同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:シコらnight

   ● 口淫館~いやらしい女たち~
   ● 乳首責め店でする乳首責め射精…
   ● ビデオチャットでされる乳首オナニー指示


口淫館~いやらしい女たち~

サークル「シコらnight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、フェラを専門に行う変わったお店を舞台に
そこの風俗嬢2人が濃厚なサービスで男性の精液を搾り取ります。

しゃぶる役としゃべる役を分担しながら責めるのが大きな特徴で
前者はセリフをほとんど挟まず数分ごとに異なるちゅぱ音をガンガン鳴らし
後者は音だけだとイメージしにくいところを補ってプレイに臨場感を与えます。
熟女のねっとり口まんこで
口淫館の店員「かすみ」と「しおり」がフェラするお話。

「いらっしゃいませ…。担当のしおりです…。よろしくお願いいたします」
しおりはトーンが低く色っぽい声の女性。
主人公に下着だけの格好になってもらい、その間にかすみを連れてくると
お店のシステムを説明してからサービスに入ります。

本作品はおちんちんが大好きでその弱点も知り尽くしてる2人の熟女が
役割分担しながら80分程度に渡って3つのサービスをします。
最初はかすみ、次はしおりとパートごとにフェラする役を切り替え
さらにもう1人はプレイに直接参加せずその様子を実況してイメージ力を膨らませます。

「ほぉらぁ…あの厚めの唇を…舌でゆっくりと舐めまわし始めました…。あなたのことを…誘っているようです…」
フェラは口を使うプレイなので責めてる最中はしゃべれないという弱点があります。
それを補うためにこのお店では2人1組でご奉仕するスタイルを取ってるのだそうです。
作中でダブルフェラをするシーンは一切ありません。
ちゅぱ音と言葉責めを組み合わせて興奮と射精感を盛り上げる独特な作りをしています。

フェラしながらしゃべると肝心のちゅぱ音が聞きにくくなると思う人がいるでしょう。
そのへんは説明した後しばらく無言になる配慮がされてます。
他にも単一のプレイによくあるマンネリ感を解消する工夫が随所に見られます。

例えばかすみの時は一般的なフェラから始まり
亀頭を重点的に責める、軽めのバキューム、ピストンフェラ、そしてイラマチオと
色んなタイプの責め方を盛り込み、その都度舐め方を変えて音に慣れにくくしています。
実況とセットになってますからどんな風に舐めてるかもわかりやすいです。

かすみ「しおりさんって…くさぁいオチンポの匂いが大好きなんです…。特に…皮の中に溜まった…くっさいチンカスの匂いが大好物…」
それに対してしおりは「下品さ」を追求したフェラをしてくれます。
事前におちんちんを洗わないでおくよう彼にお願いし
鼻を鳴らしてオスの匂いを堪能する、おちんちんにこびりついた汚れを舌で舐め取る
挿し絵のようなひょっとこ顔で激しいフェラを繰り出す、といった感じです。

女性への征服欲をくすぐることを強く意識してます。
プレイ自体は完全女性上位ですけど、こちらをとことん持ち上げながらサービスするので
M性がまったくない人でも普通に聴けるし抜けるでしょう。

熟練した技術を持つド淫乱な熟女が協力して濃厚なフェラをする。
音声作品の代表的なプレイを広く深く掘り下げてる作品です。
男心を上手にくすぐるエッチ
エッチシーンは3パート73分間。
プレイはフェラ、イラマチオ、かすみのオナニー、おちんちんの匂いを嗅ぐ、豚のマネ、チンカス掃除です。
エッチな効果音はありません。

「口淫…始まりましたね…。熱く…柔らかい粘膜に包まれて…舌で優しく愛撫…」
目隠ししたかすみの前におちんちんを差し出すよう指示したしおりは
彼女がフェラする様子をねっとりした声で実況し心も一緒に盛り上げます。

エッチは彼女たちが終始責め続けます。
一番最初の「1 口淫女~かすみ~」はかすみがしゃぶり、しおりがしゃべるパート(約26分)。
3分程度の短い間隔で舐め方を切り替えながら後になるほど刺激を強める方針で進めます。

しおり「この強い吸い付きを出せるのはフェラチオのみ…。手や女性器では再現不可能な刺激ですので…このバキュームフェラは…当店では大変人気となっております…」
フェラ専門店に所属してるだけあって2人ともレベルが高く
序盤からゆっくりペースでやや下品なちゅぱ音をガンガン鳴らします。
比較的早い段階からバキュームやピストンを繰り出すのが良いですね。
他の作品だと射精直前にやるプレイを多めに盛り込みエロさを上げてます。
バキュームは「ずごごー」、ピストンは「ぐきゅっぐきゅっ」といずれも個性的で力強い音でした。

またパートの中盤頃からはかすみの口をおまんこに見立てて疑似SEX風に実況します。
さらにその後はイラマチオに切り替え彼女の口を存分に犯すなど
本来なら男性が一方的に責められるプレイを逆転気味に描いて彼をもてなします。

イラマチオはちゅぱ音が大幅に減る代わりに「んごぉ」みたいなうめき声をよく上げてました。
前項で書いたように本作品は女性が下品に振る舞うのも魅力なので
最初のパートからこういう描写を取り入れてギャップを引き立ててます。
射精も口できっちり受け止めたりと、まさに至れり尽くせりなフェラが楽しめます。

続く「2 口淫女~しおり~」はしおりが活躍するパート(約32分)。
後日再び来店した主人公のチンカスを綺麗に舐め取り
それからゆっくりペースのバキューム、貪るようなピストンと繋いで気持ちよく射精させます。

かすみ「亀頭をある程度舐めたら…次はカリ首…。ここは汚れが溜まりやすいですからね…。綺麗にしておかないといけません…」
彼女はお店で一番人気のある風俗嬢とのことで、どうすれば男性が喜ぶかをよく心得てます。
だから多くの女性が嫌がるものを口で嬉しそうにお掃除し
綺麗になった後もほぼノンストップで責め続けます。

かすみに比べてフェラの種類を減らした代わりに
シチュを強めに反映させたりひとつひとつを濃くして別の魅力を持たせてます。
パートの時間が最も長いですし、フェラが好きな人ならかなり楽しめるでしょう。
まったく同じプレイを異なる視点で表現してるところも素晴らしいです。

このように、大人の色気を漂わせながら心身をバランスよく責めるエッチが繰り広げられてます。
ちゅぱ音まみれの作品
フェラの弱点を補ったうえで個性もつけてる作品です。

かすみとしおりは口淫館を訪れた主人公に気持ちいいひと時を送ってもらおうと
実際にフェラする役とそれを実況する役に分かれ、かつパートごとに立場を入れ替えて異なるフェラをします。
そして肝心のフェラは質と量にこだわり、さらに下品さを持たせて抜きやすくしています。

落ち着きのある淫乱な熟女たちが男性のおちんちんをしゃぶり尽くすストレートなエロシチュ
ちゅぱ音を十分に確保したうえで実況も充実させる変わった複数人プレイ
かすみは多彩さ、しおりは下品さと異なる魅力を持たせた大ボリュームのフェラ。
作品が持つふたつの特徴を上手に組み合わせて新しいサービスを作り上げてます。

このところ耳舐めがものすごい勢いを持ってる影響で
フェラを専門に扱う作品は以前に比べてめっきり減りました。
セリフの入る余地がないからなかなか個性を出しにくいのもあります。
それをサークルさん独自の視点で表現されてるところが最も印象的でした。

もう1人の女性に実況だけをさせるという発想が大胆で面白いです。
普通の人ならダブルでフェラしたり別のプレイを組み込むでしょう。
でもシコらnightさんはフェラの弱点に着目し、それを補う道を選びました。
フェラする作品は結構聴いてますけどこういう作品に出会ったのは初めてです。

エッチはどこを聴いてもフェラと言えるくらいに特化してます。
セリフが煩わしいと感じる人向けにちゅぱ音だけを収録したおまけパートも用意されてますから
フェラが好きな人なら本当に誰でも楽しめるでしょう。

射精シーンは3回。
ちゅぱ音大量、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

おまけはフェラチオ音だけの音声2本です。

CV:涼貴涼さん
総時間 2:07:48(本編…1:21:51 おまけ…45:57)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

乳首責め店でする乳首責め射精…

サークル「シコらnight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、乳首責めを専門に行う変わったお店を舞台に
そこの店員さんが2種類のサービスで男性客をもてなします。

エッチのほぼ全部で乳首をいじり続けるタイトル通りの展開が魅力で
前半は手コキと併用、後半は乳首責めのみとスタイルを多少変えながら
3種類のいじり方を組み合わせてゆっくりじっくり射精へ追い込みます。

視聴の際にアイアマスクを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
乳首だけで射精できる体に
乳首責め店で佐倉さんからサービスを受けるお話。

「いらっしゃいませ。本日、お客様の担当をさせていただく、佐倉と申します」
佐倉さんは上品でお淑やかな声のお姉さん。
初来店した主人公に挨拶しお店のコンセプトを説明すると
乳首オナニーの経験があるかを確かめてからエッチの準備を指示します。

本作品は乳首オナニーをある程度してる人をさらなる高みへ導くことを目的に
彼女がおよそ60分を半々に分けて2つの異なるプレイをします。
店名通りエッチ開始から終了までほぼずっと乳首責めを行い
シーンごとにいじり方を変えながら徐々に刺激を強くしておちんちんとは別の快感を与え続けます。

シコらnightさんは以前「ビデオチャットでされる乳首オナニー指示」という同系等の作品を制作されてますから
おそらく中の人が乳首好きなのでしょう。
本作品も乳首に寄せつつより多くの人が楽しめる工夫がされてます。

今回するプレイの最終目標は「乳首の快感だけで射精する」こと。
それを踏まえておちんちんをいじる時間は敢えて少なめにし
さらに責めるペースも緩めてそれだけでは満足できない状況にします。
後半パートは彼女がおちんちんに指一本触れませんから完全に乳首特化です。

「やさ~しく、スリスリ…スリスリ…。指で円を描くように、クルクル、クルクル…」
その代わり乳首責めのほうはどんな風にいじってるかをその都度説明するのに加え
「スリスリ」「クルクル」といった擬声語を挟んでペースや強さを大まかに伝えます。
作中で主人公が自分でいじるシーンはほとんどありませんが
状況描写がしっかりしてるのでオナサポ感覚で聴いたほうがずっと気持ちよくなれます。

それ以外の特徴は囁き声が非常に多いこと。
総時間の73%にあたる46分も用意し、耳元至近距離から優しく語りかけて彼を応援します。
バイノーラル録音ではないので臨場感はやや落ちてるものの密着されてる気分はある程度実感できます。
無理矢理何かをさせたりいじめることも特になく雰囲気はとても穏やかです。

優しいお姉さんが乳首を重点的にいじって新しいタイプの射精を体験させる。
男性の隠れた性感帯に焦点を当てた取り組みやすい作品です。
3つの手段で乳首をいじいじ
エッチシーンは2パート57分間。
プレイは乳首責め、手コキ、乳首オナニー、オナニー(任意)です。
手コキの際に効果音が鳴ります。

「まず、乳首に指の腹を軽く当てて、円を描くように撫でていきますね…」
下着姿になって座った主人公の後ろから抱きつくと
佐倉さんはひとまずシャツ越しに優しく撫でて乳首の性感を高めます。

エッチはどちらも彼女が責め続けます。
前半にあたる「背面乳首責め手コキ」は乳首開発も兼ねてるプレイ(約28分)。
指で撫でる、爪の先で引っかく、二本の指で挟み引っ張るなど
複数の責め方を状況に応じて使い分けてまずは乳首を十分に気持ちよくします。
そして終盤に入るとおちんちんもソフトにいじってスムーズに射精させます。

「乳首に爪をひっかけるようにして、左右にカリ…カリ…カリ…カリ…」
「わたくしは好きですよ…。あなたみたいに快感に弱そうな男の人…。とっても可愛くて、わたくしの好みです…」

乳首責め専門店に所属してるだけあってどのシーンも実況が丁寧です。
そして彼が乳首で気持ちよくなることに躊躇いを感じないよう優しい言葉で心もケアします。
言葉責めと呼べるセリフは「情けない」を数回言う程度ですからM度は低めです。

前半、後半いずれも爪で引っかくプレイを長めに取ってます。
好みもあるでしょうが私はシャツ越しにやったほうが気持ちよくなれると思います。
間に布が入るおかげで汗ばんでも指が引っかからないし2種類の刺激が同時に襲ってきます。
乳首の快感がメインになるからこそ全体的に刺激を強く設定したのでしょう。

「シコシコシコシコ…、上下に指輪っか動かして、カリ首を往復です…。あぁぁ…、オチンポ気持ちいい…気持ちいいですね…」
手コキが加わるのは終盤の7分間。
カウパーと彼女の唾液を潤滑油にして上下にゆっくり動かします。
上のセリフを言う時に「シコシコ」と効果音のタイミングを合わせてるのがいいですね。
細かい部分にまでこだわることでプレイの臨場感を上げてます。

私が乳首をある程度開発してるからでしょうけど、このパートについては割とあっさり射精できました。
20分以上乳首をいじり続けるおかげでかなり気持ちよくなれます。
逆に未開発の人だと物足りなく感じるかもしれません。

後半の「乳首責めによる乳首責め射精」は最終目標を見据えたプレイ(約29分)。
冒頭に佐倉さんが乳首以外いじらないと宣言し、その通りに乳首を集中攻撃します。

「我慢汁を垂れ流し、焦らされているオチンポ…、裏筋の所をやさ~しく、カリカリされる所を想像してください…」
「乳首だけ、乳首しか弄られていないのに、オチンポビクンビクン…、前立腺がムズムズ…」

これまで数多くの男性に乳首責めをしてきた経験を踏まえて
彼女は乳首をいじりながら主人公に簡単なイメージをさせておちんちんに意識を集中させます。
乳首の快感に終止してたら射精ではなくドライオーガズム路線になってしまいますし
物理的な手段を使わずにおちんちんへの刺激を与えることを目指してます。

ちなみにこのパートは一応オナニーの許可も出てます。
ですから前半と同じく乳首とおちんちんを同時にいじるスタイルにすればより射精しやすくなるでしょう。
チャレンジさせつつ別ルートを設けて聴き手に選択の余地を与えてます。
実際にやった時も両方いじったほうがやりやすく感じました。

プレイ自体は前半よりも尖ってて良いと思うのですが
引き続き爪で小刻みに引っかくプレイを中心に構成されてるせいで
通しで聴いた場合に同じようなことを繰り返しやってる感覚がします。

前半は指で撫でるソフト路線、後半は爪で引っかくハード路線といったように
パートごとに違うコンセプトを持たせたほうがひとつのサービスとしてまとまると思います。
あるいは乳首責めのバリエーションをもっと増やすとかでしょうか。
気持ちよくなれるのは間違いないのですけど、創作物としての面白さがもう少し欲しいです。

このように、乳首の快感をひたすら追求するテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
乳首好きなら
どちらかというと初心者よりも乳首を既にある程度開発してる人向けの作品です。

佐倉さんは主人公がおちんちんの快感に頼らずに射精できるコツを身に着けさせようと
1回目は乳首重視のおちんちん控えめ、2回目は完全乳首オンリーと後になるほど難度を上げて責め続けます。
そして指で撫でる、爪先で引っかく、摘んで引っ張るという3つのプレイに絞り込み
これらを状況に応じて使い分けながら細かく実況して聴き手が自分でいじりやすくします。

最初から最後まで乳首をいじり続ける尖った作り
前半と後半でスタイルを変えて最終目標へ持っていく丁寧な展開
体を密着させ囁き声で優しい言葉を投げかける彼女のキャラ。
M向けのシチュやプレイをできるだけノーマル寄りに表現して大衆性を持たせてます。

乳首は男性でも十分気持ちよくなれる部位ですが
なかなかいじる機会がないせいでその魅力を知らずにいる人がそれなりにいます。
だから本作品はとにかくいじる時間をたっぷり設けてそうなるきっかけを与えます。
最中の指示もわかりやすくついていくのは簡単です。

ただ割と早い段階から刺激の強いいじり方をしてくることから
初心者にとってはただくすぐったいだけになる可能性があるんじゃないかなと。
もう少しソフト路線で終盤強めにする流れだったら初心者向けとも言えたのでしょうが…うーん。
そんなわけで当サイトでは開発が進んでる人にこそおすすめしたいです。

もうひとつ、実況が充実してる反面淫語やくちゅ音といった純粋なエロ要素が少なめです。
聴いてて興奮できる材料が不足気味なので、乳首でどれだけ気持ちよくなれるかがとても重要になります。
開発済みならこのへんをクリアできるから満足できる可能性も当然上がります。

射精シーンは2回。
淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

やや人を選ぶところもありますが質は良い作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:02:56

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

ビデオチャットでされる乳首オナニー指示

サークル「シコらnight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて乳首いじりが大好きなお姉さんが
ビデオチャットで乳首開発済みな男性のオナニーをサポートします。

全編乳首オナニーのみという非常に個性的なオナサポが行われており
乳輪を撫でる、乳首を指先で引っかく、摘んでギュッと引っ張るなど色んなプレイを細かく指示しながら
エッチなイメージをさせたり艶かしい喘ぎ声を漏らして心身をバランスよく盛り上げます。
お姉さんの優しい乳首オナサポ
お姉さんに見られながら乳首オナニーするお話。

「あー あー 聞こえる? 見えてる?」
お姉さんは明るくて上品な声の女性。
ビデオチャットを使って主人公に話しかけると
様々な指示を出して彼の乳首オナニーを手伝ってあげます。

本作品は乳首の快感に目覚めてる人たちにより良い快感を提供することを目的に
彼女がおよそ70分に渡って乳首オナニーをリードします。
オナサポは現在の音声作品において大変人気のあるジャンルのひとつですが
そのほとんどがシコシコボイスなどを使っておちんちんをいじるお手伝いをします。

それに対し本作品ではプレイの100%を乳首オナニーに設定し
ソフトな刺激で焦らしたり、軽い痛みを伴うややハードなプレイをするなど
バリエーション豊富ないじり方を指示して少しずつ絶頂へと導きます。
「クリクリ」「コリコリ」などの擬声語でいじるペースや強さまで細かく教える完全サポートスタイルです。

やってることは確かに乳首オナニーだけですけどアプローチは多彩ですから
普段から乳首をいじってる人なら強めの快感が味わえると思います。
逆に開発してない人にはおちんちんをまったくいじらないことから消化不良になるんじゃないかなと。
良くも悪くも尖った作りなので内容を予め理解したうえで聴いたほうが満足できるでしょう。

「少し触るだけで、「ぁ...んん...ん...ぁ...乳首...気持ちいい...あぁん...あっ...んっ...んんっ....」ってなっちゃう淫乱乳首さんになっちゃった。ふふ」
もうひとつのポイントはエッチな気分を盛り上げることにも気を配ってること。
彼女はシーンごとにいじり方を変えながら彼の心の声を喘ぎ声で代弁したり
露わになったおちんちんの様子を実況して見られてることを適度に意識させます。

ずっと指示を与えるだけでは雰囲気が淡白になって興奮しにくくなりますし
乳首オナニーで得られる快感もおちんちんに比べるとどうしても弱くなりがちです。
そのハンデを心への責めによって補うわけです。

ちなみに完全女性上位のシチュですがM向けの要素はほとんどありません。
彼女自身も乳首をいじるのが大好きなので、彼が感じてる姿を嬉しそうに見守ります。
序盤で多少焦らすのも感度を高めるためで意地悪とは別物です。

優しくて色っぽいお姉さんが乳首オナニーを手取り足取りリードする。
乳首の快感を重視した個性的で重厚な作品です。
時間をかけてじっくりと
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート71分間。
プレイは乳首オナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「まずは、乳輪の周りを指で円を描きながら、クルクルスリスリってしてね」
主人公に今回するエッチの概要を簡単に説明すると
お姉さんは早速上半身はシャツだけ、下半身は裸の格好にさせて乳首オナサポを始めます。

エッチは最初から最後まで彼女に言われた通り手を動かします。
前半の01パートは感度の上昇と体を温めるのを目的としたプレイ(約31分)。
シャツ越しに乳輪を優しく撫でるところから始まり、軽く爪を立てての愛撫
乳首に指を置いて圧力を加えるなど、後になるほど大きな快感が得られるプレイを提供します。

「優しくフェザータッチで、ス~リスリ、ス~リスリ、スリスリ、スリスリ」
そして彼女はどのシーンでも隅から隅までいじり方やペースをレクチャーします。
オナサポの中では総時間が長いことを考えて全体のペースをやや緩くしてるものの
親切なリードと多彩なプレイによって乳首を中心にかなりの気持ち良さが味わえます。

最初の方はもどかしく感じるかもしれませんが
ある程度いじり続けてるとピリッとした細く鋭い快感が断続的に襲ってきます。
そしてそれに合わせておちんちんが自然に勃起し、奥のほうにジンジンした快感が湧いてきます。
音声を聴いた後におちんちんオナニーしたくなる人がそれなりいるでしょうね。

「ふふ。じゃあ、ちょっと痛いくらいに摘まんでみて。そうしたら強めに乳首、コリッ、コリッ、ってしてみようね」
またパート終盤に登場する乳首を摘んだり引っ張ったりするプレイは
「痛気持ちいい」と表現するのがぴったりな不思議な感覚が味わえます。
ほんの少しの間つねって力を弱めるとじんわりした快感が押し寄せてくるはずです。
彼女がSっ気をほとんど見せませんし、ちょっぴり変態的なプレイを穏やかな雰囲気で楽しむことができます。

「ん...はぁ...ん...はぁ...はぁ...ぁ...ぁ...ぁ...イキそう...ん...ぁ...ぁ...ぁ...ぁん...イク...イッちゃう...んん...イク...イク...ぁん、イク、イク、イク......あっ...あっ...んん~......」
もうひとつの柱である心への責めも忘れてはいけません。
大人の女性特有の色っぽい喘ぎ声を適度に漏らしてオナニーを応援します。
指示に比べるとボリュームは少ないものの、興奮を高め維持するのに大きく貢献しています。
処女作とは思えないほど聴き手への配慮がしっかりしていてとてもやりやすく感じました。

続く02パートはいよいよ絶頂に向けて少しずつ追い込んでいきます(約40分)。
直前に強めの刺激を与えたので一旦フェザータッチに戻って優しい快感を与え
それから指の腹で擦る、指先で優しく引っかく、フリースタイルと内容を切り替えつつたっぷりいじります。

弱い→強い→弱いと与える刺激に大きめの落差をつけて進めるのがいいですね。
同じタイプの刺激だけを与え続けるとどうしても慣れてしまいますし
最後の最後まで飽きさせないように考えてリードしてくれます。

「乳首が気持ち良くなると、だんだんおちんちんの奥が熱くなってジワジワ、ジンジンとした快感で気持ちよくなっていくからね」
またここからはおちんちんに意識を向けさせるシーンがさらに増えます。
乳首をいじるのに合わせておちんちんがピクピクするのではないでしょうか。
男性が一番感じやすい部分もある程度気持ちよくすることでイキやすい環境を整えます。

終盤の絶頂シーンはカウントを数えながら長めのセリフを投げかけて心身両面を煽ります。
彼女によるとノーハンド射精、ドライオーガズムどちらでもいいそうです。
私が催眠音声をよく聴くからでしょうが、この内容だとドライのほうがやりやすく感じました。
終盤は好きにいじっていいと言ってくれますし皆さんの好きなスタイルで絶頂を目指してみてください。

このように、やりやすさと興奮しやすさの両方に配慮した質の高いエッチが繰り広げられてます。
本格的な乳首オナサポ作品
「乳首好きなら間違いなく楽しめる」と言えるレベルの優れた作品です。

お姉さんは自分も大好きな乳首オナニーを主人公に思い切り楽しんでもらおうと
序盤は焦らして感度を高め、中盤は色んないじり方で純粋に気持ちよくし
終盤は緩急をつけた責めで絶頂感をじわじわと盛り上げます。

どこをどうやっていじるかはもちろん、いじるペースや強さも隅々まで指示し
さらにエッチな喘ぎ声やおちんちんの快感を膨らませるセリフを投げかけるなど
乳首オナニーを中心に据えつつ体全体で気持ちよくなれるようにリードします。

「私、君のこと気に入っちゃった。あっあっ、って感じてる姿すごい可愛かったよ」
そして彼女の声と態度が最初から最後までとても優しいです。
男性の場合、乳首は一定期間いじり続けないとなかなか気持ちよくなれないことから
女性に比べてややマイナーだったり変態性が強いプレイだと思います。
それを理解したうえでこういう姿勢を取るのは彼女も乳首オナニーの素晴らしさをよく知ってるからです。
M性がほとんどないのも本作品が持つ魅力のひとつと言えます。

エッチはどこを聴いても乳首オナニーという大変尖った作りです。
強烈な個性を持ってるだけでなく、かなりレベルの高いオナサポをしてくれてるのが非常に印象的でした。
実際にやってみた感じだとやはり開発してたほうがずっと気持ちいいです。
ソフトなものからハードなものまで色んないじり方があり、尚且つ個々の時間が長めに取られてます。
おちんちんに対して適度に意識を向けさせるアプローチも面白いし効果的です。

ただし1回目でうまく絶頂できるかと言われれば自信がありません。
ドライにせよノーハンドにせよある程度の経験が必要になるものですから
そういう部分も含めて乳首慣れしてる人向けの内容かなと。
「かなり気持ちよくなれるけどイけるかどうかは人それぞれ」という点だけご了承ください。

絶頂シーンは最後に1回。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

乳首の快感だけをとことん追求した作品です。
乳首で気持ちよくなれることを既に知ってる人には特におすすめします。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:14:39(短縮版 56:35)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ