同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:催眠日記

   ● 優しいえっちな催眠術
   ● わんこ催眠(再レビュー)
   ● カウント・ダウン(再レビュー)
   ● あなたをMにしちゃう催眠音声2
   ● 支配の催眠
   ● あなたをMにしちゃう催眠音声(再レビュー)
   ● スキスキ催眠
   ● おねえ催眠
   ● ディープシャングリラ
   ● 安眠誘導


優しいえっちな催眠術

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで世話好きなお姉ちゃんが
催眠を交えたちょっぴりエッチなサービスで男性を寝かしつけます。

催眠、エッチいずれもカウントを数えながら進めるのが特徴で
前者は十分にリラックスさせてから段階的に深化を促し
後者は催眠で使用したイメージを起点に快感とエッチな熱を高めます。
甘えん坊な子を安らかな眠りへ
お姉ちゃんに催眠をかけられイかされるお話。

「あれ? 眠れないの?」
お姉ちゃんは甘く穏やかな声の女性。
ある日の夜、寝つけないでいる主人公に声をかけると
一緒の布団に入り寝かしつけてあげます。

本作品は年上の女性に優しくされながら気持ちよくなることを目的に
彼女が50分程度に渡ってそれに沿った催眠とエッチを提供します。
以前から催眠を重視するサークルさんの作風は今作でも受け継がれており
およそ3倍の時間をかけて心身をしっかり脱力させてから徐々に深めていきます。

タイトルに「えっちな」が入ってますけど純粋なエロさは正直低めです。
催眠特有の心地よさにどっぷり浸かりながら絶頂を目指すイメージ主体のプレイになってます。
絶頂も1回だけですし、どちらかと言えば催眠を楽しむ作品だと私は見ています。

催眠はおよそ32分間。
ベッドや布団で横になり、目を瞑ってから彼女の言葉に耳を傾けます。

「そうやって これからもお姉ちゃんと 一緒に数えていくと ゆっくりとリラックスしてきて すやすやと眠れるようになるわ」
彼を寝かしつけるためにこのサービスをする背景を踏まえて
彼女は序盤から眠気を催す言葉を適度に投げかけリラックスを後押しします。
みもりあいのさんのあまあまな声も相まって、夜に聴いたら寝落ちする人がいるんじゃないかなと。
私が聴いた時も早い段階から頭にもやがかかる感覚がしました。

全編を通じてカウントを数えながら暗示を入れるのもポイント。
3から10までの数字をシーンによって変えながら、その直後に言葉をかけてスムーズに脱力させます。
本作品ではカウントを頭の中で数えるよう言われますから
その通りにしたほうがより癒しを実感できるでしょう。
意識をそちらに向けさせて暗示を入れやすくするのを狙ってるのだと思います。

体の脱力をした次は心の脱力。
短めのカウントを何度も数えながら「ぼーっとする」「落ちる」「真っ白」などを小まめに入れ
さらに光の玉が体内に入り内側から癒される様子をイメージします。

「脳が何かを考えようとするたびに 光る玉があなたの思考を奪っていきます」
力や思考力が奪われれば当然こちらは空っぽになり
その分彼女の言葉を受け入れやすくなります。
ただひたすらカウントを数え続けるのではなく、他の要素も交えてより入りやすくしてるのが見事です。
終盤には催眠状態と半覚醒状態を何度も往復させるなどアプローチが本当に入念でした。

がっつり脱力してから段階的に深化させる手堅い催眠です。
聴き手の心身を空っぽにすることを目的に、まずはカウントを交えた分割弛緩法で体を脱力し
それから球体心像法とゆさぶり法を組み合わせた深化で少しずつ確実に催眠状態を強化します。

古典催眠の定番を繋げた誘導なのでやや個性に欠けるところもありますが
やり方はしっかりしていて催眠に入りやすいほうと言えます。
特に深化はより多くの人が実感できるよう手を変え品を変えて働きかけます。

催眠重視なサークルさんの持ち味がそのまま出ていて安定感があります。
ですが同じセリフを言い直したり、奇妙な間が入っていたりと編集面に多少の粗さが見られました。
特別な事情でもない限りこれらは取り除いたほうが集中して聴けると思います。
白い光を快感に変えて
エッチシーンは11分間。
プレイはイメージによる感度強化、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたは真っ白 私の言いなり」
催眠を使って主人公の心身を骨抜きにしたお姉ちゃんは
先ほど使った光の玉を全身に移動させてエッチな熱を与えます。

エッチは物理的な接触をせず言葉だけで感度を上げたりイかせます。
前半の6分間は感度強化に注力するプレイ。
光の玉を体の下から上へ移動させ、さらにカウントも数えてその感覚を伝えます。

「塊があなたの脳を快感で埋め尽くしていく ほら 気持ちいい気持ちいい 頭が真っ白」
淫語は「おちんちん」を数回言う程度に留め
それ以外は技術とイメージを使って気持ちよくする催眠重視の内容です。
性的にあまり興奮してないのに体が疼く不思議な感覚がしました。
特定の部位が妙に熱くなる人もいるんじゃないかなと。

残りの5分間はお待ちかねの絶頂シーン。
光の玉を分裂させてより広範囲を刺激できるようにし
小さいカウント→大きいカウントと繋げて一気に爆発させます。

「絶頂する 快感すべてがあなたの心を 体を真っ白にして あなたは絶頂する」
持って行き方が上手ですから、催眠音声をあまり聴いたことがない方でも
股間がムズムズするとか、体がピリピリするといった変化を実感できるかもしれません。
時間が短いせいで私はあまり気持ちよくなれなかったのですが
催眠状態を維持する心地よさはガッツリ味わえていいリフレッシュになりました。

このように、心身にできるだけ負担をかけずにイかせる優しいエッチが繰り広げられてます。
催眠好きなら
催眠状態に入る、浸る感覚が味わいやすい作品です。

お姉ちゃんは何らかの事情で寝つけずにいる主人公をスッキリさせようと
一緒の布団に入ってからまずは厚めの催眠をかけて悪いものを取り除きます。
そしてエッチは直接的な表現や行為を使わず光の玉で絶頂まで導きます。

あまあまなお姉ちゃんが癒し系の催眠をかけるノーマル向けのシチュ
カウントを多めに挟みながら脱力と深化を促す丁寧な催眠
光の玉を移動させて感覚をコントロールする独特なエッチ。
催眠の技術力が高いサークルさんならではのサービスが楽しめます。

中でも催眠は10年近く活動されてるだけあって質が高いです。
普段よりもカウントを意識して多く盛り込み
それに合わせて暗示を的確に入れるシンプルな誘導を心がけてます。
最近の有料作品は内容が結構ぶっ飛んでるのでやや大人しく感じるかもしれませんが
催眠音声は催眠に入れてなんぼですし、それをきっちりクリアしてる時点で十分優れてると言えます。

エッチはおちんちんを初めとする性感帯にこだわらず
脳や心といった中枢部も満遍なくカバーし全身でイかせようとします。
女性的な快感とでも言えばいいのでしょうか、気持ちいいと感じる範囲が広かったです。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠そのものを楽しみたい人には特におすすめします。

CV:みもりあいのさん
総時間 48:54

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はありません

わんこ催眠

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第42回目は普段は穏やかだけど熱が入るとSっ気を発揮するお姉さんが
催眠を交えたエッチなサービスでご主人様に従う喜びを教えます。

ワンと吠える、チンチンのポーズをする、四つん這いの姿勢で彼女の指を舐めるなど
現実世界で犬に芸を仕込むのに近いM向けのプレイが楽しめます。
催眠のレベルが高いですから陶酔感を味わいながら射精できるでしょう。
催眠で犬の気分を疑似体験
お姉さんに犬化の催眠をかけられ恥ずかしいオナニーをするお話。

「久しぶり。私のこと、覚えているかな?」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
何も覚えてない主人公に思わせぶりなことを言うと
目を閉じてとあるキーワードを復唱させます。

本作品は女性の命令に従いながら射精する喜びを教えることを目的に
彼女が40分程度に渡って独特な催眠やエッチをします。
催眠25分、エッチ15分と前者に比較的力を入れ
催眠特有の心地よさにどっぷり浸らせたまま調教っぽいやり方で射精まで持っていきます。

「おすわり ほら、返事は? はい、おすわりしなさい」
最大の特徴は本当の犬になりきってエッチすること。
ご主人様が犬に芸を教える要領で少しずつ難度の高いプレイへ移行し
それらをやるたびに快感や幸福感が得られる暗示を入れて心のほうも盛り上げます。

M向けの作品で奴隷のことを「マゾ犬」と呼ぶことがありますけど
本作品の場合は生物学上の犬なのでこれとはやや違います。
四つん這いになってお尻を振りながらオナニーするシーンもありますから
社会的に死なないよう視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

催眠はおよそ25分間。
横になって目を瞑り、まずは高いビルの屋上からエレベーターで下りるイメージをします。

「どこまでも深い青い空を見ていると・・・・だんだん・・・・頭がぼ~っとしてきます・・・ そして・・・太陽の暖かい光があなたの体を癒していきます・・」
「エレベーターはゆっくり降下します・・・・それにあわせて・・あなたの催眠深度も下へ・・・下へ・・・・」

屋上にいる時は周りの情景を描く中にリラックスする言葉を組み込み
エレベーターに乗り込んだ後は長めのカウントを数えながら深化の暗示を入れるなど
イメージ力を膨らませるのと同時に催眠状態も深める巧みなアプローチをします。
カウントを数える速さを後になるほど上げる演出も効果的に働いてます。

催眠日記さんは他の作品も含めて催眠のレベルが高く、本作品は深化にものすごく力を入れてますから
体が重い/軽い/ずーんと沈む、頭の中がとろとろになるといった感覚が強めに実感できます。
被暗示性の高い人ならエレベーターのシーンだけでも十分な深さに到達できるでしょう。

お次は短いカウントを何度も数えながら追加の暗示を入れ
さらにトンネルを歩くイメージを通じて体を少しずつ犬に変えていきます。

「す~~っと催眠に入る・・・・・ふわふわした感覚が強くなる・・・ 意識がどこかに飛んでいく感覚・・・ 気持ちのいい感覚・・・手放して・・・」
やってることは先ほどと割かし似てるのですが
カウントを数える頻度や暗示の表現を変えて上手に深化を促します。
「シンプルで奥深い催眠」とでも言えばいいのでしょうか。
技術力の高いサークルさんならではのキレを感じました。

「あなたに・・・耳が生えました・・・ふわふわした毛がついた・・・ぴんとした耳・・・」
最後の犬化は耳が生える、視線が下がる、四足歩行になるといった身体面の変化に加えて
ご主人様に命令され褒められることに幸せを感じる忠誠心の強化も行います。
無理矢理従わせるのではなく、餌を与えて自分からそうなりたくするところが見事です。

この後から始まるエッチを存分に楽しむ環境づくりに注力した質の高い催眠です。
聴き手をお姉さんの犬に変えることを目的に、最初はエレベーターのイメージを交えた深化
次はカウントを数えながら暗示を入れるスタンダードな深化
そして再びイメージを絡めたさらなる深化+犬化と
どのシーンも催眠状態が深まるように働きかけて彼女の言葉を受け入れやすくします。

時間はそれほど長くありませんが、3段構えの深化をするおかげで非常に強力でした。
人によっては体がまったく動かせなくなるんじゃないかと思えるくらいバッチリ入れます。
どちらかと言えば初心者よりも経験者向けの内容かなと。
恥ずかしくて気持ちいいエッチ
エッチシーンは15分間。
プレイは犬の真似、乳首オナニー、オナニー、指を舐める、お尻を振るです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの冒頭で服を脱ぐ指示が出ます。

「ほら・・・ご主人様に挨拶。わんって・・・吼えなさい・・・」
催眠を使って主人公の心と体を犬に変えたお姉さんは
これまでよりもやや嗜虐的な声で様々な命令を出します。

エッチは彼女に言われた通りに体を動かしたりオナニーします。
最初の6分間は犬になった気分をさらに膨らませるプレイ。
ワンと吠える、チンチンのポーズをする、手を前足に例えて乳首オナニーするなど
現実世界の犬を躾けるのに近いやり方で従う喜びを教えます。

「気持ちよければそれだけ催眠が深くなって頭の中とろとろになる・・・何も考えられないわんちゃんになる・・」
そして彼女はここでも催眠状態を深めようとします。
心身の快感を催眠としっかり連動させてやればやるほど陶酔感が強まるように誘導します。
本作品はセルフ系の中でも体を動かすほうなので、それによる催眠の解除を防ぎたかったのだと思います。
乳首開発済みならそちらも気持ちいいでしょうけど、それ以上に精神面の快感を強く味わえました。

残りの9分間はお待ちかねのオナニー。
四つん這いの体勢でおちんちんを好きなようにしごき
それと同時にお姉さんの指を舐めてるイメージをして犬の気分に浸ります。

「ほら・・・口を大きく開けて・・・・ 私の人差し指を舐めなさい・・・ 噛んじゃだめよ・・・・ 優しく・・・舌も使って」
犬と言えば口を開けて舌を出すのが定番ですから、擬似的とはいえ舐めるプレイは外せません。
ちょっとしたイメージを交えて心身の感度をさらに高めるなど
催眠の技術を使って快感と没入感の両方が得られるように進めます。

気持ちが十分に盛り上がってるおかげで私が聴いた時は意外なほどあっさり抜けました。
さすがに出した直後は難しいでしょうけど、1~2日溜めてからなら普通にイけると思います。

このように、羞恥心や服従心といった心のスパイスを多めに含んだアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
陶酔できる作品
奴隷とはやや違った感覚でエッチに取り組める熱中しやすい作品です。

お姉さんはペットの犬になりきって命令に従ったり絶頂する気持ちよさを味わわせようと
まずは3段構えの深化をする変わった催眠で彼の心を空っぽにし
それから犬の躾けに近いエッチで犬化を定着させます。

本物の犬になってお姉さんにご奉仕するM向けのシチュ
イメージとカウントを上手く組み合わせた高品質な催眠
聴き手が抵抗を感じないレベルで命令を出しご褒美を与えるテーマに沿ったエッチ。
現実世界ではなかなかできないタイプのサービスをして心身をリフレッシュさせます。

「あなたは・・・それを知っているはず・・・催眠が気持ちいいことを知っている・・・」
特に催眠は過去に経験したことのある人に効きそうなギミックがいくつも用意されており
催眠特有の心地よさを存分に味わうことができます。
そしてそんな状況で恥ずかしいエッチをするから快感物質がドバドバ出てきます。
催眠重視の作品はエッチが淡白な傾向がありますけど
本作品に限って言えばこのバランスこそが最良だと思います。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回のレビューと同じ点数にさせていただきました。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 43:42

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

カウント・ダウン

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第22回目は穏やかでちょっぴり心配性な彼女が
入念な催眠とそれを活かしたエッチで自分の魅力をアピールします。

タイトルにもなってるカウントを軸にしたシンプルで緻密な催眠が行われており
重要なシーンは前後の暗示を厚く、そうでない時は軽めに入れながら
カウントを何度も数えて催眠状態を段階的に深めていったり体の一部を動かなくします。
催眠に入る心地よさや、彼女に心と体を操られる気持ちよさをたっぷり味わえるでしょう。
カウントの力であなたを虜に
彼女に催眠をかけられ気持ちよく絶頂するお話。

「・・・・・大好き。もうすぐお別れだけど、毎日私のことを忘れないように」
彼女はややトーンの低い穏やかな声の女の子。
自己紹介などの前置きはすべて省略し、ちょっぴり意味深なことを言うと
主人公が自分を好きでいてくれるように催眠をかけ始めます。

本作品は何らかの事情で彼氏としばらく会えなくなる女性が
その間に浮気しないようにと70分近くに渡る催眠とエッチを提供します。
催眠が49分、エッチが16分とかなり催眠に寄った作りをしており
深化に力を入れてるのも手伝って催眠特有の落下感や心地いい感覚が味わいやすくなってます。

「私が今から・・・・10から0までカウントをしていくと・・・0に近づくたび・・・ あなたの頭の中に真っ白なもやがかかり始める・・・・・」
最大の特徴は何と言ってもカウント。
催眠の序盤からエッチの終盤に至るまで大小様々なカウントを数え続け
その前後や最中に状況に応じた暗示を的確に入れて上手に働きかけます。


カウントは催眠音声だとかなりメジャーな要素にあたりますが
ほぼこれだけで完結してる作品は本当に珍しいです。
だらだら数えるのではなくシーンごとに明確な目的を持って行う考えられたカウントですから
リズミカルな印象を抱きながらそれに合わせて自分の心が大きく揺れ動くのを感じるでしょう。

催眠はおよそ49分間。
仰向けに横になって目を瞑り、7分近く深呼吸をしてから
主役にあたるカウントを繰り返し数えつつリラックスや脱力の暗示を入れます。

「深呼吸していくごとに・・・・力がじわり・・・・じわりと抜けていく・・・・」
最初の深呼吸は所謂準備にあたるシーンですが
呼吸の合図を出しながら吐いた直後にのみタイミングよく暗示を入れます。
冒頭よりもセリフの間を長めに取りぼんやりした声で彼女が語りかけるのもいいですね。
ここだけでも気持ちがスッキリしたり手足が少し重たくなるのを感じます。

「頭の中が真っ白な霧で包まれる感覚・・・・・ ふわふわとした・・・・気持ちいい感覚・・・・ さらにその霧が濃くなっていきます・・・」
「0になるたびに深くなる感覚・・・ カウントすれば・・・するほど・・・その感覚は二倍・・三倍と深く入っていく・・・・」

続くカウントを数え続けるシーンは初めが頭の中にもやがかかる感覚
次は深い催眠に落ちる感覚、そして体が重くなる感覚といったように
後になるほど心身がよりリラックスできるように異なる暗示を順番に入れていきます。
そしてカウントをたくさん数える状況を利用し、カウント自体にも暗示を込めて深化を後押しします。

やってることはものすごくシンプルですが、カウントの数え方がシーンによって違いますし
暗示の表現や入れ方も上手で時間が経てば経つほど頭の中がドロドロになります。
普段はゆっくりのんびり数えてるからこそ、急激にペースを上げた時にヒュンと落ちる面白い感覚がします。

後半の25分間は今まで以上に深い深い催眠状態へと導きます。
カウントにちなんだキーワードを設定し、それをトリガーに深化を促したり
カウントに合わせて半覚醒と催眠状態を何度も往復させるなど引き続きカウントを有効活用します。

「両手の手のひらが・・・・まるで磁石に引っ張られているように・・・・・ もう片方の手とくっついてく・・・・」
そしてここでも聴き手が単調さを感じないよう適度な変化をつけてます。
中でも終盤に登場する腕がくっついて離れなくなる暗示は
一定以上の催眠状態に入っていればそれに近い感覚を実体験できます。

本作品の催眠は体のコントロールを制御する暗示に力を入れており
催眠音声をまだ聴き始めたばかりの方や、被暗示性が低めの方でも催眠の感覚が味わいやすくなってます。
一般的には運動支配の暗示が最も入りやすいとされてます。
催眠重視の作りやカウント特化の展開と合わせて初心者向けの作品と私は見ています。

テーマのカウントを使ってじっくり催眠状態を深めていく大変丁寧できめ細かい催眠です。
聴き手の心と体を彼女の虜にすることを目的に、長めの深呼吸で十分にリラックスさせてから
10、5、3といったカウントを状況に応じて使い分けて脱力感や心地よさを少しずつ確実に広げます。

この催眠を一言で言えば「カウントを数えまくる」なのですが
実際は落とすべきところでカウントや追い込み暗示のペースを急激に上げるとか
軽くフェイントをかけてからキーワードを言って深化させるといった細かなテクニックが随所に込められてます。

流れが単純だからこそ、そういった変化に心が何度も揺さぶられてすごく気持ちいいです。
初心者から熟練者まで誰でも楽しめるでしょう。
女性にオナニーを制御される快感
エッチシーンは16分間。
プレイはオナニー、声による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「ズボンとパンツをおろしなさい・・・・」
入念過ぎるほど入念な催眠で主人公を心地いい世界に案内した彼女は
ズボンとパンツを脱いでおちんちんを握らせ、しばらくそのままにして弱い快感を与えます。

エッチは彼女が暗示で手の動きをコントロールする形で行います。
最初の12分間はドライオーガズムを見据えたプレイ。
引き続きカウントを数えたりキーワードを言って催眠状態を維持しつつ
手がおちんちんにくっつく、勝手にしごく、動かないといった暗示を入れて焦らします。

「時にはゆっくり・・時にはすばやく・・・・あなたのてはおちんちんをしごき続ける・・・ あなたの手じゃないみたいに・・・あなたを知り尽くした私の手みたいに動き続ける・・・・」
彼女は彼の恋人ですから本当に意地悪したいわけではありません。
だからオナニーの開始と停止、それから射精のタイミングだけは制御して
しごくペースや強さについては彼の好きにさせます。

彼女に操られてる気分を味わわせながら気持ちよくする感じのプレイですね。
ですがここでのフィニッシュは敢えて射精ではなくドライにしてます。
催眠がしっかりしてますし、カウントの使い方も上手なので0に近づくほどこみ上げてくるものを感じると思います。

「精子どぴゅどぴゅでて、体に快感の電流が走り抜け・・・・ いままでに味わったことのないような快感に心が支配される・・・・」
残りの4分間はもうひとつの絶頂形式にあたる射精。
ドライの時とほぼ同じスタイルでカウントに合わせて発射します。
オナニー自体はとても気持ち良いのですが、もう少し時間があったほうが抜きやすいかなぁと。
ドライ、セルフいずれか一方だけにしたほうが充実したエッチになったと思います。

このように、カウントで心と体を制御するテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
催眠特化のシンプルな作品
カウントを駆使して色んな感覚を与えてくれる質の高い作品です。

彼女はしばらく会えなくなる主人公が他の女性に目移りしないようにと
普通の人にはできないレベルの緻密な催眠を施してから2種類の絶頂をプレゼントします。

様々な暗示にカウントを絡めたタイトル通りの作り
そしてその中に適度な変化をつけて催眠を深めたり絶頂させる効果的なアプローチ。
基本的な流れはシンプルにして他の部分で個性や面白味を出してます。
「次もこう来るだろう」と思わせておいてストンと落とすところが特に印象的でした。

カウントは催眠音声における基本的な要素だからこそ
その運用方法に作り手の実力がダイレクトに現れます。
目的を見据えた数え方、トーンの上げ下げ、ペース、前後や最中の暗示の入れ方などです。
こういった細かな部分がすべてしっかりしてるのですごく聴きやすいし入りやすいです。

エッチはサークルさんの他作品と同じく催眠に比べると存在感は薄いです。
ですが初心者はセルフからの射精、熟練者はそれに加えてドライと多様性があります。
催眠に入る/漂う感覚も存分に味わえますから十分に気持ちよくなれます。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ひとつの要素をとことん追求し磨き上げてる良作です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:10:19

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

あなたをMにしちゃう催眠音声2

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、女王様よりお嬢様と呼ぶほうが相応しい穏やかなお姉さんが
「Mになる喜び」をテーマにした催眠とちょっぴり恥ずかしいエッチをします。

総時間の3分の2近くもの時間を使って少しずつ確実に催眠状態を深め
その後から上下関係を少しずつ鮮明にしていく極めて丁寧なサービスが魅力です。
無理矢理従わせるのではなく自分から従いたくなる気持ちにうまく誘導してくれますから
それほどMっ気のない人でも誰かに依存する安心感や喜びが味わえるでしょう。
従う喜び、教えてあげる
お姉さんに催眠をかけられエッチな命令を受けるお話。

「こんばんは 私と会うのは久しぶりですね 元気にしてました?」
お姉さんは上品で色っぽい声の女性。
自分のもとへ再び訪れた主人公を嬉しそうに迎えると
気持ちいい催眠をかけてMになる喜びをたっぷり教えます。

本作品は今から4年以上前に発売されたサークルさんの代表作「あなたをMにしちゃう催眠音声」の続編。
知的で落ち着いた佇まいの彼女が50分以上もの時間をかけて入念な催眠を施し
万全の準備ができたところでテーマに沿ったややM向けのプレイを行います。

タイトルからわかるように、この作品のコンセプトはMじゃない人にMの喜びを教えることにあります。
Mプレイの入門っぽい位置づけなのでエッチシーンに入るまではほぼノーマルです。
既に一定以上のM性を持ってる人にはパワー不足に感じるでしょうが
普段は別にMじゃないけどちょっと気分を変えてみたい人には向いてると言えます。

また催眠日記さんはどの作品でも催眠そのものの心地よさ、素晴らしさを伝える作風を貫かれてます。
今作でも技法はできるだけシンプルなもので揃え、それぞれをゆっくりじっくり行うことで確実に催眠の世界へ導きます。
中でも体の脱力や深化に力を入れてますから、催眠に入りにくい人でも入る感覚や漂う感覚を味わいやすいです。
活動歴が長く数々の名作を手がけられてきたサークルさんなだけあって催眠のレベルは非常に高いです。

催眠はおよそ50分間。
最初は深呼吸をしたり体をパーツごとに脱力して催眠に入りやすい環境を整えます。

「あなたにとって素敵な感情は 催眠にかかりたい、それだけで大丈夫です」
お姉さんはテーマがM化だからといって自分の考えを押し付けるようなことは決してしません。
それどころか聴き手が催眠に入りやすくなるよう簡単な心構えを説明したり
深呼吸についても自分の一番良いと思うペースでやるよう呼びかけます。

催眠パートに関して言えば癒しの要素がとんでもなく強いです。
おそらく深夜などの時間帯に聴くとそのまま寝落ちしてしまうでしょう。
彼女のセリフも催眠初心者を意識したものが多く慈愛に満ちてます。
主従関係を結ぶにあたり最も重要となる「信頼関係」を自然な形で作り上げていくのが実に良いです。

さらにすごいのが深呼吸の後に始まる全身の脱力。
足先、足首、太もも、お腹と体の下から上にかけて感覚を伝播させる感じに進めます。
ここだけで22分もかけてると言えばその入念さをなんとなくわかっていただけるはずです。

「感覚が薄くなっていくような 軽くなっていくような 重くなっていくような そんな感覚です」
もちろん時間が長いからといってだらだらやるわけではありません。
ストレートに暗示を入れたり、いくつかの感覚の中から選ばせたり、立ち止まって今の感覚を再確認させたりと
一人でも多くの聴き手がより強い脱力感を得られるように様々な方向から働きかけます。
彼女ののんびりした口調とセリフに合った演技もその効果を大いに助けてます。

「とても幸せ とても心地がいい あなたのお腹から どんどん力が抜けていきます」
後になるほど脱力する範囲が広がっていくので感覚の変化がとてもわかりやすいです。
私の場合も足首から先だけがだらーんとしてる不思議な感覚が味わえました。
同時にリフレッシュや幸福感を与える暗示を入れてくれるおかげで気持ちもスッキリしてきます。

体の脱力が終わった次は心の脱力。
お馴染みのカウントを何度も数えて段階的に催眠状態を深め
さらに一旦半覚醒させてから落とす揺さぶりも交えて一気に入る心地よさを教えます。

「幸せが満ちていく あなただけの幸せ 私の声に従う幸せ」
このあたりから彼女が上下関係を匂わせるセリフを言い始めるのがいいですね。
「従いなさい」ではなく「従えばもっと幸せになれますよ」とメリットを強調しながら優しく誘導します。

ここまで来ると心身に相当な心地よさを感じてるでしょうし
なんとなく「このままでいいかな」と思う人のほうがずっと多いはずです。
彼女にさせられるのではなく、聴き手が自分でそうしたい気分にするところが本作品のM化の面白いところと言えます。

最終目的に向けて極めて入念な準備をする重厚な催眠です。
お姉さんの言うことにすんなり従える心と体にすることを目的に
深呼吸、分割弛緩法、カウントを使った深化、揺さぶりなど古典催眠の技法を中心に組み立て
ところどころで許容暗示などの現代催眠に見られるテクニックを盛り込んでます。

やることがすごくシンプルですし心に余裕を持たせることを大事にしてるので
脱力を始める頃になると気持ちが落ち着いてるのを実感できます。
内容がシンプルだからといって手を抜いてる部分はまったくありません。
むしろ「よくここまで聴き手のことを考えた細かな気配りができるな」と大変感心しました。

脱力と深化に力を入れてるので体が重くなる、あるいはふわふわと浮かび上がる感覚や
彼女のカウントに合わせて頭がずーんと重くなったり、特定のセリフで意識が吹っ飛ぶ感覚が味わえるでしょう。
先ほども書きましたが催眠音声初心者にこそ聴いてほしい催眠です。
命令に従う喜びを感じながら
エッチシーンは24分ほど。
プレイは命令の遂行、エッチなセリフの復唱、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「…そろそろかしら あなたをいじめられたがりの情けないMに変えて 完全に私から離れられない 可愛い奴隷にしてあげましょう」
巧みな催眠で主人公を従順にしたお姉さんは
エッチで恥ずかしい命令をいくつも出して奴隷になる喜びを教えます。

エッチは彼女の言う通りにしながらおちんちんをしごきます。
前半の12分間はさらなるM化と興奮の上昇を目指した比較的ソフトなプレイ。
主従の契約を結ぶところから始まり脱衣、緩いオナニー、両手を使ったオナニーを行います。

「あなたが嫌ならやめてもいい でもこれは命令だからね 今も私の命令に従っていれば あなたの心は快感だけじゃない 幸せに包まれているはず」
ご主人様になった後も彼女の態度はとってもあまあま。
命令を出すもののそれらに必ずしも従う必要はないと告げ、その上で従うと強烈な幸福感が得られる暗示を入れます。
嫌な感じがまったくしないので命令にも従いやすく、結果的に無理なくMの喜びが味わえるというわけです。
催眠の心地よさを感じながら性的にも気持ちよくなれるプレイですね。

「今から私が命令するたびに 「はい、ご主人様」と言ってからその命令を実行しなさい」
最中に彼女が復唱の指示を割と多く出してくるのもポイント。
上下関係を確立させるものや羞恥を感じさせるものばかりでちょっぴりゾクゾクします。
誰かに聞かれると気まずいでしょうから周りの環境にはくれぐれもご注意ください。

対する後半は焦らしや意地悪を多少盛り込んだMらしいプレイ。
前半からの続きでオナニーのペースを上げさせた後に一旦停止し
射精への欲求と彼女の命令に従う喜びを天秤にかけて反応を楽しみます。

「あなたはチンポ奴隷 私だけのチンポ奴隷」
おちんちんをしごく快感、恥ずかしいセリフを言う気持ちよさ、そして彼女に従い見られながら射精する喜び。
M化に相応しいいくつものエロ要素がフィニッシュの快感を押し上げます。
精神的に満たされながら射精を迎えられるおかげで結構気持ちよかったです。
直後に再度深化させてくれたりと、催眠の楽しさも最後まで味わわせてくれるのがとても印象的でした。

このように、従う喜びを徐々に膨らませていくややM向けのエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の良作
催眠状態にどっぷり浸かりながら気持ちよくなれる作品です。

お姉さんはMでない主人公が一時的にせよMの快感に目覚められるように
まずはじっくり時間をかけて暗示を受け入れやすい状態へと持っていき
そこからじわじわとM要素を増やす形でテーマに沿ったプレイをします。
M入門者向けということでそれほど過激な命令は出さず、主従になる安心感や軽い羞恥を与えて気持ちを盛り上げます。

「いつもと違う感覚でイかせてあげる」
彼女自身がこう言ってるように本格的な調教よりはサービスに近いプレイです。
Mになっていく過程やなった喜びを味わわせることを目的としてるので
どちらかというとM以外の人の方が楽しめると思います。
Mじゃない人でも受け入れられるようにセリフを選んで進めてくれます。

催眠はいつも通りと言いますか、安心して聴けるし深く入れる素晴らしいものです。
「エッチとかどうでもいいや」と思えるくらいにガッツリ入れてすごくスッキリしました。
シンプルな技法をここまで趣向を凝らして行使できるのは高い実力があるからです。
目的のM化もやんわり行っていて良い気分に浸りながらエッチに取り組めます。

エッチはオナニーをベースに命令と復唱で多少の変化をつけてます。
オナニーの時間が12分とやや短いのが気になりますが、精神面はかなり満たされるプレイです。
催眠状態を維持しながらの射精にこだわってるように思えます。

射精シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

Mになる気持ちよさと催眠の心地よさが両方味わえる作品です。

CV:口谷亜夜さん
総時間 1:21:17

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はまだありません

支配の催眠

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、明るくて穏やかな声のお姉さんが
十分すぎるほど深い催眠に落としてから声に操られる心地いいひと時を提供します。

サークルさんの過去作と同じく催眠そのものを楽しんでもらう作りになっており
総時間の7割近くもの時間を割いてじっくりと催眠をかけてから
性的描写をほとんど交えず声とイメージだけで絶頂へと導いてくれます。
支配される喜びをあなたに
お姉さんに催眠をかけられ、心身を支配されながら絶頂するお話。

「初めましてかな? あなたはどうしてここにやって来たの?」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
2人だけしかいない夢の場所へとやって来た主人公に声をかけると
彼に幸せを与えようと催眠をかけ始めます。

本作品は彼女にすべてを支配される心地よさや幸福感を味わうことを目的に
脱力を中心とした比較的長時間に及ぶ催眠を施し
それからストレートな性的描写を伴わない形でドライへと導きます。

お姉さんの指示で射精し精液を飲み干すとか、本物の赤ちゃんになって甘やかされるといった
ぶっ飛んだテーマは持ちあわせていないものの
自分の手足がなくなったような不思議な感覚や、深い催眠に入ったときのたまらない心地よさなど
催眠そのものの楽しさ、気持ちよさはとても味わいやすくなっています。

特に今回は体の脱力と深化を繰り返し行ってくれますから
今まで催眠音声を聴いても催眠に入った実感がなかった人でも
日常生活とは明らかに違う体験ができると思います。

タイトルの「支配」についてもいきなり命令するのではなく
聴き手が自ら従いたくなるよう誘導する催眠らしいスタイルがとられています。
「彼女の言葉に従ったほうが気持ちいいからそうする」みたいな感じです。
調教っぽさがまったくないのでノーマルな人でも問題なく聴けるし楽しめます。
基本的な技術を的確に行使した催眠
催眠はおよそ46分間。
最初は軽く深呼吸をしてから両足、両腕、上半身、顔、頭の順に体を脱力します。

催眠の序盤に脱力するのは他の作品でもよく見かける光景です。
しかし本作品の脱力はとんでもなく入念です。
まず時間が30分近く割かれており、最初の両足の脱力だけでもおよそ7分かけて行います。
さらに一通り終えたところで折り返しもう一度脱力させます。

「私の声は 聞き流す程度で構いません ゆっくり ゆっくりと 足の力を抜くイメージ」
「ほら どんどん抜けていく 先ほどのゆったりした感覚ではなく まるで 足先から力が流れていくような心地よさ」

最中に投げかけられる暗示についても単に「重い」を何度も言うのではなく
力が抜けていくイメージをさせたり、カウントを交えて心地よい気分にさせたり
他の部位との感覚の違いを実感させたりと多種多様です。

正直なところ、ここまで丁寧な脱力をさせてくれる作品はなかなかありません。
おかげで言われた部分がまるで動かしたくなくなるとか
その部分が体から切り離されたかのような感覚が味わえます。

中でも一番最初の両足を脱力するシーンが実感しやすいでしょうね。
次の両腕に移るとき、腕と足で明らかに別の感覚があるのがよくわかります。
彼女は聴き手に心地いい気分を与えることで自分に支配される喜びを教えようとします。

「あなたの意識は 真っ白な世界へ 飛んでいく 幸せな楽園へ 飛んでいく それが とても気持ちがいい」
体の脱力が終わった後は心の脱力。
「落ちる」「真っ白」などの暗示に加えてシャボン玉が弾けるイメージを用いたり
階段を降りながらカウントを数えるオーソドックスな手法を交えて少しずつ確実に催眠を深めます。

このあたりまでくると多くの人が寝起きの時に味わうぽわぽわした感覚や
ぬるま湯に浸かっている時のぽかぽかした心地よさを感じているでしょう。
それを言葉やイメージだけで膨らませていく様子はまさに「支配」と呼ぶに相応しいです。
催眠から連想される「声によって心や体を操作される」体験をストレートに味わわせてくれます。

十分にリラックスしてから言葉で深化させるシンプルな催眠です。
聴き手の心と体をお姉さんの声に支配されやすくするのを目的に
基本的な流れは古典催眠、セリフや暗示の表現は現代催眠の技術を主に使用しています。

ここまでのレビューを読んでいただければわかるように、催眠の流れ自体は本当に単純です。
しかし声のかけ方や暗示の入れ方、イメージの活用法など
細かな部分が恐ろしいほどまでに洗練されており
聴けば聴くほど体の力が抜け、意識がぼやけていくのを強く感じます。

手足の脱力感は催眠の初期に味わいやすい感覚ですし
催眠に不慣れな人は特に新鮮に感じるのではないでしょうか。
そして催眠音声を聴き慣れてる人も強烈な脱力感に驚くはずです。
「ああ、催眠ってこんなに気持ちいのか」と教えてくれる催眠です。
言葉の力でイかされる快感
エッチシーンは12分ほど。
プレイは心をかき混ぜられるイメージです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ほら 気がつくと 気持ちよさが ぞわぞわとエッチな気持ちよさに変わってきて あなたの体が敏感になっていく」
催眠を使って主人公の心と体を従順にしたお姉さんは
さらなる暗示を入れて声や言葉に支配される快感を教え込みます。

エッチは彼女との物理的な接触は一切せず言葉だけでドライオーガズムを迎えます。
最初から言ってしまうと淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声は一切ありません。
しかし催眠状態下だからこそできるイメージを使った責めで心を盛り上げてくれます。

「心に 私が人差し指を 心に入れる すると それだけであなたの体はビクンと跳ねる」
本作品で登場する唯一のプレイは彼女が彼の心をゼリーのようなものに例え
その中に指を差し入れかき回す脳姦っぽいイメージ。
仮想的なプレイだからこそどのように気持ちいいのかを
感覚支配の暗示を使って的確に伝え、感じさせてくれます。

私が聴いたときは頭の中の快感は催眠パートを聴き終えた段階でかなりあったので
そちらは大した変化は無かったのですが、上記のイメージを聴いていると股間が妙に熱くなり
筋肉が勝手に収縮してオナニーの際に味わうような性的快感が湧いてきました。

エッチな要素一切抜きでこうなったのは催眠の結果としか言いようがありません。
催眠がしっかりしているので皆さんも似たような感覚を味わうのではないでしょうか。
催眠の気持ちよさを維持しつつ、催眠特有の快感を味わわせてくれます。
最後の絶頂シーンもどちらかと言えば股間に大きな感覚の変化が現れました。

このように、催眠状態下だからこそできる変わったエッチが繰り広げられています。
催眠特化の良作
催眠に入る、漂う心地よさが味わいやすい作品です。

お姉さんは主人公が自分の言葉に自ら従いたい気分になるように
彼の気持ちを尊重しながら少しずつ催眠を深めていきます。
そして意識の力が十分に弱まったところで初めて「支配」という単語を持ち出し
引き続き彼をもてなしながら性的絶頂へと追い込みます。

タイトルを見た限りでは高圧的なサービスをすると思う人がいるんじゃないでしょうか。
ですが実際は言葉で心身を操作する従来の催眠音声とほぼ同じプレイをします。
ただし、支配されてる気分をより強く味わえるように催眠誘導をびっくりするほど入念に行っています。
この内容だと寝落ちする人がそれなりに出ることが予想されます。
少なくとも寝る前に聴くのは避けたほうがいいでしょう。

エッチは最近ではあまり見かけない心を直接いじくるプレイです。
イメージ力が必要になるわけですが、催眠にしっかり入っていれば体が勝手に反応してくれます。
脳じゃなく「心」と言っているのも彼女なりの配慮なのかなと。

絶頂シーンは1回+α(連続絶頂)。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

サークルさん独自のやり方で癒しと快感を与えてくれる作品です。
催眠の感覚があまりよく掴めていない人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:01:49

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

あなたをMにしちゃう催眠音声

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第4回目は上品なお姉さんの誘導で深い催眠に入った後
様々な暗示と命令を聞き、それに従う喜びを感じながら気持ちよくなります。

催眠音声では珍しく主人公の属性をSに設定し
Mじゃない人でもM向けのプレイが楽しめるよう親切丁寧なリードをします。
一応調教プレイになりますが、どぎつい指示は特に出ません。
ですからSやノーマルな方がMの気分や快感を味わうのに向いています。
SなあなたにMの喜びを
お姉さんに催眠をかけられ心をMに塗り替えられるお話。

「こんな夜遅くまで起きてたの? もう悪い子ね」
お姉さんは明るくお淑やかな声の女性。
夜更かししている主人公の前に突然現れると
Sな彼をMにするための催眠をかけてあげます。

冒頭でも書いたように、本作品は催眠音声では珍しくSな人を対象に作られています。
催眠音声は精液を飲むとか、スクール水着を着るなど
ドMや変態をターゲットにした作品が非常に多く人気もあります。
そういった作品を多少なりとも楽しめるようにするのがひとつの目的です。

もちろん、SからMに属性を切り替えさせるのは容易ではありません。
だから彼女は最初に深い深い催眠状態に聴き手を誘導し
その後にややMあたりのプレイをしながら少しずつMの喜びを教えてあげます。
催眠特化の作風を得意とされている催眠日記さんらしいきめ細かなリードが光っています。

催眠は2パート22分30秒ほど。
最初のパートは心身を催眠に入りやすい状態にするために
深呼吸や脱力をしてしっかりリラックスします。

「体の力が抜けてくると それに応じて 脳の力も抜けてくる」
テーマがM化なのだからSっぽく振舞うのだろうと思いきや
お姉さんはまるで母親のように穏やかな声と言葉で安らぎを与えてくれます。
ここが本作品の面白いところで、彼女はエッチの後半に入るまで完全に対等な立場で接してきます。
M向けの要素がまったくないからSやノーマルな人も安心して聴けるし、すんなり催眠にも入れるでしょう。
難しいテーマだからこそ慎重かつ丁寧にサービスを進めています。

「力が抜ける そして 少しずーつ トランス状態へと入っていく」
催眠についてもサークルさんの実力が遺憾なく発揮されています。
どのシーンも最適なタイミングで「力が抜ける」「気持ちいい」と暗示を入れてくれるおかげで
最初のパートを聴き終える頃には適度な意識のぼやけや脱力感が湧いてきます。

最も感銘を受けたのはお姉さん役を務める紅月ことねさんの演技。
かける言葉や暗示、カウントのひとつひとつに至るまで
すべてをその状況に適したペース・語気・スピードで投げかけています。

この素晴らしい演技が催眠により入りやすい雰囲気を作り上げています。

続く深化パートはさらに深い催眠状態へと導くために
彼女がカウントを何度も数えてその都度催眠が深まる暗示を丁寧に入れます。

「ずーんと 落ちていく… 考える力が 脳から抜けていく…」
「ただ真っ白な世界 気持ちのいい世界 あなたの心は 真っ白だから 私の言葉 ひとつひとつに 素直に従う」

前のパートでリラックスできているおかげで多くの人が彼女の声に心地よさを感じると思います。
そして後になるほど「ずっとこうしていたい、何もしたくない」感覚が強くなるはずです。
それが催眠が深まりつつあるひとつの目安です。
最後のほうに少しだけ揺さぶりをかけて催眠に入りやすくしてくれてもいます。

リラックスして深化する至ってシンプルな催眠です。
聴き手の心を一旦リセットし、彼女の言葉を受け入れやすくするのを目的に
古典系の催眠法を使ってゆっくりじっくり催眠を深めてくれます。

この時点で彼女はテーマのM化にまったく触れてきません。
声や口調もSっぽさがまるで感じらないノーマル向けの催眠を施しています。
最初から目的に絡めようとしていないところがとても印象的でした。

まとめると、誰にでも安心して聴ける親切丁寧な催眠です。
彼女に従う喜びを感じながら
エッチシーンは2パート19分ほど。
プレイは声による絶頂、命令の遂行、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフとドライ両方の絶頂形式が登場します。

「この気持ちよさも大好きだけど エッチな気持ちよさも 好きだよね?」
主人公を深く心地いい催眠の世界に案内したお姉さんは
彼にさらに気持ちよくなってもらうために
さらなる言葉を使ってその体をエッチな熱で包み込みます。

エッチの最初に登場する「ドライ」パートは声だけでイク催眠音声らしいプレイ。
引き続き短めのカウントを細かく刻んでその都度体の熱が高まる暗示を入れ
準備が整ったところで軽く絶頂する指示が出ます。

「ほらっ 全身に熱いのが広がって 体が熱くなっていく」
プレイが5分程度とかなり短いこともあり、時間内にドライ絶頂できるかは正直微妙です。
しかし彼女に言われてお腹のあたりがぽかぽかしてくる人は普通にいるでしょう。
ですから自分が催眠に入っているのを実感できるパートだと思います。

そしてこれは彼女の声に依存=隷属しつつあることも表します。
彼女もこのあたりからだんだんとM化に向けて本格的なアプローチをしてきます。

続く「命令」パートはいよいよ本作品のメインディッシュ。
彼女が出すいくつかの命令を聞き、最終的にはセルフによる射精を目指します。

「私の命令を実行したら とっても とっても幸せになるの」
「ご主人様の命令に背いた罪悪感が一気に押し寄せて 不安になって 悲しくなって 寂しくなって そして とっても泣きそうになってしまう」

これだけの準備をしてきたにも関わらず彼女はまだ手を緩めません。
パートの開始直後に簡単な命令を出し
それに従うと幸せ、従わないと不安になる暗示を何度も何度も入れます。

ここでのポイントは両方のケースに暗示を入れていることです。
従う場合のメリットと従わなかった場合のデメリットを鮮明に印象付け
聴き手がなんとなく「従ったほうがいいな」と思えるように誘導しています。

要は彼女はこちらを無理矢理Mにするのではなく、自分からMになりたくさせているんです。
押し付けがましくないからMじゃない人でもある程度受け入れやすく感じるでしょう。
相手の性質を踏まえた現実的かつ効果的なアプローチと言えます。

最初の命令を出した際に彼女は敢えてそれに抵抗するよう呼びかけます。
実際にやってみたところ、そこまで強くありませんが心に引っかかるものを感じました。
そして次に命令通りにしてみたらえらくスッキリしたのを覚えてます。
この2つの感覚を使って彼女はこちらの動きを巧みに操作します。

「ほらっ 気持ちいい! 今まで感じたことのない幸福感が あなたの頭を支配する!」
その後に行うオナニーも多少の焦らしを交えて性感を高め
最後にカウントを使ってタイミングよく射精させてくれます。
純粋なプレイ時間が4分程度と短いにも関わらず問題なく射精できたのは
適度な焦らしをしてくれたことや彼女の命令に従うことに喜びを感じていたからだと思います。

このように、催眠が持つ可能性を使ってM化を進める変わったエッチが繰り広げられています。
Mの心が少しだけわかる作品
重厚かつ緻密な催眠が生み出す心地よい感覚に加えて
声に従う喜びや快感も教えてくれる優れた作品です。

お姉さんはMなプレイや指示に抵抗を感じる主人公の特性を踏まえて
エッチの後半に差し掛かるまではごくごく普通に接し
まずは自分の言葉を素直に受け入れられる体勢を築きます。
そして2種類の相反する暗示を使って彼が自らそう願うように命令を出します。

結果だけを見れば確かにM化の調教です。
しかしそこに至るまでの道筋は極めてソフトです。
彼女は最後の命令をするシーンですらこちらに拒絶する権利を与えています。
この優しさもM化を達成するのに大きく役立っています。
「拒絶しにくいから従ってしまう」そんな極めて変則的な調教が行われています。

催眠は流れや技法はシンプルですが細部の作りが素晴らしいです。
序盤のシーンから催眠特有の心地よい感覚が湧いてきました。
後半の深化も段階的に落ちていく感覚が味わえます。

エッチはドライパートは準備に近く、その後の命令パートがメインです。
ドライよりもセルフによる射精を楽しみたい人に向いています。
命令といっても服を脱いでオナニーするくらいですから変態プレイが苦手な人でも普通に聴けます。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

サークルさんらしい変わった手法でM化を推し進めている異色作です。
既にMな方には手ぬるく感じるでしょうからノーマルやSの方にのみおすすめします。

CV:紅月ことねさん
総時間 50:07

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

サークル「催眠日記」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、主人公と浅からぬ縁を持つ謎のお姉さんが
長時間に渡る入念な催眠で彼の心と体を自分色に塗り替えていきます。

サークルさんの他作品と同様に著しく催眠に傾倒した構成をしており
総時間の8割以上もの時間をかけて着実に催眠を深めた後
その確認として言葉だけで絶頂へと導いてくれます。
お姉さんの深く濃い催眠
お姉さんに催眠をかけられ軽いエッチをするお話。

「久しぶり また会えたね 良かった」
お姉さんはお淑やかな声の女性。
主人公に久しぶりに会えたことを喜ぶと
彼を気持ちよくするために仰向けに寝るよう呼びかけます。

本作品はタイトルにちなんだとあるキーワードだけで絶頂できるように
彼女がとてもとても入念な催眠で少しずつ催眠状態を深めてくれます。
催眠日記さんと言えば大手の中でも一際催眠に特化しているサークルさんとして有名ですが
今回は普段と比べてさらに催眠に力を入れた作りになっています。

具体的には催眠が52分、エッチが7分という偏りっぷりです。
そんなわけで催眠そのものを楽しむことを主目的に掲げている作品と思ってください。
実際に聴いてみるとエッチなんかどうでもよくなるくらいに気持ちよくなれますから
催眠の良さがよくわからないとか、かかりにくいと感じている人には是非聴いてみて欲しいです。

催眠はおよそ52分間。
最初は10分ほどをかけて深呼吸をしたり、深呼吸に合わせて手足を脱力します。

「あなたのイメージの中のあなたが とっても気持ちよさそうに 深呼吸しているね」
深呼吸自体にリラックス効果があることや
最中にリラックスしている自分自身をイメージするよう働きかけてくるおかげで
これだけでもあくびが出たり眠気を感じる人がそれなりいるでしょう。
時間が十分に用意されているのを利用して彼女は本当にゆっくりと催眠を進めてくれます。

お次は最初の深化としてカウントを絡めた暗示を入れてきます。
本作品の大きな特徴はこの深化がとてつもなく入念なことです。
お馴染みの手法からあまり見かけないものまで様々なものを繰り出してきますから
催眠が好きな人なら面白みを感じながら催眠状態を深めることができます。

「すーっと すーっと 深く入っていく 私の声が 繰り返し 頭の中で反芻して すーっと あなたの体に 染み込んでいく」
催眠日記さんは今日の催眠音声業界を築き上げたメンバーの一人とも言える人物です。
技術を的確に行使するだけでなく暗示の入れ方・表現・間など細かい部分にまで気を配り
聴き手が良い気分で催眠に入れるよう上手にリードしています。
すべての要素がしっかりしているからこそ催眠に入りやすく感じるのです。

ちなみにこのカウントは普通に数え下ろすだけでなく
数え上げるカウントに合わせて半覚醒し、再度催眠に戻る揺さぶり方式です。
これを色々変化をつけながら何度も何度もやっていくうちに
頭の中がどろどろに溶けていくような心地よい感覚が広がっていきます。
自覚するほど深まる催眠
後半は催眠状態の確認とさらなる深化がメイン。
彼女は腕が上がる、動かなくなる暗示を入れて体の自由をコントロールし始めます。

「あなたの右腕が ふわふわと上がりだす」
「固い! とっても固い! 肩から指先にかけて固くなっていく! 両腕もとっても固い!」

前者は腕浮揚、後者はカタレプシーの誘発という催眠では割とお馴染みのものです。
テレビ番組で横になった人のお腹の上に人が乗ってもビクともしない様子を見たことはないでしょうか?
あれに似た筋肉の硬直を本作品では聴き手に味わわせてくれます。

カタレプシーの誘発は催眠音声だとあまり仕掛けてこないので
上手くはまればガチッと腕が固まる不思議な感覚がするでしょうね。
お姉さんもここだけは意識的に語気を強くして暗示が入るように工夫しています。
そうやって自分が催眠に入っていることを教えてくれるわけです。

「一気に 頭が真っ白になって 何も考えられなくなる」
そして最後はシンプルにカウントと短めの暗示できっちり落としてくれます。
ここまでやってきた様々なことを通じて、暗示を十分に受け入れやすい環境が出来上がっており
まさに頭が真っ白になるような心地よい感覚が沸きあがってきます。

頭の中にあるもやもやが後になるほど濃くなる感じ、とでも言えばいいのでしょうか。
催眠に入る、漂う心地よさを存分に味わわせてくれます。

エッチシーンは7分ほど。
プレイは声による絶頂のみです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたの体は 私の言うとおりに動きます それは 感度だって自由自在」
入念過ぎるほど入念な催眠で主人公を自分の操り人形へと変えたお姉さんは
最後の仕上げとして言葉だけで彼を絶頂へと追い込みます。

エッチはとあるキーワードを言いながら
感度が高まる暗示を入れていく催眠ならではのプレイです。
どちらかというと性的快感より幸福感や充実感でイく感じですね。

キーワード自体が人の心を動かす力を持っていることもあり
私の場合は聴いているうちに自然と股間が熱くなっていくのを感じました。
淫語一切無しでこうさせてくれるところが催眠音声の素晴らしさなのだと思います。

このように、とことんまで催眠を楽しませることを目的としたプレイが繰り広げられています。
催眠特化の良作
総時間のほとんどを占める催眠誘導および深化が飛びぬけて優れている作品です。

お姉さんは主人公が確実に自分の虜になるようにと
十分なリラックスをさせてから段階的に催眠状態を深めていきます。
使われている技術自体は他のサークルさんでもよく見られるものなのですが
その完成度・洗練性は他の追随を許さないほどまでに極まっています。
聴いてる最中は「なんて素晴らしいのだろう」と何度も唸らされました。

中でも特筆すべきはやはり深化シーンでしょう。
カウントに合わせて暗示を入れるお馴染みのスタイルに始まり
いくつかの技術を交えて確実に催眠が深まるよう組み立てられています。

私個人は入りやすい方なのでちょっとやりすぎているとも感じるのですが
被暗示性の低い人にはこれくらい入念に行ったほうが良いのかもしれません。
運動支配の暗示に特化している点もいいですね。
一人でも多くの人に作品を楽しんで欲しいというサークルさんの心遣いが随所に窺えます。

エッチは時間的にも内容的にも完全なオマケです。
ですが十分な深さに入っていれば心や股間が温まる・盛り上がる感覚は普通に味わえます。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもありません。

催眠の素晴らしさをとことんまで追求している作品です。
無料ですので興味の湧いた方は是非ともお試しください。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:02:16

音催眠日記
http://432hypno.blog15.fc2.com/blog-entry-36.html

サークル「催眠日記」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、実の弟に対しても積極的に好意をアピールするお姉ちゃんが
入念な催眠を施しながら自分の気持ちを伝えます。

エッチの7倍以上もの時間を催眠誘導に割いている催眠特化な作りが特徴で
彼女は催眠に不慣れな人でも無理なくついていけるように、所々で説明を交えながら
確かな技術を駆使して少しずつ確実に催眠状態を深めていきます。

中でも後半に登場する催眠状態と半覚醒状態を何度も行き来するシーンでは
その前後で意識や体の感覚の明らかな違いが実感できるでしょう。
鈍感な弟に送る愛のメッセージ
お姉ちゃんに催眠をかけられて気持ちよくなるお話。

「こんばんは! あれ? もう寝るところ? 邪魔しちゃったかな」
お姉ちゃんは明るくて優しい声のお姉さん。
これから寝ようとしている弟の部屋にやってくると
催眠を使って彼の心を自分に振り向かせようとします。

本作品は催眠のトレーニング的な要素を色濃く持っており
エッチの時間が約7分に対し、催眠が52分と極端なまでに催眠に寄った構成をしています。
催眠日記さんは他の作品でも催眠を重視している傾向があるのですが
それでもここまで偏っているものはなかなかありません。
催眠特有の気持ちよさ、心地よさを体験してみたい人にはもってこいと言えます。

「考えることを やめてみましょう 頭の中だけを 私の言葉だけにしてみましょう」
もう一つの大きな特徴は催眠音声初心者をかなり意識した催眠を行っていること。
最初の深呼吸だけで6分もの時間を使っていたり
その後のシーンもやることやイメージの内容をわかりやすいもので統一し
合間にどういう心構えで臨めばいいのかを軽く説明してくれたりもします。

催眠音声を聴き始めたばかりの人ほど、催眠状態がどういったものかがわかりにくいものです。
その点この作品は順序だてて段階的に催眠を深めてくれますから
後になるほど自分がいつもと明らかに違う精神状態にいるのが実感できます。
時間が長く進め方も丁寧だからこそ初心者に向いていると言うわけです。

催眠は総時間の大部分にあたる52分間。
最初は彼女の声に合わせてゆっくりと深呼吸をします。

「私の声に合わせて 呼吸をすれば どんどん力が抜けると思いますよ」
冒頭のやり取りでは若干騒がしいキャラに感じたお姉ちゃんも
催眠が始まると一気に穏やかな口調へと変化し
「~かもしれませんね」など、表現をややぼかしながら暗示を入れてきます。
暗示を入れるタイミングが極めて的確ですから、これだけでも体がだらんとしてくるでしょう。

適度にリラックスできた後はイメージ。
目の前にある綺麗なシャボン玉をカウントに合わせて少しずつ膨らまし
最後に破裂するのと同時に体の力を抜きます。

「あなたの力が抜けます 思考も一緒に シャボン玉に 吸い取られていきます」
「まるで軽いシャボン玉になったみたいに あなたの腕や足が かるーくなっていきます」

ここでの目的は主に脱力なのですが、彼女はカウントを数えながら
力が抜ける、体が軽くなる、頭の中が空っぽになるなど
シャボン玉が持っている性質を踏まえた様々な暗示を入れてくれます。

しかも驚くことにこの動作を20分近くに渡って8回も繰り返しています。
おかげで最初の方はそれほど感じなかったとしても
最後のほうになると頭の中がドロドロになる心地よい気分に包まれているでしょう。
暗示の内容も最初は体に、中盤以降は頭の中の脱力へとシフトします。

彼女の催眠はまだまだ終わりません。
お次は10カウントで一度目を覚まし、同じくカウントに合わせて再び催眠状態へと戻ります。

「思い出してみて 体が溶けるような感じ とろとろーってなって 頭がふわふわって気持ちよくなるの」
「何も考えられない 考えようとも思わない 思おうとすれば すればするだけ 思考することができなくなる」

先ほど味わった感覚を一度呼び起こすようなアプローチをかけてから
カウントに合わせて更に催眠が深まる暗示を入れてくるのがいいですね。
催眠状態がどういう感覚かを聴き手自身が認識しやすいですし
半覚醒状態との違いも大きく、催眠に入る気分も楽しみやすいです。

さらにお姉ちゃんは聴き手がよりスムーズに催眠に入れるようにと
半覚醒するときは力強く晴れやかに、催眠に入るときはゆっくりと落ち着いた声でカウントを数えます。
この前のシーンでもカウントをトリガーに催眠を深めていきましたし
彼女の数え方だけで自然と気分が変化する人もいるでしょう。
声によって自分が操られているのを実感できるシーンです。

程よくリラックスしてからカウントに合わせて暗示を入れていく、シンプルながらも重厚な催眠です。
自分の声に素直に従えるように聴き手を導くのを目的に
わかりやすいイメージや心を解きほぐすセリフを交えながら
リラックスを促したり催眠を深める暗示を小まめに何度も入れてきます。

カウントが中心に思われがちですが、この暗示の内容や入れ方が的確だからこそ
催眠特有の心地よさが湧き上がったり、彼女の声を受け入れたくなる気分になるのです。
セリフの言い方・カウントの数え方・暗示の表現方法など
どこを見ても隙がなく、するすると引きずり込まれるように催眠へと入っていけます。

まとめると親切でハイレベルな催眠です。
ただし、ここまで何度も繰り返し深化の動作を行っているとなると
催眠に安定して入れる上級者には若干くどく感じるようにも思えます。
そういう意味でも催眠に不慣れな人向けの内容かなと。
声だけでイカされる気持ちよさ
エッチシーンはおよそ7分間。
プレイは声による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたにとっての 私の存在を口に出して言ってみましょう」
長時間に渡る催眠で弟を深い催眠状態へと導いたお姉ちゃんは
彼が自分の言葉に従うことを確認してから声だけを使って絶頂へと導きます。

エッチは体をいくつかのパーツに分けて
カウントを交えながら感度が上がる暗示を入れ、最後に絶頂指示を出します。
時間が短いので催眠の成果を確認する意味合いが強いプレイになっていますが
十分な深さに入っていれば体が不思議と火照ってくるのを感じるでしょう。

「ほら足が気持ちいい 最初はムズムズするだけかもしれないけど 徐々に快感に変わり それがどんどん大きくなる」
特に手足の感度を上昇させるシーンでは
先ほど言った熱と一緒に手のひらや足先にピリピリとした痺れが走りました。
催眠パートではまったくなかった感覚なのでその違いがよくわかります。

絶頂は準備の時間が短いのでやっぱりオマケ的な位置づけかなと…
体が熱くはなるけど弾けるところまでは無理でした。
催眠特化の良作
エッチよりも催眠そのものを楽しませることを重視した作品です。

お姉ちゃんは弟に自分の好意をきちんと受け止めてもらえるように
時間をかけて本当に入念な催眠を施します。
どのシーンも内容が濃厚で頭の中がとろけてしまう思いがしました。
この感覚だけでも十分に聴く価値があると言い切れます。

今回の催眠はとにかく繰り返すことにこだわっているんですよね。
そして1回1回の内容を少しずつ変えながら最終目標へと導いています。
だからやりやすく感じるし飽きにくくもなっています。
このさじ加減の絶妙さがサークルさんの技術の高さを物語っています。
シンプルなんだけど奥深い催眠です。

エッチは前項の通りおまけ的な位置づけです。
性的欲求を満たすのにはちょっと厳しいところもあるのですが
暗示でエッチな気分が高まる体験は比較的しやすいです。
このへんもトレーニングを意識しているのかなと。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

様々な部分が優しさに満ち溢れている作品です。
催眠音声を聴き始めた方、催眠になかなか入れない方に特にお薦めします。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:06:43

音催眠日記
http://432hypno.blog15.fc2.com/blog-entry-48.html

ディープシャングリラ

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、柔らかく温かい声の女の子の声に導かれながら
心地いい楽園へと行き、そこで催眠ならではの快感を楽しみます。

シャングリラ=理想郷をテーマとしているだけあって癒しをかなり重視した内容になっており
サークルさんらしいきめ細かな催眠と彼女の声を聴いているだけでも
心が落ち着くとか、リフレッシュするといった感覚が自然と湧いてきます。

エッチは最近ちょこちょこ登場している目を開けながら取り組むタイプ。
世界が溶けてしまったようなぼんやりとした視界の中で
言葉に合わせて体が勝手に熱を帯びたり痙攣する不思議な体験ができます。
催眠という名の理想郷を目指して
女の子に催眠をかけられてから連続絶頂を楽しむお話。

「今回の催眠のテーマは 楽園 あなたの意識を 幸せな楽園へ連れていきます」
女の子は穏やかで可愛い声の女の子。
作品のコンセプトや音声を聴く際の心構えを簡単に説明すると
主人公を楽園に導くための催眠を始めます。

本作品は催眠状態にいるときの心地よい感覚を楽園に例え
そこに到達するために順を追って少しずつ催眠を深めていきます。
楽園に行くわけですから当然聴き手には幸せな気分を味わってもらわなければなりません。
そのために彼女はかける言葉や口調をどれも優しいもので揃えています。
内容的にも雰囲気的にも多くの人が癒しを感じるでしょうね。

催眠はおよそ22分30秒間。
最初は自分の好きなペースで深呼吸をしながら彼女の声に耳を傾けます。

「最初はそんな感覚もないかもしれませんが 徐々に徐々に あなたの気づかないうちに 力が抜けていくと思います」
「その際 頭がぼーっとして ゆらゆら ふんわりとしてくるかもしれませんが 特に気にせずに その状態を楽しんでみましょう」

深呼吸をしているこちらに向けて催眠に関するちょっとした心構えを教えてくれるのですが
彼女はそれらのほとんどを「~かもしれません」「~することもできます」といった柔らかい表現で言ってきます。
かけられる言葉に堅苦しさが無いから彼女の言葉を受け入れやすく
その結果催眠になんとなく入りやすいと感じる環境が出来上がっています。

お次は最初は長めの、その先は短めのカウントを数えながら軽い催眠状態へと入ります。

「その風船は 徐々に軽くなって あなたの頭の中でふわふわと動き出す」
「上へ上がるたび あなたの意識は薄くなっていって 考えようと思っても 考えられなくなっていく」

最中に登場する自分の意識を真っ白な風船に例え、それが浮かび上がるのイメージするシーンでは
ぬるま湯にどっぷりと浸かっている時のような、もやもやとした心地よさが頭の中を覆っていくのを感じました。
暗示の内容も「軽い」「気持ちいい」「幸せ」など心が持ち上がる表現が多く
自分がいつもよりずっといい気分になっているのを実感し始めると思います。

そして最後はカウントに合わせて一旦催眠を解除し
直後に再び催眠に戻る動作を数回繰り返して催眠状態をさらに深めます。

「ほら もう目が離せない 瞬きの量が多くなって 瞼がおもーく おもーくなってきます」
「ふんわりとした幸せだけが あなたの体に入っていき あなたの考える 要らないものが すべて消えていく」

この先のエッチを想定してか、ここでは視線や瞼の重さに意識を向ける暗示が登場します。
回数を重ねるほどに視界が霞んだり瞼が重く感じるようになるでしょう。
そして目を瞑っているときにとても心が安らぐのを実感するはずです。
催眠を深めながら聴き手に催眠に入っていることを自覚させているアプローチが見事です。

聴いているだけで頭の中がぽわぽわしてくる癒しに満ちた催眠です。
現実から離れて楽園にいるような感覚を味わってもらうことを目的として設定し
カウントやイメージを絡めながら心にプラスに働く様々な暗示を入れて気持ちを操作しています。
展開は比較的大人しいのですが、かける言葉の一つ一つがとても優しく温かみがあり
その効果もあって後になるほど安心感や意識のぼやけが強くなっていきます。

「目を閉じて 催眠に入らないで 催眠に入って」
中でも催眠の終盤に登場するこちらのセリフを聴いた瞬間
頭と体の両方が一気にズーンと重くなる感覚が湧いてきました。
サークルさんの過去作と同じく催眠に入る/漂う心地よさを味わってもらうことに力を入れてますので
催眠そのものが好きな人は特に満足できると思います。
目を開けながらイク気持ちよさ
エッチシーンは13分ほど。
プレイは声による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ボーっとしながら目を開けると 催眠にさらに入った感覚ありますよね?」
催眠によって主人公を心地いい楽園へと招待した女の子は
更なる幸福を味わってもらおうと言葉を使って絶頂へと導きます。

エッチは物理的な刺激や一般的なプレイを一切行わず、暗示だけでドライオーガズムを目指します。
催眠音声では珍しく目を開けながらエッチを行っているのが特徴で
視界がうまく定まらない朦朧とした意識の中
声に合わせて妙に体が熱くなったり痙攣する面白い感覚が味わえます。

もう一つの特徴はエッチシーンなのにエッチな要素が一切登場しないこと。
彼女はプレイの最中ちゅぱ音や喘ぎ声はおろか淫語すら一言も発しません。
そんなまったくエロくない状況でなぜか興奮しイってしまう。
まさに催眠音声でしか味わえない、暗示だけで気持ちを操作する個性的なプレイが行われています。

プレイは最初に準備としてある程度感度を高めてから
短めのカウントを何度も刻んでその都度絶頂を促します。

「もっともっと 見つめれば見つめるほど その感覚は大きくなっていく」
「あなたに訪れる変化に反応して 体がビクンと跳ねる 体中がゾクゾクして あなたの体が エッチな気持よさを受け入れていく」

先ほど言った「見つめる」ことをトリガーにした感度上昇や的確な暗示の数々によって
私の場合は特に腕の裏や脇腹にジンジンとした熱が感じられました。
催眠パートではまったく無かった感覚なのでその変化がとてもよくわかります。

「体に異変が生じる 快感が生じる あなたは瞬きするたびにイってしまう体になっているから 私がこうやって話している間にも 何回もイってるかもね」
終盤の連続絶頂シーンでは「瞬きをするたびに絶頂する」という変わった暗示も登場します。
その都度体中がビクビク震えるほどにはさすがにならなかったのですが
時間が進むほど股間を中心にムズムズとした快感が走るのは感じられました。
手を使ってオナニーしているときよりふた回り弱いくらいの気持ちよさです。
ノーハンドでこれなら十分ではないでしょうか。

「今までで一番の気持ちよさがあなたを襲う! 体が痙攣して 白目剥いちゃうくらいの気持ちよさ」
そして一番最後に登場する、長めのカウントと同時に行う絶頂シーンでは
股間が熱く盛り上がって痙攣したり脳内が小さく弾けるような気持ちいい感覚が味わえました。
プレイ時間や準備の短さを考えるとそこまで強烈なドライは狙いにくいと思います。
作品のコンセプトが癒しですし、それを考慮して控えめにしたのかもしれません。

このように、幸せを感じさせながらイカせるプレイが繰り広げられます。
癒しメインの作品
全編にわたって感じられる女の子の優しさや温もりが心を温めてくれる作品です。

主人公に楽園にいる気分を十分満喫してもらえるように
女の子は常に優しく、真心を持って接しながら催眠やエッチを進めています。
耳かきなどの癒し系音声を聴けばわかるように、女性に優しくされるだけでも結構な癒しの効果があります。
ましてやこの作品は催眠音声ですから、聴き手が主観的にそう感じられるようセリフの表現が練られています。
これらの相乗効果によって得られる癒しのパワーはやはり強烈です。

催眠そのものについてもカウントを多用しているのを考慮して
その前後の暗示のボリュームや表現、入れ方に特に気を遣われているように感じます。
かれこれ6年近くも活動されているサークルさんなだけあって技術力も高く
彼女の言葉に受け入れやすさを感じながら十分な深さの催眠に入ることができるでしょう。

エッチは過去作に比べるとやや挑戦的な内容になっています。
ある程度ドライ慣れしている人なら一定以上の快感は得られると思います。
ただしエッチな要素や変態的なプレイが一切無いため
催眠音声にインパクトを求めている人には物足りなく感じるかもしれません。
良くも悪くも催眠を非常に重視したプレイが行われています。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもありません。

癒しを得ながら催眠特有の感覚が味わえる個性的な作品です。
心身をリフレッシュしたい人、変わったタイプのドライを体験したい人に特にお薦めします。

CV:三森愛乃さん
総時間 40:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

サークル「催眠日記」さんの無料の催眠音声作品(全年齢向け)。

無料では「ヒプノリモコン」以来1年1ヶ月ぶりの新作となるこちらは
眠りの精を名乗る優しい声の女の子が安眠へと導いてくれます。

「催眠に入る気持よさを味わいながら眠ってもらう」ことをテーマに
いきなり眠らせるのではなくゆっくりと確実に催眠状態を深めながら
心地いい気分や幸せな気分をたっぷりと味わわせてくれます。



眠りの精が作り出す落ち着いた雰囲気に浸りながら
眠りの精の催眠を聴きながら眠るお話。

「初めまして 私は眠りの精 いきなりでごめんね」
眠りの精は温かくて可愛い声の女の子。
これから寝ようとしている主人公に
より良い睡眠を提供するための催眠をかけてあげます。

本作品は全年齢向け、かつ安眠特化なだけあって
ほぼ全編を催眠誘導に費やし、その中でのんびりとした会話を挟みながら
様々な技術を使って段階的にリラックスや催眠の感覚を強めていってくれます。

催眠日記さんは催眠音声のお手本とも言えるくらいにどの作品もレベルが高く
とりわけ初心者に対する配慮を意識しながら催眠をかけてくれるサークルさんです。
今作も催眠音声を聴く際の心構えを優しく教えてくれるシーンがいくつもありますから
催眠に不慣れな人にも自信を持ってお薦めします。

「こうすると 私の声がよりいっそう強く聞こえると思う まるで私がすぐそばにいるみたいに」
本作品のもう一つの特徴は
眠りの精が催眠の最中ほぼずっと耳元で囁きかけてくれることです。
その耳に障らないレベルの柔らかい声がとても心地よく
作品の最終目的となる安眠がしやすい雰囲気を作り上げています。
技術で無理矢理眠らせるのではなく聴き手が眠りたくなるよう導いてくれます。



あらゆるところまで目の行き届いたきめ細かい催眠
催眠はおよそ30分間。
まずは自分の好きなペースで深呼吸をしたり脱力しながらリラックスします。

「特に無理やり意識する必要はないから ただ 力が抜けていく そう考えることに意味があるの」
眠りの精はどのシーンにおいても聴き手がそれらを無理なく行えるように
十分な時間を割いてどんな風に聴けばいいかを丁寧に教えてくれます。

催眠音声では「~してください」と言われる作品をそれなりに見かけますが
本作ではそういった表現はまったくと言っていいほど使われておらず
「無理しなくていいよ」とか「好きにやっていいよ」など
聴き手にある程度の自由を与えながら催眠を進めています。
この全編を通じて感じられる緩さがテーマの安眠とすごくマッチしています。

「あなたは余計なこと気にする必要ないよ ただ私の声を聞いているだけでいいから あなたは声を聞いているだけでいいから」
また彼女は催眠を進めながらあまりくどさを感じないレベルで
自分の声に耳を傾けるよう呼びかけてきます。
催眠にうまく入るためには彼女の声に集中することが一番の近道です。
そのことを「声を聞くだけでいい」と容易に感じるような表現で教えてくれます。

「足首のちから 膝の力 ふとももの力が あなたの足先から 呼吸するたび 抜けていく 自然と抜けていく」
肝心の催眠についても脱力を促すシーンでは
キーとなる「力が抜ける」を様々なセリフに数多く織り交ぜながら
同時に部位を指定することで意識的に脱力感を強めてくれます。

やってること自体はカウントを刻みながら脱力していくシンプルなものなのですが
その前後の暗示が非常に重厚かつ強力なおかげで
タイミングに合わせてなぜか力が入らないとか、頭がぼんやりするといった
催眠の初期に生まれる感覚が比較的鮮明に味わえます。

特に最後に行う頭の脱力では軽くストンと落ちる不思議な感覚がするでしょう。
催眠に入る感覚、漂う感覚、深まる感覚を楽しみながら聴くことができます。

「一つ 一つと階段を降りている 心の階段を一つ降りるたびに あなたの催眠の深度はより深くなり より気持ちのいい場所へさらに降りて行くことができるの」
催眠に軽く入った後に行う深化シーンの最初は
自分が長い階段を上から下へ降りていくイメージをします。

催眠音声ではもはや定番とも言える手法なのですが
事前にしっかり暗示を入れて十分過ぎるほどに感覚を馴染ませてから
最後にとどめのカウント+追い込み暗示で一気に落としてくれることもあり
私の場合は特に頭が強烈に重くなる感覚が味わえました。
カウントの数え方や追い込み暗示の入れ方もスピーディーで隙がなく
まさに階段を駆け下りるような急激な催眠の深まりを感じることができます。

「あなたの心と頭に幸福が満ちていく まるで温かい太陽に照らされているように 幸せな光を浴びているみたいに とても とても満ち足りていく」
そして最後の最後により良い気分で眠れるよう幸せな気分を増幅させていきます。
事前に自分が実際に幸せに感じるシチュをイメージさせたり
数回に分けてカウントを刻みながら気持ちを膨らませていくなど
ここでも催眠に不慣れな人でもついていけるような配慮が随所に見られます。

「幸せが全身を覆う感覚」を言葉で表現するのはなかなか難しいのですが
映画を観ている最中、とあるシーンに感動して全身が熱くなったり震えたことはないでしょうか?
それに似たような感覚が私にはありました。
全身を気持ちのいい痺れが駆け巡るなんとも不思議で心地よい感覚です。

このように、誰にでも楽しめるゆったりとした寛げる催眠が繰り広げられます。



催眠を楽しみながら眠れる作品
催眠に関する様々な感覚を味わわせてくれる良作です。

聴き手を縛り付けないよう考え抜かれたセリフや暗示の数々
事前の説明や事後の確認に力を入れている初心者に親しみやすい進め方
そして眠りの精が持つ柔らかい雰囲気や温かい声など
様々な要素が聴き手が自然にリラックスし、眠れる環境づくりへと集約しています。

おかげで作品としての統一感、テーマと催眠技術の融和性がしっかりしており
聴いていてすごく催眠に入りやすく、漂いやすい気分がします。
催眠音声を聴き始めた人、聴いてるけどいまいち実感できていない人でも
いつもとはちょっぴり違った妙に心地よい感覚が味わえると思います。

「落ちて 頭の力が抜けて 思考の力が抜けて あなたは 催眠の世界へ入っていく」
本作品の面白いところは安眠をテーマに掲げているにも関わらず
終盤のシーンに至るまで敢えて眠くなる暗示を入れずに
まずは催眠が深まる感覚をしっかりと楽しませようとしている
ことです。

この作品以外にも安眠系の作品は結構ありますが
それらは催眠を深めながら直接的、あるいは間接的に眠くなる暗示を入れて
聴き手がそのまま寝落ちするよう誘導するケースが多いです。
具体的には布団の温かさを感じさせるとか、眠ったときの感覚を呼び起こすとかです。

ですがこの作品はまず古典系のしっかりとした技術で催眠を段階的に深め
それと平行して「気持よくなる」「頭が真っ白になる」「幸せになる」など
眠るのに適した精神状態を作り上げることに注力しています。
そして最後の最後にカウントを使ってようやく眠らせます。

だから催眠に入ったこと、入っていることを聴き手が実感しやすいわけです。
これが私が本作品を初心者に強く薦める大きな理由です。
眠れるし催眠の経験にもプラスに働く作品だなと。

実用的でありサークルさんらしさも感じられるハイレベルな作品です。
誰でも聴ける内容、さらには無料と人を選ぶ要素がまったくありません。
ですから気になった方は属性や性別を問わず是非お試しください。

CV:三森愛乃さん
総時間 32:48

音催眠日記
http://432hypno.blog15.fc2.com/blog-entry-75.html

↑このページのトップヘ