同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ドライ

   ● インプの無限湧きバグ催眠
   ● CONTRACT~未知との契約~
   ● 女教師のいいなり~メトロノームの音に合わせて~(再レビュー)
   ● ヒプノ古書堂の官能催眠
   ● 琴葉姉妹に左右からギュッと抱きつかれて気持ち良くなる催眠音声
   ● 生体ラブドール催眠 ~ドールに入ったあなたがメスイキ、陥落するまで~
   ● ふたなり人妻の逆レイプでメスイキしちゃう~催眠セックス体験コース~
   ● 【催眠音声】ぎゅッってしてビクッてして
   ● サキュバスメアの甘やかし搾精催眠
   ● 【ハイレゾ/バイノーラル】僕は先輩たちの催眠おもちゃ―明日香先輩編―


インプの無限湧きバグ催眠

サークル「F・A・S」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、体験型RPGのデバッグに応募した男性が
その世界に住むインプに責められ連続絶頂する様子を主観的に味わいます。

デバッグルームに向かう様子に技術を絡めて段階的に落とす催眠
最大3人のAIがカウントを数えながら交互に語りかけて何度も追い込むエッチなど
作品の特徴を色濃く反映させた流れのあるサービスが楽しめます。
不安定なゲーム世界を冒険
RPGのデバッグに参加しインプに弄ばれるお話。

「こんばんは デバッグ募集広告に応募された方ですね」
お姉さんは甘く可愛い声の女性。
ナイトメアクエストというゲームのデバッグに応募した主人公を迎えると
簡単な手続きを済ませてからヘッドセットを装着させます。

本作品はリリース前の不安定なゲーム世界を探索することをテーマに
彼女やゲーム内のナビゲート役を務めるAIが一風変わったエッチなサービスをします。
今回するテストの内容は弱いモンスターとの模擬戦闘とアイテム使用時の効果確認なので
こちらからは一切攻撃せず相手の責めをひたすら受け続けて気持ちよくなります。

「泉の周りを 子供が小型のモンスターと楽しそうに追いかけっこしています」
全編を通じて言える大きな特徴は「ゲームらしさ」
催眠パートは主人公が現実世界からゲーム世界へ移動し
その深部にあるデバッグルームにたどり着くまでの様子にイメージや技術を絡めて行い
エッチもインプのフェロモン攻撃を回復アイテムで凌ぎます。

ちなみにこの作品は.␣(Dot-Space)さんと共同で制作されたそうです。
初めてコラボした「催眠迷宮 -Hypnotic Maze-」もゲームを題材にしたお話でしたし
あちらが楽しめた人はこちらも似た感覚で楽しめるでしょう。

F・A・Sさんと言えばバックで流れる音楽の存在も忘れてはいけません。
今作ではゲームっぽさが出るようにポップな曲調を積極的に使用してます。
物語、イメージ、音楽といった各要素を組み合わせてRPG世界をリアルに作り上げてます。
AIに導かれて暗く気持ちいい世界へ
催眠は2パート42分間。
最初のリラックス運動パートは本編で催眠にすんなり入れる準備として
肩幅くらいに足を広げて立ち上がり、そのまま自分の好きなペースで腕をぶらぶらさせます。
サークルさんの過去作を視聴済みならお馴染みのシーンですね。

「腕を揺らせば揺らすほど 深い 深い催眠に入る準備ができるんでしたよね」
そしてお姉さんは早速BGMを流しながら心身がリラックスする暗示を適度に入れます。
今回の音楽は過去作で使ってたものと違い水滴の音を多めに鳴らしてました。
本編に関するちょっとしたお話もしたりとのんびりペースで心身をほぐしてくれます。

続く本編パートはいよいよナイトメアクエストの世界に旅立ちます。
楽な姿勢で横になり、カウントに合わせて全身に力を入れる→抜くを数回繰り返してさらに脱力してから
メインの語り手をAIにバトンタッチしゲーム開始のポイントへと降り立ちます。
AIの声はお姉さんを若干幼くした程度で声質がほぼ同じなため、本レビューでもセリフの色を変えずにおきます。

「ゲーム内の季節は 少し肌寒い風が吹く春の初め 頬を撫でる感覚が心地良いですね」
この世界は中世ファンタジーがモチーフになってるらしく
緑豊かなフィールドや人々で賑わう城下町が存在します。
その様子をAIがわかりやすく語りながら軽い暗示を入れて没入感を高めてくれます。
作品固有のイメージは特にないのでゲームをやってる人なら思い浮かべるのは簡単でしょう。

しかし彼の目的はあくまでデバッグ。
ゲーム世界の雰囲気を掴んだ後は予定通りデバッグルームへ移動します。
特殊な方法を使って通常では行けないフィールドに入り込み暗い空間を進んでいくのですが
ここでは「落ちる」「空っぽ」といった深化と関連性のある単語を多めに盛り込み催眠状態をさらに深めます。

「エレベーターが一気に下層に下りるように 意識がふっと途切れて空っぽ」
短い間に浮遊感と落下感を与えたり、比喩を用いて感覚を直感的に伝えるなど
より多くの聴き手を催眠の世界にすんなり導こうとする工夫が見られます。
リラックス運動やイメージを通じて十分暗示を受け入れやすくなってるでしょうから
このシーンで全身がずーんと重くなる、意識が急激にぼやける人が結構いると思います。

そうやって準備をしっかり整えた後ようやくデバッグ作業が始まります。
インプと呼ばれる弱小モンスターをAIが召喚し攻撃を受けるだけのシンプルなテストなのですが
開発中のゲーム特有のバグが発生してトラブルに巻き込まれます。

「(右)早速正気を失い始めてるのかもしれませんね (正面)だってほら もう頭がクラクラして…おや?」
ここからはAI自身の人数が最大3人に増えるのが面白いですね。
左右中央に陣取りコンビネーションの取れたセリフを投げかける三つ子形式へと変わります。
インプ自体はこれといったセリフをしゃべらずバックで歌声を上げるだけです。
腕力がない代わりにフェロモンを放つ特性を持っており、それで心を責めてこちらの力を奪います。

ゲーム開始からデバッグに入るまでの様子に技術を絡めた独自性の強い催眠です。
聴き手をRPGの世界に案内し、インプに誘惑されてる気分を味わわせることを目的に
リラックス運動から入って漸進的弛緩法、イメージを使ったさらなるリラックスと深化
そして三つ子でのデバッグと物語の流れに沿って少しずつ確実に引き込みます。

時間が十分に取られてるおかげでどのシーンも作りがしっかりしており
技術についても数多くの名作を生み出されてるだけあってレベルが高いです。
F・A・Sさんは他の作品でもそうなのですが誘導時に結構保険をかけてきます。
だから途中で多少上手くいかなかったとしても最後には十分な深さに入れるでしょう。
増え続けるインプの歌声に包まれて
エッチシーンは37分間。
プレイはインプに誘惑される、回復アイテムを使う、おちんちんの愛撫、首輪の装着です。

回復アイテムを使う際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

中央「このように インプたちは 獲物を深い深いトランス状態に導いて 巣へ連れ帰って そのまま廃人にしてしまうのです」
インプのフェロモンを受け続けてすっかり発情した主人公は
デバッグルームから森のフィールドを経由し彼女たちの住む巣へと移動します。

エッチは引き続きAIたちがプレイの様子や得られる快感を細かく実況します。
最初の10分間は感度上昇を見据えた移動シーン。
森の中にある大木にくり抜かれた大きな穴から巣へ入り
そこにいるインプたちのフェロモンを浴び続けてHPをごりごり削られていきます。

「(左)まるで下半身を舐め上げられているような (右)ゾクゾクした快感 (左)気持ちよく吸い取られるたび (右)生命力が失われるたび (左)快感が加速して (右)気持ちよさがどんどん大きくなっていく」
ナイトメアクエストではHPが0になると絶頂するシステムになっており
AIもカウントを数えてそれが徐々に減ってることを教えつつより気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
インプたちは歌を歌ったりおちんちんを軽く撫でるだけなのでプレイ自体はかなりソフトです。

肉体への刺激をほとんど与えずにイかせる催眠音声ならではの責めですね。
私が聴いた時は数が減るたびにおちんちんの根本や先端がムズムズ、ヒクヒクし続けてました。
催眠がしっかりしてるおかげでエッチシーンの暗示もがっつり入ります。

無限湧きバグを活かしたプレイが始まるのはその後から。
このままではゲームオーバーになると判断したAIが回復アイテムを使って絶頂をギリギリで阻止し
さらにレベルを上げ(=HPの最大値を上げ)て気持ちいい状態をより長く味わわせます。

「(左)インプの柔らかい手や足が (右)おちんちんに絡みつく (左)おちんちんが甘く溶けるような感覚」
「(右)おちんちんのビクビクが止まらない (左)震えながら何度も何度も (右)快感の波に飲まれて壊れちゃお」

最初の時よりもカウントの総数が上がり、それと並行して最中の暗示もさらに増えます。
寸止めを繰り返した後に迎える1回目の絶頂はとても強烈でした。
しかもその後にはおよそ5分間で30回近く連続絶頂するハードなシーンも用意されてます。

具体的にどうやるかは聴いてのお楽しみとさせてください。
大きくガツンと来る感じだった1回目の絶頂とは違い
弱めの絶頂感が継続するマルチプルオーガズムっぽい内容になってます。
同じドライでもイかせ方が大きく違うのでそれぞれに異なる快感が味わえるでしょう。
体力をそれなりに消耗する可能性があることをご了承ください。

このように、未完成ゲームのバグを利用した比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
イレギュラーを有効活用してる作品
本来なら起こってはならないことを敢えて利用する面白い作品です。

お姉さんとAIは現在開発中のナイトメアクエストをより完全な形にしようと
主人公に依頼してゲーム世界に入ってもらい、そこでザコ敵との戦闘やアイテムの使用を指示します。
そしてその中に催眠の技術を盛り込むことで聴き手にも同じ感覚を体験させます。

ゲームのデバッグをしながら気持ちよくなる珍しい展開
その世界を冒険するイメージで没入感を高める親和性の高い催眠
折り重なる声や歌声に包まれて寸止めや絶頂を繰り返すややM~M向けのエッチ。
作品が持つ良い部分を余すことなく活用した完成度の高いサービスに仕上げてます。

催眠、エッチいずれも高品質なのですが私個人はどちらかと言うと後者のほうが印象に残りました。
ゲームのシステムをそのまま使って絶頂感を巧みにコントロールしてます。
長めの時間を取ってその間ほぼノンストップでイかせる作品はまだまだ少ないですし
ハード路線のドライ作品が好きならかなり満足できるのではないでしょうか。
人によっては視聴後に軽い筋肉痛を起こすくらい強めの負荷がかかります。

あとはバグの扱い方が秀逸です。
インプを召喚するはずがAIのほうを増やしてしまったり
本来とは違うテストに移ったりとハプニングが色々あって面白味に溢れてます。
純粋に面白いから熱中できて催眠にすんなり入れる、と良い流れが出来上がってます。

絶頂シーンはおよそ30回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは7本目の満点とさせていただきました。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:40:20

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

CONTRACT~未知との契約~

サークル「誰得催眠製作所」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛いけど得体の知れない女の子が
催眠を交えた契約を結び普段と違うタイプの快感を与えます。

某魔法少女アニメを元ネタにした珍しいサービスが行われており
催眠パートでは特殊な宝石の力を借りて心身をスライムのようなどろどろの存在に変え
エッチは体の内側に指を入れて愛撫したり、全身を飴のように舐めてドライオーガズムへ導きます。
グロい描写は一切ありませんからこういうシチュが余程苦手でなければ問題なく聴けるでしょう。
僕と気持ちいい契約をしようよ
白いアレに催眠をかけられ食べられるお話。

「やぁ こんばんは 突然だけど君 僕と契約しようよ」
白いアレは少年っぽい話し方をする可愛い声の女の子。
主人公に突然契約しようと言い見事に断られると
気を取り直して今回結ぶ契約の内容を話します。

本作品はオナニーやSEXといった一般的なエッチとは違うタイプの快感を味わってもらおうと
彼女が50分程度の時間を使ってテーマに沿った催眠とエッチをします。
サークルさんご自身が「魔法少女まどか☆マギカをモチーフにした」とほのめかされてるだけあって
彼女のセリフや作中に登場するイメージに原作を匂わせるものが使われてます。

といってもアニメを観てないとわからないほど込み入った内容ではありません。
私はwikiを軽く読んだ程度のにわかですが問題なく催眠にかかれたしイけました。

「僕は君を気持ちよくする それに対して君は僕を気持ちよくする」
今回結ぶ契約は簡単に言えば快楽の交換。
彼女は催眠を通じて癒しやドライオーガズムを与え
その見返りに彼からエネルギーや支配による満足感を得ます。

催眠は割とスタンダードなのですがエッチが非常に特殊でして
全身をゼリー状にしてから指を突っ込み内側から刺激するとか
最後のほうには飴玉に変えて口に放り込み舐めて消化するプレイが登場します。


ですが他の催眠音声と同じく痛みや苦しみを与える描写は一切ありません。
催眠に入った時に感じるとろけた感覚をそれらに例えて絶頂させるマイルドなアプローチがされてます。
誰得催眠製作所さんはこれ以外にも「あいすくりーむになっちゃう催眠音声。」など
イートミーを題材にした作品を制作されており、聴き手に抵抗や不安を与えないことに大変気を遣ってます。
心身をとろかす癒し重視の催眠
催眠はおよそ30分間。
契約の内容を不審がる主人公に「1回体験してダメなら破棄して構わない」と言って安心させた後
仰向けに横になって目を瞑りまずは深呼吸の合図を出します。

「呼吸を続けていると だんだん だんだん 体がぽかぽかしてくるね」
まだ始まったばかりなので暗示はそこまで多く入れず純粋なリラックスを促します。
そして合間に普段通りのボクっ娘口調で体が温まってることを実感させます。
今みたいな暑い時期だとあまりピンと来ないかもしれませんが
特定の部位が妙に火照るとかヒリヒリする人がきっといると思います。

お次は彼女が持ってる特殊な宝石で彼の心身を徐々に溶かします。
右腕→左腕→右脚→左脚→心とパーツごとに脱力の暗示を厚めに入れる分割弛緩形式で
そこに作品独自のイメージを盛り込んで催眠状態をスムーズに深めます。

「触れたところから ゆっくりと力が吸い取られていく 疲労が抜けていく とっても温かい とっても心地いい」
「温かい光に 意識がだんだん溶けていく ぽかぽか ぽかぽか なんだかとっても気持ちいい」

ストレートに「体が溶ける」と言ったら多くの人が拒絶反応を示すことを踏まえて
「力が吸い取られる」「重くなる」など受け入れやすい表現に変えて丁寧に進めます。
またそれと同時に光から連想される温かさも強化して心のほうも気持ちよくします。
「ぽかぽか」「とろとろ」といった擬声語を適度に盛り込みリズムと柔らかさを与えてるのも良いです。

15分くらいかけてじっくりやってくれますから
後になるほど手足の重さや意識のぼやけを強く感じるでしょう。
お疲れな人が聴いたらそのまま寝落ちしてしまうほど癒しのパワーが強いです。

「どこからか なんだかあまーい匂いが漂ってくる 嗅いでいるとなんだかとっても幸せで とっても気持ちいい香り」
そうやって十分な深さの催眠状態に誘導した後、ようやく本題のスライム化を始めます。
内容はこれまで育ててきた体の温かさをエッチな熱に変えるというもので
催眠特有の心地よさや感覚のぼやけを溶ける感覚に当てはめ
さらに嗅覚にも働きかけて催眠の入り具合をチェックしつつ普段とは違う自分になったことを実感させます。

自分がアイスクリームになったのをイメージするとやりやすいのではないかなと。
私が聴いた時は手足がなくなったかのような不思議な感覚が味わえました。

技術を手堅く行使して存在を曖昧にするテーマに沿った催眠です。
聴き手の心と体をどろどろに溶かすことを目的に
深呼吸、宝石のイメージを交えた分割弛緩法、そして感度上昇&スライム化と
たっぷり癒しながらスライムになるようゆっくり進めます。

技術自体は割とスタンダードなものばかりですが
全体の流れ、暗示の表現と入れ方、イメージの使い方など運用面がとても優れてます。
「どんなヤバイことをされるんだろう?」と思って聴いたらあまりのマイルドさに拍子抜けするでしょうね。
エッチを存分に楽しむための環境づくりをしっかりやってくれます。
内側からいじられる快感、食べられる快感
エッチシーンは22分間。
プレイは体を舐められる、指による全身愛撫、指で転がす、食べられるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「軽く舐められるだけでも ゾクゾク ゾクゾク感じちゃうんだよ ほら舐めてあげるよ」
入念な催眠で主人公の心と体をピンク色のゼリーに変えた白いアレは
いよいよ契約の最終段階にあたる特殊な快感をプレゼントします。

エッチは終始彼女に責められ続けます。
前半の9分間は体の愛撫を軸に据えたソフトなプレイ。
軽く舐めて感度の具合を確かめてから体内に指を挿入し、そのままかき混ぜて最初の絶頂へと導きます。

「ほら 指先が君の中でうごめいている ぎゅーっと押しつぶしたり 掻きむしるように指を動かしたり うねうねと指先をそよがせたり 指先を動かすたび 快感が広がる」
現実世界では絶対にできないタイプのプレイなので実況を多少詳しく挟みつつ
それによって得られる快感を暗示で伝える催眠音声らしい内容です。
乳首やおちんちんといった特定の部位を指定せず全身まるごと気持ちよくする感じですね。
私の場合はおちんちんと金玉のあたりがずっとゾワゾワしてました。
最後にカウントを数えてタイミングを取ってくれますから、ドライ慣れしてる人なら割とあっさりイけると思います。

残りの13分間は本作品の醍醐味にあたるイートミー。
スライムのまま丸呑みするのは難しいので再び宝石の力を使って小さく凝縮させ
その後口に放り込み舌と唾液で少しずつ消化します。

「ほら やわらかーい舌が 君の全身を舐め回す 全身をねっとりしたものが這い回っている ぬるぬると刺激されて とっても気持ちいい」
全身を柔らかく舐め回される快感、粘液に包まれる快感、そして溶けて吸収される快感。
前半に引き続きメリットを強調しながら柔らかい描写で進めます。
ちゅぱ音が多少流れますが性的快感よりも幸せイキに近い絶頂感を味わうでしょう。
明確な絶頂タイミングを指定せず時間内に聴き手が任意でイク作りになってます。

実際に聴いてみた感想ですが前半のほうがイキやすかったです。
多少変則的とはいえ後半よりも通常のエッチに近かったのが原因ではないかなと。
後半はプレイよりもシチュによる刺激がメインになってるのもあります。

このように、Mな人をターゲットにした独自性の強いエッチが繰り広げられてます。
まろやかな作品
聴き手にマイナスの印象を与えずに契約を結ぶアプローチが光る作品です。

白いアレは用心深い主人公に契約した時の特典を疑似体験させようと
催眠を通じてまずは心身をふどろどろに溶かし、エッチはその状況を引き継いでより気持ちよくします。
そして人々が抵抗を感じやすい要素を敢えて盛り込み、それらを柔らかく表現して受け入れやすくします。

「魔法少女まどか☆マギカ」の登場キャラやアイテムを使う奇抜な設定
癒し系の技術を厚めに行使しとろける感覚を味わわせる催眠
直接的なエロ要素を極力使わずシチュと暗示でイかせる個性的なエッチ。
サークルさんが元々得意とされてるプレイを同人らしいタッチで形にしてます。

誰得催眠製作所さんだからストレートなエロではないだろうと一応予想してましたが
実際はそれを上回る徹底した仮想プレイに仕上げてます。
この作品を聴いて勃起したり純粋に興奮する人はあまりいないのではないでしょうか。
でもスリルを孕んだシチュにゾクゾクし、その結果絶頂する人は一定以上いると思います。
責めの方向が違うだけでこれも立派なエッチです。

催眠はメインとなる分割弛緩法がとても入念で寝落ちしそうになるほど癒されます。
深い催眠に入りやすい作りなので催眠のトレーニングにも向いてます。
スライムになる感覚と脱力による感覚のぼやけを上手にリンクさせてます。

絶頂シーンは一応2回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語と喘ぎ声はありません。

風変わりで聴きやすい作品です。

CV:霜月優さん
総時間 57:18

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月25日まで20%OFFの560円で販売されてます。

女教師のいいなり~メトロノームの音に合わせて~

サークル「みじんこ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第34回目は知的で面倒見のいい女教師が
落ち着きのない生徒にエッチな催眠をかけてその改善を手伝います。

後になるほど集中力が高まるように誘導するのが特徴で
催眠はリラックスさせてからメトロノームの音を流してスムーズに深化させ
エッチはプレイをソフトにする代わりにイメージと暗示を厚くして絶頂できる環境を整えます。
集中すれば雑音も気にならない
女教師から集中力が高まるトレーニングを受けるお話。

「やっと来たわね・・・呼び出されたらすぐ来る事。で、どうして呼び出されたか解ってるわよね?」
先生は上品で整った声の女性。
授業中の態度が悪い主人公を個別に呼び出すと
集中力不足が原因と判断し、それを改善するトレーニングをします。

本作品は気が散って物事に集中できずにいる人を救済することを目的に
彼女がおよそ60分に渡ってそれに合ったサービスをします。
気持ちよくなるためにエッチするのとは違うためトレーニング要素が割と強く
催眠、エッチいずれも独自性の強い方法でわかりやすくリードします。
台本担当が本家の双子シリーズを手がけたListenable pharmacyさんなだけあってレベルが高いです。

「雑念に気付かなければ、それは雑念にはならないの。だから、もし雑念に気付いても、気付いた段階でまた無視してしまえば気付かなかったと同じ事」
「集中」と聞くと自分の意思で何かを見据える行為のように思えるでしょうが
本作品における集中はそれ以外の物事がまったく気にならない状態を意味します。
趣味に没頭してると他人に声をかけられても気づかないあの感覚です。
彼女の指示に従ってれば自然とそうなりますから楽な気持ちで聴いてみてください。

催眠は2パート20分30秒間。
最初の催眠導入パートはソファやベッドへ仰向けに横になって目を瞑り
大きく数回深呼吸してから先生の言葉に耳を傾けます。

「吸う時に頭の天辺から脚の爪先まできれいな空気が行き渡る。吐く時にあなたの中の嫌な事を全部息に乗せて吐き出す」
そして彼女は早速スムーズにリラックスできるコツを教えながら丁寧に進めます。
暗示も多少は入れてきますけどこのパートは心構えを身につけることをより意識してます。
言われたことを何となくこなすよりも、その意味を理解して取り組んだほうが効果的ですからね。
そうやって彼女の言うことをすんなり受け入れられる環境も整えます。

本格的な誘導をするのは次の深化誘導パート。
タイトルにもなってるメトロノームの音をバックで鳴らしながら簡単なトレーニングをします。

「このメトロノームの音を聴いていると、あなたはさらに深く、深く集中した状態に入って行くわ」
トレーニングの内容は瞼の裏に光の点をイメージし上下左右に動かしたり
音に合わせて彼女が指定した分の数を口に出す、もしくは心の中でつぶやきます。
両方に共通して言えるのは音を使ってリズムを取ってるということです。
そうすれば自然と音に集中できてそれ以外のことが気にならなくなります。

「先生の声を、意識から、追いやって、無意識で、聴いていると あなたの、気付かない、うちに、さらに深く、深く、深く催眠に、落ちて、いく」
特に数字を数えるトレーニングは音に合わせてセリフを小まめに区切る独特なアプローチがされてます。
音に集中すればするほど全身がずーんと落ちたり頭がくらくらするのを感じるでしょう。
聴き手を集中させることで心の隙を意図的に作り、そこへ暗示を叩き込む本作品らしい深化です。

集中力の向上だけを見据えた風変わりな催眠です。
聴き手の心を落ち着け何かひとつの物事に熱中できる状況にするのを目的に
深呼吸から入って集中に関するコツを教え、さらにメトロノームを使ったトレーニングに進みます。

全体的に指示や説明が丁寧でわかりやすく、集中に関しても順を追って少しずつ高めます。
どのシーンも彼女が必ずどれに集中すべきか言ってくれますから
その通りにしてるだけで没入感や催眠の感覚が強くなるのを実感するでしょう。
リアルが慌ただしいせいで心が乱れてる人が精神統一するのにも役立つと思います。
先生の温もりを感じながら
エッチシーンは2パート23分間。
プレイはイメージによる体の愛撫、亀頭責め、SEX(騎乗位)です。

服を脱がせる際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたの集中力が、先生の指の気配を、気配だけを捕らえると、眉間がかすか暖かく、むず痒くなっていくのを感じる」
メトロノームを使った催眠で主人公の気持ちを整えた先生は
そのまま指先を顔や上半身に近づけて熱と快感を送ります。

エッチは引き続きトレーニングしながら彼女がソフトに弄びます。
最初の「3時間目・性感イメージ誘導」パートでするのは体の愛撫(約16分)。
眉間、額、唇、首筋、鎖骨、喉に指先からエネルギーを送り込み
多少感度を上げた後で脇腹やおちんちんを優しく撫でます。

「集中して、集中して感じて。暖かくて、むず痒くて、ジンジンと気持ちいい感覚。その感覚がゆっくりと下がって行く、まぶたの向うにある先生の指先がゆっくり下がって行く」
そして彼女はここでも集中力の大切さを親切丁寧に教えます。
どこに指先を置いてるかを事前に教え、それから気持ちよくなる暗示を入れるので
自分がどこに集中すればいいかが手に取るようにわかります。

淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素はあまり使わずイメージで気持ちよくする流れです。
催眠にしっかり入れていれば特定の部分がジンジン、ゾワゾワしてくるでしょう。

「ほぅら、おちんちんの先から頭の天辺まで一気に快感が走り抜ける。すごく気持ちいい。感じる。悶える。白い光が全身にあふれて、何も考えられない。全身がジンジン感じて、ビクビク震える」
それを最も実感しやすいのがパート中盤から始まる亀頭責め。
ズボンとパンツを脱がせてから亀頭を優しく撫でるかなりソフトなプレイなのですが
開始と絶頂時にカウントを数え、その前後最中に厚めの暗示を入れてくるおかげで一気に気持ちよくなれます。
集中力がどれだけ高まったかテストしつつご褒美をあげる本作品らしいプレイです。

もうひとつの「4時間目・性感イメージ誘導」はSEXがメイン(約7分)。
彼の痴態や反応を見て我慢できなくなった先生が自ら上に跨がりおまんこで再度の絶頂へ導きます。

「人間はね、言葉に出すと、例え嘘でもその言葉に心が引き摺られてしまうの・・・だから、本当の事を言えば、その気持は、その感覚はさらに強く、あなたに帰ってくるわ」
喘ぎ声は特に上げないものの、声の感じが前のパートより明らかに艶っぽくなり
腰を打ち付けながら彼にもっと気持ちよくなれるアドバイスをします。
教師と生徒が禁断の行為をするシチュもいいですね。
私が聴いた時は股間を中心に生温かい快感が断続的に流れてました。

ちなみにこのパートの絶頂はドライ、ウェットどちらでもいいそうです。
ドライを経験してる人はそのまま目指せばいいし、不慣れな人は普通にオナニーするのがいいでしょう。
ノーハンド射精をするには時間、内容いずれもパワー不足かなと。

このように、催眠で育ててきたものをそのまま活用するイメージ重視のエッチが繰り広げられてます。
優しく教えてくれる作品
M向けの要素を極力なくして弄んでくれる作品です。

先生は主人公に集中力の大切さをわかりやすく教えようと
まずはその心構えを説明したりメトロノームの音を使ってスムーズに落とします。
そしてエッチは物理的な刺激を敢えて控える代わりにイメージで心と体を盛り上げます。

隅から隅まで手取り足取り教える取り組みやすい作り
集中力が高まってる状況を逆手に取った面白い催眠誘導
指先ひとつで感度を上げたり絶頂させる催眠音声ならではのエッチ。
テーマをしっかり定め、それに沿った形で不思議な感覚を味わわせます。

「勉強に、仕事に、そして催眠に。あなたの意志でより深く、集中力を発揮できるようになる。練習した事は、決して無駄にはならない」
音声の冒頭で彼女が多少指示的なことを言うので調教っぽく感じる人がいるかもしれません。
でも聴き進めていくうちに彼のためを思ってそうしてるのが徐々にわかります。
エッチの後に多少の時間を割いてやってきたことの復習をするのもその一環です。
最後におまんこできっちりサービスしてくれますし優しい女性だなと。

催眠は深化パートで音響法+混乱法っぽい珍しい誘導をしてくれます。
こういう技法を使う作品は現在でもあまり見かけません。
前回のレビューを書いた時はこれを煩わしく感じたのですが
改めて聴いてみると話しかけるタイミングやセリフの長さが計算されており
煩わしさを低減するための工夫もきちんとされてます。

エッチは催眠にかかってるから気持ちよくなれるタイプのものです。
うまくかかっていれば彼女が指を近づけた部位だけ一際感覚が強くなるのを感じます。
私個人は3時間目にやる亀頭責めのほうが気持ちよかったです。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠音声を聴く時にうまく集中できない人には特におすすめします。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 1:06:22(本編…59:10 何故か緊張気味なおまけボイス…7:12)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月25日まで20%OFFの720円で販売されてます。

ヒプノ古書堂の官能催眠

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、官能小説を専門に扱ってるお店の店長が
来店した男性にとある本を読み聞かせて不思議なひと時を提供します。

小説の主人公が自己催眠を実践する様子を通じて催眠をかけたり
ヒロインの女の子に責められてる様子や感覚を彼の視点で綿密に描くなど
物語の流れに沿って催眠の感覚と没入感の両方が高まるように進めます。
小説の主人公に自分を重ねて
ヒプノ古書堂の店主ヨミが官能小説を読み聞かせるお話。

「いらっしゃいませ あれ? あなた あぁ お客様 その…初めてですよね」
ヨミはお淑やかな声の女性。
初来店した主人公に未成年じゃないか尋ねると
お店や中に置かれてる本の事を説明してから好きに見てもらいます。

本作品は官能小説の主人公になりきってエッチを楽しむことを目的に
彼女がおよそ70分に渡ってテーマに沿った催眠とエッチをします。
彼女自身は天の声として催眠誘導とナレーションを担当し、実際に相手をするのは小説内に登場する女の子です。

この本のタイトルは「偏愛な彼女」。
仕事や後輩の指導を頑張り過ぎた結果ストレスを抱えてる営業マンが
よく行く本屋の店員をしてる女の子の協力を得てそれを解消していきます。
また彼女は物語の冒頭から彼を愛しており、今回のお話を通じて想いを伝えようとします。
そして主人公にすんなり感情移入できるようにこれらの様子をヨミが終始聴き手視点で語ります。

「もしよかったら あなたも主人公の行動を真似してみたら さっきよりもずっと感情移入できるかもしれませんよ」
彼女も作中でその重要性を何度も教えたりなりきるためのアドバイスをしてくれますから
その通りにすれば自然と作品世界に引き込まれていく感覚がするでしょう。
そしてこれは催眠にとって必要な集中力の向上にも繋がります。

催眠はおよそ10分間。
まずは女の子に勧められた催眠療法の本に載ってる自律訓練法という自己催眠法を試します。

「しばらく深呼吸を続けていると 次第に意識がぼやけて 疲れが溶けてなくなっていく気がした」
「そうか 別に眠ってもいいのか 意識のどこかで私は眠らないようにしていた その事に気づいた瞬間 私の意識は深い眠りの彼方へと落ちていった」

深呼吸しながら左右の腕と足を脱力する至ってシンプルな内容ですが
その様子を官能小説らしい口調で語って癒しと没入感を与えます。
本来の自律訓練法でやる「右腕が重い」などの暗示を自分で復唱するシーンはありません。
自律訓練法をやってる人になりきらせながら軽めの暗示を入れるスタイルを取ってます。

お次は読み聞かせを一時中断し今度はヨミが直接自律訓練法の暗示を入れます。

「主人公の感情があなたの体に 精神に流れ込んでいきます 主人公の感情のままに心が変化して あなたという意識が希薄になっていく」
ほぼ同じことを二度繰り返して感覚を強化するわけです。
ただしこちらは小説の主人公により同化できる暗示を加えてます。
テーマの読み聞かせを活用した個性的な誘導法と言えるでしょう。

官能小説のストーリーを進めながらリラックスや深化を促す独特な催眠です。
聴き手を小説の主人公になりきらせることを目的に
登場人物とその関係を事前に語ってから深呼吸や脱力といった癒し系の技術を施します。

サークルさんが「催眠ボイスドラマです」とおっしゃられてる通り
一般的な催眠音声に比べて背景部分の描写に力を入れてます。
ですからこの官能小説がどんなお話かわからない人はおそらくいないと思います。

しかし肝心の催眠が時間、内容共に弱いというのが正直な感想です。
最初のあらすじを語るシーンで現代催眠の技術を使った予備催眠をかけてればまた違ったのでしょうが
聴いた限りではそういう意図は見られずごく普通のボイスドラマでした。

あるいは自律訓練法をもっと入念に続けていれば随分違ったでしょう。
作中では第1公式の体が重くなる暗示を頑張ってる一方で第2~第6公式については軽く触れる程度に留まってます。
厳しい言い方をさせていただきますと、完成された自己催眠法をなぜわざわざ崩すのかが理解できません。
第1公式から第6公式まで手順通りやったほうがずっとスムーズに、そして深く誘導できたはずです。
崩すことによって催眠によりかかりやすくなるならわかりますけど実際は真逆の結果になってます。

以上のことからイマイチな催眠と私は見ています。
胸に秘めた想いを込めて
エッチシーンは42分間。
プレイは体の愛撫、乳首責め、アナル責め、前立腺マッサージ、手コキです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「初めこそ性を解消する催眠術に照れを感じていたが 今はすべてを彼女に晒しても構わない そう思っている」
本を紹介してもらったおかげで女の子と親しくなり、その後2ヶ月ほど催眠を直接かけてもらうようになったある日
彼女を再び自宅に招いた官能小説の主人公はアロマキャンドルの炎を眺めながら深い催眠に入ります。

エッチは引き続き官能小説の様子をヨミが綿密に語ります。
最初の15分間は心と体の準備を整えるのが目的のプレイ。
小説内で女の子が彼に軽い催眠を施し、それから感度が上がる暗示を入れたり
アロマオイルを混ぜたローションを全身に塗り拡げていきます。

女の子「いつ見ても広い背中ですね それに…」
ヨミ「ゾクゾクとした快感が背筋に流れ 体が強ばる」
そしてここからは女の子のセリフも交えて
プレイの様子やそれによって得られる感覚をゆっくりじっくり伝えます。
2人が同時にしゃべるわけではないので双子形式とは違いますが
声質を若干変えたりアプローチの方向性に違いを持たせてるのも事実です。

女の子「気持ちいいなら あん あんって声を出してください 私にエッチな喘ぎ声を聞かせてください」
女の子が喘ぎ声を漏らす指示を時々出すのもポイント。
前項で話した通り本作品の鍵はいかに感情移入できるかですから、それを自然な形で後押しします。
実際に声を出すのがベストですけど心の中でそうするだけでも多少の効果が見込めます。

本格的なプレイが始まるのはその後から。
愛撫ですっかり発情した主人公の性欲をさらに盛り上げ発散させようと
女の子が乳首、アナル、おちんちんを同時に責め続けます。

「くにくに くにくに 彼女の指が アナルの入口をほぐしていく 次第にアナルがヒクヒクと反応し始めて 指を入れて欲しいと口を開けてしまう」
「自然と快感で力が入る 前立腺も疼きだして だらだらと鈴口から我慢汁が溢れてくる」

中でもアナルはローションまみれの指を挿入し前立腺まで刺激するややアブノーマルなものです。
ヨミも聴き手にそれを少しでも楽しんでもらおうと実況や感覚支配の暗示を厚めに入れます。
効果音が入っていればよりイメージしやすかったでしょうね。
乳首についても指で撫でたりちゅぱ音を鳴らして舐めたりと結構力を入れてます。

本作品の絶頂形式はドライなのでおちんちんへの責めはあまり積極的にやりません。
アナルや乳首を責めるのと並行して金玉と竿をいじる実況が時々入る程度です。
官能小説のタイトルが「偏愛な彼女」なのはこういうプレイをするからなのでしょう。

このように、登場人物の内面にも焦点を当てた生々しいエッチが繰り広げられてます。
引き込まれる作品
物語の主人公と自分を重ね合わせやすいドラマ性重視の作品です。

ヨミは主人公に自分が読んでる官能小説の魅力を伝えようと
自身はエッチに直接参加せず語り手として催眠をかけたりイメージ力を膨らませます。
そしてその中で聴き手が主人公に自然と感情移入できるようアプローチします。

小説を読み聞かせながら催眠やエッチを進める独特なスタイル
集中力や没入感を高めるための様々な配慮、アナルと乳首を重点的に責める変わったエッチ。
作品が持つ個性を組み合わせてひとつの流れを作り上げてます。

女の子「大好き 私はあなたの事が大好きなんです」
割とアブノーマルなプレイをしてるのに雰囲気があまあまなのも印象的でした。
彼は彼女を信頼してるからすべてを受け入れられるし
彼女も彼に対する一途な好意を込めてゆっくり丁寧に責めます。
押し付けがましさがまったくないのでアナル責めが苦手な人でもなければ抵抗を感じずに聴けるでしょう。

催眠は本作品唯一のネックと言いますか、もうちょっと入念にやってほしかったです。
エッチをかなり頑張ってたからこそ余計そう思います。
催眠音声で催眠を失敗してしまうと作品自体が成り立ちませんから
それを防ぐための保険はかけておいて損はありません。
自律訓練法のようにシンプルな誘導法ほどより高い運用力が求められます。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

エッチは良かったけど催眠はうーん…ということで今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:縁側こよりさん
総時間 初回用…1:13:56 2回目以降用…50:59

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2回目以降用は注意事項、導入部を編集したものです。

ヒプノンさんが公開されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、VOICEROIDの人気姉妹「琴葉茜」と「琴葉葵」が
左右に寄り添いながらちょっぴりエッチな催眠をかけます。

人肌の温もりや幸福感でイかせるシチュ重視のサービスが行われており
催眠はリラックス系の技法を中心に据えて脱力感やベッドの温かさを全身に伝え
エッチはタイトル通り彼女たちが左右から抱きしめてその感覚をさらに強化します。
可愛い双子とソフトにイチャイチャ
琴葉姉妹に催眠をかけられハグされるお話。

「どもども 茜ちゃんやで」
茜は関西訛りで話す明るい声の女の子。
「琴葉葵だよ 今日は私たちの言葉で とっても気持ちよくなって欲しいな」
葵は丁寧な言葉遣いをする優しい声の女の子。
主人公に軽く挨拶すると、音声を聴く際の注意事項を早速説明します。

本作品は彼女たちと一緒にいる気分に浸りながら気持ちよくなるのを目的に
およそ18分に渡るコンパクトな癒し系のサービスをします。
総時間が非常に短いことを踏まえてフェラやSEXといった一般的なプレイは敢えてせず
女の子特有の柔らかさと温もりを与えてイかせる方向で進めます。


幸せイキに近いアプローチをしてくるので初心者にはピンと来ないでしょうが
催眠音声をそれなりに聴いてる人なら体や心にそれなりの熱を感じると思います。
また2人が双子ということで声を左右に分けて役割分担しながらリードするシーンもあります。

催眠はおよそ9分間。
事前に聴く際の環境や心構えを説明してから茜の声に合わせて深呼吸します。
座っても寝てもいいと言われますがベッドに寝たほうが入りやすいです。

吸ってー 海に浮かんで ぷかぷかしてる感じ 吐いてー 意識の底に 沈んでいくような感じ
そして彼女たちは早速2人いる長所を活かして誘導します。
息を吸う時は体が浮かぶイメージ、吐く時は沈むイメージと正反対のものを用意し
声が被らないよう気をつけながらリズミカルに暗示を入れる双子らしい協力プレイです。
また少し経つと茜も別の暗示を入れ始めます。

お次は左右の腕と足に的を絞りひとつひとつ脱力していきます。
ここは声の位置を中央に戻して行います。

葵「右手に意識を集中していると 右手が温かいような じんじんするような そんな感じがする」
茜「右腕が どれくらい(ベッドに)べったりくっついてるか 意識でなぞるんやで」
右腕→左腕→右脚→左脚の順に意識させながら
ベッドから伝わってくる熱を言葉で強化し脱力感と心地よさを与えます。
タイトルを見ていただければわかるように、本作品はこの後のエッチシーンで彼女たちが抱きついてきます。
だから催眠の時点で温感を操作してそれを実感できる準備を整えるわけです。
私の場合は熱は両肩、脱力感は両手首に最も強く感じました。

適度にリラックスさせてから体を軽く火照らせるシンプルな催眠です。
琴葉姉妹に抱きしめられる環境づくりを目的に
イメージを交えた深呼吸から入って軽い脱力→入念な脱力+温感操作と
リラックスに適した技法を役割分担しながら組み合わせます。

本家を始めとするガチな双子とは少し違うものの
催眠者が2人いるからこそできる誘導をしてるのも事実です。
ニコニコ動画やYoutubeで彼女たちの声を聴き慣れてる人ほど心が落ち着くでしょう。
姉妹の肌を身近に感じながら
エッチシーンは2パート6分間。
プレイは左右からのハグです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

茜「うちは あんたの左側でそーっと囁くで」
葵「こうやって あなたの右手の甲に 私の手をゆっくり ゆっくり近づけて 重ねる」
コンパクトな催眠で主人公の心と体を心地よくした琴葉姉妹は
再び左右に分かれて交互に、あるいは同時に彼へ抱きつきます。

エッチは抱きついてる様子をイメージさせながら暗示を入れて絶頂させます。
最初の4分間はその準備にあたるシーン。
葵→茜の順に彼の腕へ体を密着させつつその感触を言葉で厚めに伝えます。

葵「私の体が あなたの右腕を包み込む 私のおっぱいが 二の腕に触れて柔らかい」
茜「ぎゅーっ 快感が あんたの左腕に流れ込む 腕の快感が心に流れ込んで じんじんするような甘い気持ちになる」
シチュがカギになるプレイなのでまずは彼女たちに抱きつかれてることを意識させ
それに体と心がより温かくなる暗示を組み込んでリアリティを出します。
淫語はほとんど言いませんけど年下好きなら多少は興奮するのではないでしょうか。

残りの時間は最終目的であるドライオーガズムに追い込みます。
茜がカウントを数え、葵はその合間に暗示を入れるスタイルで
カウントが0になったら2人同時に抱きついて刺激を送ります。

葵「ぎゅーっ 快感の塊が心に流れ込んでくる おかしくなってしまいそうな快感」
ストレートなエロ要素を使わずに暗示でイかせる催眠音声らしい責めです。
ここだけをやってくれるパートが用意されてますから
物足りない人は数回追加してカバーするといいでしょう。

このように、彼女たちに抱きつかれて気持ちよくなるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
ぽかぽかする作品
癒しながらちょっぴり気持ちよくする個性のある作品です。

茜と葵は自分たちに会いに来てくれた主人公に幸せなひと時をプレゼントしようと
まずは催眠を通じて心と体の嫌なものを取り除き
それから直接体を合わせて自分たちのエネルギーを注入します。

2人が力を合わせてサービスする双子らしい作り
後になるほど心身の熱を上げていく展開、そしてハグだけでイかせる珍しいエッチ。
作品のコンセプトや特性を忠実に反映させた癒しの強いサービスが味わえます。

中でも2番目の要素は催眠だと比較的実感しやすいものですし
ベッドの温かさや彼女たちの体温を触媒にする効果的なアプローチもされてます。
人によって温かくなる箇所に多少の違いはあるでしょうが
聴く前と聴いてる最中では多少なりとも変化してるのがわかると思います。

エッチは彼女たちの年齢を考慮したのか敢えてエロさを薄めてあります。
本作品の絶頂は射精などの快感とは別物なので特に問題は感じません。
普段のドライとは違いゾクゾクする感覚が走りました。

絶頂シーンは3回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:VOICEROID+琴葉茜さん VOICEROID+琴葉葵さん
総時間 18:10

https://twitter.com/i/moments/974317804617744385
(一番上の「琴葉姉妹に左右からギュッとされて気持ち良くなる催眠音声」が本作品です)

生体ラブドール催眠 ~ドールに入ったあなたがメスイキ、陥落するまで~

サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、人間とドールのハイブリッドである生体ラブドールのテストに協力する形で
女性になりきる感覚や激しく責められる快感を疑似体験します。

作品のテーマに沿って少しずつ女体化や絶頂を目指す手堅いリードが魅力で
温泉に入ったり車で輸送されるイメージを通じて催眠や女体化を定着させ
その後は男性あるいはふたなり女性に激しく責められるシチュを通じて女の悦びを教えます。

今回は対ふたなり女性版を聴いてのレビューをお送りします。
女性の快感をよりリアルに味わうために
生体ドールのTSセブンに催眠をかけられふたなりレーサーとエッチするお話。

「いらっしゃいませ、ご予約頂いていたM様ですね ようこそお越しくださいました」
TSセブンは明るくてお淑やかな声の女性。
とある条件を満たせばドールを格安で買えることを聞きつけやって来た主人公を迎えると
これから行うテストの内容を説明します。

本作品は現実世界よりも本物の人間に近いドールが作られてる世界で
彼女がおよそ90分に渡るテスト形式のエッチな催眠を施します。
TS heavenさんと言えばこれまで出してる全作品が女体化モノという専門のサークルさんです。
今作も1人でも多くの聴き手が女性になりきれるようじっくり時間をかけて誘導します。

「テストプレイの内容は、売約済みのドールの中に入り、性的刺激に対してドールがどのように反応すべきかを見るものです」
今回行うテストの目的は快楽堕ちの過程を検証すること。
容姿は人間そっくりでも歩くことができない生体ドールに意識だけを移し
レーサーとして活躍してるふたなり女性の相手をさせることでリアルに体験させます。
アスリートなだけあってエッチの責めっぷりは全体的にハードです。

また製品版にはふたなり女性と男性の2パターンがありまして、一部のセリフがそれぞれに合ったものへ変えられてます。
お話の流れは一緒ですから好きなほうをお選びください。

催眠はおよそ39分間。
最初の「ドールに入るための準備」は名前の通り精神を生体ドールへ移す準備を整えます。

「なんとなーく、光がゆらゆらと揺れているのがわかりますか? まぶたを通して入ってくる光が時折、ふわーっと明るくなったかと思うと、スーッと、暗くなっていく」
全身に軽く力を入れて抜く運動から始まり、室内に焚かれたアロマキャンドルの炎をイメージする
幼馴染の女の子の家でかくれんぼしながら深呼吸するなど
手を変え品を変えて少しずつ心身をリラックスさせます。
有料作品はまだ2作目ですが無料で鍛錬を積んできただけあって技術のレベルは高いです。

催眠、エッチいずれもイメージを重視して組み立ててるのがいいですね。
今回するエッチは現実世界だと体験できないタイプのものですから
聴き手が主人公になりきるにはイメージ力を膨らませるのが最も有効です。
できるだけわかりやすいものにしてくれてますし、イメージが苦手な人でもなければ勝手に浮かんでくると思います。

次の「ドールへ転送される」はいよいよ本題の女体化に取り掛かります。
お風呂のような形をした専用の装置に全身を浸し
その心地よさを感じながら体を溶かして心だけの存在に生まれ変わります。
そしてドールへの転送が完了した後は新しい体に精神を馴染ませていきます。

「心地いい温度に、頭がぼーっとしてきます ぼんやりしながら、心は落ち着き、頭の中がスッキリしてくる」
「体中の骨と筋肉が解けて、全身がふにゃーっとなる 腕も脚も力が入らない、体中の力が抜けて全身動けない」

「体を溶かす」と聞くとヤバそうな印象を受ける人もいるでしょうが
実際は脱力を厚めに行い体の感覚をなくす方向で進めます。
催眠は聴き手に恐怖心を与えたらすく解けてしまうので、抵抗を感じそうなシーンほど繊細な言葉遣いを心がけてます。
深化と女体化を並行して進めるなかなか高度なアプローチです。

そして最後の「女の快感に負けそうになる」はいよいよパートナーにあたるレーサーの家へ移動します。
前述の通り生体ドールは自力で動けませんから車で輸送してもらいます。

「カタン カタン スーーッと、落ちる」
「一皮むけば、女の本能むき出しで、最初のテストプレイから腰を突き出して肉棒を求め、凄かったみたいです 3回目なんてレースの後だったから、潮をふきながら何回イッたと思いますか?」

移動中は車の揺れがもたらす心地よさを通じて催眠状態をさらに安定させ
到着後はレーサーが持ってる他のドールとのエッチを軽く語って期待を煽るなど
間もなく始まるエッチに向けて万全の体勢を整えます。
このへんまで来ると頭が妙にボーっとするとか、体の感覚がなくなってる人が結構いるでしょう。

ストーリー形式で催眠誘導や女体化をする個性的かつ効果的な催眠です。
聴き手を生体ドールになりきらせ、レーサーの家まで連れて行くことを目的に
イメージを組み合わせたリラックス、お風呂のイメージを使った深化と女体化、そしてエッチの準備と
各パートに明確な目標を定めそれぞれを手堅く成し遂げようとします。

イメージ重視なところが多少人を選びますが、やり方自体はとても丁寧で受け入れやすいです。
女体化についてはエッチでも引き続き働きかけてくれますから
この時点でピンと来なくても後々変化を実感できると思います。
欲望を剥き出しにした荒々しいエッチ
エッチシーンは4パート34分間。
プレイはキス、乳揉み、乳首責め、SEX、バイブ責め、イラマチオ、クンニ、アナル責めです。

乳首舐め、キス、クンニの際にちゅぱ音が
SEX、バイブ責め、アナル責め、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「彼女、あなたを本格的に調教するみたいね もう一人のドールを別の部屋に置きにいったみたい」
生体ドールになった主人公の体に劣情を催したふたなりレーサーは
他のドールを別の部屋に置いてから彼に激しいキスをします。

エッチは引き続きTSセブンがプレイの様子やその快感を実況します。
一番最初の「メスの快感に打ちのめされる」のテーマは処女喪失(約6分)。
キスや乳揉みで気分を高めたレーサーが彼のおまんこに逞しいおちんちんをねじ込みます。

「ほら、彼女の指があなたの乳首をきゅーってつまんだよ あぁ、凄い、感じる、気持ちいい 乳首から快感が全身に広がって股間が疼くよね?」
「どんどん、入ってくる メリメリとあそこを押し広げられ、奥まで深く、深く入ってくるね 入り口も奥もきつい 奥の奥まで太い肉棒を感じる これが入れられるってことよ」

プレイ実況と感覚支配の暗示をバランスよく配置し
挿入時はメリメリという効果音も交えて主観視点でリアルに体験させようとします。
暗示で雁字搦めにするというよりはイメージさせつつ要所で気持ちよくする感じですね。
催眠パートでイメージ力を膨らませてきた状況を活かしたリードをしてくれます。

レーサーが本領を発揮するのはその後から。
「メスの快感に打ちのめされる」は拘束してからのバイブ責め
「ハイテンションSEX」はイラマチオとクンニを経由してのガチSEX
「3人に犯される」他のふたなり女性を加えての3箇所同時責め、といったように
お話が進めば進むほどより過激なプレイを繰り出します。

「息をするのも苦しい? でも、なんだか嬉しいよね? ゆっくりと抜き差しされ、喉の奥を突かれる度に股間が疼き始める 背中とアソコがピクピク痙攣しはじめる」
「半狂乱になっても貫かれるって、どんな感じかしら? やめてほしいのに、気持ち良くてやめて欲しくない 心と体で求めるものが違うってことよね?」

キスとクンニではむしゃぶりつくような力強いちゅぱ音を鳴らし
SEXは後になるほどペースを上げて連続絶頂に追い込む荒々しさを前面に押し出した責めです。
しかしそんな中でTSセブンは誰かに体を激しく求められる快感と幸福感を教えます。
一方的に苦しめ痛めつけるのではなく、それに見合ったご褒美もきちんと与えてくれます。
ちなみに絶頂はどれもカウントを数えてから追い込み暗示を叩き込みます。

どのパートも絶頂シーンに強めの追い込みをかけてくれるおかげで
それに釣られて股間がムズムズしたり何かがこみ上げてくる感覚を何度も味わえました。
この内容ならM性の強い人のほうが楽しめるでしょうね。
プレイを通じて女性になったことを強く実感させてくれますし、催眠は解けにくい部類だと思います。

このように、女性の立場で責められる快感を追求した比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
堅実な女体化作品
違和感をできるだけなくして女体化や絶頂へ導く作品です。

TSセブンは主人公を楽しませながら必要なデータを収集しようと
まずは催眠を通じて意識だけの存在に変え、それを今回使用するドールへ移し定着させます。
そしてレーサーの家に到着した後は彼女に任せて女の悦びを存分に教えます。

体を直接変えたり生まれ変わるのではなくテーマに沿った形でなりきらせる女体化
それを下から支えるイメージ重視のアプローチ、激しいプレイを柔らかい表現で実況するエッチ。
独特な世界観にすんなり引き込み気持ちよくする流れのあるサービスが楽しめます。

中でも女体化は作品の肝になる要素ということで
事前のリラックスを入念に行い、そこでイメージ力を多少膨らませてから持っていきます。
さらに女体化パートで一気にやって終わりじゃなく作品全体を通じて強化しようとします。
押し付けがましい表現も特にないので受け入れやすく感じるでしょう。

エッチは穏やかな催眠とは打って変わって激しさを強調してます。
でも彼はドールになってるのですからむしろモノ扱いされる方が自然ではないでしょうか。
人間相手にやったら壊れてしまうからこそドールに欲望を思い切り叩きつけてるのだと思います。

絶頂シーンは9回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:31:45

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ふたなり人妻の逆レイプでメスイキしちゃう~催眠セックス体験コース~

サークル「女の子至上主義」さんの催眠?音声作品。

今回紹介するサークルさんの音声処女作は、まだ研修生だけど腕に自信のある催眠術師が
催眠を使って人妻とのちょっぴり激しいエッチを疑似体験させます。

催眠誘導を特にしないまま女体化誘導を始めたり
エッチシーンで彼女だけでなく人妻もしゃべるなど
催眠音声よりもボイスドラマに近い流れでサービスを進めます。
人妻との甘美なひと時
ゆめなに催眠をかけられてからうたなとエッチするお話。

「はーい こんにちは 催眠SEXの世界へようこそ」
ゆめなは明るくてしっとりした声のお姉さん。
仰向けに横になってる主人公に挨拶すると
自分の経歴を教えてから今回のコースに合ったエッチな催眠をかけます。

本作品は催眠の学校を出たばかりでまだ研修中の彼女が
本来は別のコースを希望してた彼に35分程度の変わったサービスをします。
ふたなり人妻によるレズ逆レイプという珍しいシチュを設定し
それに向けて催眠よりもエッチを重視する形で進めます。

最初から言ってしまいますと本作品を聴いて催眠にかかれる可能性は極めて低いです。
主人公になりきって楽しむのではなく、彼らがエッチしてる様子を横から楽しむことになるでしょう。
催眠初挑戦だからなのでしょうけど悪い意味で型破りなことをされてます。

催眠はおよそ6分間。
仰向けに横になって目を瞑りゆめなの話に耳を傾けます。
ちなみに催眠開始後は彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「爽やかな風 綺麗なお花畑 可愛い動物たち ママの言葉とあなたの感情がリンクしたみたいに あなたは楽しんだり 喜んだり 安らいだりします」
「5年生になったら 少しおっぱいが大きくなったね 中学生になったら 初めての生理を体験して 股の間が重たくなったよ」

お話の内容は緑豊かな場所で母親に本を読んでもらってる女の子が
成長して体と心が変化していく様子を数年ごとに実況します。
男性から女性に変えるのではなく最初から女性だったと思わせるアプローチです。
そして大きくなった彼女の友達の母親がこれからエッチするうたなとなってます。

女体化をテーマにした催眠音声でこういう誘導をする事自体はさほど珍しくありません。
性別を直接変えるよりも女性の人生を辿っていったほうが受け入れやすく感じる場合があります。
しかしこれをやるにあたって必要な準備が一切されてません。
深呼吸や脱力をして心身を十分にリラックスさせたり、カウントを数えて深化させるといった行為が省略されてます。

簡単に言うと催眠誘導せずに女体化させようとしてるわけです。
もしかしたら会話調の誘導をする現代催眠型かなとも思ったのですが
確認したところ技術的にそう受け取れる描写は見られませんでした。
これが先ほど「催眠にかかれる可能性は極めて低い」と言った一番の理由です。
同性に処女を奪われる快感
エッチシーンは2パート20分30秒間。
プレイは服を脱がせる、SEX(正常位?)、ビンタ(4回)、キスです。

ビンタの際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

うたな「今帰り道 私も今から帰るところなの 一緒に帰る?」
ゆめな「うたなさんに誘ってもらえたよ 嬉しいね」
ゆめなの催眠で心と体を立派な女の子に変えた主人公は
学校の帰り道にうたなと出会い、彼女の家に誘われてエッチを初体験します。

エッチはゆめなが実況役、うたなは直接責める役と分担して進めます。
最初の「前戯」は雰囲気作りを重視したパート(約3分30秒)。
うたなの自室に移動した2人が服を脱がせあいながらお互いの肌を観察します。

う「それなら あなたの初めて もらっちゃおうかな 脱がせてあげるね」
主人公は友達を通じてうたなと既に仲良くなっており
元々エッチな事に強い興味を抱いてた背景もあってあっさり受け入れます。
うたなも年下の同性が初体験を気持ちよく終えられるようまずは優しくリードします。

ゆ「するっと脱がされて おっぱい見られちゃった 恥ずかしいね 顔が熱いね でもちょっと嬉しいよね」
そしてゆめなは天の声として今何をしてるか、主人公が何を感じてるかきめ細かく語ります。
聴き手視点の言い回しを心がけてるのでなんとなくイメージしやすく感じるでしょう。
この部分に関しては割かしよくできてると思います。

また声の位置を左右へ適度に振り分ける演出もされてます。
サークルさんは「双子催眠的な手法」とおっしゃられてますが、聴いた限りでは技術的にまったくの別物でした。

コース名の「逆レイプ」らしさが出てくるのは次のセックスパート(約17分)。
横になった主人公のおまんこにうたながおちんちんを挿入し、後になるほど激しく突いて2人同時の絶頂を目指します。

ゆ「ずぶずぶーって 太い何かの先端が まんこの中に入ってきたね 思ってたよりも硬かったね」
う「ほーら気持ちいいでしょ? エッチな悪い子にはお仕置きよ もっと奥まで突き上げてあげる」
そしてここでもゆめなはおちんちんの感触やそこから得られる快感を伝え
うたなは感じてる彼の様子を観察しながら徐々にSっ気を露わにします。
彼女の旦那はSなためエッチで受けに回ることが多く、相手を責めることに強い興味を抱いてました。
それが今回実現したから普段よりも意地悪な態度で接するようになります。

といっても女性同士なのでM向けと言うほどハードな事はやりません。
プレイ中に頬へ数回ビンタをする程度で後はピストンするだけです。
ゆめなの実況がポジティブな表現を心がけてる点もそう感じる理由のひとつです。

催眠に入れなかったのが一番大きいのでしょうが
イメージはできるけど気持ちよくなれないまま聴き終えることになりました。
こういう言い回しは催眠に入ってこそ初めて効果を発揮するものですから
その前提部分が崩れてしまっていては楽しみたくても楽しめないというのが正直なところです。

このように、レズプレイを多少過激にアレンジした風変わりなエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
ふたなり女性との初エッチをボイスドラマに近いタッチで描いた作品です。

ゆめなは人妻に逆レイプされる快感を主人公にたっぷり味わってもらおうと
催眠の要となる誘導部分を敢えて省略し、最初から女体化に関するイメージを投げかけます。
そして完了後はパートナーの人妻にもしゃべってもらいながらプレイの様子を細かく実況します。

レズでありながらおちんちんで貫かれる快感を追求した異色のエッチ
そのイメージを助ける聴き手視点の実況。
時間、内容共に催眠よりもエッチを重視したサービスを行います。

ゆ「まんこの中が擦れてる 太いのが抜けてホッとしたら また奥までぐっと入ってくる」
ゆ「うたなさんにパンパンされるたびに あなたは女の子の喜びを感じてる」

催眠に対して痛烈に批判しましたがエッチのセリフは光るものを感じました。
どういうところを実況すればイメージ力が膨らむかを考え
言い回しも聴き手が主観的に捉えられるように心がけてます。
私がこの作品を同人音声にカテゴライズしなかったのはこの部分があったからです。

催眠誘導をちゃんとやるようになればもっともっと良い作品が生まれる可能性を秘めてます。
活動を始めたばかりのサークルさんですし今後変わっていくことを期待したいです。

絶頂シーンは1回。
淫語・効果音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:口谷亜夜さん
総時間 37:28

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は3点。
37分で200円とコスパがいいので+1してあります。

2018年7月9日まで15%OFFの170円で販売されてます。

【催眠音声】ぎゅッってしてビクッてして

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて甘えん坊な彼女が
自分を慰めてくれた恋人と抱き合って癒しや快感を共有します。

彼女たちの仲の良さを色濃く反映させた一体感のあるサービスが魅力で
全編のほとんどでハグしながら催眠は呼吸を合わせて一緒に幸せになり
エッチはキスを起点に彼だけでなく彼女も気持ちよくなって何度も同時に絶頂します。

今回はサポート付き音声を聴いてのレビューをお送りします。
可愛い彼女と一緒に幸せな世界へ
彼女に催眠をかけられあまあまなエッチをするお話。

「うーん …ん? そんな暗い顔してた?」
彼女は素朴で甘い声の女の子。
仕事などで大きな失敗をして凹んでると
心配して声をかけてきた主人公に抱きついて甘えながら世間話をします。

本作品は気落ちしてる彼女を慰めつつ気持ちよくなることを目的に
彼女がおよそ90分に渡ってタイトルに合った独特な催眠をかけます。
催眠者が聴き手を一方的にお世話する一般的な催眠音声とは違い
サービスを通じて彼女自身も癒されたり絶頂する一体感を重視したスタイルで進めます。

「ねぇね 匂い嗅いでるんだったら そのままぎゅーってしながら 首のとこくしゃくしゃして?」
例えば一番最初の「今日はなぐさめてほしいの」パートでは声をかけられた彼女が彼にすぐさま抱きつき
可愛いおねだりをしながら他愛もない会話を続けます。
催眠とは直接関係のないシーンですが、リラックスを促すことで彼女の暗示を受け入れやすい環境を整え
さらに2人の仲の良さを自然な形で聴き手に伝える結構重要な役割を果たしてます。

彼女が常に会話調の砕けたセリフで話しかけてくるのも大きな特徴です。
指示的な表現をできるだけ避け彼女とイチャイチャしてる雰囲気を出しながらリードします。
キャラ、声、セリフ、シチュ、展開といったすべての要素が癒し一色ですから
被暗示性の高低に関わらず多くの人が心地よさや安心感を覚えるでしょう。

天の声「ねぇねぇ もう1回ちゅーしてあげなよ そしたらまた倍で 2人で気持ちよくなれちゃうからさ」
ちなみに冒頭に書いたサポート付き音声というのはサービスをわかりやすくイメージしてもらうための保険です。
本作品ではエッチシーンで主人公が彼女を責めることが何度かあり
そこで彼女が突然喘ぎ声を上げたり驚いた表情を見せます。
サポート付き音声ではそれらをする前に控えめな音量で天の声が彼をけしかけるやり取りが入ります。

全編合わせても5分程度にしかなりませんから天の声の有無でそれほど大きな差は出ません。
お話の流れが変わることもありませんし好きなほうをお選びください。
色んなものを交換する癒し特化の催眠
催眠はおよそ30分間。
「今日はなぐさめてほしいの」パートで簡単な勝負を持ちかけそれに勝った彼女が
主人公と一緒に裸になり抱き合いながらまずは呼吸を合わせます。

「そのまま力が抜けて なんだか溶けていくみたいにさ 自然と足の指が開いたり 例えば私の足の重さを感じたりね」
「くっついていったところから 力が抜けていくの そのまま2人でどろどろになって 溶けてなくなるみたいに 力がなくなっていく」

文字だとわかりにくいでしょうけどこれらのセリフにはスペースを入れた部分で4秒程度の間が入ります。
そして彼女が話してる時は息を吐き、そうでない時は息を吸うやり方で進めます。
催眠の基本に「相手が息を吐いた時に話しかける」というものがありまして
このシーンはそれを最大限に活かしたのだと思われます。

また体を密着させたまま呼吸を合わせるのは本作品のテーマである「一体感」に大変マッチしてます。
心身を通い合わせたほうが当然エッチでより気持ちよくなれますし
作品が持つ良い部分をそのまま取り入れた堅実で効果的なアプローチと言えます。

十分リラックスさせた次は彼女と一緒に催眠の世界へ移動します。
これまでと同じく抱き合ったまま深化に関連性のある暗示をゆっくり入れるというもので
落ちる感覚と同時に幸福感も与えて心の芯から癒します。

「なーでなでって お互いを擦ると 溶けた力とか 意識とか 手をつたって流れてく」
「もっと好きになっちゃったら 幸せがぶわーって膨らんで いっぱいになる いっぱいになると いっぱいの幸せで重くなった体が どんどん落ちていって その先は2人だけの世界」

頭を撫でる動作を通じて力と意識を共有し、深化も感覚を少しずつシフトさせて徐々に落とします。
暗示の量や表現方法にもかなり気を遣われていて聴けば聴くほど意識のぼやけが強くなりました。
お疲れ気味な人が聴いたらそのまま寝てしまうかもしれませんね。
これまで築き上げてきた良い雰囲気を維持したまま上手に締めくくります。

暗示の質や量にこだわった甘さの強い催眠です。
聴き手を彼女と一緒にいる気分に浸らせながら2人きりの世界へ案内するのを目的に
呼吸のリズムを合わせながら深呼吸を繰り返し、その最中に全身を脱力させ
最後は「深く」「落ちる」などの暗示に癒しの言葉を組み込んで催眠状態をゆっくり強化します。

やってることは割とシンプルなのですが、暗示の入れ方や表現方法が練りに練られており
彼女のあまあまなキャラも相まってかなり深く入ることができます。
体や心がぽかぽかする人が続出するのではないでしょうか。
作品のテーマや2人の関係をそのまま活用していて完成度も高いです。
好きな人にイかされる快感、イかせる快感
エッチシーンは2パート38分間。
プレイはハグ、キス、SEX(体位の指定は無し)、耳舐めです。

SEXの際に効果音が鳴ります。
セルフは一応ありです。

「こういうもっと欲しいってのを 我慢すればするほど 気持ちよくなれちゃったり」
彼氏とのハグと催眠ですっかり元気になった彼女は
だんだんエッチな気持ちを抑えられなくなり自分から甘いキスをします。

エッチは2人がほぼ対等な立場で責め合います。
前半の「ぎゅッてしてビクッてして」はソフトな刺激でハードな絶頂を目指すパート(約20分)。
引き続きハグしたままキスを繰り返し、それに暗示を込めて彼の快感をコントロールします。

「あぁ こうやってちゅーすると 今まで安心とかを感じてたのに 急にエッチな事を意識しちゃって 抱き合ってるだけで 気持ちよくなってく気がしてね」
このパートでするプレイはキスのみです。
さすがにこれだけで絶頂まで持っていくのは無理ですから催眠の技術でサポートします。
先ほどよりも熱っぽく切ない声で話しかけ、キスをするとどうなるかを丁寧に教えます。
そして彼自身にも復唱(=自己暗示)させてさらに強化します。

彼女の興奮してる姿に釣られて興奮する人がきっといるでしょうね。
彼から突然キスされて戸惑う姿も愛らしいです。
私が聴いた時も頭はぽわぽわ、股間はムズムズする感覚がしました。
そしてパート終盤の連続絶頂シーンでは股間の筋肉が激しく収縮するのを繰り返してました。
責めの弱さを色んな部分でカバーしてくれるので割とドライしやすいプレイだと思います。

ちなみに付属のテキストによると本作品のエッチはドライ、セルフからのウェットどちらでも構わないそうです。
ドライ慣れしてる人はそのままイけばいいし、未経験者は普通にオナニーして出すといいでしょう。

もうひとつの「二人で催眠えっち」は文字通り彼女とひとつになるシーン(約18分)。
我慢できなくなった彼女がSEXをおねだりし、挿入後はキスや耳舐めを交えてより深く愛し合います。

「イっちゃうっ ダメだって んっ イっちゃうっ イっちゃうぅぅ」
このパートは主人公の責めを受けて彼女が乱れるシーンが多く
ちゅぱ音や喘ぎ声といった純粋なエロ要素がそれなりに含まれてます。
キスを起点に快感を上げるアプローチは継続しますので催眠から脱線してるわけではありません。
彼女と一緒に興奮し、絶頂し、幸せになるために敢えてこうしたのだと思います。

このように、2人の感覚をリンクさせて気持ちよくする温かいエッチが繰り広げられてます。
隅から隅まで甘い作品
恋人同士のイチャラブエッチを忠実に音声化した作品です。

彼女は心に空いた隙間を埋めてくれた主人公への恩返しに
普段やってる一方的に責めて気持ちよくするものとは違ったサービスをします。
そして多くのシーンでぎゅっと抱き合い色んなものを交換、共有して快感と幸福感を味わいます。

一体感を大事にした催眠音声ではかなり珍しい作り
好きな人の前ならすべてを曝け出す彼女の気さくで愛らしいキャラ
キスをトリガーに感度を上げながら彼女もたっぷり楽しむエッチ。
催眠者が被験者へ一方的に働きかける普段の催眠音声とは随分違う作品に仕上げてます。

結構難しいことに挑戦されてるなぁという印象を受けました。
それでいてしっかりしてるのはテーマと各要素の整合性が高いからです。
音声の序盤から抱き合い、何気ない会話や砕けた口調で仲の良さを演出し
催眠開始後は2人が諸々の感覚を分け合う流れで絶頂を目指します。

「大好きって思うほど 2人で夢の世界に近づいていく」
彼女が常に同じ立場でいてくれるから心を許しやすくサービスに良い影響を与えてます。
人は自分と何らかの共通点を持つ相手に自然と親近感を抱く生き物です。
彼女に対してなんとなく心が安らぐとか、愛おしいと感じる人がそれなりにいるでしょう。
そう思わせてくれるから催眠にすんなり入れるしエッチで気持ちよくなれるわけです。

絶頂シーンは主人公5回、彼女8回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

気落ちしてる人や寂しさを感じてる人には特におすすめします。

CV:彼女…そらまめ。さん 天の声…柚木つばめさん
総時間 1:31:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2018年7月13日まで20%OFFの720円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

サキュバスメアの甘やかし搾精催眠

サークル「中央分離隊」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、小さな体と大きなおっぱいを持つサキュバスが
性欲旺盛な男性の希望に沿ったエッチをして精気を吸い取ります。

リラックス系の技法をじっくり行い心身の力を少しずつ抜く催眠
赤ちゃん言葉で語りかけながら頭を撫でたりおっぱいを吸わせるエッチなど
サキュバスによくあるハードさや無慈悲さを徹底的に薄めた甘いサービスをするのが特徴です。
年下系サキュバスの甘い搾精
サキュバスのメアに催眠をかけられ精気を吸い取られるお話。

「こんばんは ふふっ お邪魔しますね」
メアは可愛くておっとりした声の女の子。
ある日の夜、主人公の家に突然忍び込み自己紹介すると
ここに来た理由を話してからエッチな魔法をかけてあげます。

本作品は男性たちの精気をエネルギーにして生きてる彼女が
並々ならぬ性欲を持つ彼におよそ90分間のエッチなサービスをします。
シナリオ担当が「吸精サキュバスの幼児化調教催眠」シリーズを手がけたホワイトピンクさんということで
命が尽きるまで搾り取る過酷なものではなく、彼を楽しませながら気持ちよくするマイルドなプレイを行います。

「ほら 無防備になっちゃった君のこと 私たちが優しく癒してあげる」
サキュバスの中ではまだ若いのか、容姿だけを見ると妹っぽいキャラなのですが
実際は母性が結構強く聴き手を甘やかすシーンが多いです。
頭を撫でる、赤ちゃん言葉で褒める、自慢のおっぱいを吸わせるなど幼児プレイを強く意識しており
温かみのある声も相まって聴けば聴くほど心と体がぽかぽかしてきます。

そう感じるもうひとつの理由はお話が進むほどメアの人数が増えるから。
催眠パートの中盤までは1人、終盤からエッチの前半にかけては2人、それ以降は3人に分身し
左右中央から指示を出したり幼児プレイに合ったセリフを投げかけて快楽漬けにします。
彼女たちが至近距離から囁いてくることも多く、声を通じて密着感やほのかな温もりが感じられます。

催眠はおよそ34分間。
仰向けに横になりまずは彼女の合図に従い深呼吸します。
そして少し経った後は自分のペースで深呼吸しながら彼女の声に耳を傾けます。
目はこのタイミングで閉じてもいいし、後で指示が出た時にそうしてもいいそうです。

「吸って 新鮮な空気を取り込んで 体の内側から浄化されていく」
「優しい子守唄のように 赤ちゃんをあやすように 心に響いて 優しい感覚に包まれる」

初めての体験に興奮してる彼を落ち着かせようと
彼女は最初から穏やかな声と態度でリラックスに効果的な暗示を投げかけます。
またテーマの幼児化に関連することも言って後々に向けた準備も整えます。

本作品の催眠は時間が十分に取られてるので全体的に進み方がゆっくりしており
さらに深呼吸や脱力といったリラックス系の技法を重点的に施します。
雰囲気と技術の両方から癒してくれるので疲れてる人ほど効果を強く実感できるでしょう。

お次は自分が露天風呂に浸かってるイメージをし
そのまま腕、脚、胴体、頭を個別に脱力してより深い催眠状態に入ります。

「お湯に溶け出していくように 全身から力が抜けていく そしてそこに 温かくて幸せな感覚が流れ込んでくるのを感じる」
「声を受け入れるたびに 幸福感は恍惚感へと変わっていき 全身をエッチな気持ちよさで満たしていく」

ここでは温泉の温かさやそれによってもたらされる脱力感に加え
幸福感や恍惚感といった心を温める感覚も伝える方向で進めます。
そしてこれらの感覚に彼女の声を絡めることで素直に従いやすくもします。
甘やかしつつしっかり服従させるあたりがサキュバスらしくていいですね。

そうやって彼を十分骨抜きにしたところでエッチの準備に取り掛かります。
左手至近距離から囁き声で感度が高まる暗示を入れ、少し後には2人目のメアが登場しそれに協力します。

右「ほら 声を聞くたびに エッチな快感が全身を襲ってくる」
左「こうやって囁かれるたびに ゾクゾクってしたエッチな快感が駆け巡る」

全編バイノーラル録音なだけあって密着された時の臨場感が高く
左右から別の表現で同じ効果を持つ暗示をリズミカルに入れる流れも双子ならではと言えます。
うまく催眠に入れていれば特定の部位がさらに熱を帯びるかもしれません。
これまでの誘導で育ててきたものをそのまま活かしてエッチに繋げます。

十分にリラックスしてからメインの暗示を入れるシンプルで穏やかな催眠です。
聴き手の心身を存分に温め、それをエッチな熱へ変換するのを目的に
深呼吸から入って温泉のイメージを交えた分割弛緩、双子形式による感度強化と
各シーンに明確な目的を持たせてそれぞれを丁寧に行います。

全体の流れや伝えたい感覚とイメージの絡め方がしっかりしており
彼女の穏やかなキャラも催眠の入りやすさにプラスに働いてます。
私の場合脱力感は弱めでしたが熱は強めに実感できました。
甘やかされる快感と吸われる快感
エッチシーンは2パート36分間。
プレイは見つめ合う、体の愛撫、エナジードレイン、授乳、オナニーです。

エナジードレイン中に特殊な効果音が鳴ります。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は出ないので最初から脱いでおいたほうがいいでしょう。

右「瞳の魔力が脳にまで浸透して まるで脳を直接愛撫されてるみたい」
丁寧な催眠で主人公を空っぽにしたメアは
彼の目をじっと見つめてどんなプレイを望んでるか確認します。

エッチはどちらも彼女たちがリードします。
最初の「メインドライ」はドライオーガズムに特化したプレイ(約24分)。
右のメアが膝枕しながらの授乳、左は添い寝+全身愛撫とやることを分担し
どちらも彼のママになりきって徹底的に甘やかします。

右「今日はボクちゃんのこと うーんと甘やかしてあげまちゅね」
左「ふわりとした優しい香りも感じられる ママの香り 甘い香りが鼻を通って全身に行き渡っていく」

音声作品で幼児プレイと言えば赤ちゃん言葉は外せません。
彼女もエッチ開始から4分後には早速口調が切り替わり、彼を褒めたり応援しながら気持ちよくします。
そして同時に暗示を入れてプレイにリアリティを与えます。

こういうプレイはシチュが最も大事ですから
暗示責めにするのではなく色んな要素を組み合わせて赤ちゃん気分に浸らせます。
催眠者が2人いるからこそできるプレイですね。

右「ほーらボクちゃん 私たちの体が ピンクのオーラに包まれてるのがわかるかな?」
ドライについては「フィーーーン」というトーンの高い音を流してエナジードレインします。
人によってはちょっと耳障りに感じるかもしれません。
カウントを何度も数え、一定の数字に達したらその都度絶頂する連続絶頂形式です。

もうひとつの「追加セルフ」は打って変わってセルフスタイル(約12分)。
ドライだけでは満足できなかった彼を今度は射精へ導きます。
ちなみにこのパートはオプション扱いで聴きたい場合にのみ追加します。

右「先走りのエッチなお汁を 全体に塗り塗りーってしてあげると もーっと気持ちよくなれまちゅよ」
中央「撫で撫でするたびにそこから全身に快感が走って ゾクゾクって気持ちいい快感に包まれる」

パートの中盤までは右の子が実況と指示、左から中央に移動した子が追加の暗示を入れ
それ以降は3人目が登場しシコシコボイスが加わります。
ドライパートとの差別化を図りたかったのかオナサポっぽいプレイをしてました。
ですが引き続き甘やかし成分が強くテーマに合ったエッチをしてるのも事実です。

このように、プレイや絶頂形式を切り替えながら愛情を注ぐタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い作品
ホワイトピンクさんの作風をそのまま受け継いでる正統派の幼児プレイ作品です。

メアは性欲が強く女性に甘えたがってる主人公を満足させようと
まずは催眠で癒しながら自分の言うことをすんなり受け入れられる環境を整え
それからドライ、ウェット両方の快感を順番に与えます。
そしてその際に彼のママになりきり甘やかし続けて幸福感も与えます。

良い意味でサキュバスらしくない彼女のキャラ
幼児プレイに特化したエッチ、後になるほど彼女が増える展開。
女性の優しさと温かさを存分に伝えて気持ちよくする癒し一色のサービスが味わえます。

左「ほらほら もっと頑張らないと かっこいいぴゅっぴゅできないよ シコシコ頑張れ シコシコじょーじゅ」
特にエッチはほぼずっと赤ちゃん言葉を言ってくれたり
心と体の距離の近さを感じられる演出が多くて雰囲気がとにかく温かいです。
彼女にとっては精気を吸い取るのが一番の目的なのでしょうけど
それだけを追求するのではなく彼をしっかり楽しませたうえでいただきます。

催眠が途中で解けないよう押し付けがましさや強引さを感じることは一切しません。
多くの人が癒しや幸福感といったプラスの感覚を強めに実感するでしょう。
でもできればエナジードレインの効果音は体験版で聴けるようにして欲しかったです。

絶頂シーンはドライが最低でも3回、ウェットは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:かの仔さん
総時間 1:29:30

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【ハイレゾ/バイノーラル】僕は先輩たちの催眠おもちゃ―明日香先輩編―

サークル「すたじおちゃれん」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、演劇部に所属してる積極的な先輩が
偶然見かけた男子生徒とお芝居の練習をしながら気持ちいいひと時を送ります。

女性の体におちんちんを生やしたふたなりになりきってエッチするのが特徴で
乳首・耳・おちんちん・おまんこを個別に、あるいは複数同時に責めながら
男女両方の快感を与えて普段以上に気持ちいい絶頂へと導きます。

今回は初回用を聴いてのレビューをお送りします。
お芝居の練習を一緒にするつもりが
先輩の畑中 明日香にエッチな催眠をかけられるお話。

「ねぇ 君 あぁ ごめんなさい 驚かせちゃった?」
明日香は明るくて優しい声のお姉さん。
学校内で主人公に声をかけ、とある女の子を見てないか尋ねると
少し考えてからその子の代わりに部室へ案内します。

本作品は幽霊部員ばかりで練習も満足にできない彼女が
彼の手を借りてお芝居する様子を彼の視点で楽しみます。
製品版には初回用と2回目以降用の2パターンが存在し、後者は9分程度のエロパートが追加されてます。
それ以外の部分は共通ですからそれほど大きな違いはありません。

すたじおちゃれんさんは主にADVやデジタルノベルを制作されてるため音声はまだ2作目なのですが
催眠に詳しいライターさんを起用されてることもあり、少なくとも催眠に関しては一定以上の品質を持ってます。
調べたところ商業系のADVで活躍されてる方らしくテーマ性のある面白い誘導をされてます。

「男の子の快感だけとか 女の子の快感だけどか ちっぽけなことは言わないわ どっちも味わってみればいいの」
テーマは「ふたなり化」
エッチな事が大好きで体が敏感な彼の願いを叶えようと
男女両方の快感を同時に味わわせる方向でサービスを進めます。
おっぱいやおまんこは彼女にいじってもらい、おちんちんは聴き手が実際にしごくハイブリッドなプレイです。
射精シーンもあるので一般的な女体化作品より手軽に気持ちよくなれます。

催眠は2パート33分間。
事前に12分程度のドラマパートを挟んでこうなるまでの経緯を語った後
演劇部の部室内にあるベッドやソファに体を預け、まずは深呼吸したり彼女に言われた部位に意識を向けます。

「左の指先から すーっと力が抜けると 左の肘からも力が抜ける 左の肘が重くなると 左肩もずーんって沈んでいく」
左右の腕、お腹、左右の足、頭と全身を大まかなパーツに分け
それぞれに脱力を促す暗示を入れつつ感覚を徐々に伝播させる堅実なアプローチです。
そして最後の頭は重要なのでここだけカウントを交えてより丁寧に暗示を入れます。

「左腕は 最初に重くなったわよね? 左の膝は もう動かない?」
一通り終わった後に脱力できてるか確認するのがいいですね。
作品説明文には「イタズラ好きなドS」と書いてありますけど音声では催眠、エッチ共に穏やかな声と態度で接します。
私が聴いた時は最初にやった両腕が最も重く感じました。

続くChapter 03はいよいよ本題のふたなり化へ移ります。
彼女が投げかける質問すべてに同じ返事をするよう言われ
それを続けながら声に対する集中力を高めたり男女の境界を少しずつ曖昧にしていきます。

「今の君にピッタリな役を まずは演じてもらおうと思うの」
「じゃあ君は 女の子なのかな? それとも 男の子なのかな?」

彼女自身が言ってるようにこのパートは当初の目的だったお芝居の練習を見据えてます。
だから前のパートよりも聴き手に主体性を持たせ、掛け合う形で意識の力をさらに弱めます。

質問の内容もどうして脱力してるのか→彼女の声を聴くとうっとりするか→今男女どちらなのか、といったように
リラックス具合を確認してから核心に近づける目的意識を持ったものです。
7分くらいやりますから実際はもっと色んな質問をしてきます。

「しなやかな体 ほっそりとしてきゅっと引き締まった腰 胸の膨らみはほんのりと おっぱいっていう言葉がぴったりの 柔らかいふわふわした膨らみ」
そうやってふたなりになることを主人公自身に認めさせた後で体を変えるイメージをします。
腰、胸、股間など性差が出やすい部分を大まかに語るだけで詳しい女性像はほぼ聴き手に任せてます。
その代わり股間はおまんこの構造を細かいところまで描写してイメージを助けてくれます。

適度にリラックスしてから深化&ふたなり化に進むシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手を男女両方の性器を持った体にすることを目的に
最初のパートは深呼吸や心身の脱力で暗示を受け入れやすい環境を整え
次のパートは復唱形式による深化で心を女性へ近づけてからふたなり女性になった自分をイメージさせます。

中でも深化部分は聴き手に受け答えさせてふたなり化への抵抗心を取り除く面白いものです。
頭の脱力がやや弱いのと、女性の感覚にあまり触れてこないこないのが引っかかりますが
全体の流れや各シーンのアプローチは作品の内容に合ってます。
男女の性感帯を同時攻撃
初回用のエッチシーンは57分間。
プレイはキス、乳首責め、オナニー、手マン、ローター責め、バイブ責め、耳舐めです。

ローター責め、バイブ責めの際にほんの少しだけ効果音が鳴ります。
セルフはありです。
エッチの中盤で下着を脱ぐ指示が出ます。

「それじゃあお待ちかね エッチな事しちゃいましょ?」
お芝居形式の催眠で主人公を可愛いふたなりに変えた明日香は
媚薬入りのスポーツドリンクを口移しで飲ませてまずは心を火照らせます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の20分間は気持ちを盛り上げつつ上半身を責めるシーン。
長めのキスで媚薬をしっかり送り込み、胸に意識を集中させながら乳房と乳首をいじります。

「ほら 唇が重なった キスしちゃったよ? 最初に熱が伝わっていく その次にはしっとりとした触感が 君の神経を伝わっていく」
「指が膨らみに食い込んでいく 触れられたおっぱいが 熱く火照っていく」

そしてどのプレイもどんな風に責めてるかを細かく実況し、その合間に気持ちよくなる暗示をちょこっと入れます。
本作品のエッチは残念ながら感度を上げたり気持ちよくする暗示に乏しく
プレイの様子をイメージするのは簡単なのですが実際にいじられてる感覚は得にくくなってます。

性転換がテーマの作品は男女の感覚差が大変重要になりますし
この部分をもっともっと強化していれば随分違ったでしょう。
催眠が割と良かっただけにもったいなく思います。

残りの37分は責める範囲を下半身にも広げて複合的に気持ちよくします。
脱力を解除してからおちんちんを自分の好きなペースでしごき、それと同時に色んな性感帯を彼女が弄びます。

「内側が擦られるたび 透明な愛液が溢れていく 気持ちいい蜜が 君のおまんこからとろりと流れ落ちる」
「バイブが暴れだす おまんこの奥で暴れだす 犯される快感 子宮口を押しつぶされる快感」

指で優しく擦るところから始まってバイブを挿入し電源を入れる
乳首にローターを当てて責める、彼女が2人に分身して両耳を同時に舐めるといったように
後になるほど刺激を強くし同時責めの種類を増やします。
効果音は作動時に3秒程度鳴るだけですから邪魔に感じることはないでしょう。

男女両方の快感が味わえるふたなりならではのプレイですね。
ふたなり化の解除を防ぐためにおっぱいやおまんこを彼女に任せてるのも良いです。
オナニーの時間が30分以上あるおかげで感度強化の暗示が弱くてもそれなりに気持ちよくなれました。

このように、男女両方の性感帯を同時に責めるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
一風変わった女体化作品
どちらかと言うとエッチよりも催眠に光るものを持ってる作品です。

明日香は自分の練習に協力してくれた主人公を楽しませ、さらに自分のS心も満たそうと
催眠でおちんちんの生えた女の子に変えてから胸や股間を集中的に責めます。
そしておちんちんは彼に任せ、彼女は女性部分を担当して気持ちいい絶頂へ導きます。

女体化ではなくふたなり化を目指す珍しいアプローチ
演劇部員である彼女の特性を盛り込んだ催眠、セルフスタイルでドライ+ウェットを目指すエッチ。
作品が持つ色んな特徴を組み合わせた独特なサービスを行います。

「今日は付き合ってくれてありがとうね」
中でも催眠はドS女から連想される強引さや無慈悲さがほとんどなく
どのシーンも彼を楽しませようと色々気を遣ってリードします。
Sっ気を感じるのはエッチの終盤に高笑いするくらいで雰囲気はとても穏やかです。

新規のサークルさんだと催眠じゃなくて洗脳に近いことをガンガンやってくるケースもあるのですが
本作品に関してはそういったこともなくふたなり化までズムーズに持っていってます。
属性はややMあたりの人が最も向いてます。

「女の子の体って何度もイけるから だから3倍 5倍 10倍気持ちいいの」
エッチについては前項でも書いたように心身を気持ちよくする暗示が弱いです。
非現実的なエッチをリアルに疑似体験させるのが催眠音声の醍醐味ですから
彼女が言う5倍10倍の快感を技術を駆使して伝えることが重要になります。
「射精はできるけどこれでドライはきついなぁ」というのが率直な感想です。

お芝居の練習をしてるのなら感じてるフリやイったフリをさせてみても良かったでしょうね。
実際にそうじゃなくても演技し続けることで少しずつそこへ近づきます。

絶頂シーンはドライ2回、ウェット1回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、効果音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:花南さん
総時間 2:02:15(初回用 1:52:49)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
122分で900円とコスパがいいので+1してあります。

2018年6月7日まで20%OFFの720円で販売されてます。

↑このページのトップヘ