同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:オナサポ

   ● 絶・オナサポ リオの残酷かもしれない実験で頭がバカになる音声
   ● 破滅願望者のための寸止め責め調教
   ● 【意地悪】なお姉さんの【意地悪】なオナニーサポート
   ● 実践「男の潮吹き」~射精を超えた快感 ばいのーらる!
   ● 意地悪なミストレスに完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート5 人間破壊遊戯
   ● 【ドM専用オナ指示】赤ちゃんイジメ
   ● 意地悪な女の子の徹底オナ指示! 君のオナニー私が支配してあげる♪
   ● アナル快楽中毒者のためのケツマ○コ責め調教
   ● いつもより沢山でりゅ!?『完全オナ指示』亀頭オナニーのすゝめ。
   ● ビデオチャットでされる乳首オナニー指示


絶・オナサポ リオの残酷かもしれない実験で頭がバカになる音声

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、テンションが低いけどSっ気は強い女の子が
極めて過酷なオナサポでM男に地獄を味わわせます。

カウントによる寸止めを様々なスタイルで行うドM向けのプレイが魅力で
長めのセリフを挟みつつゆっくり数えて焦らしたり、エッチな音を鳴らして射精への欲求をくすぐるなど
シーンごとに方向性を変えながら後になるほどハードな指示を出します。

今回はハードモードを聴いてのレビューをお送りします。
欲求に抗い続ける過酷な実験
謎の女の子「リオ」が寸止めオナサポするお話。

「こんばんは へぇー お兄さん リオの実験に協力してくれるんだ?」
リオはのんびりと話す無機質な声の女の子。
変態な主人公に自分のオナニー実験に協力するよう呼びかけると
彼の意思を確認してから過酷なオナサポで精液を極限まで熟成させます。

本作品は「極・寸止めオナサポ ユリの残酷な意地悪で頭がバカになる音声
真・寸止めオナサポ イヴの残酷すぎる執行で頭がバカになる音声」に続くシリーズ3作目。
男性が射精をどこまで我慢し続けられるか調べることを目的に
彼女が90分近くに渡る大変ハードなオナニーを指示します。

「言っておくけど まだまだ射精させる気なんてないから」
シリーズの売りは何と言っても焦らしや寸止めに特化してることです。
「10から0まで数え下ろし、数字が減るほど自分を射精に追い込む」という極めてシンプルなルールを定め
シーンごとに色んな責めを繰り出しつつ最後まで射精を我慢させます。

元々のプレイ時間が長いことに加えて最中の休憩時間も非常に短いため
後になるほど射精を食い止めるのが難しくなるでしょう。
サークルさんが「前作よりも過酷に調整した」とおっしゃられてるだけあって本当に容赦がありません。
ですが道中が困難だからこそ、それを乗り越えた先に迎える射精は普段以上に充実したものになります。

もうひとつのポイントはプレイの進め方。
最初から最後まで勃起や興奮を維持しながら音声を聴けるようにと
リオはカウントの数え方やオプションにあたるエロ要素を小まめに切り替えてリードします。

主人公がMな変態に設定されてるので基本的にはM向けの抜き要素が多いのですが
ちゅぱ音や喘ぎ声といった誰にでも通用するものもそれなりに用意されてます。
彼女がダウナーなキャラだからといって雰囲気まで淡白にしたらエッチが成立しませんし
オナサポとしての実用性もちゃんと考えたうえでプレイを組み立ててます。

また冒頭で触れたように本作品にはノーマルモードとハードモードが存在します。
両者の違いは終盤の射精シーンだけで道中は一緒です。
過去二作を視聴したことのある人ならわかるでしょうが1回目は必ずノーマルモードをお聴きください。
ハードモードから聴くと失望したり怒る可能性があります。
心の強さが問われるエッチ
エッチシーンは2パート85分間。
プレイは耳舐め、オナニー、擬似フェラ、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「さてと お兄さんもしごきたくてウズウズしてるみたいだし オナニー始めよっか」
最初の勃起パートで11分近く耳舐めをして主人公の心と体を温めたリオは
いよいよカウントと寸止めを組み合わせた過酷なオナサポを始めます。

エッチは終始彼女に言われた通りおちんちんをしごきます。
本編にあたる寸止めパートの前半にするのはオーソドックスなオナニーと擬似エッチ(約36分)。
ルールに従い10カウントを数えながら言葉責めをしたり、エッチな音を鳴らして射精への欲求を少しずつ高めます。
そして0に近づいたところでおあずけを宣言し、短い休憩を挟んだ後すぐさま次のカウントを始めます。

「じわじわチンポが 射精にまで追い立てられてく 女の子の命令でじっくりオナニー すごく恥ずかしい」
まだ始まったばかりということで彼を露骨に射精へ追い込むようなことはせず
1セットごとの時間を長めに取っておちんちんをじっくりいじらせる感じで進めます。
事前に耳舐めで焦らされたこともあり、おちんちんを触った瞬間に気持ちいい快感が走りました。

ちなみに、本作品のカウントは1セットあたりの時間が5分程度と長めです。
のんびりしてる彼女のキャラに合わせてじっくり、たっぷりいじらせてくれますから
肉体への純粋な刺激だけでもかなり気持ちよくなれるでしょう。
そしてそれは裏を返せば中盤以降にきつい思いをすることを意味します。

前半シーンで特徴的なプレイは擬似フェラと擬似SEX。
前者はちゅぱ音を、後者は喘ぎ声を漏らしながら2セットずつカウントを数えます。

一見するとご褒美っぽいプレイですが、どちらも彼を射精させる意思を持って激しく責め立てます。
例えばフェラだと1セット目は舐めたり啜ったりする比較的ソフトなちゅぱ音を鳴らし
2セット目はピストン&バキュームフェラをする、といったように同じプレイでも明確な違いを持たせます。
擬似SEXが終わる頃には射精したい気持ちに大きく傾くでしょうね。

対する後半は彼の性癖を汲み取ったM性の濃いプレイが登場します。
エッチな音を鳴らさなくなった代わりに1まで数え下ろしたところで休憩を挟まず10に戻したり
10→5→1→5→10とカウントを飛ばして数えることで落差の大きい刺激をおちんちんに与えます。

「それ ただの実験道具だよね? 寸止めして楽しむだけのチンポでしょ?」
「変態 変態 変態変態変態 寸止めオナニー中毒の変態」

これまでのプレイで彼が何をすれば喜ぶかを把握したこともあり
リオは「変態」などの蔑む言葉を多めに交えた言葉責めを適度にぶつけて射精を後押しします。
前半と方向性は違っても心身両面を同時に責めるところはまったく変わりません。
1セットあたりのプレイ時間も延びて暴発する可能性がさらに上がります。

カウントを使ってオナニーをコントロールする点では後半のほうがずっと充実してます。
中でも終盤にあたる11回目のカウントは9分間もしごき続ける大変過酷なものです。
寸止め時の辛さやもどかしさを強く味わわせるために心よりも体への責めに気を配って進めます。

このように、カウントとエロ要素を巧みに組み合わせたドM向けのオナサポが繰り広げられてます。
シンプルかつハードな作品
普通にやったら完遂はほぼ不可能なレベルの過酷なプレイが楽しめる作品です。

リオは当初の目的である実験をスムーズに進め、さらに自分自身も楽しむために
Mで変態な主人公に様々なカウント&寸止めをプレゼントします。

時間に対する射精回数が極端に少なく、おちんちんをいじる時間もとんでもなく長いこと
そして途中でダレたり萎えないようにエッチな素材を適度に変えながらリードすること。
ひたすら厳しく当たるのではなく、彼がこのオナニーをできるだけ楽しめるよう工夫を凝らして進めます。

「はい おあずけ」
こういうプレイをする以上、彼女が相当なSなのは言うまでもありません。
でも事務的系やクールキャラに比べて感情が豊かですし、雰囲気にも多少の柔らかさがあります。
作品名を「残酷かもしれない」にしたのも彼女のキャラを反映させてのことだと思います。

ですが体への責めについてはシリーズ最強と言ってもおかしくないくらいにきついです。
私の場合は中盤の擬似SEXあたりでかなり辛い感じになり
その後に始まるカウント重視のプレイでギブアップしました。

M性が強い方でも1回目で最後まで辿り着くのは難しいのではないでしょうか。
ましてやハードモードを乗り越えるとなると心の強さも求められます。

エッチはひとつとして同じカウントを数えない大変凝ったプレイが味わえます。
ただ個人的にはオナサポ前の勃起パートが長すぎかなぁと。
最初の説明パートも合わせるとオナニー開始まで24分近くかかることになりますし
もう少し切り詰めたほうが聴き手のやる気を維持させやすいと思います。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

超高難度の寸止めオナニーが楽しめる作品です。
寸止めプレイが好きな人には特におすすめします。

CV:七凪るとろさん
総時間 1:40:23

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

破滅願望者のための寸止め責め調教

サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけど熱が入るとSっ気を発揮するお姉さんが
ちょっぴりハードなサービスでマゾの快感を教えます。

寸止め重視のオナサポに調教要素を多めに織り交ぜた独特なプレイが魅力で
序盤はソフトMでもついてこれるように優しい口調で比較的マイルドに
中盤以降はご主人様に従う喜びを教えつつハードに、とスタイルを切り替えながら
おちんちん全体や亀頭をたっぷりいじり射精感を堪え続ける快感を味わわせます。
マゾに堕ちる快感、教えてあげる
CLUB ドミナンスのミストレス「風祭 サラ」からサービスを受けるお話。

「うふふっ いらっしゃい 今日は寸止め責めコースで 私、風祭サラを指名してくれてありがとう」
サラは穏やかで上品な声のお姉さん。
音声の内容や聴く際の注意点を簡単に説明してから
マゾ初心者なお客に合った比較的ソフトな調教を始めます。

本作品はドMなプレイに興味はあるけどなかなか踏み出せないでいる人を対象に
彼女が50分以上に渡る寸止めオナサポをしながら女性に従う喜びを教えます。

Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)さんは金玉責めやアナル開発など
ドM専用のかなりアブノーマルなプレイを扱った作品をよく製作されてます。
しかし今回はそういった部分をかなり和らげた比較的大衆性の高いプレイを中心に組み立ててます。
サークルさんの作品をとりあえず試してみたい方はこの作品を選ぶといいでしょう。

ただし、これはあくまでサークルさんの別作品と比較してのことであって
一般的なオナサポ作品に比べればM性や変態度はやや高くなってます。
もう少し具体的に言いますと、気持ちいい射精を最終目的にしてる従来のオナサポとは違い
本作品は彼女に屈服させられる快感を味わう手段として寸止めオナサポを行います。


「私が 君のドMな性癖を大切に育んで 今以上にもっとマゾに 責められることが大好きになるように調教してあげるわね」
M性のある人をよりMにすることを見据えて、後になるほど厳しい態度を取るようになりますから
女性に見下される、あるいは調教される気分がとても味わいやすいです。
プレイ自体は割とシンプルにする代わりシチュでM心をくすぐることを頑張ってます。
また終盤にはその成果を確かめるべくチャレンジ要素を含んだプレイも登場します。

オナサポもやり方、開始と停止の合図、ペースを細かく指示してくれますし
少なくとも私は旧作のファンも十分楽しめる作品に仕上がってると思います。
飴と鞭を使い分けたややハードなエッチ
エッチシーンは5パート51分30秒間。
プレイはオナニー、亀頭オナニー、唾を吐きかけられる、恥ずかしいポーズです。
エッチな効果音はありません。

「それではドM君 まずは服を脱ぎなさい」
これから行うサービスの概要を説明してからお客の覚悟を確かめたサラは
店員から女王様へと態度を変え、手始めに全裸になる指示を出します。

エッチはお店でするプレイなので終始彼女がリードします。
一番最初の「カウントダウン寸止めオナニー」はオーソドックスな寸止めオナサポ(約15分30秒)。
カウントダウンに合わせてオナニーを開始し、数字が減るほど射精へと自分を追い込み
ストップと言われたら寸止めするのを何度も何度も繰り返します。

「これで勃起してるの? そ、そうなんだ まあ…男の人にも人それぞれ個性があるわよね」
まだ始まったばかりということで彼女もそこまできつい言葉責めはしません。
おちんちんのみすぼらしさを遠まわしに貶したり、オナニーを見られる恥ずかしさを意識させる程度です。

ですがオナサポのほうは時間に対するカウントの回数が多くて割とハードです。
さらに数えるペースを小まめに変える、時折間にセリフを挟んでしごく時間を延ばすことで
単調になりがちなプレイと刺激にアクセントをつけます。
ここだけで暴発することはさすがにないでしょうけど、中盤以降に向けて心身を温める役割をきちんと果たしてます。

調教色が強くなるのは次の「お仕置き 亀頭責めオナニー」から。
奴隷としての自覚が足りないことに機嫌を悪くしたサラが
今度は亀頭にターゲットを絞ったオナサポで先ほどよりも強めの刺激を味わわせます。

「苦しい? 辛い? 当たり前だよ これはお仕置きなんだから」
彼女はプロですから相手がお客であっても決して容赦しません。
冒頭よりもやや険しい声と口調で自分の命令に従うことの大切さをじっくり教えます。
亀頭オナニーについても潤滑油に敢えて唾液を指定し
いじる合間に唾液とカウパーまみれになった手を舐めさせるM性の強いものです。

本当はローションを使ったほうがやりやすいのですが、お仕置きらしさを出したかったからこうしたのかもしれません。
前のパートと同じくカウントに合わせてたっぷりいじりますし
パート後半に入る頃には亀頭全体や尿道口に多少の痛みや熱さを感じることになるでしょう。

3番目の「ご褒美 唾液責めオナニー」は名前の通りご褒美をもらうパート(約11分30秒)。
亀頭オナニーを無事やり遂げたことを褒め、その証に彼女の唾液をプレゼントします。

「マゾのご褒美 また与えられたいなら これからもしっかり頑張りなさいね」
普通の男性ならいかに女性といえど唾を吐きかけられて喜ぶことはそうそうありません。
だからこそ彼女は実際に唾を吐きかける音を鳴らしながら、そうされる喜びを彼の心に刻み込みます。
最初のパートから続けて聴くと上下関係がどんどん強くなっていくことに気付くでしょう。
性的快楽や女性に見下される喜びを飴に、軽い痛みや苦しみを鞭にして着実に調教を進めます。

オナニーのほうは射精を禁止される以外は好きにやっていいと言われます。
このへんもオナサポより調教を重視してる本作品らしいなと。
自分で寸止めすることになるので最初より我慢が難しいとも言えます。

そうやってマゾの心をある程度育てた後、ようやく射精の瞬間が訪れます。
ここだけはソフト、ハードの2種類からひとつを選ぶスタイルです。
詳しい内容は伏せますがハードを選んだ場合はかなり屈辱的な射精を迎えることになります。

このように、Mになる喜びを教えながら射精へ導く独特なオナサポが繰り広げられてます。
気持ちよく調教してくれる作品
自分のM度を高めるお手伝いをしてくれる作品です。

サラは勇気を出してCLUB ドミナンスに来てくれたお客にMの喜びを味わわせようと
竿や亀頭を手でいじる指示を細かく出して女性にオナニーをコントロールされる快感を教えます。

基本的には彼女が主導権を握り、プレイの開始や射精など要所を彼の判断に委ねるスタンス
体への刺激はもちろん、様々な指示や言葉責めで心も温めるきめ細かなリード。
お店でする調教らしさをしっかり出しつつ、後になるほどハードかつM性の強いプレイを提供します。

「こっちを選択したこと 後悔させてあげる」
私はサークルさんの作品を既に2本聴いてるので、本作品は比較的温いものだと最初認識してました。
ですが実際に聴いてみると割とガチな調教がされていてびっくりしました。
「マゾ初心者向け」から連想されるプレイよりもずっとハードな内容です。
おちんちんをいじる時間も十分にありますし、ある程度のM性を持ってる人ならかなり楽しめるでしょう。

ただし、シコシコボイスなどを使ったオナサポに比べるとオナニーの指示は緩いことから
あくまで彼女に調教されてる気分をメインに楽しむ作品だと思います。
テーマとなってる寸止めは実質最初のパートしかやりません。
亀頭オナニーは射精に直結しにくいですし、3番目のパートもフリースタイルでしごきます。
この点だけご注意ください。

射精シーンは2回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音(唾を吐く音)ごく僅か、喘ぎ声はありません。

多少のアブノーマル要素を含んだ本格的な調教が味わえる作品です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:05:32

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

【意地悪】なお姉さんの【意地悪】なオナニーサポート

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でちょっぴり意地悪なところもあるお姉さんが
2つのプレイを組み合わせた比較的ハードなオナサポをします。

タイトルで強調されてる「意地悪さ」はそこまでないものの
前半は竿、後半は亀頭と責める部位を切り替えながら
変化に富んだシコシコボイスを言ったり、羞恥を与える言葉責めを投げかけて射精に導きます。
全体的にいじるペースが速いですから実時間以上の快感が得られるでしょう。

音声を聴く前にローションをご用意ください(唾液でも一応可)。
コンパクトでハードなオナニーを
お姉さんの指示に従いオナニーするお話。

「こんにちはー あなたが私に命令されながら オナニーしたいっていう変態さんね」
お姉さんは上品でねっとりした声の女性。
自分のオナサポを受けたくてやって来た主人公の覚悟を確かめると
お望み通りM向けの恥ずかしいオナニーをプレゼントします。

本作品は年上の女性に手取り足取り指示されながらオナニーを楽しむことをコンセプトに
彼女が20分程度の短い時間を使って2種類のプレイを提供します。
キャラやストーリーといった背景部分はすべて削ぎ落とし
音声開始1分30秒後には早速エッチを始める実用性重視の作りです。

「あなたは チンポしごくスピードだけじゃなくて 射精まで私に指示されるの」
最大の特徴はリードのきめ細かさ。
シーンごとに何をするか説明してから「シコシコ」などの合図を小まめにかけて
おちんちんをいじるペースや強さを隅々まで管理します。


竿オナニー、亀頭オナニーいずれも20秒程度の短い間隔で切り替えてきますから
単調な刺激に飽きることなく勃起や興奮を維持できるでしょう。
他にもプレイ中に休憩時間をほとんど挟まなかったり、全体のペースを速めに設定するなど
一人でも多くの聴き手が時間内に射精を迎えやすくなる工夫がいくつもされてます。

「あなたの真っ赤な亀頭が カリ首のところまでぜーんぶ見えてるわよ」
それに対して心への責めはというと、エッチ開始後も上品な声や口調を維持しつつ
シコシコボイスの合間にこちらの痴態を観察したり実況することで羞恥を与えようとします。
そして射精だけは最後の最後まで我慢させて性感をできる限り高めます。

タイトルから相当に意地悪なプレイをイメージする方もいるでしょうが
実際は終盤以外に露骨な意地悪をすることはほとんどありません。
罵倒よりも指示を重視してプレイを進めるので、内容に興味があるならややMあたりでも聴けると思います。
丁寧で高密度のオナニー
エッチシーンはほぼ全編にあたる23分間。
プレイは皮オナニー、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「まずは 下半身に穿いている服を全部脱いで あなたのチンポを私に見せなさい」
主人公の意思を確認した後すぐさま下半身を裸にしたお姉さんは
手始めにゆっくりペースのシコシコボイスでおちんちんの勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
前半の9分間でするプレイは皮オナニー。
2秒1コキ程度の緩いペースから始まり1秒1コキ→1秒2コキと
段階的にスピードを上げながら時々軽い言葉責めをします。

「なぁに この情けないチンポは? 先っぽまで皮被りの包茎チンポじゃない」
まだ始まったばかりなので体への刺激はそこまで強くないものの
前項で説明した変化に富んだリードのおかげでそれなりの快感が襲ってきます。
本当にゆっくりしごくのは最初の3分程度で、その後は平均以上のペースを維持し続ける感じです。
言葉責めについてはおちんちんの粗末さを貶すことに力を入れてます。

続く後半は竿オナニーから亀頭オナニーへと方針を切り替え
尿道口、裏筋、亀頭全体など敏感な部分を色んな方法で責めてさらに気持ちよくします。
ローションが必要になるのは亀頭オナニーを円滑に行うためです。

「まずは 尿道に手のひらを這わせて 前後に擦りなさい」
あまりやらないタイプのオナニーなのを踏まえて
事前にどこをどうやって刺激するかをわかりやすく教えてくれます。
そしてプレイ開始後は同じく「しゅこしゅこ」などの合図を出してペースや強さを細かくリードします。

時間に対するいじり方のバリエーションが比較的多いのですが
説明がどれも簡潔にまとめられてるおかげでいじる時間が十分に確保されてます。
尿道口を責めることが多いですし、痛みを感じないようローションをしっかり塗ったほうがずっと楽しめます。
竿オナニーと違いちょっぴり痛気持ちいい感覚が味わえるでしょう。

そうやっておちんちん全体をしっかり温めた後、ようやく射精の瞬間が訪れます。
販売ページの作品説明文に書いてあるようにカウントダウンを数えてタイミングを取るもので
ここでは彼女が持つ「意地悪さ」がある程度発揮されてます。

「あら? 少し指示が早過ぎたかしら まだ半分しか来てないのに もう亀頭がパンパンになっちゃったわね」
詳しい内容は敢えて伏せますが焦らしや寸止めを意識したカウントです。
これまで竿や亀頭をほぼノンストップでいじり続けてきただけに
彼女の許可を待ち遠しく感じる人がそれなりにいるでしょう。
でも射精中は「どぴゅどぴゅ」のセリフで応援してくれますし、やっぱり優しい女性だと思います。

このように、心よりも体への責めをしっかり行う引き締まったオナサポが繰り広げられてます。
強めに追い込んでくれる作品
多少の我慢を経てから気持ちよく射精させてくれる実用性の高い作品です。

お姉さんはM性を持つ主人公が普段よりも気持ちいい射精を迎えられるように
嫌悪を与えないレベルで見下しながらオナニーと射精をきめ細かくコントロールします。

定番のシコシコボイスを目まぐるしく切り替えつつ射精を我慢させるM向けのリード
そして前半は定番の、後半はやや珍しいオナニーに取り組む独自の展開。
短時間だからこそやることを切り詰め、それぞれをしっかり行い射精感を高めます。

中でもシコシコボイスは最初は徐々に速くしていき
十分なペースになったところで快感に飽きないよう時々落とす気遣いを見せます。
速い→遅い→速い、みたいな大きな落差をつけることはありませんが
注意して聴いてみると数秒単位でシコシコボイスの言い方に違いがあるのがわかります。
後半へうまく繋げようと暴発させないレベルの刺激を与えます。

そして亀頭オナニーは尿道口など敏感な部分をピンポイントでいじります。
場合によっては痛みを感じる部位なので時間内に色んないじり方を用意し
それらを通じて亀頭全体を刺激できるように組み立ててるのが印象的でした。
最後の射精も亀頭をしごきながらするのでどちらかと言えば亀頭重視のプレイと言えます。

サークルさんが作品のキーワードとして掲げられてる意地悪さについては
少なくとも私にはそれほど強烈なものには感じられませんでした。
「罵倒が多め」と書いてありますけど指示のほうが圧倒的に充実してますし
言葉責め自体も心を抉るレベルのものは特になく、恥ずかしいと感じる程度に留まってます。

そんなわけで意地悪さに過度な期待をしないで聴く分には楽しめる作品と見ています。
オナサポ自体はしっかりしてますから最後に射精するのは割と簡単です。
ただし、ちゅぱ音や喘ぎ声といった純粋なエロ要素がほとんどない点を補うために
自分が好きな画像をお供に用意しておいたほうがより捗ると思います。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

肉体への刺激をひたすら頑張ってる作品です。
ドMよりもややM~Mあたりの人におすすめします。

CV:井上果林さん
総時間 24:21

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

実践「男の潮吹き」~射精を超えた快感 ばいのーらる!

サークル「空心菜」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でエッチにとっても積極的なサキュバスが
性欲旺盛な男性に新しい快楽の扉を開くお手伝いをします。

射精ではなく「潮吹き」を最終目的に据えた丁寧なオナサポが魅力で
事前に準備をして心身を適度にリラックスさせてから
亀頭、竿、乳首、金玉などの性感帯をバランスよくいじり潮吹きできる環境を整えます。
バイノーラル録音ならではのリアルな声や息遣いも彼女の存在を身近に感じさせてくれます。

音声を聴く前にローションを予めご用意ください(必須)。
男にとって最高の快楽とは?
スカーティング・クラブに所属するサキュバス「リナ」が潮吹きオナサポするお話。

「・・・ねぇ ねぇ ねぇったら」
リナはやや鼻にかかった色っぽい声のお姉さん。
快楽を求めてやって来た主人公にここがどこか教えると
潮吹きオナサポで彼に最高の快楽を味わわせてあげます。

本作品は富豪や権力者など社会の最上部に位置する人だけを相手にする特殊なお店を舞台に
彼女がおよそ30分に渡るオナサポで普段よりもずっと上の快楽を提供します。
オナサポはこのところ作品数が目に見えて増えており、それに伴い色んなタイプのプレイが存在します。
そんな中で彼女はタイトルにもなってる「潮吹き」を最終目標に定めてリードします。

私は今のところ体験したことがないのですが、相当に気持ちいいという話は聞いたことがあります。
潮吹きをテーマにした作品は今のところサークルスレイブハンド(シコシコサポート)さんの
オナ指示亀頭オナニー☆射精の10倍の快感!?男の潮吹きチャレンジ」くらいしかありません。
実際に迎えられるかどうかはともかくレア度は相当に高いと言えます。

「これから この私が 二度と忘れられないよう 教えてあげるから 本当の快楽をね」
もうひとつの特徴は声のリアルさ。
リナはサキュバスらしい艶のある声と口調で彼の耳元至近距離から様々な指示を出します。
バイノーラル録音に加えてブレスノイズやリップノイズを敢えて残す演出がされてるおかげで
彼女が耳元で語りかけてくれてる気分が味わいやすくなってます。

彼女は確かにサキュバスですが店員という立場上そこまできついプレイはやりません。
潮吹きに初挑戦する彼がオナニーをできるだけ楽しめるようにと様々な気配りを見せます。
プレイ自体はM向けですけど雰囲気はほぼノーマルです。

それをわかりやすく物語ってるのが挨拶や状況説明を終えた後に始まる準備パート(約10分)。
潮吹きを迎えやすくなる3つのコツを伝授しながらオナニーに使うローションを準備します。

「足を無理しない程度に開いて 太ももの内側辺りを ゆっくりと擦ってあげて?」
上のセリフを話す時は滑らかな摩擦音
その後のローションを用意するシーンでは水で溶く音など
彼女が実際にオナサポしてる感覚が味わえるように様々なシーンで専用の効果音が鳴ります。

この後から始まるオナサポも効果音と合図の両方でペースを指示してくれますから
シコシコボイスを言うだけのタイプよりもやりやすく感じるでしょう。
先ほど説明した声も含めてリアリティを追求したサービスが行われています。
射精の先にある快感に向かって
エッチシーンは2パート27分間。
プレイは亀頭オナニー、竿オナニー、乳首オナニー、玉オナニーです。
亀頭オナニー、竿オナニーの際にリアルな効果音が鳴ります。

「さぁ まずは本格的にチンポをしごく前に 軽く亀頭責めの練習をしておきましょうか」
様々なお話と準備を通じて主人公の心と体を解きほぐしたリナは
潮吹きに向けての練習としてまずは亀頭をゆっくりいじる指示を出します。

エッチは彼女に言われた通りに性感帯を刺激します。
最初の「寸止め地獄編【亀頭攻め練習】」パートでするのは亀頭オナニー(約5分)。
尿道口をいじったり亀頭をこねくり回してまずは亀頭の快感に慣れさせます。

「その右手で鈴口 所謂尿道口ね そこを締め付けるように押さえて ゆーっくり ゆーっくり 前後にしごいてみて」
「あぁ とってもいいわ あなたやっぱり素質あるわね 素敵」

普通のオナニーとは違うことをするのを踏まえて、彼女は使用する手やいじり方を細かく教えます。
そして亀頭をいじって気持ち良さそうにしてる彼の姿をうっとりした表情で見守ります。

サキュバスモノでは珍しく言葉責めや痴態を観察して見下すといったことは特にしません。
その代わり耳元で熱っぽい吐息を漏らしたり、ローション交じりのエッチな音を鳴らして気分を盛り上げます。
ただ個人的には淫語をもうちょっと多めに言ってくれたほうが興奮できると思います。

続く「寸止め地獄【ち○ぽしごき編】」パートはいよいよお待ちかねの射精と潮吹きを目指します(約22分)。
亀頭は一時中断して今度は竿オナニーへと移り、少し経つと乳首オナニーが加わり
さらに亀頭と金玉を同時にいじるプレイをするなど変化に富んだリードで射精感を高めます。

「潮吹きができるかどうかは 射精後いかにチンポをしごき続けられるかにかかってるの」
ここでのポイントは彼女が敢えて何度か寸止めさせること。
彼女によると潮吹きは射精をした後に亀頭をいじり続けることで初めて迎えられるそうです。
そしてあっさり射精してしまったら賢者タイムが始まり引き続きオナニーするのが難しくなります。
だからちょっとだけ意地悪をして性感をある程度蓄積させてから射精の許可を出すわけです。

寸止めといっても20分もすれば射精できますから
ハード系のオナサポを経験済みならそれほど辛くは感じないと思います。
上品で優しい彼女のキャラを崩さないレベルでちょっぴりM向けの要素を盛り込んでます。

「もう少し もう少しよ 1、2 1、2」
肝心の潮吹きオナニーは射精後のおよそ2分間に渡りゆっくりペースで亀頭をひたすらいじり続けます。
リズムを取っていじるペースを指示してくれるのはいいことなのですが
性欲が減衰してる状況でやる気を出させるために、淫語を多めに言ったり耳舐めをして欲しかったです。
全体的にリナが大人しいと言いますか、サキュバスから連想されるエロさがやや足りなく感じました。

このように、目的に向かってじっくりリードするテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
一風変わったオナサポ作品
射精だけでなくその後にもプレイを用意してる個性的な作品です。

リナは人並み外れた性欲を持つ主人公に気持ちよく潮吹きしてもらおうと
種族の違いによる上下関係を一切持たせず、むしろご奉仕する姿勢でオナサポします。

いじり方やペースだけでなくコツや心構えも教えながら進めるきめ細かなリード
そしてリアルな声が生み出すほのかな温もりやエロさ。
作品の特徴を活かしつつ射精よりも難度の高い快感に向けて着実に導きます。

「せっかくのオナニーだもの 楽しくなければ意味が無いわ」
個人的にはリナのキャラがサキュバスらしくなくて印象的でした。
後になるほど息遣いが荒くなるところを見るとエッチに貪欲なのは間違いないのでしょうが
だからといって己の欲望を優先したりせず最後の最後までしっかり応援します。
潮吹きやオナサポから連想される雰囲気とは随分違うのでとても聴きやすいです。

ですが、作品のキーとなるオナサポがややパワー不足にも思えます。
プレイ時間が30分程度と短いこと、それを補うには純粋なエロさが不足してること
潮吹きの時間が2分程度しかなく射精のおまけに近い位置づけになってることなどが挙げられます。

特に二番目のエロさは声の臨場感が高いだけに尚更もったいなく感じます。
「寸止め地獄【ち○ぽしごき編】」の後半から主人公が自由にオナニーできる時間が用意されてますし
そこで耳を舐めたりオナニーして見せればもっともっと興奮できたのではないでしょうか。
この音質で耳舐めすれば相当な破壊力が期待できます。

オナサポだからといって完全なノータッチにする必要はないはずです。
空心菜さんは確かオナサポを作るのが今回初めてのはずなので、それ故の甘さが見られました。
指示に力を入れ過ぎたあまり雰囲気がやや淡白になってます。

絶頂シーンは射精1回、潮吹き1回。
くちゅ音と喘ぎ声(吐息含む)そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

射精とは違う快感を追求している作品です。

CV:小石川うにさん
総時間 50:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

意地悪なミストレスに完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート5 人間破壊遊戯

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品な声と嗜虐的な性格を持つミストレスが
長時間に渡るハードかつ多彩なオナサポでドM男の射精をコントロールします。

セリフとシコシコボイスを個別に言う作り、心と体をバランスよく責めるプレイスタイル
そしてベリーハード以降に新しいルールを追加するなど
過去4作の長所を継承しつつより過酷なオナニーへと挑戦しています。

今回は最も難度の高いヘルモードのレビューをお送りします。
意地悪で残酷なご主人様に従って
ミストレスの指示に従いオナニーするお話。

「にゅふふ こんばんは」
ミストレスは甘くお淑やかな声のお姉さん。
気持ちいいオナニーがしたくてやって来た主人公を快く迎えると
これから行う極めてハードなオナサポに関する説明を始めます。

本作品はサークルさんで最も人気のあるシリーズの第5弾。
上品な声とは裏腹にとても嗜虐的な性格を持つ彼女が
様々なプレイを繰り出しながら最後の最後まで射精を我慢させます。

最大で110分近くもあるエッチシーンの中で射精は1回と大変少なく
オナニーの平均ペースが速かったり、途中の休憩が極端に短かったりと
生半可なMでは到底完遂できないレベルの極めてハードなプレイが行われています。

本シリーズが他のオナサポ系作品と決定的に違う部分は大きくふたつ。
ひとつはセリフとシコシコボイスが完全に独立してること、もうひとつはプレイのバリエーションがとても豊富なことです。

「私の命令 守れるわよね? ザー汁出すなって言ってるの」
前者はプレイによって彼女が別タイプの指示や言葉責めをするのと同時に
お馴染みのシコシコボイスがバックで流れ続けます。
従来のオナサポではシコシコボイスを女性が直接言うスタイルを取っていたため
指示を頑張りすぎて淫語や言葉責めが少なくなる、といったケースがしばしばありました。
その問題を持ち前の編集力で見事解決したのは非常に大きいです。

そしてメインのセリフと聞き分けやすくするために音量をやや下げ篭った声にしていたり
プレイの内容や状況よって4秒1コキから1秒4コキまでペースを目まぐるしく変化させるなど
機能性と実用性を両立させた本当にきめ細かなリードをしてくれます。

後者についてはおちんちんをいじらせずに耳舐めを長めにやって焦らすところから始まり
絶対に射精できないペースでしごかせて性感を高めたり、彼女との擬似エッチを楽しむなど
オーソドックスなものから奇抜なものまで本当に多種多様なプレイが登場します。

また直前に話したセリフとシコシコボイスが分離してる構造を活かして
オナニーのペースを指示しながら言葉責めやちゅぱ音といった抜きに役立つ要素をたっぷり投げかけます。
音声作品に限らずオナニーは心が充実してるほうがずっと質の良い射精を迎えられます。
だからこそ心と体をバランスよく責めつつ限界ギリギリまで我慢させるわけです。

ちなみに本作品にはハード、ベリーハード、ヘルと3つのモードが存在します。
各モードには難易度に大きな差が設けられており、ハードなら余程早漏でもない限り普通に完遂が可能です。
しかしベリーハードやヘルは名前通りの過酷な内容に仕上がっています。

ヘルモードは「これ完遂させる気が無いよね?」と言えるくらいにぶっ飛んでますから
シリーズ初挑戦の方はハードから、それ以外の方はベリーハードから挑戦することをおすすめします。
各モードの基本的な流れは一緒で難易度が上がるほど後に固有のプレイが加わります。
後になるほど激しさを増すエッチ
ヘルモードのエッチシーンは107分。
プレイは耳舐め、オナニー、擬似SEX(攻め、受け両方)、擬似フェラ、擬似イラマチオ、唾を吐きかける、顔面踏みつけです。
エッチな効果音はありません。

「早速だけどそのチンポ 遊びやすいように加工してあげるわ」
主人公に主従の宣誓をさせてからオナサポのルールを説明したミストレスは
彼に寄り添い囁きながら左右の耳をねっとり舐めて勃起を促します。

エッチは終始彼女の言う通りにおちんちんをしごき続けます。
一番最初の「遊戯準備」でするのは耳舐め(約14分)。
左→右の順に耳を舐めながらSっ気漂うセリフをぶつけてオナニーへの期待感を煽ります。

「こうしてる間も チンポを観察中 じーって 全部見られてるわ」
お嬢様らしいお淑やかな声で「チンポ」と何度も言ったり
粘性高めのエッチなちゅぱ音を鳴らしたりとギャップを意識した責めが特徴的です。

ちゅぱ音よりもセリフの方が多いところだけは残念ですが
プレイ時間がとても長いことを考えて最初から強い刺激を与えるのを避けたのかもしれません。
勃起は普通にできますから準備の役割をちゃんと果たしてると言えます。

本格的なオナニーが始まるのはその次から。
「蓄積遊戯」は焦らし重視の極めてソフトなオナニー、「交尾遊戯」は擬似SEX
「口淫遊戯」は擬似フェラと内容を切り替えておちんちんをじっくり刺激します。

「じれったくて もっと切なくなる? ええ それが目的だもの」
「ほらっ お肉の壁が(おちんちんに)すがりついて 上下 上下 柔らかいお肉のやすりがけ」

まだ始まったばかり、しかもハードモード内ということでシコシコボイスのペースは比較的ゆっくりですし
2分程度しごいた後に暴発を防ぐクールタイムを30秒ほど挟んでもくれます。
そして各プレイに合ったセリフや言葉責めで気持ちを上手に盛り上げます。

一応言っておきますと、ここでの「比較的ゆっくり」は本シリーズ内の話であって
一般的なオナサポ作品と比べたらこの時点でも十分スピードは速いです。
彼女もそれを踏まえてプレイ開始前にどうしてもきつい場合は手加減していいと明言します。

「フェラチオっていうのは こういうこと」
このシーンで最も印象的だったのは「口淫遊戯」。
最初の耳舐めよりもずっとパワフルなちゅぱ音を積極的に鳴らし
それに合わせて1秒2コキ程度のシコシコボイスが立て続けに流れます。
舐め方に応じてシコシコボイスが変化するおかげで、実際にされてる感覚が味わいやすいのもポイントです。

ハードモードの終盤を飾るプレイはふたつ。
「説教遊戯」は嫌味を言いながら、「背反遊戯」は射精を連想させるセリフを投げかけて彼の心を折りにかかります。

「はーい ぴゅっぴゅの時間よ ぴゅっぴゅっぴゅー どぷどぷどぷー」
特に「背反遊戯」はひたすら射精を我慢させてた今までとは正反対のことを言い
さらに射精シーンでよく聴く擬声語を頻繁に言って追い込む効果的な責めです。
シコシコボイスも1秒4コキ程度の非常に速いペースですし、ここで脱落する人がそこそこいると思います。
一番簡単なモードだからといってなめてかかると痛い目を見ます。

ベリーハード以降限定のプレイが登場するのはエッチ開始から52分後。
「左右遊戯」は新たに追加されたルールを活用したプレイ
「同時遊戯」はそれをさらに先鋭化させたプレイで今まで以上に厳しい射精我慢地獄へと突き落とします。

「シコシコボイスが聞こえてくる方向によって しごかせ方を強制します」
ここでの新ルールはシコシコボイスが左から聞こえたときは力を緩めずにしごく
右の場合はストロークを加減せずにしごくといったもので
今まで緊急時に限り認めていた手加減を制限することに繋がります。
練習時間が用意されてますから戸惑うことはそんなにないでしょう。

実際にやってみたところかなりきつかったです。
これまでやってきた言葉責めやイメージを織り交ぜたプレイとは違い
このふたつはシコシコボイスを中心に据えたストレートなオナニーをします。

一番緩いところから段階的にペースを上げていくのを何度か繰り返す感じで
小細工抜き、そして逃げ道もないことから完全に自分との戦いです。
1時間近くずっとしごき続けてきた状況も相まって脱落者が続出すると思います。
休憩時間がさらに短くなるのも大きいです。

そうやって様々な試練を乗り越えてきた後にようやくヘルモード限定のプレイへ突入します。
サークルさんが作品説明文で表現をぼかされてますので申し訳ありませんが聴いてのお楽しみとさせてください。
ヘルモード開始から射精までの時間はおよそ35分間。
陵辱系のプレイや複数人同時責めなど今までになかったプレイがいくつもあります。

これをクリアするのはほぼ不可能ではないでしょうか。
刺激の強いプレイが多く、射精直前になるとシコシコボイスのペースが10秒程度の間隔で目まぐるしく変化します。

このように、多種多様な手段を用いて心と体を責め続ける重厚なオナサポが繰り広げられてます。
大変過酷な作品
「鍛え抜かれたドMでも完遂は難しい」と言えるレベルのエッチが楽しめる作品です。

ミストレスは普段と違うオナニーをしてみたいと思ってる主人公に対して
おちんちんをひっきりなしにいじらせつつ長時間に渡る射精の我慢を強要します。

セリフとシコシコボイスを分離し両者が連携を取って進める独自性の強いスタイル
そして聴き手が途中で飽きないよう色んなプレイを用意し、それらを効果的に繋げるリード。
オナサポ作品の中でも絶大な人気を誇るシリーズならではの考えられたプレイをします。

「なーでなで なーでなで 壊れろ 壊れろ 壊れろ 射精しろ」
彼女は彼を楽しませるよりも壊すことを強く意識して責め続けます。
実際のところベリーハード以降は本当に容赦がないですし
後になるほどこちらを見下し、あざ笑う態度を露骨に取るようになります。
声質が上品なのでそんなに嫌な感じはしませんが、やってることは相当にえげつないです。

私は過去4作をすべて聴いたきたこともあり、それらとの違いに注目しながら聴きました。
その結果ハードは従来のプレイに彼女らしさを適度に組み込んだオーソドックスなもので通し
ベリーハードやヘルで新要素やチャレンジできるプレイを用意したと見ています。

これが最初の方で「初心者はハード、経験者はベリーハードから挑戦してください」と言った理由です。
過去作を聴いてきた人だとおそらくハードは生ぬるいです。
でもベリーハードを入れると難易度が一気に上がります。
ヘルは以前からクリアできないレベルでしたしご自分のM度とご相談ください。

射精シーンは1回。
淫語多め、ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

己の限界に挑戦させてくれる作品です。
M向けの刺激的な作品を求めてる人には特におすすめします。

CV:ミストレス…民安ともえさん 女性1…芦屋もこさん 女性2…秋山はるるさん
総時間 ハード…1:15:02 ベリーハード…1:32:52 ヘル…1:54:36

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

【ドM専用オナ指示】赤ちゃんイジメ

サークル「スレイブハンド(シコシコサポート)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、表面は穏やかだけど内面は結構きついお姉さんが
赤ちゃん言葉で語りかけながらオナニーを隅から隅までリードします。

赤ちゃん言葉と罵声を組み合わせたギャップのあるセリフや
体を密着させ囁き声で意地悪な指示を出すスタイルなど
幼児プレイとM向け要素を融合させた珍しいタイプのオナサポが楽しめます。

音声を聴く前にローションを予めご用意ください(唾液でも一応代用可)。
赤ちゃん言葉できつめの罵声を
お姉さんの指示に従いオナニーするお話。

「はぁーい ママでちゅよー」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
赤ちゃん言葉で寸止めオナニーしたい主人公を温かく迎えると
ズボンを脱がせ既に勃起してるおちんちんの匂いを嗅ぎます。

本作品は表面上は声も態度もあまあまな彼女が
およそ80分に渡ってスタンダードなものから一風変わったものまで様々なオナニーを指示します。
スレイブハンド(シコシコサポート)さんはこれまでオナサポを専門に製作されてるサークルさんで
そのすべてが「完全サポート」と呼ぶのがぴったりなきめ細かなリードをします。

今回もおちんちんのどこをどういじるのか、どれくらいのペースで責めるかをまずはしっかり教え
少し経ったら耳を舐めたり言葉責めをして心を盛り上げてくれます。
また主人公が包茎なのを利用して皮を使ったプレイが割と多く
亀頭責めと組み合わせることで幅広い快感を得られるように作られてます。

「もーっと優しく 耳元で囁いてあげまちゅねー ・・・ゴミクズが さっさと射精して死ね」
作品独自の特徴として挙げられるのが彼女のセリフ。
普段は母性を感じる温かい声と態度で接しますが、時折本性を現してきつめの罵声をぶつけます。
オナサポについても彼を甘やかす類のプレイは極端に少なく
寸止めさせたり唾を吐きかけて飲ませるといったM性の強いものを積極的に行います。

簡単に言うと言葉と態度に大きなギャップのある作品です。
「赤ちゃん言葉=癒す、甘やかす」という従来のイメージを逆手に取った面白い演出と言えるでしょう。
人によっては馬鹿にされてる気がするかもしれませんね。

もうひとつのポイントは彼女が多くのシーンで密着してくること。
彼のおちんちんに直接触れることはないものの、抱きついて耳元に囁きかけたり
そのまま耳を舐めるといったM向け作品ではあまり見られない責めを適度にします。

バイノーラル録音なだけあって音質はもちろん、声の位置や距離も臨場感が高く
彼女の温もりがほのかに感じられるほどの近さを感じます。
サークルさんによるとそれを引き立てるためにリップノイズをわざと残されたそうです。

きめ細かなオナサポ、言葉と態度の大きなギャップ、そして密着感。
個性と実用性の両方を兼ね備えた魅力的なオナサポ作品です。
赤ちゃん言葉で意地悪される快感
エッチシーンは4パート80分間。
プレイは皮オナニー、皮剥き、亀頭へのビンタ、お姉さんの唾液を飲む、亀頭オナニー、耳舐め、オナニーの演技、指舐めです。
エッチな効果音はありません。

「おズボン 脱ぎ脱ぎしまちょうねー ・・・はぁ キモっ」
あまり洗ってないのか、主人公の股間が放つ匂いを嫌そうな表情で嗅いだお姉さんは
パンツを脱がせずまずはそのままおちんちんを優しく撫でる指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通りにおちんちんをいじります。
一番目の「皮オナニー」パートは比較的オーソドックスなオナサポ(約41分)。
最初はパンツ越し、少し経つと直接おちんちんを揉んだりしごかせ
さらに皮を剥いたり被せるプレイ、根元だけを素早くしごくプレイなど多種多様な指示を出して勃起と興奮を促します。

「さすが変態赤ちゃんでちゅねー シコシコお上手でちゅよー」
「オナニーするしか能のない ボクちゃんみたいなオナザルは 生きてる価値ないでちゅねー」

彼女は彼のことをあまり好きではないのでしょう。
赤ちゃん言葉を維持しつつ合間合間で彼のことを見下すセリフを投げかけます。
オナサポは手を抜かずにやって、それ以外の部分でM向けのアプローチをする感じです。

オナニーについては3秒に1コキくらいペースから始まり最後は1秒2コキにまで発展します。
本作品の射精回数は1回なので、途中で暴発しないように多少セーブしながら進めるわけです。
序盤はぬるく感じるでしょうが最中に休憩時間をあまり取らないことから
後になるほど射精を抑えるのが難しく感じるようになるでしょう。

「はーい 亀さんペンペンの時間ですよー」
「目瞑って ちょっとだけ上向いてくだちゃいねー はい あーん」

プレイで面白いのはパート終盤に登場する亀頭ビンタと唾液飲み。
前者はカウパーを漏らした罰、後者は彼を射精寸前へと追い込むスパイスとして繰り出します。
ビンタを手加減すると舌打ちしたり、唾を実際に吐きかける音を鳴らすのがいかにも彼女らしいですね。
射精の我慢が難しくなってきたのを見計らってこういう責めをするのも面白いです。

続く「亀頭オナニー」パートは打って変わって亀頭いじりがメイン(約18分)。
人差し指と中指で尿道口を開いたり閉じたりするちょっぴり恥ずかしいプレイや
尿道口、カリ首、裏筋を個別に責める実用性重視のプレイ
そして亀頭を手のひらで包みぐりぐりする、亀頭を直接激しくしごくハードなものへ至ります。

「今度は 亀頭を絞るように握って くるくるしてくだちゃいね」
普段あまりやらないタイプのプレイなのを踏まえて説明を事前に必ず行い
痛みを与えないよう竿に比べてペースを緩めるきめ細かなリードが光ります。
引き続き赤ちゃん言葉で話しますが言葉責めの割合はそれほど高くありません。
実際にやってみた感じだとやはりローションを使ったほうがずっと気持ちいいです。

そうやって心と体をバランスよく高めていった後にようやく射精の瞬間が訪れます。
「棒読み淫語で射精」「演技の相互オナニーで射精」「口内射精」の3パターンが存在し
その中から好きなものをひとつを選ぶマルチエンディング方式です。

「たまんないよぉ おちんぽ臭 大好きなの すぅー はー いい匂い もっと嗅ぎたぁい」
「もうすぐ 中出しだよ ・・・あぁっ シコシコピストン速いぃ」

個人的に一番抜きやすいと感じたのは「演技の相互オナニーで射精」パート(約12分)。
名前の通り彼女が耳元でオナニーの演技をします。
棒読みではなく感情を込めて喘いでくれるおかげで雰囲気がとてもエロく
後半に差し掛かると擬似SEXの実況も織り交ぜて射精しやすい環境を整えてくれます。

M性は低めですが純粋なオカズ度は最も高いかなと。
他の2パートもそれぞれに違った良さを持ってます。

このように、長時間に渡っておちんちんと心に色んな刺激を与え続ける充実したプレイが繰り広げられてます。
甘さの強いM向け作品
相反する属性を持つ素材を上手く融合させてる作品です。

お姉さんは甘えん坊で変態な主人公が気持ちよく射精できるように
ほぼ全編で赤ちゃん言葉を使い、その中に貶したり見下すセリフを多めに盛り込みます。
その一方でシコシコボイスやプレイの指示といったオナサポの基本部分はしっかりこなします。

「はぁ くっさーい こーんなに臭いチンポ ママ 初めてでちゅよー」
彼女は確かに合間合間で露骨に嫌そうな表情をします。
でも彼のおちんちんが臭いとわかってるのに匂いを何度も嗅ぐところを見ると
彼女自身もノーマルじゃない部分をある程度持ってるのだと思います。
突き放しつつ多少は甘い部分も見せてくれるので、途中でやる気が失せる可能性は低いです。

そして何より赤ちゃん言葉による罵倒が個性的で面白いです。
癒しや甘やかしの色が強い要素をサークルさんなりのやり方でM向けにアレンジしてます。
ですが時間に対する罵声の量が少なめなことや、耳元で囁くシーンが多いことから
「ドM専用」と呼ぶにはややパワー不足とも感じました。

こういう言葉責めをする作品自体がまだ少ないですし、サークルさんも匙加減を模索されてるのかもしれません。
今後の作品でどう変わっていくのかが楽しみです。

エッチはシコシコボイスの量を必要最低限に抑え、その分言葉責めを充実させてます。
彼女が話してる間は直前のペースでしごき続ければ十分気持ちよくなれるでしょう。
プレイが変化に富んでますし、休憩も0じゃないので完遂はそこまで難しくないと見ています。

射精シーンは3回(1視聴あたり1回が3パターン)。
淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

最近流行りのプレイをまったく別の形で表現してる作品です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:27:24

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2017年5月5日午前10時まで3割引の700円で販売されてます。

意地悪な女の子の徹底オナ指示! 君のオナニー私が支配してあげる♪

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでちょっぴり意地悪なところもある女の子が
Mな男性に様々なオナニーの指示を出してじっくり射精に導きます。

タイトルにもなってる「徹底オナ指示」が最大の魅力で
何をするかはもちろん、おちんちんをしごくペース・強さ・ポーズに至るまでをしっかり指示し
その中に多少の意地悪を盛り込んで射精したい欲求を少しずつ膨らませます。

音声を聴く際にはローションを予めご用意ください。
あなたのオナニーを徹底管理
女の子の指示に従いオナニーするお話。

「こんばんは 変態さん」
女の子は明るくて穏やかな声の女の子。
マゾオナニーがしたくてやって来た主人公を興味深そうに迎えると
すぐさま服を脱がせ彼のおちんちんを観察します。

本作品は女性にオナニーを管理されたいMな人を対象に
彼女がおよそ55分に渡って多少のアブノーマル要素を含んだオナサポをします。
キャラやストーリーといった背景部分は完全に省略し、音声開始から90秒後にはエッチを始める抜き重視の作りです。

「オナニーのし方やしごくペースはもちろん オナニーの体勢も射精のタイミングも ぜーんぶ私次第」
そして彼女はオナニーの開始から射精に至るまでの間
ほぼずっと何らかの指示や掛け声を出してオナニーをコントロールします。

オナサポはここ1~2年の間に作品数が一気に増え、それに伴いプレイやリードのスタイルに様々なタイプが生まれてます。
その中で本作品はとてもきめ細かなリードを売りとしています。

具体的にはプレイの内容、最中のペースや強さ、その時の姿勢などです。
人によっては窮屈に感じるかもしれませんが、頭を空っぽにしながらオナニーに取り組めるのも事実です。
体力をそれなりに消耗するので休日などの用事が無いときに聴くことをおすすめします。

「そうだ 今から面白い遊びをしてあげる」
もうひとつのポイントは彼女の意地悪さ。
彼に犬の真似をさせて羞恥心を煽ったり、射精しそうになったのを見計らってわざと寸止めするなど
多くの人がもどかしさを感じる責めを適度に繰り出します。

M向けのオナサポですが指示に力を入れてる関係で言葉責めはそれほどありません。
その代わり一部でそこそこ変態向けの指示を出してきます。
オナニー中の休憩時間が短めなのも彼女の性格を反映してると言えます。
精神よりも肉体面で辛いとかもどかしい感覚を抱くでしょう。
変化に富んだややアブノーマルなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる54分間。
プレイはおちんちんの観察、皮オナニー、擬似SEX、犬の真似、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃあ今から 私が君のオナニーたっぷり指示してあげる」
全裸になった主人公のおちんちんの形や匂いを堪能した女の子は
彼の意思を確認したうえでオナニーを徹底的に管理します。

エッチは終始彼女に言われた通りにおちんちんをしごきます。
最初の14分間はオーソドックスなオナニー。
お馴染みのシコシコボイスに合わせて皮越しにおちんちんをゆっくりしごき
しばらくすると「ストップ」「再開」の掛け声でオナニーを止めたり再開したりします。

「くんくん うわぁ とっても濃厚なオスの匂い」
「男の人の一番恥ずかしい行為を 女の子に完全支配されながらするオナニー きっととっても恥ずかしいよね」

まだ始まったばかりなのでおちんちんへの刺激はそれほど強くありません。
その代わりオナニー開始前におちんちんを舐め回すように観察したり、彼女の視線を意識させるなど
気持ちを盛り上げるアプローチに力を入れて進めます。

Mな人でも興奮できなかったらオナニーに身が入らないでしょうから
まずはおちんちんの勃起とその維持から始めるわけです。
シコシコボイスも1~2秒に1コキのペースから始まり少しずつ速くなります。

変態要素が加わるのはその次から。
がに股になりおちんちんを見せながらのオナニー、手ではなく腰を振って気持ちよくなるエアSEX
四つん這いやチンチンのポーズを取ってしごくドッグスタイルのオナニーなど
それなりの体力とM性を要求するプレイが続々と登場します。

「ほら ちゃんとベロを出したままお尻も振り続けて 惨めなオナニー家畜ですってしっかりアピール 忘れないでね」
特に犬になりきってオナニーするシーンでは体勢やシコシコボイスはもちろん
犬のように声を出して鳴いたり、舌を出してお尻を振りながらしごくといった非常に細かい部分まで指示します。

どのプレイも2分程度やったらすぐ次に移ってしまうのが残念ですが
Mな人を喜ばせることを見据えたリードをしてるのは間違いありません。
プレイを切り替える時以外に休憩時間がほとんどないですし、このあたりから射精の我慢がきつくなってくると思います。

彼女の意地悪な部分が際立ってるのは後半の23分間。
再度皮オナニーを軽くしてから手と指を使って亀頭やカリを執拗に責め続け
性感が十分に高まったところで最もペースの速いオナニーに取り組みます。

「それじゃあまずは 片方の手でおちんぽを支えて もう片方の手のひらで 敏感な亀頭の先端を撫で回して」
「ほら 我慢だよ が・ま・ん」

普段あまりやらないプレイなのを考慮しここでも使う指や動かし方まで細かく教えます。
でも肝心の射精だけは最後の最後まで絶対に許しません。
以前のシーンに比べて刺激が強くペースも速いことから暴発する可能性が一気に上がります。

亀頭責めやその後の竿オナニーでローションを使ってる描写がありますし
安全性も考えてローションを実際に用意するのがいいでしょう。
最後の射精シーンもカウントを数えてくれますし、意地悪さを出しつつきっちりリードしてくれます。

このように、きめ細かな指示と意地悪さを組み合わせたM向けのオナサポが繰り広げられてます。
すべてを管理してくれる作品
女性にオナニーをコントロールされてる気分が味わいやすい作品です。

女の子は女性に従いながらオナニーしたい願望を抱く主人公を満足させようと
最初から最後まで本当に細かいところまで目を向けながらオナニーをリードします。
オーソドックスなものからアブノーマルなものまで多彩なプレイを用意し
そのすべてで何をするか、どれくらいのペースと強さでオナニーするかを指示して射精を制御します。

「たくさん無価値な精液飛ばして 私をめいっぱい楽しませてね」
彼女は確かに意地悪キャラですが声や口調は至って穏やかです。
おかげで私も最初は「どこが意地悪なんだ?」と思いながら聴いてました。
でも後半に差し掛かると快感が強くなり寸止めせざるを得ない場面が増え始めます。
言葉よりも行為(=オナニーのさせ方)で意地悪さを表現してるところが面白いです。

エッチはプレイのバリエーションがとんでもなく多彩です。
前項で説明したもの以外にも細かな部分で変化をつけて気持ちよくしてくれます。
そんなわけでオナニー自体のリードは十分優れてるのですが
そちらに力を入れ過ぎたあまり特に後半シーンの雰囲気が淡白になってます。

本作品を聴いて射精できるかと言われれば「できる」と答えます。
オナサポの中では時間が長く休憩時間も短い、つまり体への刺激が強めだからです。
でも気持ちよく射精できるかと訊かれると首を捻ります。
M向けのプレイにしては言葉責めが極端に少ないのが大きな要因です。

私自身はオナサポは心と体をいかにバランスよく盛り上げるかがカギになると思ってます。
体がどんなに気持ちよくても心がノってなかったら射精感もいまいちになるからです。
その観点からこの作品はあと一歩が足りないと感じました。

前半は視線で羞恥を煽ったり擬似SEXで喘ぎ声を上げたりして頑張ってたのですが・・・。
最も盛り上げて欲しい後半にそれが弱くなるのが残念です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

徹底した指示によるオナサポが楽しめる作品です。

CV:西浦のどかさん
総時間 56:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

アナル快楽中毒者のためのケツマ○コ責め調教

サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でちょっぴり嗜虐的な店員さんが
変態性の高いオナサポでドMな男性に普段とは違う快楽を与えます。

アナルでの快感をとことん追求した調教プレイが魅力で
指でいじったりおもちゃを出し入れしてアナルの快感を少しずつ味わわせながら
恥ずかしいポーズや復唱をさせて彼女に従う喜びを教えます。

音声を聴くにあたって以下のアイテムをご用意ください。
ローション、ビニール手袋、アナルに入れるおもちゃ(アネロスではなくアナルディルド)

この先汚い描写が数多く登場します。
食事中あるいは食事を控えてる方は済ませてから読むことをおすすめします。
お尻で味わう新しい快感
CLUB ドミナンスのミストレス「宝城キョウカ」の指示に従いアナルオナニーするお話。

「いらっしゃい アタシを指名してくれてありがとね」
キョウカは上品で穏やかな声のお姉さん。
変態プレイをしたくてお店にやって来たお客を優しく迎えると
ほぼアナルにターゲットを絞ったドM向けのサービスを始めます。

本作品は男性の隠れた性感帯のひとつアナル(前立腺)の開発をテーマに
彼女が70分近くの時間を使って様々なプレイを指示します。
終盤におちんちんオナニーするシーンも一応ありますが
アナルにおもちゃを挿入しながらするスタイルなのでアナルの比重のほうがずっと高いです。

そしてアナルをそれほど開発してない人でもプレイを楽しめるように
彼女は何をするかはもちろん、どれくらいのペースで責めればいいかも丁寧に教えます。
アナル系のプレイはどれもゆっくり進めてくれますからやりやすく感じるでしょう。
逆におちんちんオナニーは多少意地悪に振舞ってM心をくすぐります。

彼女がややきつい体勢を取らせる指示を適度に出すので
完遂する場合は体力をそれなりに消耗することを覚悟しておいてください。
アナルを本格的に責める時は自分がやりやすい姿勢を取っていいと言ってくれます。

「あなたのお尻の穴は 排泄するためだけの穴じゃない 快感を得るための穴 ケツマンコなんだね」
今回のエッチをリードするキョウカは包容力のある女性。
おちんちんではなくアナルで気持ちよくなりたい彼の欲望をドン引きせずにしっかり受け止め
アナルをオマンコに例えて女性のように責められる快感を味わわせます。

メインのプレイは確かにアナル責めですが
恥ずかしいポーズを取らせたり、軽めの言葉責めをするなど心への責めもバランスよく行います。
プレイ中によく嘲笑するのも彼女なりのサービスなのでしょう。
ニッチなプレイだからこそ雰囲気作りにも気を配ってエッチをリードします。
男女両方の絶頂を目指して
エッチシーンは7パート56分ほど。
プレイは恥ずかしいポーズ、アナルオナニー(指とおもちゃ)、おちんちんオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「今からアタシが 変態マゾに相応しいお尻の穴を使ったオナニーの仕方 教えてあ・げ・る」
これからするサービスの概要を説明し、お客の意思を確認したキョウカは
彼を全裸にしてから恥ずかしいポーズを取らせておねだりを要求します。

エッチは終始彼女に言われた通り手や体を動かします。
一番最初の「オネダリ」はアナルオナニーに向けて気持ちを高めるパート(約7分)。
うつ伏せの状態でお尻を高く上げ、手で開いて彼女にアナルを見せつけます。

「ご主人様 ボクのいやらしい変態アナルを よく見てください」
彼女にとって彼はお客ですがプレイが始まった後は一切容赦しません。
ドMじゃないとなかなかできない格好とセリフを言わせてまずは主従関係をはっきりさせます。
羞恥心を煽るシーンが割と多いですからそういうプレイが好きな人ほど楽しめるでしょう。
そしてこれはアナルオナニーに熱中できる環境作りに役立ちます。

実際にアナルをいじり始めるのはその次から。
「アナルほぐし(指)」はビニール手袋をした指で
「ディルドー挿入&ケツマ○コセックス」はおもちゃでアナルをじっくり責めて気持ちよくなります。

「まだ入れちゃダメよ? 焦らすように 入り口付近を 肛門の周りを 円を描くように撫でなさい」
「少しアナル柔らかくなったかな? ふぅむ ローションも塗ってるし 怪我も大丈夫よね」

ローションまみれの指でアナル周りをほぐしてからゆっくり挿入し
「じゅーぽ」の声に合わせて後になるほどペースを上げていく、といったように
彼女は聴き手が痛みを感じたり中を傷つけないよう慎重にプレイをリードします。

「おちんちんオナニーより ケツマンコSEXのほうが 気持ちいいんじゃないの?」
「ほら マゾ犬 もっとケツマンコの深いところまで抉りなさい」

そしてアナルがある程度ほぐれた後はおもちゃへと切り替え
別の合図を出しつつ今度は言葉責めの割合を増やして心身両面を同時に気持ちよくします。
アナルディルドを彼女のおちんちんに見立てて擬似SEX風に進めるのがいいですね。
Mな男性が潜在的に持ってる「女性に責められたい」願望を刺激してプレイを盛り上げます。

アナルオナニーの最後にドライオーガズムを持ってきてるのも
おちんちんによる射精とは別の快感を与えたかったからなのだと思います。

ただし、前立腺によるドライオーガズムは催眠よりも難易度がずっと高いそうなので
この音声を聴いて実際に迎えられる可能性はそれほど高くないと見てます。
私がやった時も絶頂と呼べるレベルの快感は得られませんでした。

女性の快感をある程度味わった後は男性の快感。
「おち○ちん寸止めオナニー」でカウントに合わせて何度も何度も寸止めした後
彼女が出すふたつの条件を守ることを約束したうえで射精を迎えます。

「数字が小さくなったら 小さくなるにつれて さらに射精へ追い込むの」
寸止めは0に近づくほど射精へ追い込み「おあずけ」でリセットするのを繰り返します。
数えるペースを変えたり開始/終了時の数字を不規則にしたりと工夫して進めるのですが
1セットあたりの時間が30秒程度と非常に短く、射精感を高めるのがちょっと難しいです。

おもちゃをアナルに挿入したままオナニーするといっても
これまでおちんちんに一切触れなかった背景を考えればもう少しじっくりしごかせて欲しいです。
きめ細かな指示をしてくれたアナルオナニーに比べてリードが粗く感じました。

一番最後の「条件付き射精許可」パートで最後のカウントを数える前に
3分程度の時間をかけて約束の内容を説明するのも疑問です。
おちんちんの性感は熱しやすく冷めやすいですから
ある程度まとまった時間を取って集中的に刺激しないと射精に持っていきにくいです。

説明の内容をもっと簡潔にして時間を切り詰めるか
説明中にも好きにしごかせて射精だけを禁止していれば随分違ったと思います。

このように、ドライとウェット両方を順番に味わわせる独特なプレイが繰り広げられてます。
アナル尽くしの作品
アナルで気持ちよくなることをひたすら追い求めている奇抜な作品です。

キョウカは普通のオナニーではもう満足できなくなったお客の欲望を満たすために
最初から最後までアナルをとことん責める変わったプレイを提供します。

指からおもちゃ、そしてドライへと繋ぐ慎重かつ丁寧なリード
最中に投げかけられるきめ細かな指示と心を盛り上げる言葉の数々。
マイナーなプレイを一人でも多くの聴き手に楽しんでもらおうと考えながらサービスします。

「今日は調教お疲れさま また会えることを願っているわ」
彼女にそこまで強烈なSっ気がないからか、エッチに入っても口調は至って穏やかです。
でも優しく接してたら彼が喜んでくれないのを理解してるので適度に見下したり意地悪します。
ご主人様なのだけどご奉仕されてる感じがしてやりやすかったです。
恥ずかしいポーズや復唱も本作品のプレイに適した責め方だと思います。

アナルとおちんちん両方をいじりますが前者のほうが圧倒的に優れてます。
器具を使用する点で敷居が高くなってるものの、オナサポ自体は初心者を見据えた内容です。
おもちゃが怖いなら指だけでプレイを続行するのも一応可能ですし
同人音声では大変貴重なアナル系オナサポ作品として十分な存在感を持ってます。

それに対しておちんちんのほうは色々と改善の余地が見られます。
おちんちんのオナサポは作品数が多いうえに最近は質の向上や多様化が進んでますし
そういった状況を考えるとこの内容では厳しいというのが率直な感想です。
催眠音声のドライとは違うタイプのドライを目指すからこうしたのかもしれませんね。

絶頂シーンはドライ1回+α(連続絶頂)、射精1回です。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

個性的かつ変態的なオナニーが楽しめる作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:14:33

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

いつもより沢山でりゅ!?『完全オナ指示』亀頭オナニーのすゝめ。

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、クールだけど面倒見のいい女の子が
亀頭特化のオナサポで新しい快楽の扉を開くお手伝いをします。

指で輪っかを作りカリ首を擦る、手のひらと指を使って全体を握るなど
やり方を変えながら亀頭だけを責め続けるテーマ性の強いプレイをします。
最中のリードも丁寧ですから言う通りにするだけで強めの快感が味わえるでしょう。
亀頭オナニーを完全サポート
女の子の指示に従い亀頭オナニーするお話。

「こんにちは ここに来たってことは 亀頭オナニーに興味があるんですか?」
女の子はやや幼さを感じる明るい声の女の子。
自分のもとへやって来た主人公に亀頭オナニーがしたいか確認すると
きめ細かな指示を出しながらそのやり方を教えます。

本作品は男性にとって敏感な部位「亀頭」をいじる快感を存分に味わってもらおうと
彼女がおよそ35分に渡る多彩な亀頭オナサポを提供します。
プレイ開始直後に勃起させるため竿をしごくシーンがあるものの
それ以降は手と指を使って亀頭やカリ首だけを責め続けるタイトル通りのプレイです。

作中で彼女は唾液でもいいと言いますが、このプレイを円滑にこなすことを考えれば
十分な量のローションを用意することを強くおすすめします。
ぬめりが少ないと快感よりも痛みが勝って射精しにくくなりますからね。
竿をしごくタイプのオナサポに比べて得られる刺激が強いです。

「くーるくる くーるくる くーるくる くーるくる」
もうひとつのポイントはリードのきめ細かさ。
主人公が亀頭オナニーに初挑戦する背景を踏まえて
彼女は事前に必ずいじり方の説明をし、プレイ開始後もセリフを使ってペースを小まめに指示します。

サークルさんが他のオナサポ作品を研究されてるのか
竿をしごく際は8~16コキ程度の短い間隔でスピードを変化させます。
亀頭をいじる時も最初は慣れさせるために意識してゆっくり合図を出してくれますし
今まで亀頭オナニーを一度もしたことがない人でも無理なくついていけるでしょう。

ちなみに、作品説明文には「本作品は女の子に見下されて興奮するM男性向け」と書かれてますが
指示重視のオナサポをするため言葉責めの割合はあまり高くありません。
それどころか彼の亀頭の匂いを何度も嗅いだり、終盤は一緒にオナニーを楽しむなど
できるだけ対等な関係でオナサポしようとする姿勢が見られます。

亀頭オナニーが中心といってもぶっ飛んだことは特にやりませんので
内容に興味を持ったのならややMあたりでも聴けると思います。
心よりも体への責めに力を入れてるオナサポ作品です。
色んな手段で亀頭を集中攻撃
エッチシーンはほぼ全編にあたる35分間。
プレイは亀頭オナニー、尿道口オナニー、竿オナニー、亀頭の匂いを嗅がれる、オナニーの見せ合いです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃあ まず初めは指に唾液をつけてください 亀頭が痛くならないように たくさんつけるんですよ」
冒頭の会話で彼の意思を確認した女の子は
ズボンとパンツを脱いでおちんちんを取り出す指示を出し、まずは皮を剥かずに亀頭をいじらせます。

エッチは終始彼女に言われた通り亀頭をいじります。
最初の11分間は亀頭オナニーに向けての準備に近いプレイ。
唾液で湿らせた指を這わせて亀頭や尿道口を軽く刺激してから
お馴染みのシコシコボイスに合わせた竿オナニーでおちんちんをしっかり勃起させます。

「ほら 自分の包茎おちんぽにありがとうって お礼を言ってあげてください」
「ほら 自慢の皮かむりおちんぽ 握ってください」

そして彼女は指示を出しながら彼の皮被りおちんちんを適度に見下します。
見下すと言っても口調がずっとクールですから後に残るほど傷つくことはありません。
本作品のエッチは包茎を前提としたプレイや描写がそれなりにあるので
リアルでも包茎な人の方が無理なく楽しめると思います。

プレイについては包皮と亀頭の間に指を入れる時は「くーるくる」
尿道口責めは「ぐーりぐり」、竿オナニーは「しーこしーこ」とそれぞれに合った言葉を小まめにかけます。
中でも竿オナニーはしごくペースの落差をやや大きく設定し効果的に勃起を促します。
作品の持ち味である「完全オナ指示」が序盤から遺憾なく発揮されてます。

もうひとつの魅力にあたる亀頭オナニーが始まるのはその後から。
包皮を剥き亀頭を露出させてからローションや唾液をたっぷり塗り込み
合計5種類のプレイを順にやって亀頭いじりの快感を楽しみます。

「まずは 指で輪っかを作って カリ首のところを手首を使ってぐりぐりと刺激してください」
具体的にどういじるかは教えるとつまらないでしょうから伏せるとして
どれもペースを緩めに抑えて竿や玉には一切触れさせないようにいじる指示を出します。
単に擦るだけでなく絞り込むタイプのプレイもあるので色んな快感が味わえるでしょう。
熱さと若干の痛みと気持ちよさが混じった複雑な感覚です。

「手のぬるぬるが乾いてきてるみたいですから ぬるぬる追加してください」
さらに彼女は彼が亀頭オナニーを存分に楽しめるように細かなところまで気を遣います。
亀頭オナニーを一通り覚えた後はそれをもう一度おさらいし
射精するまで自分の好きないじり方をしていいとまで言ってくれます。

前項で「M性はそれほど高くない」と書いたのは彼女が優しさを適度に見せてくれるからです。
それが最もよく表れてるのは終盤の射精シーン。
おちんちんから滲み出るカウパーに興奮したのを受けてとうとう彼女もオナニーを始めます。

「しーこしーこしーこしーこ…あんっ」
「どぴゅ どぴゅ どぴゅ ぴゅっぴゅー どぴゅどぴゅぴゅーっ」

今までは冷静だった息遣いが一気に熱っぽくなり、指示の合間に可愛い喘ぎ声を漏らす姿がとても良いです。
射精時にも30秒くらいに渡って「どぴゅどぴゅ」のセリフを言ってくれます
彼をちゃんと満足させつつ自分も楽しむテーマ通りのリードを最後までしてくれます。

彼女が喘ぎ始めるのが射精4分前と非常に短いのがやや残念ですが
これまで不足していた「エロい雰囲気」を出すのに大きく貢献してるのは事実です。
このように亀頭オナニーを隅から隅まで教え、抜かせる緻密なオナサポが繰り広げられてます。
強めの刺激が味わえる作品
敏感な部分を程よい強さとスピードでいじらせてくれる個性のある作品です。

女の子は今まで亀頭オナニーをしたことのない主人公にその気持ち良さを知ってもらおうと
包茎おちんちんを軽く見下しながらそれを活かした刺激の強いプレイを提供します。
エッチシーンの85%近くを亀頭責めに割き、その中で手や指を使った様々ないじり方を教え
最後は自分自身もオカズになりフリースタイルで射精させる行き届いたリードが光ります。

「私もあなたの惨めな姿を見ながらオナニーするの 気持ちよかったですから」
音声を聴く前はかなり強く見下されることを覚悟してたのですが
実際はクールな態度でちょこちょこ貶すあたりの比較的マイルドな描写に留まってます。
ドMな人が聴くと拍子抜けする反面、M性の低い人でも完遂できるとっつきやすがあります。

実用面については処女作として見る分には質の高いオナサポをしてくれます。
マイナーなプレイなのでいじり方を事前にしっかり教えてくれますし
ペースや強さの設定も痛みを感じにくいレベルに抑えられてます。
少なくとも亀頭をいじる部分においては不満や疑問に感じるところはありません。

ですが、体への刺激がしっかりしてる一方で心への責めが弱く
このリードだと途中でおちんちんが萎えてしまう可能性があります。
前述の通り言葉責めがそれほど強くないこと、相互オナニーの時間が短いことが主な理由です。

亀頭オナニーは激しくやるほど痛みを伴うようになることから
他の部分で勃起を維持できる材料を用意しておいたほうがやりやすくなります。
私も亀頭オナニーのシーンで何度か萎えて、その度に竿をしごいて復活させました。
相互オナニーはとても良かったので時間をもっと長くしてたら随分変わったのではないかなと。

射精シーンは最後に1回。
淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

敏感な部分をじっくりいじらせてくれる新しいタイプのオナサポ作品です。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 36:36

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
サークルさんによると近日中に値上げする可能性があるそうです。
現在の価格(300円)ならコスパがいいので+1します。

ビデオチャットでされる乳首オナニー指示

サークル「シコらnight」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて乳首いじりが大好きなお姉さんが
ビデオチャットで乳首開発済みな男性のオナニーをサポートします。

全編乳首オナニーのみという非常に個性的なオナサポが行われており
乳輪を撫でる、乳首を指先で引っかく、摘んでギュッと引っ張るなど色んなプレイを細かく指示しながら
エッチなイメージをさせたり艶かしい喘ぎ声を漏らして心身をバランスよく盛り上げます。
お姉さんの優しい乳首オナサポ
お姉さんに見られながら乳首オナニーするお話。

「あー あー 聞こえる? 見えてる?」
お姉さんは明るくて上品な声の女性。
ビデオチャットを使って主人公に話しかけると
様々な指示を出して彼の乳首オナニーを手伝ってあげます。

本作品は乳首の快感に目覚めてる人たちにより良い快感を提供することを目的に
彼女がおよそ70分に渡って乳首オナニーをリードします。
オナサポは現在の音声作品において大変人気のあるジャンルのひとつですが
そのほとんどがシコシコボイスなどを使っておちんちんをいじるお手伝いをします。

それに対し本作品ではプレイの100%を乳首オナニーに設定し
ソフトな刺激で焦らしたり、軽い痛みを伴うややハードなプレイをするなど
バリエーション豊富ないじり方を指示して少しずつ絶頂へと導きます。
「クリクリ」「コリコリ」などの擬声語でいじるペースや強さまで細かく教える完全サポートスタイルです。

やってることは確かに乳首オナニーだけですけどアプローチは多彩ですから
普段から乳首をいじってる人なら強めの快感が味わえると思います。
逆に開発してない人にはおちんちんをまったくいじらないことから消化不良になるんじゃないかなと。
良くも悪くも尖った作りなので内容を予め理解したうえで聴いたほうが満足できるでしょう。

「少し触るだけで、「ぁ...んん...ん...ぁ...乳首...気持ちいい...あぁん...あっ...んっ...んんっ....」ってなっちゃう淫乱乳首さんになっちゃった。ふふ」
もうひとつのポイントはエッチな気分を盛り上げることにも気を配ってること。
彼女はシーンごとにいじり方を変えながら彼の心の声を喘ぎ声で代弁したり
露わになったおちんちんの様子を実況して見られてることを適度に意識させます。

ずっと指示を与えるだけでは雰囲気が淡白になって興奮しにくくなりますし
乳首オナニーで得られる快感もおちんちんに比べるとどうしても弱くなりがちです。
そのハンデを心への責めによって補うわけです。

ちなみに完全女性上位のシチュですがM向けの要素はほとんどありません。
彼女自身も乳首をいじるのが大好きなので、彼が感じてる姿を嬉しそうに見守ります。
序盤で多少焦らすのも感度を高めるためで意地悪とは別物です。

優しくて色っぽいお姉さんが乳首オナニーを手取り足取りリードする。
乳首の快感を重視した個性的で重厚な作品です。
時間をかけてじっくりと
エッチシーンはほぼ全編にあたる2パート71分間。
プレイは乳首オナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「まずは、乳輪の周りを指で円を描きながら、クルクルスリスリってしてね」
主人公に今回するエッチの概要を簡単に説明すると
お姉さんは早速上半身はシャツだけ、下半身は裸の格好にさせて乳首オナサポを始めます。

エッチは最初から最後まで彼女に言われた通り手を動かします。
前半の01パートは感度の上昇と体を温めるのを目的としたプレイ(約31分)。
シャツ越しに乳輪を優しく撫でるところから始まり、軽く爪を立てての愛撫
乳首に指を置いて圧力を加えるなど、後になるほど大きな快感が得られるプレイを提供します。

「優しくフェザータッチで、ス~リスリ、ス~リスリ、スリスリ、スリスリ」
そして彼女はどのシーンでも隅から隅までいじり方やペースをレクチャーします。
オナサポの中では総時間が長いことを考えて全体のペースをやや緩くしてるものの
親切なリードと多彩なプレイによって乳首を中心にかなりの気持ち良さが味わえます。

最初の方はもどかしく感じるかもしれませんが
ある程度いじり続けてるとピリッとした細く鋭い快感が断続的に襲ってきます。
そしてそれに合わせておちんちんが自然に勃起し、奥のほうにジンジンした快感が湧いてきます。
音声を聴いた後におちんちんオナニーしたくなる人がそれなりいるでしょうね。

「ふふ。じゃあ、ちょっと痛いくらいに摘まんでみて。そうしたら強めに乳首、コリッ、コリッ、ってしてみようね」
またパート終盤に登場する乳首を摘んだり引っ張ったりするプレイは
「痛気持ちいい」と表現するのがぴったりな不思議な感覚が味わえます。
ほんの少しの間つねって力を弱めるとじんわりした快感が押し寄せてくるはずです。
彼女がSっ気をほとんど見せませんし、ちょっぴり変態的なプレイを穏やかな雰囲気で楽しむことができます。

「ん...はぁ...ん...はぁ...はぁ...ぁ...ぁ...ぁ...イキそう...ん...ぁ...ぁ...ぁ...ぁん...イク...イッちゃう...んん...イク...イク...ぁん、イク、イク、イク......あっ...あっ...んん~......」
もうひとつの柱である心への責めも忘れてはいけません。
大人の女性特有の色っぽい喘ぎ声を適度に漏らしてオナニーを応援します。
指示に比べるとボリュームは少ないものの、興奮を高め維持するのに大きく貢献しています。
処女作とは思えないほど聴き手への配慮がしっかりしていてとてもやりやすく感じました。

続く02パートはいよいよ絶頂に向けて少しずつ追い込んでいきます(約40分)。
直前に強めの刺激を与えたので一旦フェザータッチに戻って優しい快感を与え
それから指の腹で擦る、指先で優しく引っかく、フリースタイルと内容を切り替えつつたっぷりいじります。

弱い→強い→弱いと与える刺激に大きめの落差をつけて進めるのがいいですね。
同じタイプの刺激だけを与え続けるとどうしても慣れてしまいますし
最後の最後まで飽きさせないように考えてリードしてくれます。

「乳首が気持ち良くなると、だんだんおちんちんの奥が熱くなってジワジワ、ジンジンとした快感で気持ちよくなっていくからね」
またここからはおちんちんに意識を向けさせるシーンがさらに増えます。
乳首をいじるのに合わせておちんちんがピクピクするのではないでしょうか。
男性が一番感じやすい部分もある程度気持ちよくすることでイキやすい環境を整えます。

終盤の絶頂シーンはカウントを数えながら長めのセリフを投げかけて心身両面を煽ります。
彼女によるとノーハンド射精、ドライオーガズムどちらでもいいそうです。
私が催眠音声をよく聴くからでしょうが、この内容だとドライのほうがやりやすく感じました。
終盤は好きにいじっていいと言ってくれますし皆さんの好きなスタイルで絶頂を目指してみてください。

このように、やりやすさと興奮しやすさの両方に配慮した質の高いエッチが繰り広げられてます。
本格的な乳首オナサポ作品
「乳首好きなら間違いなく楽しめる」と言えるレベルの優れた作品です。

お姉さんは自分も大好きな乳首オナニーを主人公に思い切り楽しんでもらおうと
序盤は焦らして感度を高め、中盤は色んないじり方で純粋に気持ちよくし
終盤は緩急をつけた責めで絶頂感をじわじわと盛り上げます。

どこをどうやっていじるかはもちろん、いじるペースや強さも隅々まで指示し
さらにエッチな喘ぎ声やおちんちんの快感を膨らませるセリフを投げかけるなど
乳首オナニーを中心に据えつつ体全体で気持ちよくなれるようにリードします。

「私、君のこと気に入っちゃった。あっあっ、って感じてる姿すごい可愛かったよ」
そして彼女の声と態度が最初から最後までとても優しいです。
男性の場合、乳首は一定期間いじり続けないとなかなか気持ちよくなれないことから
女性に比べてややマイナーだったり変態性が強いプレイだと思います。
それを理解したうえでこういう姿勢を取るのは彼女も乳首オナニーの素晴らしさをよく知ってるからです。
M性がほとんどないのも本作品が持つ魅力のひとつと言えます。

エッチはどこを聴いても乳首オナニーという大変尖った作りです。
強烈な個性を持ってるだけでなく、かなりレベルの高いオナサポをしてくれてるのが非常に印象的でした。
実際にやってみた感じだとやはり開発してたほうがずっと気持ちいいです。
ソフトなものからハードなものまで色んないじり方があり、尚且つ個々の時間が長めに取られてます。
おちんちんに対して適度に意識を向けさせるアプローチも面白いし効果的です。

ただし1回目でうまく絶頂できるかと言われれば自信がありません。
ドライにせよノーハンドにせよある程度の経験が必要になるものですから
そういう部分も含めて乳首慣れしてる人向けの内容かなと。
「かなり気持ちよくなれるけどイけるかどうかは人それぞれ」という点だけご了承ください。

絶頂シーンは最後に1回。
淫語と喘ぎ声そこそこ、ちゅぱ音はありません。

乳首の快感だけをとことん追求した作品です。
乳首で気持ちよくなれることを既に知ってる人には特におすすめします。

CV:柚木桃香さん
総時間 1:14:39(短縮版 56:35)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ