同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:三森愛乃

   ● 1秒1回コキ縛り 無感情ダークエルフのスローオナニー耐久勝負
   ● 即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→新妻なっちゃん妊活中♪精子競争まけませんっ♪防衛失敗!敗北妊娠!完堕ち人妻NTR托卵♪(後編)
   ● 即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→新妻なっちゃん妊活中♪精子競争まけませんっ♪防衛失敗!敗北妊娠!完堕ち人妻NTR托卵♪(前編)
   ● バブみ姉妹に癒されたい じゅっぽり耳舐めで孕ませっくす3♪【KU100バイノーラル】
   ● 【ASMR×催眠音声】甘とろリップ
   ● 断りベタの安田さん -安田さんのこと諦めるから一回抜いて!-
   ● 「本当に深い耳"奥"舐め」と「本当に押し潰される耳"圧"舐め」~お耳の穴を中と外から刺激する≪深層&圧迫ASMR≫~
   ● ゆめえち~ふわふわさいみん~
   ● 可愛い幼馴染のちゅぱちゅぱお仕置き♪
   ● 本当に深い「''生''耳かき」と「耳''奥''舐め」~お耳の奥をしっとりエッチに刺激する≪深層ASMR≫~




サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、森の中で人間を奴隷として飼ってるクールなダークエルフが
偶然迷い込んできた男性に焦らし特化のオナサポをします。

最初から最後まで1秒1コキのペースでしごき続けるのが最大の特徴で
耳舐め、キス、疑似フェラでちゅぱ音を鳴らして誘惑したり
1秒1コキよりもずっと速いペースでシコシコボイスを言ってルール違反を誘うなど
体への刺激を固定したうえで心を色んな手段で責めて負けへ追い込みます。
簡単そうに見えて難しいオナニー
ダークエルフの指示に従ってオナニーするお話。

「こんばんは どうしたんですか? 人間がこんなところへ」
ダークエルフは淡々と話す穏やかな声の女性。
自分たちが住む森の中で主人公を発見し声をかけると
これからするエッチな勝負に勝ったら見逃してあげると言います。

本作品は声も態度もクールなダークエルフが
何らかの理由で村の近くを徘徊してた彼にエッチなゲームを持ち掛けます。
彼女たちは人間を家畜同然の存在と見下しており
通常は見つけたらすぐさま捕まえて性奴隷に調教するそうです。
しかし彼女は変わり者なのでそうする前に1回だけチャンスを与えます。

「今からあなたには この場でオナニーをしてもらいます その際 1秒に1回というペースを最後まで保つことができたら勝ち 我慢できず 途中で勝手に手を速く動かしたら負け、という たったこれだけのルールです」
ルールは至って簡単。
最初から最後まで1秒1コキのペースでおちんちんをしごき続け
彼女が許可を出すまで射精を我慢出来たら勝ちです。
オナニー中はもちろん、射精の直前や出してる最中もこのペースを維持しなければなりません。

通常のオナサポ作品に比べて体への刺激が弱いので
早漏な人でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
しかしもっと速くしごきたい、より強い快感が欲しいというもどかしさが湧いてきます。
彼女も彼がそう感じるだろうと予測してペースを崩しにかかります。

ちなみにしごく速度は聴き手が自分で管理するため
序盤以外は1秒1コキのペースでシコシコボイスが流れることはありません。
その代わりちゅぱ音を鳴らしたりオナサポではお馴染みの要素を使って揺さぶりをかけます。

たぶんこの作品はオナサポをよく聴いてる人ほどクリアが困難です。
理由は後で説明しますが心へのアプローチに力を入れてます。

「負けますか? 負けを認めれば 射精 させてあげてもいいんですよ」
彼女については知的な女性と呼ぶのがピッタリなキャラです。
彼に負けを認めさせてから村へ連れて行く展開や
プレイ中も終始落ち着いた態度で彼の姿や反応を眺めるところにそれが出てます。

罵倒にあたるセリフもほとんどありませんし
囁き声で話すシーンが結構あるので割と穏やかな空気が漂ってます。
「普通にやれば絶対勝てる」という自信があるからこうするのでしょう。
愛情は皆無ですけど事務的感も特になく淡々とリードします。
焦らし特化の意地悪なエッチ
エッチシーンは6パート68分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、シコシコボイス、疑似フェラ、カウントです。
エッチな効果音はありません。

「よろしいでしょうか では まずはペニスの勃起ですね」
4分程度の雑談でオナサポのルールや勝敗条件を説明すると
ダークエルフはひとまず自由におちんちんをしごかせ
それと同時に耳舐めして勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_本編(約60分)」は勃起から射精寸前までを行うメインパート。
シコシコボイスで1秒1コキのペースを軽く教えた後に
序盤の24分間は耳舐めやキスでストレートに興奮させます。

「気持ちよさそうにとろけた 恥ずかしい顔ですね 粘膜の接触は本能を直接刺激しますから 快楽を感じるのは当然です」
エッチ開始後も彼女の態度は至ってクール。
おちんちんを見せてオナニーしてる姿をほぼ無表情で眺めながら
左右の耳や唇に口を寄せて割と上品なちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。
そしてその合間に速くしごけばもっと気持ちよくなれることを教えて負けへ誘導します。

人間を見下してるからもっと手厳しいことをするのかと思いきや、キスまでするのは意外でした。
ただし勝ちに対する執着心は強く、そのためには手段を選ばない狡猾さが見られます。
序盤から本気を出したらつまらないのでわざと抑えてるように映りました。

ちなみに本作品のエッチは休憩時間がほとんどありません。
プレイを切り替える際に1分程度休むのを数回する程度です。
1秒1コキを固定してる時点で体への刺激は上げられませんから、そのハンデをしごく時間の長さで補います。

中盤の13分間はオナサポならではの面白いプレイが登場します。
1秒2コキ~3コキのペースでシコシコボイスを流し
さらに負けを誘うソフトな言葉責めもして心を上手に突き崩します。


「勘違いしないようにしてくださいね 1秒に2回 3回とペースを狂わせるように意地悪な声を流す、という意味です」
オナサポ作品をよく聴いてる人はその自覚がなかったとしても
「シコシコボイスの速度に合わせておちんちんをしごく」という習慣が身に着いてます。
だから1秒1コキ以外のペースで流されるとどうしてもそれに合わせたくなります。
オナサポの特徴を逆手に取った面白いプレイです。

1秒1コキでしごき始めてから2分後にシコシコボイスがなくなったので
「そのまま流し続けたほうがやりやすいのに」と思ってました。
でもここを聴けばこれをするために敢えて流さなかったと見ることができます。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんだからこそこういう発想を思いついたのでしょう。

終盤の23分間は寸止めが加わります。
カウントダウンをして0になったら射精するルールを定め
何度も数えながら直前でストップをかけて出したくても出せない状況を維持します。

「ずりずりと乱暴に擦ったら 頭が真っ白になる気持ちよさでしょうね」
彼女が言う通り60分近く焦らし続けてから出せば相当に気持ちいいでしょう。
でも一時の快楽に負けたらダークエルフの奴隷になって一生を棒に振ります。
彼の心理を見抜いたうえで負け射精へ追い込もうとするなかなか意地悪なプレイです。
疑似フェラや耳舐めも投入しますから純粋なエロさもそれなりにあります。

残りの5パート8分間は勝敗を決めるシーン。
勝利、敗北、ギブアップ、ルール違反、暴発と5つのルートが存在し
聴き手がどの道を選んだかによって聴くパートを選択します。
彼女の性格に合わせてどれもあっさり済ませてました。

このように、1秒1コキのルールは固定しそれ以外で変化をつけるM向けのエッチが繰り広げられてます。
たっぷり焦らしてくれる作品
激しくしごくのとは正反対のやり方で悶えさせる個性的な作品です。

ダークエルフは自分たちの村の近くまでやって来た主人公をおもちゃにして楽しもうと
ゲーム形式でのオナサポを提案し、最初から最後まで1秒1コキのペースでゆっくりしごかせます。
そして序盤はちゅぱ音、中盤はシコシコボイス、終盤はカウントと
色んな手段で揺さぶりながら負けを誘うセリフを投げかけて気持ちいい敗北へ追い込みます。

クールで知的なダークエルフがスローなオナサポでとことん焦らすM向けのシチュ
体への刺激は固定して心への責めをシーンごとに変える割と多彩なエッチ
彼が自分の意志で負けたくなるようにそそのかす彼女の巧みなリード。
より強い快感を求める男の心理を的確に突いた面白い作品に仕上がってます。

中でも2番目は中盤で出てくるシコシコボイスがすごく印象的でした。
通常とは真逆の使い方でギブアップしやすくしてます。
終盤のカウントも焦らしまくった後に寸止めするえげつないプレイですし
M度の高い人のほうが楽しめる要素が充実してます。
心の強さが試される作品だなと。

彼女のキャラや言葉責めはソフトな部類なので責め方が一番の魅力です。
60分以上もあれば1秒1コキのペースでも普通に射精できます。

射精シーンは4回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:17:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月4日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→新妻なっちゃん妊活中♪精子競争まけませんっ♪防衛失敗!敗北妊娠!完堕ち人妻NTR托卵♪(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「即おちCG_natsu_DAY03_track04」以降の様子を中心に紹介します。
気持ち良くて背徳的な最後の試練
後編のエッチシーンは60分間。
プレイは録音、体の愛撫、キス、耳舐め、乳揉み、乳首舐め、手マン、SEX(立ちバック、正常位)です。
愛撫、手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「こうやって制服着ると 全然人妻感ないでしょ?」
前のパートからさらに後日、いつものラブホで主人公と再び会った凪都は
挿し絵にも描かれてるカフェの制服に着替えてからエッチに臨みます。

このパートは妊活プログラムの最終段階ということで
まずは主人公の精液をおまんこで受け止め、その後に旦那ともSEXして精子競争させます。
作中では前者しか描かれてないので基本的な流れは今までとほぼ一緒です。

「えっと 今 お兄さんの手が 私の頭 撫でてます」
ただし、主人公の指示でエッチの一部始終を録音する展開になり
旦那にも状況がわかりやすくなるよう実況のセリフを多めに挟みます。
今何をしてるか、彼女が何を思い感じてるかなどです。
これによって旦那視点でエッチを楽しむ寝取られの要素が加わります。

主人公なら当然寝取りにあたるため両方の側面を持ってることになります。
妊活がテーマの時点で種付けSEXするのはわかりきってますから他の部分で変化をつけるわけです。

エッチの流れも旦那視点を意識してじわじわ追い込む感じで進めます。
頭や頬を撫でるところから始まりキス、服を脱がせてからの耳舐め
乳揉み、お返しに彼女の乳首舐め、そしてフェラと最後にしてはプレイ構成が抑えられてます。
30分くらいかけてじっくり前戯するのでやや焦らしてるように感じました。

ただし、口を使うプレイが多いおかげでエロさはそれなりに高いです。
主人公の嗜好に合わせてやや下品でパワフルなちゅぱ音をガンガン鳴らします。

「耳舐めしながら おっぱい揉んで欲しいです」
彼女も焦らされてると感じたのか、ある程度経つと積極的におねだりを始めます。
先ほど書いたようにこのエッチは旦那に聞かせることを想定してます。
それなのに他の男の責めとおちんちんを自ら欲しがる。
妊活という本来の目的と、一時の快楽どちらを選ぶか彼女が揺れ動いてるのがわかります。

旦那に向けて頑張る宣言をするシーンもありますからまだ完堕ちしてません。
そうなったときのエロさや背徳感を増幅させるためにこうしてるのかもしれませんね。
物語も終盤なので大げさにならない程度の「溜め」を作ります。

本題のSEXが始まるのはエッチ開始からおよそ36分後。
これまでと違い立ちバックで繋がり彼のピストンを受け止めます。

「これっ 好き これっ 好きぃ」
十分に焦らされた後なので彼女の反応も非常にストレート。
前編と同じく「お゛っ」などの喘ぎ声を漏らしながら「好き」と何度も言って快感に酔いしれます。
ここでは指パッチンをする機会が通常よりも多いため
素の彼女と催眠にかかった彼女両方の心情や反応を聴き比べる楽しさがあります。

乱れっぷりはそこまで変わりませんけどセリフは割と違います。
ベロチューも挟みますし寝取られ作品とは思えないほど甘い空気が漂ってます。

そして立ちバックから正常位に切り替えた後は最後の追い込みへ突入します。
一番の山場なので詳細は伏せますが
「ずちゅっ」という力強いピストン音を力強く鳴らしててかなりエロいです。
人妻に妊娠覚悟の中出しをする展開も含めて、心身両面を興奮させる要素が充実してます。

このように、体だけでなく心も堕とすことを見据えた重厚なエッチが繰り広げられてます。
本格派の寝取り作品
寝取りの要所や醍醐味をしっかり押さえたうえで、聴きやすさにも配慮してる大変優れた作品です。

主人公は街中で偶然出会った凪都を自分の虜にしようと
まずは彼女の悩みを解決する姿勢を見せながら生ハメ&中出しSEXまで持ち込みます。
そして2日目以降はパートごとにスタイルを変えてよりエロく濃厚なエッチをお届けします。

結婚してて妊娠願望も強い女性を指パッチン、話術、性のテクニックで寝取るシチュ
パートごとに違うやり方で前半は前戯、後半はSEXする濃厚なエッチ
最初は不安や抵抗する姿勢を見せてたのが後になるほど彼を求めるようになる彼女の変化。
女性を無理矢理犯して屈服させるのではなく、相手が自分からそうなりたいと望むように進めます。

中でも2番目はSEXする点は一緒だけどそれぞれで違う魅力を持ってます。
彼女の態度や乱れっぷりも変わるので最後まで飽きずに聴けました。
純粋なエロさも過去作に負けないくらい高く、プレイ時間の長さも相まって普段よりも強い射精感が味わえます。
早漏な人だとたぶんきつく感じるでしょうから、2回目以降はSEXシーンから聴くのもありだと思います。

シリーズの初期は指パッチンであっさり陥落させる「即おち!」を売りにしてましたが
前作と今作は堕ちにくい属性の女性をじっくり攻略するボイスドラマとしての面白さもあります。
5作品出てるのに毎回同じパターンだとファンに飽きられる可能性がありますから
元々持ってる良い部分を残しつつ新しい方向性を打ち出して進化を遂げてます。

本作品の魅力を簡単に言うなら「聴きやすく抜きやすい」です。
人を選ぶことが多い寝取りをできるだけマイルドに表現してますし
肝心のエッチも流れを作りながらきちんと抜けるように組み立ててます。
「音質が向上した」とサークルさんがおっしゃられてる通り効果音のレベルも高いです。

寝取り好きな人が最も楽しめるのは間違いないですけど
私はむしろ今まで寝取りにまったく触れてこなかった人にこそ聴いて欲しいと思ってます。
そういう人が苦手に感じそうなところを上手に料理してて聴き心地がまろやかです。

後編の射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは6本目の満点とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 4:06:23

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月23日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
過去作も4月23日まで50%OFFで販売されてます。
(前作のみ4月22日までで30%OFFと少し違います)



サークル「上海飯店」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、半年前に結婚して幸せな日々を送ってる人妻が
街中で偶然会った男性と訓練を名目にSEXメインの濃いエッチをします。

寝取りから連想される暗さや重さを極力取り除いてるのが特徴で
シリーズの売りである指パッチンと巧みな話術を組み合わせて彼女を徐々にやる気にさせ
SEX開始後は射精するまでおちんちんを一度も抜かずに長時間に渡ってピストンを続けます。
エッチだけでなくそこに至る過程も丁寧に描いてますから
物語が進むほど彼女と実際にエッチしてるような気分が味わえるでしょう。

総時間が246分もあるので前編(track01~03)、後編(track04~05)の2回に分けてお送りします。
可愛い新妻をじっくり攻略
人妻の凪都(なつ)の妊活を実践形式で手伝うお話。

「はい、なんでしょう? え? ネギ? あっ ほんとだ」
凪都は甘く可愛い声の女の子。
街中でうっかり落としたネギを主人公に拾ってもらいお礼を言うと
その場を立ち去ろうとするところで指を鳴らされ態度が急に変わります。

本作品はサークルさんがこのところ力を入れてるシリーズの第5弾。
家事をこなしながらカフェのバイトも頑張ってる彼女が、彼とおよそ240分に渡る本気のエッチをします。
彼女は夫のことを世界で一番愛してる健気な女性ですけど
結婚後によくSEXしてるのになかなか妊娠できない悩みを抱えてます。
それを知った彼が独特な手段で解決するというのが大まかなあらすじです。

シリーズものですがコンセプトが一緒なだけで
ストーリー、キャラ、声優さんは全部違いますから過去作未視聴でも大丈夫です。

「体の相性の問題なのか ちょっとわからないんですけど あんまり上手くエッチできてる気がしないですね」
その手段というのは音を使ってかける催眠。
彼が指を1回鳴らすと即座にかかり、先ほど会ったばかりなのに込み入った事情を素直に話します。
そして2回鳴らすと催眠が解けて自分の言動に慌てたり恥ずかしがる様子を見せます。
催眠音声のようにガチなやつじゃなく超能力に近い位置づけです。
指パッチンの音もクリアで過去作よりも聴きやすくなってるように感じました。

また本作品のテーマである「妊活」も活かして無理矢理感を極力出さずにエッチを進めます。
物語の序盤は彼女の悩みと真剣に向き合う姿勢を見せながらソフトなプレイ行い
その後から濃くて、エロくて、割と背徳的なSEXへと移ります。
相手が人妻、しかも夫への好感度がMAXの状態なので指パッチンだけではさすがに堕ちません。
話術や快楽といった別の要素と組み合わせて寝取りの様子をリアルに表現します。

SEXの時間をものすごく長く取ってるのも大きな特徴です。
前編のエッチはおよそ146分ありますが、その57%にあたる83分間をSEXシーンに割いてます。
同じ音を垂れ流しながらひたすらあんあん喘ぐ単調なやつではなく
効果音のペースやリズムを小まめに変えたり、キスや耳舐めといった別のプレイと同時にやって流れを作ります。

エッチは1パートあたりの時間が70~80分あるので、3回に分けて聴くのが丁度いいと思います。
時間に対する射精回数をかなり少なく設定し、ひとつひとつを濃厚に描く聴き応えのある内容です。
最初は妊活を頑張る気だった彼女が少しずつ快楽に飲まれていく様子も描くなど
夫持ちの女性を寝取る気分をよりリアルに味わえるようゆっくりじっくり行います。
上手に絡め取るエッチ
前編のエッチシーンは2パート146分間。
プレイは指を鳴らす、下着を見る、乳揉み、手マン、フェラ、SEX(正常位、騎乗位)、耳舐め、オナニー、乳揉み、録音です。
指を鳴らす、手マン、SEX、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「す、少しの間だけですからね 本当にお話聞くだけなんですから それ以上はなしです」
7分程度の雑談をした後に主人公を近くのラブホテルへ案内した凪都は
彼にブラを見せるよう言われて恥ずかしそうにそれを了承します。

エッチはシーンによって責め手を入れ替えながら進めます。
最初の「即おちCG_natsu_DAY01_track02(約76分)」は
彼女とすんなりSEXできる環境作りを見据えたパート。
序盤の30分間は色んな会話を交わしながら下着を見せる、自分でおまんこをいじる
ブラを外しておっぱいを見せる、彼の指でおまんこを責めてもらうと一歩ずつ前進します。

「私にも? あぁ 私の子宮に侵略者がいないから 卵子が平和ボケしてるんですか?」
そしてここではタイトルにもついてる「精子競争」が何度も出てきます。
これは簡単に言うと旦那の精子を自分の卵子へ導きやすくするトレーニングにあたり
他の男の精子を迎え入れることで卵子の警戒心が増し、結果的に妊娠する確率が上がるという理論です。
そのことを彼女に少しずつ語り、納得させながらより踏み込んだプレイに移ります。

シリーズの売りである指パッチンももちろん登場しますが
このシーンではむしろ催眠を解いた状態で進めることのほうが多いです。
たぶん催眠をかければSEXまであっさり進めるのでしょうけど
それだと結局のところレイプになるのでどうしても暗く重たいエッチになってしまいます。
2人が同意のうえで生ハメ&中出しSEXすることを印象づけるために敢えてこういう手段を取ります。

このシーンは会話量が多いので純粋なエロさは低めです。
でもそれ以降のエッチをスムーズに進める重要な役割を果たします。
過程を大事にしてると言いますか、できるだけ違和感が出ないように順序だてて行います。

続く46分間はお待ちかねのSEX。
どういう流れで妊活トレーニングするかを彼女に理解してもらったところで
正常位→騎乗位の順にたっぷり責め合います。

「おっ おっ おうっ 私 変な声っ 恥ずかしい」
そしてここからは彼女が普段よりもずっとエロくて積極的な姿を見せます。
ピストンするたびに「あ゛っ」や「お゛っ」といったやや下品な喘ぎ声を随所で漏らし
ある程度経つと耳舐めも同時にやりながら腰をリズミカルに打ちつけます。
ピストン音に合わせて漏らす感じになってて自然なSEXに仕上がってます。

指パッチンの効果ももちろんあるのでしょうけど
ブラを見られることすら恥ずかしがってた彼女がここまでする展開はギャップがあって良いです。
またトレーニングらしさが出るように、旦那に向けて主人公のおちんちんに屈しないことを宣言したり
今後の予定を語ってこれが不倫とは違うことを強調します。

序盤の内容がソフトだったからこそ、このSEXシーンは一層濃く感じました。
正常位と騎乗位でピストンのリズムが明らかに違いますし
音も力強さがあって人妻をじっくり味わってる雰囲気がよく出てます。
耳舐めも舐め方はそこまで特殊ではありませんが、吐息を漏らすたびに耳に風を感じてリアルです。
パート終盤にはやや大胆な行動に出て彼女の反応を見るなど、心を突き崩すことを見据えた描写も出てきます。

続く「即おちCG_natsu_DAY02_track03(約70分)」は別の日のお話。
約束した日時に再会した2人が前回とは違うスタイルのエッチに取り組みます。

「やっぱり この訓練して良かったのかも」
彼女は前回のエッチで彼をすっかり信用したようで
不倫同然のことをしたのにニコニコ顔で自分の気持ちを漏らします。
旦那はこのところ仕事が忙しくてあまりエッチできなかったそうですから
トレーニングを通じて欲求不満がある程度解消されてるのもあるのかもしれません。
寝取りがテーマの作品とは思えないほど和やかな空気が漂ってます。

エッチの内容も大幅に変わります。
最初の30分間はSEXしませんけどオナニー、耳舐め、乳揉み、キスといった
前回よりもずっと踏み込んだプレイを取り揃えてますし
彼女の態度も積極的でエロ可愛い姿を何度も見せてくれます。

「そろそろ 欲しいです おちんちん入れて欲しいです」
そう言える最も大きな要素は適度におねだりしてくることです。
パンツ越し→直にオナニーしながらおちんちんが欲しいことを素直に言ったり
彼をその気にさせようと自分から耳舐めや乳揉みに持っていきます。
彼女の心を解きほぐすやり取りが一気に減ってるのでこのシーンだけでも十分エロいです。
1回目はじっくり進めたから2回目以降はスピーディーにやります。

パート後半から始まるSEXもパワーアップしてます。
前回よりもキスシーンを大幅に増やして甘さとエロさを出し
大きめの喘ぎ声もたっぷり漏らして気持ちいいことをアピールします。

「お兄さんのおちんちん 欲しくて欲しくて しょうがなくなる」
まだ先があるのでさすがに堕ちてはいませんが
おちんちんについては旦那よりも主人公のほうが上だと認めてるようです。
彼女の気持ちが揺らぎつつあるのを表現することで
彼に無理矢理寝取られるよりもずっとマイルドなSEXになってます。

ちなみに両パートとも最後はカウントに合わせて射精します。
最初のパートは前半がソフトなので大丈夫でしょうけど
このパートは濃いめのエッチを70分も続けますから、途中で抜きたくなる人が続出するんじゃないかなと。
人妻なだけあって耳舐めやキスのちゅぱ音も軒並み粘っこくてパワフルです。

両方ともSEXメインなのに聴いた時の印象が随分違うのも面白いです。
彼女の心情と態度、SEX中の乱れっぷり、一緒にやるプレイで明確な違いを出してます。
前編部分だけでも十分満足できるけど、これから彼女がどうなるか気になるワクワク感も秘めてます。
長時間作品によくあるマンネリ感の打破にかなり気を遣ってて素晴らしいです。

前編の射精シーンは2回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声多め、淫語それなりです。

後編へ続く…。
即おち!~"city girls"~脈なし女子を即堕ち催眠→新妻なっちゃん妊活中♪精子競争まけませんっ♪防衛失敗!敗北妊娠!完堕ち人妻NTR托卵♪(後編)

CV:みもりあいのさん
総時間 4:06:23


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月23日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
過去作も4月23日まで50%OFFで販売されてます。
(前作のみ4月22日までで30%OFFと少し違います)



サークル「パースペクティブ少女幻奏」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて甘やかし上手な親戚の姉妹が
1人暮らししてるお兄ちゃんを耳かきとエッチで幸せにします。

大きめのおっぱいで体やおちんちんを洗って気持ちよくしたり
それらをする際に赤ちゃん言葉や彼を甘やかすセリフを積極的に言うなど
バブみ(年下の女性に感じる母性)を前面に押し出した温かいサービスが味わえます。
可愛い姉妹の赤ちゃんになって
天上真珠と翡翠が耳かきとエッチで甘やかすお話。

「ご無沙汰しております兄さん 真珠です」
真珠(挿し絵左)は丁寧語で話す可憐な声の女の子。
「やっほー 翡翠だよ お兄ちゃん ひっさしぶりー」
翡翠(挿し絵右)は甘くて可愛い声の女の子。
久しぶりに主人公の家へやって来て親しげに挨拶すると
中に入ってから翡翠がとある提案をします。

本作品は何らかの事情で彼の家にしばらく泊まることになった2人が
そのお礼も兼ねておよそ80分間の癒しとエッチなサービスをします。
彼は現在1人暮らしをしており、彼女たちは家に帰っても誰もいない状況を不憫に思ってます。
だから一緒にいる間だけでも幸せになってもらおうと積極的にイチャイチャします。

翡翠「なーでなーで なーでなーで よちよーち いい子でちゅねー」
それを最も特徴づけてる要素がバブみ。
自分よりも年上な彼を赤ちゃんに見立てて頭を撫でたりおっぱいを吸わせます。
呼称は「兄さん」「お兄ちゃん」で固定されてますが赤ちゃん言葉は非常に多く
彼女たちも嬉しそうな表情を随所で見せてあまあまな空間を作ります。

2人とも彼を甘やかすのが初めてだからでしょうけど
序盤はややぎこちない様子を見せてたのが後になるほどストレートに溺愛します。
大きなおっぱいを使うシーンが多いのもテーマに合ってて良いです。

タイトルから耳舐めをガンガンやる作品だと予想してたのですが
実際は全パート合わせて15分程度と控えめです。
ちゅぱ音も外側を舐めたり吸う感じのスタンダードなものだったので
耳舐めよりもバブみに期待して聴いたほうが満足できます。

5分程度の雑談を終えた後から始まる「Track02_ほら…ママって言ってみて?(約13分)」は耳かき。
膝枕の状態で前半は真珠が右耳を、後半は翡翠が左耳を個別にお世話します。
使う器具は明言されてませんが音の感じからして綿棒じゃないかなと。
お掃除が済んだら手にオイルをつけてゆっくり擦ります。

綿棒は「ぞすっ」という面積広めでざらつきのある音が使われており
前後へ往復させる感じにゆっくり動かします。
そしてマッサージはそれよりも湿り気を帯びた音を上下に動かします。
質感、動きいずれも「もう少し頑張って欲しい」というのが個人的な感想です。

真珠「翡翠 よーく見てなさい この手に 耳かきに そして兄さんの顔に添える手に宿すもの それは 愛」
翡翠「さっき真珠ちゃんのこと ママって呼んでたじゃん 翡翠のことも 呼んでくれないかな?」
最中の2人は違う態度や反応を見せます。
真珠はお姉ちゃんらしく翡翠に耳かきのお手本を見せ
翡翠は彼女に甘えてる彼に同じことをして欲しいとおねだりします。
まだ始まったばかりなので兄と妹に近い距離感で接してました。
一歩ずつ前進するエッチ
エッチシーンは5パート56分間。
プレイは耳舐め、体の洗浄、乳首舐め、パイズリ、フェラ、授乳手コキ、姉妹のオナニー、SEX(正常位?)、キスです。
体の洗浄、パイズリ、手コキ、オナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

真珠「兄さん ほんとにそれ 気持ちいいんですか?」
翡翠「答えなくてもわかるよね お兄ちゃんは口より体のほうが正直だもんね 目線とか」
耳かきの最後に軽く耳を舐めて悪戯した翡翠は
おちんちんが勃起してるのに気づき真珠を誘って一緒にご奉仕します。

エッチは終盤を除いてママ役の彼女たちがリードします。
前半の3パート30分間は彼らの関係を定着させることを見据えたプレイ。
「Track03_そんなえっちなこと…だめぇ…♪(約9分)」は片耳&両耳舐め
「Track04_極上のエロママおっぱい…見て?(約10分)」はお風呂場で体の洗浄
「Track05_ママおっぱいホールきもちぃでちゅかぁ?(約11分)」はパイズリフェラで1回射精させます。

彼が自分たちに甘えたり恥ずかしい姿を晒すのを見て母性をくすぐられたのでしょう。
2人とも彼を一切見下さず、むしろ喜ぶことを積極的にやって親密度を上げます。
Track03は耳舐めだけなので気持ちを盛り上げる程度の内容だったのが
Track04とTrack05はおっぱいを存分に活用して彼の全身を気持ちよくします。
翡翠のほうがエッチ慣れしてるのか、姉の真珠を引っ張るシーンが何度もありました。

翡翠「翡翠ママと真珠ママが 代わりばんこでおちんちんにちゅーするゲームだよ?」
Track05のパイズリフェラはゲーム形式でするのが良いですね。
赤ちゃんが遊びを通じて色んなことを学んでいく様子をエッチに当てはめてます。
負けた場合は罰ゲームがありますけどM向けのことは一切やりません。
本作品のテーマである「バブみ」を強調する手段として取り入れてます。

パイズリフェラは射精直前の追い込みが結構激しくてエロさが引き立ってました。
甘やかすだけだと聴き手が物足りなくなるので多少はハードに責めてます。

後半の26分間はプレイがさらに濃くなります。
お風呂を出てから「Track06_いっぱいぴゅっぴゅちまちょうね♪(約10分)」は授乳手コキ
「Track07_赤ちゃんミルクいっぱい出して♪(約16分)」は翡翠→真珠の順にSEX&中出しします。

真珠「すっぽんぽんのママたちに挟まれて おちんちん君ぼっきんきんしちゃいまちたね」
このへんまで来ると2人もすっかりママになりきっており
赤ちゃん言葉を前半よりも多めに言って彼を上手に甘やかします。
射精シーンが3回に増えることや、授乳やSEXの時に喘ぎ声をよく漏らすので純粋なエロさも上がってます。
2人が嬉しそうな表情を見せることが多く、彼と同じくらい幸せになってるのが伝わってきます。

最も抜きやすいのは最後のTrack07。
翡翠とSEXしてる時は真珠が乳首責め、逆の時はキスと構成を変えて連続射精を目指します。
ここもとあるゲームに当てはめてやるので彼を責め手に据えてました。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声の密度も高く良い気分に浸りながら射精できます。

前半で比較的ソフトなプレイをやってたのはここを盛り上げるためなのでしょう。
彼女たちが試行錯誤しながら幼児プレイするので全体に大きな流れができてます。
赤ちゃん言葉の量も多く、脳がとろけるような感覚が強めに味わえました。

このように、言葉と行為の両方から愛情を注ぐあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
すべてが甘い作品
キャラ、セリフ、サービスなど構成要素のすべてが甘いもので統一されてる作品です。

真珠と翡翠は久しぶりに会った主人公に幸せな時間をプレゼントしようと
物語の冒頭で自分からママになると宣言し、まずは耳かきしながら軽く甘やかします。
そしておちんちんが元気になった後は部屋と風呂場で後になるほど濃いエッチをします。

性格は違うけどどちらも母性が強い親戚の姉妹が年上の男性を甘やかすノーマル向けのシチュ
いきなり完璧な幼児プレイをするのではなく、試行錯誤しながらママらしくなる自然な展開
赤ちゃん言葉、授乳手コキ、おっぱいを使ったプレイにお遊戯の要素を盛り込んだ温かいエッチ。
正統派の幼児プレイ作品よりもキャラを重視する形で仕上げてます。

中でも2番目は物語の最初と最後で2人が随分違う姿を見せてくれます。
彼のことが好きなんだけど、やったことがないから上手く甘やかせないところがあったのに
お風呂に入ったあたりから色々吹っ切れたようで安定感のある甘やかしを披露します。
エッチも全部2人が協力してやるから1人の時よりも内容が濃いです。
片方がしゃべってる時にもう片方が耳舐めしたり、SEXで乳首責めやキスをするのが良い例です。

あとは2人に個性を与えることでエッチの際に違う役割を持たせます。
真珠は恥ずかしがったり戸惑いながら一途に尽くす清楚キャラなのに対し
翡翠は彼をガンガン責めて真珠を引っ張るペースメーカーを務めます。

翡翠のほうがエッチは上手ですけど、彼を共有する方針を取るので2人の存在感は同じくらいです。
プレイ中に掛け合うシーンもそれなりにありますし、彼女たちの間にも強い絆を感じました。
彼を取り合うより仲良くしたほうが雰囲気も甘くなりますからね。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:真珠…藍沢夏癒さん 翡翠…みもりあいのさん
総時間 1:23:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月20日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今年の最後を飾る作品は、声も態度もあまあまな双子の女の子が
耳舐めと暗示を組み合わせた独特なサービスで幸せなひと時を提供します。

催眠とエッチをほぼ同時に行うのが最大の特徴で、音声開始から2分後には早速耳舐めが始まり
ちゅぱ音や吐息を聞くほど催眠が深くなったり気持ちよくなる暗示を丁寧に入れてゆっくりドライへ導きます。
総時間が約30分と非常に短いですから、寝る前の少し空いた時間に聴けばぐっすり眠れるでしょう。
可愛い双子がするあまあまなご奉仕
双子に耳舐めされて幸せイキするお話。

「こんばんは これから私たち2人が あなたのことを気持ちよくしていきますね」
双子は可愛いくて穏やかな声の女の子。
自己紹介や背景説明といった前置きは省略し
早速主人公の左右に寄り添ってゆっくり呼吸させます。

本作品はお耳で手軽に気持ちよくなってもらうことを目的に
彼女たちがおよそ30分に渡って催眠をかけたりソフトなエッチをします。
脳イキや幸せイキを目指した責め方をするのでおちんちんに触れることは一切なく
耳を舐めたり至近距離から吐息を漏らして熱やゾクゾク感を与えます。

「(右)さぁ それじゃあ気持ちいいのを楽しみながら (左)深い催眠の世界へと (右)深い快感の世界へと (左右)落ちましょうね」
そして彼女たちは全編を通じて双子催眠を駆使します。
左右から交互に話す、同じセリフを同時に言う、片方が右から左へ移動するなど
2人いる状況を活かして連携の取れたリードを至るところで行います。
バイノーラル録音のおかげで臨場感も高く、彼女たちがすぐそばにいる感覚が味わえます。

片方が耳舐めしてる間はもう片方が暗示を入れる役を務めますし
30分という限られた時間をフル活用するのに欠かせない要素と言えます。
催眠の技術的にも優れてますから、聴けば聴くほどぽわぽわした心地良さが湧いてきます。

もうひとつの特徴は冒頭でも触れた催眠とエッチを融合した作り。
音声開始から少し経つと水分控えめなちゅぱ音を左右のどちらかで鳴らし始め
もう1人がそれに暗示を込めて催眠に入る感覚やエッチな快感を呼び起こします。
催眠にかかりやすくするために耳舐めを使うのはなかなか珍しいです。

さすがにいきなり本気のエッチを始めたら催眠にかけられませんから
音声の序盤から中盤にかけては比較的ソフトに責めて準備を整え
終盤に快感と幸福感を膨らませるアプローチをかけます。
似た構造の作品は私の知る限りだと「丁寧語で射精管理されたい催眠音声」くらいです。

双子催眠による丁寧なリードと耳舐めしながら催眠をかける独特な作り。
短時間で満足できるように調整したうえで個性も持ってるノーマル向けの優れた作品です。
心と体がとろけるエッチ
エッチシーンはおよそ28分間。
プレイは耳舐め、「好き」の連呼、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「お耳からぞくりと何かが流れ込む 意識がふわりと浮かされる」
主人公に深呼吸させながら早速片方の耳を舐め始めた双子は
ちゅぱ音を聞くほど意識がとろける暗示を小まめに入れます。

エッチは終始彼女たちがリードします。
前半の15分間は耳舐めしながら催眠状態を深めるシーン。
じょりっとしたややざらつきのあるちゅぱ音を耳元至近距離から鳴らし
それに合わせて心と体が脱力する暗示を入れてドライの準備を整えます。

「耳から伝わって 頭の中に広がる あまーい吐息に 意識が揺り動かされる」
本作品は短時間でもしっかり入れるように全編を通じて暗示の量が多く
彼女たちの声や言葉を聞けば聞くほど意識のぼやけや脱力感が強くなります。
耳舐めや吐息の音を起点に感覚を操作するので暗示との親和性も高いです。
私が聴いた時は開始から8分頃にはもう中程度の深さまで入ってました。

「力が 抜けていく 体からも 頭からも 抜けていく あまーく とろとろに 溶けていく 溶かされていく」
ある程度経つと今度は体の脱力を重視するようになります。
彼女たちに耳を舐められてる状況を活かして力を吸い取られるイメージを盛り込み
「とろとろ」などの擬声語を挟んで柔らかさを出しながら「抜ける」「溶ける」と言います。
双子の可愛い声も相まってぬるま湯に浸かってるような心地よさが味わえるでしょう。
比較的短い時間でも双子催眠ならかなり深いところまで誘導できます。

明確にエッチと呼べる描写が出てくるのは後半の13分間。
耳舐めのちゅぱ音がこれまでよりもねっとりしたものへ変わり
それと同時に彼女たちが「好き」と言って幸福感で包み込みます。

「好き 好き 大好き 幸せになって?」
「絶頂の世界ですべてが溶けてく 濃密な幸福と快感で溶かされる」

男女どちらでも楽しめるように露骨なエロ要素は控えめにし
その代わり双子に愛される気分やとろける感覚をたっぷり与えます。
耳舐めもそこそこエロくなるので前半とは違う印象がするでしょう。

絶頂は幸せイキが最も近く、脳内に温かい液体がぶわーっと広がる感覚がしました。
快感自体は通常よりも弱めでしたが持続時間が長くて余韻に浸りやすかったです。
このように、やることはシンプルにしてじっくり気持ちよくする穏やかなエッチが繰り広げられてます。
独特な作りの双子作品
たった30分でリフレッシュやドライできる使い勝手のいい作品です。

双子は主人公に耳を責められる心地よさと気持ちよさを与えようと
最初から左右に陣取り交互に、あるいは同時に語りかけながら耳を舐め続けます。
そして催眠状態がある程度深くなった後は、愛の言葉やちょっぴりエッチな耳舐めで絶頂に追い込みます。

可愛くて世話好きな双子が耳舐め重視のコンパクトなご奉仕をするノーマル向けのシチュ
双子催眠と耳舐めを組み合わせて催眠とエッチをほぼ同時に進める珍しい作り
純粋なエロ要素は控えめにする代わり暗示を厚めに入れて気持ち良くする堅実なリード。
時間に対するサービスの密度を上げて充実したひと時を提供します。

中でも2番目は催眠音声でもなかなかやらないことですし
サークルさんが本作品の売りとして掲げられてる
「短い時間で満足感を得ることが出来る」にも大きく貢献してます。

催眠とエッチを同時にこなせればそれだけ時間を切り詰められますから
忙しくてまとまった時間が取れないとか、長時間作品を聴くのが億劫な人でも気軽に楽しめます。
もちろんこれらに該当しない人が聴いてもまったく問題ないです。
私が聴いた時は催眠にがっつり入れたしエッチも普通にイけて満足しました。

催眠音声で最も売れてる「双子のい・い・な・り~性感開発ボイス~」もたったの32分ですし
短時間作品の需要って結構あると思うんですよね。
内容もきっちりまとめられててさすが暗中模索さんだなと思いました。
ちなみに本編終了後は催眠を解除するか、そのまま寝るかを選べます。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…和水創太さん
総時間 男性向け…35:36 女性向け…37:40

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります



サークル「妄想研究所」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人に頼まれると断り切れない性格をしてる世話好きな女の子が
自分に強い恋愛感情を抱いてる男子と色んな場所でエッチします。

最初は拒否してたのが結局は彼に押し切られてエッチを始めたり
後になるほど親しげな態度でやや大胆なご奉仕をするなど
彼女の魅力を出しつつ2人の関係や心情を変化させる初々しいエッチが楽しめます。
付き合いたい男子と断れない女子
クラス委員長の安田さんと5種類のエッチをするお話。

「っ、ん? あ、うん。私に用事? なんでしょう?」
安田さんは可愛くて穏やかな声の女の子。
ある日の放課後、主人公に声をかけられて空き教室へ移動すると
突然の告白に驚き、彼を傷つけないよう考えながら返事します。

本作品は良く言えばお人好し、悪く言えば押しに弱い性格をしてる彼女が
同じクラスに所属する彼と学校内や自宅でおよそ120分間のエッチをします。
開始時点の2人は知人あたりの疎遠な関係なのでいきなり濃いプレイはやらず
会話を多めに挟みながら少しずつ親密度を上げるキャラ&雰囲気重視の作りになってます。

「私、どっちかっていうと、好きだよ? いつも、素敵な笑顔で挨拶してくれたりしてくれるの、すっごい嬉しいし」
そして作中では彼女が色んな仕草や反応を見せてくれます。
彼に初めて告白された時は戸惑う表情をしますが別段嫌がってる様子もなく
「どちらかと言えば好き」という思春期の男子が勘違いしそうな返事をします。
そして彼に「1回抜いてくれたら諦める」と言われたらなんだかんだで了承します。

一部で彼がやや強引に迫るシーンがあるものの
どのパートも交渉の末に彼女が折れる断りベタらしいところを見せてくれます。
エッチが始まったら割と普通にお世話してくれますから暗さや重さはありません。
一般的な女の子と一緒で異性の体にそれなりの興味を持ってるのがわかる描写がいくつもあります。

エッチについては手コキ、オナニー、オナホコキと比較的ソフトなプレイで揃えてます。
パートごとにセリフやオプションを変えてきますから
同じプレイでも聴いた時の印象が随分変わるでしょう。
お話が進むほど彼女の態度が柔らかく、責め方が大胆になるのも大きいです。
男をまったく知らなかった彼女がエッチを通じて女として成長する様子も描かれてます。
甘く初々しいエッチ
エッチシーンは5パート81分間。
プレイは手コキ、オナニー、キス、耳舐め、オナホコキです。
手コキ、オナニー、オナホコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「…………じゃあ……抜いてあげるから、……脱いで……?」
主人公の告白を断る代わりに1回だけエッチすることに決めた安田さんは
すっかり勃起してるおちんちんの見た目や熱い感触に軽く驚きます。

エッチは終始彼女が着衣のまま責め続けます。
最初の2パート30分間は彼女の魅力を出しつつゆっくり責めるソフト路線のプレイ。
「1.告白とお情け手コキ(約16分)」は空き教室で手コキ
「2.人助けと見抜き(約14分)」は資料室でオナニーを観察して1回ずつ射精させます。

「あはは……つば付いちゃったね……。……、……なんか、すごいひくついてる……。喜んでる……? のかな……」
手コキパートは彼女が生まれて初めてエッチする状況を踏まえて
全体のペースを緩めに設定し彼女の仕草や反応を厚めに描きます。
自分の手や唾液に反応するおちんちんを穏やかな表情で眺め
手コキも彼が痛みを感じないようゆっくり動かす思いやりのある態度を取ります。

彼女が告白を断ったのは彼氏がいたり彼が嫌いなわけではありません。
だから彼の言葉を信じて自分なりに一生懸命ご奉仕します。
手コキも「きゅぷっ」という泡立った水音を鳴らしててなかなかエロいです。
射精後に満足できたか確認するなど、彼女の人の好さが随所に見られて温かい空気が漂ってます。

「前は、びっくりしてまじまじ見れなかったから……。あっ、み、見たかったとかじゃなくてっ……どんなものか、気になった、だけ……。…………見ちゃダメ?」
2番目のオナニーパートは彼女の好奇心旺盛なところがよく出てます。
彼に見抜きをお願いされて「これが最後」と念押すところは前のパートと一緒ですが
開始後は自分から近づいてオナニーやおちんちんの様子を興味深そうに観察します。
中盤からはキスが加わりますし、彼女も少しずつ彼に対して心を開き始めます。

本当に少しずつ変えていくところにサークルさんのこだわりを感じました。
同じ手を使うプレイでも手コキとオナニーで音やリズムが微妙に違うことも含めて
できるだけ自然な会話やエッチを味わえるように制作されてます。
妄想研究所さんは元々そういうスタイルのサークルさんなので表現するのが上手です。

続く3パート51分間は2人が友達になった後のお話。
「3.秘密交換と囁き手コキ(約18分)」は囁き声や耳舐めを交えた手コキ
「4.好きな人の話題とキス手コキ(約14分)」はキス+手コキ
「5.俺の部屋とオナホ(約19分)」はオナホコキで合計4回射精させます。

「ねえねえ、聞かせて? くす、いいじゃん。友達にナイショごとですか?」
恋人になるのは抵抗があるけど彼女も彼と一緒に過ごすのが楽しいようで
序盤よりもずっと気さくな態度で接する友達らしいところを見せます。
エッチも今までは彼に言われた通りこなす受け身の姿勢だったのが
ここからは自分で考え行動することが増えてきます。

プレイ自体は手コキメインでキスや耳舐めもする感じですからそこまで大きくは変わりません。
彼女の態度やセリフといった別の部分で成長してることを表現します。

例えば囁き手コキパートは耳への責めに結構力を入れてます。
耳元で「とてとてとてとて」などのオノマトペを言う、コリコリしたちゅぱ音をひたすら鳴らすなどです。
これらをしてる最中はセリフを一切挟まないので音に集中しやすく
結果的に彼女にお世話されてる感覚をよりリアルに味わえます。
彼女がエッチ慣れしてきたことも表現してるのかもしれませんね。

本作品の中で最も抜きやすいのは最後のオナホコキパート。
彼の自宅にお邪魔した彼女があれこれやり取りした結果再びおちんちんをスッキリさせます。

「大好き……だいすき……、だぁいすき……だいすき……。んちゅ……ふふふ、すき……すき……」
「イッて……? イッて……? 中にだぁして……。わたしのおまんこ、中にぴゅっぴゅぅ~ってぇ……注いでみて……?」

抜きやすいと言える一番の理由は彼女が言葉責めをしてくれるから。
彼に頼まれる形とはいえ、今まで一度もストレートに言わなかった愛の言葉を囁く
オナホを彼女のおまんこに例えて中出しする快感を煽る、と結構大胆に動きます。
このパートだけ射精時にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれたりと
最初のパートに比べて男性の責め方がずっと上手くなってるのがわかります。

キャラ重視の作品と言っても最初から最後までマイルドだったら消化不良になりますから
最後くらいは刺激をやや強めたプレイを用意するのは良いと思います。
オナホコキのペースに強弱を加えてるのもリアリティと実用性の両方に貢献してます。

このように、友達の関係を崩さない範囲でイチャイチャする独特なエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の甘酸っぱい作品
安田さんの魅力を前面に押し出してる面白いタイプの純愛作品です。

安田さんは自分に強い好意を持ってる主人公と恋人にならずに仲良くしようと
最初はややおぼつかない様子で男性の体を確認するようにゆっくり責め続けます。
そしてある程度慣れた後はキス、耳舐め、言葉責めといったご褒美を与えてより気持ちいい射精に導きます。

頼まれたら断れない性格の女の子と色んな場所でエッチするノーマル~ややS向けのシチュ
エッチを始める前のやり取りも厚めに描いて彼女らしさを出す演出
おちんちんへの責めは比較的ソフトにしたうえで
それ以外を後になるほど踏み込んだものに変えていく距離感を大事にしたエッチ。
彼女が何を思い、感じてるかが聴き手にわかりやすく伝わるように作品を組み立ててます。

中でも3番目は友達以上恋人未満な2人の関係を強く意識してます。
彼はおちんちんを見せて射精もするのに彼女が肌を見せることは一切ありません。
フェラもやらなかったりと18禁作品の中では控えめな部類に属します。

それなのにエロいと感じるのは彼女の存在感や心情の変化をしっかり描いてるからです。
好きな子にご奉仕してもらえたら男なら誰だって興奮するわけで
それを作品の中で実現させて幸福感を伴う快感を味わわせてくれます。
お話が進むほど彼女が大胆な行動を取る展開も、初心な女の子を開発してるような満足感が得られます。

純粋な快感とそれ以外の快感をいくつも組み合わせて射精へ追い込むところがすごく良いなと。
思春期に多くの人が体験した甘酸っぱい感覚を上手く形にしてます。
彼女もなんだかんだで楽しんでますし、事務的感や無理矢理感を抱かずに聴くことができます。

あとはエッチを始める前のやり取りを長めにするのも大きな特徴です。
18禁音声作品は前置きを割と手早く済ませる傾向がありますから
そこに力を入れる着眼点は面白いし本作品の作風にも合ってます。
逆にサクッと抜きたい人には不向きな構造なのでその点はご注意ください。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは耳舐めと次回作予告です。

CV:安田さん…縁側こよりさん 生徒…柴山ちずさん 生徒&先生…森野めぐむさん ゲスト…みもりあいのさん
総時間 2:21:42(本編…2:04:59 おまけ…16:43)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月6日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「パステル×トリップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、妹や恋人と同じくらい仲良しな2人の幼馴染が
大好きな人の誕生日に気持ちいいプレゼントをします。

耳舐めの質、量、個性にこだわったエッチをするのが特徴で
エッチシーンの9割近くの時間を割いて片耳と両耳をたっぷり舐め
さらに片方は舌先、もう片方は舌の腹を主に使って音の違いも楽しませます。
大好きなお兄ちゃんへの贈り物は…
幼馴染の天野花、川隈明日菜がたっぷり耳舐めするお話。

「おにいちゃーん 寝てる? 寝てるよね」
花は甘く可愛い声の女の子。
「あ、花ちゃん 見てください やっぱり兄さん ぐっすり眠っていますよ」
明日菜は丁寧語で話す穏やかな声の女の子。
主人公の誕生日を祝うために部屋へこっそり入ると
ベッドに潜り込み左右同時に耳を舐めて起こします。

本作品は血は繋がってないけど実の妹のような親しい関係にある彼女たちが
誕生日を迎えた彼のためにおよそ160分に渡るエッチなご褒美をあげます。
まだ恋人じゃないのでフェラやSEXといった踏み込んだプレイは特にやりませんが
その代わり多くのシーンで密着しながら耳とおちんちんを同時に気持ちよくします。

パステル×トリップさんは以前から耳舐めにこだわりを持ってらっしゃるサークルさんです。
今作もその例に漏れずエッチシーンの88%にあたる112分間も耳舐めを行います。
残りの時間はキスをしますからどこを聴いてもちゅぱ音が鳴ってると言っていいくらい尖ってます。
高性能な機材を使ってるおかげで臨場感も高く、目を瞑って聴けばすぐそばにいるような感覚が味わえます。

本作品の耳舐めはこれだけではありません。
花と明日菜がこの日のために独自の耳舐めを練習してきたことを受けて
同じ耳舐めでもそれぞれが違うちゅぱ音を鳴らします。

「お兄ちゃんのお耳の穴に 私の舌をぐりぐりーって差し込んで お耳の奥の気持ちいい部分を にゅるにゅるー れろれろーって舐めちゃうんだけど」
まず花は舌先を耳の内側や穴の入り口に這わせる「耳"奥"舐め」をやります。
従来の耳舐めよりも位置が近く、質感がややこもっており
さらに広めの範囲を舌先で小刻みに動く軽快な責め方をします。

舌先を使うので音自体の面積が狭い代わりに動き回る範囲をやや広く取ってます。
このところ流行ってるぐっぽり感のある耳舐めですね。
耳に刺激がそこそこ伝わってくるので心地よく感じる人もいるでしょう。

「私の舐め方は ここ 舌のひろーいところ 表面の ざらざらしたところを使うんです」
それに対して明日菜がするのは「耳"圧"舐め」
サンプル画像の3枚目にある通り、主に舌の腹を使って耳の内側や穴の入り口を責めます。
実際に音を聴いてみればわかるのですが、動くペースはゆっくりで位置もそれほど変わりません。
でも舌先より広い範囲をカバーできるおかげで軽い圧迫感や閉塞感が味わえます。
若干ですが音にざらつきもあったりと、音だけで耳"奥"舐めとの違いがわかるようになってます。

本作品は大きく3つのシーンに分かれてまして
最初のScene1は明日菜が、Scene2は花が一対一でお世話してからScene3で合流します。
基本的な流れはどれも一緒なのですが、耳舐めの音や密度が結構違うので印象も変わります。
おちんちんへの責めは手コキのみで効果音を鳴らすだけですから
耳舐めが好きな人向けの作品と言えるでしょう。
甘く重厚なエッチ
エッチシーンは8パート127分間。
プレイはキス、片/両耳舐め(耳"圧"舐め、耳"奥"舐め)、手コキです。
服を脱ぐ、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「お耳を舐める前に いーっぱいキス しちゃいますね」
花とのじゃんけんに勝って先にご奉仕する権利を得た明日菜は
主人公の上に跨りまずはキスでお互いの気持ちを高めます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート55分間は彼女が活躍するシーン。
「Tr2 Scene1_明日菜とイチャイチャ♪(約8分)」はキス
「Tr3 Scene1_明日菜の「耳"圧"舐め」(約30分)」は耳"圧"舐め
「Tr4 Scene1_ シコシコしながら「耳"圧"舐め」(約17分)」は耳"圧"舐め+手コキをします。

「この舐め方で もっともっと お耳 気持ちよくさせちゃいますね」
物語の開始時点で恋人に近いくらい仲良しですから彼女も積極的。
誕生日を迎えた彼へ記憶に残るプレゼントをあげようと唇や舌を上手に使います。
冒頭のキスはソフト→ディープと責め方を変えてきますし
耳"圧"舐めも途中で通常の耳舐めと交互にやって音の違いを分かりやすくしてます。

耳舐め中のセリフはほとんど囁き声ですから、彼女たちの近さを感じながら音を存分に楽しめます。
左右を切り替えたり、同じ耳"圧"舐めでも後になるほど激しさを増すなど
聴いてて単調に感じないようにする工夫が見られました。
多少刺激のある耳舐めですが、ある程度加減されてるので長時間聴いても頭が痛くなるほどではありません。

「見た目も音も とってもいやらしいです ふふっ」
最後の耳舐め手コキは唾液を潤滑油にして「ぐちゅぐちゅ」といやらしい音を鳴らし
それと同時に耳"圧"舐めを繰り出す密度の高いプレイです。
彼女も嬉しそうな表情を見せながら熱っぽい吐息を漏らして上手に応援してました。
完全女性上位ですけどM向けの要素が一切ないのでノーマルな人でも問題なく聴けます。

続く3パート50分は花がプレゼントをあげるシーン。
「Tr6 Scene2_花とイチャイチャ♪(約7分)」はキス
「Tr7 Scene2_花の「耳"奥"舐め」(約28分)」は耳"奥"舐め
「Tr8 Scene2_シコシコしながら「耳"奥"舐め」(約15分)」は耳"奥"舐め+手コキと
明日菜の時とほぼ同じ流れで進めます。

「お兄ちゃんのとっても嬉しそうな顔を見てると 沢山練習してきて良かったなって思うよ ふふっ」
彼女は妹のイメージにぴったりな可愛いキャラなので雰囲気もあまあま。
耳"奥"舐めを熱心にやりながら時折微笑んで好きでやってることを伝えます。
声とちゅぱ音に多少のギャップがあるので明日菜よりもエロく感じるかもしれません。
舌先を器用に動かしながら耳の内側や穴の入り口を丁寧にお世話します。

そして終盤の2パート22分間はいよいよ2人が協力してご奉仕します。
2人が左右に陣取り前半と後半で位置を入れ替えながら
「Tr10 Scene3_お耳の中と外を同時に舐め舐め♪(約15分)」は両耳舐め
「Tr11 Scene3_二人で一緒にシコシコ&舐め舐め♪(約7分)」は両耳舐め+ダブル手コキで気持ちよく締めくくります。

この2パートは異なるちゅぱ音を同時に聴けるのが最大の魅力です。
片方ずつ聴くよりも両方を一緒に鳴らしたほうが違いが分かりやすいですし
ちゅぱ音の密度が今まで以上に上がってより濃厚なひと時が味わえます。
片方がしゃべってる時はもう片方が耳舐めを続けて音を途切れさせないようにしてました。

このように、耳舐めをがっつりやりながらパートごとに内容を多少変えるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
耳舐め特化の甘い作品
サークルさんの長所を維持しつつ新しい要素を加えた濃厚な作品です。

花と明日菜は大好きな主人公に満足してもらえるプレゼントを贈ろうと
耳舐め好きな彼のために違う耳舐めを習得してまずは個別に責め続けます。
そして最後は2人で一緒に左右の耳を舐めて気持ちいい射精に導きます。

タイプの異なる2人の幼馴染が耳舐めを存分に盛り込んだエッチでもてなすシチュ
時間を非常に長く取り音質や舐め方にもこだわった耳舐め。
耳"奥"舐めと耳"圧"舐めを交互に、あるいは同時に繰り出す武器を活かしたエッチ。
以前から行ってた耳"奥"舐めに耳"圧"舐めという新しいプレイを加えてより幅広い作品に仕上げてます。

耳舐めはここ2年ほどで注目度が一気に上がり色んな作品が発売されてます。
そして競争の激化に伴いありきたりな内容では注目を浴びにくくなってきました。
パステル×トリップさんもそんな空気を感じたからこういう作品を制作されたのでしょう。
耳"圧"舐めはまだ扱ってるサークルさんがそれほどいないので目のつけどころが鋭いと思います。

今の耳舐め作品は刺激を強めにする傾向が見られるのですが
本作品は意識してやや控えめにしてました。
彼女たちのキャラに合わせたのかもしれませんし、時間の長さを考慮したのかもしれません。
長時間の作品でガンガン責められると体力の消耗が激しくなりますからこれくらいが丁度いいです。

射精シーンは3回(各シーンに1回ずつ)。
ちゅぱ音大量、くちゅ音と吐息それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

耳舐めが好きな人、一風変わった耳舐めを聴いてみたい人には特におすすめします。

CV:天野花…みもりあいのさん 川隈明日菜…天知遥さん
総時間 2:39:57

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月10日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「にょきわーくす」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
寝つきの悪い従弟を催眠とエッチで癒したりスッキリさせます。

自然や動物といった癒しのイメージに暗示を絡めて催眠をかけるのが最大の特徴で
「ぽかぽか」「だらーん」など柔らかさを感じる擬声語を多めに挟みながら
空を舞う、お花畑を散策する、お茶会を楽しむ様子を聴き手視点で語って物語の世界に引き込みます。
催眠っぽさをかなりぼかしてあるので、ボイスドラマを聴いてるような感覚を抱きながら催眠に入れるでしょう。
お姉ちゃんと一緒に幸せな世界へ
いとこのお姉ちゃんに催眠をかけられイチャイチャするお話。

「寝れないの? そっかそっか じゃ ぎゅってしてあげる」
お姉ちゃんは甘く可愛い声の女性。
うまく寝付けない主人公をぎゅっと抱きしめると
それにドキドキした彼の心を深呼吸で鎮めます。

本作品は彼のことを溺愛してる甘やかし上手な彼女が
およそ90分に渡る催眠とエッチでたっぷり癒してから寝かしつけます。
作中で彼が泊まりに来た描写があるところを見ると彼も彼女が好きなのでしょう。
一緒に過ごせる時間が限られてるからこそとことん甘やかしてくれます。

最大の特徴は物語形式で催眠を進めること。
最初に長めの深呼吸をするあたりは通常の催眠音声と一緒ですが
その先は昔の体験や別世界の出来事を語りながら暗示を入れて催眠状態を深めます。

「お腹いっぱいで ぽわわーんって幸せな気分で こげ茶色の 古い柱時計の振り子 あれが揺れるのをぼんやり眺めてて」
「力が抜ける」みたいなストレートに働きかけるシーンはあまりなく
自分の周りにあるものやその時の感覚を主観視点で話して癒しの感覚を伝えます。
実際に聴いてみるとあまり催眠音声っぽく感じないでしょうね。
イメージの描写も丁寧で自分がその場にいるような没入感が得られます。

これらをやる際に擬声語を多く盛り込んでるのもポイント。
「ぽかぽか」「ふわふわ」といった柔らかい印象のセリフを使って癒しの空間を作り上げてます。
そしてこれは彼女の甘いキャラとも相性が良いです。

エッチシーンでは一般的なプレイを一切やらずに幸せイキさせるパートがあったりと
新規さんとは思えないほどしっかりした方向性を持ってて驚きました。
詳細はこれから説明しますが、催眠に関しては現時点でなかなかの実力を持ってます。
様々なイメージで癒しを与える催眠
催眠は2パート32分間。
最初の「1.【導入】寝れないの?」は横になって目を瞑り
まずはお姉ちゃんの声に合わせて7分くらい深呼吸を続けます。

「吸うたびに胸が温かい気持ちに満たされて 吐くたびに体の力が抜けていくよ」
「吸ってー 吐いてー」と合図を出しながら軽い呼吸音も鳴らしてペースを作り
吸う時と吐く時で別の感覚がすることを意識させてスムーズにリラックスさせます。
少し経つと右からセリフを言い、左から吸う時に「ぽかぽか」吐く時に「だらーん」と言うのも良いですね。
通常の暗示と擬声語を組み合わせてより多くの聴き手に伝わりやすくしてます。

物語形式の誘導が始まるのはその次から。
2人が子供の頃におばあちゃんの家にある地下倉庫へ行った時のことを語ります。

「ぼんやりと足元を照らした光が 歩くごとに揺れて 不思議な感じ」
部屋にある柱時計の振り子が左右に揺れる様子を実況して意識を揺さぶったり
懐中電灯を照らしながら暗い道を歩いていく様子に暗示を込めるなど
通常の催眠よりもやや遠回しな手段で無意識に働きかけてきます。

普通に話してるように感じても時間が経つほど意識がぼやけてくるでしょう。
新規のサークルさんでこういう技法を使うことは珍しいです。

2番目の「2.【深化】羊が…」は催眠状態をさらに深めるパート。
今度は羊やリスといった可愛い動物たちがいる場所へ移動し
そこにいた手乗り羊を追いかけて暗い洞穴へと向かいます。

「地面が柔らかいから 沈んで進みにくくて すぐ足が疲れちゃいそうだね」
「深いところは気持ちいい 深く落ちるのは幸せ」

洞穴に着くまでは柔らかい地面を踏みしめて歩くことによる疲労感を
到着後は暗さを感じさせながら「深い」「落ちる」といった深化にまつわる暗示を、といった具合に
シーンによって内容を変えながら聴き手がその場にいると感じられるようにリードします。

このへんまで来ると妙に眠いとか、意識がぼんやりするのを実感するでしょうね。
私が聴いた時はそれに加えてお姉ちゃんの語る情景が自然と頭の中に浮かんできました。
映画を見てるような、あるいはその中に入り込んでるような没入感を得られるのがこの催眠の魅力だと思います。

リラックスさせてから物語形式で深化させる独特な催眠です。
聴き手を癒しながら物語の世界へ引き込むことを目的に
長めの深呼吸から入って地下倉庫に行くイメージ→手乗り羊を追うイメージと
作品独自の要素に技術を込めて徐々に深化させます。

処女作ということで聴く前はそれなりの不安もあったのですが
最初のパートを聴き終えたあたりで「あぁ、これは安心して聴ける作品だ」と認識しました。
技術面が結構しっかりしてるので、イメージが苦手でなければ割とあっさり入れると思います。

この後から始まるエッチの内容を見た結果「初心者向け」タグはつけませんでしたが
催眠パートだけを見れば初心者から玄人まで誰でも楽しめる品質を持ってます。
初っ端でこういうタイプの誘導に挑戦し、かつ成功させてるのは素晴らしいです。
ふたつの快感をお届けするエッチ
エッチシーンは3パート22分間。
プレイは言葉による絶頂、耳舐め、フェラ、手コキです。

服を脱ぐ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「ねぇ 覚えてる? この夢に お姉ちゃんに言われるままに入ったってこと」
催眠を使って主人公を夢の世界に案内したお姉ちゃんは
左右の耳元である言葉を言いながら今度は浮遊感を与えます。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「3.【ドライ】ふわふわ(約7分)」は催眠音声ならではのプレイ。
フェラやSEXといったプレイは一切やらず
彼が空へ浮かび上がるイメージを主観的に語って絶頂させます。

「(風が)お尻やお腹を撫でまわして 胸にまとわりついて くすぐったいのが気持ちいいね」
これまでと同じく「ふわー」などの擬声語を入れてリズムを取りながら
浮かび上がる感覚や風が体を撫でていく感覚を与えて心地よくします。
ここでの絶頂は性的なものではなく幸せイキに近いです。
並行して彼女が言うキーワードにもその思いが強く込められてます。

残りの2パート15分は彼女とイチャイチャする一般的なエッチ。
「5.【耳舐め、フェラ】いいですか~?(約9分)」は耳舐めからのフェラ
「6.【囁き手コキ】クリームみたい♪(約6分)」は川原でお互い裸になり、体を洗いながらの手コキと
場所やプレイを切り替えて1回ずつ射精させます。

「気持ちよくなっちゃってる君の顔 見せてね なんだか切なそう 可愛い 可愛いね」
この2パートは催眠音声よりも同人音声に近い内容になってまして
暗示を使って感覚をコントロールすることがあまりない代わりに
彼女が甘やかすセリフを小まめに言ったりエッチな音を鳴らして気持ちを盛り上げます。

個人的には催眠音声である以上、最後まで技術を使って気持ちよくして欲しかったです。
途中までが良かっただけに余計そう思います。

射精シーンがあることやちゅぱ音が結構エロいことから
ドライよりもセルフからの射精を目指すほうがやりやすいでしょう。
フェラの最後に精液を口で受け止め飲み干す姿や
手コキの際におっぱいを見せつけながらお世話する姿に優しさと愛情を感じました。
催眠からやや脱線してますけど彼女のあまあまなキャラに合ったことをやってます。

このように、パートによって内容が大きく変わる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
イメージ重視の癒し系作品
キャラ、ストーリー、サービス、セリフといったあらゆる要素が癒しで統一されてる作品です。

お姉ちゃんは何らかの理由で寝つきが悪くなってる主人公をぐっすり眠らせようと
まずは催眠を通じて現実世界とは違う不思議で可愛い世界へ案内します。
そしてエッチは最初が幸せイキ、次は甘やかされながらの射精と方向性を変えて優しくお世話します。

主人公のことが大好きなお姉ちゃんが癒しの要素満載なサービスをするノーマル向けのシチュ
ストレートな暗示は極力入れずイメージの中に忍び込ませて誘導する柔らかい催眠
彼女の魅力を出しつつふたつのやり方で気持ち良くするあまあまなエッチ。
夢の中で幸せなひと時を過ごす様子を聴き手も体験できるように作られてます。

中でも催眠は現時点で普通に通用するレベルに達してて軽く唸りました。
全体の進め方、イメージの選択、それと暗示の組み合わせ方、そして声による演出と
色んな部分が考えられており、なんとなくかけてるのとは明らかに違います。

新規のサークルさんだととりあえず深呼吸して、脱力するみたいな作品が割とあるので
そこをクリアしたうえで独自の世界観を構築してるところに非凡さが見られます。
キャラ作りもしっかりしてますし、今後経験を積めばもっともっと良い作品が生まれる可能性を感じました。
今年の新規さんは優秀な方が多いのですが、にょきわーくすさんもその中に入ると私は見てます。

絶頂シーンはドライ1回、射精2回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

EXパートは「絶対結婚しようねっ」と「???」です。

CV:みもりあいのさん 山田じぇみ子さん(EXパートにのみ登場)
総時間 1:37:21(本編…1:32:13 EX…5:08)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月28日まで20%OFFの792円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「Angel Whistle」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公に恋愛感情を抱いてる幼馴染が
起こしに来たのに寝たふりをしてる彼をエッチな手段で目覚めさせます。

プレイをフェラに絞り込み1回ごとにちゅぱ音を変えて責めるのが特徴で
最初はキスをしたり口に含んでもごもごする比較的ソフトなもの
2回目はピストンっぽいもの、3回目はそれをより力強くしたものを繰り出し
その合間に愛の言葉を投げかけてこれが好意の裏返しであることを教えます。
幼馴染がする気持ちいいお仕置き
幼馴染にフェラされて3回射精するお話。

幼馴染は甘く可愛い声の女の子。
ある日の朝、主人公の部屋にやって来て声をかけると
股間が膨らんでることに気づきズボンとパンツを脱がせます。

本作品は付き合ってはいないけど彼に十分な好意を寄せてる彼女が
彼を起こすついでに朝立ちしたおちんちんをおよそ20分に渡り責め続けます。
最初の時点で彼は既に起きてるようですが寝たふりをしており
意地悪をされたお返しに彼女が連続射精させるといった感じです。

最大の特徴はエッチが最初から最後までフェラのみなこと。
エッチを3つのシーンに分けて1回戦は比較的ソフトに
2回戦と3回戦はそれよりも激しくと流れを作りながら責めます。

どんな風に責めてるかの実況をほとんどしないのでわかりにくいところもありますが
聴いた限りではピストンを多めにしたうえでキス、舐め、吸い、すすりをしてるようでした。
2017年に発売された作品ですが割とASMR色が強いなと。
音声開始から1分後には早速始めるなど、短時間でも楽しめるように考えて作られてます。

それ以外の特徴は時折彼女の想いをセリフで漏らすこと。
彼が寝てるのをいいことに「好き」とこっそり呟いてくれます。
朝にわざわざ彼を起こしに行く時点でそれなりに好きなのは確かですから
それを理解してくれないことをもどかしく思ってるのかもしれません。
今回するお仕置きも好意の裏返しであって、本当に嫌ってるわけじゃないのがよくわかります。

フェラに特化したエッチと彼女の想いが感じられるセリフ。
恋人になれそうでなれない男女の様子をコンパクトに描いたノーマル~ややM向けの作品です。
少しずつ激しくなるエッチ
エッチシーンは18分間。
プレイはフェラのみです。
エッチな効果音はありません。

既に勃起してるおちんちんを取り出した後に舐めて欲しいか主人公に一応尋ねた幼馴染は
返事がないのを確認してからまずはソフトに舐めてその味を確かめます。

エッチは無抵抗な彼を彼女が一方的に責め続けます。
前半の8分間は比較的緩く責めるシーン。
口に含んで舐めてる感じの音から始まり「ちゅっ」と唇をつけるキス
そして少しペースを上げたピストンっぽい音に変化し1回目の射精へ追い込みます。

本作品の主人公は最初から最後まで寝たふりを続けるため
彼女も無理に話しかけようとせず口を器用に動かしておちんちんを気持ちよくします。
エッチが始まったのに合わせてセリフの量が一気に減るのでちゅぱ音を聴きやすいです。

射精時もカウントやぴゅっぴゅのセリフを言ったりせず彼女の反応で表現してました。
3回とも口で受け止め飲み込んでるようでしたから
喉を鳴らす音を入れたほうがよりリアルになったと思います。

後半の10分間はお仕置きらしさが出てくるシーン。
1回出してもまだ起きてることを認めない彼によりハードなフェラを繰り出します。

キャラを大きく崩さないよう露骨に下品な音は鳴らさないものの
1回目に比べて平均ペースが上がってたり、「ぶぶっ」と空気が混じる割合が増えてます。
両方ともピストンメインに聞こえましたが3回戦のほうが音は力強かったです。
「ぎゅっ ぽっ」というリズミカルな音を鳴らしててやり慣れてる印象を受けました。

射精シーンが3回ありますけど総時間は短いので、通しで1回抜く感じに聴くのが丁度いいでしょう。
このように、本作品の特徴をそのまま反映させた甘めのエッチが繰り広げられてます。
シンプルなフェラ作品
女性が生み出す音を使って興奮させるコンパクトな作品です。

幼馴染は好きだけどそれに気づいてくれない主人公を気持ちよくしようと
まずは比較的ソフトなフェラをして起こそうとします。
しかし1回出しても起きないのを見て方針を切り替え、今度はよりハードに責めて連続射精へ追い込みます。

可愛くて世話好きな幼馴染がお目覚めのフェラをする甘いシチュ
すべてのシーンをフェラに統一した特化型のエッチ
1回ごとに舐め方を変えて責めっぷりを表現する音にこだわった作り。
音声作品では定番のプレイをやや掘り下げてお届けします。

中でも3番目は同じ音をだらだら流し続けるのではなく
後になるほど激しく、そしてやや下品になるよう組み立ててます。
彼女が愛の言葉を言うシーンもありますがそれはあくまで雰囲気作りに過ぎず
やはりフェラこそが一番の聴きどころだと思います。

ただやはりもうちょっと実況を挟んだほうがわかりやすかったかなぁと。
ピストンっぽい音が多いので、舐め方をもっと明確に変えてたら音だけでもわかりやすかったのかもしれません。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 20:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
20分で770円だとやや割高なので-1してあります。

2020年9月23日まで20%OFFの616円で販売されてます。



サークル「パステル×トリップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて包容力のある幼馴染のお姉さんが
引っ越しで2人きりになった機会を利用し大好きな人に猛アタックをかけます。

質、量、深さにこだわった耳重視のサービスをするのが特徴で
序盤は耳かき、中盤は指と器具を組み合わせた耳マッサージ、終盤は耳舐めと
どのシーンも必ず耳を刺激し、その多くで低く鈍い音を鳴らして実際にされてる雰囲気を出します。
聴覚と触覚を同時に刺激してくれますから軽い圧迫感や閉塞感も味わえるでしょう。
幼馴染の気持ちいいご褒美
佐久間恵梨(さくま えり)が癒しとエッチなサービスで幼馴染を堕とすお話。

「よいしょっと えーと 棚とか小物は全部置いたし ベッドもさっき組み立ててもらったから あとは明日届くソファだけだよね」
恵梨は甘く可愛い声のお姉さん。
新居への引っ越しを終え、その手伝いをしてくれた主人公にお礼を言うと
お礼にベッドで膝枕しながら頭を撫でてあげます。

本作品は相思相愛だけど付き合うチャンスに恵まれなかった男女が
彼女の引っ越しをきっかけに前進する様子を彼の視点で150分近くに渡って楽しみます。
2人が元々仲良しなことを踏まえて序盤からフレンドリーに接し
後になるほど気持ちよさやエロさが高まるようゆっくり丁寧にリードします。
3つのシーンに分かれてるおかげで自由な時間をあまり取れない人でも聴きやすくなってます。

「ふふっ 良かったー お姉ちゃんも 君のこと撫で撫でするの大好きだから」
引っ越しを頑張った彼の頭を撫でながら優しい言葉をかけ
サービス開始後は彼の反応を見ながら嬉しそうな表情をするなど
年上の女性から連想される甘さや温かさに満ちてます。
サークルさんは「お姉さん」と呼んでますけど、「お姉ちゃん」のほうがしっくりくる可愛らしい女性です。

しかし本作品には彼女以上に強烈な魅力が存在します。
それは耳のケアをとことん追求してること。
序盤から終盤まで何かしらの手段で耳を刺激し、その様子をリアルな音で聴き手にそのまま伝えます。

内容は耳かき、耳のマッサージ、耳舐めを交えたエッチと音声で現在流行ってるもので揃えてます。
ですがその質と量が非常に高く、さらに「深さ」という新しい要素を盛り込み個性を出してます。

深さについてわかりやすく説明しますと、耳かきは割と普通にこなすのですが
それ以降の耳マッサージと耳舐めについては耳の内側、穴の入り口、穴の中をメインターゲットにしてます。
耳舐め作品でよく聞くちゅぱちゅぱした音ではなく「ぞりゅっ」みたいな低く鈍い音を鳴らすことが多いです。
音が鳴る位置も非常に近く、実際に舐められてるのとほぼ同じ感覚で聴くことができます。

これらの最中に弱めの振動や圧迫感が伝わってくるのもリアルに感じる要因のひとつです。
特に耳マッサージは指や器具で穴の内外を責めてる様子を3つの手段で表現し
それらが変わるたびに音の面積や耳に伝わる刺激が変化します。
人間は五感で物事を察知しますから、その種類が増えれば当然リアリティも増します。

エッチシーンで登場する耳舐めも舌先で内側を舐めたりぐりぐりすることが多いです。
比較的パワフルな音を長時間に渡って鳴らすおかげで
耳に心地よさやゾクゾク感をたっぷり味わうことができます。
他のサークルさんだとすたぁぱれっとさんやC_Realizationさんの耳舐めに近いです。

世話好きなお姉さんが甘やかしながら耳をケアするシチュと質量深さにこだわったサービス。
キャラと音を組み合わせて癒しと興奮を与える割と刺激的な作品です。
癒しながらちょっぴりエッチな雰囲気へ
6分程度の雑談をした後から始まる最初のサービスは耳かき(約23分)。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に耳かき棒と綿棒を使い分けて汚れを取り
最後にどちらも弱めの風圧で2回息を吹きかけます。

耳かき棒は「かり ずり」という乾いてて丸みを帯びた音
綿棒は「ぞすぞす」という面積広めで滑らかな音が使われており
耳の奥から手前に掻き出す、耳の壁を優しくなぞるとそれぞれに合った動きをします。

結構乾燥度が高いのでそういう耳質の人ほどリアルに感じるでしょう。
動きがやや単調に感じますが音質はとても良いです。

「かきかきされればされるほど お顔がとろけちゃってるよ やっぱり可愛い」
最中の恵梨は吐息を漏らしながら無言で手を動かす時間を長めに取り
その合間に彼の様子を実況したり甘やかすセリフを投げかけます。
彼女は過去にも彼に耳かきしたことがあるそうですが、忙しかったからか最近はご無沙汰です。

多少ブランクがあるぶん無言の時間を増やしてあるのかなと。
あとは純粋に音と会話でバランスよく癒したかったというのもあります。
シンプルな耳かきを無難にこなし、そこに彼女らしさを盛り込んで作品の雰囲気を作ってます。

本作品が本領を発揮するのは次のScene2から(約40分)。
耳かきだけでは物足りない主人公を満足させようと
挿し絵で彼女が手に持ってるクリームを指で穴周辺に塗り、さらに右隣の指圧棒で穴の中を刺激します。

「お耳の外側を引っ張りながら 穴を親指の腹で塞ぐように ぐいぐいって」
「ほら この音 なんだか 女の子が気持ちよくなってる時の音みたいで いやらしいことしてる気分になってきちゃうよね」

他の作品ではまずお目にかかれないサービスなので実況を多少挟みながら進めます。
同じ耳のケアでも耳かきとは音の質感や刺激がまったく違って面白いです。
また指圧棒のシーンではそれをおちんちん、耳の穴をおまんこに見立ててちょっぴりエッチなことも言います。
音に若干の水分があったり彼女の吐息が妙に色っぽくなるなど
この後から始まるエッチに向けて遠回しに誘惑します。

彼女はこの機会に彼と恋人になろうと考えてるので
単にお世話するのではなく、より踏み込んだことをするのも見据えてこれらを行います。
でもサービス自体はきっちりこなしててあざとさはありません。
想いをストレートに伝えられない恥ずかしがり屋だからこういう手段に出たのでしょう。
一番の特徴は音ですが、彼女の心情もある程度交えてお世話されてる感じを出してます。
深さと初々しさのあるエッチ
エッチシーンは5パート67分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「こうしてると 舌の柔らかさとか あったかさとかいっぱい感じられて とっても気持ちいいね」
耳マッサージの後に自分から告白し、無事主人公と恋人同士になった恵梨は
これまで抑えてた思いをぶつけるかのように甘く濃いキスをします。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
最初の2パート39分間は口を使ったプレイ。
Tr7は短めのキス、Tr8は長めの耳舐めで本番に向けた準備を整えます。

「大好きな君が喜んでくれるなら 何でもしてあげたいと思ってるから」
ずっと好きだった彼と結ばれて彼女も相当に嬉しかったのでしょう。
今まで以上に笑みを浮かべながら唇や耳を一生懸命舐め続けます。
それが聴き手にも伝わるように彼女の内面描写に関するセリフを多めに挟んでました。
耳かきや耳マッサージの時は実況や彼の様子が中心でしたから方向性が大きく異なります。

最中に鳴るちゅぱ音も彼女の心情を色濃く反映してます。
キスはゆっくりペースですが粘性高めのねっとりした音を鳴らしますし
耳舐めも耳マッサージと同じく穴の内外を重点的に責めて彼をゾクゾクさせます。
彼女には変わった特徴があるらしく、それを踏まえて音の位置を通常よりも深いところにしてました。

続く3パート28分間は射精へ追い込むプレイ。
Tr9は4分程度の手コキ、Tr10は騎乗位SEX、Tr11は耳舐めSEXと後になるほど濃いプレイを繰り出します。

「あぁ 本当に いやらしいおちんちん」
彼のおちんちんを見た瞬間にうっとりした声を漏らしたり
挿入時は痛いことを告げてから再びキスしてそれを中和するなど
ここでは彼女の初々しく可愛いところを出しながらゆっくり愛し合います。
SEXだけしてる時は熱っぽい吐息や喘ぎ声もある程度漏らしますが
最後のTr11はほぼずっと耳舐めするテーマに沿った内容です。

初めてらしさを出すために全体のペースを緩め
そのハンデをちゅぱ音の量を増やし、かつ質感をややエロくすることでカバーしてます。
射精シーンは1回しかありませんから抜くのは十分可能です。
エッチの70%以上で耳舐めをすることから、耳舐め好きな人が最も楽しめるでしょう。

このように、甘さや深さを維持したまま少しずつ気持ちよくするラブラブなエッチが繰り広げられてます。
耳責め特化のリアルな作品
全編を通じて行われる耳へのサービスが魅力の作品です。

恵梨は十分仲が良いけど付き合えずにいる主人公と一線を越えるために
まずは引っ越しを手伝ってくれたことへのお礼としてシンプルな耳かきをします。
そして彼がもっとしてほしそうな態度を見せたらよりエッチなものへ進みます。

甘やかし上手で可愛らしさもある幼馴染のお姉さんとイチャイチャするノーマル向けのシチュ
耳かき、耳マッサージ、耳舐めと耳への責めを重視した作り
耳舐めを多めにやりながら彼女の心情描写をして一体感を出す温かいエッチ。
彼女とこの時間を一緒に過ごしてる気分が味わえるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は現在の音声作品でかなりの激戦区だからこそ
個性の持たせ方や表現力の高さで明確な差別化を図ってて素晴らしいです。

サークルさんが別々のマイクで収録した音を融合してるらしく
従来の耳舐めや耳責めには出せなかった深みのある音が楽しめます。
そして長時間の視聴でも耳や頭が痛くならないように力加減も丁度良く設定されてます。

やはり一番聴いてほしいのは耳マッサージですね。
親指→小指→指圧棒と責める手段を変えて音の違いを出してます。
どのシーンもやることの種類を少なめにし、ひとつひとつの音をじっくり聴けるようになってます。

エッチは耳舐め好きかどうかで満足度に差が出るのは否定しませんが
プレイが相当にリアルだしキャラも立ってて完成度が高いです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは「寝ている隙にこっそり「両耳"奥"舐め」」です。

CV:みもりあいのさん
総時間 2:42:53(本編…2:29:31 おまけ…13:22)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
163分で1100円とコスパが良いので+1してあります。

2020年3月12日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ