同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:みる☆くるみ

   ● ヴァーチャル電気拷問催眠 Ver2(再レビュー)
   ● サキュバスに襲われて強制変態オナニー ~あなたは私の思うがまま~
   ● ヒュプノミラー催眠
   ● マゾ奴隷化矯正プログラム‐倉屋敷矯正診療所‐
   ● 変態さんのオナニーたっぷり指示してあげるね♪【オナ指示&寸止め】
   ● ザーメンミルク催眠(再レビュー)
   ● お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~オナサポ編vol.3~
   ● 完全オナサポ!射精寸前でもシコシコ言われる音声
   ● お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~オナサポ編vol.2ゴホウビ~
   ● ヴァーチャルフェラチオ催眠


ヴァーチャル電気拷問催眠 Ver2

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの催眠音声作品(男女両用)。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第20回目は優しいけどちょっぴり嗜虐的なところもあるお姉さんが
ヒーローを尋問する女幹部になりきり変わったプレイを疑似体験させます。

技術を使って電気拷問から連想されるマイナスのイメージを上手に和らげる催眠
実際の拷問に近い形で進めつつ没入感を高めたり絶頂へと導くエッチなど
痛めつけるのではなく気持ちよくすることを目指した独特なサービスが楽しめます。

音声を聴く前に声を押さえる道具をご用意ください(猿轡など バンダナでも可)。
エッチシーンを中心に声を出す指示が出ます。
プレイを存分に楽しみたい場合は周りの環境にご注意ください。
ハードなプレイを楽しく体験
お姉さんに催眠をかけられ尋問や電気拷問を受けるお話。

「それじゃあ、いつも通り、催眠に掛かりやすくするための、簡単な体操をしましょう」
お姉さんは甘く落ち着いた声の女性。
音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
催眠に入りやすくするための準備として電気拷問の練習をします。

本作品は現実世界だとまず味わえないプレイをできるだけリアルに体験させることを目的に
彼女が総時間をほぼ半々に分けて催眠やエッチな拷問をします。
「電気拷問」と聞くと痛いとか苦しいプレイをイメージするかもしれません。
しかし実際はそういったものを極力排し、快感だけを楽しめるよう巧みにリードします。

また同じシリーズにあたる「ヴァーチャルSM催眠」や「ヴァーチャルフェラチオ催眠」に関するお話もほんの少し登場します。
内容が完全に独立してるので無理に聴いておく必要はありませんが
既に聴いてる人の方が催眠にすんなり入れたりエッチでより気持ちよくなれるでしょう。

催眠はおよそ25分間。
一番最初は目を開けたまま電流音に合わせて彼女に言われた部位を軽くブルブルさせます。

「スーっと、足の力を抜いていく。つま先まで脱力すると、やがて足が、棒切れになったように横たわります」
本作品でするエッチはかなり独特なのでどれだけ雰囲気に浸れるかが重要になります。
それを踏まえて彼女は「じじじじじ」という細い電流音を序盤に聞かせ
効果音が止むのに合わせて力が抜ける暗示を入れてリラックスさせます。

流す時間が短いので本当に練習に近い内容です。
電流音も抑えられていて耳障りに感じることは特にありません。
Mな人にとってはむしろ心地よく感じるかもしれませんね。

お次は目を閉じてしばらく深呼吸しながら
彼女がテーマとなる電気拷問のお話をして催眠状態を徐々に深めていきます。

「拷問ごっこ、とかどうです? 拷問、拷問ですよ。ちょっとドキっとしたんじゃないです?」
「私が、あなたにした事は、すべてあなたが望んだ事。あなたの潜在意識が、最初から望んでいたこと。そうですよね?」

本作品における電気拷問はあくまでサービスに過ぎません。
だから彼女は拷問を無理矢理受けさせることは絶対にしませんし
やる場合もイメージプレイ(=お遊び)程度の位置づけですることをはっきり言います。

実際に拷問を受けるよりも他人が受けてる拷問を観察し
それを自分のこととして疑似体験するほうがずっと受け入れやすく感じるのではないでしょうか。
そんな風に彼女は言葉を選んで彼が電気拷問を受けたいと感じるよう巧みに誘導します。

「深呼吸を続けると、今よりずっと、リラックスし、全身がとろけそうな、奇妙な感覚に、包まれていきますから」
また彼女は彼が深呼吸してる状況を利用し、お話の合間に意識の力が弱まる暗示を入れます。
彼女がストレートに「力が抜ける」「意識が落ちる」と言うシーンはほとんどありませんが
時間が経つにつれて妙に気持ちが落ち着くとか、眠いといった感覚が広がっていくのを感じるでしょう。

パートの後半に差し掛かるとお姉さんはより具体的なお話を始めます。
ヒーローが女幹部の尋問を受けてるイメージを例に挙げ
敵に恥ずかしい姿を見せる、あるいは責められるMの快感を執拗にくすぐります。

「あなた、気持ちいいの、大好きでしたよね。そして、気持ちいいのなら、あなたは何だってする。それがどれだけおかしな行為でも、変態的でも、いや、変態的であればあるほど、それをやってしまう」
電気拷問を気分よく受けるには何かしらの見返りが必要です。
そこで彼女は快感という誰にでも通用するご褒美を用意し、それを前面に押し出すことで自然な同意を促します。
レビューだけだとわかりにくい部分もあるでしょうが、言い回しにかなりの工夫がされてますから
少なくとも彼女や電気拷問に対してマイナスの感情を抱く人はほとんどいないと思います。

電気拷問を受ける心の準備に焦点を絞った大変ユニークな催眠です。
一定以上の深さの催眠状態へと誘導し、尚且つお姉さんの電気拷問を受けたい気分にさせることを目的に
軽い準備運動から入って電気拷問のメリットを語ったり
聴き手が実際に受けたときに得られる快感をイメージさせることで心を上手に解きほぐします。

普通の会話に近いスタイルで催眠を施すので、実際に聴いてみると催眠っぽさをあまり感じないはずです。
でも催眠パートを聴き終える頃には「拷問って意外に気持ちいいのかも?」と思ってる自分に気がつくでしょう。
人を選ぶプレイだからこそ、聴き手が存分に楽しめるよう心の障害を取り除くことに力を入れて進めます。
陶酔感を与えて気持ちよくするエッチ
エッチシーンは3パート31分間。
プレイは猿轡装着、パスコードの尋問、電気拷問です。

電気拷問の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「それじゃあ、拷問ごっこ、始めましょうか」
催眠を使って主人公の気持ちを前向きにさせたお姉さんは
猿轡を装着してもらった後、より拷問らしさが出るルールを設定します。

エッチは彼女が女幹部、こちらがヒーローになりきって尋問や拷問を受けます。
猿轡を着けた後、最初の8分間に行うのはルール説明と軽い尋問。
任意のパスコードを設定し、彼女がそれを聞き出そうとちょっぴり強気に話しかけます。

「言え、と言われたのに、言わない、ぐっと耐える。この状態になると、頭が真っ白になって、より一層、意識が深い奈落に、沈み込んで行くような感覚がしますよね」
そして彼女は尋問を繰り返しつつ催眠状態がさらに深まる暗示を入れます。
催眠パートを聴き終えた時点でピンと来なかった人も
ここで意識が一気にぼやけたり体がずーんと重くなるのを感じるでしょう。
エッチを始めたばかりということで雰囲気に浸らせつつより楽しめる環境を整えてくれます。

メインとなる電気拷問が登場するのはその後から。
右腕、左腕、全身と通電させる範囲を広げながら責められる快感を言葉で巧みに伝えます。

「あなたは、拷問され、叫べば叫ぶほど、気持ちよくなる」
ここでのポイントは電流音を聴くのに合わせて声を上げる指示が出ること。
実際に電気を流されたら当然叫びたくなるでしょうから
それを擬似的に行うことで実際に責められてる気分がさらに強くなります。

私もやってみたところ叫んだほうがずっと大きな快感が得られました。
自分が危機的状況に追い込まれてる陶酔感で絶頂させるわけです。
プレイだけでなくアプローチの方向性も非常に独特です。

最もハードなプレイが楽しめるのは最後の「3回絶頂版」パート。
前のパートで1回目の絶頂を終えた彼に更なる快感を与えようと追加で2回連続絶頂させます。

「どんどん登って行く 絶頂へ、絶頂へと近づいていく そしてゼロと同時に あなたは、さっきの何倍もの絶頂をする」
電流を流しつつカウントを数え、その最中に感度が上昇する暗示を入れるシンプルな作りで
数字が減るほど股間にエネルギーが自然と集まるのを感じました。
そして絶頂時はお漏らしした時のような生温かい快感が全身にじんわりと広がっていきました。
電気拷問から連想される鋭いオーガズムとは随分違って面白かったです。

このように、拷問を受ける快感を身近に味わわせるテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
マイルドな拷問が味わえる作品
女性から拷問を受けるシチュを通じて気持ちよくしてくれる風変わりな作品です。

お姉さんは現実世界ではまず体験できない電気拷問をできるだけリアルに味わわせようと
催眠を通じて拷問を受ける喜びや気持ちよさを教え込み
それから実際にされてる雰囲気を出しながらドライオーガズムへと導きます。

エッチでするプレイをほぼ電気拷問に絞り込み、それに向けて準備を整える丁寧な流れや
音、暗示、イメージを組み合わせて陶酔感に浸らせるアプローチなど
SMや調教を扱ってる作品とは思えないほど様々な部分に優しさや気遣いが見られます。

「良くわかりました。やってあげますよ。だって、私には愛があるから。これも言いましたよね、私は、あなたが望む事をしてあげる、って」
催眠は聴き手をもてなしてこそ初めて成り立つ行為です。
だから彼女は最初から最後まで押しつけがましく感じることを一切しません。
おかげで癖のあるプレイを最後まで楽しく聴くことができました。
プレイはドM向けですが興味を持ったのならややMあたりの人でも十分いけると思います。

エッチは淫語やちゅぱ音といったストレートなエロ要素をほぼ使わずに絶頂させます。
音声を聴いて勃起する人はそんなにいないのではないでしょうか。
でも電流音を受けて叫んだり彼女の言葉を聴いてると何かこみ上げてくるものを感じるはずです。
催眠音声だからこそできるエッチをしてるのも本作品が持つ魅力のひとつと言えます。

絶頂シーンは最大で3回。
電流音それなり、淫語・ちゅぱ音・喘ぎ声はありません。

珍しいプレイを臨場感を持って味わえる作品です。
おまけは「ヴァーチャルフェラチオ催眠」用の追加音声です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 1:24:08(共通パート…55:17 オプションパート…20:13 おまけ…8:38)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

サキュバスに襲われて強制変態オナニー 〜あなたは私の思うがまま〜

サークル「狐屋本舗」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、精液ではなく男性の痴態を糧にしてるサキュバスが
偶然見つけた男性に特殊なオナニーを強要してお腹を満たします。

地べたを這って自分の精液を舐め取る、歯ブラシをアナルに挿入したままちんぐり返しするなど
普通の人では完遂不可能なレベルのド変態プレイがいくつも登場します。
音声を聴く際は歯ブラシをご用意ください(必須)。

この先一部で汚い描写があります。
食事を控えてる方、あるいは食事中の方は済ませてから読むことをおすすめします。
死よりも恐ろしい屈辱的な姿を
サキュバスに体を乗っ取られ恥ずかしいオナニーをさせられるお話。

「こんばんはー おじゃましーまーす」
サキュバスは甘く明るい声のお姉さん。
これから寝ようとしていた主人公の目の前に突然現れると
お腹を満たすために屈辱的かつ変態的なオナニーを指示します。

本作品は男性が変態プレイをする時に発する羞恥や屈辱をエネルギーとする彼女が
魔眼で動きを封じてから様々な変態プレイの指示を与えます。
シコシコボイスなどを使っておちんちんのいじり方を教える一般的なオナサポとは違い
体よりも心への責めに大変力を入れてます。

冒頭でも書きましたが生半可なMではまず完遂は不可能です。
肉体・精神両面にそれなりの負担がかかることを覚悟したうえで挑戦してください。
変態度の高さだけを見ればモルモットストリップさんと結構いい勝負です。

「あっ このままおしっこさせるっていうのもいいかもしれないわね 手におしっこを溜めさせて それで顔を洗うとか」
今回お相手を務めるサキュバスは穏やかな声に反して嗜虐性が非常に強い女性。
彼がオナニーを嫌がると予想して最初に逃げられなくなる術をかけ
それから文字通り彼をおもちゃにする感じでオナニーを強制します。

聴き手の心情にあまり配慮してないセリフをそれなりに言うため
その傍若無人な振る舞いに拒絶反応を示す人がいるのではないかなと。
ある意味サキュバスらしいとも言えますね。
女性にとことん虐げられることに快感を覚える筋金入りのドMだけが聴ける作品と思ってください。
精液を重視した変態的なエッチ
エッチシーンは4パート27分間。
プレイはパンツを頭に乗せる、アヘ顔ダブルピース、パンツを被る、オナニー、精液のお掃除、歯ブラシをアナルに挿入、ちんぐり返し、セルフ顔射、精液歯磨き、精飲です。
エッチな効果音はありません。

「じゃあまず手始めに 服を脱いで全裸になりなさい」
主人公に魔眼の効果を教えてあげたサキュバスは
手始めに全裸になってパンツを頭に乗せる指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通りに体を動かします。
一番最初の「考えたこともないようなオナニー体験をプレゼント♪」は準備にあたるパート(約12分)。
パンツを頭に乗せたままアヘ顔ダブルピースし、さらにそれを顔に被って股間の匂いを堪能します。

「ほら 笑いなさい 馬鹿みたいに大口開けて笑うの」
女性の前で痴態を晒す、あるいは屈辱にまみれるといった精神面の刺激が強いプレイですね。
彼女もその姿を嬉しそうに眺めながらよりハードな指示を出します。
パート終盤に射精シーンがありますが、おちんちんをしごく時間は2分程度と非常に短く
本作品の終着点が気持ちよく射精することとは違うのがわかります。

そんな彼女の意図を象徴的に物語るのが次の「上手にお掃除できるかな?」パート(約3分30秒)。
土下座の格好で床にぶちまけられた精液を舐め取るよう言い渡します。

「このままじゃあなたのお部屋が精液くさーくなっちゃうわよ? お掃除しないといけないんじゃないかな」
射精後は性欲が急激に減衰するのは男性なら誰でも知ってることです。
そこに敢えてより屈辱的なプレイを用意する。
これだけでこのエッチを完遂することの難しさがわかっていただけるはずです。
自分が吐き出した精液を使ってプレイするのも本作品の大きな特徴です。

後半の2パートに入ると彼女の指示はさらにエスカレートします。
予め用意した歯ブラシをアナルに挿入したままちんぐり返しをさせてもう一度射精
そして口の中に出された精液を使って歯を磨く、というぶっ飛んだプレイをします。

「さーてさてさてさて そ・れ・で・は 満を持して歯ブラシの使い時がきましたー」
中でも最後の歯磨きは音声作品でおそらく初登場だと思います。
最中の彼女も一切容赦がないですし、相当に強靭な精神力を持つ人だけができる最高難度のプレイです。
衛生面の問題もありますから決して無理をしないでください。

このように、羞恥と屈辱で徹底的に悶えさせる極めてハードなプレイが繰り広げられてます。
ド変態専用の作品
人を選ぶものの強烈な個性を放ってる作品です。

サキュバスは明日を生きる食料を得るため、そして自分自身が楽しむために
男性の家に侵入し無理矢理変態度の高いオナニーをさせます。

普通の人が絶対にやらないタイプのプレイを数多く取り揃えるだけでなく
オナニー開始から射精までの時間を極端に短くしたり、射精後にきつめの指示を出すなど
聴き手のM性を試す意味も込めた難度の高いリードをします。

処女作ということで進め方に首を捻るところもありますが
プレイ自体は既存の作品とは明らかに異なる輝きを持ってます。
中でも終盤の歯ブラシと精液を掛け合わせたプレイは本当にビックリしました。
これを実際にやるかはともかく聴いてて面白いと思う部分があるのは事実です。

「まあどれだけ嫌がっても 無理矢理飲ませるんだけどね」
しかし、サキュバスの態度や言葉遣いについては引っ掛かるものを感じます。
主人公に対してはこれでもいいのでしょうけど結局オナニーするのは聴き手なので
最初から最後まで突き放し続けるとやる気の維持が難しくなります。

本作品のエッチは心の強さが一際重要になることも考えると
「これをやり遂げたらものすごい快感が味わえるかもね」など多少の飴を用意したほうがいいのではないでしょうか。
モルストさんの作品も変態度が高い一方で心のケアはしっかりしてます。

射精シーンは2回+α(連続射精)。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

色々面白い部分は持ってるのだけど完成度に難のある作品です。
自分のM性と変態性に揺るぎない自信を持つ方にのみおすすめします。

CV:みる☆くるみさん
総時間 31:44

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は6点。
31分で900円と割高なので-1してあります。

ヒュプノミラー催眠

2017年8月9日追記
本作品は2017年06月12日に販売を終了しました。


サークル「エムノイド受容体」さんの催眠音声作品。

今回紹介するサークルさんの処女作は、優しくてちょっぴりSっ気もある鏡の女神が
自分を呼び出した男性を鏡の世界に招待し普段と違う快感を与えます。

カウントに合わせて暗示を入れながら深化と彼女の声に対する依存心を育てる催眠
命令に従う喜びを与えながら適度に焦らして性感を高めるエッチなど
「理想と現実」をテーマにしたややM~M向けのサービスが行われています。
理想の自分を目指して
鏡の女神に催眠をかけられ下僕プレイを楽しむお話。

「ふう。あら、私を呼び出したのはあなたですか?」
鏡の女神は明るくて穏やかな声のお姉さん。
本に書かれたおまじないを実行した主人公に呼び出した理由を尋ねると
催眠を使って彼が願う理想の自分になるお手伝いをします。

本作品は人間なら誰もが願う「理想の自分になる」ことを目的に
彼女が総時間の半分近くの時間を使って厚めの催眠を施し
その効果を確かめながら彼に性的快感や幸福感を与えます。

彼女をご主人様と仰ぎ恥ずかしい命令を遂行するM向けの展開ですが
押しつけがましい部分があまりなく、自然と従いたくなる暗示も入念に入れてくれますから
一定以上の深さにまで入っていれば幸せを感じながらプレイに取り組めるでしょう。

「3 2 1 ゼロ ほら、全身に熱いのが広がって、ビクンビクンと体が感じて、快感に溶けていく」
催眠エッチ両方に言える特徴はカウントを数えるシーンが非常に多いこと。
短いものは3、長いものだと30もの数字を数えながら
その途中や後に暗示を入れて催眠を深めたり暗示を無意識に深く刻みつけます。

カウントによって声のトーンや数えるペースにそれほど違いがないのが気になるものの
暗示の表現方法や入れるタイミングは処女作として見れば優れてると言えます。
私も中程度くらいの催眠状態に入れましたので、被暗示性の低い人でもなければ同様の感覚が味わえると思います。
カウントを軸に据えた催眠
催眠はおよそ27分間。
鏡に映る理想の自分を軽く眺めてから女神に誘われて鏡の世界に入り
目の前にあるベッドに横たわって瞼に意識を向けます。
そして彼女のカウントに合わせてぎゅっと瞑り、「はい」の合図で脱力するのを繰り返します。

「リラックスした状態で力を抜くと 気持ちのいい脱力感が 体に広がる」
本作品の催眠は目の開閉や瞼に力を入れる/脱力する指示が多く
時間が経つほど瞼が重くなったり目の周辺に心地いい感覚が湧いてきます。
彼女もそれをより強く実感できるようにカウントの直後に決まってリラックスや深化の暗示を入れます。

「気持ちいいでしょ? 気持ちいいでしょ? あなたの頭はずーっと私の声がこだましている。ずっとずっと、永遠に」
また彼女はそれらと並行して自分の声に良いイメージを抱く暗示も入れます。
催眠をかけ終わった後にするエッチは調教色の強いプレイなので
彼女の声に素直に従えるかどうかがとても重要になります。

「私の声は気持ちいい。気持ちいいから従いたくなる」と快楽を餌に隷属させてくれますから
M性がそれほど高くない人でもさほど嫌な感情を抱くことなく従えるでしょう。
処女作の時点でこういう柔らかい誘導ができるのは良いと思います。

瞼の脱力で心身を多少リラックスさせた後はいよいよ催眠状態を深めます。
最初は10カウントを6セット、次は30カウントを1セットとスタイルを変えながら
「堕ちていく」「深い眠りに入る」「頭の中が真っ白になる」といった暗示を丁寧に入れて深化を促します。

「すーっと堕ちていく。考える力が抜けていく 頭がボーっとして 真っ白になるの」
「ストンと堕ちていく。我慢してた分、とても気持ちよく深く深く堕ちていく感覚」

重要シーンということで13分程度の長い時間を割き
いずれも数えた直後に暗示をできるだけ厚く入れるように努めてます。
個々のカウントや暗示は軽いものの、回数を多くして徐々に深いところへもっていってくれます。
体全体がずーんとくる感覚や意識のぼやけが強くなるのをそれなりに感じました。

「私の命令を実行すれば すべてが満たされた気分になる。あなたが求める本当の自分に出会える。自然と笑顔になってしまう」
そして最後は催眠のかかり具合を確かめつつ、よりストレートな隷属の暗示で彼女から離れられなくします。
従えば従うほど心が幸せになり理想の自分へと近づく。
テーマを見据えた自然な主従関係を構築するアプローチが見事です。

カウントと目に関する運動を組み合わせてリラックスや深化をさせるやや変わった催眠です。
聴き手の心に眠ってるMの欲求を開放し、女神の命令に従える心を育てることを目的に
開始直後からカウントをトリガーに運動させたり暗示を入れる動作を繰り返し
状況に応じて数の大きさや暗示の内容を切り替えていくことで催眠状態を深めます。

私はてっきり鏡に映った理想の自分を好きにイメージするとか
そこに映ってるロウソクの炎を通じて催眠をかけるなど、鏡を使って落とすものだと思ってました。
ですが実際は鏡とそれほど絡めず暗示を的確に入れることを心がけてます。

カウントの扱いは比較的上手くいってると思います。
新規さんにありがちな無意味に乱発するものとは性質が明らかに違いますし
入れるタイミングも考えられていて心地いい感覚が頭の中にどんどん広がっていきます。
本題にあたる最後の下僕化も聴き手の視点に立った言葉選びをされてます。
暗示を入れる時の口調、カウントの数え方、細かな間の取り方に気を遣えばもっと良くなると思います。
従う喜びともどかしさを感じながら
エッチシーンは13分ほど。
プレイは恥ずかしいセリフの復唱、オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りです。

「じゃあ まず 最初の命令は私に反抗してみなさい」
催眠をかけて主人公を従順な下僕へ作り変えた鏡の女神は
彼をより理想の姿に変えようと様々な恥ずかしい命令を出します。

エッチは彼女の言う通りに口や体を動かすM向けのものです。
最初の5分間は体よりも心を満たすことを見据えたプレイ。
敢えて自分の命令に反抗させたり、恥ずかしい言葉を復唱させて従う喜びを教えます。

「我慢よ我慢。ほら、私の命令に反抗すればするほど、悲しくなってくるでしょう?」
「ボクは女神様の下僕です」

うまく催眠に入れていれば命令に反抗した時に多少の違和感を覚えるでしょう。
そして言う通りにすれば安心するはずです。
下僕だからといって無理矢理やらせるのではなく、こちらが自ら望むようにリードします。

復唱プレイも含めて風俗店でするサービスっぽいエッチですね。
催眠パートの流れをそのまま受け継ぎ、成果を活かす形で進めるのでやりやすいです。

メインのプレイにあたるオナニーはおよそ8分間。
最初は握るだけ、次はゆっくり擦ると焦らしを意識したリードで性感を高め
さらに限界ギリギリまで射精を我慢させてより気持ちよくなれる土台を作ります。

「エッチな気持ちになって、とてももどかしくて、オナニーしたくてしたくてたまらない。でも わかってるわね? 私の命令は、つかむ、それだけ」
ここでわざと意地悪するのも結局は従う喜びを味わわせたいからです。
焦らしプレイといっても時間が短いですから悶え苦しむことはさすがにないでしょう。
オナニーの指示も開始と射精くらいで緩く、もどかしい思いを少し与える程度に留まってます

射精についてはカウントではなくキーワードに合わせて行います。
個人的にはカウント重視で進めてきたのだからカウントで〆たほうがスッキリしたかなと。
射精は気持ちよかったのですが、これまで意図的にカウントを繰り返してた背景を考えると
精神的にちょっぴり消化不良な感じがしました。

このように、従う喜びと射精への欲求を天秤にかけたエッチが繰り広げられてます。
自分の新たな可能性を示してくれる作品
それほどMじゃない人でも聴けることを目指した風変わりな作品です。

鏡の女神は今の自分を変えたいと思ってる主人公をより理想に近づけようと
催眠を通じて下僕の心を育て、エッチではその効果を確認しながら心身両面に快感を与えます。

「もしもあなたが、また自分を信じられなくなったら。鏡の内側で私と二人きり、夢を見ましょう」
結局のところ彼が理想の自分になれたかについては伏せますが
彼女が現実的な形でそれに近づく手段を提供してるのは事実です。
女性の下僕になり快感を得ることもひとつの幸せと言えるのではないでしょうか。

主人公に明確なM設定がされておらず、心に眠ってるM性を開花させるアプローチが取られてるため
元々ドMな人には物足りない一方でMを自覚してない人でも楽しめる内容になってます。
どのシーンもそれ以前に入れた暗示の効果を活かす形で進めますし、プレイも取り立ててハードなことはやりません。
Mの喜びを一時的に感じつつ性欲を解消するソフトなプレイです。

催眠は暗示の入れ方、組み合わせ方、変化のさせ方に光るものを持ってます。
始めたばかりのサークルさんだと形だけを追って暗示を疎かにするケースをよく見ますが
本作品に関しては目的に向かって一歩ずつ着実に進んでます。
処女作でこの品質なら今後の活躍が大いに期待できると見てます。

エッチはプレイをシンプルにする代わりに命令を多く出して精神への快感を与え続けます。
従うと安心、逆らうと不安を感じる暗示を入念に入れてくれるおかげもあって
最後の射精時には性的快感と無事やり遂げた達成感の両方が味わえます。

射精シーンは1回。
淫語とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

架空の世界で一時の夢を見せてくれる作品です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 50:31

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
2017年4月10日まで1割引の630円で販売されてます。

マゾ奴隷化矯正プログラム‐倉屋敷矯正診療所‐

サークル「MayThird」さんの催眠音声作品。
主にCG集やデジタルノベルを製作されてるサークルさんで催眠音声は今作が初です。

今回紹介する作品は、穏やかでちょっぴりSっ気のある女医さんが
催眠を交えた風変わりなエッチで心の内に抱えてる悩みを解消します。

「露出」と「乳首オナニー」に力を入れた変態性の比較的高いエッチが最大の特徴で
前半は観衆に裸を晒す、後半はネット越しにオナニーを披露すると方向性や刺激の強さを変えながら
彼女や他の人々の視線を強く意識させて精神面の興奮を執拗に煽ります。
アンケートに答えさせながら信頼関係を構築し、彼女の言葉に従いやすくする催眠も魅力です。
本当の自分を取り戻すために
倉屋敷矯正診療所の院長「倉屋敷紗依」からエッチな施術を受けるお話。

「どうぞ そちらの椅子に座ってください」
紗依先生は甘く瑞々しい声のお姉さん。
音声を聴く際の注意事項や心構えを簡単に説明すると
診療所の待合室にいる主人公に声をかけ、診察室に入ってもらいます。

本作品は現実世界だと実現が難しいタイプの欲望を発散させることを目的に
彼女が催眠をかけてから1時間近くに渡るM&変態向けのプレイをします。

最終的に彼は彼女の奴隷になってしまうのですが、それもすべて彼を気持ちよくするためのサービスに過ぎません。
彼女が色々押しつけて従わせるのではなく、自分からそうなりたいと願うように誘導します。
おかげで調教っぽいプレイとは裏腹に穏やかな雰囲気が終始漂ってます。

先生「呼吸を続ければ続けるほど あなたの気持ちは落ち着いてきます」
ナレーター「彼女の声を聞いていると あなたの気持ちは 自然と和らいでいきます」
ちなみに作中では話し手として先生とナレーターの二人が登場し
先生は主人公に語りかけたり指示する役、ナレーターは主に彼の心情や感覚を暗示として伝える役を担います。
声が非常に似てるためやや判別しにくいものの、主人公の視点に立って聴きやすくなってます。

それ以外での大きな特徴はエッチの内容と展開。
彼に露出狂の性癖があるのを踏まえて先生や他人の視線を通じてエッチな気分を盛り上げます。
ドライとセルフ両方ありますがおちんちんに触れることは一切ありません。
乳首オナニーをよくすることから乳首開発済みな人の方がずっと楽しめます。

催眠は27分30秒ほど。
先生に呼ばれて椅子に腰掛け、軽く深呼吸してからここがどこなのかを教えてもらいます。

先「ここは歯ではなく心 精神を矯正する診療所なんです」
見知らぬ場所に突然召喚されて不安がる彼に先生はこれから何をするかを丁寧に教えます。
催眠と言うと体を脱力したりカウントを数える行為をイメージするかもしれません。
ですが本作品の場合はその前に先生との信頼関係を構築するところから始めます。

ナ「すぐに答えを出さなくていい 話を全部聞いて判断したほうが安心できる そうあなたは考えました」
ナ「彼女の言葉は あなたにとって とても魅力的に思えました」

そして先生との会話の中にナレーターが主人公の気持ちを代弁する形で暗示を入れます。
入れるタイミングや表現方法に気を遣ってるおかげで、最初はごく普通だった先生の声が
後になるほど妙に心地いいとか、心に響くと感じるようになるかもしれません。
主従関係を結ぶにあたって重要となる「声や言葉に対する印象」を操作することに力を入れて進めます。

お次は再度軽く深呼吸してから施術の手始めとして先生がアンケートを取ります。
彼女の質問に対してすべて「はい」と答えるだけの簡単なもので
それを受ければ彼がどんな性癖を持ち、悩みを抱えてるかがわかるそうです。

先「1、あなたは 今の現実に不満を持っていますか?」
ナ「彼女の恥ずかしそうな声に あなたは心地よさを感じます」
そしてここでも先生は普通に受け答えする役、ナレーターはそれを聞く主人公の役を務め
合計8つの質問を通じて彼女の声に対する依存心をさらに膨らませます。
質問の内容は言ってしまうとつまらないでしょうから伏せますが、すんなり「はい」と答えられるものが多いです。
診察スタイルをとりつつ催眠状態を深めるテーマに沿った面白い誘導です。

先「あなたは既に 催眠状態を経験してるんですよ」
そうやって彼の症状を十分に把握した後、最後に先生がようやく催眠をかけ始めます。
音声を実際に聴いてみれば開始前に彼女がこんなことを言う理由がなんとなくわかるでしょう。
私もアンケートを終える頃には意識のぼやけを強めに感じました。
「気がついたら催眠にかかってた」なんて体験をする人も普通にいると思います。

病院での診察らしさを出しつつ施す珍しいタイプの催眠です。
先生との信頼関係の構築と声や言葉に対する依存心の増幅を目的に
深呼吸を適度に挟みながら先生とナレーターが役割分担して様々に働きかけます。
先生をご主人様と仰ぐための準備に専念してるため声に対する印象操作の暗示が多く
彼女の穏やかな態度も相まって聴けば聴くほど安心感が広がります。

サークルさんの処女作ということで最初は期待と不安が半々でした。
でも実際に聴いてみると全体の流れから細かな言葉遣いまで考えられていてすんなり入れました。
こちらが潜在的に抱いてる不安を上手く取り除き、先生にすべてを委ねやすくしてるところが大きいです。
最後の先生が催眠をかけるよと言うシーンは「あなたは既に催眠に入ってますよ」と教える意味合いも含んでます。

二人の話し手の扱い方もしっかりしていて正直驚きました。
処女作として見る分には比較的レベルの高い催眠です。
二つの性感帯と視線でイかせるエッチ
エッチシーンは4パート57分間。
プレイは乳首オナニー、会陰トレーニング、奴隷の契約、露出、ネット配信しながら乳首オナニーです。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りですが射精表現はありません。

先「これから 体の感度を上げていきます」
催眠を使って主人公の心を素直にした紗依先生は
本番への練習も兼ねて乳首をいじらせながら感度の高まる暗示を入れます。

エッチは先生に言われた通り体を動かしたり復唱してドライを目指します。
前半の2パートは本格的なプレイに向けての準備にあたるシーン(約27分間)。
「感度強化」は乳首オナニーや会陰トレーニングをしながら体を敏感にし
「マゾ奴隷化」は奴隷の宣誓をしたり先生の足にキスをします。

ナ「彼女に従っていれば 気持ちよくなれることを実感し より一層彼女に依存していくようになります」
乳首を実際にいじりながら感度を強化するのがやや珍しいですね。
開発済みの人ならピリッとした鋭い快感がそれなりに味わえるでしょう。
ナレーターも催眠パートに比べてセリフの量が減るものの、先生にはできない部分をカバーして没入感を高めます。

先「その乳首の快感に浸りながら 会陰にも意識を向けてください この時点でじわじわーって会陰に力が入るのなら そのまま会陰に力を入れて」
「感度強化」パートの後半で登場する会陰トレーニングも面白いプレイと言えます。
M字開脚の格好で呼吸に合わせて会陰に力を入れたり抜いたりするもので
ある程度続けるとその部分にシュワシュワ、パチパチした感覚が湧いてきます。

ただ会陰はかなりマイナーな性感帯ですから、会陰オナニーの経験によって得られる快感に差が出そうです。
この後始まる露出も含めてアブノーマル要素を多めに含んだプレイを集中的に行います。

対する後半の2パートは主人公の露出願望を満たすことに力を入れた内容。
「エロパート(ドライ)」はステージに上がり観客の前で全裸になるオーソドックスなプレイ
「エロパート(セルフ)」はネット配信しながら全裸でオナニーする破滅的なプレイを楽しみます。

先「見られている 恥ずかしく勃起した乳首を 見られている 恥ずかしい 自然と体が熱くなってきてしまう」
先「この視線を感じるだけで あなたの体は変化していく 視線を感じれば感じるほど あなたは精神的に丸裸になっていく」

視線が主役のプレイということで先生も状況説明と並行して視線を意識し、気持ちよくなる暗示を多めに入れます。
シチュは個性的だし暗示の入れ方もそれほど悪いとは思いませんが
どちらのパートもプレイを実際に始めるまでに8分近くの説明を挟んでることや
プレイ中に周りの状況に関する説明がそれほどなく、視線を浴びてる感じがしにくいところが引っ掛かります。

今回のプレイは物理的な刺激が乳首オナニーしかないため
純粋なプレイ時間が短くなるとおちんちんオナニー以上に絶頂するのが難しくなります。
最初に状況説明をしてプレイに入るのではなく、プレイしながら周りの様子を実況したほうが
時間が長く取れるし実際に裸や痴態を見られてる臨場感も出たのではないかなと。

率直に言えばかけた時間に対して得られる快感が弱く感じました。
全体的に冗長なところがあるのでセリフをもっと切り詰めたほうが密度の高いエッチになると思います。
催眠パートに比べると完成度に難があります。

このように乳首・会陰・視線で気持ちよくする風変わりなエッチが繰り広げられてます。
非日常の快感を追求した作品
どちらかというとエッチよりも催眠に光るものを感じる作品です。

女医のイメージにぴったりな優しくて落ち着いた声と性格のお姉さんが
男性の心の中に溜まってる露出願望を満たそうとエッチな催眠を施します。

催眠を始める前に簡単なカウンセリングをして不安や緊張を解きほぐし
アンケートの最中に心地よさを感じる暗示を入れて声に対する依存心を膨らませるなど
「彼女の言葉を受け入れ、従う」ことを自然にできる心の構築に的を絞り丁寧にリードします。

先「私も あなたのことが好きですよ」
そして先生も心を預けてくれた彼の気持ちに言葉と行為で応えます。
彼女がご主人様になったのは彼がドMだからであって従わせたいからではありません。
催眠をかけた後に始まるエッチも彼の性的嗜好を第一に考えたものに終始してます。
変態性の高いプレイに反して彼女の優しさを強く感じました。

催眠はナレーターの扱いがとても上手で割と入りやすいです。
主人公の心情変化をそのままなぞっていくので自分と重ね合わせやすいのもあります。
暗示の方向性、アンケートの質問と答えさせ方、その後にあるとどめの深化が特に印象的でした。

エッチは処女作だからなのでしょうが色々と引っ掛かる部分が見られます。
中でも感度強化パートを催眠の直後に置いてるのが大いに疑問です。
エッチの前に感度を強化するのはドライ系の催眠音声だとよくあることです。
ですが本作品は感度を強化した後に奴隷の契約を結び、さらにノーハンドプレイを挟んでからようやくいじり始めます。

具体的には感度を強化した45分後に乳首オナニーの指示が出ます。
これだけ間を置かれたら感度を強化する意味がないのではないかなと。
私が聴いた時もエロパート(セルフ)より感度強化パートのほうがずっと気持ちよかったです。

感度強化パートは見られる快感といじる快感を上げるアプローチがされてるので
これらを分割して前者をエロパート(ドライ)の直前に
後者をエロパート(セルフ)の直前に置いたほうが機能すると思います。

あとはナレーターを持て余してるところでしょうか。
すべてを先生に語らせるのではなく、二人で手分けして進めれば時間が短くなって密度も上がります。
催眠音声で2時間は長いほうなので集中力を維持しやすくする意味でももう少し切り詰めたほうがいいです。

絶頂シーンは3回+α(連続絶頂)。
淫語そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

催眠は良いのだけどエッチがうーん…な作品です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 効果音あり…1:55:06 効果音なし…1:54:56(両者の違いは足音やドアの開閉音の有無のみです)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は5点。
115分で700円とコスパがいいので+1してあります。

変態さんのオナニーたっぷり指示してあげるね♪【オナ指示&寸止め】

サークル「Alphatolyl」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、無邪気な声と意地悪な性格を持つ女の子が
M性の強い男性に様々な指示を与えてオナニーを手伝います。

最初から最後まですべて指示する完全管理型のオナサポが行われており
シコシコボイスはもちろん、カリや亀頭を集中して責める、カウパーの匂いを嗅ぐ
彼女との擬似プレイをイメージしながらオナニーするなどM向けの多彩なプレイで射精を応援します。

音声を聴く際は予めローションを用意しておくとオナニーが捗ります(任意)。
隅から隅まできめ細かくリード
女の子がオナサポするお話。

「こんにちは この音声を聞いてるってことはまたオナニーしようとしてるの?」
女の子は明るくて甲高い声の女の子。
毎日オナニーに勤しんでる主人公に声をかけると
様々な指示を出して普段とは違うオナニーを楽しませてあげます。

本作品は変態性癖を持つ彼により良質な射精を提供することを目指して
彼女が25分弱の比較的短い時間に渡りオナニーをリードします。
オナサポは現在色んなサークルさんが様々なタイプの作品を出されてますが
Apple treeさんの場合は「きめ細かな指示」と「プレイの多彩さ」にこだわって行います。

「じゃあ今度はカリ首だけを重点的に刺激しようね 親指と人差し指で輪っかを作って カリ首の部分だけを皮の上からこするんだよ」
前者はどこをどういじるかを丁寧に教えるところから始まり、シコシコしボイスや擬声語を使ってペースや強さを指定したり
比較的ソフトな言葉責めやエッチなイメージで気持ちを高めるなど
プレイ中はそれこそ隅から隅まで徹底的に管理します。

聴き手が自由にオナニーできるのは終盤のカウントを使った射精シーンくらいですから
一定以上のM性を持ってる人なら頭を空っぽにして取り組めます。
クオリティはともかくプレイの方向性はスレイブハンド(シコシコサポート)さんに近いものを持ってます。

後者についてはシコシコボイスによる皮オナニーに始まり
亀頭だけをいじって強めの刺激を与えたり、彼女との擬似エッチをイメージしながらシコったりと
時間に対するプレイのバリエーションがとても豊富です。
さらにエッチの前半と後半で責めるポイントを切り替えてきます。

中には30秒程度しかやらないプレイもあるので私個人は慌しく感じるのですが
シコシコボイスを延々と聴きながらしごくよりは新鮮味を感じるのも事実です。
先月から活動を始めたばかりの新しいサークルさんですし、とりあえず色々やってみたかったのだと思います。

「男の人ってこんなバカみたいな行為ですぐ気持ちよくなっちゃうんだよね 本当に情けないね」
お相手を務める女の子は挿し絵よりも幼い印象の女性。
無邪気さを感じる声と口調で変態が喜びそうなセリフをバンバン言います。
怒鳴ったり冷たく当たるのではなく小馬鹿にする感じですね。
指示メインのオナサポですから言葉責めは脇役程度の位置づけです。
ポイントを切り替えながら責めるエッチ
エッチシーンはほぼ全編にあたる22分間。
プレイは皮オナニー、カリオナニー、亀頭オナニー、擬似足コキ/SEX、チンポビンタ、アヘ顔ダブルピースです。
エッチな効果音はありません。

「もしかして女の子におちんぽ見られただけでもう興奮しちゃったの? 本当に変態さんだね とっても気持ち悪いよ」
主人公に全裸になる指示を出し、既に勃起してるおちんちんを軽く貶すと
女の子は手始めにシコシコボイスで彼のオナニーをコントロールします。

エッチは終始彼女の指示に従う形で行います。
最初の13分は作品の売りである多彩な責めを楽しむシーン。
3段階のシコシコボイスで射精感を高めてからわざと亀頭責めに移って焦らし
さらには裏筋をいじる際には彼女の足コキ、両手でおちんちんを挟みこんでオナニーする時はSEXをイメージさせます。

シコシコボイスは標準→遅い→速いと緩急をつけて合図を出しますし
合間に言葉責めを浴びせかけたり、自分のカウパーの匂いを嗅がせるなど
彼女は序盤からきめ細かな指示を出し続けます。

時間に対するプレイの種類が多すぎる=説明が多いため、実際にいじる時間はそれほどないのですが
彼女にオナニーや射精を管理されてる気分は味わいやすいです。
純粋に気持ちよくなるよりも雰囲気に浸ることを重視したプレイですね。

「変態さんはこんなのでも感じちゃうんだよね 女の子にいじめられるのが大好きなマゾさんだもんね じゃあもっと強く踏んであげるね」
「おマンコの中でおチンポこすれて気持ちいい おちんぽのカリ首がおマンコの肉壁をかき分けて 気持ちいいところ刺激されちゃうぅ」

それを象徴するのがシーン後半に登場する2種類の擬似プレイ。
自分の指や手のひらを彼女の足とおまんこに見立て、それぞれに適したセリフを言って盛り上げます。
特に擬似SEXは実際に喘ぎ声を上げてイメージを膨らませてくれます。

それに対して後半の9分間は射精に向けてよりストレートな指示を出します。
擬似SEXの最中、自分の指示に不服を漏らした彼にチンポビンタの罰を食らわせ
さらには定番のカウントを使ったオナニー&寸止めをします。

「私はね 男の人がザーメン出したくても出せなくて 悶え苦しんでる姿を見るのが大好きなの」
「じゃーあ がに股になっておチンポ振り回しながら アへ顔ダブルピースしてくれたら許してあげてもいいよ」

このあたりまで来ると彼女も持ち前のSっ気を存分に発揮します。
気持ちを盛り上げることを重視していた前半とは違い、オナニーのペースや強さを聴き手の好きに設定させ
最も重要な射精だけを徹底管理しもどかしい気分を与え続けます。

前半が物足りなく感じ人もこのシーンで結構気持ちよくなれると思います。
寸止めも合計で3回しかありませんから体に過度な負担がかかるほどではありません。
軽く焦らして最後の射精を気持ちよくするくらいの意地悪さに留まっています。

このように、心→体と責める重点を切り替えるオナサポが繰り広げられています。
変化に富んだオナサポ作品
短い時間で沢山のリードをしてくれる欲張りな作品です。

女の子はオナニー狂いな主人公が新鮮な気分で射精できるように
最初から最後まで細かな指示や説明をして女性に射精をコントロールされる快感を教えます。
オーソドックスなものからちょっぴり屈辱的なものまでプレイの種類が本当に多く
実際に聴いてるとオナニー以外のことを考える間もなく取り組めます。

「本当なら女の子のおマンコの中にぴゅっぴゅするものなのに、こうやって毎日、出しては捨てて出しては捨ててを繰り返してるんだよね」
彼が変態属性を持ってるので小馬鹿にするセリフをそれなりに言ってきますが
彼女はどのシーンも彼を楽しませることを考えてリードします。
ガチガチに縛られるのが苦手な人には不向きな一方で、女性に服従したいMな人には丁度いいオナサポと言えます。

ですがオナサポは指示の通りにいじって抜けるかがとても重要なジャンルです。
それを考えた場合、この内容ではやや厳しいというのが率直な感想です。
具体的にはやることがあまりに多すぎて終盤以外はおちんちんをじっくりいじれないこと
一部でテーマとなってる「変態へのオナサポ」にそぐわないプレイをしてることが挙げられます。

前者は完全管理のスタイルを守るためにどのプレイも事前に丁寧な説明を行います。
その結果ごくごく短い時間で終わってしまうプレイがそれなりにあり全体的にプレイが軽いです。
総時間を長くするか、登場させるプレイの数を減らしペースや強さを変化させる方向で進めて欲しかったです。

後者は擬似SEXのシーンで彼女が普通に喘いでるのが引っ掛かります。
彼は変態ですからノーマルなエッチをイメージさせてもあまり心に響きません。
すぐ射精しそうになってる情けない姿を罵倒するとか、明らかにやる気のない喘ぎ声を出すほうが良かったかなと。
新規さんだからというのもあるのでしょうが完成度の面で残念な部分がいくつか見られました。

射精は最後の最後に1回。
淫語と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

定番のプレイに多少の変態要素を加えたオナサポ作品です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 23:55

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
2017年02月06日まで半額の150円で販売されてます。
その場合の点数は6点です。

ザーメンミルク催眠

サークル「モルモットストリップ」さんの催眠音声作品。

開設初期に紹介した作品を現在の視点から改めてレビューする再レビュー企画。
その第13回目は穏やかでちょっぴり嗜虐的なお姉さんが
催眠を交えたエッチな命令でドMな男性の性的欲求を満たします。

タイトルにもなっている精液とミルクを掛け合わせた前代未聞のプレイが行われており
彼女は催眠をかけながら命令に従うことの大切さを丁寧に教え
エッチも聴き手が無理なく取り組めるよう少しずつステップアップする形でド変態プレイを提供します。

音声を聴く前に以下のアイテムをご用意ください(必須)。
コップ(背が低く平たいものを推奨)、ミルク(コップ半分程度、苦手な場合は水でも可)
催眠を使って変態プレイをお手伝い
お姉さんに催眠をかけられ特殊なエッチをするお話。

「いらっしゃい 来てくれてありがとうございます」
お姉さんは甘く色っぽい声の女性。
エッチな催眠をかけて欲しくてやって来た主人公を温かく迎えると
始めるにあたって必要なことや準備物の確認をします。

本作品は普通の精神状態では到底できないプレイを聴き手に体験してもらうことを目的に
彼女がテーマに沿った20分弱の催眠を施し、その後で2パート35分程度をかけて様々なプレイをします。
催眠音声におけるエッチは女性とするスタンダードなプレイだけでなく
女体化して触手に犯されるとか、体に一切手を触れずドライオーガズムを迎えるなど変わったものも多いです。

しかしこの作品で行うエッチはそれらを遥かに上回る変態性を持ってます。
最初から言ってしまうと相当なドMでない限りこのプレイを完遂するのは不可能です。
その代わり無事成し遂げた時に得られる達成感や敗北感は強烈です。
彼女もより多くの聴き手がゴールできるように考えながらリードします。

音声開始直後の6分間は催眠を始める前の準備。
お風呂やシャワーに入って体を綺麗にしてあるか、エッチで使用するコップとミルクの有無を確認します。
またその後で催眠に入りやすくするための3つの約束をします。

アイテムはもちろん、体の洗浄もプレイの内容的にとても重要です。
特におちんちんは念入りに洗っておいてください。
約束は心得程度のものばかりですから身構える必要はありません。

催眠はおよそ17分30秒間。
パンツ一枚の格好で仰向けに横になり、最初は天井の一点を見つめながらカウントに耳を傾け
0になり閉じた後は深呼吸で体をリラックスさせます。

「もう眠すぎて焦点が合わない 限界が近い」
「深呼吸を続けていると 体の力が抜けて 少しずつ体の重さを感じることができます」

そしてお姉さんはカウントの合間や呼吸の最中に心身がリラックスする暗示を入れます。
本作品のジャンルは調教ですが、少なくとも催眠パートはそれっぽい部分がほとんどありません。
意識の力を弱め、暗示を受け入れやすくする環境作りに力を入れてますから
M性に関係なく体がぽかぽかする、気持ちが落ち着くなどの感覚が自然と湧いてきます。

次のシーンは深呼吸を引き続きしながら両腕、両足、胴体の順にしっかり脱力します。

「手の指先が 重くて温かい その重くて温かい感覚が 深呼吸をするたびに広がっていく」
手の指先→肘→肩と各部位をいくつかのパーツに分け
それぞれで「重くなる」「動かせない」「温かい」といった暗示を極めて丁寧に入れてくれます。
エッチのインパクトが非常に強いのでそちらに目がいきがちなのですが
本作品は催眠においても優れた部分を持ってます。

「体がさらに重くなっていく どんどん重くなっていく 体が動かせない 体がさらに重くなっていくと あなたは意識が消えていく」
「体が軽くなっていくということは 私の命令が欲しくて仕方なくなってるということ」

さらに面白いのが体の重さと温かさを一通り伝えた後
一転して体が軽くなる暗示を入れ、それと同時に彼女の命令を受け入れやすくしていることです。
これから行うエッチは彼女の言うことにどれだけ素直に従えるかが重要です。
だから重さ→軽さと正反対の感覚を伝えて揺さぶりをかけ、催眠を深めつつメインの暗示を入れます

体を軽くするのにはもうひとつの理由があります。
それは彼女がエッチで聴き手に体を動かす命令を出すシーンが多いからです。
こんな風に先々を見据えながら催眠を巧みに施し、十分な深さまにで誘導してくれます。
緻密で効果的な催眠という印象を受けました。

目的に向かって一直線に進むオーソドックスで優れた催眠です。
お姉さんの言うことにすんなり従える心と体にすることを目的に
凝視法、分割弛緩法、揺さぶり、沈黙法といった古典催眠の技術を順序良く組み合わせ
後になるほどリラックスしたり意識の力が弱まるように進めます。

最近の催眠音声は催眠っぽさをぼかす傾向が強く、それらに比べて堅苦しさを感じるかもしれません。
ですが今回行うエッチは彼女の命令をひたすら遂行する王道型の調教プレイですから
催眠の段階から多少の上下関係を匂わせておいたほうがむしろ後々やりやすくなります。
私の場合は体の温かさや軽さを強く実感しました。
命令に従う喜びを感じながら
エッチシーンは2パート35分ほど。
プレイはパンツをドアノブにかける、ミルクをかき混ぜる、ミルクを飲む、オナニー、精飲です。

エッチな効果音はありません。
セルフは有りになります。

「今からエッチでド変態な命令をしてあげます」
催眠を使って主人公を自分の従順な奴隷に作り変えたお姉さんは
その効果を確認する手始めとして簡単な命令を出します。

エッチは終始彼女の命令を言われた通りに遂行します。
前半のパートは命令に従う喜びを教えつつ後半への準備をするシーン。
これまで穿いていたパンツをドアノブにかけてすぐ取れないようにし
その後で予め用意したコップとミルクを使った変態プレイをします。

「ベッドから体を起こしたら 今度は パンツをドアのノブにかけてきてください」
催眠を施した後も彼女の声と態度は至って穏やか。
聴き手が命令に従いやすく感じるように最初は簡単なものから始め、後になるほど難度を上げていきます。
そして命令する時も「~しろ」ではなく「~してください」「~しましょう」と柔らかい表現を心がけます。

「私の命令に逆らえないことを自覚するたび あなたの催眠はどんどん深くなっていきます」
また彼女はプレイ中も催眠状態を維持できるように命令の遂行とリンクさせる形で深化の暗示を入れます。
一般的な催眠音声はエッチに入ると運動支配の暗示でオナニーを制御するとか
カウントの前後に感度強化の暗示を入れるなど、暗示を中心に据えてプレイを進めることが多いです。
しかし本作品はひたすら命令を出し、そのサポートとして命令に従いたくなる暗示を入れます。
エッチの進め方やアプローチの仕方が独特で面白いです。

もちろんエッチの主役にあたるプレイも奇抜なものばかり。
パンツをドアノブにかけさせた後に始まるミルクをかき混ぜるプレイは
ベッドの上で四つん這いになって股間の下にミルクの入ったコップを置き
そのまま腰を下ろしておちんちんを挿入します。


「うふふふっ どうですか? おちんちんで味わうミルクは美味しいですか? とっても美味しいですね」
普段は飲むだけのミルクに大事な部分を突っ込んでじっくりかき回す。
普通の神経では到底できないプレイに取り組む彼の姿を彼女も嬉しそうに眺めます。
腰を使うプレイなので体への負担が多少あるものの
底の浅いコップを使用した場合はひんやりした感覚と鈴口にこそばゆい快感が味わえます。

次のパートはもっともっと踏み込んだプレイが登場します。
休憩がてらに先ほどのミルクを飲んで喉を潤し、いよいよザーメンミルクの作成に取り掛かります。

「牛さんのミルクと あなたのおちんちんミルクの夢のコラボレーションです うふっ」
実際に何をするかは名称、プレイ一覧、彼女のセリフから汲み取ってください。
最も難しいのは射精後に始まる最後のプレイです。
男性は射精を迎えると性欲が極端に減少しますから、その状況でこれを成し遂げるのは至難の業です。
だからこそ普段のプレイでは決して得られない精神的な快楽を味わうことができます。

このように、ド変態プレイと催眠を掛け合わせた極めて独創的なプレイが繰り広げられてます。
ぶっ飛んでる作品
他では決して聴けないエッチが楽しめるド変態向け作品です。

お姉さんは主人公が持つ変態性癖を思う存分満たすために
催眠は意識の力を弱め、自分の命令を受け入れやすくすることだけに注力し
その後のエッチでミルク・おちんちん・精液を使った破滅的なプレイを提供します。

こういうプレイをガチでやらせてくれるサークルさんは現在でもモルストさん以外にいません。
何から何までオリジナリティに溢れてるのでとても新鮮な気持ちで聴くことができます。
色々とハードルの高い部分はあるものの、それに向けてできるだけやりやすくする努力をしています。
奇想天外なプレイからは想像できない相当に練られた作品と言えます。

そしてこのプレイを成立させるために催眠の技術を活用しています。
催眠パートでは変態的な要素を一切取り入れずちゃんと深化できるように進めてますし
エッチに入っても命令に従う喜びを伝えていい気分に浸らせながらリードします。
プレイの内容とはまるで違う穏やかな雰囲気が終始漂っています。

エッチは好みが大きく分かれますがプレイの流れはしっかりしています。
難易度の上げ方、体への負担を考えた休憩のタイミングなどです。
1回目で最後までできる人はそうそういないでしょうね。
私は2回目なのでなんとかやり遂げましたが、射精後のプレイだけは相当な勇気が要りました。

射精シーンは1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

発売から6年近く経った今でも異彩を放ち続けてる作品です。
困難な命令ほどやる気が出る生粋のドMにのみおすすめします。

CV:みる☆くるみさん
総時間 1:01:13

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~オナサポ編vol.3~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、あまあまな声とちょっぴり意地悪な性格を持つ妹が
様々な指示を与えてお兄ちゃんのオナホオナニーを手伝ってあげます。

オナホだからこそできる要素を多分に含んだ短時間ながらも密度の高いエッチが魅力で
亀頭やおちんちん全体をオナホで責めるオーソドックスなプレイを多彩な効果音でリアルに表現したり
パッケージに書かれてるエッチな文言を復唱させたりして心身をバランスよく責め立てます。
新品のオナホで気持ちいいオナニーを
妹にオナホオナニーをサポートしてもらうお話。

「は~い、どうぞ~」
妹は甲高くて可愛い声の女の子。
新しいオナホ持って部屋にやって来たお兄ちゃんの気持ちを瞬時に察すると
様々な指示を出しながら彼のオナホオナニーを観察してあげます。

本作品はオナホオナニーをより楽しく、より気持ちよく行ってもらうことを目的に
彼女がおよそ18分に渡るオナサポをします。
シリーズ3作目にあたりますがお話は独立してますのでここから聴いても大丈夫です。

作中で行われるプレイは100%オナホを使いますから、聴く際はオナホを必ずご用意ください。
彼が新品のオナホを使うシチュになってますが実際にそうである必要はありません。
もしまだ処分してないのなら商品のパッケージも手元に置いておくとプレイがより捗ります。

「情けなくてぇ、とっても恥ずかしいはずなのに… ふふ、おチンポそんなにおっきさせちゃって♪ このぉ… へ・ん・た・い・さ・ん」
妹はいかにも年下といった雰囲気の可愛さ満点な女の子。
これまでのプレイを通じて自分の奴隷になったお兄ちゃんに軽い言葉責めをぶつけながら
最初から最後まできめ細かな指示を与えて射精をコントロールします。

プレイ自体は完全なM向けですが、彼女は本当の意味で彼を見下してるわけではありません。
他の女性では彼のドMな性癖を受け止めきれないだろうと考え相手をしてあげます。
痛めつけ、苦しめるのではなく楽しませることを強く意識したエッチです。
重要なセリフを言うシーンは彼女の声が一気に近づき、囁き声で言ってくれる凝った演出も登場します。
オナホ尽くしの濃厚なプレイ
エッチシーンはほぼ全編にあたる17分ほど。
プレイはオナホ亀頭責め、パッケージの読み上げ、オナホコキです。
オナホ亀頭責め、オナホコキでリアルな効果音が鳴ります。

「じゃあ早速ローションをいれよ~ね」
裸のまま仰向けに横になったお兄ちゃんを観察して軽く興奮させると
妹は予め用意したオナホにローションを塗る指示を出します。

エッチは終始彼女に言われた通りに手を動かします。
最初のおよそ7分間は本格的なオナホコキに向けての準備にあたるシーン。
ローションを塗りこみ、中の空気を抜いてから亀頭だけを挿入し小刻みにしごきます。

「ねぇ…想像して… そのヒダやミゾ…今はローションでぬちゃぬちゃになってるんだよね?」
「いやらしい言葉がい~っぱい載ってるね お兄ちゃんはどれを選ぶのかな?ほら、教えて?」

ここは肉体面への刺激が弱い一方で心への責めが充実してるのが特徴です。
妹はローションまみれになったいやらしい入り口を観察させ、挿入した時の気持ちよさをイメージさせたり
オナホのパッケージに書かれているエッチな文章を口に出して言わせます。
さらに彼女が言った通りの言葉を復唱する形で奴隷宣言をします。

奴隷宣言はともかく、他の2つはオナホだからこそできるプレイですね。
オナホはパッケージに本体の断面図が描かれてることが多いですし
エッチな文章も含めて視覚的な情報から興奮させてくれます。

エッチ全体における大きなポイントは効果音。
ローションを塗る、亀頭だけをしごく、おちんちん全体をしごくなど
それぞれのプレイを粘液質な別の効果音を使ってリアルに表現します。


妹すたーさんの作品は前々から効果音に力を入れてることが多かったのですが
今作では特に「動き」に気を配った演出が目立ちます。
具体的には亀頭責めは小刻みに素早く、竿をしごく時は大きくゆっくりした音が鳴ります。
音質もローションらしいにちゃにちゃしたエロいものばかりで自然と興奮します。
たった100円の作品とは思えないほど効果音の扱いが丁寧で優れてます。

準備ができた後はいよいよガチなオナホコキが始まります。

「ほらほら、そのままオナホちゃんをくるくる回転させてごらん」
根元までゆっくり挿入してまずは動かさずにオナホの感触を楽しませ
まずはしごくのではなくオナホを回転させておちんちん全体に刺激を与えます。
そして2つのルールを設定した上で自由にしごかせてあげます。

ここから射精まではノンストップで刺激を与え続けますから
きつめのオナホを使用すると途中で暴発してしまう可能性があります。
ペースを緩めたり亀頭責めに切り替えるなどして最後のカウントまで頑張って耐えましょう。

このように、オナホだけを使ってとことん責め立てる奇抜なエッチが繰り広げられています。
高品質なオナホコキ作品
オナホを用意できさえすればかなり楽しめる作品です。

妹は自分に見られながらオナホオナニーするのが大好きなお兄ちゃんのために
プレイの開始から射精後に至るまですべてをリードし気持ちよくしてあげます。
どこを聴いてもオナホ尽くしなプレイもさることながら
オナホ独自の要素で心を盛り上げる、テーマを意識したアプローチが光ります。

オナホを扱った作品自体が非常にレアですし、プレイの表現力も相当に優れてます。
中でもオナホコキのキーとなる効果音の品質や扱いが素晴らしいです。
終盤のカウントを数えるシーンで0に近づくほどペースが速くなる演出など
細かなところまでしっかりと作られてます。

「お兄ちゃんがどんなに恥ずかしくて情けないお姿を晒しても、あたしはぜ~んぶ受け入れてあげる♪」
妹については過去作同様あまあまなキャラに描かれてます。
言葉責めはあどけない口調で「変態」を数回言う程度ですから雰囲気はかなり穏やかです。
調教よりはご奉仕色の強いプレイだなと。
彼女に痴態を見られてることを意識させて興奮を煽るなど心への責めが多彩です。

エッチはオナホを実際に使うだけあって手よりもずっと気持ちいいです。
聴く前は「時間が短いかな?」とも思ったのですが、オナホならこれくらいでも普通に射精できます。
後始末も楽ですし実用性の面でも優れたものを持っています。

射精シーンは最後に1回。
くちゅ音そこそこ、淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

オナホの良さをとことんまで追求した作品です。
オナホ好き、珍しいオナサポを聴いてみたい人におすすめします。

CV:みる☆くるみさん
総時間 19:48

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は8点。
20分100円とコスパがいいので+1してあります。

完全オナサポ!射精寸前でもシコシコ言われる音声

サークル「スレイブハンド(シコシコサポート)」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、ややSで匂いフェチという変わったお姉さんが
シコシコボイスとカウントを中心とした短時間のオナサポをします。

「完全オナサポ」の名に恥じないきめ細かなリードや
射精寸前に敢えておちんちんを激しくしごかせるM向けの責めが魅力です。
より芳醇な精液の匂いを嗅ぎたいの
お姉さんの指示に従いながらオナニーするお話。

「こんばんは いつもオナニーお疲れさまでーす」
お姉さんは甘く明るい声の女性。
命令されながらするオナニーを求めてやって来た主人公を軽く貶すと
望み通りオナサポで気持ちいい射精へ導いてあげます。

本作品は総時間17分30秒という短い時間の中で
彼女が勃起から射精に至るまですべてをお世話してくれます。
オナサポ作品ではお馴染みのシコシコボイスでおちんちんをしごくペースや回数を指定し
さらに亀頭、裏筋、尿道口など細かな部位をどうやって刺激するかまで教えてくれます。


しらあえプロジェクトさんの「おててレッスン!」シリーズや
吟遊夜会さんの「魔汚館」シリーズに近い相当に行き届いたリードをしてくれています。
最中は頭を空っぽにしながらオナニーに集中できるでしょう。

もうひとつの特徴は射精の直前に意地悪な指示をしてくること。
カウントを数えて「あと少しで射精できる」と聴き手に思わせながら
その心を打ち砕くように敢えて激しい責めを繰り出します。

といってもプレイ時間が短いですからドMレベルのきつさにはなっていません。
時間内にできるだけ射精しやすくするためのスパイスとして行っています。
私もやってみたらちょっぴりもどかしく感じるくらいでした。

「くっさーい はぁ すっごい匂いしてるよ? 精子と童貞の匂い たまんなーい」
オナニーをリードしてくれるお姉さんはツンデレっぽいキャラ。
女性にもてない彼を表面的には見下す一方で
おちんちんに鼻を近づけて匂いを嗅ぎ、幸せそうな表情を漏らす変態チックな行動をします。

言葉責めや淫語責めではなく
彼女にオナニーを観察され、おちんちんの匂いを嗅がれるシチュで興奮させてくれます。
ですから女性に対してそういう願望を抱いている人の方が楽しみやすいと思います。
細かな指示を交えた丁寧なオナサポ
エッチシーンはほぼ全編にあたる3パート16分ほど。
プレイはおちんちんの匂いを嗅ぐ、オナニー、亀頭オナニーです。
エッチな効果音はありません。

「私のシコシコに合わせて そのきったいないおちんちんシコってね」
主人公に服を脱がせてから包茎おちんちんの匂いを一通り堪能すると
お姉さんは早速シコシコボイスで彼のオナニーをリードします。

エッチは終始彼女の言うことに従いながら行います。
事前に2分程度匂いを嗅がれてから始まる最初のプレイはオーソドックスな皮オナニー。
2秒で1コキ、1秒で1コキ、1秒で2コキ、もう少し速いペースと4段階のスピードを設定し
そのすべてを「シコシコ」の掛け声だけで指示します。

ただし、4段階あるといっても後の2つのスピードでしごくシーンがほとんどです。
プレイ時間的にゆっくりしごいてたら射精までたどり着けないからでしょう。
序盤から速めのペースでしごくことになると思ってください。

「おちんちんのカリ首のところを 皮の上から親指と人差し指と中指の3本で握って カリ首をコリコリするように細かく動かしてなさい」
彼女の指示はそれだけではありません。
シコシコの合間に滲み出たカウパーの匂いを嗅がせたり
特定の部位を集中的に刺激させて一気に射精感を高めようとします。
そして上のセリフのようにどの指でどういじるかまで丁寧に教えてくれます。

しばらくすると皮を剥いて亀頭を直に責めるプレイに切り替わるなど
彼女は短時間でかなり小まめにいじり方を変える指示を出してきます。
具体的には亀頭を手で包んで全体を擦る、手のひらで尿道口を撫でる、裏筋だけをなぞるなどです。

その後に登場するのは本作品のもうひとつの特徴である射精寸前のシコシコボイス。
0になったらいつでも射精できるよう自分を追い込む指示を出してから10カウントダウンを数え
1まできたところでシコシコボイスを言い仕切りなおすのを繰り返します。
シコシコボイスを併用した寸止めプレイですね。

「ほらほら まだ1だよ しーこ しーこ」
しかも彼女は後になるほどシコシコボイスのペースを速め、回数も増やしてきます。
一部のシーンでちょっとしたトラップ用意するなど
聴き手が暴発するようにちょっぴり意地悪な指示を出してくれます。
2日くらい溜めてから挑んだほうがよりスリリングなプレイを楽しめるでしょう。

このように、きめ細かくてちょっぴり意地悪なオナサポが繰り広げられています。
面白い部分はあるのだが
ややM~Mをターゲットにした正統派のオナサポ作品です。

お姉さんは女性に射精をコントロールされたいMな主人公の欲求を満たすために
わざと軽く突き放しながら様々なオナニーの指示を与えます。
おちんちんをしごく回数やペース、責める部位や責め方に至るまで
すべてを教える心の行き届いたリードをしてくれます。

そして時間内により多くの聴き手が射精したくなるようにと
終盤にはカウントを使った意地悪なプレイも用意しています。
前作「完全オナニーサポート!亀頭オナニー!」と同じく比較的レベルの高いオナサポと言えます。

しかし、前作で個人的に疑問を感じていた「短時間でプレイをコロコロ変えている」部分は改善されておらず
今作でも30秒程度いじったら次に移行し、また同じくらいしかいじらないシーンが一部であります。
総時間が短い時点でできることは必然的に限られてきます。
だからこそプレイの内容をもっと絞りこみ、説明よりもいじる時間を長くすべきだと私は考えています。

残念ながら今回のプレイでは多少射精したくなったくらいで実際に射精できませんでした。
素材は良いのでその使い方をもっと練ったほうが完成度が上がると思います。

もうひとつ気になったのが個性の面。
前作では亀頭を徹底的に責めるプレイやしきりに匂いを嗅ぐシーンがあったのに
今作は亀頭オナニーの時間がおよそ1分30秒にまで縮まり
お姉さんが匂いを嗅ぐのもプレイの序盤と終盤に僅かながらある程度です。

元々あった個性が失われ、他のサークルさんと似たタイプのオナサポになっています。
有料作品で個性が無いのは致命的なので今後改善されていくことを期待したいです。

射精シーンは最後に1回。
淫語ごく僅か、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上のことから今回は多少厳しい点数とさせていただきました。
先月立ち上げたばかりのサークルさんですから作風を模索されてるのかもしれません。
ですがこの路線で行くと厳しいんじゃないかなぁというのが正直な感想です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 17:38

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷~オナサポ編vol.2ゴホウビ~

サークル「妹すたー」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、お兄ちゃんのことを世界で誰よりも愛している可愛い妹が
主にオナホを使って徹底的に甘やかしながら射精へと導きます。

サークルさんがこだわられている「妹によるオナホ責め」をベースに
今回は癒し+調教という正反対の要素を融合したプレイを行っています。
優しい妹が繰り出す変わった調教
妹とオナホを使った4つのプレイを楽しむお話。

「いらっしゃい お兄ちゃん」
妹はやや甲高くて可愛い声の女の子。
自分無しじゃオナニーできない体になったド変態のお兄ちゃんを満足させるために
オナホを使ったエッチなご褒美をあげます。

「お兄ちゃんは妹のオナホ奴隷」シリーズは妹がオナホを使っておちんちんを責め
それと同時に羞恥を煽る言葉責めをするM向けの作品です。
ですが今回はタイトルにある「ゴホウビ」の名の通り
彼女と抱き合ってキスをしたり、頭を撫でられながらオナホコキをする癒し系のプレイが多いです。

「お兄ちゃん大好き♪ もっとぎゅってしちゃうんだから♪」
最中の妹はお兄ちゃんにストレートな愛の言葉を投げかけますし
一部で自分の控えめな胸を使ったサービスなんかもしてくれます。
この彼女のセリフや行為が生み出す温かい雰囲気が本作品における大きな魅力と言えます。

しかしお兄ちゃんは相当に調教されているドMですから
単に甘やかすだけでは性的欲求を満たせません。
それを踏まえて彼女はオナホコキをわざと中断して焦らしたり
「変態」などの単語を絡めた言葉責めを優しく行って興奮を高めようとします。

「お兄ちゃんは あたしのキスとぉ オナホ無しではオナニーできない変態さん♪ 妹の唾液がだ~い好きなマゾ奴隷さん♪」
言葉責めをする際の口調は年齢相応のあどけないものですから
聴いてて心が傷つく人はまずいないでしょう。
とことんまで甘やかして自分から離れられなくする変わったスタイルの調教を行っています。

癒しと調教を敢えて両立させているところが面白いですね。
年下による癒しをサークルさん独自の視点で描いています。
オナホを使って優しく抜き抜き
エッチシーンは4パート37分ほど。
プレイは手コキ、オナホコキ、耳舐め、亀頭責め、玉揉み、キス、妹への乳首舐めです。
手コキ、オナホコキ、亀頭責めの際にリアルな効果音が鳴ります。

「…準備できた? ふふ じゃ~あ こうやってぇ…後ろから抱きついちゃうね」
お兄ちゃんに抱きついて甘えている最中、彼の勃起を確認した妹は
空気を抜いたオナホをおちんちんにあてがいゆっくりと挿入します。

エッチはすべてのパートでオナホを使用し、中出しします。
一部でオナサポっぽい指示を出してくるシーンがありますから
もしお持ちなら実際にオナホを使いながら聴くとより楽しめるでしょう。
プレイ時間は各パート10分程度と短めです。

一番最初の「ゴホウビフルコース」は様々なプレイが詰まっているお試し的なパート。
オナホコキが始まった直後に妹が玉を揉んだり、一時停止しておちんちんを観察したり
亀頭責めをしながら耳を舐めたりと責め方が小まめに切り替わります。
時間に対してやることを詰め込みすぎているようにも思えるのですが
オナホコキ自体はずっとやってくれますし、多少溜まっているのなら射精は十分可能です。

妹すたーさんはオナホを扱う作品を数多く出されているだけあって
プレイの最中に鳴る効果音のレベルがかなり高いです。
このパートでも挿入する音、普通にピストンする音、亀頭だけを責める音がすべて違います。
音の質感もリアルのオナホに近く、時折空気の抜ける音が入るところが生々しいです。

「もう お兄ちゃんはホントにマゾさんなんだから♪ いいよ シゴいてるところも お射精するところも み~んな見ててあげるね♪」
「お待たせ こうやってぇ…あたしのお胸をくっつけちゃうね」

妹のご奉仕っぷりもお兄ちゃんの嗜好を押さえたものばかり。
おちんちんやとろけた顔をしっかり観察しながらそのすべてを受け入れてあげたり
パートの終盤に入ると胸を押し付けながらやや激しい耳舐めをしてくれます。

妹モノということで年下を意識させる表現が多いです。
ですからオナホ好きよりも年下好きの方が満足感を得やすいのではないかなと。

調教色が最もよく出ているのは2番目の「キス・唾液責め」パート。
妹と抱き合いキスをしながらオナホでしごく一見するとあまあまなシチュなのですが
彼女が唾液をおちんちんに吐き掛けるMを意識したプレイが登場します。

「ふふ 腰が震えてるね もうお射精しそうなの? ダメだよ あたしが許可するまでお射精はだ~め♪」
他にも射精しそうになっているのを見透かしたかのようにお預けの指示を出すなど
これ以外の3パートに比べると上下関係を感じる表現が多く見られます。
あくまで本作品内での話であって、一般的な調教モノに比べればやっぱり甘いです。

逆に妹の甘さ・優しさが強く感じられるのは最後の「お疲れなお兄ちゃんへゴホウビオナサポ」パート。
辛いことがあって落ち込んでいる彼を慰めるために
その控えめなおっぱいを飲ませながらオナホをしごく指示を出します。

「あたしはどんな時でもお兄ちゃんの側にいるからね ツラい時も苦しい時も…あたしはお兄ちゃんの側にいるよ」
「んふふふ いいお顔だよ♪ お兄ちゃんのアヘ顔♪ マゾ奴隷さんのお顔♪」

元気付けるためのプレイなだけあって妹の態度もとっても優しく
愛を感じる優しい言葉の数々が心をたっぷりと温めてくれます。
プレイについても寸止め等意地悪をすることも特に無いですし
年下の女性に甘やかされる雰囲気がよく出ています。

このように、オナホコキを中心に据えたややM向けのプレイが繰り広げられています。
優しく調教してくれる作品
調教というブラックな要素をとことんまで明るく描いている作品です。

妹は日々頑張っているお兄ちゃんを癒すために、そして自分から離れられなくするために
オナホで性的快感を与えながら優しい言葉をたっぷり投げかけます。

妹の声質がまったくSっぽくないこと、彼への接し方が愛情に溢れていることから
調教モノと思って聴くと拍子抜けした気がするかもしれません。
ですが彼女は明らかに彼の心と体を自分のモノにするためにこれらを行っています。

「あたしに甘えるのはとっても気持ちいいもんね… それにとっても安心する… もうな~んにも心配はいらない… あたしに甘えていればいい…」
彼女はオナホコキをさせながら「自分だけ」に好きなだけ甘えていいと言います。
そして彼が満足できるようM心をくすぐりながら責めています。
だから一般的な甘やかすタイプのプレイとは違う部分が随所にあります。

これが本作品の他には無い個性へと繋がっています。
相反する要素を上手に纏め上げています。

ですが正統派のM向け作品に比べるとやはりパワーに欠けますし
癒し系として見るには言葉に棘があったりと中途半端にも感じられます。
私個人は甘い雰囲気でド変態なプレイをするところが妹すたーさんの魅力だと思っているので
その観点からいくともう少しプレイに捻りが欲しいです。
M男へのご褒美として見た場合、責めが大人しすぎるかなと。

エッチはオナホコキに対する興味関心の強さで印象が随分変わります。
射精シーンは各パート1回ずつで合計4回。
くちゅ音それなり、淫語とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

オナホコキのみならず妹の責めっぷりにも個性を感じる作品です。
年下好き、ソフトな調教モノが好きな人には特におすすめします。

おまけは2つの音声(どちらもエロ有り)です。

CV:みる☆くるみさん
総時間 本編…50:18 おまけ…39:59

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
サークルさんのご意向に従いおまけの内容は完全に伏せました。

男の娘になった僕

サークル「Hypnotic_Yanh」さんの無料の催眠音声作品。

今年最後の催眠音声としてお送りするこちらの作品は
女性が男性に対して行うメジャーなプレイ「フェラチオ」で得られる快感を
お姉さんが催眠の技術を使ってリアルに味わわせてくれます。

女体化誘導を行わず男性のままプレイを行っているのが特徴で
彼女はまずお話をしながらフェラチオに対する嫌悪感を上手に和らげ
聴き手の心の中に眠っている願望を膨らませていきます。

エッチでもホモっぽい表現が最大限に抑えられてますから
多少なりとも興味がある人ならプレイに陶酔し、絶頂する不思議な体験ができます。
フェラチオをすることで得られる快感とは?
お姉さんに催眠をかけられてから少年にフェラをするお話。

「さて あなた フェラチオって お好きです? まあ 嫌いじゃないですよね?」
お姉さんは明るくて甘い声の女性。
事前に軽いストレッチをして主人公を適度にリラックスさせると
早速作品のテーマとなるフェラチオに関するお話を始めます。

本作品はほとんどの男性がされる側として経験するであろうフェラチオを
その逆、する側に立って楽しむことを目的に催眠とエッチを行います。

しかも催眠音声ではお馴染みの女体化を敢えて交えず
男性のまま少年のおちんちんを咥え、最終的にはその精液を飲むことになります。

これだけを聞くと相当にヤバい作品に思えるでしょうが
実際に聴いてみるとそうでもありません。
彼女は聴き手がフェラチオをすることに興味を示し、自らそう望みたくなるように
巧みな話術を駆使して少しずつ着実に進めていきます。
難しいテーマだとわかっているからこそ、最大限の注意を払っているのが随所に窺えます。

催眠はおよそ21分間。
最初は主人公に深呼吸をさせながら
フェラチオをする女性の心理やそれによって得られる快感について語ります。

「他人のペニスなんか 手で触るのも 目の前に突き出されて 見せられるのも嫌 それが 普通の反応です」
「一般論でいうと 意外なほど フェラチオしてる女性は 気持ち良さそうですよね?」

彼女は男性の側から見たフェラチオが汚いことを肯定しつつ
でもAVなどでフェラをしている女性は気持ちよさそうにしていると言います。
確かに彼女たちは仕事とはいえ少なくとも嫌そうにしている様子はありません。
むしろ気持ちが高まると本当に美味しそうに舐める姿を見せてくれます。
一種の陶酔状態ですね。

「目がトローンとして 焦点が合わず ただ一心不乱に ペニスを舐め回す。そして 口を犯されている自分に陶酔し切っている 恍惚状態」
「ぼーっとして 何も考えられない トロトロの 不安定な精神状態。そう あの女性たちと同じ。」

そしてその様子をイメージさせながら意識がぼやける暗示を適度に入れ
AV女優たちと似た特殊な精神状態にあることを認識させます。
女性がフェラしているイメージを利用し、フェラに対する嫌悪感を削いでいるわけです。

「フェラチオさせてもらって 気持ち良くなって イくことなんて 簡単ですよね」
「フェラチオは そう セックスと同じ。肉体的快楽だけでなく 精神と 精神を繋ぐ行為」

その後はいよいよ主人公自身がフェラをするイメージをしてもらい
それによって得られる精神的な快楽の大きさを教えてあげます。

フェラをする側からしてみれば肉体的な快感はほとんどありません。
でも「好きな人を気持ちよくしてあげている」という幸福感・充実感は十分に得られます。
この部分を強調してフェラチオをすることに対する興味を上手に引いています。

一般的な催眠音声とは大きく異なる枠組みを持つ極めて特殊な催眠です。
これから行うフェラチオを自ら進んでやりたくなる心を育てるのを目的に
まずはフェラチオをする女性のうっとりした表情からフェラチオを気持ちいいものと認識してもらい
それから徐々に聴き手自身がする方向にシフトさせていきます。

多くの催眠音声で行われる誘導とは様々な部分が違うため
このレビューを読んだだけではよくわからないところが多分にあると思います。
正直なところ、断片的な情報を伝えただけではこの催眠の魅力は伝わりにくいです。
ただひとつ言えることはお姉さんがすべてを主人公の目線に立って行っているということです。

「あなたはちゃんと 自分の意志で聞き始め ここまで聞き続けた。それは 元々興味があったからですよね? 今からさせられる事を 最初から期待してたんですよね?」
彼女が行っているのは聴き手にフェラチオをさせるのではなく
聴き手が潜在的に抱いている「フェラチオをしたい」気持ちを後押ししているだけです。
そのために催眠を使って意識の力を適度に弱め
普段の精神状態だと妨げになる自制心や道徳観から開放してあげます。

このスタンスがあるからこそ彼女の話を受け入れやすく感じるし
すんなり催眠にも入れるのだと思います。
最中は眠気に近い意識のぼやけを強烈に感じました。
そして聴く前に比べるとフェラチオをすることに嫌な気分を抱かなくもなりました。
一見すると無謀なテーマを本当に上手く料理しています。

まとめると、サークルさんらしい奇抜な発想をきちんと形にしているレベルの高い催眠です。
彼の快感は私の快感
エッチシーンは28分ほど。
プレイはフェラ、精飲です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「さあ 紹介するわ 僕ちゃん こっち来なさい」
「こ、こんにちは お兄さん。お、おせわに…なり…ます…」
催眠を使って主人公にフェラをしたい気分になってもらったところで
お姉さんは「僕ちゃん」と呼ばれる少年を呼び出し
彼の包茎おちんちんを優しく舐めるように指示します。

エッチはテーマに沿って僕ちゃんにフェラをするプレイを楽しみます。
相手が少年、しかも精通したばかりということもあり
男性同士にありがちなアレな空気をほとんど感じずに取り組むことができます。
ちなみにここからはお姉さんが左、僕ちゃんが右に陣取り
フェラをした際は彼が可愛らしい喘ぎ声を漏らしてくれます。

プレイ自体は包皮越しに亀頭や尿道口を舐め
剥けたところで1回目は亀頭責め、2回目はディープスロートで射精を促し
最後は僕ちゃんの精液を飲みます。

「舐めれば舐めるほど あなたの精神は おかしくなる。真っ白に飛んでしまう。ペニスを舐める その事だけを考える異常な精神状態に 落ちて行くんですよ」
先ほど説明したAV女優の感覚をそのまま味わうわけです。
そして聴き手がそう感じられるように最中は様々な暗示で気持ちを盛り上げてくれます。

このエッチのキーポイントはずばり「一体感」。
プレイの最中お姉さんは僕ちゃんが感じるほどこちらも快感が高まり
彼が果てるのと同時にドライオーガズムを迎えると何度も何度も言います。

「この子が気持ち良くなれば あなた自身も 気持ち良くなる」
「そして この子が絶頂する時は あなたも 絶頂します」

フェラをしたことがなくてもされたことのある人は多少はいると思います。
その時の感覚を遠回しに喚起して性的快感に繋げているのだと私は考えています。
だからこそ敢えて女体化させなかったのではないかなと。
聴いていると股間に熱やムズムズ感が自然と湧いてきます。

プレイ終盤に登場ずる絶頂シーンも個性的。
2人の感覚がシンクロしていることを利用し、僕ちゃんの射精で1回
続く彼の精液を飲み干すところでもう一度イキます。
変則的な連続絶頂ですね。

「ほら あなたの口の中に精液がほとばしる。そしてイく。あなたもイく。脳が精液に染まって真っ白になる」
「体がカーッと熱くなる。全身に精液が染み渡る。イく! イく! 精液の媚薬効果と 飲んでしまった背徳感 恍惚感で あなたはイき続ける」

どちらのシーンも彼女がしっかりと追い込み暗示を入れてくれますから
それに合わせて脳が軽く爆発するような感覚や
股間が熱く盛り上がって心地よい痺れが走るといった快感を味わう人がきっといるはずです。

どちらもチャンスが2回あるのを考えると2回目の方がやりやすいでしょうね。
僕ちゃんも可愛くて切ないイキ声を漏らして後押ししてくれます。
個人的にはかなりドライイキしやすいエッチだと思います。

このように、フェラチオをする側に立って楽しむ変わったエッチが繰り広げられています。
不可能を可能にしている作品
普通に考えればまず実現不可能なプレイを
十分すぎるほどの完成度を持たせながら行っている稀有な作品です。

お姉さんは主人公が密かに抱いているフェラへの欲求を満たすために
まずは女性の視点でフェラをすることの魅力をアピールし
徐々に男性側にシフトさせてその行為が正当であることを印象付けます。
それと同時に催眠を深め、判断力を鈍らせてもいます。

さらに男性らしさをあまり感じない少年を登場させ
彼にフェラをさせながらその喜びや気持よさをしきりに教え込みます。
こういうプレイは非日常的だからこそどれだけ陶酔できるかが大事です。
それを考えて彼女はエッチパートのほうでかなり入念な暗示を入れています。
おかげで催眠特有の心地よい感覚に浸りながら気持ちよくなることができました。

催眠はサークルさんが以前よくやられていた印象操作を主体にしたものです。
古典的な技法がほとんど使われておらず新鮮な気分で聴けます。
フェラチオの良い点を抽出し、それを受け入れやすく感じるように伝えています。

エッチは少年のおちんちんを舐めたり咥えたりする他では聴けないものです。
舐める快感だけでなく男性のままおちんちんを舐める屈辱感
さらにはその精液を飲む背徳感も興奮を高めてくれます。
明らかにM向けですね。
(僕ちゃんの)喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

タイトル通りフェラチオをヴァーチャルに体験させてくれる面白い作品です。
無料ですので興味の湧いた方は是非お試しください。

おまけは追加要素を含んだエッチパートです。

CV:みる☆くるみさん
総時間 本編…1:00:38 おまけ…35:52

ヴァーチャルフェラチオ催眠
こちらからダウンロードできます

↑このページのトップヘ