同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ドライ

   ● 裏筋入力
   ● 【催眠音声】へぶんおあへる?
   ● 催眠淫語~年下の女の子に可愛がられる快楽編~(再レビュー)
   ● ドレッドサキュバスパレス―スイーツサキュバスの甘露吸搾―
   ● マルチ囁き耳舐め連続絶頂催眠♪【KU100バイノーラル】
   ● WAVE(再レビュー)
   ● 今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~
   ● 【女体化】おち〇ぽ中毒の風俗嬢に、堕ちたボク【催眠音声】(後編)
   ● 【女体化】おち〇ぽ中毒の風俗嬢に、堕ちたボク【催眠音声】(前編)
   ● 女体化催眠:ほのぼの百合えっち ~夢見る少女のあまあま鬼クンニ~(全編バイノーラル)


裏筋入力

サークル「催眠音声研究所」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
「裏筋」をテーマにしたエッチな催眠をかけて2種類の絶頂を味わわせます。

複数の性感帯に微弱な刺激を送り続けて徐々に追い込むのが特徴で
催眠の序盤から裏筋を指先でいじり始め、さらに前立腺→乳首といじる部位を増やし
それらをリンクさせて絶頂できるパワーを作ります。
裏筋をひたすらいじって絶頂へ
裏筋オナニーしながらお姉さんに催眠をかけられるお話。

「私はあなたを縛ります 縛るといっても 縄や鎖で縛るのではありません」
お姉さんは清楚で穏やかな声の女性。
自己紹介などの前置きは省略し、これから何をするか主人公に教えると
普段どんなオナニーをしてるか尋ね、その様子を軽く実況します。

本作品はおちんちんの中でも一際敏感な裏筋をいじってイクことを目的に
彼女が70分くらいの時間をほぼ半々に分けて催眠をかけたり独特なエッチをします。
所謂セルフ系の作品なのですが通常のオナニーみたいに竿をしごくシーンは一切なく
最初から最後まで指先だけで刺激し続けて少しずつ性感を蓄積させます。

性感帯を直接いじるので気持ちいいのは間違いありません。
でもこれ単体では絶頂できないあたりのもどかしい快感です。
それを踏まえてオナニーの時間を53分も用意し、絶頂できる状態までゆっくり持っていきます。

途中から他の部位もいじるようになりますから
最初は物足りなかったとしてもだんだん気持ちいいと実感できるようになるでしょう。
焦らしよりもスローオナニーと呼んだほうが妥当なプレイです。

催眠は2パート29分間。
楽な姿勢で目を開けたまま、まずは人差し指の先端をじっと眺めます。

「じーーっと 指先を見ていると なんだか目が 疲れてきますね」
「これからする裏筋オナニーはここだけを使いますよ」と教えつつ
瞼の重さを感じさせてリラックスできるようにします。
催眠音声ではお馴染みの凝視法を作品固有の要素と組み合わせてます。

目を瞑った後はおちんちんを取り出して早速裏筋オナニーを開始し
それと並行して彼女が深呼吸の合図を出したり体の各部位を丁寧に脱力します。

「内側の 太ももから 力がすーっと抜けていきます 力が抜けて気持ちいい」
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」の掛け声とセリフを分離して吐いた直後に暗示を入れ
脱力は下半身から上半身に向けてパーツごとに「力が抜ける」と入念に入れます。
1年10ヶ月ぶりの新作なので最近始めた方はご存じないかもしれませんが
催眠音声研究所さんは催眠の技術力が非常に高いサークルさんです。

琴音有波さんの熟練した演技も相まって体がどんどん重くなるのを感じました。
それでいて裏筋オナニーを無理なく続けられるのは腕の脱力をわざと省略してるからです。
この後のシーンでも細かな気配りを見せてスムーズに入りやすく、気持ちよくなりやすくしてくれます。

次のパートは深化とエッチに役立つ暗示を入れるシーン。
お馴染みのカウントを数えながら「落ちる」と言って催眠状態を段階的に深め
さらに途中で射精しないための保険をかけてからおちんちんの快感を前立腺に伝播させます。

「おちんちんに溜まった 快感が前立腺に流れてくる」
乳首を開発してる人ならわかると思うのですが
おちんちんだけをしごき続けるよりも、乳首と同時に責めたほうがずっと気持ちよくなれます。
それと同じ要領で本作品は後になるほど刺激する場所を増やします。
弱めの刺激を合わせることで絶頂できるパワーを作るわけです。

裏筋オナニーをやりながら丁寧に落とす風変わりな催眠です。
裏筋を中心とした体の感度を上げつつ前立腺に意識を向けさせることを目的に
軽い凝視法から入って深呼吸、腕以外の脱力、カウントによる深化、そして暗示と
ひとつひとつを堅実に行い、かつ裏筋もいじらせ続けてそれが当たり前な環境を作ります。

催眠をかけるだけの時とはやや勝手が違うからでしょうけど
全体的に暗示の量を多めにしてより多くの人が入りやすいようにしてます。
裏筋は軽く添えて腕ではなく指先だけを動かす感じにするのがいいと思います。
心と体を同時に攻撃
エッチシーンは2パート29分間。
プレイは裏筋オナニー、乳首オナニー、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。

「えーっと 裏筋の快感と 前立腺の快感と おっぱいの快感で 3倍だね」
催眠を使って快感だけに没頭できる状態にしたお姉さんは
もう片方の指を使って乳首をいじる指示を出しさらに気持ちよくします。

エッチは彼女と直接触れずにオナニーを続けます。
最初の「5エロパート」は連続ドライ絶頂をするメインパート(約25分)。
乳首をしばらくいじってから水の中にボールが沈んでるのをイメージし
そこに入った空気が水面に浮かび上がるのに合わせて何度も何度も絶頂します。

「水面に達した瞬間 快感が弾ける 脳の中に 快感が広がる」
催眠特有の快感を味わってほしいからでしょうけど
本作品のエッチは淫語やちゅぱ音といった直接的なエロ要素がほとんどありません。
使用するイメージもエロさを感じるものをわざと避けてます。

つまり雰囲気があまりエロくないわけですけど
裏筋や乳首をいじり続けるので体は結構気持ちいいです。
体は普通に気持ちよくして、心を変わった手段で盛り上げることを心がけてます。

プレイの流れは短いカウントに合わせて数回絶頂指示を出し
少し休憩してから再度同じことをするのを3セット繰り返します。
内容が独特だから徐々に慣れさせようとしてこういうふうにしたのかもしれません。
ただやってる事はカウントを数えつつイメージを絡めた追い込み暗示を入れるだけなので
有料作品として聴くにはやや単調かなぁという印象を受けました。

新規のサークルさんなら別にこれでいいと思います。
でも催眠音声研究所さんのように実力がある方ならもうひと工夫が欲しいです。
私が聴いた時は最後のシーンでのみドライを迎えることができました。

次の「6ウェット」は射精パート(約4分)。
ドライだけでは物足りない人向けに長めのカウントを数えてタイミングを取ります。
ちなみにここは選択式で射精せずに終わるルートもあります。

今までと同じく裏筋オナニーを続けますから、事前に多少オナ禁しておいたほうがいいでしょうね。
実際に射精できるかどうかは人それぞれだと思います。

このように、セルフ主体でありながらドライ重視という変わったエッチが繰り広げられてます。
じっくり高める作品
体への刺激が弱いハンデを上手に補ってる作品です。

お姉さんは男性が普段やってるオナニーとは別タイプの快感を味わわせようと
おちんちんでいじる部位を裏筋に限定し、催眠の序盤から早速始めて快感を少しずつ蓄えます
そして催眠の終盤で前立腺、エッチの序盤で乳首と段階的に範囲を広げて無理なく追い込みます。

穏やかなお姉さんが裏筋をテーマにしたオナニーをさせる珍しいシチュ
裏筋オナニーと同時にそれを妨げないよう誘導する巧みな催眠
フェラやSEXといったよくあるエロを取り除き、イメージとオナニーを組み合わせてイかせるエッチ。
やることにわざと制限を設け、それをどう解消するかに着目したサービスを行います。

中でも催眠はオナニーしながらというのが斬新ですし
やり方も色々練られていてあっさり入ることができました。
通常のオナニーだと快感が勝って深化の妨げになりそうですけど
裏筋だけならそこまで強烈でもないですし、ある程度慣れてる人なら入れると思います。

エッチは同じことを繰り返す流れをどう捉えるかで評価が分かれそうです。
私はイマイチと判断しましたが、やりやすさを優先してこうなったと考えることもできます。
セルフ系ですけどどちらかと言えばドライのほうが迎えやすいかなと。

絶頂シーンはドライ3回以上(連続絶頂)、ウェット1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
特殊なセルフ作品を好む人には特におすすめします。

CV:琴音有波(旧名:紅月ことね)さん
総時間 1:08:25

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

【催眠音声】へぶんおあへる?

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、主人公と同棲するくらい仲良しな彼女が
寝る前の時間を使って催眠を交えたエッチな勝負を持ちかけます。

勝負に勝った場合と負けた場合でエッチの内容が変化するのが特徴で
前者は彼女を色々責めて乱れる姿を楽しむ同人音声っぽいプレイ
後者は軽い意地悪をされながら少しずつ感度を上げてイかされる催眠らしいプレイと
それぞれで内容を大きく変えたうえで2人の仲の良さを表現し幸福感も与えます。
勝てば天国負ければ地獄
ピンクちゃんに催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「おぉ 今日は早いベッドインだね」
ピンクちゃんは素朴で甘い声の女の子。
これから寝ようとしてる主人公に声をかけて抱きつくと
服が薄くて冷えるから温めて欲しいと言います。

本作品は普段甘えん坊だけどスイッチが入ると積極的になる彼女が
70分程度の時間を使って彼とエッチな勝負を楽しみます。
シリーズ4作目ということで堅苦しい部分は完全に取り除き
音声開始直後から一緒のベッドでたっぷりイチャイチャします。

「んー? なーんでもない なんか恥ずかしいことでもしてたら 面白いなーと思っただけ」
現実世界で親しい人に話しかけるようなゆるーい調子のセリフが多く
そらまめ。さんのナチュラルな演技も相まって終始穏やかな空気が漂ってます。

サークルさんが大好きな「リアルヒプノ」を意識した作りですね。
最初の7分間はごく普通の会話だけをするなど、通常の催眠音声よりも催眠っぽさをぼかしてあります。

また今作は雰囲気を重視するために説明を省いて制作されてるらしく
通常版以外に柚木つばめさんが適度に状況説明するバージョンも同梱されてます。
私は通常版を視聴したのですが、サポートなしでも別段困ることはありませんでした。
このへんは人によって好きなものを選べばいいと思います。

もうひとつの特徴は勝負の結果によってエッチの内容が変わること。
催眠を始める前にルールを決め、催眠をかけた後にそれを実行し結果に応じたパートを選びます。
具体的にどんなことをするかは伏せますけどそんなに難しいことではありません。

そして勝った場合は彼女を責める、負けた場合は彼女に責められると
ほぼ逆の立場でイチャラブ系のプレイを楽しみます。
催眠音声では珍しく喘ぎ声が多いですから、途中でオナニーしたくなる人もおそらく出てくるでしょう。
それを見越してサークルさんも付属のテキストで「ドライ、ウェットどちらでもいいですよ」と補足されてます。
緩さが売りの作品ですからできるだけ制約を取り除き、多くの人が聴けるように配慮されてます。
彼女の感覚を伝える催眠
催眠はおよそ29分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら手足を軽く脱力します。

「こうしながらさ 手をだらーんてさせるとさ なんか指が固まるっていうか なんか 動かなくなるんだよね」
本作品は2人が一緒に催眠に入ることを目指して誘導するため
「力が抜ける」といった通常の暗示ではなく
上のセリフのように彼女が今味わってる感覚を語って伝える方針を取ります。

普段と同じく会話調で話しますから堅苦しさが全然ありませんし
アプローチの方法が間接的で被暗示性が低めの人でも入りやすくなってます。
彼女の体験を通じて感覚を喚起するようなやり方です。
Side Effect」などごく一部の作品でしか使われておらず技術のレア度も高いと言えます。

お次は腕、肩、お腹などを個別に意識して温かい感覚で包み込み
それと同時に意識もしっかり脱力させたところでお待ちかねの勝負に移ります。

「周りにお湯があるんだけど あんまりお湯に入ってるって感じがなくなって 体とお湯の境目がわかんなくなって ぷかぷかしてる感じ」
「すればするほど ほんとに2人だけの世界っていうか なーんもなくなっちゃう感じ」

体を温めるシーンはお風呂のイメージと組み合わせて感覚をわかりやすく伝え
さらに湯船に漂う心地よさも組み合わせて催眠状態を上手に深めます。
もちろん勝負もただするだけではなく、それをトリガーにより深化させる意味を持たせた行為です。

彼女の砕けたセリフ、甘えん坊な性格、リラックス重視の催眠、そして最後の勝負と
癒しを感じる要素が非常に多く聴けば聴くほど心地よさが強くなりました。
文字通りぬるま湯に浸かってるような感覚を多くの人が味わうでしょう。

彼女との仲の良さを表現しながらゆっくり落とすレベルの高い催眠です。
彼女が提案した勝負に臨める状態にすることを目的に
深呼吸と脱力から入りお風呂のイメージを交えた深化、そして本題の勝負と
リラックスを重視しながら少しずつ確実に催眠状態を深めます。

本作品の場合、冒頭の雑談もリラックスの効果を持ってるので
催眠が始まってから少し時間が経ったあたりで早速意識がぼんやりしてきました。
脱力については重さよりも動かしたくない感覚のほうが強かったです。
「こうしてるほうが落ち着くし楽だからそうしていたい」みたいな気分です。

あとは暗示の言い回しが独特で効果的です。
実際に聴いてみると「これ本当に催眠かけてるの?」と思うかもしれません。
でもちゃんと聴き手の無意識に働きかけることを目指してやってます。
指示的な暗示とは対局にある点も本作品の緩い雰囲気に合ってると言えます。
イチャラブ感を大事にしたエッチ
エッチシーンは2パート43分間。
プレイは負けルートがキス/耳舐め/手マン/乳首オナニー/ピンクちゃんのオナニー/SEX(正常位?)、勝ちルートはキス/ピンクちゃんのオナニー/乳首責め/SEX(正常位)です。

手マン、ピンクちゃんのオナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。

「ねぇね 私のあそこ 触って欲しい ウズウズしちゃって その間 耳舐めたい」
主人公との勝負に見事勝ったピンクちゃんは
体がすっかり敏感になってる彼の耳を舐めながらおまんこをいじってもらいます。

エッチはパートによって攻守を入れ替えながら進めます。
最初に紹介する負けルートはおよそ24分間。
耳舐め+手マンでお互いの気持ちを高めてから乳首オナニーの指示を出し
終盤はSEXに移って2人同時の絶頂を目指します。

「ねぇね ちょっとイっちゃうの頑張って我慢してみてよ」
「答えなかったらハズレだから 感度が倍になっちゃうし ハズレの人にはお仕置きの耳舐めもしちゃう」

ここでの彼女は普段よりもちょっぴり意地悪に振る舞ってM心をくすぐります。
途中で簡単なクイズを出し、それに答えられなかったらその都度感度を上げ
さらに耳や乳首といったおちんちん以外の性感帯も刺激してドライへ持っていきます。

といってもM向け作品のようにハードなことはやりませんから
恋人同士のエッチな遊びあたりに留まってます。
勝負に負けたのにお仕置きなしだとやった意味がないからこう振る舞ってる感じです。
その証拠にエッチ終了後はいつもの優しい彼女に戻ります。

催眠パートに比べて暗示の量が減り、その代わりちゅぱ音や喘ぎ声の量が増えるので
どちらかと言えば乳首開発済みなほうがドライを迎えやすいように思います。
あるいは中盤頃からオナニーを始め、SEXの最後で射精する感じでしょうか。
ドライ、ウェットどちらでもいいように作られてるので人によって楽しみ方やイキ方に多少の差が出ます。

それに対して勝ちパートはエロさを追求した作り(約19分)。
感度が上がってる彼女にキスやオナニーをさせてさらに気持ちよくし
中盤からは負けルートと同じくSEXをして彼女が乱れる姿を存分に楽しみます。

「感じ過ぎちゃって すぐ頭おかしくなっちゃうぅ」
「もう 何回もイってるのにぃ イクの止まらな…あっ イクぅ」

普段よりも弱々しい声で今の感覚を漏らしたり
ややアヘった喘ぎ声を上げながら何度も絶頂を迎えるなど
ここでは彼女が感じる様子に焦点を絞ってプレイを進めます。

主人公が責め、かつ彼女が乱れることにほぼ専念するので
負けルートに比べると催眠の要素が随分下がります。
彼女の様子を通じて間接的にこちらの感度を上げてると見ることもできますが
オナニーのオカズとして使うほうが順当かなと。
少なくとも私が聴いた時はドライの感覚など催眠特有の快感は負けルートのほうが強かったです。

このように、結果によって内容が大きく変わるエロさ重視のエッチが繰り広げられてます。
愛情たっぷりな作品
可愛い彼女とやや変わった手段でイチャイチャする作品です。

ピンクちゃんは主人公と寝る前の時間を幸せに過ごそうと
一緒の布団に入り抱き合ったまま気持ちいい勝負を提案します。
そして催眠の最後にそれを行い、結果によって正反対のエッチをプレゼントします。

人懐っこい彼女と雑談したりエッチな催眠を楽しむノーマル向けのシチュ
彼女の感覚を遠回しに伝えながらリラックスと深化を促す会話形式の催眠
勝ちは彼女を責める、負けは彼女に責められる快感を味わう選択式のエッチ。
過去3作の特徴を維持したままタイトルの「へぶんおあへる?」に合ったサービスをします。

中でも催眠は以前よりもパワーアップしていてすごく良かったです。
会話調の暗示は通常よりも表現するのが難しいですし
今回のようなアプローチも実力のあるサークルさんでなければ形にできないと思います。
癒しのパワーがすごく強くてここだけでも十分すぎるほどリフレッシュできました。

エッチは私は負けルートのほうが好きですね。
女性にちょっぴり意地悪に責められるシチュは催眠との相性が良いですし
感度を段階的に上げて絶頂へ持っていく流れも取り組みやすいです。
勝ちはドライよりもウェットをしやすいパートだと思います。

絶頂シーンは3回(あくまで目安)。
ちゅぱ音と喘ぎ声それなり、淫語とくちゅ音そこそこです。

CV:ピンクちゃん…そらまめ。さん サポート…柚木つばめさん
総時間 1:46:35(勝ちルート…1:08:21 負けルート…1:15:40)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年8月20日の24時まで10%OFFの972円で販売されてます。

催眠淫語~年下の女の子に可愛がられる快楽編~

サークル「アイロンウェアー」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第46回目は可愛くて面倒見のいい女の子が
催眠を交えた2種類のエッチで異なる快感を提供します。

催眠音声初心者を意識した丁寧な作りになっており
催眠パートは時間を長めに取って心得を教えながらゆっくり進め
エッチはドライとウェット両方を用意し、まったく別の手段で気持ちよくします。
誰でも聴ける作品を目指して
女の子に催眠をかけられエッチしたり安眠するお話。

「えへへ、お兄ちゃんっ。あのね、お願いがあるの」
女の子は明るくて可愛らしい声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や心構えを簡単に説明すると
最近勉強した催眠術をかけさせて欲しいと言います。

本作品は年下の女性に甘える幸福感を味わわせることを目的に
彼女が100分程度を使って催眠をかけたり独特なエッチをします。
挿し絵で彼女が首輪を持ってることからM度が高いと思う人もいるでしょうけど
実際は多少意地悪する程度でかなり優しく接してくれます。

「催眠にかかれるかかかれないかは人それぞれだけど、催眠にかかる才能は、何度も聞いているうちに鍛えることができるよ」
最大の魅力は催眠音声初心者向けのアプローチをすること。
冒頭の注意事項では聴く際の環境や禁止してることなど一般的なことを話した後に
この音声を楽しむためのちょっとしたコツを教えます。
そして催眠開始後もところどころでアドバイスを挟んでゆっくり落とします。

催眠音声の経験がない人ほど心構えがわからないでしょうから
そのへんを補足しながら進めてくれるのはありがたいことだと思います。
催眠の技術もレベルが高く、脱力感や意識のぼやけを実感しやすくなってます。

エッチについてもこの路線を維持します。
セルフからの射精、変わったイメージを取り入れたドライと2種類の絶頂形式を用意し
それぞれに合ったやり方で責めたり追い込んで快感を上手に盛り上げます。

催眠に入りやすいけどドライだけという作品が割とありますし
射精パートもあるほうが不慣れな人には満足しやすいのではないでしょうか。
エッチは選択式になってますからドライだけ、射精だけすることもできます。
堅実さが光る催眠
催眠はおよそ34分間。
仰向けになって天井を少しの間見つめ、目を閉じたらまずは深呼吸します。

「呼吸って、人間にとってとっても大事なものだよね? それを私の声でコントロールされることで、お兄ちゃんの心が催眠にかかる準備をしちゃうの」
そして女の子は呼吸の合図を出しながらアドバイスを挟んで催眠にかかりやすい状態へもっていきます。
彼女によると催眠にかかりやすくなるコツがあるらしく
この後のシーンでも時々それに触れて感覚の変化を実感させます。
時間に余裕があるので暗示はあまり入れずリラックスに専念してました。

お次は腕と足を片方ずつ脱力したり
軽く深化した後に腕が持ち上がる暗示を入れてさらに深く誘導します。

「だんだん、お布団に、利き腕が沈んでいくみたい……どんどん沈んでいく……お布団の中まで沈んでいく。重い、重たい、重たーく……重たーく」
脱力はこれだけに10分くらいの時間を費やし
セリフの中に「沈む」「抜ける」「重い」といった言葉を違和感なく盛り込み徐々に伝えます。
布団を間に挟み、その変化で重くなったことを感じさせるのがいいですね。
初心者だと催眠に入りかけてるのがわかりにくいですからその指標を設けます。

腕が上がる暗示も言われた通りにそうなった場合と
ならなかった場合の両方に対応できるアプローチがされてます。
催眠のかかり具合をチェックする意味合いもあって進め方が本当に丁寧です。

「非力な、年下の女の子に甘えることは……とっても気持ちいいこと」
そして最後は長めのカウントを数えながら本題の暗示を入れます。
彼女の言う通りにすれば何も考えずに気持ちよくなれる。
言いなりになる状況をポジティブな言い回しで表現し受け入れやすくしています。

このへんまでくると体の重さや意識のぼやけがそれなりに湧いてるでしょうから
その心地いい感覚をもうしばらく楽しんでいたいと思うのではないでしょうか。
彼女に言われて、命令されてそうするのではなく自分から望むようにしてるのが素晴らしいです。

王道の技法に作品の個性を絡めた非常に堅実な催眠です。
女の子に甘えたくなる心境にするのを目的に
軽い凝視法から入って深呼吸、手足に限定した分割弛緩法、カウントによる深化
腕浮揚、カウントを挟みながらの暗示と古典催眠の技術を中心にゆっくりじっくり進めます。

アイロンウェアーさんは同人音声メインのサークルさんなのですが
そうとは思えないくらい技術の扱い方が上手ですんなり入れます。
合間に入るアドバイスも催眠のかかりやすさと信頼関係の構築に役立ってます。
9年以上前の作品ですけど催眠の品質は今の作品に負けないくらい優れてます。
軽い羞恥を感じながら
エッチシーンは2パート34分間。
プレイはオナニー、指で心をかき回すです。

指で心をかき回す際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
エッチの序盤で服を脱ぐ指示が出ます。

「いいよ、何でもしてあげる。私が、どんなことでも、お兄ちゃんのお願い、聞いてあげるよ」
催眠を使って主人公の心身を気持ちいい感覚で包み込んだ女の子は
次にエッチな快感を与えて別方向から気持ちよくします。

エッチは終始彼女がリードします。
前半の「2-a-オナニー」はおよそ19分間。
彼女の目の前で服を脱ぎ、おちんちんを見られながら言われた通りにしごきます。

「ほらほら、もうお兄ちゃんは、おちんちんを弄ることしか考えられないよ。おちんちん、おちんちん。ふふふ……扱きたい、オナニーしたい」
そしてここでも彼女は様々な暗示を入れて巧みにコントロールします。
オナニーのことだけ考えられるようにして快感に集中できる環境を整え
開始、中断、射精のタイミングを指示して一番気持ちいい時に出させます。

シコシコボイスを言うなどの細かなことはやらず、開始を宣言した後はほぼ自由にさせます。
催眠音声初心者がオナサポを事前に聞いてる可能性はそれほどないでしょうし
これくらい緩くしたほうが抜きやすくていいと思います。

「ああ、恥ずかしい。恥ずかしいね。とーっても恥ずかしいよ?」
また彼女はこれらの最中、自分に見られてることを適度に意識させます。
露骨に見下したり変態呼ばわりすることはないので
彼をより興奮させるためのスパイスと見るのが妥当でしょう。
オナニーの時間は15分くらいありますから、彼女は主に心への責めを頑張るわけです。
催眠状態も維持しやすく気持ちいい射精が迎えられました。

それに対して後半の「2-b-ドライ」は個性の強いプレイ(約15分)。
主人公の心をあるものに例え、それを指でかき回して気持ちよくします。

「ほら、ゆっくりゆっくり、指が入っていくよ……ほら、どんどん入ってく……。入って行くたびに、ぞくぞく、ぞくぞく……震えちゃうかも」
現実世界だとまずできない行為なので専用の効果音を用意し
それを鳴らしながら大事な部分を責められる感覚を聴き手視点で伝えます。
彼女がわざと表現をぼかしてるため、人によって気持ちよくなる部位が違うと思います。
定番はおちんちんですけど私は脳から首にかけてでした。
感じられるきっかけを与え、あとは聴き手に任せるところが催眠音声らしくて実に良いです。

このように、絶頂形式や方向性が大きく異なるややM向けのエッチが繰り広げられてます。
癒やされながら気持ちよくなれる作品
催眠、エッチいずれも優れたものを持ってる作品です。

女の子は催眠術を腕試しするついでに主人公を喜ばせようと
まずは十分な時間を取って催眠をかけ、それと同時に自分の声と言葉を受け入れやすくします。
そしてエッチはドライとウェット両方を用意し、それぞれに合った責め方で気持ちよくします。

可愛くて面倒見のいい女の子が甘めの催眠をかける大衆性の高いシチュ
定番の技術を的確に行使し、さらにアドバイスもする親切丁寧な催眠
初心者から中上級者まで幅広くカバーしたエッチ。
誰にでも聴けるしすすめられる作品に仕上がってます。

中でも催眠は最近の作品だとあまりやらないところにまで気を配ってあります。
アドバイスは純粋に入りやすくする効果と信頼関係を構築する効果の両方を持ってます。
実際に聴いてみると彼女に対して「優しいなぁ」と思う人が結構いるのではないでしょうか。
そういう雰囲気作りをして、かつ誘導がしっかりしてるから入りやすいのです。

エッチは抜きやすさのウェット、個性のドライと違った良さを持ってます。
ドライは催眠音声でもかなりレアなプレイですから中上級者でも満足できるのではないかなと。
無意識への働きかけ方が上手で細かく言われなくても自然と快感が湧いてきます。

絶頂シーンはドライ5回(連続絶頂)、ウェット1回。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠音声を聴き始めた人、もしくは聴いてるけどあまりかかれない人には特におすすめします。

CV:涼貴涼さん
総時間 1:45:15

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで30%OFFの907円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

ドレッドサキュバスパレス―スイーツサキュバスの甘露吸搾―

サークル「abnormal fantasy」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで母性の強いサキュバスが
自分の住処にやって来た少年をエッチな手段でとろかせます。

全身を物に変えてからそれに合ったプレイをして絶頂させるのが特徴で
前半は口にするもの、後半はエッチに使うものと異なる方向性を持たせ
いずれも暗示を厚めに入れてそうなった気分と絶頂感を膨らませます。
甘さ満点なサキュバスと
スイーツサキュバスのクレープにエッチな催眠をかけられるお話。

「あら? こんばんは ボク」
クレープは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
ドレッドサキュバスパレスを訪れた主人公に声をかけると
討伐しに来たと言う彼の本心を見抜き早速誘惑します。

本作品はサキュバスよりも近所のお姉さんに近い性格を持つ彼女が
エッチな体験を求めてる彼に140分以上に渡る不思議で気持ちいいサービスをします。
名前と挿し絵を見ていただければわかるように、彼女の体は甘いもので構成されており
それらを駆使したあまあまな責めで彼を骨抜きにします。

「ちょっとでもお姉さんの味を知ってしまうと 頭の中 とろとろに溶けちゃうほど甘いのよ」
レベルドレインを使うシーンがあるものの残忍さは一切見られず
まるで母親のような態度で彼を甘やかして吸われることに幸せを感じさせます。
催眠も心地よさを与えることを重視してますから
彼女の声を聴けば聴くほどぬるま湯に浸かってるような感覚が湧いてくるでしょう。

エッチの内容が結構ぶっ飛んでるのも本作品の魅力です。
全部で6つのプレイがあり、そのすべてで彼を何か別のものに変えてから気持ちよくします。
例えばアイスキャンディーに変えてペロペロ舐める、パンツに変えておまんこの匂いを堪能させるなどです。
人間同士がするエッチとは違うのでイメージ力が要求されるところもありますが
聴き手視点で実況したり暗示を多めに入れてカバーする配慮がされてます。

催眠は2パート22分間。
横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸と脱力で催眠に入りやすい状況を作ります。
ちなみにここから彼女の声に軽いエフェクトがかかります。

「声が体の中まで染みこんで 余計な力を抜いていく」
まだ始まったばかりということでスイーツサキュバスらしさは特に出さず
「抜ける」「落ちる」「沈む」といった言葉を多めに交えてゆっくり語りかけます。
時間が短めだからでしょうけど、通常の催眠より暗示を厚めに入れてました。
それでいて慌ただしさを感じないのは彼女の話し方が終始穏やかだからでしょう。
作品のテーマである「甘さ」をしっかり反映させた癒される誘導をしてくれます。

脱力は肩→右腕→右手→左腕→左手といった具合に全身を細かなパーツに分け
脱力感を少しずつ伝播させて気持ちよくします。
彼女が「重い」と言わないおかげで私の場合は重さよりも浮遊感を感じました。
最後の頭を脱力する際は彼女を母親、彼を赤ちゃんに見立てて安らぎを与えるなど
お互いの信頼関係を構築しながら催眠に入れるよう考えて作られてます。

次の「催眠深化(小人化)」はエッチに向けた準備をするパート。
とあるキーワードを定めてからカウントを何度も数えて段階的に深化を促し
それから彼の全身を小さくして別の物になりきりやすくします。

「小さく 幼く 甘くとろけながら ママの胸で抱きしめられ 全身をお手々で握られて」
そしてここでも赤ちゃんになった気分を膨らませて意識の力をさらに弱めます。
赤ちゃんは大人よりも体が小さいですから小人化との相性も良いです。
このへんまでくると意識もかなりぼやけて気持ちよかったです。

十分にリラックスさせてから深化と小人化を進めるスタンダードな催眠です。
聴き手の心を甘えん坊にしつつ体を小さくするのを目的に
最初のパートは深呼吸と丁寧な分割弛緩法、次はカウントを交えた深化&小人化と
パートごとに明確な目標を定め、いずれも古典催眠の技術をベースにゆっくり進めます。

事前に10分程度のドラマパートを挟んであるおかげで彼女のキャラが掴みやすく
そのおおらかで慈愛に満ちた態度に釣られて自然と頬が緩みます。
良い意味でサキュバスらしくないと言いますか、甘えたくなるオーラを持った女性です。
催眠の技術も比較的レベルが高く、中程度あたりの深度まで入ることができました。
物になって優しく搾精
エッチシーンは6パート67分間。
プレイは全身舐め、クリームパイズリ、授乳、下着になって穿かれる(匂い責め)、クレープのオナニー(バイブ化)、オナホ化です。

クリームパイズリ、クレープのオナニー、オナホ化の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「これからボクは お姉さんの魔法で 様々なものに変えられちゃう」
催眠を使って主人公を手のひらサイズの体にしたクレープは
人間の時とは違うプレイを味わわせながら彼のレベルを吸い取ります。

エッチはどのパートも彼女が責めます。
最初の3パート34分間は口にする物をテーマにしたプレイ。
アイスキャンディー、ホイップクリームつきのバナナ、そして哺乳瓶と
まったく違うものを用意しそれぞれに合った手段で気持ちよくします。

ちなみにこれらはすべて選択式になってまして、好きなものを自由に選んで聴くことができます。
総時間が長くなるとどうしても催眠状態の維持が難しくなりますから
多くても3パートあたりに留めたほうが無理なく楽しめると思います。

内容はいずれも最初の3~4分を使って彼の体をパート名通りの物に変え
(アイスキャンディーだったら全身が硬直する暗示を入れる、など)
それから残りの時間を使って全身を舐め、パイズリし、授乳してから逆に吸い出して何度もイかせます。
全パート連続絶頂形式ですからいつ何回イっても構いません。
彼女の甘さが出るように多少の緩さを持たせてあります。

またエッチに入ると彼女が最大3人に増え
左右から畳み掛けるように暗示を入れて気持ちよくするようになります。
これはパートごとの時間が15分程度と短めだからでしょう。
事前の準備も含めてこの時間内で終えるために暗示の密度を催眠パートよりも上げてます。

「熱い熱いミルクが体にどんどん溜まる するといやらしい気分が高まる」
「ほら ちょっと吸われただけで ビクンビクンって 吸われるのが気持ちいい」

この中で個人的に面白いと思ったのは「No8、哺乳瓶」パート(約12分)。
彼女の母乳を吸ってる時はそれに合わせて興奮が高まる
逆にミルクを吸われる時は体が痙攣する、と2つの手段で気持ちよくします。

「自分の体が哺乳瓶になった」と言われてもあまりピンと来ないでしょうから
彼女も状況より得られる快感を重点的に伝えることを心がけてます。
専用の効果音を同時に鳴らすなど、雰囲気作りにも気を配ってあって気持ちよかったです。

続く後半の3パート33分間はエロさを感じるアイテムが中心。
パンティーになって彼女に穿かれる、バイブになっておまんこの中に入る
オナホになって彼女のおちんちんに貫かれる、といった具合に
一般的なプレイを作品独自の視点で描いて絶頂させます。

「思考を染め上げる 甘い香り 理性がとろとろと溶け落ちて 頭馬鹿になっちゃうよね」
一番個性が強いのは「No9、パンティー」でしょうね(約11分)。
彼女の股間に密着してる状況を主に匂いで表現します。
人によってはここで甘い匂いを感じられるかもしれません。
おまんこに全身で密着してエナジードレインされるシチュもかなりのM向けと言えます。

他の2パートはシチュよりもエロさが際立ってるように映りました。
バイブは「ちゅぷっ」、オナホは「ちゅぽっ」という若干質感の違う水音をリズミカルに鳴らします。
彼女も喘ぎ声を多少上げてくれますし、一方的に責められ続けてきたこれまでとはタイプの異なるプレイです。

このように、アイテムの特徴を上手く取り入れた催眠音声ならではのエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い独特な作品
既存のサキュバス作品とまったく違う道を歩んでる作品です。

クレープは自分に会いに来てくれた主人公をもてなしながらレベルを吸い取ろうと
まずは催眠をかけて彼を小さくしたうえで夢の世界に招待します。
そして合計6種類のエッチを通じて何度も何度もドライ絶頂させます。

お菓子のように甘い性格のサキュバスが少年をもてなす穏やかなシチュ
技術は定番のもので揃え、そこに作品独自の要素を盛り込んだ手堅い催眠
彼の体を物に変えてその視点で気持ちよくする斬新な切り口のエッチ。
エッチに積極的なサキュバスの特徴を残しつつそれなりの甘さを持たせてサービスします。

中でもエッチは前半がイートミーっぽいプレイ、後半は大人のおもちゃ視点でのプレイと
音声作品ではあまり扱われないジャンルに挑んでて個性が強いです。
アイテムとプレイの繋げ方も上手ですし、ドライ慣れしてる人なら結構気持ちよくなれると思います。
前項でも書きましたがパートを詰め込みすぎないのが楽しむコツです。

あとは催眠、エッチいずれも過去作より暗示の質が上がってるように感じました。
一部で双子っぽく左右交互に畳み掛けるシーンがあったりと
催眠特有の心地よさも味わえるように作られてます。
本作品は「甘さ」がテーマなので、催眠に入る/漂う感覚をそれに重ね合わせてるのかもしれませんね。

絶頂シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 2:26:23

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで30%OFFの680円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

【20%OFF~8/4】マルチ囁き耳舐め連続絶頂催眠♪【KU100バイノーラル】

サークル「C_Realization」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてやや意地悪な5人の女の子が
男性の左右中央に陣取り協力しながらエッチな催眠をかけます。

セリフを文節ごとに細かく分けてその都度声の位置を移動させたり
息継ぎの間隔を極端に短くして暗示をガンガン入れるなど
1人の時との違いをはっきり持たせた密度の高いサービスをするのが特徴です。
5つの声に包まれるひと時
5人の女の子が密着しながら催眠をかけるお話。

「こんにちは このチャプターでは 催眠に入りやすくするために 簡単なリラックス運動をしていくよ」
女の子は明るくて穏やかな声の女の子。
自己紹介や注意事項といった前置きはすべて省略し
早速本編に入る前の運動を始めます。

本作品は複数の女の子たちに囲まれて絶頂することを目的に
彼女たちが90分以上に渡って独特な催眠とエッチをします。
挿し絵に描かれてるように左右へ2人ずつ、中央に1人の陣形を取り
多くのシーンでセリフを分担し揺さぶりながら話しかけます。

「さっきよりも よりはっきりと 私達の声が 耳に 頭に 心に 染み渡っていく」
レビューでは読みやすさを優先して普段通りの表記にしてますが
実際は文節ごとに声の位置が移動する凝った作りになってます。
セリフごとの間を短くして息つく間もなく暗示を入れるなど
全体的に声の量と密度を上げてマルチボイスらしさを出してます。
声質は幼いものから色っぽいものまでキャラごとに若干変えてあります。

もうひとつの特徴は全編で音楽が流れ続けること。
催眠パートはゆったりした神秘的なもの、エッチはそれよりもテンポが速くビートの効いたものと
状況に応じて曲調を変えて癒しと性的快感を与えます。
パートごとに違う曲が使われてますから集中力を維持しやすく感じるでしょう。
催眠とは特に絡めず雰囲気作りに役立ててます。

催眠音声をそれなりに聴いてる方向けに補足しますと
この作品はざっくり言えばエロトランスさんの「ヒプノマルチ」シリーズと
F・A・Sさんの作品全般の特徴をかけ合わせて作られてます。
ですからこれらが好きな人だとより作品世界にのめり込めるでしょう。
リラックス特化の催眠
催眠は4パート44分間。
一番最初の「事前運動」は本編に入るまでの下準備としていくつかの運動をします。
これもF・A・Sさんの作品でお馴染みのシーンですね。
事前運動
このパートだけ動画形式になってまして、こんなふうに運動の様子を立ち絵でわかりやすく教えてくれます。
アニメーションはしませんけど力を入れたり動かす際に紙芝居形式で画像が変化する凝った作りです。
内容は腕や首の筋を伸ばしてから両腕を自由にブラブラさせます。
バックで流れるBGMも相まってここだけでも結構リラックスできるでしょう。

続く「誘導」は催眠の技術を使って心身をさらに脱力させるパート。
深呼吸を4分程度続けてから左右の腕、足、胴体、両肩を順に脱力します。

「ふかーく息を吐くたびに 体の力が すーっと抜けていく」
「すーっと 滑り落ちる 滑り落ちると共に 体と心が どんどんふかーく ふかーく 気持ちいいところへと沈んでいく」

そしてここからはマルチボイスの強みが遺憾なく発揮されます。
深呼吸は呼吸の合図を出しながら「力が抜ける」と何度も暗示を入れ
脱力は「重くなる」「沈む」をセリフに多く盛り込み1箇所ずつ丁寧に働きかけます。

C_Realizationさんは確か催眠音声初挑戦のはずなので聴く前は正直不安だったのですが
ご自分でかなり研究されたのか全体の進め方、技術の使い方、暗示の入れ方がどれもしっかりします。
催眠パートは癒しの成分が非常に強く、疲れてる人が聴いたら寝落ちしそうになるほど心が安らぎます。

最後の2パートでするのは主に深化。
「深化1」はとあるイメージを交えたカウントを何度も数えて徐々に落とし
「深化2」は彼女たちのことをイメージしてエッチに向けた準備を整えます。
販売ページの説明文では1パートになってますが、実際は2つのパートに分かれてます。

「体の力が ますます抜けてって 頭の中も 真っ白になっていく」
そしてここも「真っ白」「空っぽ」「意識が消える」など深化に関連性の深い言葉をメインの暗示に据え
それとカウントを上手く組み合わせて意識の力をさらに弱めます。
同時に扱うイメージもこれらとマッチしてて意識が軽く飛びました。
リラックスの時間が長めに取ってありますし同様の体験をする人がそれなりにいると思います。

十分すぎるほど脱力させてから深化させるシンプルな催眠です。
女の子たち自身やその声を好きになるようにすることを目的に
実際に体を動かす運動から始まり深呼吸+分割弛緩法、カウントやイメージを交えた深化と
古典催眠の技術に作品なりのアレンジを加えて進めます。

マルチボイスやBGMのおかげで通常の催眠音声とは随分違う印象を受けるでしょうけど
技術的にはものすごく王道を歩んでます。
この安定感が本作品の催眠における一番の魅力だと思います。
暗示の表現や入れ方も上手ですし、催眠音声初心者でも心地良い感覚が味わえるのではないかなと。
左右の耳をひたすらぺろぺろ
エッチシーンは2パート39分間。
プレイは両耳舐め、カウントによる絶頂、アヘ顔ダブルピース、オナニー、写真撮影です。

写真撮影の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「君が期待してるのは それだけかな? もっと他に 期待してること あるでしょう? そう み・み・な・め」
催眠を使って主人公を自分の虜にした女の子たちは
彼の両耳を舐め始め、さらに暗示とカウントを畳み掛けて連続絶頂させます。

エッチは終始彼女たちが責めます。
最初の「連続ドライ絶頂」は名前の通りドライに特化したパート(約29分)。
事前に感度が上がる暗示を入れてから26分間ほぼノンストップでイき続けます。
そして左右の子はひたすら耳を舐めてそれをサポートします。

このパートでやることは本当にこれだけです。
体感ですと絶頂シーンの回数は50を超えてると思います。

「ほらっ これで感度2倍 気持ちよさで頭真っ白」
やってる事は別に間違ってないと思うのですが、感度を上げる時間が極端に短いことや
それ以降の連続絶頂シーンが短いカウントを繰り返すだけになってることから
音声を聴いて実際にドライを迎えられるかと言われれば微妙なところです。

他の催眠音声でもこういうシーンは割とありますけど
だいたいは事前の準備を入念に行い、とりあえず1回絶頂させて感触を掴んでから
カウントを数えつつ追い込み暗示を小まめに入れるといった手厚いリードをします。

サークルさんは「催眠をしっかりかけたからエッチはこれで大丈夫だろう」と判断されたのかもしれません。
ですが催眠音声において催眠誘導はあくまで準備に過ぎず
エッチシーンでどう上手く立ち回るかが18禁作品の品質を真に決める鍵となります。
45分も使って催眠をかけたのに気持ちよくなれなかったら台無しですからね。

私が聴いた時は残念ながらドライに類する感覚は特に得られませんでした。
カウントを無闇に数えるのを止めて、ひとつひとつを丁寧にこなせば今よりもずっと良くなったでしょう。
カウントを数えるから聴き手が絶頂するのではなく
技術を駆使してそうなる環境をきちんと整えるから絶頂できるのです。
一部で「変態」を連呼するなど、同人音声のエッチに近いこともされてました。

続く「セルフ射精絶頂」は打って変わってセルフからのウェット(約10分)。
カウントの後に手がおちんちんを握る暗示を入れ
引き続き耳舐めしながら先ほどよりも長いカウントを何度も数えて寸止めさせます。

「頭の中 快感が炸裂する おちんちんビクビク痙攣させて 頭真っ白になってイっちゃえ」
オナニーするのとカウントの数が違う以外はほぼドライパートと一緒です。
腕の動きを制御して寸止めさせるとか、何かしらの違いを持たせたほうが個性が出たと思います。
耳舐めがそれなりにエロいので射精はできそうな気もしますけど
催眠の技術を使ってイかせるのとは違うのでもうひと工夫が欲しいです。

このように、耳舐めとカウントを組み合わせたエッチが繰り広げられてます。
密度の高い作品
どちらかと言えばエッチよりも催眠に魅力を感じる作品です。

女の子たちは耳舐めされながら何度も絶頂する感覚を疑似体験させようと
総時間の約半分を使って入念な催眠を施し、それにあたってマルチボイスやBGMを有効活用します。
そしてエッチはタイトル通り耳舐めと連続絶頂を同時に行います。

女の子に囲まれて催眠やエッチを楽しむハーレムシチュ
パートごとに明確な目的を定め、それに向けて堅実に進める催眠
耳舐めしながらカウントをびっくりするほど多く数える比較的ハードなエッチ。
作品固有の要素を上手く使って独自の世界を作り上げてます。

中でも催眠は予想してたよりもずっと質が高くてびっくりしました。
マルチボイスをしっかり制御できるよう技術は定番のもので固め
セリフの間隔を短くしたり声の位置を小まめに振り分けてそれらしさを出してます。
深化をもうちょっと丁寧にやったほうがいいかなとも思いますけど
同人音声メインのサークルさんが制作されたことを考えれば十分と言えます。

そして催眠がしっかりしてたからこそエッチが残念でなりません。
感度の上昇をもっと入念に行い、ひとつひとつの絶頂シーンを慎重にこなしていれば
少なくとも今よりはずっと良いものになったでしょう。

ドライパートを終えた後に再度深化させるシーンを設けてないなど
催眠パートに比べて作りが粗く感じました。
次回作の予定があるなら改善してくださることを期待してます。

絶頂回数はドライ大量(計測不能)、ウェット1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、効果音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:38:43

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
催眠8点、エッチ4点、両方合わせて6点です。
ダウンロードする場合、解凍後の容量が15Gありますのでご注意ください。

2019年8月4日の24時まで20%OFFの950円で販売されてます。

WAVE

サークル「催眠音声研究所」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第45回目は声も態度も穏やかなお姉さんが
WAVE(波)にまつわるエッチな催眠をかけます。

本編の大部分で波の音を流しながらサービスするのが特徴で
催眠中は心地よさや浮遊感を与える、エッチは射精を食い止めると異なる役割を持たせ
そこに海のイメージや爽やかな暗示を組み込み夏らしさを出してます。
ちゅぱ音を多めに鳴らしながら2種類の絶頂へ導くエッチも魅力です。

視聴前に枕の上にハンカチかタオルを敷いておくとより楽しめるそうです。
波の音に癒やされて
お姉さんが浜辺で催眠をかけてから舐めまくるお話。

「これから あなたは 不思議な体験をします」
お姉さんは穏やかで整った声の女性。
音声を聴く際の注意事項や準備を手短に説明すると
早速物語の舞台となる海をイメージさせます。

本作品は人間以外のものになりきって気持ちよくなることを目的に
彼女が70分程度に渡って催眠をかけたり独特なエッチをします。
物語の舞台が架空の世界なことを踏まえて全編を通じてイメージを重視し
催眠パートは海、エッチは風船やアイスクリームを使って癒しと快感を与えます。

「波の音が はっきりと聞こえる あなたは 波の音を聞いていると とても とても リラックスすることができます」
タイトルにもなってる波も非常に大きな要素です。
催眠の途中からエッチの最後まで流れ続け
ある時はリラックスや深化、またある時は射精のストッパーと重要な役割を果たします。
波の音、川の流れる音、雨音といった自然に根付いた環境音は人間なら誰でも癒しを感じますから
これを聴き続けてるだけでも眠くなったり心地よくなるでしょう。

催眠はおよそ32分間。
仰向けになって南の島の情景や自分が初めて海に行った時のことをイメージし
それから海へ続く道をのんびり歩いていきます。
お姉さんは目を開けたままでいいと言ってますが、途中で明確な閉眼の指示がないことから
催眠音声を聴き始めたばかりの人は最初から閉じておいたほうがいいでしょう。

「色とりどりの魚が 気持ちよさそうに サンゴの周りを泳ぎまわって ビーチには ビキニを着た美女が さんさんと降り注ぐ太陽を 気持ちよさそうに浴びています」
夏の海へ実際に行ったことがない人もテレビなどでその景色を見たことがあると思います。
できるだけイメージしやすいように海の様子はもちろん
そこにいる人や生き物の様子も描いて臨場感を出します。

聴いた感じですと本作品のイメージは視覚を重視してます。
青い空、白い海、輝く太陽といった目に見えるものを中心に据えたアプローチです。
これが聴覚だと波の音やカモメの鳴き声、嗅覚だと潮風の香りや焼きそばの匂いとかになります。

「勾配はなだらかで (丘を)上るのが楽しくなってきます 緩やかな傾斜は 青い空へと続いてます」
海へ向かうシーンは一本道をたどりながら丘を超え
それらの中に「なだらか」「緩やか」など安らぎを与える言葉を盛り込みリラックスさせます。
本作品はストーリー形式の催眠をかけるので
深呼吸して、脱力するみたいな明確な区切りをつけず流れるように誘導します。
実際に聴いてみるとあまり催眠っぽく感じないのではないでしょうか。

波の音が登場するのは催眠開始からおよそ8分後。
「ざぶーん」という穏やかな水音がバックでリズミカルに流れ続けます。

「波の音が聞こえてくると あなたの意識は 落ちていきます」
そして彼女は音に意識を向けさせながらさらに力が抜けたり深化する暗示を入れます。
波の音を聞いてるだけでもホッとしたり眠くなるでしょうから
彼女の声に合わせて浮遊感や落下感を味わう人が結構いると思います。
私の場合はエレベーターでゆっくり下りていく時のように全身が落ちるのを感じました。
少し後には日差しを起点に温かさを与えるなど、浜辺にいる感覚を聴き手視点で忠実に表現します。

そして最後はエッチに向けた準備として自分の体を風船に変え
彼女に息を吹きかけてもらい心地良い感覚を味わいます。

「回転が始まると あなたの体から 黒い煙が滲み出てくる」
ここでは回転する暗示を入れるのに合わせて声や波の音が左右へスライドするのが面白いですね。
自分の体がくるくる回ってる様子をわかりやすく表現します。
寝たままなのに頭の中がクラクラする感覚があって面白かったです。
同時に体の中にある悪いものを吐き出させるなど、心を軽くする配慮もされててスッキリします。

海に移動しお姉さんと浜辺で佇む様子に技術を絡めた高度な催眠です。
聴き手を紙風船へ変えることを目的に、序盤は海の一般的なイメージとそこへ向かう様子
中盤は波の音を通じて癒したり深化させる、終盤は回転による心の浄化&風船化と
夏らしさを感じるイメージを駆使して少しずつ確実に落とします。

特に波の音はこれだけで深呼吸や脱力の役割を果たせてますし
暗示と組み合わせてより気持ちよくするなど重要な役割を果たします。
イメージも自然に関するものが中心なのでそれほど難しくありません。
イメージに苦手意識を持ってないなら催眠音声初心者でも割と楽しめると思います。
人間以外の存在になりきって
エッチシーンは34分間。
プレイはカウントによる絶頂、アイスクリームになって全身を舐められる、フェラです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありませんが射精表現はあります。

「綺麗になったね 次は 気持ちよくなろうか」
催眠を使って主人公を風船のような心と体に変えたお姉さんは
引き続き息を吹きかけてからカウントを数えて軽く絶頂させます。

エッチは終始彼女に弄ばれます。
前半の16分間は催眠音声ならではのプレイ。
開始から2分後に早速カウントを数えてドライオーガズムへ追い込み
それから彼の全身をアイスクリームに変えて舐めまくります。

「舌が触れたところが 熱を持つ 舌から体温が伝わり 冷たい体を犯していく」
風船を吹く、アイスを舐めるいずれもエッチな事とはまったく関係ありません。
それを踏まえて感度が上がる暗示を小まめに挟んで気持ちよくします。
ドライはエッチ開始直後なのですんなり絶頂できるかどうか微妙なところですけど
それ以降の舐められるシーンは体が何度もビクビクして気持ちよかったです。

また催眠音声では珍しくちゅぱ音の量が多いです。
アイスを舐める時はちゅぱちゅぱとついばむ感じの音が鳴り
後半から始まるフェラはそれよりもエロさを上げてイきやすくしてます。
前半があまりエロくないからこそ、後半を聴いたら余計エロく感じるでしょう。
両者の方向性を大きく変えてメリハリのあるエッチに仕上げてます。

後半は一転してストレートなエロを追求したプレイ。
彼の体をアイスクリームからおちんちんに変え
さらにちゅぱ音を二重三重に増やして射精できるパワーを与えます。

「波の音が聞こえてるでしょ? この音が聞こえている限り どこまでも快感が膨れ上がっていく」
そしてここでは波の音が大事な役割を果たします。
前半よりも暗示の量を減らしちゅぱ音に専念するスタイルを取ってるので
波の音を使って射精を制御し、タイミングを教える変わった試みがされてます。

またここでのフェラは聴き手の全身がおちんちんになったことを想定し
ちゅぱ音が左右中央へ小まめに移動します。
前半が物足りなく感じた人も考えを改めていただけるのではないでしょうか。
おちんちんに触れる指示が一切ないのに股間が何度も痙攣してました。

作中ではノーハンド射精の描写がされてるので
ドライを経験済みの方はそちらを目指し、そうでない人は普通にオナニーしたほうが満足できるでしょう。
確かに結構エロいですけど刺激を与えずに射精まで持っていくのは難しいですから。
ドライにするか、セルフからのウェットにするか自由に選んだほうが楽しめると私は思います。

このように、人間以外の存在になって絶頂する独特なエッチが繰り広げられてます。
爽やかな作品
夏にまつわる素材を上手に組み合わせた爽快感のある作品です。

お姉さんは主人公を海にいる気分に浸らせながら絶頂させようと
まずは催眠を通じて海のイメージを固めつつ心身の悪いものを取り除きます。
そしてエッチは人間以外のものやおちんちんに全身を変えて異なる快感を与えます。

穏やかなお姉さんと海へ行き気持ちよくなる夏を意識したシチュ
波の音と海のイメージを組み合わせて徐々に落とす高品質な催眠
人間以外のものに変えてから息を吹きかけたり舐めまくる変わったエッチ。
一般的な催眠音声よりも柔らかさと独創性を強く持たせたサービスが楽しめます。

中でも2番目はタイトルの「WAVE」に名前負けしないよう波の音を60分程度盛り込み
催眠とエッチで異なる効果を持たせてお話をスムーズに進めます。
波の音があると海にいる気分がぐっと出ますし純粋に癒しも得られます。
エッチもちゅぱ音と組み合わせてあったりと、本作品を語るうえで欠かせない要素です。

「咥えたままで れろれろされるのは気持ちいい?」
エッチは人間同士でするものとの違いを結構出してますけど
アイスクリームを舐める時も上のようにフェラっぽいセリフを言ってくれます。
淫語や喘ぎ声が出てこないだけでやってる事はフェラとそれほど変わりません。
だからエロさをそれほど心配する必要はないんじゃないかと思います。
引き続き暗示を丁寧に入れてくれるおかげでかなり気持ちよくなれました。

ただ実際に絶頂するのは2回目のシーンになるでしょうね。
1回目はほんとの序盤に仕掛けてくるのでドライ慣れしてる人じゃないと厳しいです。
その一方で2回目は30分くらいじっくり責めてくれてイキやすくなってます。

絶頂シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:紗藤ましろさん
総時間 1:11:08

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~

サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、お嬢様に特別な感情を抱いてるアンドロイドのメイドが
とある悩みを抱えてる彼女に催眠をかけて解決します。

お互いの心を入れ替えてからエッチする変わったシチュが描かれており
物語の開始時点から主人公をお嬢様に設定して女体化誘導を完全に省略し
エッチは乳首やおまんこをいじる指示を出しながらメイドになったことを実感させます。

メイド服を用意しておくとより楽しめるそうです(無しでも可)。
お嬢様に大人の女性の感覚を
アンドロイドメイドのみさきがエッチな催眠をかけるお話。

「おや? いかがされました? お嬢様」
みさきは丁寧な言葉遣いをするお淑やかな声のお姉さん。
お嬢様の顔色が悪いのを見てすぐさまソファに寝かせると
そのまま深呼吸を繰り返して落ち着かせます。

本作品はアンドロイドが人間のお世話をするのが当たり前になった未来の世界で
彼女が70分程度に渡る催眠とエッチで大人の体を疑似体験させます。
お嬢様はJKになってもお子ちゃま体型なことをとても悩んでおり
大きなおっぱいを持つみさきのことを羨ましく思ってました。
そこで催眠を使って願いを叶えてあげるというのが大まかなストーリーです。

冒頭でも書いたように本作品には男性キャラが一切登場しません。
主人公はお嬢様で、催眠をかけた後はみさきの体に入れ替わります。
女性でも聴けるようにわざわざこういう風にしたのでしょうけど
少なくとも私は男性向けとして聴く場合、超上級者向けの内容だと思います。

というのも催眠をかけた後のエッチシーンがオナニー主体になってまして
胸やおまんこをいじりながらその感覚を伝える流れで進めます。
私も「男性向けで出してるのだから大丈夫だろう」と思って聴いてみたら完全に女性寄りでびっくりしました。
声優さんが女性なことを除けばほぼ女性向けと言っていいくらいに尖らせてます。
お嬢様からメイドの体に
催眠はおよそ11分間。
事前に7分程度のやり取りを挟んでから横になって目を瞑り
まずは深呼吸しながら体を脱力させます。

「体から 力が抜けていく 手足が 重くなっていく」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながら
吐いた直後にのみリラックスする暗示を入れる堅実なアプローチがされてます。
セリフごとの間隔が長めに取ってあるおかげで雰囲気も落ち着いてます。

お次は自分の体が海に沈んでいく様子をイメージし
さらにその底にある扉を抜けてから自分の体がみさきになったことを実感します。

「0と1の数字に分解されて あなた自身が 海へと変わってゆく」
「遙か上空で 鳥のさえずる声 あなたの耳は 高性能な集音機能を持っている」

深化にあたるシーンが非常に短いことや
一部でよくわからないセリフが出てくるところは引っかかるものの
リラックスできた状況を引き継ぎ、入れ替わりへと繋げようとしてる意図が見られます。
入れ替わった後は大まかな容姿以外にアンドロイドっぽさを出すセリフもありました。

リラックスさせてからイメージを繋げて深化と入れ替わりをするコンパクトな催眠です。
聴き手の心をお嬢様からみさきに移すことを目的に
深呼吸しながらの脱力、海に沈むイメージを起点にした深化、そして変化後の描写と
要所をしっかり押さえてひとつの流れを作ってます。

全体の流れはそ良いと思うのですが、時間が極端に短いせいで品質が結構落ちてます。
特に深化以降は寝てるところへ突然海のイメージが出てきたり
海底に沈んだ先に扉があって、その先に元いた部屋が出てくるなど
聴いてて違和感を覚えるところがいくつもありました。

催眠は聴き手が催眠者の言葉を受け入れやすくなるように
言い回しを平易にしたり疑念を抱かせる要素を取り除きながら進めます。
この作品は女体化を省略してますから、男性に対しては尚更上手くやる必要があります。
僅か11分でこれらすべてをこなすのはほぼ不可能なので、もう10分くらい伸ばしたほうが良かったと思います。

私が聴いた時も少しリラックスできた程度でした。
以上のことから大変厳しい催眠と見ています。
愛する人に見られながら
エッチシーンは2パート32分間。
プレイは乳首オナニー、おまんこオナニー、キスです。

おまんこオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありです。
エッチの途中で服を脱ぐ指示が出ます。

「お嬢様 せっかくですから 私の体で 楽しんでいただいてもいいんですよ」
催眠を使ってお嬢様の心を自分と入れ替えたみさきは
大人の体を手に入れた彼女に胸やおまんこをいじる指示を出します。

エッチは新しくお嬢様になった彼女が見守る前でオナニーします。
最初の「2 あなたは今日からロボメイド」はオナニーに励むメインパート(約26分)。
大きくなった胸を揉むところから始まり乳首→おまんこと敏感な部分へ移ります。

「あなたはそのままゆっくりと 大きな胸を揉んでみる 手の中で 大きな胸が 形を変える ひりつくような快感が じんわり胸元に広がっていく」
そして彼女は実況しながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れて臨場感を出します。
催眠パートは良くないと言いましたが、ここでの言い回しや実況と暗示の配分はよくできてました。
女性なら実際に体をいじれるので気持ちよくなれると思います。
逆に男性の場合はいじらずにイメージしたほうが疑念を抱かずに聴けるでしょう。

「さぁ みさき いつもみたいにオナニーしてみて」
後になるほどみさきがお嬢様っぽく振る舞うようになるのもポイント。
お嬢様のことを「みさき」と呼び、さらに命令することで入れ替わったことを実感させます。
2人が体を接触させることはほとんどありませんからシチュ重視のエッチですね。
言葉責めはしませんがオナニーを見られてることを時々意識させます。

次の「3 一番したいこと」はちょっぴり切なさを感じるパート(約6分)。
入れ替わった2人の心が体へ定着する前に、みさきがお嬢様へとあるお願いをします。
時間が短いですし絶頂シーンもありませんから内容はとてもマイルドです。
でもこれを最後に持ってきたのは2人の絆を描きたかったのだと思います。

このように、テーマの主従逆転を交えたセルフ系のエッチが繰り広げられてます。
シチュは面白いのだが
やってる事は個性的なのですが、その表現方法に首を捻るところがある作品です。

みさきは豊満な体に憧れてるお嬢様の願いを叶えようと
まずは催眠を通じてお互いの心を交換します。
そしてエッチは新しい体を自分でいじらせながらメイドになったことを自覚させます。

ほぼ人間と変わらない心と体を持つアンドロイドがお嬢様とエッチする百合シチュ
リラックスしてからイメージを繋げるシンプルな催眠
ご主人様の指示に従っておっぱいやおまんこをいじるシチュ重視のエッチ。
現在世に出てる他の女体化作品とは随分違った作りになってます。

言いたいことは色々あるのですが、やはり主人公が最初から女性なのはどうかと思います。
女体化催眠音声は技術を使って女性気分を疑似体験させるのが売りですから
それを省略するのは男性の聴き手に対して不親切と言わざるを得ません。
男女両用にしたいのなら男性用に女体化誘導パートを追加すればいいだけです。

あとは催眠の時間ですね。
11分でこれらすべてをこなすのは大手サークルさんでも厳しいんじゃないでしょうか。
百合虎魂さんは今年2月に処女作を出されたばかりの新規さんですから
サークルの威光(ブランド力)がまだあまりないことを考慮し、通常よりも入念にかけたほうがいいです。

「うちは催眠をちゃんとかけられるぞ」と最初の段階でアピールしておかないと
新作を出してもDL数が伸び悩む状況が続いてしまいます。
確かに今の有料作品は奇抜なものが多いですが、人気のあるものはすべて催眠がしっかりしてます。
エッチは百合という大きな特徴がありますから、催眠の質さえ上がればより良い作品が生まれると思います。

絶頂シーンは1回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:水谷六花さん
総時間 1:10:06

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで50%OFFの594円で販売されてます。
その場合の点数は5点です。

【女体化】おち〇ぽ中毒の風俗嬢に、堕ちたボク【催眠音声】

【女体化】おち〇ぽ中毒の風俗嬢に、堕ちたボク【催眠音声】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「客1:甘々系」パート以降の様子を中心に紹介します。
3人のふたなりに責められて
後編のエッチシーンは3パート73分間。
プレイはちなつの耳舐め/乳首舐め/手マン/クンニ/SEX(正常位、バック)/キス、さつきのおもちゃ責め/キス/SEX(正常位)、あすかのキス/乳首責め/手マン/SEX(正常位)です。

手マン、SEX、おもちゃ責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「失礼しまーす こんにちは さやかちゃん 初めまして」
ちなつは明るくておっとりした声の女の子。
後日、研修を終えて再び店にやって来た主人公改め「さやか」は
お客の彼女から耳かきとエッチなご奉仕を受けます。

エッチはいずれも客側がリードします。
一番最初の「客1:甘々系」パートは甘やかし上手な女性が相手(約25分)。
8分程度の耳かきで親睦を深めてから耳、乳首、おまんこを順に責めます。

ちなみにここでもエッチへ進む前に接客用の催眠誘導パートを聴きます(約16分)。
冒頭のやり取りが違うだけで催眠の内容は一緒ですから説明は省略します。

「尽くされるより 尽くすほうが好きかな」
彼女は自分で世話好きと言ってるだけあって声も態度もあまあま。
本来ならこちらがサービスすべきところなのに敢えて立場を逆転させ
嬉しそうな表情で気持ちよくなる姿を眺めます。

耳かきはもちろん癒し一色ですし、エッチもちゅぱ音をゆっくり鳴らす穏やかな責めっぷりです。
最中に暗示を入れることはほとんどないので催眠音声とはやや違うのですが
女性同士のエッチから連想されるイチャラブ感は十分出てると言えます。

しかし本作品はおちんぽ中毒になるのがテーマですから
当然パート終盤には彼女たちのおちんちんで責められる描写が出てきます。
普段よりも熱っぽい吐息と艶めかしい喘ぎ声を漏らしながら一心不乱にピストンし
さらにほぼノンストップで2回連続絶頂する割とハードな展開です。
甘さを出しつつおちんちんできちんと〆るところが本作品らしいなと。

2番目の「客2:S系」パートは打って変わってM度の高いプレイ(約30分)。
さつきという名のふたなり女性がさやかのご主人様になりハード路線の調教をします。

「ふふっ バチバチいってるのわかりますか? 電流のおもちゃです」
彼女は可愛い女の子が苦痛に悶える姿を見るのが好きだそうで
自身の体以外にローターや電流を流す道具も取り入れて多彩な責めを繰り出します。
ローターはモーター音、電流はビリッというそれらしい音が鳴りますし
さらに「ずぅぅぅん」という低く重い音も取り入れた音モノに近い作りです。

またこのパートはひとつ前と大きく違い催眠暗示も結構入れてきます。
3つあるパートの中で催眠色が最も強いプレイと言えるでしょう。
寸止めを繰り返してから連続絶頂に繋げる展開も相まって全体的に刺激が強いです。
相手をする女性によってプレイやアプローチの内容が大きく変わるのも接客シーンの特徴です。

最後の「客3:初々しい系」パートはお客の筆おろしをする珍しいシチュ(約18分)。
風俗店を初めて訪れた「あすか」が初々しいエッチを披露します。

「たまたままで舐められるなんて うっ そんな舌で たまたま転がされたら おちんぽ気持ちよくて ビクンビクンしちゃう」
おちんちんを少し舐められただけで気持ちよさそうな表情を見せたり
おまんこの感触を楽しみながら抜かずの2連続中出しを決めるなど
彼女が新しい体験に驚き、喜ぶ様子を重点的に描いてます。

ここも催眠暗示は少ないですから同人音声っぽいエッチですね。
最初のちなつとは別のやり方で快感と充足感を与えてくれます。

このように、お客の特徴を色濃く反映させた幅広いエッチが繰り広げられてます。
異色の女体化作品
催眠音声と同人音声の中間あたりに位置する作品です。

風俗店のオーナーはお店で違反行為をした主人公に罰金を払わせようと
まずは催眠を使ってここで働いても問題ないレベルの可愛い女の子に変え
それから実践形式での研修→接客と進めます。
そして相手をするお客の性格に合わせてプレイを変えながらおちんちんの魅力を教えます。

風俗嬢になってふたなり女性たちの相手をする変わったシチュ
古典催眠の技術をベースに短くまとめた催眠
タイトルの「おちんぽ中毒」を強く意識した長くて多彩なエッチ。
時間、内容いずれも催眠よりエッチを重視して作品を組み立ててます。

さつき「おちんぽが一突きするごと おまんこを中心に快感が体中に じゅわーっと溢れ出す」
特にエッチは女性同士だと普通は登場しないおちんちんを敢えて盛り込み
それにご奉仕したり責められる快感を与える方針で進めます。
女体化作品でふたなりを相手にすることはそれほど珍しくありませんが
最初から最後までそれで固めてるものはなかなかないです。

ただ後編の内容が催眠から結構離れてまして
催眠音声のエッチとして見た場合は正直微妙だと私は思います。
前編の研修が良かっただけにすごくもったいないなと。

この中で唯一催眠色の強いエッチをする「客2:S系」パートも
事前の催眠誘導パートを風俗店のオーナーが担当してるせいで暗示が入りにくくなってます。
催眠はお互いの信頼関係が重要になるので、途中から催眠者を変えることはまずありません。
する場合は何かしらの引き継ぎを挟んでから交代します。
ですが本作品ではそういった部分を省略しいきなりさつきが暗示を入れ始めます。

まとめると、前編部分はよくできてるのに後編で大崩れしてます。
オーナーとお客の声優さんが同じ方だったらまた違ったのでしょうが・・・うーん。
テーマやお話の流れが面白かっただけにもう少し頑張ってほしかったです。

後編の絶頂シーンは12回(全パート連続絶頂します)。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは「おち○ぽ中毒の風俗嬢」です。

CV:オーナー…そらまめ。さん かすみ…柚木つばめさん ちなつ(お客1)…逢坂成美さん さつき(お客2)…一之瀬りとさん、あすか(お客3)…竹中望さん
総時間 3:17:01(本編…3:04:36 おまけ…12:25)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

【女体化】おち〇ぽ中毒の風俗嬢に、堕ちたボク【催眠音声】

サークル「オナらぼ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、見た目は穏やかだけど裏で結構ヤバいことをやってる風俗店のオーナーが
お店の利用客に催眠をかけて女性の喜びをじっくり教えます。

エッチを通じて体だけでなく心も女性に変えていくのが特徴で
催眠パートは特殊な音を織り交ぜながら催眠状態を徐々に深め
それからおまんこを責められる快感とおちんちんにご奉仕する快感の両方をじっくり教えます。

総時間が197分もあるため前編(1~4)、後編(お客1~お客3)の2回に分けてお送りします。
お客から風俗嬢に
風俗店のオーナーに催眠をかけられ彼女や客たちとエッチするお話。

「お兄さん お仕事帰りですか? ちょっと遊んでいきませんか?」
オーナーは上品で穏やかな声のお姉さん。
街中を歩いてる主人公に声をかけて遊んでいかないかと誘うと
お店へ案内し軽い手続きを挟んでからプレイルームに移動してもらいます。

本作品は女性になりきって快感や陶酔感を味わわせることを目的に
彼女と3人の女性客が3時間以上に渡るエッチな催眠サービスをします。
前編で紹介する1~4は彼が女体化して初めての研修を受けるシーンを中心に描き
後編はタイプの異なるお客と一対一でイチャイチャします。
エッチは選択式になっており研修で1回、接客で3回の合計4回楽しめることになります。

オーナー「頑張ってご奉仕したご褒美に ギンギンのおちんぽを おまんこに入れてあげますね」
主人公以外の登場人物が全員女性なのでジャンルはレズにあたるのですが
彼女たちにはおちんちんが生えており、それにご奉仕する快感や犯される快感も味わわせてくれます。
タイトルの「おち〇ぽ中毒」を強く意識した内容ですね。
男性のままだと抵抗を感じる要素を盛り込むことで催眠にかかったことを実感しやすくしています。

一番最初の「1_プロローグ」は主人公が風俗嬢になる経緯を描いたパート(約17分)。
街中でオーナーと出会った彼がお店に行き、そこで待ってた風俗嬢の「かすみ」と普通にエッチします。

かすみ「おちんぽ じゅぼじゅぼーって 気持ちよくしてあげるね」
キスから入ってフェラ→SEXと繋いでおり同人音声のエッチとほぼ一緒です。
催眠は次からかけるためそれにあたる要素もありません。
時間が短めなのでこれ単体で抜くのはちょっと難しいでしょうけど
音声を聴いてて興奮したり勃起する人は普通にいると思います。

これはあくまで推測ですけど、最初にわざわざこういうシーンを用意したのは
かすみが嬉しそうにエッチする姿を通じて「これからあなたもこうなるのよ」と
遠回しに伝えて心の準備をさせたかったのではないでしょうか。
あとは物語に整合性を持たせるためですね。
総時間が長いので催眠を始める前にも十分な時間を割いて作品世界に引き込んでくれます。
不思議な音に酔いしれながら
催眠はおよそ15分間。
かすみとエッチしてたところへオーナーが乱入し、軽いやり取りを挟んでから別の部屋に移動します。
そして全裸のまま横になり、目を瞑って深呼吸と脱力をします。
このへんの事情は作中できちんと語られてますからご安心ください。

「呼吸をするごとに 心が落ち着いていきます」
「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながら呼吸を繰り返し
その合間にリラックスを促す暗示を入れるシンプルで手堅いアプローチです。
続く脱力も右腕→左腕→胸→尻→脚→顔と全身を大まかなパーツに分け
それぞれに「力が抜ける」と暗示を入れて感覚を少しずつ伝えます。

「この音は あなたをもっと深いところに連れて行ってくれる音」
深呼吸を終えた頃から神秘的な音が流れ始めるのがいいですね。
15分で女体化まで完了させるとなるとスピーディーに進める必要がありますから
それを成し遂げるために癒しを感じる音を取り入れてます。
おちんぽ中毒にするのが目的とは思えないほど穏やかな空気が漂ってました。

本題の女体化はおよそ6分間。
頭部、腕、胸、股間、脚など性差の出やすい部分に絞ってひとつずつ変えていきます。

「すべすべの肌 いやらしい体つき 女の子の体が出来上がっていく」
具体的にどんな容姿をしてるかは言いませんから自由にイメージしていいのでしょう。
この時点では心の変化には触れず外見のみ行ってました。
一通り完了した後にさらなる深化をするなど、女体化催眠の要所を押さえたリードをしてます。

リラックスと深化をしてから女体化に進むシンプルな催眠です。
聴き手を風俗店で働ける可愛い女の子に変えることを目的に
深呼吸から入って癒しの音を交えた分割弛緩法、そして女体化&再度の深化と
やることを必要最低限に絞ってひとつずつテンポよく行います。

女体化する際に感度を上げるアプローチをもう少しして欲しかったようにも思えますが
15分で完結させることを考えれば切り捨てるのは仕方ないかもしれません。
聴いてて明らかにおかしいと思える部分は特にありませんでした。
適度な脱力感と意識のぼやけが感じられて心地よかったです。
ただし、一部で誘導が簡略化されてることから中上級者向けの内容だと思います。
女性の快楽を手取り足取り
前編の女体化後にするエッチシーンは30分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、手マン、フェラ、SEX(正常位)です。

手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「これから お店に出しても恥ずかしくないように 私がみっちりと調教して差し上げます」
催眠を使って主人公を可愛くて淫乱な女の子に変えたオーナーは
店員としてしっかり働けるよう専用の名前をつけてからエッチの手順を教えます。

エッチは終始彼女に責められます。
前半の17分間は女性の快感を味わうことに注力したプレイ。
左右の耳を軽く舐めて感度を確かめた後に乳房、乳首、おまんこを個別にいじります。

「敏感な乳首をいじられると さっきよりも強い快感が 体中を駆け巡るかもしれないですね」
そして彼女は実況したりちゅぱ音を鳴らす合間に気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
上のセリフのように「~かもしれません」と語尾をぼかすことが多く
それによって女性同士のエッチに見られる柔らかさを表現してます。
手マンで数回寸止めする以外はプレイ自体も甘めです。

しかし本作品の醍醐味はおちんぽ中毒になることです。
それを踏まえて後半は内容が大きく変化します。

「私のおちんぽがひと突きするごとに おまんこが熱くなって 全身に快感が溢れ出る」
オーナーの股間に生えてるおちんちんを舐めしゃぶり
さらに女体化してからの初SEXを彼女に捧げます。
おちんちんの存在を意識させ、印象操作しながらさらに気持ちよくなる暗示を入れるスタイルを取ることで
男性の時なら普通は嫌がるプレイを前向きに受け入れ、気持ちよくなれるように誘導します。


相手が女性だからなのもあるでしょうけど嫌な気分は特にしませんでした。
むしろ彼女の熱っぽい吐息やピストン音を聴くたびに股間が熱くなっていって気持ちよかったです。
終盤には3連続絶頂するシーンを設けるなど、男性の快楽との違いをはっきり出してます。

このように、おちんちんで責められることに喜びを感じさせるタイトル通りのエッチが繰り広げられてます。

前編の絶頂シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです(いずれもプロローグを含めた分量)。

おまけは「おち○ぽ中毒の風俗嬢」です。

後編へ続く…。
【女体化】おち〇ぽ中毒の風俗嬢に、堕ちたボク【催眠音声】(後編)

CV:オーナー…そらまめ。さん かすみ…柚木つばめさん ちなつ(お客1)…逢坂成美さん さつき(お客2)…一之瀬りとさん あすか(お客3)…竹中望さん
総時間 3:17:01(本編…3:04:36 おまけ…12:25)


体験版はこちらにあります

女体化催眠:ほのぼの百合えっち ~夢見る少女のあまあま鬼クンニ~(全編バイノーラル)

サークル「しりあるヒプノ」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、先輩に恋心を抱いてる可愛い後輩が
2人きりになれた機会を利用し夢の中でエッチにイチャイチャします。

演劇の主役と聴き手を重ね合わせながら催眠状態を深めたり
キスやクンニといった口を使うプレイを中心に据えて甘いちゅぱ音を多めに鳴らすなど
タイトル通りほのぼのした雰囲気で女性同士が愛し合う様子を主観的に楽しませます。

今回は69ルートを聴いてのレビューをお送りします。
大好きな先輩と夢の世界で
後輩に催眠をかけられクンニされるお話。

「先輩 ようこそ私の部屋へ」
後輩は明るくて清楚な声の女の子。
主人公を自室へ招待しカモミールティーを淹れると
それを飲みながら学園祭で行われる演劇のシナリオを一緒に考えます。

本作品は同じ演劇部員で彼に恋心を抱いてる彼女が
80分ほどをかけて女体化催眠をかけたりあまあまなエッチをします。
「ほのぼの百合えっち」とあるようにM向けの要素は特に盛り込まず
年下の女性に愛されながら責められ絶頂する快感と幸福感を味わいます。

「先輩みたいに落ち着いた人になりたいなー なんて思いながら」
彼女は自分にないものを持ってる彼に対して憧れを抱いており
催眠、エッチいずれも男性の時と変わらず優しい態度で接します。
プレイ自体は割かし激しいですけど心身に過度な負担をかけるものではありません。
69ルートの場合は一緒にイキまくるシーンもあったりと甘さをとても大事にしてます。

ちなみに69ルートの他にハイパー鬼クンニルートというものもありまして
これらはエッチの中盤からどちらか片方を選択します。

催眠はおよそ35分間。
まずは彼女の部屋でカモミールティーを飲みながら演劇のシナリオを考えます。

「温かくて甘い飲み物をたくさん飲むと お腹から温まってきて いつの間にか とってもリラックスしてきますよね?」
そしてお茶に入れたミルクが混ざっていく様子をのんびり実況したり
飲んだ時の感覚を聴き手視点で伝えてリラックスさせます。
暗示を散りばめてるところを見るとサークルさんが予備催眠に位置づけられてるのかもしれません。
この何気ないシーンが催眠の終盤で重要な役割を果たします。

本格的な催眠が始まるのはその次から。
なかなか良い案が浮かばないので主人公を物語の主役(女の子)に置き換え
森の中をさまよう様子を描きながら心身をさらに脱力させます。

「微かな風に揺れる黒い木が 一本一本遠ざかり 薄い霧の中へ 背景と同化するように 白く霞んで消えていく」
事前に手足だけを軽く動かして筋肉をほぐし
それから暗い森の中を移動する様子に意識の力を弱める言葉を数多く盛り込みます。
ストーリー性のある催眠ですからあまり催眠っぽく感じないでしょうね。
脱力の後は体が温かくなる暗示を入れて主役になりきりやすくします。

一部のシーンで環境音が流れるのもポイント。
森の時は雨音、その少し後には暖炉の音が流れて別の癒しを与えます。
そしてこれは物語の世界に対する没入感の向上にも役立ちます。

終盤の10分間は百合エッチに向けた準備。
森から街中へと舞台を移し、そこにあるバス停で後輩と雨宿りしながら冷えた体を温め合います。
丁度挿し絵に描かれてるシーンですね。

「雨で乱れたセミロングの髪から落ちていく雫が その水滴を弾くまつ毛」
そしてここではイチャイチャする中に主人公が女性になったことを実感させる描写がいくつも出てきます。
本作品の女体化は結構特殊でして、体を変えるとか変身させるといったことは特にやりません。
劇のシナリオをなぞりながら主役の女の子へ感覚を近づけ
それからこのシーンで女体化を定着させる流れで進めます。

販売ページに「どちらかというと女体化なれしている人向け」と書かれてる通り
女体化催眠の経験がそれなりにある人を想定したアプローチになってます。

作品のストーリーを追いながら落したり女体化する流れのある催眠です。
聴き手を後輩好みの女性に変えることを目的に
カモミールティーを飲む様子を通じて軽くリラックスさせてから体の脱力へと繋ぎ
さらに劇の主役が森を歩く様子→彼女とバス停で雨宿りする様子と進めます。

直前でやや人を選ぶみたいなことを書きましたが催眠自体はレベルが高くてあっさり入れます。
イメージと暗示の絡め具合が絶妙で、情景が頭の中に自然と浮かんできました。
女体化については「気がついたらなってた」みたいなやつです。
女性に変化したことを明言するのではなく、ほのめかすことで実感できるようにします。
夢の中でエッチする設定だからこういう風にしたのかもしれませんね。
大事な部分を集中攻撃
69ルートのエッチシーンは3パート40分間。
プレイはキス、クンニ、クリ舐め、69です。

おまんこを開く際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「私 先輩ともっと繋がりたいなぁ」
催眠を使って主人公をやや年上の女性に変えた後輩は
自分の気持ちを軽く伝えてから甘いキスをします。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の「02えっちパート」は百合っぽさを出しつつ気持ちを高めるパート(約22分)。
キスから始まりクンニ→クリ舐めと主に口を使って気持ちよくします。
ちなみにここと次の「03鬼クンニ」は共通で、その後から69ルートとハイパー鬼クンニルートに分岐します。

「先輩もやっぱりオナニーしてるんですね 私もよく 先輩を想いながらしてます」
「舌がぬるぬるとあそこに伝うと 火照りが熱くなって かーっと快感が上がって 舐められ続けると どんどんそれが大きくなるんです」

エッチに入っても後輩の態度は引き続きあまあま。
大好きな先輩とこういう関係になれたことを素直に喜び
ご奉仕しながら体の熱が高まる暗示を入れて舐められてる感覚を伝えます。

本作品のエッチは暗示を入れる時とそうでない時をはっきり分けてまして
基本的にはちゅぱ音を鳴らしながら一心不乱に舐め、要所でカウントを織り交ぜた暗示を重点的に入れます。
両方を小まめに切り替えて中途半端なプレイになるのを避けたのでしょう。
催眠音声の中ではちゅぱ音の量が比較的多く、純粋なエロさもなかなかのものです。

続く2パート18分間はクンニに特化したプレイ。
「03鬼クンニ」は名前の通り時間いっぱいクンニを続け
軽い再深化を挟んだ後の「05シックスナインルート」はお互いに責め合って絶頂回数を競います。

「腰がビクンとして エッチですよ」
そしてここからはちゅぱ音の割合が今まで以上に増え
舐め、吸い、啜りを小まめに変えながらおまんこを美味しそうに味わいます。
緩さを出すためだと思うのですが、カウントを数えて追い込むといった明確な絶頂シーンはありません。
時間内に好きなタイミングで何度でもイけるように設計されてます。

私が実際に聴いた時はいずれも1回のドライを迎えることができました。
事前にしっかり準備をしてくれたおかげで、暗示をそこまで入れなくても体が勝手に熱くなります。
あとは百合特有の甘く温かい雰囲気も心地良いです。
69では後輩が軽く喘ぎ声も漏らしますし、このエッチを純粋に楽しんでるのが伝わってきます。

このように、好きな人の大事なところを丁寧に責める愛のこもったエッチが繰り広げられてます。
ライト路線の百合作品
現実世界の女性カップルもやってそうなプレイを疑似体験させてくれる作品です。

後輩は十分以上の好意を寄せてる主人公とさらに仲良くなろうと
催眠を通じて彼を女性に変えつつ夢の中へ案内し
そこで恋人とほぼ同じ距離感でキスやクンニを続けます。

清楚で可憐な女の子と百合エッチを楽しむあまあまラブラブなシチュ
彼らが考えた演劇のシナリオに沿って催眠状態を深めたり女体化する個性的な催眠
ちゅぱ音をできるだけ多く盛り込み、大事なところで暗示を入れてバランスを取るメリハリのあるエッチ。
女体化作品でよくやるハード路線とは明らかに違う方向に仕上げてます。

特に催眠は漸進的弛緩法や沈黙法といった古典系の技術を盛り込みつつ
森を歩く時は心細さを感じさせ、逆に暖炉で温まる時に安心感を与えるといった具合に
作品固有のイメージを使って感覚を操作して演劇の世界に引き込みます。
雨音と暖炉の音も相まって没入感が得やすく、その結果主人公と自分を重ね合わせやすくなってます。
女体化の際に性差を感じさせる描写がありませんから、女性声に抵抗がなければ女性でも聴けると思います。

それに対してエッチは暗示の量を必要最低限まで削り
後輩が唇やおまんこを舐めてる様子をできるだけ長く、そしてエロくお届けします。
催眠要素は薄くなってますけどきっちりカバーしてますから別段問題は感じません。
彼女に愛されてる気分にも浸りやすく幸せなドライを迎えられるでしょう。

69ルートの絶頂シーンは一応2回。
ちゅぱ音それなり、淫語・くちゅ音・喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:42:27(69ルート…1:25:21 ハイパー鬼クンニルート…1:32:03)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月23日まで25%OFFの810円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

↑このページのトップヘ