してるんだもん」
「あんたは包茎だからダメなのよ 包茎はすべてをダメにするの」

言葉遣いが若干乱暴だったり包茎=価値無しみたいなことを平気で言うので
M度の高い人にとってはこちらのほうが刺さると思います。
基本的な流れは左右で揃え、細かな部分に違いを出してる感じです。

そして最後の左右バージョンは二人のお姉ちゃんが同時に言葉責めをします。
内容は個別の時と同じでも、左右からひっきりなしに言われるスタイルになるとやはり濃いです。
セリフの間がほとんどないですし、文字通り言葉で頭の中を包まれてるような気分が味わえます。

このように、テーマに沿った言葉責めをひたすら続けるM向けのプレイが繰り広げられてます。
筋の通った作品
言葉の力だけで興奮や射精を促すシンプルな作品です。

菜月お姉ちゃんはどうしようもないおちんちんとM性癖を持つ主人公を喜ばせようと
最初から彼の弱点とも言える包茎やその臭い、女性に勝てない惨めさなどを徹底的に指摘します。

タイトルコール以外はほぼ全部エッチに注ぎ込んだ潔い作り
包茎だけでなくそこから連想される他のイメージも組み合わせて責める展開。
大事な部分はしっかり守ったうえで別の要素を盛り込み個性とエロさを出してます。

右「正直 もうずっとチンポ握っていたいでしょ? チンポ握ってシコシコすること以外 何にもしたくないでしょ?」
左「包茎ってだけで すべてが台無しなの ゲームオーバー」
そしてこれらを行うお姉ちゃんのキャラにも違いを出し
それに合わせた表現にすることで聴き手が単調さを感じにくくしています。
言葉自体は手厳しいですが口調は意外と穏やかなのも聴きやすくて良いです。

射精シーンは3回。
淫語(言葉責め)それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

特定の属性を持つ人のためだけに作られたやや尖ってる作品です。

CV:野上菜月さん
総時間 30:03(右…10:01 左…10:01 左右…10:01)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年9月22日まで半額の150円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

ボクちゃんが癒されどぴゅっとイク、おとな保育園

サークル「VOICE☆FACTORY」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人だけが入園できる変わった保育園を舞台に
そこの保母さんがたっぷり甘やかしながら性欲解消のお手伝いをしてくれます。

終始優しい態度で接してくれる彼女のキャラ
こちらのすべてを受け入れ、愛おしそうに責めるあまあまなエッチなど
年上の女性の魅力がぎっしり詰まった癒される作りになっています。
現代社会の心のオアシス
おとな保育園の保母さんと3種類のエッチをするお話。

「ん? どうしたの ボクちゃん 眠れないの?」
保母さんは穏やかで温かい声のお姉さん。
他の園児たちにからかわれたせいでうまく眠れない主人公に声をかけると
彼のために内緒でエッチなお遊戯をしてあげます。

この「おとな保育園」は会社や家庭でのストレスに疲れた大人たちを癒すために
彼女たちが実の母親のように甘やかしてくれる特別な場所。
ここにいる間だけは主人公たちも子供の頃の自分に戻り
彼女たちと無邪気に遊ぶ幸せな時間を送ることができます。
リアルには存在しないでしょうが、あったら結構需要がありそうな施設ですね。

「今から先生が ボクちゃんのことを いっぱい愛してあげる」
今回エッチの相手を務める保母さんもとってもあまあま。
お互いに「好き」と言えるほどの親密な関係なこともあり
最中は肉親、あるいは恋人同士のような愛に溢れたプレイを繰り広げます。
M向けな要素がほとんど無い誰でも聴ける内容です。

テーマ的に幼児プレイが登場するように思われるかもしれませんが
プレイ自体は一般的な男女が行うもので統一されています。
彼女が赤ちゃん言葉を話したり授乳手コキをするシーンはありません。
ですから幼児モノではなくおねショタ系の作品と思っていただくのがいいでしょう。
一つのプレイを派生させる充実したエッチ
エッチシーンは3パート46分ほど。
プレイは手コキ、玉揉み、キス、フェラ、アナル責め、前立腺マッサージ、SEX(正常位、後背騎乗位)です。
手コキ、アナル責め、SEX、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「ふふっ できないの? いいんだよ? 先生が手伝ってあげるね?」
お互いの気持ちを確認し、主人公の衣服を脱がせて横にすると
保母さんは包茎おちんちんを皮越しにゆっくりといじり始めます。

エッチはおねショタらしく彼女が終始リードする形で行います。
一番最初の「おてて遊戯」パートは手コキがメイン。
序盤は皮越しに、その後は皮を剥いて直接おちんちんを優しく愛します。

「お皮をかぶった 包茎ちんちん。女の子なら誰でも欲しくなっちゃうような とっても可愛いらしいおちんちんしてるね?」
彼女は彼のおちんちんが皮かむりでもまったく気にしません。
それどころか魅力的だと褒め称え、いじる際も心を込めて大事に大事に扱います。
この徹底した甘やかしっぷりに多くの人が幸せを感じるでしょうね。

肝心のプレイについても皮越しに指で擦る責めから始まり
皮を剥いて指で輪を作って上下に擦ったり、手のひらで亀頭を包み込んでこねくり回したりと
「手コキ」と呼べる範囲内で様々なスタイルの責めを繰り出し
さらにその都度効果音を微妙に変化させてリアルに表現しています。


本作品に登場する効果音はバックで垂れ流すのではなく
彼女のセリフに合わせてタイミングよく鳴らす演出がされています。
一つのプレイを派生させていく濃厚なエッチが繰り広げられています。

「五本の指の「でこぼこ」が グルグルとカラミついて 先生の手首の「おひねり」を伝えるように 絞り上げていくから もっと感じちゃう」
「ゆっくりと上下する 「輪っか」のストロークが くびれたエラの部分をヌルヌルとしごいて きゅう~っと亀頭の先のほうへ 絞りぬけていくよ?」

これらの様子を聴き手視点のセリフで伝えてくれているのがまたいいですね。
効果音のリアルさも手伝ってイメージがしやすいです。
責めのペースも終盤まではとても緩く、彼女がまったりと愛してくれているのがわかります。

続く「べろべろ遊戯」パートは打って変わってフェラがメイン。
前半は皮を含めた竿を中心に、後半はそれに加えてタマタマやアナルも一緒にいじってくれます。

「こんなに可愛いらしいボクちゃんのおちんちんは 愛されないといけないの」
ここでもまずは皮の中に舌を差し込んでペロペロと舐め
勃起したところで裏筋に吸い付き、しばらくすると咥えこんで吸ったり啜ったりを繰り返すなど
ちゅぱ音を部位や責め方に応じて上手に切り替えエロさを出しています。

フェラの最中はセリフの量が一気に減る実用性重視の作りですから
女性の口が生み出すエッチな音をたっぷり聴くことができます。
特に終盤の射精に向けて責め上げるシーンでは
「ぶびゅっ ぎゅぴっ」と激しいちゅぱ音をほぼノンストップでリズミカルに鳴らす力強いプレイが登場します。

前のパートは効果音、ここはちゅぱ音といったように
パートごとにメインのエロ要素を切り替えているのも本作品のエッチにおける大きな特徴です。

「入口でこれくらいだから 奥に入れば もっともっと気持ちよくなれるよ? 入れてみようか?」
このパートの聴きどころは後半のアナルを絡めたプレイ。
タマタマを舐めていた勢いでそのままアナルの入り口も舐め回し
十分にほぐれたところで小指だけを挿入して前立腺を優しく刺激します。

ややM性のあるプレイなのですが、事前に彼に許可をもらってやっていること
慣れていないのを考慮し小指だけに留めていることなど
彼女が彼のことを第一に考えながら責めているのがわかります。
ややアブノーマルなプレイで心と体の興奮を高めてあげたかったのでしょうね。

そして最後の「ささやきせっくす遊戯」パートは
他の園児たちが寝ている中、いよいよ2人がひとつになります。
ここでは周りに他人がいる状況でのエッチなこともあり
保母さんが囁き声で語りかけたり声を押し殺しながら喘ぐ密着感のあるプレイが楽しめます。

「先生の体はね? ぜんぶボクちゃんの物だからね? あぁ ボクちゃんの気のすむまで 舐め回して パンパンしていいの」
主人公のおちんちんを最初は正常位で、しばらくすると後輩騎乗位で受け止めながら
湧き上がる快感を声に出さないよう必死に堪える彼女の姿がたまりません。
控えめなボリュームのピストン音と彼女の熱っぽい吐息がその場の静けさを演出しています。
中出しされた後に漏らす幸せそうな吐息も非常に印象的でした。

このように、一つのプレイを幅広く行う幸せいっぱいのエッチが繰り広げられています。
心も体も満たされる良作
大人な主人公を保母さんが実の子供のように甘やかすシチュが心を
エロい要素をふんだんに盛り込んだ充実したエッチが体を満たしてくれる作品です。

彼女は仕事に疲れて癒しを求めにやって来た彼が幸せなひと時を送れるように
最初から自分の「好き」という気持ちをはっきりと伝え
それに相応しいあまあまラブラブなエッチで隅から隅までご奉仕します。

彼女のセリフが温かさに満ちているのもそうなのですが
それ以上にプレイの内容が好きな相手じゃないとできないものばかりなのが印象的でした。
具体的には彼の包茎を活かした皮を絡めたプレイやアナルへの責めです。

大人で包茎となると人によっては多少の劣等感を抱いている場合もありますし
それを全面的に受け入れ、愛してくれるというのはやはりとても満たされます。
アナルは汚いところですから舐めたり中まで指を入れるのは強い愛情があるからこそです。
言葉だけじゃなく態度でも好意を示してくれているからこそよりリアルに感じるのだと思います。

エッチはここまで書いてきたようにプレイが重厚です。
単におちんちんをしごくとか舐めるところに留まらず
どこをどういう風に責めているのかをちゅぱ音や効果音でしっかり表現しています。
そしてどのパートも最後の射精シーンに向けて本当にじっくりと責めてくれます。
「充実した気分で射精させたい」という彼女の意思が強く感じられました。

射精回数は全部で3回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

女性に愛される、大事にされる幸せな気分に包まれながら抜ける作品です。
年上の女性が好きな人、癒されながら抜きたい人には特におすすめします。

CV:伊東もえさん
総時間 1:04:43

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

手コキボランティア~恵まれない童貞達に愛の手(コキ)を~

サークル「JON」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、様々な理由で不遇な性生活を送っている童貞君のために
ボランティアスタッフのお姉さんが主に手を使って気持ちのいい射精へと導きます。

メインのプレイを手コキ一本に絞りこみ、その中で多彩な責めを繰り出しながら
彼女はこちらを褒めたり、励ましたり、受け入れるセリフを何度も投げかけます。
精神と肉体バランスよく責めながらプレイを進めてくれるおかげで
普段とはちょっぴり違う幸せな射精が味わいやすくなっています。
お姉さんによる心のこもった手コキのサービス
手コキボランティアのスタッフ「愛乃めぐみ」に手コキをしてもらうお話。

「はぁーい 失礼しまーす あっ 起きなくていいですよ」
めぐみは素朴で明るい声のお姉さん。
性的に満たされず悶々とした日々を送っている主人公のために
優しい言葉をかけながら手コキのサービスをしてあげます。

彼女が勤める手コキボランティアは、恋愛や性体験ができなくて苦しんでいる童貞たちのために
手コキによる射精補助のボランティアをしている組織。
彼らが精神に異常を来たしたり犯罪に走るのを防ぐために
童貞キャンプに集まった彼らに日々奉仕活動を行っています。

そんな背景があるおかげで本作品で行われるプレイは手コキが中心となっています。

もちろんひたすらシコシコし続けるような単調な責めをするわけではなく
フェザータッチをしたり、包皮を剥いたり、同時にたまたまを揉みほぐしたりと
おちんちんを手や指で刺激する様々なプレイが登場します。
かなり本格的な手コキが楽しめると思ってください。

「これは深刻な愛情不足ですね 可愛そうに お辛いでしょう?」
もうひとつの大きな特徴はプレイに取り組むめぐみの態度。
心が磨り減っている主人公に少しでも満たされた気分を味わってもらおうと
プレイをしながらこちらを気遣い、すべてを受け入れるセリフを何度も投げかけます。

彼女は彼のおちんちんが包茎でもまったく気にしませんし
包皮を剥いて露わになった亀頭を立派と絶賛し、溝に溜まった汚れも嬉しそうにお掃除します。
隅から隅まで徹底的に甘やかしてくれる展開ですから聴いていてとても気分がいいです。
強力な癒しのパワーを持つ秋葉よいこさんが言ってくれるのだから尚更です。

きめ細かな手コキとめぐみの温かいセリフ。
この2つの要素が心と体をバランスよく高め、射精しやすい環境へと導いてくれます。
性感を少しずつ溜めていく丁寧なご奉仕
エッチシーンは24分間。
プレイはおちんちんの愛撫、皮むき、玉揉み、手コキです。
玉揉み、手コキの際に控えめなボリュームの効果音が鳴ります。

「では まずは下着の上から 指先でケアしていきますね」
主人公の勃起具合を確認して射精補助が必要と判断しためぐみは
指を使っておちんちんを最初は下着越しに、続いて直接愛撫し始めます。

エッチはご奉仕ですから彼女が終始リードしてくれます。
最初の10分間は気持ちを高め、精液をより熟成させるための準備的なプレイ。
フェザータッチ、皮むき、玉揉みをしながらめぐみがおちんちんの様子をじっくり観察します。

「そうですよね このおちんぽさんも さっきから 出したい出したいって お口をぱくぱくさせてますもんね」
「中に たまたまがちゃーんと2つ 入ってるのがわかりますよ」

プレイが始まると彼女の声が一気に近づくおかげで
女性に大事な部分を見られている恥ずかしさが味わいやすくなっています。
バイノーラル録音ですから声に温もりを感じる人もいるでしょうね。
責めのペースがゆっくりなところを密着されてる雰囲気で補っています。

本作品の山場となる本格的な手コキの時間は13分ほど。
「くにゅ きちゅ」という効果音を最初はゆっくり、後になるほどペースを上げて鳴らしながら
4本の指を使ってカリ首や竿全体をエッチに責め上げます。

「ほーら 剥けちんぽさんが 包茎おちんぽ君に戻っちゃいましたよ」
「この中に入ってる ドロッドロの童貞ザーメン ぜーんぶ出してくださいね」

ここではプレイをしながらめぐみが下品な淫語を言ってくれるのがいいですね。
大人しいというか、清純な声だからこそかなりの破壊力を秘めています。
合間に漏れる熱っぽい吐息も彼女が適度に興奮している様子が表れています。

手コキ音についても全体的に粘性が高く、時折泡が弾ける音が鳴るなどリアルですし
指が生み出すエッチな音を上手に表現してると言えます。
淫語で心を、手コキで体をバランスよく責めてくれているわけです。

このように、最高の一発を提供するのを目的とした丁寧なプレイが繰り広げられています。
充実した気分で抜ける作品
女性の優しさに浸りながら気持ちよくなれる良作です。

一時的にせよ主人公が抱えている性の不満から解き放つために
めぐみはボランティアでありながら本当の身内のように親身になっておちんちんを慰めます。
プレイ全体の進め方、彼女の声やセリフ、手コキの際の責めのきめ細かさなど
あらゆる部分が「聴き手により気持ちよく射精して欲しい」という思いやりに満ち溢れています。

これらによって得られる精神的な充実感が射精の快感をより大きなものにしています。

主人公は病気や怪我をしているわけではありませんから
やろうと思えば自分でオナニーして性欲を発散させることも普通に可能です。
だからこそめぐみはそれでは決して得られないものを提供しようと努力しています。
そういった登場人物の背景を踏まえたご奉仕をしているのが見事です。

この作品を聴き終えた直後に思ったことは、シナリオが秋葉さんの良さを存分に引き出しているということです。
秋葉さんは大和撫子シリーズなどをやられているように基本的には癒しに適した声優さんで
本作品のような女性が終始優しくお世話してくれるプレイもすごくハマっています。
そして後半では敢えて淫語を下品なもので統一し、そのギャップで興奮を煽っています。
声優さんの長所を活かし、さらには抜きにもきちんと繋げる形でシナリオが組み立てられています。

エッチは序盤の責めの弱さに色々と不安もあったのですが
後半に入ると淫語・くちゅ音・息遣いとエッチな要素が増えて抜ける雰囲気が作られています。
一部で手コキをしながら息を漏らすだけのシーンがあったので
そこに淫語を追加したり、見られているのを意識させるセリフを入れていたらもっと良かったかもしれません。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

短時間ながらも濃厚なひと時が味わえる作品です。
女性の優しさに飢えている人、恥ずかしい姿を見られながら射精したい人に特にお薦めします。

CV:秋葉よいこさん
総時間 本編…30:01 NG集…2:40

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

風俗嬢のお姉さんに喘ぎ声でイジメられる包茎マゾな僕~包茎イジメ風俗店で搾取される~

サークル「human chair」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、包茎でドMなお客を相手に
色っぽい声のお姉さんが至近距離で淫語や吐息を叩き込みます。

「包茎くちゃい」など赤ちゃん言葉を使った独特の罵声
声を左右に小まめに移動させながら段階的に熱っぽくする吐息など
シンプルなプレイの中に様々な個性を取り入れて聴き手に興奮を与えます。



包茎男子のオナニーを赤ちゃん言葉でサポート
風俗嬢のお姉さんに耳元で囁かれながらオナニーするお話。

「ん~? なんだかこの辺りからくちゃい匂いがしまちゅよ?」
お姉さんは甘く色っぽい声の女性。
包茎マゾな男性をターゲットにした風俗店にやってきたお客へのサービスとして
至近距離で囁きながらその臭いおちんちんを優しく貶します。

本作品は合計3人の男性に対して彼女自身は物理的な接触をほとんど行わず
彼らが気持ちよく射精できるように声や吐息を使って興奮を高めてあげます。
バイノーラル録音、かつ耳元で囁いたり熱い吐息を漏らすシーンが非常に多いため
彼女が本当に近くにいるような感覚が味わえます。

「今日は 菜月お姉ちゃんが包茎坊やの包茎チンチンイジメてあげまちゅから ちゃんと謝りながら シコシコぴゅーするんでちゅよ?」
プレイ中はお姉さんが常に赤ちゃん言葉で語り掛けてくるのも大きな特徴です。
お客のニーズに応えて彼女は主に包茎の臭さを強調した罵声を叩きつけてくるのですが
その声や赤ちゃん言葉のおかげで意外に甘く温かい雰囲気に包まれています。
軽く貶されてちょっぴり恥ずかしい気持ちを抱きながらオナニーする感じですね。
属性的にはややM~ドMくらいでしょうか。

しかし彼女が母親のような優しさを見せているのはあくまでお金のため。
心の底ではこういうプレイに溺れるオタク共を見下しています。
プレイのインターバルに見せる彼女の素顔に多くの人が驚くでしょう。
そしてM度が高い人ほどゾクゾクするものを感じるかもしれません。



シンプルながらも変化に富んだプレイ
エッチシーンは27分30秒ほど。
プレイは淫語や吐息をかけられながらのオナニーと疑似フェラです。
エッチな効果音はありません。

「いい子でちゅね~ シコシコがんばりまちょうね~」
お客の粗末なおちんちんを甘い声で貶した後
お姉さんは彼にオナニーする指示を与え、自分はそれを見ながら耳元で囁きます。

エッチは最初の2人が至近距離で淫語を囁きながらオナニーを見守るプレイ
最後の1人だけはエッチなちゅぱ音を鳴らして射精へと追い込みます。
相手が全員包茎なこともあり、その皮被りっぷりや臭さを指摘するシーンが非常に多く
リアルで包茎な人ほど心を軽く凹ませながら興奮できると思います。

もちろん彼女は何も考えずにそれだけを繰り返すわけではありません。
1人あたりおよそ10分の時間の中、1分ごとに声の位置を左右に切り替えながら
段階的に吐息を荒く熱っぽいものへと変えていってくれます。


「包茎マゾちんちん とっても可愛いでちゅねー なでなでしてあげたいくらいに ピクンピクンしてて くちゃい匂いぷんぷんさせて お姉さん興奮してきちゃう」
特にプレイの中盤に差し掛かるとセリフの合間に息を吹きかけたり
意識的に下品なちゅぱ音を鳴らして別方向の刺激を与えてきます。
淫語・吐息・ちゅぱ音・耳に伝わる熱や風圧といった様々な要素が
彼女の近さとその興奮っぷりをリアルに伝えてくれるでしょう。

「お口でチンカスびっしりのチンチン きれいにしてあげるね~」
最後の3人目はとある人物を相手にフェラテクを披露します。
その声とは正反対の「ずびりゅるるぅぅ ぶびっ」という下品極まりないちゅぱ音が
短時間のうちに股間に強烈な刺激を与えてくれるに違いありません。
聴いたことのある人ならわかると思うのですが、野上さんのちゅぱ音はかなりキます。
個人的にはここが一番抜きやすいシーンかなと。

このように、エッチな要素を様々に絡めた比較的濃厚なエッチが繰り広げられます。



優しく貶してくれる作品
赤ちゃん言葉、包茎にターゲットを絞った淫語、ささやき&吐息など
短時間ながらも様々な抜きの個性を持っている作品です。

おちんちんのみすぼらしさや臭さを敢えて赤ちゃん言葉で包むことで
比較的浅く心を抉ってくる罵声のスタイルが非常に面白いです。
罵声の内容も汚さや臭さを強調しながら、時折可愛いとも言ってくる。
「どうしようもなくダメな子ほど放っておけない」みたいな
彼女のそこはかとない愛情を感じます。

「あーあ だっさい 包茎男子って本当に劣等種だよね」
「こーんな子供だましの風俗に大金つぎ込んで 自分でシコってイって終わりとか 惨め~」

そんな風に聴き手を思わせておいて、インターバルで一気に叩き落とす展開も秀逸。
彼女はお金が欲しいから相手をしているだけであって
彼らに対して良い方向の感情は一切抱いていません。
プレイ中があまあまだからこそ、その腹の内のどす黒さが際立っています。
このへんがドMの方でも楽しめると判断した理由です。

エッチはどのシーンも温もりが感じられるほどに声が近いです。
プレイ自体は見られながらオナニーするだけと比較的ソフトなのですが
声の臨場感がその様子をイメージしやすくしてくれています。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

心を上手に責めて気持ちを高めてくれる作品です。
優しく罵声をぶつけられたい人、見られることに快感を覚える人には特にお薦めします。

CV:野上菜月さん
総時間 30:15


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年2月1日まで半額の300円で販売されています。
その場合の点数は8点です。

射精天使☆イクミさんの包茎オナニーおてつだい。あなたのおチ○ポ…看護しちゃいます♪

サークル「JON」さんの同人音声作品。
同サークルさんから発売された最初の音声作品になります。

本作品は主人公を敢えて包茎に設定することで
通常の手コキやフェラシーンに包茎ならではの要素を加え
それがプレイにちょっとした変化を与えているのが特徴です。

また、おっとりあまあまなお姉さんが淫語を連発したり
射精シーンが一般的な作品と比べて多めだったりと
抜き要素もとても充実していますから
包茎な方はもちろん、そうでない方も十分に楽しめると思います。



優しい看護師さんは射精天使
看護師のイクミさんに手やお口で射精させてもらうお話。

「失礼しまーす はい 検診のお時間ですよ」
イクミさんは素朴で穏やかな声の女性。
両手を骨折して入院中の主人公は
定期健診にやってきた彼女に体を拭いてもらうことになります。

「ほら あーんして あーん」
イクミさんは看護師としての職業柄か、お世話をすることにとても慣れており
まるで子供に接するかのように優しくしてくれますから
彼女のセリフを聴いていると、甘えたい気分になるかもしれません。

耳掻きマッサージ専門店・大和撫子」シリーズを経験済みの方ならわかるでしょうが
このイクミさんを演じられている秋葉よいこさんの声には本当に癒されます。
本作品はエロ主体なので、癒し効果には重点を置いていないにも関わらず
彼女の声を聴いていると、心がホッとするものを感じることでしょう。



設定、セリフ、シチュ、あらゆる面でこだわりを感じるプレイ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート37分間。
プレイはおちんちんのお掃除、手コキ、玉揉み、フェラ、オナニーです。
エッチに関する効果音はありません。

「じゃあ次は 下半身も拭いておきましょうね」
両手が不自由な主人公のために、タオルで上半身を拭いてくれたイクミさんは
続いてパンツをおろしておちんちんのお掃除を始めます。

冒頭で書いた通り、ここでは包茎を活かしたプレイが聴けるのが最大の特徴です。

「ゆっくり ゆっくり 痛くないですか? 大丈夫?」
主人公を気遣うようにして、ゆっくりと包皮を剥いていくシーンや
おちんちんにこびりついた恥垢をお掃除するシーンなど
恥ずかしくも気持ちよさそうな珍しいプレイが聴けるのはいいですね。

敢えて手を使わずに口で剥いてくれたりもしますから
この手のプレイが好きな方にはかなり楽しめると思います。

「金玉の中身 全部絞り出して おちんぽの先からどぴゅどぴゅして」
イクミさんの甘く柔らかい声による卑猥なセリフもポイントと言えるでしょう。
癒し系の声であるからこそ、そこから放たれる淫語にはとてつもない破壊力があります。
このギャップには自然と股間が熱くなるほどの力を感じました。

他にもイクミさんに顔射をするシーンが登場するなど
色々な面で作り手のこだわりを感じる面白いプレイが繰り広げられます。



「聴き手を興奮させる」ことを常に意識した作品
抜きボイスとして抜群の性能を誇ります。

メインである1番最初のパートでは、無抵抗な状態の主人公が
可愛いお姉さんに最も大切な部分を弄ばれることで
男の羞恥心と劣情を煽っているように思われます。

そして次のパートでは、イクミさんに顔射することで
逆に男としての征服欲を満たす。

このように、それぞれのプレイが
聴き手となる男性の心理を意識して作られているな、と強く感じました。

「痒いところに手が届いてるプレイだな」と。

また、およそ40分間で5回の射精シーンがあるなど
純粋に抜かせようとしている点もポイントでしょう。
若干プレイ内容が被る部分もありますが
いずれも十分に抜けるように作られていると思います。

作品自体の雰囲気は、イクミさんの声のおかげでとってもあまあま。
彼女は嫌な顔一つせず、愛おしそうにおちんちんを慰めてくれますから
包茎に抵抗さえなければ、誰が聞いても問題はありません。

価格も300円ととっても良心的。
今回も満点とさせていただきました。

「JONさんの作品にハズレなし」
作品の質が高いレベルで安定している素晴らしいサークルさんです。

おまけは秋葉よいこさんによる簡単なご挨拶です。

CV:秋葉よいこさん
総時間 本編…41:30 おまけ…2:12


オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ