同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:オナサポ

   ● 【新作100円】コスプレ少女のシコシコ虐め~しっかり我慢してくださいね♪~
   ● 丁寧な催眠術師のエッチで変態向け乳首ドライオーガズム
   ● ギャルJKにチクサポされちゃおう♪2
   ● 恥ずかしいゲームオーバーへようこそ 罠だらけゲーム式オナニーサポート
   ● 男の娘に搾り取られる背徳感たっぷりなオナニーサポート
   ● "バイノーラルビーツ"電子ドラッグde病みつきの射精~【ハイレゾ/バイノーラル】
   ● 亀頭責めクリニック ~お潮吹いて気持ちよくなりましょう~
   ● デビルズオナニーゲーム ~天使のシコシコボイスで悪魔の誘惑に耐えヌけ!~
   ● 蜜指しごき/柔紙に屈服自慰 鬼師匠の甘声とろかし(三枚のおふだvoice)
   ● 【音圧耳舐め】音声で手コキ&耳舐めスローオナニー★耳奥の秘境へオナニートリップ「耳穴性感トンネル1」~耳の奥深くに広がる花園への旅~【耳クンニASMR】




サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は穏やかだけど性格は割と意地悪な少女が
来店した男性客に比較的ハードなオナサポをします。

後になるほどペースを上げてギリギリまで追い込む焦らし重視のエッチが行われており
4段階のシコシコボイスをシーンによって変化させながら
並行して射精を我慢させたり軽めの言葉責めをしてコントロールします。
シコシコボイスで限界に挑戦
コスプレ少女の指示に従ってオナニーするお話。

「いらっしゃいませー お兄さん このお店は お客様の望んだ世界観を提供するコンセプトの 風俗店になっているわ」
コスプレ少女はややトーンが低く可愛い声の女の子。
アリスの世界観をリクエストした主人公に挨拶すると
それに相応しい格好をして彼を弄びます。

本作品は年下の女の子に射精を管理される快感を味わわせることを目的に
彼女が30分程度に渡ってM向けのオナサポをします。
総時間が短いことを踏まえてエッチの概要を説明した後すぐさま開始し
そこから彼が射精するまでノンストップでシコシコボイスを流します。

「私がお兄さんにするのは ひたすら焦らして焦らして 射精欲求を高めてあげるだけ」
1秒1.5コキくらいのペースから始まり
1秒2コキ、1秒2.5コキと少しずつ上げて我慢するのを難しくします。
「焦らし」と聞くと弱めの刺激を与え続けるプレイをイメージするでしょうが
本作品では体への刺激を強めに設定したうえで射精を禁止するハード路線にしてあります。

30分近くほぼぶっ通してオナニーするので1回射精するのは簡単です。
むしろ中盤頃から射精感を食い止めるのに苦労するでしょう。
M向けのオナサポをよく制作されてる玄姫屋さんの作風が忠実に反映されてます。

もうひとつの特徴はセリフとシコシコボイスを分離させてること。
わかりやすくするためにセリフは中央、シコシコボイスは右手と位置を離し
並行して軽い言葉責めをして心も盛り上げます。

「女の子にこんな格好で責められながら チンポしごくのだーい好きな 変態マゾのお兄さん」
彼を変態マゾ呼ばわりしたり、一部のシーンでおねだりを要求するなど
Mな人が喜びそうな要素を繰り出します。
ですが彼女の声や態度が終始穏やかなのでどぎつい感じはしません。
風俗店のサービスらしく彼が喜ぶあたりに留めて射精を応援します。

シコシコボイスをがっつり流すから敢えて手加減してるかもしれませんね。
1回の射精に向けてギリギリまで追い込むことを意識してます。

シコシコボイスを徐々に速くするきつめのエッチと2方向から同時に責めるスタイル。
オナサポの要所を押さえた使い勝手のいい作品です。
穏やかにいじめるエッチ
エッチシーンは27分間。
プレイはオナニーのみです。
エッチな効果音はありません。

「それじゃ 時間もないし 早速始めていきましょうか」
挨拶とオナニーの説明を手短に済ませたコスプレ少女は
早速シコシコボイスをバックで流し、それと同時に穏やかな態度で話しかけます。

エッチはシコシコボイスに合わせてオナニーを続けます。
前半の14分間は射精したくなるあたりまで追い込むシーン。
比較的速いペースでオナニーさせながらその様子を彼女が穏やかに見守ります。

「お兄さんはどうやっていじめられるのが好きなのかしら 罵倒されたい? それとも 無慈悲に射精寸前のチンポを 何度も何度もしごかれ続けるのが好きかしら」
彼女は彼がMなことを知ってますから甘やかしたりはしません。
エッチが始まったら射精の時まで休憩を一切挟まずに続けるし
最初から彼をいじめることを前提にプレイを組み立てます。
その代わり声と口調を穏やかにしてこれがサービスなのだと教えます。

このお店はお客が望むことをするのが売りですから調教色は薄めです。
体への責めを充実させ、言葉責めを弱めにすることでバランスを取ってます。
このペースなら余程の早漏でもない限り暴発することもないでしょう。

それに対して後半はギリギリを攻めるプレイ。
前半よりもシコシコボイスのペースが2段階ほど上がり
彼が音を上げてもわざと許可を出さないで厳しい状況を作ります。

「それじゃあ最後 〇〇秒我慢出来たら 気持ちいいの吐き出しちゃっていいわよ」
彼の心が折れないようにどれくらい頑張ったら射精できるか教えてくれるのが良いですね。
辛い状況でも希望を与えれば持ちこたえる気力が生まれます。
ここまでオナニーを続けてきて暴発というのももったいないですから
最後にきちんと気持ちよくなれるようにリードします。

実際にやってみた感想ですが中盤までは特に問題なく続けられました。
セリフとシコシコボイスが分離してても言葉責めの量は少ないですし
同時に耳舐めやキスをすることもないので心に余裕があります。

ですが後半に入るとずっと休憩できない状況が結構響いてきます。
多少は手加減してもいいと言われますけど、それでも射精感を完全に抑えるのは難しいです。
2日以上溜めた状態で完遂するのは大変そうです。
でもMな人にとってはこれくらいのほうがやり応えがあるのかなと。

このように、拷問ではなく風俗サービスの範囲に留めたハードなエッチが繰り広げられてます。
シンプルなオナサポ作品
特殊な要素は無理に入れず王道を貫いてる作品です。

コスプレ少女は主人公に普段よりも気持ちいい射精を味わわせようと
簡単なルールを設定したうえでシコシコボイスを流し続け
自分の許可が出るまで絶対に射精しないよう念押ししてひたすら我慢させます。
そして体への責めがきついからこそ、心は比較的優しく責めてクリアしやすくします。

M男の喜ぶツボを心得てる少女がコンパクトなオナサポをするM向けのシチュ
ほぼ全編でシコシコボイスを流しオナニーを制御する完全サポート形式
彼の興奮を煽りつつ気力を与える優しい言葉責め。
ドM向けよりも多少柔らかい要素を盛り込んだ作品に仕上げてます。

中でも2番目はシコシコボイスに4段階のスピードを用意し
それを後になるほど上げて少しずつ確実に追い込みます。
オナサポにおけるシコシコボイスはもはや定番ですが、それでもここまで言い続けるものはまだ少ないです。
しっかりサポートしてくれるおかげで快感だけに集中できました。

「私はお兄さんのことを惑わせちゃう チェシャ猫だもの」
唯一残念だったのはコスプレや不思議の国のアリスといった
作品固有の要素をエッチに活かせてなかった点です。
やってることは本当にスタンダードなオナサポなので
このへんをもう少し反映できればより個性的なエッチになったのではないかなと。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:大山チロルさん
総時間 31:51

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
32分で110円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、催眠術師として日々検証に励んでるお姉さんが
その助手にあたる男性に乳首を使ったドライオーガズムをプレゼントします。

最初から最後までほぼ乳首だけをいじって絶頂するのが特徴で
催眠パートはリラックスさせてから直接いじるかイメージで代用するかを自由に選ばせ
エッチは様々ないじり方を試しながら前立腺も少し刺激してじっくりドライを目指します。
直接いじるか、イメージだけでイクか
催眠術師の椎名怜に催眠をかけられ乳首オナニーするお話。

「今日もお疲れ様 君のおかげで今日もいい検証データを取れました」
怜は丁寧な言葉遣いをするしっとりした声のお姉さん。
今日予定してた催眠手法の検証を終え、協力してくれた主人公にお礼を言うと
その締めくくりに「繰り返し」をテーマにした催眠をかけます。

本作品は男性の隠れた性感帯である乳首だけドライオーガズムすることを目的に
彼女が90分ほどを使ってそれに沿った独特な催眠とエッチをします。
主人公が彼女の実証実験に協力してる、つまり毎日のように催眠をかけられてる状況を踏まえて
既存のやり方とは随分違った玄人向けの催眠を施します。

「今から君にかける催眠術は 同じ催眠誘導を繰り返すというものです」
具体的には同じことを複数回繰り返して感覚を強化します。
例えば催眠誘導に入る前の準備パートは体の筋肉を収縮させる運動を2度繰り返し
エッチも乳輪を撫でる、指先で乳頭に触れる、指の腹でこねくり回すといった色んなプレイを
一通りやってから再度なぞって快感を徐々に膨らませます。

1回ごとにセリフを変えてありますから単調さは特に感じません。
催眠術師なだけあって説明も丁寧でやりやすいです。
乳首をいじる時間が長く取ってありますから開発済みな人ほど楽しめるでしょう。

「君はこれから 私の言葉に合わせて乳首オナニーをしていきます それは実際に体を動かしても それをイメージするだけでも構いません」
また彼女はこれらの最中に乳首をいじってもいじらなくてもいいと言います。
本作品は乳首でドライを迎えるのを最終目的にしてますが
それにあたって体を動かすのが億劫だとか、イメージだけで大丈夫な人もいるはずです。
だからその両方に対応できるようにわざと選択の余地を残してあります。

ただ説明や指示が結構しっかりしてるので、私はいじったほうがやりやすいと思います。
イメージだけだと快感を高めにくいからというのもあります。
ですから初回はとりあえずいじってみて、合わないならイメージ重視で聴いてみることをおすすめします。

もうひとつ、冒頭の案内事項を除いたほぼ全編で癒し系のBGMが流れます。
催眠とエッチで曲調が多少変わりますがどちらもピアノがメインになってました。
現実世界で催眠術師が施術する際も音楽を流すことがあるそうですからそれに合わせたのでしょう。

穏やかな催眠術師が繰り返しをテーマにした催眠をかけるシチュと
乳首をいじる、いじらないを聴き手で自由に選択できる乳首特化のエッチ。
サークルさんが得意とされてるジャンルを今までとは違う視点で表現したドライ系作品です。
リラックスとイメージを膨らませる催眠
催眠は3パート46分間。
全裸になってからベッドへ仰向けに横になり
まずは深呼吸を挟みながら全身を上から下にかけてパーツごとに脱力します。

「なんだか手がぴりぴりと痺れて じんわりと温かくなる感じがしませんか?」
手→お腹→太もも→足とひとつずつ力を入れるのと抜くのを繰り返し
一通り終えた後はもう1セットやってリラックスを強化します。
まだ準備の段階だからでしょうけど暗示はほとんど入れてきませんでした。
この後のシーンも含めて暗示よりも指示や説明の量を多くして丁寧にリードします。

次の2パートは35分間は催眠誘導と深化。
これから行う乳首オナニーやドライオーガズムのことを説明した後に
先ほどやった運動を今度はイメージのみで行います。
そして最後に彼女に乳首をいじられてるイメージをして心の準備を整えます。

「ドライオーガズムを迎える方法は なにもひとつじゃありません 今日の君に合った方法を選択するのも大切になります」
「君はその感覚を覚えてるはずです 記憶してる感覚を思い出して イメージするんです」

そしてここからは前項で説明した聴き手の自由に任せるアプローチの割合が増えます。
ドライオーガズムに至る手段は人によって違うことを教えて心にゆとりを与え
さらに先ほどの運動を頭の中で繰り返しながら感覚だけを呼び起こします。

一般的な催眠音声とはやり方が違うので催眠じゃないと思う人がいるかもしれません。
ですがリラックスや集中力を高めようとしてるのは事実ですし
これも一応催眠なんじゃないかと私は考えてます。
特定の技術に頼らず作品固有の要素と暗示を組み合わせてるタイプでした。

「君はこれから 私の言葉を受け入れるたびに 深い催眠状態に落ちていきます」
ちなみに深化はカウントを数えたり追い込み暗示を入れるのではなく
彼女の声と連動させるセリフを軽く言うだけでした。
私が聴いた時も少しリラックスしただけで催眠に類する感覚は特になかったですし
この内容で深いところまで入るのは残念ながら難しいと思います。

リラックスさせてからエッチに向けた準備を整える非常に独特な催眠です。
聴き手を乳首だけで感じられる心と体にしたうえで、彼女の言葉を受け入れられるようにすることを目的に
漸進的弛緩法っぽい運動を繰り返すところから始まり
乳首オナニーやドライの説明を挟んでから今度はイメージで行う、そして声に対する集中力を高めると
既存の催眠音声でやってることとは大きく違うやり方で進めます。

何を目指してるかはよくわかるし、それに向けて頑張ってるとは思います。
ですが催眠は技術を使ってなんぼですから、それが弱いとどうしてもかかりが浅くなります。
テーマを重視するあまり最も大事な「催眠をしっかりかける」ことを疎かにしてるのが気になりました。

あとは体験版を聴いていただければわかるようにBGMの音量が大きいのもマイナスに働いてます。
催眠音声は催眠者の声に集中できたほうがかかりやすくなるので
少なくとも声よりは音量を小さくするのが望ましいです。
せめてBGM無し版が入っていればよかったのですが、残念ながら今のところありません。
彼女の声量が控えめなのも相まって正直セリフを聴きにくかったです。

音量が大きいものも中にはありますけど、それは大抵音や音楽に暗示を込めるタイプの作品です。
テーマ性はあるのだけど実際に効くかと言われれば首を捻る催眠です。
乳首をじっくりねっとり責めるエッチ
エッチシーンは39分間。
プレイは乳首オナニー、PC筋トレーニングです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
音声の冒頭に服を脱ぐ指示が出ます。

「早く乳首がいじりたくて 疼くような感覚ですか? それとも じわじわと乳首の奥が熱くなるような感覚がしますか?」
長めの催眠をかけて主人公を自分の言いなりにした怜は
早速本題のドライオーガズムに向けて乳首をいじる指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通りいじったりイメージします。
最初の30分間は指を使って色んな刺激を与えるシーン。
乳輪をゆっくり撫でるところから始まり指先で乳頭をつつく、2本の指で上下に擦る
爪の先で引っかく、優しくつまんでから離すのを繰り返すなどやり方を変えて責め続けます。

「意識を快感に向けて 考えてみてください 指先が乳首に擦れる感覚や そこから生まれる感覚を 頭の中でイメージしてみてください」
そして彼女はここでもいじる、いじらない両方に対応できるリードをします。
快感が高まる暗示を入れることはあまりないのですが
その代わり何をするか、イメージすればいいかを丁寧に教えてくれます。
「~してください」と指示することが多いので催眠よりも同人音声のオナサポに近い作りかなぁと。

ただし乳首をいじる時間が非常に長く取られており
ある程度開発してる人なら実際にいじれば結構気持ちよくなれます。
また途中から太ももやお尻の筋肉を収縮させて前立腺にも刺激を送ります。

残りの9分間はドライオーガズムを目指すシーン。
先ほどやってきたことをもう一度繰り返してから絶頂指示を出します。

そしてここからは彼女の声が一気に3つまで増え
左右中央から気持ちよくなる暗示を入れてドライできるパワーを与えます。
ここだけは催眠色の強い内容だなと。
上手く催眠に入れる状況を作ってたらより気持ちよくなれる可能性を感じました。

このように、最初から最後までほぼ乳首だけを責め続ける尖ったエッチが繰り広げられてます。
トレーニング要素の強い作品
セルフ系の催眠音声よりは催眠つきの乳首系オナサポ音声と呼んだほうがしっくりくる作品です。

怜は日頃自分の検証に協力してくれてる主人公に変わった絶頂を味わわせようと
まずは催眠を通じて乳首オナニーやドライのことを教えつつ
心身の脱力、イメージ力、声に対する集中力を高めます。
そしてエッチは乳首を直接いじるかイメージするかを好きに選ばせ
その両方に対応する指示や実況をしながら色んな手段で責め続けます。

穏やかな催眠術師が乳首だけで気持ちよくするややM向けのシチュ
決まりきった技術をあまり使用せず作品固有の要素を組み合わせて進める催眠
ほとんど乳首に的を絞り、体や心に刺激を与えて少しずつ絶頂へ追い込む特化型のエッチ。
タイトルの「丁寧」と「乳首」を強く意識したサークルさんらしい作品に仕上がってます。

中でもエッチは前立腺を多少刺激するシーンがあるものの
それ以外は完全に乳首のみという思い切ったプレイをしてます。
乳首は開発具合によって得られる快感が変わるので万人向けとは言えませんが
いじり方の説明や切り替えるタイミングがしっかりしていてオナサポとして見る分にはよくできてます。

その一方で催眠については割と難しいことに挑戦されてるなぁと。
彼女の職業を催眠術師に定めたところを見ると
おそらくサークルさんは現代催眠式の誘導を目指して制作されたのだと思います。
乳首をいじる、いじらないを聴き手に任せてるのがいい例です。

ですがそのせいでエッチのセリフが中途半端になってます。
聴き手にとってもう片方の指示や暗示はいらないわけで
ならいっそのこといじるバージョンといじらないバージョンに分けたほうが良かったです。

途中までいじってて「やっぱりイメージにするか」なんて思う人はそうそういないでしょう。
逆はいるかもしれませんが仕切り直したほうがずっと集中できるし気持ちよくなれます。
催眠音声の時点で柔軟に対応するのは無理なので、割り切ったほうが品質は自然と上がります。

絶頂シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:綺音さん
総時間 1:35:21

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
95分で770円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「スクィーズX」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてサービス精神旺盛な2人のギャルJKが
以前よくお店に来てた男性の乳首を協力して再開発します。

タイトル通り乳首を責めることにとても力を入れており
指、ブラシ、口とパートごとにプレイ内容を変えながら
ギャル特有の砕けた口調で指示を出したりソフトな言葉責めをして上手にリードします。
射精シーンがありますから乳首未開発な人がそれに挑戦するのにも向いてます。
2人のギャルが乳首開発をお手伝い
白ギャルと黒ギャルが5種類のプレイで乳首をとことん責めるお話。

「チクサポ倶楽部へようこそーって あれぇ? お兄さんじゃん」
白ギャルはやや砕けた口調で話す明るい声の女の子。
「あれぇ? 久しぶりじゃん しばらく顔見なかったけど」
黒ギャルは白JKよりも大人びた声の女の子。
久しぶりに来店した主人公を嬉しそうに迎えると
来なかった事情を尋ねてから彼の乳首を再開発します。

本作品は2019年4月に発売された「ギャルJKにチクサポされちゃおう♪」の続編。
仕事が忙しかったせいで乳首開発を疎かにしてた彼を敏感にしようと
彼女たちが左右に陣取り協力しながら45分程度に渡って色んなサービスをします。
キャラは引き継いでますがストーリーは独立してるので今作からでも大丈夫です。

白「カリカリ カリカリ ふふっ お兄さんの乳首 焦らされて立っちゃってるし ぴんっぴん」
最大の特徴は乳首特化のエッチ
最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続け
そこに耳舐めやおちんちんオナニーを絡めて2種類の絶頂へと導きます。

乳首オナニーするのは3番目と4番目のパートだけですが
彼女たちが「さわさわ」「かりかり」といった擬音語でリズムを取ってくれるので
他のパートも言われた通りに乳首をいじることが可能です。
開発してるほうが気持ちいいのは否定しませんけど
乳首未開発者でもある程度そうなれるように考えながらリードします。

そう言える理由のひとつがパートごとに責め方を変えてること。
最初は指でソフトにいじるだけだったのが、次のパートに入るとブラシを使って強い刺激を与え
さらに自分でいじる、彼女たちに舐められるとできるだけ幅広い刺激を与える方針で進めます。

既に開発してる人ならわかると思うのですが
乳首は未開発の時点だといじってもくすぐったいだけで性的快感にはなかなか繋がりません。
だから時間内にできるだけ多くプレイを用意しそうなるきっかけを与えます。
単調にいじり続けるよりも色んな刺激を与えたほうが感じやすいですからね。
乳首舐めはさすがに無理でしょうけど、唾液やローションを垂らしてやればある程度代用できます。

もうひとつ、最終パートに射精シーンが用意されてるのも初心者向けの配慮と言えます。
本作品はドライオーガズムを迎えるシーンもありますが
乳首だけでそれを達成できる人はたぶんそれほどいないでしょう。
乳首とおちんちんを一緒にいじったほうが乳首の気持ちよさを実感しやすいです。

白「しばらく来ない間に 感度も鈍くなってるかもしれないからねー」
黒「あーあー お兄さんの乳首 もうぴんっぴん 乳輪 鳥肌立っちゃってまちゅよー」
2人についてはギャルらしい明るいキャラに描かれてます。
白ギャルはほぼノーマル、黒ギャルはややSと属性に多少の違いはあるものの
彼とまるで友達のように接してリラックスできる雰囲気を作ります。

サービスもかなり手厚いですし、ギャルと店員の特徴を兼ね備えてます。
声を聴いた感じだと黒ギャルは前作の終盤に登場したギャル友と同一人物のようです。

乳首を重視したエッチと未経験者に向けた配慮の数々。
前作の良いところを継承しつつ多少の変化をつけた明るくて個性的な作品です。
変化に富んだエッチ
エッチシーンは5パート34分間。
プレイは胸板を撫でる、乳首責め(指、ブラシ)、乳首オナニー、両耳舐め、おちんちんオナニー、乳首舐めです。
ブラシ責め、おちんちんオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

黒「前いじった時から どれだけ変わってるのかなー どれどれ」
主人公と軽く雑談して今の状況を確認したギャルたちは
早速左右に分かれて彼の胸部を指で優しく撫でまわします。

エッチはお店のサービスなので終始彼女たちがリードします。
最初の2パート15分間は準備運動に近いプレイ。
「1.来店~ギャル子2人による再感度チェック」は胸と乳首のフェザータッチ
「2.おはようございますのギャル2人による押しかけ!?乳首ブラシプレイ♪」は指サックを使った乳首責めで感度を以前のレベルに戻します。

黒「お兄さん 今すっごい可愛い顔しちゃってんよ」
再会した直後は少し不機嫌だった2人もエッチが始まると普段のノリを取り戻し
「くるくる」などの擬音語を織り交ぜながら彼の感じる姿を嬉しそうに眺めます。
彼が乳首の快感を求めてることを知ってますから見下すセリフはほとんどありません。
2人とも微笑交じりに「可愛い」と言って没頭できる状況を作ります。

個性的なのは2番目のブラシ責め。
指サックを装着してから彼女たちの唾液を垂らして左右へ小刻みに往復させます。
「じゅっぷっ」見たいな若干粗さのある音が鳴りますが
彼が痛がってないところを見るとかなりソフトに責めてるのでしょう。
前のパートとは違い焦らす要素はなくしてストレートな乳首開発をしてくれます。

続く3パート19分間は絶頂に向けて本格的に責めるシーン。
後日、お店の方針でナース服に着替えた2人が乳首オナニーや乳首舐めをします。
そして「4.チクニー指示後の追加サービス耳舐めプレイ」は乳首によるドライオーガズム
「5.ギャル2人からのチロチロ♪チュ~チュ~♪乳首舐めされながらのセルフ射精♪」は
乳首とおちんちんを同時に刺激しドライと射精の両方を目指します。

白「ちなみにー 今日のパンツの色は…」
黒「こうやって 脚を組み変えたりすると あ、こっち見た お兄さんちょろすぎー」
引き続き乳首を重点的に責める中でパンツをチラ見せして興奮を煽ったり
彼に乳首オナニーさせてる間に両耳を同時に舐めるより多彩なプレイを繰り出します。
舐め方は2人ともほぼ一緒でしたがバイノーラル録音なので質感はリアルです。

本作品は乳首イキと射精の両方をやりますから
乳首をいじるだけよりもこうして純粋なエロを提供したほうが達成しやすいです。
4番目と5番目のパートはちゅぱ音の量が豊富で前半よりも内容が濃く感じました。

作品を聴いた感想ですが、乳首に関するプレイが充実していて満足できました。
定番の指を使った責めはもちろん、ブラシ責めという作品独自のプレイも登場してなかなか多彩です。
最初の2パートは乳首のみ、次の3パートはそれに耳舐めやおちんちんオナニーを加えることで
より絶頂しやすい状況を作ります。

乳首責めや乳首オナニーの指示だけだとどうしてもエロさが不足してしまうので
2人同時に耳や乳首を舐めるシーンを設けてそれを補ってます。
ずっと舐めてる時もあれば片方が舐め、もう片方がしゃべることもありました。
乳首メインだけど射精もできるように調整されてます。

このように、乳首の快感を味わわせながらおちんちんも気持ちよくする和やかなエッチが繰り広げられてます。
乳首好きに捧げる作品
比較的短い時間で乳首プレイが楽しめる作品です。

2人のギャルはお店を久しぶりに訪れた主人公を気持ちよくしようと
ギャルらしい気さくな態度で話しかけながら乳首とその周辺を色んな手段でいじります。
そして前半は感度上昇、後半は絶頂と異なる目標を掲げ
それぞれに合ったやり方で責めて2種類の絶頂を味わわせます。

ギャルのイメージにぴったりな明るい女の子たちが乳首開発をサポートするややM向けのシチュ
最初から最後まで乳首をいじり続けるテーマに沿ったエッチ
パンツを軽く見せたり乳首や耳を舐めて興奮しやすくする後半シーン。
乳首作品の要所を押さえたうえで別のプレイも盛り込み幅広さを出してます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素ということで
時間はもちろん、内容も結構こだわったものになってます。
乳首ブラシや乳首舐めは自分でやるのは難しいでしょうけど
普通に指でいじるだけでもそれなりに気持ちよくなれます。

時間に対するパート数が多い関係で、ひとつひとつのプレイが軽くなってる点だけは気になりましたが
全体を通して見れば「乳首を開発しイかせる」という一貫性があります。
もう少しオナニー重視の構成にしてればより使い勝手が良くなったでしょうね。

絶頂シーンはドライ2回、射精1回。
淫語それなり、くちゅ音とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

「乳首メインでおちんちんも気持ちよくなれたらいいな」と思ってる人には特におすすめします。

CV:こやまはるさん
総時間 45:19

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年3月4日まで50%OFFの495円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。
期間中は前作も50%OFFになってます。



サークル「B-bishop」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くて結構意地悪な女の子が
ドMな男性にゲーム形式の変わったオナサポをプレゼントします。

冒頭に渡された3つのアイテムを聴き手が好きなタイミングで使えたり
ステージ内に鍵を隠し、その取得数によって射精の内容が変わるなど
基本ルールを定めたうえである程度の戦略性や幅広さも持たせた独特なエッチが楽しめます。

※販売ページの説明文が普段よりも内容を伏せてあるため
本レビューもそれに合わせていつも以上にネタバレを回避してます。
女の子とするエッチで過酷なゲーム
ガイドの指示に従ってオナニーするお話。

「ようこそ ゲーム式オナニーサポートの世界へ」
ガイドは明るくて可愛い声の女の子。
とっても楽しくて残酷なオナニーを求めてる主人公に挨拶すると
ゲーム式オナサポの基本ルールやシステムを説明します。

本作品は2018年5月に発売された「惨めなゲームオーバーへようこそ ゲーム式オナニーサポート」の続編。
メスガキと呼ぶのがぴったりな可愛くて生意気な性格の彼女が
ドMな男性を相手に個性の強いオナサポをします。
コンセプトが一緒なだけでキャラやストーリーは別ですから前作未視聴でも大丈夫です。

この作品を個性的と言う最大の要因はゲーム性。
物語の冒頭に「懇願カード」「自罰カード」「ワープカード」を配布し
3つあるステージの中で好きな時に使える
ルールが設けられてます。

「まずは懇願カードを3つ これを使えばお兄さんはオナニーの手を止めることができるの」
懇願カードは彼女が「変態」と言うまでオナニーを休憩できる
自罰カードは「ばーか」と言われるまで竿ではなく亀頭オナニーをするなど
それぞれに違った効果があり、かつプレイ中に彼女が効果を打ち消そうと働きかけてきます。
ワープカードは使用した瞬間にそのステージを強制終了できるかなり強力なアイテムです。

オナサポは女性の指示通りにオナニーする受け身のスタイルが定番ですから
そこに聴き手がある程度能動的に動ける要素を加えて面白味を出してます。
072LABOさんの作品全般に割と近い内容ですね。
ステージごとに異なるプレイを繰り出してきますし変化に富んでます。

本作品を面白くするもうひとつの要素は鍵の存在。
各ステージにひとつずつ隠されており、ある条件をクリアすれば手に入ります。
そして得られた鍵の数によって射精の手段が変わります。

鍵を取れたかどうかは各ステージの最後に判定するので
1回目の視聴時にそれが何かはわかりません。
途中で彼女がヒントっぽいことを言ってくれますけど難度は割と高いです。

また射精パート以外にも5つのゲームオーバーパートが用意されており
そこでは後になるほどより雑なやり方で射精に追い込みます。
射精はさせてもらえるのでスッキリできると思いますけど
物足りないとかもやもやするといったしこりを残す人がいそうです。

3つのアイテムを駆使して3つのステージに挑戦する仕組みと多種多様な射精パート。
前作よりもゲーム性と幅広さを向上させたやりごたえのある作品です。
後になるほど過酷さが増すエッチ
エッチシーンは12パート??分間。
プレイは両耳舐め、オナニー、疑似〇〇です。
エッチな効果音はありません。

「お兄さんは今から私のおもちゃ おもちゃはご主人様の命令を守らないといけないの」
冒頭のガイダンスパートでオナサポやアイテムに関する説明を一通りしたガイドは
主人公に服を脱いでもらった後に最初のプレイに取り掛かります。

エッチは終始彼女が責め続けます。
一番最初の「02.ファーストステージ お人形さん遊び」は小手調べと呼ぶのが妥当な内容。
おちんちんの根元を持ったまま両耳舐めを受けて勃起させ
それから開始と停止のタイミングだけを定めるゆるーいオナニーで体を温めます。

ちなみに本作品は時間をわからなくするために全パート30分で揃えられてます。
プレイを終えたら無音になるので次のパートに進むといいでしょう。

「女の子の前なんだよ? 変態だねー そんなことしちゃうのは 変態以外にありえないよねー」
まだ序盤ということで彼女もきつい追い込みをかけたりはしません。
生意気さが引き立つようにこちらを軽く見下す言葉責めを適度にします。
そしてその中に「変態」や「ばーか」を盛り込みアイテムの使用を妨害します。
時間もそれほど長くありませんし、このルールに慣れるさせることを意識してるようです。

次の2パートは一転してハードな責めを繰り出します。
「03.セカンドステージ」はリズム遊び、「04.サードステージ」は徹底射精我慢遊びをテーマに掲げ
時間内にアイテムを使わせゲームオーバーへ追い込む意思を持って進めます。

「ほらほらお兄さん チンポちゃんとどんどん危なくしてる? ちゃんと見てるぞー」
サークルさんが内容を伏せられてるので詳細は秘密にしますが
どちらのステージもオナサポ経験者ならお馴染みの要素をメインに据えてます。
実際にやってみた感じではサードステージのほうが厳しかったです。
あと鍵の入手は設定されてる条件だとクリアできない人が結構いるんじゃないかなと。

そうやって3つの試練を潜り抜けた後、ようやく射精シーンが訪れます。
射精ステージ、エクストラステージ、スペシャルエクストラステージが用意されており
各ステージで獲得した鍵の個数に応じてゴールが変わります。

「あぁ 出る出る出るぅ 金玉に溜め込んだゼリーみたいなザーメン出ちゃうぅ」
射精する点だけで見ればこれらはすべて一緒です。
でも内容や彼女の態度にそれなりの違いが見られます。
甘さが一番強いのはエクストラステージで、屈辱感は射精ステージが高かったです。
スペシャルエクストラステージは前の2つの後に登場するのでしごく時間が最も長くなります。

作品を聴いた感想ですが、従来のB-bishopさんの作品に新しい要素を盛り込んであって熱中できました。
今まではシコシコボイスやカウントを厚めに入れる正統派のオナサポをしてたのが
今作は聴き手が任意で発動できるアイテムを用意し、さらに射精パートが合計8個も存在します。

メインにあたる3つのステージは全部足してもそこまで長い時間にはなりません。
ですからオナサポを聴き慣れてる人ならアイテムを使わずにクリアするのは可能だと思います。
鍵を探す要素を加えたのはハードさ以外の手段で難度を上げたかったからでしょう。
これの獲得数に応じて射精パートの内容が変化する流れも面白いです。

全パートを30分に揃えたことによって
聴き手が毎回次のパートに進む動作をする必要がある点だけは気になりましたが
サークルさんはそれによって生まれる手間よりも先が見えない面白さを優先されたのでしょう。

このように、従来のオナサポに不確定要素を盛り込んだ真新しいエッチが繰り広げられてます。
幅広い作品
現在出てるオナサポ作品にマンネリ感を抱いてる人にこそ聴いてほしい作品です。

ガイドは通常のオナニーではもう満足できないドMな主人公を気持ちよくしようと
最初からやや生意気な態度でゲーム式オナサポの説明と進行をします。
そして各ステージだけでなく射精パートでもまったく異なるプレイを繰り出します。

メスガキっぽい女の子がゲーム形式でオナニーを制御するM向けのシチュ
3種類のアイテムを駆使してステージクリアと鍵取得を目指すテーマに沿った展開
その結果によって射精パートが切り替わる幅広さを持たせた作り。
受け身の姿勢や一本道といったオナサポが抱える問題を解消する方向で作品を組み立ててます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づけてる要素と言えます。
タイトルに「罠だらけ」とあるように、この作品にはいくつかのトラップが仕掛けられてます。
それを見つけ、食らっていくのもMにとっては堪らないのではないでしょうか。

エッチはやること自体は割かしシンプルにし、ルールやシステムで個性を出してます。
アイテムの使用がやや手間取るかもしれませんけどオナニー自体は至って簡単です。
プレイまで複雑にすると快感に集中しにくくなるので良い調整だと思います。

射精シーンは合計8回。
淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 重複抜きで1:30:00ほど

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、女の子のような容姿でおちんちんを生やしてる男の娘が
女性にモテない主人公に背徳的なオナサポを提供します。

通常のオナサポよりも彼との絡みを多くしてるのが特徴で
序盤から中盤にかけてはキス、耳舐め、フェラといったちゅぱ音を鳴らすプレイを多く行い
心が十分高ぶったところで寸止めによる追い込みをかけて射精時の快感を押し上げます。
言葉責めは弱めですからややM~Mな人に丁度いいでしょう。
同性だからこそできるオナサポ
男の娘に見たり責められながらオナニーするお話。

「こんばんは お兄さん ふふっ ね、そんな下品な顔してどうしたの?」
男の娘はややトーンの低い中性的な声の男の子。
これからオナニーしようとしてる主人公に声をかけると
オナサポを志願してから左手に密着しその魅力を教えます。

本作品は同じ男性にオナニーや射精をコントロールされる快感を味わわせるために
彼がおよそ60分に渡ってM性を多少持たせたオナサポをします。
1回の射精に向けて前半は心、後半は体とメインに責める箇所を切り替え
その中で男の娘らしさを出しながらMの快感や背徳感をくすぐります。

「男だろうと 見境なしに勃起するド変態チンポ もっとしっかり可愛がって 金玉の中身 疼かせていこうね」
具体的には同性相手に興奮してる彼を軽く見下す言葉責めを投げかけたり
口で責めるシーンを多く用意し比較的パワフルなちゅぱ音を鳴らします。
指示主体のオナサポだと女性がする時との違いをなかなか出せないので
主人公の体を直接責めつつ男だと意識させていけないことをしてる雰囲気を作ります。

彼がおちんちんを見せたりアナルに挿入することはありません。
そこまでやるとホモっぽさが強くなってしまいますし
それとの違いが出るようきっちり線を引いてます。
声もどちらかと言えば女性ですからボクっ娘に近いキャラですね。

オナニーについては彼との絡みを通常よりも多く入れてる関係で
本格的に追い込み始めるのは中盤以降になってます。
シコシコボイスの代わりに効果音をバックで流し、それに従っておちんちんをしごき続けます。

プレイ時間がそれほど長くないので暴発するほどハードではありません。
ただし平均ペースを速めにすることで多少歯ごたえのあるプレイに仕上げてます。
調べた限りでは1秒2コキあたりからスタートし、後になるほど少しずつ速くしてました。

男の娘の持ち味を活かした責めっぷりと後半から一気に追い込む展開。
キャラの個性を出しつつ抜きやすさにも配慮したややM~M向けの作品です。
エッチな音を多めに盛り込んだオナサポ
エッチシーンは7パート50分間。
プレイはキス、オナニー、耳舐め、フェラです。
オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「うわぁ それがお兄さんのチンポなんだ」
5分程度の雑談を終えて主人公のやる気を確認した男の娘は
早速パンツを脱いでもらい、まだ半勃ちのおちんちんをさらに硬くします。

エッチは終始彼の指示に従って進めます。
最初の2パート8分間はウォーミングアップに近いプレイ。
「2. 勃起パート」は2種類のキスで心を盛り上げ
「3. 準備運動」は軽くオナニーしてオナサポのルールを確認します。

「お兄さんの初めて もらっちゃうね」
そして彼は早速男の娘ならではの責め方で彼を興奮させます。
キスする時はこれが男性と初めてすることを意識させたうえで吸い付く感じの音を鳴らし
準備運動も股間に生えてるおちんちんのことを軽く話します。

男性っぽさを出すためでしょうけど、女性キャラよりもちゅぱ音がややパワフルに感じました。
主人公に舌を突き出させてから唇でしゃぶる変わったキスも登場します。
オナニーの際に鳴る効果音の速さも含めて序盤から刺激を気持ち強めに設定してます。

本作品の特徴が出てくるのはその次から。
「4. 耳舐めに合わせて」は彼が耳を舐めてる間だけオナニーし(約9分)
「5. フェラチオ」は自分でおちんちんに触れない代わりに彼がフェラでご奉仕します(約9分)。

「ボクにチンポしゃぶられようとしてるのに 何でもないんだ?」
耳舐めは左右の至近距離、フェラは中央やや下と異なる位置に陣取り
いずれもちゅぱ音の割合を増やし、それぞれで鳴らし方を変えて違いを出してます。
オナサポでここまでエッチな音を鳴らすのは珍しいなと。
オナニーは30秒くらい続けて少し休むのを繰り返す程度に留めて心を重点的に責めます。

フェラの最中はオナニーをまったくしないので休憩時間にあたります。
でも口をすぼめて先端を吸ったり舌で舐めるちゅぱ音が割とエロく
それを聴いてるとしごきたくなる人がそれなりにいそうです。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんなだけあって心への責めもしっかりしてくれます。

終盤の3パート24分間は射精させることを強く意識したプレイ。
「6. スタート・ストップ」は2種類の合図、「7. 寸止め」はカウントに合わせておちんちんを追い込み
最後の「8. 射精パート」でようやく射精の瞬間を迎えます。

「もっと苦しもうね お兄さん ぐっちゅぐちゅになった精液ミルク また手前まで押しだそっか」
そしてここからは体への責めが一気にきつくなります。
6は30秒~2分しごき続けて少し休むのを繰り返して徐々に追い込み
7は寸止めを数回やっていつ出してもおかしくない状況を作ります。
これまでが割とまったりしてたからこそ余計ハードに感じるでしょう。
彼も主人公の心情を読み取ったうえで無慈悲な言葉を投げかけます。

男の娘らしさは多少薄まってますけど、そのぶん実用性に配慮してあって抜きやすいです。
25分程度なら余程の早漏でもない限りクリアできるでしょうし
多くの人が完遂できる丁度良い難度に設定してあります。

作品を聴いた感想ですが、タイトルよりもまろやかな印象を受けました。
男の娘は確かにSっ気がありますけど主人公の意志に反することは基本やりませんし
プレイ自体も序盤から中盤にかけては抑えて終盤だけ負荷を上げます。

本作品は同性に責められる背徳感を重視してるので
その結果体への責めがやや軽くなったのでしょう。
でもなんだかんだいってちゃんと1回抜けるように調整されてるのが素晴らしいです。
フェラ以外のパートは休憩時間を短く設定してあるのが効いてます。

このように、シーンによって責め方を大きく変える程よいきつさのエッチが繰り広げられてます。
若干捻ったオナサポ作品
人を選ぶところがあるもののキャラとプレイにきちんとテーマ性を持たせてる作品です。

男の娘は女性に見向きもされない主人公に普段よりも気持ちいい射精をプレゼントしようと
男女の中間あたりの声と態度で接し、その中に敢えて絡むシーンを多く入れて興奮を誘います。
そして射精シーンが近づいてきたあたりからオナサポ色を一気に強めてギリギリまで追い込みます。

男性の体と女性の心を持つキャラにオナニーを制御される珍しいシチュ
キス、耳舐め、フェラをやりながら同性に責められてることを意識させる彼らしいアプローチ
序盤から中盤は緩めにオナニーさせ、終盤で一気に引き締める緩急を持たせたエッチ。
オナサポとしての実用性を維持しつつキャラも立たせた作品に仕上がってます。

中でも2番目はオナサポである意味タブーとされてるところへ敢えて踏み込んでます。
オナサポはオナニーを応援する行為ですから、直接絡むとその成分がどうしても薄まってしまいます。
それを解消するために耳舐め音とオナニーを連動させたり
彼にフェラされてるシチュを通じて興奮させ、その後から正統派のオナサポへと切り替えます。

絡みを多くするとオナサポじゃなくなってしまうし
かといって普通にオナサポしてたら男の娘に設定した意味がなくなる。
そんなふたつの問題を解消するひとつの手段としてこのプレイが生まれたのでしょう。
個々のプレイはシンプルなのですが、その組み合わせ方や時間配分に光るものを持ってます。

個人的にはもう少し背徳感を煽ったほうがタイトルに合ってる気がしますけど
シルトクレーテさんが男の娘を扱うのは確か初めてのはずですから
まだ手探りの段階なのかもしれません。
さらに練り込めばもっとキャラの立った作品が生まれそうにも感じました。

射精シーンは1回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

最初のほうでも書いたようにホモ成分は非常に薄いので
他のオナサポ作品とほぼ同じ感覚で聴けるし楽しめるでしょう。

CV:大山チロルさん
総時間 1:04:38

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月29日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「シロイルカ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、名前も素性もまったくわからない謎の女の子が
不思議なオナサポやエッチをして気持ちいい射精に導きます。

バイノーラルビートと呼ばれる音とプレイを組み合わせてあるのが特徴で
前半はセリフとは完全に分離しシーンに応じて質感、ペース、リズムを変化させ
後半はセリフの一部、吐息、喘ぎ声といった彼女が生み出すものを音に変えて流し続けます。
感度を上げる不思議な音
ナビゲーターの指示に従ってオナニーやSEXするお話。

「今より バイノーラルビートを始めますますますますますます…」
ナビゲーターは可愛くて落ち着いた声の女の子。
音声の特徴や聴く際の注意事項を手短に説明すると
サービスの開始を宣言し、バイノーラルビートの効果を教えます。

本作品は音に包まれるトリップ感を味わいながら射精するのを目的に
彼女が80分近くに渡って2種類の独特なサービスをします。
前半は導入&本編、後半は応用編とステップアップする流れで進め
その際にバイノーラルビートと呼ばれる特殊な音を頻繁に流します。
挿し絵には2人の女性が描かれてますけど登場するのは彼女1人です。

「いかがでしょうか? このバイノーラルビートには 肉体の高揚感 性的興奮を高める効果があります」
バイノーラルビートは簡単に言うと脳波をコントロールする効果があり
左右で異なる周波数を同時に流してその差にあたる脳波に少しずつ持っていきます。
催眠音声で時々登場する要素ですが、同人音声ではほとんど見かけません。

実際に聴いてみるとうねりや振動のある音に感じるはずです。
最初は違和感があるかもしれませんが、ある程度聴くと慣れて意識を揺さぶられる感覚がします。
同じ音をずっと鳴らすのではなく、2~3分くらいの間隔でペースやリズムが変わる凝った演出がされてます。

前半と後半でバイノーラルビートの方向性が違うのも大きな特徴です。
前半は音に慣れさせる意味合いが強いのでシーンに合わせて背景音を変える程度に留め
後半は彼女の声や息遣いの一部を残響させ、それをバイノーラルビートとして流します。

「ほらほらぁ 脱ぎ脱ぎしようねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇ…」
こんなふうに一部の語尾だけを何度も繰り返し、それが次第に言葉から音へ変わっていく感じです。
聴いてて頭が痛くならないよう終盤以外は重ねない配慮もされてますし
他のサークルさんではまずお目にかかれない個性的なプレイに仕上がってます。

エッチについては前半はシコシコボイスを中心に据えたオナサポを行い
後半は彼女とのフェラやSEXを楽しみます。
バイノーラルビートを使う以外は取り立てて珍しいことをするわけではないので
何をしてるかわからないことはさすがにないと思います。
淫語や言葉責めを極力減らし、ちゅぱ音や喘ぎ声を多く鳴らすASMR寄りの構造です。

最初の21分間はエッチに向けて心身をリラックスさせるシーン。
目を開けたままナビゲーターの言う通り上下左右に動かし
それから深呼吸とマッサージで体の緊張をほぐします。

「下 右 左 右 上」
「脚を曲げて 両足の裏をぴったりとつけて 太ももの内側 睾丸の両脇にある 三角形のくぼみ部分 ここが鼠径部です ここをゆっくり押しましょう」

どれも事前に何をするか説明してから小まめに指示を出し
同時にバックでバイノーラルビートを流して音を無理なく聞ける環境を整えます。
「しゅうぉん」「ふぉよんっ」「うぉんっ」みたいなうねりのある音を流すことが多く
それらを聴いてるだけでも意識が適度にぼんやりします。

エッチな要素は一切ありませんから興奮する人はそこまでいないんじゃないでしょうか。
一般的な同人音声とは随分勝手が違いますし、こういう前置きを挟むのは親切で良いと思います。
音に包まれるエッチ
エッチシーンは2パート48分間。
プレイはオナニー、フェラ、キス、SEX(騎乗位)、耳舐めです。
オナニー、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それでは 準備も整ってきたと思いますので 実際に性器に触れてみましょう」
導入シーンを通じてバイノーラルビートに馴染ませたナビゲーターは
いよいよその効果を実感してもらうためにオナサポを始めます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の本編パートは18分ほど。
オナサポでは定番のシコシコボイスを2秒1コキ~1秒2コキの間で切り替え
それに合わせてバイノーラルビートの質感、トーン、ペース、リズムを変えて射精に導きます。

「射精したくなったら 無理せず射精してしまっても構いません」
本作品は音でイかせるのが売りですからこのパートはそれを徹底します。
シコシコボイスを言ってる最中は他のセリフをほとんど挟まず
彼が射精しそうになったらいつでも出していいことを伝えます。
そして指示されたほうがやりやすい人向けに終盤で射精音を鳴らします。

オナニー開始後はほぼノンストップでしごき続けるので
ある程度溜めた状態で聴けば射精するのは十分可能だと思います。
ただバイノーラルビートの効果についてはあまり実感できませんでした。
ほんのり心地いい感覚はするけど快感に繋がってるかと言われれば首を捻ります。

このパートの最後で「繰り返し聞けば効果を発揮する」と彼女が言ってましたし
1回目の時点ではそこまで急激な変化は実感できないのかもしれません。
オナサポ自体はごく普通のやり方でした。

続く応用編は彼女と直接エッチするパート(約30分)。
お互い全裸になってからフェラを経由し耳舐めSEXへと移ります。

「お兄さんのちんちん咥えてたら 私も脳みそとろけそうになってきちゃった」
彼女にもバイノーラルビートの効果が出てるようで
いずれのプレイもセリフはあまり挟まず一心不乱に責めてました。
ほぼずっとバイノーラルビートを流してた本編とは違い、ここでは敢えて流さない時間を用意してます。
ちゅぱ音や喘ぎ声が主体なので純粋なエロさはこちらのほうが高いです。

作品を聴いた感想ですが、電子ドラッグと呼べるほどのトリップ感は味わえなかったものの
真新しさや音がほぼずっと流れる作りのおかげで最後まで集中して聴けました。
本編はオナサポの指示を出しつつうねりのある音をガンガン鳴らして意識を揺さぶり
応用編はナビゲーターとノーマルなエッチをする中にバイノーラルビートを忍び込ませてます。

バイノーラルビート自体がエロとあまり関係ない音なので
人によって向き不向きが結構出そうに思えます。
音や音響効果についてはかなり頑張ってました。

このように、最大の武器である音を駆使して異なるプレイをする独特なエッチが繰り広げられてます。
音が魅力の作品
ほぼ全編で流れ続けるバイノーラルビートが一際耳を惹く作品です。

ナビゲーターは音に感度を操作されて射精する快感を味わってもらおうと
音声の序盤は敢えて非エロの行為をやって音に集中できる心の準備を整えます。
そして本編はオナサポ、応用編は彼女とのSEXと責め方を大きく変えて気持ちよくします。

素性は謎だけど性格は至って穏やかな女の子が音を交えたエッチをするほぼノーマル向けのシチュ
本編は背景音、応用編は彼女が生み出す声や音をバイノーラルビートにして流す音重視の作り
シコシコボイスや喘ぎ声を組み合わせてストレートに責めるシンプルなエッチ。
やること自体は王道にして、音で個性を出すことを心がけてます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づける要素なだけあって気合が入ってます。
同じ音を垂れ流すのではなくプレイの内容に合わせてペースやリズムを上げ下げし
さらに応用編は彼女のセリフや息遣いを変換する珍しい演出がされてます。

一部で否定的なことも書きましたが新しいことに挑戦する心意気は大いに買ってます。
こういう作品は昨年から出始めたばかりで日がまだ浅いですし
今後作品を重ねていけばさらなる名作が生まれる可能性を感じました。

射精シーンは2回。
くちゅ音とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこ、淫語ごく僅かです。

CV:天知遥さん
総時間 1:19:13

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月31日まで10%OFFの891円で販売されてます。



サークル「玄姫屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてSっ気のあるセラピストが
男性にとって敏感な部位をとことん責めて2種類の絶頂へ追い込みます。

最初から最後までほぼ亀頭だけを責め続けるのが特徴で
指で擦る、手のひらで包み込んでこねる、パンストを押し付けるとシーンによって責め方を変えながら
そのやり方を丁寧に教えたりプレイ中は効果音を鳴らして一緒にいじりやすくします。

音声を聴く際にローションをご用意ください(ほぼ必須)。
敏感な場所を集中攻撃
セラピストのアキが亀頭責めするお話。

「いらっしゃいませ 本日ご予約されていたお客様ですね?」
アキはトーンが高く可愛い声の女の子。
来店した主人公に挨拶し部屋へ案内すると
これからする亀頭責めコースの内容を説明します。

本作品は亀頭部分だけを責められ射精や潮吹きを迎えることを目的に
彼女がおよそ50分に渡るドM向けのプレイをします。
総時間がそれほど長くないことを踏まえて余計な前置きは最小限に減らし
音声開始から3分後には早速エッチを始める実用性重視の作りです。

最大の魅力は亀頭責めに特化してること。
エッチシーンの全部を亀頭責めに費やし、シーンによって責め方を変えながら
後になるほど刺激を強めて射精できる状態にします。

「親指を動かしながら 人差し指で亀頭を擦り上げて 余った指で カリの裏側と 裏筋の付け根部分を擦ってあげます」
作中では常に彼女が責めるのでオナニーの指示は出ないのですが
聴き手も同じプレイを体験できるようにいじり方を丁寧に教えてくれます。
他にも効果音を鳴らして大まかなペースを教えたり、一部のシーンでシコシコボイスを流すなど
オナサポにとって重要な「やりやすさ」に力を入れてます。

彼女が時折「マゾ」「変態」と言ってきますが
風俗サービスなのできつい言葉責めをすることはありません。
そもそも体への刺激が強めなので、途中でギブアップしないように心の責めは抑えてます。
これだけがっつり亀頭だけを責めるとなるとローションは必須でしょう。

もうひとつのポイントは最終目的地を潮吹きに定めてること。
カリを含めた亀頭全体を責めてひとまず射精まで持っていき
その後もさらに刺激を与え続けて別の絶頂を体験させます。

男性は射精したら性欲が大幅に減衰しますから
これを無事成し遂げるには体だけでなく心の強さも求められます。
彼女もそれを踏まえて時には優しく、時には厳しく接します。

亀頭に的を絞ったエッチと2種類の絶頂を目指す展開。
現在人気のオナサポをさらに尖らせてるハード路線の作品です。
快感に慣れさせないエッチ
エッチシーンは43分間。
プレイは亀頭責め、パンスト責め、潮吹きです。
亀頭責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それでは 過度な摩擦防止のために 亀頭にローションを塗っていきます」
サービスに関する説明を終え主人公を全裸にしたアキは
おちんちんにローションを塗ってから亀頭を緩めに責め始めます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の「2.亀頭擦りまわし」は亀頭責めに慣れさせることを意識したシーン(約20分)。
5本の指を使って亀頭、カリ、裏筋といった敏感な部分を同時に刺激し
ある程度経つと高速でしごく→少し休憩を挟むを繰り返してさらに追い込みます。

「横の動きに慣れてきたら 指のしわで擦ってあげて それにも慣れてきたら 先っぽの爪で カリ カリ」
本作品のエッチは確かに亀頭責めだけを行うのですが、そのやり方はシーンによって様々です。
いじり方の種類が豊富ですし、同じいじり方でもペースを変えて快感に慣れさせないようにします。
亀頭は萎えると表面の張りがなくなって痛みを感じるようになるので
それを避けるためにわざわざこういう方針を取ってるのだと思います。

実際にやってみたところまだ序盤なのに快感は強く鋭かったです。
彼女の言う通りにやるときつく感じる場合は多少手加減するのが良いでしょう。 

中盤以降はいじり方を変える間隔がより短くなります。
「3.亀頭こねくり回し」は手のひらで亀頭全体を包み込んで広範囲の刺激を与え
「4.亀頭磨きあげ」は彼女の使い古したパンストを亀頭に被せます。

「どうですか? 粗い目のストッキングで 亀頭ピカピカになるまで磨き上げますね」
そしてここからは彼女のSなところが際立ってきます。
敏感なところを集中攻撃されて悶える彼を容赦なく責め続け
さらに休憩時間を極端に短くしてそれから逃れられない状況を作ります。

パンストの代わりに靴下を使ってみたのですが
手よりも表面がざらざらしてるおかげで軽い痛みを伴う快感が襲ってきました。
あまりやりすぎると傷つけることに繋がりますからくれぐれもご注意ください。

そうやって過酷な試練を潜り抜けた後、ようやく絶頂の瞬間が訪れます。
前項でも説明した通り射精→潮吹きの二段構えになっており
これらをほぼノンストップでやって精液とは別の汁を出させます。

「私に見られながらの射精快楽に 頭の中ぼーっとしちゃってませんか? でもダメですよ それだけじゃ終わらない」
彼にとって最も厳しいシーンだからこそ
彼女も敢えて厳しく接してそれを乗り越える気力を与えます。
私は残念ながら射精止まりでしたが、最後までしごき続けることはできたので
彼女のリードは正しいんじゃないかなと思ってます。

このように、シーンによって変化をつけて責めるテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
突き抜けてる作品
一般的なオナサポよりも狭く深く掘り下げてる作品です。

アキは主人公に亀頭責めの魅力を存分に味わわせようと
最初から亀頭とその周辺だけを責めるスタイルを取り
さらに後になるほど刺激を強めて射精や潮吹きへ導きます。
そしてその様子を実況、効果音、シコシコボイスによってわかりやすく伝えます。

声は穏やかだけど性格は容赦ないセラピストが亀頭だけを責め続けるドM向けのシチュ
複数のいじり方を組み合わせて快感に慣れさせないようにする凝ったエッチ
やりやすさに配慮した要素の数々。
個性と実用性を両立させることを目指した作品に仕上げてます。

中でもエッチは亀頭責めにここまで特化してる作品自体が少ないですし
やり方も単調さが出ないようある程度の間隔でいじり方を変えます。
あまりに激しくすると快感より痛みが勝ってしまう場所なのでこのやり方は有効と言えます。

実際にやった感想は予想通りハードでした。
前半の時点からピリピリした鋭い快感が何度も走り
後半に入るとそこにヒリヒリした熱が加わって竿の時とは明らかに違いました。
射精は普通にできるので、潮吹きはチャレンジ要素と思って聴くのが丁度いいでしょう。

絶頂シーンは2回(射精1回、潮吹き1回)。
くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:分倍河原シホさん
総時間 48:13

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年1月16日まで60%OFFの440円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。
(福袋キャンペーン対象作品 詳細は以下のページをご覧ください)
https://www.dlsite.com/maniax/campaign/luckybag2020



サークル「GREENWAY」さんの同人音声作品。

今年最後に紹介する作品は、魂を得るためなら手段を選ばない狡猾な悪魔が
ターゲットの男性を観察しながらじっくり射精へ追い込みます。

独自のシステムとルールを組み合わせた比較的ハードなオナサポが行われており
アプリケーション形式によって難易度や展開を聴き手がある程度選べるようにし
プレイ中はバックでシコシコボイスを流しながら彼女がその様子をねっとり観察します。

今回は難易度デビルまで(緊急回避射精あり)を聴いた場合のレビューをお送りします。
悪魔とする気持ちいいゲーム
悪魔に見られながらオナニーして射精を我慢するお話。

「あのね 突然なんだけど これからあなたはゲームに参加することになりました」
天使(挿し絵左)は清楚で穏やかな声のお姉さん。
間もなく悪魔がオナニーゲームを仕掛けてくること主人公に教えると
それを無事乗り切るために自分が射精を制御すると言います。

本作品は人間の精液よりも魂に強い興味を持ってる悪魔が
M気質な彼を相手におよそ90分に渡ってハード路線のオナニーをさせます。
ノーマル、ハード、ベリーハード、デビルと合計4つの難易度が存在し
簡単なものをクリアできたら次のステージに進む権利を得られます。
デビルズオナニーゲーム02
最大の特徴はアプリケーション形式になってること。
作品内にあるhtmlファイルを起動すると挿し絵とほぼ同じ画面が表示され
中央にある「ゲームをはじめる」をクリックすれば上の画像のような音声ファイルを再生するボタンが出てきます。
そしてパートを射精せずに乗り切ったら「クリア」、負けてしまった場合は「敗北」を押して次の音声に進みます。

「俺はデビルから聴きたいんだー」という人のために開始難易度を選択できるボタンもあったりと
使い勝手の良さにかなり力を入れててスムーズに視聴できます。
従来のアプリ形式だと音声が流れ始めたら聴き手の自由に止められなかったのですが
本作品では開始、停止、シークバーの移動といった音声プレイヤーの基本機能が使えて便利です。

肝心のオナサポについては悪魔が射精させる側、天使がそれを食い止める側と正反対の役割を持たせ
天使はシコシコボイスを言って彼が射精しないようにコントロールし
悪魔はそのリズムを突き崩したり心を揺さぶって負けさせようとします。
物語の開始時点で悪魔は主人公の顔しか見ることができないので、オナニーの手を抜いたとしてもすぐにはバレません。
その状況を利用した天使が快楽に負けないよう抑えたオナニーをさせるわけです。

セリフとシコシコボイスが同時に流れ続けるおかげでオナニーのペースがわかりやすく
4秒1コキ~1秒3コキまで4段階の速度を用意し、シーンによってそれを変化させる凝った演出がされてます。
デビルズオナニーゲーム01
もうひとつ、本作品には「緊急回避射精」「クリティカル敗北」と呼ばれる独自ルールがあります。
これは天使が指定したタイミングで射精した場合は負けを回避し
逆に悪魔が定めた射精シーンで出した場合は次回以降の視聴でペナルティが課せられるといったものです。
ペナルティの内容は通常のプレイよりもオナニーの時間が長くなります。
また緊急回避射精は聴き手がその有無を選択できます。

今回するオナサポは休憩時間が極端に短いので
普通にしごき続けてるだけでも射精する可能性は十分にあります。
私が聴いた時は各難易度の時間が18分程度だったのですが
それらを切り替える時以外は本当にノンストップです。
だからわざわざ射精しても負けにならない抜け道を用意したのでしょう。
体への責めに関しては結構きつい部類に属します。

アプリケーション形式による複数のルートを用意したシステムと
シコシコボイスや独自ルールを組み合わせたM向けのオナニー。
人気のジャンルをサークルさんなりのやり方でアレンジした個性的な作品です。
徐々に追い込んでくエッチ
このルートのエッチシーンは5パート76分間。
プレイはオナニー、乳首オナニー、アナルを責められてるイメージ、疑似フェラ?です。
エッチな効果音はありません。

「ようこそ デビルズオナニーゲームへ」
悪魔(挿し絵右)はややトーンが低く上品な声の女性。
主人公に挨拶しデビルズオナニーゲームのことを軽く話すと
最初から勝利を確信してるような表情でオナニー開始の指示を出します。

エッチは天使のシコシコボイスに従いながら射精を我慢し続けます。
一番最初の難易度ノーマルは準備運動に近い内容(約15分)。
事前に6分程度のチュートリアルを挟んでオナサポのルール説明や軽い練習をしてから
4秒1コキ~1秒2コキのペースでシコシコボイスを流します。

悪魔「おちんぽの感覚は 確実にあなたの顔に表れてくるの その時が あなたのおちんぽが負ける瞬間よ」
悪魔「ギンギンに反り返ったおちんぽの先から 黄ばんだイカ臭いミルク出すとこ見せて?」

まだ始まったばかりということで悪魔もさすがに本気を出す気はないようです。
彼の表情をじっと眺めてどれくらい気持ちよくなってるかを予測し
射精が近づいてきたと判断したら淫語混じりの言葉を投げかけそれを後押しします。
そして天使は悪魔にバレない程度にオナニーを抑えて射精を回避しようとします。

チュートリアルと合わせて20分近くあるとはいえ、さすがにここで射精する人はいないでしょう。
シコシコボイスの平均ペースが比較的緩いのが大きいです。

続く2パート38分間は少し強めた追い込みをかけるシーン。
難易度ハードは彼に協力者がいると疑った悪魔がそのことを詮索し
ベリーハードは前の2パートにはなかったルールを投入して射精から逃げられないようにします。

悪魔「ねぇ シコシコ言ってる耳元の女の子 敗北射精決めちゃう瞬間の しろーい精液を見るのが好きなのよ」
悪魔にとって天使は邪魔な存在ですから早いうちに排除しておくに越したことはありません。
それを踏まえて2人の信頼関係を崩す言葉責めをして揺さぶりをかけます。
淫語をガンガン言ったりちゅぱ音を鳴らすことはないので純粋なエロさは正直低いですけど
シコシコボイスは相変わらず多いので体のほうはそれなりに気持ちよくなれると思います。

悪魔「苦しいのに 恥ずかしいのに あなたのおちんぽは みるみる硬くなっていく」
それに対してベリーハードはイメージで気持ちを盛り上げることを意識してます。
おちんちんだけでなく乳首も好きにいじる指示を出したうえで
彼が射精し魂を抜かれた後どうなるかを嬉しそうに語ります。

「魂を抜かれる」と聞くと死を連想する人もいるでしょうが、本作品の場合は体の自由を奪われることを意味します。
身動きの取れない彼を指で優しく撫でてからアナルと前立腺を犯すM向けのイメージです。
そして詳しくは伏せますが天使のシコシコボイスを乱す新要素もここから登場します。

またこのへんまで来るとシコシコボイスの平均ペースも結構上がります。
難関と言うほどヤバいシーンは見当たりませんけど
60分近くしごき続けることによってそろそろ我慢できなくなる人が出てくるはずです。

一番最後の難易度デビルは最も過酷なパート(約17分)。
ベリーハードを耐え抜いた主人公に敬意を表したうえで最後の試練を与えます。

悪魔「無様にチンポの先から敗北汁を噴き上げる瞬間を 女に冷たく微笑みながら見られたいんでしょう?」
天使「射精 しちゃいそうかな? 辛いよね でももう少しだよ もう少しで終わるからね」
もう後がない状況なのに悪魔の言葉責めは彼の欲望をくすぐる程度に留まってます。
そして天使も励ましの言葉を投げかけてしっかりサポートします。
一見すると勝てそうなシチュですが、このパートにはとある大きな落とし穴があります。
それが何か、最後にどうなるのかは聴いてのお楽しみとさせてください。

作品を聴いた感想ですが、シコシコボイスがしっかりしてるおかげでやりやすかったです。
ペースを変更する間隔は3分程度と長めですが、状況に応じて上げ下げをして揺さぶりをかけてくれます。
そして難易度が上がるほどスピードを徐々に上げていって負荷を大きくします。
体への責めに関してはパーフェクトと言っていい内容だと思います。

悪魔「ねぇ 今どんなこと考えながらシコシコしごいてるの?」
しかしその一方で心への責めは弱いと言わざるを得ません。
悪魔は状況説明や彼の心情を探るといった遠回しな言葉責めをすることが多く
それ以外だと各パートの射精シーンに淫語責めや疑似フェラっぽいプレイを少しやる程度に留まってます。
天使は元々射精を我慢させる役ですからオカズを提供することはほとんどありません。

私はGREENWAYさんの作品なら多彩かつ重厚な淫語責めをしてくれるのだろうと思ってました。
これならシコシコボイスと共存できるし彼を興奮させる有効な手段にもなります。
わざとなのか、それとも気づいてなかったのかはわかりませんけどやらないのは非常にもったいないです。

このように、心よりも体への責めを重視したエッチが繰り広げられてます。
新しいタイプのオナサポ
オナサポにおける定番を押さえつつ独自要素を盛り込んでる面白い作品です。

悪魔は主人公の魂を効率よく回収しようと
デビルズオナニーゲームに招待してからソフトな言葉責めをして射精を応援します。
そして天使は逆に射精を阻止するためにシコシコボイスを使って彼のオナニーを制御します。

天使と悪魔がほぼ正反対の役割を持ってオナサポする珍しいシチュ
アプリケーション形式、複数の難易度、緊急回避射精、クリティカル敗北を組み合わせたエッチ
4段階のシコシコボイスによるきめ細かなリード。
開発され尽くしたかに思えたオナサポに新たな息吹を送り込んでます。

中でも2番目は従来のアプリケーション作品にあった問題点を上手く解消してるし
早漏な人でもクリアできる可能性を用意するなど聴き手に寄り添ってます。
新機能を搭載しても使い勝手が悪かったら品質は落ちてしまいますからね。
サークルさんがこういう作品を作るのはたぶん初だと思うのですが、現時点で完成度はかなり高いです。

エッチについては純粋なエロさがもっと高ければきっとより良いものになったでしょう。
ノーマルは軽めの淫語責め、ハードは疑似フェラ、ベリーハードは疑似SEX
デビルは濃い淫語責め、みたいに難易度ごとにやることを変えればメリハリも生まれます。
淫語に定評のあるサークルさんなのでやっぱり淫語責めをがっつり聴きたいですね。
DLsiteで低めの星をつけてる人はたぶんこのへんに不満を抱いたのではないでしょうか。

このルートの射精シーンは4回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:七瀬あかりさん
総時間 約2:00:00(今回のルートだと1:28:45)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「ミンワ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかでちょっぴり意地悪なところもあるお姉さんが
弟子にあたる少年をエッチに責めながら甘やかします。

音よりも言葉を使って興奮させたり恍惚感を与えるスタイルが魅力で
前半の手コキは実況を小まめに挟みながら射精時の様子や感覚をイメージさせ
後半のオナニーは彼女に見られる快感やティッシュに精液を吐き出す情けなさを上手にくすぐります。
彼女のキャラや雰囲気は終始あまあまですからノーマル~ややMな人に向いてると思います。

音声を聴く際にティッシュを用意しておくとより楽しめます。
師匠とするエッチな鍛錬
師匠が手コキやオナサポをするお話。

「おい おいってば 一体どうした? 目がとろけておるぞ」
師匠はややトーンの低い穏やかな声の女性。
ある日の夜、酒を飲んでとろけた顔をしてる主人公を嬉しそうに眺めると
よく覚えてない彼に今まで何があったか教えます。

本作品は彼の師匠であること以外ほぼ謎に包まれてる女性が
およそ70分に渡って2種類のエッチをしたり優しく寝かしつけます。
前半は手コキ、後半はオナサポとメインのプレイを大きく切り替え
その中に様々なセリフを盛り込み女性に甘やかされる幸福感と性的興奮を膨らませます。


ちなみにこれは「三枚のおふだ」という同人ゲームの外伝にあたるそうですが(←DLsiteへのリンクです)
それをプレイしたことがなくても普通に楽しめました。
主人公を記憶喪失の設定にして音声からでも入りやすくしてます。

「きつーい酔いに 体も 心も 記憶も とろけてしもうたな」
見た目よりも長く生きてるのか古風なしゃべり方で接しながら
耳元で囁いたりおちんちんをゆっくり責めて無理なく射精に導きます。
一部でM寄りのプレイがあるものの、彼女の態度が終始穏やかなのできつさは特に感じません。
ストレートな甘やかしと捻りを加えた甘やかしを組み合わせて心身をバランスよく責めてくれます。

販売ページの説明文に
「音が続くだけの時間を極力無しに、言葉の「蜜」度にこだわった」と書かれてるように
全編を通じて言葉責めの量が多めに設定されてます。
「変態」などこちらを見下すものはほとんどなく
責めてる様子を生々しく語ったり軽く羞恥を煽る優しいアプローチを心がけてます。

体への責めについては彼がまだ少年だからでしょうけど
手コキ、オナニーいずれも平均ペースをかなり落としてゆっくりじっくり射精へ追い込みます。
セリフ主体のエッチをしますが効果音はちゃんと入っており
彼女の責め方に応じて質感やリズムが変化する凝った演出がされてます。
実際に聴いてみると妙に生々しく感じるのではないでしょうか。

穏やかな女性がゆっくり責めて少年をイかせる甘いシチュと言葉責めの数々。
ASMRとは真逆の路線でリードする落ち着いた雰囲気のおねショタ作品です。
大人の余裕を感じるエッチ
エッチシーンは8パート52分間。
プレイは手コキ、オナニー、耳舐め(10秒くらい)、ちり紙オナニーです。
手コキ、ちり紙オナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「今宵もこのまま この手で お前をやさーしく 食ってやろうな」
主人公の顔に手を近づけてその匂いを嗅がせると
師匠はそれを使って大きくなったおちんちんを優しく刺激します。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
前半の「(1)蜜指しごき」でするのは手コキ(4パート27分間)。
滑らかな摩擦音をゆっくり鳴らして焦らすようにしごくところから始まり
射精した時の様子をイメージさせて心を盛り上げたり、軽い耳舐めを交えてじっくり射精感を高めます。

「あとは そうよなぁ… 指5つ とろりと力を抜いて絡みつけて 手首をゆるゆる あまーいしなりで 上下して しゅる しゅる しゅる」
彼女は以前から彼に手コキしてあげてるそうなので責め方に迷いがありません。
彼がすぐに射精しないようわざと緩めて気持ちいい感覚を長めに味わわせようとします。
母親が子供をあやすような慈愛に満ちた声とセリフが心地よく
スローペースな手コキ音も相まって穏やかな空気が漂ってます。

純粋なエロさよりも彼女にお世話されてる心地よさで抜かせるプレイだなと。
責めっぷりは緩いですけど、プレイをほぼひとつに絞り込んでるので時間に十分な余裕があります。
一気に駆け上がる射精もそれはそれで気持ちいいですが
今回のように少しずつ上り詰めていくほうが心身に負担がかからないし余韻も長く続きます。
彼に対する彼女の思いやりが込められてて甘やかし成分が強いです。

「びゅっびゅっびゅー びゅく びゅく どく どく」
手コキ、オナニーいずれも射精時にぴゅっぴゅのセリフを言ってくれるのが良いですね。
彼女に見守られながら気持ちいい瞬間を迎えられます。
セリフを大事にしてる本作品のテーマに合った責めと言えるでしょう。

後半の4パート25分間はオナサポ。
冒頭で彼女が「自分からは何もしない」と宣言したうえで
彼にオナニーの作法をわかりやすく教えます。

「それでいい 恥ずかしいほうが 気持ちいいぞ?」
手コキと同じく最初はわざと緩くいじらせて性感を高め
それと並行して彼女に見られてることを意識させる言葉を投げかけます。
おちんちんをいじらない時点で彼女にできることは限られてますから
心への責めを重視して彼が気持ちよく射精できる環境を整えます。

「ほらほら 柔いちり紙に へこ へこ へこ 情けなく 甘え腰使って ただの紙に求愛するのじゃ」
シーンの途中から登場するティッシュを使ったプレイは面白いですね。
ただの紙をおまんこに見立てて腰を振るように言われます。
彼女が一部で喘ぎ声を漏らして雰囲気作りをするなど
手コキよりもM性を強めて羞恥混じりの射精をプレゼントします。

ですがこれもあくまで甘やかしの一環に過ぎず、彼女が彼を本気で見下してるわけではありません。
言葉で相手をコントロールする作品の特徴を別の形で表現してます。
エッチの終了後には寝かしつけるパートもあったりと
最初から最後まで彼をもてなす姿勢で行動します。

作品を聴いた感想ですが、予想以上に甘い内容で良い気分に浸ることができました。
彼女は彼の記憶が曖昧でも咎めたりせずエッチな手段で思い出させようとします。
日本の昔話がモチーフになってるからでしょうけど
現在よく使われてるカタカナ言葉や英語を使わない言い回しを徹底してて落ち着きがあります。

しかし言葉遣いを難しくしたことや、そもそもの責め方が緩いことから
個人的にはもう少しエロさが欲しいかなぁとも感じました。
ゲームと音声では表現方法が違いますから、そのへんを調整すればもっと良くなるように思います。

このように、年上の女性が持つ優しさや温かさで包み込むマイルドなエッチが繰り広げられてます。
和の風情を感じる甘やかし作品
純和風の装いで定番のプレイをするテーマ性を大事にした作品です。

師匠はお酒のせいで記憶が曖昧になってる主人公にそれを思い出させようと
穏やかな態度でまずは普段やってる手コキを丁寧に行います。
そして後半は指示や言葉責めをする役に専念し彼のオナニーを嬉しそうに観察します。

古風な言葉遣いをする上品な女性が少年をエッチに甘やかすシチュ
音よりも言葉の密度を重視してる作り
前半はノーマル、後半はややMと属性を多少変えて責めるエッチ。
現在出てる音声作品とは違った方針で作品を組み立ててます。

「おぉおぉ 雄臭い精液じゃ きつい吐精感にくらくら酔って 存分に味わえ」
中でも2番目はセリフ自体の量に加えて表現にも気を配ってます。
ASMRが流行ってる現在に言葉責めがしっかりしてれば
それだけで十分な個性と存在感を示せますから
今後の作品においても是非残していって欲しいなぁと私は思います。

エッチはやること自体はシンプルにしたうえで多少の捻りを加えてます。
具体的にはスローな責めに徹してること、イメージを大事にしてること
オナサポの際にあまり見かけないプレイを盛り込んでることなどです。
前項で「エロさが欲しい」と書きましたが、通しで1回抜くなら十分いけると思います。

射精シーンは2回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声ごく僅かです。

71分で330円とコスパが良いので興味のある方は是非お試しください。

CV:井上果林さん
総時間 1:11:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
コスパを考慮し+1してあります。

【音圧耳舐め】音声で手コキ&耳舐めスローオナニー★耳奥の秘境へオナニートリップ「耳穴性感トンネル1」〜耳の奥深くに広がる花園への旅〜【耳クンニASMR】

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度も穏やかなお姉さんが
耳舐めを交えたスローなオナニーで幸せな射精に導きます。

全編を通じて2秒1コキ程度の緩いペースでシコシコボイスを流しつつ
片方、あるいは両方からひたすら耳舐めするシンプルなオナサポが楽しめます。
セリフよりも音の量を多くしてありますから、頭を空っぽにしながらゆっくり気持ちよくなれるでしょう。
耳と性器に心地いい快感を
深音(みおん)に耳舐めされながらオナニーするお話。

「オナニートリップツアーへようこそ」
深音は明るくて穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項やコンセプトを簡単に説明すると
主人公にズボンとパンツを脱いでもらい早速オナサポを始めます。

本作品は耳の開発をしながら気持ちよく射精することを目的に
彼女が80分程度に渡ってスローペースのオナサポをします。
エッチシーンの大部分で2秒1コキくらいの速度でシコシコボイスを流しながら
それとは別の声が左右に陣取り語りかけたり耳を舐め続けます。


どのパートも耳舐めオナニーをする点は統一されてますが
ある時は小刻みな耳キスをする、またある時は穴の入り口に舌をグリグリさせるといった具合に
お話が進むほど刺激とエロさが徐々に強くなるように進めます。

シコシコボイスは射精直前までほぼ一定なので
余程の早漏でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
彼女も最後まで無理なく聴けるように冒頭で「きつかったら手加減してもいいよ」と言います。
M向けの要素は皆無ですしノーマルな人が最も楽しめると思います。

「ほら 女の子が 舌先を耳の穴に押し込んできたよ」
またエッチの中盤頃から自分が好きな女の子をイメージする指示が出ます。
2次元、3次元どちらでもいいらしく容姿に関する具体的な描写は特にされてません。
イメージ力が膨らむセリフをある程度投げかけた後にその子と擬似SEXします。

本作品はセリフよりもシコシコボイスやちゅぱ音のほうが多いですから
実際に聴いてみるとまったりした印象を抱くと思います。
それだけだと最後に射精しにくいからこういう要素を入れたのでしょう。
臨場感を出すために最終パートでは深音の吐息が熱くなり喘ぎ声が交じるようになります。

好きな女の子の事を思い描きながらゆっくりペースでオナニーする。
M向けが多いオナサポでは珍しく大衆性の高い作品です。
少しずつトンネルの奥へ
エッチシーンは4パート73分間。
プレイはオナニー、耳舐め、女の子とSEXするイメージです。
SEXするイメージの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ペニスから手を浮かすくらい緩めてしまってもいいので 射精しないようにしてください」
エッチ開始直後からシコシコボイスを流してオナニーのペースを取ると
深音はそのままひとまず深呼吸するよう指示します。

エッチは彼女に言われた通りにオナニーを続けます。
一番最初の「3.トンネルの入り口~まずは優しいスロー耳舐め~」は準備運動に近いプレイ(約13分)。
スローなオナニーをしながら深呼吸したりソフトな耳舐めを聴きます。

「ではいよいよ 耳を舐めていきますね」
ASMR系の作品ということで耳舐め開始後はセリフが一気に減り
シコシコボイスと甘噛みっぽいちゅぱ音が流れる静かなひと時が続きます。
具体的にはエッチシーンの89%にあたる65分も耳舐めします。

耳舐めの音がそんなにエロくないので落ち着くのではないでしょうか。
後半でイメージを膨らませやすくするために、まずは集中力を高めるところから始めます。

続く2パート38分間は理想の女の子と出会うシーン。
「4.想像のトンネル~とろけるような音圧スロー耳舐め~」は表情や全体像
「5.トンネルの奥へ~単調テトテト耳舐めと単調グリグリ耳舐めコンボ~」は手や舌をイメージし
彼女にお世話されてる状況へだんだん近づけます。

右「彼女の笑顔は どんな表情ですか? 優しい笑顔ですか? 声はどんな感じですか?」
そしてここからは深音がもう1人増えて耳舐めが左右同時に変化します。
左右で舐め方を揃えてたかと思えば右は小刻みに吸う、左は舌でぐりぐりするといった感じに
ある程度変化をつけて単調さを和らげる工夫がされてます。
特に舌先でぐりぐりする耳舐めは通常のものより刺激が強くて耳がゾクゾクします。

また「5.トンネルの奥へ」にはテトテト耳舐めという珍しいプレイが登場します。
作中で「これがそうですよ」とは言ってくれないので推測に過ぎませんが
一部のシーンで舌を耳につけて離すのを何度も繰り返すような音が鳴ってたのがそれだと思います。
舌先でぐりぐりするのに比べて刺激は弱いものの、耳の一点に微弱な振動が何度も伝わってきました。
体験版サンプル01の1分20秒頃から右側で鳴る音です。

最後の「6.トンネルの奥に広がる花園~単調耳舐めと超音圧耳舐めの喘ぎコンボ~」はお待ちかねの射精シーン(約22分)。
女の子のおまんこをイメージしてから体位を決め疑似SEXを楽しみます。

「にゅるっと中に入り にゅるっと出てくる 気持ちがいい 繰り返しのピストン運動」
そしてここからは左右の深音が吐息と喘ぎ声を漏らし始めます。
今まで雰囲気が割と淡白だったからこそ余計にエロく感じるでしょうね。
シコシコボイスは射精の直前まで変えず雰囲気で抜く準備を整えます。

最後に7分くらいかけてじっくりカウントを数えてくれますから
その間に微調整しながら0が宣言されるのを待つといいでしょう。
私の場合はもうちょっとエロさが欲しいと思ったので途中から画像を見ながらやりました。

このように、1回の射精に向けてゆっくりじっくり責める優しいオナサポが繰り広げられてます。
ゆるーい作品
キャラ、プレイ、雰囲気のすべてが緩い癒し寄りの作品です。

深音は主人公が耳舐めを楽しみながら射精できるように
オナニー自体はシコシコボイスをほぼ一定のリズムで刻む程度に留め
その代わり片方あるいは両方の耳を丁寧に舐め続けます。
そして定番のものからやや変わったものまで舐め方を取り揃え、後になるほど刺激を強くしていきます。

穏やかなお姉さんが耳舐めしながらオナニーをリードするノーマル向けのシチュ
シコシコボイスとセリフを分離して耳舐めオナニーする重厚な作り
後になるほど耳舐めとエロさをゆっくり上げていくスローな展開。
作品の特徴である「耳舐め」と「スローオナニー」をそのまま組み合わせたサービスを行います。

072LABOさんは以前の作品でステイフィールドなどの独自ルールを設けてたので
今作も複雑な内容なのかなと聴く前は予想してました。
ですが実際は他のサークルさんでもやられてるスタンダードなオナサポに近いです。
シコシコボイスに従ってオナニーするだけですから本当に誰でもできます。

エッチは単調さや緩いスタイルを受け入れられるかどうかで満足度が大きく変わるでしょう。
シコシコボイスは最後の最後までほぼ一定ですし
耳舐めもパートごとに多少変わるものの基本的にはエロさ控えめです。

射精シーンは1回。
ちゅぱ音大量、淫語・くちゅ音・喘ぎ声そこそこです。

CV:森野りりかさん
総時間 1:23:56(本編…1:18:47 PR音声…5:09)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年2月3日まで50%OFFの550円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

↑このページのトップヘ