同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:メイド

   ● メイドさん達との中出しハメ比べ性活。【フォーリーサウンド】
   ● 憧れの姫宮さんは僕だけの催眠性処理ご奉仕メイド
   ● まぞめいどカフェあんどバー♪
   ● 口淫娼館~精液を搾り尽くすご奉仕オーラルセックス~
   ● 【処女作】えっちなメイドがペロペロしこしこ♪~ご主人さまのせいしで、なののおまんこいっぱいにしてください~
   ● 【KU100】ご奉仕メイドのあまあま子作りエッチ ~ご主人さま、気持ちいいことして癒やして差し上げますね♪~
   ● 低音ボイスのクールメイドによる乳首責め
   ● メイドさんの主従逆転催眠~ソフトM性感プレイ~
   ● hypnoなメイド(再レビュー)
   ● 【もっと深く…】やりすぎメイドさんの耳穴開発~ミミラチオ・鼓膜舐め…迷走神経開発フルコース!!!~(ハイレゾ&ハイノーラル)




サークル「テグラユウキ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ3人のメイドが
自分たちのご主人様やお客へ個別に、あるいは同時にエッチなご奉仕をします。

セリフよりも音の量をずっと多くした作りが魅力で
前半は3人同時に、後半は3対3とスタイルを変えながら
どちらもちゅぱ音や喘ぎ声といった抜き要素を多めに盛り込み密度の高いプレイに仕上げてます。
エッチの後半は3つの視点でお届けするのも大きな特徴です。
3人のメイドたちに囲まれて
メイ、ヒナ、エルと5種類のエッチをするお話。

「失礼いたします ご主人様 お待たせいたしました」
エルは丁寧語で話す上品な声のお姉さん。
「失礼しまーす 夜のご奉仕に来てやったぞー」
メイは砕けた口調で話す甘い声の女の子。
ヒナと合わせた3人で主人公の部屋に押しかけると
挨拶もそこそこに早速キスや耳舐めをします。

本作品は身の回りだけでなくおちんちんのお世話も日常的にしてる彼女たちが
およそ180分に渡って主人公やお客をエッチな手段でもてなします。
お城へ人を招く描写があることから、主人公は王様や領主といった身分の高い人物なのでしょう。
そんなわけで彼女たちも終始彼に尽くす姿勢を取ります。

エル「メイドたちの舌先でのご奉仕 いかがですか?」
メイ「あるじー 乳首も好きっしょ? あたし知ってんだから 舐めてあげるね」
エルはしっかり者、メイはギャルっぽい性格、ヒナは無口と違う属性を持っており
自分たちに合った口調で話しかけながら協力して色んな責めを繰り出します。
ストーリー性がほとんどない作品なので音声開始から1分後には早速エッチが始まります。

そしてどのパートもセリフより音の割合を上げてエロさ高めに表現します。
何をしてるかの実況は必要最低限に留め、軽い会話を挟みながらエッチな音をガンガン鳴らします。
女性が3人出てくるおかげで同時責めするシーンが多く
時間に対するエロ要素の密度も通常の作品より高くなってます。

テグラユウキさんは以前から音に対してこだわりを持ってるサークルさんです。
だから今作も多くを語らず音で表現することを心がけてます。
位置、距離、鳴らし方、質感といった色んな部分が練られておりプレイに臨場感があります。

サークルさんがこのところ力を入れてるもうひとつの要素は乱交。
物語の後半は3人の男性を登場させ、メイドが彼らを相手する様子を3つの視点で描きます。
男性1人を女性が複数人で相手するシチュは音声作品だとよくあることです。
でも男性側も複数人にするケースは他ではなかなかお目にかかれません。

文化祭限定ギャルハメJK風俗店」から始まってもう半年くらい経ちますけど
私が知る限り今のところこういうエッチが聴けるのはテグラユウキさんだけです。
機材の調達、録音、編集といった技術面がなかなか難しいのかもしれません。

セリフよりも音でエッチを表現する作りと後半から始まる3元中継。
サークルさんが得意とされてる部分をストレートに活かしたノーマル向けの作品です。
甘くやや激しく責めるエッチ
エッチシーンは11パート153分間。
プレイはキス、フェラ、玉舐め、耳舐め、SEX(騎乗位)、メイドのオナニー、体の愛撫、手コキです。
SEX、オナニー、体の愛撫、手コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

メイ「あるじはここも好きだもんなー ふふっ」
簡単な挨拶を済ませてから主人公に密着すると
メイドたちは早速彼の唇や耳をゆっくり舐めたり吸って興奮させます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート36分間は3人を同時に相手するハーレムプレイ。
「#1.ご主人様へメイド3人ご奉仕リップ(約12分)」はキス、耳舐め、フェラといった口を使うプレイ
「#2.ご主人様へメイド3人ご奉仕セックス(約24分)」は
エル→メイ→ヒナの順に騎乗位SEXして合計4回射精します。

ヒナ「はい 舌を入れさせていただきますね」
前置きがほとんどないところを見ると普段も頻繁にエッチしてるのでしょう。
彼女たちも慣れた様子で手分けしながら彼の体を丁寧に責めます。
音だけだとわかりにくい部分はセリフで補足し、それ以外は音を鳴らす形で進めます。
#1はちゅぱ音を鳴らすプレイに集中してるのでなかなか濃いです。

1~2人がおちんちんを担当し残りは唇、耳、乳首を責めてました。
メイ以外の2人はセリフが丁寧ですし、3人とも彼を敬う姿勢を見せるので雰囲気は甘いです。
射精後は口移しで精液を分け合うなど、言葉と行為の両方で彼を大事にしてることを示します。

#2はピストン音、吐息、喘ぎ声といった別のエロ要素が加わります。
1人がSEX、残りの2人はキスや耳舐めとここも役割分担し
3人が同じくらいの存在感を出せるように進めます。

エル「実は 私もう さっきから おまんこがこんなになっちゃって…」
メイ「あるじ あるじー あたしの中でも出してくれる?」
ですが彼女たちの様子を見ると独占欲が強そうなところも感じます。
3人の中で1番しっかりしてるエルが我慢できない様子で一番手を務めたり
無口で大人しそうなヒナが挿入直後からハイペースでピストンするなどです。
彼を取り合って喧嘩することはないですけど、「自分を一番見て欲しい」と思ってる気配はあります。

3人と順番にSEXする展開は良いのですが、1人あたりの時間が約5分とかなり短くなってるのは残念です。
SEX→休憩→SEX→休憩→SEXと続くので、これならSEXの時間をもう少し長くしたほうが
気持ちを高めやすくなってより抜けるんじゃないかと思います。
責めっぷりは割と激しいのでもうちょっと持続力が欲しいなと。

続く9パート117分間は主人公ではなくお客の視点で楽しむエッチ。
「#4.お客様へメイのご奉仕手コキ(約16分*3)」はキス+手コキ
「#5.お客様へヒナのご奉仕フェラ(約10分*3)」はフェラ
「#6.お客様へメイド3人スワップえっち(約13分*3)」は前半と後半で相手を変えてSEXします。

ちなみにこの3パートはどれも3つのパターンが存在し
Aはメイ、Bはヒナ、Cはエルがメインの相手を務めます。
A~Cで音声自体は違いますけどシチュはどれも一緒なので
本レビューでは#4はA、#5はB、#6はCの1パターンずつ紹介します。

メイ「お客様のおちんぽ 滅茶苦茶熱くていらっしゃいます 手火傷しちゃいそう」
ここからは複数人から一対一へ変わるため#1~2よりもやや落ち着いてます。
メイは主人公に対しては砕けてますけど、お客にはちゃんとメイドらしく振る舞います。
普段よりも丁寧な口調で話しながら粘っこいキスとゆっくり目の手コキで丁寧に奉仕します。
ペースアップするのは射精の直前だけで割とまったり責めてました。

そうしてるのはたぶん他の2人の声や音を聞きやすくするためでしょう。
同じ空間で6人がエッチしてるので、やや遠くからヒナやエルの話し声やちゅぱ音が聞こえます。
セリフがはっきり聞き取れることはまれですから環境音に近い位置づけです。
射精後はきちんとお掃除フェラして再度の勃起を促します。

ヒナ「それでは はい ご要望通りにさせていただきます」
#5はヒナの真面目な性格をエロに上手く繋げてます。
お客に「下品なちゅぱ音を鳴らしてほしい」と言われたのを受けて
「ずびびっ」という空気交じりのちゅぱ音をパート内の多くで鳴らします。
ペースは引き続き遅めにして1回1回を力強く鳴らしてました。

途中に軽くせき込んでもフェラを続けるシーンがあったりと、彼女の仕事熱心な性格がよく表れてます。
そして彼女がそういう女性だからこそちゅぱ音とのギャップも引き立ってます。

#6は#2と同じくスワッピングを取り入れてます。
Cを選んだ場合は前半がエル、後半はヒナになり他のパートだと組み合わせが変わります。
内容は5分くらいSEXしてから交代する以前と似た流れです。

ヒナ「そうですね…比較的 大きなペニスだと思います」
ただし、お客によっておちんちんのサイズに違いがあるらしく
Cの場合は大きめのをやや大変そうに挿入する描写があります。
後半のヒナは他の2人よりも早く射精を迎えるなど早漏、遅漏の属性も盛り込んでました。
男性が複数人いる作品ならではの演出だと思います。

このように、キャラの違いを出しながら音の量と密度にこだわってる濃いエッチが繰り広げられてます。
音重視の甘い作品
メイドがするエッチなご奉仕をサークルさんらしいやり方で形にしてる作品です。

3人のメイドは敬愛する主人公に気持ちいい時間を提供しようと
パートごとにプレイを変えながら役割分担して複数の性感帯を同時に責めます。
そして物語の後半は彼が呼んだお客に尽くしてその様子を3つの視点からお届けします。

しっかり者、ギャル、無口と違う属性を持つメイドたちがご主人様やお客に奉仕するシチュ
セリフよりも音の割合を上げたうえで複数同時に鳴らす密度の高いエッチ
前半はハーレム、後半は乱交とスタイルを変えてエッチする珍しい作り。
聴き手が王様になった気分で聴けるよう豪華な作品に仕上げてます。

中でも2番目はかなり尖らせてると言いますか、通常の作品よりも目に見えて会話量を減らしてます。
パートごとのプレイを絞ってるからあまりしゃべる必要がないのもあります。
あとは純粋に音を楽しんでもらいたいのもあるでしょうね。
音に対して強いこだわりを持つサークルさんの気持ちがわかりやすく込められてます。

エッチは前項で書いたSEXの短さを除けば概ねまとまってます。
少なめですが掛け合いを挟んで彼女たちの性格の違いも出してますし
女性にたっぷり尽くされるのが好きな人ほど興奮できるし満足できます。

射精シーンは16回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

CV:メイ…秋野かえでさん ヒナ…浪実みおさん エル…柚木つばめさん
総時間 2:56:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月16日まで30%OFFの1540円で販売されてます。



サークル「甘師子チャンネル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、清楚で面倒見のいいクラスメイトの女の子が
催眠アプリの効果で性処理メイドになり甘く濃厚なエッチをします。

日常パートは優しく接しながらきちんと距離を取る
催眠パートは彼のことを「ご主人様」と呼びながら一生懸命尽くす、といった具合に
ふたつの場面で大きなギャップを持たせてエロさと下品さを引き立ててます。
憧れの人を性処理メイドに
姫宮 小春 (ひめみや こはる)と3種類のエッチをするお話。

「ぁ… あの… 手紙、くれたのって…」
姫宮さんは可憐な声の女の子。
ある日の放課後、主人公の手紙に書かれてる待ち合わせ場所に行くと
やや緊張した様子で呼び出した理由を尋ねます。

本作品は裕福な家に生まれ両親から愛情をたっぷり受けて育ったお嬢様が
自分に好意を寄せてる男子のメイドになっておよそ100分に渡るエッチなご奉仕をします。
この世界には特殊な音を鳴らすだけで相手を意のままに操れるアプリが存在し
それを使って彼は物語が始まる3か月前から彼女と肉体関係を結んでます。

「この前、文化祭の時に、その…  ぁ、えっと… 告白… されて… りーくんと、付き合うことになったの… だ、だから… ごめんなさいっ!」
冒頭の彼が告白するシーンで遠慮がちに断ったり
2人きりで係の仕事をしてる時は先日振ったことを気にかけるなど
相手に対する思いやりを決して忘れない優しくて清楚な女性に描かれてます。
また現在付き合ってる男性がいるため主人公とは一定の距離を取ろうとします。

「大丈夫ですよ 姫宮小春は、あなただけのメイドですから… 安心してください」
それに対してエッチシーンは彼にとことん尽くす姿勢を取ります。
彼がご主人様、彼女がメイドの関係を維持したまま
ディープキスしたり全身を丁寧に舐めるなかなか濃いサービスをします。

日常パートとエッチパートが交互に来る構成になってますから
普段の彼女とメイドになった彼女のギャップが非常に大きく感じます。

声はどちらも一緒なので同一人物なのは間違いないですけど
やることや言うことは別人と言っても大げさじゃないくらい変わります。

ちなみに2人がこうなった経緯については付属の前日譚小説で語られてます。
そちらを読んだ後に音声へ進んだほうが状況を掴みやすくなるでしょう。
10分もあれば読み終わるくらいの長さです。
音声では彼女がすっかり従順になったところからスタートするので重さや暗さはほとんどありません。

エッチについては先ほど説明したギャップを引き立てるためなのか
どのパートも下品でパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
ディープキスは舌を絡めて舐めたり吸う濃いものですし
2番目のパートに出てくるフェラも口をすぼめて絞ったり吸い上げる感じの音を鳴らします。

飲尿、アナル舐め、精飲といった汚いプレイも盛り込んだりと
綺麗な女性を汚す快感をくすぐることを意識してます。
基本的には彼女がリードしますけど、M向けの要素は特にないのでややS~S向けになります。
心を込めて気持ち良くするエッチ
エッチシーンは3パート75分間。
プレイは催眠アプリを使う、キス、乳首責め、手コキ、飲尿、全身舐め、フェラ、イラマチオ(短時間)、SEX(正常位、騎乗位)です。
催眠アプリ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら、舌を出して… まずはベロチューをして、おちんちん、しっかり勃起させていきますから」
帰宅した主人公に普段よりも親しげな態度でおかえりの挨拶をした姫宮さんは
彼が食事よりもエッチを優先したい気分なのを察して早速熱いキスをします。

エッチはパートごとに責め手を変えながら進めます。
最初の2パート47分は彼らの日常風景。
「02ご奉仕あまあま手コキプレイ(約19分)」はディープキス、乳首責め、手コキ、飲尿
「04全身リップお口ご奉仕プレイ(約28分)」は全身舐めからのフェラで1回ずつ射精させます。

「…ふふっ じょ~ず ご主人様のおちんちん、今日もすっごくおりこうさんですね」
彼女はアプリの効果ですっかり彼を本物のご主人様だと思い込んでますから
プレイ中に抵抗したり泣き出すことはありません。
同い年の彼を弟のように可愛がりながら各プレイを丁寧にこなして無理なく射精へ導きます。
彼女には歳の離れた弟がいるそうですから元々甘やかすのが好きなのでしょう。

そして声や態度の甘さに反して下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
ディープキスを小まめに挟んで彼に惜しみない愛情を注ぎ
乳首やおちんちんにも唾液をまぶして彼の心と体をとろとろにします。

02パートは彼が彼女に振られた直後のお話なはずですが
それがまるで嘘だったかのように感じられるほどリードが手厚いです。
射精後にはおしっこを口で直飲みするなど、恋人同士でもできないことを平然とやってのけます。

04パートは本作品の売りであるちゅぱ音に焦点を当ててます。
キスから始まり顔、喉ぼとけ、腋、乳首と全身を上から下へ流す感じに舐め続け
おちんちんに到着した後は全体を綺麗にしてから咥え込んで強めの刺激を与えます。
部位に応じて音の位置や舐め方を小まめに変える凝った演技をされてます。

「私なんかの性処理でそんなに気持ち良くなってもらえて… すごく… その… 嬉しいです…」
これらの最中に彼女が嬉しそうな表情を見せるのも印象的でした。
恋人以外の男性とエッチしてる自覚がないからでしょうけど
汚いところも含めて全部口でお世話する献身的な姿を見せてくれます。

ここまでやってくれると主人公が彼女に惚れ込むのもなんとなくわかります。
事務的感や無理矢理感を一切出さずにエッチするので雰囲気は終始穏やかです。
セリフも優しいものばかりで女性に甘やかされる心地よさを感じながら抜けます。

最後の「06ご主人様専用おま○こ好き好きご奉仕プレイ(約28分)」は
主人公が姫宮さんに二度目の告白をして振られた直後のお話。
思い通りにいかないもどかしさをぶつけるように彼女をやや乱暴に責め立てます。

「さっきも言った通り… ご主人様がしたいこと、何でも… 全部… 大丈夫ですから… 私の体を使って… たっくさん、気持ち良くなってくださいね」
帰宅した直後におちんちんを口へねじ込まれたり
正常位で激しくピストンされても彼女は決して彼を見捨てません。
性処理メイドとしての役目を果たすため自分の体を好きに使うように言います。
そしてパート中盤から始まるSEXではエロ可愛い喘ぎ声を漏らして射精を応援します。

ピストン音と喘ぎ声のタイミングが完全に合ってるおかげでSEXがリアルに感じました。
音が鳴るたびに「あんっ」などの声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
状況の応じてピストンのペースも変わりますし、キャラやシチュ以外の部分もこだわってエロさを上げてます。

「お゛っ お゛っ お゛っ お゛っ ぁ、だめ、いく、いく、いくいくいくっ」
喘ぎ声が後になるほどオホ声交じりになるのも良いですね。
彼女が持つ「下品さ」をちゅぱ音とは別の形で表現してギャップを作ります。
セリフや態度に多少の変化が表れるなど、02や04パートとの違いが色んなところで見られます。

このように、彼女が元々持ってる魅力を出しながらやや下品に愛し合う濃いエッチが繰り広げられてます。
キャラ&エロさ重視の寝取り作品
寝取りの過程はほぼ省略して結果を重点的に描いてる珍しいタイプの作品です。

主人公は前から好きだったのに他の男と付き合い始めた姫宮さんをモノにしようと
事前にアプリを使って性処理メイドになりきらせてから色んなエッチをします。
そして彼女は彼を弟のように甘やかしながら一生懸命尽くして愛情を注ぎます。

自分には到底手の届かないお嬢様を従順なメイドに変えてエッチする夢のあるシチュ
日常パートとエッチパートと交互に挟んで進めるギャップを持たせた展開
優しい言葉をかけながら下品なちゅぱ音や喘ぎ声を漏らすキャラを活かしたエッチ。
本作品が持つ固有の要素を組み合わせて個性的な作品に仕上げてます。

中でもエッチは日常パートの直後に聴くから甘さやエロさが余計引き立ってます。
寝取り作品は躊躇したり嫌がる女性を巧みな話術や快楽で堕とす過程を楽しむことが多いのですが
本作品は敢えてそこを端折ってすっかり言いなりになった彼女とエッチする様子に的を絞ってます。
そのため寝取り特有のドロドロした部分がかなり薄れていて聴きやすいです。

ただし、販売ページの説明文で「本当の姫宮さんは、決して僕を見ていない」と書いてあるように
彼女が完全に堕ちたわけではないことを匂わせる描写も一部で見られます。
体は好き放題できても心だけは決して手に入らない。
十分満足していい状況なのになぜか切なさも感じるところが面白いです。
この内容だともう1作くらいお話が続きそうに思えます。

射精シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:MOMOKA。さん
総時間 1:49:12(本編…1:40:06 フリートーク…9:06)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月23日まで20%OFFの880円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は素っ気ないけど性格は割と優しい女の子が
Mで童貞で早漏な男性を色んなエッチでもてなします。

言葉責めを至るところでやりながら後になるほど濃いプレイを繰り出すのが特徴で
「マゾ」「変態」「雑魚」といったMが喜ぶセリフを至るところで投げかけ
オナサポ、手コキ、フェラ、SEXと一歩ずつ前進して心身両面を気持ちよくします。
貢ぎマゾの要素は弱いですから、言葉責めされるのが好きな人が最も楽しめるでしょう。
優しくてダウナーなメイドさんと
まぞめいどカフェであんずが色んなサービスをするお話。

「こんばんはー メイドカフェのご利用 いかがですかー?」
あんずはややトーンが低く甘い声の女の子。
街中を歩いてる主人公に声をかけてお店のことを教えると
彼が興味を持ったのでとりあえず案内します。

本作品はカフェ、バー、風俗店を融合した特殊なコンセプトのお店で
彼女がおよそ100分に渡って5種類のエッチなご奉仕をします。
物語の冒頭で彼女が「マゾ専門」と言ってるだけあって
サービス開始後は彼を貶したり見下しながらおちんちんを焦らし気味に責め続けます。

「こうやって近くに来られるの 慣れてないんでしょ? 童貞の反応だもん 恥ずかしい」
彼が女性に慣れてないのを見てすぐさま童貞だと見抜いたり
おちんちんが射精しそうになったら「雑魚」とストレートに貶すなど
彼の弱点を的確にえぐってM心をくすぐります。

でも彼女の声や口調が終始穏やかなのでどぎつい印象はありません。
マゾ専用の風俗店だからお客の好みに合った責め方をしてるだけです。
理由は追々話しますけど、私には彼女がむしろ優しい女性に映りました。

体への責めについては彼が支払った額に応じて豪華なプレイに変わります。
基本的な利用料だけだとオナサポ、彼女にソフトドリンクをあげたら耳舐め手コキ
ドンペリを注文したら生ハメ&中出しSEXするといった具合です。

お金が絡んでくるため貢ぎマゾっぽいところもあるのですが
金額が明言されてるのは基本料とソフトドリンク代だけで、合計してもせいぜい5000円です。
ドンペリの代金はなんとなくわかる程度にぼかしてありますし
お金を払うこと自体に快感を与えるのとは方向性が違います。

「あんなにお金払っておいて 布切れに射精する? そんなのもったいないよね」
彼女がもらった金額に見合う快楽を与えようと頑張るのもそう言える理由です。
彼の童貞を散々貶してたのに最後はきっちり筆おろしするなど
お客を満足させよう、納得させようとする姿勢がしっかり込められてます。
容赦ない言葉責めの裏に彼女の人柄が見え隠れしてるのが面白いです。

早漏な彼がすぐ暴発しないように休憩を挟みながら責めることも考えれば
私はややM~Mがメインターゲットになると思います。
この内容ならたぶんドMの人には物足りないんじゃないかなと。
思いやりを込めていじめるエッチ
エッチシーンは5パート83分間。
プレイはオナニー、乳首責め、耳舐め、手コキ、キス、オナホコキ、フェラ、パンツコキ、SEX(騎乗位)です。
オナニー、手コキ、オナホコキ、パンツコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ね、しごきたいんでしょ? だったらさっさとパンツ脱ぎなよ」
お店で雑談中に主人公がおっぱいや太ももをガン見してることに気づいたあんずは
隣に移動してからズボンとパンツを脱がせてオナニーの指示を出します。

エッチはお店のサービスなので終始彼女が責めます。
最初の2パート31分間は彼が初めてお店を利用した時の話。
「2_オナサポ(約13分)」はオナニー+言葉責め
「3_耳舐め手コキ(約20分)」は耳舐め手コキで1回ずつ射精させます。

「ねぇね そんな一生懸命手動かしてさ ちょー気持ち悪いんだけど」
彼女はここでそれなりに働いてるだけあってM男が喜ぶツボを心得てます。
序盤からマゾ、童貞、雑魚、キモいといった言葉責めをして興奮させ
オナニーもシコシコボイスと効果音を組み合わせてわかりやすくリードします。
まだ始まったばかりなので体への刺激は緩めにする代わり言葉責めを頑張ってました。
そらまめ。さんの自然な演技も相まってプレイに臨場感があります。

ただし、エッチが始まった後も彼女は引き続きダウナーな感じで接します。
言葉責めする時の声や口調は穏やかですし、彼が本気で嫌がることはやりません。
終盤はカウントを数えてタイミングを取ったりとやりやすさに気を配ってました。

「あんまきっついこと言うとさ 萎えちゃうお客さん多いんだよね マゾのくせに繊細で扱いずらいのなんのって」
続く耳舐め手コキはソフトドリンクを頼んでくれたお礼に少し踏み込んだことをします。
彼が他のお客よりも相手しやすいことをさらりと教えて和やかな雰囲気を作り
引き続き言葉責めを挟みながら耳とおちんちんをバランスよく責めます。

他のパートも含めておねだりのセリフをよく要求されるのが良いですね。
彼女が上、彼が下の関係を作ったうえで恥ずかしいことを言わせて興奮させます。
ここでは中盤に「チンポ壊してください」、終盤に「射精します」と復唱する指示が出ます。

続く2パート33分間は少し後のお話。
先日のエッチが忘れられなくて再び来店した彼を
「4_べろちゅーオナホコキ(約18分)」はキス+手コキ
「5_フェラチオ(約15分)」はフェラで彼女がもてなします。

「え? 頼んでくれるんだ 無理しなくていいよ いいの? じゃ ありがたくもらっとく」
「ねぇ 入れただけで声出すの止めなよ 雑魚過ぎるんだけど おい雑魚」

エッチを始める前はおごってくれたことにお礼を言ってたのが
開始後は彼のおちんちんを命令口調で貶すプロらしい変わり身を披露します。
嫌々やってるところがまったくないのを見ると、彼女も彼をお世話するのが楽しいのかもしれません。
べろちゅーのちゅぱ音もなかなか濃厚で代金に見合ったご褒美をあげます。

続くフェラは口を使うプレイなので、言葉責めの代わりにエッチな音をガンガン鳴らします。
序盤は舐めたりしゃぶる、中盤は咥え込んで絞り込む、終盤はピストンと責め方を切り替え
さらに途中でわざと手コキを挟んで多少の意地悪もします。
フィニッシュも音声作品では見かけないプレイが出てきたりと短いながらも内容が濃いです。

そして最後の「6_中出し生エッチ(約19分)」はいよいよ彼が童貞を卒業します。
さらに後日、再びやって来た彼が自分の意志でドンペリを注文し
彼女は生ハメ&中出しSEXでその気持ちに応えます。

「今日は厳しいよあたし マゾなんかとエッチしてあげてるんだから ありがたく思わなきゃだーめ」
M向けのお店なので変に優しくすることはありませんけど
彼が初体験をできるだけ楽しめるように無理せずゆっくり責め続けます。
ベロチューとパンツコキでおちんちんを元気にしてから挿入し
その状態を少し維持してから徐々にペースを上げる丁寧なリードです。

彼女は終盤に熱っぽい吐息を漏らす程度で喘ぎ声は上げません。
でも事務的感や激しさはまったくないので多少は彼を思いやってるのだと思います。
言葉よりも行為で心情を示す感じですね。
終了後はおまんこを見せつけながらお祝いの言葉もかけてくれます。

このように心は厳しく、体は優しめに責めるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
穏やかなM向け作品
特殊なシステムの風俗店であれこれお世話する言葉責め重視の作品です。

あんずはM向けのメイドカフェに興味を持った主人公を喜ばせようと
初日はこれといったおねだりをせず比較的ソフトなプレイをして魅力を伝えます。
そして2日目は多少踏み込んだプレイ、最後は中出しSEXとどんどん前進して彼の願いを叶えます。

ダウナー系ののんびりしたメイドがM男を色んなエッチでもてなすシチュ
言葉責めを積極的にやりながらドリンクの金額に合わせてプレイを変えるこのお店ならではのエッチ
冷たそうに見えて随所に優しさを見せる彼女の不思議なキャラ。
最大の売りである言葉責めをきっちりやったうえで、他の部分にも光が当たるように組み立ててます。

「でも正直 さすがに高いと思うよ? ただやるだけなら そういうお店行くほうがいいんじゃない?」
明らかにエッチメインなのにキャラが立ってるのが意外でした。
最終パートの冒頭で「ドンペリを注文するよりソープへ行ったほうがいいよ」と言うのが良い例です。
店員なら普通は利益を優先してすすめるはずなのに、彼女は自分が思ってることをはっきり伝えます。
言葉責めをガンガンするのも含めてカラッとした女性に描かれてます。

エッチはM向けの言葉責めが好きかどうかで満足度が変わるでしょう。
体への責めは多少焦らしてくる以外は割と普通です。
一番最後に筆おろしを置いてるためM向けの中では甘めに感じます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:43:07

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月7日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「こむらがえり」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のメイドが
役割分担しながらおちんちんを責めて精液を搾り取ります。

タイトル通りフェラにとことんこだわってるのが特徴で
エッチシーンの全部をフェラに割いて片方はしゃべる、もう片方はしゃぶるスタイルを取り
彼女たちの名前に合ったちゅぱ音を幅広く鳴らしてエッチな気分を上手に高めます。
射精時はすべて口で受け止め、通常よりもじっくりと精液を飲み干すのも魅力です。
口を使って丁寧にご奉仕
咥えメイドと舐めメイドが順番におちんちんをしゃぶるお話。

「ようこそ、あるじ様…。本日はわたくし達二人…主さまの性欲処理をお手伝いさせて頂きます」
咥えメイド(挿し絵右)はトーンが低く落ち着いた声の女性。
「はい、当館がご提供するのは、フェラチオ……おくちによるご奉仕です」
舐めメイド(挿し絵左)は明るくて整った声の女性。
館を訪れた主人公に挨拶し、ここで行うサービスの概要を教えると
フェラの魅力を語ってからどんな風に責められるのが好きか尋ねます。

本作品はひとつのプレイを広く深く味わってもらうことを目的に
彼女たちがおよそ70分に渡って2種類のエッチなサービスをします。
本物の主従ではないようですが2人とも彼を「あるじ様」と呼び
エッチ開始後はたっぷり尽くして精液を何度も吐き出させます。

咥え「ご奉仕は二人一組で行います。…口淫を担当する者は、あるじ様のペニスにご奉仕を…もう一名はあるじ様の身の回りのお世話をさせて頂きます」
最大の魅力はもちろんフェラ。
咥えメイドはピストンやバキューム、舐めメイドは舌技とそれぞれに違う特技があり
片方はおちんちんをしゃぶる役、もう片方はそれを実況する役を分担して行います。

しゃぶってる側はパート内のセリフが一切ありません。
だから音だけではわかりにくい部分をもう1人が補ってイメージしやすくします。

プレイ自体も同じ音を垂れ流す単調なやつではなく
全体で大きな流れを作り、後になるほどエロく激しくなるよう多彩な責めを繰り出します。
2~3分間隔でちゅぱ音を変えてきますからシーンによって音に結構な違いがあります。
以前からフェラ特化の作品をいくつも制作されてるサークルさんなだけあって
どうすれば聴き手が興奮したり抜きやすくなるか考えながら作られてます。

咥え「どぴゅ……どぴゅ……どぴゅ……どぴゅ……どぴゅ……どぴゅ……どぴゅ……どぴゅ」
もうひとつ、射精中や射精後の描写に力を入れてるのも本作品の特徴です。
射精中は一定の間隔でぴゅっぴゅのセリフをおよそ1分間言い続け
その後は精液を口の中でもごもごしたり喉を鳴らして飲み干す様子を3分くらいかけてお届けします。

一般的な作品では割とあっさり済ませるところを濃厚に描くことで
1回1回の射精をより充実したものにしてくれます。
精飲ももちろん演技するので好きな人にはきっと刺さるはずです。
射精シーンも多めに用意されてますから抜き場に困ることはまずないでしょう。
ちゅぱ音まみれのエッチ
本編のエッチシーンは2パート57分間。
プレイはフェラ、耳舐め、精飲です。
エッチな効果音はありません。

咥え「彼女の場合は後者……舌による刺激に特化したフェラチオを行います。…先ほどもご覧の通り、特筆すべきは、肉厚で…ペニスを包むのに申し分ないほどの長い舌」
事前のやり取りを終えた後、まずは舐めメイドが主人公のおちんちんにキスを始め
その様子を咥えメイドが右手近くでわかりやすく実況します。

エッチはどちらも彼女たちが責め続けます。
前半の「02.ねっとりれろれろ 舐めメイド(約29分)」は舐めメイドが活躍するパート。
ちゅぱちゅぱとついばむ感じでキスするところから始まり
多少パワフルなキス、亀頭舐め、口に含んでの亀頭責めと徐々に激しいプレイへ移ります。

咥え「にゅるにゅると、別の生き物のように蠢いていますね。口の中で滑らかに這いまわる舌が…ねちっこくペニスに絡みついています」
舐めメイドは名前の通り舐めが得意ですからそれ以外はほとんどやりません。
でも亀頭、竿、裏筋など部位に合わせて舐め方を小まめに切り替えます。
また途中で口に唾液を溜め込むシーンを挟み、その前後でちゅぱ音の水分を上下させます。

視聴中は「よくここまで色んな責め方が思いつくなぁ」と感心しっぱなしでした。
音声作品の出演歴が長い秋山はるるさんを起用してるのも
それをできるだけリアルに音声化したかったからでしょう。
舐めを徹底的に行いながら幅広く表現するところに本作品らしさを感じました。

咥え「舌を亀頭に沿うように密着させ、巻き付ける……ローリングフェラです」
ちなみにこのパートは射精シーンが2回あり
両方とも亀頭だけを口に咥えたまま舌で責める独特なプレイになってます。
1回目は素早い舌捌きで亀頭全体をまんべんなく舐める割とスタンダードな責め
2回目は舌にうねりを加えて複雑な刺激を与えるローリングフェラを披露します。

実況だけでなく音にも違いが見られて非常に凝ってました。
ぴゅっぴゅのセリフや濃いめの精飲も相まって本作品の特徴がしっかり出てます。

後半の「03.ぐっぽりピストン 咥えメイド(約28分)」は咥えメイドがご奉仕するパート。
おちんちんにキスしたり口に唾液を溜めるところは舐めメイドと一緒ですが
その後はピストンやバキューム主体の激しいフェラで5連続射精に追い込みます。

舐め「ゆっくりと、喉奥まで…頭を捻りながらのストロークは、手淫ではまず味わう事ができない快感です」
1回目はゆっくりペースで長めのストローク、2回目は小刻みなピストン
それからひょっとこフェラ、喉奥責め、バキューム多めのピストンと
回数を重ねるほどハードかつ下品な責めに変わります。

前のパートよりもM性を上げるためでしょうけど
ここでぴゅっぴゅのセリフや精飲をじっくり行うのは2回目のみで
それ以外はほとんど口を離さずノンストップでしゃぶり続けます。
「口を使った逆レイプ」と言ってもおかしくないくらい貪欲な責めっぷりでした。
ちゅぱ音も全体的にパワフルですし、サクッと抜きたい人にはこちらのほうが使えると思います。

このように、2人の個性を出しながらたっぷりフェラする濃厚なエッチが繰り広げられてます。
フェラを突き詰めてる作品
どこを聴いてもフェラと言えるくらい充実してる特化型の作品です。

咥えメイドと舐めメイドは主人公に気持ちいいひと時を提供しようと
パートごとに交代して片方はしゃぶる役、もう片方はしゃべる役を担当します。
そしてそれぞれの名前に合ったちゅぱ音をたっぷり鳴らして何度も射精に追い込みます。

口を使ったご奉仕が得意なメイドたちが順番にフェラするタイトル通りのシチュ
舐めメイドは舐め、咥えメイドはピストン&バキュームと異なる個性を持たせたフェラ
単調さが出ないよう短い間隔で責め方を切り替え、その様子をわかりやすく実況する作り。
音声作品では定番のプレイを新しい切り口で表現してます。

中でもフェラは本作品の最重要ポイントなだけあってかなりこだわってます。
前戯→本番→後戯と一般的なエッチに近い流れを用意し
舐めメイドは1回ずつ丁寧に、咥えメイドはノンストップで激しくと正反対のやり方で行います。
ちゅぱ音もよく聴くものからややずらして真新しさを出してますし
実況のおかげで何をしてるかわからなくなる状況を回避できてます。

この作品を一言で表すなら「メイドがフェラする」なんですけど
細かく説明するなら色んなことを話せるくらい内容が緻密で複雑です。

精飲に力を入れてるところもサークルさんらしいですし、他との差別化がきちんとできてます。

本編の射精シーンは7回。
ちゅぱ音大量、淫語多め、喘ぎ声はありません。

フェラが好きな人には強くおすすめします。
エクストラトラックは「お掃除Wメイド」「舐めフェラ詰め合わせ」「咥えフェラ詰め合わせ」です。

CV:秋山はるるさん
総時間 2:26:59(本編…1:05:42 エクストラトラック…1:21:17)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年1月27日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「バーチャルメイド喫茶『ますかれーど』」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、現在VTuberとして活躍されてる天使なのさんが
派遣先の男性に長時間のエッチなご奉仕をします。

メイドらしさを出しつつちゅぱ音重視のエッチをするのが特徴で
彼の希望を訊いたり喜ぶことを積極的にやりながら
キス、フェラ、耳舐め、乳首舐めといったプレイを繰り出してゆっくりじっくり気持ちよくします。
エッチの経験によって責めっぷりが多少変化するのもポイントです。
メイドVTuberがする手厚いご奉仕
天使なのさんが住み込みでたっぷりエッチするお話。

「おかえりなさいませ ご主人様 本日からご奉仕させていただくことになった 天使なのです」
なのさんは丁寧語で話す可愛い声の女の子。
帰宅した主人公に丁寧な挨拶をすると
戸惑う彼にまずは家族から受け取った手紙を読んで事情を説明します。

本作品は2020年7月にデビューし、現時点でチャンネル登録者数が6万8千人まで増えてる彼女が
彼の専属メイドとしておよそ140分に渡るエッチなサービスをします。
彼の両親が心配して派遣されてきた背景を踏まえていきなりハードなプレイはやらず
少しずつ慣らしていく形で後になるほど踏み込んだものに変わります。
ちなみに音響効果、録音編集、台本監修をエロトランスさんが担当されてるそうです。

「よーし なの 頑張りますよー まずはお掃除しますね」
最大の魅力は彼女のキャラ。
何をするにも一生懸命に取り組み、しかも彼のことを第一に考えながらリードします。
ドジっ子属性があるのか家事はそこまで得意じゃないですけど
エッチについてはとことん尽くしてくれるのでメイドらしさが強く出てます。

声だけでなくシナリオも彼女が担当したそうで
彼を思いやったり喜ばせようとするセリフが充実してます。
そして彼が気持ちよくなると自分も満足そうな表情を見せて一体感を出します。
エッチの後半は受けに回って存分に乱れるなど、主従と恋人の中間あたりの距離感になってました。

エッチについてはタイトルの「ペロペロ」を色濃く反映させてます。
どのパートもキス、耳舐め、フェラ、乳首舐めといった口を使うプレイを多めに盛り込み
それぞれで位置、距離、舐め方を変えて臨場感とエロさを出します。

特定のプレイに特化させるのではなく、乳首舐め以外はどれも満遍なくやるスタイルにしてました。
耳舐め手コキやキス+SEXといった同時責めもそれなりにやるので内容が割と濃いです。

VTuberなので同人声優さんほど舐め方にこだわってるわけではありませんが
彼女のファンなら満足できるくらいの品質は持ってると思います。
吸いや啜りを多めにやる少し変わった舐め方をしてました。
慣れるにつれてちゅぱ音が下品になりますし、エッチを通じて彼女が成長する様子も描かれてます。
愛情をたっぷり込めたエッチ
エッチシーンは3パート121分間。
プレイはキス、手コキ、フェラ、耳舐め、乳首舐め、SEX(正常位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「なのと 本に描いてあるみたいなこと しますか?」
主人公の部屋でゴミの分別をしてる最中にエッチな本を見つけたなのさんは
彼の願いを叶えようとエッチを持ち掛け、手始めにソフトなキスをします。

エッチは彼女がリードしつつ時折責め手を切り替えます。
最初の「02_えっちな本を見られた僕に、なのちゃんがえっちなご奉仕(約63分)」は
彼女の魅力を前面に押し出したパート。
軽めのキスから始まりディープキス→耳舐め→耳舐め手コキと
後になるほど濃いプレイを繰り出す形でゆっくりじっくり進めます。

「ご主人様 我慢は体によくないですよ なのに何をして欲しいか言って?」
そして彼女は早速メイドらしい細かな気配りを見せます。
彼が自分とエッチすることに抵抗を感じてたらそれを解きほぐす言葉を投げかけ
耳舐めやメイドが好きな彼の嗜好に沿ったプレイを提案して満足させようとします。
ちゅぱ音重視の構成ですけどプレイ時間が長いので彼を癒すセリフもそれなりに入ってます。

体への責めについては彼女が慣れていく様子を描きながら進めます。
キス、耳舐めいずれも複数のパターンが存在し
後に登場するものほどちゅぱ音が濃く、激しく、エロいものへと変わります。

効果音も状況に応じて質感や動きが変わったりと、音の量やバリエーションを多くする工夫がされてました。

「普通の耳舐めと 耳奥舐め どっちが好きなんですか?」
中でもパート終盤から登場する耳舐め手コキは抜きに最も役立つプレイです。
ご奉仕にある程度慣れたおかげで耳舐めのペースと激しさがそれなりに上がり
同時に手コキの滑らかな水音もリズミカルに鳴らして彼女に責められてる雰囲気を作ります。
耳舐めは外側と内側の2パターンあって、後者は位置が近くなったり音がこもってました。
最後は精液を手できっちり受け止めてくれますし、彼女の尽くす姿勢がプレイにわかりやすく反映されてます。

次の「03_突然寝室を訪ねてきたなのちゃんと、初めての夜(約52分)」は夜のお話。
布団に潜り込んできた彼女とキス、乳首舐め、フェラ、SEXをします。

「ご主人様 このカリのところが 好きですもんね もっともっと 舐めてあげますね」
前のパートで耳舐めを30分以上もやったからでしょうけど
ここではその量を大幅に減らし、代わりにフェラを12分くらいやります。
最初は外側を舐める大人しい責め方だったのがしばらく経つとおちんちんを咥え始め
じゅるじゅるとやや下品な音を鳴らしながらちょっぴり苦しそうな声を漏らします。

最も時間を長く取ってるのはもちろんSEX。
中盤から始まりおよそ30分に渡ってじっくり愛し合います。
今までとは違って彼が責め手に回り、ゆっくり挿入してから徐々にペースを上げる無理のない展開です。

「奥っ 奥はダメっ 奥とんとんされるの 好きっ」
そして受けに回った彼女は熱い吐息や切ない喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。
自分だけ先にイってしまったことを彼に謝ったり
キスや耳舐めで応援するなど引き続き彼を喜ばせることを強く意識してて甘いです。
フィニッシュは中出し、しかもお掃除フェラもしてくれて至れり尽くせりでした。
ちゅぱ音好きなら02、喘ぎ声が好きなら03パートが抜きやすいと思います。

このように、言葉と行為の両方から愛情を注ぐノーマル向けのエッチが繰り広げられてます。
舐め重視の甘い作品
なのさんと2人きりでイチャイチャする様子をそのままお届けする割と音重視の作品です。

なのさんは派遣先でご主人様になった主人公に幸せなひと時をプレゼントしようと
メイドらしく彼を気遣ったり尽くす姿勢を見せながらまずは口を使ったご奉仕をします。
そしてある程度仲良くなれた後はフェラやSEXでより深い関係になります。

可愛くて献身的なメイドと長時間に渡るエッチをする甘いシチュ
口を使うプレイを多く盛り込んだ濃いめのエッチ
優しい言葉をかけながら嬉しそうな表情を見せる彼女の愛に満ちたキャラ。
VTuberの出演作品ということで彼女の持ち味が出るように作品を組み立ててます。

「ご主人様のメイドになれて 本当に幸せ ありがとう」
時間に対する会話量が少なめだからこそ、ひとつひとつのセリフにより温かみを感じました。
ネガティブな要素が一切なくて終始穏やかな気持ちで聴くことができます。
プレイ中もキャラを崩さないようエロ可愛い責め方や乱れ方をしてます。
メイド作品としての要所を押さえてあって安定感があります。

エッチについては彼女がほとんど経験してないことを考慮しスローペースで進めます。
パートごとの射精シーンが1回しかないので早漏な人にはちょっときついかもしれません。
それなのに焦らされてる感覚がしないのは意地悪な要素がまったくないからです。
おちんちんを責め始めるのを中盤以降にしてあまり負担がかからないようにしてます。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

おまけは「なのちゃん。収録を終えて」です。

CV:天使なのさん
総時間 2:24:43(本編…2:22:45 おまけ…1:58)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月12日まで10%OFFの1188円で販売されてます。



サークル「スタジオりふれぼ」さんの同人音声作品。
今年10月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、世話好きでエッチも大好きなメイドが
仕事熱心なご主人様を色んなプレイで気持ちよく癒します。

優しい言葉をかけながら耳やおちんちんをじっくり舐めたり
SEXシーンでは生ハメ&中出しを許してエロ可愛い喘ぎ声を漏らすなど
メイドらしさを出しつつ丁寧にご奉仕するのが特徴です。
仕事の後はメイドとイチャイチャ
清瀬めぐみと4種類のエッチをするお話。

「失礼いたします ご主人様 ご奉仕にまいりました」
めぐみは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声のお姉さん。
主人公の部屋にやって来て早速肩もみを始めると
頑張りすぎてる彼に労わる言葉をかけて心もほぐします。

本作品はメイドのイメージにぴったりの献身的な彼女が
頑張り屋な彼をおよそ120分に渡るご奉仕でリフレッシュさせます。
主従の間柄ですがそれよりも恋人に近い距離感になっており
優しい言葉をかけながらあれこれお世話して気分よく射精させます。

「キス したいですか? はい いいですよ 私もキス したいです」
物語の冒頭に彼のことが大好きと言って自分の気持ちをアピールし
エッチ開始後は彼が望むことをガンガンやって心身両面を幸せにします。
女性上位のスタイルですが言葉責めは特にしないのでM性はまったくありません。
焦らす時もゆっくり責めるあたりに留めて意地悪さを薄めます。

またタイトルを見ればわかるように本作品は子作りをテーマのひとつに掲げてます。
エッチの約半分をSEXシーンに割き、どちらも生ハメ&中出しを決めるなかなか踏み込んだ内容です。
ピストンも結構激しくてエロ可愛い喘ぎ声をたっぷり漏らしてくれます。
SEXに限って言えば彼よりも彼女のほうが楽しんでるように映りました。

もうひとつ、これは個人的な感想ですがプレイ中に鳴る効果音のレベルが高いです。
具体的には質感が良い、セリフや喘ぎ声に合わせて鳴らす
同じプレイでも状況に応じて水分が変わるといったところです。
2作目の段階でここまでやれるなら十分だと思います。

世話好きなメイドがとことん尽くしてくれる甘い展開と声や音にこだわったエッチ。
メイドの特徴を押さえたうえで抜きやすさにも配慮してるノーマル向けの作品です。
一体感を大事にしたエッチ
エッチシーンは4パート88分間。
プレイはキス、フェラ、SEX(騎乗位、立ちバック)、耳舐め、手コキです。
SEX、手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「それではズボン 失礼いたしますね あぁ もうこんなに大きくなって 見ている私もドキドキしてしまいます」
肩もみの後にキスして主人公を興奮させためぐみは
すっかり大きくなったおちんちんをうっとりした表情で眺めます。

エッチは一部を除き彼女が責めるスタイルで行います。
前半の2パート48分間は彼女の魅力を出しつつ比較的ゆっくり愛し合うシーン。
「TR02_フェラたっぷり・高速バキューム♪(約23分)」はフェラ
「TR03_騎乗位セックス・ささやき♪(約25分)」は耳舐めとキスを交えた騎乗位SEXで合計3回射精します。

エッチに入るまでが割とスムーズだったのを見ると、たぶん2人は普段からよくエッチしてるのでしょう。
シャワーを浴びてないおちんちんに嫌な顔ひとつせずしゃぶりつき
亀頭舐め、バキュームフェラ、ピストンフェラと色んな責めを繰り出します。

時間に余裕がある状況を活かしてどのパートもメインのプレイを濃く表現してました。
射精時はそのまま口で受け止め飲み干すなど、プレイを通じて彼に尽くす姿勢が伝わってきます。
欲を言うならフェラを始める前にチン嗅ぎを挟んで欲しかったです。

「繋がりながらキスするの すごく気持ちいいです」
TR03は子作りに直結するプレイなだけあって心の距離も縮めます。
騎乗位で挿入してから4分くらい緩めのピストンを続け
休憩がてら耳舐めとキスを挟んでから激しい責めに変わります。
彼女視点のセリフが非常に多いおかげで何を思い、感じてるかがわかりやすいです。

彼女が感じやすい体質だからでしょうけど
本作品のSEXは2パートとも彼女のほうが絶頂回数が多いです。
「あんあん」みたいな可愛い感じの声を積極的に漏らしてくれるので
甘さとエロさを兼ね備えたプレイに仕上がってます。
彼にご奉仕するつもりが逆に楽しんでる展開も微笑ましいなと。

後半の2パート40分間は翌日のお話。
「TR04_手コキ・洗脳ささやきボイス♪(約21分)」は焦らし気味の耳舐め手コキでじっくり追い込み
「TR05_立ちバック・高速ピストン♪(約19分)」は立ちバックでお互いに責め合い再度種付けします。

TR04は音の扱い方が耳を惹くパート。
開始直後はさらさらした緩い摩擦音だったのが徐々に水気を帯び始め
終盤に差し掛かると粘っこい音に変わってペースも一気に上がります。
カウパーの分泌具合を音で表現してるのでしょうね。
「しーこ しーこ」の掛け声に合わせて音を鳴らしたりと音に対するこだわりを感じます。

「イキすぎて バカになりゅぅ」
「出てましゅ 出てます ご主人様の 熱くて濃い精液」

最後のTR05は逆に激しさを前面に押し出した内容。
前半は彼が、後半は彼女が責める形で行い
最中は彼女がアヘ声交じりの喘ぎ声をたっぷり漏らして気持ちいいことをアピールします。

TR03の騎乗位SEXが割と大人しかったので余計エロく感じました。
彼が射精するまでに何度もイクため喘ぎ声が好きな人ほどオナニーがはかどります。
めぐみ役の柚木つばめさんも熱のこもった演技をされてて一番の抜きどころと言えます。

このように、子作りを意識しながら恋人に近い距離感でイチャイチャする甘いエッチが繰り広げられてます。
癒されながら抜ける作品
優しくて面倒見のいいメイドが色々お世話してくれる大衆性の高い作品です。

めぐみは主人公から仕事の疲れをスムーズに取り除こうと
メイドらしく礼儀正しい態度で接しながら耳やおちんちんを丁寧に刺激します。
そしてエッチの約半分をSEXシーンに割いて子作りにも励みます。

お淑やかでエッチに積極的なメイドがご主人様を気持ち良くするノーマル向けのシチュ
事務的感や堅苦しさを排除し、恋人を労わるような姿勢で親身にお世話する甘いリード
時間、内容いずれもSEXに最も力を入れてるテーマに沿ったエッチ。
主従と恋人のいいところを組み合わせたような作品に仕上がってます。

中でも3番目は騎乗位がゆっくり責めるイチャラブ路線
立ちバックは野性味を持たせたガチエロ路線と方向性に大きな違いを持たせてます。
乱れ方も変えてありますし、本作品の鍵となるプレイなだけあってきちんと作られてます。
あとは最初のフェラもちゅぱ音を上手に使い分けてて抜きやすいです。
私個人は声優さんの演技が光ってる作品と見てます。

「脚を開いて スカートをめくって ゆっくりと腰を下ろして…んっ」
気になったのはセリフの表現方法。
上のように細かな行為に至るまで実況してて聴いた時の印象がやや硬いです。
音声は声と音で表現する媒体ですから、声優さんがしゃべった時に違和感が出なくなる言い回しにしたり
ある程度は声や音に任せたほうが品質は上がると思います。
本作品の場合は音の扱い方が上手なので、それとの折り合いがついてたらより良い作品になったでしょう。

射精シーンは5回。
くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声それなり、淫語そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:57:00

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月10日まで20%OFFの968円で販売されてます。



サークル「ユーフォリアファクトリー」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、ご主人様のことを深く愛してる落ち着いたメイドが
ドMな彼にアブノーマルな調教を施してスッキリさせます。

乳首責めや乳首オナニーに力を入れてるのが特徴で
最初のパートは他のプレイと組み合わせて、それ以降はほぼ乳首に絞って刺激を与え
その合間にメス堕ちや寝取られに関する言葉責めを入れて心身をバランスよく盛り上げます。
事務的感はまったくありませんから彼女の愛を感じながら気持ちよくなれるでしょう。
入れてほしいメイドといじめてほしいご主人様
メイドの「永遠 あきな(とわ あきな)」が3種類のエッチをするお話。

「失礼します ご主人様 コーヒーをお持ちしました」
あきなはトーンが低く整った声の女性。
主人公の部屋にやって来て仕事の予定を尋ねてから
今夜一緒に流星群を見ようと言います。

本作品はご主人様に身も心も捧げたいと思ってる健気なメイドが
女性にいじめられたい願望を持つ彼をおよそ60分に渡って調教します。
主従逆転、メス堕ち、寝取られとパートごとに違うテーマを用意し
そのすべてで乳首を重点的にいじって気持ちいい射精へ追い込みます。

「こりこりこり こりこりこりこり」
こりこり、かりかり、つんつん、くりくりなどいじり方によって掛け声を変えながら
後になるほど刺激の強いプレイを繰り出しておちんちんとは別の快感を与えます。
言葉責めと組み合わせてリードするので完全サポートと言うほど手厚くはないものの
乳首を開発済みだったり現在開発中の人ならだいたいわかるくらいの指示は出してくれます。

ちなみに彼女は彼を立派なメスに変えるために今回の調教をしますが
絶頂形式はすべて射精でドライオーガズムはしません。
2番目と3番目のパートはノーハンド射精を目指すことになるので
できる人以外はおちんちんも一緒にいじったほうが満足すると思います。

「今日はとっても星が綺麗に見えますね ご主人様は 星座について詳しいですか?」
あきなについては「優しくて穏やかなメイド」と呼ぶのがしっくりくる女性です。
エッチを始める前は2人で星を見てロマンチックな雰囲気を作り
開始後も引き続き丁寧語で言葉責めして心の興奮を上手に高めます。

エッチの序盤にSEXと調教どちらを選ぶか彼に決めさせてるところを見ると
彼女自身は普通に愛し合うことを望んでるようです。
でも彼がどうしようもないレベルのMだからそれに合わせたご奉仕をします。
愛情表現の一環として調教するので雰囲気は結構穏やかです。

乳首責めや乳首オナニーを重点的にするエッチと思いやりに満ちた彼女のキャラ。
ノーマルなメイドとドMなご主人様が仲良くする様子を描いた穏やかな作品です。
心と体をメスに変えるエッチ
エッチシーンは3パート52分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、あきなのパンツを穿く、足コキ、腋の匂いを嗅ぐ、唾液を飲む、乳首オナニー、キスです。
足コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私はご主人様の専属メイドなので 性処理のお手伝いをさせてください」
流星群を見終わり密着したまま主人公と星座の話をしてたあきなは
おちんちんが勃起してることに気づき自分からエッチを持ち掛けます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の「02.主従逆転調教(約25分)」は彼女の調教を受ける環境づくりを意識したパート。
ハグや耳への息吹きでおちんちんをさらに元気にしてから
親指と人差し指で乳首をつまみ「こりこり」の掛け声を出していじります。
そして挿し絵のように彼女のパンツを穿かせ、腋の匂いを嗅がせながら
おちんちんを足でしごいて情けない射精に導きます。

「私を押し倒して とろとろおまんこに おちんちんぶち込んで 中出ししてください」
「やっぱりご主人様は ド変態マゾですね」

エッチ開始直後の彼女は彼がどれくらいMかわかってないので
比較的ソフトに責めながらストレートなおねだりもしてSEXに持ち込もうとします。
しかし彼がそれよりも自分にいじめられるほうが好きなことを知ると
普段通りの落ち着いた態度で「マゾ」「変態」といった言葉責めを始めます。

乳首責めが売りの作品ですけどこのパートに限って言えば
耳、乳首、おちんちん、心をバランスよく責める方針で進めてました。
乳首責めの掛け声が少なめなので多少アドリブで動く必要があります。
おちんちんをいじるのは終盤の6分のみでカウントに合わせて射精します。

続く2パートは27分間は乳首の比重が一気に上がります。
「03.メスイキ乳首射精(約18分)」は乳首責め
「04.メス堕ち寝取られ鬱勃起乳首オナニー(約9分)」は乳首オナニーで1回ずつ射精します。
そしてここからは乳首責めの掛け声が増えてリードが手厚くなります。

「体も心も メスになってください くりくり くりくり 私がずっと調教してあげます」
乳首を責める点で両パートは一致してますが最中のセリフは随分違います。
03パートは彼の心身をメスに変えることを目標に定め、乳首の快感と前立腺をリンクさせて体の快感を高めたり
彼がメス堕ちした時の様子を語って期待を膨らませます。
そのうえで彼女がずっと一緒にいることを教えて安心感を与えます。

彼女にとってこの調教は彼を楽しませるためにする行為ですから
彼がドMだとわかっても本気で見下したり突き放すことはありません。
彼の嗜好に合ったやり方で愛情を注いで幸せなひと時をプレゼントします。
やってることは調教だけどきちんとご奉仕になってるのが素晴らしいです。

「ゆーっくりと乳首いじめられているのに 強い快感が襲ってくる もう何も考えられない」
またパート終盤の絶頂シーンではカウントに合わせて催眠暗示っぽいセリフを言います。
催眠音声を視聴したことのある人なら多少は反応するかもしれません。
0を宣言した直後に「イク」とぴゅっぴゅのセリフで追い込むなど
乳首重視になった後も言葉責めを適度に挟んで上手く盛り上げてくれます。
サークルさんもここがお気に入りだそうです。

それに対して04パートは寝取られ成分が一気に上がります。
詳細は伏せますが彼女が他の男に責められてる様子を実況します。
自分を何度もお世話してくれた女性(しかも処女)が見知らぬ男のおちんちんで汚される。
多くの男性が嫉妬や屈辱を覚える状況を作って03パートとは違う興奮を与えます。
乳首オナニーも時間いっぱいやりますから体も結構気持ちよくなれるでしょう。

このように、乳首を中心に据えつつM向けの言葉責めもするバランスの取れたエッチが繰り広げられてます。
愛のある乳首作品
ご主人様に対する好意を込めて調教する割とアブノーマルな作品です。

あきなは仕事を頑張ってる主人公に少しでもリフレッシュしてもらおうと
彼の大好きな乳首を重点的に責めながら色んな言葉責めもします。
そしてこれらの中に彼に対する想いを込めて事務的感を薄めます。

声はクールだけど性格はとても優しいメイドが愛するご主人様を調教するM向けのシチュ
全パートで乳首責めや乳首オナニーを多く行い
さらに様々な掛け声を出して聴き手が実際にいじれるようにするテーマ性の強いエッチ
Mが喜ぶ責めをガンガンしながら愛情を注ぐ彼女の健気な姿。
主従よりも恋人に近い距離感で彼をとことんもてなします。

「ご主人様は 甘えん坊でド変態なマゾですね これから毎日調教しますからね お射精したかったら 私にいっぱい甘えるんですよ」
乳首がテーマの作品なのにキャラを立たせてるところが印象的でした。
彼が乳首好きのドMだと知っても嫌な顔ひとつせず積極的にお世話します。
そんな彼女の気持ちに彼が応えるシーンもあったりと
調教を通じて2人が以前よりも仲良くなったのが伝わるように組み立ててます。
04パートの寝取られもその一環ですから後味が悪くなることはないでしょう。

エッチは良くも悪くも乳首に寄せてるので万人向けではありませんが
いじる時間を長めに取ったり掛け声を小まめに出してて使い勝手が良いです。
具体的にどういじるかはあまり教えてくれないので
「かりかり」なら爪で引っかくんだな、とわかる人向けの内容だと思います。

射精シーンは3回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 1:06:14

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年12月2日まで20%OFFの880円で販売されてます。



サークル「フラワー症候群」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声はお淑やかだけど性格はドSなメイドが
ドMなご主人様に催眠を交えた恥ずかしいご奉仕をします。

催眠音声と同人音声の中間あたりの構成になってるのが最大の特徴で
催眠は深呼吸や脱力といったリラックスできる技法を二段構えで行い
エッチは催眠の要素を一気に薄めて彼を貶したり突き放す言葉責めをガンガンします。
ご主人様にする刺激的なご奉仕
メイドに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「あら、こんな時間にいかがいたしました? ご主人様」
メイドは丁寧語で話す穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の環境や注意事項を説明すると
主人公に例のアレをして欲しいと言われてすぐさま了承します。

本作品は多くの人を従えながら内心支配されたがってる彼が
雇ってるメイドにおよそ70分の恥ずかしいサービスを受けます。
主従逆転をテーマにしてるので催眠とエッチでキャラが大きく変わり
特にエッチは彼を露骨に見下したりあざ笑う嗜虐的な態度を取ります。

「仕えてるメイドに命令されて くっさーいおちんぽとアナルを丸見えにさせて 腰振っちゃってるんですよ こんな姿 他の人に見せられませんよね?」
情けないポーズを取らせる、羞恥心を煽るセリフを復唱させる
M向けの言葉責めをガンガンするなど結構突き抜けた内容になってます。
よく笑ってるところを見ると彼女も結構楽しんでるのでしょう。
言葉責めが充実してるのでそういうプレイが好きな人ほど興奮できます。

その一方でエッチにおける催眠の要素は非常に少ないです。
ごく一部で感度を上げたりカウントを数えながら追い込むくらいで
一般的な催眠音声のように暗示を駆使して快感をコントロールすることはほぼありません。
実際に聴いてみると同人音声のエッチに近く感じるでしょう。

催眠については深呼吸や脱力といったリラックス系の技法を中心にしてます。
深呼吸→脱力→深呼吸→脱力と二段構えの作りになっており
深呼吸の時間を長めに取ってるおかげで意識のぼやけをそれなりに実感できます。
本作品の場合エッチが個性的なので催眠は割とシンプルにこなしてました。
心身をじっくり脱力する催眠
催眠はおよそ21分間。
横になって3分程度深呼吸を繰り返し
それからカウントに合わせて体→頭の順に脱力します。
頭の脱力をする時に目を閉じる指示が出るので、開始時は開けたまま聴くのだと思います。

「ぼーっとする 89 88 87 86 85…」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」を小まめに言う
脱力はカウントの合間に軽めの暗示を入れるとリラックス重視で進めてました。
カウントを数えるほうを頑張っても脱力効果は薄いので
カウントの数か頻度を減らし、その分暗示を強化したほうがいいと思います。

他にもカウントの数え方がはきはきしてたりと
催眠をかけるにあたって適さない演技がちらほら見られました。
もっと声のトーンを下げ、ぼんやり話したほうが入りやすくなります。

目を閉じた後は改めて深呼吸と脱力をします。
前者は吸う、吐くの指示を出しながら暗示の量を多少増やし
後者は右腕→右足→左足→左腕と今度はパーツに分けて重さと心地よさを与えます。

「おもーく ふかーく 右腕から先が沈んでいく 気持ちよーく 抗えない」
1回目の深呼吸と脱力を終えた時点では「これちょっとやばいかなぁ」と思ってましたが
このシーンは暗示の量や入れ方が一気に改善されて安心して聴けました。
脱力を終えた後は彼女の声に対する集中力を高めるなど
この後から始まるエッチがスムーズに進められるよう準備してます。

催眠音声における基本的な技法を組み合わせたシンプルな催眠です。
聴き手をメイドの声の言いなりにすることを目的に
深呼吸→カウントを交えた弛緩法→2度目の深呼吸→分割弛緩法と
心身のリラックスに効く技法だけを採用し1回目と2回目でやり方を変えます。

全体的に暗示が弱いおかげでそれほど深いところまで入れませんでしたが
深呼吸によるリラックス感や意識のぼやけはそれなりにあって癒されます。
本作品のエッチは催眠をほとんど活用しないのでわざと浅めに調整したのかもしれません。
言葉責め重視のエッチ
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはペットの宣誓、恥ずかしいポーズ、言葉責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「十分催眠状態になったところで 次はご主人様の欲望を 素直に曝け出して差し上げますわ」
催眠を使って主人公を従順にしたメイドは
普段とは逆に彼のご主人様になって恥ずかしい指示を出します。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の「Track4.ドライ(約25分)」は心への責めに特化してるパート。
脚を開いておちんちんを見せつけ、さらに舌を出したりお尻を振って彼女に媚びます。
そして彼女はきつめの言葉責めを投げかけてドライオーガズムに追い込みます。

「あなたはもう ご主人様という名の私のペット 私のげ・ぼ・く なんですわ あはははは」
最初に彼女のペットになる宣誓をして主従逆転を明確にしたり
その後は彼を露骨に見下し、突き放してM心をくすぐるなど
催眠パートとは随分違うドSなところを随所で見せます。
またパート後半に差し掛かると恥ずかしいセリフを言わせてさらに興奮を煽ります。

催眠に類することはほとんどしないので、催眠音声のエッチとしては正直イマイチです。
でも責めっぷり自体はしっかりしており同人音声として聴く分には楽しめます。

例えば「恥ずかしいセリフを言うほど幸福感が湧いてくる」とか
「彼女に見下されるほど体がゾクゾクする」といった暗示と組み合わせていれば
少なくとも今よりはずっと催眠音声らしいプレイになったでしょう。
軽く言っておしまいではなく、実際にそうなるよう入念に働きかけるのが大前提です。

もうひとつの「Track5.セルフ(約13分)」は射精を目指すパート。
おちんちんを好きなペースでしごかせながら引き続き言葉責めで応援します。

「普段はご立派でも 本性は罵られて興奮する変態マゾチンポだったなんて 軽蔑しますわ 気持ち悪い」
前のパートで散々貶されてもまったく反抗しない彼を見て味を占めたのでしょう。
以前よりも手厳しいセリフを繰り出して心を重点的に責め続けます。
オナニーに関する指示はほとんどしないのでオナサポとはちょっと違う感じです。
開始と射精のタイミングを設定し、直前にカウントを数える緩いリードをしてました。

このように、言葉責めを多めにやりながら2種類の絶頂をさせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
個性はあるのだが…
催眠、エッチいずれも面白いところを持ってるのだけど
その噛み合わせに結構な難点がある作品です。

メイドは自分に支配されて屈辱的な絶頂をしたがってる主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて心身を脱力させながら、指示や言葉責めを素直に受け入れられる環境を作ります。
そしてエッチはご主人様になりきって容赦ない罵声を浴びせかけます。

礼儀正しくてSっ気の強いメイドがドMなご主人様を気持ちよく躾けるM向けのシチュ
深呼吸と脱力を別のやり方で2回ずつ行うリラックス重視の催眠
最初はドライ、次はウェットに向けて言葉責めで追い込む刺激的なエッチ。
催眠とエッチの属性をほぼ正反対にして主従逆転気分を味わわせます。

シーンごとに楽しむ分にはそこまで悪くない作品だと思います。
催眠は無理せず基本的な技法で揃えて癒しの感覚を得やすくしてますし
エッチも言葉責めを中心に据えて彼女のドSっぷりを鮮明にしてます。

でも催眠音声は催眠とエッチが相互に絡み合うことで初めて成り立ちます。
その観点から見ると残念ながら「良くない」と言わざるを得ません。
今の内容では両者が別々のサービスになってしまってます。

フラワー症候群さんはブランクがあるとはいえ活動歴は約4年
現時点の作品数は24本と十分な経験を積まれてるサークルさんです。
だからこそこういう基本的なところはしっかりクリアしててほしかったです。

絶頂シーンはドライ1回、ウェット1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:佐藤みるくさん
総時間 1:14:46

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
11月23日まで58%OFFの550円で販売されてます(まとめ買いキャンペーン対象作品)。
その場合の点数は5点です。
キャンペーンについては以下のページをご覧ください。
DLsiteでジャンル限定まとめ買いキャンペーン開催中です(催眠音声編)



サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第66回目は声も態度も穏やかなメイドが
ご主人様にコンパクトで個性的な催眠をかけます。

全編をうつ伏せの状態で聴くのが大きな特徴で
催眠は総時間の75%以上を費やしてゆっくりじっくり誘導し
エッチはおちんちんに手を一切触れずベッドと擦り合わせて射精を目指します。
メイドがするちょっぴり恥ずかしいご奉仕
メイドに催眠をかけられ床オナするお話。

「ご主人様、まだおきてらっしゃいますか?」
メイドはややトーンが低く整った声の女性。
ある日の夜、主人公が1人で寝るのは寂しいだろうと思い催眠を提案すると
早速彼にうつ伏せになるようお願いします。

本作品は彼のことを敬愛してる世話好きな彼女が
寝る前の時間を使っておよそ40分の気持ちいいサービスをします。
催眠29分、エッチ4分と前者にものすごく力を入れ
催眠特有の心地よさや幸福感といった癒しの感覚を与えます。

「うつぶせで寝てみると、あおむけで寝たときよりもベッドに力が吸い取られる感じがしませんか?」
そして彼女はこれらをするにあたってうつ伏せになる指示を出します。
催眠音声は多くの作品が仰向けに寝て聴くので非常に珍しいです。
体重がある人とかはずっとそうしてるのは難しいでしょうから
エッチの時だけうつ伏せになるなど無理のない範囲でお聴きください。

またエッチシーンはうつ伏せになってる状況を活かして床オナのみやります。
射精の表現は特にありませんが、普通に考えればそのまま出すのでしょう。
ゴムを着けたりタオルやビニールシートを敷いて汚れても大丈夫な準備をするのが良いです。

催眠はおよそ29分間。
うつ伏せになって目を瞑り、まずは5分ほど深呼吸を続けます。
そして目の前にある長い階段をカウントに合わせて下りていくイメージをします。

「ひとつ階段を降りれば・・・あなたのイメージがもっと鮮明になって・・・催眠に深く入っていけるようになります・・・・ 催眠に深く入るということは・・・・体の力も・・・・頭の力も・・・・抜けていくということです・・・・」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」と合図を小まめに出しながらリラックスする暗示を入れる
階段のイメージはカウントを数え終えた直後に催眠が深まるよう働きかける、と
シーンごとにやることを切り替えながら丁寧に誘導します。
催眠に定評のあるサークルさんなだけあってうつ伏せでも催眠に入りやすいです。

階段のシーンはカウントをかなりの回数数えますから
それを繰り返すたびに頭の中がぼーっとしたり体が重くなるのを感じるでしょう。
メイドらしさとかはあまり考えずスムーズに落とす方針で進めます。

催眠がある程度深まった後はさらなる暗示で心をぽかぽかにします。
引き続き短いカウントと組み合わせて体の重さ、頭が真っ白になる感覚、充足感を伝え
最後に彼女が頭に手を置き力を吸い取って完全なリラックス状態にします。

「あなたは人形です・・・ 心と頭の中を・・・人形という言葉が埋め尽くしていく・・・」
これらをする際に人形になった気分にさせる暗示を入れますが
彼女に彼を好き放題しようとするSな感情はありません。
脱力して体を動かせなくなった状態を人形に例えたのだと思います。
並行して幸せな感覚も与えますし、最初から最後まで彼に尽くす姿勢を維持します。

リラックスさせてから深化を厚めに行う堅実な催眠です。
聴き手を腕力と思考力が空っぽな人形へ変えることを目的に
深呼吸から入って階段のイメージを使った最初の深化
様々な暗示を交えた二段階目の深化とほぼ一直線に進めます。

約30分も時間を割いてるおかげで落ち着いた気分で聴けますし
技術的にもレベルが高くて後になるほど心地よさが強くなります。
脱力に結構力を入れますから体のだるさや動かない感覚が味わいやすいです。
床オナ特化のシンプルなエッチ
エッチシーンは4分間。
プレイは床オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「それでは・・・お人形さん・・・ オナニーをしてみましょう・・・・ おちんちんを硬くしなさい・・・・」
催眠を使って主人公を従順な人形へ変えたメイドは
普段と違い命令口調で彼にオナニーするよう言います。

エッチはほぼ全部の時間を使って床オナするだけです。
開始を宣言した後に感度が上がる暗示を入れ
それから最後に10カウントダウンで絶頂のタイミングを取ります。
「自分の手でする」がセルフの定義なので当サイトではセルフなしと判断してます。

時間が非常に短いことや、普段あまりしない床オナに特化してることを考えると
事前に溜めておくか工夫しない限り射精は難しいと思います。
手を添えて腰を動かせば通常のオナニーに近くなってやりやすいでしょう。

このように、うつ伏せだからこそできる極めてコンパクトなエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の変わった作品
短いながらも十分な個性を持ってる催眠に入りやすい作品です。

メイドは就寝前の主人公に満たされた時間を提供しようと
まずは催眠を通じて余計な力を取り除き、さらに心地いい感覚で包み込みます。
そしてエッチは手を使わずに腰を動かして射精まで持っていきます。

穏やかなメイドが愛を込めてご主人様を気持ち良くするほぼノーマル向けのシチュ
総時間の大部分を使って脱力と深化を促す安定感のある催眠
床オナに的を絞って進める独特なエッチ。
サークルさんの他作品と同じく催眠重視で仕上げてます。

うつ伏せに関しては催眠パートだとほとんど関係ないので
エッチが始まった時に体勢を変えても別に問題はありません。
これだけ入念にかけてくれるならその程度で催眠が解けることはまずないです。
催眠の感覚を楽しむのがメインで、エッチはおまけに近い位置づけと思ってください。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:椎那 天さん
総時間 37:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけど熱中すると周りが見えなくなるメイドが
ご主人様の耳とおちんちんを色んな手段でお世話します。

タイトル通り耳のケアにとても力を入れてるのが特徴で
耳かき、耳の産毛剃り、耳マッサージといった健全なサービスでまずは純粋な癒しを与え
それから指を使った耳責め、耳バイブ責め、ミミラチオ、鼓膜舐めを順に繰り出して耳をゾクゾクさせます。
おちんちんも普通に責めますからドライを目指す作品よりもずっととっつきやすいです。
暴走メイドの変わったご奉仕
新人メイドのミミが耳のケアとエッチをするお話。

「あ、お目覚めになったんですね おはようございます ご主人様 今日も とってもいい天気ですよ」
ミミは明るくて穏やかな声の女の子。
ある日の朝、寝ている主人公の左耳を掃除して起こすと
初対面で戸惑う彼に自己紹介します。

本作品は自分で「耳かきメイド」と名乗るほど耳に対するこだわりを持ってる彼女が
屋敷のご主人様にあたる彼をおよそ100分に渡って癒したり気持ちよくします。
前半は耳かき、産毛剃り、マッサージといった全年齢向けのサービスを中心に行い
後半から様々な耳責めとSEXで充実した射精に導きます。

「本日は ご主人様のために 耳穴フルコースをご用意してるので そのままごゆるりとお休みいただければ」
丁寧な言葉遣いで話しかけたり、慣れた手つきで耳を綺麗にするなど
彼女はメイドのイメージにピッタリな優しくて献身的な女性です。
しかし耳フェチなせいで良い耳に出会うと暴走するところがあり
熱っぽい吐息を漏らしながら一部でやや行き過ぎたこともします。

この手の作品では定番の耳舐めももちろんやりますけど
指を使った耳責めや耳バイブといった独自のプレイも盛り込んでます。
特化型ではなく色んな手段で耳をケアするバランス型の構成です。
最中に鳴る効果音もレベルが高く、特に前半シーンはかなりの癒しが得られます。

最初の2パート35分間は全年齢向けのサービスが中心。
「【1】一日の始まり~癒しの耳かきと朝一番フェラチオご奉仕。」は耳かき
「【2】癒しの耳毛剃毛→ホットローションマッサージ」は耳毛剃りとマッサージで内外を綺麗にします。
フェラはエッチにあたるので次項で別途紹介します。

耳かきは耳かき棒→綿棒→梵天と繋ぐ凝った内容。
耳かき棒は「ぞしゅっ」という乾いてて平べったい音、綿棒は「ずすっ」という耳かき棒よりもやや硬い音
梵天は広くてふわふわした音、とそれぞれに違った質感と動きをします。
本作品の掴みにあたるシーンなだけあって音作りがしっかりしてました。

「ご主人様のお耳 今まで出会った中でも 最高の形です」
最中のミミは慣れた様子で手を動かしながら自分のことを話したり
主人公の耳が自分の好みだと褒め称えます。
彼女は重度の耳フェチですから、この段階でもう暴走に向けた伏線が張られてるわけです。
欲を言うなら軽くでいいので息吹きをして欲しかったです。

産毛剃り&マッサージはエッチな要素一切抜きのパート。
シェービングクリームを左右同時に塗ってから片方ずつカミソリを動かします。
そしてそれが済んだ後は「きゅぷっ」という粘性のある水音をゆっくり鳴らして丁寧に揉みほぐします。
こちらも音をちゃんと入れてリアルで癒されるサービスに仕上げてます。

「ローションって なんだか いやらしい音ですよね」
健全なお世話をしてるはずなのに彼女の吐息が妙に熱っぽいのが印象的でした。
ローションの音がにちゃにちゃしてることに興奮を覚えたりと
耳フェチとしての歯止めがだんだん効かなくなり始めてます。
サービスをきっちりこなしながらエッチに向けた雰囲気作りをしてるのが面白いです。
耳を性器に例えて責めるエッチ
エッチシーンは3パート49分間。
プレイはフェラ、耳責め、耳バイブ責め、SEX(騎乗位)、ミミラチオ&鼓膜舐め(耳舐め)です。
耳責め、耳バイブ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ええと でもこのままだと お苦しいですよね お鎮めして差し上げないと これもメイドの務めですし」
耳かきを終えた直後に主人公が勃起してるのを確認したミミは
このままでは可愛そうだと思い、産毛剃りへ移る前に口で1回抜いてあげます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート27分間は彼女が持つふたつの特徴(献身的&耳フェチ)を反映させたプレイ。
「【1】一日の始まり~癒しの耳かきと朝一番フェラチオご奉仕。(約10分)」は終盤に軽いフェラをし
「【3】まるで女性器になったかのような手耳マン→耳バイブ(約17分)」は指と道具で耳を集中攻撃します。

「先っぽから おつゆが出てきました 気持ちいいのですね 嬉しいです」
フェラは耳への責めを一切やらないスタンダードな内容。
中央やや下からしゃぶる感じのちゅぱ音を比較的ゆっくり鳴らします。
最中のセリフは実況を少しする程度で取り立てて珍しいことはやりません。
フィニッシュは口で受け止め飲み干すなど、メイドらしい尽くす姿勢を貫きます。

それに対してもうひとつのパートは彼女だからこそできるプレイばかり。
前半は耳マッサージに近い音を鳴らしながら内側や穴の入り口を中心に責め
後半は「ヴヴヴヴヴヴ」というローターっぽい音を鳴らすバイブを左右片方ずつ接触させます。

「いかがですか? 耳穴クリを擦られる気分は 女の子は いつもこんな気分なんですよ?」
マッサージとの違いを出すために彼の耳をおまんこに例え
さらに責めてる彼女もうっとりした声を漏らして恍惚とした表情を見せます。
耳バイブは音量が少し大きいので普段よりも絞ったほうが聴きやすいかもしれません。
おちんちんに触れることは一切なく、次のパートに向けて体を温める役割を果たします。

最後の「【4】魅惑のミミラチオ&鼓膜舐めセックス(約22分)」は
いよいよ副題のミミラチオと鼓膜舐めが登場します。
騎乗位で繋がってから序盤は彼女がイクまで普通に責め
その後からミミラチオ→鼓膜舐めの順に繰り出しながらピストンして一緒の絶頂を目指します。

「カリにキスするみたいに いっぱい お耳チンポにもキスしてあげますね」
ミミラチオは耳をおちんちに例えて舐めまくる通常の耳舐めに近いプレイ
鼓膜舐めは最近流行ってる耳の穴を舐める低く鈍い質感の耳舐めです。
音だけでもっと明確な個性を出してくるのかと思いきや、そういうところはあまり見られず
少なくとも私は「これ普通に耳舐めと呼べばいいんじゃないの?」と思ってます。

名前をわざわざ変えたのに肝心の音が割と普通だったのが残念です。
時間も15分と短めですし、本作品の売りと言うには弱いと見てます。
SEXのほうは声と音の両方に安定感があってエロいなと。

このように、色んな耳責めをしながらおちんちんも卒なく責めるエッチが繰り広げられてます。
耳のケアを重視した穏やかな作品
キャラとサービスの両方に十分な個性がある作品です。

ミミはこの日初めて会った主人公に自分の実力を見せようと
まずは耳かき、産毛剃り、耳マッサージを丁寧にやって純粋な癒しを与えます。
そして準備が整った後は指や器具で耳を、口やおまんこでおちんちんを気持ちよくします。

献身的だけどかなりの耳フェチなメイドがたっぷりご奉仕するノーマル~ややM向けのシチュ
前半は癒し、後半はエロを中心に行うバランスの取れた作り
その両方で耳のケアをしながら射精へ導くテーマに沿ったサービス。
現在の音声作品で人気のジャンルにサークルさんなりのアレンジを加えてます。

中でも3番目は彼女が耳穴開発を目的に掲げてるだけあって
全部のパートで必ず耳をいじるシーンが登場します。
そのほぼすべてに専用の音が入ってて、しかも質感がリアルなのも良いです。
セリフもそれなりにありますけどASMR作品として楽しめる内容になってます。

唯一残念なのは前項でも触れたミミラチオと鼓膜舐めです。
ここにもう少し個性があればより良い作品になったでしょうね。
ですがそれ以外の部分は割としっかりできてるので
ミミラチオと鼓膜舐めに過度な期待さえしなければ楽しめると私は見てます。
DLsiteの作品評価で低得点をつけてる人はここに不満を抱いたのではないかなと。

射精シーンは2回。
吐息多め、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:小石川うにさん
総時間 1:39:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年11月19日まで20%OFFの1056円で販売されてます。

↑このページのトップヘ