同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:全肯定

   ● あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま【バイノーラル】~余とず~っと一緒にいような♪~
   ● あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま【バイノーラル】




サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、何らかの理由で魔界から人間界に飛ばされた魔王さまが
自分を拾ってくれた人間の男性と朝から夜までイチャイチャします。

タイトル通り彼を全肯定しながら責めるあまあまなエッチが行われており
シーンによって場所やプレイを変えながら、何度も褒めたり愛の言葉を投げかけて心身両面を温めます。
純粋なエロさも高めなので精神的に満たされながら抜けるでしょう。
魔王さまと過ごす幸せな一日
魔王さまと4つのシチュで会話やエッチをするお話。

「……あ。おはよー、人間ー」
魔王さまは明るくて穏やかな声のお姉さん。
朝食を作ってる途中で主人公が目覚めたのに気づき挨拶すると
すぐさま抱きつき優しい言葉をかけます。

本作品は2019年5月に発売された
あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま」の続編。
魔界から転移したところを彼に優しくしてもらい、現在は同じ家で暮らしてる彼女が
およそ120分に渡る癒しとエッチなサービスで憂鬱な月曜日を乗り越える気力を与えます。
込み入った設定は特にないので、2人がエッチするほど仲良しなことだけ知ってれば今作からでも大丈夫です。

「ふふ。早起きできて偉いぞー、人間。余が、ぎゅーってしてやる♪ えらい、えらい」
そして彼女は何をするにもポジティブな態度を取ります。
彼が普段よりも早い時間に起きただけで思い切り褒めるし
朝食を食べてる時は最近料理にハマってることを嬉しそうに話します。
知ってる人向けに言うとVtuberのマグロナさんみたいな緩いキャラです。

彼のことを「人間」と呼んだり、やや尊大な口調で話すあたりは魔王らしいですが
性格は非常に丸くて新妻のような初々しさがあります。
魔法を使う時も彼に迷惑がかからないレベルに抑えるなど
この世界に馴染もうと努力してるのがわかります。

また今作では彼女に一日を見守ってもらうことをテーマに掲げており
朝、会社へ行く/帰る電車内、帰宅後のお風呂、そして寝る前と
シーンごとに時間や場所を変えながら異なるサービスをします。
寝る前以外は事前に8分程度の非エロパートを挟み、それからエッチに移る癒しにも力を入れた作りです。

さすがに仕事中まで一緒にいようとはしませんが
会社の最寄り駅まで送り迎えするあたりに彼女の気持ちがよく表れてます。
一方的にお世話するのではなく、彼女の内面もある程度描いて一体感を出してます。

エッチについては一部で変わったシチュがあるものの
基本的には人間同士がするものとほぼ同じです。
キス+手コキ、耳舐め+手コキ、キス+SEXなど複数のエッチな音を鳴らすプレイが多く
それらと全肯定のセリフを組み合わせて性的興奮と幸福感をバランスよく与えます。


どのパートも射精シーンを1回まで絞り込み、それに向けてゆっくりじっくり責めてくれます。
終盤には2人の関係がさらに前進する描写もあって前作以上に深いです。
甘さが最大の売りなのは間違いありませんが実用性にも結構配慮してました。

包容力のある魔王さまがほぼ一日中付き添って癒したりエッチする。
仕事を頑張ってる人ほどよく効くイチャラブ成分の強い作品です。
全身全霊で甘やかすエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイはキス、手コキ、耳舐め、SEX(背面座位、騎乗位)、乳揉みです。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ……せっかく時間もあることだし。会社に行く前に……余に、甘えてくかー?」
朝食を終え出勤までまだ時間があることを確認した魔王さまは
主人公の同意を得てからおちんちんを取り出しゆっくりしごき始めます。

エッチは一部を除き彼女がご奉仕します。
前半の2パート31分間は朝から昼間にかけての様子。
「1-2H.『余で気持ちよくなってけー♪』」はキス+手コキ
「2-2H.『ぎゅってしてたら興奮しちゃったのかー♪』」は耳舐め+手コキで1回ずつ射精させます。

「おちんちん、しっかり気持ちよくなれてて偉いぞー♪ ガッチガチのおちんちん、とってもカッコいいぞー♪」
彼女は物語の開始時点で好感度MAXですから人間相手でも威張ったりはしません。
朝立ちですっかり元気なおちんちんを褒め称え
濃厚なキスを小まめに挟みながら手を丁寧に動かして少しずつ気持ちよくします。

仕事へ行く前に激しいプレイをしたら彼が疲れてしまうので
敢えて刺激を弱めて負担をかけないようにする気配りを見せます。
キスも最初はちゅぱちゅぱついばむ、次は舌をねっとり絡めると変化させてました。

全肯定のセリフとエッチな音を両方楽しめるように
30秒程度無言で責め続けてから話すのを繰り返します。
射精後にはそのことを褒めてから精液を美味しそうにいただくなど
序盤から本作品の良いところがいくつも詰まってます。

それに対して2-2Hパートはシチュが魅力。
仕事が終わり会社近くの駅まで迎えに来てくれた彼女と合流した後
帰りの電車内で耳舐め手コキをします。

「あ、人間、疲れてるだろー? こっちに体重かけちゃって大丈夫だからなー♪ 余、力持ちだからなー、しっかり支えてやるぞー♪」
通常なら他の乗客に迷惑がられたり通報される状況ですが
彼女の手にかかれば誰にもバレずにエッチすることなど簡単です。
彼女に寄りかかってすべてを預け、左右を小まめに変えながら熱心にご奉仕します。

最初から最後まで普通のエッチをするとキャラが活きないからこういうパートを入れたのでしょう。
耳舐めを多めにやるぶん全肯定のセリフは減ってました。
その代わり射精時はぴゅっぴゅのセリフでしっかり応援してくれます。

後半の2パートは35分間はより踏み込んだプレイ。
「3-2H.『このまま、お風呂でしちゃうか♪』」はお風呂場での背面座位
「4H.『寝る前に、もう一度だけ……♪』」はベッドでの騎乗位と体位を変えて深く繋がります。

仕事が終わり帰宅した後なので彼女も自分を抑えたりしません。
湯船で彼が勃起してるのに気づいたらすぐさま挿入をおねだりし
その後はピストンされながら気持ちよさそうな声を漏らします。
あんあん言うのではなく吐息交じりの自然な喘ぎ方をしてました。

「ん……♪ はあぁ……♪ 幸せだなー♪ 湯浴みで癒されながら、興奮したら、えっちして……♪ こんなに気持ちいいことあるかー、って感じだなー♪ ふふっ♪」
全肯定のセリフがメインだった今までとは違い、彼女の心情描写を盛り込んでるのも大きな特徴です。
彼女が感じ、満たされてる姿を通じて心に潤いを与えます。
SEXしてるのに彼女が無反応だったら男としては悲しいですからね。
彼女が彼を一方的に癒すスタイルから2人で一緒に幸せになるほうへ変わります。

それが最高潮に達するのが最後の4Hパート(約21分)。
ここだけは事前の非エロパートを省き最初からベッドでイチャイチャします。

「おちんちん、まんこの奥にぐりぐり押し付けながら……たっぷり、注ぎ込んでほしい……♪ 人間の子種……♪ 余の中にどぴゅどぴゅって……♪ まんこ、いっぱいにして……♪」
生でSEXするところは前のパートと一緒ですけど
ここでは妊娠を匂わせて2人の絆の強さを表現します。
多くの魔物を束ねていた強力な魔王さまが弱い人間に本気で種付けをおねだりする。
自ら弱さを見せることで彼に対する信頼と愛情をわかりやすく伝えます。

プレイ自体もキス音、ピストン音、喘ぎ声を組み合わせてあって濃厚です。
これまでのシーンを通じて彼女の魅力を十分理解してるはずですから
最後の瞬間には幸福感や充足感を抱きながら射精できるでしょう。

このように、可愛い魔王さまと一日中べったりするあまあまなエッチが繰り広げられてます。
王道のイチャラブ作品
癒しとエロのバランスが取れてる総合力の高い作品です。

魔王さまは自分を家に住まわせて優しくしてくれる主人公の恩に報いようと
朝早起きして朝食を作ったり、通勤電車へ一緒に乗って喜びや苦労を分かち合います。
そして帰宅後はお風呂やベッドでがっつりSEXして快感と幸福感を共有します。

良い意味で魔王らしくない女性が人間の男性へとことん尽くすノーマル向けのシチュ
多くのシーンで非エロのパートを挟み、全肯定のセリフもガンガン投げかける癒しを意識した作り
複数の性感帯を同時にゆっくり責める愛情たっぷりなエッチ。
彼女の存在を強く身近に感じながら抜けるように作品を組み立ててます。

「余は……お前のこと、愛してるぞ。誰よりも……な♪」
中でも2番目は本作品を最も特徴づける要素なだけあって
セリフの表現や言うタイミングが練りに練られてます。
防鯖潤滑剤さんは淫語でガンガン押してくる作品も多いのですが
全肯定シリーズだけはそれよりも聴き手を褒める、受け入れるセリフを充実させてます。

全編を通じてセリフがものすごく甘いので
普通に聴いてるだけでも心が軽くなったりぽかぽかします。
そんな状況であまあまなエッチをしたら気持ちいいのは当然です。
精神的に満たしながら興奮させるからどのシーンもいい気分で抜けます。

あとはやっぱり彼女が可愛いです。
種族の垣根を越えて彼のことを本気で愛します。
人外特有のプレイも特にないのでそういうのが苦手な人でも普通に聴けるでしょう。
電車内での耳舐め手コキは100%安全な状況で行います。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

おまけは「余と一緒に電車に乗ろうなー♪」です。

CV:天知遥さん
総時間 1:59:36(本編…1:45:57 おまけ…13:39)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月26日まで10%OFFの990円で販売されてます。
前作も4月27日まで50%OFFになってます。

あなたを受け入れて全肯定してくれる異世界から来た魔王さま【バイノーラル】

サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、何らかの事情で異世界からやって来た女性の魔王さまが
偶然出会い自分を拾ってくれた男性とひたすらイチャイチャします。

多くのシーンで抱き着いて大きなおっぱいを押し付けたり
「すごい」「えらい」といった全肯定のセリフを投げかけながら気持ちよくするなど
女性に甘やかされる幸福感を大事にしたとても温かいサービスが楽しめます。
魔王さまによる濃厚な甘やかし
同居中の魔王さまがエッチに慰めるお話。

「おかえり、人間ー。今日も遅かったなー」
魔王さまは明るくて穏やかな声のお姉さん。
帰宅した主人公が辛そうな顔をしてるのでぎゅっと抱きしめると
彼と出会った頃のことを話しながら感謝の気持ちを伝えます。

本作品は異世界で魔物たちを束ねていた彼女が
現実世界で自分に優しくしてくれる彼と120分近くに渡ってイチャイチャします。
彼が仕事であまり良い思いをしてない状況を踏まえて
ぎゅっと抱きしめたまま優しい言葉をかけたり、エッチで気持ちよくしながらとことん甘やかします。

「んー。人間ってすごいなー。そんなに嫌なことされたのに……人間にそんなことした奴、なんで燃やさないんだー?」
魔王らしさを出すためなのでしょうけどセリフが結構独特でした。
彼を否定することは一切言わず、受け止めたうえで自分の意見を述べて元気づけます。
狡猾さや残忍さは特に見られず緩い口調で思ったことをはっきり言うカラッとした女性です。
ちなみに彼のことをいつも「人間」と呼びます。

各シーンの冒頭に9分程度の非エロパートを挟んでるのも良いですね。
いきなりエッチするのではなく、状況を説明しながら癒して彼女の魅力を引き立てます。
心が満たされた状態でエッチすれば当然より気持ちよくなれますから
甘やかしながら射精させる本作品のコンセプトにも合ってます。

エッチは魔法をかける、謎生物を使うといった人外系のプレイを避け
SEX、耳舐め、授乳手コキなど人間同士でやるものに揃えてあります。
防鯖潤滑剤さんと言えば淫語が得意なことで有名なサークルさんですが
今回はそれにこだわらず各要素のバランスに気をつけて組み立ててます。

甘やかしのセリフが充実してるパートもあれば
ちゅぱ音にかなり寄せてるパートもあって内容が幅広いです。
それでいて一貫したテーマ性を持ってるのが素晴らしいなと。
言葉や行為を通じて「彼を癒したい、満足させたい」という彼女の気持ちが伝わってきます。

包容力豊かな魔王さまが人間の男性を色んな手段で甘やかす。
以前の全肯定シリーズよりもキャラに焦点を当てた独特な癒し系作品です。
愛を込めて尽くすエッチ
エッチシーンは4パート67分間。
プレイはハグ、SEX(対面座位、正常位)、キス、授乳、手コキ、耳舐めです。
服を脱がす、SEX、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「余も服、脱がないとなー。あ、人間的には、全部脱がないほうがよかったりするかー? 半脱ぎだと、興奮するんだろー?」
抱きしめてる最中に主人公がもじもじするのを見た魔王さまは
彼の気持ちを察してすぐさま服を脱ぎ、大きな生おっぱいで再び抱きしめます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「余とえっちなこと、するぞー♪」でするのは対面座位のSEX(約14分)。
ハグから始まりおまんこを見せつけてから挿入、そしてキスと最初からイチャラブ感全開で進めます。

「ん……♪ すごいぞー♪ おちんちん、ずーっと固いままだ……♪ こんなにおちんちん固くできるなんて、人間は、すごいなー♪」
そして彼女は早速彼を全肯定して心のほうも満たします。
おちんちんを硬くしただけで褒め称え、キスを求められたら応じ
精液をおまんこで直に受け止め、その際にぴゅっぴゅのセリフで応援するなど至れり尽くせり。
時間はそれほど長くありませんがこのパートに彼女の魅力がぎっしり詰まってます。

好きな人にはとことん尽くすタイプですね。
魔王だからといって尊大に振舞わず、ありのままの自分を曝け出して甘えやすくします。

続く2パート32分間はプレイに個性を持たせたサービス。
「余が甘やかしながら気持ちよくしてやるぞー♪」は授乳手コキ
「余が耳舐め手コキしてやるぞー♪」は耳舐め手コキで1回ずつの射精に導きます。

「今の人間は、赤子なんだから♪ 母のおっぱいたくさん飲んで、おっきくならないとなー♪ おっぱいじょーず、おっぱいじょーず♪」
前者はおっぱい大好きな彼の欲望を満たそうと
この間だけ母親になりきって好きに吸わせてあげます。
赤ちゃん言葉は言いませんが幼児プレイ好きな人ほど楽しめるでしょう。
これらをする際に見せる彼女の嬉しそうな表情も印象的でした。

それに対して後者はセリフの量を一気に減らし 
耳元至近距離からちゅぱ音をいっぱい鳴らして興奮させます。
魔王さま役の天知遥さんは耳舐めが得意だからこういう作りにしたのでしょう。
手コキのペースを緩めに設定し、少しでも長く楽しませる配慮もされてます。

甘さが最も強いのは最後の「余の中で一緒に気持ちよくなろうなー♪」(約21分)。
別の日、普段よりも元気な様子で早く帰ってきた主人公をさらに元気づけようと
正常位でSEXしながら愛の言葉をガンガン投げかけます。

「誰かのこと好きになって……えっちして……気持ちよくなるって…… こんなに、幸せなことなんだな……♪」
疲れや寂しさを感じてる彼を慰める意味合いが強かったこれまでとは違い
ここでは彼女の心情や反応に焦点を当てて2人の一体感を出してます。
好きな人が元気なら当然彼女も幸せですから
それをストレートかつエッチに表現して物語の締めくくりを飾ります。

同じSEXでも最初のパートとはやや違う感じがするでしょう。
セリフの方向性を大きく変えて新鮮さを出しつつ盛り上げてます。

このように、心身をバランスよく責めて甘やかす充実したエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の作品
満たされた気持ちで抜ける大変甘い作品です。

魔王さまは現実世界で右も左もわからない自分を拾ってくれた主人公のために
仕事から帰るたびにぎゅっと抱きしめ、気落ちしてたら話を聞いて力になります。
そしてエッチな気分を発散させたい時は優しい言葉をかけながらおちんちんを丁寧に刺激します。

良い意味で魔王っぽくない女性が同居中の男性を徹底的に甘やかすシチュ
タイトル通り彼を全肯定しながら気持ちよくする癒し一色のスタイル
セリフと抜き要素のバランスに配慮した深いエッチ。
単に抜かせるのではなく心のケアもできるように考えて作られてます。

「キスなんて文化、魔界にはなかったからなー♪ 人間と初めてしたとき、こんなに気持ちいーとは思わなかったんだよなー♪」
世間知らずだった彼女が今回のお話を通じて目覚める展開も良かったです。
魔王と言えば自分の考えを信じて疑わないイメージがありますから
それを彼に覆された事実を通じて信頼の強さを表現してます。
彼に快楽や幸福感を与える中で彼女も色んなものを彼から受け取ってます。

エッチはキスやSEXといった甘さの強いプレイを多めに入れつつ
授乳手コキや耳舐め手コキも押さえて幅広く甘やかします。
キャラ、セリフ、プレイ、雰囲気のすべてが癒しに統一されてるおかげで
ぬるま湯に浸かってるような心地よさを感じながら射精できました。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「余が何も聞かずに慰めてやるぞー」です。

CV:天知遥さん
総時間 1:59:55(本編…1:52:33 おまけ…7:22)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ