同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:伊ヶ崎綾香

   ● 【両耳奥舐め】転送魔法で生絞り☆サキュバスちゃんねる~精液いっぱい貢いでね♪~
   ● ひとつ屋根の下、親戚の旅館で同居性活☆
   ● あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(後編)
   ● あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(前編)
   ● 【ワンコイン以下/2時間以上】あだると放送局7.5~綾姉のぷにぷにオナホールをもっと楽しもう編~
   ● スライムっ娘のあまとろ育成計画【3時間超え!】
   ● 【丸呑み/全身舐め】触手の海に呑まれ、愛される~ゾクゾクが止まらない耳奥舐め~【舐め音/水音たっぷり♪】
   ● 【実際に行為をしていると感じる】あだると放送局5~綾姉と作品制作編~【声/音同時収録!】(後編)
   ● 【実際に行為をしていると感じる】あだると放送局5~綾姉と作品制作編~【声/音同時収録!】(前編)
   ● 【濃厚耳舐め】執拗に耳を舐められながらの筆おろし!女監督も混じって3Pしちゃう3時間☆【両耳舐め】




サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでサービス精神旺盛な双子のサキュバスが
配信形式でたっぷりエッチして視聴者たちから精液を搾り取ります。

耳舐めを多めにやりながらサキュバスならではのやり方で責めるのが特徴で
姉は左、妹は右に陣取ってほとんどのシーンで耳を舐めながら
オナニーの指示を出したり特殊な道具を使って何度も射精に追い込みます。
プレイは割とハードですけど言葉責めはしないのでややMな人に最も向いてます。
サキュバスだからできるエッチな配信
ミーシャ(妹)とアイラ(姉)がネット配信で搾精するお話。

「私はミーシャ サキュバスでーす」
ミーシャは明るくて優しい声の女の子。
「私はアイラ 同じくサキュバスよ」
アイラはトーンがやや低く色気のある声のお姉さん。
動画を見てる人たちに挨拶と自己紹介をすると
自分たちが立派なサキュバスであることを教えてから軽く誘惑します。

本作品は他のサキュバスと同じく精液を吸収して生きてる彼女たちが
およそ140分に渡るエッチで男性たちを何度も射精させます。
配信形式を採用してるので2人と直接会うシーンは一切なく
純粋なエロ要素と魔法のアイテムを組み合わせて興奮と射精を応援します。

アイラ「私たちは なっがーく一緒に あなたたち人間と楽しみたいの だから色々共存のための努力はしてるのよ」
彼女たちはネットやそれに関する機器を使いこなせるだけあって
人間たちに対して割と友好的な態度を取ります。
精液はしっかりいただくけど命を奪うほど過激なことはやらないと告げ
エッチも視聴者をもてなす姿勢で責め続けます。
アイラはイメージ通りの妖艶なキャラ、ミーシャはしっかり者の可愛いキャラと違いも見られます。

焦らし、寸止め、言葉責めといったM向けの要素もほぼなく終始和やかな空気が漂ってます。
でも時間に対する射精シーンが多めですし、純粋なエロさも高いのでちゃんとサキュバスになってます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めも全パート合わせて77分と多いです。
後になるほどエロさが増すエッチ
エッチシーンは5パート92分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、フェラ、パイズリ、乳首責め、ディルドオナニー(SEX)です。
手コキ、パイズリ、ディルドオナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ミーシャ「どうですか? いきなり両耳を責められちゃいましたけど」
アイラ「ふふっ 男の子って みんな耳が弱いのよね」
自己紹介動画を投稿した次の日にリアルタイム配信を始めたミーシャとアイラは
左右に陣取り密着しながらまずは両耳を同時に舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート42分間は彼女たちの個性を出しつつ濃厚なプレイをするシーン。
「02_バイノーラル処女配信(約20分)」は両耳舐め+オナニー
「03_転送魔法で気持ちよくなれる配信(約22分)」は両耳舐め、手コキ、フェラ、パイズリで1回ずつ射精させます。

ミーシャ「私たちでおちんぽオナニーしてくれて ありがとうございます」
配信するのは初めてですけど2人ともエッチの経験は非常に豊富です。
両耳を丁寧に舐めながら感謝の言葉を投げかけて明るい雰囲気を作ります。
さすがにいきなり両耳舐めすると淡白になると思ったようで
02パートは片方が舐めて、もう片方がしゃべるのを交互に繰り返すスタイルにしてました。

オナニーはパート中盤に開始の合図が出て
終盤にカウントを数えて出すタイミングを教える緩いリードです。
挿し絵中央に描かれてる魔法の瓶に彼らの精液を転送し、それを味わうことでどんどんパワーアップします。
投げ銭を精液に置き換えてる発想が面白いなと。

耳舐めについては「両耳奥舐め」と書いてあるので低く鈍いちゅぱ音を鳴らすのかと思いきや
実際はクリアな質感で舐めたり吸ったりする割とスタンダードな音でした。
後のパートで鳴らし方を変えることも特にないですし、質よりも量が魅力のプレイだと思います。
ミーシャとアイラで得意とする舐め方に違いがあればもっとキャラが立ったでしょう。

アイラ「耳レイプ されちゃってる それだけですごく気持ちいいのに おちんぽも 一緒にシコシコされちゃってるんだもの」
03パートはもうひとつの重要アイテムである魔法のディルドが登場します。
これは視聴者のおちんちんの感覚と繋げられる効果があり
配信形式でも実際にエッチするのとほぼ同じ快感を与えられます。

我慢できなくなったアイラが暴走気味におちんちんへむしゃぶりつき
それをミーシャが右耳舐めでサポートする連携の取れたプレイです。
パイズリもアイラが担当するので彼女のほうが活躍してました。
人間の女性には決してできないエッチをしててサキュバスらしさが出ています。

続く3パート50分間はSEXメイン。
「04_転送魔法でもっと気持ちよくなる配信(約17分)」はアイラ→ミーシャ
「05_皆のおちん〇をオナニーに使う配信(約16分)」はアイラが2回
「06_おち〇ぽお仕置き配信(約17分)」はミーシャが1回の構成で精液を搾り取ります。

アイラ「あぁっ あぁいい 奥 気持ちいいとこ カリでゴリゴリってさせるの」
ミーシャ「いつでも好きな時に 好きなタイミングで 私のおまんこに中出ししてくれればいいですよ」
ここでのSEXは魔法のディルドをおまんこに出し入れしてるだけなので厳密に言えばオナニーです。
しかし視聴者たちにSEXしてる気分を味わわせようと精一杯のサービスをします。
「にゅちゅっ」という泡交じりの粘っこい水音をリズミカルに鳴らしながら
アイラは艶めかしく、ミーシャはエロ可愛く喘いで上手に盛り上げます。
最中のセリフもSEXを意識したものが多く雰囲気作りがしっかりできてます。

当然両耳舐めもやりますから前の2パート以上に濃いプレイに感じるでしょう。
04と05パートは射精シーンが2回あって実用性も高いです。
06パートはお仕置きがテーマなので他よりもM度を上げて違いを出してます。
といっても多少意地悪する程度ですから一般的なM向け作品よりずっとソフトです。

ここまでをまとめると、耳舐めをがっつりやったうえで抜き要素をガンガン投入してます。
サキュバスが2人同時に責める時点でエロいことが約束されてますし
どのパートも20分程度の時間を取って1回は抜けるように仕上げてます。
SEXパートもそれぞれで活躍するキャラやシチュに違いがあるのでマンネリ感はありません。
現実世界のネット配信と同じく視聴に楽しんでもらうことを第一に考えてます。

このように、サキュバスがエッチな配信をしたらどうなるかを形にしたノーマル~ややM向けのエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のサキュバス作品
サキュバスが持つプラスの部分(性に貪欲で責めるのも上手)だけを抽出した明るい抜きボイスです。

ミーシャとアイラは人間の男たちからより多くの精液を効率よくいただこうと
家に直接出向くのではなくネット配信を選び、精液を転送できる瓶を用意してエッチなサービスをします。
そして開始後は耳舐めを小まめにやりながらおちんちんもがっつり責めて何度も何度も射精させます。

異なる特徴を持つ双子のサキュバスが配信形式で搾精する変わったシチュ
サークルさんの売りである耳舐めを積極的にやりながら
おちんちんも色んな手段で協力して責める密度の高いエッチ
視聴者たちをモノではなくお客として扱い、楽しませようと頑張る2人のひたむきな性格。
一般的なサキュバスよりも暗さや重さを薄めてより多くの人が聴きやすく、抜きやすくしてます。

中でも2番目は魔法の瓶やディルドといったサキュバス固有のアイテムを上手に盛り込んでます。
配信形式の時点でおちんちんを直接責めるのは無理ですから
それを解決するためにこういうアイデアを取り入れたのでしょう。
2人が個別に活躍するパートもあってキャラとプレイの両方が立ってます。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

耳舐め重視のサキュバス作品が好きな人には特におすすめします。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:38:41(本編…2:19:21 フリートーク…19:20)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月7日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、緑豊かな場所で温泉旅館を経営してる親戚のお姉さんが
しばらく居候することになった男性をエッチな手段で甘やかします。

2人の違いを出しながらたっぷりご奉仕する甘いシチュが魅力で
姉は貞操観念がないのか序盤から積極的にお世話する
妹は2人のエッチを止めるため仕方なくやってるように見せて実はすごく楽しんでる、といった具合に
ほぼ正反対の態度を取って若い男の体を存分に味わいます。
ちゅぱ音、吐息、効果音、環境音の質が高く臨場感があるのも魅力です。
若女将たちの気持ちいいおもてなし
親戚のはな(姉 挿し絵右)、アヤ(妹 挿し絵左)と4種類のエッチをするお話。

「あら うふふ いらっしゃいませ ご入浴のお客様ですか?」
はなは明るくてしっとりした声のお姉さん。
旅館へやって来た主人公が予約を取ってないのでアヤを呼ぶと
紹介されて来たことを聞いて一応確認します。

本作品は旅行できないこのご時世で少しでもその気分を味わってもらうことを目的に
彼女たちが長期休みを利用して来た彼をおよそ130分に渡ってエッチにもてなします。
彼らは親戚にあたりますがそこまで面識があるわけではなく
冒頭シーンでは彼の体が聞いてたよりも大きくて驚く様子が描かれてます。

はな「仲良くするには裸の付き合いが一番よ ほらほら遠慮しないで こっち来て?」
はなはやや抜けたところがあるのんびりした女性。
たぶん高校生くらいの年齢にあたる彼を仕事の合間にあれこれお世話します。
自慢の温泉に入ってる時は裸になって体を洗う、翌朝はおまんこを使って朝立ちおちんちんを鎮めるなど
年上の女性から連想される優しさや温かさを感じるシーンが至るところで登場します。

エッチもごく一部を除いて甘く責めますからおねショタっぽい空気が漂ってます。
妹のアヤもなんだかんだで優しいですし属性はほぼノーマルです。
最初は興味本位で相手してたのが、後になるほど彼女たちのほうがのめり込んでくのがわかります。

もうひとつの魅力は最中に鳴る音。
旅館で過ごしてる気分がリアルに味わえるように色んな環境音が流れます。
彼が旅館に着いた時は鳥の声や時計の音、温泉はお湯がさらさら流れる音と
彼らがいる場所や時間帯に応じて変化するなかなか凝ったものです。
部屋にいる時も近くで水がちょろちょろ流れる音がしてました。

効果音も全体的に高品質で彼女たちがすぐそばにいる感覚に浸れます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めはおよそ41分ありました。
他の作品に比べれば少ないですけど、両耳舐め主体にして密度を上げてます。

先に本作品で唯一健全なサービスをする「03_スッキリした後のお耳掃除(約20分)」を紹介します。
これは温泉ではなと最初のエッチをした後に出てくるパートで
綿棒、耳垢水、梵天、クリームマッサージを左右同時に行います。

そして先ほど説明したリアルな効果音が早速威力を発揮します。
綿棒は「ぞすぞす」という柔らかくて乾燥した音、耳垢水は「ぷすぷす」という湿り気を帯びた音
梵天は綿棒よりも面積が広く滑らかな音、とそれぞれに専用の音を用意し鳴らし分けてます。
耳かき音声の制作歴が長いサークルさんなだけあってどれも質が高いです。

耳かきで20分は決して長い時間ではありませんが
左右同時にお世話するおかげで濃厚なひと時を送れます。
2人も何気ない雑談を挟んで場を和ませますし、本作品の良いところがわかりやすく表現されてます。
イチャラブ感の強いエッチ
エッチシーンは4パート89分間。
プレイは体を洗う、手コキ、素股、授乳、SEX(対面座位、騎乗位?)、フェラ、パイズリ、パンツコキ、パンツをはくです。
体を洗う、手コキ、素股、SEX、パイズリ、パンツコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

はな「君にとって 私もちゃんと女だったのね 嬉しいな」
温泉へ入浴中の主人公のところへ裸でやって来たはなは
体を洗ってる最中におちんちんが勃起してることに気づきそちらもお世話してあげます。

エッチは年上の彼女たちが終始責め続けます。
前半の2パート43分間は一対一でご奉仕するシーン。
「02_お背中流してあげる(約25分)」ははなが手コキ、素股、ほんの少しのSEX
「04_夜這いはさせないわよ(約18分)」はアヤがパイズリフェラで1回ずつ射精させます。

はな「おっぱい吸いたいの? 赤ちゃんみたいで可愛いわね」
彼女は彼が自分の体で興奮してくれたことが嬉しかったのでしょう。
すぐ暴発しないようにゆっくりペースで責めながらおっぱいも吸わせて甘やかします。
パート後半はおまんこを擦りつけて追い込んだりと序盤から大胆なリードをします。
作中では「おばさん」と言ってますけど、まだアラサーなので熟女と言うほどではありません。

このパートで面白いのは射精シーン。
出る直前まで素股を続け、射精の時だけ挿入し中出しさせます。
彼が童貞だから奪わない範囲で味わいたかったのかもしれません。
彼女が性におおらかな性格だからこそ、先ほど会ったばかりの男性相手にここまでするのでしょう。
効果音や環境音もしっかりしており温泉でエッチしてる感じがよく出てました。

アヤ「熱い それに太い お口の中に入りきらないくらい いけない子」
04パートで相手を務めるアヤははなよりもずっとしっかりしてるお姉さん。
姉が彼に襲われるのを防ぐ名目でおちんちんを味わいます。
最初は少しツンツンした態度を取りますが、それは素直になれない性格のせいで本心ではありません。
その証拠にしばらくすると嬉しそうな表情でむしゃぶりつきます。
フィニッシュもしっかり口で受け止め飲み干してくれますし、姉に負けないくらいの淫乱さを持ってます。

後半の2パート46分間は2人が協力して責めるシーン。
「05_若さってすごい!(約24分)」は両耳舐め+SEX
「06_同居生活でのオナニー事情(約22分)」は両耳舐め+パンツコキで合計3回射精させます。

そしてここからは耳舐めが一気に存在感を増します。
前半は2パート合わせて5分程度しかやらなかったのが05は24分、06は12分と十分な時間が取られてます。
舐め方は外側を舐めたり吸うスタンダードなものです。

アヤ「今 すっごい跳ねた これじゃほんとに暴発しちゃうんじゃない?」
はな「それだけアヤちゃんの中と お耳舐められるのが気持ちよかったってことね いいんじゃない? それなら出しちゃっても」
特に05パートはSEXと同時にやりますが挿入後はピストンを一切しません。
膣圧だけで刺激を与えながら両耳を舐める変わったプレイになってます。
ピストン音が鳴らないのでほぼ耳舐めパートと呼んでいい内容です。
2人とも嬉しそうにお世話しますし、初めて会った時よりも打ち解けてるのがわかります。

06パートはそんな彼女たちの気持ちがプレイに反映されてます。
使用済みパンツを使ってこっそりオナニーしてたのを発見し
パンツコキやパンツをはかせたままの腰振りで情けない射精に導きます。

アヤ「そんなに私たちのパンツ シコシコ気持ちいい? へんたぁい」
一部でややM向けの言葉責めも出てきますが本気で見下してるわけではありません。
言ってくれればいつでもエッチするのに、それをやらずパンツで済ませるからお仕置きするわけです。
嫉妬心の裏返しみたいなものなのでノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。
2人にとって彼はもう家族同然の存在になってるようです。

このように、2人の個性を出しながら前半と後半で違う甘やかし方をする和やかなエッチが繰り広げられてます。
音が魅力のイチャラブ作品
上品で淫乱なお姉さんたちとイチャイチャする様子をリアルに描いた作品です。

はなとアヤは親戚に頼まれてしばらく預かることになった主人公を喜ばせようと
最初からお姉ちゃんぽい態度で接しながらおちんちんのお世話もします。
そして物語の後半からは彼女たち自身が楽しむ意味合いも強くしてより濃いプレイに挑戦します。

おっとりした姉としっかり者の妹が年下の男性を優しく責めるほぼノーマル向けのシチュ
前半は一対一でまったり責め、後半は2人同時に両耳舐めをがっつりやる落差のあるエッチ
効果音、環境音、ちゅぱ音や吐息といった色んな音を違和感なく組み合わせた臨場感のある作り。
旅館という特別な場所でエッチしてる感覚がそのまま味わえるように組み立ててます。

中でもエッチは彼女たちの心の変化にも着目してます。
彼らの関係を他人に近いくらい疎遠にしたのは、たぶん後半の溺愛っぷりを引き立てるためでしょう。
最初から仲良しだとそのへんの違いが伝わりにくいですからね。
最終パートのパンツコキも彼が自分たちに遠慮したのを残念がる気持ちが込められてます。

音の良さや耳舐めの多さはサークルさんが元々持ってる長所です。
だから私はそれよりもこちらのほうが印象に残りました。
「歳が離れたお姉さん」という微妙な関係を上手く形にできてるなと。
エロ重視ですけど耳かきもやるので癒しの成分もそれなりに持ってます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・吐息それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「生おま〇こに甘えさせてあげるトーク」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:32:09(本編…2:14:32 おまけ…17:37)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月10日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「20xx2月配信その1_綾姉のおま〇こで大実験!」以降の様子を中心に紹介します。
ファンのおちんちんを独り占め
後編のエッチシーンは3パート83分間。
プレイは耳舐め、オナニー、体温測定、綾姉のオナニー、キス、SEX(騎乗位)です。
体温測定、綾姉のオナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あだると放送局 公開生配信ー いえーい」
前編のイベントからしばらく経ったある日、別の会場で今度は公開生配信を開催した綾姉は
自分が企画した3つのプレイを順にやってファンを再び喜ばせます。

エッチは前編に引き続き彼女がリードします。
一番最初の「20xx2月配信その1_綾姉のおま〇こで大実験!(約22分)」は
男性たちの素朴な疑問に彼女が体を張って答えるパート。
6分程度の耳舐めで軽く盛り上げてから体温測定や潮吹き目当てのオナニーを披露します。

ちなみに後編部分はどのパートも軽いノイズが入ってます。
エアコンの送風っぽい音なので気になるほどではありません。
前編とは違う場所にいることを表現するためにわざと入れたのだと思います。

「じゃあ 体温計を にゅぷっと 挿入…んっ」
体温測定はおまんこの通常温度と絶頂直後の温度を計るというもの。
彼女がファンたちの前でおまんこに棒状の体温計を挿入し
計測できたらそのままオナニーしてどう変化するのか確かめます。

会場にいるファンはおそらく20人程度だと思うのですが
それでも公開オナニーをするのは結構大胆なことと言えます。
聴き手は彼女の痴態をイメージしながら自由にオナニーする緩い設定です。
測定後に始まる普通のオナニーは空気交じりの激しい水音を鳴らしてました。

続く2パート61分間はSEX中心。
「20xx2月配信その2_綾姉の生おま〇こに挑戦コーナー(約28分)」は
会場内のファンから選ばれた1人と時間制限を設けて行い
「20xx2月配信その3_綾姉の生おま〇こで射精してみよう!コーナー(約33分)」は
他の人たちも満足させようと代わる代わる相手して何度も射精させます。

「速く動くのダメなの? これ好き もっとゆっくり動かないと出ちゃう?」
その2は射精したら負けのルールなので彼女が強弱をつけながら責め続けます。
挿入直後に激しく小刻みに腰を動かしてたかと思えば
その3分後にはピストンを止める代わりに耳舐めして相手の射精感を鎮めます。
さらに耳元へ熱っぽい吐息を漏らす、熱いキスをする、間隔を置いて1回ずつ力強く腰を落とすなど
騎乗位SEXする点は統一したうえで多彩な責めを繰り出します。

同じペースと強さのピストン音を垂れ流しながらあんあん喘ぐSEXとはまったく違うので
プレイに流れがあるし生々しさも感じます。
ピストン音も責め方に応じて変わったりと丁寧に作られてました。
相手がすぐ射精しないように手加減しながらリードするあたりも優しいです。

それに対してその3は輪姦っぽい内容。
会場にいる男性たちと1人ずつ繋がり、射精したら次の人に代わるのを繰り返します。

「じゃあ いただきまーす あっ あぁっ すっごぉ かったい」
その2との違いを出すためでしょうけど射精シーンが10回と非常に多いです。
普通の男性、童貞、コックリングを装着した強者など相手の属性も様々です。
全員に対して生ハメ&中出しさせるところも実に彼女らしいなと。
童貞が相手の時は手加減したりお祝いの言葉をかけて気分よく射精させます。
同じSEXでも両パートに方向性や表現方法の大きな違いが見られて新鮮でした。

このように、おまんこをフル活用してファンをたっぷりもてなす明るいエッチが繰り広げられてます。
個性の強い抜きボイス
品質が高く、ボリュームが多く、テーマ性があって、実用性も高いと色んな魅力を持ってる作品です。

綾姉はネット配信で自分を応援してくれる男性たちに恩返ししようと
最初は大きめの会場を借りてS向けからM向けまで幅広いサービスをします。
そして2回目のイベントは規模を縮小する代わりにプレイを濃くして参加者全員を満足させます。

明るくてサービス精神旺盛なお姉さんが体を張ってファンにご奉仕する抜き重視のシチュ
おまんこを使うプレイを幅広く取りそろえたうえで耳舐めもするタイトル通りのエッチ
同じプレイでも状況によって違う音を鳴らし臨場感を出す演出。
イベント会場にいる感覚を味わいながら抜けるよう丁寧に作られてます。

中でも2番目はSEXや彼女がオナニーするパートを多く設けて
それぞれに違う特徴を持たせる掘り下げた構造になってます。
同じプレイが続くとどうしてもマンネリ感が出てしまうので
それを解消するためにイベント形式やファンが数多くいる状況を有効活用してます。

「今日はね 会場にいる人は タダで何度でも生ハメ 綾姉のおまんこ使って中出しし放題」
初めて会ったばかりの男性たちに快くおまんこを預ける彼女の態度も印象的でした。
抽選に当たってパートナーに選ばれた人も、そうでない人も平等に扱う心の広い女性に描かれてます。
公開オナニーや異物挿入といったアブノーマルなことにも挑戦しますし
彼女自身も彼らと同じくらいこのイベントを楽しんで明るい雰囲気を作ります。

あとは純粋に抜き性能が高いです。
エッチシーンが全パート合わせて200分くらいあって内容も充実してます。
音作りに力を入れてるおかげでどのプレイもリアルに感じました。
一部でM向けやS向けのプレイもしますけど、全体を見ればノーマル向けだと思います。
ファンサービスという大きなテーマがあるのでご奉仕色が強いです。

後編の射精シーンは12回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語・ちゅぱ音・吐息それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは17本目の満点とさせていただきました。
おまけは「イベント反省会のオナニー配信」「おまんこの音研究」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:29:38(本編…3:55:25 おまけ…34:13)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月24日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、これまでエッチな配信を数多くしてきたお姉さんが
ファンイベントを開き会場とネット両方の男性たちを喜ばせます。

サークルさんが得意とする耳舐めを多めにやったり
中盤以降はおまんこを積極的に使って彼らを何度も射精させるなど
自分を応援してくれる人々に対する感謝の気持ちを込めたエロくて濃厚なサービスをします。

総時間が270分もあるので前編(綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント編)、後編(おま〇こで公開生放送編)の2回に分けてお送りします。
リアルとネットでオカズを提供
ネット配信者の綾姉がイベント会場で男性たちとエッチするお話。

「というわけで 生配信 アンドリアル同時進行ー 綾姉のおまんこで遊ぼう! イベント始まるよー」
綾姉は明るくて穏やかな声のお姉さん。
会場のファンとネットで視聴してるリスナーたちにイベントの開始を宣言すると
ズボンとパンツを脱ぐように言ってから自分も脱ぎ始めます。

本作品は2015年に1作目が出てからずっと続いてる人気シリーズ第9弾。
普段はエッチなネット配信をしてる彼女がオフラインイベントを開催し
その様子をネットでもリアルタイム配信して多くの男たちを興奮させます。
シリーズものですが各作品の内容は独立してるので今作からでも大丈夫です。

「ほらほら 今私が 綾姉が生脱ぎした パンツの音ですよー」
彼女はエッチに対して積極的かつオープンな性格。
日頃自分を応援してくれる彼らを喜ばせようと序盤から大胆な行動に出ます。
目の前でパンツを脱いでさらさらした摩擦音を鳴らしたり
パートごとに相手を変えながらS、M両方の属性を持つ多彩なプレイを披露します。

やり方は独特ですが抜きやすさにとても力を入れてるので
オナニーのオカズに役立つ作品を探してる人にはかなりおすすめします。
ファンサービスが目的なだけあって結構踏み込んだことをしてくれます。

本作品のエロさに最も貢献してるのは音。
どのプレイにも必ずリアルな音が入っており、同じプレイでも状況によって違う音を鳴らします。
前編部分(約144分)はおまんこを使うパートが多いのですが
体位や挿入物によって音を変えててなかなか凝ってます。
それと同時に行う耳舐めも耳の外側と内側で音の質感や伝わってくる刺激が変わります。

イベントがテーマの作品なら臨場感が高いほうがその場にいる気分に浸れますから
声や音といったサークルさんが自信を持ってる部分を前面に押し出してます。
射精シーンも多めに用意されてますし、抜き場に困ることはまずないでしょう。
イベントらしい特別なサービス
前編のエッチシーンは8パート122分間。
プレイは耳舐め、手コキ、キス、亀頭責め、SEX(騎乗位)、フェラ、パイズリ、生おまんこ当てっこゲーム、精液をおまんこに注ぐです。
手コキ、亀頭責め、SEX、パイズリ、当てっこゲームの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 舐めちゃいますよー な・め・る・ぞ ふーーー」
脱ぎたてパンツを使ってファンたちを興奮させた綾姉は
会場内にいる男性の1人にマイクを取り付けて生耳舐めを披露します。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の3パート38分間はややM~M向けのプレイ。
「01_来てくれてありがとう!(約14分)」は片耳&両耳舐め
「02_当選者さんに耳舐め手コキのご褒美!(約13分)」は耳舐め手コキ
「03_綾姉の脱ぎたてストッキングで亀頭責めゲーム☆(約11分)」は
ストッキングを使った亀頭責めで1回ずつ射精させます。

「使うのは 綾姉のおまんこから出てきた 新鮮な生おまんこから出る 愛液ローション」
そして彼女は早速言葉と行為の両方で彼らに対する感謝の気持ちを伝えます。
耳舐めと耳舐め手コキはどちらも至近距離からリアルなちゅぱ音を多めに鳴らし
亀頭責めはローションの代わりに自分の愛液を潤滑油にして激しく擦ります。

過去作を聴いた限りだと彼女のファンはどちらかと言えばMのほうが多そうなので
これらのプレイもご褒美と見るのが妥当でしょう。
シロクマさんが得意とする耳舐めを最初に繰り出して聴き手の心をガッチリ掴みます。

01パートは本当に耳舐めだけしますから自由なやり方でオナニーする形になります。
02と03は効果音が鳴る分おちんちんをどう責めてるかがわかりやすいです。
手コキはさらさらした摩擦音、亀頭責めは粘性高めの下品な水音と随分違いました。
耳舐め中は囁き声で話すことが多く、そのたびに微かな風圧が感じられて耳がゾクゾクします。

タイトルの「おま〇こで遊ぼう!」が出てくるのはその次から。
「04_当選者さんに生おま〇こ奉仕(約16分)」は騎乗位での生ハメ&中出し
「05_当選者さんが、おま〇こお掃除のお手伝い(約19分)」はパイズリフェラと追加のSEX
「06_生おま〇こで当てっこゲーム!(約22分)」はおまんこに何を挿入されてるかを彼女が当てるゲーム
「07_当選者さんに生挿入したまま耳舐め奉仕(約17分)」は騎乗位で繋がったままする耳舐めと
先ほどの3パートとは内容が大きく変わります。

「ほらすごい 全部画面に映って 今リアルタイムで見られてて みんながこのおまんこ見ておちんぽしごいてるの あぁすごい 興奮してきた」
ファンにとってネット配信者はアイドルのような手の届かない存在です。
そんな女性の大事な部分をおちんちんで貫き、さらに精液まで注ぎ込む。
性的快感、征服欲、充足感といった様々な欲望を同時に満たしてくれる手厚いプレイです。
彼女が嬉しそうな表情を見せながら喘ぐのも良いですね。
一時的とはいえ恋人っぽく振る舞ってエロさと甘さを出します。

ピストン音が全体的にやや下品なのも相まって、どのパートも十分な抜き性能を持ってます。
SEXは騎乗位が多いですけどペースが緩めでそこまで激しいわけではありません。
正常位だと他のファンがオカズにしにくいから見えやすい体位にしたのでしょう。
ファンサービスの領域を遥かに超える内容で彼女の淫乱さが引き立ってます。

この中で一番面白いのは06パート。
ファンたちが1人ずつ彼女のおまんこに何かを挿入し当ててもらいます。

「あっ 硬い これ すごい硬くて クリ ゴリゴリされるのすごいっ 何これ?」
硬いもの、冷たいもの、逆に温かいものなど複数用意されており
それぞれで挿入時の音が違う本作品の特徴を活かしたものです。
正解した時点で終わるルールになってるからでしょうけど
気持ちよさそうな彼女がわざと間違えてプレイ時間を延ばすシーンもありました。
最後はきっちり射精しますし、個性とエロさを兼ね備えたプレイに仕上がってます。

前編の最後にあたる「08_集めた精液は生おま〇こで回収☆(約10分)」はややS向け。
会場にいるファンたちがカップに吐き出してきた精液を全部集めて彼女のおまんこに注ぎます。

「あぁ いっぱい 直接おまんこに注がれちゃった 気持ちいい」
これまでのエッチはくじに当選した人たちが得をする内容でしたから
他の人たちにもおまんこで遊ぶ快感を味わってもらいたくて用意したのだと思います。
不特定多数の精液を注がれて絶望するどころか「まだ足りない」と言う非常に明るいプレイです。
パート終盤にはその様子を見てオナニーするファンたちから追加で精液をもらうなど
彼女のおまんこを文字通り精液でいっぱいにして満足感を与えます。

前編部分をまとめますと、最初の3パートを聴いた時点では
良くも悪くもいつものシロクマさんという印象を受けました。
でもそれ以降はSEXを中心とした変わり種のプレイが色々出てきて楽しく聴けました。
臨場感を出す演出も色々されてて彼女がすぐ近くにいる感覚が味わえます。

あとはこれだけ色んな男性に中出しされてるのに彼女の態度がすごくポジティブです。
エッチなネット配信で人気の女性だからこういうやり方でファンの期待に応えたのでしょう。
彼らを喜ばせながら自分も一緒に楽しむスタイルでエッチしてて雰囲気がカラッとしてます。
後編部分がまだ残ってますけど、ここだけでも十分満足できる品質とボリュームを持ってます。

前編の射精シーンは9回。
くちゅ音と吐息多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

おまけは「イベント反省会のオナニー配信」「おまんこの音研究」です。

後編へ続く…。
あだると放送局8~綾姉のおま〇こで遊ぼう!イベント開催編☆~【重複無し4時間半】(後編)

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:29:38(本編…3:55:25 おまけ…34:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月24日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチなネット配信を数多くこなしてる積極的なお姉さんが
風俗嬢や売り子になってエッチで濃厚なサービスをします。

どのパートも必ずSEXを絡めてくるのが特徴で
通常のSEXをする時は耳元至近距離から吐息交じりの切ない声を漏らし
射精でおちんちんが柔らかくなった後も挿入を維持してキスや耳舐めで再び元気にします。
最中に鳴るくちゅ音やちゅぱ音がどれもリアルでエロいですからオナニーの良いオカズになるでしょう。
綾姉のおまんこをたっぷりお試し
ふたつのシチュで綾姉と色んなSEXをするお話。

「んっと んじゃ お隣失礼しまーす」
綾姉は明るくて穏やかな声のお姉さん。
普段よりも恥ずかしそうな様子で主人公に話しかけると
彼のおちんちんがすっかり勃起してるのを見て思わず微笑みます。

本作品は2015年から始まり現在までずっと続いてる人気シリーズの第8弾。
ネット配信や声優などエッチな分野で精力的に活動してる彼女が
ファンと思しき男性たちと一対一でおよそ100分に渡る熱いエッチをします。
最初は風俗サービス、次はアダルトグッズの販売と2つのシーンを設け
その両方で密着感のあるリアルなプレイを行い彼らの心をガッチリ掴みます。

普段はネット配信を絡めたエッチをするのですが
今作はどちらも対面形式になっており過去作との明確な繋がりはありません。
内容もほとんどエッチなのでシリーズ未視聴でも問題なく楽しめます。

「今回のサービスは 時間内なら 綾姉の 私の 生おまんこ使い放題 おちんぽ抜き放題っていうサービスです」
彼女自身が言ってるように今回の大きなポイントはおまんこを最大限に使うこと。
エッチ開始から10分後には早速挿入し、それからシーン終了までほぼずっと繋がったまま進めます。
おちんちんが萎えた時はキスや耳舐めで元気にする
サービスが一通り終了した後にも追加で軽くSEXするなど
1秒でも長く繋がっていたいという彼女の気持ちをストレートに反映させてます。

シロクマの嫁さんと言えば耳舐めで有名なサークルさんですけど
今回は主役をSEXに譲り耳舐めはそのサポート役を務めます。
「ぎゅぷっ」という空気交じりのやや下品な水音の鳴るシーンが非常に多く
状況に応じてピストンのペースやストロークの長さを変えてリアリティを出してます。

全編を通じて密着しながら吐息を多く漏らしてくれるのもいいですね。
SEXにとって重要な密着感や一体感の向上に役立ってます。
M向けの要素がほとんどなかったり、フィニッシュは必ず中出しさせてくれるなど
ノーマルな男性を喜ばせることを目指した甘くて濃いプレイに仕上がってます。

SEXメインのエッチと、セリフ以外の要素を組み合わせて臨場感を出す演出。
気軽に、手軽に抜いてもらうことを目指した正統派の作品です。
エッチな音をたっぷり盛り込んだエッチ
エッチシーンは5パート88分間。
プレイはフェラ、SEX(対面座位、対面立位?)、キス、耳舐め、首筋舐め、乳首を擦り合わせる、録画です。
SEX、乳首を擦り合わせる、録画開始の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ズボンの中で蒸れて むわーっとした状態の香り いっぱい楽しまないともったいない」
主人公と軽く雑談してから服を脱がせた綾姉は
汗で蒸れたおちんちんに顔を近づけその匂いを嬉しそうに堪能します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の4パート68分間は風俗サービスを見据えたプレイ。
「《02》即尺、即ナマサービス♪(約22分)」はフェラを経由してからのSEX
「《03》回復するまで耳舐め+おま〇こハグ☆(約19分)」は中出しした後も繋がったままキス+耳舐め
「《04》ハメ撮り撮影会☆(約19分)」はスマホで結合部を撮影しながらのSEX
「《05》また利用してね☆(約8分)」は別れ際にキス、耳舐め、フェラ、SEXを軽く行います。

「いけないいけない こんなに激しくして 興奮したおちんぽ すぐ出しちゃいますよね」
あくまで風俗っぽい雰囲気でするエッチですから
お金のやり取りや彼女が距離を置いて接することは一切ありません。
序盤から恋人のような態度でおちんちんを大事に扱ってくれます。
いきなりハイペースのフェラを始め、慌てて加減するのも強く欲しがってる証拠です。

肝心のSEXも時間をかけてゆっくりねっとり描きます。
うっとりした吐息を漏らして彼のおちんちんを受け入れ
ペースや力強さを変えながら腰をリズミカルに落として幸せな時間を楽しみます。
体位は作中では明言されてないのでお話の流れや声の位置から対面座位と予測しました。

セリフを割と小まめに挟んでくる関係でこの4パートの喘ぎ声はそれほど多くありません。
でも話すごとに熱っぽい吐息を漏らして感じてることを遠回しにアピールします。
「えらいえらい」とお姉ちゃんっぽく振る舞うシーンもありますし
エッチな音とセリフを組み合わせて彼女とSEXしてる雰囲気を上手く作り上げてます。

本作品らしさを強く感じるのは03パート。
1回射精したからおちんちんを抜くのかと思いきや
挿入を維持したまま2回戦に向けて口を使ったご奉仕をします。
そしておちんちんがある程度回復したら膣圧を加えてもう一度SEXできる状態に戻します。

「あぁっ 私が舐めるたびに おちんぽがビクビク反応してる そんなにされたら もっとおまんこ締めちゃうから」
ここはテーマ性を出したうえで耳舐めすることを意識してるのでしょう。
水分控えめなコリコリした音を耳元至近距離で鳴らします。
キスや首筋舐めとの演じ分けもきっちりできており
SEXメインの作品内でちゅぱ音重視のパートを挟むことでメリハリをつけてます。
おちんちんの状態を彼女視点で話すのも繋がってることを表現する良い気配りだと思います。

そして04パートはこれまでになかった心のスパイスを投入します。
ピストンを再開した直後に彼女がスマホの録音ボタンを押し
結合部が映ってることを実況しながら今まで以上に乱れて幸せな射精に導きます。

「あっ ダメそれ恥ずかしい おまんこぎゅって締まっちゃう」
これまでとは違いこのパートは最初から最後までほぼSEXのみです。
途中でクリトリスをいじられてるのか、彼女が恥ずかしそうな仕草を見せてくれました。
キスしたまま中出しすることも含めて今まで以上に恋人らしさが出てます。
多くの人にとってここはいい抜き場になるんじゃないかなと。

最後の「《06》オナホ販促体験会(約20分)」は唯一違うシチュでするパート。
挿し絵にも映ってるオナホの販促をやってた彼女が
それ目当てにやって来た男性に特別なお試しプレイをさせてあげます。

「こんな勃起してるんなら すぐに体験会 始められますよね」
ここで使うのは生オナホ(=おまんこ)であってオナホではありません。
この場でするのをためらう彼を優しい言葉とキス&耳舐めで解きほぐしてから始めます。
状況を考えれば対面立位あたりで繋がってると見るのが妥当でしょう。
SEX自体は今までとほぼ一緒ですから、そこに至る過程や最中の会話が魅力と言えます。

このように、彼女のおまんこを使ってとことん気持ちよくするあまあまなエッチが繰り広げられてます。
SEX重視の抜きボイス
音声作品でありそうなのにあまり見かけないタイプの作品です。

綾姉は部屋やお店で会った男性に幸せなひと時を提供しようと
丁寧語で穏やかに話しかけながら耳やおちんちんをたっぷり責めて気持ちよくします。
そしてどのパートもおまんこを積極的に使い
さらにエッチな音もたくさん盛り込んで臨場感とエロさを上げます。

明るくてサービス精神旺盛なお姉さんがふたつのシチュでご奉仕するノーマル向けのシチュ
どのパートも必ずSEXを盛り込み状況に応じて変化させる特化型のエッチ
至近距離から吐息やちゅぱ音を鳴らして彼女の近さと熱を伝える演出。
ひとつのプレイを色んな手段で描いた実用性の高い作品に仕上がってます。

レビューの序盤でも書いたように、シロクマさんは耳舐めを重視するサークルさんなので
こういう作品を制作されたのは意外でした。
このタイトルでオナホコキを入れてないのも中の人のこだわりなのでしょう。
品質はすごく高いので普通に楽しめるし抜けます。

あとはSEX終了後におちんちんを抜かない展開は初めて聴きました。
これが入ることで普通にキスや耳舐めをするのとは印象が随分変わります。
萎えたおちんちんを回復させながら彼女の優しさと淫乱さを表現できる面白い要素です。
SEXメインのエッチだからこそ作り込みにとても力を入れてて素晴らしいです。
それでいて価格がたったの440円とコスパも申し分ありません。

射精シーンは3回。
くちゅ音・ちゅぱ音・吐息多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは16本目の満点とさせていただきました。
おまけは「綾姉とあまあまえっち素材」とフリートークです。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:18:25(本編…1:39:50 おまけ…38:35)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「ふあふあそふと」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くて献身的なスライム娘が
ブリーダーをしてる男性と1週間のエッチな訓練をします。

スライムらしさを出しつつ精一杯ご奉仕するのが特徴で
左右に分身して両耳を同時に舐めたり、手をオナホ状にしておちんちんを責めるなど
人間の女性にはできないプレイをやりながら優しい言葉をかけて幸せな射精に導きます。
スライム娘と過ごすあまあまな日々
スライム娘のリリーが癒しとエッチなご奉仕をするお話。

「はじめまして あなたが私のマスター マスターですね」
リリーは明るくて可憐な声の女の子。
初めて会った主人公に挨拶し軽く観察すると
彼が困った顔をしてるのでその理由を尋ねます。

本作品は愛玩用のペットとしてスライムが飼われてる世界を舞台に
生まれて1か月程度の彼女が彼とおよそ160分に渡ってイチャイチャします。
彼はスライム娘が本物のご主人様と契約する前にご奉仕のやり方を教えるブリーダーです。
だから1週間限定で彼女と一緒に暮らすのですが、彼女のほうは彼に一目惚れしたようで
最初から言葉と行為の両方で彼にたっぷり愛情を注ぎます。

「マスター様優しいんですね 思った通りの人ですごく嬉しいです」
本当のご主人様ではない彼に「マスター様と呼ばせて欲しい」とお願いしたり
彼に喜んでもらおうと勉強しながらおちんちんをはじめとする性感帯を熱心に責めるなど
純真無垢で健気な可愛らしい姿を随所で見せてくれます。

人外にあたりますけどサキュバスのようなSっ気や狡猾さはまったくありません。
現実世界の犬や猫のように彼とこのひと時を幸せに過ごそうとします。
彼と別れる時は悲しそうな表情を見せますし、人間の女の子に近い感情の豊かなキャラです。

サービスについては彼女が精液を食料にしてることを踏まえて
大部分をエッチシーンに割いてパートごとに色んなプレイを披露します。
人間との違いを出すことを強く意識してるようで、スライム娘ならではの責め方を積極的にします。

聴く前は「処女作だからそんなにすごくはないだろう」と思ってたのですが
実際は音の作り込みがしっかりしててビックリしました。
サークル主さんが「シロクマの嫁」主催の伊ヶ崎綾香さんと仲が良いらしく
その協力を得て大手サークルさんに引けを取らない品質に仕上がってます。

エッチの合間に入る耳かきも結構独特な音を鳴らしますから
ASMR系の作品が好きな人も楽しめると思います。
主人公を一途に慕うリリーの可愛いキャラと、彼女の持ち味を活かした音重視のサービス。
キャラとエッチの両方に個性を持たせたほぼノーマル向けの作品です。
愛を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート101分間。
プレイは手コキ、フェラ、パイズリ、耳舐め、オナニー、乳首責め、オナホコキ、玉揉み、キス、SEX(体位不明)です。
手コキ、パイズリ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「えっとそれじゃ まずおちんちんを見ても飛びついたりしない 我慢の練習ですね」
主人公がおちんちんを取り出すのを見てむしゃぶりつこうとしたリリーは
それを彼に止められてこれがご主人様の言うことを聞く練習なのだと気づきます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
一番最初の「02_お食事の練習(約27分)」は性教育要素の強いプレイ。
おちんちんを目の前にしてお預けさせるところから始まり
手コキ→フェラ→パイズリフェラと後になるほど踏み込んだ責めに変えて射精へ追い込みます。

「わぁ お口の中に入れると もっともっとよくわかりました 本当に硬くて 熱いんですね」
彼女はここに来る前は真空パックに入った精液を飲んでたらしく
本物のおちんちんや搾りたての精液を味わうのは生まれて初めてです。
だからおちんちんの見た目・味・硬さ・熱さなどをひとつひとつ体験し、その都度不思議そうな表情を見せます。

ご奉仕のやり方は事前に教わってるのでたどたどしさはありませんけど
反応が初々しくてとても明るい空気が漂ってます。
ご奉仕の様子も一生懸命ですし、彼女のキャラが早速引き立ってます。

もうひとつの柱にあたる音についても魅力的です。
彼女の体はゼリーのようにプルプルしてるので、手コキやパイズリの音が人間よりも水分高めになってます。
またフェラが始まったあたりからセリフよりも音の割合が高くなります。
彼女の可憐な声とやや下品な音にギャップがあってエロく感じました。
射精後は精液を美味しそうに味わったりと、男性を喜ばせることを強く意識したプレイをしてくれます。

続く2パート52分間は耳舐めが売りのシーン。
「03_オナニーのお手伝い(約23分)」は彼のオナニーを観察しながら
「04_上質なご飯のために(約29分)」はオナホコキと同時に、とスタイルを変えて舐め続けます。

「マスター様 私の手 見てください いつもと違いますよね?」
そしてここでも彼女はスライムの持ち味を活かして責めます。
耳舐めは体を分身させて左右同時にやりますし、オナホも道具ではなく自分の手を変形させてしごきます。
本作品の耳舐めはほとんど両耳舐めですから片耳の時よりも濃く感じるでしょう。
03パートは外側から内側、04パートは内側から穴の奥と責める場所を多少変えてました。
後者は舌先をぐりぐりさせるような力強い音が鳴ってて軽めの振動も伝わってきます。

どちらのパートもおちんちんと並行して責めますけど
抜きやすさに関しては04パートのほうが上だと思います。
03パートはオナニーの音が入ってませんしオナサポのように指示することもありません。
開始と射精のタイミングを指定して、その間耳舐めを続ける緩いスタイルです。

それに対して04パートはオナホコキの音がしっかり入ってます。
「ぷちゅっ」みたいな粘っこい音が使われており
ペースを適度に変えながら追い込んで射精しそうになったら寸止め
その後少し休んで再開するのを何度も繰り返します。

音でおちんちんへの責めを制御してくれるので、こちらのほうがオナニーしやすいでしょう。
寸止めの回数もそこまで多いわけではありませんから多少意地悪なあたりに留まってます。
こういうプレイをできるようになったのは2人の仲がより良くなった証拠です。

最後の「07_ただいま!マスター様(約22分)」は最も盛り上がるパート。
本当なら1週間でお別れになるはずだったのが彼の家族になることが決まり
その契約として初めてのSEXを楽しみます。

「出して 出して 刻んでください 私の体に マスター様の精子で 刻み込んで」
彼とずっと一緒にいられることが決まりよほど嬉しかったのでしょう。
彼に主導権を譲り気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らしながら愛の言葉をガンガン投げかけます。
時間に余裕があるからでしょうけど、速い→遅い→速いと緩急をつけて責めてました。
合間にキスや耳舐めも入るのでエッチな声や音が充実してます。

あとは彼女が幸せになる展開も心を潤してくれます。
スライムとはいえこれだけ尽くしてくれる女の子と離れ離れになるのは寂しいですから
それがなくなり身も心もひとつになる締めくくりに相応しいプレイです。
エッチメインの作品ですけどストーリーもしっかりしてました。

このように、彼女とたっぷりエッチしながら仲良くなる純愛系のエッチが繰り広げられてます。
甘さ全開な人外作品
人外から連想されるM向けの要素をほとんど削った温かい作品です。

リリーは自分の教育係になった主人公と仲良くしようと
最初からわかりやすい形で好意を示して精一杯のご奉仕をします。
そしてエッチはリアルな音をたっぷり鳴らしながらスライム特有のプレイをします。

小動物のような可愛さを持つスライム娘が男性とエッチの練習をするノーマル向けのシチュ
熱い吐息、力強いちゅぱ音、粘っこい効果音を複数同時に鳴らす密度の高いエッチ
彼のことを一途に慕い、喜ばせようと頑張る彼女の純真なキャラ。
変わった特徴を持つ女の子とイチャイチャする様子をエロさ高めにお届けします。

中でも2番目はスライムらしさがきちんと込められてて良かったです。
彼女の頭を撫でる音もぷるぷるしてますし、音に対するこだわりが随所で見られます。
性教育を絡めてあるので前半の2パートは割と控えめですけど
後半はそのへんが解消されて伸び伸びと愛し合うようになります。

唯一非エロのサービスをする「05_身体だけじゃなく、心の癒やしも(約27分)」もレベルが高いです。
彼女の膝に仰向けに横になって耳マッサージ、耳かき、梵天をされるのですが
そのすべてを左右同時に行うことや、耳かきの音がゼリーのように水分高めなこと
そして途中に「ごごごご」と耳を塞がれてるような音がすることなど
新規のサークルさんがするスタンダードな耳かきとは違う部分をいくつも持ってます。

音の品質はシロクマさんの作品とほぼ一緒です。
炭酸水を使った耳かきも登場しますから清涼感を覚えるでしょう。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「08_しゅきしゅき両耳舐め」とキャストコメントです。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 3:00:01(本編…2:47:27 おまけ…12:34)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月22日まで30%OFFの924円で販売されてます。



サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、森の中で仲間たちと暮らしてる友好的なアルラウネが
偶然助けた人間の男性から精液をたっぷりいただきます。

彼女の特徴とサークルさんの特徴を組み合わせた高密度のエッチが行われており
おちんちん、両耳、唇、乳首、首筋といった性感帯を複数同時に責めながら
その様子をリアルな音で忠実に表現して彼女に責められてる雰囲気を出します。
丸呑みされることもありますがグロい描写は一切ないので愛を感じながら抜けるでしょう。
早く大人になりたくて
アルラウネに6種類のエッチで搾精されるお話。

「お兄さん お兄さん お兄さん 起きて」
アルラウネは可愛い声の女の子。
森の中で寝てる主人公に声をかけ、人間かどうか確認すると
ここに来た事情を尋ねてからアルラウネの里に運んだことを教えます。

本作品は人間の上半身と植物の下半身を合わせ持つ彼女が
森の中で行き倒れてた彼を助け、その見返りに精液をたっぷりいただきます。
彼女たちは植物と同じく水と日光で何十年もかけて成長するのですが
精液はそれを大幅に促進する肥料になるらしく、序盤から積極的に彼を求めます。

「ダメだよ 1人で森の中歩いたら 凶暴な魔物さんとか 人間嫌いのエルフさんとかいるんだから ひどいことされちゃうよ?」
元々凶悪な種族ではないので痛みや苦しみを与えるシーンはないものの
体に生えてる触手を使い分けて複数の性感帯を同時に責めたり
彼の全身を丸呑みして気持ちよくする彼女らしいプレイが登場します。

全パートで複合責めを主体にしてるため、くちゅ音やちゅぱ音が同時に鳴ることが非常に多いです。
人間の女性よりも濃いプレイにして人外らしさや精液に対する執着心の強さを表現してます。
おちんちんと両耳は必ず責めたうえでキス、乳首舐め、首筋舐めを適度に追加します。
片方の耳を舐め、もう片方は触手でいじる彼女の特徴を活かした耳責めです。

もうひとつのポイントは精液を吸収するたびに彼女が成長すること。
ロリ→少女→お姉さん→母親と後になるほどより大人びたキャラに変化します。
声やしゃべり方はもちろん、プレイも変わっていくので同じ女性が相手でも随分印象が変わります。

「何より あなたが私で気持ちよくなって出してくれてるお汁だって考えると 嬉しくて 嬉しくて堪らなくなるの」
最初は助けた見返りに精液をいただく程度の気持ちだったのが
その濃厚な味と驚くほど高い栄養にすっかり魅了され
中盤以降は彼のことを本気で愛するようになります。
プレイは比較的ハードですけど、それとは逆に雰囲気はどんどん甘くなるのが面白いです。
終盤では母親と娘で3Pするパートもありますし、人間同士に負けないくらい幸せな家庭を築きます。

耳とおちんちんを重点的に同時責めする高密度なエッチとヒロインが成長する展開。
M性をできるだけ和らげながらアルラウネとエッチする甘くハードな作品です。
身も心もひとつになるエッチ
エッチシーンは6パート124分間。
プレイは耳舐め、首筋舐め、キス、乳首舐め、手コキ、丸呑み、触手責め、オナホ触手責めです。
手コキ、丸呑み、触手責め、オナホ触手責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「お兄さん それじゃあその…服だっけ ぜーんぶ脱いで?」
主人公に事情を説明し精液をもらえることが決まると
アルラウネは彼に服を脱いでもらい、抱き合いながら耳舐めします。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
一番最初の「02_優しくするね」は2人が出会った直後のお話(約24分)。
彼の体を少し観察してから耳舐め→首筋舐め→キスと繋ぎ
おちんちんが十分大きくなったところで手コキを加えます。
手コキは触手コキかもしれませんが、それを判別する描写がなかったので本レビューでは手コキとします。

「遠慮しなくていいよ 好きなだけ 気持ちよくなって?」
精液で自分が成長できることは知ってても彼女が実際にエッチするのは今回が初めて。
だから男性の感触を確かめながら優しい言葉をかけてゆっくりリードします。
「精液を熟成したほうが成長できる」と言ってたのでここは焦らし気味に進めます。

触手音が鳴ることもありますけど、プレイの内容は人間同士のそれに近いです。
口を使うプレイはちゅぱ音の質感や位置を変えて違いを出してますし
手コキもにちゃにちゃした水音をゆっくりめに鳴らします。
そして後になるほどエッチな音が同時に鳴る種類を増やしてエロさを補います。
結構手加減してるけど彼女らしさがちゃんと出てるところが面白いです。

本作品で最も個性的なプレイが登場するのは次の「03_もっと大きくなりたい」(約18分)。
精液を吸収した影響でロリから少女に成長した彼女が
体をチューリップのような形に変えて彼の全身を覆い、そのまま体の愛撫や同時責めをします。

「わかる? だんだん体が触手に包まれてるの」
鳥の鳴き声や木が風で揺れる音がバックで流れる普段とは違い
ここだけは「ごごごご」という耳の穴を指で塞いだ時のような音が頭部全体で流れます。
実際に聴いてみると軽い閉塞感を覚えるでしょう。
また彼女の中にいる気分が出るよう心音も鳴り始めます。

明らかにヤバい状況ですけど彼を食べたり消化する描写は一切ありません。
彼女なりのやり方で彼を抱きしめ気持ちよくします。
プレイは上半身の愛撫から始まり乳首舐め、触手による耳責め、オナホ触手責めと繋ぎます。

「あなたのために作った おちんぽ気持ちよくするためだけの触手」
オナホ触手はアルラウネにとってのおまんこにあたり
弾力のある筋っぽい音をリズミカルに鳴らします。
彼女の体は下半身が植物だからSEXの代わりにこれを用意したのでしょう。
どの音もしっかりしてるおかげで色んな音に包まれてるような感覚がしました。

次の「04_もう逃さない、永遠に」以降は2人が夫婦になった後のお話。
元々住んでた場所へ帰るのを止めてアルラウネの里に定住することを決めた彼が
その後どんな日々を送ったかがエッチメインで描かれてます。

「私 あなたにたくさん 気持ちよくなってもらいたい」
少女からさらに成長してトーンの低い色気のある声へと変わり
彼を「あなた」と呼びながら引き続き両耳とおちんちんを丁寧に責め続けます。
途中から2人の娘が登場したりと家族らしさを出しながらたっぷり愛し合います。

「04_もう逃さない、永遠に」は両耳責め+オナホ触手責め(約18分)
「05_ずっと一緒に」は両耳責め、乳首舐め、キス、オナホ触手責め(約16分)
「06_家族で幸せな日々」は娘を加えての3P(両耳舐め+交互のオナホ触手責め)(約23分)
「07_夫婦の時間」は連続射精スタイルの両耳責め+オナホ触手責め(約25分)、といった具合に
耳とおちんちんを同時に責めながらシチュやオプションを変えて違いを出します。

母「それじゃあお父さんにザーメンをもらう時は まずはどうすればいいんだったかしら?」
娘「えっと… お父さんはお耳をぺろぺろされるのが大好きだから まずはお耳を舐めて おちんちん大きくするの」
この中で一番印象に残ったのは06パート。
アルラウネに精液を与え続けた結果生まれた娘と協力して彼を気持ちよくします。
母親が右、娘が左に陣取り男性の責め方を教える性教育っぽいプレイです。
そしてある程度慣れた後は娘→母親の順に精液をいただきます。

これまで一度もやらなかった両耳舐めを投入してることや、唯一明確な射精シーンが二度あることなど
今までやってきたエッチとの差別化を図る要素がいくつも込められてます。
娘が父親の精液をもらう展開は割と背徳的ですけど
この里にいる人間の男性は彼だけのはずですから、成長するにはそれしかなかったのだと思います。
あるいは元々女性しか生まれない種族なのでそういう概念が存在しないのかもしれません。

この4パートはプレイ構成を見ればわかるように、やることが割かし似通ってます。
なので通しで聴くよりは2~4回に分けたほうがダレずに済むと思います。
「07_夫婦の時間」はセリフの量を減らして音に寄せるなど
サークルさんなりに違いを出そうとする姿勢は見られました。

このように、人外らしさを出しつつ穏やかに行う耳舐め&複合責め重視のエッチが繰り広げられてます。
音に溺れられる作品
音の質感、種類、密度が魅力の親しみやすい人外作品です。

アルラウネは森の中で助けた主人公に自分の成長を手伝ってもらおうと
彼の同意を得たうえで耳とおちんちんを比較的ソフトに責めてゆっくり射精へ追い込みます。
そして一段階成長した後はより濃くて独特なプレイを繰り出しながら愛情を注ぎます。

早く大人になりたいアルラウネが人間の男性と色んなエッチをするややM向けのシチュ
両耳責めとオナホ触手責めを軸に据えたうえで色んな性感帯を同時責めする彼女らしいエッチ
精液を吸収するたびに成長し、それに応じてキャラやプレイが変化する珍しい展開。
キャラとプレイの両方に個性を持たせ、さらにサークルさんが得意とするプレイもしっかり盛り込んでます。

中でも3番目は同じ作品内でヒロインが急激に成長すること自体がレアですし
声、口調、彼との接し方、エッチの内容も切り替えてひとつの流れを作ります。
基本的には成長するほどSっ気が増しますけど、それと同じくらい彼への愛情も強くなります。
こういうプレイをするのも人間相手では味わえない快楽を与えて引き留めたかったのだと思います。

エッチはサークルさんが毎回やられてる耳舐めをふんだんに盛り込み
それと触手を使った耳責め、オナホ触手責め、丸呑みといった作品固有のプレイを組み合わせてます。
04~07パートでもう1回くらい丸呑みをやっても良かったかもしれません。
彼女のキャラにこだわるあまり、プレイの種類と構成が狭まってるのだけは気になりました。

射精シーンは6回+α。
くちゅ音とちゅぱ音大量、淫語それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは触手音7種とお仕置きトークです。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:43:03(本編…2:27:34 おまけ…2:15:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
283分で990円とコスパが良いので+1してあります。



【実際に行為をしていると感じる】あだると放送局5~綾姉と作品制作編~【声/音同時収録!】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「20xx年5月配信_クイズで亀トレ!配信」以降の様子を中心に紹介します。
ちょっぴり意地悪なプレイを配信形式で
後編のエッチシーンは4パート104分間。
プレイは耳舐め、オナニー、亀頭オナニー、首筋舐め、乳首責め、キス、SEX(騎乗位、正常位)、おまんこの撮影、乳首オナニー、乳首舐め、素股です。
SEX、撮影、素股の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私が出すクイズ え-っと ま、簡単なクイズに正解したら ご褒美の気持ちいいシコシコで」
自分の配信を見てくれてる人たちに挨拶し、今回するプレイの内容を説明すると
綾姉はひとまず簡単な問題を出して流れを掴んでもらいます。

エッチは前編とは違い視聴者たちを加えて主人公の体を責めます。
一番最初の「20xx年5月配信_クイズで亀トレ!配信」は雰囲気作りを重視したパート(約36分)。
彼女が出すクイズに正解した通常のオナニー、間違ったら亀頭オナニーをするルールを定め
1問ごとに耳舐めもたっぷりやって少しずつ追い込みます。
ここは途切れるシーンもありますがほぼずっと耳舐めすると思ってください。

「初見さんいらっしゃいませ イヤホンつけてる? イヤホンつけてね」
前編よりも砕けた口調で話しかけたり、初めて配信を見に来た人に挨拶するなど
ここでは生配信らしさを出す要素をいくつも盛り込んで進めます。
言い間違いをすぐさまフォローするシーンもありますし
アドリブの持ち味を活かしたゆるーい配信をお届けします。

プレイについては彼女の性格を色濃く反映させてます。
1問目は誰にでも答えられるものだったのが
2問目以降は結構難しいものも出して亀頭オナニーする機会を与えます。
本気でやる場合はローションを用意しておいたほうがいいでしょう。

そして前編でも活躍したリアルなちゅぱ音で場を盛り上げます。
舌を耳の内側にぐりぐりさせてるような軽い圧迫感のある音を鳴らし
パート終盤には両耳舐めに切り替えて気持ちいい射精を後押しします。
この後でも事前に用意した音声を流すシーンがあったりと、配信形式だからこそできるエッチをしてくれます。

続く2パート41分間はよりオナサポに寄せたプレイ。
「20xx年6月配信_カウントダウンで追い詰められる配信」はカウントダウンに合わせてオナニーし
「20xx年6月配信2_カウントダウンのその後」は配信に協力してくれた主人公と熱いSEXをします。

「はい休憩 おちんぽ落ち着けてね はいでもただ休憩するだけじゃつまらないから ゆーっくり首筋舐めして おちんぽはいじらないで休憩でーす」
彼女がカウントしてる間はオナニーを続け、0を宣言したら射精するルールを定め
ある程度数え下ろしたら仕切りなおすの数回繰り返す
休憩中に首筋を丁寧に舐めておちんちんをウズウズさせるといった
ややMあたりの人が喜ぶリードをして射精を上手にコントロールします。

耳舐めの時間は約10分と短いですが
その代わり首筋舐めやキスを盛り込みちゅぱ音に変化を与えてます。
2時間近くあるのに最初から最後まで耳舐めだとどうしても飽きが来ますから
同じちゅぱ音でも系統を変えてその違いを楽しめるようにしてます。
首筋舐めを長めにやる作品というのも珍しいです。

「次はっ ほらっ 入っちゃったぁ」
またここからは前回の配信にはなかった効果音が加わります。
配信の終盤に彼女のほうからおちんちんを迎え入れ
「ちゅぽん」という水分高めのピストン音がリズミカルに鳴らして中出しまでもっていきます。
さらに配信後は逆に彼が彼女を責める形でもう1回戦楽しみます。

彼女が彼を呼んで配信するのはたぶんこれが初めてのはずですから(5月配信に主人公は出てきません)
普段とは違うプレイをして興奮したのかもしれませんね。
SEX開始後は息遣いが一気に熱を帯び、ピストンするたびに切ない声を漏らしてくれてエロいです。

オナニーの制御をするオナサポと、抜きに役立つ材料を与える別のオナサポを同じシーンでやるわけです。
エッチの内容や方向性は大きく違いますけど
オナホコキとSEXを交互にやってた前編と似た特徴を持ってます。

最後の「20xx年7月配信_乳首開発配信」は隠れた性感帯にあたる乳首を鍛えるパート(約27分)。
キスで気持ちを高めてから乳首オナニーの指示を出し
彼女はその間耳舐め、乳首舐め、素股、SEXをします。

「ほら 乳首さん舐めて 舐められてるほうと 反対側を指先でちゅくちゅく」
乳首開発がテーマになってますけど具体的ないじり方は特に言わず
主人公の体を責めてる様子を実況しながらちゅぱ音や効果音を鳴らします。
この流れならどちらかと言えば開発済みの人向けかなぁと。

ですが乳首オナサポだけする場合よりも純粋なエロさが高いので
乳首をいじりながらおちんちんオナニーする感じで聴けば普通に抜けると思います。
実際のところ複数の性感帯を同時にいじると単体よりもずっと気持ちいいです。

このように、配信ごとにプレイを大きく変えてじっくり責めるちょっぴり意地悪なエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視のリアルな作品
ひとつひとつのプレイをできるだけ生々しく描いてる抜きやすい作品です。

綾姉は親戚で自分のファンでもある主人公を使って音の研究や配信を楽しもうと
多くのシーンで密着しながら耳舐めやSEXをガンガンやってもてなします。
そして最中はリアルなちゅぱ音と効果音を鳴らして彼女に責められてる雰囲気を作ります。

サービス精神旺盛でSっ気もある親戚のお姉さんに弄ばれるややM向けのシチュ
質感、位置、距離、動きにこだわった音をたっぷり鳴らして臨場感とエロさを出すエッチ
ふたつのシーンを用意し、どちらも優しさと意地悪さを混在させて射精へ追い込むプレイスタイル。
音の良さと彼女の性格を柱にして作品を組み立ててます。

中でもエッチは音が純粋に優れてるのに加えて
同系統のプレイを短時間で切り替えて音の違いを楽しませる
前編は一対一、後編は配信形式にするといったアイデアの面でも光るものを持ってます。
後者はサークルさんが現実世界でも配信されてるだけあってしゃべり方がとても自然です。

タイトルが「あだると放送局」なのにここが弱かったら色々まずいですから
時間、内容両方を充実させて楽しみながら抜けるようにリードします。
5月配信は亀頭オナニーが挟まる関係でやや抜きにくいところもありますが
6月と7月は体への責めがしっかりしてますし純粋なエロさも高めです。
耳舐めも後編は53分ほどやってくれてサークルさんの色が十分出てます。

後編の絶頂シーンは5回(射精4回、潮吹き1回)。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえてサークルさんでは15本目の満点とさせていただきました。
おまけは「綾姉と反省会」と「20xx年8月配信_綾姉オナニー配信」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:21:20(綾姉と作品制作編…1:39:31 あだると放送局…1:57:18 おまけ…44:31)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月9日まで30%OFFの924円で販売されてます。



サークル「シロクマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチな音声作品の声優をしてるお姉さんが
親戚で自分のファンな年下の男性に作品制作の協力をしてもらいます。

ちゅぱ音や効果音のリアリティを追求したエッチをするのが特徴で
同じパート内でオナホコキとSEXを交互にやって音の違いを楽しませたり
耳舐めやフェラを多く盛り込み責め方を変えて実際に責められてる雰囲気を作ります。

総時間が260分もあるので前編(綾姉と作品制作編)、後編(あだると放送局)の2回に分けてお送りします。
お姉さんとするエッチな音の勉強
親戚の綾姉とふたつのシチュで色んなエッチをするお話。

「ねぇねぇ ちょっと訊きたいことがあるんだけどさ」
綾姉は明るくて穏やかな声のお姉さん。
主人公が自分の出演作品をオカズにオナニーしてることを知って喜ぶと
恥ずかしがる彼に口止め料としてあるお願いをします。

本作品はエッチな音声に出演してる声優の彼女が
その作品をよくオカズに使ってる彼とおよそ220分に渡ってエッチします。
前編の「綾姉と作品制作編(約99分)」は彼の自宅で音の出し方を勉強する
後編の「あだると放送局(約117分)」は配信形式とシチュを大きく変え
年上の彼女が彼の耳、乳首、おちんちんを穏やかに弄びます。
シリーズの5作目にあたりますがストーリーの繋がりはないので今作からでも大丈夫です。

最大の特徴はプレイのリアルさ。
ちゅぱ音はもちろん、効果音も演技と一緒に録音して実際のエッチに近づけてます。
タイトルに「実際に行為をしていると感じる」とわざわざ書いてるだけあって
音の質感、位置、距離、動きのすべてが生々しいしエロいです。

現在の音声作品は録音環境が以前よりも大幅に良くなったおかげで
普通の作品でも音がリアルなものが結構増えてます。
だからでしょうけど本作品はそれらとの違いを打ち出す変わった演出がされてます。

「ほら 偽物おまんこから おちんぽ抜いて 君が夢にまで見た 本物おまんこ」
具体的には同じパート内でわざと似たプレイを用意し
それらを数分単位で切り替え、さらに音も変化させて違いを楽しめるようにしてます。
前編ですとオナホコキとSEX、おちんちんフェラと指フェラが登場します。

エロさも十分にありますけど、それよりもリアリティを重視してる印象を受けました。
彼女がよく密着してくるおかげで熱っぽい吐息が耳に何度もかかります。
特定の音を延々垂れ流すのではなく、複数の音を違和感なく組み合わせて本物のエッチらしさを出してます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めも前編だけで44分ほどあります。

それ以外のポイントは甘やかしと意地悪を組み合わせてリードすること。
彼の弱みを握ってる彼女が主導権を握りつつ
ご褒美も適度に与えて2人とも満足できるようにします。

「練習付き合ってくれるって言ったんだから 最後まで責任持ってよ」
彼女は今回のエッチを演技の腕を上げたり音の研究をする絶好のチャンスと思っており
彼をストレートに気持ちよくするよりもそちらを優先する方針を取ります。
一部で焦らしや寸止めをしますから、そのへんを意地悪と感じる人がいると思います。
しかしSEXシーンでは生挿入&中出しを許す優しいところも見せてくれます。

目的は達成したいのだけど、いじめるだけでは親戚の彼が可愛そうだからこうしてるのかなと。
SEX中に「好き」とも言ってくれますし、彼女なりの愛情表現と見るのが妥当です。
属性はややMがメインターゲットになるでしょう。

様々な音にこだわった臨場感のあるエッチと相反する要素を混在させたエッチ。
プレイとキャラの両方に個性を持たせた実用性重視の作品です。
優しくいじめてくれるエッチ
前編のエッチシーンは4パート91分間。
プレイはオナニー、耳舐め、乳首責め、首筋舐め、フェラ、オナホコキ、SEX(騎乗位?)、亀頭舐め、キスです。
服を脱ぐ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ早速だけど 作品作りの協力 よろしくね」
主人公の秘密を親戚に言わない代わりに協力する約束を取り付けると
綾姉は彼を全裸にしてからオナニーさせ、自分は耳と乳首を責めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「02_アンケート調査」はウォーミングアップに近い内容(約26分)。
オナニーは開始と射精のタイミングや大まかなペースを教える程度に留め
左右の耳を片方ずつ舐めたり「カリカリ」と言いながら両乳首を責めて彼の感度を確かめます。
耳舐めはこのパートだけで21分もやります。

「やっぱり お耳も開発済みなんだね」
彼女は彼が自分のファンだと知ってますから、どのへんが弱いかもある程度把握してます。
最初から耳と乳首を責めるのも彼の性癖に合わせたのでしょう。
コリコリしたちょっぴりこもったちゅぱ音が至近距離から鳴って生々しいです。
吐息の量も多いですし、耳が弱い人ほどゾクゾクします。
オナニーは基本的には自由にやり、最後はカウントに合わせて射精するシンプルなものです。

本作品の特徴が出始めるのは次から。
「03_キャラクターオナホ」は彼女が愛用してるオナホと本物のおまんこを使い分け(約18分)
「04_フェラ音研究」は名前の通り2種類のフェラをやって音の出し方を勉強します(約18分)。
この2パートは耳舐めを一切やりません。

「オナホおまんこと 綾姉のおまんこの違い 教えて?」
03パートは「本物と偽物の違い」をテーマに掲げてるだけあって
両者を数分単位で切り替える変わった責め方をします。
オナホは「にゅぷっ」という弾力がある筋っぽい水音
おまんこはそれよりも粘性高く下品な水音と十分な違いがあります。

通常のエッチではこういうことをまずやりません。
オナホコキ、SEXどちらかに固めたほうが気持ちいいしプレイに一貫性が生まれます。
しかし本作品は「音を研究する」という固有の目標を用意し、交互にやっても違和感のない状況を作ります。

実際のところこうしたほうが音の違いがわかりやすいですからね。
そしてこれは「オナホで意地悪し、おまんこで甘やかす」というもうひとつの特徴とも合致します。
SEXの時は熱っぽい吐息や喘ぎ声を上げてくれますからエロさもなかなかのものです。

「どう? いい感じでしょ? やっぱり練習は本物でやってみないと クオリティ上がらないからね」
それに対して04パートは同じことをちゅぱ音でやります。
おちんちんを舐めて音の鳴らし方をチェックし
その後は彼女の指を舐めてちゅぱ音の演技を練習します。
竿全体を舐め上げる、亀頭を舌先でチロチロする、咥え込んでピストンするなど責め方も様々です。

こちらは口で出す音なのでちゅぱ音にそれほど大きな違いはありません。
強いて言うなら指のほうが範囲は少し狭いかなと。
色んなちゅぱ音を時間いっぱい鳴らしてくれるので実用性は高めです。

前編最後の「05_耳舐め練習」はもちろん耳舐め(約29分)。
耳への息吹きから始まり首筋舐め→耳舐めと繋げ、おちんちんは途中から騎乗位で挿入します。

「出した後だから きゅってされるの辛いかな? でもね まだ おちんぽこのまま このままだよ」
SEXもするから複合責めかと思いきや、ここではピストンをほとんどしません。
挿入後は腰を動かさずおまんこの感触と膣圧だけを与え続けます。
ピストンするのは終盤の3分間だけですから主役はやっぱり耳舐めです。

耳舐めする直前に首筋舐めを挟んだのは音の違いを楽しんでもらうためでしょう。
首筋舐めは平べったい舐め主体の音が左右へスライドするのに対し
耳舐めは耳のすぐ近くで吐息交じりのコリコリした音が鳴ります。
ちゅぱ音がややこもってたところを見ると耳の内側を責めてるのかもしれません。
これまで一切やらなかったキスを解禁するなど、02パートとの違いを持たせてリードします。

前編をまとめると音の臨場感やバリエーションを引き立たせることに力を入れてます。
どのパートもやることが違いますし、音の鳴らし方や方向性にも違いが見られます。
それでいてちゃんとエッチになってるのはシチュの設定や彼女の二面性がプラスに働いてるのでしょう。
音の研究を優先するシーンと抜かせるシーンを混在させてます。
そして彼女は親戚という近しい存在だけど多少のSっ気を持ってます。

シロクマの嫁さんの作品の中ではという意味ですから、ノーマルな人でも興味があるなら普通に聴けます。
あと耳舐めをやるパートとやらないパートをはっきり分けてるのもメリハリがあって良いです。

前編の射精シーンは6回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「綾姉と反省会」と「20xx年8月配信_綾姉オナニー配信」です。

後編へ続く…。
【実際に行為をしていると感じる】あだると放送局5~綾姉と作品制作編~【声/音同時収録!】(後編)

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 4:21:20(綾姉と作品制作編…1:39:31 あだると放送局…1:57:18 おまけ…44:31)


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月9日まで30%OFFの924円で販売されてます。



サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでサービス精神旺盛なAV女優が
企画に参加してくれた素人の童貞をゆっくり優しく筆おろしします。

耳舐めを多めにしながら少しずつリードするのが特徴で
冒頭に耳かきをやって彼の緊張を解きほぐし
それから耳舐めのみ→耳舐め手コキ→耳舐めSEXとだんだん濃いプレイに移ります。
途中から監督(女性)も参加するおかげで両耳舐めのボリュームも多いです。
初SEXの相手はAV女優
穂波や監督と色んなエッチをするお話。

「ふーっ うふっ ビクビクーってしたね」
穂波は明るくて可愛い声の女の子。
AVの筆おろし企画に参加し緊張気味な主人公に話しかけると
それを取り除くためにはまずは丁寧な耳かきをします。

本作品は現実世界のAVでも行われてる素人モノの音声版。
AV女優として活躍中の彼女が童貞な彼を相手に180分ほどに渡って筆おろしします。
基本的には穂波が相手をするのですが、一部で監督も加わるパートもあり
その両方で耳舐めをたっぷりしながらおちんちんも責め続けます。

「自分で言うのもなんだけど 私 尽くす系の女だから」
作中でこう言ってるように、彼女は男性を喜ばせるのが大好きな女性です。
だから序盤のサービスで彼は耳が弱いとわかればそこを重点的に気持ちよくします。
「エッチシーンの68%にあたる85分もやる」と言えば量の多さがわかっていただけるはずです。
うち40分は両耳舐めになっており、耳舐めが好きな人ほど楽しめるでしょう。

パートごとに舐め方をそこまで変えてくるわけではないですし
ほとんどでおちんちんと同時責めすることから特化型と言うほどではありません。
あくまでメインは筆おろしで、それをより特徴づけるスパイスとして活用します。
全体的に責めっぷりが激しくて耳に微弱な刺激が何度も伝わってきました。
彼は彼女の大ファンだそうですから、日頃の応援に対する感謝を込めてお世話します。

それ以外の特徴はSEXシーンが充実してること。
6パート中4パートにSEXを盛り込み、状況に応じて体位や責め方を変えながら進めます。
耳舐めも同時にやるおかげでエッチな声や音の密度が高く
彼女のあまあまなキャラも相まって気分よく抜けます。
全パート中出しするのも彼にとって特別な日を華々しく飾るための優しさです。

一番最初の「01_緊張してる?」は撮影開始前の出来事(約24分)。
緊張してる主人公を少しでもリラックスさせようと膝枕で耳かきします。
耳かき棒→綿棒→梵天と繋ぎ、耳垢水で中を綺麗にしてから綿棒で水分を取る凝ったものです。

耳かき棒は「ずすっ」という乾いてて平べったい音
綿棒は「ぷすっ」という広めで柔らかい音、梵天は「すしゅっ」という柔らかくて滑らかな音と
器具によって音の質感や動きがきちんと変わります。
耳垢水を使う時はプールに入ってるような閉塞感があってリアルです。

「好きなんだ 男の子がね こうやってぜーんぶ預けて リラックスしてくれるのが」
そして最中は効果音の邪魔にならない程度に会話して別方向から癒します。
彼は彼女のことをよく知ってるはずですが、それはAVの中の話に過ぎません。
だからエッチとは関係ないことをしながらコミュニケーションを取って素の自分を教えます。
耳かきも手慣れてますし、他の男優さんにしてあげてるのかもしれませんね。
最初はソフトに、それから激しく
エッチシーンは6パート125分間。
プレイは耳舐め、手コキ、キス、SEX(正常位、騎乗位)、首筋/乳首舐め、素股です。
手コキ、SEX、素股の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「エッチな音声を みんなにお届けしたいと思いまーす」
耳かきをした後に監督や他のスタッフがやって来て準備を整えたところで
穂波はAVを観てる人たちに挨拶してから主人公の耳を舐め始めます。

エッチは経験豊富な彼女が終始リードします。
序盤の2パート36分間は筆おろしに向けて気持ちを高めるプレイ。
「02_収録スタート」は左右を小まめに切り替えながらの耳舐め
「03_初めては最高の快楽で」はキスを経由してからの耳舐め手コキで射精寸前まで追い込みます。

「本当は あぁ 気持ちいい 気持ちいいよぉって はぁはぁって可愛い声を上げたいのに ちゃんと我慢してるんだね 偉いぞー」
そして彼女は早速プロらしい流れるような手つきを披露します。
事前に約束した通り責められても声を出さない彼を褒め称え
耳舐めは内側や穴の入り口を重点的に責めてコリコリしたやや鈍いちゅぱ音を鳴らします。
02パートは本当に耳舐めしかやらないので本作品の耳舐めの良さがわかりやすくなってます。

続く03パートは焦らしや寸止めを交えた若干意地悪なプレイ。
「くちゅっ」という泡交じりの水音を上下にゆっくり動かし
彼が我慢できなくなったところで休憩するのを数回繰り返します。

「童貞ってことは こうやって女の子の手で おちんぽシコシコされるのは初めてだよね?」
撮影してるからやむを得ずそうしてるだけで彼女は別にSじゃありません。
その証拠に彼の初めての人になって満足感を与え
さらにキスも自分からしてできる限りの愛情を注ぎます。

淡白な雰囲気で筆おろしするのは彼が可愛そうですから
形だけとはいえ恋人に近い態度で接します。
耳舐め一辺倒だった02パートよりもこちらのほうが内容は濃いです。

中盤の2パート39分間は本題の筆おろし。
「04_穂波に種付け 」は正常位、「05_穂波、我慢できない」は騎乗位で繋がり合計3回射精します。

「来て? 私のこと 私のおまんこ 君のおちんぽで 思い切り犯して?」
通常なら彼女が騎乗位で挿入するのが妥当ですが
ここで敢えて彼に主導権を譲って幸せな初体験をプレゼントします。
挿入直後に射精しても嫌な顔ひとつしなかったり
その後は一緒に腰を動かして2回目の中出しを決めるあまあまなSEXです。

雰囲気重視だからでしょうけどかなりゆっくり進めてました。
本作品はSEXパートが多いので初回はこういう流れで良いと思います。

「あぁ来ちゃう 来ちゃうっ 赤ちゃんの部屋疼いて イクっ イクイクイク イクぅぅぅ」
次の05パートは04とは打って変わって激しく愛し合います。
体位を彼女が動きやすい騎乗位に変え、まだまだ足りないことを素直に伝えて腰を打ちつけます。
04パートが緩やかだったからこそ余計激しく感じました。
監督が加わり2人で協力して左右の耳を同時に舐めるのも大きいです。

終盤の2パート50分間は撮影後のお話。
「07_分岐1穂波とラブラブえっち」は打ち上げに参加した主人公を穂波のほうから延長戦に誘います。
そして「08_分岐2穂波と監督と3P」は監督が加わり3人でさらに楽しみます。
分岐と書かれてる通り、ここだけはいずれか片方を選択して聴きます。

「あっ やっぱり このおちんちん素敵」
イチャラブ感を楽しみたいなら07パートでしょうね。
耳舐めSEXするのは中盤と一緒ですが、その前に首筋舐めや素股が入ります。
撮影じゃないからでしょうけど彼女もエッチを純粋に楽しんでるように感じました。
優しいセリフ、吐息、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声を組み合わせて幸せな空間を作り上げてます。

監督「あっ あぁぁぁぁ カリ首 太い」
05パートを気に入った人は08パートのほうが楽しめます。
両耳舐めが引き続き強烈ですし、前半は監督とのSEXも行います。
彼女はAV女優ではないそうですが時には撮影に参加する積極的な女性です。
そして後半は穂波にバトンタッチして同じく中出しを決めます。
05よりもこちらのほうが純粋な3Pですね。

このように、筆おろしや耳舐めといった特徴を色濃く反映させた深いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の筆おろし作品
AVらしいエロさを持たせつつ個性も出してる作品です。

穂波は今回の企画に参加してくれた主人公に忘れられない初体験をプレゼントしようと
どのシーンも優しく接しながら耳とおちんちんを丁寧に責めて気持ちよくします。
そして筆おろしはもちろん、その後のSEXもすべて生挿入&中出しさせて心も満たします。

男性にお世話するのが大好きなAV女優が筆おろししてくれる魅力的なシチュ
エッチシーンのすべてで耳舐めを多くするタイトル通りの作り
4つのSEXパートを用意し、それぞれで違った責め方をするテーマに合ったエッチ。
筆おろしと耳舐めを両方がっつりやってどのパートも抜けるように仕上げてます。

中でもエッチは質量共に充実してて満足できました。
AVの企画で筆おろしする展開が面白いですし、きちんとそれに沿った流れで進めます。
責めっぷりは激しめですけど彼に対するいたわりも見られてあまあまです。
筆おろしと耳舐めのどちらが好きな人でも楽しめるでしょう。

射精シーンは6回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

おまけは舐め音あつめとフリートークです。

CV:穂波…天知遥さん 監督…伊ヶ崎綾香さん
総時間 3:30:36(本編…2:56:05 おまけ…34:31)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月30日まで20%OFFの968円で販売されてます。

↑このページのトップヘ