同人音声の部屋

同人音声および催眠音声について、平均3000文字程度のオリジナルレビューを掲載しているサイトです

タグ:ふたなり

   ● ふたなりにされた女騎士がお下品オホ声でただオナニーするだけの音声
   ● TS催眠ボイスドラマ♪「性転換の書♂♀」~異世界に転生したあなたは幼馴染とふたなり女性にイキ狂わされる~(後編)
   ● TS催眠ボイスドラマ♪「性転換の書♂♀」~異世界に転生したあなたは幼馴染とふたなり女性にイキ狂わされる~(前編)
   ● ケモノカタルシス~異世界言語のふたなり獣娘に襲われて荒々しく中出しされてしまう音声~
   ● 便女のあま~い快楽
   ● くノ一桔梗~妖夢帳~
   ● メスガキサキュバスのふたなりSEXBATTLE【アニメ&音声】
   ● ふたなり少女のアナ奴隷 ふたなり少女の愛撫でメス堕ち調教される催眠音声
   ● レズえっち!女体化催眠体験~恋するTSお嬢様は敏感で、ふたなりお姉様にイジメられちゃうと感じまくってすぐにメス犬アクメしちゃうのッ~(後編)
   ● レズえっち!女体化催眠体験~恋するTSお嬢様は敏感で、ふたなりお姉様にイジメられちゃうと感じまくってすぐにメス犬アクメしちゃうのッ~(前編)




サークル「カモネギちゃんねる」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、騎士隊長あたりの役職についてる凛々しい女性が
ふたなりになる魔法をかけられおちんちんの快感にどんどん溺れていきます。

彼女がオナニーする際にオホ声を積極的に漏らすのが特徴で
最初は通常の喘ぎ声を織り交ぜた控えめなものだったのが
部下の下着やオナホといった刺激の強いものを使うにつれてより激しいものに変わります。
キャラは女性ですけど男性視点のセリフが多いので、彼女と同じ感覚でオナニーできるでしょう。
激務の合間にする密かな楽しみ
女騎士が3種類のオナニーをするお話。

「はぁ、っ、淫魔討伐の依頼を受けて無事成功したまでは良かったが…」
女騎士はトーンが低く凛々しい声のお姉さん。
任務を終えて帰還した後、自分の体におちんちんが生えてることに気づくと
あれこれ考えた結果魔法の効力が消えるまで隠し通すことに決めます。

本作品は一時的にふたなりの体になる魔法をかけられた彼女が
仕事の合間にオナニーする様子をおよそ60分に渡ってお届けします。
タイトル通りどのパートも中心となるプレイはオナニーで固定し
シチュ、オカズ、道具といった他の部分を切り替えて個性を出してます。

部下たちの面倒を見たり姫様の身辺警護をしてるところを見ると
隊長や団長といった比較的身分の高い地位にいるのでしょう。
だからふたなりになった直後は魔法の効力が切れるまでオナ禁する決意をします。
しかし男性特有の強烈な性欲に耐えられなくなり、ある日試しにおちんちんをしごいてしまいます。

「おぉ、おんっ、おんっ♪ おっほぉ……♪ んふふっ♪ はぁ、はぁっ♪ しちゃうっ♪ オホ声上げまくりのド変態オナニーしちゃうぅ~♪」
そしてオナニーの最中はオホ声をガンガン漏らして気持ちいいことをアピールします。
序盤はまだ快楽堕ちしてないので色っぽい声に混じった控えめなものだったのが
一度射精した後はすっかり病みつきになってより強烈な快感を求めるようになります。

オホ声をテーマにしてる作品自体がそもそも少ないですし
その下品な乱れっぷりに多くの人がグッと来るものを感じるでしょう。
吠えるような野太い声ではなく断続的に漏らす感じにして聴きやすくしてました。
普段の彼女がカッコいいキャラだからこそ、オナニーで見せる痴態とのギャップが引き立ってます。

最中に言う彼女のセリフも抜きやすさに貢献してます。
聴き手ができるだけ彼女と同じ視点でオナニーを楽しめるように
男心をくすぐる要素をいくつも盛り込んでます。

「おっほ♪ ぉ~~~やべ♪ 出るっ♪ エロ下着っ、ザーメンまみれにしてあげるっ♪」
具体的には女性の下着や高貴な体をおちんちんや精液で汚す征服欲です。
自分の部下や護衛対象の姫様を犯すイメージをして興奮をさらに高めます。
プレイ中にいじるのはおちんちんだけですし、体は女性だけどやってることはほぼ男性のオナニーと一緒です。
M向けの作品が多いカモネギちゃんねるさんでは珍しくノーマル~ややSをメインターゲットにしてます。

カッコいい女騎士がオホ声まみれのオナニーをするシチュと男心をくすぐる要素の数々。
マイナーな部分に光を当てたうえで抜きやすさにも配慮してる変わった作品です。
どんどんエスカレートするエッチ
本編のエッチシーンは3パート26分間。
プレイはオナニー、下着の匂いを嗅ぐ、オナホオナニーです。
オナニー、オナホオナニーの際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。

「しかし、この疼きは…♪ ふぅーふぅー♪ もう、もう…お、オナニー…するしかないっ…♪」
おちんちんのせいで職務に集中できなくなり困った女騎士は
オナ禁を続けるのは無理だと判断し、とりあえず1回抜いてスッキリします。

エッチはどのパートも彼女が1人きりで自分を慰めます。
最初の「2 妄想オナニー 部下の女騎士編(約9分)」は正統派のオナニー。
何も使わず手でおちんちんをしごき始め、中盤以降は部下のイメージも入れて気分を盛り上げます。

「おまんこっ、おぉっ、おっおっ♪ はっはっはっ♪ おんっ♪ おまんこぉ、おまんこっ、おまんこっおぉっ、おっおっおぉ…♪」
この1回だけだと決意してオナニーを始めた彼女も
おちんちんから押し寄せてくる強烈な快感にすっかり酔いしれます。
色っぽい声に混じって早速オホ声を漏らし
射精が近づいてくると部下に挿入し激しくピストンしてる妄想もします。

思春期あたりの男子が好きな女子をオカズにしてオナニーするのに近いです。
射精シーンを通常よりも長めに取って彼女の様子を丁寧に描くなど
真面目な女性が男性の快感に目覚める様子をエッチな要素満載で表現します。

次の「3 更衣室オナニー 部下衣服ぶっかけ編(約9分)」は割とアブノーマルなオナニー。
訓練を終えて1人になった彼女が更衣室に置かれてる部下の下着をオカズにします。

「おぉ…おっ、おっ…おっおっ♪ 上に立つ者として、いつも重い責任に耐えてるんだ…♪ だ、だからこれぐらいの、ぉ~~~気もぢい゛い゛…事はっ、許して貰わないとなっ、おぉ、おぉお♪」
前のパートで初射精を経験して「もうこれは我慢できない」と判断したのでしょう。
日頃頑張ってる自分へのご褒美として変態オナニーに没頭します。
オホ声の割合が多少増えてより下品に感じました。
フィニッシュは下着にぶっかけて征服欲を満たすなど、男の欲望全開なプレイが楽しめます。

最後の「4 オナホオナニー 姫様妄想セックス編(約8分)」は心身両面の刺激をより強くしたオナニー。
噂で聞いたオナホールを購入してローションを塗りたくり
普段警護してる姫様のことを妄想しながら激しくしごきます。

「姫様がこんなエッ…ロいおまんこしてたら護衛なんてできるわけないっ♪ いぃっ、いっ♪ 毎朝シコらせろっ♪ 姫様まんこで私のちんぽシコらせろぉ、おっおっおっ♪」
自分より遥かに身分の高い女性へ命令口調で話しかけ
さらに射精時は姫様に種付けするイメージをして幸せな絶頂を目指します。
おちんちんオナニーを繰り返したせいで性癖がさらに男性寄りになった印象を受けました。
声以外に女性的な部分はほとんどないので聴き手が感情移入しやすくなってます。

オホ声が最大の特徴なのは間違いないですが
セリフやイメージといった他の部分にも特徴があって完成度が高いです。
ふたなりがバレてクビになることもありませんし、彼女がオナニーを楽しんでる様子を純粋に描いてます。

このように、後になるほど内容がハードになる快楽堕ちっぽいエッチが繰り広げられてます。
シンプルな抜きボイス
キャラ、シチュ、プレイのすべてに特徴がある珍しいタイプの抜き系作品です。

女騎士は魔法の効果で生えてきたおちんちんを鎮めようと
まずは手を使ったスタンダードなオナニーで男性の快感をお試しします。
そして女性とは違う感覚にすっかりハマり、後になるほどより強い刺激を求めるようになります。

凛々しい女騎士が色んなオナニーをして下品な姿を晒すシチュ
オナニー中にオホ声を積極的に漏らすタイトル通りの作り
パートごとに異なるオカズを用意して征服欲をくすぐる聴き手を意識したエッチ。
より多くの人に楽しんでもらえるように工夫したオホ声作品に仕上がってます。

私も音声を聴く前は「とにかくオホ声がすごいのだろう」程度に思ってました。
でも実際に聴いてみるとそれ以外の要素との噛み合わせが大変優れてます。
彼女をふたなりにして同じ視点でオナニーしやすくしたり
イメージやオカズを男性が好むもので揃えてある点などです。

ややS向けの内容なのでMな人にはあまりピンと来ないかもしれませんけど
言葉責めとオホ声を上手に組み合わせてあってエロさはかなり高いです。
彼女がおちんちんの魅力に憑りつかれていく展開も面白いですし
オホ声を重視しながら総合力で勝負してる作品と私は見ています。

本編の射精シーンは3回。
喘ぎ声多め、くちゅ音それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

番外編は「スライムオナホ強制搾精編」「腰振りオナホオナニー シスター妄想レイプ編」「鼻息耳舐め編」です。

CV:分倍河原シホさん
総時間 1:00:22(本編…34:14 番外編…26:08)

オススメ度
■■■■■■■■■□ 9点


体験版はこちらにあります



TS催眠ボイスドラマ♪「性転換の書♂♀」~異世界に転生したあなたは幼馴染とふたなり女性にイキ狂わされる~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「10 ビーナスからの性教育」以降の様子を中心に紹介します。
レズとふたなりの魅力を交互に
エッチシーンは7パート62分間。
プレイはキス、腕/脇/腰/胸の愛撫、乳首責め、クンニ、アナル舐め、素股、SEX(正常位)、体の拘束、ディルド責め、放尿です。

素股、SEX、ディルド責め、放尿の際に効果音が鳴ります(無しも選択可)。
セルフはありません。

ビーナス「今日は何もしなくていいよ、全部私にまかせてね」
夕食を食べるために自室へ戻ったグレースを改めて訪ねたビーナスは
薄暗い階段を上り下りしてプレイルームに移動し、まずはキスで彼女の緊張をほぐします。

エッチは経験に乏しいグレースを相手が優しくリードします。
最初の3パート23分間は幼馴染のビーナスとするレズプレイ。
「10 ビーナスからの性教育(約8分)」は腕や脇腹といった上半身の愛撫
「11 レズテクニシャン(約7分)」は胸と乳首責め
「12 ビーナスにイカされる(約8分)」はアナル舐め&クンニと少しずつ踏み込んだプレイに移ります。

ビーナス「我慢しないで体をくねらせたり、体を反り返したり、思いっきり喘いでね、もちろんお漏らしもね」
彼女はグレースと仲が良いのでエッチに入っても優しく接します。
初体験をグレースが満足できるように好きなだけ乱れていいよと告げ
体を責める際も焦らし気味に進めながら少しずつ敏感なところへ移動します。

序盤にディープキスやビーナスの唾液を飲むシーンがあったりと
女性同士から連想される甘さを重視してるように映りました。
雰囲気作りや感度を上げる準備を入念にやるのもイメージ力と気持ちを盛り上げやすくて良いです。

ビーナス「ほら、こうして脇からくびれにかけて、すーっと撫で下すよ」
妖精「ぞわぞわっとした快感が股間に向かいおまんこがヒクヒクし始めます」
そしてプレイ中は妖精とパートナーが連携を取って臨場感を出します。
ここではビーナスが実況、妖精はグレースの心情描写と暗示を担当してますが
12パートではそれと違うアプローチをかけてきます。
双子催眠とは作りが違いますけど2人いる状況を活かしてるのは事実です。

プレイについてはまだ始まったばかりなので全体的にソフトです。
10と11は上半身だけをターゲットにしてますし
12もアナルやおまんこを舐めるのは最後の4分だけとかなり抑えてます。
その代わりグレースの内面や感覚が丁寧に描かれており没入しやすくなってます。
口を使って責める時はちゅぱ音が鳴りますし、聴き手がグレースと同じ視点で楽しめるように作られてます。

続く2パート16分間はボディガードのグレイスが相手。
「14 ふたなり女性に完堕ちする(約10分)」はキスと愛撫を経由しての素股
「15 初めての挿入で中イキさせられる(約6分)」は正常位SEXとより濃いプレイが登場します。

グレイス「ペニスの形をよく見ておくことで、凄く気持ち良くなれるんだよ」
グレイスはビーナスと違いふたなりなので
その太くて長いものをグレースに見せつける、股間に擦りつけてイかせる
中に挿入しゆっくり出し入れする、と男性に近い責め方をします。
しかし乱暴さは一切なく、彼女がおちんちんを怖がらないように優しくリードします。
挿入後のピストンも緩めでグレースを気遣ってるのが伝わってきました。

ビーナスとグレイスどちらも優しい点では一致してますが
エッチの内容に明確な違いがあって同じ女性同士でも聴いた時の感覚が随分異なります。
2人を交互に配置してるのもそれを楽しんで欲しいからじゃないかなと。

どちらかと言えばグレイスのほうが女性気分を味わいやすいでしょうね。
おちんちんに責められることで自分が女性になったのをより強く実感できます。

終盤の2パート23分間はよりハードなプレイ。
「17 拘束責めされイキ狂う(約10分)」はビーナスの拘束&ディルド責め
「18 終章、その先にあるもの(約13分)」はグレイスと別のSEXを楽しみます。

妖精「リズミカルに出し入れされ、どんどん体の中に爆発しそうな何かがたまってゆきます 突き上げられる度に体中を電流で貫かれ、引かれる度にオシッコが漏れそうなくらい気持ちいい」
17はビーナスがグレースとグレイスの仲に嫉妬してる状況を踏まえて
最初の時よりもM度の高い責め方をします。
目隠し&体の拘束で逃げられない状況を作り、M字開脚させてからディルドをぶち込む流れです。

キャラが崩れない範囲で言葉責めもしてきますし
これまでのあまあまなエッチに比べて刺激が強く感じました。
長めのカウントを数えながらドライへ持っていく追い込みもなかなか刺激的。
股間を中心に熱が集まり、0と同時に強めの快感が走って気持ちよかったです。

それに対して18はふたなりだからこそできる幸福感を伴う絶頂へと導きます。
他と違ってパート名に何をするか書いてないので詳しい内容は伏せますが
一番最後に置いてるだけあってより女体化作品らしいプレイだと思います。
グレースの心のだわかまりが解ける描写もあったりと、ボイスドラマとしても上手くまとめられてました。

このように、レズとふたなりを交互に味わう穏やかで深みのあるエッチが繰り広げられてます。
ドラマ重視の作品
登場人物たちの心情を絡めながら甘めのエッチをする催眠ボイスドラマです。

妖精は性転換の書を買った主人公が心の中で抱いてる願望を叶えようと
まずは異世界での物語を交えたイメージ主体の催眠であちらの世界に移動させます。
そしてその後はグレースと同じ視点でビーナスやグレイスとのエッチをじっくり楽しみます。

異世界に降り立って個性のある女性たちと会話やエッチをするドラマ性を持たせたシチュ
普通に催眠をかけるのではなく、異世界に移動する様子に技術を盛り込んだ独特な催眠
普通の女性とふたなり女性を交互に相手しながらディープなプレイに進む幅広いエッチ。
KUKURIさんや風呂井戸ソフトさんとは違うやり方で催眠ボイスドラマを作り上げてます。

中でも1番目は予想してたよりもずっとドラマに寄せてあって驚きました。
催眠をかける時点でもうグレースとビーナスのやり取りが出てきますし
暗示も会話の中に忍び込ませて催眠っぽさをぼかす工夫がされてます。
妖精のセリフが主観視点を徹底してるおかげで作品の世界に入り込みやすいです。

初めての催眠ボイスドラマなので気になるところも多少はありましたが
既存作品の真似をするのではなく、新しいスタイルを確立しようとするチャレンジ精神を私は評価したいです。
今後も制作を続けていけばさらに良くなるでしょう。

エッチは妖精を主人公=グレースの心の声に位置付けてるからでしょうけど
プレイ中に何を思い、感じてるのかを厚めに描くことを心がけてます。
初めてエッチするなら心情描写をしっかりやっておいたほうがリアルになりますし
聴き手をグレースになりきらせる点でも有効と言えます。

プレイ自体はそれほどハードじゃないのでややM~Mの人に最も向いてると思います。
放尿は実際にやる指示が出るわけではなく、時折水音が2秒くらい鳴るだけですから脇役です。

絶頂シーンは8回。
淫語・くちゅ音・ちゅぱ音それなり、喘ぎ声そこそこです。

CV:西浦のどかさん
総時間 初回…2:51:58 2回目以降…2:27:53

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
作品自体の点数は7点。
172分で1100円とコスパが良いので+1してあります。



サークル「TS heaven」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、異世界へ通じる門の役割を果たす不思議な本に宿る妖精が
それを使って自分が女性だった世界へ案内し、そこで女性同士の気持ちいい体験を味わわせます。

ドラマ性を重視しながら催眠とエッチを進めるのが特徴で
催眠は異世界へ移動する様子とそこにいる自分を交互に語って女性の感覚に近づけ
その後は主人公のグレースになりきりながら登場人物たちとイチャイチャして何度も絶頂を迎えます。

総時間が170分もあるため前編(01~09)、後編(10~20)の2回に分けてお送りします。
銀河を超えて女性の自分がいる世界へ
グレースという名のお嬢様になって女性やふたなり女性とエッチするお話。

「ようこそ性転換の書へ 私の声が聞こえていますか?」
妖精は落ち着いた声のお姉さん。
性転換の書を手に取った主人公の頭の中へ声をかけると
自分のことを話してから本の使い方を教えます。

本作品はほとんど女性しかいない世界に降り立ってエッチを楽しむことを目的に
彼女がおよそ170分に渡って独特な催眠をかけたり女性同士のエッチを疑似体験させます。
今回紹介する前編(約75分)は催眠誘導や女体化といったエッチの準備を行い
次の後編(約96分)で幼馴染やボディガードとエッチする流れになってます。

サークルさんも総時間が長いことを考慮し
初日は前編だけ聴いて作品の世界観を掴み、2回目でエッチに進むことを推奨されてます。
製品版には2回目以降用も同梱されてまして、そちらは初回よりも25分ほど短くなってます。

最大の特徴はドラマ性を重視した内容になってること。
TS heavenさんはこれまで女体化をテーマにした作品をいくつも制作されてますが
今回は初の催眠ボイスドラマということで、世界観を伝えながら聴き手をそこへ引き込む方針で進めます。

この手の作品だとKUKURIさんや風呂井戸ソフトさんが有名ですけど
先にスタンダードな催眠をかけてからドラマパートやエッチに進むあちらとは違い
こちらは催眠をかける時点でもうドラマ成分をそれなりに含んだ珍しい作りになってます。
詳細はこれから順に紹介していきますけど、催眠色を結構抑えてあって高い没入感が得られます。

「簡単に言うと本を開いてから閉じると、開いていたページまでの体験を違う世界で体験出来るんです」
物語の背景を最初に説明しますと、この妖精は主人公の心の声を代弁する役目を持っており
舞台となる異世界へ案内したりそこでするエッチを実況します。
そして性転換の書はそこに関するエピソードが書かれてあって主人公が実際に体験できる力を持ってます。

主人公の生まれ変わりにあたるグレース、幼馴染のビーナス、ボディガードのグレイス
そしてメイドのターシャと登場する人物は全員女性です。
この世界では昔とある病気が蔓延したおかげで男性がほとんどいなくなりました。
しかしそれと同時にふたなり女性が生まれるようになったため絶滅は免れてます。

男性と会うことすらほとんどない状況なので女性同士が恋愛するのはもちろん
エッチも好きなだけやって問題なしという現実とは随分違うライフスタイルが出来上がってます。
グレースもビーナスに特別な感情を抱いており最初は彼女とイチャイチャします。
ここまで書いたことはすべて作中で妖精が教えてくれますから覚えておく必要はありません。

他にも挿し絵に描かれてるおまんこに似た形状の不思議な割れ目
謎の文字が描かれたクリスタルと作品独自の要素がいくつも出てきます。
妖精が丁寧に語ってくれますけどイメージするのが苦手じゃない人のほうが楽しみやすいと思います。
多くのセリフが聴き手視点で表現されてるので
そこさえクリアしてればその場の様子が頭の中に自然と浮かんでくるでしょう。
現実世界と異世界を往復する催眠
催眠は8パート64分間。
ベッドやソファで楽な姿勢になり、まずは深呼吸と脱力で心身を軽く落ち着けます。
そして自分の体が浮かび上がる様子をイメージして異世界の入り口まで移動します。

「どんどん離れていく スーッと宇宙をさまよい、銀河の外に向けて飛んでいく もう体の感覚はほとんどなくなり、自分の意識と目の前の世界だけが見える」
深呼吸は「吸ってー 吐いてー」と合図を出してやりやすくする
脱力は全身を上から下に流す形で「力が抜ける」を多めに言うと堅実に進めてました。
催眠の技術力が十分あるサークルさんなので、ここだけでも結構リラックスできるでしょう。
浮かび上がるシーンは自分が住んでる街→地球&太陽→銀河とはるか遠くまで飛んでいき
その様子を実況しながら体の感覚を曖昧にして女性になりきりやすい状況を作ります。

「異世界ではストレスとは無縁の伸び伸びとした寛ぎ、優雅で解放感に満ちた休息、心の底から望んでいる気持ち良さを味わうことができます」
これらと並行して聴き手を前向きな気持ちにさせるのが良いですね。
女体化に限らず催眠は聴き手が受け入れたいと思うほうが成功しますから
異世界に行けば幸せで気持ちいい体験ができると言って期待を膨らませます。
ドラマ性が売りの作品ですが、こういう基本的なところもしっかり押さえられてます。

異世界へ降り立つのは「03 ビーナスとの出会い」から。
グレースの部屋にビーナスが現れて約束してたハイキングに出かけます。
そして一旦現実世界へ戻り次の「04 謎の奇病」は異世界で過去に起こった病気のことを教え
「05 銀河の中心へ」でいよいよあちらの世界に移動しどっぷり浸かります。

ビーナス「ほら、ウエストがくびれてきているし、何よりも胸がだいぶ膨らんできたわよね、それにお肌の色も白くなっているし、柔らかくてプニプニとしているわ」
妖精「あなたは腕を掴まれ、外に出るように急かされます 腕を掴まれたまま部屋を出て玄関に向かうあなた」
グレースの呼称を「あなた」にして同じ視点で聴きやすくしたり
ビーナスの口からグレースの体がどうか教えて女体化した自分をイメージしやすくするなど
このあたりから自分が異世界の一員になれるように働きかけ始めます。
通常の催眠暗示よりもずっと会話調にしてるあたりがボイスドラマらしいなと。

次のパートで現実世界に戻すのは異世界の状況をより深く知ってもらうのと同時に
まだお試しの段階にあると伝える意味合いがあるように思えます。
実は催眠を本格的にかけ始める前の「01 本との出会い」にも
グレースがいる部屋や彼女の容姿を描いたシーンがあります。
現実世界と異世界を往復させながら進めるのも本作品の催眠における大きな特徴と言えます。

「06 不思議な割れ目」以降は女体化の定着や感度上昇といったエッチの準備。
ここと「07 自分の割れ目」は街の反対側にある割れ目へハイキングに出かける様子
「08 グレイスの告白」と「09 セクリスの衝撃」は帰宅後にグレイスと会話してから
屋敷の1階にあるプレイルームへ移動します。

ビーナス「こんな風に胸を持ち上げてストンと落とすと自分の胸の重さを感じるでしょ?」
妖精「胸を鷲掴みにされ柔らかく揉まれます 変わったところはないと思っていたけど、揉まれる度に全身の血液が胸に集まってくるのがわかります」
06と07はグレースとビーナスの関係を描きつつ
ちょっぴりエッチなスキンシップをするシーンを挟んで女性になったことを自覚させます。
胸を揉まれる時にそのあたりが重くなる暗示を入れたり
割れ目から帰る時は同じ動作で気持ちよくなる暗示を入れるなどです。
異世界に移動した後は妖精がグレースの心の声も担当するので臨場感がさらに上がります。

そして08と09パートは物語の核心に触れるのと同時に
グレースがなぜビーナスやグレイスとエッチするのかを教えてくれます。
わざわざ割れ目に出かけた理由も触れられてますし
ボイスドラマとして違和感が出ないように伏線を回収してました。
催眠については体の感度を軽く上げる程度なのでドラマ部分のほうが重要かなと。

ここまでを聴いた感想ですが、既存の催眠音声や催眠ボイスドラマと随分違う作りになってました。
催眠の技術はもちろん使われてますけどドラマの中に暗示が散りばめられてます。
そして現実世界の時も異世界へ移動するイメージと絡めて状況に合った暗示を入れます。

割と遠回しなアプローチを心がけてるからでしょうけど
催眠にがっつりかかってる感覚はあまりしなかった代わりに
登場人物のセリフに合わせてその場の情景が自然と浮かんできました。

意識のぼやけよりも何かに熱中してる感覚のほうがずっと強かったです。
そうなることを目指してサークルさんがわざとこういう作りにされたのかもしれません。
異世界の主人公にあたるグレースの内面を綿密に描いてるのも影響してます。

後編へ続く…。
TS催眠ボイスドラマ♪「性転換の書♂♀」~異世界に転生したあなたは幼馴染とふたなり女性にイキ狂わされる~(後編)

CV:西浦のどかさん
総時間 初回…2:51:58 2回目以降…2:27:53


体験版はこちらにあります



サークル「G DRAIN」さんの同人音声作品。

今回紹介する作品は、人間と獣の特徴を合わせ持つ3人の女の子が
目の前に現れた男性を協力して襲い気持ちよくします。

ほぼ全編で作品特有の言語を話すのが一番の特徴で
日本語や英語といった既存の言語とは違うセリフを話しながら
左右中央に陣取って耳、おちんちん、アナルを同時に責め続けます。
獣娘とする気持ちいい異言語交流
イナ、ミヤ、ビビと2種類のエッチをするお話。

「ワオォォォォォン」
イナ、ミヤ、ビビは声質の違ういずれも可愛い声の女の子。
自分たちの縄張りに入ってきた主人公を見つけて遠吠えすると
イナはフェラ、他の2人は左右の耳を舐め始めます。

本作品は見た目は人間だけど獣の耳や毛も生やしてる彼女たちが
何らかの事情で迷い込んできた彼とおよそ50分に渡るエッチをします。
彼女たちも言語を話せるようですが人間のものとは明らかに違い
何を言ってるかよくわからない状況で耳とおちんちんを責められます。


ミヤ「チンチン アナシタ? テミラホ レゲアテサセウゴトツモツモ」
「チンチン」「ピユピユ」「ザコザコ」などたぶんこれだろうと思える単語が一部あるくらいで
それ以外は少なくとも日本人にはとても理解できないことをしゃべります。
穏やかな声で囁きかけたり、時折笑みをこぼしたりしてて雰囲気は結構和やかでした。
射精シーンが近づくほど息遣いが熱っぽくなったりと彼と一緒に楽しむ姿勢で接します。

エッチについては最初のパートが両耳舐め+フェラ、次は両耳舐め+アナルSEXをします。
本作品の特徴を出すためでしょうけど最中の会話量を多めにしてました。
一番話すのは右に陣取ってるミヤで穏やかに囁いてきます。
それに比べると左のビビは耳舐めに寄せてました。
そしてイナはおちんちんを担当してるのでちゅぱ音や喘ぎ声を積極的に漏らします。

3人の声優さんが別の方なのに同じ責め方をするのはもったいないですから
彼女たちにある程度の個性を持たせ、それに沿った責め方をします。
ちゅぱ音は割かし激しいですけど乱暴と言うほどではありません。
淫乱な人間の女性とエッチするのに近い抜きやすさを意識したプレイに調整してます。

言語がまったく通じない女の子たちとエッチする展開と個性を出しながら責める音重視のエッチ。
人外から連想される過酷さや無慈悲さをかなり薄めたややM~M向けの作品です。
体で通じ合うエッチ
エッチシーンは2パート41分間。
プレイはフェラ、耳舐め、アナルSEXです。
アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。

ミヤ「チンチン ウヌシター エメラホ」
主人公を確保してから軽く雑談した3人は
早速彼を取り囲むように陣取り性感帯をゆっくりねっとり刺激します。

エッチは終始彼女たちが責め続けます。
最初の「トラック1 ケモノリップデノウモアソコモシアワゼピユピユ(約30分)」はちゅぱ音特化のパート。
両耳とおちんちんを同時に舐めながら彼女たちが色んなことを話します。

イナ「チンチンザコザコ」
明らかに言葉責めと思えるセリフも登場しますが
彼女たちの態度がそれほどきつくないところを見るといじめる気はあまりなさそうです。
その証拠に耳舐め音はゆっくりペースでコリコリした音を鳴らしますし
フェラも序盤は丁寧に舐める感じの抑えた音を鳴らします。

販売ページの説明文に「なぁ、オレ達の仲間にならないかぁ?」と書いてあることから
エッチを通じて彼を虜にするのを狙ってるように思えます。
焦らし、寸止め、連続射精といったM向けでは定番の要素が特にないのもあります。

そして言語がわからないからこそ彼女たちの責めが目まぐるしく変わります。
まずイナはおちんちん担当として軽い休憩を挟みながら舐め、吸い、ピストンを切り替えます。
同じ音をずっと鳴らすことはなく数分単位で変える凝ったものです。
パート終盤はピストンの割合が増えるなど、責め方に獣娘の野性味を感じました。

最も人間に近い責めをするのはおそらく右のミヤでしょう。
彼女は右耳舐め担当ですがそれをする時間はかなり短く
代わりに囁き声で話しかけて耳に微弱な風圧を送り続けます。
そして耳舐めは外だけでなく穴の入り口にも舌をぐりぐりさせます。

最後のビビは左耳舐めを多くしながら彼に甘えるような声を投げかけます。
サークルさんの設定でも「甘えを武器にする」と書いてありますから
妹や後輩といった年下系のキャラと見るのが妥当です。
耳舐めは外を中心に責めるスタンダードなものでした。

こんな感じで3人のスタイルが結構違うおかげで
単調なところがあまりない流れるような責めに仕上がってます。
でも私個人は左右の会話量をもうちょっと減らして耳舐めをがっつりやって欲しかったです。

次の「トラック2 ケモノノアソコテデハッピーアナルファック(約11分)」は割とアブノーマルなプレイ。
3人の位置はそのままにして今度はイナがアナルSEXをします。

イナ「キモヒイイ キモヒイイ」
普段よりも切ない声と気持ちよさそうな言葉を漏らし
左右の2人も耳舐めしながらその様子を嬉しそうな表情で見守ります。
イナがふたなりだからそれを鎮めるためにアナルSEXする意味もあるのでしょうが
この行為にはそれとは別の目的も込められてます。

このように、セリフよりも音で興奮させるエッチが繰り広げられてます。
雰囲気重視の作品
獣娘たちとエッチする様子をできるだけ忠実に描いた作品です。

イナ、ミヤ、ビビは自分たちの領域にやって来た主人公を美味しくいただこうと
左右中央に陣取って耳とおちんちんをじっくり責め続けます。
そしてこれらをするにあたって3人の違いを持たせてプレイに変化をつけます。

見た目は野性的だけど性格は結構穏やかな3人の女の子が男性を弄ぶシチュ
日本語をほとんど使わずに会話する思い切った試み
ちゅぱ音の厚みに力を入れてる変化に富んだエッチ。
人間の女性とするエッチとの違いを明確にした複数人プレイが楽しめます。

中でも2番目は本作品を最も特徴づけてる要素で面白いです。
彼女たちのセリフを聴いてもはっきり言ってまったくわからないので
表情や仕草といった別の部分で空気を読むことになります。
プレイ自体は人間同士のエッチとほぼ一緒ですからイメージできるでしょう。

射精シーンは2回。
ちゅぱ音それなり、くちゅ音そこそこ、淫語と喘ぎ声ごく僅かです。

BONUSトラックは「3匹の獣娘と一緒にオナニータイム」と「両耳ち〇ぽ舐め」です。

CV:イナ…分倍河原シホさん ミヤ…涼貴涼さん ビビ…しりかげるさん
総時間 56:54(本編…47:48 BONUSトラック…9:06)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年8月8日まで10%OFFの891円で販売されてます。

サークル「殊更クリエイト」さんの無料の催眠音声作品。

今回紹介する作品は、穏やかで仕事熱心な女性執行人が
とある罪を犯した男性に変わったお仕置きをします。

無理矢理感を出さずに女体化と肉便器化をするのが特徴で
催眠は深呼吸や脱力でしっかりリラックスさせてから体の変化を実感させ
エッチは2種類のレッスンを挟んだ後に本番へ進み、おちんちんに責められる快感を少しずつ教えます。
性犯罪者への効果的な罰
執行人に催眠をかけられ彼女や他の人に責められるお話。

「いらっしゃい、あなたが性犯罪を犯した、犯罪者くん、ね?」
執行人は明るくて穏やかな声の女の子。
音声を聴く際の注意事項や物語の背景を簡単に説明すると
性犯罪の容疑がかけられてる主人公に挨拶し、その罪状を確認します。

本作品は痴漢をした可能性がある彼を確実に更生させようと
彼女がおよそ80分に渡って女体化催眠をかけたり変わったエッチをします。
この世界にはふたなり女性が数多く存在し、それによって性犯罪が今よりも増加してます。
そこで政府は刑務所に入れたりせず奉仕活動をさせて罪を償わせることにしました。

「これは、犯罪者を更生させるもの。被害にあった女性がどんなことをされたのかを奉仕的に体験して、あなたがどれだけ罪深いことをしたのかを分からせるの」
こういう事情があるので彼が痛みや苦しみを味わうことはありません。
その代わり体を女性に変えられ、おちんちんで何度も責められて自分の犯した罪の重さを認識させます。
といっても実際は気持ちよくなるだけですからお仕置きよりもご褒美に近いです。

テーマは「肉便器化」
不特定多数のおちんちんにおまんこを貫かれても喜ぶビッチにしようと
彼女が一歩ずつ丁寧に進めながら女性の快感や犯される喜びを教えます。

殊更クリエイトさんが女体化作品を出されるのは確か初だったはずなので
全体の進め方やエッチの内容を割とマイルドに調整してます。
終盤は肉便器らしさが出るようガンガン責めますけど
実況をしっかりやったり暗示を小まめに入れるきめ細かなリードをしてくれます。

女体化→肉便器化と順を追って進めますから
女体催眠の経験がある人ならやりやすく感じるでしょう。
おちんちんに対する認識を変えるアプローチもあったりして面白いです。
リラックス重視の堅実な催眠
催眠は2パート22分間。
服を脱いで横になり、まずは執行人に言われた部位に力を入れて脱力します。
そして次は深呼吸を繰り返して心もリラックスします。
目は途中で閉じる指示が出ますから最初は開けておくのがいいでしょう。

「はい。すーっと右腕から力を抜いていく。右腕から力が抜けて楽になる」
「ゆっくりと、目を閉じて。すーっと目を閉じる。すると、目に使っていた力がすーっと抜けていく」

脱力は合図を出しながら抜いた直後にリラックスを後押しする
深呼吸は簡単なイメージを交えて清涼感を与える、といった具合に
どちらも基本を押さえて手堅く進めて女体化を受け入れやすくします。
深呼吸を終えた後に目を閉じるシーンがあるのですが
10分くらい我慢した後にするおかげで目を中心に心地いい感覚がぶわーっと広がりました。

女体化が始まるのはその次から。
薬の効果で変化した彼の体を性差の出やすい部分を中心に実況し
女性に関するちょっとした勉強を挟んでからカウントを数えて催眠状態を深めます。

「お尻の穴のちょっと上から、おちんちんがあったところくらいまで縦筋が伸びる。その中で、おちんちんの名残のクリトリス、膣の入り口の小陰唇」
変化を実況するシーンは割と重要なところなので細かい描写をしてました。
股間が軽くなる、すーすーするといった主観的な感覚の違いに触れても良かったかもしれません。
あと女体化初挑戦なら事前にもっと深化させてから女体化に移ったほうがスムーズに進んだでしょうね。
その直後に行う勉強は現代催眠のテクニックを使って誘導します。

暗示を受け入れやすい状況を作ってから女体化に進むテーマに沿った催眠です。
聴き手を自分がイメージした女性の姿へ変えることを目的に
古典催眠の漸進的弛緩法から入って深呼吸、イメージ重視の女体化
現代催眠のイエスセット、そしてカウントによる深化を行います。

女体化がやや軽いかなとも思うのですが、本作品はエッチを通じてそれを強化するように作られてるので
女体化催眠をある程度経験してる人なら後々気持ちよくなりやすいと思います。
催眠は必要最低限のことをやって、エッチに力を入れてるタイプです。
肉便器の喜びを教えるエッチ
エッチシーンは3パート41分間。
プレイはおちんちんの匂いを嗅ぐ、乳首責め、手マン、デコレーション、SEX(正常位)です。

匂いを嗅ぐ、手マン、デコレーション、SEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

「じゃあ、さっそく始めましょうか、ご奉仕の、お勉強」
催眠を使って主人公を女性の体に変えた執行人は
肉便器になる第一歩として性感帯を責められる喜びを教えます。

エッチは彼女や途中から登場する3人の男女に責められます。
最初の2パート19分間は研修に近い内容。
「4th_レッスン1_上のお勉強」は乳首、「5th_レッスン2_下のお勉強」はおまんこをいじって
女性になったことを強く実感させながら1回だけ絶頂させます。

「とーっても甘い匂いを出している飴。舐めればとっても甘い味がする。そして、中にはあまーい蜜が詰まってるの」
エッチに入っても彼女の穏やかなキャラは変わりません。
自分に生えてるおちんちんを咥えたがらない彼にそれが飴だと思う暗示を入れ
匂いを嗅がせながら乳首をいじってプラスの印象を与えます。
ちなみにおまけでフェラするバージョンも存在します。

肉便器になるにはおちんちんを何度も挿入&中出しされる必要があるので
この時点からおちんちんに対する抵抗心を和らげることを重視します。
最初はピンと来なかったとしても、終盤になる頃にはあまり気にならなくなるでしょう。
プレイを通じて「おちんちんに屈服するのは気持ちいい」とじっくり教えます。

「ほら、この乳首、摘まむよ。乳首をつまむとね、乳首から快感が走るの。とってもあまーい快感が走る」
「じわーってした快感が擦られるたびに股間の内側から湧き出てくるんだよ。それがおまんこの快感」

もちろん体を気持ちよくすることも忘れません。
レッスン1は「ぐり ぐり」と掛け声を挟みながら気持ちよくなる暗示を入れ
レッスン2は掛け声から効果音に変わり股間に熱と疼きを与えます。
それでいて決して満足させないところが彼女らしいなと。
本番に向けて心身の熱を高め、さらに期待も煽ります。

最後の「6th_便女のご奉仕」はいよいよ肉便器になるシーン(約22分)。
場所を公衆トイレの一室に移し、そこで3人の男女と一対一でSEXします。

「ビクビクって体が痙攣して快感が体を貫く。おちんちんは子宮目がけて精液を放出する。びゅるびゅる、って精液が子宮にぶっかけられる。子宮が精液に喜んで、快感が生まれる」
1人目はふたなり、2人目は短小の男性、3人目は巨根の男性とそれぞれに違った特徴を持たせ
おちんちんに責められ中出しされる様子を丁寧に実況し、暗示で快感を伝えます。
執行人は別の場所でこの様子を見守る天の声を担当するので
前の2パートよりもこちらのほうが実況や暗示が充実してました。

3人とも最初から発情してる設定にして前戯の時間を極力省き
主人公のおまんこへ腰を打ちつける様子だけを描いたエロさも高いパートです。
相手の動きによってピストン音が変わる凝った演出もされてますし
上手く催眠に入れていたら股間を中心に熱が高まるのを感じるでしょう。

「体を何度もビクビクさせて、快感に体を震わせる。頭がふわふわ、あまーくとろける。幸せ、幸せ、幸せ」
あとは見知らぬ人のおちんちんで何度もイかされるシチュも興奮を後押しします。
内容は凌辱っぽいですけど、執行人は背徳感や絶望感よりも幸福感を伝えることに力を入れてます。
そのほうが肉便器のキャラに合ってますし、聴きやすくもなるのでいいんじゃないかなと。

レッスン2を聴いた時点では「テーマの割に生ぬるいなぁ」と思ってたのですが
このパートを聴いたらその認識が一気に覆りました。
「なるほど、ここを存分に楽しませるためにソフトなプレイをしてたのか」と。
ギャップを生み出す効果もあってイキやすいプレイに仕上がってます。

このように、聴き手に嫌な気分を与えずに肉便器化する親切でハードなエッチが繰り広げられてます。
ゆっくり堕とす作品
タイトルの「便女(肉便器)」と「甘さ」を大事にしてる作品です。

執行人は性犯罪をした疑いがある主人公を効果的な手段で更生しようと
まずは催眠を使っておちんちんを入れられる側に体を作り変えます。
そしてエッチはおまんこを責められる時間を多く取り、指や複数のおちんちんで責め立てます。

態度は穏やかだけどやることはしっかりやる執行人が肉便器化の催眠をかける変わったシチュ
古典催眠の技術をベースに深化や女体化を進めるスタンダードな催眠
前半は研修で女性の快感を教え、後半からおちんちんを代わる代わる挿入される丁寧なエッチ。
テーマの肉便器化をいかにリアルに、そして気持ちよく味わわせるかを考えて作品を組み立ててます。

「最後には自ら男性やふたなり女性のおちんちんを求めるようになるから。楽しみにしててね」
犯罪者に対するお仕置きとは思えないほど雰囲気が穏やかなのも意外でした。
彼女は別段彼に情けをかけてるわけではありません。
それどころか女性の快楽に溺れさせて今後二度と痴漢をしたいと思わせないようにします。
彼に冤罪の可能性がある点を考慮したのかもしれませんね。

エッチは前項でも書きましたが最終パートが一番の聴きどころです。
ここを楽しめるように時間をかけてリードします。
おまんこをガンガン責めることから絶頂は股間が起点になるでしょう。
私が聴いた時もお漏らししたような生暖かい感覚が絶頂時に広がりました。

絶頂シーンは6回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

exパートは4つの音声、おまけはフェラありバージョンです。

CV:VOICEROID2 紲星あかりさん
総時間 2:48:47(本編…1:23:24 exパート…21:35 おまけ…1:03:48)

視聴&ダウンロードはこちら
https://ci-en.dlsite.com/creator/5186/article/258411



サークル「KUKURI」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、異形の者と戦ってる里に生まれたくのいちの少女が
師匠にあたる仲の良い女性や触手たちに責められる様子を主観的に楽しみます。

レズプレイと触手責めを組み合わせた独特なエッチが行われており
前者は甘めの雰囲気で感度強化をじっくり行ってからのふたなりSEX
後者は触手音を適度に鳴らしながらやや乱暴に責められる、といった具合に
相手によってプレイの流れやアプローチの手段を切り替えて快感と没入感を高めます。
慕ってた女性との残酷な再会
くのいちの桔梗が椿や触手に責められるお話。

「催眠風ボイスドラマ くノ一桔梗~妖夢帳~をお聴きくださり ありがとうございます」
ナレーターは穏やかで落ち着いた声の女性。
作品のコンセプトや注意点を手短に説明すると
可愛い女の子になりきるための催眠をかけ始めます。

本作品は黄泉軍(よもついくさ)と呼ばれる怪物と戦うために修行を積んできた彼女が
元姉弟子で同じ役割を持つ別の里へ嫁いだ椿や
逢魔宗というカルト集団が召喚した触手とエッチする様子を140分以上に渡って楽しみます。

最初の隠(なばり)の章は椿、次の朧の章は触手とふたつに分かれており
いずれもドラマパート、エッチ、エピローグの3部構成になってるボイスドラマらしい作りです。
ナレーターは催眠者と天の声を担当しておりエッチに直接参加することはありません。

作品独自の単語が色々出てくるため、それらをまとめた付属のテキストを事前に読んでおくといいでしょう。
他にも歩き巫女、神楽鈴など昔の日本にあったものがいくつも登場します。

物語を簡単に説明しますと、桔梗は朧の里の頭領の娘で黒龍刀という特殊な刀を持ってます。
また体にも特別な血が流れており、逢魔宗がそれを利用しようと画策します。
隠の里で異変が起こったことを察知しそれを確かめに行ったところ
その途中で椿に出会い、忍術で動きを止められエッチに弄ばれるといった感じです。

椿「ごめんなさい 桔梗」
椿は敵方として登場しますが桔梗にとっては特別な女性。
同じ朧の里出身で忍術の手ほどきを受けた人物にあたります。
桔梗は姉のように慕っており、同時に恋愛感情も抱いてました。
そんな事情を踏まえて隠の章は割と穏やかな雰囲気でエッチします。

それに対して朧の章は相手が人外なので多少の荒々しさを持たせて責め続けます。
複数の触手が体に絡みついて媚薬効果のある白濁液を塗り込んだり
乳首、おまんこ、アナルを同時に責めるなかなかハードな内容です。
また非現実的なプレイにリアリティを出すためにここだけ効果音を取り入れてます。

ふたつの章は密接に繋がってますがエッチの内容は随分違います。
これこそが本作品最大の魅力です。
詳しくは後で説明しますが凄惨さを極力薄めて純粋に気持ちよくなれるようにリードします。
作品の世界に引き込んでく催眠
催眠は3パート37分。
目を開けたまま横になり、まずは4分ほど深呼吸を続けて心を落ち着けます。
そして終了後に目を閉じ今度は体をパーツごとに脱力します。

「だんだんと 瞼が重たくなる 目を閉じると どんなに気持ちがいいだろうと あなたは想像します」
「次は 首と肩から力が抜けていく すーっと 首と肩が軽くなっていく さらに軽く どんどんと軽くなっていく」

そして深呼吸の時は瞼の重さや解放感を、脱力では脱力感や体の軽さを入念に伝えます。
頭→首と肩→背中と腰→胸とお腹→両手→両足と結構細かく分けてました。
脱力が終わった後は今の感覚を再確認するなどゆっくり丁寧に進めます。

物語が絡んでくるのは催眠開始からおよそ15分後。
花が咲き乱れる丘をイメージし、そこにいた鈴という女の子とお手玉で遊びます。
彼女が何者かは最後まで聴けばわかります。

「お手玉が落ちてくるたびに あなたの心と体が 同じように深い場所へ落ちていきます」
最初は1個、少し経つと2個に増えてお手玉が動く様子を実況し
それを聴き手の意識と重ね合わせて「すーっと」「落ちる」と暗示を入れます。
少しの間無言になる時間を設けるなど催眠状態を深めようとする意図が窺えます。

次の女体化パートはいよいよ桔梗になりきるシーン。
鈴の代わりに現れた彼女と抱き合ってお互いの心をリンクさせ
それからカウントを数えながら長い螺旋階段をどんどん下りて体も変えていきます。

「少しずつ 少しずつ どくん どくん あなたの心臓と 少女の心臓が ゆっくりと重なっていきます」
「ぐるぐると ぐるぐると 回る 回る 回る」

抱き合う時は「どくん どくん」、下りるときは「ぐるぐる」と
ここでは擬声語を多めに挟んでリズミカルに暗示を入れてました。
本格的な女体化が始まるのはパート中盤からなので2段階目の深化も兼ねてます。

具体的な容姿は伝えず髪の毛、乳首、乳房、体格、喉ぼとけなど
性差の出やすいところを中心に変化の様子を描写してました。
一番最後に乳首やおまんこを変え、さらに感度も軽く上げてエッチの準備を整えます。

桔梗になりきってエッチする環境づくりに専念した割とシンプルな催眠です。
聴き手の心と体を桔梗へ近づけることを目的に
深呼吸から入って分割弛緩法、お手玉のイメージを使った深化、短めの沈黙法
螺旋階段とカウントを組み合わせた女体化、そして感度の上昇と進めます。

作品独自の要素は薄いので個性の面はやや弱く感じますが
誘導自体はしっかりしてて十分な深さまで入れます。
エッチが充実してるから催眠は手堅く仕上げたのではないかなと。
プレイと雰囲気が大きく変わるエッチ
エッチシーンは2パート57分間。
プレイは媚薬を塗る、乳首責め、手マン、SEX(正常位)、触手責めです。

触手責めの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありません。

椿「逃げ出そうとしても無駄よ 千代女様の力で あなたの力は抑えられてるわ」
桔梗を気絶させた後、逢魔宗の千代女のもとへ連れて行った椿は
そこで甘露水と呼ばれる媚薬を塗り込み全身の感度を上げます。

エッチはいずれも無抵抗な桔梗を相手が責め続けます。
最初の隠の章Hパートは椿とのレズプレイ(約39分)。
30分くらいかけて甘露水を桔梗の体へしっかり塗り込み
それから股間に生えてるおちんちんで貫き中出しを決めます。

「手の時と同じように 脹脛と太ももが熱くなる 熱い 熱い 熱くなる」
そしてナレーターがプレイの実況をしながら得られる感覚を丁寧に伝えます。
左右の腕と肩、おまんこの周辺、足の甲やかかと、乳首、おまんこと
後になるほどより強い快感が得られる場所へ少しずつ移動します。
最中は熱を高める暗示が充実してますから火照りを感じるでしょう。

またこれらの中に桔梗の思いや椿との会話を交えて臨場感を出してます。
椿は千代女に操られてるようですが理性を完全に失ってるわけではなく
桔梗に対して落ち着いた態度で話したり責め続けます。
おかげで敵同士のエッチとは思えないほど温かい空気が漂ってました。

「肉棒がさらに奥へと入ってくる 背中がビクッと伸びて さらに大きな声が出る」
それを物語ってるのが終盤のSEXシーン。
十分過ぎるほど濡れたおまんこへ挿入&ピストンする様子を桔梗の視点で語ります。
桔梗がSEXするのは初めてらしいので普通なら嫌がったり悲しむはずなのですが
相手が椿だからかそういう描写は一切なく、むしろ嬉しそうに受け入れてました。

この後から始まる朧の章も含めて本作品のエッチにはネガティブな描写がほとんどありません。
心を凹ませたり暗くせず快感だけを楽しめるように作られてます。

続く朧の章は直後のお話(約18分)。
先ほどのエッチによって異界への扉が開かれ、そこから現れた触手に全身を犯されます。

「この音(=触手音)が聞こえるたびに あなたの体は ビクビクと快感に反応しちゃいます」
触手は人じゃありませんから当然言葉を話せません。
そのため「ぐちゅぐちゅ」という効果音を使ってプレイの様子を表現します。
ナレーターが音そのものに暗示を込めて気持ち良くする音モノっぽいアプローチです。
うねうね動く、白濁液をかける、アナルへ挿入すると動きによって音を使い分けてました。

この触手は様々な色や形状の触手を持ってる集合体で
桔梗の脚、胸、口、アナル、おまんこを後になるほど幅広く同時責めします。
椿の時はほぼ一箇所を責めてましたからここでも違いを持たせてるわけです。
前戯をあまり挟まないところにも荒々しさを感じました。

「ビクビクと 全身を震わせながら絶頂へ 頭の中が真っ白で 何も考えることができない」
でも敵が呼び出した謎生物に犯されてるのにヤバさは特に感じません。
悲しみや絶望感といった感情には敢えて触れず快感に集中してるからです。
甘露水と白濁液のおかげでそういうことを考える余裕がないのかもしれませんね。
カウントを数えながら感度を上げたり絶頂させるスタンダードなリードを心がけてます。

隠の章は甘さや長さ、朧の章は個性や激しさとそれぞれに違った長所があります。
じっくりドライを目指したいなら前者のほうが向いてるでしょう。
感度を上げる時間を長く取ってるおかげで心身の準備を整えやすいです。
逆にM性の強い人は触手に責められるほうがゾクゾクすると思います。

このように、プレイや責め方を大きく変えた取り組みやすいエッチが繰り広げられてます。
和風催眠ボイスドラマ
物語、登場人物、セリフの言い回しを和風で統一してる作品です。

ナレーターは桔梗が味わったエッチな体験を主人公にも楽しんでもらおうと
まずは催眠を通じて集中力とイメージ力を高め、さらに彼女自身になりきれるよう働きかけます。
そしてエッチは椿や触手に責められる様子を主観視点で語ります。

くのいちが他のくのいちや触手に責められる様子をドラマ形式で描いたややM~M向けのシチュ
作品独自の要素はあまり入れずしっかり落とすことに注力した催眠
ふたなり女性との甘いレズプレイ→触手による同時責めと属性を大きく変えるエッチ。
独特な世界観や非現実感が強く味わえるように作品を組み立ててます。

中でもエッチは章によって違った良さがあり新鮮な気分で聴けます。
敵だからといってきついことはせず、むしろ愛情を持って接する椿の優しさと
そんな感情を一切持たず桔梗の体をストレートに味わう触手の対比が引き立ってます。
乳首やおまんこの責めに力を入れてるので絶頂時はこのどちらかが起点になるでしょう。

通しで聴くよりも隠の章と朧の章に分けたほうがいいと思います。
その場合催眠を含めた時間は前者が110分、後者は80分ほどになります。

絶頂シーンは4回。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、ちゅぱ音と喘ぎ声はありません。

おまけは「Another Ending 深淵の章」です。

CV:葉市憂さん
総時間 2:47:25(本編…2:25:19 おまけ…22:06)

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月20日まで50%OFFの660円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



サークル「G DRAIN」さんの同人音声/動画作品。

今回紹介する作品は、可愛い容姿と凶悪なおちんちんを合わせ持つメスガキサキュバスが
自分に勝負を挑んできた男性をエッチな手段で返り討ちにします。

動画と音声がセットになってるのが最大の特徴で
プレイの様子はもちろん、細かな仕草や射精の様子までリアルに描いて臨場感を出します。
エロさが高めに設定されてますから負けシチュが好きな人ほど気持ちよく抜けるでしょう。
生意気サキュバスとおちんちんで勝負
サキュバスのテオとSEXバトルするお話。

「にゃはっはっはっは ご来場ありがとうございます テオのSEXバトルフィールドへようこそ」
テオは幼さを感じる可愛い声の女の子。
自分をわからせに来た主人公をご機嫌な様子で迎えると
それを聞いて笑ってからおちんちんを見せるように言います。

本作品はメスガキと呼ぶのがぴったりな生意気なサキュバスが
勝負を挑んできた彼とおよそ20分に渡るエッチを楽しみます。
総時間が短いことを踏まえて音声開始から3分後には早速エッチを始め
その後は終了までほぼノンストップで責め続ける抜きを重視した作りです。
mesugaki
他の音声作品と決定的に違うのはアニメ版が用意されてること。
製品版に入ってるmp4ファイルを起動するとこんな画面が表示されます。
スマホでの視聴を想定してるらしく縦長になってました。

アニメーション自体も相当に作り込まれてます。
彼女が話すたびに口が動き、セリフの内容によって開き方やリズムも変わります。
他にも目の開閉、笑うのに合わせて体が小刻みに動く、呼吸するたびに小さく上下するなど
Vtuberと同じ、もしくはそれ以上に彼女が活き活きと動いてくれます。

肝心のエッチもシーンによってピストンのペースが変わりますし
非現実的なプレイをリアルにお届けするのに大きく貢献してます。
音声単体のバージョンもありますが、やはり動画のほうが実用性は高いです。
体験版では音楽が流れますけど製品版には入ってないのでご安心ください。

「ざーこざーこ こんな弱々しい雑魚チンポで わしとSEXバトルする気なのか?」
エッチについてはテーマのSEXバトルにちなんで勝負する形式を取ります。
自分より遥かにみすぼらしいおちんちんを持つ彼をストレートに貶し
開始後はリズミカルなピストンで彼を射精させたりアナルに中出しして格の違いを見せつけます。
セリフ、プレイいずれも負ける快感を上手にくすぐってくれます。

またサークルさんが「射精派もドライ派も両方楽しめる」とおっしゃられてるように
彼女に手コキされての射精、アナルSEXによるメスイキの両方を盛り込んでます。
私個人は射精のほうがずっとやりやすいと思うのですが
アナルを開発してる人なら後者のほうが狙いやすいのかもしれません。
純粋なエロさも高く、属性が合う人なら1視聴で1回出すのは簡単だと思います。

サキュバスとのエッチをアニメ形式でお届けする作りと負かされる快感を追求したエッチ。
Mな人が喜ぶ要素を多く盛り込み独自のやり方で表現した濃い作品です。
少しずつわからせていくエッチ
エッチシーンはおよそ18分間。
プレイは手コキ、アナルSEXです。
アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(音声版は無しも選択可)。

「ほらほら ケツを出すのじゃ ケツじゃケツ にゃはははは」
主人公のおちんちんを軽く貶して興奮させたテオは
早速自分のおちんちんをアナルへ挿入し、彼のは手でしごいて勝負します。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の8分間は2人の実力差をはっきりさせるシーン。
会話後に挿入が完了した画面へ切り替わり、ピストンと手コキを同時にやってお互い1回射精します。

「おやおや? 雑魚チンポの先からも とろとろのよだれが出てきておるぞ」
彼女はインキュバスと対等に渡り合えるほどの実力を持ってるので
最初から彼に負けることは一切考えてません。
余裕そうな表情で彼のおちんちんを雑魚呼ばわりし、軽くしごいただけで射精してしまう弱さに呆れます。

そしてアニメーションならではのエロい演出も用意されてます。
彼の射精が近づいたところで画面左下にカウントが表示され
0になったらおちんちんから精液が何度も噴き出して画面を白く汚します。


体験版の1分あたりを見ていただければどんな感じかわかるでしょう。
射精した瞬間にホワイトアウトして精液まみれになるのではなく
ちゃんと射精の一部始終がリアルに表現されてます。
画面にかかった精液が下に垂れていく様子も自然でこだわりを感じました。

そしてこれがあるからこそ彼女の凄さを視覚的に理解できます。
彼が射精を迎えた3分くらい後に絶頂するのですが
その時およそ45秒に渡って精液を画面へ断続的に何度も叩きつけます。

吐き出される精液の量や勢いによって彼女には勝てないことを思い知らせるわけです。
アニメ形式だからこそできるわかりやすくて面白い演出と言えるでしょう。
最初にこういうシーンを持ってくるのもSEXバトルに合ってて良いです。

「あぁぁぁぁ ぎもぢいい あっあっあっ」
ちなみにエッチの最中は彼女が積極的に喘ぎ声を漏らしてくれます。
彼女によると人間のアナルは締まりがいいそうです。
本作品は時間が短いですから、クールに振る舞うよりはこうしたほうが純粋なエロさが上がります。
彼をわからせる点はきっちりやったうえでサービスしてくれる結構優しい女性です。

後半の10分間は負ける快感を楽しむシーン。
勝敗があっさり決したところで彼のM気質を見抜いた彼女がさらに責めて喜ばせます。

「イけよほら イケイケ アヘってメスのような喘ぎ声出しながらイってしまえ!」
セリフは相変わらず強気ですが声は無邪気なので冷たさはまったくありません。
彼は女性に負かされる快感とおちんちんやアナルを責められる快感
彼女は純粋な快感と相手を屈服させる快感を味わいながら何度も射精します。

一部で妹っぽく振る舞うなど、彼女なりに彼を楽しませようとする気持ちが窺えます。
やることは割とハードですが雰囲気は穏やかなので聴きやすいです。

このように、メスガキに弄ばれる快感を追求した目でも耳でも楽しめるエッチが繰り広げられてます。
身の詰まってる作品
短いながらもしっかり抜ける品質とパワーを持ってる作品です。

テオは自分に勝負を挑んできたドMの主人公を気持ちよく負かそうと
最初から生意気な態度で話しかけながらおちんちんを適度に貶して興奮を高めます。
そしてエッチはアナル責めと手コキを同時に行い2種類の絶頂へと追い込みます。

ふたなりでメスガキなサキュバスとSEXバトルをする珍しいシチュ
負ける快感をくすぐる言葉責め、アニメーション、喘ぎ声を組み合わせて責める濃いエッチ
生意気なんだけどカラッとしてて優しいところも見せてくれる彼女の無邪気なキャラ。
サキュバスに搾られる定番の展開を色んな要素で個性的かつ抜けるように仕上げてます。

中でもアニメは品質が非常に高くてびっくりしました。
彼女の動きがぬるぬるしてるのもそうですが、やはり射精のインパクトが強いです。
精液の量や勢いで格の違いを見せつけるアプローチも斬新だなと。
負けシチュですが凹むほど厳しくされるわけではありません。
彼女もしっかり楽しんでますし、2人とも満足できるようにエッチを組み立ててます。

射精シーンは4回。
くちゅ音と喘ぎ声それなり、淫語そこそこ、ちゅぱ音はありません。

新しいタイプのM向け作品を求めてる人には特におすすめします。

CV:大山チロルさん
総時間 21:36

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります

追記
2020年5月2日まで10%OFFの693円で販売されてます。



サークル「ヒプノン」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、可愛い見た目とは随分違う逞しいおちんちんを持ってる女の子が
催眠を交えたアブノーマルなエッチで男性を自分の虜にします。

無理矢理感を極力薄めながらアナルSEXしたりメスイキさせるのが特徴で
催眠は事前誘導と本誘導の二段構えにしてリラックスと声に対する集中力を高め
エッチは中盤までじっくり焦らし感度を十分高めてからアナルを責めて一気に絶頂させます。

今回は乳首セルフあり版を聴いてのレビューをお送りします。
自分から犯されたくなる心と体に
女の子に催眠をかけられアナルSEXするお話。

「これから始めるのは あなたが素直に 催眠に落ちるようにすることがようにするための準備だよ」
女の子は甘く可愛い声の女の子。
自己紹介や背景説明といった前置きはすべて省略し
本編でより催眠に入りやすくするための事前誘導を行います。

本作品はふたなり女性にアナルと前立腺を責められる快感を味わわせることを目的に
彼女が90分ほどを使って催眠をかけたりアブノーマルなエッチをします。
物語の開始時点で彼がアナル未開発なことを考慮し
いきなり挿入するのは避けてゆっくりじっくり準備を整えます。

「体が催眠に落ちれば 心も催眠に落ちる そして そのまま私の言葉を受け入れられる」
やることだけを見ると割かしエグイ印象もしますが
彼女が彼を無理矢理犯そうとするシーンはありません。
催眠を通じて信頼関係を深めつつ彼女の言葉を受け入れられる状況を作り
エッチも序盤から中盤にかけてはアナル以外の部位をソフトに責めて感度を上げます。

アナルSEXをするのは14分程度と短めですから
どちらかと言えばそこに至る過程を楽しむ作品だと思います。
アナルSEXを自分から受け入れたくなるアプローチが充実してるおかげで
催眠にしっかり入っていればさほど抵抗を感じずにエッチを聴くことができます。

また冒頭で書いたように本作品には乳首セルフあり、なしの2パターンが用意されてます。
エッチシーンで乳首を実際にいじるかどうかの違いがあるだけでそれ以外は変わりません。
いじり方を小まめに指示したり合図を出すことはないので
セルフありを聴く場合は乳首開発済み、もしくはいじり方をある程度知ってる人のほうがいいです。

催眠については事前誘導と催眠誘導の2部構成になってまして
前者は聴いても聴かなくてもいいそうです。
ただ聴いた限りではこの内容なら聴いたほうが入りやすいかなと。
両パートでやってることが随分違うため、両方のほうが入れる確率は上がります。
リラックスと集中を重視した催眠
催眠は2パート28分間。
最初の「0.事前誘導」は本編に入る前の準備として
仰向けに横になり深呼吸や目を開閉する運動をして心身をリラックスさせます。

「目を閉じると なんだか落ち着くね これを繰り返していると 目がだんだんとろーんとして 体が催眠に入っていくの」
催眠の時点ではふたなりやメスイキといった作品のテーマは無理に絡めず
深呼吸は「吸ってー」「吐いてー」の合図を出す
目の開閉はカウントを数えながら長めの暗示を入れるスタンダードなやり方で進めます。
特に目の開閉は8分くらい割き、繰り返すごとに暗示の表現を変えてより深く誘導します。

被暗示性の高い人ならたぶんこのパートだけでも中程度まで入れるでしょう。
私が聴いた時も瞼の重さや意識のぼやけが感じられて心地よかったです。

続く「1.催眠誘導」は催眠状態をさらに深めつつ上下関係をやんわり作るパート。
冒頭に4分程度の説明を挟んで作品のコンセプトを教えてから
アイマスクを装着して女の子の声により集中できる状況を作ります。
アイマスクはエッチの最初に外す指示が出るので無理に用意する必要はありません。

「真っ暗になるとね 後に残るのは 私の声だけ 私の声だけが お兄さんの世界」
視界が塞がれると人間は他の感覚が鋭敏になります。
それを踏まえて彼女も自分の声に依存できる言葉を投げかけます。
アイマスクを装着した後は暗い道を手を繋いで移動し
さらにエレベーターを下りるイメージを通じて催眠状態を深めます。

前半の事前誘導はリラックス、こちらの催眠誘導は集中力の向上と
パートによってある程度目的を変え、技術も違うものを行使してます。
それぞれがお互いの弱点を補う形で作られてるから、両方聴いたほうが入りやすいと先ほど言ったわけです。

エッチに向けた心構えを身に着けることに注力した手堅い催眠です。
聴き手の心と体を女の子の声に従えるようにするのを目的に
深呼吸から入って変則的な目の開閉法、再度の深呼吸を経由して声に対する集中力を高める暗示
そして暗い道やエレベーターを移動する様子にカウントを絡めた深化と繋げます。

もう少しテーマを絡めたほうが本作品らしさが出るとも思いましたが
それより催眠をきっちりかけることをサークルさんが優先されたのかもしれません。
時間もそれなりに長いですし、比較的入りやすいと私は見てます。
落差の大きいエッチ
乳首セルフあり版のエッチシーンは48分間。
プレイはうなじ/脇腹/背中/お腹/太もも/お尻の愛撫、乳首オナニー、媚薬を塗る、おちんちんへのキス、アナルSEXです。

愛撫、媚薬を塗る、アナルSEX、射精の際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。
作中で服を脱ぐ指示が出ることはありません。

「到着 ここでお兄さんは 私に滅茶苦茶にとろかされちゃうんだよ?」
催眠を使って主人公を2人きりになれる場所へ案内した女の子は
アナルを犯す前に体の各部位をフェザータッチして感度を上げます。

エッチは終始彼女が責め続けます。
最初の34分間はアナルSEXに向けた準備をするシーン。
うなじ、脇腹、背中といった性感帯以外の部位を個別に撫で
そのたびに体が敏感になる暗示を厚めに入れます。

「気持ちよく撫でられると ふにゃふにゃに力が抜けて 体をぐったりと 私に委ねていっちゃうの」
「右頬に硬くてあったかーいチンポが触れている なんだかとっても愛おしい」

本作品は無理矢理感を出さずにアナルSEXまで持っていくのを目指してるので
そこに至るまではわざと焦らして彼が自分から責められたいと思うように導きます。
また途中から彼女が勃起したおちんちんを取り出し、それに対して良い印象を抱くアプローチもかけます。

メスイキと聞くと女性になった気分を膨らませるプレイに思うかもしれませんけど
本作品ではそういう要素はあまり入れず、快感を純粋に追い求める方針で進めます。
アナルを掘られると言っても相手は女性ですからホモさっぽさはまったく感じません。

「お兄さんの手を ゆっくり胸に当ててみて? お兄さんの胸を 優しく包み込むように そっと動かすんだよ?」
またセルフありを選んだ場合はエッチの開始から6分後に乳首オナニーの指示が出ます。
軽く言った後はフェザータッチに戻るのでこちらの好きにいじっていいのでしょう。
焦らしが強い展開を考えればいじったほうがある程度発散できて無理なく聴けると思います。

終盤の14分間はお待ちかねのアナルSEX。
事前に媚薬を塗って入れても痛くならない状況を作ってから
半分挿入→全部挿入→ピストンと段階的に責めを激しくします。

「気持ちいい気持ちいい ほら 入っちゃってる 敏感なお尻の中に 私のチンポがずりずりって入っていって お尻の中 たーっぷり擦り上げる」
そしてここでもカウントに合わせて効果音を鳴らし
その直後に気持ちよくなる暗示を入れる王道の流れで進めます。
ピストンが始まった後は効果音が鳴り続けますけど、挿入シーンは一瞬だけにしてました。
シーン前半の6分間は挿入、残りはピストンとこれまでに引き続き焦らし気味に進めます。

そして焦らしに焦らしたからこそ1回目の絶頂を迎えた後の責めがより激しく感じます。
ピストン開始後は連続絶頂形式になってまして、時間内にどれだけイっても構いません。
ただそれだとタイミングを取りにくいだろうということである程度の合図は出してくれます。

一番イキやすいのは最後の彼女が射精するシーンでしょうね。
直前に喘ぎ声を漏らし始め、射精の瞬間に効果音を鳴らし
そのままピストンを続けながら普段よりもアヘった声で追い込み暗示を入れてくれます。
私もここで股間がガクガク痙攣して気持ちよかったです。

このように、焦らす時と激しく責める時のメリハリをつけたエッチが繰り広げられてます。
和やかな調教作品
癖のあるプレイをより多くの人が受け入れられるようにしたややM~M向けの作品です。

女の子は主人公を自分のおちんちんの虜にしようと
まずは催眠を通じてリラックスや声に対する集中力を上げ
エッチも中盤まではソフトな刺激に留めて強い快感を得たくなる状況を作ります。
そして最後は自慢のおちんちんでアナルと前立腺を責めて何度も絶頂させます。

逞しいおちんちんを持ってる可愛い女の子が男性のアナルを犯すアブノーマルなシチュ
ふたつのパートでやることを変え少しずつ催眠状態を深める堅実な催眠
焦らし要素を多めにしたうえで最後がっつり責めるギャップの大きいエッチ。
アナル開発よりもその準備に多くの時間を割いてじっくり進めます。

中でもエッチは自分のおちんちんをいじらないどころか意識すらさせない割り切った内容にしてます。
ふたなりが相手とはいえアナルを責められることに抵抗を感じる人はいるでしょうから
それをいかに上手く取り除くかに最も力を入れてます。
アナルSEXが始まるまではまったりしてるのでM性は低めかなと。

私個人は催眠のほうが印象に残りました。
どちらのパートも進め方が丁寧だし、使われてる技術も多少アレンジされてます。

絶頂シーンは最低でも3回(連続絶頂)。
淫語それなり、くちゅ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅か、ちゅぱ音はありません。

CV:沢野ぽぷらさん
総時間 共通パート…39:04 乳首セルフあり…52:36 乳首セルフなし…47:21

オススメ度
■■■■■■■□□□ 7点


体験版はこちらにあります

追記
2020年4月2日まで30%OFFの770円で販売されてます。
その場合の点数は8点です。



レズえっち!女体化催眠体験~恋するTSお嬢様は敏感で、ふたなりお姉様にイジメられちゃうと感じまくってすぐにメス犬アクメしちゃうのッ~(前編)」に引き続いての後編です。
今回は「05_hard_03_股間を直接舐め回される」以降の様子を中心に紹介します。
身も心も魂も女性になりきって
後編のエッチシーンは5パート68分間。
プレイはクリ責め、クンニ、手マン、SEX(バック、正常位)、乳首オナニー、キスです。

手マン、SEXの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフはありです。

「でも まだまだこんなものじゃないわよ」
エッチの序盤で主人公のレナを2回の絶頂へ追い込んだミユキ先生は
いよいよおまんこを直に責めて女性の快感をさらに深く教えます。

エッチは引き続き年上のミユキが責め、その様子をナレーターが実況します。
最初の2パート28分間はおまんこをほぐすことを見据えたプレイ。
「05_hard_03_股間を直接舐め回される」は舌でクリトリスを
「05_hard_04_股間を指でかき回される」は指で膣内をいじって1回ずつイかせます。

ミユキ「綺麗よ あなたのここ とっても」
ナレーター「(舌でクリトリスを)つつかれるたびに あなたは体を突っ張らせる」
後編に入ってもレズ特有の甘い雰囲気は変わりません。
ミユキは初めて大事な部分を見られて恥ずかしがるレナに優しい言葉をかけて心をほぐし
ナレーターもその様子を主観的に体験できるよう気持ちよくなる暗示を小まめに入れます。
クンニはちゅぱ音、手マンはくちゅ音とそれぞれに対応する音も鳴らしてくれてイメージしやすいです。

またこのへんから2人が協力してミユキのことを好きになるアプローチをかけ始めます。
初めは未熟な体を弄んで楽しむ程度の気持ちだったのが
レナの美しい体や愛らしい反応を見て自分のモノにしたくなったのでしょう。
心が繋がってたほうが気持ちよくなれますし、色んな意味でプラスに働いてます。

続く3パート40分間はレズでは非常に珍しいプレイ。
ミユキが別の薬を使って生やしたおちんちんでレナのおまんこを存分に味わいます。

ミユキ「どう? もっとしてほしい? それともここで止めちゃう?」
開始前にレナが本当にSEXしたいかをきちんと確認し
挿入後はゆっくりペースでピストンして十分にほぐすなど
レナの心と体が壊れないよう気遣って責める年上らしいリードが光ります。
ナレーターも今まで以上に快感が膨らむ暗示を多めに入れてサポートしますし
これまでやってきたプレイとの違いが良い形で出ています。

私が聴いた時もこのシーンで股間が一際熱くなるのを感じました。
途中から乳首オナニーの指示も出るので開発済みならより気持ちよくなれるでしょう。
心と体をバランスよく刺激するから絶頂時の快感も大きくなるわけです。

この中で最もハードなのは「05_hard_06_ふたなりH2_抜かずの連続絶頂」(約17分)。
バックでのSEXで絶頂&中出しを1回決めた後、今度は正常位に切り替えて3連続絶頂を目指します。

ナレーター「あなたの体は 女の喜びを教え込まれてしまう」
時間に対する絶頂回数が多いのに加えて
ナレーターが女の喜びをより強く刻み付けて溺れさせようとするなかなか濃い内容です。
前編のレビューで「この作品はエッチを通じて女体化を強化する」と書いたように
ただSEXしておしまい、とならないように全体を組み立ててます。

このへんまでくるとおちんちんで責められるのが当たり前に感じるでしょうから
絶頂のカウントに合わせて股間が痙攣したり脳がゾクゾクする人もそれなりにいるはずです。
ハードなプレイをこういう手段で和らげてるところもレズらしいなと。

作品を聴いた感想ですが、エッチが非常に充実してて満足できました。
胸やおまんこといった女性を象徴する部位にターゲットを絞り込み
経験豊富な先生に手ほどきを受ける形で一歩ずつ着実に進めます。

最も大事なおまんこは外側と内側に分けてあり
さらに責める手段を舌、指、おちんちんと多めに揃えて幅広く気持ちよくします。
催眠音声では珍しくプレイに対応する音が鳴るので違いもわかりやすいです。
延々と垂れ流すのではなく、暗示を入れる時は止めて聴きやすくする工夫がされてました。

ミユキ「精液でマーキングしてあげる 私専用の 精液処理メスペットにしてあげるわ」
あとはミユキがものすごく優しいです。
口ではSっぽく振る舞ってますが、レナのことを大事にする気持ちが至るところに見られます。
「私専用」と言ってるのも他人に渡したくないことの裏返しですし
ミユキがレナに入れ込み、レナもミユキに依存する関係がエッチを通じて出来上がってます。
心の繋がりをすごく大事にしてるエッチだなと。

このように、男性相手との違いをはっきり出してる甘くハードなエッチが繰り広げられてます。
スタンダードなレズ作品
アブノーマルな要素をあまり入れずにレズエッチを楽しませてくれる作品です。

ナレーターは主人公にレナの初体験をできるだけリアルに味わわせようと
まずは催眠パートを通じて彼女と心身を同調しなりきらせます。
そしてエッチはオナニーやミユキとの絡みをがっつりやってそれをさらに定着させます。

お嬢様が保健の先生とレズエッチする様子を彼女の視点で体験する魅力的なシチュ
リラックス、深化、女体化をひとつずつ着実に行うイメージ重視の催眠
後になるほどハードなプレイを用意し、それをやりながら心もレナに変えていく充実したエッチ。
女性同士から連想される甘さや柔らかさを持たせた作品に仕上がってます。

中でもエッチは時間がかなり長く取られてますし
内容もセルフを絡めて色んなプレイに挑戦する凝った作りです。
おまんこの気持ちよさを十分味わわせてからSEXへ突入する展開も取り組みやすく
これらを行うミユキ先生の細かな気配りもそれに貢献してます。

エッチの途中で再度深化させるシーンがないので
被暗示性が低めの人や女体化作品の経験があまりない人だと
最後まで催眠状態を維持するのが難しいかもしれません。
そういう場合はパートをある程度削るのがいいでしょう。
ソフト路線ならオナニーから手マンまで、ハードが好きならふたなりSEXで区切ると良さそうです。
属性はややMくらいできつい描写はほとんどありません。

後編の絶頂シーンは7回。
淫語とくちゅ音それなり、ちゅぱ音そこそこ、喘ぎ声ごく僅かです。

以上を踏まえて今回はこちらの点数とさせていただきました。

CV:ナレーター…桃華れんさん、胡桃れみさん 保健のミユキ先生…分倍河原シホさん(ソフト)、伊東もえさん(ハード)
総時間 4:25:11(1視聴あたりの時間は2:40:00程度)

オススメ度
■■■■■■■■□□ 8点


体験版はこちらにあります



サークル「風呂井戸ソフト」さんの催眠音声作品。

今回紹介する作品は、小さい頃からお嬢様学校で大事に育てられてきた女の子が
そこの保健室で先生とレズプレイする様子を彼女の視点で楽しみます。

女性同士ならではの甘く穏やかなエッチが行われており
最初は1人でオナニーして女性になったことを強く実感させ
それから先生がリードする形で少しずつ踏み込んだプレイに挑戦します。
女体化を受け入れやすくすることを強く意識した催眠を施すのも魅力です。

今回はハードバージョンを聴いてのレビューをお送りします。
総時間が4時間30分近くあるため前編(01~05_02)、後編(05_03~06)の2回に分けてお送りします。
お嬢様の性の目覚めを疑似体験
ナレーターに催眠をかけられ九条院レナになりきってレズエッチするお話。

「ようこそ いらっしゃいませ じゃあ早速始めましょうか」
ナレーターはぼんやりした声のお姉さん。
自己紹介や背景説明といった前置きは省略し
早速横になって目を閉じ自分の声に耳を傾けるよう言います。

本作品は本物のお嬢様を育成する学校に通う女の子の初エッチを疑似体験させることを目的に
彼女が160分ほどを使って催眠をかけたり色んなエッチを提供します。
レズえっちの名の通りパートナーも女性に設定し
乳房、乳首、おまんこといった女性が気持ちよくなる部位を責めてドライへ導きます。

「口の中に生まれる 初めての感触 口の中に 熱い液体が流れ込んでくる 先生の唾液 あなたの口に 舌を差し込んできてる」
レナが今回初めて他人とエッチする初心なキャラなので
序盤から中盤にかけてはまったり進めて女性気分を膨らませます。
そして十分慣れた後はふたなりおちんちんで連続絶頂する落差を持たせた作りです。

ちゅぱ音や効果音も鳴るおかげで純粋なエロさが比較的高く
レズ特有の甘い雰囲気を感じながら気持ちよくなったりイけるでしょう。
ナレーターが実況説明と暗示を担当し、保健の先生は普通に話すボイスドラマ形式です。

また本作品のエッチにはソフト、ハードの2パターンが用意されてます。
前者は分倍河原シホさんの上品で穏やかなキャラ
後者は伊東もえさんの色気たっぷりなキャラと大きな違いがあります。
ハードの後にソフトも軽く聴いてみたのですが、セリフに関しては特に違いが見られませんでした。
プレイ構成も一緒なので声質の好きなほうを選んで聴くといいでしょう。

催眠は3パート28分間。
仰向けに横になって目を瞑り、まずは深呼吸しながらナレーターの声に耳を傾けます。

「手足がぽかぽか温かい 私の声を聞いていると だるーい気持ちになってくる」
呼吸に合わせて力が抜ける暗示を入れたかと思えば
その1分後には全身を軽くなぞる形で温かさとだるさを伝える、といった具合に
序盤から複数の感覚を並行して膨らませるスタイルで進めます。

彼女のぼんやりした声も相まって比較的早い段階から意識のぼやけを感じました。
深呼吸を多めに行い暗示が入りやすくする配慮もされてます。

「私の声があなたの耳に入っていく 怖いことは何もないですよ」
これらの合間に彼女の声に対する興味を引くのも良いですね。
催眠は何かひとつのことに集中してる状態を指しますから
ここではそれを声に設定し、ある程度散りばめてゆっくりじっくり誘導します。
先ほどの感覚も含めて聴き手にくどさを与えないことを心がけてるように映りました。

次の「02_導入2_チョコレート化暗示」は女体化に向けた準備。
全身がチョコレートの海に浮かんでる様子をイメージし
そのまま底に沈みながら催眠状態も深めます。

「あなたの体が温かい 温かくて溶けていく」
こういうイメージをする場合、海を使うことが非常に多いのですが
ナレーターはそれとの違いを出すために「温かい」や「溶ける」を多めに入れます。
チョコレートを口に含むと溶けるのは誰でも知ってるでしょうし
それを聴き手自身に当てはめて心身両面をとろかすわけです。
意識のぼやけが強くなった状態は確かにそれに近い感覚がします。

最後の「03_導入3_レナと融合」は本題の女体化。
場所をレナが通ってる女学校の保健室へ移し
そこに置かれてるチョコレートを食べる様子を通じて彼女と同調します。

「くちゃくちゃ とろとろ れろれろ ちゅくちゅく どんどん 溶けていく とろけていく」
「清純で穢れのない美少女 黒髪がとても綺麗」

前のパートに引き続き溶ける暗示を入れて催眠状態をさらに深め
チョコレートを食べ終わった後は変化した自分の容姿を確認して定着させます。
容姿や年齢が結構曖昧ですから自分の好きなようにイメージしてみましょう。

独自の手段で深化や女体化を進めるユニークな催眠です。
聴き手を物語の主人公である九条院レナへ変えることを目的に
最初のパートは深呼吸を絡めた脱力と温感操作で純粋なリラックスを提供し
次はチョコレートの海に沈む深化、そして最後はレナに食べられ一体化する女体化と
各パートに別の役割を持たせたうえでひとつの流れができるように進めます。

聴き始めた直後は「進め方が性急かなぁ」とも思ったのですが
ぼんやりした声や散りばめるタイプの暗示と相性が良くあっさり催眠に入れました。
女体化も男性から女性へ変えるのではなく、元々いる女性と融合するアプローチになってます。

風呂井戸ソフトさんはエッチを通じて女体化をさらに強化するのを得意とされてますから
この時点では女体化にピンとこなかったとしても後々その効果を実感すると思います。
発売から9年近く経った今でも十分通用する品質と個性を持ってて驚きました。
女性の快感を少しずつ体験するエッチ
前編のエッチシーンは3パート47分間。
プレイは乳首オナニー、股間を枕に擦りつける、ミユキとのキス/乳首舐め/ショーツ越しの手マンです。

手マンの際に効果音が鳴ります(鳴らないバージョンは入ってません)。
セルフは一応ありです。
エッチの序盤で服を脱ぐ描写があります。

「体を見ながら触ってみる 白くてすべすべの肌 ちょっとぷにっとしてて触り心地が良い」
催眠を使って主人公の心と体をレナと重ね合わせたナレーターは
そのまま保健室でオナニーする様子を主観視点で語ります。

エッチはナレーターが天の声として実況や暗示を担当し
途中から出てくる保健のミユキ先生とイチャイチャします。
一番最初の「04____催眠本編_乳首でオナニー」は1人で気持ちよくなるシーン(約20分)。
部屋に漂ってる不思議な匂いのせいで発情したレナが
胸&乳首→おまんこの順に刺激して1回目の絶頂を迎えます。

「あなたの手が触れたところから とっても気持ちいい感じが伝わってくる」
「柔らかい刺激が 股間から全身に広がる 敏感な部分が擦れる感じが すごく気持ちいいよ」

まだ始まったばかりなのでペースを緩めに設定し
感度の上がる暗示を多めに入れて絶頂できる環境を整えます。
実際にいじる描写があることからサークルさんはセルフを想定してるのかもしれません。

私は女体化作品で体をいじると催眠が瞬時に解ける可能性があるからあまりおすすめしないのですが
レナの胸を敢えてAカップにしたり、おまんこをいじる際に指ではなく枕に擦りつけるところを見ると
いじったとしても維持できるラインを突いてるようにも思えます。
乳首はいじったほうがずっと気持ちよくなれますし、聴き手の自由に委ねてるのかなと。

ミユキ先生が登場するのはその次から。
「05_hard_01_先生登場→乳首いじり」は乳首、「05_hard_02_全身愛撫→下着の上から股間イジられ」はおまんことターゲットを切り替え
彼女との会話を挟みながらゆっくりめに責めて再度のドライを目指します。

ミユキ「ふふっ 綺麗な体をしているのね」
ミユキは可愛い女の子を性的にいじめるのが好きらしく
レナのオナニーを目撃した状況を活かしてその体を思う存分味わいます。
といっても無理矢理何かをするシーンはほとんどなく、レナが抵抗した時に少し強く出る程度です。
色気のある声でねっとりしたちゅぱ音を鳴らすところにエロさを感じました。

プレイはキスから入って乳首舐め→ショーツ越しの手マンと
レズなことを加味してもソフトな内容になってます。
本作品のエッチは2時間以上あるのでこの段階からがっつく必要がないのもあります。

ナレーター「頭の中にピンク色の霧が立ち込める 腰がズンと重くなる 筋肉にまるで力が入らない」
ミユキ「乳首弱いんだ? 女の子だから当然よね」
オナニーの時と同じく聴き手視点の実況と暗示が充実しており
ミユキのセリフも相まって女性気分に浸りながら聴くことができます。
女体化作品はイメージ力が結構重要になりますし
そのへんを考慮したアプローチをしてくれると没入しやすいです。

絶頂は1回目、2回目いずれもカウントに合わせて行います。
私が聴いた時は2回目のほうが大きい快感を得られました。
ミユキが軽めの言葉責めをすることや、ちゅぱ音と効果音が鳴るのが大きいです。
1回目はガチで気持ちよくなるよりも雰囲気作りや女体化を定着させる意味合いが強いかなと。

前編の絶頂シーンは2回。
淫語とちゅぱ音そこそこ、くちゅ音ごく僅か、喘ぎ声はありません。

後編へ続く…。
レズえっち!女体化催眠体験~恋するTSお嬢様は敏感で、ふたなりお姉様にイジメられちゃうと感じまくってすぐにメス犬アクメしちゃうのッ~(後編)

CV:ナレーター…桃華れんさん、胡桃れみさん 保健のミユキ先生…分倍河原シホさん(ソフト)、伊東もえさん(ハード)
総時間 4:25:11(1視聴あたりの時間は2:40:00程度)


体験版はこちらにあります

追記
パート構成は以下の通りです。
lesh

↑このページのトップヘ