同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:エロトランス

   ● ヒプノガストリップ(再レビュー)
   ● 迷い子の催眠~ヒプノマルチレイプ~
   ● 意地悪な少女に催眠支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート バイノーラル仕様
   ● 地獄級ヒプノマルチレイプ
   ● リミットマリオネット(再レビュー)
   ● サキュバスの世界に落とされて堕とされて…
   ● カンスト(再レビュー)
   ● 催眠スクール~催眠にかかる為の催眠音声~
   ● ヒプノタイマー(再レビュー)
   ● 催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~




サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第55回目は様々なガスを研究してるSっぽい研究長が
男性を椅子に拘束してから催眠を交えたエッチな実験をします。

ガスの効果を技術を使って伝えながら進めるテーマ性の強い作りになっており
催眠にかかる、力が抜ける、皮膚が敏感になる、性的に興奮するとシーンによって使い分け
その感覚を技術に上手に伝えて拘束されてる感覚やイかされる快感を味わわせます。
凌辱っぽい内容ですけど表現が和らげてあるのでややMあたりの人でも普通に聴けます。

用意できる人はマスクを装着するとより楽しめるそうです(無しでも可)。
ガスの力で気持ちいい世界に
ナレーターに催眠をかけられ研究長の実験に協力するお話。

「こんばんは ようこそ私の部屋へ」
ナレーターは上品で穏やかな声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分の部屋へ入るための準備を始めます。

本作品は怪しくて気持ちいい実験を疑似体験させることを目的に
彼女や少し後から登場する研究長が50分ほどを使って催眠をかけたり独特なエッチをします。
タイトル通りガスをテーマにしてるため、体に刺激を与えるシーンは最後の10分程度に抑え
そこまでは5種類のガスを順に吸わせ、その感覚を催眠の技術でリアルに伝えます。

ナ「呼吸を4回 5回と繰り返していると 急に体中の皮膚が ちくちくとしてきます」
ガスを吸わせるたびにスイッチ音と噴出音を短く鳴らし
深呼吸を織り交ぜながらどうなるかを聴き手視点で語ります。
催眠に入るガス、脱力するガス、体の感度が上がるガス、興奮するガスなど内容も個性的なものばかり。
特に脱力は拘束されてる気分が味わえるよう普段よりも入念に行います。

研究長「今日はただの実験だから 愛だの優しさだのはどうでもいいの」
また彼が無理矢理ここに連れてこられ実験材料にされてる背景を踏まえて
ところどころで強制的にガスを吸わせてることを匂わせるセリフが入ります。
催眠自体はサークルさんの他作品と同じく穏やかなのであっさり入れますが
それらよりも多少スリリングな気分が味わえると思います。
痛みや苦しみを与えるシーンもありませんから雰囲気作りと見るのが妥当でしょう。

催眠はおよそ26分間。
まずはナレーターが1人で登場し、実験部屋へ入る前に軽く催眠に落とします。

ナ「少し丸みを帯びた その手の指に 意識を向けていると だんだん腕が 重たくなっていく」
深呼吸を数セット繰り返してから全身を大まかなパーツに分けて脱力し
さらにカウントを数えて深化させる割とシンプルな内容です。
たった7分間の誘導ですが催眠に慣れしてる人ならこれだけで中程度まで入れるでしょう。
彼女が穏やかな声で間を長めに空けながらゆっくり語りかけてくれるのが大きいです。

その後はもう1人の進行役にあたる研究長が登場し
ここがどこか、これから何をするのかを色っぽい声で説明します。
そして意識が消えるガス、催眠に入るガス、脱力するガスを順に吸わせてさらに深いところへ導きます。

ナ「あなたは 疲れてか 彼女の声を聞いてると 眠くて仕方なくなり 意識がふっと消える」
研究長「両腕 両足の力が 抵抗するのを止め いつの間にか このガスを吸うのが 気持ちよくなっていく」
状況説明や主人公の心はナレーターが担当し、それ以外は研究長が語る形で引き続き丁寧に進めます。
双子形式みたいにころころ代わるのではなく、シーンごとにメインの語り手が交代する感じでした。
ここでも意識のぼやけや脱力感を重点的に伝えてくるので
後になるほど眠いとか、体がだらーんとする感覚が強くなります。

テーマ性を出しつつ堅実にリードする催眠です。
聴き手に拘束されてる気分を味わわせながら深い催眠状態まで持っていくことを目的に
序盤はナレーターによる深呼吸、分割弛緩法、カウントを使った深化
それ以降は研究長と協力する形でガスを噴出しながら心身をさらに脱力させます。

深呼吸や脱力といったリラックスを促す要素が充実してますから
催眠音声の経験が浅い人でも心地いい感覚が湧いてくるでしょう。
拘束具やマスクの描写を挟んで体が動かなくなってることを強く印象付けるのも良いです。
ガスの力で快感を増幅
エッチシーンは23分間。
プレイはガスを吸う、電マ責め、オナホコキです。

ガスを噴出する、電マ責め、オナホコキの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

研究長「さて 私の研究結果である様々なガスで あなたを色々な状態にしてあげる」
3種類のガスを順に吸わせて主人公を骨抜きにした研究長は
より特殊なガスを投入し今度は性的快感や絶頂を味わわせます。

エッチは身動きできない彼を彼女が一方的に責め続けます。
前半の13分間は催眠に引き続きガスで感覚をコントロールするシーン。
体の感覚を鋭くするガス、性的に興奮させるガスを順に吸わせてそれに合った暗示を入れます。

研究長「ほーら 頭の中がエッチなことでいっぱいになってくる 過去にオカズにした映像などがいっぱい溢れ出てくる」
研究長は彼をモルモット扱いするほどですからSっ気も強いのでしょう。
催眠パートよりも嬉しそうな表情でガスを嗅いだらどうなるかをわかりやすく伝えます。
匂いにも多少言及してくるので人によっては実際に匂ってくるかもしれません。
催眠音声のエッチでよくやる感度強化を作品に沿った手段で行います。

後半の10分間はガスの効果を確かめるプレイ。
部屋に置いてある電マとオナホを使っておちんちんを激しく責め立てます。

研究長「ほーらほら 前後に動かすごとに 全身に快感が波打つ この音と連動するように 呼吸が荒くなる」
実験の最後を飾るシーンなので今まで以上に嗜虐的な態度を取り
電マは小刻みな振動を伴う電動音、オナホはぐちゅぐちゅと泡立った音を勢いよく鳴らします。
特にオナホは絶頂シーンの直前にかなり荒々しい音に変化しますから
それに釣られて股間を中心に快感が盛り上がったり爆発する人が結構いそうです。

ナ「大きな快感のうねりが ぐにゃりと 下半身から全身に伝わる 頭の中が真っ白」
ちなみに作中での絶頂は射精のはずですが
絶頂時の追い込み暗示は明確な射精表現を敢えて避けてました。
たぶんサークルさんはドライを想定して作品を組み立ててるのでしょう。
拘束されてる時点でオナニーはできませんし、ノーハンド射精よりもドライのほうが目指しやすいですからね。

このように、ガスとおもちゃ責めを組み合わせたM向けのエッチが繰り広げられてます。
シチュが特殊な作品
怪しさや凌辱色を出しつつ催眠としてちゃんと成立してる良作です。

ナレーターと研究長は主人公に監禁、拘束、実験台といったM向けの体験をリアルに味わわせようと
まずは軽めの催眠でこの世界にすんなり入れる状況を作り
それからいくつかのガスを順に吸わせて意識のぼやけと脱力感を強化します。
そしてエッチは気持ちよくなるガスの吸引、体への責めとターゲットを変えて絶頂へ追い込みます。

穏やかなナレーターとSな研究長が協力してエッチな実験をするM向けのシチュ
複数のガスを吸わされてる感覚を技術を駆使して疑似体験させるテーマに沿った催眠
心身の感度を十分に高めてからおちんちんを重点的に責める落差の大きいエッチ。
最大の魅力であるガスをフル活用した独特な切り口の作品に仕上がってます。

聴き手との信頼関係を崩さないレベルで無理矢理感を出してるのも面白いなと。
ほとんどの催眠音声は聴き手をもてなすことを意識しながら誘導するので
それと相反する要素を盛り込むのはそれなりの勇気が要ります。
そのへんをやってのけるあたりがエロトランスさんの実力なのでしょう。

私が聴いた時も比較的早い段階から手足が動かせなくなり
さらに催眠パート終了時は意識が軽く飛ぶような感覚がしました。
そしてエッチの前半は肌がピリピリし、後半は股間を中心に強烈な快感が襲ってきました。
電マ責めを始める前までは刺激がすごく弱いからこそ、開始後の感覚の変化を実感しやすいです。

絶頂シーンは1回。
効果音それなり、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて前回と同じ点数にさせていただきました。
女性からそこまできつくない程度にいじめられたい人には特におすすめします。

CV:男性向け…紅月ことねさん 女性向け…あきらさん
総時間 男性向け…55:12 女性向け…43:57

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、普段は催眠の世界に住んでる可愛い声の女の子が
人間世界で偶然出会った主人公の助けを借りてそちらへ戻り、そのお礼に気持ちいいプレゼントをします。

催眠パートは1人で手堅く進め、エッチは5人体制に切り替わる落差の大きい作りが魅力で
序盤はモノラルな声だったのがしばらくするとバイノーラル録音へと変わり
エッチに入ると左右に陣取り両耳を舐めながら暗示もほぼノンストップで入れて連続絶頂させます。
現実世界と催眠世界の橋渡し
女の子に催眠をかけられ耳舐め連続絶頂するお話。

「おーい おーいってば 聞こえる?」
女の子は甘く穏やかな声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を説明してから主人公に声をかけると
人間の世界に迷い込んだから助けてほしいと言います。

本作品はサークルさんの代表作「ヒプノマルチレイプ」のスピンオフ的作品。
元々は催眠世界に住んでて偶然こちらに来てしまった彼女が
彼に催眠をかけて現実世界からあちらへ移動し、その後で気持ちいいご褒美をあげます。
このシリーズは5人の女の子が協力してサービスするのが特徴ですが
今回は最初の時点で彼女1人なため、催眠パートは通常の催眠音声と同じく一対一で進めます。

「普段なら もっと色々な誘導ができるんだけど 今日は私1人だから シンプルな誘導でいくね」
およそ60分をほぼ半々に分けてゆっくり丁寧に進めてくれますから
催眠音声を聴き始めたばかりの人や被暗示性が低めの人でも何かしらの変化を感じるでしょう。
エロトランスさんは催眠の技術力に定評のあるサークルさんなだけあって抜群に優れてます。

それに対してエッチは催眠の世界に戻った後なので彼女が本来の力を発揮します。
左右の耳元とそこよりやや上に陣取り、ひとつひとつの暗示を手分けして言って意識を揺さぶったり
2人が耳舐めしてる時にカウントや絶頂を促す暗示を入れる重厚な責めを繰り出します。

催眠とエッチでスタイルが大きく変わりますから
同じ作品でも前半と後半で随分違う印象を受けるでしょう。
エッチは「言葉や音の海に溺れる」と表現するのがピッタリなノンストップの追い込みをかけてくれます。

催眠は2パート24分間。
ベッドに横になって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力で軽い催眠状態に入ります。
この時点では彼女の声がモノラル録音になってます。

「吐く時に 力がすーっと抜けていく」
「手足は地面にすっと引っ張られ 背中やお腹が 自分の体重が こんなに重かったのかと感じることができる」

深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」と合図を出しながら
吐いた直後にだけリラックスを促す暗示を入れる
脱力は全身に思い切り力を入れてから抜くのに合わせて重さを伝える、といった具合に
ひとつひとつを堅実にこなして緊張を上手にほぐします。

催眠を始める前に軽く雑談して安心感を与える配慮もしてますし
催眠にとって重要な信頼関係の構築に力を入れてます。
今作の催眠は彼女を助ける意味合いが強いので、普段以上に腰を低くしてるように感じました。

2番目の催眠誘導2はいよいよ催眠の世界へ移動します。
最初よりもあちらへ近づいたおかげで彼女の声がバイノーラル録音へと変化し
声の位置を小まめに変えながらカウントを数えて深いところに落とします。

「すーっと沈んでいく 体重がふっと消え 空気抵抗もなく まるで宇宙空間を漂ってるような感覚」
「吐くと 今度は体がすーっと沈んでいく」

カウントを数えるときは浮遊感、その直後に行う深呼吸では沈む感覚と
短時間にほぼ正反対の感覚を伝えて揺さぶりをかけます。
エッチに向けた心の準備も整えてくれますし、最初から最後まで聴き手目線の誘導を心がけてます。

物語の背景に沿った形でリードするシンプルかつ手堅い催眠です。
女の子と一緒に催眠の世界へ移動するのを目的に
前半は深呼吸と漸進的弛緩法、後半はカウントと深呼吸を組み合わせた揺さぶりっぽい深化と
古典催眠の技術をベースに口調を柔らかくして堅苦しさを取り除いてます。

技術自体は取り立てて真新しいものではありませんが
パートによってモノラルとバイノーラルを変え、後者の時は声の移動や囁き声を多用するなど
催眠の世界へ近づきつつあることを伝えながら進めてあって面白いです。
時間も丁度良くてスムーズに深化できました。
耳と心をがっつり攻撃
エッチシーンは4パート29分間。
プレイは耳舐め、両耳舐め、カウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「じゃあ ご褒美あげないとね」
主人公に催眠をかけて無事催眠の世界に戻ってこれた女の子は
そこにいた4人の女の子を加え、合計5人で約束通り気持ちいいことをします。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
一番最初の「エロパート」は本番に向けた準備をするシーン(約5分)。
マルチボイス形式でさらに深化させてから全身が敏感になる暗示を入れます。

「体の痺れが気持ちいい 頭の中も痺れちゃって 何も考えられない」
このレビューでは読みやすさを優先して普段と同じセリフ表記にしてますが
実際は右、左、右上、左上で声の位置が目まぐるしく変わります。
またマルチボイスの持ち味が出るように催眠パートよりもセリフの間隔が大幅に短くなります。
文字通りノンストップで話しかけてきますから、聞き流す姿勢にしたほうが楽しめるでしょう。

本格的なプレイが始まるのは次の「エロパート2」から
ここでは左右片方の耳を舐めながらさらなる暗示を入れて感度を高め
その次の「耳舐め絶頂」は両耳舐めで最終目的にあたる連続ドライオーガズムへ追い込みます。

ちなみに耳舐め絶頂パートは通常、ロング、エンドレスの3パターンありまして
その中からひとつを選んで聴くことになります。


販売ページのパート構成にエンドレスが選ばれてるところを見ると
サークルさん的にはそれを最も推奨されてるのだと思います。
私もこのレビューを書くにあたってエンドレスを選んでみました。

左上「あなたはもう 私たちの言う通りになる 無意識がそれを認めて 求めているからね」
右「左耳の感度が どんどん上がっていく」

これまで純粋なエロ要素がまったくなかったからでしょうけど
耳舐めが始まったあたりから耳がゾクゾクするのを感じました。
あとは胸のあたりが急激に熱くなったり股間が軽く痙攣してました。
耳舐めと暗示を同時に行うので後になるほど快感が強くなるのを実感できます。

耳舐め絶頂については名前通り乳首やおちんちんには一切触れず
両耳舐め、暗示、カウントを組み合わせてイかせる催眠音声ならではのプレイです。
エンドレスを選んだ場合、開始から終了までおよそ13分間何度もイキ続けることになりますから
これまでのエッチを生ぬるいと感じてた人も考えを改めるでしょうね。

私が聴いた時も絶頂感が断続的に襲ってきて気持ちよかったです。
個々はそれほど強くないんですけど時間がものすごく長かったです。
どちらかと言えば脳のほうが快感が強くて股間も多少痙攣してました。
ドライ慣れしてる人が挑戦したら筋肉痛になるかもしれません。

このように、体よりも心への責めに力を入れた高密度なエッチが繰り広げられてます。
まとまってる作品
シリーズの特徴を継承しつつ聴きやすく、かかりやすく、イキやすくまとめてある作品です。

女の子は人間世界から自分が住んでる催眠の世界へ戻ろうと
偶然交信できた主人公に事情を話し、了承を得たところで一対一の催眠をかけます。
そして無事たどり着いた後は他の女の子たちと協力して比較的ハードなエッチで恩返しします。

声も態度もあまあまな女の子と一緒に催眠の世界へ移動するノーマル向けのシチュ
ひとつひとつを丁寧にこなして少しずつ確実に深化させる安定した催眠
体への責めは耳舐めに絞り込み、それと暗示を組み合わせてイかせる独特なエッチ。
催眠状態特有の快感を味わわせることを意識しながら作品を組み立ててます。

中でもエッチはマルチボイスらしさが十分発揮されてますし
催眠パートとの違いも鮮明に出ていて聴き応えがあります。
催眠が穏やかだったからこそ、それとの大きな落差に驚きました。

エッチが結構特殊なので「初心者向け」タグはつけてませんけど
催眠は初心者から玄人まで誰にでも通用する内容です。
全身に力を入れて脱力するシーンはぐったりする感覚がありましたし
その後の深化も全身がズーンと沈んで気持ちよかったです。

絶頂シーンは2回以上。
ちゅぱ音それなり、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:32:16(1視聴あたりの時間は1:05:00程度)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



サークル「B-bishop」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてとっても意地悪な少女が
ドMな男性に焦らしと寸止めを組み合わせたハードなエッチをプレゼントします。

シリーズの特徴を継承しつつ催眠を絡めてるのが最大の特徴で
序盤に催眠をかけて彼女の言葉に従える状況を作り
それからシーンによって異なるプレイを繰り出して絶頂をギリギリまで我慢させます。

今回は最も激しいヘルモードのレビューをお送りします。
催眠の力でさらなる地獄を
少女に催眠をかけられ絶頂を我慢し続けるお話。

「こんばんはお兄さん 私に会いに来たってことは エッチなことしたいってことだよね?」
少女は甘く可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意点や各難易度の違いを簡単に説明すると
自分に会いに来た主人公を嬉しそうに迎えます。

本作品はこれまで6作出てる地獄級オナニーサポートの最新作。
1作目「意地悪な少女に完全支配される音声 地獄級射精禁止オナニーサポート」に登場した少女が
これまでとは異なるやり方で最大90分に渡るハードなエッチをします。
今回は催眠音声で有名なエロトランスさんの協力を仰ぎ
エッチを始める前に催眠をかけて彼女の命令に従いやすい環境を整えます。

一応リメイクにあたりますが登場人物が一緒なだけですから今作からでも問題ありません。
催眠を絡めてる時点でシリーズの過去作とは完全な別物と思ったほうがいいです。
挿し絵には3人の女の子が描かれてますが、後ろの2人が登場するのは終盤だけでほぼ1対1です。

このシリーズをひとつも聴いたことがない人もいるでしょうから特徴を説明しますと
1回の絶頂に向けて色んな責めを繰り出し
さらに最中はシコシコボイスをセリフと別に流してオナニーのペースをしっかり指示します。

前者はハード、ベリーハード、ヘルと3つの難易度が用意されており
後になるほどより長く、より過酷なプレイを行い絶頂を我慢できない状況へと追い込みます。
上の難易度は下の難易度に専用のプレイが追加されてますから
一通り試したい人はヘルを聴けば大丈夫です。
ただ内容が結構きついので、楽しみたいならハードから順に聴いて慣らしたほうが良いと思います。

後者については3秒1コキ~1秒3コキまで複数のペースを設定し
同時に行うプレイの内容によってそれを切り替えて快感をコントロールします。
以前の作品では実際にオナニーするスタイルだったのですが
今作では心の快感を盛り上げたり揺さぶりをかけるといった別の役割を持たせてます。

私が聴いた限りでは作中で明確にオナニーする指示は出ませんでした。
絶頂シーンも「絶頂する」「快感が爆発する」と射精とは異なる描写になってます。
サークルさんが販売ページの説明文で
「今作は催眠音声のため脳内へ送り込む快楽ボイスとして形を変えました」ともおっしゃってることから
絶頂形式はドライを想定してるのだと思います。

でもこれだけシコシコボイスが充実してるのなら
プレイ中にしごきたくなる人も結構いるんじゃないかなと。
オナサポをよく聴いてる人なら「シコシコボイス=オナニーする」という構図が出来上がってますし
私はしごく、しごかないどちらでも良いと思ってます。
ドライでも気持ちよくなれますけど、オナサポなら実際にしごくほうが自然ですからね。

催眠をかけてからエッチに進む展開とハードさを売りにしたプレイの数々。
地獄級の特徴を継承したままさらに進化させてるドM向けの作品です。
つかの間の天国を味わわせる催眠
催眠はおよそ13分間。
この部屋に漂ってる不思議なガスのことを教えてからまずは深呼吸します。

「このガスはね 心を落ち着かせる成分だったり 力が入らなくなっていく成分が入ってるんだよ」
このガスには吸った者の力を奪う効果があり
後のシーンでも適度に意識させて心身両面をふにゃふにゃにします。
本作品は催眠は13分、エッチ69分と後者の割合がかなり高くなってるので
こういう要素を絡めて催眠状態を維持しやすくする工夫がされてます。

「目を開いて 閉じて 開いて 閉じて」
深呼吸については吸う時に目を開き、吐く時に閉じる指示が出ます。
実際にやってみると目の周辺に重さを感じるでしょう。
そして目を開ける必要がなくなったら気持ちいい感覚が湧いてきます。
時間が短めだからこそ、聴き手に軽い疲労を与えて暗示をより受け入れやすい状況を作ります。

お次は右腕→左腕→右足→左足の順に脱力します。
中枢から末端にかけて感覚を伝播させるアプローチを取り
その際に「力が抜ける」を多めに言って脱力感を上手に伝えてました。

どちらかと言えば腕よりも足のほうを入念にやってました。
オナニーしたくなった時に腕を動かしやすくするための配慮なのかもしれません。

リラックスを入念に行うコンパクトな催眠です。
聴き手をこれから始まるエッチに集中させることを目的に
ガスのイメージを絡めた深呼吸→手足に絞った脱力と初歩的な技法をメインに行います。

催眠をかける時間自体は短いですけど、この後も継続して無意識に働きかけますから
催眠が途中で解ける可能性は低めです。
目の開閉をしてる最中にエッチを有利に進める暗示も入れてくれます。
後になるほど厳しさが増すエッチ
ヘルモードのエッチシーンは69分間。
プレイは耳舐め、オナニーのイメージ、疑似フェラ、少女のオナニー演技、〇〇、キスです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。
音声の冒頭に服を脱いでおく指示が出ます。

「お兄さんのお耳を 舐められれば舐められるほど 下半身にどんどん 快感が蓄積されていってしまう」
催眠を使って主人公の心身をとろとろにした少女は
エッチの手始めに彼の耳を片方ずつ舐めて興奮させます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の21分間はウォーミングアップに近い内容。
「02.強制勃起」は左耳→右耳の順に舐めながら気持ちよくなる暗示を入れ
「03.支配調教」は緩めのシコシコボイスを流しておちんちんに快感を送ります。

「あぁあぁあぁ 唾液の音で 脳みそがかき回される」
「ほら チンポが気持ちいい 私の声に反応して 勝手に気持ちよくなる」

まだ始まったばかりなので責め自体はソフトに留め
代わりにこの後もっと感じられるようにする準備を整えます。
02は耳元至近距離からやや下品でコリコリしたちゅぱ音を鳴らして気持ちよさを伝え
03もシコシコボイスと彼女の声を組み合わせて感度を上げる催眠音声らしい責め方です。

さすがにここで絶頂を我慢できなくなる人はいないと思います。
催眠パートでは脱力感や彼女に対する服従心に焦点を当ててたので
エッチの序盤はもう一歩踏み込んでハードなプレイで感じられる状況を作ります。

本格的なプレイが始まるのはその次から
「04.疑似フェラ」「05.オナニー演技」は名前通りのプレイを彼女がやってエッチな声や音を流し込み
「06.スピード責め」はシコシコボイスに特化させて別の快感を与えます。

「私ね 今 あそこを優しく いじいじ いじいじ」
純粋なエロさで見るなら05が一番でしょうね。
彼女がクリトリスをいじるのに合わせてシコシコボイスの速度が変化します。
これまで一切出てこなかった熱っぽい吐息と艶めかしい喘ぎ声が股間にビンビン来ました。
序盤では不足がちだった要素をここで投入するあたりもよく考えられてます。

「もしこれでイけたら すごく気持ちいいんだよ」
それに対してハードさで優れてるのは06。
これまでで最も速いペースのシコシコボイスを流し、軽い休憩を挟むのを何度も繰り返します。
このへんまで来るとシコシコボイスである程度反応できるようになってるでしょうから
それに合わせておちんちんのあたりがムズムズ、ビクビクする可能性も十分にあります。

私が聴いた時もオナニーしてないのにそれに近い快感が襲ってきました。
ドライ未経験者は実際にしごけばそれに似た快感が味わえると思います。

07以降はベリーハードとヘルモード専用のプレイ。
「07.ノンストップ責め」は速度を多少落とした代わりに休憩を挟まない責めを繰り出し
「09.メインディッシュ」は挿し絵の左右に描かれてる双子が加わり両耳舐めで絶頂へと追い込みます。
「08.追加攻撃」はサークルさんがお楽しみとおっしゃられてるので伏せさせていただきます。
プレイ一覧にある「〇〇」はここで登場します。

「必死に我慢し続けて もうダメ 耳舐めが気持ちいい シコシコボイスが気持ちいい 私の声が気持ちいい」
09は絶頂シーンなだけあって最も濃いプレイが楽しめます(約17分)。
始まった直後から左右両方でちゅぱ音が鳴り、引き続きシコシコボイスも流しながら
少女がこれらを聴けば聴くほど快感が高まる暗示を入れます。

純粋なエロさがなかなかありますし、これまでずっと我慢し続けてきた状況も相まって
10カウント後の絶頂シーンは股間を中心に強烈な快感が湧いてきて気持ちよかったです。
またヘルモードの場合はそこからさらに連続絶頂へと発展します。

作品を聴いた感想ですが、シリーズを忠実に踏襲したエッチになってて熱中できました。
序盤は責めをソフトにする代わりに感度の上がる暗示を入れる
中盤は疑似プレイで純粋なエロさを提供しつつより激しいシコシコボイスを流す
終盤はこれまでになかったプレイを投入したりそれらを組み合わせて密度を上げる、といった具合に
各シーンで明確な役割分担をして最後に気持ちよく絶頂できるよう導きます。

ドライ目当てで聴くなら最初からヘルでも良さそうですけど
オナニーする場合はやはりハードから順番に進んだほうが達成しやすいと思います。
シコシコボイスのボリュームが非常に多いので結構きついです。
ドライ慣れしてる人ならおちんちんをいじらなくても満足できるのではないかなと。

このように、後になるほどハードなプレイが登場する意地悪なエッチが繰り広げられてます。
珍しい切り口の作品
同人音声のオナサポとは違う形でシコシコボイスを活用してる作品です。

少女は主人公に地獄のような苦しみと天国のような絶頂を味わわせようと
まずは催眠を通じて自分の声やこれから始まるエッチに集中できる心を養います。
そしてエッチは過去作と同じく短めの間隔でプレイを小まめに変えながらひたすら絶頂を我慢させます。

声と性格に大きなギャップのある少女がハードな調教を施すドM向けのシチュ
深呼吸や脱力で心身をリセットする癒し系の催眠
序盤、中盤、終盤に異なる役割を持たせて少しずつ絶頂感を高める緻密なエッチ。
シリーズが元々持ってる良いところをできるだけ損なわずに催眠を組み込んでます。

中でもエッチはシコシコボイスを流すのに明確なオナニーの指示を出さないという
ある意味オナサポの常識を覆すようなことをやってのけてます。
これについては賛否両論あると思うのですが、私は「聴き手の自由に任せた」と好意的に解釈してます。
催眠パートの脱力をそこまでがっつりやるわけでもないですし
エッチシーンで実際にオナニーすることもある程度想定してるのだと思います。

「お兄さんは 唾液の音と シコシコボイスに狂わされるだけ」
あとは耳舐め音やシコシコボイスを起点に快感をコントロールする
音モノっぽいアプローチがされてるのも独特です。
催眠は結構維持しやすいので、最初は単なる音と認識してても
聴き続けるうちに何かしらの反応が出る可能性は大いにあります。
そのへんを見越してエッチの時間を長く取ったのかもしれませんね。

ヘルモードの絶頂シーンは5回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 ハード…1:12:20 ベリーハード…1:17:19 ヘル…1:30:53

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

地獄級ヒプノマルチレイプ

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛くてそれなりにSっ気もある5人の女の子が
協力して独特な催眠をかけたり長めのエッチをします。

全編を通じて彼女たちが同時に語りかけるマルチボイス形式が一番の魅力で
左右に2人ずつ、中央に1人の組み合わせて声を小まめに揺さぶったり
息つく暇もなく暗示を叩き込んで催眠の世界にどっぷり浸からせます。
エッチもハード路線ですから、上手く催眠に入れれば強めの快感をしばらく味わえるでしょう。
人気作をもっとハードに
5人の女の子に催眠をかけられ何度もイかされるお話。

「こんばんは はじめまして」
女の子たちはややトーンの違う甘く可愛い声の女の子。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明してから
催眠の世界へやって来た主人公にここがどこか教えます。

本作品は2017年1月に発売された人気作「ヒプノマルチレイプ」の続編。
5つ子と思しき女の子たちが左右中央に陣取り100分程度に渡って彼を責め立てます。
続編扱いになってますが実際はリメイクの色が強く
前作よりもエッチをハードにしたM度の高い作品に仕上がってます。

具体的にはドM向けの同人音声を数多く制作されてるB-bishopさんに協力を仰ぎ
総時間とエッチシーンを前作のほぼ倍に増やしてとことん気持ちよくします。
さらに絶頂シーンを数えられないくらい多くし、それに向けて一歩ずつ丁寧に進めます。

体よりも心への責めを重視したエッチをするので
深い催眠状態まで誘導し、それを最後まで維持することにも気を配って進めます。
プレイを尖らせたうえできっちりカバーするところがエロトランスさんらしいです。
内容が内容なので初心者向けとは言いませんけど、催眠には入りやすいほうだと思います。

「あなたはここで 暗示の海に溺れる」
シリーズの売りであるマルチボイス催眠も忘れてはいけません。
左右の近くと遠くに2人ずつ、そして中央の陣形を取り
催眠パートは位置を小まめに変えながらリラックスや深化の暗示を入れる
エッチは体と心を責める役を分担するといったように
シーンによってそれぞれが異なる動きを同時にしてスムーズに進めます。

同系統にあたる双子催眠をより複雑化させてる感じです。
マルチボイスは今のところエロトランスさんしかシリーズ化されてませんし
初めて聴く人は一般的な催眠音声と随分違う感覚がするでしょう。
特にエッチの後半は文字通り声に全身を包まれてるような気分が味わえます。

5人の女の子が連携を取ってサービスを進める作りとハード路線のエッチ。
シリーズの長所を押さえつつさらに進化させた個性的で質の高い作品です。
声を心に馴染ませる催眠
催眠は3パート36分間。
注意事項を説明した後に始まる「催眠誘導1」はこの作品を聴く際の心構えを説明し
次の「催眠誘導2」はマルチボイスに慣れさせながら心身を軽く脱力します。
サークルさんはヘッドホンよりもイヤホンでの視聴を推奨されてます。

本作品は類似作品がほとんどありませんから
何も教えずに催眠をかけ始めるとどう聴けばいいかわからない人が結構いると思います。
それを踏まえて10分程度を使い女の子たちとどう向き合えばいいかわかりやすく話します。

「催眠は協力関係 私たちはあなたの想像力を使って 気持ちのいい世界に導くパートナー」
パートの最後にこういうセリフが出てくるのを見ると
彼女たちとの信頼関係を構築する意味合いもあるのでしょう。
色んな特徴を持つ作品ですが催眠にとって重要なところはきちんと押さえられてます。

ちなみに本レビューでは読みやすさを優先して普段と同じセリフの表記にしてますが
実際はひとつのセリフごとに左右中央が切り替わる、ひとつのセリフを5人が分担して話す
似たような意味のセリフをわざと重ねて話すなど、変化に富んだアプローチをかけます。
セリフごとの間もシーンによって随分違いますし本当に作りが丁寧です。

「すーっと力が抜けていく 全身の力が抜けていく 頭の力が抜けていく」
催眠誘導2はちょっとしたゲームをしながらリラックスを促します。
左右近くにいる子が主な語り手を務め、残りの3人はそれをサポートする役割を果たします。
催眠慣れしてる人ならここだけでも軽い催眠に入れるでしょう。
彼女たちの声に対する興味や集中力を上手に高めて深化できる環境を整えます。

最後の「催眠誘導3」は本格的な誘導。
深呼吸してから全身を細かく分けてパーツごとに脱力し
お馴染みのカウントを数回数えて段階的に落します。

「頭の中が真っ白になっていくように気持ちいい すーっと抜ける」
技術自体は催眠音声では定番のものですが
5人体制でやるだけあって聴いた時の印象は1人の時と随分違います。
例えば深呼吸は合図を出す役、呼吸音を鳴らす役、それに合わせて暗示を入れる役を定め
脱力も8分くらいかけてゆっくり丁寧に行います。
「重い」ではなく「抜ける」と暗示を入れるので体がだらーんとするでしょう。

信頼関係の構築や心構えにも配慮した聴きやすい催眠です。
心を空っぽにして女の子たちの暗示責めを受けられるようにすることを目的に
催眠に入りやすくなるアドバイス、リラックス、古典催眠の技術を組み合わせた深化と
パートごとに目的を変えてそれぞれを丁寧に進めます。

マルチボイス催眠で36分は長い部類にあたりますから
時間いっぱい誘導に使うのではなく、こういうゆとりを持たせた作りにしたのでしょう。
セリフの間隔をわざと長く取ってるシーンもあったりして雰囲気が穏やかでした。
私が聴いた時は催眠誘導2を終えた時点である程度入ってて
催眠誘導3はそれが強くなるのを実感できてとても気持ちよかったです。
後になるほど激しくなるエッチ
エッチシーンは3パート50分間。
プレイは両耳舐め、カウントによる絶頂、○○です。

エッチな効果音はありません。
セルフはありません。

「空っぽの脳みそのあなたに 最初に入れる暗示」
特殊な催眠で主人公を骨抜きにした女の子たちは
彼が途中で逃げ出さないようドアに鍵をかけてから最初の暗示を入れます。

エッチは終始彼女たちに責められ続けます。
一番最初の「エロパート2」はスタンダードなドライ(約21分)。
事前にとある暗示を入れた後に左右の子が両耳を舐め
残りの3人は感度の上がる暗示を小まめに入れてそれを応援します。

これのひとつ前に「エロパート1」というパートもあるのですが
そこは状況説明や最初の暗示を入れるシーンにあたるので、本レビューでは敢えてエッチから外しました。

「頭の中が 薄いピンク色に染まっていく いやらしいピンク色に 全身の感度が一気に上がり じーんという気持ちのいい痺れが襲ってくる」
まだ序盤なのでそこまで激しい責めはやらず
両耳舐めと感度上昇を重視してこの後に向けた準備を着実に整えます。
50分もぶっ通しでイキ続けたら体がもたないし催眠状態もおそらく途中で解けるでしょう。
そうならないためにわざと抑えて期待と興奮を煽ります。
パート終盤にある2連続絶頂もゆっくり追い込んでました。

本作品のハードなところが出てくるのは次の「エロパート3」から。
引き続き耳舐めを絡めながらとある手段で何度も何度もドライ絶頂させ
中盤からはよりM向けの内容に切り替えてさらに追い込みます。

「○○されるだけで ビクンビクンってするおもちゃになっちゃって 嬉しい?」
ここからはエッチ終了までほぼずっとイキ続けることになります。
エロパート2が穏やかだったからこそ、この大きな変化に驚く人が結構いるでしょうね。
催眠音声らしさが出るように純粋なエロ要素は耳舐めだけに留め
それ以外のやり方で心身を盛り上げてくれます。

私が聴いた時はトリガーに合わせて股間の筋肉が何度も痙攣しました。
前のパートの最後のほうで下半身に意識を集中させるように言われたからこうなったのでしょう。
あとは耳舐めされてる間は脳内にも快感物質がどんどん溢れてくるのを感じました。
さすがに30分ぶっ通しではありませんが、それでもかなりの時間で快感がこみ上げてきたのは事実です。

ちなみにエロパート3の後にはエロパート4が控えてます。
内容はエロパート3に似てますけど責め方が相当にぶっ飛んでます。
あまり深く考えず、その場の流れに任せてみれば気持ちよくなれると思います。
私はどちらかと言えばエロパート3のほうが気持ちよかったです。

このように、加速度的にハードさが増すM~ドM向けのエッチが繰り広げられてます。
暗示にどっぷり浸かる作品
登場人物の多さを活かした密度の高い作品です。

女の子たちは自分の世界に紛れ込んできた主人公を存分に気持ちよくしようと
最初から最後まで5人全員が参加し、シーンごとに役割を変えながら催眠とエッチを進めます。
そして事前の準備をしっかり行い後になるほど責めを激しくして何度も絶頂させます。

5人の女の子が同時に催眠をかけるマルチボイス形式
信頼関係を構築しながら徐々に落とす堅実な催眠
連続ドライ絶頂に向けて暗示を厚めに入れながら責める催眠重視のエッチ。
大まかな部分は前作とほぼ同じにし、内容をさらに掘り下げた作品に仕上がってます。

中でもエッチはサークルさんが一番手を加えたかった部分ということで
事前の準備も含めると催眠パートの倍近くの時間を用意し
その中で感度の上がる暗示を入れたり、特定のプレイと連動させてイける環境を整え
それから一気に激しくする慎重な流れにしてあります。

プレイが激しいとどうしても催眠状態の維持が難しくなりますから
これらを両立させるために中盤以降で弾ける構造にしたのでしょう。
やってることは結構ぶっ飛んでますけど作りは非常に丁寧です。

ただ実際に聴いた感じでは1回目で上手くいかない人もそこそこいそうです。
催眠もエッチも特殊なので、多少慣れたほうがその良さを最大限に味わえるんじゃないかなと。
今でも十分気持ちいいけどもっと気持ちよくなれる可能性を感じました。

絶頂シーンは多すぎて計測不能。
ちゅぱ音多め、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

以上を踏まえてサークルさんでは6本目の満点とさせていただきました。
双子やマルチボイスが好きな人、刺激が強めの作品が好きな人には特におすすめします。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 1:47:50

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

リミットマリオネット

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第43回目は上品だけどSっ気の強いお姉さんが
催眠を使って声に操られイかされる快感を教えます。

彼女の人形になって絶頂の限界に挑戦するややハードな内容になっており
催眠は割とスタンダードな技法を使ってスムーズに落とし
エッチも中盤あたりまでは準備に専念してイキやすい環境を整えます。
気持ちいいだけのお人形さんに
お姉さんに催眠をかけられ何度も絶頂するお話。

「さぁ 今から 私の催眠が始まります」
お姉さんはややトーンの低い整った声の女性。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
催眠で気持ちよくなりたい主人公の願いを叶えるための心得を教えます。

本作品は射精よりも長く深い絶頂を味わわせることを目的に
彼女が60分程度をかけてそれに沿ったエッチな催眠を提供します。
キャラやストーリーといったドラマ要素は完全に排除し
音声開始直後にもう催眠の下準備に入る特化型の作りです。

最大の特徴は終盤に多めの連続絶頂シーンがあること。
催眠パートはリラックスや深化しやすいよう穏やかに進め
エッチも中盤あたりまでは催眠重視で進めて感度をとことん上昇させます。
そして最後の最後にカウントを数えながら絶頂指示を何度も出して一気に追い込みます。

絶頂シーンの前と開始後の落差がかなり大きいので
雰囲気や彼女の態度の変化によっても快感がせり上がってくるのを感じるでしょう。
そこ以外は穏やかでM性も低めですが、視聴後はそれなりに体力を消耗してると思います。
1回出しておしまいの射精とは明らかに違う快感が味わえて気持ちいいです。

催眠はおよそ14分間。
仰向けになって目を瞑り、まずは深呼吸や脱力をして心身をひとまず落ち着けます。

「集中こそ 催眠への入り口 集中こそ トランスそのもの」
「カチッと切ると 首の筋肉がほぐれ 頭自身が 自分の重さに 気づくことができるでしょう」

催眠を始める前にちょっとしたコツを話して音声を聴きやすくしたり
脱力シーンでは指定された部位にスイッチがあるのをイメージし
それを切るのと同時に重くなる暗示を柔らかい表現で入れるなど
催眠初心者でも無理なくついてこれるようゆっくり丁寧にリードします。
彼女が全編を通じてセリフを細かく区切りながら話しかけてくるのもそれを意識してるのだと思います。

お次は自分が駅のホームにいるのをイメージし
やって来た電車に乗り込み揺られる様子を通じて催眠状態を深めます。

「心地のいい温度 心地のいい揺れ 心地のいいガタンゴトンという音が 眠気を誘い 意識がどんどん遠のいていく」
外よりもずっと過ごしやすい温度、柔らかく温かいシート
そして電車が動くたびに感じられる心地いい揺れ。
多くの人が体験したことのある出来事を主観的に語ってより気持ちよくします。
電車を下りた後も追加のアプローチをかけるなど、エロトランスさんらしいきめ細かな気配りがされてて入りやすいです。

テーマとは特に絡めずにサクッと落とす堅実な催眠です。
お姉さんの言葉で操られやすい心にすることを目的に
前半は深呼吸と分割弛緩法、後半は電車のイメージによる深化と
古典催眠の技術をベースに多少イメージ重視にして癒しと眠気を与えます。

14分は催眠音声の中だと短いほうですが
技術力の高いサークルさんなだけあって深いところまであっさり入れます。
特に電車のイメージは大衆性が高く、多くの人が癒しの感覚を抱くでしょう。
気持ちよく操ってくれるエッチ
エッチシーンは2パート37分30秒間。
プレイは体の愛撫、乳首オナニー、言葉による絶頂、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
途中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「今の状態 気持ちいいよね? そして 催眠状態でするエッチな事は もっと気持ちがいい」
催眠を使って主人公を気持ちよくしたお姉さんは
彼をもっと気持ちよくしようと連続絶頂への準備に取り掛かります。

エッチは体への刺激をソフトにし、その代わり心を上手に責め続けます。
最初の22分間は彼をリミットマリオネットに変えるシーン。
冒頭に連続絶頂へのトリガーとなるキーワードを設定し
それから心身をさらに脱力させたり感度の上がる暗示を入れて全身を敏感にします。

「この言葉を聞くと 今のムラムラ 何度でもイきたい 快感が欲しい 欲しくて欲しくて堪らない そういう欲望が 絶え間なく溢れてきて 体も敏感になり 何度でも快楽に溺れたい そう思ってしまうの」
ストレートに気持ちよくするのではなくその前段階にあたるため
このシーンで得られる快感はそれほど強くありません。
でも感度の上がる暗示を入れた後に体を撫でる時は触った部分がピリピリ、ゾワゾワして割と気持ちいいです。

サークルさんが「ドライオーガニズムの体験を目指した」とおっしゃられてることもあり
催眠パートに引き続き丁寧にリードして感覚を少しずつ変化させます。
催眠重視の内容ですから途中で催眠が解ける可能性も低いです。

残りの時間はお待ちかねの連続絶頂。
彼女の声がこれまでよりも力強くなり、「イケ」などの命令口調で絶頂のタイミングを指示します。

「さぁ イキなさい! イケ!」
「意思も理性もいらない あなたは私のお人形 私の言う通り動くのが 人形の使命であり喜び」

Sっ気が一気に増すので驚くかもしれませんね。
主人公を人形に見立てて責めるからこういうややきつい口調にしたのでしょう。
そして声や言葉に力があるおかげで雰囲気的にも追い込まれるのを感じます。

私が聴いた時も1回目の絶頂指示が出たところからエッチ終了までのおよそ8分間
股間のあたりの筋肉が断続的に痙攣してました。
軽くお漏らししたような生温かい感覚もありましたし、射精とは明らかに違うタイプの快感です。
要所要所でキーワードを挟んでイキ続けやすくする配慮も見事です。

ちなみに2番目の「リミット2.5」パートではおちんちんをしごく指示が出ます。
ただ時間が2分程度と非常に短いことから射精できるかどうかは微妙なところです。
ノーハンドとは別の快感を味わってもらいたいからいじらせたのかもしれませんね。

このように、しっかり準備してから一気に追い込む落差の大きいエッチが繰り広げられてます。
ドライ系の良作
ドライ経験者はもちろん、催眠に入れるけど未経験な人にもおすすめしたい作品です。

お姉さんは催眠特有の気持ちよさを味わってみたい主人公の願いを叶えようと
まずはイメージ重視の手堅い催眠でその世界へスムーズに案内します。
そしてエッチは中盤頃まで感度上昇に努め、十分焦らした後に連続絶頂をプレゼントします。

穏やかだけど割とSっ気もあるお姉さんが絶頂の限界に挑戦させるM寄りのシチュ
短い時間で確実に落とす洗練された催眠
人形化と感度上昇を入念にやってから激しく追い込むテーマに沿ったエッチ。
連続絶頂へ一歩ずつ近づいてく取り組みやすい作品に仕上がってます。

最終目的の連続絶頂だけを見れば結構ハードです。
でもそこに至るまでの道筋は本当に穏やかでほぼノーマル向けと言えます。
ですから内容を理解したうえで聴く分には誰でも受け入れられるのではないかなと。

催眠に入りやすく維持しやすいことから
ある程度催眠慣れしてる人ならこれで初ドライを迎えることも十分あり得ます。

エッチの途中で快感を股間に集中させるシーンがありまして
それ以降はおちんちんの周辺に熱や気持ちいい痺れがビンビン伝わってきます。
脳イキさせるドライ作品もありますけど、本作品は股間でイかせるタイプです。

絶頂シーンは7回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから前回と同じく満点とさせていただきました。

CV:男性向け、共通…紗藤ましろさん 女性向け…かずみやさん
総時間 男性向け…1:00:22 女性向け…48:15 共通…1:00:18
(共通は淫語の表現をぼかしたバージョンです)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

サキュバスの世界に落とされて堕とされて…

サークル「エロトランス」さんの催眠動画作品。

今回紹介する作品は、VTuberとして現在活躍中のユメノシオリさんが
催眠を使ってサキュバスの世界に案内してから精気を気持ちよく吸い取ります。

映像を流しながら催眠をかけたりエッチするのが最大の特徴で
振り子を揺らす、宇宙空間を移動する、海中に沈むなど状況に合ったアニメーションを流しながら
サークルさんらしいきめ細かなアプローチをかけて少しずつ確実に催眠状態を深めます。
エッチも直接的なプレイはせず、映像が持つ印象と技術を組み合わせてドライまでもっていきます。
サキュバスからのエッチな招待状
ユメノシオリさんに催眠をかけられ精気を吸い取られるお話。

「催眠に入りやすくなるために 体と心の緊張をほぐす 簡単な運動をしましょう」
シオリさんは明るくてほのぼのした声の女の子。
音声を聴く際の環境を簡単に説明すると
本編に入る前に音声でリラックス運動を始めます。

本作品はYoutubeでチャンネル登録者数11000人を誇る彼女が
およそ85分に渡って催眠を交えた特殊なサービスを提供します。
「サキュバス世界にある別のチャンネルにゲスト出演する」という設定を用意し
それに沿った流れで様々な映像を見せながら物語を進めます。
yumeno
Youtubeの動画と同じく彼女が画面に現れて誘導しますから、一般的な催眠音声よりもイメージしやすく感じるでしょう。
聴き手が多くのシーンで目を開けることを踏まえて催眠技法もそれを活かしたものに調整されてます。
私が聴いた時も目を開けてるから入りにくいということはまったくありませんでした。

この手の作品と言えば昨年に発売された「ディーナのバーチャル催眠」が有名です。
映像形式でサキュバスがお世話する点で両者はほぼ一致してます。
しかしエッチの様子を実際に流して視覚的なエロを提供するあちらに対し
こちらはエフェクトから連想される印象を通じて感覚をコントロールすることに力を入れてます。

具体的には海に沈んでいく映像を流しながら「落ちる」と暗示を入れたり
ピンクやハートマークといったエロを匂わせる要素を使って性感を高めるなどです。
VTuberさんと映像有りで直接エッチするのは色々問題があるからこうしたのではないかと。
淫語も「おちんちん」を6回程度言うのみとかなりソフトに抑えられてます。
でも裏を返せば催眠の技術だけで興奮したりイク感覚が味わいやすいと言えます。
人間からサキュバスの波長に
催眠は2パート50分間。
最初のリラックス運動パート(約9分)は立ち上がって肩幅くらいに足を開き
そのまま両腕を好きなようにブラブラさせ続けます。
ちなみにここは音声のみで映像はありません。

「気持ちのいい音楽を聞いていると 体が安らぎますね」
そしてシオリさんは運動開始の合図と同時に穏やかなBGMを流し
心身がリラックス言葉を投げかけたりこの後始まる本編のあらすじを説明します。
リラックス運動、BGMいずれも制作に協力されたサークルF・A・Sさんがよくやられてることです。
このシーンだけでもかなりのリラックス効果が得られるでしょう。

続く本編は彼女が映像つきで登場し、注意事項を説明してから好きなペースで6分程度深呼吸させます。
このシーンは目を閉じたまま聴く指示が出ます。

「寝起きでぼーっとしている状態や 何かに没頭している時 集中力や想像力が豊かになったり 他の刺激に反応しやすい 心や脳の抗体になることなの」
現時点の主人公はサキュバスの世界に行く準備が整っておらず
そのせいで彼女の姿がぼんやりしたものになってます。
そんな事情を説明しながら日常生活に根付いた催眠の感覚に触れて不安や緊張を取り除きます。

本作品は彼女のファンが視聴する可能性が高いことを踏まえて
彼らが催眠音声の経験を一切してなかったとしても楽しめるようとても慎重に誘導します。


深呼吸に長めの時間を割き、その間に催眠の基礎的な事を教えるのはいい例です。
この先のシーンでもセリフに柔らかさを持たせたりイメージと上手に絡めてスムーズに落とします。
エッチが特殊なので完全な初心者向けではありませんが、催眠パートに関してはそうだと言えます。

お次は目を開けて振り子の映像を観ながら全身をパーツごとに脱力します。
それから宇宙空間→海底と移動しサキュバスの世界に近づきます。
前者は体験版の最初、後者は50秒頃から始まるものです。

「左右に揺れる振り子を見つめ続けていると なんだか頭がぼーっとしてくる」
そしてここからは映像があるからこそできるアプローチをかけて催眠状態をさらに深めます。
振り子の時はそれを見つめさせながら心と体がさらにリラックスする暗示を丁寧に入れ
宇宙空間は「入ってく」、海底は「落ちていく」と状況に応じた言葉を投げかけて感覚を膨らませます。
振り子の最後あたりからとあるギミックも登場するなど色々凝ってます。

人間世界からサキュバスの世界に移動する様子に技術を絡めた質の高い催眠です。
サキュバスの番組にゲスト出演する環境を整えることを目的に
リラックス運動から入って深呼吸、分割弛緩法、イメージを使った深化と
催眠音声では定番の技術を作品に合ったものにアレンジして進めます。

やることは割とシンプルなのですが、最中の暗示が質量共に大変優れており
目を開けてるハンデを補って余りあるほど入りやすくなってます。

映像や音と組み合わせて誘導するおかげでイメージも至って簡単です。

振り子のシーンでは意識のぼやけと脱力感、宇宙空間は吸い込まれる感覚
海中はゆっくり沈んでいく感覚と色んなものが味わえて心地よかったです。
彼女のファンでなくても普通に楽しめると思います。
サキュバスの瞳に魅了されて
エッチシーンは22分間。
プレイは見つめ合う、言葉と映像による絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「さぁ 私の目を見て? 知ってるよね サキュバスの瞳は 人を魅了する効果があるって」
重厚な催眠をかけて主人公を自分の世界に案内したシオリさんは
魅了効果のある目を見つめさせて今度はエッチな気分をくすぐります。

エッチは直接体を接触させず言葉と映像だけでドライまでもっていきます。
最初の16分間は絶頂に向けて気分を盛り上げるシーン。
体験版の2分頃に映し出されるピンク色の背景を徐々に変化させながら性感が高まる暗示を入れます。

「ほら 私の目を見つめながら 頭の中とろーんととろけて ジンジンと痺れていくのを感じて?」
「ほら おちんちんからピリピリした快感が這い上がってくる」

最初はキラキラした光が瞬いてるだけだったのが
少し経つといくつものハートマークが下から上へ移動するようになります。
そしてそれに合わせて彼女の態度が若干Sっ気を帯び始めます。

最初のほうでも話したように、彼女の目を見つめる以外はこれといったプレイをしません。
引き続き催眠の技術を使って快感を呼び起こすことを目指してます。
ピンクやハートマークが一応エロを象徴する要素とも言えますし
うまく催眠に入れていれば心がムラムラするとか、股間がジンジンする可能性は十分にあります。

残る6分間はお待ちかねの絶頂シーン。
これまでのプレイで生み出したハートをハリケーンのように高速回転させ
程よいところで長めのカウントを数えて絶頂のタイミングを取ります。
体験版の2分20秒頃から出てくるエフェクトがそれにあたります。

「溜まれば溜まるほど 流されれば流されるほど あなたの体は快感で満たされていく」
サキュバスの力を使って声が左右中央に分離し
カウントと暗示を同時に投げかける密度の高い追い込みです。
ドライを一度も経験してない人にとってはピンと来ないかもしれませんけど
経験済みならおちんちんのあたりにエネルギーが集まり弾ける感覚が味わえるのではないかなと。
私が聴いた時もカウントが始まったあたりから股間がずっとキュンキュンしてました。

このように、サキュバスに精気を吸い取られる様子を視覚も交えて表現した独特なエッチが繰り広げられてます。
陶酔できる作品
視聴してるだけで作品の世界にスッと入り込める作品です。

シオリさんは招待状を手に入れた主人公に普段とは違う体験をさせようと
まずは全編の6割近くの時間をかけて人間からサキュバスの波長へと切り替え
それから指一本触れず見つめ合いながら言葉責めをしてイかせます。
そしてその様子を音声と映像の両方を使ってリアルにお届けします。

現役のVTuberさんがエッチな催眠をかける魅力的なシチュ
シーンによって映像を変化させ、それに合った技術を行使し深化させる催眠
淫語やちゅぱ音といったエロ要素を極力使わずに絶頂させるチャレンジ精神旺盛なエッチ。
作品が持つ個性を上手く組み合わせてひとつの物語を作り上げてます。

エロトランスさんだから普通のエッチな動画にはならないだろうと予想してましたが
実際はそれを遥かに上回る奇抜なものでした。
まず映像のエフェクトがプロ級でアニメと同じ感覚で観られますし
エッチもサキュバスだからこそできるものに設定されてます。

中でも催眠は完璧と言って差し支えないレベルの品質を持ってます。
映像1作目でよくここまでのものが作れるなぁと感心しました。
普段とは勝手が違うのでかなり手厚いアプローチをかけてます。
催眠を今まで一度も体験したことのない人でも不思議な感覚が味わえるんじゃないかなと。

DLsiteで低い評価をつけてる人は多分エッチに不満を抱いたのだと思います。
サキュバスが相手と聞くとこの界隈の人は結構激しいものをイメージするでしょうから
こういうタイプのプレイだと肩透かしを食らったと感じても別段おかしくありません。
ただ声の担当がVTuberさんならこれはむしろ頑張ったほうじゃないかと私は見てます。

絶頂シーンは1回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

催眠は良いけどエッチがやや人を選びそうだと判断し、この点数とさせていただきました。
催眠重視の作品が好きな人には特におすすめします。

CV:ユメノシオリさん
総時間 1:25:34

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

カンスト

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第37回目は穏やかでちょっぴりSっ気もあるお姉さんが
催眠音声ではお馴染みの要素を使ってリラックスと快感を与えます。

何をするにもカウントを数えるのが最大の特徴で
催眠誘導時は深呼吸や筋肉の収縮に合わせて何度も数えて心身に馴染ませ
エッチに入ると力強く刻んだり、複数の声を重ねながら不規則に数えて限界突破させます。
数に癒やされ、弄ばれる
お姉さんのカウントを聴いて絶頂するお話。

「こんばんは 今日はあなたに 面白いもので感じて欲しいと思って ここに来たの」
お姉さんは上品で清らかな声の女性。
注意事項やタイトルのカンストに関する簡単な説明をすると
数字を使って主人公に不思議な体験をプレゼントします。

本作品は自分が普段味わってる快感の限界に挑戦することを目的に
彼女が50分程度に渡って催眠をかけたりエッチなサービスをします。
サークルさんが「数字、カウントを題材にした催眠音声作品です」とおっしゃられてる通り
彼女がカウントを数えるシーンがとてつもなく多いです。

カウントは催眠音声だとよく見かける要素で、深化の暗示を入れやすくするための刺激に使ったり
絶頂シーンのタイミングを取るなど補助的な役割を担うことが多いです。
しかし本作品では序盤からカウントそのものに暗示を込め
それを聴けば聴くほど心地よさや快感が広がるように誘導します。

プレイはもちろん、セリフや演出に至るまでエロいと感じるものは一切入れてません。
それなのにカウントが進むに従ってエネルギーがこみ上げる不思議な感覚が味わえます。
ずば抜けた技量を持つサークルさんだからこそ形にできる大変個性的な作品です。

催眠はおよそ28分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは5カウントに合わせて全身の筋肉を収縮させます。
そして同じく5カウント刻みで息を吸ったり吐くのを繰り返します。

「力を入れている時ってしんどいし 疲れるよね でも力が抜ける時 そして抜いた後の今のような状態 すごく気持ちいいよね」
「あなたの無意識は 自然と カウントを聞いていることでしょう」

最初は単に数字を数えてるだけに思うでしょうけど
これを聴き続けていくうちに心地よさやリズムを感じ始めるかもしれません。
彼女もカウントの合間に的確な暗示を入れてリラックスを後押しします。

シーンや状況に応じてカウントの数え方が変わるのもポイント。
例えば最初の力を入れたり抜くシーンでは前者が数字を進めるほどトーンをやや上げ
後者は前者よりも全体的に低い声で後になるほどさらに下げていきます。
数え方にも工夫してるからこそ心と体にカウントが染み込んでいくわけです。
紅月ことねさんの熟練した演技も相まって、開始から10分後にはとても心地よい状態になれました。

カウントの海に身を委ねられるようになったら、それを強化しつつ催眠状態をさらに深めます。
これまでの倍にあたる10まで数える数字を増やし
それを何度も数えおろしながら両方の効果を持つ暗示をバランスよく入れます。

「私が 数えるのをやめても まだまだ 頭に 私の声が こだまをする」
「だんだん 数字が減るごとに ふわふわと落ちるような感覚がする」

これだけ立て続けに数えられたら彼女が数えるのを止めてもその声が残る可能性も十分にあります。
そしてカウント自体に暗示を入れれば催眠状態の維持も容易になります。
数字を数えることにもリラックス効果があるそうですし、テーマのカウントを使って上手に癒してくれます。

カウントに本来の役割と作品独自の役割を持たせてるテーマ性の強い催眠です。
聴き手の心身がカウントに反応できるようにすることを目的に
漸進的弛緩法から入って深呼吸、そして深化と古典催眠の技法をベースにし
そのすべてにカウントを組み込んで自然と馴染めるようにします。

催眠におけるカウントの使い方を熟知してるサークルさんなだけあって
数えるタイミング、数え方、暗示との組み合わせ方がどれも完璧です。
一見乱発してるように思えるのに実際はきちんと目的意識を持ってるのも素晴らしいです。
エッチが独特なので初心者向けの作品とは言えませんが、催眠に関しては誰でも聴けるしかかれる内容です。
数字の波に押し上げられる快感
エッチシーンは12分間。
プレイはカウントによる絶頂です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたのリミッターに達するまで カウントがストップするまで 限界にたどり着くまで 行ってみましょう」
催眠を通じて主人公をカウント漬けにしたお姉さんは
そのまま色んなカウントを数え続けてまずは彼を快感の限界まで導きます。

エッチは体の接触をせずカウントだけでイかせます。
最初の5分間は感度強化を見据えたシーン。
10カウントダウンの後に追い込み暗示を入れたり、股間に意識を集中させて快感を蓄積させます。

「ぶわーっと毛穴が広がる 胸の奥から嗚咽がこみ上げそうなほどの快感 ぞわぞわと肌が痺れ始める」
催眠誘導よりもずっと語気を強めたパワフルなカウントが心地よく
微笑を交えたちょっぴりSな態度も加わって体が自然とビクビクしてきます。
私の場合は股間に熱いものがこみ上げてきたり手のひらや脇腹に軽い痺れが走りました。
直接のエロ要素を使わずにこういう感覚を味わえるのが本作品の醍醐味です。

残りの時間はお待ちかねの絶頂シーン。
カウントの数え方、声の位置、同時に聞こえる声の数がめまぐるしく変化し
文字通りカウントの海に溺れさせてドライオーガズムまで持っていきます。

「全身が快感でぷるぷると震えだす 筋肉が無意識に痙攣を起こすように もう何が何だかわからない」
数える間隔を一気に狭め、特定の数字で足踏みして絶頂できる力を蓄え
上限を突き破って突き進むカンストに相応しい責めです。
連続絶頂となってますが明確なタイミングを取るのは最後だけなので
初回はそれに合わせられるように自分をコントロールするのがいいでしょう。

このように、数字と言葉だけでイかせる非常に独特なエッチが繰り広げられてます。
催眠の力を思い知る作品
カウントを使って聴き手の感覚をコントロールする優れた作品です。

お姉さんは主人公に普段以上のリラックスや快感を与えようと
まずは催眠誘導しながらカウントをすんなり受け入れられる体勢を整え
それからカウントを色々変化させて感度や絶頂感を盛り上げます。

最初から最後まで必ずカウントを絡めるテーマに沿った展開
カウントを多く盛り込みつつ催眠の品質やバランスを維持する技術力の高さ
お触りはおろか淫語すら言わずに絶頂させる思い切ったエッチ。
「やるからには突き詰めよう」というサークルさんの意志を感じるサービスが楽しめます。

催眠におけるカウントはただ数えてるだけのように見えて結構奥が深いです。
例えば聴き手に伝えたい内容によってトーン、ペース、語気が目まぐるしく変わりますし
本作品の場合はエッチシーンで特別な使い方がされてます。
数字自体が持つ意味と、それを数える時の雰囲気を組み合わせてこの難しいプレイを成し遂げてます。

はっきり言って全然エロくありません。
でも催眠にきちんと入っていれば十分心地良いし気持ちよくもなれます。
催眠が持つ力を改めて思い知らせてくれたことに感謝したいです。

明確な絶頂シーンは1回。
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声いずれもありません。

催眠音声では脇役にあたる要素を敢えて主役に据えてる作品です。

CV:女性声…紅月ことねさん 男性声…夜櫻さん
総時間 女性声…53:34 男性声…42:29

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

催眠スクール~催眠にかかる為の催眠音声~

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用 全年齢向け)。

今回紹介する作品は、催眠音声を聴き始めたばかりの人をターゲットに
先生たちが催眠に関する説明や誘導を行ってより楽しめるお手伝いをします。

事前に20分程度の時間を割いて催眠のあれこれをレクチャーしたり
担当声優、催眠誘導、イメージ誘導を複数パターン用意し聴き手の自由に選ばせるなど
多くの人に催眠状態を実感してもらうことを目指した親切丁寧なサービスをするのが特徴です。

今回は陽向葵ゅかさんのバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
催眠の第一歩を踏み出す手助けを
催眠スクールで先生の講義を受けるお話。

「初めまして 本校に入学いただきありがとうございます」
先生は知的で上品な声のお姉さん。
催眠にかかりたくてやって来た主人公を温かく迎えると
学校のコンセプトを軽く説明してから授業を始めます。

本作品は催眠音声を聴き始めた人にありがちな悩みを解消することを目的に
彼女を含めた教師陣が2時間近くに渡る独特なサービスをします。
催眠状態に入って癒しを感じたり気持ちよくなる一般的な催眠音声とは違い
催眠そのものを理解し、その感覚に触れることだけを見据えてリードします。

サークルさん自身もおっしゃられてますが、既に催眠を十分堪能してる人には必要の無い作品です。
内容もかなり真面目でエンターテインメント性は低いことをご了承ください。
ですが内容を絞ってあるおかげで催眠にはものすごく入りやすいです。

そう言える一番の理由は「幅広さ」。
声質の異なる声優さんを数多く起用し、さらに催眠誘導の方法も複数種類用意してあります。
人によって好きな声質は様々ですからそれにできるだけ対応するのが狙いでしょう。
今後のバージョンアップでもう3人追加されるそうです。
一対一で講義を進めますから双子形式ではありません。

誘導も最初は3パターン、次は5パターン存在しやり方がそれぞれで違います。
私もメールやコメントで「催眠にかかれない」というご意見をよくいただくのですが
催眠は相性の影響が割と大きく、世間で名作と言われてるものでもまったく入れない可能性があります。
だからこれらを聴き比べて自分に合うものが何かを知るのはとても有効です。

「すごく簡単に催眠現象を説明すると ○○といったことです」
もうひとつは催眠をかけ始める前にその説明をすること。
そもそも催眠とは何か、催眠状態や催眠誘導の概要、そして催眠にかかったらどうなるか。
催眠に関する教本を一冊も読んだことのない人でも理解できるよう噛み砕いて教えます。

中の人がリアル催眠術師さんなだけあってどのパートも丁寧でわかりやすく
我々が説明を聴いた結果どう思うかまで予想しながら的確なフォローをします。
そしてこれは彼女との信頼関係の構築に大変役立ってます。

ちなみに彼女は冒頭で「対面催眠や催眠音声を一度も体験してない人はまだ聴かないほうがいい」と注意します。
まずはまっさらな状態で催眠に触れてみて、そこでもし躓いたら聴いてねという位置づけです。
完全な初心者さんはひとまず他の作品をいくつか試した後に検討してみてください。
不安を取り除いてから気持ちのいい世界へ
注意事項の説明を終えた後から始まるのは催眠の講義(約22分間)。
催眠のメカニズム、人間と催眠状態の密接な繋がり、催眠誘導の種類
それを受けたことによって生まれる感覚を具体例を交えてひとつずつ教えます。

「そう 普段私達は 一日の中で 何度も催眠状態に入っています」
「どれかひとつでも 当てはまるものがあったり 体の変化を感じたら それは催眠状態に入っていると考えていいでしょう」

専門用語を使わずに話すことで小難しい印象を聴き手に植え付けるのを避けつつ
催眠にかかりにくい人が抱きがちな後ろ向きの感情を払拭できるよう
多くのシーンでポジティブな表現を使うことを心がけてます。
例えば人間は催眠に類する感覚を毎日体験してる、催眠を受けて何かしらの変化があればそれはもう入ってるなどです。

催眠にまだガチでかかったことのない人はもっとすごいものだと思ってるのでしょうけど
実際のところ最初は「意識がちょっとぼやけてるかな?」程度の小さな変化です。
でもそれを実感し、自分が催眠に入り始めてるとわかればもっと別の感覚が生まれ始めます。
本職の方に対面でかけてもらったらまた違うかもしれませんが、私のレビューを読む人はほとんどが催眠音声のはずです。

そうやって催眠に対する理解を深め不安を取り除いた後、いよいよ催眠誘導が始まります(約30分)。
全部バラしたらつまらないでしょうから催眠誘導、イメージ誘導いずれも一番目のものだけ紹介します。

流れは楽な姿勢で目を瞑り数回深呼吸やストレッチをして心身を軽くほぐし
それから腕、脚、顔、頭など全身をいくつかのパーツに分けて個別に脱力します。
そして最後にエレベーターに乗って下りるイメージとお花畑のイメージでさらに深めます。

「抜き方がわからないなら 抜けるイメージをするだけでもいいですよ」
「頭の中の力も すーっと抜いていく すると 頭の中がふわふわしてきたり あるいはじんじん ぴりぴりと痺れるように感じてくるかもしれません」

何をしたらわからない人でもついていけるよう簡単な心構えを伝授し
表現を小まめに変えながら「すーっと」「抜ける」を何度も重ねる堅実なアプローチです。
また「~かもしれない」とやや婉曲な表現を用いることで受け入れやすくもしています。
一通り終えたところで全身を再度流し、脱力具合の確認までするところが素晴らしいです。

最初の講義から通しで聴いたからか、私の場合は脱力の開始と同時に肩のあたりがぽかぽかしました。
脱力感も実感できるレベルであったのを覚えてます。
そして頭の脱力に入ったところで後頭部がじんじんし始めました。

「下へ行くほど 吐く息とともに ますます力が抜けていき 今よりもさらに 深い世界に連れて行ってくれます」
イメージ誘導もエレベーターに乗った時の全身が落ちる感覚や
その先にあるのどかな風景、花の匂い、ベンチで寝転ぶ感覚を言葉で上手に伝えます。
イメージの内容をどれも平易にしてるのも初心者に配慮してあって良いですね。
彼女の眠そうな表情につられて眠気が湧く人がいると思います。

催眠終了後にあるふたつの実践パートも本作品の魅力です。
手を固める練習、振り子とまった違う内容で催眠の成功体験を提供します。
後者は製品版付属のPDFファイルを印刷した紙とネックレスやペンデュラムを使います。

「石は硬いもの、と 頭の中や実際に声に出して呟くと よりそのイメージ力が高まると思います」
手を固める練習は実際にやってみたところ
彼女がそうなる暗示を入れる前の段階からうまく開かない状態になってました。
この後何をやるかがわかってたからそう反応したのかもしれません。
人によっては結構がっちり決まるんじゃないかなと。

このように、催眠の扉を開くことだけを見据えた質の高いサービスが繰り広げられてます。
初心者向けの作品
催眠にかかれないと思ってる人は必聴の作品です。

先生は催眠を楽しみたいけどそうなれずにいる主人公を助けようと
まずは催眠そのものを知ってもらうことで無意識的な不安や緊張を取り除きます。
そして複数の誘導法を用意し、それを彼に選ばせることで入れる道筋を示します。

声優さんや誘導法を幅広く揃えた大衆性の高い作り
催眠誘導を始める前に催眠のあれこれをわかりやすく説明する展開
聴き手の立場に立ったきめ細かなアプローチとアドバイス。
催眠にかかるまでのことだけを考えたタイトル通りのサービスが楽しめます。

催眠にかかれるかどうかは催眠音声を聴く人なら誰もが必ず通る道なので
初心者のための催眠音声」などそれを主目的にした作品は過去にいくつも出ています。
しかしここまでストイックに追求してる作品を私は他に知りません。
催眠術師や催眠音声製作者として長く活躍されてるサークルさんの本気を感じました。

「催眠にかかりにくい人は どうすればいいか それは ○○ていくことが大切です」
私個人は最中のアドバイスに最も感銘を受けました。
彼女の説明を聴いたことによって生じる疑問点を速やかに、かつ簡潔に解消します。
そしてそのすべてが平易な表現で行われてます。
全体の大きな作りだけでなく、こういう細かな部分にまで気を遣ってるから入りやすく感じるのです。

催眠は実力のあるサークルさんなだけあって抜群に優れてます。
普段は変わったことを好んでやる傾向がありますが、今回は真正面から勝負していてあっさり入れました。
1回目でうまくいかなかったとしても声優さんや誘導方法を変えていけばきっかけが掴めると思います。

以上を踏まえてサークルさんでは5本目の満点とさせていただきました。

CV:かの仔さん、みもりあいのさん、陽向葵ゅかさん、あきらさん、一条ひらめさん、ユメノシオリさん
総時間 2:14:04(声優さんによって多少前後します)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

ヒプノタイマー

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第32回目は穏やかでちょっぴりSっ気もあるお姉さんが
様々な時計を使って興奮させたりドライオーガズムへ導きます。

一般的なエロ要素を一切使わず時計の音だけで快感をコントロールするのが特徴で
乳首が気持ちよくなる音、興奮する音、性器がムズムズする音などそれぞれに異なる役割を持たせ
最初は個別に、しばらくすると複数同時に鳴らして強い刺激を与えます。
魔法の時計で気持ちいいひと時を
お姉さんに催眠をかけられ時計の音でイかされるお話。

「こんばんは そろそろ寝る時間かな?」
お姉さんは穏やかで透き通った声の女性。
ある日の夜、主人公の前に現れ今の状況を確認すると
彼の胸に手を置いて気持ちいい催眠の世界へと招待します。

本作品は様々な時計の音で快感を操り絶頂へ追い込むことを目的に
彼女が40分をほぼ半々に分けて催眠誘導やテーマに沿ったエッチをします。
所謂「音モノ」と呼ばれる作品のひとつなのですが、サークルさんがかなり思い切ったことをされてまして
淫語、ちゅぱ音、喘ぎ声といった直接的なエロ要素を完全に取り除いたエッチを行います。

18禁にあたる描写は催眠の最後のほうに痴漢っぽい描写があるだけです。
性器の描写も「アソコ」とぼかしてありますし、催眠にかかってない状態で聴いたらほとんど興奮しないほどソフトです。

「時を刻むごとに あなたの体はビクビクと反応し 興奮するの」
じゃあどうやって聴き手をイカせるのか。
その鍵はタイトルにもなってる時計の音にあります。
エッチシーンで彼女は合計8種類もの効果音を用意し
それぞれに異なる暗示を入れて少しずつ確実に心と体の熱を上げていきます。

ストップウォッチの音、歯車が回転するような音、柱時計の音、電子音など
現実世界に存在する時計にまつわる音が使われてます。
最初のうちはピンと来ないでしょうが、十分な深さの催眠状態に入っていれば
聴き続けるうちに体が妙に熱いとか、特定の部位がムズムズするといった変化が出てくるでしょう。

催眠はおよそ19分間。
座るか横になった状態で彼女の手が胸に置かれてるのをイメージし
そのままゆっくり深呼吸したり全身を上から下に向けて脱力します。

「気持ちいいね ぼーっとして 何をするわけでもなく ただここに存在する 何も考えない 何をするのもめんどくさい」
本作品のエッチは癖が強いので催眠にちゃんと入れてるかどうかが非常に重要です。
だから彼女は無理に時計の音を鳴らさず、まずは手堅い技法を駆使して意識の力を確実に弱めます。
お姉さん役を務める紅月ことねさんの演技も優れており、比較的早い段階からぼんやりした心地いい感覚が湧いてきます。

「意識もさーっと 崩れ去る 落ちる 落ちる 暗闇に落ちていく」
「ずーんと沈む 勢いよく すごい速度で落ちていく でもそれが気持ちいい」

続く深化はまず砂のお城に触るイメージを通じてゆっくり落とし
それから彼らのいる世界全体が崩れ落ちるイメージに切り替える緩急をつけたものです。
数多くの名作を制作されてるサークルさんなだけあって催眠のレベルはものすごく高いです。

主役の時計音が登場するのは催眠開始からおよそ15分後。
「チキチキ」というストップウォッチっぽい音を鳴らしつつ、電車の中にいる女性たちに悪戯するよう呼びかけます。

「その学生のスカートからのぞく足 さらさらとした髪のOLのうなじ お尻 それを眺めているだけでムラムラしてくる」
彼女が使う時計には魔法がかけられており、音が鳴ってる間は時間の流れがとても緩やかになるそうです。
それを利用して女性たちの無防備な体を弄ぶチャンスを与えます。
性的興奮を促すイメージを用いてるのでエッチの序盤とも受け取れる内容ですね。
時計の音もリズミカルで心地よく、催眠状態をより安定させるのに役立ってます。

十分にリラックスさせてからサクッと落とす洗練された催眠です。
聴き手の心と体を時計の音で反応できるようにする環境づくりを目的に
深呼吸から入ってイメージを交えた脱力と深化、さらに時計の音とイメージを組み合わせた感覚支配と
シーンごとに明確な目標を掲げてどれも手際よく誘導します。

それほど長い時間をかけてないのにとても深いところまで入れて驚きました。
中盤の深化が特に優れていて体の重さや意識のぼやけが一気に強くなります。
テーマの時計を深化後に初めて鳴らすのも慎重に進めたかったからでしょう。
エッチは中上級者向けですが催眠は初心者向けと言っていいくらい大衆性が高いです。
時計の音に蹂躙される快感
エッチシーンは19分間。
プレイは時計音責めのみです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「悪いことに使ったあなたには お仕置きが必要」
時間が動き出したので電車内から催眠の世界へ主人公を引き戻すと
お姉さんは本気で痴漢をしようとした彼に変わった手段で罰を与えます。

エッチは彼女との接触を一切せずに音だけで気持ちよくなります。
前半の11分は絶頂に向けての準備や練習を見据えたプレイ。
「カチカチ」という乾いた音は体を感じさせる、「カッ カッ」という力強い機械音は興奮させるなど
効果音ごとに異なる役割を持たせ、個別に鳴らしながら暗示を小まめに入れて感覚を伝えます。

「あなたの感情をコントロールする部分 そこにグサッ グサッて刺激し この音が入ってきて 興奮の波が自分の意識と関係なく溢れる」
どれも時計の音なのでエロさはまったくありません。
しかしこれらを聴いてるとなぜか体がほのかに火照るとか
特定の部位がムズムズするといったエッチの序盤でよくある感覚が湧いてきます。
彼女が色っぽく振る舞うことも特にありませんし、完全に催眠の技術だけで快感をコントロールします。

続く後半はこれらの音を二重三重に鳴らして刺激を強めます。
先ほど説明した音に加えて「ウィィィン」という携帯のバイブレーションっぽい音
振り子時計の音、電流が流れるような音、「ピッピッ」という電子音、振動音と種類を一気に増やし
それらの鳴らし方を目まぐるしく変える寸止めっぽい責めを繰り出します。

「音とともに大きな刺激が押し寄せる のけぞってしまうような快感が 機械的に襲ってくる」
前半よりも音の割合や密度が一気に上がるおかげで音に責められてる気分が強く味わえます。
ドライまで持っていくには多少の慣れが要るものの
催眠やドライ慣れしてる人ならその直前くらいまではいけると思います。
珍しいタイプの作品なので繰り返し聴くことで徐々に効果が表れます。

このように、音と言葉を組み合わせて追い込むテーマ性の強いエッチが繰り広げられてます。
音に支配される作品
発売から8年近く経った今でも異彩を放つドライ作品です。

お姉さんは主人公に普段とは違うタイプの快感を味わってもらおうと
催眠はテーマとあまり絡めずスムーズに進め、その代わりエッチで奇抜なプレイを提供します。
そしてその決め手として多種多様な音を状況に応じて変化させながら鳴らします。

フェラやSEXといった一般的なプレイどころかエロ要素すら使わない思い切った作り
それに向けて手堅くしっかり落とす高品質な催眠、音に暗示を込めて徐々に感覚を伝える独特なエッチ。
難しいテーマを上手く料理して強烈な個性を放つ完成度の高いサービスに仕上げてます。

サークルさんご自身が「いろいろとカオスな作品」とおっしゃられてるように
100%楽しむにはそれなりの経験や素養が求められます。
おそらく催眠音声初心者が聴いても十分に気持ちよくなれる可能性はそれほど高くありません。
でも条件をクリアしてれば強烈にキマるパワーを持ってます。

特にエッチの後半は音に心と体を犯される不思議なひと時が味わえます。
ひたすら鳴らし続けるのではなく、音の強弱や鳴らす/鳴らさない時間を設けることで
自分がこれらに支配されてることを実感しやすくしています。
結構うるさくなるシーンもありますから普段より音量をやや下げて聴いたほうがいいでしょう。

絶頂シーンは1回。
効果音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声はありません。

以上のことから前回と同じ点数にさせていただきました。

CV:男性向け…紅月ことねさん 女性向け…夜櫻さん
総時間 男性向け…41:59 女性向け…38:21

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

催眠術師の悪戯~催眠ショーのステージの上で…~

サークル「エロトランス」さんの催眠音声作品(男女両用)。

今回紹介する作品は、明るくていたずら好きな催眠術師が
男女二人へ同時に催眠をかけてからエンターテインメント性の強いエッチをします。

聴き手と一緒に参加してる女の子に異なる暗示を入れたり
彼女を動物や別の人物になりきらせ、それに合ったプレイをするなど
催眠ショーの予行演習を疑似体験させることを強く意識した独特なサービスを行います。
女性が二人いるおかげでエッチの最中にちゅぱ音が多く鳴るのも魅力です。
催眠ショーの参加者になりきって
催眠術師に催眠をかけられ女の子とエッチするお話。

「ごめんねー 今日は二人に来てもらって」
催眠術師は砕けた口調で話す和やかな声の女の子。
自分が参加する催眠ショーの前日に主人公と女の子を呼び出すと
事情を話してからショーの段取りを説明します。

本作品は現実世界のテレビ番組などで行われてる催眠ショーをテーマに
彼女がおよそ80分に渡って催眠を交えた独特なサービスをします。

催眠音声では一般的にかかる側は聴き手一人ですが、今回は臨場感を出すために女性の被験者も別に用意し
自分と彼女に異なる暗示を入れるシーンが適度にあります。

催眠の内容も単にかけるのではなく、会場にいる観客にも楽しんでもらうことを目指したものばかりです。
ちなみに製品版には男性向けの他に淫語を調整した女性向けバージョンも入ってます。

「催眠ってね あのーほら 先にかかってる人がおると なんかその後にかける人 かかる人にかかる 催眠がかかる可能性がね ぐーんとこう上がるんよ?」
またサークルさんがこれまで3作出されてるリアルヒプノシリーズの続編ということで
彼女たちの口調は実際の会話とほぼ同じものになってます。
術師と2人の関係は不明ですがセリフを聞いてる限りではそれなりに親しいのでしょう。
練習といっても開始後は本番とほぼ同じ雰囲気で真剣に取り組みます。

本作品のショーらしさを形作るもうひとつの要素は声の使い方。
明日来るであろう観衆や女の子に話しかける時はやや遠く
主人公の時はかなり近くと位置や距離を大きく切り替えながら積極的に動き回ります。
普段よりも広いスタジオで録音したそうで空間を意識した演技がされてます。
テーマ、しゃべり方、雰囲気といった色んな要素を駆使して催眠ショーの世界に引き込んでくれます。
盛り上げながらかける活き活きした催眠
催眠はおよそ27分30秒間。
最初の「催眠ショー1」は小話から入って催眠に関する注意点を簡単に説明し
それから被暗示性のテスト、体の脱力、深化と後になるほど催眠状態が深まるように誘導します。

「なんか自分がやってるゲームをしてる人を電車の中で見かけると めっちゃテンション上がりません?」
催眠を本格的に始める前に会話シーンを挟んでるのが面白いですね。
催眠ショーは観客を楽しませるためにするものですから、まずは彼らの興味を引くところから始めます。
直後に被暗示性のテストをするのも彼らに催眠をできるだけ身近に感じてもらうためです。
こんな風に一対一でかける催眠とは明らかに違う部分がいくつも見られます。

「左肩の力も すーっと抜いていく 肘の力も 指の力も どんどん抜いていく」
その後に始まる脱力は右腕、左腕、胸とお腹など全身を大まかなパーツに分け
それぞれに「力が抜ける」などの暗示を的確に入れます。
聴き手の心を掴んでから催眠に入るからか驚くほどあっさり力が抜けました。
術師役の陽向葵ゅかさんは催眠音声初挑戦とのことですがしっかりした演技をされてます。

本作品の特徴が出始めるのは次の「催眠ショー2」(約10分30秒)。
術師が観客の中から主人公と女の子を選んでるように振る舞い
さらに深い催眠状態に落としてからそれぞれに一風変わった暗示を入れます。

女の子「(手を)握って…いいの?」
術師「うんいいですよー ほーら 触れるともっと幸せ」
具体的な内容は聴いてのお楽しみにさせていただくとして
ここからはもう一人の被験者にあたる女の子もしゃべり始めます。
術師とはまるで違う控えめそうな子がうっとりした表情で手を握る。
他の人たちが見たら盛り上がりそうなアプローチをかけて催眠の面白さや心地よさを教えます。

不特定多数を楽しませることを意識した非常に独特な催眠です。
聴き手を催眠ショーの参加者になりきらせ幸せな感覚で包み込むことを目的に
最初のパートは会話によるリラックス、脱力、最初の深化を行い
次のパートはさらなる深化とエッチに向けての準備を見据えて伸び伸びとリードします。

技術も十分個性的なのですが、私にはそれ以上に術師の話し方や声の動かし方のほうが印象に残りました。
バイノーラル録音作品でよく使われる左右の振り分けよりも遠近感を重視してます。
彼女が女の子のほうに移動したり自分に近づいてくる様子が声でリアルに表現されてるので
自分が主役ではなく参加者の一人であることが実感しやすいです。
一種の没入感を味わいながら催眠に入ることができるでしょう。
美味しいけど素直に喜べない複雑なエッチ
エッチシーンは2パート34分間。
プレイは耳舐め、フェラ、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフはありです。
服を脱ぐ指示は特に出ません(サークルさんは最初から脱いでおくことを推奨)。

「そういえば あなたは舐めること大好きだったよね?」
催眠を使って主人公と女の子を幸せな気分で満たした術師は
女の子の嗜好に合った暗示を入れてから彼の耳を舐めさせます。

エッチは心への責めを術師が、体は女の子が担当します。
最初の「エロパート1」は感度の上昇や蓄積を目的にしたプレイ(約8分)。
女の子に彼の耳を舐めたくなる暗示、彼には舐められると頭の中がとろける暗示を入れ
左耳至近距離からやや激しいちゅぱ音を鳴らします。

「期待しちゃうよねー どんな舐め方するのかな? 控えめに舐めてくれるのかな? 激しく舐めてくれるのかな?」
そしてここでも彼だけでなく観客の期待も煽りながらプレイを進めます。
女の子は声質や仕草からエッチがそれほど上手そうな女性には見えません。
そんな彼女が舌を小まめに動かして積極的に責める姿にもグッとくるものがあります。
この後のパートも含めて本作品のエッチは彼女の特徴を逆手に取ったプレイで興奮させてくれます。

術師が暗示、女の子は耳舐めと役割分担がはっきりできてるのもいいですね。
催眠音声の中でもちゅぱ音の量が多く、音がリアルなおかげで耳にこそばゆい刺激が感じられます。
パート終盤にはほんの少しですがダブル耳舐めもありますし、純粋なエロさにおいてもかなりのものを持ってます。

さらに面白いプレイが登場するのが「エロパート2」(約26分)。
今度は女の子へ子猫になる暗示を入れ、美味しいミルクが入ってる彼のおちんちんをたっぷり舐めさせます。

プレイ自体はフェラなのですが、女の子は催眠の効果で猫になりきってるので
これがエッチな行為かどうかを認識できません。
その証拠にプレイ中は適度に「にゃーにゃー」と可愛い鳴き声を上げます。
しかしちゅぱ音はねっとりした水分高めのもので結構エロいです。

「可哀想 まだ性の知識のない子に舐めさせてるようなものだよ けど罪悪感や背徳感が混じり合い それがよりあなたを興奮させるよね」
ついさっき会ったばかりの女性におちんちんを舐めさせ最後に精液を飲ます。
清純そうな女の子の体を汚す喜びと背徳感を与えて絶頂できる環境を整えます。
音声を聴く限り主人公と女の子は術師との面識を個別に持ってるだけで当人同士はおそらく初対面と思われます。

催眠暗示、シチュ、ちゅぱ音など興奮できる材料がいくつも用意されてるからか
絶頂シーンではおちんちんの根本がビクビク痙攣してそのたびに気持ちいい感覚が広がっていきました。
射精表現がありますしノーハンドで出る人がいるかもしれませんね。
それくらい盛り上げ方が上手です。

術師「ほら 惨めにイキなさい」
女の子「謝りながらイくんだよ? ごめんなさいごめんなさいって」
このパートの魅力はまだあります。
ドライオーガズムを迎えた後、術師が猫から自分のサポート役に女の子へと切り替え
先ほどまでのプレイを彼に反省させながらオナニーを観察します。

女の子に精液を飲ませて終わりでは後味が悪いから仕返しするシーンを設けたのでしょう。
ちょっぴり意地悪に振る舞う程度でドM向けと呼ぶほどハードなことは言いません。
オナニー自体は運動支配の暗示で腕の動きを制御し、途中から耳舐めを加えて射精させる割とシンプルなものです。
このエッチだとドライだけじゃスッキリできない可能性がありますし
最後にセルフからの射精を置いてくれるのはありがたいです。

このように、もう一人の被験者も参加させて心身をバランス良く責める奇抜なエッチが繰り広げられてます。
楽しみながらイける作品
催眠ショーらしさを大事にしながら気持ちよくする高品質な作品です。

術師は催眠ショーの練習に付き合ってくれた二人を楽しませようと
本番と同じ流れで催眠を施し、それから観客に見せることを強く意識した面白いエッチをします。

聴き手以外にもう一人の被験者を用意し別の暗示を入れる独特な作り
猫になる、催眠術師になるなど催眠音声ではあまり見かけないアプローチの数々
そして女の子のキャラを活かして興奮や絶頂を促す若干ブラックなエッチ。
テーマ性を出しつつ催眠とエッチの両方を満喫してもらう方向でサービスを進めます。

女の子「ねぇ あなたのミルク飲ませて興奮した?」
中でもエッチは現実世界でやったら捕まりそうなレベルの大胆なプレイを盛り込んでます。
ほぼ二対一の構成ですけど双子催眠とはまったく違ってすごく面白かったです。
女の子を被験者側に置いてるから耳舐めやフェラが充実してます。
ドライとウェット両方の絶頂形式が入ってたりと性的に満足できるものに仕上がってます。

催眠は被験者ごとに暗示の内容を切り替えてるのが最大の特徴です。
女の子に暗示を入れる時も何をやってるかがわかるからその後の展開にワクワクします。
ところどころに再深化を挟んで催眠状態を維持しやすくしてますし
サークルさんが以前から持ってる手堅さや表現力の高さが本作品にもきっちり反映されてます。

絶頂シーンはドライ2回、射精1回。
ちゅぱ音多め、淫語ごく僅か、喘ぎ声はありません。

変わった作品が好きな人には特におすすめします。
おまけはフリートークとNG集です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 1:29:05(本編…1:18:48 おまけ…10:17)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ