同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:オナサポ

   ● サキュバスお姉さんのしこしこレッスン
   ● 【オナニー実演】羽丘蛍、新しい玩具に連続絶頂に挑戦!&リスナー様の挑戦「蛍の手コキ、フェラに耐える!」そしてご褒美射精♪
   ● 深部まで感じる耳舐めセラピー【バイノーラル】
   ● 痴女っ子に寸止め射精管理されちゃう「快楽地獄の二丁目」
   ● 妹と乳首オナニーれっすん☆ドライオーガズム特化型エロ音声~チクニー無しでは生きられないメスイキボディにしてあげる~
   ● 意地悪なお姉さんの超変態完全オナ指示 あなたのオナニーで私を楽しませなさい♪
   ● お姉ちゃんがやさしくオナニーのお手伝いしてくれました。
   ● 危険度MAX!? ドSお姉様による禁断の露出オナニー調教
   ● ~おち○ぽ耐久テスト~委員長の厳しいオナ指示で射精する快感
   ● 音声で手コキ 射精はゲームオーバー★快楽我慢ゲーム「早漏遺伝子滅亡計画1」~優しいお姉さんからの攻撃に耐え、射精を我慢せよ~


サキュバスお姉さんのしこしこレッスン

サークル「すたじお ちぇりー」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、エッチ大好きな色っぽいサキュバスが
催眠を交えたオナサポで男性からより良い精液を吸い取ります。

催眠は深呼吸を多めにやりながら手足を中心に軽く脱力し
エッチは媚薬のイメージで心を、焦らし重視の指示で体を盛り上げるなど
サキュバスから連想される激しさ、過酷さを極力取り除いたマイルドなサービスをします。
優しく搾り取ってあげる
サキュバスに催眠をかけられ目の前でオナニーするお話。

「さぁ これから とっても気持ちのいい世界に あなたをご案内します」
サキュバスは穏やかで色っぽい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明し主人公に挨拶すると
裸になってベッドに寝かせ、室温の確認をさせてからお話を始めます。

本作品はいかにも大人の女性といった雰囲気のサキュバスが
およそ50分に渡って催眠を施したりオナサポ系のエッチをします。
音声作品におけるサキュバスはハードな調教や連続射精など過酷なエッチをするケースが多いですが
彼女の場合は射精シーンを1回まで絞り込み、それに向けて少しずつ準備を整えるスタイルで進めます。

サークルさんが「まったりと支配されたい方におすすめ」とおっしゃられてる通り
ややMあたりをメインターゲットにした緩い内容です。
催眠誘導も癒しにかなり寄ってますし、心身にあまり負担をかけずに聴けるでしょう。

注意事項を説明した後から始まるtrack02はドラマパート(約10分)。
サキュバスが自分のことやこれからするエッチの内容を説明し
さらに彼女とエッチしてる様子を軽くイメージさせて期待と興奮を煽ります。

「私の肌は 指に吸い付いてくるように柔らかく 触っているだけで とても気持ちがいい」
彼女には相手が理想とする女性の姿になる能力があるらしく
魅力的な肢体、瑞々しい肌、そして積極的なアプローチで彼を軽々と骨抜きにします。
催眠の技術と呼べる要素は特に見られませんが、聴き手を乗り気にさせることを狙ったのだと思います。
声がとてもエロいので軽く勃起する人もいるでしょうね。

催眠はおよそ11分間。
仰向けに横になって軽く天井を見つめてから目を瞑り
彼女の合図に合わせて深呼吸したり主に手足を脱力して心身を落ち着けます。
そして最後にカウントを数えて一旦目を覚まし、もう一度数えて再び催眠状態に戻します。

「息をするたびに 体から力が抜けていく」
「あなたの体から抜けたものが 私に吸い取られていく」

すたじお ちぇりーさんは深呼吸に力を入れる傾向の強いサークルさんで
本作品でも催眠中はほぼずっと続けながら力が抜ける暗示を入れます。
しかしそちらを頑張るあまり時間に対する暗示の量が少なく
リラックスできても一定以上の催眠状態に入るのは難しくなってます。

短時間で落とすのならむしろ通常より多くしたほうが無難です。
暗示を入れるタイミングも数セットごとに吸う時、吐く時両方にしてますし
作品の構造や流れに合った誘導を組み立ててほしかったです。

王道の技術を組み合わせたごくごくシンプルな催眠です。
聴き手に心地いい感覚を与え、エッチでサキュバスの言いなりになれる環境を整えることを目的に
深呼吸を中心に据えつつ最初はパーツを絞った脱力、次はカウントを絡めた揺さぶりと
催眠音声ではよく見かける技術だけを組み合わせて進めます。

私も別に技術がありきたりなことに対して文句を言う気はありません。
ですが全体の流れ、技術の使い方、暗示の表現と入れ方など
催眠を構成する色んな要素が必要最低限の水準に達してないと思います。
私が聴いた時も軽く脱力した程度で催眠に入った感覚はほとんどありませんでした。

前作「催眠いもうとのリラックスフェラチオ」の時にも書いたのですが
短い時間で催眠を施すには普段と違うやり方にするのが望ましいです。
具体的には暗示を厚めに入れる、表現や入れるタイミングをとことん磨く、脱力と深化を並行して行うなどです。

30分かけて誘導するならこの内容でも特に問題はありません。
でもたった11分でこなすとなるとハンデを補う技術と工夫が要ります。
そのどちらも見られないのが残念です。
言葉で制御する焦らし系のエッチ
エッチシーンは19分30秒間。
プレイは媚薬注入、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
音声開始時から裸で聴くため服を脱ぐ指示は出ません。

「おちんちんが だんだん勃起して 射精したくて堪らなくなり オナニーでも何でもいいから 今すぐ射精したくて堪らない そんな風になってしまうお薬です」
催眠を使って主人公の心を赤ちゃんのように無垢にしたサキュバスは
口を開いて舌を突き出させ、そこに特製の媚薬を塗りエッチな気分を高めます。

エッチは彼女に言われた通り手を動かします。
最初の7分間はオナニーを始めるまでの準備にあたるプレイ。
媚薬を飲むイメージと並行して感度が上がる暗示を入れ、その後軽くオナニーの練習をします。

「ほら どんどん どんどん 私の声を聴くたびに おちんちんが どんどんむずむずしてくる」
エッチに入ってもサキュバスは引き続き穏やか。
舌から入った媚薬を首→背中→股間と移動させ、そのたびに言葉で感覚を伝えようとします。
催眠が非常に軽いので暗示の効果が出る可能性はあまりないでしょうけど
彼女の色っぽい声につられて興奮する人は普通にいると思います。

続くシーンでやるのはもちろんオナニー。
彼女が事前に教えたふたつのキーワードに合わせて開始と停止を繰り返し
ある程度性感が高まったところで許可を出して射精に導きます。

「さっきも言った通り 最後までイってはいけません ギリギリのところで あなたの手は止まります」
彼女は彼の精液を美味しくいただくためにこのプレイをリードしてます。
だからすんなり射精を許さず小まめにストップをかけ
さらに「最低」と言ったり自分とSEXしてるイメージをさせて心のほうも盛り上げます。
寸止めと呼ぶほど厳しくはないものの焦らし系のプレイなのは間違いないです。

しかし、12分30秒あるこのシーンのうち純粋にオナニーできる時間は僅か4分しかなく
さらに最初の8分30秒間は開始の合図を出してから10秒以内にストップさせるのがほとんどです。
そして残り4分のうち2分を固めてオナニーさせ、最後のストップをかけてから1分後に射精の許可を出します。

要はおちんちんを普通にしごける時間がものすごく少ないんです。
男性の性感は熱しやすく冷めやすいですから、ある程度継続して刺激を与えないと射精するのは難しいです。
例えばこれがエッチ開始直後からオナニーの指示を出し、それと並行して媚薬を飲むイメージをさせてたら
体は温まるし心も後になるほど盛り上げることができたでしょう。
そして今よりもストップの回数を減らし寸止め気味に進めてれば一応射精まで持っていけたと思います。

今の作りでは超がつくほどの早漏でもない限り時間内に射精するのは困難です。
やり方にこだわるあまり肝心の実用性を著しく下げてしまってます。
催眠パートと同じく限られた時間内で何を優先すべきか考えてプレイを組み立てて欲しかったです。
コンセプトは面白いのだが…
サービスよりもサキュバスのキャラが特徴的な作品です。

サキュバスは主人公からできるだけ良質な精液を搾り取ろうと
ご主人様よりも近所のお姉さんに近い優しい態度で接し、色っぽい声や態度で誘惑します。
そして心を掴んだ後はオナサポ形式で精液を熟成させます。

妖艶さやエッチに対する積極性などプラスの部分だけを持ってるサキュバスのキャラ
全体を通じてゆっくりのんびり進める緩いスタイル、そして暗示よりも指示でコントロールするエッチ。
M以外の男性が無意識的に拒絶しそうな要素を極力排してまったり進めます。

「私のおまんこに入れてるところを想像して シコシコしましょうね」
彼女は厳しく縛りつけても精液の質は上がらないことをわかってるのでしょう。
だから多くの男性が魅力を感じるように語りかけ、エッチも心身に負担をかけずに若干の意地悪をします。
赤ちゃん言葉とかは使いませんけど保母さんっぽさを確かに感じます。

サービスについてはこれまで書いてきたことからもわかるように色んな問題を抱えてます。
催眠の効果が薄いこと、エッチが実際に抜ける作りになってないことが主に挙げられます。
そしてこうなったそもそもの原因は時間と内容のバランスが取れてないからです。
短いなら短いなりにできることがあるのに、より長い時間の感覚でサービスするから品質が下がるんです。

例えば一番最初のドラマパートをまるまる催眠に割り振ってたらずっとかかりやすくなったはずです。
あるいはここを予備催眠扱いにして現代催眠の技術などでさりげなく暗示を入れてもよかったでしょう。
エッチも20分あるのだからしごく時間をもっと長く取ればずっと充実したものになったはずです。
そういった様々な可能性や選択肢があるのに今のスタイルを押し通してるのが私には納得できませんでした。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:かなせさん
総時間 49:13

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点

サキュバスお姉さんのしこしこレッスン
体験版はこちらにあります

追記
ページがうまく表示されない場合は以下のコメントご覧ください。
http://doonroom.blog.jp/archives/36419653.html#comments

作品自体の点数は3点。
49分で100円とコスパがいいので+1してあります。

【オナニー実演】羽丘蛍、新しい玩具に連続絶頂に挑戦!&リスナー様の挑戦「蛍の手コキ、フェラに耐える!」そしてご褒美射精♪

サークル「二次元見聞録」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくて優しい癒し系の声優さんが
自宅でおもちゃを使ったオナニーや疑似プレイに挑戦します。

オナニー実演にある程度のオナサポ要素を加えた珍しい構造になっており
最大の武器である生々しい声や音をふんだんに盛り込みつつ
前者は女性が乱れ絶頂する姿、後者は彼女に見られ責められるシチュで射精を応援します。
オナニーとオナサポを実演形式で
羽丘蛍さんが色んなエッチをするお話。

「羽丘蛍です この作品をお手に取っていただきありがとうございます」
蛍さんは明るくて穏やかな声の女の子。
音声を聴いてる人たちに挨拶とお礼を言うと
年齢、髪型、体型など自分のプロフィールを丁寧に話します。

本作品は男性のオナニーに役立つオカズをたっぷりお届けするために
彼女がおよそ70分をかけて実演形式のプレイに取り組みます。
実演と言えば女性のガチなオナニーに焦点を当てたものが多いです。
しかし本作はその部分を残しつつ聴き手もエッチに参加できるように作られてます。

「しーこ しーこ こんぐらい? どうかな? ふふっ 気持ちいい?」
具体的には音声の中盤と終盤に疑似手コキと疑似フェラをするパートを用意し
彼女が愛用のバイブを実際にしごいたり舐めてオナニーをリードします。
聴いた限りではプレイ中のセリフはアドリブっぽく本家のオナサポ音声ほど緻密なサポートはしませんが
後になるほどペースを上げてシコシコボイスを言ったり、聴き手に直接語りかけてそれらしさを出してます。

またこれらのパートは射精を我慢できた場合と暴発した場合で分岐し
後者の場合はこちらを軽く見下す言葉責めをしてくれます。
他にもカウントを数えて射精のタイミングを合わせやすくするなど使い勝手を考えてプレイを進めます。

「今回使用する新しいおもちゃというのが じゃじゃーん! これです」
もうひとつの柱にあたる実演オナニーはおもちゃを使ったプレイをメインに据えてます。
タイトルにもなってる新しい玩具はTENGA製ローターのことで
オナニーするすべてのパートで登場し彼女のおまんこを執拗に刺激します。

実演ですから当然効果音も入ってますしクリトリスに当てるとエロ可愛い声を漏らし始めます。
AVのように激しく喘ぐことはほとんどなく、絶頂時に少し大きな声を上げる程度の控えめな乱れっぷりです。
ですが彼女の興奮具合によって自然に変化する息遣いや最中の反応が生々しく十分なエロさを持ってます。
実演だからこそ演技との違いをはっきりさせたオナニーをしてくれます。

「雰囲気…ですね んーなんか話しかけやすいとか まあ見た目で言うと童顔だねと言われることが多いかなー ふふっ」
これらに取り組む蛍さんは何事にも前向きな癒し系キャラ。
自分のオナニーを他人に聴かれることに対してあまり緊張した様子を見せず
むしろ心置きなく楽しんでもらえるようにすべてを曝け出しながらエッチします。

今の服装、姿勢、心情などを細かく教えてくれるおかげでプレイの様子をイメージしやすく
初めて使うおもちゃの快感に戸惑う姿も可愛らしいです。
サービスしようとする気持ちが色んなところから伝わってくるので後ろめたさを感じることなくオナニーできます。
音とシチュで興奮させるエッチ
エッチシーンは8パート69分間。
プレイはローターオナニー、指オナニー、疑似手コキ/耳舐め/フェラ、乳揉み、バイブオナニーです。
ローターオナニー、指オナニー、疑似手コキ、バイブオナニーの際にリアルな音が鳴ります。

「じゃあ早速 このHINAZAKURAちゃんを使っていこう」
挨拶を終えて今回使用するおもちゃを取り出した蛍さんは
下半身だけ裸になり脚を開いてまずは一番弱いパワーでクリトリスに当ててみます。

エッチはどのプレイも彼女が実際に体を張って行います。
最初の2パート22分間は実演の王道とも言えるオナニー。
初めはHINAZAKURAを使ったクリオナ、次は指でおまんこをかき回しながらそれを使うプレイとスタイルを変え
どちらも1回の絶頂を目指してひたすら自分を慰めます。

「優しいのがいい最初優しいのがいい あっ 最初優しいやつ? 強いの怖い」
「クリトリスをっ つまむような感じのローターだからっ…あぁっ 気持ちいい」

彼女はオナニーの時にバイブをよく使うらしくローターはあまり慣れてません。
だから最初は性能を確かめる感じに恐る恐るオナニーします。
そしてある程度理解した後はパワーを調整しつつより踏み込んだプレイを楽しみます。

「イクっ イグイグイグイグイグイグ…ぐぅっ あぁっ はぁっ」
今どんな風に責めてるかや何を思ってるかを話しながらエッチするので
熱っぽい吐息や喘ぎ声だけをひたすら漏らすシーンは少なめです。
ですが後に進むにつれて彼女が明らかに興奮してるのがわかります。
絶頂時の反応も特定の瞬間に弾けるような声を漏らしてとても気持ちよさそうでした。

もうひとつの「くちゅくちゅ生録音! 」はおまんこを指でかき回す音が魅力です。
ローションよりもサラサラした水音が近い位置から鳴り続け
それと同時に彼女が自分の性癖を暴露してくれます。

続く3パートは打って変わってオナサポがメイン。
最初は手コキのみ、次はそれプラス耳舐めで2回連続の射精へと導きます。

「想像して? 蛍におちんちんシコシコされて 気持ちいいって 想像して」
音の品質はオナニーに引き続き良いのですが、どちらも心への責めが弱く
オナサポ音声として使うにはもう少し興奮できる要素が欲しいなと感じました。
言葉責めや見られる快感を煽るアプローチなどセリフも積極的に使ったほうが抜きやすくなったと思います。

自分の反応をそのまま音に収める実演オナニーとは違い
オナサポは相手がどうすれば喜ぶかを見据えてプレイを組み立てる必要があります。
蛍さんにそこまでアドリブでお願いするのはさすがに酷だと思います。

彼女が自分で効果音を出してる時点で実演の条件は一応クリアしてますから
このシーンはある程度のシナリオを用意したほうが良かったのではないでしょうか。
オナニーとオナサポで品質に大きな差が出てしまってるのが残念です。
ただし、エッチシーンの一番最後でやる疑似フェラだけはちゅぱ音主体でかなりエロかったです。

最もハードなプレイが登場するのは終盤の「連続イキに挑戦!」パート(約13分)。
名前の通りローターとバイブを使ってノンストップの連続絶頂に挑みます。

「んんっ んっ んっ んっ これ続けてたら すぐイっちゃいそう」
序盤のプレイと被らないようにここではFカップのおっぱいもいじり始め
1回戦と2回戦で体勢やいじり方を変えつつ熱い吐息や切ない喘ぎ声を漏らします。
2回戦でバイブをおまんこに入れるシーンがあるのですが、挿入後に効果音が低く鈍くなるのが生々しくて良かったです。
時間に対する絶頂回数の多さも相まって個人的には本作品で一番抜けるパートだと思います。

このように、パートによって内容やスタイルを切り替える変化に富んだエッチが繰り広げられてます。
ハイブリッドな作品
従来の実演と聴き手を責めるプレイを融合させた珍しいタイプの作品です。

明るくてサービス精神旺盛な蛍さんが、実演の王道とも言えるオナニーはもちろん
聴き手を相手に見立てた疑似プレイにも挑戦します。

実際にやってるからこそ出せるリアルな声や音、おもちゃ責めを中心にしたオナニー
そして2種類のプレイをしながら射精を応援するオナサポ。
実演の長所を残しつつ新しい要素を取り入れて既存作品との違いを出してます。

「楽しめましたかね? ふふっ 録っている本人はすごく楽しく収録したので」
これらを行う彼女の存在も大きいです。
実演は出演者の人柄が作品全体に強く影響を与えるので
本人があまり乗り気でないとプレイがぎこちなかったり雰囲気が暗くなることがあります。
だから彼女は最初の段階からこのエッチを楽しむ姿勢で取り組みます。

機械を使ったオナニーなのでそこまで激しく動くシーンはないものの
少しずつ熱を帯びる息遣いや割合が徐々に増えていく喘ぎ声がその様子をわかりやすく物語ってます。
AVをよく観る人が聴いたらおそらく大人しいと感じるでしょう。
でもあからさまに見せつける(=演技の)オナニーをしてないからリアリティはずっと増してます。

エッチはオナニーシーンはバイノーラルでない点を除けば言うことなしです。
ですが中盤に行うオナサポは改善の余地があるかなと。
簡単に言えば音は良いのだけどセリフが弱いです。
ここをサークルさんがシナリオで補っていれば随分変わったのではないでしょうか。
もしくは最終パートのようにちゅぱ音特化のプレイで固めるとかですね。

絶頂シーンは蛍さん4回、聴き手3回。
くちゅ音(おもちゃの音含む)多め、喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語とちゅぱ音そこそこです。

実演作品の新しい可能性を見せてくれた作品です。
おまけはカウントダウンボイス4種とNGです。

CV:羽丘蛍さん
総時間 1:37:21(本編…1:34:19 おまけ…3:02)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

深部まで感じる耳舐めセラピー【バイノーラル】

サークル「すたぁぱれっと」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、甘い声と世話好きな性格を持つセラピストが
長時間に渡る様々なサービスで疲れた男性の心と体をリフレッシュします。

耳舐めを中心に据えた濃厚かつ愛のこもったご奉仕が繰り広げられており
セリフをほとんど挟まず色んな方法で耳をひたすら舐め続けたり
声の印象とはやや違うエッチな責めや乱れっぷりで興奮と射精を後押しするなど
女性に甘やかされる、尽くされる気持ちよさと幸福感をたっぷり味わわせてくれます。
耳と心にたっぷり癒しを
癒しセラピストの澪(みお)から色んなサービスを受けるお話。

「はじめまして 本日お客様を担当させていただきます 澪と申します」
澪は甘く可愛い声の女の子。
来店したお客に挨拶しサービスのコンセプトを説明すると
彼の体を軽く触ってどこが特に疲れてるかを探ります。

本作品は仕事や日常生活で溜まった疲れとストレスを吹き飛ばすために
彼女がおよそ2時間に渡って癒しとエッチなご奉仕をします。
癒し系ですが非エロよりもエッチシーンのほうがずっと長く
パートごとにメインのプレイを切り替えながらエッチな声や音を積極的に流して興奮を誘います。

「唇ではむはむってされるのどうですか? もっとしてあげますね」
そして彼女はその至るところで耳へのケアを意識しながら進めます。
耳舐めが本編だけで49分、おまけを合わせると70分もあり
唇で挟み甘噛みする、舌で耳の内側を舐める、穴の入口を小刻みにほじるなど
ちゅぱ音の質感、近さ、力強さ、ペースを適度に切り替え舐められる感覚をリアルに味わわせます。

非エロパートも耳のお世話に特化してますし、この手のサービスが好きな人ほど楽しめるでしょう。
作品の前半はセリフよりも音がメインになってますからリラックスや安眠にも役立ちます。

「なんだか 大好きな人とお家デートをしてるみたいです」
もうひとつの魅力は彼女のキャラ。
口調は店員らしく丁寧ですが態度は恋人に近く、思ってることを素直に伝えて安心感を与えたり
エッチでは清純な声よりもずっとエロい姿を見せて男心をくすぐります。

一番最初のトラック1では多少の距離を感じるのですが
耳舐めが始まるトラック2から徐々に打ち解けてあまあまなやり取りをするようになります。
そして終盤のトラック5ではほぼ恋人同士と言っていいくらい濃厚な絡みを聴かせてくれます。
「とことん尽くす」と表現するのがピッタリな愛のあるエッチで抜き性能も高いです。

軽いやり取りを終えた後に始まる最初のサービスはマッサージと耳かき(約19分)。
前者は耳、首筋、鎖骨など上半身をアロマオイルを塗った手で揉みほぐし
後者は膝枕で左耳→右耳の順に綿棒を使ってお掃除し、最後に少しだけ息を吹きかけます。

「ベルガモットは 神経をリラックスさせる作用があって ストレスを緩和にも効くと言われているんですよ」
「すりゅっ」という滑らかで控えめなマッサージ音はもちろん、オイルの入ったボトルを振る音も入っており
お世話する部位に応じて音の位置や動きも変化するリアルなものです。
そして効果音の合間に健康知識を披露して澪のプロらしさを出してます。

続く耳かきも「すすっ」というやや引っかかりのある滑らかな音を
耳の外はやや遠くクリアに、穴の中は近く低く鈍くと質感を大きく変えて鳴らします。
洗浄液に浸さないので乾燥度の高い音でした。
音だけが流れる時間を多く用意し、セリフごとの間を長く取ってゆったりした雰囲気を作り上げてます。

専門店ならもう少し特別なことをして欲しい気もしますが、サービス自体はどちらもレベルが高く安心して聴けます。
「~します」みたいな説明のセリフをほとんど入れてないのも自然で良いです。
異なる特色を持つ甘いエッチ
エッチシーンは4パート88分間。
プレイは耳舐め、乳首責め、フェラ、手コキ、玉揉み、玉舐め、パイズリ、オナニー、足コキ、SEX(対面座位)、キス、乳揉みです。
手コキ、パイズリ、オナニー、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

「では 今までよりもちょっと刺激的になりますが あなたのお耳を 舐めていきたいと思います」
プロならではの手際のいいマッサージと耳かきでお客をリラックスさせた澪は
いよいよ体を寄せて左右の耳を個別にじっくり舐め始めます。

エッチは一部を除き彼女がご奉仕する形で進みます。
一番最初のトラック2は本作品の売りである耳舐めに特化したパート(約38分)。
音声開始から30秒後には早速左耳を舐め始め、セリフをほとんど挟まずに30分ほど続けてから
今度は指を使った乳首責めを加えてエッチな気分を徐々に高めます。

このパートだけで36分間も舐め続けるので耳舐め好きな人は重宝すると思います。
舐め方についても聴き手が飽きないようにある程度経ったら変化させてます。
パート内に射精シーンがない、つまり追い込むタイプの耳舐めではないので
音の感じは18禁よりも15禁に近いまろやかで上品なものでした。

舌でぐりぐりされた時や吐息を漏らした時に耳へ心地いい刺激が伝わってきます。
露骨にエロい音を鳴らしませんし、性的興奮よりも癒しや眠気を感じる人のほうが多いのではないかなと。
彼女がほとんどしゃべらないのも大きいです。

本格的なプレイが登場するのはその次から。
トラック3はフェラ・手コキ・パイズリ、トラック4はオナサポ&足コキとプレイを切り替え
そこに耳舐めを交えながらどちらも1回の射精に向けて澪が責めたり指示を出します。

「全身の力は抜けたようですけど 下半身の…お、おちんちんが 熱く硬く立ち上がってますね」
これまでのサービスでお客の疲れがある程度取れたと判断したのでしょう。
淫語を恥ずかしそうに言う初々しい姿とは裏腹に下品なちゅぱ音や効果音を鳴らして積極的にリードします。
耳舐めパートの直後にここのフェラを聴いたらそのエロさに軽く驚くのではないでしょうか。
清楚な印象のキャラだからこそ落差があって余計股間に響きます。

「その…パンパンに膨らんだ陰嚢をいじってるうちに舐めたくなりまして よかったら舐めてもいいですか?」
彼女がプレイの合間におねだりしてくるのがいいですね。
完全女性上位のプレイを腰の低さで中和しご奉仕色の強いエッチに仕上げてます。
そして女性に尽くされるシチュがマッサージや耳かきとは別の癒しを与えてくれます。
エロさを出しつつきっちり癒す方向で進めてるところが実に素晴らしいです。

トラック4のオナサポは開始と射精の合図以外は大まかないじり方を指示する程度で
シコシコボイスを使ってペースや強さを細かく設定することはありません。
あんまりガチガチに縛るとM性が強くなってしまいますし、作品の雰囲気に合わせて緩くしたのではないでしょうか。
その代わり彼女に見られてることを意識させて羞恥心を軽く煽ってくれます。

ちなみに耳舐めはトラック3が5分、トラック4は4分と少なめです。
トラック2でがっつりやった後も耳舐めメインだとどうしても流れが単調になりますから
パートごとの特徴をはっきり持たせた今の作りのほうが聴いてて楽しいし抜けると思います。
長時間作品にありがちなマンネリ感の解消に気を配ってるのも本作品の魅力のひとつです。

最も盛り上がるのは最後のトラック5。
これまでのエッチですっかり発情した澪が自らSEXをおねだりし、ベッドに座った彼の膝に乗る体勢で深く繋がります。

「んんっ あぁぁ 私のおまんこ 熱く潤んでいたのに おちんちんを入れるときゅうきゅうと 狭くなっちゃいます」
「ねぇ せっかくですから 私達もキスをしましょうか」

今までとは違い彼女も責められる側に回るため喘ぎ声や熱っぽい吐息の割合が一気に増え
さらに挿入開始から終了まで2分もかけたり、亀頭と子宮口を密着させながらキスするなど
お客と店員よりも恋人同士と呼んだほうがしっくりくるあまあまラブラブなSEXを繰り広げます。

パート後半に入ると彼が責めるシーンもありますし、彼女の乱れる姿がメインの抜き要素となってます。
ピストン音が手コキっぽい音でペースが速く、動きもSEXにしては小刻みなのだけが残念ですが
喘ぎ声と息遣いがどちらもエロく、おねだりも適度にしてくれて愛されてる気分を味わいやすいです。
最後も精液を全部おまんこで受け止めるなど、彼を心の芯から癒すために自分のすべてを捧げます。
喘ぎ声を優先した影響で耳舐めは約4分と短めです。

このように、文字通り全身を使ってご奉仕する心のこもったエッチが楽しめます。
存分にもてなす作品
優しい女性が最初から最後まで尽くす幸せいっぱいな作品です。

澪は何らかの事情で疲れを感じてるお客をスッキリさせようと
体だけでなく心へのケアにも気を配りながら多種多様なサービスを行います。
そして前半は音重視、後半はキャラや会話重視と方向性に明確な違いを持たせ
さらにパートごとに別の癒しや興奮が得られるように進めます。

総時間の4割以上もの長さに渡って行う重厚な耳舐め
後になるほど堅苦しさがなくなり親密度が増す心の距離を大事にしたエッチ
そして主導権を握りつつ自分を下に置いてご奉仕する彼女の謙虚さと健気さ。
時間が十分ある状況を活かしてサービスのコンセプト、エッチの内容、キャラといった
音声作品を構成する各要素に個性や魅力を持たせてます。

「気持ちよさそうなお顔 愛おしくて堪りませんでした もっともっと癒してあげたいって気持ちが強くなって」
彼女は年下系の声や容姿とは違って強い母性を持っており
サービスの最中に彼が反応したり安らいだ表情を見せるたびに喜びます。
そういった彼の可愛さにほだされて最後に大胆なSEXをしたのだと思います。
二人の仲の良さに合わせてサービスを変えていくのが印象的でした。

もうひとつ個人的にすごくいいなと思ったのが耳舐めにそこまで固執してないことです。
タイトルや説明文の通り耳舐めが本作品最大の魅力なのは間違いありません。
実際のところトラック2は本当に耳舐め尽くしです。
でもトラック3以降の3パートはその割合を敢えて減らし、射精に直結するプレイや彼女の優しさに力を入れてます。
そして耳舐め好きでも満足できるように不足分をおまけで補ってます。

この作品を聴く人は耳舐め好きが多いでしょうから、そのニーズに応えるのが望ましいです。
でも何でもかんでも耳舐めを優先してたらどのパートも同じようなプレイになってしまいます。
これらふたつのバランスを考えて作品を組み立ててるので2時間ぶっ通しでも全然だれずに聴けました。
耳舐めをがっつりやるパートとあまりやらないパートをはっきり分けてメリハリをつけてます。

絶頂シーンはお客3回、澪1回。
ちゅぱ音多め、淫語・くちゅ音・喘ぎ声それなりです。

女性の優しさや温もりを強く感じながら癒され、抜ける作品です。
おまけも合わせて137分のボリュームで900円ならコスパも申し分ありません。
以上を踏まえて本作品をサークルさん初の満点とさせていただきました。

おまけは「ねっとり両耳舐め」です。

CV:神楽琴美さん
総時間 2:17:37(本編…1:57:10 おまけ…20:27)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパがいいので+1してあります。

痴女っ子に寸止め射精管理されちゃう「快楽地獄の二丁目」

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、明るくてSっ気の非常に強い女の子が
何らかの事情で知り合った男性に過酷なオナサポをプレゼントします。

10から1までカウントを数え、少なくなるほどオナニーのペースを上げさせたり
射精を我慢できなくなったら任意で手を止め、彼女のキーワードを聞いたら再開するなど
独自のルールに従いながらおちんちんをたっぷりしごかせます。
かなり意地悪なアプローチを仕掛けてきますから、それに耐えられるドMな人にのみおすすめします。
ドMなあなたに地獄の苦しみを
痴女っ子の指示に従ってオナニーするお話。

「ねぇお兄ちゃん お兄ちゃんは今日もオナニーするの?」
痴女っ子はおっとりした明るい声の女の子。
これからオナニーしようとしてる主人公に声をかけると
自分が普段他の男子にしてるエッチなゲームを提案します。

本作品は普通のオナニーでは満足できないM男に地獄の苦しみを与えることを目的に
彼女がおよそ1時間に渡ってエッチな命令を出し続けます。
彼のことをお兄ちゃんと呼んでますが血の繋がりはないらしく二人の関係は不明です。

オナサポのルールは大きくふたつ。
ひとつめはカウントに合わせてオナニーのペースや強さを切り替える
ふたつめは聴き手が特定のタイミングでオナニーをストップできるです。

「私が言う数字が聞こえたら お兄ちゃんは その数字に設定したスピードでシコシコシコってするんだよ」
前者は彼女が10から1までの数字を宣言し、数が少なくなるほど射精に近づくよう自分を追い込みます。
シコシコボイスでリズムを取ったりはしないのでしごき方はほぼ聴き手任せです。
またストレートに数え下ろすシーンは少なく、5→1→5みたいに数字を飛ばして落差のある刺激を与えようとします。
休憩時間もほとんどありませんから肉体面の責めは相当にハードです。

「あのね 0って言う前に射精しそうになったら手の動き止めて チンポを支えるだけにするの」
後者は早漏な人でもこのオナサポを楽しめるようにする救済措置。
射精がどうしても我慢できなくなったら聴き手側の判断でオナニーを止めることができます。
そして彼女が「ヘンタイ」と言ったら再開し、例え射精寸前でも最低1回はしごく必要があります。
完全に楽をさせるのではなくあくまで緊急回避の手段です。

一見すると優しく思えるでしょうが、これは裏を返せば何度も寸止めを繰り返すことを意味します。
一部のシーンではヘンタイを何度も言って半ば強制的にしごかせますし
射精寸前の状態をできるだけ長く維持させるための手段として用いてます。
ギブアップできないルールのせいでむしろもどかしく感じるのではないでしょうか。

こういったルールは最初に7分くらいの時間を割いて彼女が丁寧に教えてくれます。
他にも作品独自の珍しいプレイが登場するなど、一般的なオナサポに独自性を加えたサービスが楽しめます。
絶対に射精させない過酷なエッチ
エッチシーンは6パート59分間。
プレイはオナニー、耳舐め、パンツを穿く、フェラ、擬似SEXです。
擬似SEXの際に効果音が鳴ります。

「じゃあ 練習も兼ねて勃起させていくね」
主人公の同意を取りつけないままオナサポの開始を宣言し、ルールを説明した痴女っ子は
手始めにズボンだけを脱がせパンツの上からおちんちんをゆっくりいじらせます。

エッチは終始彼女に言われた通り手を動かします。
最初の2パートは準備運動と呼ぶのがピッタリな焦らし重視のプレイ(約18分)。
「勃起準備パート」はルール確認も兼ねてゆっくりペースでしごき
「耳舐め焦らしパート」はペースを若干上げて耳舐めを加えます。

「10はかなりゆっくりだよ しーーーこ しーーーこって ゆっくり動かすの」
「お兄ちゃんのチンポ パンツの中でどうなっちゃってるのかなー ヘンタイ」

まだ始まったばかりということでそれほど厳しい責めはしてこないものの
彼女は早速決められたルールに則って彼の射精をコントロールします。
この後のパートも含めて本作品のエッチは言葉責めを少なめにして
その代わりカウント、命令、キーワードをタイミングよく言うことに力を入れてます。

直に触れないので気持ちいいよりもどかしい感覚のほうが強いでしょうね。
パンツを脱ぐ指示は耳舐め焦らしパートの終盤あたりにようやく出ます。
耳舐めはカウントを変えるごとに左右を切り替え少しずつ鳴らすだけですし
直接的なエロ要素が少なめで雰囲気が淡白に感じました。

本格的な地獄を味わうのはその次から(約12分)。
「地獄か天国かパート」は5以下のカウントを中心にほぼノンストップでしごかせ
「シンクロSEXパート」は打って変わって彼女との擬似SEXをイメージしながらオナニーに取り組みます。

「休憩しても すぐにヘンタイって言われるからシコシコ再開 ヘ・ン・タ・イ」
地獄か天国かパートはタイトルに関連してるだけあってかなりハードです。
具体的には彼女のセリフに毎回ヘンタイが入り休憩がほとんどできなくなってます。
個人的には言いすぎだと思うのですが、前の2パートが焦らし系だったからわざと落差をつけたのかもしれません。
カウントの平均が低いのも相まって最初の山場と言えます。

「後ろから 私の中に だめぇ」
シンクロSEXパートは今までと違い純粋なエロさで押してきます。
彼女とバックでSEXしてる様子を実況しながらたっぷり喘ぐというもので
効果音も相まって本作品の中では最も抜きやすく仕上がってます。

効果音できちんとペースを取ってくれるのが大きいんですよね。
10はゆっくり、1に近づくほど速く力強くしごくというルールは確かにわかりやすいのですが
そのペースを彼女がほとんど取ってくれないので実際にどれくらいでしごけばいいか悩みます。
このパートはその問題が解消されてるし喘ぎ声も多めで心の興奮を盛り上げやすいです。

終盤の2パートはM性の強いプレイが中心(約29分)。
「虜パート」は最も速い1カウントをひたすら維持する肉体への刺激が最も強いプレイ
「地獄の二丁目パート」は彼女の母親も参加する風変わりなプレイが登場します。

「罰の1に耐えられたから ご褒美の1だよ 嬉しいでしょ?」
この2パートは作品独自の要素が多くなっており
例えば虜パートは数字を使った遊びを取り入れて射精寸前の苦しみを味わわせます。
一部でわがままな命令も出してきますし彼女の意地悪さが引き立ってるなと。
また地獄の二丁目パートでは中盤にこのオナサポを根本から覆す要素が加わります。

どちらにも言えるのが聴き手に寛容さが求められるということです。
短気な人だと理不尽に思えて萎える可能性があることをご了承ください。
最終目的の射精が迫った大事なシーンでやる気を削ぐアプローチをするのは避けたほうがいいと思います。

このように、ストレートなエロ要素を極力避けつつ体を徹底的に責めるプレイが繰り広げられてます。
複雑なオナサポ作品
ルールだけでなくエッチ開始後の責め方も他にないものを持ってる作品です。

痴女っ子は毎日のようにオナニーを続けてるMな主人公を使って遊ぼうと
オナニーはもちろん、射精の自由も完全に取り上げたうえで色んなプレイを繰り出します。
カウントに合わせてしごき最後まで寸止めを繰り返すハードなプレイ、最中に彼女が度々行う意地悪なアプローチ。
余程のM性がなければ途中で逃げ出すレベルの過酷なオナサポを行います。

このプレイを過酷と呼ぶ理由は純粋にオナニーが激しいのもありますが
それ以上に心を盛り上げられる要素があまりないからです。
数字の宣言やキーワードを言ってオナニーを管理することを目指してるので
ちゅぱ音や喘ぎ声といった一般的なエロ要素や言葉責めの量が少なくなってます。
ヘンタイはよく言いますけど本作品ではキーワード化されてるので言葉責めとは別物です。

良い射精を迎えるには物理的な刺激に加えて心が満たされてる必要があります。
今日あった嫌なことを思い浮かべながらオナニーしても気持ちよくなれませんよね?
終盤の2パートに登場する数字遊びや母親との電話も含めて心への責めを捻りすぎてる印象を受けました。

もうひとつ、カウントでオナニーを制御するルールも今のままではあまり機能してません。
10からストレートに1まで数え下ろす流れならまだなんとかなったのでしょうが
カウントを飛び飛びに数えることが多いのでペースや強さの設定が本当に難しいです。

072LABOさんは前作「早漏遺伝子滅亡計画1」でセリフとシコシコボイスを別に言うオナサポをされてました。
それを本作にも流用すれば今よりもずっとやりやすいものに仕上がったと思います。
あるいは5段階あたりにまとめていれば細かな調整を気にする必要がなくなったかもしれません。

「気持ちいい、抜ける」よりも「難しい、複雑だ」のイメージが強いプレイと私は考えてます。
淫語とちゅぱ音そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅かです。

オナニー自体はがっつりやるので気持ちいいのは間違いないですが、心に多少のしこりも感じる作品です。

CV:御上みみさん
総時間 1:16:00

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

妹と乳首オナニーれっすん☆ドライオーガズム特化型エロ音声~チクニー無しでは生きられないメスイキボディにしてあげる~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな可愛らしい妹が
見られながらオナニーするのが好きなお兄ちゃんに変わったエッチをプレゼントします。

乳首と前立腺をひたすらいじり続けてドライオーガズムを目指すのが最大の特徴で
パートごとに方向性やプレイ内容をある程度切り替えながら
乳輪だけをソフトに撫でる、乳首を指の腹で撫でる、爪で引っかくといったプレイを行い
さらに言葉も使って射精とは違うタイプの絶頂へと押し上げます。
トレーニング要素の強い作品ですから、繰り返し聴くことで少しずつ快感が実感できるようになるでしょう。
妹と一緒に乳首開発
妹の指示に従って乳首&前立腺オナニーするお話。

「いらっしゃい、お兄ちゃん♪ ここはね、あたしと乳首オナニーを楽しむお部屋だよ?」
妹はやや甲高くて可愛い声の女の子。
乳首オナニーでメスイキしたくてやって来たお兄ちゃんを温かく迎えると
これからするエッチのコンセプトや最終目標を説明します。

本作品は男性の隠れた性感帯である乳首をいじって気持ちよくなることを目的に
彼女が1時間近くに渡って3種類のプレイを提供します。
所謂オナサポ系の作品にあたるのですが、少なくとも本編では射精シーンが一切ありません。
それどころかおちんちんには指一本触れずに絶頂を目指します。
(消化不良になった時のためにおまけで3種類の射精パートが用意されてます)

エッチシーンは最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続けることになりますから
乳首を既に開発してる人はもちろん気持ちいいし、そうでない人もくすぐったさとは違う感覚に出会える可能性があります。
いじり方、強さ、ペースといった細かな指示は最初のトレーニングパートまでで
残りの2パートは自由にいじらせながら色々話しかける割と緩いオナサポです。

もうひとつの柱にあたる前立腺オナニーはPC筋を動かして前立腺に刺激を与えたり
エネマグラなどのアナル専用おもちゃを使って圧迫します。
ちなみに催眠音声でよくやられてるドライはエナジーオーガズム(脳イキ)なので
前立腺をいじって絶頂する本作品のドライとはタイプが異なります。

「メスイキする為には地道な乳首開発が大事なんだから あたしと毎日、乳首を弄ってトレーニングしようね」
エッチをリードする妹はいかにも妹といった感じのあまあまなキャラ。
乳首だけで絶頂したいMなお兄ちゃんを見下すどころか愛情を込めて色んな指示を出します。
おちんちんをいじれないハンデを補うために心への責めにも結構力を入れてまして
特に催眠音声を聴いてる人は彼女のセリフに合わせて快感が高まるのを感じるかもしれません。

乳首と前立腺をいじって射精とは違う絶頂を目指す珍しいコンセプト
指示はできるだけ緩くしたっぷりいじるトレーニング要素の強い作り、そして心身をバランスをよく責める妹のリード。
乳首未開発の方でも楽しめるように色々考えて作られてる本格的な乳首オナサポ作品です。
催眠っぽい要素を含んだ独特なエッチ
本編のエッチシーンは3パート55分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニー、PC筋トレーニング、落書き、前立腺オナニーです。
前立腺オナニーの際に少しだけ効果音が鳴ります。

「ほらぁ♪ お耳、舐めてあげるから、乳輪をさわさわしよ~ね」
お兄ちゃんの気持ちを察してすぐさま抱きつき耳を舐めると
妹はそのまま乳首の周りだけをソフトにいじらせてまずは軽く焦らします。

エッチは彼女に言われた通りのオナニーをします。
一番最初の「毎日の乳首開発トレーニング」は乳首開発をする本作品のメインパート(約22分)。
乳輪をいじるところから始まり乳首を指の腹で優しく擦る、爪の先で引っかくなど
後になるほどより強い快感が得られるようにいじり方を変えていきます。

「指先が乳首に触れないようにするんだよ? ほら、触れるか触れないかのフェザータッチでぇ…… 外側から内側に向かって、円を描くように」
そして乳首を今まで一度もいじったことのない人でもこのプレイを楽しめるように
使う指、いじり方、大まかなペースをプレイごとに教えながらのんびり進めます。
ある程度説明してから固めて耳を舐めるスタイルなので乳首オナニーに専念しやすく
軽く吸い上げるような耳舐め音もそれなりのエロさを持ってます。

「乳首の奥がジンジンしちゃうね♪ カリカリするのが気持ちいい…気持ちよくってぇ、とめられない♪」
彼女がプレイ中に催眠暗示っぽいセリフを多めに言ってくるのもポイント。
乳首の気持ちよさがいまいちピンとこない人にも言葉で伝えて応援します。
他にも絶頂シーンで絶頂したフリをしてみるようにアドバイスするなど
単にいじるだけでなくコツも教えて気持ちよくなりやすい環境を整えます。

前立腺が絡んでくるのはエッチ開始からおよそ15分後。
引き続き乳首をいじりながらPC筋の収縮と弛緩を繰り返してドライを目指します。

「乳首の快感と一緒に、前立腺にも意識を集中してみよっか。おしっこを我慢するみたいに、タマタマの奥に力をいれるの」
用をたすときに使う筋肉を動かすだけですから男性なら無理なくできるはずです。
シュワシュワ、パチパチした快感が湧いてくる人がいると思います。
乳首だけではどうしても物足りなくなる体の快感を独自のやり方で補ってくれます。

続く2パートは属性が大きく異なる実践パート。
「ラブラブ乳首オナニー」はノーマル向けの甘いプレイ(約14分)
「マゾ向け乳首オナニー」はM向けのアブノーマル路線なプレイを行います(約19分)。

「右手をぎゅ~~って握ってぇ… 一気に脱力… もう一度、ぎゅ~~って握ってぇ… だらんと脱力…」
「お顔がとろけて、自然とお声が漏れていく… 乳首が気持ちいい… 深く…深く…気持ちよくなっていく…」

前者は乳首オナニー開始前に深呼吸や体の脱力をしたり
プレイ中に暗示とよく似たセリフを最初のパート以上に言うなど、先ほど説明した催眠っぽい要素が最も強いです。
乳首オナニー+ドライは催眠音声だとひとつのジャンルとして既に確立されてるので
サークルさんがそれらをある程度参考にしてこの作品を制作されたのではないかと私は見ています。

ただこれらの暗示はあくまで催眠に入ってるから通用するものでして
素の精神状態でやってもあまり効果は見込めないかなぁというのが正直なところです。
私が聴いた時もそれほど大きな変化は実感できませんでした。

妹すたーさんが催眠音声をよく作られてるサークルさんだったら違う結果になったかもしれませんね。
乳首オナニーの方はトレーニング済みということでほぼ自由にいじらせてくれます。

「もう♪ 乳首の周りに落書きされて感じちゃうんだ♪ ○○って書いたんだけど、ホントのことだよねぇ♪」
後者はドMなお兄ちゃんの性的欲求を満たすために今までとは随分違う責めを繰り出します。
乳首オナニーをする前に油性ペンでとある文字を書かせたり
軽くいじった後にはエネマグラを取り出し彼のアナルへゆっくり挿入するなど完全に変態向けです。
効果音が鳴るのは挿入時だけでその後は動かさずに前立腺を圧迫します。

エネマグラを持ってたら挿入したほうが楽しめるでしょうけど
本作品のメインはあくまで乳首開発ですからPC筋トレーニングでも問題ありません。
乳首や前立腺から感じられる純粋な快感、妹に見下されながらオナニーを披露する精神面の快感。
前の2パートと同じく心身をバランス良く刺激してドライに導いてくれます。

このように、癖のあるプレイをできるだけ親しみやすい形で行うテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
腰を据えて取り組める作品
乳首オナニーを起点にドライオーガズムを味わわせるチャレンジ精神旺盛な作品です。

妹は普通のオナニーどころかおちんちんをいじることにさえ飽きたお兄ちゃんを満足させようと
パートごとに大まかな目標や属性を掲げ、それに合わせた指示やセリフを投げかけます。

最初から最後まで乳首をひたすらいじり続ける尖った作り、それに前立腺オナニーを加えてドライへ持っていく流れ
刺激の足りない部分を言葉でカバーしようとする姿勢。
一人でも多くの聴き手におちんちんとは違う快感を味わわせようとまったりリードします。

「お兄ちゃんにはあたししかいないの♪ あたしだけが、お兄ちゃんを愛してあげられるんだよ♪ だから安心してダメになっていこうね♪」
彼女は彼のダメな部分も含めて愛せる包容力のある女性です。
だからどのパートもどうすれば彼に喜んでもらえるかを考えて進めます。
M向けパートも痛みや苦しみではなく羞恥を与えるプレイを中心に据えてます。
プレイはアブノーマルだけど雰囲気はノーマル寄りで聴きやすいです。

乳首オナニーはいじり方の種類を敢えて減らしいじる時間を長めに取ってます。
説明が中心だと繰り返し聴く時に煩わしく感じるでしょうから
とにかくたくさんいじらせるようにしたのは正解だと思います。

ドライについては残念ながら迎えられませんでした。
元々すぐさまできるタイプのオーガズムではないですし、乳首開発に比べたら存在感は薄めです。
おまけの射精パートできちんとフォローしてくれてるのもあります。
催眠暗示を中途半端に入れるくらいなら普通に催眠誘導したほうがいいんじゃないかなと。

本編の絶頂シーンは5回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

同人音声側では非常に珍しいプレイをうまくまとめ上げてる作品です。
おまけは3種類の射精パートと後日談です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 1:22:37(本編…1:06:51 おまけ…15:46)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

意地悪なお姉さんの超変態完全オナ指示 あなたのオナニーで私を楽しませなさい♪

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声は穏やかだけど性格はかなりSなお姉さんが
屈辱的かつ変態的なオナサポでドMな男性をもてなします。

がに股、四つん這い、ちんぐり返しなど恥ずかしいポーズを取りながらオナニーするのが特徴で
シコシコボイスでペースと強さを指示しながら彼女に見られてることを意識させて羞恥心を煽ります。
ポーズや責めの方向性が異なる3種類の射精シーンが用意されてるのも魅力です。

音声を聴く前にローションをご用意ください(唾液での代用も一応可)。
色んなポーズで恥ずかしいオナニーを
お姉さんの指示に従って変態的なオナニーをするお話。

「こんばんは 今日も私にオナニーの指示 してほしいの?」
お姉さんは穏やかで色っぽい声の女性。
自分にオナニーの指示をされたくてやって来た主人公を温かく迎えると
彼を奴隷人形に見立ててエッチで変態的な遊びを始めます。

本作品は普通のオナニーではもう満足できないM男を気持ちよく射精させるために
彼女が1時間近くをかけて彼のオナニーをコントロールします。
音声開始から30秒後には早速オナニーが始まり、総時間の93%をエッチシーンに割くなど
無駄な部分を削りに削ってじっくりオナニーに取り組みます。

「たとえどんな恥ずかしい体勢でのオナニーを私が命令したところで あなたはその命令に絶対服従 そうよね?」
一般的なオナサポとの大きな違いは恥ずかしいポーズを取らせながらプレイを進めること。
裸のままM字開脚しておちんちんを曝け出すところから始まり
牛や豚のように四つん這いになっておちんちんをしごいたり、終盤にはちんぐり返しをするなど
他人に見られたら社会的に死にそうなことを積極的にさせて性的興奮を盛り上げます。

寝たままオナニーするシーンがないので実際にやると結構疲れます。
寝る前や休日など後に何もすることがない時に聴くのがいいでしょう。
彼女も見られる快感を刺激する言葉責めを投げかけて変態プレイを応援します。

もうひとつの特徴は射精シーンが3パターンあること。
それぞれに違ったポーズと別のシチュを用意し聴き手の好みに合った射精を提供します。
選択肢によっては精飲も絡んでくるので結構ハードルが高いです。
射精後のことを考えてすぐ近くにティッシュを用意してくことをおすすめします。

恥ずかしいポーズを取り、それに合った言葉責めをする変態向けのプレイと幅広い射精シーン。
M~ドMを喜ばせることだけを考えたバランスの良い作品です。
変化に富んだきめ細かなエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる4パート56分間。
プレイはおちんちんの鑑賞/匂いを嗅ぐ、恥ずかしいポーズ、皮オナニー、お尻を振る、カリ首オナニー、亀頭オナニー、疑似SEXオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「そのままの体勢でこすりあげさせても面白くないから…そうねぇ… まずはM字開脚、してもらおうかしら」
全裸になった主人公のみすぼらしいおちんちんをまじまじと観察したお姉さんは
M字開脚の指示を出してからシコシコボイスでゆっくりオナニーさせます。

エッチは最初から最後まで彼女の言う通りに手や体を動かします。
一番最初の本編パートは名前通りメインパート(約40分)。
M字開脚での皮オナニーから始まり四つん這いでの変則オナニー、カリや亀頭に的を絞ったハードなオナニーなど
後になるほど心と体の両方に強い刺激を与える責めを繰り出します。

基本的な流れはまずシコシコボイスでペースや強さを設定し
30秒くらい続けた後は聴き手にそれを維持させて彼女は言葉責めに移行します。
シコシコボイスだけを続けるとやりやすい反面雰囲気がエロくなくなりますから
それを回避するためにシコシコボイスのウェイトを下げてあります。

「急所をあけっぴろげにした サイテーのポーズで サイテーの行為 恥ずかしすぎて顔が真っ赤になっちゃう?」
「どうして舌 しまったままなのかしら? 犬なら犬らしく しっかり舌を突き出してハアハアって情けない顔 晒しなさい」

ポーズに目がいきがちな作品ですが言葉責めにキレがあります。
見られてることを強く意識させ、それでも喜んでる彼のMっぷりを見下し
四つん這いでオナニーする時は家畜に見立てて追加の指示を出します。
お尻を振ったり舌を出してオナニーするあたりはテーマに合ってるし個性的です。

パートの前半はオナニーに対するやる気を出させようと
シコシコボイスのペースを緩めに設定する代わりに心への責めを重視してます。
休憩は少なめですが暴発するほど激しいオナニーではないです。

それが大きく変わるのが後半シーン。
四つん這いを解除して立ち上がり、3本の指を使ってカリを集中攻撃するプレイや
皮を剥いて亀頭を直接いじるプレイに切り替えて射精できる準備を整えます。

「ほらほら もっと敏感な尿道を掌にこすりつけるみたいに しっかりすりすりしなさい」
カリや尿道口といった一際敏感な部分を前半よりも速いペースでしごくことになるので
これまでのプレイを生ぬるいと感じた人も満足できると思います。
射精したくてもできないもどかしさを味わわせる一般的な亀頭オナニーとは違い
本作品ではカリ責めの頻度を多めにして暴発を誘います。

ローションをつけてやってみたら結構厳しかったです。
シコシコボイスの平均ペースは1秒2コキくらいでしょうか。
休憩時間と逃げ道がほぼ無い最もハードなシーンです。

残りの3パートは前項で説明した選択式の射精シーン。
がに股腰振り射精(約7分)、四つん這い射精(約4分)、ちんぐり返し射精(約5分)と異なるポーズを用意し
それに言葉責めやエッチな声を添えて気持ちいい射精に導きます。

「ねえ もっといっぱいついて もっと激しくして 気持ちいいちんぽ いっぱいちょうだい おまんこいっぱいかき回して」
最もやりやすいのは最初のがに股腰振り射精。
前のパートの体勢をそのまま引き継ぎ、両手を組んで作ったおまんこ目がけて腰をヘコヘコさせます。
演技とはいえ彼女が喘ぎ声を漏らしてくれるおかげで純粋なエロさの面でも一番上です。
それでいてフィニシュを中出しにするあたりがS女らしいなと。

「ほら チンポの先っぽをちゃんと顔に向けなさい くっさいザーメンが余すことなく顔にかかるよう しっかり方向を定めるのよ」
変態度が最も高いのは間違いなくちんぐり返し射精でしょう。
おちんちんだけでなく金玉やアナルも丸見えという非常に屈辱的なポーズに加え
射精もコンドームやティッシュで受け止めることを許さずそのまま出させます。
射精の快感と引き換えにプライドを打ち砕くレアで難度の高いプレイです。

このように、オナニーをしっかりリードしながら色んなプレイを提供する充実したオナサポが繰り広げられてます。
羞恥に悶えさせてくれる作品
個性と実用性を兼ね備えてるM向けオナサポ作品です。

お姉さんはドMな主人公の記憶に残るオナニーをプレゼントしようと
最初は奴隷、しばらく経つと家畜に見立てて色んなポーズを取らせながらたっぷりオナニーさせます。
そしてシコシコボイスや言葉責めといった定番の要素で心身両面を巧みにコントロールします。

見られる快感や見せつける快感を執拗にくすぐるプレイスタイル
後になるほど敏感な部分をハイペースで責め続けるハードな作り
そして嗜好や変態度にある程度の差をつけた3種類の射精シーン。
痛みや苦しみではなく羞恥や快感で屈服させる比較的マイルドな変態プレイが楽しめます。

オナニーは平たく言うとおちんちんをいじって射精する行為なので
オナサポでもおちんちんをどのように責めるかが注目されがちです。
しかし本作品ではそれよりも心をどのように責めるかに着目して作られてます。
恥ずかしいポーズを取るのも、見られてることを意識させるのも結局は聴き手を興奮させたいからです。

本編の後半シーンを除けばオナニー自体はむしろ優しいと思います。
でも勃起や興奮状態を維持しやすいおかげであまり余裕のないオナニーに仕上がってます。
盛り上げ方が上手いとでも言えばいいのでしょうか、M向けの中でも異色の作品です。

エッチはシコシコボイスをある程度削る代わりに他の部分を充実させてます。
速い→遅い→速いみたいに短時間で緩急をつけた指示はそれほどせず
平均ペースを少しずつ上げてじわじわと射精へ追い込みます。
ポーズはもちろん、精液の扱いにもこだわりが見られて変態色が強いです。

射精シーンは3回(1視聴あたり1回が3パターン)。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

癖があるけどやりやすい風変わりな作品です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:00:04

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2017年11月15日まで10%OFFの900円で販売されてます。

お姉ちゃんがやさしくオナニーのお手伝いしてくれました。

サークル「ちりめんフラクタル」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまなお姉ちゃんが
日頃頑張ってる男性にコンパクトなオナサポを贈ります。

オナニーの開始と射精のタイミングだけを指定し
それ以外はできるだけ聴き手の自由にさせる緩いリードが魅力です。
シコシコボイスで大まかなペースを指示したり、淫語やイメージで興奮を盛り上げてくれますから
心身にあまり負担をかけずいい気分に浸りながら射精を迎えられるでしょう。
お姉ちゃんと幸せなひと時を
お姉ちゃんにオナニーを手伝ってもらうお話。

「今日も一日お疲れ様」
お姉ちゃんは大人っぽく落ち着いた声の女性。
部屋の環境やティッシュの確認をしてから主人公に服を脱いでもらうと
毎日一生懸命頑張ってるご褒美に気持ちいいオナニーをプレゼントします。

本作品は女性の優しさに包まれて幸せな射精をすることを目的に
彼女が25分程度の時間を使ってオナニーのやり方をあれこれ指示します。
現在の主流になってるM向けのハードなオナサポとは違い
M性をほとんど持たせずひたすら甘やかしながら心と体を少しずつ盛り上げます。

「お姉ちゃんの声で君がおちんちん大きくしてくれたらとっても嬉しいな」
彼女自身がこのプレイを「ご褒美」と言ってるだけあって
目の前で全裸になり包茎おちんちんを気持ちよさそうにしごいてる彼を見下すことなく
その様子を温かい表情で見守り、ところどころで自らエッチなオカズを提供します。

もうひとつの魅力は敢えて指示に従わない選択肢を用意してること。
お馴染みのシコシコボイスをゆっくりペースで言いながら
射精さえしなければ自分の好きなペースと強さでしごくのを許してくれます。

「無理にお姉ちゃんの声に合わせてシコシコしなくても大丈夫だから、君のペースでシコシコしてもいいよ」
女性の指示に従うのが当たり前なオナサポの特徴を逆手に取って甘さと柔らかさを出してます。
別に放置するわけではありませんから彼女の言う通りにやっても普通に射精はできます。
早漏あるいは遅漏な人でも気持ちよくなれる配慮と考えるのが妥当です。

包容力に満ちたお姉ちゃんのキャラとそれを反映させたプレイスタイル。
タイトル通りの取り組みやすいオナサポ作品です。
ゆとりを持たせた甘いオナニー
エッチシーンは24分間。
プレイはオナニー、擬似フェラ、玉揉みです。
エッチな効果音はありません。

「君はただおちんちんをバッキバキに勃起させてぇ、気が済むまでシコシコシコシコして、キンタマに溜まったザーメン、思いっきりびゅー、びゅーってぶちまけることだけ、考えてればいいんだよ」
期待と興奮ですっかり勃起してる主人公を淫語でさらに元気づけたお姉ちゃんは
シコシコボイスを言いながら甘い言葉を投げかけて少しずつ気持ちよくします。

エッチは彼女が出す大まかな指示から脱線しない範囲で自由にオナニーします。
前半の12分間は射精に向けて心と体を温めるプレイ。
2秒1コキ程度のゆっくりペースでシコシコボイスを言い
その中に包容力を感じるセリフや擬似フェラのイメージを織り交ぜます。

「とってもたくましくて男らしい、素敵なキミのおちんちん…。お姉ちゃん、すごくかっこいいと思うな」
「お姉ちゃんはキミの足元に跪いて、君のビンビンに勃起したたくましいおちんちんを下から見上げるの」

彼の包茎おちんちんを「かっこいい」と言うところに彼女の優しさがよく現れてます。
擬似フェラも自分を彼よりも下に置き、ひょっとこっぽい表情でむしゃぶりつく様子を語りつつ
口をすぼめてバキュームするような力強いちゅぱ音を鳴らします。

主導権は完全に彼女が握ってますが終始尽くす姿勢でリードします。
意地悪と感じる部分もほとんどありませんし、いい気分に浸りながらオナニーできるでしょう。

続く後半はより気持ちいい射精を目指すプレイ。
オナニーを少し中断し金玉を優しく揉んでから7分近くかけてゆっくりカウントを数えます。
ちなみに玉を揉む指示が出てる最中もそうしたいなら竿をいじってもいいと言ってくれます。

「おちんちんから精液が勢いよくびゅー、びゅーって噴き出してるのを見たら、女の子ならみんなドキドキしちゃうよ」
女性に中出しした時のことを軽くイメージさせたり、「大好き」と愛の言葉を投げかけるなど
前半と同じく心のほうも甘く責めて充実した射精を迎えられる環境を整えます。
射精の直前にティッシュを用意する指示も出してくれますし、頭を空っぽにしたままオナニーに没頭できます。

このように、適度な自由を持たせて心身をバランスよく責める和やかなプレイが繰り広げられてます。
ゆるーいオナサポ
お姉ちゃんのキャラとプレイの両方がゆったりしてる作品です。

お姉ちゃんは仕事や勉強に一生懸命取り組んでる主人公のストレスを解消しようと
基本的な枠組みだけを設け、それ以外は彼の自主性に任せるスタイルでオナサポをします。
彼のすべてを受け入れ甘やかす彼女のあまあまなキャラ、それに合わせたエッチ。
年上の女性がとことん尽くし射精のお手伝いをする幸せいっぱいなオナニーが楽しめます。

「い~っぱい射精できて、えらいえらい。ふふっ」
プレイも結構独特ですがそれ以上に彼女のセリフが印象的でした。
年上の優しさやおおらかさを出しつつ彼を常に持ち上げようとします。
女性側が圧倒的に有利なオナサポだからこそ、こういうアプローチは余計温かみを感じます。

エッチはそこまで奇抜な要素を盛り込まず、最後にきっちり射精できるように進めます。
総時間が短いといってもオナニーはがっつりできますから
射精にまったく届かない状態のまま許可が出る可能性は低いです。
ノーマル向けの言葉責めが結構充実してるのもあります。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

縛るのが当たり前のプレイで敢えて縛らない風変わりな作品です。

CV:小粋さん
総時間 32:13

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
32分で800円とやや割高なので-1してあります。

2017年11月2日まで7割引の240円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

危険度MAX!? ドSお姉様による禁断の露出オナニー調教

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、Sっ気が強いけど面倒見のいいお姉様が
ドMな男性に普段よりもずっと刺激の強いオナニーをプレゼントします。

上品な声できつめの言葉責めを多くぶつけたり、がに股で腰を動かしおちんちんを振り回すなど
Mな人が喜ぶ素材をいくつも盛り込んだ変態度の高いオナサポが味わえます。
露出は弱めですから一風変わったオナサポ作品と捉えたほうがずっと満足できます。

音声を聴く際に油性ペンをご用意ください(水性やイメージでの代用も可)。
ド変態なオナニーをあなたに
お姉様の指示に従い外でオナニーするお話。

「こんばんは マゾで変態などうしようもないお兄さん」
お姉様は穏やかで色っぽい声の女性。
女性の言いなりになりたいドMな主人公を軽く罵ると、彼のご主人様になって変態調教を施します。

本作品は現実世界でやるにはリスクの高いプレイを疑似体験させることを目的に
彼女がおよそ1時間に渡りハードで変態性の強いオナニーをリードします。
総時間の9割以上をエッチシーンに割いてるのに加えて言葉責めが全体的にきつく
プレイも羞恥心や女性に屈服させられる快感を味わわせるものばかりです。


「奴隷は人権も何もないゴミくず以下のとっても哀れで惨めな存在」
音声開始直後の時点でこちらをゴミ呼ばわりしてきますからM性の強い人ほどゾクゾクするでしょう。
といっても口調は常に柔らかく後に残るほど厳しいものではありません。
ひたすら凹ませるのではなくMな人を喜ばせるレベルに設定されてます。

もうひとつの特徴はタイトルにもなってる露出
エッチ開始直後から彼女の視線を意識させて見られる快感を煽り
野外に移動した後は裸や痴態を誰かに見られるかもしれないスリルを適度に味わわせます。
サークルさんがジョーク音声とおっしゃられてるように実際にやることを想定したプレイではありません。

「こんなこといつまでも続けてたら本当に誰かがあなたのこと発見しちゃうかも」
また作中では見つかる寸前に留めてあるので露出プレイの中ではマイルドな部類に属します。
周囲の様子や近くを行き交う人々の実況も特にしませんから
露出によって得られる精神面の興奮や快感は弱めです。
彼女のセリフがイメージよりもオナニーの指示を重視してるのもあります。

オナサポ自体はしっかりしてるので最後に射精するのは簡単でしょうが
露出に過度な期待をすると肩透かしを食らう可能性があることをご了承ください。
私個人は仮想プレイならもうちょっと大胆なことをしても良かったんじゃないかと思います。
M心を執拗にくすぐるエッチ
エッチシーンは2パート53分間。
プレイは脱衣、体に字を書く、おちんちんオナニー、エッチな言葉の復唱、乳首オナニー、エアSEX、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「恥ずかしい? 私におちんちん丸出しの格好をこうやってまじまじと嘗め回すように、まるで見定めるみたいに じーっくり観察されるの」
主人公に自分の奴隷になることを同意させたお姉様は
早速服を全部脱ぐ指示を出し、露わになったおちんちんを興味深そうに眺めます。

エッチは終始彼女に言われた通りに動きます。
最初の「露出に向けての下準備」は自宅でするプレイ(約12分)。
全裸になってから彼女におちんちんが勃起する様子を見られ
さらに予め用意した油性ペンを使って体のいくつかに恥ずかしい言葉を刻みます。

「あなたの体は汚い公衆便所と同じ 汚されて落書きされるのがお似合いの惨めな体だっていうこと」
まだ外に出てないので露出成分は低いものの、強めの言葉責めが羞恥と屈辱感を煽ってくれますし
体に書く言葉も他人に見られたら社会的に危うくなるものばかりでゾクゾクします。
ペンを使わない場合は指で同じことをするだけでも十分雰囲気に浸れます。

またパートの最後には彼女の完全な所有物になったことを自ら宣誓します。
次のパートも含めて声を出すシーンが結構ありますから、家族や他人に聞かれないようくれぐれもご注意ください。
こっちの危険度は確かにMAXレベルです。

続く「露出オナニー調教本編」は本作品のメインにあたるパート(約41分)。
主人公が望む場所へと移動してから一枚ずつゆっくり服を脱ぎ
お姉様のシコシコボイスや指示に従って変態的なオナニーを満喫します。

「皮あまりの包茎おちんちん オナニー専用の童貞おちんちん」
誰かに見られるかもしれないスリルを味わわせるセリフは3~5分に一言程度まで減らし
その代わりにおちんちんのみすぼらしさを貶したり
野外で女性に言われるままオナニーしてるシチュで興奮させてくれます。
露出とやや違いますが彼女に痴態を見られる快感はそれなりに味わえるでしょう。

「そんなぎこちない腰振りじゃ 女の子を気持ちよくさせることなんてできないわよ まあ 変態でマゾなあなたにそんな機会はないでしょうけど」
プレイのほうはパート後半から登場するエアSEXと擬似SEXが面白いです。
前者はおちんちんに指一本触れず腰をへこへこさせ
後者は両手を組んでおまんこの形を作り「へこへこ」の声に合わせて同じくピストンします。
彼女も雰囲気が出るように演技の喘ぎ声を上げて応援します。

言葉責めは確かにきつめですが指示はどのシーンも丁寧で取り組みやすいです。
おちんちんをしごく時間が30分以上と長く、寸止めもそこそこしてくれるので最後に気持ちよく射精できます。
射精した直後にも言葉責めを浴びせかけてくるのがとても印象的でした。

このように、セリフとプレイの両方でM心をくすぐるきめ細かなオナサポが繰り広げられてます。
シチュが独特なオナサポ
露出がメインの作品ではなく露出要素を多少盛り込んでるオナサポ作品です。

普通のプレイではもう満足できない心と体になってしまった主人公を
ドSなお姉様がその両方に強めの刺激を与えるオナサポで満たします。

性格はきつめだけどリードが的確で繊細な彼女のキャラ、羞恥や屈辱感を与えることに特化したプレイ
そして誰かに見られる、あるいは既に見られてるかもしれないことを意識させるシチュ。
ドMな人だけをターゲットにしたオナサポにテーマの露出を交えて個性と精神面の責めを強化しています。

中でもプレイはオナサポでは定番となってるシコシコボイスを押さえつつ
女性に見られたら恥ずかしいと感じるものを積極的に取り入れて「彼女に」見られる快感を煽ります。
声を出す指示が多めなのも彼女がすぐそばにいる気分に浸ってもらいたかったからでしょう。
露出よりも視姦(受け)の色合いが強い内容です。

露出についてはこれまで書いてきた通りメインと呼ぶには存在感が薄いです。
主人公がオナニーしてる場所を敢えて明言しなかったことや結局他人に見られないのが大きな要因です。

前者は聴き手に好きな場所を選んでもらうためにこうしたのでしょうが
その結果彼女が周りの様子を実況できなくなりイメージを膨らませにくくなってます。
露出は野外でする行為ですから聴き手が部屋以外の場所にいる気分に浸れるかどうかはとても重要です。
この部分が弱まってるおかげでお姉様と一対一でオナニーしてるのとあまり変わりません。

後者は露出の醍醐味であるリスクを打ち消してます。
現実世界だと無理なプレイだからこそ、もっと破滅的な展開にしてもよかったのではないでしょうか。
「危険度MAX!?」をつけてる割には描写が控えめで物足りなく感じました。
今よりも露出推しのエッチをしたほうがタイトルに合ってると思います。

射精シーンは1回。
淫語それなり、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

一部で厳しいことも書きましたがオナサポとしての実用性は高めの作品です。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 58:05

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

~おち○ぽ耐久テスト~委員長の厳しいオナ指示で射精する快感

サークル「マゾマゾ本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、態度は素っ気ないけど根は優しい委員長が
自分と恋人になりたい男性にM向けのエッチなテストをします。

「完全オナニーサポート」と呼ぶのがぴったりなきめ細かなリードが魅力で
序盤は皮オナニー、中盤以降は亀頭オナニーとプレイスタイルを切り替えながら
シーンごとに異なるペースのシコシコボイスをたっぷり言ってくれます。
亀頭オナニーが充実してますから、彼女に見られ続けるシチュも相まって強めの快感が味わえるでしょう。

音声を聴く際にローションをご用意ください。
(サークルさんは唾液で代用可とおっしゃられてますが私は必須だと思います)
強い男にしか興味ありません
委員長にオナサポされながら射精を我慢するお話。

「あら まだ残っていたんですね」
委員長は甘く穏やかな声の女の子。
約束の時間から遅れて教室に行き、主人公の告白をすぐさま断ると
必死に食い下がる彼に一度だけチャンスをあげます。

本作品はクールで多少のSっ気もある彼女が
恋人候補にあたる彼へのテストとしておよそ1時間に渡るオナサポをします。
いずれも30分程度だった過去2作からボリュームが一気に増えたおかげでプレイの種類が多く
内容も女性に見下される、辱められるといったM向けのものばかりです。
サンプル画像のように彼女が乳首を責めたり足コキするシーンはありません。

全編を通じて言える大きな特徴はリードの丁寧さ。
シーンごとに大まかなテーマを設け、それに合ったプレイを用意し
開始後はシコシコボイスをできるだけ多く言ってペースや強さを細かく管理します。

シコシコボイスをある程度言ってからそのままのペースでしごかせるシーンも一部あるものの
基本的に隅から隅までオナニーを指示する完全サポートスタイルです。

「あなたは今 だーい好きな私の目の前で おちんぽしごきを披露しちゃってるんですよ」
言葉責めについてはシコシコボイスを優先した結果、時間に対するボリュームが少なめになってますが
彼女に見られながらオナニーしてるシチュを活かして羞恥や興奮を盛り上げます。
露出願望を持ってる人のほうがより気持ちよくなれるでしょう。
一部でかなり恥ずかしいプレイをするシーンもありますし、心への責めに一貫性があります。

もうひとつのポイントは亀頭オナニーに力を入れてること。
エッチシーンの65%近くの時間を割いて手のひらでこねる、指でカリを集中攻撃する
皮オナニーと同じ要領で激しくしごくなど色んな方法で敏感な部分に刺激を与え続けます。
(苦手な人向けに皮オナニーだけで終わるバージョンも入ってます)

レビューの冒頭にローション必須と書いた理由はこれです。
唾液だとローションに比べて粘性が低くすぐ乾いてしまいますから途中で痛みを感じるかもしれません。
やりやすさと安全性の両方を考えてローションを使うのがいいでしょう。

「私の許可も待てずに すぐ射精してしまうような情けないオスには 私と恋人になる資格などないのですよ」
今回お相手を務める委員長はクールで優しい女性。
諦めの悪い主人公を素っ気ない態度で見下す一方できちんとチャンスを与え
彼のオナニーを観察しながら自分の恋人に相応しいかをじっくり見定めます。

一見すると事務的キャラなんだけど、プレイ中に優しい顔を時々見せてもくれます。
オナサポをいい加減にやることもありませんし彼を本当の意味で嫌ってるわけではありません。
自分の価値を知ってるからこそ彼にも同等の器量を求めてるのだと思います。
緻密でハードなエッチ
エッチシーンは55分間。
プレイは皮オナニー、亀頭オナニー、擬似SEXです。
エッチな効果音はありません。

「ひとまずおちんちんのサイズは合格です あとはどれだけ射精を堪えられるかですので 頑張ってくださいね」
主人公にテストを受ける意思を確かめズボンとパンツを脱いでもらった委員長は
彼のおちんちんをチェックしてから手始めに緩いオナニーをさせます。

エッチは終始彼女に言われた通り手を動かします。
最初の19分間でするのはオーソドックスな皮オナニー。
2秒1コキのペースから始まり少しずつスピードを上げていきながら
見られてることを意識させたり、軽く貶すセリフを投げかけて彼のM心をくすぐります。

「それにしてもあなた 皮を使ったオナニーがとてもお上手なんですね」
まだ始まったばかりなので心身どちらも刺激は弱いものの
シコシコボイスでリズムを取ってくれるおかげでオナニーはとてもやりやすく
彼女のつれない表情やセリフも作品の雰囲気にマッチしてます。

前項で書いたように本作品のメインは亀頭オナニーですから
皮オナニーはそれに向けたウォーミングアップの意味合いが強いです。
ただし、シーンの終盤にはルール違反を犯した彼への罰としてやや激しいシコシコボイスも登場します。
Mな人にとっては比較的優しいプレイでしょうが、亀頭オナニーをより厳しくする役割をきちんと果たしてます。

続く亀頭オナニーの前半は幅広いプレイが楽しめるシーン(約21分)。
手に潤滑油をつけてからペットボトルの蓋を開ける感じに亀頭を擦ったり
指で輪を作りカリだけを責めるなど、皮オナニーよりもずっと強い刺激を与えて射精へ追い込みます。

「今度は手を動かすのではなく 腰のほうを前後に動かして亀頭を刺激していきましょうね」
ここで面白いのは2種類の擬似SEX風オナニー。
膝立ちになり最初は片手で、しばらくすると両手で作ったおまんこ目がけて腰をヘコヘコさせます。
「1 2」の掛け声を言うリズムを小まめに変えて快感に慣れなさせない工夫をしてますし
何より格好が情けないので精神面の快感もそれなりに得られます。

両方合わせて10分近くやりますから他のプレイに比べて体力の消耗も激しいです。
きめ細かなリードと羞恥を与える責めが上手く噛み合ってる本作品らしいプレイと言えるでしょう。

最後の15分間はお待ちかねの射精シーン。
これまでの試練を通じて彼の強さを認めた委員長が
最後の仕上げにカウントを使ったシンプルかつ過酷な亀頭オナニーをプレゼントします。

「カウントのやり直しが辛いみたいですね でもあなたのマゾチンポはビクビクいって喜んでるみたいですよ」
もちろん彼女がすんなり射精を許すことはありません。
わざと間延びした言い方でカウントを数えたり、合間にセリフやシコシコボイスを挟んでとことん焦らします。
カウントと相性のいい寸止めも登場するなど最後の試練と呼ぶに相応しい内容です。

このように、射精だけでなくオナニーも完全に制御する取り組みやすいエッチが繰り広げられてます。
リードが丁寧な作品
女性に射精をコントロールされてる気分が味わいやすいM向け作品です。

委員長は告白を断っても諦めてくれない主人公を円満に引き下がらせるために
時間が長めで刺激も強いオナサポをして心を折ろうとします。
シコシコボイスを中心に据えた完全サポートスタイル、痴態を見られる快感を適度に煽るアプローチ。
上下関係を出しつつMが喜ぶ責めを積極的に盛り込んで射精感を上手に盛り上げます。

シコシコボイスはオナサポの定番とも言える要素ですが、その扱い方はサークルさんによってかなり違います。
マゾマゾ本舗さんの場合はそれこそ頭を空っぽにできるレベルの大変丁寧なものです。
オナサポ初心者はもちろん、女性にすべてを委ねたいM男も安心して楽しめます。

「私も楽しめましたし 今日のことはなかったことにしてあげます」
委員長についてはクーデレと呼んでも差し支えないくらいの優しさを持ってる女性です。
未練がましい主人公になんだかんだで最後まで付き合ってあげますし、プレイ中に頑張ってると判断したら素直に褒めます。
主導権は絶対に渡しませんが細かい部分で思いやりを見せてくれるので事務的感も薄いです。
プレイの厳しさを彼女のキャラである程度中和してます。

エッチは亀頭オナニーがとにかく充実してます。
ほとんどのプレイで亀頭全体を刺激しますから射精も普通にできます。
個人的には擬似SEX風オナニーが一番気持ちよかったです。
ただ見られる快感を煽る言葉責めはもうちょっと多くしてくれたほうが興奮しやすいかなと。

射精シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:山田じぇみ子さん
総時間 1:05:09

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

音声で手コキ 射精はゲームオーバー★快楽我慢ゲーム「早漏遺伝子滅亡計画1」〜優しいお姉さんからの攻撃に耐え、射精を我慢せよ〜

サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、とある重大な使命を帯びて未来からやって来たお姉さんが
ゲーム形式のハードなオナサポでおちんちんの強さを確かめます。

ステージごとに異なる責めを繰り出すスタイル、後になるほどクリアが困難になる展開など
ゲームらしさを大事にしながら独自のルールを盛り込んだユニークなプレイが楽しめます。
初回での全面クリアは極めて困難ですが、繰り返し挑戦すれば難関を乗り越えることも十分可能です。
未来人の女性とオナニーで勝負
管理会社のアルバイト「みはね」の指示に従いオナニーするお話。

「こんばんは 私の名前はみはね この音声を聴いてるってことは お兄さん 私と戦いたいの?」
みはねは明るくてちょっぴり気が強そうな声のお姉さん。
Mな主人公に自分と戦う意思があるかを確認すると
これから行うオナサポの内容とルールを説明します。

本作品は早漏な男性たちの子種を全滅させるために未来からやって来た彼女が
50分近くに渡る変化に富んだオナサポで彼を射精へと追い込みます。
「快楽我慢ゲーム」の名の通りシューティングゲームを意識した構造になっており
一般的なオナサポとは違う変わったルールやシステムでエッチに面白味を与えてます。

オナサポ自体のルールは至ってシンプル。
彼女が繰り出す5つのステージを射精せずに乗り越えたら勝ち、途中で暴発したら負けです。
ですが4秒1コキ~1秒3コキのシコシコボイスでオナニーのペースを細かく指示したり
ステージごとにまったく違う方向で興奮を盛り上げるなど中身はかなり複雑です。

「ゲーム中 私の声の後ろでシコシコシコーって声が聞こえるから そのスピードに合わせて手を動かすの」
特にシコシコボイスはセリフと完全に別で流れるようになってますから
エッチな音や言葉を聴きながらオナニーに励むことができます。
ただ闇雲にシコシコ言い続けるのではなく、ステージによってペースや長さを変えて暴発を誘う凝ったものです。
このシステムを他に採用してるのは今のところB-bishopさんの「地獄級射精禁止オナニーサポート」シリーズのみです。

もうひとつ、本作品のエッチを最も特徴づけてる「ステイフィールド」というルールがあります。
これは射精をどうしても我慢できなくなった時の緊急回避に使用するもので
聴き手が「ステイフィールド」と宣言すれば即座にオナニーをストップできます。

これだけを聞くと無敵に思うでしょうが、使用できるのは全ステージ合わせて3回までですし
彼女がプレイ中に「ヘンタイ」と言えば解除されるため決して万能ではありません。
こちらがフィールドを使うことを見越した責めをするシーンもあります。
シューティングゲームにおけるボムをイメージすればわかりやすいと思います。

このステイフィールドを如何に上手く使うかが本作品をクリアするカギとなります。
中盤以降はシコシコボイスの平均ペース、長さいずれもかなりハードで休憩なしだと暴発必至です。
全編を通じてフィールドを使わずに休める時間が極端に短いのもあります。

途中で射精した場合はそのステージの最初から仕切り直せるルールがありますので
一回ですべてを乗り越えようとせず、やられながら道筋を見つけていくのがいいでしょう。
彼女がどのタイミングで「ヘンタイ」を言うか知ってればフィールドを使うタイミングを間違えずに済みます。
この「死んで覚える」流れも本作品が持つゲームらしさのひとつです。
後になるほど激しさを増すエッチ
エッチシーンは6パート49分30秒間。
プレイはオナニー、耳舐めオナニー、擬似フェラオナニー、日常会話オナニー、ループ攻撃オナニーです。
クリア後のプレイで3分ほど効果音が鳴ります。

「じゃあ 1面に進む前に練習するね」
ここに来た理由やオナサポのルールを一通り説明したみはねは
本番に入る前に少し時間を割いてオナニーの練習をします。

エッチは彼女のセリフやシコシコボイスに従いおちんちんをしごき続けます。
一番最初の「練習」は勃起も兼ねたウォーミングアップ(約5分)。
最低速度のシコシコボイスをバックで流しながらその通りにしごかせたり
途中でステイフィールドを発動させてゲームの流れを体で覚えてもらいます。

「そう 同時に手の動きを止めて休憩できるの」
本作品のエッチは独自の要素がいくつもあるのでこういうパートは非常にありがたいですね。
ゲームのチュートリアルに近い内容なのもテーマに合ってます。
ペースが遅く刺激も弱いですからここで射精する人はさすがにいないでしょう。

次から始まるゲームの序盤はエッチな音で興奮を盛り上げるプレイ(約10分30秒)。
ステージ1は耳舐め、ステージ2はフェラと別のちゅぱ音を鳴らしながらじっくりしごかせます。

「お口でじゅぽじゅぽいやらしい音を出しながら 張り裂けそうなチンポをしゃぶってるの ヘンタイさん」
まだ始まったばかりということで彼女もあまり強くは責めてきません。
エッチな音をできるだけ鳴らしつつこちらの様子を窺ったりイメージを膨らませるセリフを投げかけます。
シコシコボイスの平均ペースも緩めでまだ練習の延長に近いプレイです。
できることならフィールドを1個も使わずに乗り越えたいですね。

状況が大きく変わるのはステージ3(約11分30秒)。
心も体も十分に温まったところでみはねと恋人同士になったイメージをし
他愛もない会話を聴きながらシコシコボイスに耐え続けます。

「ねぇ イキそう? 出る? 出していいよ」
「えっと 気持ちいいですって10回言ってみて?」

ステージ1や2とここの大きな違いは心への責めにかなり力を入れてることです。
パートの中盤あたりからペースを小まめに上げ下げしておちんちんに異なる刺激を与えつつ
射精を許可するセリフを投げかけたり、射精に関連のあるセリフを何度も復唱させて心のほうも揺さぶります。

罵声や命令で無理やり射精させるのではなく、自分から射精したい心境へと追い込むタイプの言葉責めです。
口調や表現が柔らかいおかげで拒絶しにくく、このステージでフィールドを使う人が続出すると思います。
間違いなく最初の山場です。

最も過酷なプレイが登場するのはステージ4(約16分)。
ゲームの終わりが近づき焦り始めたみはねがシンプルかつ効果的な責めで敗北へと追い込みます。

「入り口はぷにぷにしてるおまんこ 開くとサーモンピンクなの 濡れてて少し光ってるの」
バックで速いシコシコとゆっくりなシコシコを交互に言いながら
彼女とSEXする様子を彼の視点で実況したり、とあるエッチな実験に協力させるなど
ステージ3と同じく心身両面を刺激する変化に富んだプレイが味わえます。

そして何よりシコシコボイスがとんでもなく多くて速いです。
1秒3コキくらいのペースが合計で3分30秒近くあり、他のシーンも平均ペースが速めです。
これまで30分以上しごき続けてきた状況も相まってクリアは非常に困難と言えます。
フィールドを3つ残してたとしても初回でこれを切り抜けるのはさすがに無理じゃないでしょうか。
私もここの終盤でギブアップしました。

そうやって様々な試練を乗り越えた後、ようやく最終ステージが現れます。
何をするのか、クリア後に何が待ち構えてるかは聴いてのお楽しみとさせてください。
ステージ5は時間が短いので4をクリアできれば最後までいけると思います。

このように、シコシコボイスと心への責めを組み合わせた歯応えのあるエッチが繰り広げられてます。
流れのある作品
聴き手をゲームのプレイヤーに見立ててオナサポする面白い作品です。

みはねは主人公のおちんちんを見極めるため、そして自分自身のために
特殊なルールを設けたハードなオナサポを仕掛けます。
セリフとシコシコボイスを分離させた作り、ステージごとに異なる方向から責める流れ、そしてステイフィールド。
従来のオナサポ作品の良い部分と独自の部分を融合させた新しいプレイで心と体を揺さぶります。

オナサポは高い人気を誇る一方で内容が結構煮詰まっており
新しいタイプの作品がこのところあまり出てこない状況が続いてます。
この作品も聴き始めた段階では地獄級射精禁止オナニーサポートの亜流と認識してました。

しかしステージ3以降はステイフィールドを発動させることを意識した責めをしています。
ひたすら激しくするのではなくて一時的に最高スピードへと持っていき
聴き手がフィールドを使用したところで「ヘンタイ」を宣言し、また弱いシコシコに戻るといった感じです。
駆け引きの要素が込められてるのでフィールドを使うタイミングによって難度が大きく変わります。

ステージ4についてもシコシコボイスの落差を大きく取ってフィールドを使うベストなタイミングをわかりにくくし
そのうえで理不尽に感じない程度の回数「ヘンタイ」を言います。
「ヘンタイ」を言う回数は特に上限が設けられてないのでルール上は彼女が圧倒的に有利です。
でもそれを無闇に振りかざしたら聴き手が萎えてしまいます。
こういった匙加減も本作品のエッチをゲームに仕立て上げてる重要なポイントです。

前項でも書きましたがステージ2までは楽勝です。
ステージ3と4の猛攻をいかに上手く耐え抜くかが全面クリアのカギになります。

唯一残念だったのがクリアした後に明確な射精シーンが用意されてないことです。
オナサポは結局のところ気持ちよく射精するためにやるわけですから
カウントなどできちんとタイミングを取って射精させてくれるのが望ましいです。
聴いた感じだとクリア後はいつでも射精OKっぽいですが今の終わり方では締まらないかなぁと。

射精シーンは1回。
淫語それなり、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

聴き手にある程度の自由を与えた珍しいオナサポ作品です。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:03:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ