同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:分倍河原シホ

   ● 女体化催眠・勇者様のオナホ妖精
   ● 愛をもってあなたを躾けるサキュバスさんの人間わんこ化計画
   ● 脳みそとろとろ射精我慢オナサポアプリ 媚びながら執拗に煽りまくる少女の場合
   ● 乳首責め店でする乳首責め射精…
   ● レズエッチ4~中世世界で新興女体化宗教にハマったアナタ(最後はラブラブ♪ハッピーエンド)(後編)
   ● レズエッチ4~中世世界で新興女体化宗教にハマったアナタ(最後はラブラブ♪ハッピーエンド)(前編)
   ● 性的禁欲愛好家のための射精管理責め調教(後編)
   ● 性的禁欲愛好家のための射精管理責め調教(前編)
   ● バブみ射精管理~聖母のような微笑みにバブみを感じながら、ときにやさしく、ときに厳しく、何度も何度も射精管理されたい~
   ● あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~(後編)


女体化催眠・勇者様のオナホ妖精

サークル「いぶき屋」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、魔王の侵略によって乱れた世界に住む妖精の女王が
そこを救う手助けをしてもらう代わりに珍しいエッチをプレゼントします。

体が小さい妖精になりきって勇者とSEXするのが特徴で
催眠パートは彼女たちの世界に行く様子に技術を絡めて少しずつ丁寧に誘導し
エッチは陵辱っぽさが出ないよう穏やかな描写を多めに交えて体格差エッチの快感を伝えます。
勇者とのエッチな儀式
妖精の女王に催眠をかけられ彼女や勇者とエッチするお話。

「ごきげんよう。わたしの声が聞こえていますか? そう、そこのあなたですよ」
女王は上品で穏やかな声の女性。
別の世界から主人公の心に語りかけ挨拶すると
自分たちを救う手伝いをして欲しいとお願いします。

本作品はファンタジー世界によく出てくる妖精になりきってエッチするのを目的に
彼女が110分をほぼ半々に分けてそれに沿った催眠とエッチをします。
「オナホ妖精」の名の通り手のひらサイズの女性に生まれ変わり
おまんこを十分ほぐした後で人間の彼と繋がる非常に変わったプレイが楽しめます。

「妖精の体は魔力で作られているから、柔らかくて丈夫なので、体格差のあるお相手でも傷付くことはありません」
自分の全身と同じくらい大きなおちんちんを受け入れるため
シチュだけを見ると陵辱っぽく感じますが
実際は痛みや苦しみには触れず、快感を前面に押し出すノーマル~ややM向けの内容です。
事前の準備もかなり入念にやりますし、途中で聴くのが辛く感じることはまずないでしょう。

ストーリーを簡単に説明しますと、女王のいる異世界では現在魔王軍が暴れており
それに対抗しようと勇者が現れ旅をしています。
しかし魔王を倒すには「精霊の指輪」という特殊なアイテムが必要で
その封印を解くために勇者が処女の妖精と交わる必要があるそうです。
女王を初めとする他の妖精たちは既に処女を失ってるため彼がその役に選ばれました。

このへんの事情は冒頭の小話パートで全部教えてくれますから
音声を聴く前から頭に入れておく必要はありません。
独自の設定があることを踏まえて催眠、エッチいずれも世界観を崩さないよう気をつけながら進めます。

ちなみに声は女性ですが女性の聴き手でも一応聴けるように作られてます。
私が聴いた限りでも性差を感じる描写は特にありませんでした。
女体化のやり方が男性から女性の姿に変えるのとは違うのが大きいです。
妖精たちとの触れ合いを通じて妖精に
催眠はおよそ48分間。
楽な姿勢になって目を瞑り、まずは深呼吸や簡単なストレッチで心身をほぐします。

「大きな風船が、おなかの中で膨らんだり、しぼんだりするのを想像してみましょう」
「ぐーっと、手足を緊張させたままで、次は首から上も力を入れていきます」

深呼吸は合図を出さず好きなペースでやらせながらコツやイメージを教え
ストレッチは腕、脚、顔、胴体と後になるほど範囲を広げ、最後にカウントを数えて一気に力を抜きます。
小話パートよりもずっと緩やかでぼんやりした女王の声が心地よく
普段よりも時間がゆっくり流れてる感覚がして落ち着きました。

ストレッチは今のやり方だと約2分間ずっと力を入れ続けることになってきついので
各パーツを個別に脱力していったほうが無理なくできると思います。

お次はいよいよ彼女がいる妖精の世界に移動します。
緑豊かな森をイメージし、そこで鳴る鈴を頼りに妖精たちがよく集まる場所を探します。
そして無事会えた後は心だけを切り離してあちらに向かいます。

「鈴が鳴るたび、意識が吸い寄せられる。心の奥へ、もっと奥へ。想像の世界の深い場所へ、さらに深くへ」
「あなたの意識も、ぐるぐる、ぐるぐる回りだす。体が少しづつ光の渦に包まれて、感覚が薄れていく。らせんを描いて回る光の中で、体の感覚がだんだん消えていく」

イメージ力が膨らむよう周りの情景を語りながら
鈴が鳴るシーンではそれに合わせて深化する暗示を入れ
心を切り離すシーンは光が回る様子に合わせて感覚がぼやける暗示を入れます。

普通の催眠音声よりもストーリー性を重視してあるおかげで没入しやすく
後になるほど意識のぼやけや体の重さが強くなりました。
最後にはカウントを数えながら小まめに暗示を入れて催眠を深めやすくもしています。
時間に余裕があるのを利用し各シーンをじっくり進めていて良いです。

本題の妖精化は15分ほど。
妖精の国で一番神聖な場所にあたる小さな池で蓮のつぼみに入り
それが咲いた後は生まれ変わった自分の体を確認します。

「輪になって、ゆっくりと回る小さな妖精たち。その姿が、なんだか少しづつ大きく見えてくる。蓮の花のつぼみも、だんだん、大きくなっている」
つぼみに入るシーンで周りのものが大きく見えるように働きかけるのが印象的でした。
妖精は人間よりも遥かに体が小さいですから、当然見えるものも人間の時より大きくなります。
「あなたの体が小さくなる」と暗示を入れるよりもイメージしやすく効果的です。
容姿の確認は体つき、性器、背中の羽など差が出やすいところを中心に行います。

エッチを始める手前までの様子を物語形式で描いた堅実な催眠です。
聴き手を女王の世界に案内し、そこの妖精にすることを目的に
深呼吸やストレッチで気持ちを落ち着けてから移動する様子をわかりやすく描き
その中に状況に合った暗示を込めて少しずつ作品の世界に引き込みます。

有料処女作ということで全体に余裕を持たせ、シーンごとにやることを変えながら丁寧に進めてました。
イメージの内容も森、鈴、池、蓮など自然に関するものばかりでわかりやすいです。
女王が非常にゆっくり語りかけてくるので寝落ちする人がそれなりにいるでしょう。
落差の大きいエッチ
エッチシーンは49分間。
プレイは女王によるオイルマッサージ/手マン、勇者による胸の愛撫/おちんちんにオイルを塗る/おちんちんへのキス/SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「それでは、これから大切な儀式、勇者様とのエッチの前に、思い切り気持ちよくなるための準備をしましょう」
催眠を使って主人公を可愛い妖精に変え、儀式の会場へと案内した女王は
勇者を相手にする前に全身へオイルを塗り込み体の感度を上げます。

エッチは前半は彼女が、後半は勇者が責めます。
最初の24分間は儀式に向けて心身の準備を整えるシーン。
全身を上から下に流す感じで媚薬効果のあるオイルを塗り込み
それから乳首やおまんこといった性感帯に的を絞って気持ちよくします。

「だんだん揉みほぐされて、体の中がトロトロになっているような感覚。下腹部を輪を描くように撫でられると、内側から熱く溶けていく」
「割れ目に沿って、ぬーり、ぬーり。切なくて、我慢できないときは、もっと声を出してもいいのよ」

彼女は彼に儀式を手伝って欲しくて呼んだわけですから
エッチに入っても引き続き穏やかな声と態度で接します。
どこをどんな風にマッサージしてるか実況しながらその都度感度の上がる暗示を入れ
それと同時に心を開放するよう働きかけて快感に没頭させます。

本作品のエッチは特大のおちんちんを受け入れる変わった内容ですから
心のケアにも結構気を遣ってリードします。
実況と同時に入れる暗示が気持ちよくなるものだけだったので
彼女がおまんこに指を入れるシーンでは軽い異物感も覚えさせたほうが臨場感が増したと思います。

続く25分間はお待ちかねのSEX。
勇者が登場し、全身を手に持って胸を愛撫してから極太おちんちんを挿入します。

勇者はまだ童貞らしく女性との接し方をあまり理解してません。
だから主人公が痛みを感じないよう繊細なタッチを続けます。
儀式から連想される割り切ったものとは随分違って穏やかな空気が漂ってます。

「ペニスをしごきあげるための道具のように扱われているのに、気持ち良くて思考が飛んでいきそう。あなたの体を掴んでいる指も、同時に胸をいじくって刺激してくる。気持ちいい」
しかしSEXを始めたあたりからそれが一気に変わります。
これまで一度もなかった絶頂シーンが何度も訪れ
それに合わせて彼女がガンガン暗示を入れて追い込んでくれます。
オナホ扱いされるのに今まで通り穏やかに進めてたらシチュに合いませんから
SEXをする前と後で責め方を大きく変えてメリハリをつけてます。

おちんちんが入ってる様子はあまり触れず、得られる快感を前面に押し出す感じです。
リアルに描写するとグロくなるからこうしたのでしょう。
セリフの表現や展開をできるだけ柔らかくして受け入れやすくしています。
柔らかい作品
一歩間違えば陵辱に繋がるエッチをソフトなタッチで描いた作品です。

妖精の女王は自分たちの世界で頑張ってる勇者を助けるために
異世界にいる主人公の心に語りかけ、快感と引き換えに儀式への参加をお願いします。
そして了承してもらった後は長めの時間をかけて妖精に変え、心身を十分ほぐしてから儀式に送り出します。

小柄な妖精になりきって勇者とエッチするファンタジー要素の強いシチュ
現実世界から女王の世界に移動する様子に技術を絡めた流れのある催眠
じっくり性感を高めてから一気に追い込む緩急をつけたエッチ。
作品の特徴を押さえたうえで多くの人が無理なく聴けるよう調節してます。

「絶頂したあなたの膣の中で締め付けられてもペニスの動きは止まらない。激しさを増す快感を、あなたはイキながら受け止め続ける」
中でもエッチは今まで聴いてきたどの女体化作品にも当てはまらないプレイで面白かったです。
やり方次第ではとてつもなくハードになるものをとことん穏やかに表現してました。
サークルさんが「M向けシチュではない」とおっしゃられてる通り
M性が低い人でも受け入れられるあたりの内容に収まってます。
仮想プレイなので控えめな音量で効果音を入れておいても良かったかもしれません。

催眠は有料処女作として見る分には十分な品質を持ってます。
イメージに暗示を上手く忍び込ませられるようになるとより高度なものが生まれると思います。
これは大手のサークルさんがやられてることなので、今後経験を積むうちに掴めるのではないかなと。

絶頂シーンは5回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:51:39

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月11日の24時まで20%OFFの777円で販売されてます。

愛をもってあなたを躾けるサキュバスさんの人間わんこ化計画

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで躾上手なサキュバスのお姉さんが
捕まえてきたM男に特殊な調教を施し従順なペットへ変えます。

犬の芸を仕込みながらオナサポするのが最大の特徴で
お手、伏せ、チンチン、おあずけなど現実世界でするのと同じことをさせながら
飴と鞭を上手に使い分けて彼女に従う喜びと快感を少しずつ教えます。
サキュバス様の犬になりきって
サキュバスにマゾ犬化の調教を施されるお話。

「起きて? ほーら 起きて?」
サキュバスは上品で穏やかな声のお姉さん。
魔界に拉致され目覚めた主人公に事情を説明すると
自己紹介してから自分のペットになるかどうかを尋ねます。

本作品は人間界で辛い思いをしていた彼を気持ちよく救済しようと
彼女が60分程度の時間を使って一風変わったオナサポをします。
タイトルに「愛をもってあなたを躾ける」とある通り一般的な調教よりも雰囲気を柔らかくし
その代わり羞恥心や屈辱感といった心のスパイスを多めに込めて射精できる環境を整えます。

「これからは ポチみたいなマゾでド変態な人間にしかできない 惨めな芸を仕込んであげるわね」
それに最も貢献してるのが彼をとことん犬扱いすること。
ペットが服を着るのはおかしいと言ってすぐさま全裸にし
そのまま現実世界で我々が犬に芸を教えるのに近いやり方で心の興奮を煽ります。

ワンと鳴かせる、四つん這いでオナニーさせる、チンチンの格好をしておちんちんを観察されるなど
その様子を他人に見られたら確実にドン引きされるレベルの変態プレイがいくつも登場します。
オナニーについてもサキュバスから連想される搾精を敢えて避け
射精シーンを1回に絞り込み、そこへ向けてじっくり焦らして性感を高めます。
体への責めよりもシチュや命令といった心への責めが魅力の作品です。

「あなたは そこらにいる人間とは違う 特別な存在なのよ」
これらをリードするサキュバスはランクが高いのか終始落ち着いた様子で接します。
自分のペットになれば仕事をせず射精だけしてればいいことを告げ
もし元の世界に帰りたいなら好きにすればいいとまで言います。
そして主従の契約を結んだ後は適度にご褒美をあげて自分に従う喜びを教えます。

奴隷よりも愛玩動物に近い位置づけなので無理矢理感はほとんどありません。
M男が喜ぶツボを突いて自分から従いたくなるよう導きます。
さらに言うことを聞いた場合は素直に褒め、逆に従わない場合は一気に声が冷たくなります。
主従関係を崩さない限りは結構優しい女性です。
羞恥心をくすぐるエッチ
エッチシーンは4パート51分30秒間。
プレイは犬の真似、頭を踏みつけられる、おちんちんの観察、オナニー、包皮を剥く、腰振りダンスです。
エッチな効果音はありません。

「高貴な私のペットには それ相応のふさわしい名前が必要よ」
諸々の事情を説明し主人公に自分の犬になることを決断させたサキュバスは
「ポチ」という名前を授けてから全裸にして最初の芸を仕込みます。

エッチは彼女の指示に従ってオナニーします。
一番最初の「初級調調教」はマゾ犬化を強く意識したプレイ(約10分)。
お手、おかわり、伏せ、チンチンといったお馴染みの芸を順に行い犬の心得を身につけます。

「伏せはわかる? 手足を折りたたんで 地面に這いつくばるように 床に伏せるのよ 少し難しいけど ポチならできるわよね?」
この時点での彼はまだ契約を結んだばかりなので人間から脱却できてません。
それを踏まえてひとつひとつをわかりやすく教え、無事遂行できたら手放しで褒めるのを繰り返します。
オナニーは一切しないので主に羞恥心を与えて気持ちを盛り上げるパートですね。
彼女の愛玩っぷりもよく表れていて雰囲気は至ってマイルドです。

体を気持ちよくするのはその次から。
「中級調教編」はとある掛け声を起点にオナニーの開始と停止を指示し(約12分30秒)
「上級調教編」は自分で包皮を剥いて亀頭を見せつけたり疑似SEXっぽいオナニーをします(約19分)。

ここで忘れてはならないのは彼女がサキュバスだということです。
彼女にとって彼はペットであり精液の供給源でもあるのですんなり射精はさせません。
より良質なものに熟成しようとオナニーを時々中断して寸止めを繰り返します。
シコシコボイスなどの細かな指示は出さずにできるだけ焦らす多少意地悪なオナサポです。

「こんな屈辱的なポーズでも気持ちよくなれるなんて ポチは優秀なマゾ犬だわ」
「私はポチが楽しそうにチンポをシコシコしてるとこを見たいわ」

しかしそれによって生まれるもどかしさや不満を彼女のセリフが和らげます。
すっかりマゾ犬になり果てた彼を事あるごとに褒め、さらに見られてることを意識させてやる気を出します。
これが冒頭で触れた「飴と鞭」にあたります。
単に押さえつけるだけでは躾けられないことを理解してるようで上手にバランスを取ってます。

プレイで面白いのは上級調教編に登場する腰振りダンス。
自分の両手を組んで擬似的なおまんこを作り、そこに向けて腰をヘコヘコさせます。
ローションを事前に塗ってやったほうが気持ちいいでしょうね。
中盤以降も引き続き羞恥心をくすぐって精液の質を上げようとします。

そうやって準備に準備を重ねた後、「射精調教編」でようやく許可が出ます(約10分)。
10カウントダウンに合わせて自分を追い込むスタンダードなプレイで
ここも多少の寸止めを挟みさらに性感を蓄積します。

「出ちゃう? 出ちゃうのね いいわ 濃厚ザーメン私に飲ませて」
フィニッシュの際に彼女の顔へぶっかけさせるところに優しさを感じました。
彼は女性の顔を汚す欲求を満たし、彼女は念願の精液をダイレクトに飲むメリットがあります。
事後に精液を舐める音もなかなか下品ですし、サキュバスらしさも作品にきちんと反映させてます。

このように、文字通り犬になりきる変態向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかな調教作品
心身ともにソフト路線で責める聴きやすい作品です。

サキュバスは人間界で辛い毎日を送ってる主人公に新しい生き方を与えようと
自分が住む魔界へとりあえず連れていき、事情を説明してから自分のペットになるか決めさせます。
そして無事主従関係を結んだ後は完全に犬扱いして情けない射精へ追い込みます。

おおらかなサキュバスがM男に犬化の調教を施す変わったシチュ
色んな犬の芸をさせながらご褒美にオナニーさせるテーマ性の強いエッチ。
聴き手が受け入れやすく感じるように工夫して変態プレイを組み立ててます。

彼女は彼の良いところはもちろん、悪いところも受け止められる女性です。
だから彼が自分の指示に従わなかったとしても根気よく付き合います。
そして命令を無事やり遂げた後は我々人間が犬を甘やかすのと同じ感じに褒め称えます。

「ペットのお世話は飼い主の義務なんだから あとは私に任せて ポチはぐっすり休みなさい」
最初はちょっと怖いところもある女性に映ったのですが
ある程度調教が進み彼が従順になった後はそれなりの愛情を示してくれます。
より良い精液を得るために焦らす流れもキャラに合ってて良いです。
「犬化」と「サキュバス」を違和感なく組み合わせて個性を出してます。

エッチはオナサポの中では変則的と言いますか
体への責めを弱めにしてその分命令や言葉責めで補ってます。
結構癖のあるプレイですから好みに合うかどうかで満足度が大きく変わるでしょう。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

女性に優しく辱められる作品が好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:06:09

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月12日まで50%OFFの500円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

脳みそとろとろ射精我慢オナサポアプリ 媚びながら執拗に煽りまくる少女の場合

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性をおもちゃにして遊ぶのが大好きな少女が
主人公に変わったオナサポをして悶える姿を楽しみます。

いつ射精できるかわからない状況で我慢し続けるのが最大の魅力で
アプリ形式で5つの難易度を用意し、勃起やオナニーに複数のプレイを設け
さらに毎回違う責めを繰り出しながら焦らしや寸止めを繰り返して暴発を誘います。

今回はハードモード→ヘルモードの順に聴いてのレビューをお送りします。
完全ランダムで射精をコントロール
少女の指示やカウントに合わせてオナニーするお話。

「こんにちはー お兄さん 私を選んでくれたんだね」
少女は甘く可愛い声の女の子。
主人公にオナニーの準備ができてるか確認すると
少し考えた後、おちんちんをどう勃起させるか決めます。

本作品は媚びた態度でエグいことをしてくる彼女が
3つのルールを定めたうえでランダム性が非常に強いオナサポをします。
音声からアプリケーションソフトに作品形式を切り替え、約190個の音声からその都度選んでエッチを組み立てます。
random01
実行ファイルを起動するとこういう画面が表示され
下の開始ボタンの後にイージー、ノーマル、ハード、ヘル、デスからひとつ選んで始めます。
途中でギブアップした場合はソフトを終了させてから再起動すると失敗ボタンが表示されます。
random02
またプレイ開始後はシーンによって上のように画像も変化します。
これをオカズにオナニーすれば射精の我慢がより難しくなるでしょう。

オナサポのルールは至って簡単。
彼女が10カウントダウンを始めたらオナニーに取り掛かり、数が少なくなるほど射精へ追い込みます。
そして0を宣言したら射精、ストップだったら停止するのを繰り返します。

しかしその内容は結構複雑です。
冒頭の勃起シーンは3通り、続くオナニーは4通りのプレイを用意し
さらに毎回カウントの数え方や追い込み方を変えて執拗に揺さぶりをかけます。
私が聴いた時も同じ責め方をすることはほとんどありませんでした。
途中でプレイを小まめに切り替えるなど、次に何をしてくるかまったくわからないので気が抜けません。

販売ページの紹介文に書かれてる通り、難易度によって射精のチャンスが随分変わります。
イージーは50%、デスは1%と確率の幅が広く普通の人から変態まで楽しむことができます。
といってもこれはあくまで目安ですからイージーでなかなか射精できない場合もあります。
そういうところも本作品の面白さではないかなと。
変化に富んだ意地悪なエッチ
エッチの時間は毎回変わるため不明。
プレイはキス、オナニー、パイズリ、SEX(正常位)です。
エッチな効果音はありません。

「女の子の涎の音で 種付けの準備させられちゃってるね 簡単なちんちん」
下半身裸になった主人公におちんちんの根本を持つ指示を出すと
少女はそのままキスしてそこをさらに硬く大きくします。

エッチはルールに沿って彼女が言った通りにオナニーを続けます。
プレイ構成がその都度変わることから、今回は私が聴いた時にどうなったかをレポートします。
皆さんが視聴する時はおそらくこれと違う展開になるでしょう。

最初に聴いたハードモードはおよそ13分間。
4分程度のキスで勃起を促してから本題のカウントダウンオナサポへと進みます。

「じーって私に見られてるのに お構いなしに興奮してるね」
キスシーンはオナニーの前段階ということでおちんちんには軽く触れるだけに留め
粘性高めのちゅぱ音をゆっくり鳴らしながら彼女に見られてることを意識させます。
とりたてて下品に振る舞ったりはしませんけど十分にエロい音でした。
ちなみにここは言葉責めや喘ぎ声を漏らす場合もあります。

続くオナニーは10カウントから始まって1セット目は1まで進んだ後に0.1刻みへと変化して追い込み
2セット目はスピーディーに数えて1で長めのキスをするなどやり方が随分違います。
そして3セット目は1→5→1とジャンプを繰り返す責めをしてました。
サークルさんが過去作でやってきたことの多くを投入してあって本当に多彩です。

私も「お、これはなかなかきつそうだ」と思ってたのですが・・・。
3セット目の最後にあっさり0を宣言されて終了しました。
射精できる可能性は15%程度らしいですから結構運が良かったようです。
時間があまりに短かったせいで射精はできませんでした。

これではさすがにレビューにならないだろうと思い、その直後に挑戦したヘルモードは51分間。
前回と同じくキスで勃起させてから長めの焦らし&寸止めをしてくれました。

「おっぱいの動き 激しくなっちゃったね ちゃんと我慢しないと めっだよ?」
1~2セット目はパイズリ、3~4セット目はSEX
5~6セット目は再びパイズリ、7~8セット目はキスと切り替えが多く
そのたびにセリフを変えてイメージしやすくしています。
これだけ頻繁に変わるなら効果音を鳴らさないのが正解でしょうね。

ハードがあまりに短かったせいで内心舐めてたのですが
今回はヘルの名に相応しいハードなオナサポでした。
カウントの合間に休憩時間をほとんど挟んでこないから後になるほど抑えにくくなります。
音声の時とは違いいつ射精できるかがまったかわらないのも精神的に堪えます。

「おっぱいに捕食されるためのちんちん たーくさんいじめてあげるからね」
だからこそ最後の射精シーンは心身両方が開放される感覚がして気持ちよかったです。
彼女もその時は丁度パイズリをしていて出し切るまで応援してくれました。
50分はB-bishopさんのオナサポだと短いほうですし十分耐えきれると思います。

ドMな方はとりあえずここから始めてデスに移る感じでしょうか。
ハードだと消化不良に終わる可能性があります。

このように、作品のシステムを最大限に活用した意地悪なオナサポが繰り広げられてます。
守備範囲の広い作品
プレイ、展開、属性のすべてがバリエーションに富んでる作品です。

少女はMな主人公を喜ばせつつ自分自身も楽しもうと
5つの難易度を定めていずれも先がまったく読めないオナサポをします。
そしてそれを聴き手にも味わわせようとアプリケーションによるランダムプレイを行います。

数多くの音声を用意し聴くたびに違うプレイをする重厚な作り
勃起シーン、オナニー、カウントいずれも複数パターンから無作為に選ぶ幅広さ
射精のタイミングを完全に伏せたうえで焦らしや寸止めを続ける過酷な展開。
音声形式が持つ弱点をことごとく克服した真新しいオナサポが楽しめます。

この手の作品は別のサークルさんもちらほら制作されてますけど、全体から見ればごくごく僅かです。
そしてオナサポを数多く手がけてきたサークルさんならではの気配りが随所に見られます。
最低でも5回聴ける作りになってますからコスパも値段相応と言えます。

私の場合ハードが短くなってしまいましたが
たぶん次回聴いたらまた違う展開になると思います。
デスモードは下手したら2時間以上続くかもしれませんね・・・。
サークルさんが推奨しないとおっしゃられてますし、ヘルでも十分な歯ごたえがあります。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音そこそこ~多め、喘ぎ声ごく僅か~そこそこです(難易度によって変わります)。

ノーマルからドMまで幅広くカバーした高品質な作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 3:50:19(音声ファイルの合計)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

乳首責め店でする乳首責め射精…

サークル「シコらnight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、乳首責めを専門に行う変わったお店を舞台に
そこの店員さんが2種類のサービスで男性客をもてなします。

エッチのほぼ全部で乳首をいじり続けるタイトル通りの展開が魅力で
前半は手コキと併用、後半は乳首責めのみとスタイルを多少変えながら
3種類のいじり方を組み合わせてゆっくりじっくり射精へ追い込みます。

視聴の際にアイアマスクを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
乳首だけで射精できる体に
乳首責め店で佐倉さんからサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ。本日、お客様の担当をさせていただく、佐倉と申します」
佐倉さんは上品でお淑やかな声のお姉さん。
初来店した主人公に挨拶しお店のコンセプトを説明すると
乳首オナニーの経験があるかを確かめてからエッチの準備を指示します。

本作品は乳首オナニーをある程度してる人をさらなる高みへ導くことを目的に
彼女がおよそ60分を半々に分けて2つの異なるプレイをします。
店名通りエッチ開始から終了までほぼずっと乳首責めを行い
シーンごとにいじり方を変えながら徐々に刺激を強くしておちんちんとは別の快感を与え続けます。

シコらnightさんは以前「ビデオチャットでされる乳首オナニー指示」という同系等の作品を制作されてますから
おそらく中の人が乳首好きなのでしょう。
本作品も乳首に寄せつつより多くの人が楽しめる工夫がされてます。

今回するプレイの最終目標は「乳首の快感だけで射精する」こと。
それを踏まえておちんちんをいじる時間は敢えて少なめにし
さらに責めるペースも緩めてそれだけでは満足できない状況にします。
後半パートは彼女がおちんちんに指一本触れませんから完全に乳首特化です。

「やさ~しく、スリスリ…スリスリ…。指で円を描くように、クルクル、クルクル…」
その代わり乳首責めのほうはどんな風にいじってるかをその都度説明するのに加え
「スリスリ」「クルクル」といった擬声語を挟んでペースや強さを大まかに伝えます。
作中で主人公が自分でいじるシーンはほとんどありませんが
状況描写がしっかりしてるのでオナサポ感覚で聴いたほうがずっと気持ちよくなれます。

それ以外の特徴は囁き声が非常に多いこと。
総時間の73%にあたる46分も用意し、耳元至近距離から優しく語りかけて彼を応援します。
バイノーラル録音ではないので臨場感はやや落ちてるものの密着されてる気分はある程度実感できます。
無理矢理何かをさせたりいじめることも特になく雰囲気はとても穏やかです。

優しいお姉さんが乳首を重点的にいじって新しいタイプの射精を体験させる。
男性の隠れた性感帯に焦点を当てた取り組みやすい作品です。
3つの手段で乳首をいじいじ
エッチシーンは2パート57分間。
プレイは乳首責め、手コキ、乳首オナニー、オナニー(任意)です。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「まず、乳首に指の腹を軽く当てて、円を描くように撫でていきますね…」
下着姿になって座った主人公の後ろから抱きつくと
佐倉さんはひとまずシャツ越しに優しく撫でて乳首の性感を高めます。

エッチはどちらも彼女が責め続けます。
前半にあたる「背面乳首責め手コキ」は乳首開発も兼ねてるプレイ(約28分)。
指で撫でる、爪の先で引っかく、二本の指で挟み引っ張るなど
複数の責め方を状況に応じて使い分けてまずは乳首を十分に気持ちよくします。
そして終盤に入るとおちんちんもソフトにいじってスムーズに射精させます。

「乳首に爪をひっかけるようにして、左右にカリ…カリ…カリ…カリ…」
「わたくしは好きですよ…。あなたみたいに快感に弱そうな男の人…。とっても可愛くて、わたくしの好みです…」

乳首責め専門店に所属してるだけあってどのシーンも実況が丁寧です。
そして彼が乳首で気持ちよくなることに躊躇いを感じないよう優しい言葉で心もケアします。
言葉責めと呼べるセリフは「情けない」を数回言う程度ですからM度は低めです。

前半、後半いずれも爪で引っかくプレイを長めに取ってます。
好みもあるでしょうが私はシャツ越しにやったほうが気持ちよくなれると思います。
間に布が入るおかげで汗ばんでも指が引っかからないし2種類の刺激が同時に襲ってきます。
乳首の快感がメインになるからこそ全体的に刺激を強く設定したのでしょう。

「シコシコシコシコ…、上下に指輪っか動かして、カリ首を往復です…。あぁぁ…、オチンポ気持ちいい…気持ちいいですね…」
手コキが加わるのは終盤の7分間。
カウパーと彼女の唾液を潤滑油にして上下にゆっくり動かします。
上のセリフを言う時に「シコシコ」と効果音のタイミングを合わせてるのがいいですね。
細かい部分にまでこだわることでプレイの臨場感を上げてます。

私が乳首をある程度開発してるからでしょうけど、このパートについては割とあっさり射精できました。
20分以上乳首をいじり続けるおかげでかなり気持ちよくなれます。
逆に未開発の人だと物足りなく感じるかもしれません。

後半の「乳首責めによる乳首責め射精」は最終目標を見据えたプレイ(約29分)。
冒頭に佐倉さんが乳首以外いじらないと宣言し、その通りに乳首を集中攻撃します。

「我慢汁を垂れ流し、焦らされているオチンポ…、裏筋の所をやさ~しく、カリカリされる所を想像してください…」
「乳首だけ、乳首しか弄られていないのに、オチンポビクンビクン…、前立腺がムズムズ…」

これまで数多くの男性に乳首責めをしてきた経験を踏まえて
彼女は乳首をいじりながら主人公に簡単なイメージをさせておちんちんに意識を集中させます。
乳首の快感に終止してたら射精ではなくドライオーガズム路線になってしまいますし
物理的な手段を使わずにおちんちんへの刺激を与えることを目指してます。

ちなみにこのパートは一応オナニーの許可も出てます。
ですから前半と同じく乳首とおちんちんを同時にいじるスタイルにすればより射精しやすくなるでしょう。
チャレンジさせつつ別ルートを設けて聴き手に選択の余地を与えてます。
実際にやった時も両方いじったほうがやりやすく感じました。

プレイ自体は前半よりも尖ってて良いと思うのですが
引き続き爪で小刻みに引っかくプレイを中心に構成されてるせいで
通しで聴いた場合に同じようなことを繰り返しやってる感覚がします。

前半は指で撫でるソフト路線、後半は爪で引っかくハード路線といったように
パートごとに違うコンセプトを持たせたほうがひとつのサービスとしてまとまると思います。
あるいは乳首責めのバリエーションをもっと増やすとかでしょうか。
気持ちよくなれるのは間違いないのですけど、創作物としての面白さがもう少し欲しいです。

このように、乳首の快感をひたすら追求するテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
どちらかというと初心者よりも乳首を既にある程度開発してる人向けの作品です。

佐倉さんは主人公がおちんちんの快感に頼らずに射精できるコツを身に着けさせようと
1回目は乳首重視のおちんちん控えめ、2回目は完全乳首オンリーと後になるほど難度を上げて責め続けます。
そして指で撫でる、爪先で引っかく、摘んで引っ張るという3つのプレイに絞り込み
これらを状況に応じて使い分けながら細かく実況して聴き手が自分でいじりやすくします。

最初から最後まで乳首をいじり続ける尖った作り
前半と後半でスタイルを変えて最終目標へ持っていく丁寧な展開
体を密着させ囁き声で優しい言葉を投げかける彼女のキャラ。
M向けのシチュやプレイをできるだけノーマル寄りに表現して大衆性を持たせてます。

乳首は男性でも十分気持ちよくなれる部位ですが
なかなかいじる機会がないせいでその魅力を知らずにいる人がそれなりにいます。
だから本作品はとにかくいじる時間をたっぷり設けてそうなるきっかけを与えます。
最中の指示もわかりやすくついていくのは簡単です。

ただ割と早い段階から刺激の強いいじり方をしてくることから
初心者にとってはただくすぐったいだけになる可能性があるんじゃないかなと。
もう少しソフト路線で終盤強めにする流れだったら初心者向けとも言えたのでしょうが…うーん。
そんなわけで当サイトでは開発が進んでる人にこそおすすめしたいです。

もうひとつ、実況が充実してる反面淫語やくちゅ音といった純粋なエロ要素が少なめです。
聴いてて興奮できる材料が不足気味なので、乳首でどれだけ気持ちよくなれるかがとても重要になります。
開発済みならこのへんをクリアできるから満足できる可能性も当然上がります。

射精シーンは2回。
淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

やや人を選ぶところもありますが質は良い作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:02:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

レズエッチ4~中世世界で新興女体化宗教にハマったアナタ(最後はラブラブ♪ハッピーエンド)

レズエッチ4~中世世界で新興女体化宗教にハマったアナタ(最後はラブラブ♪ハッピーエンド)(前編)」に引き続いての後編です。
今回は1回目のエッチを終えたレイナントがその後どうなったかを中心に紹介します。
本来の自分の姿に
後編のエッチシーンは5パート26分間。
プレイは乳揉み、手マン、クンニ、SEX(正常位)、お掃除フェラ、首輪の装着、乳揉み、ザーメンシャワーです。

SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

クレア「メス奴隷の喜びを しっかり刻み込んであげる」
筆頭神官のクレアはやや鼻にかかったクールな声の女性。
前回味わった快感が忘れられず5日後に再び教団本部を訪れたレイナントを迎えると
廊下を通り階段を下りてリリーナや他の信者たちがいるエッチな場所へ案内します。

エッチは2つのシーンに分かれており、どちらもクレアがメインの相手を務めます。
ちなみにどちらも階段を下りるシーンで女体化誘導が入ります。
通常版だけでも3時間ある作品ですから、催眠が途中で浅くなる可能性は十分にあります。
ストーリーに合った形でそれを少しでも改善するためにこうしたのでしょう。

「あなたのおまんこの中 とっても綺麗なピンク色よ」
クレアは切れ長で緑色の目を持つ女王様タイプ。
レイナントからレナに変わった彼へ透け透けのネグリジェを着せ
自分は赤色のボンデージに身を包んでエッチに臨みます。
しかし内容はリリーナ同様大変甘く、痛みや苦しみを与える描写はまったくありません。

期待と興奮ですっかり濡れたおまんこを指と口で味わい
リリーナに負けないサイズのおちんちんで優しく貫き絶頂させます。
プレイの流れが1回目とほぼ同じですからやりやすく感じるのではないでしょうか。
立場がずっと上だからといって高圧的なことはせず、彼を一人の女性と見て純粋に愛します。

そんなクレアの気持ちが最もよく表れてるのが3回目のエッチシーン(約12分)。
その後色んなことがあり教団の一員として確固たる地位を築いたレイナントが
クレアと今まで以上に甘く深いエッチを楽しみます。
プレイの流れはとある儀式を挟んでから妊娠覚悟のSEXをします。

「んんぅぅぅ レナの中 温かいよ ぐちょぐちょでヌルヌルだよ」
クレアはレナの魅力的な容姿やエッチな乱れっぷりに心底惚れており
可能なら結婚したいとも本気で考えてます。
そんな彼女の心情を踏まえて今まで以上にとろけた声で語りかけます。

彼女がなぜこうなったのか、レイナントが教団内でどう活躍したかについては
エッチの合間に入るドラマパートを聴けばわかります。
催眠ボイスドラマということで本レビューでは敢えて伏せ、エッチの内容だけ紹介させていただきます。

ナレーター「あぁ これが女の幸せなんだ 私 女でよかった メスでよかった そう心の中から実感します」
ナレーターの実況と暗示も幸福感や満足感を与えることに力を入れてます。
ふたなりとはいえおちんちんに大事な部分をかき回される快感
そのまま大量の精液を子宮に注ぎ込まれる満足感、そして好きな人の子を孕む幸福感。
SEXだけでなくその先にあるものまで描いて女の喜びを教えます。

実際に聴いてみたところ、責めっぷりは割と激しいけど優しさも十分に感じました。
クレアがレナを大事にしてる気持ちが色んなところに込められてるのが大きいです。
事後には他のふたなり信者が全身に精液をぶっかけて祝福するなど
聴き手が女性になったことを実感させつつハッピーエンドで締めくくってます。

このように、宗教特有の胡散臭さを極力排したラブラブなレズプレイが繰り広げられてます。
ドラマ性の高い女体化作品
主人公のレイナントになりきりながら気持ちよくなれる作品です。

クレアやリリーナは教団に対しマイナスの感情を抱くレイナントの誤解を解こうと
まずは実際に女体化を体験させ、そのついでに女性特有の快感も味わわせます。
そしてその後は彼の自主性に任せ最後にクレアとより深い関係になります。

ストーリーに沿って女体化や心の女性化を進める作り
新興宗教をテーマにしてるのにあまりヤバさを感じない展開
プレイ自体はシンプルにして実況、暗示、くちゅ音のバランスで臨場感を出すエッチ。
聴き手が主人公と同じ視点でお話を楽しめる工夫が随所にされてます。

クレア「ずっと 幸せにしてあげるからね レナ」
私はタイトルを見た時点で色々悪いことはあるけど最後快楽堕ちするのだろうと予想してました。
ですが実際は彼にとってそこまで悪いと思える要素はありません。
役所の仕事で溜まりに溜まったストレスを解消し、男性とは違う快感に触れて新しい世界が開け
教団のナンバー2にあたるクレアと極めて良好な関係を結ぶことにも成功します。

エッチするたびに一定のお金を寄付するルールが定められてますけど
それによって彼が破滅することはありません。
むしろこの設定をハッピーエンドへの架け橋として上手に活用してます。
絶頂回数も少なめですし属性はややM~Mあたりかなと。

エッチはメインのプレイをSEXで揃える代わりに暗示の内容をやや変えてます。
1回目と2回目はパートナーを変えて女性の快感をストレートに追求し
3回目はそこに幸福感や充実感を加えて誰かのモノになり、その子供を孕む気持ちを疑似体験させます。
効果音を割とガンガン鳴らしてくるので純粋なエロさもなかなかのものです。

後編の絶頂シーンは2回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

総時間が長くイメージ重視な点がやや人を選ぶものの
ボイスドラマ形式という立派な個性を持ち、さらにその表現力も優れてる作品です。

CV:ナレーション…西浦のどかさん 神官クレア…井上果林さん 教祖リリーナ…分倍河原シホさん
後輩ジュリア…秋川ひなたさん エトセトラ…小石川うにさん、高松沙絢さん、馬嘉ららさん、東めぐみさん
総時間 4:05:04(基本パート…2:45:30 EXパート…1:19:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

レズエッチ4~中世世界で新興女体化宗教にハマったアナタ(最後はラブラブ♪ハッピーエンド)

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、公務員として真面目に働いてた男性が
とある珍しい教団を知りその魅力に溺れていく様子をドラマ形式で描きます。

ストーリーに沿って女体化やエッチを進めるのが特徴で
ナレーターは天の声として催眠誘導やプレイの実況を担当し
まずは主人公にあたるレイナントと自分を重ね合わせ、そこから女体化へ繋げて気持ちよくします。

総時間が4時間以上もあるため前編(1回目のエッチまで)、後編(2回目以降)の2回に分けてお送りします。
また本レビューでは本編パート部分のみ紹介します。
現人神のエッチな施し
リリーナ教に入信し女性の快感を味わうお話。

「こんにちは これからあなたを 催眠状態へと導いていきます」
ナレーターは端正な声のお姉さん。
自己紹介や状況説明といった前置きはすべて省略し
早速自分のわがままを聞いて欲しいと言います。

本作品は地球における中世ヨーロッパあたりの文明を持つ星を舞台に
そこの農村で生まれ首都の公務員になった男性が
ふとしたことをきっかけにリリーナ教と出会い、その魅力に溺れていく様子を彼の視点で楽しみます。

「レズエッチ」の名の通り彼は物語の途中からGカップの女の子になり
エッチの相手を務める人たちもふたなり女性で統一されてます。

風呂井戸ソフトさんは作品によって内容がブラックだったりもしますが
本作品に関してはストーリーに沿った形で女性の喜びをストレートに追求します。

あらすじを簡単に説明しますと、彼は役所への苦情に対応する仕事に就いており
市民からの圧力と無能な上司のせいでストレスを抱える毎日を送ってました。
この日も悶々とした気持ちで帰宅してたところ、リリーナ教の筆頭神官にあたるクレアと偶然ぶつかります。
そして彼女が持ってるチラシにあった「リリーナ様に近づくと男性は女性になる」という謳い文句に胡散臭さを感じ
ストレス解消目的で教団の本部に乗り込んだ結果見事に快楽堕ちする、といった感じです。

このへんは催眠誘導後にナレーターが全部教えてくれますから事前に覚えておく必要はありません。
ドラマ性の高い作品をよく制作されてるだけあって
催眠の技術とストーリーとの絡め具合が秀逸で聴けば聴くほど作品世界に引き込まれていきます。
鐘の音を使い分ける催眠
冒頭に行う催眠誘導は12分間。
ナレーターの合図に従って全身に力を入れる→抜く動作を二度繰り返してから
深呼吸したり2種類の鐘を聞いて催眠状態を深めます。

「これからふたつの音を鳴らします」
鐘の音はどちらも教会でよく聴くタイプのもの。
最初は「からーん」というやや高い音でこれを聴くと催眠状態が浅くなる
次は「ごーん」という低く鈍い音で催眠状態が深まる、と正反対の暗示を入れながら進めます。

催眠音声でよく使われる「揺さぶり」という技法を本作品なりにアレンジしたものです。
カウントを交えて何度も繰り返しますから、後になるほど体や心に何かしらの変化があるでしょう。
私の場合は全身がずーんと重くなる感覚がしました。
これらの音はこの後から始まる物語にも時々登場します。

ある程度リラックスさせてから音を使って深化させるコンパクトな催眠です。
聴き手を物語の世界に引き込む準備を整えることを目的に
軽いストレッチから入って深呼吸、鐘の音による揺さぶり、全身を流す形での脱力と
短時間でスムーズに深化できるよう手際よく進めます。

「(右)沈む 頭がぼーっとして (左)とても気持ちがいいですね (右)どんどん寛いでいます」
これだけでは弱いとサークルさんが判断されたのか
全編に渡ってナレーターが声を左右に振り分けながら語りかけます。
厳密には違うんですけど双子っぽい作りですね。
視聴開始からしばらくすると意識を揺さぶられてる感覚がするようになります。

催眠誘導が終わるといよいよ物語が始まり
2パート19分ほどをかけてまずは主人公のレイナントがリリーナ教と関わる経緯を語ります。

「やがてあなたの体が 彼の体に引き寄せられます ただの観察者だったあなたが 観察対象の彼へと入り込んでいきます」
ここでは作品世界や登場人物たちの繋がりといった概要を話しながら
聴き手がまずレイナントになりきれるアプローチをかけます。
ナレーターの言い回しが主観的に捉えられるもので統一されてますから
ある程度のイメージ力がある人なら映画を観てるような感覚を抱くかもしれませんね。
お話も純粋に面白く、催眠ボイスドラマとしての持ち味がしっかり出てます。

そしてレイナントが後日クレアと再び出会い、彼女に連れられリリーナと面会するシーンで女体化が入ります。
教団本部にある長い階段を下りていくシンプルなもので
カウントを数えながら自分の体が男性から女性へ変わっていく様子を綿密に描きます。

「胸が おっぱいが膨らみます 膨らんで Gカップくらいのボリュームのあるおっぱいが シャツと上着をお仕上げてます」
胸が膨らみ、体毛が抜け、肌が滑らかになり、股間の棒が穴になる。
引き続きナレーターが声を左右に振り分けてそれらを順に行います。

この時点では見た目の変化だけで感覚の違いには特に触れてきません。
しかし本作品はエッチを通じて女体化をさらに深めることを目指して作られてるので
今のところは自分が男性から女性になったことをなんとなく受け入れられれば大丈夫です。
レイナントからレナへ
前編のエッチシーンは2パート16分間。
プレイはキス、乳揉み、SEX(正常位)、クレアのオナニーです。

SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

リリーナ「素直になってきましたね レナ 私の虜になりなさい」
建物の地下にある全面ピンク色の部屋で他の信者の相手をしていたリリーナは
レイナントに「レナ」という女性の名を与え、入信したお祝いに自らエッチの相手を務めます。

エッチはリリーナが体を責め、クレアがその様子を見てオナニーします。
最初の「H1回目 ー 序」パートは絶頂に向けて心身を盛り上げるプレイ(約12分)。
キスから入って乳揉みを経由し4分後には早速SEXを始めます。

「ゆっくり ねっとりとしたキス あなたはリリーナ様の口責めに 完全に感じています」
リリーナの唇から伝わるとろける感覚、おっぱいを揉まれた時の脱力感
そして20センチ近くあるおちんちんをおまんこで受け止め出し入れされる快感。
催眠者兼案内役にあたるナレーターがこれらを丁寧に語ってイメージ力と気持ちよさを膨らませます。

現人神なだけあってリリーナの声と態度はとても柔らかく
無理矢理陵辱されてる感じはまったくありません。
初体験のレナが痛みを感じないようゆっくり挿入し、後になるほどピストンを速める慈愛に満ちた責めです。

「なぜか不思議と 嬉しい 幸せという感情が 体の内側から溢れてきます それはメスの本能的喜びなのでしょう」
ナレーターが女の喜びや幸せを合間に伝えてくるのも大きいです。
プレイの実況や快感を上げる暗示とのバランスが取れており
音声に熱中しながら絶頂へ上り詰めることができます。
文字通り主人公になりきらせることを強く意識してエッチを組み立ててます。

続く「H1回目 ー リリーナ」は絶頂シーン(約4分)。
もういつ絶頂してもおかしくないレナを見てリリーナが最後の追い込みをかけます。

「あなたの顔を白く染める 額に 鼻先に 頬に 唇に 口の中にいっぱいかかる 白くて温かいどろどろのザーメン」
「ぷちゅり」という弾力のある水音がパンパンと肉のぶつかり合う音へと変化し
ナレーターもカウントや追い込み暗示を使って絶頂を後押しします。
絶頂時に45秒近くも射精音が流れ続けるのがとても印象的でした。
リリーナとクレアの精液で体の内外を汚された事実を通じて自分が女になったことを強く実感させます。

男性のままこのシーンを聴いたら特定の性癖を持ってる人以外は忌避感を抱くはずです。
でも女体化誘導を受けた後だとビックリするほどそれがなくなります。
私が聴いた時は絶頂パートに入ったあたりから股間が何度もビクビクしてました。

前編部分は催眠がメインなのでエッチの時間は短いですけど
女体化の第一段階として申し分ない品質を持ってます。

前編の絶頂シーンは1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

後編へ続く…。
レズエッチ4~中世世界で新興女体化宗教にハマったアナタ(最後はラブラブ♪ハッピーエンド)(後編)

CV:ナレーション…西浦のどかさん 神官クレア…井上果林さん 教祖リリーナ…分倍河原シホさん
後輩ジュリア…秋川ひなたさん エトセトラ…小石川うにさん、高松沙絢さん、馬嘉ららさん、東めぐみさん
総時間 4:05:04(基本パート…2:45:30 EXパート…1:19:34)


体験版はこちらにあります

性的禁欲愛好家のための射精管理責め調教

性的禁欲愛好家のための射精管理責め調教(前編)」をレビューした後
調教4回目と最終日が追加されたため後編という形で別途紹介します。

音声を聴く前にローション(必須)と大きめのお皿(ハードverでのみ必要)をご用意ください。
地獄の先にある天国を目指して
4回目以降のエッチシーンは10パート86分間。
プレイは竿オナニー、亀頭オナニー、表情の修正、唾液責め、??です。
エッチな効果音はありません。

調教4回目は3パート33分間。
さらに後日、再び来店した主人公と軽いやり取りをしてから
サラは今まで以上にハードでもどかしいプレイを指示します。

「今日は君の敏感な亀頭が真っ赤になるまで 磨いてあげるからね」
具体的には最初から最後までほぼ亀頭だけをいじり続けます。
ところどころでいじり方やいじる部位を変える指示が出るものの
竿をしごく一般的なオナニーをすることは決して許されません。
これ以降のパートにローションが必須なのはやりやすさと安全性への配慮です。

これまでしばらく射精を我慢し続けてきたところへさらなる寸止めをすると
ペースや力が弱かったとしても何かの拍子に暴発してしまう可能性があります。
亀頭ならカリを徹底的に責めない限りは出せませんし、射精我慢と意地悪を両立したプレイと言えます。

「そうそう 無表情 いい? おちんちんがどんなに気持ちよくても どれほど興奮しても 無表情よ」
調教が後半に入ったのに合わせて彼女の態度もより激しさを増します。
基本的には普段通りの上品な声で話しつつ、ところどころできつめの罵声を浴びせかけたり
敏感な部分を強めに責めて悶える彼に無表情を貫くよう指示します。

亀頭は非常に敏感なところですから
彼女に言われたことをやり通すには体だけでなく心の強さも求められます。
体を傷つけないためにローションを多めに塗ってしごくといいでしょう。

ちなみに4回目は最後のパートでソフトとハードに分岐します。
このパート自体はやることがほぼ一緒で最後のセリフが少し違うだけです。
その代わり次の最終日の後半部分で内容が大きく変わります。

最終日は6パート56分ほど。
これまで数々の試練をくぐり抜けてきた主人公へのご褒美にすんなり射精させるつもりだったのが
「もっといじめて欲しい」という彼の強い要望を受けて最も過酷な試練を課します。

「私の唾液 たっぷり味わわせてあげる」
内容は最初の2パートが共通でカウントダウン寸止めオナニーを何度も繰り返し
それを1セット繰り返すごとに彼女がご褒美の唾液を口やおちんちんに垂らします。
初めは唾液交換する感じだったのがしばらくすると吐きかける音へ変わり
この最終局面で敢えて寸止めさせる展開も相まってM度がとても高いです。

私は30日から始めて6日間だったものでまだ我慢できるレベルに留まってましたが
これを10日とか2週間まで伸ばしたら快感の強さに思わず漏らしてしまうのではないでしょうか。
4回目に引き続きローションを使ってたりと射精管理をより難しくしてあります。

そして何より面白いのが先ほど軽く触れた後半シーン。
ソフトは前半の流れをそのまま引き継ぐ形で射精を目指し
ハードはそこに最高難度のプレイを加えて聴き手のM度を診断します。

「もどかしいわね でも頑張りなさい」
彼女はドSとはいえ店員さんですからどうしたら彼が喜ぶかをよく心得てます。
ここでは今までよりも多少優しい言葉をかけて0カウントまで耐える勇気を与えます。
射精した瞬間にはぴゅっぴゅのセリフで後押しするなど
長きに渡る射精管理を無事耐え抜いた苦労が報われるようにきちんとリードします。

個性についてはハードのほうが断然高いです。
紹介文を読んだ限りサークルさんがネタバレしないで欲しいと思われてるようなので
本レビューでも具体的に何をするかは完全に伏せさせていただきます。
このルートだけお皿を使用する理由を考えればなんとなく予想できるでしょう。

このように、ギリギリまで焦らしてから勢いよく射精させる大変ハードなプレイが繰り広げられてます。
心身共にハードな作品
色んな要素を強く激しく調節してある意欲的な作品です。

3回目まではスタイルを変えながらカウントダウン寸止めオナニーを繰り返してたのが
4回目に入ると亀頭を集中攻撃する別方向のハードなプレイへ変化し
最終日は元の竿オナニーに戻したうえで違ったオプションプレイを用意します。

私個人は3回目まででも十分ハードだと思ってます。
でも4回目以降を聴いてみたらこっちのほうがよりハードに感じました。
心身両方に与える刺激が一段階上がってます。
特にハードverは一発目で無事やり遂げられる人がほとんどいないのではないでしょうか。

全体を見るとオナニーの過激さが目立ちますが
プレイが進むにつれてそれに負けないくらい心への責めがエグくなります。
3回目にある射精の練習、最終日にある唾液のご褒美あたりがいい例です。

5回に分けてるとはいえ寸止めオナニーを長時間繰り返すだけではどうしてもマンネリ感が出ます。
そこでサークルさんが「集大成的な作品を目指した」とおっしゃられてる通り色んな要素を盛り込み変化をつけてます。
しばらく射精できない辛さも醍醐味ですから1週間くらいかけて全部聴くのが丁度いいです。
それよりも長くすると仕事や生活に支障が出そうで怖いですね。

4回目以降の射精シーンは2回(ソフトとハードで1回ずつ)。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

改めて吟味した結果、前編と同じ点数にさせていただきました。
おまけはおはようボイスです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 3:14:11(本編…3:13:39 おまけ…00:32)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2018年10月5日まで30%OFFの910円で販売されてます。

性的禁欲愛好家のための射精管理責め調教

サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でSっ気の強いミストレスが
ドMな男性へのサービスとしてきつめの射精管理をします。

全編を5つのシーンに分けて心身をじっくり追い込む重厚な作りになっており
カウントを交えたスタンダードな寸止め、竿と玉を両方いじる寸止め
射精のイメージをしながら絶頂練習を繰り返すプレイなど
1回の調教ごとにやることを変えながらひたすら射精を禁止して限界へと追い込みます。

2018年9月30日の時点では調教の4回目と5回目が未公開なため
本レビューでは3回目までの様子を紹介します。

※2018年10月5日追記
4回目以降の調教を紹介する後編をアップしました。
性的禁欲愛好家のための射精管理責め調教(後編)
気持ちよくなる権利を女性に奪われて
CLUBドミナンスのミストレス「風祭 サラ」からサービスを受けるお話。

「うふっ いらっしゃい 私を指名してくれてありがとう」
サラは上品で穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や今回受けるコースの概要を簡単に説明すると
主人公の覚悟を確かめてから射精管理に入ります。

本作品は射精したいけどできない感覚を極限まで味わってもらうことを目的に
彼女がおよそ3時間に渡って合計5つのエッチな調教を施します。
今回紹介するのはその前半部分にあたり、心身をバランスよく責めて精液をじっくり熟成させます。
正直なところ3回目まででも十分ハードな内容です。

「私 今回の射精管理は 1日や2日で終わらせる気はないわよ」
そう言える最も大きな理由は射精管理の期間を明確にしてないから。
通常の作品ですと3日間、7日間と制限を設けてそれまでひたすら我慢するのですが
彼女は冒頭で「すぐ終わらせる気はない」と明言し実行します。

現時点で調教の4回目と5回目を公開してないのは
これを聴き手にもリアルに体験してほしいというサークルさんのメッセージです。
いつ射精できるかわからない状況でそれを我慢し続けるのは相当が忍耐力が要ります。
だから彼女は射精管理を始める前に彼が本気で受けるか入念に確認するわけです。

お店でのサービスということで無理矢理やらせず、お客の意思を尊重して調教します。
声や態度も基本的に穏やかですから雰囲気は割とマイルドです。

プレイのほうは寸止めにとても力を入れてます。
カウントを数えてる間だけオナニーし、0に近づくほど自分を追い込むスタイルを中心に据え
その中で数えるペースを変える、1セットあたりの時間をわざと伸ばす、他の要素を組み込むなど
調教1回ごとに違いを持たせて後になるほど厳しくリードします。

特に3回目は心への責めが充実してますから
しばらく射精できずにいるのも相まって股間がプルプル、ムズムズしてきます。
射精の権利を取り上げたまましきりに暴発を誘う容赦のないプレイです。
ギリギリで踏み留まらせる過酷なエッチ
調教3回目までのエッチシーンは9パート68分30秒間。
プレイはおちんちんの譲渡、オナニー、金玉オナニー、我慢汁を舐める、射精の練習、キスです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ正座にもなれたことだし まずは私の前で土下座してくれる?」
過酷な調教だと言っても怯むどころか喜んでやろうとする主人公を見て
サラは早速彼を全裸にし、土下座させてからとある儀式を行います。

エッチはご主人様にあたる彼女が終始リードします。
1回目の調教はマゾ犬の心構えを身につけることを見据えたプレイ(約24分30秒)。
土下座したまま彼女が言うことを復唱して射精の権利を差し上げると宣言し
楽な姿勢に戻った後はスタンダードな寸止めオナニーをします。

「ご主人様 僕の大事なおちんちんを ご主人様の所有物にしてください」
最初の宣誓は調教っぽさを出すための雰囲気作りもあるのでしょうけど
射精管理地獄を乗り切る覚悟を身につける意図も見て取れます。
射精自体は体の反応ですけど、それをどれだけ我慢できるかは主に心で決まります。
この先も彼女は彼の心に働きかけて追い詰めたりやる気を出させようとします。

寸止めオナニーはまだ始まったばかりということで至ってシンプルな内容です。
10から始まり0になったら射精する、おあずけと言われたらストップするルールを設定し
休憩時間を極力挟まずにそれを繰り返して性感をじりじり蓄積させます。
きつめですけどさすがにここでギブアップする人はいないでしょう。

続く2回目はより幅広く責めて性感を高めます(約18分)。
前半は竿と金玉を両方いじりながら時々我慢汁を舐め
後半は1回目の終盤と同じくカウントを使った寸止めオナニーを繰り返します。
再来店した後のお話になってますので最低でも1回目の翌日以降に聴いたほうがいいでしょう。

「私のために そんなに我慢してくれているんだ 嬉しいわね ふふっ」
そしてここからは心への責めがだんだん充実してきます。
金玉の膨らみ具合を確認してもらい、そこと竿を数回ぎゅっと絞って我慢汁を出し
それを舐めて彼女の所有物になったことをアピールする。
ある程度のM性がないとできないことをあれこれやらせてマゾ犬度を高めます。

後半の寸止めオナニーがやや単調かなぁとも思いましたが
射精を禁止されてる状況でおちんちんをひたすらしごき続けるのが厳しいのも事実です。

3回目は人間の心理を逆手に取ったプレイ(約26分)
軽めのオナニーでウォーミングアップしてから射精の練習を何度も繰り返します。

「まずは頭の中で 射精のことを思い出して」
射精の練習は簡単に言えばイメージの中でのみ射精すること。
今までは必ず直前でおあずけしてたカウントに始めて0が登場し
それを何度も数えて彼の心を射精したい気持ちへ一気に傾けます。
また「11_連続絶頂」はそれをほぼノンストップで繰り返し最後にドライオーガズムも行います。

旅行などで誰かが「トイレに行く」と言ったのに合わせて自分も済ませたくなったことはないでしょうか?
それは同行者の言葉を聞いて反射的に自分がトイレに行く様子をイメージしたからです。
このシーンも同じで射精の様子や感覚を呼び起こすアプローチをしてます。

数日間の射精禁止や度重なる寸止めとの相乗効果で暴発する人がそれなりにいるのではないかなと。
ドライは催眠音声のそれに近いやり方がされてますから視聴してる人ほど有利です。

このように、寸止めを繰り返しながら心も突き崩す完全ドM向けのプレイが繰り広げられてます。
ガチで管理する作品
手心を一切加えずに射精管理し続ける作品です。

サラは生半可なプレイではもう満足できない主人公を幸せにしようと
ご主人様になって無期限の射精禁止命令を課し、さらに寸止めオナニーを繰り返します。
そして言葉や態度は比較的穏やかにする代わり体への責めや心へのアプローチを手厳しく行います。

明確な日数を定めずにひたすら射精を我慢させる過酷なシチュ
調教のたびに射精寸前まで追い込み維持するハードなプレイ。
彼の欲求が十分高まったところで擬似射精させる容赦のない展開。
男性にとって重要な権利を奪われ、弄ばれる快感を思う存分味わわせます。

射精管理は射精できない時点で十分厳しいのに
本作品は意図的に暴発させようとするシーンがいくつも登場します。
これを耐え続けるには相当な心の強さが求められるでしょう。
寸止めの回数が多く、かつ休憩時間が極端に短いのも大きなポイントです。

後日公開される4回目と5回目も販売ページの紹介文を見る限りなかなか激しそうです。
3回目までだと中途半端ですし、後日これらを後編扱いにして追加レビューするかもしれません。
その際に点数を変える可能性がありますから今回はあくまで参考程度に受け取ってください。

絶頂シーンは1回(ドライ)。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

自分のM性に自信がある方にのみおすすめします。
おまけはおはようボイスです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:32:43(調教1回目…37:09 2回目…22:26 3回目…32:36 おまけ…00:32)
(調教4回目と5回目が追加された場合は3:14:11)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2018年10月5日まで30%OFFの910円で販売されてます。

バブみ射精管理~聖母のような微笑みにバブみを感じながら、ときにやさしく、ときに厳しく、何度も何度も射精管理されたい~

サークル「マザースター」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、クールで母性の強い女の子が
自分よりずっと年上の男性のママになってハードなエッチをします。

足の裏の匂いを嗅がせながら優しい言葉をかけたり
SEXで中出しさせた分だけ玉蹴りを食らわすなど
幼児プレイと変態プレイをほぼ半々の割合で組み合わせてあるのが特徴です。
ド変態に合った幼児プレイを
凜々花と3種類のエッチを楽しむお話。

「あら、なんのご用ですか? そう……私に射精管理されにきたんですね」
凜々花は淡々と話すクールな声の女の子。
自分に射精管理されたくてやって来た主人公を素っ気ない態度で断ると
必死に食い下がる彼にママと呼ぶよう命令します。

本作品はまだ学校に通ってる年齢なのにかなりの母性を持つ彼女が
幼児願望を抱く彼を我が子に見立てておよそ70分のエッチをします。
手コキ、足コキ、SEXとパートによってメインのプレイを切り替えながら
幼児プレイでは定番の甘やかし(=飴)とドM向けの過激なプレイ(=鞭)の両方を与えます。

「でも、いいわ。ダメな子ほどかわいい、とも言うしね……自分の性器すら管理できないんだもの、ママがしっかり管理してあげないと」
彼女自身は彼のダメな部分も含めてすべてを受け入れる包容力を持ってます。
しかしその一方で支配欲が強く、彼が自分の思い通りにならない時は厳しい罰を与えます。
正統派の幼児プレイではなく幼児プレイを交えた調教と呼ぶのが妥当な内容です。
一部で体を痛めつける描写がありますし、ドM以外の人が聴いたらドン引きするかもしれません。

それを最も際立たせてるのが射精管理。
ある時は禁止したうえでおちんちんを激しくしごき、またある時は精根尽き果てるまで精液を吐き出させます。
全パートで連続射精を行い、かつ時間に対する射精回数も多いとってもハードな展開です。
タイトルの「バブみ」と「射精管理」をほぼ同じくらいの比重にしてプレイを組み立ててます。

ちなみに製品版にはBGMありとなしの2パターンが入ってまして
ありの場合はほぼ全編で同じ音楽がループで流れます。
声よりも音量を下げてあるので邪魔にはならないでしょうが、私はなしのほうが聴きやすく感じました。
M男をダメにするエッチ
エッチシーンは3パート67分間。
プレイは手コキ、足の匂いを嗅ぐ、授乳、玉揉み、顔面騎乗、パンツを口に含む、靴下コキ、潮吹き、SEX(騎乗位)、玉蹴りです。
手コキ、足コキ、靴下コキ、SEX、玉蹴り、潮吹き、射精の際に効果音が鳴ります。

「それじゃ、おちんぽちゃんを管理するから服を脱いで股間を丸出しにして」
主人公に「ママ」と何度も言われて母性をくすぐられた凜々花は
約束通りエッチの相手をすることを決意し、まずは彼のみすぼらしいおちんちんを見てあげます。

エッチはママ役の彼女が終始リードします。
最初の1話は2人の親子関係を固めることを見据えたプレイ(約21分)。
子供サイズの童貞おちんちんを軽く貶してから手でお世話します。

「安心して。あなたがみっともなく射精さえしなければ見捨てたりなんかしないわ」
「ママの前ではね、何かもさらけ出した、赤ちゃんになっていいの ほら、赤ちゃんになって、ママに甘える練習、してみよ?」

そして彼女は持ち前の母性を早速発揮します。
事前に許可なく射精することを固く禁じたうえで甘やかす言葉をかけます。
手コキについても「きゅぷ」という湿り気を帯びた摩擦音を後になるほど激しく鳴らす丁寧なリードです。
まだ始まったばかりなのでまずは彼の心を掴もうとします。

しかし彼は真性のドMですから単に甘やかすだけでは満足してくれません。
それを踏まえてパート中盤からは足の匂いを嗅がせ
終盤は休憩を一切挟まずに2回連続の射精へと追い込みます。

「シコシコすると期待に応えてくれる素敵なおちんぽちゃん……いい子いい子……遠慮せずにいっぱいいっぱい射精するんだよ」
セリフだけを見ると割かし甘いのですが体への責めは過酷です。
ただし足の匂いを嗅ぐプレイは彼のリクエストに応えてやることですからご褒美に位置づけられます。
言うことを聞いてあげた代わりに言うことを聞いてもらう。
前項で説明した飴と鞭を使い分けて彼を少しずつダメにしていきます。

続く2パートはスリリングなプレイ。
2話は先ほどのプレイで勃起しなくなったおちんちんを色んな手で奮い立たせ
3話は童貞卒業の手伝いをしながら大事な金玉を足で適度に痛めつけます。

「大丈夫よ。一生勃起できなかったら、ママがちゃんとあなたのことを女の子にしてあげるから、安心してちょうだい」
両方に共通して言えるのは金玉への責めをある程度重視してることです。
2話は精液を出しすぎたおちんちんを玉ごと足蹴にし
3話では生挿入や中出しを許す一方で射精した回数分だけ足で蹴り上げます。

4回程度しかやらないので男性機能を奪うほど過酷なプレイではありませんが
急所を痛めつけられるのは聴いてるだけでも背筋が凍るものを感じます。
ただそれだけでは拷問になってしまうことを踏まえてきちんとご褒美も用意してくれてます。
ですから内容を理解した上で聴く分には楽しめるのではないかなと。

「ふふっ、いい子でちゅねー。いい子いい子。いい子だから、ママのおまんこに膣内射精ちまちょうねー」
幼児プレイ成分が最も強いのは3話です。
パート中盤から彼女が赤ちゃん言葉をしゃべるようになり
すべてが終わった後は体をとんとんと優しく叩いて彼を寝かしつけます。

優しい、厳しいどちらも意識して尖ったことをしてました。
総合的に見れば両者のバランスは取れてると思います。
このように、幼児プレイと並行して射精を厳しく管理するタイトル通りのプレイが繰り広げられてます。
ニッチだが個性の強い作品
最近流行りのプレイを著しくM寄りにアレンジした面白味のある作品です。

凜々花は何らかの事情で自分に甘えたい願望を抱く主人公を満たそうと
母親らしい穏やかな声と態度で適度に甘やかします。
そしてその見返りに射精をコントロールして自分なしでは生きられない体に作り変えます。

ドMな彼のほぼすべてを受け入れるおおらかなキャラ
躾と呼ぶには過激すぎる体への責め、これらを上手に組み合わせた作り。
幼児プレイの良い部分を残しつつMな人が楽しめるサービスに仕上げてます。

「いつまでもずっとママが管理してあげる ママがしっかりと、ぼくちゃんを立派な男の子にしてあげる」
彼女は彼にすべてを捧げ、それと同程度の覚悟を彼にも求めます。
だから彼が言うことを聞いてくれない時は過激な行動を取るわけです。
確かにプレイはアブノーマルですが幼児プレイの基本路線から外れてるとは思いません。
幼児プレイ=あまあまというイメージから脱却させてあるのが素晴らしいです。

エッチはおちんちんや金玉への責めがとんでもなく激しいです。
短時間で連続射精するシーンもありますし、このプレイをリアルでやり遂げられる人はいないでしょう。
玉責めや金的を実際にやらせる指示は出ません。

絶頂シーンは最低でも14回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

幼児プレイを敬遠していたMの方にこそ聴いて欲しい作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:14:01

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月25日まで50%OFFの400円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~

あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「七瀬とプライベートマッサージ」以降の様子を中心に紹介します。
普段よりもさらに大胆に
後編のエッチシーンは3パート62分間。
プレイはキス、乳首責め、手コキ、アナル責め、体を擦り合わせる、SEX、素股、フェラです。
手コキ、アナル責め、体を擦り合わせる、SEX、素股の際に効果音が鳴ります。

「いいんですよ。今夜はお仕事じゃなくて、プライベートなんですから」
主人公の連絡を受けて待ち合わせ場所にやって来た七瀬は
お店のときよりも親しげな態度で熱いキスをします。

後編は前編から方針を変えて彼女たちが1人ずつ相手します。
「七瀬とプライベートマッサージ」はホテルでのお話(約27分)。
1回戦はキスから入って乳首責め+手コキと無難にこなし
2回戦はアナル責めからの前立腺マッサージやSEXなどさらに踏み込んだご奉仕をします。

「お客様に連絡をもらってから、私も一日中ドキドキしてたんです」
口調や態度はお店とそこまで変わらないものの
自分の気持ちをはっきり伝えながら積極的に責めるあたりに仲の良さを感じます。
前編に比べてキスシーンが増えてるのもそう言える理由のひとつです。

「ふふっ…先っぽだけじゃなくて、根本まで…入れちゃいますからね 焦らないで…ゆっくり…ん、あんっ…♪」
プレイについては終盤に必ずSEXをするのが大きな特徴です。
ローションを体に垂らしてから抱き合ってお互いの体をゆっくり擦り合わせ
心と体が十分に温まったところでそのまま挿入し中出しまで決めます。
普段以上に熱を帯びた吐息や喘ぎ声が艶かしく、射精開始後もゆっくり責めて搾り取るなかなか濃いプレイです。

2番目に登場するのは純奈(約19分)。
別の日、お店で彼女1人を指名した主人公の期待に応えようと
乳首責めにかなり寄せたマッサージとSEXで複数箇所を同時に気持ちよくします。

「こうしていると…まるでお客様のことを支配してしまったかのようで…私も興奮してきちゃいます♪」
彼女は前作から乳首責めが得意なキャラに設定されており
今回もパートの中盤まではおちんちんに一切触れず色んな刺激を与えます。
そしてエッチな音を鳴らせないハンデをややM向けの言葉責めで補います。

これまで脇役に近かったプレイを主役に据えることで個性を出すわけです。
ただ後編はSEXも売りにしてるので最後は素股からの中出しSEXで〆ます。
一際大きな吐息を漏らして精液を受け止め、直後にぴゅっぴゅのセリフやパワフルなキスを贈る姿が印象的でした。

最後の「雨の後、雪乃とお風呂で…」はおよそ16分間。
街中で主人公と偶然出会った雪乃が突然の雨に見舞われ
チェリーブロッサムに避難した後にお風呂で体を温め合います。

「ほら、このまま下着を降ろして…んんっ…、今なら私がちょっと角度を変えるだけで、簡単に入っちゃうかも…♪」
彼女は今作からの参加ということで他の2人に比べるとエッチの回数は少ないですが
事前に七瀬から話を聞いてたこともあり序盤から積極的なアプローチをかけます。
七瀬がアナル重視、純奈は乳首重視ときて彼女はバランス型あるいはおちんちん重視といった感じですね。
おちんちんを太ももで挟み挿入をほのめかすシーンなどは男心をよく理解してると言えます。

このように、彼女たちのキャラに光を当てた愛情深いエッチが繰り広げられてます。
色んな魅力が詰まった作品
優しい女性たちが文字通り全身を使ってM男をもてなす甘さの強い作品です。

七瀬、純奈、雪乃はお店で唯一の男性客にあたる主人公に満足してもらおうと
多くのシーンで体を密着させ耳元至近距離から囁き声やエッチな吐息を存分に漏らします。
そして体のほうは乳首やアナルもお世話しつつおちんちんをたっぷり責めて何度も射精に導きます。

前半は2人、後半は1人でエッチの相手をする展開
至るところで囁き声や吐息を漏らす密着感を意識した演出
「癒やらしフルコース」の名に相応しい質量共に充実したエッチ。
時間に十分な余裕がある状況を活かした広く深いサービスを行います。

一般的な音声作品の場合、特徴はだいたい1~3個程度に収まるのですが
本作品の場合はそれよりもずっと多くて個々のプレイが濃くなってます。
3人の得意とするプレイが違うおかげで組み合わせによって内容が随分変わるのも面白いです。
長時間作品にありがちなマンネリ感の排除にも心を砕いてるから熱中して聴けます。

私個人は七瀬>雪乃>純奈の順に存在感が大きく見えました。
七瀬はお店のオーナーでアナル責めを得意とし、後編で唯一射精シーンが2回あります。
雪乃は今回が初登場ということで活躍の場を多めに用意してます。

純奈は乳首責めが武器なので本作品との相性は非常に良いのですが
プレイ自体に音が鳴らないところが他の2人よりも弱く感じます。
乳首舐めや言葉責めの量をもう少し増やしていればまた違ったかもしれません。
次回作があるなら彼女が今作以上に活躍することを期待してます。

後編の射精シーンは4回。
吐息とくちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

おまけは「初めての来店」です。

CV:七瀬…分倍河原シホさん 純奈…秋山はるるさん 雪乃…伊東もえさん
総時間 3:27:58(本編…2:57:51 おまけ…30:07)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
208分で900円とコスパがいいので+1してあります。

↑このページのトップヘ