同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:アナル

   ● アナ掘り艶女医さんの――前立腺コリコリによる強制メスイキ搾精治療♪
   ● メスイキ催眠
   ● 美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの
   ● 妹と乳首オナニーれっすん☆ドライオーガズム特化型エロ音声~チクニー無しでは生きられないメスイキボディにしてあげる~
   ● みみどみねくいんず
   ● Best work for Sissy boi ~女々しいボクにピッタリのオシゴト~
   ● アナル快楽中毒者のためのケツマ○コ責め調教
   ● 風俗催眠
   ● お休み前のイチャラブボイス ―いっぱい気持ちよくなろうね?―
   ● おねえちゃん先生のえっちな特別授業


アナ掘り艶女医さんの――前立腺コリコリによる強制メスイキ搾精治療♪

サークル「ピンクリボルバー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、普段は穏やかだけどスイッチが入るとSになる女医さんが
性の悩みを抱える男性にとってもエッチな治療を施します。

医療行為にできるだけ近づけてアナルや前立腺を責め続けるのが特徴で
ホットタオルで毛穴を広げてからの剃毛、ローションまみれのゴム手袋を使ったアナル拡張
前立腺周辺の優しいマッサージなど、未開発者を見据えて一歩ずつ丁寧にプレイを進めます。
アブノーマルなプレイばかりなので基本はM向けですが、彼女の優しい態度に多少の癒しも感じるでしょう。
オナニーのしすぎで前立腺が…
女医さんからエッチな治療を受けるお話。

「次の方 お入りください こんにちは 初めまして」
女医さんは上品で落ち着いた声のお姉さん。
とある事情で病院を訪れた主人公に症状を尋ねると
まずは色んな質問をしてどのように治療すればいいか探ります。

本作品は精液の残り汁が前立腺のあたりに溜まってしまい
射精してもおちんちんがムズムズしっぱなしな彼を救うために、彼女が90分近くに渡って様々なプレイをします。
本来の目的が治療にあるため風俗店のような露骨なサービスはせず
症状を確認したり彼の不安を取り除きながら改善に向けてゆっくり丁寧に進めます。

「お尻 ケツマンコを ご自身でいじられることはありますか?」
最大の特徴はアナルやその先にある前立腺への責めに特化してること。
治療開始後はほぼずっとちんぐり返しの体勢を取り、消毒も兼ねた剃毛から始まって
アナル拡張、前立腺周辺のマッサージ、特別な器具を使った搾精など
性的に気持ちよくするよりも彼の苦しみを取り除くことを重視してひたすら刺激を与えます。
彼女がおちんちんに触れることは一切ありません。

アナルを扱ったプレイはM向けの作品で部分的に登場することがあるものの
最初から最後までそれだけに徹するのは本当にレアです。
人を選ぶところがあるのは否定しませんが、好きな人ならとことんハマる可能性も持ってます。

「これから行わせていただく治療は 浅い箇所とはいえ 内蔵をいじらせていただく類のものですから 万が一があってはいけませんので」
これらを行う女医さんのキャラも大きなポイント。
恥ずかしい悩みを抱えてる彼を一切見下すことなくむしろ親身になって治療に取り組みます。
サークルさんが医療行為らしさを強く意識されてるようで言葉責めと呼べるセリフはほとんどなく
初めての治療に戸惑う彼を労る、思いやるシーンが数多くあります。

プレイは明らかにM向けですが彼女のおかげで雰囲気は驚くほど甘く
優しい態度や慎重なリードにむしろ癒しを感じる人がいると思います。
そして普段が甘いからこそ終盤の搾精パートは余計ハードに感じるでしょう。
本来の目的から逸脱しない範囲で多少の意地悪さも見せてくれます。

アナルと前立腺をひたすら責める奇抜なエッチと女医らしい彼女のキャラ。
医療系シチュをできるだけ活用した穏やかで臨場感の高い作品です。
未開発者でも聴ける親切なエッチ
エッチシーンは5パート90分間。
プレイはちんぐり返し、剃毛、ゴム手袋越しのアナル拡張、前立腺マッサージ、エネマグラ責めです。
剃毛、アナル拡張、前立腺マッサージ、エネマグラ責め、射精の際に効果音が鳴ります。

「では最初に 毛穴を開いて剃りやすくするために ホットタオルをかけさせていただきますね」
これから行う治療の流れを説明し、主人公にちんぐり返しの体勢を取ってもらった女医さんは
彼の顔に跨りまずはアナル周辺にホットタオルをかけます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の2パート36分間は前立腺を無理なくいじるための準備。
sc02はホットタオルで毛穴を開いてからの剃毛、03はゴム手袋越しの指挿入と
パートごとに内容を大きく変えてどちらも慎重に行います。

「消毒も兼ねて 若干のアルコール成分も入ってますので ちょっぴりひんやりしますけど 我慢してくださいね」
「うーん やっぱり剃毛したばかりなだけはあって つやつやのすべすべで 触り心地も気持ちいいですね」

彼女は泌尿器科医なだけあって患者の視点に立った治療を常に心がけてます。
剃毛をなぜやるかきちんと説明し、実際にやる時は優しい言葉をかけて彼の心をほぐします。
そして無事終わった後はアナル周辺を隅々まで確認し満足そうな表情を浮かべます。
普通なら汚いと感じる場所を愛おしそうに眺める姿が印象的でした。

最中に鳴る効果音も全体的にレベルが高いです。
ホットタオルをかけて毛穴が開くのを待ってるシーンは時計の音や救急車のサイレン
剃毛では若干泡立った水音が緩いペースで流れます。
同じプレイでも彼女の指や器具の動かし方に合わせて質感がきちんと変わるので
今どんな風に治療されてるかがイメージしやすいです。

「はーい ゆーっくりと息を吸ってー 吐いてー お尻から力を抜いていきましょう」
続くsc03はアナルに直接触れるシーンということで先ほど以上に注意を払って進めます。
指の腹の部分にイボがついたゴム手袋にローションをたっぷり塗り込み
アナルにも垂らしてから後になるほど深くなるように指を出し入れします。
緊張で力む彼に深呼吸させてやりやすくするなど、心と体の両方に気を配りながら責めてくれます。
どちらのパートもプレイ自体はソフトですが、聴き手を作品の世界に引き込む重要な役割を果たしてます。

本格的な治療が始まるのはその次から。
sc04は指をより深く挿入して前立腺周辺のマッサージをし
05は特製のエネマグラを使って14回連続の射精に追い込みます。

「一時の快楽に任せて せっかくの仕込みを台無しにするなんてとんでもない」
そしてここからは彼女のSな部分が徐々に現れ始めます。
気持ちいい部分を優しく責められておちんちんをしごいて欲しそうな彼の願いを敢えて跳ね除け
前立腺そのものにもできるだけ弱い刺激を与えてとことん焦らします。

彼女を優しいと捉えるか、それとも意地悪に感じるかは人それぞれでしょうね。
彼がいるのは風俗店ではなく病院ですから治療を優先するのは当たり前です。
でも性欲を発散したがってる患者を生殺しにするのも望ましいこととは言えません。
事務的感は特にありませんがもどかしい思いをするプレイなのは事実です。

05はこれまでとは打って変わって相当にハードなプレイ。
彼女が独自に開発した多機能エネマグラをアナルの奥深くまで挿入し
軽く捻る、振動を与える、電流を流すといった色んな刺激で精液を一滴残らず搾り出します。

「ちょっぴり機械的な振動を与えるだけで こんなにどぴゅってしまうなんて 堪え性のないマゾチンポですね」
アナルバイブとは違うのでそれほど大きく動かすことはないものの
控えめな水音や責め方に合った効果音を鳴らしてプレイの様子をわかりやすく教えます。
このパートだけは彼女が多少の言葉責めをしてくれるのが良いですね。
自分の最も敏感な部分を相手に預け、情けない姿を見せるシチュでもM心をくすぐってくれます。

本作品のエッチで射精があるのはこのパートだけです。
他が焦らし系のプレイばかりなのも相まってギャップが非常に大きくなってます。
これまでを生ぬるいと感じてた人もここでその認識が甘かったと思い知らされることになるでしょう。

このように、悪い部分を順を追って治療しながら気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
アナル尽くしの作品
大変珍しいプレイをかなりの完成度で表現してる個性の強い作品です。

女医さんは人には言えないタイプの悩みを抱えてる主人公を心身共にスッキリさせようと
治療の工程を細かく分け、ひとつひとつを丁寧にやりながら優しい言葉をかけます。
そしてすべての準備が整った後は激しいプレイで患部に溜まった膿を徹底的に取り除きます。

最初から最後まで必ずアナルが絡んでくる珍しい作り
医療行為にできるだけ近づけたサービスとその進め方、そして基本は優しく時々意地悪な彼女のキャラ。
作品が持つ色んな要素を違和感なく組み合わせてエッチを作り上げてます。

「たっぷり焦らさせて いっぱい責められて…と来たら 最後はやっぱり癒しで〆ませんとね」
明らかにM向けなのにすごく聴きやすいところがこの作品の大きな魅力だと思います。
アナル特化のプレイと言うと調教っぽい展開になることが多いのに
彼女は彼に最後まで最大限の敬意を払ってデリケートな部分を刺激します。
激しいところもありますけど直後にきちんと癒やしてくれるので全体の雰囲気は穏やかです。

私もさすがに誰でも聴けるとは思ってません。
でもこの手のエッチに少しでも興味を持ったのなら聴いてみる価値はあると言えます。
ニッチだからといって聴き手を置いてけぼりにせず、むしろ色んなところで手を差し伸べてくれます。

エッチはプレイそのものよりもシチュで抜かせる色合いが強いです。
綺麗な女性におちんちんとアナルを凝視される、未開発のアナルを掘られる
一番弱い部分を執拗に責められて精液を垂れ流すなど、Mが喜びそうな素材がいくつもあります。

射精シーンは14回(連続)。
くちゅ音多め、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

癖のあるプレイをできるだけ聴きやすく仕上げた作品です。

CV:木野原さやかさん
総時間 2:01:47

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
121分で800円とコスパが良いので+1してあります。

メスイキ催眠

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで主人公のことが大好きなお姉さんが
メスイキをテーマにしたアブノーマルなエッチで普段と違う快感を与えます。

イメージを中心に据えてサービスを進めるのが特徴で
催眠は彼女の部屋や外にある森でリラックスとイメージ力の向上を促し
エッチは彼女に見られる快感や性感帯を責められる快感で連続絶頂へと追い込みます。
イメージの力で女性の快感を
イリアに催眠をかけられ乳首とアナルを開発されるお話。

「ふふっ また来ちゃったんだね」
イリアは可愛くて穏やかな声のお姉さん。
自分の屋敷へメスイキしにやって来た主人公を嬉しそうに迎えると
音声を聴く際の心構えを軽く説明してから催眠を始めます。

本作品は聴き手にメスイキ(女性のオーガズム)を味わってもらうことを目的に
彼女が1時間30分近くの時間をかけて催眠や独特なエッチを提供します。

メスイキをテーマにした作品と言うとEs_Labさんの「MSIK.」が有名ですが
催眠を通じて身も心も女性になりきらせてからエッチするあちらとは違い
こちらは女体化誘導を一切せず男女に共通する性感帯のみを責め続けてイかせます。
女性にまつわる要素がほぼないのでメスイキではなく男性の隠れた性感帯を開発する作品と呼ぶのが妥当です。

全編を通じて言える大きな特徴はイメージを活用してお話を進めること。
催眠は彼女と出会いエッチするまでの様子にリラックスできるイメージを盛り込み
エッチも効果音を一切鳴らさず実況系のセリフと感覚操作の暗示だけで気持ちよくします。
イメージの内容も自然物やディルドーといった現実世界に存在するものばかりで比較的簡単です。

催眠はおよそ26分間。
仰向けに横になりまずはイリアと一緒にいる部屋の様子をイメージします。

「それは私の部屋の天井 真っ白な天井 そこにはシャンデリアがひとつあって 優しい光を灯している」
屋敷に住んでるだけあって一般の家庭よりも豪華に感じるものが多く
特にシャンデリアは10個の電球とそこにぶら下がったガラス玉で形作られた特徴的な見た目をしています。
最初からイメージを絡めてくるところも本作品らしいですね。

「私の言葉に誘導されて 催眠状態に入るのかもしれないし 気づいたときにはいつもと違う感覚に陥ってるかもしれない」
また彼女は多くのシーンで「~かもしれない」「~することができる」と婉曲な言葉遣いをしたり
複数の選択肢を設けて聴き手にどちらか選んでもらいます。
これは前者が許容暗示、後者はダブルバインドという催眠音声では割とよく使われる技術です。
指示的な暗示が少ないので実際に聴いてみると柔らかい印象を受けるでしょう。

作品の世界にある程度入りこんだ後はさらなるリラックス。
彼女の声に合わせて深呼吸したり場所を屋敷の外にある森に移して自然を感じます。

「地面は堅い? それとも柔らかい? それは土の感触? それとも砂利の感触かな?」
「私のことが嫌いじゃないなら 好きって私に言ってほしいな」

青々とした木々、それらの中に住む鳥のさえずり、近くを流れる川、そして地面など
自分たちの周りにあるものを順番に語りながら彼にある程度の選択肢を与えてイメージ力を膨らませます。
その後にはお互いの気持ちを確認し合うなど、催眠後に始まるエッチを見据えて親密度も高めていきます。

そして最後は再び部屋に戻り天井に吊るされてるシャンデリアの電球が消えていく様子を眺めます。
ひとつずつ消しながらその都度深化の暗示を入れるカウント方式です。
本当に最後の最後にちょっとだけ深化させる流れのため催眠に入ってる感覚は薄いでしょうが
周りの様子をいつもより鮮明にイメージできてる感じがする人もいると思います。

彼女とエッチする気分に浸らせることを強く意識したイメージ重視の催眠です。
聴き手をイリアの部屋に招待しその言葉を素直に受け入れられるようにすることを目的に
部屋のイメージから入って深呼吸、森のイメージ、シャンデリアを使った深化と
作品世界に存在する色んなものを通じてリラックスやイメージ力を強化します。

彼女が「体が重くなる」などの決めつけるセリフをほとんど言ってこないので
古典催眠が苦手な人にはやりやすく感じるでしょう。
イメージについても作品独自のものはシャンデリアくらいで大衆性の高いものばかりです。

しかし、許容暗示やダブルバインドをあまりに多く使いすぎてるおかげで
作品全体の口調が単調になってしまい催眠にもあまり深く入れなくなってるという弱点もあります。
催眠の参考書に書いてある例文に近い言い回しばかりを使うと話し言葉として不自然さが出てしまいます。
技術を使いこなそうとして逆に振り回されてるように映りました。

もうひとつ、催眠の流れそのものにも不自然さが見られます。
具体的には最初彼女の部屋にいたのに一旦森へ出てまた部屋に戻ることです。
例えばこれが気晴らしに散歩へ出かけるとか背景があるならわかるのですが
実際は唐突にイメージさせるのを繰り返すだけです。

これならいっそ二人が出会う場所を屋敷の門にして
そこから森を通って彼女の部屋に移動する流れにしたほうが良かったと思います。
イメージが大事な作品でそれらの繋ぎ目を歪にすると聴き手に疑念を与えてしまいます。
技術や素材を作品に合わせて違和感なくアレンジできてこその催眠音声ではないでしょうか。

以上のことから柔軟性に欠ける催眠と私は考えてます。
乳首とアナルを集中攻撃
エッチシーンは46分間。
プレイはストリップ、乳首オナニー、アナル責め、乳首責め、アナルSEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフはあり/なしどちらとも取れる指示を出してきます。
エッチの開始直後に服を脱ぐ指示が出ます(脱がなくてもOK)。

「それじゃあ エッチな事をしていきましょうか」
催眠を使って主人公の心を従順にしたイリアは
自分の目の前で服を少しずつ脱いで裸になる指示を出します。

エッチは終始彼女に責められ続けます。
序盤の12分間は本番に向けて気持ちを盛り上げるプレイ。
ズボン→パンツ→上着の順に脱ぐ様子を彼女に観察され、さらに乳首を言われた通りにいじって体を敏感にします。
作中におちんちんをいじるシーンは一切ありません。

「限界まで引っ張っていくと 滑るようにすっと指が抜ける 指が離れた瞬間から快感が弾ける」
乳首を指で摘んで上に引っ張り離すのを数回繰り返したり、爪の先で引っ掻いてより強い刺激を与えるなど
聴き手がやりやすいようにどのプレイも実況のセリフと気持ちよくなる暗示をバランス良く投げかけます。
実況がしっかりしてますから少なくとも何をやってるかわからないことはないでしょう。

「あなたにとって催眠状態とは体を動かさないことかもしれないから そういう場合は頭の中でイメージするだけでいいよ」
ちなみに本作品のエッチは乳首を実際にいじるかどうかを聴き手の判断に委ねてます。
催眠の最後で脱力する暗示を入れるので、うまく動かない人はイメージでプレイを追い
そうでない人は手を動かして直接いじるといった具合です。
乳首は開発済みならかなり気持ちよくなれますし、私はいじったほうが楽しめると思います。

アナルに関するプレイが登場するのはその次から。
最初はディルドーである程度馴染ませ、それからペニスバンドを装着した彼女がピストンします。

「微かに力が残っている状態で ディルドーがゆっくり引き抜かれていく 異物感が消えていく その開放感でも力が抜けていく」
主人公はおそらくアナル未開発なのでしょう。
痛い思いをさせないように彼女もゆっくり出し入れします。
最初は異物感を多めに伝えてたのが、しばらくすると快感を味わわせる暗示に切り替わるのがいいですね。
彼がアナルの快感に慣れていく様子を言葉でリアルに表現しています。

しかし優しく責め続けてたらイけないだろうということで終盤だけは一気に激しくなります。
およそ4分間に4回連続の絶頂シーンを設け、1回ごとに軽めの暗示を入れて後押しします。
私は催眠にほとんど入れなかったのでオーガズムを味わえませんでしたが
プレイの進め方が丁寧でイメージしやすいです。

このように、おちんちん以外の性感帯をひたすら責めるアブノーマルなエッチが繰り広げられてます。
イメージが要の作品
人間が持つイメージ力を駆使してエッチを擬似体験させる作品です。

イリアは大好きな主人公が幸せなひと時を過ごせるように
最初の時点から親しみを込めて語りかけ、サービス中も彼をできるだけ縛りつけずに進めます。
そしてエッチに入ると乳首やアナルといった男女に共通する部位だけを開発します。

最初から最後まで何らかのイメージを絡める作り
許容暗示やダブルバインドを多用し聴き手にある程度の自由を与える緩いリード
細かい実況を交えて中盤まではゆっくりと、終盤だけはハードに責めるエッチ。
心を通い合わせた男女が変わったエッチに取り組む様子をサークルさんなりのやり方で表現しています。

「発情していくと 体が熱くなって より一層私を求めるようになる 私に犯してほしい そう思うようになるの」
アナルSEXはM性が強めのプレイと思うのではないでしょうか。
ですが彼女は一種の愛情表現としてこのエッチをするので雰囲気はかなり甘いです。
プレイ中にこちらがそうされたくなる言葉をかけてくれるのもあります。
アブノーマルなプレイをできるだけノーマルな側に寄せて行ってるのが印象的でした。

催眠は先ほども書いたように改善点がいくつも見られます。
一番引っかかったのは作品に合わせた技術の扱い方ですね。
以前聴いた「ブリスドール‐幸福なマルチプルオーガズム‐」でも大手サークルさんの作品を真似て失敗してますし
もう少し簡単なところから始めて少しずつレベルを上げていったほうがいいんじゃないかなと。
悪い言い方になりますが、この誘導は今のサークルさんの実力では荷が重いと思います。

「あなたの精神状態は 既に受け身になっている 女の子と同じ状態 男性的な思考よりも 女性的な思考が大きくなっている状態です」
エッチはどうしても納得できないところがふたつありました。
ひとつめはタイトルにもなってるメスイキが全然絡んでないことです。
彼女は作中で「受け身になる=女性になる」と言ってます。
ですが現実世界にも受け身な男性は数多くいるわけで、これをもって女性になったと断言するのは無理があります。
ストレートに女性がエッチで味わってる快感を伝える流れにしたほうがしっくりくるでしょう。

「(乳首を)限界まで引っ張ってから すっと指を滑らせる 気持ちいい快感が弾ける そういうイメージをする」
「ほら あなたが気持ちいい方法で乳首をいじってみて もちろん 私に乳首をいじられてると想像しながら」

ふたつめはセルフの有無を曖昧にしてることです。
一見すると自由に選択できてお得に思えますが、これによって彼女のセリフがかなりブレてます。
実際にいじるのとイメージで処理するのではアプローチの方向性が随分異なりますし
両方を中途半端に混在させるくらいならどちらかに絞ったほうがプレイの質も上がったと思います。
シーンによって指示の内容が大きく変わったら聴き手を混乱させてしまいますしね。

絶頂シーンは4回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

テーマやエッチの内容は面白いのですが完成度にかなり難のある作品です。

CV:縁側こよりさん
総時間 1:27:15

オススメ度
■■■■□□□□□□ 4点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は3点。
87分で700円とコスパが良いので+1してあります。

2017年12月3日まで20%OFFの560円で販売されてます。

美少女にされた貴方は宇宙船のメスイキダイナモとしてひたすら触手に犯され責められ射精されてグチョグチョ発情メスビッチに堕ちちゃうの

サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、とある事情で地球にずっと滞在してる宇宙人が
捕まえた男性を薬や機械で快楽漬けにして淫乱なメスへと作り変えます。

質量共に催眠よりもエッチに著しく傾倒してるのが特徴で
催眠パートの5倍近くの時間を用意し、3種類の触手で色んな性感帯を同時に責めたり
体の内外に精液を思いきりぶっかけて女の喜びを少しずつ教えます。
プレイ中に様々な効果音を使って興奮や絶頂を促すのもポイントです。

今回はノーマルバージョンを聴いてのレビューをお送りします。

この先一部で汚い描写があります。
食事中あるいは食事を控えてる方は終えてから読むことをおすすめします。
宇宙船のエネルギーは…
宇宙船の発電機になり燃料を供給するお話。

「マスターエメリア 地球人が目を覚ました」
ヴィーナはややエフェクトのかかった冷静な声の女性。
「こんにちは、地球人クン 私はエメリア 貴方たちからすると、宇宙人ですね」
エメリアはのんびり話す甘い声の女性。
宇宙人に捕まり裸のまま拘束されてる主人公に自己紹介すると
ここがどこかや自分たちが何者かを説明し地球脱出の手伝いをさせます。

本作品は宇宙船のエネルギーを補充できず地球への滞在を続けてる彼女が
催眠を使って彼を女の子の姿に変え、機械の触手を使ったハードなエッチを行います。
催眠者とメインの語り手は主人にあたるエメリアが務め
宇宙船のAI人格にあたるヴィーナは状況報告などのサポート役にまわります。

この宇宙船はオーガズムを燃料に動くのですが、地球に到着した際にそれを供給する生物に逃げられてしまい
代わりに偶然見つけた彼をその役に充てることにしました。
そして男性を女体化してからイかせたほうがより多くのエネルギーを得られるそうです。

そんな背景を踏まえて作中では乳首、おまんこ、アナル、口を中心に色々な刺激を同時に与え
何度も何度も絶頂させるかなりハードなプレイが楽しめます。

風呂井戸ソフトさんは催眠よりもエッチを重視する傾向のサークルさんなのですが
今回は普段以上にエッチの質と量にこだわって作られてます。

また冒頭で少し触れたように、本作品にはノーマルバージョンとロングバージョンが存在します。
ロングはノーマルの後に追加プレイが用意されており、通しで聴くと2時間半近くの長さとなります。

催眠はおよそ16分間。
主人公の首に刺された管からメス化ドラッグを注がれてる様子をイメージしながら
まずは深呼吸したりエメリアの言葉に耳を傾けて心身をリラックスさせます。

エメリア「ドラッグが 体中を巡って温かい 温かくて気持ちいい」
エメリア「頭がぼーっとしてくる 物事を考えるのが面倒になってきましたね」

彼女たちの声が終始穏やかで投げかけられる言葉も柔らかいものが多いため
宇宙人に捕まって体を改造されるヤバイ展開とは思えないほど雰囲気は穏やかです。
バックで流れるリズミカルなパルス音や液体の流れる音もリラックスを後押しします。
この後のエッチも含めて本作品は様々な効果音を駆使して感覚をコントールしようとします。

本題の女体化が始まるのは催眠開始からおよそ7分後。
引き続き深呼吸しながら全身の骨格、肌の質感、身長、体毛など大まかな部分の変化を実況し
おちんちんがおまんこに変化していく様子を軽く語ってから大きなモニターで女性になった体を確認します。

エメリア「体つきが 全体的に丸くなっていきます」
ヴィーナ「全身が ぷにぷにで敏感な白い肌になります」
主人公がどんな風に変わっていくかイメージするのは簡単なのですが
導入や深化が弱いおかげでそれを自分自身のこととして捉えられるかと言われれば首を捻ります。
私がこのシーンを聴いた時も意識がほんの少しぼやけた程度で催眠に入ってる感覚はあまりしませんでした。

女体化は名前の通り自分の体を別のものに変える必要があるので
普通の催眠よりもじっくり丁寧に進めたほうが聴き手も受け入れやすいと思います。
エッチを強く意識するあまり、その土台となる催眠が疎かになってる印象を受けました。

軽くリラックスさせてから女体化に進む非常に簡素な催眠です。
聴き手をまだ毛も生えてない年齢の少女に変えることを目的に
深呼吸しながら脱力や深化の暗示を入れ、それから男女の違いが出やすい部分を中心に女体化を進めます。

効果音の扱いがしっかりしてるので宇宙船で体をいじられてる雰囲気はよく出ています。
でもこれから長時間に渡るハードなエッチをするにあたっての準備としては不十分だと思います。
時間をかけてしっかり誘導し、作品の世界に十分引き込んでから女体化したほうが良かったのではないかなと。
ちなみにこの時点では体だけの変化に留め、エッチを通じて心も女性化するアプローチが取られてます。
音を活用した重厚なエッチ
ノーマルバージョンのエッチシーンは3パート75分間。
プレイは触手による全身拘束、乳首責め、おまんこ責め、バイブ責め、アナル責め、フェラ、放尿、子宮責めです。

おまんこ責め、バイブ責め、アナル責め、フェラ、放尿の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

エメリア「ではみゆき アクメエナジーを放射してもらうために 触手ペニスであなたを責めて差し上げましょう」
主人公の体に薬を注入して可愛い女の子の姿に変えたエメリアとヴィーナは
彼を「みゆき」と命名し、触手を使って宇宙船のエネルギーを生産させます。

エッチはまったく抵抗できない状態で触手たちに体を蹂躙されます。
一番最初の「責めスタート」は性感を高めることを意識したプレイ(約10分)。
中くらいの触手と細い触手で体を拘束し、乳首やおまんこを責めて女の快感を味わわせます。

エメリア「ほーら ずずずずっと抜けていきます 股間のヴァギナから 熱い存在感がなくなります」
先端がおちんちんの形をした触手たちが体中に粘液を塗りたくり
大事な部分にゆっくり侵入し、出し入れを繰り返す様子をエメリアが聴き手視点で生々しく語ります。
多くのプレイで効果音も鳴るのでどのように責められてるかがイメージしやすいです。

状況が一変するのは次の「バイブスタート」から(約25分)。
体に絡みついた触手が一斉に振動を始め、おまんこだけでなく口やアナルも責めて3度の絶頂へと追い込みます。

エメリア「マンコアクメです おまんこアクメです 精液が注がれます どっくんどっくんと流れ込んできます」
そしてここからは作品の特徴である効果音が大きな存在感を示します。
バイブだけでも複数種類が同時に鳴りますし
絶頂シーンに入るとエネルギーが収束し爆発するような迫力のある音が流れます。
テレビや映画で盛り上げる時にやる演出に近く、それにつられて何かがこみ上げてくる感覚がしました。

エメリア「体の中も外も ザーメンまみれ 幸せ 女で幸せ メスで幸せ」
絶頂シーンに精液をぶっかけられる描写を多めに盛り込んでるのもポイント。
特定の性癖を持ってない限り男性がそうなることはまずありませんから
そうされることに快感を覚えるように誘導して心も少しずつ女性へ変えていきます。
パート後半になるとバイブがうねるようになりますし、心と体をバランス良く責める重厚なプレイです。

最も激しいプレイが登場するのは最後の「責め継続」(約40分)。
心のメス化が進行しとうとう嬉ションまでするようになったみゆきへのダメ押しとして
さらに太い触手を穴という穴に挿入し責められる快感や精液で汚される快感を存分に味わわせます。

ヴィーナ「気持ちよくなるのは とても自然なこと 気持ちよくなってメスイキアクメするのは とっても当たり前のこと」
エメリア「恍惚の表情を浮かべるあなたに ザーメンがぶっかけられてます」
ここでは体への責めは前のパートとほぼ同じにし、その代わり洗脳っぽいセリフの割合が増えます。
彼女たちの目的はみゆきをイき続けるだけの人形に変えることですから
その障害となる要素をことごとく取り除いて快感だけに没頭できる環境を整えます。
放尿シーンが割と多いので人を選ぶところもありますが、純粋な快楽堕ちとは明らかに違う展開でゾクゾクします。

エメリア「あーあ 子宮 征服されちゃいましたね 女として一番大事なところ 奪われちゃいましたね」
個人的に最も印象的だったのがパート終盤の子宮責め。
膣内に収まってた触手が子宮の入り口を突いてとうとう中にまで侵入します。
痛みやグロさを感じる描写が特になく、女性のシンボルを相手に捧げる快感だけを味わわせてくれます。
言葉よりも行為でメス化したことを思い知らせようとするところが面白いです。

このように、様々な音とシチュを組み合わせて気持ちよくする密度の高いエッチが繰り広げられてます。
エッチが充実してる作品
ハードなエッチをできるだけソフトに描いた独自性の強い作品です。

母星から遥か離れた地球に滞在を余儀なくされてる宇宙人が
人間の男性を触手漬けにしてここを脱出するためのエネルギーを補充します。

色んな性感帯を後になるほど激しく同時に責めて何度もイかせるハードな展開
言葉と音を組み合わせてその様子を実況したり感覚を伝える独特なアプローチ。
様々な工夫をして非現実的なエッチをできるだけリアルに味わわせようとします。

エメリア「もうあなたは 快楽の中でしか生きられない 淫乱発情メスビッチ もはや他の生き方は想像できません」
そしてエッチを通じて触手=おちんちんに犯される快感や
精液をぶっかけられる快感を徹底的に教え込んでメスから離れたくない気持ちに導きます。
触手でガンガン責めるだけでは単なる陵辱になってしまいますから
聴き手にもある程度のメリットを与えて最後まで聴きやすくしています。
エメリアの声が終始穏やかなのも相まって嫌な気分を特に抱くことなく聴き終えることができました。

催眠はエッチを通じて心の女性化を進める点を加味しても弱いと思います。
総時間が長くなればなるほど催眠状態をいかに維持させるかが重要になります。
そしてこれをより確実に成し遂げるには最初の段階で十分な深さにまで誘導するのが望ましいです。
残念ながら今の作りでは中上級者でも最後まで維持するのは難しいのではないかと見ています。

私が聴いた時もバイブスタートあたりで催眠がほぼ解けてました。
今回のレビューをノーマルバージョンまでにしたのはこういった事情があります。

エッチは何も言うことなしと言えるくらいに素晴らしいです。
中でも音の扱い方が秀逸でイメージの難しいプレイをわかりやすく表現されてます。
パートごとにプレイや方向性に違いを持たせて聴き続ける楽しみを作り上げてるのも大きいです。

絶頂シーンは7回。
くちゅ音(バイブ含む)大量、淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:分倍河原シホさん
総時間 ノーマル…1:43:56 ロング…2:25:50

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

妹と乳首オナニーれっすん☆ドライオーガズム特化型エロ音声~チクニー無しでは生きられないメスイキボディにしてあげる~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声も態度もあまあまな可愛らしい妹が
見られながらオナニーするのが好きなお兄ちゃんに変わったエッチをプレゼントします。

乳首と前立腺をひたすらいじり続けてドライオーガズムを目指すのが最大の特徴で
パートごとに方向性やプレイ内容をある程度切り替えながら
乳輪だけをソフトに撫でる、乳首を指の腹で撫でる、爪で引っかくといったプレイを行い
さらに言葉も使って射精とは違うタイプの絶頂へと押し上げます。
トレーニング要素の強い作品ですから、繰り返し聴くことで少しずつ快感が実感できるようになるでしょう。
妹と一緒に乳首開発
妹の指示に従って乳首&前立腺オナニーするお話。

「いらっしゃい、お兄ちゃん♪ ここはね、あたしと乳首オナニーを楽しむお部屋だよ?」
妹はやや甲高くて可愛い声の女の子。
乳首オナニーでメスイキしたくてやって来たお兄ちゃんを温かく迎えると
これからするエッチのコンセプトや最終目標を説明します。

本作品は男性の隠れた性感帯である乳首をいじって気持ちよくなることを目的に
彼女が1時間近くに渡って3種類のプレイを提供します。
所謂オナサポ系の作品にあたるのですが、少なくとも本編では射精シーンが一切ありません。
それどころかおちんちんには指一本触れずに絶頂を目指します。
(消化不良になった時のためにおまけで3種類の射精パートが用意されてます)

エッチシーンは最初から最後までほぼずっと乳首をいじり続けることになりますから
乳首を既に開発してる人はもちろん気持ちいいし、そうでない人もくすぐったさとは違う感覚に出会える可能性があります。
いじり方、強さ、ペースといった細かな指示は最初のトレーニングパートまでで
残りの2パートは自由にいじらせながら色々話しかける割と緩いオナサポです。

もうひとつの柱にあたる前立腺オナニーはPC筋を動かして前立腺に刺激を与えたり
エネマグラなどのアナル専用おもちゃを使って圧迫します。
ちなみに催眠音声でよくやられてるドライはエナジーオーガズム(脳イキ)なので
前立腺をいじって絶頂する本作品のドライとはタイプが異なります。

「メスイキする為には地道な乳首開発が大事なんだから あたしと毎日、乳首を弄ってトレーニングしようね」
エッチをリードする妹はいかにも妹といった感じのあまあまなキャラ。
乳首だけで絶頂したいMなお兄ちゃんを見下すどころか愛情を込めて色んな指示を出します。
おちんちんをいじれないハンデを補うために心への責めにも結構力を入れてまして
特に催眠音声を聴いてる人は彼女のセリフに合わせて快感が高まるのを感じるかもしれません。

乳首と前立腺をいじって射精とは違う絶頂を目指す珍しいコンセプト
指示はできるだけ緩くしたっぷりいじるトレーニング要素の強い作り、そして心身をバランスをよく責める妹のリード。
乳首未開発の方でも楽しめるように色々考えて作られてる本格的な乳首オナサポ作品です。
催眠っぽい要素を含んだ独特なエッチ
本編のエッチシーンは3パート55分間。
プレイは耳舐め、乳首オナニー、PC筋トレーニング、落書き、前立腺オナニーです。
前立腺オナニーの際に少しだけ効果音が鳴ります。

「ほらぁ♪ お耳、舐めてあげるから、乳輪をさわさわしよ~ね」
お兄ちゃんの気持ちを察してすぐさま抱きつき耳を舐めると
妹はそのまま乳首の周りだけをソフトにいじらせてまずは軽く焦らします。

エッチは彼女に言われた通りのオナニーをします。
一番最初の「毎日の乳首開発トレーニング」は乳首開発をする本作品のメインパート(約22分)。
乳輪をいじるところから始まり乳首を指の腹で優しく擦る、爪の先で引っかくなど
後になるほどより強い快感が得られるようにいじり方を変えていきます。

「指先が乳首に触れないようにするんだよ? ほら、触れるか触れないかのフェザータッチでぇ…… 外側から内側に向かって、円を描くように」
そして乳首を今まで一度もいじったことのない人でもこのプレイを楽しめるように
使う指、いじり方、大まかなペースをプレイごとに教えながらのんびり進めます。
ある程度説明してから固めて耳を舐めるスタイルなので乳首オナニーに専念しやすく
軽く吸い上げるような耳舐め音もそれなりのエロさを持ってます。

「乳首の奥がジンジンしちゃうね♪ カリカリするのが気持ちいい…気持ちよくってぇ、とめられない♪」
彼女がプレイ中に催眠暗示っぽいセリフを多めに言ってくるのもポイント。
乳首の気持ちよさがいまいちピンとこない人にも言葉で伝えて応援します。
他にも絶頂シーンで絶頂したフリをしてみるようにアドバイスするなど
単にいじるだけでなくコツも教えて気持ちよくなりやすい環境を整えます。

前立腺が絡んでくるのはエッチ開始からおよそ15分後。
引き続き乳首をいじりながらPC筋の収縮と弛緩を繰り返してドライを目指します。

「乳首の快感と一緒に、前立腺にも意識を集中してみよっか。おしっこを我慢するみたいに、タマタマの奥に力をいれるの」
用をたすときに使う筋肉を動かすだけですから男性なら無理なくできるはずです。
シュワシュワ、パチパチした快感が湧いてくる人がいると思います。
乳首だけではどうしても物足りなくなる体の快感を独自のやり方で補ってくれます。

続く2パートは属性が大きく異なる実践パート。
「ラブラブ乳首オナニー」はノーマル向けの甘いプレイ(約14分)
「マゾ向け乳首オナニー」はM向けのアブノーマル路線なプレイを行います(約19分)。

「右手をぎゅ~~って握ってぇ… 一気に脱力… もう一度、ぎゅ~~って握ってぇ… だらんと脱力…」
「お顔がとろけて、自然とお声が漏れていく… 乳首が気持ちいい… 深く…深く…気持ちよくなっていく…」

前者は乳首オナニー開始前に深呼吸や体の脱力をしたり
プレイ中に暗示とよく似たセリフを最初のパート以上に言うなど、先ほど説明した催眠っぽい要素が最も強いです。
乳首オナニー+ドライは催眠音声だとひとつのジャンルとして既に確立されてるので
サークルさんがそれらをある程度参考にしてこの作品を制作されたのではないかと私は見ています。

ただこれらの暗示はあくまで催眠に入ってるから通用するものでして
素の精神状態でやってもあまり効果は見込めないかなぁというのが正直なところです。
私が聴いた時もそれほど大きな変化は実感できませんでした。

妹すたーさんが催眠音声をよく作られてるサークルさんだったら違う結果になったかもしれませんね。
乳首オナニーの方はトレーニング済みということでほぼ自由にいじらせてくれます。

「もう♪ 乳首の周りに落書きされて感じちゃうんだ♪ ○○って書いたんだけど、ホントのことだよねぇ♪」
後者はドMなお兄ちゃんの性的欲求を満たすために今までとは随分違う責めを繰り出します。
乳首オナニーをする前に油性ペンでとある文字を書かせたり
軽くいじった後にはエネマグラを取り出し彼のアナルへゆっくり挿入するなど完全に変態向けです。
効果音が鳴るのは挿入時だけでその後は動かさずに前立腺を圧迫します。

エネマグラを持ってたら挿入したほうが楽しめるでしょうけど
本作品のメインはあくまで乳首開発ですからPC筋トレーニングでも問題ありません。
乳首や前立腺から感じられる純粋な快感、妹に見下されながらオナニーを披露する精神面の快感。
前の2パートと同じく心身をバランス良く刺激してドライに導いてくれます。

このように、癖のあるプレイをできるだけ親しみやすい形で行うテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
腰を据えて取り組める作品
乳首オナニーを起点にドライオーガズムを味わわせるチャレンジ精神旺盛な作品です。

妹は普通のオナニーどころかおちんちんをいじることにさえ飽きたお兄ちゃんを満足させようと
パートごとに大まかな目標や属性を掲げ、それに合わせた指示やセリフを投げかけます。

最初から最後まで乳首をひたすらいじり続ける尖った作り、それに前立腺オナニーを加えてドライへ持っていく流れ
刺激の足りない部分を言葉でカバーしようとする姿勢。
一人でも多くの聴き手におちんちんとは違う快感を味わわせようとまったりリードします。

「お兄ちゃんにはあたししかいないの♪ あたしだけが、お兄ちゃんを愛してあげられるんだよ♪ だから安心してダメになっていこうね♪」
彼女は彼のダメな部分も含めて愛せる包容力のある女性です。
だからどのパートもどうすれば彼に喜んでもらえるかを考えて進めます。
M向けパートも痛みや苦しみではなく羞恥を与えるプレイを中心に据えてます。
プレイはアブノーマルだけど雰囲気はノーマル寄りで聴きやすいです。

乳首オナニーはいじり方の種類を敢えて減らしいじる時間を長めに取ってます。
説明が中心だと繰り返し聴く時に煩わしく感じるでしょうから
とにかくたくさんいじらせるようにしたのは正解だと思います。

ドライについては残念ながら迎えられませんでした。
元々すぐさまできるタイプのオーガズムではないですし、乳首開発に比べたら存在感は薄めです。
おまけの射精パートできちんとフォローしてくれてるのもあります。
催眠暗示を中途半端に入れるくらいなら普通に催眠誘導したほうがいいんじゃないかなと。

本編の絶頂シーンは5回。
ちゅぱ音それなり、淫語そこそこ、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

同人音声側では非常に珍しいプレイをうまくまとめ上げてる作品です。
おまけは3種類の射精パートと後日談です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 1:22:37(本編…1:06:51 おまけ…15:46)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

みみどみねくいんず

サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ四人の女王様が
ドMな男性を個別に、あるいは同時に責め続けます。

エッチのM度と密度の両方が後になるほど増すのが特徴で
一人目は甘い声で軽めの言葉責めをする程度だったのが
三人目に入ると口調が一気に厳しいものになり、土下座や鞭打ちといった屈辱的な責めも登場します。
登場人物が多いおかげで耳や股間の同時責めも充実してます。
ややMからドMまで幅広く
ナナ、アリサ、ユウナギ、ミカに調教されるお話。

「ナナの3分クッキングのコーナー! さて 今日のお料理は…」
ナナは甘く可愛い声の女の子。
本日のメニュー「おちんちんの精液和え」に使う材料を説明すると
裸で後ろ手に縛られてる主人公に早速フェラを始めます。

本作品は女性に激しく責められたい、飼い慣らされたいM男の欲求を満たすために
彼女たちが100分近くもの時間をかけて様々な調教を施します。
すくりぷてっどこねくしょんさんは催眠音声で非常に有名なサークルさんですが
今回はその技術をあまり使わずSMチックなプレイや言葉責めで射精に追い込みます。

全体を通じて言える特徴はふたつ。
彼女たちのS性に違いを持たせてることと同時責めに力を入れてることです。

ナナ「体がビクってするたび おちんちんもビクビクして 可愛い」
ユウナギ「ほらチンポ振れよ 忘れてんじゃねぇぞ!」
前者はナナとアリサが優しいキャラ、ユウナギとミカをきつめのキャラに設定し
属性が近い二人の間にもこだわりを持たせて個性を引き立ててます。
特にユウナギとミカは土下座や鞭打ちといったいかにも女王様らしいプレイを積極的に行います。

聴き始めた直後は「それほど厳しいことはしてこないな」と思ってた人も
後の二人が登場するあたりから認識が大きく変わるでしょうね。
時間に対する射精回数が少なめなので壊れるレベルではありませんが、M性の高い人のほうが楽しめるのも事実です。

後者は二人以上の女王様が登場するパートで
ダブル耳舐め、ダブルフェラといった複数のエッチな音が同時に鳴るプレイをいくつも繰り出します。
全員がバイノーラル録音なだけあって音の質感がどれも高くプレイもかなり濃いです。
目隠し&拘束をされた主人公を彼女たちが一方的に責めるスタイルなのでご奉仕っぽい部分も持ってます。
手広く構えたM向けのエッチ
エッチシーンは7パート95分間。
プレイは体の拘束、フェラ、耳舐め、乳首責め、亀頭責め、オナニー、鞭打ち、パンツを頭に被る、クンニ、手コキ、足舐め、スパンキング、アナル責め、女王様同士のキスです。
体の拘束、亀頭責め、鞭打ち、手コキ、スパンキング、アナル責めの際に効果音が鳴ります。

「ここで口を動かしたら カリに擦れて 気持ちいいんだってね」
主人公のおちんちんを軽く絞り上げるように口で責めていたナナは
中断してから手の拘束を解除して彼におちんちんの根元を持たせ
自分はそのまま耳や乳首を刺激しもどかしい感覚を与えます。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
最初の4パート31分間はお試しに近いプレイ。
ナナ、アリサ、ユウナギ、ミカの順に思い思いのやり方で彼を調教します。

ナナ「いいよいいよ 変態なんだから そのくらいやってても」
アリサ「射精したい 出したい そんな風に感じ方が変わってきたら ようやくスタートラインです ここからが 本当の快楽地獄ですよ」
「変態」などの言葉責めを交えながら終始明るい態度で責めるナナ
表面上は礼儀正しいけど亀頭だけをねっとりいじり続けて射精させないアリサ。
Mな人が喜びそうな要素を交えたプレイが早速登場します。

彼女たち自身がお試しと言ってることもあり射精シーンがあるのはユウナギのみです。
複数人プレイをするパートに向けて彼女たちを知る、気持ちを盛り上げる意味合いの強いプレイと思ってください。

ユウナギ「おいブタ! いっちょまえに二足歩行してんじゃねぇよ」
ミカ「どうだ? 楽でいいだろう 頭の中がどんどん真っ白になる」
ただし、ユウナギとミカに関しては精神面の刺激がとても強くなってます。
ユウナギは最初から彼をブタ呼ばわりして乱暴な言葉遣いで接しますし
ミカは「ピシィッ」と鋭い鞭の音を鳴らしながら言葉で奴隷の心構えを身につけさせます。

時間感覚の歪曲を狙ったオナニーや催眠暗示っぽいセリフも出てきますし
この2パートはすくりぷさんらしさもある程度表現されてます。
ユウナギはキャラが軽いけど言葉はきつく、ミカは落ち着いてるけど逆らえないオーラを持ってます。

これらの後に始まる2-1、3-1はもうひとつの特徴である複数人プレイが光るパート。
ソフトはナナとアリサ、ハードはユウナギとミカ、みんなでわいわいは全員と登場人物を切り替え
それぞれのS性に沿った密度の高い調教で射精に追い込みます。

ナナ「この子 乳首立ってまーす」
アリサ「あらあら本当ですね 寒いのかしら?」
ソフトはダブル乳首責め、クンニ+亀頭責め、ダブルフェラなど一般的なエッチに寄せたプレイを多めにする代わりに
彼の情けない姿を観察したり焦らし気味に責めて多少のMっ気を出してます。
彼女たちが掛け合いながら進めるので賑やかな印象を抱くでしょう。
雰囲気がとても明るく意地悪さも少なめの和やかなパートです。

ユウナギ「ブタでもちゃんとできるもんなんだな 体が硬くて届きませんブヒーとかってならなくてよかったな」
ミカ「床に届かなければ 届かせてやればいいだけだ」
それに対してハードは土下座から始まりミカへの足舐め、四つんばいでの鞭打ち、見られながらのオナニーなど
男のプライドを徹底的に打ち砕くことを見据えたきつめのプレイが揃ってます。
二人ともSっ気が強いので最中のセリフも容赦がありません。
お預けもきっちりしてくれますし女性に飼われたい人ほど喜ぶパートと言えます。

ミカ「アナルは一度気持ちよさを味わうと どんどん深みにはまっていくからな」
アリサ「みんなにアナルで感じてるところ 見られてますよ 恥ずかしいですね」
最後のみんなでわいわいは複数同時責めに加えてアナルに関するプレイがいくつか登場します。
ミカがローションつきの指でほぐし、専用の器具を備え付けた椅子に座らせて前立腺を刺激し
それで感じてる姿を彼女たちが嬉しそうに眺めます。
自分でいじる指示は出ませんからアナル未開発でも問題なく聴けます。

これまでのパートに比べて言葉責めの割合を減らし、その分エッチな音をたっぷり鳴らすのもいいですね。
四人の声優さんが別なおかげで同じ耳舐めでもペースや音の質感に違いがあります。
オナニー開始から射精までの時間を今の4分から8分くらいにまで伸ばせばより抜きやすくなったと思います。

このように、女王様たちの違いを出しつつ重ねて責めるテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
一風変わったM向け作品
女性が複数人いる状況を最大限に活用した調教作品です。

四人の女王様はMな主人公にいつもとは違う快感を味わわせようと
一人ずつ、二人ずつ、全員とスタイルを切り替えながらそれぞれで異なる責めを加えます。

拘束、鞭打ち、罵声、足舐めなど調教らしさを強く意識したプレイの数々
彼女たちのSっ気や性的嗜好の違い、耳やおちんちんを複数人で同時に責めるスタイル。
女性に支配される、意地悪される快感を前面に押し出したきつめのサービスを行います。

ナナ「次はもっと いっぱい遊んであげるね」
一部でヤバいプレイがあるものの、ナナやアリサがそれをある程度中和してたり
個々のプレイ時間を短めにして幅広く責めるおかげで凄惨と感じるほどではありません。
彼女たちの奴隷になった気分を擬似体験させるあたりに留まってます。
オナニーも射精のタイミングを制御するくらいでペースや強さはほぼ自由です。

エッチは四人の違いやコンビネーションを大事にしながら組み立ててます。
それぞれに別の魅力を持ってますし、どのパートが気に入るかは人それぞれでしょう。
私は普段強気に振舞うユウナギが時折見せる女の子らしさが印象的でした。
一部で百合っぽい描写もあって彼女たちの仲の良さも自然と伝わってきます。

射精シーンは5回。
ちゅぱ音多め、淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

キャラが立っていてプレイにもインパクトがある濃い作品です。

CV:ナナ…みもりあいのさん アリサ…かの仔さん ユウナギ…そらまめ。さん ミカ…沢野ぽぷらさん
総時間 1:53:43

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

Best work for Sissy boi 〜女々しいボクにピッタリのオシゴト〜

サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、税関職員として違法品の取締りをしてる男性が
とある出来事をきっかけに情けないメスへと堕ちていきます。

Sissyと呼ばれる変態マゾになりきることを目指した独特なサービスが行われており
催眠は一般的な作品とはまるで違う方法で没入感や一体感を高め
エッチもふたなり女性に犯される喜び、薬漬けになる快感など非現実的な方法で気持ちよくします。
音量が大きくなるシーンが一部ありますから、普段よりもやや絞って聴くことをおすすめします。
税関職員が持つ裏の顔
ナレーターに催眠をかけられふたなり女性とエッチするお話。

「人は 必ずしも なりたいものになれるわけじゃありません」
ナレーターはやや鼻にかかった穏やかな声の女性。
タイトルの「Sissy」とは何かをわかりやすく説明すると
それに関する物語を読み聞かせ始めます。

本作品は女装したりアナルを責められて感じるSissyになりきってエッチを楽しむことを目的に
彼女が物語形式の変わった催眠を通じてβと呼ばれる税関職員と心を重ね合わせ
それから彼がSissyの快感に目覚め、離れられなくなる様子を疑似体験します。

女装やふたなり女性とのエッチから女体化作品と思う人がいるかもしれません。
ですが作中で女体化の催眠を施すことは一切なく、男性の体のまま心だけをメス化する展開となってます。
ドM向けで大変有名なサークルさんなだけあってエッチの内容もぶっ飛んでおり
うまく催眠に入れればそれこそ脳が蕩けるような甘く激しい快感が味わえます。

この作品を語るうえで外せない最初の特徴は催眠のスタイル。
深呼吸をしたり、体をパーツごとに脱力するといった既存の誘導方法からほぼ脱却し
ストーリーや細かなセリフを駆使して後になるほど没入感が高まるように語り掛けます。

催眠を始めるタイミングはさすがにわかるのですが、エッチとの繋ぎ目が曖昧になっており
実際に聴いてみると「気づいたらいつの間にか催眠に入ってた」みたいな体験をすると思います。
特定のシーンで一気に入るというよりは、後になるほど集中力がどんどん増していく感じです。
作りがかなり独特なので当サイトでは催眠にある程度慣れてる中~上級者におすすめします。

もうひとつの特徴は音響効果を活用してること。
催眠パートの時点ではほとんど使用しませんが
エッチに入ると「さわさわ」「くちゅくちゅ」といった擬声語をエフェクトのついた声でタイミングよく発し
絶頂シーンが近づくにつれてそれが大きくなったり重なり始めます。

冒頭で「音量を絞ったほうがいい」と書いたのはこれが原因です。
特に絶頂の瞬間や終盤のパートはこれらを積極的に活用して陶酔感や性感を盛り上げてくれます。
絶頂シーンで雷に打たれたような感覚がする人もいるでしょうね。
催眠、エッチいずれも個性が強く楽しんで聴くことができます。
Sissyへの興味を掻き立てる催眠
催眠は2パート60分間。
仰向けになって目を瞑り、Sissyに関する説明を受けてから
まずは自分がふたなりおちんちんをアナルに挿入されてる様子をイメージしながら体に力を入れます。

「最初はさすがにきついと感じるかもしれません 大きな異物感から ぎゅーっと全身に力が入るでしょう」
「だけど 入れられた後は 気持ちいいところを余すところなく刺激され どんどん力が ふにゃーっと 抜けていくことでしょう」

本作品のエッチはアナルSEXがメインになるので
それを無理なく受け入れ、気持ちよくなる心がとても重要になります。
この時点ではまだ準備運動に過ぎませんから言われた通りにするだけで大丈夫です。
後々のシーンで同じ動作をした時に脱力感や自分の気持ちの変化に気づくことになるでしょう。

お次はいよいよ本題となる物語が始まります。
いつも通り税関の仕事をしていたβがとある一枚のCDを発見し
その調査を名目に自国の特別区へと足を運びます。

「脳裏をよぎるたびに体の中で 奇妙な熱がくすぶる感覚が じわじわと大きくなっていきます」
この世界ではふたなり女性が普通に存在する設定となってますが
それは隣のF国の話であって彼の国にはほとんどいません。
だから美しい体とは不釣合いな逞しいおちんちんを持つ彼女たちに軽い興味を抱きます。
その様子をナレーターが主観視点で語り、まずはSissyに対する抵抗心を削ぎ落とします。

「ふたなり女性に掘られる」と聞くとヤバいお話に感じる人もいるでしょうけど
そこに至るまでの進め方や雰囲気は本当にマイルドです。
βとの一体感をできるだけ得られるように聴き手の心を彼に少しずつ近づけていきます。

特別区に到着した後はいよいよSissyへの第一歩を踏み出します。
偶然見つけた風俗店で女装のサービスを受け
そこに所属するαという名のふたなり女性にアナルバージンを捧げます。

「メスになっていくというのに たまたまもおちんちんも 嬉しくって堪らないとばかりに 奇妙な柔らかさを保ったまま ヒクヒクと震えているのがわかります」
「女の子みたい などと言われることは かつては侮辱でしかありませんでした しかし 今感じているこの感覚は 確かに喜びと幸せでした」

店長にあたるQにメイクを受け普段とは違う自分に生まれ変わっていく様子や
それらを通じてβが抱いてる感覚を暗示の形で上手に伝えてくれます。
聴き手が好印象を抱く表現を徹底してますから、こういうプレイにあまり興味が無い人でも違和感なく聴けるでしょう。
厳格な環境で生まれ育ってきた男性が新しいモノに触れる様子を活き活きと描いてます。

女装後に始まるαとの初プレイは催眠の総仕上げとエッチの序盤を兼ねてるシーン。
地下室にある特別な部屋へと移動し、そこで彼女にリードされる形でアナル開発を受けます。

「絶え間なく流し込まれる安堵感 脱力感 そして快感」
「あれで触られたら 一体どんな感じがするんだろう?」

頬、肩、脇腹、内腿を優しく撫でて心身の緊張をほぐしてから
アナルの周辺→入り口→内部と一歩ずつステップアップする感じで指を挿入していきます。
その優しい態度とリードを聴いてるうちに幸福感が自然と湧き上がってくるのを感じました。
女性に責められるシチュを通じてメス化をさらに推し進めてます。

βの体験を辿りつつリラックスや集中力の向上を図る非常に変わった催眠です。
聴き手の心をβと一体化することを目的に、Sissyに関するお話や軽い運動で心身を軽くほぐしてから
彼のお話を主観視点で語りつつ心にプラスに働く暗示を入れて受け入れやすい環境を整えます。

既存の作品とは全体の構造や流れが随分違うため、催眠っぽさをあまり感じないと思います。
ですがαの前戯を受けるあたりに差し掛かると自分がこのお話にのめり込んでるのを実感するでしょう。
私の場合も意識のぼやけはそこそこで、脱力感や集中力の高まりを強く感じました。
面白いテレビや映画を観てる時の感覚に近かったです。
声と音の沼に飲み込まれていく快感
エッチシーンは3パート37分間。
プレイは全身愛撫、アナル責め、アナルSEX、乳首責め、キメセクです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「つるんと ぬぷっと カリが全部入ったのがわかりました」
指によるマッサージや挿入でβのアナルをとろとろにほぐしたαは
いよいよ巨大なおちんちんをゆっくり差し込んでいきます。

エッチはどのパートもふたなり女性がリードします。
一番最初の第2部はαとのエッチの続き(約17分)。
彼女のおちんちんをアナルで受け止め、中をかき回される様子をナレーターが主観視点で語ります。

「ただ蹂躙されるだけ そしてそれこそが幸せ」
「どちらがオスとして優れているかなんて 笑ってしまうほどに一目瞭然です」

ここでも聴き手のメス化を促すセリフが多く、ふたなりに大事な部分を弄ばれる女々しい快感が強めに味わえます。
ただ、この物語のエッチにβ以外の男性は登場しませんから後に強く残るほどではありません。
彼女たちも彼のそういう姿を一切見下さず、むしろもてなす感じに接します。
Sissyが持つプラスの部分だけを抽出した大変穏やかなプレイです。

最初の方に説明した音響効果もこのあたりから存在感を表し始めます。
ピストンの際は「パンパン」、射精は「どぴゅどぴゅ」と馴染み深い擬声語を採用し
それをプレイの様子に合わせてリズミカルに鳴らす凝った演出がされてます。
射精シーンの盛り上げ方には特に力を入れており、これらの音に合わせて股間のエネルギーが自然とせりあがってきます。

背徳要素が強くなるのは次の第3部から。
Sissyの特性に目覚め、ふたなりおちんちんにすっかりハマってしまったβが
何度も何度も風俗店へ通った結果借金を背負い込み、Qに紹介された裏の仕事に励みます。

「ひとりでに溢れていった涎を 中で脈打つそれに 舌で絡めていくと まさぐるように ゆっくりと中をかき回されて 征服され 支配される喜びが 体をゾクゾクと震わせていきます」
普通なら女性におちんちんを咥えてもらうはずの自分がおちんちんを嬉しそうに咥え込む。
厳しい状況に陥ってるにも関わらず、βは引き続き己の欲求に素直な行動を取り続けます。

本作品のエッチは純粋な快感だけでなく精神面の快楽も与えることを目指しており
第3部以降は彼が人間として堕落していく、あるいは薬物中毒に陥る感覚を味わわせるアプローチが登場します。
具体的には後になるほど女性たちの声がこだましたり音響効果が強くなります。
後ろめたさや背徳感を抱きながら絶頂することになるので、普通のドライよりも得られる快感は強いです。

その成分を最も多く含んでるのが最後の第4部(約10分)。
自力では返済できないレベルの借金を抱えたβにQがとある破滅的な提案を持ちかけます。

「じゅわーっと ふわーっと すべてが真っ白になっていく絶頂感が 中にジュクジュクと染み渡っていきます」
聴く楽しみが薄れるでしょうから詳しい内容は伏せさせてください。
実プレイ時間は10分と短めですが、その前に20分程度の会話で心をとことん煽ってくれるので
開始直後から今まで以上に高密度の快感を断続的に味わうことができます。

このように、男らしさを徹底的に打ち砕きながら気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
中上級者向けの作品
人を選ぶもののハマれば強烈な快感が得られる大変尖った作品です。

興味本位で怪しい風俗店を訪れ、その快感から離れられなくなってしまう男性の心情を
催眠の技術や面白いストーリーを通じてとても身近に味わわせてくれます。

できるだけ女性に寄せた立ち位置でエッチするスタイル
女性でありながら立派なおちんちんを持つ存在に蹂躙される展開。
男性としての自分をとことん貶めることでSissyの気持ちに近づけようとします。

「そんな侮辱と憐憫すら βにとってはもはや 快感を増幅させるスパイスにしかなりませんでした」
しかもそれをMな人ならご褒美と受け取れる表現にしてるのが素晴らしいです。
「お前は男としてダメだ」とか言われたら当然凹むしナレーターに良い印象は抱けません。
このへんを優しく包み込んでエッチに没頭できる流れへ持っていくところにキャンドルマンさんの底力を感じました。
扱いが難しい素材を上手に料理してるからこそこの作品は成り立ってます。

催眠は過去作「おゆうぎのじかん」っぽい流れをさらに磨き上げてます。
自分が催眠に入ったかどうかがややわかりにくくなってる部分を、最初にやった運動を適度に挟むことで補ってます。
脱力系の暗示をそこまで入れてこないのに繰り返すほどぐったりしてるのがわかります。
セリフの描写も洗練されておりβとほぼ同じ視点で物語を楽しむことができます。

エッチは最初は純粋な快楽を、その後は自分が壊れていく快感も一緒に味わわせます。
後半はキメセクが絡んでくる関係で耐性が無い人には重く感じるかもしれません。
ただ聴いた後もブルーにならないようにとの配慮はされてます。
ドMな人なら相当に満足できるのではないでしょうか。

絶頂シーンは9回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

変わったプレイを疑似体験させてくれる面白味に溢れた作品です。

CV:井上果林さん
総時間 2:15:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

アナル快楽中毒者のためのケツマ○コ責め調教

サークル「Chastity Fancier(性的禁欲愛好家)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、上品でちょっぴり嗜虐的な店員さんが
変態性の高いオナサポでドMな男性に普段とは違う快楽を与えます。

アナルでの快感をとことん追求した調教プレイが魅力で
指でいじったりおもちゃを出し入れしてアナルの快感を少しずつ味わわせながら
恥ずかしいポーズや復唱をさせて彼女に従う喜びを教えます。

音声を聴くにあたって以下のアイテムをご用意ください。
ローション、ビニール手袋、アナルに入れるおもちゃ(アネロスではなくアナルディルド)

この先汚い描写が数多く登場します。
食事中あるいは食事を控えてる方は済ませてから読むことをおすすめします。
お尻で味わう新しい快感
CLUB ドミナンスのミストレス「宝城キョウカ」の指示に従いアナルオナニーするお話。

「いらっしゃい アタシを指名してくれてありがとね」
キョウカは上品で穏やかな声のお姉さん。
変態プレイをしたくてお店にやって来たお客を優しく迎えると
ほぼアナルにターゲットを絞ったドM向けのサービスを始めます。

本作品は男性の隠れた性感帯のひとつアナル(前立腺)の開発をテーマに
彼女が70分近くの時間を使って様々なプレイを指示します。
終盤におちんちんオナニーするシーンも一応ありますが
アナルにおもちゃを挿入しながらするスタイルなのでアナルの比重のほうがずっと高いです。

そしてアナルをそれほど開発してない人でもプレイを楽しめるように
彼女は何をするかはもちろん、どれくらいのペースで責めればいいかも丁寧に教えます。
アナル系のプレイはどれもゆっくり進めてくれますからやりやすく感じるでしょう。
逆におちんちんオナニーは多少意地悪に振舞ってM心をくすぐります。

彼女がややきつい体勢を取らせる指示を適度に出すので
完遂する場合は体力をそれなりに消耗することを覚悟しておいてください。
アナルを本格的に責める時は自分がやりやすい姿勢を取っていいと言ってくれます。

「あなたのお尻の穴は 排泄するためだけの穴じゃない 快感を得るための穴 ケツマンコなんだね」
今回のエッチをリードするキョウカは包容力のある女性。
おちんちんではなくアナルで気持ちよくなりたい彼の欲望をドン引きせずにしっかり受け止め
アナルをオマンコに例えて女性のように責められる快感を味わわせます。

メインのプレイは確かにアナル責めですが
恥ずかしいポーズを取らせたり、軽めの言葉責めをするなど心への責めもバランスよく行います。
プレイ中によく嘲笑するのも彼女なりのサービスなのでしょう。
ニッチなプレイだからこそ雰囲気作りにも気を配ってエッチをリードします。
男女両方の絶頂を目指して
エッチシーンは7パート56分ほど。
プレイは恥ずかしいポーズ、アナルオナニー(指とおもちゃ)、おちんちんオナニーです。
エッチな効果音はありません。

「今からアタシが 変態マゾに相応しいお尻の穴を使ったオナニーの仕方 教えてあ・げ・る」
これからするサービスの概要を説明し、お客の意思を確認したキョウカは
彼を全裸にしてから恥ずかしいポーズを取らせておねだりを要求します。

エッチは終始彼女に言われた通り手や体を動かします。
一番最初の「オネダリ」はアナルオナニーに向けて気持ちを高めるパート(約7分)。
うつ伏せの状態でお尻を高く上げ、手で開いて彼女にアナルを見せつけます。

「ご主人様 ボクのいやらしい変態アナルを よく見てください」
彼女にとって彼はお客ですがプレイが始まった後は一切容赦しません。
ドMじゃないとなかなかできない格好とセリフを言わせてまずは主従関係をはっきりさせます。
羞恥心を煽るシーンが割と多いですからそういうプレイが好きな人ほど楽しめるでしょう。
そしてこれはアナルオナニーに熱中できる環境作りに役立ちます。

実際にアナルをいじり始めるのはその次から。
「アナルほぐし(指)」はビニール手袋をした指で
「ディルドー挿入&ケツマ○コセックス」はおもちゃでアナルをじっくり責めて気持ちよくなります。

「まだ入れちゃダメよ? 焦らすように 入り口付近を 肛門の周りを 円を描くように撫でなさい」
「少しアナル柔らかくなったかな? ふぅむ ローションも塗ってるし 怪我も大丈夫よね」

ローションまみれの指でアナル周りをほぐしてからゆっくり挿入し
「じゅーぽ」の声に合わせて後になるほどペースを上げていく、といったように
彼女は聴き手が痛みを感じたり中を傷つけないよう慎重にプレイをリードします。

「おちんちんオナニーより ケツマンコSEXのほうが 気持ちいいんじゃないの?」
「ほら マゾ犬 もっとケツマンコの深いところまで抉りなさい」

そしてアナルがある程度ほぐれた後はおもちゃへと切り替え
別の合図を出しつつ今度は言葉責めの割合を増やして心身両面を同時に気持ちよくします。
アナルディルドを彼女のおちんちんに見立てて擬似SEX風に進めるのがいいですね。
Mな男性が潜在的に持ってる「女性に責められたい」願望を刺激してプレイを盛り上げます。

アナルオナニーの最後にドライオーガズムを持ってきてるのも
おちんちんによる射精とは別の快感を与えたかったからなのだと思います。

ただし、前立腺によるドライオーガズムは催眠よりも難易度がずっと高いそうなので
この音声を聴いて実際に迎えられる可能性はそれほど高くないと見てます。
私がやった時も絶頂と呼べるレベルの快感は得られませんでした。

女性の快感をある程度味わった後は男性の快感。
「おち○ちん寸止めオナニー」でカウントに合わせて何度も何度も寸止めした後
彼女が出すふたつの条件を守ることを約束したうえで射精を迎えます。

「数字が小さくなったら 小さくなるにつれて さらに射精へ追い込むの」
寸止めは0に近づくほど射精へ追い込み「おあずけ」でリセットするのを繰り返します。
数えるペースを変えたり開始/終了時の数字を不規則にしたりと工夫して進めるのですが
1セットあたりの時間が30秒程度と非常に短く、射精感を高めるのがちょっと難しいです。

おもちゃをアナルに挿入したままオナニーするといっても
これまでおちんちんに一切触れなかった背景を考えればもう少しじっくりしごかせて欲しいです。
きめ細かな指示をしてくれたアナルオナニーに比べてリードが粗く感じました。

一番最後の「条件付き射精許可」パートで最後のカウントを数える前に
3分程度の時間をかけて約束の内容を説明するのも疑問です。
おちんちんの性感は熱しやすく冷めやすいですから
ある程度まとまった時間を取って集中的に刺激しないと射精に持っていきにくいです。

説明の内容をもっと簡潔にして時間を切り詰めるか
説明中にも好きにしごかせて射精だけを禁止していれば随分違ったと思います。

このように、ドライとウェット両方を順番に味わわせる独特なプレイが繰り広げられてます。
アナル尽くしの作品
アナルで気持ちよくなることをひたすら追い求めている奇抜な作品です。

キョウカは普通のオナニーではもう満足できなくなったお客の欲望を満たすために
最初から最後までアナルをとことん責める変わったプレイを提供します。

指からおもちゃ、そしてドライへと繋ぐ慎重かつ丁寧なリード
最中に投げかけられるきめ細かな指示と心を盛り上げる言葉の数々。
マイナーなプレイを一人でも多くの聴き手に楽しんでもらおうと考えながらサービスします。

「今日は調教お疲れさま また会えることを願っているわ」
彼女にそこまで強烈なSっ気がないからか、エッチに入っても口調は至って穏やかです。
でも優しく接してたら彼が喜んでくれないのを理解してるので適度に見下したり意地悪します。
ご主人様なのだけどご奉仕されてる感じがしてやりやすかったです。
恥ずかしいポーズや復唱も本作品のプレイに適した責め方だと思います。

アナルとおちんちん両方をいじりますが前者のほうが圧倒的に優れてます。
器具を使用する点で敷居が高くなってるものの、オナサポ自体は初心者を見据えた内容です。
おもちゃが怖いなら指だけでプレイを続行するのも一応可能ですし
同人音声では大変貴重なアナル系オナサポ作品として十分な存在感を持ってます。

それに対しておちんちんのほうは色々と改善の余地が見られます。
おちんちんのオナサポは作品数が多いうえに最近は質の向上や多様化が進んでますし
そういった状況を考えるとこの内容では厳しいというのが率直な感想です。
催眠音声のドライとは違うタイプのドライを目指すからこうしたのかもしれませんね。

絶頂シーンはドライ1回+α(連続絶頂)、射精1回です。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

個性的かつ変態的なオナニーが楽しめる作品です。

CV:紅月ことねさん
総時間 1:14:33

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

風俗催眠

サークル「Es_Lab」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、それぞれに違った魅力を持つ二人の女性が
M性感をテーマにしたドM向けのサービスで気持ちいいひと時を提供します。

アナル開発、露出オナニー、顔面騎乗、射精からの潮吹きなど
普通の女性相手だとなかなかできない変態度の高いプレイを数多く行うのが特徴です。
催眠も時間をかけて深いところにきっちり落としてくれますから
催眠の心地よさ、女性の指示に従う喜び、性的快感を同時に味わいながら絶頂できます。

必須アイテムはありませんが以下のものを用意しておくとより楽しめます
・各種アナル用器具(エネマグラ・アナルパール・エイナスストッパー等)
・シリンジ(100ml)
・アナルディルド
・ローション

・吸水性の高いタオル等
・ベッドに敷く用の防水シート
・ボラギノールM軟膏
・ゴム手袋

今回は特別な器具を極力使わずに聴け、尚且つプレイが被らない構成でのレビューをお送りします。
(トラック01~09、13、14、18、19、22、23、25、27、28)

この先汚い描写があります。
食事を控えてる、あるいは食事中の方は済ませてから読むことをおすすめします。
風俗の快感をより身近に
末久 綺美(すえひさ きみ)に催眠をかけられ、風俗嬢のスズリに調教されるお話。

「さぁ これからあなたを ご主人様に支配され 喜びを感じるマゾ奴隷にしてさしあげます」
綺美は上品で穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
主人公に催眠をかけてご主人様に喜んで従える心と体にします。

本作品はデリヘルタイプのM性感をリアルに体験させることを目的に
彼女が45分くらいの時間をかけて入念な催眠を施し
それから場所をホテルに移してスズリと多種多様なドM向けのプレイを楽しみます。

女性が二人登場する催眠音声と言うと双子をイメージするかもしれません。
ですが本作では術者が綺美、エッチのパートナーはスズリと役割をはっきり分けており
催眠とエッチでメインの話し手を切り替えるスタイルで行います。
少なくとも今回紹介する構成において複数人プレイはないことをご了承ください。

本作品の魅力としてまず挙げられるのがプレイの多彩さ。
パウダーを全身に塗ってフェザータッチするソフトなものから始まり
アナル剃毛、浣腸、アナル開発、他人に見られながらするオナニー、器具を使った前立腺責めなど
ドMをターゲットにした変態度の高いプレイが数多く登場します。

Es_Labさんは以前からアナル系のプレイを作品によく取り入れられており
今作でもソフトなものから本格的なものまで幅広く取り揃えてます。
ただ、エネマグラなどを使用するパートは実際に器具を持ってるほうがより楽しめるでしょうね。
実際にどんなプレイをするかは販売ページ中ほどにあるトラックリストをご覧ください。
びっくりするほど種類が豊富です。
奴隷の心を少しずつ育てる催眠
催眠は4パート46分ほど。
仰向けに横になった状態で軽く深呼吸してから目を瞑り
呼吸を続けながら彼女の言葉に耳を傾け心身をリラックスさせます。

「あなたがどんなにドMの変態でも ここではすべてが受け入れられる」
今回するエッチは風俗サービスにあたるため、聴き手が本気で嫌がることを彼女たちは決してしません。
変態行為や痴態を晒すことをすべて許し幸福を感じさせながら気持ちよくします。
テーマはドM向けでも進め方は非常に丁寧で受け入れやすいです。

「あなたはこれから 深い深い催眠にかかって ご主人様のことなら どんなことでも喜んでする マゾ奴隷になる そうでしょ?」
また彼女たちは音声の至るところで質問を投げかけ
それに対して同意したり指定したフレーズを実際に復唱するよう呼びかけます。

立派なマゾ奴隷になるにはご主人様の指示にすんなり従える心が重要です。
催眠の序盤からそれを育てようと綺美は様々なアプローチをします。

お次は催眠状態をさらに深めつつ、綺美の言葉を聴いて幸せな気分をさらに膨らませます。

「今まで体を支えていたベッドがなくなって すーっと体が落ちていく感覚」
今寝てるベッドから体全体が落ちていくお馴染みのイメージで
声を左右にスライドさせながら「すーっと」「落ちていく」を多めに交えて語りかけます。
まだ導入の段階なのですが、催眠慣れしてる人ならこの時点でそれなりの深さにまで入れるでしょう。
私の場合は特に両腕がだらんとして心地いい感覚がしました。

「あなたは私のことが大好きで 私のお願いなら どんなことでも喜んで従ってくれて 私のことを いつも想ってくれていて 私の命令なら どんなことでもしてくれる そんな奴隷になる」
また綺美は深化と並行して自分の言葉に従う喜びを教えます。
彼女の声は気持ちいい、気持ちいいから従いたくなる。
Mな男性が潜在的に持ってる女性への依存心をくすぐる形で表現を少しずつシフトさせます。

前項で書いたように綺美自身はエッチに直接参加しません。
だから催眠を通じて最終的にはスズリの指示に従いたくなるよう誘導します。
術者=ご主人様ではないところが珍しくて面白いなと。

続く「03深化」パートは名前の通り催眠状態をさらにさらに深めます。
カウント+暗示で一旦落とした後、人形に魂を入れるイメージをするといったもので
ここでも聴き手がマゾ奴隷として気分よくエッチに取り組める配慮が見られます。

「人形に込められた マゾ奴隷の魂に ゆっくりあなたの意識が溶けていく」
人形に魂を移せば少なくとも普段とは違う自分に生まれ変わります。
そして人形なら自分の容姿を好きに思い描くこともできます。
魂を移すシーンでもコーヒーにミルクが混ざる例えを用いながら「意識が溶ける」と暗示を入れたりと
催眠の世界にどっぷり浸らせ、尚且つエッチに向けて心の開放もさせてます。

技術力の高いサークルさんなので前のパートだけでも結構な深さにまで入れます。
そこに追加でこの深化を聴いたら被暗示性に自信のない方でも同様の感覚が味わえるのではないでしょうか。
ニッチなプレイだからこそ、より多くの人に楽しんでもらえる環境作りに努めてます。

続く2パートはエッチで催眠状態を維持しやすくするための保険。
全部で3つのキーワードを用意し、それを聴くとどうなるかをひとつひとつ丁寧に教えます。
そして実際に練習しながら無意識にしっかり刻みつけます。

本作品は総時間が3時間を越えるため、プレイの種類を増やした場合どうしても催眠が途中で解けやすくなります。
それへの対策を取ってるところも本作品の大きな魅力です。
没入感の高いプレイばかりなので瞬間的に解除されることはおそらくないと思うのですが
色んな人に楽しさや気持ち良さを提供するにはこれくらい念を押しても損はありません。

エッチを存分に楽んでもらうことを第一に考えた緻密で思いやりに溢れた催眠です。
聴き手をスズリの指示に従えるマゾ奴隷にすることを目的に
最初の2パートではリラックスや深化を進めながら声に対する良い印象と依存心を膨らませ
次の2パートはエッチに心置きなく没頭できる土台を作ります。

これまで数多くの名作を世に送り出してきたサークルさんなだけあって
催眠はあっさり入れるくらい優れてますし、随所に見られる気配りにも安心感を覚えます。
ドM向けだからといって突き放すことはまったくありませんから多くの人が癒しを感じるでしょう。
Mを喜ばせることに特化したエッチ
この構成でのエッチシーンは9パート60分間。
プレイはパウダー性感、くすぐり、アナル責め、露出オナニー、顔面騎乗、乳首オナニー、スズリの放尿、手コキ、潮吹きです。

放尿、手コキの際に効果音が鳴ります。
セルフは有りです。

「こんにちはスズリです 今日はよろしくお願いしますね」
スズリは明るくて可愛い声の女の子。
主人公がいる部屋に入り、催眠に入ってるかを確認すると
自分が準備してる間シャワーを浴びるように言います

エッチはご主人様にあたる彼女の指示に従いながら進めます。
最初の2パートは後のプレイをより楽しむ準備に近いプレイ(約8分)。
「08 パウダー性感1」はうつ伏せになった彼の全身にパウダーを塗り
「09 パウダー性感2くすぐり」は腋や足をくすぐって軽く意地悪します。

「首筋から背中にかけて すーっと指を下ろしていくよ ゾワゾワした感覚が気持ちいい」
「もっと声出しなさい 声を出せば出すほど 全身の感度が上がって くすぐったさと気持ちよさが増してくる」

そしてここからはメインの話し手がスズリに入れ替わり
ちょっぴり高圧的な態度で羞恥を与えたりMが喜ぶ責めを上手に繰り出します。
綺美はスズリの質問への答えを復唱させる際にその内容を話す程度の完全な脇役です。

催眠の途中で術者を切り替えるのはあまり良くないのですが
本作品の場合は催眠パートですんなり引き継げる暗示を入れてくれるので特に違和感はありません。
むしろの二人の個性がはっきり出ていてどちらも引き立ってるように思えます。

本作品を象徴するプレイは何と言ってもアナル責め。
ワセリンを周辺や入り口に塗ってほぐしてから指を挿入して前立腺を刺激し
エッチの後半に差し掛かると複数の指を入れたり、同時に手コキするなどハードな責めへと変わります。

「ほら ゆっくり入っていくでしょ? 中にゆっくり 括約筋が少しずつ広がっていくね?」
「ご主人様に壊され 依存して 支配されるのが気持ちいいんだろう? 変態」

実況が結構生々しいおかげで聴いてるとお尻のあたりが自然にムズムズしてきます。
責めながら「変態」と言葉責めをするなど、Mが喜ぶツボを押さえた巧みな責めが光ります。
プレイだけを見ると確かにアブノーマルですが
会ったばかりの男性のアナルに躊躇なく指を突っ込んであげるスズリの優しさも非常に印象的でした。

唯一射精シーンがあるのは「25 手コキによるウェット」パート(約11分)。
ローション交じりのねっとりした水音を鳴らしながら何度か寸止めし
さらにとっても恥ずかしい格好を取らせてからようやく射精の許可を出します。

「こうやってイったばかりの敏感チンポ擦りあげてやると 男でも潮噴けるのよ」
射精の直後に手コキを再開し潮吹きまでもっていくのがいいですね。
普通の男性を相手にする時より意識してハードな路線を貫くマゾ奴隷向けのプレイです。
手コキになってますが責められてるイメージをしながらオナニーするのも十分可能ですし
彼と同じく潮吹きに挑戦してみるのもいいでしょう。

このように、ドMを楽しませることだけを考えた奇抜なエッチが繰り広げられてます。
変態性の強い作品
催眠、エッチいずれも飛び抜けて良い部分を持ってる作品です。

綺美はドMな主人公にM性感プレイを存分に楽しんでもらおうと
催眠を通じてマゾ奴隷にとって重要な「従う喜び」をしっかり教え込み
そのうえでスズリにバトンタッチして二人の変態プレイを見守ります。
そしてスズリも彼の期待に応えようと普通のエッチとはまるで違うプレイを数多く繰り出します。

おちんちんをいじるプレイももちろんそれなりに登場しますが
やはりメインはアナルや前立腺といった男性の隠れた性感帯です。
現在それらを積極的に開発してる人は相当に楽しめるでしょうし
そうでない人もイメージによって普段と違う快感を味わえる機会を与えてくれます。

アナル重視の催眠音声が本当に少ない状況を考えると大変貴重な作品と言えます。
それに加えてできるだけ多くの人が楽しめるように色々考えられてるのが素晴らしいです。
言葉責めや羞恥を煽る責めも適度にしてくれる本格的なサービスです。

催眠は深化させる暗示とテーマに沿った暗示を組み合わせて進める高度なものです。
暗示の入れ方、表現方法、間の取り方、演技がいずれもしっかりしていて
音声を聴き始めて数分もすれば意識のぼやけや体のだるさを感じ始めます。
中盤の深化パートに入った頃には頭の中がどろどろに溶けたような心地よさを感じました。

エッチはプレイの種類が非常に多い関係で全体の概要やポイントとなるプレイだけを紹介しました。
1パートあたりのプレイ時間は3~10分程度と短いので
気になったものをいくつか組み合わせて聴くことになります。
何度も言ってますがやはりアナル系のプレイを好きな人が最も楽しめるでしょう。

この構成での絶頂シーンは3回(ドライ、射精、潮吹き各1回)。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

極めて大衆的に作られてる変態向け作品です。
自分がドMだと自覚のある人にのみおすすめします。

CV:末久綺美…北見六花さん スズリ…藤野むらさきさん
総時間 3:13:22(今回の構成…1:54:20)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

お休み前のイチャラブボイス ―いっぱい気持ちよくなろうね?―

サークル「Aボイス」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、優しくて思いやりの強い彼女が
疲れた恋人にエッチなご奉仕をして心と体を癒します。

彼をぎゅっと抱きしめ優しい言葉をかけながらおっぱいを吸わせてあげたり
やや下品なちゅぱ音をたっぷり鳴らしておちんちんや金玉を隅々まで舐めるなど
「癒しつつ抜かせる」ことを強く意識したあまあまラブラブなエッチが行われています。
優しい彼女とするまったりしたエッチ
彼女と3種類のエッチを楽しむお話。

「…うう、寒いね…少しずつあったかくなってきたとは言っても、さすがにまだまだ冷え込むよ」
彼女は明るくて甘い声のお姉さん。
ある日の夜、主人公と一緒のベッドに入り手を握ると
労わりの言葉をかけたりぎゅっと抱きしめて体を温めてあげます。

本作品はサークルさんの代表作「お休み前のイチャラブボイス」の続編。
仕事で疲れた彼が次の日をスッキリした気分で迎えられるように
就寝前のほんの僅かな時間を使ってエッチなご奉仕をします。

時間が夜、しかも相手があまり激しいことをできない状況なのを踏まえて
3つあるエッチパートのすべてで射精を1回に絞り込みじっくり行います。
獣のように貪りつくのではなく、お互いの温もりを感じながら少しずつ高めていく艶のあるエッチです。

「ううん、嫌じゃない… 気持ち良いよ… おっぱいちゅーちゅーされるのも気持ち良いし… おちんちん擦りつけられるのもえっちな気分になっちゃう…」
そういった雰囲気作りに最も貢献してるのが彼女のキャラ。
甘えたそうにしてる彼の様子を見てすぐさま抱きしめ頭を撫でてあげたり
おちんちんが勃起すると自分から服を脱いで柔らかいおっぱいを差し出します。
プレイ中のセリフもすべてが優しく、聴いてるだけで心がぽかぽかしてきます。

疲れた男性を癒すエッチの場合、普通は女性側が責め続けることが多いです。
しかし本作品の場合は2番目のパートを除くとお互いが責め合う形で行います。
プレイが進むほど彼女も興奮して息遣いが荒くなるので距離の近さや一体感を強く味わえます。

もうひとつの特徴は抜きやすさを重視した作りになってること。
エッチが始まるとその前後に比べてセリフが一気に減り
彼女の息遣いやちゅぱ音といった男の股間に響く音がたっぷり流れます。

雰囲気を壊さないように息遣いは声量がかなり抑えられてますが
ちゅぱ音は彼女の声や性格とはやや違う下品で激しいものばかりです。
同じ音を垂れ流すのではなく、興奮具合や責める部位に応じて細かく変化するので飽きが来ません。
彼女が一生懸命ご奉仕してくれてるのが伝わってきて良い気分で射精を迎えることができます。

すべてが甘く優しい彼女のキャラと抜ける声や音をふんだんに盛り込んだエッチ。
癒しを与えつつ抜かせることを目指したバランスの良い作品です。
愛を感じる濃厚なエッチ
エッチシーンは4パート43分(おまけも合わせると5パート50分)。
プレイは授乳手コキ、キス、フェラ、玉舐め、アナル舐め、SEX(正常位)、耳舐めです。
エッチな効果音はありません。

「もう、すぐにおっぱいに飛び込んできて… ふふ、子供っぽくて可愛い、かな… ん、良いよ… 寒いから冷えないように…あっためて?」
主人公がエッチしたがってるのを察した彼女は
パジャマをすぐ脱いでおっぱいを取り出し、好きにいじらせながら自分はおちんちんを優しくしごきます。

エッチは2人がほぼ同じ立場でゆっくり愛し合います。
一番最初の「おっぱい吸いたいの?」パートでするのは授乳手コキ(約14分)。
彼女はおちんちんを、彼は乳首を責めて一緒の絶頂を目指します。

「んぅ、はぁ… はぁ、ふぁ… んぁ、はぁ… ふぅ、はぁ…」
そしてエッチが始まると早速彼女が気持ち良さそうな吐息を漏らします。
一般的な音声作品のようにしゃべりながら喘ぐのではなく
多少の会話をしてから20秒程度息遣いだけが流れ続け、また話すのを繰り返します。
この作りのおかげで息遣いだけを聴ける時間が長く、彼女の興奮具合が自然と伝わってきます。

「うん、嬉しい… 私がする事で気持ちよくなってくれるの… 凄く嬉しい」
「うん、ちょっと恥ずかしいけど… えっちな言葉、好きだよね… だから、ちゃんと言うからね」

最中の会話もとってもあまあま。
彼がしたいと思ったことをすべて許し、さらに自分から積極的にサービスする姿が心を潤します。
大好きな人をお世話してあげてることに幸せを感じてる様子も印象的でした。

効果音がないため手コキや授乳の様子はちょっとわかりにくいのですが
彼女の息遣いやセリフによって気持ちを上手に高めてくれます。
雰囲気重視な本作品らしいエッチと言えるでしょう。

個人的に最も抜けると思うのが2番目の「お口にいっぱい出そうね」パート(約15分)。
別の日、年度末で仕事が忙しくお疲れ気味な彼を心配した彼女が
今度はお口を使って大事な部分を隅々までお世話します。

「いきなりガバーじゃちょっと物足りないよね…だから、最初はちょっとずつ…ふふ、最初くらいは、ね?」
唇を軽く触れさせるソフトなキスから始まり、唇をしっかり合わせ舌を絡めるディープキス
金玉を頬張り軽く吸い上げるプレイ、竿を舐めてから咥え込み激しく責めるフェラなど
前のパートとは打って変わって多彩なちゅぱ音がエッチのメインを務めます。

最初は吐息、2番目はちゅぱ音、最後はその両方+喘ぎ声といったように
パートによってエッチな声と音の種類や割合が大きく切り替わるのも本作品の大きな特徴です。

中でもパート後半から始まるフェラは全体的にちゅぱ音が激しく
普段はおっとりしてる彼女とのギャップも相まって非常に抜きやすいです。
聴き手がイメージできるように同じフェラでも舐める部位や責め方によってちゅぱ音がちゃんと変わります。

最後の「いっぱい舐めて、いっぱい気持ちよく」パートは休日の夜のお話(約14分)。
しっかり休んで元気になった彼に彼女がエッチのおねだりをします。

「うん、お尻の穴、舐めてる… え、えっと、気持ち良いって聞いたから… どうかな?」
疲れを癒すことを目的としていた前の2パートとは違い
ここでは彼女が今までより激しいプレイに挑戦しています。
特に中盤で登場するアナル舐めは変態的ではありますが、彼女の愛の強さをわかりやすく描いたプレイと言えます。
うつ伏せになった彼のお尻に顔を近づけ嬉しそうに舐めるなんて普通はできないことですから。

かなり人を選ぶプレイだからか時間は4分程度と短いです。
そしてストレートな実況はほとんどせずにちゅぱ音を多めに鳴らします。
直後に彼が責める形で熱いSEXをしてますし、余程苦手な人でもなければ聴けると思います。

このように、2人の絆の強さを感じさせる抜きやすいエッチが繰り広げられてます。
癒されながら抜ける作品
癒し重視でありながらそれなりの抜き性能も持ってる作品です。

彼女は外で頑張ってる主人公の心身をリフレッシュさせようと
彼が望むことをすべて受け入れつつ色んなお世話をしてゆっくり射精に導きます。
彼女が一方的に責め続けるのではなく彼にも自分の体を好きにいじることを許し
気持ち良いときはそれを素直に声や仕草に出して興奮を助けます。

「いっぱい… キスして… 眠くなったら… 寝ようね」
この作品を聴いて癒しを感じるのは彼女が自然体でいるからだと思います。
疲れてる相手の心と体を気遣う姿勢を見せつつ、彼女自身もこのひと時を楽しもうとしています。
「一緒に」気持ちよくなる描写がとても多いから彼女の存在を身近に感じ、その結果癒されるのではないでしょうか。
キスの時間を合計10分程度用意してるのも言葉以外の部分で2人の仲の良さを伝えたかったからだと思います。

エッチは吐息やちゅぱ音といったセリフ以外の声や音に力を入れてます。
プレイ中に色々話しかけると聴いてる側もそれを追うのに疲れるでしょうし
頭を空っぽにしたままオナニーに取り組めることを見据えた実用性重視の作りです。
体を激しく動かすプレイを最終パートだけにしてるのもテーマに合ってて実に良いです。

射精シーンは3回(おまけも合わせると4回)。
ちゅぱ音多め、喘ぎ声(吐息含む)それなり、淫語そこそこです。

体への負担を最小限に抑えて気持ちよくしてくれる思いやりに満ちた作品です。
おまけはお互いに目隠ししながらエッチするパートです。

CV:五十嵐ナナコさん
総時間 1:07:36(本編…57:43 おまけ…9:53)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2017年02月06日まで半額の400円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。

おねえちゃん先生のえっちな特別授業

サークル「声好雨読」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、大きなおっぱいを持つあまあまなお姉ちゃんが
実の弟と優しく、あるいはちょっぴり意地悪な態度で様々なエッチをします。

年上の女性が甘やかしてくれるシチュに多少のアブノーマル要素を盛り込んでるのが特徴で
ぎゅっと抱きしめて優しい言葉をかけながらゆっくり射精に導く幸せなプレイと
彼女にオナニーを観察されたり、乳首やアナルを責められるややM向けのプレイの両方が味わえます。
ご褒美か、それともお仕置きか
姉の「冬菜(ふゆな)」と5種類のエッチを楽しむお話。

「ただいま~、すっかり遅くなっちゃった」
冬菜は甘くて穏やかな声のお姉さん。
色んな書類を持って帰宅し、一緒に住んでる主人公にそれを運ぶようお願いすると
今朝お風呂場に置いてあったとあるアイテムのことを尋ねます。

本作品は姉であり学校の担任教師でもある彼女が
自宅や生徒指導室である時は甘く、またある時はやや意地悪に振舞いながら射精に導きます。
血の繋がった姉弟なだけあって最初から最後までとても親しげに接し
エッチも基本的にはじっくり性感を高めるスタイルでゆっくりリードします。

「私は一人暮らしが寂しくて、ペットでも飼えたらいいなって思ってたくらいだもん こんな風に毎日君と一緒に過ごせて楽しいよ」
彼女はまさに溺愛と呼ぶのがピッタリなほど彼のことが大好き。
彼がエッチな事に興味がある年頃なのをよく理解しており、どのシーンでも彼を受け入れる姿勢を見せます。
またその気持ちが聴き手に良く伝わるようにエッチの際はできるだけ密着し囁きかけながら責めます。

彼女の声や態度、エッチの雰囲気に至るまですべてが甘く揃えられてますから
年上好きなら胸がぽかぽかしたり幸せな感覚を強く抱くでしょう。
女性に優しく甘やかされたり弄ばれる快感をひたすら追求したプレイが味わえます。

甘さと並ぶもうひとつの特徴は2つのルートが用意されてること。
最初の2パートは共通で、その後テストの結果によってご褒美とお仕置きに分岐します。

「ぎゅうって抱きついて、おっぱいに甘えてていいよ いつも妄想してたようなえっちなこと、今日はお姉ちゃんが全部してあげるからね」
「乳首をかりかり弄られて、気持ちよくなっちゃう変態くん」

そして彼女も両者でプレイ内容や展開を大きく切り替えてきます。
特にお仕置きルートは至近距離からオナニーを観察するとか、指と器具でアナルを責めるアブノーマル路線を歩みます。
彼女のキャラが崩れるほどきつい描写はなく、多少焦らしたり羞恥を与えてM心をくすぐる感じです。
通しで聴くよりも2回に分けたほうが違和感なく楽しめるでしょうね。

年上の女性が甘やかしつつちょっぴり変態なお世話もする。
雰囲気とプレイに一部大きなギャップを持たせてる癒し重視の作品です。
甘い言葉とリアルな音を組み合わせた質の高いエッチ
エッチシーンは5パート105分ほど。
プレイは乳首責め、オナホコキ、授乳手コキ、お掃除フェラ、SEX(騎乗位、正常位)、キス、オナニー、アナル責め、パンツコキです。
オナホコキ、手コキ、SEX、アナル責め、パンツコキの際にリアルな効果音が鳴ります。

「お姉ちゃんからのご褒美ってことで、これを使って君のこと気持ちよくしてあげるっていうの、どうかな?」
主人公が風呂場に置き忘れたオナホを興味深そうに観察すると
冬菜は荷物を運んでくれたお礼にそれを使って気持ちよくしてあげます。

エッチはほぼすべてのシーンで彼女がリードします。
一番最初の「オナホを使ってもいいかな?」パートでするのはオナホコキ(約17分)。
ズボンとパンツを脱がせてから耳舐めをしておちんちんを勃起させ
挿入後からしばらくはゆっくり、射精が近づいてきた頃には素早くオナホを動かします。

「まだ中に空気が残ってるから… ぐっぽ、ぐっぽって…ん、やらしい音…」
オナホコキは主に音で表現するプレイですからその品質がとても重要です。
本作品ではプレイ前に彼女がオナホをいじる音や挿入音、しごく音など
全編を通じて効果音に力が入れられており聴いてて生々しさを感じます。

「シコシコ」など責めてる様子を表現するセリフを言う時、それに合わせて音が鳴る演出もされてるのがいいですね。
コキ系の音でもオナホと手とパンツで大きく違って効果音のレベルが非常に高いです。

「男の子なのに乳首、敏感なんだ いいよ、もっとしてあげる♪」
彼女が全パートで必ず乳首を責めてくるのも大きなポイント。
おちんちんをしごきながら舌で舐めたり、SEX中に指でいじったりと
他のプレイと組み合わせながら乳首を執拗に刺激します。

声好雨読さんは以前から乳首責めを積極的に取り入れてたサークルさんなので
今作でも中の人の嗜好を反映させてこうなったのでしょう。
といっても効果音はありませんし、単独で責める時間も短いですからおまけに近い位置づけです。

「他の人ならイヤだけど…君がお姉ちゃんの事想像してくれてたんだって思うと嬉しい」
最中の冬菜は敏感な部分を責めつつオナニーのオカズを尋ねたり
おちんちんや感じてる彼の様子を実況してエッチな気分を盛り上げます。
女性上位のプレイばかりですが、それは彼女の方が年上だからで調教要素はほとんどありません。
むしろ彼女の強い想いが伝わってくるセリフばかりで愛されてるのをひしひしと感じます。

オナホコキの後から始まる4パートは前項で説明したご褒美とお仕置き。
前半の42分間は授乳手コキとSEX、後半の46分間は焦らしオナニーとアナル責めといったように
それぞれの結果に相応しいスタイルのプレイをじっくり行います。

「下から見上げるおっぱい、おっきくて、柔らかくて…ちゅぱちゅぱ幸せでちゅね~」
ご褒美ルートは彼の願いをすべて叶えることを目指した極めて甘いプレイ。
「ご褒美~授乳手コキ~」パートでは大きなおっぱいを好きに吸わせ
赤ちゃん言葉で語りかけながらおちんちんをねっとり丹念にしごきます。
プレイ・言葉・雰囲気のすべてが甘く、聴いてると脳が蕩けるような快感が次第に湧いてきます。

「白くてえっちなお漏らし、お姉ちゃんが全部受け止めてあげるから 頭も身体もとろとろになるまで、精液吐き出してしていいんだからね」
「だめ、だめ…っ、これ、いいの…!きもひいいよぉ…」

さらに次の「ご褒美~二人でずっと一緒に~」パートは濃厚なキスやSEXなど
姉弟よりも恋人同士がするのに近いプレイばかり。
今までは責める側だった彼女が逆に責められて乱れるシーンもあったりと
2人ができるだけ対等な立場で愛し合う様子をとことん濃く描いています。

SEXシーンは射精が2回あり、1回戦と2回戦では体位や彼女の反応が大きく変わります。
普段は頼もしい女性が可愛い仕草や弱さを見せるところも堪りません。
文字通り全身を使って甘やかし尽くす幸せいっぱいなひと時が味わえます。

対するお仕置きルートは生徒指導室での焦らしオナニーから始まり
2日間のオナ禁、指とエネマグラを使ったアナル&前立腺マッサージ、パンツコキなどM向けの路線。
今までよりも多少の意地悪を交えて女性に弄ばれる快感を教えます。

「どんなに情けなくても、先生…ううん、お姉ちゃんだけは君のこと嫌いになんてならないから…ね?」
しかしプレイはM向けでも彼女の態度はまったく変わりません。
だらしない彼を立派な男に育てる愛の鞭を与えつつそのすべてを受け入れてあげます。
ただし、彼女が肌を見せることはほとんどなくキスの時間もごく僅かです。
2つのルートで別々の良さを持ってますからどちらも新鮮な気分で聴けると思います。

このように、年上の魅力を前面に押し出した多彩かつ個性的なプレイが繰り広げられてます。
甘くアブノーマルな作品
年上モノの王道要素とイレギュラーな要素をうまく掛け合わせている充実した作品です。

冬菜は一緒に暮らしてる弟がしっかり勉強して立派な男性になれるように
基本的には優しく接しながら彼を良い方向へ導こうとします。
何かにつけて体を密着させる積極的な姿勢、お風呂場でオナホを見つけても笑って許す包容力。
あらゆる言葉と行動に年上の女性らしい優しさや温かさが込められていてとても癒されます。

「いい? 君はもう、お姉ちゃんだけのもの これからも、ずっと一緒だよ」
お仕置きルートも結局のところは彼女の独占欲の現れに過ぎません。
普通のエッチでは満足できない体になった彼をしっかり抱きしめ、最後まで面倒を見てあげます。
ご褒美ルートは2連続の中出しまで許すあまあまなプレイで愛情がストレートに伝わってきます。
彼女の魅力を崩さずにここまで方向性の違うエッチをしてるところがとても印象的でした。

エッチは甘やかし成分の強いセリフとやや下品な効果音を組み合わせて実用性を上げてます。
彼女があまあまだからこそ、効果音とのギャップに余計興奮するでしょうね。
アナル責めも指で丹念にほぐす様子やゆっくり挿入する様子が音だけでちゃんと表現されていてイメージしやすいです。
プレイ時間が長くバリエーションも豊富なので抜きどころに困ることはまずないです。

射精シーンは全部で6回。
くちゅ音大量、ちゅぱ音多め、淫語それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

幸せな気分に包まれながら抜ける高品質な作品です。
年上好き、効果音のレベルが高い作品が好きな人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 2:09:43

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
2時間10分で900円とコスパが良いので+1してあります。

↑このページのトップヘ