同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:サキュバス

   ● 強制NTR サキュバスの誘惑ゲームで彼女を見知らぬ男たちに犯させる音声
   ● 三つ子の甘夢亭~サキュバス三姉妹の女体化淫夢~
   ● 低級淫魔たちのレベル99勇者攻略法
   ● 【尻尾耳かき】癒やされ処・夢月邸――夢魔の尻尾でお耳をちゅうちゅうマッサージ――
   ● 【バイノーラル】サキュバスのお気に入り~お耳も乳首もおち〇ぽも~
   ● ドレスサキュバスフィーネのお洋服赤ちゃん調教催眠【バイノーラル音声+漫画】
   ● ドレッドサキュバスパレス―スイーツサキュバスの甘露吸搾―
   ● 【寝取られ×オナサポ】サキュバス姉妹の淫魔式オナニーサポート~童貞両耳責め寝取られマゾ射精背徳味~
   ● 甘やかしサキュバスのペットになってみませんか?
   ● 双子サキュバスお姉さま Vs.童貞勇者くん♪


強制NTR サキュバスの誘惑ゲームで彼女を見知らぬ男たちに犯させる音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は無慈悲なサキュバスが
主人公とその恋人を別の部屋に拘束し、とっても背徳的なゲームを行います。

自分が快楽に負ける快感と恋人が寝取られる快感を同時に味わえるのが特徴で
彼はサキュバス、彼女は見知らぬ男たちと別のパートナーを用意し
両方のプレイや射精を連動させて心身両面にドM向けの強い刺激を与えます。
恋人を賭けた気持ちいいゲーム
サキュバスに何度も寸止めされるお話。

「うふふっ ようやくお目覚めかしら」
サキュバスは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
素っ裸で体を拘束されてる主人公に自己紹介すると
ここがどこか教えてから一緒にいた彼女のことを話します。

本作品はエッチ大好きでSっ気も強いサキュバスが
何らかの手段で捕らえたカップルを別の場所に拘束して80分程度のスリリングなゲームを行います。
サキュバスに責められながら彼女の様子をモニタ越しに眺める二元中継形式になっており
彼が射精へ追い込まれるほど彼女がより過激に陵辱されるルールが設定されてます。

サキュバス「ほら 画面 ちゃんと見なさい 拘束解除」
彼女「なに? やっ やめて 来ないで来ないで来ないで」
そしてサキュバスに負ける快感と彼女を寝取られる快感が同時に味わえるように
プレイ中は常に左手から彼女の声や反応が流れます。
彼女がしゃべるのはプレイやエッチする相手が変わる時のみで
それ以外は「あぁ」「んっ」みたいな意味を持たない声をほぼずっと上げ続けます。

サキュバスとするエッチ自体は多めに寸止めすることを除けば割と普通です。
手コキ、フェラ、SEXといった定番のプレイを中心に構成されてます。
しかし、それと同時に彼女が同じプレイを見知らぬ男性にされるおかげで心への責めが相当強くなってます。

精液を口やおまんこへ出された時に上げる悲痛な声に耳を覆いたくなる人がきっといるでしょう。
そして彼女が散々嫌がった末に堕ちるからこそ
その原因を作って裏切り射精までした自分に対する後ろめたさも強く味わえます。
エッチな声や音もそれなりに流れますが、それよりもシチュが魅力の作品と私は見てます。

エッチのルールについてはサキュバスの責めを耐え続けるだけと至ってシンプル。
勝った場合は彼女が救われ、負けた場合は彼女の部屋にいる男のうち1人の拘束が解除されます。
そして主人公のおちんちんは寸止めして次へ進み、代わりに男が射精して彼女を汚します。
同じプレイでも1回ごとに男が交代するので彼女の反応が結構変わります。
恋人への愛を試されるエッチ
エッチシーンは68分間。
プレイはサキュバスの耳舐め/キス/手コキ/足コキ/フェラ/SEX(騎乗位)、彼女への強制手コキ/足コキ/イラマチオ/SEX(正常位)/ベロチュー/アナルSEXです。
手コキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほら 画面の彼女を見なさい さっきからずっと 顔面蒼白で 縮こまっちゃってるわ」
主人公にこれからするゲームのルールを説明したサキュバスは
別室でM字開脚のまま震えてる彼女の様子を眺めさせながら耳をねっとり舐め始めます。

エッチは動けない彼をサキュバスが一方的に責め続けます。
最初の18分間は比較的ソフトなプレイ。
事前におちんちんを軽く舐めて媚薬効果つきの唾液を染み込ませてから
耳舐め→耳舐め手コキ→足コキの順に行います。

「彼女もどうせ 大きくて逞しいのが好きよ 絶対あの子 淫乱だもの」
耳舐めのシーンだけは「我慢汁を垂らしたら負け」というルールを定め
彼をその状態まで持っていこうと粘っこいちゅぱ音を鳴らしながら甘い言葉を囁きます。
この時点の彼女はまだ男に責められてないので叫んだりはしませんが
すぐそばに拘束されたままおちんちんを勃起させてる男がいる状況に怯えた表情を見せます。

実際に陵辱が始まるのは手コキから。
これ以降は「射精しそうになったら負け」というルールで統一し
サキュバスは主人公を、別室の男は彼女を責める流れで進めます。

サキュバス「あーあ 彼女濃厚なザーメンまみれね 絶対匂いすごいことになってるわよ」
彼女「あぁっ いやぁ おまんこにかかってる かかってるからやめてぇ」
1回目の手コキで精液を顔にぶっかけられたことを本気で嫌がり
2回目の足コキでおまんこにかけられ危機感を抱く彼女の姿に必死さがよく表れてます。
非常に危険な状況にあるのを理解しつつ、決して諦めず主人公のために体を守ろうとする健気な女性です。

続く中盤の19分間でするのはフェラ。
サキュバスは耳舐めと同じく水分高めの下品なちゅぱ音を鳴らして3回の寸止めに追い込み
彼女は普通の男→チンカスの多い男→おちんちんが大きい男を順に相手します。

「あなたといつもキスしてたお口 もう知らない男のザーメン専用になっちゃいました」
サキュバスのフェラはペースがゆっくりめなのでハードと言うほどではありません。
しかし彼女は見知らぬ男のチンカスや精液を飲まされる凄惨な思いをします。
ほんの少しだけですが彼女を痛めつけたり射精時に鼻をつまんで無理矢理飲ませる描写もありました。
泣きそうな表情で男たちの言う通りにし、飲み終えた後に苦しそうな声を漏らす姿が痛々しかったです。

しかしサキュバスや男たちの陵辱はさらにエスカレートします。
残りの31分間はこれまで敢えてやらなかったSEXを解禁し
サキュバスは騎乗位で3回の寸止めからの射精
男は異なる特徴を持った3人が個別に正常位で繋がり連続中出しを決めます。

「あなたの大好きな彼女が性欲処理のおもちゃにされてるわよ」
大切な人がモニタ越しに男のおちんちんを受け入れ、子宮に精液をたっぷり注がれる。
現実世界だったら卒倒しそうな状況をリアルにお届けしてドMの興奮を煽ります。
サキュバスとのSEXは効果音を鳴らしながら彼女の様子を実況することが多いので
ここでもやっぱり恋人が寝取られる快感のほうを重視してます。

しかし2人目の男を相手する頃から状況が一気に変わります。
これまでずっと嫌がったり泣き叫ぶのを続けていた彼女が初めて甘い声を漏らし
「いやっ」ではなく「好きっ」と言う快楽堕ちっぽい展開になります。
3人目に至ってはベロチューまでやりますし、彼女との絆が切れたことをわかりやすく描いてます。

実際に聴いた感想ですが、予想を遥かに上回る重たい内容で視聴後はそれなりに凹みました。
自分が寝取られるだけならまだしも、恋人もそうなる一部始終を同時に実況するのが効きます。
しかしこれほどどぎつい寝取られ作品をあまり見かけないのも事実です。
人を選ぶところはありますけど、受け入れられるのなら十分楽しめると思います。
ここまで後味の悪い射精が迎えられる作品はそうそうないでしょう。

このように、男性と女性が同時に寝取られる非常に変わったエッチが繰り広げられてます。
容赦のない作品
寝取られをひたすら掘り下げてる突き抜けた作品です。

サキュバスは人間相手では決して味わえない射精を主人公に体験させようと
彼と彼女の両方を拘束し、別の部屋に置いてから手下の男と協力して同時に寝取ります。
そして彼女が怖がり、嫌がり、快楽に堕ちる様子をありのままお届けしながらおちんちんをねっとり責めます。

サキュバスのイメージにぴったりな女性がダブル寝取られエッチをするドM向けのシチュ
主人公を責めながら恋人が責められる様子を実況する個性的なエッチ
寸止めを繰り返すほど彼女がより激しく犯されていく寝取られらしい展開。
光や救いを一切与えず心身をとことん痛めつける方針で作品を組み立ててます。

彼女「だいしゅきでしゅぅ 子宮をおじさんの精液で受け止めま…あぁぁぁぁぁ」
中でも3番目は彼女の演技が素晴らしくてとてもリアルに感じました。
セリフを言うシーンがあまりないからこそ、声や息遣いで心情を伝える工夫がされてます。
そして山場のSEXでは相手の男によってどんどん態度が変化します。
喘ぎ声の演じ分けもしっかりできてますし、彼女役をやられてる七凪るとろさんの演技が光る作品だと思います。
私もこういう作品をそれなりに聴いてますが、その中でも一際心をえぐられる感覚がしました。

エッチについてはこれまで書いてきたように彼女への陵辱に力点を置いてます。
主人公への責めは結構あっさりしてるので、愛する人が寝取られる様子を観察するのが好きな人に向いてます。
そのへんの描写は本当にレベルが高いです。

射精シーンは1回。
喘ぎ声多め(漏らすのは彼女)、くちゅ音とちゅぱ音それなり、淫語そこそこです。

好き嫌いがはっきり分かれる作品ですから内容を理解したうえでお聴きください。

CV:サキュバス…大山チロルさん 彼女…七凪るとろさん
総時間 1:17:12

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

三つ子の甘夢亭~サキュバス三姉妹の女体化淫夢~

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、ドラゴンを何匹も倒したことがある屈強な冒険者が
サキュバスたちが営業する宿に偶然泊まり、そこで女性の快感に目覚めます。

催眠よりもエッチに力を入れた作りになっており
催眠誘導および女体化は必要最低限の時間と内容で済ませ
その代わりエッチは丁寧に進めて女性になった気分と快感を少しずつ膨らませます。
夢の中で気持ちいい体験を
ナレーターに催眠をかけられサキュバス三姉妹とエッチするお話。

「これは ファンタジー世界の ある男の物語」
ナレーターは上品で落ち着いた声のお姉さん。
物語の舞台となるファンタジー世界のことを少し話すと
その主人公にあたるエリガルがドラゴン退治に出かけた様子を語り始めます。

本作品は宿屋を営みながら自分たち好みの人間を物色してるサキュバスたちが
その適性を持ってる彼を相手に120分程度の催眠とレズプレイをします。
サークルさんの過去作と同じく催眠ボイスドラマになっており
ナレーターは進行役と催眠者を担当し、三姉妹と交わる様子を実況して盛り上げます。

ファンタジー世界のお話ですけどエッチはすべて夢の中でやるため
プレイ自体は人間同士がするのにとても近いです。
媚薬効果のあるローションを塗ったり、ふたなり設定にしてサキュバスっぽさを出してます。

ちなみにサキュバスは長女アイ、次女マイ、三女ミイと名前があるのですが
声質がまったく同じで聴き分けるのが難しいため
本レビューでは全員の呼称を「サキュバス」に統一して説明します。

催眠はおよそ16分間。
お風呂と食事を終え眠くなったエリガルがベッドに横になったのを見計らって
ナレーターがまず深呼吸と脱力をさせ催眠に入りやすくします。

右「深呼吸をしてると 心が落ち着いてきて 体の余計な力が抜けていく」
左「吐く息とともに 残っていた力が抜けていく」

そして彼女は声を左右に振り分けながら「力が抜ける」と暗示を入れたり
事前に三姉妹からもらったお香を意識させてスムーズにリラックスさせます。
しゃべり方や間の取り方が1人の時と同じなので、双子催眠と呼べるほどではありませんが
実際に聴いてみると意識を揺さぶられてる感覚がすると思います。

また催眠パートは開始から終了まで神秘的な効果音がバックで流れ続けます。
「ぽーん」という透き通った音色で、おそらくはクリスタルボウルだと思います。
この音に暗示を込めたりすることはありませんが、聴いてるだけでそれなりの癒しを感じるでしょう。
催眠の時間が短いハンデを補うためにこういう要素を盛り込んでます。

リラックスできた次にするのは深化と女体化。
短いカウントに合わせて「気持ちいい」「ボーッとする」といった暗示を入れたり
暗い深海に溶けていくイメージを通じて意識の力をさらに弱めます。
そして溶けた体を再構築しながら女性になった時の容姿を細かく実況します。

ナレーター「痩せ過ぎじゃなくて 太り過ぎじゃなくて 適度に脂肪がついている 標準的な体」
女体化は通常ですと具体像を避けて聴き手の自由にイメージさせるのですが
本作品では身長、体重、体つき、胸の大きさ、髪の色などをはっきり伝えてくれました。
イメージするのが苦手な人に合わせたのかもしれませんね。
感覚はエッチで強化することを踏まえてここは見た目だけを実況してました。

作品固有の要素は特に絡めずスムーズに落とすコンパクトな催眠です。
聴き手を夢の中に案内し、挿し絵に描かれてる黒髪の女性へ変えることを目的に
深呼吸と脱力をほぼ同時に行ってからカウントとイメージを組み合わせた深化
そして体を変えるのではなく生まれ変わらせるタイプの女体化とテンポよく進めます。

時間、内容いずれもかなり圧縮されてるので中上級者向けの催眠だと思います。
ただしクリスタルボウルの音を流したり、シーンによって暗示を固めて入れる作りになってることから
ある程度慣れてる人なら割とあっさり入れるんじゃないかと見てます。
私が聴いた時も意識のぼやけを強めに実感できて心地よかったです。
女の快感を教えるエッチ
エッチシーンは5パート65分間。
プレイはローションマッサージ、手マン、クンニ、耳舐め、キス、SEX(正常位、騎乗位)、フェラです。

手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

サキュバス「さぁ 可愛いマゾメスちゃん お楽しみの時間だよ」
ナレーターに催眠をかけられサキュバスたちがいる夢の中へ案内されたエリガルは
大きな鏡を見て女性になったことを確認してからローションマッサージを受けます。

エッチはサキュバスたちが終始責め続けます。
最初の2パート31分間は雰囲気作りや感度上昇といった準備の意味合いが強いプレイ。
「04_マッサージ・愛撫」は媚薬効果のあるローションを全身に塗られてからの手マン
「05_クンニ」はクンニで1回ずつの絶頂に導きます。

ナレーター「ほーら 体中を なで なで あなたは んんっ 悩ましげな声を漏らし始めてる」
サキュバス「ほら どう? コリコリの突起舐められるのいいでしょ?」
そして本作品の特徴である催眠ボイスドラマが早速本領を発揮します。
ナレーターは天の声としてエッチの様子を実況しながらそれに合った暗示を入れ
サキュバスは普通に話しかけて責められてる雰囲気を出します。
また一部でエリガル改めエリカが軽くしゃべったり喘ぐこともあります。

正統派の催眠音声とは作りが結構違うので最初は戸惑うかもしれません。
でもしばらく聴いてたらイメージしやすく感じると思います。
くちゅ音やちゅぱ音といった純粋なエロ要素もそれなりに入ってますし
異なるタイプのセリフ、催眠の技術、音を組み合わせて夢の中でするエッチを作り上げてます。

プレイについてはエリカがまだ女性になったばかりなことを踏まえて
それに慣れさせるためにわざと手加減しながら責めます。
ローションマッサージは全身を一通り愛撫してから終盤の6分間だけ指でおまんこを責め
クンニはそれよりも一歩進んで激しめのちゅぱ音をガンガン鳴らしながら話しかけます。

サキュバス「ここ舐めると おかしくなっちゃうの? あなたのいいとこ ここなのね」
完全に受け身のスタイルですがサキュバスたちは結構優しく接してくれます。
女体化させた時点で彼の精液を求めてないのは明らかですし
プレイ中に言葉責めはせず、むしろ喜ばせようと考えながらリードします。
レズプレイから連想される「甘さ」を意識した内容でした。

ただし、絶頂シーンだけはイキやすさを優先して強めに追い込んでくれます。
具体的には短めのカウントを数え0になったところで暗示を畳み掛けるように入れます。
心音っぽい音も同時に鳴らすなど、複数の刺激を同時に与えることを心がけてます。

続く3パートはいよいよSEXに突入します。
マイ→ミイ→アイの順にいずれも12分程度の時間を設け
後になるほど責め方を強くしてより大きな快感が得られるようにします。

ナレーター「股間で生じるメスの快感に あなたはすっかり翻弄されてる そう 犯される快感に」
純粋な快感と一緒に犯される快感も伝えるのが良いですね。
ドラゴンを倒すほどの冒険者ならそういう経験は少ないでしょうから
新しい体験をさせて女性のエッチの魅力をわかりやすく教えます。

最初は処女喪失を気遣いゆっくりめに責めてたのが
次はフェラも交えて、最後はおちんちんサイズを大きくして、といった具合に
一歩ずつステップアップする形でより深いところへ案内します。
サキュバスでは珍しくハードさや乱暴さが低くて聴きやすかったです。

ナレーター「快楽が弾け続ける 下腹部から全身に快楽が広がる 頭で全身で弾ける」
個人的に一番気持ちよかったのは3回戦にあたる「09_肉棒サイズアップ・女性器責め」(約12分)。
おちんちんをこれまでの約1.5倍まで大きくしてから後になるほど激しくピストンします。
挿入時は大事なところを押し広げられる圧迫感、ピストン中は純粋な快感
そして絶頂シーンは股間を起点に全身でイク感覚と状況に応じて暗示の方向性を変えて巧みにリードします。

他の2パートよりも絶頂時の追い込み暗示が長いおかげで
股間にエネルギーが集まり爆発する感覚を普段よりも長めに味わうことができました。
ほぼ女体化専門のサークルさんなだけあってレズエッチの流れの作り方が上手です。

このように、未開発な女性の心と体を少しずつ育てていく甘めのエッチが繰り広げられてます。
ボイスドラマ色の強い作品
一般的な催眠音声よりも催眠の純度を多少落とし、代わりにボイスドラマらしいセリフを盛り込んでる作品です。

ナレーターはエリガルが体験した気持ちいい出来事を主人公にも疑似体験させようと
まずは催眠を使ってサキュバス三姉妹がいる夢の世界へ案内します。
そしてエッチは彼女たちと役割分担しながらおまんこを重点的に責めます。

夢の中で3人のサキュバスとレズプレイを楽しむ女体化作品らしいシチュ
時間をできるだけ切り詰めスムーズに誘導する催眠
女性の快感を少しずつ教えることを意識した比較的マイルドなエッチ。
普段の風呂井戸ソフトさんよりもM性をやや落として聴きやすい作品に仕上げてます。

中でもエッチは実況や暗示といった通常の催眠音声に盛り込まれてる要素以外に
サキュバスやエリカのセリフを入れて登場人物たちの心情を掘り下げてます。
感度を上げたり気持ちよくする暗示がやや減ってるところは気になりましたが
サキュバスたちとエッチしてる雰囲気作りはしっかりしていて没入感が得やすいです。

あとM度が高い人向けにおまけパートでよりハードなプレイが登場します。
ですからとりあえず1回目は基本構成で聴いて
もっと刺激が欲しいと感じた場合はそれらを入れて調節するのがいいでしょう。
繰り返し言いますけど催眠に結構慣れてる人向けの作品なことだけご注意ください。

絶頂シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけはアナル責め、鼻フック&ぽっちゃり化プレイです。

CV:ナレーション…柚木桃香さん サキュバス三姉妹…篠守ゆきこさん エリカ(エリガル)…分倍河原シホさん
総時間 3:36:26(本編…2:01:45 おまけ…1:34:41)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月28日まで10%OFFの1386円で販売されてます。

低級淫魔たちのレベル99勇者攻略法

サークル「へこへこ草」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、力は弱いけど男を誘惑するのは得意なサキュバスが
高レベルの勇者に密着しエッチな手段で屈服させます。

体への責めが緩い代わりに言葉責めを多くするのが特徴で
ベラは穏やかに、リリーはやや意地悪にと2人の性格に合わせて方向性を変え
自分よりも遥かに弱い敵にあっさり負ける快感を上手にくすぐります。
小遣い稼ぎをするはずが
サキュバスのベラとリリーに色仕掛けされるお話。

「ねーえ おねがーい あたしたちのこと見逃して?」
ベラ(挿し絵左)は可愛くて艶のある声のお姉さん。
「あたしたちレベル2のとってもよわーいサキュバスなの」
リリー(挿し絵右)はベラよりもやや幼さを感じる声の女の子。
自分たちを討伐しに来た主人公の左右に寄り添い早速耳舐めすると
見逃してくれればエッチなご褒美をあげると言います。

本作品は近い将来に魔王が復活する世界を舞台に
勇者の末裔にあたる彼が彼女たちを討伐しに行き返り討ちに遭います。
2人は普通に戦えば駆け出しの冒険者でも倒せるくらいの雑魚キャラです。
しかしサキュバスだけあって男を誘惑する技術はとても優れてます。

ベラ「勇者くんってとっても強いのに おちんちんは初期レベルなんだね」
レベルが99もあるのに女性経験が一度もない彼をやんわり貶し
最初から体を密着させて耳とおちんちんをゆっくり責め続けます。
全パート同時責めするおかげでちゅぱ音や効果音といったエッチな要素の密度が高く
射精時にはぴゅっぴゅのセリフを必ず言うなど手厚いリードをしてくれます。

敵同士とは思えないほど雰囲気が甘いですから
悪いお姉さんに軽く見下されたり負かされるシチュを好むややMな人に最も向いてます。
密着感を出すために囁き声を多めにすることも含めて
聴き手が良い気分で負けられるよう色んな工夫がされてます。

それに最も貢献してるのが最中に行う言葉責め。
ベラは近所のお姉さんに近い穏やかな態度、リリーは生意気でSっ気のある態度と
性格に大きな違いを持たせたうえでそれに合ったセリフを小まめにぶつけます。

リリー「勇者くんはしこしこ雑魚狩りして強くなっただけで 精神はお子ちゃまのまま」
ベラ「これから覚えていけばいいんだよ 冒険のことも エッチなことも」
セリフだけを見るとリリーのほうがきつく感じるでしょうが
物語の後半に差し掛かるとベラも少しずつ本性を現します。
悪意を彼に察知させずに陥れるとでも言いますか、表現が練られていて言葉責めのレベルが高いです。

タイトルを見ればわかるように、彼女たちは彼を攻略するためにこれらのエッチを行います。
音声作品では人間とあまり違いがないサキュバスも結構出てきますが
彼女たちは良い意味でも悪い意味でも紛うことなきサキュバスです。

快楽を餌に彼をコントロールするところが結構狡猾だなと。
甘さや柔らかさを出しつつちゃんとサキュバスらしさを持たせてあります。

属性の違うサキュバスたちが同時責めと巧みな言葉責めで勇者を骨抜きにする。
心身を同時に責めて女性に負ける快感を膨らませるバランスの良い作品です。
少しずつ堕落させるエッチ
エッチシーンは4パート58分間。
プレイは耳舐め、ダブル手コキ、キス、乳首責め、オナニー、おしゃぶりを咥える、赤ちゃん言葉責めです。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

ベラ「シコシコ上手なサキュバスちゃんの耳舐め手コキで こゆーい精液どぴゅどぴゅしたくないの?」
猫なで声で命乞いし無事許されたベラとリリーは
早速主人公の服を脱がせ、みすぼらしいおちんちんをゆっくりお世話します。

エッチは経験豊富な彼女たちが終始責め続けます。
前半の2パート33分間は正統派の色仕掛け。
「1.命乞いダブル耳舐め手コキ」は耳舐め手コキ
「2.前後密着好き好きレベルドレインキッス」はキス+手コキで1回ずつ射精させます。

リリー「このレベルまで童貞だったんだから どうせそんな機会ないけどね」
2人は彼がエッチに疎いのを知った時点で攻略できると思ったのでしょう。
耳元至近距離から唇で咥え込んだり軽く吸い上げる甘めのちゅぱ音を鳴らし
さらに軽く見下す感じの言葉責めを挟んでM心もくすぐります。

彼がすぐ射精するのを避けるためでしょうが
この後のパートも含めて体への責めは結構緩いです。
その代わり複数のエッチな音を同時に鳴らしたり、言葉責めの量を増やしてエロさを補ってます。
最初のパートは意地悪なことをほとんどしませんから穏やかな気分で抜けるでしょう。

また射精時はぴゅっぴゅのセリフを言う役と耳舐めorキスする役を2人が分担します。
サークルさんが「こだわった」とおっしゃられてるだけあって
彼女たちに負ける快感を膨らませるのに貢献してます。

ベラ「勇者くんにできるのは もう諦めて 最後まであたしの養分になるだけ」
次のキス+手コキパートはサキュバス固有の能力が登場します。
パート名にもなってるレベルドレインキッスのことで、ベラが中央から甘いちゅぱ音をゆっくり鳴らします。
その合間に「好き」と何度も言ってくれますし、心がとろける人がそれなりにいるでしょうね。
いい気分に浸らせながら彼の大事なものを奪うサキュバスらしいプレイです。

それに対して後半の2パート25分間は攻略の仕上げ。
「4.オナ禁妨害いたずらサキュバス」は耳舐め、乳首責め、言葉責めでオナニー射精を誘い
「5.ばぶばぶダブル耳舐め手コキ」は赤ちゃん言葉を多めに盛り込んだ耳舐め手コキでさらに堕落させます。

4番目のパートは本作品の中で最も秀逸な言葉責めが味わえます。
彼女たちはおちんちんに一切触れないルールを設けたうえで
彼がオナニーや射精をしたくなる誘惑をかけて少しずつ追い込みます。

ベラ「勇者くんは我慢強くてえらいねー それならもうちょっと速くしても大丈夫じゃないかな?」
リリー「ダメだよ そんなスピードで動かしたら絶対射精しちゃう」
その際に彼を褒めながら誘導するのがとても印象的でした。
リリーも射精を食い止める素振りを見せつつしっかり協力しますし
女性が2人いる状況や言葉責めに強い本作品の長所がストレートに発揮されてます。

最後のパートは彼女たちが用意したおしゃぶりを咥えてから
赤ちゃん言葉を多めに投げかける幼児プレイ色の強い内容です。
しかしすっかりダメになった彼を彼女たちが無条件に甘やかすわけではありません。
詳細は伏せますが、前の3パートよりも背徳感のある射精を迎えることになるでしょう。

このように、快楽を餌に勇者を少しずつダメにする流れのあるエッチが繰り広げられてます。
優しく弄んでくれる作品
サキュバスに負けるシチュを柔らかく、そしてエロく描いた作品です。

ベラとリリーは自分たちを討伐しに来た主人公を逆に攻略しようと
最初は下手に出てエッチなご奉仕をしながら彼の強さや性癖を探ります。
そしてある程度掴めた後は飴と鞭を組み合わせて無力な赤ちゃんに作り変えます。

異なる性格を持つサキュバスたちが格上の勇者をエッチに負かす色仕掛けシチュ
全編を通じて至近距離から囁いたり耳舐めする穏やかで密度の高い作り
その中で状況や目的に合わせて繰り出す多彩な言葉責め。
ややMあたりの人が喜ぶ要素をいくつも組み込みひとつの物語を作り上げてます。

リリー「ねぇねが見ててあげるから このままぐっすりすやすやしまちょうね」
中でも1番目の要素は展開が緻密に計算されてて驚いたし満足できました。
サキュバスが童貞に対抗するとなると筆おろしを含めたハードな責めをすることが多いのですが
本作品では体への責めは敢えて弱めに設定し、心をがっつり責める方針で進めます。
そしてここが充実してるからこそ敗北射精した時の快感がより強く味わえます。
「本当に処女作なの?」と言いたくなるくらい完成度が高いです。

あとはサキュバスの特徴を色濃く反映させてるところも素晴らしいです。
最もメジャーなのはエッチの上手さですけど
それ以外に敵対する男性を籠絡する狡猾さや多少の残忍さも持ち合わせてます。
逆に精液に対する執着心はほとんど見られませんでした。

エッチはシチュ、耳舐め、言葉責めがメインの抜き要素になります。
おちんちんも同時に責めますが、控えめな効果音を鳴らすだけで実況はほとんどしません。
SEXを敢えてやらないことも含めて他のサキュバス作品とは色合いを変えてあります。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声はありません。

おまけはキス音と耳舐め音です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:37:28(本編…1:15:25 おまけ…22:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月31日まで10%OFFの990円で販売されてます。

★過去作0円クーポン付属★【尻尾耳かき】癒やされ処・夢月邸――夢魔の尻尾でお耳をちゅうちゅうマッサージ――

サークル「Whisp」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、近所のお姉さんっぽい性格をしてる穏やかなサキュバスが
夢の中で一風変わった耳かきやマッサージをします。

サキュバスらしさを出しつつ主に音で癒す作りになっており
耳かきやマッサージといった定番はもちろん、彼女だからこそできるものも用意し
それらの一部始終をリアルかつちょっぴり刺激的な音で表現しお世話されてる雰囲気を出します。
夢の世界でサキュバスと
夢月邸で働いてるサキュバスからサービスを受けるお話。

「あなたは今、真っ暗な地面に立っています。遠くにアカリの灯っているお屋敷が見えますね」
サキュバスはのんびりした穏やかな声のお姉さん。
夢月邸の近くに来てる主人公と手を繋いで案内すると
その途中にここがどこか、自分が誰かを教えます。

本作品は夢と月の間にある変わったお店を舞台に
彼女が120分程度に渡って耳かき、マッサージ、エッチをします。
サキュバスと言えばハードかつ濃厚なエッチをするキャラで有名ですが
彼女の場合は時間、内容共に癒しを重視して進めます。

彼のことを「男の子」と言ってるのでたぶん彼はまだ少年なのだと思います。

「お客様を落ち着かせるデフューザーを焚きましたので、良い香りがしてくると思います」
異世界に迷い込んだ彼を出迎え丁重に案内し
到着後は癒しの香りを漂わせながらマッサージ台の上で一生懸命ご奉仕します。
声や態度が近所のお姉さんっぽいほんわかした雰囲気の女性です。
終盤には愛の言葉も投げかけるなど心のケアにも力を入れてます。

エッチシーン以外はセリフよりも音や吐息の量を多くしてありますから
ASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
どの音も質感が良く動きもリアルで耳に心地いい刺激を送ってくれます。

しかしサキュバスらしさを感じる要素もそれなりに用意されてます。
お金を取らない代わりに彼の精液をいただくことにし
物語の中盤以降は逆ハート型の尻尾を使って耳やおちんちんを気持ちよくします。
中でも耳へのマッサージは他の作品でもなかなかお目にかかれないものです。

穏やかな性格のサキュバスが音重視のサービスで少年をもてなす。
サキュバスらしさを残しつつ癒しに大きく寄せたまったり系の作品です。
音と吐息が織りなす静かなひと時
夢月邸に到着した後、最初の2パート54分間でするのは定番のサービス。
「丁寧なヘッドマッサージと、ヒミツのぱふぱふ」は頭部のマッサージ(約26分)
「サキュバスしっぽで、奥までとろとろ耳かき(通常編)」は耳のマッサージと耳かきで健全に癒します(約28分)。

そして本作品の持ち味である音が早速威力を発揮します。
ヘッドマッサージは 「しゅるー」という滑らかな摩擦音が鳴り、状況に応じて動きが小まめに変化します。
手のひらで頭頂部を優しく撫でる、両手の指先でツボを押す、後頭部を左右交互に擦る
頭部全体を手で包み込んで揉むなど種類も多く、このパートだけでも結構癒されます。

「指先で 頭のツボを、ぐ ぐって押していきますね」
最中の彼女は何をするか事前に伝える以外はほぼ吐息のみを漏らします。
効果音と吐息だけが流れるひと時はとても静かで落ち着きました。
癒し系専門店なのでまずは人間の時と同じく純粋に癒す方針で進めます。

2番目の耳かきは座った彼の後ろに彼女が陣取り
耳を片方ずつ蒸しタオルで拭いてから右→左の順に耳かき棒で綺麗にします。
そしてこの合間と終了時に軽く息を吹きかけます。

蒸しタオルは「ずりずり」という柔らかさのある摩擦音
耳かき棒は「じゅりっ」という乾いてて平べったい音が使われており
いずれもゆっくり往復させる感じに動きます。
耳かき棒は綿棒に近い動きをしてますが、音の質感は良いほうと言えます。

また耳かき棒は穴の手前と奥の2パターンあり
奥へ進むと効果音が若干近く大きいものに変化します。

音が売りの作品なだけあって細かいところにも気を配って制作されてます。

サキュバスらしさが出てくるのはその次から。
「サキュバスしっぽで、奥までとろとろ耳かき(スペシャル編)」は尻尾を使って耳マッサージし(約30分)
「むっちり太ももで、むにむにフェイスマッサージ」は太ももや股間といったエッチな場所で顔を揉みほぐします(約15分)。

「私のしっぽとお客さまのお耳でぇ ぱこぱこ交尾、しましょ♪」
スペシャル編は本作品の副題にもなってる非常に個性的なサービス。
尻尾を開いた中にある触手を耳の穴に滑り込ませます。
指を耳に入れてぐりぐりしてるような弾力のある音が鳴り始め
シーンの後半に入るとSEXしてるように出し入れして強めの刺激を送ります。

癒しとエッチの中間あたりに位置するサービスですね。
耳の中を傷つけない配慮がされてますからヤバさは特に感じません。
視聴時は耳を優しく撫でられてるような感覚がして心地いいです。
人間の女性にはできないことをやってサキュバスの魅力をアピールします。

「お客さまのほっぺをぉ さするみたいに 太ももを 前後に 動かしてぇ。 むに むに なで なで♪」
太ももマッサージは軽い圧迫感を音で表現してるのが魅力です。
両耳を中心に「ぞぞぞっ」みたいな音が鳴り続けます。
服越しとはいえおまんこを自分から押しつけるなど、エッチに向けた心の準備も見据えてお世話します。

両パートの共通点は普段あまり聴かないタイプの音で構成されてることです。
音を楽しむ意味合いが強いのでASMR系の作品が好きな人ほど楽しめるでしょう。
エッチな手段をできるだけ使わずにサキュバスの持ち味を出してるのも素晴らしいです。
愛を込めて搾り取るエッチ
エッチシーンは1パート18分間。
プレイは尻尾コキ、キスです。
尻尾コキ、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「私最初に言いましたよね。ここは夢の世界。あなたをマッサージで安らげてあげる代わりに お代を頂くって」
100分近くに及ぶ癒しのサービスで主人公の耳と頭部を綺麗にしたサキュバスは
最初に約束した通りおちんちんを尻尾でしごいて精液をいただきます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
内容は序盤から「ちゅぷん」という力強い水音が鳴り始め
オナホコキと同じように上下に動いてしごきます。
途中でキスも入りますけど基本的にはこれ一本です。

「形も硬さも大きさも 私の理想のおちんぽ様です♪」
「お客さまのおちんぽ 私、大好きです♪」

そしてこのパートだけは彼女が色んなことを話したり嬉しそうな反応を随所で見せます。
おちんちんを「おちんぽ様」と呼んで褒め称え
それや彼自身に対するポジティブな言葉をガンガン投げかけて気分良く射精させます。


プレイは確かにサキュバスなのですが、雰囲気は近所のお姉さんにとても近いです。
M性がほとんどないのでノーマルな人でも普通に聴けるでしょう。
効果音がそれなりにエロいですから2~3日溜めた状態でオナニーすれば抜けると思います。

また彼女がなぜ彼にここまで尽くすかも語られてます。
最初から最後まで音重視だと彼女の影が薄くなるからこうしたのでしょう。
本作品に合ったあまあまなエッチに仕上がってます。
音が魅力の作品
エッチが得意なキャラを敢えて癒しに活用してる面白い作品です。

サキュバスは夢月邸の近くで出会った主人公に幸せな時間を提供しようと
近所のお姉さんっぽい穏やかな態度で接しながら耳と頭部を丹念にケアします。
そしてその途中で彼が興奮したのを見計らってサービスの対価に精液を搾り取ります。

良い意味でサキュバスらしくない女性が少年と思しき男性を癒すノーマル向けのシチュ
セリフよりも音の割合を増やし、状況に応じて変化させるASMR系の作り
尻尾を使った耳マッサージや尻尾コキといったサキュバス特有のサービスを盛り込む演出。
一般的な癒し系作品との差別化をしっかり行ってます。

中でも音は動きにこだわっててレベルが高いです。
同じマッサージでも動きが違えば幅広さが出るしよりリアルになりますからね。
太ももで挟まれてる感覚も忠実に表現されててセリフ少なめでも簡単にイメージできます。

サービスは尻尾を使った耳責めが最も印象的でした。
現実世界ではできない行為ということで、実況を適度に挟みつつ特徴のある音を鳴らします。
耳かきの直後にやるからそれぞれの違いがはっきりわかります。

エッチはおまけとは言いませんけど脇役に近い位置づけです。
純粋な快感だけでなく彼女の愛情や思いやりも感じながら抜けるようになってます。
癒しのサービスがこれだけ充実してるのなら別にいいんじゃないかなと。
内容を理解したうえで聴く分には満足できるクオリティを持ってます。

射精シーンは1回。
くちゅ音それなり、淫語と吐息そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:古都ことりさん
総時間 2:09:11

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年10月7日まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

【バイノーラル】サキュバスのお気に入り~お耳も乳首もおち〇ぽも~

サークル「めとりくす」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、穏やかで精液大好きなサキュバスが
自分好みの精液を出す男性から色んな手段で搾り取ります。

サキュバスらしさを出しながらじっくり責めるのが特徴で
どのパートも射精シーンを1回まで絞り込み
分身して左右の耳や乳首を同時に責めたり、尻尾でおちんちんを咥え込むなど
人間の女性にはできないプレイを盛り込んでエロさの密度を上げます。
グルメなサキュバスに魅入られて
サキュバスのソフィアと4種類のエッチをするお話。

「こんばんはー はじめまして」
ソフィアは甘く可愛い声の女の子。
主人公の家にやって来て親しげに挨拶すると
その理由を説明してから特殊な結界を張ります。

本作品は自分に合った精液を追い求めてるグルメな彼女が
彼を相手におよそ90分に渡る濃厚なエッチをします。
耳舐め、乳首責め、SEX、オナニーとパートごとに異なるプレイを用意し
いずれも1回の射精に向けてじっくり責めるスタイルを取ります。

「サキュバスにとって 濃厚な精液は最高のご馳走 君の精液ね すごくすごく美味しそうなの」
彼女はどちらかと言えば量より質を重視するようで
おちんちんを激しく責めたり連続射精されるといったハードなことはやりません。
彼自身やおちんちんを褒め称えてやる気にさせ
耳や乳首といった別の性感帯も同時に責めて精液を熟成させます。

またSEXや相互オナニーをするシーンでは喘ぎ声を積極的に漏らします。
性格は近所のお姉さんっぽい印象を受けました。
完全女性上位で進めつつM性を低めにして気分良く射精させます。

もちろんサキュバスらしいところも備わってます。
前半の2パートは中盤から彼女が分身して最大3人まで増え
左右中央からエッチな声や音を同時に鳴らして興奮させます。

他にも魔法をかける、尻尾をオナホ代わりにするなど人間にはできない要素を盛り込んでます。

責めっぷりは割と緩くして密度を上げる感じです。
全編バイノーラル録音なだけあって声と音の質感も高く
各パート1回ずつ抜けるくらいのエロさを持ってます。
その一方で言葉責めはかなりソフトにしてあります。

1回1回を大事にした責めっぷりとサキュバスならではのプレイ。
過酷さをできるだけ薄めたうえで実用性を上げてるノーマル~ややM向けの作品です。
抜き要素が充実してるエッチ
エッチシーンは4パート81分間。
プレイは耳舐め、フェラ、乳首責め、尻尾責め、SEX(騎乗位)、キス、相互オナニーです。
服を脱ぐ、尻尾責め、SEX、ソフィアのオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ソフィア まずは君の体を味わいたいなぁ」
部屋に結界をかけて誰にも邪魔されない状況を作ったソフィアは
主人公と一緒に服を脱ぎ、体を密着させて耳に息を吹きかけます。

エッチは最終パートを除き彼女が責め続けます。
前半の2パート46分間は複合責めが魅力のシーン。
「02 ソフィアの耳舐め」は両耳舐め+フェラ、「03 ソフィアの乳首責め」は両乳首舐め+尻尾責めと
異なるプレイを同時に行い性感と射精感を少しずつ高めます。

「可愛い体 おちんちんも素敵」
彼女はサキュバスの中でも穏やかな性格をしており
彼のことを適度に褒めながら上品なちゅぱ音を鳴らします。
一応後半で「変態」と言い始めるものの、声が柔らかいので見下されてる感じはあまりしません。
良質な精液を出せる彼にある程度の敬意を払って搾精を続けます。

プレイはどちらもちゅぱ音の量が多く密度が高いのがポイントです。
耳は水分控えめで舐めメイン、乳首やおちんちんはやや下品で舐め+吸いといった具合に
責める部位ごとに違いを持たせて音だけでイメージできるようにしてます。
特にフェラは「むしゃぶりつく」と表現するのがピッタリな激しい音を鳴らしてました。

ちなみに本作品では乳首を責める時間が合計27分ほどあります。
効果音は鳴りませんけど多少は実況してくれますから
開発済みの人は一緒にいじるとより気持ちよくなれるでしょう。

それに対して後半の2パート35分間は喘ぎ声が光るシーン。
2回出してもまだまだ元気なおちんちんを騎乗位で咥え込み
その後は彼のリクエストに応えて相互オナニーをします。

「あぁっ すごい 君のチンポ 硬くて 熱くて」
M向けのサキュバス作品ではまったく喘がないこともあるのですが
本作品では積極的に喘いで抜きやすくしてます。
挿入した直後は腰を前後に動かし、少し経つとピストンに変化する流れも丁寧で良いです。
効果音は他サークルさんの素材らしいですが、動きに合わせて別のものを鳴らします。

私は「06 ソフィアのオナニー」のほうがエロく感じました。
パートの前半はクリオナ、後半は指を挿入する膣オナとスタイルを変え
喘ぎ声の漏らし方やリズムも変えて臨場感を出してます。
サキュバス相手に相互オナニーする展開も珍しく
彼女が彼を単なる精液製造機と見てないのがわかります。

このように、前半と後半で方向性を大きく変えた抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
甘めのサキュバス作品
サキュバスの要所を押さえたうえできつさを極力削いでる作品です。

ソフィアは自分好みの精液を出せる彼から無理なく搾精しようと
連続射精やハードな責めを排除し、その代わり同時責め主体にしてじっくり熟成します。
そして後半は彼女自身も楽しみながらエッチな声を上げて男心をくすぐります。

穏やかで精液大好きなサキュバスが男性とひたすらエッチするわかりやすいシチュ
彼の心身に気を配りながら責める比較的マイルドな作り
分身や尻尾責めといった固有の要素を盛り込んだ濃いエッチ。
M向けでは定番のキャラをノーマル寄りにアレンジして個性を出してます。

「(オナニー)一緒にするのって 結構いいね いつもより興奮しちゃった」
彼女は自分が認めた相手に対してはたとえ人間であっても優しく接します。
結界を張って逃げ道を塞ぐ以外は強引さを感じる描写はなく
彼ができるだけ気持ちいい状態で射精できるようじっくりリードします。
最終パートは彼の言う通りにしますし、良い意味でサキュバスっぽくないキャラに描かれてます。

ただ終始優しいだけだと本当に近所のお姉さんになってしまうから
エッチの責め方でバランスを取ってます。
どのパートも聴き手が実際に抜けるあたりに調整してあって良かったです。

「君の勃起チンポ ソフィアのおまんこが 根本まで咥えこんで おちんぽの上のほうまで 上がって また根本まで 入って」
唯一気になったのがエッチシーンでのセリフ。
上のように物事をそのまま実況することが多いです。
こういうセリフを繰り返すと官能小説っぽくなってしまうので
もう少し会話調の表現にしたほうが自然になると思います。

射精シーンは4回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

CV:琴音有波(旧名:紅月ことね)さん
総時間 1:37:22

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで90%OFFの108円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

ドレスサキュバスフィーネのお洋服赤ちゃん調教催眠【バイノーラル音声+漫画】

サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つ母性の強いサキュバスたちが
甘えん坊な男性に催眠をかけてから濃厚な幼児プレイをします。

「お洋服赤ちゃん」と呼ばれる特殊なシチュで2種類の絶頂を目指すのが特徴で
彼女の体とスーツに包まれてる感覚を味わわせながら
金髪、ピンク髪の2人も加わり3人で協力してとことん甘やかします。
催眠音声と同人誌がセットになってるのも大きな魅力です。
3人のサキュバスに甘やかされて
サキュバスのフィーネや2人の部下と幼児プレイを楽しむお話。

「いらっしゃい よく来てくれたわね」
フィーネは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
同人誌を読み自分のところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
既に魅了の魔法にかかってると告げてから深い催眠に導きます。

本作品は男の子に赤ちゃん調教するのが得意な彼女が
それに興味を持った男性を120分程度に渡って甘やかし続けます。
彼女以外に金髪サキュバスとピンク髪サキュバスも登場するのですが
メインの語り手および催眠者はフィーネが担当し、他の2人はそれをサポートする役に回ります。

「あなたを 私の可愛いぼくちゃんへと 生み直してあげる」
精液を奪うためなら何でもやる一般的なサキュバスとは違い
彼女は実の母親のような優しい態度で終始接します。
物語の序盤から彼のことを「ぼくちゃん」と呼び
ぎゅっと抱きしめる、頭を撫でる、大きなおっぱいで包み込むなど
多くの男性が癒しや安らぎを感じることを積極的にやって骨抜きにします。

結局彼女の言いなりになるのでやってることは間違いなく調教です。
でもその手段が非常に優しいため嫌な気分を抱くことなく受け入れられます。
他の2人もあまあまですし、年上の女性に甘やかされるシチュが好きな人ほど楽しめるでしょう。

また冒頭で触れたように本作品には催眠音声以外に32ページの同人誌も入ってます。
主人公とは別人の勇者が彼女たちに調教される様子が描かれており
本作品の独特な世界観を知るのにとても役立ちます。

「お洋服赤ちゃん」というプレイをする作品は他にありませんし
事前に読んでから催眠音声に進んだほうがずっとイメージしやすくなるでしょう。
同人誌のセリフを読み上げる音声(約27分)も同梱されてて親切丁寧です。
癒し要素満載の催眠
催眠はおよそ23分間。
フィーネだけが登場し、まずは目を軽く開けたまま深呼吸と脱力をします。

「眠る時のように だんだんと全身から緊張が抜けていって 体も心も すーっと落ち着いてくるのがわかる」
息を吸う/吐くタイミングを合図を出して伝えながら
緊張が和らいだり脱力感が全身に広がる暗示を投げかけてスムーズにリラックスさせます。
催眠中は常にゆっくりペースで間を開けながら語りかけてくるのが良いですね。
セリフと雰囲気の両方から癒して彼女の赤ちゃんになる心の準備をさせます。

「ほら 頭ふわふわー 気持ちいいでちゅか? ぼくちゃん」
また中盤からはそれをより実感しやすくするために
上のセリフのように赤ちゃん言葉を適度に交えて話すようになります。
音声を構成する要素のすべてがとろけるように甘く
現実世界で疲れやストレスを感じてる人ほど心が潤うでしょう。
そしてこれは催眠にとって重要な「信頼関係の構築」にもプラスに働いてます。

後半シーンは催眠の深化と幼児化をさらに進めます。
目を閉じる指示を出してから柔らかいベッドに横たわってる感覚を言葉で伝え
彼女たちに情けない姿を晒せば晒すほど幸福感が湧くようにします。

「声を聞けば聞くほど 頭の中に そのイメージが浸透していって 快感はより深く ふかーくなっていく」
本作品のエッチは現実世界だとまずできないものですから
それをリアルに楽しむにはイメージ力が重要となります。
そこで彼女はベッドで寝るイメージを通じて軽く練習させ、その中に「深い」を入れて深化も促します。
醜態を晒すほど気持ちよくなる暗示を入れるのも普段の自分と切り離すためです。
そうやって赤ちゃんになりきりやすい環境を一歩ずつ整えていくところが素晴らしいです。

エッチに向けた準備を強く意識した甘さの強い催眠です。
聴き手をサキュバス達がいる夢の世界へ案内することを目的に
深呼吸から入って脱力、イメージを絡めた深化、メインの暗示、そしてカウントと
催眠音声では定番の技法を作品に合わせてアレンジしゆっくり丁寧に進めます。

リラックス重視で進めるおかげで頭を空っぽにしやすく
彼女ののんびりした口調もそれにマッチしててとても癒されます。
深化時は一気に落ちるのではなくずぶずぶと沈む感覚がするでしょう。
私が聴いた時もそのまま寝てしまいたくなるほど意識がとろけるのを感じました。
初心者はわかりませんけど催眠慣れしてる人ならあっさり入れるくらいの品質を持ってます。
ママの体とスーツに挟まれて
エッチシーンは2パート50分間。
プレイはおちんちんカリカリゲーム、頭を撫でる、両耳舐め、アナル舐め、床オナ、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありませんが実際に射精するシーンがあります。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「いらっしゃい ぼくちゃん お遊戯部屋へようこそ」
催眠を使って主人公を自分のお遊戯部屋へ案内したフィーネは
早速彼を自分の体とスーツで挟み込んで何もできない赤ちゃんにします。

エッチは終始彼女たちが責めます。
最初の「02_02 ドライ絶頂パート」は名前の通りドライだけするメインパート(約37分)。
お洋服赤ちゃんになった気分を膨らませてからおちんちんをソフトにいじったり
ここから登場する金髪サキュバスとピンク髪サキュバスが両耳を舐めて気持ちよくします。

フィーネ「程よい強さで むぎゅっ むぎゅっ むぎゅっ むぎゅっーって ママの体へと締め付けられる ママの体に沈む 沈む 沈む 沈み込んでいく」
お洋服赤ちゃんは簡単に言うと頭部より下が彼女のスーツの内側へ入ってる状態。
このパートでは背中を彼女の体、おちんちんをスーツに刺激されるようにし
そのまま軽く圧迫したり比較的ソフトにいじって性感を徐々に高めます。
販売ページのサンプル画像を見ていただくのが一番わかりやすいです。

窒息させる描写は一切ありませんから、ややMあたりの人なら本当に誰でも聴けます。
ママとの一体感を出しつつ複合的に責める非常に珍しいプレイです。

金髪「あらあら びっくりさせちゃったかしら?」
ピンク髪「はぁーい いらっしゃい ぼくちゃん ここに来てくれて ママたちとっても嬉しいよ」
フィーネの部下にあたる2人の存在も忘れてはいけません。
金髪は左、ピンク髪は右に陣取り軽い言葉責めをしたりちゅぱ音を鳴らしてドライを応援します。
暗示にあたるセリフを言うこともありますが、双子催眠のように複雑なアプローチをかけるわけではありません。
引き続きフィーネをメインに据え、必要に応じて彼女たちがそれを助けるスタイルを取ってます。

プレイは彼女の体とスーツに挟まれてる感覚を膨らませてから
おちんちんカリカリゲーム(指先でカリや裏筋をソフトにいじり続けるプレイ)で体を温め
さらに両耳舐めを経由してからカウントを何度も数えて連続絶頂させます。

体への責めは比較的ソフトですが
時間を十分に取り少しずつ絶頂まで持っていくので物足りなさはありません。
赤ちゃん言葉や頭を撫でるといった幼児プレイならではの行為も絡めて幸せイキさせます。
私が聴いた時もお漏らしししたような生暖かい感覚が股間に湧いてきました。
定番の授乳手コキを敢えて外し、作品固有のやり方で心身を盛り上げるのも面白いです。

絶頂後の時間を長めに取ってる(約6分)のも印象的でした。
「とっても可愛かった」と褒めてくれますし、スッキリした気分で聴き終えられるでしょう。
サキュバスにつきものの貪欲さや残忍さを削り自然と甘えたくなる気分にさせてくれます。

続く「02_03 追加射精パート」は打って変わってウェット(約13分)。
先ほどとは前後を逆にし、フィーネのお腹におちんちんを擦りつけて射精を目指します。
ちなみにこのパートはオプション扱いで聴くかどうかを自由に選べます。

フィーネ「健気にへこへこ おじょうじゅおじょうじゅ」
手を一切使わず床オナする非常に独特なプレイです。
彼女たちもそれを踏まえて「すりすり へこへこ」の掛け声をやや遅いペースで言います。
うつ伏せになることも考慮すると結構上級者向けのプレイかなと。
やったことのない人はおちんちんに手を添えると多少やりやすくなるかもしれません。

このように、年上の女性たちにとことん甘やかされる穏やかなエッチが繰り広げられてます。
雰囲気の良い作品
サキュバスによる幼児化調教を甘いタッチで描いた作品です。

フィーネはお洋服赤ちゃんに興味がある主人公を立派な赤ちゃんに育てようと
まずは催眠を通じて自分がママであることを伝えて甘えられる環境を作ります。
そしてエッチは自分の体とスーツの間に挟み込んだまま2種類の絶頂を味わわせます。

母性の強いサキュバスたちが男の子を赤ちゃんに見立ててお世話するあまあまなシチュ
癒し系の技術と赤ちゃん言葉を組み合わせた効果的な催眠
密着感と一体感を出しながら絶頂までゆっくり持っていくソフト路線のエッチ。
年上の女性が持つ優しさや温かさをリアルに伝えて心と体を潤します。

金髪「はじゅかちいのが気持ちいい はじゅかちいから気持ちいい」
甘えたい欲求を持つ男性が喜ぶツボを心得てるのがすごく良いなと。
催眠パートで甘えるのに不要な羞恥心や世間体を取り除き
エッチに入ると彼のすべてを受け入れて安心感を与えます。
無理矢理甘えさせるところが一切なく、聴き手が自分からそうなりたくなるよう導きます。

幼児プレイ好きが一番楽しめるのは間違いないですけど
そうでもない人も割と聴けるのではないでしょうか。
でちゅまちゅをそこまで多用せず自然なしゃべり方を心がけてるのも大きいです。

エッチはどちらもシチュで気持ちよくする方針を取ってます。
彼女たちに甘える快感、逆に甘やかされる快感、痴態を見られる快感などです。
ウェットは床オナで時間が短めですし、ドライメインと捉えるのが妥当でしょう。
じっくり盛り上げてくれたからか余韻が普段よりも長く続いてるように感じました。

絶頂シーンはドライ5回、ウェット1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

変わった幼児プレイを聴きたい人には特におすすめします。

CV:フィーネ…大山チロルさん 金髪サキュバス…陽向葵ゅかさん ピンク髪サキュバス…秋野かえでさん
総時間 2:26:02(同人誌セリフ読み上げ…26:59 催眠音声…1:59:03)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ドレッドサキュバスパレス―スイーツサキュバスの甘露吸搾―

サークル「abnormal fantasy」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで母性の強いサキュバスが
自分の住処にやって来た少年をエッチな手段でとろかせます。

全身を物に変えてからそれに合ったプレイをして絶頂させるのが特徴で
前半は口にするもの、後半はエッチに使うものと異なる方向性を持たせ
いずれも暗示を厚めに入れてそうなった気分と絶頂感を膨らませます。
甘さ満点なサキュバスと
スイーツサキュバスのクレープにエッチな催眠をかけられるお話。

「あら? こんばんは ボク」
クレープは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
ドレッドサキュバスパレスを訪れた主人公に声をかけると
討伐しに来たと言う彼の本心を見抜き早速誘惑します。

本作品はサキュバスよりも近所のお姉さんに近い性格を持つ彼女が
エッチな体験を求めてる彼に140分以上に渡る不思議で気持ちいいサービスをします。
名前と挿し絵を見ていただければわかるように、彼女の体は甘いもので構成されており
それらを駆使したあまあまな責めで彼を骨抜きにします。

「ちょっとでもお姉さんの味を知ってしまうと 頭の中 とろとろに溶けちゃうほど甘いのよ」
レベルドレインを使うシーンがあるものの残忍さは一切見られず
まるで母親のような態度で彼を甘やかして吸われることに幸せを感じさせます。
催眠も心地よさを与えることを重視してますから
彼女の声を聴けば聴くほどぬるま湯に浸かってるような感覚が湧いてくるでしょう。

エッチの内容が結構ぶっ飛んでるのも本作品の魅力です。
全部で6つのプレイがあり、そのすべてで彼を何か別のものに変えてから気持ちよくします。
例えばアイスキャンディーに変えてペロペロ舐める、パンツに変えておまんこの匂いを堪能させるなどです。
人間同士がするエッチとは違うのでイメージ力が要求されるところもありますが
聴き手視点で実況したり暗示を多めに入れてカバーする配慮がされてます。

催眠は2パート22分間。
横になって目を瞑り、まずはお馴染みの深呼吸と脱力で催眠に入りやすい状況を作ります。
ちなみにここから彼女の声に軽いエフェクトがかかります。

「声が体の中まで染みこんで 余計な力を抜いていく」
まだ始まったばかりということでスイーツサキュバスらしさは特に出さず
「抜ける」「落ちる」「沈む」といった言葉を多めに交えてゆっくり語りかけます。
時間が短めだからでしょうけど、通常の催眠より暗示を厚めに入れてました。
それでいて慌ただしさを感じないのは彼女の話し方が終始穏やかだからでしょう。
作品のテーマである「甘さ」をしっかり反映させた癒される誘導をしてくれます。

脱力は肩→右腕→右手→左腕→左手といった具合に全身を細かなパーツに分け
脱力感を少しずつ伝播させて気持ちよくします。
彼女が「重い」と言わないおかげで私の場合は重さよりも浮遊感を感じました。
最後の頭を脱力する際は彼女を母親、彼を赤ちゃんに見立てて安らぎを与えるなど
お互いの信頼関係を構築しながら催眠に入れるよう考えて作られてます。

次の「催眠深化(小人化)」はエッチに向けた準備をするパート。
とあるキーワードを定めてからカウントを何度も数えて段階的に深化を促し
それから彼の全身を小さくして別の物になりきりやすくします。

「小さく 幼く 甘くとろけながら ママの胸で抱きしめられ 全身をお手々で握られて」
そしてここでも赤ちゃんになった気分を膨らませて意識の力をさらに弱めます。
赤ちゃんは大人よりも体が小さいですから小人化との相性も良いです。
このへんまでくると意識もかなりぼやけて気持ちよかったです。

十分にリラックスさせてから深化と小人化を進めるスタンダードな催眠です。
聴き手の心を甘えん坊にしつつ体を小さくするのを目的に
最初のパートは深呼吸と丁寧な分割弛緩法、次はカウントを交えた深化&小人化と
パートごとに明確な目標を定め、いずれも古典催眠の技術をベースにゆっくり進めます。

事前に10分程度のドラマパートを挟んであるおかげで彼女のキャラが掴みやすく
そのおおらかで慈愛に満ちた態度に釣られて自然と頬が緩みます。
良い意味でサキュバスらしくないと言いますか、甘えたくなるオーラを持った女性です。
催眠の技術も比較的レベルが高く、中程度あたりの深度まで入ることができました。
物になって優しく搾精
エッチシーンは6パート67分間。
プレイは全身舐め、クリームパイズリ、授乳、下着になって穿かれる(匂い責め)、クレープのオナニー(バイブ化)、オナホ化です。

クリームパイズリ、クレープのオナニー、オナホ化の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「これからボクは お姉さんの魔法で 様々なものに変えられちゃう」
催眠を使って主人公を手のひらサイズの体にしたクレープは
人間の時とは違うプレイを味わわせながら彼のレベルを吸い取ります。

エッチはどのパートも彼女が責めます。
最初の3パート34分間は口にする物をテーマにしたプレイ。
アイスキャンディー、ホイップクリームつきのバナナ、そして哺乳瓶と
まったく違うものを用意しそれぞれに合った手段で気持ちよくします。

ちなみにこれらはすべて選択式になってまして、好きなものを自由に選んで聴くことができます。
総時間が長くなるとどうしても催眠状態の維持が難しくなりますから
多くても3パートあたりに留めたほうが無理なく楽しめると思います。

内容はいずれも最初の3~4分を使って彼の体をパート名通りの物に変え
(アイスキャンディーだったら全身が硬直する暗示を入れる、など)
それから残りの時間を使って全身を舐め、パイズリし、授乳してから逆に吸い出して何度もイかせます。
全パート連続絶頂形式ですからいつ何回イっても構いません。
彼女の甘さが出るように多少の緩さを持たせてあります。

またエッチに入ると彼女が最大3人に増え
左右から畳み掛けるように暗示を入れて気持ちよくするようになります。
これはパートごとの時間が15分程度と短めだからでしょう。
事前の準備も含めてこの時間内で終えるために暗示の密度を催眠パートよりも上げてます。

「熱い熱いミルクが体にどんどん溜まる するといやらしい気分が高まる」
「ほら ちょっと吸われただけで ビクンビクンって 吸われるのが気持ちいい」

この中で個人的に面白いと思ったのは「No8、哺乳瓶」パート(約12分)。
彼女の母乳を吸ってる時はそれに合わせて興奮が高まる
逆にミルクを吸われる時は体が痙攣する、と2つの手段で気持ちよくします。

「自分の体が哺乳瓶になった」と言われてもあまりピンと来ないでしょうから
彼女も状況より得られる快感を重点的に伝えることを心がけてます。
専用の効果音を同時に鳴らすなど、雰囲気作りにも気を配ってあって気持ちよかったです。

続く後半の3パート33分間はエロさを感じるアイテムが中心。
パンティーになって彼女に穿かれる、バイブになっておまんこの中に入る
オナホになって彼女のおちんちんに貫かれる、といった具合に
一般的なプレイを作品独自の視点で描いて絶頂させます。

「思考を染め上げる 甘い香り 理性がとろとろと溶け落ちて 頭馬鹿になっちゃうよね」
一番個性が強いのは「No9、パンティー」でしょうね(約11分)。
彼女の股間に密着してる状況を主に匂いで表現します。
人によってはここで甘い匂いを感じられるかもしれません。
おまんこに全身で密着してエナジードレインされるシチュもかなりのM向けと言えます。

他の2パートはシチュよりもエロさが際立ってるように映りました。
バイブは「ちゅぷっ」、オナホは「ちゅぽっ」という若干質感の違う水音をリズミカルに鳴らします。
彼女も喘ぎ声を多少上げてくれますし、一方的に責められ続けてきたこれまでとはタイプの異なるプレイです。

このように、アイテムの特徴を上手く取り入れた催眠音声ならではのエッチが繰り広げられてます。
甘さの強い独特な作品
既存のサキュバス作品とまったく違う道を歩んでる作品です。

クレープは自分に会いに来てくれた主人公をもてなしながらレベルを吸い取ろうと
まずは催眠をかけて彼を小さくしたうえで夢の世界に招待します。
そして合計6種類のエッチを通じて何度も何度もドライ絶頂させます。

お菓子のように甘い性格のサキュバスが少年をもてなす穏やかなシチュ
技術は定番のもので揃え、そこに作品独自の要素を盛り込んだ手堅い催眠
彼の体を物に変えてその視点で気持ちよくする斬新な切り口のエッチ。
エッチに積極的なサキュバスの特徴を残しつつそれなりの甘さを持たせてサービスします。

中でもエッチは前半がイートミーっぽいプレイ、後半は大人のおもちゃ視点でのプレイと
音声作品ではあまり扱われないジャンルに挑んでて個性が強いです。
アイテムとプレイの繋げ方も上手ですし、ドライ慣れしてる人なら結構気持ちよくなれると思います。
前項でも書きましたがパートを詰め込みすぎないのが楽しむコツです。

あとは催眠、エッチいずれも過去作より暗示の質が上がってるように感じました。
一部で双子っぽく左右交互に畳み掛けるシーンがあったりと
催眠特有の心地よさも味わえるように作られてます。
本作品は「甘さ」がテーマなので、催眠に入る/漂う感覚をそれに重ね合わせてるのかもしれませんね。

絶頂シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 2:26:23

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年9月17日まで30%OFFの680円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

【寝取られ×オナサポ】サキュバス姉妹の淫魔式オナニーサポート~童貞両耳責め寝取られマゾ射精背徳味~

サークル「マザースター」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、どちらもエッチ大好きなサキュバス姉妹が
童貞の男性にスリリングなオナサポをして美味しい精液をいただきます。

寝取られや寝取らせを絡めながらオナニーするのが特徴で
シコシコボイスを流しながら反対側でちゅぱ音や喘ぎ声を流し
好きな女性を他人に汚される快感や、見知らぬ女性に種付けする快感を味わわせます。

視聴時にオナホを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
サキュバス姉妹とするスリリングな射精
サキュバスのキシキルとリルラケが2種類のオナサポをするお話。

「はいどうも~! 妹サキュバスのリルラケです!」
リルラケ(右担当)は明るくて可愛い声の女の子。
「はぁい、どうも~、姉のキシキルだ……ちゅっ……」
キシキル(左担当)はリルラケよりもトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
夢の中に突然現れて挨拶すると、自分たちの声を聴いてる主人公にオナニーさせます。

本作品は良質な精液を追い求めてるグルメなサキュバスたちが
75分程度を使ってMな彼に独特なオナニーをプレゼントします。
夢の中が舞台ということで現実世界よりもぶっ飛んだ描写をいくつも盛り込み
オナニーそのものよりもシチュ(=心への責め)に力を入れてリードします。

キシキル「妹が口に含んだ他人棒は、グローリーホールを通じて接続先であるお前の恋人の口に挿っていく」
そう言える最も大きな要因は「寝取り/寝取られ」をプレイに盛り込んでること。
前半はフェラ、後半はSEXをオナニーと同時に行い背徳感と負ける快感をくすぐります。
こちらはその状況を見るだけで直接参加することはありません。

グローリーホールは簡単に言うと他人の体の一部を召喚する術。
主人公が付き合ってる、あるいは思いを寄せてる女性を事前にイメージし
その口やおまんこを彼女たちのそれとリンクさせて普通のプレイとほぼ同じにします。
そして同じく召喚された見知らぬ男性のおちんちんに犯される設定にしてスリルを煽ります。
視覚的に説明すると空中に浮かんでるおちんちんを彼女たちの片方が咥えたり挿入されてる感じです。

片方は実況、もう片方はちゅぱ音や喘ぎ声を漏らす役を担当することで
オナサポ作品に不足しがちな「純粋なエロさ」をカバーしてます。
寝取られといっても想像上の産物ですからそこまで生々しさはありません。
より良い精液を熟成するためのスパイスとして盛り込んでます。

肝心のオナニーについてはバックでシコシコボイスを流すだけのシンプルなものです。
途中でいじり方を変えたりする指示も出ませんし、寝取られシチュこそが本作品最大の魅力と言えます。

キシキル「童貞くんの意味はだな……女性をイかせたことがない、女性が気遣ってイったふりをしてくれている……こういう本当のセックスを体験したことのない連中はみんな童貞くんだぞ」
ちなみに作中で彼を童貞呼ばわりするシーンがちょこちょこあるのですが
ここでの童貞は女性経験が一度もない男性ではなく
女性を本気で感じさせたりイカせたことのない情けない男性のことを意味します。
この音声を聴く人のほとんどはMでしょうから、その時点で条件をクリアしてると見ていいでしょう。
心を少しずつ追い込むエッチ
エッチシーンは2パート42分間。
プレイはフェラ/SEXの鑑賞、オナニー、オナホオナニーです。
エッチな効果音はありません。

両方「さぁ おちんぽを出しなさい」
主人公が好きな女性が他の男性のおちんちんを咥えさせられてる背景を説明したサキュバス姉妹は
それを止めさせる条件にオナニーを提示し、シコシコボイスでそのペースを指示します。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の「1話:寝取られフェラチオナサポ」はフェラの音を聴きながらするオナニー(約20分)。
リルラケはシコシコボイスとフェラの実況、キシキルはフェラそのものを担当して射精へ追い込みます。

リルラケ「恋人さんが誰のかもわからない精液を飲まされちゃう、なんてシチュエーションに興奮してるわけじゃないよね?」
彼女たちは良質な精液を飲むためにこのエッチをしてますから
当然彼にすんなり許可を出すことはありません。
事前に許可なく射精することを禁じてから寝取られるスリルを与えて興奮させます。
キシキルのちゅぱ音もサキュバスだけあってなかなかエロいです。

オナニーはシコシコボイスのスピードが変わるだけなのが残念ですが
寝取られオナサポは他で見かけないプレイですし、できるだけシンプルにしたかったのかもしれません。
パート終盤はカウントを数えてからぴゅっぴゅのセリフを左右中央で同時に言うなど
個性を出しつつ複数人プレイが活きる責め方を心がけてます。

続く「2話:寝取られゴムなし膣内射精オナサポ」はSEX+オナニー(約20分)。
事前に用意したオナホを好きな人のおまんこに見立て
先ほどと同じく他の男に挿入される様子を眺めながらオナニーします。

キシキル「恋人がゴムなしで射精されるのを感じるのはどんな気分なんだろう。どんなに惨めな気分だろう」
リルラケ「もちろん、童貞さんの精子もぉ……名前も知らない人妻さんの子宮でぇ、卵子につぷぷぅ~って侵入、しちゃってますからね?」
ここでは寝取られ以外に寝取りも盛り込んでるのが面白いですね。
射精と同時に主人公の精子が見知らぬ人妻のおまんこに中出しされる構図にしてさらにゾクゾクさせます。
好きな人が目の前で犯されてる状況に興奮するばかりか裏切りまでする。
ややブラックに感じる要素を組み合わせてM心をくすぐってくれます。

・・・といった具合に個性の強いオナサポをする本作品なのですが
実は結構大きな弱点を抱えてたりもします。
それはオナニーを始めるまでの前置きが長いことと、オナニーそのものの時間が短いことです。

前者は1話が16分、2話は19分とパートの約半分を説明や準備に割いてるため
どちらもオナニーを始めるまで勃起や興奮を維持しにくくなってます。
特殊な設定がされてるので1話は仕方ないかなぁとも思うのですが
2話までこれだけ待たされるのはさすがにもったいないです。

後者は前者との関連性が強い話題で
どちらのパートもオナニー開始から射精までの時間がおよそ12分です。
総時間が77分ある作品でオナニーするのが24分はさすがに短すぎじゃないでしょうか。
心への責めを頑張りすぎたあまり体への責めが疎かになってます。

「わたしたちの欲しい食事は 我慢して我慢して、金玉でたぁ~っぷり、ぐつぐつ、煮詰めに煮詰めた……高品質の…… こゆぅぅぅ~い……ド・ス・ケ・ベ・せ・い・え・き……」
これがシチュ重視のボイスドラマだったら別に今の作りでいいと思います。
ですが本作品はオナサポボイスで、さらに彼女たちは冒頭に「精液を熟成させる」と明言してます。
それをやるには焦らしや寸止めといった意地悪な責めが最も有効ですから
寝取られシチュとその実況よりもこちらを重視したほうが彼女たちが言ったこととマッチします。

要はオナニーをまずしっかりやったうえで他の要素を充実させて欲しかったということです。
今の作りでは残念ながら本末転倒と言わざるを得ません。
このように、良いところと悪いところが結構はっきり出てるオナサポが繰り広げられてます。
シチュが魅力の作品
オナサポではあまり見かけないジャンルと組み合わせてる意欲作です。

キシキルとリルラケは主人公から良質な精液をより多く搾り取ろうと
彼が好きな寝取られを最初から取り入れ、パートごとにプレイを変えたり別の要素を加えて興奮させます。
そしてオナニー自体はシンプルなものを短めの時間で行います。

男性を弄ぶのが得意なサキュバスたちが敗北射精させるM向けのシチュ
好きな人を寝取られる快感や人妻を寝取る快感を織り交ぜた独特なアプローチ
プレイを実況する役と実際にやる役を分担した複数人プレイ。
作品固有の要素を最大限に使ったオナサポに仕上げてます。

中でも寝取り/寝取られはどちらのパートも積極的に活用してます。
「変態」と見下す代わりに好きな女性を奪われる、汚される屈辱感を味わわせます。
ちゅぱ音や喘ぎ声もそれなりに入ってたりと、既存のオナサポとは明らかに違う道を歩んでます。

ですがオナサポは結局のところオナニーをどれだけ上手くやるかが最も重要になります。
寝取られシチュがいかに充実しててもオナニーが淡白だったら最高の射精は迎えられません。
前項の後半部分でも書いた通り、そこにもっと気を配って欲しかったというのが正直なところです。

射精シーンは2回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは6種類の音声です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:29:25(本編…1:17:45 おまけ…11:40)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月24日の24時まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

甘やかしサキュバスのペットになってみませんか?

サークル「こっぺぱんさうんど」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品で甘やかし上手なサキュバスが
性欲旺盛な男性をエッチな手段で飼い慣らします。

サキュバスらしさを出しつつできるだけマイルドに調教するのが特徴で
彼を貶すのではなく褒めたり愛情を注いでやる気にさせ
その代わり連続射精させるシーンを多く用意し精液をしっかりいただきます。
サキュバスの気持ちいい甘やかし
サキュバスのペットになって4種類のエッチをするお話。

「…くすっ、お邪魔してます、お兄さん。こんばんは♪」
サキュバスは上品で穏やかな声の女性。
ある日の夜、主人公の家に突然やって来て挨拶すると
事情が読めない彼に自己紹介しここへ来た目的を告げます。

本作品は男性たちの精気を日々吸収してる彼女が
自分の好みに合うそれを持つ彼と80分程度のエッチを楽しみます。
この世界のサキュバスは肌を直接重ねなくても精気をいただけるそうですが
今回は彼と主従の契約を結ぶためにこうして出向いたそうです。

「もしお兄さんがたくさん頑張れば…私と恋人みたいに、エッチ…できるかもしれませんよ…?」
最大の魅力は無理矢理感を出さずに調教すること。
不審がる彼に自分の目的を正直に話し、ペットになるのを躊躇うとひとまずお試しでエッチします。
そしてプレイ中は彼が喜ぶことをガンガン言って抵抗感を削ぎながら射精へ持っていきます。

彼のことを終始「お兄さん」と呼んで穏やかに接するなど
サキュバスから連想される過酷さや無慈悲さを極力薄めてサービスします。
奴隷ではなく愛玩動物に近い扱いをしてくれますから
興味があるならノーマルな人でもおそらく普通に聴けると思います。

もちろんサキュバスらしさを感じる要素も存在します。
4つあるパートのうち3つで連続射精を行い
彼がスムーズに興奮し射精できるよう1回戦と2回戦でやり方を変えて進めます。


彼女は彼の精液が欲しくて近づいたわけですからそこを曲げることはありません。
ただそれを追求すると甘やかしからかけ離れてしまうため
2回戦の序盤はペースを大幅に緩めたり、普段以上に優しい言葉をかけて柔らかさを出します。
飴と鞭の使い分けが上手なところもサキュバスならではと言えます。

温和で性に貪欲なサキュバスがエッチ大好きな男性を気持ちよく屈服させる。
サキュバスでは定番のシチュをソフトなタッチで描いた聴きやすい作品です。
愛情を持って搾り取るエッチ
エッチシーンは4パート66分間。
プレイは手コキ、サキュバスへの乳揉み、キス、フェラ、玉舐め、パイズリ、SEX(騎乗位、正常位)です。
手コキ、パイズリ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「私のペットになると、どれだけおちんちんが幸せになるか実感したら、きっといい返事をしてもらえると思うんです」
会話だけではすんなり契約できそうにないと判断したサキュバスは
すかさず主人公のおちんちんを取り出し、顔を近づけてオスの匂いを堪能します。

エッチは一部を除き彼女がリードします。
前半の2パート32分間は彼を従順なペットに変えるシーン。
「01.手コキでペット契約」は手コキ、「02.ペットのワンちゃんをつまみ食い」はフェラで合計3回射精させます。

「恥ずかしがらなくていいんですよ 足を広げて腰を持ち上げて、おちんちんの気持ちいいの、一番感じやすい体勢になりましょうね」
そして彼女は早速甘やかし上手なところを発揮します。
彼がすぐ射精しないよう手コキはゆっくりペースで行い
その最中に全肯定するセリフをいくつも投げかけて自分が敵じゃないことをアピールしまします。

M向けの作品でよくある「変態」などの見下す言葉責めはほとんどしません。
彼が望むものを与え続けて自分からペットになりたくなるよう誘導します。
やってることは甘いですけど結局ペットにできてるのですからこれも立派な調教です。
その一方で契約をさせるシーンになると軽い意地悪をするあたりに狡猾さも見られます。

「それから、おちんちんに頬ずり…すりすり、すりすり すーりすり、すーりすり」
「…あ、おちんちんかちかちになってきました すごいです、お兄さん、かっこいい あともうちょっとですよ、お兄さん、頑張って」

最初の連続射精をするのは02パート。
手コキをした日からしばらく後、主人公の家で同棲することになった彼女が
口だけを使っておちんちんと精液を存分に味わいます。
ご主人様でありながらおちんちんに頬ずりして愛情を示し
2回戦に突入した後は彼を持ち上げるセリフをガンガン言ってやる気にさせます。

フェラも亀頭舐め、咥えこんで頬の裏側に亀頭を擦りつける
ハーモニカ、下品な音を撒き散らしながらのピストンと内容が幅広いです。
精液は全部口で受け止め飲み干すなど、エッチが上手なサキュバスの特徴がよく出てます。

続く後半の2パート34分間は主にSEXを楽しむシーン。
「03.初めてのわんわんえっち」はパイズリを経由してからの騎乗位
「04.念願の恋人『プレイ』」はこれまでと違うシチュでの正常位とスタイルを変えて4回射精させます。

「腰が持ち上がって… まだ駄目ですよ 射精、待て、です ご主人様の言うことは絶対ですよね?」
03パートは従来と同じく主従関係を重視しながら進めます。
SEXをするにあたってとある条件を提示し、パイズリは若干意地悪に接します。
そして初SEXはそれを補ってあまりあるほど甘やかして2人の仲をさらに深めます。

いきなりSEXを始めないのもきちんとした考えに基づいてのことで悪意があるわけじゃありません。
彼を特別な存在と認識してるからこそ、今後も長く付き合えるよう一歩ずつ着実に進めます。
SEXの時間は8分程度と短いですから、それよりも過程を楽しむパートかなと。

「…お兄さん、好きです 大好き かっこいいお兄さんのこと、私、大好きなんです 愛してます」
それに対して04パートは彼女がこの場限りの恋人になり
彼に主導権を譲って愛の言葉をたっぷり投げかけます。
「好き」を何度も言う、射精しそうな彼に「男らしいところを見せて」と挑発してもう少し我慢させる
2回戦は自分も腰を動かして彼に協力する、と今までに比べて主従関係を薄めたプレイに変化します。

サキュバスらしさを出すために熱っぽい吐息や喘ぎ声は特に漏らしませんが
彼女なりのやり方で彼に最大限の愛情を示してるように感じました。
精液は全部おまんこで受け止めてくれますし、男性が喜ぶツボを本当によく心得てます。

このように、彼を良い気分に浸らせながら搾精する変わったエッチが繰り広げられてます。
穏やかなサキュバス作品
サキュバスっぽく見えないようでちゃんとサキュバスしてる面白い切り口の作品です。

サキュバスは自分好みの精気を生み出す主人公を専属ペットにしようと
まずはお試し感覚で手コキしながら男心をくすぐるセリフを言ってその魅力を教えます。
そして契約後は引き続き穏やかな態度で後になるほどディープなプレイを提供します。

声も態度も穏やかなサキュバスが性欲旺盛な男性をエッチに躾けるややM向けのシチュ
彼をペット扱いし、とことん甘やかしながらおちんちんを責めるマイルドな雰囲気のエッチ
その中に垣間見える彼女のサキュバスらしい一面。
「甘やかしサキュバス」という言葉をそのまま音声化したような作品に仕上がってます。

中でも2番目の要素は一般的なサキュバス作品とほぼ真逆の路線を歩んでて個性的です。
彼女は責任感が強く一度契約を結んだら最後までしっかり面倒を見ようとします。
02パートの冒頭には彼に精力のつく料理を振る舞うシーンも登場します。

「感謝してくれるのは嬉しいですけど、私はただ、飼い主として当然の義務を果たしているだけですから♪ 気にしないでください♪」
彼女が腰を低くすることから調教っぽくないと感じる人がいるかもしれません。
でも本作品では彼を奴隷ではなくペットに位置づけてるので、ここまで世話を焼くのはむしろ自然と言えます。
現実世界のペットもご飯を用意するのはご主人様ですからね。
動物を人間に置き換え、そこにエッチを盛り込んだと見ればしっくりくるんじゃないでしょうか。

エッチは甘やかし系の言葉責めを充実させつつ連続射精を取り入れてバランスを取ってます。
飴と鞭の配分が絶妙で嫌な気分を抱くことなく彼女に屈服できます。
体への責めも効果音を小まめに切り替えて臨場感を出す配慮がされてました。
私個人は前半よりも後半2パートのほうが抜けると思います。

射精シーンは7回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

サキュバスのイメージを逆手に取った甘めの作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:25:29

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月10日まで15%OFFの642円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

【GWセール!KU100×囁き耳舐め】双子サキュバスお姉さま Vs.童貞勇者くん♪【バイノーラル】

サークル「C_Realization」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある野望を胸に抱く双子のサキュバスが
偶然出会った勇者と色んなエッチをしてそれを実現させます。

大ボリュームの両耳舐めと言葉責めを組み合わせた密度の高いエッチが行われており
どのパートもほぼずっと片方あるいは両方の耳を舐めながら
序盤から中盤は負ける快感をくすぐる、終盤は逆に甘やかすセリフを投げかけて彼の心を引き寄せます。
ショタ勇者を魔族の手先に
双子のサキュバスが勇者と5種類のエッチをするお話。

「あらあら 誰かと思えば 伝説の勇者様じゃない」
サキュバスはやや声質が違うどちらも色っぽい声のお姉さん。
トラップにかかった勇者を見つけて声をかけると
早速左右から同時に耳を舐めて骨抜きにします。

本作品は戦闘力は低いけど男を弄ぶのは得意な彼女たちが
ショタで童貞な彼を相手におよそ100分間のエッチをします。
出会った直後はまだ敵同士なので彼を見下したり貶すシーンがあるものの
ある程度仲良くなった後は一転してとことん甘やかす優しいところも見せてくれます。

「お耳いっぱいペロペロしながら チンチンシコってあげるね」
彼女たちの野望は勇者とSEXして最強の子を生むこと。
それに向けて序盤から左右に寄り添い密着しながら耳をとことん舐めます。
エッチシーンのほぼ全部で耳舐めすると言っていいほどボリュームが多く
バイノーラル録音特有のリアルな音にゾクゾクする人がきっといるでしょう。

ただし、舐め方に関してはパートごとに大きく変わるわけではありません。
両耳を同時に舐める、あるいは片方がしゃべりながらもう片方が舐めるといった具合に
とにかくちゅぱ音を切らさないことを心がけて進めます。

「このままお射精しちゃったら 敵のはずのサキュバスに 経験値と精液貢いじゃうことになるんだよ?」
そして単調さが出ないように本作品では言葉責めにも力を入れてます。
例えば彼女たちには男性の経験値を精液に変えて吐き出させるレベルドレインの能力がありまして
射精が近づくと敵である自分たちに経験値を貢ぐ背徳感を与え
事後は精液を美味しそうに舐めて負けたことを思い知らせます。

レビューでは読みやすさを優先してシンプルな表記にしてありますが
実際はセリフを左右に振り分け連携を取りながら話しかけます。

他にも挿し絵に描かれてる尻尾を使っておちんちんとアナルを同時に責める
チャームの魔法をかけて勇者を惚れさせるなど
人間の女性にはできないことをいくつもやってM心と甘えたい欲求をくすぐります。

耳舐めメインの作品は無言になってちゅぱ音をひたすら鳴らすことが多いのですが
本作品は耳舐めと言葉責めのバランスを同じくらいにしてサキュバスに堕とされる快感を与えます。
そして言葉責めが豊富だからこそ、彼女たちの心情に合わせてその内容が大きく変化します。
囁き声やそれに近い声量で話し続けるおかげで、責めっぷりがハードでも雰囲気は結構穏やかです。

エッチの最中ほぼずっと行う耳舐めとM向けの言葉責め。
年上の女性たちに弄ばれ屈服する気持ちよさを追求した密度の高い作品です。
宿敵から愛する妻に
エッチシーンは5パート99分間。
プレイは両耳舐め、手コキ、レベルドレイン(精飲)、尻尾オナホコキ、アナル責め、放尿(受け)、SEX(騎乗位)、授乳です。
手コキ、アナル責め、放尿、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「お姉さんたちの唾液には 超強力な媚薬成分がたーっぷり含まれてるんだよ」
媚薬成分を含んだ唾液を勇者の耳に塗って感度を上げたサキュバスたちは
そのままおちんちんにも手を伸ばして性を知らない彼にその素晴らしさを教えます。

エッチは経験豊富な彼女たちが童貞の彼を責め続けます。
最初の2パート49分間は敵である彼を屈服させることを意識したプレイ。
両耳舐め+手コキ、両耳舐め+尻尾オナホコキ+アナル責めと内容を大きく変えて
合計5回の射精へ追い込みます。

「金玉袋を 涎まみれのお手手で 揉み揉みしてあげる 精子作るたまたまに いっぱいお姉さんたちの涎染み込ませて ザー汁いっぱい作ろうね」
「人類の期待裏切って サキュバスに精液貢いじゃいますって お姉さんたちに負けちゃったことを認めながら イクイク」

そして耳だけでなくおちんちんや金玉にも唾液を垂らして気持ちよくしつつ
自分よりも遥かに弱いサキュバスに負け、応援してくれる人々を裏切る背徳感を与える言葉責めを繰り出します。
1回目の射精を終えた直後に精液を飲んでレベルドレインするなど
サキュバスから連想される淫乱さと狡猾さをストレートに表現してスリルを与えます。

「ほらほら何度も何度も言えよ変態 僕は肉便器です 僕は肉便器ですって」
プレイのハードさで言えば「(2)ダブル囁き耳舐め尻尾オナホコキ&アナルレイプ」が最も優れてます。
射精シーンが4回とかなり多いのに加えて、尻尾の先を開きオナホのように使って精液を搾り取る
片方がそれをやりながらもう片方がアナルに挿入し、強力な媚薬効果を持つ液体を中出しすると内容がぶっ飛んでます。
パート終盤には彼を肉便器扱いしてその通りの行動を取るなど、全力で堕としにかかってるのがよくわかります。

耳舐めについては最初のパートは数分舐め続けて言葉責めを挟む
次は舐める役としゃべる役を分担し入れ替えながら責める、とスタイルを変えて進めます。
左右同時に舐めても聴きやすいよう全体のペースを緩めに設定し
さらに舌を丁寧に動かしてリアリティを上げてます。
耳舐め作品をよく聴いてる人には物足りないかもしれませんけど、そうでないなら満足できる品質を持ってると言えます。

続く2パート39分間は一転して甘さを感じるプレイ。
「(3)ダブル囁き耳舐め子作りセックス」はレベルドレインですっかり弱くなった勇者と子作りSEXを行い
「(4)ダブル囁き耳舐め授乳赤ちゃんプレイ」は彼を赤ちゃんに見立ててとことん甘やかします。

「ありがとね たっぷり精液注いでくれて」
彼女たちの目的は彼の子供を生むことですから本心から見下してるわけではありません。
その証拠にSEXが始まったあたりからきつめの言葉責めが一気に減ります。
彼のことをパパと呼び「好き」と連呼するあたりにも甘さを感じました。
精液をもらっておしまいではなく本当の家族になろうとする愛のあるエッチです。

「お母さんマンコにただいまできて うれしいうれしいでちゅね」
それに対して「(4)ダブル囁き耳舐め授乳赤ちゃんプレイ」は幼児プレイ要素を盛り込んでます。
赤ちゃんに話しかけるような言葉遣いになって頭を撫でたりぎゅっと抱きしめ
さらには自分の母乳まで飲ませて心もとろかす本作品で最も甘いプレイです。
人類を裏切り魔族の仲間になるブラックなシチュを正反対のタッチで描いて聴きやすくしてます。

このように、耳舐めと言葉責めのバランスに気をつけながら後になるほど甘くする変わったエッチが繰り広げられてます。
M向けおねショタ作品
ノーマル向けの作品でよく使われる要素をM向けに取り入れた意欲作です。

双子のサキュバスは人類だけでなく魔族すら従えられる強い子を産もうと
若くして絶大な力を持つ勇者にエッチを教え、その見返りに精液をいただいてレベルアップします。
そしてある程度手懐けた後は本題の子作りSEXをしながら甘やかして本当の夫婦になります。

エッチが上手な2人のサキュバスが童貞の勇者を弄ぶシチュ
ほぼ全編で耳舐めしながら色んな言葉責めを繰り出すバランス重視のエッチ
前半は厳しく、後半は優しく接する落差の大きい展開。
おねショタや耳舐めと悪堕ちを組み合わせて独自の作品を生み出してます。

「情けなく経験値射精しろ」
「いいよ いいよ 勇者君の赤ちゃんチンポ ママの子宮とんとんしちゃってるぅ」

特に言葉責めはSEXを始める前と後で内容が大幅に変わります。
彼がダメになるのは間違いありませんが、命を落としたり奴隷扱いされるわけではありません。
最終パートでは彼女たちの娘も加わって気持ちよくする割と円満な終わり方になってます。
Mとノーマルをかけ合わせてるのでメインターゲットはややMかなと。

エッチは耳舐め、言葉責め、おちんちんへの責めを同時に繰り出すためどのパートも濃いです。
耳舐めと言葉責めを重視してる関係でおちんちんへの責めは効果音を鳴らす程度に留まってます。
全部を頑張るとせっかくの個性が薄れてしまいますし、これくらいが丁度いいでしょう。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:51:34

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
解凍後の容量が15GBくらいあります。

2019年5月13日まで10%OFFの1069円で販売されてます。

↑このページのトップヘ