同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:サキュバス

   ● 【オナニー誘惑我慢】勇者の熟成精液回収サキュバス【KU100】
   ● 極限アクメ追体験
   ● あざとい小悪魔メスガキ爆乳サキュバスの命乞いレベルドレイン色仕掛け
   ● 【極め耳舐め超特化】耳舐めサキュバス4 -淫魔と堕ちる終わらない愛慾の世界-
   ● 【両耳奥舐め】転送魔法で生絞り☆サキュバスちゃんねる~精液いっぱい貢いでね♪~
   ● 【M男初心者向け】ダウナーサキュバスの家畜調教フルコース
   ● サキュバスと女騎士の居座りおまんこライフ
   ● 【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(後編)
   ● 【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(前編)
   ● F・A・S淫魔研究所「快楽の犠牲者レポート File1~12セット」(後編)




サークル「常世常闇所々」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘力は低いけど色仕掛けは得意な2人のサキュバスが
魔王城に乗り込んできた勇者を巧みなエッチで骨抜きにします。

体よりも心を重点的に責めて彼が自分から負け射精するように誘導するのが特徴で
序盤から中盤にかけては両耳舐めをやりながら優しい言葉をかけて心身の感度を上げ
それからおちんちんを握る→数回しごく→わざとおあずけする、と焦らして快楽堕ちへ持っていきます。
M向けのシチュですがハードな要素はまったくないので、お姉さんに優しく弄ばれたい人に最も向いてます。
勇者の精液をねっとり回収
サキュバスのララ(挿し絵右)とエリザ(挿し絵左)が勇者を快楽堕ちさせるお話。

「勇者様ぁ ついに捕まっちゃったね」
エリザは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
「魔王城の魔物を かなり倒したらしいね」
ララはエリザよりもトーンの高い声のお姉さん。
主人公の全身を魔法で拘束した後で魔王に報告すると
そうなった経緯を説明してから精液回収に取り掛かります。

本作品はたった1人で魔王城に乗り込み魔物たちをなぎ倒すほど強い彼を無力化しようと
彼女たちがおよそ80分に渡ってソフト路線の誘惑をします。
1回の射精をできるだけ充実させる方針で責めるため
一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えて焦らし気味に進めます。

ララ「男の子のエッチな表情って 堪んないのよね 君も早く 快感の虜になろうよ」
彼の体を拘束してる圧倒的に有利な状況なのに
敵同士とは思えないほど穏やかな声と態度で接して弱めの刺激を与えます。
ちなみに作中で彼女たちがおちんちんに触れることはありません。
彼に様々な指示を出しながらオナニーしたい気分にさせるオナサポに近いリードをします。

本格的なオナニーが始まるのは終盤からになるので
視聴中はもどかしかったりウズウズする人が結構いると思います。
でも焦らしたほうが精液を熟成できるのは事実ですからタイトルに合ったプレイをしてると言えます。
先々を見据えて一歩ずつ追い込む展開が実にサキュバスらしいなと。

こうやって書くと生ぬるいエッチをすると思う人がいるかもしれません。
しかし言葉責めにとても力を入れてるおかげで彼女たちに弄ばれる気分を強く味わえます。
2人いる状況を活かして片方が言葉責め、もう片方は耳舐めをするシーンが多く
彼の反抗心を上手に削ぎながら負け射精の誘惑に屈服するよう追い込みます。

エリザ「とっても幸せ 私のこと好き? ずっとキスする?」
しかも「変態」「クズ」といった彼を見下す言葉は敢えて使わず
望むものを与えたりそそのかす誘惑成分の高い責めを繰り出します。
声、態度、セリフ、雰囲気がすごく穏やかだからこそ抵抗できない不思議なプレイです。
彼の精液を奪っておしまいではなく、自分たちの味方に引き込むことも見据えたエッチをします。
じわじわと追い込むエッチ
エッチシーンは9パート66分間。
プレイは耳舐め、耳への息吹き、キス、太ももや金玉を撫でる、おちんちんを握る、乳首オナニー、オナニーです。
エッチな効果音はありません。

ララ「それじゃあ 強い勇者様をメロメロにしてあ・げ・る」
主人公が快楽にとことん弱いことをすぐさま見抜いたララとエリザは
熱いキスをしたり優しい言葉をかけてまずは彼の心を和らげます。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の3パート25分間は心と体の興奮を盛り上げることに専念するシーン。
「2.【勇者誘惑】 ねっとり蕩ける耳舐め(約9分)」は両耳舐め
「3.【勇者誘惑】 サキュバスのえっちな生吐息(約4分)」は両耳への息吹き
「4.【勇者メロメロ】チャームのすきすき誘惑(約12分)」はキスと耳舐めを同時にします。

ララ「誘惑に負けてもいいの ここには私たちしかないない だから好きなだけ気持ちよくなって?」
エッチが始まる前の時点で彼が逃げられる可能性は0なので2人はまったく焦りません。
普段通りの穏やかな声と態度で話しながら誘惑に負ける魅力を教えて心に隙を作ります。
過去に自分たちが相手してきた男たちのことを軽く語るなど
聴き手が負けを受け入れやすく感じるように言葉を選んで投げかけます。

言葉責め重視の作品だからセリフの表現や言う順番にこだわりを持ってます。
無理矢理感をまったく出さずにエッチするのも、彼が自分から堕ちられるようにするための布石です。
恋人や夫婦といった親しい関係じゃないことを踏まえて雰囲気作りから始めます。

これらの最中に耳舐めをよくするのも大きな特徴です。
ゆっくりペースで水分高めのねっとりしたちゅぱ音を鳴らしててなかなかエロいです。
キスも含めてちゅぱ音は比較的パワフルにしてサキュバスらしさを出してます。

おちんちんへの刺激が加わるのは「5.【勇者発情】ハアハア生吐息の誘惑(約7分)」から。
ズボンとパンツを脱ぎ太ももの内側や金玉を撫でてさらに焦らし
それから竿を握る→乳首オナニーを加える→指定された回数だけしごくと
後になるほど体の快感が少しずつ強くなるように引き続きゆっくり進めます。

ララ「これが本当の最後だよ? オナニー中毒になっちゃいそうだから」
そして彼が絶対に射精しないよう手加減することで屈服しやすい状況を作ります。
オナニーを始めた後に自分の意志で射精せずに終えるのはなかなか難しいですから
男の心理を逆手に取ってより強い快楽を欲しがる気分に持っていきます。
シコシコボイスの回数も少ないですから焦らされてる感覚が強いです。

そして焦らしに焦らしてきたからこそ、終盤の追い込みで十分過ぎるほどの快感が味わえます。
あるパートからオナニーの制限を完全に解除し
シコシコボイスを言い続けたり激しめの耳舐めをして射精感を一気に押し上げます。

溜めをしっかり作った後で放出する展開になってますから
射精する時は普段よりも強めの快感が襲ってきます。
私が聴いた時も腰が軽く抜ける感覚がして少しの間動けませんでした。
彼女たちに負けたのにまったく悔しいと思わないのも面白いです。

このように、体よりも心への責めを重視してじっくり追い込む緻密なエッチが繰り広げられてます。
巧みな色仕掛け作品
悪いお姉さんたちに言葉で操られる快感を味わわせてくれるややM向けの作品です。

ララとエリザは自分たちよりも遥かに強い主人公を従順な奴隷にしようと
終始穏やかな声と態度で接しながら序盤は彼の抵抗心を削ぐ方針で言葉責めと耳舐めをします。
そして中盤はおちんちんや乳首へのソフトな責め、終盤はほぼフリーのオナニーと体への刺激を上げ
さらに彼女たちに従う喜びや負ける快感もくすぐって普段よりも気持ちいい射精へ導きます。

倒すべき相手である2人のサキュバスに弄ばれて負け射精するM向けのシチュ
彼が受け入れやすく感じる言葉を選んで投げかけながら一歩ずつ追い込む巧みなリード
耳舐め以外の刺激を抑えて焦らし気味に進める比較的ソフトなエッチ。
ハードでドスケベに振る舞うことが多いサキュバスのイメージとは随分違う作品に仕上げてます。

中でも2番目はこちらを見下したり突き放す表現を使わずに屈服させるところが素晴らしいです。
魔法で体を拘束してる時点である程度の安全は確保されてますけど
主人公を怒らせるようなことをしたらそれが引き金になってまた暴れ出すかもしれません。
だから心を鎮めたり快楽に負けたくなる言葉責めをすることを心がけてます。

耳舐めも結構エロくて濃いので大きな魅力だと思うのですが
私はそれよりも言葉責めやエッチの展開といったシナリオ面に感銘を受けました。
色仕掛けや精液の熟成といった作品のテーマとも合ってますし
サキュバス作品が多い同人音声の中でしっかりとした個性と存在感を持ってます。

一般的なサキュバス作品よりも体への責めを抑えてる点だけご注意ください。
他の部分を強化してバランスを取ってますから物足りなさはありません。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:琴音有波さん
総時間 1:21:48

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月22日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



サークル「ヒプノン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格はドSなサキュバスが
催眠を使って過去にエッチした女の子の快感を追体験させます。

エッチシーンで女の子が普通にしゃべったり喘ぎ声をガンガン漏らすのが特徴で
序盤は自分が味わってる快感を代弁する形で暗示を入れ
中盤以降は責めがどんどんハードになるのに合わせて悲鳴に近い声を漏らすようになります。
女の子の過激なエッチを疑似体験
トリームに催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「あら、ここに人が来るなんて、珍しい」
トリームはのんびり話す穏やかな声のお姉さん。
快感の記憶の集積所を偶然訪れた主人公に声をかけると
ここがどこか教えてからその中のひとつを体験させてあげます。

本作品は男女を問わずこれまで多くの人間たちを弄んできた彼女が
過去に女の子(名前はサヤ)としたエッチを彼に追体験させます。
一般的な女体化作品のように聴き手の体を女性へ変えるのではなく
催眠を通じて体の感覚を曖昧にしてから心だけをサヤに移します。

サヤ「なにこれ、なにこれぇ。体が、だんだんあつくなっていく。体の奥から、ゾクゾクって、気持ちいいのが来ちゃってる」
そしてエッチ開始後はサヤ自身がしゃべるシーンをそれなりに用意したり
トリームに責められるとトーンが高めの喘ぎ声を至るところで漏らします。
催眠音声では女体化した自分がしゃべることはほとんどないので結構独特です。
喘ぎ声は普通に漏らすこともあれば効果音のようにバックで流すこともあります。

製品版には喘ぎ声あり、なしの2パターンありまして
後者の場合はバックで流れる時間が大幅に減ります。
私は流れないバージョンのほうがずっと聴きやすかったです。

催眠は割とスタンダードなので、やはりエッチのほうが個性的かなと。
癖の強い表現方法になってますから人を選ぶ作品だと思います。
プレイも結構ぶっ飛んでてドMな人に向いてます。
リラックス重視の穏やかな催眠
催眠はおよそ27分間。
楽な姿勢で目を瞑り、まずは4分くらい深呼吸を続けます。
そしてこれから自分の心を移すサヤの体を優しく撫でるイメージをします。

「ほら、体は重たく沈み込んで、意識は、ふわふわーって、ぼーんやりとしている。それなのに私の声だけはスーッと、ハッキリと、頭に響く」
深呼吸は2セットおきに軽く暗示を入れたり
体の重さや意識のぼやけを感じさせてトリームの暗示を受け入れやすくします。
またそれと同時に彼女の声に対する集中力も上げます。
催眠状態はリラックス+集中を意味するので序盤からそうなるようにリードします。

彼女の声が穏やかでゆっくり語りかけてくるのも良いですね。
エッチはとてもハードな内容ですけど催眠は終始穏やかで落ち着いて聴けます。

「脚にさわって、そしてー、ツルツルーって撫で上げる。ダラーンと、投げ出された人形みたいに力の抜け切った、脚。すべすべの、心地いい感触」
サヤの体を撫でるイメージは全身を下から上へ流す感じで行い
肌の白さや滑らかさといった性差が出やすい要素を実況します。
具体的な容姿は言わないので聴き手が好きにイメージしていいのでしょう。
エッチな描写は一切なく聴き手とサヤの接点が生まれるように進めます。

お次は催眠状態をさらに深めます。
トリームがあることをするのに合わせて暗示を入れ
それを体の上から下に向けて少しずつ行い脱力感と心地よさを広げます。

「頭がなんだかボーッとする。考えていることもぼんやり、フワフワ、とろけていく。頭からも力が抜ける。ズーンと重たくて、何もわからない」
体の重さと心地よさを同時に伝えるのが面白いです。
深化するシーンでも引き続き脱力させて体の感覚をより曖昧にします。
ここだけで10分くらいかけますから後になるほど意識のぼやけも強くなるでしょう。
そして最後の最後に感覚をサヤと繋げるアプローチを軽くかけます。

リラックスと深化を重視してる堅実な催眠です。
聴き手をサヤになりきらせることを目的に
深呼吸から入って脱力、サヤの体を撫でるイメージ、カウントを交えた深化と
古典催眠の技術に作品固有の要素を組み込んでゆっくり行います。

催眠自体は入りやすいのですが、肝心の女体化が弱いのは気になりました。
一番大事な心を移し替える描写があっさりしてますし
おまんこをはじめとする性感帯の感覚についてもほとんど触れずにエッチへ移ります。

確認したところヒプノンさんが過去に出された作品で女体化を絡めてるのは
琴葉茜になってピンクサイドを体験する催眠音声」だけだったので
経験があまりないことによる詰めの甘さが出てしまったかなぁと。
痛みすらも快感に変えるハードなエッチ
エッチシーンは3パート35分間。
プレイは淫紋を刻む、体の愛撫、手マン、SEX(正常位?)、クリ責め(指、触手、電撃)です。

手マン、SEX、クリ責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

トリーム「おっ、起きたみたいだね、サヤ」
サヤ「あれ?あなたは?」
催眠を使って主人公の心や感覚をサヤと重ね合わせたトリームは
軽く息を吹きかけたり淫紋を刻んでまずは体を敏感にします。

エッチは終始トリームが責め続けます。
一番最初の「2.暗示(淫紋、レイプ)(約18分)」は感度上昇から絶頂まで持っていくパート。
淫紋を刻んだ後に優しく撫でて上昇具合をチェックし
それから手マン→SEXと繋いで3回くらい絶頂させます。

トリーム「淫紋を刻まれたら最後、私に遊ばれている間はずーっとそう。イキたくてたまらないか、イっているか、そのどちらかだけ」
サヤ「あっ、ああっ。体が熱い、熱いよお。ゾクゾクが止まらない、おまんこがキュンキュンきちゃってるぅ」
そしてここからはトリームとサヤが掛け合う形で進めます。
トリームは何をしてるかやその効果を伝える(暗示も入れます)
サヤは主観視点でその快感を漏らすと2人が別の役割を持って動いてました。
サヤのセリフを見る限り聴き手に向けて自己暗示を入れてるようです。

面白いアプローチだと思いますけど、催眠パートがトリーム1人でやってたことを考えれば
ここでいきなりスタイルを変えても効果は薄いと思います。
前項でも書いたように本作品の女体化誘導が弱いのもあります。
サヤになりきるのがテーマなのに彼女が勝手にしゃべったら同一視しにくくなりますし
「このへんの表現方法は変えたほうがいいんじゃないか」というのが私の意見です。

プレイのほうは淫紋を刻んだあたりからサヤの喘ぎ声が増えてきます。
軽く手マンしただけで絶頂を迎えたり
SEX開始後はピストンするたびにイってるような描写がされててなかなかハードです。
「極限アクメ」の名の通り、彼女が乱れる姿を重点的に描いて盛り上げます。

続く2パート17分はプレイがよりハードになります。
「3.暗示(クリトリス責め)(約11分)」は合計3つの手段でクリトリスを集中攻撃し
「4.暗示(同時責めループ)(約6分)」はこれまでやったプレイを総動員してイキっぱなしの状態を作ります。
4番目のパートだけは連続視聴してもいいそうです。

トリーム「これからかける魔法は、クリトリスの痛覚が全部快感になる、そんな魔法」
ここをハードと言う理由は痛みを伴う責め方をするから。
クリ責めは一部でカウントに合わせて電流を流すシーンがあります。
事前に痛みが快感へと変わる暗示を入れてくるので
上手く催眠に入っていれば聴いた時の印象が変わるかもしれません。
効果音も鳴りますし、人間の女性にはなかなかできないプレイを取り入れてます。

そしてバックで喘ぎ声が流れるシーンもさらに増えます。
なしの場合はかなり減りますけど、4番目のパートはなしでもほぼ時間いっぱい流れてました。
悲鳴みたいな声を漏らすこともあるのでメンタルが弱い人にはきついかもしれません。

このように、女体化作品ではあまりやらないことを積極的にやる個性の強いエッチが繰り広げられてます。
催眠は割と良いのだが…
催眠は結構良いけどエッチがうーん…な作品です。

トリームは自分の領域に迷い込んできた主人公に面白い体験をさせようと
まずはリラックス重視の催眠をかけて心をサヤに移します。
そしてエッチはサヤが普通にしゃべったり喘ぎながら後になるほど過酷なプレイをします。

声と性格に大きな落差があるサキュバスが女性の快感を疑似体験させるシチュ
深呼吸や脱力をしっかりやってから深化に移る丁寧な催眠
淫紋、ふたなり、触手、電流といったアブノーマルな要素を用意し
さらにサヤの喘ぎ声もガンガン流す独特なエッチ。
催眠よりもエッチのほうが耳を惹くように作られてます。

女体化後の自分がしゃべったり喘ぎ声をここまで多く入れるのは珍しいです。
過去にそういう作品がまったくなかったわけではないですけど
催眠状態の維持やイメージの妨げになることもあるので敬遠される傾向があります。
それを敢えてやったチャレンジ精神を私は大いに買ってます。

ですが、それによって作品の質が落ちてしまっては本末転倒です。
催眠パートの最後でも書いたように、サークルさんの女体化に対する経験の浅さが
悪いほうに出てしまったと私は考えてます。
もっと女体化作品の場数を踏んでから制作してたらまた違ったのではないかなと。

絶頂シーンは最低でも7回。
喘ぎ声多め、淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音はありません。

CV:藤村莉央さん
総時間 1:18:06

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります



サークル「エーアイスタジオ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、戦闘は苦手だけど男を誘惑するのは得意なサキュバスが
自分より遥かに強い勇者を色んなエッチで恋奴隷にします。

サキュバス特有の要素を交えながら女性に負ける快感を味わわせるのが特徴で
最初は媚びた様子でご奉仕してたのが、1回目のレベルドレインをした後から生意気な態度に変わり
おっぱいから発するフェロモンを吸わせる、魅了効果のあるキスをするなど
人間の女性にはできないプレイを色々やって経験値をどんどん貢がせます。
体への責めが軽い代わりに言葉責めは充実してますから、言葉責めが好きな人ほど興奮できるでしょう。
弱いサキュバスを見逃しただけだったのに…
サキュバスと4種類のエッチをしてレベルを吸い取られるお話。

「やぁん 勇者様強い 負けちゃいますぅ」
サキュバスは甘く可愛い声の女の子。
勇者との戦いで負けそうになり媚びた態度で命乞いをすると
許してくれた場合は気持ちいいご褒美をあげると言います。

本作品は低レベルで人間にいじめられるくらい非力な彼女が
偶然会った彼とおよそ70分間のエッチをしてどんどん強くなります。
彼女は戦闘能力が低い代わりに男を誘惑する様々な能力を持っており
マゾな彼にもそれらを駆使して少しずつ立場を逆転させます。

「ありがとうございまーす 勇者様って とってもお優しいんですね」
「マーゾ マーゾ よわよわマゾ勇者様」

物語の序盤は見逃してもらえるように媚びる姿勢を見せてたのが
レベルドレインを繰り返すうちに勝ち誇ったりあざ笑う生意気な態度を取るようになります。
終盤には興味なさそうな様子でオナニーの命令を出すなど
女性に負かされたり小馬鹿にされる快感を執拗にくすぐってくれます。

レベルドレインも貢ぎマゾっぽい内容なので完全にM向けです。
体への責めはかなりソフトですから、シチュや言葉責めといった心への責めを楽しむ作品だと思います。
「ざーこ」「ばーか」といったメスガキらしいセリフも出てきてキャラが活き活きしてました。
ハードな描写は特にないので嗜好が合う人にはむしろご褒美に感じるでしょう。

エッチについては彼女の能力を盛り込んだうえで後になるほど責めが淡白になります。
前半はフェラや手コキといった一般的なプレイをしてたのが
後半に入ると彼の体にほとんど触れず、言葉責めと色仕掛けで負け射精へ追い込みます。

彼女が責めてくれない場合はオナニーするので消化不良になることはないでしょうけど
一般的なサキュバス作品にみられる搾精要素はかなり薄くなってます。
純粋なエロさも控えめなので、割と人を選ぶ内容じゃないかなと。
自分よりも弱い存在にあっさり負かされる展開こそが最大の抜き要素だと思います。
サキュバスにすべてを捧げるエッチ
エッチシーンは4パート59分間。
プレイはフェラ、レベルドレイン、キス、手コキ、おっぱいを見せつける、フェロモンを吸う、ぱふぱふ、オナニー、〇〇です。
手コキ、オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ほーら ひと口だけ フェラされちゃいましょうよー」
自分にフェラされたらどれだけ気持ちいいかを軽く実況して勇者の興味を引いたサキュバスは
キスや舐めといった比較的ソフトな手段で責めて焦らします。

エッチは終始彼女が責め続けます。
前半の2パート28分間は2人の立場を逆転させることを重視してるシーン。
「01命乞い色仕掛けと搾精フェラチオ(約15分)」はフェラ
「02レベルドレインとチャームキッス手コキ(約13分)」はキスと手コキで1回ずつ射精させます。

「勇者様 知ってますか? サキュバスにレベルを吸われちゃうのって とーっても気持ちいいことなんですよ」
この時点の彼女は彼よりもずっと弱い存在なので
変に煽ったりせず腰を低くしておちんちんにご奉仕します。
しかし逆転を狙う狡猾なところはきちんと持っており
レベルドレインの気持ちよさをアピールして彼が自分から吸われたくなるように誘導します。

フェラは音量が小さく責めっぷりも控えめなので、私は話術のほうが印象に残りました。
フェラ開始後は声が増えて左右から軽い言葉責めをするようになります。
彼がマゾだとわかったら「ざーこ」とかを言うようになりますし
まずは相手の性癖を分析して今後有利に立てる状況を作ります。

「顔中にリップマークつけられて メロメロになってる勇者様 とっても無様で可愛いですよ」
02パートは魅了の魔法を使って彼を骨抜きにします。
後日再びやって来た彼に投げキッスして興奮させた後
ゆっくり手コキしながら顔中にキスして幸せな負け射精に導きます。
1回レベルドレインして強くなったからでしょうけど、彼女も生意気な態度を取り始めます。

体への責めはスタンダードにして他の部分で個性を出してます。
キス、手コキいずれも音自体は割とソフトですから
色仕掛けや負けシチュが好きかどうかで興奮度が随分変わるでしょう。

後半の2パート31分間は体への責めがよりソフトになります。
「03乳揺らし誘惑とぱふぱふ攻撃に敗北射精(約16分)」はおっぱいを使ったプレイ
「04恋奴隷化、見抜き魅了オナサポ(約15分)」は見抜きオナニーで彼のレベルを全部吸い取ります。

「できまちゅか? できまちぇんね お手々でおちんちん押さえとけ ばーか」
このへんまで来ると彼女も自分の本性をまったく隠しません。
彼にレベルで勝ってるから遠慮なく小馬鹿にしたり見下してM心をくすぐります。
赤ちゃん言葉を多少交えた言葉責めをするのが良い例です。
でも手荒なことを一切しないところに彼女なりの優しさも感じます。

03パートは挿し絵にもある大きなおっぱいを見せつけたり
上下に揺らす、抱きしめてフェロモンを吸わせるなどおっぱいに特化してます。
おちんちんを責める描写は一切ないのでノーハンド射精になりますね。
実況はしっかりしてくれますけど、エッチな声や音は特になくエロさに乏しいかなぁと。

「あはっ とろけた顔して たまたま揉んでるの情けなーい」
04パートも乳揺れや言葉責めをオカズにオナニーする形になります。
オナニーの指示は開始と射精のタイミングくらいですからオナサポ成分は低いです。
パートの終盤で面白い言葉責めが登場しますし
言葉責めを重視する本作品らしい締めくくり方になってます。

このように、体への責めよりもシチュやセリフで屈服させるサキュバスでは珍しいエッチが繰り広げられてます。
面白いところは持ってるのだが…
良いところとそうでないところが割とはっきりしてる作品です。

サキュバスは自分を倒そうとしてる勇者を上手く手懐けようと
まずは媚びた態度でフェラや手コキをして快楽と引き換えに彼のレベルを吸い取ります。
そして後半は体への接触を極力避けておっぱいを見せつけたり言葉責めして負け射精へ追い込みます。

あざといメスガキサキュバスが屈強な勇者をエッチで負かすM向けのシチュ
小馬鹿にしたり見下す言葉責めをガンガンして彼女に負ける快感を煽るエッチ
レベルドレイン、魅了のキス、フェロモンなどサキュバス特有のプレイを盛り込んだ作り。
色んな特徴を持つ彼女のキャラが活きるように作品を組み立ててます。

「負けちゃえ負けちゃえ 特濃おっぱいフェロモンで 恋奴隷に落ちちゃえ」
中でも2番目はサークルさんが重視されてるのか、質量共に充実してて良かったです。
メスガキを組み込んでるおかげで生意気さが引き立ってました。
それでいてあまり冷たさを感じないのは彼女の声や態度が終始穏やかだからです。
レベルが逆転しても彼を襲ったりせず最後まで面倒を見ます。

ただ全体的にエッチな声や音が不足してることや
サキュバスが相手なのに体への責めがあっさりしてることには首を捻ります。
レベルドレインとかやるのでサキュバスらしさは出てますけど
もっとドスケベかつハードに立ち回ったほうが素材を活かせると思います。

03パートでおっぱいを見せつけたり揺らすプレイをメインに据えてるのが良い例です。
ここをイメージ主体ではなく音声も引き立つように組み立てていれば
聴いた時の印象やエロさも随分変わったでしょう。
売りであるレベルドレインも射精したことを報告するだけなので
専用の効果音を入れたり表現を多少オーバーにして通常の射精との差別化を図って欲しかったです。

シチュや言葉責めはしっかりしてるのだけど
体への責めが全体的に弱かったり、声や音を活かしたプレイが乏しいことから(この内容なら嘘喘ぎとか)
総合すると「微妙な作品」というのが私の感想です。
こうなった理由はだいたいわかるのですが、思いきりネガティブな発言になるので伏せさせていただきます。

射精シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:13:27

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月13日まで30%OFFの847円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。



サークル「HORNET」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、純情な性格でエッチも得意なサキュバスが
ネカフェや夢の中で大好きな人に気持ちいい誘惑をします。

シリーズ最大の武器である耳舐めに恋愛要素を絡めてるのが特徴で
他のサキュバスに心を奪われてることを序盤で表現してから
最初は普通の女の子として、次はサキュバスとして惜しみない愛情を注いで徐々に引き寄せます。
サキュバスたちが繰り広げるエッチな争奪戦
サキュバスのエミル、リリアに耳とおちんちんをたっぷり責められるお話。

「はーい お疲れ そろそろ部室閉めるよ」
リリアは明るくて穏やかな声の女の子。
部室でテスト勉強に打ち込んでる主人公に飲み物を差し出すと
それで眠らせた後に夢の中へ現れ自分が誰か教えます。

本作品は「耳舐めサキュバス」「耳舐めサキュバス2」「耳舐めサキュバス3」に続くシリーズ第4弾。
サキュバスが人間たちの中にこっそり溶け込んで生活してる世界を舞台に
2人のサキュバスが男子生徒をおよそ190分に渡って個別に味わいます。
エミルは2作目にも登場したキャラで部活の副部長をやっており
あちらでメインヒロインだった部長のリリアから彼を奪還しようと動きます。
ストーリー性は薄いですから過去未視聴でも特に問題はありません。

「こういうところでコソコソ イチャイチャするのって ゾクゾクするよね」
彼と2人きりでネカフェに出かけて体を密着させ
さらにスカートをゆっくり上げて太ももやパンツを見せるなど
サキュバスよりも普通の女の子に近い正統派の色仕掛けをします。
物語の中盤まではそこまで特殊なことをやりませんし、最中のセリフも割と甘いです。

サキュバスが登場する作品は男性の精液を搾るためにエッチすることが多いです。
しかしエミルの場合は彼を純粋に好きだからこういうことをします。
言葉責めしたり無理矢理犯すこともなく、エロいけど穏やかな空気が漂ってます。

そして耳舐めサキュバスの名の通り、今作も質量共に優れた耳舐めが登場します。
エッチシーンのおよそ70%にあたる112分も用意し
左右から個別に、あるいは同時に若干ざらつきのあるちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。

「【極】トラック」というおまけっぽいパートも用意されてまして
それも入れればさらに90分ほど時間が延びます。

ずっと舐め続けてたらダレるので敢えてあまり舐めないパートもありますけど
全体を見れば「耳舐め尽くし」と言っていいくらい充実してるのは間違いないです。
耳の外側を舐めたり吸ってちゅぱちゅぱした音を鳴らすことはほとんどなく
耳の内側、穴の入り口、穴の中といった深い部分を重点的に責めます。
舐め方も数分単位で切り替えてあってシリーズの長所がきちんと受け継がれてます。

あとは質感が結構独特なので初めて聴いた人は驚くと思います。
舌の表面にあるざらつきを忠実に表現したかったのか
ジョリジョリという粗さのある音を至るところで鳴らします。

やや刺激的な音ですが全編に渡ってペースを落としたり
力を抑えてあるので耳や頭に響くほどではありません。
両耳舐めしながらフェラするシーンもあったりと、ちゅぱ音を存分に楽しめるよう調整されてます。
効果音にも細かな気配りがされてて作りが丁寧です。

普通のJKに近い性格のサキュバスがエッチな手段で誘惑するシチュと
大ボリュームかつ特徴的な音を鳴らす耳舐め。
過去作の視聴者はもちろん、新規の人も楽しめるように作られたややM向けの作品です。
後になるほど密度が増すエッチ
メインのエッチシーンは6パート158分間。
プレイは耳舐め、キス、パンツを見せる、おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、フェラ、SEX(騎乗位)、脳髄舐めです。
おちんちんの愛撫、乳揉み、素股、足コキ、手コキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(SEX、射精だけ無しも選択可)。

「さぁ 今宵も誓約に従い ご主人様に その身を捧げなさい 我がしもべ」
夢の中で主人公に優しい口調で命令を出したリリアは
片方ずつ→両方の順に耳を舐めて弄びます。

エッチは女性たちが終始責め続けます。
一番最初の「[00]サキュバス・リリア(約17分)」は
本作品の特徴を出しつつエミルが今回のエッチをするきっかけを描いたパート。
過去作で彼を存分に気持ちよくしてすっかり骨抜きにしたリリアが
2人だけの世界で時間いっぱい耳舐めだけをします。

物語の背景とかは全然語りませんから
いきなりメインヒロインじゃない女性が耳舐めする展開に戸惑う人もいるでしょう。
でも2作目からの流れを考えれば最初にリリアが登場するのは自然です。
耳舐めの魅力を伝えるには実際にやるのが一番ですし、本作品らしい立ち上がりと言えます。

エミルが登場するのはその次から。
場所をネカフェのペアシートへ移し「[01]青春(約26分)」はキス、パンツ鑑賞、素股
「[02]誘惑 (約20分)」は足コキと耳舐め手コキをします。
そして軽めの耳かきを挟んだ後で「[04]淫夢(約14分)」は両耳舐め+フェラ
「[05]正体(約15分)」は片耳&両耳舐め+SEXとさらに濃いプレイを投入します。

「いっぱい触って? エミルのこと 気持ちよくして?」
彼女は彼の心がすっかりリリアに屈服してることを知っており
それをなんとかこちらへ傾けようとストレートかつ健気に誘惑します。
この日のために用意した勝負下着を見せて興奮を高めてから
パンツ越しの素股→手コキと繋ぎ、そこに耳舐めも加えて幅広く気持ちよくします。
また公共の場でエッチしてる雰囲気が出るようにほぼずっと囁き声で語り掛けます。

01パートは7分、02パートは11分と序盤は耳舐めを控えめにしてました。
00パートでがっつり耳舐めしますからマンネリ化を防ぐためにこうしたのでしょう。
メリハリをつけて耳舐めするので飽きにくくなってます。
耳舐め中はセリフをほとんど挟まなかったりと、耳舐めを最後まで楽しめる工夫がされてます。

そして最初が割とあっさりしてるからそれ以降が余計濃く感じます。
04パートは11分、05パートは10分と時間だけを見ればそれほど変わりませんが
両耳舐め主体に切り替えてくるので音の密度が一気に上がります。

右「あれー? あれれれれー? フェラされてるはずなのに エミルの声がこっちからも聞こえるよ」
特に04パートは左右で耳舐め、中央でフェラを同時にやるちゅぱ音まみれのプレイです。
実際に聴いてみたら頭の中をちゅぱ音で包まれてるような感覚がしました。
フェラも射精へ近づくほどハードに責めててなかなかエロいです。
人間にはできないプレイですし、このへんからサキュバスらしさが出てきます。

「まだ まだよ そのまま そのまま 腰を動かし続けて?」
それに対して05パートは彼女の想いの強さや、サキュバスの快楽に対する貪欲さが色濃く出てます。
騎乗位で挿入してから抜かずに3連続射精するハードな展開と
ピストンや射精に合わせて気持ちよさそうな喘ぎ声とイキ声を漏らすのがそう言える理由です。

ここは最大で5種類の音声が同時に流れますから今まで以上に濃くなります。
サークルさんが「多面音響」と命名されてる要素で、エロさを上げるのにも大きく役立ってます。
このパートに限って言えば搾り取られてる感じがするかなと。

メインの最後を飾る「[06]常しえの愛DDDω(約66分)」は耳舐め特化のプレイ。
パート開始から1分後には早速両耳舐めが始まり
それに合わせてバックでやや不穏な音楽も流れ続けます(流れないバージョンもあります)。
そして10分くらい続けたところで彼女の喘ぎ声が加わり、カウントに合わせて射精するのを繰り返します。

ここはどこを聴いても耳舐めと言っていいくらい尖った構造です。
セリフは冒頭と終盤に少し出てくるだけでほとんどエッチな音だけになってます。
射精シーンが何度かありますが、おちんちんを責めてる描写は特にありません。
耳舐めをオカズに抜くことを想定した本作品ならではのパートです。

また終盤の12分間だけ脳髄舐めという特殊なプレイが登場します。
中央至近距離からジョリジョリしたちゅぱ音を鳴らす感じで
現実世界では決してできないプレイを盛り込み異世界感を出してます。
実況とかは全然しませんからグロさを感じることはないでしょう。

このように、シーンによってスタイルを変えながら多種多様な耳舐めをする特化型のエッチが繰り広げられてます。
耳舐め重視で甘めの作品
シリーズの売りである耳舐めをきっちりこなしつつ、多少の純愛要素も盛り込んでる作品です。

エミルは2作目でリリアに誘惑され、すっかり堕ちてる主人公を助けようと
ネカフェのブース内でまずはJKらしいスタンダードなエッチをします。
そして中盤以降は耳舐めや声の密度をさらに上げて何度も射精へ追い込みます。

エッチは上手いけど性格は割と純情なサキュバスがたっぷりエッチして男子生徒に愛情を注ぐシチュ
エッチの全パートで必ず耳舐めを行い、さらに片耳・両耳・多面音響を使い分ける個性的で凝ったエッチ。
過去作のサブキャラをメインに据えて別のストーリーを展開します。

中でも耳舐めは同じ音を延々垂れ流す単調なものではなく
序盤は片耳メインで軽めに、中盤は両耳も交えて手厚く、終盤はそれだけに専念してとろかせると
シーンごとに違う方向性を持たせてあって聴き応えがあります。

細かな部分を見ても舐め方やリズムを変える間隔が短めだったり
両耳舐めの時は左右の音を別々にして複雑さを出してます。
奥と手前の概念もありますから幅広く濃厚な耳舐めと言えます。

「私が満たしてあげる とこしえの 愛で」
あとは彼女が純粋な好意で彼を気持ちよくするのも面白いなと。
やってることは思いっきりサキュバスなんですけど
無慈悲さがあまりなくてM度が低い人でも聴きやすくなってます。
リリアとの差別化を図るために甘さを持たせたのかもしれませんね。

エッチは耳舐めを主役に据えたうえでおちんちんもがっつり責めてくれます。
射精シーンで毎回カウントを数えてくれますからタイミングを合わせやすいです。

メインの射精シーンは10回。
ちゅぱ音大量、淫語とくちゅ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

297分で880円とコスパも申し分ありません。
以上を踏まえてサークルさんでは10本目の満点とさせていただきました。
【極】トラックは6種類の耳舐めと脳髄舐めです。

CV:エミル…陽向葵ゅかさん リリア…遊佐ミコトさん
総時間 4:57:28(メイン…3:12:31 【極】トラック…1:44:57)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年8月20日まで10%OFFの792円で販売されてます。



サークル「ブラックマの嫁」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きでサービス精神旺盛な双子のサキュバスが
配信形式でたっぷりエッチして視聴者たちから精液を搾り取ります。

耳舐めを多めにやりながらサキュバスならではのやり方で責めるのが特徴で
姉は左、妹は右に陣取ってほとんどのシーンで耳を舐めながら
オナニーの指示を出したり特殊な道具を使って何度も射精に追い込みます。
プレイは割とハードですけど言葉責めはしないのでややMな人に最も向いてます。
サキュバスだからできるエッチな配信
ミーシャ(妹)とアイラ(姉)がネット配信で搾精するお話。

「私はミーシャ サキュバスでーす」
ミーシャは明るくて優しい声の女の子。
「私はアイラ 同じくサキュバスよ」
アイラはトーンがやや低く色気のある声のお姉さん。
動画を見てる人たちに挨拶と自己紹介をすると
自分たちが立派なサキュバスであることを教えてから軽く誘惑します。

本作品は他のサキュバスと同じく精液を吸収して生きてる彼女たちが
およそ140分に渡るエッチで男性たちを何度も射精させます。
配信形式を採用してるので2人と直接会うシーンは一切なく
純粋なエロ要素と魔法のアイテムを組み合わせて興奮と射精を応援します。

アイラ「私たちは なっがーく一緒に あなたたち人間と楽しみたいの だから色々共存のための努力はしてるのよ」
彼女たちはネットやそれに関する機器を使いこなせるだけあって
人間たちに対して割と友好的な態度を取ります。
精液はしっかりいただくけど命を奪うほど過激なことはやらないと告げ
エッチも視聴者をもてなす姿勢で責め続けます。
アイラはイメージ通りの妖艶なキャラ、ミーシャはしっかり者の可愛いキャラと違いも見られます。

焦らし、寸止め、言葉責めといったM向けの要素もほぼなく終始和やかな空気が漂ってます。
でも時間に対する射精シーンが多めですし、純粋なエロさも高いのでちゃんとサキュバスになってます。
サークルさんが得意とされてる耳舐めも全パート合わせて77分と多いです。
後になるほどエロさが増すエッチ
エッチシーンは5パート92分間。
プレイは耳舐め、オナニー、手コキ、フェラ、パイズリ、乳首責め、ディルドオナニー(SEX)です。
手コキ、パイズリ、ディルドオナニーの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ミーシャ「どうですか? いきなり両耳を責められちゃいましたけど」
アイラ「ふふっ 男の子って みんな耳が弱いのよね」
自己紹介動画を投稿した次の日にリアルタイム配信を始めたミーシャとアイラは
左右に陣取り密着しながらまずは両耳を同時に舐めておちんちんを元気にします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の2パート42分間は彼女たちの個性を出しつつ濃厚なプレイをするシーン。
「02_バイノーラル処女配信(約20分)」は両耳舐め+オナニー
「03_転送魔法で気持ちよくなれる配信(約22分)」は両耳舐め、手コキ、フェラ、パイズリで1回ずつ射精させます。

ミーシャ「私たちでおちんぽオナニーしてくれて ありがとうございます」
配信するのは初めてですけど2人ともエッチの経験は非常に豊富です。
両耳を丁寧に舐めながら感謝の言葉を投げかけて明るい雰囲気を作ります。
さすがにいきなり両耳舐めすると淡白になると思ったようで
02パートは片方が舐めて、もう片方がしゃべるのを交互に繰り返すスタイルにしてました。

オナニーはパート中盤に開始の合図が出て
終盤にカウントを数えて出すタイミングを教える緩いリードです。
挿し絵中央に描かれてる魔法の瓶に彼らの精液を転送し、それを味わうことでどんどんパワーアップします。
投げ銭を精液に置き換えてる発想が面白いなと。

耳舐めについては「両耳奥舐め」と書いてあるので低く鈍いちゅぱ音を鳴らすのかと思いきや
実際はクリアな質感で舐めたり吸ったりする割とスタンダードな音でした。
後のパートで鳴らし方を変えることも特にないですし、質よりも量が魅力のプレイだと思います。
ミーシャとアイラで得意とする舐め方に違いがあればもっとキャラが立ったでしょう。

アイラ「耳レイプ されちゃってる それだけですごく気持ちいいのに おちんぽも 一緒にシコシコされちゃってるんだもの」
03パートはもうひとつの重要アイテムである魔法のディルドが登場します。
これは視聴者のおちんちんの感覚と繋げられる効果があり
配信形式でも実際にエッチするのとほぼ同じ快感を与えられます。

我慢できなくなったアイラが暴走気味におちんちんへむしゃぶりつき
それをミーシャが右耳舐めでサポートする連携の取れたプレイです。
パイズリもアイラが担当するので彼女のほうが活躍してました。
人間の女性には決してできないエッチをしててサキュバスらしさが出ています。

続く3パート50分間はSEXメイン。
「04_転送魔法でもっと気持ちよくなる配信(約17分)」はアイラ→ミーシャ
「05_皆のおちん〇をオナニーに使う配信(約16分)」はアイラが2回
「06_おち〇ぽお仕置き配信(約17分)」はミーシャが1回の構成で精液を搾り取ります。

アイラ「あぁっ あぁいい 奥 気持ちいいとこ カリでゴリゴリってさせるの」
ミーシャ「いつでも好きな時に 好きなタイミングで 私のおまんこに中出ししてくれればいいですよ」
ここでのSEXは魔法のディルドをおまんこに出し入れしてるだけなので厳密に言えばオナニーです。
しかし視聴者たちにSEXしてる気分を味わわせようと精一杯のサービスをします。
「にゅちゅっ」という泡交じりの粘っこい水音をリズミカルに鳴らしながら
アイラは艶めかしく、ミーシャはエロ可愛く喘いで上手に盛り上げます。
最中のセリフもSEXを意識したものが多く雰囲気作りがしっかりできてます。

当然両耳舐めもやりますから前の2パート以上に濃いプレイに感じるでしょう。
04と05パートは射精シーンが2回あって実用性も高いです。
06パートはお仕置きがテーマなので他よりもM度を上げて違いを出してます。
といっても多少意地悪する程度ですから一般的なM向け作品よりずっとソフトです。

ここまでをまとめると、耳舐めをがっつりやったうえで抜き要素をガンガン投入してます。
サキュバスが2人同時に責める時点でエロいことが約束されてますし
どのパートも20分程度の時間を取って1回は抜けるように仕上げてます。
SEXパートもそれぞれで活躍するキャラやシチュに違いがあるのでマンネリ感はありません。
現実世界のネット配信と同じく視聴に楽しんでもらうことを第一に考えてます。

このように、サキュバスがエッチな配信をしたらどうなるかを形にしたノーマル~ややM向けのエッチが繰り広げられてます。
抜き重視のサキュバス作品
サキュバスが持つプラスの部分(性に貪欲で責めるのも上手)だけを抽出した明るい抜きボイスです。

ミーシャとアイラは人間の男たちからより多くの精液を効率よくいただこうと
家に直接出向くのではなくネット配信を選び、精液を転送できる瓶を用意してエッチなサービスをします。
そして開始後は耳舐めを小まめにやりながらおちんちんもがっつり責めて何度も何度も射精させます。

異なる特徴を持つ双子のサキュバスが配信形式で搾精する変わったシチュ
サークルさんの売りである耳舐めを積極的にやりながら
おちんちんも色んな手段で協力して責める密度の高いエッチ
視聴者たちをモノではなくお客として扱い、楽しませようと頑張る2人のひたむきな性格。
一般的なサキュバスよりも暗さや重さを薄めてより多くの人が聴きやすく、抜きやすくしてます。

中でも2番目は魔法の瓶やディルドといったサキュバス固有のアイテムを上手に盛り込んでます。
配信形式の時点でおちんちんを直接責めるのは無理ですから
それを解決するためにこういうアイデアを取り入れたのでしょう。
2人が個別に活躍するパートもあってキャラとプレイの両方が立ってます。

射精シーンは7回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

耳舐め重視のサキュバス作品が好きな人には特におすすめします。

CV:伊ヶ崎綾香さん
総時間 2:38:41(本編…2:19:21 フリートーク…19:20)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月7日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。



サークル「パステル*スノウ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、口調は乱暴だけど性格は割と優しいサキュバスが
Mな男性の性感帯を色々開発しながら精液をじっくり熟成させます。

耳、口、乳首、アナル、尿道&睾丸、おちんちんと手広く責めるのが特徴で
パートごとに部位を変えながら比較的ソフトな刺激を与えて焦らし続け
さらに射精も3パターン用意してM男初心者でも無理なく楽しめるように進めます。
サキュバスがする幅広い調教
サキュバスに色んな性感帯を責められるお話。

「おーい 起きろよ 起きろって」
サキュバスは砕けたしゃべり方をするトーンが低い声のお姉さん。
主人公に声をかけてここがどこか教えると
彼にドMか尋ねてから連れてきた理由を教えます。

本作品は他のサキュバスと同じく男の精液が大好きな彼女が
M性の強い彼を相手におよそ100分間の気持ちいい調教をします。
彼女が住んでる世界では現在M男を搾精するのが流行ってるらしく
元々そういうプレイを好んでた彼女も属性が合う人間を見繕ってました。

「何度もおあずけして 射精させてくださいって泣き入れるくらいまで責めるとな 何とも言えない味に熟成されんだよ 精液が」
男っぽい口調で話すことから乱暴そうに見えますけど
実際は飴と鞭を使い分ける正統派の調教をします。
精液をとことん熟成させてから吐き出させるのが目的なためハードな責めもほとんどありません。
女性に好き放題されながら体も気持ちよくなる焦らし系のエッチをします。

またフルコースの名の通り責める性感帯の種類をかなり多くしてます。
おちんちん、乳首、アナルといったお馴染みの部位を押さえたうえで
口内、尿道、金玉、心にも手を伸ばして異なる快感を味わわせます。

エッチパートと射精パートは選択式になってますから
1回目は普通に聴いて、それ以降は開発したい部位のパートを繰り返すという使い方ができます。
セツナシロップさんがシナリオを担当されてるだけあって乳首に最も長い時間を割いてました。
未開発者をターゲットにしてますから新しい快感の扉を開きたい人には特に向いてます。

Sなサキュバスにとことん焦らされてから射精する展開と、聴き手が自由に選べるエッチ。
サキュバスの中では比較的ソフトな内容にして聴きやすくしてるM向けの作品です。
じっくり丁寧に責めるエッチ
エッチシーンは9パート80分間。
プレイは耳舐め、指を使った口内責め、乳首責め、アナル責め、唾を吐きかけられる、アナルオナニー、尿道&睾丸責め、おちんちんの根元を支える、射精のイメージ、手コキ、キスです。
エッチな効果音はありません。

「さーて じゃ始めるとするか 最初は やっぱここからいっとくか」
主人公に事情を説明し、どの部位が弱いかも軽くチェックした後
サキュバスは両耳を同時に責めて心身両面を盛り上げます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の6パート58分間は彼の性感帯を個別に責めるシーン。
「2_分身両耳舐め(約9分)」は軽い言葉責めと両耳舐めを行い(ここだけは共通)
それから口内、乳首、アナル、尿道&睾丸、心を異なるプレイで刺激します。
各パートの時間は8~15分と短めです。

右「じゃ 最初はあたしからいくわ」
左「おっけー じゃ あたしはこっちから言葉で責めてやるかな」

彼女はサキュバスなので人間の女性にはできないプレイが登場します。
両耳舐めは分身を呼び出して左右交互に、あるいは同時に激しめの音を鳴らしますし
口を使う時は唾液に媚薬成分が含まれてることを教えて快感に没頭しやすくします。
尿道責めは器具の代わりに尻尾を使うなど、サキュバスらしさが随所に見られます。

この中で最も力を入れてるのは乳首責め(約15分)。
彼女が後ろから抱き着く姿勢で乳首を指先で軽く押しつぶすところから始まり
人差し指と親指を閉じたり開いたりする、少しつねってから擦る
爪で引っかくと後になるほど強い快感が得られるように進めます。

「ほら 撫でまわすように すりすり すりすり」
何をするかの説明や掛け声も出してくれますから
それに合わせていじってみればくすぐったさや気持ちよさが味わえるはずです。
このへんはセツナシロップさんの作風が強く出てるように感じました。
どのパートも指定した部位以外はいじらないので集中して取り組めます。

彼女の優しさがよく出てるのはアナル責めパート(約10分)。
事前に軽くチェックして未開発なことを確認してから
唾液を垂らす→指で入り口を撫でる→軽く挿入すると徐々に開発する感じで行います。

「お前 アナルの素質あるよ このまま開発続けていけば立派なアナルマゾの出来上がりだ」
責め方が丁寧ですし、最中のセリフも甘めで彼女が割と繊細な女性なことがわかります。
プレイ中に見られてることを意識させるのも羞恥を煽る意図があるのでしょう。
性感帯を開発してる段階で激しく責めるのは難しいですから
それ以外の要素を盛り込んで興奮や快感を補おうとする工夫が見られます。


変わったプレイが出てくるのは「3-E_妄想射精(約11分)」。
そろそろ射精したがってる彼にイメージ内でならOKという指示を出し
おちんちんの根元を支えたまま言葉責めしてさらにもどかしい思いをさせます。

「だんだん頭の中にもやがかかるみたいになって あっ おっ おっ あっ いいっ チンポ気持ちいいよぉ」
体には最低限の刺激だけ与え、耳に息を吹きかけたり彼の心情を代弁して焦らします。
パート終盤には音声作品ではお馴染みのアプローチも出てきますし
テーマの精液熟成をストレートに表現したなかなか意地悪なプレイになってます。

残りの3パート22分間は射精シーン。
途中で我慢できなくなった場合、無事乗り切れた場合
熟成に失敗した場合に分けてそれぞれに合った手段で射精させます。

「手加減なんかしないからな 最初っから全力でいくから いい声で鳴けよ?」
この中で最も手厚いのは2番目のケース。
ここまでずっと耐えてきた彼の頑張りに応えようと複数の性感帯を同時に責め続けます。
具体的にどうやるかは伏せますけど彼女なりにサービスしてるのが伝わってきました。
最後は普通に射精させてくれますし、強めに焦らしてから出す流れがきちんとできてます。

それに対して最も塩対応されるのが1番目のケース。
自分の調教を投げ出して射精を求めるヘタレな彼に冷たい反応をします。
怒鳴ったり痛みを与えることはないですけど後味が悪くなるかもしれません。
3番目の熟成失敗も含めてできれば聴かずに終えたいプレイです。

このように、彼女の特徴と本作品の特徴を組み合わせたある意味欲張りなエッチが繰り広げられてます。
M向け作品入門者用の作品
「M向けは好きだけどハードなのはちょっと…」という人に向いてる作品です。

サキュバスはM性が高いけどおちんちん以外の性感帯はほぼ未開発な主人公を立派な奴隷にしようと
パートごとに異なる部位を責めながら射精を我慢させてまずは精液を熟成します。
そして最後は複数の性感帯を同時に責めて気持ちいい射精に導きます。

男っぽい口調で話すサキュバスが素質のある男性を調教して精液を搾るM向けのシチュ
責める性感帯の種類を豊富に用意し、聴き手が自由に選べるようにした使い勝手のいいエッチ
サキュバス特有のプレイを盛り込んだり飴と鞭を使い分ける彼女のキャラ。
ハードな言葉責めやプレイをやらない代わりに幅広さや取り組みやすさに力を入れてます。

中でも2番目はここまで色んな部位を責める作品はなかなかなくて面白いです。
乳首やアナルは自分でもいじれるように実況や指示をしっかり出しますし
それ以外のプレイはイメージしやすいように進めます。

何かに特化してるタイプではないのでひとつひとつの内容は軽めですけど
サークルさんが「M男初心者向け」と書いてらっしゃるので別にいいんじゃないかなと。
ただし、効果音だけはできれば入れておいてほしかったです。

射精シーンは4回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 1:40:57

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
101分で770円とコスパが良いので+1してあります。

2021年6月26日まで30%OFFの539円で販売されてます。



サークル「しゃーぷ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、異世界から転生してきた女騎士とサキュバスが
個別に、あるいは同時にエッチして精液をたっぷり搾り取ります。

序盤は女騎士と一緒にお風呂へ入りご奉仕を受ける
中盤以降はサキュバスが加わり彼を取り合う形で耳舐めやSEXをする、といった具合に
2人の違いを出しつつじっくり愛し合うキャラ重視のエッチを行います。
女騎士からニートにジョブチェンジ
女騎士やサキュバスと6種類のエッチをするお話。

「よく帰ったな 今日もお仕事 大変だっただろう?」
女騎士はトーンが低く凛々しい声のお姉さん。
仕事から帰宅した主人公を穏やかに迎えると
居候させてもらってるお礼にお風呂へ一緒に入ろうと言います。

本作品は現代にいきなり召喚されて社会になかなか適応できずにいる彼女が
住居や食事を提供してくれてる彼とおよそ90分に渡るエッチをします。
彼女は大飯食らいでトレーニングばかりするニートに近い日々を送ってます。
そんな自分を見捨てずにいる彼に少しでも喜んでもらおうと精一杯のご奉仕をします。

「ほら 胸の谷間に腕を挟んで 洗ってやろう こうすると気持ちいいんだろう?」
自分からお風呂に誘い大きなおっぱいを使って体を綺麗にしたり
その後は手コキやSEXを順にやって性欲の発散も手伝うなど
凛々しい声や態度とは随分違う健気なところを至るところで見せてくれます。

反応が結構初々しいところを見るとエッチの経験はまだ少ないのでしょう。
そんな女性が勇気を出してお世話してくれるシチュに心満たされるものを感じます。
愛情や気遣いといった優しさも見せるので可愛い女性に映りました。

サキュバス「ふふ、女騎士様に文句を言われないうちに 私と濃厚な夜を過ごす準備はい~い?」
そして中盤以降は女騎士とサキュバスがエッチな勝負をする展開に変わります。
サキュバスも同じく異世界から転生し彼に拾われたらしく
上品で色っぽい声を使って彼を巧みに誘惑したり精液を搾り取ろうとします。

彼女は純粋に栄養が欲しいだけで彼に愛情を注ぐことはありません。
だから女騎士は対抗する姿勢を見せて彼を守ろうとします。
でもそれがさらなる搾精に繋がるところが面白いなと。
2人の思惑は違うけどなんだかんだで連携を取って責め続けます。

多少いがみ合うことはありますが本気で喧嘩することはありません。
自分の魅力をアピールして彼の心を引き寄せる競争っぽい流れになってます。
2人とも同じくらい活躍の場がありますし、キャラを活かしたハーレムプレイが成立してます。
とことん尽くしてくれるエッチ
エッチシーンは6パート79分間。
プレイは乳揉み、キス、体を洗う、手コキ、耳舐め、アナル責め、乳首責め、SEX(正常位?、騎乗位、バック)、フェラです。
体を洗う、手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「さ、触りたいのか…? イヤではないぞ」
風呂場でキスしたりおっぱいを押しつけて主人公をやる気にさせた女騎士は
ひとまず体を洗ってから耳舐めや手コキに進みます。

エッチはごく一部を除き彼女たちが責めます。
最初の2パート22分間は女騎士と一対一でイチャイチャするシーン。
「2 女騎士と入る手コキ風呂(約12分)」は体を洗いながらの手コキ
「3 女騎士と風呂オホ声おまんこ(約10分)」はそのままSEXに突入します。

「耳も舐めて欲しいのか? こちらではそうやって 男に奉仕するものだったな ああ、わかった」
彼女は騎士なだけあって義理堅い性格をしており
この世界で働かない日々を送ってる自分を情けなく感じてます。
だからせめてエッチの相手でもしようと積極的にリードします。
おちんちんの大きさに驚く姿も初々しくて良いです。

「性感帯全部こすられて頭真っ白になる おっ」
SEXパートは自分から責めない代わりに素直に乱れて彼を興奮させます。
挿入直後は普通に喘いでたのが、ピストンを激しくすると軽くオホるようになり
普段のかっこいい声とのギャップがあってエロさが引き立ってます。
最後もきっちり中出しを決めますし、恋人や奥さんと言っても差し支えない甘さを見せてくれます。

サキュバスとの勝負が始まるのはその次から。
「4 サキュバスによる寝室誘惑手コキ(約15分)」は手コキ
「5 耳舐め交互キスサキュバスおまんこ(約17分)」はキスや耳舐めからの騎乗位SEX
「6 女騎士とまったりおまんこ(約11分)」は女騎士とのSEX
「7 だらだら休日サキュバスオホ声おまんこ(約14分)」は翌朝にフェラをやってから再びSEXで搾精します。

サキュバス「おいしいオスのエナジーたっぷりの精子を出してくれる 頑張り屋なおちんぽ、手放すわけありませ~ん」
序盤が女騎士1人だったからでしょうけど、ここからはサキュバスのほうが活躍します。
彼に抱きついてフェロモンを嗅がせたり熱いキスをしておちんちんを元気にし
それから1回目は騎乗位、2回目はバックと体位を変えて思う存分味わいます。
女騎士も止めようとしますが結局は彼女に加勢したり6番目のパートで交代する程度に留まってます。

女騎士とサキュバスがエッチで勝負したら後者が勝つのは当たり前なので
それを踏まえて途中から出てくる流れにしたのでしょう。
最初から2人にした場合、内容が単調になる可能性もあります。
艶めかしい声、ゆっくりだけど力強いちゅぱ音など大人の色気を感じます。

そして女騎士が彼の独占を阻止しようとするからこそ
耳舐めやキスのボリュームが増えて結果的に抜きやすくなってます。
両耳舐めするシーンがそれなりにありますし
仲の良い女性たちが協力して責めるのに近い形ができてます。

サキュバス「こぉんないやらしいフェラチオできるエロ女なんて、なかなかいないんだからね?」
そのあたりが最もよく出てるのが7番目のパート。
休日の朝にサキュバスがおはようのフェラで主人公を起こすと
それに気づいた女騎士も加わり2人で交互におちんちんをしゃぶります。
ファンタジー世界では敵同士になる2人が並んでご奉仕するのが新鮮でした。
お互いに思うところはあるけど喧嘩したら彼に嫌われるから自分の魅力をアピールします。

このように、ほぼ正反対の属性を持つ女性たちが同時に責める変わったエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視のイチャラブ作品
エッチが得意な女性とそうでもない女性を共存させて魅力を引き出してるノーマル向け作品です。

女騎士とサキュバスは自分たちを養ってくれてる主人公を幸せにしようと
前者は初々しさを見せながらストレートに尽くして惜しみない愛情を注ぎます。
そして後者は熟練したテクと男が好むアプローチをかけて快楽の沼に引きずり込みます。

タイプの違う2人の女性と個別に、あるいは同時にエッチするイチャラブ系のシチュ
彼女たちの性格やエッチの経験に大きな違いをもたせ、それぞれが活躍する場を設ける演出
序盤は純愛系、中盤以降は彼を取り合う勝負とスタイルを変えて丁寧に責める甘くて濃いエッチ。
複数人プレイ作品を数多く出してるサークルさんらしい連携の取れたサービスが楽しめます。

女騎士「嬉しいぞ わたしと一緒に、こうやってまったりと性欲も満たしながら生活するのが1番だということだ」
中でも2番目はどちらも彼にとっての1番になろうと頑張る姿が微笑ましいです。
女騎士はここを追い出されたら生きていける保証がないから必死になるのもわかりますけど
サキュバスも彼の精液だけをいただきたいと強く思ってます。

完全女性上位のエッチをしてるように見えて2人とも彼にはとことん弱いです。
これのおかげでM性がほとんどなく誰でも聴けるようになってます。

エッチはおまんこライフの名の通りSEXに最も力を入れてます。
ほとんどのシーンで普通に喘ぎ、射精が近くなったらほんの少しオホ声を上げてました。
効果音も腰を前後や上下に打ちつけるのと、腰をグラインドさせるのとで別の音が使われてます。
2人いる状況を活かして耳舐めやキスも同時にやりますから純粋なエロさも高めです。

射精シーンは6回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:女騎士…大山チロルさん サキュバス…分倍河原シホさん
総時間 1:34:40

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年6月27日まで20%OFFの1056円で販売されてます。



【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「02.本編2 魔法のベビーベッドでエッチなお遊戯を始めまちょうね…♪」の様子を中心に紹介します。
精気を吸われてまっさらな赤ちゃんに
エッチシーンは70分間。
プレイは全身とおちんちんをサキュバスの体に包み込まれる、カウントによる絶頂、乳首責め、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示を出すことはありません。

「んふふ ようこそ 私が支配する 幻想の世界へ」
長時間の催眠をかけて主人公を別世界に案内した吸精サキュバスは
引き続き左右中央から密着しながら2種類のやり方で彼の精気を吸い取ります。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の44分間は感度上昇やドライ絶頂といった催眠音声ならではのプレイ。
事前に10分くらいかけて催眠状態をさらに深めてから
カウントに合わせて気持ちよくなる暗示をガンガン入れて射精とは違う快感を与えます。

左右「ほら イキたくてイキたくて堪らない イクことしか考えられなくって 気持ちいい感覚に支配されて 考える力が失われていく」
彼女は吸精するために彼をここへ呼んだので
エッチはそれを見据えたアプローチが至るところで出てきます。
おちんちんへ快感が集まるように働きかけながら思考力をさらに奪い
彼女に精気を吸い取られるだけの無防備な存在へと作り変えます。

簡単に言うと本作品のエッチはエナジードレインをします。
しかし彼が苦しんだり死ぬといった暗い描写は一切ありません。
彼女に色んなものを吸い取られて新しい自分に生まれ変わらせる感じで進めます。
赤ちゃん言葉や甘やかす言葉も豊富で雰囲気は終始あまあまでした。

カウントについては10カウントダウンを中央がゆっくり数えながら
左右の彼女が暗示を小まめに入れる堅実な追い込みをかけます。
催眠音声では定番のリードなので多くの人がやりやすく感じるでしょう。
でも1セット数え終えるたびにカウントの総数が増えていくのは個性的です。

左右「ほら イケ イケ 快感が弾けて絶頂する おちんちんが壊れたように 何度も何度も ピクビク痙攣を繰り返し イキ続ける 溶けるような強烈な快感」
0を宣言するたびに絶頂を促す暗示を厚めに入れてくれるおかげで
股間を中心に熱が高まったり筋肉がビクビク痙攣するのを何度も味わえます。
そしてカウントがどんどん増えていくから1セットあたりの内容もよりハードになります。

シーンの終盤まで来ると快感も強烈になりますから
序盤を生ぬるいと思った人もたぶん考えを改めるでしょう。
絶頂回数が多いので、初回は0カウントに合わせてイク感じで聴いたほうが上手くいくと思います。
彼女たちも途中の絶頂は軽めにして0の時だけがっつり追い込みます。
本作品は2回目以降用の音声も用意されており複数回聴くことを想定してます。

続く26分間はセルフからの射精。
利き手の力だけを戻してから長めのカウントを数えて0に合わせて行います。

左右「射精はまだできない だけど 快感が奥で弾けて 上ってきて ビリビリとした痺れが 全身に広がっていく」
最後に射精するだけでなく道中も気持ちよくする工夫がされてて親切丁寧です。
オナニーの指示は開始と射精だけですから自由にしごいていいのでしょう。
純粋なエロ要素はおちんちんを数回言う程度と低く、ここも技術でイかせることを強く意識してます。
催眠特有の心地よさも強く実感できますし、1~2日溜めた状態で聴けばあっさり射精できると思います。

ドライ絶頂させるシーンがかなり催眠色の強い内容ですから
催眠音声の初心者向けにこういうプレイを用意したのかもしれません。
吸精サキュバスに精液を捧げるのも至って自然な流れです。
すべてを終えた後は甘やかしながら安眠させるなど
最後まできちんと面倒を見て幸せな時間を送らせてくれます。

このように、タイトルの「吸精」と「幼児化」を組み合わせた甘く深いエッチが繰り広げられてます。
ひとつひとつが濃厚な作品
母性豊かなサキュバスがゆっくりじっくりダメにしてくれるM向けの穏やかな作品です。

吸精サキュバスは自分に会いに来てくれた主人公を存分に可愛がろうと
まずは60分近くの時間をかけてリラックスや幼児退行を重視した癒しの催眠をかけます。
そしてエッチは3人体制で役割分担しながらドライ→ウェットの順に何度も絶頂させます。

甘やかし上手なサキュバスが甘えん坊なマゾを変わった手段で幼児化するタイトル通りのシチュ
彼女が3人に増えて深化と幼児化をほぼ同時に行うテーマを見据えた催眠
カウントと暗示を組み合わせて純粋な快感と彼女に精気を吸われる喜びを与える個性的なエッチ。
180分近くある利点を活かして各サービスを入念に行い作品の世界にどっぷり浸からせます。

「元に戻りたいって思ってる子を 無理矢理引き留めるなんてことはしないの」
彼女が最初から最後まで親身に接してくれるのもすごく印象的でした。
吸精されに来た彼をいじめるのではなくもてなす姿勢でリードします。
全編を通じて投げかけられる赤ちゃん言葉、聴き手の気持ちを第一に考えた柔らかなセリフとアプローチ
ドライ絶頂に慣れさせながら徐々にハードにしていくエッチなどが良い例です。
吸精と引き換えに人間の女性では味わえない快感を与えますし、すべてがとろけるように甘いです。

あとは3人いる彼女を中央と左右で分けてるのも賢いと思います。
左右と中央が別のことを同時にやるシーンは多いですけど
右と左で個別に動くことはあまりありません(違うセリフを交互に言う程度)。
実質2人で進める形になってて慌ただしさや煩雑さを感じずに聴くことができます。
全方位密着同時責めのリアリティを上げるためにこうしたのでしょう。

注意点をひとつだけ書いておきますと
本作品のエッチでは授乳手コキやお漏らしといった同人音声側でよく見るプレイはやりません。
催眠の技術を駆使して吸精される気持ちよさや幼児化する感覚をリアルに伝えようとします。
深い催眠に入ってるのが前提の内容だから催眠誘導を手厚くやってるのかなと。

絶頂シーンはドライ14回、射精1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは添い寝吐息ループです。

CV:琴音有波さん
総時間 3:19:55(本編…2:58:34 おまけ…21:21) 2回目以降用…2:42:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月3日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



サークル「ホワイトピンク」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、母性が強くておっぱいも大きいあまあまなサキュバスが
甘えん坊でマゾな男性に催眠を交えた濃厚な幼児プレイをします。

催眠の途中から3人に増えて左右中央で連携を取りながらリードしたり
甘やかすセリフと暗示を組み合わせて少しずつ心身をとろかせるなど
女性に甘える幸福感をたっぷり与えながら気持ちよくするテーマ性の強いサービスを行います。

総時間が200分もあるので前編(00と01)、後編(02と99)の2回に分けてお送りします。
3人のサキュバスに包まれて
吸精サキュバスの赤ちゃんになってエッチに甘やかされるお話。

「うふふふふ また1人 可愛らしいオスが 私のもとにやって来た」
吸精サキュバスは上品で穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分のところへやって来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はマゾに快楽を与えて精気を吸い取ることを得意としてる彼女が
甘えん坊な彼をおよそ180分に渡るエッチな催眠でとろとろにします。
彼女はサキュバスでは珍しく母性が強いので冷たく振る舞うことはありません。
見た目通りのふわふわな態度で接しながらゆっくりじっくり彼をダメにします。

今回紹介する前編(約72分)はほとんどの時間を催眠に費やして少しずつ深め
次の後編(約107分)でがっつり幼児プレイする余裕を持たせた構成になってます。
ちなみに当サイトでは過去3作のレビューも掲載済みです。
登場人物が一緒なだけでお話はどれも独立してますから今作からでも特に問題ありません。

吸精サキュバスの幼児化調教催眠
吸精サキュバスの幼児化調教催眠2
吸精サキュバスの幼児化調教催眠3

「そうそう 深呼吸 とってもおじょうじゅでちゅよ」
物語の序盤から赤ちゃん言葉を積極的に盛り込んだり
催眠を通じて無垢で無力な赤ちゃんの気分をリアルに味わわせるなど
シリーズの特徴である幼児化を意識した要素が至るところに見られます。

赤ちゃんになった後も引き続き愛情を注いでくれますから多くの人が幸せな感覚を味わうでしょう。
相手が望むものをガンガン与えて堕落させる展開もサキュバスらしくて良いです。
エッチの後は安眠させますし、癒しながら気持ちよくする方針を取ってます。

催眠が始まってから少し経つと彼女が3人に増えるのもポイント。
左右中央に陣取り連携を取りながら催眠やエッチを進めます。
彼女の声に軽いエフェクトがかかってるからでしょうけど
左右同時に同じセリフを言われた時は脳を軽く揺さぶられる感覚がしました。
人数が多ければ同時にできることも増えるわけで、1人でも十分濃いプレイをさらに濃くする役割を果たします。
赤ちゃんになりきりやすい催眠
「01.本編1 ママたちの世界に連れて行ってあげる…♪(約69分)」は催眠パート。
序盤の10分間は作品のコンセプト、サービスの内容、彼女のことを1人で話し
それから楽な姿勢で目を瞑りまずはゆっくり深呼吸して心身を落ち着けます。

「そうやって 落ち着いた呼吸を続けていると 吐き出される息と一緒に さらに全身の力が抜けて行って 体の表面の感覚も曖昧になってきて 今自分が 現実の世界にいるのか あるいは 夢の世界に入ってきているのか そういった感覚も なんだかぼーっと ふわーっと 曖昧になっていって」
吸う、吐く両方をゆっくりやるように指示しながら
上のような長めの暗示をゆっくり丁寧に入れて癒しの空間を作ります。
この後のシーンも暗示文が全体的に長かったところを見ると
区切りを曖昧にして聴き手の思考力を弱める(考えることを止めさせる)意図があるように思えます。

これだけにおよそ7分もかけてるのも本作品らしいです。
およそ60分ある利点を活かして個々のシーンに十分な時間を割いて無理なく進めます。
使われてる催眠技法もリラックスさせるものを中心に据えてますし
心と体をふにゃふにゃにして何もできない赤ちゃんに自然と近づけます。

本作品の売りである3人体制が出てくるのはその次から。
左右のサキュバスが登場し彼のことを「ボクちゃん」と呼びながら
甘やかす言葉を投げかけたり、とあるキーワードに合わせて脱力や深化の暗示を入れます。

「ちゃーんとママのお声に近づけて 偉いね ママの存在を感じることができて 立派でちゅね」
甘やかすセリフを盛り込んでるのは甘さをさらにパワーアップさせるのと同時に
母性が強い彼女の性格を聴き手に伝えたかったのかもしれません。
本作品の場合、こういう要素を入れても深い催眠状態へ誘導する時間は十分にあります。
3人に増えた直後なのでそれに慣れさせる意味合いもありそうです。

左右「全身の筋肉が緩んで 頭の中や胸の奥が ふーっと空っぽになって ママの言葉がすーっと 体の奥深くまで 全身に行き渡って 心地よく響き渡る」
暗示は主に左右の彼女が同じセリフを同時に言って聴き手の無意識に強く印象づけます。
キーワードは過去作にも出てきた単語ですから視聴済みな人のほうが効果は出るでしょう。
といってもそれはあくまでトリガーに過ぎず、メインはその直後に入れる暗示です。
手厚く入れてくれるおかげで手足を中心にだらーんとする感覚が湧いてきました。
重さよりも動かしたくない感覚のほうが強いです。

仕事などで疲れてる人が聴いたらそのまま寝落ちするかもしれません。
それくらい癒しのパワーが強く、テーマの幼児化に相応しい雰囲気ができてます。

後半の30分間は彼女たちの存在をより鮮明にします。
視線や体の感触といった要素をひとつずつ聴き手に実感させ
さらに軽く体を動かす指示を出してもう赤ちゃんレベルの力しか入らないことを教えます。
そして最後にカウントをゆっくり数えてエッチの舞台となる夢の世界へ案内します。

中央「ママたちの存在を よりはっきりと感じられるようになってくると 今度はあまーい香りが 僕のお顔全体 体全身を包み込んでいることにも 気づくことができるようになってくる」
挿し絵のように左右が手足を、中央がおちんちんを挟み込む体勢になり
視覚(イメージ)、聴覚(音声)、触覚、嗅覚と五感にできるだけ手広く働きかけて臨場感を出します。
これまで脱力を重点的にやってたのはここを上手く乗り切るためでしょう。
淫語が少し出てきますけどプレイと呼べるほどのことはやりません。

最後のカウントも中央が数える役、左右は暗示を入れる役と連携を取って進めます。
たぶんここがなくても十分深いところまで入れると思いますが
保険をかけつつ今の場所とは違うところへ移動する形にしてエッチの準備を整えます。
意識のぼやけが強烈に味わえて、ぬるま湯に浸かってるような心地よさも全身を包み込んでました。

催眠状態を深めるのと同時に幼児退行も進める目的に沿った催眠です。
聴き手を無力で甘えん坊な赤ちゃんに変えることを目的に
深呼吸から入って3人に増えた後のストレートな甘やかし、キーワードと暗示を組み合わせた脱力&深化
再度の深呼吸を挟み吸精サキュバスがそばにいる感覚の増幅、そしてカウントによるさらなる深化と
後になるほど心と体の力が抜けるようにゆっくりじっくり進めます。

赤ちゃん言葉を多めに言うことや、セリフごとの間を長めに取って話しかけるスタイルも相まって
最初から最後まで甘く温かい空間が形成されてていい気分で聴けました。
誘導の時間が長くリラックス重視なおかげで催眠にも入りやすいですし
幼児化に興味があるなら初心者から上級者まで誰でも聴ける内容だと思います。

おまけは添い寝吐息ループです。

後編へ続く…。
【ASMR催眠音声】吸精サキュバスの幼児化調教催眠4【全方位密着同時責め】(後編)

CV:琴音有波さん
総時間 3:19:55(本編…2:58:34 おまけ…21:21) 2回目以降用…2:42:14


体験版はこちらにあります

追記
2021年7月3日まで20%OFFの1144円で販売されてます。



F・A・S淫魔研究所「快楽の犠牲者レポート File1~12セット」(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「FAS淫魔研究所File7「失神する湿疹」」以降の様子を中心に紹介します。
男性たちを襲うエッチな出来事
後編のエッチシーンは6パート89分間。
プレイは体を傷つける、オナニー、キス、乳首責め、触手責め、乳首オナニー、手コキ、フェラ、オナニーの見せ合いです。
エッチな効果音はありません。

「蚊にでも刺されたのかな、と腕を見ると 赤い湿疹のようなものができていた」
File7(約19分)は痛みを快感へ変える湿疹に感染した男性に関するお話。
最初は左腕に小さくできてたのが引っかくうちにみるみる巨大化し
それに合わせて快感も強烈になってどんどん暴走していきます。

このパートには女性が一切登場せず彼の独白でお話が進みます。
だからこそ彼が何を思い、こういう過激なプレイに走ったのかが手に取るようにわかります。
初めは爪を立てて掻いてみる程度だったのが針で刺す、カッターで切るなど
普通に考えれば明らかにおかしい行動に移って自分を傷つけていきます。

SMプレイよりも遥かにハードな内容です。
最終的には取り返しのつかない事態になったりするので人を選ぶんじゃないかなと。
しかし彼が痛みや苦しみを感じる様子はまったくなく
アヘ声を漏らしながら何度も射精する真逆の反応を見せます。

続く2パート28分間は人外娘との愛をテーマにした甘めのプレイ。
「File8「嗜虐的ホムンクルス」(約15分)」はホムンクルスがオナサポを
「File9「愛玩植物育成キット」(約13分)」はアルラウネがキスや触手責めをします。

ホムンクルス「でも 不思議ですわね どうして私は お父様のお心がわかるのでしょうか お父様の考えてることならば すべてわかるんですの」
前者は彼女が元自分の娘で死者を生き返らせた設定があるため
親子、男女と二重の意味での愛情模様が描かれてます。
彼女は凶悪な部分がまったくなく言葉遣いも上品で傍から見ればごく普通の女の子です。
しかし相手の心を読む能力が備わっており、それを使って彼を巧みにリードします。

本当はやってはいけないとわかってるのに
娘の前でおちんちんを晒し、さらにオナニーの指示まで出してもらう。
父親からすれば気持ちいいけど背徳感もある刺激的なプレイが味わえます。
このパートでやることはほぼオナニーのみで2人が体を触れ合うことはほとんどありません。
彼女の事情や2人の関係をプレイ中に語って男性の立場で聴きやすくしてます。

それに対して後者は人外娘が相手でなければむしろ応援したいプレイ。
仕事が原因で落ち込んでた男性が闇市で偶然アルラウネの苗木を購入し
その3か月後に2人がどのような生活を送ってるかわかりやすく描きます。

アルル「ご主人の乳首 まるで花のつぼみのようですわ とても愛らしい」
彼が命名したアルルという子は本当に献身的な女性で
帰宅した彼を嬉しそうに迎えて精一杯のご奉仕をします。
おまんこはついてないのでSEXはできませんが、リラックス効果のある香りを放って疲れを取り除いたり
キスや触手責めで心身両面をバランスよく温めて幸せな射精に導きます。

穏やかなBGMも相まって本作品の中でも上位に位置する甘さを持ってます。
彼女は彼の精液を食料としてもらい、彼は彼女に癒しと快感を与えてもらう。
作中で彼女のことを「妻」と呼んでますし、お互いに深く愛し合ってるのが伝わってきます。
「実は悪女でした」みたいなオチもないので安心して聴けるでしょう。

個人的に後編で最も個性が強いと思ったのは「File10「マインドコントロール音声」(約20分)」。
元ニートで今はバリバリ働いてる男性がそうなったきっかけにあたる音声を楽しみます。

左右「自分で自分の目を凝視していると なんだか 頭がぐらぐらする感覚を 感じるかもしれませんね」
冒頭に深呼吸しながらリラックスを後押しするセリフを投げかけたり
女性が常に左右同時に同じセリフを言うなど
非現実感が強く味わえるように他のパートよりも催眠色を強くしてお話を進めます。

実際に聴いてみると双子催眠を連想する人がいるんじゃないかなと。
テーマがマインドコントロール(=洗脳)なので、サークルさんの得意なやり方でお届けします。
プレイのほうは前半が乳首オナニー、後半はおちんちんオナニーとオナサポ寄りにしてました。
シコシコボイスは流しませんがどこをどういじるか小まめに教えてリードします。

体をいじるので純粋な快感ももちろん得られますけど
陶酔感や恍惚感といった心の快感も結構得られて心地いいです。
こちらを見下したり突き放すことがない代わりに
鏡に映った自分の姿を見る指示を出して羞恥心を煽ります。

終盤の2パート22分間は快楽と引き換えに破滅を味わうプレイ。
「File11「カーテンの向こう側」(約12分)」は廃ホテルの一室で女性が手コキとフェラを
「File12「愛の告白練習用電話ボックス」(約10分)」は不思議な効果を持つ電話ボックスで
大学生が恋心を抱いてる先輩とオナニーの見せ合いをします。

女性「ここに1人で住んでいる理由はね どんなに大きな声や物音を出しても 誰も気にしないってところ」
File11は人気のない場所で妖艶な女性とエッチするシチュということで
プレイ自体は割と素直ですけど終盤にハードな要素を盛り込んでます。
極上の快感が得られるなら何をしてもいいと言ってしまう男性もいると思います。
彼女は相手のそんな心理を逆手に取って彼の大事なものを奪います。
どぎつい描写はありませんけど多少ホラーテイストのお話です。

「たとえ現実では無理でも 心の中に溜まりに溜まった想いを吐き出したいという気持ちは強くあった」
File12は告白したくてもできない奥手な男性の心情とエッチを組み合わせてます。
この電話ボックスは特定の番号にかければ好きな異性の幻影と出会える機能があり
そこで告白すれば相手は必ず好意的な返事をしてくれます。
彼にとって先輩は高嶺の花なので、VRっぽい世界でその欲望を満たす日々を送ります。

ゲームの世界にハマりすぎて現実が嫌になるのに近い感覚なのかなと。
彼も彼女とのエッチを楽しんだ後にある大きな決断をします。
メリーバッドエンドの物語が好きな人が最も楽しめるでしょう。

このようにストーリー、シチュ、登場人物、プレイを毎回変えてお送りする多種多様なエッチが繰り広げられてます。
異種姦てんこ盛りの作品
人間以外の女性と様々な設定でエッチするM向け作品です。

エージェントたちは被害者の男性が過去に味わった出来事を聴き手に疑似体験させようと
男性視点で実況したり感覚の描写をしながら色んな人外娘に犯される様子をお届けします。
そしてどのお話もあらゆる要素を切り替えてまったく違うスリル、興奮、快感を与えてくれます。

人外娘が普通にいる世界で人間の男性たちが弄ばれたり愛し合うシチュ
合計12ものお話を用意し、そのすべてでシーンに合ったBGMを流しながら綿密に語る没入しやすい作り
男性が幸せになるものから破滅するものまで本当に幅広く取りそろえた個性の強いエッチ。
異種姦をテーマにしたありとあらゆるエッチな物語を思う存分楽しめます。

本作品では淫語をたっぷり言ったり激しく乱れる正統派のエロはあまりやりません。
人外娘に弄ばれたり特殊な設定でエッチするといったシナリオ面に力を入れてます。
イメージ力を膨らませるのが上手なので熱中しながら音声を聴けると思います。
一部で癖のあるプレイも出てきますが、反対にあまあまなお話もあって全体を見ればバランスが取れてます。

あとはここでしか聴けないストーリーやエッチがいくつもあるのが素晴らしいなと。
18禁同人音声で人外と言えばサキュバスに搾精されるのが定番ですが
そういうのはできるだけ避けて奇抜なものをいくつも用意してます。

ひとつひとつのお話が短めなおかげで時間があまり取れない人でものんびり完走できるし
声優さんも含めて全部が変わるから毎回新鮮な気持ちで聴くことができます。
音楽や暗示っぽいセリフ表現といったサークルさんらしさを感じる要素も多いです。

後編の射精シーンは9回。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。
人外娘が好きな人、没入感や恍惚感を味わいながら抜きたい人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん 陽向葵ゅかさん 分倍河原シホさん 野上菜月さん かの仔さん さくら真咲さん 
そらまめ。さん 柚木朱莉さん このえゆずこさん 沢野ぽぷらさん みもりあいのさん 霜月優さん
総時間 4:48:35

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月26日まで20%OFFの1056円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

↑このページのトップヘ