同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:伊東もえ

   ● 仮面屋さいみん
   ● ささやき×ブレス×オナホ 両耳が吐息でいっぱい
   ● のじゃコキ
   ● ソープランドでミラクル☆ボイス
   ● 双子の魔女のお姉ちゃん達が僕に甘く囁いてくる
   ● めいどーる
   ● 快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!! 後編
   ● 快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!! 前編
   ● 近所のお姉ちゃん彼女が僕に甘く囁いてくる
   ● Healing Story 後編「イチャイチャしよ 〜活力注入〜」


仮面屋さいみん

サークル「窓際クルセイダーズ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、心を塗り替えられる特殊な仮面を扱うお店を舞台に
店員さんがそれらを使った非日常的なエッチを提供します。

主人公がつけている「自分」という仮面を外して心を開放したり
動物の仮面をつけてちょっぴり恥ずかしいオナニーをするなど
仮面の特徴に合わせた様々なプレイが登場します。
心の仮面を外してくれるお店
仮面屋の店員さんに催眠をかけられ、その後2種類のエッチを楽しむお話。

「あら いらっしゃいませ 今日は何かお探しですか?」
店員は上品でおっとりした声の女性。
仮面屋に偶然迷い込んできた主人公に丁寧な挨拶をすると
早速ベッドに横になり目を閉じるように言います。

このお店は名前の通り数多くの仮面を扱っており
それらは顔につけるだけで絵柄通りの人格に心が塗り替えられる特殊な力を持っています。
リアルでも仕事とプライベートでまったく違う顔を見せる人がいると思います。
その感覚を仮面に例え、いつもとは違った自分を体験してもらうのが目的です。

最初から言ってしまうと催眠、エッチいずれもイメージ力を重視しています。
ですからそういうのが苦手な人だと楽しみにくいかもしれません。
イメージ自体は誰にでもできる簡単なものばかりです。

催眠は3パート28分30秒間。
ベッドに横になり目を瞑った状態で軽く深呼吸をした後
地下へと続く階段を下りていくイメージをします。

「すとん、と 小さな浮遊感を感じながら あなたは 一段一段ゆっくりと下りていく」
「温かい光が周りを囲んでいて 安心感がじんわりと広がっていきますね」

階段を下りる際に得られる僅かな浮遊感
そしてレンガ作りの壁にかけてある温かな光。
そういった心に安らぎを感じる描写を数多く取り入れながら彼女は語りかけてきます。

催眠において階段を下りるイメージは多くの作品で登場しますし
誰にでもイメージできることから催眠音声経験者はこれだけでも軽くトランスに入るかもしれません。
母性を感じる柔らかさに満ちた店員の声や口調にも癒しを感じます。

「歩いていくうちに 肩から手の先まで すとん、と力が抜けて ぼやけていきます」
しばらくすると彼女はよりリラックスできるように体を脱力させる暗示を入れ始めます。
階段を下りながら脱力するというのも奇妙に思えるでしょうが
力が入らなくなる、というより階段を下りる以外のことをしたくなくなる表現がされています。
階段を下りることに集中・没頭させ、その結果リラックスを促すといったアプローチです。

続く深化パートは階段を下りた先にある仮面屋に入り
彼女の手に引かれて奥にある仮面置き場へと移動します。

「深く深く 下りていった まっさらな世界 少し暗くて だけど 確かな明かりがあるから とても心地いい」
やってることは前のパートにかなり近いのですが
カウントや深化の暗示が増えているため意識のぼやけが強くなるかもしれません。
心と体の状態を一旦リセットし、新しい自分に生まれ変わりやすい環境を整えてくれます。

「常識 理性 あなたが快感を得るのに邪魔なものすべて 外してあげます」
「体がそのまま性感帯になったみたい 外気より 鮮明に感じる 気持ちいい 気持ちいい」

そして最後の暗示パートで自分が今つけている仮面を取り外すイメージをします。
リアルで色々抱えている人ほど聴いたときにスッキリするでしょうね。
仮面を心の足かせに例え、イメージを使ってそれを解きほぐしています。

仮面屋にたどり着き仮面を外すまでの様子に技術を絡めたシンプルな催眠です。
聴き手を他の仮面をつけられるまっさらな心と体にするのを目的に
階段を下りる、仮面を外すイメージに催眠が深まる暗示を絡めて語りかけています。

「力が抜けるということは 頑張る必要がないこと それって とっても安らかで 気持ちいいですよね」
特定の暗示を重ねるのではなく、イメージの中に込めて言う散りばめ式の入れ方をしているため
最後のほうになって気づいたら催眠に入っていた感覚がすると思います。
私の場合は途中から右腕だけが妙に重たくなりました。
サークルさんの過去作に比べると暗示の表現力がパワーアップします。

まとめると、わかりやすいイメージを主体にした取り組みやすい催眠です。
他の仮面をつけてなりきりながら
エッチシーンは2パート41分ほど。
プレイは全身愛撫、キス、全身舐め、乳首オナニー、擬似交尾、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「つんつん つんつん うふふっ 気持ちいいですか?」
催眠を使って主人公を心だけのまっさらな存在に作り変えた店員は
まずは敢えて仮面をつけずにその体を触ったり舐めたりします。

エッチは最初がドライ、次がセルフと絶頂形式を切り替え
その中にテーマの仮面を絡めたプレイがいくつも登場します。
一般的な催眠音声と大きく異なるのはプレイごとに聴き手の姿が変わることです。
それらの生き物になりきって楽しむ風変わりなエッチをしています。

ドライパートは仮面が無い状態ということで
聴き手は魂のような真っ白な球体の姿をしており
彼女が抱きついたり舐めたりしてソフトな刺激を与えます。
仮想的なプレイなのでやはりイメージ力が重要になります。

「白い球体の中に 私の舌がするっと入って 一番感じるところを舐め回すんです」
催眠音声を色々聴いている人ならどんなプレイか掴めそうではありますが
パートで投げかけられる彼女のセリフの多くが状況説明に費やされており
それらをされるとどう気持ちいいのかを伝える暗示がかなり少ないです。

そのためイメージはできても実際に感じられる人は少ないと私は考えています。
この後のセルフパートも含めてイメージさせることに力を入れるあまり
肝心の快感を聴き手に伝えられていないのが非常に残念です。
少なくとも私はドライパートで快感が高まる気分がまったくしませんでした。
純粋なエロ要素が極端に少ないのも気持ちを高めにくい理由だと考えています。

続くセルフパートは30分近くの長い時間に渡り
女の子は乳首オナニー、猫は床うつ伏せで腰を動かす擬似交尾、犬は普通のオナニーといったように
別の仮面を順に装着しプレイを楽しみます。
女体化はともかく本物の猫や犬になってエッチする作品は珍しいです。

「なぞったり擦ったり 触れば触るほど 擦れば擦るほど 自分の敏感さを感じることができますね」
ですが残念ながらこちらも色々な問題を抱えています。
女の子の仮面は実際に乳首をいじることになるため
男性の体を思い出し催眠が解ける危険性をはらんでいます。

例えば「心なしかいつもより胸が大きくなった気がする/柔らかくなった気がする」など
多少なりともフォローするセリフが入っていれば違ったのかもしれません。
正直なところ、この内容なら無理に女体化を絡めず敏感な体になる仮面に変えて
純粋な乳首の気持ちよさを楽しませたほうがすんなりいったと思います。
簡単に言うと女体化させたことによるメリットよりデメリットの方が遥かに大きいプレイをしています。

「あなたは 猫…ですよ?」
「意識すると 心も体も塗り変わる あなたは犬 マゾ犬」

続く猫や犬も彼女がそれらになったことを軽く告げ、オナニーの指示を出すのに終始しています。
最中で動物のように鳴くシーンもありますが、これだけで猫や犬になりきれるかと言われれば首を捻ります。
オナニーは猫の時にうつ伏せになって腰を動かす動物らしいプレイが登場します。

このように、なりきるイメージを中心に据えたプレイが繰り広げられています。
催眠は良いのだが…
どちらかといえば催眠パートのほうに魅力を感じる作品です。

店員は主人公が仮面屋に来た気分に浸れるように、そして心の仮面を違和感なく取り外せるように
主に階段を下りるイメージに暗示を絡めて少しずつ確実に催眠を深めます。
階段自体は催眠音声だとかなりメジャーなイメージです。
しかし本作品における使い方は他の作品と明らかに違います。

それは催眠の最後のほうで説明した暗示の入れ方です。
移動する様子を普通に会話するのに近い表現で描写し
その至るところに「気持ちいい」とか「安心する」といった催眠にプラスに働く単語を組み込んでいます。

サークルさんが前作「催眠吸精 ~絶望快楽~」で現代催眠の技術を取り入れていたところを見ると
その後さらに本を読んだり大手さんの作品を聴いて勉強されたのだと思います。
催眠においては以前に比べて明らかに進化しているのが窺えます。

しかし総時間の大部分を占めるエッチの完成度に難があります。
ドライパートの開始時点で主人公が突然白い球体に変化していると告げられたり
猫化や犬化をごくごく軽いセリフで済ませエッチをしていることなど
聴いてて「あれ?」と思う要素があまりにも多すぎます。

発想自体はすごく面白いです。
だからこそ「どうしてこうなったの?」と思えてなりません。
催眠がある程度良かっただけにエッチの作りの甘さがどうしても気になりました。
ちゃんとそれらになりきらせてからプレイをして欲しかったです。
もっと仮面やプレイのバリエーションを絞り、その分暗示を充実させたほうが良いプレイになったと思います。

絶頂はドライが1回、セルフが1回の合計2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はかなり厳しい点数とさせていただきました。

CV:伊東もえさん
総時間 1:22:33

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
催眠が7点、エッチが1点、足して2で割って4点としました。

ささやき×ブレス×オナホ 両耳が吐息でいっぱい

サークル「うんどうぐつスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、3人の声優さんが扮する風俗嬢たちが
至近距離でエッチな吐息を漏らしながらオナホコキを手伝ってくれます。

女性が生み出すエッチな吐息をたっぷり聴けるのが特徴で
彼女たちは音声開始直後から艶かしい息遣いをバックで流しながら
淫語を言ったりちゅぱ音を鳴らして射精への欲求を膨らませようとします。
エッチな吐息でしっかりサポート
3人の風俗嬢がエッチなサービスをするお話。

「はーい オナホール専用の 風俗店にようこそぉ」
秋乃れんさん扮する風俗嬢は甘く柔らかい声のお姉さん。
お店にやって来たお客に今回行うサービスの概要を説明すると
早速彼のおちんちんをゆっくりと舐め始めます。

本作品は彼女以外にも伊東もえさんとゆづきひな。さんが登場し
同じテーマに沿ったサービスを個別に行います。
プレイはどれも1対1で2人、あるいは3人が同時にお世話してくれるシーンはありません。

そしてどのパートも音声開始30秒ほどが経つと
バックで「あぁん」「はふぅ」などの熱く艶かしい声やちゅぱ音が流れ始めます。
これが本作品最大の特徴とも言える大ボリュームの吐息になります。
中央から風俗嬢の声、左右からは彼女の息遣いが聞こえるマルチボイス仕様です。

プレイ開始直後から音声終了までこれらの声に包まれ続けるため
実際に聴いてみると普通の作品に比べてえらくエッチな雰囲気が漂ってるように感じます。
3人とも意識して艶かしい声を漏らしてくれているのも大きな要因です。
また中央の声も淫語を数多く投げかけて別の興奮を誘ってくれます。

プレイの流れは一緒といっても声優さんが別ですから
パートごとに声や口調、演技、サービスの細かな内容はかなり違います。
詳しくはこの後説明しますが、具体的には抜きのポイントや属性です。
それらを聴き比べて楽しむ、なんてことができるのも本作品の面白いところと言えます。

他にも彼女たちの吐息だけをひとつにまとめた「吐息でREMIX」というパートも存在します。
セリフはごく稀に「大好き」と呟く程度の吐息・喘ぎ声特化の作りになっており
これを聴きながら画像を見てオナニーに耽るなど、オカズとして大いに役立ってくれるでしょう。
吐息や淫語を中心とした抜き重視のプレイ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート75分30秒間(吐息でREMIXも合わせると4パート90分)。
プレイは秋乃れんさんがフェラ、オナホコキ、乳首責め、アナル責め
伊東もえさんが亀頭舐め、オナホコキ、乳首舐め、キス
ゆづきひな。さんが淫語責め、オナホコキ、耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「うふふっ おちんぽがぁ… オナホールに 入ってるよぉ~」
エッチな息遣いと軽いフェラでお客を勃起させると
風俗嬢はオナホールにローションをまぶし、彼のおちんちんをゆっくりと飲み込みます。

エッチは基本的な流れはどのパートも共通。
彼女たちの吐息や前戯で勃起を促してからオナホに挿入し
その後は自分でしごいたり相手にしごかせながら乳首やアナルを同時に責めます。
そして十分に気持ちが高まったところでカウントに合わせて射精します。

この風俗店がオナクラに近い場所なのか、お客自身にオナホコキをさせるシーンが多いので
もしお持ちなら実物を使ってみるのもいいかもしれません。
またオナホコキ等プレイに効果音が無くある程度こちらでイメージしながら聴く形になります。
これはおそらく効果音で吐息が聴きにくくなるのを避けたのでしょう。
実際のところ吐息やちゅぱ音だけで十分に抜けるエロさを持っています。

最初に登場する秋乃れんさん編の大きな特徴は「ゆっくり」感。
風俗嬢のセリフを話すスピード、ちゅぱ音の鳴らし方、プレイの進め方まで
至るところをゆっくり、ねっとりした雰囲気で進めています。

「むっはぁ んっ チンポからヨダレでちゃってるっ」
「オナホールの先からぁ… チンポの先っぽが見えてるの~ん♪ 勃起してぇ 真っ赤になったオチンポのさきぃ」

特にプレイを実況する中央の声がとても艶かしく
意識的に下品な淫語を交えて言ってくれるのもあって自然と勃起してしまいます。
少しずつ射精感を高めていくプレイも優しさに満ち溢れており
純粋なエロさだけでなく癒しも感じながら気持ちよくなることができます。
年上の女性の魅力がたっぷり詰まったパートです。

プレイについては後半でアナルを指でいじる、舐める
射精後に精液を顔で受け止めるといった風俗嬢らしからぬシーンが登場します。
本作品で使用するオナホはすべて貫通式なので
事後の精液の扱いも3人で違った様子を見せてくれます。

続く伊東もえさん編はややMを意識したプレイが持ち味。
オナホに挿入してからわざと動かさないでお客を焦らし
さらにはちょっぴり恥ずかしいセリフを宣言させて精神的な興奮を煽ります。

心への責めに力を入れているパートですね。
といってもこの作品自体があまあまですのでごくごく軽い意地悪程度のものです。

「オナホールにぃ チンポをブッさしたままぁ わたしの呼吸を聞いてなさぁい」
「んはぁ~っ とっても濃いのねぇ~ん♪ 何日も溜め込んでたのかしら?」

また艶かしい声の合間合間に「あんっ」などの吐息を織り交ぜ
男が悦ぶツボを押さえたセリフをしっかり投げかけてもくれます。
伊東もえさんは年上の色っぽい女性を数多くやられている声優さんですし
優しくいじめてくれるシチュもあって多少のMっ気がある人が最も楽しめると思います。

最後に登場するゆづきひな。さん編は淫語に特化しているのがポイント。
「おちんぽ」「おまんこ」などやや下品な単語を連呼しながらサービスを行ってくれます。

「はぁ… はぁ… んっ ち・ん・ぽ もちろん こっちも 言ってあげるね オ・マ・ン・コ」
「オナホールの ヒダヒダが チンポのカリ首のところに吸い付いて 気持ちいいんだぁ」

落ち着いた声から繰り出される淫語はかなりの破壊力を持っており
彼女とSEXしているイメージを織り交ぜたりして上手に気持ちを高めてくれます。
半面オナホコキの時間は短くなってますから淫語好きな人向けのパートです。
吐息との相性がいいですし、ある意味最もこの作品らしいパートなのかもしれません。

このように、吐息や淫語をベースに声優さんの持ち味を活かしたプレイが繰り広げられています。
エッチな吐息を浴びるほど聴ける作品
女性が生み出す艶かしい息遣いを大ボリュームでお届けしている作品です。

音声開始直後から終了まで左右中央から様々な吐息が流れ続けます。
音声作品におけるエッチな音の主役はちゅぱ音が請け負うケースが非常に多く
その一方で吐息や喘ぎ声はあまり脚光を浴びない傾向が見られます。
そこを敢えて前面に押し出した作りにしているのが非常に興味深いです。

そしてそれぞれに別の魅力を持った声優さんたちが
同じプレイの流れに則って思い思いの演技をされています。
サークルさんも声優さんたちの魅力を引き出せるようシナリオを微妙にアレンジしています。
キャラにもしっかりとした違いを持たせてあったりと
吐息という素材を引き立てるための環境づくりも考えられています。

プレイについてはどのパートもオナホコキで射精させる流れになってます。
ですがそこに至るまでの道筋や責め方、精液をぶっかける部位やその扱いなど
細かな部分で明確な違いを持たせています。
吐息や喘ぎ声は多めに用意し、他の抜き要素の比重をパートごとに変えています。
どれが自分に合うと感じるかは人それぞれでしょう。

射精シーンは全部で3回。
喘ぎ声(吐息)大量、淫語とちゅぱ音それなりです。

吐息の素晴らしさやエロさを教えてくれる珍しい作品です。
総時間95分に対し500円とコスパがいいのもポイント。
吐息が好きな人、年上の女性が好きな人には特におすすめします。

CV:秋乃れんさん、伊東もえさん、ゆづきひな。さん
総時間 本編…1:21:03 吐息でremix…14:26

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2016年2月2日まで半額の250円で販売されています。
その場合の点数は9点です。

のじゃコキ

サークル「straight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて年下の男の子が大好きな鬼のお姉さんが
生贄としてやってきた少年を相手にエッチなサービスをしてあげます。

エッチシーンのすべてでたっぷりフェラをするちゅぱ音特化の作りが特徴で
彼女は舐め・しゃぶり・吸いなど責め方を小まめに切り替えながら
最初はゆっくり、後になるほど激しい刺激を与えて彼が気持ちよく射精できるよう巧みにリードします。
鬼と過ごすエッチな日常
鬼のお姉さんに何度もフェラされるお話。

「ほう 可愛らしい坊やじゃのう うん お主がわしに捧げられた生贄か」
鬼のお姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
長続きする不作に困り果てた村人たちが少年を彼女の元へと送り
怯える彼に優しく語り掛けているところから物語は始まります。

本作品は大きく3つ(体験版も合わせると4つ)のパートに分かれており
2人が出会った直後、しばらく経った後の仕事中、夜の寝間とシーンを切り替え
彼女が自慢のお口を使って彼の精液を何度も何度も搾り取ります。
プレイ時間の多くがフェラというかなり尖った作りをしています。

「問題が解決しないうちに村に戻れば 逃げ帰ってきたのかと 言われるじゃろうからな」
鬼が少年を襲うというと調教っぽいエッチをするように思うかもしれません。
しかし彼女は鬼とは思えないほどに温厚な性格をしており
身寄りがないからと村の都合で生贄にされてしまった彼を不憫に思うだけでなく
ほとぼりが冷めるまで屋敷で養ってあげるほどの優しさを見せます。
そしてその見返りとして彼にエッチな悪戯をします。

「~じゃ」と古風な話しぶりをすることや声の大人っぽさ、穏やかさも相まって
最初から最後までとても穏やかな雰囲気に包まれています。
一般的なおねショタに非常に近い作品と思ってください。

肝心のエッチについても一部でハードに感じるシーンがあるものの
基本的にはゆっくりじっくり責めて彼を楽しませながら射精へと導いています。
フェラがメインですから当然のようにちゅぱ音のボリュームもたっぷり。
大人の女性らしい変化に富んだちゅぱ音が自然とエッチな気分にさせてくれます。

サキュバスの尻尾責めみたいな人外特有のプレイも特に登場しませんので
年上好き、おねショタ好きならどんな人でも問題なく楽しめると思います。

ちなみに先ほど触れた体験版は本編からの抜粋ではなくオリジナルのお話です。
ですからとりあえずはそちらを聴いて、気に入ったら本編も聴くことをおすすめします。
(誰でも聴ける部分なので本レビューでは詳しい内容の紹介を省略します)
お口を使った濃厚なエッチ
エッチシーンは3パート61分30秒(体験版も含めると70分30秒)
プレイは手コキ、玉揉み、フェラ、玉舐めです。
射精の際に効果音が鳴ります。

「ほーう ほうほう 女にこんなことを言われただけで こんなになっておるではないか?」
会話の最中、自分は童貞じゃないと主張する少年を見て
お姉さんは彼の膨らんだおちんちんに手を触れ、確認しながら優しく刺激を与えます。

エッチはおねショタらしく彼女がリードしながら行います。
一番最初の「鬼のお姉さんの生贄フェラ」パートは
2人が出会ったばかりということで親密度を高めながらエッチするシーン。
彼のおちんちんに軽く手を触れた後、彼女が後ろからぎゅっと抱きしめ
その状態でしばらく手コキをしてからメインのフェラへと移ります。

「目をそらしおって 恥ずかしがり屋さんじゃのう」
「母親の気持ちとは こんな感じやもしれんな ふふっ」

彼女は年下の男性やその精液が大好きなキャラなのですが
彼に強引に襲い掛かり、執拗な責めを加えるようなことは決してしません。
おちんちんを見られたりいじられて恥ずかしがる姿を微笑みながら見つめ
実の母親のような優しい言葉をかけてしっかり安心させてあげます。

最中は彼女が彼を甘やかすとか、大事に思っているセリフや仕草が随所に登場しますから
聴いていると心安らぐ気分を抱く人がきっといるでしょうね。
年上らしい柔らかく包み込むような態度を見せながらエッチを行っています。

「ぬめる唾液を たくさん湧かせた口内で この小さなチンポを よしよししてやらねばな」
パート後半から始まるフェラもまずはおちんちんの味を確かめるように優しく舐めまわし
馴染んできたところで「ずびりゅっ ぶびっ」と舌や唇を使ってやや下品な音を鳴らし始めます。
そして仕上げに亀頭に激しくむしゃぶりつき、吐き出された精液を美味しそうに飲んでくれます。

本作品のフェラで使われているちゅぱ音は全体的に下品なものが多く
穏やかな雰囲気とはやや不釣合いな音の数々が徐々に興奮を高めてくれます。
優しさがあり、激しさもあるエッチです。

2番目の「鬼のお姉さんの机下フェラ」パートは彼が屋敷に住み始めてしばらく経った後のお話。
物書きのお仕事の最中、お姉さんのパンツをオカズにオナニーしていたのがばれ
そのお仕置きとして彼女が机の下に入り、フェラをしながら仕事を続けさせます。

「ほれ ちゃんと筆を動かさんといかんぞ? このまま 吸っていってやるからのう」
ここでは前のパートに比べて彼女が吸い上げる音を鳴らすシーンが多く
「ぶぴゅっ ぎゅるるぅぅ」というパワフルなバキューム音が股間に良い刺激を与えてくれます。
お仕置きと言っても彼女が痛いことや苦しいことをするわけではありません。
ちょっぴり意地悪をして彼の困る様子、我慢する様子を楽しむあたりに留まっています。

そして最後の「鬼のお姉さんの夜伽フェラ」パートは彼女の部屋が舞台。
てっきりSEXの相手をするものと思っていた彼に童貞はまだ奪わないことを告げると
期待ですっかり勃起しているおちんちんの包皮を剥かせ
露わになった亀頭の表裏やカリの溝など弱い部分を集中的に舐め始めます。

「いいぞ やりたいようにやってみよ 何事も練習じゃからな」
このパートの聴きどころは1回射精した後に始まる2回戦。
今までのように彼女が責めるのではなく、彼に腰を動かさせて彼女がそれを受け止めます。
まだ慣れておらずやや強引に出し入れする彼の責めにやや苦しい声を漏らすものの
彼の男らしい部分が見られたことが嬉しいらしく、怒ることなくしっかりと射精まで付き合ってあげます。

イラマチオっぽいプレイをとても甘い雰囲気で行っているような感じですね。
彼の希望を受け入れているところにも2人の心の距離が縮まっているのが窺えます。

このように、フェラを中心とした温かみのあるエッチが繰り広げられています。
癒されながら抜ける作品
女性の口が生み出すエッチな音の数々と、お姉さんが少年に見せる親しみに溢れた態度が魅力の作品です。

長い間ずっと1人で屋敷に暮らしていた鬼が
偶然送られてきた少年を相手に親睦を深め、エッチを楽しむ様子が綴られています。
おねショタの王道とも言える女性が男性をリードし、甘やかすスタイルを維持しつつ
音声作品では定番とも言えるフェラによるちゅぱ音をたっぷり聴かせてくれます。
甘さがあり、エロさもあるバランスの取れた構成が印象的でした。

「これからも よろしく頼むぞ この屋敷こそが お主の居場所なんじゃからな」
お姉さんはおそらく誰とも触れ合えない環境に寂しい思いをしていたのでしょう。
最初から主従ではなく家族に近い態度で接し
エッチでもまず彼が気持ちよくなれることを考えながら責めています。
そしてプレイを通じて彼が立派な男に成長できるように助けてもいます。

この彼女の飾らない姿に心が温められるのを感じました。
精液もすべてのシーンで大事そうにしっかり飲み干してくれますし
とてもいい気分に浸りながら聴き終えることができます。

もう一つの柱とも言えるフェラについては
全体的に水分をやや高いものに統一し、ゆっくりながらもエロさを持たせています。
最初のパートは会話を多めに、その後の2パートはちゅぱ音のボリュームを多くするなど
同じプレイでも微妙な違いを持たせている点も良いですね。
お姉さん役が伊東もえさんということでかなり色っぽい声や音が楽しめます。

ちなみに体験版も一応聴いてみたのですが
体験版に比べて本編の方がセリフは多めになっています。
黙々と舐め続けるのではなく、適度に会話をしながら責める感じです。
射精シーンは全部で6回。
ちゅぱ音多め、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

おねショタ色を前面に出しながらフェラをたっぷりしている作品です。
おねショタ好き、ちゅぱ音好きな人には特におすすめします。

CV:伊東もえさん
総時間 体験版…11:57 本編…1:20:06 合計…1:32:03

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ソープランドでミラクル☆ボイス

サークル「うんどうぐつスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人しい子・積極的な子・大人の色気漂う女性の3人が
ソープランドを舞台に密着しながら思い思いにエッチなサービスをしてくれます。

複数の女性が別々のプレイを同時に行ってくれるのが大きな特徴で
フェラ+手マンなどエッチな要素が被らないようプレイの内容を選びながら
エッチな吐息やちゅぱ音をたっぷり鳴らす密度の高いサービスが行われています。
複数の女性と一緒にエッチ
ソープ嬢の「みゆ」「りおな」「フロント」からエッチなサービスを受けるお話。

「どうも初めまして みゆです」
みゆは大人しそうな可愛い声の女の子。
「初めまして 私の名前は りおなっていいます」
りおなは明るく整った声のお姉さん。
フロントでソープ嬢たちの説明を軽く受けた後
彼女たちと部屋に移りサービスが始まります。

本作品はソープ編と講習編の2部構成。
ソープ編ではみゆとりおなが、講習編ではそれにフロントのお姉さんを加えた合計3名が
主人公に体を密着させながらキスをしたり、体を舐めたりと様々なご奉仕を同時にしてくれます。

所謂二輪車、三輪車プレイをテーマとしているだけあって
プレイ開始直後から彼女たちはエッチな声や音を同時に鳴らして興奮を高めてくれます。
特に喘ぎ声や吐息はプレイ中のほとんどで誰かが漏らしてくれているほどにボリュームが多いです。
声優さんが別々ですから喘ぎ声を聴き比べながら楽しむのもいいでしょう。

もうひとつの特徴は彼女たちの声質がクリアでリアルなこと。
場所がソープということでほんの少し声を反響させながら
プレイごとに声の位置がきちんと移動し、最中も動きに合わせて若干左右にスライドします。

発売されたのが2012年ですからバイノーラルもそれほど普及してませんし
当時聴いた人はクオリティの高さに相当驚いたのではないでしょうか。
現在においても十分通用するレベルの臨場感があります。
エッチな声や音をふんだんに使った濃厚なエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる5パート53分間。
プレイは全身舐め、フェラ、キス、手コキ、顔面騎乗、クンニ、アナル舐め
前立腺マッサージ、みゆとのSEX(騎乗位)、ローションプレイ
です。
SEX、ローションプレイの際にややリアルさに欠ける効果音が鳴ります。

みゆ「えっ? 恥ずかしいなぁ それに こんなに硬くなってて…んっ」 
りおな「私があなたのおちんちん 即尺してあげるから みゆちゃんのこと 責めてて」
サービスルームに到着するとみゆとりおなは早速主人公の服を脱がし
みゆが彼に体を愛撫してもらう一方でりおながおちんちんを舐め始めます。

最初のソープ編はサービスに不慣れなみゆを好きに弄びながら
熟練者のりおながおちんちんを中心に責めてくれる二輪車らしいプレイが中心。
みゆは女の子特有のエロ可愛い喘ぎ声を、りおなは貪るような激しいちゅぱ音で
別方向から聴き手の性的興奮を執拗に刺激します。

みゆ「奥まで舌を入れてください…んんっ」
みゆはいい意味でソープ嬢らしからぬ初々しい部分を持っており
こちらの責めに対してちょっぴり恥ずかしがりながら喘いでくれます。

りおな「その間私は 背中におっぱいを密着させて おちんぽしごいてあげる」
対するりおなはまさにソープ嬢のイメージ通りなキャラ。
自分からやや下品な淫語を言いながら積極的に責めてくれます。
ソープ嬢のキャラに明確な差を持たせ、その個性を活かしたプレイをしてくれるのがいいですね。

みゆ「そこぉ おまんこの中 いいわぁ あんっ」
そんなみゆもシーン後半のSEXに入ると大胆になってくれます。
りおなに促されて下品な淫語をもじもじしながら言ったり
腰を動かしながらややアヘった喘ぎ声を漏らす姿がたまりません。
りおなも体を舐めながらエッチな吐息を漏らしたりと、抜きやすい雰囲気作りに努めています。

もうひとつの講習編はソープ編が終わった直後のお話。
みゆがマットプレイを勉強する際の練習台として彼女のご奉仕を受けます。

フロント「次は あなたの両脚で お客様の太ももを挟んでみて」
みゆ「こうやって ぎゅーって 挟むんですね?」
同じくソープ嬢をしているらしいフロントのお姉さんが指導をするのですが
彼女自身もこちらに密着して体をこすり付けたり艶かしい吐息を漏らします。
他の二人とは違う大人っぽい息遣いがとてもエロく
男の喜ぶツボを心得た粘っこい舐め音も股間を大いに刺激してくれます。

最終パートに入るとりおなも参戦し、みゆと繋がりながら残りの二人にも左右からご奉仕を受けます。
女性特有の息遣いやちゅぱ音に左右中央から囲まれるひと時はとっても濃厚。
後になるほど淫語のボリュームも増えてさらにエロさが増していきます。

このように、エッチな要素をたっぷり含んだエロエロなプレイが楽しめます。
喘ぎ声まみれな作品
複数の女性が同時に相手をする利点を活かした抜き重視の作品です。

みゆ・りおな・フロントは主人公の性的欲求を満足させるために
ほとんどのシーンで体を密着させながら肌や口を使ってこちらを責め
それと同時に吐息や喘ぎ声で敏感な部分を刺激されている喜びを表します。

そしてソープ嬢見習いのみゆは責め&受け、それ以外の二人は主に責めの立場にすることで
責めるプレイと責められるプレイを両立させたりもしています。
二輪車プレイというとダブルフェラとかを想像しがちなのですが
本作品ではみゆを中心に置き、最初はやや恥ずかしそうにしながらサービスをしていた彼女が
プレイを通じて少しずつ積極的になる成長っぷりも織り交ぜています。

ですが二回あるSEXシーンの両方をみゆが担当しているおかげで
他の二人、特にりおなの存在が薄れてしまっているようにも思えます。
その結果一番乱れてくれるのがみゆ、つまり喘ぎ声の割合も2つのシーンで似通ってます。

三人の女性がいるのに他の二人にまったく手をつけないというのも残念ですし
喘ぎ声のボリュームだけでなく質も考えながらプレイを組み立てて欲しかったです。
個人的にはフロントの乱れっぷりをもっと楽しみたかったなと。

エッチはとことんまで喘いでくれるある種ストレートな内容です。
一部でアナルを責めるプレイがありますが効果音は無く表現も控えめです。
射精シーンはソープ編1回、講習編1回の合計2回。
喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

男にとっては夢のプレイを音声だけで表現している作品です。
喘ぎ声が好きな人ほど楽しめるでしょう。

CV:みゆ…誠樹ふぁんさん りおな…椎那天さん フロント…伊東もえさん
総時間 ソープ編…32:48 講習編…25:53 合計…58:41

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
本作品は2015年09月02日まで半額の270円で販売されています。
その場合の点数は8点です。

双子の魔女のお姉ちゃん達が僕に甘く囁いてくる

サークル「タロイモ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、実の弟を異性として溺愛している双子の魔女が
魔力吸収を名目に様々なプレイをしながら精液をたっぷり搾り取ります。

サークルさんが常にこだわられている「密着しながら囁く」シチュだけでなく
女性が2人いることを活用して掛け合うようにプレイを進めていく演出など
従来の作品よりもパワーアップした愛のあるエッチが繰り広げられています。
かっこいいお姉ちゃんと優しいお姉ちゃん
双子の姉「マヤ」と「サヤ」からエッチなサービスを受けるお話。

「あぁ いたいた アンタどこほっつき歩いてんの ちょっとこっちに来なさい」
マヤ(挿し絵左)はちょっぴり気の強そうな大人びた声のお姉さん。
「んー と… あっ いたいた! 弟くーん!」
サヤ(挿し絵右)はのんびりと話す甘い声のお姉さん。
実の弟にあたる主人公に魔力を得るための精液採取がしたいと告げると
耳元で囁きかけながら彼のおちんちんを手や足でしごき始めます。

本作品は大きく5つのパートに分かれており
最初の2パートは二人が個別に、残り3パートは二人同時にエッチの相手をしてくれます。
そして「甘く囁いてくる」のタイトル通り全編を通じて彼女たちが密着し、囁きながらプレイをするシーンが多く
セリフによっても人肌の温もりや見られる恥ずかしさを感じさせてくれます。

囁き声といえば他だとVOICE LOVERさんの「ささやき庵」シリーズが有名ですが
あちらがパートの大部分を囁き声のみで語りかけてくるのに対し
本作品は1~2分くらいの間隔で通常の声と囁き声を切り替えながらエッチを行っています。
そういう意味では純粋な囁き系の作品とは少し違うのですが
全体としてみればかなりのボリュームですので、やはり囁き好きな方に適していると言えます。

もうひとつの大きな特徴は二人の性格。
マヤはクールかつストレートに、サヤはお姉ちゃんらしく優しい態度で接しながら
バリエーションに富んだ責めで弟を最高の射精へと導きます。

「アタシはアンタが好きだから アンタとこういうことができるの」
声だけを聴くとマヤはちょっぴり冷たい印象を受けるかもしれません。
ですがそれは彼女がそういう性格だからであって
プレイや合間に飛び交う言葉責めは彼のことを第一に考えています。
このちょっぴり不器用なところがむしろ彼女の魅力ではないかなと。

「お姉ちゃんだってマヤと同じくらい その …弟くんのことが好きなんだからね」
対するサヤはまさに正統派のお姉ちゃんといったキャラ。
甘い声や態度、徹底的に甘やかすプレイが心をとろかせてくれます。
しかしその一方で嫉妬深い側面も持っており
シーンによってはマヤ以上に手ひどい責めをしてくる場合もあります。

性格は違えど彼女たちの弟に対する愛は一点の曇りもありません。
一部でわざと意地悪に振舞うシーンもあるのですが、それも彼の同意を得て行っています。
年上の女性がたっぷりと愛してくれるあまあまな雰囲気が終始漂っています。
「密着」をテーマにした質の高いプレイの数々
エッチシーンは5パート59分間。
プレイはマヤの手コキ、サヤの足コキ、オナニー、双子の乳首責め、玉揉み、オナホコキ、キス、授乳手コキ、亀頭責め、耳舐めです。
手コキ、足コキ、オナニー、オナホコキ、射精の際にリアルな効果音が鳴ります。

「そうそう それでいいの ちゃんとできたアンタにはご褒美をあげないとね」
魔力の吸収に協力してくれた弟にお礼を言うと
マヤは密着しながら彼のおちんちんをゆっくりとしごき始めます。

エッチは双子が年上なこともあり彼女たちが終始リードしてくれます。
最初の「マヤ・精液採取」パートはマヤがサヤに内緒で彼の精液をいただくシーン。
バックでにちゃにちゃといやらしい音を鳴らしながら
彼女が普通の声と囁き声を交えた言葉責めでエッチな気分を盛り上げます。

「もうねぇ アンタは覚えちゃったのよ アタシの指が 手が おちんぽを気持ち良くしてくれるってこと」
「僕のおちんちんにぴっとりくっついて ごしごしされちゃってる  金玉ももみもみされて 射精促されちゃってる」

プレイをしながらマヤはこの手が自分の実の姉のものであることや
恥ずかしい部分や感じている姿を観察していることを適度に伝えてくれます。

また手コキのペースが後になるほど段階的に速くなるだけでなく
裏筋を集中的に責める場合は手コキ音が若干筋っぽいものに変化したりと
ひとつのプレイに対して複数種類の効果音を用意し、使い分ける細かな演出も見られます。
プレイ自体は割と普通なのですが、雰囲気作りがうまいので密度が高く感じます。

「どぴゅっ どぷどぷぅっ びゅっ びゅぅーっ びゅるびゅる びゅくびゅくぅっ」
エッチの全編を通じて言える大きな特徴は射精シーンに力を入れていること。
パートごとに一回ずつある射精の瞬間にはバックで液体が放出される効果音と
上のような射精の様子を実況するセリフの両方が登場します。


片方だけというよくあるのですが両方同時は正直初めてです。
テーマの密着から連想される「見られる」快感を適度にくすぐる面白い演出と言えます。
さらには射精中にも弱めの刺激をしばらく与え続け、最後に精液を美味しそうに舐め取るなど
弟にできるだけ気持ちよくなって欲しいと願う彼女たちの心遣いが見られます。
かなりレベルの高い射精シーンと言えるでしょう。

双子が本領を発揮するのが後半の3パート。
特に4番目の「サディスティックプレイ」パートと最後の「あまあま赤ちゃんプレイ」パートでは
二人がまったく正反対の方法で弟の興奮を高めようとします。

「アンタが必死に金玉ん中に溜めこんだ豚ザーメン 私がこのまま手で追い出してあげる」
「ほら イけよ変態 メスを孕ませることもできない 家畜以下の射精しろっ」
「サディスティックプレイ」パートは弟を軽くいじめながら射精へと追い込むのがコンセプト。
マヤが玉揉み、サヤがオナホコキを担当しながら様々な罵声を投げかけます。
サヤがこういうハードな言葉責めをしてくれるのがいいですね。
普段が優しいからこそ、この大きなギャップが気持ちを大いに高めてくれます。

「ほぉら もう出ちゃいまちゅね 白いおもらしびゅーしちゃいまちゅ」
「お姉ちゃん二人 ママ二人に優しく責められて おせーしぴゅっぴゅしちゃいまちょうね~」
対する「あまあま赤ちゃんプレイ」パートは打って変わってとことん甘やかすプレイ。
二人が左右から弟を抱きしめ、赤ちゃん言葉を言いながら授乳手コキをします。

前のパートの直後に聴いたら余計に幸せな気分が味わえるでしょうね。
後半では授乳手コキ+亀頭責め+耳舐めという濃ゆいプレイも登場しますし
二人の女性から愛される雰囲気を声や音でエッチに表現しています。
個人的にはこのパートが最もこの作品らしさが出ていると思ってます。

このように、二人の女性が多種多様なシチュやプレイで愛してくれるあまあまなエッチが繰り広げられます。
年上の魅力がたっぷり詰まった作品
年上の女性に甘やかされながら抜ける充実した作品です。

マヤとサヤは魔力の吸収を建前に弟を様々な責めでもてなします。
目的だけを考えればここまで凝ったプレイをする必要はないはずです。
そこを敢えて頑張っているところに彼女たちの彼に対する愛情の深さが感じられます。
二人が彼を取り合って喧嘩することもないですし、終始いい気分に浸りながら聴くことができます。

この作品の面白いところはプレイだけでなくシチュにもこだわっているところです。
最初の2パートは手コキと足コキでそこまで大きな変化は見られないのですが
3パート目以降は二人に誘惑されながらのオナニー、きつめの言葉責め&ハードなプレイ
徹底的に甘やかしながらのラブラブなプレイと方向性に明確な違いがあります。

そして違うタイプの二人の女性がいることを利用し
パートごとにメインの責め手を切り替えたり、複数のプレイを同時に行うなど
相手が一人の場合では絶対にできない要素を盛り込みながらエッチを進めています。
タイトルを見ただけでは「双子がとにかく囁いてくるのだろう」くらいしかイメージできないでしょうが
内実はプレイの内容や展開、雰囲気に至るまでありとあらゆる部分が練られています。

「案外こうして徹底的にいじめたりするってのも 悪くないかも もちろん合意の上でね」
一部でやや手厳しいプレイをする場合も、二人は弟の気持ちを第一に考えています。
ロールプレイの域を出ていないから安心してプレイを楽しむことができます。
射精シーンが各パート一回ずつに絞られていますし
音声作品にとって大切な「抜き」もしっかりと見据えながら作られています。

エッチは先ほども書きましたが射精開始から終了までのシーンが濃密です。
作品によっては精液の後始末すら端折る場合もあるのですが
射精は一番盛り上がるシーンですし、事後は気持ちを整える重要なシーンだと思います。
最後の最後まできっちり面倒を見てくれるところに心満たされます。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

密着&囁きをテーマにした総合力の高い作品です。
囁き好き、年上好き、女性に甘やかされるのが好きな人には特にお薦めします。

CV:マヤ…紅月ことねさん サヤ…伊東もえさん
総時間 1:20:06


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

めいどーる

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの催眠音声作品。

当サイトの2周年を飾る今回の作品は
はかなさを感じるメイドが催眠を使ってご主人様を家畜奴隷へと作り変えます。

主従の立場逆転を催眠の技術によって見事なまでに演出しており
弱々しい印象しかなかった彼女の声に次第に心地よさを感じ
その指示に従うことに快感を覚える、といった不思議な感覚が味わえます。



淫乱メイドのちょっと変わったご奉仕
メイドに催眠をかけられペットとして飼われるお話。

「お帰りなさいませ ご主人様 今日も一日 お疲れ様でございます」
メイドは明るく可憐な声の女の子。
仕事が終わって帰宅したご主人様が自分の体を求めてくると
ちょっぴり恥ずかしそうにしながらパンツを見せてあげます。

彼女はご主人様の夜のお相手も勤めている奴隷メイド。
女性が放つ独特の匂いが大好きな彼の嗜好に合わせて
汗や愛液をできるだけ体に染み込ませながら仕事や生活をしています。

「この いやらしいおちんちんの匂い 嗅いでると 私 なんだかいやらしい気分になってきちゃいます」
冒頭にある約13分のドラマパートでは、そんな彼女の日常風景として
帰り際の彼のおちんちんの匂いを嗅いだりフェラするシーンが登場します。

催眠音声なのにいきなりエロシーンをもってくるのはかなり珍しいですね。
催眠に関する要素は薄めなので、キャラや2人の関係をドラマ形式で描きながら
聴き手に作品へ没頭してもらうのが狙いと思われます。
ちなみにここでは射精などの絶頂シーンはありません。

そして本格的なプレイをするためにメイドの寝室へと移動した後
彼女が最近勉強している催眠術を使ったエッチをしたいと言い出す。
ここまでが催眠を行うきっかけやそこに至るまでの大まかな流れです。

催眠はおよそ34分30秒。
まずは仰向けになって目を瞑りながら彼女の声に耳を傾けます。

「無理に聴こうとするんじゃなくて 自然に入ってくる感じ わかるかな? もうこの声が 私の声が あなたの体の一部みたいな そんな感じ」
彼女は先ほどとはまるで違うトーンの低いぼんやりとした声で
適度に表現を変えながら何度も声に意識を向けるようやんわりと呼びかけてきます。
無理に聴こうとするとリラックスしにくくなりますから
「聞こえてくることに慣れる」あたりの無理のない聴き方をするのがいいでしょう。

「もしあなたがまだ疲れていないのなら この声は 明日への活力になる力を与えてくれます だからあなたにとって 私の声を聴くことは必ずプラスになります」
また彼女は話をしながら自分の声にいい印象を抱くようにも働きかけてきます。
声自体が男性にとっては心地よさを感じるタイプですし
聴き続けているといい気分とか癒される感じが自然に湧いてきます。
言葉と雰囲気の両方から上手に聴き手の心を誘導しています。

声を適度に心と体になじませた後は脱力。
肩、足、腰、頭の中に真っ白な風船がつけられるのをイメージし
それを持ち上げながら体に浮遊感や心地よさを感じます。

「すーっと抜けていく 肩がとても軽い」
「ふ~んわり ふんわり 体が浮かぶ どんどん浮いていく」

事前にどんなことをイメージすればいいかをきっちり説明してから
パーツごとにカウントを使って暗示を入れていくとても丁寧な脱力です。
明るく溌剌とした声で何度も入れられる「浮かぶ」「軽い」を交えた暗示の効果も手伝って
全身が軽く上に引っ張られているかのような不思議な感覚が味わえます。
「うまく力が入らないけどなんか心地いい」みたいな感覚です。

「脳が真っ白になる 気持ちいい 体がゾクッとする 気持ちいい 全身が一気に痺れる 気持ちいい」
そして最後は短めのカウントを何度も刻みながら段階的に催眠を深めていきます。
ここまでの時点で多くの人が相当な眠気や意識のぼやけを感じているでしょう。
その幸せな中で聞こえてくる彼女の声はとても心地よく
後になるほどその感覚が強くなったり体が言うことをきかなくなります。
様々な技術を使って声に対する様々な印象を植え付けてきたからこそ
彼女の言ったとおりの感覚が得られるのです。

声への服従をテーマに、イメージを絡めなら重厚な暗示を入れてくるきめ細かい催眠です。
最初は声を聴く、続いて声に心地よさを感じる、最後は声に従いたくなる、といったように
表現を少しずつシフトさせながら、聴き手が暗示を受け入れやすくなるよう
催眠を深めながら彼女の声に対する印象を巧みに操作しています。

「私の言うことを聴く ただそれだけ それだけで 気持ちよくなれる 気持ちよくなれるから 私の言うことを聴きます」
しかも彼女は「従うことで気持ちよくなれる」とプラスのイメージがする言葉を繋げて
声に従うことへの抵抗感をうまい具合にかき消しています。
暗示が入念なのに加えて言い回しに非常に気を使っているから受け入れたくなるのです。

聴き手のことを第一に考え、常にそちらの立場に立ちながら催眠を進めています。
おかげで声を聴いている間はすごく癒されますし
人によってはそのまま寝入ってしまうほどの心地よさを感じるでしょう。
調教をテーマにしている作品とは思えないほど心安らかに聴くことができます。
この後のプレイが大丈夫ならおそらく初心者でも楽しめます。



奴隷に隷属することに快感を覚えながら
エッチシーンは2パート38分間。
プレイは全身愛撫、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応有りです。

「これからあなたは、エッチなお人形になるの 声に犯されるのが大好きなお人形」
催眠を使ってご主人様を自分の声の虜にしたメイドは
いつもとまったく逆の立場になって様々なエッチな指示を与えます。

エッチはテーマに合わせて彼女の声に従いながらプレイを行います。
最初は暗示で感覚を操作する催眠音声の王道的なエッチ
次は変態的な命令を絡めた従う喜びを楽しんでもらうエッチ、といったように
2つのパートでプレイスタイルに大きな違いがあるのが特徴です。

最初のパートは白いエッチな煙を体内に取り込むイメージをしながら
この後のプレイへの準備として自分の体を敏感にします。

「煙があなたの皮膚を敏感にさせる 触れていないところも なんだかむずむずする」
彼女が淫語や喘ぎ声を特に言わないのでエッチな雰囲気はほとんど無いのですが
なぜかその言葉を聞いていると体に妙な火照りを感じるようになります。
直後の実際に体に触れてみるシーンでその事実を思い知ることになるでしょう。
脇腹などのデリケートな部分ほどピリッとした感覚がしました。

「耳から聴こえるこの音はあなたの心をコントロールするの」
また開始から10分程度経過すると「ブォンブォン」という振動音が鳴り始め
その間は自分で自分を好きなようにいじっていいとも言われます。
それ以降、パートが終わるまでのおよそ9分間は彼女のセリフは一切ありません。
ですからここでおちんちんをしごいた場合にのみセルフ有りとなります。

聴き手にすべてを委ねる非常に珍しいスタイルのプレイですね。
暗示による感覚の違いが実感しやすいとも言えます。

対する2番目のパートはバリバリの調教プレイ。
まるで女王様のような高圧的な態度を取りながら
メイドがM向けの屈辱的なプレイを指示します。

「小汚く鼻を鳴らして ブヒブヒーって鳴くのよ ほーら 一度鳴いてみせなさい」
全裸で四つんばいになり、額を頭につけながら恥ずかしいセリフを言う
豚のようにブヒブヒ鳴くなど普通の人ならドン引きするプレイばかり。
でもなぜかそれを忠実にこなすとえらく気分がいい。
催眠の効果を活用しながら奴隷の喜びを教えてくれます。

極めつけは何と言っても最後に行うオナニー。
仰向けになりおちんちんの根元を押さえて突きたてながら
物理的な刺激を与えず声だけで射精を目指します。


「声を聴くだけで興奮しちゃう 声を聴かせてもらえることそのものが最高の餌」
「快感がどんどん、おちんちんに集まる 声を聴くだけで、イってしまう」

彼女はこちらが射精できるよう声を使って何度も気持ちを高めようとします。
プレイがプレイなのでさすがに初回で射精するのは難しいでしょうが
声につられて股間が盛り上がる感覚は十分に味わえます。
シチュ的にM度が強い人ほど成功しやすいのではないかなと。

このように、声を使って絶頂を促すちょっぴり変わったエッチが繰り広げられます。



声の持つ力を思い知らされる作品
声によって心を操作される気持ちよさが味わえる作品です。

メイドは催眠誘導だけでなくエッチシーンにおいても
自分の声に耳を傾け、それに心地よさや性的快感を感じるよう働きかけてきます。
男性なら女性の声に対して一定以上の好印象を抱いているでしょうし
聴き続けているほどに幸せだったり安心する感じがしてきます。
特に催眠誘導時は催眠を施すのに非常に適した声調や演技をされています。

それがエッチパートに入るとある程度嗜虐的に変化し
上下関係を雰囲気的に匂わせながら変態的な命令を下します。
これまで散々声に対する良さを心と体に染み込ませていますから
少なくとも強烈に拒絶したくなる気持ちにはなりにくいはずです。
だからこそ従うことの気持ちよさや快感が味わえるのだと思います。

催眠はやはり暗示を入れる際の表現力の高さが光っています。
催眠を進めていくにつれてだんだんとその意図が明確になっていくわけですが
それがわかっていても断りきれない上手な言い回しがされています。
細かい部分で様々な現代催眠のテクニックを使われているからでしょう。
老舗サークルさんじゃないとできないハイレベルな催眠です。

エッチはオナニー有りなのですが暗示でイかせるやや凝った作りです。
一部で絶頂指示が曖昧だったりハードルの高いプレイがあったりするのですが
暗示による気持ちや感度の変化は普通に楽しめます。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠によって生まれる諸々の感覚や体験を重視している良作です。
総時間およそ90分に対して700円と価格もとっても良心的。
深い催眠状態に入りたい方、命令に従う快感を楽しみたい方には特にお薦めします。

CV:伊東もえさん
総時間 1:36:04


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!!

快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!! 前編」の続きです。

第3部は色仕掛けによる入念な工作の末に行われた試合と
その後のチア部とバスケ部の様子が9パート243分もの長さに渡って描かれています。
こちらも最初の試合、2回目の試合、その後の3つのシーンに分けられてますので
バスケ部の主将がどういう形で籠絡され、葵の虜になっていくかを順を追って説明していきます。



試合中にも行われる容赦無い籠絡
最初の試合のシーンは3パート102分間。
プレイは背中への乳ズリ、手コキ、キス、パンツコキ、ぱふぱふ、フェラです。
乳ズリ、手コキ、パンツコキ、ぱふぱふの際にリアルな効果音が鳴ります。

「ねぇ… このまま前に来たら すっぽりここ(おっぱい)に あたま埋まっちゃいそうだね」
試合当日、ここまでで唯一籠絡できなかったバスケ部主将に対して
メインは葵、そのサポートにチア部の榊原 玲衣と河野 芹佳を加えた3人が
試合をしながら女の武器を使って段階的にエッチなアプローチをかけます。

試合中の行為ということで笛やボールの音などを鳴らしながら
時折どちらが点を取ったとかを葵が告げてくるシーンもあるのですが
基本的には彼を葵がしっかりマークしつつ、その大きなおっぱいを押し付けたり
時折パンツをちらつかせて彼の注意力を奪っていく感じで描いています。

葵「ほら…前後から…おっぱい押しつけあって…♪ おもいっきり、お顔はさんで、ぱふぱふしてあげるね」
玲依「んふふ… 声あげようとしてもだめだよ? お口は おっぱいでふさがれちゃってるんだから」
芹佳「ほらほーら ゆさゆさおっぱいで 視界が埋まっていくよ」

ここでの特徴は3名のチア部員によるハーレム的な責めです。
葵は正面から、玲依と芹佳は左右からそれぞれ自慢のおっぱいを使って
背の低い主将の顔に押し付けます。

3人のテンポの良いやり取り、声優さんごとの持ち味を活かした演技が
別々の方向から性的な刺激を与えてくれるでしょう。
比較的ソフトなプレイをそういった要素で見事にカバーしています。

「ねぇ…キミの権限でさ…あの子 交代させてくれない…? このままじゃカプカプできないから」
前半と後半で1回ずつ射精させられ、堪らず休憩に入った主将ですが
その後も葵は責めの手を一切緩めることはありません。
口を使ってゆっくりと包皮を剥き、亀頭を浅く咥えてフェラをしながら
コートで奮闘しているバスケ部のメンバーを下ろすようにそそのかします。

甘い声、下品で艶めかしい音、そして股間に広がるやんわりとした快感
先ほど初めて精通を迎えた主将にこれを退ける力は当然ありません。
女の武器を巧みに使って男を骨抜きにしていく様子がとってもエッチに描かれています。



女性の味を覚えてどんどん溺れていく主将
続く2回目の試合は3パート87分間。
プレイは葵への乳首責め、ぱふぱふ、パイズリ、SEX(騎乗位)です。
すべてのプレイで効果音が鳴ります。

「うん…キミなら いいんだよ (乳首)かぷってして… はむはむしても」
チア部による様々な工作の結果、試合に敗北したバスケ部。
結果的に自分たちが元々使っていた練習場所まで彼女たちに奪われてしまうのですが
主将にはあの時味わった快感がどうしても忘れられません。
ある日、夢の中にまで葵が現れたっぷりと甘やかしながら抜き抜きしてくれます。

このシーンは直前で書いた主将の夢の中でのプレイと
リベンジをかけて行った試合の後
チア部とバスケ部が一緒にお風呂に入ってエッチをする様子が描かれています。
2回目の試合がどういう結果に終わったかは言うまでもないでしょう。

「うんうん うまく 吸えてまちゅよー 上手でちゅよー」
夢でのプレイは葵に母親のように抱かれながら
おっぱいにむしゃぶりついたりおちんちんを挟んでもらうおっぱい尽くし。
リアルでは敵である彼女も夢の中では彼にとっても甘く
赤ちゃん言葉を使いながらたっぷりと母乳を飲ませ、おちんちんを慰めてくれます。

元々彼女が優しくて包容力があるキャラとして描かれているだけに
おねショタ好きにはかなり破壊力のあるシーンと言えるでしょう。
パイズリもオーソドックスなものや左右交互に動かして刺激を与えるもの
さらに縦パイズリなど聴き手が飽きないように変化をつけながらプレイを進めています。

「ここ トロットロおまんこで…キミを オトナにしてあげる」
そんな風に彼女を密かに求めていた彼の願いが
その後のお風呂でのエッチシーンでようやく叶います。
彼がすぐ果てないようにと3分もの時間をかけてゆっくりとおちんちんを飲み込み
それからしばらくはピストンせずに腰を回すだけに留めたりと
葵はたっぷりと愛情を注ぎながら彼に女の素晴らしさを教えてあげます。

終盤にキスをしながら子宮口で亀頭に吸い付くシーンなどは
もはや恋人同士と言ってもいいほどのあまあまな雰囲気に満ちています。
部のリーダーとして対立せざるを得なかった2人が
勝負が終わったことで一組の男女に戻り、心を通い合わせていくのが伝わってきます。



時が経っても決して変わらない2人の絆
一番最後の後日談は3パート55分。
ここでのプレイはコスプレ、玲衣による足コキ、葵とのSEX(正常位、後背位、松葉崩し)です。
足コキとSEXの際にリアルな効果音が鳴ります。

「約束、してくれたんでしょ? 「チア部に奉仕します」って」
練習場所を失ったばかりかチア部に編入させられてしまったバスケ部の面々。
ここではチアコスや女物の下着を着せられて興奮したバスケ部主将が
葵の留守をいいことに玲依に足で責められる様子と
すべてが終わってから数年後の主将と葵の交わりが楽しめます。

パンツ越しにおちんちんをやんわりと踏みつけ
グリグリしたり前後に動かす責め、そして当然見えてしまう玲依のスカートの奥。
そんな恥辱的なシチュに「変態」などのM向けのセリフを上手に交えながら
彼女がゆっくり、力強く責める様子がたまりません。

ドM向け作品ではないのでそこまでどぎついことを言われるシーンはありませんが
セリフや効果音がしっかりしているからプレイの様子がイメージしやすいです。
ここまでのプレイがあまあまだっただけにスパイスとしても有効に働いています。

「ほらっ ほらっ ほらほらっ おまんこに 照準あわせながら じょうげに じょうげにっ」
中でも終盤に登場する両足の裏でおちんちんを挟んでしごくシーンでは
玲依が自らパンツを脱いで亀頭の先にうっすらと口の開いたおまんこを合わせ
彼が射精すると自動的に精液が膣内に放り込まれるようにします。


彼女としては葵に彼を取られたことを密かに残念がっていたのかもしれません。
今日が危険日であることを告げ、必死に逃げようとする彼を無理矢理押さえながら
射精させるシーンなどはゾクゾクするものがあります。

数年後のお話は葵が社会人になり、主将が学生時代最後の試合を終えた頃のこと。
チア部の時よりほんのり大人っぽい声になった彼女が
試合に負けてうなだれる彼を体を使って精一杯励ましてあげます。
明確なやり取りはされていませんが、おそらく2人は既に恋人同士なのでしょう。

「しゅき んっ しゅきっ しゅきしゅき だいしゅきっ」
ここでは男としてすっかり成長した主将が葵を思う存分責める様子が楽しめます。
今までのプレイがほとんど男性受けだっただけに
彼女の大いに乱れる姿が新鮮な興奮を与えてくれるに違いありません。

ちょっと変わった形で巡り合った2人がいつの間にか強い絆で結ばれ
そして時を経てもなおその関係が崩れていないのがひしひしと伝わってきます。
籠絡をテーマとした作品ですがあまあまなハッピーエンドで締めくくられてますので
最後は心満たされた状態で聴き終えることができるでしょう。

このように、長時間に渡る多種多様かつ濃厚なプレイが楽しめます。



エロを重視した長編ボイスドラマ
おねショタシチュのありとあらゆるプレイがたっぷりと楽しめるのと同時に
主人公である葵と主将の心の推移も描かれている
エロとドラマ性の両方をバランスよく兼ね備えている作品です。

前者は15パート中12パートで射精シーンがあり
そのすべてにおいて意識的に下品な声や音を鳴らしていることや
メインのプレイをきっちり切り替えながらパートの最後に1回だけ射精させていること
(1パート内で2回以上射精するのは「バスケ部顧問編2」だけのはず)
そして効果音を彼女たちの動きにちゃんと合わせて鳴らしていることが挙げられます。

特に最後の部分は他の音声作品でもまだまだループさせている場合が多いですし
何よりこれだけの長時間になるとそこまで気を遣うのはマンパワー的に難しいです。
それをしっかりとやってのけるところにサークルさんのこだわりを感じました。
効果音も同一のプレイの中で責め方に応じてきちんと別の音が使われています。
だからセリフ抜きでも彼女たちの責めの様子が感覚的に掴みやすいです。

後者はテーマの籠絡につきもののブラックなイメージを和らげるのに役立っています。
彼女たちは結果的にバスケ部をぼろぼろにしてしまいましたが
それはあくまでやむを得ない自衛の結果に過ぎません。
そして彼らをチア部に編入したのも嫌がらせではない確かな理由があります。

聴いている最中は彼女たちをちょっぴりあくどいキャラに感じるかもしれません。
でも聴き終えた後は「なんだかんだでいい子だな」と思っていただけるはずです。
そう思わせてくれるキャラやストーリーの組み立ても見事と言う他ありません。

前編で私はこの作品を5日に分けて聴いたと書きました。
で、聴いている最中は「この物語にどういうオチをつけるのだろう」とずっと気になっていました。
ブラックを通すのか、少し和らげるのか、一気に方向転換するのか。
私の聴いた限りでは一番最後の選択肢が当てはまります。
今この記事を書いている時、自分の心がとても晴れやかであることを感じています。

エッチはどのパートも十分な魅力を持っています。
これだけバリエーションが豊富ならきっと気に入ったプレイが見つかるでしょう。
プレイ自体も1つをメインに掲げ、細かいレベルで責め方を少しずつ変えています。

個人的には抜きに使うなら第2部の保健の先生が一番かなと。
他の女の子たちには無い大人の魅力に溢れています。
さりげないアプローチから甘やかしに持って行くプレイ運びもいいですね。

逆に心を温めるのなら一番最後のパートです。
激しいエッチの中に時の流れを思わせるセリフが混じっており
それが性的興奮の中にしんみりとした感傷を抱かせます。
その前の14パートを聴いてきたからこそこう感じるのでしょう。
お話の最後を飾るにふさわしいシーンです。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれも超大量です。

以上、2回に渡って随分長々と書かせていただきました。
元々の時間が長いことに加えて、私がここまでの作品をレビューするのが初めてだったため
色々とわかりにくい部分があったと思います。
簡単に言えばエロを重視した抜ける作品なのですが
それだけでは言い尽くせない様々な美点がありました。

そしてこれだけの大作が1200円であるのが信じられません。
エロボイス・ボイスドラマとしてのクオリティ、そしてコスパの良さ。
これらすべてが優れていることを踏まえて、本作品を満点とさせていただきました。

CV:日向 葵…伊東もえさん 榊原 玲衣…紅月ことねさん 河野 芹佳…森野めぐむさん
鴻 美奈子…大山チロルさん 喜多島 涼子…沢野ぽぷらさん
総時間 6:40:21

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!!

サークル「地獄のエルドラド」さんの同人音声作品。

安くて抜ける作品を数多く作り続けている同サークルさん今年最後の作品は
チア部のメンバーや保健の先生がバスケ部の顧問や部員を色仕掛けで骨抜きにします。

総時間がおよそ400分と異常なほど大ボリュームなだけでなく
ほとんどをエッチシーンに注ぎ込んでいる非常に抜きに傾倒した作りが最大の特徴です。
効果音をふんだんに駆使した濃厚なエッチや
5名もの豪華な声優さんによる妖艶な演技が嫌と言うほど股間を熱くしてくれるでしょう。

今回は総時間の関係でレビューを2回に分けてお送りします。



バスケ部に練習場を乗っ取られたチア部 その打開策とは
チア部の部員とそのOGにあたる保健の先生がバスケ部を籠絡するお話。

「はい はーい ストップ すとーっぷ! うん みんな すごくいい感じだったよ!」
チア部主将の日向 葵は素朴で可愛い声の女の子。
学校の第2体育館での練習中にバスケ部の主将が訪れ
校長命令で近々行われる大会に向けて
バスケ部がここを使うことになったと彼女に伝えるところから物語は始まります。

本作品は練習場所を半ば強引に奪われたチア部がそれを取り返すために
バスケ部に対してバスケで勝負を挑みます。
しかしまともに戦ったら当然チア部が勝つ可能性はほぼありません。
そこで彼女たちと元チア部の保健の先生「喜多島 涼子」が女の武器を使って
バスケ部の顧問や部員たちを一人ずつ骨抜きにしていくわけです。

いわゆる籠絡というちょっぴりブラックなテーマを扱っているわけですが
「とにかく明るく、かつエロく」をモットーとされているサークルさんの作風を踏まえて
終始誰でも聴けるとってもあまあまな雰囲気に満ちています。

プレイ自体もそこまで変態的なものは登場させずに
年下に責められる、年上に筆おろしをしてもらうといったシチュで変化をつけています。
登場する女の子をすべて別の声優さんが担当されていますから
それぞれのシーンで違った感じの性的興奮が味わえるでしょう。
ちなみに総時間のほとんどがエッチシーンというとんでもなく抜き重視の作りをしています。

物語は大きく分けて3つ。
第1部はバスケ部顧問をロリ巨乳の「鴻 美奈子」が
第2部はバスケ部主将以外の部員を涼子が
第3部は当日の試合中にバスケ部主将を全員で誘惑する様子が描かれています。

一番短い第1部でも70分、一番長い第3部だとおよそ240分にも及んでおり
普通に聴き進めていったとしても1週間近くかかるでしょう。
私は5日がかりで聴きましたが「もう少し細かく分けてもよかったかな?」と思ってます。

作品の構成的にまとめての説明が非常に難しいことから
ここから先は1部ごとに内容を説明させていただきます。



最初は乙女、最後は悪女
第1部の「バスケ部顧問編」は海旅行の引率としてバスケ部の顧問を呼び出し
そこで2人きりになった彼と美奈子が浜辺やホテルで濃厚に愛し合います。

「紐きつくて お肉に食い込んで おしり ぷりって 強調されちゃってます」
明るくちょっぴり幼さを感じる声の美奈子は彼の大好きなロリっぽいキャラ。
布の少ない水着を見せつけたり、泳いでいる途中にわざと胸を押し付けるなど
序盤から結構露骨なアプローチをかけるのですが
既に婚約している顧問は教師の立場上なかなか彼女の誘惑に屈しません。
その様子がおよそ30分に渡って描かれています。

こうやって書くと「なんだ、結構やり取りも多いじゃない」と思うかもしれませんが
実際のところは美奈子が意識的にエッチな声を多く漏らしたり
おちんちんではない、とあるものをしゃぶる時はフェラのように下品な音を立てたりと
ここだけでもギンギンに勃起できるくらいの十分なパワーを持っています。

他のお話でもそうなのですが、吐息やちゅぱ音といったエッチな要素を
どのシーンもかなりハードかつ下品に鳴らしてくれています。

これが本作品がとんでもなく抜きに傾倒していると言った理由の一つです。

本格的なエッチが行われる時間はおよそ35分間。
プレイはフェラ、乳揉み、キス、SEX(正常位、騎乗位)です。
SEXの際にリアルな効果音が鳴ります。

「いいよ このまま…シテあげる ナカにたまってるもの…全部 搾り取ってあげる」
あらゆる手段を使ってなんとか顧問をその気にさせた美奈子は
彼をもっと自分に溺れさせるために口を使っておちんちんを激しく責め始めます。

プレイは浜辺で1回フェラをしてからホテルに移って何度もSEXをします。
ちょっぴり幼さの残る声に反して彼女のプレイはとっても積極的。
男を誘う数々のセリフ、下品なちゅぱ音、甘く切ない喘ぎ声を大量に漏らしながら
精根尽き果てるまで彼の精液を絞り尽くし、心を釘付けにします。

最初に登場するフェラシーンは直前の誘惑の延長みたいな位置づけなのですが
ゆっくり、ねっとりとした唾音を鳴らしながら
包皮と亀頭の間を回転するように舌を這わせて皮を剥いたり
「ぎりゅるるる ぶびゅう」という下品なバキューム音を鳴らすなど
序盤からかなり飛ばすような感じでおちんちんを容赦なく責め立てます。
これだけでも余裕で一発抜けるでしょうね。

「色薄くて つるつるの わたしのおまんこ 見てください」
「この 肌も 胸も 先生に気に入ってもらうために お手入れしてきたようなものだから」

しかしその後に繰り広げられるSEXシーンはそれに輪をかけて濃厚です。
シャワーを浴びて顧問の前にその十分発育した裸体を晒しながら
美奈子は自分が未経験であること、そして処女を彼に捧げたいと言います。

彼女の年齢なら未経験の可能性も十分にありますし
そんな女の子にこんなことを言われたら心が揺らがないわけがありません。
敢えて自分が性に未熟な乙女であることを伝えて心をがっちり掴みます。

「外には 出させませんよ ほーら もう一度脚に力入れて ヌルヌルのナカにご招待」
しかし一度繋がるとその状況は一変し
彼女は持ち前の名器を駆使して彼から何度も何度も精液を搾り取ります。
「にちゅにちゅ」といういやらしい効果音をゆっくりと鳴らし、甘い声を上げて乱れる姿は
もはや乙女ではなく悪女と呼ぶにふさわしい淫靡さに満ちています。

言い回しや声の雰囲気は特に変わらないのでそこまでブラックでもないのですが
SEXの前後における彼女の豹変っぷりが大いに興奮を掻き立ててくれました。
そして彼女は籠絡すると決めたらターゲットを本気で愛し抜いています。
だからプレイ自体は女性上位のエッチとほとんど違いありません。
シチュを大事にしながらきっちり抜かせてくれるサークルさんの心遣いが光っています。



年下大好きな先生のエッチな診察
続く第2部は涼子がバスケ部員3名を個別に呼び出して
診察を名目に彼らの体をあれこれいじりながら虜にします。

先ほどとは打って変わっておねショタ系のシチュですね。
ちなみにここだけは部員のショタな喘ぎ声が登場するバージョンがあります。

プレイの内容は1人目が全身愛撫、ぱふぱふ、手コキ、授乳
2人目がSEX(騎乗位)、3人目がフェラ、正常位です。
全身愛撫、ぱふぱふ、手コキ、SEXの際に効果音、授乳シーンでちゅぱ音が鳴ります。

「よし じゃあ ベッドにうつぶせになりなさい? 先生が マッサージしてあげるから」
最初の部員はいきなりエッチへと持ち込まず、まずは真面目に診察するフリをしながら
彼に覆いかぶさって熱い吐息たっぷりのマッサージをします。
わざとパンツを見せつけたりおっぱいを押し付けながらこんなことをされたら
年頃の男の子はすぐにでも陥落するでしょうね。
演技の節々から大人の女性の色気が漂ってきます。

「そう この先にあるのが 射精なの 赤ちゃんのもとを びゅるっ、びゅるって出す エッチな射精」
また未精通の部員に対して彼女がエッチをしながら性教育をするシーンも登場します。
確かに彼女の最大の目的は相手を骨抜きにすることなのですが
かといって教育者としての義務を決して投げ出したりはしません。
おかげで年上に優しくリードされながら気持ちよくなる気分がしっかりと味わえます。

「ボクちゃんを抱いて おっぱいを飲ませてあげられて しーしーのお手伝いできるのは ママだけでしょ? 違う?」
1人目の部員で最も個性的なプレイはやはり授乳でしょう。
涼子は興奮すると自然に母乳が出る体質を利用しておっぱいを飲ませながら
おちんちんを優しく刺激して彼に極上の幸せを与えます。

「~でちゅね」などの赤ちゃん言葉をほとんど言わないことだけが少々残念ですが
手コキ音とおっぱいをしゃぶる音、それによる先生の喘ぎ声が
射精したくなる気分を一気に高めてくれる違いありません。
射精中もしっかり優しい刺激を与えて最後の一滴まで吐き出させてくれるなど
年上の女性らしいきめ細かい心遣いが心と体の両方を満たしてくれます。

一方彼女の企みを阻止するためにやってきた2人目の部員に対しては
お仕置きっぽさを含んだちょっぴり強引なプレイが繰り広げられます。

「いいよ? いいんだよ? ヒーローさん 我慢しないで出しちゃおうよ ナカっ ナカだし すっごい 気持ちいいんだよ?」
強引に押し倒していきなり騎乗位で挿入すると
彼女は自分を悪の女幹部、彼を正義の味方に例えながら
膣を思い切り締め付けたり、腰をリズミカルに動かしておちんちんを責め上げます。
甘い雰囲気での逆レイプとでも言えばいいのでしょうか。
ちょっぴり意地悪に責めるシチュがM心を適度にくすぐります。

そして一番最後に登場するバスケ部ナンバー2の男の子には
バスケ部員に関する様々な情報を提供してくれたご褒美としてSEXをしてあげます。

「いいよっ だめな子 ホント すき…大好きっ」
ここだけは今までと違って涼子が責められる側にまわり
今度は年下の男性に年上の女性が蹂躙される様を楽しむことができます。
とっても従順で犬のような激しいSEXをしてくれる彼を彼女も密かに気に入っており
女としての悦びを純粋に噛みしめているその姿がとても印象的でした。

このように、おねショタスタイルの中でシチュや責め手を上手に切り替え
それぞれの物語に明確な個性を出しながらプレイを進めています。


快楽♪篭絡! チア部の誘惑大作戦!! 後編」に続く…



体験版はこちらにあります

近所のお姉ちゃん彼女が僕に甘く囁いてくる

サークル「タロイモ本舗」さんの同人音声作品。
今作が処女作にあたる新規のサークルさんです。

こちらは近所に住む年上のお姉さんが3つのシチュで射精させてくれます。
所謂おねショタ系に属する作品なのですが、それらによくある終始甘やかすタイプではなく
ややMあたりに照準を合わせてちょっぴり意地悪に焦らしながら気持ちよくしてくれます。

プレイは彼女に耳元で囁かれながら、至近距離で痴態を見られながら進みます。
大人の女性らしい色っぽい声とそのねっとりとした眼差しに刺激を受けながら
バックで流れ続けるくちゅ音のペースに合わせて少しずつ興奮を高めていきましょう。



主人公を溺愛するお姉さん
恋人の「波木柚華(なみき ゆずか)」からエッチな責めを受けるお話。

「あ よく来たね いらっしゃい お姉ちゃんワクワクしながら待ってたんだよ」
柚華は色っぽく落ち着いた声の女性。
SEXですぐ射精してしまう早漏の主人公を鍛えるために
彼を呼び出して手コキでゆっくりと刺激を与え始めます。

本作品は3つのシーンに分かれており
いずれも彼女に至近距離で囁かれながら優しく優しく責めてもらいます。
彼女に若干Sっ気があるものの全編を通じて雰囲気はあまあま。
年上の女性にたっぷりと甘やかされながら徐々に射精感を強めていきます。
属性はノーマル~ややM向けでしょうか。

「いつもの君も とろけた表情の君も ちょっとすねた時の君も お姉ちゃんにいじめられて 情けなく喘いじゃう君も 全部 ぜーんぶ 大好きなの」
柚華はいつもすました態度を取っていますが主人公のことが大好き。
作中で彼に対して「可愛い」「好き」といった甘いセリフをストレートに何度もぶつけてきます。
色っぽい声で耳元でそんなことを囁かれたら誰だっていい気分がするものです。
エッチで気持ちよくなるのに加えて、心を幸福感で満たしてくれるところも特徴と言えます。



甘くちょっぴり厳しいプレイの数々
エッチシーンは3パート51分ほど。
プレイは手コキ、乳首責め、オナニー、耳舐め、授乳手コキ、亀頭責めです。
手コキとオナニーの際に控えめな音量でリアルなくちゅ音が流れます。

「こうやって お姉ちゃんにエッチな声で囁かれても いいよ って言うまで イっちゃダメだよ?」
柚華は主人公のおちんちんを取り出すとすぐさま握りしめ
最初は敢えてしごかずに握力だけで刺激を与えます。

エッチはどのパートも音声開始から2分程度でエッチが始まる抜き重視の作りです。
そしてプレイの内容を見ていただければわかるように、手による刺激に特化しています。
それぞれを自分でプレイに合わせてしごきながら聴けるところがいいですね。
くちゅ音が適度に変化してどれくらいのペースでしごけばいいかを教えてくれるため
オナサポ的な性質も兼ね備えた作りになっています。

「これは訓練なんだから 快感に慣れるための ね?」
またどのシーンも基本的に焦らす方向で進められているのも特徴です。
最初の10分くらいはとにかくゆっくりゆっくり動かし続けて
気持ちよく射精ができるように少しずつ性感を高めていきます。

普段皆さんがどれくらいのペースでしごいているかはよくわかりませんが
少なくとも私にはかなり遅くてもどかしく感じられました。
そんな聴き手を柚華は女神のような優しい囁き声で我慢するよう応援してくれます。
彼女に至近距離で見られていることに恥ずかしさを感じながら必死で耐え続けましょう。

プレイの様子は最初の2パートは彼女に軽く意地悪される展開。
特に2番目は無断でエロ本を使ってオナニーしたことがばれて
ちょっぴり怒った彼女が軽い罵声を交えて徹底的に焦らしにかかります。

「あんっ ダメっ そこ 気持ちいいよぉ 君のおちんぽ 奥 突いて」
終盤で彼女が官能小説を艶めかしく朗読するシーンが破壊力抜群で
継続的に刺激を与えているのもあって、きっと射精したくてたまらなくなるでしょう。
合間に聞こえてくるねっとりとした耳舐め音も興奮を徐々に高めてくれます。

「いいでちゅよ お姉ちゃんが ママが シコシコしてあげまちゅからね」
一方最後のパートは激甘なシチュ。
ここでは柚華がお母さんになって子供をあやすようにおちんちんをしごいてくれます。
幼児プレイにつきものの赤ちゃん言葉ももちろん登場します。
彼女のおっぱいに吸い付く授乳プレイと甘い声に多くの人が幸せを感じることでしょう。

「ぴゅー ぴゅ ぴゅ ぴゅー どぷどぷ びゅくびゅく ぴゅ ぴゅー」
また1番目と3番目のシーンでは射精の様子をセリフで表現してくれます。
最近はあまり見かけなくなりましたが、好きな人はきっといるはずです。
彼女に自分の一番恥ずかしい姿を見られているのが感じられてとても興奮できました。

このように、おねショタの王道を押さえつつも
ちょっぴり変わった部分も持ったオリジナリティのあるエッチが繰り広げられます。



心からの愛を感じる作品
あまあまな雰囲気とプレイによって心も体も満たされる作品です。

年上の責任感とS性から柚華が終始リードし続ける流れになるわけですが
彼女は基本主人公の嫌がる事は一切行いません。
プレイで焦らし続けるのも、「変態」と罵声を浴びせかけるのも
すべてMな彼がそれを望んでいるのを知っているからしています。
聴いていて2人の愛情の深さを強く感じました。

「お姉ちゃん怒ってるの だから もう お姉ちゃん以外でオナニーしちゃ嫌だよ イクなら お姉ちゃんでイって欲しいな」
そして大人っぽい仕草の彼女が時々デレる様子がたまりません。
年がある程度離れているせいか、彼女は自分の魅力に疑問を抱いており
彼の心をなんとか繋ぎとめようと一生懸命にプレイをしてくれます。
そんな彼女がとても可愛く魅力的に感じられました。
彼女が彼無しでは生きられないほどに心底惚れているのが伝わってきます。

エッチは敢えて本番を避けて聴き手がオナニーしやすい環境を整えています。
処女作なのでサークルさんの作風をまだ掴みかねているのですが
くちゅ音のペース変化にとても気を遣われていて
聴いてる最中に主人公の受けている責めをかなり詳細に把握できます。
そういったきちんと聴き手を意識したプレイ運びが印象的でした。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

テーマに即した抜きにも癒しにも役立つ安定した作品です。
柚華役が年上キャラを得意とされている伊東もえさんなだけあって安心感があります。
年上の女性に甘やかされたり弄ばれたい人には自信をもってお薦めします。

CV:伊東もえさん
総時間 55:57


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
年上の女性がリードしつつも弱さを見せてくれるシチュが私は大好きです。
他だと「『立体音響!電車で、電話で、お部屋で♪おねぇさんにイタズラされる音声』」がそうです。

Healing Story

Healing Story 前編「ココロに休息を 〜不安制御〜」」に引き続いての後編では
もう一つのお話「イチャイチャしよ 〜活力注入〜」をお送りします。



恋人らしいフランクな口調
恋人に催眠で元気をもらうお話。

「ん? んー? なんか疲れてない?」
恋人はややしっとりとした甘い声の女性。
疲れた様子の主人公を心配して元気の出るおまじないをかけてくれます。

催眠はおよそ13分間。
軽く深呼吸をして体全体に力を入れるところから始まります。

「ゆっくり 熱いものが染み込むように じわーっと背中の力が入っていく」
右手から腕、肩、そして背中を通って左腕と
少しずつ力の入れる範囲を広げていきます。

催眠音声では故意に強く力を入れて脱力を促す場合がありますが
これの場合は2分近くとやや長めに力を入れ続けるのが特徴です。
本当に真面目にやるとかなり疲れるでしょうから
そこまで力まずに程よく力を入れながら彼女の声を聴きましょう。

そしてとあるタイミングで力を抜き、それと同時に催眠状態へと落ちていきます。
脱力してホッとした拍子に入れられるスピーディーな暗示を聴くことで
なんだか体が一気に重たくなるのを感じることでしょう。
瞬間催眠ってほどでもないのですが、かなり一発勝負な落とし方をしてくるのが新鮮でした。

「心の腕を伸ばして 私の手を取って あなたの傍らに 引き寄せてほしいの」
恋人の声を受け入れる体勢が整った後は、彼女の存在を近くに感じていきます。
手を繋ぎ、膝枕をされ、背中からぐっと抱きしめられる。
そんな恋人だからこそ味わえるひと時をイメージしながら
さらに気持ちをリラックスさせていきましょう。

準備はそこそこに軽く驚かせることで一気に引きずり込んでいくような催眠です。
長く長く力ませてから落とす流れはまるでジェットコースターのようで
うまくはまればそれに似たような落ちる感覚が味わえると思います。

その後のイメージは彼女がとても砕けた、安らぎに満ちた声で語り掛けてくれるおかげで
心身が軽く温かくなるような感覚が味わえました。
今はバイノーラルの技術があるためそれほどでもないのですが
適度に声の位置を変えて距離の近さを意識させる演出もされています。



肌を伝ってエネルギーが流れてくる
エッチシーンは10分間。
プレイはキス、愛撫、抱擁です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「んっとね ちょっと エッチな事やってもいいかな?」
大好きな人とくっつくことでちょっぴり興奮したのか
恋人は主人公のシャツの中に手を入れて体をまさぐり始めます。

エッチはこの後お互いに上半身裸になって抱き着いたり
合間に軽くキスをするといったとてもとてもソフトな作りです。
射精やドライといった絶頂シーンもないためそこまでエロくはないのですが
その一方で心の充足感はかなり得られると思います。

「体の奥でエネルギーが ぐるぐる渦を巻いて 全身に どんどん全身に満ちていく」
彼女は肌から伝わる柔らかさや温かさに加えて
元気になるエネルギーを伝えるような暗示をかけてきます。
同時に耳元に吹きかけられる彼女の吐息も感じることで
深い安らぎや体がぽかぽかとする感覚が得られるでしょう。



人の温もりが感じられるお話
お話の内容もそうなのですが恋人の話し方がとても温かみに溢れていました。

催眠は雰囲気に浸りやすくする程度の役割に留めて
その後の抱擁で彼女の体温をしっかりと感じて安らげるように作られています。
活力注入ということで元気をもらうのがテーマとなってはいますが
それよりも癒し効果の方が強いのではないかなと。

こんな感じで随分長々と書かせていただきました。
ここまで読んでいただければわかるように、どちらも癒しを目的としたお話です。
エロ目的で聴くにはさすがに厳しい内容ではありますが
心満たされぬ日々を送っている方にとっては良薬になると言えます。

個人的には「ココロに休息を 〜不安制御〜」の方が作品として優れていると思いますので
こちらにピンと来た方はとりあえず体験版を聴いてみてください。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 29:30


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ