同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:人妻

   ● ふたなり人妻の逆レイプでメスイキしちゃう~催眠セックス体験コース~
   ● 異種族専門風俗店~魔法のKiss~
   ● あまあまでぺろぺろ
   ● クールメイド最終章~新妻クールメイド?の全肉全愛ローションご奉仕初夜!~
   ● Everything About You #02 そのときのキミも好き
   ● あなたの性癖に柔軟に対応してくれる淫語アンドロイド
   ● 【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~
   ● 支配少女X~少女の奴隷に堕ちた勇者の結末~
   ● 狐娘に優しく授乳手コキされちゃうお話
   ● 赤ちゃんつくろ♪


ふたなり人妻の逆レイプでメスイキしちゃう~催眠セックス体験コース~

サークル「女の子至上主義」さんの催眠?音声作品。

今回紹介するサークルさんの音声処女作は、まだ研修生だけど腕に自信のある催眠術師が
催眠を使って人妻とのちょっぴり激しいエッチを疑似体験させます。

催眠誘導を特にしないまま女体化誘導を始めたり
エッチシーンで彼女だけでなく人妻もしゃべるなど
催眠音声よりもボイスドラマに近い流れでサービスを進めます。
人妻との甘美なひと時
ゆめなに催眠をかけられてからうたなとエッチするお話。

「はーい こんにちは 催眠SEXの世界へようこそ」
ゆめなは明るくてしっとりした声のお姉さん。
仰向けに横になってる主人公に挨拶すると
自分の経歴を教えてから今回のコースに合ったエッチな催眠をかけます。

本作品は催眠の学校を出たばかりでまだ研修中の彼女が
本来は別のコースを希望してた彼に35分程度の変わったサービスをします。
ふたなり人妻によるレズ逆レイプという珍しいシチュを設定し
それに向けて催眠よりもエッチを重視する形で進めます。

最初から言ってしまいますと本作品を聴いて催眠にかかれる可能性は極めて低いです。
主人公になりきって楽しむのではなく、彼らがエッチしてる様子を横から楽しむことになるでしょう。
催眠初挑戦だからなのでしょうけど悪い意味で型破りなことをされてます。

催眠はおよそ6分間。
仰向けに横になって目を瞑りゆめなの話に耳を傾けます。
ちなみに催眠開始後は彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「爽やかな風 綺麗なお花畑 可愛い動物たち ママの言葉とあなたの感情がリンクしたみたいに あなたは楽しんだり 喜んだり 安らいだりします」
「5年生になったら 少しおっぱいが大きくなったね 中学生になったら 初めての生理を体験して 股の間が重たくなったよ」

お話の内容は緑豊かな場所で母親に本を読んでもらってる女の子が
成長して体と心が変化していく様子を数年ごとに実況します。
男性から女性に変えるのではなく最初から女性だったと思わせるアプローチです。
そして大きくなった彼女の友達の母親がこれからエッチするうたなとなってます。

女体化をテーマにした催眠音声でこういう誘導をする事自体はさほど珍しくありません。
性別を直接変えるよりも女性の人生を辿っていったほうが受け入れやすく感じる場合があります。
しかしこれをやるにあたって必要な準備が一切されてません。
深呼吸や脱力をして心身を十分にリラックスさせたり、カウントを数えて深化させるといった行為が省略されてます。

簡単に言うと催眠誘導せずに女体化させようとしてるわけです。
もしかしたら会話調の誘導をする現代催眠型かなとも思ったのですが
確認したところ技術的にそう受け取れる描写は見られませんでした。
これが先ほど「催眠にかかれる可能性は極めて低い」と言った一番の理由です。
同性に処女を奪われる快感
エッチシーンは2パート20分30秒間。
プレイは服を脱がせる、SEX(正常位?)、ビンタ(4回)、キスです。

ビンタの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

うたな「今帰り道 私も今から帰るところなの 一緒に帰る?」
ゆめな「うたなさんに誘ってもらえたよ 嬉しいね」
ゆめなの催眠で心と体を立派な女の子に変えた主人公は
学校の帰り道にうたなと出会い、彼女の家に誘われてエッチを初体験します。

エッチはゆめなが実況役、うたなは直接責める役と分担して進めます。
最初の「前戯」は雰囲気作りを重視したパート(約3分30秒)。
うたなの自室に移動した2人が服を脱がせあいながらお互いの肌を観察します。

う「それなら あなたの初めて もらっちゃおうかな 脱がせてあげるね」
主人公は友達を通じてうたなと既に仲良くなっており
元々エッチな事に強い興味を抱いてた背景もあってあっさり受け入れます。
うたなも年下の同性が初体験を気持ちよく終えられるようまずは優しくリードします。

ゆ「するっと脱がされて おっぱい見られちゃった 恥ずかしいね 顔が熱いね でもちょっと嬉しいよね」
そしてゆめなは天の声として今何をしてるか、主人公が何を感じてるかきめ細かく語ります。
聴き手視点の言い回しを心がけてるのでなんとなくイメージしやすく感じるでしょう。
この部分に関しては割かしよくできてると思います。

また声の位置を左右へ適度に振り分ける演出もされてます。
サークルさんは「双子催眠的な手法」とおっしゃられてますが、聴いた限りでは技術的にまったくの別物でした。

コース名の「逆レイプ」らしさが出てくるのは次のセックスパート(約17分)。
横になった主人公のおまんこにうたながおちんちんを挿入し、後になるほど激しく突いて2人同時の絶頂を目指します。

ゆ「ずぶずぶーって 太い何かの先端が まんこの中に入ってきたね 思ってたよりも硬かったね」
う「ほーら気持ちいいでしょ? エッチな悪い子にはお仕置きよ もっと奥まで突き上げてあげる」
そしてここでもゆめなはおちんちんの感触やそこから得られる快感を伝え
うたなは感じてる彼の様子を観察しながら徐々にSっ気を露わにします。
彼女の旦那はSなためエッチで受けに回ることが多く、相手を責めることに強い興味を抱いてました。
それが今回実現したから普段よりも意地悪な態度で接するようになります。

といっても女性同士なのでM向けと言うほどハードな事はやりません。
プレイ中に頬へ数回ビンタをする程度で後はピストンするだけです。
ゆめなの実況がポジティブな表現を心がけてる点もそう感じる理由のひとつです。

催眠に入れなかったのが一番大きいのでしょうが
イメージはできるけど気持ちよくなれないまま聴き終えることになりました。
こういう言い回しは催眠に入ってこそ初めて効果を発揮するものですから
その前提部分が崩れてしまっていては楽しみたくても楽しめないというのが正直なところです。

このように、レズプレイを多少過激にアレンジした風変わりなエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
ふたなり女性との初エッチをボイスドラマに近いタッチで描いた作品です。

ゆめなは人妻に逆レイプされる快感を主人公にたっぷり味わってもらおうと
催眠の要となる誘導部分を敢えて省略し、最初から女体化に関するイメージを投げかけます。
そして完了後はパートナーの人妻にもしゃべってもらいながらプレイの様子を細かく実況します。

レズでありながらおちんちんで貫かれる快感を追求した異色のエッチ
そのイメージを助ける聴き手視点の実況。
時間、内容共に催眠よりもエッチを重視したサービスを行います。

ゆ「まんこの中が擦れてる 太いのが抜けてホッとしたら また奥までぐっと入ってくる」
ゆ「うたなさんにパンパンされるたびに あなたは女の子の喜びを感じてる」

催眠に対して痛烈に批判しましたがエッチのセリフは光るものを感じました。
どういうところを実況すればイメージ力が膨らむかを考え
言い回しも聴き手が主観的に捉えられるように心がけてます。
私がこの作品を同人音声にカテゴライズしなかったのはこの部分があったからです。

催眠誘導をちゃんとやるようになればもっともっと良い作品が生まれる可能性を秘めてます。
活動を始めたばかりのサークルさんですし今後変わっていくことを期待したいです。

絶頂シーンは1回。
淫語・効果音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:口谷亜夜さん
総時間 37:28

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は3点。
37分で200円とコスパがいいので+1してあります。

2018年7月9日まで15%OFFの170円で販売されてます。

異種族専門風俗店~魔法のKiss~

サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、人間以外の種族が相手をする変わった風俗店で
そこの新人さんが色んなサービスをしてお客の心と体を癒します。

最初は片方ずつ、次は両方同時に耳をたっぷり舐めたり
複数同時責めや幼児プレイを専門に行うパートを用意するなど
彼女のキャラとサークルさんの持ち味を組み合わせた甘いプレイが楽しめます。
初々しい風俗嬢と実践練習
異種族専門風俗店に所属するスライム人妻さんからサービスを受けるお話。

「…あっ! あ、え、ええと…お、お客さん ですよね」
人妻さんは恥ずかしそうに話す澄んだ声のお姉さん。
初出勤の日に指名してくれた主人公におどおどした様子で挨拶すると
本当に自分で大丈夫か一応確認してからサービスの内容を相談します。

本作品はつい先日採用されたばかりで研修すら受けてない彼女が
彼に色々教わりながら90分近くに渡る色んなサービスをします。
お風呂場での耳舐め手コキ、部屋に移ってからの両耳舐め+フェラ、授乳手コキと
パートごとにスタイルを変えながら各プレイを念入りに行います。

ブラックマの嫁さんは名前でわかるでしょうがシロクマの嫁さんの姉妹サークルです。
そのためサークル名から連想される暗さはまったくなく
むしろ人妻特有の甘さ、優しさ、柔らかさを全面に押し出した癒し系の物語になってます。
シロクマさんが得意とされてる耳舐めも全編合わせて26分ありますし、耳かきだけを行うパートも用意されてます。

「こ、こんなことを聞くのは失礼だと思うのですけど あっ、あの…最初はどうすればいいのでしょうか?」
「私がちゃんと責任をもって 私のミルクで大きくなっちゃったあなたのおちんちん 気持ちよくしてあげますから」

シロクマさんとの違いを強いて挙げるとするならキャラ作りに力を入れてる点です。
彼女は風俗嬢としての訓練をまったく受けてないばかりかエッチの経験もほとんどありません。
だからいざお仕事となった時に何をすればいいかわからず彼に助けを求めます。
しかしある程度やってみた後はどうすれば彼を気持ちよくできるか自分なりに考え行動します。

作品を通しで聴いてみると最初と最後で彼女の態度が随分変わってることに気づくでしょう。
人妻=エッチが上手というイメージを逆手に取った初々しい女性です。
スライム特有のご奉仕をするシーンもあったりと、彼女の魅力が引き立つようにお話を組み立ててます。
甘やかしながら気持ちよくする人妻らしいエッチ
エッチシーンは3パート39分間。
プレイは手コキ、耳舐め、両耳舐め、フェラ、授乳手コキです。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「洗うより こっちを先に気持ちよくさせてあげたほうが いいんでしょうか?」
主人公の手を取ってひとまずお風呂場へ移動した人妻さんは
体を洗ってる最中に彼のおちんちんがすっかり勃起してるのを見てそちらのお世話に移ります。

エッチはお店のサービスなので終始彼女が責めます。
一番最初の「お風呂でお耳を」でするのは耳舐め手コキ(約19分)。
おちんちんをまじまじと観察してから手でゆっくりしごき、中盤以降は彼のリクエストを受けて耳舐めも一緒にやります。

「あんまり じろじろ見られると…恥ずかしいです」
「そんな可愛らしい反応されちゃうと なんかどんどん楽しくなっちゃいます」

彼女は旦那以外の男性とエッチするのが初めてらしく
自分の裸を見られただけでとても恥ずかしそうな表情を見せます。
でもサービスを続けていくうちに男性を気持ちよくする喜びに少しずつ目覚めていきます。

経験がないから不安がってるだけで彼とエッチすること自体を嫌がる素振りはまったく見せません。
むしろ自分の未熟さを恥じつつできる限りのご奉仕をします。
この純真さや健気さに多くの人が癒しを感じるでしょう。

プレイのほうはゆっくりペースの手コキ音が鳴り始め、その6分後くらいから耳舐め音が加わります。
耳舐め開始後はセリフが一気に減り2種類の音だけを楽しむことができます。
彼女がそこまできめ細かなサービスをできないので、そのハンデをエッチな音の量と密度で補ってます。

続く「スライムが選ばれた理由」は彼女だからできるプレイ(約12分)。
1回射精して萎えたおちんちんを囁き声で復活させてから
彼女が3人に分かれて両耳とおちんちんを同時に責め始めます。

左「ねぇ 興奮するんですか? こうやって言われるの」
右「精液って 射精って そういういやらしいこと」

先ほどのエッチで彼にどうサービスすればいいかの感触を掴んだのでしょう。
ここからは彼のリクエストを受け入れながら自分で何をするか決めて実行します。
3種類のエッチな音が同時に流れるひと時は不思議でエロさも高いです。
パート終盤に左右から軽い淫語責めをするあたりにも彼女の成長が窺えます。

最後の「甘えたい……ですか?」はもうひとつの特徴「人妻」が活きるパート(約8分)。
今度は甘えたいと言う彼の希望を受け入れておっぱいを差し出し
おちんちんが復活した後は手コキもやって再び気持ちいい射精に導きます。

「いいよ 私の ママのおっぱいちゅーちゅー 赤ちゃんみたいに吸いながら ママの温もり全身で感じながら もう1回気持ちいい気持ちいいしようね」
彼女はつい先日赤ん坊を産んだばかりなので母乳が出せます。
それを聞いて大喜びし、おっぱいに吸い付く彼を優しく見守るまったり系のプレイです。
赤ちゃん言葉は言いませんが他のパートよりも口調が柔らかく、癒しのパワーも強めに感じました。
お互いに相手のミルクを搾り出すシチュも良いです。

このように、彼女の個性を引き立たせた甘く濃厚なエッチが繰り広げられてます。
一風変わった癒し作品
人外モノとは思えないほど穏やかな要素が満載な作品です。

人妻さんは自分を指名してくれた主人公の気持ちに応えようと
エッチが不慣れなことをはっきり伝えてからどのようにお世話すればいいかを尋ねます。
そして実際にやりながらコツを掴み、その後は自分らしさが出るサービスをして心身を気持ちよくします。

ブラックな要素をまったく入れずにスライムがご奉仕するシチュ
お話が進むにつれて彼女の態度が変化していく展開
耳舐めや耳かきといったシロクマさんの長所を盛り込んだ音重視のエッチ。
スライムの人妻が風俗嬢だったらどうなるかを声と音で生々しく表現してます。

「なんだか私 自信が出てきました こうやって私にも 男の人がちゃんと興奮して おちんちん大きくして そして甘えてくれるってわかりましたから」
彼女は人の意見を真摯に受け止め成長できる素直な女性です。
だから自分の良いところも悪いところも全部曝け出し、彼と協力して今回のサービスを進めます。
人外は己の欲望に忠実なキャラが多いのでこういうタイプは非常に珍しいです。
一番最後に耳かきを持ってくるあたりも彼女の世話好きな性格がよく出てるなと。

この作品だけを見るとシロクマさんとの違いをまだ打ち出せてないようにも思うのですが
今後色んなことに挑戦していく予定だそうです。
まだ始まったばかりですし、将来面白いものを聴かせてくれると私は期待してます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

人外っぽさを極力薄めた聴きやすい作品です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 1:38:16(本編…1:28:47 フリートーク…9:29)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

作品自体の点数は8点。
98分で700円とコスパがいいので+1してあります。

あまあまでぺろぺろ

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ3人の女性が
好きな男性と体を密着させながらふたつの性感帯を同時に責め続けます。

耳舐めの質と量にこだわったエッチをするのが特徴で
適度な間隔で左右を切り替えながら舌で舐める、唇でしゃぶる、舌先で穴の入り口をぐりぐりするなど
彼女たちの性格や経験によって多少の違いを持たせたちゅぱ音を積極的に鳴らします。
舐める時としゃべる時をはっきり分けてありますから両方を集中して楽しめるでしょう。
お耳をたっぷり舐めてあげる
3人の女性がエッチなご奉仕をするお話。

「おにいー コーヒー淹れてきたよ」
幼なじみは明るくて優しい声の女の子。
駅前で主人公の母親に誘われ彼の家にやって来ると
コーヒーとマカロンを持って彼の部屋を訪ねます。

本作品は耳舐めをテーマにした短編集。
幼なじみは年上の男性、メイドはご主人様、人妻風俗嬢はお客と別のパートナーを用意し
それぞれのキャラに合ったやり方で耳とおちんちんを同時に責めます。
エッチの経験や年齢は違うものの相手を思いやる気持ちはみんな強く
尽くす姿勢でリードするので性的興奮だけでなく多少の満足感も得られます。

最大の魅力はもちろん耳舐め。
本編エッチシーンの約7割にあたる41分もの時間をかけて
舐める、吸う、啜るといった色んな音を至近距離からたっぷり鳴らします。

(おまけも入れるとさらに14分ほど増えます)
耳舐めだけをするシーンは少なめにして、大抵は乳揉みや手コキなど別のプレイと組み合わせて行います。

100万円くらいする機器で録音してるだけあって音質も極めて高く
激しく舐めるシーンでは実際に耳を撫でられてるようなこそばゆい感覚がします。
耳舐め中はセリフが一気に減るおかげで音に集中しやすいのも魅力です。

そして耳舐め特化の作品だからこそパートごとにキャラを変える構成が活きてきます。
最初の幼なじみは初めてなのでゆっくりペースで水分控えめ
最後の人妻風俗嬢はプロらしいねっとりした力強い音、といったように舐め方も演じ分けて進めます。
淫語の量や吐息の熱っぽさ、色っぽさにも違いがあって似たプレイでも印象が変わります。

3人の女性が思い思いのやり方で耳とおちんちんにご奉仕する。
耳舐めの質と量にこだわった甘く個性的な作品です。
後になるほどエロさが増すエッチ
本編のエッチシーンは3パート57分間。
プレイは耳舐め、幼なじみへの乳揉み、メイドの手コキ/オナニー、人妻とのSEX(騎乗位)です。
乳揉み、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「ねぇ その人と私 どっちが上手か確かめてみてよ」
主人公がおっぱいや耳舐め好きなことを知ってる幼なじみは
実際に耳を舐めて彼がハマってる声優さんと自分のどっちが上手いか比べてもらいます。

エッチはどのパートも女性側がリードします。
一番最初の「年下幼なじみ×ぺろぺろ」は初々しさが魅力のパート(約18分)。
右耳舐めから入って彼女のおっぱいを軽く揉み、さらに左耳へ移ってお互いを責め合います。

「積極的じゃんって…むう なんか私の好きな人 鈍感みたいだから ちょっと 私が頑張ったほうがいいかなって」
彼女は彼に異性として好意を寄せてますがまだ恋人同士になってません。
だから耳舐めの合間に自分の気持ちをこっそり伝えてこれが悪戯じゃないことを教えます。
そして彼がおっぱいをいじり始めると恥ずかしそうな仕草で可愛い喘ぎ声を漏らします。

彼女が最後までおちんちんをいじらないので純粋なエロさは弱めですが
エッチに不慣れな子が体を預けながら好きな人にご奉仕する姿は健気で愛らしいです。
耳舐めを頑張ってる最中に乳首を責められたらつい中断してしまうところも彼女のキャラに合ってます。

耳舐めは全体のペースを意識して落とし水分も抑えたまろやかなものです。
唇で咥えてはむはむしたり舌で普通に舐めるのが中心で吸いや啜りは少なめでした。
それでも絶頂間近のシーンでは舌を力強く動かして内側を舐めるちょっぴり刺激的な音も登場します。

続く「ロリメイド×ぺろぺろ」はギャップが魅力のパート(約16分)。
幼なじみよりも子供っぽい声のメイドがご主人様の朝立ちおちんちんを手と口で鎮めます。

「ラインナップにアナルが増えてる? はい ご主人様に喜んでいただけるように 自分で開発いたしました」
彼女は彼とそれこそ毎日エッチしてる関係ですから十分な経験と技術を持ってます。
それを踏まえてエッチ開始前の会話に淫語を多めに組み込み、その後も男が喜ぶツボを突いたリードをします。
彼のためなら文字通りなんでもするメイドのイメージにピッタリな女性ですね。
可愛らしい声とは随分違う大胆な責めっぷりにグッと来る人がきっといるでしょう。

プレイのほうは手コキから始まって1分後には早速左耳舐めが加わり
我慢汁が十分出てきたところで右耳を舐めながら彼女もおまんこを慰めて一緒の絶頂を目指します。

「その我慢汁 とってもエッチな匂い 私のおまんこも ご主人様のおちんちんくらい びしょびしょに濡れちゃってるんですよ」
おまんこがすっかり濡れてることを自分から報告し、オナニー開始語は熱っぽい吐息を漏らすなど
彼を楽しませつつ自分も気持ちよくなれるようにエッチを進めます。
耳舐めは幼なじみに比べて平均ペースを上げ、穴の入り口をぐりぐりする責めを多めにしてくれます。
水分はあまり変えず舐めっぷりで両者の違いを出してます。

個人的に最もエロいと感じたのは最後の「人妻デリヘル×ぺろぺろ」パート(約23分)。
いかにも大人の女性といった雰囲気の人妻風俗嬢が、風俗初体験で童貞な男性に女の体を教えます。

彼女はエッチするために彼の元へやって来たので自分の欲望を一切隠しません。
期待と興奮ですっかり硬くなったおちんちんをうっとりした表情で眺め
これまでと同じく耳を舐めながらお店では禁止されてる本番プレイまでしてあげます。
淫語や喘ぎ声といった耳舐め以外のエロ要素も充実してて抜きやすいです。

「今日はボクの色んな初めてを お姉さんが奪ってあげちゃう」
前の2人とはまるで違うトーンの低い穏やかな声が艶かしく
責めっぷりも「淫乱」と呼ぶのがしっくりくる大変積極的なものです。
そんな女性にこんなことを言われて心が揺らがない男はいないでしょう。
Sっ気を感じないレベルで優しく弄んでくれます。

プレイはおちんちんの観察、耳舐め、ほんの少しのうなじ舐め、我慢汁の味見、耳舐めSEXと
体だけでなく心を刺激することにも力を入れて進めます。
肝心の耳舐めは前の2人より水分がぐっと上がり、ペースや強さも高めでむしゃぶりついてる感じがよく出てます。
作品を通しで聴くと後になるほどエロさが増してるのがわかるでしょう。

「とっても上手 お姉さん そうやって下からおちんぽ突き上げられるの 大好きなの」
特に山場のSEXシーンは騎乗位で繋がってから暴発しないようにゆっくりピストンし
彼が自分から責める気になったらどうすれば自分を喜ばせられるかを優しく教えます。
甘いイキ声を漏らして精液を嬉しそうに受け止める姿も人妻らしくてエロいです。
彼を甘やかしつつ完全な受け身にしないところに思いやりを感じました。

このように、耳舐めを中心に据えつつ違いを持たせたテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め尽くしの作品
耳舐め特化でありながらある程度キャラも立ってる作品です。

3人の女性は自分たちのパートナーにあたる男性をたっぷり気持ちよくしようと
体を密着させて左右の耳を舐めながらおちんちんも同時にお世話します。
そして彼女たちの魅力が引き立つように耳舐め音やプレイ構成で個性を出します。

エッチシーンの大部分で耳舐めをする尖った作り
パートごとに登場人物を敢えて変え、それぞれに合ったプレイをする演出。
耳舐めだけでなくそれをする女性たちのことも大事にしたエッチをします。

耳舐めは音声作品だともうメジャーと言って差し支えないほど人気のあるプレイです。
そしてこれを扱った作品が増えるに従いサークルさんが色んな工夫をするようになりました。
本作品の場合はパートごとに登場人物を変えるのがそれにあたります。
耳舐め以外の部分も変化に富んでるおかげで最後まで楽しく聴くことができました。

エッチは各キャラの性格と経験を上手く反映させてます。
純粋なエロさだけを見るなら人妻風俗嬢が一番でしょうが、初々しさやギャップも同じくらい魅力的な要素です。
ひたすら耳舐めするのではなく色んな要素を組み合わせて責める流れも実に良いです。

絶頂シーンは男性側2回、女性側3回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

ひとつのプレイを色んな角度から表現してる実用性の高い作品です。
おまけと合わせて112分で500円とコスパも抜群。
以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

おまけは人妻デリヘルと綿棒耳かき、フリートーク、3種類の両耳舐め音声です。

CV:天知遥さん
総時間 1:51:49(本編…1:11:20 おまけ…40:29)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパがいいので+1してあります。

クールメイド最終章~新妻クールメイド?の全肉全愛ローションご奉仕初夜!~

サークル「pure voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、メイドとしてご主人様にずっと仕えてきた女性が
結婚した彼の妻になるための儀式としてエッチなご奉仕をします。

彼女のクーデレっぷりを売りにしてきたシリーズの過去作とは大きく違い
優しい言葉をかけながら彼の喜ぶことを積極的に行ったり
山場のSEXシーンでは結合部を見せつけながら喘ぎ声を多めに漏らすなど
二人で一緒に楽しむことを目指したあまあまラブラブなエッチを繰り広げます。
メイドから妻になる前に
元メイドで今は妻になった女性からエッチなご奉仕を受けるお話。

「あなた あ・な・た」
メイドはクールで落ち着いた声のお姉さん。
元ご主人様で今は夫にあたる主人公を「あなた」と呼ぶ練習をすると
新しい環境に戸惑いを感じつつ結婚初夜のご奉仕をしたいと言います。

本作品は「クールなメイドに事務的に耳かき&添い寝されて癒される催眠風安眠音声
膨乳クールメイドに更なる事務デレ耳かき&ご奉仕で癒される音声
クールな極乳メイドさんの解禁マッサージフルコース臨界ご奉仕!!」に続くサークルさんの看板シリーズ第4弾。
これまでのお話を通じて晴れて夫婦になった二人が今まで以上に濃厚なエッチを楽しみます。

もう奥さんになってるのですが、彼女が今回をメイドとしての最後の仕事に位置づけてるため
本レビューでも引き続きメイドと呼ぶことにします。

「まだ信じられないのです こんな本能だけで生きているような人間のオスに 自分が嫁いだというのが …失礼 つい事実が」
このクールメイドシリーズは彼女が基本的に素っ気ない態度で接し
要所や終盤でそれとはまったく違う可愛い仕草を見せるクーデレっぷりが最大の魅力でした。
しかし今作ではこの部分を大幅にカットし、その代わり彼女が愛する人にとことん尽くす様子を綿密に描いてます。

過去3作を聴いてる人にとっては雰囲気が随分違うように感じるでしょうね。
でもこれはある意味王道のメイドプレイに立ち返ったと言えます。
サービス自体は今まで通りしっかりしてますから、純愛系のご奉仕プレイが好きな人なら同じ感覚で楽しめます。

サービスについてはローションまみれのおっぱいを全身に擦りつけたり
体を密着させながらおちんちんを責めるなどソープランドのプレイに近いことをやります。
キスやフェラといったちゅぱ音系のプレイ以外はすべて効果音が用意されていてイメージしやすいです。
他にも夫婦らしさを感じるやり取りを盛り込んで二人の仲の良さを演出してます。
心の推移を織り交ぜた愛のあるエッチ
エッチシーンは4パート44分30秒間。
プレイはローションを体に塗る、キス、手コキ、パイズリ、フェラ、SEX(騎乗位)です。
ローションを塗る、手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「では これから ご主人様のことを ぬるぬるにしていきます」
メイドらしくカチューシャだけを残して全裸になったメイドは
同じく裸になった主人公と大浴場に移動し、ローションを準備してから彼の体に塗り始めます。

エッチはメイドのご奉仕ということで彼女が終始リードします。
最初の2パート17分間は本格的なプレイに向けての準備をするシーン。
「ローション準備」は座らせた彼の腕や背中を、「マットご奉仕」はマットに寝かせた後残りの部位を
いずれも自慢のおっぱいを使って少しずつ丁寧に塗り広げていきます。

「ご主人様がおっぱい星人なのはよく存じております 視線が釘付けになってますね」
「我慢せずに 声を出していいのですよ 気持ちいい声を出していただけると もっともっとしてあげたくなります」

彼女はこれまでのエッチを通じてどうすれば彼が喜んでくれるかを熟知してます。
だから彼が大好きなおっぱいを存分に使いながら優しい言葉をかけて心のほうも開放します。
焦らすシーンもありますが意地悪度は低く、彼の性感を高める触媒の役割を果たしてます。
長年付き添ってきたメイドらしいとっても献身的なエッチです。

「ご主人様の腕が 私のおっぱいの間に ほら 挟まっちゃいましたよ にゅる にゅる」
プレイのほうは何をしてるか軽く実況してからそれに合った擬声語を言います。
淫語責めや言葉責めが少ないのが気になるものの、効果音はどれも粘性高めでエロいですし
最中の会話があまあまなのでご奉仕してる雰囲気は十分出てると言えます。

続く2パート27分30秒は射精を絡めたより濃厚なプレイ。
「にゅるぬるシックスナイン」はシックスナインの体勢でパイズリやパイズリフェラをし
「密着騎乗位」は特殊な粉末を用いた生SEXで彼を2回連続の射精へと追い込みます。

「ぬるぬる ぷりぷりの真っ赤な亀頭 ぱくぱくしている尿道口 メイドの手コキで欲情しているいやらしいおちんぽ (少し小さな声で)こんなの見ていたら 私 もっと興奮してしまいます」
そしてここからはクールな声と口調を維持していた彼女の様子がデレへと傾きます。
自分が興奮してることを素直に漏らし、彼の目の前にあるおまんこが愛液ですっかり濡れてることを教え
吐き出された精液をそのまま口で受け止め嬉しそうに飲み干すなど
引き続き尽くす姿勢を見せつつこのエッチを楽しんでる描写がいくつも登場します。

彼女は良くも悪くも職務に忠実なメイドなので
ご奉仕の最中に自分が気持ちよくなるのは避けたほうがいいと思ってます。
そのうえでエッチの中盤からこういう仕草を見せるところに彼女の心が妻へと変わりつつあるのを感じました。
クールだった女性に人間味や温かさを持たせて雰囲気をさらに甘くしています。

「あっ あぁぁぁぁぁっ べっ 別に 挿入しただけで軽くイったわけじゃ…」
「どうぞ 全部いっぱいご覧ください ご主人様のメイドの…あっ ご主人様専用発情ボディ 恥ずかしい部分をすべて曝け出して ご主人様にご奉仕いたします…あぁっ」

最も盛り上がるのはもちろん最後のSEXシーン。
パイズリフェラで1回射精してもまったく衰えないおちんちんを鎮めようとしたのが逆に先にイってしまい
その後も股を開き体をやや仰け反らせて結合部を彼に見せつけながら積極的に喘ぎます。

このへんまで来るとご奉仕よりも一緒に楽しむ感じになりますから
最初のクールだった彼女とのギャップがそれなりにあって可愛いです。
2回戦に特殊な粉末でローションの粘性を上げるのも面白いですね。
効果音が1回戦に比べて明らかにねっとりしていてエロさが増してます。
2回とも二人同時に絶頂、しかも中出しと彼女にできる最大限の愛情を注いでくれます。

このように、後になるほど普通の女性へと近づく心のこもったエッチが繰り広げられてます。
愛に溢れてる作品
これまで主従だった男女が初めて対等な立場で愛し合う甘さの強い作品です。

メイドは主人公の正式な妻になったことを自分自身に教えるために
敢えて再びメイドの姿になり、最後のお仕事として今までやったことのないご奉仕を始めます。
そして熟練したテクニックで責めつつ細かな気遣いを見せて遠回しに自分の気持ちを伝えます。

口調は今まで通りクールですがセリフや態度がかなりデレてる彼女のキャラ
ローションやマットプレイを中心に彼が喜ぶことを積極的に行う健気なエッチ
後になるほど本音を曝け出し彼と同じ感覚でエッチを楽しもうとする展開。
過去作と同じく彼女の魅力を全面に出しつつ音声作品ではあまり見かけないタイプのプレイに取り組みます。

「これからは 妻として日々ご奉仕していきたく思います よろしくお願いします 愛しいあ・な・た」
彼女は彼がだらしなくて、エッチ大好きで、しかもMな男性なことをよく知ってます。
それでもなお妻になることを決心したのはそういう部分も含めて愛してるからです。
ストレートに「好き」と言うシーンはあまりないものの、仕草や行動にその気持ちが強く込められてます。
クールな部分は確かに薄れてますが、彼女が以前から持ってる二面性は本作品でもちゃんと残ってます。

エッチはローションならではのねっとりした効果音や声の位置で密着感を演出してます。
シックスナインをしてる時に彼女のおまんこを鑑賞する、あるいは責めるシーンがないのは残念ですが
それ以外のプレイはエロさがあってイメージもしやすいです。
愛を感じるセリフが多めなので多少の幸福感を抱きながら抜けるでしょう。
事後に14分程度の会話パートを用意するなど二人のイチャラブっぷりを最も大事にしてます。

絶頂シーンは主人公、メイドともに3回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

変わった背景を持つ男女の恋愛模様を描いた温かい作品です。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:08:13

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
販売ページのジャンルに耳かきが入ってますが耳かきをするシーンはありません。
作品自体の点数は8点。
68分で1300円と割高なので-1してあります。

2018年2月15日まで50%OFFの650円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

Everything About You #02 そのときのキミも好き

サークル橘さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、過去に夫をなくし娘を一人で育ててきた人妻が
先日恋人同士になった男性と自宅でこっそりエッチします。

「年上の女性が見せる可愛さ」をテーマにしたドラマ性のあるエッチが行われており
彼に頼まれて体操服やセーラー服を恥ずかしそうに着る姿や
隣の部屋にいる娘に気づかれないよう喘ぎ声を押し殺す姿が愛らしさに溢れてます。
相手が人妻といっても不倫とは違いますから、一風変わった純愛作品として誰でも楽しめます。
年下彼氏と過ごすラブラブな一日
隣に住む広田香苗(ひろたかなえ)とコスプレエッチするお話。

「楽しかったねー ふふっ 遊園地に行くのなんて久しぶりだったから ちょっとはしゃぎ過ぎちゃったかも」
香苗は明るくて穏やかな声のお姉さん。
主人公と久しぶりの遊園地へ出かけ、帰り道にその思い出を一緒に振り返ると
そのまま自宅に誘い、付き合い始めた当時のことを懐かしそうに話します。

本作品は以前サークルさんが製作された「Everything About You #01 忘れ物はラブラブの始まり!?」の続編。
相思相愛なのに想いをなかなか伝えられずにいた男女がとあるイベントをきっかけに一線を越え
晴れて恋人同士になった後どうなったかが描かれています。
単体でも楽しめますが前作から通しで聴いたほうが二人の人柄やストーリーが掴みやすいです。

香苗は10年ほど前に夫と死別した30代前半のシングルマザー。
12歳になる娘と二人で暮らしており主人公とはお隣さん同士にあたります。
恋人になる以前から香苗はもちろん、娘とも仲良くしていたため
人妻との恋愛によくあるドロドロした部分はまったくありません。
長い間男性との縁がなかった女性が年下とひたすらイチャイチャする純愛色の強いお話になってます。

「あの…ね 君にはほんとに感謝してるんだ 希美にもよくしてくれるし 今日だって 本当にすっごく楽しかったよ」
香苗は年齢よりもずっと若々しい仕草を見せる可愛い女性。
子持ちの自分を好きになってくれたことを主人公に感謝し、エッチシーンでは彼を喜ばせようと精一杯のご奉仕をします。
体操服やセーラー服を着た時に見せる恥ずかしそうな表情も愛らしいです。

年上モノと聞くと女性側がエッチをリードする展開をイメージする人もいるでしょうが
本作品の場合は二人がほぼ対等な立場で愛し合います。
彼女が責められて喘ぐシーンも多く、その際には小動物のようなエロ可愛い声を漏らします。
ストーリー、人間関係、エッチの展開など色んな部分で彼女の魅力を引き立ててます。

音声開始直後の3パート12分30秒間はエッチに至るまでの様子を描いたドラマパート。
二人が会話しながら彼女の自宅に戻り、そこで寛いでる途中に彼の服のボタンがほつれてるのを見つけ
彼女がそれを直してる最中クローゼットに学生時代の体操着を発見します。

「どうしてもダメ…でなないけど やっぱりその 恥ずかしいし」
ジャージ、短パン、ブルマと後になるほど際どい格好を要求され
その都度恥ずかしがりながらも彼の願いを叶えてあげます。
断りきれないところに彼女の人の良さや彼に対する思いやりの強さを感じました。
自宅とはいえ人妻がこういう格好をするシチュにもそそります。
静かで艶のあるエッチ
エッチシーンは2パート19分間。
プレイは手コキ、乳揉み、手マン、フェラ、キス、SEX(正常位?)です。
手コキ、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「手でしてあげるから 大きな声出しちゃダメだよ?」
初めて見た自分の体操着姿で主人公のおちんちんがすっかり元気になってることに気づいた香苗は
隣の部屋にいる娘にばれないよう手でゆっくりしごき始めます。

エッチはシーンによって攻守を入れ替えながら進めます。
最初のtrack 03は雰囲気作りを意識した比較的ソフトなプレイ(約4分)。
彼女はおちんちん、彼はおっぱいをいじって二人一緒に気持ちよくなります。

「出していいよ いっぱい気持ちよくなって」
突発的なエッチなので開始前は多少戸惑う表情も見せますが
彼女は愛する人を満足させようと積極的にご奉仕します。
「さしゅっ」という滑らかな摩擦音と共に声量を抑えた喘ぎ声が漏れるひと時は静かで艶があり
最中の言葉も思いやりに溢れていて彼女の優しさがプレイによく表れてます。

本作品のエッチは娘のいる自宅ですることから全体的に音が控えめになっており
そのハンデをくちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声のボリュームで補ってます。

会話をせずにエッチな音を複数同時に鳴らすシーンがあるので、通しで1回抜くくらいのエロさは十分持ってます。
娘に気づかれるかもしれないことを意識させてスリルを煽ることはありません。

続くtrack 04はさらに踏み込んだプレイ(約15分)。
手コキで1回射精した後、今度はセーラー服姿になった香苗と手マン、フェラ、SEXをします。

「私のお口に 精子出して?」
「あのね まだ できる? 我慢できなくなっちゃった」

ここでは彼女が自分から色々おねだりするのがいいですね。
母親の自分を一時的に捨て、一人の女性として彼とのエッチを楽しもうとします。
どのプレイも色っぽい吐息や喘ぎ声が漏れるおかげで雰囲気もエロく
SEX中に声が漏れないようにと熱いキスを交わす姿も愛情と思いやりに満ちてます。

彼女の側から中出しをもちかけ、彼がその気持ちに応えるところにも絆の強さを感じました。
キャラを崩さないよう下品に感じないレベルで乱れさせてます。

このように、変わったシチュで静かに愛し合うあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
キャラ萌え要素の強いボイスドラマ
良い意味で年上らしくない女性とのエッチが楽しめる作品です。

香苗は異性として深い愛情を抱いてる主人公を身も心もスッキリさせようと
学生時代に着ていた服を身につけたままご奉仕したり彼の責めを真正面から受け止めます。

二人のキャラやエッチに至る過程も描いたドラマ性のある作り
娘に気づかれないようひっそり取り組むスタイル、その際に鳴る控えめながらも量の多いエッチな音。
ひたすらエロさを追求するのではなく、各要素のバランスを取りながら作品を組み立ててます。

「ねぇ なんか 離れがたくて 一緒に 眠れたらいいのにね」
そして何よりヒロインを務める香苗が可愛いです。
恥ずかしさよりも主人公のリクエストに応えることを優先させる献身的な態度を取りつつ
ところどころで自分の欲望を素直にぶつけて彼に甘えます。
年上だからといって我慢せず、弱いところも曝け出すところに魅力を感じました。
彼も彼女を気持ちよくしようと頑張ってますし、お互いがお互いを大事にする気持ちが自然と伝わってきます。

エッチはコスプレよりもこっそり愛し合うシチュのほうを大事にしてます。
コスプレはエッチを始めるきっかけ作りや彼女の魅力を引き立てる意味合いが強いです。
カウパーの分泌具合で手コキ音が変わったり、SEXでピストンが徐々に速くなるなど効果音の扱いにもこだわってます。
でも個人的に一番の抜きポイントは彼女の息遣いや喘ぎ声だと思います。

射精シーンは3回。
喘ぎ声(吐息含む)それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅かです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 36:47

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
前作を聴いてる人に対してなら8点をつけます。

2017年10月5日まで2割引の480円で販売されてます。

あなたの性癖に柔軟に対応してくれる淫語アンドロイド

サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。
淫語の多さで有名な防鯖潤滑剤さんの姉妹サークルです。

今回紹介する作品は、男性の性欲処理に特化した献身的な女性型アンドロイドが
ご主人様にあたる男性に心のこもった濃厚なご奉仕をします。

淫語のボリュームだけでなく多様性にも力を入れた抜きやすいエッチが行われており
ある時はアンドロイドらしく冷静に、またある時は実の母親のように甘くと態度を大きく切り替えながら
シチュやプレイに応じた淫語や音をたっぷり投げかけて興奮を高めてくれます。

機械相手のエッチにありがちな事務的感や無慈悲さはとても薄いですから
変わった女性からの愛を感じながら気持ちよく抜けるでしょう。
望みをすべて叶えてくれる夢の機械
女性型性処理アンドロイド「ING6600」がエッチにご奉仕するお話。

「ご購入、ありがとうございます。ご主人様」
ING6600は淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
自分を購入してくれた主人公にお礼と機能の説明をすると
彼が設定した情報に合わせたご奉仕で性処理をお手伝いします。

本作品はあらゆる男性の性癖に合ったプレイを提供できる高性能アンドロイドが
80分近くに渡る様々なプレイで彼の欲望をとことん満たします。
M向け作品によく見られる搾精ロボとは違い、彼女は尽くすことを身上としてる優しいキャラです。
だからどのパートも1回の射精に向けて心身両面を丁寧に責めてくれます。

「どうぞ、私のいやらしいおまんこを、オナホ穴にしてくださいませ。トロトロのおまんこオナホで、おちんぽをいやらしくしごかせていただきます」
作品全体を通じて言える特徴は淫語がとにかく多いこと。
おちんぽ、おまんこ、おちんちん、お口まんこなど様々な表現の淫語を至るところで投げかけます。
特定のワードを連呼することはほとんどなく会話の中に意識して多く盛り込む感じです。
くちゅ音やちゅぱ音といった他のエロ要素も充実していて実用性はかなり高いと言えます。

もうひとつの特徴はパートによってING6600の声・口調・態度が大きく変わること。
彼女には「プレイに合わせた口調・性格の変更」という特殊な機能が備わっており
普段のロボっぽいキャラはもちろん、実の母親や新妻など人間味のあるキャラもきちんと対応できます。

サークルさんが意識してそうされたのかはさすがにわかりませんが
パートごとの繋がりにもこだわってるように映りました。
それぞれにまったく違う顔や反応を見せてくれるので最後まで新鮮な気持ちで聴くことができます。
ING6600役をやられてる大山チロルさんもテーマに沿った幅広い演技をされてます。

淫語を初めとする抜き要素がぎっしり詰まった作りとキャラやプレイの多彩さ。
生身の女性には決してできないタイプのサービスが楽しめる至れり尽くせりな作品です。
守備範囲が非常に広いエッチ
エッチシーンは5パート80分30秒間。
プレイはSEX(騎乗位、正常位)、授乳手コキ、フェラ、玉舐め、足コキ、キスです。
SEX、手コキ、足コキの際に効果音が鳴ります。

「まずはお試しということで、私の基本システムのままの性格でお使いになるのですね」
説明の最後で自分の性癖に素直になるよう主人公にお願いしたING6600は
ひとまず性能チェックを兼ねた騎乗位SEXでおちんちんを気持ちよくします。

エッチはどのパートも彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「性格:事務的 プレイ:おま〇こへの挿入」は素の状態で相手をするパート(約16分)。
お互いに服を脱いでから前戯を一切挟まず彼の上に跨って挿入し
最初はゆっくり、後になるほどペースを速めて腰を打ちつけます。

「ご覧ください、ご主人様。おちんぽが、私のおまんこに……トロトロにとろけた、いやらしいおまんこに挿入されていきます」
彼女は男性とのエッチに特化したアンドロイドですから
何もしなくてもおまんこをすぐ濡らせるし、そのまま射精しても後始末の必要はありません。
そんなことを時折説明しながら彼に負担をかけないレベルでリズミカルにしごきます。
作品の特徴である淫語も序盤から多く、やや冷めた口調によるエロさの不足分を上手にカバーしています。

本作品のエッチは基本的に1パートあたり1種類のプレイだけやるので
各15分程度のプレイ時間なのに慌しさがまったくなく、十分なエロのパワーも持ってます。
(ここでの1種類は授乳手コキなど複数のプレイを同時に行う場合も含んでます)

プレイについては「ぐにゅっ ぷちゅっ」いうゴムっぽい摩擦音がゆっくり流れ始め
彼女は特に喘ぎ声を上げることなく淫語をたくさん言ったり、彼の様子を確認してペースを切り替えます。

「はい、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ、ぴゅーっ……」
雰囲気は確かにやや事務的ですが、リードは彼のことを第一に考えた温かいものです。
射精時にぴゅっぴゅのセリフで応援し、事後に「素晴らしいぴゅっぴゅです」と褒めるところにも優しさが見られます。
少なくともM向け作品で行う機械的なエッチとはまるで違うと言い切れます。

彼女が本領を発揮するのはその次から。
「性格:甘々なママ プレイ:授乳手コキ」はママになりきっての授乳手コキ
「性格:献身的な新妻 プレイ:お口ま〇こフェラ」は清楚な印象の若々しい人妻が激しいフェラをします。

「僕ちゃん♪ どうちまちたかー? おまたのところ、もじもじってちてまちゅけど……おちんちん、どうかしちゃったんでちゅかー?」
甘々なママパートの序盤を聴いたら雰囲気の大きな違いに驚くでしょうね。
アンドロイドらしさがなくなり、赤ちゃん言葉を巧みに使って甘やかす完全なママへと変わります。
セリフについても男性器は「おちんちん」、精液は「白いおしっこ」とシチュに合ったものを言ってくれますし
他の幼児プレイ作品と同じく女性に大事にされる幸せな感覚が味わえます。

「可愛いタマタマさーん♪ 頑張れ、頑張れー♪ 美味しいおちんちんミルク、いっぱい作ってくださーい♪」
三番目の献身的な新妻パートもキャラの個性を出しつつたっぷりご奉仕します。
仕事から帰ったばかりで汗ばんでるおちんちんを美味しそうに舐める姿や
清楚な声質とはまるで違うねっとりした激しいちゅぱ音が非常に印象的でした。
フェラと玉舐めの違いも音だけでちゃんと表現されててどちらもエロいです。

ちゅぱ音がメインのプレイは淫語との相性が悪くなるものなのですが
本作品では最も長い20分を用意し、20秒程度固めて舐めてからセリフをしゃべるスタイルを取ってます。
ちゅぱ音→淫語→ちゅぱ音と両方を交互に繰り出す感じです。
売りである淫語の量を維持しつつフェラもきちんと成立させてるところが実に素晴らしいです。

唯一M向けのプレイをするのが「性格:高飛車なお嬢様 プレイ:言葉責め&足コキ」パート(約17分30秒)。
顔やスタイルはいいけどSっ気の強いお嬢様が最初は片足で、少し経つと両足の裏でおちんちんを挟みこんで擦ります。

「アンタのチンポ、勃起してもやっぱり小さいのねぇ♪ とーってもちっちゃい、ウィンナーサイズ♪ なのに、頑張って、ピーンって反り返ろうとしてて……その姿が、涙ぐましいわ♪」
自分の指示であっさり全裸になる彼を嘲笑ったり、勃起しても全然大きくならないおちんちんを貶すなど
女性に見下される、辱められる快感をテーマにした今までとは別タイプのプレイが楽しめます。
といってもあくまでイメージプレイですから、ノーマルな人でも一応聴けるレベルに収まってます。
足コキも序盤は滑らかな摩擦音、中盤以降はカウパー交じりの水音と違いがあってリアルです。

このように、良い意味でアンドロイドらしくない温かくて変化に富んだプレイが繰り広げられてます。
違いを楽しむ作品
作品名通りの柔軟なプレイが魅力の作品です。

ING6600は自分を買ってくれた主人公に幸せで気持ちいいひと時を提供しようと
相手の性癖に合わせて口調や性格を変えられる機能を駆使して誠心誠意ご奉仕します。
全編を通じて質量共にこだわった淫語、そしてパートごとにまるで違うシチュとプレイ。
サークルさんの特徴と彼女の長所をしっかり組み合わせた豪華なエッチが行われています。

「ご主人様……私……幸せ、です……♪」
本作品の面白いところは冷静なアンドロイドに人間性を持たせてることです。
感情の起伏に乏しい通常時とエッチ開始後のギャップが非常に大きく
最中の細かな気配りも相まって個性的なキャラに仕上がってます。

サービス自体もハードに感じるところがほとんどないですし
射精が近づくにつれてエロさが増す流れも抜きやすくて良いです。
またパートごとの内容がまるで違うため聞き比べる楽しさもあります。
私は献身的な新妻パートが一番好きですけど、他のパートを気に入る人も普通にいるでしょうね。

エッチは淫語の扱いや他のエロ要素との絡め具合に光るものを持ってます。
淫語特化の作品を数多く制作してきたサークルさんなだけあって
淫語の種類や表現方法が本当に多彩でプレイとの親和性も高いです。

射精シーンは5回。
淫語大量、くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

心を持たないはずの女性が心を込めて愛してくれる作品です。
おまけはオナニー専用囁き淫語音声です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:37:20(本編…1:32:53 おまけ…4:27)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

【催眠音声】昼下がり団地妻II~彼女なんて忘れさせてあげる~

サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、親切で悪戯好きな団地妻が
隣に引っ越してきた大学生に催眠をかけて自分の言いなりにします。

妖艶な人妻に心を寝取られるちょっぴり背徳的なシチュが魅力で
重厚な催眠を通じて抵抗できない環境を作りつつ、背信行為を犯してることを適度に自覚させて
恋人を裏切り絶頂するどす黒い快感を少しずつ膨らませます。

NTRがテーマといっても描写はかなり抑えられてますから
人妻とのちょっぴりスリリングなエッチを疑似体験してみたい人にもおすすめします。
欲求不満な人妻とするエッチなお遊び
団地妻に催眠をかけられ恥ずかしいオナニーを披露するお話。

「初めまして こんにちは 引越しが終わったんですね お疲れさまです」
団地妻は上品で若々しい声の女性。
大学入学に伴い隣に引っ越してきた主人公の挨拶を受けると
軽い世間話をしながら彼の品定めをします。

本作品は「人妻不倫」「団地妻」といった淫靡なテーマを扱ったシリーズの一作。
高校時代から付き合ってる女性がいる彼の心と体を催眠で裸にし
恋人を裏切る気分を味わわせながら気持ちいい射精へと導きます。

割と退廃的な印象のする内容ですが、実際は後を引かないようマイルドな表現を心がけてます。
作中に彼の恋人が登場することはありませんし、団地妻との絡みも極めてソフトです。
あくまで人妻とのちょっぴり危ないエッチを楽しむあたりに留まってます。

シリーズ団地妻は他にも「昼下がり団地妻II~ハリエンジュの悪女~
【催眠音声】昼下がり団地妻II~隣人は可愛いペットがお好き~」など
色んなサークルさんが共通のシチュで思い思いに製作されてます。
それぞれのお話は完全に独立してますから本作品単体で聴いても大丈夫です。

F・A・Sさんと言えば本編の開始前にリラックス運動をしたり
催眠やエッチの最中に音楽を流して癒しやエッチな気分を与える独特な作風で有名です。
本作品もそれらを違和感なく組み込み、心身をしっかりリラックスさせながら催眠の世界に誘導します。

ここ最近は現代催眠のテクニックを駆使した作品が多かったのですが
今回は古典催眠をメインにしたオーソドックスな催眠をかけてくれます。
スタイルは違っても品質は今まで通り非常に高く、催眠の経験が浅めの人でも不思議な感覚が味わえるでしょう。
丁寧で親しみやすい催眠
催眠は2パート39分ほど。
最初の「リラックス運動」は本編で催眠に入りやすくするための準備として
肩幅くらいに足を開き15分近く腕をぶらぶらさせます。
サークルさんの過去作を聴いたことのある人にとってはお馴染みのシーンですね。

「音によって 心が落ち着いて 腕を揺らすたびに 肩がほぐれて どんどんリラックスしていきます」
運動による筋肉のほぐれに加えて開始直後から流れる水の音や癒し系の音楽も心地よく
団地妻より落ち着いた声の女性が軽い暗示を入れてそれを後押しします。
途中で本編のあらすじを説明してくれますから、少なくとも初回は聴いておくのがいいでしょう。
このパートだけでも心身に相当なリラックスを感じるはずです。

本編が始まるのはその後から。
挨拶した時からしばらく経ったある日、飲み会ですっかり酔った主人公を見つけた団地妻が
彼を介抱しようと自宅へ運び膝枕しながら催眠をかけ始めます。

「…独り暮らしの男の子か 彼女を大切にしてるのね 面白い子 みーつけた」
彼女は表面上は人当たりのいいお姉さんといった印象ですが
旦那が海外出張に出かける事が多く寂しい思いをしてました。
そこへ偶然恋人持ちの若い男がやって来たのを受けて悪戯心が芽生えます。
純粋な性的快感ではなく、未熟な男を弄んで楽しむために誘惑する感じです。

本編の催眠は一旦目を開けて彼女のお話を聴くところから始まり
深呼吸しながら全身を大まかなパーツごとに脱力したり
長めのカウントを数えながら丁寧に暗示を入れたりと、古典系の技術を駆使して着実に催眠状態を深めます。
そしてシーンごとに異なる癒しの音楽を流してさらなるリラックスも与えます。

「ずーんと瞼が重くなる 視界が一気に深い闇に包まれる 顔から力が抜けて 頭がずーんと重くなっていく」
「重くなった体が滑り落ちるように どんどん意識の底に落ちていく エレベーターが下層に下りる時のように ふわっとした感覚と共に 一気に深い場所へと落ちていく」

ここでのポイントは何と言ってもトリガー後に入る追い込み暗示。
ゆったりと語りかける普段とは違い、スピーディーかつ間を極端に短くした暗示を多めに投げかけます。
暗示を入れるタイミングもバッチリで体がずーんと重くなったり意識が遠のく感覚が強めに味わえます。
技術がシンプルだからこそ、サークルさんの技術力の高さがよく表れてます。

オーソドックスな技術にサークルさんならではの要素を絡めた質の高い催眠です。
団地妻の言うことにすんなり従える状態にすることを目的に
リラックス運動から入って軽いやり取りを挟んでからきめ細かな催眠を施します。
そして最後にメインの暗示を入れて彼女の声や言葉に良い印象を抱かせます。

リラックスできる素材がとにかく多くて落ち着いた気分で聴けますし
彼女もこの時点では本性を出さずに彼を癒すことを頑張ります。

瞼を閉じる瞬間、全身を脱力し終えた後、カウントを数えてる最中や直後と
落ちられるシーンも複数用意されていて自分が催眠に入っていく感覚が掴みやすいです。
不倫やNTRに抵抗が無いなら催眠音声初心者でも入りやすいと思います。
後味の悪さを多少感じながら
エッチシーンは30分ほど。
プレイはキス、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「じゃあこれから真っ白で空っぽな君に 新しいもの入れてあげるね」
催眠を使って主人公の心と体を空っぽにした団地妻は
そこに自分への好意や愛情を注ぎ込んで恋人から引き離そうとします。

エッチは彼女が直接相手するのではなくセルフプレイを楽しみます。
前半の14分30秒間は体よりも心への責めを重視したプレイ。
引き続き膝枕したまま数回キスをし、そのたびに彼女の事が好きになる暗示を入ます。

「もう君は 私のことしか考えられない だから 私のことだけ 思い浮かべてしまう」
「これ 背信行為だよね? なのに それが気持ちよくて気持ちよくて 堪らないんだよね?」

十分な深さの催眠に入っていれば彼女の声を心地よく感じると思います。
その状況を活用し女の武器を敢えて使わず催眠の技術で心を引き寄せようとします。
でも完全に快楽堕ちしてしまったら恋人を裏切る背徳感を味わわせることができません。
だからこれがいけないことだと適度に意識させて彼の心を天秤にかけます。

ストレートにエッチしないところが催眠音声らしくていいですね。
実際に聴いてみると気持ちいいんだけど何か引っ掛かるものを感じるはずです。

それに対して後半は肉体面への刺激が加わります。
運動支配の暗示を入れておちんちんを時間いっぱいしごかせ
痴態を彼女に見られながら射精するシチュで心をさらに黒く染め上げます。

「ほら もうどうしようもないから (キーワード)って君の口で言ってみなさい」
ここではとあるキーワードをトリガーに心を盛り上げる変わったプレイが登場します。
心の中で呟くよりも声に出して言ったほうがずっと気持ちよくなれるでしょう。
彼女は確かに様々な誘惑を仕掛けますが、最後の最後は彼自身に裏切る判断を委ねます。
他人からそうさせられるよりも自ら恋人を捨てたほうが強い背徳感が味わえますからね。

オナニー自体はシコシコボイスを言ったりすることはなく
開始と射精の合図を出す以外は途中で出さないことだけ言う緩いタイプです。
15分近くいじれますし、何より精神面のスパイスが充実してますから時間内の射精は十分可能です。
シチュがシチュなだけに「やっちまった」と事後に思うかもしれません。

このように、性的快感と恋人を裏切る快感を組み合わせたテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
ソフトなNTR作品
現実世界では味わいにくいシチュを疑似体験させてくれる作品です。

体よりも心に欲求不満を抱えている人妻が、隣に引っ越してきた大学生を巧みな話術で弄びます。
心配するフリをしてさり気なく近づき催眠を施す前半シーン
催眠の成果を活かして快楽を餌に恋人を自ら裏切らせる後半シーン。
男の扱いをよく心得てる人妻らしいねっとりしたサービスが味わえます。

「ははっ 出てる出てる 屈服しちゃったね 負けちゃったね」
この作品の面白いところは人妻の体を堪能することではなく
主人公に恋人を持たせそれを裏切らせることを目的としてる点です。
所謂「負ける快感」を与えることに力を入れてるので、多少のM性を持ってる人の方が楽しめます。
逆に大人の女性とするドロドロしたエッチに期待して聴くと肩透かしを食らうでしょう。

元々ややM~M向けを得意とされてるサークルさんですし
テーマを壊さない範囲で捻りを加えた結果なのだと思います。

催眠は確実に落とすことを強く意識した手堅いものです。
体が重くなったり手足がピリピリする感覚、特定のタイミングで全身が一気に沈む感覚など
催眠に入りつつある、もしくは入った感じがわかりやすくてエッチとは別の面白さを持ってます。

エッチはセルフにターゲットを絞ったこちらも取り組みやすいものです。
前項で説明したシチュに加えて音楽もテンポを上げて盛り上げてくれます。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

女性に負かされる、堕とされる快感を追求している作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:30:17

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

支配少女X~少女の奴隷に堕ちた勇者の結末~

サークル「支配少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性が家畜と同列に扱われる変わった村を舞台に
勇者が魔法使いの女の子と惨めな結婚生活を送ります。

「女尊男卑」をテーマにした極めてハードなエッチが行われており
彼女ばかりかその妹にも逆らうことを一切許されない環境で
金玉を何度も蹴られたり、アナルにディルドを挿入されたり、街中でパンツを顔に被るなど
男のプライドを完膚なきまでに打ち砕く超ドM向けのプレイが数多く登場します。
世界を救うはずが家畜に
妻のアルハと新婚生活を送るお話。

「ほら 歩きなさい お尻の穴をみんなに見せるように」
アルハは淡々とした口調で話す穏やかな声の女の子。
勇者の調教に成功し故郷の村へ帰ってくると
家族たちが見守る中、四つん這いで首に縄をかけられた彼とバージンロードを歩きます。

本作品は今年2月に発売された
支配少女~新入りのクールな女の子にチ○ポを掴まれて勇者から奴隷に堕ちる話~」の続編。
夫探しのために村を出た彼女が彼のパーティーに参加し
様々な調教を経て従順な奴隷にした後からお話が始まります。

今作からでも一応聴けますが、音声開始の時点から主従関係が既に確立してるため
そうなるまでの経緯を描いた前作を事前に聴いておいたほうが違和感なく楽しめるでしょう。
作品を構成する色んな要素がぶっ飛んでる完全ドM向けの内容です。

「ほらこれ チンポ犬が私の夫である証明」
そう言える最大の要因は極めて強い女尊男卑の概念。
夫になった彼を名前ではなく「チンポ犬」と呼び、対等な関係を一切持とうとせず
物語の最初から最後まで家畜やゴミを見るような態度で接し続けます。


アルハ一人で調教していた前作に対し、本作では妹のマイリや彼女の友達も加わって
お尻を叩いたり金玉を蹴りつけるといった痛みを伴うプレイを積極的に行います。
実際にやられたら失神するレベルの相当にハードなものばかりです。
大部分のプレイに専用の効果音が入ってますから、聴いてると胸が締め付けられたり股間に痛みを感じる人もいるでしょう。

また製品版には「本編MP4」「本編WMV版」というファイルが入ってまして
それを再生するとシーンに応じてプレイの様子を描いたCGが一緒に表示されます。
(体験版の動画ファイルを再生すればどんな感じかわかります)
ニッチなプレイが多いからこそ、彼女たちにどう責められてるかが視覚的にイメージしやすく作られてます。
男の尊厳をズタズタに切り裂くエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる22分30秒間。
プレイは首輪装着、足による金的、尿道口へ木の棒挿入、オナニー、スパンキング、パンツを顔に被る、アナルSEX、エアガンでの射的、ローブに入って体臭を嗅ぐ、精飲、足コキです。
首輪装着、金的、オナニー、スパンキング、アナルSEX、射的、足コキ、射精の際に効果音が鳴ります。

「この村の結婚式では 男は射精して妻に服従を誓うの」
勇者に特製の首輪をはめて夫婦の契りを交わしたアルハは
彼の金玉を何度も激しく蹴り上げて服従の証となる精液を強制的に吐き出させます。

エッチは終始ご主人様にあたる女性たちに責められ続けます。
前半の12分間は夫婦になった直後の二人の様子を描いたシーン。
結婚式から始まってマイリにも服従を誓ったり、四つん這いになり彼女を背中に乗せて買い物に出かけるなど
男性の存在価値を徹底的に貶めるプレイがいくつも登場します。

マイリ「チンポをいじられると服従する それがお前たちチンポだ わかったな?」
彼女たちの村はずっと昔から女尊男卑のルールが適用されているため
彼をこのように扱うことに対して微塵の疑問も罪悪感も抱きません。
むしろ男は女に従い続けるのが当たり前と言わんばかりに容赦なく責め立てます。

普通の人が聴いたら最初の結婚式でやる金的の時点でドン引きするでしょう。
でもドMな人なら「これからどんなことをしてくれるのだろう?」とワクワクするかもしれません。
人を選ぶところがあるのは否定しませんが強烈な個性を持ってるのも事実です。

続く後半はさらにえげつないプレイが続々と襲い掛かります。

アルハ「もっと股間を狙ってあげて 喜ぶから」
友達「それじゃあ 金玉目掛けて うらうらうらうらー」
中でも最初に登場するエアガンを使ったプレイは本当に驚きました。
「シュココココ」という空気交じりの音をリズミカルに鳴らしながら楽しそうに金玉を撃ち続けます。

普通なら悶絶するでしょうが彼はドMな勇者です。
押し寄せる痛みを快感に変換しとうとう精液を放出します。
単に痛めつける、苦しめるのではなく多少は快楽を与えることも見据えてこれらを行ってます。
音はリアルですけど描写は割と抑えられてますから、途中で聴くのが嫌になるほどではないかなと。

このように、鍛え抜かれたドMのみをターゲットにした奇抜なプレイが繰り広げられてます。
とことん見下してくれる作品
女性に見下される、貶される気分が強く味わえる作品です。

アルハは世界を救う使命を帯びた勇者を自分の従順な奴隷へと作り変え
故郷に戻ってからは家畜と同等の扱いをしながら何度も何度も精液を吐き出させます。

テーマの「女尊男卑」をひたすら追求したM性の非常に高いプレイ
そしてそれらを本当に無邪気に、当たり前に行う彼女たちの姿。
現実世界ではまずありえないシチュをハードかつ面白く描いています。

「あんたの汚い精液 結婚しても相変わらず私の靴の裏に無駄撃ちなさい」
彼女たちは男性の大事な部分を文字通りゴミのように扱います。
一番の急所とも言える金玉を壊してもいいくらいに蹴ったり撃ちますし
吐き出された精液も自分では処理せず足蹴にしたり彼に舐めさせます。

前項のプレイ一覧を見ていただければわかるように
男女がする一般的なエッチとは色んなところがかけ離れてます。
ですから女性に冷たくされたい、痛めつけられたいドMな方にのみおすすめします。
それ以外の人が聴いてもおそらく受け付けないと思います。

エッチはセリフに効果音やCGを上手く組み合わせて臨場感を出してます。
特に金的は「ずしっ」というやや重たい衝撃音が股間に響きます。
彼女たちが何をしてるかわからないことはほぼないでしょう。
レビューで紹介できなかった中にも面白いプレイが色々あります。

射精シーンは11回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

キャラ、世界観、プレイなどあらゆる部分が強烈な個性を放ってる作品です。

CV:アルハ…遠藤茉愛さん マイリ…因幡うさもちさん 女友達…黒岡奈々緒さん
総時間 23:47

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

狐娘に優しく授乳手コキされちゃうお話

サークル「夢見屋さん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間の女性と狐の中間あたりの容姿を持つ女の子が
人間の男性と子作りを見据えた甘く激しいエッチをします。

会ったばかりの彼の気を引こうと自分の気持ちをストレートに伝えたり
エッチの最中は普段よりもずっと積極的でいやらしい姿を見せるなど
彼女の特徴を活かした野性味のあるエッチをします。
野性の勘で未来の夫を品定め
狐娘の彩奈や娘の結花と種付けSEXするお話。

「こんにちは ご主人」
彩奈はやや鼻にかかった可愛い声の女の子。
獣人の国からホームステイ先にあたる主人公の家にやって来ると
早速お互いを知るためにお布団へ行こうと呼びかけます。

本作品は少子高齢化に苦しむ近未来の日本を舞台に
彼女が初対面の彼と心を通わせ最終的には夫婦になる様子がエッチに描かれています。
両国の意向で彼女を充てがわれた、つまりお見合いに近いシチュなため
二人が恋人になるまでの過程はすべて飛ばしエッチを通じて親密度を高めていきます。

「お布団に着くまで ずっとスリスリするからね」
心の声「(はぁぁ すごくいい匂い ご主人の匂いはとっても優しくて 落ち着く)」

彩奈は獣の血を引いてるだけあって人間よりもずっとストレートな付き合い方をします。
出会ったばかりの彼を匂いだけで良い人と認識し
それ以降は体を摺り寄せたり愛の言葉を投げかけて自分の気持ちを素直にアピールします。
会話やエッチの合間に心の声が入るおかげで彼女が何を考えてるかがわかりやすいです。

そしてエッチに入ると別の意味での野性味を存分に発揮します。
処女でありながら彼に積極的なご奉仕をしたり、自ら種付けをおねだりするなど
男性が喜びそうなことを数多く行い彼の心を一気に引き寄せます。

「私 ずっとご主人と一緒に暮らしたい なんなら ご主人の子なら いつでも孕みたいかなって」
夫婦になる決心をしたうえで行為に及ぶので重苦しさはほとんどありません。
むしろこういう純朴な女性に精液をたっぷり中出しできるシチュに喜びを感じます。
人間と野生動物の長所を併せ持つエッチですね。

ちなみに、タイトルにもなってる授乳手コキは完全なおまけです。
プレイ時間が約5分と非常に短いのが大きな理由です。
他に幼児プレイを匂わせるシーンはないですし、甘やかし系のエッチを期待して聴くと肩透かしを食らうと思います。
この点だけご注意ください。
愛の強さが伝わってくる激しいエッチ
エッチシーンは6パート34分ほど。
プレイはキス、フェラ、パイズリ、SEX(正常位、立ちバック、バック)、授乳手コキ、彩奈の手マンです。
パイズリ、SEX、授乳、手コキ、手マン、射精の際に効果音が鳴ります。

「ねぇ ご主人 キス、したい」
主人公と体を寄せ合いながらベッドに移動した彩奈は
甘いキスやねっとりしたフェラで彼のおちんちんを元気にします。

エッチは二人がほぼ対等な立場で色んなプレイに取り組みます。
一番最初のトラック1でするのはキスと手コキ(約7分)。
前者は比較的マイルドな、後者は絡みつくような粘性高めのちゅぱ音を鳴らして射精へ導きます。

「私 ご主人の虜になっちゃったかも」
彼女は今回初めてエッチをしますが獣人の国で事前に研修を受けてたこともあり
緊張した様子もなく慣れた手つきでおちんちんをお世話します。
そして彼に自分のことを知ってもらおうと今の気持ちを素直に伝えます。

始まったばかりということでいきなり種付けアピールはせず
まずは心の距離を近づけることを見据えて責めるわけです。
己の欲望よりも彼を喜ばせることを大事にするあたりに彼女の愛の深さを感じます。

種付けSEXが始まるのはトラック3から。
フェラで1回、パイズリで1回射精させてもまだまだ元気なおちんちんを見て
我慢できなくなった彼女がいよいよおまんこで彼の興奮を鎮めようとします。

「ねぇ・・・しちゃおっか? 私の処女 もらってくれる?」
「SEXする前も好きだったのに もっともっと好きになれちゃうんだね えへへ」

挿入前の控えめなおねだりと開始後の激しいピストンとのギャップが実に良いですね。
「ばつん」とやや重みのあるリズミカルな音で肉のぶつかる様子を生々しく表現しています。
セリフが多い関係で喘ぎ声をあまり漏らしてくれないのがやや残念ですが
最中に投げかけられる愛の言葉も相まって雰囲気が本当に温かいです。

唯一違うスタイルでエッチするのは最後のトラック6(約9分)。
二人がSEXに励んだ頃から十数年後、今度はすっかり成長した娘の結花が種付けSEXをおねだりします。

彩奈「さ、パパ まずは結花ちゃんにミルク飲ませてあげて」
結花「やったぁ パパのおちんちんミルク やっと飲めるんだ」
彩奈も彼女の気持ちをよく理解してるのでしょう。
普通なら許されないプレイを反対するどころかむしろ応援する姿勢を見せます。
女性が二人いる状況を活かしてセリフとちゅぱ音を同時に鳴らすシーンもありますし
純粋なエロさにおいては最も充実してるパートと言えます。

このように、獣らしさを適度に持たせたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
野性味のある作品
一途で可愛らしい女性とのエッチをストレートに描いたキャラ重視の作品です。

オスの少ない故国を離れて日本へやって来た彩奈は
唯一の身内にあたる主人公に自分を知ってもらおうと最初から積極的なアプローチをします。
馴れ馴れしさを感じないレベルで親しみを見せる態度や彼の望むことを率先してやる気配り。
人間で言うところの「空気を読む」力を野性の勘で発揮し彼の心をしっかり掴みます。

「ありがとう ご主人 大好きだよ」
そして何より表裏のないキャラに小動物的な可愛さを感じます。
彼女が持つ魅力がプレイの随所に散りばめられていてとても良い気分で聴くことができました。
全パートでエッチをしますがその前後のやり取りにも力を入れてます。

エッチについては肝心の種付けに向けての導線やピストンの激しさが魅力です。
獣娘だからといっていきなり襲うようなことはせずに会話や前戯でお互いを知るところから始め
十分に盛り上がったところで獣らしいハイペースかつパワフルなピストンを繰り返します。
キーとなるプレイだからでしょうが効果音も頑張っていて二人が求め合う様子を上手く表現してます。

最後の父娘相姦だけは人を選ぶ部分を持ってますが
彩奈と結花が獣の血を引いてることを考えれば有りではないかなと。
「子供を孕みたいほどその人のことが好き」というのはすごくわかりやすい愛情表現だと思います。

残念なところは各パートともエッチの時間が短いことと授乳手コキですね。
前者は私が調べた限りではプレイ開始から最大でも9分、最短だと4分で射精を迎えます。

キャラを重視したからこういう作りにしたのかもしれませんが
18禁作品である以上はやはりそれなりの実用性が求められます。
ちゅぱ音や喘ぎ声も少なめですし、この内容では物足りないというのが率直な感想です。
総時間を増やすかパートを絞ってエッチを充実させたほうがいいでしょう。

「ボクちゃん おっぱい大好きだもんね いいこいいこ」
後者についてはサークルさんご自身が作品の看板に定めてるわけですから
聴き手を納得させるレベルの質と量を用意するのが望ましいです。
残念ながら存在感は子作りSEXのほうが圧倒的に大きいです。

射精シーンは全部で7回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

魅力的な獣娘たちが溢れんばかりの愛情を注いでくれる作品です。

CV:七海うとさん
総時間 1:02:56

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

赤ちゃんつくろ♪

サークル「Aボイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくてエッチにとっても積極的な人妻が
自分たちの子供を作るために愛する夫と濃厚なエッチをします。

最終目的の種付けに向けてじっくり準備を進めるスローなエッチが魅力で
キスから始まりお互いの体を愛撫したり、乳首を責め合ったりして心と体を十分に高めてから
最後の最後に繋がり果てる様子をエッチな音をたっぷり交えてお届けします。
夫婦から両親になる大事な儀式
妻と子作りSEXを楽しむお話。

「あ、おかえりー……うんうん、ちゃんと早く帰ってきたねぇ……ふふ、残業とかで遅くなったらどうやって怒ろうかな、なんて考えてたところだよ?」
妻は素朴で穏やかな声のお姉さん。
仕事から帰ってきた主人公を温かく迎えると、前々から約束していた子作りエッチの準備を始めます。

本作品は結婚からしばらく経っても行ってらっしゃいのキスを欠かさないラブラブな夫婦が
次のステップへと進むためにおよそ1時間に渡るガチなエッチをします。
二人が合意のうえでエッチをしばらく控えた後に臨む、つまり性欲が溜まってることもあり
作中ではちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな音声が多めに流れます。

「はぁ、はぁ……あ、んぁぁ……やぁ……あそこ弄ったら……声、我慢出来ない……出来なくなっちゃうよぉ」
激しく貪り合うのではなく少しずつ高みに上り詰めていくスローなエッチをするので
ものすごく下品な音をハイペースで鳴らすシーンはあまりありません。
ですがプレイが進むにつれて彼女の息遣いが徐々に荒くなったり
人妻らしいしっとりした音を鳴らしながら会話するので雰囲気は結構エロいです。

メインのSEXが約9分で射精も1回と割かし淡白なことから
どちらかというと種付けそのものよりもそこに至るまでの過程を楽しむ作品だと思います。
二人の絆の強さを感じる描写が随所に込められていてすごく温かいです。
対等な立場でじっくり愛し合うあまあまなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート58分間。
プレイはキス、体の愛撫、乳揉み、手マン、耳舐め、首舐め、乳首舐め、妻のオナニー、玉舐め、性器の舐め合い、SEX(正常位)です。
エッチな効果音はありません。

「うん、ぎゅってされながらキスするの好き……求められてるんだな、って思えるから……安心する」
食事やお風呂を済ませてあとは寝るだけの状況になった夫婦は
いよいよ子作りSEXへの第一歩として熱いキスを交わします。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
一番最初の「キスとたっぷりの愛撫」は主人公が責めるパート(約18分)。
ソフトなキスから始まりディープキス、パジャマを脱がせてからの愛撫、乳首やおまんこへのソフトな責めなど
後になるほどエロさを増す感じで妻の体をゆっくり堪能します。

「はー、はー……ん、はぁ……撫でられてるだけなのに……こんな、反応しちゃう」
「それくらい……それくらいが、良い……んぁ、あ……気持ち良いよぉ……」

彼だけでなく彼女もこの日を待ち焦がれてたのでしょう。
彼の優しい責めにちょっぴり荒い吐息を漏らしながら気持ち良さそうにします。
プレイ中にその様子よりも彼女の気持ちや反応をしっかり描きながら進めるのがいいですね。
大切な人に大事にされてる様子を通じて夫婦の一体感を表現しています。

プレイ自体はキスによるちゅぱ音が多めなことを除けばかなりソフトです。
SEXをするまではお互いの性感を高めるためにやや焦らして責めることを心がけてます。
そして流れがゆっくりだからこそ彼女の息遣いや反応の変化を楽しみやすくなってます。

続く「今度は私が気持ち良くするね?」は打って変わって彼女が責めるパート(約22分)。
彼のパジャマも脱がせて素肌を寄せ合いながら耳、首、乳首を舐め
オナニーを軽く挟んでから69の体勢で精液がたっぷり詰まった金玉を頬張ります。

「私もそうだったけどさ、男の人って反応が目に見えて判りやすいからそこばっかり弄っちゃって他の場所ってどうなのか判らないんだよね」
彼がややSっ気のあるキャラだからか、彼女はこういうご奉仕をあまりしたことがないそうです。
それを踏まえて愛する夫の感じる場所を探り当てるようにこちらもゆっくり舐め続けます。

耳舐めはキスよりも平べったい音、乳首は唇をすぼめて舐めたり吸い上げる音
金玉は口を半開きにして「ずびびっ じゅぶっ」と頬張り吸い上げる感じの下品な音といったように
メインのエロ要素となるちゅぱ音の鳴らし方にこだわった責めが興奮を誘います。
バイノーラル録音ではありませんが舐める部位によって声の位置が多少変わる演出もされてます。

「はぁ、はぁ……私だって我慢してたし、それに……すっごく期待してるから……お腹の奥、赤ちゃん作るところ……ずっときゅんきゅんして、すぐにでも欲しいの我慢してるんだよ」
「はぁ、はぁ……すごい、におい……それに、固くて、熱くて……火傷しちゃいそう」

個人的に最もツボに入ったのが彼女の反応。
焦らし系の責めを繰り出しつつ、自分自身ももっと激しいエッチがしたそうな仕草を見せます。
またおちんちんと対面したときはうっとりした表情でその形や匂いを確認します。
彼女も自分を求めてることがすごく伝わってくるので存在を身近に感じることができました。

最後の「赤ちゃんつくろ」は名前の通りSEXがメイン(約18分)。
引き続き69でお互いの性器を舐め合い準備が整ったところで正常位SEXへと移ります。

「うん、だから、さ……その……お互い、もうすっごい限界だから……あなたの赤ちゃん……作って欲しいな……」
彼にクリトリスを舐められてとうとう自らおねだりする姿が堪りません。
挿入しただけで絶頂したり、ピストンされてリズミカルな喘ぎ声を漏らすなど
ここもプレイの様子よりは彼女の乱れっぷりに焦点を当ててプレイを進めます。

効果音が鳴らない関係でピストンの具合をイメージしにくいのが少々残念ですが
念願の中出しを果たし、二人が抱き合って余韻に浸るシーンは幸せに溢れてます。
キスしながら絶頂するのでイキ声は控えめでした。

このように、種付けに向けて気持ちをじっくり高めるあまあまなエッチが繰り広げられてます。
深く愛し合える作品
風俗や恋人同士よりも密度の高いエッチをする作品です。

結婚して幸せな日常を送っている夫婦が、より幸せな環境を築くために新しい生命を生み出そうと頑張ります。
性欲が溜まってるにも関わらず敢えてスローペースで愛し合うスタイル
ちゅぱ音や喘ぎ声を意識して多く盛り込みそのハンデを補う作り。
夫婦がする特別なエッチの雰囲気を出しつつ18禁音声としての実用性にも配慮してます。

「ドクドクって……中、いっぱい入ってきて……注がれてるって感じがする……」
私は作品名を見た最初の印象でSEXに力を入れてる作品だと思ってました。
ですが実際は最後に迎える1回の射精に向けてパワーをひたすら蓄積させます。
それでいて意地悪さを感じないのはパートによって攻守を入れ替えたり
彼女自身も我慢してる表情や仕草を適度に見せてくれるからです。

ですからSEX目当てで聴くとおそらく肩透かしを食らいます。
ちゅぱ音や喘ぎ声の量は多いですけど演技は控えめですし、やはり夫婦の営みを楽しむ作品だと思います。
SEX終了直後に終わるため彼女が実際に妊娠したかどうかはわかりません。

絶頂シーンは主人公1回、妻2回。
ちゅぱ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

CV:蘇芳レアさん
総時間 1:05:16

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年5月15日まで4割引の480円で販売されてます。

↑このページのトップヘ