同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:オナサポ

   ● 【寝取られ×オナサポ】サキュバス姉妹の淫魔式オナニーサポート~童貞両耳責め寝取られマゾ射精背徳味~
   ● 意地悪なように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート
   ● 【人類M男化計画】音声で手コキ 射精はゲームオーバー★マゾヒスト育成ゲーム「マゾヒストプランナー3・完成」~心菜様に犯してもらう~
   ● Sweet Devil -アクマノトイキ-【超リアル高音質バイノーラル】
   ● 同人音声いろんな説
   ● スルーアの快楽オナニーサポート
   ● 家畜射精 お姉さんの指示でイク工場見学会
   ● メスイキさいみん
   ● 文芸部の後輩にオナサポ同人音声を聞いているのがバレて射精我慢させられることになった件。
   ● 【人類M男化計画】音声で手コキ 射精はゲームオーバー★マゾヒスト育成ゲーム「マゾヒストプランナー2・覚醒」~心菜さんに開放させられる~


【寝取られ×オナサポ】サキュバス姉妹の淫魔式オナニーサポート~童貞両耳責め寝取られマゾ射精背徳味~

サークル「マザースター」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、どちらもエッチ大好きなサキュバス姉妹が
童貞の男性にスリリングなオナサポをして美味しい精液をいただきます。

寝取られや寝取らせを絡めながらオナニーするのが特徴で
シコシコボイスを流しながら反対側でちゅぱ音や喘ぎ声を流し
好きな女性を他人に汚される快感や、見知らぬ女性に種付けする快感を味わわせます。

視聴時にオナホを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
サキュバス姉妹とするスリリングな射精
サキュバスのキシキルとリルラケが2種類のオナサポをするお話。

「はいどうも~! 妹サキュバスのリルラケです!」
リルラケ(右担当)は明るくて可愛い声の女の子。
「はぁい、どうも~、姉のキシキルだ……ちゅっ……」
キシキル(左担当)はリルラケよりもトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
夢の中に突然現れて挨拶すると、自分たちの声を聴いてる主人公にオナニーさせます。

本作品は良質な精液を追い求めてるグルメなサキュバスたちが
75分程度を使ってMな彼に独特なオナニーをプレゼントします。
夢の中が舞台ということで現実世界よりもぶっ飛んだ描写をいくつも盛り込み
オナニーそのものよりもシチュ(=心への責め)に力を入れてリードします。

キシキル「妹が口に含んだ他人棒は、グローリーホールを通じて接続先であるお前の恋人の口に挿っていく」
そう言える最も大きな要因は「寝取り/寝取られ」をプレイに盛り込んでること。
前半はフェラ、後半はSEXをオナニーと同時に行い背徳感と負ける快感をくすぐります。
こちらはその状況を見るだけで直接参加することはありません。

グローリーホールは簡単に言うと他人の体の一部を召喚する術。
主人公が付き合ってる、あるいは思いを寄せてる女性を事前にイメージし
その口やおまんこを彼女たちのそれとリンクさせて普通のプレイとほぼ同じにします。
そして同じく召喚された見知らぬ男性のおちんちんに犯される設定にしてスリルを煽ります。
視覚的に説明すると空中に浮かんでるおちんちんを彼女たちの片方が咥えたり挿入されてる感じです。

片方は実況、もう片方はちゅぱ音や喘ぎ声を漏らす役を担当することで
オナサポ作品に不足しがちな「純粋なエロさ」をカバーしてます。
寝取られといっても想像上の産物ですからそこまで生々しさはありません。
より良い精液を熟成するためのスパイスとして盛り込んでます。

肝心のオナニーについてはバックでシコシコボイスを流すだけのシンプルなものです。
途中でいじり方を変えたりする指示も出ませんし、寝取られシチュこそが本作品最大の魅力と言えます。

キシキル「童貞くんの意味はだな……女性をイかせたことがない、女性が気遣ってイったふりをしてくれている……こういう本当のセックスを体験したことのない連中はみんな童貞くんだぞ」
ちなみに作中で彼を童貞呼ばわりするシーンがちょこちょこあるのですが
ここでの童貞は女性経験が一度もない男性ではなく
女性を本気で感じさせたりイカせたことのない情けない男性のことを意味します。
この音声を聴く人のほとんどはMでしょうから、その時点で条件をクリアしてると見ていいでしょう。
心を少しずつ追い込むエッチ
エッチシーンは2パート42分間。
プレイはフェラ/SEXの鑑賞、オナニー、オナホオナニーです。
エッチな効果音はありません。

両方「さぁ おちんぽを出しなさい」
主人公が好きな女性が他の男性のおちんちんを咥えさせられてる背景を説明したサキュバス姉妹は
それを止めさせる条件にオナニーを提示し、シコシコボイスでそのペースを指示します。

エッチは終始彼女たちがリードします。
最初の「1話:寝取られフェラチオナサポ」はフェラの音を聴きながらするオナニー(約20分)。
リルラケはシコシコボイスとフェラの実況、キシキルはフェラそのものを担当して射精へ追い込みます。

リルラケ「恋人さんが誰のかもわからない精液を飲まされちゃう、なんてシチュエーションに興奮してるわけじゃないよね?」
彼女たちは良質な精液を飲むためにこのエッチをしてますから
当然彼にすんなり許可を出すことはありません。
事前に許可なく射精することを禁じてから寝取られるスリルを与えて興奮させます。
キシキルのちゅぱ音もサキュバスだけあってなかなかエロいです。

オナニーはシコシコボイスのスピードが変わるだけなのが残念ですが
寝取られオナサポは他で見かけないプレイですし、できるだけシンプルにしたかったのかもしれません。
パート終盤はカウントを数えてからぴゅっぴゅのセリフを左右中央で同時に言うなど
個性を出しつつ複数人プレイが活きる責め方を心がけてます。

続く「2話:寝取られゴムなし膣内射精オナサポ」はSEX+オナニー(約20分)。
事前に用意したオナホを好きな人のおまんこに見立て
先ほどと同じく他の男に挿入される様子を眺めながらオナニーします。

キシキル「恋人がゴムなしで射精されるのを感じるのはどんな気分なんだろう。どんなに惨めな気分だろう」
リルラケ「もちろん、童貞さんの精子もぉ……名前も知らない人妻さんの子宮でぇ、卵子につぷぷぅ~って侵入、しちゃってますからね?」
ここでは寝取られ以外に寝取りも盛り込んでるのが面白いですね。
射精と同時に主人公の精子が見知らぬ人妻のおまんこに中出しされる構図にしてさらにゾクゾクさせます。
好きな人が目の前で犯されてる状況に興奮するばかりか裏切りまでする。
ややブラックに感じる要素を組み合わせてM心をくすぐってくれます。

・・・といった具合に個性の強いオナサポをする本作品なのですが
実は結構大きな弱点を抱えてたりもします。
それはオナニーを始めるまでの前置きが長いことと、オナニーそのものの時間が短いことです。

前者は1話が16分、2話は19分とパートの約半分を説明や準備に割いてるため
どちらもオナニーを始めるまで勃起や興奮を維持しにくくなってます。
特殊な設定がされてるので1話は仕方ないかなぁとも思うのですが
2話までこれだけ待たされるのはさすがにもったいないです。

後者は前者との関連性が強い話題で
どちらのパートもオナニー開始から射精までの時間がおよそ12分です。
総時間が77分ある作品でオナニーするのが24分はさすがに短すぎじゃないでしょうか。
心への責めを頑張りすぎたあまり体への責めが疎かになってます。

「わたしたちの欲しい食事は 我慢して我慢して、金玉でたぁ~っぷり、ぐつぐつ、煮詰めに煮詰めた……高品質の…… こゆぅぅぅ~い……ド・ス・ケ・ベ・せ・い・え・き……」
これがシチュ重視のボイスドラマだったら別に今の作りでいいと思います。
ですが本作品はオナサポボイスで、さらに彼女たちは冒頭に「精液を熟成させる」と明言してます。
それをやるには焦らしや寸止めといった意地悪な責めが最も有効ですから
寝取られシチュとその実況よりもこちらを重視したほうが彼女たちが言ったこととマッチします。

要はオナニーをまずしっかりやったうえで他の要素を充実させて欲しかったということです。
今の作りでは残念ながら本末転倒と言わざるを得ません。
このように、良いところと悪いところが結構はっきり出てるオナサポが繰り広げられてます。
シチュが魅力の作品
オナサポではあまり見かけないジャンルと組み合わせてる意欲作です。

キシキルとリルラケは主人公から良質な精液をより多く搾り取ろうと
彼が好きな寝取られを最初から取り入れ、パートごとにプレイを変えたり別の要素を加えて興奮させます。
そしてオナニー自体はシンプルなものを短めの時間で行います。

男性を弄ぶのが得意なサキュバスたちが敗北射精させるM向けのシチュ
好きな人を寝取られる快感や人妻を寝取る快感を織り交ぜた独特なアプローチ
プレイを実況する役と実際にやる役を分担した複数人プレイ。
作品固有の要素を最大限に使ったオナサポに仕上げてます。

中でも寝取り/寝取られはどちらのパートも積極的に活用してます。
「変態」と見下す代わりに好きな女性を奪われる、汚される屈辱感を味わわせます。
ちゅぱ音や喘ぎ声もそれなりに入ってたりと、既存のオナサポとは明らかに違う道を歩んでます。

ですがオナサポは結局のところオナニーをどれだけ上手くやるかが最も重要になります。
寝取られシチュがいかに充実しててもオナニーが淡白だったら最高の射精は迎えられません。
前項の後半部分でも書いた通り、そこにもっと気を配って欲しかったというのが正直なところです。

射精シーンは2回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

おまけは6種類の音声です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:29:25(本編…1:17:45 おまけ…11:40)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月24日の24時まで30%OFFの756円で販売されてます。
その場合の点数は7点です。

意地悪なように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート

サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は可愛いけど性格はドSな双子が
左右に密着しながら耳舐めする変わったオナサポをプレゼントします。

彼女たちが耳を舐めてる間だけ自由にオナニーするのが特徴で
1セットごとに舐め方を変えながら5分程度ぶっ通しでオナニーし
さらに休憩時間を極端に短くして後になるほど我慢できない状況を作ります。

今回は【裏】モードを聴いてのレビューをお送りします。
ふたつのモードで双子と勝負
双子に耳を舐められながらオナニーするお話。

「こんばんは ようこそ 私たちのお部屋へ」
双子はややトーンの違うどちらも可愛い声の女の子。
自分たちの部屋にやって来た主人公を温かく迎えると
これからやることを軽く教えてから彼の左右に密着します。

本作品はリアルなちゅぱ音をたっぷり聴きながら気持ちよく射精するのを目的に
彼女たちが70分程度を使ってやや特殊なオナサポをします。
「耳舐めしてる時だけ自由なやり方でオナニーする」というシンプルなルールを設け
その中で色々変化をつけながら責めて少しずつ確実に追い込みます。

全編のおよそ85%がエッチシーンで、しかもその間はほぼずっと耳舐めしますから
耳舐めが好きな人ほど興奮できるし楽しめるでしょう。
ソフトなものからハードなものまで各種取りそろえており
その全部を左右同時にやる質量共にこだわった作りです。

【表】モードの場合、耳舐め中は基本的にしゃべらないため
実際に聴いてみるとドM向けで有名なB-bishopさんにしてはまろやかに感じるでしょう。
彼女たちも年齢相応の可愛い声で無邪気に接してくれて雰囲気が穏やかです。

左(心の声)「私たちの心の声が○○するから それに合わせて△△する」
しかしこれはあくまで【表】モードでの話。
【裏】モードではそれにもうひとつだけ特殊なルールが追加されてます。
これが何かは伏せますが、耳舐め中に彼女たちが心の声を漏らすようになるのが大きなヒントです。

大股開きでオナニーに励んでる彼を露骨に見下す
射精を必死に我慢してるのを見て嘲笑う、後になるほどきつい指示を出すなど
【表】モードに比べて言葉責めの割合が増え、M度も格段に上がります。
サークルさんもそれを踏まえて「【裏】モードは2回目以降に視聴してください」と明言されてます。

耳舐め1セットごとのオナニー時間が約5分に対し
休憩時間が30秒~1分と非常に短いことから途中で暴発する確率は結構高いです。
「我慢できなくなったら手を止めていいよ」とかの救済措置もありません。
私も途中でギブアップしましたし、1回目の視聴でクリアするのは至難の業だと思います。
音と言葉で弄ぶエッチ
【裏】モードのエッチシーンは60分間。
プレイは耳に息を吐きかける、両耳舐め、オナニー、喘ぎ声責め、○○です。
エッチな効果音はありません。

左「じゃあ 地獄のオナニーの始まりだね」
右「ふふっ 最後まで当然我慢できるんだよね?」
オナニーのルール説明を終えた双子は
彼に服を脱いでもらいまずは左右の耳に息を吐きかけます。

エッチは彼女たちの指示に従ってオナニーを続けます。
前半の30分間は焦らし気味に責めて感度を上げるシーン。
1セット目はおちんちんの根本を持たせてからの息吐きで勃起を促し
2セット目からオナニーと同時に耳舐めしながら心の声で言葉責めします。

左(心の声)「おもちゃはどういう風に使っても 私たちの自由だよね?」
彼女たちは最初から彼やおちんちんをおもちゃ扱いしてるので容赦ありません。
「許可を出すまで射精は禁止」とはっきり伝えてから暴発させようと揺さぶりをかけます。
エッチの最中はほぼずっと囁き声で話すため聴いててそこまできつさは感じませんが
容姿相応の無邪気さが随所に見られて責め方が結構エグいです。

同時に行う耳舐めは2セット目がゆっくりペースでソフトに舐める
3セット目は舌で耳の内側をぐりぐりするような音を鳴らす
4セット目は水分を一気に上げていやらしく舐める、といったように
音だけではっきりわかるくらいの違いを持たせて時間いっぱい舐め続けます。

【裏】モードの場合は心の声が頻繁に流れるので影が薄くなってますけど
【表】モードならちゅぱ音を楽しみながらオナニーに取り組めます。
シコシコボイスも流れませんから文字通りのフリースタイルです。
そして表が緩いからこそ、裏を聴いた時にまったく違う印象を受けるでしょう。

それに対して後半は射精を強く意識したシーン。
前半と同じく耳舐めしながらよりハードな言葉責めを仕掛けます。

左(心の声)「変態って本当に残念生き物だね」
彼のことを「変態」「馬鹿」と言って露骨に見下し
さらに特殊ルールを活用した強烈な追い込みで射精せざるを得ない状況まで追い込みます。
皆さんはこのルールが何かわからないのでいまいちピンと来ないかもしれませんけど
実際に挑戦したら多くの人が相当苦戦すると言えるレベルの過酷なプレイです。

60分ほぼずっとオナニーを続ける状況も相まって
私が聴いた時は30分頃からきついと感じるようになりました。
そして40分あたりでギブアップし、一度失敗音声に移ってから残りを聴きました。
オナサポ作品は結構聴いてますけどここまできついと感じたのは久しぶりです。

たとえ40分頃を無事耐え抜いたとしても、その後によりエグいプレイが待ち構えてます。
特に一番最後の10セット目は文字通り己の限界に挑戦します。
とりあえず表を聴いてみて、自分のM度に自身のある方は裏も是非お試しください。

このように、シンプルながらも幅広い責めをするM~ドM向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかな雰囲気でいじめる作品
モードによって属性や内容が大きく変わる作品です。

双子は女性にいじめられて喜ぶドMな主人公をおもちゃにして楽しもうと
耳舐めと連動させるとても簡単なルールのオナサポをします。
そして【表】モードは耳舐めの量と幅広さで、【裏】モードはそれプラス言葉責めで射精へ追い込みます。

可愛くて容赦のない双子がM男を散々に弄ぶシチュ
耳舐めをたっぷりしながらオナニーさせるエロさ高めのエッチ
表と裏でハードさが大きく変わる作り。
前作「優しいように感じられる双子の耳舐めオナニーサポート」の特徴を受け継いだうえで
よりハードなプレイに仕上げてます。

特に3番目は「ルールをひとつ加えるだけでここまで変わるのか!」と驚かされました。
M向けのオナサポはオナニーを細かく制御することが多いので
そういうのが好きな人は【裏】モードのほうがしっくりくると思います。
それに対してオナサポ未視聴、あるいは最近手を出したばかりの人は【表】モードのほうがたぶん向いてます。
どちらが優れてるではなく、それぞれが違った魅力を持ってるのがとても印象的でした。

エッチはやることがはっきりしてるからこそ作り込みに力を入れてます。
全部で10セットありますが、そのすべてで別の責め方をします。
雰囲気が終始穏やかなのにプレイがえげつない(=ギャップが大きい)ところも面白いです。

【裏】モードの射精シーンは1回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、吐息そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:10:45

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

【人類M男化計画】音声で手コキ 射精はゲームオーバー★マゾヒスト育成ゲーム「マゾヒストプランナー3・完成」〜心菜様に犯してもらう〜

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、女性が男性を支配する政策を推進してる国を舞台に
マゾヒストプランナーと呼ばれる女性がゲーム形式のオナサポをします。

サークルさん独自のルールを交えた変化のあるプレイが行われており
序盤は緩めのオナニーをしながら自分がマゾ犬であることを自覚させ
中盤以降はエッチな音を流しつつペースを上げて射精を我慢できない状況を作ります。
M男からマゾ犬へ
マゾヒストプランナーの心菜(ここな)がオナサポするお話。

「こんばんは 私 マゾヒストプランナーの心菜です」
心菜は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や物語の背景を説明すると
主人公をさらなるM男にするためのエッチな育成ゲームを始めます。

本作品は強い男を弱く、弱い男はより弱くすることを目的に
彼女が90分程度を使ってそれに沿ったM向けのオナサポをします。
途中で射精する=彼女に屈服した(負け)というルールを定め
それに向けて彼女は追い込む、こちらは我慢するゲーム感覚のエッチを楽しみます。


シリーズの3作目ですが各作品は内容が独立してますので
過去2作を未視聴でも特に問題ありません。
冒頭の8分間に色々教えてくれますし、変わったシチュのオナサポと認識しておけば大丈夫です。

「マゾヒストプランナーの私が プレイヤー様を射精させることにより 射精させられたという屈辱を植え付け プレイヤー様を支配するという育成ゲームとなります」
彼女は国から派遣されてきた専門家なだけあって男性の扱いが上手く
全部で5つあるステージに異なるテーマを設けて彼を少しずつ確実に負けさせようとします。
最初は上のセリフのような穏やかな口調で語りかけるのですが、途中から彼をマゾ犬扱いするようになり
「よし」「待て」といった現実世界の犬にするような命令も出し始めます。
そして後半はそこに男性が興奮する声や音を盛り込んで射精したい気分にさせます。

詳細はこの後説明しますが進め方が非常に上手です。
最初から全力を出すのではなく、逃げられない状況を作りながら着実に責めます。
特に終盤のステージ4~5はオナニーも激しく多くの人が苦戦するでしょう。

オナサポ自体も独自のルールが設定されてます。
プレイ開始直後から声とは別にシコシコボイスがバックで流れ
4秒1コキ~1秒2コキの間でペースを小まめに変えてオナニーを緻密に制御します。
またゲームらしさをより出すために「ステイフィールド」と呼ばれる救済措置を設け
それを宣言したら彼女が「ヘンタイ」と言うまでオナニーを休めます。

シコシコボイスに従ってずっとしごいてたら暴発する可能性が高いため
ステイフィールドをいかに有効活用するかがクリアの鍵になります。
もちろん彼女もそれを黙って見過ごすわけはなく、無駄撃ちさせるための罠を張ります。
こういう駆け引き要素があるのが072LABOさんのオナサポ作品の特徴です。
対応するのが難しいエッチ
エッチシーンは8パート71分間。
プレイはオナニー、乳首オナニー、耳舐め、犬の真似、クンニ、SEX(正常位)です。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「正座ってできる? チンポ出したまま そこに正座するの」
最初に18分ほどをかけて背景とオナサポのルールを説明し
さらに練習ステージを設けて実際にやってもらった後
心菜は本番の手始めとして主人公に正座したままオナニーさせます。

エッチは終始彼女が指示します。
最初の2パート19分間は射精に向けてのウォーミングアップをするシーン。
ステージ1は正座オナニーや乳首オナニーで上下関係を確立し
ステージ2は彼を犬に見立てたイメージで羞恥心を煽ります。

「女の子に正座させたりなんかしちゃダメよ こういう時の正座は 君みたいなマゾがやることなの」
そして彼女はこれらの最中にマゾであることを自覚させようとします。
セリフとシコシコボイスが独立してるおかげでオナニーもやりやすく
弱めの快感を味わいながら彼女の言葉責めを楽しむことができます。
4秒1コキと2秒1コキを組み合わせていてそれほど激しいものではありません。

続くステージ2もシコシコボイスは緩めに設定し
こちらをペットショップの犬に見立てて見られる快感を刺激します。
余程の早漏でもない限りこの2ステージで射精することはいないと思います。
体よりも心への責めを重視し、さらにマゾ犬としての心構えを身に着けさせるところから始めます。

最初の山場にあたるのがステージ3(約15分)。
ステージ2で出会った女の子に無事引き取られた主人公が
その自宅で彼女のおまんこにクンニする(バター犬)様子をイメージします。

「ほら 手のスピードは変わっても 舐めるスピードは変えないで」
そしてここからは心菜がご主人様らしく命令口調で指示するようになり
バックでちゅぱ音と女の子の喘ぎ声を流しながらこれまでよりも速いペースでオナニーさせます。
純粋なエロさが今までより高く、さらに最高スピードのシコシコボイスも登場するなど
心菜がだんだん本気になってきたことを匂わせる要素がいくつもあります。
ここで最初のステイフィールドを使うかどうかでクリアの難度が変わるでしょうね。

さらに厳しいのが終盤の2パート22分間。
ステージ4は彼を何度もヘンタイ呼ばわりする言葉責め主体のプレイ
ステージ5は心菜のおまんこで直接責めて射精へ追い込みます。

「だってさヘンタイ 考えてみよっか ヘンタイは ヘンタイでオナニー馬鹿だけど 勘が鋭いでしょ?」
「スピードに強弱があると 出ちゃうのよねー ゆっくりのシコシコと 速いシコシコの繰り返し」

そう言える理由は主に2つあります。
1つ目は主人公の名前をヘンタイに設定するためステイフィールドが極端に使いづらくなること
もう1つはシコシコボイスの平均ペースを上げ、かつ緩急をつけてくることです。

前項で説明した通り、このオナサポはヘンタイと言われたら強制的に再開するルールがあるため
その頻度が上がるとまとまった休憩時間が取れなくなります。
そして緩急をつけるのもおちんちんが快感に慣れることを防ぐ役割を果たします。
まさに逃げ場がまったくない状況ですね。
シューティングゲームの終盤ステージに見られる「殺しにかかる」責めと言えるでしょう。

またステージ5は彼女と直接SEXするためエロさが高いです。
挿入した瞬間に息遣いが熱を帯び、艶めかしい喘ぎ声を漏らして巧みに誘惑します。
パートの途中にちょっとしたアクシデントも発生するなど
これまでさんざん意地悪してきた彼女をわからせる後味を考慮したプレイに仕上がってます。

実際にやってみた感じですとステージ3まではそれほどきつくなく
ステージ4からが本番という印象を受けました。
練習ステージも含めて50分近くオナニーを続けた後にこういうプレイが出てくるのはきついです。
ステイフィールドを効果的に使うタイミングも見極めづらく、ギブアップする人が続出するんじゃないかなと。
私もステージ5の終盤で我慢できなくなりました。

このように、マゾ犬調教を施しながらオナニーさせる歯ごたえのあるオナサポが繰り広げられてます。
責めが多彩なオナサポ作品
聴き手を飽きさせないように気をつけながら進める魅力的な作品です。

心菜は現時点でそれなりのM性を持つ主人公を従順なマゾ犬に変えようと
事前に十分な時間を割いてオナサポのルールを説明してから
まずは上下関係の確立やマゾ犬になる気構えを教える姿勢で緩くオナニーさせます。
そして中盤以降はちゅぱ音や喘ぎ声といった抜き要素の量を増やし
ヘンタイを何度も言って休憩を封じながらハードな責めを繰り出します。

エッチで意地悪なお姉さんとオナニー勝負をするM向けのシチュ
シコシコボイスやステイフィールドを組み合わせた独自のオナサポ
ステージごとにまったく異なるプレイを用意し、後になるほど心身の責めをハードにする展開。
最後に気持ちいい射精を迎えられるようギリギリまで追い込む方針で進めます。

「いいっ いいよ 気持ちいいよ 一定のリズムで入ったり 出たり すっごい気持ちいいよ」
全体を見るとクリア難度は高めと言えますが、救済措置が用意されてたり
ステージ5で彼女とのSEXが登場するなど多少の優しさも見られます。
1回目でギブアップした人も2~3回目で最後まで行けるのではないでしょうか。
責め方のバリエーションも多く最後まで熱中してオナニーできます。

エッチはシコシコボイスのペースを2~3分の間隔で切り替え
そこに言葉責めやクンニ、SEXのイメージを盛り込みバランスを取ってます。
オナサポはオナニーの指示に力を入れる傾向が強く雰囲気が淡白になりがちなのですが
本作品はセリフを独立させてるおかげでエッチな声や音の量が通常よりも多めです。

射精シーンは1回。
淫語多め、喘ぎ声それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこです。

おまけは「心音の大冒険 おねえちゃんにはないしょ~3日目~」です。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:41:00(本編…1:34:16 おまけ…6:44)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2019年7月22日まで80%OFFの216円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。

Sweet Devil -アクマノトイキ-【超リアル高音質バイノーラル】

サークル「VOICE LOVER」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、主人公の心の中に住んでるちょっぴり意地悪な悪魔が
家、電車内、会社で彼に色んなオナニーをプレゼントします。

囁き声と様々なオカズを組み合わせた生々しいオナサポが行われており
多くのシーンで耳元至近距離から優しく語りかけながら
ちゅぱ音や喘ぎ声といった純粋なエロ要素をぶつけたり
自分や他の女性とエッチしてるイメージを絡めて射精を上手に応援します。
エッチな悪魔の静かな誘惑
悪魔の声を聴きながら色んなオナニーをするお話。

「私は悪魔 君の心が作り出した もう一人の君」
悪魔は穏やかで可愛い声の女性。
いつも仕事を頑張ってる主人公に至近距離から囁くと
そのご褒美に甘やかしながら比較的ソフトなエッチをします。

本作品は2016年3月に発売された人気作「Devil's Whisper -アクマノササヤキ-」の続編。
彼の欲望を具現化した存在にあたる彼女が
日頃ストレスを抱えてる彼をリフレッシュさせようと120分以上に渡る濃厚なオナサポをします。
彼女に実体がないため直接肌を重ねることはないものの
彼の性癖を知り尽くしてるだけあってどのパートも男心を上手にくすぐってくれます。

「私の声 大好きだもんね こーんなに近くで 息がかかるくらい 舌なめずりする音が聞こえるくらい近く」
このシリーズを最も特徴づけてる要素は囁き声の多さ。
総時間のおよそ92%をそれに割き、至近距離から優しく語りかけてオナニーをリードします。
どこを聴いても囁き声と言っていいくらい充実してますから
女性に囁かれるのが好きな人はその時点で満足できるでしょう。

もうひとつ、本作品はリップノイズをわざと残して声にさらなる臨場感を与えてます。
簡単に言うと話す時に唇を動かすことで鳴る小さな唾液音のことです。
実際に聴いてみると妙な生々しさを感じるでしょうね。
タイトルに「超リアル」をつけるだけあって音に対する並々ならぬこだわりを持ってます。

プレイについては耳舐めしながらのオナニー、妄想を膨らませながらのオナニー
彼女に両手を操られながらのオナニー、バーチャルSEX風のオナニーといった具合に
いかに気持ちよくオナニーし、射精できるかを意識した構成になってます。

ただし、シコシコボイスやカウントでオナニーを制御する一般的なオナサポとは違い
本作品は彼女が様々なオカズを提供するスタイルを取ってます。
音が強みの作品なのでそれをストレートに活かしてる感じです。
中でも吐息は質感、位置、距離がどれもハイレベルで実際に寄り添われてるような感覚が味わえます。

囁き特化の生々しい声と抜きに役立つ音をふんだんに盛り込んだエッチ。
悪魔から連想される残虐さや激しさを大幅に取り除いた穏やかでエロい作品です。
多彩な責めでオナニーを応援
エッチシーンは8パート122分間。
プレイは耳舐め、キス、オナニー、顔舐め、女性の下着を穿く、妄想を膨らませる言葉責め、疑似フェラ、痴漢の観察、亀頭オナニー、後輩のオナニー、疑似手コキ、悪魔のオナニー、疑似SEX(対面座位)です。
疑似手コキ(03exパートのみ)、悪魔のオナニー、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「頑張った君に ご褒美をあげないとね ほら いいんだよ 私に甘えても」
主人公の中に現れご褒美をあげると宣言した悪魔は
彼の耳元に口を近づけ、息を吹きかけたり舐めてオナニーしたい気分にさせます。

エッチはどのパートも彼女がリードします。
一番最初の「あまやかし編」は本作品の持ち味をアピールする意味合いが強いプレイ(約21分)。
耳への息吹きから始まり口を開けて舌を動かす、耳舐め、オナニーの指示と
心を盛り上げてから体を気持ちよくする流れで進めます。

「君がびくんびくん感じてるところ 君の可愛い声 私にたっぷり聞かせて?」
彼女は悪魔を名乗ってますが彼の別人格にあたるので嫌がることは特にしません。
女性特有の熱っぽい吐息やエッチな水音を至近距離から鳴らし
オナニーについても何をするか大まかに指示するだけであとは彼の自由にさせます。
ガチガチに縛り付けると甘やかしになりませんからわざと緩めてるのでしょう。

プレイ自体はソフト系ですが、声の臨場感が極めて高いおかげで
聴けば聴くほどゾクゾクしたり股間が熱くなるのを感じます。
オナニーの際に効果音を入れなかったのもここを楽しんでほしいからではないかなと。
長時間作品なのでまずは彼女がすぐそばにいる気分に浸らせるところから始めます。

次の「妄想変態オナニー編」はシチュが魅力のプレイ(約42分)。
通勤中の電車内で悪魔が主人公に囁きかけ、その場でエッチな妄想をいくつも提供します。

「あの可愛い顔で フェラチオして 彼氏のおちんちん ばっきばきに勃起させて それを見て思わず発情しちゃって」
女子校生「いやだ またこのおじさん ダメっ 声出ちゃいそう」
一緒の車両に乗ってる人の中で彼の好みに合いそうな女の子をピックアップし
それを眺めさせながら彼氏とエッチしてる時の様子を実況したり
偶然見かけた痴漢現場でされてる女子校生の心理を代弁する変わった言葉責めをします。
女子校生のシーンは実際にしゃべりますからとてもリアルに感じるでしょう。
背徳感を抱かせないよう相手も楽しんでることにしてオカズにしやすくしています。

またここだけは電車を下りた後に2つのルートへ分岐します。
片方は駅にあるトイレへ駆け込み女子校生のことを思い出しながらオナニーする
もう片方はそのまま会社に到着し、そこで会った後輩に妄想の世界でオナサポしてもらうと
いずれも悪魔以外の女性を登場させて抜きに役立てます。

後輩「そう パンツは穿いたままで パンツの上のゴムに おちんぽ君の根本を挟み込むようにです」
特に後輩編は彼女がメインの指示役、悪魔がそのサポート役に回り
終盤は後輩のオナニーと悪魔の耳舐めを同時に繰り出す濃いプレイが楽しめます。
どちらを選んだ場合も射精まで30分以上かかるため、焦らし成分が強めのプレイとも言えます。

悪魔との一体感を最も味わいやすいのは「誘惑オナニー編」(約25分)。
今度は会議中に現れた彼女がオナニーを始めて誘惑し
そのまま2回ほど絶頂した後に対面座位で擬似SEXして射精へ導きます。

「私 そのおちんちんをオカズに ご飯何杯でもいけるよ 何回でもオナニーできるよ」
彼女は彼が仕事を頑張りすぎてるのが心配なのでしょう。
だからこうして頭の中に現れ、一時的にせよそれから開放される機会を与えます。
熱っぽい吐息、声量を抑えた喘ぎ声、キスによるちゅぱ音とエッチな要素も多く
従来のオナニーとは違うプレイスタイルも相まって彼女の近さを実感しやすいです。

途中でトイレに行く指示が出ますから彼を破滅させたいわけではありません。
優しさを見せつつちょっぴり意地悪するところに悪魔らしさが出ています。

このように、リアルな声と音を軸に据えて幅広くサービスする変わったエッチが繰り広げられてます。
囁き特化の作品
ほぼ全編で聴ける囁き声が魅力の作品です。

悪魔は頑張り屋でストレスを発散するのが苦手な主人公をリフレッシュさせようと
彼の心に眠る欲望を汲み取った様々なエッチを持ちかけます。
そして多くのシーンで体を密着し囁きながら淫語、吐息、ちゅぱ音を投げかけ興奮させます。

残虐性をほとんど持たない悪魔が男性のオナニーを手伝う穏やかなシチュ
大ボリュームかつ高品質な囁き声、色んなオカズを提供する充実したエッチ。
前作の特徴を継承しつつ実用性をパワーアップさせた作品に仕上がってます。

中でも2番目の要素は本作品を最も特徴づける部分なだけあって
現在出ている音声作品の中でもトップクラスの質と量を誇ります。
囁きにここまで特化してる作品が他にありませんし、「ささやき庵」を制作されてるサークルさんならではと言えます。
リップノイズを残す演出も本シリーズに限って言えばプラスに働いてます。

エッチは体の接触ができないハンデをイメージやオカズで補ってます。
全体的に刺激は弱めですけど時間がかなり長いので物足りなさは感じません。
紹介できなかった「願望編」「二人の悪魔とメトロノーム編」も音や責めっぷりに個性があります。

射精シーンは7回。
淫語と吐息多め、ちゅぱ音と喘ぎ声それなり、くちゅ音ごく僅かです。

囁き声や吐息が好きな人には特におすすめします。

CV:悪魔…紅月ことねさん 女子校生…陽向葵ゅかさん 職場の後輩…結姫うさぎさん
総時間 2:25:31

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2019年5月13日まで90%OFFの129円で販売されてます。
その場合の点数は10点です。

同人音声いろんな説

サークル「ねこじた結社」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでエッチの知識が豊富なお姉さんが
事前に用意された5つの説を実践形式でエッチに検証します。

ある時は会話の途中でいきなり耳舐めする
またある時はシコシコボイスをたっぷり言いながらオナニーを我慢させるなど
パートごとに異なるルールを設定し、それに沿って焦らしまくるややM向けのプレイが楽しめます。
M男の体を徹底検証
水野 曜(みずの よう)に責められながらオナニーや射精を我慢するお話。

「はーいこんにちは~、よろしくお願いします、よろしくお願いします~♪」
曜は甘くおっとりした声のお姉さん。
自分を拍手で迎えてくれた観衆に挨拶し、作品のコンセプトを説明すると
早速一回目に検証する説のお題を披露します。

本作品は同人音声にまつわる疑問を解明しながら気持ちよくなることを目的に
彼女に協力する形で120分以上にも渡るエッチな実験をします。
某テレビ番組をモチーフとしてるらしいですが私にはよくわかりません(トリビアの泉?)。
何気ないことに全力で取り組み達成感を味わうほのぼのした内容です。

最大の特徴はパートによってエッチのルールが大きく変わること。
オナニーの最中に耳舐めを不意打ちでお見舞いして心を揺さぶる
シコシコボイスを言いながらオナニーを我慢させるなど
全体的に焦らす方針で色んな責めを繰り出します。

「……お手て、上下に動かしちゃ、ダメですよぉ。その瞬間、アウトですから。ま、アウトになればいぃ~っぱいシコシコできちゃうんですけど♪」
18禁音声ですからもちろん抜きにも役立ちますけど
それと同じくらい「変わったことをやってるなぁ」という新鮮さも感じます。
彼女が耳元至近距離から囁くシーンが多く、話すたびに微弱な風圧が感じられて心地よいです。
責めるペースや強さを落とすハンデを長さや臨場感で補ってます。

あとは耳舐めの量が多いのも大きな魅力です。
エッチシーンの約半分にあたる58分も用意し
片耳舐め、両耳舐め、片耳舐め+ソフトな言葉責めと変化をつけて責めます。

ただし本作品の場合は4番目のパートでまとめてやるようになってまして
それ以前は他のプレイと同時にちょこちょこ舐める程度に留まってます。
水分は控えめですが舌を小まめに動かしコリコリした音を上手に鳴らしてくれてリアルです。

優しいお姉さんと色んな説を検証するシチュと耳舐め多めのエッチ。
サークルさんらしい発想力と実用性を兼ね備えた独特なオナサポ作品です。
焦らし重視の穏やかなエッチ
エッチシーンは4パート122分間。
プレイはオナニー、耳舐め、おっぱいを見せる、シコシコボイス、乳首責め、手コキ、ぴゅっぴゅのセリフ責めです。
服を脱ぐ、オナニー、手コキ、射精(01と03パートのみ)の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ん、しょっと。この状態で喋って……ここから不意打ちで耳舐めをするので、顔をお耳に近づけますね~」
これから検証する説の概要を紹介した曜は
協力者にあたる主人公に寄り添い、囁きながら耳舐めしてその反応を見ます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「喋ってる途中にいきなり耳舐めされたら心の準備できない説」でするのは囁きながらの耳舐め(約15分)。
開始と同時にこちらはオナニーし、彼女の不意打ちに耐えながら許可が出るまで射精を我慢します。
ちなみにどのパートも通常版と左右反転版の2パターン用意されてます。

「暴発しちゃったら寸止めじゃないじゃないですかぁ。 …じゅるっ、じゅるじゅるじゅるじゅるぅっ♪」
つまり彼は実験台にあたるわけですが彼女は特に見下したりしません。
普段と同じく穏やかな態度で話しかけつつ耳舐めしてゾクゾクさせます。
30秒~2分程度の間隔で不規則にやってきますから予想するのは難しいです。
オナニーも効果音を徐々に速めてどんな風にやればいいか教えてくれます。

続く「シコシコって囁かれてシコらないやついない説」は同人音声らしい誘惑プレイ(約23分)。
検証が終わるまでおちんちんを握ったままにするルールを定めてから
右はオナサポですっかりお馴染みのシコシコボイスを流し
左は彼女が普通にしゃべったり耳舐めしてしごきたい気分を膨らませます。

「い~なぁ~、わたしぃ、そのおちんぽとぉ、セックス、したいなぁ~……♪ きつきつのおまんこをかき回すようなぁ……生ハメセックス、したぁい……♪」
シコシコボイスは2秒1コキ~1秒3コキくらいまでいくつかの速度を用意し
同時に欲情を掻き立てるタイプの言葉責めをするなかなか厳しいパートです。
オナサポボイスを多く聴いてる人ほど我慢するのが難しく感じるでしょう。
「シコシコボイスが流れたらオナニーする」という習慣を逆手に取った見事な焦らしをしてくれます。

単体で最も時間が長いのは最後の「10秒に1回扱くだけなら永遠に続けられる説」(約64分)。
10秒に1回の間隔でシコシコボイスを流し、それと一緒に色んなプレイをしてどこまで耐えられるか確かめます。

「こうして、ゆっくり、じっくりぃ……勃起ちんぽ、いじめましょうね♪ 私が、ついていてあげますから……一緒にがんばりましょう♪」
最初の10分は囁き声によるソフトな言葉責め、次の10分は片耳舐め
そしてぴゅっぴゅのセリフのみ、片耳舐め+ぴゅっぴゅのセリフ、両耳舐めと
後になるほど我慢が難しくなるようにゆっくり進めます。

こちらは10秒おきにしかオナニーできないので完全に生殺し状態です。
10分以降はセリフが一気に減りちゅぱ音やぴゅっぴゅのセリフだけが流れます。
耐え抜けば射精させてくれますから、焦らし系のプレイが好きな人は是非挑戦してみてください。

このように、検証する内容に沿ったやり方で焦らすややM向けのエッチが繰り広げられてます。
発想力が光る作品
他のオナサポ作品では聴けないプレイが味わえる個性的な作品です。

曜は番組のために用意された5つの説を検証するために
主人公の体を実際に責めながらその反応や変化を見守ります。
そして試練を耐えた後はご褒美の射精を与えて彼の頑張りに応えます。

優しくて積極的なお姉さんに耳とおちんちんをひたすら弄ばれるシチュ
パートごとに大きく異なるやり方で焦らし続ける割と意地悪なエッチ
主に4番目のパートでがっつり行うリアルな耳舐め。
一般的なオナサポとは随分違うやり方で性感を高め射精へ導きます。

「ほら見てください、ほら、ほぉらぁ。おっぱい、整ってるでしょ? 日頃マッサージとか頑張ってますから」
強めの焦らしをするのにお姉さんがとっても優しいおかげで
嫌な気分を特に抱くことなく最後まで聴けました。
彼女は番組の進行役に過ぎませんから彼に意地悪したいわけではありません。
最初の説を検証してる時に自分からおっぱいを見せたのが良い例です。
プレイはきっちり筋を通し、それ以外の部分を和らげて穏やかな雰囲気にしています。

エッチは体よりもむしろ心を我慢できるかがポイントになります。
パートの序盤から中盤にかけては責めるペースが緩い代わりに小まめな誘惑をし
オナニーしたい、もっとしごきたい気分にさせて負けるようけしかけます。
じっくり責めた後に射精するおかげで最終パートは特に気持ちよくなれました。
紹介できなかった3番目の乳首責めパートも他では聴けないプレイが登場します。

射精シーンは4回。
くちゅ音とちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声はありません。

風変わりなオナサポを聴いてみたい人には特におすすめします。
おまけは10種類のオナサポボイスです。

CV:そらまめ。さん
総時間 2:28:40(本編…2:14:58 おまけ…13:42)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
148分で972円とコスパが良いので+1してあります。

スルーアの快楽オナニーサポート

サークル「F・A・S」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格はSなサキュバスが
映像を使ったリアルなオナサポでMな男性から精気を搾り取ります。

全編フルアニメーションでエッチをリードするのが最大の特徴で
お話が進むにつれてプレイや態度をMに寄せつつ
それぞれに合ったリアルな映像を流して彼女に堕とされる快感を味わわせます。

視聴前にオナホとローションを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
サキュバスが贈る魅惑の映像
サキュバスのスルーアが3種類のオナサポをするお話。

「こんばんは 私はスルーア 見ての通りのサキュバスです」
スルーアは上品で色っぽい声のお姉さん。
動画を見てる主人公に自己紹介しつい最近まで封印されてたことを告げると
オナサポで大きな快楽を与える代わりに彼の精気をいただきます。

本作品はサキュバスに精気を吸われる感覚をよりリアルに味わわせることを目的に
彼女が50分程度の時間を使って3つのエッチなサービスをします。
手コキ、足コキ、尻尾コキとパートごとに異なるプレイを用意し
その様子を映像でお届けしながら言葉責めをして気持ちいい射精に導きます。

映像の質は販売ページにあるサンプルを観ていただくのがわかりやすいでしょう。
セリフに合わせて口を開閉させる、目を瞬きするといった基本的なことだけでなく
話してる最中に体がゆらゆらと小さく動いたり、何かをする時はぬるぬる動いてわかりやすくリードします。

同系統の作品は今のところ「悪魔さまの淫語オナサポのV」だけなのでかなりレアですね。

Vtuberの映像と同じ、あるいはそれ以上の品質を持ってますから
音声だけの時よりもオナニーのやり方がわかりやすく、彼女と一緒にいる気分に浸りやすいです。
全編でシーンの雰囲気に合ったBGMが控えめな音量で流れるのも没入するのに役立ってます。
1年がかりで制作されただけあって今作も非常に気合が入ってます。

「はーいっ つ・か・ま・え・た おちんちん捕まっちゃいました」
もうひとつの特徴はサキュバスらしさ。
序盤は近所のお姉さんに近い穏やかな態度で接してたのが
中盤に差し掛かるとだんだんSなところが出始めます。
そして終盤には快楽を与えつつ心も絡め取ってエナジードレインの虜にします。

無理矢理隷属させるのではなく、自分からそうなりたくなるよう導く感じです。
残虐な描写も特にありませんし、ややMあたりの人ならむしろご褒美に感じるでしょう。
他にも魔法をかけたり尻尾で責めるといった人間にはできない要素も盛り込んでます。

男を弄ぶのが上手いサキュバスが映像形式のオナサポで骨抜きにする。
女性にダメにされる、堕とされる快感を追求した個性的かつ高品質な作品です。
映像を活用した丁寧なエッチ
エッチシーンは3パート34分間。
プレイは亀頭/竿/乳首オナニー、疑似足コキ、尻尾コキ(オナホオナニー)です。
竿オナニー、足コキ、尻尾コキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ここにいるのは 私の奴隷さん 今から私が この子のおちんちんを気持ちよくするから あなたはそれを真似するみたいに 自分のおちんちんをいじめてあげてください」
冒頭の4分を使って動画の概要を説明したスルーアは
自分の奴隷へ手コキしてる映像を流し、その通りにオナニーするよう指示します。

エッチは彼女の映像とセリフに従っておちんちんをいじります。
一番最初の「Episode1_恍惚の手コキ」はスタンダードなオナニー(約12分)。
トンボを捕まえる時のように亀頭へ指をぐるぐるさせて少し焦らし
それからもう片方の手でおちんちんを握り2箇所同時に刺激します。

「試しに触れてみましょうか? こうやって あなたも」
そして彼女は早速動画形式の強みを活用します。
例えば説明を曖昧にする代わりに映像をぬるぬる動かしたり
ペースやいじり方が変化する時は映像もそうして直感的にリードします。
セリフでももちろん言ってくれますけど、音声だけの時に比べて自然な表現を心がけてます。

ちなみに作中で彼女が服を脱ぎおっぱいやおまんこを晒すことはありません。
M向けのオナサポ音声と同じくオナニーや射精をコントロールされるシチュを通じて興奮させます。

プレイについてはまだ始まったばかりということで突っ込んだことはやらず
序盤から中盤にかけてはゆっくり、終盤はペースを上げる落差をつけた責めを繰り出します。
最後はカウントに合わせて射精するのですが、その際に射精の時間を1分程度取ってるのが非常に印象的でした。
タイミングを短く設定すると合わせにくくて窮屈に感じるでしょうし、このほうが抜きやすくて良いと思います。
もちろん映像でも精液がぴゅるぴゅる飛び出る様子がしっかり描かれてます。

彼女がSなところを見せ始めるのは次の「Episode2_魅惑の足コキ」から(約11分)。
別の日、再び映像を見てくれた主人公に前よりもややトーンの低い声で語りかけ
彼の上に跨がり両足の裏でおちんちんを挟みねっとりしごきます。

「餌付けされた鳩はね こうやって手を伸ばしても逃げようとしないの」
彼女は彼が自分の毒牙にかかりつつあるのを理解してるのでしょう。
彼を鳩、快楽を餌に見立てて餌付けする要領で自分から離れられないようにします。
普通にオナサポするだけではサキュバスっぽさがあまり出ませんし、これも必要な要素だと思います。
お話が進むほど上下関係を鮮明にすることで彼女の奴隷になったことを実感しやすくしています。

足コキは挿し絵右上にあるように左右から同じ高さで挟み込むのではなく
多少ずらして複雑な快感を与えられるようにしごきます。
こう握ったほうが聴き手がオナニーしやすいというのもあるのでしょう。
「しゅこっ」という水分の混じった滑らかな摩擦音を後になるほど速く鳴らします。

最後の「Episode3_魔性のオナホール」はサキュバスならではのプレイ(約11分)。
2度のオナサポですっかり病みつきになった彼を完全に掌握しようと
お尻に生えた尻尾を巻き付けてしごきながら乳首も責めてより気持ちいい射精へ追い込みます。

「ほら (尻尾が)下りてくるよ 可愛そう 君が気持ちよさに抗えなかったせいで おちんちんが罠にかかって溶けちゃう」
「あなたは快楽のために 悪魔に服従しちゃうド変態 私に仕えるのが君の生きる意味なんだからね」

そしてここでは彼女に堕とされる快感をくすぐるセリフがいくつも登場します。
声が引き続き穏やかなので凹むことはさすがにないでしょうけど
彼女がこちらを明らかに見下してるのがよくわかります。
ここでの「溶ける」は物理的に消化されるのではなく別のものに例えてるだけです。

山場のシーンということでアニメーションも力が入ってます。
尻尾を取り出す時は彼女の背後からスルリと出てきて螺旋状になり
おちんちんに巻き付く時もその形のまま被せてからきゅっと締めつけます。
射精前のカウントも長めに取ってありますし、最後を飾るに相応しいソフトな調教プレイです。

このように、飴と鞭の比率を徐々に変えて手懐けるややM向けのエッチが繰り広げられてます。
目と耳で楽しめる作品
映像と音声を上手に組み合わせた熱中できるオナサポ作品です。

スルーアは自分の映像に興味を持った主人公から精気をスムーズに吸収しようと
最初は普通のお姉さんっぽい穏やかな声と態度で接しほぼノーマルなオナサポをします。
そして快楽の味を知り離れられなくなった後は徐々にSっ気を上げて奴隷になる喜びを教えます。

上品で男を躾けるのが上手なサキュバスがM男をオナサポで屈服させる魅惑のシチュ
映像と音声を完璧に連動させてわかりやすく指示するユニークなエッチ
それと同時に心を絡め取られる快感も味わわせるサキュバスらしい責め。
サークルさんが以前から得意とされてるプレイを新しい切り口で表現されてます。

特に2番目の要素はここ最近開拓されたばかりのジャンルなので希少性が高いですし
映像作品としての品質もかなりのレベルに達していて見ごたえがあります。
おっぱいやおまんこを見せつけて抜かせるストレートな視覚表現ではなく
サキュバスによる搾精をリアルに体験させる方向で作られてるのも個性的です。

エッチはどのパートも映像があるおかげでイメージしやすいです。
一番人気があるのはやはり最後の尻尾コキじゃないかなと。
アニメーションがしっかりしてるし彼女が持つ二面性も加えてじわじわと追い詰めます。

射精シーンは3回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

おまけは「導入_サキュバスの誘惑版」です。

CV:柚木朱莉さん
総時間 51:06(本編…47:05 おまけ…4:01)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
フルアニメーション51分で1404円は妥当な価格だと思います。

家畜射精 お姉さんの指示でイク工場見学会

サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性が家畜として扱われてる工場を舞台に
そこの案内係が女性たちに搾精の一部始終を披露します。

心身を強めに責めながら射精を我慢させるドM向けのエッチが行われており
見学者と彼でしゃべり方を大きく変えながら辛辣な言葉責めを何度も浴びせかけ
さらに手と機械を織り交ぜてとことん焦らし暴発を誘います。
精液家畜になりきって
精液工場の案内係や見学者たちに見られながらオナニーするお話。

「はぁーい 皆さんこんにちは 工場見学に参加いただき ありがとうございます」
案内係は上品で穏やかな声のお姉さん。
工場見学に来た女性たちに挨拶しその概要を説明すると
早速スタート地点から順に案内します。

本作品は女性が男性の精液を飲むのが当たり前な世界で
彼女が45分程度に渡り家畜のひとりが搾精される様子をわかりやすく実況します。
聴き手に直接オナニーの指示を出すことはありませんが
何をしてるか教えたり、プレイ中は効果音を鳴らしてペースや強さを指示しますから
それに合わせてオナニーすれば自然と興奮し射精できるでしょう。

「家畜のくせに 贅沢なオナニーですよね」
彼は家畜なので当然人間と同じ扱いはされません。
案内係にとことん見下され、見学者に興味と嘲笑の視線を浴びせかけられながら
ある時は手コキで、またある時は専用の機械でおちんちんを責められ続けます。

見られる快感を適度に煽ってくるので露出が好きな人ほど楽しめると思います。

プレイ時間はそこまで長くありませんが休憩時間が結構短く
シーンごとに責め方を小まめに切り替えてくるため快感に慣れるのが難しいです。
特に機械は3つの工程を用意し、それを順番にやったり組み合わせて上手に揺さぶります。

もうひとつのポイントは案内係のキャラ。
見学者には穏やかな声と口調で語りかけ、彼にはトーンの低い冷たい声で容赦なく罵倒するといったように
話す相手によって態度を大きく変えて見下されてる気分を味わわせます。

「あれ? 今休んでた? まだ時間終わってないんですけど 腰振れよ雑魚」
「ゴミ」「クズ」「雑魚」など普通の人が聞いたら凹む単語を多めに盛り込み
命令口調でオナニーを指示する完全にドM向けの言葉責めです。
属性が合ってる人なら彼女のセリフにきっと背筋がゾクゾクするでしょう。
体だけでなく心への責めも強めに設定し搾精らしさを出してます。

Sっ気の強い案内係と女性見学者たちに見守られながらオナニーや射精に励む。
現実世界ではなかなか味わえないタイプの快感を与えてくれる刺激の強い作品です。
搾り取ることを意識したエッチ
エッチシーンはおよそ45分間。
プレイは言葉責め、腰振りオナニー、手コキマシン責め、カウントダウンオナニーです。
オナニー、手コキマシン責めの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「まず始めに ペニスの勃起具合をチェックするところからです」
簡単な説明を終え見学者たちを家畜のいる場所へ案内すると
案内係はその中のひとりを使って搾精の一部始終を実際に見てもらいます。

エッチは彼女の説明を聴きながらおちんちんをいじります。
最初の10分間は大量に精液を出せるよう気持ちを高めるプレイ。
彼女たちの視線や案内係の言葉責めで勃起させ
それから輪っかにした指へ腰をヘコヘコさせる疑似SEX形式のオナニーをします。

「血管がぷっくり膨れて どんどん硬く反り返ってるのがわかりますね」
「自分で作った穴に チンポ突っ込んでシコってるだけなのに SEXしてるって思いこんでるんだ ふーん 頭イっちゃってるね」

見学者たちにわかるようおちんちんの状態を実況して見られる快感を煽り
腰振りオナニー中は冷めた声で見下すセリフを浴びせるなど
まずは体よりも心の責めを重視して搾精しやすい状況を作ります。

特に案内係の言葉責めは冷たい声ときつめの描写が噛み合ってて股間に響きました。
オナサポ系なのに言葉責めが充実してるおかげで最後まで興奮を維持しやすいです。

続く25分間は専用の機械を使ったプレイ。
女性の手を模したもので彼のおちんちんを握り
第一から第三工程を順に行って射精寸前のところまで追い詰めます。

「ペニスを握っていた手が ぎゅーっと力を強めています」
第一は15秒速めにしごき続けて5秒止めるのを5分くらい繰り返し
第二は第一に比べてペースを落とす代わりにノンストップで責め続け
第三は握る強さを上げてさらにゆっくり責める、といったように
それぞれでペース、リズム、パワーを切り替え射精できないギリギリの線を突いて刺激します。

全部に効果音が入ってますから自分の手で同じことをやってみれば
主人公と同じくそれなりにきつい状況が味わえると思います。
人間でもできる責め方にきちんと調節されてるのが素晴らしいです。

最後の10分間はお待ちかねの射精シーン。
機械から再び手に戻り、案内係のカウントを聴きながらスタンダードなオナニーをしてその瞬間を待ちます。

「チンポシコられすぎて馬鹿みたいに感度良くなってるんだ? いつでも射精準備万端の淫乱マゾ ゴミチンポ雑魚すぎ」
1カウントごとに長めの言葉責めを挟んで心身をバランスよく刺激し
さらに見学者がいる状況を踏まえたやり取りも入れて射精のタイミングを遅らせる意地悪なプレイです。
オナニーのペースは標準より気持ち速い程度ですが
言葉責めをガンガンしてくれるおかげで気持ちいい射精が迎えられました。
Mな人にとってはご褒美と言えるあたりの追い込み具合だと思います。

このように、とことんモノ扱いしながら焦らし&寸止めをするきつめのエッチが繰り広げられてます。
変わったオナサポ作品
シチュ、キャラ、プレイを上手に組み合わせた独特な作品です。

案内係は工場を訪れてくれた女性見学者たちに楽しんでもらおうと
M性の強い家畜を選び目の前でオナニーさせつつ限界まで射精を我慢する指示を出します。
そしてトーンの低い声で辛辣な言葉責めをしたり機械でしごいて見下される快感を味わわせます。

女性たちに家畜扱いされながらオナニーの一部始終を見られるM向けのシチュ
効果音を使ってペースと強さを指示しながら多彩な責めを繰り出すエッチ
それに合わせて「ゴミ」「クズ」などのセリフを多めに浴びせかけるパンチの効いた言葉責め。
M男が喜びそうな要素をいくつも盛り込みひとつの世界を作り上げてます。

「チンポ快楽で壊れちゃう? ふっ 壊れれば?」
中でも言葉責めは見学者に向けた説明とのギャップを大きくしてパワーを上げてます。
たぶんおちんちんをこのスタイルで責めるだけならここまでのインパクトは出せなかったでしょう。
オナサポ作品では不足しがちな部分ですし、個性と実用性の向上に役立ってます。

あとはオナニーのやりやすさですね。
全編でプレイに合った効果音を鳴らしながらシーンごとに責め方を変化させます。
序盤と終盤は手ですから誰でもできますし、中盤の機械責めも手をかたどったものなので真似るのは簡単です。
オナサポ作品を作り続けてるサークルさんらしい安定感があります。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:大山チロルさん
総時間 48:05

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

メスイキさいみん

サークル「S彼女」さんの催眠「風」音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかな色っぽいお姉さんが
催眠を交えた珍しいオナサポをして女性の快感を味わわせます。

女体化の後、実際に体をいじりながらドライを目指すのが大きな特徴で
乳房&乳首、クリトリス(亀頭)、おまんこ(アナル)とシーンごとに部位を変えながら
丁寧な指示と掛け声を組み合わせてわかりやすくリードします。
正統派の催眠音声とは作りが大きく違いますのでご注意ください。

抱き枕、肛門挿入用アダルトグッズ、ローションを用意しておくとより楽しめます。
(ローションはほぼ必須 他は無しでも可)
女の子になりきって気持ちいい絶頂を
お姉さんに女体化催眠をかけられオナニーするお話。

「は~い、こんばんは♪ 今夜は、お姉さんと一緒に気持ち良くなりましょうね」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
注意事項や自己紹介といった前置きはすべて省略し
早速女体化やメスイキに関するお話を始めます。

本作品は男性では味わえないタイプの快感を疑似体験することを目的に
彼女が110分近くに渡るエッチなサービスをします。
催眠7分、エッチ75分と後者にとても力を入れており
シーンごとにいじる部位を変えながらゆっくり刺激を与えて少しずつ絶頂を目指します。

「お姉さんが、あなたを可愛い可愛い女の子にしてあげる。……いっぱいいっぱい気持ち良くなれる、感じやすい女の子にしてあげる」
テーマはもちろんメスイキ。
おちんちんをしごいて射精するいつものオナニーとはスタイルを大きく変え
乳房&乳首、クリトリス、おまんこといった女性特有の部位を直接いじって気持ちよくなります。
絶頂形式は全部ドライですが、その手段はどれも手や器具で刺激を与える(=セルフ)となってます。
女体化作品でセルフ主体のエッチをするのは非常に珍しいです。
男性にはない器官はあるものに置き換えてするなど、女性気分に浸りやすくする配慮もされてます。

ただし、イメージや技術を使った感度強化を行う一般的な女体化モノとは違い
指示や掛け声といった同人音声におけるオナサポ要素を主軸にしたリードを心がけてます。
催眠自体がとても弱いので、女性になりきってオナニーできるかと言われれば正直微妙です。
しかし催眠を絡めた特殊なオナサポ作品として見るならそれなりの品質を持ってます。

サークルさんも販売ページの作品説明文で「催眠系エロボイス」「催眠風作品」と明言されてますし
ガチな催眠音声ではないということを理解してお聴きください。
当サイトでもそれを踏まえたレビューを行っていきます。

ちなみに製品版には演出あり版(A)、演出なし版(B)の2パターンが用意されてます。
両者の違いは演出効果の有無で、ありの場合はバックで擬声語や短いセリフが時々流れます。
あったほうが催眠に入りやすくなるわけでもないので好きなほうをお選びください。
リラックス重視の簡素な催眠
催眠はおよそ7分間。
上半身だけ起こして座り、まずはお馴染みの深呼吸を3分程度します。
そして脱力や深化は行わずいきなり女体化の暗示を入れ始めます。
姿勢は横になってもいいそうですが、オナニーのやりやすさを考慮し座ることを推奨してます。

「オッパイの大きさはどれくらいかしら? 乳首の色は綺麗なのかしら?」
「感じやすいオマンコは、どうなってる? あなたのオマンコは、薄桃色でとても綺麗♪」

女体化は自分がなりたい女性の全体像をイメージし
それからおっぱいやおまんこといったエッチに関係のある部位を個別に変えます。
具体的にどんな女性とは言わないので自分の自由にイメージできます。

軽くリラックスしてからメインの暗示を入れる極めてコンパクトな催眠です。
聴き手を自分の理想とする女の子へ変えることを目的に
オナニーに適した姿勢での深呼吸から入り、性差が最も出やすい胸や股間に的を絞って女体化します。

やってる事はテーマに沿ってるのですが、そもそもの時間が短いこと
古典/現代いずれの技術も使われてないこと、深化にあたるシーンが特に無いことから
この音声を聴いて一定以上の催眠状態に入れる人は皆無だと思います。

2つ後に出てくる03パートの名前が「前戯その2。催眠深化。」となってますが
催眠における深化と受け取れる要素はありませんでした。
本気で女体化させたいならもっと時間を長く取り入念に誘導したほうがいいでしょう。
男の性感帯を女のそれに見立てて
エッチシーンは5パート75分間。
プレイは乳房/乳首/太もも/亀頭/アナルオナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ないので最初から脱いでおいたほうがいいでしょう。

「女の子は、自分のオッパイをさわり放題なのよね~♪ だから、ほら……自分でオッパイを揉んで?」
催眠を使って主人公を可愛い女の子に変えたお姉さんは
ひとまず大きくなったおっぱいをいじらせて女性の快感の第一歩を教えます。

エッチは彼女と体の接触はせず終始言われた通りに手を動かします。
一番最初の「02 前戯その1」は胸部を重点的にいじるパート(約16分)。
胸をしばらく揉んで性感を高めてから乳首に移行し1回目のドライ絶頂を目指します。

「両方の乳首を、軽く摘まんで? 手の平でオッパイを揉みながら、指先で乳首を摘まむ……摘まむ……ほら、摘まんで、コロコロ、コロコロ転がす」
「可愛い女の子のあなたも、オッパイでイっていいの……乳首でイっていいのよ?」

エッチに入った後も彼女は引き続き穏やか。
彼が頭を空っぽにして快感に没頭できるよう何をするかを優しく教え
さらに開始後は「もみ もみ」などの掛け声を小まめに挟んでペースと強さを指示します。

7年以上も活動されてるサークルさんなだけあって、オナサポのやり方が丁寧でわかりやすいです。
またその最中に女の子になったことを自覚させるセリフも多少投げかけます。

「オッパイから生まれた快感が、体全部に染み渡っていくわ♪ 乳首から生まれた快感が、体全部を覆っていくわ♪」
催眠風音声なので感度強化の暗示もちょこちょこ入れてきます。
ただ催眠のかかり具合が浅くなることから、それよりも体をいじる純粋な快感のほうがずっと強いです。
乳首を開発してる人ならピリッとした鋭い快感が適度に味わえます。

絶頂はどのパートも5~10カウントを数え
1カウントごとに短めのセリフを挟み、最後に彼女がイキ声っぽい艶めかしい声を漏らします。
こんな風にオナサポとして見る分には作りが結構しっかりしてます。

続く2パート28分間はクリトリス。
「03 前戯その2」で太ももや性器周辺をゆっくり愛撫して気持ちを盛り上げ
「04 前戯その3」は亀頭をクリトリスに見立てて先端だけを指で刺激します。

「クリちゃんの先っぽから、愛液ドプドプ溢れまくる。敏感なクリトリスから、ヌルヌルのオツユが噴き出しちゃう」
何をするか教えてから「とろ とろ にゅる にゅる」の掛け声でリズムを取り
さらにカウパーを愛液に見立てて雰囲気を出すなど
聴き手が女性になりきって楽しめるよう配慮しながらゆっくり進めます。

乳首よりも敏感な部位をいじるおかげで体の快感も強いです。
ただしローションだけは用意しておいてください。
有りと無しではやりやすさや気持ちよさが大幅に変わります。

終盤の2パート31分間はいよいよおまんこ。
「05 本番その1」は予め用意した器具にローションを塗ってからゆっくり挿入し
「06 本番その2」はそれを出し入れしながら他の性感帯も同時にいじって連続絶頂を目指します。
器具がない場合は指や綿棒で代用することになります。

「オマンコの中を感じる、お腹の中のうごめきを感じる……。オマンコの中が熱くなって、お腹の中が痺れてきて……」
「中でイく、メスみたいにイく。オマンコの中がイきまくる、メスみたいにイきまくる」

そしてここでもアナルのことを「おまんこ」と呼び
絶頂前のカウント中ではメスイキを強く匂わせるセリフをぶつけて応援します。
この手のプレイでよくある前立腺責めに繋げてないのもテーマに合ってて良いです。
時間が長く、絶頂回数も多い(2回)と本作品の中で最も充実したプレイです。

このように、男性の体を女性に見立ててオナニーする変わったエッチが繰り広げられてます。
独特なオナサポ作品
催眠音声よりも催眠つきのオナサポ音声と呼ぶのが妥当な作品です。

お姉さんは主人公に男性の時とは異なる快感を与えようと
まずは手短な催眠をかけて心身を男性から女性に多少移動させ
それから女性になりきってオナニーできるよう様々な指示と言葉を投げかけます。

優しいお姉さんに導かれて女性の快感を疑似体験する穏やかなシチュ
胸、亀頭、アナルを個別にあるいは同時にいじり続けるセルフ特化のエッチ
その際に亀頭をクリトリス、アナルをおまんこに置き換えて話すアプローチ。
一般的なオナサポ作品に催眠音声では定番の要素を盛り込み個性を出してます。

催眠パートを聴き終えた時点では「相当に厳しいなぁ」と思ってました。
でもエッチはオナサポに寄せつつ聴き手が女性になったことを想定した心のケアもされてて良いです。
おちんちんは亀頭にのみ触れ、あとは乳首やアナルに注力してるのもテーマに合ってます。

私個人はこの作品、女体化ではなく男の娘化を目指していれば
少なくとも今よりはずっと良くなったと思います。

女体化モノでセルフを取り入れると催眠が途中で解ける可能性がグンと上がります。
男性と女性では触れた時の感触が大きく違いますし、その時にどうしてもおちんちんを意識してしまうからです。

でも男の娘化に切り替えれば体は男性のままだからいじっても問題ないし
催眠についても女体化を省略できる分時間を短縮できます。
催眠パートでは深化と心の女性化の触りあたりまでやっておいて
エッチでおちんちんが欲しい気分にさせたり、男性以外の快感を与えて強化すれば十分成り立ちます。

Es_Labさんの「MSOT.」シリーズが絶大な人気を得てるところを見ると
男の娘化催眠の需要は結構高いのではないでしょうか。
そういう道もあるのに女体化に固執してしまってるのが残念です。

絶頂シーンは4回。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

催眠はイマイチだけどエッチがしっかりしてることから、今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは喘ぎ声です。

CV:槇明日菜さん
総時間 演出あり版(A)…1:47:14 演出なし版(B)…1:39:30 おまけ…4:14

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
ガチな催眠音声として見た場合の点数は2点です。

2019年4月14日の24時まで20%OFFの864円で販売されてます。

文芸部の後輩にオナサポ同人音声を聞いているのがバレて射精我慢させられることになった件。

サークル「Sumikko Circle」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、読書が好きで小説も書いてる文芸部の後輩が
先輩にあたる男性の嗜好に合わせた2種類のエッチなご奉仕をします。

1回目は彼が愛用してるオナサポ音声の台本を読み上げて指示を出し
2回目は彼女がアドリブで責めながらお互いの気持ちを確かめ合う、といったように
前半と後半でプレイの内容が大きく変わるのが特徴です。
奥手な後輩の大胆なご奉仕
後輩の真鍋さんと2種類のエッチをするお話。

「先輩、ごめんなさいっ。帰りのホームルームが長引いて遅れちゃいました」
真鍋さんは甘くて穏やかな声の女の子。
ある日の放課後、文芸部の部室に急いでやって来て遅刻したことを謝ると
主人公が寝てるのに気づきひとまず乱れた髪を整えます。

本作品は読書はもちろん、自分で小説を書くのも好きな文芸っ子の彼女が
後から入部してきた彼を相手に40分程度のエッチをします。
最初の時点から2人は相思相愛なのですが、まだお互いの気持ちを確かめてはいないため
1回目は先輩後輩、2回目はほぼ恋人同士と関係を変えながら形式が大きく異なるプレイを楽しみます。

「今日は掘り出し物の同人音声を見つけたぞ! しばらくはコレを使おう!」
主人公は年下の女性に優しくいじめられながら射精我慢するのが好きな変態。
この日も「気になっていた後輩に射精我慢させられるオナサポ音声」という
非常にわかりやすい同人音声を携帯に忍び込ませたまま居眠りしてました。
それを後からやって来た彼女に見つかり、その場の勢いで彼女にオナサポをしてもらいます。

作中の音声を聴きながらオナニーするのではなく、付属の台本を彼女が読み上げるスタイルです。
そして事務的感が出ないよう時折アドリブを挟んで彼を上手に興奮させます。
おちんちんを勃起させるためにいきなりキスしたり、おちんちんの反応を見て驚いた表情をするなど
音声ではなく人間相手にエッチしてるのがわかるように所々で休憩を挟みながら進めます。

それに対して2回目のエッチはオナサポから完全に脱却し
2人がストレートに肌を重ねる純愛系のエッチをします。
面と向かって「好き」と言うことはほとんどないものの、仕草や行為からそれを感じられる描写が多く
これが彼に対するお情けではなく彼女の願望によるものだとはっきりわかるように作られてます。

物語の冒頭と終盤で彼女の態度が随分変わりますから
最初は意地悪だったり素っ気ないと感じた人も、最後のほうには好意的な印象に落ち着くと思います。
彼が変態だとわかっていても決して突き放さず、むしろ受け止めようとする包容力のある女性です。

同人音声で人気のジャンルを目的ではなく手段として用い
それを通じて初心な男女が少しずつ結ばれていく様子を描いた珍しい切り口の作品です。
後になるほどデレていくエッチ
エッチシーンは2パート41分間。
プレイはキス、オナニー、疑似フェラ、手コキ、フェラ、SEX(対面座位)です。
手コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「せっかくですから、先輩の携帯の中に入ってた「気になっていた後輩に射精我慢させられるオナサポ音声」の流れに沿ってやってみましょうか」
オナサポ音声を買うくらいなら小説を読んで欲しいと思った真鍋さんは
自分がオナサポする代わりに勧めた本を買う約束を取りつけます。

エッチはどちらも彼女が主導権を握ります。
前半のトラック02は彼が持ってた音声を彼女が真似するプレイ(約20分)。
裸になった彼に軽いキスをしておちんちんを勃起させてから
2秒1コキくらいのゆっくりペースでオナニーを続け、それを擬似フェラやカウントで応援します。

「えっと、先輩 台本の途中で申し訳ないんですけど、その、そんなに強く擦って痛くないんですか……?」
彼女は本好きな性格のせいで男性の体をまったく知りません。
だから彼のオナニーを不思議そうな表情で観察しながら指示を出します。
「変態」と時折言うものの見下してる様子は特になく雰囲気は結構穏やかです。
こういった態度に彼女の彼に対する気持ちがうっすら表れてます。

プレイについては射精我慢が好きな彼の嗜好を踏まえて
パートの前半は意識してゆっくりいじり、後半はそれよりも自由度を上げて射精できる環境を整えます
シコシコボイスは言わずに開始、中断、終了のタイミングを定め
その間は彼の反応を見たり普通に話しかける緩いオナサポです。

時間が短めなのでこのパート内で抜けるかと言われれば微妙なところですが
次のパートで抜くための準備の役割は十分果たしてます。

後半のトラック03は後日のお話(約21分)。
同じく放課後、約束通り小説を読んできてくれた彼へのご褒美に
今度は音声に頼らず即興で彼女が射精のお手伝いをします。

「いえ、嫌な匂いというわけでは……。何と言ったら良いでしょうか、確かに独特なんですが嫌いな匂いではないです」
前回と同じくキスから始まり手コキ→フェラ→SEXと
男女がする一般的なエッチとほぼ同じスタイルで進めます。
そしてこれらの中に彼女の心情描写を多く挟んで気持ちが大きく傾いてる様子を表現します。

文芸部員は今のところ彼ら2人だけらしいですから
本に関して話し合える仲間ができたことが余程嬉しかったのでしょう。
好意的なセリフを言うことが多くて心の距離が近づいたのを感じます。

それを最もわかりやすく物語ってるのがパート後半から始まるSEX。
椅子に座った彼の上に彼女が腰を下ろし、そのままゆっくり目に振って一緒の絶頂を目指します。

「はぁっ……はぁ……あっ……! んんっ……き、気持ちいいですせんぱいっ……! ああっ……あぅ……!」
処女だとはっきり伝えてからそれを彼に捧げたり
ピストン中は普段よりもずっとエロ可愛い声を漏らすなど
単なる後輩に過ぎなかった今までとは随分違う女の子の顔を見せてくれます。
無事射精を我慢できた彼に中出しを許可するところにも優しさを感じました。

このように、2人の親密度に合わせてプレイスタイルが変化する初々しいエッチが繰り広げられてます。
一風変わった純愛作品
射精我慢から連想されるM向けのイメージをできるだけ和らげた聴きやすい作品です。

真鍋さんは前々から好意があったけどあまり本を読んでくれないことに不満を感じてた主人公に
まずは1回目のエッチを通じてオナサポ音声よりも本に興味が出るよう誘導し
2回目はその見返りとして自分の処女や初中出しをプレゼントします。
そして彼女の態度を後になるほど柔らかくして心情の変化を表現します。

文芸部員の後輩が同人音声好きな先輩をエッチにもてなす甘いシチュ
オナサポ音声の台本を代わりに読み、その中にアドリブのプレイを挟む1回目のエッチ
お互いの気持ちを確かめながらストレートに愛し合う2回目のエッチ。
同じ作品でもパートごとにまったく違うプレイをやって個性を出してます。

「慌てて部室まで来ましたし、髪が乱れてないか手鏡でチェックしておきましょうか。ん……、よし。これで先輩がいつ起きても大丈夫ですね」
細かな描写を積み重ねて彼女の気持ちを表現してるところが特に良かったです。
気になる彼に少しでもいい印象を持ってもらおうと身だしなみに気を配り
エッチ開始後もネガティブな言葉責めを極力避けて気持ちよく射精させます。

やってることだけを見るとそこそこ意地悪です。
でも射精我慢が好きな彼のためにこうしてるという背景があるので彼女のS性は低いです。
むしろ好きな人のために尽くす優しい女性と見るのが妥当でしょう。

エッチは前半がプレイ、後半はキャラに焦点を当ててます。
作中の音声作品を読み上げるサービスは珍しくて面白いですし
あまり感情を表に出さなかった彼女がそれなりにデレる展開にもグッと来ます。
2人ともエッチの経験が浅いので責めっぷりは結構抑えられてます。

射精シーンは2回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 1:02:57

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2019年4月8日まで50%OFFの378円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

【人類M男化計画】音声で手コキ 射精はゲームオーバー★マゾヒスト育成ゲーム「マゾヒストプランナー2・覚醒」〜心菜さんに開放させられる〜

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、女性が男性を支配する国にすると政府が決めた世界を舞台に
お淑やかなマゾヒストプランナーが変わったオナサポを提供します。

セリフとシコシコボイスを同時に言ってオナニーを細かく制御したり
「ステイフィールド」と呼ばれる特殊ルールでオナニーをいつでも中断できるようにするなど
育成ゲームらしさを感じる独特なプレイが楽しめます。
男を弱くするゲーム
マゾヒストプランナーの心菜がオナサポするお話。

「こんばんは 私マゾヒストプランナーの心菜です」
心菜は明るくてお淑やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や舞台背景を説明すると
これから行うマゾヒスト育成ゲームのルールを教え簡単な練習に入ります。

本作品は男性から女性主導の国に変える施策に従い派遣されてきた彼女が
70分程度に渡る変わったオナサポをして彼を射精へ追い込みます。
「弱い男はより弱く。強い男も、弱くする」をコンセプトに掲げ
全部で5つのステージを用意し女性に従う喜びを少しずつ教えます。

変わった背景を持ってますけどやることは割と普通のオナサポですから
彼女の許可が出るまで射精を我慢すれば大丈夫です。
しかし072LABOさんは他のサークルさんにはない独特なやり方でオナニーを制御します。

「ゲーム中 後ろでシコシコシコっていうペース指示の声が聞こえたら 必ずそのペースに合わせてペニスをしごいてね」
そのひとつめはセリフとシコシコボイスを分離させて同時に言うこと。
4秒1コキから1秒3コキと幅広いスピードを用意し
状況に応じてそれを小まめに切り替え快感に慣れさせないようにします。
また一部のパートでは疑似プレイ形式にし、その責めっぷりに合わせて速度を変えて臨場感を出します。

本作品は色んな言葉責めをするのも売りですから
シコシコボイスは体、言葉責めは心と手分けしてバランスよく責められる形にしてます。
プレイ中の休憩時間が非常に少なく、その通りにしごき続けたらクリアは不可能と言えるほどハードです。

「シコシコという声が聞こえてるのに 射精の限界が来ちゃったら ステイフィールド!って実際に声に出して宣言すると 手を止めて休憩できるからね」
それに対する救済措置として用意されてるのがステイフィールド
1ゲームあたり最大3回の使用許可が出ており
これを宣言すればいつどんな時でも即座にオナニーを中断できます。

しかしこの効果は一時的なもので、彼女が「ヘンタイ」と言ったら再開しなければなりません。
ですからヘンタイを言いそうなタイミングを予測し、その直後に使うといいでしょう。
ちょっとした駆け引きの要素があるのも本作品をゲームと呼ぶ理由です。

ちなみにこれらは音声の序盤に彼女がすべて教えてくれます。
サークルさんの過去作を視聴済みの人にとってはお馴染みのルールですね。
説明の後に練習もしますから聴いてれば自然と理解できます。

「お兄さん 手を動かすの上手だね すごく慣れた手つきだね」
心菜については近所のお姉さんっぽい穏やかなキャラです。
調教対象である主人公に対してきつい態度を取ることはなく
耳を舐めたり目の前でオナニーして射精したい心境へと導きます。
また一部のステージでは心を突き崩す変わった言葉責めもします。
変化に富んだエッチ
エッチシーンは8パート72分間。
プレイはオナニー、セリフの復唱、耳舐め、フェラ、心菜のオナニー、SEX(バック)です。
心菜のオナニー、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「シコシコしながら 誓いの言葉も言わされて嬉しくなっちゃう?」
ルール説明の後に9分間の練習をやってオナサポのやり方を教えた心菜は
シコシコボイスを流しながら「言わされる」をテーマにした言葉責めを繰り出します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
本格的なプレイの始まりにあたる「1面 言わされる」は復唱しながらのオナニー(約11分)。
彼女が用意した3つの誓いを順番に言い、中盤からは耳舐めも加えて性感を高めます。

「お兄さん 射精 して欲しい 射精して欲しいな」
全部で5ステージあることを踏まえて彼女もここではそれほど強く責めません。
2秒1コキ、4秒1コキ、1秒2コキの3パターンで揺さぶりをかけながら
自分が言ったことをそのまま言わせてちょっとした主従関係を構築します。

淫語が少なく耳舐めのちゅぱ音も割かしソフトだったところを見ると
練習の続きに位置づけてるのかもしれません。
休憩時間がほとんどないものの、ここでギブアップする人はさすがにいないと思います。

続く2パート19分間は心への責めに力を入れたプレイ。
「2面 想像の世界」は好きな女性にフェラされてる様子をイメージしながら
「3面 言わされ我慢」は射精を誘発させるセリフを何度も言って我慢できない状況へと追い込みます。

「裏筋を舐めてたかと思ったら 今度は一気に根本まで咥えこんで ピストンを始める」
彼女の実況に合わせてシコシコボイスが変化するのが良いですね。
イメージ力を膨らませつつ純粋に気持ちよくするなかなか手強い責めです。
続く3面では今までで最も速い1秒3コキが登場するなど
終盤に向けて心身両面の刺激をだんだん強くしていきます。
このへんからステイフィールドを1回以上使う人が出てくるんじゃないかなと。

終盤の2パート23分間は射精させることを強く意識したプレイ。
「4面 スピード変化」はカウントを数えるたびにペースを小まめに切り替え
「5面 言葉で変化するスピード」は彼女が目の前でオナニーを始めてオカズになります。

「ゆっくりしごいてから速くなると 一気に射精に近づくの」
彼女はマゾヒストプランナーをしてるくらいですから男性の生理もよく理解してます。
速い→遅い→速いと落差を大きく持たせて暴発を誘うあたりにそれがよく出てます。
このパート単体でしたらそこまできついわけではありません。
でも30分以上色んなオナニーを続けてきた後に出てくると結構効きます。
私が最初のステイフィールドを使ったのもここでした。

「おまんこの中に 君のぱんぱんに張ったチンポは つるっと入るよ」
それに対して5面は純粋なエロさで勝負してます。
パイパンのおまんこを曝け出して彼に見せつけ、クリトリスをいじるたびに切ない声を漏らし
さらに彼とSEXしてるシチュを用意し淫語もガンガン言います。

最初の3面は捻りを加えたアプローチをよくしてたのですが
この2面は本当にストレートなので射精を抑えるのが結構難しいです。

そうやって様々な試練をくぐり抜けてきた後、「エンディング」でようやく射精の瞬間が訪れます。
このパートだけはステイフィールドを何度でも使えるルールになっており
許可が出るまで自分で調整し気持ちよく吐き出すことができます。
道中が厳しかったからこそ、射精の時には快感と一緒に軽い達成感も味わえるでしょう。

このように、各面で責め方を大きく変える幅広いエッチが繰り広げられてます。
穏やかな雰囲気でハードに追い込む作品
ややM~M向けの要素を取り揃えてる変わった作品です。

心菜は国にいる男性たちをMにする政府方針を実現させようと
主人公にオナニーのルールを説明してから5つの手段で心身を巧みに揺さぶります。
そしてセリフとシコシコボイスを分離させた作りや独自のルールでゲームらしさを出します。

穏やかなお姉さんがゲーム形式できめ細かなオナサポをする取り組みやすいシチュ
5つの面で異なるテーマを掲げ、それに沿った責めを繰り出す多彩なプレイ
休憩時間が極端に短い代わりにいつでも休憩できる機会を与える駆け引き要素。
女性に言われた通りオナニーする従来のスタイルを維持しつつ
聴き手がある程度主体的に動ける余地を持たせて個性と面白味を出してます。

作品の背景を見て「どぎついエッチをするのかな?」と予想してたのですが
実際はふわふわした空気が漂ってて聴きやすかったです。
彼女も彼がなかなか射精しないからといって苛立ったりせずむしろ楽しむ姿勢でリードします。
無事クリアできた後のご褒美も甘く、良い気分で射精できました。

エッチは1~3面は割と緩めで4面と5面に追い込んできます。
3面を終えた時にどれだけステイフィールドを残せるかがクリアの鍵になるでしょう。
特に5面は純粋なエロさも高く暴発しやすい作りになってます。

射精シーンは2回(クリアとゲームオーバーで1回ずつ)。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声そこそこです。

番外編は「心音の大冒険 おねえちゃんにはないしょ~2日目~」です。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:38:13(本編…1:30:22 番外編…7:50)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ