同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ナース

   ● よわよわへんたいマゾさんのための矯正治療ふるこーす
   ● イチャラブ健診!後輩ナースにいっぱい採られて
   ● 【KU100】ドスケベJKナースのダブル色仕掛け検査【バイノーラル】
   ● オナサポクリニック ナースさんに優しく導かれる連続射精
   ● ヒプノメディカル(再レビュー)
   ● 意地悪なナースさんの赤ちゃん言葉色仕掛け
   ● ひたすら事務的に性欲処理をしてくれるナースさん~恋人になっても事務的です~
   ● あまあまでぺろぺろ-白衣の天使-
   ● オナサポクリニック さっさと射精しないとギャルナースから罰ゲーム
   ● ダウナー系仲居のゆまちゃんに温泉旅行中に色エロされちゃうバイノーラルwith わかな&わかば【KU100】




サークル「Little Oasis」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、マゾの矯正を専門に行う珍しい病院を舞台に
3人の女性たちがMな男性をエッチに弄んで治療します。

耳舐めとこちらを見下す言葉責めを両方同時にガンガンするのが特徴で
左右中央に陣取り両耳を同時に責めながら囁き声で「変態」「ばーか」と言って軽く見下したり
おちんちんや乳首を責めたうえで射精をギリギリまで我慢させて心と体の両方を鍛えます。

事前にアイマスクを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
マゾを持ってマゾを制す
すみれ、まゆ、めいながエッチな手段でマゾを治療するお話。

「どうもー。ご苦労さまでーす。ん? あなたは…」
すみれ(挿し絵中央)は丁寧語で話すクールな声の女の子。
マンションの部屋を訪れた主人公を迎えて中に案内すると
治療を始める前にいくつか質問して彼のM度を確認します。

本作品はマゾを病気と定義し治療を施してる彼女たちが
その傾向がある彼をおよそ70分間のエッチで改善させます。
すみれは中央で監督役を務め、左のまゆと右のめいなが彼の性感帯を直接刺激ます。

すみれ「簡単に説明すると、私たちがおにーさんを長い間、性的にいじめ続けます。それに慣れてもらって、免疫を獲得してもらう。という感じです」
彼女たちの治療は至ってシンプル。
彼が大好きなM向けのプレイをじっくり行い耐性をつけさせます。
言葉責め、乳首責め、寸止めと意地悪な要素が充実しており
それらをシーンによって切り替えながら射精をできるだけ遅らせて負けない心を育てます。


3人とも彼が弱いことを理解してるのでいきなり激しく責めません。
心身両面をバランスよく適度に弄んでゆっくり射精へ追い込みます。
囁き声で話しかけるシーンが多いおかげで、いじめられてるシチュの割に雰囲気が穏やかに感じるでしょう。
今回するのはあくまで治療ですから調教との違いをはっきり出してます。

また複数人プレイの持ち味が出るようにエッチのほとんどで耳舐めをします。
序盤は耳の外側を甘噛みしたりキスする、中盤以降は内側を舌先で優しくぐりぐりすると
後になるほどペース・水分・責め方を徐々に上げて変化をつけてます。
質感もリアルで合間に入る吐息に微弱な風圧を感じました。
片方がしゃべる時はもう片方が耳舐めに専念するなど、ちゅぱ音ができるだけ途切れないように工夫してます。

すみれ「うわぁ。体、ぴくってした。罵倒されるの、本当にお好きなんですね。ざーこ」
耳舐めと同時にする言葉責めもなかなか個性的。
「ばーか」「ざーこ」といった軽く見下すセリフを投げかけながら彼を嘲笑します。
Little Oasisさんの作品ではよくやることなので、聴いたことのある人ならお馴染みでしょう。
凹ませるのではなくゾクゾクさせるあたりの強さで聴き手の心を責めてくれます。

まとめると、耳舐めや言葉責めを重視してるややM~M向け作品です。
常に3人で責めるおかげで実時間よりもプレイが濃く感じるでしょう。
おちんちんへの責めは効果音を鳴らすだけですから、それ以外の要素のほうが存在感は大きいです。
役割分担して責めるエッチ
エッチシーンは60分間。
プレイは両耳舐め、おちんちんの愛撫、乳首責め、手コキです。
手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

すみれ「おにーさん、緊張しいなんですね。じゃあまずは、ほぐしてあげないと。何回か深呼吸、しましょっか」
簡単な問診を済ませてからまゆとめいなを呼び出したすみれは
主人公が緊張してるのを見てまずは深呼吸でリラックスさせます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
前半の25分間は勃起や興奮を促すことを目的にした緩めのプレイ。
2分ほどの深呼吸で気持ちをリセットしてから、両耳舐めと言葉責めを同時にやって彼の弱さを確認します。
さらに乳首やおちんちんをソフトに責めて体の感度も見極めます。
これらを始める前にアイマスクを装着する指示も出ます。

すみれ「おちんちんはまだ、勃起させないでくださいね。私がいいよって言ったら、むくむく、していいですからね」
めいな「おちんちん、おっきくしちゃっても構いませんよ? すみれちゃんに内緒で、むくむく させちゃいましょうね」
そして彼女たちは早速連携の取れた責めを繰り出します。
すみれは彼を治療する気でいるので勃起しないようお願いする姿勢を取り
他の2人はそれと真逆のことを言って負ける快感をくすぐります。

耳舐めもまだペースは緩いですけど左右同時にガンガンやりますし
本作品の特徴が既に発揮されてて内容が濃いです。
ちなみに彼はこの治療を受ける前に3日間のオナ禁をしてるそうです。
なのでよりリアルに楽しみたい場合は最低でも2日は射精を我慢してから聴くといいでしょう。

まゆ「ふふふっ ちょっと、反応しすぎー うわあ。あははっ。きーもっ」
乳首やおちんちんをいじるシーンに入ると言葉責めがパワーアップします。
彼があまりに弱いので露骨に見下すセリフが増え
これまで彼の味方をしてたすみれもだんだん呆れ始めます。
囁き声でするためどぎつい印象はしませんがセリフの表現は結構容赦ないです。
乳首責めは音を鳴らさず「かりかり」を小まめに言ってました。

今のところ体の責めはソフトして心を重点的に責めてます。
耳舐めの量が多く密度も高めで耳舐め好きな人ほど楽しめるでしょう。
サークルさんの特徴(言葉責め)をきちんと残したうえで現在の流行(耳舐め)を取り入れてます。

後半の35分間は体への責めもハードになります。
めいながおちんちんを握って本格的な手コキを始め
耳舐めも水分が上がったり耳の内側を責めるシーンが増えて音がよりエロくなります。
そして言葉責めはすみれも彼を貶す側に加わりM心をより強烈にくすぐります。

すみれ「大丈夫だよ、めいなちゃん。弱いマゾに言われたところで、何も嬉しくないから。むしろキモいかも」
彼に治療の意志がまったく見られないのが余程不快だったのでしょう。
今まで通りのクールな声と態度できつめの言葉責めを浴びせかけます。
左右の2人は特に変わらないのですみれが一番きつく感じるでしょうね。
途中からあるプレイも加わって射精したくてもできない状況へ追い込みます。

また前半は両耳舐めをすることが多かった左右の2人も
後半は片方が舐めてもう片方が言葉責めするスタイルへ切り替えます。
相変わらず耳舐めもがっつりやりますけど、それ以上に言葉責めを重視してました。
彼を治療するために始めたエッチがそれと違う意味を持ち始めます。

めいな「びゅー、びゅー、びゅー、びゅーー ぴゅる、びゅる、ぴゅーー びゅーー、びゅーー」
それがよくわかるのが終盤の射精シーン。
彼の願いを聞き届けて3人がかりで射精へ追い込みます。
左右は激しい両耳舐め、中央はきつめの言葉責めをして心身の刺激を強化し
出す時はぴゅっぴゅのセリフを言って上手に応援してくれます。

手コキ開始から射精まで32分もありますから
途中の暴発を回避できれば最後に気持ちいい感覚が味わえるでしょう。
射精させるまでが意地悪だからこそ、事後に優しい言葉をかけて後味を良くしてます。

このように、ふたつの大きな柱を組み合わせて盛り上げるエッチが繰り広げられてます。
優しくいじめてくれる作品
治療と呼べる範囲内で色々意地悪してくれる作品です。

すみれ、まゆ、めいなはマゾをこじらせてる主人公をノーマルな性癖に戻そうと
3人で役割分担しながら耳舐めや言葉責めをして耐性をつけようとします。
しかし彼がこの状況を楽しんでると知ると態度が一変し、よりハードな責めを繰り出して惨めな射精へ追い込みます。

穏やかだけどSっ気もある女医と看護師がM男をエッチに治療する魅力的なシチュ
全編を通じて耳舐めと言葉責めを多く盛り込み、シーンによって強度を変える割と尖ったエッチ
囁き声や柔らかいセリフの表現できつさを緩和する聴きやすさに配慮した作り。
いじめや調教との差別化を図ったうえで女性に弄ばれる快感を与えてくれます。

中でも2番目はサークルさんがこだわってらっしゃるようで内容が充実してました。
耳舐めは片耳と両耳を短い間隔で切り替えてますし
舐め方も単調になるのを防いであって聴き応えがあります。
そして言葉責めはすみれを味方→敵にシフトさせて言い回しに大きな落差をつけてます。

女性が3人いれば耳舐めと言葉責めの両方をがっつりやれますから
このいずれか片方、もしくは両方が好きな人が最も楽しめると思います。
それに比べると乳首責めや手コキはおまけに近いかなと。
乳首責めは時間が短いですし、手コキも治療が進むほどペースが速くなるシンプルなものです。
射精シーンが最後の1回しかないので結構焦らされてる感じがするでしょう。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:すみれ…山田じぇみ子さん まゆ…MOMOKA。さん めいな…君野りるるさん
総時間 1:09:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【試聴版増量中!】イチャラブ健診!後輩ナースにいっぱい採られて

サークル「RadioERO」さんの同人音声作品。
今年6月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、高校時代の後輩で今は看護師をやってる優しい女の子が
久しぶりに会った先輩の健康診断をしながらエッチな悪戯をします。

身長や体重を測定するついでにおちんちんのサイズを確認したり
自分のおっぱいやおまんこを見せつけて視力検査するなど
テーマに沿った形で彼女とあまあまラブラブなエッチを楽しみます。
プレイの種類が多く、そのほとんどにリアルな効果音が入ってるのもポイントです。
後輩ナースのエッチな検査
看護師の向あかりとイチャイチャするお話。

「受付番号25番の方ですね あれぇ? やっぱ先輩だ」
あかりは甘くて明るい声の女の子。
健康診断にやって来た主人公を見て嬉しそうな表情を見せると
軽く雑談してから身長や体重の測定に入ります。

本作品は高校時代にテニス部で先輩後輩の関係だった男女が
大人になって再会し、病院内でおよそ80分に渡る色んなエッチをします。
彼女は当時彼に優しくしてもらったことを今でも覚えており
最初から親しげな態度で積極的にアプローチします。

「もうちょっと下かな あれ、違うな ちょっと下着おろしますね」
体を測定するついでにパンツを脱がせておちんちんを観察したり
ノーブラのまま上を脱いで彼の背中におっぱいを押しつけるなど
健康診断らしさを出しつつとことん気持ちよくして想いをストレートに伝えます。

実際に検査するシーンもありますが、それよりも前後の休憩時間にエッチすることが多いです。
声も態度もあまあまなおかげで雰囲気がとても温かく
年下の女性に大事にされるのが好きな人ほど満足できます。
ナースを題材にした作品では王道の展開ですね。

エッチについてはプレイの種類をかなり多く用意してます。
フェラやSEXといった定番のものはもちろん
乳首責めや素股などややマイナーなものまであり合計すると13種類にのぼります。

またこれらをする際に音が鳴るプレイは全部専用の効果音が用意されてます。
普通の作品では音が入ってないものまできちんと鳴りますし
音質についても大手のサークルさんに準ずるくらいのレベルを持ってます。

彼女が椅子に乗る音や計器を使用する音もあったりと
新規さんとは思えないほど音に対するこだわりを持ってます。
音がしっかりしてればそれだけイメージしやすくなりますから大きな魅力と言えます。
おちんちんを味わい尽くすエッチ
エッチシーンは6パート63分間。
プレイは耳舐め、おちんちんのサイズ測定、手コキ、SEX(バック、騎乗位、正常位)、おっぱいを押しつける、乳揉み、キス、乳首責め、素股、フェラ、パイズリです。
服を脱がす、手コキ、SEX、おっぱいを押しつける、乳揉み、乳首責め、素股、パイズリの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「じゃあ まずは竿を上下にこすこすしてみますね」
身長体重の測定を終え主人公を座高計に座らせると
あかりは軽く手コキしてから自分のおまんこでおちんちんのサイズを計ります。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の2パート13分間は彼女の性格をわかりやすく描いたプレイ。
「密着!身体計測」はバックでのSEXで1回射精させ
「中身を拝見しま~す 胸部X線検査」はおっぱいを押しつけながらの耳舐めで再び元気にします。

「ここは ただ今先輩専用の おちんぽ測定器となっております」
「ねぇ先輩 私今 パンツ穿いてないんです」

彼女の彼に対する気持ちは高校時代から変わってないのでしょう。
彼のおちんちんを見てすっかり濡れたおまんこを「おちんぽ測定器」と言って捧げ
挿入後は艶めかしい声を漏らしながら粘着質な水音を鳴らして巧みに誘惑します。
そしてX線検査の時は下着をわざと脱いで男心をくすぐります。

「彼のことが好き」という前提があるので痴女と呼ぶほど下品には感じません。
彼のためにとことん尽くすことで感謝の気持ちを伝えつつ当時の関係を取り戻そうとします。
高校卒業後から今まで2人は一度も会ってませんから
彼女の好感度がマックスだったとしてもこういうシーンは必要だと思います。

初っ端からSEXをするのも珍しいですね。
本作品には6パート中4パートもSEXシーンがあり、そのすべてで生挿入&中出しを決めます。

中盤の2パート33分間は2人の関係が進展するプレイ。
「しっかり見てて!視力検査」はお互いの大事なところを観察し合ってから騎乗位で繋がり
「ドキドキしてるよ?心電図」は同じく騎乗位で乳首や耳も同時に責めます。

「ほら 先輩と繋がってるとこ 見てください」
やることはほぼ同じでも両パートはセリフの内容が随分違います。
視力検査は名前の通り見ることを意識したおねだりが多く
おっぱい、おまんこ、結合部など男性が興奮するところを見せつけて射精へ持っていきます。
それに対して心電図はちゅぱ音の量を上げ純粋なエロさで押します。

前項で説明したように本作品は効果音が充実してますから
セリフ抜きでも十分射精できるレベルのエロさを持ってます。
挿入に合わせて熱っぽくなる彼女の吐息や普段よりも艶めかしい喘ぎ声も良いです。
今後の2人を決定づけるやり取りもあるなど、体だけじゃなく心もきちんと近づけてくれます。

終盤の2パート17分間はより甘さを引き立ててるプレイ。
「キツめに絞めちゃう♪血圧測定」はフェラとほんの少しのイラマチオ
「いっぱい採れたね☆採血」は騎乗位からの正常位SEXで1回ずつの射精に導きます。

「先輩のザーメン 美味しかった」
フェラは彼の健康チェックも兼ねてるので最後に精飲が登場します。
勢いよく飛び出す精液を驚いた様子で全部受け止める姿に優しさを感じました。
射精の直前に腰を動かす指示を出し、自分の口をオナホ扱いさせるところにも健気さが表れてます。
彼女が常に尽くしてくれるので完全女性上位でも属性はほぼノーマルです。

通しで聴いた感想ですが、正統派のイチャラブストーリーで安定感がありました。
彼女が彼にここまでする理由がはっきりしてますし
エッチについても文字通り全身を捧げる展開でキャラに合ってます。
乳首を指でいじったりおっぱいを押しつける動作に効果音が入ってるのもリアリティの向上に役立ってます。

ですが今の構成だとSEXに偏り過ぎかなぁと。
射精に絡むプレイのほとんどがSEXなので各パートの違いが出にくくなってます。
これが例えばSEXに特化した作品なら別にいいと思うんですけど
本作品はキャラやシチュに力を入れてますからこだわる必要はないと見ています。

プレイの種類がこれだけ多いのにフィニッシュの形を絞ってるのはもったいないです。
このパートはフェラ、このパートはパイズリといった具合に
パートによって〆のプレイを変えたほうがより充実したエッチになると思います。
手コキでビーカーに吐き出させるとかは健康診断との相性が良いですしね。

このように、健康診断をしっかりやったうえで愛情も注ぐ甘いエッチが繰り広げられてます。
正統派のイチャラブ作品
好意を抱いてる看護師がひたすら尽くしてくれるエロ重視の作品です。

あかりは高校時代に好きだったけど想いを打ち明けられなかった主人公と再び仲良くなろうと
健康診断のお仕事をしながらその合間にエッチなことをやってスッキリさせます。
そしてある程度進んだ後は恋人に近い雰囲気で接して心の距離も近づけます。

優しくて面倒見のいいナースが大好きな先輩にご奉仕するノーマル向けのシチュ
各検査の内容にできるだけ合わせて責めるテーマを活かしたエッチ
最中に鳴る多種多様でリアルな効果音の数々。
キャラ、シチュ、プレイと18禁音声作品を構成する各要素に個性を持たせてあります。

「今から調べるのは 安静じゃない時の状態を調べます」
中でもエッチはそれをする口実作りをしたうえで色んなプレイを披露します。
時間に対してプレイの種類が多い作品の場合、説明の割合が増えて抜きにくくなりがちなのですが。
本作品は総時間の8割近くをエッチシーンに費やしてるので物足りなさはありません。
2人の関係が最初に定まってるから他人同士に比べて余計なやり取りが要らないのも影響してます。

あとは言葉よりも行為で気持ちを伝えてるのも大きいです。
作中で彼女が「好き」と言うのはごく僅かで、エッチを通じて愛してることを表現します。
そしてほとんどのプレイに効果音が入ってるのを活かして説明や実況のセリフを少なめにしてます。
小さなことをひとつずつ積み重ねてより自然なエッチにしてるところが素晴らしいです。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 1:23:43

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年11月24日まで80%OFFの176円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

【KU100】ドスケベJKナースのダブル色仕掛け検査【バイノーラル】

サークル「甘辛ギネコクラシー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、性格は多少違うけどどちらもエッチ大好きな2人のナースが
検査を受けに来た童貞をエッチに誘惑して何度も射精させます。

体を責めつつ多彩な言葉責めをするのが特徴で
自分よりも年下の女性に弄ばれる快感をソフトにくすぐりながら
恋人宣言や中出しなど男性が魅力を感じる要素を餌にして巧みに誘導します。
言葉責めは小馬鹿にする程度ですからややMな人が最も楽しめるでしょう。
JKナースのパワフルな色仕掛け
アリサとルイに誘惑されながら射精を我慢するお話。

「こんばんはー 初めまして色仕掛けナースのルイでーす」
ルイは甘く可愛い声の女の子。
「同じく 色仕掛けナースのアリサです」
アリサは上品で穏やかな声のお姉さん。
色仕掛け誘惑検査を受けるために入院した主人公に挨拶すると
自己紹介しながら早速彼を誘惑します。

本作品は学校に通いつつナースのお仕事もこなしてる2人が
患者の1人にあたる彼と80分に渡って5種類のエッチをします。
「彼女たちから色仕掛けを受け続けて射精を我慢できたら勝ち」というルールを定め
彼を全敗させようと色んな方向から心身をバランス良く責め立てます。

アリサ「アイドルみたいな顔してるのに 全身からフェロモンぷんぷん撒き散らしちゃってる おちんぽ大好きなエロ娘」
序盤から大きなおっぱいを左右同時に押しつけて勃起を促したり
ビッチなことをはっきり告げたうえで女の武器をストレートにぶつけるなど
序盤からエロさを前面に押し出した明るい色仕掛けをしてくれます。

今回するエッチはあくまで検査ですから、彼が負けてもそこまできついことは言いません。
「本気じゃなくて演技ですよね?」とフォローしたり「ばーか」と軽く見下す程度に留めてます。
彼女たちは色仕掛けのプロだから勝って当然と思ってるのかもしれませんね。
彼がいい気分に浸りながら負けられるよう言葉責めにも力を入れてます。

ただし、これだけだと負けても敗北感や罪悪感があまり湧かないだろうということで
彼には婚約者がおり、その女性に頼まれてこの検査を受ける設定がされてます。
彼女はガードが相当に硬いらしく、間もなく結婚するほど仲が良いのに
今までエッチはおろかキスすらさせてくれません。
検査を受けさせたのもおそらく結婚後に彼が浮気しないか確かめたかったのでしょう。

そんな生殺しの状態で1週間オナ禁してから2人の色仕掛けを受ける。
婚約者を取るか、快楽を取るかの状況に追い込み負けた時の快感を大きくします。
寝取られっぽいシチュですが、婚約者とはまだ一度も寝てないので少し違うように私は思います。

体への責めについては女性が2人いる状況を活かすことが多いです。
どのパートもアリサは左、ルイは右に陣取って至近距離から話しかけ
手コキと同時に耳舐めやキスをしたり、SEXシーンではやってない側が言葉責めを担当します。
全体的に密度が高いので属性さえ合ってれば抜きやすいほうと言えます。

ドスケベJKナースが年上の童貞を言葉と肉欲で負けに追い込む。
明るくて濃いめのエロが味わえるややM向けの作品です。
男の弱点を的確に突くエッチ
エッチシーンは5パート65分間。
プレイは手コキ、キス、耳舐め、乳首舐め、オナホコキ、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナホコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ルイ「というわけで 早速検査始めちゃいまーす」
これからする検査のルールを説明したアリサとルイは
早速左右に陣取りゴムを装着してからおちんちんをしごき始めます。

エッチは熟練者の彼女たちが終始責め続けます。
最初の2パート24分でするのは手コキベースの色仕掛け。
track1は言葉責め、track2はキスや耳舐めを交えて1回ずつの射精に導きます。

アリサ「でも こうは考えられませんか? 5回で不合格ってことは 4回まではセーフだって」
アリサ「大人の癖に 小娘の手コキに負けるなんて 恥だし」
track1はまだ序盤なのでキャラや雰囲気作りを重視してます。
自分たちがいかにエロいかをわかりやすく伝え、カリや亀頭を集中攻撃します。
そして彼が射精しそうになったら「4回までなら大丈夫」と言って心の緩みを誘います。
ルイは年下に負ける屈辱感をくすぐるなど心への責めが本当に的確です。

確かに5回中1回我慢すればいいのにここで終わったら損でしょうね。
特に彼は今のままだと結婚するまで女性と一切エッチできなくなります。
作品固有の要素をきっちり盛り込んだ言葉責めをして射精したい状況へ追い込みます。

アリサ「私たちとのキスは 言わば舌と唇を使ったSEX」
それに対してtrack2は複数人プレイの持ち味が出ています。
おちんちんへの責めは引き続き手コキですが
アリサ→ルイ→アリサ→2人同時と数分ごとに交代しながらねっとり系のキスもします。
そしてキスしてない側は耳舐めでそれを応援します。

片方ずつしゃべるおかげでちゅぱ音の途切れる時間が短くなってますし
track1よりもストレートなエロを追求してて内容が濃いです。
言葉責め、複数人プレイ、そして負けシチュ。
作品の特徴を組み合わせて女性に弄ばれる快感をたっぷり味わわせてくれます。

M度が最も高いのは次のtrack3(約15分)。
さらに後日、彼にそろそろ本気で我慢するようけしかけてから
病院特製のオナホでおちんちんをさらに激しく責め立てます。

アリサ「ほーんと バカ丸出しの顔ですよね ばーか ばーか」
ルイ「乳首はマゾの弱点だもんね ちょっといじっただけでキモい喘ぎ声出しまくり」
彼があまりに弱いので普段は温厚なアリサも彼を小馬鹿にする態度を取り
元々Sなルイはストレートに見下しながら彼の乳首を擦ったり舐めます。
凹むほどきついことは言いませんけど、前の2パートに比べれば明らかにパワーアップしてます。
彼が快感に慣れるのを防ぐために言葉責めの属性にも多少の落差をつけたのかもしれません。
オナホコキは手コキとほぼ同じ効果音を鳴らしてました。

終盤の2パート26分は打って変わって甘さを感じるプレイ。
track4は愛の言葉を投げかけながらのオナホコキ
track5は交互の騎乗位SEXで幸せな射精に導きます。

アリサ「私たちを彼女にしたら 私たちはお兄さん専用のオ・ナ・ホ」
パートの序盤に自分から彼の恋人になると宣言し
キスしながら「付き合えばこの体を好き放題できるよ」と言って心を引き寄せます。
track3と続けて聴いたら同じオナホコキでも随分違う印象を受けるでしょうね。
ぼちぼち彼の全敗が見えてきた局面だからこそ、大きな飴をちらつかせて負けやすい状況を作ります。

アリサ「ほらお兄さん 今度こそ中出し決めてください ザーメンでとどめ刺しちゃってください」
track5はその色がさらに強くなります。
これまではゴムありだったのに今回は敢えてなしを選び
騎乗位で挿入してから中出ししてくれるようお願いします。

色仕掛けで散々負かされてきた生意気なJKたちを自分のおちんちんで屈服させる。
男性が持つ征服欲を上手にくすぐり最後の射精を引き出します。
このパートだけは彼女たちの吐息が熱っぽくなり喘ぎ声も漏らすので
純粋なエロさについてもtrack2と同じくらいの品質を持ってました。

プレイ構成や言葉責めがパートごとに結構変わりますから
人によって一番抜けるパートは違うんじゃないかと思います。
言葉責めが好きならtrack1と3と4、エッチな音声の量と密度ならtrack2と4に分があります。

このように、多彩なアプローチで童貞を弄ぶ高度な色仕掛けが繰り広げられてます。
シチュと言葉責めが魅力の作品
暗さや悔しさをあまり与えずに負けさせてくれる甘めの色仕掛け作品です。

アリサとルイは婚約者に頼まれて色仕掛け検査を受けに来た主人公を射精させようと
最初からエロさ全開で彼に接して勃起を促し、その後は手・オナホ・おまんこで気持ちよくします。
そして最中はノーマル~M向けの言葉責めをガンガンぶつけて心も同じくらい盛り上げます。

2人のドスケベJKナースが童貞をエッチに検査する魅力的なシチュ
パートや状況によって変化する充実した言葉責め
複数人プレイの持ち味を活かした濃いめのエッチ。
ややMな男性が喜ぶ要素をいくつも盛り込み気持ちよく負かしてくれます。

中でも2番目は駆け引きが上手でするすると引き込まれるのを感じました。
同じ言葉責めでもパートによって内容や方向性が随分違います。
検査のルールや婚約者がいる状況を活かして流れのあるエッチに仕上げてます。

複数人プレイなのでちゅぱ音や喘ぎ声のエロさも十分にありますけど
私は言葉責めが本作品を最も象徴する要素だと思います。
量が多く、内容が幅広く、仕掛けるタイミングが絶妙と光るものをいくつも持ってます。

アリサ「お兄さんさえ望むなら 私たちが特別に お兄さん専用のおまんこナースになってあげてもいいですよ」
彼女たちについては検査だからといって事務的に振る舞わず
今回のエッチを純粋に楽しもうとする姿勢で取り組みます。
こちらを小馬鹿にしたり負けに追い込むこともありますけど悪意を持ってるわけではありません。
童貞相手でも一切手を抜かずに色仕掛けする姿はプロらしいと言えます。

結婚目前まで来てるのにキスすらさせてくれない女性よりも
彼女たちを選んだほうが明るい未来が送れるのではないでしょうか。
やり方がストレートなので雰囲気も明るくカラッとしてます。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:21:52

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

オナサポクリニック ナースさんに優しく導かれる連続射精

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は甘いけど性格は多少Sなところもあるナースが
比較的ハードなオナサポでM男のお願いを叶えます。

連続射精を目指してリードするのが最大の特徴で
1回目は焦らし&寸止め重視、2回目はエロさ重視とやり方を多少変えながら
きめ細かな指示とややM向けの言葉責めを組み合わせて心身をバランスよく盛り上げます。
連続射精に初挑戦
ナースに指示されながらオナニーするお話。

「こんにちは オナサポクリニックへようこそ」
ナースは甘く穏やかな声のお姉さん。
クリニックへやって来た主人公を嬉しそうに迎え、過去に来たことがあるか尋ねると
サービスを始める前にこれから何をするか簡単に説明します。

本作品は男性にとって結構ハードな連続射精を応援することを目的に
彼女が50分程度に渡って色んな指示を出したり軽めの言葉責めをします。
元々彼が連続射精したがってるので調教色はまったくなく
彼女も心身にできるだけ負担をかけないよう気を配ってサポートします。

オナサポ作品は1回の射精に向けて責めるものが非常に多く
最初の時点から2回が確定してる作品はごく稀です。
ガチで挑戦すると大変でしょうが完遂した時の達成感もなかなかのものです。

エッチについては時間をほぼ半々に分けそれぞれで異なるリードをします。
1回目は寸止めを繰り返してギリギリまで追い込み
2回目は激しくしごく代わりに休憩を小まめに挟んだり耳舐めで後押しします。

両方同じやり方だと気持ちを盛り上げるのが難しいからこのスタイルにしたのでしょう。

「今日はきついオナニーするんだから じっくりマッサージしてあげないとね」
「変態さんは我慢するのが大好き そうだよね?」

これらと同時に行う言葉責めも大きなポイント。
ナースらしく優しい態度で接しながらMが喜びそうなセリフを投げかけます。
彼女がSというよりは彼の性癖に合わせてるように映りました。
今回のオナサポは刺激を強くする必要があるので、そのへんはきちんと割り切ってます。

2連続射精を目指す展開と変化に富んだリード。
オナサポを専門に作ってるサークルさんらしい個性的できめ細かな作品です。
ちょっぴり意地悪に応援するエッチ
エッチシーンは46分間。
プレイはおちんちんを握られる、おちんちんのマッサージ、オナニー、耳舐めです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあまずは おちんちんをおっきくさせようか」
オナサポの概要を説明してから主人公に服を脱いでもらいベッドへ寝かせると
ナースはひとまずおちんちんを優しく握って勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
前半の26分間は1回目の射精。
3分程度彼女に握ってもらってから1分間しごく/休むのを数回繰り返します。
そして十分温まったところでカウントに合わせてじっくりオナニーします。

「オナサポしてもらえるのと引き換えに お兄さんの射精の権利は 全部私のもの」
そして彼女はこれらをできるだけ緩いルールで進めます。
オナサポでは定番のシコシコボイスを言わない代わりにバックで効果音を鳴らし
自身は指示を適度に出したりややM向けの言葉責めを浴びせかけて主に心を責めます。

連続射精を目指す場合、やる気や性欲をいかに維持できるかが鍵になりますから
指示重視にして雰囲気が淡白になるのを避けたのでしょう。
そこまで辛辣なことは言わないものの、多少は意地悪されてる気分がします。

カウントは10から始まって0で射精するお馴染みのルールを定め
数字が減るほど自分を追い込むように言われます。
1セットあたりの時間が約4分もあり、カウントの合間に長めのセリフを挟んで焦らします。
およそ13分間ほぼノンストップでオナニーするので
2~3日オナ禁した状態で聴けば射精は割と簡単にできると思います。

続く後半の20分は本題の連続射精。
1分程度の休憩を挟んでから自由なペースで再開し
さらに短時間でしごく/止めるを繰り返して無理なく射精感を高めます。

「おちんちんを いつもより強めに握って うん、いいよ その状態で いつもより大きくしごくの」
そしてここからは彼女の左耳舐めや両耳舐めが加わります。
水分高めでコリコリした音がエロく、再度の射精を応援する重要な役割を果たします。
休憩は小まめに挟みますがしごくペースを強くするあたりも目的意識が強くて良いですね。
前半に比べて時間が短く、射精直後の状況となると心身両面に1回目以上の刺激を与えるのが望ましいです。

私も実際にやってみたところなんとか連続射精できました。
ただ2回目はどうしてもきつくなるので、純粋なエロさを上げたほうがいいとも思いました。
耳舐めのボリュームがもう少し多かったら今より難度が下がったのではないかなと。

このように、手順を踏んで着実に連続射精へ持っていくタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
比較的短時間での連続射精に挑んでる意欲作です。

ナースは自分でやってみても上手くいかなかった主人公に連続射精をプレゼントしようと
甘い声と優しい態度で接しながら1回目と2回目をほぼ同じ時間に分けて順に行います。
そしてそれぞれでプレイ内容を変え、心身にできるだけ負担をかけないよう気遣って進めます。

お姉ちゃんっぽいナースが連続射精オナサポをするややM向けのシチュ
指示、カウント、言葉責め、耳舐めを組み合わせた多彩かつ効果的なエッチ
適度に励ましたり軽く貶して彼を奮い立たせる面倒見の良いキャラ。
雰囲気をできるだけ甘くしてハードなプレイを中和することを心がけてます。

中でもエッチは1回目は焦らし&寸止め、2回目はエロさを出しつつ強めにしごくと
同じオナサポでも内容が大きく違ってて面白いです。
今回のように本気の連続射精を目指すとなるとそれに向けたリードが必要になります。
もう少し時間があったほうが楽な気もしますが、この中でやるということならベストを尽くしてると思います。

「2回目のしごき始めは本当に辛かったと思うけど よく頑張りました」
あとは彼女の優しさが心を潤してくれます。
仕事だから時折厳しく接してるだけで悪意はまったく感じません。
これも聴き手にやる気を出させるための工夫なのでしょう。

射精シーンは2回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 53:01

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月16日まで20%OFFの864円で販売されてます。

ヒプノメディカル

サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第44回目は穏やかでSっ気もあるナースが
催眠を交えたアブノーマルな治療でおちんちんを元気にします。

サークルさんらしい変態度の高いエッチが行われており
四つん這いになった彼のアナルをじっくり観察したり舐めて羞恥を煽り
挿し絵に描かれてる特殊な液体におちんちんを浸して感度を上げる、といった具合に
普通の人ならドン引きしそうなプレイをいくつも盛り込んでMを喜ばせます。
変態ナースのエッチな治療
ナースに催眠をかけられ恥ずかしいオナニーをするお話。

「はじめまして 私はこちら ヒプノメディカルクリニックのナースです」
ナースは上品で穏やかな声のお姉さん。
主人公に挨拶しここに来た理由を確かめると
催眠を使った治療を始める前にやって欲しいことがあると言います。

本作品は体を治すのではなく性癖を満たすことを目的とした病院で
彼女が80分程度を使ってそれに沿ったエッチな催眠を施します。
ドM向けの作品をいくつも制作されてるサークルさんなだけあって
今作も他ではなかなか味わえないぶっ飛んだプレイがいくつも登場します。

「あなたのおちんちん お薬の効果で どんどん気持ちよくなっちゃいますよ」
全編を通じて言える大きな特徴は治療らしさ
催眠パートは病院でお馴染みの行為を使って催眠状態を深め
エッチも媚薬効果のある薬を起点に性感を上げるアプローチが登場します。

プレイは変態的ですけど彼女の声や態度は終始穏やかです。
彼のすべてを受け止めたうえで発散させようとする姿勢はまさしくナースと言えます。

また音声を聴くにあたって以下の約束を冒頭で交わします。
1、予め全裸になっておくこと
2、陰毛を全部剃っておくこと

前者は簡単ですが後者はなかなか珍しい要求ですね。
病院で治療する際に剃ることがあるから取り入れたのでしょう。
もちろんエッチでそのことに触れて羞恥を煽るシーンも登場します。
独り暮らししてる方なら見つかることもないでしょうし、できればやっておくことをおすすめします。
全身を心地いい痺れに包まれて
催眠はおよそ26分間。
横になって目を瞑り、まずは6分くらい深呼吸を続けて心身を落ち着けます。

「頭に入っている 余計な力が抜けて 頭がボーッとしていく」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながら2セットごとに脱力の暗示を入れてくれます。
本作品のエッチを存分に楽しむには深い催眠状態に入っておくのが望ましいです。
だから変態要素はひとまず置いてシンプルかつ丁寧に誘導します。
この後も深呼吸を続けるため、多くの人が安らぎや眠気を感じるでしょう。

お次は今いる病室の様子を軽くイメージしてから彼女が麻酔をかけます。
頭、腕、足、股間や腹、そして脳と全身を一往復する感じに意識を向け
そのひとつひとつに痺れを感じる暗示を入れて感覚を少しずつ伝播させます。


「脳みそが どんどん痺れていく あまーく痺れていく」
「私がそう命じたから 深呼吸をするのは とても気持ちがいい 気持ちいいから 従いたくなる」

催眠の約半分にあたる12分も時間を割き
引き続き深呼吸と並行しながらゆっくりじっくり進めます。
最中に彼女への服従心を膨らませるのも良いですね。
深化させつつエッチを楽しめる環境を整えます。

私が聴いた時は手のひら、足の裏、首筋あたりにピリピリしたものを感じました。
しばらく正座した時に感じるものに近い心地いい痺れです。

治療っぽさを持たせた癒し重視の催眠です。
聴き手の体をある程度痺れさせ、かつナースの言いなりにすることを目的に
最初は深呼吸、次は麻酔の処置と時間に対してやることを絞り手厚く行います。

カウントを数えたり「落ちる」と暗示を入れるシーンはありませんが
麻酔のやり方がとても入念なおかげで催眠の世界にどっぷり浸かることができます。
この後のエッチで体をそれなりに動かす指示が出ますから
催眠初心者よりも中上級者向けの内容だと思います。
羞恥を快感に変えるエッチ
エッチシーンは3パート41分間。
プレイはアナルを見せつける、アナル舐め、フェラ、おちんぽドーピング、床オナニー、アヘ顔、お掃除です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありませんが射精表現はあります。

「それでは 今から治療を始めてあげます」
催眠を使って治療の準備を整えたナースは
主人公に四つん這いになってもらい、後ろからアナルとおちんちんを検査します。

エッチは彼女に言われた通り動きます。
最初のHM-03は「羞恥」をテーマにしてるパート(約23分)。
彼のお尻やおちんちんに顔を近づけて匂いを嗅いだり舌で舐めて状態を確認し
それから特性の薬におちんちんを浸して快感を注入します(おちんぽドーピング)。

「その体勢だと 見事なまでに 黒ずんでいて汚いアナルも 股間からぶら下がってる粗末なおちんちんも 丸見えで 最高にだらしないですよ」
そして彼女は多くのシーンで恥部を見られてることを意識させます。
舐めるシーンでは実際にちゅぱ音も鳴らしますし、治療風景をエッチに描いて気持ちを盛り上げます。
これらをするにあたって彼女が楽しそうな表情を見せるのも印象的でした。
普通の女性ならまず嫌がることを積極的にやって変態プレイを受け入れやすくしています。

続くHM-04はお待ちかねの射精シーン(約16分)。
とある言葉を何度も言っておちんちんに薬が染み込んでる感覚を伝え
さらに四つん這いからうつ伏せに変更し、ベッドへおちんちんを擦りつけて射精を目指します。
手でいじる指示は出ませんから絶頂形式はセルフなしのウェットとなります。

「おちんちんから ミルク搾り出すときは ちゃーんと恥ずかしいアヘ顔で ミルク出ちゃいますーって言ってくださいね」
彼女の語気が強くなってセリフもやや命令口調へ変わり
パート後半は彼にアヘ顔までさせて最低の射精へ導きます。
他の人に見つかったら社会的に死にますので、聴く際の環境にはくれぐれもご注意ください。
体力とプライドを結構消耗する見返りに刺激的な射精を迎えることができました。

ここまででも十分気持ちいいのですが、モルモットストリップさんの作品にはまだ続きがあります。
最後のHM-05では絶頂の余韻に浸る彼に最も過激な命令が下されます。
名前が「ハードなお掃除」となってることからなんとなくイメージできるのではないでしょうか。
サークルさんの過去作を視聴済みの方にとってはお馴染みのプレイです。

このように、Mが喜びそうなことをガンガンやるぶっ飛んだエッチが繰り広げられてます。
羞恥に悶えられる作品
現実世界の女性相手だとまずできないことさせてくれる個性的な作品です。

ナースは性欲をなかなか発散できない主人公を満足させようと
まずは催眠を通じて自分の言うことに従える心構えを身に着け
エッチは彼の性癖に合ったプレイをガンガン投入して気持ちよく射精させます。

穏やかでちょっぴりSなナースがドMの男性をもてなす変態向けのシチュ
深呼吸を多めにやりながらリラックスと痺れを与える堅実な催眠
四つん這いやうつ伏せで見られる快感と純粋な快感をバランスよく与えるエッチ。
テーマの「治療」をしっかり盛り込んだインパクトの強いサービスが楽しめます。

中でもエッチは色んなプレイを通じて陶酔感も膨らませていて熱中しやすいです。
エッチで体を動かす場合、寝たままに比べて催眠状態の維持が難しくなりますから
そこをクリアするためにこういうのめり込めるプレイにしたのでしょう。
射精の後に最大の試練を用意してるのも相まってダレずに聴くことができます。

射精シーンは1回。
淫語多め、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上のことから前回と同じ点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:18:19

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

意地悪なナースさんの赤ちゃん言葉色仕掛け

サークル「はちみつトラップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉さんナースが
女性に反抗的な態度を取る男の子をエッチな手段で従順にします。

最初はおっぱい、次は太もも&お尻と女性の魅力的な部位をひとつずつ味わわせ
さらに赤ちゃん言葉を交えたセリフでとことん甘やかすなど
彼の抵抗心を徹底的に削ぎながら気持ちよくして離れられなくする変わった調教が楽しめます。
反乱分子を甘やかしで鎮圧
隔離病棟のナースが少年をエッチで手懐けるお話。

「うふっ あら? 思ったより可愛い患者さん」
ナースは甘く穏やかな声のお姉さん。
男女平等を訴えた結果、隔離病棟に運ばれた主人公に挨拶すると
彼をとことん甘やかして女性に逆らう気力を奪います。

本作品は現実世界よりも女性がずっと強い力を握ってる世界を舞台に
彼女がそれを変えたいと考えてる彼を80分程度に渡ってエッチに治療します。
シチュだけを見ると割かしヤバそうな空気が漂ってますが
実際は年上の女性が持つ優しさで包み込みながら気持ちよくする王道のおねショタ路線で進めます。

「男の子はね みーんな女の子のことが大好きなの」
体を近づけただけで緊張する彼に女性の素晴らしさを教え
そのまま抱きしめて頭を撫で、さらに大きなおっぱいで顔を包み込むなど
男性がされたら喜ぶことを積極的にやって少しずつ骨抜きにします。

最終的に彼が屈服するのでやってることは間違いなく調教です。
でもそこに至る道筋が大変甘く、幸せを感じながら堕ちることができます。
こういう施設に所属してるだけあって文字通り手のひらで転がすように彼をあっさり矯正します。

「おこちゃま扱い 感じちゃうんでちゅかー?」
それに最も貢献してるのが赤ちゃん言葉
エッチの序盤に彼が赤ちゃん扱いされるのを好むことを知るとすぐさま取り入れ
それと幼児プレイを組み合わせて素直に甘えられる環境を作ります。

はちみつトラップさんの場合、相手を小馬鹿にする意味合いでこれを使うこともあるのですが
本作品では純粋に甘やかすことを意識しており聴けば聴くほど脳がとろけます。
ナース役の大山チロルさんは年上キャラを数多くこなされてる方ですし
各要素を安心できるもので固めて作品に統一感を出してます。
相手の気持ちを考えながらするエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイはぱふぱふ、おちんちんの愛撫、手コキ、顔面騎乗、パイズリ、キス、授乳手コキ、玉揉み、素股です。
おちんちんの愛撫、手コキ、パイズリ、素股の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「そういう悪い子には おっぱいぱふぱふの刑だよ? えいっ」
主人公に事情を説明し、検査するために体を近づけたナースは
それでもまだ抵抗しようとする彼をぎゅっと抱きしめ柔らかいおっぱいを押し付けます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
一番最初の「2.おっぱいぱふぱふ手コキ編」は彼女の素晴らしさをわかりやすく描いたパート(約21分)。
ハグからのぱふぱふで彼を大人しくしてから2種類の手コキでゆっくり射精へ導きます。

「(おっぱいに)沈めば沈むほど お姉さんのあまーい匂いがするからね」
彼女は男性が快感に弱いことをよく知ってるので
彼が抵抗する姿勢を見せても態度を厳しくすることはありません。
自慢のおっぱいを存分に堪能させながら優しい言葉をかけて敵じゃないことをアピールします。
そしてある程度従順になったあとはおちんちんに的を移して女性にお世話される喜びを教えます。

やってることは定番のおねショタプレイなのですが
最中の駆け引きがとても上手でするすると引き込まれていくのを感じました。
彼の気持ちを汲み取りながら甘やかすおかげで調教とは思えないほど穏やかな空気が漂ってます。

手コキについては彼がまだ思春期の少年ということで
通常よりも責めるペースを緩めて暴発を防ぐ工夫がされてます。
最初はズボン越しに指で撫でたり爪で引っかく、その次は素手で握ってリズミカルにしごく慎重なリードです。
射精時には必ずぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなど本当に至れり尽くせりです。

次の2パート34分間は本格的な治療を施すシーン。
「3.ふとももとお尻の顔面騎乗&パイズリ編」は69の体勢によるパイズリ
「4.集団嘲笑授乳手コキ」は3人のナースが彼女の授乳手コキを見ながら軽い言葉責めを浴びせます。

「ほらほら スカートぱたぱた あっ 見えそ 見えそ お姉さんの短いスカートがはためいて パンチラ見えちゃいそう」
「こんな気持ちいいこと覚えちゃったら おちんちんダメになっちゃいまちゅねー」

前のパートで彼の心を突き崩した後も彼女の甘やかしは留まるところを知りません。
おっぱいの次は太ももやお尻にターゲットを移してそれらをさり気なく見せつけ
彼が十分興味を持ったところで馬乗りになりガン見させながら股間の匂いも嗅がせます。
そしておちんちんをおっぱいで包み込みながらダメになる快感を教えます。

新しい飴を与えるタイミングが絶妙で嫌な気分を抱くことなく降参できます。
そしてこれは「彼を女性に歯向かえなくする」という治療の目的とも一致します。
ナースと主人公の両方が利益を得る形でエッチしてるのが素晴らしいです。

ナース3「ちっちゃくて 役立たずのくせに 性欲だけは人一倍ですか とんだ変態の お子ちゃまマゾチンチンですね」
それに対して「4.集団嘲笑授乳手コキ」はパートの序盤に授乳を始め、3人のナースを呼んだ後に手コキを加えます。
元気系、クール系、熟女系とタイプは異なるものの全員それなりのSっ気を持っており
大きくなっても赤ちゃんのように振る舞う彼を嘲笑混じりの言葉責めで見下します。
しかしメインのナースは彼を養護して今まで以上の愛情を注ぎます。

私には3人のナースをやや悪者に仕立て上げてメインのナースの優しさを引き立ててるように映りました。
この時点で抵抗する気持ちは十分削げてますから、後は彼女から離れられない状況を作る方針で進めます。
最終的には3人も射精に協力しますし、これまでとは違ったやり方で甘える喜びと気持ちよさを味わわせてくれます。

このように、心と体に快感をバランスよく与えて骨抜きにする巧みなエッチが繰り広げられてます。
珍しいシチュのおねショタ作品
おねショタとはあまり相性の良くないシチュを設定して甘さを引き立ててる作品です。

ナースは女性優位国家にとって不都合な思想を持つ主人公をスムーズに無力化しようと
最初から実のお姉ちゃんや母親のような態度で彼に接し
おっぱいやお尻といった少年が強い興味を持つ部位を使って快楽漬けにします。
そして反抗する心配がなくなった後は愛玩動物のように扱ってさらに親睦を深めます。

男性の扱いが上手なお姉さんナースに色仕掛けされる魅力的なシチュ
優しい言葉をかけながらおちんちんを丁寧にお世話するおねショタらしいエッチ
彼が望むものを絶妙のタイミングで与えて女性に溺れさせるテーマに沿った駆け引き。
おねショタの醍醐味をしっかり含んだうえで個性が出るよう作品を組み立ててます。

「ボクちゃんの 居場所になってあげるよ」
タイトルが「意地悪なナースさん」となってたので、聴く前はそういう女性をイメージしてました。
でも実際は最初から最後まで彼をどうすれば喜ばせられるか考え、行動する包容力のある女性に描かれてます。
最後の「5.服従べろちゅー甘やかし抱きつき素股編」でも彼の願いをきちんと叶えてあげますし
治療したらおしまい、みたいな淡白さがなく良い気分で聴き終えることができます。

どのパートもいきなりエッチを始めるのではなく
多少の前置きを挟んで彼の興味をくすぐるところが面白いです。
そして彼が彼女にどういう感情を抱いてるかも表現することで
治療がどの程度上手くいってるかわかるようになってます。

音声作品はほとんどが主人公=聴き手ですから
このへんを強化しておけば没入感が上がり、堕ちる感覚を主観的に味わいやすくなります。
一般的なおねショタに多少の捻りを加えて作品世界へ引き込むことに成功してます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

変わったおねショタ作品を聴きたい人には特におすすめします。
おまけは2種類の音声です。

CV:大山チロルさん
総時間 1:42:11(本編…1:27:48 おまけ…14:23)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月16日の24時まで25%OFFの972円で販売されてます。

ひたすら事務的に性欲処理をしてくれるナースさん~恋人になっても事務的です~

サークル「インゴヒゴ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど内面はとっても優しいナースが
再び入院した恋人に色んなお世話をしてより親しくなります。

キャラとプレイに大きなギャップがあるのが特徴で
どのシーンも淡々とした表情で接しながら彼のリクエストを尋ねたり
どうすれば気持ちよくなってもらえるか考えながら責めて恋人らしさを出します。
一般的な事務的プレイよりずっと甘いので、M性が低い人でも普通に楽しめるでしょう。
クールな彼女の温かいご奉仕
恋人のナースと5種類のエッチをするお話。

「失礼します。……ふぅ、まったく。“また”、ですか」
ナースはトーンが低い整った声のお姉さん。
足を骨折し入院した主人公にため息をつくと
気をつけるよう注意してから性欲処理のお手伝いをします。

本作品はサークルさんの代表作「ひたすら事務的に性欲処理をしてくれるナースさん」の続編。
前作で色んなエッチをした結果彼と付き合うことになった彼女が
自分が働いてる病院に再び入院した彼を別タイプのエッチでもてなします。
シリーズものですけどストーリー性は薄いので、2人が最初から恋人なことだけ知っておけば今作からでも大丈夫です。

「全部見せて欲しい? いえ、一度脱いで着直す、というのは、あまり効率的ではありません」
最大の魅力は彼女のキャラ。
最初から最後までクールな声で話しかけ、理にかなってないことはきっぱり断る事務的な態度を取ります。
「恋人になったのだから少しは声が柔らかくなるのかな?」とも思ってたのですが
実際はそんなこともなく自分らしさを貫きます。

ただし、エッチの内容は一般的な事務的プレイと大きく異なります。
どのパートも始める前にどんな風に気持ちよくしてほしいか尋ね
それから彼が喜ぶ責め方や言葉責めをして幸せな射精に導きます。
射精シーンではぴゅっぴゅのセリフを多めに言うなどリードはかなり手厚いです。

簡単に言うとクールキャラとあまあまなエッチをするわけです。
2人の仲の良さや愛情が感じられる描写も数多くありますから
彼女のことを冷たい、意地悪と感じる人はあまりいないと思います。
私には感情を上手く表に出せない不器用な女性に映りました。

エッチは前作で好評だった大ボリュームの淫語を継承したうえで
プレイの方向性に大きな変化をつけてます。
具体的にはフェラ、パイズリ、SEXといったスタンダードなプレイで固めてた前作に対し
今作では足コキ、授乳手コキ、イラマチオなどより踏み込んだプレイを盛り込んでます。

これも2人の関係が患者とナースから恋人に発展したからでしょう。
Mっ気があり甘えん坊な彼の欲望を満たすこと強く意識してお世話します。
そして終盤には愛情たっぷりなSEXを用意し彼女の気持ちも伝えます。

クールなメイドが愛する人に心を込めたご奉仕をする。
キャラとプレイに大きなギャップを持たせた風変わりな純愛作品です。
愛を込めてクールに接するエッチ
エッチシーンは5パート83分間。
プレイはキス、SEX(騎乗位、対面座位)、淫語責め、足コキ、フェラ、イラマチオ、授乳手コキです。
ゴムの装着、SEX、足コキ、手コキ、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「おちんぽ、かなり大きくなった状態ですね。これは、私が性欲処理することに、興奮しているのですか」
入院してる間は性欲処理をすると主人公に伝えたナースは
期待と興奮で勃起してるおちんちんを鎮めようとまずはおまんこで気持ちよくします。

エッチは常に彼女が責め続けます。
一番最初の「では、おま○こで性欲処理をします」でするのは騎乗位SEX(約17分)。
持参したローションでおまんこを湿らせてからコンドームを装着し
上から腰を下ろして後になるほど激しくピストンします。

「ピンク色で綺麗? そうですか。ありがとうございます」
「これはあくまで私の体質であって、感情や心情とは関係がないことです。私はあなたがとても好きですよ」

そして彼女は早速恋人らしいところを見せながらリードします。
彼に「おまんこを見たい」と言われたらすぐさま見せつけ
濡れてないことを指摘されたら自分の体質のせいであって
彼のおちんちんに魅力がないわけではないとフォローします。

声がクールなので素っ気なく感じる人もいるでしょうけど
セリフの内容や行為には彼に対する愛情がしっかり込められてます。
わざと冷たくしてるのではなく、これが彼女にとっての素顔なのでしょう。

初っ端にSEXを持ってくるところに前作との大きな違いを感じました。
あちらでは最後にやったことを最初にやって2人の仲が大きく進展したことを印象づけます。
この後のパートでも彼女が彼の影響を受けて変わった部分がいくつも見られます。

「おちんぽ、おちんぽ、おちんぽ、おちんぽ、おちんぽ、おちんぽ。おまんこ、おまんこ、おまんこ、おまんこ、おまんこ、おまんこ」
SEXについては彼女が喘ぎ声を漏らさないハンデを淫語責めで補ってます。
「おちんぽ」「おまんこ」を後になるほどハイペースでガンガン言うので
クールな声とのギャップに驚いたりゾクゾクする人がそれなりにいるでしょう。
このパートだけ特定の言葉を連呼するスタイルを取り、他は通常の会話に多く盛り込む感じです。

続く2パート32分間はアブノーマル路線のプレイ。
「足コキが良いのですか?」は2種類の足コキ
「イラマチオはいかがですか?」はフェラとイラマチオで1回ずつ射精させます。

「……むしろ、もう少し強めでも構わないのですか。ふむ。足は手より力が強いので、慎重にやっていましたが……強めのほうがよさそうですね。あまり力が弱すぎても、くすぐったいだけでしょうし」
ここでは彼女の不器用さや健気さを前面に押し出しながら進めます。
足コキをやってほしいと彼に言われて困惑し
大事な部分を痛めつけないようわざと弱めに踏んだり擦ったりする姿が愛らしいです。
彼のリクエストにはきっちり応じるなど、好きな人を喜ばせたいという思いが随所に見られます。

イラマチオも彼女が提案し同意のうえでやりますから凄惨さはありません。
彼も彼女を苦しめないようある程度手加減して気持ちに応えます。
こういうプレイはお互いのことを理解してないとできませんし
単なる性欲処理との明確な違いを出して恋人らしさを表現します。

終盤の2パートは34分間は逆に甘さが引き立ってるプレイ。
「授乳手コキとは何ですか?」は赤ちゃん言葉を言いながらの授乳手コキ
「私と、恋人おま○こしませんか?」は対面座位での生SEXで幸せなひと時を過ごします。

「私はあなたのことが好きですよ。多分、あなたが想像しているよりも、ずっと。好き。愛しています」
特にSEXパートは最初のパートとできるだけ内容が被らないように
ゴムの有無、体位、最中のセリフを大きく変えて甘さを引き立ててます。
彼女が自分の気持ちを素直に伝えようとするのがとても印象的でした。
最中にキスを多めに挟んで純粋なエロさも補ってます。

このように、2人の仲の良さを出しつつ抜けるようにした独特なエッチが繰り広げられてます。
ギャップが魅力の作品
内容を理解してればノーマルな人でも聴けるくらいマイルドな作品です。

ナースは足を骨折して再び入院した主人公が元気に退院できるように
彼とエッチする時間をわざわざ設け、毎回異なるプレイを提供し心と体を満足させます。
そしてこれらの中に思いやりや愛情も込めて自分の好意を伝えます。

表面はクールだけど内面は優しいナースがあれこれお世話する穏やかなシチュ
普段通りの声で彼のためにとことん尽くすギャップの大きいエッチ
2人が恋人になったことを感じさせる要素の数々。
「事務的」という言葉が持つハードな部分を大幅に取り除いた作品に仕上げてます。

「先ほど、あなたのおちんぽを罵倒しましたが…… 決して本心ではないことは、分かってもらえると嬉しいです」
中でも3番目の魅力は彼女が彼を大事に思ってることを言葉と行為の両方で表現します。
M向けのプレイをする時に手加減して反応を見たり
それを終えた後に本意ではないと言うのが良い例です。
好きになった人と真剣に付き合おうとしてるのがよくわかります。

エッチについては事務的感をできるだけ出さないように組み立ててます。
こちらの気持ちや都合を考えずに無理矢理責めて射精させるとか
きつい言葉責めを浴びせて突き放すといったことは一切しません。
おそらくMな人が聴いたらあまりの甘さに拍子抜けすると思います。
他作品と同じくインゴヒゴ(防鯖潤滑剤)さんのメインターゲットに属性を合わせてます。

射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

おまけは後日談とオナサポ音声です。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:47:40(本編…1:39:57 おまけ…7:43)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年6月4日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

あまあまでぺろぺろ-白衣の天使-

サークル「1日分のもちもちだま」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ2人のナースが
一緒に働いてる医師を癒したり気持ちよくします。

サークルさんが得意とされてる耳舐めを多く盛り込んだ
ちょっぴり意地悪なサービスが行われており
個別に、あるいは同時にとパートによって登場人物や人数を変えながら
ちゅぱ音を至近距離からガンガン鳴らしつつ軽い焦らしや寸止めを挟んで悪戯します。
お医者さんへのエッチな治療
ナースのさとみとあやせが3種類のご奉仕をするお話。

「先生 先生? もぅ 何ボーッとしてるんですか?」
さとみは上品でおっとりした声のお姉さん。
終業後に仮眠室でボーっとしてる主人公に話しかけると
その理由を尋ねてから約束の耳かきをしてあげます。

本作品は医師として日々仕事を頑張ってる彼へのご褒美に
彼女とその後輩にあたるあやせが70分近くに渡って耳かきとエッチをします。
過去作「あまあまでぺろぺろ」の姉妹作品にあたりますが
登場人物やストーリーに関連性はありませんから今作からでも問題なく楽しめます。

最大の特徴は耳舐めに力を入れてること。
全パートで必ず耳舐めを行い左右個別に、あるいは同時にリアルな音をガンガン鳴らします。
「エッチシーンのおよそ9割で耳舐めする」と言えばボリュームの多さがわかっていただけるでしょう。
前作で好評だった要素をそのまま受け継ぎ、かつパワーアップさせています。

あやせ「こうやって ゆっくりはむはむするたびに 歯を立てられたりするなんて 気持ちいいんですよね」
耳舐めをする際にマンネリ感の解消に気を配ってるのが良いですね。
さとみ、あやせ、2人同時とパートごとに登場人物を切り替え
それぞれに合ったやり方で耳にご奉仕して違いを出してます。
具体的にはさとみはエッチに慣れてる感じが出るようにペースを速めて吐息を多めに挟み
あやせはゆっくり目に責める代わりに舌を丁寧に動かして隅々まで刺激します。

声優さんが違うおかげで同じ耳舐めでも鳴らし方やリズムに違いがありますし
所謂垂れ流し系作品との違いをはっきり出せてて素晴らしいです。
舐め、吸い、啜りを数秒ごとに変化させて色んな音と刺激を耳に送ってくれます。

それ以外については責める部位をおちんちんに絞り込み
わざと緩く責めて焦らしたり、射精前に軽い寸止めを挟む意地悪なリードをします。
といっても癒し系のサークルさんですからM向けと呼べるほどのことはしません。
Mっ気のある彼に喜んでもらうためのサービスとしてこれらを行います。
耳舐めが割とストレートだからこちらに捻りを加えたのかもしれませんね。

本作品唯一の非エロサービスは耳かき(約10分)。
「01_先輩ナースの耳かきと耳舐め」でさとみが左耳→右耳の順に
耳かき棒と梵天を使い分けてスムーズにお掃除します。
息吹きは梵天の合間にちょこちょこやります。

耳かき棒は「ずすっ そりそり」というやや平べったく乾いた音
梵天は「ぷすぷす」と面積広く柔らかな音が使われており
耳の壁を小刻みに撫でる、軸を持ってゆっくり回転させるといったように
器具の違いが出るよう質感と動きに気をつけながら丁寧に鳴らします。

さとみ「先生は 私に甘えたかったんでしょ? 私 わかってますから」
耳舐めを始めるにあたっての雰囲気作りに位置するサービスですが
これだけでも十分癒やされると言っていいくらいしっかりしてます。
最中に交わされる会話も甘くて安らぎを感じるでしょう。
彼の仕事ぶりをいつも近くで見てるからこそ、オフの時はとことん甘やかそうとします。
変化に富んだ耳舐めを楽しみながら
エッチシーンは3パート44分間。
プレイはオナニー、耳舐め、両耳舐め、あやせとのSEX(騎乗位)、さとみとのキス/お掃除フェラです。
オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「もう期待しちゃってるのね」
耳かきを終えて主人公に添い寝したさとみは
おちんちんが膨らんでるのに気づき、今度はそちらをスッキリさせてあげます。

エッチはどのパートも女性側が責め続けます。
一番最初の「01_先輩ナースの耳かきと耳舐め」はさとみが1人でご奉仕するパート(約11分)。
右手至近距離からオナニーの指示を出し、その合間に耳を舐めて射精へ導きます。
販売ページには「手コキ」と書いてありますが実際にするのはオナニーです。

「あぁ おちんちんビクビクさせて喜んじゃってる」
彼女は恋人ではないようですが彼と過去に何度もエッチしてる関係です。
だから彼がおちんちんを出しても一切見下したりせず
最初はゆっくり、後になるほどペースを上げて気持ちよくします。
そして自身はその様子を見ながらうっとりした声を漏らします。

見られてることを多少意識させてくるので恥ずかしく感じるかもしれません。
でもそれをしっかり受け止めてくれる彼女の包容力が心地良いです。
ただし、パートの中盤以降は軽い焦らしや寸止めを行い射精を遅らせようとします。
すんなり許可を出すよりもこうしたほうが彼を満足させられるからやってる感じです。

耳舐めは序盤からハイペースなちゅぱ音を右耳にだけ鳴らします。
露骨にエロく振る舞うことはありませんが、舌使いと吐息が生々しく
彼女がすぐそばにいるような気分に浸りながらオナニーできます。

続く「02_後輩ナースの耳甘噛み」は後輩のあやせが活躍するパート(約18分)。
次の日の朝、早い時間に出勤した彼女が彼に耳舐めをプレゼントします。

「ほらほら先生 いつも頑張ってるんだから たまには息抜きしましょ?」
彼女はさとみより年下なこともあり気さくで活発な性格をしてます。
だから彼とさとみがエッチな事をしてると知っても特に気にせず自分なりのやり方で癒そうとします。
プレイが耳舐めのみなので数分ごとに左右を切り替え
比較的ゆっくりペースで多彩なちゅぱ音を鳴らす本作品らしいサービスが楽しめます。

射精シーンはありませんから完全に耳舐め特化のパートですね。
セリフよりもちゅぱ音の量を多くして音に集中しやすくしてます。

最後の「03_先輩×後輩ナースとお遊び」は密度が売りのパート(約15分)。
その日の終業後、今度は2人が協力して彼に今まで以上のご褒美をあげます。

あやせ「先生 どうしちゃったんですか? 体 ビクンビクンってなってますよ」
さとみ「そういう敏感なところ 結構嫌いじゃないですよ」
あやせは右、さとみは左に陣取り掛け合いを挟みながら
左右の耳を同時に舐めたりSEXしながらキスする濃厚なプレイです。
片方がしゃべってる時はもう片方が耳舐めを続けてちゅぱ音を切らさないようにするなど
細かな部分にまで気を配って2人に同時責めされてる雰囲気を出します。

通しで聴いてみるとやはり両耳舐めは片方と随分違います。
複数のちゅぱ音に包まれてるひと時は不思議で心地良いです。
キスやフェラとの違いもちゃんと出せてますし、お二人の演技力の高さが光るパートと言えます。
純粋なエロさも最も高く本作品一番の抜きどころです。

このように、耳舐めにこだわりながらキャラの違いも出してる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
明るい耳舐め作品
ナースらしい心の行き届いたご奉仕をしてくれる作品です。

さとみとあやせは日々色んな患者を治療してる主人公に安らぎを与えようと
病院の仮眠室で耳かきやエッチをして心身をリフレッシュさせます。
そしてそれらと並行して敏感な耳もたっぷり舐めてより満足させます。

タイプの異なるナースが協力してご奉仕する癒し系のシチュ
質の高い音を丁寧に鳴らすシンプルな耳かき
耳舐めの質と量にこだわりながらパートごとに異なる責めを繰り出すエッチ。
タイトルの「あまあまでぺろぺろ」をそのまま音声化したような作品に仕上がってます。

あやせ「私 仲間に入れてもらえて 楽しかったですよ」
さとみ「今度からは あやせちゃんと3人でお楽しみができますね 先生」
耳舐めが売りの作品なのは間違いないですけど
これらを行う彼女たちのキャラも結構立ってて癒やされました。
さとみは大人の女性らしい落ち着きと色気を兼ね備えた女性
あやせは目上の主人公にも気さくに話しかける活発な女性と違った魅力を持ってます。

前作にあったキャラによる耳舐めの演じ分けがなくなった点だけは残念ですが
声優さんを2人に増やして幅広い耳舐めを提供する工夫が見られます。
ひたすらちゅぱ音を鳴らすのではなく、何らかのビジョンを持って演じてるように感じました。
エッチは耳舐め好きかどうかで満足度が大きく変わるでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音多め、くちゅ音それなり、淫語と喘ぎ声そこそこです。

おまけはNG集、フリートーク、耳舐めです。

CV:さとみ…かの仔さん あやせ…天知遥さん
総時間 1:32:53(本編…1:08:22 おまけ…24:31)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
93分で540円とコスパが良いので+1してあります。

オナサポクリニック さっさと射精しないとギャルナースから罰ゲーム

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ギャルのようにノリの軽いナースが
普通のプレイでは満足できないM男にやや意地悪なオナサポを提供します。

射精していい時とダメな時を交互に繰り返しながら焦らすのが特徴で
指示された時間や回数だけしごく、特定の部位だけを使う、彼女と実際に肌を重ねるなど
1回ごとにプレイ内容を切り替えながら射精に向けて少しずつ性感を蓄積させます。
軽いナースの意地悪なサービス
ギャルナースの指示に従ってオナニーするお話。

「こんにちはー お兄さんここ初めて?」
ギャルナースは砕けた口調で話す素朴な声のお姉さん。
オナサポクリニックにやって来た主人公にここの概要を説明すると
問診票を確認してからオナサポのルールを教えます。

本作品はナースたちが患者の希望に沿ったオナサポをする風俗店っぽい病院で
彼女がおよそ50分に渡る変わったプレイをします。
彼がギャルっぽい女性を相手に指定したこともあり、最初から最後まで軽いノリで積極的なご奉仕をします。

「あたしが今からやるやつは 始めっから射精を許可してあげるの」
音声作品におけるオナサポは女性が色んな指示を出しながら射精をひたすら我慢させ
最後の最後にカウント等を使って気持ちよくイかせるスタイルが一般的です。
しかし彼女はプレイの序盤から射精していいタイミングを何度も設け
その時間内に射精できなかった場合は罰ゲームを実行させます。


もちろん彼女は彼をすんなり射精させる気など毛頭ありません。
時間が極端に短かったり、使用できる部位を限定するなど強めの縛りを設けて射精できないようにします。
そして罰ゲームは全力のオナニーや自分の体を使った責めで暴発へと追い込みます。

余程の早漏でもない限りボーナスタイムに無事射精できる可能性は低いです。
結局のところ焦らされ続けるので最後はかなり気持ちよく出せるでしょう。
プレイの種類も非常に多いですし、面白味に溢れるオナサポに仕上がってます。

「これちゃんとやれば気持ちよくなれるし イキやすくなるから 頑張るんだよ?」
オナニーをリードするギャルナースについては多少Sっ気があるけど優しい女性です。
ゲーム形式なので意地悪もそれなりにしてきますが
声や態度は結構温かく、優しい言葉を適度にかけて耐える気力を与えます。
元々彼が望んで始めたことですから調教ではなくご奉仕と呼ぶのが妥当です。

ご褒美と罰ゲームを繰り返す展開と彼女の軽いキャラ。
ハードさをあまり感じさせずにギリギリまで追い込む個性の強い作品です。
落差の大きいエッチ
エッチシーンは49分間。
プレイはオナニー、SEX(騎乗位)、フェラです。
オナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「じゃあまずは…そのおちんぽ おっきくさせよ? ね?」
診察を終え主人公に裸になってベッドへ移動してもらうと
ギャルナースは体を密着させてひとまずおちんちんを勃起させます。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半の26分間はウォーミングアップに近いプレイ。
1回戦は超短時間内での射精指示、2回戦は特定の指だけを使ってのオナニーといったように
時間か刺激のどちらかを著しく制限して射精困難な状況を作ります。
そして彼が無事失敗したのを見計らってその倍程度の時間を割いた全力オナニーをさせます。

「じゃ次はー 一本だけ 人差し指で射精して?」
射精タイム中はいずれもまともにオナニーすることができません。
おちんちんに一応触れられるので「気持ちいいと言えばいいよな」程度の微弱な刺激が味わえます。
また本作品のエッチは同じプレイをすることがほとんどありません。
毎回何かしらの変化をつけてくるので先が読めず、それが射精の難度を上げることにも繋がってます。

ちなみにオナニー中はシコシコボイスではなく効果音で大まかなペースを指示します。
説明を挟む頻度が高い関係でオナニーをセリフだけで制御しようとするとものすごく饒舌になってしまいます。
彼女がずっとしゃべり続けてたら聴き手はそれを追うことを意識して気持ちよくなれませんし
音を使って直感的に教えるこの作りは有効と言えます。

「せっかくだから そのやばい動き あたしが手伝ってあげる」
罰ゲームのほうも結構多彩です。
直前に設けた制限を解除してストレートに気持ちよくしてたかと思えば
彼女が自らおまんこに迎え入れてピストンするシーンもあります。

通常ならご褒美と取れるプレイを逆の意味合いで使ってるのが面白いですね。
彼が射精できないのを知ってるからこそ全力でサービスします。
射精できる時は焦らし、できない時はガンガン追い込む落差の大きいプレイです。

対する後半は意地悪度を上げて暴発をしきりに誘います。
手をじゃんけんのグーやチョキにしたままおちんちんをいじらせる
2本の指の先っぽだけでしごくなど射精タイムの刺激は引き続き弱いもので揃え
その代わり罰ゲームをややハードにして性感をさらに蓄積させます。

前半に比べて罰ゲーム時のしごく回数や時間がやや増えるため
これまで射精を我慢してきた状況も相まって厳しく感じる人がそれなりにいるでしょう。
サークルさんの過去作に登場したプレイも取り入れてあったりと
彼女が最後の射精を華々しく飾ることを意識してるのがわかります。

実際にやってみたところ前半よりも後半のほうがきつかったです。
ただ休憩もちょこちょこ入るのでドM向けと言うほどえげつないわけではありません。
これだけ色んなことをしてるのに全体のバランスはちゃんと取れてるのが素晴らしいです。

このように、飴と鞭を使い分けて射精へ導く珍しいオナサポが繰り広げられてます。
変化に富んだ作品
穏やかな雰囲気で様々な意地悪をしてくる作品です。

ギャルナースは普通のオナニーではもう満足できない主人公を楽しませようと
彼の好きなギャルの口調と態度で接しつつゲーム形式のオナサポをします。
そして射精タイムと罰ゲームをセットにし、それを繰り返すことで自然に射精を我慢できるようにします。

強めの制限を設けた射精タイムとフリーダムな罰ゲームを交互に行う展開
ギャルらしくカラッとしてる彼女のキャラ、毎回異なるプレイを用意する凝った作り。
単調さやマンネリ感を極力出さないことを強く意識して作品を組み立ててます。

「いっぱいおちんぽ握りしめて 思い切りシコシコしていいよ」
やってることは結構意地悪なのに聴いててあまりそう感じないのが特に印象的でした。
ひたすら罰を与え続けるのではなく救いも用意してるのが大きいです。
彼女が自分の体をオカズにするなど、彼をもてなそうとする気持ちがプレイに込められてます。
射精した後はスッキリした気分で聴き終えられるでしょう。

エッチは群雄割拠と呼んでもおかしくないオナサポの情勢を踏まえて
他のサークルさんにはない要素を盛り込み存在感を出してます。
私個人はゲームの回数をもう少し減らし個々を厚くしたほうが良いとも思うのですが
まだシリーズ2作目ということでとりあえず色んなことに挑戦してみたかったのかもしれません。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:秋野かえでさん
総時間 57:25

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ダウナー系仲居のゆまちゃんに温泉旅行中に色エロされちゃうバイノーラルwith わかな&わかば【KU100】

サークル「ya-ho-games」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、テンションは低いけど性格はとっても優しい仲居さんが
温泉旅行に来た男性へ多種多様な癒しとエッチなご奉仕をします。

彼の同行者にばれないようこっそりお世話するのが特徴で
多くのシーンで密着し囁き声で語りかけながら
ダウナーな声や態度とは随分違う積極的な責めを繰り出して気持ちいい射精に導きます。

今回は本編部分に絞ってレビューをお送りします。
新妻たちの目を盗んでこっそりと
温泉旅館の仲居をしてる「ゆま」が色んなサービスをするお話。

「いらっしゃいませ あ、わかなさんだ わかばさんもいる」
ゆまは淡々と話す可愛い声の女の子。
新妻のわかなやわかばと一緒に温泉旅館へやって来た主人公を迎えると
軽い雑談をしてから泊まる部屋へ案内します。

本作品は近くに観光地がない静かな旅館でアルバイトをしてる彼女が
150分以上もの時間を使って上半身を癒したり多種多様なエッチをします。
非エロ27分、エロ106分と後者にとても力を入れており
彼が泊まってる部屋や男湯で昼間から夜にかけてたっぷり愛し合います。

「わかなさんもわかばさんも ゆまの先輩だったんですが テンションが高くて ゆまもついていくのが大変でした」
彼女は彼と一緒に宿泊してるわかなとわかばの元後輩。
タイトル通りダウナーな雰囲気で語りかけながらプロらしい心の行き届いたお世話をします。
こういうキャラが相手の場合、事務的プレイなど冷たい感じのエッチをすることもあるのですが
彼女は感情を表に出すのが苦手なだけで終始あまあまです。

普段が大人しいからこそエッチの大胆さに驚くでしょうね。
態度と行為にそれなりのギャップを持たせて魅力を引き立ててます。

もちろん彼女のダウナー属性を活かした演出もあります。
多くのシーンで体を密着させ、囁き声で話しながら比較的スローペースで彼の体を責め続けます。
本編の約51%にあたる82分が囁き声と言えばその多さがわかるのではないでしょうか。
彼女が話したり感じるたびに漏れる熱っぽい吐息にも風情と色気が漂ってます。

ちなみに本編以外にも34分ほどのEXトラックが存在し、そこでは脇役だったわかなとわかばが活躍します。
他にもループ音声をまとめたおまけもあったりと、本編以外に楽しめる要素をいくつも持ってます。
ya-ho-gamesさんはコスパが良いことで有名なサークルさんですから
本作品以外も含めて同人音声初心者にはおすすめです。
セリフと音をバランスよく配置したサービス
主人公が宿泊する部屋に到着した直後にするのは癒しのサービス(27分)。
同行してるわかなとわかばが美肌効果のある温泉に入ってる時間を利用し
肩のマッサージ、耳かき、蒸しタオルを顔にかけたままの愛撫を順に行います。

「いけませんよ お仕事は大切ですけど 無理ばかりしていると 体を壊してしまいます」
この旅館はインターネットがないせいで繁忙期もあまり客が来ない穴場だそうで
彼女も暇なことを正直に打ち明けて彼に付き合って欲しいとお願いします。
そして開始後は彼の心身を労る言葉をかけながらリアルな音を鳴らします。

サークルさんは販売ページのジャンルに「ASMR」を設置してますが
実際はセリフと音の分量がほぼ同じくらいですから音フェチ要素はそこまで強くありません。
物語の序盤で彼女が無言だと事務的な女性と思われてしまいますし
会話を交えて優しさや面倒見の良さを表現することを心がけてます。

「毎日 お仕事お疲れ様です 今日も とっても頑張りましたね」
彼女の人柄が最もよく表れてるのは2番目の耳かき(約11分)。
膝枕の状態で耳かき棒のみを使いお掃除しながら彼のことを褒めまくります。
「ずすっ」という硬く乾燥した音と並行して投げかけられる温かい言葉が心に染み入り癒やされました。
年齢は彼より下のはずですが母親のような包容力を持ってます。
大胆さが光る濃厚なエッチ
本編のエッチシーンは8パート106分間。
プレイは耳舐め、オナニーの見せ合い、太ももコキ、パイズリ、キス、SEX(騎乗位)、フェラ、手コキです。
オナニー、太ももコキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「眠っていらっしゃるなら 少し 悪戯してしまいましょうか」
家庭的な癒しのサービスを受けて主人公がぐっすり寝入ったのを確認したゆまは
隙だらけの耳に口を近づけてゆっくりねっとり弄び始めます。

エッチはどのパートも彼女が責めます。
一番最初の「仲居のゆまの目隠し(タオル)耳舐め」でするのはもちろん耳舐め(約17分)。
時間をほぼ均等に分けて左→右の順に比較的ゆっくり舐め回します。

「夢ですから 動けませんよね」
彼女は彼が2人の新妻とここに泊まってることを知ってますから
他の女性に責められ戸惑う気持ちをしっかりケアしながらリードします。
今の出来事は夢の中だから耳舐めされても仕方ないと言ったうえで
熱っぽい吐息とちゅぱ音を交互に繰り出し射精したい気分にさせます。
そして射精を我慢できなくなったら素直に許可を出して気持ちよく出させてあげます。

おちんちんをいじる描写がないのでたぶん耳舐めだけでイかせてるのだと思います。
ちゅぱ音自体は結構エロいですし、オカズにしながらオナニーすれば出せるのではないかなと。
先ほどまでの癒やされる雰囲気から少しずつエッチな雰囲気へシフトさせます。

彼女の印象が大きく変わるのはその次から。
「ゆまの秘密」では彼女が、「お客様のオナニー拝見オナサポ」は彼がオナニーを披露し
続く2パートは場所を男湯に移して太ももコキとパイズリをプレゼントします。

「指入ってるの 見られちゃうぅ これ好き 見られそうなの すごくいい」
1回射精した後すぐそばで寝てる彼を見ながらオナニーするあたりは
ダウナーな態度とは随分違う淫乱さがあって実に良いです。
見られるかもしれないのに続けるところを見ると露出性癖があるのかもしれません。
絶頂後に「すごく良かった」と漏らすなど、エッチに対する積極性を感じる描写が多いです。

「いいんですよ わかなさんや わかばさんのための精子 ゆまの太ももに漏らしてしまいましょうね」
「お客様のお精子は ゆまのおっぱいで全部受け止めますから お風呂のことは気になさらないで 気持ちいいお射精してくださいね」

お風呂に移動した後も彼女の大胆さは留まるところを知りません。
裸ではなく湯帷子で登場し、背中や前を洗ってから体をくっつけ太ももでおちんちんを挟み込みます。
そして露天風呂に入った後は自ら前をはだけさせておっぱいで優しく包み込みます。
射精する時に体へぶっかけて欲しいとおねだりするのがいいですね。
妻以外の女性を自分の体液で汚す快感をくすぐってより出しやすい環境を作ります。

効果音も一応鳴りますけど、それよりもシチュと息遣いで興奮させるプレイかなと。
彼女のキャラを大幅に崩さないよう気をつけながらガンガン責める実用性の高い内容です。
このシーンはバックでお湯の音も流れますから同時に癒しも感じるでしょう。

終盤の2パート32分間は再び部屋に戻ってするプレイ。
「仲居のゆまのささやき逆レ騎乗位」は騎乗位で1回射精させ
「仲居のゆまのじっくりお掃除フェラ」はその後始末のついでにもう1回精液を搾ります。

「声を出してはいけませんよ 隣で眠っている わなかさんやわかばさんが 起きてしまいます」
「いいんですよ びゅーびゅーって いっぱいお射精して ゆまのお腹の奥 赤ちゃんのお部屋を 精子でいっぱいにして」

すぐ隣でわかなとわかばが寝ているところへこっそり押しかけ
そのまま生挿入&中出しを決めるなかなかスリリングなプレイが楽しめます。
バレないように囁き声で緩く責めるおかげで吐息の量が多く、それを通じて彼女の興奮具合が自然と伝わってきます。
時間は11分と短いものの、大胆さと密度の高さは最も高いパートと言えます。

それに対して次のお掃除フェラは本作品で最も長い21分もの時間を用意し
中央やや下から素早く舐めたり絞り上げる感じのパワフルなちゅぱ音を鳴らします。
わかなとわかばに内緒でこっそりやるにしては音がやや激しい気もしましたが
宿泊の最後を飾るプレイなのを考慮すればこれくらいのほうがむしろ抜きやすいです。

口、視線、太もも、おっぱい、おまんこ、手と
彼女は文字通り全身を使って彼の性欲を鎮めようとします。
淫語やちゅぱ音といったエロ要素の量も多い大変充実したエッチが繰り広げられてます。
熱くて落ち着きのある作品
ゆまの近さを感じながら癒したり興奮させる作品です。

ゆまは新妻たちと羽を伸ばしにやって来た主人公を心の芯からスッキリさせようと
わかなとわかばがいないタイミングを見計らって現れ長時間に渡る色んなご奉仕をします。
そして癒しよりもエロの比重を高くし、ダウナーな性格とは随分違う大胆な責めを繰り出します。

見た目は淡々としてるけど内面は感情豊かな彼女のキャラ
囁き声と吐息を多く盛り込んだ密着感のある演出
王道からやや珍しいものまで幅広く取り揃えたサービス。
彼女が持つふたつの顔を前面に押し出した抜き重視の物語に仕上がってます。

「ゆまも 旦那様と触れ合うことができて これからのことに自信が持てた気がします」
わかなとわかばに隠れてエッチするシチュから寝取られを連想する人もいるでしょうけど
実際は背徳感がほとんどない穏やかな終わりを迎えます。
そう言える理由は最後まで聴けばわかるはずです。
ブラックになりがちな要素のプラス面だけを抽出し興奮させるスパイスにしてます。

エッチはパート数とプレイの種類がいずれも多くて幅広いニーズに対応できてます。
私個人はお風呂の2パートが一番エロいと感じましたが
人によっては耳舐めだったりお掃除フェラをそう感じるかもしれません。
彼女の健気さや淫乱さが色んなところに表れてて感情移入しやすいです。

本編の射精シーンは7回。
淫語とくちゅ音多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて本作品をサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
吐息や囁き声が好きな人には特におすすめします。
おまけは幕間とループ音声です。

CV:ゆま…涼花みなせさん わかな&わかば…浅木式さん
総時間 3:44:53(本編…2:38:43 EX…34:24 おまけ…31:46)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ