同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:乳首

   ● 奴隷人形の乳首オナニー催眠
   ● 幼馴染が布団にしのびこんできて、乳首と耳をこねこねじゅぷじゅぷ責められる音声
   ● 丁寧語で射精管理されたい催眠音声
   ● 【バイノーラル】惨め射精クラブ
   ● 隣のお姉ちゃんに優しく調教されて、乳首でメスイキしちゃう音声
   ● OFFICE SWEET PAIN~上司から受ける癒やし術~(再レビュー)
   ● 妹の乳首舐めオナホコキ
   ● あまあま囁き搾精機関 ~優しいゆるふわお姉ちゃんの場合~
   ● メスイキ催眠
   ● 【催眠音声】催眠マリオネット


奴隷人形の乳首オナニー催眠

サークル「チューン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけどSっ気も強いお姉さんが
催眠を使って男性を自分の操り人形に変え、その状況を活かしたエッチな調教を施します。

タイトルにもなっている「人形」と「乳首」を大事にしたM向けのサービスが行われており
催眠パートは彼女の声に対する集中力や好感度を高めながら心と体を脱力させ
エッチに入ると女王様っぽい声と態度で見下すセリフや命令をガンガンぶつけます。
トレーニング要素は薄いですから乳首を既に開発してる人のほうがずっと楽しめるでしょう。
奴隷になって乳首をたっぷり
お姉さんに催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「こんにちは もしかしたら今あなたは朝の挨拶のほうが正しいかもしれませんね」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を説明し、二人だけの世界に来た主人公を温かく迎えると
催眠を使って心地いい夢と現実の境目へと案内します。

本作品は女性に心と体を操られながら絶頂する「人形化」をテーマに
彼女が75分程度に渡って催眠をかけたり2種類のエッチな調教をします。
チューンさんは乳首オナニーがとても好きなサークルさんのようで
処女作「お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー」ではおちんちんに指一本触れない尖ったエッチをされてました。

それを受けて本作品でもエッチの前半は乳首オナニーのみ、後半は乳首+おちんちんといったように
乳首で気持ちよくなることを強く意識したリードをします。
細かないじり方やペースはあまり指示してきませんから未経験者よりも普段いじり慣れてる人のほうがやりやすいです。
焦らしや言葉責めといったM向けの要素も多く、同じジャンルで有名なちちのひシリーズとは違った良さを持ってます。

催眠はおよそ19分間。
仰向けに横になってまずは深呼吸しながら彼女の言葉に耳を傾けます。

「あまり固くならないでください 決して怖い思いをすることはありません むしろあなたは これから私の声を聞くたびに とても大きな喜びを感じるようになります」
彼女には彼を無理矢理押さえつけて隷属させる気が一切なく
催眠のところどころで声に対する集中力が高まったり良い印象を抱きたくなる言葉を投げかけます。
人形になりきるにはご主人様の言葉を素直に受け入れられる心が必要です。
だからまずはリラックス重視の誘導をして自然とそうなれる環境を整えます。

最初から最後までほぼずっと深呼吸を続けるのも特徴のひとつです。
前半は心の、後半は体の脱力を狙った暗示を色々と入れてくるので
後になるほど頭の中がぽわぽわするとか、手足を中心に重さを感じるといった変化が現れます。

「皮膚の感覚も徐々になくなって ずーっと深い 水の中にいるような脱力感」
後半の脱力も聴き手が受け入れやすく感じる言葉を選びながら
「重くなる」などの暗示をところどころで入れる緩い内容になってます。
脱力の暗示をやたら重ねると押しつけがましさが出て雰囲気に合いませんし
彼女の言葉をすんなり受け入れる心構えができてれば沢山入れる必要もありません。
脱力する部位を手足に絞ってるのもそれさえやっておけばエッチを十分楽しめるからです。

簡単に言うと目的を見据えた効果的なアプローチをされてます。
初めての催眠音声でこういう組み立て方ができるのはすごいことだと思います。
深呼吸を多めにやる流れや紅月ことねさんの演技も相まって心地良い脱力感が味わえました。

エッチの準備に注力したシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手の心と身体を空っぽにし、命令を素直に受け入れられる人形にすることを目的に
深呼吸から始まってリラックスの暗示、手足の脱力、カウントを使った深化と
やることをある程度絞り込みそれらを順序よく丁寧に行います。

本作品のエッチはセルフ主体ですから、後々無理なく手を動かせるように脱力はほどほどに抑え
命令を受け入れ遂行しやすくする心の脱力に力を入れてます。
深化が軽いのでそれほど深い催眠状態には入れないでしょうけど心身がスッキリした感覚はすると思います。
この後M向けのエッチをするとは思えないほど雰囲気が穏やかで癒やされました。
心身をバランス良く責める恥ずかしいエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはおちんちんの観察、乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチ開始直後に服を脱ぐ指示が出ます。

「さぁ これであなたは私の命令以外で 指一本動かせない木偶の坊」
催眠を使って主人公を何もできない人形に作り変えたお姉さんは
早速全裸になる指示を出し、露わになった彼のおちんちんを強めに貶します。

エッチはどちらも彼女に言われた通りに体を動かします。
前半の乳首オナニーパートは本作品のメインとも言えるパート(約22分)。
脱衣後におちんちんを観察されて興奮を少し高めてから最初は片方、少し経つと両方同時に乳首をいじります。
ちなみに腕を動かす際は事前に脱力を解除する暗示が入ります。

「私の鼻にペニスでなんて触ったら 命令して 自分でその汚らわしいブタチンポ ねじ切らせちゃうわよ」
「ほら 乳首をいじれ 好きなだけ勝手に気持ちよくなってろ ブタ」

彼が自分の言うことに一切反発できなくなったと判断したのでしょう。
催眠パートとは随分違う嗜虐的な声でこちらを見下す言葉責めを積極的に浴びせます。
上のセリフはどんなに深い催眠に入ってても絶対に遂行しない命令ですし
こんな脅しをかけられたら催眠の大前提となる信頼関係が一気に崩れて解けてしまいます。
言葉責めも「クズ」「ブタ」などきついものが多く、残念ながら内容が催眠から脱線してしまってます。

乳首オナニーについては乳首がくすぐったくなる暗示を入れるのに合わせて始め
カウントを数えて感度を強化したり、再度脱力させて焦らすなど表面上は催眠音声らしい流れになってます。
しかしこの後のオナニーパートも含めてカウントの前後に入れる暗示が弱く
その効果をうまく伝えられてるかと言われれば首を捻ります。
私が聴いた時も普段の乳首オナニーとさほど変わらない気持ちよさでした。

後半の射精パートはおちんちんへの刺激も含めたプレイ(約16分)。
序盤は緩く、中盤以降はフリースタイルで乳首やおちんちんをいじり
彼女が許可を出すまで射精をひたすら我慢し続けます。

「目の前であなたの乳首オナニーを見ていたら 我慢汁が少し顔にかかっちゃったじゃない このクズ」
「おちんちんが壊れるくらいにまで 変態クソザーメン吐き出せ! イケっ! 変態ドMブタ野郎!」

前のパートと同じくカウントを適度に数えてプレイの開始や射精の合図を出すシンプルなもので
彼の奴隷化が進行したのに合わせて言葉責めがさらにきついものに変化します。
事前に「命令や言葉責めを受けるほど幸せを感じる」と暗示を入れていればまた違ったのでしょうが
催眠をあまり活用できておらず同人音声のオナサポに近いプレイになってしまってます。
言葉責めをするにしても単に見下すのではなくメリットを強調するなど言い回しに気を遣って欲しかったです。

私が聴いた時は言葉責めがきつすぎてエッチの序盤に催眠が解けてしまいました。
同人音声から入ったサークルさんはそちらの制作経験があるせいで
催眠音声も同じノリで作ってしまう傾向が見られます。
同人と催眠はエッチが根本的に違いますからもっと技術を活かして組み立てたほうがいいと思います。

このように、乳首をたっぷりいじらせつつ罵倒するきついエッチが繰り広げられてます。
テーマ性はあるのだが…
どちらかというと催眠パートに光るものを感じる作品です。

普段は穏やかだけどエッチになると急にSっ気を発揮するお姉さんが
リラックス重視の催眠をかけて人形化の土台を整えてからそれに合わせた乳首メインのエッチを行います。

最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続けるサークルさんの作風を反映させたエッチ
その準備として申し分ない誘導をするテーマに沿った催眠。
奴隷人形になりきって気持ちいい絶頂を迎えることだけを見据えたサービスをします。

特に催眠は古典系の技術をベースにセリフの表現を柔らかくし
さらにリラックスや脱力の暗示をほどほどにして集中力や信頼度の向上に努めてます。
言葉だけでイかせる純粋なドライとは違い本作品は乳首オナニーという十分な触媒があるので
そこまで深い催眠状態に誘導する必要がないというメリットがあります。
あまりに深くすると今度は手をうまく動かせなくなりますし、これくらいが丁度いいです。
技術そのものよりも方向性や匙加減といったバランス面に優れたものを持ってます。

その一方でエッチは大崩れと言いますか、催眠に比べると品質がかなり落ちてます。
催眠を活かしたプレイや言葉責めをしてないのが一番の理由です。

「私が話してる間に さっきの乳首と同じように 快感が増大し続けていたから 感じちゃうのはしょうがないよね」
例えば射精パートにこんなセリフがあるのですが
催眠者が何もしてないのに感度が増大することなんて普通はありません。
技術を駆使して実際にそうなるようにきちんと誘導するから効果が現れるのです。

サークルさんが催眠状態を過信されてるのかもしれませんが
エッチに入ると暗示の入れ方が一気に雑になり、言えば何でもその通りになるかのようなリードをしています。
M性の高いプレイほどセリフの表現やアプローチの方法を繊細にしたほうがいいと思います。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語(言葉責め含む)それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠は良いのだけどエッチがうーん…な作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:16:41

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
76分で700円とコスパがいいので+1してあります。

幼馴染が布団にしのびこんできて、乳首と耳をこねこねじゅぷじゅぷ責められる音声

サークル「へーどねー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、赤ちゃんの頃から主人公と仲良くしてる幼馴染が
とある出来事をきっかけに彼の体を色々いじって開発します。

乳首責めに大変力を入れてるのが特徴で
エッチシーンの75%近くもの時間を割き、効果音と擬声語を組み合わせて多彩な責めを繰り出します。
幼馴染のエッチな恩返し
幼馴染に乳首をいじられるお話。

「あ、起きちゃった? おはよー、私でーす!」
幼馴染は明るくて可愛い声の女の子。
睡眠中の主人公のベッドに突然潜り込み挨拶すると
ここに来た事情を話してから彼を抱いて冷えた体を温めます。

本作品は自宅のエアコンが故障して彼の家に緊急避難してきた彼女が
暖を取るために体を密着させた勢いで25分程度に渡るエッチなご奉仕をします。
小さい頃からの友達なだけあって最初から抱き合ったり手を繋ぐほどに仲が良く
プレイ中も彼のことを一切見下さず「可愛い」と褒めながら嬉しそうに取り組みます。

二人がエッチな事をするのは今回が初めてのようですから
寒さから救ってくれた彼に対するお礼の意味合いが強いです。
M性を感じる要素がほぼないので興味を持ったのなら性癖がノーマルでも普通に聴けます。

「男の子の乳首、どんな感じなのかすごく気になってたんだ だって、キミ以外にこんなこと…言えないでしょ」
しかしエッチの内容は若干アブノーマルな要素を含んでます。
彼女が男性の乳首に強い興味を持ってることを踏まえて乳首をいじる時間を長く取り
その中でいじり方を小まめに切り替えながら少しずつ刺激を強くしていきます。


具体的には24分30秒あるエッチシーンのうち18分を割いて
乳輪を撫でる、二本の指で乳首を挟んで擦る、中指だけでこねるなど合計6種類のプレイをします。
主人公が乳首未開発者に設定されてるおかげで指示が全体的に細かく
言われた通りに自分でいじればそれなりに気持ちよくなれるように作られてます。

それに対して耳やおちんちんといった他の性感帯への責めは淡白です。
タイトルから耳もそれなりに責めるっぽく思う人もいるでしょうが、実際は1分程度舐めるだけです。
乳首以外はおまけと思っておいたほうがずっと満足できます。
開発を優しく応援するエッチ
エッチシーンは24分30秒間
プレイはおちんちんの愛撫、耳舐め、手コキ、乳首責めです。
手コキ、乳首責めの際に効果音が鳴ります。

「ここ、熱くなってるから、私の手で冷やしてあげようかなぁ ふふふっ」
主人公と一緒のベッドに入り手、胸、脚を絡めて冷えた体を温めていた幼馴染は
おちんちんが元気になってることに気づきズボン越しに優しく撫で始めます。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
最初の6分30秒間は本番に向けて気持ちを盛り上げるシーン。
ズボン越しにおちんちんを愛撫するところから入って下品な音を鳴らす耳舐め
さらに直の手コキと男女がする一般的なエッチとほぼ同じ流れで責めます。

「直接触って貰えるって聞いて、おちんちんピクッってしちゃった? 可愛い」
彼女は彼に対してそこまで強い恋愛感情を抱いてる様子は見られませんが
勃起を鎮めようと自らエッチを提案し積極的にお世話します。
最中のセリフも彼を労ったり甘やかすものばかりで雰囲気がとても甘いです。

メインの乳首責めが登場するのはその後から。
彼が乳首オナニーをしたことがないことを知って興味が湧いたらしく
指と爪先を使って色んな刺激を与え、彼の感じる姿を嬉しそうに観察します。

「乳輪だけ、くるくるくる 指先で、かるーくなぞるように、くるくるくる」
「くりくりくり、くりくりくり えらいよ、そのままもっと乳首で気持ちよくなれるからね」

そしてここからは「くるくる」「こりこり」「かりかり」といった擬声語をセリフに盛り込み
それでペースを取りながら2分程度の間隔でいじり方を小まめに切り替えます。
乳首を開発してない人だとくすぐったく感じることが多いからこそ色んな刺激を与えるわけです。

撫でる、擦る、つまむ、振動を与える、引っかくなど本当に多彩ですから
乳首で感じたことのない人でもピリッとした鋭い快感を少しは味わえるかもしれません。
乳首をテーマにした作品をいくつも制作されてるサークルさんらしいこだわりを感じました。

ただし、このプレイの通りに体をいじっても射精できる可能性は低いです。
乳首責めを始めるのと同時に彼女がおちんちんを一切いじらなくなるからです。
抜きたい場合は片手で乳首を、もう片方でおちんちんをいじるスタイルにしたほうがいいでしょう。

このように、親しい異性に新しい快感を教えるきめ細かなエッチが繰り広げられてます。
聴きやすい乳首作品
開発済みな人はもちろん、未開発でもある程度楽しめそうな乳首特化の作品です。

幼馴染は寒い時期に自分を温めてくれた主人公への恩返しとして
最初は耳やおちんちんを、少ししたら乳首を徹底的に責めて気持ちよくします。

道具を使わない範囲で考えられる限りのいじり方を順に行う幅広い乳首責め
そして乳首だけで感じてる彼を優しく見守り応援する彼女のキャラ。
ややアブノーマルなプレイをできるだけノーマル向けにアレンジしたエッチを行います。

「可愛い、乳首いじめられておちんちんびくびくさせてるキミ、とっても可愛いよ」
特に後者は「男なのに乳首で感じる変態」などの言葉責めをまったくせず
彼のすべてを受け入れる姿勢で接するので気分良く取り組めます。
リードが丁寧なことも含めて二人の仲の良さを感じました。

エッチは乳首責め(乳首オナニー)が好きかどうかで満足度に大きな差が出ます。
お試し感覚で色んなプレイをする流れですからどちらかと言えば未開発者向けかなと。
できればもうちょっと耳責めにも力を入れてくれたほうがタイトル通りになったと思います。

射精シーンは1回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

手軽に、気軽に乳首責めが楽しめる作品です。

CV:砂糖しおさん
総時間 29:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、口調は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
調教済みの男性に射精とは違う快楽を与えます。

催眠→エッチの順に行う一般的な催眠音声とは違い、軽めのエッチをした後に深化を挟み
それから様々な暗示を組み合わせて絶頂させる変わったサービスが楽しめます。
乳首をいじるシーンが多いので開発済みな人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
精液を出せない代わりのご褒美に
お姉さんの指示に従って気持ちよくなるお話。

「うふふっ こんばんは こんな時間にどうしたんですか?」
お姉さんは明るくて可愛い声の女性。
自分にエッチな事をしてほしくて寝つけずにいる主人公を温かく迎えると
お望み通り焦らしに焦らしてから気持ちいい絶頂に導きます。

本作品はご主人様として過去に彼を何度も調教してる彼女が
およそ40分に渡って催眠を交えたもどかしいプレイを提供します。
タイトル通り最初から最後まで丁寧語を貫くため調教モノの中では雰囲気が柔らかく
言葉責めについても催眠の技術を使って聴き手が受け入れやすく感じるように投げかけます。

最大の特徴はなんと言ってもサービスの進め方。
催眠誘導をしてからエッチに移る一般的な催眠音声とは違い
最初に軽めのエッチをした後に暗示を入れ始め、お話が進むほど催眠色が強くなるようにリードします。

簡単に言うと催眠誘導とエッチをほぼ同時に行うわけです。
そのため本レビューでも催眠とエッチを分けずエッチシーンの説明と一緒に催眠のことも話します。

すくりぷてっどこねくしょんさんは以前からエッチの最中にも深化の暗示を積極的に入れる傾向が見られました。
本作品はその特徴をより先鋭化させた珍しいタイプのものです。
催眠には入れるけどエッチの途中でそれが切れてしまうことの多い人には相性が良いと言えます。
優しく縛りつけるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる39分間。
プレイは玉揉み、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精表現はありません。
音声の最初に服を脱ぐ指示が出ます。

「じゃあ いつもの契りを交わしましょう」
主人公に服を脱いで正座する指示を出したお姉さんは
そのおちんちんが誰のものかを再確認してからボディチェックをします。

エッチは終始彼女に言われた通りに体を動かします。
最初の8分間は彼女の事や二人の関係を教えながら気持ちを盛り上げるプレイ。
全裸になって床に座り、脚を少し開いて彼女におちんちんを見てもらいます。

「この中で白くてどろっどろの精液を作っているんです」
彼女はご主人様ですから当然彼の射精の権利も握ってます。
だからまずは金玉を優しく撫でて射精できる状況かを確認します。
自分の急所を女性に委ねるあたりが調教らしくていいですね。
説明的でない方法で自分が彼女の所有物になったことを教えてくれます。

催眠の要素が本格的に出始めるのはその後から。
正座を解除してベッドに横になり、手をクロスさせた状態で乳首を左右同時に摘んだり
男性にとって最も敏感な前立腺に意識を向けて体のほうも気持ちよくします。

「乳首が感じると連動して 前立腺もきゅんってなるの そうするともっと 頭の中がぼーっとしちゃう」
「可愛いって言われるとなんだか幸せ エッチな気分になるのは幸せ あなたは私の声を聞いてると幸せ 幸せだから私の言うことはすべて受け入れ 何でも言う通りにします」

乳首オナニー自体は開始、停止、大まかないじり方を指示するのに留め
それらが終わった後は「幸せ」「ぼーっとする」といった催眠状態を深める言葉を厚めに投げかけます。
下のセリフのようにプラスの感覚を少しずつ変えて隷属を促すおかげで彼女の言うことを受け入れやすく
時間が経つほど寝起きのような意識のぼやけが強くなるのを感じました。

後半になると催眠らしさがより加速します。
乳首オナニーを停止させてから様々な暗示を入れて彼女に従う喜びを教え込み
無事完全な奴隷になれた後はご褒美として再度の乳首オナニーと絶頂をプレゼントします。

「頭から爪先まで全部 あなたのものすべてが 私のものになります それがあなたにとって とても幸せなことだから」
「あなたは私に○○と呼ばれると 頭が真っ白になります」

奴隷から連想されるマイナスのイメージを徹底的に和らげたセリフが丁寧口調とマッチしており
引き続き深化を推し進める展開も相まってとてもいい気分に浸ることができます。
精液の熟成具合がイマイチということで射精はお預けされますが
それに代わる十分な快感を多くの人が得られるでしょう。

このように、純粋な快感と従う喜びを組み合わせてイかせるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
優しく調教してくれる作品
自分から従いたい気分にさせてくれるマイルドな調教作品です。

お姉さんはこれまでの調教ですっかり従順になった主人公の射精をスムーズに管理しようと
ただ禁止するのではなく射精と同等、あるいはそれ以上の快感を与えて性的欲求を発散させます。
そして前半は体、後半は心と責めるターゲットを変化させて両方をバランス良く盛り上げます。

催眠とエッチをほぼ完全に同化させた大変珍しい構造
おちんちんへの刺激は一切行わず乳首や前立腺を責める流れ
彼女にすべてを委ね、従う快感を教えながらイかせる調教らしいプレイ。
キーワードの丁寧語と射精管理を上手く活用した柔らかい調教を施します。

「こうやってお預けされるのも エッチなご褒美のため 最高の快楽のため」
ご主人様だからといって高圧的に振る舞わず、むしろもてなす姿勢でリードするのがとても印象的でした。
奴隷といっても人間ですから射精を禁止されたらどうしても心に不満が残ってしまいます。
だから射精しない点だけは変えずにできる限りのことをしてあげます。
声が甘いおかげで丁寧口調でも冷たさは感じませんし、彼女に対して嫌な気分を抱く人はほとんどいないと思います。
セリフの表現が柔らかいもので統一されてるのも大きいです。

催眠は中盤以降でカウントを数えるシーンがあるものの
それ以外はほぼ暗示を繋げて誘導するサークルさん独自のものです。
暗示の量、表現、入れ方が全部優れてるので変則的でも入りやすい部類と言えます。
最初のほうは乳首や股間が気持ちよかったのに、後になると今度は頭の中のほうがそう感じるのではないでしょうか。
ドライの感覚も幸せイキに近いものでした。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

エッチが充実してるのに加えて催眠の感覚もしっかり味わえる個性的な作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:一之瀬りとさん
総時間 44:09

すくりぷてっどこねくしょん
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-entry-209.html

【バイノーラル】惨め射精クラブ

サークル「赤子戦隊」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度ものんびりしたお姉さんが
興味本位でマゾ向けの風俗店を訪れた男性に屈辱的なエッチをプレゼントします。

彼女が目の前にいるのにオナニーさせられたり、恥ずかしい言葉を宣言しながら射精するなど
女性に負かされ惨めな気持ちで射精を迎える快感を追求した独特なプレイが楽しめます。
段階的にM化を進めていくためM性が低めの人でも聴きやすく感じるでしょう。
ノーマルな人にMの快感を
惨め射精クラブの店員がエッチなサービスをするお話。

「いらっしゃいませ 惨め射精クラブへようこそ」
店員は上品でおっとりした声のお姉さん。
初来店したお客に挨拶し、まずはサービスの概要やプレイ中のルールを説明します。

本作品は男の尊厳を踏みにじられながら惨めな射精を迎えることを目的に
彼女が3パート60分近くに渡って3種類のプレイをします。
耳舐め+オナニー、乳首責め+足コキ、オナホコキ+べろちゅーと構成を大きく切り替え
後になるほどM性の強い言葉やプレイを繰り出して少しずつMの沼に引きずり込みます。

今回のお客はこのお店になんとなく興味を持っただけのほぼノーマルな男性です。
だからハードな責めやセリフをいきなりぶつけることは避け
彼が自分の意思で彼女に負けたくなるように優しくリードします。
声や態度が甘くセリフも結構マイルドですから最中はほぼずっと穏やかな空気が漂ってます。

プレイのほうは多くのシーンで耳元至近距離から囁きかけたり
そのまま耳を舐めて反応を観察するなど密着感を重視して進めます。
耳舐めは総時間の半分近くにあたる31分ほどあり
声よりもずっとエロい水分高めのパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らします。

「いつの間にかおちんちんに負け癖がついちゃって 惨めな射精じゃないと満足できなくなる体になっちゃうかも しれませんから」
ただし、プレイの選択や射精のタイミングといった要所だけは多少のSっ気を見せます。
「マゾ」「変態」といった言葉よりも細かな仕草や行為で見下してくる感じです。
射精シーンでは必ず屈辱的なセリフを復唱させるなど、上下関係を匂わせるソフトな描写が随所に登場します。
彼女の言う通り「いつの間にか負ける快感に目覚めてた」なんて人がいるかもしれませんね。
段階的に堕としていくエッチ
エッチシーンは3パート59分間。
プレイは耳への息吹き、耳舐め、オナニー、体の愛撫、乳首責め、足コキ、擬似SEX(オナホコキ)、べろちゅーです。
オナニー、足コキ、擬似SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「それでは早速 プレイのほうに移りましょうか」
お客の側から店員に触れてはならないことや射精時のルールを説明した店員は
彼をベッドに座らせパンツを穿かせたまま耳に軽い刺激を与えます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「耳舐めオナニー誘惑」はMの快感を軽く体験させることを目指したプレイ(約26分)。
耳への息吹きや耳舐めで彼の性感や興奮をじっくり高め
それから手コキではなくオナニーで最初の射精へと追い込みます。
ちなみに製品版は全パートで右耳、左耳の2パターンが用意されてます。

「それじゃあ お耳が感じないお兄さんは こんなことをされても平気ですよね?」
「どうしよっかなー そろそろお耳 舐めてあげよっかなー」

この時点の彼はまったくMじゃありませんから
M向けのエッチを普通にやったところで惨めな射精を味わわせることはできません。
だから彼女は耳を小まめに責めつつ彼がバッチリ感じてることを指摘したり
もうちょっと責めて欲しそうな素振りを見せたらわざと焦らして主導権を握ろうとします。

耳舐めの時間が23分くらいありますけどメインはやっぱり駆け引きかなと。
言葉遣いに気をつけながら小まめに羞恥心を煽ってきます。

「お兄さんは 自分のおててでオナニーして ティッシュにでも射精してください」
彼が十分に勃起してるのを確認し自分でパンツを脱がせてあげたのに
敢えてしごかず彼自身に性欲処理をさせるのがいいですね。
風俗店のサービスだからといってお客に媚びず、むしろ軽く突き放して上下関係を鮮明にします。

彼女はエッチを始める前に「サービスが気に入らなかったらいつでも退出していい」と言ってます。
(途中退出した場合にお金が返ってくるかは触れられてませんが…)
つまり彼女に意地悪されるのも、見られながらオナニーや射精をするのも全部彼の意思なんです。
押しつけがましさを感じさせずにプレイするので嫌な感じはほとんどしません。
相手の属性に合ったやり方で惨めな射精をさせるプロらしい責めです。

耳舐めについてはバイノーラル録音特有の微かな風圧が感じられないのは残念ですが
音質はとてもリアルですし舐め方も後になるほど激しくしていて上手です。

2番目の「乳首弄り足コキ」はもう一歩踏み込んだプレイ(約20分)。
数日後、あの時の快感が忘れられず再びやって来たお客をもっと気持ちよくしようと
店員が彼の性感帯を探りながら恥ずかしい快感を与えます。

「指先が真ん中に近づいたり 離れたり くーるくーる」
乳首責めがメインということで乳輪をいじる時は「くーるくーる」
乳首を指で押す時は「ぽちっ」、摘んでしごく時は「しこしこ」と擬声語を多めに交えて表現します。
耳舐めが6分、足コキは5分とエッチな音の鳴る時間が短くなってるので純粋なエロさは控えめです。
自分の大事な部分を足蹴にされるシチュはいいですけどもうちょっと抜ける要素が欲しいなと感じました。

最も盛り上がるのは最後の「オナホへこへこ」パート(約13分)。
さらに後日、これまでのプレイですっかり負け癖がついてしまったお客が
それを教えた店員に普通の性癖へ戻すのを手伝って欲しいとお願いします。

彼女が作品の冒頭に「まっとうな射精は女性への中出し」と言ってたのを受けて
用意したオナホを太ももで挟み込み、擬似おまんこにして彼に正常位でピストンさせます。
演技ではありますが時々喘ぎ声を漏らすなど表面上は彼に協力する姿勢を見せます。

「こんな喘ぎ声と 作り物のおまんこに いい気にさせられる ちょろいおちんちんをお持ちなんですね」
しかしここは惨めな射精を味わわせるお店ですから最後までそうなることはありません。
単なる樹脂の塊に一生懸命腰を打ちつけ気持ちよくなってる姿を軽く見下し
少し経つと反撃のべろちゅーを浴びせかけてお互いの立場を徐々に逆転させます。
そして主導権を握った後は屈辱的なシチュと責めで最後の惨めな射精を味わわせます。

最初から一方的に弄ばれるよりもこういう展開のほうが負けた時の快感は強くなります。
このパートだけ射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うのもその事実を思い知らせたかったのでしょう。
SMプレイや罵声といった強い力で無理矢理押さえつけるのではなく
彼が潜在的に持ってる欲求を上手に膨らませて負かす
のが素晴らしいです。

このように、負ける快感から徐々に離れられなくする巧みなエッチが繰り広げられてます。
優しく負かしてくれる作品
ハードな描写を一切交えずに屈辱感を与える変わったM向け作品です。

Mな行為にこれまでさほど触れることなく生きてきた男性が
なんとなく興味を持った風俗店でその醍醐味を思う存分味わいます。

柔らかな物腰で接しつつ負ける快感を徐々に教えるマイルドなリード
その中に男性が惨めと感じる要素を散りばめて気持ちよく射精させる独特なエッチ。
仕事を失敗した時などに感じる重いものではなく、快感として受け止められるレベルの惨めさを与え続けます。

「あとは私に任せて お兄さんは私の下で 無様にヘコヘコしていてくださいね」
惨めに射精させるためには体だけでなく心のほうも上手に責める必要があります。
だから彼女はプレイの至る所で羞恥や自分が下に置かれてることを感じさせるセリフを投げかけます。
手コキを拒否してオナニーさせる、明らかに演技と見える喘ぎ声を漏らすなど
ひとつひとつを見ればそれほど大きなパワーは持ってません。
でもそれらを連動させてひとつの流れを作ってるから後になるほど射精時の快感が強くなります。

体への責めも頑張ってますが、それよりも心への責めが充実してる作品です。
特に最終パートは立場逆転要素も盛り込んで彼女に勝てないことを思い知らせてくれます。
それでいてあまり嫌な気分がしないのは時間をかけてやんわりまったり誘導するからでしょう。
普段してる射精に惨めさというスパイスを加えてより気持ちいいものへ変えてます。

エッチはプレイそのものよりシチュで抜かせる色合いが強いです。
それを強く印象づけるために射精シーンで必ず敗北宣言させてます。
彼女に負かされたことを自分自身で認めるからより気持ちよくなれるわけです。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女性に負かされる、屈服させられるのが好きな人には特におすすめしたい作品です。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:15:00

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

隣のお姉ちゃんに優しく調教されて、乳首でメスイキしちゃう音声

サークル「へーどねー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、年下を可愛がるのが好きな隣のお姉ちゃんが
精通を終えたばかりの少年の乳首をたっぷりいじって新しい快感を教えます。

おねショタと乳首責めを組み合わせた甘くてややアブノーマルなエッチが行われており
指で擦る、爪の先で引っかく、歯ブラシでゴシゴシする、舌で舐めるなど
色んな方法で乳首を刺激しつつ優しい言葉をかけて快感と幸福感を与えます。
おちんちんもそれなりにいじりますから乳首を開発途中の人でも楽しめるでしょう。
男の子に教える大人の快感
お姉ちゃんに乳首とおちんちんを責められるお話。

「あ、いらっしゃい」
お姉ちゃんは明るくて甘い声のお姉さん。
ある日の深夜、家を抜け出して自分の部屋にやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
一緒のベッドに寝て乳首とおちんちんを責めてあげます。

本作品はお隣さん同士として普通とは違うお付き合いをしてる男女が
2パート35分程度に渡って乳首開発したり動画を鑑賞しながら気持ちよくなります。
完全受身+逆転なしということで彼女に弄ばれ続ける展開になりますが
タイトル通り優しく調教するのでおねショタ特有のあまあまな雰囲気が漂ってます。

「乳首でメスイキできる立派な男の子になれるように、がんばろうね」
へーどねーさんは専門店で乳首マッサージをしたり、女性と感覚をリンクさせて乳首オナニーするなど
乳首を扱った作品に力を入れてるサークルさんです。
本作品もその流れを忠実に受け継いでおり、エッチシーンの7割強にあたる26分間も乳首を責め続けます。

いじり方もスタンダードなものから個性的なものまで幅広く
乳首開発を済ませてる方が実際にいじりながら聴けばかなりの快感が得られます。
エッチの前半はドライオーガズムを目指しますから催眠音声の経験がある人はより楽しめるでしょう。
それに対し後半はおちんちんの割合をかなり増やし射精に追い込む取り組みやすいプレイです。

「ほら、こっちにおいで? お姉ちゃんのベッド、ふかふかだよ ふかふかのベッドで、一緒にねんねしよ?」
これらを行うお姉ちゃんのキャラもポイント。
近所のお姉さんのイメージにぴったりな柔らかい声と態度で彼に接し
エッチが始まってもアブノーマルなプレイで感じてる彼を一切見下すことなく
むしろ嬉しそうに応援したり弱点の乳首を効果的に責め続けます。

タイトルに「調教」がついてますが彼のほうから受けに行ってるのでサービスと呼ぶのが妥当です。
焦らしや寸止めといった意地悪な要素もほぼなく一風変わったおねショタプレイあたりに留まってます。
彼のことが好きだから大人の快感を色々教えたくなったのでしょう。
可愛がりながら責める甘いエッチ
エッチシーンは2パート36分間。
プレイは乳首責め、亀頭責め、乳首舐め、動画鑑賞(フェラ、足コキ、乳首責め、手コキ)、オナニーです。
乳首責め、オナニーの際に効果音が鳴ります。

「お姉ちゃん、いっぱい我慢できる子が好きだなあ ふふふ、我慢できるよねー?」
主人公に服を脱いでもらいベッドに寝かせると
お姉ちゃんは早速彼の乳輪を優しく撫でて興奮と性感を高めます。

エッチはどちらのパートも彼女が責め続けます。
前半の「一日目」でするのは乳首責めと亀頭責め(約18分)。
乳輪を優しく撫でるところから始まり歯ブラシを使った乳首責め、爪で引っかく責め
乳首舐め、指での責めと色んな方法で刺激します。
そして歯ブラシ責めと爪で引っかく間に2分30秒程度の亀頭責めが入ります。

「まだ指でこりこりいじるのには早いから、まずは……この歯ブラシで、よーくさわさわしてあげる 用意しておいたんだよ」
彼は彼女の部屋に毎日通ってるほどこのプレイに没頭しており
これまでのエッチで乳首開発は済ませたもののまだメスイキだけはできてませんでした。
そんな状況を踏まえて彼女も幅広い刺激を与えてイける環境を整えます。
痛みを感じないよう柔らかい毛先のものを使ってるそうですから拷問とは明らかに違います。

プレイのほうは「すりすり」「くるくる」「なでなで」といった擬声語を言いながら
粘着質の水音をリズミカルに鳴らして様子を表現します。
歯ブラシ責めも指責めとほぼ同じ滑らかな音を使ってました。
彼女がいじる設定ですけど乳首オナニーしながら聴いたほうがずっと楽しめます。
歯ブラシは筆あたりで代用すると指とは違う快感が得られるでしょう。

「おちんちんくんごめんねー、今日はメスイキの日だから、あんまり触ってあげられないの」
「女の子用の乳首いじりはどう? そうだね、女の子になっちゃったみたいだねえ どんどん女の子になっちゃうね」

もうひとつの柱にあたるお姉ちゃんのキャラも忘れてはいけません。
おちんちんをいじりたそうにしてる彼の気持ちを察して亀頭だけを指で優しく撫で
終わりにする時は上のセリフを言ってから次へと移ります。
その後も男性の快感を捨て女性のそれに浸ってる彼を穏やかな表情で見守ります。

女性に乳首を一方的に責められるシチュだけを見れば割とM向けです。
でも彼女の柔らかい声、セリフ、細かな気遣いがそれをある程度中和してます。
甘やかしながらアブノーマルなエッチをしますから興味のある人なら誰でも聴けると思います。

続く「二日目」は打って変わっておちんちんへの責めを重視したプレイ(約18分)。
別の日、部屋を再び訪れた主人公にこれまで撮影してきた自分たちのエッチな動画を見せ
その中に登場するプレイを真似る形で乳首とおちんちんをバランス良くいじります。

「お姉ちゃんの舌で、亀頭のつるつるしてるところも、パンパンになってる竿の部分も やわらかいたまたまも、べろべろ舐め回されてる」
精通時、SMっぽいプレイ、乳首とおちんちんの同時責めと3つのシーンを用意し
そのすべてを彼女が聴き手視点で実況してイメージを膨らませます。
ストレートに責めていた一日目とは違いシチュを使って興奮させるわけです。
おちんちんを責めてる時は前半と同じく擬声語を使ってしごくペースを指示します。

「両方の乳首を一緒に、カリカリカリ カリカリカリカリ」
しかし乳首好きな彼女が乳首責めをせずに射精させることはありません。
パートの中盤あたりから両乳首をいじり、彼には引き続きおちんちんをいじらせます。
爪で引っかく、二本の指で挟んで振動させる、つねるなど刺激の強いプレイで固め
最後の瞬間に気持ちよく射精できるよう側面からサポートします。

乳首を開発してる人ならわかると思うのですが、乳首とおちんちんを同時にいじると
おちんちんだけをいじる時よりもずっと気持ちよくなれます。
テーマ性をきっちり残しつつ彼の願望を叶えるところに彼女の優しさを感じました。
事後には労りの言葉をかけてくれますし、スッキリした気分で聴き終えることができます。

このように、作品が持つ2つの長所を活かした穏やかなエッチが繰り広げられてます。
優しく開発してくれる作品
乳首だけでなく心も気持ちよくしてくれる甘さの強い作品です。

お姉ちゃんは自分とのエッチを通じて乳首の快感に目覚めた主人公をより気持ちよくしようと
年上らしい穏やかな態度でリードしつつ最初は乳首を、次は乳首とおちんちんを同時に責めて
それぞれで異なる快感や絶頂感を与えます。
そしてM向けのプレイをできるだけ取り組みやすくするために思いやりの言葉を多めに投げかけます。

エッチシーンの大部分で行われる幅広い乳首責め
乳首だけでイクのが難しい人でも楽しめるおちんちんとの同時責め
そしてこれらを行う彼女の慈愛に満ちたキャラ。
乳首特化のプレイとおねショタの醍醐味である温かさを組み合わせて仲の良さを表現しています。

「可愛いよ 射精とっても可愛い ふふふふふ、大好きだよ」
中でもお姉ちゃんはややアブノーマルなプレイで気持ちよくなってる彼のすべてを受け入れ
エッチの最中に彼の希望をある程度叶えながら進める優しさを見せます。
この状況ならもっともっと彼女の意思を尊重したプレイ運びにできたはずです。
そこを敢えてやらなかったのは彼を喜ばせたい気持ちが強いからです。
彼が彼女を求める気持ちと同じくらい彼女も彼を大事に思ってるのが伝わってきます。

エッチは前半は乳首特化、後半はおちんちんとのバランス型と方向性を変えてます。
後半は映像を見ながらオナニーしてる感じを出すために実況を増やしてあったりと
同じ乳首系でも違った楽しさや快感が味わえるように考えて組み立ててます。
純粋にどちらが気持ちいいかと言われれば断然後半でしょうね。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:天知遥さん
総時間 40:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はありません

OFFICE SWEET PAIN~上司から受ける癒やし術~

サークル「招き★ネコ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第27回目は優しくて面倒見のいい職場の上司が
催眠を交えたエッチなサービスで頑張ってる部下をねぎらいます。

タイトルにもなってる甘い痛みを通じて快感や幸福感を与えるアプローチが魅力で
「痛みを感じると幸せになる」などプラスの感覚と必ずセットにして受け入れやすい環境を整え
それに彼女の言葉に従う喜びを組み合わせて心と体を操られる面白さや気持ちよさを教えます。
エッチは焦らし系のセルフですからややM~Mの人が最も楽しめると思います。
優しい上司の変わった贈り物
上司の神谷みちるに癒してもらうお話。

「どう? 終わりそう? あら、今終わったところなのね? ご苦労様」
神谷さんは知的で色っぽい声の女性。
仕事を頑張ってる主人公に声をかけて状況を確認すると
帰る前に応接室のソファで少し休むように言います。

本作品は日頃仕事を頑張ってくれてる部下へのご褒美に
彼女が80分近くの時間を使って催眠をかけたりエッチなサービスをします。
元々の目的が癒しにあるため催眠はリラックスを大変重視しており
エッチも序盤から中盤にかけては乳首、終盤はおちんちんを焦らし気味に刺激して無理なく絶頂させます。

招き★ネコさんはここ4年ほど新作を出されてないので、催眠音声を最近聴き始めた方には馴染みが薄いでしょうけど
本家双子シリーズ生みの親である四九発苦さんがシナリオを担当されており
品質は現在活躍されてる大手のサークルさんにまったく引けを取りません。
それどころか「痛み」という他の作品にはない大きな特徴を持ってます。

「あなたが辛かったところが、ズキズキと痛むわ…ズキズキと痛むのを感じる 再生には痛みを伴う、痛いという事は回復している証拠、あなたの体が元気になっていく証拠」
催眠の中盤あたりから神谷さんは「体が痛む」などややネガティブな言葉を交えて語りかけます。
催眠は基本的に被験者を幸せにするために行うものですから
痛みや苦しみといったマイナスの感覚を与える暗示を積極的に入れることはそうそうありません。
多くの人が無意識的に避けたがる要素ですし、やりすぎると防衛本能が活性化して催眠が解けてしまうからです。

だから彼女は快感や従う喜びといったプラスの感覚とセットにすることでそのハンデを補ってます。
詳しい内容はこの後説明しますが、痛みメインになってませんから嫌な感覚を抱く人は少ないと思います。
技術力が高くチャレンジ精神旺盛な作者さんだからこそ形にできたとても珍しい作品です。
痛みとは再生の証
催眠はおよそ38分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸や脱力で心身をリラックスさせます。

「力が抜けるのと一緒に疲れも抜けていくようで、とても安らぐ感じがするの。ほら、そうしてる間にも左腕から力と疲れがすーっと抜けていくわ」
まだ始まったばかりということで暗示を入れる量を控えめにし
深呼吸では「ゆっくり」を多めに言う、脱力では会話調で順番に脱力させるなど
落ち着いて聴ける雰囲気作りを大事にしながら進めます。
彼女の大人びた声やセリフごとの間をやや長く取った口調もそれを後押ししてます。

お次は全身を細かいパーツに分けて自己暗示形式でさらに脱力し
直後に今度は同じ要領で体が温まる暗示を入れてより寛げる状態へと導きます。

「自分でも呟くともっと効果的よ、心の中だけでもいいから、ね? ほら、私の後に続いて繰り返して、左腕が重くなる、重くなる、重くなる」
やってることは先ほどと同じ脱力なのですが、こちらは「重い」などの暗示が非常に多く
自分で暗示を入れる=他人にされるよりも入りやすいのも相まって脱力感が一気に強くなります。

右腕、左腕、右足、左足、腰、お尻、背中、首、顔とひとつずつ丁寧にやってくれますから
催眠にあまり慣れてない人でも手足を中心に同様の感覚が湧いてくると思います。

「その熱さ、暖かさは右腕にも飛び火するの、右腕も暖かさを感じる、暖かくなっていく、暖かい、どんどん暖かくなる」
続く体を温めるシーンも意識させる部位を脱力と同じものに揃え
上のセリフのように「熱い」「温かい」といった言葉を集中的にぶつけて感覚を操作します。
ちなみにこれらは自律訓練法という自己催眠の手法を用いてます。

本作品最大の特徴である痛みが登場するのは催眠開始からおよそ24分後。
主人公の体に眠る疲労を根本から取り除こうと、神谷さんがより大胆なアプローチをかけます。

「あなたの痛みは幸せの証、私に与えられる痛みは快感の痛み。だからあなたは痛みを感じると、どんどん幸せに浸っていく、心が身体が回復していく」
彼女によると痛みとは再生の過程で起こるもので、それを通り抜けた先には幸せが待ってるそうです。
運動や筋トレをした後に感じる筋肉痛に例えればわかりやすいのではないでしょうか。
ストレートに痛みを与えても嫌がられるだけなので、痛みの先にいいことがあると強調して語りかけます。

私がそれほど疲れる仕事をしてないのもあるのでしょうけど痛みはあまり感じられませんでした。
ですが彼女の言葉を聴き続けてると一種の陶酔感が味わえたので暗示は入ってたのだと思います。
痛みの具合は人によって結構変わるのではないかなと。
言い回しにかなり気を遣ってますから激痛が走ることはさすがにないと見てます。

「ご主人様とあなたが口にしたり、心に浮かべるだけで、あなたの忠誠心は甘い痛みに喜び、震える事ができるわ。さあ、答えなさい…私は誰?」
そう言えるのは彼女がこのシーンで自分に対する忠誠心を膨らませる暗示も入れるからです。
一時的に痛い思いをしてもそれがご主人様を喜ばせるなら奴隷にとっては快感に変わります。
そしてこの主従関係は催眠終了後に始まるエッチでも重要な役割を果たします。

癒やしてからメインの暗示を入れるストーリーに沿った催眠です。
聴き手の疲れを取り除きつつ神谷さんの言いなりにすることを目的に
前半から中盤にかけては深呼吸、二段階の分割弛緩法、同じ流れでの温感操作と癒しに注力し
それから痛みと快感、幸福感、服従心を組み合わせた暗示を丁寧に入れます。

全体の流れから細部の演技に至るまでよく作られてるだけあって癒しのパワーが非常に強く
脱力感、重さ、体の火照りも実感しやすいです。
彼女が心の中で暗示を呟く指示を出すシーンがあるので実際にやってみてください。

痛みについては難しい部分だから扱いに細心の注意を払ってます。
どちらかというとそれよりも彼女の声に従う快感を強く感じるのではないでしょうか。
カウントを数えたりせず暗示を組み合わせて少しずつ確実に催眠状態を深めてくれます。
催眠パート終了時にはピンと来なかったとしてもエッチでその効果を思い知ることになるでしょう。
服従心をくすぐる焦らし系のエッチ
エッチシーンは2パート25分間。
プレイは乳首オナニー、おちんちんオナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
おちんちんオナニーの時だけ開始時に服を脱ぐ指示が出ます。

「うふふ…じゃあまず乳首から虐めてあげようかしら?」
催眠を使って主人公を自分の声の虜にした神谷さんは
奴隷へのご褒美にまずは乳首を気持ちよくしてあげます。

エッチは直接絡まず彼女の命令通りに手を動かします。
最初の乳首オナニーパートは乳首のみをターゲットにしたプレイ(約19分)。
言葉で感度を軽く上げてから両腕の脱力を解除して乳首に乗せ
そのままゆっくり擦って絶頂できないもどかしさをギリギリまで楽しみます。

「指先が乳首に触れているだけで、指先が乳首にくっついてるだけで、どんどん気持ちよさが膨らんでくる。乳首に指先が触れた衝撃が、ずーんと頭まで響いて、ずーんと股間まで響いて、増幅されて帰ってくる!」
「ゆっくり指が動き出す。優しく乳首の上を這い回る。まるで自分の指が自分のじゃないみたいな不思議な感覚」

そしてここではご主人様になった彼女が様々な暗示を駆使して彼の心と体をきめ細かくコントロールします。
うまく催眠に入っていれば彼女に命令されるほど心地良い感覚が頭の中を満たすでしょう。
でも体のほうは刺激がとても弱いのでなんとももどかしい。
体よりも心を強めに責めてドライオーガズムを迎えやすい環境を整えます。

焦らし系のエッチですが感度の上げ方が上手いおかげで
初めて乳首に触れた瞬間にはピリッという鋭い快感が走り、その直後に乳首を中心に温かい感覚が広がりました。
乳首オナニーの時間も12分程度と多めに用意されてます。
激しくいじるシーンがほとんどないことから開発済みな人のほうがより気持ちよくなれるでしょう。

「まだまだ、我慢すればするほど気持ちよくなっていくわ。辛いのも苦しいのも快感のため、あなたのため。だからもっともっと我慢して、気持ちいいだけになりなさい」
終盤の絶頂も心身両面をバランス良く責めてくれます。
このへんまで来ると彼女の命令に従う快感を十分に味わえてると思います。
だから焦らしやもどかしさといった本来ならマイナスに働く感覚もそれほど苦になりません。
そして道中が苦しいからこそ最後に訪れる絶頂の快感がより大きくなります。

私が開発済みだからなのもあるのでしょうがものすごく気持ちよかったです。
単に痛めつけるのではなく、それに見合ったご褒美をきちんとくれる優しいご主人様です。
プレイの終了後に再度深化の暗示を入れてくれるところにも彼女の性格がよく表れてます。

続くオナニー誘導パートはおちんちんをしごくスタンダードなオナニー(約6分)。
おちんちんを取り出してから握る→しごくと射精に向けて乳首と同じく焦らし気味に進めます。

「早くしてはダメ、最初はあくまでもゆっくりよ。ゆっくり擦られるおちんちんから、全身にゾクゾクとした気持ちよさが広がって行くのを感じなさい」
「おちんちんを擦るのは気持ちがいい…でもそれはオナニーだからではなく、私に言われて行う行為だから気持ちいいの」

オナニーできる時間は4分程度と短いものの
これまで積み上げてきた「命令されるほど気持ちいい」を活かして優しい口調で命令を出し続けます。
女性に心身を操られる快感、射精の権利を握られる快感、そして命令された通りのタイミングで射精する快感。
普段のオナニーで味わう純粋な快感にシチュを織り交ぜてより気持ちいい射精へ導きます。

初心者向けにもう10分くらい長くしてくれればなぁと思うところもありますが
サークルさん的には乳首オナニーをメインに据えられてるのだと思います。
私が聴いた時も乳首のほうがずっと気持ちよかったです。

このように、命令に従う快感を強めに味わわせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
変わった癒し系作品
癒しからかけ離れた要素を敢えて盛り込んで癒す風変わりな作品です。

神谷さんは自分の部下として日々仕事に励んでる主人公の疲労を少しでも軽くしようと
まずは予定通り癒しに寄った催眠を施し、その最後のほうでテーマの痛みや服従心を適度に膨らませます。
そしてエッチに入ると主従関係を匂わせつつ命令に従う喜びを存分に教えます。

自律訓練法を盛り込んだ大変癒される導入部分、痛みと喜びをセットにして感覚を伝える深化部分
そして体への刺激はそこそこに心の快感を強く与えてイかせるエッチ。
二人の関係やその場の状況を踏まえたリードでリフレッシュと性欲発散を促します。

「頑張って仕事して、また疲れが溜まったら、今日みたいな疲れを取る方法してあげるから…ね?」
上司が部下を奴隷扱いする状況だけを見るとパワハラっぽくも思えますが
彼女の声や態度は終始柔らかく、従わせ方も相手に対する気遣いが滲み出てます。
エッチでわざと焦らすのも結局は彼に過度な負担をかけたくなかったからでしょう。
仕事で疲れてる時に激しいエッチをしたら本来の目的から脱線してしまいますしね。

「わたしも疲れたときよくやってるの、まあ私は家でだけどね」
催眠は自律訓練法を取り入れてるのが非常に印象的でした。
催眠を始める前に彼女が上のようなセリフを言うシーンがあります。
一人で催眠を施す=自己催眠に合わせて聴き手の自主性を重んじたアプローチを心がけてます。
痛みについてはプラスの感覚を強調したおかげで脇役っぽい位置づけになってるかなぁと。
ですが癒しや服従心を引き立てるスパイスの役割は果たしてると思います。

エッチは最初の乳首オナニーが魅力です。
有料でこのプレイを頑張ってる作品は少ないですし、催眠との噛み合わせもバッチリで大変満足できました。
ただ良くも悪くも開発具合に左右されそうにも思えます。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

抵抗を感じにくいやり方で優しく縛りつけてくれる作品です。

CV:伊東もえさん
総時間 1:19:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

妹の乳首舐めオナホコキ

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな妹が
Mなお兄ちゃんの欲求を満たすために乳首とおちんちんを同時に責めます。

乳首舐めとオナホコキをひたすら続けるシンプルなエッチが行われており
舐めるよりも吸う感じの音を小刻みに鳴らしながら
オナホコキをわざと焦らしたりおねだりを要求して心身をバランス良く盛り上げます。
お兄ちゃんは乳首が大好き
妹に乳首とおちんちんを責められるお話。

「あっ、お兄ちゃん♪ また来ちゃったの?」
妹は幼さを感じる可愛い声の女の子。
自分にいじめられて興奮するMなお兄ちゃんを嬉しそうに迎えると
乳首を舐めながらおちんちんをオナホで責めて気持ちよくします。

本作品は普通のオナニーではもう満足できない彼のために
彼女が前半は主に乳首を、後半はそれプラスおちんちんを15分近くに渡っていじります。
肉親同士ということでこれといった前置きは挟まず、音声開始1分後には早速エッチを始めます。

「お兄ちゃんは妹に虐められて興奮しちゃう~、ド変態さんなんだもんねぇ♪」
妹すたーさんの作品を聴いたことがない人向けに補足しますと
この二人は過去作にも度々登場しており、それらを通じてある程度上下関係が確立してる背景があります。
だから彼女の言ったことに彼は素直に従うし、彼女も彼の性癖を汲み取ったプレイ選びをします。

完全女性上位スタイルですが彼女の声や態度が終始甘いおかげで雰囲気はとても和やかです。
どうしようもない彼をなんだかんだで相手してあげる彼女にむしろ優しさを感じるでしょう。
言葉責めをあまりせずペットを躾けるような口調で語りかけてくるのもあります。

プレイの方はどちらかと言えば乳首責めのほうが充実してます。
エッチシーンのほぼ全部でやるのに加えてオナホコキを焦らし気味にやるからです。
ちゅーちゅーと吸い上げる感じのちゅぱ音が多く質感もねっとりしていてそれなりのエロさがあります。
ちなみに製品版には後半の乳首舐めが激しくなったバージョンも入ってます。

サークルさんは以前からオナホコキ主体の作品をよく作られてましたし
多少変化をつける意味でこのようにしたのかもしれません。
時間が短いことを踏まえて積極的に舐めてくれます。
愛のこもったシンプルなエッチ
エッチシーンは13分30秒間。
プレイは乳首舐め、乳首オナニー、オナホコキです。
オナホコキの際に効果音が鳴ります。

「じゃあ横になって? シャツをめくって、お兄ちゃんのマゾ乳首を見せてごらん」
期待と興奮でお兄ちゃんの乳首がすっかり立ってるのを確認した妹は
体を密着させて早速その片方をゆっくりねっとりしゃぶります。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
前半はより気持ちいいオナホコキに向けての準備をするシーン。
乳首を軽く舐めてからおちんちんを取り出し、オナホにローションをまぶして挿入だけします。

「もしかしてぇ、ずっと期待してたのかな? もう♪ かわいいんだから」
「このままローションたっぷりのオナホにこすりあげられちゃったら、最高なんだろうなぁ♪ で~も、まだ動かしてあ~げない」

妹はお兄ちゃんの扱いにすっかり慣れてるようで
予想通りの反応をする彼を褒めつつ要所でお預けを食らわせてM心をくすぐります。
調教と言うほどではありませんが飴と鞭を使い分けて焦らし気味に進めます。
シーン終盤には復唱もさせるなど彼女に従う喜びを味わわせる意味合いが強いです。

対する後半はおちんちんへの刺激を強化します。
「きゅぽっ」という空気混じりのねっとりした音がバックで鳴り始め
彼に乳首をいじる指示を出しつつ彼女も反対側の乳首を引き続き舐めます。

「引き抜く時はカリ首をなぶるみたいに、ヒダヒダで刺激してぇ♪ 根元まで咥え込ませる時は、オナホの一番奥で亀頭をにゅっぷり包み込むの♪」
ここでは2種類の音に加えて彼女がオナホコキの様子を適度に実況します。
言葉責めは「変態」と少し言う程度で見られる快感をくすぐるほうに力を入れてました。
それらをとても嬉しそうに行う彼女の姿も彼への愛情に満ちてます。

彼が変態だからそれに合った方法で楽しませる。
アブノーマルな性癖を持つ兄妹の仲の良さをエッチに表現してます。
タイトル通りの作品
とても甘い雰囲気で乳首舐めとオナホコキをするコンパクトな作品です。

Sっ気はほとんどないけどMなお兄ちゃんのことが大好きな妹が
彼の弱点である乳首を舐めながらオナホを使って責め続けます。
そして「可愛い」「偉い」などの褒め言葉を投げかけつつ適度に焦らしてもどかしい気分を与えます。

「お兄ちゃんが望むならぁ…… あたしでしか満足できないようなお体に改造してあげる♪」
彼女は彼が望まないことを決してしません。
乳首舐めもオナホコキも彼がして欲しいと願ってるからしてあげます。
同意の上での調教っぽいプレイなのでM度が低めの人でも嫌な気分は抱かないと思います。

エッチは本当にタイトル通りと言うしかないほどストレートな内容です。
本格的なオナホコキ開始から射精までの時間が5分と短いので
妹モノの画像とセットで使ったほうが抜きやすいでしょう。
価格がたったの100円ですからそういう使い方でも十分お釣りが来ます。

射精シーンは1回。
くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

一風変わった兄妹愛を描いた作品です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 15:46

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

あまあま囁き搾精機関 ~優しいゆるふわお姉ちゃんの場合~

サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな搾精官が
甘えん坊でMな男性を3種類のエッチで気持ちいい射精に導きます。

優しい言葉をかけながらおちんちんと乳首をリズミカルに責めたり
彼が望むシチュやプレイを積極的に取り入れて幸せにするなど
搾精よりも彼女のキャラを強く反映させた大変甘いエッチを行います。
お姉ちゃんの楽しい搾精
搾精機関メロウの担当官「ルリ」に精液を搾られるお話。

「ようこそ、搾精機関「メロウ」へ」
ルリは上品で穏やかな声のお姉さん。
搾精の被験者に選ばれた主人公に挨拶と自己紹介をすると
早速彼に寄り添い耳元で囁きながらズボンとパンツを脱がします。

本作品は何らかの事情で男性たちから精液を採取してる組織の一員が
40分程度の時間をかけて3種類のエッチなご奉仕をします。
タイトルの「搾精」から連続射精させるハードなプレイをイメージする人もいるでしょうが
実際はどのパートも射精を1回に留め、それに向けて色んな方向から比較的ソフトに責めます。

このエッチをソフトと言える最大の要因は彼女のキャラ。
近所のお姉さんのような柔らかい声と態度で彼に接し
プレイ中はほぼずっと体を密着させ囁きながらできるだけ気持ちよく射精できるようにリードします。


「人によってやり方は違いますが……。 搾精対象がいっちばん気持ち良く射精できるようにしてあげるんです♪」
彼女自身がこう言ってるように、搾精が目的だからといって無理矢理責めることは決してしません。
むしろ彼が喜ぶツボを探りつつペースとパワーを少しずつ上げていきます。
セリフについても言葉責めより甘やかす系統のものがずっと多いです。

男性の射精は心のコンディションも結構影響しますから
色々縛りつけて強引に搾り出すより1回ごとの質と量を上げる方針を取ってるのでしょう。
完全女性上位のスタイルであれこれお世話するキャラ重視の甘い作品です。
両者のニーズを押さえた穏やかなエッチ
エッチシーンは3パート42分間。
プレイは手コキ、耳舐め、乳首責め、耳へのキス、亀頭責め、授乳手コキ、玉揉みです。
手コキ、亀頭責め、射精の際に効果音が鳴ります。

「さて、それでは早速、一度体験しちゃいましょうか」
期待と興奮で既におちんちんが勃起してるのを確認したルリは
1秒1コキくらいの緩いペースでしごき、少し経つと耳のほうもお口で舐め始めます。

エッチはどのパートも彼女に責められる形で進みます。
一番最初の「囁き耳舐め手コキ編」でするのはもちろん耳舐め手コキ(約15分)。
開始直後から彼女が耳元に顔を寄せ囁きながら両方を優しく刺激します。
ちなみに製品版には声の位置が右、左、中央の3パターン用意されてます。

「あなたの弱点を、感じる所を、性感帯を……教えて下さいね。 言葉よりも、体で。反応で。お姉ちゃんがぜぇんぶ覚えますから」
彼女は素直な男性が好きらしく、自分の性感帯を教えすべてを曝け出すよう呼びかけます。
そして彼が耳舐めを希望した時は快く受け入れ、声とはやや違う下品で激しいちゅぱ音を鳴らします。
主導権は明らかに彼女が握ってるのですが、こちらにもある程度譲歩してくれるので雰囲気がとても柔らかいです。
「ちゅこちゅこ」というややねっとりした手コキ音もシーンによって速さと力強さが適度に変化します。

「はーいっ、どぴゅっ、びゅるびゅるびゅる~っ♪」
本作品のエッチにおける大きな魅力のひとつが射精シーン。
効果音とぴゅっぴゅのセリフを同時にぶつけ、射精中も刺激を与え続けて最後の一滴まで吐き出させます。
彼女は効率よく精液を採取し、彼はより良い快感が得られる充実したフィニッシュです。

続く「囁き乳首責め編」は打って変わって乳首がメイン(約14分)。
最初のエッチから数日後、これまでの搾精で主人公が乳首も弱いと判断したルリは
そのことを隠していた罰として指で徹底的に責め続けます。

「今度は指でつまんで……くにゅくにゅ、くにゅくにゅぅ」
お仕置きをテーマにしたパートですが彼女の甘さはまったく衰えません。
乳首を指で弾く、こねる、爪で軽く引っかくなど多彩な刺激を与えて彼を気持ちよくします。
プレイのほとんどを擬声語で表現してるので前のパートに比べると純粋なエロさは落ちてますが
女性に自分の弱点を責められ射精に追い込まれるMの快感は強くなってます。

最後の「囁き赤ちゃんプレイ編」は幼児プレイをメインに据えたパート(約13分)。
さらに後日、思い詰めた顔をしてる主人公が幼児プレイをしたがってることを知ると
すぐさま彼のママになり、赤ちゃん言葉でぎゅっと抱きしめたりおちんちんを丁寧にしごきます。

「はぁい、それじゃあ僕のおちんちんさん、ちゅこちゅこしていきまちゅからね~♪」
ルリの甘い声から繰り出される赤ちゃん言葉はとっても強烈。
セリフの表現にも気を遣ってますし、聴けば聴くほど脳がとろける感覚が強くなります。
プレイについても亀頭責めから入って手コキ→玉揉み→手コキとおちんちん全体をカバーし
中盤以降は胸をはだけさせておっぱいを吸わせるなど至れり尽くせりです。

前の2パートは効果音やシチュといったパーツで興奮させるプレイでしたが
このパートはそれらにセリフを加えたすべての要素で幸福感を膨らませます。
プレイ時間は一番短いですけど甘さや密度は明らかに一番高いです。
射精後にも優しい言葉をかけてくれますし、とてもいい気分で聴き終えることができるでしょう。

このように、男性のすべてを受け入れて気持ちよくするお姉ちゃんらしいエッチが繰り広げられてます。
キャラが立ってる作品
年上の女性が持つ優しさや温かさがエッチによく現れてる作品です。

ルリは主人公の心と体にできるだけ負担をかけずに効率よく精液を搾り取ろうと
最初の段階から親しげな態度で接し、エッチ開始後は彼のリクエストも受け入れて気持ちよくします。
そしてパートごとに責める部位やプレイスタイルを大きく切り替え
細かな部分にも気を配りながらゆっくりめに責めて質量共に充実した射精へと導きます。

ほぼすべてのシーンで体を密着させ囁きながら責める作り
おちんちんはもちろん、彼の秘密の性感帯もバランス良くいじる相手に合わせたプレイ運び
そして甘やかすセリフやぴゅっぴゅのセリフといった心へのアプローチ。
搾精から連想される激しさや無慈悲さをとことん排除したあまあまなエッチを続けます。

「また赤ちゃんプレイで搾精してもらいたい時は、言って下さいね?」
彼女はどうすれば男性からより良い精液を搾り取れるかをよく理解してます。
だから彼が望むことをほぼ全部させたうえで射精へ持っていけるようにエッチを組み立てます。
一見すると甘やかしてるだけなんだけどすごく理に適ってるのが面白いなと。
射精シーンの描写に力を入れてるのも彼女の目的に合ってて実に良いです。

エッチはプレイ→シチュ→両方とパートによって違う魅力を持ってます。
手コキ音や射精音の使い方も上手ですし、新規のサークルさんとは思えないほど作りがしっかりしてます。
前項でも書いたように最終パートが一番抜きやすいです。

射精シーンは3回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

心と体を温かく包み込みながら気持ちよくしてくれる作品です。

CV:西浦のどかさん
総時間 50:22

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

メスイキ催眠

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで主人公のことが大好きなお姉さんが
メスイキをテーマにしたアブノーマルなエッチで普段と違う快感を与えます。

イメージを中心に据えてサービスを進めるのが特徴で
催眠は彼女の部屋や外にある森でリラックスとイメージ力の向上を促し
エッチは彼女に見られる快感や性感帯を責められる快感で連続絶頂へと追い込みます。
イメージの力で女性の快感を
イリアに催眠をかけられ乳首とアナルを開発されるお話。

「ふふっ また来ちゃったんだね」
イリアは可愛くて穏やかな声のお姉さん。
自分の屋敷へメスイキしにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
音声を聴く際の心構えを軽く説明してから催眠を始めます。

本作品は聴き手にメスイキ(女性のオーガズム)を味わってもらうことを目的に
彼女が1時間30分近くの時間をかけて催眠や独特なエッチを提供します。

メスイキをテーマにした作品と言うとEs_Labさんの「MSIK.」が有名ですが
催眠を通じて身も心も女性になりきらせてからエッチするあちらとは違い
こちらは女体化誘導を一切せず男女に共通する性感帯のみを責め続けてイかせます。
女性にまつわる要素がほぼないのでメスイキではなく男性の隠れた性感帯を開発する作品と呼ぶのが妥当です。

全編を通じて言える大きな特徴はイメージを活用してお話を進めること。
催眠は彼女と出会いエッチするまでの様子にリラックスできるイメージを盛り込み
エッチも効果音を一切鳴らさず実況系のセリフと感覚操作の暗示だけで気持ちよくします。
イメージの内容も自然物やディルドーといった現実世界に存在するものばかりで比較的簡単です。

催眠はおよそ26分間。
仰向けに横になりまずはイリアと一緒にいる部屋の様子をイメージします。

「それは私の部屋の天井 真っ白な天井 そこにはシャンデリアがひとつあって 優しい光を灯している」
屋敷に住んでるだけあって一般の家庭よりも豪華に感じるものが多く
特にシャンデリアは10個の電球とそこにぶら下がったガラス玉で形作られた特徴的な見た目をしています。
最初からイメージを絡めてくるところも本作品らしいですね。

「私の言葉に誘導されて 催眠状態に入るのかもしれないし 気づいたときにはいつもと違う感覚に陥ってるかもしれない」
また彼女は多くのシーンで「~かもしれない」「~することができる」と婉曲な言葉遣いをしたり
複数の選択肢を設けて聴き手にどちらか選んでもらいます。
これは前者が許容暗示、後者はダブルバインドという催眠音声では割とよく使われる技術です。
指示的な暗示が少ないので実際に聴いてみると柔らかい印象を受けるでしょう。

作品の世界にある程度入りこんだ後はさらなるリラックス。
彼女の声に合わせて深呼吸したり場所を屋敷の外にある森に移して自然を感じます。

「地面は堅い? それとも柔らかい? それは土の感触? それとも砂利の感触かな?」
「私のことが嫌いじゃないなら 好きって私に言ってほしいな」

青々とした木々、それらの中に住む鳥のさえずり、近くを流れる川、そして地面など
自分たちの周りにあるものを順番に語りながら彼にある程度の選択肢を与えてイメージ力を膨らませます。
その後にはお互いの気持ちを確認し合うなど、催眠後に始まるエッチを見据えて親密度も高めていきます。

そして最後は再び部屋に戻り天井に吊るされてるシャンデリアの電球が消えていく様子を眺めます。
ひとつずつ消しながらその都度深化の暗示を入れるカウント方式です。
本当に最後の最後にちょっとだけ深化させる流れのため催眠に入ってる感覚は薄いでしょうが
周りの様子をいつもより鮮明にイメージできてる感じがする人もいると思います。

彼女とエッチする気分に浸らせることを強く意識したイメージ重視の催眠です。
聴き手をイリアの部屋に招待しその言葉を素直に受け入れられるようにすることを目的に
部屋のイメージから入って深呼吸、森のイメージ、シャンデリアを使った深化と
作品世界に存在する色んなものを通じてリラックスやイメージ力を強化します。

彼女が「体が重くなる」などの決めつけるセリフをほとんど言ってこないので
古典催眠が苦手な人にはやりやすく感じるでしょう。
イメージについても作品独自のものはシャンデリアくらいで大衆性の高いものばかりです。

しかし、許容暗示やダブルバインドをあまりに多く使いすぎてるおかげで
作品全体の口調が単調になってしまい催眠にもあまり深く入れなくなってるという弱点もあります。
催眠の参考書に書いてある例文に近い言い回しばかりを使うと話し言葉として不自然さが出てしまいます。
技術を使いこなそうとして逆に振り回されてるように映りました。

もうひとつ、催眠の流れそのものにも不自然さが見られます。
具体的には最初彼女の部屋にいたのに一旦森へ出てまた部屋に戻ることです。
例えばこれが気晴らしに散歩へ出かけるとか背景があるならわかるのですが
実際は唐突にイメージさせるのを繰り返すだけです。

これならいっそ二人が出会う場所を屋敷の門にして
そこから森を通って彼女の部屋に移動する流れにしたほうが良かったと思います。
イメージが大事な作品でそれらの繋ぎ目を歪にすると聴き手に疑念を与えてしまいます。
技術や素材を作品に合わせて違和感なくアレンジできてこその催眠音声ではないでしょうか。

以上のことから柔軟性に欠ける催眠と私は考えてます。
乳首とアナルを集中攻撃
エッチシーンは46分間。
プレイはストリップ、乳首オナニー、アナル責め、乳首責め、アナルSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフはあり/なしどちらとも取れる指示を出してきます。
エッチの開始直後に服を脱ぐ指示が出ます(脱がなくてもOK)。

「それじゃあ エッチな事をしていきましょうか」
催眠を使って主人公の心を従順にしたイリアは
自分の目の前で服を少しずつ脱いで裸になる指示を出します。

エッチは終始彼女に責められ続けます。
序盤の12分間は本番に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
ズボン→パンツ→上着の順に脱ぐ様子を彼女に観察され、さらに乳首を言われた通りにいじって体を敏感にします。
作中におちんちんをいじるシーンは一切ありません。

「限界まで引っ張っていくと 滑るようにすっと指が抜ける 指が離れた瞬間から快感が弾ける」
乳首を指で摘んで上に引っ張り離すのを数回繰り返したり、爪の先で引っ掻いてより強い刺激を与えるなど
聴き手がやりやすいようにどのプレイも実況のセリフと気持ちよくなる暗示をバランス良く投げかけます。
実況がしっかりしてますから少なくとも何をやってるかわからないことはないでしょう。

「あなたにとって催眠状態とは体を動かさないことかもしれないから そういう場合は頭の中でイメージするだけでいいよ」
ちなみに本作品のエッチは乳首を実際にいじるかどうかを聴き手の判断に委ねてます。
催眠の最後で脱力する暗示を入れるので、うまく動かない人はイメージでプレイを追い
そうでない人は手を動かして直接いじるといった具合です。
乳首は開発済みならかなり気持ちよくなれますし、私はいじったほうが楽しめると思います。

アナルに関するプレイが登場するのはその次から。
最初はディルドーである程度馴染ませ、それからペニスバンドを装着した彼女がピストンします。

「微かに力が残っている状態で ディルドーがゆっくり引き抜かれていく 異物感が消えていく その開放感でも力が抜けていく」
主人公はおそらくアナル未開発なのでしょう。
痛い思いをさせないように彼女もゆっくり出し入れします。
最初は異物感を多めに伝えてたのが、しばらくすると快感を味わわせる暗示に切り替わるのがいいですね。
彼がアナルの快感に慣れていく様子を言葉でリアルに表現しています。

しかし優しく責め続けてたらイけないだろうということで終盤だけは一気に激しくなります。
およそ4分間に4回連続の絶頂シーンを設け、1回ごとに軽めの暗示を入れて後押しします。
私は催眠にほとんど入れなかったのでオーガズムを味わえませんでしたが
プレイの進め方が丁寧でイメージしやすいです。

このように、おちんちん以外の性感帯をひたすら責めるアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
イメージが要の作品
人間が持つイメージ力を駆使してエッチを擬似体験させる作品です。

イリアは大好きな主人公が幸せなひと時を過ごせるように
最初の時点から親しみを込めて語りかけ、サービス中も彼をできるだけ縛りつけずに進めます。
そしてエッチに入ると乳首やアナルといった男女に共通する部位だけを開発します。

最初から最後まで何らかのイメージを絡める作り
許容暗示やダブルバインドを多用し聴き手にある程度の自由を与える緩いリード
細かい実況を交えて中盤まではゆっくりと、終盤だけはハードに責めるエッチ。
心を通い合わせた男女が変わったエッチに取り組む様子をサークルさんなりのやり方で表現しています。

「発情していくと 体が熱くなって より一層私を求めるようになる 私に犯してほしい そう思うようになるの」
アナルSEXはM性が強めのプレイと思うのではないでしょうか。
ですが彼女は一種の愛情表現としてこのエッチをするので雰囲気はかなり甘いです。
プレイ中にこちらがそうされたくなる言葉をかけてくれるのもあります。
アブノーマルなプレイをできるだけノーマルな側に寄せて行ってるのが印象的でした。

催眠は先ほども書いたように改善点がいくつも見られます。
一番引っかかったのは作品に合わせた技術の扱い方ですね。
以前聴いた「ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐」でも大手サークルさんの作品を真似て失敗してますし
もう少し簡単なところから始めて少しずつレベルを上げていったほうがいいんじゃないかなと。
悪い言い方になりますが、この誘導は今のサークルさんの実力では荷が重いと思います。

「あなたの精神状態は 既に受け身になっている 女の子と同じ状態 男性的な思考よりも 女性的な思考が大きくなっている状態です」
エッチはどうしても納得できないところがふたつありました。
ひとつめはタイトルにもなってるメスイキが全然絡んでないことです。
彼女は作中で「受け身になる=女性になる」と言ってます。
ですが現実世界にも受け身な男性は数多くいるわけで、これをもって女性になったと断言するのは無理があります。
ストレートに女性がエッチで味わってる快感を伝える流れにしたほうがしっくりくるでしょう。

「(乳首を)限界まで引っ張ってから すっと指を滑らせる 気持ちいい快感が弾ける そういうイメージをする」
「ほら あなたが気持ちいい方法で乳首をいじってみて もちろん 私に乳首をいじられてると想像しながら」

ふたつめはセルフの有無を曖昧にしてることです。
一見すると自由に選択できてお得に思えますが、これによって彼女のセリフがかなりブレてます。
実際にいじるのとイメージで処理するのではアプローチの方向性が随分異なりますし
両方を中途半端に混在させるくらいならどちらかに絞ったほうがプレイの質も上がったと思います。
シーンによって指示の内容が大きく変わったら聴き手を混乱させてしまいますしね。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

テーマやエッチの内容は面白いのですが完成度にかなり難のある作品です。

CV:縁側こよりさん
総時間 1:27:15

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は3点。
87分で700円とコスパが良いので+1してあります。

2017年12月3日まで20%OFFの560円で販売されてます。

【催眠音声】催眠マリオネット

サークル「びおらんて」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでちょっぴり意地悪なところもあるお姉さんが
変わった催眠とエッチでMな男性の性的欲求を満たします。

全身の関節を隅々まで脱力させてから特殊な糸を通す催眠
それを使って体や感覚を操られてる気分に浸らせながら絶頂へ導くエッチなど
タイトルのマリオネット=人形を強く意識したサービスが行われてます。

今回は脳姦バージョンのレビューをお送りします。
すべてを操られる快感をあなたに
お姉さんの操り人形になりイかされるお話。

「あらいらっしゃい よく来てくれたわね」
お姉さんはやや色っぽくて整った声の女性。
変態的な快楽を求めるドMな主人公を温かく迎えると
催眠を使って彼を特別エッチな体に変えてあげます。

本作品は体だけでなく感覚も女性に支配される快感を味わわせることを目的に
60分近くに渡る催眠をかけてから2種類のエッチに取り組みます。
サークルさんが以前発売された「催眠拘束~彼女のマリオネット~」と内容が非常に似ており
一人でも多くの聴き手が人形になりきれるようテーマに沿ったリードをします。

ちなみに製品版には通常バージョンと脳姦バージョンの2種類がありまして
脳姦バージョンは催眠の終盤からエッチの終わりまで彼女の声に軽いエフェクトがかかります。
お話の流れやプレイの内容はどちらも一緒で脳姦要素はとても薄いです。
彼女に操られてる気分を盛り上げるおまけの演出と思ってください。

催眠は3パート56分30秒ほど。
最初の導入パートは催眠に入りやすくするための準備として
軽い深呼吸をしてから全身を下から上にかけて隅々まで脱力します(約20分)。

「すーっと抜ける 足の指の筋肉に 力が入らない 指の関節が曲がらない」
指、足首、膝、脚の付け根、肩、背骨など彼女は関節に焦点を当てて脱力を促します。
時間に余裕があるのを利用しカウントを交えながら細かい部分にまでアプローチしてくれますから
最中に入る暗示の効果も相まって多少の脱力感が沸いてくるでしょう。

「閉じた瞼が重くて開けられなくなる 仰向けになってるから 顎が重力に従って だらしなく口を開けてしまう」
エッチも含めて「~しない」「~してしまう」といったネガティブな言い回しを多用するのが気になりますが
テーマの人形化を見据えて上下関係が自然に生まれるようにわざとこうしたのかもしれません。
命令を出す時も声と口調は穏やかで落ち着いて聴けます。

続く深化パートはエッチに向けたさらなる準備として
挿絵にも描かれてる紫色の糸を彼の全身に通して動きを制御します(約28分30秒)。

「3 2 1 はい あなたの指は もう私の思いのまま」
「するする するする 膝に向かって少しずつ あなたの脹脛を糸が埋め尽くす」

導入パートと同じく右腕、左腕、右脚、左脚を細かいパーツに分け
カウントを数えながら指先から体の中枢にかけてその様子を細かく実況します。
何をしてるかはイメージしやすいのですが、糸が体を通った事実を客観的に教えることに力を入れるあまり
肝心の「糸を通されたことでどうなったか」がほとんど伝えられてません。
カウントを数えるシーンも上のセリフのように結果をさらりと言うだけで終わります。

例えばこれが「腕に糸を通されるとさらに力が抜けます」など感覚の変化を交えて進めていれば
糸を通された気分が実感できますし、脱力の強化にも繋がって最終目的の人形化へさらに近づきます。
「脱力するほど催眠もより深くなります」と入れれば深化も同時に行えてより良くなったでしょう。
少なくとも今の内容では深化の役割を果たせてないです。

最後の「自我を消す」は人形化の仕上げ(約8分)。
上半身と下半身に糸を張り巡らせた後、唯一手つかずだった脳の支配に取り掛かります。
この部分が本作品における脳姦にあたります。

「右の耳と 左の耳 その三半規管から頭蓋骨の隙間を縫って あなたの脳に進入しようとする」
「あなたの思考が 空っぽになった 何をどう感じるかも もう糸の思い通り 私の思い通り」

ここも前のパートと同じく糸がどこをどのように通過してるかを話し
それが完了したら短いカウントを数えて終わったことを宣言します。
聴き手の頭を本当に空っぽにしたいならまず技術を駆使するべきではないでしょうか。
お話の流れは正しいのですが、それにあたっての催眠技法の使い方に疑問を感じました。

テーマの人形化を強く意識したシンプルな催眠です。
聴き手の体と感覚をお姉さんの思い通りにすることを目的に
序盤は厚めの分割弛緩法でまずは体の動きをある程度封じ
中盤以降は体に糸を通すイメージで彼女に操られる存在になったことを認識させます。

脱力する暗示をもう少し入れたほうがいい気もするのですが、序盤までは割と順調に進んでました。
しかし中盤から始まる糸を体に通すシーンが技術的に上手く伝えられてないと見ています。
糸を通す過程を綿密に描写するよりも、そちらを軽めにして腕浮揚などを入念にやったほうが効果的です。
エッチに関係がない股間以外の下半身を省略し、その時間を深化に充ててもよかったでしょう。
大事なのは体に糸を通すことではなくその感覚を疑似体験させることだと思います。
強めに焦らしてから一気に絶頂へ
エッチシーンは2パート33分30秒間
プレイは感度強化、乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「これから私が あなたを使って いっぱい遊んであげるからね」
催眠を通じて主人公の体と感覚を支配したお姉さんは
その状況を活かして彼を内側と外側から同時に気持ちよくします。

エッチは彼女の命令に従ってオナニーします。
前半の「乳首攻め」でするのは乳首オナニー(約15分30秒)。
感度強化の暗示を入れてからソフトな刺激を与え、ある程度焦らした後により強い責めへ移行します。
プレイが違うだけで乳首オナニー、オナニーいずれも流れはほぼ一緒です。

「あなたの乳首で 糸が動き出す 乳首の裏側から 内側を擦り上げる」
「指が乳首に近づく ゆっくりと近づく 乳首に触れそうになるくらい近くに」

そして彼女に操られてる気分をより身近に味わわせようと
糸が内側から性感帯を責めてるイメージで感度を上げたり、運動支配の暗示でオナニーを制御します。
前項で説明した通り催眠が不完全なので実際にそうなるかは微妙ですが
作品の持ち味を使って気持ちよくするアプローチは面白いです。

後半のおちんちんオナニーも合わせて実際にいじる時間は半分程度にまで削り
その代わり感度の強化や焦らしといった準備を頑張ってます。

他のセルフ系作品との違いを出しつつ彼のドM性癖を満たす妥当なリードと言えるでしょう。
テーマは人形化ですが乳首オナニー、オナニーいずれも体の動きより感覚のコントロールに力を入れてます。

「糸が波打つ おちんちんが痙攣する 全身が痙攣する 手は止まらない 快感を吐き出すまで 精液を全部吐き出すまで」
最後の絶頂シーンはお馴染みのカウントでタイミングを指定します。
実際に体をいじるおかげでドライに比べると催眠の影響を受けにくく
おちんちんオナニーは1~2日溜めた状態で聴けば時間内の射精は一応可能です。

このように、長めに焦らしてから刺激を与える緩急をつけたエッチが繰り広げられてます。
適度に拘束してくれる作品
Mな人が持つ依存心や服従心を満たすことを目指した作品です。

お姉さんは普通のオナニーではもう満足できない主人公に新しい快感を教えようと
催眠を使って体と感覚の両方を彼から奪い、そのうえで糸と言葉を組み合わせてオナニーをコントロールします。
全身を関節ごとに細かく脱力する催眠パートの序盤、焦らしてから気持ちよくするエッチ。
ハードだったり変態色の強いプレイをするのではなく彼女に操られてるシチュを通じて興奮を盛り上げます。

「またいじめられたくなったら 私を呼びなさい」
彼女が最後にこんなことを言ってくれますし、ご奉仕と呼ぶのが妥当なプレイです。
オーソドックスなセルフプレイに多少の意地悪をする感じですからややMあたりでも普通に聴けます。
比較的かかりやすい運動支配に重点を置いてることやセルフ主体なのもとっつきやすさに貢献しています。

ですが深化パートだけはどうしても納得できませんでした。
催眠の締めくくりであり、エッチとの繋ぎ目にもあたるここを疎かにすると作品全体が崩壊します。
エッチは個性があって焦らしも上手だっただけに残念でなりません。
糸を通す動作と深化を絡めていたらもっともっと良いものになったでしょう。

絶頂シーンはドライ1回、セルフ1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

「もったいない」というのが正直な感想です。

CV:雨月紅羽さん
総時間 1:37:54

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ