同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:コシュマール

   ● インプの性態~あたしより弱い奴に会いに行く!~
   ● サキュバスの性態~淫魔の甘い誘惑~


インプの性態~あたしより弱い奴に会いに行く!~

サークル「コシュマール」さんの同人音声作品。

同サークルさんの作品は「サキュバスの性態~淫魔の甘い誘惑~
以来実に半年ぶりと、当サイトではかなり久々の紹介になりました。

本作品に登場する女の子は、あまり音声作品では見かけないインプです。
ゲームではそこそこ登場しますが、だいたい弱めの敵という印象でしょうか。

そんな魔物のイメージを考慮してか
サキュバスのように堂々と正面からねじ伏せるような形ではなく
知恵を絞って騙したり、陥れたりして絡め取るような展開が繰り広げられます。

キャラ自身も魔物の割にとても人間味に溢れていますから
聴いていると「嫌な奴なんだけど憎めない」そんな感想を抱くことでしょう。



力がないなら頭を使えばいいじゃない
インプに体の自由を奪われて凌辱されるお話。

「すいません そこのお兄さん 助けてください」
冒頭のインプは真面目ではかなそうな声の女の子。
主人公に妹が怪我で倒れて困っている事情を打ち明け
一緒にとある空き家へと向かい、そこで彼を罠にはめるわけです。

「はっはっはっは 引っかかった引っかかった」
素のインプは意地悪なSっぽい声で、まさに小悪魔の印象。
この後彼に対して色々とひどい事をするのですが
小さなことで大喜びしたり、言葉責めがギャルっぽかったりと
態度や話し方がとても軽いため、小物臭がぷんぷんと漂ってきます。

悪魔といえばどっしりと構えていたり、力に物を言わせるキャラがほとんどのため
こういうタイプは逆に新鮮に感じました。



ハードながらも悪に徹しきれていないエッチ
エッチシーンは5パートに渡り、合計で35分30秒ほど。
プレイは足舐め、足コキ、尻尾おまんこ挿入、インプのオナニー
フェラ、SEX
と結構多彩です。

足コキやピストンなど、音が鳴りそうなシーンで効果音が流れます。
音自体は立体的でそれなりにリアルではありますが
一部のシーンでプレイにそぐわない音が使われているのは残念です。

「床の上に芋虫みたいに 這いつくばっちゃって 情けなーい」
普段自分がいじめられているため、彼を足蹴にすることでストレスを発散したインプは
より征服欲を満たすために、主人公に足の指を舐めるように命令します。

エッチの前半は人外モノの王道を行く感じで
インプがなじるような言葉責めを交えながら、一方的に主人公を犯します。

「うーわぁ きったない 自分で出したほかほかの精液舐めてる」
主人公が自分自身の精液を飲むシーンはかなり珍しくていいですね。

インプがあまり強くないのを察したのか、それとも純粋に嫌なのか
彼は精液を舐め取るものの、最後の最後まで飲み込むのは拒み続けますから
彼女がどのような形で飲ませるかも聴きどころです。

「それじゃあ望み通り 尻尾の中でおちんちんもみくちゃにして
惨めに射精させてあげる」

尻尾を使っての搾精プレイも特徴的と言えるでしょう。
巻き付けて刺激するのではなく、口を開けて飲み込むタイプで
プレイ自体はかなりSEXに近い感じになります。

詳しい形状などは律儀にインプが説明してくれますし、CGもついてきますので
イメージするのはそこまで難しくないはずです。

ちなみに、このシーンではわずか7分30秒の間に連続で3回射精します。
男ならゾッとするような、抜かず休まずで射精する様子は
まさに人外モノならではのハードなプレイと言えるでしょう。

「あたしみたいな可愛い魔物に 騎乗位で筆おろししてもらえるんだから
光栄に思いなさいよね」

一方で後半の2パートは、童貞の主人公をインプがリードするような形での
ややラブラブなエッチが繰り広げられます。

ここでは先ほどとは打って変わって
彼女がおっぱいの触り方を教えたりと優しく接してくれますから
満ち足りた気分で聴き終えることができるのではないかなと。

このように、人外モノの要所は押さえながらも
低級悪魔らしい、悪になり切れないエッチを楽しむことができます。



エロに加えてストーリーにも光るものがある作品
前作はサキュバスが男性を死ぬまで犯し続ける流れの
ある意味王道を行った抜きボイスだったのですが
今回はやや方向性を変えて、ストーリー面に力を入れている印象を受けました。

インプは自分に魔族としての力がないことをよく知っているため
弱肉強食の魔界で生き残るための世渡りの術を心得ており
そのおかげか喜怒哀楽に富んだ人間味あふれるキャラを見せてくれます。

エンディングも主人公が殺されるような残酷なタイプではなく
まずハッピーエンドと言っていい結末を迎えます。
この手の作品をよく聴いている方にとっては、手ぬるいと感じるかもしれませんが
こういう形で終わる作品が一つくらいはあってもいいのではないかなと。

エッチは基本的に責め続けられることからM向けでしょう。
喘ぎ声、淫語はそこそこ。
ちゅぱ音はフェラシーンで5分ほど聴けます。

本作品はBGM有りと無しが同梱されています。
有りはエッチシーンも含めてずっと音楽が流れるタイプで
ボリュームも声とほぼ同じ大きさであることから
こちらではまず抜けないでしょう。

素直にBGM無しを聴くことを強く推奨します。

CV:七海こねこさん
総時間 47:27


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「コシュマール」さんの同人音声作品。

人外モノとして音声作品では最もメジャーであろうサキュバス
最近はロリだったりドジっ子だったりと
比較的人間性のあるタイプも登場していますが
本作品は王道を行く、淫乱なお姉さんタイプのサキュバスです。
彼女は己の欲望の赴くまま、貪欲に男の精液を搾り取ります。



誘拐事件の犯人は
最近男性ばかりが誘拐される事件の起きている村で
その調査をしに行った男性が
サキュバスに食べられてしまうお話です。

といっても作品中ではこういった背景は語られておらず
いきなりサキュバスと対峙しているところから始まります。

「私たちサキュバスは 人間のオスの精液を吸って生きてるの」
サキュバスのリディアは
やや高飛車で妖艶な声のいかにもというキャラ。

自分を退治しに来た男性を
その豊満な肉体と甘い言葉で誘惑し、屈服させます。



男を悦ばせる事に特化した身体
まずはおちんちんをおっぱいで挟み込んでのパイズリ。
「私を退治しに来たのに みすみすおっぱいにおちんちん捕まえられて 惨めねぇ」
軽い言葉責めも交えて男性の劣情を煽ります。

またプレイ中に聞こえてくる
じゅぷじゅぷといういやらしい効果音
通常よりも立体的に聞こえてとても良いです。

しばらくしてパイズリに加えてフェラチオのサービス。
こちらもちゅーちゅーと吸い上げるような音が興奮を誘います。
我慢できなくなった男性は、そのまま口の中に射精し
尿道やカリに残っている精液も残らず吸い取られます。

「次は下のお口で可愛がってあげる」
いよいよ彼女のおまんこを使っての搾精が始まります。

騎乗位で結合部分を見せつけながらゆっくりと挿入
まさに男を知り尽くしているって感じですね。
初めて味わう極上の快感に
男性はすぐ絶頂を迎えてしまいます。

でもリディアは決して動くことを止めません。
なぜならサキュバスにとってのSEXはただの食事であり
精液を残らず搾り取る事こそが目的だからです。


さらに数回彼女の膣内に射精したところで男性は絶命。
リディアは次の獲物を探す旅に出て終わります。



短いながらもきちんと抜ける作品
サキュバスの洗練されたテクニックと
その快楽に命すら投げ出してしまう
そういった背徳感を内包したプレイがうまく表現されています。

プレイ自体もフェラのちゅぱ音や
ピストン時のくちゃ音がリアルでいやらしかったり
最後のノンストップで腰を振り続けるピストン音に混じって
時折聞こえてくる射精音が、彼女の責めの強力さを印象付けています。

16分程と非常に短い作品ではありますが
十分に抜きどころはあります。

最終的には主人公が死んでしまうという
ブラックな展開になる点だけご注意ください。

内容的には8~9点。
ボリュームを考慮して、若干マイナスさせていただきました。

CV:みる☆くるみさん
総時間 16:34


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ