同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ドライ

   ● おねえちゃんのローション乳首オナニーサポート
   ● 【TS催眠】ふたなり催眠リフレ~メスイキと射精のダブル絶頂~(バイノーラル収録)
   ● TS(Slide)
   ● 【TS奴隷化・強制連続絶頂催眠】2019年性転換の旅
   ● ゼロから始める乳首開発!『実践』本当に気持ちいいチクニ―【バイノーラル&ハイレゾ】
   ● 姉妹の精神的キメセク催眠 倒錯的特殊性交事情 -ザッピングシステム搭載- (4ルート重複無し約3時間)(後編)
   ● 姉妹の精神的キメセク催眠 倒錯的特殊性交事情 -ザッピングシステム搭載- (4ルート重複無し約3時間)(前編)
   ● わらび餅化催眠
   ● 【ASMR×催眠音声】脳イキ妖狐~悦楽至極の脳耳絶頂~
   ● 強制女体化魔法少女ちのう☆ていか~おちんちんと脳みそをふたなり魔法少女に奪われてアホアホギャルビッチな女の子にされちゃう催眠~


おねえちゃんのローション乳首オナニーサポート

サークル「チューン」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
親切丁寧なオナサポで弟に乳首の快感を教えます。

最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる尖った作りが魅力で
前半はシャツ越しに、後半はローションをつけて直にとスタイルを変えながら
色んないじり方を指示しつつ小まめに合図を出してゆっくりじっくり気持ちよくします。

視聴時にはローションをご用意ください(一応無しでも可)。
お姉ちゃんの気持ちいいプレゼント
おねえちゃんの言うことに従って乳首オナニーするお話。

「お疲れ様 今日も1日頑張ったね」
おねえちゃんは甘く穏やかな声のお姉さん。
ある日の夜、うまく寝付けない彼を気持ちよくしようと
乳首オナニーのやり方を手取り足取り教えます。

本作品は男性の隠れた性感帯にあたる乳首を開発するために
彼女が80分ほどを使ってそれに沿った独特なオナサポをします。
彼が乳首の快感にまったく目覚めてない状況を踏まえて
いじり方はもちろん、小まめに合図を出してそのタイミングも丁寧に教えます。

「くるくるくるくる 乳輪くるくる」
胸を揉む時は「もみもみ」、乳輪を撫でる時は「くるくる」とプレイによってセリフを変え
さらにこれらを数分単位で切り替えて色んな刺激を与えます。
文字通り完全サポート体制を取ってますから、彼女の言う通りにするだけで少しずつ気持ちよくなるでしょう。
プレイ時間も60分強と長く、絶頂に向けて一歩ずつ着実に進めます。

作中でおちんちんに触れるシーンは一切ありませんから絶頂形式はドライです。
勃起したとしても敢えてスルーし乳首の快感だけを追求します。
チューンさんは元々乳首オナサポを専門に制作されてるサークルさんですから
得意な部分をひたすら磨き上げて新しい快感の扉を開くお手伝いをします。

タイトルにもなってるローションはエッチの後半から登場します。
その途中に触手責めされるイメージを取り入れるなど
通常のオナサポ作品とはやや違う部分も持ってます。
詳しくは後で説明しますが、催眠音声の視聴経験がある人のほうがやりやすいです。

「やり方がわからない? うんうん おねえちゃんが ちゃーんと教えてあげる」
これらを行うおねえちゃんはイメージ通りの女性。
彼が少しでも気持ちよくなれるよう親身になってお世話します。
エッチの内容はややMですけどこちらを見下すことはまったくありません。
丁寧な指示を出しつつ励ますセリフを投げかけて心も上手に責めます。
秋野かえでさんの慈愛に満ちた声も相まって雰囲気はとてつもなく甘いです。

一番最初の「2_リラックスパート」は下準備(約11分)。
軽いやり取りの後にTシャツとパンツだけの格好になり
とあるイメージをしたり大きく深呼吸して心身を一旦リセットします。
ちなみにここの2分44秒までは「1_導入」パートと内容が一緒です。

「おねえちゃんの言う通りに ちゃーんとできて えらいね」
そして彼女は早速お姉ちゃんらしい優しさを見せます。
やり方をわかりやすく教えてからカウントを数えてタイミングを指示し
無事できたら思い切り褒めて自分の言葉を受け入れやすい環境を整えます。

人によっては催眠音声に似てると感じるかもしれませんね。
過去に催眠音声を作ったことがあるサークルさんだからでしょうけど
作品内の色んなシーンに催眠っぽい要素を盛り込んでます。
じっくり焦らして感度増強
エッチシーンは2パート64分間。
プレイは胸を揉む、乳輪/乳首オナニー、ローションを使った乳首オナニー、触手に責められてるイメージです。
エッチな効果音はありません。

「まずは Tシャツの上から触ってみようね」
イメージと深呼吸で乳首オナニーできる環境を整えたおねえちゃんは
ひとまず服は脱がさずシャツの上から胸、乳輪、乳首をいじるように言います。

エッチは終始彼女に言われた通りいじります。
前半の「3_シャツの上からの乳首オナニー」は感度上昇がメイン(約29分)。
胸全体を揉むところから始まり乳輪周辺を撫でる、円を描くように乳輪を触る
乳首を色んな手段で刺激する、といった具合に少しずつ中心へ近づけます。

「自分の指が 羽になったみたいに 優しくゆっくり触れてね」
本作品の絶頂シーンは1回だけなのでこのパートは非常に緩く進めます。
どのプレイも右→左→両方の順に2分くらいの間隔でいじり続け
その最中は彼女が小まめに合図を出してペースも指示します。

開始から15分くらい経たないと乳首をいじる許可が出ませんから
その間はたぶんくすぐったい感覚のほうが強いと思います。
そして適度に焦らしたからこそ、乳首に触れた時の快感がより強く実感できます。

乳首オナニーは乳頭を指先で触れる、優しく擦る、小刻みにつつく
二本の指で挟み摘む、とこちらも種類が豊富です。
初心者向けだからでしょうけど爪で引っ掻いたりつねる動作はありませんでした。
「ピリッ ジーン」みたいな複数の快感が味わえて結構気持ちよかったです。

続く「4_ローション乳首オナニー」はいよいよ売りであるローションオナニーが登場します(約35分)。
シャツを脱いでから冷たく感じないよう手に垂らして人肌で温め
それから前のパートの後半でやった乳首オナニーをおさらいします。

やってる事はほぼ一緒ですが、シャツ越しと地肌の違いがある程度快感にも影響します。
具体的にはローションのほうが摩擦は弱いけど熱が高い感じです。
一長一短なのでどちらが好きかは人によって違うんじゃないかなと。

しかしパート後半から登場する触手プレイはローションとの相性が抜群です。
歯ブラシのような形状で催淫効果のある触手に責められる様子をイメージしながら乳首オナニーに耽ります。

「ぬめぬめの触手が つんつんっと 右の乳首を刺激してくる あぁ やっと待ち望んでいた刺激に エッチなあなたの体は ピクピクと反応してしまう」
そしてこれの開始に合わせて彼女のセリフも大幅に変わります。
やることを教えてから合図を出す従来のやり方を完全に捨て
聴き手視点でプレイの様子をわかりやすく実況しながら気持ちよくなる暗示を入れます。
ペースは大まかに指示していじり方だけ説明する比較的緩いスタイルです。

これが前項の最後に言った催眠っぽい要素にあたります。
催眠誘導をしてないので暗示の効果が出るかどうかは微妙なところですが
ローションを使ってる状況を活かしてるのも事実です。
そしてこれは今まで弱めだった「心への責め」を強化するのに役立ってます。
欲を言うなら専用の効果音を鳴らしたほうがよりエロくなったし臨場感も出たかなと。

たぶん経験者なら女体化モノの催眠音声に似てると感じるはずです。
本作品の最終目的地であるドライオーガズムとの相性が良いですし
サークルさん自身の経験も考慮してこういうプレイを取り入れたのでしょう。
絶頂時には追い込み暗示を多めに入れてくれます。

このように、乳首だけを責めつつ催眠の要素も取り入れた独特なエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
乳首未開発者や開発途中の人をメインターゲットにしてる作品です。

おねえちゃんは主人公に乳首の快感を知ってもらおうと
お姉ちゃんらしいあまあまな声と態度できめ細かなリードをします。
そして前半はシャツ越しに焦らし重視で、後半はローションを使ってねっとりと、と
スタイルを大きく変えながら絶頂できる環境を整えます。

優しいお姉ちゃんが乳首オナニーのやり方を丁寧に教える甘いシチュ
最初から最後まで乳首とその周辺だけをいじる特化型の作り
ローションと触手に責められるイメージを組み合わせて盛り上げる催眠要素を含んだエッチ。
テーマだけでなくそのやり方も趣向を凝らした作品に仕上がってます。

中でも3番目は本気でドライさせる意思を持った責め方をしてて印象的でした。
ドライは主に催眠音声で登場する絶頂形式ですから
催眠抜きでそれを成し遂げるのは相当に困難です。
それを見据えてエッチの後半から暗示を入れたりイメージを活用する工夫をしてます。

ドライ自体が簡単に迎えられるものではないので
この作品を1回聴いてそうなるかと言われれば私は首を捻ります。
ですが元々の目的は乳首開発であり、ドライはあくまで挑戦要素に過ぎません。
乳首開発はしっかりやってますから問題ないと思います。

経験者視点でこの作品を見るともう少し刺激が欲しいです。
準備を長くしてあるのといじり方が比較的ソフトなのが影響してます。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:秋野かえでさん
総時間 1:21:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月30日まで30%OFFの770円で販売されてます。

【TS催眠】ふたなり催眠リフレ~メスイキと射精のダブル絶頂~(バイノーラル収録)

サークル「ゆうとぴゅあ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて面倒見のいい風俗嬢が
恥ずかしがり屋な男性を変わったサービスで気持ちよくします。

男女両方の快感や絶頂を味わえるエッチをするのが特徴で
乳首→おまんこ→おちんちんとパートごとに気持ちよくなる部位を変えながら
エッチな声や音を積極的に鳴らしてドライとウェットへ導きます。
ふたなりで男女の快感を
お姉さんに催眠をかけられ3種類のエッチをするお話。

「あら いらっしゃい ふふっ どうしたの?」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
自分のところに来た主人公を迎え入れベッドに座らせると
彼が緊張してるのに気づき抱きしめてあげます。

本作品は催眠をかけて気持ちよくする風俗店を舞台に
そこの店員をしてる彼女が110分程度に渡る独特なサービスをします。
催眠12分、エッチ77分と後者にとても力を入れており
それにあたって男女両方の性感帯を個別に、あるいは同時に責め続けます。

「どっからどう見ても女の子 でも おちんちんは そのまま」
それを成立させる鍵がふたなり化
基本的には女体化と同じ手順で進め、そのうえでおちんちんだけは残します。
そしてエッチの中盤に入るとおちんちんとおまんこを両方責めるシーンが登場します。

乳首だけをいじるパートもありますから
通常の女体化作品に多少のひねりを加えたあたりに留まってます。
プレイ自体もノーマルなものが多く、彼を楽しませることを一番の目的にしてます。

催眠はおよそ12分間。
ベッドに横になり深呼吸しながら両腕を上げたり下ろす動作を繰り返してから
目を閉じて彼女が言ったことをイメージします。

「想像して? あなたの思う女の子の色は何? その色を強く思い描くの」
「女の子の体が 出来上がっていく 長くて 綺麗な髪の毛」

イメージの内容は自分が思い描く女性像をまず色に例え
その後カウントに合わせて具体的な容姿を鮮明にしていきます。
大まかな特徴しか言いませんから聴き手の自由にイメージしていいのでしょう。
それでいておちんちんをしっかり残してるあたりが本作品らしいです。

お次は心や感覚をふたなりに近づけていきます。
先ほどと同じくカウントに合わせて感覚をおっぱいに集め
さらに胸を直接いじってその変化を確かめます。

「神経がおっぱいに集まる どんどん気持ちよくなる」
やってることは作品のテーマに合ってると思うのですが
女体化の前段階にあたるリラックスや深化をほとんどしないおかげで
少なくとも私が聴いた時はいまいち実感できませんでした。

女体化は催眠音声の中でも一際催眠が重要になるジャンルですし
もっと時間と内容を充実させたほうが良かったのではないかなと。
エッチに力を入れてる一方で、それを下から支える催眠が弱くなってます。

「女体化誘導をする作品でこれ以上短いものはない」と言えるくらいコンパクトな催眠です。
聴き手をふたなり女子に変えることを目的に
軽くリラックスさせてからカウントを交えた女体化、そして同じやり方で心の女性化と
エッチに向けた準備だけを見据えて一直線に進みます。

女体化部分についてはそれほど悪くないと思います。
女性像を色に例えるところは意図がよくわかりませんけど
具体的な描写を避けて聴き手の自由に任せてるのは良いですし
最後にエッチの序盤でいじる乳首の感度を上げるのも理に適ってます。

ただし、これらはある程度の催眠状態に入って初めて成り立つものですから
その前提が崩れてしまうと作品全体に悪影響が出てきます。
もっと時間を用意して慎重に誘導したほうが良かったのではないかなと。
色んな性感帯をじっくりと
エッチシーンは3パート77分間。
プレイは乳首オナニー、乳首責め、首筋舐め、耳舐め、手コキ、玉揉み、フェラ、クンニ、SEX(騎乗位)、キスです。

服を脱ぐ、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
04パートの序盤に服を脱ぐ指示が出ます。

「それじゃあ お姉さんが気持ちよくなれるおっぱいの触り方 教えてあげる」
催眠を使って主人公を可愛いふたなりに変えたお姉さんは
ひとまず胸と乳首に絞って1回目のドライ絶頂へ導きます。

エッチは終始彼女が責めたりリードします。
一番最初の「03乳首ドライ」は名前の通り乳首に特化したプレイ(約29分)。
乳房を自分でいじるところから始まり、少し経つと色んな手段で乳首を刺激します。

「今度は乳首をつまみ上げたまま くりくりってしてみましょうか」
このパートはオナサポ色が強く、彼女が数分単位でいじり方を変える指示を出します。
乳輪を撫でる、乳首を指先で優しく叩く、人差し指と親指でつまんでこねるなど
後になるほど快感が強くなるよう丁寧に進めます。

また後半からは彼女が乳首、首筋、耳を舐めるため純粋なエロさも上がります。
この後の2パートも含めて本作品は催眠音声では珍しくエロ要素が充実してます。
催眠と呼べる要素は絶頂時にカウントと並行して追い込み暗示を入れる程度です。

次の「04おま○こ絶頂」は下半身がメイン(約25分)。
引き続き乳首を舐めて気持ちを盛り上げてから手コキを加え
さらにおちんちん→金玉→おまんこと移動し男女両方の快感を与えます。

「おまんこがビクビクしてる 体が反応しちゃってるみたいね」
お店でするサービスなので彼女の態度は常に穏やか。
ちゅぱ音と効果音を鳴らしながら彼の反応を観察して嬉しそうな表情を見せます。
暗示を使って感覚をコントロールすることがないのは残念ですが
テーマの「ふたなり化」に沿ったプレイをしてるのは事実です。

最後の「05ペニス絶頂」でするのはSEX(約23分)。
彼女のおまんこに挿入したうえで特殊な手段を使い彼のおまんこも同時に気持ちよくします。

「入ってくるたびに おまんこの奥が かき分けられてるみたいで…んっ あぁっ」
お互いに責め合うプレイということで喘ぎ声を多めに盛り込み
彼女の乱れっぷりも描写してSEXしてる雰囲気を出します。
終盤にはこれまで一切やらなかったキスを解禁するなど
お客と店員よりも恋人っぽさを出して一緒の絶頂を目指します。

催眠特有の快感は特に得られませんでしたが
エロさは高めなのでオナニーのオカズになら役立ちそうです。

このように、男女両方の性感帯に着目した甘めのエッチが繰り広げられてます。
着眼点は面白いのだが
どちらかと言うと催眠よりエッチに魅力を持ってる作品です。

お姉さんは風俗店を訪れた主人公に気持ちいいひと時を提供しようと
まずは手短な催眠をかけて男女両方の特徴を持った体に変えます。
そしてエッチは乳首、おまんこ、おちんちんを重点的に責めて何度も絶頂させます。

優しいお姉さんがふたなり化をテーマにしたサービスをするややM向けのシチュ
乳首を多めに責めながらドライとウェット両方を目指すエッチ。
性別を敢えて混在させて充実したエッチが楽しめるよう作品を組み立ててます。

催眠音声で女体化をする作品は結構ありますがふたなり化はまだまだ少ないです。
そこに着目したところは素晴らしいと思います。
ドライの回数を多めにする一方で射精を1回にしたのも最後まで楽しんでもらうための配慮でしょう。

しかし催眠音声は催眠を使っていかに聴き手を楽しませるかが重要になります。
その観点からいくと「厳しい」というのが率直な感想です。
催眠誘導の時間が極端に短く深化や女体化を実感しにくいこと
エッチシーンの暗示が少なく、催眠に入れたとしてもそれを維持しにくいのが主な理由です。

前作「【催眠音声】ヒプノ耳かきリフレ(全バイノーラル、ASMR) 」もエッチ重視でしたが
それでもここまで偏った構成ではなかったです。
ゆうとぴゅあさんは今回が催眠音声2作目でまだサークルの威光が定着してませんから
大手のサークルさん以上に手厚く催眠をかけたほうが安定します。

絶頂シーンはドライ5回、ウェット1回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもそれなりです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:葉月ゆうさん
総時間 1:51:44

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

LLsize memorandumさんで公開されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてミステリアスな女の子が
催眠を使って自分の世界へ案内し、そこで気持ちいいオナニーを疑似体験させます。

時間、内容いずれも催眠にとても力を入れてるのが特徴で
本編のおよそ76%も割いてリラックス、深化、女体化をゆっくり丁寧に行います。
滑り台に乗って意識だけの存在に
女の子に女体化催眠をかけられ軽くオナニーするお話。

「こんにちは。私は今、催眠術の勉強をしています」
女の子は可憐な声の女の子。
自己紹介は省略し催眠術の勉強をしてることを告げると
主人公を相手にその成果を試させて欲しいと言います。

本作品は女性になりきって性的快感を味わうことを目的に
彼女が80分ほどをかけてそれに沿ったエッチな催眠を施します。
催眠62分、エッチ8分と前者にとても力を入れており
催眠の世界にどっぷり浸かる心地よさや、普段と違う自分になった気分を実感しやすくなってます。


女体化に入る前のシーンも結構入念ですから
催眠音声を最近聴き始めた人がその練習をするのにいいです。
もちろん女体化作品なのでそこはクリアして女体化に挑戦する人にも向いてます。
それに対してエッチは女性になったことを確認するあたりの位置づけです。

催眠は4パート62分間。
ベッドやソファに仰向けになり、目を開けたまま6分くらいじっくり深呼吸します。
そして次のパートは全身を脱力しながら彼女の言葉を聴いて深い催眠に入ります。

「深呼吸にはリラックス効果があります。そしてこのリラックスが、すんなりと催眠へ入るためにとても有効なものとなるのです」
時間に余裕があるからでしょうけど、どのパートも進め方がのんびりしており
深呼吸する際には指示を出すだけでなく、その効能を伝えて安心感を与えます。

目を開けながら呼吸を繰り返すおかげで後になるほど瞼が重くなるでしょう。
そして脱力の前に閉じる許可が出た時は気持ちいい感覚が全身に広がるはずです。
こんな風にリラックスを入念に行って催眠に入りやすい環境を整えます。

「手首の力が抜ける、肘の力も抜ける、二の腕、肩の力もどんどん抜けていく。力が抜けていくと腕の感覚が無くなっていく。感覚が消えていく」
次の脱力は両腕、両足、胴体、頭部と全身を大まかなパーツに分け
末端から中枢に脱力感を伝播させる形で「力が抜ける」「動かない」と丁寧に入れます。
「重い」とは言わないので重さよりもうまく力が入らない感覚がしました。
頭の時は「ぼ~っと」を多めに言うなど、聴き手に伝えたい感覚に合わせた暗示表現を心がけてます。

催眠にある程度入った後は彼女の世界を冒険します。
霧のかかった場所を2人で一緒に進み、そこにある滑り台を下りて心と体を分離させます。
そして到着後は彼女の体と融合して自分が望む女性の姿になります。
ここから音声終了まではイメージ主体で進めます。

「景色が消える。頬を額を頭を、そして意識を風が切る。成すがまま身を委ねる。気持ちいい、下りていくのが気持ちいい、落ちていくのが気持ちいい、気持ちいい」
「この声が気持ちいい...、この声と混ざり合うのが気持ちいい...、コーヒーとミルクみたいに混ざり合うのが気持ちいい...」

タイトルの「TS(Slide)」はおそらくこのシーンから命名したのでしょう。
普段よりも少しだけ早いペースで話しかけて下りていく雰囲気を出してます。
最深部に到着した後は女の子をコーヒー、主人公をミルクに見立てて融合させるなど
我々が見たことのあるものを通じて意識のぼやけや女性になった気分を膨らませます。

催眠をじっくり深めてから女体化に進む堅実な催眠です。
聴き手の心だけを女の子の体へ移すことを目的に
深呼吸から入って凝視法、分割弛緩法、滑り台のイメージを使った深化
そして登場人物をコーヒーとミルクに見立てた女体化、その確認と一歩ずつ丁寧に進めます。

時間に対してやることの種類が少ないおかげでどのシーンものんびりしており
脱力感や意識のぼやけをそれなりに強く実感できます。
中盤以降はイメージ力が重要になるためやや人を選ぶかもしれません。
女体化は具体的な描写を避けて自由にイメージしやすくしています。
女性になった自分を確かめるエッチ
エッチシーンは8分間。
プレイは指オナニー、バイブオナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは一応ありです。

「そんなエッチなことを考えていると、そこがちょっと湿ってきて、そしてだんだんジンジンしてくる」
長めの催眠を通じて主人公を立派な女性に変えた女の子は
パンツの上からクリトリスをいじる様子を主観視点で実況します。

エッチは彼女と触れ合ったりせずひたすらおまんこを慰めます。
内容は最初に指でクリトリス、少し経つとバイブで膣を責めるようになり
その様子を暗示を絡めて綿密に語ってドライへ導きます。

実際にいじる指示は出ないので、セルフ有りですが触らずイメージで補完したほうがいいと思います。
女体化催眠で体に直接触れるとその瞬間に催眠が解ける可能性があるからです。

「私のアソコを押し広げ 膣の内側を擦りあげながらゆっくり奥へ奥へと侵入してくる。快感を伴い自分の中に入ってくるそれをリアルに感じることができる」
時間は短いですけど内容は割と濃いです。
おまんこにバイブが入ってくる時の異物感と快感を同時に与え
さらに絶頂シーンを2回用意し射精との違いをはっきり出してます。

ドライ慣れしてる人でもなければ時間内に絶頂するのは厳しそうですけど
やってる事は割としっかりしてると思います。
私が聴いた時は盛り上がってきたあたりで終了しました。

このように、短くシンプルにまとめたドライ系のエッチが繰り広げられてます。
催眠重視の作品
エッチよりも催眠や女体化を楽しむことを見据えてる作品です。

女の子は主人公を自分の世界に招待し気持ちよくしようと
まずは深呼吸や脱力で暗示を受け入れやすい状態を作ります。
そして到着後は滑り台に乗ったり心を融合させて理想の女性像に近づけます。

可愛い女の子が催眠を使って女性の快感を疑似体験させる王道のシチュ
本編の大部分を使って深化と女体化をじっくり進める入念な催眠
短いながらも緻密なアプローチでドライへ導こうとするエッチ。
催眠音声の肝である催眠に最も力を入れて作品を組み立ててます。

エッチがここまで短いのはもったいない気もしますが
それ以外は概ねまとまってると私は思います。
レビューで触れてない部分も小技を絡めてよりスムーズに進めようとする工夫が見られます。
女体化催眠は他のジャンルより難度が高いので、その練習をするために聴くのが最も有効かなと。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

おまけは後日談です。

CV:綾瀬桂吾さん
総時間 1:29:03(本編…1:21:30 おまけ…7:33)

LLsize memorandum
http://ayacell.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

追記
パスワードがわからない方は以下の記事をご覧ください。
13番目のコメントにヒントが書いてあります。
http://doonroom.blog.jp/archives/60646495.html#comments

【TS奴隷化・強制連続絶頂催眠】2019年性転換の旅

サークル「おかしのみみおか」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、地球に住めなくなりつつある未来の世界を舞台に
女性型AIと未知の惑星を探索する様子を気持ちよく疑似体験します。

惑星探索に適応した体に作り変える様子に技術を込めて女体化させたり
そこに住む猫耳の女の子や触手に責められドライ絶頂するなど
作品独自の要素を数多く盛り込んだストーリー性のあるサービスが楽しめます。
未開の惑星に住む生き物たちと
探査船ドーラのメインAI「ドーラ9000」に催眠をかけられ異星人とエッチするお話。

「長時間に渡るコールドスリープはいかがでしたか?」
ドーラ9000はやや幼さを感じる可愛い声の女の子。
長い眠りから目覚めた主人公に事情を説明すると
目的地である惑星ロザリアに到着したことを報告します。

本作品は地球からはるか遠くに住んでる生物とのエッチを疑似体験させることを目的に
80分ほどを使って催眠をかけたり独特なエッチをします。
今回探索する惑星ロザリア128Bは男性因子が破壊されており、男性の姿では行動できません。
そこで事前に女体化してから探索とエッチに臨む流れで進めます。
タイトルを見る限りでは「2001年宇宙の旅」を参考にしてるようです。

「滅亡寸前の地球に代わる テラフォーミング候補地の調査のため あなたを惑星ロザリア128Bへ 安全にご案内するのが私の使命です」
後半で遭遇する異星人など独自の設定が色々と用意されててドラマ性が強いです。
製品版にはおまけとして作中の用語解説をするファイルがついてます。
音声だけでもだいたいわかりますけど、事前に読んでおいたほうがよりイメージしやすくなるでしょう。

また作品への没入感を高めるために全編を通じて雰囲気に合った効果音が鳴ります。
例えば冒頭のドーラ9000と会話するシーンでは電子音が適度に鳴り
女体化シーンでは心音、惑星に降り立つ時は宇宙船の稼働音や風が吹き抜ける音と
状況に合った色んな音が盛り込まれてます。

音量がやや大きいですがずっと流れるわけではないので
リラックスや集中の妨げになることはありません。
現実世界では体験できない出来事だからこそリアリティを上げる工夫がされてます。

催眠はおよそ19分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸と深海に沈むイメージで心身をリラックスさせます。
そして繭のようなものに全身を包まれ、その温もりを感じながら催眠状態を深めます。

「自分が何者か 考えられなくなる 自分の形も 思い出せなくなる」
本作品の女体化は聴き手の存在を一度曖昧にしてから再構築する流れになっており
ここでは深呼吸しながら健忘の暗示を入れて心をリセットしようとします。
まだ催眠状態が浅い段階なので実際にそうなるかは人それぞれでしょうけど
目的を見据えたアプローチをしてるのは事実です。

ちなみに催眠開始後からドーラ9000の声が一気に低く大人びたものに変化します。
作中では明言されてませんが、この声はナレーターで彼女とは別の人物なのかもしれません。
ドーラ9000の声は割と甲高いのでこちらの声のほうが催眠に適してると思います。

「あなたの体に 繭がぴたりと張り付く 糸のぬくもりが あなたの肌に伝わってくる 染み込んでくる」
続く繭に包まれるシーンはそれから連想される温感を多めに伝えます。
同時にナノマシンを注入されてるらしいですが
それだといまいち実感しにくいので繭のイメージを使ってシンプルに行います。
この後のシーンも含めてできるだけわかりやすい描写に置き換えながら進めます。

準備ができた後はいよいよ本題の女体化に移ります。
カウントをゆっくり数えながらその都度体の変化を実況し
それから全身を鏡に写したり防護服を身に着けて惑星探索の準備を整えます。

「股間に 割れ目が生まれる 乳首が ぷくりと膨れていく」
「ボリュームのあるお尻 くびれた腰 そして 重量感のある大きなおっぱい」

およそ半分にあたる10分をこのシーンに割き
1カウントごとに手足、腰、爪、股間、胸、お尻、髪といった性差が出やすい部分を丁寧に描写します。
感覚についてはエッチで厚めに入れるため、ここでは見た目の変化にほぼ専念してました。
事後に女体化したことを再確認するなど細かな配慮もされてます。

これから始まる探索やエッチに向けた環境作りを見据えた流れのあるエッチです。
聴き手を自分が理想とする女性へ作り変えることを目的に
深呼吸から入って繭に包まれてるイメージを用いた深化、カウントを交えた女体化、そして確認と
できるだけ時間を切り詰めてほぼ一直線に進めます。

リラックスと深化が10分弱しかないので中上級者向けの内容だと思うのですが
女体化は結構しっかりしてるし作品独自の要素も盛り込んであって世界観に合ってます。
効果音も相まって聴けば聴くほどこの世界に引き込まれていくように感じました。
脱力感や意識のぼやけよりも熱中してる感覚のほうが強かったです。
異星人とする特殊なエッチ
エッチシーンは3パート30分間。
プレイは乳舐め、手マン、触手責め、○○です。

服を脱がす、手マン、触手責め、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「女の子が あなたの腰のあたりを押しつけて 馬乗りになる」
惑星ロザリアの探索中に猫耳の女の子に捕まった主人公は
その中の1人に衣服を破られ大きくなったおっぱいを強めに吸われます。

エッチは女の子や触手型の生物に責められ続けます。
一番最初の「02プレイパート1」はレズっぽいプレイ(約19分)。
乳舐めから始まって媚薬効果のあるゼリーをおまんこに塗られ
さらに指で中を責められ最初のドライ絶頂を迎えます。

「胸元から 逆らいようのない快楽が 暴力的に湧き上がる」
猫耳の女の子は言語が通じないため何かを話すことは一切ありません。
その代わり匂いを嗅ぐような鼻息を漏らしたり、おっぱいを舐めてる時はやや下品なちゅぱ音を鳴らします。
そしてナレーターと思しきトーンの低い女性がその様子を実況しつつ気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。

相手が人間とほぼ同じ容姿をしてるので結構スタンダードな内容です。
ただそれだと異星人っぽさが出ないから媚薬を使ったり
ボディランゲージでこちらの気持ちを伝える描写を盛り込んでます。

エッチ全体で言える大きな特徴は絶頂シーンの追い込みに力を入れてること。
このパートはカウントに合わせて絶頂指示が出るのですが
そこからおよそ2分間も異なる描写の暗示を入れてくれます。

回数を増やすのではなく、1回の絶頂をより長く深く味わわせることを目指してます。
タイトルの「強制連続絶頂」はたぶんこれを意味してるのでしょう。

続く2パート11分間は打って変わってややアブノーマルなプレイ。
「03プレイパート2」は触手型生物がおまんこに入り込んで精液をたっぷり注ぎ込み
「04エクストラトラック」はその後主人公が初めての快感を味わいます。
エクストラトラックはオプション扱いで無理に聴く必要はありません。

「柔らかな膣のヒダを ぬるぬるした太い生き物がのたうち回って刺激する」
そしてここでは異星人とのエッチから連想されるヤバさとハードさを強調しながら進めます。
催眠音声なのでグロい描写はほとんど出てきませんが
異物が大事な部分に入り内側から刺激される感覚を生々しく伝えます。
触手の射精が始まってから絶頂シーン終了まで3分ほどあったりと
Mな人のほうが喜ぶアプローチがされてて結構気持ちよかったです。

最後のエクストラトラックで具体的に何をするかは聴いてのお楽しみとさせてください。
性的快感よりも女性だからこそ味わえる喜びに焦点を当てたプレイを行います。

このように、パートナーによってやることを大きく変える比較的ハードなエッチが繰り広げられてます。
SF催眠ボイスドラマ
ストーリー性を持たせて催眠とエッチをするM向け作品です。

ドーラ9000は主人公の惑星探索を無事成功させるために
まずは催眠を通じて彼をそれに適した女性の体に変えます。
そしてエッチは異星人に捕まり2種類の生物に責められる様子を快感重視でお届けします。

惑星探索に赴きそこで異星人とエッチする非現実的なシチュ
リラックス、深化、女体化に作品独自の要素を盛り込んだテーマに合ってる催眠
おっぱいとおまんこを異星人たちにひたすら責められ続け長めに絶頂するドライ系のエッチ。
聴き手が作品にのめり込みながら気持ちよくなれるようにひとつの大きな流れを作って進めます。

中でもエッチは個性を出しつつ聞きやすくする工夫もされてて良いです。
猫耳の女の子とのエッチに最も長い時間を割いてることや
プレイ中に感度を上げたり快感を膨らませる暗示を厚めに入れるのが影響してます。
そして異星人相手なのにレズプレイじゃ物足りないだろうからと
2番目以降は触手にバトンタッチして比較的ハードに責め続けます。

あとは前項でも触れた絶頂シーンの長さがすごく印象的でした。
カウントを数えながら追い込み暗示を入れるところは他の女体化作品と一緒ですが
0を宣言した後にさらなる暗示をこれでもか、というくらい叩き込む面白い責め方をしてます。
そしてこれは人間ではなく異星人とエッチしてることを表現するのにも役立ってます。

絶頂シーンは3回。
淫語とちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

ある程度催眠慣れしてるMな人におすすめします。

CV:秋山はるるさん
総時間 1:17:06

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

ゼロから始める乳首開発!『実践』本当に気持ちいいチクニ―【バイノーラル&ハイレゾ】

サークル「空心菜館」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて恥ずかしがり屋な女の子が
親切丁寧なオナサポで男性の乳首開発を応援します。

おちんちんには指一本触れず、乳首だけで気持ちよくなる思い切った作りに加えて
序盤は純粋なリラックス、中盤はソフトな愛撫による感度強化を行うなど
乳首で十分気持ちよくなれる環境作りにも配慮した超初心者向けの乳首オナサポをします。

音声を聴く際に以下のものを用意しておくとはかどります(無しでも一応可)
シルク等の肌触りのいい布、ローション、ラップ
乳首絶頂に必要なものは
女の子の指示に従って乳首オナニーするお話。

「どうも こんにちは はじめまして」
しおりは可愛くて穏やかな声の女の子。
音声を聴く際の注意事項と準備物を説明すると
これからする乳首オナサポの大まかな流れを教えます。

本作品は男性の隠れた性感帯「乳首」を開発することを目的に
彼女が120分程度に渡って合計3種類のエッチなトレーニングをします。
乳首だけで絶頂する(=ドライオーガズム)を最終目標に据えてるため
作中でおちんちんをいじるシーンは一切なく、乳首で感じられるようじっくり丁寧にリードします。

「まずは焦らずに 環境づくりをきちんとやりましょうね」
乳首オナサポなのだから乳首をいじりまくるのかと思いきや
序盤から中盤にかけてはリラックスや感度上昇といった下準備を重点的に行います。
彼女によると乳首の快感は男性よりも女性のそれに近いらしく
いじる喜びを感じながら取り組んだほうが気持ちよくイけるそうです。

ただやり方を説明するだけでなく、その理由や効果も教えてくれますから
押しつけがましさを感じず音声と快感に集中できるでしょう。
「ゼロから始める」の名の通り、乳首オナニー未経験者でも楽しめる親切設計です。

「そこまで素直に脱がれると ちょっとドキドキしちゃいますね」
これらを行うしおりはSっ気をまったく感じない可憐な女の子。
乳首オナニー好きなのでリードはしっかり行い、その合間に恥じらう姿を適度に見せます。

オナサポ+乳首オナニーという組み合わせはどうしてもM向けになりがちなのですが
それを彼女キャラで中和しノーマルな人でも聴けるようにしてます。
終盤には一緒に乳首オナニーするなど、主人公との一体感を大事にしていて雰囲気は穏やかです。

一番最初の「【1】よりよい「チクニー」のための準備と環境づくり」は非エロパート(約26分)。
自己紹介、準備物の確認、快適に乳首オナニーできる環境を説明してから
腹式呼吸をゆっくりやったりぼーっとして心を一旦リセットします。

「今日はもうお風呂には入りましたか? 体をある程度温めることで 乳首の感度も当然上がります」
そして彼女は早速至るところで細かな気配りを見せます。
部屋の温度はこれくらいがいいとか、お風呂に入っておけばやりやすいといった直接関係ないことにも触れ
1人でも多くの聴き手が乳首オナニーを満喫できるようコツを伝授します。

その後に始まる深呼吸も息を吸う、止める、吐く合図をその都度出してくれます。
文字通り完全サポート仕様なので彼女の言うことを聴くだけで気持ちよくなれます。

またこのパートは一部で波の音も流れます。
川の音、風の音といった自然にまつわる音は誰でも癒しを感じる効果がありますし
聴く前と後では気分が随分違うことを実感できるでしょう。
ちなみにおまけで波の音だけが60分流れる音声も同梱されてます。
一歩ずつ着実に進むエッチ
エッチシーンは2パート76分間。
プレイは体の愛撫、乳首オナニー、しおりの乳首オナニーです。
服を脱ぐ、乳首オナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「今回はいよいよ あなたの体にも リラクゼーションを施していきましょう」
前のパートで乳首オナニーに没頭できる環境を整えたしおりは
いよいよ主人公に体を直接いじってもらい感度を少しずつ高めます。

エッチは彼女に言われた通りにオナニーします。
前半の「【2】リラクゼーション」でするのは全身愛撫(約35分)。
乳首とおちんちん以外で自分にとって感じる部位をソフトに撫で
それから手のひら、太もも、鼠径部、腰、腹、脇、肩と下から上に向けてひとつひとつ同様に行います。

「太ももを触る時は 満遍なく 全体を触ってみましょう 気持ちいいポイントを探す感覚でやってみてください」
彼女はまだ乳首で感じられる準備が整ってないと思ってるらしく
このパートで乳首に触れることは敢えて避け、その周辺を焦らすように刺激します。
「さわ さわ」という掛け声に合わせて体を撫でてるとなんだかくすぐったい感覚がしました。
でもある程度続けてると全身がぽかぽかしてきます。

性的快感は弱めですけど焦らされてる感じはあまりしません。
彼女が終始優しく、何のためにこれをするかもちゃんと教えてくれるのが大きいです。
おちんちんが大きくなったのを見て彼女が恥ずかしがるシーンを入れるなど
冷たさや堅苦しさを解消する要素を盛り込み心もケアします。

後半にあたる「【3】チクニー」はいよいよ本題の乳首オナニーが始まります(約41分)。
乳輪をいじるところから始まり指先で軽くつつく、少し弾く、擦る、複合責めといった具合に
後になるほど刺激を強めてドライオーガズムできる力を蓄えます。

ちなみにここでは乳首にローションを垂らしてから
その上にシルクを乗せていじる描写が出てきます。
道具がない、あるいは使うのが面倒な人はTシャツを着てするのがいいでしょう。
直にいじるよりも滑りが良くなるし、布の微かな摩擦が快感を増強してくれます。

「気持ちいいですか? まだまだ序の口ですよ」
彼女もこれまで結構焦らしてしまったと感じてるようで
このパートはほぼ時間いっぱい乳首オナニーに専念します。
いじり方によって「くにゅ くにゅ」「つん つん」「くりっ くりっ」と掛け声を変化させ
快感に慣れさせないよう数分間隔でこれらを切り替えます。
そしてやり方を一通り学んだ後は組み合わせてより複雑な快感を与えます。

実際にやってみたところ、乳首を指先でつつくところで大きめの快感が味わえました。
言葉にすると「ピリッ ジーン」といった感じで、いじった瞬間とその後で別の気持ちよさが襲ってきます。
その後も満足できる快感がありましたし、じっくり準備した甲斐があったと思います。

「くりっ くりっ んっ はぁ」
パートの中盤から彼女もオナニーを始めるのが良いですね。
熱い吐息と切ない喘ぎ声がオナサポで不足しがちなエロさを補います。
段階的にペースを上げる流れもドライに適してると言えます。
彼女が最初で言ったように、いじる喜びを感じながら体を気持ちよくするプレイが出来上がってます。

このように、それなりに焦らしてからがっつりいじる緩急をつけたエッチが繰り広げられてます。
新しい扉を開いてくれる作品
乳首未開発者はもちろん、開発済みの人も楽しめるトレーニング作品です。

しおりは乳首の快感をまったく知らない主人公にその魅力を教えようと
最初のパートは心のリラックス、次は体のリラックス&感度強化を行い準備を整えます。
そして最後は色んな手段で乳首をいじり続けて一緒の絶頂を目指します。

親切で恥ずかしがり屋な女の子が乳首オナニーのやり方を伝授するタイトル通りのシチュ
序盤から中盤は敢えて乳首に触れず、乳首で感じられる土台作りをする入念な作り
いじる時間を十分用意し複数のプレイを順にやったり組み合わせる重厚な乳首オナニー。
1回の絶頂に向けて意地悪さを極力を薄めた取り組みやすい作品に仕上がってます。

特に2番目は「急がば廻れ」と言いますか
逸る気持ちを抑えて乳首オナニーに集中できる状態まで持っていきます。
乳首をこれまで一度もいじったことのない人は勝手がわかりませんから
これくらい丁寧に教えたほうがやりやすいし乳首の魅力に目覚めやすいと思います。

思いっきり初心者向けの内容ですが開発済みの人でも普通に楽しめます。
1回目は通しで聴き、2回目以降は乳首オナニーパートだけ聴けばいいんじゃないかなと。
いじり方の種類が多く色んな快感が味わえます。
乳首オナニーの時間が40分以上もあれば十分でしょう。

この音声を聴いてドライを迎えられるかは何とも言えません。
個人的にはいきなりドライを目指すのではなく、おちんちんと一緒にいじったほうが
乳首の快感をより強く実感できると思います。
複数の性感帯を同時にいじると単体よりもずっと気持ちいいです。
ドライを目指すのはその後でも別に遅くないんじゃないかなと。

絶頂シーンは1回。
くちゅ音と吐息それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

おまけは波の音です。

CV:小石川うにさん
総時間 2:56:38(本編…1:56:38 おまけ…1:00:00)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月7日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

姉妹の精神的キメセク催眠 倒錯的特殊性交事情 -ザッピングシステム搭載- (4ルート重複無し約3時間)

姉妹の精神的キメセク催眠 倒錯的特殊性交事情 -ザッピングシステム搭載- (4ルート重複無し約3時間)(前編)」に引き続いての後編です。
今回は妹ルートと観察者催眠ルートを中心に紹介します。
姉妹の心と体をリンクさせて
後編のエッチシーンは2パート62分間。
プレイは姉のオナニー/フェラ/SEX(バック)、カウントによる絶頂、双頭ディルドSEX、キス、おちんちんオナニー、クンニです。

SEX、双頭ディルドSEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです(観察者ルートのみ)。
パートの序盤にパンツを脱ぐ指示が出ます。

「そこまでして姉が救いたかった妹とは どんな女性だったのか イメージを植え込み 学習していきましょう」
姉ルートと同じく催眠で主人公を物語の世界へ案内したナレーターは
このルートの主役にあたる妹がどんな人物かを丁寧に語ります。

エッチは引き続きナレーターが案内役と催眠者を兼任し
彼女が言ったことをイメージしながら妹の立場で気持ちよくなります。
最初の妹ルートはおよそ42分間。
9分ほどを使ってその人物像を描いてから、姉が男たちに犯される様子を観察します。

「こんな可愛いおまんこなのに すぐ感じて ぬるぬるにしちゃういけないおまんこ」
妹は姉と同じ血を引いてるだけあって性欲旺盛。
男性との交わりはまだ一度もない代わりに女性との経験が豊富です。
中性的な顔立ち、立派な胸、感じやすいおまんこと年上の女性がそそる特徴を持っており
そういう性癖だからか姉に対しても肉親以上の感情を抱いてます。

姉ルートを聴いた時点ではわからなかった部分も綴られてるので
彼女たちのキャラを掘り下げ、なりきりやすくする重要な役割を果たします。
ちなみに姉ルートと妹ルートは同じシチュでもプレイ内容が結構違います。
立場が違えば表現方法も当然変わるわけで、各ルートをきちんと楽しめるように作られてます。

妹ルートの流れはおちんちんを見て我慢できなくなった姉がオナニーを始め
自ら服を脱いでフェラチオに移り、さらにバックでのSEX→輪姦とどんどんエスカレートします。

姉「早くぅ まんこにくださぁい」
「お姉ちゃんの チンポを食いつくように 激しく舐めあげる合間に聞こえる喘ぎ声と 挿入を願う声に おかしな気分が抑えられない」
そしてこれらをお届けするにあたって姉の喘ぎ声を多めに盛り込み
ナレーターも淫語を比較的に多めに言って純粋なエロさを高めます。
前編を読んでる方ならわかるでしょうが、妹はエッチにほとんど参加しません。
だから精神的な刺激を強めにしてドライ絶頂できるように持っていきます。
私が聴いた時も股間が結構熱くなりました。

またパートの途中から技術を使って姉と感覚をリンクできるよう働きかけます。
彼女たちは双子ではないようですが血の繋がってる間柄ですから
姉が男たちに好き放題されて喜ぶ様子を自分に重ねやすい描写で実況します。

「体は犯せないから心を犯す」といったところでしょうか。
暗さや背徳感をあまり持たせないやり方で気持ちを上手に盛り上げてくれます。

その部分が最も強くなるのが終盤の13分間。
男たちの代わりに姉が妹と双頭ディルドで繋がります。

「姉が満ちてくるあなたの奥へ あなたの奥へ 深いところまで 舌を絡められ 体液を交換する」
単なる道具に過ぎないディルドを敢えて「姉」と呼んで一体感を出し
体はもちろん、心の充足感も与えて幸せな絶頂に導きます。
効果音や喘ぎ声も流れるおかげで純粋なエロさも割と高く
サークルさんが掲げてる「誰も不幸にならないエッチ」を最も如実に表現できてるプレイと言えます。

妹ルートは絶頂シーンが3回と少ないので(うち1回は軽め)
1回1回の絶頂感を強めに味わえるというのも魅力です。
同じ出来事を姉妹で異なる角度から描き、別のプレイにする本作品の長所が遺憾なく発揮されてます

最後の観察者催眠ルートはおよそ20分間。
すっかり興奮した姉が別の男のおちんちんにむしゃぶりつき
パンツ1枚の格好になったあたりでナレーターからオナニー開始の指示が出ます。
そして好きなペースと強さでしごきながらその後の様子を観察します。

「ふふっ 自分でお尻を押し付けて もっと深く入れることを望んでる ビッチな女」
「ビッチを隅から隅まで汚している感覚が 背徳的で とっても気持ちいい」

このパートは観察者同人ルートと共通になってる関係で
暗示よりもイメージや純粋なエロ要素を使って興奮させる方針を取ってます。
シコシコボイスを言ったり寸止めをすることはなく、オナニーはほぼフリースタイルです。

サークルさんがおっしゃられてる通りまさしくAVの汁男優です。
目の前で男女がエッチしてる様子をオカズにし、フィニッシュの時だけ参加します。
催眠ならではの快感は薄めですけど、エロさが結構あるので射精は普通にできると思います。

このように、主役となる人物によって内容が大きく変わる独特な切り口のエッチが繰り広げられてます。
一粒で四度美味しい作品
M度を薄めたうえで濃厚な女体化プレイを味わわせてくれる作品です。

ナレーターは姉妹が体験したエッチな出来事を主人公にも楽しんでもらおうと
まずは癒し重視の催眠で彼女たちがいる世界の一員にします。
そして姉ルート、妹ルート、観察者ルートで異なるプレイを行いドライとウェットに導きます。

監禁された姉妹が男たちに犯され最後は幸せになる変わったシチュ
イメージや音を技術と組み合わせた堅実で親和性の高い催眠
3人の主人公を用意し、それぞれで内容を変えてお届けする充実したエッチ。
催眠の世界にどっぷり浸かれる品質を持ち、かつエロさも高い作品に仕上がってます。

中でもエッチは本作品を象徴する要素なだけあって本当に良くできてます。
姉は男に直接責められるから女体化音声では割とスタンダードな手法を使用し
妹は体よりも心を重点的に責めて熱と充足感を与えます。
観察者ルートはぶっかけ(S向け)、姉とエッチできないおあずけ(M向け)と両方の属性を持ってます。

観察者ルートはオナサポの側面もありますから、催眠音声として楽しむならやはり姉か妹になると思います。
姉は男狂い、妹は女狂いとほぼ正反対の性癖を持っており
それがちゃんとプレイに反映されるようエッチを組み立ててます。
両方聴いた感想は「どっちも同じくらい良い」です。

後編の絶頂シーンはドライ3回、ウェット1回。
淫語・吐息・喘ぎ声多め、くちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこです。

M性がそれほど高くない女体化作品を求めてる人には特におすすめします。

CV:ナレーター…沢野ぽぷらさん 姉…亀ヶ森すずさん 妹…西田光さん
総時間 4:12:36(姉ルート…1:34:18 妹ルート…1:23:54 観察者催眠ルート…1:11:46 観察者同人ルート…42:21)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

姉妹の精神的キメセク催眠 倒錯的特殊性交事情 -ザッピングシステム搭載- (4ルート重複無し約3時間)

サークル「しりあるヒプノ」さんの同人/催眠音声作品。

今回紹介する作品は、魅力的な体を持つ学生姉妹が
男たちに捕まり輪姦される様子を色んな角度から楽しみます。

姉、妹、観察者と異なるルートが用意されてるのが特徴で
同じ出来事をキャラによって違う視点で進め
見られる快感や女性として責められる快感を綿密に描いて心を上手に盛り上げます。

総時間が4時間以上あるため前編(催眠誘導&姉ルート)、後編(妹&観察者ルート)の2回に分けてお送りします。
エッチな体験を別のキャラで
ナレーターに催眠をかけられ姉、妹、観察者になりきってエッチするお話。

「最近はVRが普及して 視覚的にリアルな映像を見ることで 深い没頭感に浸れる アダルト作品が増えているようですね」
ナレーターは明るくてお淑やかな声のお姉さん。
注意事項や自己紹介といった前置きは省略し
VRの普及やそれによって得られる快感について語り始めます。

本作品は女性の快感を体だけでなく心も味わいながら絶頂させることを目的に
彼女が250分程度を使って合計4種類のエッチなプログラムを提供します。
姉ルート、妹ルート、観察者催眠ルート、観察者同人ルートと聴き手がなりきるキャラを複数用意し
それに合わせて同じプレイを別の視点から描きます。


例えば恋人がする普通のエッチも男性、女性でセリフの表現や着目する場所
そして得られる快感と絶頂感にそれなりの違いが出ます。
本作品はそこを掘り下げることでよりリアルかつ濃厚なエッチをお届けします。
1視聴あたりの時間は90分程度ですから、長時間が苦手な人でも大丈夫です。

同人音声として聴くことができるのも一般的な催眠音声との大きな違いです。
催眠誘導がないおかげで42分と手頃な長さになっており
AVにおける汁男優の視点で姉妹のエッチを観察します。
観察者催眠ルートと内容が重複してるので本レビューでは説明を省略させていただきます。

催眠はおよそ28分間(同人以外の3ルート共通)。
ナレーターの説明を受けてから仰向けに横になり
まずは呼吸に合わせて肩を上げ下げしたり天井をじっと見つめて体を脱力します。
そして彼女に言われた通りに小指で顔をなぞりマッサージします。

「すーっと 疲労物質が流れていき 体中がリフレッシュしていく」
まだ始まったばかりなので作品固有の要素は無理に絡めず
的確な指示を出してより多くの人がリラックスできるよう誘導します。
シチュは結構独特ですが催眠は癒しのパワーが強いですから
このパートを聴いてるうちに心が楽になったり眠くなる人が結構いるでしょう。

お次は海へ出かけた姉妹が帰りの電車に乗り込み
授業のことを話したり疲れて眠る様子を彼女たちの視点で体験します。

「エアコンが効いた 過ごしやすい気温の室内に 窓の外から 暖かな日差しが伝わってくる」
「体中が とっても不思議な感覚になっていく ずぶずぶと意識が落ちていく」

昼食を食べた後の授業がものすごく眠かった人は結構いるのではないでしょうか。
そんな記憶を呼び起こしながら温かさと心地よさを与えて催眠状態を深めます。
深呼吸も織り交ぜてタイミング良く暗示を入れるなど
技術を使って彼女たちがいる世界に少しずつ引き込みます。

電車の音や雨音といった環境音を盛り込んでるのも良いですね。
2人がいる場所の情景をイメージしやすくするのと共に癒しも得やすくなってます。
またパート終盤の4分間は敢えて無言になって催眠の感覚に浸りやすくしています。

エッチに向けた環境づくりに専念してるやや特殊な催眠です。
聴き手を作中の登場人物になりきる手前まで持っていくのを目的に
肩のストレッチをしながらの深呼吸や指を使った顔のマッサージ
→電車内の姉妹のやり取りを用いたさらなるリラックス&深化→沈黙法と
癒しを重視しながら作品独自の素材を使って少しずつ確実に落とします。

体を実際に動かしたり刺激するシーンがあるおかげで意識するだけよりも脱力しやすく
中盤から登場するイメージや環境音も相まって聴けば聴くほど眠くなります。
仕事の後で聴いたらそのまま寝落ちするかもしれません。
またルート分岐することを踏まえて女体化は次のパートで行います。
心と体で感じるエッチ
前編のエッチシーンは53分間。
プレイは見られながらの絶頂、SEX(正常位?)、フェラ、アナルSEX、パイズリ、クンニ、ペニバンSEX、キスです。

SEX、ペニバンSEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「ぶるんと 肉の塊が開放される」
海でナンパし振られた男たちに地下室へ連れ去られた姉は
妹を犯そうとする彼らに身代わりとして自分の体を差し出します。

エッチは男たちに責められてる様子を姉の視点で楽しみます。
最初の13分で行うのはその準備にあたる女体化。
体の特徴を描きながらこれまでどんなエッチをしてきたか綿密に語ります。

「デートのたびに 一晩で何度も何度も体位を変えながら 男の精が空っぽになるまで その快楽を貪る」
姉は真面目キャラで通ってますが実際は超がつくほどのビッチ。
オナニーでおまんこを慰めたり、大きなおちんちんを持つ彼氏とやりまくってたことを語り
これから始まる男たちとのエッチに向けて気持ちを高めます。

催眠パートの時点である程度没入できてるからでしょうけど
男性の体が女性になるといった描写は敢えて避けてます。
彼女になりきれるセリフをいくつも積み重ねて徐々に女体化を定着させる感じのアプローチです。
最初はピンと来なかったとしても、ある程度聴いてれば体が次第に熱くなると思います。

本格的なエッチに移るのはその後。
挿し絵のようにブラは外してパンツだけを着けた格好になり
男たちや妹の視線だけで1回、中の1人とSEXしてもう1回ドライ絶頂します。

「股間が燃えるように火照りますね 熱い ものすごく熱い 絡みつく視線に より研ぎ澄まされる神経」
「今度こそ挿入してくれますよ 白濁した大陰唇にめり込むように 亀頭が当てられる」

そしてここからは気持ちよくなる暗示と緻密な描写を組み合わせて生々しいプレイをお届けします。
視姦されてる時はその視線を意識させつつ体が熱くなる暗示を入れ
SEXに入ると「おまんこ」「おちんちん」ではなく細かな部位にまで実況を掘り下げ
彼女たちがどのように交わってるかをイメージしやすくしています。

サークルさんが言葉豊かに表現することを目指されてるだけあって
どのプレイも映像が自然と映し出されるような感覚がしました。
そしてイメージによる純粋なエロさがあるからエッチな熱や興奮もがっつり得られます。
時間に対してやることの種類を減らし、ひとつひとつを重厚にする親切丁寧な作りです。

またこの手のシチュによくある陵辱色はかなり薄められてます。
妹を守るために姉が相手することを決意したのは事実ですが
エッチが始まると嫌がるどころかむしろ嬉しそうにおちんちんと精液を受け入れます。
彼女は先日彼氏と別れたそうですし、その鬱憤を晴らすかのように今回のエッチを楽しみます。

これらの最中に妹の反応も取り入れてるのがいいですね。
身近な人物に見られながらエッチするほうが誰もいないよりも大きな快感が得られます。
双子催眠のようにナレーターと直接協力するのではなく
熱い吐息を漏らす、特定のシーンでイキ声を上げるといった雰囲気作りの役割を果たします。

パートの後半からはタイトルの「精神的キメセク」が本領を発揮します。
姉が犯されてる様子を見ただけで絶頂する妹の姿を織り交ぜながら
4人の男におまんこ、アナル、口、おっぱいを同時に責められます。

「電気のような絶頂が ビリビリと何度もスパークし弾け 姉の尊厳などすべて消え失せ チンポをしゃぶって 貪り 自ら腰とケツを振り さらに求める」
そしてここでも見ず知らずの男に蹂躙される重さや暗さを極力薄め
その代わり彼女が味わってる快感を全面に押し出しドライへ上手に導きます。
妹に見られてるシチュとプレイを組み合わせて気持ちを高めてくれるので
プレイ単体の時よりも心の快楽が強めに得られます。
薬物を使わずに様々な快感物質を分泌してキマってる様子を精神的キメセクと呼んでます。

さすがにすべてのシーンでドライ絶頂できるとは言いませんけど
前半、後半それぞれに違った良さがあってドライを迎えやすいです。
たぶん股間と脳の両方から快感が湧いてくるのではないでしょうか。
和姦に近い強姦、輪姦なので視聴後の後味もスッキリしてます。

前編の絶頂シーンは7回。
妹の吐息多め、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
姉妹の精神的キメセク催眠 倒錯的特殊性交事情 -ザッピングシステム搭載- (4ルート重複無し約3時間)(後編)

CV:ナレーター…沢野ぽぷらさん 姉…亀ヶ森すずさん 妹…西田光さん
総時間 4:12:36(姉ルート…1:34:18 妹ルート…1:23:54 観察者催眠ルート…1:11:46 観察者同人ルート…42:21)


体験版はこちらにあります

サークル「誰得催眠製作所」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな店員が
お菓子を食べに来た客に催眠を交えた気持ちいいサービスをします。

わらび餅になる感覚や食べられる感覚を通じてイかせるのが特徴で
まずは技術を駆使して心身がとろける(=お餅みたいになる)感覚を与え
きなこをかけられるシーンは感度を上げる、切り分けるシーンは熱を高めるといったように
ネガティブな感覚を上手に打ち消しながら心を重点的に責めてドライオーガズムに導きます。
わらび餅を食べるはずが…
店員に催眠をかけられわらび餅になるお話。

「いらっしゃいませ~。ようこそ、甘味処誠樹庵へ」
店員は明るくて澄んだ声の女性。
来店した主人公を奥のお座敷へ案内すると
甘いお菓子を振る舞う前に軽い運動をします。

本作品は現実世界だとまず味わえない感覚を疑似体験させることを目的に
彼女が55分程度を使って「わらび餅化」をテーマにした独特な催眠をかけます。
絶頂表現があるので一応18禁にあたりますが
フェラやSEXといったプレイは一切せずイメージと技術を駆使してドライまで持っていきます。

ジャンルはイートミーにあたるので万人向けではないものの
グロさ、痛さ、苦しさといったネガティブな要素を打ち消し快感だけを伝える方針で進めます。
催眠特有のとろける感覚を突き詰めるスタイルを取ってますから
それをある程度掴んでる人なら心地よさや幸福感を味わいながらイけるでしょう。
ちょこれーとになっちゃう催眠音声。」や「あいすくりーむになっちゃう催眠音声。」を
制作されてるサークルさんらしい独特な切り口の作品です。

催眠はおよそ26分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずはストレッチや深呼吸で心身を落ち着けます。

「吸ってー・・・息を吸うと、あまーい香りに包まれる 吐いてー・・・息を吐くと、体から力が抜ける・・・柔らかくなる・・・」
催眠音声ではよくあるシーンですが、吸う時は店内に漂う甘い匂いを意識させ
吐く時は「柔らかくなる」と暗示を入れるなど、早速作品独自の要素を盛り込みわらび餅化の準備を整えます。
トーンが低めでぼんやりした彼女の声も雰囲気に合ってて落ち着きます。
テーマはぶっ飛んでますけどやり方は結構堅実で催眠に入りやすいです。

お次は当初の予定通り彼女が用意したわらび餅にきなこをまぶし
それからひと口、ふた口と食べてその味と食感を純粋に楽しみます。

「み口、食べる。とろとろ、ふわふわの食感が、あなたの舌を、脳を、とろけさせる。心が、とろける」
「舌がとろける」という言葉があるように、美味しいものを食べて得られる幸福感は相当なものです。
それを言葉で上手く伝えながら彼自身もとろける暗示を入れて徐々に深化させます。
匂い(嗅覚)、味(味覚)、感触(触覚)と複数の感覚に働きかけてるのも臨場感を上げるためでしょう。
音声作品ですからもちろん聴覚にも刺激を受けます。

私が聴いた時も意識のぼやけを強めに実感できました。
脱力は弱めですけど手足の感覚が曖昧になってとても心地良いです。
自分の存在が希薄になってるような気分を本作品ではわらび餅化に当てはめてます。

後半の13分間はエッチに向けた準備。
先ほど主人公がわらび餅を食べた時と同じくきなこを振りかけられ
それから食べやすい大きさに切り分けて性感と熱を高めます。

「くるくる、くるくる… 快感が、しみこむ… 香ばしい香りが、快感が、体を突き抜けていく…」
「菓子楊枝が、体を割いていく… それが、たまらなく気持ちがいい。割かれた所から、体が、熱くなる…」

そしてここからはネガティブな要素を打ち消す工夫が随所で登場します。
きなこをかけられる時は「くるくる」を適度に言って意識の力をさらに弱め
切り分けるシーンも熱や快感を全面に押し出して痛みを気にしにくくします。

このレビューを読んでる時は素の精神状態ですからいまいちピンとこないでしょうけど
ある程度深い催眠状態に入ると彼女の言葉をより受け入れやすくなります。
だからネガティブなことを回避し、聴き手に都合のいいことを手厚く伝えるわけです。
私は胸のあたりが熱くなりましたが、皆さんは別の部位がそうなるかもしれません。

難しいテーマを上手く料理してる個性的かつ高度な催眠です。
聴き手をわらび餅に変えることを目的に、前半はそれを食べる様子を通じてリラックスと深化を促し
後半は催眠をさらに深めながら食べられた時に快感が味わえるようにする準備を整えます。

技術力の高いサークルさんなだけあって進め方が丁寧ですし
わらび餅の特徴(柔らかさやきなこをかける一手間)をきちんと組み込み役立ててます。
最初にきなこをかけずに出したのも後でかけられるシーンがあるからでしょう。
事前に一度やっておけばイメージするのが楽になり、2回目は彼女の暗示により集中できます。
女性とひとつになる幸福感に包まれて
エッチシーンは18分間。
プレイは店員に食べられるです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「それじゃあ、次は… ふふっ、もう、分かってますよね。私が、あなたを、食べてあげる」
催眠を使って主人公をわらび餅に変えた店員は
それをひとつずつ食べて全身を舐められる快感を味わわせます。

エッチは通常のプレイをせず食べる様子を聴き手視点で実況します。
最初は1個、少し経つと2個、そして3個と一度に食べる数を増やし
それに応じて快感や幸福感がさらに強まる暗示を丁寧に入れます。

「柔らかい舌が、あなたを嘗め回す。あなたの全身を蠢きまわる。体中を、快感が駆け巡る。舐められた所が、熱い」
「喉の、奥へ。飲み込まれる。体が、溶ける… 溶けていく。意識も、溶ける… ひとつになる。わたしと、あなたが、ひとつになる」

口に入れた後はまず舌で転がす全身舐めっぽいプレイを行い
飲み込む際は意識がさらに溶ける快感と彼女とひとつになる一体感を小まめに伝えます。
ストレートなエロ描写を入れずにそれっぽさをほのめかす方針でリードするわけです。

複数回に分けてやりますから最初はピンとこなかったとしても
そのうち体が妙に熱いとか、脳がどろどろになる感覚を味わえるのではないでしょうか。
催眠に多少慣れてることが前提になりますけどやってることは理に適ってます。

私の場合は終盤で幸せイキっぽい快感が味わえました。
彼女に飲み込まれてひとつになった瞬間、全身がゾワゾワして気持ちよかったです。
同じドライでもエッチなことを起点にイかせる作品とは感覚が随分違います。

このように、本来ならまったくエロくない行為で絶頂させる奇抜なエッチが繰り広げられてます。
斬新な作品
公開から7年以上経った今でも異彩を放ってる作品です。

店員はわらび餅を食べる感覚とそれになって食べられる感覚を同時に伝えようと
まずは催眠を通じて味、匂い、感触を綿密に伝えながら深く落とします。
そして食べられると快感や幸福感が膨らむよう働きかけて射精とは異なる絶頂に導きます。

わらび餅を食べに行ったはずが逆に食べられてしまう面白い展開
同じ行為をする側とされる側で描いてわらび餅化を進める独特な催眠
エロ要素を極限まで排除し技術とイメージでイかせる思い切ったエッチ。
数多くの催眠音声が出てる現在でもなかなかお目にかかれないサービスに仕上がってます。

中でも催眠は「わらび餅化」という難しい内容を鮮やかに乗り切ってます。
いきなりそうするのではなく一度食べる工程を挟んでイメージ力を膨らませ
さらに言葉と働きかける手段を吟味し一歩ずつ着実に進めます。
どのシーンも練りに練られており視聴中は何度もうなりました。

エッチは催眠状態を維持しつつ熱と快感を高める催眠音声ならではのものです。
ポジティブなセリフが非常に多く、癒されながら気持ちよくなることができました。
エロ要素が一切ないので催眠に入れるけどドライはまだな人の練習にも向いてると思います。

明確な絶頂シーンは1回。
淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声いずれもありません。

無料ですから興味の湧いた方は是非一度お試しください。

CV:誠樹ふぁんさん
総時間 57:14

ダウンロードはこちらから
https://ameblo.jp/mr-nomikko/entry-11204466581.html

【ASMR×催眠音声】脳イキ妖狐~悦楽至極の脳耳絶頂~

サークル「暗中模索」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、人里離れた山奥に700年以上も住んでる穏やかな妖狐が
そこへ迷い込んできた人間を独特な手段で快楽漬けにします。

効果音を鳴らしながら暗示を入れて催眠に落としたり気持ちよくするのが特徴で
催眠パートは頬から耳にかけて、エッチはさらに手足や脳と範囲を広げ
リアルで柔らかい質感の音を適度に鳴らして撫でられる心地よさを伝えます。
気持ちいい体験を受ける条件は…
狐鈴(こりん)に催眠をかけられ耳と脳を責められるお話。

「こんな山奥に人なんて 珍しいですね」
狐鈴は上品で艶のある声のお姉さん。
妖怪の山で道に迷った主人公に声をかけると
明朝まで身を守る見返りにあるものを要求します。

本作品は7本もの尻尾を生やしてる妖力の強い彼女が
他の妖怪から彼を守りながらおよそ80分に渡って独特なサービスをします。
彼女は狐の化身なだけあっていなり寿司に目がなく
自分が提示した以上の数を彼が渡すと約束したらすぐさま飛びつき熱心にお世話します。

全編を通じて言える特徴はふたつ。
催眠・エッチいずれも音を交えてリードすること、脳イキに特化したエッチをすることです。

前者は彼女が持つ尻尾で顔や体を撫でる際に「しゅるー」という滑らかな摩擦音が何度も鳴り
そのたびに耳へ微弱な刺激が伝わります。
サークルさんが「ASMR視聴時に感じるゾクゾク感を増幅する」ことをコンセプトに掲げており
音を鳴らしながら暗示を小まめに入れて撫でられてる感覚をリアルにお届けします。

どちらかと言えば癒しの色が強い音ですけど
エッチシーンに入るとピリピリしたりゾワゾワする人がそれなりにいると思います。
音を単に鳴らし続けるのではなく、技術との親和性をきちんと考えてあってレベルが高いです。

「お耳も 頭の中も いっぱい気持ちよくなりましょうね」
後者は頭部と耳を重点的に責める方針を取り
尻尾で撫でる音やスライムっぽいぐちゅぐちゅした音を鳴らして少しずつ気持ちよくします。
通常の18禁作品でやるプレイとは内容が大きく異なり
乳首やおちんちんといった性感帯に意識をまったく向けさせず脳だけでイけるように誘導します。

やり方は大きく違いますけど、先日発売された「【催眠音声】ノウミソマドラー」に近いものを持ってます。
不安や恐怖を取り除く配慮もきちんとされてますから
あちらを楽しめた人ならこちらも同じくらい満足できると思います。
股間がまったく反応しないままドライを迎える感覚は不思議で面白いです。

音を重視した作りと脳イキを目指すエッチ。
催眠特有の心地よさと快感を掘り下げた個性の強い作品です。
ふわふわの尻尾に撫でられながら
催眠は2パート29分間。
横になって目を瞑り、まずは深呼吸したり彼女が言うイメージをして心身を脱力します。

「心に染み付いていた緊張と不安がほつれるように消えてゆく」
「脚に不思議な感覚がじわっと広がり 脱力し始める」

夕方から夜になってあたりが暗くなる様子を実況しながら安心する言葉を投げかけたり
彼女らしい方法で胸、太もも、両肩、頭の順にひとつずつ脱力感を与えるなど
序盤から暗示を多めに盛り込みゆっくりじっくりリラックスさせます。

一番最初の「1.プロローグ」パートは音を鳴らさず雰囲気作りに力を入れてます。
「暗い」「深い」「ゆっくり」といった落ち着きを感じる言葉を散りばめるシーンもあったりと
古くから活動されてるサークルさんらしい技の冴えを感じました。
このパートを聴いただけでも意識のぼやけや眠気を実感する人がいると思います。

次の「2.誘導」はいよいよ彼女が持つ尻尾を使って催眠状態を深めます。
セリフとあまり被らないよう効果音の間隔を長めに取りつつ
その柔らかさ、温かさ、心地よさを言葉で上手に伝えて脳をとろとろにします。

「なんと心地のいいことか 頬を撫でられただけなのに うっとりとさせられてしまう 頭の中がとろけてしまう」
猫などの動物を撫でるといい気分になる人は結構いるのではないでしょうか。
このパートではそれに近い感覚を味わわせてくれます。
頭の中や心といった脳イキに関係のある部位へ重点的に働きかけてるのも良いですね。
本作品のエッチは結構独特ですから、この時点でもうその準備に取り掛かってます。

長所を活かしながら段階的に深める癒しのパワーが強い催眠です。
彼女の尻尾に反応できる心と体にすることを目的に
前半は深呼吸とイメージを交えた脱力で純粋なリラックスを促し
後半は売りである音を投入したうえで暗示を厚めに入れて心地よさを少しずつ膨らませます。

音が重要な役割を果たしてるのは間違いないですけど
それ無しでも深いところまで入れるくらいにしっかりした誘導がされてます。
彼女の丁寧な言葉遣いや上品な声も相まって落ち着ける空間が出来上がってます。
脳に快感を流し込まれて
エッチシーンは2パート32分間。
プレイは尻尾責め、脳姦、耳舐めです。

尻尾責め、脳姦の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「体と心がとろける極上の快楽を どうぞ存分にご堪能ください」
催眠を使って主人公を気持ちいい感覚で包み込んだ狐鈴は
残る5本の尻尾も投入して不思議な快感を与えます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の「3.脳イキ」は引き続き尻尾を使うプレイ(約18分)。
左右の頬、手足、頭を同時に撫でる音を鳴らしつつ気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。

「手足の輪郭は消えて 意識の輪郭もとろとろに消えて ゾクゾクとした快感に飲み込まれて 気持ちいいことしか考えられない」
純粋な脳イキが味わえるよう淫語や喘ぎ声といった純粋なエロ要素は極力削ぎ
意識を頭に集中させてさらにとろける感覚に浸らせます。
私が聴いた時も頭部以外の存在が曖昧になった気分がしました。
効果音もこれまでよりやや重厚になりますし、催眠パートでやったことをさらに突き詰める方針を取ります。

パートの中盤から脳姦が加わるのもポイント。
「こりゅっ」という弾力のあるスライムぽい水音が鳴ります。
脳姦自体は結構人を選ぶプレイですから、多くの人が聴きやすく感じる工夫もきちんとされてます。
具体的には脳を責めるのは実体のない毛先ということにし
何をやってるかはほとんど語らず、それによって得られる快感を主に伝えます。

催眠パートと同じくらい暗示を手厚く入れてくれるおかげで
脳がどろどろに溶けてるような感覚に浸りながらドライ絶頂できました。
おちんちんは勃起はおろか熱くなることすらなく本当に脳だけ気持ちよくなれます。
セリフと音が相互に足りない部分を補ってる完成度の高いプレイです。

後半の「4.耳イキ」は耳でイクことを目指したパート(約14分)。
これまでのプレイに右耳舐めを加えて少し違うドライ絶頂へ導きます。
左耳を舐めるシーンはありません。

「意識がとろけて 世界がとろけて 快感だけになってく」
ちゅぱ音が加わる分、前のパートに比べてエロさと音の密度が上がってます。
3種類の効果音と暗示が織りなすひと時は濃厚でクラクラする感覚がしました。
妖術を使ってるのか耳舐め中も普通にしゃべります。
絶頂感はそれほど違いを実感できなかったので耳イキするには慣れが要るかもしれません。

このように、音と技術をバランスよく配置した独特なエッチが繰り広げられてます。
マイルドな脳姦作品
M性がさほどない人でも脳姦を味わえるようにしてる聴きやすい作品です。

狐鈴は妖怪たちの領域に迷い込んだ主人公へ
いなり寿司を後日もらうのと引き換えに今晩守ることを約束します。
そして彼が不安や恐怖とは無縁の一夜を過ごせるよう気持ちいい催眠をかけます。

上品で面倒見のいい妖狐が人間を癒しつつ快楽漬けにするややM向けのシチュ
前半はイメージ、後半は音を盛り込みリラックスと深化を促す質の高い催眠
音と技術を組み合わせて脳イキや耳イキさせる催眠音声ならではのエッチ。
一般的なプレイを敢えてせずにドライへ持っていくチャレンジ精神旺盛な作品に仕上がってます。

中でもエッチは催眠状態になってないと得られない快感に光を当て
さらに同人音声側で現在流行ってるASMRを盛り込んでます。
尻尾で撫でる音は柔らかくて温かみがあり、これ単体でも癒しの効果があります。
そこへ技術を違和感なく共存させるあたりはさすが大手サークルさんだなと。

あとは脳イキがすごく気持ちいいです。
エッチな要素がほとんど入ってないから催眠特有の快感に集中できます。
性的興奮を感じずに絶頂を迎えるのは新鮮なのではないないでしょうか。
そこまで持っていく過程も堅実でドライ未経験者には良い練習になると思います。

もうひとつ、英語やカタカナ言葉をまったく使わずにセリフを組み立ててるのも素晴らしいです。
彼女は人間と会うことのない場所で生き続けてますから当然話し方も古風になります。
妖術を使ったり尻尾で撫でる以外の部分もしっかりしてるおかげで作品全体に統一感があります。

絶頂シーンは2回。
効果音多め、ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは初の満点とさせていただきました。
おまけは安眠、ASMR、没ASMR音源です。

CV:男性向け…そらまめ。さん 女性向け…和水創太さん
総時間 男性向け…1:57:12(本編…1:18:55 おまけ…38:17) 女性向け…1:49:31(本編…1:11:37 おまけ…37:54)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月23日まで10%OFFの972円で販売されてます。

強制女体化魔法少女ちのう☆ていか〜おちんちんと脳みそをふたなり魔法少女に奪われてアホアホギャルビッチな女の子にされちゃう催眠〜

サークル「百合虎魂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、学校に行けないほど忙しい日々を送ってる魔法少女が
偶然見かけた男性と催眠を交えた契約を結びます。

女体化と知能低下を組み合わせた独特なサービスが行われており
催眠は軽くリラックスさせてから全身を特殊なシロップで包み込んで女性に変え
エッチは知能を下げてからふたつのプレイをじっくり行い女性の快感を教えます。
魔法少女とする気持ちいい契約
魔法少女に催眠をかけられ2種類のエッチをするお話。

「そこのお兄さん そこのお兄さん そう あなた」
魔法少女はややトーンが低く整った声のお姉さん。
街中で見かけた主人公に声をかけストレスが溜まってるのを指摘すると
それを解決する手段があると言います。

本作品は人々を幸せにするため頑張ってる彼女が
60分程度のエッチな催眠をかけて彼の女体化願望を叶えます。
彼にとってメリットのある行為ですが、契約にあたるため彼女にとある対価を払います。
このへんは音声を聴き進めればだんだんわかるようになってます。

「読んだ本の内容も 思い出せなくなっていく」
最大の特徴は知能低下を交えた女体化誘導をすること。
彼がギャルビッチっぽい女性になれるよう体だけでなく心も作り変えようとします。
といってもメインは女性の快感ですから一般的な女体化作品にとても近いです。
催眠よりもエッチに長めの時間を割き、パートごとに異なるプレイを繰り出します。

催眠はおよそ15分間。
姿勢は特に指定されずに目を瞑り、まずは大きく深呼吸したり時間の流れが緩やかになる暗示を入れます。

「さぁ 想像してみてください あなたが深呼吸するに従って だんだん時間がゆっくりになっていくのを」
冒頭にわざわざ時間を速度を変えるのはここが街中だからでしょう。
エッチシーンでアスファルトに体を横たえる描写があります。
おかげで周りに人がいても露出を匂わせるアプローチは特にしません。
あとは彼女が魔法少女だからそれっぽい要素を取り入れたのだと思います。

お次は特性のシロップを体の下から上に向けて塗り拡げていきます。
そして一通り済んだ後は性器や胸といった性差の出やすいところを中心に女体化します。

このシーンの前半は体の温かさや心地よさを伝えることに力を入れており
おそらく深化を意図して進めてるのだと思います。
私が聴いた時もほんの少しですが意識のぼやけを感じました。
女体化については「体から甘い匂いが漂う」とちょっぴり触れる程度に留めてます。

「おちんちんがあった場所は 平らになって 初めからそこに おちんちんなんてなかったみたい」
それに対して後半はおちんちんがなくなりおまんこに変わっていく様子や
おっぱいが大きくなるといった体の変化に着目します。
具体的な容姿はほとんど言わないので自由にイメージしてみてください。
股間が軽くなったり胸が重くなる暗示を入れたほうがよりリアルになったでしょう。

軽くリラックスさせてから深化や女体化に進むコンパクトな催眠です。
聴き手の体を女性に変えることを目的に
序盤は深呼吸や時間が緩やかになる暗示、中盤以降はシロップを使ったイメージ主体のアプローチと
魔法少女な彼女の持ち味を盛り込みほぼ一直線に進めます。

前回聴いた「今日からあなたはロボメイド?~お嬢様だった私が変態アンドロイドメイドの身体に閉じ込められる~」は色々と問題があったのですが
今作はそれに比べて大幅に改善されてます。
時間が短めで内容もやや特殊なため初心者よりも中上級者向けです。
頭を空っぽにするエッチ
エッチシーンは2パート32分間。
プレイはキス、乳首舐め、SEX(正常位)、フェラ、クンニです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「その恰好じゃ 少し可愛そうですね では お洋服を新調いたしましょう」
催眠を使って主人公を可愛い女の子に変えた魔法少女は
服がまだ男性のままなのを見て挿し絵左のJKっぽい衣装を与えます。

エッチは常に彼女がリードします。
最初の「2 ギャルにされちゃう!」はギャル化を促進したうえで気持ちよくするシーン(約24分)。
カウントを数えながら服装が変わっていく様子を実況し
途中からキスもしてもうひとつの特徴にあたる知能低下に取り掛かります。

「柔らかい唇が押し当てられて 舌が口の中へ押し入ってくる 舌が重なり合い 擦れ合う 頭の中が 痺れるような快感に襲われる」
他の女体化催眠音声と同じくプレイの様子を聴き手視点で実況しながら
その感覚を暗示の形で伝える王道のアプローチです。
ちゅぱ音は一切鳴らさずイメージ力を膨らませる方針を取ってます。

知能低下については健忘っぽい暗示を入れてきますが正直弱いかなぁと。
事実を伝えるだけでそうなったことを実感させるところが抜けてます。
例えばベタですけど一昨日の夕食が何だったかを尋ねればまた違ったのではないでしょうか。

その後はカウントを数えながら気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
このパートは正常位SEX、次の「3 おかわりほしいよ」はクンニとプレイが違いますが
絶頂に向けた追い込み方はほぼ一緒なのでまとめて説明します。

「おちんちんの動きに合わせて 腰が揺れる 腰が揺れるたび 深い快感が体を巡り あなたの体を大きく揺らす」
山場のシーンということで主人公の反応や味わってる感覚を綿密に描写してました。
魔法少女のおちんちんに貫かれるあたりはM向けですけど
焦らしたり言葉責めを浴びせることはないのでM度は低くなってます。

絶頂シーンに長めの時間を取ってるのが印象的でした。
SEXは約4分、クンニは約2分を割きいずれも追い込み暗示をほぼずっと入れ続けます。
普段よりももう少し素早く、力強く彼女が語りかけてくれたらより良くなったでしょうね。
知能低下の気分よりも純粋に気持ちよくすることを重視してます。

このように、作品独自の要素を交えた割とシンプルなエッチが繰り広げられてます。
変わった切り口の作品
やることは定番にして、その中に個性を盛り込んでる作品です。

魔法少女は主人公の願いを叶えつつ自分の目的も達成しようと
まずは催眠を通じて彼好みの女の子に姿を変えます。
そしてエッチはSEXやクンニを長めにやっておまんこをたっぷり責め
そこに知能低下を挟んでアホアホギャルビッチになった気分を膨らませます。

親切そうな魔法少女が男性に女性の快感を味わわせる女体化では王道のシチュ
時間を切り詰め誘導と女体化を進める手頃な催眠
絶頂へ追い込むカウントや絶頂シーンをじっくり行うドライ系のエッチ。
タイトルや登場人物の属性を大事にしながらサービスを組み立ててます。

中でも催眠は魔法のシロップを使って深化と女体化を同時にこなしてて面白いです。
有料の催眠音声では作品らしさを考えながら催眠かけることが多いので
その面で見れば本作品は条件をクリアしてると言えます。
セリフごとの間や声の強弱といった演技をもっと調節すればよりかかりやすくなったでしょう。

エッチは感度を上げたり気持ちよくする暗示を手厚く入れてます。
知能低下をあまり活かせてないのは残念ですけど
まだ活動開始から7ヶ月のサークルさんですから、今後より良くなっていくのではないでしょうか。
現時点で発想力は優れてるのでそれをいかに上手く形にできるかが鍵になりそうです。

絶頂シーンは2回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

CV:後藤あみるさん
総時間 1:00:20

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ