同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ロリ

   ● 【全編オホ声】オホ声ゆかちゃんの催眠日記【KU100】
   ● ぅ…グッ…フハッ…ング、ォ…、オ゛ッオ゛ッ…っ…ぅゥ…!フハ、ハッハッハッハッハッハッ…ぁっぁっぁっ…、んじゅっ、む゛っ、む゛っ、むぅ゛ぅ゛ぅ゛~!!!ガキ♪
   ● 裏アカロリビッチ 「許斐ちか」~小悪魔メスガキのえちえちおちんぽテスト!!~
   ● ロリっこサキュバスの足ふみおもちゃ 踏まれて惨めにイカされる催眠音声
   ● ダウナー系ロリメイドと甘々えっち
   ● 絶望のロリータ・お前がママになるんだよ《催眠音声》
   ● 密室エレベーターのロリビッチ ~催眠系制服じぇ●●●のカウントダウン手コキ~ <きさら編>
   ● ロリビッチに負かされるフェラチオフルコース
   ● 【新作100円】コスプレ少女のシコシコ虐め~しっかり我慢してくださいね♪~
   ● 密室エレベーターのロリビッチ ~J○に囁かれながら死ぬほど手コキされる音声~ <むつき編>




サークル「B-Baby」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチの知識と経験はないけど感度はすごくいい女の子が
叔父にあたる男性と色んなエッチをして気持ちいい夏休みを過ごします。

エッチシーンの至るところで彼女がオホ声を漏らすのが特徴で
おまんこを責められたらすぐに「おっ おぉぉ」というトーンが低い声を漏らし
さらにプロレスごっこや性教育といった子供っぽい要素も盛り込んで明るくエロいプレイをお届けします。
凌辱色は皆無ですから興味があるならノーマルな人でも普通に聴けるし抜けるでしょう。
女の子とするエッチな勉強
姪のゆかと6種類のエッチをするお話。

「今日からずっと楽しみだった夏休み でも パパはお仕事なので お家にはいません 寂しいなぁ」
ゆかは可愛くてあどけない声の女の子。
夏休みの日記を書く要領で今日あった出来事を大まかに話すと
主人公が用意したピカピカ光るおもちゃを興味深そうに眺めます。

本作品は年齢相応の純真で好奇心旺盛な性格をしてる彼女が
夏休みに彼とおよそ80分間のエッチをして大人の階段を上ります。
2人は親戚にあたるため堅苦しい前置きは特に挟まず
彼女がその日の出来事を軽く語ってからすぐさまエッチに突入します。

「おっ おぉ おっ ほぉぉぉ」
最大の魅力はもちろんオホ声。
胸や乳首を責められてる時は「あんっ」とエロ可愛い声だったのが
おまんこに移るとトーンが低い声にガラリと変わります。

フェラをするパートはオホ声が出てこないので全編オホ声というわけではないのですが
実際のところ7割くらいのシーンで漏らしますからサークルさんの言うことは概ね合ってます。

自然さを重視したのかオホ声は「おほーっ!」みたいに吠えるやつじゃなく
「おっ おぉぉ」と腹から漏らす感じの声が中心になってます。
何かに驚いたり感心した時に漏らす「おぉ」に近い割と控えめなものです。
その代わり量を多くしてたっぷり聴かせてくれます。

他のサークルさんだとおほおほ庵さんの作品全般に出てくるオホ声が最も近いです。
あちらの作品が楽しめたならこちらも同じ感覚で楽しめるでしょう。
AVみたいに大げさな乱れ方をしないので違和感をあまり抱かずに聴けます。

「ゆか おじさんのこと 2回もイかせちゃった ゆか おちんぽイかせるの 得意なのかも えへへ」
もうひとつの魅力は明るさ。
催眠術をかけてからエッチに移る設定なので彼女が嫌がることはほとんどなく
むしろ新しい体験や感覚に目をキラキラさせて嬉しそうに相手します。
最中のセリフも和やかなものばかりで暗さ、重さ、背徳感は薄いです。

催眠音声みたいにガチなやつじゃなく、効果音を軽く鳴らしたらあっさりかかります。
SEXはすべて生ハメ&中出しを決めるなど、現実世界ではできないことをガンガンやって欲望を満たします。
オホ声も含めてサークルさんが抜き性能にこだわってる印象を受けました。
少しずつ開発するエッチ
エッチシーンは6パート67分間。
プレイは乳首責め、手マン、手コキ、フェラ、クンニ、SEX(正常位、後背座位)、素股、ゆかのオナニー、キスです。
手マン、手コキ、SEX、素股、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「先っぽ いじって 治すの? おじさんが代わりに してくれるんだ うん じゃあ お願い」
主人公に催眠術をかけられ体が疼いたゆかは
胸や乳首を彼にいじられ気持ちよさそうな声を漏らします。

エッチは年上の彼がリードしつつ彼女も時折ご奉仕します。
前半の3パート32分間は彼女の心と体を開発することを見据えたプレイ。
「1日目 はじめてのさいみん(約8分)」は乳首責めと手マン
「2日目 おちんぽであそぼ(約15分)」は手コキとフェラ
「3日目 えっちなプロレスごっこ(約9分)」はクンニからの正常位SEXで合計3回射精します。

「指 ぬぷぬぷって 出たり 入ったり おっ おっおっ おぉぉぉぉ」
彼女はエッチに関する経験と知識がまったくないので
これらの行為が何を意味するかも当然知りません。
でも性感帯をいじられたら自然と乱れて気持ちいいことをアピールします。
1日目は序盤の乳首とそれ以降の手マンで喘ぎ声がまったく違って本作品の特徴がよく出てます。

「うん じゃあ これからは おちんちんじゃなくって おちんぽって呼ぶね」
それに対して2日目は性教育らしさを出しつつ彼女の積極性も表現します。
最初から最後まで彼女が責めるスタイルを取り
手コキ→フェラ→両方→お掃除フェラと責め方を変えて2連続射精に追い込みます。
そしてやや下品な淫語を言ったり精液を飲み干すなどギャップを持たせてエロさを引き立たせてます。

彼女がここまであっさりエッチにのめり込むところを見ると
元々感度が高く淫乱な素質を持ってたのでしょう。
彼女を無理矢理犯して性欲発散するのではなく、彼女も楽しそうに取り組んで和やかな空気を作ります。
おちんちんのサイズが大きいのでフェラのちゅぱ音は舐めを中心に据えてました。

「おっ おおっ おっ おぉぉ なにっ これっ おちんぽっ おまんこにっ 入って おぉぉぉ」
3日目のSEXは最初の山場。
プロレスごっこをする要領で彼女は手マン、彼はSEXを繰り出します。
おちんちんを迎え入れて痛がる彼女へ催眠をかけて和らげるところに彼の優しさを感じました。
オホ声も今までより量が多くて彼女がどれくらい気持ちいいかわかりやすいです。
未熟な女の子に生ハメ&中出しするという後ろめたい行為をできるだけ明るく表現してます。

後半の3パート35分間はSEXの割合が一気に増えます。
「4日目 おふろであわあわエッチ(約11分)」はお風呂場で手コキ、素股、後背座位SEX
「5日目 寸止めおまんこトレーニング(約11分)」は彼女のオナニーを鑑賞してからのSEX
「6日目 本気の種付け交尾で完堕ちアクメ(約13分)」はベロチュー+正常位SEXでガンガン中出しします。

「いいよ 出して ゆかの おまんこの中に 精液 びゅーって」
このへんまで来ると彼女の体もすっかり開発されており純粋なエロさがさらに増します。
自分から中出しをおねだりし、射精時は長めのオホ声で一緒の絶頂を迎えるドスケベな姿を見せてくれます。
4日目と6日目は射精時の効果音が通常よりも長く鳴るのが良いですね。
精液がたっぷり出てることをわかりやすく表現して女の子を汚す快感をくすぐります。

途中のプレイが全部違うのでSEXで〆るところが一緒でも単調さはありません。
6日目は彼女が完全に快楽堕ちする様子も描かれてて一際使いやすくなってます。
催眠術をかけてからエッチするところは多少強引ですけど
彼女が怒ったり泣き出すことはほとんどないので凌辱色は非常に薄いです。

このように、性に未熟な女の子を開発してモノにするややS向けのエッチが繰り広げられてます。
オホ声まみれの和やかな作品
本来なら暗く重くなりがちなエッチを明るく聴きやすいものに調整してる割と大衆性の高い作品です。

主人公は親戚で男をまだ知らないゆかの体を存分に味わおうと
夏休みを利用して彼女の家を訪問し、6日間に渡って色んなプレイをします。
そして催眠術によって余計な前置きを大幅に取り除き
エッチの最中はオホ声を多くのシーンで漏らしてギャップのあるエロスをお届けします。

可愛くて純真な女の子が叔父とエッチして様々な初体験をするシチュ
エッチの大部分で彼女が受けに回り、その際にオホ声を漏らす比較的下品なエッチ
彼女を開発しながら6パート中4パートで生ハメ&中出しSEXする抜きを意識した演出。
キャラとプレイの両方に個性を持たせて女性に対する征服欲を満たします。

「おっ おっ おっ おっ おぉぉぉ おっ おっおっ おぉぉ」
中でもオホ声は質と量にこだわって意外性とエロさを上げるのに役立ててます。
オーバーな演技をあまりしないように心がけてますから
オホ声に今まで触れてこなかった人でも聴きやすく感じると思います。
今年に入って結構注目されてるジャンルなので、サークルさんにとっても良い武器になりそうです。

射精シーンは7回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

オホ声が好きな人、女の子を優しく開発するシチュが好きな人には特におすすめします。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:19:17

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年9月7日まで25%OFFの990円で販売されてます。



サークル「❤️おほおほ庵❤️」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、言葉遣いは男っぽいけど性格は純情な女の子が
自分を助けてくれた男性と気持ちいい特訓をします。

彼女の心情や乱れっぷりを重点的に描写するのが特徴で
手マン、バイブ責め、SEXと後になるほど踏み込んだプレイを繰り出しながら
初めての感覚に戸惑ったり、気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らして禁断のエッチをエロくお届けします。
エッチな手段で泳ぎの練習
少女と3種類のエッチをするお話。

「げほっ げほっ …え? ええと 俺 どうして」
少女は男っぽいしゃべり方をする可愛い声の女の子。
プールで溺れてたところを主人公に助けられると
お礼を言ってから市民プールに忍び込んだ訳を教えます。

本作品は泳げるようになりたくて密かに練習してた彼女が
監視員をしてる彼と出会いおよそ90分間のエッチな指導を受けます。
年齢差がかなりあるためどのパートも彼が責めるスタイルで統一し
彼女が何を思い、感じてるかを表現しながら吐息や喘ぎ声をたっぷり漏らします。

「お兄さん 助けてくれてありがとう」
彼女は年齢相応の純真な性格をしており、自分を助けてくれた彼に深く感謝します。
そのためいきなりエッチが始まっても多少嫌がる態度を取るくらいで
怒ったり泣き出さず初めての体験を割と素直に受け入れます。
ある程度経つと快楽に溺れて普通に喘ぎ声を出しますし、レイプっぽさをかなり薄めてあります。

プレイのほうも手マン、機械を使ったクリ&おまんこ責め、ゴムあり/なしのSEXと
おまんこにほぼ的を絞ってあってどのパートも内容が濃いです。
実況や内面描写のセリフもそれなりに入ってますが
それよりもちゅぱ音、効果音、喘ぎ声といったエッチな音のほうがずっと多いです。

サークルさんの作風を考えて今回もオホ声に力を入れてるのかと思いきや
大部分は可愛い声と「うっ」「ぐぅ」といったうめく感じの声を漏らしてました。
オホ声が出てくるのは最後の最後に少しだけなので過去作とは方向性が違います。
射精シーンも少なめですし、表現を多少抑えて1回1回じっくり追い込む感じで組み立ててます。
少しずつ開発するエッチ
エッチシーンは3パート80分間。
プレイは乳首舐め、匂いを嗅ぐ、キス、手マン、放尿、2種類のバイブ責め、素股、SEX(正常位)、〇〇です。
手マン、放尿、バイブ責め、素股、SEX、〇〇の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「え? おっぱい? 待って、お兄さん 何言ってんの?」
主人公に事情を説明し、泳ぎの練習に付き合ってもらうことが決まった少女は
そのお礼として彼に突然おっぱいを吸われて戸惑います。

エッチは年上の彼が終始責め続けます。
最初の2パート50分間は彼女が女の快感に目覚める様子を描いたシーン。
track01(約23分)は乳首舐め、キス、手マン
track02(約27分)はバイブ責めとゴムありSEXで何度も絶頂させます。

「いやっ いやぁ 見んなぁ」
「さっきより 敏感になってる 一気に ビリビリするよ」

彼女はエッチの経験はないけど知識はそれなりに持ってるようで
彼が何をしてるかすぐに理解し最初は嫌がる姿勢を見せます。
しかしある程度経つと快感のほうが勝ってきたのか、自分から受け入れようとする態度に変わります。

溺れてたところを助けてもらったことや、水泳の練習に付き合ってくれることなど
彼女が彼に良い感情を抱く要素が既にあるので抵抗はかなり弱いです。
おっぱいが小さいことを気にしてる描写もありましたから
物語の開始前からエッチな事にそれなりの興味があったのだと思います。

そしてプレイ中は効果音、吐息、喘ぎ声で彼女が乱れてる様子をエロく表現します。
AVみたいにオーバーな反応はせず、息を吐くのに合わせて喘ぐ自然な演技を心がけてました。
手マンは筋っぽい水音を後になるほどハイペースで鳴らします。
track01は射精シーンがないので気持ちを盛り上げる意味合いが強いです。

「チ、チンポって こんな すごいんだ」
track02は刺激が強くなったことを受けて
うめく喘ぎ声の合間に軽く叫ぶ感じの声が混じるようになります。
これも悲痛なやつじゃなく思わず出てしまうだけですから暗さや重さはありません。
前半のバイブ責めは彼女視点のセリフを多めに入れてわかりやすくしてましたし
後半のSEXは十分ほぐしたおかげで一切痛がらず気持ちよさそうな声を漏らします。

大人でもきつそうな責めをなんとか耐えようとする彼女の姿がとても健気に感じました。
これらのエッチはあくまで水泳の訓練としてやるので
泳げるようになりたい願望が相当に強いのだと思います。
そして男性側から見れば純真な女の子を半ば騙してエッチする背徳感が味わえます。
明確なタイミングがわかりにくいので数えてませんが、絶頂回数は彼よりも彼女のほうがずっと多いです。

最後のtrack03(約30分)は場所が変わってアミューズメントプールでのお話。
なんだかんだですっかり泳げるようになった彼女が
彼と一緒に出かけて今まで以上に刺激的なエッチを体験します。

「み、みんな 見ないでよ」
そう言える最も大きな理由は公衆の面前でSEXするから。
とある手段で彼女が無茶なお願いを受け入れる状況を作り
多くの人が見守る中で生ハメ&中出しSEXして仲の良さをアピールします。

「2人きりならいつでもエッチする」と彼女が言ってたので
この時点の2人はもう恋人に近い関係なのでしょう。
track01と同じく最初は嫌がってても結局は快楽に流されて思う存分喘ぎます。

時間が最も長いこと、シチュがぶっ飛んでること、喘ぎ声が比較的激しいことから
本作品の中で最も抜けるパートだと私は思います。
エッチの途中で彼が鬼畜なことをするので一時的に場の空気が重くなりますが
最後はきちんと優しく接して和やかに締めくくってます。

このように、女の子が乱れる様子を色んな角度からお届けするS向けのエッチが繰り広げられてます。
「ちんぽには勝てなかったよ」を地で行ってる作品
男っぽい態度の少女が女の快感に目覚める様子を喘ぎ声特化で表現してる作品です。

少女は自分の命を救うばかりか泳ぎの練習まで見てくれる主人公に恩返ししようと
突然責められてもそこまで嫌がらずその場の流れに任せます。
そしてある程度経つと気持ちいいことだと理解し、快楽の沼にどんどん沈んでいきます。

無垢な少女が大人の男性にエッチの手ほどきを受けるシチュ
どのパートも彼女が受けに回り吐息や喘ぎ声をたっぷり漏らすエッチ
彼女の心情や反応を厚めに描いてエロさと臨場感を出す演出。
サークルさんが得意とされてるプレイを今までとはやや違う切り口で形にしてます。

中でも2番目は女性がここまで一方的に責められる作品が珍しいですし
その表現方法も自然さを意識してて生々しさがあります。
彼女はすごく恥ずかしい思いをした代わりに快楽と泳ぎの技術を手に入れてます。
彼もおまんこを十分にほぐしてからSEXに進んでるので乱暴さはありません。
track03も詳細は話せませんがこの世界だとやっても問題ないプレイをしてます。

ただ個人的にオホ声の量が大幅に減ってるのだけは残念です。
サークル名にしてるくらいならこの作品でも貫いて欲しかったなと。
オホ声に代わる何かしらの個性を盛り込んでるなら見方も変わったのでしょうが
喘ぎ声に特化してるくらいで過去作ほどのインパクトはないと見てます。

射精シーンは2回。
くちゅ音・吐息・喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:亜久城皐月さん
総時間 1:31:08

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
亜久城皐月さんは18禁のゲームや動画で活躍されてる声優さんで音声は今回が6作目になります。

2021年8月16日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「さーくる虎ノ門」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お嬢様学校に通ってるビッチな女の子が
ずっと年上の男性相手にエッチで気持ちいいテストをします。

メスガキから連想される生意気さや意地悪さを抑えた穏やかなエッチをするのが特徴で
彼のことを軽く貶したり射精をギリギリまで我慢させるシーンがあるものの
援交なのにお金を取らない、頑張ってる彼を適度に応援する、テストの後は十分なご褒美をあげるなど
優しさを感じる要素をいくつも入れてキャラと雰囲気に温かさと柔らかさを持たせます。
現役J〇とするいけないテスト
私立夢乃女学園に通ってる「許斐ちか(このみ ちか)」と5種類のエッチをするお話。

「こんにちはー、初めまして。許斐 ちかでーす」
ちかは甘く可愛い声の女の子。
ネットで知り合った主人公の家にやって来て部屋の匂いを確認すると
彼を軽く貶してから改めて自己紹介します。

本作品はマナーや礼儀作法の教育に厳しいお嬢様学校に通ってる彼女が
ロリコン性癖な彼とおよそ70分に渡るエッチを楽しみます。
「えちえちおちんぽテスト!!」の名の通り彼女の責めに耐え抜いたら合格
失敗したら負けというルールを設定し、後になるほど踏み込んだプレイを繰り出します。


「ま、ネットでヤれるJ〇探しちゃうようなキモいロリコンさんがモテるはずないよねー。どうせ彼女いない歴イコール年齢の童貞さんなんじゃない?カワイソー♪」
そして彼女はメスガキ特有の生意気な態度で彼に接します。
自分よりもずっと年上なのにまだ童貞な彼を軽く見下し
エッチ開始後は許可なく射精することを禁じて弄びます。
しかし彼が立派なおちんちんを持ってることに気づくと徐々に態度を和らげます。

援交っぽいシチュですが金銭の受け渡しをしたり事務的に振る舞うことはありません。
冒頭に「親も校則も厳しくてストレス溜まってる」と言ってたので
それを発散するために彼と遊んでるのだと思います。
かなりの経験を積んでるおかげでリードも非常にスムーズです。

またメスガキを扱ってる作品の中では優しい部類に属します。
言葉責めの量が少なめで表現もソフトなこと、頑張ってる彼を応援するシーンが適度にあること
彼がテストに合格し念願の童貞卒業を果たすことなどがそう言える要因です。

たぶんM~ドMの人が聴いたら生ぬるいと感じるでしょうから
当サイトではややMな方におすすめします。
彼を小馬鹿にする一方できちんとご奉仕してくれるところにお嬢様らしさを感じました。
明るく優しくリードするエッチ
エッチシーンは5パート57分間。
プレイは膝コキ、手コキ、耳舐め、お掃除フェラ、素股、SEX(騎乗位?)、乳首責めです。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「さ、おにーさん。早く始めよ♪ ベッドに横になって…… そう。仰向けに寝て、ちかが上に…… よいしょ、重くない?」
テストのルールを簡単に説明してから主人公の上に乗ったちかは
とりあえず服越しにおちんちんを膝でしごいて大きさや感度をチェックします。

エッチは経験豊富な彼女が童貞な彼をリードします。
最初の4パート45分間は当初の予定通りエッチなテストをするシーン。
膝コキ&手コキ、耳舐め手コキ、素股&膝コキ、カウントを交えた焦らしと
パートごとに構成や責め方を変えて合計3回射精させます。

「ちかの手まんこ気持ちいいね。小さなきつきつ手まんこでしこしこされてすっごく気持ちいいね」
そして彼女はロリビッチらしい積極的な姿を随所で見せます。
おちんちんの匂いを嬉しそうに嗅ぐ、手コキの時わざと「手まんこ」と言って興奮を誘う
吐き出された精液の量に満足し実際に舐めて味を確かめるなどです。

テストなので彼女が彼のオスとしての能力を確認してるのは間違いないですけど
やり方は至って王道で露骨な意地悪をしてくることはあまりありません。
おちんちんを責めるペースが全体的に緩かったりと
彼を負かすよりもこの時間を一緒に楽しむ方針で進めます。

「見て、ちかのお股がおちんぽぴっちり咥え込んじゃった。これで腰をパコパコ動かしたら本当におセックスしてるみたいだと思わない?」
そんな彼女の気持ちがわかりやすく描かれてるのが三話の素股パート(約11分)。
自分からパンツを脱いでつるつるのおまんこを披露し
彼のおちんちんと直接くっつけてゆっくり丁寧に擦ります。

熱っぽい吐息やエロ可愛い喘ぎ声を漏らすところを見ると彼女も感じてるのでしょう。
ロリコンな彼にとっては相当なご褒美と言えますし
意地悪なことをガンガンするタイプのメスガキとは明らかに違う態度で接します。

それに対して四話の射精我慢カウントダウン搾精パート(約12分)は意地悪さを前面に押し出してます。
彼女がカウントを数えてる間は耐えて0になったら射精するルールを定め
そこに至るまでの時間をできるだけ長くして出したくても出せない状況を作ります。

「ほら、我慢だよー。まだまだ我慢。最後まで我慢できたらとっても気持ちいい射精ができるからね」
テストの終盤まで優しくしてしまったらテーマ性が薄れますから
こういう厳しいプレイを投入するのは自然だし正しいと思います。
彼女も彼がここを無事クリアできるよう応援する姿勢で話しかけてました。
体への責めは厳しく、それ以外は穏やかにとギャップを持たせて追い込んでます。

最後の「《五話》【ロリビッチちかとご褒美パコパコおセックス!】」はお待ちかねのSEX(約12分)。
4つの関門を潜り抜けて立派なおちんちんだと証明した彼の童貞を奪ってあげます。

「ふぅ…んっ……やっぱりちかが認めただけあって……んはっ。とってもいいおちんぽっ。気持ちいいところにぴったり当たって…はぁ…はぁ…すごく気持ちいい♪」
もうテストは関係ないので彼女もおちんちんのことを素直に褒め称え
パートの中盤以降は激しめの喘ぎ声を漏らして純粋に楽しみます。
「ゆっくり抜いて」と言ってるのにピストン音のペースが割と速いところは残念でしたが
これまで生意気だった彼女をわからせるシーンもあって上手く締めくくってます。
このパートに限って言えばノーマル~ややS向けかなと。

このように、序盤から中盤までは試し最後にご褒美をあげるタイトルに沿ったエッチが繰り広げられてます。
優しいメスガキ作品
可愛くて性欲旺盛な女の子とスタンダードなエッチを楽しむ和やかな作品です。

ちかは学校生活で溜め込んでるストレスを発散させるために
年下の子に興味を持つ男性を選んで接近し、まずはSEXする価値があるか確かめます。
そして無事合格した後は童貞卒業を手伝いながら自分も楽しんで幸せな時間を過ごします。

生意気だけど優しいところも持ってるJ〇がロリコンでややMな男性を弄ぶシチュ
4種類のプレイを通じておちんちんの性能をチェックする本作品らしいエッチ
その前後最中に彼女が見せる優しさの数々。
テストはしっかりこなしたうえでメスガキ特有の意地悪さをある程度薄めてます。

「おセックスって最高だよね。普段溜め込んでる嫌なことも頭空っぽにして全部ふき飛んじゃうの。明日からも頑張ろーって気分になるんだよね♪」
中でも3番目は予想してたよりもずっと優しくて意外でした。
こんなことを言ってるのだから彼女も色々大変なのでしょう。
お嬢様だからといって彼を馬鹿にするのではなく、対等な相手として見るあたりに人柄の良さが窺えます。
生意気なところもあるけど根はいい子だなと。

ただ「小悪魔メスガキ」をタイトルに入れてる以上はもっと意地悪であって欲しかったです。
責めてる最中は「しこ しこ」などの掛け声を言うことが多く
その結果彼を見下したりM心をくすぐる言葉責めが弱くなってます。
あとこの内容ならテストに不合格だった場合の結末も入れておいたほうがいいんじゃないかなと。
そちらをM度高めにすれば少なくとも今よりはメスガキらしさが出たでしょう。

あるいはテストをもっと厳しくして、ご褒美をより甘くするとかですね。
そうすれば両者のギャップが大きくなって合格した時の達成感も強く得られます。
彼女のキャラが割と優しいことも含めて、もっとメリハリをつけたほうが作品の個性が引き立ったと思います。

射精シーンは4回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:12:48

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月5日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「ヒプノン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、体の発育は控えめだけど男を弄ぶのが上手なサキュバスが
人間の女性にはできないタイプのエッチで2種類の絶頂を味わわせます。

サキュバスらしさを出しつつ足を使って責めるのが特徴で
穿いたまま、もしくは脱いだストッキングを顔に乗せて匂いを嗅がせる
おちんちんに軽く力を入れるなど、体への刺激は通常よりも弱めに設定し
その代わりチャームの魔法やふたつの暗示を駆使してゆっくりじっくり性感を高めます。
サキュバスがする変わった色仕掛け
お姉さんに催眠をかけられ、サキュバスのリリムと2種類のエッチをするお話。

「この音声は、あなたを催眠状態にして、本編の内容をより楽しんで聞くことができるようにするための音声です」
お姉さんは上品で穏やかな声の女性。
作品のコンセプトや特徴を簡単に説明すると
エッチをより楽しめるようにするための催眠をかけ始めます。

本作品は可愛い女の子におちんちんを足蹴にされる惨めな快感を味わわせることを目的に
彼女たちがおよそ75分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
サキュバス相手のエッチと聞くとハードな印象を抱く人が多いと思います。
ですがリリムは体への刺激を控える代わりに心を重点的に責めて快感を押し上げます。

リリム「私の足の裏、これからあなたを踏んづけてあげるところ。形も、匂いも、味も、感触も、しっかりとあなたの頭の中に刻み込んで、、これからずーっと忘れられなくしちゃうからね?」
挿し絵にも描かれてるストッキングで蒸れた足を顔に近づける
その場で脱いで顔にかける、おちんちんを生足で踏みつけて射精へ追い込むなど
手、口、おっぱい、おまんこを使わず足だけで刺激を与えます。

販売ページのジャンルに「足コキ」が入ってますけど
実際にするのは踏みつけなので擦るわけではありません。
イメージと暗示を組み合わせて彼女に踏まれてる状況や感覚を鮮明にしてイかせます。
エッチが売りの作品なのは間違いありませんが催眠を結構重視した構造になってます。

催眠はおよそ20分間。
仰向けに横になって目を瞑り、軽い運動を挟んでから深呼吸してまずは心身をほぐします。
運動は両手両足を天井に向けたままブラブラさせるもので
無理のない程度にその状態を維持して純粋なリラックスを与えます。
このパートはお姉さんが1人で担当します。

「まるで、膨らんで、張り詰めた風船が グニャグニャに萎んでしまうように ピンッと張った糸が ダラーンと緩むように 一度力が入った事で より深く、力が抜けていきます」
そして深呼吸に移ると「息を吸ってー」「息を吐いてー」と合図を小まめに出しながら
聴き手の体を風船や糸に例えて直感的に脱力させます。
全編を通じて比喩を多めに盛り込んでますから、単に「力が抜ける」と言われるよりもやりやすく感じるでしょう。

お姉さんの脱力はまだ続きます。
今度は両腕だけを天井に持ち上げて揺らしたり少しずつ近づけていきます。
そして両腕→両足→全身の順にもう一度脱力してより深いリラックス状態へと移ります。

「両腕の揺れが大きくなっていく。右に左に、上に下に、フラフラ、フラフラと。大きく、大きく、まるで振り子のように、揺れていきます」
両腕を天井に持ち上げるシーンは振り子や磁石に例えるのが良いですね。
音声を聞いてると自然にフラフラ動いて面白いです。
パート終盤では声の担当がリリムに代わっても違和感が出なくする暗示を入れますし
エッチをより長く楽しめるよう時間を短めに設定してスムーズに誘導します。

体の脱力を入念に行う堅実な催眠です。
リリムの誘惑を受け入れやすい心と体にすることを目的に
手足の運動から入って深呼吸、腕の運動、追加の脱力、そして暗示と
リラックスさせることを強く意識した技術を行使します。

お姉さんがセリフを細かく区切りながらゆっくりのんびり話すのも相まって
聞いてる最中は頭の中がぽわぽわするような心地よい感覚が味わえました。
腕の脱力を特にしっかりしますからだらーんとする人が結構いるでしょう。
ロリサキュバスのおもちゃにされるエッチ
エッチシーンは2パート36分間。
プレイは魔法をかける、顔を踏まれる、カウントによる絶頂、ストッキングを顔に乗せられる、足でおちんちんを踏みつけられるです。

ストッキングを顔に乗せられる際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「起きてー 起きてー あっ、やっと起きた。もう、待ちくたびれちゃった」
リリムは甘く可愛い声の女の子。
主人公の目の前に現れ特技を教えると、早速それを使って彼を自分の虜にします。

エッチはお姉さんからリリムに交代して責め続けます。
最初の「2 暗示(顔を踏まれて絶頂)(約13分)」はドライを目的に据えたプレイ。
チャームの魔法をかけてから足を近づけ、顔を踏みつけてる状態で絶頂させます。

ちなみにエッチはどちらのパートもエコー控えめ、エコーおおきめの2パターンがあります。
両者の違いは魔法を唱える時の音響効果で
おおきめの場合は声のエフェクトが多少強くなります。
ずっとエフェクトがかかるわけじゃないので、おおきめでも気にならないと思います。

「私の脚から、目が逸らせない。見つめるのが止まらない。トクン、トクンってだんだん鼓動が速くなっていく。私の脚で興奮して、どんどん発情していく」
そして彼女は他のサキュバスとは違うやり方で彼をペットにします。
短いカウントに合わせて自分の脚に釘付けになる暗示を入れたり
匂いや踏まれる快感をリアルに伝えて自分からそうなりたくなるように誘導します。

「足で踏まれる」と聞くと乱暴に感じる人もいるでしょうが
彼女の場合は優しく置く程度で痛みや苦しみを与える気はありません。
引き続き暗示を駆使して快感をコントロールする催眠色の強い内容になってます。

もうひとつの「3 暗示(おちんちんを踏まれて絶頂) (約23分)」はウェット(射精)。
一旦再深化させてから魔法、ストッキング、生足を組み合わせて気持ちよくします。

「今のお兄さんは水の中に絵具を落としたみたいに、頭の中が白く、白く、染まっていっている。それが、次はミルクみたいに真っ白になるの」
一度絶頂を迎えると催眠が浅くなる人もいるでしょうから
本作品のようにプレイの間で立て直すシーンがあるのはありがたいです。
ここでは彼の心を絵の具に例えて「真っ白」を多めに言ってました。

プレイについては彼女の脚に意識を向けさせ
その場で脱いだストッキングを顔にかけてサキュバスの匂いを堪能させます。
そしておちんちんに足を添えて「ギューッ」と言いながら暗示を小まめに入れます。

「ギューッ おちんちんの中を精液がグルグル。ギューッ 戻ってきたところを、もっと強く押し出す。ギューッ 私の足の下で、快感をグルグル暴れさせて。ギューッ 頭が快感でチカチカしっぱなし」
聴き手が抵抗を感じないよう痛みを与える描写は完全に削除し
純粋な快感と踏まれる快感を同時に与えて絶頂できるパワーを作ります。
またここでは彼女がチャーム以外にふたつの魔法をかけるシーンがあります。
それが何かは伏せますが前のパートよりも多少意地悪になる効果を発揮します。

聴き手が自分で体へ刺激を一切与えずに射精を目指す割と難度の高いプレイなので
実際に達成するにはある程度の慣れが要ると思います。
私が聴いた時も股間が熱くなったところまでで出すことはできませんでした。
リードはしっかりしてますし、聴いてておかしいと感じる部分は特になかったです。

このように、体よりも心や感覚の責めに力を入れた足特化のエッチが繰り広げられてます。
足と技術でイかせる作品
催眠音声どころか同人音声でもお目にかかれないレアな作品です。

お姉さんは主人公にサキュバスから誘惑される感覚をリアルに味わわせようと
まずは催眠を通じて腕や足をしっかり脱力しながら深化させます。
そしてエッチはリリムに交代し足を使った責めと魔法でドライとウェットに追い込みます。

お姉さんとサキュバスが協力して男性を弄ぶややM~M向けのシチュ
比喩を多めに盛り込みながら体の脱力を丁寧に行う入りやすい催眠
足を使ったプレイとサキュバスの魔法を組み合わせて気持ち良くする個性的なエッチ。
ニッチなジャンルに挑戦したうえで催眠に安定感を持たせてます。

こういうエッチは催眠に入ってないと良さが伝わりにくいですから
今のように催眠をしっかり施す作りにしたのは正解だと思います。
腕の重さやだらーんとした感覚、頭の中がぼやける感覚を強めに味わえました。

エッチは割と癖のある内容なのでそれをどう捉えるかで評価が分かれるでしょう。
サキュバスを扱った作品の中では体への責めがソフトな部類に属します。
その分催眠を強化してあるので催眠音声としてはむしろ順当じゃないかなと。
欲を言うなら大事な部分を足蹴にされてる屈辱感やゾクゾク感をもっと伝えて欲しかったです。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:大山チロルさん
総時間 1:15:53

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月23日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「アザレア」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は落ち着いてるけど性格はとっても積極的なメイドが
自分を救ってくれた男性にエッチな恩返しをします。

序盤は初めての体験にたどたどしい様子で一生懸命責める健気な姿
中盤はキスの気持ちよさと彼を甘やかす幸福感に目覚める女としての成長
そして終盤は彼と身も心もひとつになり一緒の絶頂を目指す恋人っぽい姿といった具合に
彼女の心情・反応・魅力を描きながらイチャイチャする純愛系のエッチが楽しめます。
ダウナーメイドが親身にご奉仕
メイドと5種類のエッチをするお話。

「お帰りなさいませ ご主人様 今日もお疲れ様です」
メイドは可愛くて落ち着いた声の女の子。
帰宅した主人公に挨拶し、掃除中にあるものを発見したことを報告すると
いつもお世話になってるお礼に性欲処理の手伝いがしたいと言います。

本作品は以前孤児だったところを彼に拾われた彼女が
およそ90分に渡るエッチで恩返ししながら彼とより親密な関係になります。
耳舐め+手コキ、フェラ、キス+手コキ、授乳手コキ、SEXとパートごとに別のプレイを用意し
それらをやりながら彼女が何を思い、感じてるかを厚めに表現して魅力を引き立てます。

「普段の家事だけではなく もっとご主人様のお役に立てるようなことを してあげたいんです」
彼女は挿し絵の通りまだ若いですが性格はしっかりしており
家事全般をこなして外で仕事を頑張ってる彼をサポートします。
しかしある日彼がエッチな漫画でオナニーしてることに気づき、そちらのお世話もしたいと思ってました。

音声作品のメイドには色んなタイプがいますけど
彼女の場合は家族もしくは恋人にかなり近い存在です。
メイドをやってるのも志願したからで彼に強制されたわけではありません。
その証拠に物語が進むにつれて主従よりも恋人っぽい雰囲気になります。

エッチについては物語の開始時点で彼女が未経験なことを踏まえて
序盤、中盤、終盤でプレイの内容や彼女の様子を切り替えながら進めます。
最初はゆっくりペースで責める代わりにたどたどしさや健気さを演出し
それ以降はプレイやシチュを徐々に濃くして2人の繋がりをより強固にします。

「ご主人様が私を求めてくれる限り 私も ご主人様を受け止め続けてあげます」
彼女が感情をあまり表に出さないキャラだからでしょうけど
激しく責めたり大きな喘ぎ声を漏らすことはありません。
しかし思いやりを感じるセリフが多く、胸のあたりに温かいものを感じながら抜くことができます。

癒しを重視する代わりにプレイ時間を長く用意してバランスを取ってます。
年下の女性に愛されたい、もしくは甘やかされたいノーマルな人ほど満足できるでしょう。
心を込めて責めるエッチ
エッチシーンは5パート82分間。
プレイは手コキ、耳舐め、フェラ、キス、授乳、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ではご主人様 お召し物のほうを脱いでいただけますか?」
主人公に事情を説明してからズボンとパンツを脱がせると
メイドはひとまずエッチな漫画に描いてあった通りにおちんちんを優しくしごきます。

エッチはどのパートも彼女が責め続けます。
最初の2パート36分間は彼女の初々しさが光るシーン。
「01-甘々手コキ(約18分)」は手コキ、「02-メイド式お掃除フェラ(約18分)」はフェラで1回ずつ射精させます。

「ぎゅって握ると おちんちんが跳ね返してくるみたいで 不思議な感触です」
この時点の彼女は男性と一度もエッチしたことがありません。
だから初めて触れるおちんちんの感触に興味深そうな表情を見せたり
射精後は精液を舐めてどんな味がするか確かめます。

不得手さが聴き手に伝わるように彼女視点のセリフがとても多いです。
それ以外は実況を多少するくらいでM向けの言葉責めは一切やりません。
まだ始まったばかりなのでソフトに責めつつ雰囲気作りに力を入れてます。

手コキは「にゅちゅっ」という粘着質な水音を後になるほど少しずつ速くします。
そして耳舐めを加えたり「おちんちん」を多めに言って気持ちを盛り上げようとします。
ペースが速くなるほど音の水分が落ちるのがリアルで良いなと。

「おちんちんを 唇でしごくようにして さらに お口の中でも 舌を おちんちんに絡ませるように」
それに対してフェラは舐め方の種類を多めに用意し
実況を挟みながらちゅぱ音を変えて一生懸命ご奉仕してる様子を表現します。
最初はお掃除フェラのつもりで始めたのに、彼が再び勃起したら通常のフェラに移る点も思いやりに満ちてます。
ちゅぱ音は初めてだからでしょうけどどれも音が控えめでした。

これ以外のシーンでも彼のことを第一に考えながら責めることが多く
彼女自身の性格やメイドらしさを引き立てるのに役立ってます。

中盤の2パート25分間は彼女に変化が表れるシーン。
「03-大好きキス手コキ(約15分)」は翌朝にお目覚めのキス手コキでスッキリさせ
「04-バブみ授乳手コキ(約10分)」は帰宅後に授乳手コキで傷心状態の彼を慰めます。

「キスをしてる間 おちんちんがビクビクってして 気持ちいいんですね」
その大きなきっかけになるのが03パートでするキス。
最初は軽くやってみただけだったのが彼に求められて深いものへと変わり
続けていくうちに彼女もそれを気持ちよく感じるようになります。

最後のSEXシーンでも適度にやるところを見ると気に入ったのでしょうね。
パートの途中から恋人繋ぎをするようになったりと
2人の関係が主従から恋人へと近づいてるのもわかります。
手コキは音を鳴らすだけで実況もほとんどしませんから、キスが大きな聴きどころと言えるでしょう。

「本当に赤ちゃんみたいですね ご主人様 では 頭を撫で撫でしてあげます」
04パートは彼女の優しさと母性に光を当ててます。
仕事で嫌なことがあったのかいつもより疲れてる彼を少しでも元気づけようと
頭を撫でる、控えめなおっぱいを差し出し吸わせる
射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うなど手厚いリードをします。

プレイ時間は本作品の中で最も短いですけど
彼が彼女に甘えられるようになった点を見ればこれも大きな前進と言えます。
赤ちゃん言葉は一切言いませんから幼児プレイよりも癒しのサービスと見るのが妥当です。

そんな彼女の気持ちが最高潮に達するのが「05-好き好きエッチ(約21分)」。
ベッドで横になった彼の上に彼女が跨り、そのまま腰を下ろして体のほうもひとつになります。

「ご主人様 好きです ずっと ずっと好きでした」
熱っぽい吐息を漏らしながら「ぱんっ」という軽めの音をリズミカルに鳴らし
さらに耳舐め、キス、愛の言葉を投げかけるあまあまラブラブなプレイです。
彼の耳元で話しかけながら乱れるため喘ぎ声は吐息メインでした。
ピストン音も割と大人しく山場のシーンにしては控えめな印象を受けます。

私はもう少し盛り上げたほうが抜きやすくなると思うのですが
彼女の物静かなキャラを崩さないようにサークルさんがわざと抑えたのかもしれません。
フィニッシュはきっちり中出しを決めるなど、引き続き彼女の愛を感じる要素が多いです。

このように、エッチの経験や2人の親密度に合わせてプレイが変化するキャラ重視のエッチが繰り広げられてます。
癒し系メイド作品
可愛いメイドがエッチなご奉仕をする様子を甘く深く描いた純愛作品です。

メイドは身寄りのない自分を迎え入れて大事に育ててくれた主人公に恩返ししようと
まずは比較的ソフトな手コキやフェラをして男性の喜ばせ方を学びます。
そして中盤以降は自分の気持ちをはっきり伝えながらより深いプレイに挑戦します。

声はダウナーだけど性格はとってもピュアなメイドが年上の男性を甘やかすノーマル向けのシチュ
彼女の心情や反応を多めに描いて少しずつ成長させていく展開
愛情や思いやりを感じる要素をたっぷり盛り込んで責める彼女らしいエッチ。
彼女が彼にどれだけ感謝し愛してるかが聴き手に伝わるように作品を組み立ててます。

「漫画では美味しそうに舐めていたんですが あまりいい味ではないですね」
思ったことを彼にはっきり伝えるところも印象的でした。
大好きな人には自分のすべてをぶつけたいという表裏のない性格をしてます。
ダウナーキャラだから仕草よりもセリフで感情を伝えるようにしたのかもしれません。
彼を気遣う言葉が多く、聴けば聴くほど癒しと安らぎを感じます。

エッチは彼女の経験や属性を活かして少しずつステップアップします。
5パート中3パートで手コキが登場することを踏まえて
耳舐め、キス、授乳と一緒にするプレイを変えたうえで彼女の心情に違いを持たせてました。
純粋なエロさをやや抑えてあるので2~3パートで1回抜くのが丁度いいと思います。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:柚木朱莉さん
総時間 1:36:01

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、上品で穏やかな声の女性カウンセラーが
催眠を使って自分の患者にあたる少女が過去に味わったエッチな出来事を疑似体験させます。

少女が独白する形で女体化、感度上昇、絶頂させるのが特徴で
その時の様子だけでなく彼女が何を思い、感じたかまで綿密に語り
それらを聴き手が自分のこととして受け入れられる表現にすることで少しずつ没入感を高めます。
凌辱がテーマですけど快楽堕ちっぽい内容になってるのでM性のある人なら普通に聴けるし楽しめます。

今回はP音入りバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
少女の心に自分を重ね合わせて
カウンセラーに催眠をかけられ少女のエッチな体験談を聞くお話。

「まずは部屋をできる限り暗くし、ベッドか布団の上に、上を向いて横になり、そして、ゆーっくりと、呼吸しながら、全身の力を、抜きましょう」
カウンセラーは上品な声の女性。
音声を聴く際の注意事項や環境を簡単に説明すると
ひとまず横になって深呼吸するように言います。

本作品はカウンセラーとして日々患者の心を癒してる彼女が
その1人にあたる少女を治療するために85分程度の変わったサービスをします。
少女は物語の開始時点で心に傷を負っており、そのことを誰かに話せば気分が楽になるそうです。
そのため登場人物たちが直接肌を重ねることはなく、少女の体験談を通じて女体化や絶頂をさせます。

少女「くらくら、ふらふらして、何がなんだか分からなくなる。そして、体の芯がすこしずつ、すこしずつジンジンと痺れ始め、なんだかとても、おかしな気分になってきました」
何をされたのかはもちろん、その時にどう感じたのかまでわかりやすく語り
さらにセリフの表現を工夫して聴き手が彼女と同じ視点でプレイを楽しめるようにします。
実際に音声を聞いてみると妙に臨場感があるように感じるでしょう。

一般的な女体化作品のように男性から女性の体へ変えるアプローチは特にせず
聴き手が自然と女性になったことを実感できるように物語を進めます。
これがあるから女性でも問題なく聴けるわけです。
プレイに合った効果音を鳴らすなど、イメージ力や没入感を高める要素が充実してます。

催眠についてはカウンセラーが担当し
手堅い技法を中心に据えて少しずつ確実に催眠状態を深めます。
エッチで一体感がより得やすくなるようこの時点から少女を被験者として参加させ
彼女が催眠にかかって心地よさそうにしてる様子も実況する
変わったアプローチがされてます。

これは「Side Effect」や「催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~」にも使われてるもので
催眠に入るにあたっての抵抗感を取り除く役割を果たします。
本作品は少女のエッチを疑似体験するのがコンセプトですから
催眠の時点からこういう形で共通点を作るのは効果的と言えます。

もうひとつ、本作品には「P音(自主規制音)入り」と「表現をマイルドにしたもの」の2パターンが存在します。
18禁作品でも入れておくとまずいワードへの対策で、前者の場合は合計で10回くらいあの音が鳴ります。
サークルさんはP音入りを推奨されてるので、とりあえず1回目はそちらを聴いて
合わないと感じたら2回目以降は後者に変えるといいでしょう。
これも催眠音声だと滅多に見かけない要素ですね。

少女が独白する形で凌辱プレイを疑似体験するスタイルと、聴き手以外にも被験者を用意した催眠。
催眠、エッチいずれも強い個性を持つドM向けの作品です。
音を交えた心地いい催眠
催眠はおよそ28分間。
横になって楽な姿勢を取り、目を瞑ってまずは数回深呼吸します。
それから少女を部屋に入れて暗示を入れたり音を鳴らしてリラックスを深めます。

カウンセラー「ゆれていく…心地いい…ゆれていく…ゆーーーら、ゆーーーら、揺れ続ける。心地いい。まるで、振り子のような…心地いい、心地いい そうですよね?」
少女「…はい…いい…かんじです…」
カウンセラーが入れる暗示と少女の心地よさそうな姿を組み合わせて
意識が揺れる感覚を上手に伝えます。
Hypnotic_Yanhさんは結構変わった催眠をかける作品も制作されてるのですが
今回は割とシンプルかつストレートに進めてました。
凌辱がテーマとは思えないほど雰囲気も穏やかで心身両面をしっかり脱力できます。

カウンセラー「振り子の ように、ゆれている、あなたの、心も、ゆれている まるで、今の、意識の、ように、ゆれている、ゆれている」
その後から始まる音を使った誘導も意識の揺れに焦点を当ててます。
「ぼーん」というトーンの低い鐘のような音を1回ごとに左右へ移動させながら
それと同じリズムで「揺れる」と暗示を入れて意識の力をさらに弱めます。
このシーンで意識のぼやけが強くなる人が多いでしょうね。
最後にカウントを刻んできっちり落とす手堅いリードがされてます。

少女の独白が始まるのは開始からおよそ19分後。
事前にひとつだけ約束してからメインの語り手がカウンセラーから彼女へと変わり
学校から帰宅する際に普段とは別の道を通ったことを話します。

少女「降りていくたび、周りはだんだん、だんだんと暗くなり、それに連れて、意識もだんだんと、暗くなっていきます。スーッと、吸い込まれていくように、感じます」
薄暗い地下道へ続く階段を足音を鳴らして一段ずつ下り
その様子を主観視点で語りながら深化を促す暗示を入れます。
「体が女性になる」とか女体化ではお馴染みのセリフは一切出てきません。
でも音声を聴いてれば彼女が見てる情景が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。

十分深化させてから独白形式へと移る本作品らしい催眠です。
少女のお話を彼女と同じ視点で楽しめるようにすることを目的に
深呼吸から入って振り子の音を鳴らす音響法、カウントを使った深化
そして階段を下りるイメージによるさらなる深化と
古典催眠の技術に作品独自の要素を組み込んで進めます。

以前から催眠の技術力が高いサークルさんなだけあって
全体の流れ、技術の使い方、暗示の表現と入れ方がどれも高い品質を持ってます。
少女も一緒に催眠にかかる描写がなかったとしてもスムーズに入れるでしょうね。
終盤に独白へと変わる展開も作品のコンセプトをしっかり見据えてて良いです。
エッチはやや人を選びますけど、催眠は初心者から上級者まで誰でも楽しめると思います。
絶望と快楽に飲み込まれるエッチ
エッチシーンは4パート43分間。
プレイは乳首責め、媚薬を吸わせる、手マン、クンニ、イラマチオ、SEX(正常位)、バイブ責めです。

クンニ・イラマチオの際にちゅぱ音が、手マン・SEX・バイブ責め・射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「気がつくと、私は薄暗い部屋のベットの上に、仰向けに寝かされていました」
薄暗い地下道を歩いてる最中に気を失ってしまった少女は
その後ベッドの上で目を覚まし、体を拘束されてることや2人の男がいることに気づきます。

エッチは身動きの取れない彼女を彼らが責め続けます。
前半の2パート21分間は比較的ソフトなプレイ。
「02_凌辱1初めての絶頂」は媚薬まみれのハンカチを吸ってから乳首責めと手マン
「03_凌辱2口内射精」はクンニ+イラマチオで合計3回の絶頂を迎えます。
ここから先はほとんど少女が話し、カウンセラーは時折合図を出す役を務めます。

「爪でカリカリとひっかいたり、時折ギュッとつまんだり…。そのたびに、私の乳首から、胸、全体に、ビリビリとした感覚が伝わり、体の芯を震わせる。思わず声を上げてしまう。気持ちいい、本当に気持ちいい…」
少女はエッチをまだしたことがない年齢なので
乳首をいじられてもくすぐったそうな反応をします。
しかし媚薬を吸い込んだ後は感度が一気に上がり、それを主観視点で話して聴き手にも伝えます。

表現方法は通常の女体化とやや違いますけど、やってることは結構近いです。
実況、気持ちよくなる暗示、彼女の心情描写を組み合わせてプレイをリアルにお届けします。
内容は間違いなく凌辱ですが快楽堕ちっぽい展開にしてあって聴きやすいです。

「おしっこを出す所を舐められながら、男がおしっこを出す所をじゃぶる。ひどい、気持ち悪い。助けて。でも気持ちいい。なんなのこれ。私はさらに、さらに意識が混乱し、快感と、気持ち悪さで訳が分からなくなっていきます」
03パートは無理矢理感を多少上げて凌辱されてる気分を味わいやすくします。
1人はクンニとクリ舐め、もう1人は上に跨ってのイラマチオと役割分担し
その両方で彼女が何を思ってるかを綴って一体感を高めます。

見知らぬ男のおちんちんを咥えるのは彼女にとって耐えがたい苦痛なはずです。
でもおまんこから湧き上がる快感にそれすらも塗りつぶされる。
ふたつの感覚に挟まれ、溺れていく展開にして凌辱らしさを出してます。
プレイ中は快楽重視ですけど、最後に精液を口で受け止める描写を入れて一気に盛り返します。
このへんからM度の高い人はゾクゾクし始めるのではないかなと。

後半の2パート22分間はよりハードなプレイ。
「04_凌辱3お前がママに」は正常位の初SEX
「05_凌辱4おもちゃ責め(追加音声)」は電動バイブ責めで何度も何度も絶頂します。

「すでに、全身がガクガクと震え、まるで電気を流されているかのように、体全体で快感を受け止める。気持ちいい。本当に気持ちいい」
04は本作品の中で最も凌辱色の強いプレイということで
挿入から中出しに至る様子をわかりやすく描きつつ
彼女が絶望したり押し寄せる快感に飲み込まれていく様子を忠実に伝えます。
挿入直後は絶望寄りですけど、ある程度進んだ後は気持ちよくなる暗示を重点的に入れてました。

シチュで心を、プレイで体をバランスよく責めるおかげで
聴いてると股間がだんだん熱くなり、絶頂のカウントに合わせて筋肉がぷるぷる震えてました。
それを4回繰り返す時点で結構ハードなプレイだとわかっていただけるはずです。
そして最後はきっちり中出しを決めて心を折ってくれます。
強めの快感と背徳感が同時に味わえる充実したパートです。

最後の05パートは偽物のおちんちんに蹂躙される展開。
状況に合った効果音を鳴らしながらSEXとほぼ同じ要領で連続絶頂を迎えます。
ちなみにここだけはオプション扱いで無理に聴く必要はありません。

「おもちゃの動きは止まらない、快感も止まらない」
およそ11分間で10回もの絶頂シーンを用意してある非常に過酷な内容です。
10回目以外はほぼノンストップで繰り返しますから
連続絶頂ではなくロングオーガズム(イキっぱなし)になるかもしれません。
視聴後は股間が軽く筋肉痛になるほどでしたし、必須構成に入れてないのも頷けます。
でも本作品の最後を飾るに相応しいプレイだとも思います。

このように、独白形式で実況と暗示を入れながら心身を責めるハードなエッチが繰り広げられてます。
聴きやすさに配慮した凌辱作品
暗さや重さを多少和らげて凌辱プレイを体験させてくれる良作です。

カウンセラーは少女が現在抱えてる心の治療を主人公に手伝ってもらおうと
2人を同じ部屋に招いてから催眠をかけて共通点を作ります。
そしてその後は語り手を少女に任せ、その独白を通じて気持ちいい絶頂へと導きます。

カウンセラーに催眠をかけられ、少女のエッチな記憶を疑似体験する珍しいシチュ
少女を被験者側に立たせて一緒に催眠をかけたり独白で深化させる高度でテーマ性の強い催眠
前半は臨場感を出しつつ抑えめのプレイをして少女と同じ視点に持っていき
後半から凌辱色を上げて連続絶頂させる緩急をつけたエッチ。
本作品が持つ様々な特徴を組み合わせてひとつのサービスに仕上げてます。

中でもエッチはタイトルに直結する要素なだけあって作り込みが凄まじいです。
従来の女体化作品よりも心情描写を多くして少女と同じ感覚で聴きやすくし
さらに効果音も色々入れてエロさ、背徳感、絶望感を出してます。

キメセクっぽい内容なのでものすごく重苦しいわけではないですけど
口の中に射精させる、処女を奪われる、中出しされるシーンは心にくるものがありました。
催眠音声との相性が悪そうな素材をサークルさんなりのやり方で上手く料理されてます。

あと催眠が抜群にかかりやすかったです。
ここまで深く入れたのは久しぶりのように思います。
技術が優れてる、少女と一緒に催眠にかかる、分倍河原シホさんの巧みな演技と
プラスの要素が色々盛り込まれてるからではないかなと。

絶頂シーンは17回。
効果音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

テーマは決して大衆向けとは言えませんけど
それを補って余りあるほどの個性とクオリティを持ってることを考慮し
サークルさんでは9本目の満点とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:24:47

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月2日まで20%OFFの792円で販売されてます。



サークル「風紀委員会」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて積極的なJ●が
エレベーターで偶然一緒になった大人の男性をエッチに弄びます。

カウントを絡めた落差の大きいエッチをするのが特徴で
最初は2連続射精、次は数回寸止めしてからの射精、最後は短時間での3連続射精と
パートごとに方向性を大きく変えながらカウントを小まめに数えて射精をコントロールします。
ほぼ全編で彼女が囁いてくれるのも魅力です。
可愛い女の子と密室で2人きり
J●の井上きさらに精液を搾り取られるお話。

「あー……止まったねぇ、エレベーター」
きさらは幼さを感じる可愛い声の女の子。
乗ってるエレベーターが止まって不安そうな主人公によく止まることを教えると
軽く抱きしめてからおちんちんを出すように言います。

本作品は勉強も運動もできてクラスメイトにも人気がある模範的な女の子が
エレベーターが再稼働するまでの時間を使って彼と3種類のエッチをします。
彼女のほうがずっと年下なことを踏まえて彼から手を出すシーンは一切なく
着衣のまま耳とおちんちんを集中攻撃して何度も射精させます。

ちなみにタイトルの「じぇ●●●」はJ●を平仮名にしたものです。
春からJKになる予定だそうですから伏せてる文字が何かは自然とわかります。

また前作「密室エレベーターのロリビッチ ~J○に囁かれながら死ぬほど手コキされる音声~ <むつき編>」と違い
今作では序盤に短めの催眠をかけるシーンがあります。
エッチの一部でそれを活用したプレイも登場するなど
新規のサークルさんらしいチャレンジ精神旺盛な内容になってます。

「きさら、「ちんちんコキコキ大好き系女子」なんだー」
彼女は自分でこう言ってるようにおちんちんをしごくのが大好き。
そのためどのパートも手コキを中心に据え、他の要素でそれぞれの違いを出します。
オナニーは一切しませんが効果音が鳴り続けるので
それに合わせてしごいていけば彼とほぼ同じ立場で楽しめるでしょう。

またこれらをする際に彼女はカウントを適度に数えて快感をコントロールします。
基本的には射精のタイミングを取る役割で使うのですが
カウントそのものに暗示を込めて気持ちよくしたり、わざと直前で止めて寸止めさせるなど
プレイの流れを聴き手にわかりやすく伝えるために活用してます。
カウントの間に長めのセリフを挟むことが多いので数える機会は少なめです。

「はあああぁ~… (精液)いい匂い~ これが嗅ぎたかったんだぁ…」
彼女についてはビッチと呼ぶのが相応しい快楽に素直な性格をしてます。
自分から彼を誘ったのでロリコン扱いしたり見下すことはほとんどなく
年上の男性を弄んでるシチュに喜びを覚えながら色んな責めを繰り出します。
現在の音声で割と見かけるメスガキっぽさはあまりないです。

ただし、J●とエッチしてることを意識させて背徳感を煽ることはあります。
これをしないと彼女をこの年齢に設定した意味がありませんからね。
催眠パート開始直後からエッチ終了までほぼずっと囁き声で話すのも相まって雰囲気は割と穏やかでした。
彼に優しく接しながら体をハードに責める方針で進めます。
リラックス重視の催眠
催眠はおよそ9分間。
床に座り脚を伸ばして口の中→両手→両足の順に力を入れたり脱力します。

「力がどんどん抜けていくよ…。どんどん…どんどん…両手から、力が抜けてく…」
そしてきさらは早速カウントを数えてタイミングを取ります。
それぞれをゆっくりやりながら合間に「力が抜ける」と軽く暗示を入れてました。
実際に体を動かすおかげで脱力を実感しやすいです。

あとは口の中を脱力した後、手の脱力へ移る間に数回深呼吸します。
古典催眠の漸進的弛緩法を行使したのだと思いますが
正直なところ時間、内容いずれも物足りないといった感じです。
リラックスさせるだけで終わるため、催眠状態をより深めるシーンがありません。

この後から始まるエッチでカウントや耳舐め音に対して気持ちよくなる暗示を入れることがあります。
でもこれをやるなら少なくとも今の倍くらいの時間を取り
暗示でより反応できる状態まで持っていったほうがいいんじゃないかなと。
私が聴いた時も体の筋肉がほぐれただけでした。

やってる事は別に悪くないんです。
でも残念ながら今の作りでは催眠誘導と呼ぶには不完全です。
次回以降の作品に催眠を取り入れるならもっと入念にやったほうが良いと思います。
大きく揺さぶりをかけるエッチ
エッチシーンは3パート64分間。
プレイはカーディガンコキ、手コキ、耳舐め、玉揉みです。
カーディガンコキ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それじゃ、お兄さんのおちんちん、触っちゃうよ」
コンパクトな催眠をかけて主人公の不安を取り除いたきさらは
早速おちんちんを取り出しカーディガンの袖でしごき始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「track3「囁き射精管理手コキ」」は催眠色の強い内容(約18分)。
「ずすっ」という乾燥した摩擦音を鳴らしながらカウントをじっくり数えて2回射精させます。

「ほらほら 気持ちよくなってきたね 数が小さくなったら、気持ちよくなるんだよ 精子もどんどん溜まってくるからね」
催眠色が強いと言う理由はカウントの前後最中に
それが小さくなるほど気持ちよくなる暗示をそれなりに入れるからです。
催眠自体が弱いので効果があるかどうかは人それぞれですが
事前に催眠をかけた状況を活かしてるのは間違いないです。

わざわざカーディガンでしごいてるのはおちんちんに触りたくないわけではなく
こっちのほうが気持ちよくなれると彼女が判断したからです。
手コキがかなり慣れてるところを見ると他の男性にも手を出してるのでしょう。
最初から最後までずっと手コキだと単調になるから変化をつけたのだと思います。

「あっ…逃げちゃだめ… イッても手を止めないって言ったでしょ?」
進め方がゆっくりだし雰囲気も穏やかですが
1回目の射精を終えた直後だけは割かしハードに責めてくれます。
イったばかりで敏感なおちんちんをさらにしごく連続射精方式です。

2番目の「track4「いじわるカウントダウン手コキ」」は逆にとことん焦らすプレイ(約37分)。
カーディガンから素手に切り替え、カウントを数回数えてその都度寸止めします。

「きさらは、お兄さんが限界まで我慢するところが見たいんだもん 我慢して、我慢して、頭がどうにかなっちゃうくらいイキたくなって、J●手コキに降参しちゃうお兄さんが見たいんだよ」
彼女は男性が射精を我慢してる姿を見ると興奮する性癖を持ってるそうで
ここでは射精したくてもできない状況をできるだけ維持してその様子を観察します。
そして耳へ息を吹きかけたり舐めるプレイを追加し、これらにも気持ちよくなる暗示を入れます。

前のパートが連続射精だったからこそ余計穏やかに感じました。
でも今度は射精をお預けされるもどかしさを長めに味わうことになります。
責め方が正反対なので同じ手コキでも随分違う印象を受けます。

最後の「track5「ゼロ連呼!連続絶頂手コキ」」は射精の限界に挑戦するパート(約9分)。
時間内に射精シーンを3つ用意し、ほぼノンストップでしごき続けて追い込みます。

「きさらね、弱いお兄さんのこと、好きだよ… 好き… 好き… だぁ~い好きっ…」
体への責めはかなりハードな部類に属します。
それを中和するためか彼女が優しい言葉を適度にかけてくれました。
変態でも弱い男でも私は好き。
年下の女性らしからぬ包容力を見せてここを切り抜ける気力を与えます。

このように、2連続射精→長めの焦らし&寸止め→3連続射精と大きく揺さぶる特化型のエッチが繰り広げられてます。
エッチが魅力的な作品
どちらかと言えば催眠よりもエッチに光るものを持ってる作品です。

きさらは同じエレベーターに乗り合わせた主人公のおちんちんを存分に味わおうと
動かなくなっても決して焦らず、まずは催眠をかけてエッチに集中できる状況を作ります。
そしてエッチはカーディガンや手コキに耳舐めを組み込み
さらにパートによって責め方を大きく変えて出せない快感と出し続ける快感を与えます。

エッチの経験豊富でちょっぴり意地悪な女の子に密室で弄ばれるややM~M向けのシチュ
カウントを数えながら焦らしと連続射精を交互に行う割とハードなエッチ
多くのシーンで彼に密着し囁きながら優しい言葉をかける彼女のキャラ。
心と体の責め方に大きなギャップをつけて気分よく搾精できるように仕上げてます。

中でもエッチはやることやシステムは割とシンプルですが
各要素の割合と比重を大幅に変えて個性を出してます。
カウントをよく数えたり効果音が鳴り続けることからオナサポ要素の強い作品だなと。
40分近く焦らされてから射精するtrack4が最も気持ちよかったです。

あとはやっぱり催眠にもっと力を入れてれば品質は確実に上がったでしょうね。
track3は結構催眠を意識してましたし、技術の運用さえしっかりしてればきっと良い作品が生まれます。
まだ2作目ですから今後どう変わっていくかに期待してます。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語と吐息それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:28:30

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月15日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、見た目よりもずっと経験豊富な女の子が
自分に好意を抱いてる男性とエッチな勝負を楽しみます。

18種類のフェラを組み合わせて責めるのが最大の特徴で
序盤はソフト、中盤はスタンダード、終盤はハードとシーンによって方向性を変え
各プレイで鳴らすちゅぱ音を小まめに切り替え少しずつ確実に射精へ追い込みます。
女の子とするスリリングなゲーム
女の子のフェラに耐え続けるお話。

「えーっと、私にこの手紙をくれたのってお兄さん?」
女の子はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
手紙をくれた主人公に会ってその理由を尋ねると
告白してきた彼に本当の自分を教えてあげます。

本作品は多くのクラスメイトを自慢のテクで屈服させてるビッチな彼女が
自分と付き合いたがってる彼にエッチなテストをします。
勝ったらSEXでも何でもさせてあげる、負けたら破滅的な状況へ追い込むと
ハイリスクハイリターンな条件を設けて時間いっぱいフェラします。

「私のフェラチオに耐えられたら、お兄さんの勝ち 全部で18種類、クラスの男子を骨抜きのペットにした強烈なフェラチオ」
フェラチオフルコースの名の通り、彼女がするのは本当にフェラだけです。
しかし数分単位で責め方が変化するため単調さはまったくありません。
見た目よりもずっと慣れた手つきでしゃぶる姿にも彼女らしさを感じます。

おちんちんへキスする、玉を舐める、ハーモニカフェラをする
頬の内側で亀頭をぐりぐりする、激しいピストンをするなど
定番のものから音声だとあまり見かけないものまで多種多様です。
しゃぶってる最中は無言になり、休憩中に言葉責めするおかげで音の違いを楽しみやすくなってます。

「こんな小さな女の子に跪きたいんだ? あははは、ロリコン!ロリコン!この変態!」
彼女についてはメスガキと呼ぶのがぴったりな生意気キャラです。
年上な彼を最初から見下してロリコン呼ばわりし
エッチ開始後は体をビクつかせる姿を面白そうに眺めます。

彼女は自分の腕に絶対の自信を持ってるので、この勝負に負けることはないと思ってます。
だから序盤から中盤にかけてはわざと手加減し、終盤で一気に追い込んで格の違いを見せつけます。
屈辱感や負ける快感を適度に煽ってきますから、そういうのが好きなMの人に最も向いてます。
フェラがメインですけど言葉責めもそれなりにやってくれます。

質量共に優れたフェラと彼女の生意気なキャラ。
ひとつのプレイを掘り下げつつ登場人物にも個性を持たせた尖ってる作品です。
色んなちゅぱ音が聴けるエッチ
エッチシーンは58分間。
プレイは18種類のフェラです。
エッチな効果音はありません。

「んふふふ、もうおちんちんたってる 好きとか言っておいてここはもうギンギン 男の子って情けないよねー?」
ゲームのルールを説明し、主人公の同意を得た女の子は
ひとまずソフトなフェラをして彼の感度を確かめます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
序盤の20分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「01 おち○ちんちゅ~」から始まり「06 おしおきカメさん」までひとつずつ丁寧にやります。

「くくく、そのお顔だらしなーい クラスの男子の方がまだましだよー 大人なのに恥ずかしー」
彼女はクラスの男子とガンガンエッチしてるので経験豊富。
それぞれに合ったちゅぱ音を2分程度鳴らし、プレイを変える時に軽い言葉責めをします。
早速感じてる彼を見て「男子よりも弱い」とまで言う負けシチュを意識したものです。
態度が終始可愛いので冷たさはありませんが、子供らしくストレートな表現が多いです。

フェラについては01がちゅぱちゅぱと小刻みに吸い付く
02は頬張って吸い付く、03は「じりゅっ」みたいな音を間を空けながら鳴らす
04は位置を固定しじゅるじゅるした音を鳴らす、といった具合に明確な違いがあります。

事前に彼女が説明してくれますから何をしてるかわからないことはないでしょう。
水分高めでエロいですけどペースが緩めで抑えてます。

中盤の18分間は本格的なフェラ。
おちんちんを咥え込んでゆっくりしゃぶるところからスタートし
速さと力強さを段階的に上げ、その後はバキュームフェラに移ってより激しく責めます。

「次はねー おちんちん、いっぱい吸ってあげるの ほっぺたをきゅーーって絞ってじゅーーーってね 掃除機みたいにしてあげる」
音声作品でよく聴くフェラはここから登場します。
特に10と11で行うそうじきフェラは長めに吸い上げる音を繰り返し鳴らしてて強烈です。
序盤が割とソフトだったからこそ、中盤以降のフェラがより激しく感じました。
勝負だからといって焦らず彼が悶える姿をじっくり楽しもうとします。

終盤の20分間は彼を負けに追い込むフェラ。
「13 ほっぺとちゅ~」は頬の内側と舌を組み合わせて亀頭を集中攻撃し
それから口の中でもごもごする、口をすぼめて亀頭だけを強く刺激する
2段階のピストンフェラと射精の直前によく出てくるものを中心にして責めます。

「飲んであげると思った? こんなだめだめせーし飲むわけないでしょ?」
これまでと同じくペースはそれほど速くありませんが
それを補って余りあるほどパワーが強く、音自体も下品です。
彼が射精した時にそれを「ぺっ」と吐き出すところも印象的でした。
最初から最後まで徹底的に見下してMを喜ばせます。

時間に対するプレイの種類が多いおかげでややテンポが悪い感じもしましたが
タイトルのフェラチオフルコースに沿ったことをしてるのは事実です。
言葉責めもちゃんとしてくれますし、この手の属性を持ってる人なら普通に抜けると思います。

このようにフェラ、負けシチュ、言葉責めを組み合わせた容赦のないエッチが繰り広げられてます。
フェラチオのカタログ
ちゅぱ音の種類に定評のある作品です。

女の子は自分と付き合いたがってる主人公を撃退しようと
得意のフェラを使った勝負を挑み、18種類もの責めを繰り出して徐々に追い詰めます。
そしてその様子を多彩なちゅぱ音ですべて表現します。

声や見た目は可愛いけど性格は結構Sな女の子がフェラで屈服させるM向けのシチュ
最初から最後までフェラだけするタイトル通りのエッチ
その合間に繰り出すストレートかつ意地悪な言葉責め。
最大の売りであるフェラをしっかりやり、他の要素でサポートするよう仕上げてます。

中でもフェラはひとつの作品でここまで幅広いちゅぱ音が出てくることはなかなかありません。
事前に説明してからそれに合った音を鳴らす丁寧な進め方をしてます。
序盤、中盤、終盤の時間がほぼ均等で特定の音をがっつり聴くことはできないのですが
それでも彼女らしい水分高めの力強い音を鳴らすことが多いです。

エッチの時間が十分取られており、射精も最後の1回だけなので
そのタイミングで出すエロさは十分持ってると思います。
エッチ終了後に彼女が突然大声を上げるシーンがある点だけご注意ください。
通常よりも音量を気持ち下げて聴いたほうがビックリせずに済みます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

CV:餅よもぎさん
総時間 1:07:26

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
4月1日は餅よもぎさんの命日です(2016年に亡くなりました)。
今後も毎年この日に彼女の作品を紹介していく予定です。
新作はもう出ないのでいつまでやれるかわかりませんが…。



サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は割と意地悪な少女が
来店した男性客に比較的ハードなオナサポをします。

後になるほどペースを上げてギリギリまで追い込む焦らし重視のエッチが行われており
4段階のシコシコボイスをシーンによって変化させながら
並行して射精を我慢させたり軽めの言葉責めをしてコントロールします。
シコシコボイスで限界に挑戦
コスプレ少女の指示に従ってオナニーするお話。

「いらっしゃいませー お兄さん このお店は お客様の望んだ世界観を提供するコンセプトの 風俗店になっているわ」
コスプレ少女はややトーンが低く可愛い声の女の子。
アリスの世界観をリクエストした主人公に挨拶すると
それに相応しい格好をして彼を弄びます。

本作品は年下の女の子に射精を管理される快感を味わわせることを目的に
彼女が30分程度に渡ってM向けのオナサポをします。
総時間が短いことを踏まえてエッチの概要を説明した後すぐさま開始し
そこから彼が射精するまでノンストップでシコシコボイスを流します。

「私がお兄さんにするのは ひたすら焦らして焦らして 射精欲求を高めてあげるだけ」
1秒1.5コキくらいのペースから始まり
1秒2コキ、1秒2.5コキと少しずつ上げて我慢するのを難しくします。
「焦らし」と聞くと弱めの刺激を与え続けるプレイをイメージするでしょうが
本作品では体への刺激を強めに設定したうえで射精を禁止するハード路線にしてあります。

30分近くほぼぶっ通してオナニーするので1回射精するのは簡単です。
むしろ中盤頃から射精感を食い止めるのに苦労するでしょう。
M向けのオナサポをよく制作されてる玄姫屋さんの作風が忠実に反映されてます。

もうひとつの特徴はセリフとシコシコボイスを分離させてること。
わかりやすくするためにセリフは中央、シコシコボイスは右手と位置を離し
並行して軽い言葉責めをして心も盛り上げます。

「女の子にこんな格好で責められながら チンポしごくのだーい好きな 変態マゾのお兄さん」
彼を変態マゾ呼ばわりしたり、一部のシーンでおねだりを要求するなど
Mな人が喜びそうな要素を繰り出します。
ですが彼女の声や態度が終始穏やかなのでどぎつい感じはしません。
風俗店のサービスらしく彼が喜ぶあたりに留めて射精を応援します。

シコシコボイスをがっつり流すから敢えて手加減してるかもしれませんね。
1回の射精に向けてギリギリまで追い込むことを意識してます。

シコシコボイスを徐々に速くするきつめのエッチと2方向から同時に責めるスタイル。
オナサポの要所を押さえた使い勝手のいい作品です。
穏やかにいじめるエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイはオナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ 時間もないし 早速始めていきましょうか」
挨拶とオナニーの説明を手短に済ませたコスプレ少女は
早速シコシコボイスをバックで流し、それと同時に穏やかな態度で話しかけます。

エッチはシコシコボイスに合わせてオナニーを続けます。
前半の14分間は射精したくなるあたりまで追い込むシーン。
比較的速いペースでオナニーさせながらその様子を彼女が穏やかに見守ります。

「お兄さんはどうやっていじめられるのが好きなのかしら 罵倒されたい? それとも 無慈悲に射精寸前のチンポを 何度も何度もしごかれ続けるのが好きかしら」
彼女は彼がMなことを知ってますから甘やかしたりはしません。
エッチが始まったら射精の時まで休憩を一切挟まずに続けるし
最初から彼をいじめることを前提にプレイを組み立てます。
その代わり声と口調を穏やかにしてこれがサービスなのだと教えます。

このお店はお客が望むことをするのが売りですから調教色は薄めです。
体への責めを充実させ、言葉責めを弱めにすることでバランスを取ってます。
このペースなら余程の早漏でもない限り暴発することもないでしょう。

それに対して後半はギリギリを攻めるプレイ。
前半よりもシコシコボイスのペースが2段階ほど上がり
彼が音を上げてもわざと許可を出さないで厳しい状況を作ります。

「それじゃあ最後 〇〇秒我慢出来たら 気持ちいいの吐き出しちゃっていいわよ」
彼の心が折れないようにどれくらい頑張ったら射精できるか教えてくれるのが良いですね。
辛い状況でも希望を与えれば持ちこたえる気力が生まれます。
ここまでオナニーを続けてきて暴発というのももったいないですから
最後にきちんと気持ちよくなれるようにリードします。

実際にやってみた感想ですが中盤までは特に問題なく続けられました。
セリフとシコシコボイスが分離してても言葉責めの量は少ないですし
同時に耳舐めやキスをすることもないので心に余裕があります。

ですが後半に入るとずっと休憩できない状況が結構響いてきます。
多少は手加減してもいいと言われますけど、それでも射精感を完全に抑えるのは難しいです。
2日以上溜めた状態で完遂するのは大変そうです。
でもMな人にとってはこれくらいのほうがやり応えがあるのかなと。

このように、拷問ではなく風俗サービスの範囲に留めたハードなエッチが繰り広げられてます。
シンプルなオナサポ作品
特殊な要素は無理に入れず王道を貫いてる作品です。

コスプレ少女は主人公に普段よりも気持ちいい射精を味わわせようと
簡単なルールを設定したうえでシコシコボイスを流し続け
自分の許可が出るまで絶対に射精しないよう念押ししてひたすら我慢させます。
そして体への責めがきついからこそ、心は比較的優しく責めてクリアしやすくします。

M男の喜ぶツボを心得てる少女がコンパクトなオナサポをするM向けのシチュ
ほぼ全編でシコシコボイスを流しオナニーを制御する完全サポート形式
彼の興奮を煽りつつ気力を与える優しい言葉責め。
ドM向けよりも多少柔らかい要素を盛り込んだ作品に仕上げてます。

中でも2番目はシコシコボイスに4段階のスピードを用意し
それを後になるほど上げて少しずつ確実に追い込みます。
オナサポにおけるシコシコボイスはもはや定番ですが、それでもここまで言い続けるものはまだ少ないです。
しっかりサポートしてくれるおかげで快感だけに集中できました。

「私はお兄さんのことを惑わせちゃう チェシャ猫だもの」
唯一残念だったのはコスプレや不思議の国のアリスといった
作品固有の要素をエッチに活かせてなかった点です。
やってることは本当にスタンダードなオナサポなので
このへんをもう少し反映できればより個性的なエッチになったのではないかなと。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:大山チロルさん
総時間 31:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
32分で110円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「風紀委員会」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、可愛くてエッチに積極的な女の子が
偶然一緒のエレベーターに乗り合わせた男性を手コキで搾り取ります。

タイトル通り密着して囁きながら比較的ハードな手コキをするのが特徴で
最初は通常の手コキ、次は耳舐め手コキ、最後は連続射精と後になるほど刺激を強くし
その中にJ〇に責められてることを意識させるセリフを入れて多少のスリルを煽ります。
見下したり弱みを握られることはないのでややM~Mな人に最も向いてるでしょう。
密室内で女の子と
J〇のむつきに搾精されるお話。

「う、動かないね、エレベーター…」
むつきは幼さを感じる可愛い声の女の子。
エレベーターの中に閉じ込められ、不安そうな表情で主人公に話しかけると
彼のおちんちんを握って安心したいと言います。

本作品は見た目とは裏腹にエッチの経験豊富な彼女が
偶然一緒にいた彼をおよそ30分に渡って責め抜きます。
総時間が短いことを踏まえてメインのプレイを手コキに絞り込み
3つあるパートでやり方を変えて年下の女の子に搾り取られる快感を味わわせます。


「お兄さんの大人ちんちん、J〇のちっさい手でしこしこされてるよ やっらしー」
自分からおっぱいを見せつけて彼をやる気にさせ
プレイ中は普通なら手の届かない女の子とエッチしてることを意識させて興奮を煽ります。
メスガキっぽいキャラですが彼のことを見下したり罵倒するシーンはほとんどありません。
暇な時におちんちんが目の前にあったからいじる欲望に素直な性格をしてます。
ほぼ全編を通じて囁き声で話すことも含めて雰囲気は結構穏やかです。

しかし責めっぷりは比較的ハードな部類に属します。
最初の2パートは1回ずつ射精させるスタンダードな内容ですが
最終パートだけは回数を一気に増やして一滴残らず搾り取ろうとします。

タイトルが「死ぬほど手コキされる」なのに1回ずつじゃ内容に合いませんから
一部だけ責めを過酷にしてそれらしさを出してます。
手コキ音や射精音も入ってますし、手コキの描写にこだわりを感じました。
少しずつ加速させるエッチ
エッチシーンは3パート25分間。
プレイはおちんちんの愛撫、おっぱいを見せつける、手コキ、耳舐め、乳揉みです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら、足開いて… ちんちん、ズボンの上から指先でさわさわしてあげる…」
主人公の股間をズボン越しにいじってその感触を楽しんだむつきは
おちんちんが硬くなってることに気づきすぐさま直接しごき始めます。

エッチはごく一部を除いて彼女が責め続けます。
一番最初のtrack2はスタンダードな手コキ(約10分)。
彼のほうから触るのはNGと言ったうえでおちんちんを後になるほど激しく責めます。

「ほら、ほら しこ、しこ、しこ、しこ」
「もうこの手は射精させるまで止まんないんだから むつきの手、気持ちいいでしょ? 我慢なんてしなくていいんだよ」

彼女は「おちんちんを握ってると安心する」と言うだけあってエッチの腕もかなりのもの。
シコシコボイスを織り交ぜながらずっと年下の女の子に責められてることを意識させ
射精が近づくにつれて徐々にペースを上げて気持ちよく出させます。

焦らしや寸止めといった意地悪なことも特にしないので今のところはM度も控えめです。
「しゅくっ」という滑らかで水気を帯びた手コキ音もリアルに感じました。
淫語の量は割と普通ですからシチュや効果音がメインの抜き要素になるでしょう。

続く2パート15分間はよりハードなプレイ。
track3は右耳舐め+手コキ、track4は左耳舐め+手コキ+連続射精で搾精します。

「おっぱい触りたいの? しょうがないなあ…。ほら、服の中に手を入れて…乳首触っていいよ…」
物語の冒頭では不安がってた彼女もおちんちんをいじって安心したのでしょう。
先ほどはNGと言ってたお触りを自分から解禁し
引き続き体を密着させながら慣れた手つきで耳とおちんちんを責め立てます。

耳舐めは手コキとの違いをはっきりさせるためか水分高めにしてました。
舐めるたびに微かな振動が耳に伝わってきてこそばゆかったです。
1回出した後でも抜けるようにわざと下品に振る舞ったのかもしれませんね。

「ほら、諦めてイケイケ ザーメン全部出せ たまたま空っぽになるまで射精しろ」
そして最後のtrack4だけは普段よりもSっ気を上げて彼に接します。
僅か7分間で3回もの射精シーンを用意し、それに向けてほぼノンストップでしごきます。
前の2パートが割と穏やかだったからこそ、ここで見せるハードな責めっぷりが引き立ってました。
その代わり彼女の手をおまんこに見立ててJ〇を犯してる雰囲気を出してあげます。

私もtrack3を聴いた時点では生ぬるいと感じてたので
track4の豹変っぷりに少し驚きました。
パートをまたぐたびに責めをきつくする展開も無理がなくて良いです。

このように、ひとつのプレイをできるだけ幅広くお届けするM向けのエッチが繰り広げられてます。
的を絞ってる作品
短いながらも明確な個性を持ってる作品です。

むつきはエレベーターに閉じ込められた不安を解消しながら暇も潰そうと
そこに居合わせた主人公のおちんちんをすぐさま握ってしごき始めます。
そしてある程度ノってきた後は耳舐めを加え、さらに連続射精に追い込み彼の悶える姿を楽しみます。

可愛い容姿よりもずっとエッチ慣れしてる女の子が年上の男性を手コキで責め抜くシチュ
手コキ、耳舐め、連続射精を組み合わせてだんだんハードにする流れのあるエッチ
囁き声で話しながらJ〇とエッチしてること意識させて興奮を煽る彼女のキャラ。
自分より遥かに年下の女性に弄ばれる快感を味わわせる方向で作品を組み立ててます。

中でもエッチは手コキをメインに据えたうえで他のプレイを変えて違いを出してます。
淫語の量はさほど多くないのでそれ目当てで聴くのはあまりおすすめしませんが
手コキはしっかりしててタイトル通りのプレイに仕上がってます。
お金を請求したり弱みを握らずエッチを純粋に楽しむ後味の良い内容です。

射精シーンは5回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 30:31

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月2日まで20%OFFの704円で販売されてます。

↑このページのトップヘ