同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:人外

   ● 【超絶耳舐め地獄】魔王軍の幹部グライア様の監禁耳舐めわからせ調教地獄【極耳舐め】
   ● いつでもどこでも性処理おまんこしてくれる清楚なオナホ従者【バイノーラル】
   ● アルラウネとメスイキ搾精の森【催眠音声】
   ● 脳を乗っ取るキモチイ声に僕はもう逆らえない
   ● あまあま小悪魔~超密着0距離音声~
   ● 【究極の愛されASMR】魔法の肯定力…千年魔王のナユタ様を助けたら、とびきりの愛されセックスで守られ続ける物語♪【バイノーラル】
   ● 【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(後編)
   ● 【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(前編)
   ● 人外メスガキオナホ! ~異世界まんこにわからせセックス~
   ● 媚び媚び男の娘妖怪の幼児化促進計画ぅ~【バイノーラル/ハイレゾ】




サークル「Cum Cum Creampie」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と蛇の特徴を合わせ持つ魔王軍の女幹部が
捕まえてきた人間たちをエッチな手段で1人ずつ弄びます。

特徴的な質感の耳舐めをたっぷりやりながらねっとり責めるのが特徴で
耳の内側や奥を舌でゾリゾリ舐めたり、舌先で穴を塞いで軽い圧迫感を与えながら
パートごとに違うプレイを繰り出して彼らの体を存分に味わいます。
終盤は逆におちんちんでわからされる展開になるのもポイントです。
捕虜たちを襲う気持ちいいお仕置き
魔王軍の幹部グライアが冒険者たちとエッチするお話。

「はじめまして 聖騎士さま ここがどこだかおわかりかしら?」
グライアは上品で穏やかな声のお姉さん。
特別な監禁部屋で目覚めた主人公に事情を説明すると
彼の体を使ってエッチな実験を始めると言います。

本作品は勇者と魔王が戦ってるファンタジー世界を舞台に
魔王側で高い地位についてる彼女が人間たちとおよそ140分に渡るエッチをします。
聖騎士、賢者、女性の踊り子とパートごとに相手する人物を変え
それぞれに合った責め方をしながら耳もたっぷり舐めて心と体をとろかせます。

「大丈夫 痛くしたりはしないから 私はね…うふふ エッチなことが大好きなの」
魔王城の中で裸になり、ベッドに手足を拘束されてるからでしょうけど
彼女は敵である彼らに対して終始穏やかな態度で接します。
痛みや苦しみは与えないことを告げてから比較的緩いペースで責め
1回の射精に向けてじっくり追い込みながら悶える姿を嬉しそうに眺めます。

人外娘特有のプレイもあまり出てこないので、人間の女性とエッチするのに近いです。
ただし、好意や愛情は一切込めずおもちゃとして扱うことに徹します。
中盤に百合プレイを挟むなど、登場人物が毎回変わるシステムを有効活用してます。

そしてこれらをするにあたって彼女は耳舐めをものすごく多くやります。
本編はエッチシーンの74%にあたる93分も割いており
プレイ中はセリフをできるだけ挟まず音だけを楽しめるように進めます。

本編とは別に色んな耳舐めをするパートもありますから(約72分)
それも合わせたら相当なボリュームになります。

音の質感についても結構独特です。
外側をちゅぱちゅぱ舐めたり吸う通常のものはほとんどやらず
内側をゆっくり舐める、穴に舌先を出し入れする
穴を塞いでそのまま維持するといった深さのある耳舐めをメインに据えてます。

「じゅりっ」というトーンが低くざらつきのある音を鳴らすので個性的です。
長時間舐め続けるからでしょうけど、刺激についてはわざと弱めにしてました。
両耳を同時に舐めたらゾクゾクするあたりに調整してます。
おちんちんへの責めは音を鳴らすだけなので耳舐めが好きな人に最も向いてます。
わからされる快感とわからせる快感
本編のエッチシーンは5パート126分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、素股、手マン、フェラ、SEX(騎乗位、対面座位?)です。
手コキ、素股、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 口を開けなさい キスしてあげるわ」
聖騎士の男性と軽く雑談してから早速キスすると
グライアはさらに右耳も舐めておちんちんを元気にします。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
最初の3パート86分間は本作品の特徴がよく出てるシーン。
「01_手足拘束台 耳舐め・乳首責め調教地獄(約22分)」は聖騎士に耳舐め+手コキ
「02_磔台 耳舐め・素股調教地獄(約30分)」は賢者に耳舐め+素股をします。
そして「03_百合落ち 両耳舐め・愛撫調教地獄(約34分)」は踊り子を両耳舐め+手マンで何度もイかせます。

「蛇とキスするのは初めて? 舌の先が割れてるからすごいでしょ?」
手際がスムーズなところを見ると彼女は以前から多くの人間とエッチしてるのでしょう。
挿し絵にも描かれてるスプリットタンを使って唇や耳を丹念に責め
ある程度興奮してきた後はおちんちんも緩めに責めて無理なく射精に導きます。
01パートは耳舐め・乳首責めとなってますが乳首を責める描写はありませんでした。

そして本作品の売りである耳舐めが早速威力を発揮します。
18~30分とどのパートも十分な時間を割いて片方だけじっくり責め続けます。
製品版には左右を反転したファイルも入ってるので好きなほうをお選びください。
耳元至近距離からややこもったパワフルな音を鳴らすシーンが多くて密着感があります。

ちなみに耳とおちんちんを同時に責める場合は効果音が消えてちゅぱ音だけ鳴ります。
1~2分舐め続けてから少し話すのを繰り返すためASMR成分も高めです。
舐め方を短い間隔で切り替えて単調さを薄めてました。
主役はあくまで耳舐めで、おちんちんは脇役あたりに位置づけてます。

「耳も おまんこもびしょびしょ どうしたの? ずっとイってるの? もっとイキ続けなさい」
03パートは本作品で唯一女性が生贄になります。
踊り子の反応が初々しいのを見て普段よりも柔らかい態度を取り
両耳とおまんこを同時にいじめて男よりも気持ちいいひと時をプレゼントします。

前の2パートが片耳だったから両耳同時は余計濃く感じました。
ペースや力加減も丁度良く、サークルさんが配慮してるのがわかります。
おちんちんを生やして挿入するとかもないですし割と正統派の百合プレイです。

続く2パート40分間は状況が大きく変わります。
異世界から転生してきた遊び人を相手に
「04_形勢逆転!? 異世界転生者『巨根』フェラ(約15分)」はフェラと玉舐め
「05_妖魔淫落……グライア絶頂異種交姦(約25分)」は耳舐めと2種類のSEXで彼女が逆にわからされます。

「あぁ おちんぽぉ まだ舐めるぅ」
フェラが始まった直後から彼女の息遣いが明らかに熱っぽくなり
普段よりもとろけた表情でおちんちんを愛おしそうに舐め続けます。
今までのエッチは躾やお仕置きといった調教寄りのプレイでしたが
この2パートはむしろご奉仕と呼んだほうがしっくりくる内容です。

ここだけ連続でエッチするなど、彼女が彼に対して強い興味を抱いてるのが窺えます。

「私の負け おちんぽに負けちゃったからぁ あっ あっ」
05パートは立場が完全に逆転して彼女が乱れる姿を拝めます。
体の拘束を解いて自由に責めさせ、さらに自分から敗北宣言する情けない姿を晒します。
彼のおちんちんが他の男とどう違うのかには触れられてませんけど
これまで一方的に責めてたのが一気に変わってギャップがあります。
個人的には耳舐めをもう少し減らして喘ぎ声重視にしたほうが良かったように思えます。

このように、序盤から中盤にかけてと終盤でスタイルが正反対になる落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視の穏やかな人外作品
ハードさや残忍さをかなり薄めて耳舐めを磨き上げてるややS~ややM向けの作品です。

グライアは何らかの手段で捕らえてきた人間たちをおもちゃにしようと
抵抗できない状況にしてから耳とおちんちんを同時に責めてじっくり追い込みます。
そして終盤は予想外の逸材に出会い遊び人とのエッチを本気で楽しみます。

穏やかでSっ気もある女幹部が勇者一行を個別に弄ぶシチュ
耳舐めの時間をものすごく多く用意し、質感や動きにも個性を持たせた尖ったエッチ
最初は彼女にわからされる快感、次は彼女をわからせる快感を味わう展開。
サークルさんの強みを活かしたうえで追加要素を盛り込み聴き応えのある作品に仕上げてます。

中でも耳舐めはVOICE LOVERさんが制作に携わってるだけあってレベルが高いです。
耳舐め作品が数多く出てる現在でも他では聴けない音になってます。
耳舐めだけを聴けるパートが用意されてたりと、耳舐め好きな人を楽しませる要素が充実してます。

それ以外についてはパートごとに相手が代わるとか
終盤で立場逆転するといった耳舐めとまったく違う特徴を持たせてます。
敵同士がエッチする状況でも暗さや重さを感じる部分はほとんどありません。
言葉責めも穏やかな声で軽く見下すソフトなものに留まってます。

本編の射精シーンは4回。
ちゅぱ音大量、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

耳舐めパートは6種類の耳舐め音声です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 3:36:01(本編…2:23:27 耳舐めパート…1:12:34)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
216分で1100円とコスパが良いので+1してあります。

2021年9月28日まで30%OFFの770円で販売されてます。



サークル「防鯖潤滑剤」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と魔王が戦ってるファンタジー世界を舞台に
変わった能力を持つ女性が従者になっておちんちんのお世話をします。

彼のすべてを受け入れ、持ち上げながらとことん尽くす愛情たっぷりなエッチをするのが特徴で
清楚な声と態度で宿泊中だけでなく休憩中にも自分からエッチを持ち掛け
開始後は上下の口を使ってゆっくり責めながら熱っぽい吐息や淫語を漏らして射精を応援します。
旅を助ける気持ちいいパートナー
冒険しながら従者のナナと5種類のエッチをするお話。

「こんにちは。あるじ様。お待ちしておりました。」
ナナは丁寧語で話す可憐な声の女の子。
主人公に挨拶し、これから一緒に旅をすることを告げると
事情が飲み込めてない彼に座ってもらい説明します。

本作品はオーリア・ナホ族という人間とは違う種族にあたる彼女が
これから魔王を倒しに出かける彼に付き添いおよそ120分に渡ってエッチに応援します。
彼はまだ勇者候補に過ぎず戦闘力はそれほど高くありません。
そのため村や町をひとつずつ進みながら心と体をレベルアップさせる流れで冒険します。

「勇者を志望するような方々は、大体、強い魔力を持っておられますから…… 性欲処理をしていただくことは、わたくしたちにとっても得になるのです」
彼女の種族には男性の精液を魔力として吸収する特殊能力が備わっており
戦闘の補助や荷物持ち以外に性欲処理も重要なお仕事になってます。
そんなわけで彼と会った直後にいつでもエッチしていいことをはっきり伝えます。

精液をもらえればそれだけ強くなれますから彼女にとっても悪い話じゃありません。
長く辛い旅に潤いを与えることにも繋がり一石二鳥と言えます。
彼に命令されて嫌々相手するのではなく、自分から積極的に動いて明るい雰囲気を作ります。

エッチについては彼を持ち上げたりとことん尽くす姿勢を取ります。
経験がないことを知るとゆっくり優しくリードして興奮と勃起を促し
その後は上下のお口を使って無理なく追い込み幸せな射精に導きます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを言う、事後はお掃除フェラするなど至れり尽くせりです。

「お射精……ぴゅっぴゅに、我慢は必要ありません。好きなときに、好きなだけ、オナホ従者のおまんこに、ぴゅっぴゅしてくださいませ」
これらをする際に自分の体をモノ扱いするように言うのもポイントです。
主人にあたる彼が満足してくれれば自分は何をされてもいい。
そういう自己犠牲の精神が彼に過酷な冒険を乗り切る活力を与えます。
独占欲や征服欲をくすぐる要素も結構あってノーマル~ややSな人に向いてます。

ただし、彼がものすごく優しい性格をしてるので乱暴に責めるシーンは一切ありません。
従者に過ぎない彼女を対等な仲間と認め、むしろ大事に扱います。
そうやってお互いがお互いを思いやりながらエッチするからものすごく甘いプレイが味わえます。
純粋なエロさも十分ありますが、会話や心の繋がりといった他の部分で盛り上げてるのも大きいです。
心も体も深く繋がるエッチ
エッチシーンは5パート85分間。
プレイはキス、SEX(騎乗位、立ちバック、対面座位、正常位)、耳舐め、フェラ、イラマチオです。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「戦力を増やす、という名目で構いませんので…… ぜひ、わたくしを、オナホとして使っていただけないでしょうか?」
ナナと2人で旅することが決まり、ひとまずお城の近くにある村へ到着した主人公は
彼女にお願いされて早速初めてのエッチをします。

エッチはパートによって責め手を切り替えながら進めます。
最初の3パート55分間はエッチしながら2人が仲良くなる様子も描いてるシーン。
「1.『早速、わたくしをお使いいただくのはいかがでしょうか?』(約25分)」は騎乗位
「2.『休憩のときにも、ぜひオナホ従者をお使いください』(約15分)」は立ちバック
「3.『癒されるような性処理おまんこをいたしましょう』(約15分)」は耳舐め+対面座位でSEXします。

オーリア・ナホ族は愛液がすぐ分泌する体質をしてるので
SEXする時に前戯を挟むパートはありません。
1番目の騎乗位も服を脱いだらすぐさま挿入&ピストンするスムーズな展開になってます。

「処女ですから…… きっと、中がキツキツで、きゅうきゅうに締め付けてくると思います。あるじ様は、どうぞ、わたくしのことは気にせず……好きだけ、感じてくださいませ♪」
そして彼女は早速彼に尽くす姿勢を見せて癒しながら気持ちよくします。
服を脱いだ時は恥ずかしそうな仕草でおっぱいやおまんこを見せ
SEX開始後はゆっくりピストンしながら先ほどまで処女だったことを教えます。
フィニッシュも全部中出しだったりとやることが本当に手厚いです。

会ったばかりの相手にここまでするのは彼女が元々献身的な性格なのだと思います。
躊躇する彼にぐいぐい迫ってSEXに持ち込む展開も含めて
体だけでなく心のケアにも力を入れて甘さとエロさを押し上げてます。

「お射精……ぴゅっぴゅに、我慢は必要ありません。好きなときに、好きなだけ、オナホ従者のおまんこに、ぴゅっぴゅしてくださいませ」
防鯖潤滑剤さんが得意とされてる淫語ももちろん出てきます。
おちんぽ、おまんこ、ぴゅっぴゅといった単語をセリフに違和感なく盛り込み応援します。
SEX中は吐息を漏らすことが多いので過去作ほど多く言うわけではありませんが
彼女が彼を興奮させようと頑張ってることを表現する重要な役割を果たします。

2番目と3番目のパートは同じSEXでもそれぞれに違った良さがあります。
前者は彼が初めて責め手に回るためやり方を優しく教えますし
後者は長旅で疲れた彼を気遣い、ピストンは軽くして耳舐めでカバーします。

「あぁ……。幸せ、です……。頭が、とろけてしまいそう……」
これらの最中に彼女がとても幸せそうな表情を見せるのが印象的でした。
勇者候補のサポート役として同行したのが、次第に情が移って別の感情を抱き始めます。
ほぼ恋人に近い雰囲気でエッチしますから聴いてるこっちが恥ずかしくなるくらいに甘いです。
対面座位SEXは他よりもスローになってて2人がこの時間を純粋に楽しんでるのがわかります。

続く2パート30分間は2人の関係がさらに前進します。
「4.『ぜひ、わたくしのお口もオナホにしてくださいませ』(約13分)」はフェラとイラマチオ
「5.『わたくしの心も体も、あるじ様のものです……♪』(約17分)」はキスを交えた正常位SEXをします。

「本当に、遠慮は必要ありません♪ もっと奥まで、おちんぽハメハメいただいても、大丈夫ですよ」
4番目のパートは前項で説明した「お互いを思いやる姿勢」が色濃く出てます。
彼のリクエストを受けて初めてSEX以外のプレイを選び
彼女が自分の口をオナホのように乱暴に扱うよう言います。
しかし彼は彼女を気遣って腰を浅めにゆっくり動かします。

彼女からしてみれば申し訳なく思うのでしょうけど
1人の女性として大事に扱われるのはきっと嬉しいはずです。
性欲処理をテーマにしてますが、実際は心の繋がりも感じられてイチャラブ感が強いです。

そしてこのプレイを挟んだ後にするから5番目の正常位SEXがより甘く感じます。
これまでよりもキスを多めにする、「好き」など愛の言葉を積極的に言うなど
彼女が彼に十分以上の好意を寄せてることをわかりやすく表現しながら愛し合います。

1~3番目のパートも相当に甘いですけど
色んなものを積み上げてきた後にこういうプレイが出てくると格別に思えます。
シナリオ力のあるサークルさんらしい深みのあるSEXが聴けて大変満足しました。

このように、SEX重視にしたうえで2人の心情描写にも力を入れてるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘さ抜群な作品
キャラ、シチュ、セリフ、プレイなどあらゆる要素を甘く揃えてる作品です。

ナナはこれから魔王討伐の旅に出る主人公を色んな面でサポートしようと
戦闘や冒険は得意の魔法を使い、休憩中や宿泊中は体を張って性欲を処理します。
そして彼女はとことん尽くす、彼はそんな彼女を労わる姿勢を見せて2人の心がどんどん近づきます。

精液で強くなる能力を持つ女の子が勇者候補の男性をエッチで応援するシチュ
5パート中4パートでSEXを行い、体位やスタイルを変えながら深く愛し合う純愛系のエッチ
彼をとことん持ち上げる彼女と、彼女を大事にしようとする彼が惹かれ合う展開。
エッチメインなんだけどキャラもしっかり立てて没入できるようにしてます。

「あるじ様の優しさを感じられるような、美味しいおちんぽミルクでした♪ 新鮮な魔力が、体に満ちていくようです……」
プレイ自体は4種類のSEX&フェラという割とシンプルな内容です。
それを彼女のセリフや反応といったシナリオ面で幅広さや深みを出してます。
彼女の能力や世界観も独特で面白いですし、すごくサークルさんらしい作品だと思います。

あとは効果音や環境音といった音の扱いにも気を配ってます。
複数種類の鳥の声、川の流れる音、波の音がパートによって変わりますし
ピストン音もペースや力強さを変えて臨場感を出してます。

彼女は最初から最後まで清楚に振舞うのでギャップ萌えを狙ってるところはありません。
でも純粋に彼をお世話したい、力になりたいという気持ちが言葉と行為の両方に込められてて
聴けば聴くほど幸せを感じたり胸のあたりがポカポカします。
心と体を充実させてから射精へ持っていく流れになってて
ストレートなドスケベな作品とは違った良さがあります。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、吐息とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女性に優しくされたい、尽くされたいと思ってる人には特におすすめします。
おまけは「淫語を囁いてご奉仕させていただきます」です。

CV:逢坂成美さん
総時間 2:04:49(本編…1:57:43 おまけ…7:06)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月9日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「Hyple」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、森の奥深くに住んでる妖艶なアルラウネが
自分の領域に迷い込んできた男性から何度も精気を吸い取ります。

催眠は様々なイメージを組み合わせて没入感と催眠状態を深め
エッチは3つの要素を組み合わせてその様子をわかりやすく表現する、といった具合に
主人公になりきって仮想プレイをリアルに体験できるよう丁寧にリードします。
触手プレイ中心ですが雰囲気は穏やかなのでややM~Mな人に最も向いてます。
アルラウネとのエッチを疑似体験
語り手に催眠をかけられアルラウネとエッチするお話。

「ようこそ 今日は とっても心地の良い体験をして 癒されましょう」
語り手は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意点や環境を確認すると
目を開けたままどこか一点を見るように言います。

本作品は人外娘とのエッチをできるだけリアルに体験させることを目的に
彼女がおよそ60分に渡って催眠をかけたりドライ系のエッチをします。
語り手は天の声として催眠者や案内役を務め、アルラウネはエッチシーンから登場して彼を直接相手します。
女性が2人登場しますが双子形式ではありませんのでご注意ください。

「ぷかぷか ぷかぷか あなたは海に浮かんでいる」
全編を通じて言える特徴はリアリティを出すための演出に力を入れてること。
催眠は途中からイメージ重視に変わってアルラウネと会うまでの様子を描き
エッチはプレイの大部分に効果音を入れてエロくわかりやすく表現します。

現実世界でアルラウネとエッチしたことがある人はいないはずですから
仮想プレイを主観的に体験できるように工夫しながら進めます。
Hypleさんが催眠音声を作るのはこれが初めてですけど
事前に勉強されたようで催眠誘導も割としっかりしてます。

エッチについては人間との違いをはっきり出すために触手プレイを中心に据えてます。
乳首、アナル、おちんちんとパートごとに責める部位を切り替え
セリフと音を組み合わせて少しずつ確実に追い込みます。
言葉責めや暗い描写は特にないのでM度はそれほど高くありません。
催眠音声では珍しく純粋なエロさを高めにして絶頂を迎えやすくします。
アルラウネに会いに行く催眠
催眠はおよそ18分間。
最初は楽な姿勢で目を開けたまま深呼吸と脱力をします。
途中で謎の少女が出てくる以外はほとんどを語り手1人で進めます。

「力が抜ける 一緒に緊張も抜ける 緊張が抜けて気持ちいい 体が気持ちよくて心が穏やかになって 催眠状態に少し近づく」
脱力は彼女がカウントを数えてる間は力を入れ続け、10になったら脱力します。
そしてそれに合わせて畳みかけるような速度で「力が抜ける」と暗示を入れます。
古典催眠の漸進的弛緩法というもので、実際に筋肉を動かすぶんリラックスしやすくなってます。

この先も含めて本作品の催眠はシーンごとにキーワードを定めてたり
暗示の頭に「ふわふわ」などの擬声語を入れてリズムを取るといった特徴が見られます。

セリフの表現自体はストレートですけど、入れ方に工夫がされてて深化しやすく感じました。

リラックスした後は誘導法が大きく変わります。
目を瞑ってから海に浮かんでるイメージを行い、太陽に照らされて水蒸気のように宙へ浮かび
森へ移動した後は雨粒となって地面に戻ります。
そしてそこで会った少女の後を追ってアルラウネがいる場所まで移動します。

「ぽた ぽたっと 雲から雨粒が落下する 意識も落下する ぽた ぽたっと落ちる」
「その光を放つ少女を見ていると なんだかぼーっとしてくるような 不思議な感覚に包まれる」

浮かぶ感覚、落ちる感覚、意識がぼやける感覚、足を中心に体が重くなる感覚など
旅を通じて状況に合った暗示を入れるなかなか凝った誘導です。
少女が放つ甘い匂いを伝えるシーンもあったりと
できるだけ多くの感覚に働きかけて臨場感を出してました。

実際に聴いてみると情景をイメージしやすく感じるでしょうね。
そしてイメージがあるから暗示の感覚も受け入れやすくなります。
私が聴いた時も落下感や意識のぼやけがそれなりに味わえて心地よかったです。

リラックスしてからイメージを使って没入感と深化の感覚を伝えるストーリー形式の催眠です。
聴き手をアルラウネがいる森の中へ連れて行くことを目的に
深呼吸から入って漸進的弛緩法、自然物に関するイメージを組み合わせた深化と
本作品の特徴が活きるように考えながら組み立ててます。

海に浮かんでるイメージが出てきた時点で「このまま海底に沈むのかな?」と思ってただけに
そこから森へ移動しアルラウネと会う展開が意外だしコンセプトにも合ってて良いです。
単に技術を使うのではなく、目的をちゃんと見据えてそこへ向かうように進めます。
処女作として見るぶんには優れてるほうだと私は思います。
ひとつずつじっくり責めるエッチ
エッチシーンは4パート28分間。
プレイは体の拘束、媚薬を塗り込む、触手による乳首/アナル/おちんちん責め/キス、指舐め、SEX(騎乗位)です。

触手責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありませんが射精表現はあります。

「あら、久しぶりの獲物ね」
アルラウネは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
自分の住処へふらふらやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
その場に生えてる植物のツタを使って性感帯を刺激します。

エッチは引き続き語り手が進行役を務め、アルラウネはその合間にちょこちょこ話します。
前半の2パート15分間はおちんちん以外を責めるシーン。
「02.胸部刺激(約8分)」は胸と乳首
「03.アナル刺激(約7分は)」はアナルと前立腺を違う形状の触手でいじります。

アルラウネ「その粘液は 触れるだけで感度が上がる媚薬なの」
語り手「腕と足が蜜に濡れる じーんとした疼きが 腕と足を痺れさせていく」
そしてここからは2人が連携を取りながら割とリアルな音を鳴らして臨場感を出します。
02パートは「じゅりっ」という筋っぽいくて幅広い水音を鳴らし
03パートは「ぎゅぷっ」という粘性高めの水音をリズミカルに鳴らします。

同じプレイでも責め方に応じて音の質感や動きが変わるおかげでイメージしやすく感じました。
催眠パートをイメージ重視にしたのが効果的に働いてます。
純粋なエロさを上げることにも繋がりますし、このへんはよくできてるなって思います。
これだけ音が鳴るならいっそ音そのものに気持ちよくなる暗示を入れても良かったかもしれません。

ちなみにどのパートも終盤に1回ずつ絶頂シーンがあります。
パートごとのプレイ時間が短いので、2パートに1回イクくらいのほうがやりやすいかなと。
盛り上げ方は割と上手ですから時間を長く取れさえすればイキやすくなるでしょう。

後半の2パート13分間はおちんちんメイン。
「04.ペニス搾精(約6分)」は筒状の触手
「05.騎乗位搾精(約7分)」はアルラウネのおまんこを使って精液を搾ります。

「くらくらと エッチな香りが脳みそまで浸蝕し あなたの頭がぼーっとする」
実況、暗示、効果音を組み合わせて追い込むところは前半と一緒ですが
再度深化させるアプローチを挟んで催眠状態を維持しやすくしてます。
絶頂した後は多少浅くなることがありますし、このへんでかけ直すのは良い判断だと思います。

ひとつだけ気になったのは絶頂後の時間がほとんどないこと。
02~04パートは絶頂シーンが終わった直後に次のパートへ進みます。
もう20~30秒長くして余韻に浸りやすくしておいたほうがいいでしょう。

このように、アルラウネらしいやり方で性感帯をひとつずつ責めていく個性を活かしたエッチが繰り広げられてます。
イメージ重視のドライ系作品
現実世界には存在しないプレイをできるだけリアルにお届けするややM~M向けの作品です。

語り手は主人公にアルラウネとのエッチを疑似体験させようと
まずは催眠を通じて彼女が住む深い森へ案内します。
そしてその後は役割分担しながら触手メインのプレイで何度もイかせます。

語り手に催眠をかけられアルラウネに搾精されるシチュ
リラックスの後に色んなイメージをして没入感を高める催眠
触手とおまんこを使って乳首、アナル、おちんちんを責めるエッチ。
テーマ性をきちんと持たせたうえで堅実にリードすることを心がけてます。

ここ数年の新規さんは以前よりもレベルの高い方が増えてますが
Hypleさんはその中でも個人的にかなり期待できるサークルさんと見てます。
催眠がただ技術を行使するものじゃなく目的に沿ってますし
エッチも2人に違う役割を持たせてエロさと臨場感を出してます。

絶頂後の描写が淡白なところとかは経験を積めば自然と解消するはずです。
効果音の扱いが丁寧なので音モノを作ってみると面白い作品が生まれるかもしれません。

絶頂シーンは4回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:語り手…浅木式さん アルラウネ…来夢ふらんさん
総時間 55:13

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月12日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「被支配中毒」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、肉体を持たずデータだけで存在するAIのお姉さんが
音声に興味を持った男性に変わったオナサポをします。

耳、乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるのが特徴で
序盤は耳舐め重視で焦らし気味に進めてたのが
中盤以降は乳首オナニーとおちんちんオナニーを同時にやり
さらにある言葉を起点に暗示も入れて彼女に乗っ取られる快感を味わわせます。

サークルさんは催眠音声と認識されてるようですが
実際に聴いてみたら催眠音声とは構造が違ったので、当サイトでは同人音声として紹介します。
お姉さんの言う通りにオナニーしてたはずが…
人工知能の不死川燈子(しなずがわとうこ)にオナサポ洗脳されるお話。

「あー あー あー 聞こえてますかー? うん 再生完了してるみたいだね」
燈子は明るくて穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自己紹介してからオナニーの準備を始めます。

本作品は声や態度は穏やかだけど性格は割とSな彼女が
音声に興味を持った彼におよそ50分間のオナサポをします。
「こりこり」「シコシコ」といった掛け声でリードする王道のやり方に
耳舐めが多い、途中から洗脳要素が加わるという独自要素を盛り込んでます。

耳舐めはプレイの序盤と終盤に登場し、合わせて20分ほどやります。
耳の内側を舐めたり舌先でぐりぐりするようにゆっくり責めてました。
水分が控えめなのでそれほどエロいって感じはしませんけど音や動きの臨場感は高いです。

「これは催眠なの 私が このキーワードを言うことで あなたは指示に従わざるを得なくなる」
後者は音声の中盤以降に登場するもので
あるキーワードを起点に彼女の言いなりになる暗示を小まめに入れてきます。
かなり頻繁に言うのでどれがキーワードにあたるかはすぐわかります。
「いつの間にか彼女に逆らえなくなってた」と感じる人がそれなりにいるでしょうね。
エッチの展開がスムーズですし、アプローチの手段も柔らかくて受け入れやすいです。

本作品を催眠音声じゃないと言う理由は催眠誘導にあたるシーンがないからです。
一般的な催眠音声は深呼吸や脱力をしてまずは暗示を受け入れやすい状況を作り
それからカウントを数えたり揺さぶりをかけて深化させます。
しかし本作品の場合は普通にオナサポしてたところへ途中からいきなり暗示を入れ始めます。

私は被暗示性が高いほうですから抵抗できない感覚をそれなりに味わえたのですが
この内容だと「誰にでもそれが通用するとは言いにくいかなぁ」と考えてます。
洗脳要素を含んだオナサポ音声として見るなら面白いところを持ってるので
そういう認識で聴いたほうが楽しめると思います。
ちなみに製品版には解除音声が入っており、本編終了後はそれを聴いて締めくくります。
言葉と快楽で乗っ取るエッチ
エッチシーンは38分間。
プレイはオナニー、耳舐め、乳首オナニー、暗示を使った洗脳です。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ オナニーを始めようか」
主人公に服装や部屋の環境を確認してもらった後
燈子はソフトなオナニーをさせながら左右の耳を舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の15分間は普通のオナサポに近い内容。
オナニーはほぼ自由にやらせて彼女は左右の耳を交互に舐め続けます。

「〇〇 そのまま聴きながら 本気でオナニーはしないでね まだまだ 準備なんだから」
耳舐め中はセリフをほとんど挟まず、数分ごとに軽く話しかけてくる緩いリードです。
しかし前項で説明したキーワードは早速登場しており
彼女が先々を見据えてこういう責め方をしてるのがわかります。

このシーンを聴いて「あれ? 思ってたより普通だな」と感じた人も
中盤以降で認識が一気に改まるはずです。
勃起してないと最後に射精できませんし、まずはオナサポに専念するのは良いことだと思います。

本作品が本領を発揮するのはその次から。
耳舐めから乳首オナニーに切り替え、「こりこり」という掛け声を小まめに出し始めます。
そしてキーワードを絡めた暗示を入れたり
おちんちんもシコシコボイスで後になるほど激しくしごく指示を出します。

「どんどんどんどん 何度も 何でも あなたは私に従わざるを得なくなっていく たかが音声データの私に 操られていく」
ほぼフリーだった序盤とは打って変わって指示を丁寧に出しますし
最中のセリフも洗脳を意識したものが一気に増えてM度が上がります。
乳首とおちんちんを同時にいじりますから、乳首を開発してる人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
キーワードを頻繁に言うおかげでそれを聞くたびに自然と意識してることにも気づきます。

また終盤の10分間は声の密度を上げて洗脳されてる気分をより強く味わわせます。
中央からは「シコシコ」「こりこり」の掛け声、左右では耳舐め+言葉責めと
最大3つの声や音を同時に流し、それぞれが別の役割を持って動きます。

このへんまで来ると体だけでなく心の快感もそれなりに強くなってますから
射精する時は彼女の言いなりになった陶酔感や、言う通りにできた達成感も湧いてくると思います。
オナサポ自体が相手の言う通りにオナニーする行為なので洗脳との相性は良いです。

このように、序盤と中盤以降でスタイルを大きく変えるM向けのエッチが繰り広げられてます。
洗脳を交えたオナサポ作品
指示をしっかり出しながら独自要素も使って気持ちよくする変わったオナサポ作品です。

燈子は音声を聴いてくれた主人公を自分の言いなりにしようと
穏やかな声と態度で接しながらまずは耳舐めを重点的にやって興奮を後押しします。
そして中盤以降は乳首+おちんちんオナニーに切り替え
さらにキーワードを使った暗示も組み込んで心身をバランスよく盛り上げます。

生身の人間になりたいと思ってるAIがオナサポを通じて男性の心を乗っ取るM向けのシチュ
耳舐めを多めにやったりシコシコボイスなどの掛け声を小まめに出す堅実なリード
最初は普通にオナサポしてたのが、途中から洗脳要素を一気に上げる落差のあるエッチ。
オナサポの要所を押さえつつ作品独自のプレイもやって個性を出してます。

中でも3番目は序盤がスタンダードだからこそ、中盤以降のプレイが余計引き立ってます。
レビューの序盤で書いたように本格的な催眠をかけるわけではないので
彼女に洗脳される感覚が誰でも味わえるとは言い切れません。
ですが徐々に本性を現わす展開や、キーワードを使って乗っ取ろうとするアプローチは面白いです。
オナサポもちゃんとやってくれますし、嗜好が合うなら普通に射精できます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 46:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
47分で1650円だと割高なので-1してあります。



サークル「アンスリウム」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールでエッチ大好きな2人の小悪魔が
ご主人様にあたる男性を協力して癒したり気持ちよくします。

「あまあま小悪魔」の名の通り甘さと意地悪さを兼ね備えたサービスをするのが特徴で
寝てる彼の耳に息を吹きかけたり、オナホをゆっくり動かし焦らしてたかと思えば
上下のお口でしっかり奉仕し、精液をそのまま受け止める健気なところも見せてくれます。
囁き声が多くセリフの表現も子供っぽいおかげでほのぼのした空気が漂ってます。
小悪魔たちがする可愛いご奉仕
リム(挿し絵左)とメル(挿し絵右)が耳かきやエッチをするお話。

リム「ねぇ いつまで寝てるの? 朝だよ おーきーて」
メル「お寝坊さんですか 許しません ふっ ふー」
リムとメルはやや声質の違うどちらも可愛い声の女の子。
ある日の朝、なかなか起きない主人公に左右から密着すると
交互に、あるいは同時に息を吹きかけながら囁き声で起きるように言います。

本作品は何らかの理由で彼の家に居ついてる彼女たちが
およそ90分に渡って悪戯したりエッチなご奉仕をして幸せな時間を過ごします。
彼女たちは人間ではありませんが彼のことを心の底から愛しており
物語の開始直後からあれこれサービスして彼の気を引こうとします。

リム「ご主人のおちんちんは リムたちに好き勝手されちゃうんだよ」
メル「メルのことも リムのことも いっぱい滅茶苦茶にしてくれるご主人が大好き」
そして2人は最中に優しさと意地悪さを組み合わせたリードをします。
耳舐めや息吹きで起こそうとしたり、おちんちんを焦らし気味に責めるところは小悪魔らしいですけど
中盤以降はそれ以上に優しく接して好意の裏返しであることを教えます。
エッチも完全女性上位ですがハードな要素はほとんどありません。
言葉責めもごく僅かで甘さのほうがずっと強くなってます。

小悪魔が相手なのに隅から隅まで甘かったら個性がなくなりますから
正反対の要素を組み合わせたうえで甘さが引き立つように調整してます。
彼女たちのセリフがストレートかつ子供っぽいのも良いですね。
無邪気でエッチもこなせることをわかりやすく表現してます。

サービスについてはエッチ→耳かきと珍しい流れになっており
どちらも囁き声で話しながら音重視でお世話します。
「超密着0距離音声」と言ってるだけあって至近距離から声や音が鳴るシーンが多く
耳に微弱な振動も伝わってきて彼女たちが近くにいるのを実感できます。

実際に聴いてみると静かで穏やかな印象を受けるでしょう。
一部のパートはわざと下品な音を鳴らしてギャップをつけるなど
キャラだけでなく音に対するこだわりも見られます。
エッチの後に耳かきすることも含めてバランスを重視した作品だと思います。
素朴で愛らしいエッチ
エッチシーンは5パート52分間。
プレイは耳舐め、オナホコキ、フェラ、SEX(騎乗位)、キス、全身舐めです。
オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

リム「ご主人 いくぞー」
耳に何度も息を吹きかけても主人公がなかなか起きないので
リムとメルは左右の耳を同時に舐めてエッチな気分にさせます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート19分間は甘さと意地悪さを兼ね備えたプレイ。
「02_あまあま耳舐め(約12分)」は両耳舐め
「03_ささやきオナホコキ(約7分)」は軽い言葉責めを交えたオナホコキで1回射精させます。

メル「お耳 ずーっと舐めてるね ご主人 好き」
リム「ご主人は 変態で ぺろぺろされると いっつもすーぐおちんちんまっかっかにおっきっきさせて いっぱいいじって欲しいよーって じんじんさせてるもん」
2人ともまったく諦めないところを見ると、それだけ彼に構って欲しいのでしょう。
愛情を感じる言葉と軽く見下す言葉を織り交ぜて小悪魔らしく気を引こうとします。
表裏のないセリフばかりなので彼女たちが何を思ってるかがわかりやすいです。
悪魔から連想される狡猾さはほとんどなく、純粋に好きだからそうしてるところに甘さを感じます。

また女性が2人いる状況を活かして連携の取れた責めを繰り出します。
耳舐めは片方がしゃべってる時はもう片方が舐め続けてちゅぱ音を絶やさないようにし
オナホコキもしごくペースを変えながら正反対の言葉責めを同時にして射精へ追い込みます。
射精時にぴゅっぴゅのセリフで応援するなど心身をバランスよく盛り上げます。

耳舐めのエロさが控えめですし、オナホコキの時間も短いことから
ここだけで抜くというよりは後々に向けて興奮させるシーンかなと。
本作品の特徴がしっかり出てるし音も良いので雰囲気作りの役割を十分果たせてます。

続く2パート26分間はエロさが一気に上がります。
「04_小悪魔フェラ(約12分)」は個別に、あるいは同時におちんちんをしゃぶり
「05_あまあま中出し搾精(約14分)」はメル→リムの順におまんこで精液を搾ります。

直前の耳舐めが抑えた音を鳴らしてたのでここもそうなのだろうと思いきや
フェラはがっつく感じの比較的激しいちゅぱ音を鳴らしててエロさが引き立ってます。
2人同時にやるシーンが多いおかげで密度も高いですし
02~03パートに見られた大人しさを上手くカバーできてます。

メル「ご主人のおちんちんは 直接子宮に精液注いでくれるから おっきくて 太いおちんちん メル 勝手に動いちゃう」
そしてSEXは2人の彼に対する愛の強さも表現して幸せな射精に導きます。
おちんちんの大きさを褒め称えながら熱っぽい吐息を積極的に漏らし
フィニッシュもおまんこで全部受け止めて男の征服欲を満たします。

メルは終始彼女が責めるスタイル、リムは彼が下から突き上げるスタイルと
同じ騎乗位でもやり方を変えて喘ぎ声にも違いを出してました。
リムのほうがやや激しく乱れてくれます。
ピストン音、喘ぎ声、耳や唇へのキス音とここもセリフより音の存在感が大きいです。

囁き声や吐息を多めにしてる関係でひとつひとつのエロさは落ちてますが
全体を見れば1~2回抜けるくらいの実用度を持ってます。
02と03で盛り上げてから04と05で追い込む感じです。

このように、意地悪な要素をちょっぴり交えて思いきり愛し合うイチャラブ感の強いエッチが繰り広げられてます。
癒しもエロも楽しめる作品
エロ重視ですけど彼女たちのキャラや他のサービスのおかげで癒しも得られる作品です。

リムとメルは大好きな主人公と一緒に幸せな時間を過ごそうと
序盤は耳への息吹きや耳舐めといった比較的ソフトなプレイで悪戯します。
そしてその後はオナホコキ、ダブルフェラ、SEXとどんどん濃いものに変え
言葉と行為に自分たちの気持ちもしっかり込めて愛してることを伝えます。

2人の小悪魔がご主人様に癒しとエッチなご奉仕をするノーマル向けのシチュ
セリフよりも音の割合を高くして近さと臨場感を出すタイトル通りの作り
小悪魔らしく少しだけ意地悪しながらそれよりずっと大きい愛情を注ぐピュアなキャラ。
彼女たちの魅力と音の良さが両方引き立つように作品を組み立ててます。

リム「ご主人がいるから 毎日 満たされて 幸せに 過ごせる」
中でも3番目はセリフの表現にも気を配っており、可愛いくて一途な女の子に描かれてます。
彼らがどういう経緯で会ったのかはわかりませんが
彼女たちは自分の意志で彼と一緒に暮らしてるのでしょう。
SEXの直後に全身を丁寧に舐めるパートがあったりと、彼を大事にする姿勢が至るところに見られます。

最後に、エッチ終了後から始まる「07_W耳かき・お耳マッサージ(約22分)」の紹介をします。
これは名前の通り耳かきとマッサージをするパートで
他と同じくリムが右、メルが左に陣取って左右同時に耳かき棒でお掃除します。

「ずり ぞす」という乾いてて丸みを帯びた音が使われており
耳の奥から手前へ掻き出すように動かします。
やることは割とシンプルですが手前と奥の概念がありますし
シーンによってストロークの長さも変えるので結構リアルです。

最中はセリフをほとんど挟まず音だけが流れてとても静かに感じました。
音と動きの品質も良く、エッチで疲れた心と体を休めるのに丁度いいサービスと言えます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、吐息(喘ぎ声含む)それなり、淫語とくちゅ音そこそこです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 1:46:30(本編…1:32:28 フリートーク…14:02)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「劇團近未来」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、千年の時を経て蘇った魔王様が
現在同棲してる男性を甘やかしながら気持ちよくします。

古風なしゃべり方で彼を褒めたり肯定するセリフをガンガン投げかける
授乳手コキ、キス、SEXといった愛を感じるプレイを積極的にやるなど
彼女の彼に対する想いの強さをわかりやすく表現した純愛系のエッチをするのが特徴です。
魔王様と過ごす幸せな日々
ナユタ様が自宅でエッチや添い寝をするお話。

「お帰りあるじ殿 遅うまで大儀じゃったな」
ナユタ様は古風なしゃべり方をする凛々しい声のお姉さん。
帰宅した主人公に挨拶し早速座らせると
左右の耳を舐めながら優しい言葉をかけてねぎらいます。

本作品は何らかの理由で久しぶりに目覚め現在は彼と一緒に住んでる彼女が
およそ90分に渡るエッチなサービスで疲れとムラムラを取り除きます。
2人が同棲してるところから始まるのでどういう経緯でこうなったかはよくわかりませんけど
彼女は最初から好感度MAXと言っていいくらい彼を溺愛する姿勢を見せます。

「そなたの唾液を 優しゅう味わってやろう お帰り お疲れさまじゃな」
威厳のある独特なしゃべり方をするところは魔王様らしいのに
彼をお世話する時はむしろへりくだって尽くす姿勢を見せます。
処女設定があるので初々しい仕草を見せるシーンもあったりと
人間の女性を相手にする時と非常に近い内容になってます。

全肯定や甘やかし成分が強いですから
仕事で疲れてるとか、精神的に参ってる人には良い薬になるでしょう。
エッチもパート中盤くらいまでは緩めに責めて最後に追い込む無理のない展開です。
最中のセリフも慈愛に満ちたものが多く、彼女が本気で彼を思いやってるのがわかります。
身も心も深く愛するエッチ
エッチシーンは5パート68分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、キス、授乳手コキ、SEX(騎乗位、正常位)、首筋舐めです。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「吾(あ)に限らず 魔界で生まれた者は 人の子の苦労が好物なのじゃが 舌で直接舐めたくなるわっぱは そなたが初めてじゃ」
帰宅したばかりで汗ばんでる主人公の耳を愛おしそうに舐めた後
ナユタ様は雑談を挟んでからハグやキスをして彼を元気にします。

エッチは一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート30分間は彼女の魅力を出しつつゆっくり責めるシーン。
「【02】お迎え:魔王のおっぱい抱っこと、ねっとり耳“奥”舐めじゃ(約13分)」は耳舐めとキス
「【03】授乳手コキ:ぽってり乳首とラブラブお手々まんこで、幸せにおなり(約17分)」は授乳手コキで甘やかします。

「あるじ殿 ナユタのおっぱいは そなただけのものじゃぞ」
魔王なのに彼を「あるじ殿」と呼んで敬愛の気持ちを示したり
おちんちん以外の性感帯を優しく舐めて興奮させる愛情たっぷりなプレイです。
ちゅぱ音も軒並み高品質で彼女にお世話されてる感覚が味わえます。
02パートはソフトに責めながら物語の背景を語って雰囲気を作ってました。

03パートは定番のプレイをしてストレートに甘やかします。
赤ちゃん言葉は言わないので幼児プレイとは違うものの
彼女なりのやり方で彼を幸せにしようとする気持ちが込められてて良いです。
乳首を強めに吸われたら軽く喘ぎ声を漏らすなど、初々しさ見せて処女らしさを出します。

続く3パート38分間は体のほうも深く繋がります。
「【04】溺愛キスハメ:完全上位存在の騎乗位で、たんとお射精しよう…の?(約17分)」は
騎乗位で初SEXしながらキスもして中出し射精を決め
「【05】乳首責め:舌と指で、勃起乳首を同時に可愛がるぞえ~♪(約6分)」は
休憩も兼ねて体を舐めたり乳首を責めて再び興奮させます。
そして「【06】耳舐め種付け:そなたが恋しい。許可なくチンポを抜かないでおくれ…っ(約15分)」は
今までと違い彼が正常位で責めて一緒に絶頂を目指します。

「いい いいっ そなたの好きに入れておくれ 中が 熱いっ」
そしてここからは彼女の心情や反応も多めに入れて一体感を出します。
おまんこを見せつけたら彼にガン見されて恥ずかしがったり
挿入後は吐息交じりの艶めかしい喘ぎ声を漏らしてくれてエロさと可愛さがあります。
最後はきっちり中出しを決めますし、甘さも今まで以上にパワーアップさせてます。

純粋なエロさで見れば私は06パートのほうが上だと思います。
2回目なので前回よりもスムーズに進むことや、彼女が積極的に喘いでくれるのが大きいです。
「好き」など愛の言葉も言ってくれますしエッチの最後を飾るに相応しいプレイと言えます。

このように、彼女の特徴を前面に押し出したあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い人外作品
セリフの言い回しに力を入れて魔王様らしさを表現してるノーマル向け作品です。

ナユタ様は自分を助けてくれた主人公に恩返しをしようと
恋人や妻あたりの親しい態度で接しながら思う存分甘やかします。
そして物語の中盤以降はSEXメインに切り替えて2人で一緒に気持ちよくなります。

話し方は古風だけど性格はとても優しい魔王様が人間の男性を甘やかす珍しいシチュ
全肯定や甘やかすセリフを多めに盛り込み、さらに授乳手コキや初SEXもする甘さの強いエッチ。
魔王様のイメージとは随分違う方向性を持たせて作品を組み立ててます。

「吾は 享楽を愛する 今は あるじ殿の幸せこそが 我の享楽」
特にセリフは普通の女性とは明らかな違いが見られて凝ってます。
カタカナ言葉をあまり使わないようにしてるのもその一環なのでしょう。
物語の後半からは心情描写も盛り込んで近さと温もりを感じさせてくれます。

エッチについては魔王様ならではと言えるものが特に見られないのは残念ですが
甘さを感じるプレイで固めてるところはテーマに沿ってます。
後になるほどエロさが増す展開も良いです。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:34:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月6日まで30%OFFの770円で販売されてます。



【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02_眠くなる音(声なし)」の様子を中心に紹介します。
ひとつの音をたっぷりお届け
最初の2パート77分間は耳かきに関する音。
「01_竹の耳かき(声なし)(約47分)」は竹の耳かき
「02_綿棒の耳かき(声なし)赤ちゃん綿棒あり(約30分)」は綿棒を使って時間いっぱいお世話します。

わざわざ「声なし」と書いてあるようにこのシーンは全パートセリフがありません。
吐息も流れませんから本当に音だけを楽しむ感じになってます。

また色んな種類の音を鳴らすことを意識してた本編とは違い
ここでは基本的に単一の器具を使うシンプルな構造をしてます。
10秒程度の短い間隔で動きやリズムが変わるため単調な印象は特にしません。
様々な動きを披露して癒す別方向のASMRが繰り広げられてます。

01パートは左耳を奥から手前に大きく掻き出したり
浅いところを小さく擦る感じに動くところから始まります。
そして5分ほど経つとペースが上がり、その2分後には逆に遅くなります。
長時間聴いても頭が痛くならないように、煤竹耳かきよりも幅が広く丸みを帯びた音を鳴らしてました。

こういう場合パートの前半は左耳、後半は右耳と分けることが多いのですが
本作品では早い段階に右へ切り替え、さらに一部で両耳を同時にケアするシーンを挟みます。
これも単調さを防ぐための工夫なのかなと。
普段は別々ですが左右のリズムを完全に合わせて掻き出すこともあります。

時間が長いことや音を通じて伝わってくる刺激がやや強いことから
安眠する時に聴く場合は音量を下げておいたほうが妨げにならないと思います。
耳かき棒の中では尖りが少ないものを採用してるおかげで耳に優しいです。
手前と奥の違いも音でちゃんと表現されてて本編と同じく質が高いです。

02パートは乾燥した綿棒を使ってるので耳かき棒よりも音が柔らかくなってます。
大小様々なストロークとリズムで耳の壁を撫でることが多く
面積も広めでこちらのほうが安眠のお供に適してます。

パートの前半は5分くらいの間隔で左右を入れ替えてたのが
後半に入ると左右同時に鳴らしたり切り替える時間が短くなります。
実況を一切しないので通常の綿棒と赤ちゃん綿棒の違いはよくわかりませんでした。
暑い季節によく効く泡音
続く2パート46分間は炭酸を扱うサービス。
「03_炭酸の中(声なし)(約31分)」は炭酸が入った水の中に頭を入れ
「04_炭酸氷(声なし)(約15分)」は炭酸水と氷が入ったグラスの音を耳元で聴きます。

前者は炭酸特有のシュワシュワした音よりも
プールに潜ってる時のような水の揺れる音や弾ける音を楽しむ感じになってます。
一応パートの序盤は清涼感のある音が鳴りますが、割と早い段階に炭酸が抜けてしまうので
それ以降は水に頭を突っ込んでる時の音がメインに変わります。
手で水をかいてるのか水の揺れる音が割と頻繁に鳴ってました。

それに対して後者は耳だけで炭酸を感じます。
最初にたぶん缶だと思うのですが、グラスに炭酸水を注ぐシーンがありまして
泡がパチパチ弾ける音が耳のすぐ近くで聞こえます。
また数分単位で中をかき混ぜる動作があって、その時は氷がグラスにぶつかる音が鳴ります。

ASMRではよく使われる音なのでこれ自体は全然問題ないですけど
03パートと同じく5分くらい経つと泡の音がほとんど聞こえなくなってしまい
それ以降は無音に近い状況になってたのは残念です。
数分間隔で継ぎ足す形にしたほうがより長く音を楽しめたと思います。
あるいはパートの時間をもっと短くするのもいいでしょう。

最後の「05_タッピング(声なし)(約17分)」は音の幅広さが魅力のパート。
指を使って何かを優しく叩く音を数分間隔で切り替えながら流します。

左右の耳を直接とんとんしてるような音から始まり
一旦中央に移動してから今度はこめかみのあたりを擦るジョリジョリした音へ変わります。
それからガラス瓶を叩く音、紙コップを叩く音、プラスチック製の容器を叩く音など
前の4パートとは違いテーマを揃えたうえで色んな質感の音を鳴らしてました。
ここだけは本編の内容に結構近いように思えます。

このように、声やセリフを一切使わず音だけで表現する本作品らしいサービスが繰り広げられてます。
癒しと安眠効果の高いASMR作品
全年齢向けのありとあらゆる音を網羅してる豪華な作品です。

パトラさんは仕事を頑張りすぎて心身共に疲れてる主人公を元気にしようと
首から上のマッサージ、耳かき、心のケアで体の内外を綺麗にします。
そしてこれらの大部分をリアルな音で表現し、サービスの種類も増やして耳を楽しませてくれます。

VTuberとして活躍中の温和な悪魔が心を込めてお世話するノーマル向けのシチュ
音の質、量、幅広さのすべてにこだわってるASMR成分の強いサービス
本編は多種多様な音を聴かせる、眠くなる音は単一の音を色んな動きで鳴らすといったように
同じASMRでもシーンによって異なる特徴や方向性を持たせた構成。
13時間もある状況を活かしてあらゆる音や要素を詰め込んだ決定版みたいな作品に仕上がってます。

中でも2番目は前作の長所を継承しつつボリュームをさらに増してて素晴らしいです。
これだけ音が豊富なら聴き手の様々なニーズにも応えられるでしょうし
「ASMR作品で何かひとつ選ぶとしたら?」という質問に対する答えとして挙げられます。

あとはVTuberなのに敢えて音で勝負する姿勢が私は好きです。
昨年あたりから全年齢、18禁を問わずVTuberが出演する作品が結構出てますけど
そのほとんどは中の人がしゃべったり演技するのをメインに据えてます。
でもパトラさんの場合は自分を一歩後ろに下げて音を前面に押し出してます。

自分の音作りや編集技術にそれだけ自信があるのでしょう。
チャンネル登録者数45万人というアドバンテージがあるのは否定しませんが
それにあぐらをかかず他のASMR作者と同じ土俵に立とうとしてるのも事実です。
このへんもASMR・オブ・ザ・イヤーを受賞した理由のひとつだと思います。

前編の初めのほうで書いたようにこの作品に点数はつけません。
ですがASMRに興味があるすべての人におすすめします。

おまけは「01_お昼寝を起こしてあげるね」と「02_2時間ASMR(LIVE視聴版)」です。

CV:周防パトラさん
総時間 13:32:55(01_本編…3:23:48 02_眠くなる音(声なし)…2:20:46 03_シチュエーション…4:02:15 04_マニアックフォルダ…59:21 おまけ…2:21:32 フリートーク…25:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
前作も7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「周防パトラ」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、見た目は悪魔だけど性格は天使な女の子が
心と体に疲れを感じてる人をたっぷり癒して眠らせます。

質、量、種類のすべてにこだわったASMR系のサービスが行われており
ヘッドスパ、耳のケア、顔のケア、耳かきなどパートごとに異なるテーマを掲げ
その中で多種多様なお世話をしながらリアルな音を鳴らして心身両面を心地よくします。
耳に優しい音ばかりですから普通に聴くのはもちろん、寝る時のお供にも役立つでしょう。

総時間が13時間もあるので前編(01_本編)、後編(02_眠くなる音(声なし))の2回に分けてお送りします。
人気VTuberが送る癒しのひと時
周防パトラさんが色んなシチュとサービスで癒すお話。

「こんばんは ここに来るの 初めてですよね」
パトラさんは甘く可愛い声の女の子。
突然不思議な場所にやって来た主人公を穏やかに迎えると
自己紹介の後に眠れない人のサポートをしてると告げます。

本作品は喫茶店で働きながら人々に健全なお世話もしてる彼女が
心と体に疲れを感じてる彼を思う存分癒してスッキリさせます。
01_本編(203分)、02_眠くなる音(声なし)(140分)、03_シチュエーション(242分)
04_マニアックフォルダ(59分)、おまけ(141分)と5つのシーンに分かれており
それぞれで違うコンセプトを持たせたうえで音重視のサービスを行います。

当サイトでは基本的におまけ以外のシーンをすべて紹介してるのですが
今回はさすがに総時間が長すぎて無理なので最初の6時間に的を絞って行います。
それに伴い前作と同じく点数は掲載しませんのでご了承ください。

周防パトラさんを知らない人がまだいると思うので先に説明しますと
昨年に発売した「悪魔娘が最高に癒すのでものすごく眠れる」という作品が
2020年のボイス・ASMR部門で累計ランキング1位に輝いてます。
しかも出たのが10月だから実質3か月でそれを達成してるというとんでもない作品です。
今作も全年齢の音声で初めて発売日に1万DLを突破しました。

…といった感じに一見してすごいとわかるわけですが
当サイトではさらに掘り下げてなぜそうなのかを皆さんに伝える方針で紹介していきます。
私も前作を聴く前は「VTuberとしての知名度で売れてるのかな?」と思ってました。
でもこの人に限って言えば人気だけで売れてるわけではないと今は認識してます。

その理由をものすごくシンプルに表すと音の質、量、幅広さのすべてが高水準です。
量は13時間もあればすぐわかることなので説明を省略するとして
質は現在活躍されてる全年齢向けサークルさんの中でもトップクラスに位置するリアルさを持ってます。
単純に質感が良いだけでなく位置、距離、リズム、動かし方、間の取り方など
かなり細かいレベルまで調整されててどの音も耳に違和感なく入ってきます。

同じサービスでも状況に応じて違う音が使われてますし
同一の音を延々垂れ流すのではなく、実際にお世話されてる雰囲気が出るように鳴らします。
タイトルを見ればわかるように本作品は安眠を強く意識してまして
どのパートも耳に優しい音で揃えてそのまま眠っても大丈夫なように作られてます。
本当に99.99%なのかは私にもわかりませんけど、眠りやすさを重視してるのは間違いないです。

幅広さについては例えば本編の耳かきパートだと
耳をブラシで優しく撫でて外側の汚れを取ってから通常の乾いた綿棒で耳の内外をお掃除し
さらにゴム製の耳かき棒、オイルに浸した綿棒、煤竹の耳かき棒と器具を使い分けてじっくりケアします。
当然サービスが変われば音も変化するわけで、専門店らしさを出したり単調さを防ぐことに繋がってます。
その次にも時間は短いですが両耳を梵天や指でかくパートが用意されてます。

今は専門店さながらのサービスをする音声も増えてきてますが
それを考慮してもここまで多種多様な音を聴ける作品はなかなかないです。
音を楽しみやすくするために最中は無言になったり「こねこね」などの擬声語を囁き声で言います。
VTuberなのに主役を音に譲ってるのも彼女の作品が持つ大きな特徴です。
音と言葉で癒す本編
5分程度の雑談を挟んだ後に始まる3パート105分間はマッサージと汚れ取り。
「02_とろけるヘッドスパ&もちもちシャンプー(約36分)」はヘッドスパ、炭酸シャンプー、トリートメント
「03_スペシャルお耳ケア(約46分)」は様々な洗浄をしてからの保湿
「04_スペシャルフェイスケア&ハンドケア(約23分)」は顔や手のパックと
主に首から上をターゲットにしてひとつずつ丁寧にケアします。

「頭皮のほうもこうやって 優しくマッサージするように…」
完全な無言だとさすがに味気ないので何をするかの説明は挟みますが
それ以外はできるだけ会話量を減らして音に集中できる環境を作ります。
擬声語を多めに言ってくれるおかげでほのぼのした雰囲気ができてました。

そして本作品の武器である音が早速大活躍します。
02パートは指で髪越しに頭皮を擦る時はじょりじょりした音が鳴り
その後のパドルブラシを使ったブラッシングは質感が多少硬くなる代わりに間が長くなります。
そして炭酸シャンプーは19分くらいの時間をかけてわしゃわしゃした小気味よい泡音を鳴らします。

ここだけでも色んなサービスが出てきますけど、炭酸シャンプーの存在感が最も大きいです。
頭頂部や側頭部を小刻みに擦ってたかと思えば一旦ペースを緩め
少し経つと再び加速して質感や動きに変化をつけます。
音を通じて微弱な振動も伝わってきますし、本作品の持ち味がしっかり表現されてます。

「床屋さんみたいですか? ふふっ くるくる もちもちな泡ができましたよー」
03パートは時間が長い状況を活かして内容を充実させてます。
ここだけで13種類もの異なるサービスを盛り込み
それぞれの状況に合った音を鳴らしつつ、それらを繋げてひとつの流れを作ります。
単に音を鳴らすだけだと彼の疲れを取り除くことには繋がらないので
専門店でやってくれそうなことをそのまま表現して癒しの空間を作ります。

個人的に面白いと思ったのがパート終盤に出てくる耳の保湿。
クリーム、オイル、炭酸化粧水、馬油を使い分ける凝った内容になってます。
耳の穴を手のひらや指で塞がれるシーンが何度もあり
その時は軽い圧迫感や閉塞感が味わえて彼女にお世話されてる気分に浸れます。

表面の汚れを一通り落とした後はより深い部分も綺麗にします。
「05_しっかりとお耳掃除(約37分)」は前項でも触れた様々なやり方で左右の耳を個別にケアし
「06_両耳みみかき(約9分)」はその直後に梵天、綿棒、タオル、指で細かい汚れを取ります。

「お耳の壁にへばりついた垢を 優しく丁寧に取っていくからね」
耳かきはASMRにおける定番なだけあってかなり力を入れてます。
綿棒は「ずしずし」と粗さのある柔らかい音だったのが、直後のゴムブラシはやや弾力のある音へと変わります。
オイル綿棒も乾燥綿棒より若干湿り気を帯びててリアルです。
そして煤竹耳かきは我々にとってお馴染みの細くて硬いゴリゴリした音を鳴らします。
最も刺激の強い煤竹耳かきでも耳に若干響く程度で力がかなり抑えられてました。

またここでは手前と奥の概念があるため、同じ器具でもトーンや強さがそれなりに変わります。
面積の広さ(2次元)と深さ(3次元)を組み合わせてあってなかなか濃い内容です。
06パートの両耳かきは左右同時に音を鳴らすことで個性を出してますし
テーマ性を持たせたうえでそれぞれができるだけ被らないように工夫して作られてます。

パトラさんの魅力が最も出てるのは「09_心のケア(約11分)」。
サービスを一通り終えて綺麗になった彼を優しさと温もりで内側から浄化します。

「なでなでなでなで いっぱいいい子して 心が温かくなったら 優しい気持ちに いっぱいなれるから 安心してね」
これまでができるだけしゃべらないようにしてたからこそ
ここで見せる彼女の甘い声やセリフが余計心に響きます。
終盤にぎゅっと抱きしめて心音を聞かせるシーンがあったりと
エッチじゃないやり方で愛情を注いで彼を気分よく送り出します。

前編部分をまとめますと、まだ全体の4分の1くらいしか聴いてないのに
もう十分満足できると言えるくらい癒しと安眠のパワーが強いです。
ASMRの基本である「音を主役に据える」をきちんと守って進めてますし
音も本当に多彩で3時間以上あっても飽きることなく聴き続けられました。
終盤には彼女の魅力が出てるシーンもあるので、彼女の作品としてちゃんと成り立ってると思います。

おまけは「01_お昼寝を起こしてあげるね」と「02_2時間ASMR(LIVE視聴版)」です。

後編へ続く…。
【寝落ちASMR13時間】99.99%ぐ~っすり寝かせちゃう癒しの安眠屋さん。(極上耳かき・マッサージ・赤ちゃん綿棒・囁き)(後編)

CV:周防パトラさん
総時間 13:32:55(01_本編…3:23:48 02_眠くなる音(声なし)…2:20:46 03_シチュエーション…4:02:15 04_マニアックフォルダ…59:21 おまけ…2:21:32 フリートーク…25:13)


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。
前作も7月11日まで30%OFFの1001円で販売されてます。



サークル「おるがる堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、力がすべてを支配する世界に転生してしまった男性が
2人の強力なメスガキに大人のおもちゃとおちんちんで勝負を挑みます。

メスガキをわからせるエッチに異世界要素を盛り込んでるのが特徴で
最初は彼女たちの弱点を突いて1人ずつ攻略し
それ以降は一気に甘い雰囲気に変わって妊娠覚悟の種付けを何度も決めます。
喘ぎ声の量が多いので好きな人ほど興奮できるでしょう。
異界のメスガキをおちんちんで討伐
ファニル(挿し絵右 龍族の娘)、プラーナ(挿し絵左 魔界の王女)とエッチして屈服させるお話。

「ほら人間 ぼけっとしてないで さっさとそのゴミを捨ててくるのだ」
ファニルは明るくて可愛い声の女の子。
「なぁ ファニルよ そのゴミは お主が捨てに行けばよいのではないか?」
プラーナは古風なしゃべり方をする穏やかな声の女の子。
ゴミ捨てを命じても重くてできないと言う主人公をあからさまに見下すと
彼が反抗的な態度を取るので脅して黙らせます。

本作品は何らかの理由で異世界転生した彼が
そこを支配してる魔王や龍族の血を引くメスガキたちと130分に渡ってエッチします。
物語が始まった直後の彼は力が弱いせいで奴隷に近い扱いを受けてます。
しかし転生時にたまたま持ってた大人のおもちゃを使って少しずつ状況を変えていきます。

「ほら人間 さっさと参ったしたらどうなのだ?」
ファニルは「~なのだ」が口癖でエッチをほとんど知らない女の子。
彼に勝負を挑まれ最初は余裕たっぷりな表情を見せますが
ローターに責められるとすぐさま弱々しい声で喘ぎ始めます。
おちんちんを挿入された時も積極的に喘ぎますし、攻略が簡単なメスガキという印象です。

「大サービスじゃ わらわの尻尾で その醜いチンポをしごき抜いてやるのじゃ」
それに対してプラーナは魔王の娘なだけあってかなり手ごわい相手です。
エッチの経験はないけど知識は一通り持ってるし、性感帯を責められてもまったく反応しません。
彼も1回目の勝負をした時は敗北し、2回目でようやくわからせることに成功します。

女性が2人いる作品と言えば複数人プレイがお馴染みですけど
本作品は1人ずつ攻略する流れになってるので中盤まではほぼ一対一で進めます。
そのほうが彼女たちの個性や弱さが引き立ちますし、わからせを二度味わえますからね。
おもちゃの力を借りるのは最初だけで、それ以降はおちんちんでストレートに屈服させます。

エッチについてはわからせをテーマにしてることを踏まえて
彼女たちが責められて乱れるシーンが多いです。
ファニルはトーンが高くエロ可愛い声、プラーナはオホ声多めの下品な声と随分違います。
彼女たちが責める時は触手や尻尾を使いますし、人外娘らしさもきちんと盛り込まれてます。
攻略の前後で落差が大きいエッチ
エッチシーンは9パート107分間。
プレイはおもちゃ責め、乳首責め、手コキ、放尿、クンニ、SEX、触手責め、足コキ、耳舐め、尻尾コキ、アナル責め(指とおちんちん)、キス、フェラです。
おもちゃ責め、乳首責め、手コキ、放尿、SEX、触手責め、尻尾コキ、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そ、それって確か プルプルするやつ んっ あぁぁぁぁ」
主人公に呼び止められてくすぐり勝負を挑まれたファニルは
ローターが生み出す初めての快感に早速切ない声を漏らします。

エッチは基本的に彼が責めて一部で彼女たちが反撃します。
前半の4パート52分間は2人を個別にわからせるシーン。
「02. 対決!性的無知僕っ子全身アクメ!(約13分)」はローター責めと手コキを同時に行い
「03. 陥落!無知まんこにわからせセックス!(約15分)」はクンニからのSEXでまずはファニルを落とします。
そして「04. 屈辱!触手まみれの死んじゃう射精!(約10分)」はプラーナの触手責めで敗北を味わい
「05. 逆襲!高貴なメスガキアナルをわからせ開発!(約14分)」はアナル責めでそのお返しをします。

「イクっ このビクビクってするの イクっていうのか?」
ファニルは力はあるけどエッチには弱いキャラなのでスムーズに堕ちます。
02パートでローター責めをしたらすぐさま喘ぎますし
反撃でする手コキも勝手がわからず終始押されて何度も絶頂します。

可愛さや初々しさを前面に押し出してるのでメスガキっぽさは薄めです。
無垢な女の子をストレートに開発する感じになってて明るいエロが楽しめます。
彼女が嫌がったり泣き出すこともないですし、快感にあっさり負けてて可愛さがあります。
SEXを終えた後に彼を「お兄ちゃん」と呼ぶところを見ると甘えん坊な性格なのかもしれません。

「待て貴様 それ以上そんなところを…ひぃぃぃ」
そしてファニルがチョロいからこそプラーナの手ごわさが引き立ってます。
04パートは文字通り手も足も出ない状況になってて格の差を見せつけてきます。
しかし彼女には「アナルだけはものすごく弱い」という特徴があるので
05パートでアナル責めを重点的にやると一転して情けない姿を晒します。

ファニルよりもトーンが低く太い声を漏らすので、普段の声とは随分違っててエロさを感じます。
余裕たっぷりだったメスガキを一気にわからせる展開も作品の趣旨に合ってて良いです。
触手責めの音もちゃんと入ってますし、人外娘ならではのプレイにも臨場感がありました。

後半の5パート55分間はわからせた後なのであまあま路線に変わります。
「06. 哀願!堕ちまんこ連続種付けわからせセックス!(約17分)」はプラーナをおちんちんで完全に攻略し
「07. 嫉妬!僕っ子メスガキのお風呂で逆レイプ!(約11分)」はファニルがフェラとSEXでご奉仕します。
さらに「08. 壮絶!堕ちメスガキたちの耳舐め全身愛撫!(約11分)」は耳舐め+フェラ
「09. 乱交!Wメスガキまんこに孕ませ中出し!(約11分)」はファニル→プラーナの順に種付けをします。

プラーナ「これで満足か? わらわの負けじゃ」
ファニル「にいに ボクの孕みたがりのくぱくぱメスガキおまんこに ぴちぴちの子種をたーっぷりぶち込んで 孕ませるのだ」
力がすべての世界なので、エッチで勝てないと判断した後は2人とも一気に丸くなります。
プラーナは自分から素直に負けを認めますし
ファニルは実の妹のようにひたすら慕ってくる可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチのほうは引き続き容赦がなく、前半は4回だった射精シーンが10回まで増えます。

普通にエッチするだけだと人間と変わらないから連続射精メインに切り替えてるのかなと。
ちゅぱ音や喘ぎ声も激しいものが多くて実用性が上がってるように感じました。
前半はメスガキをわからせるシチュが聴きどころだったのが、後半は割とストレートな内容になってます。

08パートと09パートは2人が同時に責めるのもそう言える理由のひとつです。
キスや耳舐めとフェラ、耳舐め+SEXとどちらも濃いプレイに仕上がってます。
S向けの要素がかなり減るのでこのシーンはほぼノーマル向けですね。
最後は彼女たちの母乳を飲むシーンもあったりと、穏やかな形で締めくくってます。

このように、メスガキをわからせる快感と愛される快感を味わわせる比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
人気のジャンルを融合させてる作品
音声でこのところ人気があるメスガキと人外を上手く組み合わせてるややM~ややS向けの作品です。

主人公は転生したのに現実世界よりもずっと酷い扱いを受けてる今の状況を変えようと
あちらから持ってきた大人のおもちゃとおちんちんを駆使して2人のメスガキを順番にわからせます。
そして攻略した後は個別に、あるいは同時にイチャイチャして幸せな時間を過ごします。

魔王の娘と龍族の娘が人間の男におちんちんでわからされる珍しいシチュ
反抗的な態度を取る彼女たちを1人ずつ攻略する前半シーン
すっかり従順になった2人と責め合いながらきっちり種付けもする後半シーン。
わからせておしまいではなく、その後の様子も描いて甘さとエロさを上げてます。

中でも2番目は本作品の見せ場にあたるためそれぞれが違う展開になってます。
ファニルは本当にあっさり堕ちるので物足りなく感じるでしょうが
その部分をプラーナが補って丁度いいあたりに収まってます。
乱れた時のギャップもプラーナのほうが大きくて印象に残りました。
ファニルは小動物的な可愛さのある女の子です。

エッチはわからせをテーマにしてる関係で彼女たちが乱れるシーンを多く用意してます。
喘ぎ声にもちゃんと違いがあってサークルさんがキャラを大事にしてるのがわかります。
触手責めや尻尾責めも出てきますけどやっぱりメインはSEXです。

射精シーンは14回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

一風変わったわからせ作品を探してる人には特におすすめします。

CV:ファニル…逢坂成美さん プラーナ…秋野かえでさん
総時間 2:11:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月2日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「バブバブの森」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、変態な男が大好きで幻術も得意な男の娘妖怪が
自分好みの性癖を持つ男子を濃厚かつアブノーマルなエッチで虜にします。

教室や街中で吐息を流しながら相互手コキやアナルSEXをしたり
「キモーい」と多めに言うのと同じくらい甘やかすセリフも投げかけるなど
彼の特徴や能力を駆使して快楽に溺れさせるM向けの奇抜なプレイが楽しめます。
いじめではなく愛情表現の一環としてやりますから、甘えん坊なマゾなら気分よく聴けるし抜けるでしょう。
男の娘に甘えて赤ちゃんになろう
カズキと5種類のエッチをして幼児退行するお話。

「あっ ねね ノート見せて? いいでしょ? 隣の席のよしみだと思って お願い」
カズキはややトーンが低く可愛い声の男の娘。
授業中にノートを見せて欲しいと主人公にお願いすると
彼が自分の彼氏だと言ってから手を握って誘惑します。

本作品は赤ちゃん扱いされながら馬鹿にされる変態くんを大好物にしてる彼が
その資質を持つ主人公をおよそ110分に渡ってエッチに誘惑します。
彼は妖怪なので人間にはない能力が備わっており
作中ではそれを駆使してなかなか刺激的なプレイを提供します。

例えばエッチ開始から少し経つと左右中央の3人体制に変わり
中央の彼が責めながら左右で吐息を漏らしたり言葉責めをガンガンやります。

相手するのは彼1人ですが、常に複数人プレイで進めるためどのパートも内容が濃いです。
特に吐息はほぼずっと流れ続けると言っていいほど多いので
左右の耳に微弱な風圧が感じられて心地よさやゾワゾワする感覚がします。

「とってもキモキモでちた ふふっ やっぱり赤ちゃんになりたかったんだね」
また言葉責めは甘えん坊で変態な彼の性癖に刺さるように
赤ちゃん言葉で話しながら「キモい」「変態」といった見下すセリフを投げかけます。
ですが彼は主人公に最初から強い好意を抱いてるので凹ませる意図はありません。
普通の女性ではやってくれないサービスをして主人公の心をガッチリ掴もうとします。

見下すのと同じくらい甘やかすセリフも出てきますから
彼なりの愛情表現と見るのが妥当でしょう。
射精時には必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど言葉責めにもこだわってます。

体への責めは相手が男の娘なので割と独特です。
お互いのおちんちんをしごき合ったり責め、受け両方でアナルSEXをします。
声が完全に女の子ですからホモっぽさは全然ありません。
終盤には授乳手コキも出てきますし、お姉ちゃんがする甘やかしを男の娘に置き換えてやってます。

変態嗜好の男の娘妖怪が変態な男子をエッチで手懐けるシチュと、密度や個性の強いエッチ。
カズキの特徴を活かしながらサークルさんが得意とするプレイをやるM向けの作品です。
徐々にダメにするエッチ
エッチシーンは5パート95分間。
プレイは相互手コキ、吐息責め、キス、アナルSEX(駅弁、立ちバック)、乳首責め、オナニー、授乳手コキ、玉揉み、足コキ、腋舐め、太ももコキ、フェラです。
手コキ、アナルSEX、足コキ、太ももコキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら ボクの指が ズボンの中にするするーって入って…」
自分を女の子と勘違いしておちんちんを勃起させてるのに気づいたカズキは
手を伸ばしてしごきながら耳元で囁いてさらに興奮させます。

エッチは彼がリードしつつ一部で主人公が責めます。
最初の2パート44分間は彼だからこそできるアブノーマルなプレイ。
「1.男の娘だって気づきもしないで、赤ちゃん甘えたで勃起しちゃうなんてなさけーい(約22分)」は
教師での授業中にお互いのおちんちんをしごきます。
そして「2.ラブラブアナル駅弁みんなに見せつけて、きもーい姿、笑ってもらいまちょうね(約22分)」は
翌日に学校近くの野外でカズキのアナルに挿入します。

「ボクは変態赤ちゃんが好きだよ もっと可愛がってあげたくなっちゃう」
彼は主人公と恋人になるためにこのエッチをしてるので
序盤から自分の気持ちをストレートに伝えて悪意がないことをアピールします。
実際のところ手コキはしっかりやりますし、主人公におちんちんを差し出して一緒に気持ちよくなります。
おかげでプレイや言葉責めはM向けなのに雰囲気は甘くて聴きやすいです。

どちらのパートも公共の場でエッチするのも大きな特徴です。
彼は幻術が得意で周りの人に気づかれないようにしたり、対象の記憶を消すことができます。
最初のパートで普通に責め合えるのも彼が能力を使うからです。
2番目では姿を完全に隠したままおちんちんをアナルで受ける離れ業もやってのけます。

つまり妖怪だから無茶なことでもやり放題ってわけです。
プレイを通じて「主人公を満足させられるのはボクだけだよ」と言ってるように感じました。
吐息や言葉責めもボリュームが多く、本作品の持ち味が早速出てます。

続く3パート51分間は主人公を立派な赤ちゃんに育てるシーン。
「3.オスガキにバックでアナルファックされながら乳首いじりでアヘアヘしまちょうね(約19分)」は
前のパートと逆にロッカー内で彼にアナルを掘られます。
そして「4.ついに念願のオスガキ授乳でゴリ勃起手こき、気持ちいでちゅね(約17分)」は授乳手コキ
「5.赤ちゃん堕ちしてママザーメン飲みながら、ラブラブ足こきふみふみで惨めにいきまちょうね(約15分)」は
彼が足コキ、主人公がフェラする形で再びおちんちんを責め合います。

「んっ 優しいチンシコ ありがとう 2人で恋人チン握りして 相思相愛だね」
主人公と2回エッチしてカズキもすっかり気に入ったのでしょう。
学校内で手を繋いだり優しい言葉をかけて甘い雰囲気を作ります。
言葉責めは引き続きやりますが、これのおかげでいじめじゃなくサービスなのがわかります。
アナルSEXをやり返す展開も彼なりの恩返しなのかなと。
同時にオナニーしますから主人公の射精シーンもちゃんとあります。

「ぶひぶひ言いながら 露骨にじゅるじゅる音鳴らして カズキママにアピールして?」
4番目のパートは幼児退行をそのまま表現してて最も甘い内容です。
授乳をためらう主人公に激しいキスをして心をとろかせ
無事できた後はママになりきって後になるほどおちんちんをハードにしごきます。
セリフは甘く、体への責めは激しくとギャップを持たせてあってなかなかエロいです。

最終パートは主人公がM字開脚&ダブルピースをする
カズキはそれへのご褒美に足コキや太ももコキをするとM向けの要素が充実してます。
この時点で主人公はすっかり彼に依存してるので最後の仕上げといった感じです。
主人公の頑張りを素直に認めてご褒美をあげる彼なりの甘やかしになってます。

このように、男の娘妖怪だからこそできる甘くてアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
優しく弄んでくれる作品
カズキの魅力を前面に押し出して快楽堕ちさせるぶっ飛んだ作品です。

カズキは自分の嗜好にピッタリ合う主人公を従順な赤ちゃんにしようと
得意の幻術を使って吐息責めや言葉責めを同時にやりながらおちんちんもがっつり責めます。
そして中盤以降は幼児退行の色を強くしてどんどんダメになるようにリードします。

甘えん坊な変態を好む男の娘妖怪がその属性を持つ男子をエッチな手段で虜にするシチュ
複数の責めを同時にやりながら男の娘ならではのプレイもする濃いエッチ
主人公を見下すセリフと甘やかすセリフを同じくらい投げかける独特な言葉責め。
音声作品ではあまり見かけないキャラやプレイを上手く組み合わせて面白い作品に仕上げてます。

中でも2番目は各要素のインパクトが強くてどのパートも聴き応えがあります。
メインヒロインが男の娘で妖怪、しかも幻術を使えると現実離れしたキャラですし
言葉責め、吐息責め、体への責めを同時にやったり青姦パートを入れてプレイに個性を与えてます。
おちんちんへの責めについても相互手コキやアナルSEXを3パートもやってて突き抜けてます。

「もう完全にキモ赤ちゃんになっちゃったね とってもちゅてきだよ」
優しさと意地悪さを混在させてるのも印象的でした。
彼が主人公に意地悪するのはM心をくすぐるためで悪意はありません。
相手が望むものをどんどん与えて引き寄せる割と正統派の誘惑です。
私にはむしろ彼が後になるほど主人公にのめり込んでるように映りました。

射精シーンは5回。
吐息大量、くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
男の娘に甘やかされるのが好きな人、吐息をたっぷり聴きたい人には特におすすめします。

CV:カズキ…大山チロルさん 街の学生やOL…MOMOKA。さん、浅木式さん、涼花みなせさん(2番目のパートにのみ登場)
総時間 1:51:37 おまけの吐息ループ…8:18

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月2日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

↑このページのトップヘ