同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:オナサポ

   ● ゴミマゾお兄ちゃんへ-チクニー奴隷化指示-
   ● 1秒1回コキ縛り 無感情ダークエルフのスローオナニー耐久勝負
   ● 街はずれの洋館に住む女主人~ショタ乳首を開発し、性癖を捻じ曲げる~
   ● 妖艶なムチムチ魔女によるねっとりしつこい乳首責め快楽地獄
   ● キミの乳首、イジめてあげる ~裏アカ配信お姉さん編~
   ● まぞめいどカフェあんどバー♪
   ● 全日本オナニー耐久試験~シャトルオナニー編~
   ● メスガキちゃんの自滅誘導型オナサポゲーム2
   ● ダブルサキュバスのイキっぱなし洗脳オナニーサポート
   ● 【オナサポJOI】射精我慢とRuined Orgasm「ルーインドオーガズム3・JOI編」~シコるオナニーの命令~【オナ指示特化】




サークル「ぱーう゛ぁーとすれいぶ」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、声は可愛いけど性格はSな義妹が
Mなお兄ちゃんの乳首をじっくり開発して従順な奴隷にします。

乳首オナニーの指示を丁寧に出しながら心も責めるバランスの良いエッチが行われており
何をするか説明してからプレイに合った掛け声を小まめに出してリズムを取り
その合間に恥ずかしいことをさせたり言葉責めもぶつけて羞恥と興奮を煽ります。
愛情のこもった調教をするのでMな人なら気分よく受け入れられるでしょう。
可愛い妹がする恥ずかしい調教
義妹の月見里(やまなし)マイが乳首開発するお話。

「あれ? お兄ちゃんどうしたの~? もしかしてー、また今日もオナニーの命令されに来たの~?」
マイは明るくて可愛い声の女の子。
オナサポされたくて部屋にやって来た主人公を少し呆れた表情で迎えると
自分の言うことをちゃんと聞くように言ってから準備を始めます。

本作品は両親の再婚に伴い兄妹になった2人が
自宅でおよそ60分に渡るアブノーマルなエッチをして親密度を高めます。
彼は物語の開始前から彼女に何度も調教されてるので
彼女がご主人様、彼はその奴隷の関係が既に出来上がってます。

「今日からお兄ちゃんにはそのお胸についてる乳首さんを使って 乳首オナニー してもらうよ!」
そして今回は新たに乳首オナサポを取り入れます。
おちんちんをいじるシーンはごく僅かで、それ以外はほぼ乳首だけを責める非常に尖った作りです。
絶頂形式も射精ではなくドライオーガズムを採用してました。
未開発者には難度が高いプレイですから、最初はおちんちんも一緒にしごいたほうが気持ちよくなれます。

サークルさんが乳首オナサポをそれなりに研究されてるのか
どのパートもリードが非常に丁寧です。
何をするか教えた後に「コネコネ」「スリスリ」といった掛け声を小まめに出し
さらに終盤はきつめの言葉責めも行って心身をバランスよく盛り上げます。

本作品のテーマは乳首オナサポ+調教なので
乳首オナニーに関する指示だけでなく心への責めも充実してます。
乳首の快感だけだとパワー不足になるから別の手段で補うわけです。
他人に見られたら社会的に死ぬ可能性があるプレイも出てきますし
視聴時の環境にはくれぐれもご注意ください。

「これからは毎日弄りまくって~、超敏感なド変態乳首さんに開発していこうね~」
マイについては明るくて無邪気なキャラに描かれてます。
どうしようもなくMなお兄ちゃんを満足させようと積極的にサービスしたり
羞恥を煽るプレイをいくつも盛り込んで普通の女性相手ではなかなか味わえない快感を与えます。

血は繋がってませんが彼に対する想いは結構強い女性です。
彼女も楽しそうにリードしますからM向け作品の中でも雰囲気は明るい方と言えます。
お互いに性癖が歪んでるからこうなった感じですね。

乳首特化の丁寧なリードと心の責めにも力を入れてるエッチ。
現在人気のあるジャンルに独自要素を盛り込んだMには堪らない作品です。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンは3パート52分間。
プレイは乳首オナニー、奴隷宣言(アヘ顔、M字開脚)、セリフの復唱、オチンポダンス、ドライ絶頂です。
エッチな効果音はありません。

「じゃあまずは~お兄ちゃんのピンクでかわいい乳輪を 変態さん仕様のドス黒くてとっても感じる乳輪にしていこっか!」
主人公を全裸にし、これから乳首開発することを教えると
マイはとりあえず乳輪を優しくいじらせて体の感度を上げます。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の2パート23分間は乳首絶頂に向けた準備。
「【2】 乳首開発-ぷくぷく敏感乳首作っちゃおう...(約16分)」は色んないじり方を実際に行い
「【3】 チクニー奴隷化宣言-私専用のチクニー奴隷にしてあげる(約7分)」は
体への刺激を一切与えず主従の契約を結んで奴隷の心構えを身に着けます。

最初のパートは本作品の売りであるリードの丁寧さが光ります。
乳輪を指で挟んでこねるところから始まり、乳輪を円を描くようにゆっくり撫でる
人差し指と親指で乳首を摘まんで引っ張る、ぎゅーっと潰す
ここまでやってきたプレイを組み合わせるなど色んなプレイが登場します。

乳首は未開発の人がいじってもくすぐったくなる程度ですから
まずは色んな刺激を与えて気持ちいいと感じるきっかけを作ります。
乳輪はソフトですけど乳首はどのパートも強めのプレイをしてて快感を得やすいです。
でも乳首オナニーでは定番の爪で引っかく動作が入ってないのは意外でした。

「私の声に合わせて指を動かしてね! コネコネ、コネコネ コネコネコネコネ、コネコネコネコネ」
またどのプレイも対応する掛け声を小まめに言ってリズムを取ります。
言葉責めも多少するので完全サポートではありませんけど
普段いじらない人でもスムーズにできるくらいの量と頻度で言ってました。
ちょっとしたアドバイスもするなど親切丁寧でやりやすいです。

「いい感じだよ!お兄ちゃんえらいえらい! そのまま続けていこうね~ スーリスリ、スーリスリ」
言う通りにできたら彼女がちゃんと褒めてくれるのが良いですね。
無理矢理従わせるのではなく、彼が自分から従いたくなるように進めます。
この時点では彼女の声や口調も普段通りでどぎつい感じはしません。
パートの最後で彼に感想を尋ねますし、2人とも楽しめるエッチにすることを目指します。

次の奴隷化宣言パートは前項で説明した「心への責め」に特化してます。
彼にアヘ顔やM字開脚する指示を出して羞恥を煽り
さらに彼女の奴隷になるセリフを復唱させてM心を上手にくすぐります。

ここは乳首をいじらないので完全に調教を見据えた内容です。

最後の「【4】 絶頂-ぐちょぐちょチクニーでおかしくなっちゃえ(約29分)」は
本格的な乳首オナサポと調教でドライイキさせるパート。
彼女の声や態度が普段よりもSっ気を増し、乳首オナニーも刺激を上げて追い込みます。

「ほら豚。口の中にため続けてた唾液を聞き手の掌に出しなさい!」
大部分は普段と同じ可愛い声ですけど
一部でキレのある言葉責めを普段よりもトーンの低い声で言ってくれます。
初めて聴いた時は背筋に電流が走りました。
主従の契約は先ほど済ませたので、妹ではなくご主人様として彼に接します。

乳首オナニーは唾液を積極的に使うのがポイントです。
口で唾液を溜めてから手にまぶしてぬめりを良くし
それから胸や乳首に塗りたくってローション代わりにします。
途中で継ぎ足す指示が数回出ていて実際にやること強く意識してました。
衛生面や肌荒れが気になる人はローションを使えばほぼ同じ感覚でプレイできます。

責め方は手のひらを乳頭につけてこねる、乳首と乳輪を同時に撫でる
人差し指でスリスリする、指を置いたままブルブル震わせて振動を与えるなど
最初のパートとはできるだけ被らないようにやってました。
言葉責め、恥ずかしいポーズ、復唱も加わりますし手広く構えてじっくり盛り上げます。

「ほらほら、発情豚みたいに激しく腰振ってオチンポダンスしなさい!」
体勢を変える指示が何度か出ますから体力をある程度消耗すると思います。
膝立ちのまま腰を振っておちんちんをブルンブルンさせる珍しいプレイもあって面白いです。
完全に乳首へ寄せるのではなく、使えるものを全部投入して羞恥と興奮を与えてくれます。

絶頂は長めのカウントに合わせて行います。
ほんの少しですが催眠暗示っぽいセリフも出てきました。
私は催眠音声慣れしてるのでドライできませんでしたが
おちんちんオナニーもやりながら聴けば十分イけるパワーを持ってます。

このように、乳首オナサポを中心に据えてそれ以外の責めも繰り出す手厚いエッチが繰り広げられてます。
快感と羞恥に酔える作品
一般的な乳首オナサポにはない要素を加えて厚みと深みを出してる作品です。

マイは血は繋がってないけど毎日のように仲良くしてる主人公を立派な乳首奴隷にしようと
まずは乳首オナニーのやり方を教えたり、奴隷としての心構えを身に着けさせて準備を整えます。
そしてその後は乳首オナサポしながらややきつい言葉責めをして興奮を煽り
さらに恥ずかしい行為や復唱も盛り込んで全身で気持ちよくなれるようにします。

可愛くてSっ気もある義妹がドMなお兄ちゃんの乳首を開発するシチュ
乳首オナニーする時間を長く取り、掛け声を出しながら丁寧にリードする尖ったエッチ
調教の要素もそれなりに盛り込んで心を上手に責める独自のアプローチ。
乳首オナサポをしっかりやったうえで調教される快感も味わえるように組み立ててます。

中でも2番目は「処女作だからどうかなー」と思ってたら良い方向に期待を裏切られて驚きました。
何をするかの説明を丁寧にしますし、掛け声も小まめに出してペースを教えます。
いじり方の種類も結構多くて他では見たことがないものも含まれてました。

種類を少し減らして個々のいじる時間を延ばしたほうがバランスがもっと良くなりそうですけど
まだ1作目ですからサークルさんが色々やってみようと思われたのかもしれません。
現時点で土台はほぼ出来上がってるので、今後も制作を続ければより良い作品が生まれる可能性は十分にあります。
刺激の強いプレイが多いことから乳首開発済みの人でも楽しめると思います。

絶頂シーンは1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:柚木つばめさん
総時間 59:44

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月13日まで30%OFFの616円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、森の中で人間を奴隷として飼ってるクールなダークエルフが
偶然迷い込んできた男性に焦らし特化のオナサポをします。

最初から最後まで1秒1コキのペースでしごき続けるのが最大の特徴で
耳舐め、キス、疑似フェラでちゅぱ音を鳴らして誘惑したり
1秒1コキよりもずっと速いペースでシコシコボイスを言ってルール違反を誘うなど
体への刺激を固定したうえで心を色んな手段で責めて負けへ追い込みます。
簡単そうに見えて難しいオナニー
ダークエルフの指示に従ってオナニーするお話。

「こんばんは どうしたんですか? 人間がこんなところへ」
ダークエルフは淡々と話す穏やかな声の女性。
自分たちが住む森の中で主人公を発見し声をかけると
これからするエッチな勝負に勝ったら見逃してあげると言います。

本作品は声も態度もクールなダークエルフが
何らかの理由で村の近くを徘徊してた彼にエッチなゲームを持ち掛けます。
彼女たちは人間を家畜同然の存在と見下しており
通常は見つけたらすぐさま捕まえて性奴隷に調教するそうです。
しかし彼女は変わり者なのでそうする前に1回だけチャンスを与えます。

「今からあなたには この場でオナニーをしてもらいます その際 1秒に1回というペースを最後まで保つことができたら勝ち 我慢できず 途中で勝手に手を速く動かしたら負け、という たったこれだけのルールです」
ルールは至って簡単。
最初から最後まで1秒1コキのペースでおちんちんをしごき続け
彼女が許可を出すまで射精を我慢出来たら勝ちです。
オナニー中はもちろん、射精の直前や出してる最中もこのペースを維持しなければなりません。

通常のオナサポ作品に比べて体への刺激が弱いので
早漏な人でもない限り途中で暴発する可能性は低いです。
しかしもっと速くしごきたい、より強い快感が欲しいというもどかしさが湧いてきます。
彼女も彼がそう感じるだろうと予測してペースを崩しにかかります。

ちなみにしごく速度は聴き手が自分で管理するため
序盤以外は1秒1コキのペースでシコシコボイスが流れることはありません。
その代わりちゅぱ音を鳴らしたりオナサポではお馴染みの要素を使って揺さぶりをかけます。

たぶんこの作品はオナサポをよく聴いてる人ほどクリアが困難です。
理由は後で説明しますが心へのアプローチに力を入れてます。

「負けますか? 負けを認めれば 射精 させてあげてもいいんですよ」
彼女については知的な女性と呼ぶのがピッタリなキャラです。
彼に負けを認めさせてから村へ連れて行く展開や
プレイ中も終始落ち着いた態度で彼の姿や反応を眺めるところにそれが出てます。

罵倒にあたるセリフもほとんどありませんし
囁き声で話すシーンが結構あるので割と穏やかな空気が漂ってます。
「普通にやれば絶対勝てる」という自信があるからこうするのでしょう。
愛情は皆無ですけど事務的感も特になく淡々とリードします。
焦らし特化の意地悪なエッチ
エッチシーンは6パート68分間。
プレイはオナニー、耳舐め、キス、シコシコボイス、疑似フェラ、カウントです。
エッチな効果音はありません。

「よろしいでしょうか では まずはペニスの勃起ですね」
4分程度の雑談でオナサポのルールや勝敗条件を説明すると
ダークエルフはひとまず自由におちんちんをしごかせ
それと同時に耳舐めして勃起を促します。

エッチは終始彼女に言われた通り動きます。
最初の「2_本編(約60分)」は勃起から射精寸前までを行うメインパート。
シコシコボイスで1秒1コキのペースを軽く教えた後に
序盤の24分間は耳舐めやキスでストレートに興奮させます。

「気持ちよさそうにとろけた 恥ずかしい顔ですね 粘膜の接触は本能を直接刺激しますから 快楽を感じるのは当然です」
エッチ開始後も彼女の態度は至ってクール。
おちんちんを見せてオナニーしてる姿をほぼ無表情で眺めながら
左右の耳や唇に口を寄せて割と上品なちゅぱ音をゆっくりペースで鳴らします。
そしてその合間に速くしごけばもっと気持ちよくなれることを教えて負けへ誘導します。

人間を見下してるからもっと手厳しいことをするのかと思いきや、キスまでするのは意外でした。
ただし勝ちに対する執着心は強く、そのためには手段を選ばない狡猾さが見られます。
序盤から本気を出したらつまらないのでわざと抑えてるように映りました。

ちなみに本作品のエッチは休憩時間がほとんどありません。
プレイを切り替える際に1分程度休むのを数回する程度です。
1秒1コキを固定してる時点で体への刺激は上げられませんから、そのハンデをしごく時間の長さで補います。

中盤の13分間はオナサポならではの面白いプレイが登場します。
1秒2コキ~3コキのペースでシコシコボイスを流し
さらに負けを誘うソフトな言葉責めもして心を上手に突き崩します。


「勘違いしないようにしてくださいね 1秒に2回 3回とペースを狂わせるように意地悪な声を流す、という意味です」
オナサポ作品をよく聴いてる人はその自覚がなかったとしても
「シコシコボイスの速度に合わせておちんちんをしごく」という習慣が身に着いてます。
だから1秒1コキ以外のペースで流されるとどうしてもそれに合わせたくなります。
オナサポの特徴を逆手に取った面白いプレイです。

1秒1コキでしごき始めてから2分後にシコシコボイスがなくなったので
「そのまま流し続けたほうがやりやすいのに」と思ってました。
でもここを聴けばこれをするために敢えて流さなかったと見ることができます。
オナサポを数多く制作されてるサークルさんだからこそこういう発想を思いついたのでしょう。

終盤の23分間は寸止めが加わります。
カウントダウンをして0になったら射精するルールを定め
何度も数えながら直前でストップをかけて出したくても出せない状況を維持します。

「ずりずりと乱暴に擦ったら 頭が真っ白になる気持ちよさでしょうね」
彼女が言う通り60分近く焦らし続けてから出せば相当に気持ちいいでしょう。
でも一時の快楽に負けたらダークエルフの奴隷になって一生を棒に振ります。
彼の心理を見抜いたうえで負け射精へ追い込もうとするなかなか意地悪なプレイです。
疑似フェラや耳舐めも投入しますから純粋なエロさもそれなりにあります。

残りの5パート8分間は勝敗を決めるシーン。
勝利、敗北、ギブアップ、ルール違反、暴発と5つのルートが存在し
聴き手がどの道を選んだかによって聴くパートを選択します。
彼女の性格に合わせてどれもあっさり済ませてました。

このように、1秒1コキのルールは固定しそれ以外で変化をつけるM向けのエッチが繰り広げられてます。
たっぷり焦らしてくれる作品
激しくしごくのとは正反対のやり方で悶えさせる個性的な作品です。

ダークエルフは自分たちの村の近くまでやって来た主人公をおもちゃにして楽しもうと
ゲーム形式でのオナサポを提案し、最初から最後まで1秒1コキのペースでゆっくりしごかせます。
そして序盤はちゅぱ音、中盤はシコシコボイス、終盤はカウントと
色んな手段で揺さぶりながら負けを誘うセリフを投げかけて気持ちいい敗北へ追い込みます。

クールで知的なダークエルフがスローなオナサポでとことん焦らすM向けのシチュ
体への刺激は固定して心への責めをシーンごとに変える割と多彩なエッチ
彼が自分の意志で負けたくなるようにそそのかす彼女の巧みなリード。
より強い快感を求める男の心理を的確に突いた面白い作品に仕上がってます。

中でも2番目は中盤で出てくるシコシコボイスがすごく印象的でした。
通常とは真逆の使い方でギブアップしやすくしてます。
終盤のカウントも焦らしまくった後に寸止めするえげつないプレイですし
M度の高い人のほうが楽しめる要素が充実してます。
心の強さが試される作品だなと。

彼女のキャラや言葉責めはソフトな部類なので責め方が一番の魅力です。
60分以上もあれば1秒1コキのペースでも普通に射精できます。

射精シーンは4回(1視聴あたりの回数は1回)。
淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

CV:みもりあいのさん
総時間 1:17:54

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年5月4日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「えるしすラバー♪」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きな屋敷に1人で住んでる妖艶なお姉さんが
偶然そこにやって来た少年におちんちんとは違う快楽を教えます。

乳首開発しながらおちんちんも同時に責めるのが特徴で
どのパートもご褒美を用意して彼のやる気を高めてから
前半は比較的ソフトなプレイで感度を上げ、後半は強めにいじって気持ちいい射精に追い込みます。
無理矢理感を出さずに進めますから、悪いお姉さんに弄ばれる快感を楽しみながら抜けるでしょう。

絆創膏とローションを事前に用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
無垢な少年を立派な乳首マゾに
雨森 瑞樹(あめもり みずき)に乳首を開発されるお話。

「あら…君、そんなにズブ濡れで、どうしたの?」
瑞樹は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
とある雨の日、自分の屋敷で雨宿りしてた主人公を見つけて声をかけると
とりあえず中へ入れてからタオルを取りに行きます。

本作品は裕福な家に生まれ20代で豪邸に1人暮らししてる彼女が
そこを偶然訪れた彼をおよそ140分に渡ってソフトに調教します。
彼女は男性がおちんちん以外で気持ちよくなる姿を見るのが好きらしく
彼に対しても一歩ずつ前進する形で乳首の気持ちよさを教えます。

「君、お姉さんの谷間をずーっと見てたのよ? 気づいてなかった? あらあら、可愛い♪」
精通は済ませてるけど女をまったく知らない彼に穏やかな態度で接し
挿し絵にも描かれてる大きなおっぱいを見せつけてさり気なく誘惑します。
割とSっ気のある性格ですが彼を見下したり罵声を浴びせることはありません。
彼が自分から乳首マゾに堕ちたくなるようゆっくり丁寧にリードします。
柚木つばめさんの声や演技も匂い立つような色気があって良いです。

また乳首未開発者をターゲットにしてる関係で
どのパートも必ず乳首とおちんちんをバランスよく責め続けます。
乳首の快感をまったく知らない人に特化型のエッチをしても消化不良になりやすいので
おちんちんの快感と連動させて乳首をいじるともっと気持ちよくなれることを教えます。
音声を聴く時も両方を同時にいじったほうがいいでしょう。

「君がもっと乳首で気持ちよくなってくれたら…乳首マゾに堕ちてくれたら…。フェラ、してあげる」
飴と鞭を組み合わせてリードするのも大きな特徴です。
乳首を開発してくれたらフェラしてあげる、自分の言う通りに射精したらSEXするなど
彼が乳首マゾになりたいと思える材料を用意します。
最終パートでは筆おろしもしますから、おねショタの醍醐味である甘やかし成分もきちんと含まれてます。
ゆっくりじっくり開発するエッチ
エッチシーンは4パート107分間。
プレイは乳首責め、乳揉み、手コキ、フェラ、乳首オナニー、亀頭責め、SEX(騎乗位)です。
手コキ、亀頭責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「男の子の乳首はね、オチンチンと神経が繋がってるの。例えばこんな風に、私の服の上から、オチンチンをスリスリーってされると、気持ちいいでしょ?」
主人公をお風呂に入れて服を乾燥機にかけた瑞樹は
自分の肌着を彼に着せてからおちんちんを優しくいじって興奮させます。

エッチは年上の彼女が終始リードします。
前半の2パート43分間は乳首をソフトにいじりながら2人の関係を定着させるシーン。
「トラック1 お話の後に……(約18分)」は乳首責め+手コキ
「トラック2 宿題をやった君へのご褒美(約25分)」は乳首責め+フェラで1回ずつ射精させます。

「乳首に触れるか触れないかの位置を、スリ…スリ…スリ…スリ…。ね、気持ちいい?」
この時点の2人はほぼ他人なので彼女もいきなり大胆なことはやりません。
「おっぱいを揉ませてあげる代わりに乳首をいじりたい」と言ってエッチできる環境を作り
シャツ越しに指の腹でゆっくり撫でて彼の反応を楽しみます。

彼女は彼を弄ぶ喜びを味わい、彼は乳首とおちんちんの快楽を得る。
2人とも得するようにエッチを進めるので雰囲気は結構和やかです。
無理矢理感を出さないようセリフの表現にも気を配ってました。

そしてパート後半からは手コキが加わります。
「しゅくっ」という滑らかな水音をリズミカルに鳴らし
それと同時に乳首を撫でたり軽く引っかいて別の快感を与えます。
掛け声はそこまで細かく出しませんから、教えられたいじり方を好きにやってみるといいでしょう。

「ふふっお姉さんのお口、凄いでしょう…? 君の顔、もうとっろとろぉね… 乳首弄りは止めないわよ……ほら、カリカリ、カリッ、カリカリカリカリ~ぃ♪」
トラック2は乳首とおちんちん両方の刺激が強くなります。
乳首は乳輪を撫でて多少焦らした後に爪で引っかく責めを中心に行い
おちんちんは舐めと吸いを組み合わせたやや下品なちゅぱ音を積極的に鳴らします。
声が上品なキャラなので音とのギャップが大きく感じました。
フィニッシュはしっかり口で受け止め飲み干すなど、彼女の淫乱な部分が徐々に表へ出てきます。

またトラック2の名前を見ればわかるように本作品のエッチにはいくつか宿題が用意されてます。
それをこなすことで乳首の開発度がさらに上がり、彼女が成果を直接確かめるわけです。
宿題はEXトラックに位置付けられてるので本レビューでは説明を省略します。

後半の2パート64分間は調教色がやや強くなります。
「トラック3 乳首マゾ認定試験(約32分)」は乳首オナニー+亀頭責めをしながら3つの試験を行い
「トラック4 セックスがしたくてここまで堕ちたのに(約32分)」は
総仕上げとして乳首オナニー+騎乗位SEXで童貞を奪います。

「オアズケで鈍感になった乳首を休ませて、敏感になったところを自分で乳首弄ると、気持ちいいわよね…」
そう言える理由は焦らしや寸止めといった意地悪な要素が出てくるから。
トラック3は彼女にもたれかかる体勢で前半は指示通りに乳首オナニーし
後半はローションまみれの手で亀頭を責められながら彼女の許可が出るまで射精を我慢します。

やや恥ずかしいおねだりをさせるシーンもあったりと
彼女がご主人様、彼が下僕の関係を作ることも意識してリードします。
どぎつい描写は一切ありませんからMな人にはご褒美に感じるでしょう。

またこのパートは乳首責めから乳首オナニーに変わることを受けて
亀頭責めをするあたりから右側で「カリカリ」の掛け声を頻繁に言うようになります。
前のパートはこういう指示が控えめでしたから、そこが補われてよりやりやすくなってます。
寸止めを繰り返すおかげで射精した時の快感も強めでした。

「おっ、おっ、おっ、おっ…んぁ、ッ…おぁっ…ほぉおっ、おっ、おっ…」
トラック4は彼女の淫乱さを強調してエロさを上げてます。
前半はゆっくりペースで腰を打ちつけるやや抑えた責めっぷりだったのが
後半に入ると一気に激しくなり、それに合わせてオホ声を漏らすようになります。
普段の声とは随分違うので聞いた直後は少し驚くでしょうね。
最後の絶頂シーンも獣のようなイキ声を漏らしてくれます。

乳首オナニーについてはほぼ自由です。
トラック3のように細かな指示を出すことはありません。
SEXの様子や彼女の乱れっぷりに焦点を当ててるので脇役に感じました。
彼が乳首オナニーのやり方を既に身に着けてるから敢えてこうしたのかもしれません。

このように乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるM向けのエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の穏やかな作品
乳首開発しながらお姉さんに弄ばれる快感も味わう変わったおねショタ作品です。

瑞樹は自分の屋敷で雨宿りしてる主人公を立派な乳首マゾに育てようと
おちんちんの快楽を餌に乳首を責めたり乳首オナニーさせて徐々に開発します。
そして前半は優しく、後半はやや意地悪にとスタイルを変えて彼のM心もくすぐります。

年下の男を弄ぶのが大好きなお姉さんが初心な少年の乳首を開発するシチュ
どのパートも乳首とおちんちんを同時に責めて射精へ持っていく未開発者向けのエッチ
飴と鞭を組み合わせて彼をやる気にさせる巧みなリード。
嫌な気分をまったく抱かずに乳首を開発できるよう作品を組み立ててます。

中でも2番目はこのところよく見かける乳首だけをいじるタイプではなく
乳首とおちんちんの快感を連動させて射精の快感を押し上げる方針を取ってます。
既に開発してる人にとってはやや物足りなく感じるところもあるでしょうけど
乳首をまったくいじったことのない人や開発中の人にはこのほうがやりやすいと思います。

彼が自分から乳首マゾへ堕ちられるようにリードするのも印象的でした。
彼女の欲望を満たしつつ、彼にも十分なご褒美を与えて楽しい時間を過ごします。
最終パートでは筆おろしもきっちりやりますし、彼女なりの甘やかしと言える内容に収まってます。

射精シーンは4回。
くちゅ音多め、淫語と喘ぎ声それなり、ちゅぱ音そこそこです。

EXトラックは2つの宿題、おまけは約2分の音声とフリトークです。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:52:15(本編…2:15:45 EXトラック…28:56 おまけ…7:34)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「ワサビ屋」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、樹海の奥に建つ館でひっそり暮らしてる魔女が
そこを訪れた男性を独特なエッチで自分の虜にします。

乳首、おちんちん、心をバランスよく責めるのが特徴で
乳首は「かりかり」「すりすり」といった掛け声を小まめに言ってわかりやすくリードし
おちんちんは手コキ、足コキ、オナホコキとパートごとに手段を変えて比較的ゆっくりしごきます。
完全女性上位ですが雰囲気は穏やかなのでややM~Mな人に最も向いてます。
妖艶な魔女がする気持ちいい調教
魔女のエーリスがふたつの性感帯をたっぷり責めるお話。

「あら? 目が覚めた? ふふっ ようこそ 魔女の館へ」
エーリスはトーンが低く色っぽい声のお姉さん。
自分の館を訪れ気を失った主人公に挨拶すると
危害を加える気はないことを告げてからぎゅっと抱きしめます。

本作品は大きな体とおっぱいを持つ穏やかな魔女が
自分に興味を持った男性をおよそ120分に渡るエッチで飼い慣らします。
この館には彼以外にも多くの男性が訪れてますが、今のところ帰ってきた者はいません。
その理由のひとつは彼女の巧みな責めにあります。

「男の快楽って言ったら ここと こーこ おちんぽと 可愛い乳首」
最初の段階からおちんちんと乳首を両方責める方針を定め
手、口、オナホ、おまんこといった様々な手段でバランスよく快感を与えます。
そして彼を甘やかす言葉や赤ちゃん言葉も投げかけて心のほうもとろかせます。

彼女は魔女ですが怪しい薬を飲ませたり謎生物を使って責めることはありません。
人間同士のエッチと同じく自分の体と言葉を組み合わせて心身を盛り上げます。
体を密着させながらのんびり語りかけてくるおかげで雰囲気も終始落ち着いてます。

「両指が かるーく沈むくらいの強さで ぐーるぐる さす さす」
この中で最も力を入れてるのはもちろん乳首責め。
指で撫でる時は「さすさす」、爪で引っかく時は「かりかり」といった具合に
責め方に応じた掛け声を頻繁に言ってプレイの様子をわかりやすく伝えます。

作中で乳首オナニーすることはありませんけど
聴き手が音声に合わせて乳首をいじりやすいようにとても細かく掛け声を出します。

いじり方もちゃんと教えてくれますから乳首を普段いじらない人もやりやすく感じるでしょう。
爪で引っかくシーンが最も多く、ピリッとした鋭い快感を断続的に味わえます。
他にも指で撫でる、2本の指でつまんだり引っ張るなど定番のいじり方は一通り押さえてます。

それに対しておちんちんへの責めはほぼ効果音を鳴らすだけのシンプルなものです。
最近の乳首オナサポはおちんちんを一切いじらずドライオーガズムさせる作品もありますが
本作品は乳首とおちんちんを同時にいじるスタイルなので毎回必ず射精します。
未開発者を意識しながら開発者も楽しめるように調整されててバランスが良いです。

「私が与えるのは 愛と快楽 あなたをたっぷりと愛して 嫌なしがらみや 面倒なことから解放させてあげる」
彼女については「謎の女性」と呼ぶのがピッタリです。
館へ侵入した彼を怒る様子は特になく、むしろ親しみを込めて接します。
「ここから逃げてもいい」と言われますしエッチも痛みや苦しみを与える描写はありません。
でも最後まで聴けば彼になぜここまで優しくするかちゃんとわかります。

エッチ重視の構成なのでキャラやストーリー性は薄めですけど
彼女の思惑が徐々にわかる展開も本作品の面白い部分と言えます。
気持ちよく絡め取るエッチ
エッチシーンは5パート102分間。
プレイは乳首責め、手コキ、足コキ、オナニー、オナホコキ、素股、SEX(騎乗位)、キスです。
手コキ、足コキ、オナニー、オナホコキ、素股、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ビクビクしちゃって こんなよわーい刺激じゃなくて おちんぽ もっと快感貪りたいわよね?」
4分程度の雑談を済ませてから主人公の背中へ抱きついたエーリスは
おちんちんの勃起に気づいてズボン越しに爪で優しく引っかきます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート45分間は快楽で彼の不安や抵抗心を取り除くプレイ。
「02乳首責め寸止め手コキ(約28分)」は焦らしや寸止めを交えた乳首責め+手コキ
「03乳首責め体験談足コキ(約17分)」は他の男性のことを話しながら乳首責め+足コキをします。

「これ 引っかかれるのとは違った鋭い快感がぎゅーって襲ってきて 気持ちいいわよね」
そして彼女は早速多彩な乳首責めを披露します。
乳首をゆっくり擦るところから始まり、速い→遅い→速いと強弱をつけながら爪で優しく引っかく
小指だけ使って微弱な刺激を与える、親指と中指で押しつぶすなど
彼が快感に慣れにくくなるよう数分単位で責め方を切り替えながら進めます。
そしておちんちんは手でゆっくりしごき、射精しそうになったら止めるのを繰り返します。

多くの男を手玉に取ってきただけあって流れるような手つきです。
プレイに対応した掛け声や実況も多く、どんなふうに責めてるかがわかりやすいです。
おちんちんを音に任せてセリフをほぼ乳首につぎ込んでるのもテーマ性があって良いなと。

「あなたも あの子たちみたいなゾクゾクするお漏らし射精 してみたくない?」
03パートは彼女の謎に触れて面白味を出します。
後ろから抱き着いて乳首を手で、おちんちんを足で責め続け
過去にここへ来た男性とどんなエッチをしたかゆっくり語ります。
当時も相当に濃い乳首責めをやってたそうですから、元々男の乳首をいじめるのが好きなのでしょう。
焦らしや寸止めといった意地悪なことはせずストレートに追い込みます。

中盤の2パート36分間は甘さを強くしたプレイ。
「04赤ちゃん言葉で乳首責めオナサポ(約18分)」は赤ちゃん言葉でしゃべりながら自由にオナニーさせ
「05乳首舐めと乳首責めで添い寝オナホコキ(約18分)」は新たに乳首舐めを加えてオナホコキします。

「ぱふ ぱふ ぱふ ボクちゃん専用の だーいちゅきな もちふわ おっぱい枕さんでちゅよ」
04パートは赤ちゃん言葉の存在感が大きいです。
普段よりもご機嫌な様子で彼を自分によりかからせ
おちんちんを一切いじらない代わりに乳首を爪で何度も優しく引っかきます。
「いつでも射精していい」とも言われますし、これまでよりも緩いリードをしてました。
ご褒美を与えて彼がどれくらい従順になった見定めてるのかもしれません。

「ほら 想像してみなさい このおもちゃが 本物おまんこだと思って」
05パートは偽物のおまんこを使ってる状況を活かして彼を興奮させます。
彼女とSEXしてる様子をイメージさせたり、実際に艶めかしい喘ぎ声を漏らして雰囲気を作ってました。
これらの合間に乳首舐めをするのもエロいと感じる要因のひとつです。
中央やや下からパワフルに舐めたり吸う音を積極的に鳴らします。
指を使った乳首責めも爪で引っかくのを主体にしたやや力強いものです。

そうやって十分に親睦を深めた後、「06乳首責め搾精捕食騎乗位(約21分)」でようやくSEXが登場します。
彼女が上に跨って軽い素股を挟んでから一気に挿入し
腰をリズミカルに打ちつけながら乳首をいじったり熱いキスもして彼をとろとろにします。

「あぁん はぁ あぁきたぁこれ さいこうぅ おちんぽ内側じわーって これ効くぅ」
おちんちんを挿入された瞬間にうっとりした声を漏らす
ピストンを続けるほど歯止めが効かなくなり吐息も荒くなるなど
これまでよりも彼女の心情や様子を描く割合を増やして一体感を出してました。
乳首責めももちろんしますが、このパートに限って言えば他の部分のほうが目立ってるかなと。
終盤に繰り出すディープキスもむしゃぶりついてる感じが音に出ていてなかなか激しいです。

これまで不明だった彼女の目的にも触れられてますし
本作品の最後を飾るに相応しい抜き応えのあるプレイと言えます。

このように、乳首を丁寧に責めながらおちんちんも気持ち良くする濃厚なエッチが繰り広げられてます。
乳首重視の穏やかな作品
乳首の快感を追求したうえで抜きやすさにも配慮してる作品です。

エーリスは自分に興味を持って館を訪れた主人公を言いなりにしようと
落ち着いた態度で接しながらふたつの性感帯を優しく責めて快楽の虜にします。
そして乳首は指示と掛け声を丁寧にやる、おちんちんは音を鳴らすといった具合に
それぞれをまったく違う手段で表現してどちらも気持ちよくなれるようにします。

穏やかでエッチも得意な魔女が男性の乳首とおちんちんを弄ぶややM~M向けのシチュ
どのパートも必ず乳首責めを盛り込み、実況にも力を入れて乳首オナニーしやすくするテーマに沿ったエッチ
乳首責めに特化させずおちんちんもバランスよく責める未開発者を意識した構成。
テーマ性をしっかり出しつつ、より多くの聴き手が楽しめるように組み立ててます。

中でも2番目は本作品の鍵になる要素なだけあって作り込みが素晴らしいです。
乳首責めをするシーンは完全サポートと言っていいくらい指示や掛け声を頻繁に出します。
スピードや力に緩急をつけて快感に慣れにくくしてますし
この内容なら未開発者から開発者まで割と誰でも楽しめると思います。

ただし、爪で引っかくプレイが飛び抜けて多いところだけは気になりました。
このパートは引っかき多め、次はぎゅっとつまむプレイを多くといった具合に
パートによって責め方の比率を変えてればより充実した乳首責めになったと思います。
今の内容だと7割くらい爪で引っかいてるのでもう少し幅広さが欲しいです。

射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

おまけは本編から「カリカリ」と「吐息」のみ抜粋したオナサポトラックです。

CV:大山チロルさん
総時間 2:07:42(本編…1:57:27 おまけ…10:15)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月8日まで20%OFFの968円で販売されてます。
その場合の点数は9点です。



サークル「セツナシロップ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、際どい内容のネット配信をしてるお姉さんが
熱心なファンの1人に通話形式で気持ちいいご褒美をあげます。

タイトル通り乳首への責めに特化したエッチをするのが特徴で
全編を3日に分けてオナ禁もさせながら、緩急をつけた指示でまったく違う快感を与えたり
彼女に見られてることを意識させて心身をバランスよく盛り上げます。

事前に以下のアイテムを用意しておくとより楽しめます(無しでも可)。
アイマスク、薄手のシャツ、濃いめのローション、コンドーム
人気配信者が贈る気持ちいいプレゼント
ソフィーが3日間の乳首オナサポをするお話。

「はい、ということで~、ソフィーのドキドキ生配信でした」
ソフィーは可愛くて澄んだ声のお姉さん。
配信の終盤に差し掛かりお別れの挨拶をすると
視聴者に延長戦を求められたのでその説明をします。

本作品はネット配信や支援型ファンサイトで男性たちの人気を得てる彼女が
その中の1人にあたる彼と通話形式でおよそ60分間のオナサポをします。
彼はファンサイトで一番高いプランに加入するほど彼女を応援してるため
その気持ちに応えようと最初から親しげな態度で色んな指示を出します。

「凄かったなぁ…奥からあふれ出てくるみたいにどんどん出てきて… 出てる間も乳首をくいっ、くいっ、て軽くつまんであげるとそれに合わせてどくん、どくん…って」
今回のテーマは乳首だけで射精させること。
彼女が過去に他の男性を相手にやった出来事を再現しようと
どのパートも乳首とその周辺だけをいじるように言います。
おちんちんを取り出して彼女に見せるシーンはありますが触れることはありません。
乳首の快感をひたすら追求して射精まで持っていく方針で進めます。

乳首を指でぎゅっとつまんだり爪で引っかくのが中心になってるので
どちらかと言えば既に開発してる人向けの内容だと思います。
主人公も乳首オナニーが好きらしいですから開発済みと見るのが妥当です。

それ以外の特徴は射精管理や露出の要素があること。
前者はエッチの各パートが日を分けて聴く設定になっており、それぞれで使うアイテムが多少変わります。
総時間がそれほど長くないのでもちろん通しで聴くのもOKですが
その場合は2~3日オナ禁してから聴いたほうが楽しめると思います。

「あははっ、どうですか? カメラ越しで見られながら自分の乳首いじるの …顔、赤くなってる でも手はしっかり動いて…キミ、えっちなんですねぇ」
後者は2人が同じ場所にいない状況を踏まえて心への責めに力を入れてます。
彼女に痴態を見られる快感をくすぐってくることが多く
終盤には多少の言葉責めや意地悪もして射精を応援します。

彼女のS度はそこまで高くないので罵倒されるとかはありません。
乳首の刺激だけで射精まで持っていくのはなかなか大変ですから
それを少しでも解消するためにこういうことをしてるのでしょう。
サービスの意味合いが強く雰囲気は終始和やかです。

乳首特化のオナサポをするシチュと射精管理や露出を絡めた責め。
シリーズの要所を押さえつつ新しい要素を盛り込んだM向けの作品です。
じっくり追い込むエッチ
エッチシーンは2パート45分間。
プレイは乳首を見せる、乳首オナニー、手ブラです。
エッチな効果音はありません。

「じゃあキミの恥ずかしいヒミツ…教えてくれたお礼に… このまま画面越しにキミの乳首オナニー、見ててあげましょうか」
配信終了後に主人公と一対一で通話してプレイの方針を決めたソフィーは
明日使うものを教えてからひとまず彼の乳首を見せてもらいます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の2パート25分間は乳首射精に向けた準備。
「2:最初の日♪(約5分)」は雑談の後に乳首を見たり軽くいじらせて具合を確かめ
「3:2日目♪(約20分)」はアイマスクを着けさせてから丁寧に指示を出して気持ちよくします。

最初の日はオナサポよりも下ごしらえの意味合いが強いパートです。
彼女に乳首を見られてることを意識させて没入感を与えたり、軽くいじって感度を上げる程度に留めてます。
プレイ時間も短いですから焦らしの要素が強いですね。
彼女の性格や本作品の雰囲気を掴んでもらって2日目以降をやりやすくします。

「…あははっ、良いですよ 乳首押しつぶして…ふふっ そのまま引っ張りましょうか はーいグリグリ~ ぎゅっ、ぎゅっ ぎゅっ、ぎゅっ」
2日目はリードの丁寧さが光ります。
2本の指でぎゅっとつまむ→ソフトに撫でる→手ブラを経由してから再びつまむと
シーンごとに刺激の落差の大きくして別の快感を与えます。
掛け声を常に出すわけではないので完全サポートとまではいきませんけど
何をするか細かく教えてくれるおかげでやりやすかったです。

もちろんここでも彼女に見られてることを意識させます。
自分のすべてを曝け出して快感に没頭できるようにするなど心のケアにも力を入れてました。
彼女の声や態度が優しくて自然と依存したくなる気分にさせてくれます。

最後の「4:お待ちかねの・・・♪(約20分)」はノーハンド射精を目指すパート。
アイマスクを外す代わりに薄手のシャツを身に着け、さらにゴムも装着した状態で乳首オナニーします。

「ほらっ…固くなった乳首を指ですりすり撫でまわしながら徐々に指を立てていって… 爪で…カリカリって ふふふ 左右で交互にカリカリしてみましょうか」
2日目との違いが出るように乳首を爪で引っかく責めを中心に据え
さらに彼女の視線も意識させておちんちんを勃起しやすくします。
またパート中盤ではおちんちんオナニーと乳首オナニーによる射精の違いを
誰にでもわかるイメージを使って説明してくれます。

ノーハンド射精をしたことがある人は少ないでしょうから
簡単なイメージトレーニングを挟んでから本番に突入するのは有効だと思います。
乳首を気持ち良くするだけでなく、色んな方向から応援してくれるところに彼女の優しさを感じました。

パート終盤は体の刺激もさらに上げていきます。
詳しい内容は伏せますが、乳首オナサポでもなかなかお目にかかれない責め方をしてました。
普段よりも煽るような口調で言葉責めするなど、Mな人が興奮する要素を組み合わせて
射精できるくらいのパワーを作り出します。

私がやった時は残念ながらノーハンド射精できなかったのですが
おちんちんが何度もビクビクしてたところを見るといい線までいけてたのだと思います。
どうしても射精したい場合はおちんちんも一緒にしごけば簡単に出せます。
露出や言葉責めを随所でやるから興奮を維持しやすいです。

このように、乳首を存分に気持ちよくしながら射精へ持っていく堅実なエッチが繰り広げられてます。
乳首特化の穏やかな作品
ファンサービスとして乳首オナサポするバランスの取れた作品です。

ソフィーは自分の配信を観たりファンサイトでお金を出してくれてる主人公にお礼をしようと
彼が大好きな乳首オナサポを選び3日に分けて違うプレイをします。
そして乳首のいじり方をわかりやすく教えながら露出や言葉責めも挟んで心身両面を盛り上げます。

優しくてサービス精神旺盛なお姉さんがファンの1人を通話形式でオナサポするシチュ
最初から最後まで乳首の快感を追求してるシリーズの特徴を継承したエッチ
彼女に見られる快感や意地悪される快感を盛り込んで射精へ持っていく配慮。
難度の高いプレイをできるだけ達成しやすくなるように作品を組み立ててます。

中でも2番目はサークルさんの特徴にもあたるので作りがしっかりしてます。
同じプレイをだらだらと続けるのではなく2日目は緩急をつけて感度を上げ
3日目も爪で引っかくプレイを中心に据えたうえで多少の変化を与えます。

開発要素が薄いため乳首を普段まったくいじらない人には不向きに思えますが
よくいじってる人や現在開発中の人なら十分楽しめる内容になってます。
軽い痛みを伴う快感、じんわり湧いてくる弱い快感、ピリッとした鋭い快感など色々味わえました。
ノーハンドにさえこだわらなければ射精も普通に可能です。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

CV:来夢ふらんさん
総時間 1:01:07

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月23日まで10%OFFの891円で販売されてます。



サークル「シルトクレーテ」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声や態度は素っ気ないけど性格は割と優しい女の子が
Mで童貞で早漏な男性を色んなエッチでもてなします。

言葉責めを至るところでやりながら後になるほど濃いプレイを繰り出すのが特徴で
「マゾ」「変態」「雑魚」といったMが喜ぶセリフを至るところで投げかけ
オナサポ、手コキ、フェラ、SEXと一歩ずつ前進して心身両面を気持ちよくします。
貢ぎマゾの要素は弱いですから、言葉責めされるのが好きな人が最も楽しめるでしょう。
優しくてダウナーなメイドさんと
まぞめいどカフェであんずが色んなサービスをするお話。

「こんばんはー メイドカフェのご利用 いかがですかー?」
あんずはややトーンが低く甘い声の女の子。
街中を歩いてる主人公に声をかけてお店のことを教えると
彼が興味を持ったのでとりあえず案内します。

本作品はカフェ、バー、風俗店を融合した特殊なコンセプトのお店で
彼女がおよそ100分に渡って5種類のエッチなご奉仕をします。
物語の冒頭で彼女が「マゾ専門」と言ってるだけあって
サービス開始後は彼を貶したり見下しながらおちんちんを焦らし気味に責め続けます。

「こうやって近くに来られるの 慣れてないんでしょ? 童貞の反応だもん 恥ずかしい」
彼が女性に慣れてないのを見てすぐさま童貞だと見抜いたり
おちんちんが射精しそうになったら「雑魚」とストレートに貶すなど
彼の弱点を的確にえぐってM心をくすぐります。

でも彼女の声や口調が終始穏やかなのでどぎつい印象はありません。
マゾ専用の風俗店だからお客の好みに合った責め方をしてるだけです。
理由は追々話しますけど、私には彼女がむしろ優しい女性に映りました。

体への責めについては彼が支払った額に応じて豪華なプレイに変わります。
基本的な利用料だけだとオナサポ、彼女にソフトドリンクをあげたら耳舐め手コキ
ドンペリを注文したら生ハメ&中出しSEXするといった具合です。

お金が絡んでくるため貢ぎマゾっぽいところもあるのですが
金額が明言されてるのは基本料とソフトドリンク代だけで、合計してもせいぜい5000円です。
ドンペリの代金はなんとなくわかる程度にぼかしてありますし
お金を払うこと自体に快感を与えるのとは方向性が違います。

「あんなにお金払っておいて 布切れに射精する? そんなのもったいないよね」
彼女がもらった金額に見合う快楽を与えようと頑張るのもそう言える理由です。
彼の童貞を散々貶してたのに最後はきっちり筆おろしするなど
お客を満足させよう、納得させようとする姿勢がしっかり込められてます。
容赦ない言葉責めの裏に彼女の人柄が見え隠れしてるのが面白いです。

早漏な彼がすぐ暴発しないように休憩を挟みながら責めることも考えれば
私はややM~Mがメインターゲットになると思います。
この内容ならたぶんドMの人には物足りないんじゃないかなと。
思いやりを込めていじめるエッチ
エッチシーンは5パート83分間。
プレイはオナニー、乳首責め、耳舐め、手コキ、キス、オナホコキ、フェラ、パンツコキ、SEX(騎乗位)です。
オナニー、手コキ、オナホコキ、パンツコキ、SEXの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「ね、しごきたいんでしょ? だったらさっさとパンツ脱ぎなよ」
お店で雑談中に主人公がおっぱいや太ももをガン見してることに気づいたあんずは
隣に移動してからズボンとパンツを脱がせてオナニーの指示を出します。

エッチはお店のサービスなので終始彼女が責めます。
最初の2パート31分間は彼が初めてお店を利用した時の話。
「2_オナサポ(約13分)」はオナニー+言葉責め
「3_耳舐め手コキ(約20分)」は耳舐め手コキで1回ずつ射精させます。

「ねぇね そんな一生懸命手動かしてさ ちょー気持ち悪いんだけど」
彼女はここでそれなりに働いてるだけあってM男が喜ぶツボを心得てます。
序盤からマゾ、童貞、雑魚、キモいといった言葉責めをして興奮させ
オナニーもシコシコボイスと効果音を組み合わせてわかりやすくリードします。
まだ始まったばかりなので体への刺激は緩めにする代わり言葉責めを頑張ってました。
そらまめ。さんの自然な演技も相まってプレイに臨場感があります。

ただし、エッチが始まった後も彼女は引き続きダウナーな感じで接します。
言葉責めする時の声や口調は穏やかですし、彼が本気で嫌がることはやりません。
終盤はカウントを数えてタイミングを取ったりとやりやすさに気を配ってました。

「あんまきっついこと言うとさ 萎えちゃうお客さん多いんだよね マゾのくせに繊細で扱いずらいのなんのって」
続く耳舐め手コキはソフトドリンクを頼んでくれたお礼に少し踏み込んだことをします。
彼が他のお客よりも相手しやすいことをさらりと教えて和やかな雰囲気を作り
引き続き言葉責めを挟みながら耳とおちんちんをバランスよく責めます。

他のパートも含めておねだりのセリフをよく要求されるのが良いですね。
彼女が上、彼が下の関係を作ったうえで恥ずかしいことを言わせて興奮させます。
ここでは中盤に「チンポ壊してください」、終盤に「射精します」と復唱する指示が出ます。

続く2パート33分間は少し後のお話。
先日のエッチが忘れられなくて再び来店した彼を
「4_べろちゅーオナホコキ(約18分)」はキス+手コキ
「5_フェラチオ(約15分)」はフェラで彼女がもてなします。

「え? 頼んでくれるんだ 無理しなくていいよ いいの? じゃ ありがたくもらっとく」
「ねぇ 入れただけで声出すの止めなよ 雑魚過ぎるんだけど おい雑魚」

エッチを始める前はおごってくれたことにお礼を言ってたのが
開始後は彼のおちんちんを命令口調で貶すプロらしい変わり身を披露します。
嫌々やってるところがまったくないのを見ると、彼女も彼をお世話するのが楽しいのかもしれません。
べろちゅーのちゅぱ音もなかなか濃厚で代金に見合ったご褒美をあげます。

続くフェラは口を使うプレイなので、言葉責めの代わりにエッチな音をガンガン鳴らします。
序盤は舐めたりしゃぶる、中盤は咥え込んで絞り込む、終盤はピストンと責め方を切り替え
さらに途中でわざと手コキを挟んで多少の意地悪もします。
フィニッシュも音声作品では見かけないプレイが出てきたりと短いながらも内容が濃いです。

そして最後の「6_中出し生エッチ(約19分)」はいよいよ彼が童貞を卒業します。
さらに後日、再びやって来た彼が自分の意志でドンペリを注文し
彼女は生ハメ&中出しSEXでその気持ちに応えます。

「今日は厳しいよあたし マゾなんかとエッチしてあげてるんだから ありがたく思わなきゃだーめ」
M向けのお店なので変に優しくすることはありませんけど
彼が初体験をできるだけ楽しめるように無理せずゆっくり責め続けます。
ベロチューとパンツコキでおちんちんを元気にしてから挿入し
その状態を少し維持してから徐々にペースを上げる丁寧なリードです。

彼女は終盤に熱っぽい吐息を漏らす程度で喘ぎ声は上げません。
でも事務的感や激しさはまったくないので多少は彼を思いやってるのだと思います。
言葉よりも行為で心情を示す感じですね。
終了後はおまんこを見せつけながらお祝いの言葉もかけてくれます。

このように心は厳しく、体は優しめに責めるメリハリのあるエッチが繰り広げられてます。
穏やかなM向け作品
特殊なシステムの風俗店であれこれお世話する言葉責め重視の作品です。

あんずはM向けのメイドカフェに興味を持った主人公を喜ばせようと
初日はこれといったおねだりをせず比較的ソフトなプレイをして魅力を伝えます。
そして2日目は多少踏み込んだプレイ、最後は中出しSEXとどんどん前進して彼の願いを叶えます。

ダウナー系ののんびりしたメイドがM男を色んなエッチでもてなすシチュ
言葉責めを積極的にやりながらドリンクの金額に合わせてプレイを変えるこのお店ならではのエッチ
冷たそうに見えて随所に優しさを見せる彼女の不思議なキャラ。
最大の売りである言葉責めをきっちりやったうえで、他の部分にも光が当たるように組み立ててます。

「でも正直 さすがに高いと思うよ? ただやるだけなら そういうお店行くほうがいいんじゃない?」
明らかにエッチメインなのにキャラが立ってるのが意外でした。
最終パートの冒頭で「ドンペリを注文するよりソープへ行ったほうがいいよ」と言うのが良い例です。
店員なら普通は利益を優先してすすめるはずなのに、彼女は自分が思ってることをはっきり伝えます。
言葉責めをガンガンするのも含めてカラッとした女性に描かれてます。

エッチはM向けの言葉責めが好きかどうかで満足度が変わるでしょう。
体への責めは多少焦らしてくる以外は割と普通です。
一番最後に筆おろしを置いてるためM向けの中では甘めに感じます。

射精シーンは5回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声はありません。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:43:07

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2021年4月7日まで10%OFFの1089円で販売されてます。



サークル「性癖食堂」さんの同人音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、丁寧語で話すクールな女性試験官が
シャトルオナニーと呼ばれる手段でおちんちんの強さを測定します。

時間が経つにつれて速くなるピアノの音に合わせてオナニーするのが最大の特徴で
最初は1秒1コキくらいの緩いペースだったのが
2分くらい経ったりパートを跨ぐのに合わせてどんどん激しくなります。
それと同時に彼女が言葉責めや耳舐めで追い込んでくれるのも魅力です。
苦難の先にあるご褒美を求めて
試験官のあいがシャトルオナニーを指示するお話。

「こんにちは 本日は全日本オナニー耐久測定協会の試験にお越しいただき 誠にありがとうございます」
あいはトーンが低く整った声のお姉さん。
試験を受けに来た人たちに挨拶すると
これから行うシャトルオナニーの概要を説明します。

本作品は現実世界で行われてるシャトルランと同じ形式でオナニーするのをテーマに
彼女がおよそ25分に渡って合計4種類のプレイをします。
通常のオナサポはパートが移ると多少の休憩を入れることが多いですけど
シャトルオナニーは一度始まったらすべてを終えるまで一切止まりません。
総時間が短いからこそ密度の高いサービスを提供します。

「音がひとつ鳴るごとに チンポを1回 上下にしごいていただきます」
そしてオナニー開始後はシコシコボイスではなくピアノ音でペースを取ります。
1回鳴るたびに1回しごくのを繰り返す流れで
序盤は結構余裕だったのが中盤以降はついて行くのがやっとくらいまで速くなります。
完全に合わせるのはたぶん無理でしょうから全力でしごけばOKです。
自分の限界を測定する本作品のコンセプトに相応しい追い込み方をしてくれます。

また最中は彼女がパートによって異なるプレイを追加します。
言葉責め、吐息責め、耳舐め、フルコースと4種類あり
いずれもMな人をターゲットにしたやや見下す感じの態度を取って行います。

「変態マゾたちが揃いも揃って 慣れた手つきでおちんぽ気持ちよくしちゃって 動物園の猿でもSEXしてますよ」
中でも言葉責めは冷めた表情で辛辣なセリフを言うためゾクゾクします。
測定のたびに弱いおちんちんを見せられてたらそうなるのも仕方ないです。
これらをすべてを乗り越えたら自分とSEXしていいとまで言ってのけます。
吐息責めや耳舐め中も言葉責めするので、言葉責めが好きな人ほど楽しめると思います。
後になるほど過酷さを増すエッチ
エッチシーンは6パート20分間。
プレイはオナニー、言葉責め、吐息責め、耳舐め、SEX(正常位?)です。
SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それでは 試験を開始します」
事前の説明を終えて試験開始を宣言したあいは
ピアノ音に合わせてオナニーする参加者たちへ早速言葉責めを浴びせます。

エッチは終始音に合わせてしごき続けます。
最初の4パート16分間はシャトルオナニーをするメイン部分。
第1段階(約5分)は言葉責め、第2段階(約4分)は吐息責め
第3段階(約4分)は耳舐め、最終段階(約3分)はこれら全部を同時に行います。

「さぁ イっちゃっていいですよ 負け犬チンポからクソ雑魚遺伝子ぴゅぴゅーって出してください」
この試験は毎日やってるそうですから彼女もどうすればM男が射精するかを心得てます。
普段通りのクールな態度で「変態」「雑魚」といった見下すセリフを投げかけます。
丁寧語なのでやや事務的な印象を受けました。
第1段階はオナニーのペースも緩いですからさすがに脱落することはないでしょう。

第2段階と第3段階はセリフ以外の割合がやや上がります。
前者は口をすぼめたり閉じた状態で耳元へ息を吹きかけ
後者はやや下品なちゅぱ音を至近距離から鳴らします。

両方ともセリフを挟みながらするのがやや残念でしたが
言葉責めだけをする第1段階との違いは出てると思います。
オナニーのペースも徐々に上がって早漏な人だと厳しく感じるかもしれません。

「精液見せろ 精液見せろ 変態おちんぽから濃厚精液見せろ」
そして最終段階は第1~3までやってきたプレイを複数同時に行います。
最初は右から吐息、左から言葉責めだったのが1分ほど経つと別の組み合わせに変わります。
複数人プレイっぽい責め方をするので前の3パートよりも密度が高くなってます。
高速で流れるピアノ音も相まって最後の追い込みと呼ぶのがピッタリなプレイです。

残りの2パートは試験の結果で分岐します。
完走時音声(約3分)は約束通り彼女と生ハメSEXをし
途中射精時音声(約1分)は冷めた表情で退出の案内をします。

完走時音声だけは他と違いややS向けの内容になってました。
普段のクールな彼女とは随分違う激しい乱れっぷりを披露します。
最中のセリフは彼に媚びるものばかりですし、達成感や満足感を味わいながら抜くことができます。

このように体は音、心は彼女と分担してバランスよく責めるスピーディーなエッチが繰り広げられてます。
コンパクトなオナサポ作品
短時間でも明確な個性を持ってるM向けの作品です。

あいはおちんちんが弱いのに試験を受けに来る参加者たちを負かそうと
バックでピアノの音を鳴らしながらM向けの責めを繰り出して上手に追い込みます。
そしてすべてをクリアした屈強な男性には自分のおまんこをプレゼントして頑張りに報います。

丁寧語で話すクールな試験官がシャトルランと同じ形式でオナサポする珍しいシチュ
ピアノ音を後になるほど速く鳴らしながら違う責めを繰り出す比較的ハードなエッチ。
従来のオナサポとの違いを出したうえでサクッと抜けるように仕上げてます。

焦らし、寸止め、連続射精といった意地悪な要素は特にありませんけど
あまり時間に余裕のない人でも楽しめるようにきちんと作られてます。
休憩時間が一切ないことや、言葉責めがやや厳しいのがそう言える主な要因です。

吐息責めと耳舐めの量が少ないところは気になったので
第2段階から第4段階の時間をもう少し延ばして充実させたほうがいいんじゃないかと思います。
処女作でこういうアイデアのある作品を制作されてるのなら
今後もM向けの面白い作品を出してくださることが期待できそうです。

射精シーンは1回。
淫語そこそこ、くちゅ音・ちゅぱ音・喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:篠守ゆきこさん
総時間 25:27

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「CKD's」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、隣の部屋に住んでる生意気なメスガキが
M男に色んなおねだりをしながらオナサポして敗北射精に導きます。

彼女のおねだりを受け入れるかどうかで難度が大きく変わるのが特徴で
パートごとに異なるおねだりを用意し、それと通常のプレイを組み合わせて
後になるほど射精を我慢できなくなるよう上手に追い込みます。
体への責めが結構ハードですから歯ごたえのあるオナサポを求めてる人は楽しめるでしょう。
大人をわからせたいメスガキちゃんと
メスガキちゃんがゲーム形式のオナサポをするお話。

「お兄さん 急に呼び出してごめんなさい」
メスガキちゃんは明るくて可愛い声の女の子。
主人公を呼び出して最近買ったパンツが似合うか確認してほしいと言うと
目を瞑らせてから冗談だと告げ彼を馬鹿にします。

本作品はサークルさんの代表作「メスガキちゃんの自滅誘導型オナサポゲーム」の続編。
以前から彼を何度もからかったり挑発してる彼女が
およそ80分に渡るゲーム形式のオナサポで屈服させようとします。
完全に別のお話ですし声優さんも交代してるので前作未視聴でも大丈夫です。

「ゲーム中は私からお姉さんにおねだりすることがあるの もしおねだりを聞いたら お兄さんにはちょっとだけ不利なハンデが追加されちゃうの」
時間いっぱいオナニーを続けて射精を我慢できたら勝ち
暴発したら負けなところは他のオナサポ作品と一緒ですが
プレイ中に彼女がおねだりという形でルールを追加してきます。
しごく回数が増える、本来休憩できるシーンでもオナニーするなど難度の上がるものばかり。
最後のステージではおねだりの種類が増えたりと射精を誘う要素が充実してます。

またセリフとシコシコボイスが分離してるおかげで
オナニーの指示を出しながら耳舐めしたり喘ぎ声を漏らすシーンもあります。
生意気なセリフを言うこともありますけど、言葉責めよりも純粋なエロ要素を提供するほうを重視してました。
心も興奮させたほうがスムーズに射精させられますから有効な手段と言えます。

ちなみに前作ではおねだりを受けるかどうかを聴き手が自由に決められたのですが
今作では彼女がおねだりする時に勃起してたら同意とみなすルールに変わってます。
勃起を我慢するところも頑張る必要があるので、前作よりも難度は上がったように感じました。
シコシコボイスも容赦ないですし、おねだりを全部受けてクリアするのは相当に困難と言えます。
体を激しく追い込むエッチ
エッチシーンは6パート65分間。
プレイは耳への息吹き、耳舐め、オナニー、カリ首責め、嘘喘ぎ、SEX(正常位)、土下座です。
SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「それじゃあ早速 お兄さんがどれだけ強いのか こっちの耳で確かめさせてもらうね」
主人公の同意を得てから自滅誘導型オナサポのルールを説明したメスガキちゃんは
ひとまず耳に息を吹きかけて彼がどれくらい弱いか確認します。

エッチは終始彼女に言われた通りオナニーします。
最初の3パート57分間は本作品のメイン部分。
「3_第一ステージ_誘惑ゲーム♪(約16分)」は耳舐め+オナニー
「4_第二ステージ_かりかりゲーム♪(約21分)」は乳首やカリ首責めを交えたオナニー
「5_第三ステージ_オネダリ自滅ゲーム♪(約20分)」はある要素を使ったオナニーと違うルールで進めます。

「この吐息に耐えられるなんて お兄さんは本当に強い男の人」
彼女は彼が年下の自分に負けたくないと思ってることを理解してます。
だから彼をおだてて優越感に浸らせた後におねだりして受け入れやすい状況を作ります。
そして交渉が成立した後は以前よりもずっと激しい責めを繰り出します。

前後で彼女が豹変することはありませんけど
おねだりを受けたかどうかでクリア難度が格段に変わるのは事実です。
第一ステージは彼女が誘惑してオナニーさせるのが基本ルールで
おねだりを受けた場合はシコシコボイスの通りにしごくスタイルへと変わります。

プレイ時間がそれほど長くないので暴発する人は少ないと思います。
でも第二ステージ以降で負けさせるための役割は十分果たします。
結構激しくしごきますから序盤だと思って舐めてると痛い目を見ます。

第二ステージは基本ルールをシコシコボイスに合わせてゆっくりしごくものに変え
さらに休憩を小まめに挟む割とぬるいプレイです。
しかしおねだりを受けた場合は休憩中もしごくペナルティが加わります。
彼女が「かりっ」と言うのに合わせてカリ首を指で撫でて反応しなければOKです。
しかしいつ言うかわかりにくくして心の準備をできないようにします。

人によってはほぼ時間いっぱいしごき続ける可能性もあります。
なのでこのへんから脱落し始めるんじゃないかなと。
シコシコボイスは2秒1コキ、1秒1コキ、1秒2コキの3パターンを小まめに変えてました。

最後の第三ステージは最も過酷な責めが待ち構えてます。
オナサポでよく見かける要素を使ってリードするのですが
これまでと違って複数のおねだりを用意し、後になるほど追加します。

「子供に負かされて そんな声出しちゃうんだ ふふっ お兄さんは最高のおもちゃです」
サークルさんが内容を伏せてるので具体的に何をするかは話せませんが
おちんちんへの刺激を上げるものが多く、さらに心を盛り上げる要素も加わります。
彼女もメスガキらしく生意気な態度を取りますし
言葉と行為の両方から彼を負け射精へ追い込もうとするのが伝わってきます。

オナサポの中ではきついほうだったので私はここでギブアップしました。
射精感を抑える時間が極端に少ないのが大きいです。
おねだりを全部受け入れた場合はシコシコボイスのペースも速く
M~ドMをメインターゲットに据えてるように見て取れます。

それに対して心への責めは耳舐めや嘘喘ぎといった純粋なエロ要素が中心です。
もうちょっと言葉責めに力を入れたほうがM度も上がるんじゃないかなと。
こちらを挑発したりからかう責め方のほうがメスガキも活きますからね。
嘘喘ぎは棒読みじゃなく割と感情を込めたものでそれなりにエロいです。

残りの3パート8分間はゲームの後で聴くもの。
「6_ゲームクリア音声(約4分)」はクリアのご褒美に彼女とSEXし
「7_罰ゲーム音声01_土下座」(約2分)」と「7_罰ゲーム音声02_カリ首責め(約2分)」は
途中で射精した場合に彼女から名前通りのお仕置きを受けます。
罰ゲームはどちらを聴くかの指示がなかったので、聴き手が好きなほうを選んでいいのだと思います。

「お兄さんっ お兄さんっ 早く射精してぇ」
クリア音声はこれまでと立場を逆転して彼女をわからせるS向けのパートです。
Mの人にはアレかもしれませんが物語の構成上こうなるのは自然です。
本気の喘ぎ声を漏らしたり唯一効果音が鳴ったりと他のパートとは内容が色々違います。

このように、シコシコボイスとおねだりを組み合わせた割とハードなオナサポが繰り広げられてます。
やり応えのあるオナサポ
前作の特徴を受け継いだうえでよりプレイを厳しくしてる作品です。

メスガキちゃんは自分には敵わないことを主人公に思い知らせようと
3つのステージでそれぞれに違うルールのオナサポをして射精へ追い込みます。
そしてすべてに何らかのおねだりを用意して受けた場合はより過酷な責めを繰り出します。

可愛くて生意気なメスガキがM男とエッチなゲームをするシチュ
おねだりを受けるかどうかでクリア難度が大きく変わる作り
シコシコボイスを流しながらパートごとに違うルールでオナサポするテーマを活かしたエッチ。
メスガキに負かされる快感が味わえるように作品を組み立ててます。

中でも2番目は本シリーズの売りとなる要素なので
パートごとにどんなおねだりをするか考えながら進めます。
オナニーしなくていい時にもする、しごく回数を純粋に増やすなど
おちんちんをより確実に追い込むことを意識したものばかりです。

前作はおねだりを受ける/受けないを自由に選べたのに対し
今作は半強制的に受けるルールになってるところだけは首を捻ります。
ですがこういう作品で受けずに全部終える人はまずいないでしょうから
そのへんの駆け引きに時間を割くよりはプレイを充実させることを選んだのかもしれません。
どちらにもメリットとデメリットがあるので好みの問題だと思います。

射精シーンは2回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこ、くちゅ音ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:砂糖しおさん
総時間 1:20:37

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月20日まで10%OFFの990円で販売されてます。



サークル「F・A・S」さんの同人動画作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った個性を持つ2人のサキュバスが
Mな男性を個別に、あるいは同時に責めて何度も絶頂させます。

映像形式でオナサポするのが最大の特徴で
片方は乳首、もう片方はおちんちんと責めるターゲットを分担し
どちらも焦らし気味にいじりながら暗示っぽいセリフを言ったりカウントを数えて追い込みます。
乳首責めの割合が高いので既に開発してる人のほうが楽しめるでしょう。
サキュバスの搾精をよりリアルに
サキュバスのディーナとスルーアが3種類のオナサポをするお話。

「こんばんは へぇ 今日はボクと一緒に遊びたいんだね」
ディーナ(挿し絵左)は穏やかで色っぽい声のお姉さん。
ある日の夜、動画を再生した主人公に挨拶すると
これから始まるオナサポのルールを説明します。

本作品は「ディーナのバーチャル催眠」「スルーアの快楽オナニーサポート」に続く人気シリーズ第3弾。
M男を弄ぶのが得意な彼女たちがおよそ110分に渡って彼を何度もイかせます。
序盤から中盤にかけては一対一、終盤は2人同時にとスタイルを変え
いずれも乳首やおちんちんといった性感帯を指示通りにいじって気持ちよくなります。
どの作品も内容が独立してますから今作からでも大丈夫です。
ダブルサキュバス
そして彼女たちはエッチのすべてを映像形式で行います。
動画ファイルを起動するとこんなふうに彼女たちが現れ
ぬるぬる動きながら話しかけたり手を使って彼の弱点を焦らし気味にいじります。
背景の光の玉がゆらゆら動いたり、状況に合った音楽が流れるなど雰囲気作りがしっかりしてます。

過去作の時点でVtuberと同じくらいの品質を持ってましたが
今作はキャラのデザインや動きがさらに向上し、アニメとして非常に高い水準に達してます。
セリフに合わせて口の開き具合が微妙に変わったり
同じプレイでも位置、ペース、責め方を変えて彼女たちが目の前にいる気分をリアルに味わわせます。

オナサポについては説明的なセリフを挟まず彼女たちがやることを真似る形で行います。
ディーナは乳首、スルーアはおちんちんと別の部位を担当し
いずれも体への責めをソフトにする代わり言葉責めに力を入れてます。

ディーナ「ほら 爪の先が服に触れるたびに 肌と服が擦れて ゾクゾクした気持ちになるね」
例えばディーナは初めて動画化された作品が催眠だからでしょうけど
「マゾ」「変態」といった同人音声でよく見るものではなく
催眠暗示のような快感を後押しするセリフを数多く投げかけます。

乳首はおちんちんに比べてどうしても快感が弱くなりますから
それをサークルさんらしいやり方で補ったのだと思います。
ディーナ、スルーアいずれもエッチを始める前に深呼吸するシーンがありますし
一般的なオナサポよりも催眠色を強くして個性と実用性を上げてます。

ちなみに本作品のエッチは乳首をいじってドライオーガズムさせることが多いです。
乳首オナニーの時間が全パート合わせて約58分と長く
絶頂させる時はカウントを数えながら追い込み暗示を入れるスタイルを取ってます。
射精もしますが最終パートに1回だけですからかなり焦らされますね。
どちらかと言えば既に開発してる人のほうが楽しみやすいと思います。
焦らしてから追い込むエッチ
エッチシーンは3パート89分間。
プレイは乳首責め(乳首オナニー)、カウントによる絶頂、太もも/金玉/おちんちんの愛撫、手コキ(オナニー)です。
エッチな効果音はありません。

ディーナ「さーて まずは直接乳首をいじる前に 少し胸の周りをいじってあげようか」
オナサポのルールを説明してから軽い深呼吸で主人公をリラックスさせたディーナは
シャツとパンツを着た状態でまずは胸全体を優しく撫でるように言います。

エッチは終始彼女たちに言われた通りに動きます。
最初の2パート59分間は焦らしながら優しく調教するシーン。
「01.ディーナの脳イキ乳首オナニーサポート(約28分)」はディーナが乳首を
「02.スルーアの指コキおちんちんオナニーサポート(約31分)」はスルーアがおちんちんをいじります。
ちなみにここはどちらを先に聴いてもいいそうです。

ディーナ「早く指先でカリカリってしたり 弾いたりしたいよね? でもだーめ そんな強い刺激は与えてあげないよ」
2人は今回のエッチを通じて彼を飼い慣らす気でいますから
パートの序盤から中盤にかけては満足できないレベルの刺激を与えます。
指の先だけで胸を撫でるところから始まり、次は乳輪を爪の先で撫で続けます。
そして絶頂させる時だけ乳首を指で弾いて強めの快感を送ります。

実際にやってみると気持ちいいとくすぐったいの中間あたりの感覚がしました。
オナサポの中では弱い部類なのでもどかしく感じるでしょう。
しかしディーナの場合は気持ちよくなる暗示を小まめに入れてくるおかげで
脳が軽くとろけるような感覚も味わえます。

ディーナ「イクっ ダメっ イっちゃう! ビリっと強い刺激が頭までかけのぼる」
絶頂シーンのやり方も催眠音声のそれに結構近いです。
1カウントごとに短めのセリフを挟み、0になったら追い込むのを何度も行います。
完全にドライを見据えたリードですから股間よりも胸や脳が気持ち良くなります。
焦らしながら多少のご褒美も与える飴と鞭を組み合わせたプレイです。

もう1人のヒロインにあたるスルーアは二重人格のサキュバス。
普段は丁寧語で優しく接する温和な性格をしてますが
時折トーンの低い声で彼を見下す正統派の言葉責めをします。


スルーア「指だけで気持ちよくされて 恥ずかしくないの?」
彼女のほうが催眠暗示っぽいセリフは少ないので普通のオナサポに近いかなと。
おちんちんなら乳首よりも気持ちよくなれますから言葉責めの方向性も変えてます。
ただし、体への責めはディーナと同じく控えめにしてあります。
パンツ越しに太もも、金玉、おちんちん全体を愛撫するのが中心です。

特におちんちんは人差し指1本だけで亀頭や裏筋を撫で続けます。
絶対に射精できないレベルの刺激に落としてあるので股間がムズムズしました。
そしてパート終盤は敢えて射精ではなくドライへ持っていきます。
最終パートに向けての準備と言いますか、決して満足させないように調整されてます。

最後の「03.ダブルサキュバスのイキっぱなし洗脳オナニーサポート(約30分)」は
いよいよ2人が協力してドライと射精の両方に追い込みます。
ディーナは左、スルーアは右に陣取ってまずは乳首とその周辺を集中攻撃し
中盤以降は乳首とおちんちんを同時に責めて少しずつ確実に追い込みます。

私はレビューを書く関係で全パートを連続で聴いてますが
サークルさんによると01と02の視聴後に数日オナ禁を挟んでから03へ進むのが本来の聴き方だそうです。
後日実際にやってみて何か書くことがあればここに追記します。

ディーナ「焦らされ 乳首が弾かれた あの意識が一瞬消えるような感覚 思い出して?」
スルーア「私たちの指示で脳イキしながら射精して 名実共に サキュバスの家畜になるんだよ」
ここも2人が自分の持ち味を出しながら連携を取ります。
ディーナは序盤から中盤にかけては乳首責めに専念し、終盤の手コキだけおちんちんをいじります。
そしてスルーアは序盤は乳首、中盤はおちんちん、終盤は両方と幅広くカバーします。
セリフにも違いが見られますしキャラを大事にしてるように感じました。
映像もリアルで男を弄ぶのに慣れてるのがよくわかります。

そして道中の焦らしが強いからこそ、最後の射精は強烈な快感が襲ってきました。
乳首やおちんちんをソフトに撫でる時間が多いから敏感になってたのでしょう。
私の場合は軽めの催眠状態に入ってたのもあります。
連続視聴でこれだとオナ禁後に聴いたらヤバいことになりそうです。

このように、彼女たちに調教されてる気分を味わわせながらイかせるM向けのエッチが繰り広げられてます。
没入できる作品
サークルさんの夢をそのまま形にしたような質の高い作品です。

ディーナとスルーアは主人公の心身にできるだけ負担をかけずに精気をいただこうと
まずは一対一で相手しながら乳首とおちんちんを優しく責めて性感を高めます。
そして最後は合流し両方をバランスよく責めて幸せな射精に導きます。

違う個性を持つ2人のサキュバスがM男を優しく弄ぶシチュ
物語の一部始終を映像でお届けする没入しやすい作り
乳首とおちんちんを比較的ソフトに責めてゆっくりじっくり追い込む焦らし系のエッチ。
他のサークルさんがやられてるオナサポとは明らかに違うところがいくつも見られます。

中でも2番目はこれだけサークルさんの数が増えた状況でも滅多に見かけませんし
アニメーションの品質も非常に高くて臨場感があります。
エッチも観ながらいじることを想定しておりすごく個性的な作品に仕上がってます。
得意の催眠を織り交ぜてるのもF・A・Sさんらしいなと。

何度も言ってるように体への刺激は弱めです。
女性に射精を管理されたり焦らされることに快感を覚える人がたぶん一番楽しめます。
あとは催眠や乳首オナニーに多少慣れてるとより気持ちよくなりやすいです。
最後に射精しますからドライできるかどうかはそれほど影響しないと思います。

絶頂シーンはドライ13回、射精1回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは11本目の満点とさせていただきました。

CV:ディーナ…沢野ぽぷらさん スルーア…柚木朱莉さん
総時間 1:50:06

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月25日まで20%OFFの1760円で販売されてます。



サークル「072LABO」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声と態度はクールだけど性格は結構Sなお姉さんが
ルーインドオーガズムを織り交ぜた過酷なオナサポでM男を悶えさせます。

ステージごとに方向性を変えながらひたすら射精を我慢させるM向けのプレイが行われており
最初はイメージ、次は淫語、最後はカウントと異なるテーマを掲げ
そこに変化に富んだシコシコボイスを加えて射精を我慢しにくい状況を作ります。
途中で射精したかどうかでルートが変わりますから、我慢する/負ける2通りの楽しみ方ができます。

事前に紙コップを用意しておくとより楽しめます。
耐え抜くか、罰を受けるか
碧(あおい)の指示に従ってオナニーするお話。

「あなたなの? 命令されるオナニーをしたいっていうのは」
碧はトーンが低くお淑やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
左右に分身してからオナサポの概要やルールを教えます。

本作品は「ルーインドオーガズム1」「ルーインドオーガズム2」に続く人気シリーズ第3弾。
クールで落ち着いた雰囲気の彼女が彼をおよそ120分に渡ってエッチに弄びます。
松、竹、梅の3パートを射精せずに耐え抜いたら勝ち
途中で射精したら負けというルールを定めてそれぞれで違う結末を迎えます。

「お兄さんは ルーインドオーガズムがお似合い」
そして彼女はこれらをするにあたってルーインドオーガズム(台無し射精)を絡めてきます。
これは射精が始まった瞬間に手を離して精液を甘出しすることを意味し
実際にやってみると射精したのに賢者タイムがほとんど来ない不思議な感覚が味わえます。
その代わり性的快感も控えめですから消化不良に感じるでしょう。

過去2作は道中でも割と頻繁にルーインドオーガズムさせてたのですが
今作はクリアできるか罰ゲームへ進むかの分岐条件になってます。
また終盤は射精シーンを一気に増やして精液をできるだけ多く吐き出させます。

簡単に言うと序盤から中盤までは割と普通のオナサポで
終盤だけルーインドオーガズムを前面に押し出してます。
これなら普通の人も無理なくオナニーできますし、ルーインドオーガズムの快感も程よく味わえます。
休憩時間が非常に短く初回でクリアするのはかなり難しいです。

それ以外の特徴はステイフィールドと複数人プレイ。
前者は射精を我慢できなくなった時に「ステイフィールド」と宣言すれば
プレイ中に一度だけ即座にオナニーを中断できます。
しかし彼女が「ヘンタイ」と言ったら効果が消えてオナニーを再開する必要があります。

072LABOさんの過去作を聴いたことがある人ならお馴染みのシステムです。
以前は3回だったのが今作は1回に減らされてます。
ただし救済措置としてステイフィールドを増やす方法も冒頭で教えてくれます。

後者は過去2作は背景音としてシコシコボイスを流してたのが
今回は彼女が2人に増えて口で直接言うスタイルに変わってます。
そして左右を小まめに切り替えたり、速い→遅い→速いと落差をつけるシーンが非常に多いです。

彼女の声や態度がクールなのでどぎつい印象はしませんが
やってることは結構ハードでMをメインターゲットにしてるのがわかります。
こちらを見下したり罵声を浴びせることはなく、イメージや淫語責めで興奮させるリードをしてました。
多彩な責めで追い込むエッチ
エッチシーンは6パート98分間。
プレイは耳舐め、オナニー、エッチなイメージ、淫語責めです。
エッチな効果音はありません。

「激しくしちゃダメ しっかりと焦らしなさい」
オナサポのルールや勝敗条件を説明した後
碧は耳舐めしてる間だけおちんちんをいじる指示を出して焦らします。

エッチは終始彼女に言われた通りしごきます。
最初の4パート59分間はメインにあたる射精我慢ゲーム。
「03 【戯】自分で前戯しなさい(約3分)」は耳舐めを交えたソフトなオナニー
「04 【松】言われた通りに我慢しなさい(約22分)」はエッチなイメージをしながらするオナニー
「05 【竹】淫語を我慢しなさい(約12分)」は淫語を多めに言うオナニー
「06 【梅】たったの5秒我慢しなさい(約22分)」はカウントを使ったオナニーをします。

「ぷるぷるしたおっぱいは好きかしら? 大きなおっぱい 小さなおっぱいもどちらも好きなの?」
そして彼女は様々な責めを繰り出して彼を確実に追い込みます。
シコシコボイスは4秒1コキ~1秒3コキと幅広い速度を用意し
2分程度の短い間隔で小まめに変えて快感に慣れにくくします。
それと同時に好きな子のおっぱいやおまんこをイメージさせて心も盛り上げます。

彼女の声や態度のおかげで雰囲気は割かし落ち着いてますけど
心身両面の責めがしっかりしてて後になるほど射精の我慢が難しくなります。
オナサポ作品を数多く制作されてるサークルさんなのでシコシコボイスの扱いも上手です。
緩急をつけてしごかせますから体の刺激だけでもかなり気持ちよくなれます。

「折角だから女性の私が おまんこっていっぱい言ってあげるわね」
パートによって言葉責めの方向性を変えるのも慣れさせないための工夫なのでしょう。
05パートは表現を多少変えながら「おまんこ」をガンガン言って興奮を煽ります。
声が割と上品なのでギャップにそそる人がいるんじゃないでしょうか。
「オナニーの命令が趣味」と言うだけあって男が喜ぶツボを心得てます。

それに対して06パートは体への責めを重視してます。
彼女がカウントを数えてる間だけシコシコボイスが速くなる独自ルールを定め
それを20分以上に渡り何度も繰り返して敗北射精に追い込みます。
確認したところここの休憩時間は全部合わせて1分程度でした。
射精感を抑える手段がステイフィールドしかないので、ここまで温存できるかがクリアの鍵になります。

終盤の2パート39分間は選択式。
「07 【勝】勝者だけが楽しめる甘出しエンディング(約14分)」は
松竹梅をすべて射精せずに乗り越えた場合のみ聴けるクリアパート
「08 【罰】失敗時の罰(Ruined Orgasm)(約25分)」は途中でギブアップした場合のお仕置きパートです。
07パートはすいませんが内容を伏せさせていただきます。

「お前はマゾ 変態マゾ 女に命令されて喜ぶドM」
08パートは「罰」とはっきり書いてあることもありなかなかハードなプレイです。
ここだけで射精シーンを最低でも3回用意し
そのすべてをルーインドオーガズムにして満足させずに精液を搾り取ります。

シコシコボイスの平均速度も速めで歯ごたえがあります。
彼女の言葉責めも普段より手厳しくなってました。

射精我慢ゲームの時にルーインドオーガズムはほとんど出てきませんから
このパートが最も本作品らしい内容だと私は思います。
正しいやり方で射精すれば最低でも2回は連続で出せるでしょう。
敗北パートをあっさり済ませることが多いオナサポで最も長い時間を割いてるのも面白いです。

このように、独自ルールやルート分岐で個性を出しながら丁寧にリードするM向けのエッチが繰り広げられてます。
穏やかでハードなオナサポ作品
穏やかな雰囲気で過酷なオナサポをするやり応えのある作品です。

碧は女性に射精を管理されたがってる主人公の願いを叶えようと
全体の流れやルールを説明してからまずは3つのステージで異なるオナサポをします。
そしてそれらをクリアできた場合はご褒美、できなかった場合は罰を与えて巧みに躾けます。

声や態度は穏やかだけど性格はSなお姉さんがM男をエッチに弄ぶシチュ
シコシコボイスを小まめに変えてオナニーを制御しながら言葉責めするバランスの取れたエッチ
序盤から中盤にかけては射精を我慢し、終盤で何度もルーインドオーガズムする落差の大きい展開。
多くの男性が苦戦するだろうと言えるあたりに調整してます。

中でも2番目はシコシコボイスの進め方が秀逸で後になるほど我慢が難しくなります。
オナサポで120分は長い部類に属しますから
これを初回で乗り切れる人はそうそういないと思います。
そしてクリアが難しいからこそ、失敗した場合の罰をたっぷり与えてMを喜ばせます。

オナサポはクリアできるかどうかに焦点を当てることが多いので
失敗しても楽しめるのは大きな強みと言えます。

本気でクリアしたい人向けの救済措置もあったりと様々な工夫が見られます。

ルーインドオーガズムは終盤に固めてありますから
過去2作を聴いてる人でもあまりマンネリを感じないのではないかなと。
ただし、ルーインドオーガズム作品としての個性は過去作よりもやや弱くなってます。

射精シーンは6回。
淫語それなり、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

生半可な責めではビクともしないMな人には特におすすめします。

CV:柚木つばめさん
総時間 2:15:13(本編…2:02:35 PR音声…12:38)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
2021年3月17日まで20%OFFの880円で販売されてます。

↑このページのトップヘ