同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:人外

   ● 愛玩人形のキモチ
   ● 桜守
   ● ささやきサキュバス~声を押し殺してのこっそり射精管理編~
   ● アルラウネの芳香催眠
   ● 美しい音色
   ● ぼっちな君にオナサポバイノーラル音声のバレンタインプレゼント
   ● 母性的サキュバスの勇者様幼児退行でちゅまちゅエッチ
   ● ショタっ子大好き敬語系サキュバスのカウントダウン付き筆おろし
   ● トラップガールの誘惑~ダンジョンに潜む甘い罠~
   ● ハニートラップランド~天使の間~


愛玩人形のキモチ

サークル「はーべすと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、以前同じ職場で働いていた女性型人形(ドール)が
偶然再会した男性と生まれて初めてのエッチをします。

彼女の心情を描きながらあまあまラブラブなご奉仕をするのが特徴で
機械から連想される無機質さや無慈悲さはとはまるで違う健気な姿や
男性に抱かれる喜びに目覚め、自分の気持ちに素直になっていく様子が心を温めてくれます。
機械に眠る人の心
人形のみくからエッチなサービスを受けるお話。

「こんばんは。『かわいい女の子とにゃんにゃんデキちゃうデリバリー』の、みくと言います」
みくは甘く可愛い声の女の子。
連絡を受けて前の職場の同僚だった主人公の家にやって来ると
風俗嬢として働くようになった経緯や自分の気持ちを話します。

本作品は人形と呼ばれるアンドロイドが広く普及してる世界を舞台に
以前は書類整理などの雑務を、今は風俗嬢として働いてる彼女が
手コキ、フェラ、SEXといったご奉仕を1時間近くに渡って行います。

彼女は人間とほぼ同じ容姿をしておりある程度の女性機能も持ってますが
生まれてから今まで男性とエッチをした経験が一度もありません。
そのため風俗嬢よりもごく普通の女の子とするようなマイルドなエッチを楽しみます。

本作品が持つ最大の魅力は彼女の「心」に焦点を当ててプレイをすること。
冒頭のトラック01パートでは彼女がこういう仕事をするようになった経緯や
今日の仕事を終えてお店に帰ると廃棄される運命にあることを淡々と語ります。

「わたしは、最後は人形としてではなく、女の子として一度男の方に抱かれてみたくてですね…」
彼女が彼のことをよく覚えてなかったということは本当に職場が一緒だっただけなのでしょう。
最初の時点では風俗嬢の仕事をこなしつつ思い出作りをする感じにサービスを進めます。
しかし人間の女性と同じように扱われ、性的快感を体験するうちにだんだんと本心を露わにします。

設定上は機械ですけど人間にとても近いキャラです。
途中で暴走することもありませんし、純愛系のボイスドラマと同じ感覚で聴けるでしょう。
一部で切なさを感じるシーンもあったりします。
後になるほど温もりが増すエッチ
エッチシーンは5パート52分間。
プレイはフェラ、手コキ、SEX(騎乗位、正常位)、耳舐め、キスです。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「フェラチオ、って言うんですよね? くち、いっぱい使ってあなたのおちんちん、わたしがもっと元気にしてあげます」
主人公の家の風呂場に入り、彼の体を隅々まで綺麗にしたみくは
おちんちんがすっかり勃起してるのを見て嬉しそうに舐め始めます。

エッチはシーンによって責め手を切り替えながら進めます。
最初の2パートはデリヘルらしさを感じるプレイ(約21分30秒間)。
トラック02は風呂場、トラック03は部屋と場所を変えながらフェラと手コキをします。

彼女も風俗店に移ってから色々勉強したのでしょう。
初めてのエッチだからといって気後れせず、むしろ楽しそうな表情で取り組みます。
全体的にペースがやや緩いものの、フェラはじゅるじゅるといやらしい音を立てて丹念に舐めますし
手コキも最高のタイミングで射精できるように多少焦らしたりと上手です。

「…感じてくれてるんですね、ふふっ、わたし嬉しいです」
「んっ……残さないように、おちんちんの……中に残ってる精子さんも……吸って、あげるね…」

そしてプレイの最中に彼女が自分の気持ちを時折漏らします。
聴いた限りだと相手に尽くすのが好きみたいですね。
射精の直後に彼の濃くて温かい精液を愛おしそうに飲む姿が印象的でした。
機械が相手だからといって事務的感は一切なく、ほのぼのした雰囲気が終始漂ってます。

彼女の気持ちが大きく揺れ動くのはその後から。
トラック04で初めてのSEXを体験し、少しのやり取りを経てから追加でもう2回ほど楽しみます。

「これが、男の人のペニス……本物のおちんちん……」
「いっぱい、突いてっ……もっと、いっぱい……突いてください……んっ! んぁっ! あぁぁっ!」

すっかり濡れそぼったおまんこで彼のおちんちんを受け止め
ピストンを繰り返すうちにだんだんと激しく乱れ始める姿が実に初々しいです。
そして彼にひたすらご奉仕する姿勢を取ってた今までとは違い、自分から彼を求めるようになります。
彼女が女性としての快感や喜びに目覚め始めてる様子を態度で上手く表現してます。

SEXシーンだけで30分近くあるのも音声作品では珍しいですね。
騎乗位→正常位→また騎乗位と責め手を入れ替えながら他のプレイも交えてじっくり行います。
当然のように喘ぎ声のボリュームが多めですから実用性もなかなかのものです。

「すごいね……あなたの心臓の音、すごくドキドキしてるの、分かるよ。わたしは……そういうのは無いけど、今は……すごく、嬉しくて、幸せ、かも……」
甘さの面ではシーン前半のトラック04より後半のトラック06と07のほうがずっと上です。
途中に二人の心の距離が一気に近づくシーンがあり
それ以降は風俗嬢とお客ではなく恋人同士に近い関係でエッチを楽しみます。

自分の気持ちに素直になり、乱れる彼女の姿も人間味に溢れていてとても温かいです。
胸のあたりにぽかぽかしたものを感じながら射精できるでしょう。

このように、心のない人形に心が芽生える様子も描いた甘いエッチが繰り広げられてます。
温かみのある人外作品
良い意味で機械っぽさがまったくないキャラ重視の作品です。

色々あって風俗嬢になったものの結局うまくいかず廃棄寸前まで追い込まれた女の子が
昔職場で一緒だった男性と偶然出会い最後の思い出作りをします。
「女の子として男性に抱かれたい」という願いやご奉仕のスタイル、そして合間に漏れる気持ちなど
機械が持つイメージとは随分違う人間らしい要素が数多く込められてます。

「わたし今……すごく、幸せ、です」
中でもエッチのメインとなるSEXシーンの前後で彼女の態度が大きく変わります。
自分の一番大事な部分でおちんちんや精液を受け止める快感、そして男性に強く求められる喜び。
最も人間らしい行為を通じて彼女の中に新たな気持ちが芽生えます。

エッチ自体は男女がするごく普通のものです。
ですが彼女のキャラや境遇、そして心情の推移がわかりやすく描かれており
後になるほど彼女のことを愛おしく感じるようになります。

またエッチを終えた後にも10分程度のドラマパートが用意されてまして
そこでは彼女の本音やその後どうなったのかがありのまま綴られてます。
最後まで聴くと心に温かいものがこみ上げてくるのを感じるのではないでしょうか。
愛玩人形とエッチして終わりではないところも本作品の大きな魅力です。

気になった点を挙げるとするならおっぱいを使ったプレイがないことでしょうか。
付属のテキストでサークルさんが彼女のおっぱいを褒めてるにも関わらず
パイズリ、乳揉み、授乳などは特にありません。

SEXを削るのはさすがにまずいでしょうから前半の手コキあたりに組み込んで欲しかったです。
手コキなら授乳と合わせやすいですしね。
最初のフェラは彼女がエッチ初体験なのを考えると今のままが妥当です。

射精シーンは全部で5回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

心のない存在に敢えて心を与えた純愛系作品です。
女性の心理描写に力を入れた作品が好きな人には特におすすめします。

CV:七海うとさん
総時間 1:28:02(本編…1:25:24 フリートーク…2:38)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

桜守

誰得企画(仮)さんで公開されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きな桜の木を代々守り続けてる家系の末裔が
そこを訪れた男性と一緒に最後のお花見を楽しみます。

桜の木や彼女の境遇などを話し、物語の世界に引きこんでから催眠をかけ始める展開や
人間が持つ五感を刺激し桜のイメージを膨らませていく誘導など
テーマの「お花見」をリアルに感じてもらうことを第一に考え、それぞれを丁寧に進めます。

音声を聴く際に以下のアイテムを用意するとより楽しめます(無しでも可)。
桜茶、桜の求肥餅
枯れた木に再び花を
桜守の末裔「佐倉さくら」とお花見するお話。

「あなたは…だぁれ? もしかして…お花見に来たの?」
さくらは明るくて穏やかな声の女の子。
とある桜の木を見にやって来た主人公を歓迎すると
案内しながらその木や自分のことを語り始めます。

本作品は日本における春の定番イベント「お花見」をテーマに
彼女がお話をしてから催眠をかけ、最後にほんの少しエッチなサービスをします。
主人公がここに来たそもそもの目的がお花見にあるため、エロよりも癒しをずっと重視した内容です。

ストーリーを簡単に説明しますと、彼女の家は昔からこの桜をずっと管理し続けてきました。
以前は名所として本当に多くの人々が訪れたそうですが
彼女のおじいちゃんが木の手入れをできなくなったのをきっかけに昨年枯れてしまいます。

そして花が咲かなくなった木で最後のお花見をしようとしたところへ偶然彼が現れ
申し訳なく思った彼女が催眠を使って擬似的なお花見を体験させてあげます。

「私の家はね、代々、ここの桜の桜守をしてたの」
音声開始から最初の13分間はそういった背景を彼女がのんびり語ります。
ストーリー性を重視してるのが催眠音声ではやや珍しいですね。
主人公とできるだけ同じ視点でお花見する、つまり没入感を与えることに力を入れてます。

このシーンは最中に催眠暗示っぽいセリフを若干言うものの
ごく普通の会話に近いので催眠音声っぽさはほとんどありません。
催眠をいきなりかけるのではなく、そこに至るまでの過程も語って物語の世界に引きこみます。

事前にふたつのアイテムを用意するのもお花見をよりリアルにするための工夫です。
世界観や彼女のキャラがしっかりしていてボイスドラマを聴いてるような気分が味わえます。

ちなみに本作品には「おわかれエンド」と「ずっと一緒エンド」があり
前者はお花見を楽しんだ後にそのまま解除、後者は追加でエッチなサービスが入ります。
ネタバレになるので詳しい理由は伏せますが、ずっと一緒エンドの方がより強い癒しが得られると思います。
多くの感覚に働きかける丁寧な催眠
催眠はおよそ30分間。
さくらが催眠をかけることを遠まわしに告げた後に横になり
まずは軽い深呼吸と脱力をして心身を適度にリラックスさせます。

「右腕に、意識を集中。肩から、肘、手の先へ… いらない力が、疲労が…流れでていく」
「心が楽になると…頭も、なんだかぼーんやりしてくる。まるで、空に浮かぶ雲みたい」

有料を中心に数多くの作品を手がけられてるサークルさんなだけあって
深呼吸も脱力もリードが巧みで聴けば聴くほどだらんとした感覚が強くなります。
催眠が始まるとさくらの声がぼんやりし、話すペースも一気に緩くなるのがいいですね。
事前にドラマシーンを挟んでるのも相まって自然に脱力できます。

「ひらひら…ひらひら。 花びらが、舞い落ちるように… ゆっくり…ゆっくり」
また続く深化シーンでは桜の花びらが舞い落ちるイメージに暗示を込めて意識の力を弱めます。
誰でもイメージできるものですし、体全体が少しずつ下りていく感覚が味わえるでしょう。
古典系の技術をテーマに沿って本当に上手く行使しています。

催眠の世界に到着した後はいよいよ本題のお花見が始まります。
ここでは人間が持つ五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)のすべてに働きかけて
桜の木の様子やそこに自分がいる感覚をリアルに体験させます。


「爽やかな風に吹かれた桜吹雪は、とってもいい香りを運んでくる。ふんわりとした、いい匂い」
「舌は、結構、敏感な部分。桜の与える官能が… 舌を通じて、広がっていく」

催眠音声ですと視覚と聴覚はよく使われるのですが、味覚へのアプローチは非常に珍しいです。
お茶やお菓子を事前に食べてれば容易にイメージできるでしょうし
そうでない人もほのかに良い香りがするとか、口の中が甘く感じるかもしれません。

作品の世界にいる気分に浸らせながら体全体でお花見を感じさせる。
テーマ性があり技術的にも優れたものを持ってる高品質な催眠です。
唇を通じて身も心もひとつに
エッチシーンは11分ほど。
プレイはキスのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「ちょっとだけ、待って。顔…真っ赤になっちゃって… 恥ずかしいから…」
催眠を使って主人公に以前の元気な桜の木を見てもらったさくらは
とある秘密を打ち明けてから自分とキスして欲しいとお願いします。

エッチは彼女と数回キスするだけの極めてシンプルなものです。
彼女となぜキスをするのか、その結果二人がどうなるかは聴いてのお楽しみとさせてください。

音声作品におけるキスと言うとちゅぱ音を鳴らすのがメジャーですが
本作品の場合はちゅぱ音の割合を低めにし
その代わりキスの感覚や彼女とひとつになる幸福感を与えることに力を入れてます。

「あ、ほら…あなたの、心に…ゆっくり、根を、おろしてくよ。なんだか…優しい気持ちに、なるね」
そして彼女は二人の心がひとつになる様子を植物の成長に例え
その中に感覚支配の暗示を交えて心を温めようとします。
絶頂をほのめかすシーンもありますが、カウントを数えたり追い込むセリフを言うことはありません。
射精やドライではなく幸せイキに近い感覚と思ってください。
艶やかな作品
物語の世界に没頭させて癒しや幸せを与える臨場感の高い作品です。

桜守として長い間一本の木を管理し続けてきた家の女性が
その役目を終える節目に見知らぬ男性と最後のお花見を楽しみます。

作中で二人が食べるお茶菓子を聴き手自身も味わう流れや
催眠をかける前に彼女や桜の木に関することを詳しく話すドラマシーンなど
一般的な催眠音声以上に聴き手と主人公を重ね合わせる要素が盛り込まれてます。

「これから先… 辛いことや、悲しいことがあっても… この桜が…私が、一緒だからね」
そして物語を通じて彼女がすぐ近くに、あるいは自分の心の中にいるのを感じさせて癒しを与えます。
集中力やイメージ力を高められるようにリードしてくれますし
聴いてる最中はそれこそ時間が経つのを忘れるほど音声に熱中できるのではないでしょうか。
一部のシーンでちょっぴりしんみりする人もいるでしょうね。

本題となるお花見とそれに至る道筋がとにかく優れてます。
主人公が見ている木がどんなものか、周りがどんな景色か、花びらからどんな匂いが漂ってるのか。
健常な人間なら誰でも持ってる感覚に上手く働きかけてイメージをより鮮明にします。
事前の導入や深化も実力のあるサークルさんらしい冴えがあって入りやすいです。

ルートによってエッチシーンの有無が選択できたりプレイ自体がソフトだったりと
催眠が充実してる一方でエッチはおまけに近い位置づけです。
ですから性欲の発散ではなく気持ちを落ち着けたい、リフレッシュさせたい時に聴いてみてください。
私もドライは迎えられませんでしたが消化不良な感じは特にしてません。

絶頂シーンは最後に1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

春の匂いが漂う癒しに満ちた作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:胡桃れみさん
総時間 1:13:30(共通パート…46:42 おわかれエンド…3:28 ずっと一緒エンド…23:20)

誰得企画(仮)
http://ameblo.jp/mr-nomikko/entry-10987421827.html

ささやきサキュバス~声を押し殺してのこっそり射精管理編~

サークル「ristorante」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品な声とちょっぴり変わった性癖を持つサキュバスが
人通りの多い場所の近くで男の子とひっそりエッチし精液を搾り取ります。

タイトルにもなっている「ささやき」を前面に押し出した静かでハードなエッチが行われており
プレイ開始から射精終了までほぼずっと囁き声で語りかけながら
サキュバスらしいハイペースかつパワフルな効果音をたっぷり鳴らして性的興奮を煽ります。

すべてのシーンに連続射精用の追加パートが用意されてるのもポイント。
聴き手の性欲を存分に満たそうと最後の一滴まで搾り取ります。
気配を殺してこっそり搾精
街中や自宅でサキュバスからエッチな責めを受けるお話。

「うふふっ こんにちは ご機嫌いかが?」
サキュバスは明るくて上品な声のお姉さん。
街中にいた主人公の目の前に突然現れ挨拶すると
人気のないところに連れ込みズボンとパンツを脱がせます。

本作品は人混みの中で一際強い精力を漂わせる彼を気に入った彼女が
手コキ、耳舐め手コキ、SEXをおよそ1時間に渡って行い何度も射精させます。
相手がサキュバスということで総時間のほとんどをエッチシーンに回し
どのプレイも2回の射精シーンを用意する抜き重視の作りです。

「なんでこんな人通りの多い場所の陰でするのかって? 簡単な話よ そのほうが興奮するタイプなの 私」
作品独自の要素はできるだけ声を出さないようにエッチしてること。
青姦好きな彼女の性癖を踏まえて手コキと耳舐め手コキは野外で
SEXだけは深夜の自宅で家族にばれないようこっそり行います。
そしてプレイの雰囲気を出すために彼女はほぼ全編囁き声で語りかけます。

エッチの開始前や終了時以外はずっと囁き声ですから、囁き好きな人ほど楽しめるでしょう。
バイノーラル録音なだけあって声にそれなりの臨場感があります。
途中で誰かがやって来ることは特になく、野外でのエッチは囁き声を正当化する材料あたりの弱い位置づけです。

もうひとつの特徴はどのプレイにも連続射精パートが用意されてること。
1回の射精では物足りない人向けに6分程度の短い音声がそれぞれ用意されてます。

私はてっきり同じプレイに繋げて聴くものだと思ってたのですが
付属のテキストによるとそういった縛りはなく、手コキ→SEX(連続射精用)みたいな使い方もOKだそうです。
同一のプレイは長さが違うだけで流れはほぼ一緒ですから
飽きを防ぐためにも別のプレイと組み合わせたほうが抜きやすいと思います。
声と音に大きなギャップを持たせたエッチ
エッチシーンは6パート57分間。
プレイは手コキ、耳舐め、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「それじゃあ ちゃんと大人しくいい子にしてるのよ?」
主人公の立派なおちんちんを見て俄然やる気になったサキュバスは
声を出さないよう彼に言い含めてから後ろに抱きつきしごき始めます。

エッチはどのパートも彼女が責めてくれます。
一番最初の「こっそり囁き手コキ」パートでするのはもちろん手コキ(約11分)。
耳元至近距離から色んなことを話しながら後になるほど速く激しく責めます。

「激しすぎるって? 私的にはまだまだ普通なんだけどな これ」
彼女はサキュバスの中でも落ち着いた性格をしてるので淫語の連呼や言葉責めは特にしません。
その代わりに序盤からハイペースかつパワフルな手コキをします。
彼女自身はこんなことを言ってますが、聴いた感じだと開始時点で標準よりやや速いくらいのスピードです。

穏やかな囁き声と下品な効果音。
両者にできるだけ大きなギャップを持たせることで、作品のコンセプトとサキュバスらしさを両立させてます。

「来て 私の手にあなたの精液 いっぱい出して」
彼女のサキュバスらしさを引き立ててるもうひとつの要素は射精シーン。
彼が射精を開始し、精液を一通り出し終えた直後に追加の刺激を与えて最後まで搾り取ります。
音声作品では射精が始まると効果音が止まったりペースが一気に緩くなることが多いのですが
本作品の場合は射精直前と同じくらいの力強い音を鳴らします。

最も激しいプレイをするのは最後の「こっそり深夜の夜這いセックス」パート(約17分)。
2回のエッチで彼の精液や性欲の強さにすっかり惚れこんだ彼女が我慢できずに夜這いをかけ
キスやフェラを挟んでからの中出しSEXでストレートに搾精します。

「好きにしていいのよ その代わり あなたは私だけのものだから 好きにしちゃうけど」
ここでは以前に比べて彼女に親しみといいますか、精液を奪う道具以外の感情が芽生え始めてるのが伺えます。
事前にキスをしたり、挿入をゆっくり行うのも彼にエッチを楽しんでもらいたい気持ちの現れです。
ですがSEX自体は彼女も囁きながら喘ぐくらいにかなり激しく濃厚です。
優しくてエロい彼女の性格を強く反映させたプレイだなと。

連続射精パートについては前項でも軽く触れたように
プレイの流れはメインのパートとほぼ同じなので説明を省略します。

このように、囁き声と効果音で個性とエロさを出した甘くハードなエッチが繰り広げられてます。
静かで激しい作品
大ボリュームの囁き声が魅力の作品です。

サキュバスは自分を受け入れてくれた主人公に気持ちいい射精を味わわせるため
そして自分の糧となる精液をより多く搾り取るために手やおまんこで激しく責め立てます。
必要最低限の会話を終えるとすぐさまエッチを開始する抜き重視の展開や
最中に鳴る速く力強い効果音の数々に彼女のそんな思いが強く込められています。

しかし体への責めがこれだけ激しいのに雰囲気は至って穏やかです。
それは彼女がエッチの開始から終了まで常に囁き声で語りかけてくるからです。
こちらを見下すどころかもてなそうとする優しい声と言葉、そして耳に伝わってくる微かな風圧。
激しさと穏やかさを上手に絡めることで作品独自の雰囲気を生み出しています。

「最高に気持ちよくイかせて あ・げ・る」
彼女がやってることは明らかに搾精です。
時間に対する射精回数が比較的多く責めっぷりも容赦がありません。
さらに射精直後の敏感なおちんちんから残り汁を搾り取ろうとします。
でも彼女の優しい声や態度のおかげでなんとなく許せてしまう気持ちになります。
最終的に主人公が死んだりしませんし、個人的にはノーマル~ややM向けの作品と見ています。

気になった点は効果音の扱いです。
声を抑えてる一方でどのパートも効果音の音量がかなり大きく
他人にばれないようひっそりエッチするコンセプトとのズレを感じます。

せめてある程度しごいたら少し休みを挟む作りならそれらしさも出たのでしょうが
最中はペースや強さが多少変化するだけで基本的にはループ音です。

「おちんぽ触ってないのに もうビンビンに勃起してる」
またSEXパートの序盤で彼女がこんなセリフを言うのにバックで手コキ音が流れ続けるシーンがあります。
ゆっくり腰を下ろして挿入する時もその前後と音にこれといった変化がありません。
彼女のセリフと音の親和性が増せばもっとリアルなエッチになったと思います。

射精シーンは全部で7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

控えめな声で激しく責める一風変わったサキュバス作品です。
囁き声が好きな人には特におすすめします。
おまけは耳舐めパートと耳触手責めパートです。

CV:君野りるるさん
総時間 1:24:23(本編…1:07:57 おまけ…16:26)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

アルラウネの芳香催眠

サークル「RubCraft」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、アマゾンの奥地に咲く不老長寿の花を探しに行った研究員が
そこで不思議な女性と出会い、エッチな体験をする様子をリアルに語ります。

彼が独白形式で催眠を施したりエッチを実況する変わったスタイルが採られており
術者に語りかけられる時よりもセリフを自分のこととして受け入れやすく
結果的に物語への没入感や催眠特有の感覚も味わいやすくなってます。

音声を聴く際にアロマオイルや香水を用意しておくとより楽しめます(なくでもOK)。
甘い香りに誘われて
アルラウネに誘惑されるお話。

「あなたは 催眠術をどんなものだと思ってますか?」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意点や準備物の説明をすると
催眠音声を初めて聴く人たちに向けた催眠に関するお話を始めます。

本作品はとある製薬会社に務める研究員の体験をできるだけリアルに味わってもらうことを目的に
彼女が催眠に入りやすくなるためのリラックスを担当し
その後から始まる本編は主人公が独白するスタイルで物語を進めます。

パートナーにあたる女性に催眠をかけられる一般的な催眠音声とは違い
本作品は主人公が体験談を語りながら自身に催眠を施します。
すべてのセリフが聴き手視点で語られてるおかげで物語の世界に自然と入っていけるでしょう。
ちなみに主人公はややトーンの低い整った女性の声で語ります。

主人公「漂う香りが強くなるたびに 深い森の奥へ進むたびに 頭の奥の方が痺れる感覚がしてくる」
もうひとつの特徴はタイトルにもなっている芳香を活用してること。
主人公がアルラウネの甘い香りに誘われ、最終的にはエッチに絡め取られてしまうまでの様子を
匂いを絡めた暗示を使ってリアルに表現しています。

サークルさんがアロマオイルや香水の準備を推奨してるのは
実際に香りを漂わせたほうがイメージしやすいし楽しめるからです。
私も実際にやってみたところ有りの方が集中しやすく感じました。
イメージの膨らませ方が上手なので、無しでもほのかな甘い匂いを感じる人はいると思います。
ゆっくり、じっくり進める丁寧な催眠
催眠は4パート62分間。
最初の3パート28分30秒間は本編を万全の状態で聴ける環境づくりに向けて
催眠に関する小話、リラックス運動、全身の脱力を順に行います。

「実は催眠は 覚めると言うよりは 集中が途切れると言ったほうが正しいかもしれません」
小話は催眠をまったく知らない人が抱きがちな疑念を払拭し
ごくごく身近な感覚であることを具体例を交えて説明します(約3分)。
催眠や催眠音声をある程度理解してる人なら聴き飛ばしても問題ない内容です。
アダルトゲームで活躍されてる五行なずなさんの澄んだお声に癒しを感じました。

「さぁ これから 頭を落ち着ける音を流します」
続く「リラックス運動」は立ち上がって肩幅くらいに足を開き
開始の合図が出たら両腕を好きにブラブラさせます(約16分30秒)。
サークルさんの過去作や姉妹サークル「F・A・S」さんでも出てくるお馴染みのシーンですね。
ここからは雰囲気に合った癒し系の音楽が流れ始めて作品への没入感を高めてくれます。

最中に本編の内容説明や軽い暗示を入れてくれるので
催眠慣れしてる人でも一回目は聴いたほうがいいです。
今みたいな寒い時期ですと肩を中心に体がぽかぽかして心地よさも感じます。

「両足の爪先から 力が抜ける 爪先から力が抜ける すーっと力が抜けていく」
三番目の「事前誘導」は被暗示性の低い人を対象にした追加のリラックス(約9分)。
足先から膝、太もも、腰、腕、首、顔にかけてパーツごとに細かく脱力します。
意識する場所を指示して「力が抜ける」「重くなる」といった暗示を入れる極めてシンプルなもので
お姉さんの声や音楽の効果も相まって実感できるレベルの脱力感が得られます。

ここまでは本編とほとんど絡めず心身を解きほぐすことだけに力を入れてます。
初心者や被暗示性に自信のない人は通しで、そうでもない人はある程度端折って聴くといいでしょう。
聴き手の使い勝手に配慮した作りも本作品の魅力と言えます。

後半の33分30秒間はいよいよ本編へと移ります。
話し手がお姉さんから主人公へとバトンタッチし、彼が今置かれてる状況や味わってる感覚をリアルに語ります。

「深い霧が立ち込めてるせいか 森の中はかなり暗かった」
「まるで 森の奥へと吸い込まれるように どんどん 深い深い場所まで連れていかれる」

内容がアマゾンのジャングル探索ということで木々の多さを感じさせる描写が非常に多く
その中に「深い」を意識的に多く盛り込み催眠状態をさらに深めようとします。

このシーンの前半はイメージに暗示を潜り込ませる感じで
後半はストレートにと暗示の入れ方を切り替えてくるのが面白いですね。
催眠っぽさが適度にぼかされてるのでセリフに違和感がなく、主観視点も主人公の感覚をダイレクトに伝えます。
事前の3パートを通しで聴いてるなら割と早い段階に意識のぼやけを感じるでしょう。

「心を溶かすあの香りが またあたりに充満してる 同時に ふっと意識が遠くなっていく」
物語のキーとなる香りも催眠を大いに助けます。
霧のせいで仲間とはぐれ、出口へ引き返そうとする彼が途中でアルラウネに出会い
魅力的な匂いに誘われてついていく様子を深化に上手く繋げてます。

自分で選んだ香水の匂いなら嫌な気分がすることはあり得ませんし
それを嗅ぐことで催眠に入っていく心地よさや恍惚感がより強くなると思います。
終盤には催眠が一気に深まるトリガーを用意するなど
より多くの人が催眠の感覚を楽しめるように順を追って丁寧に進めます。

十分すぎるほどリラックスさせてからストーリーに従い深化させるテーマに沿った催眠です。
聴き手を主人公になりきらせ、アルラウネの住処へ案内することを目的に
前半は催眠を受け入れる心構え、体を動かす運動、部分ごとの脱力と心身の弛緩を集中して行い
後半は物語の世界を描きながら催眠状態が自然に深まるアプローチをします。

これまで数多くの作品を制作されてる作者さんなだけあって全体的にレベルが高く
特に催眠初心者や被暗示性が低い人への配慮がしっかりしていて聴きやすいです。
音楽や香水の匂いといった催眠以外の癒し要素もありますし、多くの人が脱力感や心地よさを感じるでしょう。
そして終盤のとあるシーンでは軽い驚きと共にストンと落ちる感覚が味わえます。

これだけ色んな要素を詰め込んでるのに統一感があるのも素晴らしいです。
まとめると、初心者から熟練者まで誰でも楽しめるハイレベルな催眠です。
身も心もすべて溶かされていく快感
エッチシーンは18分ほど。
プレイはツタによる乳首/おちんちん責め、琥珀色の液体に浸かるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「全身にしゅるしゅると巻きついて その甘い泥のような粘液を塗りつけてくる ぶわっと 頭の中を快感が駆け巡る」
アルラウネに誘われて開けた場所に到着した主人公は
全裸になった彼女に近づこうと甘い香りを放つ琥珀色の液体へ足を踏み入れます。
そして同時に周りに生えていたツタが体を優しく包み込みます。

エッチは彼女の女性部分との物理的な接触は一切せずにツタと液体で気持ちよくなります。
序盤から中盤にかけての14分間はドライに向けて気持ちを高めるシーン。
ツタに性感帯を責められてる様子や甘い匂いに暗示を絡めてイメージをさらに膨らませます。

「(右)舌が痺れるような (左)頭が蕩けるような (右)とても妖艶な香りの (左)とても甘美な味の (右)琥珀色の液体 (左)あの香りのもと」
催眠に比べると時間がかなり短いことを踏まえて
ここからは双子催眠のように左右から交互に語りかけてくるシーンが一気に増えます。
以前よりもセリフの間が短い=暗示の量が多いおかげで、股間を中心にムズムズした熱が強くなるのを感じました。
また液体に浸かってる気分が感覚的に味わえるようにバックで泡の弾ける音も流れ始めます。

終盤の絶頂シーンはある程度の時間を取って断続的にイかせる連続絶頂スタイル。
主観視点なのでカウントを数えたりはせずに言葉で絶頂を促します。
流れは良いのですが、ツタが責めてアルラウネ本体はそれを見つめるだけだったり
彼の声が艶かしさを感じるタイプではないことからイかせるにはややパワー不足に思えます。

聴いた感じでは雰囲気がやや淡白かなぁと。
純粋なエロさがもう少しあればまた違ったのかもしれません。

このように、アルラウネらしさを持たせた比較的マイルドなエッチが繰り広げられてます。
ストーリー性のある作品
主人公になりきって催眠とエッチを楽しめる親しみやすい作品です。

新種の花を求めてアマゾンへと赴いた研究員が匂いに誘われてジャングルをひたすら歩き
神秘的な場所で不思議な体験をする様子に催眠の技術を巧みに絡めて進めます。
本編は100%主人公視点なため感覚や体験を同じ感覚で楽しみやすく
特に催眠は進め方や暗示の入れ方が丁寧で聴いてればあっさり入れます。

「奥へ 奥へと下りていくたび 香りが充満して 頭に深い霧が立ち込める 思考が真っ白に染め上げられていく」
そして物語の多くでアルラウネが漂わせる甘い匂いをトリガーに
意識の薄れ、幸福感、性的快感を伝えてよりリアルな感覚を味わわせます。
催眠音声で香りをテーマにした作品は数が少なく、私も実際に匂った経験はほとんどありません。
ですから本作品のように最初から香りを用意するほうがやりやすいです。

どちらかと言えばエッチよりも催眠のほうがずっと充実してます。
そもそもの時間が圧倒的に長く、誰でも聴けることを目指した素晴らしい内容です。
催眠音声を聴き始めたばかりの人や聴いてるけど入った感じがしない人には特におすすめします。
自己暗示型は確かに特殊ですが、誰かにかけてもらうよりも受け入れやすく感じるんじゃないかなと。

エッチは人間とするものとは随分違う仮想的なプレイです。
私が少し前に同じ作者さんの「イジゲントリップ催眠」を聴いてるのもあるのでしょうけど
もうひとつくらい刺激となる要素があったほうがドライを迎えやすくなると思います。

絶頂シーンは4回程度(連続絶頂なので厳密な回数は測定不能)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

聴いてるだけで自然と引きこまれていく催眠重視の作品です。

CV:五行なずなさん
総時間 1:41:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
販売サイトのジャンルに「丸呑み」が入ってますがグロい表現は特にありません。

美しい音色

サークル「骨格ゼロ動物」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、姫巫女として怪物と日夜戦い続ける気高い女の子が
醜悪な触手たちに容赦のない責めを受け続けて心と体を汚されます。

ディープキスしながら唾液を飲ませる、口の中に射精し精液でうがいをさせるなど
女性の口を犯すことに特化したS向けのプレイが繰り広げられてます。
心の闇と戦う巫女
退魔機関「月兎」の「巫女組」筆頭「四条 真由子(しじょう まゆこ)」が触手に犯されるお話。

「夜のキョートシティ いつの世にも悪は耐えない」
真由子は凛々しくて透き通った声の女の子。
自分が日々戦ってる「悪性ファンタジー」と呼ばれる存在に関する説明をすると
今日の仕事を終えてホッとしてる隙を突かれ、下半身を絡め取られてしまいます。

本作品は今よりも未来の日本を舞台に、巫女として純潔を守り続けてきた彼女が
悪臭を放つ触手たちに体を拘束され思う存分汚される様子が描かれています。
独特な世界観を持ってはいますがそういった部分を語るのは最初のパートくらいで
総時間の8割以上がエッチシーンという抜き重視の作りです。

「い…いやっ 唇に触手が あっ ぐっと 触手の舌が 唇の中にっ」
この作品が持つ最大の特徴は彼女の口だけを徹底的に責め続けること。
ディープキスから始まり唾液交換、口内射精&精飲、恥垢を舐め取りながらするフェラなど
女性の象徴とも言えるおっぱいやおまんこには一切目もくれずに責め続けます。

触手プレイと言えば複数箇所を同時に責めるケースが多いだけに
ここまでターゲットを絞り込んでるのはむしろ新鮮に思えます。
当然のように彼女がちゅぱ音を鳴らすシーンが非常に多いです。

「んっ むぐっ んんんんっ!」
ちなみに本作品のちゅぱ音はイラマチオっぽいプレイをする時間が長い関係で
ちゅぱちゅぱと舐めるのではなく、やや苦しそうな声を漏らしながら篭った音を不規則に鳴らします。
陵辱色の強い内容なのでノーマルやMな方には不向きでしょうが
女性を無理矢理犯す、あるいは自分の体液で汚すことに快感を覚える人ならきっとゾクゾクします。

私もここまでS向けな作品は久々に聴きました。
エッチの展開も彼女にとって相当に過酷なものですし、人を選ぶ部分はあるけど強烈な個性を放ってます。

また製品版にはモノローグ有り/無しの2パターンが入っており
有りの場合は口を塞がれてる最中も彼女の心の声が流れ続けます。
ちゅぱ音だけを楽しみたい方は無しを、彼女が心を折られていく過程も聴きたい方は有りを選ぶといいでしょう。
処女の口を汚し尽くすハードなエッチ
本編のエッチシーンは6パート81分30秒ほど。
プレイはディープキス、唾液を飲ませる、強制精飲、睡姦、フェラです。
エッチな効果音はありません。

「離せっ 離せっ! こんな汚い触手に 顔を汚されるなんて耐えられない」
悪性ファンタジーに力を吸い取られ彼らの巣に連れて行かれた真由子は
顔に近づいてくる触手を必死に拒絶したものの、とうとう口への侵入を許してしまいます。

エッチは身動きの取れない彼女を触手が徹底的に犯し続けます。
一番最初の「強制ディープキス」でするのはもちろんキス(約19分30秒)。
抵抗を試みる彼女を面白そうに眺めながら口の中を蹂躙し、彼女が窒息しそうになるほどの唾液を送り込みます。

「気持ち悪…すぎる なんとか なんとかしないと…あぐっ」
彼女は巫女としての責務を果たすためにこれまでエッチはおろか男性との交際すらしたことがありません。
だから最初のうちは触手が何を狙ってこうしてるのかがわからず戸惑います。
しかしプレイ開始からしばらく経つと相手の真意に気づき、ファーストキスを奪われまいともがき続けます。

エッチするのが敵同士ということで彼女が嫌がったり悲痛な声を漏らすシーンが適度に入ります。
中出しされて触手の子を孕むみたいな凄惨な描写はないものの、ノーマルな方が聴くと心が痛むかもしれません。
触手は綺麗な彼女のすべてを黒く塗りつぶそうと己の体や体液でとことん汚します。

その手始めとなるのが続く「終わらないディープキス」パート(約11分30秒)。
唾液をなかなか飲んでくれないことに苛立った悪性ファンタジーが
今度は彼女の口の中に精液を発射し、そのまま飲み込ませようとします。

「まっ、まさか まさか精液? 口の中に出すつもりなの?」
「気持ち悪いっ 私…汚されちゃった」

相手の予兆を見て射精が来るとわかり怯える様子や
窒息に耐え切れず精液を飲んでしまい絶望する様子にはゾクゾクするものを感じます。
彼女は心のとても強い女性で最後の最後まで希望を捨てません。
その気丈な態度と成す術もなく蹂躙されるプレイのギャップが悲壮感を一層強めてます。

真由子にとって最も屈辱的なプレイは終盤の「包茎触手に強制フェラチオ」パート(約19分)。
捕まった日から数日後、色んな責めを加えてもなかなか屈しないのを見て
悪性ファンタジーは彼女の仲間を捕らえて人質にし、自分の意思でフェラをするよう脅迫します。

「どれだけ汚されても 奉仕させられても 心だけは 絶対に」
彼らの精液を大量に摂取したおかげで体のコントロールを奪われてしまった後も
彼女は心だけは強く持ち続け、ここを脱出する希望を胸にフェラに励みます。
仲間を犯す口実を与えないように、心の中で悲痛な声を上げながら包皮の裏に溜まった汚れを飲み込むシーンは
綺麗だった彼女のすべてを打ち壊すレベルの残酷な仕打ちと言えます。

パート終盤には特濃精液を飲ませたり彼女の命とも呼べる部分を汚す描写もありますし
本作品が持つ特徴的な部分のすべてが集約してるどぎついプレイです。

このように、男を知らない女性が醜悪な怪物に思うさま陵辱されるぶっ飛んだエッチが繰り広げられてます。
風変わりなS向け作品
音声作品では珍しいプレイとちゅぱ音を浴びるほど聴ける作品です。

世の中の悪を打ち滅ぼそうと日々精進してる凛々しい姫巫女が
自分と絶望的に相性の悪い怪物に絡め取られ、エッチを通じて心身を徐々に蝕まれます。
女性特有の部位ではなく口だけをとことん責め続ける尖ったプレイや
その際に流れるイレギュラーなちゅぱ音が支配欲や征服欲を執拗にくすぐります。

これだけハードな責めを受け続けても最後まで抵抗を続ける彼女の姿も非常に印象的でした。
色んな初めてを触手に奪われてもひたすら耐え忍び反撃や脱出の機会を窺います。
最終的にどうなるかは伏せるとして、この部分が本作品における唯一の救いと言えるでしょう。
純粋な快楽堕ちではなく仲間を餌に屈服を呼びかける展開も彼女のキャラに合ってて良いです。

ここまでを読んでいただければわかるように決して万人向けの作品ではありません。
プレイが進むほど彼女が汚され希望も塞がれていくのは精神的に堪えます。
でも内容はすごくしっかりしてるし品質も高いです。
彼女を助けたくなるシチュなだけに「よくここまでやり遂げられるなぁ」といたく感心しました。

エッチはちゅぱ音のボリュームが多くタイプも特殊です。
イラマチオや精飲プレイが好きな人ならきっと楽しめるでしょう。

絶頂シーンは真由子0回、悪性ファンタジーは多すぎて測定不能。
ちゅぱ音超大量、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

美しい女性が汚辱にまみれる様子を描いたちゅぱ音特化の作品です。
おまけは「カスタマイズ今日のおかず」です。

CV:綾音まこさん
総時間 2:01:50(本編…1:38:33 おまけ…23:17)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ぼっちな君にオナサポバイノーラル音声のバレンタインプレゼント

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な女の子が
バレンタインをぼっちで過ごす男性に体を張ったプレゼントをします。

彼の寂しい思いを吹き飛ばそうとする密着感重視のエッチが魅力で
抱きついて囁きながら耳を舐めたり、オナニーやSEXの際にエロ可愛い声を上げたりと
彼女がすぐ近くにいる雰囲気をしっかり出しながらエッチな音をたっぷり鳴らして抜かせます。
いつもより幸せなバレンタインを
チョコレートの妖精「ショコラ」と色んなエッチを楽しむ作品。

「おっ いたいた ぼっち君はっけーん!」
ショコラは明るくて甘い声の女の子。
バレンタインを独り寂しく過ごす主人公に声をかけると
不幸な彼を元気にするエッチなプレゼントをあげます。

本作品はバレンタインでチョコを1個ももらえなかった彼を慰めようと
彼女がおよそ1時間30分に渡り4種類のエッチなサービスをします。
バレンタインの象徴とも言えるチョコレートを使ったプレイが一部あるものの
基本的にはノーマル路線なので今の時期でなくても普通に聴けるし抜けます。

「今日のオナニーは ソロプレイじゃなくて ショコラとパーティープレイだからね」
彼女が今回のサービスで最も力を入れてるのが「ぼっちの寂しさを和らげる」こと。
それを踏まえて音声の冒頭から抱きつき、多くのシーンで耳元に囁きかけながらエッチをリードします。

総時間の6割超にあたる57分間が囁き声、と言えばボリュームの多さがわかっていただけるはずです。
ささやき庵シリーズで有名なサークルさんらしい演出ですね。
バイノーラル録音のおかげで声の品質も軽い風圧や温もりを感じるほどにリアルです。
彼女がすぐそばにいる気分を出すことで心の隙間を埋めようとします。

もうひとつの特徴は実用性が高いこと。
総時間のほとんどエッチシーンに割き、パートごとにプレイの内容や方向性を切り替えながら
ちゅぱ音や喘ぎ声といった女性特有のエッチな音をたっぷり鳴らします。

彼女に指示を受けてオナニーする正統派のオナサポと
彼女自身がおかずになってオナニーを応援する緩いオナサポの両方が楽しめます。
時間に対する射精回数も丁度いいですし、先ほど説明した音質の良さも相まってかなり抜きやすいです。

彼女が体をしっかり密着させ、心と体を温めながら射精に導く。
バレンタインを独りで過ごす男性の心理を見据えた甘くエッチなサービスが繰り広げられてます。
優しさと温もりに溢れたあまあまなエッチ
エッチシーンは4パート75分間。
プレイは耳舐め、キス、オナニー、ショコラのオナニー、体に垂らしたチョコを舐める、フェラ、SEX(騎乗位)です。
ショコラがオナニーする際にごく一部で効果音が鳴ります。

「それじゃあ まずはそのおちんちん 勃起させないとね」
自己紹介や今回するサービスのコンセプトを簡単に説明すると
ショコラは主人公に抱きつき右手至近距離から囁きながら耳を舐め始めます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「ショコラがオナニー指示してあげる」パートでするのはオーソドックスなオナサポ(約26分)。
ほぼすべてのシーンで彼女が肌を合わせ、時折左右を切り替えつつオナニーを指示します。

「正面に来た すぐ目の前に ショコラの唇があるんだよ?」
オナニーの前後に左右の耳舐めやキスを挟んでくるのが良いですね。
体を密着させてることを聴き手に遠まわしに伝え、普段のオナニーとは違う雰囲気を出してます。
また射精が近くなる頃には「おちんぽ」などの淫語を多めに言って後押しします。

オナサポについてはパンツ越しに股間を撫でるところから始まり
裏筋をなぞる、パンツを脱いで亀頭やカリを撫でる、シコシコボイスに合わせてしごくなど
時間が十分にあるのを利用しゆっくりじっくり性感を高めます。

焦らしや寸止めが若干あるもののM向けと呼べるほどではありません。
できるだけ万全の状態で射精させようとする優しさの表れと言えます。

2番目の「ショコラのオナニー聞いて?」は打って変わって彼女がオナニーするパート(約22分)。
引き続き抱きついた状態で自分のおっぱいを揉んだり、下着越しにおまんこをいじったり
中に手を入れてクリトリスやおまんこをたっぷり責めてエロ可愛い喘ぎ声を漏らします。
そして少し経つと一緒にオナニーしようと呼びかけ2人同時の絶頂を目指します。

「指を割れ目の奥に沈めて おまんこの入り口からクリトリスまで 下から上に撫で上げてるんだよ?」
「クリトリスの皮 剥いちゃうね…ひんっ!」

彼女は最中にどこをどのようにいじってるかを熱っぽい息遣いで細かく実況します。
イメージのしやすさと声のリアルさが相まって前のパートよりも雰囲気がエロく
オナニーを見せ合ってるシチュにもグッと来るものがあります。

オナニーは開始と射精の指示以外好きにさせてくれるので、こちらのほうがやりやすく感じるのではないでしょうか。
パート中盤の彼女が顔に跨りおまんこをかき回すシーンはなかなかの抜きどころと言えます。

残る2パートはオナニーよりも擬似エッチに寄せたプレイ。
「ショコラがフェラチオしてあげる」は体にチューブチョコを塗りながらのフェラ
「ショコラとエッチしよ?」は短い69と素股を挟んでの騎乗位SEXを楽しみます。

「君のおひんひん おいひいよ ずっと舐めていたいくらい」
「君のホワイトチョコ 飲んじゃうね」

「ショコラがフェラチオしてあげる」はバレンタインを最も意識してるパートですね。
乳首・お腹・おちんちんに垂らしたチョコレートを舐めつつ責めるちゅぱ音特化のプレイです。
フェラも普通に舐めたり、咥え込んで吸ったり、ピストンしたりと時間に対する種類が割と多く
精液を口で受け止め飲み込むシーンにも彼女の愛を感じます。
抜きやすい作品
テーマ性を持たせつつ実用性も考慮してるノーマル向けの作品です。

ショコラはバレンタインに女性からチョコをもらえなかった主人公を慰めようと
多くのシーンで抱き合いながら彼を責めたり自分から積極的に乱れたりします。
バイノーラル録音の持ち味である声の質・位置・距離を最大限に活かして彼女との近さを感じさせ
さらにお互いのすべてを曝け出すエッチをすることで心の渇きを満たそうとします。

「今 すぐ隣に おまんこがあるよ」
そして彼女とのエッチを形作るセリフも聴き手のイメージ力を膨らませるものが多いです。
寂しさを感じさせずに気持ちよくすることを強く意識してるエッチだなと。
サービスのコンセプトや方向性がテーマと噛み合ってて良い気分で聴くことができました。
彼女自身がおかずになるシーンが多いのも密着感や一体感を出すための演出なのだと思います。

エッチは効果音をごく一部に絞る代わりにちゅぱ音や喘ぎ声を多く盛り込んでます。
囁きながらの喘ぎ声は艶っぽくてオーバーさがなく、絶頂シーンのイキ声も軽く叫ぶ程度に抑えられてます。
ちゅぱ音もペースは緩めですがねっとりした抜きやすいものばかりです。
M性が薄いことだけ理解しておけばおかずとして大いに役立ってくれるでしょう。

絶頂シーンは主人公、ショコラともに4回。
ちゅぱ音と喘ぎ声多め、淫語それなり、くちゅ音ごく僅かです。

季節感を多少持たせた抜きボイスです。
おまけはクイックオナサポ音声です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:29:41(本編…1:27:40 おまけ…2:01)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年2月20日まで3割引の840円で販売されてます。

母性的サキュバスの勇者様幼児退行でちゅまちゅエッチ

サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ甘やかし上手なサキュバスが
捕らえられた勇者を優しい言葉と特殊な母乳で骨抜きにします。

幼児プレイの持ち味を前面に押し出したあまあまラブラブなエッチが最大の魅力で
ぎゅっと抱きしめる、母乳を飲ませる、赤ちゃん言葉で語りかけるなど
母親らしさを感じるセリフと行為が数多く登場し、疲れた心をたっぷり温めてくれます。
勇者に忍び寄る甘い罠
マザーサキュバスと濃密な幼児プレイをするお話。

「こんばんは。勇者さま♪ この牢獄の居心地はいかがでしょうか?」
マザーサキュバスは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声のお姉さん。
魔族の支配する世界で牢獄に繋がれてる勇者に自己紹介すると
食事を一切取ってない彼に自分の母乳を飲ませてあげます。

本作品は何らかの事情で敵の捕虜になった彼のお世話をするよう言いつけられた彼女が
唯一の栄養源である自分の母乳を飲ませながら4種類(番外編も合わせると6種類)のエッチをします。
マザーサキュバスは名前の通り一般的なサキュバスに比べて母性が大変強く
音声の最初から最後まで彼を自分の子供のように甘やかし尽くします。

「ばぶばぶっ♪ いい子いい子♪ これでぴゅっぴゅ見られても恥ずかしくなーいっ♪ 恥ずかしくないでちゅよ~♪」
エッチの最中はほぼずっと赤ちゃん言葉で語りかけてくれますから
聴けば聴くほど脳がとろけるような幸福感が湧いてきます。
プレイについても体を密着させて彼を喜ばせながらするあまあまなものばかり。
幼児プレイを題材にした作品をよく制作されてるサークルさんなだけあって安定感のあるエッチが楽しめます。

もうひとつのポイントは勇者が幼児退行していく様子も描かれてること。
世界を救うことを諦めてない彼が彼女の甘い誘惑と快楽で徐々に骨抜きにされ
最終的には彼女無しでは生きていけない心と体へと作り変えられてしまいます。

「私の母乳には一言で言えば幼児退行、そして精神支配の効果があるのです」
その決め手となるのが彼女のおっぱいから出る母乳。
特別な効果を持つそれを大量に飲ませたり、体の隅々まで塗りたくることで彼の抵抗力を徐々に奪います。

登場人物が敵同士ということで多少ブラックに感じる要素を交えてます。
ですが音声を聴いた限り彼女は魔王に命令されたのではなく自分の意思でこれを行い
退行完了後も責任を持ってお世話し続ける母性に満ちた態度を取ります。
エッチ自体もガチな幼児プレイですから、内容を理解したうえで聴く分には後味が悪くなることはないと思います。
甘やかし要素満載の幸せなエッチ
エッチシーンは6パート56分間。
プレイは授乳手コキ、キス、恋人ハグ、オナホコキ、SEX(正常位)です。
手コキ、恋人ハグ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「大丈夫ですから・・・わかってますから・・・♪ そのまま乳首にちゅぅ~って吸い付いてくださいね・・・♪ はい、は~い・・・♪」
巧みな話術で勇者を説き伏せることに成功したサキュバスは
その大きなおっぱいを彼の口元へ持っていき存分に飲ませてあげます。

エッチは終始彼女がリードする形で進みます。
最初の2パートでするのは授乳手コキ。
「手コキ編」は授乳→手コキ、次の「焦らし編」は手コキ→授乳と若干スタイルを変えて合計25分近く行います。

「エッチでスケベなのはママだけ♪ 僕ちゃんは悪くありまちぇんよ♪」
「ママのミルクはだーめっ♪ おちんちんぴゅっぴゅは大丈夫♪ ねっ?」

この時点では幼児退行がほとんど進んでませんから彼も時折抵抗したり躊躇う仕草を見せます。
そんな彼の気持ちを察して彼女はエッチしながら甘やかし受け入れる言葉をたっぷり投げかけます。
女の武器をストレートに使うのではなく、心と体をバランスよくケアして骨抜きにする筋の通ったプレイです。
赤ちゃん言葉の表現にもこだわりがあって頬が自然と緩んできます。

手コキについては粘性高めのいやらしい音を序盤から比較的速いペースで鳴らします。
基本的にはループですが根元だけをしごく時にストロークが小刻みになったり
射精寸前で若干スピードアップするなど細かい部分に変化が見られてそれなりにリアルです。

「ぴゅっぴゅっぴゅぅ~♪ どっぴゅどっぴゅ♪ ぴゅっぴゅ、ぴゅるるぅ~ん♪ ぶぴゅっ、ぶぴゅぴゅぅ~♪」
エッチ全編に言える大きな特徴は射精の様子をセリフで実況してくれること。
「ぴゅっぴゅ」「どぴゅどぴゅ」などちょっぴり恥ずかしいセリフの数々が射精を後押しします。
事後に彼女がかける温かい言葉も相まって、寂しい気持ちをあまり感じることなく余韻を楽しめます。

彼女の愛が最も濃厚に詰まってるのは三番目の「キス責め編」パート(約13分)。
常人ならとっくに幼児退行してる量の母乳を飲んでもまだ屈しない彼へのダメ押しとして
熱く激しいキスをしながらローションまみれの体で抱きつき、お腹でおちんちんを刺激します。

「ねぇ、僕ちゃん♪ もう頑張らなくていいんでちゅよぉ♪ 頑張らなくてもぉ、ママはい~っぱい褒めてあげまちゅから♪」
勇者としての心をなかなか捨てきれない彼を不憫に思ったのか
彼女も優しい言葉で彼の心を少しずつ開いていきます。
母乳の効果もあるのでしょうが決め手はやはり彼女のあまあまな態度と責めです。
彼のすべてを味わおうとする激しいキス音にも慈愛の心が表れています。

四番目の「オナホ編」は幼児退行が完了した後のお話(約9分)。
自分を嬉しそうに迎えてくれた彼へのご褒美にオナホで2回連続の射精に導きます。

「オナホールの中、僕ちゃんの精液でい~っぱい♪ こんなに出せてぇ・・・えらいえらぁ~い、でちゅね~~♪」
「はーい、ママはここにいまちゅよ♪ ずっと一緒でちゅからね♪」

彼が従順になってくれたことが相当に嬉しいのでしょう。
彼女も彼のすべてを褒めちぎり、母親として一生添い遂げることを約束してその気持ちに応えます。
オナホの「くりゅっ にゅちっ」というやや筋っぽい水音も乱暴さがなく彼女のキャラに合ってます。

過程は確かにやや背徳的なものを感じますが、彼女の気持ちや態度は最初から最後までいささかも変わりません。
彼が今後の人生を幸せに過ごせるようにできる限りのご奉仕をしています。

このように、とことんまで甘やかし尽くす愛情たっぷりのエッチが繰り広げられてます。
イレギュラー要素を含んだ幼児プレイ作品
母性溢れる女性が気持ちよく堕落させてくれる作品です。

マザーサキュバスは囚われの身となった勇者を飢え死にさせないように
この世界で人間が唯一口にできる自分の母乳を飲ませます。
そしてその効果で幼児退行が進んでしまった彼を見捨てることなく徹底的に可愛がります。

「あの・・・その・・・勇者様はずっとここに居るつもりはないのですよね? ええ、ええ。私もそう思います。勇者様はいつかはここから出られると」
勇者にとっては残念な結果になってしまいましたが
彼女に悪意がほとんど感じられないおかげで雰囲気はとても和やかです。
彼を手なずけた後にドス黒い笑い声を上げることもありません。

私には彼を生き延びさせるために彼女が母乳を飲ませざるを得なかったように映りました。
目の前で弱っていく人を見捨てられるような女性には思えないからです。
一般的なサキュバスのイメージとは随分違った部分を持ってる面白いキャラです。

エッチは赤ちゃん言葉、授乳手コキといった王道のプレイを行いつつ
彼を説得しやる気にさせる言葉や、母乳を飲むほど幼児化が進む展開で個性を出してます。
セリフの言い方や表現がどれも蕩けるように甘いのでとてもいい気分で聴けます。
幼児プレイが好きな人ならきっと満足できるでしょう。

射精シーンは全部で7回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

敵対する男女が親子になる様子をとことん甘く描いた作品です。

CV:西浦のどかさん
総時間 1:19:51

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ショタっ子大好き敬語系サキュバスのカウントダウン付き筆おろし

サークル「ristorante」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、年下の男の子が大好きで礼儀正しいサキュバスが
生まれて一度も射精したことのない少年を相手に優しく優しく性の手ほどきをします。

サークルさんが得意とされているおねショタ色の強いプレイと雰囲気に加えて
各パートごとにプレイを小まめに切り替え、その多くにカウントを数えるなど
相手がエッチに不慣れなのを想定したきめ細かなリードがされています。
丁寧語を使うサキュバスのあまあまなサービス
サキュバスに性教育を兼ねた筆おろしをしてもらうお話。

「はいはーい どうもこんばんはー」
サキュバスは明るく元気な声のお姉さん。
美味しい精の匂いを嗅ぎつけて少年の前に現れると
気持ちよくなりながら学べるエッチな教育をしてあげます。

本作品は最初の時点では精通すらしていない彼に
彼女が少しずつプレイをハードにしていく形で手取り足取りエッチを教えてあげます。
サキュバスモノと言えば男性の意思に関わらず精液を搾り取る展開をよく見かけるのですが
彼女が年下大好きでその扱いに慣れていること、彼がこれといった抵抗をしないことから
一般的なおねショタとほぼ同じの甘く和やかな雰囲気が終始漂っています。

「大丈夫です このお姉さんにお任せしてもらえれば すっきり気持ちよーくなって おまけにおちんちんもむきむきできて お友達とお風呂に入るときも 恥ずかしくなくなりますからねー」
そう感じるもう一つの大きな理由か彼女の言葉使いと態度。
明らかに子供な少年に対しても非常に礼儀正しい口調で語りかけ
プレイ中は彼の願望をある程度叶えながら射精へと導きます。

単に精液を搾り取るのではなく、彼を楽しませることを第一に考えながら行っています。

聴き始めた段階だと若干堅苦しいかな?とも思えるのですが
声の甘さである程度中和されているおかげで優しい印象の方が強いです。
近所のお姉さんにサキュバスの特性を加えたようなキャラですね。
寝ている両親に内緒でエッチをしている雰囲気を出すために
エッチシーンの半分以上(約22分)を彼女が囁き声で語りかけてくれるのも大きな要因です。
カウントを使って射精をしっかりサポート
エッチシーンは6パート34分30秒(おまけを入れると7パート37分30秒)
プレイは皮むき、手コキ、耳舐め、パイズリフェラ、SEX(騎乗位)、フェラです。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が流れます。

「さてさて 早速お姉さんのお口で おちんちんむきむきしちゃいますからね」
自分がここに来た目的をはっきり告げ少年の了承を得ると
サキュバスは早速彼のパンツを脱がし、お口を使って包皮を剥き始めます。

エッチは筆おろしということで彼女が終始リードします。
最初の「まずは皮をお口でむいて貰う」パートは彼のおちんちんを大人にするプレイ。
既に勃起しているおちんちんに口を添え、亀頭と皮の間に舌を滑り込ませて舐め回します。

「汚くないですよー 大丈夫です」
時間が約3分とかなり短いプレイなのですが
既に勃起しているおちんちんを見て「大きい」と褒め称えたり
おちんちんを舐められて戸惑っている彼に「汚くないよ」と言ってあげたり
初めての快感にすぐさま射精してしまってもまったく気にしなかったりと
彼女が彼のことを思いやりながら責めているのが感じられるシーンがいくつも登場します。

ristoranteさんはプレイ中にかける言葉に気を配っている作品が多いです。
こういった彼女の何気ない優しさが気分よく抜ける環境づくりに大いに役立っています。
年上の女性の魅力を感じながら気持ちよくなれるでしょう。

本格的な性教育が始まるのはその次のパートから。
手コキ、手コキ+耳舐め、パイズリフェラ、SEX、お掃除フェラとパートごとにプレイを切り替えながら
それぞれの最後にカウントを数えて射精のタイミングを合図します。
カウントはどのパートも1回で寸止めとかはありません。

「おちんちんの先っぽから お汁が出てますよね? これは我慢汁っていって 射精を我慢してると出てくるんです」
「それじゃあ お姉さんのエッチなお汁 どうぞ 召し上がれ」

そして彼女はこれらを行いながら性に関するいくつかの知識をレクチャーします。
といってもメインはエッチですので堅苦しさはほとんどありません。
彼女に筆おろししてもらっている雰囲気を出すための演出として活用しています。

個人的に最も印象的だったのが4番目の「パイズリでカウントダウン射精」パート。
彼がおっぱい大好きなのを察して彼女が自らおちんちんを挟み込み
両方同時に、あるいは左右交互に擦りながらはみ出た亀頭を舌で舐めます。

「いっぱい我慢した後の射精って とっても気持ちいいですからねー 今回は その練習もしちゃいましょうか」 
これの前までは割と好きなタイミングで射精させてあげていたのですが
ここから先はわざとちょっぴり我慢をさせています。
最中に彼女が「胸の大きな女性とエッチする時はパイズリをお願いしてみようね」と言っていたことから
彼が自分以外の女性とエッチしたときに恥をかかないよう耐久力を鍛えるのが目的と思われます。

より良い精液を熟成させたかったのもあるのでしょうけど
彼女が彼を立派な男に育て上げようとしているのも事実です。
エロさを持たせながら彼の成長も描いているところに深さを感じます。

筆おろしの山場となるSEXシーンも大きな聴きどころ。
4つのプレイを終えてもまだまだ元気なおちんちんへのご褒美に
彼女が彼の上に跨りゆっくり腰を下ろします。

「初めてなのにすごいです もっともっと我慢して 気持ちよくなってから射精しましょうね」
「パツン ニチュッ」と水音交じりの肉のぶつかり合う音をやや速いペースで鳴らしながら
彼女が上気した声で彼のおちんちんの逞しさを改めて褒め称え
最後はしっかりと中出しさせてあげる充実した内容になっています。

このように、性教育をしながら何度も精液を搾り取るあまあまなエッチが繰り広げられています。
実用性重視のおねショタ作品
基本的な部分はおねショタらしい甘く和やかなものになっていますが
相手がサキュバス、しかもどのパートも射精シーン有りと抜きにも配慮しているバランスの良い作品です。

年下思いの優しいサキュバスが隅から隅までリードしてくれる流れ
合間にかけてくれる様々な思いやりのある言葉など
年上の女性が持っている温かさを感じさせてくれる演出が数多く盛り込まれています。
サキュバスっぽさからやや外れてしまっている部分もあるのですが
射精後の多くで精液を美味しそうに舐めている様子などは彼女らしさが出ています。

対する抜き要素については総時間の大部分をエッチに割いていることや
くちゅ音、ちゅぱ音といった抜き要素を多めに配置し、さらに一部で重ねたりして密度を高めています。
カウントは完全に射精タイミングを設定するためだけに使われてますので
何度も数えて焦らすとか、わざと1で止めて意地悪するみたいな演出はありません。
おかげでM性はかなり低くノーマル向けの内容に仕上がっています。

「いいですよ して欲しいことは お姉さんに何でも言ってくださいね 全部してあげます」
サキュバス自身については「優しいお姉さん」と表現するのがぴったりなキャラです。
最初はリードしながら好きなタイミングで射精させ
しばらくすると彼の希望を叶えつつ、ちょっぴりハードにして鍛える流れなどは
一般的なサキュバスとは少し違う部分を感じます。

エッチはパートごとの時間を最大10分まで短くし
プレイのバリエーションや抜きの回数でエロさを出しています。
1つのプレイを集中的に楽しみたい人にはあまり向かないです。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おねショタ要素をかなり強くしているサキュバス作品です。
年上に優しくしてもらうシチュが好きな人には特におすすめします。

おまけは「射精直後の激しいイタズラ」パートです。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 本編…48:15 おまけ…4:11

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

トラップガールの誘惑~ダンジョンに潜む甘い罠~

サークル「病院坂の家」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間を陥れるのを趣味にしているモンスターの女の子が
魔王城にやって来た勇者を様々なトラップで誘惑します。

性能の低いアイテムを渡す、毒の沼に突き落とすなど
彼女の特性であるトラップを織り交ぜた変わったエッチが行われており
女性に騙される、小馬鹿にされるM向けの快感を執拗にくすぐります。
宝箱に潜む甘い罠
勇者がトラップガールの誘惑で骨抜きにされるお話。

「パンパッカパ~ン♪ 大当たりぃ~♪」
トラップガールは明るくて元気な声の女の子。
魔王城に乗り込んだ勇者がそこにある宝箱を開け
彼女に魅了の状態異常をかけられるところから物語は始まります。

本作品は魅了の魔法で彼女のことが忘れられなくなった勇者が
他の宝箱を開けて罠にかかったり、彼女の言葉に引っかかって次第に力を失い
最後は彼女に自分の子種を提供する様子が描かれています。

「女性にハメられる快楽」をテーマにしているため純粋なエッチは少ないものの
彼女が自分の体や巧みな話術で彼の心をしっかりひきつけ
その上で罠にかけて彼の無様な姿をあざ笑うシーンが何度も登場します。
音声作品ではあまり見かけない心への責めに特化したプレイです。

「んふふ♪ 怒った? いっやぁ~ん♪ 怒っちゃイ・ヤ♪ ね? ゆ・る・し・てぇ♪」
今回勇者を陥れるトラップガールは見た目は魅力的な女性の姿をしており
戦闘能力がほとんど無い代わりに相手を魅了したり幻影を見せる力を持っています。
普通に戦ったら絶対に勝ち目がないのを知っているからこそ
普段はギャルのような軽い調子で親しげに語りかけてきます。

「女の子の幻に誘惑されて バカ面下げてフラフラ落とし穴に誘導されちゃって♪ ほ~んと 魅了された男って救いようないわぁ♪」
しかし彼がまんまと罠にかかるとその無様な姿をあざ笑い
こちらを見下すセリフを投げかけてきます。
この表面的な明るさと心の奥底に潜む残忍さが彼女の大きな魅力と言えます。
明らかに悪女なんだけどなぜか憎めないキャラだなぁと。
飴と鞭を使い分けた誘惑
エッチシーンはおよそ20分間。
プレイはキス、誘惑、SEX(正常位)です。
エッチな効果音はありません。

「ね♪ 勇者様♪ その手に持ってる聖剣 捨てて?♪ 捨ててくれたらぁ 私のプレゼントをア・ゲ・ル♪」
キスの後に「もう宝箱は開けちゃダメよ」とトラップガールに言われたものの
その味が忘れられずひたすら宝箱を開け続ける勇者。
他の罠にかかってボロボロになっていく様子を見た彼女は再び姿を現し
愛のこもったとっても素敵な武器を彼にプレゼントします。

エッチは彼女が様々な罠に引っかけながら彼を少しずつ自分の部屋へ案内し
そこにたどり着いたところでご褒美にSEXの相手をしてあげます。
案内する時間が16分、SEXが4分と過程に力を入れた構成になっているため
性的興奮は得にくいものの彼女の誘惑っぷりは楽しみやすくなっています。

「ジャーン♪ サキュバス特製 魅了の首飾りでぇ~っす♪ これを付けるとねぇ もう私の事しか考えられなくなっちゃうの♪」
誘惑の手始めに彼女がするのはプレゼント攻撃。
聖剣の代わりにとてつもなく弱い武器を、精霊の首飾りの代わりに幻影が見えるアクセサリーを渡し
彼の戦闘能力や自分への抵抗心を大幅に削ぎます。
そして無事受け取ってくれたご褒美に魅了効果つきのキスをあげます。

「おっかしぃ~♪ お腹いたぁ~い♪ 本物のバカねぇ~♪ 脳みそからっぽなのかしら♪」
サキュバス系作品のように女の魅力で彼を屈服させるのではなく
きちんとトラップを使って篭絡しているところがポイントです。
この後も魅了の首飾りの効果で3つのトラップに陥れ
その都度彼女がやや汚い言葉で彼のことをあざ笑います。

そしてなんとか彼女の部屋に到着したところで
ようやく自分自身の体を使って当初の目的を果たします。

「愛する私のためにぃ♪ 出して 出して 出してぇ~ん♪」
プレイ自体は彼女と正常位でエッチするだけなのですが
2人が敵同士なこと、勇者がモンスターに種付けをしてしまうことなど
ややブラックなシチュが背徳感を適度にくすぐります。
彼女の妖艶で嬉しそうな喘ぎ声もその雰囲気をさらに盛り上げています。

このように、彼女の持ち味であるトラップを活用したエッチが繰り広げられています。
珍しい趣向の作品
純粋な快楽ではなく心を貶められる快感を前面に押し出している作品です。

トラップガールは魔王打倒にやって来た勇者を骨抜きにするために
敢えて優しさや女の武器をちらつかせながら次々と罠に落とします。

やってることは意地悪なのですが、彼女のキャラがとてつもなく明るいこと
どのシーンも勇者が自ら進んで罠に引っかりにいっていることから
彼女に対してそこまで悪い印象は抱きにくいと思います。
最後の最後に中出しSEXというご褒美を与えているのも大きいです。
肉欲と罠、この2つの要素を飴と鞭のように使い分けて誘惑を成し遂げています。

エッチはここまで書いてきたようにほとんどが罠に引っ掛けるシーンで
合間にほんの少しのキスが入り、最後にSEXをする淡白な内容です。
ちゅぱ音や喘ぎ声といったエッチな要素で抜くのではなく
彼女に騙される展開を楽しむものだと思ってください。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

引っ掛けられる快感にエロを織り交ぜている変わった作品です。
25分で300円と価格が安めですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 25:43

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ハニートラップランド~天使の間~

サークル「SweetNightmare」さんの同人音声作品。
声優の柚木桃香さんが新たに立ち上げられたサークルです。

今回紹介する作品は、成人男性をターゲットにしたテーマパークを舞台に
清楚な天使が繰り出すエッチでもどかしいミッションに挑戦します。

彼女の裸体を眺めながらひたすら射精を我慢する焦らし特化のエッチが魅力で
前半は完全ノータッチ、後半はオナニーしながらとスタイルを変えながら
後になるほど回避困難なトラップを用意して射精への欲求を執拗にくすぐります。
天使が隠し持つ甘い罠
ハニートラップランド「天使の間」でアトラクションを楽しむお話。

「ようこそいらっしゃいましたー ここはハニートラップランドです」
案内人Aはややエフェクトのかかった明るい声の女の子。
ハニートラップランドに初めてやって来た主人公にコンセプトを説明すると
今回挑戦する部屋を好きに選んでもらいます。

本作品は女性のエッチな罠にかかる喜びを味わってもらうことを目的に
彼が天使の間のアトラクションに挑戦する様子を一緒になって楽しみます。
ハニートラップは女性が自分の体を武器に男性を誘惑し、目標を達成する「色仕掛け」に近い意味の単語です。
それに因んで作中では天使が自分の意図を最後まで明かさずに少しずつ罠へと引きずり込みます。

最初から言ってしまうとこの物語にハッピーエンドはありません。
どのように誘惑され、堕ちていくかを楽しむものですからそれを了承したうえでお聴きください。
といっても最後に死ぬほどまでブラックな展開にはなりません。
現実世界にあるテーマパークと同じく、堕落する感覚を疑似体験させるあたりに留まってます。

冒頭の2パート10分間はエッチを始めるまでの手続きにあたるシーン。
案内人Aの説明を受けて天使の間を選んだ彼が部屋に入り、中にいる天使ティアナと軽く会話します。
ちなみにこのシーンと最終パートでは音量控えめのBGMが流れます(無しも選択可)。

「私たちの力の源は あなたたち人間にとって辛いもの だから 私たちがこの部屋から出られるようになるほどの大きな力の源を あなたからもらうなんて…」
彼女の話によるとこの部屋を出るためには力の源が必要で
それは人間の我慢する心や努力する心によって生み出されるそうです。
しかし部屋の中には何もないためお互いが裸になり、性欲や射精を抑えることで脱出を試みます。

明るくてお淑やかな声、こちらを気づかう優しい言葉の数々、そして穢れを知らない綺麗な体。
彼女は我々がイメージする天使にピッタリ当てはまる清らかな女性です。
しかしこれこそが彼女が最初に用意した恐ろしい罠です。
天使がいつどのようなタイミングで悪魔に豹変するかも本作品の聴きどころと言えます。
とことんまで焦らし続けるもどかしいエッチ
エッチシーンは5パート49分間。
プレイはティアナの裸体/オナニー観賞、オナニーの見せ合い(擬似エッチ)、案内人Aの耳舐めです。
ティアナがオナニーする際に効果音が鳴ります。

「えっ? 服を脱ぐの? 私が? …わかったわ」
ティアナから脱出することの難しさを説明された主人公は
この部屋で我慢する心や努力する心を増幅させる手段をひらめき、彼女に服を脱ぐよう指示します。

エッチは最初は彼が、しばらくすると彼女がリードする形で進みます。
一番最初の「我慢、して」は彼女へのお触りを我慢するパート(約20分)。
全裸になった彼女の体やオナニーする様子をじっくり観賞しつつ射精の誘惑に耐え続けます。

「胸も見て 私のピンク色だった乳首 こんなに硬くなって上向いて 木苺みたいに硬くなっちゃった」
「見える? 私のクリトリスが大きくなってるの …はぁ …はぁ」

そして彼女は彼がとことん興奮できるように自分の大事な部分を見せつけ実況したり
パート後半に入ると指でいじって艶かしい喘ぎ声を漏らします。
実況がしっかりしてるのでプレイの様子をイメージしやすく、割と早い段階から股間が熱くなります。

簡単に言えば据え膳プレイですね。
すぐ手の届く距離に裸の女性がいるのに触れることは決して許されない。
オナニーの許可が出ないこともあって多くの人がもどかしい思いをするでしょう。
清楚なイメージの天使がこういうプレイをするシチュにもグッと来るものがあります。

これだけを読むと彼女があからさまにエロく振舞ってるように思えるかもしれません。
しかし実際は多少の恥じらいを見せながら少しずつ踏み込んだプレイへと移ります。
濡れ濡れのおまんこに指を一本ずつ挿入していくシーンなどは実に良いです。
「我慢」と「イメージ」を駆使して性的興奮を上手に高めてくれます。

次の「ミッション失敗&もう一度、やってみて」パートは一回射精してしまった後のお話(約11分)。
先ほどのプレイではパワーが足りなかったことを踏まえて
今度は彼もオナニーに参加し射精寸前の状態をできるだけ長く維持します。

彼女が繰り出すイメージもさらにパワーアップ。
先ほどと同じく目の前で大胆なオナニーをしながら自分との擬似エッチをイメージさせます。
特にパート中盤から鳴る擬似フェラのちゅぱ音がねっとりしていてエロく
オナニーしてる状況も相まって先ほど以上に射精の我慢が困難になってます。

「さぁ その溜まった精液 どうしたい? 私の中に思いっきり出したい? それとも顔にかけたい? 胸にかけたい? それとも 喉の奥に…」
射精直前のシーンで股を開きながらこんなことを言われたらそうそう耐えられません。
天使の清らかさとはまったく違う姿で男がどうしたら堕ちるかを考えながらリードします。
こういう責めをしてくるところがハニートラップらしいなと。

その後の3パートは何度も挑戦に失敗し続けた彼の末路が語られています。
このへんをばらすとつまらないでしょうから詳細は伏せますが
「本当にほしかったもの」パートで彼女が見せる黒い顔が一際印象的でした。
プレイ自体はかなりソフトな反面、聴き手の気持ちを高ぶらせる素材が豊富に用意されてます。

このように、女性に誘惑されいつの間にか堕落してしまうちょっぴり背徳的なエッチが繰り広げられています。
心の強さが試される作品
物語を通じて射精したい欲求と戦わせてくれる独特な切り口の作品です。

表面的にはどう見ても天使なのだけど実は腹黒い部分を持つ女性が
部屋にやって来た男性を巧みな話術と女の武器で骨抜きにします。

アトラクション形式で仮想的なプレイを体験させる珍しい設定や
ミッション自体はシンプルなのに達成がかなり難しい作りなど
このプレイに挑戦し、女性の体に溺れる気分を主観的に楽しめるように考えてお話を進めます。

「あなたはもはや ただの性欲の奴隷よ」
テーマがハニートラップなので私もどのへんで罠に引っ掛けてくるかに気を配って聴きました。
ですが彼女は相当に慎重で最後のほうにならないと自分の本心を明かしません。
そのため心を絡め取るよりは純粋な快楽に負ける感じのエッチになってます。

彼女が明らかにそう仕向けてるのだけど、最終的には彼自身が判断し決断してます。
結末も割とマイルドですし、音声を聴き終えてもそこまで後味が悪く感じることはないかなと。
もうちょっと見え見えのトラップがあったほうが自ら堕ちる快感を味わいやすかったように思えます。

エッチはプレイをできるだけシンプルにして演出面で盛り上げています。
天使が目の前で裸体を晒すどころかオナニーまで披露するシチュはいいものです。
「部屋を脱出するために勇気を出してやる」という正当な理由があるので露骨な誘惑もさほど違和感がありません。
イメージの掻き立て方も上手でオカズとしての実用性は比較的高いと言えます。

射精シーンは最低でも3回(射精したかどうか曖昧なシーンが一部あります)。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ語そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

天使のイメージを逆手に取って興奮を促す個性的な作品です。
おまけはOPテーマソングです。

CV:ティアナ…分倍河原シホさん 案内人A…柚木桃香さん
総時間 1:12:44(本編…1:09:00 おまけ…3:44)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ