同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ふたなり

   ● シークエンス~堕翼の寓話~序章~
   ● 女体化催眠! 「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」
   ● TRハウス(TS)
   ● Best work for Sissy boi ~女々しいボクにピッタリのオシゴト~
   ● TSヒプノエクスタシー(性感開発レッスン)
   ● 魔法少女☆プリズムエンジェル(後編)
   ● 魔法少女☆プリズムエンジェル(前編)
   ● TSヒプノエクスタシー(中イキレッスン)
   ● Artificial Bunny(TS)
   ● サキュバスの女体化催眠


シークエンス~堕翼の寓話~序章~

サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、神々の代理として仲間と共に戦い続ける少女が
敵対勢力に敗れエッチに犯される様子を彼女の立場で楽しみます。

ブラックなシチュをとても柔らかいタッチで描いたエッチが魅力で
体を拘束されたまま自分と同じ容姿を持つ女性に責められ心と体を溶かされる展開を
体が熱くなる、感度が増す、脳がとろけるといった気持ちいい暗示で中和しながら進めます。
最大の敵は実の姉
女体化催眠で朝霧 紅音になりきりエッチするお話。

「今から 物語の世界に入るための手続きをしていきます」
ナレーターは明るくて穏やかな声のお姉さん。
音声を聴く際の環境や注意事項を手短に説明すると
早速主人公を催眠に入りやすくする準備運動を始めます。

本作品は案内役と催眠者を兼ねる彼女の言葉に従って物語の世界に赴き
希望を司る神フェアネスの子供であるファティマの一員として敵と戦います。

神々の戦いがテーマなだけあってストーリーは結構壮大なのですが
聴き手が体験するのは主にエッチですからそれほど詳しく理解しておく必要はありません。
催眠終了後にある16分程度のドラマパートでナレーターが色々教えてくれます。

ちなみに展開は最初から最後まで結構ブラックです。
グロいシーンがほとんどないので中断したくなるほどではないものの
希望がほとんど見えない物語に耐性のない人が聴くと途中で重く感じる部分があると思います。
快楽漬けにされた末に悪堕ちする感じの流れです。

催眠は2パート37分ほど。
仰向けに横になり最初は目を開けたまま両腕を天井に伸ばし
開いた手のひらに重い球体が乗ってるイメージをします。
さらに天井の一点を見つめながらナレーターの言葉に耳を傾けます。

「ゆっくりと ゆっくりと 両手が下りてゆく それに合わせて 両手にかかっていた疲れが取れていきます」
「じーっと見つめていると 瞼が重たくなるのを感じます そして目を開けているのが だんだんと億劫に感じていきます」

どちらも対象の部位に少しの疲労を与えながら暗示を入れるので
被暗示性に自信のない方でも軽い重さやだるさを感じると思います。
そして彼女に言われて目を閉じた瞬間じんわりした心地いい感覚が湧いてくるでしょう。
KUKURIさんは以前からこの手の技法を積極的に使用されてます。

お次はより深い催眠に入るために心身をさらにリラックスさせます。
自分のペースで深呼吸したり、今の感覚を再確認したり、復唱形式で脱力の暗示を入れるなど
アプローチの方向を変えながら心地いい感覚をゆっくり膨らませます。

「あなたの中にある 余分なものやいらないものが 吐き出されていきます そのたびに あなたの心と体が 落ち着いた状態に入ってゆくことが できるかもしれません」
「それと同時、に あなたの心は 深い深い まどろみ、の 世界に入っていきます」

本編の内容とは特に絡めてこないおかげで雰囲気はとても温かく
先ほど行った運動による軽い疲労も相まって自分の心が落ち着いてるのがよくわかります。
最後の復唱は自己暗示を入れることを狙ってこうされたのでしょう。
自分の言葉なら他人よりもずっと受け入れやすいですからね。

続く女体化は紅音になりきることを目指したパート(約12分30秒)
最初に彼女の容姿や自分がそれに変化していく様子をイメージしてから
胸、お尻、腰など男女の違いが出やすい部分をカウントに合わせて個別に変化させます。
そして最後におまんこやクリトリスの感覚を女性のそれへと変えます。

「少しずつ 乳房が大きくなってゆく」
「おまんことクリトリスの感度が上がり 触れられるととても気持ちよくなります」

女体化誘導として見る分には順当に思えるのですが、本作品のエッチは紅音になりきって楽しむのが大前提ですし
過去作「少女の世界に弾丸を」のように作品独自の要素やイメージを盛り込んだほうが良かったと思います。

最近のKUKURIさんは催眠とストーリーをほぼ絡めずに行ってる関係で
以前の作品に比べて主人公への感情移入度や物語への没入感が下がってると私は見ています。
自分が理想とする女性になりきるなど定まった女性像のない女体化ならこの内容でもいいのでしょうけど
明確なビジョンがあるならそれを活かした誘導をして欲しいです。

リラックスや深化をさせてから女体化へ繋ぐスタンダードな催眠です。
聴き手を紅音になりきらせることを目的に、最初のパートは準備運動からの純粋な催眠誘導
次のパートは女体化と後になるほどそれに近づくように進めます。

現在活動してるサークルさんの中でも最古参なだけあって
誘導の流れが理にかなってますし技術の使い方や暗示の入れ方が丁寧です。
ベースは古典催眠ですが現代催眠を意識した表現も使われていてセリフが柔らかいです。
催眠自体は割と入りやすい部類に属すると思います。

ただ女体化については残念ながらオリジナリティに欠けるかなぁと。
実はこの催眠、サークルさんがひとつ前に出された「夢の終わりに」とほぼ一緒なんです。
両者の違いは物語に関する固有名詞と催眠パートの最後に追加要素があるくらいです。
私は夢の終わりにを既に聴いてたので正直不満でした。
自分がなくなっていく快感
エッチシーンは35分間。
プレイはキス、乳首を擦り合わせる、全身愛撫、手マン、乳揉み、SEXです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「あなたの体が何かに捕まり持ち上げられる そして そのまま何かの中に入れられる」
実の姉「朝霧 まゆら」が所属する敵対勢力に破れ、ファティマの力も奪われた紅音は
謎の生物に丸ごと飲み込まれ、その中にいた人型生物に体を蹂躙されます。

エッチは複数体いる人型生物に拘束されたまま責められ続けます。
前半の19分間はその場の雰囲気に浸りつつ心身を盛り上げることを目指したプレイ。
彼らの中の一人に唇を奪われ、おっぱいやおまんこを中心に全身を愛撫されます。

「全身が燃えるような感覚になってゆく 制服と同じように 液体は少しずつ 少しずつ あなたの肉体を溶かしてく」
自分がどこにいるかもわからない絶望的な状況で得体の知れない生物に責められ
さらに部屋から分泌される粘液に服や体を溶かされる。
彼女が現在いる場所やエッチの相手、そして味わってる感覚を暗示で生々しく伝えます。

これだけを聞くとかなりヤバいプレイに思えるでしょうけど
エッチの相手を務める人型生物はみんな紅音と同じ容姿をしており
粘液についても体が溶ける痛みや苦しみには触れず、気持ちよさを感じさせることに力を入れて進めます。
シチュは独特ですが複数人のレズプレイに近く、その内容も人間同士がするものとほぼ同じです。

「あなたの両方の乳房に手を伸ばす そして楽しそうに揉み始める だんだんと乳房が熱くなる 熱い 熱い 熱い どんどん熱くなる」
またプレイ中に体の熱を上げる暗示が非常に多く、後になるほど手のひらや脇腹に感覚の大きな変化が現れます。
溶かされていく恐怖やスリルをそれ以上の快楽で塗りつぶしていく。
こういった工夫のおかげで希望がないにも関わらずそこまで重い空気にならずに済んでます。

続く後半は紅音の存在を抹消し別の存在へと変える重要なシーン。
偽紅音の中の一人が股間におちんちんを生やし、彼女の処女おまんこを貫いてさらなる快感を与えます。

「快感に飲まれた状態で 意識が少しずつ 少しずつ 薄れていくのに気がつく」
「あなたの中にあった いらないもの 邪魔なものが消えていく それにより あなたの心が満ち足りていく」

おまんこやおっぱいなど全身から襲ってくる快感を味わいながら
粘液によってすべてが溶かされる様子を凄惨さを感じない表現で上手く描いてます。
催眠に深く入った時に味わえる脳がとろける感覚や手足がなくなった感覚を重ね合わせる感じです。
明確な絶頂シーンがないので性的快感よりも催眠特有の感覚を味わわせることを目指してるのだと思います。

このように、悲しい思い出やこれまでの戦闘で汚された心と体を浄化し再構築する独特なエッチが繰り広げられてます。
相反する属性を併せ持つ作品
ブラックなお話をできるだけ聴きやすい形で仕上げた作品です。

何らかの事情で神々の戦争に巻き込まれ、最後に敗北を喫した少女が
敵対勢力が持つ生物の中でエッチし新しい存在へと作り変えられます。
最初から最後まで希望が一切見えない展開、それをできるだけ中和しようとする様々な配慮。
バッドエンド作品にありがちな重いストーリーをセリフの表現である程度軽くしてます。

すべてを暗く重くしたら聴きたいと思う人が相当に絞られてしまいますし
サークルさんなりに考えた結果こういう構造になったのだと思います。
明るい部分がまったくといっていいほどないのに意外と聴きやすいです。
エッチシーンのセリフが状況説明より感度や熱を上げる暗示を重視してるのもあります。

最中は多少気落ちすることもありましたが、最後はスッキリした気分で聴き終えることができました。
エッチの終盤に深化やリフレッシュ系の暗示を多めに入れてくれるからです。
後味が悪くならないようにちゃんと考えてエッチを組み立ててます。

催眠は悪い言い方になってしまいますが過去作の使い回しです。
一部で同じ技法を使う程度ならいいのですが8割方一緒なのはさすがにどうかと…。
夢の終わりにを聴いてない人なら問題なく楽しめます。

エッチは絶頂シーンが特にない点を除けば個性的で面白いです。
性的快感より催眠そのものの感覚が好きな人に向いてます。
タイトルが序章となってますし、今後を見据えてわざとこうしたのかもしれません。

絶頂シーンは0回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:一之瀬りとさん
総時間 1:45:49

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

女体化催眠!  「あらあら可愛いお嬢ちゃんね♪」

サークル「ボトムズ」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、大きな体と逞しいおちんちんを持つ女調教師が
催眠を使って男性を女の子の姿に変え、それから甘く激しいエッチをします。

一般的なレズプレイに催眠とふたなりを盛り込んだ比較的マイルドサービスが行われており
催眠は古典系の技術に目的となる暗示を絡めてゆっくり深化させ
エッチも無理矢理犯すのではなく心と体の準備を十分にしてから気持ちよくイかせます。
ふたなり女性の優しい調教
ふたなり女調教師の奴隷になり犯されるお話。

「あら、気がついた? うふふ。驚かせてごめんなさい」
ふたなり女調教師は穏やかで色っぽい声の女性。
目を覚ました主人公にこれから何をするか教えてあげると
彼を自分好みの女の子にするための催眠をかけます。

本作品は彼女のペットになって女性の快感をたっぷり味わうことを目的に
まずは女体化催眠を通じて女性の体や奴隷としての心構えを身につけてから
前半はソフト、後半はハードなエッチで合計3度の絶頂を目指します。

ボトムズさんは私の知る限り今まで催眠音声を2本製作されていて
残念ながらそのどちらも品質に大きな難がありました。
しかし今回は無料側で活躍されてるササジマさん(願望消火栓)をシナリオ担当に迎えたおかげで
以前よりもずっと本格的な作品に仕上がっています。

挿し絵だけを見るとかなりハードな内容に思えるでしょうけど
実際は彼女が愛情を注ぎながら屈服させる比較的マイルドな路線で進めます。
痛みや苦しみを与えるシーンはほぼなく、女性特有の快感を与え続ける快楽堕ちっぽい調教です。

催眠はおよそ23分30秒間。
最初は彼女の声に合わせて深呼吸したりお話を聴いて心身をリラックスさせます。
作中では特に指定されませんが仰向けに横になって目を瞑るのがいいでしょう。
催眠開始からエッチ終了まで彼女の声に若干のエフェクトがかかります。

「ゆっくりと呼吸をして、私の話を聞いているうちに、きっと全身の力が抜けて 考えるのも面倒になって、体も心もドロドロになってしまう」
「例えば、大空から落ちてくる雨粒。重力に引かれて、落ちて、落ちて、落ちて、地上にぶつかる」

深呼吸の最中にタイミングよく言葉をかけたり、自然に関するイメージに暗示を込めるなど
ふたなり女調教師は早速様々なアプローチをかけて意識の力を少しずつ弱めます。
作品説明文のプロフィールではかなりの悪女となってますが
声や口調は至って上品で彼に対してもあまり高圧的な態度を取らずに接します。

他にもお話の最中に柔らかい表現で彼女に従うメリットを教えるなど
押し付けるのではなく自分からそうなりたくなるように誘導します。
言い回しにも気を遣ってますし、彼女に対して嫌な気分を抱く人は少ないと思います。

お次はカウントを数えて一度半覚醒させ、もう一度数えて深化させる動作を数回繰り返します。
催眠音声では割とよく見かける「揺さぶり」という技法です。

「崖から放り投げられた小石のように、何も考えず全てを任せて落ちていく。一番下の深い所まで落ちて、落ちて、落ちていく」
1回目は前後の暗示を厚めにして入念に、それ以降は段階的に間を短くしながら
「落ちる」などの言葉を多めに投げかける手堅い深化です。
回数が増えるほど半覚醒時の意識のぼやけや深化時の心地いい感覚が強く味わえるでしょう。
カウントの数え方や暗示の言い方にもっと気を配っていればより良くなったと思います。

本題にあたる女体化は最後の7分間。
顔、腕、胸、性器など男女の差が顕著に出る部位に的を絞りそれぞれでカウントを数えます。

「まずは頭から。長い髪、大きな瞳、小さな鼻、柔らかな唇」
進め方はいいと思うのですが、変化後の女性像に関するフォローが特にされてなかったり
容姿の変化にだけ触れておっぱいやおまんこの感覚はこれといった暗示を入れてこないなど
女体化催眠と呼ぶには配慮に欠ける部分がいくつか見られます。

前者は敢えて具体的に言わないことでイメージ力を膨らませようとしたのでしょうけど
それなら「あなたの好きな容姿をイメージしていいわよ」などを言って欲しかったです。
後者も見た目を変えるだけではエッチで気持ちよくなれませんから重要です。

脱力感を通じて男性よりも非力になった気分にさせるところまでは良かったのですが…。
聴き手を女性になりきらせるための工夫がもう少し欲しいです。

古典系の技術をベースに自然な服従を促すシンプルでテーマ性のある催眠です。
聴き手を女の子の姿に変え、尚且つふたなり女調教師の言葉を素直に受け入れられる心にすることを目的に
深呼吸やイメージによる脱力、揺さぶりを使った深化、追加の脱力&女体化と
後になるほど催眠が深まり抵抗力も薄れるように少しずつ導きます。

細かく見ると気になる部分はあるものの、深化させるところまでは十分な品質を持ってると言えます。
ただし催眠の〆を飾る女体化については先ほど書いたように粗さが見られました。
女体化作品で女体化に失敗するとこの後のエッチが成り立たなくなりますから
その可能性をできるだけ減らすための保険をかけても良かったと思います。
最初は優しく、次は激しく
エッチシーンは2パート39分間。
プレイは手マン、クリ責め、クリトリスへのキス、SEX(体位不明)です。

手マン、クリ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「今からあなたにしてもらうのは、とっても気持ち良くて素敵なこと」
催眠を使って主人公を可愛い女の子へ変えたふたなり女調教師は
彼に脚を開かせ綺麗なおまんこを指で優しくいじります。

エッチは終始彼女が責める形で進みます。
最初の「処女を奪ってあげる」は前戯に力を入れてるパート(約25分30秒)。
指でおまんこの外側を十分にいじってから中に差し込み
そのままクリトリスも指や唇で責めて愛液をたっぷり分泌させます。

「ほら、私の指があなたのピッチリと閉じたおまんこの周囲を撫で回す。なんてことのない些細な刺激なのに、何だかとても気持ちいい」
そして彼女はプレイの様子を実況しながら気持ちよく暗示を丁寧に入れて、イメージ力と快感をバランスよく膨らませます。
本作品のエッチは感度を強化する暗示が非常に多く
焦らしや寸止めといったやや意地悪な責めも相まって後になるほど股間がムズムズしてきます。
セリフの邪魔にならないよう効果音の音量を控えめにしてるのも良いです。

エッチに入ってもふたなり女調教師は引き続き優しく接してくれますから
調教されてる感覚をあまり抱くことなく気持ちよくなれるでしょう。
女性の快感を思う存分味わわせて離れられなくする女体化作品らしい調教です。

穏やかな雰囲気に変化が訪れるのはプレイ開始からおよそ24分後。
エッチを通じて奴隷の心をさらに養い、おまんこもぐちょぐちょにしたところで
いよいよ自慢のおちんちんで彼の膣内を一気に貫きます。

「全身の快感が弾けて、頭の中が気持ちよさでめちゃくちゃになり、アクメに達する!」
このパート内のSEXは2分程度と非常に短いのですが
これまでに言葉、暗示、エッチな音を使って心身を十分に盛り上げてることや
穏やかだった前戯から一転して激しく責めるおかげで、股間を中心に熱やエネルギーが一気に高まってきます。
挿入後に流れる「ぱちゅん」というピストン音も激しく、絶頂時の追い込み暗示も力強いです。

まったり責め続けるだけでは奴隷への調教になりませんから
このように落差をつけてイかせるスタイルは効果的だと思います。
ご奉仕っぽいプレイだけど上下関係だけはきっちり維持するところも作品の雰囲気に合ってます。

続く「連続絶頂」は激しさを前面に押し出したパート(約13分30秒)。
先ほどのSEXで彼をイかせたものの、自分はまだまだ射精に届かず欲求不満なふたなり女調教師が
そのままプレイを続けて彼を2回連続の絶頂へと追い込みます。

「7、8、9、10、回数を重ねるごとに快感が積み重なっていって ほら、もっと感じてしまっていいのよ」
「クリトリスを責められる度に鋭い快感が全身に走って、中を責められる度に全身がとろけるような甘い快感が全身に広がる」

1回目は緩めのピストンで、2回目はクリ責めも一緒にとスタイルを切り替え
前のパートと同じく感度の上がる暗示を入念に入れる催眠音声らしいエッチです。
大事な部分をおちんちんで擦られる快感、ご主人様に犯される快感、そして彼女の精液を注がれる快感。
男性では決して味わえない要素をいくつも組み合わせて絶頂へ追い込んでくれます。

このように、多少の調教要素を交えた主観的に楽しみやすいエッチが繰り広げられてます。
マイルドな調教作品
どぎつい描写を極力抑えた聴きやすい作品です。

ふたなり女調教師は主人公を自分好みの従順なメス奴隷へと変えるために
まずは催眠を通じて女性の体を与えつつ抵抗心の除去を行い
それから緩急をつけたエッチで心身両面を自分の虜にします。

安定感のある技術と暗示を組み合わせてしっかり深める堅実な催眠
痛みや苦しみではなく快楽で彼を堕とす甘めのエッチ。
「調教」から連想される激しさや凄惨さをできるだけ匂わせずに彼を手懐けようとします。

「大丈夫よ。また可愛がってあげるから」
音声を聴く前は「最初は優しく接して徐々に本性を現すのかな?」とも思ってたのですが
実際は最初から最後まで気のいい女性であり続けます。
エッチの描写がソフトですし、エンディングもさっぱりしてるのでM性が低めの人でも割と聴けます。
ドMの人が期待して聴いたらおそらく拍子抜けするでしょう。

催眠はササジマさんが過去に出された無料作品に比べるとグレードダウンしてる印象を受けました。
彼が台本だけ担当したのか、それとも演技指導や編集まで手がけてるのかがわからないので
私もそこまで突っ込んだことを書けないというのが実際のところです。

「ねえ。私はあなた好みの主人よ? わかるよね? マゾなんだから?」
エッチはササジマさんがハード系の作品に初挑戦されたこともあり甘さが強いです。
彼女が調教師を名乗ってることや、主人公が作中である程度のM性を持ってると明言されてることを考えると
M心を刺激する描写やアプローチがもう少しあっても良かったかもしれません。
例えば他人に大事な部分を好き放題弄ばれてるシチュや、SEXであっさりイかされてしまった屈辱感などです。

あと連続絶頂パートの最後でカウントを数え、追い込み暗示を入れた直後に音声が終わるのも引っ掛かります。
ドライとはいえ連続絶頂を迎えたのですから、その余韻に浸る時間が30秒程度は欲しいです。

絶頂シーンは3回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上のことから今回はこちらの点数とさせていただきました。
おまけは「中古便器の分際で」パートです。

CV:柚木つばめさん
総時間 1:23:55(本編…1:17:06 おまけ…6:49)

オススメ度
■■■■■■□□□□ 6点


体験版はこちらにあります

TRハウス(TS)

TS heavenさんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、男性の夢を叶えてくれる変わったお店で
アンドロイドが催眠を交えた気持ちいいサービスを提供します。

触手や他の女性ではなく本物の男性に犯される正統派のM向けプレイが行われており
おっぱいやおまんこを責められる純粋な快感はもちろん
男性に体を激しく求められるシチュを通じて幸福感も味わわせます。
ラボへ移動し女性型アンドロイドに魂を移すまでの様子に技術を絡めた催眠も個性的です。

今回は男性バージョンを聴いてのレビューをお送りします。
男女のエッチを反対側で体験
TR1に女体化催眠をかけられ男性に犯されるお話。

「はじめまして、やはり来られたのですね」
TR1は淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
来店した主人公にサービスのコンセプトを説明すると
まずは彼を車に乗せて海底100メートルの地中にあるラボへと案内します。

本作品は男女のエッチを女性側でストレートに体験することを目的に
彼女が彼をラボへ案内しながら催眠を施し、それから背が高く筋肉質の男性に責められます。
サークルさんの過去作と同じくボイスロイドが声を担当しています。

女体化催眠音声は有料無料いずれもかなりの数が存在しますが
触手責め、機械責め、レズプレイといった男性を相手にしないものが多いです。
しかし本作品では最初の時点で男性に愛されることをはっきり定め
それに向けて心と体をバランスよく女性へと近づけていきます。


どうしても苦手な人向けにふたなりサキュバスが相手をするバージョンも一応ありますが
サークルさんは男性バージョンを聴くことを推奨されてます。
男性に犯されるといっても陵辱系ではなく、Mっ気のある主人公を楽しませるためにやや乱暴に責める程度です。
痛みや苦しみを伴う描写はほとんどありませんから、他の女体化音声と同じ感覚で聴けるでしょう。

催眠は5パート42分間。
白いワンボックスカーに乗り込み、リクライニングシートに体を預けた状態で目を閉じ
まずは深呼吸したり周りの情景を思い浮かべて心身をリラックスさせます。

「外は天気がよく、陽気な日差しが差し込んできて心地いいです ほんのりとあたたかな日差しに、思わず頬が緩み、肩の力もぬけてゆきます」
「浮いては沈み 沈んでは浮かび また沈む 全身の力が完全にぬけて、ふわふわ、ゆらゆらと波に漂う」

窓の外から降り注ぐ日光、高速道路の継ぎ目を通過するたびに感じる小さな揺れ
そこから見える海に関する様々なイメージ。
テーマの女体化には一切触れず自然物に暗示を絡めて癒します。

「カタンカタン」「ぷかぷか」といった擬声語を積極的に盛り込んでるおかげでセリフにリズムがあり
イメージのしやすさも相まってホッとする気分が自然と湧いてきます。
主人公が移動する様子をそのまま催眠にしてるところも面白いです。

お次は彼が魂を移し変える女性型アンドロイドの説明を受け
さらに二人のアンドロイドからマッサージされてるイメージを通じて手足をさらに脱力させます。
アンドロイドの正式名称は「TX7-α」ですが作中ではミクと呼ばれてます。

「四つの手で、ぐーーっと、上から下へ圧迫される 腕全体がベッドに押し付けられて動かせない状態 そのまま、ゆっくり押さえられ、腕全体が重くなる」
事前に数回全身に力を入れて抜くのを繰り返してからイメージする複合的な脱力です。
先ほどよりもやや間を取りながら一箇所ずつ丁寧に暗示を入れるのがいいですね。
声優さんの演技にできるだけ近づけようと声や口調の編集をかなり頑張ってます。

車が港に着いた後はいよいよ潜水艇に乗り込みミクと融合するための更なる準備を進めます。
10メートル刻みで潜りつつ深化の暗示を入れて催眠状態を徐々に深め
さらにミクの映像を流して彼女との共通点をひとつずつ増やしていきます。

「体はどんどん重くなるけど、意識はふわっと宙に浮くような感覚がする、あなたの魂と体が、少しずつ離れ始める、あなたはミクになり、ミクとして男性を受け入れる」
潜るイメージにカウントを絡めて深化と女体化を同時に行う珍しいシーンです。
カウント後の追い込み暗示がしっかりしてるおかげで後になるほど頭や体の重さを強く感じます。
特に最後の50メートルはジェットコースターに乗ってるのに近い感覚が味わえるかもしれません。

深化の感覚を体と魂が分離する感覚に例えてミクへ乗り移りやすくするアプローチもテーマに合ってます。
このシーンで全部終わりじゃなく直後に8分程度の時間をかけて女体化を定着させてもくれます。

ラボへ移動しミクと同化する過程に技術を盛り込んだ独特な催眠です。
聴き手の心を男性の体から離しミクに定着させることを目的に
序盤は深呼吸やイメージによる純粋なリラックス、中盤はミクのイメージと更なる脱力
終盤は深化+女体化と段階的にじっくり誘導します。

どのシーンもイメージ力を膨らませるセリフが多く
主人公がどんなものを見てるのかが手に取るようにわかります。
そしてこれは作品への没入感を高めるのにも役立ってます。
最後の深化もきっちり落としてくれますし、催眠にはかなり入りやすいほうと見ています。

女体化についてはエッチで男性にご奉仕する快感や責められる幸福感を強めに味わわせてくれるので
催眠パート終了時よりもエッチシーンでその効果がわかるでしょう。
男性を相手にすることに対してあまり抵抗を感じなくなります。
ちょっぴり乱暴に責められる快感
エッチシーンは2パート28分間。
プレイはハグ、乳揉み、キス、フェラ、クンニ、SEX(正常位)、乳首舐めです。

クンニの際にちゅぱ音、SEXと射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「あなたが服を脱ごうとしたところを、彼が後ろから抱き着いてきました」
TR1の催眠でミクに魂を移すことに成功した主人公は
エッチの前にシャワーを浴びようとしていたところをパートナーの男性に後ろから抱きつかれます。

エッチは男性が主導権を握りお互いに責め合う形で進みます。
前半のプレイタイム01は本番に向けての前戯にあたるパート(約14分)。
背後からのハグと乳揉みから始まり正面に回ってのキス、フェラ、69でのクンニと
体だけでなく心も近づくように相手の体をゆっくり味わいます。

「やわらかく胸を揉まれる 逃げられないのに、やさしく胸を揉まれて、何がなんだかわからなくなってくる 頭は真っ白になり、これからされるいやらしいことしか考えられない」
そしてTR1はセリフのほとんどを聴き手視点で実況し
その中に気持ちよくなる暗示を込めて実際に責められてるイメージと感覚を膨らませます。
彼がやや強引に責めるシーンがあるものの、表現がかなり抑えられてるので辛いと感じることはまずありません。
それよりも自分の体を激しく求めてくれることに満たされた気分がするでしょう。

「やがて、頭がクラクラしてきて意識が飛びそうになった瞬間、さっとペニスを引かれ意識が戻ってくる それを何度も繰り返されると頭の中が朦朧として、ただ、犯されることに幸せを感じるようになっていく」
その部分が最も色濃く出てるのがパート中盤から始まるフェラ。
口に含むと息ができなくなるくらい逞しいおちんちんをミクが嬉しそうに受け入れます。
素の精神状態でこれを聴いたらホモでもない限り嫌な感じがするはずです。
でもきちんと催眠に入っていればそういったことはなくむしろ興奮したり股間がピクピク痙攣します。
男性のままでは難しいプレイを敢えて取り入れることで女体化を強く実感させてくれます。

続くプレイタイム02はお待ちかねのSEX(約14分)。
M字開脚の格好で挿入して最初は動かずに性器の感触を楽しみ
十分馴染んでからはややゆっくりしたスピードでリズミカルに腰を打ちつけます。

「ガンガン突かれることを望むように体が勝手に反応していく おまんこも乳首も更に激しい責めを求めている」
挿入直後のシーンはわざと動かないでミクのおねだりを引き出す焦らしであり
大きなおちんちんを急に動かして彼女を苦しめたくない彼の優しさとも取れます。
彼が単に欲望の捌け口として彼女の体を使ってるのならわざわざこういうことはしないはずです。

彼の行動を通じてその気持ちもなんとなく伝わってくるのが実に良いです。
SEXは一人じゃ絶対にできない行為ですから、相手の存在を強く感じられるほうが臨場感も上がります。

「彼と一つになれたことが嬉しい ぶち込まれ、犯され、屈服させられながら、気持ちよくて、嬉しくて、涙が出そう」
その後のピストンも男性に大事な部分を貫かれる純粋な快感だけでなく
男性に屈服する快感や膣内を精液で染め上げられる被征服感など
精神面の快楽もバランスよくくすぐってドライオーガズムを迎えやすくしてくれます。

絶頂シーンのすべてでカウントを数えてくれるのでタイミングが取りやすく
カウント後の畳み掛けるような追い込み暗示もそれを上手に後押ししてます。
個人的には最後のSEXからの中出しシーンが最もイキやすく感じました。
お漏らしのようなじんわりした温かさが股間に広がり、直後に痙攣が10秒くらい続いて気持ちよかったです。

このように、男性に愛される気分を大事にした一体感のあるエッチが繰り広げられてます。
愛のあるM向け作品
女性の快感をものすごくストレートに味わわせてくれる作品です。

TR1は女体化願望のある主人公ができるだけ女性に近い立ち位置でエッチを楽しめるように
まずはプレイ会場となるラボへと案内しながら催眠をかけ
それから逞しい男性に責められ続けるM向けのプレイを提供します。

物語の世界を語りながら催眠状態を徐々に深めていくイメージ重視の催眠
その状況を活かしつつ男性の気持ちも伝えて相手の存在と温もりを与えるエッチ。
女性の快感だけを追い求めるのではなく、男性と一緒に絶頂へ上り詰めるスタイルで気持ちよくします。

「これが本当の女の快感 ぶちこまれ、犯され、心も体もメロメロに陥落したけど、嬉しくて泣きそうになるくらい幸せ」
自分が男性に必要とされてる、求められてることを強く実感させてくれるので
プレイ中の精神的な充実感がオナニーの時よりもずっと高いです。
セリフの表現や暗示の入れ方も的確で優れてますし
男性とガチでエッチするシチュさえ受け入れられるのならかなりの満足感が得られます。

催眠は作品の世界観を損なわずに深化や女体化へ持って行ってるところが素晴らしいです。
自然物以外のわかりにくい部分は言葉でちゃんとフォローしてくれます。
過去作より明らかにレベルアップしてると感じました。

エッチは多少の強引さや乱暴さを出しつつ大事な部分は優しくします。
愛情の裏返しと言いますか、好きだからこそつい突っ走ってしまう感じです。
状況描写がわかりやすく効果音も鳴るのでプレイの様子を簡単にイメージできます。

絶頂シーンは3回。
淫語そこそこ、くちゅ音とちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

男女のエッチを普段とは真逆の立場で味わわせてくれる作品です。
無料ですから興味を持った方は是非一度お試しください。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 男性バージョン…1:24:51 ふたなりサキュバスバージョン…1:24:52

TS heaven
http://ts-heaven.blog.jp/archives/17490847.html

Best work for Sissy boi 〜女々しいボクにピッタリのオシゴト〜

サークル「キャンドルマン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、税関職員として違法品の取締りをしてる男性が
とある出来事をきっかけに情けないメスへと堕ちていきます。

Sissyと呼ばれる変態マゾになりきることを目指した独特なサービスが行われており
催眠は一般的な作品とはまるで違う方法で没入感や一体感を高め
エッチもふたなり女性に犯される喜び、薬漬けになる快感など非現実的な方法で気持ちよくします。
音量が大きくなるシーンが一部ありますから、普段よりもやや絞って聴くことをおすすめします。
税関職員が持つ裏の顔
ナレーターに催眠をかけられふたなり女性とエッチするお話。

「人は 必ずしも なりたいものになれるわけじゃありません」
ナレーターはやや鼻にかかった穏やかな声の女性。
タイトルの「Sissy」とは何かをわかりやすく説明すると
それに関する物語を読み聞かせ始めます。

本作品は女装したりアナルを責められて感じるSissyになりきってエッチを楽しむことを目的に
彼女が物語形式の変わった催眠を通じてβと呼ばれる税関職員と心を重ね合わせ
それから彼がSissyの快感に目覚め、離れられなくなる様子を疑似体験します。

女装やふたなり女性とのエッチから女体化作品と思う人がいるかもしれません。
ですが作中で女体化の催眠を施すことは一切なく、男性の体のまま心だけをメス化する展開となってます。
ドM向けで大変有名なサークルさんなだけあってエッチの内容もぶっ飛んでおり
うまく催眠に入れればそれこそ脳が蕩けるような甘く激しい快感が味わえます。

この作品を語るうえで外せない最初の特徴は催眠のスタイル。
深呼吸をしたり、体をパーツごとに脱力するといった既存の誘導方法からほぼ脱却し
ストーリーや細かなセリフを駆使して後になるほど没入感が高まるように語り掛けます。

催眠を始めるタイミングはさすがにわかるのですが、エッチとの繋ぎ目が曖昧になっており
実際に聴いてみると「気づいたらいつの間にか催眠に入ってた」みたいな体験をすると思います。
特定のシーンで一気に入るというよりは、後になるほど集中力がどんどん増していく感じです。
作りがかなり独特なので当サイトでは催眠にある程度慣れてる中~上級者におすすめします。

もうひとつの特徴は音響効果を活用してること。
催眠パートの時点ではほとんど使用しませんが
エッチに入ると「さわさわ」「くちゅくちゅ」といった擬声語をエフェクトのついた声でタイミングよく発し
絶頂シーンが近づくにつれてそれが大きくなったり重なり始めます。

冒頭で「音量を絞ったほうがいい」と書いたのはこれが原因です。
特に絶頂の瞬間や終盤のパートはこれらを積極的に活用して陶酔感や性感を盛り上げてくれます。
絶頂シーンで雷に打たれたような感覚がする人もいるでしょうね。
催眠、エッチいずれも個性が強く楽しんで聴くことができます。
Sissyへの興味を掻き立てる催眠
催眠は2パート60分間。
仰向けになって目を瞑り、Sissyに関する説明を受けてから
まずは自分がふたなりおちんちんをアナルに挿入されてる様子をイメージしながら体に力を入れます。

「最初はさすがにきついと感じるかもしれません 大きな異物感から ぎゅーっと全身に力が入るでしょう」
「だけど 入れられた後は 気持ちいいところを余すところなく刺激され どんどん力が ふにゃーっと 抜けていくことでしょう」

本作品のエッチはアナルSEXがメインになるので
それを無理なく受け入れ、気持ちよくなる心がとても重要になります。
この時点ではまだ準備運動に過ぎませんから言われた通りにするだけで大丈夫です。
後々のシーンで同じ動作をした時に脱力感や自分の気持ちの変化に気づくことになるでしょう。

お次はいよいよ本題となる物語が始まります。
いつも通り税関の仕事をしていたβがとある一枚のCDを発見し
その調査を名目に自国の特別区へと足を運びます。

「脳裏をよぎるたびに体の中で 奇妙な熱がくすぶる感覚が じわじわと大きくなっていきます」
この世界ではふたなり女性が普通に存在する設定となってますが
それは隣のF国の話であって彼の国にはほとんどいません。
だから美しい体とは不釣合いな逞しいおちんちんを持つ彼女たちに軽い興味を抱きます。
その様子をナレーターが主観視点で語り、まずはSissyに対する抵抗心を削ぎ落とします。

「ふたなり女性に掘られる」と聞くとヤバいお話に感じる人もいるでしょうけど
そこに至るまでの進め方や雰囲気は本当にマイルドです。
βとの一体感をできるだけ得られるように聴き手の心を彼に少しずつ近づけていきます。

特別区に到着した後はいよいよSissyへの第一歩を踏み出します。
偶然見つけた風俗店で女装のサービスを受け
そこに所属するαという名のふたなり女性にアナルバージンを捧げます。

「メスになっていくというのに たまたまもおちんちんも 嬉しくって堪らないとばかりに 奇妙な柔らかさを保ったまま ヒクヒクと震えているのがわかります」
「女の子みたい などと言われることは かつては侮辱でしかありませんでした しかし 今感じているこの感覚は 確かに喜びと幸せでした」

店長にあたるQにメイクを受け普段とは違う自分に生まれ変わっていく様子や
それらを通じてβが抱いてる感覚を暗示の形で上手に伝えてくれます。
聴き手が好印象を抱く表現を徹底してますから、こういうプレイにあまり興味が無い人でも違和感なく聴けるでしょう。
厳格な環境で生まれ育ってきた男性が新しいモノに触れる様子を活き活きと描いてます。

女装後に始まるαとの初プレイは催眠の総仕上げとエッチの序盤を兼ねてるシーン。
地下室にある特別な部屋へと移動し、そこで彼女にリードされる形でアナル開発を受けます。

「絶え間なく流し込まれる安堵感 脱力感 そして快感」
「あれで触られたら 一体どんな感じがするんだろう?」

頬、肩、脇腹、内腿を優しく撫でて心身の緊張をほぐしてから
アナルの周辺→入り口→内部と一歩ずつステップアップする感じで指を挿入していきます。
その優しい態度とリードを聴いてるうちに幸福感が自然と湧き上がってくるのを感じました。
女性に責められるシチュを通じてメス化をさらに推し進めてます。

βの体験を辿りつつリラックスや集中力の向上を図る非常に変わった催眠です。
聴き手の心をβと一体化することを目的に、Sissyに関するお話や軽い運動で心身を軽くほぐしてから
彼のお話を主観視点で語りつつ心にプラスに働く暗示を入れて受け入れやすい環境を整えます。

既存の作品とは全体の構造や流れが随分違うため、催眠っぽさをあまり感じないと思います。
ですがαの前戯を受けるあたりに差し掛かると自分がこのお話にのめり込んでるのを実感するでしょう。
私の場合も意識のぼやけはそこそこで、脱力感や集中力の高まりを強く感じました。
面白いテレビや映画を観てる時の感覚に近かったです。
声と音の沼に飲み込まれていく快感
エッチシーンは3パート37分間。
プレイは全身愛撫、アナル責め、アナルSEX、乳首責め、キメセクです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「つるんと ぬぷっと カリが全部入ったのがわかりました」
指によるマッサージや挿入でβのアナルをとろとろにほぐしたαは
いよいよ巨大なおちんちんをゆっくり差し込んでいきます。

エッチはどのパートもふたなり女性がリードします。
一番最初の第2部はαとのエッチの続き(約17分)。
彼女のおちんちんをアナルで受け止め、中をかき回される様子をナレーターが主観視点で語ります。

「ただ蹂躙されるだけ そしてそれこそが幸せ」
「どちらがオスとして優れているかなんて 笑ってしまうほどに一目瞭然です」

ここでも聴き手のメス化を促すセリフが多く、ふたなりに大事な部分を弄ばれる女々しい快感が強めに味わえます。
ただ、この物語のエッチにβ以外の男性は登場しませんから後に強く残るほどではありません。
彼女たちも彼のそういう姿を一切見下さず、むしろもてなす感じに接します。
Sissyが持つプラスの部分だけを抽出した大変穏やかなプレイです。

最初の方に説明した音響効果もこのあたりから存在感を表し始めます。
ピストンの際は「パンパン」、射精は「どぴゅどぴゅ」と馴染み深い擬声語を採用し
それをプレイの様子に合わせてリズミカルに鳴らす凝った演出がされてます。
射精シーンの盛り上げ方には特に力を入れており、これらの音に合わせて股間のエネルギーが自然とせりあがってきます。

背徳要素が強くなるのは次の第3部から。
Sissyの特性に目覚め、ふたなりおちんちんにすっかりハマってしまったβが
何度も何度も風俗店へ通った結果借金を背負い込み、Qに紹介された裏の仕事に励みます。

「ひとりでに溢れていった涎を 中で脈打つそれに 舌で絡めていくと まさぐるように ゆっくりと中をかき回されて 征服され 支配される喜びが 体をゾクゾクと震わせていきます」
普通なら女性におちんちんを咥えてもらうはずの自分がおちんちんを嬉しそうに咥え込む。
厳しい状況に陥ってるにも関わらず、βは引き続き己の欲求に素直な行動を取り続けます。

本作品のエッチは純粋な快感だけでなく精神面の快楽も与えることを目指しており
第3部以降は彼が人間として堕落していく、あるいは薬物中毒に陥る感覚を味わわせるアプローチが登場します。
具体的には後になるほど女性たちの声がこだましたり音響効果が強くなります。
後ろめたさや背徳感を抱きながら絶頂することになるので、普通のドライよりも得られる快感は強いです。

その成分を最も多く含んでるのが最後の第4部(約10分)。
自力では返済できないレベルの借金を抱えたβにQがとある破滅的な提案を持ちかけます。

「じゅわーっと ふわーっと すべてが真っ白になっていく絶頂感が 中にジュクジュクと染み渡っていきます」
聴く楽しみが薄れるでしょうから詳しい内容は伏せさせてください。
実プレイ時間は10分と短めですが、その前に20分程度の会話で心をとことん煽ってくれるので
開始直後から今まで以上に高密度の快感を断続的に味わうことができます。

このように、男らしさを徹底的に打ち砕きながら気持ちよくするテーマに沿ったエッチが繰り広げられてます。
中上級者向けの作品
人を選ぶもののハマれば強烈な快感が得られる大変尖った作品です。

興味本位で怪しい風俗店を訪れ、その快感から離れられなくなってしまう男性の心情を
催眠の技術や面白いストーリーを通じてとても身近に味わわせてくれます。

できるだけ女性に寄せた立ち位置でエッチするスタイル
女性でありながら立派なおちんちんを持つ存在に蹂躙される展開。
男性としての自分をとことん貶めることでSissyの気持ちに近づけようとします。

「そんな侮辱と憐憫すら βにとってはもはや 快感を増幅させるスパイスにしかなりませんでした」
しかもそれをMな人ならご褒美と受け取れる表現にしてるのが素晴らしいです。
「お前は男としてダメだ」とか言われたら当然凹むしナレーターに良い印象は抱けません。
このへんを優しく包み込んでエッチに没頭できる流れへ持っていくところにキャンドルマンさんの底力を感じました。
扱いが難しい素材を上手に料理してるからこそこの作品は成り立ってます。

催眠は過去作「おゆうぎのじかん」っぽい流れをさらに磨き上げてます。
自分が催眠に入ったかどうかがややわかりにくくなってる部分を、最初にやった運動を適度に挟むことで補ってます。
脱力系の暗示をそこまで入れてこないのに繰り返すほどぐったりしてるのがわかります。
セリフの描写も洗練されておりβとほぼ同じ視点で物語を楽しむことができます。

エッチは最初は純粋な快楽を、その後は自分が壊れていく快感も一緒に味わわせます。
後半はキメセクが絡んでくる関係で耐性が無い人には重く感じるかもしれません。
ただ聴いた後もブルーにならないようにとの配慮はされてます。
ドMな人なら相当に満足できるのではないでしょうか。

絶頂シーンは9回。
淫語そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

変わったプレイを疑似体験させてくれる面白味に溢れた作品です。

CV:井上果林さん
総時間 2:15:14

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります

TSヒプノエクスタシー(性感開発レッスン)

TS heavenさんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、礼儀正しくて気配りもできる生体アンドロイドが
催眠を使って女性だからこそ味わえる強烈な快感を提供します。

「全身性感帯」をテーマにしたきめ細かなサービスが行われており
催眠は作品独自の要素を交えながら心→体の順に少しずつ女体化を進め
エッチは後になるほど責める範囲を広げて女の悦びを骨の髄まで教えます。
全身でイク気持ちよさを
生体アンドロイド「TSスリー」からエッチなサービスを受けるお話。

「ようこそ、女体化、M性感マッサージ「ヒプノエクスタシー」へお越し下さいまして、誠にありがとうございます」
TSスリーは淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
再び来店した主人公に丁寧な挨拶をすると
彼好みの容姿になってお店やサービスのことを説明します。

本作品は女性になりきって様々なプレイを楽しみ強く激しくイクことを目的に
彼女が1時間40分近くをかけて女体化催眠と3種類のプレイを提供します。
TS heavenさんは今回が2作目にあたる新しいサークルさんですが
女体化に対して並々ならぬ情熱を持っており独自のスタイルでドライへと導きます。

今回彼女がするサービスのテーマは「全身性感帯」
男性が日常的に味わってるおちんちんを中心とした刹那的な快楽ではなく
頭部から股間にかけての広い範囲に渡り広く深い快感を与えようとします。

「1たす1が2の快感ではなく、1たす1が4の快感、1たす2が10の快感という風に、それぞれの性感帯を同時に刺激されることで、普段の何倍も気持ちいい体にしてあげますね」
乳首を開発してる人ならわかると思うのですが、オナニーする際におちんちんだけをいじるよりも
おちんちんと乳首を同時にいじるほうがずっと気持ちよくなれます。
その原理を利用して作中では彼女とサポート役のアンドロイドが複数個所を同時に責め立てます。

いきなりガンガン責めるのではなく、一歩ずつステップアップする形で丁寧にリードしてくれますから
女体化催眠にある程度慣れてる人ならかなりの快感が味わえると思います。
初心者の方は他の作品で多少経験を積んでから聴いたほうが楽しめるのではないかなと。
特殊な機械でバッチリ女体化
催眠は5パート47分間。
一番最初の「プロローグ」は女体化催眠を受けやすくする準備。
女性の性感や全身を性感帯にするにはどうすればいいかを話し、そうなった時の自分をイメージします。

「一般的に全身が性感帯になるというのは、おまんこと乳首に加えて、耳や口、首筋、背中などが気持ちよくなる状態と言われています」
「きちんとトランス状態に入ることが出来れば、それはそんなに難しいことではないとお分かりいただけると思います」

男性にとっては「全身で感じる」と言われてもあまりピンと来ない部分があると思います。
だから彼女は催眠を始める前にはっきり伝えて興味を引いたり取り組みやすい気持ちにさせます。
何らかの技術を用いるわけではありませんが、彼女との信頼関係を構築する重要なシーンです。
こんな風に彼女は全編を通じて聴き手の「心」に対するケアを重視しながらサービスを進めます。

本格的な催眠が始まるのは次の「催眠誘導01」から。
彼女の指示に従って目の周りや首筋、鼠蹊部などを指で優しくマッサージしたり
挿し絵にある皮製のライダースーツをを着た彼女のフロントジッパーを上げ下げするイメージをします。

「後頭部から肩にかけて、力が、すーーーっと、抜けてゆく。そして、頭の中がぼおーーっとして、あなたの意識の力が落ちてゆきます」
マッサージは疲れの溜まりやすい部分やエッチで重要になる部分の血流を良くするだけでなく
リラックスできる暗示も絡めて心身両面を同時に解きほぐします。
作品ページにマッサージする部位の画像があるので事前に見ておくといいでしょう。

「そうです、ゆっくり両方の手で私の胸にローションを塗り広げてください。私の胸のふくらみと、女性特有の柔らかさを感じてくださいね」
ジッパーを上げ下げするイメージは女体化への第一歩。
TSスリーの体を使って女性の丸みを帯びた体や柔らかな感触を確かめます。
同時に自分が女性になった気分にさせるセリフを復唱するなど
まずは体よりも心へのアプローチを優先して女体化を進めます。

ジャンルが女体化、しかも女性の快感を全身で味わうのが目的なだけあって
彼女は多くのシーンでイメージ力が自然と膨らむように働きかけます。
その方法も個性的かつ合理的ですし、多くの人がやりやすいと感じるのではないでしょうか。

そして終盤の2パートで女体化をより確かなものにします。
「深化」パートではビルの5階から地下5階へと移動する様子に暗示を絡めて意識の力をさらに弱め
「女体化」パートはCTスキャンのような特殊な機械に振動音を交えて
頭の上から足先にかけて少しずつ理想の女性の姿へ変えていきます。

「あなたはM字開脚にされて、TSスリーに、クリトリスを責められ、喘ぎ声を上げています。そして、もう一人のアンドロイドに両方の乳首をつままれ、快感の喜びに打ち震えています」
深化は階段を下りるイメージにカウントを絡めた割とよくあるものなのですが
その中にTSスリーに責められる自分の様子を盛り込み女性になった気分をさらに固めます。
重さを感じさせる暗示が多いので手足を中心にぐったりした感覚がするでしょう。

「股間がスッキリして、アソコが軽くなりましたね。睾丸が無くなると、本当に股間が軽くなります」
「胸の上に水の入った袋を置かれているような感じがします。あなたは乳房の重さを感じとる」

女体化は顔や髪、肩、首から腰にかけて、股間、脚の順に姿が変わっていく様子を実況します。
男女の違いが最も出やすい胸や股間に対して暗示を厚めに入れてくれるのがいいですね。
おちんちんがなくなれば股間は当然軽くなりますし、胸は逆に重さを感じるはずです。
視覚だけでなく感覚の面からも変化を感じさせてくれるおかげでなりきりやすく感じました。

エッチを存分に楽しむ環境作りに焦点を絞った面白い女体化催眠です。
聴き手の心と体を敏感な女性にすることを目的に、序盤はカウンセリングやマッサージで自然なリラックス
中盤はTSスリーの体や自分が女性になったイメージで心の女性化を
終盤は機械を使って上から下まで体を女性に変えてそれに馴染ませます。

女体化催眠にとって重要な「女性になりきる」ことに細心の注意を払って進めるのがとても良いです。
催眠の技術に関しても十分なレベルを持ってますし
少なくとも普段の自分とは何かが違う存在になった気分がするのではないでしょうか。
そしてその効果をエッチで嫌と言うほど思い知ることになります。
快感の幅を少しずつ広げていくエッチ
エッチシーンは3パート37分ほど。
プレイは耳責め、乳首責め、ローターによるクリ責め、キス、イラマチオ、SEXです。

耳責め(ごく一部)、乳首責め、クリ責め、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

「まずは耳を性感帯にします。レッスンと言っても、既に感じる耳になっているので、少しだけイメージしてもらうだけです」
催眠をかけて主人公を立派な女性へと変えたTSスリーは
全身性感帯になるトレーニングの手始めに耳を責めます。

エッチは彼女やサポート役のアンドロイドに責められ続けます。
最初の「プレイタイム01」で彼女が責めるのは耳と乳首(約12分)。
それぞれのどこをどのようにいじってるか細かく実況しながら気持ちよくなる暗示を丁寧に入れます。

「そう、そこは耳のクリトリス。そのぷくりと膨らんでいる部分をなぞられた瞬間、首筋から乳首とクリトリスに電流が走る」
耳はツボが集中してる部位なのでいじると気持ちいいのは間違いありません。
でもおちんちんやおまんこに比べると性感帯としての重要度は低いです。
そこで彼女は耳をおまんこに見立てて擬似SEX風に責められる快感を伝えます。

私が聴いた時も股間の筋肉が勝手に痙攣してもわっとした温かい快感が断続的に広がりました。
その後に行う乳首責めでは快感を腕に伝播させる暗示を入れるなど
性感帯という点を線で結んで全身へと徐々に広げていきます。

続く「プレイタイム02」は女性にとって最も敏感なクリトリスの開発(約13分)。
吸盤状になってるクリ責め専用のローターを使い根元、左右、先っぽを適度に刺激します。

「クリトリスの頂点にローターの先端を突きさすように当てられる。刺されると同時に、強烈な電流がジースポットを砕き、潮を吹きそうになる」
「快感が爆発して、電流が脳天に突き刺さる。ジースポットが暴発して、シャーーっと潮が吹き出る。下腹部と足腰がビクビク痙攣して、あなたは仰け反る」

男性では味わえないタイプの快感を存分に楽しんでもらおうと
TSスリーは今まで以上に繊細かつ直感的な暗示で女性の快感を伝えます。
乳首をいじった時に近いピリッとした快感が走りました。
パート後半に入ると乳首責めが加わりさらに激しくなります。

ローターの効果音もずっと当てるのではなく少し当てて離すのを繰り返すリアルなものです。
ただ結構音が響くので無しのほうが彼女の声やイメージに集中しやすいかなぁと。
ローター音だけ鳴らないバージョンも入ってます。

そうやって準備を整えてから最後の「プレイタイム03」で全身性感帯を仕上げます。
TSスリーは耳とおまんこ、サポート役のアンドロイドは彼の口を同時に責めて連続絶頂へと追い込みます。

「ギリギリとした圧迫感が下腹部の中まで襲ってくる。おまんこの入口もおなかのなかもおちんぽで押し広げられる。ズンと最後のひと突きをねじ込まれ、ポルチオから子宮に衝撃が伝わり、体の中がグワングワンと揺さぶられる」
大事なところにおちんちんが入ってくる快感、膣内の性感帯を刺激される快感
そして複数の性感帯を同時に責められる快感。
これまで育ててきた成果をそのまま引き継いだ激しくて密度の高いプレイです。

このように、女性の快感を教えながら絶頂へと導くテーマに沿ったプレイが繰り広げられてます。
幅広い快感が味わえる作品
女体化、エッチいずれも高い水準を誇る作品です。

TSスリーは主人公に女性の快感をより強く、より深く味わってもらおうと
催眠を使って外見だけでなく内面も女性へと変えていき
それを維持したまま男性の時とは違うタイプのエッチで絶頂させます。

女体化催眠が時間、内容共に充実してるおかげで催眠に入りやすく
最中のアプローチも女体化を意識したものが非常に多いです。
女性の気持ちから入るので完了後の違和感があまりなく、彼女たちの責めもすんなり受け入れられます。

「それでは、また、私に会いに来てくださることを楽しみに待っています」
エッチの中盤以降でややハードに責めるシーンもありますが
彼女はあくまで彼のためを思ってそうしているに過ぎません。
機械から連想される無慈悲さや強引さは特に感じられず責められる快感だけを純粋に楽しめます。

催眠は前作に比べて女体化の錬度が上がってるように映りました。
導入や深化と女体化を個別にやるのではなく複雑に絡めて女性になった気分を膨らませます。
女性像は自由に決めていいと言うなど、聴き手がやりやすく感じるように気を配ってるのも魅力です。

エッチはテーマを見据えて複数個所を同時に責めたり感覚をリンクさせながら進めます。
時間に対するプレイの密度が高く絶頂回数も多いので
女体化にある程度慣れてる人なら強めの快感を長めの時間に渡って味わえるでしょう。
私個人は一番最初の耳&乳首責めが最も気持ちよかったです。

絶頂シーンは5回。
淫語それなり、くちゅ音(ローター音含む)とちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声はありません。

女性の快感を独自の方法で追及した質の高い作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非一度お試しください。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 通常版…1:38:31 二回目以降短縮版…1:29:46

TS heaven
http://ts-heaven.blog.jp/archives/14778194.html

魔法少女☆プリズムエンジェル

魔法少女☆プリズムエンジェル(前編)」に引き続いての後編です。
今回は2章の楓編、3章の舞編を中心に紹介します。
魔法少女からメス犬へ
楓編の構成は5パート60分ほど。
最初の3パート17分間は蓮華編でもあった女体化と武器を扱う練習
そしてプリズムエンジェルの側に立って蓮華と戦う様子を楽しみます。

「あなたの意識が楓の 中へずーっと 入り込んでいきます」
「その場で 右手を軽く振るたびに ロッドから魔法を発動することができます」

女体化は心臓の鼓動を聞きながら自分の心と彼女の体を融合させるイメージをし
それからカウントと同時に階段を一歩ずつ降りて女体化を定着させます。
続く武器の練習もプリズムロッドを実際に掴む感じで手を握り、的を射抜くイメージをします。

本作品の女体化や練習は3章いずれもほぼ同じ流れで進みます。
普通は分けて聴くことになるでしょうからこのほうがやりやすいとサークルさんが判断されたのでしょう。
女体化を済ませてからさらなる深化へ進む堅実なアプローチです。

「破片が あなたにぶつかりそうになる瞬間 二人は光に包まれ 光の国マジカルランドへ飛ばされます」
また楓編ではドラマパート終了後からエッチが始まるまでのおよそ7分間に渡り
彼女と舞がプリズムエンジェルになった経緯やその変身風景が綴られています。
ここでは光のイメージを通じて体を温める暗示を入れてくれますから
うまく催眠に入っていればお腹のあたりがぽかぽかするでしょう。

同じ出来事に対しても主人公ごとに違った視点で物語を描いたり
戦うに至った背景や心情を細かく描写することで没入感をさらに高めてくれる
わけです。
実際に聴いてみると同じシーンでも違った印象を抱くでしょう。
ひとつの作品の中で複数の女性になりきらせる試みも非常に面白いです。

楓編のエッチシーンは32分間。
プレイは触手による全身愛撫、乳首責め、豊胸、媚薬を飲ませる、おまんこ責め、アナル責め、ふたなり化、おちんちん責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありませんが射精表現はあります。

「ずるずると何かが迫っている音がします それは 無数の触手を持つ妖魔です」
蓮華との戦闘中に気を失い、別の敵幹部「アイズ」によってダークランドへ連れて行かれた楓は
宙釣りにされたまま触手型妖魔に全身を蹂躙されます。

エッチは捕虜への懲罰として触手にひたすら責められ続けます。
前半の15分30秒間は清純な楓の心を堕とすことを見据えたプレイ。
複数の触手が全身をまさぐりながら媚薬効果つきの白濁液を塗りたくり
感度が多少上がったところでおっぱいや口にターゲットを絞り抵抗力を奪います。

「触手がくねるたびに あなたの柔肌がゾクゾクします それと同時に 体の力が吸い取られていく感覚がします」
「乳房が生温かく ぬめぬめした感覚に襲われます」

そしてお姉さんは今何をされてるのか、どこをいじられてるのか
それによってどんな快感が得られるのかを言葉で上手に伝えます。
現実世界ではできないプレイなのでイメージを膨らませやすい言葉を選び
聴き手が説明的に感じないよう表現を柔らかくしたり暗示とのバランスにも気を配ってます。
これまでに温感操作の暗示を多めに入れてたのは、触手の温もりをリアルに感じさせる意図があるのだと思います。

女体化催眠の老舗サークルさんなだけあってこのへんの匙加減は絶妙です。
時間をかけて催眠を深め、女体化・武器の練習・ドラマで楓とのシンクロ率を上げてきた成果を
快感や幸福感で存分に味わわせてくれます。
無理矢理犯すのではなく、聴き手をやる気にさせてから気持ちよくする流れも取り組みやすくて良いです。

「だんだんと乳房が重くなります 乳房がどんどんと大きくなります それに合わせて感度も上がっていきます」
プレイのほうで面白いのはおっぱいの肥大化。
触手の先端が開いて楓のおっぱいにしゃぶりつき、しばらくすると爆乳サイズにまで大きくなります。
アイズにとって彼女は敵ですから無様な姿にして心を折りたかったのでしょう。
プレイ自体は快楽をとことん注ぎ込み、その一方で心への責めをちょっぴり背徳的にしています。

続く後半はいよいよ下半身を徹底的に責めます。
すっかり濡れそぼったおまんこに極太の触手を挿入し、少し経つとアナルとクリトリス責めが加わり
さらにクリトリスをおちんちんに変えて男女両方の快感を同時に与え続けます。

「おまんこの奥まで ズンズンと突き上げてきます そのたびにメス犬魔法少女であるあなたの体は震え 喜びに包まれます」
「触手の奥から 細い触手が伸びてきます その触手はおちんちんの尿道をつつきます そして一気に尿道の中の精巣に達します 触手は精巣から精液を吸い始めます」

サークルさんが音声の妨げになると判断されたのか、効果音やちゅぱ音は特に鳴らないものの
楓が激しく責められ、それらすべてに快感や幸福感を得ている様子をリアルに楽しませてくれます。
触手に穴という穴を犯される快感、それを敵に見られる快感、そして魔法少女だった自分がメスに堕ちる快感。
ストーリーや人間関係を盛り込みつつ心身をバランスよく責める独特なプレイが繰り広げられてます。

激しいけどグロさを最小限に抑えてある聴きやすいエッチでした。
終盤の絶頂シーンは無理に射精しなくても十分気持ちよくなれます。
そして事後は悪堕ちによる後味の悪さを少し感じることになるでしょう。
効果音やちゅぱ音を一切使わずにここまで生々しくイメージさせてくれるのも素晴らしいです。
親友との絆を取り戻すために
最終章の舞編は5パート65分間。
過去2章と同じく女体化と練習パートを挟みドラマパート、エッチパート、エピローグと続きます。
女体化と練習はほぼ同じ内容なので省略します。

蓮華「大丈夫だよ これからも私が舞のこと 守ってあげるから」
ドラマパートはプリズムエンジェルになった舞がアイズと戦う様子に加えて
蓮華が敵に回った経緯が事細かに語られています。
蓮華編を聴いた時点ではよくわからなかった部分も教えてくれますから
舞、楓、蓮華の間にある複雑な人間関係を理解するのに役立ちます。

ドラマパートの後に始まるエッチは21分間。
プレイはスライムによる乳首責め、おまんこ責め、アナル責めです。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

「粘液がプリズムエンジェルのコスチュームに触れます するとじわじわとコスチュームが溶け始めます」
アイズとの戦闘で劣勢に陥り彼女の作り出した世界へ飛ばされた舞は
そこにいた大きなスライムにコスチュームを溶かされ、おっぱいやおまんこを執拗に責められます。

エッチは身動きが取れなくなった舞をスライムがねっとり襲います。
楓編に比べるとアブノーマル要素は低いものの、処女のおまんこにスライムが侵入し中を犯す展開や
耐えようと頑張ってた心が快楽に侵食されていく様子に多少の背徳感を覚えます。

「全身の感度が高まり かーっと熱くなります」
「侵入しているスライムの動きが速くなります おまんこがとても熱くなります それによりあなたの体に快感が襲ってきます」

また温感操作の暗示を多めに入れたり沈黙を適度に挟んで感度を上昇させるなど
楓編との違いが出るように異なるスタンスで快感や幸福感を膨らませます。
ただし、舞編はエッチよりもドラマ性を重視した内容になってることから
プレイの過激さや得られる快感は他の2章に比べて弱く感じました。

エッチの終了後に16分程度のお話が始まりますし
物語をスッキリ終わらせるための過程としてこのプレイをしてるように映りました。
このように魔法少女を犯し、汚す快感を主観的に味わうプレイが繰り広げられてます。
熱中できる作品
3人の主人公になりきってお話やエッチを楽しみやすい作品です。

プリズムエンジェルとしてダークランドと戦い続ける舞と楓
そして舞の親友でありながらダークランドの戦士になり彼女たちと戦う蓮華。
複雑な情勢下にある少女たちの心情や行動を彼女たち自身にとても近い視点でお姉さんが語ります。
またそれを成し遂げるために作品のイメージを盛り込んだ催眠を施します。

各章に共通して言えるのは主人公になりきらせることにとにかく力を入れてます。
まず催眠がしっかりしていて入りやすいですし
その後から始まる女体化やドラマもエッチに熱中できるように異なるアプローチをします。
練習パートで彼女たちが使用する武器ごとに違った指示を出すのがいい例です。

エッチシーンは3章合わせて全体の32%程度とそれほど長いわけではありません。
ですが催眠状態を維持しつつ彼女たちの視点や心情を持った形でエッチに臨めるので
実時間以上に満足できる、気持ちよくなれる可能性が高いです。
特に2章の楓編は激しい責めと快楽堕ちを組み合わせた濃いプレイで大変満足しました。

敵に犯されるといっても相手は人外ですし、セリフ周りもグロさを感じないよう気を遣ってます。
体を火照らせ感度を何度も強化してから連続絶頂に追い込む流れも実用的です。
豊胸やふたなり化を受け入れられる人なら問題なく聴けるのではないかなと。
最後まで聴けば3人がそれぞれに対して抱く思いも自然とわかります。

絶頂シーンは楓編が6回、舞編は5回。
淫語それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

魔法少女たちが戦い、感じ、堕ちる姿を追体験できる作品です。
219分で1200円ならコスパも十分良いと言えます。
以上を踏まえて本作品をサークルさんでは初の満点とさせていただきました。

CV:涼貴涼さん
総時間 3:38:58(共通パート…43:12 序章…50:38 2章…59:55 3章…1:05:13)

オススメ度
■■■■■■■■■■ 10点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は9点。
コスパで+1してあります。

魔法少女☆プリズムエンジェル

サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、同じ学園に通う3人の魔法少女が
愛し合ったり敵同士になって戦う様子を彼女たちになりきって楽しみます。

リラックスと催眠状態を深めながら物語の世界に少しずつ引きこんでいく催眠
章ごとに異なる少女の視点でプレイを実況し快感を得るエッチなど
催眠ボイスドラマならではのキャラやストーリーを重視したサービスが味わえます。

総時間が3時間39分と非常に長いため2回に分けてお送りします。
(前編は催眠パートと蓮華編、後編は楓編と舞編です)
昨日の友は今日の敵
虹野 舞、川澄 楓、小幡 蓮華になりきりエッチするお話。

「それでは 私の声に 耳を澄ませてください」
お姉さんは穏やかで落ち着いた声の女性。
案内役として音声を聴く際の注意事項を簡単に説明すると
自分の声に耳を傾けイメージを頭に思い浮かべるよう呼びかけます。

本作品は大きく3つのシーンに分かれており
序章は蓮華、2章は楓、3章は舞と主役を切り替えながら
それぞれにまずは女体化の催眠を施し、物語の世界にしっかり引きこんだ後に異なるエッチをします。
各章は内容が完全に独立してますので3回に分けて聴くのがいいでしょう。
催眠や解除も含めて1章あたりの時間は90分程度となってます。

3人の関係は舞と楓が同じ学園の先輩後輩にあたり
プリズムエンジェルとして闇の国ダークランドと日々戦っています。
蓮華は舞と幼馴染&同級生という親密な関係にありますが
とある出来事をきっかけにダークランドの女神コッペリアに操られ、舞や楓と戦うことになります。
今回紹介する蓮華編は彼女が敵方についた経緯を彼女になりきって楽しむわけです。

各章に入る前に聴く催眠パートはおよそ34分間。
仰向けに横になり、まずは目を開けたまま合図で全身に力を入れたり脱力するのを数回繰り返し
天井の一点をじっと見つめカウントに合わせてゆっくり目を閉じます。
このパートと解除パートは各章共通です。

「その目印を見つめていると だんだんと 目印の大きさや 形が変化していることに気づきます」
暗示は力が抜けた時に軽く入れる程度に留め
その代わりに筋肉を適度に収縮させたり目の周りに軽い疲労を与えて自然な脱力を促します。
さらに夏の海にぷかぷか浮かんでるイメージをのんびり話すなど
序盤は作品の世界と無理に絡めずリラックスさせることに力を入れて進めます。

本作品らしさが出始めるのはその後から。
夕暮れに川べりを散歩してる途中で舞や楓とすれ違い
雨宿りに近くの公園へと移動し、彼女たちが持っていた箱やブランコをこぐイメージをします。

「満月はとても綺麗で 魅力的です 時間が経つのを忘れて ぼーっと眺めてしまいます」
一人でも多くの聴き手が作品の世界に入れ込めるようにと
お姉さんは周りの情景を細かく話し、その中に意識の力がさらに弱まる暗示を入れます。
このシーンで流れるピアノBGMも雰囲気に合っていて癒しを感じます。

数多くの催眠ボイスドラマを手がけられてるサークルさんなだけあって
催眠をかけつつ没入感を高めるのがとても上手です。

「心がうきうきして 何も悩みがなくなります まるで楽しかった子供の頃に帰った気がします」
「ブランコの揺れが大きくなるたびに 意識と体がずれていきます 少しずつ すこーしずつ ずれていく」

雨宿りした後のシーンでも箱に現実世界の嫌なものを放り込んで心をスッキリさせ
ブランコを前後に揺らす様子に催眠が深まる単語を紛れ込ませるテーマに沿った内容です。
子供っぽい描写を積極的に取り入れてるのは主人公の3人が魔法少女だからでしょう。
涼貴涼さんの演技も相まって、このへんまでくると頭の中にもやがかかったような心地いい感覚が湧いてきます。

「光はあなたの心も優しく照らします すると 体と心がとても落ち着いた状態になります」
そして最後はブランコで宇宙まで高く飛び上がり
太陽の光を取り込んで体の内側から温かさと安らぎを得ます。
これまで様々なイメージをしてきたおかげでイメージ力が適度に磨かれてるでしょうから
彼女の言葉につられて浮遊感や熱の変化を感じるする人がそれなりにいると思います。

古典催眠の技術と作品の世界観を融合させた質の高い催眠です。
聴き手を舞、楓、蓮華になりきれる環境を整えることを目的に
簡易的な漸進的弛緩法と凝視法から入り、自然や子供に関するイメージでリラックスを強化し
宙に上がる感覚や太陽を交えた球体心像法を通じて催眠状態を深めます。

ベースは古典ですが細かな言い回しは現代催眠のテクニックが使われており
それらが催眠っぽさや表現の固さをある程度中和していて聴きやすいです。
暗示の内容に合わせて声のトーンや間を小まめに切り替える緻密な演技も光ります。
そして何より物語の流れを大事にしながら施すところが素晴らしいです。
この段階ではまだ女体化しませんので爽快感や心地よさだけを感じることになるでしょう。
親友が辿る悲しい末路
ここからは蓮華編の内容について紹介します。

蓮華編は全部で5パート50分ほど。
最初の3パート24分間は蓮華になりきってエッチを楽しむ準備として
共通パートではやらなかった女体化、彼女の武器「プリズムバレット」を撃つ練習
そしてプリズムエンジェルとの戦闘を行います。

「少しずつ 少しずつ あなたの心臓と 蓮華の心臓が 重なっていきます」
女体化は月の神殿に眠る彼女たちの元へ赴き
その体と自分の意識を融合させ、最後に階段を一緒に下りながら定着させます。
催眠パートでブランコに乗って意識と体を分離させるアプローチがあったり
その後宇宙に飛び出すイメージで深化するのはこれに繋げるためです。

元々ある女性像に心だけを移し変えるだけなのでイメージしやすく
階段を下りるシーンではおまんこやクリトリスの感覚を暗示で伝えてエッチの準備も整えます。
彼女たちになりきることを大事にしてる作品なのでそれに関するリードがきめ細かいです。

「人差し指を曲げて 弾丸を発射するたびに あなたの眠りは どんどんと深くなっていきます」
それを最も強く印象付けてるのが女体化後に始まる練習パートとストーリーの最初にあたるドラマパート。
ここでは彼女の武器にちなんで両手に銃を持つ形に構え、人差し指を実際に曲げながら彼女の言葉に耳を傾けます。
お姉さんが数えるカウントに合わせて指を曲げるたびに意識がふっと飛ぶ感覚がしました。
戦闘シーンでも蓮華の視点でその様子を実況し物語への没入感をさらに高めます。

蓮華編のエッチシーンは18分間。
プレイはスパンキング、キス、乳揉み、乳首舐め、手マン、クリ舐め、貝合わせ(すべて受け)です。

エッチな効果音はありません。
セルフもありません。

舞「うふっ 蓮華ちゃん 私知ってるよ 蓮華ちゃんがいやらしい目で私を見ていること」
先ほどの戦闘よりも前の時間軸にあたる日の夜、楓にあることを言われてひどく傷ついた蓮華は
イメージの中で大好きな舞とあまあまラブラブなレズプレイをします。

エッチはパートナーにあたる舞にリードされて気持ちよくなります。
最初の10分間はお互いの心を深く通わせることを重視したプレイ。
とある嘘をついた蓮華に舞がスパンキングし、改心したところでご褒美のキスや乳首舐めをします。

舞「きっとお仕置きが足りないんだね そんな悪い子には もっと強くしないとね」
お姉さん「あなたはお尻を叩かれるたびに 感じてしまいます 恥ずかしくて悔しいはずなのに それすらも快感と感じてしまいます」
プレイ時間がそれほど長くないことを踏まえて
セリフ部分は舞、プレイの実況や暗示はお姉さんと役割分担してストレートに快感を膨らませます。
女性同士のエッチに見られる甘さや柔らかさも感じられて雰囲気はとても穏やかです。

「指の動きがさらに強くなります おまんこの粘膜を指先でごりごりと刺激します そのたびにあなたの全身がガクガクして爆発しそうになります」
続く後半シーンも舞に膣やクリトリスを責められる気持ちよさ
彼女と抱き合いおまんこを擦り合わせる快感を言葉で上手に伝えてくれます。

ここまで1時間以上もかけてじっくり女体化したおかげもあり
お姉さんのセリフやカウントに合わせて何度も股間がキュンキュン収縮したりビクビク痙攣しました。
終盤の絶頂シーンもおよそ3分に渡って3回連続で果てる結構ハードなものです。
ドライ慣れしてる人なら強めの快感が得られると思います。

物語の主人公にしっかりなりきらせ、それを維持したまま絶頂へと導く。
催眠ボイスドラマの醍醐味をしっかり押さえた密度の高いプレイが繰り広げられてます。

後編へ続く…。
魔法少女☆プリズムエンジェル(後編)

CV:涼貴涼さん
総時間 3:38:58(共通パート…43:12 序章…50:38 2章…59:55 3章…1:05:13)


体験版はこちらにあります

TSヒプノエクスタシー(中イキレッスン)

TS heavenさんで配布されてる無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、その人が好きな容姿にすぐさま変身できる高性能アンドロイドが
女体化願望を抱く男性に女性の快感と責められる喜びをたっぷり教えてあげます。

催眠開始前に女性の感じるポイントやその感覚をわかりやすく説明したり
男性でもイメージしやすいセリフを投げかけながら催眠とエッチを進めるなど
女体化催眠の初心者をターゲットにしたきめ細かなサービスを行います。
女性の快感をより身近に
新型生体アンドロイド「TS3」に女体化催眠をかけられエッチするお話。

「ようこそ 女体化、M性感マッサージ 「ヒプノエクスタシー」へおこし下さいまして 誠にありがとうございます」
TS3は淡々とした口調で話す穏やかな声のお姉さん。
お店にやって来たお客に自己紹介すると
女性の快感をより深く味わってもらうために簡単なお話をします。

本作品は男性なら誰もが一度は体験してみたいと思う女性の性的快感をテーマに
彼女が30分近くの時間をかけてそれに関するお話と催眠を施してから
責める部位を切り替える形で2種類のエッチを行います。

女体化は催眠音声において既にメジャーなジャンルになってますが
本作では女体化作品を一度も聴いたことがない方でも楽しめることを目指したリードをします。
全体の流れが非常に丁寧ですから、特にエッチシーンで男性のオナニーや射精とは違う快感が味わいやすいです。

「ヴァギナには気持ちいいところが、みっつもあるんです。おまんこの入口と、Gスポット、それから、子宮のいりぐちにあたる「ポルチオ」と言われる最強の性感帯です」
そのことを象徴するのが一番最初の「プロローグ」パート。
挨拶や自己紹介を終えた後、女性がなぜ男性よりも気持ちよくなれるのかをわかりやすく教えます。
男性は乳首や前立腺といった隠れた性感帯があるものの、大抵の人はおちんちんだけで快感を得ます。
しかし女性はクリトリスと膣の両方で感じることができますし、膣内にもいくつかの性感帯が存在します。
さらに感じる部位だけでなく快感の質も男女では大きな違いがあるそうです。

こんな風に彼女は至る所で聴き手のイメージ力を膨らませる言葉を投げかけます。
心構えを持って聴けるからコツが掴みやすく、最終目的であるメスイキもしやすいわけです。
処女作とは思えないほど聴き手の立場に立ったリードをしてくれます。

「新型生体アンドロイドである私は、お客様がお店に入ってきた時からあなたの脳波をキャッチして、あなたごのみの女性に体を変化させることができるのです」
今回お相手を務めるTS3は優しい心を持ったアンドロイド。
お客が魅力を感じる容姿で彼を喜ばせることを第一に考えたサービスをします。
さらにふたなりなのでエッチの後半には激しいSEXシーンも登場します。
女性の快感とおちんちんに責められる喜びの両方を味わわせてくれる点も本作品の魅力です。

ちなみに声は生身の女性ではなくボイスロイドが担当しています。
演技の面で若干気になるところがあるものの、セリフの間の取り方はきちんとしてます。
女性への理解を深めながら深化させる催眠
本格的な催眠は4パート24分30秒ほど。
最初のパートは彼女の暗示を受け入れやすい環境づくりを目的に
カウントに合わせて全身の力を入れる→脱力する動作を数回繰り返します。

「部屋の広さは10畳ほどで、お客様が横になっている、とても大きなベッドと枕があります」
催眠の開始前に今いる部屋の様子を説明してくれるのがいいですね。
作品のキーとなる「イメージ力の増幅」を見据えた細かな気遣いをしてくれます。

「手足の力が抜けて、あなたは、どんどんリラックスしてゆきます。 そして、体の力も抜けてゆき、心地いい感覚につつまれます」
直後に始まる脱力シーンも1回目は腕と足、2回目はお腹といった具合に意識する部位を変えながら
どれも力を抜いた直後に気持ち良さを感じる暗示を入れます。
催眠音声を作り始めたばかりのサークルさんだと基本を無視する方もいらっしゃいますが
TS heavenさんに関しては技術の選択や行使がどれもしっかりしています。

本作品独自の要素が登場するのは次の「お話し」パート。
冒頭で説明した女性の快感をさらに掘り下げる形で教えます。

「ヴァギナの気持ちよさについてですが、例えば、あなたの唇をすぼめて、そこにバナナの太さくらいのソーセージを、出し入れされるところを想像してみて下さい」
「指圧マッサージを受けて、筋肉を圧迫されると気持ちいいように、人は肉を圧迫されると気持ちよくなります」

ここでのポイントは女性の快感を男性でも体験できることに置き換えて言うことです。
亀頭とクリトリスは元々同じものですし、それ以外の性感帯についても男女で多少は共通する部分があります。
この時点ではクリトリスとヴァギナの快感だけに絞ってるのもいいですね。
私には「女性になりきるのは決して難しいことじゃないんだよ」と語りかけてるように思えました。

残りの2パートは深呼吸と光の玉のイメージで催眠状態をさらに深め
彼女の口移しで薬を飲むイメージとカウントに合わせて体を少しずつ女性へと変化させます。

「Gスポットは、女性の前立腺のようなもので、そこを刺激され続けると潮を吹きます。潮を吹く時は、男性の射精プラス、前立腺マッサージをされて絶頂するような快感に襲われます」
「亀頭が小さく豆粒大になり、尿道くちの上に敏感なクリトリスが出来る。海綿体は半分に割れて尿道の両側にわかれ、下にのびて、最後はアナル付近に結びつく」

ここでも一人でも多くの聴き手が女性の気分に浸れるように
Gスポットとポルチオから得られる快感や女体化していく様子を綿密に描きます。
深呼吸の時間がそれほど長くないので催眠音声初心者にはやや厳しいかもしれませんが
催眠慣れしてる人なら意識のぼやけと自分の体が普段とは違う感覚を同時に味わうでしょう。
髪や骨格といった容姿はそこそこにして、その分おまんこの変化をしっかり伝えてくれます。

基本的な技法とテーマに沿ったイメージを組み合わせたシンプルな催眠です。
聴き手をクリトリスやおまんこで感じられる女性にするのを目的に
女性の感じる部位や快感の質に関する説明を交えながら
古典催眠の漸進的弛緩法や球体心像法を使って深化させます。

技術自体は取り立てて凄いことをやってるわけでもありません。
でもそれらを取り巻く様々なセリフが女性になりきるイメージを少しずつ育ててくれます。
女体化初心者向けのアプローチも数多く込められてますし
今まで女体化を敬遠していた人でも感覚をなんとなく掴めるのではないでしょうか。

欲を言うなら最後の女体化シーンで男性から女性へ容姿が変化する様子に加えて
胸を変化させたときは「先ほどよりも胸のあたりが重く感じる」
おまんこは「股間が軽くなった気がする。なんだか涼しい」など
感覚の変化も伝えたほうがよりリアルな女体化になったと思います。
後になるほど激しさを増すエッチ
エッチシーンは2パート28分30秒間。
プレイはキス、首筋舐め、乳揉み、乳首責め、クリ舐め、手マン、SEX(正常位?)です。

SEX、射精の際に効果音が鳴ります。
セルフはありません。

「私はアンドロイドだから、普通の人間には出来ないプレイをしてあげます」
催眠を使ってお客の心と体を女性に変えたTS3は
もう一人の自分を呼び出して実況を担当させ、自身は彼の体を存分に責めます。

エッチは終始彼女にリードされる形で進みます。
最初の「プレイタイム01」パートで味わうのはおっぱいとクリトリスの快感。
彼の体を手や太ももで挟みこみ逃げられなくしたうえでそれぞれを順に刺激します。

「にゅるっとした彼女の舌と自分の唇との摩擦に、あなたは酔いしれる。彼女の舌が出ていくときも摩擦が起こり、肉と粘膜のこすり合いが気持ちいい」
エッチ全体における大きな特徴はセリフの表現方法。
上のようにほぼすべてを聴き手視点で語りながら進めます。
実際に聴いてみるとどのプレイも妙にリアルに感じるかもしれませんね。
これまでの催眠で育ててきたイメージ力をそのまま活用し感じさせるわけです。

プレイについては彼女に拘束されるシチュですが女性同士なので凄惨さはほとんどありません。
状況説明と感覚支配の暗示を組み合わせてどの部位も徐々に気持ちよくします。

「あなたは思わず、腰をくねらせて彼女の舌先から逃れようとする。でも、彼女の腕で腰をがっちりと押さえこまれ、動かすことができない」
「舐められるたびに、ビリビリと電流を流し続けられて、腰が抜けて動けない。下半身で受け止めることが出来ない快感が、あなたの口から絶叫となって出ていく!」

ただし、絶頂直前のシーンだけは強引かつ激しく責めます。
彼女は冒頭で「女性は責められることが多い=自分でペースを決められないから男性より気持ちよくなれる」と言ってます。
それを実際に味わってもらいたいから敢えてそうするわけです。
パートナーに責められる、犯される精神的な快楽も重要なスパイスと言えます。

実際のところ、最初のパート終盤にある2回目の絶頂シーンでは
股間が自然とビクビク痙攣し、その都度気持ちいい痺れが断続的に伝わってくる体験ができました。
カウントと暗示を絡めて丁寧にイかせてくれますから同様の快感を得る人は普通にいると思います。
個人的には比較的ドライしやすいエッチと見ています。

もうひとつの「プレイタイム02」パートはさらに深い快感を追求したプレイ。
ふたなりの象徴とも言えるおちんちんを使って女性だからこそ味わえる快感を教えます。

「クリトリスから電流が走り、腰が砕けて動けない。同時におちんぽに貫かれ、下腹部全体に快感の衝撃波が走る。おちんぽを引き抜かれる時、Gポットを擦られ、何かが吹き出しそうになる」
ここでは膣とクリトリスを同時にいじるハードな責めを繰り出します。
前のパートに比べると時間は短いものの、密度は濃いですし専用の効果音も鳴ります。
フィニッシュにはきっちり中出しするなど男性との違いを持たせた描写が多いです。

このように、「女の快感」と「責められる快感」をテーマにした濃厚なエッチが繰り広げられています。
やりやすくて激しい作品
女体化に不慣れな人でも聴けるように調整された親切丁寧な作品です。

TS3はサービスを初めて受けるお客が女性の快感を存分に満喫できるように
その原理や男性との違いをわかりやすく説明しながら催眠を施します。
そしてその効果を実感しやすいスタイルでちょっぴり激しいエッチをします。

彼女はアンドロイドですが相手をもてなすことの大切さをよく知ってます。
ですから機械姦によくある暴走や無慈悲に振舞うシーンは一切ありません。
終盤の激しい責めも中イキを味わってもらいたい気持ちから来る愛の鞭です。
催眠の根幹にあたる信頼関係を大事にしながらそれぞれを行います。

女体化は現在までに数多くの作品が出ており、KUKURIさんなど専門のサークルさんも存在します。
そんな状況下で女体化初心者にターゲットを絞り込み、なおかつ効果的な誘導をしてるところが一際印象的でした。
具合的には冒頭や合間に入るお話とエッチの進め方です。
初心者はもちろん、女体化作品を数多く聴いてる方でもやりやすいと感じていただけるはずです。

エッチはおっぱい・クリトリス・膣と女性を象徴する部位に力を入れて責めます。
私は2回目の絶頂シーンで一番気持ちよくなれましたが、1回目や3回目でそう感じる人もきっといるでしょう。
相手が女性なのにSEXまでしてくれる点も美味しいです。

絶頂シーンは全部で3回。
淫語とくちゅ音そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

女体化の醍醐味をとことん優しく教えてくれる作品です。
無料ですから興味を持った方は是非お試しください。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 1:12:37

TS heaven
http://ts-heaven.blog.jp/archives/8702548.html

2016年12月11日追記
ファイル「004a 女体化前深化」が追加されました。
また台本の一部に修正が入りました。

願望消火栓さんで配布されている無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、口調は穏やかだけど結構Sっ気のあるお姉さんが
自分の作った機械を使用しとってもエッチなテストをします。

バニーガール姿の女の子になりきり、ふたなり女性に責められるM向けのプレイが魅力で
彼女は弱点の耳を責めたりちょっぴり乱暴なプレイをしながら
「好き」「可愛い」など愛の言葉をたっぷり投げかけ心身をバランスよく蕩かせます。
女性になれる夢の機械をお試し
お姉さんが作ったバニー形の機械に精神だけを移し、彼女とエッチするお話。

「こんにちは。アルバイトの方ですよね?」
お姉さんは淡々と話す優しい声の女性。
アルバイトに応募した主人公に早速横になってもらうと
これから行うお仕事の内容を大まかに説明します。

本作品は男性なら一度は思う「女性になりたい」願望を叶えるために
彼女の催眠で精神と肉体を一旦切り離し、心だけを女性型の機械に移します。
その上で機械の動作確認も兼ねてちょっぴりハードなエッチを楽しみます。

女体化は元々ある体を変化/変身させる、一旦赤ちゃんに戻し女性として成長させるなど
同じジャンルでも作品によって様々なアプローチがあります。
それらに対しこの作品は幽体離脱に近いスタイルで進めています。
サークルさんの過去作同様全体を通じて丁寧に進めてくれますから
女体化作品に興味があるとか、聴いてるけど上手くいかない人には特におすすめします。

また前作「鏡の中の触手(TS) 」と同じく今作もボイスロイドが声を担当します。
エッチの終盤でもう少し盛り上がって欲しいかな?と思う部分があるもの
催眠パートはエッチの前半部分は普通の声優さんと変わらないレベルのクオリティを持ってます。
カウントを数える際にトーンを変化させたり、直後の追い込み暗示をスピーディーに入れたりと
催眠に入りやすい演技になるようきちんと調整されてます。

催眠は2パート22分30秒間。
仰向けに横になり、目を瞑った状態で深呼吸をしてから
両手、両足、全身の力を入れたり脱力してまずは心身を適度にリラックスさせます。

「テストと言っても大したものじゃありません。お話したり、少し触って体の具合を確かめたりして、ちゃんと新しい体と馴染んでいるかを確かめるだけです」
「右腕全体からスーッと力が抜け、あなたの思考も同時にスーッと薄れる」

彼女は聴き手が催眠をできるだけ受け入れやすく感じるように
開始前に今回のテストが至って簡単なことや、音声をどう聴けばいいのかをわかりやすく教えます。
そして催眠が始まると息を吐く、脱力するといった心身が緩んでる瞬間を狙って的確な暗示を入れます。

特に脱力は後になるほど体にうまく力が入らない不思議な感覚が湧いてきます。
この後のシーンも含めて進め方や暗示の表現・入れ方が上手く心地いい気分が味わえます。

暗示を受け入れやすい環境が出来上がったところで
いよいよ本題となる精神だけを機械(名前はリベッタ)に移すシーンが始まります。

「意識はもうすっごく薄れて、消えて、まるで水に溶ける氷のよう」
「そんな状態の心は簡単に移すことができます。まるで、ポッドの中の水を注ぐように」

「心だけを機械に移動させる」と言われてもピンと来ない人がいると思います。
それを踏まえて彼女は彼の心を水に例え、別のポットに移し替えるイメージを交えて進めます。
聴き手が直感的にイメージできるように進めてくれるところが実に良いです。

「意識が薄れる、すーっと薄れていく。自分の心がリベッタの体に流れていき、薄くなっていく」
直後に始まる深化シーンも意識の力が弱まり、「流れる」と丁寧に暗示を入れます。
カウントを複数回数えてじっくりやってくれることもあり
後になるほど自分の頭が重くなったり、意識がぼやけていくのを感じるでしょう。
深化と女体化をほぼ同時に行ってるのも独特で面白いです。

次のパートは女体化の安定とエッチに向けての準備にあたるシーン。
リベッタになった主人公が自分をより女性だと自覚できるように容姿を確認し
さらにお姉さんの声に素直に従える心を養います。

「その大きな耳は、私の声をはっきりと聞いて気持ちよくなって、私の言うことに完璧に従うために付いているのです」
「リベッタはとっても賢くて、良い子。だから私の言葉は何も考えなくても全て受け入れることができる」

リベッタはバニーガールとほぼ同じ容姿をしてますが耳は本物です。
そこで彼女は大きな耳があれば自分の声がよく聞こえるし
自分の作った機械だから当然自分の言うことも受け入れられると言います。
そしてとある単語をキーワードに設定し、自分のことが好きになるよう巧みに誘導します。

リベッタを自分の言いなりにするのはあくまでテストを円滑に進めるためであって
お姉さんは本気で彼女を下僕にしたいわけではありません。
むしろ愛玩動物と接するように適度に褒めたり愛の言葉を投げかけます。
結果的に隷属化させるのだけど、その方法がとてもソフトで受け入れやすいです。

珍しいテーマに技術を上手く浸透させた手堅くて質の高い催眠です。
聴き手をリベッタになりきらせ、お姉さんの声に従える心にすることを目的に
古典催眠をベースとした技術に現代催眠的な暗示表現を織り交ぜ
意識の力を弱める→リベッタに心だけを移す→リベッタになりきる、といった具合に一歩一歩丁寧に進めます。

先ほども書きましたがどのシーンも作りが丁寧でかなり入りやすい催眠と言えます。
中でも深化シーンにおける比喩を用いた誘導は本作品の難しい部分をクリアするのに役立っています。
2番目のパートも新しい体に心を馴染ませ、尚且つお姉さんの言いなりにさせる誘導が光ります。
ボイスロイドなのを差し引いても下手な有料作品よりずっと優れてます。
雰囲気とプレイのギャップが大きいエッチ
エッチシーンは2パート28分30秒ほど。
プレイは耳責め、耳へのキス、スパンキング、フェラ、イラマチオ、SEX(正常位?)、キスです。
耳責め、耳へのキス、スパンキング、キスの際に効果音が鳴ります。

「まずはあなたのとっても美しくて、立派なお耳。言葉だけでも気持ち良くなれるくらい敏感なお耳。触ったらどうなるのでしょうか」
催眠を使って主人公を可愛いバニーガールに変えたお姉さんは
機械の性能を確かめようとまずは彼女の耳を集中的に責め始めます。

エッチはどちらのパートも彼女に責められる形で進みます。
前半のパート(約11分)はややアブノーマルなレズプレイ。
ローションを垂らした指で左耳を、唇で右耳をしきりに責め立てかと思えば
しばらく経つとうつ伏せの格好にしてお尻を何度もはたきます。

「ああ、本当に素敵な顔。リベッタ、あなたは私の最高の傑作。大好きです。愛してます」
「リベッタは私の好意を感じる度に、頭がとろけていく気持ちよさを感じられる。 それは単に性感帯を刺激されて得られるものとは違う」

調教要素をそれなりに含むプレイなのですが、彼女の態度は相変わらずあまあま。
耳やお尻を責められて悶えるリベッタの可愛い姿に喜び、「好き」など愛の言葉を何度も投げかけます。
そして同時にもっと気持ちよくなる暗示を入れて彼女に責められる快感を教えます。

彼女はリベッタの製作者ですからどう責めれば喜ぶかもよく知ってます。
だからこそこういうM向けのプレイを敢えて行ったのだと思います。
プレイと雰囲気に大きな落差があるのが本作品のエッチにおける大きな特徴です。

特にスパンキングは催眠音声では滅多に登場しないプレイですし
ピシッという鋭い音を鳴らしながらリズミカルに暗示を入れてくれます。
パートの最後に訪れる絶頂の瞬間にはドライの中では弱めなものの
股間が勝手にビクビクする気持ちいい感覚が味わえました。

後半のパート(約17分30秒)はいよいよ彼女と一緒に気持ちよくなります。
この日のために用意した彼女のふたなりおちんちんをしゃぶったり
そのままSEXに発展し中出しまでされる濃密なプレイが楽しめます。

「私はリベッタのこと好きなんです。大好きで、愛しています。そんな私の想いをもっと受け取って欲しいんです」
「リベッタ、好き。大好きです。美しくて、変態で、可愛らしくて、賢くて、淫らで、とっても素敵な女の子。天使のような色香で私を惑わす、とってもいけない子」

最中に投げかけられる彼女の愛の言葉もさらに増えます。
耳やお尻を責められて喜ぶ変態な女の子でも彼女は決して見下したりはしません。
むしろどうしようもない淫乱だからこそさらに大きな愛を注ぎます。

女体化プレイなんだけど女性に愛される幸せな気分も強く味わえます。
もちろん絶頂シーンなどの要所ではきっちり暗示を入れて盛り上げてくれます。
体だけでなく心も満たしてくれるハードかつあまあまなエッチが繰り広げられています。
愛のある調教作品
いい気分に浸りながら気持ちよくなれるM向け作品です。

お姉さんは新しく開発した女性型機械のテストを名目に
主人公の心だけをそれに移し替えてからアブノーマルなレズプレイをします。
プレイだけを見るとふたなり、スパンキング、イラマチオなど人を選ぶものが多いです。
だけどそれらすべてに彼女がちゃんを愛を込めてくれるのでヤバさはほとんどないです。

「あなたの可愛さは魔法のようで、それさえあればどんなことでもあなたの魅力になる。本当に、私を狂わせるくらい、リベッタは可愛らしい」
実際に聴いてみると彼女がリベッタに対してどんどんのめりこんでいくのがわかります。
その気持ちの強さに比例してプレイもエスカレートします。
機械だから敢えて激しいプレイに挑戦したとも受け取れます。

少なくともリベッタを傷つけたり苦しめる意図で責めてる様子は微塵も感じられません。
ですからM向けのプレイが好きな人なら普通に聴ける楽しめます。

催眠はエッチのインパクトが強すぎてやや影が薄くなってますが
サークルさんの良い部分を出しつつ着実に誘導してくれます。
暗示の表現やボリューム、入れるタイミングがどれも優れていて催眠にすんなり入れます。
女体化を強化する保険もかけていたりと聴き手への配慮が随所に見られます。

エッチはどのプレイも濃ゆいです。
ですがボイスロイドということで後半パートが若干味気なくも感じます。
生身の女性特有の熱っぽい息遣いや軽い喘ぎ声が入ってないのが原因です。
後日声優さんがこの作品を読まれることがあったら改めて聴いてみたいです。

絶頂シーンは主人公2回、お姉さん1回。
淫語とくちゅ音(スパンキング含む)そこそこ、ちゅぱ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

比較的ハードなレズプレイが味わえる作品です。
無料ですから興味の湧いた方は是非一度お試しください。

CV:VOICEROID+結月ゆかりさん
総時間 58:22

願望消火栓
http://blog.livedoor.jp/sublimating_d/archives/9938990.html

サキュバスの女体化催眠

サークル「ファンネル」さんの催眠音声作品。

サークルさんの催眠音声処女作にあたるこちらは、大人の色気漂う上品なサキュバスが
催眠を交えた奇抜なエッチで男性から性のエネルギーを吸い取ります。

準備にあたる催眠は必要最低限のコンパクトなものに抑え
その代わり女体化、脳姦+乗っ取り、ふたなりなど非現実的なプレイを数多く楽しませてくれます。
男性では味わえない快楽をあなたに
サキュバスにエッチな催眠をかけられエネルギーを吸われるお話。

「こんばんは うふっ びっくりさせてごめんね」
サキュバスは明るくて上品な声のお姉さん。
主人公の目の前に突然現れここに来た目的を告げると
彼に女性の快感を味わってもらうために催眠をかけ始めます。

本作品はサキュバスモノの王道とも言える「搾精」をテーマに
彼女がごくごく短い女体化催眠とその状況を利用した多彩なエッチを提供します。

シチュ的にハードな責めを期待される方がいるかもしれません。
しかし彼女は彼を楽しませることを第一に考えており、どのシーンも品のある態度で接してきます。
ストレートな快楽を追求する形のエッチですから
彼女に対して高圧的だとか、嫌な気分を抱く人はあまりいないでしょう。

またサキュバス役のまさきふぁんさんは「双子」シリーズなど数多くの催眠音声に出演されてる方で
今作でも催眠、エッチで声の雰囲気やペースを微妙に切り替える丁寧な演技をされています。
作品説明文や挿し絵の印象よりもマイルドな雰囲気が終始漂っています。

催眠は2パート9分間。
仰向けに横になって軽く深呼吸をした後、まずは天井の一点を見つながら彼女の声に耳を傾けます。

「だんだん 瞬きが我慢できなくなってくる 瞼がだんだん重くなってくる」
「すーっと とても深く 気持ちのいい世界に入っていく 気持ちのいい世界に落ちていく」

一点を見つめてると次第に目が疲れて瞼に重さを感じ始めます。
彼女もそれを後押しするように軽めの暗示を入れてくれます。
そして彼女の合図で目を閉じた瞬間に安心感を覚えるでしょう。
催眠音声ではよく使われる固定凝視法という技法です。

私が今まで聴いてきた限り、新規のサークルさんは技術の行使に問題がある場合が多いです。
しかし本作品に限っては指示の出し方や暗示の入れ方、表現方法などが比較的しっかりしています。
時間が短いので催眠の世界にどっぷり浸かるとまではいけないものの
普段よりも自分が落ち着いてると実感する人は普通にいるでしょう。

もうひとつのポイントは催眠開始時からバックで水滴の音が流れること。
「ぴたぴた ぽちゃん」という涼やかな音が自然なリラックスを提供します。
環境音はエッチの終了時までほぼずっと流れ続け、シーンに応じて音の感じが微妙に変化します。

目を瞑った後はいよいよ催眠状態を深めていきます。
目の前にある階段を下りるイメージに合わせて長めのカウントを数えて深化し
そこにある扉をくぐった先にあるもうひとつの階段を同じ要領で下りながら今度は女体化をします。

「下りれば下りるほど 気持ちよくなっていくわ」
「ちょっと触っただけでイっちゃいそうになるくらいに敏感なクリトリスとおまんこ エッチなあなたに似合ってるわ」

カウントの合間に深化を促す暗示を入れてくれることもあり
1回目のカウントでは多少の眠気や意識のぼやけを感じました。
女体化はおっぱいやおまんこといった女性の特徴的な部位に的を絞り
それらの変化をイメージさせつつほんの少し感度を強化します。

軽くリラックスさせてから深化→女体化と繋ぐ極めてシンプルな催眠です。
聴き手の体を女性になりきらせることを目的に各技法を割と的確に行っています。
環境音も相まって癒しを感じる人が多いのではないでしょうか。

ただし、時間が非常に短い=準備不足なことから相当に催眠慣れしている人でないと
この催眠で一定以上の深さにまで入るのは難しいです。
私も意識のぼやけば感じましたが他の作品で味わったものよりも遥かに弱かったです。
手足の脱力がほとんど感じられなかったのもかかりが悪かったからでしょう。

そして導入や深化が淡白なせいで女体化もいまいちなりきりにくくなっています。
KUKURIさんの作品を聴いたことのある方ならわかるでしょうが
女体化催眠を施す場合、導入や深化を入念に行う作品が多いです。
そうでもしないとエッチで女性の快感を楽しみにくいところがあるからです。

まとめると、全体的にもっと丁寧かつ重厚に進めて欲しかったです。
技術の行使や暗示の入れ方はしっかりしてるので、時間をかけていれば女体化も普通にいけたと思います。
最低でも今の3倍、20分くらいは割いたほうがいいんじゃないかなと。
この先のエッチでイメージ力を要するプレイが多いからというのもあります。
サキュバスらしいぶっ飛んだエッチ
エッチシーンは6パート30分間。
プレイは体の愛撫、脳への侵入、自分でおっぱいを揉む、ふたなり化、オナニーです。

オナニーの際にほんの少しだけ効果音が鳴ります。
セルフは有りになります。

「じゃあいよいよ 女の子の体になったあなたに 気持ちいいことしてあげるわ」
催眠を使って主人公を女性の姿へと変えたサキュバスは
エネルギー吸収の第一歩として彼の体に手を触れ感度を高めます。

エッチは終始彼女の指示に従う形で進めます。
一番最初の「全身性感帯になっていく」は名前の通り感度強化がメイン。
彼女が彼の足先やおっぱいに手を触れ、そこから体が熱くなったりエネルギーが脳に集まる暗示を入れます。
プレイというよりは下準備に近いシーンですね。

「だんだん温かくなっていきます 私の手に触れられるだけで とっても気持ちいい」
ここでは温感操作の暗示を中心に据えて適度に入れてきます。
私の場合、足先はさっぱりでしたが胸のほうはぽかぽかする感覚がありました。
ただし肌が敏感になったり気持ちよくなるといった感覚は特になかったです。
これも催眠のかかりが悪かったのが原因と考えています。

その後はいよいよ本格的なエッチが始まります。
サキュバスが脳に全身を潜り込ませて彼の体のコントロールを奪い
おっぱいを揉む、おちんちんをしごくといったセルフプレイを楽しみます。
女体化作品では珍しく聴き手が実際に胸を揉むシーンがあります。

「ゆっくり指を動かし続ける おっぱいの気持ちよさがどんどん増幅されて 頭が痺れてくる」
「次は根元まで手を下ろす 皮がめくれて気持ちいい おちんちんがビクビクしてるのがわかる」

そして最中は彼女が手を動かす指示を出したり気持ちよくなる暗示を入れます。
女体化が前提のエッチなのですが男性の時にするものに非常に近いです。
オナニーする時は「上に上げる、下に下ろす」と合図を出してペースを丁寧に指示してくれます。
催眠の技術を絡めたオナサポボイスと呼ぶのが相応しいプレイです。

ちなみに終盤には2回連続で実際に射精するシーンも登場します。
体にそれなりに負担がかかりますから無理のない範囲で取り組んでみてください。

このように、女性よりも男性に寄せた仮想的なプレイが繰り広げられています。
惜しい作品
どちらかと言えば催眠よりエッチシーンのほうに光るものを感じる作品です。

サキュバスは主人公から性のエネルギーを吸い取るために
彼をより感じやすい女性へと変え、その上で体を乗っ取りながら2回の射精へと追い込みます。
女体化作品でありながらおちんちんをしごく男性のオナニーを取り入れ
さらに胸を揉むなど肉体面の快感を追求したエッチをします。

女体化催眠音声はドライオーガズムを目指すものがほとんどですから
ふたなりによる射精を最終目的に据えてるのは非常に珍しいし面白いです。
そしてこれは女体化がうまくいかなかった場合の保険にもなります。

「あなたにいっぱい気持ちよくなってもらって 私にいっぱい美味しいエネルギーくださいね」
またこれらを行うサキュバスの柔らかい態度にも好感が持てます。
単に精液を搾り取るのではなく女性の快楽を与えると言って興味を引き
最中は催眠にとって重要な「信頼関係」の維持を見据えたアプローチをしてきます。
おかげで無茶なプレイなんだけど楽しみながら聴くことができます。

しかし、催眠音声は聴き手を催眠状態に誘導した上でエッチするものですから
その大前提とも言える催眠パートが今の内容では厳しいというのが正直なところです。

今回はイメージするのが難しいプレイもそれなりにありますし
十分な深さに誘導した上でじっくり進めたほうがより多くの人が楽しめたのではないかなと。
それほど深く入れないのに深く入ってるのが前提のエッチをしています。

あと私個人は女体化プレイで実際に胸を揉ませるのは止めたほうがいいと思ってます。
自分の体が男性のままだとわかり、瞬間的に催眠が解ける可能性があります。

「あぁ…たまんない エッチなエネルギーで満たされた脳に(私の腕が)入っていく 温かい もう肘まで入ってるわ」
サキュバスが主人公の脳に入っていくシーンを結構生々しく描いてるのも疑問です。
聴き手が嫌悪や拒絶を抱きそうな描写はできるだけ避け
彼女が脳に入ってくる心地よさを中心に伝えたほうがスムーズに進むでしょう。

絶頂シーンは主人公・サキュバス共に2回。
淫語そこそこ、くちゅ音と喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

女体化でありながらセルフスタイルのエッチが楽しめる作品です。

CV:まさきふぁんさん
総時間 45:00

オススメ度
■■■■■□□□□□ 5点


体験版はこちらにあります

追記
悪いことも書きましたが今後のご活躍が期待できるサークルさんと見ています。
催眠を充実させてエッチでするプレイを絞り込めばもっと良い作品が生まれるでしょう。

↑このページのトップヘ