同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ヤンデレ

   ● 微ヤンデレ少女と純愛共依存同棲
   ● 【ヤンデレ】彩色庭園モノガタリ【バイノーラル】
   ● ヤンデレ彼女に監禁されてめちゃくちゃにされる音声
   ● 【ハイレゾ×KU100】監獄少女【収録時間2時間】
   ● 【ローションガーゼプレイ】おやすみガール~ヒツジさん~【KU100ダミヘ収録】
   ● 文学少女と筆おろし~センパイのすべて、見せて下さい~
   ● 【催眠音声】兄さまと私のらぶらぶ耳舐め逆乳首責めえっち
   ● ツキマトイ~座敷童と同棲おセックス~
   ● 【立体音響】うちの秘書艦耳かき
   ● 催眠音声-ヤンデレ後輩ちゃんと甘々子作りレイプ




サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを深く愛してる女の子が
家で色んなエッチをしてさらに親睦を深めます。

Mな彼の欲望を満たしつつあまあまなエッチをするのが特徴で
亀頭を集中攻撃しながら寸止めしたりニーソをおちんちんに被せて責めながら
キスを多めに挟む、甘い言葉を囁くといった愛を感じる行為もガンガンやって幸せな射精に導きます。
ヤンデレ成分はかなり低いですから純愛ストーリーが好きな人ほど満足できるでしょう。
同棲少女はちょっぴりヤンデレ
伊月 愛菜と自宅でイチャイチャするお話。

「お兄さん ただいまです」
愛菜は丁寧語で話す甘い声の女の子。
帰宅して主人公にちゃんとお留守番できたか尋ねると
遅くなったことを謝ってからあるものを見せます。

本作品は元々同じマンションに住んでて現在同棲中の男女が
およそ130分に渡ってエッチしたり物語の読み聞かせをします。
微ヤンデレ少女に純愛監禁される音声」という作品の続編にあたりますが
(↑DLsiteへのリンクです。レビューはまだありません)
単体でも楽しめるシナリオになってます。

「はい これ お兄さん わかりますか? はい 2人分の 結婚指輪です」
最大の特徴は彼女の溺愛っぷり。
帰宅した直後に彼へ買ってきた結婚指輪を見せ
さらに自宅でささやかな結婚式を挙げて永遠の愛を誓います。
エッチも彼のことを第一に考えながら責めるので非常に甘いです。

育った環境のせいか道徳意識や倫理観が普通の人とややズレており
一部で「ちと重いかなぁ」と感じる描写はあります。
でも一般的なヤンデレキャラみたいに自分の考えを押し付けることはほとんどなく
彼のためにとことん尽くして幸せな日々をプレゼントします。

冒頭の結婚シーンで彼があっさり受け入れてるところを見ると
既に2人が相思相愛の関係になってることがわかります。
SEXの直前にこうなったいきさつも話してくれますから
彼女がどんな性格で彼をいかに深く愛してるかが徐々に伝わってくるでしょう。

エッチについては彼が女性に意地悪されるのが好きな性癖なので
序盤から中盤にかけてはM向けのプレイ、終盤は甘めのプレイとシーンによって方向性を変えます。
亀頭責めや寸止めといった体への刺激を強くしてるだけで罵倒は一切しません。
キスシーンを多めにして愛情表現の一種なのだとわかりやすくアピールします。
変態なところも受け入れ満たしてくれるあたりに彼女の一途さが強く出てます。
心を込めて責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイはキス、手コキ、亀頭責め、拘束、オナホコキ、耳舐め、ニーソコキ、嘘喘ぎ、エロ漫画の朗読、SEX(対面座位)です。
手コキ、亀頭責め、オナホコキ、ニーソコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私 お兄さんにだったら いつどのタイミングで興奮されても 嫌じゃありません」
結婚式の最後に主人公と誓いのキスをした愛菜は
おちんちんが元気になってるのを見てそのままお世話を始めます。

エッチは彼女がリードしつつ一部で責め合います。
最初の3パート48分間は彼女の性格や彼の性癖を強調しながら愛し合うシーン。
「02-誓いのキス手コキ(約17分)」はキス+寸止め手コキ
「03-拘束オナホコキ(約17分)」は体を拘束した状態で耳舐め+オナホコキ
「04-ニーソまんこコキ(約14分)」はキス+ニーソコキで1回ずつ射精させます。

「誓いのキスも まだですよ んーっ」
02パートは結婚の儀式も兼ねてるプレイなのでキスを一際多くやります。
序盤から舌を絡めるディープなちゅぱ音を鳴らし
おちんちんは竿→亀頭→竿と責める部位を切り替えてギリギリまで我慢させます。

後になるほどセリフを減らしてキスの割合を上げるなど
2人が幸せに浸りながらイチャイチャしてるのが伝わるように進めます。
寸止めは軽くやる程度でそんなにどぎついものではありません。
年下の女性に主導権を握られ射精も管理されるM向けのリードで彼を喜ばせます。

「どうせだったら 普通にするよりも お兄さんの興奮をより高められる形でしたほうが お兄さんにも喜んでもらえるなって」
03パートは最もヤンデレらしい内容ですがイメージプレイの意味合いが強いです。
彼を興奮させるために拘束を取り入れてることを最初にはっきり告げてから
徐々にペースを上げる流れで締め付けの強いオナホをしごきます。

体への責めがややハードになるからこそ、セリフを囁き声にして柔らかさを出してました。
射精させた後にやりすぎてなかったか彼に確認しますし
彼女の欲望を満たすよりも彼を満足させることを優先してます。
耳舐めも外側をゆっくり舐める感じでソフトな部類でした。

04パートは本作品というよりはアゲハ蝶さんの作品全体に言える特徴です。
学校から帰ってくるまで穿き続けてた蒸れ蒸れのニーソを目の前で脱ぎ
穴の部分でおちんちんを包み込むオナホに近い使い方をします。

「足でしごく時は外側の生地ですが 今は 私の足を直接包み込んでいた 内側の生地が たっぷりお兄さんのおちんちんに絡みついてるんです」
ニーソを穿いたまま足で擦らないところにこだわりを感じました。
おちんちんを足蹴にするのではなく、自分のエキスが染みついたものでしごいて愛情を示します。
一部で喘いでみせてSEXしてる雰囲気を出すのもそのためです。

効果音にもう少しざらつきがあるほうがリアルになると思いますが
前の2パートとは違う形で彼女の魅力を表現してます。
ニーソを精液で汚す展開もなかなか良いなと。

一番最後の「05-純愛共依存セックス(約15分)」でするのはもちろんSEX。
彼が持ってたエロ漫画の朗読を軽くしてから対面座位で繋がります。
ちなみにここは時間が31分ほどありますけど、前半は2人の馴れ初めや彼女の今の気持ちを語ります。
そこはエッチしませんからSEXは後半部分のみになります。

「こうやって 2人抱き合ってキスしながら 愛し合ってSEXするの 堪らないんですよね」
エッチの最後を飾るシーンなのでM向けの要素はほぼなくなり
向かい合ってキスしながらお互いに責め合う愛情深いプレイが楽しめます。
ピストンも「ぱつん」という乾燥した音をリズミカルに鳴らしててなかなかリアルです。
セリフやキスを優先してる関係で喘ぎ声はほとんど漏らさず割と落ち着いてました。
最後はきっちり中出しを決めますし、2人の心と体がひとつになったことをストレートに伝えます。

純粋なエロさは02~04パートのほうが上ですけど
事前に背景を語ってから本番に臨む展開のおかげで胸のあたりがぽかぽかします。
精神的に満たされた状態で射精できますから余韻は長く、後味は良くなります。

このように、彼のM性癖を汲み取ったうえで溺愛するややアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
ややM向けの純愛作品
やや歪んだ部分を持つ男女の愛情模様を丁寧に描いた風変わりなイチャラブ作品です。

愛菜は自分が心底惚れた主人公に幸せな日々を送ってもらおうと
衣食住といった身の回りのお世話をすべてこなしながらおちんちんも気持ちよくします。
そして彼に喜んでもらえるようにわざと意地悪し
それと同時にキスを小まめに挟んだり甘いセリフを囁いて愛情を注ぎます。

好きになった相手にはとことん尽くす女の子が
仕事を頑張りすぎて壊れそうになった男性へたっぷりご奉仕する甘めのシチュ
心は甘く、体はやや意地悪に責めて2人とも満足させる独特なエッチ。
王道の純愛作品とは違う部分を持たせて彼女の想いの強さを表現します。

私は前作を聴いてないのでどれくらいヤンデレなのかが気になってました。
実際は拘束するシーンが1パートあるだけですし
彼の同意を得たうえでやるマイルドなものです。
見下したり突き放すセリフも一切なくサービスとしてやってるのがよくわかります。

エロさがもうちょっと欲しいかなぁとは思いますけど
キャラが立ってるし心情描写もしっかりしてて没入感は高いです。
ドスケベな作品じゃないことを理解して聴けばかなり楽しめると言えます。

エッチの後に30分ほどの読み聞かせパート(非エロ)があるのも良いですね。
「幸福な王子」というオスカー・ワイルドの子供向け小説で
タイトルにもなってる幸福な王子とツバメの心温まる物語です。
有名な作品なので知ってる方も結構いるんじゃないでしょうか。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

女の子に優しくいじめてもらうのが好きな人には特におすすめします。

CV:一之瀬りとさん
総時間 2:15:38

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで10%OFFの1089円で販売されてます。
前作も4月28日まで40%OFFの660円で販売されてます。

【ヤンデレ】彩色庭園モノガタリ【バイノーラル】

サークル「DreamLight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、広い庭園を持つ屋敷で庭師をしてる薄幸な女の子が
そこを訪れた心優しい男性に一目惚れし、ちょっぴり重たいエッチをします。

ちゅぱ音をたっぷり鳴らしながら愛の言葉を投げかける純愛系のエッチが行われており
前半は耳舐め、後半は手コキやフェラとプレイを切り替えながら
「好き」などを多めに言って自分の想いを彼の心と体に刻みつけます。
ヤンデレ成分は薄いですから余程苦手な人でもなければ問題なく聴けるでしょう。
美しい庭園に潜む甘い罠
宝珠屋敷の庭師リーリエとエッチするお話。

「…あら? こんにちは 動物さんかと思ったら 珍しく男性の方でしたのね」
リーリエは細く透き通った声の女の子。
宝珠屋敷を訪れた主人公をやや驚いた表情で迎えると
ここに来た理由を尋ねてから自分やこの屋敷のことを話します。

本作品は理由はわからないけどとにかく危険と言われてる屋敷の庭園で
彼女がそこを案内したり35分程度のエッチをしてもてなします。
この庭園はかなり広いそうですが彼女が1人で管理しており
これまでも数多くの男性が訪れ帰らぬ人となった曰くつきの場所だそうです。

「いざ世話をしてみて 肌で体感することも多いですけど やっぱり知識として覚えることのほうが多いです」
しかし彼女自身はこの仕事に誇りを持って熱心に取り組んでます。
あたりに咲く花の名前や特徴を嬉しそうな表情で話し
テラスに移動した後は紅茶を振る舞うなど健気な姿を見せてくれます。
私が聴いた時の第一印象も「花のように可憐な女性」でした。

しかし彼女にはヤンデレという特殊な性格が備わってます。
これまで辛い人生を歩んできたそうで男性に優しくされたことがほとんどありません。
だから自分を気遣う彼が本気で愛情を抱いてると勘違いします。
エッチの最中に「好き」と何度も言うのも相まって多少重く感じる人がいるでしょう。

ただし、自分の言う通りにならなかったら危害を加えるなど行き過ぎた描写はありません。
特殊な毒を盛って体の動きを封じる程度でエッチ自体はかなり甘くまったりしてます。
DreamLightさんは元々癒しを得意とされてるサークルさんですから、それよりも若干暗くしてる程度です。
終わり方もあっさりしてますし、主役ではなく作品を特徴づける脇役として用いてます。

エッチについては「舐め」に力を入れてます。
前半は耳元至近距離で舌を動かしながら熱っぽい吐息を漏らし
後半に入ると中央からじゅるじゅるとやや泡立った水音を一心不乱に鳴らします。
彼女の清楚なイメージを重視したのか、全体的に責めるペースをゆっくりめに定め
その代わり個々のリアリティを追求することでエロさを出してます。

射精シーンが1回しかありませんから
焦らしとは違うやり方で少しずつ興奮と性感を高めていく流れです。
彼を喜ばせようと一生懸命頑張る姿にグッと来るのではないでしょうか。

ちょっぴりヤンデレな女性が主にお口を使って男性に奉仕する。
キャラとプレイの両方に特徴を持たせた純愛系の作品です。
愛を込めて舐めるエッチ
エッチシーンは2パート33分30秒間。
プレイは耳舐め、首筋舐め、手コキ、フェラです。
手コキの際に効果音が鳴ります(無いバージョンは入ってません)。

「ほんの 少しでいいんです 私のものに なって?」
とある植物を使って主人公の体を一時的に麻痺させると
リーリエは近くに寄り添い左右の耳や首筋を丹念に舐めます。

エッチは無抵抗な彼を彼女が責め続けます。
前半の「エンジェルトランペット」でするのは耳舐めと首筋舐め(約16分30秒)。
これまでのやり取りで彼に特別な感情を抱いた彼女が
その想いを伝えようと一心不乱にご奉仕します。

彼女は軽度のヤンデレですからそこまで強引なことはやりません。
パートをほぼ半々に分けて左右交互に舐め続けます。
バイノーラル録音なだけあって音の質感が良く、舐めるたびに微かな振動が耳に伝わってきます。
合間に吐息を多めに挟んでくるのもリアリティの向上に役立ってます。

「好き だーい好き 全部私のものにしたい」
最中のセリフは「好き」が圧倒的に多いです。
しばらく無言で舐め続け、口を離した時に何度も言うのを繰り返します。
男性との付き合いがほとんどないのかやや不器用に感じました。
でも彼女なりに一生懸命やってる感じが伝わってきて聴けば聴くほど心が満たされます。
癒しつつ気持ちよくするプレイだなと。

続く「貴方は全部私のもの」はターゲットをおちんちんに変えて尽くします(約17分)。
おちんちんがすっかりカウパーまみれになってるのを確認してから
それを潤滑油代わりにしてしばらくしごき、十分元気にした後は口を使って射精へ導きます。

「シコ シコってするたびに あなたの吐息が聞こえるの 幸せ」
完全女性上位のプレイですがM性を感じる描写は一切なく
嬉しそうな表情で好きな人の大事な部分をゆっくり慈しみます。
「きゅぷっ」とやや泡立った水音が結構エロく、シーンによって若干動きを変えてくるのでリアルです。
激しく責められないからこそプレイの表現にこだわってます。

最後のフェラは開始直後からおちんちんを咥え込み
サイズが大きいのかやや苦しそうな声を漏らしながらしゃぶり続けます。
個人的にはもう少し荒々しく責めたほうが必死さが出て彼女に合ってるとも思うのですが
これまでまったり責め続けてきたことを踏まえて統一感を出したかったのかもしれません。
フィニッシュも口でしっかり受け止め飲み干すなど愛を感じる要素が多いです。

このように、ヤンデレっぽさを極力ぼかした甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
一途な作品
ヤンデレよりもちょっぴり重い純愛ストーリーと呼ぶのが妥当な作品です。

リーリエは宝珠屋敷にまつわる噂を聞きつけてやって来た主人公を守ろうと
庭園を案内しながらしきりに好意をアピールします。
そして2人きりになれる場所へ移動したあとは主にお口で気持ちよくします。

可憐な女性が一途にご奉仕するラブラブなシチュ
耳やおちんちんを舌と唇でまったり責める穏やかなエッチ
その中に垣間見える多少のヤンデレっぽさ。
彼女が背負ってるものをある程度反映させた物語が楽しめます。

「いつでも あなたが私のところに帰って来てくれるのを 待ってますから」
タイトルの最初にヤンデレがついてるから「結構重い作品なのかな?」と思って聴きました。
でも実際はおまけと言っても差し支えないレベルにまで軽くしてあります。
聴きやすさの面では確かにプラスに働いてるのですけど
結果的に作品としての個性が弱くなってるかなぁという印象です。

せめてもうひとつくらいヤンデレっぽさを感じる要素があればよかったのでしょうが…。
サークルさんが売りとして掲げるからにはもっと思い切ったことをして欲しかったです。
残念ながら今のままでは普段の作品とさほど違いが見られません。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

エッチはよくできてるけどテーマを活かしきれてないと判断し
今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木 朱莉さん
総時間 1:00:06

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2021年2月4日まで40%OFFの528円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「ドレッド」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公のことを病的に愛してるヤンデレ彼女が
彼を監禁、拘束してからオナサポで自分の魅力をアピールします。

ヤンデレらしさを出しながら色んなオナニーをするのが特徴で
通常のオナニー、乳首オナニー、床オナニーをパートによって切り替え
その前後最中に重さを感じるセリフを入れて彼女の病みっぷりを表現します。

シュシュなど手を拘束できるものがあれがより楽しめます(無しでも可)。
心も体も縛ってあげる
彼女の指示に従ってオナニーするお話。

「ねえ。ねーえ。起きてるんでしょ?」
彼女は甘く可愛い声の女の子。
真っ暗な場所で手足を縛られてる主人公に声をかけると
こうなった事情を説明してから自分たちの未来について話します。

本作品は好きな人のことになると周りが見えなくなるヤンデレな彼女が
他の女性と気さくに話してた彼を密室に監禁してからエッチします。
彼女は貞操観念が非常に強く、結婚するまでSEXはおろかキスすらしてはいけないと考えてます。
そのため今回も彼との接触をできるだけ避けたうえで心をがっちり掴もうとします。

「ここで、ふたりきりで、死ぬまで一緒に過ごそうね?」
自分への接し方がよそよそしいのを察して誰にも邪魔されない場所へ連れていき
そこで手足を縛ってから一生ここにいようと詰め寄ります。
普段は無邪気な印象ですが、彼が自分の言う通りにならないと態度が変わるヤバさも秘めてます。
痛みや苦しみを与えるシーンはないもののヤンデレを匂わせるセリフが数多く登場します。

2人の仲が上手くいってないのは彼女の性格やガードの硬さが原因ではないでしょうか。
そんな事情を考慮せず、彼を強引に屈服させようとするあたりにヤンデレっぷりがよく出てます。
病んでる時は声のトーンが一気に下がり早口になるのでわかりやすいです。

エッチについては耳舐め、床オナ、乳首オナニー、通常のオナニーと
オナサポ色を強くして彼女が様々な指示を出してきます。
タイトルの「めちゃくちゃにされる」からハードなプレイを予想する人もいるでしょうけど
責めるペースはどのパートも緩めに設定されてますし射精も最後に1回するだけです。

これはエッチのことではなく、彼の人生が滅茶苦茶になることを指してるのではないかなと。
快楽を餌に彼を徐々に追い詰めて自分から逃げられなくします。
オナサポは割と丁寧なので属性が合うなら普通に抜けるでしょう。

ヤンデレっぽさを前面に押し出した作りとオナサポ重視のエッチ。
キャラで心を、プレイで体を責めるM向けの作品です。
重たい愛を伝えるエッチ
エッチシーンは4パート42分間。
プレイは耳舐め、床オナニー、乳首オナニー、おちんちんオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあ、興奮するところから、わたしが手伝ってあげる」
パンツ1枚の主人公に体を密着させその温もりを楽しんだ彼女は
おちんちんが全然大きくなってないことに気づき耳舐めで応援します。

エッチは抵抗できない彼に様々な指示を出して追い込みます。
最初の3パート23分間は彼女の特徴を出しつつ優しめに責めるシーン。
「02_耳舐め」は耳舐め、「03_床オナニー&言葉責め」は床オナ
「04_乳首オナニー」は乳首オナニーとやることを変えて興奮を高めます。
乳首オナニーを始める直前に手の拘束だけ解除されます。

「すき すきすきすき すきすきすきすきすきすきすき」
「ねえ。もしかしたら、って思ってたんだけどね? ひょっとしてキミって…… 意地悪されるの、好きなの?」

そして彼女は早速ヤンデレなところを発揮します。
彼の耳をねっとりしたちゅぱ音を鳴らしながら「好き」を多めに言ったり
彼がMなことを知ると嬉しそうな表情でそれに合ったプレイを指示します。
そして彼の手を拘束してるシュシュを外したら大変なことになると脅します。

彼が別段抵抗しないので彼女が暴走することはないですけど
それでも言葉や態度の端々から自分の言いなりにしようとする意志が窺えます。
指示に従わないとすぐさま冷たくなりますし、ヤンデレのイメージに相応しい行動を取ります。

「挟んだままじゃなくって、ふっと力を抜いてー、また……きゅっ。緩めて、挟んで。何度もそうやって、たまーにちょっと強めに挟んだりして」
プレイについては耳舐め6分、床オナ7分、乳首オナニー10分といずれも短めです。
しかしオナニーの指示は丁寧で変化に富んでます。
例えば乳首オナニーは乳首全体を手のひらで覆い上下するところから始まり
ある程度硬くなったら2本の指で挟む、指先で優しく触れる、そのまま押し込む
唾液を指にまとわせてこねると色んな責めが登場します。

欲を言うなら今の倍くらい時間が欲しかったです。
やってることは良いのだけど詰め込み過ぎてて慌ただしく感じました。

単体で最も長いのは最後の「05_寸止めオナニー&絶頂」(約19分)。
彼の恥ずかしい姿を見て我慢できなくなった彼女がいよいよおちんちんオナニーを解禁します。

「やっぱりオナニーするとき、その……オカズにするのって、わたし……だよね?」
ここでも自分だけを見てほしい気持ちを彼にはっきり伝え
それが感じられなかったら意地悪する飴と鞭を織り交ぜたリードをします。
シコシコボイスや効果音は特に鳴らさず、プレイを変える時だけ指示する緩いスタイルです。
そして最中に寸止めを挟んで気持ちよく射精できる態勢を整えます。

今までが割とソフトだったからこそ、ここを聴いた時は一気に気持ちよくなれました。
プレイの開始、停止、射精以外はほぼ自由にオナニーできるのが大きいです。
ヤンデレ要素もちゃんと入ってますし、彼女に屈服させるためのプレイに仕上がってます。

このように、体への接触をできるだけせずに重たい愛を伝える彼女らしいエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のオナサポ作品
プレイに力を入れることが多いオナサポの中では珍しいタイプの作品です。

彼女は現在付き合ってるけど関係が危うい主人公を改めてモノにしようと
誰にも邪魔されない場所へ監禁してからオナサポ形式のエッチをします。
そしてその最中に彼への愛をヤンデレらしいやり方で伝えて逃げられないことを教えます。

独占欲と貞操観念の強い女の子が彼氏を監禁しオナニーさせるM向けのシチュ
3種類のオナニーを順に繰り出し射精へ持っていく幅広いエッチ
彼よりも自分の欲望を優先してこれらを行う彼女のキャラ。
オナサポは割と普通に行い彼女のセリフや態度で個性を出してます。

ヤンデレを扱った作品の中ではかなり聴きやすいほうだと思います。
嫌がる彼と無理矢理SEXし中出しさせるといった過激な描写はありません。
その代わり様々なセリフや指示を通じて心と体を縛り付けます。
彼にとってはバッドエンドになりますし、ちゃんとタイトル通りのことをしてます。

エッチは指示をきめ細かくする系統のオナサポでやりやすいです。
乳首の開発具合で気持ちよさに多少の差は出るでしょうけど
終盤に長めの時間を取って普通のオナニーをするので物足りなくなる可能性は低いです。
それよりもヤンデレを受け入れられるかどうかが大きな鍵になります。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:09:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月30日まで90%OFFの110円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、自分だけの監獄を持ってる謎の女の子が
そこに捕らえられた年上の男性をエッチな手段で躾けます。

キャラとプレイの両方にギャップを持たせてるのが特徴で
前者は穏やかな態度で囁きながらじっくり時間をかけて自分のおもちゃに変え
後者は序盤から中盤は焦らし&寸止め、終盤はノンストップの連続射精へと追い込みます。
身も心もモノにしたくて
監獄少女さやねがおじさんと色んなエッチをするお話。

「あれぇ? どうしたの? おじさん」
さやねは明るくて無邪気な声の女の子。
監獄からの脱出に失敗した主人公に無駄だと言うと
ここや彼の今の境遇を簡単に説明します。

本作品は何らかの事情でこの監獄を管理してる彼女が
好意を抱いてる彼を捕まえ140分程度に渡ってゆっくりじっくり弄びます。
彼女が常に「おじさん」と呼ぶことや、ホームレスを匂わせる描写があることから
彼はおそらく天涯孤独の身なのでしょう。
そんな事情を踏まえて彼女はここで彼を養うために調教じみたプレイをします。

「こうやって おじさんを閉じ込めて 自由を奪って 鎖で繋いで動けなくして さやねのことしか考えられなくしてるのは おじさんのことが気に入ったからなんだよ」
最初から彼に良い感情を抱いてることをはっきり伝えたうえで
外へ出さない代わりに耳、乳首、おちんちんをねっとり責めて気持ちよくします。
上下関係は割とはっきりさせますけど、密着したまま囁くシーンが非常に多いため
監禁されてるとは思えないほど雰囲気は穏やかです。

彼女がなぜここまで彼の面倒を見たがるのかはよくわかりませんけど
彼と一緒にいたいという強い気持ちがあるのは事実です。
ただし、彼よりも自分の意志を優先するところがあるのでヤンデレに近いキャラと私は見てます。

プレイについては密着してる状況を活かして耳舐めや息吹きを小まめに挟み
彼が屈服する中盤までは射精をひたすら禁止します。
そして終盤は時間の限り責め続けて精液を搾り取るスタイルに一変します。

焦らし&寸止め、連続射精いずれもハード路線なので属性はM~ドMが丁度良さそうです。
実際にやってみたら体にかなりの負担がかかると思われます。
耳舐めは頻度は多いですけど5秒くらい舐めてから長めに話すのを繰り返す形になっており
全パート合計しても15分程度とおまけに近い位置づけです。
言葉責めよりも状況説明のセリフが多く、プレイの様子をイメージしやすくなってます。

穏やかな態度で重めの愛情を注ぐ彼女のキャラと落差の大きいエッチ。
監獄のイメージを大事にしつつ多少の甘さを持たせた独特なシチュの作品です。
じわじわと追い込むエッチ
エッチシーンは8パート96分間。
プレイは耳舐め、おちんちんの根元を縛る、手コキ、乳首舐め、フェラ、パイズリ、クンニ、SEX(騎乗位)、潮吹きです。
手コキ、パイズリ、クンニ、SEX、潮吹き、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ おじさんの期待に応えて 早速 おじさんのことをいじめてあげるね」
次の日の朝、主人公が入ってる監獄に再びやって来たさやねは
「怖いことはしない」と伝えたうえでエッチな悪戯を始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の4パート51分間は彼の心を突き崩すことを目指したプレイ。
トラック2はソフトな耳責め(約14分)、トラック3は耳舐め&息吹き(約13分)
トラック4は耳舐め手コキ(約13分)、トラック5は乳首舐め&フェラ(約11分)と
後になるほど踏み込んだものを繰り出します。

DLsiteの販売ページにはトラックや時間の構成が一切書かれてないので
本レビューの最下部、追記部分に記載しておきました。
そちらを事前に見ておいたほうが流れを掴みやすいかもしれません。

「そのうち お耳だけでも おじさんが射精できるように 躾けちゃおっかなー」
この時点の彼は彼女に対して反抗的な態度を取っており
彼女もどちらかと言えば飴よりも鞭の割合を多くして脱走を諦めさせようとします。
トラック2と3はおちんちんに指一本触れずに生殺し状態へ持っていき
いじり始めた後も射精だけは絶対に食い止め、自分に従えば出させてあげると言います。

体重視の快楽責めとでも言いましょうか。
男性が持つ射精への欲求を爆発させない程度にくすぐっててなかなか巧妙です。
耳舐めはほんの少しやってしゃべるシーンが多くエロさ控えめでした。

2人の関係が大きく変わるのはトラック6から(約14分)。
数日後の朝、朝食を持ってきたさやねが彼の勃起に気づき耳舐め手コキをプレゼントします。

「やっと言えたね これでもう おじさんは さやねのものだからね」
このへんまで来ると彼も相当に参ってるらしく
彼女の再度の呼びかけに応じてとうとうここで暮らすことを決心します。
それを聞いた時に見せる彼女の嬉しそうな表情が印象的でした。
そして今まで我慢し続けた彼の頑張りに応えてようやく射精の許可を出します。

1時間以上も焦らしに焦らした後の射精シーンだったので
実際に迎えた時は腰が軽く抜けるような快感が襲ってきました。
射精後にお掃除フェラで精液を舐め取る彼女の姿も愛らしいです。

しかし彼女は病的な愛情を持ってるキャラですからこれでおしまいではありません。
ここからはペットあるいはおもちゃとしての過酷な生活が始まります。

「ふふっ おじさん そんなにじっと見つめて やっぱりおっぱい好きなんだね」
「もしかして もう出せないなんて言うつもり?」

自分からおっぱいやおまんこを見せつけて彼のやる気を出しつつ
トラック7はパイズリで1回(約8分)、トラック8はSEXで2回(約11分)
トラック9は耳舐め手コキで2回の絶頂へと追い込みます(約12分)。
最中のセリフも彼が従順な時とそうでない時で落差が大きいです。

トラック2~5はパートごとに日付が変わるのに対し
トラック6~9はすべて同じ日に行ってる
ところにもハードさを感じます。
今までと同じく穏やかな態度で精液を根こそぎ搾り取ろうとする姿がヤンデレらしいなと。

このように、じっくり溜めてから精魂尽き果てるまで吐き出させるハードなエッチが繰り広げられてます。
ギャップが魅力の作品
穏やかな雰囲気で割とえげつないことをする作品です。

さやねは一定以上の愛情を抱いてる主人公を監獄の住人にしようと
多くのシーンで密着し囁きながらまずは射精をとことん制限して悶えさせます。
そして彼の気持ちが変わった後は一転して連続射精へ追い込みます。

声は可愛いけど性格はドSな女の子がおじさんをエッチに弄ぶM向けのシチュ
序盤から中盤は焦らしと寸止め、終盤は連続射精を主体にしたエッチ
囁き声で話しかけながらハードに責めて心を折ろうとする彼女のキャラ。
キャラとプレイの両方にふたつの顔を持たせ、シーンによって変化させます。

中でも2番目は途中まで聴いた段階では「随分生ぬるいなぁ」と思ってただけに
トラック7以降から始まるノンストップの連続射精がより際立ってました。
最後の1回だけは彼が潮吹きするなど、その過酷さを聴き手に伝える工夫もされてます。
耳舐めは弱いですけどおちんちんへの責めはハードなので実用性はそれなりです。

気になった点は彼女や彼のことが結局何もわからなかったことと耳舐めです。
前者は彼が監禁されてるところからスタートし、一通りエッチしたらそのまま終わりを迎えます。
私はてっきり最終パートで色々明らかになると思ってたものですから残念ですね。
もうちょっと後味が良くなるように物語を組み立ててほしかったです。

もうひとつの耳舐めは口を少しつけたらすぐセリフを言う感じで正直中途半端でした。
しゃべる時と舐める時ではっきり分けたほうがいいんじゃないかなと。

絶頂シーンは6回(射精5回、潮吹き1回)。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえてこちらの点数とさせていただきました。
囁き主体のM向け作品が好きな人には特におすすめします。

CV:結姫うさぎさん
総時間 2:20:40

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月28日まで15%OFFの1122円で販売されてます。

パート構成と時間は以下の通りです。
トラック1 「監獄少女さやねちゃんに閉じ込められる」    10:15
トラック2 「監獄少女さやねちゃんの耳舐め焦らし」     17:53
トラック3 「監獄少女さやねちゃんの言葉攻め焦らし」    16:57
トラック4 「監獄少女さやねちゃんの耳舐め手こき」     15:35
トラック5 「監獄少女さやねちゃんの乳首舐めフェラ焦らし」 16:15
トラック6 「監獄少女さやねちゃんの朝立ちちんぽいじめ」  16:34
トラック7 「監獄少女さやねちゃんのパイズリ」       15:37
トラック8 「監獄少女さやねちゃんと騎乗位生えっち」main  15:16
トラック9 「監獄少女さやねちゃんの連続射精搾り」     16:16

【ローションガーゼプレイ】おやすみガール~ヒツジさん~【KU100ダミヘ収録】

サークル「お嬢さん堂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、獣人が現実世界のペットと同じように飼われてる世界で
羊型の女の子が大好きなご主人様にエッチなご奉仕をします。

耳舐めを多めに交えたエロ重視の作りが魅力で
催眠は時間、内容いずれも必要最低限に留め
その代わりエッチは2つのルートを用意し、それぞれで異なるプレイを繰り出します。

視聴前に以下のアイテムを用意しておくとより楽しめます(無しでも可 すべてヤンデレルートで使用)。
ローション、ストッキング、コックリング
可愛い羊娘ちゃんと
ペットのメイが催眠をかけてから色んなエッチをするお話。

「おかえりなさい! ご主人様」
メイは明るくて可憐な声の女の子。
帰宅した主人公を嬉しそうに迎え、今日何をしてたか話すと
すぐさま抱きつきお疲れ気味な彼を癒します。

本作品が技術の進化によって獣人を普通に飼えるようになった世界を舞台に
彼女がご主人様にあたる彼へ100分ほどの癒しとエッチなサービスをします。
同人音声、催眠音声どちらにもなるよう制作されたらしく
製品版には複数のルートが存在し、それぞれで彼女が違う顔を見せてくれます。

具体的には催眠をかけない同人音声ルート、催眠をかけた後にすぐさま寝かせる安眠ルート
催眠後に甘めのエッチをする快楽(健気)ルート、そして意地悪に責める快楽(ヤンデレ)ルートがあります。
一番長いルートでも60分程度で終わりますから全部聴くのはそれほど大変じゃありません。
同人音声ルートは内容を一部改変してあったりと、幅広い聴き手に対応できるよう作られてます。

「メイはご主人様のことが大好きなのに ここで待つことしかできない」
これらを行うメイは小動物的な可愛さを持つ一途な女性。
大好きな彼とずっと一緒にいたいけどそれができない状況をもどかしいと思いつつ
洗濯やお掃除を頑張って彼が安らげる環境を整えます。
そしてエッチに入ると普段よりもSっ気を見せて焦らし気味に責めます。

話し方もごく普通なところを見ると、人間とほぼ同じレベルの知能を持ってるようです。
エッチで意地悪にするのは彼がMだからであって悪意があるわけじゃありません。
好きな人を癒したい、満たしたいからする一種の愛情表現です。
言葉と行為の両方に強い想いが込められてて大事にされたい人ほど満足できます。

催眠はおよそ11分間。
横になって目を瞑り、深呼吸したりそのまま全身を脱力します。

「体が温かくなって 太ももの付け根の力が緩んでいくのを感じていてね」
普段よりも声のトーンが落ちて話すペースも緩やかになり
深呼吸の時は吐いた時にのみリラックスする暗示を入れ
脱力は中枢から末端にかけて感覚を伝播させる流れで進めます。

現役のヒプノセラピストさんが制作されてるだけあって暗示の表現が柔らかく
穏やかな声も相まって聞けば聞くほどホッとします。
途中で羊らしさを感じるイメージを軽く盛り込むなど
短い時間でやることを絞り込み、それを重点的にやってスムーズに深化させます。

リラックスに特化した非常にシンプルな催眠です。
仕事で疲れてる彼を癒やすことを目的に
深呼吸から入って手足と頭に限定した分割弛緩法、そして催眠を深めるキーワードの設定と
催眠音声では王道の技法を作品に合わせて若干アレンジしてます。

時間がかなり短いため中上級者向けだと思いますが
やってる事は理に適ってるし、リラックスしやすいアプローチがされてて結構癒されます。
サークルさんの過去作を視聴済みの方はより入りやすくなるでしょう。
愛を込めて焦らすエッチ
エッチシーンは5パート55分間。
プレイは耳舐め、乳首責め(乳首オナニー)、オナニー、おちんちんをつつく、ローションガーゼプレイ、SEX(騎乗位)、おちんちんの根本を縛るです。

ローションガーゼプレイ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
エッチの序盤でパンツを脱ぐ指示が出ます。

「ねぇご主人様 いつもみたいに 頭撫で撫でと キスさせて欲しいな」
催眠を使って主人公を心地いい感覚で包み込んだメイは
体を愛撫しながら耳を舐めてそれをエッチな気分に変換します。

エッチは常に彼女がリードします。
一番最初の「04_ご主人様にご奉仕を?」は共通パート(約15分)。
頭を撫でたりキスして軽く親睦を深めてから
左右の耳をほぼ同じバランスで片方ずつ舐め続けます。

「こうやって耳を舐められていると 頭の奥まで メイの息遣いと水音が響いちゃう」
本作品のエッチは耳舐めにとても力を入れてまして
全パート合計するとエッチシーンの76%にあたる42分もあります。

標準くらいのペースで粘っこいちゅぱ音を鳴らすことが多く
催眠音声の中では純粋なエロさが比較的高くなってます。
舐めるだけだと催眠になりませんから、上のような暗示を挟んでコントロールすることを心がけてます。

ルート分岐が始まるのはその次から
快楽(健気)ルートにあたる「05-1_我慢ゲーム」は耳舐め+オナニー(約13分)
快楽(ヤンデレ)ルートの「05-2_我慢ゲーム上級」は耳舐め+ローションガーゼプレイをします(約8分)。

ローションガーゼプレイはローションとストッキングを使って
ぬめりを良くしてからストッキングで亀頭を包み込み、左右へ擦るプレイを意味します。
私はストッキングを持ってないのでできなかったのですが
内容を聞いただけでも亀頭がひりひりしそうな痛気持ちいいプレイです。
実際にやる場合はくれぐれもご注意ください。

「ほら 頭の中まで犯されていく 止めようと思っても メイが許してあげるまで止められない」
両ルートに共通してるのは彼女がやや意地悪に振る舞うこと。
射精をしたくなっても「許可を出すまでダメ」と言い、暗示も挟んで心身を焦らし続けます。
2人はエッチを過去に何度もやってるそうですから、それを通じてこういうプレイにたどり着いたのでしょう。
主人公が嫌がることは一切なく、同意の上でやってるのがわかります。

終盤の2パート19分間はお待ちかねの射精シーン。
「06_ご主人様すごーい!」はほぼノーマル向けの甘いSEX
「07_悪い子にはお仕置き」はおちんちんの根本を縛ってからやや意地悪なSEXをします。

「ご主人様が気持ちよくなるために メイなんでもするから」
そしてここでは彼女の健気さ、彼に対する愛情の深さをストレートに伝えます。
暗示と呼べるセリフがほとんどない代わりに吐息に近い喘ぎ声を漏らし
さらに「大好き」などあまあまな言葉を何度も投げかけて幸せな射精に導きます。
聴いた感じではほぼ同人音声のエッチですね。

催眠色がかなり薄くなってるところが残念ですが
本作品は同人と催眠のハイブリッドを目指してるようですから、敢えてこうしたと見ることもできます。
オナニーはしませんが射精シーンがあるので直接いじったほうが気持ちよくなれるでしょう。
最後はなんだかんだで優しくしてくれるところが彼女らしいです。

このように、彼のM性癖に合わせた焦らし系のエッチが繰り広げられてます。
愛情深い作品
主従の絆をエロ重視で描いたイチャラブ系作品です。

メイは自分を家族にしてくれた主人公に少しでも恩返ししようと
ペットよりも恋人あるいは嫁に近い距離感であれこれお世話します。
そしてエッチに入ると立場をわざと逆転させて彼のM心をくすぐります。

一途でちょっぴりヤンデレなところもある女の子がひたすら尽くす純愛系のシチュ
時間を極力切り詰めて誘導するコンパクトな催眠
複数のルートを用意し、それぞれで異なるプレイをする充実したエッチ。
催眠よりもエッチにずっと力を入れて作品を組み立ててます。

中でもエッチは全体を通じて焦らし気味に進め、耳舐めを多く盛り込み
さらにローションガーゼプレイという独特なものまであって随分攻めてます。
お嬢さん堂さんは確か中の人が女性のはずですから、通常ですと内容がソフトになる傾向が強いです。
しかし本作品に限って言えば男性が制作したものに負けない個性とエロさを持ってます。

ただできることならもう少し催眠の技術で気持ちよくして欲しかったなぁと。
催眠音声はやはり催眠を使ってなんぼですから
エッチシーンでその純度が落ちてる点は首を捻ります。
例えば絶頂するパートの片方を催眠重視にしてたら随分印象が変わったでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:43:54

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月16日まで20%OFFの950円で販売されてます。

2019年9月30日までに製品を購入しレビューした人の中から
抽選で1名に陽向葵ゅかさんのサイン色紙が当たるそうです。

文学少女と筆おろし〜センパイのすべて、見せて下さい〜

サークル「ちょこうさぎ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、小説のような恋愛に憧れてる純情な後輩が
同じ文学サークルの先輩を相手にあまあまなエッチをします。

後になるほどハードかつアブノーマルなプレイに変化するのが特徴で
序盤は彼の気持ちを確かめながらソフトに責めてたのが
筆おろしをしたあたりからスイッチが入り、終盤は拘束したままアナルを責めるようになります。
ヤンデレ気味な文学少女と
文学サークルの後輩と恋人になりエッチするお話。

「ふぅ あっ 先輩? いつからそこにいたんですか?」
後輩は清楚で穏やかな声の女の子。
主人公に貸してもらった本を読んでるところへ彼が来たことに気づくと
それを返し嬉しそうな表情で感想を言います。

本作品は現実世界よりもドラマチックな恋に憧れてる彼女が
ずっと好意を寄せてた彼とお互いの気持ちを確認してから80分近くに渡るエッチをします。
物語の開始時点で2人はまだ付き合ってないものの
サークル活動の最中にお互いを意識してた=相思相愛のためイチャラブ色が強く
エッチの序盤に告白を済ませたらどんどんディープなプレイに突き進みます。

「先輩 それじゃあ こういうことも したことないですよね?」
そして彼女は至るところでエッチの経験がない彼を優しくリードします。
ちょっとしたことで恥ずかしがる彼に「可愛い」と言って抱きつき
胸を近づけて心音を聞かせ、さらに耳元至近距離から熱っぽい吐息を漏らすなど
彼女がすぐ近くにいる雰囲気を出しながら筆おろしに持っていきます。

SEXの際に彼女が痛がらないところを見るとおそらく経験済みなのでしょう。
年上なのに童貞な彼を見下したりせず、むしろ初めての相手になれたことをとても喜びます。
彼女の内面も描きながら進めるので一方的に責める作品よりも感情移入しやすく感じるでしょう。

しかし彼女には「独占欲が非常に強い」という厄介な特徴もあります。
それを踏まえてエッチの中盤頃からヤンデレを匂わせる描写が出始めます。
SEXの最後で妊娠覚悟の中出しを求める、目隠し&拘束したままアナルを責める
他の女性に目移りしないよう釘を刺すといった行為にそれが現れてます。

彼女は文学少女ですから現実世界でも本のような結末を追い求めてるのでしょう。
付き合い始めたばかりの男性にここまでするのはその気持ちの裏返しです。
ちょこうさぎさんは元々ノーマル寄りのサークルさんなので重さはそれほどありません
この手のシチュに余程苦手意識を持ってる人でもない限り普通に聴けると思います。

夢見がちな少女が大好きな男性に色んな初体験を与え、モノにする。
王道の純愛ストーリーに若干イレギュラーな要素を盛り込んだキャラ重視の作品です。
どんどんエスカレートするエッチ
エッチシーンは6パート73分間。
プレイはハグ、耳舐め、キス、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位、正常位)、アナル責めです。
手コキ、SEX、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「先輩 ごめんなさい 少し強引なことをしますね」
主人公とエッチしたいことを遠回しに告げた後輩は
了承を得てから彼の家に移動し、そこで優しく抱きしめます。

エッチは経験者の彼女が終始リードします。
最初の2パート24分間はイチャラブ感を前面に押し出したプレイ。
「02_先輩の耳…かわいい♪」はハグ、耳舐め、キスで彼の緊張を解きほぐし
「03_私…知ってます。先輩が部室で…」は密着しながらの手コキで1回目の射精に導きます。

「先輩 キスがいいなら もっと先のこと してもいいですよね?」
彼女は快楽目当てではなく恋愛の延長としてのエッチを求めており
プレイの最中に彼の気持ちを確認しながらゆっくり進めます。
初めてのキスも事前に目を閉じさせて「これからしますよ」と合図を出しますし
好きな人を大事にしようとする純愛作品らしいリードと言えます。

プレイ自体はどちらもソフトなので抜きに役立つかは微妙なところなのですが
彼女が耳元へ来るたびに熱っぽい吐息が漏れて臨場感が高いです。
本作品のテーマは「初体験」ですからまずは雰囲気作りに力を入れてます。

中盤の2パート24分間はタイトルにもなってる筆おろし。
「04_まだ…デキますよね?」は騎乗位、「05_ナカで…出しちゃいましたね?」は正常位と体位を変えて
合計3回の中出しを決めます。

「あぁっ 奥 一番奥に おちんちん当たるぅ」
「おちんぽぉ 先輩のおちんぽが 私のおまんこ 滅茶苦茶にしてくれてる」

挿入開始から完了までに3分もの時間をかけてゆっくり描写し
さらにピストンが始まったらやや下品な淫語を言うようになるなど
このあたりから彼女が元々持ってる積極性が露わになります。
騎乗位のピストン音が小さいのは残念ですが、吐息と喘ぎ声が艶かしくなかなかのエロさを誇ります。

彼のために尽くす姿勢で接してたのが、筆おろしを境に自分の欲望も満たす方針へと変わるわけです。
正常位パートで最初の連続射精をさせるのがそのいい例です。
暴走とまでは言いませんけど、イチャラブ系のエッチとは明らかに違う要素を盛り込んでます。

終盤の2パート25分間はアブノーマル路線のプレイ。
「06_壊れちゃっても愛してあげます。」は目隠し&拘束からの3点責め
「07_そして…」は彼女がアナルにローターを挿したまま正常位で繋がり2人の愛を確かめます。

「ケツマンコいじられながら おちんぽからミルク漏らすの とっても気持ちいいですよ」
06は耳、おちんちん、アナルを同時に責める本作品でもっとも濃いパートです。
ですが彼女の声と態度は今までと同じで柔らかく
彼に新しい快感の扉を開かせようとする意味合いが強いです。
アナルを取り入れたのは初体験と彼女の想いの強さを表現したかったのではないかなと。
彼も別段辛そうな表情を見せませんし、2人が普通の恋人からより踏み込んだ関係に変化したのが窺えます。

ですが付き合ったその日にここまでやるのはさすがに性急なので
この2パートはおまけ扱いにしたほうが良かったかもしれません。
例えば半年後の2人がどうなったのかを描いたということならこの内容でもしっくりきます。

05までを本編にしておけばタイトルの「文学少女と筆おろし」を押さえたところで締められますしね。
プレイは良いんだけどそれ以前のパートとの繋がり具合に引っかかるものを感じました。

このように、後になるほどハードさと変態性が増すやや変わったエッチが繰り広げられてます。
ややアブノーマルな純愛作品
イチャラブ感を出しつつ多少行き過ぎたこともする作品です。

後輩は好意を寄せてた主人公と記憶に残る初エッチをしようと
2人きりになれる場所へ移動してから一歩ずつステップアップする形で童貞を奪います。
そしてその後は連続射精やアナル責めといったアブノーマルなプレイを盛り込み自分の欲望も満たします。

一途で清純な文学少女と初体験を楽しむ甘めのシチュ
序盤は心の距離を縮め、中盤は筆おろしし、終盤は変わったことに挑戦する流れのあるエッチ
それが進むほど自分の欲望に素直になる彼女のキャラ。
純愛系初エッチの要所を押さえつつ、そこではあまり見られない要素も盛り込み個性を出してます。

「まだ こんなに出るぅ 先輩 もぅ エッチなんですから でも でも…可愛い」
彼女は物語の開始直後から彼にべた惚れでエッチの最中は常に幸せそうな表情を見せます。
おちんちんを見た時はうっとりした声を漏らし、精液の量と勢いを褒め称え
中出しされた後は呼吸を整えながらおまんこ内の熱と感触を楽しみます。

拘束とかアナル責めをするのも親切心によるもので悪意はまったくありません。
「私はこんなこともできるのよ」と自分の魅力をアピールしてるように映りました。
彼が浮気して修羅場になることもありませんし、多少刺激を強くしたあたりに留まってます。

エッチは序盤を聴いた時点では「会話量が多すぎてテンポが悪いかなぁ」と思ってたのですが
筆おろしが始まった頃からエッチをメインに描くようになりエロさが一気に上がります。
終盤は人を選ぶところがあるでしょうから、やはり中盤のSEXシーンが一番の抜き場かなと。
彼女が何度も「可愛い」と言ってくるのでそういうのが好きな人にもおすすめします。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「08_先輩の耳…お掃除させてください♪」です。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:07:06(本編…1:49:57 おまけ…17:09)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月16日の24時まで20%OFFの777円で販売されてます。

【催眠音声】兄さまと私のらぶらぶ耳舐め逆乳首責めえっち

サークル「ひぷのべあー」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、実の兄を心底愛してるヤンデレ気味な妹が
催眠を交えたあまあまなエッチで幸せな時間を過ごします。

彼女の一途さ、愛らしさを前面に押し出した純愛系のサービスが行われており
催眠はイメージを起点にリラックスや深化させつつ心の距離を縮め
エッチは前半と後半でスタイルを変えて心身をバランスよく温めます。
ヤンデレ要素は皆無ですから苦手な人でも普通に聴けるでしょう。
愛する兄さまのために
妹と催眠を交えたラブラブなエッチをするお話。

「あぁ 兄さま おかえりなさい どこに行ってたの?」
妹は甘く可愛い声の女の子。
帰宅した主人公にちょっぴり不機嫌そうな様子で声をかけると
自分を待たせた分、可愛がって欲しいと言います。

本作品は小さい頃に両親を失い、現在は病弱なせいであまり外に出られない彼女が
家を空けがちな彼に60分程度のエッチなサービスをします。
大きな屋敷に1人ぼっちでいることが多いため彼に対する愛情や依存心がとても強く
序盤から自分の気持ちを伝えながら心を込めて彼をもてなします。

「兄さまが望むなら 何だってしてあげる」
物語の開始前から肉体関係を結んでるのでエッチに対しても積極的ですし
今回のためにわざわざ催眠を勉強するほど健気な女性です。
ヤンデレなところも一応ありますが、それらしいセリフを少し言うだけで基本的にはあまあまです。
Sっ気を持って接するのも彼がドMだからですし、妹モノの純愛作品と捉えるのが妥当でしょう。

催眠13分、エッチ31分とボリュームだけを見れば後者を重視してますが
催眠のレベルは処女作とは思えないほど優れてます。
やってることは割とシンプルなんだけど、各要素の使い方や組み合わせ方がしっかりしてたり
目的を見据えた誘導をするといった細かな部分に光るものを持ってます。
エッチも前半は催眠重視ですし、ある程度催眠慣れしてる人なら入れるんじゃないかと思います。
イメージの海に漂いながら
催眠はおよそ13分。
ベッドに横になって目を瞑り、まずは目の前に広がる暗闇や体の感触を確かめます。
さらに深呼吸や脱力をして彼女の言葉を受け入れやすい状況を作ります。

「暗闇に体が触れると 触れたところから力が抜ける 力が抜けて リラックスする」
本作品の催眠はイメージ主体の誘導をしてまして
開始直後から暗闇を起点に体を脱力させたり浮遊感を与えます。
イメージが苦手な人にはややとっつきにくく感じるかもしれませんけど
使われてる素材はどれも大衆的なもので、何をしてるかわからないということはないです。

「ふわふわ ぷかぷか ふわふわ ぷかぷか 気持ちがいい」
多くのシーンで文頭に擬声語を置いて暗示を入れるのもポイント。
今の状況や伝えたい感覚を直感的に伝えつつセリフにリズムを持たせます。
他にも深呼吸の時だけ合図と暗示を分離して同時に言うなど
短時間の誘導をスムーズに行うための工夫がいくつもされてます。

後半シーンでするのは深化とエッチの準備。
暗闇の中に淡い光をイメージし、そこに吸い込まれていく感覚を味わいます。
そして光に触れた後はそこにいる彼女と手を繋いで温もりを感じます。

「優しくきらきらとした光が 兄さまに降り注ぐ 降り注いだ光は 暗闇と混ざり合って 兄さまに深く染み込む 深く 深く 染み込んでいく」 
「私の手から温もりを感じる 私の温もりが兄さまに伝わっていく」

前者は「深い」、後者は「温かい」とキーになる暗示を定め
それをセリフの中に忍び込ませて徐々に伝える丁寧なアプローチがされてます。
私が聴いた時もこのへんから体の熱や意識のぼやけが強くなるのを感じました。

深化の時間をもうちょっと長く取ったほうが入りやすいかなぁとも思いましたが
やり方自体はテーマ性があるし効果的と言えます。
例えば彼女と手を繋ぐシーンは純粋に温感を操作するのに加えて
エッチに向けて2人の心の距離を縮めることも意図してると私は見ています。

妹との仲を取り戻しつつ疲れを取り除く癒しに寄せた催眠です。
彼女との一体感を出すことを目的に、前半は暗闇のイメージを使って心身をリラックスさせ
後半は光のイメージを加えての深化&熱の上昇を行います。

ひぷのべあーさんは催眠音声初挑戦ということで聴く前は正直不安だったのですが
ある程度聴いた時点で色んなものが見えてきて逆に安心感を覚えました。
最初から最後までイメージを軸に据えてること、擬声語を上手く使ってること
催眠に明確な流れと目的意識があることなどが挙げられます。

処女作だととりあえず深呼吸して、脱力するみたいな作品を割と見かけるのですが
この作品はそういったものと明らかに違います。
イメージも前半の暗闇は落ち着きを与えるもの、後半の淡い光は温かさを連想させるものと
同時に入れる暗示との関連性を持たせてあって感心しました。
優しさと激しさが混在してるエッチ
エッチシーンは4パート31分間。
プレイは耳舐め、フェラ、手コキ、乳首責め、SEX(騎乗位)、キスです。

手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありませんが射精表現はあります。

「ねぇ 兄さまの耳 舐めていい?」
催眠を使って主人公の心身を温めた妹は
実際に耳を舐めながら暗示を入れてそれをエッチな熱に変換します。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の2パート16分間は催眠重視のプレイ。
「3.ちゅぱちゅぱ耳舐め」は耳舐め、「4.精液ぬきぬきフェラ」はフェラで彼にご奉仕します。

「私の唾液が 兄さまの耳に染み込んで 内側から気持ちよくしてるんだよ」
「口を使うのに催眠重視なの?」と思う人がきっといるでしょう。
そのへんは深呼吸の時に使った声をふたつに分ける演出で補ってます。
耳舐めの時は舐めてる側としゃべる側を左右に分け
フェラは中央に揃えつつちゅぱ音だけ鳴らす時間をある程度設けてバランスを取ってます。

耳舐めの時に吐息を多く挟んでるのがとても印象的でした。
これによってセリフ以外の要素でも熱が高まるように働きかけてます。
耳舐めは上品さを残した控えめな音、フェラは口をすぼめて貪りつくようなパワフルな音と
プレイによってちゅぱ音を明確に変えてあるおかげで音だけでも何をしてるかすぐわかります。

ちなみに本作品の絶頂シーンは2回あるのですが、そのいずれも主人公が射精する描写がされてます。
聴き手におちんちんをいじる指示は一切出ませんから、基本的にはドライを目指すことになるでしょう。
ただフェラやSEXは結構エロいのでオナニーしたくなる人も割といるんじゃないかなと。
そのへんはご自分に合った(=気持ちよくなれる)ほうを選んでいいと思います。

後半の2パート15分はイチャラブ感を大事にしてるシーン。
フェラで1回射精した彼を今度は乳首責めで再度やる気にさせ
最後は騎乗位SEXからの中出しで2人の絆をさらに深めます。

「指先で乳頭の輪郭をなぞるように すーり すーり」
「私の中 兄さまのおちんちんでいっぱい あっ あぁっ」

そしてここからは暗示よりも状況説明や喘ぎ声といった、同人音声のエッチで重視する要素の割合が上がります。
暗示をまったく入れないわけではありませんが、前半よりも明らかに減ってました。
「ぱんぱん」という弾力のある水音を鳴らしながら気持ちよさそうな声を上げる姿がエロ可愛いです。

彼女が催眠初挑戦ということで経験を考慮し催眠の割合をわざと下げたのかもしれません。
彼女の一途な気持ちや一体感はちゃんと出てるので特に問題ないと思います。
たぶんSEXパートはセルフで絶頂したほうが気持ちよくなれるでしょうね。

このように、前半と後半でやや色合いを変えてるラブラブなエッチが繰り広げられてます。
温もりを感じる作品
可愛い妹とあまあまなひと時を送れる純愛系の作品です。

妹はなかなか一緒にいられない主人公と幸せな時間を過ごそうと
まずは催眠で彼の疲れを取り除きながらすぐそばにいる雰囲気を出します。
そしてエッチは彼女がひたすらご奉仕して気持ちいい絶頂へ導きます。

一途でちょっぴりヤンデレな妹が実の兄にエッチな催眠をかける甘いシチュ
ふたつのイメージを繋ぎ合わせて催眠状態を深める癒し重視の催眠
パートごとにプレイを変え、エッチな声や音を鳴らしながら暗示を入れるバランスの取れたエッチ。
肉親特有の温かさをしっかり出したイチャラブ系の作品に仕上がってます。

「兄さま 気持ちよかった? そう…よかった 兄さまの幸せが 私の幸せだもん」
彼女は自分とあまり一緒にいてくれない彼を引き寄せようと一生懸命頑張ります。
この日のために催眠を勉強し、手を繋いで自分の近さと体温を伝え
エッチは近親相姦とかまったく考えず3つの性感帯を刺激します。

彼に育てられた経緯があり、かつ他の人と触れ合えない環境にあるため
彼の存在こそが自分の全てと考えてるのでしょう。
それでいてヤンデレに走らないのは彼のことを深く愛してるからだと思います。
サービスの至るところで重さを感じない程度の愛情を注いでくれるおかげで
胸のあたりにぽかぽかしたものを感じながら聴き終えることができました。

あとは催眠に色々と驚かされました。
既存の技術を表層的に用いるのではなく、各行為に意味を持たせて誘導してます。
時間が短いので誰でも入れるとはさすがに言いませんけど
慣れてる人なら中程度くらいまでは行けるだろうし、ついでに熱の上昇も感じると思います。
今後も制作を続けていけばもっともっと良いものが生まれそうで私はかなり期待してます。

絶頂シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

CV:みもりあいのさん
総時間 59:18

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ツキマトイ~座敷童と同棲おセックス~

サークル「ここどこ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、座敷童を名乗るとっても一途な女の子が
大好きな男性に耳かきやエッチをしながら自分の想いを伝えます。

後になるほどヤンデレ成分が強くなるのが大きな特徴で
耳かきやエッチの前半は甘さやイチャラブ感を強く出し
後半に入ると手錠をはめる、騎乗位SEXで子作りするといった多少重い要素が出てきます。
あなたとずっと一緒にいたいの
座敷童が耳かきとエッチをするお話。

「あっ…え、あれ えっと あの…見られたからには仕方ない」
座敷童はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
帰宅した主人公に偶然見つかり自己紹介すると
途中だった料理を再開し彼に食べてもらいます。

本作品は半年ほど前から彼のことをずっと見守ってきた彼女が
およそ90分に渡るエッチ重視のサービスをして親密になろうとします。
妖怪相手のエッチですがそれっぽい要素はほとんどなく
耳舐め、フェラ、SEXといったプレイをしながら想いの強さを適度にアピールします。

「あっ ほら ご飯も用意してたんだよ あなたのことを思いながら作ってみたの」
彼女は最初から好感度マックスの状態。
帰宅した彼に和風料理を作って食べさせ、今後は色んなお世話をしたいと言います。
やや重さを感じる部分があるものの、1回目のSEXをするあたりまではイチャラブ感が強いです。

しかし彼女はヤンデレの気質もそれなりに持っており
彼が自分の思い通りにならなそうな時は大胆な行動に出ます。
手錠をはめて逃げられなくしたり、既成事実を作るために中出しを求めるなど
痛みや苦しみを与えない範囲で彼を縛りつけようとします。

ソフト路線のヤンデレプレイですから、余程苦手な人でもない限り聴けるのではないかなと。
タイトルの「ツキマトイ」をサークルさん独自のさじ加減でエッチに表現してます。
彼女がなぜここまでのことをするかは聴いてのお楽しみとさせてください。

本作品で唯一の非エロサービスは耳かき(約14分)。
食事をとって安心した彼を膝枕へ招き、左耳→右耳の順にお掃除します。
使ってる器具は明言されてませんが耳かき棒と思われます。

耳かき棒は「ずしゅ」という乾いてて硬さのある音が使われており
短めのストロークで耳の壁を優しく擦るように動かします。
音の質感、動き、力加減がどれもしっかりしていて心地よかったです。

「いつもね してあげたいって思ってたんだ」
最中の座敷童はあまり話さず吐息だけを漏らしますから静かに感じるでしょう。
いきなりヤンデレなところを見せたら彼が引くと判断したのか
まずは癒し重視で進めて心をガッチリ掴みます。
すべてを捧げ求めるエッチ
エッチシーンは4パート57分間。
プレイはキス、耳舐め、指を使った耳責め、手コキ、SEX(正常位、騎乗位)、体の拘束、フェラ、クンニです。
服を脱がす、耳責め、手コキ、SEX、体の拘束の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あなたも 私のこと大好きなのね こんな素敵なことってあるんだね」
耳かきさせてくれたことを主人公に感謝し嬉しそうな表情を見せた座敷童は
そのまま彼の両耳を口と指で刺激しエッチな気分にします。

エッチは一部を除いて彼女がリードします。
前半の2パート30分間はほぼ恋人同士と言えるイチャラブ系のプレイ。
「3:耳舐め・耳愛撫」はキスの後に3分程度の間隔で左右を切り替えながら両耳を責め
「4:甘い正常位セックス」は軽い手コキを挟んでから正常位で繋がります。

「柔らかい唇 夢みたい 私あなたとキスしてる」
彼女はこうなることをずっと夢見てたのでしょう。
彼の唇や耳の感触を確かめながら自分の気持ちを素直に漏らします。
耳かきと同じく時間に対する会話量は少なめですが
しっとりしたちゅぱ音や優しく撫でる感じの耳責め音に想いが込められてます。
バイノーラル録音のおかげで耳に微弱な振動が伝わってきました。

続く正常位SEXも挿入した後少し動かさないでキスする
恋人繋ぎのまま後になるほどピストンのペースを上げるなど
2人の関係が知り合いから恋人に変化したことを実感させる要素を盛り込み甘さを出してます。
今まで以上に熱い吐息やエロ可愛い喘ぎ声も距離の近さが感じられて良いです。

彼女のヤンデレな部分が出始めるのはその後から。
あることを告白してから「6:監禁顔面騎乗オナニー」では拘束からの69を行い
「7:子作り騎乗位セックス」は名前の通り妊娠覚悟で彼を気持ちよく追い込みます。

「大丈夫だよ 私たち 上手くやっていけるよ」
露骨に怖いところは見せないものの、今までよりも声がやや無機質になったり
彼よりも自分の願いを優先させようとするところにヤンデレっぽさが出てます。
「6:監禁顔面騎乗オナニー」はフェラの後にお互いの性器を舐め合うのでオナニーはやりません。
たぶん彼の口を使っておまんこを気持ちよくする行為を彼女のオナニーに見立てたのだと思います。

「ねぇ ちゃんと愛してるって言って?」
最後の騎乗位SEXは効果音や喘ぎ声メインで進める中に
執念を感じる言葉やちょっとしたイベントを挟んで多少の重さを出してます。
彼がそこまで強い抵抗をしなかったところを見ると観念したのでしょう。
ヤンデレの中ではマイルドな描写に留めて聴きやすくしています。

このように、一途な女性とお互いのすべてを与え合う純愛系のエッチが繰り広げられてます。
ソフトなヤンデレ作品
座敷童の性格をふたつの視点で描いてる作品です。

彼女はしばらく前から好きになり見守り続けてきた主人公をモノにしようと
恋人よりも妻っぽく振る舞いながらあれこれお世話してまずは心を引き寄せます。
そして十分仲良くなった後は中出しSEXで既成事実を作り離れられなくします。

ヤンデレなところもある座敷童が男性とイチャイチャするやや変わったシチュ
サービス中は効果音やエッチな音を主に鳴らし、その前後は会話を多めにするメリハリのある作り
物語の序盤から中盤にかけては甘く、終盤はやや重くご奉仕する展開。
彼女の特徴や魅力を軸に据えて作品を組み立ててます。

「おやすみ あなた 愛してる」
中でも3番目の要素は彼女の想いの強さや執念深さを如実に表してます。
サークルさんが色々と配慮されてるのか、表現や言い回しがかなり抑えられててヤバさはそれほど感じません。
でも彼のことを絶対に離さないという気持ちは強く感じられます。

おそらくこのレビューを読んだだけでは
本作品がなぜ途中からヤンデレ路線になるかがわかりにくいと思います。
そのへんは思いっきりネタバレになるので伏せさせていただきました。
音声を実際に聴けばちゃんとわかるようになってます。

エッチは彼女の幸せな気持ちを表現するためにセリフ以外のエロ要素を多めにしてます。
純粋なエロさが高めですから、ヤンデレによるスリルは弱めでも普通に抜けるでしょう。
SEXや69といったお互いに責め合うプレイが充実してるのが大きいです。

射精シーンは2回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

CV:御崎ひよりさん
総時間 1:42:21(本編…1:31:08 前日譚…6:47 フリートーク…4:26)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【立体音響】うちの秘書艦耳かき

サークル「ディーブルスト」さんの同人音声作品(全年齢向け)。

今回紹介する作品は、ゲーム「アズールレーン」に登場する大鳳が
敬愛する指揮官に耳かきと添い寝をプレゼントします。

自分がいかに彼を愛してるかをストレートに伝えたり
耳かき中に軽い詰問をして浮気してないかを確認するなど
多少のヤンデレ要素を含んだ音フェチ系のサービスをするのが特徴です。

私はアズールレーンを一度もプレイしたことがないので
純粋に耳かき音声としてどうなのかだけを見てレビューしてます。
ヤンデレ秘書との癒やされるひと時
大鳳が耳かきと添い寝をするお話。

「うふふ 指揮官さま~、指揮官さま~ 大鳳です~」
大鳳はのんびり話す色っぽい声のお姉さん。
主人公の部屋にやって来てすぐさま体の匂いを嗅ぐと
肩についた糸くずを取ってから耳かきしてあげます。

本作品は彼の秘書として日々戦ってる彼女が
空いた時間を利用し50分程度に渡る癒しのサービスを提供します。
耳かき34分、添い寝9分と前者を重点的に行い
その中でリアルな音を多く鳴らしながら色んな会話を楽しみます。

「私のいない間に害虫たちが悪さをしていないようで安心しましたわ」
彼女は一言で言えばヤンデレキャラ。
彼の指示なら何でも遂行する強い忠誠心を持つ一方で
他の女性に浮気してないか絶えず目を光らせる独占欲も持ってます。
それを踏まえて作中では彼が自分だけを愛してるか見定めようと簡単な試験をするシーンもあります。

全年齢向けなのでそれほど重い描写はありませんが
彼女との関係が崩れた時は怖い展開になりそうな雰囲気は感じます。
体を拘束したり露骨に脅すことはありませんからあくまで個性づけといったところです。
耳かき音声でこういうキャラが出てくるのは珍しいなと。

もちろんサークルさんの持ち味もしっかり込められてます。
耳かき開始後は状況に応じたリアルな効果音が鳴り続け
さらに話す時とそうでない時をある程度分けて両方を楽しみやすくしています。

ディーブルストさんと言えば音に強いことで有名なサークルさんですから
耳かき音声の醍醐味である音を使った癒しも十分以上に味わえます。
今作ではやることをシンプルにする代わりに動きを多彩にしてました。
彼女のキャラや会話を引き立てるためにわざとこうしたのだと思います。
強い想いが込められた耳かき
軽いやり取りの後にする最初のサービスは耳かき。
膝枕の状態で右耳→左耳の順に綿棒のみを使って掃除し、両方終えたらウェットティッシュで拭きます。
耳に息を吹きかけることはありません。

綿棒は「ずすっ」という若干ざらつきのある乾いた音が使われており
外の溝を撫でる時は直線的に、穴の中を綺麗にする時は円を描くようにと
お世話してる部位に応じて質感や動きを変化させながら進めます。
また奥のほうを手入れする時は普段よりも位置がやや近づき、低く鈍い音へと変化します。

これまで数多くの音フェチ作品を制作されてきただけあってレベルが高いです。
動かす時に若干の引っ掛かりがあるところがすごく綿棒らしいなと。
効果音を数十秒鳴らしてから会話を挟むのを繰り返すおかげで、音だけの時はとても静かに感じました。
キャラものですけど耳かき音声としても十分以上の品質を持ってます。

「こうやって、深くをお掃除すればするほど、心地良さそう… 口なんか半開きでみっともありませんわよ? でも…それだけ指揮官様が私のことを信頼してくださっているという事かしら」
最中の会話は彼女の性格を色濃く反映させたものばかり。
自分の耳かきでだらしない顔を見せる彼を愛おしく感じる一方で
後半の左耳を掃除してる時にちょっとしたクイズを出して彼の気持ちを確かめます。

彼女としては彼の愛を信じて疑わないのでしょうけど
それでも仕事柄他の女性とも付き合うことがあるから色々心配なのでしょう。
自分が持つ女性としての魅力にちょっと自信がないのかもしれません。
縛り付けるのではなく自分をずっと見てくれるよう必死にアピールしてるように映りました。

「甘えるのも、癒されるのも…ぜーんぶ大鳳なら指揮官様に与えることができるんです… ですから、どうか私だけを見ていてくださいね…?」
その想いがよく表れてるのが耳かきの後に行う添い寝。
羊数えや子守唄を使わず愛の言葉を投げかけて彼を安眠へと導きます。
自分のすべてをあげるからあなたのすべてが欲しい。
露骨なヤバさを感じないレベルで彼の心をがっちり掴もうとします。

そういえば耳かきの時にはなかった時計の音が右手から聞こえてました。
少し経つと体をぽんぽんと叩く音が加わるなど多少の音フェチ要素も含んでます。

このように、キャラと音をバランスよく組み合わせたサービスが繰り広げられてます。
キャラ重視の音フェチ作品
キャラに光を当てつつ音でも癒やす作品です。

大鳳は愛する主人公が仕事の疲れを少しでも落とせるように
自ら耳かきや添い寝を買って出てそれぞれをゆっくりのんびり進めます。
そして持ち前のヤンデレを多少発揮し自分を本当に愛してるか確かめます。

ゲームに登場する女性キャラが耳かきする珍しいシチュ
後味が悪くない程度のヤンデレ成分を含んだキャラとセリフ
質の高い音を状況によってリアルに変化させる耳かき。
作品の特徴とサークルさんの特徴を上手く噛み合わせて物語を組み立ててます。

「今度は夢の中でお会いしましょうね…? うふふふ…」
音声を聴く前に軽く調べて大鳳がヤンデレキャラだということは把握してました。
ただ予想してたよりは表現がライトで聴きやすかったです。
尽くすタイプだけどそのやり方が結構過激でヤンデレになってしまってるのかなと。
耳かきや添い寝がしっかりしてるおかげである程度中和されてます。

耳かきは専門店との違いを出すために敢えて素朴なものにしてあります。
時間が長めで音だけ鳴ることも多いですから多くの人が癒しを感じるでしょう。
添い寝もセリフが多い代わりに囁き声にして静けさを出してます。

原作を知らない人でも楽しめる耳かき作品です。
価格が200円と安いですから興味のある人は是非お試しください。

CV:涼貴涼さん
総時間 49:32

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
コスパで+1してあります。

2019年2月19日まで10%OFFの180円で販売されてます。

催眠音声-ヤンデレ後輩ちゃんと甘々子作りレイプ

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、主人公のことを異常なまでに愛してる後輩が
2人きりになれた状況を利用して自分の想いを伝えます。

ヤンデレ成分をできるだけ薄めた純愛ストーリーになっており
催眠は彼女が事前に用意した音声を聴く珍しいスタイルを採用し
エッチも彼を十分満足させた後に本題の子作りSEXへと移ります。
一途な後輩の大胆な作戦
後輩に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「これで最後ですね あとは必要事項をプリントに書いて 先生に提出すればいいだけなので あとは私がやっておきます」
後輩は甘く可愛らしい声の女の子。
ある日の放課後、主人公の助けを借りて委員会の仕事を片付けると
音楽室で活動してる軽音部のことや先日教えてもらった音楽の話をします。

本作品は何らかの事情で彼をとてつもなく好きになった彼女が
その気持ちを伝えようとおよそ70分に渡る変わったサービスをします。
タイトルに「ヤンデレ」が入ってることから重い展開をイメージする方もいるでしょうが
実際は体を拘束したり無理矢理犯すシーンはなく、彼をしっかりもてなしたうえで目的を果たします。

「聴きながら寝ると 先輩も同じ曲聴いてるんだ 先輩と繋がってるんだっていうのが嬉しくて」
ヤンデレに分類される要素は終盤に妊娠覚悟のSEXをするくらいです。
道中の会話もマイルドなものばかりですし、余程苦手意識を持ってる方でもなければ無理なく聴けると思います。
若干行き過ぎた描写がある純愛ストーリーと表現するのが妥当でしょう。
後輩役のみもりあいのさんも終始あまあまな声と態度で接します。

作品の主な特徴はふたつ。
音声を聴く形で催眠をかけられることと、エッチの前半と後半でスタイルが大きく変わることです。

前者は聴き手が主人公に自分を重ねやすくする演出と見ています。
通常の声はバイノーラル録音ですがこのシーンだけは音質をやや落としてあります。
誘導自体は割とスタンダードでサークルさんの過去作と同じく入りやすいです。
ただし最後のほうにこの状況を活かした暗示の入れ方をするシーンがあります。

後者は彼女の最終目的にあたる子作りSEXはエッチの後半まで取っておき
前半はエロ要素をほとんど使わない催眠音声ならではのプレイをします。
具体的には音とイメージを組み合わせたドライ系の責めです。
おちんちんにはまったく意識を向けさせないので脳イキに近い快感が味わえるでしょう。

催眠はおよそ20分間。
仰向けに横になって目を瞑り、細く長く呼吸しながら彼女が言うイメージを思い浮かべます。

「芝生の上に 2人で並んで お日さま全身にいっぱい浴びると ぽかぽか気持ちいいんですよ」
青い空、緑の芝生、温かい日差し、そしてすぐ隣にいる彼女。
自然物を通じて癒しつつまずは彼女といるのが当たり前の状況を作り上げます。

聴き始めた直後はあまり催眠っぽく感じないかもしれません。
しかしもうしばらく経つと「重たい」「ぼんやり」を多めに投げかける正統派の誘導へ切り替わります。
短時間で暗示を厚めに入れてきますから脱力感や意識のぼやけが一気に強まるのを実感するでしょう。

催眠がある程度深まった後はいよいよ彼の気持ちをこちらに引き寄せます。
カウントを絡めながら彼女の声に対して良い印象を持たせ
さらにストレートな愛の言葉を何度も投げかけて心をどろどろに溶かします。

「頭の中の気持ちいい感覚がふわーっと広がっていく 頭の中がとろとろとろーってとろけていく」
「大好きです 先輩 大好きです 好き 好き」

催眠によって得られる心地よさを彼女の声とリンクさせる感じです。
表現も控えめになってて受け入れやすく、彼女が彼のことを一途に愛してるのが伝わってきます。
その一方で体が動かなくなる暗示も入れるあたりがヤンデレらしいなと。
押し付けがましさを感じさせない形で少しずつ確実に心を動かします。

エッチを楽しむ環境づくりを見据えた質の高い催眠です。
後輩のことをある程度好きにさせるのを目的に
イメージを交えた深呼吸から入って心身の脱力、好意を膨らませる暗示と
後になるほど催眠状態と幸福感が高まるよう丁寧に誘導します。

全体的に暗示の表現や入れ方が秀逸でとても入りやすかったです。
最後の「好き」を何度も言ってくるシーンでゾクゾクする人がそれなりにいるでしょう。
身も心もモノにするあまあまなエッチ
エッチシーンは44分間。
プレイは音とイメージを使った脳責め、手コキ、SEX(騎乗位)です。

手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフはなしですが射精表現があります。

「ごめんなさい 私ばっかり 先輩のことも 気持ちよくしてあげますね」
催眠を使って主人公をすっかり骨抜きにした後輩は
子作りSEXの前段階に変わった方法で彼を気持ちよくします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の23分間は催眠に特化したプレイ。
最初は脳、次は乳首にビー玉くらいのピンクの泡が入り込み弾けるイメージをします。

「ゾク ゾクゾクと 甘くてエッチな快感が押し寄せてくる 気持ちいいのが押し寄せてくる」
キスやフェラといった一般的な責めを完全に取り除き
イメージ、催眠暗示、音を組み合わせてゆっくりじっくり絶頂へと追い込みます。
音をトリガーに快感を上げていくので音モノが好きな人ほど楽しめるでしょう。
「弾ける」を忠実に表現してる結構変わった音が使われてます。

淫語もまったく言わないのでぶっちゃけ全然エロくありません。
しかし音を何度も聴いてるうちに脳内物質がちょろちょろと分泌する感覚が味わえました。
乳首は胸全体が熱くなったところまでで脳のほうがずっと気持ちよかったです。
シーン最後の2連続絶頂も股間ではなく脳にエネルギーが集まってました。

残りの21分は当初の目的にあたる子作りSEX。
ズボンとパンツを脱がせておちんちんの具合を確かめ、軽い手コキを挟んでから騎乗位でひとつになります。

「あぁぁ ダメっ クラクラする 当たってるだけで 熱い快感が流れ込んでくるの」
「先輩の精液が 中にいっぱい 嬉しい 好きっ 大好き」

そしてここでは打って変わって彼女の心情や乱れっぷりに焦点を当てながら進めます。
挿入時に「痛っ」と言ってたところを見るとおそらく処女なのでしょう。
それでも彼のおちんちんを根本まで受け入れ、ピストンを徐々に速めていく姿は健気で愛らしいです。
前半にはほとんどなかった吐息、喘ぎ声、効果音が加わりエロさも一気に増します。

プレイ中に彼が抵抗したり逃げようとする描写がないのでヤンデレっぽさは本当に薄いです。
それどころか下から突き上げ男らしい中出しまで決めます。
射精表現がありますがノーハンド射精ではなくドライを狙ってるのだと思います。
前半と後半でアプローチがまるで違いますから同じドライでも感覚に結構な差があるでしょうね。

想いを一方的に押し付けるのではなく相手にも好きにさせたうえで目的を果たす。
ヤンデレから連想される過酷さや凄惨さを徹底的に排した和やかなエッチが繰り広げられてます。
ちょっぴり重い純愛作品
純愛ストーリーにほんの少しヤンデレを加味したマイルドな作品です。

後輩は好きで好きで堪らない先輩をなんとかモノにしようと
自分が録音した音声を聴いてもらうことでまずは心の距離を近づけ
それから催眠重視とエロ重視のエッチをしてより深い関係になります。

ヤンデレのマイナス面をできるだけ削った作り
通常録音とバイノーラル録音を組み合わせて施す風変わりな催眠
前半は音モノ、後半は純粋なエロと内容が大幅に切り替わる甘いエッチ。
様々な技術を駆使してタイトルの「甘々子作りレイプ」をリアルに味わわせます。

ヤンデレは音声作品の1ジャンルとして十分な存在感を持ってる反面
主人公が破滅する展開になりやすいことから催眠には不向きな題材です。
だからこそ声、セリフ、物語、サービスを柔らかくして適応させてます。

ガチなヤンデレを期待して聴くと肩透かしを食らうでしょうけど
若干スリリングな純愛作品と捉えておけば普通に聴けるし楽しめます。
もう8年ほど活動を続けてるサークルさんなだけあって催眠、エッチいずれもレベルが高いです。

エッチはそれぞれに違った良さを持ってます。
前半は催眠の心地よさやドライの気持ちよさをストレートに追求してるし
後半も後輩に種付けするシチュや吐息&喘ぎ声で気分を盛り上げてくれます。
ここまでタイプの違うプレイを混在させてる作品は珍しいです。

絶頂シーンは3回。
喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:男性向け…みもりあいのさん 女性向け…和水創太(旧名義:想)さん
総時間 男性向け…1:11:28 女性向け…1:02:43

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ