同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:みるーじゅ

   ● 俺は美少女アイドルのザーメンタンク2!罵倒されたり見下されたり嘲笑されながら事務的にヌかれる快楽はいかがですか?
   ● 成人限定!大人の保育園~優しいママやかわいい先生に赤ちゃんプレイと幼児プレイでザーメンをヌキヌキされちゃおう♪~
   ● 催眠術でいつでもどこでも強制H×3~女の子を洗脳して精液を飲ませたり好きなときにHできる肉便器を作ろう♪~


俺は美少女アイドルのザーメンタンク2!罵倒されたり見下されたり嘲笑されながら事務的にヌかれる快楽はいかがですか?

サークル「みるーじゅ」さんの同人音声作品。
女の子に散々に見下される、M向けプレイの短編集になります。

みるーじゅさんは「チンポ」や「ザーメン」といった淫語を数多く散りばめて
聴き手の興奮を誘う作品が多いですが
本作品もその例に漏れず、女の子たちが意識的に淫語を沢山言ってくれます。

さらに今回は罵倒されながらのプレイが中心であることを考えて
「包茎」「臭い」「汚い」などの、男性器を貶めるセリフも数多く登場します。
罵られながら抜くのが好きな方には、向いている作品と言えるでしょう。



違ったタイプの4人の女の子に罵られます
女の子に罵られながらエッチな事をするお話。

本作品は4つのお話で構成されており、すべて独立した内容です。
時間は1話当たり14~20分と、丁度いい長さになっています。
声優さんもすべて違う方が演じられていますので
通しで聴いたとしても、飽きにくくなっているのがいいですね。

女の子は事務的なメイド、しっかりした感じの同級生
高飛車な女子高生、おっとりとしたお嬢様となっており
全員年下であることを除けば、キャラにはっきりと個性があります。

そしてこの女の子たちは、主人公に対して微塵も好意を持っていません。
だから主人公のチンポを見ても「臭い」「汚い」と面と向かって嫌悪するし
彼の痴態を見ている時も「人間のクズ」など、手厳しい罵声を浴びせてきます。

ただ、怒鳴るレベルの激しい罵声はごくわずかですから
この手の作品を聴いたことがない方でも、そこまで身構える必要はありません。
穏やかな口調で、心をえぐるようなセリフを言ってくる感じです。



言葉責めを中心としたそっけないエッチ
エッチシーンは4話合計でおよそ51分間。
プレイは順にオナニー+手コキ+イラマチオ、オナニー+足コキ+足踏み
オナニー+手コキ、オナニー+手コキ
となります。

効果音は1話の手コキと2話の足コキの際に、若干リアルな音が流れます。
3、4話にはありません。

「ほら 見ててあげますから さっさとチンポをシコってください」
性欲の塊と言っていいほどにオナニーが大好きな主人公を見かねて
女の子たちは仕方なく、彼らのセンズリ姿を見守ってあげることになります。

エッチシーンのメインはもちろん言葉責めで
オナニー狂いの主人公を、女の子が口汚く徹底的に罵ってくれます。

「はぁ そんなに気持ちよさそうな声を出して 興奮してるんですか? このド変態」
「ほんと最低の人間ね もう人間辞めちゃったらどう?」
「本当に一つもいい所のない 豚野郎ね」
「こんなに小さくて皮被りの臭いチンポじゃ 女の子にもてるはずありませんわね」


このように、男どころか人間として見ているかすら怪しいレベルで罵倒されます。

プレイの方はというと、女の子たちは割と積極的で
1話以外はオナニー以外のプレイを自主的に行ってくれます。

ただ、それは主人公を楽しませたいわけではなくて
単に年齢的に男を知らなくて、チンポに興味があるだとか
もしくは相手の一番大事な所を支配することで、満足感を得るだとか
そういった自分本位の考えによる奉仕に過ぎません。

「あんたみたいな不細工で臭いチンカス野郎が 女の子と付き合えるわけないでしょ」
「本当に臭くて汚い… 最低ですわ」

だから、射精した後にもねぎらいの言葉は一切かけられず
最後の最後まで見下され続けることになります。

こういう徹底している部分はとても良いですね。



言葉責めが好きならいける作品
自分のチンポや痴態を罵られるのが好きな方にはお薦めできます。

プレイとしてではなく、本気で罵倒してくれますから
「ごっこ」的プレイの作品では物足りない方には丁度いいでしょう。
属性は当然M向けとなります。

淫語は一般的な作品に比べるとかなり多く
可愛い女の子が下品な言葉を言う姿には興奮を覚えます。

ただ、責められるシチュであるため
女の子のちゅぱ音や喘ぎ声はほとんど聴くことができません。
そのため、みるーじゅさんの作品にしてはエロ度が若干控えめに感じます。

個人的には1話が一番印象に残りました。
「年下の女の子にチンポをシコらせるなんて 本当に男として最低な方ですね」
ここではご主人様とメイドという立場を利用して、強制的に性的奉仕をさせます。

メイドは「気持ち悪い」「臭い」など、ありったけの罵声を浴びせますが
結局は仕事という形で、ご主人様のザーメンを体に浴びることになります。
本作品の趣旨とは若干異なる内容ですが、背徳感が十分にあります。

罵声重視で考えると3話が一番きついでしょう。
高飛車なお嬢様キャラが罵ってくれるという
本作品にとっての王道的なお話になっています。

CV:葉市憂さん、柚木朱莉さん、綾奈まりあさん、唯香さん
総時間 1:09:24


オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります



サークル「みるーじゅ」さんの同人音声作品。
甘えたい人にとっては憧れかもしれない「幼児プレイ」をテーマとしています。

社会に出るとやっぱり精神的に疲れる、癒されたい。
そう少なからず思っている方は多いことでしょう。
本作品に登場する先生方は、園児である主人公を不快にさせないよう
誠心誠意おちんちんのお世話をしてくれます。



大人の保育園 それは男の理想郷
大人の保育園に入った主人公が
ママや先生方にエッチなお世話をしてもらうお話。

本作は4つのお話に分かれており、それぞれが独立していますから
通しで聴く必要は特にはありません。

各話で演じている声優さんが違うおかげで
話し方やプレイを比べて楽しめるのがいいですね。
ちなみに、1話当たりの時間は16~22分といったところです。

主人公が幼稚園児という設定もあって、登場する女性は全員お姉さん系。
シーン4の先生だけちょっとロリっぽくはありますが
基本的には大人な声で演じられています。
年上大好きな方だと特に楽しめることでしょう。

「今からママが ボクちゃんのおちんぽ掃除をしてあげまちゅね」
幼児プレイを強く印象付けるために
先生方は主人公に対し、本当の子供に接するかのような話し方をしてきます。
「子供のように甘えたい時もあるけど、やっぱり世間体とかあって恥ずかしい」
そんな方は主人公を自分に置き換えて、あやされる様を想像してみてください。



フェラを中心とした比較的ソフトなエッチ
プレイは全パートにフェラがあり、それ以外は手コキとSEX
SEXはシーン4のみということで、全体としてみれば割とソフトな内容です。
またプレイ時の効果音はありません。

「先生が キミのおちんちんを こすってあげるね」
大人である女性が子供に接するというシチュのため
基本的には先生側が主人公にご奉仕をする流れになります。

先生は主人公に対し、まるで腫れ物に触れるかのように
本当に優しく接してくれます。
包茎でチンカスだらけ、しかもオナニー後のティッシュのカスが残っているような
汚いおちんちんでも褒め称え、嫌な顔一つせず愛おしそうに舐めてくれます。

またまるで奴隷であるかのように、主人公の要求には絶対服従。
おっぱいを舐めたいと言えば舐めさせてくれるし
精液を飲んでほしいと言えば、おいしそうに飲み込んでくれます。

ただし要求は別段命令ではなく
あくまで最終的には先生方が進んで行う事になりますから
これといって背徳感が沸くわけでもありません。
むしろ「ここにいる間だけは彼らの好きなようにさせてあげたい」という
彼女達の愛情を感じます。

肝心のエッチシーンについては、フェラ中心ということで
ちゅぱ音をたっぷりと堪能できることでしょう。

表面を唇と舌でなぞるような、リップ音の多いフェラや
おちんちんを奥まで咥え込み、やや苦しそうに扱きあげるようなフェラなど
バリエーションもそこそこあります。

SEXシーンは時間的に8分程度と短めながら喘ぎ声が多め。
「おちんちん上手 おちんちん上手でちゅ」
大きな園児におまんこを貫かれると、みる☆くるみさん演じる先生が
一方で褒め称えながらも、小動物の鳴くような可愛い喘ぎ声を上げます。



あやされながらイかせてくれる作品
セリフの内容や演技に、幼児プレイが徹底されています。
幼児プレイ未経験者が雰囲気を掴むのにも向いていますし
経験者が聴いても、それなりに楽しめるクオリティを持っていると言えます。

全シーンにフェラがある、というのは作り手のこだわりなのでしょう。
プレイが被っていることを考えれば
日を分けて1話ずつ聴いた方が新鮮に楽しめると思います。

個人的にはシーン2が一番気に入っています。
処女/非処女は不明瞭ながらも、まだほとんど男を知らない女性が
主人公の求められるままにおちんちんを咥え、精液を飲み干す。


「ほら ちゃーんと 全部飲んだよ」
精液特有の味や喉越しにむせながらも
相手を傷つけまいと振る舞う様子が印象的でした。

プレイ内容的に物足りなく感じる方がいるかもしれません。
でも幼児プレイなら、これくらいが丁度いいのではないかなと。
淫語は一般的な作品と比べると、やや多いくらい。
みるーじゅさんの他作品と比べると少な目です。

CV:野中みかんさん、みる☆くるみさん、織田リコさん、伊吹雫さん
総時間 1:12:56


オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「みるーじゅ」さんの同人音声作品。

我々聴き手が催眠にかかるわけではなく
催眠にかかった女の子に対して、色々とエッチな事をしてしまおう
というコンセプトの作品です。

各話が内容的に独立しているため通しで聴く必要はありません。
というか、通しで聴いていたらおそらく体がもちません。
作品情報にはそれぞれにかけられた催眠が記載されてありますので
それらを頭に入れた状態で聴いた方がより楽しめるでしょう。



催眠によって非日常を日常にされた女の子たち
この作品の最大の特徴は
傍から見てどう考えても異常なシチュエーションが
お話の中では、常識として設定されてしまっていることです。


例えば最初のお話は
会社で新人OLが先輩にフェラをすることになりますが
「フェラをする」という行為自体に
彼女は何ら疑問を抱くことはありません。

当たり前といった様子で、むしろ嬉しそうに
風呂にも入っていない、先輩の汚れたちんぽを咥えてくれます。
そしてこのギャップが、聴き手に対し否応なく興奮を誘います。



ハイクオリティーなエッチシーン
フェラのみ2話、SEXのみ1話
フェラ+SEX1話というのが全体の構成です。

各話ともエッチシーンは非常に濃厚で、特に良いところは
「おちんぽ」「おまんこ」「ザーメン」といった淫語を
惜しげもなく連発してくれる点です。


プレイ中のちゅぱ音もとってもリアル。
かつ各話で登場する女の子はそれぞれ声優さんが違いますから
4人の淫語やちゅぱ音を聴き比べて楽しむこともできます。
(この中だと肉便器になる女の子のフェラ音が割と特徴的かな、と)

個人的に特に聴いてほしい話は
「自分の事が大嫌いな女の子を催眠術で寝取り犯す催眠」

男に触れられることすら嫌がっていた女の子が、最終的には
「ご主人様の素敵なちんぽで もっとおまんこ突いて イかせてください!」
このように男に犯されることを本気で懇願します。

そして挿入してあげると
とても嬉しそうにややアヘった甘い喘ぎ声を上げます。

また、最初のお話である
「新入社員OLは毎朝貴方のオチ○ポ掃除を行うのが仕事と思わせて強制奉仕」
のみ新人OLのモノローグが流れるなど
シチュエーション以外にも差別化がされており
別々の作品として飽きずに楽しめるよう配慮されています。



かなり実用的な作品
シチュエーション、ちゅぱ音、声優さんの演技
どれを取ってもクオリティが高く
「とにかく抜ける作品が欲しい」という方には自信をもって薦められます。
属性的にはドMな方以外なら誰が聞いても問題ありません。
サンプルを聴いていただければ
どんな具合かがある程度わかるでしょう。

本作品はシリーズ3作目で、私は本作からこのシリーズに入りました。
初めて聴いた時、想像以上にいい作品でびっくりしたのを覚えています。
今は手持ち作品のレビューを優先していますが
それが完了したら、是非過去作を買ってレビューしたいですね。

CV:綾奈まりあさん、みる☆くるみさん、葉市憂さん、紗藤ましろさん
総時間 1:17:56


オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

↑このページのトップヘ