同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:分倍河原シホ

   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ&しおりママ ~Wママハーレムコースでアメとムチ大作戦~
   ● 亀頭ほいくえん 手コキ&オナホコキフェチズム満載音声
   ● 筋トレを1セット終えるたびに生おま〇こさせてくれるドスケベトレーナーさん
   ● TS(trans sexual and time scroll)HOTEL ~あなたはある目的のためにココに連れてこられた~
   ● オナクラ風俗嬢のぐっちょりしっとりあまあま乳首責めお射精プレイ
   ● サキュバスと女騎士の居座りおまんこライフ
   ● 【マゾ・マニュアル】搾精ママの誘惑
   ● 人形娼館の悪夢《催眠音声》
   ● 膣内射精障害者のための床オナ責め調教
   ● 全知全能女神が勇者を捕らえてエナジードレイン淫紋付与搾精




サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人だけが利用できるエッチな保育園で
2人のママが甘えん坊な男性に幸せで気持ちいいひと時をプレゼントします。

幼児プレイ要素を多めに盛り込んだうえでエロさも高いエッチをするのが特徴で
どのパートも2人が連携を取りながら違う手段で性感帯を責め続け
中盤以降は通常のSEX、レズSEX、アナルSEXを中心に置いて艶めかしい喘ぎ声をガンガン漏らします。
癒しのパワーも強いですからいい気分に浸りながら抜けるでしょう。
赤ちゃんに戻れる大人の楽園
甘園房でゆかりママ(挿し絵左)、しおりママ(挿し絵右)に甘やかしてもらうお話。

「この度は 当店甘園房にご興味を持ってくださり 誠にありがとうございます」
受付嬢ののどかさんは明るくて穏やかな声の女性。
甘園房の利用を検討してる主人公に挨拶すると
お店とサービスの特徴や所属するママたちのことを簡単に説明します。

本作品は2019年から続いてる人気シリーズの第5弾。
大人になっても女性に甘えたい願望を強く持ってる人のために
彼女たちがおよそ180分に渡って6種類のエッチなサービスをします。
登場人物は過去作と一緒ですがストーリーの繋がりは特になく
初来園verと再来園verがあるので新規の人もすんなり入れます(流れは一緒で一部のセリフが違います)。

ちなみに当サイトでは1作目以外すべてレビュー済みです。
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ~ゆかりママとうちで過ごそう~
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ

ゆかりママ「両耳舐め舐め 気持ちいーい? ボクのお耳 柔らかくって はむはむし甲斐があるよ」
最大の特徴は幼児プレイ成分をたっぷり含んだ濃厚な甘やかし。
ゆかりママはママらしいあまあまな声と態度で愛情を込めてお世話します。
彼女は口を使うのを得意としておりキス、耳舐め、フェラといったプレイを好んでやります。
「ばぶばぶ」「ごろーん」などセリフも独特なものが多く、聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。

しおりママ「ぴゅっぴゅはまだだーめ」
それに対してしおりママはちょっぴり意地悪な女性。
射精が近くなった時にわざと禁止してもどかしい気分にさせたり
終盤では彼のアナルをペニバンで責めて射精とは違う快感を与えます。
ゆかりママを激しく責めるシーンもあったりと多少のSっ気が見られます。

ただし、本作品の主役はあくまで幼児プレイですから
一般的なM向け作品に出てくるきつい言葉責めやプレイはあまりありません。
褒めたり甘やかすセリフも普通に言いますし、エッチを盛り上げる触媒として取り入れてます。
ゆかりママとの違いを明確にする意味もあるでしょうね。

本作品の独自要素は2人が同時に責めること。
ゆかりママは左、しおりママは右に陣取って手分けしながら色んなプレイを繰り出します。
過去4作はすべて一対一だったので、それらを聴いてる人は以前よりも内容が濃く感じると思います。
終盤はSEXが中心になってるおかげで彼女たちの喘ぎ声も多めに流れます。

甘園房はあくまで大人赤ちゃんをお世話するためのお店ですから
ガチの幼児プレイみたいに射精シーンを極端に減らすとかはしてません。
甘さとエロさを両立させたサービスをするのでオナニーのオカズとしても普通に役立ちます。
このへんもシリーズがずっと続いてる理由なんじゃないかなと。
気持ちよく甘やかしてくれるエッチ
エッチシーンは6パート123分間。
プレイはキス、フェラ、耳舐め、手コキ、授乳、ガラガラを鳴らす、マットプレイ、乳首舐め、顔面騎乗、アナル舐め、ちんぐり返し、ゆかりママのオナニー、ペニバンSEX/アナルSEX、腹コキ、SEX(正常位)、ママタクシー(駅弁SEX)です。
手コキ、ガラガラ、マットプレイ、ペニバンSEX/アナルSEX、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ゆかりママ「今日はこのお部屋でぇ ママたちとうーんとエッチなお遊戯 一緒に楽しみまちょうねー」
17分ほどかけてお店の説明やプレイルームへの案内をした後
ゆかりママとしおりママは順番に熱いキスをしてから主人公を裸にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の3パート71分間は2人の違いを出しながら甘さ重視のプレイをするシーン。
「02 キス&両耳舐め手コキ(約22分)」はキス、耳舐め、手コキ
「03 おっぱいキスしながらの、おちんちんキス(約19分)」は授乳+フェラ
「04 ローションマットベッドでヌルヌルお遊戯(約30分)」マットプレイで1回ずつ射精します。
ちなみに本作品は全編で音量控えめな癒しの音楽が流れ続けます。

しおりママ「ママたちのキス 気持ちいいかしら? ふふっ そっかそっか」
ゆかりママ「こゆーいしーしーいっぱいできて えらーいでちゅねー」
そして2人は早速溢れんばかりの愛情を注いであまあまな雰囲気を作ります。
ゆかりママは言葉と行為でストレートに甘やかすし
しおりママも一部を除けば優しい態度を取ってやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
手コキは音を鳴らすだけですから、赤ちゃん言葉とちゅぱ音のほうが存在感は大きいです。

03パートは女性が2人いる状況を有効活用してます。
しおりママは彼に膝枕したままおっぱいを好きに吸わせ
ゆかりママはおちんちんの匂いを嗅いだり激しめにしゃぶって射精へ追い込みます。
本物の赤ちゃんにも使うガラガラを鳴らすなど、テーマ性とエロさを両立したプレイに仕上げてます。
しおりママが普通に喘いでくれるおかげで02パートよりもエロく感じました。

しおりママ「ほーら ボクのお顔の上に 跨ってぇ… 生おまんこさんずっしーん」
04パートはソープのマットプレイにかなり近い内容。
マットへ寝ころんだ彼におっぱいを使ってローションを塗りたくり
さらに乳首舐め、ちんぐり返し、顔面騎乗、手コキ、アナル舐めと多彩な責めを行います。

幼児プレイ要素はセリフくらいですから、前の2パートとはやや方向性が違います。
3時間もある作品でずっと同じ路線だとダレる可能性がありますし
甘さとエロさの比重を変えて違いを出したほうが熱中できると思います。
時間が最も長いことも含めて前半で一番抜きやすいパートじゃないかなと。

後半の3パート52分間はSEX中心。
「05 スーパーあまえんぼうタイム(約15分)」は2人のSEXを間に挟まる形で鑑賞し
「06 ハイパーあまえんぼうタイム(約20分)」はゆかりママとのSEXと、しおりママからのアナルSEXを同時に楽しみます。
そして「07 待合室まで抱っこママタクシーで移動(約17分)」は駅弁スタイルでしおりママにハメながら待合室へ連れて行ってもらいます。

しおりママ「あぁこれすっご すっごぉい」
SEXする点はどれも一緒ですけど、内容はそれぞれに違いがあるので単調さはありません。
05パートと06パートは2人の喘ぎ声がガンガン流れてエロい空間を作ります。
スイッチを入れるとペニバンを装着してるしおりママも気持ちよくなれるという設定です。
ピストンも軒並み激しく大人のSEXをしてるように感じました。

前半部分はどちらかと言えば甘やかしのほうが強かったので
ここは実用性をさらに上げてメリハリをつけてます。
主人公がSEXする時は必ず生ハメ&中出しをしますし、心も体も満たしたまま外の世界へ送り出します。

このように、あまあまな要素を多く盛り込んだうえで体もがっつり責めるバランスの取れたエッチが繰り広げられてます。
心も体もとろける作品
満足感や幸福感に浸りながら抜けるノーマル~ややM向けの作品です。

ゆかりママとしおりママは甘園房を訪れた主人公に満足してもらおうと
左右に陣取り密着しながら色んなプレイをして何度も射精させます。
そしてこれらの最中に赤ちゃん言葉や幼児プレイを色々盛り込み甘えたい欲望も満たします。

タイプの異なるお姉さんたちが甘えん坊な男性のママになって親身にお世話するシチュ
赤ちゃん言葉、癒しの音楽、ガラガラなどテーマ性のある素材を色々盛り込んだ独特なエッチ
常に2人で協力しながら後になるほど濃いプレイをする抜きを意識した作り。
シリーズのファンとそうでない人の両方に楽しんでもらえるよう作品を組み立ててます。

中でもエッチは確かに幼児プレイなんだけど
おちんちんもしっかり気持ちよくする割と欲張りな内容になってます。
彼を赤ちゃんではなく大人赤ちゃんと呼んでるのもこれを成立させるためなのでしょう。
総時間が長いおかげで甘さとエロさ両方を高い水準で持たせることができてます。

あと私は過去作を聴いてるので複数人プレイが印象に残りました。
2人の存在感を同じくらいにしたうえでそれぞれに活躍の場を設けてます。
エッチな声や音の密度も上がってて順当に進化してると言えます。

射精シーンは6回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:ゆかりママ/のどかさん…陽向葵ゅかさん しおりママ…分倍河原シホさん
総時間 初来園ver…2:53:36 再来園ver…2:53:12

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月9日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



茜新社が販売してる同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の属性を持つ2人のお姉さんが
おちんちんの悩みを抱えてる少年に気持ちいい治療を施します。

片方はお姉ちゃんのように彼を全肯定しながらひたすら甘やかす
もう片方は軽く見下しながらややハードに責めると、いった具合に
2人の個性を明確にしたうえで亀頭を重点的に責めて何度も射精に追い込みます。
射精シーンがとんでもなく多いのもポイントです。
包茎少年にする過激な治療
亀頭保育士の保奈美、亀頭衛生士の理沙が協力して包茎を治すお話。

「こんにちは 亀頭保育士の保奈美です」
保奈美は甘く優しい声のお姉さん。
「亀頭衛生士の理沙です」
理沙は丁寧語で話すクールな声のお姉さん。
保育園にやって来た主人公に挨拶し、早速おちんちんを出すように言うと
亀頭と包皮の間にローションつきの綿棒を入れて綺麗にします。

本作品は漫画「じょうずにぴゅっぴゅできるかな?【DLsite限定特典付き】」に出てくるお話を音声化したもの。
手術とは違う手段でおちんちんの悩みを解決してくれる場所で
彼女たちがおよそ60分に渡って気持ちよくしながら包茎を矯正します。
保奈美は主治医としてメインの相手を務め、理沙は射精後におちんちんを綺麗にする役を担当します。

保奈美「上手に言えたね いい子いい子 おっぱいでほっぺた よしよししてあげる」
理沙「汚れが悪化するので 今すぐ射精をお止めください」
最大の魅力は彼女たちのキャラ。
保奈美は近所のお姉ちゃんのようなあまあまな態度でリードするのに対し
理沙は事務的メイドっぽくクールな様子で軽く見下しながらお世話します。

どのパートも2人が個別に、あるいは同時に責めるおかげで大きな落差を感じます。

どちらかと言えば保奈美のほうが出番は多いので雰囲気はノーマル寄りですけど
理沙が割と容赦のない責め方をするため、総合するとややMあたりがメインターゲットになります。
理沙は亀頭磨きやアナルSEXといったアブノーマルなプレイを担当してますし
異なる属性を敢えて混在させて深みと面白味を与えてます。

エッチは目的が包茎治療なのでそれを見据えたプレイ構成になってます。
タイトルについてる手コキやオナホコキはもちろん出てきますし
それ以外に亀頭の洗浄、特殊なパンツを穿いて包皮を戻りにくくするなど独自要素も盛り込んでます。

ちなみに主人公は今回初めて射精するくらいの少年なので
彼女たちの責めにはとことん弱く、ちょっとした刺激でもあっさり射精します。
具体的には54分間で15回も射精シーンが用意されてます。
今回の治療に早漏改善は含まれてませんから、抜き場をできるだけ多くして実用性を上げてます。
優しさと厳しさを混在させてるエッチ
エッチシーンは4パート54分間。
プレイはハグ、オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、耳舐め、歯ブラシ責め、授乳、クンニ、金玉へのビンタ(1回だけ)、SEX(正常位?、対面立位)、ペニバンアナルSEXです。
オナホコキ、亀頭の洗浄、手コキ、歯ブラシ責め、金玉へのビンタ、SEX、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

保奈美「それでは今日から 本格的な亀頭保育を行っていきます」
冒頭でおちんちんの具合やサイズを確認した1週間後
保奈美は包茎治療の手始めに抱き合ったままオナホで気持ちよくします(サンプル画像の体勢)。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の2パート29分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「002 初診・上手にぴゅっぴゅとむっきんできたね(約18分)」はオナホコキと亀頭のお掃除
「003 お手々にいっぱいちーこちーこしてね(約11分)」は手コキと歯ブラシ責めで合計8回射精します。

保奈美「男の子が白いおしっこを出すことを お射精って言うの」
そして2人は早速まったく違う態度で彼に接します。
保奈美はエッチに関するあれこれを教えながらゆっくり責める性教育っぽいスタイルを取ります。
オナホに挿入しただけで射精しても怒るどころか精通を褒めてくれてすごく優しいです。
「ぷちゅ ぷちゅ ぷちゅーん」と擬声語を交えてプレイの様子を実況するなど
おねショタの醍醐味である甘さや温かさが凝縮されたキャラになってます。

理沙「これはまた 随分と浅ましく射精をされたご様子ですね」
それに対して理沙はクールさや容赦のなさを前面に押し出して責めます。
「亀頭磨きクロス」と呼ばれる布で綺麗にしてる最中に射精するのを見て軽く呆れ
次回は決して漏らさないように念押しして場を引き締めます。
意地悪というよりは仕事をきっちりこなすタイプの女性なのだと思います。

2番目のパートは後半から登場する歯ブラシ責めが個性的です。
前回使ったクロスでは亀頭の汚れを取り除けないと判断し
理沙が「ごしゅごしゅ」「しゅりしゅり」と言いながら熱心に刺激します。
音も鳴らしますけど音量が控えめになってて掛け声のほうが存在感は大きいです。

続く2パート25分間はより踏み込んだプレイが登場します。
「004 もみゅ、もみゅって亀頭をマッサージするね(約11分)」は
ローターを内蔵した別のオナホでしごきながらおっぱいを自由に吸わせ
「005 先生のおマンコにどーじょ(約14分)」は保奈美へのSEXと理沙からのアナルSEXを同時に体験します。

保奈美「んんっ 亀さん すごく立派に育ったね でも まだ足りません」
理沙「ここからは私が 正確な検査を行うため ピストンのお手伝いをします」
005パートは治療の総仕上げということで最初から2人とも登場させ
それぞれで別の役割を持って動く密度の高いプレイです。
SEXは亀頭だけおまんこに挿入してこれまでの成果を確認し
アナルSEXは快感が強すぎて自分では動けない彼を気持ちいい手段で理沙がサポートします。

ここだけで4回も射精シーンがありますし、最後を飾るに相応しい抜き応えのある内容でした。
彼の童貞を奪ったのもここまで頑張ってきたことに対するご褒美なのかもしれません。
両耳舐めのちゅぱ音、ピストン音、保奈美の喘ぎ声と純粋なエロ要素も充実してます。

このように、2人の性格に合ったやり方で甘やかしたり軽くいじめるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の割とハードな作品
テーマ性を持たせたうえでキャラも立ってるややM向けの作品です。

保奈美と理沙は包茎で悩んでる主人公のおちんちんをずる剥けにしようと
それぞれで役割分担しながら個別に、あるいは同時に違うプレイを繰り出します。
そして射精シーンを通常よりも遥かに多くして聴き手がいつでも抜けるようにします。

あまあまなお姉さんとクールなお姉さんが協力しておちんちんを矯正するシチュ
おちんちんに色んな手段で刺激を与えて亀頭を鍛えるテーマに沿ったエッチ
射精シーンをものすごく多くしておちんちんの弱さや精力の強さを表現する演出。
思春期の少年が年上の女性に気持ちよく弄ばれる様子を比較的柔らかいタッチで描きます。

中でも2番目は亀頭の洗浄、歯ブラシ責め、ローター入りのオナホで責めるなど
音声作品でもなかなかお目にかかれないプレイがいくつもあって面白いです。
包皮をずっと剥けた状態にするパンツを穿いたり、亀頭を育成する薬を塗るシーンもあります。
普通にエッチして終わりじゃ他の作品と一緒になってしまいますから、目的意識があるのは大事だと思います。

射精シーンは15回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:保奈美…陽向葵ゅかさん 理沙…分倍河原シホさん
総時間 1:05:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「ぶぼぶぼ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、指導熱心でエッチも大好きなトレーナーのお姉さんが
男性と一対一でエッチなトレーニングをしてダイエットや筋トレを応援します。

パートによって違う体位でたっぷりSEXするのが特徴で
責めが緩い時は通常の艶めかしい喘ぎ声を漏らしてたのが
激しくなると「おおぉ」などのオホ声に変わって下品に乱れます。
きつい筋トレを気持ちいいものに
恵体成美(めぐたいなるみ)のトレーニングを受けて体とおちんちんを鍛えるお話。

「あ、はじめまして! 当ジムのパーソナルトレーナー、恵体成美と申します」
成美は明るくて上品な声のお姉さん。
ジムを初めて利用する主人公に挨拶し、すぐさま体を密着させると
まずは体重や体脂肪率といったデータを記録しながらダイエットのプランを立てます。

本作品はマンツーマンでお客に合ったトレーニングを提供するジムで
彼女がダイエットを目指してる彼におよそ110分間のエッチな指導をします。
通常のトレーニングを1セットこなしたらエッチへ移る流れになっており
彼が気分よく痩せられるように明るい態度で接しながら手厚いサービスをします。

「82、83、はちじゅうっしいいいんおおお、これやばすぎるっんおお、マジイキしちゃうっんよおお...!」
全編を通じて言える大きな特徴はSEXメインでオホ声をガンガン漏らすこと。
どのパートも必ずおまんこでお世話するシーンを盛り込み
その際に普段の彼女とは随分違う下品な声を積極的に漏らします。

わざとらしさが出ないように序盤は「あんっ」と普通の声を出し
ピストンが激しくなるのに合わせてオホ声の割合が増えていきます。
SEXシーンが多いおかげで色んな喘ぎ声が聴けますから、喘ぎ声が好きな人ほど興奮できます。
射精は毎回中出しするなど十分過ぎるご褒美をあげて辛いトレーニングを乗り切る気力を与えます。

また特化型のプレイ構成にありがちな単調さを防ぐために
SEXは体位を変えるだけでなく、ピストン音を多少違うものにしてあります。
例えば最初のパートは対面立位なので「ぱすっ」という弾力のある音が鳴るのに対し
その次は彼がレッグプレスの座席に座ってるから革張りの台座が沈むような音が混じります。

本作品は通常のトレーニング部分も割と真面目に作られており
その時使った器具に関する音も入れて雰囲気を出してます。
全体的に責めるペースを緩めにして喘ぎ声やオホ声を聴きやすくするなど作りが丁寧です。
一緒に楽しむ明るいエッチ
エッチシーンは6パート71分間。
プレイはSEX(対面立位、騎乗位、対面座位、正常位)、フェラ、玉舐め、尻コキ、成美への乳首責め、耳舐め、キスです。
SEX、尻コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら見て、お兄さんのチンポ眺めてたら、ここ、もう濡れ濡れになってきちゃった」
トレーニングの説明や打ち合わせを済ませた後
成美はラットプルダウン(背中の筋トレ)を終えた主人公と早速SEXをします。

エッチは彼女がリードしながら責め合うスタイルで進めます。
前半の3パート40分間は比較的軽いトレーニング。
「1.インターバル生おまんこ(約10分)」は対面立位
「2.スクワット騎乗位(約14分)」は騎乗位SEXで脂肪と精液を搾ります。
そして「3.スーパーおまんこセット(約16分)」はフェラと対面座位SEXで1回ずつ出します。

「ほらほら、もっと動いて良いからね...んっくう...はあ...上手だよお...。パコパコしながら、どんどん脂肪を燃やしていこっか」
彼女はスパルタ式じゃなく褒めて伸ばすトレーニングをするので雰囲気は終始和やか。
おちんちんの逞しさやピストンの上手さをはっきり伝えてやる気を出させ
さらに途中からオホ声交じりの喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。

序盤から本気で乱れてくれますから彼女自身も気持ちいいのでしょう。
上品な声質の分倍河原シホさんが繰り出すオホ声はギャップが大きく股間に響きます。
体だけでなく心のケアもするところがプロのトレーナーらしくて良いです。

「はあああああん、っぶうううぽっぶうううぽっぶびいいいいいっぽん」
3番目のパートをフェラ中心にしてるのもポイント。
1番目と2番目はほぼSEXだけだったので、ここで路線を変えてメリハリをつけてます。
玉舐めは「ずごごー」と口を開けたまま吸い付く感じの音
フェラは「ずびびー」と同じく吸い多めのちゅぱ音を鳴らしててオホ声に負けないくらい下品です。
対面座位SEXは3分くらいで終わりますからちゅぱ音を楽しむパートと言えます。

後半の3パート31分間はトレーニングとエッチの両方が濃くなります。
「4.おまんこドロップセット(約8分)」はやや捻りを加えた正常位SEX
「5.性のBIG3(約11分)」は尻コキ、SEX、乳首責めを組み合わせたコース
「6.ドスケベガチ恋セックス(約12分)」は愛情表現としてのSEXをします。

「そろそろ...負荷を弱めていこっか...さっっきよりも浅めに動かしてみてえ...んっおお、コリコリしたとこ...当たってきたあ...」
このへんまで来ると彼の体も鍛えられてますから普通のプレイでは終わりません。
4番目のパートは最初におまんこの奥、次は入り口付近と責める場所を変えてピストンします。
彼女が抱きついて体の匂いを嗅ぐシーンもあったりと
彼がオスとして魅力的になりつつあることを表現しながら責め合います。

「いぐ...いぐ...いっぐうううううう...!んおおお...おお、お、お...んうっっぐうおおおお...!おっほおおお...!」
最も豪華なエッチが楽しめるのは5番目のパート。
尻コキで1回、SEXで1回と射精シーンが多いのに加え
彼女が今までで最も長いオホ声を漏らしながら絶頂するシーンがあります。
尻コキは最初アナルSEXだと思ったのですが、表現が曖昧なので外側でしごいてると私は見てます。

エッチを最後まで聴いた感想は「雰囲気作りができており、キャラも立っててエロい」です。
雰囲気はエッチ以外の部分を現実世界のトレーニングに合わせてますし
「性のBIG3」など用語も交えてそれに沿ったプレイをします。

そして後者は普段上品な彼女がSEXの時だけ下品なオホ声を漏らすところや
毎回生ハメ&中出しする展開など男心をくすぐる要素がしっかりあります。
効果音の扱いにこだわってることも含めて抜きやすさをとても重視してます。
一風変わった抜きボイス
エロさを出しつつトレーニングらしいエッチをするノーマル向け作品です。

成美はダイエットするために申し込んだ主人公の期待に応えようと
常に明るい態度で接しながら最初は普通のトレーニングをします。
そして無事できた後はおまんこや口を使っておちんちんを中心に全身を気持ちよく鍛えます。

プロとしての実力がありエッチも大好きなお姉さんが男性とトレーニングに励むシチュ
SEXシーンを最も多く用意し、普段とは随分違うオホ声を積極的に漏らす落差の大きいエッチ。
彼女のドスケベっぷりをわかりやすく表現しながらテーマ性も出してます。

中でもオホ声はやや扱いが難しい要素なだけあって繋ぎ方に気を配ってます。
SEXを始めた直後は通常の気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らし
ある程度場が温まったところで徐々に切り替えてエロさと下品さを強調します。
プレイ構成がSEXに偏ってるので、全部一度に聴くよりも分けたほうが新鮮な気分で楽しめると思います。

射精シーンは8回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

オホ声が好きな人、ギャップのあるエッチが聴きたい人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:48:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月16日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、女性になって犯されたい願望を抱く男性が
高級ホテルの一室でそれを実現する様子を彼の視点で楽しみます。

彼が女性になってるところからスタートし、そうなるまでの出来事を振り返りながら技術を施す催眠
体を拘束したままイラマチオ、電マ責め、中出しSEXなどをする凌辱色の強いエッチなど
従来の女体化作品とは違う路線を歩んだうえでハードなプレイをするドM向けの物語が繰り広げられてます。
恐怖や嫌悪を快感に変換するアプローチをしてきますから、スリルやゾクゾク感を味わいながらイけるでしょう。

タイツかストッキングがあるとより楽しめます(無しでも可)。
今回は対ふたなり女性Ver.を聴いてのレビューをお送りします。
ハードな凌辱を女性視点で疑似体験
女体化した男性が男やふたなり女性たちに犯されるお話。

「目が覚めると私は見知らぬ部屋にいました。窓からは高層ビルが立ち並んでいるのが見えます。」
主人公は上品で穏やかな声の女性。
ホテルの一室で目覚め、自分の体がいつもと違うことに気づくと
ここに来るまで何があったか思い出そうとします。

本作品は心の底で女性の快感を味わいたいと思ってた彼が
いつの間にか女性の体になってエッチする様子をおよそ80分に渡って描きます。
彼が女体化してるところから物語が始まるため、男性から女性の体に変える誘導はありません。
気を失った後の様子を描きながら催眠をかけて自分が女性になったことを実感させます。

「激しく動いたせいか、頭がクラクラして意識がスーッと遠のいていく」
また音声の全編を通じて主人公が独白する形で進めます。
催眠パートは頭の中に聞こえてくる声と協力してリラックスや深化を行い
エッチは実況や彼の心情描写を1人で担当して主観的にお届けします。

催眠音声は他の人が催眠者になってかけることがほとんどでこういうスタイルは珍しいです。
私が知る限りだとRubCraftさんの「アルラウネの芳香催眠」くらいでしょうか。
何を思い、感じてるかを丁寧に教えてくれるおかげなりきりやすくなってます。

エッチについては体の拘束、目隠し、猿ぐつわを装着した状態で
前戯なしのSEX、イラマチオ、電マ責めをするなかなかハードな内容です。
主人公が嫌がったり恐怖を覚えるシーンもそれなりにあって凌辱っぽく感じます。
しかし暗めのプレイを気持ちよく体験できる工夫がされており
実際に聴いてみるとゾクゾクする感覚を抱きながら気持ちよくなったり絶頂できます。

催眠音声で聴き手に拒絶反応を与えるものばかりだと催眠が途中で解けてしまうので
スリルを与えながら最後まで聴けるように考えながら作られてます。
対ふたなり女性Ver.と対男性Ver.の2種類がありましてセリフの表現が若干違います。
女の自分を実感させる催眠
催眠は2パート22分間。
横になって目を瞑り、10回ほど深呼吸してから自分が女性になった経緯を思い出します。

頭の中の声「吸ってー、吐いてー」
主人公「気持ちが 少し落ち着いてきた」
頭の中の声は呼吸の合図を出す役、主人公はリラックスする暗示を入れる役を担当し
1回ごとに軽めの暗示を入れて心身をひとまず落ち着けます。
いきなりホテルに監禁されてるところから始まるので最初は状況がさっぱりでしょうけど
音声を聴き進めれば次第にわかるようになってます。
キャラやシチュといったドラマ要素にも力を入れててなかなか面白いです。

「どんどん、どんどん、落ちてゆく。一段、足を下す度にスーッと深い所へ吸い込まれていくように感じる」
経緯を思い出すシーンは頭の中の声に導かれてホテルの地下3階に移動します。
「深い」「落ちる」といった深化を匂わせる暗示を多めに盛り込み
さらに移動する途中にいくつかのイベントを挟んでイメージ力を膨らませます。

このシーンに8分くらい割いてますから後になるほど催眠の感覚が強くなるでしょう。
催眠音声では定番のアプローチを本作品に合わせて上手くアレンジしてます。

次の「03 こんなに可愛いのだから仕方ない(約6分)」は到着後のお話。
新たな女性が登場して軽いスキンシップを取りながら真相を語ります。

「やわらかく、何度も何度も胸を揉まれ、自分がいやらしい体になったことを自覚しました」
キスや乳揉みを受けの立場で行い
それらを主観的に語って自分が立派な女性になったことをさらに印象付けます。
おまんこが気持ちよくなる暗示も入れますし、女体化の定着とエッチに向けた準備を意識してます。

催眠状態を深めながら女性になった自分を受け入れさせる風変わりな催眠です。
自分がホテルにいる理由を解き明かすのと同時に女体化を定着させることを目的に掲げ
深呼吸から入って階段のイメージやお話を交えた深化
女性と絡む様子を実況しながらするさらなる女体化とストーリー性を持たせてリードします。

一般的な女体化作品とはやり方が大きく違うので、女体化にある程度慣れてる人向けの内容だと思います。
女体化後の容姿も特に語られておらず聴き手が自由にイメージします。
ですが催眠には入りやすいし没入感も高めやすいです。
女体化作品はエッチのほうが女性を実感しやすいですから、それに向けた環境作りをしっかり行います。
「変わってるけど間違ったことはしてない」というのが私の考えです。
性感帯を蹂躙されるエッチ
対ふたなり女性Ver.のエッチシーンは4パート36分間。
プレイは体の拘束、スパンキング、SEX(正常位)、イラマチオ、電マ責め、タイツで口を塞がれる、アナルSEXです。

スパンキング、SEX、電マ責めの際に効果音が鳴ります(スパンキング以外は無しも選択可)。
セルフはありません。

「これ以上何か抵抗したら、本当に何をされるか分からない。そんな恐怖心から私は言われるがまま腕を上げ、左右の手首を交互に掴みました」
背後から抱きしめられて元の部屋に戻された主人公は
嫌がる態度を見せながらふたなり女性の言う通りにします。

エッチは終始ふたなり女性側が責め続けます。
最初の22分間は一対一でするプレイ。
「04 悪魔の快感(約17分)」は正常位でのSEX
「05 ペニスで口内を犯される快感(約5分)」はイラマチオで1回ずつ絶頂します。

「痛くはないけど、叩かれることにある種の恐怖心を覚えます。でも、私のアソコはピクピク小刻みに震え、愛液がタラりと落ちてきました。やだ、私、興奮してる」
主人公は会ったばかりのふたなり女性に犯されることを嫌がってるので
言葉と行為の両方からその気持ちをはっきり伝えます。
しかし内ももを軽くスパンキングされるとすぐ大人しくなり、おまんこを中心に興奮する反応を示します。

「嫌なのに感じてしまう」をそのまま形にしたようなエッチです。
プレイ中に恐怖や絶望を感じるほど気持ちよくなる暗示を何度も入れてくるので
Mな人なら後になるほど無理矢理責められることをむしろ心地よく感じるようになります。
現実世界では決してできないことをテーマにしてるのも催眠音声らしくて良いです。

「ズブズブと膣壁を押し広げられる快感 奥を突かれて子宮全体が震える快感 そして、自分では認めたくないけど、犯されることに喜びを感じ始めている…」
そしてこの要素は主人公のセリフにも反映されてます。
脚を開いてすぐさま挿入したのに痛がる様子は一切なく
むしろ女性の快感に少しずつ溺れていくのを主観視点で綿密に語ります。
快感を前面に押し出す感じに進めますから、凌辱プレイの割には多少聴きやすくなってます。
無理矢理犯すシチュを崩さずに気持ちよくするところにサークルさんのこだわりを感じました。

続く2パート14分間は相手が3人に増えます。
「06 拘束電マ責めに発狂する(約8分)」はスペンス乳腺(脇の下と胸の境目あたり)とクリトリスを電マで
「07 3点同時責めの快感と恐怖(約6分)」は口、おまんこ、アナルをおちんちんで責めて何度もイかせます。

「やだ!もうあんなイキ方したくない! 死ぬほど気持ちいいけど、身も心も壊されてボロボロになっちゃう!」
このへんまで来ても主人公は引き続き嫌がる態度を取ります。
しかし犯されることそのものを拒絶するのではなく
快感が強すぎて耐えられないから止めて欲しいに変わってます。
電マパートは8分間で2回の絶頂を迎えますし内容がさらにハードになります。

「下腹部内がビクビク痙攣する!精液を子宮の奥深くに飲み込む!腰が抜けて潮を吹き散らす!手足が硬直しながらビクビク痙攣する!体を仰け反らせ喉の奥までペニスを咥え込む!」
ハードさで言うなら06パートももちろん負けてません。
3つの穴を同時に責められる展開に中出しを加えてスリルと快感を押し上げます。
絶頂時には毎回強めの追い込み暗示を入れてくれるので
それに釣られて股間が熱くなったりエネルギーがこみ上げてくる人がいると思います。
主人公の喘ぎ声も適度に挟むなど、雰囲気作りや状況描写が上手です。

このように、レイプまがいのプレイを快感重視でお届けする背徳的なエッチが繰り広げられてます。
癖はあるけどハマれる女体化作品
催眠とエッチの両方に明確な個性を持ってるM~ドM向けの作品です。

主人公は自分が味わったエッチな出来事を聴き手にも疑似体験させようと
最初から最後まで独白する形式で催眠をかけたりエッチの様子を語ります。
そして催眠は女体化したことを自覚させる、エッチは凌辱色を出しながら強めの快感を与えると
既存の女体化催眠音声とは敢えて違う路線を歩みます。

男性が女性になって男やふたなり女性たちに犯される様子を描いたM度の高いシチュ
女体化誘導を敢えて省略し、ストーリーを語りながら自分が女性になったことを定着させる独特な催眠
体を拘束された状態で口、おまんこ、アナルを責められ絶頂する割とハードなエッチ。
サークルさんの過去作とは違う切り口で作品を組み立ててます。

中でも催眠は主人公が女性になったところから始めて
そうなった経緯をたどりながら心と体を馴染ませる面白い展開になってます。
女体化作品の視聴経験によって女性になりきれるかの差が出そうですけど
技術の使い方や暗示の入れ方はしっかりしてて催眠に入りやすいです。

エッチも実況、心情描写、暗示をバランスよく組み合わせて進めます。
ネガティブな要素を盛り込みつつ、そのフォローもしてあって丁寧に感じました。
感情移入しやすい作りになってるのでハマればかなり気持ちよくなれると思います。
愛情を込めて責めるタイプのエッチとは違う点だけご注意ください。

絶頂シーンは5回。
淫語それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 対ふたなり女性Ver.…1:18:26 対男性Ver.…1:18:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は昼はOL、夜はオナクラ嬢をしてる穏やかなお姉さんが
常連客の1人にあたる男性と甘くてアブノーマルなエッチをします。

風俗らしさを出しながら近めの距離感でお世話するのが特徴で
お金の受け渡しや新人研修に協力する描写を挟みつつ
ディープキスしたり彼の性癖を的確にくすぐる責めを繰り出して特別な関係を表現します。
乳首特化の内容ではありませんから未開発でも普通に楽しめるでしょう。
優しくていじめ上手なお姉さんと
風俗嬢のお姉さん(挿し絵右)が4種類のエッチなサービスをするお話。

「…お客様 いつもご指名ありがとうございます」
お姉さんは明るくて上品な声の女性。
久しぶりに自分を指名してくれた主人公と嬉しそうに会話すると
今日はショートコースしかできないことを謝ってからオプションをつけるか尋ねます。

本作品はサークルさんが活動初期から制作されてる人気シリーズの第3弾。
礼儀正しくてお客を常に大事にするお世話上手な彼女が
以前から何度も相手してる常連客の彼をおよそ120分に渡ってエッチに弄びます。
オナクラがテーマなのでどのパートも彼女が主導権を握って責めますが
きつい言葉責めは一切なく、むしろ彼が喜ぶツボを的確に突いて幸せな射精に導きます。

当サイトでは今のところ「オナクラ風俗嬢のあまあま乳首責めお射精プレイ」のみレビューを掲載してます。
登場人物が一緒なだけで内容は独立してますから今作から入っても全然問題ありません。
そういう人でも楽しめるように考えながら作られてます。

全編を通じて言える大きな特徴は風俗らしさ適度な距離感
エッチを始める前にプレイの確認やお金のやり取りといった準備を行い(具体的な金額は不明)
それから彼が好きなプレイを組み合わせて乳首、おちんちん、心をバランスよく盛り上げます。

「ふふっ そんなに全身をびくつかせて… まだ、乳首とキスだけですよ? もう、仕方ないんだから… キス、大好きだもんね」
彼女は彼に何度も指名を受けてるので、どういうプレイが好きかやどこが弱いかを把握してます。
だからサービス開始後はスムーズに進めながら親しげに語りかけて甘い雰囲気を作ります。
2人がディープキスするシーンが多いのもそう感じる要因のひとつです。
でも決して馴れ合ったりせず彼に尽くす姿勢を貫いてお客と風俗嬢の関係を保ちます。

お互いに相手を特別視してるのは間違いないけど決してくっつかないのが面白いなと。
サークルさんが風俗サービスとしてのリアリティを追求されてるように感じました。
何度も指名してくれたら多少は情が移るのは当たり前なので、そのへんを出しつつ適度な距離を取ります。

プレイについてはディープキス、乳首責め、手コキを中心に据えて
そこにアナル責めや特殊なオナホコキといった追加要素を盛り込んでます。
タイトルから乳首責めに力を入れてる作品だと思うかもしれません。
ですが実際はパーツのひとつに過ぎず、キスや手コキと組み合わせてバランスよく責めます。

私が以前聴いたシリーズ1作目も同じでしたからこれが作風なのでしょう。
ファンに楽しんでもらえるように新しい要素も取り入れてあって内容が充実してます。
全パートで射精しますし、乳首を開発してるかどうかはあまり影響しないと思います。
複合責め主体の緩いエッチ
エッチシーンは4パート98分間。
プレイはキス、乳首責め、手コキ、素股、ちんぐり返し、アナル責め、乳首オナニー、オナホ素股騎乗位、新人研修(キス、乳首責め、手コキ)です。
手コキ、オナホ素股騎乗位の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ今日は、お時間もないので、最初から全て、脱いでください うん、パンツも」
4分程度会話してコースの内容を確認した後
お姉さんは主人公に服を脱いでもらい、対面座位でとろけるような熱いキスをします。

エッチは終始彼女(たち)がリードします。
最初の2パート35分間は彼女の魅力や本作品の特徴をわかりやすく表現してるシーン。
「01対面座位あまあま手コキ下着ぶっかけコース(約13分)」はキス、乳首責め、手コキ、軽い素股
「02ちんぐり返しアナル可愛がりコース(約22分)」はキス、乳首責め、手コキ、アナル責めで1回ずつ射精させます。

「あの時も、お客様は全身をぶるぶる震えさせながら、吐息を荒くして… 今はもう、私の責め方を、すっかり体が覚えっちゃってるから… もしかして、感度、上がってますか? 可愛い…」
そして彼女は早速流れるような手つきで彼を気持ちよくします。
01パートの序盤でするキスは恋人同士がするのに近いねっとりしたものですし
その後の手コキも彼がすぐ射精しないようゆっくりペースでしごきます。
最中の会話も2人の仲がそれなりに良いことを匂わせるものが出てくるなど
風俗サービスにありがちな事務的感をある程度薄めて温かい空間を作ります。

射精が近くなった時に彼女が自分からパンツへのぶっかけを提案するのが良いですね。
普通の女性は嫌がることを積極的にやって信頼の気持ちを示します。
最後は軽めですがぴゅっぴゅのセリフも言いますし、お客に対する気配りが至るところで見られます。

「…ほら、入りましたよ あ すっごい きゅ~~って締め付けて ふふっ うん、大丈夫、息をゆっくり吐きながら、そのまま乳首をいじってごらん?」
02パートは彼が新しい快感の扉を開くのを彼女が応援します。
キスと乳首責めでおちんちんを元気にしてからちんぐり返しの体勢になり
手コキもやりながらアナルの入り口や浅いところをゆっくり責めて開発します。
彼が未経験なことを想定してかなり慎重に進めてました。
アナル責めはライトな内容に留まってますから属性のない人でも普通に聴けると思います。

ちなみに両パートとも乳首責めは軽く実況したり掛け声を出す感じです。
オナサポみたいに小まめな指示を出すわけじゃないので基本的には自由にいじります。
気持ちよく射精するためのスパイスとして乳首責めを取り入れてます。

次の2パート63分間は趣向を大きく変えてお世話するシーン。
「03新人研修で乳首責め手コキべろちゅ~3Pコース(約33分)」は
これからお店で働き始める新人ちゃんの研修に参加し
「04オナホ素股騎乗位コース+嘘告白オプション(約30分)」は
再び一対一に戻って限られたお客しか受けられないサービスを楽しみます。

お姉さん「慣れてきたら、タイマーが無くても、時計を見るだけで出来るようになるから 今日は私がいるから大丈夫よ」
新人ちゃん「…はい、わかりました… じゃあ、えっと… えっと… その… 服は… 脱ぐ…んですか?」
03パートは何もわからない新人ちゃんにお姉さんが手取り足取り教える面倒見の良さが光ります。
キスのやり方、おちんちんの責め方、ゴムの着け方、射精後の処理など
現実世界でお仕事する時にも役立ちそうなアドバイスがいくつも出てきます。
初々しい仕草や反応を見せながら一生懸命頑張る新人ちゃんの姿も愛らしいです。

時間は本作品で最も長いですけど、プレイの種類は少ないし進むペースもかなり遅いです。
そのため純粋なエロさよりもキャラや雰囲気といった別の要素を楽しむ感じになってます。
このシリーズで3Pをするのは初めてらしいですから過去作のファンも新鮮な気分で聴けるでしょう。
新人ちゃんは今後の作品でも登場するのかもしれませんね。

「私ね… お客様の、感度が良くてすぐに体がびくついちゃうところも… 私のこと、所々で… ちゃんと気遣ってくださるところも… 大好き、なんです」
04パートはレビューの序盤で説明した「適度な距離感」を敢えて崩して甘さを強化します。
嘘告白オプションの名の通りあくまで形だけの告白なのですが
そうとは思えないほど感情を込めて言ってくれるので聴けば聴くほど幸せになれます。
プレイもオナホに挿入してから彼女の股間と擦り合わせるSEXに近い内容です。
最中に喘ぎ声も軽く漏らしてくれて一方的に責められる前の3パートとは聴いた時の印象が違います。

サークルさんにとって2人がくっつかないのは大原則なのでしょうけど
聴き手の中にはくっついて欲しいと思う人も一定数いるはずです。
だからこういう形でニーズを満たしてくれたのかなと。
彼が望むことをできるだけ叶えてあげようとする彼女の優しさも表現できてます。

このように、性感帯をバランスよく責めながらパートごとに違うプレイをするややM向けのエッチが繰り広げられてます。
甘くてアブノーマルな作品
M向けのプレイをできるだけ甘い雰囲気でやる聴きやすい作品です。

お姉さんは自分を何度も指名してくれる主人公の期待に応えようと
OLっぽい穏やかな雰囲気で接しながらキス、乳首責め、手コキをします。
そして2番目はアナル責め、3番目は新人研修、4番目は疑似恋人プレイと
パートごとに固有の要素を盛り込んでエロさと甘さを引き立てます。

サービス精神旺盛で人気も高い風俗嬢が色んなプレイでM男を喜ばせるシチュ
特定のプレイに特化させず複数の性感帯を同時に責めて少しずつ追い込むバランスの取れたエッチ
馴れ馴れしさを感じない程度に親しげな態度を見せて丁寧にリードする彼女のキャラ。
常連客がオナクラ嬢からサービスを受ける様子を忠実に音声化してます。

「あ、ちょっと待って… ほら見て? ここで、おちんちんの毛を巻き込まないように… 男の人、痛くなっちゃうからね」
中でも3番目は至るところに細かな気配りが見えて安心感を覚えます。
お金を払ったり指定したプレイだけやるところは確かに風俗サービスですけど
それ以外の部分は緩さや温かさが強く込められてて彼女の人柄がにじみ出てます。
体の責め方も上手ですし、こういう女性なら常連客が何人もいるのも頷けます。

エッチはキスを多めにやったり最後に恋人っぽいプレイをやるのが良いです。
風俗がテーマだとどうしても事務的なところが出てしまうので
それをできるだけ薄めようとする工夫がされてます。
パートごとの時間は長めですがどれも射精は1回に絞ってあって無理なく出せます。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
キャラ重視の風俗作品が好きな人には特におすすめします。

CV:お姉さん…分倍河原シホさん 新人ちゃん…涼花みなせさん
総時間 1:56:40

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月20日まで20%OFFの968円で販売されてます。
過去作も6月24日まで20%OFFで販売されてます。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、異世界から転生してきた女騎士とサキュバスが
個別に、あるいは同時にエッチして精液をたっぷり搾り取ります。

序盤は女騎士と一緒にお風呂へ入りご奉仕を受ける
中盤以降はサキュバスが加わり彼を取り合う形で耳舐めやSEXをする、といった具合に
2人の違いを出しつつじっくり愛し合うキャラ重視のエッチを行います。
女騎士からニートにジョブチェンジ
女騎士やサキュバスと6種類のエッチをするお話。

「よく帰ったな 今日もお仕事 大変だっただろう?」
女騎士はトーンが低く凛々しい声のお姉さん。
仕事から帰宅した主人公を穏やかに迎えると
居候させてもらってるお礼にお風呂へ一緒に入ろうと言います。

本作品は現代にいきなり召喚されて社会になかなか適応できずにいる彼女が
住居や食事を提供してくれてる彼とおよそ90分に渡るエッチをします。
彼女は大飯食らいでトレーニングばかりするニートに近い日々を送ってます。
そんな自分を見捨てずにいる彼に少しでも喜んでもらおうと精一杯のご奉仕をします。

「ほら 胸の谷間に腕を挟んで 洗ってやろう こうすると気持ちいいんだろう?」
自分からお風呂に誘い大きなおっぱいを使って体を綺麗にしたり
その後は手コキやSEXを順にやって性欲の発散も手伝うなど
凛々しい声や態度とは随分違う健気なところを至るところで見せてくれます。

反応が結構初々しいところを見るとエッチの経験はまだ少ないのでしょう。
そんな女性が勇気を出してお世話してくれるシチュに心満たされるものを感じます。
愛情や気遣いといった優しさも見せるので可愛い女性に映りました。

サキュバス「ふふ、女騎士様に文句を言われないうちに 私と濃厚な夜を過ごす準備はい~い?」
そして中盤以降は女騎士とサキュバスがエッチな勝負をする展開に変わります。
サキュバスも同じく異世界から転生し彼に拾われたらしく
上品で色っぽい声を使って彼を巧みに誘惑したり精液を搾り取ろうとします。

彼女は純粋に栄養が欲しいだけで彼に愛情を注ぐことはありません。
だから女騎士は対抗する姿勢を見せて彼を守ろうとします。
でもそれがさらなる搾精に繋がるところが面白いなと。
2人の思惑は違うけどなんだかんだで連携を取って責め続けます。

多少いがみ合うことはありますが本気で喧嘩することはありません。
自分の魅力をアピールして彼の心を引き寄せる競争っぽい流れになってます。
2人とも同じくらい活躍の場がありますし、キャラを活かしたハーレムプレイが成立してます。
とことん尽くしてくれるエッチ
エッチシーンは6パート79分間。
プレイは乳揉み、キス、体を洗う、手コキ、耳舐め、アナル責め、乳首責め、SEX(正常位?、騎乗位、バック)、フェラです。
体を洗う、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「さ、触りたいのか…? イヤではないぞ」
風呂場でキスしたりおっぱいを押しつけて主人公をやる気にさせた女騎士は
ひとまず体を洗ってから耳舐めや手コキに進みます。

エッチはごく一部を除き彼女たちが責めます。
最初の2パート22分間は女騎士と一対一でイチャイチャするシーン。
「2 女騎士と入る手コキ風呂(約12分)」は体を洗いながらの手コキ
「3 女騎士と風呂オホ声おまんこ(約10分)」はそのままSEXに突入します。

「耳も舐めて欲しいのか? こちらではそうやって 男に奉仕するものだったな ああ、わかった」
彼女は騎士なだけあって義理堅い性格をしており
この世界で働かない日々を送ってる自分を情けなく感じてます。
だからせめてエッチの相手でもしようと積極的にリードします。
おちんちんの大きさに驚く姿も初々しくて良いです。

「性感帯全部こすられて頭真っ白になる おっ」
SEXパートは自分から責めない代わりに素直に乱れて彼を興奮させます。
挿入直後は普通に喘いでたのが、ピストンを激しくすると軽くオホるようになり
普段のかっこいい声とのギャップがあってエロさが引き立ってます。
最後もきっちり中出しを決めますし、恋人や奥さんと言っても差し支えない甘さを見せてくれます。

サキュバスとの勝負が始まるのはその次から。
「4 サキュバスによる寝室誘惑手コキ(約15分)」は手コキ
「5 耳舐め交互キスサキュバスおまんこ(約17分)」はキスや耳舐めからの騎乗位SEX
「6 女騎士とまったりおまんこ(約11分)」は女騎士とのSEX
「7 だらだら休日サキュバスオホ声おまんこ(約14分)」は翌朝にフェラをやってから再びSEXで搾精します。

サキュバス「おいしいオスのエナジーたっぷりの精子を出してくれる 頑張り屋なおちんぽ、手放すわけありませ~ん」
序盤が女騎士1人だったからでしょうけど、ここからはサキュバスのほうが活躍します。
彼に抱きついてフェロモンを嗅がせたり熱いキスをしておちんちんを元気にし
それから1回目は騎乗位、2回目はバックと体位を変えて思う存分味わいます。
女騎士も止めようとしますが結局は彼女に加勢したり6番目のパートで交代する程度に留まってます。

女騎士とサキュバスがエッチで勝負したら後者が勝つのは当たり前なので
それを踏まえて途中から出てくる流れにしたのでしょう。
最初から2人にした場合、内容が単調になる可能性もあります。
艶めかしい声、ゆっくりだけど力強いちゅぱ音など大人の色気を感じます。

そして女騎士が彼の独占を阻止しようとするからこそ
耳舐めやキスのボリュームが増えて結果的に抜きやすくなってます。
両耳舐めするシーンがそれなりにありますし
仲の良い女性たちが協力して責めるのに近い形ができてます。

サキュバス「こぉんないやらしいフェラチオできるエロ女なんて、なかなかいないんだからね?」
そのあたりが最もよく出てるのが7番目のパート。
休日の朝にサキュバスがおはようのフェラで主人公を起こすと
それに気づいた女騎士も加わり2人で交互におちんちんをしゃぶります。
ファンタジー世界では敵同士になる2人が並んでご奉仕するのが新鮮でした。
お互いに思うところはあるけど喧嘩したら彼に嫌われるから自分の魅力をアピールします。

このように、ほぼ正反対の属性を持つ女性たちが同時に責める変わったエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のイチャラブ作品
エッチが得意な女性とそうでもない女性を共存させて魅力を引き出してるノーマル向け作品です。

女騎士とサキュバスは自分たちを養ってくれてる主人公を幸せにしようと
前者は初々しさを見せながらストレートに尽くして惜しみない愛情を注ぎます。
そして後者は熟練したテクと男が好むアプローチをかけて快楽の沼に引きずり込みます。

タイプの違う2人の女性と個別に、あるいは同時にエッチするイチャラブ系のシチュ
彼女たちの性格やエッチの経験に大きな違いをもたせ、それぞれが活躍する場を設ける演出
序盤は純愛系、中盤以降は彼を取り合う勝負とスタイルを変えて丁寧に責める甘くて濃いエッチ。
複数人プレイ作品を数多く出してるサークルさんらしい連携の取れたサービスが楽しめます。

女騎士「嬉しいぞ わたしと一緒に、こうやってまったりと性欲も満たしながら生活するのが1番だということだ」
中でも2番目はどちらも彼にとっての1番になろうと頑張る姿が微笑ましいです。
女騎士はここを追い出されたら生きていける保証がないから必死になるのもわかりますけど
サキュバスも彼の精液だけをいただきたいと強く思ってます。

完全女性上位のエッチをしてるように見えて2人とも彼にはとことん弱いです。
これのおかげでM性がほとんどなく誰でも聴けるようになってます。

エッチはおまんこライフの名の通りSEXに最も力を入れてます。
ほとんどのシーンで普通に喘ぎ、射精が近くなったらほんの少しオホ声を上げてました。
効果音も腰を前後や上下に打ちつけるのと、腰をグラインドさせるのとで別の音が使われてます。
2人いる状況を活かして耳舐めやキスも同時にやりますから純粋なエロさも高めです。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:女騎士…大山チロルさん サキュバス…分倍河原シホさん
総時間 1:34:40

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月27日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、これまで数多くの男をマゾ堕ちさせてきた2人の人妻が
新しく送られてきた男子を様々な色仕掛けて負け射精へ追い込みます。

体への責めを控えめにする代わりに誘惑や言葉責めに力を入れてるのが特徴で
彼を応援したり褒めるママらしい態度を見せながら
吐息責め、両耳舐め、オナニーや射精したくなるセリフを投げかけて少しずつ確実に追い込みます。
雰囲気、プレイいずれも穏やかですからややMな人が最も楽しめるでしょう。
男たちを屈服させる気持ちいいマニュアル
アキエ(左側)とマリコ(右側)が協力して射精させるお話。

「あ、いたいた 元気なさそうな顔してますねぇ」
アキエは上品で落ち着いた声のお姉さん。
「この子 結構イケメンだね 可愛い顔してるじゃん」
マリコは明るくて穏やかな声のお姉さん。
ある日突然誘拐されて奴隷施設に送られてきた主人公に事情を話すと
ここを脱出する唯一の手段であるエッチなゲームのルールを説明します。

本作品は主婦をやりながら男たちを誘惑する仕事もこなしてる彼女たちが
まだ学校に通ってる年齢の彼をおよそ50分に渡ってエッチに弄びます。
彼がなぜ奴隷に選ばれたのかはわかりませんけど
どんな性癖を持ってるかを事前に調査されてるそうです。
そのため2人は組織から提供されたマゾ・マニュアルに従って誘惑します。

マリコ「私たちは あの手この手で君を興奮させて オナニーを誘惑します そして 最後まで射精を我慢できれば 君の勝ち」
ルールは至って簡単。
彼女たちの責めに耐えられず射精したら負けて別の施設に送られ
最後まで我慢できたら勝ちになり元の生活へと戻れます。
しかし彼女たちがおちんちんに直接触れるのはNGなため、彼にオナニーさせようとします。

タイトルを見てM度の高いプレイをすると思う人がいるかもしれません。
でも実際はキャラ、セリフ、責め方いずれも穏やかで調教っぽさは薄いです。
彼が自分の意志で快楽に負け、射精してしまうように導きます。
年上の女性に色仕掛けされるシチュが一番の魅力だと思います。

エッチについてはルールに従いソフトな言葉責めや心への責めに力を入れてます。
人妻らしく終始色っぽい声と態度で接しながら
耳元で熱い吐息を漏らしたり、両耳を同時に舐めてオナニーしたい気分にさせます。
吐息責めの時間を長めに取ってますから好きな人ほど興奮できるでしょう。
じわじわ追い詰めるエッチ
エッチシーンは4パート41分間。
プレイは吐息責め、乳首オナニー、金玉オナニー、竿オナニー、授乳、キスです。
エッチな効果音はありません。

アキエ「とっても柔らかい むちむちの女体に抱きしめられても エッチな気分にならないよう 頑張って」
何も知らない主人公を軽く励ましたアキエとマリコは
左右に体を密着させながら熱い吐息を漏らしてまずは彼を興奮させます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
前半の2パート21分間は本作品の特徴を出しつつ心身の熱を高めるプレイ。
「2.あつい吐息と乳首オナニーの誘惑(約9分)」は吐息責めと乳首オナニー
「3.おちんぽにぎにぎの焦らし誘惑(約12分)」は乳首、金玉、竿をいじらせながら
両耳舐めもして射精したい気分にさせます。

アキエ「あらあら 可愛いおちんぽさんですね」
2人はゲームに勝っても負けてもお金がもらえるそうですから
主人公を本気で負けさせようと思ってるわけではありません。
これらのプレイはすべてマゾ・マニュアルに書いてあることだと教えたうえで
彼を甘やかしたり元気づけるセリフを投げかけます。

途中で彼が快楽に負けそうになったらストップするなど
できるだけ頑張らせようとする姿勢を至るところで見せてました。
実際に音声を聴いても彼女たちに対してあまり悪い印象は抱かないと思います。
普通の人妻が臨時で裏のお仕事をしてる感じになってて雰囲気は甘めです。

この2パートは乳首オナニーをメインに据えてるので開発してる人ほど楽しめるでしょう。
乳輪を優しく撫でたり爪で引っかく指示を出してから「かりかり」などの掛け声を出します。
おちんちんをしごく時間はたったの4分と短いです。
ここで負けさせるのではなく後半でそうなるように準備してると見るのが妥当でしょう。

続く2パート20分間は本題の射精へじわじわ追い込みます。
「4.ママのメロメロ母性堕ちオナニー誘惑(約11分)」は
赤ちゃん言葉で話しかけながら授乳やキスをして甘えたい気分を膨らませ
「5.ママのびゅるびゅるお射精誘惑(約9分)」は吐息責めの後に王道の手段で射精へ追い込みます。

マリコ「あら 可愛いわね いい子さんですわね そんなお利口さんなボクちゃんには おっぱいあげまちゅね」
4番目のパートは人妻な彼女たちの特徴を活かしたプレイで非常に甘いです。
彼を赤ちゃんに見立てて1人ずつ順番におっぱいを吸わせ
その後は大人の女性らしい熱くパワフルなキスで心をとろとろにします。

おちんちんはダメだけど首から上なら責めてもいいみたいです。
パート終盤には乳首オナニーやおちんちんを握る指示を再度出すなど
彼を自分たちの言いなりにして負け射精するように誘導します。

作中で竿オナニーする時間は全パート合わせても12分くらいですから
事前に2日くらい溜めた状態で聴いたほうがすんなり出せると思います。
吐息責めも含めて心への責めにかなり力を入れてて幸せな感覚に浸れました。

このように、彼が望むものをどんどん与えて骨抜きにする人妻らしい誘惑が繰り広げられてます。
穏やかな色仕掛け作品
無理矢理感を極力出さずに射精への欲求をくすぐるややM向けの作品です。

アキエとマリコは施設へ送られてきた主人公を気分よく負けさせようと
人妻らしい穏やかな態度で接しながら体を密着させて上手に興奮させます。
そしてエッチはおちんちんに触れない代わりに吐息責め、耳舐め、キスをやったり
乳首オナニーの指示を出して射精で発散したい状況に追い込みます。

上品で色っぽい人妻たちが男子をねっとり責めて射精させるシチュ
首から上を重点的に責めておちんちんをいじりたい気分にさせるルールに沿ったエッチ
やることをきっちりこなしたうえで適度な優しさも見せる彼女たちのキャラ。
M向けの作品によくあるハードさや冷たさを和らげてより多くの人が聴きやすくしてます。

アキエ「でも 白い精液ぴゅっぴゅする光景を思い浮かべたら 絶対ダメ」
中でも2番目はおちんちんを責められないハンデを補う工夫が随所でされてます。
例えば3番目のパートにこういうセリフが出てくるのですが
これは射精を食い止めてるように見えて実際は促す効果を持ってます。

最後のパートでもこれとは別の話術が使われてますし
「マゾ」「変態」といったストレートな言葉責めとは違うやり方で負けさせようとします。
何かに特化させるのではなく、様々な要素を組み合わせて徐々に追い込む熟練の誘惑です。

射精シーンは○○回(伏せてます)。
吐息それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

ソフト路線の色仕掛けが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 50:08

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月20日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、声は上品だけど性格はドSなお姉さんが
催眠を使って少女の人形に変えてからエッチな訓練をします。

飴と鞭を交互に繰り出して痛みや羞恥を快感に変換したり
エッチの終盤で非常に多くドライ絶頂するシーンを用意するなど
Mな人が非日常的な感覚を味わいながら気持ちよくなれるようゆっくり丁寧にリードします。

今回はnormalバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
娼館で受ける気持ちいい拷問
お姉さんに催眠をかけられ人形娼婦になる調教を受けるお話。

「それでは、私と一緒に準備していきましょう」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
布団かベッドに仰向けで横になり全身をリラックスするように言います。

本作品は非日常的な世界にどっぷり浸りながら気持ちよくなることを目的に
彼女がおよそ130分に渡って催眠をかけたりドM向けのエッチをします。
物語の世界には少女の形をした人形が男性の相手をする娼館が存在し
聴き手はその中の1体に魂だけを移して女主人が調教する様子を疑似体験します。

女体化作品だと男性の体を女性へ変えるアプローチをするものも結構ありますが
本作品はそれとは違うので女性でも聴けるようになってます。
ただし、内容は一般的な女性向けよりも遥かにハードですからくれぐれもご注意ください。

そう言える主な理由はふたつ。
中盤でSMプレイが登場することと、終盤にとんでもない回数絶頂することです。

「どお?鞭の味は…痛い?痛いよね?苦しいよね。でも、すぐにそれが、快感に変わっていくはず」
前者は鞭で叩いたり三角木馬に跨らせるといった痛みを伴うプレイが出てきます。
また調教の様子を娼館に来てる客に見せて羞恥も煽ります。
そしてこれらを快感に変換するアプローチをかけて受け入れやすくします。

催眠音声で痛みや苦しみを与える要素は避けることが多いです。
でも本作品では敢えて盛り込み個性と快感を上げるのに役立ててます。
飴と鞭を交互に与えて多少中和する配慮もしてますし、Mならちゃんと受け入れられるように進めます。

後者はエッチの終盤に出てくるパートの名前が「絶頂地獄」となっており
normalバージョンの場合はここだけで18回も連続絶頂します。
またオプションでeasy、Hard、Veryhardが存在しVeryhardを選んだ場合は29回まで増えます。

休憩も多少は挟みますけどほぼイキっぱなしの状態になるので
体力を消耗しても大丈夫な休日に聴くことをおすすめします。
人によってはマルチプルオーガズム(イキながらイク)を体験するかもしれません。
生身の人間ではなく人形だからこういう過酷なプレイにしたのでしょう。
物語の世界へ案内する催眠
催眠はおよそ38分間。
まずは仰向けになって天井の一点を見つめたままお姉さんの言葉に耳を傾けます。
そして目を瞑り深呼吸と脱力で心身をリラックスさせます。

「だんだんと、天井が近づいて来るように、感じるかも、知れませんし、魂がだんだんと、深いところに引き込まれ、狭い、意識の底に、押し込められているのかも」
始まったばかりということで聴き手を癒す暗示が中心になってますが
その中に作品独自の表現を組み込んで物語の世界へ行く準備を整えます。
例えば天井を見つめる時は人形娼婦が入ってる棺に自分がいる感覚を与え
その後の脱力では「人形になったかのような」と言ってテーマと絡めます。

技術力のあるサークルさんだからもうこの時点で目標を見据えた誘導をしてます。
分倍河原シホさんの巧みな演技も相まって早速意識がぼやけるのを感じました。

エッチの舞台となる夢の世界が出てくるのはその後から。
お姉さんではなく少女が暗い路地裏の奥にある娼館で起きた出来事を克明に語ります。
ちなみに物語してる間は小刻みに揺れる振動音がバックで流れます。
催眠音声でそれなりに使われてるバイノーラルビートっぽい音です。

「奥の襖が、スーッと開きます。人形の私は、その奥の、さらに、さらに深い、暗い座敷牢に、連れて行かれます。まるで、夢の一番深い所へ、スーッと、引き込まれるように、感じます」
女主人が少女にキスしてから座敷牢に連れて行く短いお話なのですが
聴き手が少女と同じ視点で聴けるようにしたり
上のように「スーッと」「深い」を多めに盛り込んで催眠状態も深めます。

本作品の催眠は物語とお姉さんとの会話を交互にする流れになっており
後になるほど催眠状態と没入感の両方が高まるように進めます。

物語の情景が頭に自然と浮かぶ人がそれなりにいるでしょうね。
独自の世界観を持つ作品だから催眠と物語を違和感なく融合させてあります。

中盤以降は聴き手と人形娼婦の距離をさらに近づけます。
棺の蓋が閉じるイメージとカウントを組み合わせてストレートに深化させ
再び物語へ戻り挿し絵に描かれてる淫紋や、エッチで重要なあることを話します。
そして最後は主人公に人形娼婦を体験する意思があるか確認します。

「お人形になったら、あなたの自由意志は、全てなくなってしまいます。あなたの心も体も、完全に、この声の命ずるままになる」
人形になると自分で体は動かせなくなる代わりに強い快楽が得られる。
メリットとデメリットをはっきり伝えて彼が自分で人形になりたくなる気分にさせます。
エッチはかなりハードですけどこのシーンは無理矢理感がまったくありません。
「嫌なら視聴を止めていい」とまで言いますし、催眠にとって大事な信頼関係を維持することを心がけてます。

軽くリラックスさせてから物語形式で深化させる独特な催眠です。
物語の世界に引き込みながら人形娼婦になりたい気分にさせることを目的に
凝視法から入って深呼吸、分割弛緩法と序盤は古典催眠の技術をベースに施し
以降は作品の要となる物語と絡めてあちらの世界へ少しずつ案内します。

エッチが売りの作品ですが催眠のレベルも非常に高く
意識のぼやけを強めに感じたり映画を観てるような感覚が得られました。
押しつけがましさをできるだけ排除した人形化をするのも聴き手に寄り添ってて良いです。
時間も長めですし初心者から玄人まで誰でも楽しめる内容と言えます。
痛みも快感に変えるエッチ
normalバージョンのエッチシーンは6パート78分間。
プレイは淫紋を刻む、全身舐め、キス、クンニ、フェラ、お漏らし、鞭打ち、三角木馬責め、〇〇、カウントによる絶頂です。

お漏らし、鞭打ち、三角木馬責め、〇〇、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「そう、あなたはもう、女の子。棺に納められた、かわいい女の子。そうでしたよね?」
物語形式の催眠で主人公を人形娼婦に変えたお姉さんは
男性客へ上手くご奉仕できるように様々な訓練をします。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の4パート42分間は飴と鞭を組み合わせて調教するシーン。
「03_人形化(約12分)」は淫紋を刻んでからキス、全身舐め、変わったプレイで1回絶頂させ
「04_ご奉仕訓練(約11分)」はお姉さんへのクンニとフェラ
「05_おもらしの罰(約10分)」はお漏らしと鞭打ち
「06_三角木馬(約9分)」は三角木馬に跨らせる、とどんどんSM色が強くなります。

「脇腹も…同じように…ビリビリとした快感が広がる。そして逆も…ゾクゾクとした快感が、足先から、脳天にまで響き渡る」
03パートは人形化を定着させる意味合いもあるので割とソフト。
キスや全身舐めの時はそれぞれに対応した位置でやや下品なちゅぱ音を鳴らし
その合間に体が気持ちよくなる暗示を小まめに入れて絶頂の準備を整えます。
絶頂もカウントを数えてから0を宣言し、直後に追い込み暗示を入れる王道のリードです。

しかし、絶頂シーンである音を鳴らすのは変わってます。
音と暗示を組み合わせて絶頂感を膨らませる音モノっぽいアプローチです。
ちなみに本作品の絶頂はすべてこのスタイルで行います。

音自体は全然エロくないですし淫語もほとんど言いません。
でも音声を聴いてるとなぜか興奮し気持ちよくなる。
技術とイメージを駆使して催眠音声ならではのプレイに仕上げてます。
淫語が少ないのは男女どちらでも聴けるようにする意味合いもありそうです。

04~06パートは絶頂しない代わりに新しい要素が加わります。
羞恥や痛みを与えるプレイを中心に据え、それを快感に変換する暗示を小まめに入れます。

「あなたは恥ずかしければ恥ずかしいほど、辱めを受ければ受けるほど、気持ち良くなる。それに、こういうのが好きなお客様も多いの。だから、これも訓練のひとつなのよ」
ただ痛い、恥ずかしいだけだと聴き手はきっと嫌がるでしょうから
ちゃんと希望やご褒美を見せてそれを耐える気力を与えます。
実際のところ後で絶頂しますし彼女もただ意地悪してるわけじゃありません。
どんなお客が来てもきちんと対応できるように踏み込んだプレイにも挑戦します。

「下半身に、ジーンとした痛みが広がり、そしてそれが、ますます大きくなっていく」
三角木馬責めに1パートまるまる割いてるのもすごく珍しいなと。
滑車で体を吊るし上げる時は鎖っぽい音、木馬に乗る時は「ぎぃ」と木の軋む音が鳴ります。
こういう暗示を入れる催眠音声って滅多に見かけません。
サークルさんが難しいことに敢えて挑戦されてるのがわかります。

そうやって色んな訓練をした後、最大の山場である連続絶頂に突入します。
「07_絶頂地獄Normal(約34分)」は前半を気持ちよくなる暗示やあの音に費やして準備を整え
後半からほぼノンストップで18回連続の絶頂を決めます。

「ゼロ!イく!!凄まじい絶頂快感が貫く、全身がビクンビクンと痙攣し、まるで電気を浴びたかのようにのたうちまわる」
03パートよりも1回あたりのカウント数を減らして回転速度を上げ
毎回音を鳴らしながら追い込み暗示を入れる催眠色の強いプレイです。
単調さが出ないように最中のセリフを変えたりお漏らしや鞭打ちを加えます。
終盤の4回は別の追加要素もあってなかなかハードです。

私が聴いた時はほぼイキっぱなしになって股間の筋肉がずっと痙攣してました。
視聴後に軽い筋肉痛になりましたし、ドライ慣れしてるなら同じ目に遭う人がきっといるでしょう。
1回1回の快感は通常のドライとそこまで変わらなかったので
射精よりもずっと長い時間に渡って快感を味わえるのがこのプレイの醍醐味だと思います。
ただ気持ちいいだけじゃなく、イキ続ける辛さも含んでるのが本作品らしいです。

このように調教、SM、連続絶頂といったハードな要素を盛り込んでるドM向けのエッチが繰り広げられてます。
癖はあるけど優れた作品
独特な世界観、それに沿った流れのある催眠、痛みや羞恥を敢えて与えるエッチなど
催眠音声が数多く出てる現在でも見かけない個性を色々持ってる作品です。

お姉さんは夢の世界でやってる人形娼婦のエッチな訓練を主人公に疑似体験させようと
まずは催眠を通じてあちらに移動させながら人形と同じ視点でエッチを聴けるようにします。
そしてエッチはドライはもちろん、鞭打ちや三角木馬といったニッチなプレイも盛り込み
さらに痛みや羞恥を快感に変換するアプローチもかけて強めの快楽を与えます。

上品でドSなお姉さんが人形娼館の調教を味わわせるM度の高いシチュ
古典催眠の技術、物語、聴き手を前向きにさせるアプローチを組み合わせた高度な催眠
序盤は全身舐めと暗示でストレートにイかせる飴に近いプレイ
中盤はSM色の強いプレイ、終盤は連続絶頂とシーンによって内容が変わる重厚なエッチ。
誰にでも聴ける内容ではありませんけど、興味が湧いたなら高確率で満足できる作品に仕上がってます。

中でもエッチはnormalでも約80分とかなりのボリュームがあるのに加え
プレイ構成や進め方も独特で新鮮味を感じながら聴くことができます。
痛みをわざと与える流れもチャレンジ精神旺盛ですし
それを快感にきちんと繋げてあって表現力も非凡と言えます。

終盤の連続絶頂がものすごくハードなので
とりあえずeasy(12回絶頂)で様子を見るのも有りだと思います。
逆に物足りない人はVeryhardに挑戦してみるのもいいでしょう。
聴き手に多少選択の余地を与えてあるのも良いです。

normalバージョンの絶頂シーンは20回。
効果音それなり、ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。
おまけは催眠誘導のLongバージョン、07パートのeasy、Hard、Veryhardです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 4:50:23(本編…2:14:00 おまけ…2:36:23)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、M男専用のサービスをする風俗店で働いてるお姉さんが
床オナをテーマにしたM~ドM向けのオナサポをします。

一部できつめの罵声を浴びせたり、中盤から彼を犬扱いして寸止めを繰り返すなど
オナニーの指示を丁寧に出しつつ心への責めにも力を入れて気持ちいいマゾ射精に導きます。

コンドームを用意しておくとより楽しめます(一応なしでも可)。
間違ったオナニーで目指す射精
CLUBドミナンスのミストレス「風祭 サラ」が床オナサポするお話。

「こんばんは お客様」
サラは明るくて上品な声のお姉さん。
作品のコンセプトや注意事項を簡単に説明すると
これを一度味わったら女性とのSEXではもうイけなくなると言います。

本作品は通常の快感では満足できないおちんちんにすることを目的に
彼女がおよそ60分に渡ってM~ドM向けのオナサポをします。
おちんちんを手でしごくオナニーもほんの少し出てきますが
エッチシーンのほとんどで床オナをする非常に変わった作りをしてます。

私が知る限りだと類似作品は「ヤってはいけない!禁断の!?『圧迫☆床オナニー』」くらいです。
未経験者が多いことを踏まえてやり方を教えたり細かく指示してゆっくり追い込みます。

「今日はね 本当なら 男性がしちゃいけない やっちゃいけない 間違ったオナニーを 私が教えてあげる」
またこれらをするにあたって彼女はこれが間違ったオナニーであることを教えます。
床オナはおちんちんを床に擦りつける行為ですから
手でやる時よりも圧迫感が強く、女性のおまんこでは気持ちよくなれなくなる可能性もあります。
そういったリスクがあることをはっきり伝えて彼の意志を確認します。

「パンドラの箱」なんて言葉があるように
人はやってはいけないと言われたら余計やりたくなる心理に傾きます。
間違ったオナニーと呼ぶのは背徳感をくすぐる意味もあるのでしょう。

「ほら! いつまで服着てる! さっさと脱いでマゾチンポ勃起させろよ!」
こちらを見下したり貶す言葉責めを結構するのも大きな特徴です。
服を脱ぐのが遅いと上のような語気の強い罵声を浴びせますし(罵声が出てくるのはごく一部)
プレイの中盤は彼を芋虫や犬に例えて羞恥や屈辱感を与えます。
カウントを使って何度も寸止めするシーンもありますし、Mを喜ばせることを強く意識してます。

あくまで風俗サービスですから彼女が本気でそう思ってるわけではありません。
床オナは通常のオナニーよりもペースが緩くなるので
それによる刺激の低下を他の部分で補ってるだけです。
事後は優しい言葉をかけてくれますし、「愛の鞭」と呼べるあたりに留まってます。
後になるほど意地悪さが増すエッチ
エッチシーンは5パート45分間。
プレイはオナニー、床オナニー、〇〇、頬へのキスです。
エッチな効果音はありません。

「うふふっ 立ってきた立ってきた 女の子とエッチなんてさせてもらえないのに 女の子からは 指1本触れてもらえないのに 勘違いして勃起してきた」
主人公を全裸にしてから普通のオナニーを軽くさせると
サラは早速大きくなってきたおちんちんを嬉しそうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の2パート21分間は床オナのやり方を教えながら心も盛り上げるシーン。
「3_勃起&コンドーム装着(約5分)」は通常のオナニーとゴム装着で準備を整え
「4_床で芋虫さんオナニー♪(約16分)」は床オナと言葉責めで射精しやすい状況まで持っていきます。

本作品は射精の時も床オナを続けるため
ゴムを装着しない場合は後処理が結構大変になります。
使わないならビニールシートやタオルを下に敷いておくと良いでしょう。

「ほら 可愛いワンちゃん 床相手に発情しちゃってるの? そこは…おまんこじゃないよ んふふ」
4番目のパートは最初に「すりすり」を多めに言ってリズムを取り
その後は彼を別の生き物に当てはめてM心をくすぐります。
「よし」「待て」の命令を交互に出して焦らしたり、嘲笑を小まめに挟むなど
オナサポで弱くなりがちな心への責めにも力を入れてリードします。

まだ射精シーンは遠いので床オナに慣れさせたり心を温める意味合いが強いです。
言葉責めもバリエーションが豊富でM性が強い人ほど楽しめます。

続く3パート24分間は意地悪度がさらに上がります。
「5_膣内射精障害者になるために(笑)♪(約13分)」はカウントを交えた寸止めを何度も行い
「6_射精の条件(約4分)」は彼女に教えてもらった新しいプレイを取り入れます。
そして「7_ご褒美射精♪(約7分)」は言う通りにしたご褒美に射精の許可をもらいます。

「射精障害に ダメちんちんに なっちゃうの」
そしてここからは床オナを続けたらおちんちんがダメになることを教えて
スリルや背徳感といった先ほどとは違う興奮を与えます。
1回やったくらいでそうなるとは思えませんけど、やり過ぎるのはまずいプレイなのは事実です。
寸止めの回数も結構多く、出したくても出せない状況を維持して性感をさらに高めます。

実際にやってみた感想ですが、あまりやらないプレイだから最初は快感も控えめでした。
でも5番目のパートあたりから多少慣れてきて裏筋を中心に結構気持ちよくなれました。
腰を動かすシーンが多いので通常のオナニーよりも体力を消耗します。
イマイチ気持ちよくなれない場合は手を軽く添えてやってみると変わるかもしれません。

このように、床オナと言葉責めを組み合わせたバランスの良いエッチが繰り広げられてます。
刺激が強めのオナサポ作品
床オナを中心に据えてそれを色んな要素でサポートしてるM度の高い作品です。

サラは普通のオナニーじゃもう満足できない主人公に新しい快感を教えようと
最初から最後までほぼ床オナだけするスタイルを取り
パートによって言葉責めを変えたり新しい要素を投入して変化をつけます。
そして前半は準備とウォーミングアップ、後半はカウントによる寸止めでゆっくり射精へ追い込みます。

普段は穏やかだけどスイッチが入るとドSになるお姉さんがM男を気持ちよくいじめるシチュ
通常のオナニーは2分程度に留め、以降はずっと床オナするテーマ性の強いエッチ
床オナだけでは不足しがちな心の快感を言葉責めや意地悪で補う演出。
オナサポして終わりじゃなく調教として成り立つようにサービスを組み立ててます。

中でも2番目はオナサポ作品が増えてる現在でも滅多に見かけないプレイなので
何をするか説明したり指示を出してわかりやすく進めます。
オナサポのシコシコボイスみたいに細かなリズムまでは制御せず
開始、停止、射精といった要所を押さえてあとはある程度自由にやらせてました。

床オナは手のようにペースやリズムを簡単に設定できませんから
こういうやり方のほうが取り組みやすいと思います。
そして多少緩くしたぶん、言葉責めをはじめとする意地悪を強化してバランスを取ってます。

体重がある人は床オナするのも大変でしょうから
横向きに寝ておちんちんに手を添え、腰を振れば雰囲気が出ると思います。
作中で彼女も言ってるようにやり過ぎは体に毒ですからくれぐれもご注意ください。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:分倍河原シホさん
総時間 56:51

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月13日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「にじいろのほし」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、この世界を長い間治めてる穏やかな女神が
自分の呼びかけに応じてやって来た勇者をエッチで骨抜きにします。

上品な声と態度で下品な責めっぷりをするギャップの強いエッチが行われており
序盤から中盤は反抗的な彼を焦らし気味に責めて飼い慣らす
終盤は従順になった彼とたっぷりSEXすると異なるテーマを定め
その多くでパワフルなちゅぱ音や激しい効果音を鳴らして搾精の様子をエロく表現します。
一般的な女神とはやや違うキャラに描かれてますからMな人が最も楽しめると思います。
女神とする下品でハードなエッチ
女神にたっぷり搾精されるお話。

「聞こえますか? 聞こえますか? 私の声が聞こえますか?」
女神は上品で穏やかな声のお姉さん。
主人公の脳内に直接語りかけると
今この世界に迫ってる危機を救ってほしいとお願いします。

本作品は豊穣の女神としてこの星をずっと見守り続けてきた彼女が
強靭な体と強い意志を持つ勇者の少年とおよそ130分に渡ってエッチします。
彼女が若さや美貌を保つためには優秀な男の精液が必要らしく
数百年に一度の間隔で彼のような素質のある男性に試練を与えてるそうです。

「なるほど…こうして見ると ふむ なかなかいい面構えをしてるじゃありませんか」
魔王を倒しに来た彼に「魔王なんていない」とはっきり伝え
そのうえで体をじっくり味わい少しずつ自分好みに変えていきます。
声や態度は終始穏やかですし、彼を労わるシーンもあって雰囲気は結構穏やかです。
少なくとも外側に関しては女神のイメージにぴったりな女性と言えます。

しかし内面は男の精液を貪欲に追い求める淫乱な性格をしてます。
会ったばかりの彼に濃厚なキスをして抵抗する気力を奪い
後になるほど濃厚なプレイを繰り出して心と体を骨抜きにします。

淫紋を刻む、最終パートで精力を吸い尽くして命を奪うなど
やってることはサキュバスとのエッチに近いです。
プレイ中は上品な声とはまるで違う下品な声や音をガンガン漏らしますから
両者のギャップに驚いたり股間を熱くする人が結構いるでしょう。
濃くて激しいエッチ
エッチシーンは7パート99分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、耳舐め、淫紋付与、乳首責め、パイズリ、SEX(騎乗位、対面座位、正常位)、乳揉みです。
手コキ、淫紋付与、パイズリ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「お前はこれから 私の糧となるのです」
魔王の城へ辿り着いた主人公に事情を説明した女神は
自分に怒りを感じてる彼に軽くキスしてその味を確かめます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート35分間は彼を説得しながら気持ちよくする比較的ソフトなプレイ。
「2話 「出会い」(約16分)」はキス、手コキ、フェラ
「3話 「淫紋付与」(約19分)」はキス、両耳舐め、淫紋付与、手コキで1回ずつ射精させます。

「大丈夫 火の通らない肉など この世にありません お前もいずれ確実に 私の虜になるのです」
彼はここへ来るまでに大事な仲間を失っており
魔王討伐が嘘だったことも合わせて女神に対し良い感情を持ってません。
だからまずは彼をなだめながら快楽漬けにしてエッチしやすい環境にします。
キスは貪るような強めのちゅぱ音が鳴りますし、フェラもバキュームが中心になっててパワフルです。

彼女は全知全能の存在ですから、その気になれば彼を簡単に殺すこともできます。
でも自分のためにここまで来てくれたことに敬意を払って基本的には穏やかな物腰で接します。
エッチも彼が気持ちよくなるように責めており、女神の部分とメスの部分が混在してます。
射精後に精液を美味しそうに舐める姿もなかなかエロいです。

「あまり手荒な魔法は施したくなかったのですが 仕方ないですね」
3話はタイトルにもついてる淫紋付与が登場します。
1回エッチしてもなかなか心を開かないので彼に幻聴魔法をかけ
左右の耳を舐めながら中央からもキス+手コキする濃い責めを繰り出します。

前のパートは1人だったのが一気に3人へ増えるのも本作品が持つギャップのひとつと言えます。
魔法をかけた後はほぼノンストップでちゅぱ音が流れ続けますから
キスの音も相まって音に包まれてるような感覚が味わえます。
ちなみに声はモノラルですけど耳舐めはバイノーラル録音だそうです。

次の3パート28分間はエッチしながら淫紋が定着するのを待つシーン。
「幕間1 「淫紋育成」(約8分)」はキス、両耳舐め、乳首責め、手コキで焦らし
「幕間2 「淫紋定着」(約9分)」はパイズリで1回
「幕間3 「淫紋付与記念」(約11分)」は再度のフェラでもう1回射精させます。

「持ち上げて…どっぷん 重たい乳房が お前の腰にぶつかって はしたない音を鳴らしてますねぇ」
幕間2は118センチのOカップおっぱいを使った力強い責めが光ります。
おちんちんを挟んだ直後は敢えて動かさず圧をかけて彼の反応を楽しみ
その後は「ぱつんっ」という弾力のある音をゆっくりペースで鳴らして確実に追い込みます。

ひとつ前の幕間1は焦らし続けて射精させないお預けプレイをしますから
両者の落差を大きくして勢いよく抜きやすくしてます。
音は効果音素材を使ってるらしいですが、鳴らし方にこだわっててリアルでした。

幕間3はプレイをほぼフェラに絞り込んでるおかげで
冒頭の2話よりもちゅぱ音の量とバリエーションが充実してます。
亀頭と竿にキスしてからピストンとバキュームを組み合わせた強烈な追い込みへと変わります。
このへんまで来ると彼もすっかり従順になっており
彼女も説得するセリフを挟んだりせずストレートに責め続けます。

終盤の2パート36分間はエナジードレイン色が強くなります。
「4話 「レイプ」(約17分)」は騎乗位SEX
「5話 「さいごのしょくじ」(約19分)」は対面座位と(たぶん)正常位で精液を搾り取ります。

「あぁ楽しい 屈強だったはずのオスを飼い慣らして 献身的な精液袋にまで落とすのは この上ない愉悦を覚えます」
「気持ちいい おっ おぉぉぉぉ」

彼女も彼とSEXできる時を待ちわびてたのでしょう。
おちんちんを挿入された瞬間に嬉しそうな声を上げ
その後も普段よりちょっぴりハイテンションな様子で後になるほど激しく腰を打ちつけます。
また最中の喘ぎ声はオホ声が多めになってて今まで以上に下品さが際立ってます。

彼女が「並のオスなら挿入した瞬間に命を失ってた」と言ってるので
これまでのプレイや淫紋付与は彼が耐えられるようにするための準備だったのだと思います。
責めっぷりはなかなか激しいですけど、このへんの背景を考えれば優しいとも言えます。
彼に苦しみではなく快楽を与えながら精液をいただくところに女神らしさを感じました。

しかし5話ではメスの部分が色濃く出てます。
彼に主導権を譲り好きに責めさせるところはあまあまですが
その途中で我慢できなくなり、とうとう彼の最後の精液をいただくことにします。

「ほーら 腰振って? パンパンがーんばれっ がーんばれっ」
女神である彼女にとって彼は所詮消耗品に過ぎません。
彼が頑張ってるうちは応援し、それができなくなった後は逆に彼女が責め始めます。
一時の快楽と引き換えに命を落とす展開は割とブラックですけど
そこに至る描写はとてもソフトに描かれてるので後味はそれほど悪くなかったです。

エロさを強調する感じで進めてますし、内容を理解してれば聴けるでしょう。
冷酷というよりは女神の責務を優先した結果こうなった感じです。

このように、彼女が持つふたつの顔を引き立てながら責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
ギャップが魅力の調教作品
穏やかでドスケベな女神にたっぷり弄ばれるM向けの作品です。

女神はこの星の寿命をさらに伸ばすために良質な精液を持つ男性たちに声をかけ
その中で唯一自分の城に辿り着いた主人公をエッチな手段でもてなします。
そしてこれらをする際に声と音に大きな落差をつけてエロさを引き立たせます。

穏やかでSっ気もある女神が勇者の少年から精液を搾り取るシチュ
序盤は説得しながら快楽を与える、中盤は淫紋を定着させる
終盤はおまんこを使って精魂尽き果てるまで搾精する、と目的を持って責める濃いエッチ
女神らしい柔らかな態度でおちんちんを貪欲に求める彼女のキャラ。
サキュバスとするエッチを女神に置き換えたかのような作品に仕上がってます。

中でもエッチは彼女の性格を色濃く反映してて聴き応えがありました。
どのパートもちゅぱ音や効果音が抜きを意識したものになってるので
音声を聴いてれば自然と股間がムズムズしたりおちんちんが硬くなります。

彼が最終的に命を落とす点だけは人を選びますけど
すべてを終えた後に彼女が漏らすセリフを聴けばそれも仕方なかったのかなぁと思えます。
確かに魔王は倒してませんが彼の頑張りによって世界は救われてます。
それ以前のパートは暗さや重さが特にないので、最後だけ他と違うことをご留意ください。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 2:15:02

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ