同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ホワイトピンク

   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ&しおりママ ~Wママハーレムコースでアメとムチ大作戦~
   ● 【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(後編)
   ● 【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(前編)
   ● 幼児化あまあま催眠(再レビュー)
   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ ~ご主人様ママがいい子に躾けてあげる~(後編)
   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ ~ご主人様ママがいい子に躾けてあげる~(前編)
   ● 【100円/ASMR】大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ~ゆかりママとうちで過ごそう~
   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2 ~ママがお口でメロメロにしてあげる~(後編)
   ● 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2 ~ママがお口でメロメロにしてあげる~(前編)
   ● ドレスサキュバスフィーネのお洋服赤ちゃん調教催眠【バイノーラル音声+漫画】




サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人だけが利用できるエッチな保育園で
2人のママが甘えん坊な男性に幸せで気持ちいいひと時をプレゼントします。

幼児プレイ要素を多めに盛り込んだうえでエロさも高いエッチをするのが特徴で
どのパートも2人が連携を取りながら違う手段で性感帯を責め続け
中盤以降は通常のSEX、レズSEX、アナルSEXを中心に置いて艶めかしい喘ぎ声をガンガン漏らします。
癒しのパワーも強いですからいい気分に浸りながら抜けるでしょう。
赤ちゃんに戻れる大人の楽園
甘園房でゆかりママ(挿し絵左)、しおりママ(挿し絵右)に甘やかしてもらうお話。

「この度は 当店甘園房にご興味を持ってくださり 誠にありがとうございます」
受付嬢ののどかさんは明るくて穏やかな声の女性。
甘園房の利用を検討してる主人公に挨拶すると
お店とサービスの特徴や所属するママたちのことを簡単に説明します。

本作品は2019年から続いてる人気シリーズの第5弾。
大人になっても女性に甘えたい願望を強く持ってる人のために
彼女たちがおよそ180分に渡って6種類のエッチなサービスをします。
登場人物は過去作と一緒ですがストーリーの繋がりは特になく
初来園verと再来園verがあるので新規の人もすんなり入れます(流れは一緒で一部のセリフが違います)。

ちなみに当サイトでは1作目以外すべてレビュー済みです。
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ~ゆかりママとうちで過ごそう~
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ

ゆかりママ「両耳舐め舐め 気持ちいーい? ボクのお耳 柔らかくって はむはむし甲斐があるよ」
最大の特徴は幼児プレイ成分をたっぷり含んだ濃厚な甘やかし。
ゆかりママはママらしいあまあまな声と態度で愛情を込めてお世話します。
彼女は口を使うのを得意としておりキス、耳舐め、フェラといったプレイを好んでやります。
「ばぶばぶ」「ごろーん」などセリフも独特なものが多く、聴けば聴くほど胸のあたりがぽかぽかします。

しおりママ「ぴゅっぴゅはまだだーめ」
それに対してしおりママはちょっぴり意地悪な女性。
射精が近くなった時にわざと禁止してもどかしい気分にさせたり
終盤では彼のアナルをペニバンで責めて射精とは違う快感を与えます。
ゆかりママを激しく責めるシーンもあったりと多少のSっ気が見られます。

ただし、本作品の主役はあくまで幼児プレイですから
一般的なM向け作品に出てくるきつい言葉責めやプレイはあまりありません。
褒めたり甘やかすセリフも普通に言いますし、エッチを盛り上げる触媒として取り入れてます。
ゆかりママとの違いを明確にする意味もあるでしょうね。

本作品の独自要素は2人が同時に責めること。
ゆかりママは左、しおりママは右に陣取って手分けしながら色んなプレイを繰り出します。
過去4作はすべて一対一だったので、それらを聴いてる人は以前よりも内容が濃く感じると思います。
終盤はSEXが中心になってるおかげで彼女たちの喘ぎ声も多めに流れます。

甘園房はあくまで大人赤ちゃんをお世話するためのお店ですから
ガチの幼児プレイみたいに射精シーンを極端に減らすとかはしてません。
甘さとエロさを両立させたサービスをするのでオナニーのオカズとしても普通に役立ちます。
このへんもシリーズがずっと続いてる理由なんじゃないかなと。
気持ちよく甘やかしてくれるエッチ
エッチシーンは6パート123分間。
プレイはキス、フェラ、耳舐め、手コキ、授乳、ガラガラを鳴らす、マットプレイ、乳首舐め、顔面騎乗、アナル舐め、ちんぐり返し、ゆかりママのオナニー、ペニバンSEX/アナルSEX、腹コキ、SEX(正常位)、ママタクシー(駅弁SEX)です。
手コキ、ガラガラ、マットプレイ、ペニバンSEX/アナルSEX、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ゆかりママ「今日はこのお部屋でぇ ママたちとうーんとエッチなお遊戯 一緒に楽しみまちょうねー」
17分ほどかけてお店の説明やプレイルームへの案内をした後
ゆかりママとしおりママは順番に熱いキスをしてから主人公を裸にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の3パート71分間は2人の違いを出しながら甘さ重視のプレイをするシーン。
「02 キス&両耳舐め手コキ(約22分)」はキス、耳舐め、手コキ
「03 おっぱいキスしながらの、おちんちんキス(約19分)」は授乳+フェラ
「04 ローションマットベッドでヌルヌルお遊戯(約30分)」マットプレイで1回ずつ射精します。
ちなみに本作品は全編で音量控えめな癒しの音楽が流れ続けます。

しおりママ「ママたちのキス 気持ちいいかしら? ふふっ そっかそっか」
ゆかりママ「こゆーいしーしーいっぱいできて えらーいでちゅねー」
そして2人は早速溢れんばかりの愛情を注いであまあまな雰囲気を作ります。
ゆかりママは言葉と行為でストレートに甘やかすし
しおりママも一部を除けば優しい態度を取ってやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
手コキは音を鳴らすだけですから、赤ちゃん言葉とちゅぱ音のほうが存在感は大きいです。

03パートは女性が2人いる状況を有効活用してます。
しおりママは彼に膝枕したままおっぱいを好きに吸わせ
ゆかりママはおちんちんの匂いを嗅いだり激しめにしゃぶって射精へ追い込みます。
本物の赤ちゃんにも使うガラガラを鳴らすなど、テーマ性とエロさを両立したプレイに仕上げてます。
しおりママが普通に喘いでくれるおかげで02パートよりもエロく感じました。

しおりママ「ほーら ボクのお顔の上に 跨ってぇ… 生おまんこさんずっしーん」
04パートはソープのマットプレイにかなり近い内容。
マットへ寝ころんだ彼におっぱいを使ってローションを塗りたくり
さらに乳首舐め、ちんぐり返し、顔面騎乗、手コキ、アナル舐めと多彩な責めを行います。

幼児プレイ要素はセリフくらいですから、前の2パートとはやや方向性が違います。
3時間もある作品でずっと同じ路線だとダレる可能性がありますし
甘さとエロさの比重を変えて違いを出したほうが熱中できると思います。
時間が最も長いことも含めて前半で一番抜きやすいパートじゃないかなと。

後半の3パート52分間はSEX中心。
「05 スーパーあまえんぼうタイム(約15分)」は2人のSEXを間に挟まる形で鑑賞し
「06 ハイパーあまえんぼうタイム(約20分)」はゆかりママとのSEXと、しおりママからのアナルSEXを同時に楽しみます。
そして「07 待合室まで抱っこママタクシーで移動(約17分)」は駅弁スタイルでしおりママにハメながら待合室へ連れて行ってもらいます。

しおりママ「あぁこれすっご すっごぉい」
SEXする点はどれも一緒ですけど、内容はそれぞれに違いがあるので単調さはありません。
05パートと06パートは2人の喘ぎ声がガンガン流れてエロい空間を作ります。
スイッチを入れるとペニバンを装着してるしおりママも気持ちよくなれるという設定です。
ピストンも軒並み激しく大人のSEXをしてるように感じました。

前半部分はどちらかと言えば甘やかしのほうが強かったので
ここは実用性をさらに上げてメリハリをつけてます。
主人公がSEXする時は必ず生ハメ&中出しをしますし、心も体も満たしたまま外の世界へ送り出します。

このように、あまあまな要素を多く盛り込んだうえで体もがっつり責めるバランスの取れたエッチが繰り広げられてます。
心も体もとろける作品
満足感や幸福感に浸りながら抜けるノーマル~ややM向けの作品です。

ゆかりママとしおりママは甘園房を訪れた主人公に満足してもらおうと
左右に陣取り密着しながら色んなプレイをして何度も射精させます。
そしてこれらの最中に赤ちゃん言葉や幼児プレイを色々盛り込み甘えたい欲望も満たします。

タイプの異なるお姉さんたちが甘えん坊な男性のママになって親身にお世話するシチュ
赤ちゃん言葉、癒しの音楽、ガラガラなどテーマ性のある素材を色々盛り込んだ独特なエッチ
常に2人で協力しながら後になるほど濃いプレイをする抜きを意識した作り。
シリーズのファンとそうでない人の両方に楽しんでもらえるよう作品を組み立ててます。

中でもエッチは確かに幼児プレイなんだけど
おちんちんもしっかり気持ちよくする割と欲張りな内容になってます。
彼を赤ちゃんではなく大人赤ちゃんと呼んでるのもこれを成立させるためなのでしょう。
総時間が長いおかげで甘さとエロさ両方を高い水準で持たせることができてます。

あと私は過去作を聴いてるので複数人プレイが印象に残りました。
2人の存在感を同じくらいにしたうえでそれぞれに活躍の場を設けてます。
エッチな声や音の密度も上がってて順当に進化してると言えます。

射精シーンは6回。
くちゅ音と喘ぎ声多め、淫語とちゅぱ音それなりです。

以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。

CV:ゆかりママ/のどかさん…陽向葵ゅかさん しおりママ…分倍河原シホさん
総時間 初来園ver…2:53:36 再来園ver…2:53:12

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年10月9日まで20%OFFの1232円で販売されてます。



【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02.本編2 魔法のベビーベッドでエッチなお遊戯を始めまちょうね…♪」の様子を中心に紹介します。
精気を吸われてまっさらな赤ちゃんに
エッチシーンは70分間。
プレイは全身とおちんちんをサキュバスの体に包み込まれる、カウントによる絶頂、乳首責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示を出すことはありません。

「んふふ ようこそ 私が支配する 幻想の世界へ」
長時間の催眠をかけて主人公を別世界に案内した吸精サキュバスは
引き続き左右中央から密着しながら2種類のやり方で彼の精気を吸い取ります。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の44分間は感度上昇やドライ絶頂といった催眠音声ならではのプレイ。
事前に10分くらいかけて催眠状態をさらに深めてから
カウントに合わせて気持ちよくなる暗示をガンガン入れて射精とは違う快感を与えます。

左右「ほら イキたくてイキたくて堪らない イクことしか考えられなくって 気持ちいい感覚に支配されて 考える力が失われていく」
彼女は吸精するために彼をここへ呼んだので
エッチはそれを見据えたアプローチが至るところで出てきます。
おちんちんへ快感が集まるように働きかけながら思考力をさらに奪い
彼女に精気を吸い取られるだけの無防備な存在へと作り変えます。

簡単に言うと本作品のエッチはエナジードレインをします。
しかし彼が苦しんだり死ぬといった暗い描写は一切ありません。
彼女に色んなものを吸い取られて新しい自分に生まれ変わらせる感じで進めます。
赤ちゃん言葉や甘やかす言葉も豊富で雰囲気は終始あまあまでした。

カウントについては10カウントダウンを中央がゆっくり数えながら
左右の彼女が暗示を小まめに入れる堅実な追い込みをかけます。
催眠音声では定番のリードなので多くの人がやりやすく感じるでしょう。
でも1セット数え終えるたびにカウントの総数が増えていくのは個性的です。

左右「ほら イケ イケ 快感が弾けて絶頂する おちんちんが壊れたように 何度も何度も ピクビク痙攣を繰り返し イキ続ける 溶けるような強烈な快感」
0を宣言するたびに絶頂を促す暗示を厚めに入れてくれるおかげで
股間を中心に熱が高まったり筋肉がビクビク痙攣するのを何度も味わえます。
そしてカウントがどんどん増えていくから1セットあたりの内容もよりハードになります。

シーンの終盤まで来ると快感も強烈になりますから
序盤を生ぬるいと思った人もたぶん考えを改めるでしょう。
絶頂回数が多いので、初回は0カウントに合わせてイク感じで聴いたほうが上手くいくと思います。
彼女たちも途中の絶頂は軽めにして0の時だけがっつり追い込みます。
本作品は2回目以降用の音声も用意されており複数回聴くことを想定してます。

続く26分間はセルフからの射精。
利き手の力だけを戻してから長めのカウントを数えて0に合わせて行います。

左右「射精はまだできない だけど 快感が奥で弾けて 上ってきて ビリビリとした痺れが 全身に広がっていく」
最後に射精するだけでなく道中も気持ちよくする工夫がされてて親切丁寧です。
オナニーの指示は開始と射精だけですから自由にしごいていいのでしょう。
純粋なエロ要素はおちんちんを数回言う程度と低く、ここも技術でイかせることを強く意識してます。
催眠特有の心地よさも強く実感できますし、1~2日溜めた状態で聴けばあっさり射精できると思います。

ドライ絶頂させるシーンがかなり催眠色の強い内容ですから
催眠音声の初心者向けにこういうプレイを用意したのかもしれません。
吸精サキュバスに精液を捧げるのも至って自然な流れです。
すべてを終えた後は甘やかしながら安眠させるなど
最後まできちんと面倒を見て幸せな時間を送らせてくれます。

このように、タイトルの「吸精」と「幼児化」を組み合わせた甘く深いエッチが繰り広げられてます。
ひとつひとつが濃厚な作品
母性豊かなサキュバスがゆっくりじっくりダメにしてくれるM向けの穏やかな作品です。

吸精サキュバスは自分に会いに来てくれた主人公を存分に可愛がろうと
まずは60分近くの時間をかけてリラックスや幼児退行を重視した癒しの催眠をかけます。
そしてエッチは3人体制で役割分担しながらドライ→ウェットの順に何度も絶頂させます。

甘やかし上手なサキュバスが甘えん坊なマゾを変わった手段で幼児化するタイトル通りのシチュ
彼女が3人に増えて深化と幼児化をほぼ同時に行うテーマを見据えた催眠
カウントと暗示を組み合わせて純粋な快感と彼女に精気を吸われる喜びを与える個性的なエッチ。
180分近くある利点を活かして各サービスを入念に行い作品の世界にどっぷり浸からせます。

「元に戻りたいって思ってる子を 無理矢理引き留めるなんてことはしないの」
彼女が最初から最後まで親身に接してくれるのもすごく印象的でした。
吸精されに来た彼をいじめるのではなくもてなす姿勢でリードします。
全編を通じて投げかけられる赤ちゃん言葉、聴き手の気持ちを第一に考えた柔らかなセリフとアプローチ
ドライ絶頂に慣れさせながら徐々にハードにしていくエッチなどが良い例です。
吸精と引き換えに人間の女性では味わえない快感を与えますし、すべてがとろけるように甘いです。

あとは3人いる彼女を中央と左右で分けてるのも賢いと思います。
左右と中央が別のことを同時にやるシーンは多いですけど
右と左で個別に動くことはあまりありません(違うセリフを交互に言う程度)。
実質2人で進める形になってて慌ただしさや煩雑さを感じずに聴くことができます。
全方位密着同時責めのリアリティを上げるためにこうしたのでしょう。

注意点をひとつだけ書いておきますと
本作品のエッチでは授乳手コキやお漏らしといった同人音声側でよく見るプレイはやりません。
催眠の技術を駆使して吸精される気持ちよさや幼児化する感覚をリアルに伝えようとします。
深い催眠に入ってるのが前提の内容だから催眠誘導を手厚くやってるのかなと。

絶頂シーンはドライ14回、射精1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは添い寝吐息ループです。

CV:琴音有波さん
総時間 3:19:55(本編…2:58:34 おまけ…21:21) 2回目以降用…2:42:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月3日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、母性が強くておっぱいも大きいあまあまなサキュバスが
甘えん坊でマゾな男性に催眠を交えた濃厚な幼児プレイをします。

催眠の途中から3人に増えて左右中央で連携を取りながらリードしたり
甘やかすセリフと暗示を組み合わせて少しずつ心身をとろかせるなど
女性に甘える幸福感をたっぷり与えながら気持ちよくするテーマ性の強いサービスを行います。

総時間が200分もあるので前編(00と01)、後編(02と99)の2回に分けてお送りします。
3人のサキュバスに包まれて
吸精サキュバスの赤ちゃんになってエッチに甘やかされるお話。

「うふふふふ また1人 可愛らしいオスが 私のもとにやって来た」
吸精サキュバスは上品で穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分のところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はマゾに快楽を与えて精気を吸い取ることを得意としてる彼女が
甘えん坊な彼をおよそ180分に渡るエッチな催眠でとろとろにします。
彼女はサキュバスでは珍しく母性が強いので冷たく振る舞うことはありません。
見た目通りのふわふわな態度で接しながらゆっくりじっくり彼をダメにします。

今回紹介する前編(約72分)はほとんどの時間を催眠に費やして少しずつ深め
次の後編(約107分)でがっつり幼児プレイする余裕を持たせた構成になってます。
ちなみに当サイトでは過去3作のレビューも掲載済みです。
登場人物が一緒なだけでお話はどれも独立してますから今作からでも特に問題ありません。

吸精サキュバスの幼児化調教催眠
吸精サキュバスの幼児化調教催眠2
吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

「そうそう 深呼吸 とってもおじょうじゅでちゅよ」
物語の序盤から赤ちゃん言葉を積極的に盛り込んだり
催眠を通じて無垢で無力な赤ちゃんの気分をリアルに味わわせるなど
シリーズの特徴である幼児化を意識した要素が至るところに見られます。

赤ちゃんになった後も引き続き愛情を注いでくれますから多くの人が幸せな感覚を味わうでしょう。
相手が望むものをガンガン与えて堕落させる展開もサキュバスらしくて良いです。
エッチの後は安眠させますし、癒しながら気持ちよくする方針を取ってます。

催眠が始まってから少し経つと彼女が3人に増えるのもポイント。
左右中央に陣取り連携を取りながら催眠やエッチを進めます。
彼女の声に軽いエフェクトがかかってるからでしょうけど
左右同時に同じセリフを言われた時は脳を軽く揺さぶられる感覚がしました。
人数が多ければ同時にできることも増えるわけで、1人でも十分濃いプレイをさらに濃くする役割を果たします。
赤ちゃんになりきりやすい催眠
「01.本編1 ママたちの世界に連れて行ってあげる…♪(約69分)」は催眠パート。
序盤の10分間は作品のコンセプト、サービスの内容、彼女のことを1人で話し
それから楽な姿勢で目を瞑りまずはゆっくり深呼吸して心身を落ち着けます。

「そうやって 落ち着いた呼吸を続けていると 吐き出される息と一緒に さらに全身の力が抜けて行って 体の表面の感覚も曖昧になってきて 今自分が 現実の世界にいるのか あるいは 夢の世界に入ってきているのか そういった感覚も なんだかぼーっと ふわーっと 曖昧になっていって」
吸う、吐く両方をゆっくりやるように指示しながら
上のような長めの暗示をゆっくり丁寧に入れて癒しの空間を作ります。
この後のシーンも暗示文が全体的に長かったところを見ると
区切りを曖昧にして聴き手の思考力を弱める(考えることを止めさせる)意図があるように思えます。

これだけにおよそ7分もかけてるのも本作品らしいです。
およそ60分ある利点を活かして個々のシーンに十分な時間を割いて無理なく進めます。
使われてる催眠技法もリラックスさせるものを中心に据えてますし
心と体をふにゃふにゃにして何もできない赤ちゃんに自然と近づけます。

本作品の売りである3人体制が出てくるのはその次から。
左右のサキュバスが登場し彼のことを「ボクちゃん」と呼びながら
甘やかす言葉を投げかけたり、とあるキーワードに合わせて脱力や深化の暗示を入れます。

「ちゃーんとママのお声に近づけて 偉いね ママの存在を感じることができて 立派でちゅね」
甘やかすセリフを盛り込んでるのは甘さをさらにパワーアップさせるのと同時に
母性が強い彼女の性格を聴き手に伝えたかったのかもしれません。
本作品の場合、こういう要素を入れても深い催眠状態へ誘導する時間は十分にあります。
3人に増えた直後なのでそれに慣れさせる意味合いもありそうです。

左右「全身の筋肉が緩んで 頭の中や胸の奥が ふーっと空っぽになって ママの言葉がすーっと 体の奥深くまで 全身に行き渡って 心地よく響き渡る」
暗示は主に左右の彼女が同じセリフを同時に言って聴き手の無意識に強く印象づけます。
キーワードは過去作にも出てきた単語ですから視聴済みな人のほうが効果は出るでしょう。
といってもそれはあくまでトリガーに過ぎず、メインはその直後に入れる暗示です。
手厚く入れてくれるおかげで手足を中心にだらーんとする感覚が湧いてきました。
重さよりも動かしたくない感覚のほうが強いです。

仕事などで疲れてる人が聴いたらそのまま寝落ちするかもしれません。
それくらい癒しのパワーが強く、テーマの幼児化に相応しい雰囲気ができてます。

後半の30分間は彼女たちの存在をより鮮明にします。
視線や体の感触といった要素をひとつずつ聴き手に実感させ
さらに軽く体を動かす指示を出してもう赤ちゃんレベルの力しか入らないことを教えます。
そして最後にカウントをゆっくり数えてエッチの舞台となる夢の世界へ案内します。

中央「ママたちの存在を よりはっきりと感じられるようになってくると 今度はあまーい香りが 僕のお顔全体 体全身を包み込んでいることにも 気づくことができるようになってくる」
挿し絵のように左右が手足を、中央がおちんちんを挟み込む体勢になり
視覚(イメージ)、聴覚(音声)、触覚、嗅覚と五感にできるだけ手広く働きかけて臨場感を出します。
これまで脱力を重点的にやってたのはここを上手く乗り切るためでしょう。
淫語が少し出てきますけどプレイと呼べるほどのことはやりません。

最後のカウントも中央が数える役、左右は暗示を入れる役と連携を取って進めます。
たぶんここがなくても十分深いところまで入れると思いますが
保険をかけつつ今の場所とは違うところへ移動する形にしてエッチの準備を整えます。
意識のぼやけが強烈に味わえて、ぬるま湯に浸かってるような心地よさも全身を包み込んでました。

催眠状態を深めるのと同時に幼児退行も進める目的に沿った催眠です。
聴き手を無力で甘えん坊な赤ちゃんに変えることを目的に
深呼吸から入って3人に増えた後のストレートな甘やかし、キーワードと暗示を組み合わせた脱力&深化
再度の深呼吸を挟み吸精サキュバスがそばにいる感覚の増幅、そしてカウントによるさらなる深化と
後になるほど心と体の力が抜けるようにゆっくりじっくり進めます。

赤ちゃん言葉を多めに言うことや、セリフごとの間を長めに取って話しかけるスタイルも相まって
最初から最後まで甘く温かい空間が形成されてていい気分で聴けました。
誘導の時間が長くリラックス重視なおかげで催眠にも入りやすいですし
幼児化に興味があるなら初心者から上級者まで誰でも聴ける内容だと思います。

おまけは添い寝吐息ループです。

後編へ続く…。
【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(後編)

CV:琴音有波さん
総時間 3:19:55(本編…2:58:34 おまけ…21:21) 2回目以降用…2:42:14


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月3日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第69回目は声も態度もあまあまなお姉さんが
甘えん坊な男性のママになって催眠を交えた幸せなサービスをします。

催眠は揺りかごに揺られるイメージを使ったり脱力しながら幼児退行させる
エッチは彼女に体を愛撫されたりおっぱいに吸い付いて幸せイキする、といった具合に
どちらもテーマの幼児退行を活かした堅実で癒されるリードをします。
嫌なことを忘れて赤ちゃんに
お姉さんに催眠をかけられ2種類の絶頂を迎えるお話。

「ようこそ いらっしゃいました」
お姉さんは穏やかで清らかな声の女性。
気持ちよくなるために自分に会いに来た主人公を嬉しそうに迎えると
まずは深呼吸で催眠に入りやすい心と体にします。

本作品は一時的に赤ちゃんになりきって心身をリフレッシュすることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
赤ちゃん言葉を話す、彼女のおっぱいに甘える、目の前で放尿するなど
現実世界の赤ちゃんと接するのに近い姿勢で色んなサービスをしてくれます。

「向こうの世界で あなたを可愛いらしい赤ちゃんに変えてあげます」
そして彼女はこれらをするにあたって催眠を有効活用します。
催眠パートでは揺りかごに揺られるイメージと優しい音を組み合わせて癒しを与え
さらに左右の腕、足、胴体、顔、頭を個別に脱力して無力な状態にします。
エッチシーンも体より心をケアする行為が充実してて本当に甘いです。

サークルさんの中では古い作品にあたるため技術面は割とシンプルですが
テーマの幼児化に合ったセリフの表現やイメージを上手く使ってて完成度は高いです。
射精シーンもあるのでドライ未経験者でも普通に楽しめます。
心と体をしっかり脱力する催眠
催眠は2パート38分間。
ベッドや布団へ仰向けに横になり、まずは5分ほど深呼吸を続けて気持ちを落ち着けます。
そして右腕→左腕→右足→左足の順に脱力して体のほうもリラックスします。
途中で目を閉じる指示が出ますからそれまでは開けたまま聴きます。

「右肩から力が抜けていく 吐く息とともに 力が抜けていく 力がすーっと抜けていく」
深呼吸は吸う時、吐く時両方に短いセリフを挟んで応援し
脱力も言い回しを変えながら「力が抜ける」を多めに言って感覚を伝えます。
これらの合間にお姉さんの声を聞くほど心地よくなる暗示を入れるなど
序盤から癒しのパワーを高めにして彼女に甘えられる空気を作ります。

本作品の脱力は三段構えになってますから後になるほど手足の重さを実感するでしょう。
そしてこれは自力で動けない赤ちゃんの特徴とも合致してます。
脱力の最後にある目を閉じるシーンでは心地いい感覚が全身に広がっていきました。

ある程度リラックスできた後は催眠状態を深めます。
自分が揺りかごに横たわってる様子をイメージし
彼女が鳴らす「カーン」という金属音を聞いて今度は心の力を抜いていきます。
それと同時に体のほうも追加で脱力して赤ちゃんの体に近づけます。

「ふわふわ ふわふわ とっても心地いい ふかふか ふかふか とっても気持ちいい」
揺りかごの心地よさが伝わるよう擬声語を多めに挟みながらリズミカルに語り掛け
音も1回ごとに左右へ揺らして意識を上手に揺さぶります。
赤ちゃんになるメリットを教えて前向きな気持ちにさせたりと
幼児退行の要所をしっかり押さえた堅実なリードがされてます。

2番目の「02深化」はさらに脱力して赤ちゃん気分に浸るパート。
左右の腕と足、胴体 お尻、お腹、顔などをカウントを交えて個別に脱力し
最後にそれよりも長めのカウントを数えて深い催眠状態に落とします。

「右肩から 指の先まで 力が抜けていく 右腕全体の筋肉が どんどんなくなっていき 右腕の骨格や皮膚が やわらかーくなっていく」
ここでの脱力は幼児退行を強く意識したものです。
「力が抜ける」と暗示を入れながら体が柔らかくなったことも伝えます。
赤ちゃんの体はぷにぷにしてますからそれをイメージするわけです。
このへんまで来ると脱力感はもちろん、意識のぼやけも結構強くなってて頭の中がぽわぽわします。

幼児化に向けて一直線に進む質の高い催眠です。
聴き手の心と体を赤ちゃんへ戻すことを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、揺りかごのイメージを交えた音響法、軽い沈黙法
そして追加で脱力しながらの幼児退行と古典催眠の技法を作品に合わせてアレンジしてます。

リラックスできる技法が充実してるので聴けば聴くほど癒されますし
穏やかな声でゆっくりのんびり語りかけるお姉さんもそれに貢献してます。
この内容なら催眠音声初心者でも入りやすいんじゃないかなと。
脱力重視の誘導は自分が催眠に入ってることを認識しやすいです。
甘さ満点のエッチ
エッチシーンは3パート28分間。
プレイは体の愛撫、おっぱいに顔を埋める、授乳、オナニー、放尿です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「じゃあまずは ママに可愛がってもらうために 可愛らしく幼児言葉で 自己紹介してみましょうか」
催眠を使って主人公を立派な赤ちゃんにしたお姉さんは
エッチを始める前に自己紹介として自分が言うことを復唱してもらいます。

エッチはママ役の彼女が終始リードします。
一番最初の「03ドライ(約15分)」は幸せイキを目指すメインパート。
自己紹介の後で彼女に頭や体を撫でてもらい、それからおっぱいに吸い付いてたっぷり甘えます。

「なでなで なーでなで お顔がふにゃーっとしちゃってまちゅよ とっても可愛いでちゅね」
そしてここからは彼女が今まで以上にママらしく振る舞います。
多くのシーンで赤ちゃん言葉をしゃべるようになり
サービスも体を密着させて愛情を注ぐあまあまなものばかりです。

体を撫でたりおっぱいを吸うのに合わせて暗示を入れることがあるものの
男女がする一般的なプレイはまったくやりません。
女性に甘えて温もりを感じるシチュを通じてイかせます。
あまりエロくないですけど、催眠に深く入ってればそれなりに気持ちよくなれます。

続く2パート13分間はオプション扱い。
「04追加セルフ(約10分)」は授乳+オナニーで射精を目指し
「05おもらし(約3分)」は彼女におしっこする姿を見てもらって恥ずかしい気分を味わいます。

「ボクちゃんのおててに ママが手を添えて おちんちん擦るの手伝ってあげる」
04パートも赤ちゃんらしさを出す工夫がされてます。
彼が自分の力でおちんちんをしごくのではなく
彼女に手を添えてもらい協力してオナニーする形にしてます。

オナニー自体は開始と射精のタイミングを指示する以外ほぼ自由の緩い内容です。
時間が8分くらいしかないので事前に2日程度溜めておいたほうが抜きやすいと思います。
もうひとつの05パートは彼女が「しーしー」と言ってる間に放尿します。

このように、赤ちゃんになりきらせながら気持ちよくする甘さの強いエッチが繰り広げられてます。
安定感のある幼児退行作品
催眠をきっちりこなしたうえでテーマ性も出してるノーマル~ややM向け作品です。

お姉さんは大人になってなかなか甘えられない主人公の願いを叶えようと
まずは催眠を通じて入念に脱力しながら赤ちゃんになりきれるアプローチをかけます。
そしてエッチは赤ちゃん言葉や授乳を前面に押し出して2種類の絶頂に導きます。

優しくて甘やかし上手なお姉さんが甘えん坊な男性をエッチにお世話するシチュ
手足の力をしっかり弱めてから揺りかごのイメージで幼児化させるタイトルに沿った催眠
体への刺激を弱めにする代わり心をたっぷり温める幸せなエッチ。
赤ちゃんが母親と仲良くする感覚を疑似体験できるように作品を組み立ててます。

中でも催眠はサークルさんが活動を始めたばかりのものとは思えないほどレベルが高いです。
技術の選択や行使がしっかりしてるし、最中に使うイメージも幼児化に合ってます。
そして彼女のセリフを全体的に柔らかくしてママらしさを出してます。

催眠音声は催眠に入れてなんぼですから、そこの質が高いほうが作品全体に安定感が生まれます。
エッチも幼児化を引き継いでますし癒されながら気持ちよくなれました。
最後のお漏らしパートは実際にするので幼児プレイ上級者向けですね。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:琴音有波さん
総時間 1:21:44

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
81分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年2月4日まで50%OFFの385円で販売されてます。



大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ ~ご主人様ママがいい子に躾けてあげる~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「05_スーパーあまえんぼうタイム ローションヌルヌル逆アナルセックス」以降の様子を中心に紹介します。
ふたつのSEXでもっと仲良しに
後編のエッチシーンは3パート74分間。
プレイはペニバンアナルSEX、キス、乳首責め、SEX(正常位)、ガラガラを鳴らす、おっぱいタクシー、耳舐め、お掃除フェラです。
アナルSEX、SEX、ガラガラの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「スーパーあまえんぼうタイムっていうのは バブちゃんはもちろん ママ先生たちも 先生という立場を忘れて 全力で甘えんぼエッチをしていい 特別な時間なんでちゅよ」
休憩中にスーパーあまえんぼうタイムのアナウンスが入ったのでその内容を教えると
しおりママは先ほどのエッチですっかりほぐれたアナルにペニスバンドを挿入します。

エッチは前編に引き続き彼女がリードします。
最初の「05_スーパーあまえんぼうタイム ローションヌルヌル逆アナルセックス(約28分)」は
04パートでやったことの成果を確認するプレイ。
彼の体勢を仰向けに変えてペニスバンドを装着し、ゆっくり挿入してから後になるほど激しく突きます。

後編に入っても彼女の穏やかなキャラはまったく変わりません。
彼が痛みを感じないよう柔らかい素材のペニバンを用意し
挿入した後も10分くらい動かさないで会話とキスを楽しみます。
アナルSEXをしてるとは思えないほど雰囲気が穏やかでした。

「あっ あぁぁ アクメ来てるぅ おぉっ おぉぉぉ」
しかしピストンが始まるとエッチな空気へガラリと変わります。
「ぱしゅん」という湿り気を帯びた音をリズミカルに鳴らしながら
彼女も熱い吐息やオホ声交じりの喘ぎ声を漏らして気持ちいいことをアピールします。

このペニバンは彼女のおまんこも気持ちよくする機能がついてるらしく
責めることで2人が一緒に快感を得ることができます。
スーパーあまえんぼうタイムはママ先生も楽しんでいい時間だからこうしたのでしょう。
物語も山場を迎えてますし、前編よりもエロさと激しさを上げて抜きやすくしてます。

アナルSEX以外はほぼ全部甘い要素で揃えられてますから
余程苦手な人でもない限り普通に楽しめると思います。
アナルをおまんこに例えて女の子になった気分にさせるなど
引き続き心身両面をバランスよく責める気配りの行き届いたサービスが味わえます。

続く「06_ハイパーあまえんぼうタイム ガラガラ鳴らしながらのラブラブ求愛セックステスト(約29分)」は
ご褒美と試練両方の意味を持つ最も熱いパート。
これまで色んな手段で調教してきた彼がどれくらい成長したかを見るために
初めて彼に責め手を譲り正常位SEXで繋がります。

「ボクちゃんかっこいいぃ だいしゅきぃ」
アナルSEXの時と同じく挿入後はしばらく動かさないでキスを続け
それから比較的ゆっくりペースで責める今まで以上に甘さの強い内容です。
そして途中からは一気に責めを激しくしてギャップをつけます。
喘ぎ声を漏らしながら彼をべた褒めし、最後はきっちり中出しで決める充実したプレイに仕上がってます。

これまでアブノーマルな要素を織り交ぜて進めてたからこそ
こういう王道の展開に余計安心感を覚えます。
調教がテーマと言ってもここはあくまで幼児プレイ専門店ですから
最後はたっぷり甘やかして気分よく送り出してくれます。

また次の「07_待合室まで抱っこママタクシーで移動(約17分)」では
プレイを終えて待合室まで移動する様子に軽めのエッチを織り交ぜてます。
物語の序盤に待合室からお遊戯部屋へ移動するパートもあったところを見ると
サークルさんがエッチからやや外れた部分も大事にされてるのが伝わってきます。

このパートの場合は視聴後の後味や余韻にも影響しますから
エッチしたらはいおしまいではなく、彼女との別れを惜しむやり取りがあるのは良い演出と言えます。

このように、2種類のSEXを中心に据えた深くてやや激しいエッチが繰り広げられてます。
捻りを加えた幼児プレイ作品
幼児プレイではなかなか見かけないプレイを敢えて盛り込んでる意欲作です。

しおりママは数多くいるママの中から自分を指名してくれた主人公を満足させようと
サービス中は彼のママになりきって赤ちゃん言葉を話しながらたっぷり甘やかします。
そしてその中にスパンキングやアナル責めを含めた優しい調教もします。

穏やかで多少のSっ気もあるお姉さんが独特な幼児プレイをするややM~M向けのシチュ
赤ちゃん言葉、オルゴールBGM、ハグや授乳など甘い要素を沢山含んだエッチ
それとは属性の違うプレイもいくつか入れてゆっくり丁寧に調教する彼に合わせたリード。
幼児プレイ色を出しながら新しい要素を加えてシリーズに変化を与えてます。

中でも3番目はプレイ自体は割とアブノーマルなんですけど
そのやり方を非常に優しくして上手くバランスを取ってます。
「彼女とSEXしても大丈夫なおちんちんに鍛える」という明確な目標も掲げられてますし
全体を見た時にひとつのサービスとしてまとまってると思います。
アナル責めに2パート割いてるのはSEXにおける女性の気持ちを知るためです。

エッチはどのパートも1回の射精に向けてゆっくりのんびり進めます。
赤ちゃん言葉が売りの作品なので会話量を多めにしてました。
スパンキングやアナル責めも個性的ですけど、やっぱり私は終盤のSEXが一番好きです。
そこに至るまで色んなものを積み上げてきたから繋がった時に強い充足感が得られました。
まったり責めますけど時間が十分取られてるので問題なく抜けます。

後編の絶頂シーンは3回。
くちゅ音(ガラガラ含む)多め、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声それなりです。

風変わりな幼児プレイ作品を聴いてみたい人には特におすすめします。

CV:しおりママ…分倍河原シホさん のどかさん、ゆかりママ…陽向葵ゅかさん
総時間 3:49:03

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月31日まで10%OFFの1188円で販売されてます。
過去作も「大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2」が
11月1日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と態度は穏やかだけど性格は割とSなお姉さんが
Mで甘えん坊なお客をアブノーマルなエッチでもてなします。

幼児プレイと調教を融合させてるのが最大の特徴で
赤ちゃん言葉をたっぷり言って甘い雰囲気を作りながら
スパンキングやアナル責めといったM向けのプレイをして幸せな射精に導きます。

総時間が229分もあるので前編(00~04)、後編(05~08)の2回に分けてお送りします。
Mな赤ちゃんにする刺激的なサービス
甘園房でしおりママが甘やかしながら調教するお話。

「はぁーい はじめまして しおりママよ ふふっ」
しおりママは上品で穏やかな声のお姉さん。
受付に案内されて待合室にやって来た主人公を和やかに迎えると
恋人繋ぎでお遊戯部屋まで案内し、その途中で軽く雑談します。

本作品は甘えん坊な大人たちを専門に相手してるエッチな保育園で
そこに所属する彼女が男性客を長時間に渡って存分にもてなします。
今回紹介する前編部分(約130分)は雰囲気作りも見据えた比較的マイルドなプレイ
次の後編(約100分)はよりハードなプレイと後になるほど濃いサービスを提供します。

シリーズの4作目にあたりますが内容は独立してますので今作からでも大丈夫です。
過去3作からメインヒロインが交代してる関係でエッチの内容も随分変わってます。

そう言える一番の理由は彼女のキャラ。
他の店員とは違いMなお客を調教することを得意としてるので
彼にもママらしく振る舞いならアブノーマルなプレイをして
自分好みの立派なおちんちんを持つ赤ちゃんに育てようとします。

「私みたいな マゾマゾしつけプレイ中心のママ先生を 最初に選んじゃうなんて ボクちゃんは 生まれながらのマゾマゾ星人さん なんでちゅね」
ただし、甘園房が元々持ってる魅力はまったく損なわれてません。
物語の序盤から赤ちゃん言葉で話しかけ、体を責める時も決して無理せず丁寧に進めます。
彼が緊張してることに気づいたら大きなおっぱいで抱きしめるし
射精を終えた後は優しい言葉をかけて彼の頑張りに応える甘やかし成分の強いリードです。

彼がMだから性癖に合わせて多少意地悪してるだけです。
お尻のスパンキング、ガラガラ棒、おしゃぶり型のエネマグラを使った責めなど
幼児プレイらしさを感じる要素が色んなところに用意されてます。
全編でオルゴールBGMが流れるのも相まって癒しの感覚も結構得られます。

あとは全体的に責めるペースを緩めたり力を弱めて優しさを表現します。
M向けのプレイを普通にやったらその手の風俗店との違いを出せませんから
ママが愛情表現の一環で調教してる雰囲気を出すためにゆっくりじっくり責め続けます。
そしてパートごとの時間を長めに取ってちゃんと抜けるように仕上げてます。

エッチを始める前に22分くらいの前置きを挟んでたりと
聴き手が甘園房にいる雰囲気に浸りやすくするための演出に力を入れてます。
幼児プレイと調教、一見すると相反する属性のジャンルを上手く融合させてる幸せいっぱいな作品です。
親睦を深めながら気持ちよくするエッチ
前編のエッチシーンは3パート95分間。
プレイはハグ、キス、手コキ、スパンキング、授乳、オナホコキ、ガラガラを鳴らす、アナル責め、耳舐めです。
手コキ、スパンキング、オナホコキ、ガラガラ、アナル責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「まずはこうやって ママと向かい合って…むぎゅーって 優しくハグ しまちょう?」
お遊戯部屋に到着し主人公の手荷物をクローゼットへしまうと
しおりママは彼が緊張気味なことに気づき、まずはおっぱいで抱きしめて安心させます。

エッチはママ役の彼女が終始リードします。
一番最初の「02 おっぱいにお顔を埋めて、お尻ペンペンされながらお手手マンコでピストン練習(約47分)」は
2人がお客と店員から赤ちゃんとママの関係になることを意識した甘いパート。
ハグ、キス、赤ちゃん言葉で彼女に甘えやすい状況を作ってから
彼が彼女の手に腰を打ちつける疑似SEXっぽい手コキをします。

「はぁーい もう一度お尻を ふわーっ ふふっ 腰フワ体操おじょうじゅでちゅね」
おっぱいに顔を埋めたまま何度も深呼吸したり
上→下の順にゆっくり服を脱がせてからご褒美のキスをするなど
彼女はママらしく穏やかに振る舞いながら赤ちゃん言葉をガンガン投げかけます。

幼児プレイ専門店なだけあって心の繋がりを大事にしてました。
会話を多めにしながらエッチを進めるので調教がテーマでも雰囲気はとても穏やかです。
赤ちゃん言葉特有の柔らかな言い回しもそれに大きく役立ってます。

しかしパートの中盤以降は調教らしさが出始めます。
「あまあまおちんちんトレーニング」と銘打って彼にSEXの練習をさせ
彼女はそれを受け止めながらお尻を優しくペンペンしてMな彼を満足させます。

「先っぽから根元まで おちんちん全体に 快感がゾクゾクって駆け巡る」
「ペシッ」という乾いた音が最初は単発、少し経つと連続で鳴り響き
さらに催眠暗示っぽいセリフも投入して彼女に叩かれる気持ちよさを伝えます。
効果音の鳴る頻度は多いですけど優しく叩いてるように聞こえました。
ホワイトピンクさんは催眠音声も制作されてますからこういうアプローチをするのも頷けます。

終盤の射精シーンはカウントに合わせて行います。
1カウントごとにスパンキングと言葉責めで追い込み
射精時はぴゅっぴゅのセリフを言ってから彼を褒めて穏やかな余韻に浸らせます。
50分近くも時間を取ってるおかげでここだけでも色んな魅力が詰まってました。

続く2パート48分間はよりディープなプレイ。
「03_膝枕授乳オナホコキでおちんちんトレーニング(約19分)」は授乳オナホコキ
「04_ローションマットでおしゃぶり型エネマグラでアナルほぐし調教(約29分)」は4種類の複合責めで1回ずつ射精させます。

「ガラガラの音が鳴っている間は ママのことしか考えられなくなっちゃう ママの言うことは完全服従の 屈服甘えんぼ状態になっちゃう」
03は幼児プレイでは定番のシチュを多少アレンジしてます。
今回する調教の目的が「彼女と立派にSEXできるおちんちんを鍛える」ことのため
手コキではなく偽物のおまんこを使用し、中盤以降はガラガラを鳴らして心をとろかせます。
「きゅぷっ」という弾力のある水音もなかなかリアルでした。
他よりも時間が短めなのでおちんちんを早い段階から責めて抜きやすくしてます。

それに対して04パートは調教色が一気に上がります。
彼をローションマットにうつ伏せで寝かせてからアナルを指でゆっくりほぐし
それから指→エネマグラの順に挿入して少しずつ開発していきます。
またパート終盤はアナル責め、スパンキング、手コキ、耳舐めを同時にこなして追い込みます。

アナル責め単体だと癖が強いし幼児プレイ色が薄れてしまうので
赤ちゃん言葉を含めた他の要素でそれをカバーするように仕上げてました。
アナルをおまんこに見立ててM心をくすぐったりと、彼の性癖に合わせて上手に優しく責めてます。

前編をまとめると、雰囲気作りをしたり心の距離を少しずつ縮めながら
パートによって幼児プレイと調教のバランスを変えて両方楽しめるようにしてます。

割と欲張りな内容ですけど時間がたっぷりあるので中途半端な印象はありません。
赤ちゃん言葉やオルゴールBGMによって穏やかな空気を作ってから
アブノーマルなプレイに移行する堅実なリードが光ります。

前編の射精シーンは3回。
くちゅ音(スパンキング含む)多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

後編へ続く…。
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 しおりママ ~ご主人様ママがいい子に躾けてあげる~(後編)

CV:しおりママ…分倍河原シホさん のどかさん、ゆかりママ…陽向葵ゅかさん
総時間 3:49:03


体験版はこちらにあります

追記
2020年10月31日まで10%OFFの1188円で販売されてます。
過去作も「大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2」が
11月1日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、甘えん坊な大人だけが入れるエッチな保育園で
そこに所属するママ先生が密着しながら癒したり気持ちよくします。

幼児プレイならではの要素を多く盛り込んだバランスの良いサービスが行われており
ぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、赤ちゃん言葉で話しかけるなどでまず心を穏やかにし
それからキスや耳舐めを小まめに挟みながらのSEXで満たされた射精に導きます。
118分で110円とコスパが驚異的に良いのも魅力です。
大変な時こそママにたっぷり甘えよう
甘園房の店員ゆかりママに甘やかされるお話。

「いらっしゃいませ 大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房へようこそ」
ゆかりママは明るくて穏やかな声のお姉さん。
来店した主人公に挨拶し、早速彼を赤ちゃんに見立てて話しかけると
自粛ムードが広がってるからこそ、ここではたっぷり甘えてほしいと言います。

本作品は大人になってもまだまだ甘えたい男性の欲望を満たすことを目的に
彼女が一時的にママとなり、80分近くに渡って甘さ満点なサービスをします。
非エロ38分、エロ37分と両者の配分をほぼ同じにし
いずれも幼児プレイらしさを感じるセリフや行為を積極的にやって心身をたっぷり温めます。
シリーズの3作目にあたりますがお話の繋がりはないので今作からでも大丈夫です。

「ここには ママとボクちゃん2人しかいないから 好きなだけ密着して ラブラブバブバブしていいからねー」
自分をママ、彼をボクちゃんと呼びながら赤ちゃん言葉を交えて穏やかに語り掛け
さらにハグ、頭を撫でる、口移しで飲み物を飲ませるなど
母親の愛情を感じる行為をいくつもやるテーマ性の強い内容です。
また全編で癒し系の音楽が控えめな音量で流れ続けます。

世間で現在発生してる騒動による不安を改善することも見据えてるので
それに触れたうえで優しい言葉をかけるシーンも少しだけあります。
サービス自体は正統派の幼児プレイですから季節や情勢を問わずに楽しめるでしょう。
現実世界で誰かに甘えられないからこそ、彼女がそれを存分に埋めてくれます。

エッチについては彼女が口を使った責めを得意としてることを踏まえて
キスや耳舐めを多めに行い、それとSEXを組み合わせてエロさのパワーと密度を上げてます。
彼女が一方的にお世話するのとは違うおかげで感じたり乱れる描写も入っており
身も心もひとつになる一体感と安心感を抱きながら射精できます。

時間に対してやることの種類を減らし、それぞれを濃いめにやる比較的スローなSEXです。
1回の射精に向けてゆっくりじっくり盛り上げてくれますから
心のケアをしてくれるのも相まって普段より気持ちよく感じるでしょう。
そして事後は繋がったまま眠りにつく至れり尽くせりな展開です。

序盤の14分間は雰囲気作りに力を入れてるシーン。
ゆかりママと一緒のベッドで横になり、抱き合ったり頭を撫でて甘えやすい状況を作ります。

「いつも頑張れて とってもえらいねー ボクちゃんは とってもお利口さんな えらい子バブちゃん」
「今日は ママの内側で ママに包まれた状態で 一緒に過ごしまちょうね」

彼のことを「えらい」「お利口」と手放しに褒め
さらに今回するサービスの方向性をわかりやすく教えるなど
彼女の魅力を出しつつ純粋に癒して現実世界と心を切り離せるようにします。

緊張や不安を感じながら幼児プレイされてもスッキリしにくいですし
こうやって作品の世界に引き込むシーンを挟むのは効果的だと思います。
声、言葉、態度のすべてがとろけるように甘く自然と甘えたくなる母性が漂ってます。
全身でお世話するエッチ
エッチシーンは37分間。
プレイはハグ、キス、SEX(騎乗位)、おっぱい掛け布団、耳舐めです。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「このまま抱きしめ合ったまま ママとキスしまちょう?」
軽めのスキンシップで主人公とすっかり仲良くなったゆかりママは
抱きしめたままキスを繰り返しておちんちんも元気にします。

エッチはママ役の彼女が終始リードします。
最初の16分間はより気持ちよくなるための準備をするシーン。
キスから入って騎乗位で繋がり、そのまま敢えて動かずお互いの性器を馴染ませます。

「さぁ おちんちんくんも ママの内側 おまんこの中に お帰りちゅっぽんしまちょうね」
やってることは男女がする普通のエッチに近いですけど
セリフの表現が独特で幼児プレイ色が強いです。
SEXを彼女の中に帰る行為に位置付け、快感だけでなく幸福感や充足感も与えることを目指します。

騎乗位で挿入した後、彼女が彼に覆いかぶさるのも良いですね(おっぱい掛け布団)。
口、おまんこ、胴体と幅広い範囲で密着して温もりと愛情を伝えます。
ひとつひとつの要素を組み合わせて甘やかしに繋げるのがすごく面白いなと。
挿入後は彼女の吐息が熱っぽくなりますし、一緒にエッチしてる雰囲気がリアルに出来上がってます。

ピストンが始まるのはその後から。
「ぱんっ」という弾力のある音をゆっくりリズミカルに鳴らし
さらにキス、耳舐め、赤ちゃん言葉、喘ぎ声も投入して充実した射精に導きます。

「体を密着させたまま お尻だけをゆっくり持ち上げて…んんっ」
プレイの様子を適度に実況しながら気持ちよさそうな声を漏らし
後になるほどすべての責め方をパワフルにする流れるようなリードです。
耳舐めはキスとの違いがわかりやすくなるよう水分をやや上げてました。
責め方は割と緩いですけど音の密度が高いので十分なエロさを持ってます。

彼女が普通に乱れてくれるのも印象的でした。
本作品はお客が大人なことを認めたうえで甘やかしますから
女性を気持ちよくしたい、イかせたいという男の欲望を満たすのも効果的です。
精液もおまんこでしっかり受け止めてくれますし、実用性にもちゃんと配慮してあります。

このように、女性に甘える心地よさを味わわせながら射精させるあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
癒されながら抜ける作品
癒し、エロどちらにも役立つ総合力の高い作品です。

ゆかりママは自粛ムードが漂ってる中わざわざ甘園房に来てくれた主人公を幸せにしようと
ママらしく穏やかな声と態度で話しかけながらぎゅっと抱きしめてまずは安心させます。
そしておちんちんが勃起した後はSEXを中心に据えた甘いエッチでスッキリさせます。

大きなおっぱいを持つ母性の強いお姉さんが男性のママになる癒し系のシチュ
言葉と行為の両方で彼をとことん甘やかす充実した幼児プレイ
授乳手コキは敢えてやらず、キスや耳舐めを織り交ぜたSEXで一緒の絶頂を目指す心のケアも見据えたエッチ。
過去2作の良い部分をしっかり受け継いだうえで丁度いいボリュームと内容にまとめてます。

中でも2番目は「~でちゅ」など定番の赤ちゃん言葉をベタベタに言うのではなく
「ないない」「おちんちんさん」といった別の表現も入れて自然なセリフに仕上げてます。
彼女はこの道のプロですから、こういう言い回しのほうがキャラに合ってると思います。
ほぼ全編で抱き合うおかげで声の位置もかなり近いです。

エッチは癒しのパワーが十分あるのにエロい練りに練られたものです。
プレイをほぼSEXだけにしてそれを重厚に描いてるのが影響してます。
シーンの終盤は割と激しくなりますしサクッと抜けるのではないかなと。
事後に24分程度の安眠するシーンも用意されてて本当に手厚いです。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけは安眠音声verです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:58:30(本編…1:19:35 おまけ…38:55)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパが良いので+1してあります。



大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2 ~ママがお口でメロメロにしてあげる~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「05 スーパーあまえんぼうタイム ローション騎乗位セックス」以降の様子を中心に紹介します。
お互いに甘え合う幸せ
後編のエッチシーンは3パート63分間。
プレイは乳首舐め、フェラ、SEX(騎乗位、正常位)、抱っこタクシーです。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「やった スーパーあまえんぼうタイムだ」
休憩したあと次のプレイを始めようとしてたゆかりママは
スーパーあまえんぼうタイム開始のアナウンスが流れたので主人公にそれが何か説明します。

エッチは引き続きママ役の彼女がリードします。
最初の2パート52分間は前編以上に濃厚なプレイをするシーン。
「05 スーパーあまえんぼうタイム」は騎乗位
「06 ハイパーあまえんぼうタイム」は正常位でスローなSEXを楽しみます。

「簡単に言うと ママたちが 本気を出してもいいってこと ママがボクのこと 本気で求めてもいいってこと」
スーパーあまえんぼうタイムは彼女たちが好きにエッチできる時間のこと。
赤ちゃん役のお客にお世話するのを最優先する普段とは違い
この間だけはママたちも存分に気持ちよくなることを許されます。

ゆかりママの場合は04パートで媚薬効果のあるローションを体に塗りたくってますし
それを解消する機会ができて嬉しそうな表情を見せます。

しかしエッチの内容は引き続き甘やかし成分が強いものばかり。
05パートは残ったローションを全部使ってお互いぬるぬるの状態にし
それから乳首舐め→フェラ→キスを交えたSEXと少しずつ前進して射精感を高めます。
SEXがメインですけど彼女らしさを出すためにちゅぱ音をよく鳴らしてました。

「すぐにとろけ顔になっちゃうボクちゃん 可愛いね」
「中に どくどくってきたぁ あぁ ボクちゃん ボクちゃぁん」

そして最中のセリフもプレイの甘さをより引き立ててくれます。
自分の責めでメロメロになってる彼を「可愛い」と褒め称え
最初は彼女が、しばらくすると彼にもピストンしてもらう形で幸せな射精に導きます。
中出しされた時の彼女の表情もすごく幸せそうでした。

幼児プレイは女性が男性にご奉仕するのが基本スタイルですけど
後編シーンではお互いがお互いを求め合うほぼ対等な立場に変化します。
彼が彼女に甘え、彼女も彼に甘えるので強い一体感が味わえます。
SEX自体が男女で体をひとつにする行為ですからこの方針とマッチしてます。

「うんうん その調子その調子 かっこいいよ」
06パートはその部分が最も強いパート。
主導権を敢えて彼に委ね、彼女は受けに回って乱れながら優しい言葉をかけます。
とある言葉を言うたびにピストンするルールを設定し
それを連呼しながらたっぷりキスもするあたりに甘さと濃さを感じました。

これだけたっぷり甘やかされたらその恩を返したいと思うのが人情ですし
その機会を最後に設けて今回のサービスを上手に締めくくってます。
05は28分、06は24分と時間が十分あって実用性も高いです。

最後の「07 待合室までゆかりママの抱っこタクシーで移動」は非常に変わったプレイ(約11分)。
SEXを終えた2人が裸で繋がったまま待合室まで移動し
到着後はお掃除フェラをして現実世界へ戻る準備を整えます。

「今日は ボクちゃんにいっぱい甘えんぼしてもらえて ママ すっごく嬉しかったよ」
射精シーンはないのでエッチの中ではソフトな部類に属しますが
絶頂後の余韻を楽しむ重要な役割を果たします。
1分1秒でも長く一緒にいたい彼女の気持ちがわかりやすく表現されてました。
「エッチしてはいおしまい」だと聴き終えた後の甘さが弱くなりますし
サービスに臨場感を持たせる意味でも良い配慮だと思います。

このように、母性の強い女性がたっぷり甘やかしてくれるイチャラブ系のエッチが繰り広げられてます。
癒しとエロのバランスが取れてる作品
女性に甘える心地よさと純粋な気持ちよさを同時に味わえる作品です。

ゆかりママは甘えん坊な主人公に幸せな時間を提供しようと
彼のママになりきって優しい言葉をかけながらエッチなお世話をします。
そして自分が得意とする口を使ったプレイで気持ちよくしたり
後半はSEXを長めにやって心身両面をぽかぽかにします。

甘やかし上手なお姉さんがママになって色んなサービスをする癒し系のシチュ
キスやフェラを多めに交えながらパートごとに違うプレイをする充実したエッチ
初対面の彼をとことん甘やかし、そのたびに幸せそうな表情をする彼女の温かいキャラ。
作品を構成する各要素を甘いもので揃えて統一感を出してます。

「ママは ボクともっともーっと愛し合って ふかーくまで繋がりたいなぁ」
中でも彼女は彼へ尽くすだけでなく、彼を適度に求めて一緒にいる雰囲気を作ります。
セリフの表現も幼児プレイらしさを出しつつくどさを感じないあたりに調整されてて見事です。
プレイの構成は割と風俗を意識してますけど、彼女のおかげで甘園房にぴったりな内容になってます。

あとは全編を通じて音楽を流すとか
責めるペースをゆっくりにして無理なく射精へ持っていく流れなど
聴き手に安らぎを与えながら気持ちよくする工夫が色々されてます。

射精シーンがあるパートはどれもエロさが高いので
1~2パート単位で分けて聴いたほうが楽しみやすいと思います。
物語の序盤でしおりママという別のキャラが出てきたところを見ると
おそらく次回作は彼女がお世話を担当するのでしょう。
M向けのサービスを得意としてるので、ゆかりママとは随分違う内容になりそうで楽しみです。

後編の射精シーンは2回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

甘やかされながら抜きたい人には特におすすめします。

CV:ゆかりママ、のどかさん…陽向葵ゅかさん しおりママ…分倍河原シホさん(01パートのみ登場)
総時間 3:23:27

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「ホワイトピンク」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大人だけが入れるエッチな保育園を舞台に
そこの先生が男性のママになって気持ちよく甘やかします。

全編で癒しの音楽を流しながらママ先生が赤ちゃん言葉で語りかけたり
授乳手コキやローションプレイで心身をバランスよく盛り上げるなど
女性に優しくお世話される幸福感を味わわせながらゆっくり射精に導きます。

総時間が200分以上もあるため前編(00~04)、後編(05~08)の2回に分けてお送りします。
赤ちゃんに戻って幸せなひと時を
甘園房の店員ゆかりママがたっぷりご奉仕するお話。

「この度は 当店甘園房にご興味を持ってくださり 誠にありがとうございます」
受付嬢ののどかさんは穏やかな声のお姉さん。
甘園房を初めて利用する人向けにお店の案内をすると
来店した主人公を快く迎え、今回担当するママ先生の確認をします。

本作品は仕事や生活を頑張ってる男性たちを心の芯から癒そうと
ゆかりママが長時間に渡って合計6つのエッチなサービスをします。
このお店は店員がママ、客がその赤ちゃんになって甘やかすことを売りにしており
最初から最後までとことん尽くして幸福感で満たしながら射精させます。

ゆかり「今日は 難しいことは全部忘れて ボクちゃんの思うがままにめいっぱい 甘えんぼしてくれていいからね」
初めて会ったばかりの彼を「ボクちゃん」と呼び
赤ちゃん言葉を多めに交えて甘えやすい雰囲気を作ります。
そしてエッチは彼女が得意とする要素を積極的に使って1回ずつ丁寧に気持ちよくします。
全編で癒しのBGMが流れるのも相まって聴けば聴くほど心がぽかぽかします。

幼児プレイがテーマの作品だとおむつを穿くとかハイハイするといった
本物の赤ちゃんになりきることを目指したものもあるのですが
本作品は赤ちゃん要素を盛り込んだうえできっちり抜けるように作られてます。

全体的に責めるペースは緩めですけどソフトに感じることはありません。
授乳手コキ、69、ローションプレイをしながらの手コキなど
複数のプレイを組み合わせることで上手くカバーしてます。
パートごとの時間が長く射精も1回ずつなので無理なくオナニーできるでしょう。
精神的に満たされながら射精できるから強めの快感が得られます。

「ママがフェラしてあげるとぉ バブちゃんはみーんな ママのお口の虜になっちゃうの」
エッチについては口を使って責めるプレイに力を入れてます。
彼女はキスやフェラといったプレイを得意としてるらしく
序盤から唇を力強く吸い上げたり、おちんちんをリズミカルにピストンしてそれを示します。

責め方や責める部位に応じてちゅぱ音の位置と質感が切り替わるためリアルに感じました。
しゃぶりながら話すシーンが多いのでちゅぱ音だけを楽しむのはちょっと難しいですけど
本作品は赤ちゃん言葉も重要ですし、それとのバランスを優先したのだと思います。

母性の強いお姉さんがママになりきってお世話するシチュとちゅぱ音を主軸に据えたエッチ。
幼児プレイの要所を押さえつつエロさにも配慮したノーマル~ややM向けの作品です。
とろけるように甘いエッチ
前編のエッチシーン3パートは90分間。
プレイはキス、フェラ、手コキ、授乳、耳舐め、69、ローションプレイ、アナル舐め、乳首責めです。
服を脱ぐ、手コキ、ローションプレイの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほーら このお部屋にいると なんだかエッチな気持ちになってくるでしょう?」
のどかさんに連れられてきた主人公を嬉しそうに迎えたゆかりママは
そこから手を繋いでお遊戯部屋まで案内し
ちょっぴり艶めかしい声で話しかけながら彼の衣服を脱がせます。

エッチはママ役を務める彼女が終始リードします。
一番最初の「02 キスでメロメロ&耳舐め授乳手コキ」は定番のプレイでもてなすパート(約35分)。
キスから始まりフェラ→手コキ→授乳手コキと少しずつ変化させます。

「うんうん いい子いい子 ママのお願い ちゃんと聞けて偉いねー よちよちよち」
そして彼女は早速持ち前の甘やかしテクを発揮します。
初めての経験に彼が緊張気味なことを察して優しい言葉をかけ
簡単なことでも上手くできたら手放しで褒めて心の距離を縮めます。
プレイについてもキスやハグといった愛情を注ぐものをきっちり盛り込み甘えられる雰囲気を作ります。

普通にエッチするだけだったらただの風俗プレイになってしまいますから
甘園房ならではの要素を入れて個性を打ち出してます。
最中のセリフも言い回しが練られててサークルさんのこだわりを感じました。

「そんな可愛い顔されちゃたらママ 母性きゅんきゅんって疼いて お股の奥やおっぱいが きゅーってなっちゃう」
授乳手コキについては「にゅこっ」という粘っこい音をゆっくりペースで鳴らし
普段よりもやや熱っぽい息遣いでその様子を実況します。
お世話するほど彼女が幸せそうな表情を見せるのも良いですね。
お互いがお互いに幸せを贈り合って充実した時間を過ごします。
プレイ自体も十分エロいですけど、彼女のキャラやセリフも抜きに大きく貢献してます。

続く2パート55分間は彼女の長所を活かしたプレイ。
「03 シックスナイン・フェラチオでお股のキスバトルお遊戯」は69
「04 ローションマットで全身リップ&アナル舐め手コキ」は
ローションまみれの体を擦りつけながらアナルを舐めたり手コキする濃い責めを繰り出します。

「むき出しになってる敏感おちんちんを お口の奥まで咥え込みながらぁ 上目づかいで ボクの表情を観察」
最初から強めに舐めたり吸って包皮を剥き、露わになった亀頭を集中攻撃し
さらに奥まで飲み込む、ピストンすると多彩な口技を披露します。
実況を小まめに挟みながらちゅぱ音を変えるので何をしてるかわかりやすいです。
個人的にはこれだけ音質が良いならほぼ音だけでも大丈夫なように思えます。

パートの中盤から69に切り替えるのは彼女なりの愛情表現なのでしょう。
体勢を変える時にアナルを見られて恥ずかしがってましたし
自分の大事なところを彼に委ねて一体感を高めます。
射精時は喉を鳴らして精液を飲み干すなど、彼が喜ぶことをガンガンやって心も満たします。

「女の子みたいなとろけきった喘ぎ声 とっても可愛い」
04パートは今までよりもソープ色が強いです。
最初にローションを作ってお互いの体に塗りたくり
うつ伏せになった彼に覆いかぶさって上半身→下半身の順にキスを浴びせます。
ローションの音、キスの音、そして手コキ音と複数の水音を組み合わせてあってエロさが高いです。
途中からアナルも舐め始めるなど、一般的な幼児プレイとは違うやり方で彼を甘やかします。

本作品は総時間が非常に長いので、幼児プレイ一色だとどうしてもマンネリ感が出てしまいます。
だから02は正統派、03はちゅぱ音重視、04はこういうプレイと変化をつけたのではないかなと。
このおかげでそれぞれに違った良さが備わってます。

前編の射精シーンは3回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

後編へ続く…。
大人赤ちゃんのためのエッチな保育園 甘園房 ゆかりママ2 ~ママがお口でメロメロにしてあげる~(後編)

CV:ゆかりママ、のどかさん…陽向葵ゅかさん しおりママ…分倍河原シホさん(01パートのみ登場)
総時間 3:23:27


体験版はこちらにあります

ドレスサキュバスフィーネのお洋服赤ちゃん調教催眠【バイノーラル音声+漫画】

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ母性の強いサキュバスたちが
甘えん坊な男性に催眠をかけてから濃厚な幼児プレイをします。

「お洋服赤ちゃん」と呼ばれる特殊なシチュで2種類の絶頂を目指すのが特徴で
彼女の体とスーツに包まれてる感覚を味わわせながら
金髪、ピンク髪の2人も加わり3人で協力してとことん甘やかします。
催眠音声と同人誌がセットになってるのも大きな魅力です。
3人のサキュバスに甘やかされて
サキュバスのフィーネや2人の部下と幼児プレイを楽しむお話。

「いらっしゃい よく来てくれたわね」
フィーネは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
同人誌を読み自分のところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
既に魅了の魔法にかかってると告げてから深い催眠に導きます。

本作品は男の子に赤ちゃん調教するのが得意な彼女が
それに興味を持った男性を120分程度に渡って甘やかし続けます。
彼女以外に金髪サキュバスとピンク髪サキュバスも登場するのですが
メインの語り手および催眠者はフィーネが担当し、他の2人はそれをサポートする役に回ります。

「あなたを 私の可愛いぼくちゃんへと 生み直してあげる」
精液を奪うためなら何でもやる一般的なサキュバスとは違い
彼女は実の母親のような優しい態度で終始接します。
物語の序盤から彼のことを「ぼくちゃん」と呼び
ぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、大きなおっぱいで包み込むなど
多くの男性が癒しや安らぎを感じることを積極的にやって骨抜きにします。

結局彼女の言いなりになるのでやってることは間違いなく調教です。
でもその手段が非常に優しいため嫌な気分を抱くことなく受け入れられます。
他の2人もあまあまですし、年上の女性に甘やかされるシチュが好きな人ほど楽しめるでしょう。

また冒頭で触れたように本作品には催眠音声以外に32ページの同人誌も入ってます。
主人公とは別人の勇者が彼女たちに調教される様子が描かれており
本作品の独特な世界観を知るのにとても役立ちます。

「お洋服赤ちゃん」というプレイをする作品は他にありませんし
事前に読んでから催眠音声に進んだほうがずっとイメージしやすくなるでしょう。
同人誌のセリフを読み上げる音声(約27分)も同梱されてて親切丁寧です。
癒し要素満載の催眠
催眠はおよそ23分間。
フィーネだけが登場し、まずは目を軽く開けたまま深呼吸と脱力をします。

「眠る時のように だんだんと全身から緊張が抜けていって 体も心も すーっと落ち着いてくるのがわかる」
息を吸う/吐くタイミングを合図を出して伝えながら
緊張が和らいだり脱力感が全身に広がる暗示を投げかけてスムーズにリラックスさせます。
催眠中は常にゆっくりペースで間を開けながら語りかけてくるのが良いですね。
セリフと雰囲気の両方から癒して彼女の赤ちゃんになる心の準備をさせます。

「ほら 頭ふわふわー 気持ちいいでちゅか? ぼくちゃん」
また中盤からはそれをより実感しやすくするために
上のセリフのように赤ちゃん言葉を適度に交えて話すようになります。
音声を構成する要素のすべてがとろけるように甘く
現実世界で疲れやストレスを感じてる人ほど心が潤うでしょう。
そしてこれは催眠にとって重要な「信頼関係の構築」にもプラスに働いてます。

後半シーンは催眠の深化と幼児化をさらに進めます。
目を閉じる指示を出してから柔らかいベッドに横たわってる感覚を言葉で伝え
彼女たちに情けない姿を晒せば晒すほど幸福感が湧くようにします。

「声を聞けば聞くほど 頭の中に そのイメージが浸透していって 快感はより深く ふかーくなっていく」
本作品のエッチは現実世界だとまずできないものですから
それをリアルに楽しむにはイメージ力が重要となります。
そこで彼女はベッドで寝るイメージを通じて軽く練習させ、その中に「深い」を入れて深化も促します。
醜態を晒すほど気持ちよくなる暗示を入れるのも普段の自分と切り離すためです。
そうやって赤ちゃんになりきりやすい環境を一歩ずつ整えていくところが素晴らしいです。

エッチに向けた準備を強く意識した甘さの強い催眠です。
聴き手をサキュバス達がいる夢の世界へ案内することを目的に
深呼吸から入って脱力、イメージを絡めた深化、メインの暗示、そしてカウントと
催眠音声では定番の技法を作品に合わせてアレンジしゆっくり丁寧に進めます。

リラックス重視で進めるおかげで頭を空っぽにしやすく
彼女ののんびりした口調もそれにマッチしててとても癒されます。
深化時は一気に落ちるのではなくずぶずぶと沈む感覚がするでしょう。
私が聴いた時もそのまま寝てしまいたくなるほど意識がとろけるのを感じました。
初心者はわかりませんけど催眠慣れしてる人ならあっさり入れるくらいの品質を持ってます。
ママの体とスーツに挟まれて
エッチシーンは2パート50分間。
プレイはおちんちんカリカリゲーム、頭を撫でる、両耳舐め、アナル舐め、床オナ、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありませんが実際に射精するシーンがあります。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「いらっしゃい ぼくちゃん お遊戯部屋へようこそ」
催眠を使って主人公を自分のお遊戯部屋へ案内したフィーネは
早速彼を自分の体とスーツで挟み込んで何もできない赤ちゃんにします。

エッチは終始彼女たちが責めます。
最初の「02_02 ドライ絶頂パート」は名前の通りドライだけするメインパート(約37分)。
お洋服赤ちゃんになった気分を膨らませてからおちんちんをソフトにいじったり
ここから登場する金髪サキュバスとピンク髪サキュバスが両耳を舐めて気持ちよくします。

フィーネ「程よい強さで むぎゅっ むぎゅっ むぎゅっ むぎゅっーって ママの体へと締め付けられる ママの体に沈む 沈む 沈む 沈み込んでいく」
お洋服赤ちゃんは簡単に言うと頭部より下が彼女のスーツの内側へ入ってる状態。
このパートでは背中を彼女の体、おちんちんをスーツに刺激されるようにし
そのまま軽く圧迫したり比較的ソフトにいじって性感を徐々に高めます。
販売ページのサンプル画像を見ていただくのが一番わかりやすいです。

窒息させる描写は一切ありませんから、ややMあたりの人なら本当に誰でも聴けます。
ママとの一体感を出しつつ複合的に責める非常に珍しいプレイです。

金髪「あらあら びっくりさせちゃったかしら?」
ピンク髪「はぁーい いらっしゃい ぼくちゃん ここに来てくれて ママたちとっても嬉しいよ」
フィーネの部下にあたる2人の存在も忘れてはいけません。
金髪は左、ピンク髪は右に陣取り軽い言葉責めをしたりちゅぱ音を鳴らしてドライを応援します。
暗示にあたるセリフを言うこともありますが、双子催眠のように複雑なアプローチをかけるわけではありません。
引き続きフィーネをメインに据え、必要に応じて彼女たちがそれを助けるスタイルを取ってます。

プレイは彼女の体とスーツに挟まれてる感覚を膨らませてから
おちんちんカリカリゲーム(指先でカリや裏筋をソフトにいじり続けるプレイ)で体を温め
さらに両耳舐めを経由してからカウントを何度も数えて連続絶頂させます。

体への責めは比較的ソフトですが
時間を十分に取り少しずつ絶頂まで持っていくので物足りなさはありません。
赤ちゃん言葉や頭を撫でるといった幼児プレイならではの行為も絡めて幸せイキさせます。
私が聴いた時もお漏らしししたような生暖かい感覚が股間に湧いてきました。
定番の授乳手コキを敢えて外し、作品固有のやり方で心身を盛り上げるのも面白いです。

絶頂後の時間を長めに取ってる(約6分)のも印象的でした。
「とっても可愛かった」と褒めてくれますし、スッキリした気分で聴き終えられるでしょう。
サキュバスにつきものの貪欲さや残忍さを削り自然と甘えたくなる気分にさせてくれます。

続く「02_03 追加射精パート」は打って変わってウェット(約13分)。
先ほどとは前後を逆にし、フィーネのお腹におちんちんを擦りつけて射精を目指します。
ちなみにこのパートはオプション扱いで聴くかどうかを自由に選べます。

フィーネ「健気にへこへこ おじょうじゅおじょうじゅ」
手を一切使わず床オナする非常に独特なプレイです。
彼女たちもそれを踏まえて「すりすり へこへこ」の掛け声をやや遅いペースで言います。
うつ伏せになることも考慮すると結構上級者向けのプレイかなと。
やったことのない人はおちんちんに手を添えると多少やりやすくなるかもしれません。

このように、年上の女性たちにとことん甘やかされる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
サキュバスによる幼児化調教を甘いタッチで描いた作品です。

フィーネはお洋服赤ちゃんに興味がある主人公を立派な赤ちゃんに育てようと
まずは催眠を通じて自分がママであることを伝えて甘えられる環境を作ります。
そしてエッチは自分の体とスーツの間に挟み込んだまま2種類の絶頂を味わわせます。

母性の強いサキュバスたちが男の子を赤ちゃんに見立ててお世話するあまあまなシチュ
癒し系の技術と赤ちゃん言葉を組み合わせた効果的な催眠
密着感と一体感を出しながら絶頂までゆっくり持っていくソフト路線のエッチ。
年上の女性が持つ優しさや温かさをリアルに伝えて心と体を潤します。

金髪「はじゅかちいのが気持ちいい はじゅかちいから気持ちいい」
甘えたい欲求を持つ男性が喜ぶツボを心得てるのがすごく良いなと。
催眠パートで甘えるのに不要な羞恥心や世間体を取り除き
エッチに入ると彼のすべてを受け入れて安心感を与えます。
無理矢理甘えさせるところが一切なく、聴き手が自分からそうなりたくなるよう導きます。

幼児プレイ好きが一番楽しめるのは間違いないですけど
そうでもない人も割と聴けるのではないでしょうか。
でちゅまちゅをそこまで多用せず自然なしゃべり方を心がけてるのも大きいです。

エッチはどちらもシチュで気持ちよくする方針を取ってます。
彼女たちに甘える快感、逆に甘やかされる快感、痴態を見られる快感などです。
ウェットは床オナで時間が短めですし、ドライメインと捉えるのが妥当でしょう。
じっくり盛り上げてくれたからか余韻が普段よりも長く続いてるように感じました。

絶頂シーンはドライ5回、ウェット1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

変わった幼児プレイを聴きたい人には特におすすめします。

CV:フィーネ…大山チロルさん 金髪サキュバス…陽向葵ゅかさん ピンク髪サキュバス…秋野かえでさん
総時間 2:26:02(同人誌セリフ読み上げ…26:59 催眠音声…1:59:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ