同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:乳首

   ● あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~(後編)
   ● あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~(前編)
   ● 主従逆転生活 ~メイドのお姉ちゃんにいやらしく囁かれてマゾ奴隷に堕とされる~
   ● 双子メイドのノルマ式乳首開発
   ● ヒプノ古書堂の官能催眠
   ● 乳首だけで感じる快感♪乳首オナニー完全指示音声
   ● あまあま囁き乳首開発 ~あまあまなお姉ちゃんに乳首の快感で堕とされる~
   ● 幼児化乳首オナニー催眠
   ● クロスドレッサー~女装体験~
   ● お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー2


あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~

あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「七瀬とプライベートマッサージ」以降の様子を中心に紹介します。
普段よりもさらに大胆に
後編のエッチシーンは3パート62分間。
プレイはキス、乳首責め、手コキ、アナル責め、体を擦り合わせる、SEX、素股、フェラです。
手コキ、アナル責め、体を擦り合わせる、SEX、素股の際に効果音が鳴ります。

「いいんですよ。今夜はお仕事じゃなくて、プライベートなんですから」
主人公の連絡を受けて待ち合わせ場所にやって来た七瀬は
お店のときよりも親しげな態度で熱いキスをします。

後編は前編から方針を変えて彼女たちが1人ずつ相手します。
「七瀬とプライベートマッサージ」はホテルでのお話(約27分)。
1回戦はキスから入って乳首責め+手コキと無難にこなし
2回戦はアナル責めからの前立腺マッサージやSEXなどさらに踏み込んだご奉仕をします。

「お客様に連絡をもらってから、私も一日中ドキドキしてたんです」
口調や態度はお店とそこまで変わらないものの
自分の気持ちをはっきり伝えながら積極的に責めるあたりに仲の良さを感じます。
前編に比べてキスシーンが増えてるのもそう言える理由のひとつです。

「ふふっ…先っぽだけじゃなくて、根本まで…入れちゃいますからね 焦らないで…ゆっくり…ん、あんっ…♪」
プレイについては終盤に必ずSEXをするのが大きな特徴です。
ローションを体に垂らしてから抱き合ってお互いの体をゆっくり擦り合わせ
心と体が十分に温まったところでそのまま挿入し中出しまで決めます。
普段以上に熱を帯びた吐息や喘ぎ声が艶かしく、射精開始後もゆっくり責めて搾り取るなかなか濃いプレイです。

2番目に登場するのは純奈(約19分)。
別の日、お店で彼女1人を指名した主人公の期待に応えようと
乳首責めにかなり寄せたマッサージとSEXで複数箇所を同時に気持ちよくします。

「こうしていると…まるでお客様のことを支配してしまったかのようで…私も興奮してきちゃいます♪」
彼女は前作から乳首責めが得意なキャラに設定されており
今回もパートの中盤まではおちんちんに一切触れず色んな刺激を与えます。
そしてエッチな音を鳴らせないハンデをややM向けの言葉責めで補います。

これまで脇役に近かったプレイを主役に据えることで個性を出すわけです。
ただ後編はSEXも売りにしてるので最後は素股からの中出しSEXで〆ます。
一際大きな吐息を漏らして精液を受け止め、直後にぴゅっぴゅのセリフやパワフルなキスを贈る姿が印象的でした。

最後の「雨の後、雪乃とお風呂で…」はおよそ16分間。
街中で主人公と偶然出会った雪乃が突然の雨に見舞われ
チェリーブロッサムに避難した後にお風呂で体を温め合います。

「ほら、このまま下着を降ろして…んんっ…、今なら私がちょっと角度を変えるだけで、簡単に入っちゃうかも…♪」
彼女は今作からの参加ということで他の2人に比べるとエッチの回数は少ないですが
事前に七瀬から話を聞いてたこともあり序盤から積極的なアプローチをかけます。
七瀬がアナル重視、純奈は乳首重視ときて彼女はバランス型あるいはおちんちん重視といった感じですね。
おちんちんを太ももで挟み挿入をほのめかすシーンなどは男心をよく理解してると言えます。

このように、彼女たちのキャラに光を当てた愛情深いエッチが繰り広げられてます。
色んな魅力が詰まった作品
優しい女性たちが文字通り全身を使ってM男をもてなす甘さの強い作品です。

七瀬、純奈、雪乃はお店で唯一の男性客にあたる主人公に満足してもらおうと
多くのシーンで体を密着させ耳元至近距離から囁き声やエッチな吐息を存分に漏らします。
そして体のほうは乳首やアナルもお世話しつつおちんちんをたっぷり責めて何度も射精に導きます。

前半は2人、後半は1人でエッチの相手をする展開
至るところで囁き声や吐息を漏らす密着感を意識した演出
「癒やらしフルコース」の名に相応しい質量共に充実したエッチ。
時間に十分な余裕がある状況を活かした広く深いサービスを行います。

一般的な音声作品の場合、特徴はだいたい1~3個程度に収まるのですが
本作品の場合はそれよりもずっと多くて個々のプレイが濃くなってます。
3人の得意とするプレイが違うおかげで組み合わせによって内容が随分変わるのも面白いです。
長時間作品にありがちなマンネリ感の排除にも心を砕いてるから熱中して聴けます。

私個人は七瀬>雪乃>純奈の順に存在感が大きく見えました。
七瀬はお店のオーナーでアナル責めを得意とし、後編で唯一射精シーンが2回あります。
雪乃は今回が初登場ということで活躍の場を多めに用意してます。

純奈は乳首責めが武器なので本作品との相性は非常に良いのですが
プレイ自体に音が鳴らないところが他の2人よりも弱く感じます。
乳首舐めや言葉責めの量をもう少し増やしていればまた違ったかもしれません。
次回作があるなら彼女が今作以上に活躍することを期待してます。

後編の射精シーンは4回。
吐息とくちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

おまけは「初めての来店」です。

CV:七瀬…分倍河原シホさん 純奈…秋山はるるさん 雪乃…伊東もえさん
総時間 3:27:58(本編…2:57:51 おまけ…30:07)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
208分で900円とコスパがいいので+1してあります。

あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~

サークル「声好雨読」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、女性専門の性感エステサロンに所属する3人の女性が
モニターに選ばれた男性をエッチなサービスでもてなします。

あまあまな雰囲気でアブノーマルなプレイをするのが最大の特徴で
耳元至近距離から囁き声で語りかけたり熱っぽい吐息を漏らしながら
おちんちんはもちろん、乳首やアナルといった男性の隠れた性感帯もゆっくり優しく刺激します。

総時間が3時間以上あるため前編(01~04)、後編(05~07)の2回に分けてお送りします。
前回以上に充実した快楽を
チェリーブロッサムの店員「七瀬」「純奈」「雪乃」から色んなサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ~、チェリーブロッサムへようこそ あ、お客様でしたか♪」
七瀬は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
「あら、男性のお客様なんて もしかして、この方が今度体験モニターに当選されたっていう?」
雪乃は素朴でおっとりした声のお姉さん。
体験モニターとしてチェリーブロッサムへ再び来店した主人公を迎えると
初対面の雪乃を紹介してから本日のコースを尋ねます。

本作品は2016年8月に発売された「あまとろ性感エステ~百合色リラクゼーションへようこそ~」の続編。
前作で活躍した七瀬と純奈に2号店の店主を任されることになった雪乃が加わり
前半はお店で2人ずつ、後半はプライベートで1対1とスタイルを変えて独特なエッチをします。
内容は完全に独立してますから今作から聴いても普通に楽しめます。

彼女たちとのエッチを独特と言う主な理由はふたつ。
囁き声や吐息に力を入れてることと、彼をいじめるのではなくもてなす姿勢でアブノーマルな責めをすることです。

前者はプレイが始まった少し後に彼女たちの声が左右に別れ
状況説明、言葉責め、掛け合いといったセリフのほとんどを囁き声でこなします。
また片方がしゃべってる時にもう片方が吐息を漏らして密着感を表現してます。
吐息はエッチが進むほど熱を帯びますから彼女たちの興奮具合を知るのにも役立ちます。

バイノーラル録音ではないため声の臨場感はやや劣るものの
直前に話した色んな要素を使ってそのハンデを十分過ぎるほどカバーしてます。
シリーズ作品ということで前作の良い部分を忠実に受け継いでます。

雪乃「あぁ…そんなやらしいお顔もなさるんですね。まさかこんなに乳首を責められるのがお好きだったなんて…」
後者はおちんちんを手でしごく正統派のプレイに加えて
指や舌で乳首を責め続ける、ペニスバンドでアナルや前立腺を気持ちよくする
シチュやソフトな言葉責めで彼女たちに痴態を見られる快感を煽る、といったように
ややM~Mな人が喜びそうな要素を敢えて盛り込みプレイに個性を持たせてます。

特に乳首責めはサークルさんが大好きなのか全パートで必ずやります。
ただし、乳首オナサポのようなそれだけをやるタイプではなくおちんちんやアナルと一緒にいじります。
女性に弄ばれる快感をより強く与えるためのスパイスと呼ぶのが妥当でしょう。

優しい女性たちが体を密着させながら変わったエッチをする。
属性の異なる要素を上手に融合させた甘くてゾクゾクする作品です。
コンビネーションの取れたエッチ
前編のエッチシーンは3パート86分間。
プレイは乳首責め、手コキ、乳首舐め、キス、洗体マッサージ、太ももコキ、全身愛撫、フェラ、アナル責め、ペニバンアナルSEXです。
手コキ、洗体マッサージ、太ももコキ、アナル責め、アナルSEXの際に効果音が鳴ります。

七瀬「シャワーと着替えも済んでいるようですし、さっそく簡単なマッサージから始めましょうか」
雪乃「男性のお客様のお相手は初めてですが、失礼のないよう務めさせていただきますね」
簡単なやり取りを終え施術の準備に取り掛かった2人は
タオル1枚の主人公にアイマスクを着けてから脚をマッサージし始めます。

エッチはお店のサービスということで終始彼女たちが責めます。
一番最初の「リラクゼーションマッサージ」は定番のオイルマッサージ(約29分)。
「くりゅん」という粘性を帯びた水音を鳴らしながらまずは左右の脚をもみほぐし
その後は七瀬が下半身、雪乃は上半身に分かれて乳首とおちんちんをじっくり気持ちよくします。

七瀬「刺激が欲しくなっても、腰勝手に動かしちゃダメですよ? マッサージなんですから、じっくり、丹念に続けませんと」
彼女たちがやってることはあくまでマッサージですから
一般的なエッチに比べてペースが緩く力も弱めです。
でも音声を聴いててそれほど意地悪な印象は受けません。
言葉責めを特にしないことや囁き&吐息によってプレイに柔らかさを持たせてるからです。

雪乃「あぁ…オイルと我慢汁でドロドロ…それに亀さんの先っぽがこんなに腫れあがって ふふっ、こんなになるまでタオルの下で扱いてもらってたんですね…いけない人♪」
またパートの中盤で唯一身につけてたタオルを取った後は
露わになったおちんちんの形や様子を彼女たちがうっとりした表情で実況します。
こちらを見下す描写がほとんどないのでいい気分で聴けるでしょう。
終盤には柔らかい言い方で恥ずかしいセリフを言わせたりと心のケアが充実してます。

最中に鳴る効果音も結構力を入れてます。
同じマッサージでもおちんちんとそれ以外の部位では明らかに違いますし
彼女たちの吐息が熱を帯びるにつれてより激しく泡立ったものへと変化します。

続く「洗体マッサージ」の主役は雪乃(約29分)。
場所をバスルームへ移し2号店でやる予定の新サービスを純奈と協力して試します。
ちなみに彼女たちは水着姿で脱ぐことはありません。

雪乃「私の手の中、オナホールだと思って使っていいですよ? にゅぽにゅぽにゅぽにゅぽ…にゅぽにゅぽにゅぽにゅぽ…♪」
雪乃「はぁい、太ももおまんこ…はいっちゃいましたね? 入れただけで、はぁ、はぁ、って…息を荒げて… 我慢なんかできるわけないですよね?」

向かい合って見つめたままおちんちんを丹念にしごいたり
後半からは抱き合い太ももをおまんこに見立ててより激しく責めるなど
男性がされたら喜びそうなことを積極的に行います。

彼女がおちんちんに専念する関係で純奈は主に乳首責めを担当します。
軽めの言葉責めもしてきますが雪乃のおかげでご奉仕色の強いプレイに映りました。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援してくれますし、プロらしい行き届いたサービスが味わえます。

アブノーマル路線が最も強いのは3番目の「アナル性感マッサージ」(約29分)。
パートナーが七瀬と純奈に切り替わりフェザータッチ、フェラ、乳首責めで心身の感度を上げ
とどめにアナル責めで気持ちよく射精させます。

七瀬「もし我慢できないようでしたら、お好きなように自分で腰を動かしてくださっても構いません♪」
ローションを垂らしてから指をゆっくり出し入れし
十分ほぐれた後はペニバンを装着しその奥にある前立腺も責めるなかなか尖ったプレイです。
途中からわざとピストンを中断し彼に腰を振らせるのがいいですね。
自分の意思で屈服するチャンスを与えてM心を上手にくすぐります。

前のパートと同じく純奈の存在感が薄い点だけは気になりましたが
サービスの流れ、プレイ構成、その表現力がどれも優れておりレベルが高いです。
アナルの前にあるフェラも七瀬が「ずごごごごー」と強めに吸い上げる音を鳴らしてくれてそそりました。

前編の射精シーンは3回。
くちゅ音と吐息多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは「初めての来店」です。

後編へ続く…。
あまとろ性感エステ2~百合色リラクゼーション癒やらしフルコース~(後編)

CV:七瀬…分倍河原シホさん 純奈…秋山はるるさん 雪乃…伊東もえさん
総時間 3:27:58(本編…2:57:51 おまけ…30:07)


体験版はこちらにあります

主従逆転生活 ~メイドのお姉ちゃんにいやらしく囁かれてマゾ奴隷に堕とされる~

サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、メイドであり幼馴染でもある女性が
ドMなご主人様と立場を逆転させて気持ちいいひと時を提供します。

どうしようもない彼を見下しつつ軽く甘やかす言葉責め重視のプレイが行われており
「変態」などの言葉をストレートにぶつけたり、負ける快感を煽るなどパートごとに内容を変えながら
時折ご褒美をあげてこれが愛情表現の一種であることを表現してます。
歪んだ性癖のご主人様には
メイドの長月真宵と3種類のエッチをするお話。

「ご主人様、失礼いたします。お呼びを受けて参りましたが……何か御用でしょうか」
真宵は上品でおっとりした声のお姉さん。
主人公に性欲処理を頼まれて少し呆れると
軽く見下しながらおちんちんを出すよう指示します。

本作品は親の代から彼の家に仕えてる生粋のメイドが
性欲処理のお手伝いを命じられておよそ45分間のご奉仕をします。
手コキ、オナニー、オナホコキとおちんちんへの責めをパートごとに切り替え
それに合わせて言葉責めのほうもガラリと変えて心身をバランスよく盛り上げます。

「うふふ。なぁにおちんぽ勃起させてるんです? もしかしてぇ、シコってほしいんですかぁ? 童貞ちんぽ、ちゅこちゅこぬきぬきしてほしいんでちゅかぁ……♪」
「変態」「馬鹿」「恥知らず」といった露骨に見下す言葉を立て続けにぶつける
普段は自分よりも下に位置するメイドに負かされる屈辱感を味わわせる
赤ちゃん言葉や応援のセリフで小馬鹿にするなどバリエーションが豊富です。
体への責めももちろんしっかりやってくれるのですが、私には言葉責めのほうがより魅力的に映りました。

しかしこれだけ色々と仕掛けてくるのに雰囲気は終始穏やかです。
彼女の声と口調がのんびりしてること、囁き声のボリュームが多いことが大きく影響してます。
付属の台本を見た限りでは総時間のおよそ4割が囁き声です。

ねこじた結社さんは年上の女性が囁きながら弄ぶシチュを得意とされてるサークルさんです。
今作もその例に漏れず聴き手に嫌悪や抵抗をできるだけ感じさせない形で見下してくれます。
属性はややM~Mあたりの人が最も楽しめるでしょう。
Mをやる気にさせるエッチ
エッチシーンは3パート44分間。
プレイは言葉責め、手コキ、亀頭責め、オナニー、乳首責め、オナホコキ、耳舐めです。
手コキ、オナニー、オナホコキ、射精の際に効果音が鳴ります。

「ほぉら、ご主人様? そのくっさいくっさい童貞ちんぽ、出してください……♪」
服を脱いで露わになった主人公のおちんちんを軽く貶すと
真宵は体を密着させそれをゆっくり優しくしごき始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「言葉責め手コキ編」は正統派のM向けプレイ(約16分)。
粘っこい効果音を鳴らしながらきつめの言葉責めを浴びせかけます。

「どーせすぐイっちゃう♪ どーせ手コキの気持ちよさに抗えない♪ だってご主人様は童貞だから、って、バカにされてますよぉ♪」
「普段は私の方が格下で、立場上絶対に逆らえないのに。こうして、くさぁいおちんぽをにぎにぎ♪ってしてあげるだけで、ご主人様はマゾ奴隷に早変わり♪」

今まで一度もSEXしたことがない事実を執拗に言ったり
タイトルにもなってる主従逆転の状況を強く意識させて負ける快感を煽るなど
色んな方向から心を揺さぶって少しずつ確実に射精へと追い込みます。

こういう言葉責めが秀逸なプレイを久しぶりに聴いたものでとても楽しめました。
彼女の穏やかな物腰や囁き声のおかげで嫌味や意地悪さをあまり感じることなく聴けます。
射精時にはぴゅっぴゅのセリフで応援してくれますし、Mが喜ぶツボを的確に突くメイドらしい責めです。

続く「乳首責めオナニー編」は特殊な言葉責めが楽しめるパート(約13分30秒)。
先ほどのエッチで普段とは逆の主従関係を結んだ真宵が
主人公にフリースタイルのオナニーをさせながら手袋を着けた手で乳首をいじります。

「とっても敏感になった勃起乳首を、シルクの手袋で、くりくりくりくり♪ 女の子を触るように、優しく……くりくりくりくり♪」
効果音の鳴らないプレイをすることを踏まえて前のパートよりも実況が大幅に増え
「くりくり」などの擬声語を交えてイメージ力を上手に膨らませます。
乳首を開発済みなら実際にいじってみるとより気持ちよくなれるかもしれません。
オナニーもシーンによって効果音のペースやストロークが変わりますからそれに合わせてしごくといいでしょう。

「好き好き、お姉ちゃん好きぃ♪ マゾ奴隷って言われても、許しちゃう♪」
もうひとつの言葉責めはパートの後半から登場するもので
上のセリフのように主観表現で主人公の内面を独り言として呟きます。
催眠音声における自己暗示に近いアプローチと言えばなんとなくわかるのではないでしょうか。
彼女に対してより強い親近感を抱かせてこの後のエッチをやりやすくします。

最後の「応援オナホコキ編」は疑似プレイ(約14分30秒)。
先ほどのエッチで射精を我慢できなかった彼へのお仕置きにオナホコキします。

「マーゾ、まぁぞ……♪ どうしようもないど変態のクソ童貞♪ あぁ、童貞は喪失したんでしたか……この、おもちゃまんこで♪」
「がんばれがんばれ、ご主人様、私が応援してあげますからねぇ♪」

作り物とはいえおまんこに挿入できた=童貞卒業を言葉責め混じりに祝福し
後半に差し掛かると「がんばれ」などの応援まで始める独特な内容です。
サークルさんはこの応援を馬鹿にする意味合いでされてるようですが
私は本気でそうしてるようにも受け取れる優しさを感じました。

彼女が彼のことを本当に嫌ってたらここまで凝ったご奉仕はしないはずです。
普通にやってもドMな彼が満足してくれないからわざと意地悪に振る舞ってるのではないでしょうか。
メイドで幼馴染という彼女の立場や心情がプレイにしっかり込められてます。

このように、穏やかな雰囲気で主従逆転させる聴きやすいM向けプレイが繰り広げられてます。
愛を込めていじめる作品
言葉責めを駆使してM男をもてなす優れた作品です。

真宵は普段は立派だけどエッチでどうしようもない姿を晒す主人公を堕とそうと
メイドらしい穏やかな物腰でやや辛辣なセリフを言ったり負ける快感を煽ります。
そして突き放す一方で応援やご褒美といった飴も用意してエッチにハリを与えます。

質量共に充実してる言葉責め、多くのシーンで密着し囁くシチュ
目下の者に見下され犯される快感を追求したプレイ。
音声作品では定番のお話をサークルさんなりのやり方でアレンジし個性を出してます。

「これからは……いえ、これからも私が、あなたのことをお世話してあげます♪」
彼女は彼に対して特別な感情を抱いてるのでしょう。
だから性欲処理を他のメイドが担当することを決して許しません。
多くの人々に敬愛されてる男性を性的に独り占めする。
彼と同じく彼女もこのエッチである種の喜びを得ています。

エッチはこれまで話してきたように言葉責めが最大の魅力です。
パートごとにまったく違うアプローチをかけてくるので飽きが来ません。
体への責めは割とノーマルですからM性が低めの人でも普通に聴けるのではないかなと。

射精シーンは3回。
淫語(言葉責め含む)とくちゅ音多め、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

言葉責めされるのが好きな人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 51:08

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

双子メイドのノルマ式乳首開発

サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて奉仕上手な2人のメイドが
きめ細かなオナサポでご主人様の乳首開発を応援します。

全部で5つのコースを用意し、その全てで乳首の周辺だけをいじるのが特徴で
乳輪を撫でる、乳首をこねる、指で挟むなどシーンによって内容を変えながら
掛け声に合わせてゆっくりじっくりいじることで少しずつ気持ちよくします。

今回は最も長い50分コースを聴いてのレビューをお送りします。
空いた時間で乳首を開発
双子メイドの指示に従って乳首オナニーするお話。

「おかえりなさいませ ご主人様」
メイドは甘く可愛い声の女の子。
乳首開発に興味があるご主人様を穏やかな態度で迎えると
5つあるコースの中からひとつ選んでもらいます。

本作品は男性の隠れた性感帯「乳首」の気持ちよさを味わってもらうことを目的に
彼女たちが最大60分に渡ってトレーニング要素の強いエッチをします。

製品版には10分、20分、30分、40分、50分の5パターンが存在し
聴き手がその中から好きなものをひとつを選びます。
10分コースは12分で終わりますから暇な時にサクッと聴けます。
各コースは内容が重複してますから全部一気に試したい場合は50分コースを選ぶといいでしょう。

「いいんですよ 男の人が乳首で気持ちよくなるのは 悪いことじゃないんです」
最大の魅力は乳首に特化してること。
乳輪、乳首、乳房と乳首の周辺にターゲットを絞り
コースによっていじる部位と方法を変えながら緩いペースで責め続けます。
そしてプレイ中は「こり こり」などの合図を出してきめ細かく指示します。

最初から最後までまったりペースでいじるため開発済みの人には物足りなく感じるでしょうが
本作品はそもそも未開発者向けですから敢えてこうしたのだと思います。
どの指を使ってどういじるかもわかりやすく教えてくれて取り組みやすいです。

ちなみに双子メイドからイメージされる連携プレイは特にありません。
どのシーンもいずれか片方が話すので1人でやってるのとほぼ同じです。
声の位置が2人とも中央からで声質にも差があまり感じられずわかりにくくなってます。
そのため本レビューもセリフをどちらも青色で表示することにしました。

可愛い声とお淑やかな声が混じってるのは一応わかるのですが・・・うーん。
複数人プレイらしさを出すなら声を左右に振り分けたほうが良かったかなと。
少しずつ前進する初心者向けのエッチ
50分コースのエッチシーンはほぼ全編にあたる62分間。
プレイは乳輪撫で、乳首オナニー、乳揉みです。
エッチな効果音はありません。

「それでは始めましょうか ご主人様 上着を脱いで裸になるか またはシャツの下へ両手を入れてください」
無事コースを選び終えたご主人様に服を脱いでもらうと
メイドたちは早速セリフと掛け声を組み合わせて乳首オナニーのやり方を伝授します。

エッチは彼女たちに言われた通りに指を動かします。
一番最初の10分コースでするのは乳輪の愛撫(約11分)。
両方の乳輪に指を当て、時折乳首に触れながらゆっくりのんびり刺激します。

「ご主人様 とってもお上手ですよ」
「これは性感開発なんですから ご主人様はちゃんと 気持ちよくなるという意識を持ってやらなければなりません」

同人音声に登場するメイドの中にはSっ気の強い子も結構いますが
彼女たちは正統派のメイドで彼を見下すことはほとんどありません。
上手にできてたら素直に褒め、指示の合間により気持ちよくなるコツと心構えを教えます。
属性はややMあたりがメインターゲットですね。

プレイについては「くーるくる」を30秒~1分言い続けてから軽く話すのを繰り返します。
指示に力を入れ過ぎたあまり淫語が少なく言葉責めもほとんどしてこないのは残念ですが
サークルさんがやりやすさを優先されたのかもしれません。
少なくともこの音声を聴いて何をやればわからない人はいないでしょう。

続く24分間はより踏み込んだプレイ。
20分コースは乳首をこねつつ乳房も揉んで性感をさらに充填し
30分コースでは乳首を指で挟み込み全体に快感を送ります。

「ほら 頭の中で 感じている自分をちゃんとイメージしてください」
前者は「ふに ふに」、後者は「くに くに」を適度に交えながら
体だけでなく心の盛り上げ方もレクチャーするトレーニングらしい内容です。
休憩時間はコースが切り替わる時に2~3分あるだけでそれ以外はほぼぶっ通しでいじり続けます。
私は開発済みなのでいじるたびに電流が走ってかなり気持ちよかったです。

終盤はこれまで練習してきたことを再確認しながら絶頂を目指すシーン。
40分コースは10分~30分コースでやったことをそのままおさらいし
最後の50分コースで敏感になった乳首をやや強く擦ります。

「いいですよね この刺激 これ女の子のぷっくり乳首でやっても とっても気持ちいいんです」
彼女たちは乳首開発を教えるくらいですから相当いじってるのでしょう。
乳首の快感が男女共通なことを教えて射精とは違うタイプの絶頂へと追い込みます。
50分コースのプレイは確かに刺激的ですが爪で引っ掻いたり強くつねるといったものではありません。
今までの穏やかな流れを受け継ぎながらちょっぴり冒険させます。

このように、一歩ずつ確実に前進する丁寧なオナサポが繰り広げられてます。
指示は丁寧なのだが…
乳首開発だけを見据えてる潔い作品です。

双子メイドはご主人様に乳首オナニーの素晴らしさを知ってもらおうと
メイドらしい落ち着いた態度でそのやり方を親切丁寧に教えます。
そして乳首だけでなく乳輪や乳房もプレイに組み込み複合的な快感を与えます。

最初から最後まで乳首周辺だけをいじり続ける尖ったエッチ
掛け声とセリフを半々くらいにして細かくリードするやりやすい作り。
乳首未開発者が新しい快感の扉を開けるよう親身にサポートします。

「こうしてゆっくり時間を取って開発するのも大事ですが 一番は日頃からの積み重ねです」
乳首系のオナサポ作品はこのところにわかに増えており
サークルさんによってその内容はまちまちです。
玄姫屋さんの場合はイメージや向上心といったメンタル面の育成にも力を入れてます。
乳首開発に限らず言われた通りのことをなんとなくやるより目的意識を持ったほうが伸びますからね。

しかしそういった長所を持つ一方でどうしても納得できない部分がありました。
それは登場人物が2人いる状況を活かせてないことです。
セリフと合図を同時にかけていれば同じ時間でもより重厚なプレイになったでしょうし
片方は優しく、もう片方はやや厳しくリードしてればシーンごとに違いが出て面白くなったはずです。

2人いることがむしろ作品の品質を落としてると私は見ています。
今後続編が出るかはわかりませんが、あるなら2人だからこそできるプレイを聴いてみたいです。

50分コースの絶頂シーンは2回(射精は0回)。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:結姫うさぎさん
総時間 1:05:10

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2018年9月25日まで50%OFFの500円で販売されてます。
その場合の点数は6点です。

ヒプノ古書堂の官能催眠

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、官能小説を専門に扱ってるお店の店長が
来店した男性にとある本を読み聞かせて不思議なひと時を提供します。

小説の主人公が自己催眠を実践する様子を通じて催眠をかけたり
ヒロインの女の子に責められてる様子や感覚を彼の視点で綿密に描くなど
物語の流れに沿って催眠の感覚と没入感の両方が高まるように進めます。
小説の主人公に自分を重ねて
ヒプノ古書堂の店主ヨミが官能小説を読み聞かせるお話。

「いらっしゃいませ あれ? あなた あぁ お客様 その…初めてですよね」
ヨミはお淑やかな声の女性。
初来店した主人公に未成年じゃないか尋ねると
お店や中に置かれてる本の事を説明してから好きに見てもらいます。

本作品は官能小説の主人公になりきってエッチを楽しむことを目的に
彼女がおよそ70分に渡ってテーマに沿った催眠とエッチをします。
彼女自身は天の声として催眠誘導とナレーションを担当し、実際に相手をするのは小説内に登場する女の子です。

この本のタイトルは「偏愛な彼女」。
仕事や後輩の指導を頑張り過ぎた結果ストレスを抱えてる営業マンが
よく行く本屋の店員をしてる女の子の協力を得てそれを解消していきます。
また彼女は物語の冒頭から彼を愛しており、今回のお話を通じて想いを伝えようとします。
そして主人公にすんなり感情移入できるようにこれらの様子をヨミが終始聴き手視点で語ります。

「もしよかったら あなたも主人公の行動を真似してみたら さっきよりもずっと感情移入できるかもしれませんよ」
彼女も作中でその重要性を何度も教えたりなりきるためのアドバイスをしてくれますから
その通りにすれば自然と作品世界に引き込まれていく感覚がするでしょう。
そしてこれは催眠にとって必要な集中力の向上にも繋がります。

催眠はおよそ10分間。
まずは女の子に勧められた催眠療法の本に載ってる自律訓練法という自己催眠法を試します。

「しばらく深呼吸を続けていると 次第に意識がぼやけて 疲れが溶けてなくなっていく気がした」
「そうか 別に眠ってもいいのか 意識のどこかで私は眠らないようにしていた その事に気づいた瞬間 私の意識は深い眠りの彼方へと落ちていった」

深呼吸しながら左右の腕と足を脱力する至ってシンプルな内容ですが
その様子を官能小説らしい口調で語って癒しと没入感を与えます。
本来の自律訓練法でやる「右腕が重い」などの暗示を自分で復唱するシーンはありません。
自律訓練法をやってる人になりきらせながら軽めの暗示を入れるスタイルを取ってます。

お次は読み聞かせを一時中断し今度はヨミが直接自律訓練法の暗示を入れます。

「主人公の感情があなたの体に 精神に流れ込んでいきます 主人公の感情のままに心が変化して あなたという意識が希薄になっていく」
ほぼ同じことを二度繰り返して感覚を強化するわけです。
ただしこちらは小説の主人公により同化できる暗示を加えてます。
テーマの読み聞かせを活用した個性的な誘導法と言えるでしょう。

官能小説のストーリーを進めながらリラックスや深化を促す独特な催眠です。
聴き手を小説の主人公になりきらせることを目的に
登場人物とその関係を事前に語ってから深呼吸や脱力といった癒し系の技術を施します。

サークルさんが「催眠ボイスドラマです」とおっしゃられてる通り
一般的な催眠音声に比べて背景部分の描写に力を入れてます。
ですからこの官能小説がどんなお話かわからない人はおそらくいないと思います。

しかし肝心の催眠が時間、内容共に弱いというのが正直な感想です。
最初のあらすじを語るシーンで現代催眠の技術を使った予備催眠をかけてればまた違ったのでしょうが
聴いた限りではそういう意図は見られずごく普通のボイスドラマでした。

あるいは自律訓練法をもっと入念に続けていれば随分違ったでしょう。
作中では第1公式の体が重くなる暗示を頑張ってる一方で第2~第6公式については軽く触れる程度に留まってます。
厳しい言い方をさせていただきますと、完成された自己催眠法をなぜわざわざ崩すのかが理解できません。
第1公式から第6公式まで手順通りやったほうがずっとスムーズに、そして深く誘導できたはずです。
崩すことによって催眠によりかかりやすくなるならわかりますけど実際は真逆の結果になってます。

以上のことからイマイチな催眠と私は見ています。
胸に秘めた想いを込めて
エッチシーンは42分間。
プレイは体の愛撫、乳首責め、アナル責め、前立腺マッサージ、手コキです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「初めこそ性を解消する催眠術に照れを感じていたが 今はすべてを彼女に晒しても構わない そう思っている」
本を紹介してもらったおかげで女の子と親しくなり、その後2ヶ月ほど催眠を直接かけてもらうようになったある日
彼女を再び自宅に招いた官能小説の主人公はアロマキャンドルの炎を眺めながら深い催眠に入ります。

エッチは引き続き官能小説の様子をヨミが綿密に語ります。
最初の15分間は心と体の準備を整えるのが目的のプレイ。
小説内で女の子が彼に軽い催眠を施し、それから感度が上がる暗示を入れたり
アロマオイルを混ぜたローションを全身に塗り拡げていきます。

女の子「いつ見ても広い背中ですね それに…」
ヨミ「ゾクゾクとした快感が背筋に流れ 体が強ばる」
そしてここからは女の子のセリフも交えて
プレイの様子やそれによって得られる感覚をゆっくりじっくり伝えます。
2人が同時にしゃべるわけではないので双子形式とは違いますが
声質を若干変えたりアプローチの方向性に違いを持たせてるのも事実です。

女の子「気持ちいいなら あん あんって声を出してください 私にエッチな喘ぎ声を聞かせてください」
女の子が喘ぎ声を漏らす指示を時々出すのもポイント。
前項で話した通り本作品の鍵はいかに感情移入できるかですから、それを自然な形で後押しします。
実際に声を出すのがベストですけど心の中でそうするだけでも多少の効果が見込めます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
愛撫ですっかり発情した主人公の性欲をさらに盛り上げ発散させようと
女の子が乳首、アナル、おちんちんを同時に責め続けます。

「くにくに くにくに 彼女の指が アナルの入口をほぐしていく 次第にアナルがヒクヒクと反応し始めて 指を入れて欲しいと口を開けてしまう」
「自然と快感で力が入る 前立腺も疼きだして だらだらと鈴口から我慢汁が溢れてくる」

中でもアナルはローションまみれの指を挿入し前立腺まで刺激するややアブノーマルなものです。
ヨミも聴き手にそれを少しでも楽しんでもらおうと実況や感覚支配の暗示を厚めに入れます。
効果音が入っていればよりイメージしやすかったでしょうね。
乳首についても指で撫でたりちゅぱ音を鳴らして舐めたりと結構力を入れてます。

本作品の絶頂形式はドライなのでおちんちんへの責めはあまり積極的にやりません。
アナルや乳首を責めるのと並行して金玉と竿をいじる実況が時々入る程度です。
官能小説のタイトルが「偏愛な彼女」なのはこういうプレイをするからなのでしょう。

このように、登場人物の内面にも焦点を当てた生々しいエッチが繰り広げられてます。
引き込まれる作品
物語の主人公と自分を重ね合わせやすいドラマ性重視の作品です。

ヨミは主人公に自分が読んでる官能小説の魅力を伝えようと
自身はエッチに直接参加せず語り手として催眠をかけたりイメージ力を膨らませます。
そしてその中で聴き手が主人公に自然と感情移入できるようアプローチします。

小説を読み聞かせながら催眠やエッチを進める独特なスタイル
集中力や没入感を高めるための様々な配慮、アナルと乳首を重点的に責める変わったエッチ。
作品が持つ個性を組み合わせてひとつの流れを作り上げてます。

女の子「大好き 私はあなたの事が大好きなんです」
割とアブノーマルなプレイをしてるのに雰囲気があまあまなのも印象的でした。
彼は彼女を信頼してるからすべてを受け入れられるし
彼女も彼に対する一途な好意を込めてゆっくり丁寧に責めます。
押し付けがましさがまったくないのでアナル責めが苦手な人でもなければ抵抗を感じずに聴けるでしょう。

催眠は本作品唯一のネックと言いますか、もうちょっと入念にやってほしかったです。
エッチをかなり頑張ってたからこそ余計そう思います。
催眠音声で催眠を失敗してしまうと作品自体が成り立ちませんから
それを防ぐための保険はかけておいて損はありません。
自律訓練法のようにシンプルな誘導法ほどより高い運用力が求められます。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

エッチは良かったけど催眠はうーん…ということで今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:縁側こよりさん
総時間 初回用…1:13:56 2回目以降用…50:59

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2回目以降用は注意事項、導入部を編集したものです。

乳首だけで感じる快感♪乳首オナニー完全指示音声

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、母性漂うちょっぴり意地悪なお姉さんが
乳首で感じるのが好きな男性にきめ細かなオナサポをします。

最初から最後までずっと胸や乳首だけをいじり続けるのが最大の特徴で
序盤から中盤にかけては強めに焦らして性感を高め
それ以降は擦る、引っかく、摘むなど色んな刺激を与えて気持ちいい射精へ追い込みます。
乳首大好きなお姉さんに従って
お姉さんの指示に合わせて乳首オナニーするお話。

「今日はどうしたの? ち・く・び いじりたいの?」
お姉さんは甘く穏やかな声の女性。
乳首オナニーがしたくてやって来た主人公を温かく迎えると
色んな指示を出してもっと気持ちよくなるお手伝いをします。

本作品は男性の隠れた性感帯「乳首」の快感を満喫することを目的に
彼女がおよそ60分に渡るややM向けのオナサポをします。
作中では彼を開発済みに設定してますが、これから始めるあるいは開発中の人でも楽しめるように
どこをどういじるかやそのリズムを細かく指示する完全サポートスタイルを取ってます。

「そうそう フェザータッチで焦らすみたいに くーるくる くーるくる」
こんな風にいじり方に応じた擬声語を小まめに言ってくれるので目安がわかりやすく
その通りに続けるだけで一定以上の快感が得られるように作られてます。
全裸になって彼女におちんちんを見られる描写があるものの実際にいじるシーンは一切ありません。
最初から最後までひたすら乳首とその周辺をいじり続ける非常に尖ったプレイが楽しめます。

「乳首さんには触れないけど 乳輪だけでも恥ずかしいお顔になっちゃうんだよね ふふっ」
これらをリードするお姉さんは母親っぽい性格の女性。
乳首のことを「乳首さん」と呼んだり、時折微笑を交える穏やかな態度で接します。
今回こういうエッチをするのも彼が乳首ジャンキーだからであって悪意があるからではありません。
その証拠に絶頂間近の終盤には大胆なサービスをします。

胸や乳首を徹底的にいじる展開と彼女のあまあまなキャラ。
プレイとキャラの両方でやりやすさを意識したタイトル通りの作品です。
責め方を大きく切り替えてくるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる57分間。
プレイは自分の乳を揉む、乳首オナニー、お姉さんの乳首オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「お姉さんの指示に合わせてもらうって言ったでしょう? だったら格好も お姉さんが決めちゃって構わないよね」
これからするオナサポの概要を説明し主人公に納得してもらったお姉さんは
早速シャツ一枚の格好にさせて既に勃起してるおちんちんを軽く観察します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
序盤の19分間は期待と興奮を高めるのが目的のプレイ。
シャツの上から自分の乳房を揉み、少し後には乳輪の外側→内側と徐々に乳首へ近づきます。
片手/両手の指示は特に出ませんからどちらでもいいのでしょう。

「それにしても いやらしい手つき 自分のおっぱいの周りを 指先でくりくりーって すっごく変態さんだね」
男性向けで自分の乳房を揉むというのは珍しいですね。
実際にやったところ取り立てて気持ち良いとは思いませんでしたが
「これからエッチするんだ」と心のスイッチを入れる役割は果たしてます。
彼女も彼の様子を見ながら軽めの言葉責めをしてそれを後押しします。

乳輪いじりは「くるくる」「さわさわ」「すりすり」とシーンに応じて掛け声を切り替え
満足できない快感を与え続ける焦らし重視のプレイです。
本作品では序盤から中盤はとことん焦らし、それ以降は強めの刺激を与える落差を持たせたオナサポをします。
そのため乳首をいじり始めるまでは多くの人が物足りなく感じるでしょう。

本格的な乳首オナニーが始まるのはその後から。
シャツも脱いで全裸になり指の腹や爪を使って色んないじり方を試します。

「優しく乳首引っ張るみたいにしながら くーりくり くりくりくりくり」
乳首に指の腹をくっつけて維持するところから始まり
そのまま円を描くように撫でる、指を立てて軽く引っかく、2本の指で挟み込んでこねるなど
器具を使わない範囲で考えられる色んなタイプのプレイが登場します。

先ほどと同じく焦らす方向で進めるものの、乳房や乳輪に比べればずっと気持ちいいです。
じんわりとした甘い快感やピリッとした鋭い快感が断続的に襲ってきます。
時間に余裕がある状況を利用して乳首オナニーの醍醐味をゆっくりじっくり教えてくれます。

先ほど話した「強めの刺激」が始まるのはプレイ開始からおよそ36分後。
これまでやってきた乳首オナニーをおさらいする感じでひとつひとつ順番に行い
さらに個々のペースや力強さを上げて絶頂できる準備を整えます。
そして最後は完全フリースタイルになり彼女と一緒にこのプレイを楽しみます。

「それじゃあお姉さんも 今から君が絶頂へと向かうの 手伝ってあげるね」
お互いの体に触れることはありませんが熱っぽい吐息と艶めかしい声がとてもエロいです。
オナサポは性質上どうしても純粋なエロさが不足する傾向があるので
ここだけは細かい指示を捨ててそれを強化する方針を取ったのだと思います。

ちなみにフィニッシュはドライではなくノーハンド射精をします。
乳首オナニーが充実してるとはいえさすがに物理的な刺激なしに射精するのは難しいでしょう。
事後の消化不良を防ぎたいならラストはおちんちんも一緒にしごくのが無難です。

このように、しっかり溜めてから一気に吐き出す緩急をつけたプレイが繰り広げられてます。
乳首尽くしの作品
乳首オナニーを幅広く網羅した個性の強い作品です。

お姉さんは乳首の魅力にとりつかれてる主人公により満足してもらおうと
近所のお姉さんのような甘い声と態度でちょっぴり意地悪なオナサポをします。
そしていじり方、ペース、強さを指示しながら全体に流れを持たせて絶頂まで持っていきます。

胸や乳首を徹底的にいじり続ける特化型の作り
指示に従うだけで気持ちよくなれることを目指した完全サポートスタイル
ソフトなものからハードなものまで取り揃えた幅広いプレイ。
被首オナニーを広く深く掘り下げた取り組みやすいサービスに仕上がってます。

「君のイク時の気持ちよさそうな顔 とっても可愛かったよ」
M性が割と低いのも魅力のひとつです。
乳首オナニーやオナサポ自体はM向けですが、彼女の優しさである程度中和してます。
終盤で2人同時の絶頂を目指す流れにもその部分がよく表れてます。

エッチはノーハンド射精する点以外はよくまとまってます。
時間に対する刺激が弱めなのを考えると、どちらかと言えば未開発者向けじゃないかなと。
私は開発済みなのでもうちょっとハード路線であってほしかったです。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

乳首オナニーに興味があるけどやり方がわからない人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 1:02:30

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

あまあま囁き乳首開発 ~あまあまなお姉ちゃんに乳首の快感で堕とされる~

サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、弟のことが好きで好きで堪らないお姉ちゃんが
彼の性癖に合ったご奉仕で最近冷え込んでる関係の修復を図ります。

彼らの性格を強く反映させた乳首特化のエッチが魅力で
パートごとに責め方やその強さを変えながら
囁き声でMな彼が喜ぶ言葉責めと愛の言葉を交互にぶつけて幸せな射精へ導きます。
可愛い弟の気を引く方法とは
姉の片桐めぐみに乳首開発されるお話。

「お・と・う・と・くぅん……♪ お疲れ様ぁ。弟くんのだぁい好きなお姉ちゃんだよ~」
めぐみは甘く穏やかな声のお姉さん。
最近素っ気ない態度を取る弟の部屋にやって来ると
先日彼のパソコンを偶然見た時に得たとある情報について話します。

本作品は普段は優しいけどスイッチが入るとSになる彼女が
最近乳首いじりにハマってるMな彼におよそ70分間のエッチなご奉仕をします。
乳首開発がテーマということでどのパートもまずは乳首を積極的にいじり
興奮や性感がある程度高まったところでおちんちんも責めるスタイルを取ります。

「乳首。ここ。つねってあげる。きゅぅっ♪って。中指と、親指で……きゅぅっ♪」
こんな風に乳首をどういじってるか細かく実況しながら進めますから
それに合わせて自分でいじってみるとより気持ちよくなれるでしょう。
特別な器具は使わず指と口でゆっくりねっとり責めるオーソドックスな内容です。

もうひとつのポイントは囁き声。
総時間の半分近くで耳元至近距離に寄り添い甘めの言葉責めをします。
彼女は彼と仲良くしたくて今回のエッチをしますからいじめる気はまったくありません。
自分の好意をはっきり伝えた上で愛のこもった言葉責めをします。

「お姉ちゃんはね、弟くんのことが、だーいすきなの……好き、好ぅき♪ 乳首責めに逆らえない変態さんめ、好き、好きだよ♪」
「好き」と「変態」を同じセリフで言う作品は非常にレアですね。
ストレートに甘やかしたい気持ちと彼を喜ばせたい気持ちが混在してるのがわかります。
体への責めも全体的に優しいですし、彼女の溺愛っぷりが色んなところから伝わってきます。

また全編バイノーラル録音ということでシーンごとに声の位置や距離が目まぐるしく変わります。
目を瞑って聴けばすぐそばにいるんじゃないかと思えるほどに声がリアルで
本作品の魅力である囁き声や密着感の品質向上に役立ってます。

重度のブラコンなお姉ちゃんが囁きながら乳首をたっぷりいじる。
ややアブノーマルなプレイをノーマルな雰囲気で描いたややM向けの作品です。
心身のバランスが取れた愛情深いエッチ
エッチシーンは3パート67分間。
プレイは指を使った乳首責め、耳舐め、乳首舐め、手コキです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります。

「えっと……じゃあ始めは、指で円を描くように……くりくり、くりくり♪」
弟に服を脱いでもらい膝の上に座らせると
めぐみは早速彼の乳首を優しくいじって弱めの快感を送ります。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「囁き乳首責め・指で開発」は乳首開発を最も強く意識してるパート(約22分)。
指の腹で乳頭を撫でる、爪の先で引っかく、2本の指で摘む、ピンと弾くなど
数分単位で責め方を切り替えながらソフトな言葉責めをします。

「大好き、弟くん大好き♪ 最近そっけないから、お姉ちゃん寂しかった♪」
「……満更でもなさそうだね、弟くん。結構マゾヒストなんだ。いいよいいよ、お姉ちゃんはそんな弟くんも大好きだから♪」

完全女性上位のプレイですが雰囲気は最初から最後まであまあま。
少し疎遠になってた関係が改善されたことを素直に喜び、変態なところも含めて彼のすべてを受け入れます。
言葉、仕草、行為のすべてで「好き」を伝えてくれるので聴けば聴くほどいい気分に浸れます。

プレイについてはまだ始まったばかりということであまり難しいことはせず
「くりくり」「カリカリ」といった擬声語でリズムを取りながら色んなことを試して気持ちよくします。
パートの中盤に差し掛かるとオナニー開始の許可が出ますがいじり方の指示は特にありません。
射精シーンまで我慢することだけ気をつければ後はほぼ自由です。
プレイスタイルによっても本作品の主役は乳首だと教えてくれてます。

続く「囁き乳首責め・舌で開発」は乳首により特化したパート(約25分)。
後日、今度は弟がめぐみの部屋を訪れ口と指で乳首をたっぷり責められます。

「それじゃ、ほら。おねだりして? 胸をそらして、乳首を見せつけるようにしてさ」
「乳首で感じるマゾ♪ お姉ちゃんに負けちゃうマゾ♪ 舌でれろれろぉ♪ってされるだけで屈服しちゃう、乳首が弱点のマゾヒスト♪」

前回のプレイで彼のM性がそれなりにあることを察知したらしく
このパートから「マゾ」などM向けの言葉責めをするシーンが若干増えます。
といっても彼女の気持ちはまったく変わりませんし、主に囁き声でするからきつさは感じません。
彼にもっと興奮してもらいたい、感じてもらいたい一心でするご奉仕色の強いものです。

プレイの柱となる乳首舐めも彼女のキャラを反映させた上品で穏やかなものです。
フェラや耳舐めとの違いを出すために音自体をやや平べったいものにし
下品に感じない程度の水分を持たせて舐め、吸い、啜りを組み合わせた責めを繰り出します。
そしてある程度経つと今度は指で唾液まみれの乳首を強めに刺激します。

射精シーンはありますがおちんちんをいじる描写は特にありません。
乳首責めだけで射精を目指す本作品らしいプレイです。
実際にノーハンドで出すのは厳しいでしょうけど、ちゅぱ音が結構エロいのでオナニーなら普通にイけると思います。

最後の「囁き乳首責め・手コキ責め」はバランスの良さが売りのパート(約20分)。
弟に今度はおちんちんもいじって欲しいと言われためぐみが乳首と一緒に責めてより気持ちいい射精へ導きます。

「ここから、乳首だけ弄って……大丈夫になったらまたしこしこしてあげる」
「そうだ。お姉ちゃんが、「好き」って囁いたら、甘めにこねこねしてあげる。「大好き」って囁いたら、強めにぐりぐりしてあげる」

そしてここでは前項で話した彼女の2つの気持ちがプレイに色濃く表れます。
「にゅちゅっ」というねっとりした水音をリズミカルに鳴らしつつ射精が近づいたら止めるのを繰り返し
辛い思いをしてる彼を励まそうと普段以上に愛の言葉を投げかけます。
ちなみにこのパートはセリフのおよそ9割が囁き声です。

すんなり射精させてあげたいけどそうしたらあまり気持ちよくなれない。
だからどうすれば彼が最も満足できるかを考えてちょっぴり意地悪に振る舞います。
射精が始まってからおよそ1分30秒に渡って弱めにしごき続けるのも
彼が精液を全部出しきりスッキリした気分でこのエッチを終えられるの願ってるからです。
彼女が乳首とおちんちんを両方同時に責める点でもバランスが良いと言えます。

このように、ちょっぴり歪んだ性癖を持つ姉弟ならではの甘やかしプレイが繰り広げられてます。
変わった愛を描いた作品
サークルさん独自のやり方でおねショタ系のエッチをする作品です。

めぐみは昔から過剰な愛を注いできた弟とこれからも仲良くしていこうと
彼が強い興味を持ってる乳首いじりを自ら志願し色んな方法で喜ばせます。
そしてその中に自分の想いを存分に込めて心も引き寄せようとします。

おちんちんよりも乳首をずっと重視したエッチ
耳元至近距離から囁くシーンを多く用意した密着感のある作り
Mな彼を貶しつつ甘やかす個性的な言葉責め。
彼女たちの性格や嗜好を上手に反映させた甘くややアブノーマルなサービスが楽しめます。

「いいよいいよ。お姉ちゃんは弟くん大好きだから。ずーっと、大好きだからね」
プレイはややM、めぐみのキャラはほぼノーマルと属性に若干のズレがあるのが印象的でした。
乳首責め自体はどちらかと言えばM向けですから普通にやったらそちらへ傾きます。
でも本作品では彼女をとことん優しくしてノーマルへ戻そうとします。
この内容なら別にMじゃなくても普通に聴けると思います。

エッチはどこを聴いても乳首責めと言えるほど充実してます。
実況のセリフに力を入れてるところを見ると聴き手が実際にやるのも想定してるんじゃないかなと。
唾液まみれの乳首をいじるシーンはローションで代用できますし
多少のオナサポ要素も持ってるプレイと言えます。

射精シーンは3回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:17:27

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

サークル「チューン」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで母性の強いお姉さんが
幼児化願望を持つ男性に催眠をかけてから一風変わったエッチをします。

乳首とおちんちんをとことんいじるセルフ特化のプレイが魅力で
幼児退行自体は完全に省略し、赤ちゃん言葉で語りかけながらオナニーの指示を与え
さらに時々カウントを数えて体の動きや射精を制御します。
赤ちゃん気分で気持ちいいオナニーを
お姉さんに催眠をかけられ乳首とおちんちんをいじるお話。

「こんにちはー 私の世界にようこそ」
お姉さんは明るくておおらかな声の女性。
エッチな妄想を何でも叶えられる世界にやって来た主人公を快く迎えると
特技の催眠術を使い声だけで気持ちよくします。

本作品は幼児化して甘えたい願望を満たすことを目的に
彼女がおよそ80分に渡ってそれに沿ったエッチなサービスをします。
催眠15分、エッチ47分と後者にかなり力を入れており
内容もサークルさんが得意とされてる乳首オナニーを積極的に取り入れてます。

「次は もう片方の手で もう1回乳首をいじっていいよ」
エッチシーンの約6割にあたる28分も用意し
前半は両方同時に、後半は片手でおちんちんもいじりながらとスタイルを変えて進めます。
いじり方、ペース、強さといった細かな指示は出さないので開発要素は薄いものの
普段からいじり慣れてる人ならおちんちん単体よりもずっと気持ちよくなれます。

催眠はおよそ15分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。

「私の声が心地よい とっても素敵な音楽のよう」
「頭の中も どんどん真っ暗になっていく 脳が考えるのをやめて いつも感じている日常の不満や不安は 私の指示に従った呼吸で 押し出されていく」

音声開始直後の彼女は声だけの存在で体に直接触れることはできません。
だから声に対して良い印象を抱かせることでエッチをスムーズに進められる環境を整えます。
また4分くらい経つと今度は心身がスッキリしたり力が抜ける暗示を入れ始めます。

催眠中はほぼずっと深呼吸を続けるおかげで後になるほどリラックスできます。
セリフを小まめに区切りながらのんびり語りかける演技もシチュに合ってて良いです。

そしてある程度脱力できた後はそれを強化しつつより深い催眠に入ります。
両腕と両脚に脱力する暗示を入れてからカウントを数えて落とすオーソドックスなものです。

ちなみに本作品では幼児退行のアプローチが特にされてません。
エッチ開始時にもう彼が赤ちゃんになってる設定がされてます。
ですからガチな幼児化モノよりイメージプレイに寄ったものと思って聴いたほうが楽しめるでしょう。
ママの指示に従ってゆっくり射精へ
エッチシーンは47分間。
プレイは乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りです。
服を脱ぐ指示は出ませんから視聴前に抜いでおくのをおすすめします。

「気持ちよくなるには 赤ちゃんでもわかるよね? そう 自分でエッチな事しないとね」
催眠を使って主人公を無垢な赤ちゃんに変えたお姉さんは
ひとまずおちんちんをいじるのは禁止し、代わりに乳首オナニーで気持ちよくします。

エッチは彼女に言われた通りに性感帯をいじります。
最初の14分間は乳首オナニーだけをするシーン。
いじり方は彼の自由にさせ、彼女は赤ちゃん言葉で話しながら大きなおっぱいを見せつけます。

「とっても気持ちいいでちゅねー もっともっとしていいんでちゅよー」
彼女と直接触れ合う描写はないもののセリフは結構甘く
乳首を実際にいじってる状況も相まってそれなりに気持ちいいひと時が味わえます。
しかし彼女にはとある目論見があり、彼をストレートに甘やかすことはありません。
その目的を達成するためにカウントを数えながら暗示をちょこちょこ入れてプレイを制御します。

催眠の技術で心と体をきめ細かくコントロールするのではなく
要所でだけ使って屈服させたり射精を抑える感じです。
雰囲気は甘めですがやってることは割かしM向けかなと。

おちんちんオナニーが解禁されるのはその後から。
乳首と同じくいじり方などの細かい指示は出さずに
時々ストップをかけながら射精に向けて少しずつ性感を高めます。

「徐々に精通していって 今は小学生低学年くらいだから ゆっくり射精に近い快感が 体を走り回っている」
ここではカウントに合わせて彼の年齢を徐々に上げていくアプローチが面白いですね。
射精するには小学校高学年くらいまで成長する必要がありますから
その快感と引き換えに自分に従うよう説得します。
こういった駆け引きも本作品のエッチにおける魅力のひとつだと思います。

このように、オナニーさせつつ心を適度に縛るM向けのエッチが繰り広げられてます。
変わった趣向のセルフ作品
多少の幼児化要素を織り交ぜて乳首とおちんちんをたっぷりいじらせる作品です。

お姉さんは赤ちゃんになって女性に甘えたい願望を抱く主人公を満足させようと
まずは催眠でリラックスさせて普段の自分と一時的に切り離し
それからママらしい話し方でふたつの性感帯を個別に、あるいは同時にいじらせます。

乳首オナニーに力を入れたサークルさんらしいプレイ
相手が赤ちゃんになってる状況を見据えた奇抜なアプローチ。
タイトル通り幼児化と乳首オナニーを柱にしたサービスを行います。

チューンさんの催眠音声は「奴隷人形の乳首オナニー催眠」に続きまだ2作目ということで
技術に関しては発展途上の段階にありますが、テーマに沿った事をされてる点は良いと思います。
もし今後同様の作品を制作される場合は幼児化誘導にも挑戦してみてほしいですね。
セルフ主体なら思春期あたりに戻せば新鮮な気持ちで射精を迎えられます。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:19:24

チューン
http://tikubionsei.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

クロスドレッサー~女装体験~

サークル「KUKURI」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、体にとある秘密を持ってる上品な家庭教師が
教え子を女装させてから変わったエッチをして新しい快感に目覚めさせます。

アナルを指でほぐしてから器具やおちんちんを挿入したり
乳首をいじらせながら気持ちよくなる暗示を入れるなど
テーマの女装に合わせて男性よりも女性の快感を重視したエッチを行います。
先生とするアブノーマルなエッチ
家庭教師の楓とコスプレエッチするお話。

「楓先生 どうしても着ないとダメですか?」
有紀は中性的な可愛い声の男の子。
「今さら何を言ってるの? 約束したでしょ?」
楓は穏やかな声のお姉さん。
期末試験の前に約束した点数を取れなかった有紀が
楓に女装を持ちかけられ戸惑うところから物語は始まります。

本作品は女装願望を密かに持つ彼の願いを叶えようと
彼女がおよそ30分に渡って催眠をかけたりテーマに沿ったエッチをします。
制作された時期がかなり昔(付属のテキストによると2008年)なこともあり
現在出てる催眠音声とは作りや内容が随分違います。

例えば音声の全編で楓だけでなく有紀もしゃべり
女装を嫌がる彼を彼女が説得し、最終的には虜にする様子を描いてます。
またエッチシーンでは彼女の責めを受けて可愛い喘ぎ声を適度に漏らします。
現在出てる催眠ボイスドラマ以上にボイスドラマ成分が強い作品です。

催眠誘導の時間が非常に短いのもそう言える理由のひとつです。
ダウンロードできるページでサークルさんご自身もおっしゃられてますが
このエッチを本気で楽しみたいなら他作品の誘導を事前に聴いてからエッチに移るのがいいでしょう。
ちなみに作中の衣装は涼宮ハルヒをモチーフにしてるようです。

催眠はおよそ2分30秒間。
目を開けたまま横になり、彼女の話を少し聴いてからカウントに合わせて閉じます。

「女装をした自分を想像して とても可愛くて 幸せな気分になっている」
「あなたの体から すーっと力が抜けていくよ」

彼が女装を嫌がってることを踏まえて自分の声に意識を向けさせつつ
女装に対してプラスの感情を抱くように働きかけます。
そしてカウントを数える時は数カウントごとに脱力や深化の暗示を入れます。

暗示の表現、入れ方、方向性は目的に合ってて良いと思います。
ただここまで時間が短いと上級者でも一定以上の深さに入るのは難しいかなと。
私が聴いた時も意識が少しぼやける程度でした。
乳首とアナルを集中攻撃
エッチシーンは23分間。
プレイは女装、アナル責め、乳首オナニー、アナルの筋肉を収縮させる、オナニー、アナルSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
エッチの序盤にパンツを脱がせる描写があります。

有紀「わかりました これが最初で最後ですよ」
楓「女装が楽しくなってきたでしょ? そうすると気分が高揚してくる」
催眠を使って女装に対する有紀の心を前向きにした楓は
改めて着替えをお願いしてから今度はエッチな気分になる暗示を入れます。

エッチは年上の彼女が責め続けます。
最初の6分間でするのは性感の向上とアナル開発。
指をゆっくり挿入してから中をある程度ほぐし、さらにエネマグラなどの器具を使って前立腺を刺激します。
指や器具を実際に入れる指示は出ませんから未開発でも大丈夫です。

「指先がアナルに触れる 体がビクビクっとする アナルに少しずつ違和感を感じ始める 思わず声が漏れる」
そしてどのシーンも彼女はどんな風に責めてるかを実況しつつ
それによって得られる快感を聴き手視点でわかりやすく伝えます。
なんとなくイメージしやすく感じるのではないでしょうか。
プレイは結構アブノーマルですが、責め方に思いやりが感じられて雰囲気は穏やかです。

その先は責める場所を徐々に広げていきます。
器具を挿入したところでアナル責めは一時中断し、今度は乳首を自分でいじる指示を出します。
さらにカウントを数えながら感度を上げて両方をもっと気持ちよくします。

楓「アナルの中で道具が動くのを感じる 触ってないのに勝手に動いている」
有紀「お尻がっ お尻が あぁぁぁぁ」
最初のうちは楓が話す合間に軽い吐息を漏らすだけだった有紀も
乳首やアナルで気持ちよくなるのに慣れてきたのか、だんだん喘ぐ割合が増えてきます。
カウントに合わせてアナルの筋肉を収縮させるプレイも登場しますし、催眠抜きでもそれなりに気持ちよくなれます。
男性の象徴であるおちんちんをできるだけ責めずにエッチするのがテーマに合ってて良いです。

終盤の絶頂シーンはドライ、ウェットどちらでもよさそうな描写がされてます。
エッチ開始から17分後あたりにおちんちんオナニーの許可が出て
その少し後には彼女が自分のおちんちんを彼のアナルに挿入して一緒の絶頂を目指します。

楓「可愛いね 本当の女の子みたい」
有紀「気持ちいい 気持ちいいよぉ」
彼女は彼が男女両方の魅力を兼ね備えてるところに惹かれたのでしょう。
だからおちんちんを好きにいじらせながらアナルも責めてどちらでも気持ちよくなれるように導きます。
射精表現はないですが実際にしごくのでそのまま出してもいいんじゃないかなと。

このように、女性の快感に目覚めさせるのを意識した珍しいエッチが繰り広げられてます。
コンパクトだが個性の強い作品
テーマの女装とエッチを上手く繋げてる催眠ボイスドラマです。

楓先生は有紀が持つ可愛らしさをより引き出そうと
テストの成績を理由に女装を持ちかけ、断られたら催眠をかけて抵抗心を取り除きます。
そして女装後はアナルと乳首をじっくり責めておちんちんとは違う快感を教えます。

催眠者だけでなく主人公もしゃべるドラマ性の強い作り
女装、乳首オナニー、アナルSEXなど聴き手に女性の快感を味わわせることを目指したエッチ。
30分未満の限られた時間で面白味を持たせたサービスを行います。

特にエッチは有紀が女装してる状況を活かした個性的なものです。
彼を常に受けに回らせ、おちんちんをできるだけ避け、アナルをおまんこに見立てて中出しを決めます。
乳首も男女両方についてる部位ですし、色んなところで男性らしさを薄めてます。

最初のほうで書いた通り催眠が弱いという弱点もありますが
エッチは催眠に入ってれば十分気持ちよくなれる可能性を秘めてます。
セルフ系なこと、イメージのさせ方が上手いこと、感度を小まめに上げてくることがそう言える理由です。
ドライ、ウェットどちらでも構わないこともプラスに働いてます。

絶頂シーンは1回。
喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:小鳥遊ときなさん
総時間 29:55

https://ci-en.jp/creator/1475/article/4268
(DLsiteかCi-enへの登録とサークルさんのフォローが必要)

お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー2

サークル「チューン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかな声とドSな性格を持つお姉さんが
いじめられることに快感を覚えるM男に変わったオナニーをプレゼントします。

タイトル通り乳首にターゲットを絞ったオナニーをするのに加えて
前半と後半でペースや強さが大きく変わる緩急をつけたプレイが楽しめます。
後半は刺激がとても強いですから痛みと快感の両方を味わうことことになるでしょう。

音声を聴く前に歯ブラシと洗濯ばさみ2個をご用意ください(必須)。
より踏み込んだ乳首オナニーを
お姉さんの指示に従って乳首オナニーするお話。

「いらっしゃい よく来たわね」
お姉さんは上品で落ち着いた声の女性。
自分に罵倒されながらオナニーしたくてやって来た主人公を温かく迎えると
前回以上に過激で変態的なオナサポをしてあげます。

本作品は2017年7月に発売された「お姉さまのマゾ犬調教乳首オナニー」の続編。
普段は穏やかだけど熱が入るとSっ気を発揮する彼女が、およそ45分に渡って独特かつハードなオナニーを提供します。
シリーズ物ですが総時間の9割近くがエッチシーン、しかも内容が大幅に改変されてるので
二人が過去に似たプレイを経験してることだけ掴んでおけば普通に聴けるし楽しめます。

「あなたの敏感勃起乳首 これからたっぷり いじめてあげる」
最大の特徴は胸や乳首にターゲットを絞ったエッチをすること。
指→歯ブラシ→洗濯ばさみとパートごとに責める手段を切り替えながら
おちんちんには目もくれず乳首だけをひたすらいじり続けます。

未開発者でも無理なくついていけるようにどの指を使ってどういじるかを事前に説明し
開始後も「ぐるぐる」などの擬声語でペースや強さを細かく指示する親切設計です。
エッチであまり使わない器具によるプレイがメインなので、普段よくいじってる人もそれとは違う強めの快感が味わえます。
衛生面を考えれば歯ブラシは新品を使うのがいいでしょう。

もうひとつの特徴は前半と後半でプレイスタイルを大きく切り替えてくること。
前半はまだ始まったばかりということで責めるペースを意識して緩め
いじる場所も乳首に比べて鈍感な胸や乳輪を優しく撫でるのに留めます。
そして性感と期待を十分に膨らませた後は一転してハードなプレイに突入します。

最初のうちはもどかしい、生ぬるいと感じてた人も
中盤以降に差し掛かるとその考えを改めさせられるでしょうね。
特に最終パートは乳首を洗濯ばさみで挟んだまま引っ張ったり振動を加える過激なものです。
言葉責めも激しさを増しますから最低でもMあたりの属性を持ってるのが望ましいです。
焦らしてから痛めつけるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート43分30秒間。
プレイは胸や乳輪の愛撫、歯ブラシオナニー、洗濯ばさみオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ まずは右手を持ち上げて そしたら人差し指を一本立てて シャツの上から胸に触れなさい」
下着一枚の格好になってベッドに寝る指示をすると
お姉さんは胸から乳輪にかけて輪を描くように指でゆっくりなぞらせます。

エッチは彼女と直接の接触はせず言われた通りにオナニーします。
一番最初の「乳首マッサージパート」はウォーミングアップと呼ぶのが相応しいプレイ(12分30秒)。
前半は下着越し、後半は直接胸を片方ずついじります。

「いきなり(乳首に)向かっちゃダメよ 焦らすように 待たせるように ゆっくりぐるぐる ぐるぐる」
彼はドMなのですんなり気持ちよくしたら満足させられません。
だからこのパートと次のパートの前半部分を合わせた22分間は乳首に触れるのを一切禁じ
弱めの刺激をその周辺に与え続けてとことん焦らします。
くすぐったい感覚が中心になりますから物足りなく感じる人が多いのではないでしょうか。
でもプレイの指示はどのシーンも的確でやりやすいです。

「一方をいじって 体と頭が興奮状態だから ほーら もう片方もすぐに勃起しちゃう」
プレイ中に彼女が催眠暗示っぽいセリフを言ってくるのもポイント。
これは前作にもあった特徴で、体に対する刺激の弱さをある程度補う役割を果たします。
お姉さん役が数多くの催眠音声に出演されてる紅月ことねさんだからこういうアプローチを入れてるのかもしれませんね。

状況が一変するのは「歯ブラシ乳首オナニーパート」(約21分)の後半から。
指でのマッサージを終えた次に歯ブラシを使って同様のプレイを再度行い
十分に準備が整ったところでいよいよブラシを乳首に押しつけ擦ります。

「痛いような くすぐったいような感覚 毛先が刺さるようで でもそれが気持ちいい」
毛先が柔らかいものでも指に比べて刺激がずっと強く、多少力を抑えないとピリッとした軽い痛みが走ります。
でもこれまでずっと焦らし続けてきたおかげでかなりの快感も味わえます。
パート終盤にはハイペースでゴシゴシ擦る指示も出るなどハード路線へ大きく転換します。

それ以上に激しいのが最後の「洗濯ばさみ乳首オナニーパート」(約10分)。
使用する道具を歯ブラシから洗濯ばさみに切り替え
両乳首を挟む、そのまま捻る、弾く、引っ張ると色んな刺激を与えて絶頂へ追い込みます。

「乳首が押しつぶされる 快感が走る 背中を突き抜けていく」
「挟んだ乳首が引っ張られて伸びる 痛い 痛い 痛い 痛い だから気持ちいい 痛いのが気持ちいい」

タイプにもよりますけど多くの人が快感と一緒に多少の痛みを感じると思います。
だからこそ彼女は言葉を使ってそれを中和しようとします。
終盤には「マゾ」「変態」といった言葉責めを強めの語気でするなど、言葉を上手に組み合わせてマゾ犬調教を施します。

私がやった時も痛気持ちいい感覚が味わえました。
両方同時にやると結構きついので、片方だけやってもう片方を指でこねるくらいが丁度いいと思います。
このように、作品が持つふたつの特徴を組み合わせたドM向けのプレイが繰り広げられてます。
刺激の強いオナサポ作品
性感帯をある程度痛めつけて気持ちよくなる変わった作品です。

お姉さんは主人公に前回以上の気持ちいい体験をさせようと
前半から中盤にかけては焦らし続け、その後から道具を使ったハードなプレイを指示します。

最初から最後まで胸や乳首だけをいじり続けるこだわったプレイ
前半と後半で大きな落差をつけ、そこに言葉責めと暗示調のセリフを盛り込んだ独特な作り。
前作の特徴を継承しつつよりハードな路線へ突き進んでます。

乳首オナニーをテーマにした同人音声はまだまだ数か少なく
しかもここまで刺激的なプレイが登場するものとなると極めてレアです。
ひたすら痛めつけるのではなく、きめ細かなリードやセリフで多少の柔らかさを出してるのも良いです。
一定以上のM性を持ってる人なら特に嫌な気分を抱くことなく楽しめるでしょう。

エッチはやはり歯ブラシと洗濯ばさみを使ったプレイが非常に面白いです。
ペースや強さをきっちり指示してくれますが、最初は多少手加減して取り組むのが無難です。
事前にローションを塗っておくと痛みが和らぐかもしれません。
やり方さえ気をつければ痛みよりも快感をより強く味わえます。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

乳首オナニーの新しい可能性を模索してる意欲作です。

CV:紅月ことねさん
総時間 48:56

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ