同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:一之瀬りと

   ● 【CG集つき】援交メスガキJK、凶悪ちん●にわからせられます。
   ● 絶対眠れるたっぷり癒やし耳かきASMR生放送
   ● GIRL~いじわる後輩彼女に毎日愛されて搾り尽くされるお話~
   ● 微ヤンデレ少女と純愛共依存同棲
   ● サキュバス×悪魔×天使
   ● 【新感覚!?】寝取られ煽り純愛 -寝取られ妄想を囁かれながらの背徳的すぎる濃密純愛体験-
   ● 催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~音声編~
   ● 彼女の妹に誘惑されてこっそり逆NTRラブラブ浮気子作りしちゃいました
   ● 変態紳士のための秘密の楽園『メスイキチクニークラブ』さすってこすって引っ張って アンアン喘いで連続絶頂♪
   ● 僕は彼女のマゾ奴隷。




サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格や声質は違うけどどちらもエッチ大好きなJKたちが
街中で偶然見かけた男性に援交を持ち掛け返り討ちに遭います。

生意気な彼女たちを極太おちんちんでわからせるややS向けのエッチが魅力で
物語の序盤は童貞な彼をからかったり軽く見下してたのが
中盤以降はおちんちんの魅力にすっかりハマって媚びるような態度でご奉仕します。
童貞をおもちゃに遊ぶはずが…
JKの南あかり(挿し絵左)、北村瑠衣(挿し絵右)と4種類のエッチをするお話。

「お兄さん ねぇ ちょとそこの お兄さんってば」
瑠衣はクールで落ち着いた声の女の子。
「もしもーし 聞こえてない? てか 自分が呼ばれてるってわかってないのか」
あかりは明るくて可愛い声の女の子。
街中で見かけた主人公に声をかけると、彼がなかなか気づかないので首筋を軽く撫でます。

本作品は冴えない男をいじめるのにハマってる彼女たちが
その中の1人にあたる彼をラブホへ連れ込みおよそ90分に渡るエッチをします。
2人で2万円という良心的な金額を提示したり、プレイ中は気さくな態度で話すなど
援交にありがちなさばさばした様子はあまりなく、彼女たちもこの時間を楽しむ感じにリードします。

あかり「あはははは ラブホ初めてなうえに童貞とか うける」
瑠衣「パンツから飛び出る時 ちんちんぶるんって揺れて すっごい迫力」
最大の特徴はわからせ展開。
物語の序盤はメスガキらしい生意気な態度で接してたのが
中盤以降は彼の逞しすぎるおちんちんに圧倒されてむしろ媚びるようになります。

そしてSEXに入ると喘ぎ声をガンガン漏らしたり、おちんちんを2人で取り合うベタ惚れっぷりを見せます。

4パート中3パートで彼女たちが低姿勢になるので属性はややSがメインターゲットになります。
彼のほうから責めるシーンはありませんから凌辱色は一切ないです。
「チンポには勝てなかったよ…」をそのまま音声化してるややコミカルな展開になってます。
フィニッシュはきっちり中出しを決めますし、普通なら手の届かないJKをモノにする満足感も味わえます。

ちなみに本作品のエッチはプレイそのものよりも彼女たちの心情や反応を重視してまして
どのパートも一般的な18禁作品よりゆっくりペースで進めます。

例えば主人公とあかりが初めてSEXする04パート(約15分)は
騎乗位の体勢になってから素股を経由し挿入を始めるまで6分かけ
さらに挿入が3分、ピストンから射精までが6分とバランス型になってます。

実際に聴くとややテンポが悪くなってるので、サクッと抜きたい人にはあまり向きません。
でも作品の売りであるわからせ展開の描写はしっかりしてます。
そんなわけで私はボイスドラマと認識して聴いたほうが楽しめるだろうと見てます。
良し悪しではなく力を入れてる部分が抜き系の作品とは違うという意味です。
おちんちんで蹂躙するエッチ
エッチシーンは2パート72分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、手コキ、フェラ、素股、SEX(騎乗位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

あかり「じゃ 私たち2人で お兄さん気持ちよくしたげますか」
よく利用してるラブホへ主人公を案内したあかりと瑠衣は
ひとまずキスや耳舐めをしておちんちんを元気にします。

エッチは経験豊富な2人が童貞な彼をリードします。
前半の2パート42分間は本作品の持ち味となる立場逆転がわかりやすく表現されてるシーン。
「02ダブル耳舐めで勃起我慢できるかな~?(約19分)」はキスと耳舐め
「03極太凶悪ちん●をダブルフェラ♪(約23分)」は手コキとフェラで1回目の射精に導きます。

瑠衣「お兄さんは 私たちのおもちゃになるんだから 遊ばれたいんだもんね 遊ばれて興奮する マゾの童貞さん」
02パートは2人がまだ彼のおちんちんを見てないのでメスガキムーブをかまします。
SEXどころかキスすらしたことがないことを知ると遠慮なく笑い飛ばし
エッチ開始後は小馬鹿にしたり見下す言葉責めを投げかけます。
どのパートもあかりが左、瑠衣は右に陣取って責めることも含めてエッチ慣れしてる印象を受けます。

彼女たちの魅力を出すためでしょうけど、ちゅぱ音よりもセリフのほうを多くしてました。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりする割とスタンダードなものです。
今後との落差を大きくするためにこういう構成にしたのかもしれませんね。

瑠衣「お兄さん このちんちんに限って言えば 欠点ないんじゃない?」
そして03パートは2人の態度が大きく変わる分岐点になります。
少し触っただけで明らかに巨大なことを察知し
ズボンとパンツを脱がせた後はうっとりするようなメスの顔を見せ始めます。
つい先ほどまで彼を貶してたのが急に褒め称えるなど思いっきり手のひらを返してきます。
普通の男性の2倍くらいあると言ってましたから圧倒されるのも頷けます。

フェラについては約8分とそこまで長くありませんけど
02パートに比べればちゅぱ音の量が増えてエロさが増してます。
片方が咥え込む、もう片方は竿を舐めると手分けして責める感じにしてました。
息遣いが明らかに熱っぽくなってて彼女たちも興奮してるのがわかります。

後半の2パート30分間はSEXシーン。
「04小悪魔生意気JKあかりのガチ喘ぎチ●負け即落ちセックス(約15分)」はあかり
「05クール清楚JK瑠衣のアヘ声淫乱セックス(約15分)」は瑠衣と騎乗位で生ハメ&中出しします。

あかり「てかこうしてみるとやっぱすごいね このチンポのサイズ 今からこれ入れちゃうのか やっぱドキドキする」
そしてここからは彼に対する言葉責めはほぼなくなり
代わりに彼女たちの心情や反応を描写することに力を入れます。
おちんちんを間近で見てドキドキする様子、まだ半分しか挿入できてないことに驚く様子
普段とはまるで違うエロ可愛い喘ぎ声を惜しみなく漏らす様子など
序盤で見せてた生意気な顔はすっかりなくなり、おちんちんに屈服する情けない姿を晒します。

それでいて彼女たちがまったく嫌がらないのが良いですね。
悔しさよりもおちんちんがくれる快楽のほうが遥かに勝ってるのだと思います。
実際のところ2人ともここで漏らす喘ぎ声はなかなか激しいです。

瑠衣「お兄さん 好き SEX好きぃ」
私はどちらかと言えば05パートのほうが抜きやすく感じました。
04パートとは違ってプレイ時間がまるまるSEXに割いてありますし
彼女たちの媚びっぷりもエスカレートして満足感も得られます。
普段クールな瑠衣がストレートな愛の言葉を投げかけるあたりはギャップがあってすごく良いなと。
喘ぎ声はアヘ声ではなく声を震わせる感じの乱れ方をしてました。

このように、彼女たちの変化する様子に光を当ててるわからせ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のボイスドラマ
メスガキJKたちが自分からおちんちんの虜になるややS向けの作品です。

あかりと瑠衣は街中で偶然見かけた主人公をおもちゃにして遊ぼうと
安めの金額で援交を持ち掛け、ラブホへ移動した後は軽めのプレイでからかいます。
しかし彼のおちんちんが並外れて逞しいことを知ると態度を一変させ
自分から媚びる姿勢でそれを取り合い、SEX中は激しく乱れて気持ちいいことをアピールします。

タイプの違う2人のJKが冴えない童貞を弄ぼうとして返り討ちに遭うシチュ
序盤は彼女たちの生意気さを前面に押し出しながらややM向けの言葉責めをし
中盤以降は心情描写や反応を厚めに描いて立場逆転を鮮明にする落差の大きいエッチ。
タイトル通りメスガキをわからせる爽快感がしっかり味わえるように作品を組み立ててます。

エッチがスローペースなせいで興奮をやや維持しにくいところもありますが
テーマ性はしっかり出てるし彼女たちの変化もわかりやすくなってます。
プレイよりもキャラを楽しむことに力を入れてる作品かなと。
ストレートに抜かせるタイプの作品とは違うので、そのへんを理解したうえでお聴きください。

射精シーンは3回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけは「凶悪ちん●の虜になった援交JKからのセックスお誘い」です。

CV:南あかり…一之瀬りとさん 北村 瑠衣…来夢ふらんさん
総時間 1:45:54(本編…1:37:26 おまけ…8:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります


追記
2021年10月5日まで20%OFFの1232円で販売されてます(DLsite)。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、大学に通いながらネット配信もしてる穏やかな女の子が
様々な器具や声を使ったASMRサービスで視聴者たちを癒します。

序盤から中盤にかけては音、終盤は言葉でお世話する安眠重視の作りが魅力で
全編を通じてセリフごとの間を長めに取り、さらに囁き声で話して落ち着ける雰囲気を作ります。
音もメジャーなものから珍しいものまで数多く取り揃えており
眠りを妨げないようどれも優しい質感に揃えてます。
癒しの音で眠りの世界に
星野みさきが健全なASMR配信をするお話。

「はーい うん、音入ってますね こんばんみいー 今夜も 来てくれてありがとうございます」
みさきは丁寧語で話す甘い声の女の子。
配信を見に来てる人たちに耳元から挨拶すると
初見さん向けの紹介もしてから軽く雑談します。

本作品はまだ配信を始めたばかりだけど清楚な声と技術で人気を得てる彼女が
多くの視聴者を相手におよそ120分に渡る癒しのサービスを行います。
序盤から中盤にかけては音、終盤は声や言葉とふたつの要素を組み合わせ
その両方を安眠特化の作りにすることで眠りやすい環境を作ります。


サークルさんが「とにかく眠れる!」とおっしゃられてる通り
聴けば聴くほどリラックスと眠気の両方が強くなります。
全編を通じて落ち着いた様子で配信を続けますから寝ながら聴くのにも向いてます。

そう言える具体的な理由をいくつか挙げると
まず彼女は最初から最後までセリフの間をやや長めに取りながら囁き声で話します。
声量を控えめにする代わりに耳元でしゃべるシーンが多く
彼女がすぐ近くにいる感覚に浸りながらサービスを楽しむことができます。
常に丁寧語で話しますが、これのおかげで別に堅苦しさは感じません。

音についても耳に優しいものばかりで安眠を妨げない工夫がされてます。
王道の耳かきを押さえたうえであまり見かけないものにも挑戦してました。
サービス中は何をするかの説明以外はほとんどセリフを挟まないので静かです。

時間に対する音の種類を少なめにしたうえで
ひとつひとつの動きにこだわり単調さをなくしてます。
梵天だけで12分くらいやりますし、特定の音をじっくり楽しみたい人にはとても向いてます。
静かで落ち着いたひと時
一番最初の「01配信開始フリートークとオノマトペ(約17分)」は雰囲気作りも見据えた雑談パート。
挨拶を済ませてからオノマトペを耳元で言うサービスをしたり
視聴者たちのコメントに答えて生配信らしさを出します。

「あなたの毎日に 癒しを届けられてるんだったら それは幸せなことだなーって 思っちゃいますね ありがとうございます」
サークル主の一之瀬りとさんは意地悪なキャラを演じることが割と多い声優さんです。
しかし本作品に限ってはそういう部分がまったくなく、視聴者たちと真面目に向かい合う姿勢を見せます。
アドリブっぽいセリフがあまりないのもそのへんを表現したかったからかもしれません。
変にはしゃいだりもしないので落ち着いた気分で聴くことができます。

ASMRらしさが出てくるのは次のパートから。
「02いろんな種類の化粧筆でリラックス(約26分)」は化粧筆
「03ふわふわ手袋とパフでお顔とお耳のマッサージ(約26分)」は柔らかい手袋とパフ
「04左右耳かきと梵天の癒やしタイム(約26分)」は耳かき棒と梵天を使って色んな音を鳴らします。

「頭の上から 後ろから 耳元から …くすぐったいですか?」
02と03パートは女の子らしさを感じるやや珍しい音が登場します。
化粧筆は「すすっ さすさす」みたいな滑らかな音から始まり
左右を適度に切り替えながら器具も変えて音に違いを持たせます。
また視聴者が実際されてる気分が味わえるようセリフでも軽くフォローします。

中盤に使う歯ブラシのような形状の化粧筆は質感に多少の硬さとざらつきがありました。
大きいものと小さいものでは面積の違いがありますし
本作品の特徴が早速出ていて心地いいです。

03パートは序盤が手袋を装着したままするマッサージ
中盤は手袋を外して素手でするマッサージとタッピング
終盤はパフ&耳への息吹きとなかなか幅広い手段でお世話します。

手袋と素手で音に明確な違いがあるのが良いですね。
前者はさらさらした平べったい摩擦音、後者はそれよりもしっとりしてて弾力のある音が鳴ります。
タッピングや手で耳を塞ぐ時は軽い閉塞感も味わえてリアルでした。
セリフの量も非常に少なく、本気で寝かせようとする彼女の気持ちが込められてます。

04パートの耳かきはタイトルについてるだけあって質が高いです。
前半は耳かき棒、後半は梵天に分けてそれぞれを丁寧に行います。
耳かき棒は「じょすっ」という乾いてて若干尖った音を鳴らしてますが頭に響くほどではありません。
ここも安眠のお供に使えるよう力を弱めて聴きやすくしてます。
梵天の時間を長めに取ってるのも本作品のテーマに合ってて良いです。

続く2パート24分間は声を使った癒し。
「05あまあま好き好き連呼ささやきで口説かれちゃう(約13分)」は愛の言葉
「06頑張ってるあなたを全肯定でささやき励まし(約11分)」は甘やかす言葉を時間いっぱい投げかけます。

「好き だーい好き 好きだよ 好きです」
「辛くなったら お休みしたり ゆっくり寝たり ゆっくりゆっくりいきましょ」

どちらもキーワードを定めて表現を変えながらのんびり言ってました。
音に比べて内容がやや単調かなぁと思うところもありますが
頭を空っぽにしたまま聴けるように、わざとシンプルな表現にしてるのかもしれません。
今まで会話量が極端に少なかった分をここで補ってます。

このように、リアルで優しい音と囁き声で癒すタイトル通りのサービスが繰り広げられてます。
耳に優しい作品
通常の視聴だけでなく睡眠中も無理なく聴けるように調整したノーマル向け作品です。

みさきは自分の配信を見に来てくれた人々に癒されるひと時を提供しようと
ほぼ全編でセリフを区切りながら囁き声で話します。
そしてASMRはメジャーなものからマイナーなものまで手広く行い
そのひとつひとつに十分な時間を設けてのんびり聴けるように進めます。

清楚で穏やかなJDがリアルタイム配信で視聴者たちを癒す今風のシチュ
効果音、オノマトペ、心温まる言葉を組み合わせて行う音重視のサービス
囁き声でゆっくりのんびり語りかける彼女のキャラ。
ASMR作品ということで音の良さが活きるように組み立ててます。

安眠を強く見据えた構成になってるので刺激的な音はほとんど出てきません。
そのせいで大人しい印象を受けるのですが、作り込みはしっかりしてて安定感があります。
耳かき特化の作品というわけでもないですし、他との差別化ができてると思います。
眠らせる作品だと理解して聴けばきっと満足できるでしょう。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:04:06

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月4日まで30%OFFの924円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる後輩彼女が
卒業式の朝に気持ちいいプレゼントを贈ります。

2人の関係を前面に押し出したイチャラブ感の強いエッチをするのが特徴で
手コキ、フェラ、SEXなど王道のプレイを用意し
その最中にちょっぴり意地悪に振舞ったり、逆にストレートに好意を伝えて彼の心をガッチリ掴みます。
原作のセリフを忠実に再現したバージョンが入ってるのも特徴です。
最後の日に忘れられない思い出を
自宅で後輩ちゃんと3種類のエッチをするお話。

「先輩 せーんぱーい あ、やっと起きた」
後輩ちゃんは甘く可愛い声の女の子。
卒業式の朝、熟睡してる主人公の布団に入って挨拶すると
彼が起きるまで何をしてたか教えます。

本作品は現在彼と付き合っててエッチもたくさんしてる彼女が
今通ってる学校から卒業する日におよそ60分間のエッチをして祝います。
GIRL 後輩彼女総集編」というイラスト集の音声版にあたるため
こちらにも10ページのミニイラスト集が同梱されてます。

「おかげで 先輩の可愛い寝顔も 起きたばっかりできょとっとしてるところも バッチリ見れちゃいましたー 早起きした甲斐がありましたね」
最大の特徴は彼女の甘さ。
朝早くにわざわざ彼の自宅を訪れ、起きたら嬉しそうな表情で「可愛い」と言います。
その後から始まるエッチも彼のおちんちんが弱い設定があるので比較的緩いペースで責めます。
全編を通じて好意を感じるセリフが多く、彼を溺愛してるのが自然と伝わってきます。

タイトルを見て私はもっと意地悪なプレイを予想してたのですが
実際は最初のパートに軽く弄ぶ程度でそれ以外は終始イチャラブでした。
愛情の裏返しでやってるだけですから属性はほぼノーマルです。
射精シーンも60分で3回なら音声作品だと標準レベルになります。

それ以外の特徴は原作のセリフをそのまま音声化したバージョンがあること。
総時間24分、ファイル数96本となかなかのボリュームを誇ります。
ひとつひとつの音声は10~45秒と短く、複数を繋げて聴くことを想定してます。
原作のファンにとっては嬉しいサービスなのではないかなと。
ゆっくりじっくり愛し合うエッチ
エッチシーンは3パート47分間。
プレイは手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、耳舐め、キス、玉舐めです。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「この朝立ちしたおちんちん 手とお口で すっきりさせてあげます」
雑談の最中に主人公のおちんちんが勃起してることに気づくと
後輩ちゃんは卒業式へ出席するまでの時間を使ってエッチなご奉仕をします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「01.お目覚めの先輩に手コキフェラいただきます♪(約22分)」は
彼女の意地悪さと愛情の強さを組み合わせてるパート。
前半は手コキ、後半はフェラをゆっくりペースでやって無理なく追い込みます。

「ローションとか使ってないのに おちんちんにゅるにゅるしちゃってます これ 汗じゃないですよね?」
彼の卒業はめでたいことですが、彼女にとっては一緒に登校できなくなる残念なイベントでもあります。
そんな気持ちを匂わせながら軽い言葉責めをして喜ばせます。
年齢は彼女のほうが下でもエッチは常に主導権を握ってるところに2人の関係が窺えます。
焦らしや寸止めといったM向けのプレイはやりませんからノーマル向けの意地悪です。

「大丈夫ですよ 大好きな先輩のためなら お口のご奉仕も 頑張れますから」
それに対して後半のフェラはストレートに愛情を注ぎます。
最初からおちんちんを咥え込んで吸い多めのちゅぱ音を鳴らし
合間に彼に尽くす姿勢を見せて幸せな射精に導きます。
フィニッシュも口で受け止め飲み干すなど、言葉と行為の両方で気持ちを示してました。

次の「02.制服姿で先輩と耳舐めしたりえっちしたいです…♪(約17分)」はSEX。
彼女が上に跨って腰を下ろし、休憩を挟みながらリズミカルに打ちつけて一緒に気持ちよくなります。

「私も 大好きな先輩と こうして ずっと繋がってたいです あんっ」
彼の家族に気づかれるとまずいので大きな喘ぎ声は漏らしませんが
普段よりも熱っぽい吐息や合間にエロ可愛い声を出して気持ちいいことをアピールします。
「ぱんっ」というピストン音も割とソフトで彼女が手加減してるように映りました。

同じ学校の先輩後輩でいられる最後の日だからこそ
少しでも長く楽しみたかったのかもしれませんね。
途中から耳舐めを挟んでくる以外はほぼSEXに専念しててじっくり聴けます。
SEXの後は玉舐めとお掃除フェラをしてくれますし、恋人らしいご奉仕色の強いプレイになってます。

このように、記念すべき日を祝う意味合いも込めたあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
原作好きなら
最初から好感度MAXな男女が真正面から愛し合う王道の純愛作品です。

後輩ちゃんは間もなく学校を卒業する主人公を自分なりのやり方で送り出そうと
早朝に自宅へ出かけて布団に潜り込み、元気なおちんちんをお世話してスッキリさせます。
そして序盤はちょっぴり意地悪に、中盤以降は尽くす姿勢で惜しみない愛情を注ぎます。

一途で可愛くてエッチも得意な後輩が節目の日に先輩とエッチするノーマル向けのシチュ
彼女の性格や2人の関係を色濃く反映させた甘さの強いエッチ
原作のセリフをそのまま読むバージョンを用意する配慮。
原作がある作品なのでファンを喜ばせることを見据えて組み立ててます。

「私 先輩のガチガチのおちんちんにもドキッとしますけど このちっちゃくて ふにゃっとしたおちんちんも 可愛くて好きですよ」
中でもエッチは「べた褒め」と言っていいくらい彼女が甘やかしてくれます。
責めるペースも弱いおちんちんが耐えられるくらいに下げてますし
彼を喜ばせる、満足させることを強く意識してます。
彼女もすごく嬉しそうなのはそれだけ深く愛してるということなのでしょう。

ですがタイトルの「いじわる」や「搾り尽くされる」に合ってるかと言われれば私は首を捻ります。
前者は最初のパートの前半で多少出てくる程度ですし
後者も毎パート1回射精する、音声の中ではごく普通の展開です。
このエッチを搾精と呼んだら大部分の音声作品がそうなってしまいます。

たぶんこの作品は原作を知ってるかどうかで評価がそれなりに分かれると見てます。
知ってる人なら「おぉ 後輩ちゃんがしゃべってる」とか別の感銘を受けるんじゃないかなと。
私は知らない側の人間ですから、音声作品としてどうかだけを見て今回のレビューを書きました。
原作に対してどうこう言う気はまったくありませんのでそのへんは誤解しないでください。

射精シーンは3回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:24:25(本編…1:00:36 原作忠実版…23:49)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
原作忠実版はモノラル録音だそうです。

2021年6月1日まで15%OFFの1215円で販売されてます。



サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる女の子が
家で色んなエッチをしてさらに親睦を深めます。

Mな彼の欲望を満たしつつあまあまなエッチをするのが特徴で
亀頭を集中攻撃しながら寸止めしたりニーソをおちんちんに被せて責めながら
キスを多めに挟む、甘い言葉を囁くといった愛を感じる行為もガンガンやって幸せな射精に導きます。
ヤンデレ成分はかなり低いですから純愛ストーリーが好きな人ほど満足できるでしょう。
同棲少女はちょっぴりヤンデレ
伊月 愛菜と自宅でイチャイチャするお話。

「お兄さん ただいまです」
愛菜は丁寧語で話す甘い声の女の子。
帰宅して主人公にちゃんとお留守番できたか尋ねると
遅くなったことを謝ってからあるものを見せます。

本作品は元々同じマンションに住んでて現在同棲中の男女が
およそ130分に渡ってエッチしたり物語の読み聞かせをします。
微ヤンデレ少女に純愛監禁される音声」という作品の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
単体でも楽しめるシナリオになってます。

「はい これ お兄さん わかりますか? はい 2人分の 結婚指輪です」
最大の特徴は彼女の溺愛っぷり。
帰宅した直後に彼へ買ってきた結婚指輪を見せ
さらに自宅でささやかな結婚式を挙げて永遠の愛を誓います。
エッチも彼のことを第一に考えながら責めるので非常に甘いです。

育った環境のせいか道徳意識や倫理観が普通の人とややズレており
一部で「ちと重いかなぁ」と感じる描写はあります。
でも一般的なヤンデレキャラみたいに自分の考えを押し付けることはほとんどなく
彼のためにとことん尽くして幸せな日々をプレゼントします。

冒頭の結婚シーンで彼があっさり受け入れてるところを見ると
既に2人が相思相愛の関係になってることがわかります。
SEXの直前にこうなったいきさつも話してくれますから
彼女がどんな性格で彼をいかに深く愛してるかが徐々に伝わってくるでしょう。

エッチについては彼が女性に意地悪されるのが好きな性癖なので
序盤から中盤にかけてはM向けのプレイ、終盤は甘めのプレイとシーンによって方向性を変えます。
亀頭責めや寸止めといった体への刺激を強くしてるだけで罵倒は一切しません。
キスシーンを多めにして愛情表現の一種なのだとわかりやすくアピールします。
変態なところも受け入れ満たしてくれるあたりに彼女の一途さが強く出てます。
心を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイはキス、手コキ、亀頭責め、拘束、オナホコキ、耳舐め、ニーソコキ、嘘喘ぎ、エロ漫画の朗読、SEX(対面座位)です。
手コキ、亀頭責め、オナホコキ、ニーソコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私 お兄さんにだったら いつどのタイミングで興奮されても 嫌じゃありません」
結婚式の最後に主人公と誓いのキスをした愛菜は
おちんちんが元気になってるのを見てそのままお世話を始めます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で責め合います。
最初の3パート48分間は彼女の性格や彼の性癖を強調しながら愛し合うシーン。
「02-誓いのキス手コキ(約17分)」はキス+寸止め手コキ
「03-拘束オナホコキ(約17分)」は体を拘束した状態で耳舐め+オナホコキ
「04-ニーソまんこコキ(約14分)」はキス+ニーソコキで1回ずつ射精させます。

「誓いのキスも まだですよ んーっ」
02パートは結婚の儀式も兼ねてるプレイなのでキスを一際多くやります。
序盤から舌を絡めるディープなちゅぱ音を鳴らし
おちんちんは竿→亀頭→竿と責める部位を切り替えてギリギリまで我慢させます。

後になるほどセリフを減らしてキスの割合を上げるなど
2人が幸せに浸りながらイチャイチャしてるのが伝わるように進めます。
寸止めは軽くやる程度でそんなにどぎついものではありません。
年下の女性に主導権を握られ射精も管理されるM向けのリードで彼を喜ばせます。

「どうせだったら 普通にするよりも お兄さんの興奮をより高められる形でしたほうが お兄さんにも喜んでもらえるなって」
03パートは最もヤンデレらしい内容ですがイメージプレイの意味合いが強いです。
彼を興奮させるために拘束を取り入れてることを最初にはっきり告げてから
徐々にペースを上げる流れで締め付けの強いオナホをしごきます。

体への責めがややハードになるからこそ、セリフを囁き声にして柔らかさを出してました。
射精させた後にやりすぎてなかったか彼に確認しますし
彼女の欲望を満たすよりも彼を満足させることを優先してます。
耳舐めも外側をゆっくり舐める感じでソフトな部類でした。

04パートは本作品というよりはアゲハ蝶さんの作品全体に言える特徴です。
学校から帰ってくるまで穿き続けてた蒸れ蒸れのニーソを目の前で脱ぎ
穴の部分でおちんちんを包み込むオナホに近い使い方をします。

「足でしごく時は外側の生地ですが 今は 私の足を直接包み込んでいた 内側の生地が たっぷりお兄さんのおちんちんに絡みついてるんです」
ニーソを穿いたまま足で擦らないところにこだわりを感じました。
おちんちんを足蹴にするのではなく、自分のエキスが染みついたものでしごいて愛情を示します。
一部で喘いでみせてSEXしてる雰囲気を出すのもそのためです。

効果音にもう少しざらつきがあるほうがリアルになると思いますが
前の2パートとは違う形で彼女の魅力を表現してます。
ニーソを精液で汚す展開もなかなか良いなと。

一番最後の「05-純愛共依存セックス(約15分)」でするのはもちろんSEX。
彼が持ってたエロ漫画の朗読を軽くしてから対面座位で繋がります。
ちなみにここは時間が31分ほどありますけど、前半は2人の馴れ初めや彼女の今の気持ちを語ります。
そこはエッチしませんからSEXは後半部分のみになります。

「こうやって 2人抱き合ってキスしながら 愛し合ってSEXするの 堪らないんですよね」
エッチの最後を飾るシーンなのでM向けの要素はほぼなくなり
向かい合ってキスしながらお互いに責め合う愛情深いプレイが楽しめます。
ピストンも「ぱつん」という乾燥した音をリズミカルに鳴らしててなかなかリアルです。
セリフやキスを優先してる関係で喘ぎ声はほとんど漏らさず割と落ち着いてました。
最後はきっちり中出しを決めますし、2人の心と体がひとつになったことをストレートに伝えます。

純粋なエロさは02~04パートのほうが上ですけど
事前に背景を語ってから本番に臨む展開のおかげで胸のあたりがぽかぽかします。
精神的に満たされた状態で射精できますから余韻は長く、後味は良くなります。

このように、彼のM性癖を汲み取ったうえで溺愛するややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
ややM向けの純愛作品
やや歪んだ部分を持つ男女の愛情模様を丁寧に描いた風変わりなイチャラブ作品です。

愛菜は自分が心底惚れた主人公に幸せな日々を送ってもらおうと
衣食住といった身の回りのお世話をすべてこなしながらおちんちんも気持ちよくします。
そして彼に喜んでもらえるようにわざと意地悪し
それと同時にキスを小まめに挟んだり甘いセリフを囁いて愛情を注ぎます。

好きになった相手にはとことん尽くす女の子が
仕事を頑張りすぎて壊れそうになった男性へたっぷりご奉仕する甘めのシチュ
心は甘く、体はやや意地悪に責めて2人とも満足させる独特なエッチ。
王道の純愛作品とは違う部分を持たせて彼女の想いの強さを表現します。

私は前作を聴いてないのでどれくらいヤンデレなのかが気になってました。
実際は拘束するシーンが1パートあるだけですし
彼の同意を得たうえでやるマイルドなものです。
見下したり突き放すセリフも一切なくサービスとしてやってるのがよくわかります。

エロさがもうちょっと欲しいかなぁとは思いますけど
キャラが立ってるし心情描写もしっかりしてて没入感は高いです。
ドスケベな作品じゃないことを理解して聴けばかなり楽しめると言えます。

エッチの後に30分ほどの読み聞かせパート(非エロ)があるのも良いですね。
「幸福な王子」というオスカー・ワイルドの子供向け小説で
タイトルにもなってる幸福な王子とツバメの心温まる物語です。
有名な作品なので知ってる方も結構いるんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女の子に優しくいじめてもらうのが好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:15:38

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
前作も4月28日まで40%OFFの660円で販売されてます。



サークル「Kaleidoscope」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の性格をしてる2人のサキュバスが
魔王討伐にやって来た勇者をエッチな手段で手懐けます。

2人の違いを引き立たせながら協力して責めるのが特徴で
片方はサキュバスのイメージ通りストレートに誘惑する役
もう片方は彼を気遣ったり誘惑に負けないよう応援する役に置いたうえで
負ける快感やダメになる快感が膨らむよう積極的に言葉責めします。
勇者に迫る気持ちいい罠
悪魔的サキュバス、天使的サキュバスとひたすらエッチするお話。

「いらっしゃーい 勇者様 魔王城へようこそ」
悪魔的サキュバスは甘く可愛い声の女の子。
「勇者様の活躍は ここからずっと見ていましたよ」
天使的サキュバスは明るくて穏やかな声の女の子。
魔王討伐のため城に乗り込んできた主人公を嬉しそうに迎えると
敵意がないことを伝えてから耳元で囁きます。

本作品は世界を救うために旅をしてきた勇者を骨抜きにしようと
彼女たちがおよそ100分に渡って5種類のエッチをします。
2人は戦闘は苦手そうですが男を誘惑する能力はかなり高く
序盤から彼に密着し左右で囁きながら心身をバランスよく責め続けます。

悪魔「いいのいいの 全部忘れちゃおうね 頭の中 気持ちよさでいっぱいにしちゃおうね」
天使「サキュバスの気の向くままに お耳を舐められてていいんですか?」
しかし最中のセリフは大きく異なります。
快楽を与えながら甘い言葉をかけて堕落させる正統派の誘惑をする悪魔的サキュバスに対し
天使的サキュバスは魔王の部屋へ行かずこんなところで遊んでる彼をたしなめる姿勢を取ります。

しかし体のほうは2人で協力して責めるサキュバスらしいところを見せます。

天使的なだけで本物の天使ではありませんから、彼女も最後は彼を快楽堕ちさせようとします。
しかしその過程が通常のサキュバス作品よりもやや回り道になってます。
プレイ自体は人間同士がやるものばかりなので、キャラやセリフのほうが個性的だと私は思います。

悪魔「サキュバス様に負けるのうれしい サキュバス様に勝つなんて無理」
そのわかりやすい例が負ける快感やダメになる快感をくすぐるセリフをよく言うこと。
中盤の2パートをゲーム形式にして女性に負ける気持ちよさを教えます。
彼女たちの性格が温和なおかげで見下されることはほとんどありません。
囁き声が多いのも相まって敵同士とは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。

タイプの異なるサキュバスが協力して責めるシチュと負ける快感をくすぐる言葉責め。
一般的なサキュバス作品よりも心への責めを強化したノーマル~ややM向けの作品です。
少しずつ堕落させるエッチ
エッチシーンは5パート87分間。
プレイは耳舐め、手コキ、エッチの様子を女性に見られる、乳首責め、オナニー、キス、フェラ、SEX(騎乗位?)です。
手コキ、オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

悪魔「お耳 真っ赤だよ もっと刺激が欲しくなっちゃった?」
囁きや耳への息吹きで主人公を興奮させたサキュバスたちは
そのまま耳舐め手コキに進んで快楽の虜にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート47分間は彼に魔王討伐を諦めさせることを目指したプレイ。
「1 悪魔の囁きと天使の囁きで背徳感煽り両耳舐め手コキ(約15分)」は耳舐め手コキ
「2 カウントダウン両耳舐め手コキ(約14分)」はカウントを交えた耳舐め手コキ
「3 乳首責めオナニー我慢ゲーム(約18分)」は耳舐め、乳首責め、オナニーで合計3回射精させます。

悪魔「決意も約束も 何もかも忘れて 快感に身を委ねるの 気持ちいいね」
悪魔的サキュバスは彼が戦闘には強いけどエッチに弱いことを見抜いてるようです。
最初から砕けた口調で親しげに語りかけ、さらに密着して敵意がないことを伝えます。
そして彼の気力を削いだり快楽堕ちさせることを意図したセリフをガンガン言います。
年下系なので色気はないですけど、やることはサキュバスのイメージ通りでわかりやすいです。

天使「あーあ イっちゃったんですね 勇者様なら耐えてくださると思ってたのに 私 がっかりです」
そして天使的サキュバスはむしろ彼に味方するような姿勢を取ります。
快楽に負けそうになってる彼を励まして射精を食い止めたり
射精した後は軽く呆れて罪悪感を膨らませます。
同じサキュバスでもやることが大きく違っててキャラが立ってます。

耳舐めは外側を中心にちゅぱちゅぱする、手コキは効果音を鳴らすだけとあっさりしてました。
1番目と2番目は終盤にカウントを数えるくらいしか違いはありません。
まだ始まったばかりなのでやることはシンプルにしてセリフで2人の特徴を出してます。

天使「負けるのうれしくて ぴゅっぴゅしちゃう? 負かされるの大好きーって 白濁液だしちゃう?」
3番目のオナニー我慢ゲームは負ける快感を味わわせることに力を入れたパート。
前半は耳舐めや乳首責めといったソフトな責めでおちんちんをしごきたい気分にさせ
後半はオナニーを始めた彼を嬉しそうに観察しながら言葉責めで後押しします。

サークルさんは「オナサポ」とおっしゃってますけど
オナニーの指示は開始と射精のタイミングだけなので色仕掛けと呼ぶほうがしっくりきます。
3パートいずれも射精後に下品な音を鳴らして精液を飲むシーンがあったり
穏やかな態度で接しながらサキュバス特有の貪欲さを適度に見せてくれます。

続く2パート40分間はさらに踏み込んだプレイ。
「4 キスと乳首責めとフェラ(約21分)」は天使的→悪魔的の順にフェラ
「5 妹と化したサキュバスちゃんと生ハメセックス(約19分)」は逆の順番でSEXします。

天使「雑魚なのバレて 馬鹿にされるの 興奮しちゃいますね」
悪魔「ザーメンタンク パンパンにできて いい子いい子」
このへんまで来ると彼はもうすっかり飼い慣らされており
彼女たちもそれを見透かしてるかのように甘やかしたり小馬鹿にします。
快楽堕ちさせた後も態度はまったく変わりませんから引き続きあまあまです。
精液を安定供給してくれる彼にむしろ感謝してるのかもしれませんね。

ただし、体への責めは前の3パートよりも強化されます。
どちらも射精シーンを2回に増やしてそれをわかりやすく表現し
フェラはちゅぱ音、SEXはピストン音と喘ぎ声をガンガン鳴らして興奮と射精を促します。

フェラ10分、SEX14分と時間はそこまで長くないですけど
両方合わせて1回抜くくらいのエロさは十分に持ってます。
SEXパートは彼を「お兄ちゃん」「お兄様」と呼びながらエッチしますから
年下好きのほうが抜きやすく感じるでしょう。

このように、飴をたっぷり与えて手懐ける穏やかなエッチが繰り広げられてます。
優しく負かしてくれる作品
きつい描写をほとんど入れずに負ける快感をくすぐる聴きやすい作品です。

悪魔的サキュバスと天使的サキュバスは魔王を倒そうとしてる勇者を骨抜きにしようと
多くのシーンで密着し囁きながら耳、乳首、おちんちんをバランスよく責めます。
そしてその中に2人の違いを出すセリフや負け射精させる言葉責めを入れて心も堕落させます。

ほぼ正反対の特徴を持つサキュバスが勇者をエッチに誘惑する王道のシチュ
体への責めはシンプルにする代わり言葉責めの質と量にこだわってる作り
2人いる状況を活かして連携を取りながら責める密度高めのエッチ。
サキュバスから連想されるハードさや無慈悲さを取り除いて快楽堕ちさせます。

中でも2番目は2人の性格を表現する重要な役割を果たします。
作中では特に触れられてませんが、たぶん彼女たちは上司にあたる魔王を守りたかったのでしょう。
でも戦闘は苦手だから女の武器を使うのと同時に負けたくなる言葉責めをします。
2人の吐息や唾液には媚薬成分が含まれてるので、彼があっさり堕ちるのも別に不思議じゃありません。
堕ちた後も穏やかに接してくれて温かいものを感じながら抜くことができます。

私個人はもうちょっとサキュバスならではのプレイを聴きたかったですけど
Kaleidoscopeさんはこれが2作目ですから安定性を重視したのかもしれません。
1番目と2番目の内容がほとんど一緒なこと、乳首責めをそれなりにするのに責め方が単調なことなど
(乳首のいじり方をもっと指示してオナサポ色を出すとか)
他にも気になるところが色々あったので今後の作品で改善されることを期待してます。

射精シーンは7回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは耳舐め(3本)とフェラ(2本)です。

CV:悪魔的サキュバス…一之瀬りとさん 天使的サキュバス…陽向葵ゅかさん
総時間 2:12:11(本編…1:46:11 おまけ…26:00)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年2月7日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「るるもりあん」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、演劇部に所属するサービス精神旺盛な後輩が
変わった性癖を持つ先輩と色んなエッチをして幸せなひと時を過ごします。

「もし彼女が他の男に寝取られたらどうなるか」を話しながら体も責めるのが特徴で
学校の同級生、声の依頼をしてきた男性、カメラ小僧とパートごとに相手を変え
彼らに犯されて喜んでる様子を実況しながら優しい言葉もかけて背徳感のある射精に導きます。
彼女が実際に寝取られることはありませんから一風変わった純愛作品として楽しめるでしょう。
大好きな先輩は寝取られマゾ
後輩の寝取られ妄想を聞きながらエッチするお話。

「せんぱーい 眠そうですね」
後輩は甘く可愛い声の女の子。
シナリオの執筆で寝不足な主人公に声をかけると
彼が先日書いた演劇部用のシナリオを見せます。

本作品は以前から彼に密かな好意を寄せてた彼女が
自分の恋人が寝取られるのを妄想するのが好きな彼とおよそ90分に渡ってイチャイチャします。
付き合う前、付き合い始めた後、コミケの帰りと全編を3つのシーンに分け
それぞれに合ったプレイをしながら寝取られ話を積極的にして彼を上手に興奮させます。

「せーんぱーい マイク越しとはいえ 私が見知らぬ男の子に 愛を囁いていたと知って そんなに妬いちゃいますか?」
体育倉庫で同級生の男子に逞しいおちんちんで蹂躙される
自分以外の男性に愛の言葉を囁いたりキスする様子を聞く
有名なカメラ小僧に個人撮影会で種付けされるなど
恋人が実際されたら強い怒りや嫉妬を覚えるものばかりです。

しかしこれらはどれも空想の産物で彼女がそういう目に遭うことはありません。
彼もそうなることを望んでませんし、愛情表現の一種に留まってます。
終盤には生ハメ&種付けして彼女をモノにするシーンもあります。

またプレイに臨場感を持たせるために彼女が密着して囁きながら責めることが多いです。
おちんちんのみすぼらしさを貶したり、他の男に奪われる快感を煽るM向けの言葉責めと
彼のことを純粋に愛するあまあまなセリフを組み合わせてバランスを取ってました。
体への責めは割とシンプルなので、寝取られ妄想やセリフのほうが存在感は大きいです。

聴いたことがある人向けに補足すると、今年の3月と7月に発売された
ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」に似た特徴を持ってます。
彼女が本当に寝取られる展開が好きな人が聴いたらたぶん肩透かしを食らうでしょう。
奪われる快感と独占する快感
エッチシーンは4パート77分間。
プレイは寝取られ報告、おっぱいを押し付ける、手コキ、キス、フェラ、SEX(騎乗位?)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先輩 先輩 聞いてください 今日私 とうとう寝取られてしまいましたぁ」
主人公が先日書いたシナリオを見て彼が寝取られ妄想マゾだと気づいた後輩は
体を密着させながらそれを耳元で読んで彼の願いを叶えてあげます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
前半の2パート35分間は2人が付き合い始める時やその後の様子を描いたプレイ。
「1.演劇部後輩の初めての囁き寝取られ煽り…♪(手コキ)(約21分)」は彼が書いたシナリオを読み
「2.先輩をマイクに見立てて……♪(手コキ)(約14分)」は声優の仕事もしてる彼女が
水島君という他の男性から依頼されたシナリオを演じてみせます。

「メスの本能に一瞬にして強烈な印象を刻み込む まさにオスの象徴 先輩の貧弱なおちんちんとは全然ちがう に・く・ぼ・う」
彼女は彼のことが大好きですから、寝取られ妄想マゾだと知ってもまったく態度を変えません。
それどころかノリノリな様子で彼が喜ぶ言葉責めを繰り出します。
シナリオに登場する男子生徒が彼よりも立派なおちんちんを持ってることを利用して貶したり
おまんこをガンガン責められ堕ちる様子を丁寧に語って背徳感を煽ります。

それでいて要所できちんと優しくしてくれるのがいいですね。
彼を凹ませるのではなく、もてなすための寝取られ実況だとわかりやすく伝えます。
手コキについては「しゅくっ」という滑らかな水音を
後になるほどハイペースで鳴らす至ってシンプルなものです。

「先輩 好き 大好き ずっとこうしたいって いつも思ってました」
2番目のパートは寝取られ妄想の方向性を変えてます。
キスをしたり「好き」など愛のセリフを水島君に投げかけて彼の嫉妬心を煽ります。
手コキは玉揉みを多少加えてる程度で1番目とあまり違いは見られません。
甘いセリフの割合が高く、彼女の心を奪われた感覚を与えることに力を入れてます。

後半の2パート42分間はコミケに参加した直後のお話。
イベントの思い出を軽く語ってからそれに合った男性を登場させて寝取られ妄想します。

「3.コミケ帰り、イヤホン越しの寝取られ煽りを受けながら…♪(フェラ)(約19分)」はカメラ小僧。
彼女自身はフェラに専念し、事前に録音した音声で寝取られ報告します。
個人撮影を口実に2人きりになれる状況を作り、SEXを繰り返して快楽堕ちさせようとします。

「自分のチンポの快感に 女が絶対に敵わないことを知ってるカメコさんは その後も何度も何度も その快感を押し付けてきては 無責任なゴムなし生ハメ生SEX」
「先輩の愛情たっぷりのドスケベなオス汁 ちゃーんと受け止めてあげますね」

寝取られ妄想とフェラの両方を頑張るのが印象的でした。
彼が喜ぶことをしながら愛情を注ぐ本作品らしいプレイに仕上がってます。
フェラも終盤は「すごごー」と空気交じりのやや下品な音を鳴らしてて
先ほどの2パートよりも純粋なエロさがパワーアップしてます。

そして最後の「4.特別な寝取られ孕ませ煽り~優越感と独占欲全部乗せの生ハメ寝取られ子作りえっち♪~(セックス)(約23分)」は
これまで妄想の中で男性たちがやってたことを彼にしてもらいます。
彼女が「入れちゃいますね」と言ってたのでたぶん騎乗位だと思うのですが
後になるほどハイペースで腰を打ちつけながら彼に中出しをおねだりします。

もちろんここでも寝取られ妄想は織り交ぜてきます。
ただSEXのほうが存在感は大きいので今までよりもあまあま路線かなぁと。
軽く嫉妬させて彼が中出しをためらわないようにリードします。
前半の2パートは妄想重視、後半は妄想と実プレイのバランス型になってました。

このように、彼の性癖を的確に突いてくるやや背徳的なエッチが繰り広げられてます。
シチュ重視の甘い作品
恋人たちがイチャイチャする様子に寝取られを絡めた珍しい切り口の作品です。

後輩は大好きな主人公にたっぷり興奮してもらおうと
自分が他の男性に寝取られたらどうなるかを囁き声で実況します。
そして同時に彼を愛してることを言葉と好意の両方から伝えます。

好きな人にはとことん尽くす女の子が年上の彼氏を変わった手段でもてなすややM向けのシチュ
どのパートも寝取られ妄想を絡め、それを語りながらおちんちんを責めるタイトル通りのエッチ
彼をフォローするセリフを時折挟んで暗さや重さを軽減する演出。
寝取られのデメリットを排除しメリットだけ味わえるように作品を組み立ててます。

「私は誰にも寝取られませんよ 安心してくださいね」
中でも2番目は今年から出始めた新しいジャンル(のはず)なので個性が強いです。
そして彼が不安を感じないよう適度に甘やかしてバランスを取ります。
彼女にそれほどSっ気はないのでプレイ中の雰囲気も甘いです。

ただ体への責めが割と単調だったり、妄想の内容もキャラが違うだけで展開が似てたところを見ると
品質をもっと上げられるんじゃないかなと私は考えてます。
妄想のバリエーションを増やしてそれに対応したプレイを繰り出せば両方解決できます。
一対一ばかりじゃなく輪姦も取り入れるとかです。

私は「ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」を既に2作聴いてるので
正直あまり感銘を受けなかったのですが、聴いてない人ならたぶん違う反応をすると思います。
シチュはとても良いので、サークルさんの独自性をいかに打ち出すかが今後のカギになりそうです。

射精シーンは4回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:34:03

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
「ネトラれそうで絶対にネトラれることのないカノジョ」を聴いてない場合は8点をつけます。
2021年1月15日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、学校に通いながらネット活動もしてる生意気なJKが
リスナーたちから指示を受ける形で過激なプレイに挑戦します。

学校の教室や男子トイレでこっそり公開オナニーしたり
夜の公園でエッチな記念撮影やディルド相手のSEXを披露するなど
やや危険な環境で彼女がたっぷり乱れるスリリングなエッチが楽しめます。

このレビューでは本編を中心に紹介します。
生意気なJKを催眠術で従順に
ネットで生配信してる生田 愛美(いくた まなみ)が恥ずかしい姿を晒すお話。

「あー あー みんな聞こえてる? こんまなー」
愛美は甘くて穏やかな声の女の子。
リスナーからもらったバイノーラルマイクを使って配信を始めると
右手に移動し至近距離から囁き声で話して彼らの反応を見ます。

本作品は満開全席さんというCGを制作されてるサークルさんといちのやさんのコラボ作品。
催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~自宅・学校編~
催眠動画で生いき生主が生イキする生放送~公園露出編~」の2作品をひとつの音声にまとめ
一之瀬りとさんが愛美になりきってリアルにお届けします。

製品版にはCG集のセリフをそのまま音声化した「原作CG集忠実版(約27分)」と
原作を音声単体でも楽しめるようボリュームアップした「本編(約88分)」が入ってます。
私はCG集を買わずに本編を聴きましたが違和感は特にありませんでした。
音声だけでも十分抜けるけど、CGもあるとさらに使い勝手がよくなる感じに調整されてます。

ストーリーはいつものようにゲーム配信をしてた愛美が、リスナーの1人が送った催眠動画を再生してしまい
それ以降は彼らの言いなりになって後になるほど過激なプレイに挑戦します。
配信形式なので男性を直接相手するシーンは一切なく
彼女が乳首やおまんこをいじったり、夜の公園で露出する姿を鑑賞するスタイルになってます。

「大人なめんな? 大人とか こんな時間にコミュゲー配信見に来てるのって どうせ可愛そうな暇人ニートばっかでしょ」
「うぅ どうして なんで いくらコメントの言うことだからって まながこんな…あっ」

現役JKだからでしょうけど彼らを「童貞」「ニート」と馬鹿にする生意気な態度を取ります。
しかし催眠動画を見た後はコメントが送られるたびにあっさり従うようになります。
メスガキをわからせるのに近いシチュなのでSな人ほど興奮するでしょう。
オナニーシーンが多いため喘ぎ声の量が多く、オカズとしての実用度も高めです。
配信らしさが出るようにセリフの言い回しや一之瀬さんの演技もこだわってました。

これらをするにあたって多少のスリルを与えてくれるのも本作品の魅力です。
具体的には学校や公園といった公共の場でエッチする時間を長く用意し
さらに学校内だとモブの男子生徒を登場させてオナニーを見られるかもしれない状況に追い込みます。

露出のメリットだけを抽出する感じに制作されてるので
彼女が見つかって犯されたり逮捕されることはありません。
現実世界では難しいプレイをギリギリのところを突く形でリアルにお届けします。
原作者さんがこういうシチュを好きなのだと思いますけど加減が本当に絶妙でした。
JKの乱れる姿をたっぷり拝めるエッチ
本編のエッチシーンは8パート73分間。
プレイはおっぱいを見せる、乳首オナニー(指、口、ヘアピン、リップクリーム)、おまんこを見せる、放尿、オナニー、記念撮影、アナルバイブ責め、ディルド手コキ/フェラ/パイズリ/オナニーです。
服を脱ぐ、放尿、オナニー、記念撮影、アナルバイブ責め、ディルド手コキ/パイズリ/オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「胸なんてそんなに…あれ? でもコメントの言うことは絶対で もう わかったってば 見せればいいんでしょ?」
配信中に催眠動画に興味を持ち見てしまった愛美は
その直後にコメントでおっぱいを見せるように言われてあっさり服を脱ぎます。

エッチは彼女が指示を受けながらオナニーや露出プレイをします。
前半の4パート40分間は自宅・学校編。
「01 自宅編(約10分)」は自宅での乳首オナニー
「02 学校編(約12分)」は学校の男子トイレで放尿&おまんこオナニー
「03 自宅編part2(約10分)」は再び自宅で10回絶頂するまでオナニーを続け
「04 学校教室編(約8分)」は自分のクラスの教室で教卓を使った角オナニーをします。

「そんな…(乳首)つ、つまんでって言われても いつもより 強くなって はぁ あぁっ」
彼女は自分が催眠にかかるわけがないと思ってるので
コメントの言う通りに体が動いてしまう状況に戸惑いを見せます。
しかし乳首をいじり始めると吐息が熱っぽくなり気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。
怒ったり泣き出すことはなく割とスムーズにオナニーしてくれました。

彼女が生意気なキャラだからこそ、従順になった時の可愛さや弱さが引き立ってます。
挿し絵の中央や左下に表示されてる赤いコメントが誘導してるらしく
彼女もそれを見るのに合わせてやることを変えていきます。

「えっ 嘘でしょ? さっきまでしたくなかったのに 勝手に漏れちゃう」
もうひとつの魅力であるスリルが加わるのは02パートから。
別の日にわざわざ男子トイレの個室に入って配信を始めた彼女が
その場でM字開脚しておまんこを見せつけたり放尿するエッチで恥ずかしい姿を晒します。
ちょろちょろという音量控えめな水音が流れてなかなかリアルでした。
パート後半では男子生徒が外にいるのにオナニーする刺激的なプレイも登場します。

また彼女が催眠にかかってる状況を活かしてギミックを起点に感じさせる演出もあります。
声を押し殺しながらオナニーに耽る様子もエロ可愛いですし
本作品の魅力が凝縮されてて個性的かつ抜きやすいプレイに仕上がってます。
元がCG集だからでしょうけど、音声作品ではあまり見かけないシチュだなと。

「もう無理ですっ これ以上イったらおかしくなっちゃ…やっ やだやだぁ」
前半で最も激しいプレイをするのは03パート。
自宅でするからスリルがなくなった代わりに彼女が時間いっぱいオナニーを披露します。
10分間で10回の絶頂を目指すため展開が速く、比較的激しい喘ぎ声を漏らしてくれていいオカズになります。
生意気だった彼女がすっかり従順になったりと、エッチな手段でわからせる部分もきっちり果たします。

後半の4パート33分間は公園露出編。
「05 野外露出編①(約4分)」は状況説明してから記念撮影を交えた自己紹介
「06 野外露出編②(約8分)」はサンプル画像4枚目にある猫のコスチュームに着替える
「07 野外露出編③(約4分)」は鉄棒におまんこを擦りつけるオナニー
「08 野外露出編④(約17分)」はディルド相手の手コキ、フェラ、パイズリ、オナニーをします。

「猫に尻尾が生えてるのは 当たり前だけど 散歩してると 余計に震えて お尻で気持ちよくなっちゃうにゃ」
自宅・学校編を通じてアブノーマルなプレイにある程度慣れたようで
以前に比べると抵抗したり生意気に振舞う頻度が明らかに減ってます。
猫の衣装に着替える時はバイブ機能のある尻尾をアナルに挿入して気持ちよさそうな声を漏らし
さらに猫らしく「にゃ」を語尾につけて話す媚びた態度を取ります。

刺激的なプレイを嫌がるどころか求めてるように映りました。
相変わらず暗さや重さを感じる描写もなく割と和やかな雰囲気でエッチを進めます。

この中で最もエロいのは08パート。
公園の遊具になぜかついてるディルドをおちんちんに見立てて色んなご奉仕をします。
恥ずかしがったりためらう様子は見られますけど
一度始まったらどのプレイも積極的にやる結構淫乱な姿を見せてくれます。

「こ、こんな大きさ 怖いのに おまんこ切なくて 止めらんない」
特に一番最後に出てくるディルドオナニーは騎乗位SEXとほぼ同じスタイルになっており
ゆっくり挿入してから体を上下させて気持ちよさそうな声を漏らします。
ここのピストン音をスプリングがギイギイする音で表現してるのが印象的でした。
いけないことだとわかってるのにのめり込んでる彼女も立派な痴女と言えます。

ここまでをまとめると自宅・学校編は彼女がアブノーマルなプレイに溺れる過程を中心に描き
公園露出編はそうなった後の彼女が楽しむ様子を重点的に描きます。
ちなみに配信形式の都合上、明確な射精シーンは08パートにしかありません。
抜ける素材は充実してますから我慢できなくなったら好きなタイミングで出せばいいと思います。
女性のオナニーや喘ぎ声が好きな人なら抜き場が多くて迷っちゃうでしょうね。

このように、ふたつのシーンに分けて彼女の痴態をじっくり拝むS向けのエッチが繰り広げられてます。
変わったわからせ作品
女の子が乱れたり恥ずかしがる姿を色んな角度から表現したエロい作品です。

愛美は自分の生配信を見てるリスナーたちをおもちゃにして遊ぼうと
彼らを小馬鹿にしたり挑発することを言って反応を見ます。
しかし催眠動画を見た後は一気に従順になり、普通の女の子にはとてもできない過激なプレイを積極的にします。

可愛くて生意気なJKがリスナーたちの言いなりになって痴態を晒すS向けのシチュ
生意気だった彼女がどんどん従順に、淫乱になっていくギャップを持たせた展開
彼女のオナニーを中心に据えてそこに露出を絡めたスリリングなエッチ。
JKがやりそうにないことをガンガンやらせて実用性を上げてます。

中でも3番目は配信形式と露出という変わった組み合わせになってて個性が強いです。
配信、露出いずれも単体だと音声でも割と見かけるのですが
両者を組み合わせることによってより刺激的な物語に進化してます。

「まなで おシコリ報告 ありがとう」
それでいて彼女は破滅せず、むしろ幸せそうな表情を見せるのが良いなと。
確かに彼女は生意気ですけど少なくともリスナーたちは魅力を感じてるはずです。
だから彼らの願いを叶えたうえで彼女も満足する路線を歩んでます。
後味もそれほど悪くないですし、一風変わった抜き系作品として上手にまとめてます。

本編の射精シーンは1回(公園露出編の最後)。
喘ぎ声多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:55:22(本編…1:27:57 原作CG集忠実版音声…27:25)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月20日まで10%OFFの1287円で販売されてます。



サークル「やみいち」さんの同人音声作品。
浮気、寝取られ、インモラルな作品を扱う一之瀬りとさんの個人サークルです。

今回紹介する作品は、甘え上手でエッチも大好きなJKが
姉の彼氏をストレートな色仕掛けで自分の虜にします。

暗さや重さをあまり出さずに逆寝取られするのが特徴で
姉が近くにいる時はこっそりと、いない時は大胆にリードしながら
欲求不満な彼が望むことをガンガンやって心をガッチリ掴みます。
罪悪感や背徳感を与える要素も多少はありますが、それよりもエロさを重視してるので
逆寝取られに興味があるけどなかなか手を出せなかった人も気軽に聴けると思います。
健気な姉と淫乱な妹
恋人の妹にあたる橋本真菜香とこっそりエッチするお話。

「ふぅ 結構集中しちゃったね 今日は課題 このくらいにしとこっか」
姉の奈々未は明るくて穏やかな声のお姉さん。
「ただいまー あれ? お客さん?」
真菜香は丁寧語で話す甘い声の女の子。
自宅で主人公と一緒に大学の課題をこなしてると、丁度真菜香が帰ってきたので彼に紹介します。

本作品は姉が持ってるものを何でも欲しがる性格をしてる彼女が
主に自宅でおよそ130分に渡るエッチをして彼を寝取ります。
彼と奈々未はおよそ1年前から付き合い始めてエッチも結構な回数やってますが
奈々未の提案で大学の試験が終わるまでエッチしない約束をしました。
そんなわけで欲求不満な彼を真菜香が女の武器でストレートに堕とします。

真菜香「近いですか? だって あたしからも文字読みやすいほうがいいかと思って」
勉強を教えてもらうのを口実に体を近づけて反応を見たり
彼の心情を把握したらすぐさま耳舐めして興奮させるなど
姉の恋人が相手でもためらったりせず最初からガンガン押す姿勢を取ります。

彼の容姿が好みで体の相性もいいのもあるのでしょうけど
やはり姉の彼氏を手に入れることに執着してるのだと思います。
奈々未とは今まで一度もしてない生ハメ&中出しを最初から許すなど
彼が望むものをどんどん与えて自分から離れられなくします。

エッチについてはサークルさんが「抜きどころ満載!」とおっしゃられてるだけあって質量ともに充実してます。
全編のおよそ80%をエッチシーンに割き、各パートをじっくり描いて無理なく射精へ追い込みます。
奈々未が近くにいる状況でイチャイチャすることが多いので
至近距離から囁いたり声を押し殺しながら喘ぐ控えめな責め方と乱れ方をしてました。

また物語の中盤に敢えて奈々未とエッチするシーンを挟んで姉妹の違いをわかりやすく表現します。
奈々未は責めるのがそこまで上手くはないけど献身的
真菜香は体への責めはもちろん、心のケアもできるドスケベキャラに描かれてます。
何も知らない奈々未が一途に愛してくれる姿に多少の背徳感が湧いてくるでしょう。

ちなみに寝取られ特有の暗さや重さはそれほどありません。
真菜香の誘惑が非常にまっすぐなので快楽堕ちっぽい展開になってますし
奈々未の扱いもそこまで酷くならない形で終わりを迎えます。
純粋なエロさを追求しながら寝取られのスリルを与える感じに組み立てられてるので
この手のシチュがよほど苦手な人でもない限り聴けるし抜けると思います。
近さとエロさの高いエッチ
エッチシーンは5パート108分間。
プレイは真菜香との耳舐め/手コキ/素股/玉舐め/手マン/フェラ/SEX(騎乗位、対面座位、正常位、バック)/乳首舐め/乳揉み/足コキ、奈々未とのキス/手コキ/フェラ/SEX(正常位、騎乗位)/耳舐めです。
手コキ、素股、手マン、SEX、足コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

真菜香「ねぇ お姉ちゃんがさせてくれないから 溜まってるんですよね? だったらぁ 見えないところでぇ こんなふうにされちゃうのとかも 興奮したりしますかぁ?」
奈々未が夕食を作ってる間に主人公から勉強を教えてもらってた真菜香は
彼の反応が敏感なのを見て溜まってると判断し、耳とおちんちんをゆっくり責め始めます。

エッチはお互いに責め合いながら進めます。
最初の2パート35分は主人公と真菜香が秘密の関係を結ぶシーン。
「01 カノジョの妹に興奮、しちゃう?(約8分)」は耳舐め+手コキと素股
「02 彼女が寝てる横で彼女の妹と背徳声殺しセックス(約27分)」は
色んな前戯を挟んでから3種類の体位でSEXします。

真菜香「最近してないから 溜まってるんですよねー? いいですよ あたしで都合よく性欲処理 しちゃっても」
彼女はこの時点から彼を寝取る気でいるので積極的に誘惑します。
01パートは耳元至近距離から粘っこいちゅぱ音を鳴らしつつ
おちんちんにおまんこを擦りつけて我慢できない状況へ追い込みます。
溜まってる時にこんなセリフを言われて心が揺れない男性はなかなかいないでしょう。
無理矢理犯したりせず、色んな飴を与えて彼が自分の意志で奈々未を裏切るように誘導します。

もしここで彼が拒絶してたら逆寝取られは成立しなかったはずですから
誘惑してきた真菜香1人の責任とは言い難いです。
これも暗さや重さを薄めるための演出のひとつだと私は考えてます。

02パートは奈々未が疲れて寝入った後なのでプレイも大胆になります。
手コキ→手マン→フェラと交互に責めてお互いの心と体を温め
SEXも騎乗位→対面座位→正常位と繋いでJKの体を存分に味わいます。
時間に余裕がある状況を活かしてどのプレイもゆっくりペースで責めてました。
さらに囁き声で話したりSEX中は吐息メインの喘ぎ方にしてこっそりやってる雰囲気を作ります。

真菜香「ほら 深いとこも 先っぽでぐりぐりさせて? お姉ちゃんのおまんこと 比べてみて?」
これらをする際に時折奈々未と比べさせようとするのが良いですね。
恋人を裏切ってることを印象付けて罪悪感を与えます。
あまり頻繁にやると抜きにくくなるので控えめにしてました。
JKに中出しする快感をくすぐったりと心への責めにも割と力を入れてます。

中盤の2パート49分間は姉妹の対比が光るシーン。
「03 彼女が居ない隙に浮気セックスざんまい(約27分)」は真菜香と
「04 彼女と罪悪感ラブラブセックス(約22分)」は奈々未とSEXメインのエッチをします。

真菜香「オナホ使うみたいに もっと乱暴でいいから もっとSEXしてるって感じが 子宮に欲しい あっ あぁっ そうっ それぇ あぁっ 気持ちいい」
ここはどちらも他人に邪魔されない環境でするため
特に真菜香は普段よりも大胆な責め方と乱れ方をします。
前戯は乳首舐めや足コキといったアブノーマルなプレイに挑戦するし
パート後半から始まるSEXも普通に喘ぎ声を漏らして彼の興奮を煽ります。

体位をバックに設定し「ぱすんっ」という弾力のある音をリズミカルに鳴らすあたりも
彼がすっかり彼女の体に溺れてるのがわかります。
最後はきっちり中出しを決めるなど、言葉よりも行為で彼の寝取られ具合を表現してます。

奈々未「ううん 別に無理してないよ その…大好きな人のためなら してあげたいなって」
そして真菜香と激しく愛し合った直後だからこそ(作中ではたぶん別の日)
04パートを聴いた時にそれなりの後ろめたさを感じます。
試験が終わり彼とエッチできるようになったことを素直に喜ぶ姿や
愛の言葉を言いながら一生懸命ご奉仕する姿が愛らしいです。

奈々未自身は料理上手のとてもいい女性なので
しばらくエッチできない状況じゃなければまず寝取られることもなかったはずです。
真菜香との違いが引き立つようにちゅぱ音や喘ぎ声を上品なものにしてました。
このパートは純粋なエロさよりもシチュを楽しむ意味合いが強いです。

最後の「05 彼女が料理中に隠れてセックス(約24分)」は最もスリルのあるプレイ。
01パートと同じく奈々未の料理中に今度はSEXを始め
さらに真菜香が自分から奈々未に話しかけて見つかる確率を上げます。

具体的な内容は伏せますけど、逆寝取られがテーマの作品としてはやや意外な結末を迎えます。
本作品の視聴者は一之瀬さん自身のファンや姉妹サークル「いちのや」のユーザーが中心になるので
後味をあまり悪くしないためにこういう締めくくり方にしたのではないかなと。
いちのやさんはあまあまでハッピーエンドな作品が多いですから
あまりにガチな逆寝取られにすると属性が離れすぎてて敬遠される可能性があります。

このように、キャラの個性を出しつつじっくり色仕掛けするやや背徳的なエッチが繰り広げられてます。
エロさ重視の逆寝取られ作品
エロさや臨場感の高さを大事にしたエッチが味わえる割と聴きやすい作品です。

真菜香は現在姉と付き合ってる主人公を自分のモノにしようと
夕食前や奈々未が寝た後など彼がフリーな時間にストレートな誘惑をします。
そして彼が十分その気になった後は生ハメや中出しを味わわせながら
彼が責める機会を多めに設けて多少の罪悪感や背徳感も与えます。

恋人の妹に逆寝取られされるシチュ、奈々未にバレないようこっそりエッチする展開
真菜香と奈々未を比べるシーンを用意して罪悪感を煽る演出
リアルな声と音を組み合わせた抜きやすいエッチ。
他の女性に寝取られることよりもプレイそのものを厚く描く方針で仕上げてます。

中でも4番目は陰険さがあまりなくて雰囲気が結構明るいです。
真菜香が体を拘束してきたり、自分とエッチした事実を弱みにすることはありません。
耳やおちんちんをいじって純粋に気持ちよくしながら
姉よりも自分のほうが彼を満足させられることをアピールして心を引き寄せます。

逆寝取られがテーマなのでさすがにそれをまったく感じさせないわけではないですけど
通常の寝取られ作品よりもドロドロした要素が薄めであっさりしてました。
罪悪感や背徳感を煽るアプローチよりも純粋に興奮させるほうにずっと力を入れてるのが大きいです。

エッチはサークルさんがAVを参考に制作されたからか
ひとつのプレイを掘り下げるのではなく、色んなプレイを組み合わせて責めるスタイルにしてます。
SEXだけを見ても4種類の体位がありますし
ピストン音の質感やペースを小まめに変えてあってなかなか凝ってます。
さらに奈々未が近くにいる時といない時で喘ぎ方や音の鳴らし方も変えてます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
年下の女性に誘惑されるシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:橋本真菜香…一之瀬りとさん 橋本奈々未…陽向葵ゅかさん
総時間 2:13:37

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月22日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



サークル「夢色パラダイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人の風俗嬢が
乳首で気持ち良くなりたい男性に丁寧なオナサポをします。

最初から最後まで乳首とその周辺だけを重点的に責めるのが特徴で
指の腹で撫でる、弾く、つまんで引っ張る、爪で引っかくなど多彩ないじり方を用意し
それぞれに合った掛け声を出してきめ細かくリードします。
初心者から上級者まで幅広く楽しめるように作られてますから乳首好きなら誰にでもおすすめします。
ふたつの手段でドライを応援
メスイキチクニークラブで「ちさと(挿し絵右)」と「リミ(挿し絵左)」のサービスを受けるお話。

「本日は 当クラブへお越しいただき ありがとうございます」
受付は穏やかな声のお姉さん。
来店した主人公にお店のコンセプトやサービスの内容を説明すると
早速在籍してるスタッフのうち誰を選ぶか尋ねます。

本作品は乳首オナニーに興味がある人だけを対象にした珍しい風俗店で
彼女たちがおよそ80分に渡って独特なオナサポをします。
最初はちさと、次はリミと一対一で相手する形式になっており
どちらも乳首とその周辺を徹底的にいじらせてドライオーガズムに追い込みます。

下半身も裸になる指示が出ますが、おちんちんは触れるどころか意識させることすらありません。
絶頂形式もドライのみなので乳首の快感に興味があったり好きな人ほど楽しめます。
そして特化型の作品だからこそ非常に個性的で幅広いプレイが楽しめます。

「なでなで なでなで そうです なでなで なでなで いいですよ 優しく 優しく」
2人に共通して言える特徴はリードが丁寧なこと。
指で撫でる時は「なでなで」、爪で引っかく時は「かりかり」とプレイに応じて掛け声を変え
それを小まめに言いながら優しい言葉をかけたり軽く貶して応援します。
乳首オナニーだけするのは確かにマニアックですけど
乳首を今まで一度もいじったことがない人でもついて行けるくらいオナサポがしっかりしてます。

刺激を少しずつ上げる形で進めますから、最初はくすぐったいだけだった人も
後半に入る頃には何らかの快感が味わえる可能性が十分にあります。
彼女たちも聴き手がそうなるように様々ないじり方を指示してくれます。
開発済みな人が楽しめるプレイも用意されてて守備範囲が広いです。

「乳首をたくさん感じさせて 塊の中に 気持ちよさを蓄積させていきましょう」
担当する女性によってセリフやプレイが結構変わるのも大きなポイント。
ちさとは上品さと優しさを兼ね備えた女性で終始穏やかにリードします。
序盤から中盤にかけては焦らし気味に進めて性感を高め
それ以降は強めの快感が得られるプレイに切り替える初心者を意識した内容になってます。

乳首オナニー未経験者はこちらから入るといいでしょう。
本当に手取り足取り教えてくれるので頭を空っぽにしたままオナニーできます。

「誰にも言えないような恥ずかしい趣味を持った変態お兄さんの乳首をつまんでいこうねー」
それに対してリミは乳首をある程度いじってるM男をメインターゲットに据えてます。
会ったばかりの彼を「変態」と言って軽く見下し
乳首オナニーも指で弾く、爪で引っかくといったハード路線のプレイが充実してます。

ギャルっぽい性格をしてるのでどぎつい印象はありません。
彼を喜ばせるためのサービスとしてわざと小悪魔っぽく振る舞います。
こちらは乳首オナニーにある程度慣れてる人向けの内容です。

乳首だけをいじり続けてドライを目指すエッチと、キャラを活かした丁寧なリード。
ひとつのプレイを広く深く掘り下げてるややM向けの作品です。
乳首の快感を存分に味わえるエッチ
エッチシーンは2パート68分間。
プレイは乳首オナニー、カウントによる絶頂、指を舐める、乳首に息を吹きかけるです。
エッチな効果音はありません。

「そうですね… それでは 始める前に 簡単な深呼吸をしましょうか」
自分を指名してくれた主人公を別室で迎え挨拶したちさとは
彼が緊張してることに気づき、ひとまず深呼吸でリラックスさせます。

エッチは体を直接触れずに終始彼女たちがリードします。
前半の「2・優しく丁寧にチクニー指示コース(約35分)」はちさとが担当するサービス。
事前に深呼吸してからシャツ越し→地肌の順に色んな手段で乳首をいじります。

「今はまだ 気持ちいいと感じる必要はありません 初めのうちは くすぐったいという程度でいいんですよ?」
指先で胸を擦るところから始まり、手のひらを使って胸を撫でる
人差し指を乳首の上に乗せて上下に動かす、両手のひらで胸を包み込み回転させる
人差し指で乳首を擦る、乳首を指でつまむとプレイ内容が多彩です。
そしてこれらの合間に心構えも教えてやりやすい雰囲気を作ります。

パート序盤は2分程度の間隔でいじり方が変わります。
慌ただしいと感じる人もいるでしょうが、このへんはまだ準備運動に過ぎません。
中盤以降は腰を据えていじるスタイルになりますから
とりあえずは言われた通りにオナニーして体を温めていきましょう。

「頭の中が真っ白になって 快楽の波にさらわれてしまいます!」
サービス開始から16分後、乳首を指でつまむ頃から1回目の絶頂シーンが出てきます。
カウントを数えて0でイクお馴染みのやり方ですが
その直後に催眠暗示のようなセリフを言って追い込んでくれます。

本作品のエッチは両方とも絶頂シーンが3回あるので
ここで上手くいかなかったとしても気にする必要はありません。
複数回のチャンスを用意してるのもリードが丁寧と言える理由のひとつです。
経験者は連続絶頂できますから初心者と玄人の両方に対応してるとも言えます。

2回戦以降はやや踏み込んだプレイに変わります。
指を舐めて湿らせてから乳首を弾く、親指と人差し指でつまみ擦る
おちんちんオナニーに近いやり方で乳首をしごくなど、強い刺激が得やすいものを中心に行います。

「くちゅくちゅ くちゅくちゅ 誰かにおっぱいを吸われるように」
そしてここでは誰かに乳首を責められてる様子をイメージしながら進めます。
絶頂するには心身両面が高ぶってるほうがいいですから
乳首オナニーをがっつりやりながら彼女なりの言葉責めを挟んでそうなるように応援します。
私が聴いた時はじんわりした快感やピリッとする快感が味わえて気持ちよかったです。

後半の「3・ちょっぴり意地悪にチクニー指示コース(約33分)」はM向けを意識したプレイ。
担当がリミに代わり、友達に接するような砕けた態度で強めのオナサポをします。
こちらは最初から服を脱いだ状態で聴きます。

「はい 押してー はいっ 離す」
乳首を指で押す、爪で引っかく、つまんだままゆっくりつねるなど
ちさとの時には出てこなかったいじり方を中心に据えてて違う快感が味わえます。
軽く見下す言葉責めもしてきますが、セリフは指示中心なので量はそれほど多くありません。
乳首をいじり慣れてる人や強い刺激を求めてる人が満足できるように調整されてます。

未開発な人は前のパートでしばらく慣らした後に聴くといいでしょう。
痛気持ちいい感覚が断続的に味わえて違った良さがあります。
逆に開発済みな人はこっちのほうが展開がスピーディーで病みつきになるんじゃないかなと。
同じ乳首オナニーでも両者には大きな違いが見られます。

このように、乳首オナニーの魅力をふたつの視点で追及した特化型のエッチが繰り広げられてます。
初心者から経験者まで楽しめる作品
「乳首オナサポの決定版」と言っていいくらい内容が充実してる作品です。

ちさととリミは乳首オナニーに興味を持った主人公を満足させようと
どちらも一対一で相手しながらそれぞれの個性に合ったオナサポをします。
そしていじり方に対応した掛け声を小まめに出したり、サービスの進め方を丁寧にしたりと
聴き手がやりやすく感じるように考えながらリードします。

違う個性を持つ2人の風俗嬢がそれを活かした乳首オナサポをするややM向けのシチュ
ソフトなものからハードなものまで幅広く取りそろえた乳首オナニー
指示、掛け声、言葉責めを組み合わせてきめ細かく誘導する親切丁寧な作り。
癖のあるプレイをできるだけ多くの人が楽しめるように仕上げてます。

中でも乳首オナニーはここまでいじり方の種類が豊富な作品を初めて聴きました。
定番のプレイで固めるのではなくマイナーなものにも挑戦してます。
絶頂しやすくなるように刺激の強弱をシーンによって変えてますし
乳首オナニー作品を色々制作されてるサークルさんの実力がきちんと発揮されてます。

射精シーンが一切ないところだけは人を選びますが
別に乳首オナニーしながらおちんちんをしごいても私はいいと思います。
ドライにそこまでこだわらないほうがより楽しめるんじゃないかなと。

絶頂シーンは6回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:受付…小粋さん ちさと…一之瀬りとさん リミ…こやまはるさん
総時間 1:19:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月24日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、クールだけどエッチなことに興味津々なJKが
同じ学校に通う男子を奴隷にしてエッチに弄びます。

オナニーや射精の様子を観察されたり、おちんちんや金玉を足で踏まれるなど
Mな人が喜びそうな要素を色々盛り込んで責めるのが特徴です。
全体的に表現が抑えられてますからややMな人も無理なく聴けるでしょう。
同級生のおもちゃになって
高城 梓(たかぎ あずさ)と4種類のエッチを楽しむお話。

「はぁ… で、何? 話って さっきからモジモジしちゃってさ」
梓はクールで落ち着いた声の女の子。
ある日主人公に突然呼びされて「好きだ」と言われると
意外な展開に驚いてからすぐさま振って切り上げようとします。

本作品はクールで美人だけど男性経験はない彼女が
自分に好意を寄せてる男性を「お試し彼氏」という名の奴隷にしておよそ90分のエッチをします。
彼女は感情をあまり表に出しませんが、年頃の女の子なので異性にかなりの興味を持ってます。
だから彼を好きにできる状況を使って男性の体や生理を学ぼうとします。

「私 おっきいほうのおちんぽが見たいんだけど 刺激すれば大きくなるんじゃないの? シコシコってしてみせてよ」
まだ萎んでるおちんちんを見てすぐさま大きくするよう命令したり
一度射精した後も責め続けて潮吹きに追い込むなど
全編を通じてややM~Mな人をターゲットにした調教っぽいエッチを続けます。
言葉責めも多少はしますが彼女の心情や反応を描くことにも力を入れてます。
不思議そうな表情をしたり驚く姿に初々しさを感じました。

エッチについては公開オナニー、手コキ、足コキとやや距離を取った責め方をします。
この物語が始まった時の2人は顔見知り程度で全然仲良くありません。
だからエッチを通じて少しずつ親密度が上がり、それに合わせてプレイも変えます。
終盤には多少の純愛要素も盛り込んでました。

詳細は後で説明しますが全体的にかなり抑えた描写になってます。
ですから女性に多少冷たくされるのが好きな人に最も向いてるんじゃないかなと。
ハードなM向けのエッチを好む人が聴くと拍子抜けする可能性があります。
ゆっくり前進するエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイはオナニー、パンツを見る、手コキ、足コキ、耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ 早速だけどさ 見せて? うん おちんぽ」
主人公をお試し彼氏にした次の日、彼を美術準備室へ呼び出すと
梓はその場で服を脱いでオナニーする指示を出します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の2パート28分間は彼女が男の体を知る様子を描いてるシーン。
「02罵倒されながら羞恥見抜きオナニー実況(約14分)」はソフトな淫語責めと言葉責めを交えたオナニー
「03ささやき淫語手コキカウントダウン(約14分)」は密着しながらの手コキで1回ずつ射精させます。
ちなみに本作品のエッチはどれも日を分けて行います。

「むくむくしてきた こんなにすぐ反応するもんなんだ」
「なんか こんな布切れで興奮するだなんて さすがに笑えてくるな 変態」

この時点の彼女は彼に対する恋愛感情がまったくないので非常にあっさりしてます。
おちんちんの形状や大きくなる様子を興味深そうに観察し
オナニーが始まった後はオカズとしてパンツを見せながら情けない姿を軽く見下します。
シナリオ担当が防鯖潤滑剤さんということで「おちんぽ」などのやや下品な淫語もそこそこ言います。

初めてエッチするパートだから仕方ないところもあるのですが
罵倒や羞恥を与えるアプローチが少なくてイマイチ気持ちを盛り上げにくく感じました。
M向けの作品で女性視点のセリフを多くするとパンチが弱くなることが多いです。
彼女の心情や反応をもっと減らし、彼を見下すほうを重視したほうがプレイが締まったんじゃないかなと。
彼女のキャラが結構クールなので言葉責めにそれを補えるレベルのキレがあって欲しかったです。

「言ったでしょ? 遊ばせてほしいって 普通にイかせてあげたんじゃ 遊びじゃなくない?」
03パートは彼女の意地悪な性格がプレイに表れてます。
囁き声で話しながら手コキを続け、時折寸止めを挟んで彼が射精できない状況を作ります。
彼女の言う通り彼が望むことをそのままやったら奴隷にした意味がありませんから
主導権が自分にあることをしっかり教えて女性に飼われる快感を与えます。

効果音が入ってないのでどんな風に責めてるのかあまりよくわからないのですが
「おちんぽ しこしこ」などのセリフを挟んでイメージしやすくする工夫がされてます。
終盤には時間をやや長く取ってカウントを数えるなど
本作品の売りであるM向けの要素がひとつのパートに色々詰まってます。

後半の2パート38分間は若干の純愛要素を盛り込んだプレイ。
「04靴下亀頭責め罵倒足コキで潮吹き(約15分)」は足を使って亀頭、竿、金玉を刺激し
「05言葉責め耳舐め手コキ射精我慢(約23分)」は左右の耳を片方ずつ舐めながら再び手コキで追い込みます。

「たまたまって 柔らかいね おちんぽはこんなにガチガチなのに ここはぷにぷにのまま 変なの」
男にとって最もデリケートな部分を足蹴にしたり
射精直後も責め続けて潮吹きさせるあたりは確かにM向けです。
でも玉を責める時は手加減しますし、潮吹きの後は彼を労わる優しいところを見せてくれます。

前半がずっとクールだったからこそ、この小さな変化が余計引き立ってました。
彼をおもちゃにして遊ぶつもりだった当初の予定から別のところへ向かい始めます。
足コキは手コキと同じく「ずりずり ずちゅずちゅ」といった擬声語で表現します。

最後の05パートは音の良さが光るプレイ。
前半は左、後半は右に陣取りゆっくりペースで耳を舐め続けます。

販売ページに「臨場感あるサウンド」と書かれてるだけあって耳舐めの質感はとてもリアルです。
位置が近く、音がクリアで舐めるたびに微かな振動が伝わってきます。
また最初は外側を中心に責めてたのが、少し経つと内側を舌でゆっくりなぞるような舐め方に変わります。
しばらく舐めてから少ししゃべるのを繰り返しますから完全に耳舐めが主役です。

「すごい感じるんだね 体 ずっとビクビクしてる 可愛い…と、言えなくもないかも」
また合間に入る彼女のセリフにも甘さがほんのり出てます。
前の3パートは「変態」など見下すことがほとんどだったのに初めてポジティブな言葉が登場し
今までとは違う仕草も見せてくれて心情が変化しつつあるのを実感できます。
ツンデレっぽい反応にニヤニヤする人もいるんじゃないかなと。

このように、彼女の心情や反応の描写に力を入れてる落ち着いたエッチが繰り広げられてます。
ソフトに調教する作品
調教に興味があるけど手を出せなかった人におすすめしたい作品です。

梓は自分に告白してきた主人公を従順な奴隷に変えようと
1日1回のペースでM向けのエッチをしながら男の体を興味深そうに観察します。
そしてある程度経つと愛着が湧いてきたようで、今までとは少し違うところを見せ始めます。

エッチに強い関心を持ってるクールなJKが同級生を飼い慣らすM向けのシチュ
彼女視点のセリフを多く盛り込み、その変化で心情の推移を表現するキャラを大事にした演出
言葉責め、公開オナニー、寸止め手コキなど彼が喜ぶ要素を色々盛り込んだエッチ。
M向けなのは間違いないですけど、その中でもかなりソフトな部類になるよう調整してます。

こういうテーマの作品で女性側に焦点を当ててるのは珍しいです。
大抵は男性を喜ばせたり気持ちよくすることに終始します。
この演出を面白いと見るかどうかで本作品に対する評価が分かれそうです。

サークルさんがM向けを強調されてたので、私はもっとハードなプレイを期待してたのですが
サークルさんのファンにとってはこれくらいがいいだろうと判断されたのかもしれません。
内容を理解したうえで聴くなら十分楽しめる品質を持ってると思います。

絶頂シーンは5回(射精4回、潮吹き1回)。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:26:58

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月6日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ