同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:セルフ

   ● 女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-
   ● 【バイノーラル】2人で催眠生放送【初見さん歓迎♪】
   ● 悪魔催眠~射精直後の苦痛を強制的に何度も強いられる音声~
   ● 催眠でオナニーのお手伝い SなAI佐渡レム
   ● 催眠にょナニー(女体化催眠)(再レビュー)
   ● 双子の射精管理
   ● 【催眠音声】女の子に添い寝でえっちな催眠かけられ手ェよ
   ● 女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声
   ● カウント・ダウン(再レビュー)
   ● 第6弾


女神の女体化催眠 -乳首オナニーで感じる女の子の幸せ-

サークル「夢色パラダイス」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな女神が
自分の犯した罪を償おうと男性に気持ちいいご褒美をあげます。

乳首オナニーに特化したエッチが最大の魅力で
服の上から乳輪を撫でる、乳首をこねるなど様々な指示を出して丁寧にリードします。
女体化要素は薄めですから乳首系のオナサポボイスと捉えたほうがずっと楽しめます。
女神でも間違いはあるの
女神に女体化催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「聞こえますか? …聞こえますか?」
女神はおおらかで優しい声のお姉さん。
主人公の心に直接語りかけて自己紹介すると、彼を本来の姿に変えるための催眠をかけます。

本作品は男性では味わえないタイプの快感を疑似体験させることを目的に
心と体を女性になりきらせてから特殊なオナニーに取り組みます。
彼は元々女性に生まれる定めにありましたが、彼女の手違いにより男性の人生を歩むことになりました。
罪滅ぼしのためにするサービスなのでM性を感じる部分は一切なく終始優しくリードします。

「まずは 右の乳首の乳輪 その外側を優しく 指の先で触ってみてください」
そして彼女はエッチでいじる対象を乳首に絞り込み
撫でる、擦る、引っかく、摘む、弾くといった様々な刺激を与えて気持ちよくします。

乳首特化の催眠音声と言えば「ちちのひ」シリーズが有名ですが、それ以外はほとんどありません。
時間も30分近くと長めに取られており、聴き手が飽きないよう変化に富んだプレイ構成にしています。

ただし、本作品の乳首オナニーは同人音声のオナサポとほぼ同じ作りをしています。
暗示を入れて感度を上げるとか、女性になった気分を膨らませるといったアプローチは特にしません。
どこをどういじるかやそのペースを指示することだけ頑張ります。

催眠に入ってるかどうかで感度や快感に違いの出にくいプレイをしてるので
ドライオーガズムを初めとする催眠特有の快感が味わえる可能性は低いです。
女体化催眠音声ではなく催眠つきのオナサポ作品と思ってください。
信頼関係とリラックスを大事にした催眠
一番最初の「女神との出会い」はドラマパート(約11分)。
二人が出会い、女神と主人公の事情を説明してからサービスの内容を教えます。

「自分の体を慰めることは 恥ずかしいことではありません」
「しっかりとした手順を踏めば 女性と同じような快感を得ることができるのです 味わってみたいですよね?」

彼女は彼を男性にしてしまったことを申し訳なく思ってるようです。
だから彼がオナニー大好きでも嫌な顔ひとつせず、むしろそれが当然と言って受け入れ
初めての乳首オナニーに不安がると「自分の言う通りにすればできますよ」と励まします。

催眠の技術と呼べるものは特にありませんが、催眠者との信頼関係を構築するのに役立ってるシーンと言えます。
女神のイメージにぴったりなおおらかな声と態度に癒しを感じました。

その後に始まる催眠は2パート30分間。
「準備運動」は催眠に入りやすくなるための準備としてストレッチや腹式呼吸をします。
ちなみにこのパートは椅子やベッドに座った状態で行います。

「まずは右から 息を吸ってー はい 息を吐きながら数を数えます」
両腕を上に上げたまま体を左右に曲げたり、足の裏を合わせてから上半身を倒すなど
ストレッチのやり方や体を動かすタイミングを女神が丁寧に教えます。
力を抜いた瞬間に暗示を入れるとかはせず純粋なリラックスを心がけてます。
被暗示性の高低に関係ない運動ですから筋肉のほぐれや体の温かさを誰でも感じるでしょう。

本格的な催眠に取り掛かるのは次の「女体化催眠」パートから(約18分)。
仰向けに横になって目を瞑り、全身が水面に浮かんでるイメージをしながら再度深呼吸します。
さらに水の中に体を沈めたりそこにある階段を上って目の前に見える光へ進みます。

「呼吸を重ねるごとに あなたの体は どんどん軽くなっていきます」
そして彼女はその様子を語りながら体が軽くなる暗示を何度も入れます。
本作品の女体化は女性像をイメージするとか部分ごとに変えていくといったアプローチではなく
男性の時よりも体が軽くなったことを実感させて変化した気分を膨らませようとします。

かなり遠まわしな女体化なので女体化催眠を数多く聴いてる玄人でも厳しいと見ています。
私の場合も体が軽くなった感じはしたのですが、心と体が女性になった感覚はありませんでした。

「私が10数えると あなたの体から 完全に力が抜け落ちます そして数え終わった瞬間に あなたは女の子になっているのです」
一番最後にある女体化の総仕上げもカウントを数えた後に女性になったことを告げるだけです。
技術やイメージを使って女性気分に浸らせてこその女体化催眠ではないでしょうか。
催眠誘導自体は割としっかりしてるのですが、本題にあたる女体化がこの内容ではさすがに弱すぎます。

十分にリラックスさせてからほんの少し女体化させる癒しに寄った催眠です。
聴き手の心と体を女性にすることを目的に、信頼関係の構築から始まってリラックス運動へと繋ぎ
最後のパートで自然物のイメージやカウントを交えた深化と女体化を行います。

時間に対する暗示の量が少ない関係でそこまで深く入れるとは思いませんが
体の軽さや心地いい感覚はそれなりに実感できます。
ですが最終目的にあたる女体化をクリアできてるかと言われれば私は首を捻ります。

女体化誘導が淡白なのに加えて心を女性化するアプローチをまったく取ってないのが痛いです。
彼女は催眠中に「エッチで気持ちよくなるには心も女性にする必要がある」と明言しています。
しかし実際は体の軽さや柔らかさの変化を多少意識させるだけで終わります。

彼が元々女性に生まれるはずだった背景を考えると
深化後に退行の暗示を入れ、一度赤ちゃんに戻してから改めて女性の人生を歩ませるようにすれば
キャラを活かしつつ心と体の両方を女性に変えられたと思います。
女体化への道筋ができてるのにそれを形にできなかったのはもったいないなと。
ソフトなものからハードなものまで
エッチシーンは26分30秒間。
プレイは乳首オナニーのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「私と一緒に 女の子の気持ちよさを 体験しましょうね」
催眠を使って主人公を女の子に変えた女神は
服の上から乳輪を優しく撫でさせて男性の体との違いを楽しませます。

エッチは終始彼女の指示に従って乳首をいじり続けます。
前半の13分間はソフトな乳首オナニー。
乳輪だけをなぞるところから始まり側面から乳首に近づける、少しペースを上げる
上から撫でる、指で押し込むなど少しずつ刺激が強くなるように進めます。
ちなみに本作品のエッチはすべてシャツなどの薄い上着を着たまま行います。

「いきなりでは刺激が強いですから ゆっくり優しく触ってくださいね」
乳首未開発の人でも楽しめるようにどこをどういじるかはもちろん
いじり方のコツまで教えてくれるとても親切なリードです。
彼女が隅から隅までやってくれるので頭を空っぽにしたまま快感に集中できます。

「普段その場所に指を触れたとしても 何も感じないと思います ですが今は違う それが女の子の刺激なのです」
また彼女はプレイの合間に乳首が普段よりも敏感になってることを意識させます。
開発済みの人なら男性でも乳首で気持ちよくなれることを十分に理解されてるでしょうから
リードも含めてそうでない人を対象にしたプレイなのだと思います。

実際にやってみた感じでは普段との違いは特にありませんでした。
催眠音声のエッチは技術を使って気持ちよくするのが醍醐味ですし、もっと積極的に暗示を入れて欲しかったです。

対する後半は刺激の強いプレイが中心。
爪を立てて乳首を引っかく、弾く、摘む、これら全部といった責めを駆使してドライに追い込みます。

「全身に電気が流れたみたいな 頭から足先まで ピリピリくるような感じでしょうか」
プレイがハードになっても彼女の優しさはいささかも変わりません。
指の使い方やいじるタイミングをきめ細かく指示し、声を出したくなったら好きにしていいと言います。
前半が弱めだったからこそ、最中は軽い電流が走るような快感が味わえました。
未開発の人にもこれが当てはまるかはわかりませんが、少なくともくすぐったいだけではないはずです。

このように、後になるほど刺激を強くしていくオナサポ色の強いプレイが繰り広げられてます。
乳首未開発者向けの作品
女性の快感ではなく乳首の快感を追求してる作品です。

女神は本来女性に生まれるはずだった主人公にその快感を味わわせようと
ストレッチを織り交ぜた癒し系の催眠と乳首特化のエッチをプレゼントします。
ひとつのプレイを色んな方向から楽しませる作り、彼女の慈愛に満ちたキャラと柔らかいリード。
女神らしさを出しつつ新しい快感に目覚めさせる方向でプレイを進めます。

「また 女の子になって 気持ちよくなりたい時は いつでも私を呼んでください」
KUKURIさんや風呂井戸ソフトさんの影響が強いからでしょうけど
女体化作品はどうしてもM寄りになる傾向が見られます。
しかし本作品は完全ノーマルと言っていいほどすべての要素があまあまです。
オナサポスタイルでも意地悪なことはまったくしませんし本当に誰でも聴けます。

ですがテーマの女体化催眠については残念ながら上手くいってないと見ています。
女性に関するイメージを使ったアプローチをほとんどしないこと
心の女性化を匂わせるシーンがまったくないことなどが挙げられます。
エッチも女性ならではと言える要素が特に見当たりません。

「その気持ちよさの先に 何かがあることに気づくと思います それがドライオーガズムです 女の子だけの気持ちよさなのです」
個人的に最も気になったのがサークルさんの乳首オナニーやドライに対する認識です。
前項でも軽く触れましたが女神はエッチで「乳首は男性だと気持ちよくない」と言ったり
終盤に上のようなセリフを投げかけます。

勘違いされると困るのではっきり言いますと、ドライオーガズムは女性だけの気持ちよさではありません。
まとめWikiにも書いてあるように射精しないで絶頂することを意味します。
女体化させずにドライへ持っていく催眠音声も数多くあります。
有料作品で間違ったことをおっしゃってるのはさすがにまずいです。

ネガティブな表現を使うのではなく「男性の時よりもずっと気持ちいい」みたいに
ポジティブな暗示を入れる流れで進めていれば違和感がなくなったのではないでしょうか。
催眠パートも含めて今のままでは女体化がむしろ足枷になってるように思えます。

絶頂シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。

CV:紅月ことねさん
総時間 初回用…1:18:02 2回目以降用…59:18(前置きなどが簡略化されてます)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

【バイノーラル】2人で催眠生放送【初見さん歓迎♪】

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な二人の催眠術師が
生放送形式で催眠をかけたり独特なエッチをして幸せなひと時を提供します。

普通の会話にできるだけ近づけたナチュラルなセリフ
二人が一対一でまったく違うタイプのエッチをする流れなど
聴き手が視聴者になりきって楽しめるように柔らかくて臨場感のあるリードをします。
可愛い催眠術師があなたのためだけに
スイとメロの生放送を聴くお話。

「どうもー 毎週恒例の催眠生放送始まりましたー!」
スイは明るくて優しい声の女の子。
「この放送は バイノーラルマイクで放送してるので よかったらイヤホンで聴いてねー」
メロは明るくておっとりした声の女の子。
生放送を視聴してる人たちへ元気に挨拶すると
放送回数の確認をしたり、放送中の彼らの反応を楽しそうに語ります。

本作品は「リアルヒプノ」「ヒプノフィルター」に続くシリーズ第3弾。
現実世界でも日常的に行われてるネットの生放送をテーマに
彼女たちがおよそ50~70分に渡って催眠をかけたりエッチなサービスをします。
シリーズ扱いになってますが登場人物やストーリーは完全に別ですから今作からでも問題なく楽しめます。

スイ「いやぁでも 回数を増すたびに形になってきたねー」
メロ「ふふっ 始めは結構グダグダだったからねー」
ただし、リアリティを追求する点においては過去二作の血を色濃く受け継いでます。
生放送らしさが出るように全編を通じて世間話をするのと同じ口調でしゃべり
催眠やエッチの最中も距離を適度に変えて彼女たちがすぐ近くにいる気分にさせてくれます。


声優さんたちがリアルタイムで掛け合いながら録音されたらしく
音声を別々に録る場合よりも話しぶり、間の取り方、反応が活き活きしてます。
実際に聴いてみると作品の世界に自然と引き込まれていく感覚がするでしょう。

ちなみに、タイトルや挿し絵から彼女たちが同時に催眠をかけると思うかもしれません。
ですが催眠誘導はスイが一人で、エッチはスイとメロが個別にリードするといったように
基本的には一対一でサービスするスタイルをとってます。
ヒプノマルチボイス」「ヒプノマルチレイプ」のような双子系作品とは違うことをご了承ください。

注意事項を説明した後に始まる催眠生放送はドラマパート(約8分30秒)。
挨拶から始まって夏に関する雑談をいくつか話し、最後にこれから始まる催眠を聴く際のルールを説明します。

スイ「私は今年はビキニに挑戦しようかなぁ」
メロ「皆さん聞きましたかー? スイちゃんがビキニだそうですよ」
催眠を始める前なだけあって話し方や内容がほぼ世間話と一緒ですし
時折視聴者に向けたことを言うところも生放送らしいです。
催眠に類することは特にしませんが、物語の雰囲気に浸ったり彼女たちの人柄を知ることは後々プラスに働きます。
最後の説明も含めて聴き手に催眠に入る心の準備をしてもらうある意味重要なパートです。
演技に優れたシンプルな催眠
催眠はおよそ12分30秒間。
生放送中に何らかのアクシデントが発生し、メロと主人公以外の視聴者が切断されたことに気づいたスイが
そのまま二人きりで彼に気持ちいい催眠を施します。

スイ「無意識が あなたにとって心地いい呼吸のリズムを刻み始める」
そしてここからは元気だった彼女の声が一気にぼんやりしたものへと変化し
適度な間を取りながらゆったりした口調で柔らかい言葉を投げかけます。
生放送パートに比べて時間の流れが緩やかに感じるかもしれませんね。
入れる暗示の内容によって話し方がきちんと変わりますし、本作品の催眠は演技がとても優れてます。

催眠誘導自体は仰向けに横になって目を瞑り、軽く深呼吸してから彼女の声に耳を傾け
さらに体を脱力した後カウントに合わせて催眠状態をさらに深めていきます。

スイ「ふわふわーって 優しく頭の中を声が包み込んで じわじわーって 気持ちのいいのが広がっていく」
スイ「細かく説明をしなくても大丈夫 あなたの体に必要なことは あなた自身が知っている」

雲のようなふわふわした声で気持ちよくなる暗示を適度に入れたり
脱力する際にできるだけ無意識に任せる形でそれを促すなど
彼女は強引に引っ張るのではなく聴き手が自分から催眠に入っていけるように柔らかく誘導します。

最初にドラマパートを聴いてることや演技の良さも相まって
私の場合は催眠開始から7分の時点でかなりの脱力感と眠気を感じました。
母親が赤ん坊を寝かしつけるような優しさと温かさが漂っていて本当に癒されます。

深化させる際もカウント後の暗示の最初だけを速めに話し
その後は少しずつペースを緩やかにすることで落ちる感覚と安心感の両方を与えます。
時間に対する暗示の量はそれほど多くないのですが、その部分を演技や雰囲気で上手にカバーしてます。

数多くの名作を製作されてきたエロトランスさんの実力がしっかりと込められてる良質な催眠です。
スイとメロの言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
深呼吸から始まってリラックスと声に対する集中力の向上、脱力、カウントを絡めた深化など
後になるほど催眠状態が深まるようにゆったり導きます。

技術自体は催眠音声だと割と見かけるものなのですが
セリフの表現が作品の空気やスイのキャラに合わせてあってかなりの没入感が得られます。
時間が短めでそれほど多く暗示を入れてこないのに深く入れてびっくりしました。
体を動かしたり難しいイメージをさせることもないですし、催眠音声初心者でも心地いい感覚が味わいやすいと思います。
とろける快感と操られる快感
エッチシーンは3パート50分間。
プレイは媚薬の注入、凝縮、一体化、オナニー、耳舐めです。

媚薬注入の際に水滴の音が鳴ります。
セルフはありになります。

スイ「今から面白いことをしてあげるね」
催眠をかけて主人公の心と体をとろとろにしたスイは
その感覚を液体に置き換え一風変わった方法で感度を高めます。

エッチは彼女たちが一対一で相手します。
スイパートは催眠に引き続きスイが相手を務めるルート(約35分)。
事前に5分程度をかけてさらなる深化と液体化の暗示を入れた後
彼女が用意したピンク色の媚薬を垂らして透明な体をエッチな色へと染め上げます。

ちなみにエッチパートはスイパート、メロパートのいずれか片方を選択して聴きます。
ドラマパートや催眠も合わせた総時間はスイパートだと70分、メロパートは50分くらいです。

スイ「ゆっくり ゆっくり溶け込んでいき まるで 自分が変化していってることにすら気づかないほど 小さな変化の積み重ね」
スイ「濃度は高くなっていき ほら もうまっかっかになってきた その分薬の作用も強くなっていき もう性欲は溢れ返って あなた自身 すごく敏感」

最初は一滴ずつ、しばらく経つと立て続けに垂らしながら
彼女は彼の体が媚薬に冒されていく様子や感度の変化を暗示の形で上手に伝えます。
本作品のテーマは生放送ですから女性と体を接触させることができません。
だから頭の中だけで気持ちよくなれるようにイメージや色を活用して進めます。

プレイのほうは媚薬を垂らし続けて気持ちよくなれる準備を整えてから
特殊な方法で感覚だけを女性に変え、それから彼女に責められるイメージやオナニーで絶頂を目指します。
セルフ指示無し/有りは終盤で実際に体をいじるかいじらないかが違うだけで他は一緒です。

スイ「女性がどれだけ頭がおかしくなりそうなほど感じても 苦しいくらいにイっちゃっても お構いなしに続けられる」
最も特徴的なのは中盤から始まる感覚の女性化ですね。
知らないほうが楽しめると思うので具体的にどうやるかは伏せますが
主人公の体が液体になってる状況を使ってより敏感な心と体に変えてくれます。
終盤の絶頂シーンも男性と女性の気持ちよさの違いをカウントに反映させて普段以上の快感へと押し上げます。

カウント開始から最後の絶頂まではおよそ11分ありまして
割と早い段階から気持ちいい感覚が脳や股間へ押し寄せるレベルに持っていき
そこからさらに暗示を入れて3回連続の絶頂へと追い込む流れです。

セルフもOKとなってますがこれを実際に完遂するとなると相当にきついでしょうから
ドライ未経験者はオナニーしながら1回射精を、経験者は体をいじらず連続絶頂を目指すのがいいと思います。
ドライ狙いでやってみたらジンジンした気持ちいい感覚が普段よりも長めに味わえました。
試しにおちんちんを軽くいじった時もすごく気持ちよかったですし、セルフでも十分楽しめるのではないかなと。
しごいた時の快感の広がり具合が大きく余韻も長かったです。

対するメロパートのテーマは人形化(約15分)。
催眠誘導後にメロが無事復帰し、スイから引き継ぐ暗示を入れてからオナニーをリードます。

メロ「私に命令され 従ってしまう そう あなたは 自分が従いたくて従うの」
メロ「ほら あなたの頭の中に 白い霧が満たされていく」

人形化と聞くとM向けのプレイをイメージする人もいるでしょうが
メロもスイと同じく彼をもてなす姿勢で気持ちよくします。
最初の時点で彼女の声を聴くほど幸せを感じる暗示を入れて従いたくなる心を養い
さらに頭の中に霧がかかるイメージを使って何も考えられない状況に導きます。

セルフメインなので脱力はあまりせず、心を空っぽにして人形気分を味わわせる感じです。
記憶を一時的に忘れさせる暗示をそれなりに入れてくるおかげで
人によっては彼女が出した質問をすぐさま答えられない体験をするかもしれません。
スイパートと同じく聴き手が人形になりきれるように技術を駆使します。

メロ「じゃあ早速だけど お人形さんの可愛いところ 見せてもらおうかな」
オナニーは開始の指示が出た後自分の好きな強さとペースでしごき続けます。
そしてメロは直接コントロールしない代わりに耳舐めをしたり視線を感じさせて興奮を盛り上げます。

誰かに恥ずかしい姿を見られる、あるいは見せつけるのが好きな人ほど気持ちよくなれるでしょう。
終盤には実際にやったら破滅しそうなスリリングなイメージも登場します。
不特定多数の人間を楽しませる生放送の魅力を加味したプレイです。

このように、それぞれで異なるテーマや方向性を持った熱中できるプレイが繰り広げられてます。
自然な作品
生放送の視聴者とほぼ視点で楽しめる和やかな作品です。

スイとメロは生放送中のアクシデントで一人だけ残った主人公を楽しませようと
催眠はスイが、エッチは二人が個別に相手をする形で変わったプレイを味わわせます。

生放送らしさを大事にした砕けた口調とセリフ、柔らかい言葉と巧みな演技でスムーズに誘導する催眠
そしてスイは液体化&感覚の女性化、メロは人形化と異なるテーマに沿って気持ちよくするエッチ。
技術力の高いサークルさんだからこそできる個性的で質の高いサービスをします。

サークルさんが「中盤からはわりと普通の催眠音声です」とおっしゃられてる通り
生放送の部分を使ってるのは基本的に最初のドラマパートくらいです。
ですが催眠はとんでもなく癒されますし、エッチはドライ・ウェットどちらでも楽しめるように作られてます。
エロトランスさんはエッチが割とソフトな印象のサークルさんなのですが
本作品に限って言えばエッチも充実していてかなり気持ちよくなれます。

催眠は演技の重要性を改めて思い知らされました。
同じ暗示文でも言い方がその内容に合ってるかどうかで伝わり方も随分変わります。
言葉の表現も無意識の力を自然に引き出せるように練られていて素晴らしいです。

エッチはどちらのルートも十分な魅力を持ってます。
オリジナリティに溢れる部分を伏せた関係で伝わりにくい部分もあったかもしれませんが
暗示でごり押しするのではなく、イメージやシチュといった他の要素と組み合わせて絶頂に導きます。
最低でも2回楽しめることやセルフの有無を選択できることも含めて幅が広いです。

絶頂シーンは4回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

シリーズの長所を受け継ぎつつ多様性も持たせた作品です。
以上を踏まえてサークルさんでは3本目の満点とさせていただきました。
おまけはフリートーク、NG集、オフレコです。

CV:スイ…そらまめ。さん メロ…沢野ぽぷらさん
総時間 1:47:46(本編…1:35:42 おまけ…12:04)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

悪魔催眠~射精直後の苦痛を強制的に何度も強いられる音声~

サークル「デラックスパン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでとっても意地悪な悪魔が
ダークな催眠と過酷なエッチでドMな男性の心と体を徹底的に縛りつけます。

たっぷり深呼吸させてから誓約という名の呪いをかける催眠
ノンストップでおちんちんをしごき続け地獄の苦しみを味わわせるエッチなど
心臓の弱い人が聴いたら後に残るかもしれないレベルの極めてハードなプレイをします。

詳細はこの後説明しますが、催眠状態を維持したまま最後まで聴ける作りになってないので
催眠音声よりも催眠つきのドM向けオナサポ作品と思って聴いたほうが満足できます。
悪魔との契約の先にあるものは…
女性の悪魔に催眠をかけられオナニーするお話。

「苦痛と快楽は相対している。一般的には似て非なるもの」
悪魔は穏やかで澄んだ声のお姉さん。
注意事項や自己紹介といった前置きはすべて省略し
作品のテーマとなってる「苦痛と快楽」に関するお話を始めます。

本作品は男性特有の苦痛と快楽を味わわせることを目的に
彼女が70分近くの時間をかけて契約したり極めてハードなエッチをさせます。
一般的な催眠音声は聴き手へのメリットを強調する形で進めるのですが
本作品の場合は心と体の両方に強い負荷をかけ、それから逃げられない状況へ追い込み諦めさせます。

「死んでと言ったら本当に死んでね。これは願望ではなく命令よ」
サークルさんが「心臓の弱い方は決して聞かないようにお願いします」とおっしゃられてるように
精神面にあまり自信のない方が聴くとしばらくブルーになる可能性があります。
ですから痛めつけられるほど幸福を覚えるドMな方だけ聴いてください。

催眠はおよそ27分間。
彼女の命令に必ず従うことを念押しされてからベッドに横になって目を瞑り
まずは自分のペースで深呼吸しながら彼女の言うイメージを思い描きます。

「ふわふわ ふわふわ 全身を包み込むようにたゆたうふわふわしたものが纏わりついてくる まるで雲でできたベッドの上に浮かんでいるよう」
「身体の末端から痺れるような心地よさが広がってくる 広がってくる 指先から全身に向けて熱が広がってくる」

イメージの内容は暗闇に包まれる心地よさ、浮遊感、体の温かさなど。
過酷なプレイとはまるで違う癒しに満ちたアプローチでリラックスを促します。
彼女の声や口調も悪魔とは思えないほど終始穏やかです。

お次は7分程度をかけてみっちり深呼吸したり
特殊な効果音を聴きながら彼女の言葉に耳を傾け催眠状態を深めます。
深呼吸は一部で捻りを加えてるものの基本的には彼女の合図に従い呼吸するだけです。

「あなたは沈む 沈んだら二度と浮かんでこれない沼の底へ あなたは沈む 沈む 沈む 沈む 沈む・・・」
「あなたは緩む 緩んだら二度と力を入れることができなくなる あなたは緩む 緩む 緩む 緩む 緩む・・・」

「うぉんうぉん」とうねる音を鳴らしつつ「沈む」「緩む」などを繰り返すとてもシンプルな深化です。
効果音は体験版の1を聴いていただけばどんな感じかわかります。
面白いとは思うのですが開始前に一言「音を聴くと催眠にかかりやすくなる」と言うだけなこと
各暗示の表現がほぼ一緒でアプローチが単調なこと、別の暗示を入れてるのに演技がすべて一緒なことから
このシーンを聴いて催眠が深まる人はそれほどいないと思います。

この内容では効果音を鳴らす意味がないかなぁと。
音自体は催眠音声に合ってると思うのでもう少し大事に扱って欲しかったです。

エッチシーンにも共通することなので先に言ってしまうと、本作品は特定の単語を繰り返し言うことが多いです。
例えばおちんちんを握られる快感、しごかれる快感、射精の快感をすべて「気持ちいい」と表現します。

普通の作品ならこれでもいいのかもしれません。
しかしこの作品は痛みや苦しみといったネガティブな要素を多分に含んでます。
そして少なくとも催眠音声ではそれが多ければ多いほど言葉の扱いに注意する必要があります。
ストレートに伝えたら聴き手が嫌悪を感じるから工夫するわけです。

「私は誓います 命令に背いたとき、二度と家族の前に姿を現しません」
「私は誓います 命令に背いたとき、地獄に落ちることを約束します」

深化後に行う契約もダークなセリフがバンバン登場します。
催眠状態が深まっても防衛本能は働くので、こういう棘のある言葉を数多く言われると
恐怖心が勝りすぐさま催眠が解けてしまいます。
これが冒頭で「催眠状態を維持したまま最後まで聴ける作りになってない」と書いた理由のひとつです。

リラックスさせてから契約を結ばせるテーマに沿った催眠です。
聴き手の心と体を悪魔の思い通りにすることを目的に
リラックス系のイメージや深呼吸で気持ちを落ち着け、軽く深化させてから契約を復唱させます。

やってること自体は悪魔らしいと思います。
ですが催眠はそもそも被験者を幸せにする行為であって苦しめるものではありません。
苦しみを一時的に味わわせる作品も中にはありますが
それらはすべて苦しみの存在をできるだけぼかし、その先にある快楽や幸福感を強調して進めます。
そして扱いが難しいテーマほど無意識が受け取りやすく感じる言葉を慎重に選びます。

この内容では残念ながら聴き手への配慮が欠けてると言わざるを得ません。
以上のことから非常に厳しいと私は見ています。
ノンストップで連続射精
エッチシーンは2パート32分間。
プレイはおちんちんを握る、オナニー、亀頭責め、潮吹きです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります。

「ちゃんと心の中で唱えたかしら? それじゃあテストしましょうか」
催眠で主人公を自分の操り人形へと変えた悪魔は
その効果を試すために恥ずかしい命令をいくつか出します。

エッチは彼女に言われた通りオナニーします。
最初の「催眠寸止め」は契約の確認と準備運動をするパート(約8分)。
パンツを脱いでからティッシュやコンドームを手の届かない場所へ移動させ
おちんちんをにぎにぎしたり上半分だけを擦って射精しやすい状態へ持って行きます。

「これは自分の手ではなく私の手 あなたのおちんぽは私の手で握られている 気持ちがいい 気持ちがいいけど・・・ あなたは自分の右手を動かすことができない」
「左手を根元に添えて皮を引っ張って固定する。空いた右手でおちんぽの上半分を握る 弱める 強める 弱める」

催眠音声では定番となってる感度を上げる暗示はあまり入れず
彼女におちんちんをしごかれてる雰囲気を出して腕の動きを制御したり
オナニーの様子を細かく実況してどんな風に責めてるかをイメージさせます。

シコシコボイスでペースや強さを細かく指示することはないものの
暗示ではなく命令を中心に進めることからオナサポに近い作りと言えます。

続く「催眠射精地獄」はメインとなるパート(約24分)。
引き続き自分の好きなペースでオナニーし、カウントと同時に射精するのを繰り返します。

「扱かれ続ける 射精しても終わらない 手が止まらない 全力で右手を動かす ザーメンまみれのおちんぽを手コキされ続ける」
ここでのポイントは射精しても絶対に手を止めさせないこと。
射精直後の敏感なおちんちんを普段通りの強さでしごき続け、そのまま次の射精が来るまで耐えます。
連続射精を扱った同人音声をいくつも製作されてるサークルさんの作風が色濃く反映されてます。
催眠に入ってるかどうかに関わらず完遂がとても難しいプレイです。

「ザーメンでぐじゅぐじゅのおちんぽを激しく扱きたてる 萎えようとするおちんぽを無理やり勃起させる もはや苦痛でしかない 苦しい 苦しい」
彼女のセリフもそれに大きく貢献しています。
痛みや苦しみをストレートに伝えてくるため精神にも負荷がかかることを覚悟してください。
オナニーを始める前に彼女が一応の救済措置を教えてくれますから
ガチでやらない限りはそこまで苦しい思いをすることはないでしょう。

このように、男性特有の苦痛をひたすら与え続ける極めてハードなエッチが繰り広げられてます。
相当に過激な作品
催眠、エッチいずれもぶっ飛んだことをしてる作品です。

悪魔は主人公を飼いならし地獄の苦しみを味わわせようと
催眠を通じて命令に逆らえない状況を作り上げ、それから心身共に過酷なプレイを指示します。
洗脳と呼んだほうがしっくりくる催眠パート、本当の意味での連続射精をさせるエッチ。
催眠に初挑戦するサークルさんだからこそできる常識を覆したサービスが味わえます。

「死んでしまっても、霊体になっても、地獄に落ちても、概念になっても おちんぽを手コキし続けてあげる」
彼女は表情や態度には出しませんがSっ気がとても強く
彼の気持ちを完全に無視して最後の最後までいじめ抜きます。

催眠は被験者と催眠者の信頼関係があって初めて成り立つ行為です。
それから逸脱してる以上、少なくとも私はこれを催眠と呼ぶことに強い抵抗を覚えます。
同人音声で活躍されてるからなのでしょうが、そちらのノリで催眠音声を作られてる風に映りました。

催眠は深呼吸させるところまでは良かったです。
最初のリラックスさせるイメージと深呼吸を逆にしてればより効果が出たと思います。
それ以降については既に書いた通り改善点がいくつもあります。
特にセリフの表現は大幅に変えないと催眠状態を維持するのは無理です。

エッチは催眠抜きで語る分には突き抜けていて面白いです。
運動支配の暗示をちょこちょこ入れてはきますが実況のほうがずっと多く
プレイの内容も含めて催眠音声でやるエッチとは方向性が違います。
「私の命令に従うほど気持ちよくなる」などの暗示を盛り込んだほうがいいでしょう。

絶頂シーンは4回(射精3回、潮吹き1回)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

コンセプトは個性的なのだけど催眠との絡め具合に難のある作品です。

CV:小石川うにさん
総時間 1:09:17

オススメ度
■■□□□□□□□□ 2点


体験版はこちらにあります

催眠でオナニーのお手伝い SなAI佐渡レム

サークル「愛熊屋」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、無機質でSっ気の強い女性AIが
Mな男性にコンパクトな催眠とエッチなサービスを提供します。

彼女の魅力を前面に押し出したオナサポ色の強いプレイが魅力で
暗示でオナニーをコントロールしたり感度を上げるといったことはほとんどせず
「最低」「ゴミ屑」などきつめの言葉責めを冷たい口調で浴びせかけてM心をくすぐります。
理由はこの後説明しますが、一般的な催眠音声とは内容が大きく異なることをご了承ください。
冷静なAIのちょっぴり意地悪なご奉仕
女性AI「佐渡(さどの)レム」の指示に従いオナニーするお話。

「あら…起動しちゃったんだ。ようこそ、マスター」
レムはややたどたどしい口調で話す無感情な声のお姉さん。
作品のコンセプトや注意事項を簡単に説明すると、AIを起動した主人公に早速エッチな催眠をかけます。

本作品はMな男性の欲求を満たしながら射精させることを目的に
彼女がおよそ20分に渡って催眠をかけたりエッチのリードをします。
催眠音声は術者の誘導で催眠に入り、様々な暗示で心身をコントロールされる作品が多いのですが
本作品の場合は同人音声におけるオナサポにとても近い作りをしています。

最初から言ってしまいますと、この音声を聴いて深い催眠状態に入れる可能性は低いです。
エッチも催眠の技術ではなく彼女のつれない態度や言葉責めで興奮させるスタイルを採ってます。
催眠に入ってるかどうかで気持ちよさに違いの出にくいプレイをしてるので
ドライオーガズムを初めとする催眠特有の快感を味わえる人はほとんどいないでしょう。
品質の良し悪しではなく元からそういう風に作られてないということです。

「声に合わせて何かをするように、指示することがあります。できなかったり、タイミングが合わなかったりしても、気にする必要はありません」
ただし、レムのキャラ作りは結構しっかりしてます。
催眠パートでは簡単な心得を教えて聴き手の緊張をほぐしてくれますし
エッチに入ると持ち前のSっ気を発揮して彼のM心を適度に刺激します。

最初から最後まで感情を込めずに話すので雰囲気的なエロさは乏しいものの
言葉責めはややきつくて属性が合う人ならゾクゾクする可能性を秘めてます。
ある程度の無慈悲さを見せつつ自由にオナニーさせる比較的緩いプレイが味わえます。

催眠はおよそ7分間。
仰向けに横になって目を瞑りストレッチ、手足の脱力、深呼吸を順に行います。

「両肩を持ち上げるような感じで、グッと力を入れて。(2、3秒後に)力を抜いて」
「右手がだんだん重くなっていきます。右手が重い、重い……。右手が重い、重い……」

ストレッチはどこをどう動かすか指示しながら両手と両肩を2回ずつ動かし
脱力は手と足に的を絞り同じ表現で重さや温かさを伝える暗示を軽く入れます。
やってる事は特に問題ないのですが、超短時間で誘導するには色々不足してると言わざるを得ません。
深呼吸も声に合わせてするだけですし、多少リラックスするあたりが限界です。

簡単に言うと、本作品の催眠は暗示を受け入れやすくする準備で終わってます。
普通の催眠音声はこの後に深化させたりエッチを有利に進める暗示を入れるのですが
本作品はそれが省略されてるので催眠と呼ぶには不完全です。
これが先ほど「深い催眠状態に入れる可能性は低い」と書いた理由のひとつです。
指示は緩く、言葉はきつく
エッチシーンは8分間。
プレイは乳首オナニー、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「マスターが大好きな、オ・ナ・ニーの、時間ですよ」
手短な催眠で主人公を適度にリラックスさせたレムは
おちんちんを自分で取り出させてから乳首を好きにいじるよう言います。

エッチは彼女に言われた通りにオナニーします。
最初の5分間は射精に向けて心身を温めることを目指したプレイ。
乳首オナニーしながら彼女の言葉責めを聴いたりセリフを復唱して気持ちを盛り上げます。

「マスターが気持ちよくなれる方法で、好きに触っていいですよ」
オナサポと言うとシコシコボイスでペースや強さを細かく指示するプレイをイメージする人もいるでしょうが
彼女の場合は開始、停止、射精のタイミングだけを決める緩いものです。
最初から最後まで乳首をいじり続けるので開発済みな人のほうが気持ちよくなれるでしょう。
暗示と呼べるセリフはごくごく僅かです。

「私は、ただプログラム通りに音声を発するだけの、感情の無いAI。なのに、犬みたいになんでも言うこと聞いちゃうなんて、お馬鹿さんですねぇ」
もうひとつのポイントは言葉責め。
普段通りの冷めた口調で彼のことを見下し、時には「馬鹿」などきつめのセリフも言います。
表現は比較的ハードですけど感情を込めずに言うため心を抉られるほどではありません。
Mな彼を喜ばせるサービスの意味合いが強い要素です。

続く3分間はお待ちかねの射精シーン。
軽い休憩を挟んでから乳首とおちんちんを同時にいじり、カウントに合わせて絶頂します。

「使いみちのないゴミ精子は、ティッシュに包んでゴミ箱に、ですよ?」
1カウントごとに長めの意地悪なセリフを挟んでくるのは面白いですが
プレイ時間の短さをカバーするには至ってないというのが正直なところです。
時間内に本気で射精させるのなら最初からおちんちんをいじらせたほうが良かったかなと。
催眠と同じく消化不良に感じました。

このように、暗示ではなく言葉責めで興奮させるM向けのエッチが繰り広げられてます。
キャラは立ってるのだが…
レムの声、口調、態度が最も耳を惹く作品です。

レムはエッチなAIプログラムをダウンロードしてくれた主人公をできるだけ楽しませようと
機械らしい無機質な態度で常に接し、エッチに入ると多少Sっ気のあるリードをします。
深化させずリラックスだけさせる催眠、技術を使わずM向けの手段で気持ちよくするエッチ。
催眠音声の一般的な流れとはかなり違うスタイルでサービスを進めます。

「頭どうかしてます、オナニー以外にやることないんですか? …でも、お馬鹿なところも可愛いですよ」
彼女は表面だけを見るとつれないキャラですが、その一方でツンデレ属性も持ってます。
きつめの言葉責めをした直後にそれでフォローしますから事務的感が薄いです。
心を持たない存在に人間味を持たせて魅力を引き出してます。

それ以外についてはこれまで書いてきたことからもわかるように首を捻る点が多いです。
個々の内容もそうですが噛み合せの悪さが最も気になりました。
具体的にはエッチがセルフなのに催眠パートで手足の脱力を頑張ってたり
催眠をかけたことをほぼ考慮しないエッチをしてることが挙げられます。

全体の流れがぎくしゃくしてると聴き手に疑念を与え、場合によっては催眠が解けてしまうこともあります。
そういうところを考えながら製作してこその催眠音声ではないでしょうか。
現在の有料はどの作品もレベルが高いですし、この品質では非常に厳しいと私は考えてます。
19分で1000円とコスパが悪いのも残念です。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこの点数とさせていただきました。

CV:まさきふぁんさん
総時間 19:07

オススメ度
■□□□□□□□□□ 1点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は2点。
コスパで-1してあります。

催眠にょナニー(女体化催眠)

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第23回目は穏やかでちょっぴりSっ気のあるお姉さんが
女性のオナニーをテーマにしたエッチな催眠で男性の時とは違う快感を味わわせます。

体だけでなく心も女性に変えることを目指したシンプルかつ堅実なサービスが魅力で
催眠は特殊な音と暗示を組み合わせてリラックスや深化をスムーズに行い
それから自分の好きな女性になりきれるよう色んな方向から働きかけてイメージと感覚を膨らませます。
できるだけ短い時間で女性の快楽を
お姉さんの催眠で好きな女性になりオナニーするお話。

「仰向けになって 寝転がってください」
お姉さんは明るくてぼんやりした声の女性。
事前に自分が理想とする女性の顔をイメージしておくように言ってから
仰向けに寝転がり楽な姿勢を取らせ催眠をかけ始めます。

本作品は自分が好意や興味を抱いてる女性になりきって気持ちよくなることを目的に
彼女が比較的短い時間で催眠や女体化を施してから2種類のオナニーを楽しみます。

女体化催眠音声は催眠とエッチの間に女体化が入る関係で総時間がどうしても長くなりがちです。
しかしこの作品は注意事項や解除を合わせても43分と手頃な長さに収まってます。
会社で働いたり家庭を持つようになると自由な時間が一気に減りますし、この聴きやすさは大きな魅力です。

じゃあ時間が短いから内容も淡白なのかと言われればそうでもありません。
催眠パートでは特殊な音を鳴らながら暗示を入れて素早く深化させ
エッチはプレイをしながら女性の心を育てる、といった工夫で品質を維持してます。

女体化と言うと体の変化に目がいきがちですが
本作品の場合は内面のほうも女性化する本格的なものです。
イメージ重視の誘導に抵抗がなければそれなりの没入感を得ながら気持ちよくなれるでしょう。

催眠はおよそ17分間。
まずは仰向けのまま少し深呼吸して心身をリラックスさせます。

「時間とともに 体の力がどんどん抜けていく 体がぽかぽか 温かい」
そしてお姉さんはリラックスや脱力を促す暗示と並行して
「ぽーん」という音叉っぽい神秘的な音をバックで流します。
催眠パート終了時まで流れ続けるので、これを聴いてるだけでもかなりの癒しが得られます。
催眠に適した彼女の柔らかな声と演技もその効果を高めるのに役立ってます。

気持ちが一旦落ち着いた次は女体化に向けての準備を進めます。
体が浮かび上がるイメージをしながら自分の中にある余計なものを捨てていき
さらにカウントを数えて催眠の感覚を一気に広げます。

「性的欲望を満たすのに邪魔な あらゆる考えをここで捨てていって 現実世界に全部置いていって そして男の心も 捨てる」
先ほど説明したように本作品は心も女性に変えることを目的としてるので
男性の心のまま女体化に進んでもそれが邪魔になってしまいます。
だからイメージを通じて一度普段とは違う自分に持っていき
爽快感を与えつつ男の心も捨てられる心構えを身につけさせます。

単に深化させるのではなく先々まで見据えたリードをしてるのが素晴らしいですね。
風呂井戸ソフトさんの中では音声処女作にあたるはずですが、最初の段階から要所をきっちり押さえてます。

本題にあたる女体化は最後の7分間。
ピンク色のもやが漂う不思議な世界へ移動し、そこにいる理想の女性と心身を通わせひとつになります。

「華奢な彼女の手 彼女の体温が伝わります 心臓の鼓動も聞こえてきます」
「あなたの体の境界線が どこだかわからない 光の中に 体が溶けていく」

お互いに裸のまま手を繋ぎ、温もりを感じ、心臓のリズムまで合わせる。
男性から女性に体を作り変えず女性と一体化する独特なアプローチが光ります。
「溶ける」「真っ白」などを交えてすべてが曖昧になっていく様子を語るのも更なる深化を意識していて良いです。
時間が限られてるからこそ余計な部分を削りに削って進めます。

必要なことだけを厳選して行う洗練された催眠です。
聴き手の心と体を女性に近づけることを目的に、序盤は深呼吸で純粋なリラックス
中盤は心を男性から切り離すイメージと最初の深化、終盤はイメージを使った女体化と追加の深化と
シーンごとに何をやるべきかを決め、それに向かって一直線に進みます。

効果音のおかげでリラックスはバッチリですし、暗示も無闇に入れず内容とタイミングを選んでます。
女体化についてはこれで終わりじゃなくエッチで引き続き安定化を図るスタイルですから
この時点では「なんかいつもの自分と違うな」と感じられれば十分です。
最初に理想の女性をイメージさせたのも、一体化を無意識的に受け入れやすくしたかったからだと思います。
女性の感じる部分を徹底攻撃
エッチシーンは21分間。
プレイはオナニーのみです。

おまんこをいじる際に効果音が鳴ります。
セルフは一応ありです。

「あなたの目の前の彼女は ううん あなたは 両手で自分の胸を掴みます」
催眠を使って主人公の体を好きな女性のものへ変えたお姉さんは
すっかり大きくなった乳房や乳首をいじらせ心も女性になりきらせます。

エッチは彼女に言われた部位をいじったりそうするイメージをします。
一番最初にするのは胸や乳首のオナニー。
部屋にある鏡で自分の姿を確認してから感じる部分を優しくいじります。

「胸を揉むたび あなたの心は どんどん私の心と同化していく 心まで女の子らしくなってくる」
乳房をいじる指示は出ませんが乳首は指を使っていじるように言われます。
ですが女体化作品の場合は無理にいじらずイメージで補完したほうが私はやりやすいと思います。
そしてプレイ中は体が熱くなったり気持ちよくなる暗示を適度に入れてサポートします。

喘ぎ声がちょくちょく流れるのも女性になりきる感覚を膨らませるためでしょう。
この後始まるおまんこでのオナニーも効果音が流れますが
どちらも催眠の妨げにならないように鳴らす量を必要最低限に抑えてます。

おっぱいで気持ちよくなった次にいじるのはもちろんおまんこ。
脚を開きすっかり湿ったそこを中から指でかき混ぜて女性の快感を味わいます。

「右手がおまんこを触るイメージ 右手の人差し指と中指が おまんこにそっと触れる」
「周囲にはあなたの汗と愛液の匂いが充満してる とても淫らな匂い そしてその匂いが とても心地よく感じる」

実際にいじったらかなりの確率で催眠が解けることを踏まえてここはイメージと明言してます。
おまんこから湧き上がる純粋な快感(触覚)はもちろん、鏡に映った自分の痴態を意識させたり(視覚)
部屋に漂うエッチな匂いを通じて興奮を盛り上げたり(嗅覚)と様々な方向からメス化を促します。
音声作品ですから当然聴覚も刺激してきます。

催眠と同じくイメージ力を掻き立てることに力を入れてますし
自分がそこにいてオナニーに耽ってる気分に浸りやすいです。
体の熱を高める暗示が比較的多いので後半に差し掛かると火照りを感じるかもしれません。

そうやって心と体の両方を完全な女性へと変えた後にようやく絶頂の瞬間が訪れます。
カウントを数えた後に追い込み暗示を入れてイかせるシンプルなものですが
およそ3分の間に6回と非常に多く、今まで蓄積してきた性感を一気に爆発させてくれます。

「全身に快楽の波が襲う 腰とお尻が激しく痙攣する 激しい絶頂感」
今までが割とオーソドックスなプレイだったからこそ
一番最後は刺激を強くしてオーガズムを存分に味わわせる親切設計です。
さすがに6回全部でイクのは難しいでしょうが、股間の痙攣が断続的にあって非常に気持ちよかったです。
男性では決してできないフィニッシュにしてるのも女体化作品らしいなと。

このように、女性になりきる心を大事にした質の高いエッチが繰り広げられてます。
シンプルでコンパクトな作品
現在の女体化作品に十分対抗できる品質を持った取り組みやすい作品です。

お姉さんは主人公にできるだけ短時間で女性の快感を味わってもらえるように
催眠、エッチいずれもやることをできるだけ絞り込み効果的にリードします。

音を盛り込むことでリラックスに費やす時間を減らした催眠
プレイの実況よりも内面に焦点を当てて女性気分を膨らませるエッチ。
普通にやったら時間が足りない=中途半端になる可能性を考慮しどちらも捻りを加えてます。

中でも「どうやったら女性になりきれるか」を考えたアプローチをしてるのが印象的でした。
性同一性障害という言葉があるように人は心と体の両方に性別を持ってます。
そこに着目して男性から切り離し、女性と一体化させ、それを定着させる流れで進めます。

心も女性に近づいてればおっぱいやおまんこをいじることにも違和感がなくなりますし
心の女性化が色んな意味で有効に機能してるのは間違いありません。
時間が短いからといって手を抜かず、深いエッチを楽しませてくれるのも大きな魅力です。

催眠はタイトル通り自分の体を慰めるプレイに終始してます。
実際に乳首をいじったほうが気持ちよくなれるでしょうが、この内容ならイメージだけでもドライに到達できると思います。
絶頂後の余韻に浸る時間も用意するなど、お姉さんが色んなところで優しさを見せてくれます。

絶頂シーンは6回(連続絶頂)。
淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

女体化の醍醐味が凝縮されてる作品です。
おまけは罵り音声です。

CV:桃華れんさん
総時間 45:08(本編…42:55 おまけ…2:13)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

双子の射精管理

サークル「双子プロジェクト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛い声とちょっぴり意地悪な性格を持つ双子が
左右に寄り添いながら「寸止め」をテーマにしたエッチな催眠を施します。

術者が二人いる状況を利用し左右から交互に語りかけてくる催眠
運動支配の暗示を入れつつ耳を舐めて性感を蓄積させるエッチなど
「双子の射精管理」をそのまま音声化した独特なサービスを行います。
可愛い双子が射精をコントロール
双子の女の子が催眠をかけたりオナニーをリードするお話。

「こんばんはー」
双子はやや声質の違うどちらも可愛い声の女の子。
催眠に関する基本的なことや音声を聴く際の注意事項を説明すると
催眠を使って主人公の射精をコントロールし始めます。

本作品は催眠に入ったまま気持ちいい射精を迎えることを目的に
彼女たちが総時間をほぼ半々に分けて催眠とエッチなサービスをします。
サークルさんにとって初の有料催眠音声にあたりますが
この界隈で非常に人気のある双子催眠に挑戦されてます。

右「呼吸を繰り返してるだけで 心地がいいよね」
左「それだけであなたは何とも言えない開放感を感じることができる」
音声開始1秒の段階から二人が登場し、多くのシーンで交互に語りかけながらお話を進めます。
また一部のシーンではセリフの感覚が急激に速くなったり、0を左右から素早く連呼するなど
Synergism Duet」を初めとする本家の双子を手本にしたと思われる表現や演出が登場します。

完成度に関しては残念ながら首を捻る部分があるものの
新規のサークルさんによくある表面を真似ただけの双子とは明らかに違うものを持ってます。
催眠の技術も勉強されてるようですし、今後のご活躍が十分に期待できるサークルさんです。

催眠はおよそ18分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながら体を脱力します。

左「呼吸を繰り返しながら 右腕全体に意識を向けて」
右「右腕の力が すーっと抜けていく」
右腕、左腕、右足、左足、頭、全身とパーツごとに意識を向けさせながら
「抜ける」などの暗示を左右交互に入れる双子らしい分割弛緩です。
催眠の時間が短い関係で個々の暗示が薄くなってるものの
意識を頻繁に揺さぶられるおかげで頭がぼんやりする感覚が徐々に強くなります。

右「全身は軽いのに 左腕だけなぜか重い」
左「必ずそうなる」
これらを行った直後に脱力具合を確認させてくれるシーンがあるのがいいですね。
特定の部位だけ重感、他は浮遊感と正反対の暗示を入れて感覚の違いを味わわせようとします。
他にも催眠開始直後に双子催眠を聴く時の心構えを説明するなど
催眠音声初心者でも無理なくついてこれるように細かな気配りを所々でしてくれます。

体がある程度リラックスできた次はいよいよ催眠状態を深めます。
左の子はカウント、右の子は深化の暗示と役割を分担して進め
最後の0カウントと追い込み暗示だけは協力して行うコンビネーションの取れた深化です。

右「あなたの心は 無意識に躍りだし 暗示を与えられたことに喜びを感じる」
左「幸せ 声を聞くのが幸せ 暗示を与えられるのが幸せ」
催眠誘導の要所ということでカウントを2回に分け
1回目は純粋な深化、2回目はそれプラス声に対する服従心の強化と内容をやや切り替えて進めます。
本作品のエッチは彼女たちに操られながらオナニーするスタイルですから
暗示や指示にどれだけスムーズに反応できるかがカギとなります。

ここだけはテンポをやや速くして暗示を入れるので
0を言った直後に体全体が軽く落ちる感覚を味わう人もいるでしょう。
その後の暗示も「気持ちいいから従いたくなる」とメリットを強調する形で言いますし
M性がそれほどない人でも受け入れやすく感じると思います。

双子形式をそれなりに活用したシンプルな催眠です。
聴き手の心と体を双子の言いなりにすることを目的に
前半は深呼吸+分割弛緩法、後半はカウントを絡めた深化と
催眠音声ではお馴染みの技法を双子に合わせてアレンジしながら進めます。

時間があまり長くないことを踏まえてやることをきちんと絞り込んでますし
暗示もシーンごとに表現や方向性を変えて後になるほど催眠状態が深まるように組み立ててます。
全体の流れについては特に問題ないと見ています。

ですが双子の運用面はどうしても引っ掛かる部分があります。
最も気になったのは双子の話すペースと間です。
双子催眠は二人で話しかける性質上、多くの作品で一人の時よりも話すペースが若干速くなります。
そうしないと時間あたりのセリフのボリュームが普段と変わらなくなってしまうからです。
間を極端に短く取るのも息継ぎの時間を減らして暗示の密度を高めるためです。

それに対し本作品はほぼすべてのシーンを一人でかける時と同じペースや間で進めます。
これを改善するだけでも今よりずっと入りやすくなるのではないかなと。
双子のもうひとつの特徴である役割分担も十分に機能してるとは言えませんし
双子催眠と呼ぶには今一歩足りないというのが正直なところです。
私が聴いた時は多少意識がぼやけるところまでで脱力感はほとんどありませんでした。
出したくても出せない不思議な感覚
エッチシーンは4パート25分間。
プレイはオナニー、耳舐め、ダブル耳舐めです。

エッチな効果音はありません。
セリフはありになります。

左「管理されることで より興奮していく」
右「管理されることを望んでいる ドMの変態野郎」
催眠を使って主人公を自分たちの声の虜にした双子は
引き続き左右交互に語りかけながら彼の感度を上げ始めます。

エッチは彼女たちとの接触はせずに指示や暗示に従っておちんちんをしごきます。
一番最初の「プレイパート」は準備から射精直前までを行うメインパート(約18分)。
追加のカウントを刻んで彼のM度を普段よりも押し上げてから腕が勝手に動く、射精が近づくと自然に止まるなど
複数の暗示を組み合わせたオナニーで彼に寸止め地獄を味わわせます。

右「手がひとりでに動き出す 快感を求めて シコシコって」
左「勝手に動いているから まるで自分の手じゃない感じがするね」
催眠パートで脱力に力を入れてたのはこのプレイをスムーズに進めるためでしょうね。
運動支配の暗示は比較的入りやすいと言われてますし
うまく催眠に入れていれば彼女たちの言う通りになるかもしれません。

オナニーのペースや強さといった細かい部分は一切指示せず
開始、中断、射精のみを制御する取り組みやすいオナニーです。
明確な寸止めシーンが指定されてませんから、やり方によって難易度が大きく変わるでしょう。

右「耳を舐められてるだけなのに 全身にいやらしい快感がこだまする おちんちんからは我慢汁がぶわって溢れてきて ますます気持ちよくなる」
最大の特徴である双子ももちろん活用します。
パート後半に入ると双子が耳を舐め始めるシーンがあり
ここでは片方が舐めてもう片方が引き続き気持ちよく暗示を入れる連携の取れた責めをします。

暗示中心のエッチだとどうしても純粋なエロさが不足しますし
その部分を作品のスタイルに合った方法でカバーしてるのが実に良いです。
ペースが緩いもののちゅぱ音の水分は高めで吐息も多めに漏らしてくれます。

残りの3パート7分間は寸止めの難易度調節と射精。
「寸止めパート」と「耳舐め」はオプション扱いでオナニーの時間を長くする役割を果たし
「射精」は名前の通りこれまで蓄積してきた興奮と精液を一気に放出します。

前の2つは基本的に耳舐めするだけなのでお好みで入れるかどうかをお選びください。
最初のパートだけでも10分近くしごかせてくれますし、1回ずつ加えると射精しやすい長さになります。
射精はカウントではなく耳舐め音に合わせて迎えるやや独特な方法です。

このように、自分で限界に挑戦する比較的緩い寸止めプレイが繰り広げられてます。
まったりした双子作品
ゆったりしたリズムで催眠やエッチをリードするテーマに沿った作品です。

双子は主人公に普段よりも強烈な射精感を味わわせようと
催眠を通じて心と体を骨抜きにし、その状況を活かした寸止めオナニーを指示します。
左右から交互に暗示を入れる双子らしい作り、聴き手の無意識に任せて寸止めさせるエッチ。
作品名が持つふたつの特徴をそのまま反映させたわかりやすいサービスをします。

左「挑戦したくなる」
右「だって 我慢すればするほど その後の絶頂が気持ちよくなるのだから」
プレイだけを見ると意地悪に感じるところもあるのですが、彼女たちの仕草や態度に悪意はほとんど見られません。
M気質な彼を喜ばせようとしてわざとこう振舞ってるように見て取れます。
セリフの表現が柔らかいもので統一されてるのも相まっていい気分で聴くことができました。
寸止めも途中で暴発してしまうほど激しいものではないです。

催眠は一言で言うと「惜しい」です。
体験版を聴いた時点では双子にすらなってないんじゃないかと思ってたのですが
実際は双子の良い部分を催眠やエッチにある程度反映させてます。
ただ双子特有のリズムや間だけは今のところ表現できてないと見てます。

エッチは催眠らしさと双子らしさの両方を強く意識したものです。
最初の感度強化をもうちょっと入念にやったほうがいいとも思うのですが
それ以降のオナニーは独自性が強く、そこに耳舐めを添えて性的興奮も盛り上げてくれます。
運動支配+セルフと催眠初心者向けのプレイをしてる点も魅力です。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

テーマ性は十分持ってるけど双子の運用面にやや難があると判断し、この点数とさせていただきました。

CV:七海うとさん
総時間 50:18

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

【催眠音声】女の子に添い寝でえっちな催眠かけられ手ェよ

サークル「mosquito cock」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声も態度もあまあまな女の子が
体を密着させながら他愛もない会話をしたり催眠をかけて幸せにします。

普通の会話にできるだけ近づけた極めてナチュラルな演技、リラックス重視の堅実な催眠
複数個所を同時にいじりながら少しずつ絶頂へと導くエッチなど
恋人同士がイチャイチャする雰囲気を大事にした癒し要素満載のサービスが味わえます。

音声を聴く前に抱き枕をご用意ください(無しでも可)。
優しい女性との幸せなひと時
女の子に催眠をかけられ乳首や耳を責められるお話。

「何してんの? 暇? 暇ですかー」
女の子は明るくて甘い声の女の子。
暇そうにしてる主人公に声をかけると
彼に腕枕してもらいながら他愛もないことを話します。

本作品は恋人と言っても差し支えないほど親しい関係にあたる彼女が
軽い世間話をしてから催眠をかけたりドライ系のエッチをします。

サークルさんは「酒に酔った勢いでシナリオを書いた」とおっしゃられてますが
処女作とは思えないほど催眠、エッチどちらもレベルが高く
特に催眠は特定のタイミングですーっと落ちていく感覚がとても味わいやすいです。

「ねぇねぇ たまにはさ腕枕とかしてよ うんうん私のことをさ はいはい腕こっちに貸して」
そう言える最大の要因は彼女のキャラ。
最初から友人や家族に対するような大変親しい口調と態度で接し
サービス中も多くのシーンで自ら体を密着させて癒しと温もりを与えます。


セリフをしゃべるよりも普通に会話する感じで語りかけてくれますから
目を瞑って聴いてると彼女がすぐそばにいる気分がしてきます。
販売ページの説明文には書かれてませんがバイノーラル録音を採用しており
シーンによって声の位置や距離を変える凝った演出もされてます。

聴いたことのある人向けに付け加えると、エロトランスさんの「リアルヒプノ」に雰囲気がよく似てます。
あちらが好きな人ならその時点でこの作品も同じく楽しめるでしょう。
リラックス重視の和やかな催眠
音声が始まってから最初の10分間は世間話。
主人公の腕枕で添い寝しながら女の子が会話したり軽いスキンシップをとります。

「ほんと冬はさお部屋暖房入れてあったかいのに 足とかめちゃくちゃ冷たくなるんだよねー 嫌がらせかーってね」
「えへへ柔らかいかー 満足するまで触っていいよ」

ボディソープの話、体温の話、ほっぺたの柔らかさの話など他愛もないことばかり。
でも彼女の柔らかい声や口調のおかげでなんだかホッとします。
催眠とは直接関係のないシーンですが、彼女との信頼関係の構築に大変役立ってると言えます。
催眠者の人となりを教え、自然な形で作品の世界に引きこむ本作品らしいアプローチです。

その後から始まる催眠は13分30秒ほど。
今度は彼女に腕枕してもらった状態で深呼吸したり肩や顔の筋肉を脱力させます。
目は開ける/閉じるどちらでもいいそうです。

「肩の力が腕とか腰の方に抜けていくような感じがしたり 肩の力が抜けてずーんと重くなったりするかもしれないね」
呼吸の合図や数字を数えてタイミングをわかりやすく指示しながら
力が抜けた時を見計らって上のセリフのようなやや婉曲な暗示を入れてくれます。
どのシーンも暗示を入れるタイミングが的確で感覚の変化が実感しやすいです。

事前の会話も含めて本作品の催眠はリラックスに力を入れており
技術、暗示、口調に統一感があってとても癒されます。
ある程度聴き続けてると眠気や体がへにゃっとした感覚がするでしょう。

「まぶたが重くなる 何も考えられなくなる すーっと気持ちのいい世界に落ちていく ズーンと落ちていく どんどんおちる」
また顔の運動を終えたあたりでは催眠特有のずーんと来る感覚も味わえます。
この後にも短めのカウントを何度か刻んで段階的に深化させてくれますし
大切な人を驚かせないようにゆっくりと心地いい世界へ導きます。

人肌の温もりや幸福感を与えながら催眠状態を深める癒しに満ちた催眠です。
十分な深さにまで誘導し、エッチを楽しめる敏感な心と体にすることを目的に
深呼吸から上半身の脱力、カウントを使った深化と基本的な技術を堅実に組み合わせて進めます。

催眠の実時間は短めですが、事前の会話のおかげで心がほぐれており
誘導自体も丁寧で後になるほど沼に飲み込まれていくような心地いい感覚が強くなります。
ベースの技術は古典催眠を使用し、暗示の言い回しは現代催眠のテクニックにあたる許容暗示を取り入れてます。
この内容で「力が抜ける」とか言うと堅苦しくなりますから、こういう工夫をされてるのは大変素晴らしいです。

まとめると、テーマ性があり技術力もある優れた催眠です。
甘やかされる幸福感を味わいながら
エッチシーンは20分間。
プレイは耳舐め、口の内側を舐める、乳首オナニー、言葉による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありですが射精表現はありません。

「さてさて どうしてあげよっかなー えっちなスイッチ入れようか」
催眠をかけて主人公の心と体をとろとろにした女の子は
彼にもっと気持ちよくなってもらおうと言葉を使ってエッチなスイッチを入れます。

エッチは比較的ソフトなプレイと技術を組み合わせて気持ちよくします。
最初の15分間は絶頂に向けての準備にあたるシーン。
感度が上がる暗示を入れたり彼女が耳舐めをしてエッチな気分をさらに盛り上げ
自分でも乳首を指で、口の裏側を舌でいじり別方向からそれを手伝います。

「敏感になっちゃってるんだし 声出ちゃったりビクビクしちゃったり 我慢しないでいいからね ありのままを見せてよ 私はそれが見たいんだからさー」
「きもちいいが貯まれば貯まるほど 体は溜まった分だけ敏感になっていってしまいます 感じれば感じるほど 体の感度はどんどん上がってっちゃうよー」

エッチに入っても彼女の態度は引き続きあまあま。
自分の声や舌で感じてる彼を一切見下さず、むしろ嬉しそうに見守ります。
暗示も引き続き会話に近い表現が徹底されていて優しい雰囲気をしっかり維持します。
体への刺激はある程度抑え、その不足分を癒しや幸福感といった精神面の心地よさでカバーしています。

プレイで面白いのは口の裏を舐めるやつでしょうね。
上あごの奥のほうにあるざらざらした部分が性感帯らしく、そこを舐めて気持ちよくします。
実際にやってみたところ性的快感と呼ぶほど強くありませんがむず痒い感覚はしました。
音声作品でこういうプレイは初めて聴きました。

最初は耳舐め、次はこのプレイ、もう少し後には乳首オナニーといったように
後になるほどプレイのバリエーションを増やし、それらを同時に行うことで快感を高めます。
ひとつひとつは弱いけど全部合わせたらそれなりに気持ちよくなるように組み立ててるわけです。

「溜め込んだ快感が一気に爆発してしまう さっきより強い快感が体中を駆け巡って もう何が起こってるのかわからなくなっちゃうかもしれない」
残りの5分間はこれまで貯めてきたものを一気に吐き出す絶頂シーン。
カウントを数えてから追い込み暗示を入れるオーソドックスなスタイルで
焦らしや寸止めを一切交えずストレートにイかせてくれます。

乳首オナニーが絡む関係で開発具合によってオーガズムの強さにある程度の差が出そうですが
うまく催眠に入っていれば「気持ちいい」と言えるレベルの絶頂感が襲ってきます。
癒し重視ということで体にあまり負担をかけないように導いてる印象を受けました。
1回では物足りない人向けに連続絶頂形式を採用してるのも良いです。

このように、女性に甘やかされながら絶頂を目指すあまあまラブラブなエッチが繰り広げられてます。
だらっとしてる作品
最初から最後までゆるーく話しかけてくれる癒し特化の作品です。

女の子は大好きな主人公を普段とは違った形で癒そうと
小話を通じて催眠をかけるきっかけを掴み、それから丁寧な誘導で催眠の感覚やドライオーガズムを味わわせます。

仲の良さが感じられる親しげな声と態度、癒しの空気をそのまま技術にしたかのような催眠
心身にできるだけ負担をかけずに感度上昇や絶頂を促すエッチ。
M向けの要素は微塵も見せず、思いやりや愛情を注ぎながらそれぞれをゆっくり進めます。

「せっかくだからこのままぐっすり眠っちゃおうね ずーっと一緒にいてあげるからさ」
この作品が持つ最大の魅力は彼女との距離の近さです。
添い寝や抱き合ってサービスを進める体の密着感に加え
言葉の端々から彼を大事に想う気持ち(=心の近さ)が滲み出ています。
恥ずかしい姿をすべて受け止めてくれる包容力にも大変癒されます。

催眠音声では女性が突然現れて催眠を始める作品もそれなりにありますが
本作品の場合は相手の存在や温もりを伝えながら催眠やエッチをすることにこだわってます。
簡単に言えば「雰囲気がいい」となるのですが、そう感じる明確な材料がいくつも内包されてます。

催眠はしっかり落とすことを大事にしていてかなり入りやすいです。
1記事につき10個しかタグをつけられないルールのせいで「初心者向け」タグをつけてませんが
この内容なら催眠にあまり慣れてない人でもその感覚を実感できると思います。
今年参入してきた新規さんの中ではずば抜けて優れてます。

エッチは激しく愛し合うのではなくイチャイチャする感じをプレイに反映させてます。
幸福感に浸りながら気持ちよくなれるので聴いた後もしばらく良い気分が続くでしょう。
耳舐めもペースを緩めて上品な音を鳴らします。

絶頂シーンは2回。
ちゅぱ音そこそこ、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

人恋しさや疲れを感じてる人には特に聴いてほしい作品です。

CV:そらまめ。さん
総時間 初回用…47:39 二回目以降用…38:55 翌朝用音声…3:51
(オリジナル部分の合計は60分程度)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

女の子のアナタが初めての女の子オナニーしちゃう催眠音声

サークル「黒月堂」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、女子校のお姉さまっぽい上品な先輩が
エッチをほとんど知らない女の子に女性の快感をじっくり優しく教えます。

女体化誘導を挟まずに女性になりきってエッチする展開や
暗示ではなく指示を与えてオナニーをリードするプレイスタイルなど
催眠音声よりもオナサポ系の同人音声に近い作りをしてるのが特徴です。

音声を聴く前に以下のものをご用意ください。
制服、可愛い下着、梵天つき耳かき棒(必須)、ローション(必須)、自分は女の子だという自覚
女の子の初オナニーを疑似体験
先輩の天堂麻里香にオナニーのやり方を教えてもらうお話。

「ごきげんよう。このワタクシ、天堂麻里香に何かご用かしら?」
麻里香は明るくて上品な声のお姉さん。
主人公に女性のオナニーを教えて欲しいと言われて少し驚くと
部屋のソファに座らせ、足を開かせて恥ずかしい格好にします。

本作品は女性になりきって乳首やクリトリスをいじる快感を存分に味わってもらうことを目的に
彼女がごくごく軽い催眠を施してから1時間以上にも渡る丁寧なオナサポをします。

催眠音声でこのシチュだと女体化をイメージする人がそれなりにいるでしょうが
作中で彼女が女体化誘導することは一切ありません。
冒頭の準備物にも書いたように、聴き手が自分の力で女の子になりきりプレイに取り組みます。

「恥ずかしそうにおっぱいを触っている貴女、とっても可愛い。女の子のオナニーしてる姿って、エッチで可愛いわ」
ただし、彼女のセリフは女の子らしさを非常に強く意識してます。
エッチに未熟な主人公を笑うどころか「可愛い」と褒め称え
プレイ中もどこをどのようにいじればいいのかを細かく教えながらゆっくり絶頂に導きます。

同人音声のほうで主に活躍されてるサークルさんなので
催眠音声専門のサークルさんとは色んな部分に違いが見られます。
ガチの催眠音声ではなく催眠を織り交ぜたオナサポ音声と呼ぶのが妥当な内容です。

催眠はおよそ11分間。
ソファに座って楽な姿勢を取り、目を瞑ったままゆっくり深呼吸するところから始めます。

「貴女の指先から力が抜けていく。心地良いお湯の中でフワフワ、フワフワと漂っている感じ」
そして彼女は短い間に主人公をできるだけリラックスさせられるように
お風呂に入ってるイメージを交えて体から力を抜いていきます。
このシーンはお湯の揺れる音も鳴るので結構リアルです。

イメージの扱い方は上手ですが、この場合は暗示を「力が抜ける」よりも
「温かくて気持ちいい」と入れることを頑張ったほうが良かったと思います。
お風呂に入ってるなら脱力感より温感のほうを強く感じるでしょうし
催眠後に始まるエッチがセルフ主体なのを考えればあまり力を抜かないほうがスムーズに進みます。

大事なのは力を抜くことではなく心身をリラックスさせることではないでしょうか。
目的に沿った暗示を選ぶことも催眠音声では重要です。

「さあ、ゆっくり目を開けて。今から、私が20から0まで数を数えます」
お次はお馴染みのカウントを数えて催眠状態をさらに深めます。
しかしカウントを始める前になぜか目を開ける指示が出たり
最中の暗示が体の感度を上げるものばかりなのがどうにも引っ掛かりました。

感度上昇はエッチを見据えてのことなのでしょうが、この催眠には深化と呼べるシーンが特になく
催眠状態をほとんど深めないままメインの暗示を入れてしまっています。
私が聴いた時も催眠に入った感覚はほとんどしませんでした。
そんな状況で大事な暗示を入れてもあまり効果は見込めないと思います。

カウントの直前にわざわざ目を開ける理由もよくわかりません。
人間は目を閉じてるほうがずっとリラックスできますし、情報が制限されて音声にも集中しやすくなります。
「催眠じゃない」と言う気はありませんが違和感を覚える部分がいくつも見られます。
性感帯を焦らすようにゆっくりと
エッチシーンは2パート65分30秒間。
プレイは耳たぶへのキス、乳首オナニー、亀頭オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「さあ、それじゃあ始めるわよ。まずは、貴女の可愛いおっぱいを見せて頂こうかしら」
主人公にコンパクトな催眠を施してリラックスさせた麻里香は
いよいよ本題となるオナニーのやり方を手取り足取り教えます。

エッチは彼女に言われた通り指を動かして乳首や亀頭を刺激します。
最初の「チクニーで快感を高める」パートでするのは乳首オナニー(約34分30秒)。
序盤から中盤は耳かき棒を、終盤は指を使ってゆっくりいじります。

「まずは利き手の人差し指と親指で、利き手側のおっぱいの乳輪の右と左の部分を優しく、そ~っと擦るの」
そして彼女はどのシーンでもどこをどのようにいじればいいのかや、その際の心得やコツを丁寧に教えます。
暗示で体の動きをコントロールしたり感度を上げることはほとんどなく
同人音声側で人気のあるオナサポにとても近い作りをしています。

一応感度の強化はとあるトリガーを用意してるのですが
前項で話した通り催眠が不完全なので実際にそうなる可能性は薄いかなと。
ただしオナニーの進め方はしっかりしていてやりやすいです。

「さあ、反対の乳輪にも梵天で円を描いてみて。ほらほら、力が入ってる。力は抜いて。優しく、触れてないぐらいの力加減よ」
このパートで特徴的なプレイは耳かき棒を使ったオナニー
梵天→ヘラの順に乳輪、乳頭、乳首を丹念にいじります。
乳首特化の作品がこのところ俄かに増えてますがこういうプレイは初めて聴きました。
梵天はこそばゆくて面白いし、ヘラは強めの刺激が走って別の良さを持ってます。

続く「クリオナで絶頂」は亀頭に的を絞ったオナニー(約31分)。
最初はパンツ越しに、しばらくすると直に指や手を使ってたっぷりいじり
絶頂しそうになったら手を止めるのを繰り返して性感をできる限り蓄積させます。

「スゴイでしょ? 剥いたクリを触ると、快感の刺激が今までの倍になるよね」
エッチが始まっても麻里香の態度は引き続きあまあま。
裸になりおまんこを晒してる主人公を一切見下さず、むしろ嬉しそうな表情で指示や言葉をかけます。
サークルさんが当初百合系の作品を目指されてただけあって雰囲気はとても柔らかく
途中で激しくいじりたいと言う彼を彼女が制止するシーンもあります。
焦らしをやや意識したまったり系のエッチです。

プレイについてはパンツ越しに指でなぞるところから始まり
パンツを脱ぎローションを塗ってから優しく押したり、指で輪っかを作りカリ首を刺激するなど
十分過ぎる時間を活用して幅広い刺激が得られるようにリードします。
彼女はクリトリスと言いますが亀頭オナニーと同じ感覚でやってもまったく問題はありません。

ちなみに最後の絶頂シーンはドライ、ウェットどちらでもいいそうです。
指で実際にいじり続けることを考えればウェットのほうがずっとやりやすいでしょうね。
ドライはこの内容だとさすがに厳しいと思います。

このように、百合っぽさを出しつつ性感帯をじっくりいじる和やかなエッチが繰り広げられてます。
優しく教えてくれる作品
催眠音声と言うよりはほんの少しの催眠要素を含んだオナサポ音声です。

麻里香は女性の快感に興味を持ってるけどやり方がわからない主人公にそれを味わわせようと
お嬢様っぽい優雅な態度で最初から最後までいじり方やそのペースを丁寧に教えます。

簡単に入手できる器具を交えて色んな快感を与える乳首オナニー
敏感な部分なので痛みを与えないよう注意して続けさせる亀頭オナニー。
18禁音声としての実用性をひたすら追求したテーマに沿ったプレイをします。

「恥ずかしがらずに、どんどんエッチな挑戦をして頂戴ね」
そして女体化誘導しないハンデを補うためにセリフの表現を工夫しています。
実際に女の子になりきれるかはともかく、そんな雰囲気でエッチをしてるのは事実です。
オナサポ自体も男性相手の時よりずっと穏やかで柔らかいです。

催眠については時間的にも内容的にもほぼおまけです。
リラックスさせたところでエッチに進んでしまってますし、暗示の方向性にも疑問を感じます。
女体化を省略するならせめて深化まではきっちりやって欲しかったです。
サークルさんが催眠音声だとおっしゃられてるので一応こちらにカテゴライズさせていただきましたが
一般的な催眠音声の水準に届いてないというのが正直なところです。

エッチはオナサポとして聴く分には楽しめる内容に仕上がってます。
時間が60分以上ありますしプレイの内容も個性的で色んな刺激が味わえます。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:かなせさん
総時間 1:34:52(本編…1:28:04 フリートーク…6:48)

オススメ度
■■■□□□□□□□ 3点


体験版はこちらにあります

カウント・ダウン

サークル「催眠日記」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第22回目は穏やかでちょっぴり心配性な彼女が
入念な催眠とそれを活かしたエッチで自分の魅力をアピールします。

タイトルにもなってるカウントを軸にしたシンプルで緻密な催眠が行われており
重要なシーンは前後の暗示を厚く、そうでない時は軽めに入れながら
カウントを何度も数えて催眠状態を段階的に深めていったり体の一部を動かなくします。
催眠に入る心地よさや、彼女に心と体を操られる気持ちよさをたっぷり味わえるでしょう。
カウントの力であなたを虜に
彼女に催眠をかけられ気持ちよく絶頂するお話。

「・・・・・大好き。もうすぐお別れだけど、毎日私のことを忘れないように」
彼女はややトーンの低い穏やかな声の女の子。
自己紹介などの前置きはすべて省略し、ちょっぴり意味深なことを言うと
主人公が自分を好きでいてくれるように催眠をかけ始めます。

本作品は何らかの事情で彼氏としばらく会えなくなる女性が
その間に浮気しないようにと70分近くに渡る催眠とエッチを提供します。
催眠が49分、エッチが16分とかなり催眠に寄った作りをしており
深化に力を入れてるのも手伝って催眠特有の落下感や心地いい感覚が味わいやすくなってます。

「私が今から・・・・10から0までカウントをしていくと・・・0に近づくたび・・・ あなたの頭の中に真っ白なもやがかかり始める・・・・・」
最大の特徴は何と言ってもカウント。
催眠の序盤からエッチの終盤に至るまで大小様々なカウントを数え続け
その前後や最中に状況に応じた暗示を的確に入れて上手に働きかけます。


カウントは催眠音声だとかなりメジャーな要素にあたりますが
ほぼこれだけで完結してる作品は本当に珍しいです。
だらだら数えるのではなくシーンごとに明確な目的を持って行う考えられたカウントですから
リズミカルな印象を抱きながらそれに合わせて自分の心が大きく揺れ動くのを感じるでしょう。

催眠はおよそ49分間。
仰向けに横になって目を瞑り、7分近く深呼吸をしてから
主役にあたるカウントを繰り返し数えつつリラックスや脱力の暗示を入れます。

「深呼吸していくごとに・・・・力がじわり・・・・じわりと抜けていく・・・・」
最初の深呼吸は所謂準備にあたるシーンですが
呼吸の合図を出しながら吐いた直後にのみタイミングよく暗示を入れます。
冒頭よりもセリフの間を長めに取りぼんやりした声で彼女が語りかけるのもいいですね。
ここだけでも気持ちがスッキリしたり手足が少し重たくなるのを感じます。

「頭の中が真っ白な霧で包まれる感覚・・・・・ ふわふわとした・・・・気持ちいい感覚・・・・ さらにその霧が濃くなっていきます・・・」
「0になるたびに深くなる感覚・・・ カウントすれば・・・するほど・・・その感覚は二倍・・三倍と深く入っていく・・・・」

続くカウントを数え続けるシーンは初めが頭の中にもやがかかる感覚
次は深い催眠に落ちる感覚、そして体が重くなる感覚といったように
後になるほど心身がよりリラックスできるように異なる暗示を順番に入れていきます。
そしてカウントをたくさん数える状況を利用し、カウント自体にも暗示を込めて深化を後押しします。

やってることはものすごくシンプルですが、カウントの数え方がシーンによって違いますし
暗示の表現や入れ方も上手で時間が経てば経つほど頭の中がドロドロになります。
普段はゆっくりのんびり数えてるからこそ、急激にペースを上げた時にヒュンと落ちる面白い感覚がします。

後半の25分間は今まで以上に深い深い催眠状態へと導きます。
カウントにちなんだキーワードを設定し、それをトリガーに深化を促したり
カウントに合わせて半覚醒と催眠状態を何度も往復させるなど引き続きカウントを有効活用します。

「両手の手のひらが・・・・まるで磁石に引っ張られているように・・・・・ もう片方の手とくっついてく・・・・」
そしてここでも聴き手が単調さを感じないよう適度な変化をつけてます。
中でも終盤に登場する腕がくっついて離れなくなる暗示は
一定以上の催眠状態に入っていればそれに近い感覚を実体験できます。

本作品の催眠は体のコントロールを制御する暗示に力を入れており
催眠音声をまだ聴き始めたばかりの方や、被暗示性が低めの方でも催眠の感覚が味わいやすくなってます。
一般的には運動支配の暗示が最も入りやすいとされてます。
催眠重視の作りやカウント特化の展開と合わせて初心者向けの作品と私は見ています。

テーマのカウントを使ってじっくり催眠状態を深めていく大変丁寧できめ細かい催眠です。
聴き手の心と体を彼女の虜にすることを目的に、長めの深呼吸で十分にリラックスさせてから
10、5、3といったカウントを状況に応じて使い分けて脱力感や心地よさを少しずつ確実に広げます。

この催眠を一言で言えば「カウントを数えまくる」なのですが
実際は落とすべきところでカウントや追い込み暗示のペースを急激に上げるとか
軽くフェイントをかけてからキーワードを言って深化させるといった細かなテクニックが随所に込められてます。

流れが単純だからこそ、そういった変化に心が何度も揺さぶられてすごく気持ちいいです。
初心者から熟練者まで誰でも楽しめるでしょう。
女性にオナニーを制御される快感
エッチシーンは16分間。
プレイはオナニー、声による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「ズボンとパンツをおろしなさい・・・・」
入念過ぎるほど入念な催眠で主人公を心地いい世界に案内した彼女は
ズボンとパンツを脱いでおちんちんを握らせ、しばらくそのままにして弱い快感を与えます。

エッチは彼女が暗示で手の動きをコントロールする形で行います。
最初の12分間はドライオーガズムを見据えたプレイ。
引き続きカウントを数えたりキーワードを言って催眠状態を維持しつつ
手がおちんちんにくっつく、勝手にしごく、動かないといった暗示を入れて焦らします。

「時にはゆっくり・・時にはすばやく・・・・あなたのてはおちんちんをしごき続ける・・・ あなたの手じゃないみたいに・・・あなたを知り尽くした私の手みたいに動き続ける・・・・」
彼女は彼の恋人ですから本当に意地悪したいわけではありません。
だからオナニーの開始と停止、それから射精のタイミングだけは制御して
しごくペースや強さについては彼の好きにさせます。

彼女に操られてる気分を味わわせながら気持ちよくする感じのプレイですね。
ですがここでのフィニッシュは敢えて射精ではなくドライにしてます。
催眠がしっかりしてますし、カウントの使い方も上手なので0に近づくほどこみ上げてくるものを感じると思います。

「精子どぴゅどぴゅでて、体に快感の電流が走り抜け・・・・ いままでに味わったことのないような快感に心が支配される・・・・」
残りの4分間はもうひとつの絶頂形式にあたる射精。
ドライの時とほぼ同じスタイルでカウントに合わせて発射します。
オナニー自体はとても気持ち良いのですが、もう少し時間があったほうが抜きやすいかなぁと。
ドライ、セルフいずれか一方だけにしたほうが充実したエッチになったと思います。

このように、カウントで心と体を制御するテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
催眠特化のシンプルな作品
カウントを駆使して色んな感覚を与えてくれる質の高い作品です。

彼女はしばらく会えなくなる主人公が他の女性に目移りしないようにと
普通の人にはできないレベルの緻密な催眠を施してから2種類の絶頂をプレゼントします。

様々な暗示にカウントを絡めたタイトル通りの作り
そしてその中に適度な変化をつけて催眠を深めたり絶頂させる効果的なアプローチ。
基本的な流れはシンプルにして他の部分で個性や面白味を出してます。
「次もこう来るだろう」と思わせておいてストンと落とすところが特に印象的でした。

カウントは催眠音声における基本的な要素だからこそ
その運用方法に作り手の実力がダイレクトに現れます。
目的を見据えた数え方、トーンの上げ下げ、ペース、前後や最中の暗示の入れ方などです。
こういった細かな部分がすべてしっかりしてるのですごく聴きやすいし入りやすいです。

エッチはサークルさんの他作品と同じく催眠に比べると存在感は薄いです。
ですが初心者はセルフからの射精、熟練者はそれに加えてドライと多様性があります。
催眠に入る/漂う感覚も存分に味わえますから十分に気持ちよくなれます。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

ひとつの要素をとことん追求し磨き上げてる良作です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:10:19

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて穏やかな声のお姉さんが入念な催眠で心地いい世界に導き
それからタイプの異なる2種類のエッチで別の快感や絶頂感を与えます。

心にプラスに働く暗示をたっぷり入れつつヘミシンク音を鳴らして深く落とす催眠
性的に気持ちよくなる暗示と深化の暗示を並行して入れるエッチなど
催眠状態をしっかり維持しながらイかせる親切で独特なサービスが行われています。
様々な心の薬をあなたに
お姉さんに催眠をかけられ2種類のエッチを楽しむお話。

「ふとんの上で仰向けになって、ゆったりとしながら聴いてください」
お姉さんは明るくて穏やかな声の女性。
自己紹介や作品のコンセプトといった背景部分はすべて省略し
早速主人公に深呼吸するよう呼びかけます。

本作品はいい気分に浸りながら気持ちいい絶頂を迎えてもらうことを目的に
彼女が30分近くの時間をかけてじっくり催眠を施してから
残りの時間をほぼ半々に分けてドライ→ウェットの順に1回ずつ絶頂させます。

すくりぷてっどこねくしょんさんは催眠音声において実力、名声共に第一級のサークルさんです。
本作品でも独自の要素を交えつつ後になるほど催眠の感覚が強くなるように導いてくれます。
初心者を特に意識したアプローチはされてないものの、催眠状態を維持しやすく作られてますから
催眠慣れしてない人や被暗示性の低い人でも普段とは違う心地いい感覚が味わえるでしょう。

催眠はおよそ27分間。
最初は仰向けに横になって軽く深呼吸し、それから彼女の言葉やカウントに耳を傾けます。

「あなたは今とっても楽しい気分。なんだろう?よくわからない。けど不思議とすごーく楽しい」
「なんだかとってもうれしい。明るい、楽しい、快感、浮遊、開放、自由」

楽しい、嬉しいなど人間にとってプラスの感情にあたる言葉が非常に多く
彼女の活き活きした声と演技も相まって心がスッと軽くなった気分がします。
気持ちいい絶頂を迎えるには心が綺麗になってるのが望ましいです。
だから彼女はそれらの感覚を暗示の形で伝えて少しずつリフレッシュさせようとします。

体を脱力させる際にも「重くなる」ではなく「宙に舞い上がる」と表現するなど
細かなセリフの表現にも気を遣ってるのが見て取れます。
深呼吸しながら彼女の言葉を聴くのも相まって、比較的早い段階から意識のぼやけを感じました。

「この声は気持ちのいい声 この気持ちのいい声にあなたは全てをゆだねます」
催眠の合間合間に彼女が声に対する注意を引くのもポイント。
エッチで彼女の言うことを素直に受け入れ気持ちよくなるための下準備として
声に良い印象を与えたり、聴けば聴くほど幸せになる暗示を適度に入れます。

心身をリラックスさせ、彼女の声にだけ集中する。
序盤から柔軟なアプローチで深い催眠に入れる環境をスムーズに整えます。

準備が整った後はいよいよ催眠状態を段階的に深めます。
短いカウントを数えて一旦半覚醒させてからすぐさま深化させるのを数回繰り返したり
特定のキーワードを通じて安心させるなど様々な方向から聴き手の無意識に働きかけます。

「音を聴き続けていると空でふんわりと漂っているような 不思議な感覚になっていきます。とーっても、体が軽くなっていきます」
その中で特に面白いのがヘミシンク音
「ぶぉぉぉん」という不思議な振動音が途中から流れ始め、彼女もそれを起点により心地いい感覚を与えます。
サークルさんの他作品でも使われてる音ですから聴いたことがある人もいるでしょうね。
頭の中を軽く揺さぶられるような感覚がしてとても気持ちいいです。

様々な暗示と要素を組み合わせて後になるほど深めていく個性的かつ堅実な催眠です。
聴き手の心を落ち着け、お姉さんの言葉を素直に受け入れられるようにすることを目的に
前半は爽快感や浮遊感、後半は幸福感や落下感を伝える暗示を多めに盛り込み
それらにカウント、イメージ、揺さぶり、ヘミシンク音など多種多様なアプローチを融合させて進めます。

古典催眠のように決まりきった方法で落とそうとするシーンは少なく
彼女の言葉に耳を傾けてるだけで自然と頭の中がぽわぽわしてきます。
そして中盤以降に差し掛かると胸のあたりが温かくなったり、頭や体にずーんと落ちる感覚が襲ってきます。

これだけ色んなことをやってるのにちゃんとひとつの催眠に仕上がってるところが素晴らしいです。
暗示も聴き手をリフレッシュさせたり幸せにするもので統一されてます。
初心者から熟練者まで誰でも楽しめる親しみやすい催眠です。
ふたつの絶頂を味わえるエッチ
エッチシーンは40分30秒ほど。
プレイは太ももの愛撫、亀頭責め、乳首の感度上昇、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありになります(ドライもあります)。

「さあ、私が今からあなたを気持ちよくさせてあげる」
巧みな催眠で主人公を気持ちいい世界に招待したお姉さんは
真っ白な空間で彼と二人きりになり、太ももやおちんちんの先端を優しく撫でてあげます。

エッチは一部で体に触れるシーンがあるものの、基本的には言葉やイメージで絶頂させます。
前半の22分間はドライオーガズムを目指したプレイ。
彼女が軽い愛撫をしたり淫語を言って興奮と性感を高め
さらに乳首をクリトリスへと変えて射精とは違うタイプの絶頂感を与えます。

「ふとももにすうっとやさしい感覚が伝わってきます。すーり、すーり。くすぐったい、けど、とーってもやさしく」
「触っていないのに、乳首がくすぐったい。くすぐったいと、思えば思うほど、感度が上がって 乳首の先が膨らんで、なんだかせつない気持ちが、こみ上げてきます」

そして催眠音声らしくどのプレイも責められる快感を言葉で上手に伝えます。
このシーンは焦らし気味に責めるので股間や乳首がむず痒く感じるでしょう。
どんな風にいじってるかの実況はほとんどせず、感覚支配の暗示に力を入れて進めます。

「乳首がクリトリスに変わる」と言われただけではピンと来ないでしょうが
感度が最高に高まった状態に対する比喩っぽい使われ方がされてます。
実際のところ、開発済みの乳首をいじる快感は細く鋭くておちんちんのそれとは随分違います。

本作品のエッチの魅力はそれだけではありません。
深い催眠状態を維持したままエッチを最後まで楽しめるようにと
彼女はプレイの最中にも深化の暗示を入れたりヘミシンク音を流します。

「体も、す~っと浮かんでいきます、ゆっくり、ゆっくり、浮かんでいきます。とーっても、気持ちいい。そしてあそこは、かたーくなっていく。どんどん固くなる」
体はぐったり、でもおちんちんだけはとっても硬くて元気。
男性が最も感じられる部位に意識を集中させれば当然得られる快感も大きくなります。
催眠状態の維持だけでなくエッチにも役立ててるところが印象的でした。
ヘミシンク音はプレイ開始から12分後まで流れてそれ以降は声だけになります。

終盤の絶頂シーンはカウントを数えつつ性感をさらに高める王道のプレイ。
深い催眠に入ったまま準備を重ねてきたおかげもあって
数が進むほど乳首がかーっと火照り、股間にじんじんした痺れが強くなるのを感じました。
乳首イキっぽい内容ですが、おちんちんの感度もそれなりに上げたうえで行うので両方気持ちよくなると思います。

後半の18分30秒間はおちんちんでのオナニー。
最初は両手で、次はやや変わった方法でおちんちんをしごきつつ
彼女が手の動きや射精をコントロールして限界まで射精感を高めます。

「全身が、快感に包まれる! すごい勢いで、おちんちんがビクビク、全身がビクビクしてる!」
そしてここでも独自の設定やイメージで聴き手を楽しませようとします。
どんなことをするかは聴いてのお楽しみとさせてください。
催眠状態にどっぷり浸かったままおちんちんをいじると普段よりもきっと気持ちよく感じるでしょう。
そんな状況で多少我慢してから射精を迎えればどうなるかはなんとなく想像できるはずです。

このように、催眠音声ではメジャーな2種類の快感を両方楽しめる豪華なエッチが繰り広げられてます。
じっくり気持ちよくしてくれる作品
やることを絞り込み、それに向けて色んな方向から楽しませてくれる作品です。

お姉さんは主人公が幸せな気分に浸ったまま絶頂を迎えられるように
最初から元気や勇気を与える言葉を意識して多く投げかけ
良い印象を抱いてもらいながら自分の言葉にすんなり従える心境へと導きます。
そしてエッチに入ると絶頂形式だけでなくそこへ至る道筋も大きく変えて気持ちよくします。

すくりぷてっどこねくしょんさんは数多くの催眠音声を製作されてることもあり
催眠およびエッチの流れやそこで使われる技法、暗示が実に多彩です。
本作品はその長所がとても良く出てると思います。

ストレートに感覚を伝えてたかと思えばイメージを交えたり、その際に「ふわふわ」などの擬声語を意識して使うなど
状況に応じてアプローチや暗示の表現方法がガラリと変わります。

それでいて全体に統一感があるのがとにかく素晴らしいです。
聴き手にどうなってもらいたいかのビジョンがちゃんとあるからでしょうね。
各要素の組み合わせ方にも違和感がなく、後になるほど頭の中がどろどろになる感覚が強くなります。

エッチは前半がドライ、後半はセルフからの射精とこちらも大衆性を意識してます。
催眠そのものの心地よさが十分に味わえるし、快感にも没頭しやすく充実したひと時が過ごせます。
セルフがやや特殊なのでコンドームを着けて聴いたほうが後片付けしやすいです。

絶頂シーンはドライ1回、射精1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

催眠音声に関する様々な感覚が一挙に味わえる作品です。
何より無料ですから興味の湧いた方は是非お試しください。

CV:胡桃れみさん
総時間 1:10:04

すくりぷてっどこねくしょん
http://107baknyuata.blog110.fc2.com/blog-date-200712.html
(ページ上部「第6弾(cv胡桃れみ)」が本作品になります)

↑このページのトップヘ