同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:アゲハ蝶

   ● 毒舌後輩彼女に純愛性欲処理される音声
   ● ドスケベ姉妹のセックスフルコース♪
   ● 毒舌後輩に純愛性欲処理される音声


毒舌後輩彼女に純愛性欲処理される音声

サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、声はクールだけど性格はとっても温かい後輩が
最近付き合い始めた男性と色んなエッチをしてさらに親しくなります。

クールな声で毒舌を吐きながらひたすら尽くすのが特徴で
平常時は甘く、嫉妬してる時はややきつくと彼女の心情によってプレイのM度を変化させ
その中に愛を感じる仕草や行為を多く盛り込みいじめや意地悪とは違うことを伝えます。
毒舌彼女の甘いご奉仕
恋人の「哀(あい)」と5種類のエッチをするお話。

「お、先輩 こんにちは わざわざ待っててくれたんですね」
哀はクールでやや気が強そうな声の女の子。
ある日の放課後、委員会が終わるまで待っててくれた主人公に感謝すると
自分から手を差し出し恋人つなぎをしようと言います。

本作品はサークルさんの代表作「毒舌後輩に純愛性欲処理される音声」の続編。
前作を通じて先輩後輩から恋人の関係になった男女が
その3ヶ月後にどうなってるかをおよそ120分に渡って描きます。

一応単体でも楽しめるように作られてますが、このシリーズは彼女のキャラが大きな魅力なので
できれば前作の後に聴くことをおすすめします。
サークルさんも2019年6月13日まで20%OFFにして入りやすくしています。

「まあいいです せっかくなので先輩と一緒に帰ってあげます」
彼女は表面と内面に大きな落差のある女性。
体を冷やしてまで自分を待ち続けてくれた彼へ素っ気ない言葉をかけた直後に
手や唇をくっつけて温めようとする優しい態度を取ります。

この後のシーンでも彼のおちんちんを足で責めながらディープスするなど
甘さと厳しさを混在させて彼女らしさを出してます。
彼とはもう恋人同士なので前作に比べると毒舌は控えめになってますが
ノーマルな人にはややきつく感じる描写がそれなりにあります。

エッチについては前作で好評だった足コキに40分も費やす一方で
それ以外のパートにはキスを多めに交えてバランスを取ってます。
全体的に効果音の音量が小さいせいで聞き取りにくいのが気になるものの
耳舐め、キス、吐息といった女性特有の音は臨場感が高いです。
感情で大きく変わるエッチ
本編のエッチシーンは5パート92分間。
プレイはキス、耳舐め、手コキ、オナホコキ、足で顔を踏まれる、オナニー、足コキ、乳首責め、SEX(対面座位)です。
手コキ、オナホコキ、オナニー、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

「ほら 先輩の耳 こんなに赤くなってますよ」
哀の家に到着し主人公へお茶を出した後
彼女は彼の左側に寄り添い耳をゆっくり舐めて温めます。

エッチは終始彼女がリードします。
最初の2パート40分間は恋人らしさを前面に押し出したプレイ。
02は耳舐め&キス&手コキ、03はキスとオナホによる亀頭責めで1回ずつ射精させます。

「先輩って 相変わらず最低ですね」
そして彼女は早速毒舌っぷりを発揮します。
寒さを和らげるつもりで耳舐めしたのに勃起する彼を「最低」と言ったり
ズボンとパンツを脱がせてそれを見た時に呆れた表情を見せます。

しかし彼女は彼のことが好きですから本気で嫌ってるわけではありません。
その証拠に耳舐めは甘いちゅぱ音を丁寧に鳴らしますし
手コキを始めた後はじっと見つめ合ってキスを繰り返します。

販売ページに書かれてる通り、本作品は「ストーリー性」と「実用性」の両立を目指してます。
だから一見するとまったく噛み合ってないこれらを最中の会話できちんと整合させながら進めます。
彼女が何を思い、感じながらご奉仕してるかが綿密に描かれてるおかげで感情移入しやすいです。

「だから怒ってないですって 別に私の手より気持ちよさそうな顔をしていて ムカついたから意地悪してるとかじゃないです」
2番目のオナホコキパートは彼女がちょっぴり焼きもちを焼くのが良いですね。
自分の手よりも彼が気持ちよさそうな顔をするのを見てツンデレっぽいことを言います。
効果音も亀頭を集中攻撃してる感じが出るようストロークを短くしてありました。
まだ不慣れだけど彼のために頑張る姿が愛らしいです。

続く2パート40分間は逆に厳しさを引き立たせたプレイ。
後日、彼が別の女性と楽しそうに話してるのを見て嫉妬した彼女が
彼の気持ちを確かめながら2種類の足コキをして自分の魅力をアピールします。

「私が先輩の顔を踏みながら 先輩のオナニーを見てあげます」
「先輩のこと こんなに気持ちよくできるのは 世界中探しても 私だけです」

挿し絵にも描かれてる黒ニーソを穿いた足で彼の顔を踏みつけ
さらに04は前から、05は後ろから両足の裏でおちんちんを挟んでしごく個性的な責めです。
最中のセリフもきつめですが、独占欲を感じるものが結構あって彼女の気持ちがよくわかります。
私には彼の心をなんとかして引き寄せようとしてるように映りました。

最も甘いプレイが登場するのは最後の06パート(約12分)。
様々なやり取りを通じて無事誤解が解けた彼へのご褒美に
彼女が対面座位での中出しSEXをプレゼントします。

「先輩 好きです 好き」
これまでまったく言わなかった「好き」を何度も言ったり
彼が外へ射精できないように両足でガッチリ固定(だいしゅきホールド)するなど
言葉と行為の両方から自分の気持ちをストレートに伝えます。

前の2パートがM寄りだったからこそ余計甘く感じるでしょう。
優しく→厳しく→優しくと大きな波を持たせて終盤を上手く盛り上げてます。
ヤンデレと思えるほど重くもないですし、スッキリした気分で聴き終えられます。

このように、不器用な女性が頑張る様子を中心に据えたノーマル~ややM向けのエッチが繰り広げられてます。
キャラ重視の純愛作品
前作の特徴を継承しつつ多少の変化もつけてる作品です。

哀は無事恋人になったもののなかなか進展しない主人公との関係を変えようと
自宅に招いてから体を密着させソフトに責めてやる気にさせます。
そして引き続きクールな声と態度で接しながら精一杯の愛情を込めて気持ちいい射精に導きます。

付き合い始めたばかりの若い男女が試行錯誤しながらより仲良くなる純愛ストーリー
タイトル通り毒舌を吐きながらひたすら尽くす恋人らしいエッチ
彼女の心情によってプレイのM度が大きく変わるキャラ重視の演出。
キャラ、ストーリー、エッチをバランスよく組み合わせて2人のその後を描いてます。

「先輩に喜んでもらえるなら エッチな体に生まれてきてよかったです」
聴き終わった直後の感想は「彼女が結構丸くなったなぁ」でした。
前作では素直な気持ちを漏らすことがほとんどなかったのに
今作は要所要所でそれを入れて成長したことを印象づけてます。

人によっては個性が弱くなったと感じるかもしれません。
でも付き合い始めた後も毒舌ばかりでは仲の良さが出せませんから
こうなるのはある意味自然じゃないかなと。
もうしばらくお話は続くようですし、そこで彼女がどうなるかにも期待してます。

エッチは全体的に大人しい印象を受けました。
手コキ、オナホコキ、足コキ、SEXと効果音を鳴らすプレイが充実してるのに
音量が控えめでこれらの違いがあまり出せてないのが大きな理由です。

セリフやちゅぱ音を楽しんでほしいからこうしたのかもしれませんけど
本作品の場合は足コキにかなりの時間を割いてますし
効果音の存在感をもっと大きくしたほうが抜きやすくなると思います。
フェラや耳舐めが主体の作品だったら今のままでもいいのでしょうが・・・うーん。

本編の射精シーンは5回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声ごく僅かです。

EXパートは「授(貧)乳手コキ」と「デートの支度」です。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:19:13(本編…1:58:16 EXパート…20:57)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

ドスケベ姉妹のセックスフルコース♪

サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、男性を手玉に取るのが得意なドスケベ姉妹が
街中で出会った童貞を逆ナンパし濃密なエッチをプレゼントします。

偽物のおまんこへ必死に腰を打ちつける姿を嘲笑ったり
犬の芸をする見返りに足裏でしごき無様な射精へ追い込むなど
女性に小バカにされ、負ける快感を味わわせながら抜かせるやや屈辱的なプレイが楽しめます。
ドスケベ姉妹のちょっぴり意地悪なサービス
姉妹と体を密着させながらエッチするお話。

「はじめまして お兄さん 今日は私たちドスケベ姉妹のセックスフルコースを選んでいただき ありがとうございます」
姉は明るくて透き通った声の女の子。
「ありがとうございます お兄さん」
妹は姉に比べてややトーンの低い声の女の子。
街中を歩いてた主人公に声をかけ自分たちの部屋へ連れ込むと
軽く挨拶してから左右に寄り添い耳に息を吹きかけます。

本作品は見た目は清楚だけど内面はエッチの事ばかり考えてる姉妹が
童貞な彼を誘って40分程度に渡るややM向けのエッチをします。
サークルさん自身が「短く実用性に特化させた」とおっしゃってるだけあって
前後のやり取りは極力省きエッチに注力する形で進めます。

妹「ねぇお兄さん なんで私たちみたいなエロい女が 今まで大事に育てられてきたか わかりますか? 教えてあげます そ・れ・は 男のおちんちんを気持ちよくするため」
自分たちの体は男を喜ばせるためにあると最初に豪語し
手、口、おまんこを使って2人同時に責めるあたりは確かにドスケベです。
姉は左、妹は右に陣取り至近距離から囁き声で語りかけるシーンが非常に多く
彼女たちが何か言うたび微かな風圧が耳に感じられます。


獣のように激しく貪るのではなく、密着しながらねっとり責め立てる割と静かなエッチです。
責めるペースを緩くする代わりに吐息や言葉責めの密度を上げて抜きやすくしています。
吐息多めの作品が好き人にはかなり向いてると思います。

同時責めと並ぶもうひとつの特徴はプレイスタイル。
セックスフルコースの名の通りどのパートもSEXを連想させる言葉責めをし
さらに年上なのに童貞な彼の未熟さや快楽にすぐ負けてしまう弱さを貶します。


妹「お手手マンコってバカみたい 手がおまんこなわけないじゃない」
姉「違いまちゅよね お兄さんにとってはこのオナホールが初体験の相手だから 童貞なんかじゃないでちゅよねー」
姉はやんわりと、妹はストレートにとアプローチの方法は違うものの
2人とも彼を見下し弄ぶことを楽しんでるのがわかります。
プレイ自体はそれほど意地悪じゃありませんからドM向けではありません。
ややMあたりの人を気持ちよく射精させるサービスと呼ぶのが妥当です。

エッチ大好きな姉妹が左右から挟み込んで責めるシチュとちょっぴり意地悪な言葉責め。
彼女たちの属性をそのまま活かして心身をバランスよく責める作品です。
色んなおまんこに責められる快感
エッチシーンは5パート42分間。
プレイは手コキ、オナホコキ、足コキ、キス、犬の真似、SEX(騎乗位)です。
手コキ、オナホコキ、足コキ、SEXの際に効果音が鳴ります。

姉「それじゃ 最初は私の手で ヌキヌキしてあげます」
自分たちがドスケベなことをアピールして主人公をやる気にさせた姉妹は
すぐさま服を脱がせておちんちんを取り出しまずは手で気持ちよくします。

エッチはどのパートも彼女たちが責め続けます。
一番最初の「お手手マ○コとセックス」でするのは手コキ(約11分)。
姉がおちんちんを担当し、妹はその様子を眺めながら言葉責めでサポートします。

姉「はーい ずぶっ お手手マンコの中に おちんちんがずっぽり入りましたね」
姉「女の子の手は おまんこなんかじゃないんですよ ふふっ 指の輪っかをおちんぽで突かれても 感じるわけないじゃないですか?」

手のことをわざと「お手手マンコ」といやらしく表現し
途中から軽い喘ぎ声も混ぜて実際のSEXに近づけつつ上下にしごきます。
そして彼がすっかりその気になったところで小バカにし、その反応を楽しみます。

一旦持ち上げてから突き落とす流れが実に良いですね。
彼女たちの手のひらで転がされてる感じがしてゾクゾクします。
手コキ自体はペースを段階的に上げていくだけなので言葉責めが魅力のパートです。

姉「びゅーーびゅー びゅーー びゅる びゅる どぷっ」
射精シーンで彼女たちが必ずぴゅっぴゅのセリフを言ってくるれるのもポイント。
男性にとって最も情けない瞬間を見られ続ける快感をくすぐります。
2人が異なるセリフを同時にぶつけるスタイルを取ってました。
本作品のテーマに沿った効果的な言葉責めと言えるでしょう。

続く2パート17分間はやや意地悪度を上げたプレイ。
「姉妹のききマ○コ」はオナホ、「マゾ犬調教足マ○コ交尾」は姉の足裏をおまんこに見立てて責めます。

妹「ほらワンちゃん頑張れ 足マンコにもーっと腰を打ちつけて ご主人様を喜ばせなさい」
特に後者は返事をする時にワンと鳴かせる、「待て」と言われたら即座にプレイを中断するなど
彼を完全に犬扱いして上下関係をはっきりさせます。
足コキも姉が踏んで擦るのではなく、彼が足裏の間におちんちんを入れてヘコヘコする屈辱的なものです。

引き続き囁き声で優しく語りかけてきますから凹むことはないでしょうけど
彼女たちに弄ばれ、負かされる快感がそれなりに味わえると思います。
事後に足についた精液を舐めさせるとかはありません。

終盤の2パート14分間はこれまでと大きく色合いの違うプレイ。
妹→姉の順にどちらも騎乗位で繋がり1回ずつの中出し射精を決めます。

妹「もう逆らいません 今までごめんなさい これからはお兄さんの言う通りにするので お仕置き許してください」
姉「おちんぽすっごい 負ける おまんこ負けるぅ チンポに躾けられて おまんこ負けちゃう」
挿入直後は普段通りの態度で全然気持ちよくないと言ってたのに
ある程度経つと切ない声で中出しだけは勘弁して欲しいと懇願する妹
挿入直後にあっさり陥落し、腰を打ちつけながら種付けをおねだりする姉。
生意気だったのが一転してか弱い姿を見せるようになります。

自分のほうが強いと勘違いしてた女性をわからせる快感とでも言えばいいのでしょうか。
立場逆転っぽい展開になってて面白いです。
でも「ややM向けなのにこういうプレイは萎える」と思う人もいるでしょうね。
そのへんは最後にきっちり挽回してくれますから消化不良にはならないと思います。
先ほども言ったように彼女たちは男性を一度おだててから突き落とすのが得意です。

このように、おちんちんに色んな刺激を与えながらM心をくすぐる濃いエッチが繰り広げられてます。
適度に意地悪してくれる作品
嫌悪や抵抗を感じさせないレベルで見下してくれる作品です。

ドスケベ姉妹は街で偶然見かけた主人公の精液を搾り取ろうと
序盤から超至近距離に陣取り囁き声で話しながらおちんちんをたっぷりいじります。
そして多少の上下関係を持たせたり小バカにして興奮も煽ります。

積極的な姉妹が密着しながら同時責めするシチュ
囁き声や吐息をいっぱいぶつけて臨場感を出す演出
色んなおまんこでおちんちんを、ややM向けの言葉責めで心を責めるエッチ。
作品が持つ特徴をバランスよく組み合わせてひとつのサービスを作り上げてます。

妹「そんなこと言わなくても お兄さんは次も必ず来ますよね だって もう私たちとの快感を覚えてしまったら 二度と忘れられませんから」
彼女たちはエッチ慣れしてるだけあって男性の性癖を見抜く力に長けてます。
今回のプレイもおそらく「彼ならこうすれば喜ぶ」と予想したうえでやったのでしょう。
意地悪のさじ加減が丁度良く、いじめと受け取られないギリギリの線を突いてます。
彼の童貞卒業を手伝ってることも含めてもてなし上手な女性たちだと思います。

エッチは触る箇所をほぼおちんちんに絞り込みパートごとにその手段を変えてます。
役割分担もしますけど手コキ+言葉責めなど体を同時に責めないやり方に徹してます。
唯一の例外はおまけでやる両耳舐めくらいです。

本編の射精シーンは5回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声そこそこです。

おまけは「両耳舐めオナサボカウントダウン」です。

CV:そらまめ。さん
総時間 1:01:01(本編…54:43 おまけ…6:18)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

毒舌後輩に純愛性欲処理される音声

サークル「アゲハ蝶」さんの同人音声作品。
今年6月に処女作を出されたばかりの新しいサークルさんです。

今回紹介する作品は、クールだけど心はとっても純情な後輩が
先輩と色んなエッチをしながら少しずつ自分の気持ちに素直になります。

後になるほど彼女の態度が柔らかくなるのが特徴で
最初は「変態」「最低」ときつめの言葉責めを浴びせかけてたのが
体を重ねるにつれてプレイや責めっぷりが大胆になり、最後は大事なものまで彼に捧げます。
毒舌後輩の献身的なご奉仕
後輩の哀と何度もエッチし恋人になるお話。

「先輩 集中してください あの…聞いてますか?」
哀はクールでやや気が強そうな声の女の子。
勉強を教えてる主人公がぼーっとしてるのに気づき注意すると
参考書を変える際にベッドの下でとあるものを見つけます。

本作品は彼のことを相当に好きなんだけどそれを表に出せない不器用な彼女が
およそ2時間に渡り耳かきや6種類のエッチをして想いを伝えようとします。
物語が始まった時点の2人はまだ昔なじみなだけで付き合っておらず
1歳年下の彼女に勉強を教わったり性処理の手伝いをしてもらうなど彼のダメっぷりが目立ちます。

「薄々気づいてましたが 先輩って変態ですね」
彼女もそのことをよく理解してるようで、主にエッチの最中に手厳しい言葉を何度も浴びせます。
しかしプレイのほうは彼のリクエストに沿ったものが多く
特に頼んでないのに顔を耳元に密着させて舐める積極的な姿勢を見せます。

言葉で伝えるのは無理だから行為で頑張るといった感じです。
嫌そうな態度を取りつつ一生懸命お世話する姿がとても愛らしく彼女の魅力を引き立ててます。
事務的感は全然ないのでクールなツンデレと表現するのが妥当なキャラです。

同系統のキャラが出てくるのは知る限りだと
ジト目を崩さない武器屋の娘に拝み倒して素股してもらう」くらいですね。
言動のギャップが大きくキャラ萌え成分強めです。

そしてそんな彼女の心情を様々なプレイを通じてわかりやすく描いてます。
最初は興味本位で彼のオナニーを観察するだけだったのが
おちんちんに直接触れる、パンツをチラ見せする、ファーストキスや処女を捧げるといったように
彼に対する親密度や信頼度の高まりに応じてどんどん踏み込んだことをするようになります。

彼女が言葉で彼に好意を伝えることはほとんどありません。
だからこそ他の部分で彼に惚れ込んでることをエロくアピールします。
彼もほんの少しですが彼女の気持ちに応えることをしますし雰囲気は結構甘いです。
愛を込めていじめるエッチ
エッチシーンはパート73分間。
プレイはオナニー、手コキ、耳舐め、黒ニーソ足コキ、玉揉み、乳首責め、ニーソオナホコキ、キス、SEX(騎乗位)です。
オナニー、手コキ、ニーソコキ、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。

「今日は私が 先輩のしている姿を見ていてあげます 私もどういうものなのか 少し気になるので」
勉強中に精液がこびりついてる自分の写真を見つけた哀は
それをオカズにオナニーしてたかを主人公に確認してから実際にやってもらいます。

エッチはごく一部を除き彼女が責め続けます。
最初の2パート19分間は2人が初めてエッチするシーン。
「01 写真」はオナニー鑑賞、「02 天井」は耳舐め手コキと内容を変えて1回ずつの射精へ導きます。

「先輩 身をよじらせてどうしたんですか? もしかして 耳が弱いんですか?」
彼女はまだ処女なので男性の生理現象にそれなりの興味を抱いており
普段通りのクールな口調と態度で観察しながら軽く悪戯してその反応を楽しみます。
そして毒舌後輩の名の通り容赦ない言葉責めも積極的に行います。

オカズにしてくれたのは嬉しいけどそれを素直に受け入れられない感じでしょうか。
それでいてパートの終盤に大きなご褒美をあげるところに優しさが滲み出てます。
心の距離を持たせつつ彼女が彼を本気で嫌ってるわけじゃないことを表現してます。

「舐めにくいので もうちょっと体を密着させてください」
オナニーの次に始まる手コキも彼の願いを基本的には受け入れ
さらにオプションで耳舐めまでする手厚いものです。
でも自分が性処理の道具として見られてないかに不安を感じ多少の意地悪をします。

優等生だから恋人にするなら大事にしてくれる人を選びたいのでしょうね。
彼のことを十分好きなんだけど、すべてを委ねるまでには至ってないのがわかります。
こんな風に彼女はエッチを通じて彼が自分をどれだけ愛してくれるか見定めます。

この不安定な状況を一気に改善させたのが次の2パート21分間。
別の日、再び主人公に呼ばれて家を訪れた哀がニーソを使ったプレイを提供します。

「いいですよ 好きにしてください リボンのついた白色の後輩パンツを 思う存分見てください この変態野郎」
何のために呼び出したのかなかなか教えてくれない彼に苛立ったのか
これまでよりもM性を上げておちんちんを強めに弄びます。
ニーソコキなのに効果音が手コキとほとんど変わらないのは残念ですが
言葉責めが相変わらず容赦なく、ある程度のご褒美もあるのでエロさは十分です。

「先輩のおちんぽが私の中で動いて…んっ 気持ちいいです」
プレイの珍しさにおいては「04 キス」パートに登場するニーソオナホコキが一番です。
名前の通りニーソをオナホ代わりに使うというもので
つい先ほどまで彼女の脚や太ももが直に触れてたことを意識させたり
演技とはいえSEXっぽい実況をして男心をくすぐります。

彼女が彼のことを本気で嫌ってたらこんなことは絶対にしません。
そもそも呼び出しに応じないし、行ったとしても用事を済ませたらさっさと帰るはずです。
でも実際は彼が望んだ以上のものを与えて親愛の気持ちを伝えます。

それが最高潮に達するのが終盤の「06 哀」パート(約21分)。
さらに後日、今度は哀が主人公を呼び出し耳かきの後に最後の一歩を踏み出します。
耳かきの説明は次項でします。

「もし先輩が本気なら いいですよ」
ここまでのエッチを通じて添い遂げる覚悟を決めたのでしょう。
彼の気持ちを確認してから耳舐め→手コキ→キス→SEXのフルコースをプレゼントします。
声や口調は相変わらずクールですが、SEXの途中からデレの部分が強くなります。
普段が冷めてるからこそ熱っぽい喘ぎ声とのギャップが引き立っててエロいです。

またこの後には2人の1年後を描いたパートも用意されてます。
詳しい内容は聴いてのお楽しみにさせてください。

このように、哀の心情推移に焦点を当てた純愛系のエッチが繰り広げられてます。
ギャップが魅力の作品
毒舌な後輩が少しずつ成長していく様子を描いたキャラ重視の作品です。

哀は一定以上の好意を抱いてる主人公とより親密になろうと
テスト勉強の手伝いに呼び出されたのをきっかけに色んなエッチをします。
そしてお話が進むのに合わせて少しずつプレイのレベルを引き上げ
最終的にはファーストキスや処女を捧げて恋人同士になります。

クールな女の子がツンツンな態度で献身的なご奉仕をする珍しいシチュ
彼女の心情に沿ってどんどん大胆になるエッチ。
不器用な女性が好きな男性と結ばれようと頑張る姿をエッチに描いてます。

彼女は最後の最後になるまで素直な顔を見せません。
性欲旺盛ですぐ射精してしまう彼に終始呆れた表情をします。
でもやってることは明らかに好きな人相手じゃないとできないものばかりです。
この煮え切らない感じが聴いててニヤニヤしてきます。

エッチは各パート1回ずつの射精に向けて比較的ハードに責め続けます。
彼女に処女属性があるならもう少し初々しさや拙さを出したほうがしっくりきたかもしれません。
そうすれば序盤と終盤で責めっぷりのギャップも作ることができます。
でも現時点でプレイ全体に大きな流れがあり十分な個性と実用性を持ってるのも事実です。

最後にこれまでできなかった耳かきの様子を紹介します。
2人が文字通り結ばれる「06 哀」パートの直前に行うもので
膝枕のまま右耳→左耳の順に耳かき棒と梵天でお手入れし、最後に軽く息を吹きかけます。

耳かき棒は「くしゅっ ぞすす」という乾いた軽い音
梵天は耳かき棒よりも広くざらついた音が使われており、どちらも耳の中全体を撫でるように動かし続けます。

一般的な耳かき音声とは違い効果音に途切れがまったくなく
掃除よりもマッサージしてるように映りました。
彼の耳があまり汚れてないと言ってましたからそれに合わせたのかもしれませんね。
最中の会話はほとんどなく、効果音と彼女の息遣いだけが流れるとても静かなものです。

射精シーンは6回。
くちゅ音多め、淫語とちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

事務的でないクールキャラが好きな人には特におすすめします。

CV:陽向葵ゅかさん
総時間 2:08:13

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ