同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:メスガキ

   ● 【CG集つき】援交メスガキJK、凶悪ちん●にわからせられます。
   ● あざとい小悪魔メスガキ爆乳サキュバスの命乞いレベルドレイン色仕掛け
   ● かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム2 過激なドキドキタイム
   ● 人外メスガキオナホ! ~異世界まんこにわからせセックス~
   ● 耳責めリモコンで両手を完全支配されてしまうオナニーサポート
   ● メスガキポリスの誘惑尋問型オナサポゲーム
   ● 【強制純愛】生イキ双子ロリメイドメスガキ分からせ調教
   ● 注文の多いオナサポ風俗~意地悪焦らし責めで堕とされちゃえ~
   ● メスガキがあらわれた!~その後~
   ● メスガキちゃんの自滅誘導型オナサポゲーム2




サークル「いちのや」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格や声質は違うけどどちらもエッチ大好きなJKたちが
街中で偶然見かけた男性に援交を持ち掛け返り討ちに遭います。

生意気な彼女たちを極太おちんちんでわからせるややS向けのエッチが魅力で
物語の序盤は童貞な彼をからかったり軽く見下してたのが
中盤以降はおちんちんの魅力にすっかりハマって媚びるような態度でご奉仕します。
童貞をおもちゃに遊ぶはずが…
JKの南あかり(挿し絵左)、北村瑠衣(挿し絵右)と4種類のエッチをするお話。

「お兄さん ねぇ ちょとそこの お兄さんってば」
瑠衣はクールで落ち着いた声の女の子。
「もしもーし 聞こえてない? てか 自分が呼ばれてるってわかってないのか」
あかりは明るくて可愛い声の女の子。
街中で見かけた主人公に声をかけると、彼がなかなか気づかないので首筋を軽く撫でます。

本作品は冴えない男をいじめるのにハマってる彼女たちが
その中の1人にあたる彼をラブホへ連れ込みおよそ90分に渡るエッチをします。
2人で2万円という良心的な金額を提示したり、プレイ中は気さくな態度で話すなど
援交にありがちなさばさばした様子はあまりなく、彼女たちもこの時間を楽しむ感じにリードします。

あかり「あはははは ラブホ初めてなうえに童貞とか うける」
瑠衣「パンツから飛び出る時 ちんちんぶるんって揺れて すっごい迫力」
最大の特徴はわからせ展開。
物語の序盤はメスガキらしい生意気な態度で接してたのが
中盤以降は彼の逞しすぎるおちんちんに圧倒されてむしろ媚びるようになります。

そしてSEXに入ると喘ぎ声をガンガン漏らしたり、おちんちんを2人で取り合うベタ惚れっぷりを見せます。

4パート中3パートで彼女たちが低姿勢になるので属性はややSがメインターゲットになります。
彼のほうから責めるシーンはありませんから凌辱色は一切ないです。
「チンポには勝てなかったよ…」をそのまま音声化してるややコミカルな展開になってます。
フィニッシュはきっちり中出しを決めますし、普通なら手の届かないJKをモノにする満足感も味わえます。

ちなみに本作品のエッチはプレイそのものよりも彼女たちの心情や反応を重視してまして
どのパートも一般的な18禁作品よりゆっくりペースで進めます。

例えば主人公とあかりが初めてSEXする04パート(約15分)は
騎乗位の体勢になってから素股を経由し挿入を始めるまで6分かけ
さらに挿入が3分、ピストンから射精までが6分とバランス型になってます。

実際に聴くとややテンポが悪くなってるので、サクッと抜きたい人にはあまり向きません。
でも作品の売りであるわからせ展開の描写はしっかりしてます。
そんなわけで私はボイスドラマと認識して聴いたほうが楽しめるだろうと見てます。
良し悪しではなく力を入れてる部分が抜き系の作品とは違うという意味です。
おちんちんで蹂躙するエッチ
エッチシーンは2パート72分間。
プレイはキス、耳舐め、乳首責め、手コキ、フェラ、素股、SEX(騎乗位)です。
手コキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

あかり「じゃ 私たち2人で お兄さん気持ちよくしたげますか」
よく利用してるラブホへ主人公を案内したあかりと瑠衣は
ひとまずキスや耳舐めをしておちんちんを元気にします。

エッチは経験豊富な2人が童貞な彼をリードします。
前半の2パート42分間は本作品の持ち味となる立場逆転がわかりやすく表現されてるシーン。
「02ダブル耳舐めで勃起我慢できるかな~?(約19分)」はキスと耳舐め
「03極太凶悪ちん●をダブルフェラ♪(約23分)」は手コキとフェラで1回目の射精に導きます。

瑠衣「お兄さんは 私たちのおもちゃになるんだから 遊ばれたいんだもんね 遊ばれて興奮する マゾの童貞さん」
02パートは2人がまだ彼のおちんちんを見てないのでメスガキムーブをかまします。
SEXどころかキスすらしたことがないことを知ると遠慮なく笑い飛ばし
エッチ開始後は小馬鹿にしたり見下す言葉責めを投げかけます。
どのパートもあかりが左、瑠衣は右に陣取って責めることも含めてエッチ慣れしてる印象を受けます。

彼女たちの魅力を出すためでしょうけど、ちゅぱ音よりもセリフのほうを多くしてました。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりする割とスタンダードなものです。
今後との落差を大きくするためにこういう構成にしたのかもしれませんね。

瑠衣「お兄さん このちんちんに限って言えば 欠点ないんじゃない?」
そして03パートは2人の態度が大きく変わる分岐点になります。
少し触っただけで明らかに巨大なことを察知し
ズボンとパンツを脱がせた後はうっとりするようなメスの顔を見せ始めます。
つい先ほどまで彼を貶してたのが急に褒め称えるなど思いっきり手のひらを返してきます。
普通の男性の2倍くらいあると言ってましたから圧倒されるのも頷けます。

フェラについては約8分とそこまで長くありませんけど
02パートに比べればちゅぱ音の量が増えてエロさが増してます。
片方が咥え込む、もう片方は竿を舐めると手分けして責める感じにしてました。
息遣いが明らかに熱っぽくなってて彼女たちも興奮してるのがわかります。

後半の2パート30分間はSEXシーン。
「04小悪魔生意気JKあかりのガチ喘ぎチ●負け即落ちセックス(約15分)」はあかり
「05クール清楚JK瑠衣のアヘ声淫乱セックス(約15分)」は瑠衣と騎乗位で生ハメ&中出しします。

あかり「てかこうしてみるとやっぱすごいね このチンポのサイズ 今からこれ入れちゃうのか やっぱドキドキする」
そしてここからは彼に対する言葉責めはほぼなくなり
代わりに彼女たちの心情や反応を描写することに力を入れます。
おちんちんを間近で見てドキドキする様子、まだ半分しか挿入できてないことに驚く様子
普段とはまるで違うエロ可愛い喘ぎ声を惜しみなく漏らす様子など
序盤で見せてた生意気な顔はすっかりなくなり、おちんちんに屈服する情けない姿を晒します。

それでいて彼女たちがまったく嫌がらないのが良いですね。
悔しさよりもおちんちんがくれる快楽のほうが遥かに勝ってるのだと思います。
実際のところ2人ともここで漏らす喘ぎ声はなかなか激しいです。

瑠衣「お兄さん 好き SEX好きぃ」
私はどちらかと言えば05パートのほうが抜きやすく感じました。
04パートとは違ってプレイ時間がまるまるSEXに割いてありますし
彼女たちの媚びっぷりもエスカレートして満足感も得られます。
普段クールな瑠衣がストレートな愛の言葉を投げかけるあたりはギャップがあってすごく良いなと。
喘ぎ声はアヘ声ではなく声を震わせる感じの乱れ方をしてました。

このように、彼女たちの変化する様子に光を当ててるわからせ系のエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のボイスドラマ
メスガキJKたちが自分からおちんちんの虜になるややS向けの作品です。

あかりと瑠衣は街中で偶然見かけた主人公をおもちゃにして遊ぼうと
安めの金額で援交を持ち掛け、ラブホへ移動した後は軽めのプレイでからかいます。
しかし彼のおちんちんが並外れて逞しいことを知ると態度を一変させ
自分から媚びる姿勢でそれを取り合い、SEX中は激しく乱れて気持ちいいことをアピールします。

タイプの違う2人のJKが冴えない童貞を弄ぼうとして返り討ちに遭うシチュ
序盤は彼女たちの生意気さを前面に押し出しながらややM向けの言葉責めをし
中盤以降は心情描写や反応を厚めに描いて立場逆転を鮮明にする落差の大きいエッチ。
タイトル通りメスガキをわからせる爽快感がしっかり味わえるように作品を組み立ててます。

エッチがスローペースなせいで興奮をやや維持しにくいところもありますが
テーマ性はしっかり出てるし彼女たちの変化もわかりやすくなってます。
プレイよりもキャラを楽しむことに力を入れてる作品かなと。
ストレートに抜かせるタイプの作品とは違うので、そのへんを理解したうえでお聴きください。

射精シーンは3回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

おまけは「凶悪ちん●の虜になった援交JKからのセックスお誘い」です。

CV:南あかり…一之瀬りとさん 北村 瑠衣…来夢ふらんさん
総時間 1:45:54(本編…1:37:26 おまけ…8:28)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります


追記
2021年10月5日まで20%OFFの1232円で販売されてます(DLsite)。



サークル「エーアイスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけど男を誘惑するのは得意なサキュバスが
自分より遥かに強い勇者を色んなエッチで恋奴隷にします。

サキュバス特有の要素を交えながら女性に負ける快感を味わわせるのが特徴で
最初は媚びた様子でご奉仕してたのが、1回目のレベルドレインをした後から生意気な態度に変わり
おっぱいから発するフェロモンを吸わせる、魅了効果のあるキスをするなど
人間の女性にはできないプレイを色々やって経験値をどんどん貢がせます。
体への責めが軽い代わりに言葉責めは充実してますから、言葉責めが好きな人ほど興奮できるでしょう。
弱いサキュバスを見逃しただけだったのに…
サキュバスと4種類のエッチをしてレベルを吸い取られるお話。

「やぁん 勇者様強い 負けちゃいますぅ」
サキュバスは甘く可愛い声の女の子。
勇者との戦いで負けそうになり媚びた態度で命乞いをすると
許してくれた場合は気持ちいいご褒美をあげると言います。

本作品は低レベルで人間にいじめられるくらい非力な彼女が
偶然会った彼とおよそ70分間のエッチをしてどんどん強くなります。
彼女は戦闘能力が低い代わりに男を誘惑する様々な能力を持っており
マゾな彼にもそれらを駆使して少しずつ立場を逆転させます。

「ありがとうございまーす 勇者様って とってもお優しいんですね」
「マーゾ マーゾ よわよわマゾ勇者様」

物語の序盤は見逃してもらえるように媚びる姿勢を見せてたのが
レベルドレインを繰り返すうちに勝ち誇ったりあざ笑う生意気な態度を取るようになります。
終盤には興味なさそうな様子でオナニーの命令を出すなど
女性に負かされたり小馬鹿にされる快感を執拗にくすぐってくれます。

レベルドレインも貢ぎマゾっぽい内容なので完全にM向けです。
体への責めはかなりソフトですから、シチュや言葉責めといった心への責めを楽しむ作品だと思います。
「ざーこ」「ばーか」といったメスガキらしいセリフも出てきてキャラが活き活きしてました。
ハードな描写は特にないので嗜好が合う人にはむしろご褒美に感じるでしょう。

エッチについては彼女の能力を盛り込んだうえで後になるほど責めが淡白になります。
前半はフェラや手コキといった一般的なプレイをしてたのが
後半に入ると彼の体にほとんど触れず、言葉責めと色仕掛けで負け射精へ追い込みます。

彼女が責めてくれない場合はオナニーするので消化不良になることはないでしょうけど
一般的なサキュバス作品にみられる搾精要素はかなり薄くなってます。
純粋なエロさも控えめなので、割と人を選ぶ内容じゃないかなと。
自分よりも弱い存在にあっさり負かされる展開こそが最大の抜き要素だと思います。
サキュバスにすべてを捧げるエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイはフェラ、レベルドレイン、キス、手コキ、おっぱいを見せつける、フェロモンを吸う、ぱふぱふ、オナニー、〇〇です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら ひと口だけ フェラされちゃいましょうよー」
自分にフェラされたらどれだけ気持ちいいかを軽く実況して勇者の興味を引いたサキュバスは
キスや舐めといった比較的ソフトな手段で責めて焦らします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の2パート28分間は2人の立場を逆転させることを重視してるシーン。
「01命乞い色仕掛けと搾精フェラチオ(約15分)」はフェラ
「02レベルドレインとチャームキッス手コキ(約13分)」はキスと手コキで1回ずつ射精させます。

「勇者様 知ってますか? サキュバスにレベルを吸われちゃうのって とーっても気持ちいいことなんですよ」
この時点の彼女は彼よりもずっと弱い存在なので
変に煽ったりせず腰を低くしておちんちんにご奉仕します。
しかし逆転を狙う狡猾なところはきちんと持っており
レベルドレインの気持ちよさをアピールして彼が自分から吸われたくなるように誘導します。

フェラは音量が小さく責めっぷりも控えめなので、私は話術のほうが印象に残りました。
フェラ開始後は声が増えて左右から軽い言葉責めをするようになります。
彼がマゾだとわかったら「ざーこ」とかを言うようになりますし
まずは相手の性癖を分析して今後有利に立てる状況を作ります。

「顔中にリップマークつけられて メロメロになってる勇者様 とっても無様で可愛いですよ」
02パートは魅了の魔法を使って彼を骨抜きにします。
後日再びやって来た彼に投げキッスして興奮させた後
ゆっくり手コキしながら顔中にキスして幸せな負け射精に導きます。
1回レベルドレインして強くなったからでしょうけど、彼女も生意気な態度を取り始めます。

体への責めはスタンダードにして他の部分で個性を出してます。
キス、手コキいずれも音自体は割とソフトですから
色仕掛けや負けシチュが好きかどうかで興奮度が随分変わるでしょう。

後半の2パート31分間は体への責めがよりソフトになります。
「03乳揺らし誘惑とぱふぱふ攻撃に敗北射精(約16分)」はおっぱいを使ったプレイ
「04恋奴隷化、見抜き魅了オナサポ(約15分)」は見抜きオナニーで彼のレベルを全部吸い取ります。

「できまちゅか? できまちぇんね お手々でおちんちん押さえとけ ばーか」
このへんまで来ると彼女も自分の本性をまったく隠しません。
彼にレベルで勝ってるから遠慮なく小馬鹿にしたり見下してM心をくすぐります。
赤ちゃん言葉を多少交えた言葉責めをするのが良い例です。
でも手荒なことを一切しないところに彼女なりの優しさも感じます。

03パートは挿し絵にもある大きなおっぱいを見せつけたり
上下に揺らす、抱きしめてフェロモンを吸わせるなどおっぱいに特化してます。
おちんちんを責める描写は一切ないのでノーハンド射精になりますね。
実況はしっかりしてくれますけど、エッチな声や音は特になくエロさに乏しいかなぁと。

「あはっ とろけた顔して たまたま揉んでるの情けなーい」
04パートも乳揺れや言葉責めをオカズにオナニーする形になります。
オナニーの指示は開始と射精のタイミングくらいですからオナサポ成分は低いです。
パートの終盤で面白い言葉責めが登場しますし
言葉責めを重視する本作品らしい締めくくり方になってます。

このように、体への責めよりもシチュやセリフで屈服させるサキュバスでは珍しいエッチが繰り広げられてます。
面白いところは持ってるのだが…
良いところとそうでないところが割とはっきりしてる作品です。

サキュバスは自分を倒そうとしてる勇者を上手く手懐けようと
まずは媚びた態度でフェラや手コキをして快楽と引き換えに彼のレベルを吸い取ります。
そして後半は体への接触を極力避けておっぱいを見せつけたり言葉責めして負け射精へ追い込みます。

あざといメスガキサキュバスが屈強な勇者をエッチで負かすM向けのシチュ
小馬鹿にしたり見下す言葉責めをガンガンして彼女に負ける快感を煽るエッチ
レベルドレイン、魅了のキス、フェロモンなどサキュバス特有のプレイを盛り込んだ作り。
色んな特徴を持つ彼女のキャラが活きるように作品を組み立ててます。

「負けちゃえ負けちゃえ 特濃おっぱいフェロモンで 恋奴隷に落ちちゃえ」
中でも2番目はサークルさんが重視されてるのか、質量共に充実してて良かったです。
メスガキを組み込んでるおかげで生意気さが引き立ってました。
それでいてあまり冷たさを感じないのは彼女の声や態度が終始穏やかだからです。
レベルが逆転しても彼を襲ったりせず最後まで面倒を見ます。

ただ全体的にエッチな声や音が不足してることや
サキュバスが相手なのに体への責めがあっさりしてることには首を捻ります。
レベルドレインとかやるのでサキュバスらしさは出てますけど
もっとドスケベかつハードに立ち回ったほうが素材を活かせると思います。

03パートでおっぱいを見せつけたり揺らすプレイをメインに据えてるのが良い例です。
ここをイメージ主体ではなく音声も引き立つように組み立てていれば
聴いた時の印象やエロさも随分変わったでしょう。
売りであるレベルドレインも射精したことを報告するだけなので
専用の効果音を入れたり表現を多少オーバーにして通常の射精との差別化を図って欲しかったです。

シチュや言葉責めはしっかりしてるのだけど
体への責めが全体的に弱かったり、声や音を活かしたプレイが乏しいことから(この内容なら嘘喘ぎとか)
総合すると「微妙な作品」というのが私の感想です。
こうなった理由はだいたいわかるのですが、思いきりネガティブな発言になるので伏せさせていただきます。

射精シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:13:27

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男をいじめるのが大好きなメスガキが
女の子にいじめられたがってるM男にゲーム感覚のオナサポをします。

左右中央のどこかから流れるちゅぱ音を回避するかくれんぼ形式に
ドキドキタイムと呼ばれる新しいルールを加えてよりハードなプレイをお届けします。
3つの難易度が用意されてますから早漏具合やM度に合わせて選ぶといいでしょう。

今回はむずかしいを聴いてのレビューをお送りします。
事前にローションを用意しておくとやりやすくなります(無しでも一応可)。
子供の遊びを大人向けにアレンジ
メスガキの指示に従ってオナニーするお話。

「おぉー 変態いるじゃん へへへ」
メスガキは明るくて可愛い声の女の子。
見かけた主人公をすぐさま変態呼ばわりすると
何をして欲しいか尋ねてから左の耳元で囁いてからかいます。

本作品は2020年の11月に発売された
かくれんぼバイノーラルオナニーゲーム 難易度は運次第」の続編。
前作の女の子に負けないくらい生意気で意地悪な彼女が彼をおよそ70分に渡って弄びます。
コンセプトが一緒なだけで繋がりはありませんから今作からでも大丈夫です。
声優さんも秋山はるるさんから陽向葵ゅかさんに交代してます。

「あーしが かくれんぼって言ったら 左 真ん中 右のどっかに隠れてね」
最大の魅力はタイトルにもなってるかくれんぼ。
彼女が「かくれんぼ」と宣言してから左右中央のどこかでちゅぱ音を鳴らすので
それを予測し回避できれば勝ち、ぶつかってしまったら負けとなります。

そして勝った場合は次のかくれんぼまで休憩し、負けたらオナニーを続けます。

1セットあたりの時間は1~3分と短いのですべてを回避するのは不可能です。
またかんたん(約25分)、ふつう(約39分)、むずかしい(約57分)と3つの難易度が存在し
後になるほど体への刺激が強くなるようにリードします。
前作を聴いてる人はいきなりむずかしいでもいいですけど
未視聴なら1回目はふつうあたりで様子を見るのもありだと思います。

また今作からはドキドキタイムと呼ばれる新しい要素が加わってます。
これは通常のかくれんぼをパワーアップさせたもので
オナニーの速度を指定する、時間を長くする、寸止めするなど別のルールが加わります。
亀頭責めを指示されることも結構ありますから、ローションを使ったほうが安全にシコれます。

まとめると、体への責めが比較的ハードなのに加えてちゅぱ音も多い割とバランスの取れた作品です。
エッチ開始後はセリフとちゅぱ音が同時に流れるスタイルに変わるため言葉責めもそれなりにあります。
ルール自体は割とシンプルにして抜きやすさや幅広さに力を入れる感じに組み立ててます。
少しずつ確実に追い込むエッチ
むずかしいのエッチシーンは54分間。
プレイはおちんちんの根元を支える、オナニー、耳舐め、キス、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「ほらほら チンポはちゃーんとあーしに差し出してる?」
事前に11分ほどかけてオナサポのルールを説明したメスガキは
おちんちんの根元を支えて差し出すポーズを取らせてから1回目のかくれんぼを宣言します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の24分間は練習も兼ねてるウォーミングアップに近い内容。
彼女がかくれんぼと言った直後に左右中央のどこかからちゅぱ音が鳴ります。

「興奮してんの? 変態じゃん 色気たっぷりの大人の女じゃなくて あーしみたいなメスガキがいいんだ?」
まだ始まったばかりなので彼女もそこまで意地悪なことはしません。
1分程度の間隔でかくれんぼを繰り返しながら彼を見下すセリフを投げかけます。
耳舐めは外側を舐めたり吸ったりするスタンダードなもの
キスはディープキスに近いゆっくりめでねっとりしたちゅぱ音を鳴らしてました。

ここはやさしいのシーンにあたるためギブアップする人はまずいないと思います。
ドキドキタイムも1種類の縛りを3回する程度とかなり抑えてます。

プレイがハードになってくるのは中盤から。
これまで1方向だったちゅぱ音を2方向に増やして隠れられる確率を一気に下げます。

「さーて ここらでチンポ 追い込んじゃおっか」
彼女も言ってるようにここからが本番と見るのが妥当です。
休憩できる時間が減れば当然暴発する可能性も上がりますし
ドキドキタイムの割合も増やして射精感を減衰できない状況を作ります。
ちゅぱ音の激しさが特に変わらないのは残念ですけど、体への責めはかなり上がって歯ごたえがあります。

またふつうの終盤はドキドキタイムを連続して繰り出すシーンがあります。
1回ごとにやり方を変えてくるのでここが最初の山場になるでしょう。
B-bishopさんの場合はふつうでも他のサークルさんのハードあたりの難度があります。

そして終盤の12分間はいよいよむずかしいの領域に突入します。
さすがにここまで書くと聴く楽しみが薄れるので内容は伏せますが
ふつうよりもさらにハードなプレイが出てくるのは間違いないです。
最後の最後まで気を抜けない展開になっててクリアするには心身両面の強さが求められます。

このように、ルールをしっかり守ったうえで徐々に負荷を上げる割と過酷なエッチが繰り広げられてます。
人によって難度が変わる作品
オナサポによくある一本道をランダム性で解消したM~ドM向けの作品です。

メスガキは年下の女の子にいじめられたがってる主人公をおもちゃにして遊ぼうと
かくれんぼを題材にした独特なルールを設定し、3つの難易度で内容を変えながら進めます。
そしてドキドキタイムの間は普段は自由なオナニーに一定の縛りを設け
後になるほどその頻度や同時にやる種類を増やして射精から逃げられない状況へ追い込みます。

いかにもメスガキといった感じの生意気な女の子がM男をオナサポで弄ぶシチュ
かくれんぼを宣言するたびに左右中央のどこかからちゅぱ音を鳴らし
さらに中盤以降は2方向以上に増やして隠れられなくするゲーム感覚のエッチ
ドキドキタイムを宣言した時だけ特殊ルールを追加する変化に富んだ作り。
前作の特徴を継承しつつ新たな要素を加えて順調にパワーアップさせてます。

私は前作を聴いてるので何をするかはある程度わかってました。
それでも最後まで楽しめたし歯ごたえを感じたのはランダム性にあると思います。
左右中央のどこを選んだかによってオナニーの時間と強度が変わるため
聴く人によって違う展開になります。


私はハードなほうだと書いてますけど、人によっては簡単だと思う可能性があります。
それは運よく隠れられるシーンが多かったからでしょう。
本作品のかくれんぼは回数がかなり多いので、すべての位置を覚えるのは不可能です。
ドキドキタイムも相まって割と複雑なプレイに仕上がってます。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:09:37

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「おるがる堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、力がすべてを支配する世界に転生してしまった男性が
2人の強力なメスガキに大人のおもちゃとおちんちんで勝負を挑みます。

メスガキをわからせるエッチに異世界要素を盛り込んでるのが特徴で
最初は彼女たちの弱点を突いて1人ずつ攻略し
それ以降は一気に甘い雰囲気に変わって妊娠覚悟の種付けを何度も決めます。
喘ぎ声の量が多いので好きな人ほど興奮できるでしょう。
異界のメスガキをおちんちんで討伐
ファニル(挿し絵右 龍族の娘)、プラーナ(挿し絵左 魔界の王女)とエッチして屈服させるお話。

「ほら人間 ぼけっとしてないで さっさとそのゴミを捨ててくるのだ」
ファニルは明るくて可愛い声の女の子。
「なぁ ファニルよ そのゴミは お主が捨てに行けばよいのではないか?」
プラーナは古風なしゃべり方をする穏やかな声の女の子。
ゴミ捨てを命じても重くてできないと言う主人公をあからさまに見下すと
彼が反抗的な態度を取るので脅して黙らせます。

本作品は何らかの理由で異世界転生した彼が
そこを支配してる魔王や龍族の血を引くメスガキたちと130分に渡ってエッチします。
物語が始まった直後の彼は力が弱いせいで奴隷に近い扱いを受けてます。
しかし転生時にたまたま持ってた大人のおもちゃを使って少しずつ状況を変えていきます。

「ほら人間 さっさと参ったしたらどうなのだ?」
ファニルは「~なのだ」が口癖でエッチをほとんど知らない女の子。
彼に勝負を挑まれ最初は余裕たっぷりな表情を見せますが
ローターに責められるとすぐさま弱々しい声で喘ぎ始めます。
おちんちんを挿入された時も積極的に喘ぎますし、攻略が簡単なメスガキという印象です。

「大サービスじゃ わらわの尻尾で その醜いチンポをしごき抜いてやるのじゃ」
それに対してプラーナは魔王の娘なだけあってかなり手ごわい相手です。
エッチの経験はないけど知識は一通り持ってるし、性感帯を責められてもまったく反応しません。
彼も1回目の勝負をした時は敗北し、2回目でようやくわからせることに成功します。

女性が2人いる作品と言えば複数人プレイがお馴染みですけど
本作品は1人ずつ攻略する流れになってるので中盤まではほぼ一対一で進めます。
そのほうが彼女たちの個性や弱さが引き立ちますし、わからせを二度味わえますからね。
おもちゃの力を借りるのは最初だけで、それ以降はおちんちんでストレートに屈服させます。

エッチについてはわからせをテーマにしてることを踏まえて
彼女たちが責められて乱れるシーンが多いです。
ファニルはトーンが高くエロ可愛い声、プラーナはオホ声多めの下品な声と随分違います。
彼女たちが責める時は触手や尻尾を使いますし、人外娘らしさもきちんと盛り込まれてます。
攻略の前後で落差が大きいエッチ
エッチシーンは9パート107分間。
プレイはおもちゃ責め、乳首責め、手コキ、放尿、クンニ、SEX、触手責め、足コキ、耳舐め、尻尾コキ、アナル責め(指とおちんちん)、キス、フェラです。
おもちゃ責め、乳首責め、手コキ、放尿、SEX、触手責め、尻尾コキ、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そ、それって確か プルプルするやつ んっ あぁぁぁぁ」
主人公に呼び止められてくすぐり勝負を挑まれたファニルは
ローターが生み出す初めての快感に早速切ない声を漏らします。

エッチは基本的に彼が責めて一部で彼女たちが反撃します。
前半の4パート52分間は2人を個別にわからせるシーン。
「02. 対決!性的無知僕っ子全身アクメ!(約13分)」はローター責めと手コキを同時に行い
「03. 陥落!無知まんこにわからせセックス!(約15分)」はクンニからのSEXでまずはファニルを落とします。
そして「04. 屈辱!触手まみれの死んじゃう射精!(約10分)」はプラーナの触手責めで敗北を味わい
「05. 逆襲!高貴なメスガキアナルをわからせ開発!(約14分)」はアナル責めでそのお返しをします。

「イクっ このビクビクってするの イクっていうのか?」
ファニルは力はあるけどエッチには弱いキャラなのでスムーズに堕ちます。
02パートでローター責めをしたらすぐさま喘ぎますし
反撃でする手コキも勝手がわからず終始押されて何度も絶頂します。

可愛さや初々しさを前面に押し出してるのでメスガキっぽさは薄めです。
無垢な女の子をストレートに開発する感じになってて明るいエロが楽しめます。
彼女が嫌がったり泣き出すこともないですし、快感にあっさり負けてて可愛さがあります。
SEXを終えた後に彼を「お兄ちゃん」と呼ぶところを見ると甘えん坊な性格なのかもしれません。

「待て貴様 それ以上そんなところを…ひぃぃぃ」
そしてファニルがチョロいからこそプラーナの手ごわさが引き立ってます。
04パートは文字通り手も足も出ない状況になってて格の差を見せつけてきます。
しかし彼女には「アナルだけはものすごく弱い」という特徴があるので
05パートでアナル責めを重点的にやると一転して情けない姿を晒します。

ファニルよりもトーンが低く太い声を漏らすので、普段の声とは随分違っててエロさを感じます。
余裕たっぷりだったメスガキを一気にわからせる展開も作品の趣旨に合ってて良いです。
触手責めの音もちゃんと入ってますし、人外娘ならではのプレイにも臨場感がありました。

後半の5パート55分間はわからせた後なのであまあま路線に変わります。
「06. 哀願!堕ちまんこ連続種付けわからせセックス!(約17分)」はプラーナをおちんちんで完全に攻略し
「07. 嫉妬!僕っ子メスガキのお風呂で逆レイプ!(約11分)」はファニルがフェラとSEXでご奉仕します。
さらに「08. 壮絶!堕ちメスガキたちの耳舐め全身愛撫!(約11分)」は耳舐め+フェラ
「09. 乱交!Wメスガキまんこに孕ませ中出し!(約11分)」はファニル→プラーナの順に種付けをします。

プラーナ「これで満足か? わらわの負けじゃ」
ファニル「にいに ボクの孕みたがりのくぱくぱメスガキおまんこに ぴちぴちの子種をたーっぷりぶち込んで 孕ませるのだ」
力がすべての世界なので、エッチで勝てないと判断した後は2人とも一気に丸くなります。
プラーナは自分から素直に負けを認めますし
ファニルは実の妹のようにひたすら慕ってくる可愛い姿を見せてくれます。
しかしエッチのほうは引き続き容赦がなく、前半は4回だった射精シーンが10回まで増えます。

普通にエッチするだけだと人間と変わらないから連続射精メインに切り替えてるのかなと。
ちゅぱ音や喘ぎ声も激しいものが多くて実用性が上がってるように感じました。
前半はメスガキをわからせるシチュが聴きどころだったのが、後半は割とストレートな内容になってます。

08パートと09パートは2人が同時に責めるのもそう言える理由のひとつです。
キスや耳舐めとフェラ、耳舐め+SEXとどちらも濃いプレイに仕上がってます。
S向けの要素がかなり減るのでこのシーンはほぼノーマル向けですね。
最後は彼女たちの母乳を飲むシーンもあったりと、穏やかな形で締めくくってます。

このように、メスガキをわからせる快感と愛される快感を味わわせる比較的激しいエッチが繰り広げられてます。
人気のジャンルを融合させてる作品
音声でこのところ人気があるメスガキと人外を上手く組み合わせてるややM~ややS向けの作品です。

主人公は転生したのに現実世界よりもずっと酷い扱いを受けてる今の状況を変えようと
あちらから持ってきた大人のおもちゃとおちんちんを駆使して2人のメスガキを順番にわからせます。
そして攻略した後は個別に、あるいは同時にイチャイチャして幸せな時間を過ごします。

魔王の娘と龍族の娘が人間の男におちんちんでわからされる珍しいシチュ
反抗的な態度を取る彼女たちを1人ずつ攻略する前半シーン
すっかり従順になった2人と責め合いながらきっちり種付けもする後半シーン。
わからせておしまいではなく、その後の様子も描いて甘さとエロさを上げてます。

中でも2番目は本作品の見せ場にあたるためそれぞれが違う展開になってます。
ファニルは本当にあっさり堕ちるので物足りなく感じるでしょうが
その部分をプラーナが補って丁度いいあたりに収まってます。
乱れた時のギャップもプラーナのほうが大きくて印象に残りました。
ファニルは小動物的な可愛さのある女の子です。

エッチはわからせをテーマにしてる関係で彼女たちが乱れるシーンを多く用意してます。
喘ぎ声にもちゃんと違いがあってサークルさんがキャラを大事にしてるのがわかります。
触手責めや尻尾責めも出てきますけどやっぱりメインはSEXです。

射精シーンは14回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

一風変わったわからせ作品を探してる人には特におすすめします。

CV:ファニル…逢坂成美さん プラーナ…秋野かえでさん
総時間 2:11:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月2日まで15%OFFの1122円で販売されてます。



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格はドSなメスガキが
様々な音を使ったオナサポでM男を悶えさせます。

耳舐めのちゅぱ音が鳴ったら竿をしごく、嘲笑されたら乳首オナニーするといった具合に
合計6種類のルールを定めたうえで左右から別の音を鳴らして射精へ徐々に追い込みます。
やりやすさにも気を配ってありますからしばらく続けるうちに慣れてくるでしょう。

亀頭オナニーするシーンがそれなりにあるので
ローションを用意しておいたほうが無理なく楽しめます(無しでも一応可)。
エッチな音で完全サポート
メスガキが流す音を聞きながらオナニーするお話。

「いひひっ こんばんは お兄さん オナニーしたくて 私に会いに来たの?」
メスガキは甘く可愛い声の女の子。
主人公の気持ちをすぐさま見抜いて微笑むと
左右の耳元へ軽く囁いて彼の反応を見ます。

本作品は女の子にいじめられたいM男の願いを叶えながら気持ちよくすることを目的に
彼女がおよそ70分に渡って独特なオナサポをします。
射精回数が1回なので連続射精ほど過酷な内容ではありませんけど
出したくても出せないもどかしさを存分に味わわせようと様々な意地悪をします。

「スイッチひとつで お兄さんの耳に 音声流せるんだよ」
それに最も役立ってる要素が様々な音。
ちゅぱ音、鼻息、吐息、嘲笑、喘ぎ声と同人音声ではお馴染みの音を用意し
それぞれに別の効果を持たせてオナニーをきめ細かくリードします。

オナサポ音声は指示とシコシコボイスを組み合わせて行うのが一般的です。
しかし本作品ではシコシコボイスを一切使わずにプレイを組み立ててます。

それぞれの音と効果は以下の通りです(DLsiteの販売ページから引用)
・水音が流れてきた方の手でペニスを扱く
・鼻息が流れてきた方の手でペニスの根元を支える
・くすくす笑いが流れてきた方の手で乳首を弄る
・喘ぎが流れてきた方の手で亀頭を磨く
・ふぅぅぅと両耳に息を吹きかけられるとスピードアップ
・はぁぁぁと両耳に息を吹きかけられるとスピードダウン

割と特殊なルールなので、最初のパートはひとつひとつ説明しながら実際にやって感覚を掴みます。
本番に入っても途中までは何をするか教えてくれるので意外とやりやすく感じるでしょう。
他の作品ではやらないオナサポだからちゃんと気を配ってます。

右手と左手で別の指示を出すのもポイント。
右はおちんちんをしごいて左は乳首いじり、右でおちんちんを支えて左は亀頭オナニーといった具合に
左右の手を使い分けてより濃厚なオナニーをさせてくれます。
左右で同じプレイをするシーンはほとんどありません。
男性ならオナニーの利き手があるはずですから、反対の手も取り入れて快感に変化をつけます。

色んな音を使ってオナサポする展開と左右を使い分ける作り。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんらしい他とは一味違う作品です。
丁寧に弄ぶエッチ
エッチシーンは2パート60分間。
プレイはおちんちんの根元を支える、オナニー、乳首オナニー、亀頭オナニー、疑似フェラ、耳舐め、吐息責めです。
エッチな効果音はありません。

「ここからはお兄さんの体を使って たっぷり遊んであげるから 覚悟しなよ」
「01.ルール説明(約12分)」で6種類の音とそれが持つ効果を教えたメスガキは
ひとまずおちんちんの根元を支えさせてから軽くフェラして勃起させます。

エッチは彼女が指示した通りにオナニーします。
「02.リモコンオナニーサポート(約48分)」は勃起から射精までこなすメインパート。
最初の28分間は事前に説明した通りの音を鳴らしながら
それがどんな指示にあたるか教えてオナニーしやすい環境を整えます。

「私が鼻息を耳元で鳴らしたら そっちの方向の手で チンポの根元をきゅって支えるの」
前のパートで色々教えてくれたからここは言葉責めに専念するのだろうと思いきや
実際は言葉責めと指示を半々くらいの割合にして丁寧にリードします。
5分くらい激しめのフェラをしてストレートに興奮させ
それから色んな音を左右別々に鳴らして乳首とおちんちんを同時に気持ちよくします。

その後も右手でオナニーを開始したかと思えば
左でおちんちんを支えながら右で乳首オナニー、左だけ通常のオナニーに変える
そのまま右でおちんちんの根元を支えるといった感じに
2分程度の短い間隔で音の組み合わせを変えて焦らし気味に責め続けます。

序盤は左右同時に変えず片方だけそうしてるのがすごく親切だなと。
オナサポの中では複雑なルールだからこそ、エッチの中盤くらいまでは慣らすことも見据えてます。
B-bishopさんの作品では珍しく責め方も緩やかでクリア難度は低めだと思います。
乳首をいじる時間がそれなりにありますから開発してる人のほうが楽しめるでしょう。

「にひひっ また亀頭責めだね スイッチひとつで思いのまま こんなに簡単にいじめられて嬉しいね」
メスガキについては彼を見下したり好き勝手できて喜ぶ無邪気な姿を見せます。
命令口調で指示を出すこともありますが、その時は囁き声に変わるためきつさはあまり感じません。
彼女が上、彼が下の関係を定着させたうえで弄ぶ感じに接します。
亀頭オナニーの時は喘ぎ声を流しますし、割とサービス精神旺盛なキャラだなと。

それに対してパート後半は音の割合が一気に上がります。
彼女が敢えてしゃべらないシーンを用意してその間は音だけでオナニーを指示し
終盤は左右にちゅぱ音と嘲笑(竿オナニー+乳首オナニー)が同時に流れ
指定されたタイミングまで自由にいじりながら射精をひたすら我慢します。

「ここからは音だけで お兄さんを狂わせるから」
最後まで彼女が言葉で指示を出すとルールを定めた意味がありませんから
聴き手が十分に慣れたと思えるところでASMR寄りの構成にします。
ここから射精シーンまでは乳首とおちんちんをいじる時間が長めです。
射精後にもハードなプレゼントがあったりと、メスガキらしい意地悪な締めくくりになってます。

作品を聴いた感想ですが、思ってた以上にやりやすくて安心しました。
最初はこのルールを覚えられるか、覚えられてもスムーズにできるかが気になってました。
でも練習パートで実際にやりながらそれぞれを教えてくれるし
本番に入っても30分くらいは何をするかの指示とセットで音を変えてきます。

シコシコボイスとかは他の作品でもよく使われてるのでやり方をすっかり覚えてますけど
本作品のルールは私が知る限りだと他では見たことがありません。
だからここまで丁寧にリードしたのではないかなと。
サークルさんの売りであるハードさを落とす代わりにとっつきやすさをかなり向上させてます。
終盤以外はそんなにきつくないのでドMじゃなくても聴けるでしょう。

このように、独特なルールを上手に運用して追い込む個性的なエッチが繰り広げられてます。
ASMR成分を含んだオナサポ作品
既存のオナサポとは明らかに違うやり方でリードするM向けの作品です。

メスガキは自分にいじめられたい主人公の願いを叶えようと
最初に6つの音を鳴らしながら何をするかわかりやすく教え
それから本番の途中くらいまで音と指示をセットで伝えて徐々に追い込みます。
そして終盤は音の割合を一気に上げたり責めっぷりをハードにしたうえで射精をギリギリまで我慢させます。

可愛い声と意地悪な性格を持つメスガキが特殊なオナサポで悶えさせるシチュ
ちゅぱ音、吐息、喘ぎ声といったエッチな音を起点にプレイを変える珍しいエッチ
多くの聴き手がスムーズにオナニーできるようやりやすさに力を入れた作り。
新しいことに挑戦しつつ、聴き手を置いてけぼりにしないように作品を組み立ててます。

中でも2番目はオナサポでは不足しがちなエロさを補う役割も果たしてて良いです。
サークルさんの過去作を数多く聴いてる人にとっては生ぬるく感じるでしょうけど
初の試みということを考えれば慎重に制作するのは妥当だと思います。

あとは乳首オナニーを取り入れてるのが意外でした。
B-bishopさんは乳首オナサポをあまりやらない方なので
(覚えてる限りだと取り入れてるのは「優しいお姉さんのちょっぴり意地悪なオナサポ」くらい)
乳首オナサポ作品が増えてる今の状況を見て試しに入れてみたのかもしれません。
今後乳首重視の作品が出てくれたら面白そうだなって思います。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音と吐息それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

既存のオナサポにマンネリを感じてる人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 1:07:23

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて意地悪なメスガキポリスが
ロリコンの疑いがある男性にエッチな取り調べをします。

パートごとにルールを変えて射精へ追い込む割とハードなオナサポが行われており
第一ステージは吐息多めで休憩も小まめに挟む優しいプレイだったのが
第二ステージに入るとエロさと体への刺激が一気に増してクリアするのが難しくなります。
メスガキがする意地悪なオナサポ
メスガキポリスが3つの手段でロリコン容疑者を調べるお話。

「こんばんはー 夜分遅くにすいませーん」
メスガキポリスは明るくて穏やかな声の女の子。
ある日の夜、主人公の家に突然やって来ると
この家にロリコンがいる通報があったことを教えます。

本作品は現実よりもロリコンに厳しい制度がある世界を舞台に
彼女がおよそ70分に渡るエッチで彼が潔白かどうか確かめます。
第一~第三ステージを射精せずに乗り切れば勝ち、できなかったら負けのルールを定め
ステージごとに異なるルールを用意して心身をバランスよく責め立てます。

一般的なオナサポは全体のルールは一緒でパートごとにプレイを変えることが多いので
本作品のようなシステムだと変化が大きく新鮮な気分で聴くことができます。
おとり捜査、取り調べなど彼女の職業にまつわる内容になってるのも良いです。
第二ステージ以降はM度が高くなるのでやり応えのあるオナサポに感じるでしょう。

またパート固有のルールがある状況に関連して
同じステージでもプレイの難度が多少上下するようになってます。
例えば第一ステージはオナニーするかどうかを彼の自由にさせたうえで
彼女があるキーワードを言った瞬間にしてたら、ストップをかけるまでしごき続ける必要があります。

しごきたくなるような誘惑をしてきますから心の強さが試されるわけです。
終始彼女の言う通りにするのではなく、駆け引きの要素を多少盛り込んで変化をつけてます。
勝ち、負け両方のパートを用意してることも含めて
一本道なことが多いオナサポの弱点を補おうとするサークルさんの工夫が見られます。
後になるほど過酷さが増すエッチ
エッチシーンは5パート61分間。
プレイは吐息責め、オナニー、フェラ、嘘喘ぎ、耳舐め、〇〇です。
〇〇の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それでは第一ステージ開始でーす 最初はおとり捜査ゲームで おちんぽを調べさせてもらいますね」
主人公に事情を話してからオナサポのルールを説明したメスガキポリスは
その手始めにおとり捜査をテーマにしたプレイを行います。

エッチは終始彼女がリードします。
一番最初の「3_第一ステージ_おとり捜査ゲーム(約26分)」はウォーミングアップに近いプレイ。
左右の耳元で熱っぽい吐息を吐きかけて興奮させ
オナニーするかどうかは彼に任せたうえで強制的にしごくルールを定めます。
シコシコボイスも流れませんから完全に自由です。

「ゲーム中は 私がしこしこキープって言うことがあるの 言われた時におちんぽしごいてなかったらセーフ でも もしおちんぽしごいてたら ペナルティ」
その名前は「しこしこキープ」。
これを言われた時にしごいてたらその後3分程度はオナニーを続けることになります。
本当に突然言ってきますから狙って回避するのは難しいです。
吐息については喘ぎ声ではなく熱を感じる息を至近距離から吹きかけます。
微弱な風圧が感じられてすごくリアルだったので、たぶんバイノーラル録音だと思います。

彼女は警官ですからこれを時間いっぱい続ける生ぬるい捜査はやりません。
パート中盤からある仕掛けを用意して少しでも射精へ近づけようとします。
知らずに聴いたほうが絶対楽しめるのでこれが何かは敢えて言いません。
ここで射精させるのではなく、次以降でそうなりやすくなるダメージを与える方針で責めてます。

続く2パート26分間は心身両面への刺激が強くなります。
「4_第二ステージ_おちんぽ取り調べゲーム」はフェラや嘘喘ぎをしながらオナニーを続け
「5_第三ステージ_自白拷問ゲーム(約13分)」は名前の通り最も過酷なプレイを繰り出します。

「やんっ ダメ はぁ はぁ はぁ はぁ」
そしてここからはバックでシコシコボイスが流れ始めます。
ちゅぱ音や喘ぎ声といった純粋なエロ要素も加わるおかげでオナニーが一気にはかどります。
両者のペースを連動させてるのも良いですね。
彼女に舐められたり繋がってる雰囲気を出して少しずつ確実に射精へ追い込みます。

第一ステージが彼を罠にはめるタイプの責め方をしてたのに対し
ここは王道のオナサポと言いますか、すごくストレートなやり方になってます。
シコシコボイスの速さも2秒1コキ~1秒3コキと幅広いです。
休憩時間がまったくないのでこのへんから脱落者が出始めると思います。

「お兄さんには 泣きながら自白してもらいます」
第三ステージは勝敗を決めるパートなだけあって容赦がありません。
第二ステージよりもシコシコボイスの平均速度を上げ
さらに速い→遅い→速いと緩急をつけて上手に揺さぶりをかけます。
耳舐めや吐息もしますけど体への責めのほうがずっとハードです。

第三ステージ単体だと13分なのでそこまできついわけではありません。
でも第一~第二ステージを聴いた直後にやるとかなり歯ごたえがあります。
各ステージが連携を取って負けへ追い込むところが手厳しいなと。
ステージ固有のルールもほぼ回避不可能な内容で彼女の本気が窺えます。

残りの2パート9分間は勝敗に関するプレイ。
「6_罰ゲーム音声(約2分)」は途中で射精した場合に聴く罰ゲーム
「7_ゲームクリア音声(約7分)」はすべてをクリアした人へのご褒美をあげます。

後者はサークルさんの過去作だと女の子をSEXでわからせるS向けのプレイでしたが
今回は同じSEXでもM向けを維持できるものに変更してます。
ちゃんと射精できますから消化不良になることはないでしょう。

このように、後になるほどハードなプレイが出てくるメスガキらしい意地悪なエッチが繰り広げられてます。
比較的ハードなオナサポ作品
Mな人をターゲットにした難度と強度のオナサポをするやり応えのある作品です。

メスガキポリスはロリコンの容疑がかけられた主人公を徹底的に調査しようと
第一ステージは体を密着させながら吐息を吹きかけたり特殊なルールを定めて様子を見ます。
そして第二ステージ以降はシコシコボイスを常に流し
さらにちゅぱ音や喘ぎ声も投入して心身両面を上手に追い込みます。

可愛くて意地悪なメスガキポリスが男性にエッチな取り調べをするシチュ
3つあるステージのそれぞれで違うルールとプレイを用意する多彩なエッチ
彼女が定めたルールを守れるかどうかでクリア難度が上下するシステム。
他のサークルさんとの違いを明確に打ち出したM向けの作品に仕上がってます。

中でも2番目はオナサポが抱えてる弱点を乗り越えようとする意味合いがあって面白いです。
オナサポ作品はオナニーする点をどうしても外せませんから
個性を出すならそれ以外の部分に手を加えることになります。
本作品の場合はメスガキに尋問される設定があるのでプレイにもそれを反映させてます。

肝心のエッチも第一ステージを聴いた時点では生ぬるく感じたのが
第二ステージ以降はM度やエロさが上がって我慢するのが難しかったです。
休憩時間をほとんど挟まないのがじわじわ効いてきます。
シコシコボイスもペースを小まめに変えてあって丁寧に作られてます。

射精シーンは1回。
吐息それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:14:58

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月13日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「もぷもぷ実験室」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は違うけどどちらも生意気な双子のメスガキが
ご主人様をエッチで手懐けようとして返り討ちに遭います。

前半はわからされる、後半はわからせると正反対の要素を組み合わせてるのが最大の特徴で
活き活きした表情で「キモっ」「ざーこ」とストレートに見下してたのが
中盤以降はおちんちんやおもちゃにガンガン責められ、懇願したり情けないオホ声を漏らすようになります。
生意気なメスガキたちへエッチなお仕置き
姉の美愛(みあ 挿し絵左)、妹の美緒(みお 挿し絵右)と5種類のエッチをするお話。

「はぁ こんな夜中に呼び出すとか あり得ない」
美愛は甘く可愛い声の女の子。
「お呼びでしょうか? ご主人様」
美緒は可愛くて穏やかな声の女の子。
夜中に主人公の呼び出しを受けて不機嫌そうに向かうと
要件を訊いてからある計画を立てます。

本作品は親の遺産を使って2人を雇い、家事だけでなくおちんちんの世話もさせようとしてる彼が
彼女たちとエッチな攻防を繰り広げる様子をおよそ100分に渡ってお届けします。
2人はまだ学校に通ってる年齢ですけど何らかの事情でメイドをやっており
この日も彼から「エッチしたい」と言われて露骨に嫌な表情を見せます。

美愛「きんもっ めっちゃ皮被ってる」
美愛はメスガキのイメージ通りの生意気な女の子。
ご主人様に対して見下すセリフをガンガン投げかけ挑発するシーンが何度も出てきます。
声や演技もすごく調子に乗っててキレッキレのメスガキムーブをかましてました。
やることなすこと容赦ないのでMな人ほど心と股間に響きます。

美緒「ねぇ マゾ犬さん そんなに節操無しに尻尾を撫でまわして また私たちに躾けられたいんですか?」
それに対して美緒はメイドらしさの強いキャラ。
基本的に丁寧語で話しかけ、美愛に比べるとセリフの内容も抑えてます。
しかし心の内では彼を見下しており、一部のパートでそれがはっきり出てきます。

サークルさんもおっしゃられてるように陰湿なメスガキですね。
美愛が暴走気味に動くのでそれを制御する役割を果たします。
初SEXする時は美愛が美緒をかばいますし、2人ともお互いを大事にしてるのがわかります。

そして本作品は彼女たちの魅力をより引き出すために
前半と後半で属性が大きく変わります。
前半は彼女たちが押しまくって彼を好き放題弄ぶ王道のメスガキプレイだったのが
後半に入ると完全に立場が逆転して何度もイかされます。

美愛「おっ おっおっおっおぉぉ 絶対に負けません 残念でした おぉぉ」
彼女たちが責められてる時はオホ声を頻繁に漏らしますから
前半との大きなギャップに驚いたりゾクゾクする人がいるでしょう。
おちんちんとおもちゃを組み合わせて前半に負けないくらいハードなプレイに仕上げてます。

初SEXの時に痛がるシーンはありますけど
それ以外は暗さや重さを感じる描写はほとんどありません(スパンキングが多めなところは人を選ぶかも)。
前半で彼を散々コケにしたツケを払ってるだけなので自業自得です。
M向け2パート、S向け3パートの構成になってることからSな人のほうが楽しめるでしょう。
サークルさんの代表作「生イキJKメスガキ分からせ調教」とほぼ同じ展開でキャラを変えてる感じです。
わからされる快感とわからせる快感
エッチシーンは5パート81分間。
プレイはオナホオナニー、オナホコキ、嘘喘ぎ、スパンキング、犬の真似、パンツオナニー、亀頭オナニー、素股、耳舐め、SEX(正常位)、ローター責め、バイブオナニーです。
オナニー全種、オナホコキ、スパンキング、素股、SEX、ローター責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

美緒「ご主人様好みのエッチな格好でやって来ました」
美愛「よかったね 今から童貞 卒業できるよ んはんは」
主人公の要求を聞いてドン引きした2人は
おまんこの代わりにオナホを差し出してから容赦ない言葉責めを浴びせます。

エッチはシーンによって責め手が切り替わります。
最初の2パート32分間は2人が主導権を握る音声ではお馴染みのメスガキプレイ。
「01. 童貞卒業(仮)&分からせごっこ(約19分)」はオナホコキと嘘喘ぎ
「02. ぱんつ孕ませオナニー観察(約13分)」は美緒のパンツでオナニーしたり犬の芸をします。

美緒「童貞卒業 おめでとうございます」
美愛「動かしちゃやーだー あんあんっ」
2人は元から彼にあまり良い印象を抱いてなかったのでしょう。
美緒はオナニーのペースを小まめに指示する、美愛は嘘の喘ぎ声を漏らすと役割分担し
その最中に彼を見下す言葉責めをガンガンやって上下関係を逆転させます。
パート中盤からスパンキングを加えたり、終盤は寸止めオナホコキに切り替えるなど
Mな人をターゲットにしたプレイが充実してます。

美愛「犬がしゃべるわけないじゃん 犬は犬らしく 吠えたり尻尾振ったりして欲しいー」
02パートはその部分がさらにエスカレートします。
彼のことを人ではなく犬扱いして普通にしゃべることを禁止し
チンチンのポーズでオナニーさせながら新しい芸を教えて飼い慣らします。

美緒はパンツを使われてるのが不満なようで常に機嫌が悪いです。

01パートのエッチで味を占めたのか調子に乗ってるように感じました。
そしてそんな2人の心が次のパートで見事に打ち砕かれます。
ちなみにこの2パートは彼女たちが同時にしゃべるシーンがそれなりにあります。
両方聴くのは大変なので聞き流す感じにしたほうがいいでしょう。

「03. 逆転:告白強要3P生ハメせっくす(約15分)」は本作品におけるターニングポイント。
さらに後日、いつも通り主人公の部屋にやって来た2人が逆に責められ処女を奪われます。

美緒「ごめんなさい 調子に乗ってました すいませんでした」
美愛「やぁ 見ないで やだ 視線 視線すごい」
ある出来事のおかげでこれまでとはまるで違う弱気な姿を見せます。
自分たちの行為がやり過ぎだったことを素直に反省し
おまんこを見られた時は普通に恥ずかしがる女の子らしい態度を取ります。

公式の設定によると彼女たちはおまんこがものすごく弱いらしいので
ここでやるSEXが立場逆転の大きな決め手になってます。
美愛→美緒の順に犯しますがどちらも挿入後から少し経つとオホ声を漏らし
さらにイキそうなことをアピールしておちんちんにあっさり降参します。

前の2パートがメスガキムーズ全開だったからこそ
ここを聴いた時に驚きや爽快感が湧いてくるでしょうね。
面白いくらい両者の立場が入れ替わるので、同じ作品でも聴いた時の感触が随分違います。

終盤の2パート34分間はメスガキを徹底的にわからせるシーン。
「04. おま〇こオナホ化調教 with 孕ませ回避チャレンジ(約20分)」は2人のオナニーとSEX
「05. J〇おま〇こ虐待配信(約14分)」はネット配信でローター&バイブオナニーをします。

美愛「協力して寸止めオナニーですね わかりましたぁ」
美緒「好きっ これ おまんこの壁 えぐられてる おっおっおっおっ」
前回のSEXが相当に効いたようで2人ともすっかり従順になります。
美緒はもちろん、反抗的だった美愛も彼の言うことを聞くようになり
体を近づけてからオナニーを始めて気持ちよさそうな声を漏らします。
パート後半から始まるSEXもスムーズにやってますし、凌辱っぽさはほとんどありません。
おちんちんで屈服させる正統派のわからせプレイになってます。

05パートは主人公が直接参加しない代わりに乱れる様子を時間いっぱい楽しめます。
「ぶぅぅぅん」という小刻みな電動音が鳴り始め
彼女たちもオホ声やイキ声を漏らして視聴者たちにサービスします。
パート説明に「双子が壊れる」とありますが、視聴を止めたくなるレベルのものではありません。
ウサギ飛びオナニーという変わったプレイも登場しますし、楽しんで抜ける内容に収まってます。

このように、主人公を躾けようとした双子が返り討ちに遭う落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
1本で2度美味しい作品
MからSまで幅広い属性をカバーしてる珍しい作品です。

美愛と美緒は自分たちの体を狙ってる主人公を言いなりにしようと
まずはメスガキらしい言葉責めと屈辱的なプレイで主導権を握ります。
しかしおまんこがものすごく弱いことを彼に気づかれた後は立場が逆転し
丁寧語でおねだりしたりオホ声交じりの喘ぎ声を漏らしてイク情けない姿を晒します。

タイプの異なる2人のメスガキがご主人様をわからせようとして失敗するシチュ
前半はMな人が喜ぶ王道のメスガキプレイ、後半はメスガキをわからせるS向けのプレイをする変わった作り
前者はパンチのある言葉責め、後者はオホ声や媚びるセリフを中心に据えた揺れ幅の大きいエッチ。
メスガキが持つふたつの側面を混在させてエロさと満足感を与えます。

中でも2番目は正反対の属性をひとつの作品に収めてるところが非常に珍しいです。
ほとんどの作品はM向け、ノーマル向け、S向けと単一の属性を持ってます。
そして前半で2人が生意気に振舞うおかげで後半のわからせが一層引き立ちます。
彼が多少酷いことをしても「先に仕掛けたのは彼女たちだからなぁ」と納得できます。

エッチは前半の言葉責めがすごくキレがあって好きですね。
声を担当されてる兎月りりむ。さんも2人の生意気さが出る演技をされてます。
それに対して後半は喘ぎ声の質と量で勝負してます。
凄惨さを抑えた描写をしてるのも聴きやすくて良いです。
苦しんだり泣き叫ぶことはほとんどなく快楽堕ちっぽい展開になってます。

射精シーンは7回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

CV:兎月りりむ。さん
総時間 1:50:15(本編…1:42:49 フリートーク…7:26)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月28日まで25%OFFの990円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「性癖食堂」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ほぼ正反対の属性を持つ2人の女性が
来店した男性にM向けの意地悪なオナサポをします。

2人が連携を取ってたっぷり焦らすのが特徴で
片方がしゃべる役、もう片方は指示を出したり責める役を担当し
数分単位で切り替えながら弱めの刺激を与え続けてギリギリまで追い込みます。
山奥にある変わった風俗店で
メスネコ軒でみや(挿し絵左)とにこ(挿し絵右)がオナサポするお話。

「あら お客さんかしら いらっしゃい」
みやは明るくて穏やかな声のお姉さん。
「なーにーみや ってありゃ? お客さん? こんな山奥までご苦労なこって」
にこは砕けた口調で話す可愛い声の女の子。
メスネコ軒を訪れた主人公にお客か確認すると
にこを呼び出してからオナサポのルールを説明します。

本作品は山奥にある代わりにサービス料がタダという変わった風俗店で
店員をしてる2人が久しぶりに訪れた男性客を60分に渡ってもてなします。
みやが左、にこが右に陣取って話しかけたり指示を出すわけですが
それをするにあたってとことん焦らす方針を取ります。

みや「あのね 私ってじーっくり責めるのが大好きなの」
みやはおっとりした声とは違い男を焦らすのが大好きな性格。
彼がマゾだとすぐさま見抜き、嗜好に合ったプレイを繰り出して悶えさせます。
具体的にはエッチの前半はおちんちんに一切触れず耳や乳首を責めて性感を高めます。
オナニー開始後もゆっくりペースでしごきますし、もどかしく感じる人が結構いるでしょう。

にこ「お兄さんのチンポもうガチガチじゃん そんなに私たちの耳舐めで感じちゃってるんだ 我慢汁とろとろーって出てきてるし 雑魚チンポなの丸出し」
にこはいかにもメスガキという感じの生意気な女の子。
言葉責めする時は「雑魚」を多めに言って彼を挑発します。
耳舐めやオナサポも慣れた様子でこなすなど、男を弄ぶのが得意な印象を受けました。

2人に明確な個性を持たせて連携を取るので
1人でリードするオナサポよりも責め方に幅広さがあります。
指示と言葉責めを同時にできることも含めて本作品の魅力のひとつと言えます。
ゆっくり追い込むエッチ
エッチシーンは6パート46分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニー、チンピク、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

にこ「ささ ぱぱーっと服 脱いじゃおうか」
説明の後にあることを宣誓させると
みやとにこは主人公をプレイルームへ案内し、ベッドに寝かせてから服を脱がせます。

エッチは終始彼女たちに言われた通り動きます。
最初の2パート21分間はウォーミングアップにあたるプレイ。
「2.まずは下ごしらえから♪(約11分)」は片耳舐めと両耳舐め
「3.上手に命令聞いてくださいね?(約10分)」は乳首オナサポで焦らします。

みや「あぁ その気持ちよさそうな顔 とっても可愛い」
そして2人は早速連携を取ってリードします。
片方が耳舐めしてる間はもう片方がキャラに合った言葉責めをします。
みやはお姉ちゃんキャラなので甘め、にこはメスガキらしく生意気にと違いがはっきり出てます。
耳舐めは2人ともじゅるじゅるしたやや下品なちゅぱ音を鳴らしててエロいです。
終盤は左右同時に舐めますし、おちんちんには指一本触れずに興奮させます。

にこ「右乳首の周りを すり すり すり すり」
乳首オナサポは「すりすり」「ぐるぐる」といった指示を小まめに出します。
開発済みのほうが楽しめますけど、何をするかちゃんと教えてくれますから
普段いじらない人でもついて行けるでしょう。
また乳首オナニーと並行しておちんちんをピクつかせる指示も出ます。
いじり方の種類も比較的豊富で焦らしながら気持ち良くする効果的なプレイと言えます。

続く4パート25分間は本題のオナニーが始まります。
「4.じっくりコトコト煮込んであげる♪(約10分)」はシコシコボイスを小まめに言いながら
もう片方がM向けの言葉責めをガンガンやって心身をバランスよく盛り上げます。

にこ「射精快楽でおかしくなる直前まで追いやって もっともーっと快楽に弱い雑魚チンポに育てていこうねー」
エッチの後半に入っても2人はまだまだ焦らす気のようです。
みやは普段よりもSっ気の強い態度、にこは引き続きメスガキムーブをかましながら
3秒1コキ→1秒1コキ→1秒2コキと徐々に速度を上げてじわじわ追い込みます。
言葉責めを頻繁にするおかげでオナサポによくあるエロさの不足を上手く防いでます。

また「6.マゾ奴隷専用メインディッシュ、どーぞ♪(約8分)」は
言葉責めを活かした面白い焦らしが登場します。
具体的に何をやるかは話せませんが、実際に聴いてみるとそわそわすると言いますか
気分よく射精できない感覚に陥ると思います。
十分焦らした後は気分よく出したいという彼の気持ちを逆手に取ったプレイです。

射精自体はちゃんとさせてくれますから消化不良になることはないでしょう。
射精した後にはデザートを用意するなど、最後まで気が抜けないオナサポになってます。

このように、焦らしや複数人プレイといった特徴を盛り込んだ意地悪なエッチが繰り広げられてます。
個性と実用性を兼ね備えてる作品
オナサポが数多く出てる現在でも見かけない要素を取り入れてるM向けの作品です。

みやとにこはわざわざ山奥までやって来た主人公をもてなそうと
左右に陣取り前半は耳舐めや乳首オナニーで射精への期待と興奮を煽ります。
そして後半はシコシコボイスと言葉責めを組み合わせたリードで徐々に追い込みます。

年上、年下と正反対の属性を持つ女性たちがM男をエッチに弄ぶシチュ
どのパートも協力してオナサポを行い、さらに焦らし重視で進めるタイトル通りのエッチ
2人の性格を色濃く反映させた言葉責めの数々。
1人でやることが多いオナサポで敢えて複数人プレイを採用してます。

中でもエッチは焦らしを強めにやってるおかげでムズムズしますし
オナニー開始後も射精の許可を終盤まで遅らせて出したくても出せない状況を作ります。
無料でオナサポしてくれる時点で相当なサービスと言えますから
彼女たちが楽しめるように進めるのは自然だと思います。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みや…御子柴泉さん にこ…藤村莉央さん
総時間 55:36

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月29日まで25%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「Colla Voice」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人を舐め切ってる可愛くて生意気なメスガキが
ショッピングモールで会った社会人の男性をエッチに弄びます。

彼を挑発したり小馬鹿にしながらたっぷり気持ち良くする甘めのエッチが行われており
前半はフェラ、後半はSEXとパートごとにメインのプレイを切り替え
飴と鞭を組み合わせてM心をくすぐりながら射精へ追い込みます。
メスガキ作品の中ではライトな部類に属するのでノーマルな人でも普通に楽しめるでしょう。
メスガキとする気持ちいい遊び
ショッピングモールのトイレでメスガキと2種類のエッチをするお話。

「おーじーさんっ うふふっ 驚いてる驚いてる」
メスガキは明るくて可愛い声の女の子。
主人公と早速キスしてから久しぶりの再会を喜ぶと
彼が自分の体をじろじろ見てるので軽くからかいます。

本作品は現時点で45500DLを叩き出してる人気漫画「メスガキがあらわれた!」の音声版。
前作でエッチした2人が約1か月後に同じ場所で再び出会い、およそ80分に渡ってイチャイチャします。
顔見知りの関係なので前置きは冒頭の7分ですべて終わらせ
その後はほとんどエッチシーンに割いてる抜き重視の作りです。

ストーリー性はほとんどないですし音声はこれが1作目にあたるため
漫画版を読んでなくても普通に楽しめます(私も読まずに聴いてます)。

「おじさんは最低でクズな大人だから 私みたいな小さい女の子に 中出ししたかったんだよね?」
彼女はメスガキと呼ばれてるだけあって生意気な性格。
年上の彼を「おじさん」と呼びながら小馬鹿にしたり軽く意地悪して主導権を握ります。
漫画版のサンプルを見たところ、主人公は若いサラリーマンの姿をしてましたから
おじさんと呼ぶのも彼女なりの挑発なのでしょう。

ただし、音声によく出てくるメスガキよりもS度は低めです。
時間に対する言葉責めの量が少ないことや
なんだかんだでご褒美をくれるのがそう言える大きな要因です。
プレイ自体も至って普通ですし、ノーマル~ややMな人をメインターゲットにしてます。

エッチシーンでセリフよりも音を重視してるのもそれに影響してます。
例えば前半のフェラパートは開始するとほぼちゅぱ音だけを鳴らすようになりますし
後半のSEXもキスしながらピストンを繰り返して喘ぎ声を漏らすASMR系の作りです。

大衆性を重視したメスガキ作品とでも言えばいいのでしょうか。
彼女の意地悪さや生意気さに過度な期待をするとたぶん肩透かしを食らいます。
そんなわけでメスガキ初心者や音重視のエッチが好きな人におすすめします。
エッチな音をふんだんに盛り込んだエッチ
エッチシーンは2パート66分間。
プレイはキス、耳舐め、フェラ、手コキ、SEX(対面座位?)です。
手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「あーあ 飴舐め終わっちゃった どこかに舐めるものないかなー」
トイレに移動し主人公を個室に迎え入れたメスガキは
飴の代わりに彼の唇やおちんちんをしゃぶります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「02.ず~っとフェラチオ搾精(約32分)」はちゅぱ音がたっぷり鳴るパート。
キスから入って3分後にはフェラへ切り替え2回連続の射精へ追い込みます。

「うふふっ おじさん足ガクガクしてる 可愛い おちんちん舐められたくらいで情けないなー」
メスガキらしく可愛い声で彼を見下すシーンも時々挟みますが
口を使うプレイが中心なのでちゅぱ音のほうが存在感はずっと大きいです。
特にフェラは舐めてる最中ほとんどセリフを挟まず黙々と続けます。

どのように責めてるかの実況すらしないのでわかりにくく感じるものの
ちゅぱ音自体は割とパワフルで年下の女性に弄ばれてる感じが出てます。
水分控えめの上品な音ですからギャップはそんなにありません。
他の利用者が来てドキドキすることもないですし、ストレートなフェラをお届けします。

主導権を握りつつ優しさを適度に見せるのが良いですね。
このパートでは2回とも精液を口で受け止め飲み干してくれます。
おちんちんを一生懸命責めてくれるシチュも相まって彼女なりに好意を抱いてるのがわかります。
言葉よりも態度で気持ちを示すタイプの女性ですね。

後半の「03.フェラチオ~セックス搾精(約34分)」はしばらく後のお話。
同じ場所で再会した2人が今度は生ハメ&中出しSEXを楽しみます。

ここもいきなりSEXしたらご褒美になるので多少焦らした後に突入します。
7分程度の耳舐めとフェラでおちんちんの強さを計るテストを行い
それから(たぶん)対面座位で挿入し同じく2連続射精に追い込みます。
挿入前は普段通りの生意気な態度でしたが、挿入後は普通に喘ぎ声を漏らしててエロ可愛いです。

「うふふっ おじさん 相変わらず敏感だね よわよわおちんちん 可愛いよ」
パート中盤頃からポジティブなセリフも混じり始めるのが印象的でした。
普段のメスガキムーブと女の子らしい反応を組み合わせて彼女のキャラに深みを出してます。
生ハメ&中出しを許す時点で彼を嫌ってるわけはありませんから
たぶんポジティブなセリフも彼女の本心なのでしょう。
これがあるおかげでエッチの雰囲気が前半よりも甘く感じました。

SEXのほうは引き続き彼女が責めるスタイルを取り
腰をリズミカルに打ちつけながらキスを小まめに挟みます。
本作品はどちらのパートも時間に対するプレイの種類を絞ってるので、ひとつひとつの内容が濃いです。
中出しされても嫌な顔ひとつしませんし、自分の意志で受け止めてるのがわかります。

このように、メスガキと普通の女の子の顔を組み合わせた音重視のエッチが繰り広げられてます。
ライトなメスガキ作品
生意気さや意地悪さをある程度抑えてる聴きやすい作品です。

メスガキは以前ショッピングモールでエッチした主人公を再びおもちゃにしようと
漫画版と同じ場所で落ち合い前半はフェラ、後半はSEXをじっくり行います。
そしてメスガキムーブをかましながら後半で優しい言葉を適度に盛り込み
さらにどちらもエッチな声や音の割合を高くして柔らかさを出します。

生意気なメスガキに挑発されながらエッチするタイトル通りのシチュ
プレイの序盤は彼女らしいセリフを言い、中盤以降は音メインに切り替わる展開
生意気に振舞いつつちゃんとご褒美もくれる彼女の優しいキャラ。
メスガキが持つ二面性とエッチな音を柱にして作品を組み立ててます。

「このおちんちん 私 気に入っちゃった」
私はメスガキが出てくる音声作品をそれなりに聴いてるので
予想してたよりも彼女がずっと優しく感じました。
セリフは普段通りの明るい声で見下す程度に抑えられてますし
SEXシーンは彼をストレートに褒めるセリフも盛り込んでイチャラブ感を出してます。

メスガキは意地悪さと優しさを合わせ持つのが魅力ですから
サークルさんがそのへんを意識しながら制作されてるのでしょう。
私個人は優し過ぎると感じましたけど、漫画から音声へ入る人向けにマイルドな内容にしたのかもしれません。
音重視にして抜かせる構成も大衆性を優先した結果に思えます。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:松岡侑里さん
総時間 1:21:01

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月25日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、隣の部屋に住んでる生意気なメスガキが
M男に色んなおねだりをしながらオナサポして敗北射精に導きます。

彼女のおねだりを受け入れるかどうかで難度が大きく変わるのが特徴で
パートごとに異なるおねだりを用意し、それと通常のプレイを組み合わせて
後になるほど射精を我慢できなくなるよう上手に追い込みます。
体への責めが結構ハードですから歯ごたえのあるオナサポを求めてる人は楽しめるでしょう。
大人をわからせたいメスガキちゃんと
メスガキちゃんがゲーム形式のオナサポをするお話。

「お兄さん 急に呼び出してごめんなさい」
メスガキちゃんは明るくて可愛い声の女の子。
主人公を呼び出して最近買ったパンツが似合うか確認してほしいと言うと
目を瞑らせてから冗談だと告げ彼を馬鹿にします。

本作品はサークルさんの代表作「メスガキちゃんの自滅誘導型オナサポゲーム」の続編。
以前から彼を何度もからかったり挑発してる彼女が
およそ80分に渡るゲーム形式のオナサポで屈服させようとします。
完全に別のお話ですし声優さんも交代してるので前作未視聴でも大丈夫です。

「ゲーム中は私からお姉さんにおねだりすることがあるの もしおねだりを聞いたら お兄さんにはちょっとだけ不利なハンデが追加されちゃうの」
時間いっぱいオナニーを続けて射精を我慢できたら勝ち
暴発したら負けなところは他のオナサポ作品と一緒ですが
プレイ中に彼女がおねだりという形でルールを追加してきます。
しごく回数が増える、本来休憩できるシーンでもオナニーするなど難度の上がるものばかり。
最後のステージではおねだりの種類が増えたりと射精を誘う要素が充実してます。

またセリフとシコシコボイスが分離してるおかげで
オナニーの指示を出しながら耳舐めしたり喘ぎ声を漏らすシーンもあります。
生意気なセリフを言うこともありますけど、言葉責めよりも純粋なエロ要素を提供するほうを重視してました。
心も興奮させたほうがスムーズに射精させられますから有効な手段と言えます。

ちなみに前作ではおねだりを受けるかどうかを聴き手が自由に決められたのですが
今作では彼女がおねだりする時に勃起してたら同意とみなすルールに変わってます。
勃起を我慢するところも頑張る必要があるので、前作よりも難度は上がったように感じました。
シコシコボイスも容赦ないですし、おねだりを全部受けてクリアするのは相当に困難と言えます。
体を激しく追い込むエッチ
エッチシーンは6パート65分間。
プレイは耳への息吹き、耳舐め、オナニー、カリ首責め、嘘喘ぎ、SEX(正常位)、土下座です。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それじゃあ早速 お兄さんがどれだけ強いのか こっちの耳で確かめさせてもらうね」
主人公の同意を得てから自滅誘導型オナサポのルールを説明したメスガキちゃんは
ひとまず耳に息を吹きかけて彼がどれくらい弱いか確認します。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の3パート57分間は本作品のメイン部分。
「3_第一ステージ_誘惑ゲーム♪(約16分)」は耳舐め+オナニー
「4_第二ステージ_かりかりゲーム♪(約21分)」は乳首やカリ首責めを交えたオナニー
「5_第三ステージ_オネダリ自滅ゲーム♪(約20分)」はある要素を使ったオナニーと違うルールで進めます。

「この吐息に耐えられるなんて お兄さんは本当に強い男の人」
彼女は彼が年下の自分に負けたくないと思ってることを理解してます。
だから彼をおだてて優越感に浸らせた後におねだりして受け入れやすい状況を作ります。
そして交渉が成立した後は以前よりもずっと激しい責めを繰り出します。

前後で彼女が豹変することはありませんけど
おねだりを受けたかどうかでクリア難度が格段に変わるのは事実です。
第一ステージは彼女が誘惑してオナニーさせるのが基本ルールで
おねだりを受けた場合はシコシコボイスの通りにしごくスタイルへと変わります。

プレイ時間がそれほど長くないので暴発する人は少ないと思います。
でも第二ステージ以降で負けさせるための役割は十分果たします。
結構激しくしごきますから序盤だと思って舐めてると痛い目を見ます。

第二ステージは基本ルールをシコシコボイスに合わせてゆっくりしごくものに変え
さらに休憩を小まめに挟む割とぬるいプレイです。
しかしおねだりを受けた場合は休憩中もしごくペナルティが加わります。
彼女が「かりっ」と言うのに合わせてカリ首を指で撫でて反応しなければOKです。
しかしいつ言うかわかりにくくして心の準備をできないようにします。

人によってはほぼ時間いっぱいしごき続ける可能性もあります。
なのでこのへんから脱落し始めるんじゃないかなと。
シコシコボイスは2秒1コキ、1秒1コキ、1秒2コキの3パターンを小まめに変えてました。

最後の第三ステージは最も過酷な責めが待ち構えてます。
オナサポでよく見かける要素を使ってリードするのですが
これまでと違って複数のおねだりを用意し、後になるほど追加します。

「子供に負かされて そんな声出しちゃうんだ ふふっ お兄さんは最高のおもちゃです」
サークルさんが内容を伏せてるので具体的に何をするかは話せませんが
おちんちんへの刺激を上げるものが多く、さらに心を盛り上げる要素も加わります。
彼女もメスガキらしく生意気な態度を取りますし
言葉と行為の両方から彼を負け射精へ追い込もうとするのが伝わってきます。

オナサポの中ではきついほうだったので私はここでギブアップしました。
射精感を抑える時間が極端に少ないのが大きいです。
おねだりを全部受け入れた場合はシコシコボイスのペースも速く
M~ドMをメインターゲットに据えてるように見て取れます。

それに対して心への責めは耳舐めや嘘喘ぎといった純粋なエロ要素が中心です。
もうちょっと言葉責めに力を入れたほうがM度も上がるんじゃないかなと。
こちらを挑発したりからかう責め方のほうがメスガキも活きますからね。
嘘喘ぎは棒読みじゃなく割と感情を込めたものでそれなりにエロいです。

残りの3パート8分間はゲームの後で聴くもの。
「6_ゲームクリア音声(約4分)」はクリアのご褒美に彼女とSEXし
「7_罰ゲーム音声01_土下座」(約2分)」と「7_罰ゲーム音声02_カリ首責め(約2分)」は
途中で射精した場合に彼女から名前通りのお仕置きを受けます。
罰ゲームはどちらを聴くかの指示がなかったので、聴き手が好きなほうを選んでいいのだと思います。

「お兄さんっ お兄さんっ 早く射精してぇ」
クリア音声はこれまでと立場を逆転して彼女をわからせるS向けのパートです。
Mの人にはアレかもしれませんが物語の構成上こうなるのは自然です。
本気の喘ぎ声を漏らしたり唯一効果音が鳴ったりと他のパートとは内容が色々違います。

このように、シコシコボイスとおねだりを組み合わせた割とハードなオナサポが繰り広げられてます。
やり応えのあるオナサポ
前作の特徴を受け継いだうえでよりプレイを厳しくしてる作品です。

メスガキちゃんは自分には敵わないことを主人公に思い知らせようと
3つのステージでそれぞれに違うルールのオナサポをして射精へ追い込みます。
そしてすべてに何らかのおねだりを用意して受けた場合はより過酷な責めを繰り出します。

可愛くて生意気なメスガキがM男とエッチなゲームをするシチュ
おねだりを受けるかどうかでクリア難度が大きく変わる作り
シコシコボイスを流しながらパートごとに違うルールでオナサポするテーマを活かしたエッチ。
メスガキに負かされる快感が味わえるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は本シリーズの売りとなる要素なので
パートごとにどんなおねだりをするか考えながら進めます。
オナニーしなくていい時にもする、しごく回数を純粋に増やすなど
おちんちんをより確実に追い込むことを意識したものばかりです。

前作はおねだりを受ける/受けないを自由に選べたのに対し
今作は半強制的に受けるルールになってるところだけは首を捻ります。
ですがこういう作品で受けずに全部終える人はまずいないでしょうから
そのへんの駆け引きに時間を割くよりはプレイを充実させることを選んだのかもしれません。
どちらにもメリットとデメリットがあるので好みの問題だと思います。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:20:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月20日まで10%OFFの990円で販売されてます。

↑このページのトップヘ