同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:一之瀬りと

   ● 【骨伝導】つづらみち-みわのアメに召されて-【耳舐め】
   ● え?まさか"貢ぎマゾ"に堕ちたいんですか?(笑) ~あなたの人生と金銭感覚を狂わせるオナニーサポート音声~
   ● ゆるギャルJK!!~綾瀬ひなたがおち○ちんに堕ちるまで~【バイノーラル録音】
   ● ふたごJKのあまあま☆スローオナニー ~兄さん、まだ射精しちゃダメ♪~
   ● 気まぐれ小悪魔たちに囚われてたっぷり弄ばれちゃう音声
   ● 彼女の隣でギャルビッチ皐月ちゃんに犯されちゃう!
   ● 甘々いじめ ~ちょっぴりSで意地悪な先輩に弱味を握られいじめられちゃう~
   ● うちのトイレの花子さん
   ● 先生のイイなり~お姉さんのあまあま極上手ほどき~
   ● 丁寧語で射精管理されたい催眠音声


【骨伝導】つづらみち-みわのアメに召されて-【耳舐め】

サークル「もーたーわーくす」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、和服が似合うおっとりした店員さんが
特殊なアメを使ったサービスで常連客を癒します。

セリフよりも音の量を多くした音フェチ系の作りが魅力で
前半はアメに関する音、後半は歯ブラシや心音と方向性を切り替え
それぞれに合った音をたっぷり鳴らして癒したり興奮させます。
様々な音が生み出す癒しのひと時
つづらみちの店員「みわ」からサービスを受けるお話。

「はい、センセ、今宵は珍しいアメを、ご覧に入れます、約束でしたね」
みわは明るくてお淑やかな声の女の子。
来店した主人公に丁寧な挨拶をし、「月下」と呼ばれる不思議なアメを紹介すると
早速膝枕をしてそれが生み出す音を聞かせてあげます。

本作品はつづらみちに何度も通ってる彼を独特な方法で癒そうと
彼女が70分程度に渡って5種類のサービスをします。
前半は作品特有の要素、後半はそれよりもスタンダードなものと方向性を切り替え
いずれもセリフより音の量を増やし、それをがっつり鳴らす方針で進めます。

1分程度鳴らしてから短いセリフを挟んだり、冒頭にしゃべった後は無言になるなど
構成に若干の違いは見られますが主役はどれも音です。
さらに耳かきやマッサージといった王道のサービスを敢えて避け
タイトルにもなってるアメにまつわる音を多めに盛り込み個性を出してます。

一応18禁扱いになってますがエッチな要素はほとんどありません。
淫語を一切入れずに6分程度耳を舐めるだけとかなり抑えられてます。
たぶん射精シーンがあるからここにカテゴライズされたのでしょうけど
表現方法だけを見ればR-15でも問題ないくらいソフトです。
アメを使った不思議な癒し
簡単な挨拶を終えた直後の2パート30分間はアメを使ったサービス。
「アメを「聴く」」は何度も傾けて中に入ってる砂を動かし
「アメを「舐める」」は主人公が実際に舐める要素を音だけで楽しみます。

「ようがす」
前者は「さーっ」という若干ざらつきのある摩擦音が1分程度鳴り続け
その後に一言程度のセリフが入るのを繰り返します。
事前にどういう形状をしてるかなどイメージの材料を提供したほうがいい気もしますが
音自体はこれまで聴いたことのないもので新鮮味を感じました。

「余計な言葉は、いりませんね。ぜひ、その舌先で、歯の裏側で、感じてください、味わって、くださいまし、センセ」
後者は冒頭に主人公の口へアメを入れる描写があった後は
「カツッ」という硬さのある音が中央やや下で鳴り続ける音フェチ要素の強いものです。
骨伝導マイクを使用してるとのことで、通常の録音環境よりも音が近くて微弱な振動も伝わってきます。

ただ両方とも本当に音を鳴らすだけになってるのは味気ないかなぁと。
2人がすっかり打ち解けてるからこうしたのでしょうけど、そのへんの状況は作中で特に語られてません。
シリーズの続編でもないようですし、もう少し背景を説明していったほうが作品の世界に入りやすいと思います。
こういうサービスをする事自体は別に良いのですが、それに向けた雰囲気作りが欲しいということです。
あとは環境音が入っていれば随分違ったでしょうね。

続く「歯を「磨く」」でするのはもちろん歯磨き(約7分)。
これまでと同じくセリフは必要最低限に抑え、ブラシが左右を往復する音を時間いっぱい鳴らします。
そして一通り終えた後は口をゆすいで汚れを吐き出します。

音の質感がそれなりに良く、シーンによってペースや力強さも変わる凝った演出がされてます。
しかし音の鳴る位置がほぼ中央で上下や奥歯前歯の違いがいまいちよくわかりませんでした。
歯磨きをする場合、普通は全体を満遍なく磨きますから音もそのように動いてほしかったです。
どこを磨いてるかの実況を軽く挟んでいればもう少しわかりやすくなってたかもしれません。
ちゅぱ音特化のエッチ
エッチシーンは6分間。
プレイは耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「砂糖の砂漠の、サソリの甘い毒にぃ、召されてしまいなさいな」
歯磨きをしてる最中、主人公の体が火照ってることに気づいたみわは
そのまま彼の耳を舐めて気持ちいい射精に導きます。

エッチは彼女が片方の耳を舐めるだけの極めてシンプルなものです。
非エロパートと同じくセリフの量はできるだけ減らし、舐めたり吸ったりする音をゆっくり鳴らします。
おちんちんをいじる描写は特にないので手コキやオナニーをしてるのか、それともノーハンドなのかは不明です。

ちゅぱ音も取り立ててエロくしてるわけではありませんから
少なくとも音声単体で射精まで持っていくのは難しいと私は見てます。
好きな画像とセットならなんとかってところでしょうか。
これなら無理に射精シーンを入れずR-15にしたほうが良かったかなと。
音の個性はあるのだが…
物語の前半で行うアメを使ったサービスが魅力の作品です。

みわはつづらみちを贔屓にしてくれてる主人公を変わった手段でもてなそうと
まずは特殊な効果を持つアメを使って2種類の音を鳴らして癒します。
そして歯ブラシで口を綺麗にし、耳舐めで性欲を発散し、羊数えで寝かしつけます。

月下と呼ばれるアメを使った珍しいサービス
セリフをできるだけ減らす代わりに音の質と量にこだわった作り。
最近流行りのASMRをストレートに追求した作品に仕上げてます。

中でもアメは音声作品でもあまり聴かないタイプの音で面白かったです。
耳かきを敢えて入れなかったことも含めて他の癒し系作品との差別化を図ってます。
このジャンルは今激戦区ですからこういう方針を取るのは有効だと思います。

ですがそれ以外の部分は残念ながら首を捻る部分がいくつも見られます。
彼が常連になった経緯が一切語られてないこと、セリフが極端に少ないせいでみわの存在感が薄いこと
音がどのパートも垂れ流し気味でサービスと呼ぶにはリアリティに欠けることなどが挙げられます。
エッチが中途半端な内容になってるのもマイナス要素です。

もうひとつ、最後の「おやすみの寝かしつけ」は全体的にしゃべるペースが速く
お客を眠らせるには雰囲気が慌ただしくなってるように感じました。
かなりの数の羊を数えてるので、これをいっそのこと半分まで減らし
その分一匹ずつゆっくり数え、かつ間をやや長く取ったほうが安眠に適してると思います。
このパートだけで3箇所ほど編集ミスがあったりと全体的に作りが粗いです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回は厳しめの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:09:40

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2019年2月1日の24時まで30%OFFの490円で販売されてます。

え?まさか"貢ぎマゾ"に堕ちたいんですか?(笑) 〜あなたの人生と金銭感覚を狂わせるオナニーサポート音声〜

サークル「キャンドルマン」さんの同人/催眠音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけど熱が入るとSっ気が増すお姉さんが
貢ぎマゾをテーマにした特殊なオナサポをします。

同人音声と催眠音声の中間あたりに位置する作りになっており
会話の中に暗示を込めて聴き手が自分から貢ごうとする気分にさせ
オナニー開始後も体より心への責めに力を入れて堕ちながら射精する気分を味わわせます。

音声を聴く前にティッシュを5枚用意したほうがより楽しめます。
ただのマゾから貢ぎマゾへ
お姉さんにお金と引き換えにオナサポしてもらうお話。

「うふっ はじめまして ですかね?」
お姉さんはおっとりした穏やかな声の女性。
主人公の耳元で囁きながら挨拶と注意事項を説明すると
早速作品のキーとなるお金に関する話を始めます。

本作品はマゾの中でも一際異質な性癖「貢ぎマゾ」の気持ちよさを味わわせようと
彼女が100分程度の時間を使ってそれに沿った背徳的なエッチをします。
オナサポなので彼女に直接触れるシーンは一切なく
言葉責めや痴態を見られる快感といった心への刺激で気持ちよく射精できる環境を作ります。

キャンドルマンさんと言えばかれこれ9年近く催眠音声をメインに制作されてるサークルさんです。
しかし今作は催眠の割合をある程度下げ、同人音声としても楽しめるように作られてます。
催眠誘導と見て取れることをするシーンもありますが簡略化されており
エッチもオナニーをしてる最中に暗示を入れる程度に留めてあります。
その代わり言葉責めや指示に力を入れて貢ぎマゾに堕ちる快感を増幅させます。

「ふとした瞬間に冷静になって 今までに使った金額に青ざめるも その頃にはすっかり中毒になっていて完全に手遅れ」
タイトルを見ればわかるように視聴前の時点でもう貢ぎマゾの虜になってる人よりも
貢ぎマゾを知ってる、もしくは興味があるあたりのMな人を沼に沈めることを目指して進めます。
彼女が無理矢理押し付けるのではなく、聴き手が自分からそうなりたくなるようじっくり働きかけてきますから
その属性を持ってる人ならそこまで抵抗を抱かずに聴けると思います。

最初の前編パートはエッチを楽しむ土台作りにあたるシーン(約34分)。
まずはお金や貢ぎマゾのことを軽く語ってそうなる醍醐味を教えます。

「少しくらいのお貢ぎくらいなら大丈夫 ちょっと貢いだくらいで何かが変わるわけない なんて思っちゃダメですよ」
お姉さんはこれまで数多くの男性を堕としてきただけあって
まだ貢ぎマゾになってない人がどうすれば興味を抱くか心得てます。
だからいきなり貢ぎマゾの良さだけをアピールせず、デメリットにもきちんと触れて彼の信頼を得ようとします。
言葉遣いも丁寧で悪女っぽさはほとんど感じません。

お次は彼女の言葉を受け入れやすくなる暗示を入れ始めます。
片方の手を胸に当てて鼓動を感じさせながら貢ぎマゾのことをさらに語り
その第一歩となるおねだりを彼の口から引き出します。

「愚かな行為 惨めな行為 愚かで滑稽で 度し難い変態行為 意識すればするほど じゅくじゅくと じわじわと 侵食されていって 指の先までとろんとろんになっちゃう」
やってはいけないことをやった時に心の快感が強く得られるのは皆さんもご存知だと思います。
所謂「背徳感」ってやつですね。
貢ぎマゾもお金というかけがえのないものを失う点でこれに通じるものを持ってます。
そしてそのことを話すのと同時に意識の力が弱まる言葉も投げかけます。

催眠音声をよく聴いてる人はここでそれと似た感覚を抱くのではないでしょうか。
メリットを強調して伝えるなど、貢ぎマゾに対する印象が少しでも良くなるよう言葉を選んで投げかけます。
こういうところは催眠音声サークルさんならではと言えるでしょう。

パート終盤は彼の気持ちをより前向きにしながら上下関係を鮮明にします。
彼女の声が今までよりも低くなり、さらに彼のことを「お前」と呼んで態度に表しつつ
これからするオナサポの概要を説明して興味を膨らませます。

「勘違いしないでね 私が奪うんじゃないの あなたが気持ちよくなりたいがために願って 私がそれを叶えてあげる それだけ」
彼女は貢がせまくってるのでお金にさほど困ってるわけではありません。
だからお金が欲しい素振りは特に見せず、彼の願いを叶える見返りにそれを受け取る構図にします。
これまでとは違い若干突き放して心を引き寄せようとしてるように映りました。
レビューを読んだだけだと強引に感じるかもしれませんけど実際はかなり慎重にやってます。
お金は多く、快感は弱く
エッチシーンは2パート59分間。
プレイはオナニー、腰を振る、お札を抜き取る、金玉オナニー、乳首オナニー、○○です。
お札を抜き取る際に効果音が鳴ります。

「今から味わうのは 失うことで興奮する悦楽の味」
巧みな話術で主人公から貢ぎオナサポのおねだりを引き出したお姉さんは
先ほど話したルールの通りにオナニーを指示し、その区切りで約束した額のお金を要求します。

エッチはオナニーと貢ぎマゾを組み合わせて心身を同時に責めます。
前半の中級編パートは破滅に向けて餌を与えるプレイ(約27分)。
10カウントダウンを数えながら暗示を小まめに入れ、寸前でストップし、貢ぐのを数回繰り返します。

「体中にどんどん染み渡っていってるのがわかる? まともだった部分が どんどん壊れていってるのがわかる?」
本作品のテーマは貢ぎマゾに堕ちる快感を味わわせることですから
エッチに入った後も彼女が色んな手を使ってその快感を増幅させます。
オナニー自体は開始、中断、射精のタイミングを指示する程度に留め
ある程度自由にしごかせながら言葉責めをガンガンぶつけて我慢できない状況を作ります。

1セットあたりのしごく時間は約3分と長めに取られてますが
シコシコボイスなどで厳しく制御しないことや、1回ごとの休憩時間が長めに取られてるため
彼女の言う通りにオナニーしても途中で暴発する可能性は低いです。
そうなってしまったら限界まで貢がせられませんからわざとセーブしてるのでしょう。

しかし彼女はただ普通に休憩させるわけではありません。
1セットごとに異なるオナニーをするよう指示し、それにあたり恥ずかしく腰を振るおねだりを求め
開始前に彼のお金を抜き取って貢ぐ快感も味わわせます。

ちなみに本作品の貢ぎは未来に受け取る契約なので直接受け渡すことはありません。
そのほうがより主人公に近い立場で聴き手も楽しめると踏んだのでしょう。
オナニー自体はシンプルにして、それ以外の部分に個性と面白みを持たせてます。

続く後編パートはお待ちかねの射精シーン(約32分)。
先ほどと同じくオナニー→おねだり→貢ぎを繰り返し、1回ごとの額をさらに上げて心を黒く塗りつぶします。

「おっぱい触るたびに 全身に張り巡らされた浅ましい快感神経が ビリビリしちゃうねー」
「ほーら のぼってくる のぼってくる 全身にゾワゾワが広がって 広がって」

途中に敢えておちんちんをいじらないプレイを挟んでるのが面白いですね。
1セット目は普通にオナニーさせてたのが終盤手前でおちんちんに触れることを禁じ
代わりに胸や乳首をいじらせてよりもどかしい気分にさせます。
貢ぐ金額が増えてるのに見返りが軽くなるから貢いだ時の背徳感がより強くなるわけです。
体への刺激の弱さを補うために暗示をより厚くするなど、このパートは心への責めに一層力を入れてます。

ちなみにこのパートの最後には解除にあたるシーンも用意されてます。
そこでは解除の暗示を入れる以外にとっても刺激的なことをしてくれるので
エッチにのめり込めた人ほどゾクゾクしたり心を打ち砕かれる気分がするでしょう。
「最後の最後にこのプレイを持ってくるのか!」と私も感心しました。

このように、貢ぎマゾの醍醐味を教えながら射精へ追い込む独特なエッチが繰り広げられてます。
人を選ぶが優れた作品
マイナーな嗜好をとことん掘り下げた完全ドM向けの作品です。

お姉さんは元々マゾな主人公に貢ぎマゾの快感を教えようと
まずは彼の意識を弱めながらそのメリットを伝えてやる気にさせます。
そしてエッチ開始後はシンプルなオナサポと高度な言葉責めで主に心を刺激します。

見た目は上品だけど内面はドSな女性が貢ぎマゾプレイをする変わったシチュ
催眠の技術をある程度盛り込みスムーズに心を開く展開
体への刺激は意識して弱め、シチュと言葉で貢ぐ快感を強化するテーマに沿ったエッチ。
同人音声でよく見られるタイプのオナサポとは明らかに違うサービスを行います。

「脳が 脳が ぐつぐつと煮え立って 沸騰して 泡立って 溶けて 溶け落ちていく」
この作品で最も優れてるのはシチュの構築とセリフの言い回しだと思います。
前者は彼女に命令されて無理矢理貢ぐのではなく彼が自分から貢ぎたくなるように誘導し
後者はそれをより確実に成し遂げるために表現を選んで語りかけます。

貢ぎマゾは名前の通り男性側が自発的にやってこそ意味のある行為です。
だから催眠暗示を適度に入れて少しずつそうなるように導きます。
またエッチの後半では敢えて彼に貢ぎを回避する方法を教えて選択を迫ります。
得られる快感と払う金額を釣り合わなくしてるのも背徳感を大きくするための演出でしょう。
「女性にお金を貢ぐ」という行為を磨き上げて立派なプレイに昇華させてます。

射精シーンは1回。
淫語それなり、効果音ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:42:10

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ゆるギャルJK!!〜綾瀬ひなたがおち○ちんに堕ちるまで〜【バイノーラル録音】

サークル「相原飯店」さんの同人音声作品。

2018年の最後を飾るこちらの作品は、口調はギャルっぽいけど心はとっても純情なJKが
とある出来事をきっかけに会った男性と甘く深いエッチをします。

彼女が成長していく過程を描きながら同じプレイを繰り返すのが特徴で
キス、耳舐め、フェラ、SEXなどパートごとにやることはほぼ揃え
序盤は初々しく、中盤はやや慣れた様子で、終盤はより大胆にと変化をつけて堕ちる様子を表現します。
ギャルJKのエッチなお勉強
綾瀬ひなたと何度もエッチするお話。

「こんちは あたし 綾瀬っていうんだけど…ですけど」
ひなたは砕けた話し方をする可愛い声の女の子。
なくした財布を届けてくれた主人公にお礼を言うと
その中に唯一入ってないものがどこにあるか尋ねます。

本作品は校則の厳しい学校に通ってる彼女が
今回の件で知り合った彼と130分近くに渡る濃いエッチをします。
初エッチ、少し後、さらに後日と全編を3つのシーンに分け年上の彼がリードしつつほぼ対等な立場で愛し合います。
総時間のおよそ84%がエッチという抜き重視の作りです。

「財布にさ 入ってたでしょ? 何がって…あれだよ あれ」
彼女は初対面の相手にも軽いノリで話しかけるギャルJK。
彼に対して感謝の気持ちを示しつつコンドームが入ってなかったかと尋ねます。
そしてそのことが彼以外にバレずに済んだことがわかって安心します。

JKがゴムを持ち歩いてると聞くと遊んでるふうに思えるでしょうが
彼女の場合はそれとまったく別の理由でそうしてるそうです。
物語が始まった時点ではキスすらしたことのない処女で
これから彼を相手にそのノウハウや魅力をじっくり勉強していきます。

「あれ? なんか柔らかい ここ硬いんじゃなかったっけ」
「おちんちん 外したくないよぉ おちんちん ずーっと中に入れていたい」

1回目のエッチをしてる時はおちんちんや男性の反応に不思議そうな表情を見せてたのが
3回目に差し掛かると自分から服を脱ぎSEXをおねだりする淫靡な姿を晒します。
エッチを通じて彼女が女性として成長していく様子が丁寧に描かれてますから
最後まで聴き終えた時には彼女に対する印象が随分変わるでしょう。
口調や態度はギャルっぽいけど内面は全然ギャルじゃない割とギャップのあるキャラです。

実はこの作品、どのパートもプレイ構成にほとんど違いがありません。
キスやフェラから始まり、手マンを経由しSEXでフィニッシュする流れになってます。
その代わり彼女のセリフ、反応、責めっぷりに大きな違いを持たせてます。
彼女の変化が聴き手に伝わりやすくするためにわざとこうしたのではないかなと。
初心な少女からおちんちん狂いへ
エッチシーンは3パート129分間。
プレイはおちんちんの観察、フェラ、キス、耳舐め、手マン、SEX(正常位、騎乗位)、乳揉みです。
手マン、SEXの際に効果音が鳴ります。

「お兄さん ついでだから ちょっと見してほしいんだけど」
主人公からゴムを返してもらったついでにその装着感を尋ねると
好奇心が湧いたひなたは折角だから実物も見てみたいと言います。

エッチは経験者の彼が未熟な彼女をリードします。
一番最初のtrack01は彼女が初エッチ&処女喪失をするパート(約53分)。
おちんちんを観察するところから始まりフェラ、キス、手マン、耳舐め、SEXと色んなプレイに挑戦します。

「思ったより 変な味しないかも」
彼女には既に2桁クラスの男性とエッチしてる友人がおり
その子の話を聞いてエッチに対し憧れに近い感情を抱いてました。
だから彼に対しても嫌がる素振りは特に見せず積極的におちんちんを味わいます。
プレイ時間が長いことを活かして彼女の仕草や反応を多く盛り込み初々しさを出してました。
経験者ならわかるウソをあっさり信じたりしてなかなか可愛いです。

「ねぇお兄さん 好きって言ってみてよ いいから 雰囲気作って うん 綾瀬も好き…かも」
SEXシーンも陵辱っぽくならないよう心と体の準備を入念に行い
挿入後は愛の言葉をお互いに言い合って恋人に近い雰囲気を作ります。
彼女にとってこのエッチは好奇心や見栄が主な理由で彼に対する恋愛感情はほとんどありません。
でもやるからには良い思い出にしたいという乙女心が窺えます。
SEXの時間は8分程度ですから、そこに至るまでの過程がこのパートの聴きどころなのだと思います。

プレイについてはパートの前半がちゅぱ音、後半はくちゅ音&喘ぎ声とエロ要素を切り替えてます。
初体験だからといってわざとご奉仕を失敗するといった演出は入れず
舐める、吸う、啜るを組み合わせてじっくりちゅぱ音を鳴らします。
そして手マンやSEXは逆に受け身に回りエロ可愛い喘ぎ声を漏らします。
彼女の心情や反応を重視してるせいでややテンポが悪くなってますが、1回抜くくらいの実用性は十分持ってます。

続く2パート76分間はその後のお話。
初SEXの最後に「もう会わない」と宣言したひなたが主人公の家を訪問し
前回とほぼ同じプレイを繰り返して女の喜びに目覚めていきます。

彼女は一応エッチを一通り経験して自信をつけたのですが
それはまだほんの入り口に過ぎず、友人のようにもっとディープな快感を味わいたいと思ってます。
そこで顔見知りであり多少好印象を抱いていた彼を相手に特訓するわけです。
ここからは彼女がタイトル通りおちんちんに堕とされる様子が描かれてます。

「興奮するの? 着衣のままのほうが それ男が興奮するんじゃなくて お兄さんが興奮するだけでしょ?」
前回のように彼の言うことを何でも真に受けるようなことはせず
自分なりに考えながら責める一歩踏み込んだエッチです。
これまで恥ずかしくてまったく言えなかった淫語も適度に漏らすなど、純粋なエロさもパワーアップしてます。

「なんかめっちゃリアルって感じ ゴムつけてないだけなのに ひなの中のおちんちんの形 すっごくよくわかる」
中でもSEXはゴム有りから無しに変え、どちらも中出しを決める大変濃いプレイです。
track02は引き続き正常位、track03は騎乗位とスタイルにも違いを持たせ
どちらも声を震わせながら体の芯で快感を噛みしめる姿がとても印象的でした。
時間配分も随分変わってますし、この2パートはSEXがメインになってます。

抜きやすさの面ではtrack03が一番でしょうね。
おちんちんなしでは生きていけなくなった彼女が序盤から積極的なアプローチをかけます。
ベロチュー、ピストンっぽいフェラ、バキューム耳舐め、小刻みなピストンと個々のプレイが力強く
それと同時に鳴るエッチな声と音の数々が股間によく響きます。
バキューム耳舐めは名前の通り耳をガンガン吸ってくるプレイです。

もちろん彼女に元々備わってる魅力もきちんと残ってます。
SEXの最中により深い関係になるなど、ギャルとは違う純情さをしっかり持たせて愛し合います。
体だけの関係は男性にとって都合が良いのかもしれませんけど
彼女のような女性はやっぱり幸せになってほしいと私は思います。

このように、男性の責め方と愛し方を少しずつ学んでいく甘酸っぱいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の純愛作品
色んな意味で可愛い女の子とたっぷりイチャイチャできる作品です。

ひなたは友人たちが経験し絶賛してる男性とのエッチを自分も味わってみようと
財布を届けてくれただけの男性にその話を持ちかけ、緩めのエッチでまずは処女を卒業します。
そしてその後は相手の性癖をくすぐったり自分の弱点を開発してさらなる高みに上り詰めます。

初心なギャルJKが3種類のエッチを経験しおちんちんに溺れていく展開
物語が進むほど初々しさが薄れ、代わりにエロさが増すエッチ。
やることはシンプルにして彼女のキャラや変化をとことん磨き上げる方向で作品を組み立てます。

「次に会う時は 今日よりも激しいエッチ しようね」
音声を聴き始めた直後の彼女は割とイメージ通りのギャルでした。
でも初エッチの愛らしい仕草でそれが一度崩れ、3度目のエッチで復活します。
最後まで聴くとわかるんですけど割と複雑な事情を持ってる女性です。
単なるエッチ好きでは表現できない部分があってとても魅力的に映りました。

エッチはやり方や強弱に違いを持たせて同じプレイを繰り返します。
シナリオ担当が数多くの作品を手がけてる防鯖潤滑剤さんなだけあって
単調さを特に感じず最後まで楽しく、そして興奮して聴くことができました。
背徳感を出さずに処女を奪ったり堕ちていく様子を描いてるのも実に良いです。

絶頂シーンは主人公、ひなたともに4回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語と喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえてサークルさん初の満点とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:34:06

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
解凍後の容量が6.3GBあります。
作品自体の点数は9点。
154分で1000円とコスパが良いので+1してあります。

2019年2月12日まで50%OFFの500円で販売されてます。

ふたごJKのあまあま☆スローオナニー ~兄さん、まだ射精しちゃダメ♪~

サークル「調教少女」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを溺愛してる双子のJKが
お疲れ気味な彼の心身に負担がかからないオナサポをします。

終盤までできるだけ緩くソフトに刺激するスローなオナニーが行われており
金玉から入って裏筋、カリ、亀頭全体と感じる部位を個別にいじって性感を高め
竿をしごくようになってからも少しずつペースを上げて射精に導きます。
オナサポでは珍しく耳舐めのボリュームが多いのも魅力です。

音声を聴く前にローションとティッシュをご用意ください。
疲れた時こそ性欲発散
白石杏奈と白石神奈がオナサポするお話。

「はいどうもー お兄さん ふたごJKの姉のほうの杏奈です」
杏奈(挿し絵右)はおっとりしたお淑やかな声の女の子。
「やっほー お兄さん ふたごJKの妹の神奈だよ」
神奈(挿し絵左)はややトーンの低い穏やかな声の女の子。
音声を聴く際の準備物や環境を確認すると
仕事から帰宅した主人公の欲求不満をオナサポで解消します。

本作品は仕事で疲れた男性でも無理なく射精できるように
彼女たちが左右に寄り添い協力しながら60分程度に渡ってオナニーを指示します。
タイトルにもなってるように終始スローなリードを心がけており
全体のペースを落としたりいじる範囲を多少狭めてゆっくりじっくり射精感を高めます。

M向けとの違いを出したかったからなのでしょうけど
どのシーンもどのようにいじるかを簡単に説明してから
最初にシコシコボイスや効果音でペースを指示し、それ以降は普通にしゃべるスタイルで進めます。
言葉責めの類もほとんどないので雰囲気が緩く感じるでしょう。
幼馴染という彼らの関係を踏まえて尽くす形のオナサポをします。

神奈「いい加減はっきりしてよね 本気彼女にするなら神奈だよね?」
杏奈「本妻にするなら杏奈に決まってます」
もうひとつの特徴は彼女たちのキャラ。
前々から主人公と付き合いたがってたらしく、エッチの最中に彼を取り合うシーンが何度もあります。
そして自分の魅力をより強烈にアピールしようと耳や乳首を多めに責めます。

オナサポでこれらを積極的にやるのは珍しいですね。
ちゅぱ音や吐息といったエロ要素が結構充実していてそちらでも興奮できます。
オナニーのペースを効果音任せにしたのはこれをやりやすくするためだと思います。
神奈が先に仕掛け、それを杏奈が追うことが多いです。

癒しながら気持ちよくするスローオナニーと彼女たちのあまあまなやり取り。
キャラとプレイの両方に個性を持たせた密度の高い作品です。
一体感のあるエッチ
エッチシーンは4パート52分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、玉オナニー、亀頭オナニー、竿オナニー、双子のオナニー、キスです。
オナニーの際に効果音が鳴ります。

杏奈「あらあらー 可愛い現役JKに挟まれて 両手に華ですね お兄さん」
主人公と一緒のベッドに入り服を脱がせた双子は
彼のおちんちんがまだ小さいのを見て耳舐めで元気にします。

エッチは終始彼女たちがリードします。
一番最初の「耳舐めと乳首舐めでムードを高めていこうね♪」は準備にあたるパート(約16分)。
両耳舐めと乳首舐めで勃起を促してから金玉、裏筋、カリを個別にゆっくりいじらせます。

杏奈「よいしょーっと お兄さんの体 すっかり逞しくなって 大人って感じですね」
神奈「ふふっ 兄さんはぁはぁしてる 女の子みたいに声出してもいいからね」
今回のオナサポは彼女たちが提案したわけですから
目の前で裸になりおちんちんを勃起させても見下されることは一切ありません。
子供の頃よりもずっと立派になったそれをうっとりした表情で眺め
性感帯をいじって感じ始めたら優しい言葉をかけて心を開放します。

全編バイノーラル、しかも至近距離から語りかけてくるスタイルのおかげで
彼女たちに密着されてる気分が味わいやすいです。
こういう要素を積み重ねて焦らしプレイにありがちな意地悪さを上手く解消してます。

続く2パート21分30秒間はいつでも射精できる状態まで持っていくプレイ。
「亀頭マッサージだよ♪」は亀頭オナニー、「お待ちかねのシコシコタイム♪」は竿オナニーといじる場所を切り替え
引き続き彼女たちが耳舐めや乳首責めでそれを応援します。

神奈「兄さん これも好きだよね? ふーっ ふっ ふっ ふっー」
杏奈「そんなに息ふーが好きなんですか? 私も負けません ふーーーーっ」
自分たちの指示で彼が気持ちよくなってくれてるのが余程嬉しいのでしょう。
おちんちんに触れない代わりに耳と乳首を競うように刺激します。
そして自分を抑えきれなくなってきたのか、2人とも吐息が次第に熱っぽくなります。

竿オナニーの最初にシコシコボイスを言うこともありますけど
それよりも普通にしゃべりながら責めることのほうがずっと多いです。
効果音が鳴りますからどれくらいのペースでしごけばいいかわからなくなることはないでしょう。
物語が進むほどオナサポからボイスドラマへ移行していくのも本作品の特徴と言えます。

一番最後の「カウントダウンでいっぱい出してね♪」はお待ちかねの射精シーン(約14分30秒)。
カウントを数えて0になったら射精することだけをルールに定め
その間はおちんちんを好きにいじりながら彼女たちのオナニーを鑑賞します。

神奈「神奈も ずっと言えなかったけど 兄さんが大好き 毎日兄さんのことを思い出して オナニーしてたの」
耳元至近距離から可愛い喘ぎ声を漏らしながらこんなことを言われたら
男性なら誰でも心が揺らぐのではないでしょうか。
狙ってやってるのではなく、自分たちの本心を伝えて彼の心を引き寄せようとします。
そして一体感を持ったまま同時に絶頂すれば3人全員が幸せな瞬間を迎えられます。

オナサポや耳舐めがメインですけど心のケアもある程度してくれます。
このように、彼女たちの想いを受け止めながらゆっくり射精を目指すあまあまなエッチが繰り広げられてます。
ゆるーいオナサポ作品
一般的なオナサポ比べて雰囲気や制約を緩くしたノーマル向けの作品です。

杏奈と神奈は主人公にどちらか1人を彼女に選んでもらおうと
彼の家で競う形でスローペースのオナサポをします。
そしておちんちんへの刺激が弱いハンデを耳舐めと乳首責めで補います。

疲れてる男性でも無理なく抜ける緩やかなオナニー
指示は必要最低限に留め、その代わり耳舐めや乳首責めを頑張る作り
彼を取り合う素振りを見せつつなんだかんだで協力する彼女たちのキャラ。
オナサポを通じて彼らがより親密になる様子を描いてます。

神奈「ねぇ兄さん 私たちもオナニーするから 一緒にイこう?」
オナサポ作品と言えば普通は射精までいかに上手く持っていくかがポイントになります。
具体的にはシコシコボイスをきめ細かく変化させたり、シチュやイメージで心を責めるなどです。
しかし本作品ではそれよりも彼女たちの想いの強さに力点を置いてます。

中盤頃からオナサポ成分が薄くなるので人によっては物足りなく感じるかもしれません。
でもJKがあまあまなスローオナサポをするとなると
指示を敢えて減らしたほうがM性を出さずに済むのではないでしょうか。
結局は好みの問題でしょうけど、サークルさんなりに考えた結果がこのプレイなのだと思います。

エッチは内容が内容なので暴発する可能性は低いです。
竿オナニーも2秒1コキ程度の緩いペースが中心になってます。
だから最終パートはタイミングだけ定めて抜きやすくしています。
耳舐めも充実してますし1~2日溜めて臨めば問題なく出せるでしょう。

射精シーンは1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

おまけは「Ci-en大旦那様プラン支援者への感謝のメッセージ」です。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:16:55(本編…1:14:55 おまけ…2:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年12月28日まで10%OFFの810円で販売されてます。

気まぐれ小悪魔たちに囚われてたっぷり弄ばれちゃう音声

サークル「Little Oasis」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格は結構残忍な2人の小悪魔が
獲物として自分たちの世界にやって来た男性をおもちゃにして楽しみます。

ややブラックなシチュで甘いプレイをするのが特徴で
左右に寄り添い両耳を同時にゆっくり舐めながら心にもないことを言ったり
手やスライムで大事な部分を慰め情けなく射精する姿を小馬鹿にしてM心をくすぐります。
餌になるか、おもちゃになるか
リリィとベルに耳を舐められ続けるお話。

「ほら 人間 起きて?」
リリィはか弱くて大人しそうな声の女の子。
「早く起きたほうがいいよ」
ベルは可愛くて人懐っこい声の女の子。
森にいた主人公を眠らせベルの住処に連れ去ると
目覚めた彼に死刑宣告したうえで生き残る唯一の手段を教えます。

本作品は精液ではなく人間そのものを食べて生きてる彼女たちが
およそ50分に渡る3種類のエッチで彼を弄びます。
彼女たちが彼を気まぐれでおもちゃにした背景を踏まえて
どのシーンも上下関係をはっきりさせながらモノ扱いするやや無慈悲な接し方をします。

ベル「ねぇねぇ お兄ちゃん いっぱいちゅーされて嬉しいね」
しかしプレイ自体はそれと正反対のあまあまなものばかり。
音声開始直後からリリィは右、ベルは左に陣取り至近距離からちゅぱ音を鳴らします。
エッチの最中はほぼずっと耳を舐め続けますから耳舐め好きほど楽しめるでしょう。
セリフのほうも囁き声で彼を「お兄ちゃん」と呼び、適度に優しい言葉をかけていい気分に浸らせます。

もちろん彼女たちは本心でこれらをやってるわけではありません。
甘やかしてみたら人間がどういう反応を見せるか単に知りたいだけです。
その証拠に彼があっさり騙され骨抜きになる様子を軽くあざ笑うシーンが何度もあります。
愛情を込めずに甘やかすあたりが独特で面白いです。

ちなみに作中で「殺す」と脅されることがあるため、そういうのが苦手な人には重く感じるかもしれません。
最初から最後まで徹底的にモノ扱いされることだけご注意ください。
良くも悪くも耳舐めが持つイメージとは真逆の路線を歩んでます。
耳とおちんちんを徹底攻撃
エッチシーンは3パート50分間。
プレイは両耳キス、両耳舐め、オナニー、スライムコキです。
オナニー、スライムコキ、射精の際に効果音が鳴ります。

リリィ「さぁ これからお前に 下僕の印をつけてあげる」
ベル「ベルたちのものっていう印 刻んであげる」
自分たちの下僕になれば命を助けると言い、主人公の同意を得たリリィとベルは
主従の契約として左右の耳へ同時にソフトなキスをします。

エッチは終始彼女たちに責められます。
最初の「小悪魔たちの暇つぶし_その1」でするのは両耳舐め+オナニー(約22分)。
耳キスから始まって耳舐めへと変化し、興奮が十分高まったところでおちんちんをしごくことを許します。

リリィ「こいつ もっと優しくされたら どうなっちゃうのかな? ベル 試してみよっか?」
彼女たちは人間の生態をまったくと言っていいほど知りません。
だからおちんちんが自然と勃起したり、耳舐めでだらしない顔を晒す様子を面白そうに眺めます。
そして途中からリリィの提案でより甘いプレイを試しにやってみます。

なかなか気まぐれな動機ですがやってることは確かに甘やかしです。
耳舐めのペースが全体的に緩くて甘いですし、吐息も小まめに挟んできます。
どのパートもほぼ囁き声で話しかけてくるので凄惨さはほとんどありません。
小悪魔の名の通り可愛い手段で彼を屈服させようとします。

リリィ「お兄ちゃんもリリィのこと 好きになっていいよ だーい好き」
リリィ「もし精液 いーっぱい出せなかったら すぐに殺しちゃうね」

ただしセリフだけは少女と悪魔両方の部分を持ってます。
可愛い声で「好き」と言って彼を持ち上げたかと思えば、要所で脅してきっちりコントロールします。
彼女たちに生殺与奪の権利を握られるスリルが心に良い刺激を与えてくれるでしょう。

続く「小悪魔たちの暇つぶし_その2」は魔界ならではのプレイ(約19分)。
彼女たちは引き続き耳舐めと言葉責めに専念し
おちんちんはスライムをオナホ代わりにして彼にしごかせます。

ベル「これで遊ぶのとっても面白いもん ベル気に入っちゃった」
前のパートから何度もエッチを繰り返し彼の面白さを理解したのでしょう。
子供がおもちゃを使って遊ぶように耳舐めしながら彼が感じる姿を眺めて楽しみます。
恋愛感情をまったく抱いてないのがわかるので見下されてる感覚がそれなりに味わえます。

リリィ「リリィは お兄ちゃんのこと だーい好きだよ ね? うふふふふ ばーか」
プレイのほうは耳舐めのスタイルはそのままにしてスライムコキで変化をつけてます。
「ぐちゅる」と空気混じりのねっとりした水音がゆっくりペースで鳴り続け
スライムの生態や生殖方法を教えて背徳感とスリルを与えます。
残酷な描写は特にありませんから背筋が軽くゾクゾクする程度で済むでしょう。
彼女たちも「ばーか」と言って快感にあっさり負ける彼を可愛くあざ笑います。

唯一射精シーンがないのは最後の「小悪魔たちの寝かしつけ?」(約9分)。
脱出を試みた結果大きな傷を負った彼を彼女たちが助けて寝かしつけます。

ベル「怖かったよね お兄ちゃん 今日は隣でいっぱい慰めてあげるからね」
他の魔物に食われそうになった彼の心に配慮して
このパートは今まで以上に優しい言葉をかけ続けます。
しかし「寝かしつけ?」となってるように彼女たちには別の思惑があります。
本レビューをここまで全部読んできた方ならなんとなく予想がつくのではないでしょうか。

このように、男性を弄ぶために甘やかす愛のないエッチが繰り広げられてます。
やや癖のある耳舐め作品
相反する要素を敢えて組み合わせた異色の作品です。

リリィとルナは普段食事にしてる人間の生態を暇つぶしに確かめようと
そのうちの1人を自分たちの下僕にして両耳を同時に舐め続けます。
そしてパートごとに他のプレイや言葉責めを変えて彼がどういう反応を見せるか面白そうに眺めます。

2人の小悪魔がひたすら耳を舐め続ける密度の高いプレイ
相手を本気で甘やかすのではなく騙すつもりでかける優しい言葉の数々。
癒し系作品でよく見かけるプレイをブラックな方向に用いた独特なサービスを行います。

ベル「(精液)いっぱい飛ばしたねー もう終わり? あーあ 終わっちゃった」
彼女たちは最初から最後まで彼を文字通りおもちゃ扱いします。
エッチを重ねるうちに情が移るとか、愛玩動物のように可愛がることはありません。
表面上はかなり甘いですけど心の底ではとことん見下します。

耳舐めや囁きが充実してるので雰囲気は結構穏やかです。
ただその背景に癖がありまして、人によっては受け付けない可能性があります。
調教やSMも根底には愛情がある行為ですし、それを取り除いてることに対してどう思うかで評価が分かれそうです。
私が聴いた時もやや後味が悪く感じました。

品質についてはすごく良いです。
耳舐めのボリュームが多くて質感がリアルですし
言葉責めも彼らの関係を踏まえて甘やかしにわざとブレーキをかけてます。
ここまで思い切ったことをやってくる作品はなかなか見かけません。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

内容を理解したうえで聴くなら満足できる作品です。

CV:リリィ…御崎ひよりさん ベル…一之瀬りとさん
総時間 1:06:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

彼女の隣でギャルビッチ皐月ちゃんに犯されちゃう!

サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、気さくでサービス精神旺盛なギャルが
彼女持ちの可愛い男子と保健室でこっそりエッチします。

ほぼ全編で囁き声を採用し、普段よりもゆっくりペースで愛し合うなど
恋人にばれないよう静かに愛し合う様子をリアルに表現してます。
サボり男子をこっそりつまみ食い
ギャルビッチの皐月と保健室でエッチするお話。

「おいーっすぅ 調子悪いって聞いたから 皐月ちゃんが授業サボって来てやったぞぉ?」
皐月は砕けた話し方をする優しい声の女の子。
主人公が体調を崩したと聞いて保健室に駆けつけると
彼の耳元に顔を近づけ隣のベッドに誰が寝てるか尋ねます。

本作品は彼みたいに純情な男の子を好物にしてる肉食系女子が
およそ65分をかけて4種類のエッチをしながら自分の魅力をアピールします。
彼の恋人が右手すぐ近くのベッドで寝てる状況を踏まえて
彼女にばれないよう全編に渡ってできるだけ静かにリードします。

例えば皐月が登場してから物語が終わるまでの間はほぼずっと囁き声で語りかけ
エッチについても一般的な作品に比べてペースとパワーを落としてあります。
ギャルと言うと激しいエッチをイメージする人が多いでしょうけど
本作品ではシチュとの整合性を取るためにかなり抑えた責め方をしています。

といってもプレイ時間が十分に取られてますし、声や音の臨場感が抜群に高いので
オナニーのオカズとしてちゃんと役立つ品質を持ってます。
バイノーラル録音のおかげで声の位置が非常に近く、皐月が話すたびに微かな風圧が伝わってきます。
そして興奮が高まるにつれて熱を帯び、絶頂が近づくと声を震わせて必死に我慢しようとします。

「いひひっ あったかーい あんたの体温で暖められたベッド 超ぬくいよ」
寝取られがテーマの作品は雰囲気や展開がどうしても暗くなりがちなのですが
皐月の場合は好きな人と純粋にエッチを楽しめればそれでOKというカラッとした性格をしてます。
既成事実を作って2人の仲を裂こうとする様子は特に見られませんし
むしろまだエッチを一度もしてない彼らが上手くやり遂げられるよう体を張って応援します。

事実だけを見れば確かに寝取られです。
でもその醍醐味であるスリルや背徳感を煽ってくることはほとんどありません。
途中で恋人が目覚めて修羅場になる、といったこともないですし
この静かなエッチを違和感なく行うための環境づくりとしてこういう設定にしてるのだと思います。

寝取られが余程苦手な人でもない限り普通に聴けるのではないかなと。
結果よりもエッチそのものを掘り下げて描いた穏やかな雰囲気の作品です。
密着しながらゆっくり筆おろし
エッチシーンは6パート63分間。
プレイは耳舐め、手コキ、パイズリ、アナルSEX、SEX(騎乗位)、キス、フェラです。
手コキ、パイズリ、アナルSEX、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「焦ってる焦ってる 面白いからぁ もっと焦らしちゃおっかなー」
主人公の恋人がすぐ近くに寝てることを知りいたずら心が芽生えた皐月は
彼のベッドに潜り込み左右の耳を舐めて反応を楽しみます。

エッチは経験者の彼女が童貞の彼をリードします。
最初の2パート16分間でするのは耳舐め手コキ。
数分ごとに左右を入れ替えながらおちんちんをゆっくりしごきます。

「なーんだ もう勃起してんじゃんか いひひっ カッチカチ」
「チンポはあたしに握られちまってるぞ 大事な彼女の隣で 他の女にチンポを握られる気分はどうだ?」

肉食系女子らしく彼のおちんちんを品定めするように手で味わい
抵抗しようとすると恋人が間近いる状況を教えて静かにさせます。
この時点の彼は性欲<彼女への義理なので、皐月も心身共に結構慎重な責め方をしてます。
本作品の中では最も寝取られらしいシーンです。

プレイについては2秒1コキあたりのゆるーいペースで手コキ音を鳴らし
耳舐めも舌さばきを敢えて遅めにして大きな音が出ないようにしてます。
でも声の近さや臨場感が高いおかげで耳のあたりが次第にぽかぽかしてきます。
射精にも効果音を入れてわかりやすくするなど、イメージ力を膨らませやすいリードを心がけてます。

続く2パート17分間はより踏み込んだプレイ。
03はパイズリ、04はアナルSEXと別のプレイを用意し1回ずつの射精へ導きます。

「ほらっ こうしてぎゅーってすると もっと気持ちよくなるだろう」
「なに? もう無理? 出ちゃう? 仕方ない 好きな時にイっていいぞ」

今の恋人と数ヶ月付き合ってるのにエッチできない状況をもどかしく思ってるのでしょう。
1回射精した後の主人公は以前よりもずっと前向きな姿勢でエッチに臨みます。
皐月の大きなおっぱいに熱い視線を向け、パイズリ開始後にもっと気持ちよくなろうと腰を動かそうとし
最後は躊躇なく彼女の顔やおっぱいに己の欲望をぶちまけます。
彼女もその事に対して彼が罪悪感を抱かないよう言葉で柔らかく応援します。

女の武器を使って心を引き寄せてる点は確かにあざといのですが
彼の気持ちをきちんと思いやって進めることでそれをある程度中和してもいます。
「本番は無理だ」と言う彼にその代わりとしてアナルを差し出すところを見ると強い好意を抱いてるのでしょう。
このあたりから彼女が彼に尽くす色が濃くなってきます。

単体で最も長いのは「05皐月ちゃんの騎乗位筆おろし」(約22分)。
早漏だけど驚異的な回復力を持つ彼のおちんちんを根本から鎮めようと
いよいよ彼女の一番大事な部分を使って2連続の射精へ導きます。

「まさかあたしが先にイっちゃうなんてな」
そしてここでは彼女が彼に何度もイかされる可愛い姿が拝めます。
1回目は彼女の圧勝だったのが彼の積極性が徐々に増し
中盤以降は声を震わせ必死に我慢してピストンを受け止める立場逆転っぽい状況へと変化します。

このシーンまで彼を受け身にすると寝取られ感が強くなるならこうしたのかもしれません。
彼が責め手に回れば少なくとも彼女に無理矢理犯されてる感覚は薄くなります。
これはこれで恋人を裏切ることに繋がるのでしょうけど、彼女なりのやり方でそれを和らげるフォローもしてあります。
恋人以外の女性に童貞を捧げる様子を極力穏やかに、かつ熱っぽく描いてます。

このように、密着してこっそり愛し合う様子に寝取られ展開を組み込んだ風変わりなエッチが繰り広げられてます。
静かに寝取られる作品
寝取られよりも静けさや近さのほうがより耳を惹く作品です。

皐月は体調を崩した主人公のことが心配になって保健室にすぐさま駆けつけ
取り立てて問題ないことを確認した後はそのまま勢いでエッチないたずらを仕掛けます。
そして序盤は彼を乗り気にさせる、中盤以降は純粋に性欲を解消する方向で動きます。

恋人が寝てるすぐそばで他の女性とイチャイチャする背徳的なシチュ
それにリアリティを与える大ボリュームの囁き声と控えめな責め
寝取られにつきまといがちな後味の悪さや罪悪感を中和する彼女のカラッとしたキャラ。
暗いテーマをサークルさん独自の視点から明るいタッチで描いてます。

「これで 彼女とエッチする時も大丈夫だな ちゃんと最後のちゅーまでするんだぞ」
私が聴いた時もそこまで寝取られ感はしませんでした。
皐月がなんだかんだで主人公と恋人の仲を応援する立場を貫いてるのが大きいです。
体は美味しくいただいたけど心までは奪おうとしてません。
むしろ何度射精してもすぐさま硬くなる彼のおちんちんに彼女のほうが魅了されます。

でも彼の初めてをちゃっかり色々味わうところはギャルっぽいです。
終盤のSEXは口実を設けてキスやハグまでしてますし
エッチ慣れしてるだけあって男の扱い方が上手です。
だからこそ逆に責められ立て続けにイかされる姿が余計可愛く見えます。

あとは密着しながらひっそりエッチする様子の表現力が抜群に優れてるのもあります。
こういうエッチを最初から最後まで貫く作品がそもそも少ないですし
声と効果音の音量設定、責めるペース、その強さがガッチリ噛み合ってて完成度がめちゃめちゃ高いです。
聴いてるだけで自然と作品の世界に引き込まれていく感覚がしました。

エッチは激しさがないハンデを音の質感や時間の長さでカバーしてます。
弾けるようなエッチを好む人にはあまり向かないでしょうけど
しっとり愛し合うのが好きな人ならドハマリする可能性が十分にあります。
スローオナニーをするのに適した作りだなと。

絶頂シーンは主人公6回、皐月3回。
くちゅ音多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:24:39

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

甘々いじめ ~ちょっぴりSで意地悪な先輩に弱味を握られいじめられちゃう~

サークル「ファイナルえびパスタ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、主人公に十分な好意を抱いてる先輩が
彼の弱みを握ったのをきっかけにややM向けのエッチをします。

オナニーを見せてもらう代わりに自分の体へ精液をぶっかけることを許可したり
緩急をつけた寸止め手コキを繰り返しながら優しい言葉をかけるなど
意地悪と甘やかしを同じくらいのバランスで共存させた愛のあるサービスが楽しめます。
好きだからいじめたくなるの
先輩と3種類のエッチをするお話。

「あぁ……こんにちは、待ってましたよー? 後輩くん」
先輩は穏やかでしっとりした声のお姉さん。
主人公が生徒会室に置き忘れたスマホを偶然見つけると
彼の目の前でそれを起動し中に入ってる画像を確認します。

本作品は彼女のことが好きで以前から盗撮をしていた彼へのお仕置きに
およそ110分に渡って2つの要素を併せ持った独特なエッチをします。
相思相愛だけどそのことをお互いに知らなかった2人の関係を踏まえて
本来の目的を果たしつつ愛情を注いで心の距離を近づけようとします。

「どうしてこんなに、私の事ばっかり――それも、ちょっぴりえっちな奴ばっかり隠し撮りしたのか……教えて欲しいなー……♪」
彼女は才色兼備の生徒会長らしく丁寧な口調と穏やかな物腰で接する一方で
彼にちょくちょく意地悪してその反応を楽しみます。
そして彼が泣きそうになったり可愛そうな状況に陥ったらすぐさま助けて甘やかします。

彼を可愛がりたいんだけど、それだけだとS心が満たされないからついいじめてしまう感じです。
彼もそれなりにMなので2人の属性に合ったサービスと呼ぶのが妥当でしょう。
相反する要素を上手く融合させてるおかげで意地悪なプレイなのに終始あまあまな雰囲気が漂ってます。

プレイのほうはオナニー、寸止め手コキ、オナホコキとシーンごとにメインのプレイをひとつ用意し
ソフトな言葉責めも積極的にしながら気持ちいい射精に向けて心身をバランスよく刺激します。
サークルさんがこの手のシチュを相当に好きなのか
全体の流れ、プレイ構成、セリフ選び、細かな責め方など色んな部分が処女作とは思えないほど練られてます。

例えば2番目と3番目のシーンにはふたつのルートが用意されており
選んだ結果によってプレイの内容や責めっぷりにそれなりの変化があります。
全部をひとつのお話にしようとするとどうしても整合が難しくなりますから
こういう風にしたほうが作者のやりたいことを反映させやすいし、聴き手にとっても別の楽しみが生まれます。

Sだけど世話好きな先輩がMで弱い後輩を優しく弄ぶ。
ややMな人が喜ぶ要素をいくつも盛り込んだ純愛系の作品です。
男の子を男に変えるエッチ
エッチシーンは6パート80分間。
プレイはオナニー、パンツ鑑賞、手コキ、耳舐め、太ももコキ、オナホコキです。
オナニー、手コキ、太ももコキ、オナホコキの際に効果音が鳴ります。

「今日のお仕置きはー……今から私の目の前で、いつもシてるみたいにオナニーしてみせてください♪」
盗撮のことを先生に告げない代わりに絶対服従を了承させた先輩は
早速主人公に裸になってもらい、可愛らしいおちんちんやオナニーを嬉しそうに眺めます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「先輩の目の前でオナニー実演」は視線をテーマにしたプレイ(約17分)。
彼の裸体を軽く鑑賞してからオナニーの指示を出し
さらに彼女自身がオカズになって恥ずかしい射精に導きます。

「へぇ……もっとグロテスクなものを想像してたけれどイメージと違うかなぁ……♪ ちっちゃくて、可愛らしくて」
「ほら、私の目を見て……♪ 恥ずかしくても視線を逸らしたらダメですからね……♪」

彼女は彼のことを溺愛してるのでダメなところも含めて全部受け止めます。
実年齢よりも小さいおちんちんを貶すどころか「可愛い」と褒め称え
見られてることに興奮する彼と目を合わせてそれをより強く意識させます。
彼女は罰と呼んでますが、M男にとってはご褒美と言ったほうがしっくりくるプレイです。

パートの中盤からスカートをたくし上げてパンツを見せるのもポイント。
彼が恥ずかしい思いをしてるからこそ、自分もそれに近い状況に置いて一体感を高めます。
そして最後は精液を体で受け止め好きな女性を汚す快感も満たしてあげます。
主導権を握りつつ相手が求めるものを与えるところに愛の深さを感じました。

最も時間の長いパートは次の「意地悪寸止め焦らし手コキ」(約34分)。
後日主人公を再び呼び出した先輩が変わったやり方で彼の軟弱な心を鍛えます。
ちなみにここは無事耐え抜いた場合と途中で暴発した場合の2パターンあります。

「これじゃあダメなんですか?♪ もー……ワガママな後輩くんだなぁ……♪ しょうがないなぁ……それじゃあ少しずつ扱くスピード早くしてあげます♪」
1回目は敏感なカリを激しく集中攻撃し、2回目は一転して射精できない力と速度でしごくなど
1回ごとに責め方のスタイルを切り替えながら何度も寸止めさせます。
そして射精を禁止する以外は彼のリクエストをある程度受け入れて辛さと苦しさを和らげます。

時間に対する寸止め回数がそれほど多くないのできついってほどではありません。
すぐ感じ射精してしまう今の彼より少しでも我慢強くしようと手加減して意地悪します。
こんな風に彼女は彼を立派な男に育てる方向でエッチを進めます。

3番目の「オナホ相手に腰振り交尾ごっこ」は最も実戦に近いプレイ(約29分)。
さらに後日、いつもより上機嫌な先輩が通販で買ったオナホを取り出し
それを自分のおまんこに見立てて女性を責める方法を教えます。

「いつか、目の前の意地悪な先輩をおちんちんで乱暴に分からせちゃうことができるかもしれませんよ♪」
今のままでは彼とまともにSEXするのは難しいと考えてるのでしょう。
挿入しただけで降参しそうになる彼を少しでも奮い立たせようとしきりに応援します。
そしてシーンの中盤には彼にとある選択を迫ります。

「○○したい」「○○させたい」とパート名がぼかしてあるので内容は伏せますが
ここでどちらを選ぶかによって展開がやや変わります。

後輩をいじめたい一方で強くなってもらいたいとも思う先輩
その期待に応えようと頑張るけどやっぱり負けてしまう後輩。
2人の関係や属性を上手に絡み合わせた独特なイチャラブエッチが繰り広げられてます。
バランスの良い作品
タイトルの「甘々いじめ」を忠実に反映させた良質な作品です。

先輩は可愛くて頼りない主人公を少しでも逞しくしようと
自分の盗撮画像を見つけたことをきっかけに意地悪なエッチをします。
そして声、言葉、態度は普段通り甘くする代わりにプレイのほうをややハードにします。

ちょっぴりSで意地悪な先輩がMな後輩を優しく弄ぶシチュ
意地悪さと甘さを兼ね備えた彼女らしいエッチ、そこに込められた彼に対する深い愛情。
「愛のムチ」と表現するのがぴったりな比較的マイルドないじめを行います。

「後輩くんがどんな風にオナニーするかは前回見せてもらったから、どこが感じるのかはぜーんぶ分かってるんですよ……♪」
特に3番目の要素はプレイが持つ厳しさを色んな方法で中和する気遣いが随所に見られます。
最初のパートでひとまずオナニーを見せてもらってどうすれば彼が感じるかを勉強したり
彼に嫌われない程度の回数に寸止めを留めてるのがいい例です。
相手をもてなす気持ちを強く持って意地悪するから受け入れやすく感じるわけです。

エッチはどのシーンも時間と内容が充実していて抜きやすいです。
純粋な快感の強さは寸止め手コキが一番でしょうけど、オナニーには見られる快感や見せつける快感
オナホコキには女性に負かされる快感と別の良さがあります。
射精シーンのバランスも丁度良く完成度が高いです。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:51:17

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

うちのトイレの花子さん

サークル「付焼刃企画」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人懐っこくイタズラ好きな幽霊が
一目惚れした人間の男性にトイレやお部屋でエッチなご奉仕をします。

彼女の属性を重視した初々しいエッチをするのが特徴で
どのパートもキスシーンを積極的に挟んで全体に甘さを持たせ
さらに前半と後半で責め手を変えることで彼女が女になる様子をエロ可愛く表現します。
幽霊だって恋をしたいの
幽霊の花子とイチャイチャするお話。

「あれ? 見えてる?」
花子は明るくて可愛い声の女の子。
ある日の夏、トイレに入ってきた主人公に見えてるか尋ねると
自分のことやこうなった経緯を話します。

本作品は先日彼が入院した時に偶然トイレで出会い一目惚れした彼女が
退院後も自宅のトイレまでついていき、そこや他の部屋でおよそ50分に渡るエッチをします。
学生時代に自殺をしてそのまま幽霊になった重い過去を持ってますが
作中では一途でちょっぴり意地悪なうざかわいいキャラに描かれてます。

「好きだから ついて来たんだもん 一緒にいたくて お兄さんのこと もっと知りたくて」
最初から自分の気持ちをはっきり伝えますし
エッチも積極的にご奉仕するので雰囲気は終始あまあま。
後半に入るとその気持ちに感化されて彼も責め返すようになります。
変わったシチュを持つ純愛ストーリーと呼ぶのが妥当です。

エッチの最中に初々しい姿を見せるのも純愛っぽさをより引き立たせてます。
生前は男性とエッチできなかったようで、彼をなんとかして喜ばせようと一生懸命頑張ります。
そして彼におっぱいやおまんこをいじられると初めての感覚に戸惑いつつ切ない声を漏らします。
山場のSEXシーンは本当にじっくり進めますし、お互いがお互いを思いやってるのが自然と伝わってきます。

キャラを優先して舐め系のプレイをエロさ控えめにしてありますが
その分効果音を多めに鳴らしてカバーする工夫もされてます。
胸のあたりに温かいものを感じながら抜けるのではないでしょうか。
一歩ずつ前進する穏やかなエッチ
エッチシーンは4パート49分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、手マン、放尿、乳首舐め、クンニ、SEX(正常位)です。
手コキ、手マン、放尿、SEXの際に効果音が鳴ります。

「あぁ おちんちんって 真正面からだとこんな感じなんだぁ」
主人公がトイレを済ませたところですかさずキスすると
花子はすっかり元気になったおちんちんを興味深そうに観察します。

エッチはシーンによって責め手が切り替えながらほぼ対等な立場で愛し合います。
一番最初の「花子と暮らす」はトイレでするプレイ(約11分)。
キスから入って手コキ→フェラとステップアップする形で射精へ追い込みます。

「このカリっていう出っ張りのところを くにゅくにゅしたりとか おちんちんの根本をコリコリするのが好きなんだよね」
彼女はエッチの経験自体はほぼないですけど
これまで彼の生活を色々と観察してきたらしく、その時やってたオナニーを元に見よう見まねで責めてみます。
キスもライトなものからベロチューに移ったりして男の喜ばせ方をよく勉強してます。
でもやっぱり不慣れなところが出てしまうのが初々しくて良いです。

フェラは吸いをメインに置いて水分を控えめにしてあります。
ちゅぱちゅぱとついばみ時折強めに吸う流れです。
舐めてる最中も割としゃべるのでこのパート単体だと抜くにはパワー不足に感じました。

2人の関係に変化が現れるのは次の「花子と遊ぶ」パート(約14分)。
一緒にテレビゲームで遊んでる最中、彼のおちんちんが勃起してることに気づいた花子が
キャンディーを口移しで食べさせながら再び手で刺激します。

「さっきより ちょっと太くて長い あぁっ」
前半は前のパートとほぼ同じ展開だったのが
後半に入るとこれまでのお返しに今度は彼も責め始めるようになります。
男性の手がパンツの中に入ってきて戸惑う姿や、大事な部分に指を入れられ感じる姿がエロ可愛いです。
絶頂直後に放尿までするあられもない姿を見せてくれます。

最も濃く深いプレイをするのが「花子と寝る」パート(約20分)。
時間が進んで夜になり、ベッドへ横になった花子を彼がゆっくりじっくり気持ちよくします。

「あのね お兄ちゃん 今度は下のほうを触ってほしいな」
彼と心身共にひとつになれるのが余程嬉しいのでしょう。
これまでから一転して完全な受け身にまわり、エッチなおねだりをすることでリードします。
彼の呼称が「お兄さん」から「お兄ちゃんに」に変わってるところにもその気持ちがよく表れてます。

そして彼の責めっぷりも彼女に負けないくらい甘いです。
彼女が抱きつきたいと言ったら素直に受け入れ
乳首、お腹、脹脛、太ももを順に舐めて性感を高め
十分挿入できる状況なのにそこへクンニを挟んでおまんこと心をとろとろにします。

「お兄ちゃん エッチも優しいね もっとぐんぐん来るかと思ってた」
山場のSEXシーンも彼女が痛みを感じないようキスで紛らわせ
挿入後はゆっくりピストンを繰り返して慣れさせる優しさを見せます。
効果音で細かく表現してくれてるおかげでこれらの様子をイメージしやすいです。
彼女が一目惚れし、ついていった判断が正しかったことをエッチを通じて我々に伝えてるのが素晴らしいです。

このように、幽霊になった女の子が現世の未練を晴らす温かいエッチが繰り広げられてます。
誰でも聴ける人外作品
人外につきもののヤバさやハードさを徹底的に削ぎ落としたマイルドな作品です。

花子は一目惚れした主人公に自分の気持ちを伝えようと
姿が見えるようになったのをきっかけに積極的なアプローチをかけます。
そして彼が十分乗り気になった後は敢えて体を委ねて思う存分乱れます。

幽霊としての怖さや恐ろしさがまったくない彼女の純真なキャラ
不慣れながらも一生懸命尽くそうとする健気で初々しい姿
彼女の心と体を気遣いゆっくり処女を卒業させる彼の優しさ。
プレイ自体は割とスタンダードなもので揃え、キャラの属性や心情で個性を出してます。

「花子は幸せだよ お兄ちゃんと一緒にいられて」
特に3番目の要素は彼女の想いや努力が報われたことを強く印象づけてます。
SEXまで彼女が責めるスタイルだったら聴いた時の感触も随分違ったでしょう。
音声作品は主人公=聴き手になることがほとんどなので薄く描写することが多いです。
でも本作品の場合は活躍の場を設けて彼女が彼になぜ惹かれたのかを表現してます。

エッチは前半よりも後半の乱れっぷりや愛し合う姿のほうが抜き度が高いです。
人によってはSEXシーンが4分程度しかないことを不満に思うかもしれません。
でも女性にとって大事な節目を迎えることを考えればこれくらい溜めてもおかしくないと思います。

絶頂シーンは主人公4回、花子3回。
淫語、くちゅ音、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもそれなりです。

純愛系の物語が好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:03:59

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2016年とやや前に制作されたからかノイズがそこそこあります。

2018年9月25日まで50%OFFの400円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

先生のイイなり~お姉さんのあまあま極上手ほどき~

サークル「やまなし娘。」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな家庭教師のお姉さんが
頑張り屋な少年に実践形式でエッチな勉強を教えます。

彼女の属性を考慮し性教育っぽさを多少出しながら甘やかすのが特徴で
オナニーや射精のやり方をゆっくり教えたり包皮を剥いて彼を少年から男に変え
さらに自身の体を使って責めながら優しい言葉をかけて女性の素晴らしさも教えます。
頑張った君にエッチなご褒美
のぞみ先生からエッチの手ほどきを受けるお話。

「どうもー こんにちは のぞみお姉さんか のぞみ先生って読んでくれたら嬉しいな」
のぞみ先生はのんびり話す穏やかな声の女性。
主人公の家へ算数を教えに初めてやって来ると
楽しくないと言う彼を元気づけてから小テストの点数を見せてもらいます。

本作品は素質があるのに苦手意識を持ってるせいで成績が落ちてる彼を励まそうと
彼女がおよそ60分に渡って2種類のあまあまなエッチをします。
彼がまだ精通すらしてない少年ということでおちんちんをゆっくり丁寧に責めながら
気持ちよくなる方法や射精のやり方を伝授し、最後に筆おろしする性教育っぽい内容です。

「気持ちよさに我慢できなさそうな時は 先生の頭とかにぎゅってしていいよ」
ほぼ女性上位で進みますがM向けの要素は一切ありません。
年上の女性が年下の男性を優しく優しくリードする正統派のおねショタ展開です。
最中にかけられるセリフもこちらの気持ちを汲み取ったものばかり。
キャラ、シチュ、プレイのすべてが甘く聴けば聴くほどいい気分に浸れます。

音声開始直後の10分間は2人がエッチするまでの過程を描いたドラマパート。
彼が掛け算を苦手にしてることを踏まえてそれに関するクイズを出します。

「テストを見ると 簡単な問題はできてるから ちょーっとコツを掴めば 他の問題もできるようになるって」
「はーい正解 よーくできましたー」

彼女はこれまで色んな子の勉強を見てきただけあって教え方も上手。
ダメなところを指摘するのではなく、彼がやる気になるよう励ます言葉をかけます。
そして無事解けた時は思い切り褒めて甘やかします。

初めて会ったばかりの2人がいきなりエッチするのは不自然ですから
こういうやり取りを事前に挟んで流れをスムーズにし、同時に彼女の魅力も表現してます。
授業後の休憩時間にチョコを食べさせてあげるなど年下との付き合い方がとても上手です。
少年を男にするエッチ
エッチシーンは2パート59分間。
プレイはおっぱいの鑑賞、乳揉み、手コキ、耳舐め、オナニー、ぱふぱふ、フェラ、皮剥き、キス、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります。

「それじゃ 算数のお勉強よりも先に 先生と女の子のお勉強しちゃおっか?」
休憩中の会話で主人公が自分に性的な興味を抱いてることを知ると
のぞみ先生は算数より先にそちらをみっちり教えてあげます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の「出会い・囁き手コキ・フェラ・授乳編」は初級にあたるプレイ(約36分)。
彼女のおっぱいを揉んだり吸ったりしながら手コキとフェラで合計2回の射精を体験します。

「女の子はね 優しく触られると とっても気持ちいいんだよ」
「このムズムズを体の中にいっぱい溜め込んで 溜め込んで 一気に爆発させちゃうの」

彼女は彼がエッチの事をまったく知らないとすぐさま見抜き
おっぱいの触り方や射精に至るメカニズムを丁寧に教えながら気持ちよくします。
粘性高めのいやらしい音をゆっくり鳴らして責めるのがいいですね。
「初めての射精を最高のタイミングで味わってもらいたい」という気持ちを込めて若い体を味わいます。

プレイについては手コキはまず彼女が単体でしごき
しばらくすると今度は彼に握らせて射精を目指します。
これも彼が自分の力で性欲を処理できるようにするための配慮でしょう。
パート後半のフェラにも口で包皮を剥くシーンを長めに挟んでおねショタらしさを出してます。

セリフが多いせいで舐め系のプレイをする時のちゅぱ音が減ってるのは残念ですが
本作品はキャラやシチュが売りなのでそちらを優先したのかもしれません。
あとパート名に「授乳」が入ってるのにそれに関する描写がほぼないのも気になりました。

続く「イチャイチャちゅー・ナマセックス編」はお待ちかねの筆おろし(約23分)。
前回の授業から1週間後、再び主人公の家を訪れた先生がテストで好成績だったご褒美をあげます。

「柔らかくてドキドキする? もっとしようね ちゅーを沢山すると この後にするSEXも さらに気持ちよくなるのよ」
お互い裸になってキスから入り、気持ちを十分高めた後に繋がる恋人っぽいエッチです。
前のパートよりも熱っぽく艶めかしい声を漏らしてピストンする姿も大人の女性らしさを感じました。
童貞卒業を祝うセリフが特にないのはもったいなく感じるものの
自分の一番大事な部分で彼のすべてを受け止める甘さの強いプレイなのも事実です。

このパートのポイントは前半と後半で責め手を切り替えること。
1回戦は初めてのSEXということで彼女が無難にリードし
2回戦は体位を変えずに今度は彼が腰を突き上げます。

「気持ちいいよ ちゃんと先生が気持ちよくなれるように気を遣ってくれるなんていい子ね」
彼の気持ちや自主性を重んじてるのがすごく先生らしいなと。
彼女がずっと責め続けてたらマグロになって他の女性を愛することができなくなります。
だから女性を責めるコツや喜びを学ぶ機会を与え、自身はしっかり乱れて上手くいってることをアピールします。
雰囲気は恋人に近いのだけど、教師と教え子の関係も大事にしてるように映りました。

このように、少年を男へ生まれ変わらせることを意識した愛情たっぷりのエッチが繰り広げられてます。
正統派のおねショタ作品
年上の女性が持つ魅力をストレートに音声化した温かい作品です。

のぞみ先生は主人公が算数を好きになり、さらに女性との付き合い方も身につくように
最初から最後まで優しい声と態度で接しつつ色んな事を教えます。
そして基本的には自分が責め、所々で彼の好きにさせて自主性を磨きます。

家庭教師のお姉さんが精通前の少年にエッチを教える王道のシチュ
性教育っぽさを出しながら少しずつ大人の階段を上らせる甘く優しいエッチ。
最中にかけられる思いやりに満ちた言葉の数々。
おねショタの醍醐味である甘さや優しさを存分に込めた物語が楽しめます。

「すごい 初穫れの精液ぷりぷりで美味しそう」
今回のエッチをなんだかんだで楽しんでる彼女の姿も印象的でした。
彼が生まれて初めて吐き出した精液を味わうシーンなどにそれがよく表れてます。
SEXの後半で彼に責めてもらったのも一人の女としておちんちんを純粋に感じたかったのでしょう。
一方的に与え続けるのではなく彼女も彼から色んなものをもらってます。

射精シーンは4回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おねショタ好きなノーマルの人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:15:23

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月24日まで90%OFFの100円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、口調は穏やかだけど性格は結構Sなお姉さんが
調教済みの男性に射精とは違う快楽を与えます。

催眠→エッチの順に行う一般的な催眠音声とは違い、軽めのエッチをした後に深化を挟み
それから様々な暗示を組み合わせて絶頂させる変わったサービスが楽しめます。
乳首をいじるシーンが多いので開発済みな人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
精液を出せない代わりのご褒美に
お姉さんの指示に従って気持ちよくなるお話。

「うふふっ こんばんは こんな時間にどうしたんですか?」
お姉さんは明るくて可愛い声の女性。
自分にエッチな事をしてほしくて寝つけずにいる主人公を温かく迎えると
お望み通り焦らしに焦らしてから気持ちいい絶頂に導きます。

本作品はご主人様として過去に彼を何度も調教してる彼女が
およそ40分に渡って催眠を交えたもどかしいプレイを提供します。
タイトル通り最初から最後まで丁寧語を貫くため調教モノの中では雰囲気が柔らかく
言葉責めについても催眠の技術を使って聴き手が受け入れやすく感じるように投げかけます。

最大の特徴はなんと言ってもサービスの進め方。
催眠誘導をしてからエッチに移る一般的な催眠音声とは違い
最初に軽めのエッチをした後に暗示を入れ始め、お話が進むほど催眠色が強くなるようにリードします。

簡単に言うと催眠誘導とエッチをほぼ同時に行うわけです。
そのため本レビューでも催眠とエッチを分けずエッチシーンの説明と一緒に催眠のことも話します。

すくりぷてっどこねくしょんさんは以前からエッチの最中にも深化の暗示を積極的に入れる傾向が見られました。
本作品はその特徴をより先鋭化させた珍しいタイプのものです。
催眠には入れるけどエッチの途中でそれが切れてしまうことの多い人には相性が良いと言えます。
優しく縛りつけるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる39分間。
プレイは玉揉み、乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りですが射精表現はありません。
音声の最初に服を脱ぐ指示が出ます。

「じゃあ いつもの契りを交わしましょう」
主人公に服を脱いで正座する指示を出したお姉さんは
そのおちんちんが誰のものかを再確認してからボディチェックをします。

エッチは終始彼女に言われた通りに体を動かします。
最初の8分間は彼女の事や二人の関係を教えながら気持ちを盛り上げるプレイ。
全裸になって床に座り、脚を少し開いて彼女におちんちんを見てもらいます。

「この中で白くてどろっどろの精液を作っているんです」
彼女はご主人様ですから当然彼の射精の権利も握ってます。
だからまずは金玉を優しく撫でて射精できる状況かを確認します。
自分の急所を女性に委ねるあたりが調教らしくていいですね。
説明的でない方法で自分が彼女の所有物になったことを教えてくれます。

催眠の要素が本格的に出始めるのはその後から。
正座を解除してベッドに横になり、手をクロスさせた状態で乳首を左右同時に摘んだり
男性にとって最も敏感な前立腺に意識を向けて体のほうも気持ちよくします。

「乳首が感じると連動して 前立腺もきゅんってなるの そうするともっと 頭の中がぼーっとしちゃう」
「可愛いって言われるとなんだか幸せ エッチな気分になるのは幸せ あなたは私の声を聞いてると幸せ 幸せだから私の言うことはすべて受け入れ 何でも言う通りにします」

乳首オナニー自体は開始、停止、大まかないじり方を指示するのに留め
それらが終わった後は「幸せ」「ぼーっとする」といった催眠状態を深める言葉を厚めに投げかけます。
下のセリフのようにプラスの感覚を少しずつ変えて隷属を促すおかげで彼女の言うことを受け入れやすく
時間が経つほど寝起きのような意識のぼやけが強くなるのを感じました。

後半になると催眠らしさがより加速します。
乳首オナニーを停止させてから様々な暗示を入れて彼女に従う喜びを教え込み
無事完全な奴隷になれた後はご褒美として再度の乳首オナニーと絶頂をプレゼントします。

「頭から爪先まで全部 あなたのものすべてが 私のものになります それがあなたにとって とても幸せなことだから」
「あなたは私に○○と呼ばれると 頭が真っ白になります」

奴隷から連想されるマイナスのイメージを徹底的に和らげたセリフが丁寧口調とマッチしており
引き続き深化を推し進める展開も相まってとてもいい気分に浸ることができます。
精液の熟成具合がイマイチということで射精はお預けされますが
それに代わる十分な快感を多くの人が得られるでしょう。

このように、純粋な快感と従う喜びを組み合わせてイかせるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
優しく調教してくれる作品
自分から従いたい気分にさせてくれるマイルドな調教作品です。

お姉さんはこれまでの調教ですっかり従順になった主人公の射精をスムーズに管理しようと
ただ禁止するのではなく射精と同等、あるいはそれ以上の快感を与えて性的欲求を発散させます。
そして前半は体、後半は心と責めるターゲットを変化させて両方をバランス良く盛り上げます。

催眠とエッチをほぼ完全に同化させた大変珍しい構造
おちんちんへの刺激は一切行わず乳首や前立腺を責める流れ
彼女にすべてを委ね、従う快感を教えながらイかせる調教らしいプレイ。
キーワードの丁寧語と射精管理を上手く活用した柔らかい調教を施します。

「こうやってお預けされるのも エッチなご褒美のため 最高の快楽のため」
ご主人様だからといって高圧的に振る舞わず、むしろもてなす姿勢でリードするのがとても印象的でした。
奴隷といっても人間ですから射精を禁止されたらどうしても心に不満が残ってしまいます。
だから射精しない点だけは変えずにできる限りのことをしてあげます。
声が甘いおかげで丁寧口調でも冷たさは感じませんし、彼女に対して嫌な気分を抱く人はほとんどいないと思います。
セリフの表現が柔らかいもので統一されてるのも大きいです。

催眠は中盤以降でカウントを数えるシーンがあるものの
それ以外はほぼ暗示を繋げて誘導するサークルさん独自のものです。
暗示の量、表現、入れ方が全部優れてるので変則的でも入りやすい部類と言えます。
最初のほうは乳首や股間が気持ちよかったのに、後になると今度は頭の中のほうがそう感じるのではないでしょうか。
ドライの感覚も幸せイキに近いものでした。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

エッチが充実してるのに加えて催眠の感覚もしっかり味わえる個性的な作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:一之瀬りとさん
総時間 44:09

すくりぷてっどこねくしょん
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-entry-209.html

↑このページのトップヘ