同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:メスガキ

   ● 即イキ舐めプ娘 ~何回ヤっても懲りないエロカノを徹底的にわからせてみた~
   ● 閉塞的っ!生意気メスガキにドスケベ搾精される密着ネットカフェ
   ● 生意気なメスガキJKなんかに…まっ、負けるはずないだろ!
   ● メスガキちゃんの自滅誘導型オナサポゲーム
   ● メスガキ水泳部員の密着エロエロ手コキで射精誘惑されみじめにイかされる
   ● メスガキサキュバスのふたなりSEXBATTLE【アニメ&音声】




サークル「あむーるΩるーむ」さんの同人音声作品。
声優として活躍されてる餅梨あむさんの個人サークルです。

今回紹介するサークルさんの処女作は、態度は生意気だけどエッチはよわよわな女の子が
ほぼ逆の属性を持つ男性にエッチな勝負を何度も挑んで返り討ちに遭います。

生意気な女性をわからせる快感を追求したややS~S向けのエッチが行われており
エッチを始める前は彼をしきりに挑発してたのに
開始後は激しめの喘ぎ声を漏らしながら弱音や泣き言を言って許しを請います。
愛情表現のひとつとしてやってるだけですから暗さや重さを感じずに聴けるでしょう。
普段はわからされるメスガキに
女の子と7つのエッチな勝負をするお話。

「お兄さんやっほー 遊びにきてあげたよ」
女の子は明るくてちょっぴり気が強そうな声の女の子。
自宅でゲームしてる主人公のところにやって来て軽く嫌味を言うと
彼の気持ちに気づいてエッチの相手をしてあげます。

本作品は生意気なメスガキをわからせる優越感に浸りながら射精することを目的に
彼女がおよそ100分に渡り色んな場所と条件でエッチを持ち掛けます。
作中では明言されてませんが、販売ページのジャンルに「恋人同士」が入ってるところを見ると
物語の開始時点で既に2人は付き合ってるのでしょう。
だから前置きはできるだけ短くしてエッチをガンガンやります。

「ほら お兄さんのチンポって ザコいでしょ? 入れてすぐにイっちゃったら あたしぜーんぜん楽しくないんだけどなー」
「あぁっ あぁっ んぐぅ いいっ 待って 待ってったら あぁっ!」

最大の特徴は彼女の弱さ。
エッチを始める前は彼をしきりに挑発する強気の姿勢を見せてたのに
始まると大きめの喘ぎ声を漏らしながら気弱なことを言います。

両者のギャップが非常に大きいので聴いてると微笑ましく感じるでしょう。
「あんあん」みたいな気持ちよさそうなものよりもアヘ声に近い声を上げることのほうが多いです。

彼女は自分が彼よりもずっと弱いことを自覚してないらしく
一度負けても「さっきのは演技」とか「今のはノーカン」と言って再度挑もうとします。
そしてそのたびに思う存分責められ情けない姿を晒すわからせ成分の強い内容です。
2人の仲が良いので凌辱ではないのですが、一部でやや苦しそうな声を出すシーンがあることから
ややS~Sあたりの属性を持つ人のほうが気分よく聴けるし抜けると思います。

エッチについては彼女の心情、反応、乱れる姿をより濃く描くために
彼女よりも彼が責める機会を多くしてます。
中でもSEXは側位、正常位、立ちバック、騎乗位と体位を幅広く用意し
おちんちんにガンガン責められ彼女が気持ちよさそうに喘ぐ姿をたっぷりお届けします。
他にも電マ&ローター責め、手マン&クンニなどプレイの種類が豊富です。

これらの最中に鳴る音も大きなポイント。
質感がリアルなのに加えて同じプレイでも状況によって違う音を使ってます。
例えばSEXだと側位は彼の家でするからピストン音にベッドの軋む音が加わります。
しかし立ちバックは場所が公園の茂みなのでピストン音だけになる代わりに鳥の声が聞こえます。
中出しをする前よりもした後のほうがピストン音の水分が上がったりと芸が細かいです。

よわよわな彼女がおちんちんに思い切りわからされる展開とそれが活きるプレイ構成。
音声ではあまり見かけないシチュをとことん掘り下げた珍しいタイプの純愛作品です。
エロくて激しいエッチ
エッチシーンは7パート93分間。
プレイはキス、SEX(側位、正常位、立ちバック、騎乗位)、電マ責め、おちんちんの愛撫、乳揉み、手マン、クンニ、フェラ、ローター責め、耳舐めです。
SEX、電マ責め、おちんちんの愛撫、手マン、ローター責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「こんなの 激しいのだめぇ 強くっ されたらっ くるっ」
主人公のおちんちんが弱いと言って軽く挑発した女の子は
その直後に自分の考えが甘かったことを強く思い知らされます。

エッチは彼女の挑戦を受けた彼が責める形で進みます。
最初の3パート28分間は彼女の弱さをわかりやすく描いたシーン。
「01.ゴムエッチで即イキ!生意気娘が「しゅごいぃぃ!」(約4分)」はキスと側位SEX
「02.電マで即イキ!放課後の屋上で「もうらめぇ!」(約9分)」は胸とおまんこの電マ責め
「03.正常位で即イキ!ネカフェで「ヤバ……んあぁああっ!」(約15分)」はネカフェでの正常位と
場所やプレイを切り替えながら彼女が早速乱れまくります。

「べっ 別に感じてなんか てかブラもしてるし それで感じるわけ…ひぁっ」
一言で「弱い」と言っても結構ピンキリなのですが
彼女の場合は体の感度が非常に高いせいでビックリするほど弱いです。
服越しに電マを当てられただけで早速軽めの喘ぎ声を漏らしますし
おまんこの時は「学校の屋上でこんな声出していいの?」と心配するほどアヘります。

彼女は本気で勝とうと思ってるのでしょうけど、あまりに呆気なく負けるのでコミカルに感じます。
何度もイった後に「信じられない」と言うことも含めて典型的な弱キャラに描かれてました。
喘ぎ声の量が多いですからそれが好きな人ほど楽しめるでしょう。

「い、イクの? イってくれる? だったらお願い 早くっ 出してっ」
この中で面白かったのは03パート。
デート先のネカフェで彼女のほうからエッチを持ち掛けてくるのですが
最初はおっぱいやおまんこを見せつけて彼を興奮させる有利な状況だったのに
SEXが始まると一気に逆転して上のような情けないセリフを漏らします。

このパートは公共の場所でエッチするので彼女が大きな声を出せません。
だから手で口を覆ってなんとか我慢してるところへ彼がすかさずキスします。
見た限りだと彼はそこまで勝負にこだわってないようです。
好きな女の子が望む形でエッチしつつ助ける姿勢に優しさを感じました。

続く4パート65分間はプレイがさらに深く激しくなります。
「04.愛撫&手マンで即イキ!学校帰りに「指、やぁあぁっ!」(約14分)」は手マン&クンニ
「05.生セックスで即イキ!公園の茂みで「ひゃんうぅぅっ!」(約14分)」は公園でする立ちバックとお掃除フェラ
「06.騎乗位で即イキ!責めるはずが「もう止めてぇ……っ!」(約16分)」は騎乗位SEX
「07.即イキローターからのわからせセックス!完落ち娘が「イクぅううぅっ!」(約21分)」はローター責め&再度の正常位SEXと
SEXを中心に据えつつ2人揃って何度も絶頂を迎えます。

「ら、らめぇ い、いつもよりチンポ感じるぅ もっとゆっくり動いてよぉ」
先ほどよりも深いと言える理由のひとつは生になるから。
「これまでSEXで勝てなかったのはゴムを着けてたからだ」と考えた彼女が生ハメ勝負を挑み
その結果普段以上にあっさり負ける微笑ましい姿を見せてくれます。
基本的には彼が射精するまでピストンを続けるので、絶頂回数は彼女のほうが遥かに多いです。
絶頂を繰り返すほど息が乱れて声がややぐったりするのもリアルでした。

2人の実力差が最もわかりやすく表れてるのは06パートでしょう。
音声で女性上位の時に出てくる騎乗位を本作品向けにアレンジしてSな人が抜きやすくしてます。
具体的には最初彼女が腰を上下させるのですが、あまりに気持ち良くて途中で止まってしまい
その後は彼が下から突き上げて何度もイかせます。

「無理 やっぱり無理 頑張っても チンポには勝てないよぉ」
彼女と彼でピストンのペースが明らかに違うので音を楽しむ要素も持ってます。
この手の作品ではお馴染みのセリフも登場したりと
本作品のテーマである「わからせ」を強く実感できて気持ちよく射精できました。
彼女の中に2連続射精しますから女性に対する征服欲も満たしてくれます。

他の3パートも06パートとは違う個性を持ってて2人の仲の良さを感じました。
テーマ性は統一してますが、そのやり方はどれも違ってて内容が多彩です。

このように、女の子が乱れる様子を重点的に描いたエロさの高いエッチが繰り広げられてます。
喘ぎ声がたっぷり聴ける作品
音声作品の定番とほぼ真逆の路線を歩んでるイチャラブ系作品です。

女の子は付き合ってる主人公に自分のほうが強いことを思い知らせようと
場所、プレイ、ルールを変えながら積極的にエッチな勝負を挑みます。
そして毎回タフで精力も強いおちんちんにわからされて気持ちよさそうな喘ぎ声を漏らします。

挑発は得意だけどエッチはよわよわな恋人と気持ちいい勝負をするシチュ
始める前は生意気だったのに開始後は一転して弱い姿を見せる彼女の愛らしいキャラ
彼が責めるシーンを多く用意し喘ぎ声をたっぷり漏らす激しめのエッチ。
「メスガキ=勝てない」という音声界隈での常識を覆した作品になってます。

「そんな態度でいられるのも 今のうちだから」
中でも2番目はこれだけ負かされてもまったく諦めないポジティブな子に描かれてます。
彼女は確かに負けず嫌いな性格をしてますが
それよりも彼とエッチすることのほうが大事なのだと思います。
そのための口実作りに勝負形式を採用してるのかなと。
面と向かって言いませんけど彼と一緒にいたい気持ちが強く伝わってきました。

エッチは女性に責められることの多い音声作品では珍しく男性優位に進みます。
展開は一緒ですがパートごとにシチュやプレイが変わるのでワンパターンな印象はありません。
喘ぎ声がここまで流れる作品はあまりないですし、実用性も十分高いと言えます。

射精シーンは7回。
喘ぎ声大量、くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこです。

女の子に負けるよりも勝つほうが好きな人には特におすすめします。

CV:餅梨あむさん
総時間 1:56:34

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月22日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「じろうぽんぽん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のメスガキが
ネカフェで偶然会った大人の男性をエッチな手段で弄びます。

メスガキらしさを出しつつ密着して責めるのが最大の特徴で
年上の彼を見下す、背徳感をくすぐる、嫉妬心を煽るなど様々な言葉責めを囁き声で投げかけながら
合間に吐息を漏らしたり射精時にぴゅっぴゅのセリフを多めに言って幸せな射精に導きます。
基本的には意地悪ですがご褒美もくれるので、ドMよりもややM~Mな人のほうが向いてます。
メスガキたちのおもちゃにされて
花と瞳子に精液を搾り取られるお話。

「ねぇ瞳子ちゃん 誰かいるよ?」
花(挿し絵右)は明るくて可愛い声の女の子。
「ん… 知らないおじさんだね」
瞳子(挿し絵左)はトーンが低く落ち着いた声の女の子。
ネカフェでオナニーしてる主人公を見つけて興味深そうに観察すると
声をかけてお店のルールを破ってると指摘し証拠写真を撮ります。

本作品は自分よりもずっと年上の男性を負かし続けてる歴戦のメスガキたちが
女の子に興味を持ってる彼をおよそ120分に渡るエッチでおもちゃにします。
オナニー、フェラ、手コキ、耳舐め手コキとパートごとにメインのプレイを切り替え
2人で協力しておちんちんを責めながら色んな言葉責めもして心身をバランスよく盛り上げます。

花「お兄さんのおちんぽは 一生おまんこの中でぴゅーっ ぴゅーってできない 意味なしザーメン製造機だから」
花は正統派のメスガキと呼ぶのがしっくりくる生意気な女の子。
年齢相応の可愛い声で思ってることをストレートに言ったり
女性とまともにエッチしたことのない彼を軽く見下して上下関係を作ります。
しかし優しいところも持っており、時折ご褒美をあげて彼をやる気にさせます。

まだ若いのに飴と鞭の使い分けができてて男の扱い方をよく心得てます。
年下の女の子とエッチする背徳感や、その体を精液で汚す征服欲もくすぐってくれて言葉責めが多彩です。
射精シーンでぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど、言葉で興奮させることにかなり力を入れてました。

瞳子「おじさんの脳みそ エッチな事だけで もういっぱいいっぱい その臭いチンポしごきながらはぁはぁしてるの 最高に気持ち悪い」
それに対して瞳子はダウナー系の無感情キャラ。
花とは違い彼に愛想を振りまくことは一切ないですしエッチの責め方も結構ハードです。
しかし花に対して友達以上の感情を抱いてるようで
彼女の身代わりになってフェラする健気な姿も見せてくれます。

メスガキ作品ではあまり見ないタイプのキャラですね。
割と毒舌で言葉責めも彼女のほうが表現はきつめでした。
フェラや耳舐めのちゅぱ音が激しくて声とのギャップが引き立ってます。

エッチについては場所がネカフェのブース内ということで
花が右、瞳子は左に陣取り密着しながら責めるスタイルを取ってます。
囁き声や吐息を漏らすシーンが多く、特に吐息は微弱な熱と風圧が感じられるほどにリアルです。
言葉責めが充実してるのでM向けなのは間違いないですけど、これのおかげで雰囲気は割と穏やかでした。

違った個性を持つ2人の「メスガキ」にわからされるシチュと「密着」感を重視したエッチ。
タイトルに入ってるふたつのキーワードを軸にしたややM~M向けの作品です。
ゆっくり沼に引きずり込んでくエッチ
エッチシーンは4パート97分間。
プレイはオナニー、おちんちんの匂いを嗅ぐ、パンツ鑑賞、お掃除フェラ、手コキ、耳舐め、2人のキスです。
オナニー、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「何でもいいからさっさとチンポシコれ 変態」
主人公のオナニー姿をばっちり収めて有利な状況を作った2人は
その続きをする命令を出してから情けない姿を面白そうに観察します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「02閉塞的みぬき編(約42分)」は言葉責めが光るパート。
彼にはほぼ自由なやり方で時間いっぱいオナニーさせ、それを2人が実況や言葉責めで盛り上げます。

瞳子「触りたくても触れなかった女の子の体 こんなに近くで感じちゃった チンポシコシコする手を止めるなんて もう絶対に 無理」
花「仕方ないから 頑張ってるお兄さんには 特別サービス 花のパンツも オカズにさせてあげる」
彼女たちは彼が女の子の動画をオカズにオナニーしてたことを知ってるので
それに近い容姿を持つ自分たちを餌にして彼を巧みに操ります。
耳元で囁いたり吐息を漏らして密着されてることを意識させ
さらに瞳子→花の順にパンツを見せて彼の反応を楽しみます。

パート名の通り彼の体に直接触れることは極力避けて
興奮するものを見る、痴態を見られるといった視覚での快感に焦点を当ててます。
オナニー自体は控えめな音量の効果音を鳴らすだけですから至ってシンプルです。

しかしパート後半に差し掛かるとオナサポ要素が強くなります。
耳元至近距離から1秒2コキ~1秒1コキのペースでシコシコボイスを言うようになり
さらに精液を花の体にぶっかける許可を出して気持ちいい射精に導きます。

花「ねぇねぇ やりたいんでしょ? 〇学生と やりたいんだよね?」
彼が何を求めてるか見透かしたうえで望み通りにしてあげるところがメスガキらしいなと。
彼の心をガッチリ掴んで自分たちに逆らえないようにします。
前半と後半で責め方を変えるのもプレイに締まりを持たせる良い効果が出てます。
40分もあるパートでずっと同じやり方だと聴き手に飽きられる可能性がありますからね。

ぴゅっぴゅのセリフと効果音を組み合わせて射精のタイミングをわかりやすくするなど
エッチの経験豊富な彼女たちらしい心の行き届いたリードをします。

続く2パート43分間はエロさを強化したうえで上下関係をより明確にします。
「03閉塞的おそうじフェラチオ編(約19分)」は瞳子のお掃除フェラ
「04閉塞的密着なかよし手コキ編(約24分)」は2人が協力する形の手コキで1回ずつ射精させます。

瞳子「こんなチンポ 絶対に花ちゃんに触らせないからね」
前者はちゅぱ音の激しさが一際耳を惹きます。
1回出して精液まみれのおちんちんを花が触れずに済むようにと
序盤から空気交じりの激しい水音を鳴らしておちんちんを貪ります。

声がクールだからこそちゅぱ音とのギャップに驚くでしょうね。
吸いやピストンといった刺激の強い責めを多くしてエッチ慣れしてることをアピールします。

花「へったくそ こんなへたっぴな腰振りじゃ おまんことSEXできるわけなんて絶対ないじゃん 無理無理」
花「中出しされちゃうとね おまんこの中で精子がローションみたいになっちゃうの」

後者は手で握ってしごくスタンダードな手コキではなく
挿し絵のように2人が指でハートを作り、そこへおちんちんを入れてヘコヘコする情けないプレイです。
彼にSEXの経験がないことを知ったうえで、それが浮き彫りになるようにするのはなかなか意地悪だなと。
またパート後半では花が他の男性とエッチした時のことを語って嫉妬心を煽ります。

03は純粋なエロさ、04はシチュ+言葉責めとポイントを変えてあって
同じメスガキ相手でもそれぞれに違った良さがあります。
私は04のほうが彼女たちのおもちゃにされてる感覚が味わいやすくて好きです。

最後の「05閉塞的密着みみなめ手コキ編(約12分)」は最もハードなプレイ。
開始から1秒の時点でもう両耳舐めが始まり
同時におちんちんも激しくしごいて2回連続の射精へ追い込みます。

このパートはサークルさんがループ再生できるように調整されたらしく
セリフの量が大幅に減る代わりにちゅぱ音と効果音が同時に流れ続けます。
抜きたくなった時にここだけ再生するのも有りでしょうね。
04パートが割と言葉責め重視だったので、ここは音メインにしてメリハリをつけてます。

このように、メスガキの魅力に少しずつ引きずり込んでく丁寧なエッチが繰り広げられてます。
穏やかなメスガキ作品
キャラが立っててエッチの内容も充実してる質の高いメスガキ作品です。

花と瞳子はネカフェでオナニーに励んでる主人公を自分たちの言いなりにしようと
彼の弱みを握ったうえでパンツを見せたり精液をぶっかけさせていい気分に浸らせます。
そしてその後は強烈なフェラ、羞恥心と嫉妬心を煽る手コキ、搾り取るような耳舐め手コキと
パートごとに手段を変えて力の差を見せつけます。

タイプの異なる2人のメスガキがロリコンな男性を弄ぶM向けのシチュ
言葉責めの量を多めに設定し、それと体への責めを組み合わせて追い込むバランスの取れたエッチ
耳元至近距離から囁いたり吐息を漏らす密着感を味わいやすい演出。
ネットカフェのブース内でメスガキに責められてる様子をできるだけリアルにお届けします。

瞳子「気持ちいいことが嫌いな人なんて いないでしょ? おじさんも シコシコぴゅっぴゅ 大好きだもんね」
花「そうそう だから黙っておちんぽしごかれてても ぜーんぜんおっけーだよ」
中でも2番目は言葉責めの質と量が充実してて満足できました。
メスガキと言えば生意気に振る舞うのが定番ですけど
彼女たちの場合は飴もある程度与えて彼を上手に手懐けます。
上下関係を崩さない範囲で優しくしてくれるので、メスガキ初心者でも聴きやすいと思います。
心の盛り上げ方が上手な作品だなと。

エッチは言葉責め重視のパートとエッチな音重視のパートを交互に配置してます。
バランス型にあたりますがプレイ時間が長いおかげで中途半端な印象はありません。
囁き声と吐息も充実してますし、本作品の特徴がしっかり込められてます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・吐息多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:大山チロルさん
総時間 2:11:19(本編…2:06:23 フリートーク…4:56)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年9月23日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「イニシアティブ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、今年JKになったばかりの女の子が
奥手で童貞な親戚の男性を意地悪なエッチで弄びます。

魅力的な体を彼に押し付けて童貞かどうか確かめたり
熱が入ると言葉責めが命令口調に変わって惨めな負け射精へ追い込むなど
彼女の生意気でSな性格をそのまま反映させたM向けのエッチが楽しめます。
生意気なメスガキをわからせるはずが…
メスガキJKと4種類のエッチをするお話。

「やっほーお兄さーん ひっさしぶりー」
メスガキJKは明るくて可愛い声の女の子。
制服姿で主人公の前に現れ挨拶すると、反応の悪い彼を軽くからかって楽しみます。

本作品は彼の従妹で以前から仲良くしてた彼女が
JKの制服姿でおよそ80分に渡り存分に弄びます。
彼は彼女より年上ですが女性との付き合いが苦手で童貞を卒業できてません。
そこで彼女は序盤から積極的に色仕掛けや挑発をして彼にやる気を出させようとします。

「このガキ 体だけは無駄に成長しやがって あーくそ チンコイライラする このまま泣いて謝るまで 何度もクソガキマンコに 精子流し込んで立場わからせてやる」
「童貞じゃない」と言い張る彼に自分から密着して反応を確かめたり
彼の心情を代弁して女性に対する征服欲をくすぐるなど
メスガキらしい生意気な態度でリードすることが多いです。
そしてエッチ開始後は負ける快感と純粋な快感を同時に与えて充実した射精に導きます。

設定によると彼女は彼のことが大好きだそうですから
彼を本気で痛めつける意図でこれらをするわけではありません。
終盤には童貞卒業を手伝った後に初中出しまでプレゼントするなど
彼に十分なご褒美を与える優しいところも見せてくれます。

エッチについては彼女のメスガキっぷりが聴き手に伝わるようM向けの要素が多いです。
全体的に言葉責めの量を多くし、プレイも彼女にわからせられる快感を与えることを意識してます。
アブノーマルなプレイは特にやらずシチュとセリフで負ける快感を与える感じです。

「ざーこ 早く負けろ」
また言葉責めは普段タメ口でやるのに、射精が近づくと命令口調に変わって
「雑魚」「弱い」と言ったきつめのセリフをガンガン言うようになります。

まだ若いから感情を上手くコントロールできてないのでしょう。
射精時にぴゅっぴゅのセリフを言うことも含めて、彼女の性格をわかりやすく表現してます。

年下の女の子に思う存分負かされるシチュと言葉責め重視のエッチ。
メスガキから連想される生意気さや意地悪さをストレートに反映させたM向けの作品です。
心を折りながら責めるエッチ
エッチシーンは4パート63分間。
プレイは乳揉み、手コキ、耳舐め、ローションパイズリ、素股、キス、SEX(騎乗位)です。
服を脱ぐ、手コキ、パイズリ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「んー? そこまで言うなら 確かめてみちゃおっかなー」
雑談の最中に主人公を恋人のいない童貞と煽ったメスガキJKは
それを否定する彼におっぱいを揉ませて本当かどうか確かめます。

エッチは経験済みな彼女が彼を終始リードします。
前半の2パート32分間は彼女のメスガキっぷりがよくわかるシーン。
Truck1は手コキと耳舐め(約21分)、Truck2はパイズリで1回ずつ射精させます(約11分)。

「もしかして 経験豊富なお兄さんが おっぱい揉んだだけで興奮しちゃったとか? ふふっ 違うよね お兄さんは ガキ相手に発情しない つよーい大人だもんね」
彼女は最初から彼がまだ童貞だと見抜いてるようで
ソフトなスキンシップでドキドキしたり勃起する彼の様子を楽しみながら
それを否定するセリフを投げかけて言いたくても言えない状況に追い込みます。

Truck1序盤の8分間をこのやり取りに割いてるあたりに
言葉責めを重視する本作品の特徴がよく出てます。
2人が久しぶりに会ったから仲良くなる時間を用意したのかもしれませんね。

そしてパート中盤以降は実力行使で彼にわからせようとします。
通常よりもゆっくりペースで手コキしてたかと思えば
少しの間だけ小刻みな責めに切り替えておちんちんの弱いところを的確に責め
さらに右耳舐めまで加えてエッチの経験と実力に大きな差があることを見せつけます。

序盤でしっかり煽られたからこそ、射精した時の敗北感や屈辱感をより強く味わえるでしょう。
彼に「負けないぞ」と思わせてから負かすところにメスガキとしてのこだわりを感じました。
耳舐めも7分程度と短いですがジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らしてて独特です。

「バカ丸出しでだっさー ワンちゃんでもまだましな腰振りできるよ?」
Truck2は彼女のほうからハンデを与えたうえで存分に負かします。
パイズリで彼女ではなく彼が動くスタイルにしてから
腰を碌に動かせない彼を小馬鹿にする生意気度の高いプレイです。
そして射精が始まった後はそのまま責め続けて最後の一滴まで搾り取ります。

パートの時間が21分あるのに最初の10分を前置きに割いてるせいで
純粋なプレイ時間が短くなってるのだけは残念ですが、プレイ自体はテーマ性がしっかりあって良いです。

後半の2パート31分間はより踏み込んだプレイ。
Truck3は素股(約16分)、Truck4は騎乗位SEXで彼の反抗する気力を奪います(約15分)。

「あぁっ いやっ んんっ」
素股はこれまでと違って彼女からは責めないことを宣言し
開始後はピストンを受けながら気持ちよさそうな声を漏らす比較的甘い内容です。
最初は明らかに演技なのですが、途中から彼女の様子がやや変わります。
「好き」「カッコいい」など彼を称賛するセリフを多めに言ってくれるのも面白いです。

前のパートで彼に惨めな思いをさせてしまったから
ここで一旦自信を取り戻させようと思ったのかもしれませんね。
鞭ばかりだと相手がやる気をなくすので、多少の飴も与えてバランスを取ってます。

最後のTruck4も飴と鞭を組み合わせてますが、その両方がパワーアップしてます。
これまで散々馬鹿にしてた彼の童貞をもらってあげる点はかなりのご褒美ですけど
それにあたって彼の精液が枯れ果てるまで絞ろうとする展開もなかなかハードと言えます。
このパートだけ射精シーンが2回に増えてるのもそう感じる要因です。

「ほら 〇ね 〇ね ガキ相手に発情しちゃう 悪い大人なんて〇んじゃえ」
またパート後半から気持ちの高ぶった彼女が「〇ね」と何度も言うようになります。
このへんはかなり人を選ぶんじゃないかなぁと。
例えばプレイの後に悪口を言ったことを謝るとか、否定したうえで彼のことが好きと言うならわかるのですが
作中ではそういったフォローがないまま終わりを迎えます。

最終パートは作品を聴き終えた後の感触に大きく影響しますし
負けシチュがテーマだったとしても愛を感じる要素を盛り込んでおいたほうが良いと思います。
筆おろしがそれにあたるとも言えるのですが、セリフのほうでも何かしらあったほうがスッキリできます。
人外相手ではなく人間同士、しかも好意を抱いてるならそれをきちんと示してほしかったです。

このように、きつめの言葉責めを中心に据えたタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ややハードなメスガキ作品
メスガキに負かされる、わからされる快感を追求した作品です。

メスガキJKはしばらく会えなかった主人公と変わった手段で遊ぼうと
まずはメスガキらしく生意気な態度で挑発して彼をやる気にさせます。
そしてエッチが始まった後は格の違いを見せつけて負け射精へ追い込みます。

メスガキのイメージにぴったりな女の子が年上の親戚をエッチでわからせるM向けのシチュ
「ざーこ」「弱い」など彼を小馬鹿にするセリフを多く盛り込んだ言葉責め
ある時はストレートに、またある時は彼に有利な状況を作ってから負かすテーマに沿ったエッチ。
このところ注目を浴びてるジャンルをサークルさんなりのやり方で表現してます。

中でも3番目はパートによってプレイ構成を切り替え
その中に飴と鞭を盛り込んで彼が「勝てそうだ」と思えるようにリードします。
しかし最後のTruck4だけは力でねじ伏せる感じのパワフルなSEXをします。

Truck3までは割と駆け引きを重視してたので
同じ負けシチュでもTruck4は聴いた時の印象や雰囲気がやや違います。
彼女が本性を現わしてると見るのが妥当なのかもしれません。
前項で書いたように癖があるので、そこだけはくれぐれもご注意ください。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

CV:結姫うさぎさん
総時間 1:25:42

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年6月28日まで15%OFFの841円で販売されてます。



サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、M男を負かすのが大好きなメスガキが
それを止めさせようとする男性をゲーム形式のオナサポで弄びます。

聴き手の意志で難度を大幅に変えられるのが特徴で
3つあるゲームのすべてに彼女がおねだりするシーンを用意し
それを受けるかどうかでプレイの内容と歯ごたえが大きく変わります。
メズガキをわからせるつもりが…
メスガキちゃんの指示に従ってオナニーするお話。

「そこのお兄さーん そうです お兄さんのことです」
メスガキちゃんは甘く可愛い声の女の子。
主人公に声をかけて楽しいゲームに誘うと
M男をからかうのはもうやめるように言われてある条件を提示します。

本作品は年上の男性を負かすことに快感を覚える彼女が
それを邪魔しようとする彼と80分程度のエッチな勝負をします。
彼女は見た目や声よりもずっと経験豊富でM男の弱点を知り尽くしてます。
だから彼にMっ気があることをすぐさま見抜き、存分に負かして逆にわからせようとします。

「お兄さんからは つよーい大人の雰囲気がするんです」
正義感の強い彼を「他の男性よりも強い」と褒めて油断を誘い
さらにエッチなゲームはこれで最後にすると言って負かすチャンスを作ります。
一般的なメスガキのように目に見えて生意気な態度を取ることはありませんが
色んなところに罠を張って彼をダメにしようとする狡猾な性格をしてます。

その最もわかりやすい例がプレイ中におねだりをすること。
3つあるステージのすべてで開始から少し経つと彼女が仕掛け
おねだりに同意した場合はその後の難度がグッと上がります。

おねだりを無視した場合、本作品のエッチをクリアするのは結構簡単です。
でも従ったら2番目以降のステージで脱落者がそれなりに出るレベルまで変わります。
ステージごとに内容が違うのでどちらを選ぶかその都度判断するのがいいでしょう。
聴き手側である程度難易度を変えられる面白いシステムです。

エッチについてはシコシコボイスやカウントといったオナサポでは定番の要素を盛り込み
それらをセリフと分離し同時に言ってきめ細かくリードします。
言葉責めや耳舐めも多少はしますが、それよりも体への責めに力を入れてます。
特に最終ステージは逃げ道を塞いでからほぼノンストップでしごき続けるなかなかハードなプレイです。

また勝負形式でエッチするため、その結果で射精後に聴くパートが分かれます。
勝ち1、負け3と後者のほうが充実してます。
一部で音声作品だと初めて聴くプレイも登場しますし、屈辱感を煽る重要な役割を果たします。
変化に富んだエッチ
エッチシーンは6パート60分間。
プレイはエアオナニー、耳舐め、オナニー、嘘喘ぎ、乳首オナニー、〇〇、罰ゲームです。
〇〇の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「しごいていない間も このシコシコボイスに合わせて エアシコシコしてください」
自滅誘導型オナサポゲームのルールを簡単に説明すると
メスガキちゃんはその手始めとしてシコシコボイスを流しながらエアオナニーするように言います。

エッチはほぼ全部彼女に言われた通りに動きます。
最初の「第一ゲーム_誘惑オネダリゲーム」は割とソフトな内容(約15分)。
時間内に射精しなければクリアと定め、早速2種類のプレイで射精へ近づけます。

ここで行うエアオナニーはおちんちんに触れずにシコシコすること。
3秒1コキくらいの緩いペースでシコシコボイスが流れるのでそれに合わせて手を動かします。
体への刺激は特にありませんから、おねだりを無視した場合は本当に楽勝です。

「お兄さんは 弱い大人じゃないですよね? だから これくらいでおちんちん立たされちゃうわけないですよね?」
それに対しておねだりを受け入れた場合は通常のオナニーをします。
一応条件がありますけど、音声を普通に聴いてればおちんちんを直にしごくことになるでしょう。
彼女も強制はしないものの彼がこちらを選ぶように軽く挑発します。
多少気持ちよくしながらルールを実際に体験させるチュートリアルに近いプレイです。

次の「第二ゲーム_寸止め我慢ゲーム」は彼を射精させることを意識したプレイ(約10分)。
寸止めを必ずすることをクリア条件に設定し、今度はカウントを数えてギリギリまで追い込みます。

「お兄さぁん もっと速く もっとそこ突いて?」
オナサポでは定番の要素ですが、ここでは彼女が演技で喘ぎ声を漏らして応援します。
セリフを聴いた限りではおそらくSEXシーンを再現してるのでしょう。
カウントを繰り返すほどに乱れっぷりが激しくなって結構エロいです。
セリフとカウントが分離してるおかげでやりやすさと実用性を上手く両立できてます。

ここでのおねだりは非常に珍しいものです。
サークルさんが「寸止めしたと証明すること」とぼかされてるので詳細は伏せますが
男性にとっては結構厳しいことを要求されます。
金的とかの痛いものではなく、心の強さやバランス感覚を試されるという意味です。
1回なら可能ですけど3回連続でやるのは相当難しいんじゃないでしょうか。

最後の「第三ゲーム_服従ゲーム」は彼を負けさせるためのプレイ(約23分)。
彼女の命令にすべて従いながらシコシコボイスとカウントを組み合わせた責めをします。

左「まずは おちんちんを強制的にしごかせてあげます」
右「これから シコシコボイスを流すから シコシコスタートって言ったら 音声に合わせてしごいて シコシコストップって言ったら おちんちんしごくの止めてくださいね」

ここでのおねだりは命令量が2倍になるというもの。
途中から彼女の声が左右に分かれ、協力して指示や言葉責めをします。
正反対のことを同時に言って困らせるとかはありません。
これまで多くの男性を負かしてきたからこそ、今回も実力で射精させようとします。

やることは割とシンプルなのですが刺激が全体的に強いです。
ゲーム開始直後から1秒2コキのペースでシコシコボイスが流れ
そこから射精シーンまでほぼ休憩を挟まずにしごき続けます。
両耳舐めやさらなる寸止めといったダメ押し要素も登場するなど
本作品のエッチを締めくくるに相応しい歯ごたえのあるオナサポをしてくれます。

このパートはおねだりを受け入れなかった場合、時間がおよそ4分まで短くなりますから
受けるのが前提の内容と言えます。
ひとつ前で寸止めを繰り返した後にすることを考えるとクリア難度は高めかなと。
私が聴いた時もここで我慢できずにギブアップしました。

このように、パートごとにルールやプレイを変えながら進める個性の強いエッチが繰り広げられてます。
難度の高いオナサポ
オナサポでありながら聴き手に選択の余地を与えてる独創的な作品です。

メスガキちゃんは自分の楽しみを奪おうとする主人公を上手く手懐けようと
最後の1回と言って普段やってるエッチなゲームを持ち掛け
その中に異なるルールとおねだりを盛り込み彼の射精をコントロールします。
そして負かした後は屈辱的な罰ゲームをさせて彼のM心をくすぐります。

声は可愛いけど性格は割と狡猾なメスガキが年上の男性をエッチで負かすM向けのシチュ
3つあるゲームにおねだりを用意し、それを受けるかどうかで難度が変わる面白い展開
シコシコボイスやカウントをセリフと別に言ってきめ細かくリードする作り。
既存のオナサポにサークルさん独自の要素を盛り込んで新しいプレイに進化させてます。

中でも2番目はタイトルの「自滅誘導型オナサポゲーム」を体現する要素です。
おねだりはあくまで選択肢に過ぎませんから無理にそちらへ進む必要はありません。
でもこれを受けなかったらプレイが物足りないものになる。
「オナニーするならできるだけ気持ちよくなりたい」という相手の心理を逆手に取って自滅へ誘います。

またオナサポにとって重要な「やりやすさ」にも配慮されてます。
具体的にはシコシコボイス、カウント、わかりやすいルールが該当します。
アイデアがいくら面白くても音声として形を成してなかったら意味がありません。
だから指示をしっかり行い、かつ作品の持ち味が活きるようにバランス調整されてます。

第三ゲームでおねだりを受けなかった場合、プレイ時間が一気に6分の1まで短くなるなど
今後に向けて改善したほうがいいと思う点もいくつかあります。
ですがこういうタイプのオナサポはなかなか見かけませんし
品質についても現時点で十分なものを持ってます。
シリーズ化してさらに磨きをかけていけばオナサポの新しいジャンルになるかもしれませんね。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

負け射精するのが好きな人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 1:22:22

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「おーだーめいど」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、水泳部に所属するSで生意気な女の子が
同じ学校の特待生を誘惑して自分たちの奴隷に変えます。

多くのシーンで密着しながら負け射精へ追い込むのが特徴で
乳首だけを焦らし気味に責めてたかと思えばおちんちんを高速でしごいて暴発を誘い
さらに演技で喘ぎ声を漏らしたり、「変態」「ばーか」と囁きながらオナニーさせるなど
様々な手段を使って彼女には勝てないことや負ける快感を教えます。
生意気な女の子とする気持ちいい勝負
水泳部員のミカと2種類のエッチをするお話。

「あはっ こんにちはー 水泳部へようこそー」
ミカはノリが良くて明るい声の女の子。
スク水姿のまま主人公を女子更衣室へ呼び出すと
軽く誘惑してからエッチな勝負のルールを説明します。

本作品は現実世界よりもずっと女性上位な学園を舞台に
彼女が特待生として入学した真面目な彼をおよそ50分に渡ってエッチに弄びます。
前半はエッチな勝負、後半はその後日談とふたつのシーンに分かれており
いずれもメスガキらしい生意気な態度で負け射精を味わわせます。

「こうやって水着の肩ひもをずらすと… 日焼け跡が見えちゃう」
自分からスク水を少し脱いで誘惑するところから始まって
わざとソフトな刺激を与えて焦らす、一転して激しく責めて射精を我慢できなくするなど
初心でMな男性が喜ぶことを積極的にやって有利な状況を作ります。
そして勝負がついた後はより惨めなプレイで上下関係を明確にします。

彼女がSなことは間違いないですけど、痛みや苦しみを与えることはありません。
十分に気持ちよくしたうえでこちらの心を絡め取る調教っぽいエッチをします。
負けるのが好きな人にはむしろご褒美になるでしょう。

作中で行われるゲームのルールは至って簡単。
彼女に責められて制限時間内に射精したら負け、我慢できたら勝ちです。
そして勝ったら様々な特典が得られる代わりに負けたら言うことを何でも聞く必要があります。

本作品は負ける快感を味わわせるのが目的ですから当然結果は目に見えてます。
でも彼女は彼をいきなり負かそうとはしません。
彼が自分で「勝てない」と思えるように少しずつ確実に追い詰めます。
そしてこういう演出があるからこそ負けた時の快感がより大きくなるわけです。
体もしっかり責めますけど、心への責めにも力を入れてる印象を受けました。
密着感のあるエッチ
エッチシーンは2パート42分間。
プレイは乳首責め、おちんちんにおまんこを押し付ける、手コキ、耳舐め、オナニー、喘ぎ声の演技です。
手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあ上も下も脱いで全裸になって? 待っててあげるからはやくー」
これからするエッチなゲームのルールを手短に説明したミカは
全裸で脚を開いた主人公の間に入ってまずは乳首を刺激します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「本編」は当初の予定通り2人がエッチな勝負をするパート(約24分)。
体を密着させながら色んな手段で乳首だけを焦らし気味に責めて性感を高めます。
そして十分温まった後はおちんちんを激しく責めて気持ちいい負け射精へ導きます。

射精させたら勝ちなのだからおちんちんを責めればいいのに
敢えて乳首を集中攻撃するのは余裕の表れでしょう。
口に出すことはありませんが「ここまで手加減しても君には勝てるよ」と言ってるように感じました。
ただし乳首責め自体は非常にしっかりしてます。

「私の指先が 君の乳首の周りを くーるくる くーるくる」
乳輪を優しく撫でる、乳首を爪で引っかく、親指と人差し指でつまむなど
13分ほどをかけて色んなプレイを実践し、そのすべてで掛け声を出してペースを教えます。
オナサポっぽい進め方をするので一緒にいじると結構気持ちよくなれます。
そしてこれは彼が「おちんちんをいじって欲しい」と思うように仕向ける効果も持ってます。

パートの後半は一転してハードなプレイ。
乳首責めは完全にやめておちんちんをガンガン責めながら言葉責めや耳舐めをします。

「あぁっ 止めてっ 止めてっ そんなにしごかれたら出ちゃうぅ」
ぐちゅぐちゅとやや泡立った水音をハイペースで鳴らしつつ
彼の心の声を代弁したり、ぴゅっぴゅのセリフを言う正統派のM向けプレイです。
乳首責めの時は指示重視だったので同じパートでも雰囲気がそれなりに変わります。
責め方に落差をつけてることも含めて、男を確実に負けさせる効果的なリードと言えるでしょう。

もうひとつの「後日談」はゲームに負けた後のお話(約18分)。
水泳部の奴隷になり練習を手伝ってた彼が
ある日再びミカに責められ情けない射精を味わいます。

「おちんちん熱くてしゅごい おまんこ気持ち良すぎてやばいのぉ って バカなの? あんたみたいな情けないおちんちんで喘ぐわけないじゃん」
彼女が勝者、彼は敗者の関係が既に出来上がってるので
前回と同じく体を密着させながら軽く見下す態度を取ります。
おちんちんには指一本触れず目の前でオナニーさせて羞恥と屈辱感を煽り
彼がそのオカズに使ってそうなシチュを演技しながら言葉責めを浴びせます。

オナニー自体は許可なく射精しないこと、ギリギリまで追い込むことだけを指示して
あとは暴発を誘うオカズを提供する前のパートよりもずっと緩いスタイルです。
途中で演技とはいえ喘ぎ声を漏らすシーンもあったりと、上下関係が崩れない程度にサービスしてくれます。

そしてパートの後半は前回と同じくおちんちんにより強い刺激を与える指示を出し
穏やかな声で「変態」「ばーか」と言葉責めする従来のスタイルへと戻ります。
耳舐めも積極的にしてくれますし、聴き手が射精しやすくなるよう幅広く責めてました。

両方のパートに言える特徴は前半と後半で責め方がガラリと変わることです。
音声だと同一パート内では同じ責め方をする(パート間でギャップをつける)傾向が見られるので
このへんはサークルさんならではの要素で面白かったです。

このように、十分な快感を与えながらきっちり奴隷化するややM~M向けのエッチが繰り広げられてます。
優しく負かしてくれる作品
きつかったり人を選ぶ描写を避けて負け射精に追い込む聴きやすい作品です。

ミカは特待生として成績優秀な主人公を堕落させようと
まずは勝負形式のエッチで圧倒的な実力差を見せつけます。
そして上下関係が出来上がった後は別のプレイで惨めな射精へ追い込みます。

気さくで生意気なメスガキ水泳部員が真面目な男子生徒をエッチで負かすM向けのシチュ
パート間だけでなくパート内でも責め方を変える凝った作り
ご褒美を適度に与えて彼を気分よく負けさせようとする彼女のカラッとしたキャラ。
後味が悪くならないよう軽さと明るさを十分に持たせた調教を行います。

中でも2番目は意表を突いてくると言いますか
負け射精にとって重要な心の揺さぶりをかけてくれて良いです。
水泳部の手伝いをする程度なら負けによるデメリットも薄めですし
聴き手に「負けてもいいかな」と思わせる丁度いいところを選んでます。

負けたら大事なもの(お金など)を失う展開もそれはそれで刺激的ですけど
本作品はそれよりもとっつきやすさを優先してるのかなと私は思ってます。
49分で550円とコスパが良いのもそう言える要因のひとつです。

射精シーンは2回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

暗さや重さがあまりない負け射精を味わいたい人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 49:20

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパが良いので+1してあります。

2020年5月14日まで20%OFFの440円で販売されてます。



サークル「G DRAIN」さんの同人音声/動画作品。

今回紹介する作品は、可愛い容姿と凶悪なおちんちんを合わせ持つメスガキサキュバスが
自分に勝負を挑んできた男性をエッチな手段で返り討ちにします。

動画と音声がセットになってるのが最大の特徴で
プレイの様子はもちろん、細かな仕草や射精の様子までリアルに描いて臨場感を出します。
エロさが高めに設定されてますから負けシチュが好きな人ほど気持ちよく抜けるでしょう。
生意気サキュバスとおちんちんで勝負
サキュバスのテオとSEXバトルするお話。

「にゃはっはっはっは ご来場ありがとうございます テオのSEXバトルフィールドへようこそ」
テオは幼さを感じる可愛い声の女の子。
自分をわからせに来た主人公をご機嫌な様子で迎えると
それを聞いて笑ってからおちんちんを見せるように言います。

本作品はメスガキと呼ぶのがぴったりな生意気なサキュバスが
勝負を挑んできた彼とおよそ20分に渡るエッチを楽しみます。
総時間が短いことを踏まえて音声開始から3分後には早速エッチを始め
その後は終了までほぼノンストップで責め続ける抜きを重視した作りです。
mesugaki
他の音声作品と決定的に違うのはアニメ版が用意されてること。
製品版に入ってるmp4ファイルを起動するとこんな画面が表示されます。
スマホでの視聴を想定してるらしく縦長になってました。

アニメーション自体も相当に作り込まれてます。
彼女が話すたびに口が動き、セリフの内容によって開き方やリズムも変わります。
他にも目の開閉、笑うのに合わせて体が小刻みに動く、呼吸するたびに小さく上下するなど
Vtuberと同じ、もしくはそれ以上に彼女が活き活きと動いてくれます。

肝心のエッチもシーンによってピストンのペースが変わりますし
非現実的なプレイをリアルにお届けするのに大きく貢献してます。
音声単体のバージョンもありますが、やはり動画のほうが実用性は高いです。
体験版では音楽が流れますけど製品版には入ってないのでご安心ください。

「ざーこざーこ こんな弱々しい雑魚チンポで わしとSEXバトルする気なのか?」
エッチについてはテーマのSEXバトルにちなんで勝負する形式を取ります。
自分より遥かにみすぼらしいおちんちんを持つ彼をストレートに貶し
開始後はリズミカルなピストンで彼を射精させたりアナルに中出しして格の違いを見せつけます。
セリフ、プレイいずれも負ける快感を上手にくすぐってくれます。

またサークルさんが「射精派もドライ派も両方楽しめる」とおっしゃられてるように
彼女に手コキされての射精、アナルSEXによるメスイキの両方を盛り込んでます。
私個人は射精のほうがずっとやりやすいと思うのですが
アナルを開発してる人なら後者のほうが狙いやすいのかもしれません。
純粋なエロさも高く、属性が合う人なら1視聴で1回出すのは簡単だと思います。

サキュバスとのエッチをアニメ形式でお届けする作りと負かされる快感を追求したエッチ。
Mな人が喜ぶ要素を多く盛り込み独自のやり方で表現した濃い作品です。
少しずつわからせていくエッチ
エッチシーンはおよそ18分間。
プレイは手コキ、アナルSEXです。
アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(音声版は無しも選択可)。

「ほらほら ケツを出すのじゃ ケツじゃケツ にゃはははは」
主人公のおちんちんを軽く貶して興奮させたテオは
早速自分のおちんちんをアナルへ挿入し、彼のは手でしごいて勝負します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の8分間は2人の実力差をはっきりさせるシーン。
会話後に挿入が完了した画面へ切り替わり、ピストンと手コキを同時にやってお互い1回射精します。

「おやおや? 雑魚チンポの先からも とろとろのよだれが出てきておるぞ」
彼女はインキュバスと対等に渡り合えるほどの実力を持ってるので
最初から彼に負けることは一切考えてません。
余裕そうな表情で彼のおちんちんを雑魚呼ばわりし、軽くしごいただけで射精してしまう弱さに呆れます。

そしてアニメーションならではのエロい演出も用意されてます。
彼の射精が近づいたところで画面左下にカウントが表示され
0になったらおちんちんから精液が何度も噴き出して画面を白く汚します。


体験版の1分あたりを見ていただければどんな感じかわかるでしょう。
射精した瞬間にホワイトアウトして精液まみれになるのではなく
ちゃんと射精の一部始終がリアルに表現されてます。
画面にかかった精液が下に垂れていく様子も自然でこだわりを感じました。

そしてこれがあるからこそ彼女の凄さを視覚的に理解できます。
彼が射精を迎えた3分くらい後に絶頂するのですが
その時およそ45秒に渡って精液を画面へ断続的に何度も叩きつけます。

吐き出される精液の量や勢いによって彼女には勝てないことを思い知らせるわけです。
アニメ形式だからこそできるわかりやすくて面白い演出と言えるでしょう。
最初にこういうシーンを持ってくるのもSEXバトルに合ってて良いです。

「あぁぁぁぁ ぎもぢいい あっあっあっ」
ちなみにエッチの最中は彼女が積極的に喘ぎ声を漏らしてくれます。
彼女によると人間のアナルは締まりがいいそうです。
本作品は時間が短いですから、クールに振る舞うよりはこうしたほうが純粋なエロさが上がります。
彼をわからせる点はきっちりやったうえでサービスしてくれる結構優しい女性です。

後半の10分間は負ける快感を楽しむシーン。
勝敗があっさり決したところで彼のM気質を見抜いた彼女がさらに責めて喜ばせます。

「イけよほら イケイケ アヘってメスのような喘ぎ声出しながらイってしまえ!」
セリフは相変わらず強気ですが声は無邪気なので冷たさはまったくありません。
彼は女性に負かされる快感とおちんちんやアナルを責められる快感
彼女は純粋な快感と相手を屈服させる快感を味わいながら何度も射精します。

一部で妹っぽく振る舞うなど、彼女なりに彼を楽しませようとする気持ちが窺えます。
やることは割とハードですが雰囲気は穏やかなので聴きやすいです。

このように、メスガキに弄ばれる快感を追求した目でも耳でも楽しめるエッチが繰り広げられてます。
身の詰まってる作品
短いながらもしっかり抜ける品質とパワーを持ってる作品です。

テオは自分に勝負を挑んできたドMの主人公を気持ちよく負かそうと
最初から生意気な態度で話しかけながらおちんちんを適度に貶して興奮を高めます。
そしてエッチはアナル責めと手コキを同時に行い2種類の絶頂へと追い込みます。

ふたなりでメスガキなサキュバスとSEXバトルをする珍しいシチュ
負ける快感をくすぐる言葉責め、アニメーション、喘ぎ声を組み合わせて責める濃いエッチ
生意気なんだけどカラッとしてて優しいところも見せてくれる彼女の無邪気なキャラ。
サキュバスに搾られる定番の展開を色んな要素で個性的かつ抜けるように仕上げてます。

中でもアニメは品質が非常に高くてびっくりしました。
彼女の動きがぬるぬるしてるのもそうですが、やはり射精のインパクトが強いです。
精液の量や勢いで格の違いを見せつけるアプローチも斬新だなと。
負けシチュですが凹むほど厳しくされるわけではありません。
彼女もしっかり楽しんでますし、2人とも満足できるようにエッチを組み立ててます。

射精シーンは4回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

新しいタイプのM向け作品を求めてる人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 21:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月2日まで10%OFFの693円で販売されてます。

↑このページのトップヘ