同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:人妻

   ● ヤリ部屋☆ミッション ~えっちしないと脱出不可能♪~ 寝取られ人妻・結月ちゃん、旦那に内緒で強制不倫♪ 仕方がないからセックスします…ごめんね、すぐに帰るから♪
   ● メランコリア~人妻麻美の事情~(後編)
   ● メランコリア~人妻麻美の事情~(前編)
   ● 【淫語・喘ぎ声】姫妻&メイド妻の生ハメ最優先 王室スローライフ
   ● 【マゾ・マニュアル】搾精ママの誘惑
   ● 【KU100】最愛の美人若妻に寝取られ報告される話
   ● 乳首責め射精専門店☆愛羅撫乳☆乳首責め手コキ射精コース・乳首責めフェラ射精コース・乳首責めだけで射精コース♪
   ● 普段奥手な妻にデリヘルでマゾ堕ちさせられる
   ● 騎士団長は俺の孕ませ妻 ~ドスケベボディにやりたい放題~
   ● 微ヤンデレ少女と純愛共依存同棲




サークル「plug in.東京」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、清純そうに見えて変わった趣味を持つ人妻が
SEXしないと出られない部屋に閉じ込められ、そこにいた男性と濃いエッチをします。

後になるほど彼女が快楽堕ちする様子を描きながらよりハードなプレイをするのが特徴で
最初はキスや耳舐めといった軽めのプレイでも戸惑ってたのが
1回目のSEXを終えた後は一気に積極的になり、SMっぽいプレイや中出しSEXも喜んでやるようになります。
彼が彼女を寝取るためにエッチするのとは違うので、寝取り作品の中ではかなり聴きやすくなってます。
清楚な人妻が見せるもうひとつの顔
密室で一ノ瀬 結月(いちのせ ゆづき)と4種類のエッチをするお話。

「あ、あの…はじめまして おはようございます」
結月は甘くて穏やかな声の女性。
ヤリ部屋で目覚めた主人公を戸惑った様子で犯人扱いすると
自己紹介してから同じスーパーで働いてることを知り安心します。

本作品は「SEXしないと出られない部屋」を忠実に音声化したもの。
近所のスーパーで働いてる貞淑な人妻がいつの間にか部屋に閉じ込められ
同じ理由でそこにいた彼とおよそ150分に渡る濃厚なエッチをします。
外から指示されたプレイを無事こなせばミッションクリアというルールが定められており
部屋から脱出するため後になるほどより踏み込んだプレイに挑戦します。

「突然知らない人と閉じ込められるなんて まるで小説みたいじゃないですか」
彼女は夫以外とエッチしたことがない初心な女性ですが官能小説を読む趣味を持っており
不安を抱く一方で非現実的な状況を楽しむ姿を見せます。
また彼が部署は違うけど同じ職場で働いてることを知るとすっかり信頼し
物語の後半からはむしろ自分から積極的にエッチなおねだりをします。

前半と後半で彼女が随分違う態度や反応を見せますから
そのギャップに驚きやエロさを感じる人が結構いると思います。
経験人数が少ないおかげで人妻の割に初々しい仕草を見せてくれるのも良いです。
エッチが目的ではなく脱出するための手段に位置づけられてるおかげで
ジャンルは寝取りにあたりますが暗さや重さがかなり緩和されてます。

エッチについては彼女の心を開きながら後になるほど大胆なプレイを投入します。
序盤はキスや耳舐めといったソフト路線だったのが中盤でSEXするシーンがあり
そこから先は清楚な彼女が持つもうひとつの顔を前面に押し出す形で激しく愛し合います。

彼女が責められるシーンが多いことから喘ぎ声の量がとても多く
人妻の体を好き放題してるシチュも相まって多少のスリルをはらんだエロスが味わえます。

ごく一部で彼が暴走することがあるものの、それ以外はほぼ和姦で雰囲気は穏やかです。
終盤に差し掛かる頃には彼女のほうからがっついてきたりと、彼女の魅力を引き出す方針で組み立ててます。
人妻の顔からメスの顔に
エッチシーンは4パート124分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、乳揉み、乳首舐め、クンニ、フェラ、SEX(正常位?、騎乗位、バック)、目隠しと手錠をつける、ローター/電マ責めです。
手コキ、SEX、目隠しと手錠をつける、ローター/電マ責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ、その キスからでお願いします」
小さな扉に入ってた指示書を主人公と読んで内容を確認した結月は
とりあえず浮気にならそうなプレイを選んでゆっくり責め始めます。

エッチはほぼ対等な関係で責め合いながら進めます。
前半の2パート59分間は人妻としての彼女の魅力が出てるシーン。
track01(約32分)はキス、耳舐め、手コキ
track02(約27分)はキス、乳揉み、クンニ、フェラ、SEXで1回ずつ射精します。

「あの ここだけの話なんですけど 私 実は 今の主人以外と こんなふうに密着したりするの 初めてなんです」
track01は2人が初対面なことを踏まえて心の距離を縮めることに力を入れてます。
キスと耳舐めの合間に囁き声で雑談してお互いのことを理解し
それから彼女がエッチの経験があまりないことを告げて初々しさを出します。
キス、耳舐めいずれもエロさ控えめのちゅぱ音を鳴らしてますから確かに上品な印象を受けます。

キス3分、耳舐め12分、手コキ6分とこのパートは耳舐めに最も力を入れてます。
口で責めてる最中はセリフをほとんど挟まないので音だけを楽しみやすいです。
夫に対して申し訳ないと感じつつ一生懸命ご奉仕する姿にも健気さを感じました。
部屋の外へ出たいけど愛する人を裏切りたくないという複雑な思いがプレイに込められてます。

「ダメなんです うぅぅ ダメ 直に舐められて」
「すごい こんなふうに舐められたの久しぶりで こんなに気持ちよかったんだけ」

それに対してtrack02はレイプっぽさのある内容。
新たなプレイを指示されて「さすがにこれはできない」と彼女が思ってると
彼が半ば強引に仕掛けておまんこを舐めたりおちんちんで蹂躙します。
それに対して彼女も最初は言葉で嫌がる態度を取ってましたが
ある程度経つと快楽に負けてむしろ感心した表情を見せます。

ここで彼女の言う通りにしたら部屋からずっと出られなくなることを彼は恐れたのでしょう。
だから多少無理矢理にでもミッションを達成して彼女の目を覚まそうとします。
実際のところクンニで1回イった後はフェラでお返しする割と素直な反応を見せます。
SEXはさすがに抵抗しますけど、挿入後は気持ちよさそうな喘ぎ声をガンガン漏らします。

後半の2パート65分は彼女のメスの顔が色濃く出てくるシーン。
track03(約34分)は目隠しと手錠をつけた状態で耳舐め、おもちゃ責め、フェラ、SEX
track04(約31分)はこれまでとは違うシチュで踏み込んだエッチをします。

「主人とは使えないものだから 今 あなたと使っておきたくて」
彼と一度SEXしたおかげで色々と吹っ切れたのでしょう。
ここからは嫌がる仕草を一切見せず、むしろ彼をぐいぐい引っ張る形で愛し合います。
用意された色んなおもちゃに興味津々な表情を見せ
その中にあったいくつかを使ってSMっぽいプレイに挑戦します。

夫にはできないエッチを彼で試そうとするところに彼女の淫乱さを感じました。
耳舐めやフェラの音もハイペースかつ下品なものに変わってて前半よりずっとエロいです。

SMといってもやるのは目隠しと手の拘束くらいで鞭打ちとかは出てきません。
最初は彼に、次は彼女にそうして普段とは違う快感を味わわせます。
彼女を責める時間のほうがずっと長いですから引き続き喘ぎ声が多いです。
フィニッシュは彼女にお願いされてきっちり中出しを決めるなど、人妻を征服する満足感も得られます。

私はここでほぼ寝取りは完了したと見てます。
彼女が夫には見せない自分の姿を曝け出して快楽に溺れるところが大きいです。
おねだりするセリフが前半よりも大幅に増えますし、己の欲望をストレートにぶつけてくれます。
彼女が自分から堕ちていく展開になってるので後味が悪く感じることもありませんでした。

このように、清楚な人妻が少しずつ本当の姿を見せる二面性を持たせたエッチが繰り広げられてます。
キャラ&エロさ重視の明るい寝取り作品
寝取りのプラス部分だけを抽出してるノーマル~ややS向けの作品です。

結月はSEXしないと出られない部屋から脱出するために
そこにいた主人公と協力してまずは比較的ソフトなプレイに挑戦します。
そして本番を終えた後は今までできなかったプレイをどんどんこなしてエッチを純粋に楽しみます。

清純そうに見えて実はドスケベな人妻が初対面の男性と本気のエッチをするシチュ
前半は表の彼女、後半は裏の彼女を出してプレイに落差をつけるキャラを活かした作り
言葉責めはほとんどせずちゅぱ音と喘ぎ声をガンガン漏らす抜きやすいエッチ。
「人妻を寝取る」から連想される暗さや重さを極力削いだ和やかな作品に仕上がってます。

「最後のミッション クリアできたのかな でも もうちょっとだけ こうしていてもいいですか?」
中でも2番目は前半が結構控えめに振舞ってたからこそ、後半のはっちゃけっぷりが余計引き立ってます。
彼女も後ろめたさを感じたりせず、本当の自分を確認できたことを喜びます。
寝取り作品なのに視聴後が割と爽やかなのも本作品の魅力じゃないかなと。
ここまで頑張ったおかげで無事脱出できたわけですから彼らにも後悔はないはずです。

エッチは総時間が長いおかげでプレイの種類が多く
さらに彼女を受けに回らせて喘ぎ声をたっぷり聞かせてくれます。
終盤にややトーンの低い声が混じる程度でオホ声は出てきません。
どのパートも射精を1回に絞り込んで気持ちよく出せるようにリードします。

射精シーンは4回。
喘ぎ声多め、淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなりです。

喘ぎ声が好きな人、ライトな寝取りが好きな人には特におすすめします。

CV:縁側こよりさん
総時間 2:35:56

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月1日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



メランコリア~人妻麻美の事情~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は第3章以降の様子を中心に紹介します。
愛を取るか、快楽を取るか
後編のエッチシーンは3パート83分間。
プレイはキス、フェラ、手マン、乳首責め、SEX(バック、騎乗位)、オナニー、クンニ、69です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「俺の気分が変われば 契約を直前で取り消すこともできる」
2章からさらに1週間後、和夫がいない昼間に麻美の家を訪れた透は
彼女を抱きしめキスしながら拒絶した場合どうなるか教えます。

エッチは引き続き透が主導権を握り麻美が時折責めに回ります。
最初の「三章 そこにあるのは(約33分)」は彼女の心の変化を描くパート。
キス、フェラ、手マン、SEXとプレイ自体は第2章とそこまで変えず
その中にポジティブなセリフを多めに入れて彼女がさほど嫌がってないことを表現します。

「こうしてフェラをしていると 前回の絶頂をありありと思い出すことになります あなたの全身が おまんこが 熱くなっている」
彼女にとって透とのSEXはよほど衝撃的だったのでしょう。
彼と会わない日々が続くことにほっとする一方で体の疼きを覚えます。
だからこの時も表面上は抵抗する姿勢を見せてるのに、体はすぐ火照りおまんこも濡れ始めます。
そんな心境をお姉さんが実況と暗示で上手に伝えます。

前編はエッチするまでの過程を厚めに描いてたのに対し
後編は前置きを大幅に減らしエッチの様子を重点的にお届けします。

この3章も3分程度のドラマパートを挟んだら早速エッチが始まります。
SEXの時間も20分以上と長く、彼女が快楽に溺れていく様子を主観的に楽しみやすくなってます。
彼女の心が和夫から透へ傾いてる様子もきちんと盛り込むなど
体の寝取られから心の寝取られに目標が変化してます。

続く「4章 そして・・・。(約21分)」はそれを決定づけるパート。
場所を自宅からラブホへ移し、朝まで透とエッチを続けていよいよ彼のモノになります。

「その時 あなたは覚悟をします 自分がもう 戻る意思がないことを そして あなたは透のものであることを」
ここでは彼女が自分の意志で透に寝取られることを選ぶシーンがありまして
彼女の心がもう和夫から離れてしまってるのがよくわかります。
「おちんちんが欲しい」とおねだりしたり、SEX中にあることを誓うなど
通常のエッチよりも儀式的な意味合いを強くして彼女が寝取られを受け入れたことを強く印象付けます。

感度を上げたり絶頂させるアプローチももちろんありますが
もう終盤なのでボイスドラマとして上手く締めくくれるように進めます。

最後の「終章 メランコリア(約29分)」は割とドロドロしたお話。
さらに後日、いつものように透と自宅でエッチしてた麻美にある出来事が起こります。
手マンと乳首責めで体を十分に温めてから69へ移り
騎乗位→正常位っぽい体位でSEXするディープな構成です。

ただし、このパートについてはそれよりも独自要素のほうが存在感は大きいかなと。
寝取られ作品はスリルや背徳感といった心のスパイスも重要になりますから
そのへんを一層強化して寝取られの完了をドラマチックに演出します。
暗さや重さがそれなりにあるおかげで他よりもゾクゾク感を強めに味わえました。

このように、ドラマ性を出しつつ麻美の視点で寝取られを疑似体験させるM向けのエッチが繰り広げられてます。
重厚な寝取られ作品
貞淑な人妻が他の男とエッチしてすべてを奪われる様子を綿密に描いた独特な女体化作品です。

麻美は夫の先輩で仕事の重要なパートナーでもある透をもてなそうと
自宅へ来た際に親しく接し、不意にエッチなことをされても我慢する姿勢を見せます。
しかしフェラやSEXをした結果彼の立派なおちんちんが忘れられなくなり
中盤以降は自分から積極的に求めて純粋な快感と寝取られる快感に酔いしれます。

夫のことを深く愛してる人妻が他の男と色んなエッチをして寝取られるシチュ
その様子を催眠の技術や丁寧な実況で主観的に味わわせる面白い演出
物語を5つの章に分け、彼女が堕ちていく様子をじっくり描くドラマ性の高い作り。
催眠ボイスドラマに強いサークルさんの持ち味を活かした作品に仕上がってます。

中でも2番目は同人音声では決してできないことなので新鮮味があります。
催眠誘導と女体化に十分な時間を割いてそれぞれをきっちり行い
その後は時折再度深化させるシーンを挟みながら生々しいエッチをして物語の世界に引き込みます。
こういう作品はバランス感覚が重要になるので、そのへんを卒なくこなしてるところに実力の高さが窺えます。

寝取られをテーマにしてる時点で視聴後の後味はどうしても悪くなります。
しかし現実世界でできないプレイを疑似体験させるのは催眠音声ならではと言えます。
そう感じたのはそれだけのめり込めたことを意味するので、結局は好みの問題じゃないかなと。
タイトルの「メランコリア(憂鬱症)」からもそういうお話であることがわかります。

後編の絶頂シーンは5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:霜月優さん
総時間 4:05:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで30%OFFの1155円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、職場の同僚と結婚し幸せな生活を送ってる人妻が
夫の先輩にあたる男性と背徳的なエッチを経験します。

女性の立場で寝取られプレイを味わうのが最大の特徴で
序盤は体への刺激をソフトにする代わりにドラマ部分を強化して物語の世界へ引き込み
その後はよりハードなプレイをしながら逞しいおちんちんに蹂躙される気持ちよさや
愛する夫を裏切る背徳感をくすぐって充実したドライ絶頂に導きます。

総時間が246分もあるため前編(催眠パート~第2章)、後編(第3章~終章)の2回に分けてお送りします。
女性視点で寝取られを体験
北村 麻美になりきって大谷 透と色んなエッチをするお話。

「では 今から簡単な準備を行っていきます」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
音声を聴く際の環境や注意事項を簡単に説明すると
目を開けたまま両手を上にあげるように言います。

本作品は音声で根強い人気を誇る寝取られを普段とは違う視点で楽しむことを目的に
お姉さんがおよそ240分に渡って催眠をかけたりドラマ性の高いエッチを提供します。
彼女は案内役と催眠者を担当するので物語に直接参加することはなく
ヒロインの麻美、その夫である和夫、和夫の先輩で会社の取引相手にあたる透の3人でお話が進みます。

背景を簡単に説明しますと、麻美と和夫は元々職場の同僚で3年前に結婚しました。
現在麻美は会社を辞めて家にいるのですが、和夫が仕事の営業先で透と偶然出会い
自宅へ招待した時に彼のほうから半ば強引に仕掛けて関係を持ちます。
そしてその後は事あるごとに家へ押しかけ、よりディープなプレイを楽しみます。

「初めて会った 和夫の先輩と ディープキスをしているあなた そんな状況に なぜか体が熱くなり 興奮してしまう」
KUKURIさんと言えば質の高い催眠ボイスドラマをいくつも制作されてるサークルさんです。
本作品もその例に漏れず、麻美と透のエッチに色んな要素を盛り込んで上手に盛り上げます。
麻美が何を思い、感じてるかを綿密に描きながら状況に応じた暗示を入れ
さらに心が少しずつ和夫から透に傾く様子も描いて背徳感を出します。


ボイスドラマとしての面白さも十分にありますから
音声を聴いてると映画を観てる時のような没入感が味わえると思います。
そして様々なセリフを主観視点で表現し、彼女の立場でこれらを体験できるように進めます。
通しで聴くのはさすがに厳しいので2~4回に分けて聴くことをおすすめします。
催眠パートも含めた1章あたりの時間は77~116分くらいです。
リラックス重視の丁寧な催眠
催眠は2パート40分間。
最初の「催眠パート(約29分)」は仰向けで横になり
お姉さんに言われた通りに腕を上げたり光の玉を両手で包み込むイメージをします。
後で目を閉じる指示が出ますから最初は開けたまま聴くことになります。
またこのパートに限りショートバージョン(約21分)が存在します。

「はい 両手がすーっと 開いていきます そうです ゆっくりと ゆっくりと開いていく」
「ゆっくり」を多めに挟んで気持ちを落ち着けやすくしたり
光の玉のイメージを使って心を軽く浄化するなど
テーマの女体化や寝取られは無理に絡めず催眠にしっかり入れるようにアプローチをかけます。

本作品のエッチはイメージ力が重要になるので
いくつかのイメージを絡めてそれが自然と高まるように催眠を進めます。

イメージの内容も簡単なものばかりでやりやすいです。

お次はリラックスしながら催眠状態を徐々に深めていきます。
天井の一点を見つめてからカウントに合わせて瞼を閉じ
さらに深呼吸を軽くしたり彼女に言われた言葉を復唱して心地よさを膨らませます。

「じーっと見つめていると 瞼が重たくなるのを感じます そして 目を開けているのが だんだんと億劫に感じます」
「すべてに身を委ね ゆったりとした状態へ 口から声を出すたびに 次第にリラックスしていく」

目を閉じるシーンは瞼が重くなる、復唱するシーンは心と体を脱力すると
状況に応じた暗示を的確に入れてスムーズに誘導します。
復唱は自己暗示を入れる形にしてるので、彼女に入れられるよりも効果が出やすいです。
パートの終盤には光のイメージを使って体を温めるなど
多くの人が癒しを感じる要素を色々盛り込んで物語に没入しやすくします。

続く「女体化パート(約11分)」は麻美になりきるシーン。
自分がなりたい女性の姿を軽くイメージしてから
カウントに合わせて胸→お尻→腰→喉ぼとけ→髪の毛→肌→全身とひとつずつ変えていきます。
そして最後は胸やおまんこといったエッチで重要になる部位の感度を上げます。

「触れられると とても気持ちよくなります 大きくなった乳房や 綺麗な乳首に刺激があると 体が反応するようになります」
部位ごとの暗示は軽いので、麻美になったのを実感するのはエッチが始まった後になるでしょう。
感度上昇もプレイ中に結構小まめにやってくれます。
容姿についてはこれといって思い浮かぶものがなければ挿し絵の女性で大丈夫です。

しっかり催眠をかけてから女体化に移る手堅い催眠です。
聴き手を麻美になりきらせることを目的に
軽い運動やイメージを交えたテストから入り凝視法、深呼吸、自己暗示を入れる形の深化
そしてパーツごとに細かく分けて行う女体化とほぼ一直線に進めます。

リラックスを重視してるおかげで彼女の暗示を受け入れやすく
視聴中は心地よさや体の温かさを強めに実感できました。
女体化は大まかにやってエッチで強化する流れになってます。
心情描写に力を入れたゾクゾクするエッチ
前編のエッチシーンは3パート67分間。
プレイはキス、太もも/おまんこを撫でる、手マン、乳揉み、フェラ、パイズリ、SEX(立ちバック)です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「あなたは 慌てて逃げようとする しかし 男性の力に勝てるはずもなく 体は押さえ込まれてしまう」
自宅で和夫と飲んでる透にトイレの場所を尋ねられた麻美は
そこへ案内する途中で突然体を押さえられ熱いキスをします。

エッチは終始透が責め、麻美は受けの立場で行います。
最初の2パート23分間は第1章のお話。
「序章 はじまり(約11分)」はキスと股間へのソフトな責め
「序章 居間で(約12分)」は太ももとおまんこへの愛撫で1回目の絶頂を迎えます。

「あなたの口の中で 透の舌が動き出す ゆっくりと いやらしく 口の中の粘膜を舌の先でなぞられる すると あなたの背中が ゾクゾクとする」
麻美は和夫を愛してますから当然抵抗する姿勢を見せます。
しかし体格差がかなりあるため払いのけることもできずディープキスまで許してしまいます。
そしてその様子をお姉さんがわかりやすく描きながら
嫌がってるのに感じてる複雑な心境を盛り込み寝取られ感を出します。

実は麻美と和夫はエッチに関してかなり淡白な状況で
彼女のほうから誘っても「仕事が忙しいから」と拒否される日々を送ってます。
このところ毎日オナニーで性欲を発散してたとも言ってるので
会ったばかりの男に体を激しく求められたことが内心嬉しかったのだと思います。
妻の顔とメスの顔が混在してるからこういう心境や反応をするわけです。

そしてできるだけ麻美と同じ視点でこのエッチを楽しめるように
セリフの表現を工夫したり暗示を小まめに入れて臨場感を出します。
この2パートは2人がエッチするきっかけ作りにあたるのでそれほど踏み込んだことはやりません。
でも彼らの性格や人間関係といったドラマ部分が丁寧に描かれてて引き込まれるものを感じます。

寝取られは過程も重要ですからこういう進め方のほうが良いと思います。
また途中に再度深化させるシーンを挟んで催眠状態を維持しやすくする配慮もされてます。
長時間作品の弱点をカバーしてるのがKUKURIさんらしいなと。

前編の最後にあたる「二章 キッチンで(約44分)」はおよそ1週間後のお話。
和夫と飲むために再び自宅へ乗り込んできた透が
和夫を酔い潰してから今度はキッチンでより踏み込んだプレイをします。

ここでは飴と鞭を組み合わせて麻美を追い込む駆け引きのあるエッチが楽しめます。
透は和夫よりも遥かに立派なおちんちんを持っており
それを麻美に見せつけたりパイズリフェラをさせて欲しい気分を膨らませます。
さらに「体を差し出せば和夫との取引で便宜をはかる(=彼が出世できる)」と言ったり
弱みを握って彼女がエッチを拒否できない状況を作ります。

「それはとても熱くて逞しい あなたは その肉棒に興奮しているのがわかる」
彼女としては夫以外の男に抱かれるのは嫌だけど
立派なおちんちんを味わって溜まった性欲を発散できるのは魅力的だと思ってます。
そんな揺れ動く気持ちを一気に崩すために軽い脅しをかけたのでしょう。
夫のために仕方なく相手する形にすれば一応彼女も言い訳できます。
そういった心理戦を盛り込むことで寝取られプレイにより深みを与えます。

最終的にSEXするのもスリリングで良いです。
すぐ近くで夫が寝てるのに他の男のおちんちんを受け入れ絶頂する。
非日常的なエッチをリアルに描写してゾクゾク感も味わわせてくれます。
さすがに中出しまではしませんけど、この時点で半ば寝取られは完了したと言っていい状況です。

前編部分をまとめると催眠がしっかりしててエッチも寝取られの要所を押さえてます。
催眠は十分な時間を設けてリラックス、深化、女体化を順番にやる手堅い作りですし
エッチもいきなりハードなプレイをやらず、まずはキスや体の愛撫といったソフトなもので雰囲気を作ります。
そして2章は追加で色んな要素を盛り込み体の征服をほぼ完了させます。
和夫に対する愛情はまったく衰えてないので、3章以降はそこをどう攻めるかが焦点になります。

前編の絶頂シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
メランコリア~人妻麻美の事情~(後編)

CV:霜月優さん
総時間 4:05:51


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月13日まで30%OFFの1155円で販売されてます。



サークル「ろんりーわん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、王国の姫様とその姉にあたるメイドが
世界を救った勇者と結婚しエッチで幸せな日々を送ります。

「主様」「おちんぽ様」などこちらを持ち上げるセリフをガンガン言ったり
個別に、あるいは同時にご奉仕して何度も中出しされるなど
高貴な女性たちが淫乱に振舞いながらひたすら尽くす甘くてエロい物語が楽しめます。
英雄に贈る温かいプレゼント
ベリーサ王国のクロエ姫やメイドのエルナと色んなエッチをするお話。

「初めまして♪ 私はこのお城でメイドをしておりますエルナと申します♪」
エルナはお淑やかな声のお姉さん。
数か月前に魔王を討伐した主人公に挨拶すると
今の世界の情勢を語ってからこの国へ招いた理由を教えます。

本作品は魔王がいなくなってようやく平和が訪れた世界を舞台に
2人の女性がその立役者である彼をおよそ160分に渡りエッチにもてなします。
クロエはベリーサ王国の次期当主になることが決まっており結婚相手を探してましたが
戦争の影響で男性が多く死んだため今のところ婚約者はいません。
そこで彼女自身の希望で彼を招き、エッチな誘惑をして夫になるようお願いします。

クロエ「おちんぽ様が反応しております。太ももマッサージ、気持ちいいのですね。では私も少し早めにおシコリ致します」
高貴な身分なのに彼のことを「勇者様」と呼び
さらにおちんちんに対しても敬う姿勢を見せるとても健気な女の子です。
初SEXや初中出しといった大事なものを自分から捧げることも含めて
女性に大事にされたり尽くされる満足感がたっぷり得られます。

エルナ「この国では、大切な客人を迎えた際はこうしてベロチューで歓迎の挨拶をする習わしがございます」
もう1人のヒロインにあたるエルナもクロエに負けない魅力を持つ女性です。
メイドらしく礼儀正しい言葉遣いで接しながら
序盤から手厚いサービスをして彼にこの国を好きになってもらえるよう頑張ります。
そして普段がしっかりしてるからこそ、SEXで見せる乱れっぷりが余計エロく感じます。

彼女はクロエの実姉にあたるため2人はほぼ同格の扱いになってます。
パートによって主役を切り替えながら連携の取れた責めをしますし
和やかな雰囲気で複数人プレイの持ち味である密度の濃いプレイをします。

エッチは英雄の子孫を残すことをテーマにしてるため
8パート中5パートをSEXメインにし、そのすべてで中出しを決める展開になってます。
これのおかげで喘ぎ声の量が多く、2人の違いを出しつつエロさを上げる重要な役割を果たします。
正常位、騎乗位、対面立位、寝バックと体位も毎回変えててこだわりを感じます。

甘さ重視のエッチをするので射精の直前以外は割とゆっくり責めますけど
プレイ時間が全パート合わせて114分もあって物足りなさはありません。
セリフも彼を全肯定するものばかりで聴けば聴くほどいい気分になれます。
自分のすべてを捧げるエッチ
エッチシーンは8パート114分間。
プレイは手コキ、玉揉み、耳舐め、キス、フェラ、SEX(正常位、後背位、寝バック、対面立位、騎乗位)、乳首責め、淫語責め、放尿、睡姦(SEX)、パイズリです。
手コキ、SEX、放尿、パイズリ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

クロエ「逞しくてかっこいい…。直接 おシコり接待をさせて頂きます」
主人公に事情を説明し、とりあえずしばらく滞在してもらうことにしたクロエとエルナは
服を脱がせて唾液で湿らせてからおちんちんをゆっくりしごきます。

エッチはSEX以外は彼女たちが、SEXは彼が責める形で進めます。
最初の3パート45分間は彼らが夫婦になるまでの様子を描いたシーン。
「01.姫とメイドの歓迎耳舐め&手コキ接待(約20分)」は耳舐め手コキ
「02.クロエ姫からのプロポーズ&許諾中出し正常位(約14分)」はクロエとの正常位SEX
「03.メイドからのプロポーズ&許諾中出し後背位(約11分)」はエルナとの後背位SEXをします。

エルナ「クロエ様とご結婚された暁には、是非勇者様のお子種でお孕ませ下さい」
物語の開始時点ではクロエだけが彼と結婚するためにエッチするので
おちんちんを責める役はクロエが担当し、エルナは右側でマッサージしてそれを応援します。
序盤から彼を持ち上げるセリフが多くて雰囲気が非常に甘いです。
処女のお姫様が一生懸命ご奉仕する展開にもグッとくるものがあります。

クロエ「んっ。勇者様、是非私の中にお出しください♪ おねがぁい♪」
エルナ「んっんっんっ…んっ…あっあっあっ♪ んっんっ おっおっおっおっおぉっ♪ 逞しいのがっ、んっ。何度も、何度もっ♪ んぉ あんっ♪」
そして02と03パートは本作品の売りであるSEXが登場します。
クロエは甘く可愛い喘ぎ声を交えてストレートなおねだりをし
エルナは突然の展開に戸惑いながらもやや下品で艶めかしい喘ぎ声を積極的に漏らします。
ギャップがある分エルナのほうがよりエロく感じました。
両方とも最後はきっちり中出しを決めますし、濃厚なプレイで彼の心をガッチリ掴みます。

ちなみにこの国では一夫多妻が認められてるので
クロエとエルナ両方と結婚しても問題ありません。
2人とも彼のことが純粋に好きだからこうしてますし、政略結婚っぽいところは全然ないです。

続く5パート69分間は結婚後の彼らの日常をエロ中心で描きます。
「04.朝のたっぷり淫語&朝勃ちフェラ(約14分)」は淫語責め+フェラ
「05.姫妻とのお昼寝 睡姦おまんこ(約15分)」は寝ているクロエとのSEX
「06.メイド妻と図書館ナイショの対面立位(約10分)」はエルナとのSEX
「07.お風呂で妻たちの洗体&ダブルパイズリ(約10分)」はお風呂場でのダブルパイズリ
「08.姫妻&メイド妻のおまんこハメ比べ 連続種付け(約20分)」はクロエ→エルナの順にSEXします。

クロエ「トロトロまんこ ぐちゅぐちゅまんこ あったかまんこ♪ ねっとりまんこ トロハメまんこ キツハメまんこ♪」
結婚した後も2人の態度はまったく変わりません。
朝から晩まで色んなところで嬉しそうな表情を見せながら積極的にご奉仕します。
04パートはエルナがパワフルなフェラ、クロエが特定の淫語を連呼する言葉責めを同時にやり
05~06パートは一対一の状況で彼女たち1人1人が引き立つようにSEXします。
睡姦や飲尿(飲むのは女性側で1分ほど)といった珍しいプレイも出てきてなかなか幅広いです。

最も濃くてエロいプレイが登場するのは08パート。
城内にある種付け専用の部屋に移動し、そこで本気のSEXをして身も心も深く結ばれます。

クロエ「ん…結婚する前、姉様との生活も幸せな日々でしたが、あんっ…旦那様と結婚してからはもう前の生活には戻れません♪」
クロエは結婚する前から彼のことが好きでしたが
一緒に生活するようになってその気持ちが一層強くなりました。
そのことをストレートに伝えながらエロ可愛い声を漏らして射精を上手に応援します。
作中で彼が結婚後も精力的に活動してる描写がありましたから、それを見た彼女が惚れ直すのも頷けます。

エルナ「んっんっんっんっ! おっおっおっおっ! おちんぽ様が、中でいっぱい…あっあっ…んぉっ ダメっ♪」
そしてエルナは心情描写を減らす代わりに喘ぎ声を多めに漏らします。
SEX中に見せる反応がそれなりに違うおかげで2人のキャラが立ってました。
彼女はクロエを支える役に徹するつもりでメイドになった背景があるので
こうして妹と同じ扱いをされることが女として純粋に嬉しいのだと思います。
SEXシーンが多いからこそ、それぞれに違う意味合いを持たせて別のプレイに仕上げてます。

このように、平和になった国で女性たちが幸せになる様子を描いたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘さが強くて抜きやすい作品
タイプの異なる女性たちとひたすらエッチする幸せいっぱいな作品です。

クロエとエルナは世界を救った主人公に次のベリーサ王国になってもらおうと
2人で一緒におちんちんをお世話しながらストレートに求婚して自分の気持ちを伝えます。
そして結婚後は元気な赤ちゃんを産むために城内の色んなところで種付けSEXします。

お姫様とそのメイドをしてる女性が勇者をエッチな手段でもてなすノーマル向けのシチュ
SEXを最も多く用意し、パートによって相手や体位を変えて何度も中出しするタイトル通りのエッチ
言葉と行為の両方からとことん尽くして幸せな射精に導く彼女たちの献身的なキャラ。
物語の背景や彼女たちの個性を活かした愛情深い作品になってます。

中でもエッチはここまでSEXに偏ってる作品があまりないですし
内容も多種多様かつ濃厚でオナニーのオカズにとても役立ちます。
2人が同じくらい活躍できるようにバランスを取ったうえで
シチュ、体位、乱れっぷりを変えて違いが出るように進めてました。

射精シーンは9回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

女性に大事にされたい人、SEX重視の甘い作品が好きな人には特におすすめします。

CV:クロエ…涼花みなせさん エルナ…柚木つばめさん
総時間 2:38:05

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月12日まで25%OFFの1072円で販売されてます。



サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、これまで数多くの男をマゾ堕ちさせてきた2人の人妻が
新しく送られてきた男子を様々な色仕掛けて負け射精へ追い込みます。

体への責めを控えめにする代わりに誘惑や言葉責めに力を入れてるのが特徴で
彼を応援したり褒めるママらしい態度を見せながら
吐息責め、両耳舐め、オナニーや射精したくなるセリフを投げかけて少しずつ確実に追い込みます。
雰囲気、プレイいずれも穏やかですからややMな人が最も楽しめるでしょう。
男たちを屈服させる気持ちいいマニュアル
アキエ(左側)とマリコ(右側)が協力して射精させるお話。

「あ、いたいた 元気なさそうな顔してますねぇ」
アキエは上品で落ち着いた声のお姉さん。
「この子 結構イケメンだね 可愛い顔してるじゃん」
マリコは明るくて穏やかな声のお姉さん。
ある日突然誘拐されて奴隷施設に送られてきた主人公に事情を話すと
ここを脱出する唯一の手段であるエッチなゲームのルールを説明します。

本作品は主婦をやりながら男たちを誘惑する仕事もこなしてる彼女たちが
まだ学校に通ってる年齢の彼をおよそ50分に渡ってエッチに弄びます。
彼がなぜ奴隷に選ばれたのかはわかりませんけど
どんな性癖を持ってるかを事前に調査されてるそうです。
そのため2人は組織から提供されたマゾ・マニュアルに従って誘惑します。

マリコ「私たちは あの手この手で君を興奮させて オナニーを誘惑します そして 最後まで射精を我慢できれば 君の勝ち」
ルールは至って簡単。
彼女たちの責めに耐えられず射精したら負けて別の施設に送られ
最後まで我慢できたら勝ちになり元の生活へと戻れます。
しかし彼女たちがおちんちんに直接触れるのはNGなため、彼にオナニーさせようとします。

タイトルを見てM度の高いプレイをすると思う人がいるかもしれません。
でも実際はキャラ、セリフ、責め方いずれも穏やかで調教っぽさは薄いです。
彼が自分の意志で快楽に負け、射精してしまうように導きます。
年上の女性に色仕掛けされるシチュが一番の魅力だと思います。

エッチについてはルールに従いソフトな言葉責めや心への責めに力を入れてます。
人妻らしく終始色っぽい声と態度で接しながら
耳元で熱い吐息を漏らしたり、両耳を同時に舐めてオナニーしたい気分にさせます。
吐息責めの時間を長めに取ってますから好きな人ほど興奮できるでしょう。
じわじわ追い詰めるエッチ
エッチシーンは4パート41分間。
プレイは吐息責め、乳首オナニー、金玉オナニー、竿オナニー、授乳、キスです。
エッチな効果音はありません。

アキエ「とっても柔らかい むちむちの女体に抱きしめられても エッチな気分にならないよう 頑張って」
何も知らない主人公を軽く励ましたアキエとマリコは
左右に体を密着させながら熱い吐息を漏らしてまずは彼を興奮させます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
前半の2パート21分間は本作品の特徴を出しつつ心身の熱を高めるプレイ。
「2.あつい吐息と乳首オナニーの誘惑(約9分)」は吐息責めと乳首オナニー
「3.おちんぽにぎにぎの焦らし誘惑(約12分)」は乳首、金玉、竿をいじらせながら
両耳舐めもして射精したい気分にさせます。

アキエ「あらあら 可愛いおちんぽさんですね」
2人はゲームに勝っても負けてもお金がもらえるそうですから
主人公を本気で負けさせようと思ってるわけではありません。
これらのプレイはすべてマゾ・マニュアルに書いてあることだと教えたうえで
彼を甘やかしたり元気づけるセリフを投げかけます。

途中で彼が快楽に負けそうになったらストップするなど
できるだけ頑張らせようとする姿勢を至るところで見せてました。
実際に音声を聴いても彼女たちに対してあまり悪い印象は抱かないと思います。
普通の人妻が臨時で裏のお仕事をしてる感じになってて雰囲気は甘めです。

この2パートは乳首オナニーをメインに据えてるので開発してる人ほど楽しめるでしょう。
乳輪を優しく撫でたり爪で引っかく指示を出してから「かりかり」などの掛け声を出します。
おちんちんをしごく時間はたったの4分と短いです。
ここで負けさせるのではなく後半でそうなるように準備してると見るのが妥当でしょう。

続く2パート20分間は本題の射精へじわじわ追い込みます。
「4.ママのメロメロ母性堕ちオナニー誘惑(約11分)」は
赤ちゃん言葉で話しかけながら授乳やキスをして甘えたい気分を膨らませ
「5.ママのびゅるびゅるお射精誘惑(約9分)」は吐息責めの後に王道の手段で射精へ追い込みます。

マリコ「あら 可愛いわね いい子さんですわね そんなお利口さんなボクちゃんには おっぱいあげまちゅね」
4番目のパートは人妻な彼女たちの特徴を活かしたプレイで非常に甘いです。
彼を赤ちゃんに見立てて1人ずつ順番におっぱいを吸わせ
その後は大人の女性らしい熱くパワフルなキスで心をとろとろにします。

おちんちんはダメだけど首から上なら責めてもいいみたいです。
パート終盤には乳首オナニーやおちんちんを握る指示を再度出すなど
彼を自分たちの言いなりにして負け射精するように誘導します。

作中で竿オナニーする時間は全パート合わせても12分くらいですから
事前に2日くらい溜めた状態で聴いたほうがすんなり出せると思います。
吐息責めも含めて心への責めにかなり力を入れてて幸せな感覚に浸れました。

このように、彼が望むものをどんどん与えて骨抜きにする人妻らしい誘惑が繰り広げられてます。
穏やかな色仕掛け作品
無理矢理感を極力出さずに射精への欲求をくすぐるややM向けの作品です。

アキエとマリコは施設へ送られてきた主人公を気分よく負けさせようと
人妻らしい穏やかな態度で接しながら体を密着させて上手に興奮させます。
そしてエッチはおちんちんに触れない代わりに吐息責め、耳舐め、キスをやったり
乳首オナニーの指示を出して射精で発散したい状況に追い込みます。

上品で色っぽい人妻たちが男子をねっとり責めて射精させるシチュ
首から上を重点的に責めておちんちんをいじりたい気分にさせるルールに沿ったエッチ
やることをきっちりこなしたうえで適度な優しさも見せる彼女たちのキャラ。
M向けの作品によくあるハードさや冷たさを和らげてより多くの人が聴きやすくしてます。

アキエ「でも 白い精液ぴゅっぴゅする光景を思い浮かべたら 絶対ダメ」
中でも2番目はおちんちんを責められないハンデを補う工夫が随所でされてます。
例えば3番目のパートにこういうセリフが出てくるのですが
これは射精を食い止めてるように見えて実際は促す効果を持ってます。

最後のパートでもこれとは別の話術が使われてますし
「マゾ」「変態」といったストレートな言葉責めとは違うやり方で負けさせようとします。
何かに特化させるのではなく、様々な要素を組み合わせて徐々に追い込む熟練の誘惑です。

射精シーンは○○回(伏せてます)。
吐息それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

ソフト路線の色仕掛けが好きな人には特におすすめします。

CV:分倍河原シホさん
総時間 50:08

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月20日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「レッドキャビア」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学生時代から付き合い始めて現在は結婚してる女性が
職場の上司とエッチして寝取られる様子を夫の視点で楽しみます。

寝取られ報告をメインに据えてその様子を生々しく語ったり
中盤には電話越しに彼女の痴態や本音を聞くシーンを設けるなど
最愛の女性が心身共に他の男のモノになる過程を綿密に描いて嫉妬心や背徳感を上手に煽ります。
貞淑な妻がおちんちんに堕ちるまで
妻の朱美に寝取られ報告されるお話。

「これ もしかして 私にですか?」
朱美は丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
主人公に結婚指輪を渡されて少し驚くと
その場ですぐOKの返事をして幸せな家庭を築くことを誓います。

本作品は大学を卒業した直後に結婚し現在は専業主婦をしてる彼女が
夫の窮地を救うために他の男と何度もエッチします。
彼は先日仕事で重大なミスをしてしまい会社に多大な損失を与えました。
普通ならクビになっても仕方ない状況ですが、彼の上司がある条件を提示してきます。

「え? 私が上司の方と会う それも明日ですか?」
それは朱美が上司と会い抱かれること。
彼女もさすがに嫌がりますが、愛する夫を助ける唯一の手段ということで結局了承します。
しかしこれがきっかけで2人の関係は大きく変わっていくわけです。

タイトルを見ればわかるように、本作品のエッチは寝取られ報告をメインに据えてます。
彼女が上司とどんなエッチをしたか、その時何を思い感じたかを綿密に語ってくれるので
音声を聴いてればその様子が頭の中に自然と浮かんできます。
そして普段の彼女が清楚だからこそ、他の男に抱かれて乱れる姿が余計そそります。

2人がエッチしてる様子を見せつけられることはないですけど
それに近いパートはあるので寝取られマゾな人ほど興奮できるでしょう。
上司も逃げられない状況を作ったうえで自分の男らしさを見せつけて彼女を堕としにかかります。
屈辱感や背徳感を煽りながら追い込むので、やや黒いドロドロした射精感が味わえます。

物語が進むにつれて真相や彼女の本心が明らかになるのも魅力です。
1回目と2回目の寝取られ報告はやることだけを見ればほぼ一緒ですけど
その内容や意味合いには大きな違いがあります。
エッチしないパートで彼女が何をしてたかも教えてくれますし、ボイスドラマとしての面白さも十分にあります。
奪われる快感と裏切られる快感
エッチシーンは3パート59分間。
プレイは寝取られ報告(キス、乳揉み、手マン、耳舐め、SEX)、キス、手コキ、耳舐め、上司とのキス/SEX(騎乗位、正常位?)を電話越しに聞くです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ あなたがそう言ってくれるなら 話しますね」
主人公の頼みを受け入れて上司とホテルでエッチした朱美は
帰宅後に彼へどんなことがあったか報告します。

エッチは寝取られ報告されながら手コキしたり彼女の痴態をオカズにします。
一番最初の「3.1回目の寝取られ報告(約31分)」は彼女が初めて上司に抱かれた時の様子。
ラブホじゃないホテルのロビーに座ってた彼女が彼と出会い
部屋に移動してから何をされたか克明に語ります。

「しましたよ 必死で がむしゃらに 下品なキス 付き合いたての恋人以上 ううん あつあつの新婚夫婦よりも激しい 濃厚ベロチュー」
朱美は今まで主人公以外とエッチしたことがなく、その内容も淡白なものでした。
でも夫の将来がかかった大事な時ということで上司に請われて濃厚なキスをしてみせます。
部屋に移動するまで10分もの時間を割き、そこまでの様子をひとつひとつ丁寧に語るので
プレイ自体はソフトですけど臨場感が高く物語の世界に引き込まれるのを感じます。

寝取られはシチュが重要ですから、いきなりエッチに持ち込むよりもこうしたほうが良いと思います。
この時点の彼女は主人公のために頑張る健気な女性です。

「クリトリスと おまんこの奥の気持ちいいスポット とんとん とんとんって小刻みに優しく責められて 私 立ってられなくて 膝から崩れ落ちたんです」
しかし部屋に移動した後は上司の責めに対して好意的な感想を漏らします。
主人公よりも立派なおちんちんを持ってる、責めっぷりが荒々しくて男らしい
生まれて初めて絶頂したなど上司のほうがオスとして優れてることを至るところで匂わせます。

彼女はもう上司とエッチするのが確定してるのですから
それならいっそ楽しんだほうがいいと思うのも仕方ないことです。
彼女の体は色々と未開発のはずなので、上司とのエッチで女の快感に目覚めてもまったくおかしくありません。
そうやって彼女の心も寝取られに傾きつつあることをやんわり伝えます。

ちなみにこのパートでSEXに関する報告はたったの2分と非常に短いです。
普通の寝取られ作品なら一番濃く描くプレイなのに、本作品では敢えて脇役に据えてます。
これもサークルさんの演出ですから最後まで聴けば理由がちゃんとわかります。

主人公への責めについてはパート中盤から手コキが始まり
水音をゆっくり鳴らしながら終盤に耳舐めを加える結構ソフトな内容です。
寝取られ報告がかなりエロいので、彼が途中で暴発しないように手加減してるのでしょう。

続く「7.幕間~出張、そして~(約14分)」はしばらく経った後のお話。
約束通り主人公はクビをまぬがれ仕事を順調にこなせるようになりました。
そして出張中に朱美へ電話をかけると普段と違う彼女が出てきます。

「あぁっ ピストン 弱く 弱くぅ 抜かないで なんで なんで? ちゃんと ちゃんと電話出られたのにぃ」
自分から上司に激しいピストンを求めたり
目の前でおまんこを開いて挿入のおねだりをするなど
清楚だった彼女のイメージとは正反対の淫乱な姿をガンガン見せてくれます。

説明文にも書いてあるので話してしまうと
最初の電話を切った直後に上司から再度電話がかかってくるため
この時の彼女は電話越しに自分のエッチを主人公に聞かれてることを知りません。
だから主人公や上司のことをどう思ってるのか素直に語ります。

主人公が何かをしてる描写はないので彼女の痴態をオカズにオナニーする形になります。
1回目の寝取られ報告よりもずっと堕ちててエロさが高めでした。
上品な人妻が他の男のおちんちんでイキ狂わされる展開もそそります。
間接的とはいえこれも立派な寝取られ報告ですからテーマに沿ってると言えるでしょう。

そして最後の「8.2回目の寝取られ報告(約14分)」でようやく真相が明らかになります。
彼女が寝取られ報告しながら手コキするところは前回とまったく一緒です。
でも肝心の報告の内容がかなりディープになってます。

サークルさんもネタバレされたくないようですから本レビューでもそれが何かは書きません。
でもこのパートを聴けばすべてが繋がりひとつの物語として完成します。
当然背徳感が最も強く味わえるので濃厚な敗北マゾ射精が迎えられるでしょう。

このように、寝取られ報告を軸に据えてパートごとにその内容を変えるブラックなエッチが繰り広げられてます。
生々しい寝取られ作品
貞淑な人妻がどういう経緯で寝取られたかを綿密に描いてるM~ドM向けの作品です。

朱美は主人公を仕事の危機から救うため、渋々ながらも上司に抱かれることに同意します。
そして最初は抵抗したり夫への愛を貫く姿勢を見せてたのが
上司の逞しいおちんちんや底なしの精力に押されてどんどん寝取られの快感に溺れていきます。

清楚な妻が夫のために上司とエッチし淫乱なメスに成り下がるギャップのあるシチュ
寝取られ報告の時間を最も長く取り、状況説明や彼女の内面を丁寧に描くイメージしやすいエッチ
後になるほど彼女の心と体が離れていく寝取られ展開。
寝取られの要所を押さえつつ、暗さや重さを多少柔らげて聴きやすくしてます。

中でも2番目は彼女を裏切りにくそうな性格にしたうえで体を未開発な状態に設定し
主人公とは正反対の属性を持つ男性を相手に据えてどう変化していくかを生々しく描きます。
セリフの表現やお話の組み立て方がしっかりしてるおかげで
彼女がどんな風に抱かれてるかがわかりやすくなってます。

「ね? 癖になっちゃいそうでしょ? 私その時 初めての感覚に 背中がゾワゾワして でも逃げられなくて 今まで感じなかったところまで 感じるようになっちゃって」
それでいてあまり説明的に感じないのは心情描写を厚めにしてるからでしょう。
彼女が何を思い、感じたかを主観的に語るから夫の立場で聴いた時に悔しくなるわけです。
でもその悔しさが射精時の快感を増幅させてくれます。

上司とエッチした結果主人公を裏切る時点で朱美が善人だとは思いません。
でもこうなるきっかけを作ったのは主人公自身にあるので、100%彼女が悪いと言う気もないです。
彼女を満足させるための努力を怠ったのも事実ですし自業自得かなと。

寝取られをテーマにしてる作品ですから誰にでもおすすめできるものではありません。
ですがそれは好き嫌いの話であって作品の良し悪しとは違います。
内容は非常にしっかりしてるし、真相や彼女の本音が少しずつ明らかになる展開も素晴らしいです。
「嗜好が合う人なら高確率で満足できるだろう」と言える品質を持ってます。

射精シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:かの仔さん
総時間 1:24:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月14日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「夢色パラダイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人の風俗嬢が
男性の乳首をがっつり責めて気持ちいい射精に導きます。

乳首を中心に据えたうえでパートごとに異なる責め方をするのが特徴で
乳首舐め+手コキ、乳首責め+フェラ、オナサポ系の乳首責めと
テーマの範囲内でできるだけ幅広いプレイを用意して無理なく追い込みます。
声優さんが毎回交代しますから同じ作品でも雰囲気が結構変わります。
乳首好きな紳士のために
愛羅撫乳で静香、ユナ、紗百合が個別にサービスするお話。

「いらっしゃいませ ようこそお越しくださいました」
静香(挿し絵中央)はクールで落ち着いた声のお姉さん。
主人公に挨拶し、早速ベッドへ横になってもらうと
すっかり元気なおちんちんを見てしごき始めます。

本作品は乳首をいじりながら気持ちいい射精を迎えることを目的に
彼女たちがおよそ70分に渡って3種類のエッチなご奉仕をします。
音声を聴いた限りだとここへ来た直後の彼は乳首未開発なようです。
だからいきなりディープなプレイをやったりせず、一歩ずつ前進する形で乳首を開発します。

静香「しこしこ しこしこ おちんちんしこしこ おちんちんしこしこ」
具体的に言うと1番目と2番目のパートは乳首とおちんちんを同時に責めます。
静香は口で、次のユナは指でと手段も変えてあってなかなか幅広いです。
そして最後の紗百合はオナサポ色の強い乳首特化のプレイをします。

夢色パラダイスさんは乳首がテーマの作品を色々制作されてますから
乳首をメインに据えたうえで彼女たちのキャラが立つように組み立ててます。
パートが変われば声やしゃべり方も大きく変わるので
同じ乳首責めでも聴いた時の印象が随分違います。

どのパートも最後に必ず射精するのも本作品の魅力です。
乳首オナサポの中ではドライオーガズム(射精しない絶頂)を目指すものもそれなりにあります。
でも彼女たちは最初から射精させることを見据えて動くので
音声を聴きながらオナニーすれば乳首とおちんちん両方の快感が味わえます。

乳首未開発者がいきなり乳首だけをいじり続けても消化不良になる可能性が高いですから
乳首とおちんちんの快感をリンクさせるのは有効な手段と言えます。
言葉責めはほとんどしませんけど、ちゅぱ音が結構パワフルでエロいです。
乳首の魅力が詰まったエッチ
エッチシーンは3パート62分間。
プレイは手コキ、乳首舐め、フェラ、乳首責めです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「乳首責めといいますと 男性が女性にするものだというイメージが強いかと思いますが 男性でも乳首で感じることができるんです」
主人公がやる気満々なので音声開始から30秒後に手コキを始めると
静香はその少し後に乳首舐めも加えて乳首の魅力をわかりやすく説明します。

エッチはお店なので終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「1・クールなお姉さんの事務的乳首責め+手コキで射精コース(約13分)」は
彼が乳首の快感を初めて味わうパート。
クールだけど面倒見のいい彼女が乳首舐め+手コキで無理なく射精へ追い込みます。

静香「声 我慢しなくても大丈夫ですよ ここには私しかいませんから」
サークルさんは事務的キャラとおっしゃられてますけど
プレイ中に彼が嫌がることは一切やりません。
声のイメージよりも下品なちゅぱ音を鳴らしながら心のケアもして快感に浸りやすくします。
乳首舐めも序盤は舐め、中盤は吸い、終盤は両方と複雑な責め方をしてました。

ちゅぱ音を聴きやすくするためでしょうけど、手コキ音が鳴り始めるのは11分頃と結構遅いです。
なのでやっぱり乳首舐めが主役のパートだと思います。
焦らしや寸止めもやりませんからM度が低い人でも普通に楽しめるでしょう。

2番目の「2・お馬鹿ギャルのノリノリ乳首責め+フェラで射精コース(約18分)」は
キャラとプレイの両方が静香とほぼ真逆の内容。
挿し絵左に立ってるユナが自慢のフェラテクと乳首責めを組み合わせて気持ちよくします。

ユナ「あたし お兄さんみたいな人 嫌いじゃないよ 自分に正直で 性欲隠しきれない変態くんはさ」
彼女はギャルなので思ったことをストレートに言うシーンが多く雰囲気は明るいです。
また乳首責めのお店では珍しくフェラが得意で序盤から積極的にしゃぶります。
時折口を離して「ぐりぐり」「ぎゅー」といった掛け声を出して乳首責めの様子を実況しますが
フェラのちゅぱ音のほうが明らかに存在感は大きく、乳首は脇役に近い位置づけに感じました。

でも責めっぷりは激しいですし、一応乳首責めの描写もするので
オカズとして使う分には普通に役立つ品質を持ってます。
本作品は3人のプレイをできるだけ被せないように意識してるからこうなったのかなと。
他の2パートとは方向性が少し違うことだけご了承ください。

最後の「3・セクシー人妻お姉さんの乳首責めだけで射精コース(約31分)」は最も本作品らしいプレイ。
おちんちんには指一本触れず、乳首責めだけで射精へ追い込みます。

紗百合「まずは乳輪の周囲を 指で くるくるーってしてあげる」
エッチシーンの丁度半分を割いてるだけあって内容も非常に丁寧。
深呼吸で軽くリラックスしてからまずは乳輪の外側を円を描くように撫で続け
それから乳輪→乳首と徐々に中心へ近づけてより大きな快感が得られるようにします。

パートの後半から乳首を本格的にいじり始めるので焦らされてる感覚がするでしょう。
でも焦らした後に乳首をいじると普段よりも気持ちよくなれるのも事実です。

また聴き手が乳首オナニーしやすいように掛け声を小まめに出します。
乳首の先端に爪を引っかけて優しく擦る時は「こりこり」
親指と人差し指で挟んで擦る時は「くりくり」などいじり方の種類も多めです。
終盤は乳首を引っ張ったまま擦るシーンもあったりと、前半で焦らした分をきっちり取り返します。

このパートはサークルさんが普段やられてる乳首オナサポに最も近いです。
おちんちんをいじらずに射精を目指すあたりは難度が高いですが
それにこだわらず乳首とおちんちんを一緒にいじれば3人の中で最も気持ちいい射精が迎えられます。
2番目の乳首成分が弱めだったから余計ここが充実してるように感じました。

このように、乳首責めは揃えたうえでまったく違うプレイをするテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の幅広い作品
個性的な女性たちが乳首に関する色んなプレイをする幅広さを持たせた作品です。

静香、ユナ、紗百合は乳首の快感に興味を持ってる主人公をしっかり開発しようと
それぞれでやるプレイを切り替えながら乳首をがっつりいじって感度を上げます。
そして最後のパートはおちんちんへの刺激を止めて乳首だけで射精を目指します。

クール、ギャル、人妻と異なる属性を持つ風俗嬢が一対一で男性をもてなすややM向けのシチュ
どのパートも必ず乳首をいじり、しかもやり方を変える特化型のエッチ
乳首舐めやフェラの時は下品な音をガンガン鳴らし
乳首責めは様々な掛け声を出して聴き手もやりやすくする実用性を意識した作り。
サークルさんが得意とされてるジャンルを今までとはやや違う形で表現してます。

中でも2番目は乳首に強いサークルさんなだけあって内容が充実してます。
オナサポと呼べるのは最終パートだけですが、そこに最も長い時間を割いてるのでじっくり楽しめますし
他の2パートもおちんちんへの責めと組み合わせて違った魅力を引き出してます。
純粋なエロさを向上させる工夫もされてて全体のバランスが取れてます。

この内容なら乳首未開発者でも楽しめるんじゃないかなと。
常に射精を目指しますし、おちんちんも一緒にいじるのでとっつきやすいです。
最終パートもノーハンド射精にこだわらなければ満足できると思います。

射精シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:静香…涼花みなせさん ユナ…逢坂成美さん 紗百合…秋山はるるさん
総時間 1:08:06

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月15日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「ふぇち部」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、以前はMだったけど今はSの快感に目覚めてる人妻が
隠れマゾな夫をホテルや自宅でたっぷり調教します。

耳と乳首を多めに責めながら焦らしや寸止めもがっつりやるM度の高いエッチが魅力で
左右の耳を個別に舐めたり吐息を小まめに吹きかけて感度を上げ
乳首も指でいじる、オナニーする、強めに舐めると色んな手段で責め続けます。
言葉責めも小まめにやってくれますから、妻にいじめられるシチュも相まってMなら気持ちよく抜けるでしょう。
大人しい妻の正体は人気デリヘル嬢
妻の茜(源氏名はエリカ)に調教されてマゾ堕ちするお話。

「あなた キス…していい?」
茜は上品で色っぽい声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
早速主人公と濃厚なキスをします。

本作品は見た目は大人しいけど性格はドSな人妻が
自分が勤めてるお店のサービスを偶然利用した彼をおよそ140分に渡って調教します。
彼女は昔はMだったそうですが彼とのエッチにマンネリ感を抱いており
今は人気NO.1デリヘル嬢として数多くのM男を喜ばせてます。
それに対して彼は隠れマゾで、妻相手だと決して味わえない快感を求めてエリカを指名しました。

「あなた このおちんぽ 舐めていいですか? 私 舐めたいです」
一番最初の「01妻とセックス(約10分)」パートで2人のエッチが描かれてるのですが
そこでの彼女は丁寧語でおねだりしたり、SEX中にオホ声を漏らすM寄りの反応をします。
しかし02パート以降は一転して女王様っぽく振る舞うため同じ人物でも印象が随分変わります。
デリヘル嬢の時のほうが活き活きしてたところを見ると、これが本来の彼女なのでしょう。
夫婦が立場を逆転させて心と体をじっくり開発する珍しいシチュが楽しめます。

エッチについてはシーンをふたつに分けて方向性の異なるサービスをします。
最初は彼がデリヘルを初利用した状況なのでいきなりハードなことはやらず
心を開放してMの快楽を受け入れやすくしたり、耳と乳首を小まめに責めて体の感度を上げます。
焦らしと寸止めにも結構力を入れてて全体的にM度は高めです。

「太ももでこのぶっといチンポ挟んでやるからさぁ 先っちょでシコシコしてろよ」
おちんちんも普通に責めますけど、それよりも耳舐めや乳首責めのほうが存在感は大きく感じました。
2番目のシーンは命令口調の言葉責めもガンガンやったりと
後になるほどパンチの効いたプレイを繰り出してMの快感をたっぷり味わわせます。

彼女はあくまで風俗嬢として彼に接するので、怒鳴ったり痛みを与えることはありません。
大人の色気を感じる穏やかな声で接しながら色んな意地悪をして悶えさせます。
相手がマゾといっても夫ですからそのへんは気をつけてるように映りました。
サービスの内容も濃くて属性の合う人ならかなり楽しめる作品に仕上がってます。
優しさを込めていじめるエッチ
エッチシーンは7パート121分間。
プレイはキス、フェラ、乳首責め、イラマチオ(1分くらい)、SEX(バック、騎乗位)、足コキ、耳舐め、亀頭責め、手コキ、体の洗浄、オナニー、乳首オナニー、太ももコキ、吐息責めです。
SEX、足コキ、手コキ、体の洗浄、太ももコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「こんにちは 女神降臨から来たエリカです 今日はよろしくお願いします」
エリカはトーンが低く穏やかな声の女性。
自分を指名してくれたお客が主人公だったことに気づき僅かに驚くと
すぐさま落ち着いて今回どのコースを楽しみたいか尋ねます。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の4パート68分間は2人が普段とは違うエッチを初めて経験するシーン。
「01妻とセックス(約10分)」は彼と茜がフェラやSEXする様子を描き
「02デリヘル嬢エリカ(約20分)」「03お風呂で1回射精(約16分)」
「04乳首責め(約22分)」はエリカになった彼女が色んなプレイで彼のM性癖を満たします。
01パートは前置きに近い内容なので説明を省略します。

「奥さんにはいつも責めてるのに こんなので感じちゃうんだ 変態だね」
エリカはウィッグやカラコンをして声も変えてるため彼は茜だと気づきません。
だから他のお客を相手にするのと同じ要領で責めながら
妻を裏切ってデリヘルを楽しむ背徳感をくすぐって興奮させます。
怒ってる様子も特にありませんし、サービスでお仕置きして鬱憤を晴らそうとしてるように見えます。

そして彼女はプロらしい巧みなテクニックで彼を喜ばせます。
02パートは耳舐め、亀頭責め、手コキで1回目の射精へ追い込み
03は場所をお風呂に移して体を洗うついでに乳首責めとオナニーをします。
そして04は乳首責め重視の寸止めで男の隠れた性感帯を開発します。

どのパートも1回ずつ射精しますがおちんちんをいきなり責めることはありません。
耳、乳首、亀頭といった射精に直結しにくい部位を厚めに責めて
興奮と性感をある程度高めた後におちんちんへの責めを加えて追い込みます。

焦らしや寸止めを積極的にやるのも彼をすぐ満足させないための工夫なのでしょう。

「恥ずかしさを紛らわせるために まずは私の息に合わせて シコシコしよっか」
また聴き手が主人公とできるだけ同じ視点で楽しめるように
オナニーや乳首責めをする時は指示を小まめに出してわかりやすくリードします。
オナニーは耳に吐息を吹きかけるリズムでペースを教え
乳首責めは「かりかり」「すりすり」といった擬声語を多めに言ってくれます。
射精時は毎回カウントを数えますし、オナサポとしても使えるように作られてます。

続く3パート53分間は家でするエッチ。
「05調教(約25分)」は耳舐めと乳首責めで焦らしてからの太ももコキ
「06寸止め地獄(約20分)」は目隠しした状態でオナニー、乳首責め、フェラ
「07エリカ様のマンコ(約8分)」は騎乗位SEXでようやく射精を迎えます。

「そんなに出したいならさぁ ぴゅっぴゅさせてやるよ」
彼がデリヘルを利用したことを自分に隠したのが許せなかったのでしょう。
命令口調で指示や言葉責めをするシーンが増え、体への責めについても意地悪度が増します。
このシーンの射精は1回だけなので先ほど以上に焦らしが強くなりますし
乳首責めも口をすぼめてピストンするような激しいちゅぱ音を鳴らします。
前のシーンにはなかったプレイも登場するので心身両面の刺激がパワーアップしてます。

個人的には05パートが最も意地悪に感じました。
25分間みっちり責めてるのに射精をおあずけされることや
序盤から中盤は耳舐めと乳首責めに専念し、終盤でようやくおちんちんをいじり始めるのが大きいです。
パンツ越しにフェラする珍しいプレイもあったりと、彼を生殺しにしようとする気持ちが込められてます。

「このイヤホンに 今から 耳マゾがビクビクしちゃうものを流すわよ」
また06パートでは冒頭でイヤホンを装着し、そこから流れる吐息を聴きながらオナニーする指示が出ます。
前のシーンは片耳だったのが、ここは左右同時に流して違いを出してました。
ただし、息吹きの間隔が「ふっふっふっふっ」と小刻みで音量も声より大きいことや
そのたびに軽い風圧が伝わってくることから頭が痛くなる人がいるかもしれません。
私が聴いた時は3分ほどでギブアップして吐息が鳴らないバージョンに変えました。

音量やパワーをもっと下げて聴きやすくしてたら面白い要素になったのではないかなと。
合わなかったら鳴らないほうを選べばいいだけなので問題と言うほどではありません。
シコシコボイス以外でオナサポする新しい試みがされてます。

またこのシーンではお金のやり取りをする描写が2回ほどあります。
妻と家でエッチしてるのにお金を貢いでいじめてもらう。
2人の関係を逆手に取ってより惨めな気分にさせようとします。
風俗でも浮気なのは間違いないですから、彼女なりのやり方で彼に罰を与えたのでしょう。

このように、M向けの要素を数多く盛り込んだ重厚なエッチが繰り広げられてます。
変わったシチュのM向け作品
自分の奥さんから本格的なマゾ調教を受ける面白い趣向の作品です。

茜は自分に内緒でデリヘルを利用した主人公を立派なマゾに変えるために
1回目は事情を知らない彼を普通にサービスして女性にいじめられる喜びを教えます。
そして2回目は自宅でお金と引き換えによりハードなプレイをして2人の立場を逆転させます。

普段は大人しいけど仕事になるとSっ気を増す人妻がMな夫にふたつの調教をするシチュ
耳舐めや乳首責めに力を入れたうえで焦らしや寸止めもガンガンやる意地悪なエッチ
後になるほど彼に手厳しくなり、同時に活き活きとした表情を見せる彼女のキャラ。
お互いのすべてを曝け出して新しい関係になろうとする様子をエッチメインで描いてます。

中でも2番目は各要素のバランスが取れててどのパートも聴き応えがありました。
乳首責めや寸止めを重視してるパートもありますが
本当にそれだけをやるわけではなく、必ず他のこともやってサービスに深みを与えます。
乳首責めやオナニーは指示を出して聴き手もやりやすくするなど
主人公になりきってこの調教を受けられるように考えながら作られてます。

「またマゾマゾしたくなったら 私を指名してね」
彼女が優しさと厳しさを合わせ持つ性格に描かれてるのも印象的でした。
プレイの内容だけを見れば確かにドSですけど
風俗を利用した彼を怒ったり見捨てたりせず、きちんと調教するあたりは十分優しいと思います。
彼に隠れてデリヘル嬢をする必要がなくなりホッとしたのかもしれませんね。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・吐息それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:大山チロルさん
総時間 2:21:45

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「甘辛ギネコクラシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、世界最強の騎士と言われてるかっこいい女性が
立派なおちんちんを持つ絶倫な男性と本気の子作りに励みます。

凛々しい女性がおちんちんの虜になる堕ちっぷりが最大の魅力で
最初は子孫を残す手段としてSEXしてたのが、絶頂を繰り返すうちにだんだんクセになり
終盤になると自分から淫語多めのおねだりをしながらエロくて情けない姿を晒します。
SEXシーンが多いおかげで彼女の乱れる姿をたっぷり楽しめるのもポイントです。
最強の騎士でも勝てないものは…
アルザガルド王国の第一騎士団長リーザと6種類のエッチをするお話。

「…入れ ほう お前が私の子作り相手か よく来たな」
リーザはトーンが低く凛々しい声のお姉さん。
部屋に来た主人公に自己紹介し、彼の呼び名を尋ねると
こうなった経緯を語ってから早速子作りに取り掛かります。

本作品は小さい頃から訓練に明け暮れ現在は最強クラスの実力を持つ彼女が
立派なおちんちんと底なしの精力を持つ彼とおよそ120分に渡ってエッチします。
彼女に結婚願望はありませんが、国王は彼女の子孫を残したいと考えており
国内で適合率の高い者を探した結果彼が選ばれました。
そんなわけで2人がほぼ他人同士の関係なところから物語は始まります。

「私は男になど興味がない そうお伝えしたところ ならばせめて子供だけでも作れときた」
彼のことを「オタク」と呼びながら性愛に興味がないことをはっきり告げ
エッチ開始後は彼に色々教わりながら進める初々しい姿を見せます。
しかしある程度慣れると逆にハマって自分から積極的におちんちんを求めます。

物語の序盤と終盤で彼女がまったく違う姿を見せてくれますから
そのギャップや堕ちっぷりに興奮する人が続出するでしょう。
戦いでは誰にも負けない女性をおちんちんで屈服させる展開にもそそります。
心情や反応の描写にも力を入れてますし、彼女が変わっていく様子を楽しませることを強く意識してます。

エッチについては子作りがテーマなのでSEXを最も重視してます。
エッチシーンのおよそ半分にあたる54分も用意し(もちろん全部中出し)
パートによって体位や彼女の乱れっぷりを変えて堕ちる様子をわかりやすく描きます。
彼女が責めることもありますが、反撃されるとすぐ負けるので主導権はずっと彼が握ります。

「これしきのことで 負けてなるものか 必ずイかせてやるからな」
「負ける また負けてしまう 第一騎士団長たる私が おちんぽに負けてしまう」

彼女が負けず嫌いな性格をしてるからでしょうけど
先にイったほうが負けというルールを定めて勝負することが何度もあります。
始める前は勝つ気満々だったのが、おちんちんに責められるとすぐ弱気になるところがすごく可愛いです。
でも彼女自身はそれを恥じたりせず、むしろ喜ぶ仕草を見せます。

エッチを通じて2人の親密度が上がっていく様子も描いてるので
後になるほど甘さとエロさの両方が増します。
中盤以降は淫語多めのおねだりも積極的にしてきて
彼女が彼を興奮させることに幸せを感じてるのがわかります。
射精シーンが比較的多いことも含めて、18禁音声にとって大事な「抜きやすさ」にも気を配ってます。

凛々しい女騎士団長をおちんちんで負かすシチュとSEXメインの甘くドスケベなエッチ。
キャラとプレイの両方に個性を持たせたノーマル~ややS向けの作品です。
徐々に目覚めていくエッチ
エッチシーンは6パート104分間。
プレイはキス、乳首責め、クンニ、SEX(正常位、騎乗位)、フェラ、パイズリ、耳舐め、〇〇です。
SEX、パイズリの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「というわけでオタク 閨(ねや)に入るぞ 手早く済まそうではないか」
お互いのことを軽く話し終えたところで主人公をベッドへ誘ったリーザは
彼にキスやハグを求められ、少し驚いた様子でそれを受け入れます。

エッチは彼がリードしつつお互いに責め合う形で進めます。
最初の2パート36分間は彼女の魅力を出しつつ2人が仲良くなる様子を描くシーン。
「track1 「子作り初日:落ちレベル1」(約17分)」はキスと正常位SEXで1回
「track2 「子作り二日目:堕ちレベル2」(約19分)」はフェラと騎乗位SEXで2回射精します。

「なに? キスはなるべくいやらしく舌を絡めるのが常識 そ、そうだったのか」
この時点の彼女はエッチに関する知識と経験がほぼない状況。
だから彼が言うことを素直に聞いて実践しながら男の愛し方を学びます。
会った直後にディープキスを求めるあたりはさすがにやり過ぎだと思いますけど
それを一切疑わずやり遂げるところが真面目で可愛く感じました。

国の意向で子作りするため、少なくとも彼女に好意や恋愛感情はありません。
でもエッチという特別な行為を通じて少しずつ変化が表れます。
プレイ中に彼のセリフをオウム返しで言うシーンを適度に挟んであるのも
そのへんをわかりやすくするための演出なのでしょう。

パート後半から始まるSEXは彼女がおまんこを指で開いて見せる恥ずかしいポーズを取り
そこへ彼が自慢のおちんちんを挿入して強さを見せつけます。
挿入前は普段通りかっこよく振る舞ってた彼女が
ピストンに合わせて大きめの喘ぎ声を漏らす姿はギャップがあってエロ可愛いです。

「お、オタクよ 今夜も私に たっぷり種付けしてくれ お前の粘っこいこってりザーメンで 私を孕ませてくれ」
track2は1回エッチした後なので彼女が前回よりも素直になります。
冒頭に淫語交じりの恥ずかしいおねだりをして興奮を煽り
前半のフェラは先っぽにキスする→全体を舐める→しゃぶると三段構えで責め続けます。
やや泡立った音をリズミカルに鳴らしてて彼女なりに喜ばせようとしてるのが伝わってきます。

たぶんSEXで思い切り負けたから彼のことを密かに認めてるのでしょう。
2回目のSEXも果敢に勝負を挑み、あっさり負かされます。
そうやって彼の強さや男らしさに少しずつ惚れ込んでいくわけです。
普通の女性とは違うからこそ、好きになる過程も特殊にして個性を出してます。

中盤の2パート40分間は彼女のデレが一気に強くなります。
「track3 「子作り七日目:堕ちレベル3」(約18分)」はパイズリと正常位SEX
「track4 「子作り十四日目:堕ちレベル4」(約22分)」はフェラと正常位SEXで2回ずつ射精します。

「ば、バカ者 私という者がありながら 自慰をするやつがあるか お前のザーメンはすべて私のもの」
作中では語られてませんが、おそらく3日目から6日目も毎日SEXしてたのでしょう。
序盤で見せた凛々しい姿は随分弱くなり、彼の精液をひたすら求めるメスの顔が強くなります。
彼に言われたちょっぴりエッチな実験の結果を報告するなど
お願いされたことは何でもやろうとする一途なところを見せてくれます。

彼女のデレっぷりを加速させてるのが恋人プレイ。
彼の提案で恋人になりきってエッチするルールを定め
最中は「好き」「愛してる」といった甘い言葉をガンガン言います。


「いいぞ 愛の言葉も囁いてくれ これは恋人プレイだからな あぁ 私も好きだぞ 私もお前が好きだ 愛してる」
彼女の性格を汲み取って助け舟を出してあげたのでしょう。
内心そう思ってても言えなそうだから「恋人プレイなら仕方ない」という口実を作ります。
彼がリードするプレイスタイルが活きるように彼の心情も多少は描いて2人の一体感を出します。
彼女の態度や表情も嬉しそうで親密度がかなり上がってるのをひしひしと感じます。

またtrack4は2人の関係を決定づける要素が加わります。
販売ページにも書いてあるのでズバリ言うと結婚宣言します。
「結婚はしない」と言ってた彼女がそれを受け入れたのは余程の事情があるはずです。
相性が良いから選ばれただけの彼を自分にとってかけがえのない存在と認識してます。

プレイはtrack4の前半に出てくるフェラが一際エロかったです。
track2との違いを出すためにひょっとこフェラを導入し
その最中はバキュームを多めに交えた激しいピストンを披露します。
彼女が順調に開発されてる様子も描かれてて征服欲や独占欲をくすぐってくれます。

終盤の2パート28分間はその後のお話。
「track5 「妊娠三ヶ月:落ちレベルMAX」(約15分)」は騎乗位SEX
「track6 「ファンサイト『オナペット騎士団』用ハメ撮り動画」(約13分)」は
これまでとは違う趣向のプレイで合計3回射精します。
track6はサークルさんの意向を汲み取って完全に伏せさせていただきます。

「あぁ 幸せだ ダーリンの上で腰を振ってるだけで 天にも昇る気持ちになる」
結婚し妊娠までした彼女はもうすっかり彼の虜。
この日も熱いキスや耳舐めをしながら腰をリズミカルに打ちつけて幸せを噛み締めます。
最中のセリフもストレートなものが多く、彼に心を許してるのがわかります。
プレイ自体はそこまで特殊じゃないのでやはり彼女のセリフや反応が魅力かなと。

このように、武骨な女騎士が女の悦びに目覚めていく過程を大事にしたエッチが繰り広げられてます。
変化を楽しむ作品
リーザの心情、セリフ、責めっぷり、乱れっぷりが徐々に変化する流れのある作品です。

リーザは国王に命じられた子作りを無事やり遂げようと
その相手に選ばれた主人公にリードされてまずはエッチのやり方を学びます。
そして中盤以降は彼に対して好意を抱き、彼のために何でもする従順なメスへ生まれ変わります。

戦闘では誰にも負けない実力を持つ女騎士が、おちんちんにあっさり負けて快楽堕ちするシチュ
どのパートも必ずSEXを盛り込み淫語を交えたおねだり、下品でパワフルなちゅぱ音
可愛くて艶めかしい喘ぎ声を随所で繰り出すテーマ性のある充実したエッチ
最初はさばさばしてたのがエッチを通じて少しずつ甘くなり、彼を本気で愛するようになる彼女のキャラ。
エッチをまったく知らない女性をおちんちんで目覚めさせる魅力的な物語が楽しめます。

中でも3番目は序盤と終盤で彼女のセリフや態度が随分違ってて落差が大きいです。
快楽に負けてそうなったところももちろんありますが
おちんちんの逞しさや精力の強さといった男らしさと組み合わせてます。
終盤に彼だけを愛してることがわかる描写がいくつも出てきます。

エッチは彼女が乱れる姿を多めに盛り込んでるので結構エロいです。
喘ぎ声は終盤にオホ声を軽く入れる程度で他は可愛い声を上げてました。
キスシーンや淫語多めのおねだりを適度に挟んできて各要素のバランスが取れてます。

射精シーンは10回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 2:02:27

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる女の子が
家で色んなエッチをしてさらに親睦を深めます。

Mな彼の欲望を満たしつつあまあまなエッチをするのが特徴で
亀頭を集中攻撃しながら寸止めしたりニーソをおちんちんに被せて責めながら
キスを多めに挟む、甘い言葉を囁くといった愛を感じる行為もガンガンやって幸せな射精に導きます。
ヤンデレ成分はかなり低いですから純愛ストーリーが好きな人ほど満足できるでしょう。
同棲少女はちょっぴりヤンデレ
伊月 愛菜と自宅でイチャイチャするお話。

「お兄さん ただいまです」
愛菜は丁寧語で話す甘い声の女の子。
帰宅して主人公にちゃんとお留守番できたか尋ねると
遅くなったことを謝ってからあるものを見せます。

本作品は元々同じマンションに住んでて現在同棲中の男女が
およそ130分に渡ってエッチしたり物語の読み聞かせをします。
微ヤンデレ少女に純愛監禁される音声」という作品の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
単体でも楽しめるシナリオになってます。

「はい これ お兄さん わかりますか? はい 2人分の 結婚指輪です」
最大の特徴は彼女の溺愛っぷり。
帰宅した直後に彼へ買ってきた結婚指輪を見せ
さらに自宅でささやかな結婚式を挙げて永遠の愛を誓います。
エッチも彼のことを第一に考えながら責めるので非常に甘いです。

育った環境のせいか道徳意識や倫理観が普通の人とややズレており
一部で「ちと重いかなぁ」と感じる描写はあります。
でも一般的なヤンデレキャラみたいに自分の考えを押し付けることはほとんどなく
彼のためにとことん尽くして幸せな日々をプレゼントします。

冒頭の結婚シーンで彼があっさり受け入れてるところを見ると
既に2人が相思相愛の関係になってることがわかります。
SEXの直前にこうなったいきさつも話してくれますから
彼女がどんな性格で彼をいかに深く愛してるかが徐々に伝わってくるでしょう。

エッチについては彼が女性に意地悪されるのが好きな性癖なので
序盤から中盤にかけてはM向けのプレイ、終盤は甘めのプレイとシーンによって方向性を変えます。
亀頭責めや寸止めといった体への刺激を強くしてるだけで罵倒は一切しません。
キスシーンを多めにして愛情表現の一種なのだとわかりやすくアピールします。
変態なところも受け入れ満たしてくれるあたりに彼女の一途さが強く出てます。
心を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイはキス、手コキ、亀頭責め、拘束、オナホコキ、耳舐め、ニーソコキ、嘘喘ぎ、エロ漫画の朗読、SEX(対面座位)です。
手コキ、亀頭責め、オナホコキ、ニーソコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私 お兄さんにだったら いつどのタイミングで興奮されても 嫌じゃありません」
結婚式の最後に主人公と誓いのキスをした愛菜は
おちんちんが元気になってるのを見てそのままお世話を始めます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で責め合います。
最初の3パート48分間は彼女の性格や彼の性癖を強調しながら愛し合うシーン。
「02-誓いのキス手コキ(約17分)」はキス+寸止め手コキ
「03-拘束オナホコキ(約17分)」は体を拘束した状態で耳舐め+オナホコキ
「04-ニーソまんこコキ(約14分)」はキス+ニーソコキで1回ずつ射精させます。

「誓いのキスも まだですよ んーっ」
02パートは結婚の儀式も兼ねてるプレイなのでキスを一際多くやります。
序盤から舌を絡めるディープなちゅぱ音を鳴らし
おちんちんは竿→亀頭→竿と責める部位を切り替えてギリギリまで我慢させます。

後になるほどセリフを減らしてキスの割合を上げるなど
2人が幸せに浸りながらイチャイチャしてるのが伝わるように進めます。
寸止めは軽くやる程度でそんなにどぎついものではありません。
年下の女性に主導権を握られ射精も管理されるM向けのリードで彼を喜ばせます。

「どうせだったら 普通にするよりも お兄さんの興奮をより高められる形でしたほうが お兄さんにも喜んでもらえるなって」
03パートは最もヤンデレらしい内容ですがイメージプレイの意味合いが強いです。
彼を興奮させるために拘束を取り入れてることを最初にはっきり告げてから
徐々にペースを上げる流れで締め付けの強いオナホをしごきます。

体への責めがややハードになるからこそ、セリフを囁き声にして柔らかさを出してました。
射精させた後にやりすぎてなかったか彼に確認しますし
彼女の欲望を満たすよりも彼を満足させることを優先してます。
耳舐めも外側をゆっくり舐める感じでソフトな部類でした。

04パートは本作品というよりはアゲハ蝶さんの作品全体に言える特徴です。
学校から帰ってくるまで穿き続けてた蒸れ蒸れのニーソを目の前で脱ぎ
穴の部分でおちんちんを包み込むオナホに近い使い方をします。

「足でしごく時は外側の生地ですが 今は 私の足を直接包み込んでいた 内側の生地が たっぷりお兄さんのおちんちんに絡みついてるんです」
ニーソを穿いたまま足で擦らないところにこだわりを感じました。
おちんちんを足蹴にするのではなく、自分のエキスが染みついたものでしごいて愛情を示します。
一部で喘いでみせてSEXしてる雰囲気を出すのもそのためです。

効果音にもう少しざらつきがあるほうがリアルになると思いますが
前の2パートとは違う形で彼女の魅力を表現してます。
ニーソを精液で汚す展開もなかなか良いなと。

一番最後の「05-純愛共依存セックス(約15分)」でするのはもちろんSEX。
彼が持ってたエロ漫画の朗読を軽くしてから対面座位で繋がります。
ちなみにここは時間が31分ほどありますけど、前半は2人の馴れ初めや彼女の今の気持ちを語ります。
そこはエッチしませんからSEXは後半部分のみになります。

「こうやって 2人抱き合ってキスしながら 愛し合ってSEXするの 堪らないんですよね」
エッチの最後を飾るシーンなのでM向けの要素はほぼなくなり
向かい合ってキスしながらお互いに責め合う愛情深いプレイが楽しめます。
ピストンも「ぱつん」という乾燥した音をリズミカルに鳴らしててなかなかリアルです。
セリフやキスを優先してる関係で喘ぎ声はほとんど漏らさず割と落ち着いてました。
最後はきっちり中出しを決めますし、2人の心と体がひとつになったことをストレートに伝えます。

純粋なエロさは02~04パートのほうが上ですけど
事前に背景を語ってから本番に臨む展開のおかげで胸のあたりがぽかぽかします。
精神的に満たされた状態で射精できますから余韻は長く、後味は良くなります。

このように、彼のM性癖を汲み取ったうえで溺愛するややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
ややM向けの純愛作品
やや歪んだ部分を持つ男女の愛情模様を丁寧に描いた風変わりなイチャラブ作品です。

愛菜は自分が心底惚れた主人公に幸せな日々を送ってもらおうと
衣食住といった身の回りのお世話をすべてこなしながらおちんちんも気持ちよくします。
そして彼に喜んでもらえるようにわざと意地悪し
それと同時にキスを小まめに挟んだり甘いセリフを囁いて愛情を注ぎます。

好きになった相手にはとことん尽くす女の子が
仕事を頑張りすぎて壊れそうになった男性へたっぷりご奉仕する甘めのシチュ
心は甘く、体はやや意地悪に責めて2人とも満足させる独特なエッチ。
王道の純愛作品とは違う部分を持たせて彼女の想いの強さを表現します。

私は前作を聴いてないのでどれくらいヤンデレなのかが気になってました。
実際は拘束するシーンが1パートあるだけですし
彼の同意を得たうえでやるマイルドなものです。
見下したり突き放すセリフも一切なくサービスとしてやってるのがよくわかります。

エロさがもうちょっと欲しいかなぁとは思いますけど
キャラが立ってるし心情描写もしっかりしてて没入感は高いです。
ドスケベな作品じゃないことを理解して聴けばかなり楽しめると言えます。

エッチの後に30分ほどの読み聞かせパート(非エロ)があるのも良いですね。
「幸福な王子」というオスカー・ワイルドの子供向け小説で
タイトルにもなってる幸福な王子とツバメの心温まる物語です。
有名な作品なので知ってる方も結構いるんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女の子に優しくいじめてもらうのが好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:15:38

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
前作も4月28日まで40%OFFの660円で販売されてます。

↑このページのトップヘ