同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ハロウィン

   ● ハロウィンのないしょの夢案内
   ● ハロウィン2011
   ● 【耳舐め特化】ぼっち君のハロウィンはルチアがお耳にイタズラしちゃうぞ?【極・耳舐め】
   ● [Halloween-DinnerParty]


ハロウィンのないしょの夢案内

綾羽柊華さんが公開されてる無料の催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、相手に色んな夢を見せることができる女の子が
ハロウィンの日に催眠を交えた気持ちいい悪戯をします。

ハロウィンらしさを出しつつカウントを主軸に置いた手堅いリードをするのが特徴で
催眠は深呼吸、脱力、カウントによる深化を丁寧にこなし
エッチもシロップを使って体の熱を上げてからサクッと絶頂させます。

今回は綾羽柊華さんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
ハロウィンで見る甘く気持ちいい夢
案内人に催眠をかけられドライ絶頂するお話。

「こんばんは。いらっしゃい、ハロウィンの街へようこそ、私はこの街の案内人。よろしくね」
案内人は明るくて穏やかな声の女の子。
ハロウィンの街に連れられてきた主人公に自己紹介すると
事情が飲み込めない彼に簡単な説明をしてから楽しい場所へ案内します。

本作品はハロウィンの街で人々に夢を見せてる彼女が
その1人にあたる彼におよそ17分の気持ちいいサービスをします。
非常に短い作品ですがエッチシーンも用意されており
催眠、エッチいずれも要所を押さえたリードで心地よさや気持ちよさを与えます。

誘導が簡略されてるので初心者にはやや不向きなところもあるのは否定しません。
でも催眠にある程度慣れてる人なら普通に入れる品質を持ってます。
時間に対する暗示の量を多めにしたり、カウントを使ってそのタイミングを取ってるのが大きいです。

また男性、女性どちらでも楽しめるように
エッチは直接的なエロ要素を極力省いた内容になってます。
感度を上げる時は甘いシロップを使いますし、絶頂シーンも性差を感じない言い回しを心がけてます。

綾羽さん以外にも藤原かやさんと月村望さんのバージョンがありますから
女性の方は月村さんの音声を選べば違和感なく聴けるでしょう。

催眠はおよそ5分間。
深呼吸を軽めにしてから目の前にある階段を下りるイメージをします。

「口からふーって息をはき出すと、お腹がへこんでいく。お腹がへこんでいくのに合わせて、なんとなく肩の力もすーっと抜けていくかんじ」
「4、まどろんで、意識がぼんやりしてくる。3、ぼんやりしているから、体にも力が入らなくなる」

深呼吸する時は同時に肩や背中の脱力もしてリラックスを強化する
階段を下りる時は1~2カウントごとに意識のぼやけやさらに脱力する暗示を入れる、と
限られた時間内でできるだけ深く誘導できるように洗練されたリードをします。

私もここまで短い催眠だどうなるか多少の不安もあったのですが
実際に聴いてみると全身がずーんと沈む感覚がして心地よかったです。
やることは至ってシンプルにして暗示をしっかり入れてるからこうなったのでしょう。
基本に忠実と言いますか、手堅い誘導がされてて質は高いほうだと思います。
優しく悪戯してくれるエッチ
エッチシーンは8分間。
プレイはシロップをかける、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「でも、まだお菓子が足りないんだよなあ。だから、君にちょっといたずらするね!」
催眠を使って主人公を気持ちいい夢の世界へ連れて行った案内人は
甘く楽しい夢を見せる前にシロップを使った悪戯をします。

エッチは一般的なプレイをやらずに感度を上げたりイかせます。
内容は最初の2分を使ってシロップのイメージを交えた温感操作を行い
それからカウントを数回数えてその都度ドライ絶頂させます。

「甘いシロップから、甘い快感が染み込んできて、お腹にじんわりとした熱を感じる。快感がお腹の奥から背中を通って、全身が熱くなっていく」
催眠パートに引き続き暗示を厚めに入れてくれるおかげで
シロップのシーンでは特に股間が熱くなるのを感じました。
てっきりイートミーに持っていくのかと思いきや、かけるところまででそういう描写はありません。
女性が聴くことを考えれば入れないほうが良いと思います。

「4、3、シロップが煮詰まるみたいに、快感が濃くなっていく。2、濃くなった快感が、もっと集まって、溢れそうになる」
続くカウントは直前で使ったシロップを触媒に
体の熱をさらに上げたり絶頂できるエネルギーを作ります。
数回に分けてやりますから後になるほど気持ちよくなれるでしょう。
最後に連続絶頂へ追い込むのも悪戯っぽさを感じます。

このように、お菓子のイメージとカウントを組み合わせた催眠重視のエッチが繰り広げられてます。
短くまとまってる作品
テーマのハロウィンを盛り込んだうえできちんと仕上げてる無駄のない作品です。

案内人は主人公に一夜限りの不思議な夢を見せようと
まずは催眠を使って今いる場所とは違う世界へ案内します。
そしてエッチはシロップのイメージやカウントを使った追い込みでイかせます。

明るくて悪戯好きな女の子がハロウィンにちなんだ催眠をかけるシチュ
催眠、エッチいずれも暗示を多めに入れてリードする堅実な作り
淫語やちゅぱ音を使わずに感度を上げたり絶頂させる男女どちらでも楽しめるエッチ。
ハロウィン、男女両用、短時間といった条件を満たせるように作品を組み立ててます。

開始から終了までを僅か17分で行ってるのが最も印象的でした。
全年齢向けならこれくらいの長さの作品もありますけど
エッチシーンも含めてこの時間でまとめるのは相当に難しいと思います。
催眠も浅めではありますが入れましたし、催眠音声として十分使える品質を持ってます。

ちなみにエッチ終了後はそのまま寝る流れになってるので解除音声はありません。
視聴後に何かする、もしくは出かける場合は
無料作品でいいので必ず最後に解除音声を聴いてください。

絶頂シーンは2回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:綾羽柊華さん、藤原かやさん、月村望さん
総時間 綾羽柊華さんver…16:33 藤原かやさんver…17:48 月村望さんver…16:19

ダウンロードはこちら
https://ci-en.dlsite.com/creator/6353/article/386659

ハロウィン2011

きのこの里 ~たけのこは衰退しました~さんで公開されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、魔界で色んな場所を管理してる穏やかな女の子が
ハロウィンの日に会った人間に催眠を交えた気持ちいい悪戯をします。

お菓子を作ったり食べる様子を通じて絶頂させる独特なエッチが行われており
催眠パートは彼女の世界へ移動する様子を描きながら心をとろとろに溶かして準備を整え
エッチは様々な味付けで快感と幸福感を膨らませて抵抗を上手に削ぎます。
痛みや苦しみを与える描写は一切ありませんから、イートミーとは思えないほど聴きやすく感じるでしょう。

今回は声低めのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
お菓子がないならお菓子にしちゃおう
女の子と魔界に出かけて食べられるお話。

「やぁ、こんばんは。とりっく・おあ・とりーとぉ♪」
女の子はトーンが低く穏やかな声の女の子。
お菓子を求めても主人公がくれないので悪戯することに決めると
その内容を少し考えてから自分のことを話します。

本作品はハロウィンの必須アイテムであるお菓子になりきって気持ちよくなることを目的に
彼女がおよそ80分に渡って催眠をかけたり特殊なエッチをします。
彼女は普段魔界を管理する仕事をしており、この日はお祭りだからとそれを投げ出して遊びに来ました。
そして人間には決してできない不思議で気持ちいい体験をプレゼントします。

「普段は、魔界に入り込んじゃった子を、迷わずにこっちに送ってあげるのが仕事だったけど… 逆に、ボクたちの世界に連れ込んじゃう、っていうのも、面白いと思わない?」
自分のことを「ボク」と呼んで最初から気さくに話しかけたり
彼が他の魔物に襲われないよう警戒しながら魔界まで案内するなど
人外のイメージとは随分違う友好的な態度を取ります。

今回するサービスもあくまで悪戯であって彼を奴隷にする気はまったくありません。
声やセリフの表現も穏やかでいい気分に浸りながら聴くことができます。

エッチについてはハロウィンにちなんでお菓子作りやイートミーをテーマにしてます。
シナリオ担当がイートミー作品をいくつも制作されてる誰得催眠製作所さんということで
催眠パートを通じて心をとろとろに溶かしてゼリーのような存在に変え
味付けをしてから彼女に食べられる快感と幸福感を与えて絶頂させます。

これを読んだ時点ではわけがわからないと思うのですが
とりあえず痛みや苦しみを与えるシーンは一切ありません。
催眠の技術を駆使して聴き手が受け入れやすくなるよう上手に働きかけてきますから
催眠特有の心地よさや全然エロくないのに気持ちいい感覚が味わいやすくなってます。
人を選ぶ要素だからこそ、とても気を配ってるように映りました。

ちなみに本作品には声のトーンが高いものと低いものが用意されてます。
私は低いほうが普段のあ、きのこさんに近いなと思って選んだのですが
両方聴いてみて高いほうがしっくりくるようならそちらを先にするのも有りです。
声と言葉で意識を揺さぶる催眠
催眠はおよそ30分間。
楽な姿勢で目を瞑り、軽く深呼吸してから体→心の順に脱力します。

「はい、すーっと力を抜いていくー… ほら、どんどんどんどん、だらーんとしていく」
体の脱力は肩を少し回してから女の子の合図で止め
その直後に「すーっと抜ける」「だらーん」といった暗示を小まめに入れます。
分割弛緩法と言うほど入念にやるわけではなく
全身を上から下へ流す感じに行ってました。

そして体があっさりしてる分、心のほうをじっくり脱力します。
お風呂に入ってるイメージを通じてぽかぽかにしたり
お湯が揺れる様子を実況しながら意識を揺さぶる暗示を入れてきます。

後者をする時に声の位置も左右へ小まめに移動するのが面白いですね。
双子催眠のようにテンポよく語りかけて頭の中をぼんやりさせます。
このアプローチは後のシーンでも何度か登場します。

催眠開始からおよそ13分後、心身のリラックスが十分できたところで
彼女の家がある魔界へ一緒に出かけます。
声を頻繁に移動させるテクニックを使いながらその様子を実況し
到着後はさらに深化させて彼の心をとろとろしたゼリーのようなものに変えます。

「だんだん… だんだん… キミの、ヒトガタの輪郭が、崩れてくる… はっきりしていた境界線が、にじんで… 世界との境界線が、曖昧になっていく」
同じセリフを文頭にふたつ重ねてセリフにリズムを持たせ
暗示も「溶ける」「堕ちる」といった深化を意図するものが中心になります。
声の位置が移動するのも相まって、このへんまで来ると頭の中が結構ぼんやりしてると思います。
それによって体の感覚が曖昧になった状態を本作品では「お菓子になった」と言います。

2人が魔界へ移動する様子に技術を盛り込んだ流れのある催眠です。
聴き手をゼリーや水飴のような形が曖昧な存在へ変えることを目的に
深呼吸と心身の脱力から入って人間界と魔界の中間点を通り彼女の家へ向かう様子に
カウント、暗示、声の鬼ごっこといった要素を違和感なく入れて少しずつ確実に落とします。

やってることはやや珍しいですが技術は理にかなっており
体よりも頭に心地よさやぼーっとする感覚が強く味わえます。
終盤にはエッチでより気持ちよくなるアプローチもしてますし
誰得催眠製作所さんの実力がしっかり発揮されてます。
そして声を担当されてるあ、きのこさんも催眠に入りやすい安定した演技をされてます。
お菓子になって食べられる快感
エッチシーンは8パート37分間。
プレイはお菓子作り、食べられるです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「あまくてちょっぴり酸味の効いた、いちごにしよっか♪」
催眠を使って主人公を甘くてとろとろな存在に変えた女の子は
そのまま食べるのではなくまずは味付けしてより美味しくします。

最初の7パート21分間はお菓子をさらに料理するシーン。
いちご、オレンジ、グレープのフレーバーを入れて風味を出し
一度かき混ぜてからキャンディチップ、チョコレートクランチ、パチパチキャンディを加えて完成させます。

前の3つと後ろの3つは選択式になってまして、いずれか1つを選んで聴きます。
なので1視聴あたりのこのシーンのパート数は3になります。

「ぐーるぐる、ぐーるぐる。回れば回るほど、快感が深く、大きくなる」
パートごとに描写を多少変えながら「ぐーるぐる」を多めに言ってわかりやすく実況し
その中に感度が上がる暗示を入れて本番に向けた準備を整えます。
フェラやキスといった通常のプレイではなく、お菓子作りを通じて気持ちよくする非常に変わったエッチです。
淫語などがほとんど出てこないので催眠特有の快感を味わいやすくなってます。

最後の「5 実食(約16分)」はイートミーするメインパート。
味付けして食べごろになった彼を少しずつすくって口の中に入れます。

「柔らかい舌に、にゅるにゅるの唾液に、ココロも、体も、犯されていく。あたたかい… 気持ちいい… ココロが、体が、お口の中で、溶けていく」
女の子の瑞々しい唇、とろとろの唾液、柔らかい舌、そして温かい体内。
結構ヤバそうな状況を柔らかくてポジティブなセリフにより聴きやすくしてます。
ここへ来る前に「食べられる=気持ちいい」という構図をしっかり作ってくれるので
実際に聴いてみるとビックリするほど心地いいです。

エッチな描写がほとんどないことから脳もしくは全身でイクことになるでしょう。
あとは体が熱くなる感覚もそれなりにあっていいリフレッシュになりました。
彼女に全身を犯される快感や、食べられてひとつになる幸福感を前面に押し出して進めます。

このように、純粋なエロさを極限まで削ってドライさせるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
穏やかなイートミー作品
ハロウィン、お菓子、悪戯といった固有の要素を活用してる和やかな作品です。

女の子はハロウィンに偶然会った主人公に変わった悪戯をしようと
まずは催眠を通じて自分の世界へ案内しながらお菓子の体に作り変えます。
そしてエッチは果物やチョコレートで味付けしてから食べる様子に
感度が上がったり幸福感が膨らむ暗示を盛り込んでドライへ持っていきます。

穏やかで中性的な女の子が人間にはできない気持ちいい悪戯をするシチュ
声を移動させるアプローチを多めに挟んで誘導する個性的かつ効果的な催眠
お菓子作りや実食を聴き手視点でソフトに描いた受け入れやすいエッチ。
イートミーが持つネガティブな要素をできるだけ薄めて楽しめるように進めます。

中でもエッチは本当に作って食べるだけなのに
体がビクビクしたり脳イキする非常に面白い体験ができて満足しました。
エッチじゃない行為でイかせるには技術力が求められますから
それを成し遂げてる時点で優れた作品と言うことができます。

絶頂シーンは1回。
ちゅぱ音ごく僅か、淫語と喘ぎ声はありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:あ、きのこさん
総時間 1:24:04

ダウンロードはこちら
http://kinokosaiminn.blog112.fc2.com/blog-entry-65.html

ちなみにaxfcアップローダーはpepperサーバーなら落とせることを確認してます。
それ以外のサーバーだと繋がらない可能性が高いのでご注意ください。
私が言ってることの意味がよくわからない方は以下の記事を読んでからやればうまくいきます。
Side EffectおよびTablet Caseの落とし方

【耳舐め特化】ぼっち君のハロウィンはルチアがお耳にイタズラしちゃうぞ?【極・耳舐め】

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な女の子が
ハロウィンをぼっちで過ごしてる男性に気持ちいいイタズラをします。

耳舐めの質、量、深さにこだわってるのが特徴で
エッチシーンのほぼ全部で左右どちらかの耳を舐めるスタイルを取り
さらに耳の外側、内側、穴の入り口、その奥といくつもの部位に分け
それによって音の近さや質感を変えて実際に舐められてる感覚をリアルに伝えます。
ぼっちハロウィンを女の子と楽しく
ルチアが色んな耳舐めをするお話。

「こーんばーんにゃー」
ルチアは明るくて可愛い声の女の子。
ハロウィンを自宅で過ごしてる主人公の前に現れると
自分からパンツを見せてやる気にさせます。

本作品はクリスマス、バレンタイン、GWなどイベントの時によく出てるシリーズの最新作。
彼のことをお世話するのが大好きな彼女が
寂しさを少しでも和らげようと70分ほどに渡って3種類のエッチなご奉仕をします。
ハロウィンらしさが出るように挿し絵の魔女姿で現れ
この日のために練習してきた魔法を駆使して明るく楽しいエッチを彼にプレゼントします。

「こうやって ゆっくり舐めて お耳を慣らしていこうね」
また「お耳にイタズラ」の名の通り今作では耳への責めにとても力を入れてまして
エッチシーンのほぼ全部を使って多彩な耳舐めを披露します。
分身はしないので基本的には左右のどちらかに陣取り
ちゅぱ音をゆっくり丁寧に鳴らして舐められてる感覚を忠実に再現します。

耳舐め専用のマイクを導入してるらしく
舌の細かな動きが音だけである程度掴めるくらいに生々しいです。
物語の中盤からは穴の入り口やその先に的を絞って責めるなど
現実の耳舐めに多少の非現実性を盛り込み個性を出してます。

実際に聴いてみると圧迫感や閉塞感といった感覚も刺激されてるのがわかると思います。
特に深い位置をお世話する時は「じゅりっ」みたいなややパワフルな音に切り替わり
微弱な振動を耳に送り続ける一歩進んだ耳舐めが楽しめます。

本編だけでも58分、おまけも合わせたら93分とボリュームも十分です。
耳舐めが好きな人ならきっと満足できるでしょう。
あと耳舐め中は囁き声で話しますから囁き好きな人にも向いてます。

ちなみにおちんちんについては耳舐めの引き立て役と言いますか
通常の18禁作品よりも控えめな存在にしてます。
本編に射精シーンはありませんし(おまけで射精できるルートが用意されてます)
唯一絶頂があるパートも射精ではなくメスイキを行います。

そういうところも含めた耳舐め特化ということです。
他のサークルさんとの差別化を図ってるのかなと。
多少は意地悪してきますが言葉責めはないので属性はややMあたりです。
変化に富んだ耳舐め
本編のエッチシーンは3パート58分間。
プレイは耳舐め、手コキ、クリ(亀頭)オナニー、乳首オナニーです。
手コキの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「さーて それじゃ いたずら始めちゃおうかな」
ハロウィンの慣例に従って主人公にあるおやつを要求したルチアは
彼がそれを用意してないことを知り、代わりにエッチないたずらを始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「トラック1 お耳ぺろべろ耳舐め生殺し?」は耳舐めに専念するパート(約19分)。
左耳の外側を唇で挟み込み軽く吸い上げるところから始まり
穴を舌先で軽くグリグリする、ソフトにキスするといった具合に
数分単位で左右や舐め方を変えながらゆっくりねっとり行います。

「いつもぼっちくんは ルチアのどんなところを想像して オナニーしてるのかな?」
彼女は彼のことが好きなので、いたずらでもそこまでひどいことはしません。
おちんちんへ触れることだけを禁止し、それ以外は優しい態度で熱心に耳を舐め続けます。
音の違いがわかりやすくなるように全体のペースを緩めたうえで
舐め、吸い、啜りといった動作を小まめに変える質の高い耳舐めです。


ちゅぱちゅぱよりもコリコリした音を主体にしてるので
エロさよりは心地よさを感じる人が多いでしょう。
位置取りや距離感がバッチリで実際に耳を舐められてるのに近い感覚が味わえます。

おちんちんへの責めが加わるのはその次から。
「トラック2 お耳の中をぞりぞり耳舐め手コキ♪」は耳舐め手コキで射精の寸前まで追い込み(約16分)
「トラック3 女の子の体されて耳の外・中・奥をねっちょりぐっぽり耳舐めオナサポ♪」は
とある手段で彼を女の子の姿に変えてから耳舐めオナニーします(約23分)。

「今度は ルチアの舌で 中をぞりぞり舐めちゃうよ」
そしてここから極・耳舐めが本領を発揮します。
耳の外側と内側をバランスよく責めてたトラック1よりも後者の割合を上げ
低く鈍めのちゅぱ音を鳴らしつつ微弱な刺激と圧迫感を与えて耳をゾクゾクさせます。
手コキもちゃんとやりますが、1回ごとの間隔が長く音量も控えめなので
存在感は耳舐めのほうが大きいと言えます。

「乳首は優しく触るんだよ? 最初は乳首に触れないように 乳輪に沿って ソフトに」
それに対してトラック3は多少のオナサポ要素を取り入れたプレイ。
最初はクリトリス(亀頭)、少し経つと乳首を自分で同時にいじり
彼女は穴の入り口と奥に舌を滑り込ませてより強い刺激を送ります。
パート後半の12分間はセリフをほとんど挟まないところにこだわりを感じました。

販売ページにも書いてあるように、ここでは女の子になりきってエッチするので
竿をしごいて射精する通常のオナニーはNGになってます。
そして亀頭だけだと射精できないから絶頂形式をドライに設定したのでしょう。
でもこの内容ならしごきたくなる人が結構いるんじゃないかなと。
単なるコスプレで終わらせず、魔女に耳を犯されてる様子を音で上手く表現してます。

このように、耳舐めしながら他のプレイを変えていく尖ったエッチが繰り広げられてます。
耳舐めをじっくり聴ける作品
純粋なエロさよりもリアリティを追求してる作品です。

ルチアは主人公が少しでも楽しいハロウィンを送れるように
友だちや恋人に近い気さくな態度で彼に接します。
そしてエッチが始まると耳を集中攻撃し、そこにおちんちんや乳首の責めを加えてメスイキさせます。

魔女の格好をした魔法も使える女の子がぼっち男性をエッチにもてなす明るいシチュ
エッチシーンのほぼ全編で行い、さらに後になるほど深くなる質量共に優れた耳舐め
おちんちんへの刺激はあまりせず射精も禁止するいたずらを意識した作り。
季節ネタらしさを出しながら耳舐めをがっつりやる作品に仕上がってます。

耳舐めは人気があるジャンルなのでこのところ競合作品が多く
サークルさんも独自色を出すために様々な工夫をされてます。
VOICE LOVERさんの場合は元々音に強いところを活かして品質を磨き上げ
ずっと聴いててマンネリ感が出ないように舐め方や深さをパートやシーンによって変えてます。

売りである「深さ」も段階を設けてわかりやすくしてありますし
耳舐め音声をよく聴いてる人でも「いつもと何かが違うぞ」と思うのではないでしょうか。
音の近さ、こもり具合、振動など各要素がしっかり調節してあって素晴らしいです。

射精についても不満が出ることを予想し、それに対する救済策をきちんと用意してます。
メスイキは私の場合、催眠音声でようやくできるものだと思ってますから
皆さんが聴いて迎えられるかどうかはなんとも言えません。

本編の射精シーンは0回(ドライで何度もイった描写があります)。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

おまけは7種類の耳舐めと救済(射精あり)トラックです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:22:07(本編…1:10:06 おまけ…1:12:01)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月10日まで10%OFFの990円で販売されてます。

[Halloween-DinnerParty]

サークル「.␣(Dot-Space)」さんの無料の催眠音声作品。

本作品は今の時期にぴったりなハロウィンをテーマに
パーティーの料理に作り変えられて食べられる快感や幸福感を味わいます。
総時間のほとんどを催眠誘導に費やす催眠に特化した作りをしており
お姉さんと食材を買いに行ったり料理するイメージをしながら
暗示を使って少しずつ催眠の世界へと引きずり込んでくれます。

エッチはよくあるプレイとはまったく違い
食事の風景をストレートに描いて無意識的な反応を楽しみます。



ハロウィンの雰囲気を大事にしながら進められる催眠
かぼちゃのスープになってお姉さんとその娘たちに食べられるお話。

「あら お待ちしておりました あなたが お手伝いの方かしら?」
お姉さんは落ち着いた声の女性。
ハロウィンパーティーの手伝いにやってきた主人公に対して
今回の仕事の内容を軽く説明してから2人で一緒に買い物に出かけます。

催眠は2パート43分ほど。
ジャック・オー・ランタンの仮装として事前にかぼちゃを頭に被せられてから
かぼちゃの中に炎が揺らめく様子をイメージします。

「そのきらめく光を発しているのは あなたの意識の炎 魂の炎」
実際にかぼちゃを被っているかのようなやや反響する声で
彼女は「ゆらゆら」と炎の揺らめきを擬態語であらわしながら
まずはその炎が聴き手の意識とリンクしていることを強く印象付けてきます。

最初の時点だといまいちピンと来ないかもしれませんが
十分な時間を使ってじっくりとそう感じるように彼女が誘導してくれます。
だからあまり気にせず作品の雰囲気を感じながらリラックスしてみてください。
また声の音響効果は長時間聴いていても頭が痛くなりにくいレベルに弱めてあります。
しばらく聴いていると眠くなるとか、頭がぽわぽわする感じがするでしょう。

「お鍋の中は まだからっぽ 意識を広げられるスペースが沢山ある あなたの頭と同じ」
買い物を終えて家に戻ったところでいよいよ料理作りに取り掛かります。
今回の料理はかぼちゃのスープ。
空の鍋に鳥の骨、かぼちゃ、ミルクの順に入れる様子を描きながら
鍋と聴き手の意識をリンクさせて催眠状態をさらに強めます。

「お鍋とシンクロした あなたの頭の中も 骨を一つ置くたびに ずん ずんと重みを感じていく 意識が 押しつぶされる」
「ほら 頭の中に カボチャがごろごろ 一つ置くたびに ずぶずぶと頭が重たくなって 意識を広げられるスペースが、さらに減っていく」

カウントを数えながらそれぞれの素材を1つずつ入れていくのを聴いていると
頭が妙に重くなったような気がするかもしれません。
それは彼女が聴き手の無意識に働きかけるような言い回しをしているからです。

「あなたの意識は消え 私の言葉に従う ほら 混ぜる 混ぜる 私と一緒に 混ぜる 頭の中を くるくる混ぜる」
そして最後は満杯になった具材に火をかけてじっくりとかき回します。
何度も繰り返される「ぐるぐる ぐるぐる」という声を聴きながら
根気よく何度も入れられる暗示に頭の中がぐらぐらと揺れる思いがしました。
そうやって彼女は声に従うことに幸せを感じるよう心を誘導していくわけです。

テーマであるハロウィンパーティーの準備を進めながら
主にイメージを利用して段階的に催眠状態を深めてくれる催眠です。
料理の手伝いとして主人公が呼ばれた背景をできるだけ崩さないように
一緒に買い物に出かけたり料理を作るイメージをさせながら
「意識がぼやける」「頭の中がとろける」といった催眠に入る/漂う感覚を刷り込んできます。
催眠と世界観との親和性が非常に高くて浸りやすさを感じました。

催眠の技術面についてもイメージだけでなく沈黙法や揺さぶり法を織り交ぜながら
シーンに適した表現を駆使して焦らずゆっくりと進めてくれます。
一気に落ちるのではなく、ずぶずぶと沈んでいくような感覚が味わえるでしょう。
中が空洞のかぼちゃに入った炎や鍋を例えに用いて
どうイメージすればいいのかをわかりやすく伝えているのもいいですね。

目的となるかぼちゃスープ化についても十分な深さにまで持っていき
きちんと声に従える環境を整えてから行っていてとても丁寧です。
ネタの面白さだけでなく催眠音声初心者にも比較的取り組みやすい催眠だと思います。



無邪気な声でむしゃむしゃ
エッチシーンは5分30秒ほど。
プレイはお姉さんと娘に食べられるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「うん、お腹ぺこぺこー!」
「早くご飯たべたーい!」
「ええ 特別な料理をたくさん作ったわよ すぐに準備しましょうね」

お姉さんの催眠によってかぼちゃスープそのものになった主人公は
彼女と3人の娘に代わる代わる食べられて気持ちよさと幸せを感じます。

エッチはフェラやSEXといった性行為は一切行わず
彼女たちに食べられる様子を聴いて楽しみます。


ちなみに食事は4人が会話を交えながら咀嚼音を鳴らす演出がされており
「彼女たちの体内に吸収されると幸福感が湧いてくる」などの直接的な暗示は入りません。
しかし料理の最中に何度もそう感じるよう仕向けられていることもあって
催眠の入り具合によっては体が熱を帯びるとか、心が盛り上がる場合もあるでしょう。

事前の誘導をしっかり行って、あとは聴き手の無意識に任せているように思えます。
娘たちのちょっぴり行儀の悪い唾液音にゾクッとする人もいるかもしれませんね。
皆さんの好きなようにこのプレイを楽しんでみてください。

このように、他ではあまり見かけない独特なプレイが繰り広げられます。



個性的だが堅実な作品
エロよりも催眠に入る、催眠状態に漂う感覚を重視している作品です。

ハロウィンにちなんだキャラを登場させるだけではなく
実際にパーティーの準備をしながらそれらにうまく催眠を取り入れることで
作品の世界に引き込むのと同時に催眠状態も深めてくれます。
暗示についてもあれこれ詰め込もうとせず内容を数個に絞り
それを何度も叩き込みながら確実にそう感じてもらえるように誘導します。

いきなりがっつりくるタイプではないので
経験の浅い人だと最初は催眠に入っているのが実感しにくいかもしれません。
しかし後半の材料を鍋に入れるシーンや具材をかき混ぜるシーンまで行くと
頭の中を何かがうねっているような違和感を覚えるようになります。
そんな普段とは明らかに違った感覚、それこそが催眠に入った感覚です。

催眠は序盤にかぼちゃの炎をイメージさせてきた時点で凝視法と予想していたのが
まったく違った展開になってそれ以降のめり込むことができました。
イメージもできるだけ具体的にを心がけながらわかりやすく伝えてくれます。
全体的にすごく丁寧に行ってくれているなと。

エッチは誰得催眠製作所さんの「ちょこれーとになっちゃう催眠音声。」みたいに
エッチな表現を使わず雰囲気だけで絶頂へと導きます。
かなりレベルの高いプレイなので人を選ぶ部分もあるのですが
時間が短いですし催眠だけでも十分に楽しめます。
ちなみに明確な絶頂シーンはありません。
ちゅぱ音(咀嚼音)そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

まさしく今の時期にぴったりな作品です。
催眠状態そのものを楽しみたい人が聴くのに一番適していますが
そうでない方も無料ですので是非一度お試しください。

CV:ftnrさん、三森愛乃さん、綾瀬桂吾さん、綾坂めろさん
(後ろの3人はエッチシーン以降で登場します)
総時間 1:03:16

Dot-Space
http://markusdotspace.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

↑このページのトップヘ