同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ネイティファス

   ● 魔女の誘惑淫語
   ● 小悪魔ミニィの誘惑技いっぱい使ってあげる
   ● ゆうわく取調べ室 ~お姉さん、ボクがやりました~
   ● 乳魔ネールのおっぱいクエスト
   ● 万引きJKのペットにされてしまった僕
   ● 巨乳の継母 ~淫らな遺産相続~


魔女の誘惑淫語

サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。
今回はサークルさんの処女作を選んでみました。

本作品はこぼれるようなおっぱいとむちむちな太ももを持つ魔女が
少年を誘惑してダークサイドに落としていく様子を描いています。

ネイティファスさんの作風が背徳的なのは有名ですが
初期の作品なだけあって、そこまでえげつない表現は登場しません。
雰囲気はむしろ甘めですからノーマルな方でもおそらく大丈夫でしょう。



声と体で誘惑する魔 女さん
魔女を討伐しに行った少年たちが、逆に骨抜きにされてしまうお話。

「あら どうしたの坊やたち そんなに怖い顔して」
魔女は挿し絵に比べるとずっと大人っぽい声の女性。
村の外にある森に住んでいる彼女は、村の若い男を誘惑して食い物にしているらしく
この問題を解決するために少年たちが討伐にやってきました。

「こんな開いた服で おっぱい大きくて 太もももむちむちして はぁん」
魔女にとってはこういう事態など日常茶飯事なのでしょう。
特に動揺するような素振りも見せず、自慢のエロボディで早速誘惑してきます。
魔女役が色っぽい大人の女性の声を非常に得意とする伊東もえさんなだけあって
その声には男の股間を熱くする力を感じました。

お話は最初の12分ほどがエッチに至るまでのやり取りに費やされています。
音声作品は初期と最近のものを比べると、作風に違いがある場合が多いのですが
ネイティファスさんは最初からストーリー重視なのに少々驚きました。

エッチで主人公になりきるためには、お話の背景を知ることも重要です。
その点この作品は時間が十分に取られているおかげで
感情移入はかなりしやすいほうと言えるでしょう。



大きくて柔らかいおっぱいに包まれて
エッチシーンはおよそ10分間。
プレイはキス、パイズリ、フェラとなります。
エッチな効果音はありません。

「いいよ 悪いおちんちんは このおっぱいで救ってあげる」
誘惑催眠魔法を耐え抜いた一人の少年を籠絡するために
魔女は自分の肉体を駆使して極上の快楽を与えます。

プレイは彼女の最大の武器である大きなおっぱいに特化しています。
メインはパイズリとフェラになっていますから
おっぱい好きには向いている内容ですね。
パイズリは音声作品ではややレアなプレイでもあります。
ただし効果音が無いため、どのように扱いているのかがわかりにくいのは残念です。

「乳ハメチンポ 乳ハメチンポ 乳ハメチンポ 乳ハメチンポ」
またタイトルである「誘惑淫語」の通り、魔女はやや下品な淫語を連発してくれます。
おっぱいの圧力、隙間から飛び出している亀頭へのフェラ、そして淫語に喘ぎ声と
彼女は4方向から確実に少年を追い詰めていくわけです。
このへんはさすが大人の女性といったところでしょうか。



筋の通った作品
処女作として見たらかなり完成度の高い作品です。
ストーリーはきちんと組み立てられているし
エッチも独自性のあるプレイを取り入れるなど
要所要所を押さえた作りだと思います。

ただ作品自体の時間が22分と非常に短いため
ストーリーを真面目に追っていくあまり、エロが足りなくなるジレンマに陥っています。

「お話は面白いんだけど、尺が足りなくてなんか抜ききれない」
エロボイスを聴く目的を考えた場合、これはマイナスなのではないかなと。
個人的にはエッチシーンがもう5分欲しかったです。
淫語それなり、喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音若干といった感じです。

ストーリーの方は最終的に少年は魔女の責めに屈してしまうわけですが
その後のお話が描かれていないため、あまりダークにならずに終わります。
雰囲気なども考えるとおねショタものに近いかもしれません。

CV:伊東もえさん
総時間 22:53


オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

小悪魔ミニィの誘惑技いっぱい使ってあげる

サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。

今回はサキュバスのような大物ではなく、小悪魔が頑張るお話です。
戦闘力皆無なミニィは、持って生まれた可愛い声とマニア向けの体を駆使して
男どもをなんとか屈服させ、色々なものを貢がせていきます。

この前の「インプの性態~あたしより弱い奴に会いに行く!~」もそうですが
大物でないからこそ、目的のために努力したり工夫したりします。
そのあたりの過程がコミカルに描かれているのが本作品の特徴です。



技を何度も使って心を射止める
冒険者たちが小悪魔ミニィに心を奪われ、金品を貢いでしまうお話。

「こりゃ大変だー 怖そうなお兄ちゃんたちが いっぱいだー」
ミニィは少女らしい可愛いしぐさをする、とても甲高い声の女の子。
とあるダンジョンに住む彼女は、屈強な冒険者たちに発見されると
一人では勝てないことをわかっているのか、早々に降参して道案内を買って出ます。

展開は冒険者が彼女に誘惑されるシンプルな流れながらも
その誘惑させる方法が小悪魔ならではになっています。

「揺れるお尻! 誘う太もも! そして 食い込む下着!」
サキュバスのようにフェロモンでねじ伏せる事ができない彼女は
まずその特徴的な声で相手の注意を引きつけ
そこに小技を重ねることで、ようやく誘惑にかけ始めます。

ここが一般的な人外モノとの決定的な違いでしょう。

彼女に力があまり無いのもそうなんでしょうけど
体もそこまで魅力的に育っていないだけに
流し目やポーズを何度も取って、一生懸命惹きつけようとしている様子は
聴いていて「なんだか大変そうだなぁ」と。

ただ、そうやって頑張っているのが面白いところでもあります。
わざとらしいほどにわかりやすい泣きまねや命乞いをするところなどは
なかなか人間味のあるキャラだと思いました。



無茶苦茶にされるのが好き
エッチシーンは4パート合計で33分ほど。
プレイはフェラ、イラマチオ、尻コキ、パイズリ、SEX、アナルSEX、言葉責めです。
効果音はありません。

「今からミニィの得意技 ミニィのミニミニフェラ 使っちゃうからね」
冒険者の誘惑に成功したミニィは、彼を完全な下僕とするために
更に強力な快感を体に刻み付けようとします。

相手をする冒険者が複数だったり、ミニィ自身に凌辱願望があるため
前半の2パートでは彼女が割と乱暴に扱われるシーンが聴けます。

特に最初のフェラシーンでは、おちんちんを喉奥まで咥えこんでいるのか
「んぶうっ」と苦しそうな声を時折上げながら、かなり速いペースで扱いてくれます。
後半になるとそのままイラマチオに移行しますから
女性を滅茶苦茶にするのに興奮を覚える方は喜ぶことでしょう。

「ミニィと大乱交 エロエロSEX はーじまっちゃーう」
また、続く2番目のパートでは4人の冒険者を同時に相手します。
フェラ、パイズリ、SEX、アナルSEXの同時進行はかなり珍しいですね。

状況だけ聴くと大変そうに思う方もいるでしょうが
ミニィ自身が結構ノリノリでやっていますから、それほどでもありません。

他にもコスプレしてのエッチなど、プレイのバリエーションは幅広いです。
ただその弊害として、個々のプレイ時間は短めになっていますから
その点だけはご注意ください。



軽いタッチのストーリーを楽しめる作品
抜き目的よりは、やり取りの流れや雰囲気を楽しむ作品です。
ネイティファスさんの作品なだけに、完成度はかなり高いと言えます。

ミニィは時には冒険者から攻撃をされながらも
めげずに自分にできることをやり続けます。
そんな彼女の一生懸命頑張っている様子は微笑ましく思えます。

エッチはサークルさんの作風から予想できるように時間は短めです。
抜くとしたら、ちゅぱ音が沢山聴ける最初のフェラではないでしょうか。
その独特の音から、搾り取られるような感覚を味わえます。
全体としてはちゅぱ音と淫語がそこそこ、喘ぎ声はごくわずかです。

最近本作品のような、下級モンスターが工夫して人間を陥れる作品が出てきました。
モンスターに一方的に犯される王道作品も面白いですが
多様性が出るという意味で、こういった作品も今後増えていってほしいものです。

CV:涼貴涼さん
総時間 1:02:17


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ゆうわく取調べ室 ~お姉さん、ボクがやりました~

サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。

現時点における同サークルさんの最新作で
婦警さんによる取り調べがテーマとなっています。
婦警さんが登場する作品は非常に少なく、かなりレアなジャンルと言えるでしょう。

ネイティファスさんと言えば、シナリオ重視の作品スタイルで有名ですが
本作品はお得意のシナリオに加えて、エッチの時間も長く取られており
ストーリーを楽しみたい方、純粋に抜きたい方の両方に対応した作品です。

また、プレイは種類を絞っているおかげで密度があり
特に粘度の高いやや下品なちゅぱ音を、たっぷりと楽しむことができます。



犯罪者に仕立て上げられた主人公
冤罪で捕まえられた主人公が、婦警さんの取り調べで罪を認めてしまうお話。

「ごめんねぇ なんかうちのバカたちが 無理矢理君を吐かせようとしてたって聞いてさ」
婦警さんはやや軽いノリの、物腰柔らかな女性。
拷問じみた方法で吐かせようとしていた男性陣に代わって
彼女なりのやり方で取り調べを行うことにします。

「君はそんな事する人間じゃない ちょっと運が悪くて とばっちり…ね?」
婦警さんは先の取り調べ風景を見ていたのか
基本的にはとてもとても優しく接してくれます。
そうやって相手に心の隙を作り、そこを突くのが彼女流の取り調べなのでしょう。

婦警さんは囁くような優しい声で誘惑したり、若干語気を荒げて突き放したりと
様々な方法で主人公を追い詰めようとします。
このへんのやり取りは、サークルさんが得意としているところですから
自然とお話の世界に引き込まれていくような力を感じます。

このように、導入部分は物語の雰囲気をがっちり掴めるように
エッチな要素は最小限に留め、純粋に2人のやり取りを楽しめるように作られています。



フェラとキス、2つのちゅぱ音を存分に堪能できるエッチ
エッチシーンは時間にしておよそ35分30秒。
プレイはフェラ(イラマチオ)、SEX、キス、キス+手コキとなります。
効果音はありません。

「電車の中で どんな事しちゃったか 早くお姉さんに お・し・え・て」
言葉だけで罪を認めさせるのは難しいと判断した婦警さんは
自分を被害者に見立てて、痴漢の様子を再現させようとします。

大まかなプレイは4種類あるものの
フェラに14分30秒、キスに13分30秒(+手コキの2分30秒を含む)が割かれているため
ちゅぱ音を長時間に渡って楽しめるのが最大の特徴と言えるでしょう。

「それじゃ 最後の喉奥マンコに射精するところまで 頑張って再現しましょうね」
フェラは全体的にペースがゆっくりとしており
おちんちんをちゅーちゅーと吸ったり、口の中で舌を使ってかき回したりと
大人の女性ならではの、ねっとりとしたプレイが繰り広げられています。

時折「ぶぶぶるるるん」といった感じの唾音を鳴らすなど
かなり下品な音で演出されているのがいいですね。
合間に漏れる苦しそうな声も、痴漢っぽさを上手に演出しています。

バキュームフェラをするシーンがあるのですが
「ぶぶびるぐおおろろろ ぶぶるるうびりゅおろる」
聞いたままに文字にするとこのような、やや長い爆音を鳴り響かせながら
主人公のおちんちんを執拗に責めたてます。
ディープなフェラが好きな方には、特に向いているのではないでしょうか。

「ほら 自分が保てなくなっちゃう 自分が何をしているかわからなくなっちゃう」
キスシーンは婦警さんが暗示をかけるように、何度も何度も言い聞かせながら
ぴったりと唇を重ね合わせているかのような、濃厚なキスが楽しめます。

キスシーンの長い作品自体がそこまで多くありませんし
そういう意味では貴重かもしれません。
舌を絡ませて唾液を交換するような音が登場するなど
こちらも大人なちゅぱ音となっています。



ストーリーとエッチのバランスが取れた作品
ネイティファスさんの過去作と比べると、エッチに重点が置かれている印象です。
もちろんストーリーもしっかりしていますから
両方のニーズにより応えられるようになっているように思えます。

ストーリーはテレビドラマなどでおなじみの、非常にわかりやすいシチュで
最終的にはややブラックな終わり方になるものの
お姉さんのキャラのおかげで、そこまで暗い気分にはなりません。
後日談が収録されていないのも救いではあります。

エッチは若干方針を変えられたのか、思いのほかボリュームがあります。
下品なちゅぱ音に的を絞っているおかげで密度が高く
プレイも疑似的イラマチオが取り入れられているなど
サークルさんの作品テーマである、背徳感が十分に演出されています。

個人的には作風が今までとは若干違う点に最も惹かれました。
次回作も既に予告が発表されていますし
そちらもどういった展開の作品になるか、期待しております。

CV:野上菜月さん
総時間 1:02:12


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

乳魔ネールのおっぱいクエスト

サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。
サキュバスの中でもおっぱいに特化した種族、乳魔が登場する作品です。

サキュバスものとしての王道である
人間を誘惑して絡め取るやりとりもさることながら
自慢のおっぱいを使った様々なプレイが楽しめるなど
特におっぱい好きにはたまらない内容になっています。



何かあればとにかくおっぱい
乳魔ネールに冒険者たちが誘惑され、洗脳されるお話。

「サキュバスで その中でもおっぱいに特化した種族 乳魔のネールよ」
ネールは言葉にちょっぴり残虐性の漂う大人の女性。
「ドキドキ色仕掛けダンジョン」という
お色気モンスター専用のダンジョンに住んでおり
久々に現れた冒険者と対峙することになります。

両者は最初敵同士として出会うわけですが
ネールは上位のサキュバスということで、非常に強い能力を持っているため
その余裕からか、まるで世間話をするかのような軽い感じで話しかけてきます。

おっぱいが大きすぎて、体を素早く動かせないこともあってか
話し方もゆっくりとしており、結構和やかな雰囲気で物語は進んでいきます。
彼女自身も、あまり争いは好まないのかもしれません。

挿し絵を見ていただければわかるように
ネールはとてつもなく巨大なおっぱいを持っています。
本作品はもちろん、おっぱいにとてもとても力を入れています。

「おっぱい もっとおっぱい 優しいおっぱい おっぱいが堪らない」
まず「おっぱい」という単語がびっくりするほど出てきます。
スクリプトがあったので調べてみたら、なんと240回。

数字を言われても実感しにくいでしょうから、もうちょっとわかりやすく言うと
私のレビュー1記事の4分の3くらいのスペースが
「おっぱい」だけで埋まるくらいに出てきます。



おっぱいが止まらない
エッチシーンは合計して42分ほど。
プレイの内容はおっぱい挟み、母乳注入、ニプルファック、SEX、母乳シャワー
おっぱいに傾倒したラインナップです。
効果音はありません。

「すぐにおっぱいで 何も考えられなくして あ・げ・る」
自慢のおっぱいをゆさゆささせながら
ネールは四つん這いの体勢で、冒険者にゆっくりと近づいていきます。

エッチの方もおっぱい特化ということで
おっぱいでむぎゅーっと挟み込んでくれたり
フェロモンたっぷりの母乳を飲ませてくれたりと
おっぱいに関するプレイは、パイズリを除いてほぼ揃っています。

「赤ちゃんはね ママのおっぱい飲むのが お仕事でちゅからね」
ネールはデフォルトで母乳が出る体質なようで
飲ませる、浴びせるなど、母乳を使ったプレイを軸として展開するのが特徴です。

母性もそれなりに持ち合わせており、冒険者に甘えられると喜んだり
自分の事を「ママ」と言うなど、母親に甘えるような雰囲気を味わえます。
ただし「~でちゅね」といった赤ちゃん言葉はほとんど出てきません。

「ママの乳首おまんこに射精して ママのおっぱい妊娠させて」
おっぱいならではということで、ニプルファックが出てくるのもいいところ。
かなり稀なプレイなので、あまり期待はしていなかったのですが
盛り込んでくれたのはちょっと嬉しいです。
ただ時間にして2分程度と、非常に短いのが残念ではあります。

このように、おっぱいずくしのエッチを聴くことができます。
SEXもあるにはあるのですが、物語の流れの上で必要になったからする程度で
時間も2分未満ととても短いため、本当におまけのような位置づけです。



おっぱい!おっぱい!な作品
おっぱいに始まり、おっぱいに終わります。

ネールの声や仕草がとても艶めかしく
「あぁん」「んぅん」といった合間合間の声が
大人の女性特有のエロスを放っています。

物語自体は、ネールと冒険者のやり取りに結構時間が割かれており
巧みな話術を駆使しながらゆっくりと近づき
最終的には食べてしまうという一連の流れが楽しめます。
最後の「母乳シャワーで複数誘惑」パートなどは特にその色が強いです。

最終的に冒険者が死んでしまうこともありますが
世界がRPG風になっており、死んでも復活するシステムのため
精を出し尽くして干からびるといった、グロい表現が出てくることはありません。

エッチは母子相姦の色が強く
母親の柔らかくて温かいおっぱいに包まれる、甘いプレイが楽しめます。
喘ぎ声はそこそこあるものの、プレイ内容の関係でちゅぱ音はほぼありません。
おっぱいをどれだけ愛しているかで、きっと評価が分かれるでしょう。

ネイティファスさんの作品ということで
シナリオがかなりしっかりしている作品です。
私は最後まで飽きることなく聴くことができました。

一方で時間の割にエッチシーンは少ないですから
その点だけはご注意ください。

CV:伊東もえさん
総時間 1:28:32


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

万引きJKのペットにされてしまった僕

サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。
「背徳」を前面に押し出した作風で有名なネイティファスさんの
今回のテーマはJKです。

音声作品でJKモノというのは何故か少ないです。
色々と厳しくなっているご時世ですから、仕方がないのでしょうけど…
制服を着た女性の写真を掲載していたら
サイトごと削除されてしまうらしいですし。



万引きJKはとっても無邪気
コンビニ店員の主人公が、捕まえた万引きJKに言いくるめられ
最終的にはマゾペットにされてしまうお話。

JKは気の強そうな声の女の子で
「そんなこと わたし しませ~ん」
万引き現場を押さえられ
バッグから見つかった商品を突きつけられているにも関わらず
最後までしらを切ろうとします。

敢えて語尾をのばしたセリフや
若干バカっぽい言い回しがいかにもJKっぽいです。
声はフルトラさんの「双子」シリーズとほぼ同じです。

JKの印象としては、小悪魔というよりは無邪気と言った方がいいかなと。
確かに作為的に主人公を陥れてくるシーンがあるのですが
その声や行為自体にはあまり悪意を感じません。
自分の行っている事の重大さを、十分に認識できていないように見えます。



「お兄さん」から「マゾ豚」へ
エッチシーンは合計すると40分ほど。
プレイ内容はキス、足舐め、足コキ、オナニーです。
プレイ時の効果音はありません。

「ねぇ 脚フェチのお兄さん わたしの前に跪いて」
早くから主人公の脚フェチとマゾ体質を見抜いていたJKは
そこを突くことで窮地を脱し、逆に彼を従わせようとしてきます。

主人公の属性を生かして
「脚/足」に注目したプレイがあるのが本作品の特徴です。
服従の証としては定番となっている足舐めはもちろん
JKの踏み付けで射精してしまったり
おいしそうな太ももと、ちらりと見えるパンティを見ながらのオナニーなど
テーマをうまく絡めた演出が光ります。

格付けがついたあとは徹底的にペットとして扱われるため
主人公は彼女の体に触れる事すら許されません。
そういう意味ではかなりソフトなエッチではありますが
JKの脱ぎたてパンティを、自分が履いてオナニーするなど
数々の変態的な羞恥プレイが、M方向の興奮を掻き立ててくれます。

調教につきものの言葉攻めについては
ご主人様がJKということもあってか、そこまで厳しくはありません。

所々で「変態」や「マゾ豚」を連呼するシーンがあるものの
「ほら どんどんドキドキする JK様に心を支配されてる」
どちらかというと催眠をかけていくような感じで
主人公の心を屈服させようとしてきます。



シチュエーション重視の羞恥系作品
「JKに調教されて、ぶざまな醜態を晒しながら射精する」
Mにはたまらないシチュエーションを楽しめる作品です。

直接的な刺激よりは、羞恥心による精神攻撃に注力されています。
裏を返せば、これらに興味関心があるかどうかで
本作品に対する評価は大きく変わるでしょう。

後半のプレイは犯罪が絡んでくることによって
かなりの背徳感が演出できていると思います。
ただ、ちょっと展開がJKにとって都合よく進みすぎじゃないかな?と…
Jkの狡猾さよりも、主人公の迂闊さの方に目が行ってしまいます。

CV:紗藤ましろさん
総時間 53:08


オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります



サークル「ネイティファス」さんの同人音声作品。

背徳的なストーリーの作品を、数多く作られているサークルさんです。
本作も例に漏れず、なかなかダークな作品に仕上がっています。



両親を相次いで亡くしたユウ君と、血の繋がらないママ
ユウ君は資産家の息子で
父は死んだ実母の後にケイコママと結婚しますがすぐに他界
残った莫大な遺産を、なんとか手に入れようとするケイコママが
あの手この手でユウ君を籠絡しようとするお話です。

ママは若くて美人で巨乳。
「信じられるのはママだけ 優しいママだけ」
甘い言葉でユウ君を説得しようとしますが
最初はまったく信用されません。
ママが元占い師で、過去に詐欺まがいのことを
していたことを知っているからです。

そんなユウ君を、ママは手を変え品を変え追いつめていきます。
このやり取りに28分と、総時間の実に半分があてられています。



すべてを捧げてしまうユウ君
前半パートの最後に、ママは自慢の巨乳でユウ君にパイズリをしてあげます。
「いいのよ そのまま本能に身を任せちゃいなさい」
「ユウ君はママのもの ユウ君はママのもの ユウ君はママのもの」

初めての快感に抗うことのできないユウ君は
間もなくママのおっぱいに射精してしまいます。

後半はキス→パイズリ→SEXの流れ
最終的に手籠めにされてしまったユウ君は
父親の財産と己の童貞をママに差し出します。

エッチシーンはどれも2分程度と比較的短いのですが
ママのセリフや仕草がとても妖艶で
聴いているだけで興奮してしまいます。
特に「おっぱい」を連呼するところがいいですね。



ストーリー重視のブラックな作品
暗めのシナリオが好きな方には薦められる作品です。
内容的に敬遠されてしまうかもしれませんが、ストーリーはよくできています。
どちらかというとエッチよりシナリオ重視の作品ですね。

ママ役の伊東もえさんが悪女っぽさを上手く演じられています。
特に最後の
「ママがユウ君の財産 きちんと管理してあげるからね」
と言いながらどす黒く高笑いするところが最高です。

CV:伊東もえさん
総時間 56:21


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ